2020年10月16日 09:05

なんで戦前の日本戦車弱いの?

なんで戦前の日本戦車弱いの?

Type_95

引用元:なんで戦前の日本戦車弱いの?
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510105983/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)10:53:03 ID:UPy
チハとかケニとか

2: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)10:55:05 ID:rNC
資源がない

3: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)10:55:47 ID:SUW
歩兵には強い

4: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)10:57:54 ID:zCp
改良更新速度が他国より遅すぎただけでできた当初は間違いなく優秀な兵器やったで

5: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)10:58:01 ID:SUW
というか戦前ならほぼ世界トップクラスやろ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:04:37 ID:UPy
>>5
ファッ!?
チハって狙撃銃でも抜けるレベルなんだろ?

18: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:06:30 ID:UPy
>>5
同時期の戦車って38t とか2号とかやろ?
あれもそんな弱いのか? フランス戦車を撃破しただろ?

31: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:15:11 ID:SUW
>>18
対戦車能力ならほぼ互角やろうね
対歩兵ならチハが圧倒的に有利

47: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:22:30 ID:dNh
>>31
そりゃねーわ2号のJ型だとチハじゃ早々抜けねーもん 対戦車能力においてチハは余りにも不利

8: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)10:59:17 ID:Q4L
進出してた地形が戦車使うには向かなかったとかやないんか?

12: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:03:56 ID:UPy
>>8
戦車って悪路も走行できるんやろ?トラックとか使ってたんなら戦車も使えるやろ

9: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:00:11 ID:18d
そもそもあんな狭い土地で本土決戦なんて考えてないからな、陸弱いかわりに海と空は強かったやん

10: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:03:01 ID:UPy
>>9
空は後半からボロクソやん

16: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:06:03 ID:oyH
そもそも当時の日本は米英独ソみたいな総力戦ができる国ではない
短距離走だけなら何とか戦えるってレベルの国なので、兵器の性能については最初の半年だけ見てくれ

26: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:11:46 ID:zCp
戦車だけじゃなくゼロ戦も機体の更新速度が圧倒的に負けてたせいだよ
日本じゃ後継機出すのに3年かかる所をソ連なんかは6ヶ月、米なんかは3ヶ月もあったら次々更新してくる
だから1年もしたら時代遅れになるが、それしかないのにで徐々にぼこぼこにされていく
これはまぁ今現在も全く同じ
従来のまだ十分に使える既存の物をスパッときって次の物を使うってのが勿体無い精神の強い日本人には難しい

27: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:13:45 ID:Q4L
>>26
近世の話やけど鉄砲も
欧米人「弾連発できるやつ作ったろ!」
日本人「弾込めのスピードを上げたろ!」
とかで差がついたとか聞くしなぁ

まぁ、一番は刀狩りとかで鉄砲が多数持ってかれたってのやろけど

29: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:14:00 ID:UPy
>>26
なんでそんな状態で戦争したんや

28: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:13:47 ID:ZwF
強い戦車となるとお値段が高いし資材も多く必要
当時の日本はどっちもそんなに持ってない

あとでかい戦車を乗せるための港湾施設も整ってない
当初の主敵である中国辺りならチハ程度の戦車でも戦える

こんなところやろ

30: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:14:09 ID:oyH
兵器の更新ができないのは精神がどうとかじゃ無くて単純に国力が足りんせいやろ

34: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:16:05 ID:Q4L
>>30
国力が足りん…だけど、そんな事言ったら恥ずかしいンゴ……
せや!精神論で誤魔化したろ!

最初はこんな感じやったけど、どんどん精神論の方が前に出てきてもうたんやなぁって

36: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:17:31 ID:FAy
>>30
主因はそれだけどやはり開発段階でどうしても考え方として出てしまう傾向はある
長く使える機械を作ろとする、ドンパチの真っ最中の消耗品なんだって割り切れない面はあった

48: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:23:31 ID:yVV
>>36
でも米戦闘機は頑丈で日本の戦闘機は脆かったやん
その結果パイロットの生存率にだいぶ差ができて
戦争後半じゃ数と性能だけじゃなく操縦の練度にも相当開きがあったと聞いたで

49: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:25:10 ID:UPy
>>48
零戦は軽装甲高速高飛距離型の戦闘機やろ?

55: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:28:49 ID:zCp
>>48
機動性と航続力に全振りした結果やからしゃーない
空母がない島国から相手を叩くには列島から大陸奥地まで飛んでいって戦える仕様を選択しただけやし
実際に初期の頃は連戦連勝してるし
日本はずっとそれ使ってるけど、米は空母使って機動性と接近戦重視の機体にシフトチェンジできたから

32: 名無しさん@おーぷん 2017/11/08(水)11:15:21 ID:yVV
航空機はアメリカ、戦車はドイツとソ連のイメージやなあ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年10月16日 09:07 ID:NTlR1H6E0▼このコメントに返信
海を渡る必要があったから
2.名無しさん:2020年10月16日 09:08 ID:sT5OOiHF0▼このコメントに返信
開発ツリーを海軍に全振りしたから
3.名無しさん:2020年10月16日 09:09 ID:dkfGVP3y0▼このコメントに返信
戦場が違うだろ?何度も言ったよな?記憶障害か?
4.名無しさん:2020年10月16日 09:10 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
常に思想が遅れてるのに、それを自覚せず他国の動向を調べようともしないから

