2020年10月18日 23:05

イギリス情報局(MI5)「コロナ禍で人がおらず尾行できない。スパイ任務が困難になった…」

イギリス情報局(MI5)「コロナ禍で人がおらず尾行できない。スパイ任務が困難になった…」

02

引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1603014954/

1: てっちゃん(宮城県) [US] 2020/10/18(日) 18:55:54.05 ID:WKDhAEYp0● BE:601381941-PLT(13121)
ロンドン(CNN) 英情報局保安部(MI5)のケン・マッカラム長官は18日までに、新型コロナウイルスの影響で街頭から人通りが絶え、
容疑者尾行などの任務がより困難になっていることを認めた。
「(中略)」
https://www.cnn.co.jp/world/35161107.html
4: ブラット君(光) [US] 2020/10/18(日) 18:56:52.86 ID:7a1KOX7k0
それ言っちゃっていいのか

5: さくらとっとちゃん(静岡県) [EU] 2020/10/18(日) 18:56:56.60 ID:xeALx0v60
と言いながら空から追尾してそう

8: ガリガリ君(東京都) [US] 2020/10/18(日) 18:58:09.98 ID:gI8EZ7OT0
いやいやネットで情報盗み放題だろ

38: こぶた(ジパング) [CN] 2020/10/18(日) 19:26:11.16 ID:TX+HrKT70
>>8
ネットだけで完結できるならな
キーボード速く叩くとなんでも情報が出てくると思ってるの?

15: ネッキー(岐阜県) [GB] 2020/10/18(日) 19:03:49.48 ID:9C12i+uk0
これが中共の目的だったか。なるほどなぁ・・・

21: ちーたん(山形県) [CA] 2020/10/18(日) 19:05:49.66 ID:XJ/fEe4s0
すみませんMI6とは違うの?

28: シャべる君(大阪府) [US] 2020/10/18(日) 19:09:35.40 ID:V7CGGzB40
>>21
あちらは対外情報収集
こちらは国内防諜

26: ぶんた(北海道) [US] 2020/10/18(日) 19:08:27.23 ID:AayJXLiX0
MI1(暗号、暗号解読。後に海軍の「Room 40」と統合され政府暗号学校を経て政府通信本部)
MI2(中東、極東、スカンディナヴィア、アメリカ州、ソ連)
MI3(東欧、バルト海沿岸諸国即ちリトアニア・ラトビア・エストニア)
MI4(地図作成)
MI5(防諜)
MI6(国外の政治、経済及びその他秘密情報の収集、情報工作)

だお。

46: ほっしー(大阪府) [US] 2020/10/18(日) 19:48:41.27 ID:t3Wv0wEN0
>>26
MI4だけバカにされてそう

56: 愛ちゃん(東京都) [US] 2020/10/18(日) 19:55:49.90 ID:S2BKxzhi0
>>46
根幹だぞ

31: パスカル(秋田県) [ニダ] 2020/10/18(日) 19:11:51.17 ID:DrLcSnRm0
光学迷彩作れよ

39: エキベ?(大阪府) [US] 2020/10/18(日) 19:31:05.10 ID:5RJiXMz20
MI1~6まである
6が超エリート
5がエリート
4は使えない奴らが集まる
2と3は凡人
1はインキャな超エリート

43: プリングルズおじさん(やわらか銀行) [US] 2020/10/18(日) 19:40:07.08 ID:zgjGoXio0
>>39
外から見たらどれもエリートの話しされても

40: エコピー(神奈川県) [JP] 2020/10/18(日) 19:32:00.54 ID:Z996Vbsj0
ロンドンなんてそこら中に監視カメラあるんだから
尾行なんてしなくても良さそうなもんだけど
地下鉄とかに入られると追えなくなるのか?

