2021年09月15日 09:05

日本が敗色濃厚になったのってミッドウェーじゃなくて

日本が敗色濃厚になったのってミッドウェーじゃなくて

1

引用元:日本が敗色濃厚になったのってミッドウェーじゃなくて
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1631606953/

1: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:09:13 ID:SI9Y
ガダルカナルじゃないの?

2: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:10:31 ID:FDlB
南太平洋海戦やで

3: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:11:15 ID:SI9Y
>>2
そこで戦艦とか空母とパイロットいなくなったって聞いた

6: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:13:36 ID:FDlB
>>3
せやせや
ミッドウェーで空母4隻撃沈ももちろんとんでもない痛手やが、それで決着ついたからそれ以上の被害にはならんかった
けど南太平洋海戦は船も機材も人員も失った、この時の被害を日本海軍は遂に回復できんかったんや

10: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:17:14 ID:SI9Y
>>6
ガダルカナルだけじゃなくてソロモン沖とかすべて含めて決定打って感じか

4: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:11:49 ID:URPb
敗色とか曖昧や
最初からアメリカ占領する気はなかったんやから和平交渉がダメになった瞬間が敗北や

5: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:12:37 ID:SI9Y
>>4
その見解だとどの辺でアカンくなったんや

7: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:15:09 ID:URPb
>>5
陸軍は昭和18年いっぱい米国と直接コンタクトしとったと思う
特攻隊やり出した頃が交渉の完全断念やろう

19: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:23:23 ID:SI9Y
>>7
というか2年間もあんま方針なくやってたんか

8: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:15:51 ID:4WQF
まあ中国にも勝てないんだからアメリカに勝てるわけないわな

9: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:16:41 ID:SI9Y
>>8
中国は散髪では勝ってたけどゲリラと奥地逃げられてアカンみたいなこと聞いた

11: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:17:39 ID:SI9Y
というかサイパンとフィリピン取られた時点で幸福って案はなかったんか?
あそこから先はどれだけやっても泥仕合やろ

70: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:19:10 ID:SxYl
>>11
そんなとこで止まれるぐらい内政ちゃんとしてたら開戦してない定期

14: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:19:49 ID:FDlB
短期決戦早期講和を謳って戦端を開いたのに日本海軍は南方で泥沼の消耗戦をやってしまった、我慢比べで巨人アメリカに勝てるはずがなかったのに
黙って南方棄てて早めにフィリピンあたりまで勢力縮小していればまだ逆転の機会もあったかもしれんけど結果はあれや
どうしようもなくなってマリアナとレイテで艦隊は壊滅してしまった

15: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:21:12 ID:FRn1
真珠湾攻撃した時点でやろ
中国すら仕留められてなかったのに

16: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:21:13 ID:SI9Y
航空隊強めなきゃいけないのに赤城、加賀いなくなるって痛手よな

17: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:22:04 ID:hLzS
アメリカがあらゆる大量生産を始めた時

18: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:22:23 ID:FRn1
日本歓迎してたベトナムとインドネシアで我慢すればよかったのにな

20: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:24:04 ID:SI9Y
書籍漁ると降伏のとき国体維持ばかりこだわっていたけどそんな大事だったんか?

21: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:28:50 ID:hLzS
>>20
内乱が起きる

22: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:30:11 ID:SI9Y
>>21
ひえッ

25: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:35:55 ID:csDc
フィリピンの米兵3万人を手土産に停戦交渉って出来んかったんかな

26: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:36:05 ID:SI9Y
というか日本が戦争しなかったら多分中国は国民党勝っていたと思うから
アメリカと中国もっと仲良かったんちゃう?って思うわ

28: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:40:28 ID:llHe
開戦前から全てのタイミングで敗色が濃くなってるとすら言える
戦術的には大成功の真珠湾攻撃でさえ

29: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:52:16 ID:8tO9
二正面作戦やらかした時点でもう無理や
少なくとも中国片付けてからにするべきやった

37: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:00:02 ID:llHe
>>29
日中戦争とかいう実質どこと戦ってるかわからん非対称戦争を勝った状態で「片付ける」ってのがもう無理なんよね……
戦闘に勝利した上で地域を占領維持し続けるしかないけどその能力が日本陸軍にない

30: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:53:46 ID:L8TR
交渉狙いやったんやろうが
明らかにそれでも無理あったな

34: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:57:13 ID:B7XE
中国とアメリカに二正面って時点で勝ちの目は無いに等しいからしゃーない

35: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)17:57:23 ID:Wh47
負けたから「どうしたら戦争防げたか」とか言っとるが
当時は日清日露第一次大戦と勝ち続けたから、もうヤル気満々よ
だから戦争止めるとか無理

38: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:01:48 ID:QvDt
満州事変の頃の日本って何を根拠に中国を短期戦で叩き潰せると思ったんかな?

39: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:03:51 ID:Wh47
>>38
清朝みたいにすぐ和を請うてくるとか考えたんやろ

40: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:03:54 ID:SI9Y
陸軍の人もあれやろ、満州事変だけで納めておけって人多かったんやろ

42: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:07:17 ID:Wh47
>>40
満州にしろシベリアにしろ
陸伝いだから敵が浸透してくるのは避けられないんだよな

46: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:09:30 ID:3Wcu
日本はどこでやめときゃ助かったのか

48: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:10:47 ID:B7XE
>>46
軍の暴走を政府が統率できなくなった時点で詰み
まあ二二六やな

47: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:10:10 ID:hc6G
本土を守るために朝鮮を押さえるという戦略は正しかった
問題はそこからさらに拡張した点
何事も限度があるってことやな

50: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:11:05 ID:Wh47
>>47
でも日露の戦って満州押さえるために戦ったんやろ?

54: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:12:12 ID:hc6G
>>50
本土を守るために朝鮮を押さえて
朝鮮を守るために満州を押さえて
もうキリがないねん

57: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:14:06 ID:Wh47
>>54
せや
さらに、満州を守るために蒙古や中国本土、ついには仏印に行ったんやからな
最終的には世界制覇か破滅しかないやろ

49: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:10:55 ID:3Wcu
結局フィリピン取られたら本土攻め放題になって負けやし、フィリピン防衛するの無理ゲーやしどうすればええんや

56: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:13:10 ID:SI9Y
満州諦めたらロシアが朝鮮狙うだろうしな
それが日ロ戦争なんだが

58: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:14:08 ID:zhZA
日本があんな満州に浸透しなくとも満州で奉天軍閥とソ連が紛争しとるけどな
そんで中国側が勝っとるし

61: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:14:47 ID:hc6G
だいたい軍が勝手に動いて内閣はそれを追認というのが最悪だった
軍は戦って勝って評価される組織であり、日清日露の武勇伝を聞いて育った旧軍人の好きにさせたら戦線拡大するに決まってるじゃないか

69: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:18:48 ID:Wh47
>>61
当時は軍は毎回勝ってたから、国民も軍が一番正しい組織だと見てたからな

62: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:16:05 ID:5MSg
軍部大臣の制度がある時点でなあ
軍のご機嫌次第で内閣組めない内閣吹っ飛ぶって文民統制じゃねえよ

72: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:20:00 ID:7rkp
軍主導の政治体制にした山縣有朋自身はその危険性について理解して部下を戒めてたのが悲しい

76: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:22:44 ID:9092
アメリカからの講和申し込みが考えうる最良のゴールだとして
そもそもそれがかなり望み薄い話であるのはもちろんとして
「勝ち続け攻勢に出続ける」しかそこに至れないという点で
日本にとっての太平洋戦争の終わりはミッドウェーでいいんちゃう

「負けたことで攻勢に出続ける能力を喪失した」いう結果が残ったのがミッドウェー海戦やし

84: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:25:19 ID:7CZ9
中国に勝てないのにアメリカに喧嘩売ろうとしてる時点で敗色濃厚だが?