自己満足で終わり

これは今でも変わらない
5.名無しさん:2020年10月16日 09:11 ID:gEwuRMG.0▼このコメントに返信
太平洋戦争中の日本軍最強戦車が
捕獲したM5軽戦車
6.名無しさん:2020年10月16日 09:13 ID:fKj9LMnQ0▼このコメントに返信
中国戦線では対戦車戦があまりなく、歩兵との戦いが中心だったからあれで十分だったからでは?
7.名無しさん:2020年10月16日 09:13 ID:d0DHyL.w0▼このコメントに返信
対中国戦線や植民地軍相手なら十分な性能あったでしょ
大戦中の更新が遅かったとは思うけど
8.名無しさん:2020年10月16日 09:14 ID:SF7LfDjS0▼このコメントに返信
ざっと思いつく理由は

1、資源がなく貧乏で、列強の中では工業力が劣っている
2、海軍国家などで陸上兵器の更新が二の次、三の次で遅れたから
3、長期にわたり戦争をし、しかも特に問題がないので現在使用している兵器を優先して生産修繕する必要があったから
4、周辺国又は地域に工業国がない
4-1、周辺国や地域の新技術の伝播が欧米に比べて遅れてしまう
4-2、周辺国や地域を占領しても資源はともかく工業面ではプラスにはならないどころかむしろマイナスなので兵器の更新などがなお遅れてします。
9.名無しさん:2020年10月16日 09:15 ID:cx..ygph0▼このコメントに返信
最大の理由は、山ばっかりで平坦な土地じゃないからだろ

逆に海ばっかり囲まれているから海軍が強い。

立地が全てだよ。
10.名無しさん:2020年10月16日 09:19 ID:KI5E10f.0▼このコメントに返信
装甲や装備が強力な重い車体を動かせるだけの
エンジンを作れなかったからって聞いた。
11.名無しさん:2020年10月16日 09:19 ID:gEwuRMG.0▼このコメントに返信
帝国国防方針は陸軍の北進論
海軍の南進論と二通りあって
陸軍は対ソ戦を想定していたから
当然満州防衛やシベリアに、それなりの戦車が必要だったんだけどね。
欧州の戦車と機甲戦術の恐竜的進化ながめなからも
限られたリソースを逼迫する航空機やその他の火砲に
投入するしかなかった。
12.名無しさん:2020年10月16日 09:20 ID:.BKU4oz70▼このコメントに返信
弾が貫通してくれるから中で跳弾せずに済んでるんだぞ
13.名無しさん:2020年10月16日 09:20 ID:eIJB88YN0▼このコメントに返信
相手に戦車が無かったマレー作戦じゃ無双してたんだよな
14.名無しさん:2020年10月16日 09:21 ID:6.lfyDtd0▼このコメントに返信
>>1
もう少し詳しくいうと日本領の港で使われていた船積み用クレーンの性能が低くて18t以上の戦車だと特定の港でしか積み出し積み卸しが出来なかった。
15.名無しさん:2020年10月16日 09:21 ID:4Qzw2xu10▼このコメントに返信
必要がなかったから
欧州とかロシア、アメリカが戦艦大和みたいな戦艦作れなかった(作らなかった)のみて
なんで日本以外の戦艦って弱いの?っていうようなもん
16.名無しさん:2020年10月16日 09:21 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
取り敢えず鉄は戦艦と巡洋艦に回されたと
まぁ、日本の戦車と言うと信じられないくらいちゃっちいやつを
連想してしまうが、独逸の電撃戦を実施した4号までは
やっぱり軽戦車と中戦車だからな
知られているように燃料弾薬の送達は馬匹だし
もしも、6号Ⅰ型やⅡ型が電撃戦の頃実用化していても
ただの重荷にしかならなかっただろうと言われている
重戦車は防衛戦から撤退戦で活躍した
17.名無しさん:2020年10月16日 09:22 ID:gEwuRMG.0▼このコメントに返信
>>15
日本以外の戦艦は弱くないじゃん
18.名無しさん:2020年10月16日 09:23 ID:cx..ygph0▼このコメントに返信
アメリカ人は、日本って車作るの得意なのになぜSUV作れないんだ?
って思ってるよ

無意味な質問だ
19.名無しさん:2020年10月16日 09:23 ID:hLdva13g0▼このコメントに返信
日本にはチャリンコがあるから戦車なんぞいらんやろ
20.名無しさん:2020年10月16日 09:24 ID:lVd0gacd0▼このコメントに返信
>>8
なんか致命的な原因が複数で
草も生えない・・・
21.名無しさん:2020年10月16日 09:25 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>2
飛行機に全振りしたんやぞ
22.名無しさん:2020年10月16日 09:25 ID:PZFfZTy.0▼このコメントに返信
こいつゲームの知識しか無いのでは無いか?
ゲームはバランス調整してあるだけで史実とは違う
23.名無しさん:2020年10月16日 09:26 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>13
全然無双してないぞ、結構な被害を被ってる
24.名無しさん:2020年10月16日 09:26 ID:9JufQr2E0▼このコメントに返信
なんで自分で勉強しないの?
日本なら歴史および武器にかんする資料大量にあるのに
25.名無しさん:2020年10月16日 09:28 ID:53TDqZxT0▼このコメントに返信
いつもの芸の無いクソスレで
少しでも日本サゲをするためだよ
26.名無しさん:2020年10月16日 09:28 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>16
ドイツの電撃戦を支えたのは2号と38tでは…?

ボブは訝しんだ。
27.名無しさん:2020年10月16日 09:30 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>14
朝鮮とか満州に現地工場作るってのはナシだったんかな?