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年10月18日 23:09 ID:96gOORpe0▼このコメントに返信
だから町中に監視カメラを設置する予算をください
てことでしょう

ただ、イギリスはすでに監視カメラ大量設置済みな国だから、
無人偵察機でも買うんでうかね?
2.名無しさん:2020年10月18日 23:12 ID:XqO67vRu0▼このコメントに返信
ソフトバンクのペッパー君が大量に余ってるぞ
3.名無しさん:2020年10月18日 23:12 ID:wwkrmUbf0▼このコメントに返信
地図作成って地図にデータ載せるんやろ・・・重要やん
4.名無しさん:2020年10月18日 23:19 ID:.vyQBDbl0▼このコメントに返信
地図の重要性を知らんとわな
5.名無しさん:2020年10月18日 23:20 ID:mQstfKMT0▼このコメントに返信
※1
対象の携帯電話の番号がわかってればどうとでも出来るからね。
そっち関係の機材もじゃないかな。
6.名無しさん:2020年10月18日 23:20 ID:Co9G.DK10▼このコメントに返信
MI4は馬鹿じゃできない仕事だぞ
7.名無しさん:2020年10月18日 23:21 ID:mQstfKMT0▼このコメントに返信
※4
国外じゃ詳細な物は普通に軍事機密なんだけどね。
日本はその手の情報を軽視しすぎる。
8.名無しさん:2020年10月18日 23:23 ID:oVkj0zP90▼このコメントに返信
??
9.名無しさん:2020年10月18日 23:25 ID:uEM..9yk0▼このコメントに返信
認めることが利益になるから認めてるんやぞ。情報機関」ってそういうもんや。
10.名無しさん:2020年10月18日 23:27 ID:O2gvFjvi0▼このコメントに返信
逆に見つけやすい。
11.名無しさん:2020年10月18日 23:28 ID:U7dTo.f60▼このコメントに返信
地図作成なんて偵察衛星でチョチョイだろ
隠したいものがあったら地下に施設を作るんだぞ
12.名無しさん:2020年10月18日 23:30 ID:yCUDXQUx0▼このコメントに返信
馬車を復活させればいいんじゃないか
13.名無しさん:2020年10月18日 23:33 ID:wwkrmUbf0▼このコメントに返信
足が付きやすくなったんだろう
14.名無しさん:2020年10月18日 23:43 ID:epsTohMy0▼このコメントに返信
地図と天気予報は
基本中の基本
15.名無しさん:2020年10月18日 23:47 ID:fdmmiVAl0▼このコメントに返信
その昔、ソ連は正確な地図をわざと作らないことで知られていた
しかもいくつかの都市は地図に載せられてさえいなかった
16.名無しさん:2020年10月18日 23:48 ID:6luFjOtY0▼このコメントに返信
地図製作、測量ってものすごく大変だぞ
馬鹿にしている奴いるけど、今も実地測量に勝る地図はない
衛星測量は当てになるようで、ダメだったのはこの間のイージス・アショアの件でよく解ったろう
17.名無しさん:2020年10月18日 23:54 ID:X5UWZjtj0▼このコメントに返信
中国化する日本は中国が大事、親中派議員が多数を占めスパイ防止法もないしスパイ防止法をつくる気はない。
日本も韓国と同じ、アメリカとの同盟関係を切ってクリーンネットワーク中国企業排除網に参加しない。
中国さん、日本も中国の属国になるつもり。
18.名無しさん:2020年10月19日 00:01 ID:1KULNiEm0▼このコメントに返信
何の為に将校斥候しているのかもな、ただの物見雄山じゃないぞ
19.名無しさん:2020年10月19日 00:02 ID:QXscgBv00▼このコメントに返信
監視カメラ大国のUKなんだし、カメラとスマホの監視だけで十分では?
20.名無しさん:2020年10月19日 00:07 ID:95Hi3eQr0▼このコメントに返信
猫でも尾行しとけ
21.名無しさん:2020年10月19日 00:07 ID:ofYVhwVv0▼このコメントに返信
もはやローテク産業だな、なんだかんだ中国式の監視システムを各国導入したがってる
22.名無しさん:2020年10月19日 00:09 ID:Scnr4NbC0▼このコメントに返信
17>ならない。トランプが再選すれば、ガンガン中国を攻めてくる。何せ米国だけでなく、世界の経済と多くの国民が武漢ウイルスによって犠牲になっている。それを米国は黙って見逃すわけがない。911の米国同時多発テロと同じで、飛行機に替えて、中国がウイルスを撒いた。目的は米国の大統領選でトランプを引きずり降ろし、バイデンを大統領の座に座らせることである。そうすれば、自分達の息のかかった人物でホワイトハウスを乗っ取れる。ちょうどルーズベルト政権と同じである。彼らは、今回のウイルスは米国が世界中にバラ撒いたと宣伝している。そして悪いのは全てトランプだと叫んでいる。もともと、今回のウイルスは日本が撒いたと中国は宣伝しようとしていたらしい。また、篠原氏の情報によると、沖縄の米軍基地で、コロナウイルスを感染させた、中国人が沖縄の憲兵隊に逮捕されている。これから尋問を受けるそうだ。彼らは世界中にウイルスを撒いて世界経済を混沌とさせている。
23.名無しさん:2020年10月19日 00:12 ID:u1xiuK4d0▼このコメントに返信
むしろ追跡対象が見え見えなんだからドローンで追跡できそう
24.名無しさん:2020年10月19日 00:13 ID:UjulZ3Bb0▼このコメントに返信
尾行より交尾したいです
25.名無しさん:2020年10月19日 00:14 ID:vk1nHzYO0▼このコメントに返信
浮気調査かな
26.名無しさん:2020年10月19日 00:15 ID:QkfB7B0f0▼このコメントに返信
MI6は復活したのか?(1980年代に一度解散してます)
27.名無しさん:2020年10月19日 00:15 ID:c4qFof6r0▼このコメントに返信
尾行が困難になった?なら対象にはテムズ川の水中花になってもらえばいいだろバカなのか?
28.名無しさん:2020年10月19日 00:29 ID:pUZeLNj90▼このコメントに返信

