2020年10月24日 21:05

昔のドイツと旧日本軍強すぎワロタwwww

昔のドイツと旧日本軍強すぎワロタwwww

03

引用元:昔のドイツと旧日本軍強すぎワロタwwww
https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336126838/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:20:38.46 ID:imSfbhJe0
よくがんばったよな
敗戦国とか言われてるけど、現在ではドイツと日本はいろんな場面で活躍してる

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:30:19.21 ID:nfRhFmzYP
ドイツは陸海空全てにおいて革新的な兵器を作ってたが
日本は特に無いな

戦艦大和の砲塔も国内では作れる機材がないから
ドイツから旋盤加工の機械を輸入して作ったぐらいだし

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:44:47.88 ID:geZ8zWRk0
>>11
零式は大戦初期で世界最強だった
数字上のスペックでは零式の上を行くものもあったが、運動性能と20ミリ機関砲は革新的だった
それは
最高速度を殺してでも周りがよく見えるようにコクピットを前に移動させ、格闘戦で常に優位に立った
朝鮮戦争でもアメリカさんは30ミリから20ミリに切り替えたほど、20ミリという大きさは命中力と威力のバランスが絶妙だった

また、戦闘機を主力とした戦略戦術を初めて利用したのは日本軍だった
ただ、真珠湾でその威力を世界に轟かせた日本軍だったが…実際その有用さを理解したのは連合軍側だったのは皮肉としか言いようがない

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:48:29.50 ID:jSd6a16L0
>>38
あと、ドロップタンクを初めて本格採用した戦闘機だったっけ?
(ひょっとしたら、ゼロ戦以前にも何かあったのか?)

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:32:52.99 ID:S6jvf9qN0
潜水艦に飛行機入れようって誰が最初に言いだしたんだろう

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:34:15.53 ID:kXxrZhx7O
中国からさっさと引き上げてそれに費やしてたカネを米英対策に使えば勝てたと思う

いやマジで

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:38:42.03 ID:kKS1iGtXO
>>17
陸軍は大陸へ海軍はアメリカへと逆方向進んだらそら弱体化するわな

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:47:57.63 ID:kXxrZhx7O
>>23
中国に深入りしていった時点で死亡フラグが立っていた

とにかくアホみたいにでかい国に入っていっちゃ駄目なんだな
結局独もそれで大失敗したし

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:43:41.61 ID:E2l3G27K0
>>17
無茶苦茶優秀な統治者が長い時間かけてユーラシア大陸を切り取ってくか、原爆を先に実用化して投入するとか戦略常識を覆す革新でもない限り、勝ち目なんてなかっただろ

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:40:51.17 ID:ZESX4vTT0
というか何の国家戦略もなしに東南アジアまで進んでったら、
そりゃ戦線支えられんわ。

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:42:01.68 ID:iopI2cBmO
戦術レベルでなら間違いなく優秀だったと思うが、肝心の戦略を作るお偉方がなあ。
軍の迷走はもちろん、政治の方だって、戦時下で数ヶ月単位でコロコロ首相を変えるなんてありえんよ。
あの仕組みじゃいくら資本があっても猫に小判だと思うぜ。ロクなことに使わず結局負ける。

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:43:46.37 ID:G/p0z1S00
アメリカとの物量差と日本の補給の弱さ
あと固執し過ぎることが敗因だろうな

石油資源取ったらとったで、そこらへんでやめときゃよかったものを

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:44:21.50 ID:6PQU8Hju0
日露戦争の勝利で図に乗った国民が一番の癌だった

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:44:29.48 ID:kKS1iGtXO
武器食料など現地調達しろだもんな
どんどん物資が運ばれて毎日腹いっぱい食える国と戦ったらそら負けるわ

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:45:18.28 ID:ZESX4vTT0
てか東南アジア方面への進出自体、
「連合軍が主力出してくるまでに奇襲気味に進軍してけば、資源を確保して防衛網築けるんじゃないかな~」
程度の、その場の思いつきレベルで決めたらしいね。

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:52:09.88 ID:CefOt3aJ0
当時の中国にはアメリカの飛行場があってそっから日本爆撃可能だったりするから
ぶっちゃけ中国放置してても日本の敗戦は確定だったんだけどな。

そこを叩くための作戦が何故か大陸打通作戦って中国縦断する作戦になって
おまけに飛行場制圧するころにはグアムに飛行場が完成してたりするんだけど

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:52:29.99 ID:geZ8zWRk0
インパルとか、何しに行ったんだよレベルだろwwwwwww
遠すぎワロタ
イギリスさんの拠点があったんだっけ?
あんなの攻める必要があるなら、むしろ防衛の必要がある占領地放棄しちゃえよ・・・

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:55:25.08 ID:G/p0z1S00
>>46
太平洋ヤバくね?

中国さっさと終わらせようぜ

まずは連合国との援蒋ルートを断とうぜ

泥沼にはまりました

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:56:26.19 ID:zUWw4npC0
資源の多さでアメリカには勝てないのわかってたけど
真珠湾の時に徹底的にやってれば攻め込めたかも知れない

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:57:49.43 ID:CefOt3aJ0
>>56
降伏が1年伸びただけだと思う

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:01:27.23 ID:ZESX4vTT0
>>56
無理じゃね?
よくオアフ島を占領してればって主張あるけど、
オアフ島には砲兵の支援を受けた完全武装の5万人の米兵が立て篭もってたし、
そこの攻略で上陸戦してれば南方作戦が遅れるわけだから、
ハルノート出された時点で詰んでる。

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 19:57:00.80 ID:CefOt3aJ0
正直どうやっても勝てなかったと思うんだ。
ハルノートあたりで詰んでた

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:09:38.07 ID:zUWw4npC0
アメリカのスパイに極秘情報漏れてたしやりあう前に決まってたかもね

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:10:06.33 ID:sBUp15hu0
というか米がチートすぎるだけ

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:11:32.04 ID:geZ8zWRk0
だいたいよー
ブロック経済された時点で、植民地持ってないドイツや日本は戦争以外の道が無かったのにさ

戦争を誘引した連合国側がなんで偉そうにしてんだよ
自分はそれが納得いかねーのさ

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:14:57.29 ID:ZESX4vTT0
>>81
ドイツ悲惨すぎね?
WW1敗戦後のドイツって太平洋戦争終結後の日本よりも餓死者の数や乳幼児死亡率が高かったらしいじゃん。
そんで賠償金払えないとフランスに工業地帯占領されて、欧米の資本家や投資家のせいで挙句の果てに大恐慌だよ。

可哀想すぎワロタ。

117: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 20:57:44.56 ID:AzFV6EEd0
日本とドイツが悪いで片付けられちゃったのがどうもな
まあ終わったことだから今に引きずらないのが一番いいんだろうけど

122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/04(金) 21:14:01.89 ID:vOXaYrwv0
ようは勝てばいいんだよ!勝てば!!
戦後負けても経済発展させて
世界的に見たら勝ち組の部類に入ったじゃん
え?今?・・・・