93: 名無しさん@おーぷん 21/09/14(火)18:30:43 ID:Wh47
満州国自体がシベリア出兵のリバイバルみたいなとこあるしな


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2021年09月15日 09:09 ID:Gu5RFXQz0▼このコメントに返信
確定的なのはマリアナ沖海戦だな

サイパン一帯を取られた事で、日本全域がB-29の行動範囲に入ってしまったのだから
2.名無しさん:2021年09月15日 09:10 ID:BMWakKpg0▼このコメントに返信
真珠湾ふっかける前にはもうすでに敗北確定だったろ。
空母機動艦隊がくその役にも立たない中国大陸で延々と消耗戦やって国家破綻してろ。
3.名無しさん:2021年09月15日 09:10 ID:Qgcj30MH0▼このコメントに返信
始まった時点から負けが決まってたんだよ
後世の知識で言うなら勝ち目のない(日本側の望む目的の達成は不可能な)戦いだった事は明白だ

どんなに後世でしかわからない知識で、その当時を都合よく考えても、無理って結論にしかならない

4.名無しさん:2021年09月15日 09:11 ID:OmOlqman0▼このコメントに返信
開戦時点でだろ
5.名無しさん:2021年09月15日 09:12 ID:QFmuS7Al0▼このコメントに返信
陸軍が韓国光復軍に惨敗した時だな
6.悪の総統:2021年09月15日 09:13 ID:oVh8n8FJ0▼このコメントに返信
建国された時点で敗戦確定です
大日本帝国ってひたすら他国を侵略して戦争し続ける国だったわけです
そうなると、いつかは敗戦滅亡するしか無い国だったんです
7.路端の石ころ:2021年09月15日 09:14 ID:I03wiSWu0▼このコメントに返信
元々、勝ち目がそんなにない戦い、昭和18年の頃までは結構互角に戦っていたんだよ。
けど互角じゃダメなんだよ、相手は戦いながら更に一個艦隊つくれる力があるんだから。
日本が正規空母1隻作る間にアメリカは六隻くらい作ってくるんだから。
8.名無しさん:2021年09月15日 09:14 ID:AEUaYDQG0▼このコメントに返信
42年後半あたりでノースカロライナ級とかの新型艦出てきてるしそのギリ前段階の第一次でガ島上陸失敗に
追い込めなかったのが最大の要員やな
やられたらアカンからって作戦半端で止めて持って帰った重巡帰り道で失ってるし
9.名無しさん:2021年09月15日 09:16 ID:PgINitb60▼このコメントに返信
戦争には負けたよ!でもな、今、現在、日本は勝利している!犯罪者の白人共の植民地解放したのは日本人!在日短小男性器南北朝鮮二等兵!という犯罪者も強制送還しようと動いているし、強制送還と徴兵だしな!日本人の勝利じゃん!
10.名無しさん:2021年09月15日 09:17 ID:dFvVtRAd0▼このコメントに返信
※5
帝国陸軍の精鋭30万人が光復軍3000人に惨敗したというんだろ
そら、継戦意欲も潰えるよなあ
で、その戦闘の場所はどこだったんだろ
11.名無しさん:2021年09月15日 09:20 ID:CHguVDEb0▼このコメントに返信
※5・6・10 息を吐く様に嘘を吐く万年敗戦国の嫉妬www
何処の公式文書にそんな事実は無い、悔しかったら証拠を出して見せろ存在はしないがな。
12.名無しさん:2021年09月15日 09:21 ID:LqYlZ2Mt0▼このコメントに返信
白人支配を打倒したけど、火事場泥棒的に共産主義と中華思想が膨張し、現在に至る。
13.名無しさん:2021年09月15日 09:23 ID:lYcS9Mv20▼このコメントに返信
>その見解だとどの辺でアカンくなったんや