 イギリスの諜報機関がいかに優れていても、1970年代から続いた

 I R A ( アイルランド共和軍 ) の 連続爆弾事件は防げなかった。
29.名無しさん:2020年10月19日 00:32 ID:OM53p2WN0▼このコメントに返信
地図作成ってのはアレか? 軍事施設とかの
詳細な把握とかも入ってるのか?
だったら超重要だけど
30.名無しさん:2020年10月19日 00:38 ID:D0ShSvB80▼このコメントに返信
んーな弱音吐いときながら別の有効な監視・追跡手段はちゃーんと確保してて、
今がチャンスと対象が動いてボロ出すの待ち構えてるんでしょ?
31.名無しさん:2020年10月19日 00:39 ID:0nzU0I8.0▼このコメントに返信
>>19
まんじゅう怖いと一緒や
本当に尾行困難なのかは、他人には分からん
相手方の判断に影響与えりゃ良いわけで
32.名無しさん:2020年10月19日 01:11 ID:757obSEO0▼このコメントに返信
確か何年か前まで超常現象対策部門あったんだよな、イギリスのMIシリーズ。
たった一人の閑職だったけど。
33.名無しさん:2020年10月19日 01:29 ID:1KULNiEm0▼このコメントに返信
王立国教騎士団に入りたいです
34.名無しさん:2020年10月19日 01:29 ID:Ad8GoWrw0▼このコメントに返信
英国国教会の設立によってカトリックの情報網を粉砕したんだよな
35.名無しさん:2020年10月19日 01:40 ID:hOlkpfd70▼このコメントに返信
防諜組織がある国は羨ましいですハイ
36.名無しさん:2020年10月19日 01:47 ID:kwW3.bMJ0▼このコメントに返信
※19
尾行した方が楽だとは思うよ。
複数の監視カメラを切り替えながらだと死角に入るたびに焦る事になるし。
あと田舎の方だとカメラないんじゃない?
37.名無しさん:2020年10月19日 01:47 ID:FJBOEzOA0▼このコメントに返信
とある組織からスカウトされて仕事してたらいつのまにかMI6のスパイ活動に貢献してたとかあったな
38.名無しさん:2020年10月19日 02:33 ID:D9t1Tcen0▼このコメントに返信
防犯カメラを10倍にすれば解決するだろ
39.名無しさん:2020年10月19日 02:55 ID:s50sLEBo0▼このコメントに返信
こんな状況下だと、サイコキネシス持ちの捜査員なら、イッパツマンのアレを元ネタにした
遠隔操作アンドロイド使って尾行しているだろうなぁ・・・感染症自体気にしなくていいし。
40.名無しさん:2020年10月19日 05:58 ID:GoMyiOgl0▼このコメントに返信
シーボルトが地図盗もうとして結構でかい事件になったろ
41.名無しさん:2020年10月19日 06:13 ID:YmH9EB510▼このコメントに返信
人の通りが完全に途絶えた訳じゃないだろうし目立つだけって事か
そもそも複数で対応するんじゃなかったか、人員不足?
42.名無しさん:2020年10月19日 06:31 ID:fOMHGASj0▼このコメントに返信
※38
ここで言ってるのは
「わざと泳がせて核心のしっぽを掴む」という話