主戦場は中国だし陸続きの生産施設あってもいいと思うけどなんか作らない理由あるのかな
28.名無しさん:2020年10月16日 09:31 ID:Uxf3tTcO0▼このコメントに返信
単純に能力不足やぞ
物資もなければ技術力もない
また開戦前の作戦範囲を無視した急転換による、国力以上の戦地拡大
被害想定資料を開戦前夜の御前会議開廷数日前に作成し、更に総力戦研究所の戦争自体が不可能と言う資料丸投げ
メンツ重視でイキり倒す軍部に、それ以上にイキり倒し果てには同調圧力まみれで反対したら刃傷沙汰の民衆とマスコミ

全てに置いてクソ雑魚なめくじやぞ
29.名無しさん:2020年10月16日 09:31 ID:qJ1c4nSg0▼このコメントに返信
インフラの仕様の問題。本土を移動する時に一般的な橋の強度が最大25tだっけ?までしか許容していないから、2.26みたいな事が起きた時に素早く展開するために、戦車の重量を制限せざるを得なかった。これは今も(多少緩和されたとはいえ)制限掛かっているから、10式とかは可能な限り軽量化されている。
港湾のクレーンも多数が最大15tだか25tばかりだったし、今と違って吊り下げて積み込むことが多かったために制限が設けられてたしな。アメのM4ですら30tあったんだから、どう考えても移動や搬送の経路が限定されてしまって、いざというときにそこを押さえられたら救援にもいけないってことになる。
すべては当時のインフラが脆弱すぎて、工業製品のほとんどに制限が掛けられていた結果、対戦車兵器に割り振れる防御力を与えることができなかった。
30.名無しさん:2020年10月16日 09:31 ID:XOZCf.cV0▼このコメントに返信
戦闘機も戦車も共通してるのはパワフルなエンジンを作る技術力がなかったってことだろうな
それでもアジアでは無双できたからいい気になってアメリカに喧嘩売ったけど
日本のモータリゼーションは60年代だから
31.名無しさん:2020年10月16日 09:33 ID:oJC3aZh60▼このコメントに返信
戦車の運用、戦術思想の違いでしょ
フランスも日本と似たような思想だったから戦車戦は向かなかった。
あくまで歩兵の支援兵器で対戦車戦は想定してなかったから仕方ない。
32.名無しさん:2020年10月16日 09:34 ID:ltpt.cMs0▼このコメントに返信
日本で作ってまともな港も無いとこでも運び込んで陸揚げできる寸法に収めるのと
自国のドクトリンと仮想敵と初期の開発当時の外国戦車の事情からやで
技術的問題や頓珍漢な所もあるけど黎明期なのでしゃあない部分で概ねよく考えて作られてる
33.名無しさん:2020年10月16日 09:34 ID:I77ew.V80▼このコメントに返信
※11
本来なら、ノモンハンで対戦車戦闘の弱さが露呈したから
それに対応しないといけないのに、それを誤魔化していたからね。
34.名無しさん:2020年10月16日 09:37 ID:yhvpKXBn0▼このコメントに返信
10式を暴走族みたいにブイブイ走らせて総火演で履帯脱落させたり、
今も若干以上に陸戦の現実を見損なっているような気が
35.名無しさん:2020年10月16日 09:38 ID:Uxf3tTcO0▼このコメントに返信
>>28
極め付けは開戦してから工場立てようと言う計画性な無さよ
工場建設にだって鋼材・燃料・人材・時間が必要なのに
それらを開戦してから立てると決めた判断力能力の無さ
本当に能力不足が露見したのが先の大戦やで
36.名無しさん:2020年10月16日 09:39 ID:8G.oPdJa0▼このコメントに返信
>>26
ボブ、雷撃戦の典型例と言われるフランス侵攻、1940年6月10日の時点でドイツの機甲戦力は
合計2502両。I号が523両、II号が955両(数的主力)だがIII号も398両、IV号も280両あったんだよ。
これに対し38(t)は228両(全体の9.1%)しかなかった。これに118両あった35(t)を加えても、
チェコ戦車はドイツ機甲戦力の約13.8%にしかならず、「チェコ戦車がドイツの雷撃戦を支えた」
というのはいささか過言だと思う。
37.名無しさん:2020年10月16日 09:39 ID:EeZrwYHN0▼このコメントに返信
チハを開発した時代には、戦車は「対歩兵、対陣地」用途の道具に過ぎなかった。
陸軍に戦車対戦車の集団騎兵戦闘の経験がなかったから、要求仕様にそれは入っていなかった。
ドイツとソ連(ドイツの戦車開発者や戦車兵学校を秘かに誘致していた)の戦車の恐竜的進化が早すぎただけ。
英米は「大直径砲塔リングという高強度部品の量産」に難儀した。M3リーが生まれた理由は「シャーマン用砲塔リングの歩留まりが悪すぎた」ためであり、車台に直接75mm砲を装備して自走砲的に使うしかなかった。
38.名無しさん:2020年10月16日 09:42 ID:Uxf3tTcO0▼このコメントに返信
>>34
それなら隣の国は悪路の登坂能力が無いのはどうなのですかねぇ
39.:2020年10月16日 09:44 ID:T5Vnw3130▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
40.名無しさん:2020年10月16日 09:45 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>5
誤植?M3じゃね?
41.名無しさん:2020年10月16日 09:45 ID:T5Vnw3130▼このコメントに返信
※33
要求が有っても資金が無い当時の陸軍に無茶いわんの3式中戦車を量産出来ただけマシなんだよ。
42.名無しさん:2020年10月16日 09:47 ID:XcNIj4da0▼このコメントに返信
日本と比較する国が日本の数倍の国力(生産力)を持っていたことを考えなければならない
WW2開戦時点で国力の象徴とされた「鉄鋼の生産力」で比較すると
アメリカは日本の20倍に達しており、当時の識者も国力の差はこの程度と認識していた