独ソ戦で日本の同盟国が相打ち始めたころかな…
ぶっちゃけ、この段階で問題行動しか起こしていないドイツを見捨てるべきだったんだと思うが。

日本に利はないが害もないので放置していたのが運の尽きだったわけだけど。
14.名無しさん:2021年09月15日 09:26 ID:a.I06Bkh0▼このコメントに返信
ドイツと交戦している欧州国の殖民地だけを攻撃していたらアメリカが参戦することは無かったのか?
そっちが気になる。
15.名無しさん:2021年09月15日 09:26 ID:SZ5peH.i0▼このコメントに返信
勝ち目ないって情報分析してたにもかかわらず開戦したんだから負けるのは当たり前。情報おろそかにして、精神論とか願望をもとにした時の運に頼りたがるから。今も精神構造変わってないけど。
16.名無しさん:2021年09月15日 09:28 ID:YEENKcUu0▼このコメントに返信
日中戦争でドイツの指導した堅固な要塞で日本軍の死者が大量に出た時
17.名無しさん:2021年09月15日 09:29 ID:Gu5RFXQz0▼このコメントに返信
>>8
現場の判断としてはおかしくは無いんだけど、輸送船攻撃を諦めた三川艦隊の判断は後々の展開を見ると痛かった
18.名無しさん:2021年09月15日 09:31 ID:.HB.Sg.J0▼このコメントに返信
日中戦争が泥沼っぽくなってきてる段階で日米開戦だから、もう開戦時点で敗色濃厚だと思う
かと言って止めようとしたら軍がキレて内閣が吹っ飛ぶどころかクーデター起きて結局開戦だろうし
太平洋戦争回避するんだったら、南海トラフ大地震あたりが1938年あたりで起きて東南海に壊滅的被害が出るくらいないと多分回避できんかったやろ
それですら関東軍はウチは被害受けてないからこのまま中国と戦争続けるわくらいしそうだけど
19.名無しさん:2021年09月15日 09:32 ID:Gu5RFXQz0▼このコメントに返信
>>11
コメント10はよく読んだ方がいい
冤罪だぞ
20.名無しさん:2021年09月15日 09:33 ID:HujsidpK0▼このコメントに返信
>>14
太平洋戦争の日本のドクトリンが対アメリカを想定している以上それは無体な話よ
最終目的がフィリピンを含めたマレージャワ乗っか海域の制圧だからどうあってもフィリピンは攻める必要がある
21.名無しさん:2021年09月15日 09:34 ID:nGDoOOBA0▼このコメントに返信
>>6
朝鮮に中華に置き換えたらしっくりくる。
22.名無しさん:2021年09月15日 09:34 ID:7p2nh0Vi0▼このコメントに返信
日本はミッドウェーで空母4隻を失ったけど、アメリカは1942年末までに空母4隻失ってたから戦力的には互角だった
結局はソロモンの消耗戦が勝敗を分けた
アメリカは新型量産空母、新型戦闘機が1943年後半に出てくる予定だった
1943年までの消耗戦に耐えた事でアメリカの勝利が決定した
23.名無しさん:2021年09月15日 09:36 ID:V8bh5hK50▼このコメントに返信
戦術の話が好きだよな。
海軍が拠点となる島で要塞構築をラバウルのように戦争当初に始めていれば、
少なくとも本土爆撃の拠点を作らせずに済んだ。
サイパン陥落は東條内閣をも落とす拠点だったのだから、
ここで工場を含め自給できる体制をつくれれば、戦局は変わった。
24.名無しさん:2021年09月15日 09:37 ID:nGDoOOBA0▼このコメントに返信
>>8
第8艦隊だけで輸送船団に打撃与えられるかな?護衛艦隊との激戦で武器弾薬消耗してるし、沈没艦はいないが、大なり小なり被害受けてるし。
25.名無しさん:2021年09月15日 09:39 ID:7vvln2js0▼このコメントに返信
ガダラカナルの撤退で内閣総辞職してるし・・
26.名無しさん:2021年09月15日 09:40 ID:8wTBv.Qx0▼このコメントに返信
始まる前から負けが決まってた戦争を、今更何言ってるんだか。
戦術レベルで局地戦の話をするのは面白いけどね。
27.名無しさん:2021年09月15日 09:40 ID:8wTBv.Qx0▼このコメントに返信
※22
こんなバカがまだいるんやな。
乗せる艦載機もパイロットも居ない空母なんて、お荷物でしか無い。
28.名無しさん:2021年09月15日 09:41 ID:Qgcj30MH0▼このコメントに返信
※22
ソロモン海での戦いで日本側が仮に無傷だったとして、のちのアメリカの大増援体制に対応できたかって言われたら無理だろ?

あそこの消耗戦の意味合いが結果を分けるなんて、事はないよ 戦争が長引いたかどうかの違いだけ
29.名無しさん:2021年09月15日 09:41 ID:N5JD0Rwc0▼このコメントに返信
どっちにしてもあんな全方位拡大戦略じゃ多方面作戦になるし負けてたよ
中国に集中してりゃよかったが、まあオランダとかの植民地がひどかったのもあって義憤しちゃったな
30.名無しさん:2021年09月15日 09:41 ID:VywrXKv50▼このコメントに返信
アメリカ潜水艦の通商破壊作戦もいれてあげて。
31.名無しさん:2021年09月15日 09:42 ID:pCJhAKqs0▼このコメントに返信
始めたのが負けは正論だけど結果論であるしな
ミッドウェーでいいんじゃない?
32.名無しさん:2021年09月15日 09:42 ID:x1OF03x70▼このコメントに返信
敗戦を確定させたのはアメリカの群狼作戦だと思うよ。
輸送船潰されたら島国は孤立するしかねえもん。
33.名無しさん:2021年09月15日 09:42 ID:nGDoOOBA0▼このコメントに返信
>>25
どこの島だ?
東條はマリアナ諸島陥落の責任で辞職だし。
34.名無しさん:2021年09月15日 09:43 ID:7vvln2js0▼このコメントに返信
やはり
サイパン陥落だろ
それから本土爆撃が始まったしw
35.名無しさん:2021年09月15日 09:44 ID:bM1tf5XJ0▼このコメントに返信
人的資源の軽視
36.名無しさん:2021年09月15日 09:47 ID:nGDoOOBA0▼このコメントに返信
>>34
中国の成都からの北九州爆撃が最初の戦略爆撃だけどな。
まぁ遠すぎるのと、警戒網の中を飛行するから迎撃体勢取られて有効打なしだけど。
37.名無しさん:2021年09月15日 09:48 ID:avwYGvnS0▼このコメントに返信
船頭多くして(陸軍と海軍を御せるほど政権が強くなかった)船渡る(戦争始める)を大本営がやった時点で詰んでいた、陸軍と海軍で戦略目的が違ったが、手段が同じだった為に真珠湾に攻めてなまじ成功してしまった為に勝てると思い込んだ、初戦の連勝も幻想を抱くキッカケになった結果無条件降伏まで止まれなかった
38.名無しさん:2021年09月15日 09:56 ID:g6.zEq1o0▼このコメントに返信
アメリカ軍がオランダ領インドネシア奪還に動かないって何で日本軍は考えなかったんだろう?
1942年の大日本帝国は日本史上最大版図だったんだけど、全然評価されない。
39.名無しさん:2021年09月15日 10:00 ID:8wTBv.Qx0▼このコメントに返信
※31
山本自体が勝てないと分かっていたんだよ。
だから「半年や1年は・・」と言っていた。
そう考えていたのは山本だけでは無かったようやし。
だから、結果論では無いと思うよ。
40.名無しさん:2021年09月15日 10:00 ID:Mf1U5qF.0▼このコメントに返信
日本は偽ユ〇ヤにロックオンされた時点で終わった
41.名無しさん:2021年09月15日 10:01 ID:AEUaYDQG0▼このコメントに返信
※24
そうなんだけどあの段階ならまだ夜なので敵空母は行動不能で護衛部隊は壊乱してるからかなりの戦果は見込めたと思うよ
暴論言うなら鳥海だけで突出してもかなりやれたかもね全滅しないでもガ島基地構築遅延だけでも大きいから
あんな冒険的作戦やった価値は出るんじゃないかな
42.名無しさん:2021年09月15日 10:01 ID:NF59v7ZE0▼このコメントに返信
リットン調査団は日本の満州権益を認めてたのに、外交が下手くそ過ぎてキレて孤立した時点で負け。そこで名を捨て実が取れる政府なら対連合の戦争すら起こらない。
43.名無しさん:2021年09月15日 10:07 ID:MuIroPYu0▼このコメントに返信
日露戦争前の交渉で日本側はロシアの満州租借については認める方針で、朝鮮半島にさえ手を出さないと約束されれば衝突しない方針だった。
英国がそれで満州方面に攻め込んだらどのみち協力せざるを得なかっただろうけど
ロシア側が「もう満州は占領済みなんだからそれじゃ交渉になんねえよ。朝鮮全土は勘弁してやるから39度線以北を寄越せ」と譲らなかったので
開戦に至ったんだよ。戦後満州にこだわったのは単に戦費を回収する手段として手放せなくなっただけで、金さえあればあんなお荷物要らねえよ
44.名無しさん:2021年09月15日 10:17 ID:viWIxLpp0▼このコメントに返信
シナ事変の時点でアメがテロリストに裏で武器横流ししてる時点で、手遅れなのは今のアルカイダの状況と一緒。
45.名無しさん:2021年09月15日 10:18 ID:viWIxLpp0▼このコメントに返信
※10
あれちゃう。春画の下手さに絶句したんちゃう。
46.名無しさん:2021年09月15日 10:22 ID:RsMVr8El0▼このコメントに返信
軍部の暴走止められない帝国憲法の欠陥
これが全て
47.名無しさん:2021年09月15日 10:30 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
俺「おいおい、格上の国は「反」と言わないぞw。「日本嫌い」とかなんだろ?」
(フォアプレイ。 日本猿をイジるための設定)