これは尾行以外方法が無い
43.名無しさん:2020年10月19日 06:41 ID:HGBtmJUl0▼このコメントに返信
シギントに関して、第一次世界大戦後は英も米もMI8じゃないんか?
英のMI1は基本総務部みたいなもんで
かつて暗号解読の研究部門が総務部直轄だった、というだけやろ
大戦後(第一次)に通信傍受専門の課がMI8として作られて
それが現在の英政府通信本部(いわゆる「チェルトナム」)
なぜか米国も通信傍受部門はMI8として設立され
それが現在のエシュロン(あるいは一組織としてNSA)
44.名無しさん:2020年10月19日 06:45 ID:YmH9EB510▼このコメントに返信
マスクが当たり前になってるし顔が覚えられ難くはなったわな
インカムとかで交信しても目立たないし複数で尾行するのはやりやすくなった気はする
45.名無しさん:2020年10月19日 06:55 ID:BjPGKKoi0▼このコメントに返信
ドローンと5GスマホGPSと監視カメラでやれよ
46.名無しさん:2020年10月19日 07:08 ID:ODEdYGUs0▼このコメントに返信
だろうな。
47.名無しさん:2020年10月19日 07:23 ID:Y.0JRdTp0▼このコメントに返信
>>6
ヒューミントを軽視して予算削減ばっかり考えてる無能な上層部そのものの考えだな
48.名無しさん:2020年10月19日 07:30 ID:fmhbXcoG0▼このコメントに返信
一方、日本ではスパイ防止法のスの字も出てこないという絶望感
49.名無しさん:2020年10月19日 08:06 ID:taLZcaIw0▼このコメントに返信
>>48
別に無くても、スパイ防止法の中味はだいぶできてるよ?
この前産業スパイが情報漏洩で捕まったし。
いつの間にか出来てる。
スパイ防止法。
50.名無しさん:2020年10月19日 08:29 ID:k.LHfiKT0▼このコメントに返信
※48
一喝したそういう名称の法案が無いだけで、それぞれに守秘義務あるし、ものによっては罰則もある。
そもそも公務員にも民間企業の社員にも大昔から守秘気味はあるし。
51.名無しさん:2020年10月19日 08:31 ID:k.LHfiKT0▼このコメントに返信
※35
日本にも公安警察外事課とかあるよ。
52.名無しさん:2020年10月19日 08:37 ID:pm.KFzrk0▼このコメントに返信
ここによくいるドローン信者もだが、監視カメラとか衛星とかハード万能主義者って頭がおかしいよな
相手は人間でしかも諜報活動だぞ
何が起こるかわからんのに対応しきれると思ってんのか?
53.名無しさん:2020年10月19日 09:05 ID:jYe9aPad0▼このコメントに返信
※7
日本の衛星だいちを使ったプロジェクト、その影響もあって難しかったみたいだよね。
農地や水を詳細に調べて、精密な世界地図を作成するプロジェクトだったかな?