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年10月24日 21:09 ID:87dbe6wg0▼このコメントに返信
よく飽きないもんだ
2.古古米:2020年10月24日 21:11 ID:By8KHWKE0▼このコメントに返信
※1
一応は軍版だからね。
最近それ以外が多過ぎるけど。
3.名無しさん:2020年10月24日 21:16 ID:pDS10lSU0▼このコメントに返信
昔のアメリカと旧ソ連軍強すぎワロタwwww
4.名無しさん:2020年10月24日 21:20 ID:IIXSbbQZ0▼このコメントに返信
広く深い中国に入っていった陸軍は大概だが、近海で戦う短期決戦用海軍なのに大陸より広い太平洋に深く入って行って消耗戦行った海軍さんwww
5.名無しさん:2020年10月24日 21:23 ID:RpGGwdsm0▼このコメントに返信
たまに思い出したようにミリネタぶっこんでくる。
6.名無しさん:2020年10月24日 21:24 ID:4Y6nWvz60▼このコメントに返信
第二次大戦の敗因
 ドイツ:ヒットラーが悪い
 日本 :国力が足りなかった

第三次大戦の敗因
 ドイツ:メルケルが悪い
 中国 :習近平が悪い
7.名無しさん:2020年10月24日 21:26 ID:NVNkU78P0▼このコメントに返信
海軍をもった事が間違い

陸軍海上護衛部とでもして、陸軍の海上輸送のみを担当する一部門として存在してれば戦争に負ける事はなかった
8.名無しさん:2020年10月24日 21:26 ID:3knHAeDb0▼このコメントに返信
※4
まさか主力艦隊【旧式艦】壊滅開戦当日なのに折れなかったアメリカ人の当時の不屈の精神て事だろう今なら政権が数回吹き飛ぶ不祥事で戦争どころじゃない。
9.名無しさん:2020年10月24日 21:27 ID:lOqIjvXG0▼このコメントに返信
日本とドイツが戦前も戦後も中国に深入りし過ぎている。早く撤退。
10.名無しさん:2020年10月24日 21:32 ID:17oj6vhL0▼このコメントに返信
日本軍の本当のすごさは
補給が絶たれ包囲された状況でも戦闘力を完全には喪失しないこと
歩兵としてこれほど強いものはない

万歳突撃として馬鹿にされがちな陸軍だが、WW2中でも間違いなくチートのユニットの1つだわ
11.名無しさん:2020年10月24日 21:33 ID:.zsA58X50▼このコメントに返信
弱いから負けた
12.名無しさん:2020年10月24日 21:36 ID:3knHAeDb0▼このコメントに返信
※10
島なのに東部戦線並みの砲爆撃するはめになった米軍さんだもんな。」
13.名無しさん:2020年10月24日 21:36 ID:giWgFwu10▼このコメントに返信
日本軍は、通常兵器を核兵器並の威力にする上に、痕跡や遺体を迅速に隠滅出来る程度の土木系工作能力を有しているしな(ソース:南京の件)
なお、陸軍のみ保有する能力故にか南方戦線では無効だった模様(捕虜の兵士が、海軍の見積もり時間(人海戦術前提)よりも早く重機で飛行場を修復している)
14.名無しさん:2020年10月24日 21:37 ID:.zsA58X50▼このコメントに返信
ドイツが賠償金でかわいそうとか言い出すやついるけど
そのくらいの賠償金が必要なほどに戦勝国も被害損害をこおむっている
しかも、その支払いの資金のほとんどを米国が貸してくれたうえに仕事も回してくれた
むしろ感謝するべきだよね
15.名無しさん:2020年10月24日 21:38 ID:9Aqfu35n0▼このコメントに返信
Me109は航続距離が200kmしかなかった、バトルオブブリトンでの対空戦闘時間はたったの20分、それでもうガス欠だった。構造上インテグラルタンクも翼下増槽も付けられないトンデモ設計だった。ドイツ兵器が強いという宣伝はまやかしだよ
16.名無しさん:2020年10月24日 21:41 ID:3knHAeDb0▼このコメントに返信
※14
1次大戦の西部戦線のフランス領の戦前と戦後の空中写真を見ればなあ~普通の田園地帯が火星表面か月表面か?変貌しているから。
17.名無しさん:2020年10月24日 21:43 ID:exrwT.440▼このコメントに返信
赤紙一枚一銭五厘。
こう嘯いて根こそぎ徴兵して、島嶼防衛守備隊は見殺し。
補給も武器も貧弱なのに肉弾戦という弾薬や地雷抱えて戦車に対して自爆攻撃。
人口半分しかいないのに国民を兵士にして兵士の人命無視のバンザイ突撃。
これで勝てるわけないだろ。
ペーパーテストで点取ればエリート将校となり指揮官の将来の序列も決まる。
こんなバカな制度で指揮官が決まった日本軍。
兵士は補給さえあればソ連軍を撃退した占守島守備隊のように勇戦しえたのに。
18.名無しさん:2020年10月24日 21:43 ID:IIXSbbQZ0▼このコメントに返信
※16
土壌も汚染されて土地の利用も限られちゃってるみたいすね
19.名無しさん:2020年10月24日 21:44 ID:ElWa1.sz0▼このコメントに返信
アメちゃんびっくりの伊400型潜水艦…
20.名無しさん:2020年10月24日 21:46 ID:4Y6nWvz60▼このコメントに返信
※17
今のブラック企業じゃん
21.名無しさん:2020年10月24日 21:47 ID:3knHAeDb0▼このコメントに返信
※18
戦時仕様の増強1個師団が1日で中隊以下に擦り減り後方送りな地獄だもん。
22.名無しさん:2020年10月24日 21:48 ID:4fEv2PmQ0▼このコメントに返信
虚しい強さだわ
まず負けて然る後に戦うの世界
23.ぬぬぬ:2020年10月24日 21:49 ID:.WNk1u8I0▼このコメントに返信
今こうして平和を貪っていられるのも、ご英霊の方々が文字通り命を懸けて
日本の国体を守ってくださったお陰です
心より感謝申し上げます(合掌
24.名無しさん:2020年10月24日 21:53 ID:yla7phyA0▼このコメントに返信
日本軍負けw
中国軍の勝ち
25.名無しさん:2020年10月24日 21:53 ID:i2zx9mBI0▼このコメントに返信
ボコボコにされて、敗戦後もアメリカ、ロシア、中国、北朝鮮や韓国から恫喝され、内政干渉されて金をむしり取られ、技術までも搾取されている国じゃあねーの。
政治家は恫喝にビビリ、中国企業の裏献金で政治をゆがめられ腐敗政治のそのもの、情けない国になってしまった。命をかけて戦ったご英霊が泣いているよ、
日本人って地球上に存在する価値のない民族だよ。もう、中国に飲み込まれても仕方がない国だ。
26.名無しさん:2020年10月24日 21:54 ID:Xl.RAZTB0▼このコメントに返信
戦って負けたから、負け犬と言われる。
じゃあ、戦いもせず頭を垂れたれるか?
誇りも尊厳も何もかも捨てて。
それなら負け犬の方が何倍も上等だ。
27.名無しさん:2020年10月24日 21:55 ID:Jjv6gi5N0▼このコメントに返信
韓国光復軍に惨敗した旧日本軍が強いとかありえない
28.名無しさん:2020年10月24日 21:55 ID:Xl.RAZTB0▼このコメントに返信
>>7
頭わるいな。
29.名無しさん:2020年10月24日 21:56 ID:3knHAeDb0▼このコメントに返信
※24
え?中国軍ていたの?BY連合国(笑)。
30.名無しさん:2020年10月24日 21:56 ID:Xl.RAZTB0▼このコメントに返信
>>27
何それ? 新作小説?
31.名無しさん:2020年10月24日 21:57 ID:3knHAeDb0▼このコメントに返信
※27
と存在しない史実にすがる負け犬キムチ。
32.名無しさん:2020年10月24日 21:58 ID:LGuUrO1j0▼このコメントに返信
第一次大戦の頃のドイツ軍と日露戦争の頃の日本軍は本当に強くて好き。第二次はお互いピーキーに仕上げすぎて序盤の猛攻を凌がれたら後はグダグダになっていっちゃったのがなぁ。というか米ソがでかくなりすぎて対等な力関係の戦争にできなかったんで、そのこと自体に文句はないけどプロレスとしての面白みにはやや欠ける
33.名無しさん:2020年10月24日 21:59 ID:9pMOzamw0▼このコメントに返信
万里の長城の向こう側で本気で戦うなら
国民党も共産党も情け容赦なく皆殺しにして
日本そして大和民族が中原の覇者としてシナの玉座に着く!
くらいの勢いと目的で戦争しなくちゃいけなかったんだよ
あそこは、どこかの特定の民族固有の土地でも祖国でもないからな
そのとき一番つえー民族が中華の天下を総取りする
ずっとそういう歴史をたどってきたんだ
国民党軍の亡骸が野ざらしになっているのは敵ながら不憫だといって
ご丁寧に埋葬してあげて供養してやるとか
そんな優しい民族はね、あの土地に足を踏み入れてちゃいけなかったんだ
34.名無しさん:2020年10月24日 21:59 ID:LTdQ4sF50▼このコメントに返信
日本軍は、強すぎたから
アメリカにずっと抑えつけられている。
35.名無しさん:2020年10月24日 22:00 ID:nCEC1MPd0▼このコメントに返信
WW2で米英露が調子に乗るのは分かるが
中韓がやたら威勢がいいのは何故なんだ
36.名無しさん:2020年10月24日 22:00 ID:Xl.RAZTB0▼このコメントに返信
>>31
負け犬に失礼だろ。戦ってもいないのだから。
37.名無しさん:2020年10月24日 22:00 ID:EYSxi8Qq0▼このコメントに返信
※10
アメリカ指揮官も当時「日本軍に有ってお前らにないもの、それはガッツだ!!」ってテンプレが出来るくらいだしな
38.名無しさん:2020年10月24日 22:04 ID:TFjlq8Lq0▼このコメントに返信
日独を決して一緒にして語ってはいけない
前の大戦で日本は欧米列強が持っていたアジアの植民地を開放した功績があった
のに対し独は戦争とは別の人道的な大問題を起こしていたと云う事実を
正しく理解していないと日独を同レベルの加害者として利用する大陸と半島の輩から
賠償請求のカモにされてしまいます。