なので、日本は限られた軍事予算を海軍に集中させ
戦前には海軍力を英米に次ぐ世界第3位にまで拡張させた
日本陸軍の戦車(機械化戦力)の貧弱さは
この世界第3位の海軍を得た日本の代償といえる
43.名無しさん:2020年10月16日 09:47 ID:UJQLjRXW0▼このコメントに返信
戦術思想の違い 戦争初期の全世界にも言えるが日本は戦車を戦車で撃破するという思想がまだ無かった

今の陸自にも戦車絶対コロすマンの集まりとして対戦車隊がある
44.名無しさん:2020年10月16日 09:48 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
ノモンハン戦では結構ソ連戦車を速射砲で撃破しているんだよな
ジューコフが悩まされたのは、日本軍の対戦車戦の強さにも一因がある
捨て身の火炎瓶攻勢も侮れない
左岸での最後の戦闘では、日本軍陣地を全周包囲して戦車で蹂躙して
しまったので、日本軍内には戦車戦の恐怖だけが充満したが

が、しかし、それでは日本も重戦車を作ろう、とはならなかったのは
海上輸送や中国戦線での形態が、どうしても戦車中心にはなりようも
なかったことによる
45.名無しさん:2020年10月16日 09:50 ID:Lj59FKp30▼このコメントに返信
装甲が薄くて、厚いところでも5cmしかなくて、敵の砲弾に対して全く役に立たなかった、って聞いた。
46.名無しさん:2020年10月16日 09:50 ID:YtonVVDx0▼このコメントに返信
>>14
それよく言われるけど実際には違う
もちろんクレーンのこともゼロではないが、それよりも中国のインフラが貧弱で重量のある戦車だと橋とか渡れなくなるからというのが大きい
日本だと強度のある軍橋も用意するのが大変だったし
47.名無しさん:2020年10月16日 09:51 ID:T5Vnw3130▼このコメントに返信
※42
追加で言えば当時の日本国内の道路事情じゃ中型戦車すら自重で道路を破壊するから機動展開できなかったて結構残念な面が有るだから砲兵と空軍にリソースを注いだ。
48.名無しさん:2020年10月16日 09:51 ID:sT5OOiHF0▼このコメントに返信
今の日本の戦車は日本領土において最強だから安心して欲しい
49.名無しさん:2020年10月16日 09:52 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>24
字が読めない。読めても理解力がない。
会社の知り合いにいた。絵や写真で判断して、いつまでも知識がにわか。「ゼロ戦なら詳しい!」と言っててフットペダルを「ブレーキとアクセル!」過給機は「オートマでしょ?」と自信たっぷりに話してたわw
50.名無しさん:2020年10月16日 09:53 ID:T5Vnw3130▼このコメントに返信
※45
そもそも対砲撃戦仕様では、無い。
51.名無しさん:2020年10月16日 09:53 ID:ymZ.XtNR0▼このコメントに返信
開発当時の戦車の常識の中じゃ十分食い込む程度の水準だったが惜しむらくは常識変化に追い付けない海や山野と工業力と資源の縛り
自国のクレーンと船で海を越えさせられる重量でなきゃいけない縛りがあったし何なら山野の多い自国インフラ内でも余り重い戦車の開発は想定できなかったし、火砲も同様。
欧米ソに追い付くだけの工業力が(占領した土地にも)なかったから工場作るだけで国力が消費されるし、陸路で繋がる欧州より戦車の調査は難しく、一応末期までにそれなり程度の戦車開発自体はできたがやっぱり増やすにも更に進化させるにも資源も工業力もない。
戦車より立地が悪い。どうにもならんぜ
52.名無しさん:2020年10月16日 09:54 ID:BNtPA1Sx0▼このコメントに返信
戦中はじり貧だったが、むしろ戦前は世界レベルだぞ
戦前はフランス以外どこも似たり寄ったりな性能
53.名無しさん:2020年10月16日 09:54 ID:RYCbvSOw0▼このコメントに返信
>>18
ロシア人は兵器作るのは得意だけど
自動車や民生品はというと・・・。
戦闘民族スラブ人は余暇や娯楽用の商品は開発意欲が削がれるのかな。
54.名無しさん:2020年10月16日 09:54 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>35
ゲーム脳のやつがタイムスリップでもしたのか?ってレベル…
55.名無しさん:2020年10月16日 09:55 ID:k82dnO8I0▼このコメントに返信
開戦当時のドイツ軍軽機甲部隊とポーランド軍騎兵部隊を思い浮かべてみろ。
ポーランド軍より遥かに弱い中国軍相手にずっと戦ってたら戦車開発なんて遅れて当たり前だろ。
ドイツだってソ連の戦車開発競争の末にああなった部分もある。
ドクトリンの違いもあるけどね。
日本は島国なのでどうしても海軍に力を入れる。
56.名無しさん:2020年10月16日 10:00 ID:Nd2dNJ.Q0▼このコメントに返信
※35
このサイトにIDが表示されてる事も識らずに自作自演してるお前が最高に脳みそがクソ雑魚なめくじだと思うよwwww
57.名無しさん:2020年10月16日 10:00 ID:8G.oPdJa0▼このコメントに返信
>>26
ちなみに独ソ戦開始時の機甲戦力は総数3464両。内訳はI号が337両、II号が890両、
III号が973両(数的主力)、各種指揮戦車225両、III号突撃砲259両に対して38(t)
が625両(全体の18%)と35(t)が155両(全体の4.4%)しかないんだ。
チェコ戦車だけでは全体の1/4にも届かない数なんで、よく言われているほどドイツ軍が
チェコ戦車に依存していたわけではないんだよ、ボブ。
58.名無しさん:2020年10月16日 10:01 ID:Z.S.4rG00▼このコメントに返信
戦術思想的には歩兵戦闘車だからな
59.名無しさん:2020年10月16日 10:01 ID:7s2qDaZd0▼このコメントに返信
日本は全てが弱い
60.名無しさん:2020年10月16日 10:02 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
製造台数は諸説あるが  T-34で6万輌、M4シャーマンで5万輌といわれている
ちなみにドイツのⅥ号Ⅰ型で1350輌、二型で480輌
61.名無しさん:2020年10月16日 10:02 ID:7zWZBAV20▼このコメントに返信
どんなに強くても戦場に運べない戦車に意味はないからな、島嶼への輸送能力が重戦車なぞ許さない
62.名無しさん:2020年10月16日 10:03 ID:Hzd40L510▼このコメントに返信
対機甲戦(対戦車戦)の概念はWW2の独ソ戦末期に生まれたものだし、それまでは世界中の戦車が対歩兵を想定していただけだからな
ソ連のT34やドイツのティーゲルとそれ以外の戦車はそもそも用途が違う
63.名無しさん:2020年10月16日 10:03 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>28
しかも武器愛護のために追加装甲も認めないという…理由は「改良=失敗」と考えてたから。現代の財務省の自衛隊への圧力と同じ。
64.名無しさん:2020年10月16日 10:03 ID:cMDvrHdl0▼このコメントに返信
※18
SUVとかピックアップトラックはアメリカ人の現代版幌馬車文化的ものだから他の民族は正直ピンと来ない
65.名無しさん:2020年10月16日 10:03 ID:s..aVAxs0▼このコメントに返信
戦中も弱いぞ
66.名無しさん:2020年10月16日 10:05 ID:T5Vnw3130▼このコメントに返信
※65
そもそも碌に戦車戦が発生しとらんのに語るなにわか。
67.名無しさん:2020年10月16日 10:06 ID:ALD14pl60▼このコメントに返信
当時、日本の戦車はアメリカでは”ブリキの戦車”と言われた装甲が薄く1発で貫通する歴史上最弱と言われた
68.名無しさん:2020年10月16日 10:07 ID:kgn.T.v60▼このコメントに返信
戦車とか好きじゃなかったんだろ。
漫画でしか知らねーけど、どう見ても
戦前の日本は船が一番好きって感じだわ。
勝海舟とか坂本龍馬とかさ、あのへんからだろ
69.名無しさん:2020年10月16日 10:07 ID:XML41.gb0▼このコメントに返信
>>3
同じお題を何度も上げる所なんだから、そこは突っ込んじゃダメ。
70.名無しさん:2020年10月16日 10:08 ID:g.IUaYKU0▼このコメントに返信
97式と言えば飛行機ならノモンハンの時期
むしろあれでM3スチュアートとかM3リー/グラントにも互角によくやった
17年頃に一式が本当に出来て、19年頃に三式が出来たら少数で有能陸軍なら何とか勝てる!
問題は無能海軍・・・
71.名無しさん:2020年10月16日 10:08 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
戦前としては世界の標準レベル
戦時中に世界の戦車の発展がでかかっただけ
日本はその間、戦車より航空戦力の充実に力を入れてた
72.名無しさん:2020年10月16日 10:08 ID:8G.oPdJa0▼このコメントに返信
>>57にIV号の数を入れ忘れていたから訂正。