君「 中国のなにがどう凄いかなんて一言も言えない低学歴無能猿が、底辺国中国をいくら持ち上げようが無駄だと思うよ」
(真面目でエラーを見るぞ...笑)

君「 つまり中国は日本より下って事。」
(俺の言葉から優位性を感じながら、中身は無いけどね笑)

俺「おまえを馬鹿にしているぞw。」
(だから...おまえを馬鹿にしているぞw。爆笑!)
48.名無しさん:2021年09月15日 10:30 ID:Qgcj30MH0▼このコメントに返信
※46
全てというにはちょいと暴論じゃねぇかな
でも、陸・海軍が協力しないと組閣が出来なくて政府が成り立たない、行政府が機能しないって言うのは間違いなく欠陥だわな
49.名無しさん:2021年09月15日 10:33 ID:OIqKuB8v0▼このコメントに返信
ミッドウェイまでは陸も海もあまりに勝ちすぎてて
ブレーキぶっ壊れた状態だった。
1年でやり遂げる計画を6ヶ月そこそこで終わらせたんだから、
和平交渉なんて考えるわけないわな。
50.名無しさん:2021年09月15日 10:35 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
どうせ台湾は10年以内に本場の中華に戻るし、
その時、台湾人も日本人を差別するほど見下しているだろ。
きっと世界一に戻る。元貴族の中華だったから、基礎弱いおまえらと違うぞw。
51.名無しさん:2021年09月15日 10:37 ID:B6vvt6Mq0▼このコメントに返信
FDR大統領当選直後・就任直前の暗殺が失敗に終わった事が致命。
当時の大統領がジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニアや徳川慶喜みたいな腰抜けなら、ああはならなかった。
52.名無しさん:2021年09月15日 10:37 ID:P9N.RI9A0▼このコメントに返信
山本五十六の言いなりになった時点で負け確定。
53.名無しさん:2021年09月15日 10:38 ID:7r9HJT6V0▼このコメントに返信
>>41
旗艦鳥海は不発弾が作戦室貫通、炸裂していたら艦隊司令部壊滅。
青葉は火災で魚雷に引火寸前、ギリギリ消火が間に合って轟沈回避。
運が良かったけど、下手したら三川提督と五藤提督戦死で艦隊壊滅だったぞ。
輸送船団攻撃どころじゃない。
54.名無しさん:2021年09月15日 10:44 ID:9gLMu7pV0▼このコメントに返信
日露ですらもう二度とやりたくない類の戦争だったのに
それを遥かに超える無理ギャンブルにイキリ走っていくんだから
もうイカレとしか言いようがない
55.名無しさん:2021年09月15日 10:45 ID:AEUaYDQG0▼このコメントに返信
※53
まあそれでどうしようか?ってやってる時のその貫通喰らってる艦長自身が俺だけでも行くって言ってたしね
・・・と当時もこういう感じで行ける無理やでやり合ったんだろうな
56.名無しさん:2021年09月15日 10:46 ID:loXMo2BD0▼このコメントに返信
※48
「協力すれば組閣ができて行政が機能する」ってことだろ? その程度ならただの戦時体制に過ぎないし、欠陥でもない。
帝国憲法下でシビリアンコントロールの固持いい!なんて頭はなかったのだし。
で、それはちゃんと機能したし降服もやった。「大本営」という組織だな。
まあ憲法改正にあたっては、こういう組織もまた明文化正当化しておく必要はあるんじゃないかな。五月蠅い奴らでも何故かだれも語らないけど。
57.名無しさん:2021年09月15日 10:47 ID:cCauL.Yq0▼このコメントに返信
はなから勝ち目は無いよ。
58.名無しさん:2021年09月15日 10:47 ID:Gu5RFXQz0▼このコメントに返信
>>41
その代わり朝までに航空機の行動範囲を抜けられなくなるからそこで壊滅の可能性もあるんだよ

アメリカの機動部隊が後退してる事は現場ではわからないから、輸送船団攻撃は後の事を考えると断念せざるを得ないという判断は仕方ない
59.名無しさん:2021年09月15日 10:48 ID:9gLMu7pV0▼このコメントに返信
真珠湾からいきなり全機特攻かけまくって全米が泣いた ノイローゼなった
が実現しなかった時点でまけ。
60.名無しさん:2021年09月15日 10:55 ID:loXMo2BD0▼このコメントに返信
※58
ソロモン戦でいつも思っていたけれど、なぜアメリカは「ノソノソ現れる日本艦隊を簡単に潰せるほどの航空戦力が充実していた」と日本海軍は思っていたの?実際の話ではなく、認識の話。
61.名無しさん:2021年09月15日 10:57 ID:gnxPF9cZ0▼このコメントに返信
すでにABCD包囲網時点で終わり
62.名無しさん:2021年09月15日 10:57 ID:utETirZ70▼このコメントに返信
連盟脱退よ w
63.名無しさん:2021年09月15日 10:57 ID:loXMo2BD0▼このコメントに返信
※61
なら今のチャイナも終わりだね(多分正解だろうけどさ)
64.名無しさん:2021年09月15日 10:58 ID:woQP4zc10▼このコメントに返信
※59
それは女の場合のみ
男はカンカンになる
65.名無しさん:2021年09月15日 10:58 ID:HECDRCMn0▼このコメントに返信
>>8
第一海兵師団が、SFの岸壁離れる段階で対策取らない海軍が悪い。(情報自体は、入手してるんだし)
66.名無しさん:2021年09月15日 10:59 ID:woQP4zc10▼このコメントに返信
それで原爆2発で黒焦げ めでたしめでたし
67.名無しさん:2021年09月15日 11:00 ID:3zCQb0p30▼このコメントに返信
ミッドウェイやガダルカナル戦では日本も空母を失ったが、これはアメリカも同じで、活躍できる空母はエンタープライズ、サラトガの2隻のうちの1隻(メインテナンスや訓練が必要)しかなく、昭和18年にはその立て直しのためアメリカも攻勢を控えていた。そして新鋭空母を大量に生産した。これに対し日本は4月と11月に空母艦載機をラバウル基地にあげて、消耗を繰り返していた。そして昭和19年6月のマリアナ沖海戦は双方の新設空母部隊の決戦であったが、アメリカの新鋭空母と艦載機や対空砲火の数や性能に歯が立たず、惨敗をしてしまった。日本が負けを意識したのはこの時からではないか。
68.名無しさん:2021年09月15日 11:00 ID:loXMo2BD0▼このコメントに返信
※59
サンフランシスコやロサンゼルスでそれをやったら、まあノイローゼだアメリカ海軍は何をしていたとか言われるだろうね
69.名無しさん:2021年09月15日 11:01 ID:8xjpCKXH0▼このコメントに返信
ワシントン会議>リットン>ハル>真珠湾>>>>>>>>ミッドウェイ