39.名無しさん:2020年10月24日 22:10 ID:Cftsd5.c0▼このコメントに返信
>>27
そんなファンタジー韓国人のお前らしか信じてない。
硫黄島での惨めな韓国人軍属の惨めな姿を見てみろや。
40.名無しさん:2020年10月24日 22:12 ID:YxfwJW.v0▼このコメントに返信
ソ連が枢軸国側につく可能性が大だった。
ソ連が裏切った時点で、枢軸国側の敗北決定。
41.名無しさん:2020年10月24日 22:12 ID:DNtpz3r50▼このコメントに返信
技術的にはともかく海軍力は旧日本海軍の方がドイツより圧倒的だけどな
42.名無しさん:2020年10月24日 22:13 ID:e8qT3MsP0▼このコメントに返信
先に原爆開発して伊号で奇襲できれば勝てたか
43.名無しさん:2020年10月24日 22:17 ID:rhA0gtG80▼このコメントに返信
>>1
ここのスレ民が飽きて食いつかなくなれば失くなる。
44.名無しさん:2020年10月24日 22:21 ID:rhA0gtG80▼このコメントに返信
>>4
陸軍も海軍も日露戦争の短期決戦が教科書のはずなのに。
どっちも最もやっちゃいけない消耗戦にはまっちゃった。
45.名無しさん:2020年10月24日 22:23 ID:rhA0gtG80▼このコメントに返信
>>7
もともと島国の専守防衛の為に近代化したんだから、海軍だけに振るっていう発想は?
46.名無しさん:2020年10月24日 22:31 ID:3H2KDTcV0▼このコメントに返信
あら、昔だけじゃなくて今でもスゴイわよんわよん
47.名無しさん:2020年10月24日 22:38 ID:oxIUFzG80▼このコメントに返信
※41
20年以上かけてコツコツ築いた戦力を、ほぼほぼ死蔵させた帝国海軍と、通商破壊に全振りして英国を滅亡寸前に追いやったドイツ海軍。
沈めた総トン数も桁違い(もちろんドイツが)。
戦争初期に日本海軍が精強だったのは、それ以前の志那戦線で、海軍としての問題点をすべて洗い出してたからだぞ(作戦面に限る)。

まあ、ドイツ戦艦のポンコツぶり(含む重巡)と、空母自体の無理解は弁護できんが。
48.名無しさん:2020年10月24日 22:38 ID:u6sTfhzf0▼このコメントに返信
※27
重慶に引きこもっていたのに何妄想してんだ?
49.名無しさん:2020年10月24日 22:39 ID:Xl.RAZTB0▼このコメントに返信
>>47
大西洋は温い。メジャーリーグと草野球くらいの差がある。
50.名無しさん:2020年10月24日 22:39 ID:u6sTfhzf0▼このコメントに返信
※4
中国は大陸打通作戦でほぼ勝利してたw
51.名無しさん:2020年10月24日 22:41 ID:Ma76voGh0▼このコメントに返信
※27
こいつは海外留学したら発狂して銃乱射事件起こすタイプだなwww
韓国の歴史教育が、ほぼ全て完全な嘘である事を嫌というほど思い知る。
52.名無しさん:2020年10月24日 22:41 ID:WgCGhIb90▼このコメントに返信
>>7
日本の話をしてるんだよな、この馬鹿?
53.名無しさん:2020年10月24日 22:43 ID:WgCGhIb90▼このコメントに返信
>>24
中国軍がいつ日本に勝った?
54.名無しさん:2020年10月24日 22:43 ID:hdT2grnP0▼このコメントに返信
戦争は勝っても負けても人的被害が大きくて割が合わん
55.名無しさん:2020年10月24日 22:44 ID:Xl.RAZTB0▼このコメントに返信
>>51
悔し泣きするだけじゃね?そんな度胸ない。
56.名無しさん:2020年10月24日 22:45 ID:Ma76voGh0▼このコメントに返信
※55
アメリカの銃乱射事件は半分くらい韓国人が起こしてるよ。
57.名無しさん:2020年10月24日 22:47 ID:WgCGhIb90▼このコメントに返信
>>25
韓国でインフル接種で死亡続出w
端末なし軍事衛星打ち上げやら、BTS株暴落で大騒ぎとか、韓国馬鹿過ぎなw

まあ、北朝鮮に国民射殺されて金正恩マンセーの文在寅大統領だからなwwww
58.名無しさん:2020年10月24日 22:48 ID:VQQ.0BHs0▼このコメントに返信
>>11
ドイツにしても革新的というより、劣勢をなんとかする為に未完成品を戦場に引っ張り出しただけ。
求められるのは最強の兵器でなく最良の兵器。
59.名無しさん:2020年10月24日 22:48 ID:WgCGhIb90▼このコメントに返信
>>27
哀れな韓国人w