ちなみに独ソ戦開始時の機甲戦力は総数3903両。内訳はI号が337両、II号が890両、
III号が973両(数的主力)、IV号が439両、各種指揮戦車225両、III号突撃砲259両に対して38(t)
が625両(全体の16%)と35(t)が155両(全体の3.9%)しかないんだ。
チェコ戦車だけでは全体の1/5にも届かない数なんで、よく言われているほどドイツ軍がチェコ戦車に
依存していたわけではないんだよ、ボブ。
73.名無しさん:2020年10月16日 10:09 ID:Nd2dNJ.Q0▼このコメントに返信
※59
日本が本当に弱いなら、お前がわざわざここに書き込みに来ない。
お前は自分の国が日本に大きく劣っていると自覚しているからここに居るのである。
74.名無しさん:2020年10月16日 10:10 ID:TwEC4ljv0▼このコメントに返信
ゲリラ相手の大陸での運用前提だったからそこまで重武装と装甲要らなかったアンド海軍が重戦車用の輸送艦新規建造嫌がったため
75.名無しさん:2020年10月16日 10:11 ID:du.uGnp80▼このコメントに返信
※33
すぐに引っ込めたからさほど対戦車戦闘は発生していない。
押し寄せてくるBT戦車を速射砲や、なんなら火炎瓶でも
結構やっつけられたので安堵して戦車開発が後回しにされたのかもね。
最初のBT−7シリーズは装甲がリベット接合のため、
被弾の衝撃でちぎれたリベットが車内で弾き飛び
乗員を死傷させた。この戦訓を元に溶接接合の導入
また、火炎瓶対策として引火しやすいガソリンエンジンからディーゼルエンジンに変えられた。
ソ連は戦訓から学んだが、日本はしなかった(出来なかった)
76.名無しさん:2020年10月16日 10:11 ID:YbMyLM8E0▼このコメントに返信
国産自動車産業が立ち上がったばかりといっていい時期だしなー
77.名無しさん:2020年10月16日 10:12 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
シナ軍相手に重戦車?
要らん! あんなもん、歩兵の白刃吶喊で全部落とせるわ
78.名無しさん:2020年10月16日 10:13 ID:hSF0sFAP0▼このコメントに返信
当時の軍事技術ならそれで十分だったからでは?
だって陸軍の相手って当時の中国だろ?
79.名無しさん:2020年10月16日 10:13 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
※42
日本では陸軍と海軍の予算はほぼ折半
海軍のみに注力したわけではない
陸軍の方が人員ははるかに多いから、予算的には折版だと海軍優遇と見えるかもしれんが
鉄とかの資源割りもだいたい折版だから、やはり海軍を優遇しすぎとは言い難い
80.名無しさん:2020年10月16日 10:15 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
※75
日本戦車は最初からディーゼルエンジンなんだが
81.名無しさん:2020年10月16日 10:15 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
島国だったから海軍が発達した。大陸には戦車は無かった。戦車は第一次大戦に登場した。
82.名無しさん:2020年10月16日 10:15 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
飛行機に回した、という意見は1レスしかないけど
まぁ、いつも言われるように 戦車は鉄だが、飛行機は超々ジュラルミン
全然違うんだよね
83.名無しさん:2020年10月16日 10:16 ID:6.lfyDtd0▼このコメントに返信
戦車を量産して対戦車戦闘するのがコスパが悪かったから。戦車造る予算で対地攻撃機を造った方がコスパが良いとノモンハンで示されたからっていうのが大きい。
84.名無しさん:2020年10月16日 10:17 ID:GwzFzgbY0▼このコメントに返信
本格的な機甲戦を考慮した戦車がなかった。
3式戦車でやっと戦車戦を考慮して70台位製造されて本土決戦用としていたが出番が出ず、終戦間際で4式戦車でやっと4台のみの製造だったがM4と渡り合えるたからな。