軍も軍だが外交下手は目に余る。
70.名無しさん:2021年09月15日 11:02 ID:HECDRCMn0▼このコメントに返信
>>10
光復軍は金九の私兵で、仕事は重慶の娼館のガードマン。
金払いの悪い中華民国兵と、懸命に戦い代金回収をしていました。
71.名無しさん:2021年09月15日 11:02 ID:R1bZmljt0▼このコメントに返信
パレンパンの油田地帯獲得してから後は 参謀本部内の「出世争いための功名取り」の作戦ばかりになった
海軍軍務局のほうも同様
あそこで防衛に徹してアメリカと粘り強く交渉していたら
72.名無しさん:2021年09月15日 11:04 ID:HECDRCMn0▼このコメントに返信
>>13
独ソ開戦を理由に、三国同盟破棄して、日米了解案受け容れてれば、
開戦せずに済んだ。
73.名無しさん:2021年09月15日 11:08 ID:HECDRCMn0▼このコメントに返信
>>71
アメリカ>こちらの戦力整うの待ってくれるのか?有難い。
74.名無しさん:2021年09月15日 11:10 ID:HECDRCMn0▼このコメントに返信
>>69
暗号表が盗まれた事を、敗戦後に知る役所ですから。
75.名無しさん:2021年09月15日 11:11 ID:ocftD8aG0▼このコメントに返信
ソロモンで宝石より貴重なベテランパイロットと駆逐艦を失ったことが原因ですね。
これは山本凡将論ですよ、パール以降の作戦計画を作っていなかったので、結果機動部隊はインド洋をうろついただけ。
その後米豪分断という参謀の意見に飛びつきガダルへの航空基地建設による消耗戦で日本海軍の真の主戦力を消耗してしまった。
マリアナ戦では母艦への着艦が覚束ないパイロットが少なからずいたと言われています。
76.名無しさん:2021年09月15日 11:16 ID:HECDRCMn0▼このコメントに返信
>>42
スターリンの犬に成り下がった張学良を、
満州に戻すことになるから、
実の回収すらできなくなるんだよ。
77.名無しさん:2021年09月15日 11:21 ID:HECDRCMn0▼このコメントに返信
>>32
B-29>俺の機雷封鎖だろ!
78.名無しさん:2021年09月15日 11:23 ID:5Ys99JVV0▼このコメントに返信
おい!在日韓国人よ 祖国が潰れたぞ 早くお帰り。
79.名無しさん:2021年09月15日 11:36 ID:Qj.SJiqR0▼このコメントに返信
まあ、アメリカの嫌がらせに負けてこちらから手を出した段階で負けなんだよな。
アメリカは国内事情から先に手を出すことが出来ない。その優位性をもっと有効につかわにゃ(神の視線)
80.名無しさん:2021年09月15日 11:42 ID:Gu5RFXQz0▼このコメントに返信
>>75
なんだか軍令部と連合艦隊司令部をごっちゃにした話だな
81.名無しさん:2021年09月15日 11:45 ID:n.rsgdVZ0▼このコメントに返信
※61
それを言うなら
人種差別反対、民族自決、共存共栄 言い出した時点でアウト
当時は白人絶対主義、植民地政策が世界中で主流の時代だったから
82.名無しさん:2021年09月15日 12:10 ID:u4.Bh.u.0▼このコメントに返信
>>47
日本語おかしいな
五毛党かな?天安門万歳
83.名無しさん:2021年09月15日 12:16 ID:T.NvyXBq0▼このコメントに返信
負け傾向のきっかけがミッドウェー
濃厚になったのがガダルカナルやその関連作戦
(米が本格的反攻に腰据えたから)
84.名無しさん:2021年09月15日 12:21 ID:au.SmM920▼このコメントに返信
ハルノート拒否とか国際連盟脱退とか三国同盟締結とか対米開戦決定とか選択誤ったターニングポイントはいっぱいあるけど一番は朝鮮併合だろ。
それまでは権益地の点と線の維持で良かったものが面の維持が必要となり、海洋型国家が大陸型国家のジレンマを軽く考えて進出しようとして日中戦争の泥沼に嵌っていった。
大英帝国の成功は近場じゃなく遠隔地への植民地化だったからで隣国である英仏の数百年の確執と最終的にはフランスから駆逐された歴史上の事実に学んでなかったわけだ。
85.名無しさん:2021年09月15日 12:25 ID:YEuwwr0F0▼このコメントに返信
真珠湾の時から。
86.名無しさん:2021年09月15日 12:43 ID:c5GI.PVr0▼このコメントに返信
>>3
昔、放送大学の講義で開戦前に架空戦記みたいな本が出版されてたが。当初のものは日本が勝てないストーリーだったのに後になればなるほど勝つストーリーのものが増えたそうだ。当時の知識でも勝てないと分かってた人は多いんじゃないか。
87.名無しさん:2021年09月15日 12:47 ID:c5GI.PVr0▼このコメントに返信
>>6
軍事で国内統一したんだから当然そうなる。徳川幕府も秀吉の失敗がなかったら海外を目指した可能性は高いし。プロイセンもそうだし明も清も国内統一の後には外征してる。
88.名無しさん:2021年09月15日 12:49 ID:c5GI.PVr0▼このコメントに返信
>>72
ほんとこれ。ムッソリーニも中立だったら評価も高かったろうに。
89.名無しさん:2021年09月15日 13:12 ID:8wTBv.Qx0▼このコメントに返信
※75
関係なよ。
いくら宝石より貴重だろうが、10倍の敵に揉み潰されるだけ。
数に関する考え方の違いは主力艦戦見れば分かる。
>零戦   なんとかエレベーターに乗るように翼端折り畳も
>F4F  翼の根元から畳んだら、スペース取らんから沢山積めるで
基準搭載数すら、満足に補充出来んかった日本。
勝てるわけが無いんやで。
ちなみに零戦3機分のスペースで、F6Fなら5機積める。
あくまでざっくりやけどな。
90.名無しさん:2021年09月15日 13:14 ID:2mEi3MQL0▼このコメントに返信
>>13
いや、放置してたのならかまわんだろ。問題なのは、ドイツに乗っかって欧米に戦争仕掛けちゃったことだ
91.名無しさん:2021年09月15日 13:19 ID:2mEi3MQL0▼このコメントに返信
>>42
軍が勝手に動くと外交なんて出来ないんですよ……
92.名無しさん:2021年09月15日 13:26 ID:2mEi3MQL0▼このコメントに返信
>>73
アメリカの軍備が整っていないからこそ始めた戦争だからなぁ……
93.名無しさん:2021年09月15日 13:28 ID:2mEi3MQL0▼このコメントに返信
>>81
その三つはむしろ日本が否定してるよな
94.名無しさん:2021年09月15日 13:40 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
※50
95.名無しさん:2021年09月15日 14:08 ID:nMtdG4iG0▼このコメントに返信
戦争をやらざる得なかった状況になった時点で敗戦が既定路線になった。
ルーズベルトは本当にクソ野郎!
96.名無しさん:2021年09月15日 14:14 ID:T.NvyXBq0▼このコメントに返信
※86
多いというか大多数は「勝てないか辛勝」くらいにしか
考えなかった。
だが「それでもアメリカに一泡吹かせれば、以後無茶な要求しなくなるかも」という
「一縷の望み論」が台頭
つまり「勝ち負け放り出した議論にワープしていった」
第一次大戦には本格的に入り込んでなかったし
それ以前の戦争観で「この程度で終わるだろ」って考えてた。
97.名無しさん:2021年09月15日 14:33 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>70
す、すごい英雄だ。
98.名無しさん:2021年09月15日 14:58 ID:R3iWxCdI0▼このコメントに返信
そもそもの出発点は、朝鮮を併合してしまったのが最大の間違い。独立は維持させて日本の傀儡政権を作って防波堤にしとけば良かったんだよ。
なまじ併合したから朝鮮を守るために満州もって発想になっちゃったんだから。
99.名無しさん:2021年09月15日 14:59 ID:UkP6R9V00▼このコメントに返信
ポートモレスビーは激戦区であつた
100.名無しさん:2021年09月15日 15:01 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
日本は中国を追い越したのは80年代だけなんだろw?※50
101.名無しさん:2021年09月15日 15:05 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
ttp://military38.com/archives/56083939.html ←このスレ※48
102.名無しさん:2021年09月15日 15:16 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>2
大陸の派兵は、今の中東のアメリカ軍とまさに同じジレンマだから、中国という存在があり限りどうしようもない。勝手に軍閥やら共産党に内戦やらせて殺し合わせればいいんだが、中東に石油が出てアメリカ資本が泥沼に自分から足を突っ込んで行かせたように、大陸も第一次世界大戦後、20年代の在華紡投資熱という病気の流行のせいで、切れない腐れ縁が出来た。