歴史がクソだから妄想に逃避wwww
60.名無しさん:2020年10月24日 22:50 ID:u6sTfhzf0▼このコメントに返信
韓国の作家が「日本に行ったら親日派」って発狂してたw
61.名無しさん:2020年10月24日 22:51 ID:YzuTqVyu0▼このコメントに返信
そういえばドイツ軍は割と勝ち筋あったけど、日本の場合は始めた段階で負け確だったな
62.名無しさん:2020年10月24日 22:53 ID:OBWyi43C0▼このコメントに返信
日本は援軍国もないし単独だからな。
東南アジアは植民地だらけで、ソ連がいて、シナ地方の大陸しかないんだからさ。
それでも満州にイチャモンつけてきた欧米の強欲さ。
63.名無しさんΘ:2020年10月24日 22:55 ID:CK8MccM70▼このコメントに返信
本スレ65

>よくオアフ島を占領してればって主張あるけど~



もっと攻撃してればという話は昔からあったが
話題に成るのは紺碧の艦隊の影響だろうな?
ちょっと他は言わないだろうと思ったら、霧島那智も書いてた!!!
今ゲームやシュミレーションのソフトで簡単にCG動画作れるから
リメイク動画ディスク付きとか出せば面白いのになw
☆ttps://www.youtube.com/watch?v=NudASgFXs_Q&t=339s
64.名無しさん:2020年10月24日 22:55 ID:rhA0gtG80▼このコメントに返信
>>25
泣き言は日本が本当に無くなってから言って頂戴。
自分は日本人に生まれて感謝するのをやめるつもりは無いし、
ここまでやってくれた先人に感謝し続けるよ。
65.:2020年10月24日 22:56 ID:HlIR.Q5o0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
66.名無しさん:2020年10月24日 22:58 ID:x7C6YXBr0▼このコメントに返信
負け犬根性染みついとるが、米露中と現代横暴大国全てとやりあった履歴のある日本は誇っていい
67.名無しさん:2020年10月24日 22:59 ID:rhA0gtG80▼このコメントに返信
>>35
スネ夫だから
68.名無しさん:2020年10月24日 23:01 ID:rhA0gtG80▼このコメントに返信
>>40
ドイツがそれを一方的にぶち壊したから
69.名無しさん:2020年10月24日 23:02 ID:PLs5mtF90▼このコメントに返信
※23
 賛同致します。

 個人的な意見だが、昔と比較して今の若者は、教育なのか? 環境の違いなのか?
なんか精神力と云うか忍耐力が無いような気がする。若者のライバルは海外に有。も
っとハングリー精神をもって頑張って生きて欲しい。リメンバー高度成長時代。
70.名無しさん:2020年10月24日 23:03 ID:u6sTfhzf0▼このコメントに返信
※65
ドイツの周囲には韓国・朝鮮のような劣等民族や失敗国家はないけどなw
71.名無しさん:2020年10月24日 23:05 ID:rhA0gtG80▼このコメントに返信
>>66
あのソビエトですら直接手出し出来ず終わったのに、その米帝とガチのタイマン張った唯一の国です!
72.名無しさん:2020年10月24日 23:24 ID:VQQ.0BHs0▼このコメントに返信
※69
大人が望む「良い子」が増えた。
海外と渡り合うにはある程度の野蛮さが必要なんだと思う。

高度成長期は戦中に投資してた研究や人材がいたからこそ。
近年はバブル期の投資でノーベル賞受賞者が増えたけど、今は教育や研究開発の予算も減ってる。
流行りの研究ばかりしていては画期的な成果が出るはずもなく・・・
73.名無しさん:2020年10月24日 23:31 ID:qofHagx50▼このコメントに返信
>>10
※10
>補給が絶たれ包囲された状況でも戦闘力を完全には喪失しないこと

太平洋の島嶼戦は篭城戦と同じ。
弾薬・食料は数ヶ月~1年分は集積しているので、包囲されても戦闘力は喪失しないよ。
ただし、アメリカ軍の計画を大幅に遅らせることに成功したのは、ペリリュー島と硫黄島の戦いだけだね。
だから、別にチートユニットの1つではないと思う。
74.名無しさん:2020年10月24日 23:41 ID:IsIQMCgz0▼このコメントに返信
現在の強襲揚陸艦の形を最初に導入したのが陸軍空母のあきつ丸
75.名無しさん:2020年10月24日 23:41 ID:lsIkQXC60▼このコメントに返信
海軍の総力を挙げて、貴重な油を使い。
卑怯者の汚名を着て奇襲攻撃によりハワイを占領するも、
我獲得するは、
「パイナップル」
その報復に、卑怯者のとして、市民を爆撃され、
戦争法違反だと文句も言えない。
76.名無しさん:2020年10月25日 00:07 ID:H3VR3u9M0▼このコメントに返信
>ドイツは陸海空全てにおいて革新的な兵器を作ってたが

海?????
潜水艦だけだろw
しかも対策立てられ1943年には陳腐化し損害出るばかり
戦艦が日本上回ってたとかねーわ
重巡~駆逐艦の数も段違い
空母に至ってはとうとう生産できず艦載機も無い
77.名無しさん:2020年10月25日 00:07 ID:H3VR3u9M0▼このコメントに返信
陸?
パンター、ティガーばかりだと思ってんのかねこの人w
しかも故障多くて運用できてない
フランス軍のB1 bis戦車にまったく攻撃効かず蹂躙されたや
英軍に歓迎されソ連でも不評はあるが評価もされたM4シャーマンの前のM3リー、グラントに苦戦したとか知ら無さそう

空?
カタログスペック盛り盛りにだまされすぎ
ソ連に歓迎されたP-39以下のFw190とF4Fに負けたBf109過大評価しすぎ
ネットが普及するまでドイツ軍の誇張戦果ばかりで鵜呑みにしちゃってんだろうけど
こういうのはドイツ軍パイロットの俺たちすげぇぇぇ体験談だけでなくソ連側のパイロットの体験談も聞かないと不公平
双方の損害記録載ってる本とかみない人なのかな
クルスク航空戦でドイツ軍はソ連軍航空機7800機撃墜したと言ってるけどソ連側の記録だと戦闘損失は1000機なんだよ
78.名無しさん:2020年10月25日 00:14 ID:EjcCg94u0▼このコメントに返信
中国にも勝てなかったのに最強?
79.名無しさん:2020年10月25日 00:22 ID:H3VR3u9M0▼このコメントに返信
※73
あっさり陥落した香港、フィリピン
半年は持ちこたえると豪語していたジッラララインあっさり陥落
もう少しねばれば日本軍の兵站切れたのに降伏しちゃったシンガポール
日本の物資が切れるまで押されまくったインパール
艦砲射撃だけであっさり降伏するイタリアさんたちが地獄のタラワ、ペリリュー、硫黄島、沖縄なみに奮戦したとか何処の異世界だ
80.名無しさん:2020年10月25日 00:33 ID:SsmKrmgK0▼このコメントに返信
>>44
日露戦争じゃ、戦争の勝敗を決めるのは陸軍同士の大規模会戦だって言う、当たり前の話を陸軍も海軍もわかってたから、ちゃんと協力もしたし、陸軍は満州、海軍は日本近海の決戦地点を想定して準備をしていた。そしてその通りに奉天と対馬沖で雌雄は決したわけ。