85.名無しさん:2020年10月16日 10:18 ID:Z4hPM1k90▼このコメントに返信
M3スチュアート(鹵獲)が日本軍の中で最も優秀
倒せないなら奪えばよかろう
86.名無しさん:2020年10月16日 10:18 ID:YbMyLM8E0▼このコメントに返信
※82
産業育成の優先度の問題だよ。
軍が兵器を作ろうって決心しても産業レベルが追い付いていなければ兵器は作れない。
現在の韓国の兵器開発を見ればよくわかるでしょ。
87.名無しさん:2020年10月16日 10:20 ID:GwzFzgbY0▼このコメントに返信
戦車は歩兵の突撃の為の支援に回ると言う戦術であったから97式や95式軽戦車でも中国軍には十分対応できた。
88.名無しさん:2020年10月16日 10:21 ID:uOr3neil0▼このコメントに返信
>>72
1941年だとチェコ戦車とかは自走砲に改造が進んでると思うんだけどそこはどうなの?
89.:2020年10月16日 10:21 ID:D3TsF41u0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
90.名無しさん:2020年10月16日 10:21 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
ネットの軍スレではとかく評判が芳しくない司馬遼太郎だが
彼は戦車の下級将校として、当てがわれたトンデモ戦車で危うく殺されかけたので
所謂「近代」日本陸軍に生涯消えない恨みを抱えていたんだよ
まぁ、それだから許せる、とはならないまでも
少しは割り引いてやっても良いんでないかい
当がわれたのがドイツのティーガーのような立派な戦車だったら
あそこまでは捻くれなかったと思われる
91.名無しさん:2020年10月16日 10:24 ID:D3TsF41u0▼このコメントに返信
ディーゼルエンジンの国産化に成功した日本!志那、南北朝鮮は未だにディーゼルエンジンすら国産化成功していない!80年以上日本に負けています。
92.名無しさん:2020年10月16日 10:26 ID:YbMyLM8E0▼このコメントに返信
※90
戦車の性能のせいじゃないよ。
司馬に限らないけど、インテリの俺を無学な連中と同等に扱った!っていう恨みからだよ。(日本陸軍は極端に兵隊の出身階層を考慮しない集団であった。現在の階級がすべてというあるいみ究極の平等主義)
93.名無しさん:2020年10月16日 10:26 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
アメリカのシャーマンもガソリンエンジンだろ
ドイツは無論マイバッハのガソリンだし
94.名無しさん:2020年10月16日 10:29 ID:lPhBdDQi0▼このコメントに返信
相手が中国で対戦車戦が殆ど無かったから進化する必要がなかったからだろうなぁ
でも後半になってドイツが負けたから不要になったヨーロッパ戦線で揉まれて進化しまくった対戦車車両を投入してきて絶望的な戦車技術の差を突きつけられてお手上げだったって感じやろなぁ。
ぶっちゃけ、第二次世界大戦開戦時点ではどの国の戦車も戦車戦なんか殆ど想定されてなかったからチハも世界水準だった。
それがドイツの機甲師団っていう戦車だけの運用師団の登場で対応するにはこっちも機動力のある戦車で戦車を撃破しなかならないって戦争中に発覚して戦争中に進化発展したわけだしな。
中国戦線で機甲師団なんか出て来ないから対応する必要がなかったので進化する必要もなかったわけだろ。
95.名無しさん:2020年10月16日 10:31 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>90
自分が乗ってる戦車の装甲がヤスリで簡単に削れるなんて知ったら、そりゃ恨みするな