まあ、昨日橋下が高市早苗の靖国神社参拝を、「中国に進出してる企業の足を引っ張る」と糾弾してたけど、あれと同じパターンだな。

ともあれ、それでも大陸問題は日本の敗戦とは全く関係が無いよ。諸悪の根源は三国同盟で、自分からレッドチームを選択したことなんだから。大陸情勢はただの言い訳にすぎない。
103.名無しさん:2021年09月15日 15:26 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
ttp://military38.com/archives/53082344.html ←このスレ※183
104.名無しさん:2021年09月15日 15:26 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>39
それがどう言うわけだか、海軍内部では「今やらないと勝てなくなる」って話になってたから(半年や1年ってのも、元々は第3次ビンソン案でアメリカ海軍が海軍再建の目途を1943年と公表してたから出た話)、結果海軍が大急ぎで開戦準備開始をゴリ押しまでして決めさせたんだよね。

まあ、それだけ真珠湾攻撃計画が魅力的過ぎて、バカ連中を調子に乗らせちゃったんだけどな。(そして五十六の無責任体質がそれに相乗効果与えた)
105.名無しさん:2021年09月15日 15:28 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>40
本物のユダヤ人は、シフ財閥後継のクーン・レーヴ商会の行動見ればわかるように、最後まで日本のために協力を惜しまなかったのにな
106.名無しさん:2021年09月15日 15:34 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>76
奉ソ紛争って知ってるか?張学良はスターリンの敵だそ。後に毛沢東と組んで西安事件起こしたが、その時もスターリンは毛沢東が張学良なんかと組んだ事に激怒して、「蒋介石を殺したらお前と縁を切る(つまりカネは金輪際やらん、という話)」と毛沢東を電話で罵倒して、結果蒋介石は釈放されてる(その後、蒋介石こそが本当にスターリンの犬に成り下がって、シナ事変になるんだがな)
107.:2021年09月15日 15:40 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
108.名無しさん:2021年09月15日 15:43 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>50
頑張ってアヘン戦争から義和団事件の頃の最低レベルの野蛮国に戻れば良いと思うよ。
109.:2021年09月15日 15:43 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
110.名無しさん:2021年09月15日 15:43 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
>>108
※109
111.名無しさん:2021年09月15日 15:44 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>61
つまり、三国同盟なんかやらかして、わざわざ自分から英米蘭に喧嘩さえ売らなければ良かったわけさ
112.名無しさん:2021年09月15日 15:44 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
※50 ※100
113.名無しさん:2021年09月15日 15:45 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
※101
114.名無しさん:2021年09月15日 15:46 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>84
つまり、安重根は本当に朝鮮の英雄だったわけだ。バタフライエフェクトにしてもすごいレベル
115.108:2021年09月15日 15:48 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
からゆきさん ←最低レベルの野蛮国
116.名無しさん:2021年09月15日 15:50 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>11
公式文書なんか、南朝鮮政府がこれからバンバン作るから問題ない
117.名無しさん:2021年09月15日 15:57 ID:SnMOpR0i0▼このコメントに返信
本スレ 21
300万人も死なないから、内乱の方がマシ定期

本スレ 35
日清・日露は、二正面作戦でしたか?