日米戦争の場合、そもそも消耗戦云々以前の問題で、海軍がアメリカ、陸軍がイギリス相手、みたいな寝ぼけた話をしていて勝てるわけがない。戦争始めるなら、まずどこで陸軍同士が対峙するのか決めなきゃいかんのに、最後まで全く作戦すらないんだから
81.名無しさん:2020年10月25日 00:37 ID:SsmKrmgK0▼このコメントに返信
>>4
シナ事変については、陸軍は近衛と米内の被害者だよ。本当ならば蒋介石が泣きついて来た時点で終わっていたはずなのを蹴ったのはこいつらなんだから。まあ、石原莞爾のクソが、上海の海軍陸戦隊と日本利権やら日本人を見捨てて全軍撤退なんて陛下の前で言い出したから陸軍がそのケツを拭く羽目になったんだけど
82.名無しさん:2020年10月25日 00:39 ID:yZOEwPgC0▼このコメントに返信
>>75
極東軍事裁判なんて、ほとんど事後法の茶番劇。
しかも連合国側の方が桁違いに違反をやっている。一般市民へ無差別爆撃、シベリア抑留。
罪に問われる問われないの違いはただ、勝ったか負けたかの違いだけ。
83.名無しさん:2020年10月25日 00:42 ID:Uu4WvN8G0▼このコメントに返信
第二次世界大戦は勝てる戦争だったようだ

「英米合作経済抗戦力調査 奪われた勝利への道 [三橋TV第305回] 三橋貴明・林千勝・高家望愛」で検索

何で真珠湾攻撃したのか謎だっけど大体分かった
そりゃ政治の中枢に大日本帝国を滅ぼしたい奴がいるんだから

現代に当てはめれば財務省の高級官僚の一部や自民党主流派や維新、財界人、主流派経済学者、反日極左あたりだろうか
当時の朝日新聞が今の日経新聞かもな
84.名無しさん:2020年10月25日 00:44 ID:SsmKrmgK0▼このコメントに返信
>>73
他の籠城戦やら第一次世界大戦の要塞攻防戦と比べても明らかにすごいから、日本の歩兵は強いと言うのは間違いない。ペリリュー、硫黄島、あるいは沖縄戦がアメリカ軍に厭戦気分を植え付けたのは間違いないからね。

ただ、そもそも補給線を切らせる事自体が、元来軍隊としては最も恥ずべき事態なんだよな。
85.路端の石ころ:2020年10月25日 01:42 ID:WIPV0zO80▼このコメントに返信
日露戦争ぐらいまでは上手くやってたのに、問題は日露戦争後だよネ。
いわゆる試験エリートが優秀と勘違いして滅んだんだヨ。
答えが必ずあるペーパー試験には限界がある、世の中には答えがない、正解があるのかどうかも分からない事も多い、教育の中身は見直すべきだと思うヨ。
86.名無しさん:2020年10月25日 01:51 ID:PQS8sady0▼このコメントに返信
>>84
※84
第1次世界大戦は要塞戦よりも塹壕戦がメインでは?
あと、太平洋の島嶼戦は日本軍が弾薬・食料を数ヶ月~1年分用意した上で、
上陸してきたアメリカ軍と交戦したので籠城戦に例えただけですよ。
援軍が来ないと戦闘に負けるのも籠城戦と同じですし。
沖縄戦はアメリカ軍の被害が大きかったですけど、
アメリカの計画(60日で占領)を大きく遅らせることはできませんでした。
日本軍が5月末に首里を放棄した時点で、アメリカ軍は掃討作戦に移行していますしね。
つまり、ペリリュー島と硫黄島の戦い以外は、アメリカ軍の計画通りに戦闘が進んでいます。
ペリリュー島と硫黄島の戦いも日本軍の歩兵が凄いというよりは、
日本軍の司令官(中川大佐と栗林中将)が凄かったのが大きい。
87.名無しさん:2020年10月25日 01:58 ID:H3VR3u9M0▼このコメントに返信
※84
9割死んでも戦い続けたのなんか日本ぐらいだからね
戦車に歩兵で肉薄攻撃何度も何度もしたのなんか日本ぐらいなもんだ

よく3割死傷者出たら兵の士気はどん底、指揮系統ガタガタで統率の取れた戦いできなくなると言うが
ペリリューじゃアメリカ海兵隊が戦える状態では無くなり陸軍と交代し全滅判定。
海兵隊が陸軍に、その逆に陸軍が海兵隊に交代されるなんて屈辱で普通は駄々をこねて「いや、まだ戦えるっ」ってやりとりあるが
それなのにあっさり交代したってことはもう戦える状態なんかとてもじゃないが無かったってこと
88.名無しさん:2020年10月25日 02:00 ID:H3VR3u9M0▼このコメントに返信
※86
フィリピンがあっさり陥落してる時点でお前の籠城戦なら普通に善戦できるは間違ってる
89.名無しさん:2020年10月25日 02:01 ID:PQS8sady0▼このコメントに返信
>>79
※79
フィリピンはあっさり陥落していませんよ。
日本軍内で内輪揉めが起きるほど頑強に抵抗していました(フィリピン側は補給が絶たれ包囲された状況。)
それに、香港やマレー半島を攻略した時の日本は、補給が絶たれ包囲された状況では無かったですよね。
あと、レニングラードやスターリングラードのソビエト兵も、日本軍に負けず劣らず奮戦していましたよ。
90.名無しさん:2020年10月25日 02:10 ID:PQS8sady0▼このコメントに返信
>>88
※86
フィリピンはあっさり陥落しておりません。
第1次バターン半島攻略戦に失敗するなど第14軍は苦戦を強いられました。
フィリピンを占領するのに5ヶ月掛かっていますしね。
91.名無しさん:2020年10月25日 02:15 ID:H3VR3u9M0▼このコメントに返信
※89
フィリピンは対日戦が始まれば真っ先に攻撃されると予想され戦前から事前に物資も豊富に配備し、兵士も多い
が、司令官逃亡、兵士あっさり降伏
日本みたいな半数以上死んでも奮戦なんかしてない

日本の損失
戦死 4000
戦傷 7000

アメリカの損失
戦死 25000
戦傷 21000
捕虜 83000

これが現実
92.名無しさん:2020年10月25日 02:20 ID:H3VR3u9M0▼このコメントに返信
※90
期間が長いと苦戦なのか?w
んじゃお前の好きな籠城戦論法だと秀吉なんかの長期の攻城戦はみんな苦戦なんだすごいなぁ

ってかフィリピン占拠すんのに5ヶ月が長すぎとかゲーム脳はこれだから困る
アメリカの方のフィリピン攻略はもっとかかってるのに

対戦後半のやけっぱち戦術では無く損害出さないように戦っていればそりゃ数か月はかかるわw
ゲームばっかやってるとそういう感想になるんだよね
93.名無しさん:2020年10月25日 02:29 ID:EjTRjbZJ0▼このコメントに返信
韓国人の反論が馬鹿過ぎで笑うw
94.名無しさん:2020年10月25日 02:36 ID:H3VR3u9M0▼このコメントに返信
※89
>レニングラードやスターリングラードのソビエト兵も、日本軍に負けず劣らず奮戦していましたよ。

否定はしないがそれはドイツがソ連及び衛星国の民間人も虐殺し降伏したものまで殺しまくったせいもあるな
項羽と劉邦の漢中侵攻作戦で項羽軍は秦兵を殺しまくったせいで秦の兵士は降伏しなくなり頑強に抵抗したため進軍が遅れ
一方劉邦は降伏すれば許してたので項羽軍ほど抵抗受けなくて漢中に先にたどり着いてしまったのと一緒

英米イタリアはほとんど死んでも戦うなんてことは無い
ま、3割失えば降伏か逃亡するな

そういう話だよ

物資あって籠城戦やればだれでも奮戦できるなんて言うのはあきらかな間違い
95.名無しさん:2020年10月25日 02:55 ID:OqJABdW90▼このコメントに返信
たまに見るキスカ島の話って、なんで犬二匹置いて行ったんだっけ
いらない子?
96.名無しさん:2020年10月25日 03:03 ID:SsmKrmgK0▼このコメントに返信
>>86
別に何がメインか、なんて話はしてませんし。