他国からすれば、安全保障案件だもんね
54.名無しさん:2020年10月19日 09:06 ID:jYe9aPad0▼このコメントに返信
※41
マスターキートンでは、尾行に必要な車は最低3台って言ってた気が
55.名無しさん:2020年10月19日 09:44 ID:nLZXts0n0▼このコメントに返信
防諜手法の1つにはあえて尾行しているという事実を相手に知らしめることで、その反応を探るというものがある
監視されていることが判っていて悪事を働く人間など滅多にいない
56.名無しさん:2020年10月19日 10:45 ID:757obSEO0▼このコメントに返信
>>28
SASと組んでIRA叩き潰しただろ。
57.名無しさん:2020年10月19日 10:46 ID:757obSEO0▼このコメントに返信
>>29
普通に主要道路や橋の位置。
すごく重要な要素だよ。
58.名無しさん:2020年10月19日 11:36 ID:jnnM3x4N0▼このコメントに返信
ダンボール使え
59.名無しさん:2020年10月19日 13:10 ID:k.LHfiKT0▼このコメントに返信
※7
そんなの共産圏(旧も含む)か軍事独裁国家だけだよ。という以前に国土地理院発行の地図を詳細といってる段階で解ってないな。
60.名無しさん:2020年10月19日 14:03 ID:SLOVRlS00▼このコメントに返信
>>16
グーグルマップがクソになったのはゼンリンと契約辞めたせいだもんな
61.名無しさん:2020年10月19日 14:11 ID:WzvuyCTx0▼このコメントに返信
※48
国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案
1985年に自民党が提出してるぞ
マスコミと左翼が潰したけどな
62.名無しさん:2020年10月19日 14:35 ID:Mm.T8tBX0▼このコメントに返信
MI6って1~5もあったのか。めっちゃ中二病刺激されたわ
63.名無しさん:2020年10月19日 14:37 ID:vUZS.qAX0▼このコメントに返信
※2
スパイロボ入れてどうするんだwww
64.名無しさん:2020年10月19日 16:24 ID:nLZXts0n0▼このコメントに返信
※26
そもそも解散していない
MI6はSIS(Secret Intelligence Service・秘密情報部)の一部門で、政府は1994年までSIS自体の存在を認めなかった経緯がある
古くから報道や創作を通じて広く認知されてしまっているがために公式サイト等では今も用いられているが、公文書等にMI6の呼称が用いられることはなかったし、MI5・MI6なる呼称は現在では使用されていない
2005年ごろに「人材確保およびその多様性を担保するため」に新聞広告にて人員募集を行い話題となったが、近年では公式サイトを設立し人材募集を行ってさえいる

65.名無しさん:2020年10月19日 16:33 ID:jmshZnAw0▼このコメントに返信
MI1〜4はとっくになくなってるけどな。
66.名無しさん:2020年10月19日 17:25 ID:D07DPDAB0▼このコメントに返信
MI5「新型コロナウイルスの影響で対象が外出しないのだが・・・」
67.名無しさん:2020年10月19日 20:01 ID:f6NVhv.A0▼このコメントに返信
>>1
カメラだけあってもしょうがないから解析するシステムごとって話だろうね。
68.名無しさん:2020年10月19日 20:06 ID:f6NVhv.A0▼このコメントに返信
>>3
どこに在日が住んでいるか、だもんな。
69. 米28の名無し:2020年10月19日 20:29 ID:pUZeLNj90▼このコメントに返信

米56さんへ   たとえイギリスが I R A を 弱体化させても、I R A を さ支えてきたアイルランド人たちの、

イギリスによる数百年におよぶ植民地化政策に対する怒り、うらみというものは、なかなか消し去ることはできない。 

こういった状況を理解しなければ、イギリスやアイルランドのことを理解できないだろう。
70.名無しさん:2020年10月19日 20:49 ID:xH6jMlY90▼このコメントに返信
>>62
実は軍情報部第1課だの第6課だのという意味でしかない。あとMやQもホントに部局としてある。
71.名無しさん:2020年10月20日 02:52 ID:X0vwh4.v0▼このコメントに返信
※64
色々未来を行ってんなぁ

お名前