※44 >>44
排斥運動をしてたのは共産派なのに、アメリカが支援したって裏付けあるの?
118.名無しさん:2021年09月15日 15:58 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
唐行きとyellow cabは日本人の夢だ。
119.名無しさん:2021年09月15日 15:59 ID:K.UOsZjb0▼このコメントに返信
>>17
そもそも、日本海軍の運用に輸送艦隊護衛や攻撃はない。あくまでも艦隊撃滅。わかってても、その思想から抜けられんかったのよね…
120.名無しさん:2021年09月15日 16:00 ID:9zaiScvK0▼このコメントに返信
そもそも、講和停戦交渉も、相手や他国頼みの感じだし
121.名無しさん:2021年09月15日 16:04 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>88
本当ならば、ムッソリーニそもそもヒトラーを「自分のマネをするバッタもん」程度に見下していたし、イタリアは英仏と一緒にストレザ戦線を組んでドイツを封じ込める要を担ってたんだよね。ところが、エチオピア戦争で全てが狂った。ほんの小さな外交的ボタンの掛け違いの連鎖が原因だけど、ムッソリーニをドイツ側に靡かせてしまったな。そしてこれでバランスが崩壊したヨーロッパは、ドミノ倒しのように戦争になってしまった。

そして第二次世界大戦では、ムッソリーニは下手に第一次世界大戦の西部戦線の事を熟知してるから、ドイツがまさかフランス瞬殺なんか出来るなんて思ってもいなかったために、その勝利で動転して、準備も全く出来てないのに参戦しちゃったんだよね。結果ズルズルと失敗を繰り返す羽目になる。

個人的な見立てだけど、最初ムッソリーニはドイツがフランスに勝てるとすら信じてなかったんじゃないかな。だからドイツから度重なる参戦要請を受けて、必要物資を提供するから、とまで持ちかけられても、何万両の貨車でも運びきれないほどの天文学的な数字を上げて「これだけ物資が足りないから参戦不可能」なんて返事してるんだよね。
122.名無しさん:2021年09月15日 16:06 ID:SnMOpR0i0▼このコメントに返信
※56 >>56
「協力しなきゃ機能しない」って事は、すなわち軍事政権という事
それ故に外交も💩だった訳です
123.名無しさん:2021年09月15日 16:08 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>20
元来は英米可分論だったから、日本は三国同盟を決めたんだよ。松岡が「アメリカはドイツ種が多いから」ってのが論拠だったんだが、知っての通りルーズベルトはイギリス絶対救援政策にシフトしたから、まあ昭和天皇が言うように「(近衛も東條達も)まあ、松岡に騙されたのである」って話なんだよね。
124.名無しさん:2021年09月15日 16:09 ID:SnMOpR0i0▼このコメントに返信
※95 >>95
戦争せざるを得ない状況を作ったのは、日本自身だろバ~カw
125.名無しさん:2021年09月15日 16:29 ID:SnMOpR0i0▼このコメントに返信
※106 >>106
> スターリンの犬に成り下がった蒋介石

トルーマンの言うこと聞いてりゃ政権とれたのに
国共内戦を始めるほどの反共なんだが?
おかげで支援を打ち切られて、台湾に逃亡しとるし
126.名無しさん:2021年09月15日 16:53 ID:N..a.u9t0▼このコメントに返信
※100
80年代っていつだ?日本が人口で中国を追い越した事があったと?
127.名無しさん:2021年09月15日 16:58 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
>>126
日本はたまたま文化大革命の好機(日本にとって)と重なり、当時の中国経済は深刻な不況に陥っていたからね…
128.名無しさん:2021年09月15日 17:11 ID:u70IXwqk0▼このコメントに返信
実際、ノモンハンやって「やべえかも」ってならなかったのかねえ
129.名無しさん:2021年09月15日 17:26 ID:LHOv7al60▼このコメントに返信
>>14
無理
アメリカがキレたのは日本がイギリスの権益を脅かしたから
イギリスがドイツに負けたら、アメリカはナチスと大西洋を挟んで対峙することになる
アジアの火事のうちは手打ちで納めることも出来たが、イギリス領を狙ったことでアメリカは態度を急速に硬化させた
130.名無しさん:2021年09月15日 17:36 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>127
共産主義の中国に不況があったという珍説
131.名無しさん:2021年09月15日 17:39 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
>>130
アハハ!別に...笑。
132.名無しさん:2021年09月15日 17:44 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>125
ソ支(中ソ)不可侵条約とシナ事変は1937年年の話で、国共合作も成立してるんだがな、ちゃんと理解できてるか?

あと、スターリンと毛沢東は仲が悪い、って話も忘れずに。(で、毛沢東は蒋介石が大嫌いで、むしろ日本の方が好きだったくらいだし、蒋介石と毛沢東の個人的怨念もあるし、まあ、蒋介石の反共なんてそのレベルだよ。そもそも、息子を人質みたいにモスクワに送ってること知らないわけでもあるまい?)
133.名無しさん:2021年09月15日 17:45 ID:9c5.Sf1E0▼このコメントに返信
>>109
事実知らないの?もちろん事変の前の話だけど
134.名無しさん:2021年09月15日 18:04 ID:N..a.u9t0▼このコメントに返信
※127
経済が落ち目でも人口はそう簡単に変わらないし、当時でも中国は10億近い人口だったはずだが?
135.名無しさん:2021年09月15日 18:27 ID:RdMe22A40▼このコメントに返信
>>134
中華民国4億人で、【4万万人】という表現です。
136.名無しさん:2021年09月15日 18:34 ID:fRFRpoe70▼このコメントに返信
台湾沖航空戦だな。
これで、日本は敵空母19隻を沈めて勝った!と思った後で1隻も沈んでいないことが分かり意気消沈した。フィリピンに陣地作って持久戦の方針だった陸軍も残敵掃討のため海岸へ移動して壊滅した。
これが無かったら、正直、新兵の集団特攻作戦も無かったと思っている。
庶民は台湾沖航空戦の戦果が大々的に報道されて、感動の大拍手だったのが裏切られたのだから、そこで世論は、嘘ついた海軍は責任取れ、4んでこいの大合唱。責任を取る形で粛々と見込みのない大規模な特攻作戦が続けられた。
戦争に負けるという事象だけで見れば、真珠湾からが原因と言って良いが、負けるにしても無条件降伏せざるを得ない負け方になってしまったのは、この戦いを始めとする大本営発表が原因であって、もう少し条件降伏無いし当初の狙い通りの講和が出来た可能性はあったと思う。
137.名無しさん:2021年09月15日 18:46 ID:GttRELf20▼このコメントに返信
※41
その場合、鳥海は生きて帰ってこれなかっただろう

ただその場合米国は大混乱だろうな、数百人なら食料は野ブタやカエルを焼いて食ってればいいけど万を食わす食料はガ島にはない
さらにキニーネがないから一木支隊が戦うのがマラリア感染部隊になる、それなら勝てるかもしれん
138.名無しさん:2021年09月15日 19:26 ID:GttRELf20▼このコメントに返信
※60
海戦の前にラバウル航空隊とフレッチャー3空母が戦っているから
ここでラバウル航空隊が空母を見つけて攻撃できていれば話は違ったが空母を見つけることはできなかった