96.名無しさん:2020年10月16日 10:31 ID:B4T4dh.30▼このコメントに返信
日本は産業製品でも多いが特に兵器で「いいもの」を作ったらそれで満足して状況が変化してもその「製品」を極限まで習熟するなりして対応しようとするから「製品」自体の改良って後回しになることが多いのよね
97.名無しさん:2020年10月16日 10:31 ID:..g8Gsvs0▼このコメントに返信
カタログで装甲○○mmとかだとしても金属の質が悪ければカタログ以下の性能になるしな
98.名無しさん:2020年10月16日 10:31 ID:to9.w08H0▼このコメントに返信
※93
M4は手当たり次第に載せたエンジンの中に一応ディーゼルあったぞ
99.名無しさん:2020年10月16日 10:31 ID:j2JbZMVX0▼このコメントに返信
戦争をアニメかゲームと勘違いしてるバカのスレ
100.名無しさん:2020年10月16日 10:32 ID:ltpt.cMs0▼このコメントに返信
※92
まあどちらにしろベクトルかかっちゃったわけやねw彼による批評はその分補正必要だけど
彼への非難も同様に補正かけてあげないといけないね
俺の好きな○○を貶しただから許さんってとこからの奴は論外
101.名無しさん:2020年10月16日 10:32 ID:n6keOIhB0▼このコメントに返信
別に戦前時点では弱くないだろ?チハは当時の世界標準レベルだし

以降が振るわなかったのは、圧倒的な国力の低さ
機甲以前に、自動車や牽引車の数すらちっとも足りないし、大砲そのものもろくに生産してない

更にその少数の生産した大砲にすら十分な砲弾を生産してない
ましてや既に生産した大砲が射耗した弾薬の補充なんてとてもとても

本気で陸軍は戦争する気があったのか、正気を疑うレベルだぞ?
近代線の火力は砲兵がいなきゃ始まらんのに
102.名無しさん:2020年10月16日 10:32 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
ドイツがパンターを開発したのは、4号まででは歯が立たないT34が出現したからだろう
必要は発明の母、というか、おしなべて敵次第で軍事は飛躍的に進化する見本なんだろうな
103.名無しさん:2020年10月16日 10:35 ID:cNv22nRC0▼このコメントに返信
ノモンハンの後 100トンの重戦車を試作したが 道路が陥没して走れなかった
104.名無しさん:2020年10月16日 10:39 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
※103
やっぱりやってたのか。日本人なら、一度は試みるよな。痛い目合わされたんだから
放置は普通はしないもの
ミッドウェーみたいに「いや、陸用では艦に損害を与えられない、ここは正攻法で
魚雷転装でいきましょう!」と杓子定規になってしまうところが日本人
105.名無しさん:2020年10月16日 10:42 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
ドイツも物つくりの国。戦車も複雑で種類が多い。結果、性能が優れていても、大量生産が出来ず、故障しても部品の互換性が無い。
106.名無しさん:2020年10月16日 10:43 ID:YbMyLM8E0▼このコメントに返信
※102
パンターにしろタイガーにしろ開発計画は戦前からだよ。
まあT34との遭遇で目標性能の変更はあったけどね。
107.名無しさん:2020年10月16日 10:44 ID:YbMyLM8E0▼このコメントに返信
※101
日本陸軍って基本的に作っても運べないものは作ってもしょうがないって思考するんでな。
108.名無しさん:2020年10月16日 10:44 ID:SuJbF.e40▼このコメントに返信
初期は列強の戦車も似たり寄ったり
主戦場に強力な戦車が存在しないんだから進化もしないわな
欧州戦線で空母機動部隊が発達しなかったのと同じ
109.名無しさん:2020年10月16日 10:45 ID:BenGTJkc0▼このコメントに返信
日本の戦車は対戦車戦を想定していなかった。そのため「日本の戦車は弱い」という思い込みが定着して、「ノモンハン惨敗伝説」まで生まれた。
110.名無しさん:2020年10月16日 10:48 ID:NnW3L0Wn0▼このコメントに返信
>>88
38(t)のシャーシを利用したマーダーIII対戦車自走砲の生産が始まったのは1942年であり、
1941年には影も形もないのであります!
111.名無しさん:2020年10月16日 10:48 ID:TiaAaFyQ0▼このコメントに返信
>>34総火演は素人に陸戦兵器がどんな物か、を見せる演習でデモンストレーションだよ、だから分かりやすい使い方見せてる。
112.名無しさん:2020年10月16日 10:48 ID:sKcvr17z0▼このコメントに返信
※2
>>2
海軍用と陸軍用で、企業内でも別々に開発。
徹甲弾・装甲系は、海軍がほぼ独占状態で、陸軍に協力しなかったのが実情。
113.名無しさん:2020年10月16日 10:48 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
※95
やすりで削れる装甲の方が強い場合もあるんだがな
堅いけどもろくて割れる装甲では意味が無い
司馬氏はそんな事も分かってない軍事素人
114.名無しさん:2020年10月16日 10:50 ID:sKcvr17z0▼このコメントに返信
※108
>>108
T-34やKV-1は、戦車界の革命児。
115.名無しさん:2020年10月16日 10:50 ID:0U.NoxI70▼このコメントに返信
陸続きで直接国境でやりあってたドイツとソ連が戦車の性能で2トップだった理由を考えればわかる
一番必要な兵器から真っ先に強化されるということよ
116.名無しさん:2020年10月16日 10:51 ID:3tI.SQpp0▼このコメントに返信
ライトの位置ミスって地面の陥没がわかりずらかったのってなかったか?
117.名無しさん:2020年10月16日 10:51 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
※101
WW1を鑑みて、そもそも長期の国力総動員体制には日本は耐えられないと陸海ともに認識していたから
開戦しても短期決戦が日本の総意
だから、砲弾にしろ航空機エンジンにしろ、開戦前に工場での大量生産準備など全くできていない
118.名無しさん:2020年10月16日 10:52 ID:sKcvr17z0▼このコメントに返信
※107
>>107
満洲にGMとの合弁会社できてれば、満州で重戦車造れたのだろうか?
鉄道なら運べるんだし。
119.名無しさん:2020年10月16日 10:54 ID:IRKLGVaD0▼このコメントに返信
重車両は日本の条件では、運ぶのも運用もコストが割高
飛行機のほうがまだマシだからそっちに注力した
120.名無しさん:2020年10月16日 10:54 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
チハは米軍から「砲弾使うのがもったいない」と言われるくらい装甲が薄く12.7mm機関砲で簡単に撃破された