まあ、そもそも塹壕戦はそれこそ補給線維持と縦深の厚さの話しになるけど、ここでしても意味ないし。

あと、沖縄戦はまさにアメリカ軍にどれだけ損害を出させたかが肝要なわけ。別に日数の問題は、米軍が次に急いで沖縄を利用する軍事作戦を準備していなかったわけだから、あまり意味はないよ
97.名無しさん:2020年10月25日 03:06 ID:SsmKrmgK0▼このコメントに返信
>>53
中国軍が負け続けたのに、国家として中華民国が勝利者になれた、と言う日本人すら忘れた事実を、掲示板の参加者にわざわざ思い出させるために頑張ってるんじゃないかな。事実、反論してるの見た事もないし
98.:2020年10月25日 03:09 ID:SsmKrmgK0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
99.名無しさん:2020年10月25日 03:12 ID:SsmKrmgK0▼このコメントに返信
>>95
濃霧中の撤退時に、吠えたり足手まといになるかもしれないからじゃないかな。
100.名無しさん:2020年10月25日 03:40 ID:2.cz7nYf0▼このコメントに返信
>>15
また馬鹿の長距離自慢か
101.名無しさん:2020年10月25日 03:42 ID:2.cz7nYf0▼このコメントに返信
>>38
日本はただの植民地の再編闘争に負けただけ
102.名無しさん:2020年10月25日 03:49 ID:nV2LtASo0▼このコメントに返信
>>76
いうても、イギリスやアメリカと手切れになった後は
先端技術はドイツに頼りっぱなしだった
基礎技術三流国家ですよ。
103.名無しさん:2020年10月25日 04:01 ID:cCmnGFKi0▼このコメントに返信
>>77
誇張戦果がバレちゃったのは
日本も同じなんだよなぁw

▪️昭和時代・坂井三郎64機撃墜、大空のサムライ!
▪️現在・エース撃墜の称号すら怪しい5機以下の可能性、エピも捏造、ネズミ講の看板詐欺師
▪️昭和時代 源田実の精鋭部隊!紫電改の343空、松山初陣で54機撃墜等圧倒的な勝利!
現在・→15、6機撃墜と米軍と同等の被害→8機撃墜が妥当と調査が進むにつれて戦果が激減 など

ドイツは確かに報告よりも戦果は低いがそれなりのスコアは残しているけど、日本の場合は
米軍の資料と付き合わせたら、中盤以降はショボい戦果、ろくに撃墜できていない。
104.名無しさん:2020年10月25日 04:08 ID:AdOegZuc0▼このコメントに返信
>>94
戦陣訓で捕虜は恥だという同調圧力
敵に捕まったら虐殺されるという恐怖心
この2点だな。
更に慢性的な食料弾薬医薬品不足で
大半は栄養失調や病気で戦うにも戦えず
降伏するにもできずに、彷徨の末の野垂れ死にが大半だよ。ガダルカナルもニューギニアもインパールもルソンもレイテも南太平洋の諸島もな。
105.名無しさん:2020年10月25日 04:42 ID:U.5DZdPZ0▼このコメントに返信
※77
クルスクでソ連機1000機も戦果をあげれば充分だろうよ
ノモンハンで250機の戦果と引き換えに、160機撃墜されたら陸軍航空隊が壊滅状態となった、貧弱な航空隊しかなかった日本と比べたら。

ちなみに航空支援がほとんどなかった印象のノルマンディーの航空戦でも、ドイツ軍は海軍機に比べて強力なP-51
やP-47などの連合軍陸軍航空機を相手に1000機ほど連合軍機を撃墜している(損失もほぼ同じ)
同時期、マリアナ諸島の各航空基地に600機の航空隊をかき集めて決戦に挑んだ日本は、米機動部隊の艦載機相手の航空戦で一方的なスコアとなり大敗した。米軍の航空機は空中戦の損害は僅少。
帰投時の事故や燃料切れの喪失が大半だったという。

106.名無しさん:2020年10月25日 04:47 ID:Osa5vayE0▼このコメントに返信
>>72
※69 72
貴方達が尊敬されていないからでは?
107.名無しさん:2020年10月25日 05:01 ID:7s1I.NrH0▼このコメントに返信
※76
零戦を分解してパーツを一つ一つ見てみたら
エンジンから機銃から無線機まで全て欧米の模倣か、
欧米ではもう古くなった一時代前の技術のライセンスの集合体だった。機体設計以外は特段先進技術といったものはなく、零戦の戦果は実戦経験を積んだパイロットに負うところが大きかった。
99式艦爆はドイツのハインケル社のボツになった機体を参考にし、急降下爆撃の技術はやはりドイツから学んだ。
後継機の彗星はやはり機体はドイツ機の機体を参考にし、
その液冷エンジンはDB501のライセンス生産だったが
技術的困難さからそれをモノにすることはできなかった。
108.名無しさん:2020年10月25日 05:06 ID:MO.y.suQ0▼このコメントに返信
>>7
あなたの国は石油とか鉄鉱石が本土からどんどん出てくる豊かな国なのですね。羨ましいことです。
109.名無しさん:2020年10月25日 05:11 ID:7s1I.NrH0▼このコメントに返信
>>66
日本も日露戦争以降、横暴が過ぎて
叩かれただけだ。
110.名無しさん:2020年10月25日 05:14 ID:MO.y.suQ0▼このコメントに返信
>>27
その光復軍というのは星条旗を持っているのですか?
ああ、そういえば1950年頃北朝鮮にボコボコに負けて釜山防衛戦迄追い込まれた軍も星条旗持っていましたね。
で、その時南朝鮮軍は何処にいたのですか?

111.名無しさん:2020年10月25日 05:15 ID:MO.y.suQ0▼このコメントに返信
>>42
残念、当時の原爆では近海で爆発させてもほとんど戦果が上がらない。
112.名無しさん:2020年10月25日 05:17 ID:rTY.jVg50▼このコメントに返信
>>87
刺突爆雷だのアンパン地雷だの伏龍だの回天だの