ただラバウル航空隊から半径250カイリ内に空母は見つからずという報告は第8艦隊も受けている
これが早川艦長が輸送船撃滅に行くべきとした根拠

撤退を決めた責任者は三川だが、撤退を強く勧めたのは神だからな
139.名無しさん:2021年09月15日 19:30 ID:KKDIveFP0▼このコメントに返信
>>4
戦艦保有対米7割と叫んでいたのに、米と同等の海軍力を持つ英まで敵にしたからな
当時の日本海軍首脳は小学生並みの知能しかないな
140.名無しさん:2021年09月15日 19:35 ID:OoGMsHPb0▼このコメントに返信
油押さえられた時点で負け確で、
以後は全て悪足掻きなんだよなあ
141.名無しさん:2021年09月15日 19:39 ID:oYvqImIZ0▼このコメントに返信
ミッドは空母は失ったけどベテランパイロットはそこまで喪失したわけじゃないしな
ソロモン以降のボコボコが大体の原因。後は機体の開発と量産遅れですな。これはどうにもならない
142.名無しさん:2021年09月15日 19:40 ID:atLqqaEL0▼このコメントに返信
ここのまとめサイトを見るといつも、「~の戦い」が出てきて、
その名称を調べるとウィキペディアに記事があるから、
それに熱中してしまって、うっかり何十分も時間が過ぎてしまうよ
143.名無しさん:2021年09月15日 20:07 ID:vVnjQPm60▼このコメントに返信
敗色が濃厚になったのはマリアナ敗退だろ。
ガ島後は押されてはいたがラバウルで食い止める目論見だったし、ラバウル航空戦でも押されはしていたが踏みとどまっていた。
144.名無しさん:2021年09月15日 20:15 ID:q6CRj2750▼このコメントに返信
◯◯の戦いって色々出てくるけど、正直
それで勝ってたところで講和出来てたか、
占領地維持出来てたか、っていうと無理
だったろうしなあ
145.名無しさん:2021年09月15日 20:15 ID:gYrIf.tW0▼このコメントに返信
ガダルカナル戦での大敗北。
146.名無しさん:2021年09月15日 20:30 ID:NPLSZsPw0▼このコメントに返信
>>142
管理人自体はミッドウェイ以外知らないんだけどネ
147.名無しさん:2021年09月15日 20:47 ID:PwNGiUmc0▼このコメントに返信
真珠湾に出撃した時点で負け確定してたんだよ(笑)
148.名無しさん:2021年09月15日 20:58 ID:LC7i6jJc0▼このコメントに返信
※14
そんな訳ねぇよ・・・ボケたか?
 週刊駆逐艦、月間空母の就役のギリギリ手前に潰す事が出来るって最後の時期が開戦の時や・・・言い換えればミッドウェーというか1回でも負けたらもう手遅れなんよ
 インパールのようなボロボロになってでも西海岸の港で作られてる戦力を叩かなければ元からジリ貧や

んでもって、この週刊駆逐艦、月間空母は当然、開戦より遥か前から建造開始してるんやで…フライングタイガースとか戦力を投入してんのにこんな強力な兵器を投入しないなんてのは有り得ないっての
149.名無しさん:2021年09月15日 21:48 ID:.O0diE.O0▼このコメントに返信
日本政府は1942年末ごろから敗戦を前提とした終戦案つくりを始めていた
つまり政府認識としては1942年末には敗戦を意識していた

まあ結局1942年末からずっとどうやって降伏するかの意見がまとまってないんだけど
150.名無しさん:2021年09月15日 22:20 ID:wSfklQIG0▼このコメントに返信
※149
話し合いに持ち込むには人質が足りない
フィリピンだけでなくガ島とニューギニアでもがっつり捕虜とれれば、交渉のしようもあったのだが

ガ島で負けたから悲惨な敗戦になったという分析は正しいと思うよ
ガ島で勝っていたらもうちょいましな敗戦だったはず
151.名無しさん:2021年09月15日 22:27 ID:0dbNbSd40▼このコメントに返信
ほんとバカしかおらんの、このSNSは
ミッドウェイで正解なんだよ
こいつはな、日露、日清と同じ、最初から完全勝利が目標じゃないんだよ
緒戦でシバくだけイバいて有利な講和条約が目的なんだよ
圧倒的な物量差を知った上で仕掛けたんだ
本来、シバくはずのミッドウェイでシバかれた時点で壊滅的敗色ド濃厚なんだよ
152.名無しさん:2021年09月15日 22:37 ID:SnMOpR0i0▼このコメントに返信
※132 >132
トルーマンって書いてる時点で、ww2後の第二次 国共内戦の話なんだわ
蒋経国はみずからソ連留学を希望して、J( 'ー`)しがこれを容認

蒋介石は怒ったけど、国共合作中なのもあって渋々認めた
台湾 共産組織を壊滅させたのは、息子の蒋経国
153.名無しさん:2021年09月15日 22:46 ID:wSfklQIG0▼このコメントに返信
蒋介石はもともと反ソだろ、西安事件でスターリンに逆らえなくなっただけで
ドイツと手を組んだところから反日が強くなり、上海事変
154.名無しさん:2021年09月16日 00:27 ID:tA4C6WTO0▼このコメントに返信
>>151
そもそも日清戦争でも日露戦争でも、戦争を決めたのは陸戦なんだよ(とりわけ日露戦争では乾坤一擲をねらって失敗した奉天会戦の露軍大敗北)。海軍の損害はどうしても「物的損害」と見られて、陸戦の「人的損害(つまり国民の命)」のインパクトとは比べられないんだよね。

日本政府(昭和天皇も含めて)がもしミッドウェイ(海戦)だけで、平行して対米で大規模陸軍会戦を設定していなかったのであれば、それは愚かとしか言えないよ。
155.名無しさん:2021年09月16日 06:05 ID:s6hq9znx0▼このコメントに返信
北方から南方へが第一の失敗、真珠湾が第二の失敗、以下第三のミッドウェー、第四のガダルカナルと、すべて参謀本部、軍令部多数派の計画とは逆方向に戦端を開いた。政治家・軍部の大半は自存自衛のために戦っていると思っていたが、国の上層部が丸ごと敵側に乗っ取られていた。
156.名無しさん:2021年09月16日 09:52 ID:LSH5bjRW0▼このコメントに返信
※151
なんや。
結局アメのさじ加減に期待してたって事やんけ。
正味武力でアメを叩き潰せると思ってなかったという事になるから、
始まる前から勝ち目は無かったと認めてるようなもんやで。
157.名無しさん:2021年09月16日 09:54 ID:LSH5bjRW0▼このコメントに返信
※155
第一の失敗はチョーセン半島に手を出した事やと思うで。
太平洋戦争の遙か以前から、敗戦への道を転がり落ちてたんや。
158.名無しさん:2021年09月16日 13:53 ID:JFcM7amx0▼このコメントに返信
ポートモレスビー攻略が成功していたら、ミッドウェーが史実の結果でも変わっただろうな
ニューギニアに投入された戦力もソロモンに回せるし
モレスビーからケアンズ空襲が頻発するから豪州は大陸の守りを固めないといけないし
159.名無しさん:2021年09月16日 18:36 ID:chSfuqsF0▼このコメントに返信
死神サイコパス大統領ルーズベルトが誕生した時じゃろこいつのせいで日米で数百万、その後任のトルーマンやGHQのせいで中共がのさぼってる元凶として考えたら、朝鮮戦争・大躍進・天安門・最近の武漢コロナまで影響で全人類で何千、何億人犠牲になってるか

お名前