ろくな兵器がない代償は、戦陣訓で洗脳され
退路をなくされた国民が被らなくちゃならないわけよ
113.名無しさん:2020年10月25日 05:20 ID:MO.y.suQ0▼このコメントに返信
>>47
Uボートの大戦果は1942年前半まで。日本が通商破壊戦をできるようになった頃、潜水艦対策はほぼ出来上がっていた。
それに米欧連絡線を狙い放題の大西洋とローカルな細い連絡線の太平洋インド洋西部ではその効果も上がらない。
単純比較してもあまり意味はない。
114.名無しさん:2020年10月25日 05:29 ID:aw9Ka40D0▼このコメントに返信
>>80
陸軍の相手はソビエトじゃない?まあ、ノモンハンで手酷くやられて中国方面に向きを変えたけど。
陸海軍どっちも北進論南進論と全然まとまりがなくて、というかまとめる元締を失ってたな。
115.名無しさん:2020年10月25日 05:30 ID:MO.y.suQ0▼このコメントに返信
>>83
妄想煽動者かな?
WWIIはアメリカが勝者。全世界の過半数の輸送機と商船とトラックを持ち世界どこで戦っても補給切れを起こす心配がないからだ。
日独程度の国力では誰がどう指揮しても絶対に勝てるはずがない。
戦前の日本政府が無能というのは結果批判だから連中も甘んじて受けるだろうけど売国奴扱いは証拠不十分だよね。
116.名無しさん:2020年10月25日 05:41 ID:aw9Ka40D0▼このコメントに返信
>>109
アメリカも強欲で大陸での利権を狙ってたけど。といっても、欲したのは旧帝国主義みたいな植民地ではなく、市場の方。
117.名無しさん:2020年10月25日 05:52 ID:MO.y.suQ0▼このコメントに返信
>>107
それ言い過ぎじゃない?
エンジンはマーリンをシェアできた連合国は抜群に良かったが、機銃はエリコンだって旧式とまでは言えない。(対空機関砲のボフォースはチートレベルだね)
機体設計は日本も悪くない。零戦は低空格闘戦ならよくできているし、99爆は設計思想が古いが急降下爆撃では世界有数の戦果を上げている。
それに彗星の機体は純粋に日本の設計。日本の水冷エンジン技術は遅れていてアツタなりハ40がドイツライセンス品で製造運用に苦戦したのは事実だが、そのドイツでも稼働率がすごく悪かった。
全体に技術的には英独米には及ばないけど、当時の二番手くらいにはしがみついていた、と言うのが過不足ない評価だと思う。
118.名無しさん:2020年10月25日 05:55 ID:MO.y.suQ0▼このコメントに返信
>>104
アメリカは本当に捕虜虐殺していたから。金歯抜きは有名だね。
玉砕して死亡率99%は戦陣訓だけでは説明つかない。
119.名無しさん:2020年10月25日 06:25 ID:pASVOeGd0▼このコメントに返信
零戦で特筆すべき点は「超々ジュラルミン」くらいだろ、
1936年に開発されて現在の航空機にも使用される金属だからな。

それ以外は外国製品のコピー品をまとめただけの戦闘機だし
20mm機関砲だってゼロ戦よりも前にドイツで戦闘機に搭載してた例がある。
120.名無しさん:2020年10月25日 06:55 ID:sfON0GZA0▼このコメントに返信
※92
>>対戦後半のやけっぱち戦術では無く損害出さないように戦っていれば

バターン半島に突っ込まされた六十五旅団は返り討ちにあって壊滅した
現地の米比軍は8万以上いたから当たり前
ぶっちゃけ大戦前半もやけっぱち
121.名無しさん:2020年10月25日 07:39 ID:.Nit07Zh0▼このコメントに返信
>>114
もちろん、国防上の仮想敵は常にソ連だよ。しかし昭和16年9月の対英米戦準備開始、あるいは12月8日の開戦の段階では陸軍はもはやソ連を見ていない。正確に言えば、独ソ開戦に合わせた政策決定で、日本政府が北進を完全否定した段階でもう方向は決定してるんだよね。

そもそも、陸海軍内部の北進やら南進って話自体、本来の日本の外交基本政策と全く合わないんだよ。日本は第一次世界大戦の戦勝5大国の一角になり、さらにケロッグ・ブリアン条約を批准した段階で、自分から他国に侵略行為を働く選択肢を持ってないんだから。
122.名無しさん:2020年10月25日 07:42 ID:.Nit07Zh0▼このコメントに返信
>>75
パイナップル、そんな書き込みあったな〜
123.名無しさん:2020年10月25日 07:44 ID:.bqkYac.0▼このコメントに返信
※77
>ネットが普及するまでドイツ軍の誇張戦果ばかりで鵜呑みにしちゃってんだろうけど
こういうのはドイツ軍パイロットの俺たちすげぇぇぇ体験談だけでなくソ連側のパイロットの体験談も聞かないと

▪️それ、ドイツ軍を日本軍、ソ連軍をアメリカ軍に変えてもしっくりくるね。しかも、台湾沖航空戦の様に、
誇大戦果だと分かった後でも、訂正することなく、陸軍に事実を伝えず、比島決戦計画を狂わせて、凄惨な結果を招いた様に、体面のために戦略を崩壊させた例は日本軍以外にあるのかな?
>双方の損害記録載ってる本とかみない人なのかな
クルスク航空戦でドイツ軍はソ連軍航空機7800機撃墜したと言ってるけどソ連側の記録だと戦闘損失は1000機なんだよ
▪️梅本弘の著書など、見た後鱗が落ちる。無邪気な講談じみた日本軍神話から脱却させてくれる良い時代になったね。
ノモンハンでは日本は1370機撃墜と報告しており、
ソ連は実際の4倍の日本機を撃墜と報告している。
ま、どの国も戦果報告と実際の戦果はかなりの差があるのは事実。
航空戦は米英独ソとも大戦を通じてコンスタントに戦果を挙げているけど、日本は中盤のソロモン以降、ガクンと撃墜数を減らしている感じがする。情報秘匿の軽視とレーダーの性能の限界と上層部の稚拙な判断で、まともに飛び立つ事すら出来ないままの地上撃破も頻繁で、一方的に蹂躙されるケースが大半。
124.名無しさん:2020年10月25日 07:49 ID:3jFClHvY0▼このコメントに返信
>>9
歴史は繰り返す
125.名無しさん:2020年10月25日 08:09 ID:2kLxzlPP0▼このコメントに返信
>>91
>物資も豊富に配備し
半年分の備蓄をする予定だったが出来てない
バターン半島移動時には民間人2万人も同行していたため、食料不足から、すぐに配給制になり、医薬品の不足からマラリヤが蔓延した。
そんな中で、日本軍の第一次総攻撃を撃退するなど普通に健闘している。
物資が豊富ならば、降伏時に米比軍兵士は、栄養失調やマラリヤになっていない。当然それがための
バターン死の行進の様な悲劇は起きえなかった。
126.名無しさん:2020年10月25日 08:14 ID:2kLxzlPP0▼このコメントに返信
>>63
昔は国力や経済力や技術格差など全く考慮していない
オレ(日本)つえー仮想戦記が大流行していたね。
だから今 火葬戦記と揶揄されているんだけど。
127.名無しさん:2020年10月25日 08:32 ID:BPqBHeSG0▼このコメントに返信
>>79
ジットララインは予定の40%しか完成していなかったけどね。
マレー半島は気候は温暖で、インフラは英国が整えていたプランテーションによる農作物は豊富で徴発し放題。舗装道路は柔軟に張り巡らせており、
環境としては非常に天国。

128.名無しさん:2020年10月25日 08:34 ID:BPqBHeSG0▼このコメントに返信
>>93
いないと思うよ。
129.名無しさん:2020年10月25日 09:03 ID:2uec2.CF0▼このコメントに返信
※77
ティーガーは基本装甲師団に配備されません。
独立重戦車大隊といって、ティーガーだけの孤立した大隊編成です。 そこには専従の優秀な整備部隊が配属されていました。
ドイツの整備部隊の優秀さは、滅多に他国を褒めない英国も認めるところでした。
(ちなみに英国はマレー沖海戦における日本軍航空隊の技量も高い評価を与えている)
最近の研究ではむしろ、ティーガーの方が
装甲師団の他の戦車より稼働率が高かったと言われています。
CD師団やレーアなど師団装備としてティーガーを与えられている部隊もありますが、それらにはティーガー専用の整備班が不可欠でしたので、当然ティーガーがより良い整備を受けられる事になります。
ティーガーという戦車はそういった支援なしでは運用
が困難で、またその重量ゆえ、専用の機器(運搬車)が無いと動かすことも出来ないシロモノであるけど
専属の整備部隊と改修班、加えて戦線が防衛戦闘中心に
移行したため、数々の戦果を上げる事になりました。
130.名無しさん:2020年10月25日 09:51 ID:MO.y.suQ0▼このコメントに返信
>>119
その「まとめる」のが設計力で、一応及第点。
米からジークはヴォート(V143)のコピーと言われたけどバランスもサイズも違うので否定されているよね。
131.名無しさん:2020年10月25日 09:59 ID:ScSEZ71i0▼このコメントに返信
※119
航空機の設計を知らない人は、そういう個々の使用を取り上げてあーだのこーだの言う。
航空機で大事であり難しいのは、総合的にバランスさせた機体としてまとめ上げる事。
どこが突出してもダメだし、特に重量のマネージメントが難しい、零戦は傑作機だよ。
132.名無しさん:2020年10月25日 09:59 ID:ScSEZ71i0▼このコメントに返信
※131
すまん、使用→仕様
133.名無しさん:2020年10月25日 10:33 ID:0ungpszC0▼このコメントに返信
兵士の精強さでは旧日本軍に勝る軍はない(ベトナム軍はそれに近いかも)。そもそも全員が玉砕する戦法や、必ず戦死する特攻作戦など、近代軍隊では行える筈がなく、負けがハッキリすると潰走を始めるのが常法なのである。ドイツ軍も例外ではない。

アメリカ軍は戦死者が数万になると持ちこたえられず、唯一の例外が日系人部隊であった。この部隊のヨーロッパ戦線での勇猛ぶりは戦後のアメリカでの日系人、延いてはアジア系民族の社会的地位を向上させた。沖縄戦では時間稼ぎの役割を引き受けた沖縄守備隊実質8万強は、航空機の直接支援もなく、勝利の可能性もなく、ただひたすら耐え抜いて玉砕する目的で戦ったわけだが、アメリカ側はすでに硫黄島戦で懲りた為もあり、事前に艦砲や航空機による徹底的な攻撃を行った上、虎の子の海兵隊約9万を含む計55万の兵力を投入したものの、攻略に三ヶ月近くがかかった挙げ句、十万に近い死傷病死者等を出した。アメリカ軍が日本本土上陸作戦を躊躇し、事実上、日本の「条件付き降伏」を無条件に受け入れたのは硫黄島と沖縄での戦いの御蔭と言ってもよい(アメリカ内部に対立はあったが)。

沖縄戦を経験した米軍のジェイムズ・デイ少将は、「日本軍将兵は素晴らしい男たちだった。航空機による直接支援もなく、海軍艦船による援護もなく、孤立無援で戦うためには、極めて柔軟かつ巧みな指揮が必要な筈である」と称賛している。
134.名無しさんΘ:2020年10月25日 12:00 ID:.pEuKZTo0▼このコメントに返信
※103
坂井三郎の話は疑えば1人の証言にしかすぎない所もあるが
坂井の話と一致する敵側の証言も後で出てきている
サザーランドとの空戦もインドネシアから脱出するオランダ人の飛行機見逃した事とか
坂井の本で硫黄島上空でF6F12機に追いかけられた話があって
左旋回で攻撃を躱し続けて低空まで下りたので破れかぶれで反撃した話がある
味方の対空砲陣地が気が付いて砲撃始めたから助かった話
敵への攻撃はしっかり狙えないし確認も出来ないが
アメリカ人の交戦したパイロットが見つかった
15対1で2機撃墜していたそうだ
135.名無しさん:2020年10月25日 12:52 ID:3hBb0dYc0▼このコメントに返信
※25
日本が倒れると困るのは中国のハズだが?
136.名無しさん:2020年10月25日 13:10 ID:3hBb0dYc0▼このコメントに返信
※107
今のロシアも、いや冷戦時代からのソ連のミグもそんな感じだよな!
137.名無しさん:2020年10月25日 17:22 ID:KJCvegkV0▼このコメントに返信
※131
21型は、本来の運用も果たせてるし傑作だろうな
62型までいくと急降下爆撃に向いてない機体なのに爆撃させようとしたり、何もかもダメだ
138.名無しさん:2020年10月25日 17:53 ID:FYNsmh8F0▼このコメントに返信
>>77
1台でシャーマン3輌を相手にできるパンターだけで
生産数6000輌と。2000輌しか作れなかった
チハを圧倒しているけど?。
パンターD型は投入初期はエンジントラブルが多発したけどA型以降は安定して活躍している。
ティーガーは重戦車大隊に配属され優秀な
専属の整備班と改修班が大車輪で働いたから、カバー出来た。フランス戦車は大戦初期のドイツ戦車より装甲厚だったが無線機が不備で連携が取れずに88ミリや爆撃機に仕留められた。何も戦車には戦車で対抗する決まりはない。捕獲M5軽戦車が最強戦車だった日本相手にグラントが使われていたら、日本は更に苦戦していたよ。P–39は空戦より対地攻撃で活躍
F4FとB109の交戦記録は僅かしかなく、それでどうこう言えるモノではない。
空戦でA>B、B>Cなら、A>Cとなるとは限らない。相性というものがある
139.名無しさん:2020年10月25日 17:58 ID:GshUGCRd0▼このコメントに返信
>>118
そうだよ、敵に対する恐怖心から
投降出来ずに、傷に山野を彷徨った末の
病死や餓死が戦闘による死より圧倒している。
みんな勇敢に最後まで戦った末の死いうのは
語弊があると思う。
140.名無しさん:2020年10月25日 21:31 ID:v.uVRcTz0▼このコメントに返信
※119
それを言い出せばアメリカのP-51も傑作機になったのはイギリス製のエンジンに変えてプロペラを別物にして、イギリスで設計したキャノピーに変更した結果だしな。
141.名無しさん:2020年10月26日 08:38 ID:rTqaUpOc0▼このコメントに返信
面子のための反対をする、戦果を誤魔化す、生き残りの口封じをしようとする
ような上層部のままじゃどんなにリソースあっても勝てなさそうだが。
142.名無しさん:2020年10月26日 10:01 ID:ZgFuFlfz0▼このコメントに返信
>>138
F4FというかFM-2がMe 109に勝利したのって大戦末期のノルウェーでの話で、
その頃のドイツ空軍と言えば燃料不足で訓練もロクにできなかったしな。
P-39といやドイツ戦闘機相手に活躍したのは事実だが、ドイツ戦闘機に数多く
撃墜された機種であることも見逃してはならないし。
Fw 190とは全開高度が違うだけで、低空でしかFw 190に優越し得ない。
中高度以上では自機が優位にあること、P-39の上昇力に難があること、そして
P-39のエンジンが狙いやすい機胴部にあることを知っていたドイツのパイロットに
とってP-39をカモるのは容易かった。逆にP-39に食われてたのは、低高度で勝負
するような経験不足なパイロットくらい。
143.名無しさん:2020年10月26日 10:08 ID:ZgFuFlfz0▼このコメントに返信
>>113
いや、控えめに見ても1943年までは戦果が大きかった。
この年まで、イギリスは自国建造量の倍の船腹をUボートの攻撃で失ってる。
護衛空母が大量に就役する1944年に入ってもなお、イギリスは自国建造量の7割もの
トン数を沈められてた。インド洋西部にはスエズ運河へ向かう航路やケープへ向かう
航路があったので、狙おうと思ったら狙えただろう。太平洋なら米豪間の航路や、
島嶼間の物資輸送を集中的に妨害してたら史実よりアメリカは苦しんでいただろうね。

お名前