さらにエンジンはガソリンエンジンだから燃えやすく、歩兵の小銃でもエンジンや燃料タンクを狙われ簡単に撃破されていった

スペックで比べても、ドイツの2号戦車にすらあらゆる距離で先に撃破されてしまう事がわかる
121.名無しさん:2020年10月16日 10:54 ID:YbMyLM8E0▼このコメントに返信
※118
GMは日本ではノックダウン生産しかするつもりが無いから合弁会社作ったって戦車の開発生産はできるようにならんよ。
122.名無しさん:2020年10月16日 10:54 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
※104
陸用爆弾というか水平爆撃では当たらない上に対空射撃の餌食
対艦攻撃に使わないとはある意味当然
兵装交換が問題なのではなく、その間に相手との距離を取って安全を確保しなかったのがまずい
123.名無しさん:2020年10月16日 10:55 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
※120
日本戦車はノモンハンより前からディーゼルエンジンだからエンジンは燃えないよ
124.名無しさん:2020年10月16日 10:59 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
現代のナッチャンワールド(豪州タスマニア・インキャット社謹製)ですら、90式戦車の乗降用のゲートを
作ったんだし、先の戦争時代にもどうにかならんかったのかな
125.名無しさん:2020年10月16日 10:59 ID:SuJbF.e40▼このコメントに返信
※120
チハがガソリンエンジンなんてどこソースなんだよ
wiki覗いてみるだけでそんな馬鹿な知識なんか持たなくて済むのに、何なのこいつ
妄想を事実だと思い込むあの半島の連中か?
126.名無しさん:2020年10月16日 11:02 ID:SuJbF.e40▼このコメントに返信
※124
大型の戦車とそれを運ぶ船を造るよりも優先すべきものがあったってだけ
日本が大陸国家であれば戦車が進化して空母や戦艦は後回しだったろうよ
127.名無しさん:2020年10月16日 11:03 ID:n6keOIhB0▼このコメントに返信
※117
中国相手ですら短期決戦できてないのに意味不明だよな
本当に頭おかしい

まあ鉄分不足は、兵の血から採取するんでしょうがね
128.名無しさん:2020年10月16日 11:06 ID:rkAN81V.0▼このコメントに返信
>>1
現在の日本も軍事力は世界6位で、海軍能力は4位と言われてるぐらいに海軍に振ってるしな。勿論、軍事力と言っても防衛能力なのか、上陸しての侵略能力なのかにもよるから一概には評価できないけどね。

むしろ、仮想敵国に対して十分な能力があるかって事になるし、同盟国と連携の話しもあるから難しい。
129.名無しさん:2020年10月16日 11:06 ID:YbMyLM8E0▼このコメントに返信
※127
中国側から開戦したんだから早期決戦の準備なんてしてないし、そもそもどこまでやりあうのか方針すら決めてなかった。
130.名無しさん:2020年10月16日 11:06 ID:TiaAaFyQ0▼このコメントに返信
>>113
ヤスリで削れる=粘りが強い鉄千切れ難い。
硬くてヤスリが立たない=硬くて脆い
砲弾当たったら裏が剥離して破片が飛んだり、変形にすると折れる。
材料工学で基礎、車等の整備でも
教わりますよね。
131.名無しさん:2020年10月16日 11:09 ID:to9.w08H0▼このコメントに返信
※120
米軍のテストで「M2で貫徹出来るか否かで言えば出来るけど、余り現実的でないなぁ」
って結果の何処をどう読めば簡単に撃破出来るになるのやら
132.名無しさん:2020年10月16日 11:12 ID:cYgjFWaS0▼このコメントに返信
上でも言ってるが
更新速度が遅すぎたんだよな
チハとか開発当時はトップクラスだったが
その後5年、というか第二次大戦の欧州戦の影響で戦車情勢は一変している
133.名無しさん:2020年10月16日 11:12 ID:Ym1pCTBw0▼このコメントに返信
輸送の都合だよ。
作って直ぐに走って戦地に行ける欧州と一緒にすんなw
ティガーが橋を渡れないとかと同じで、日本海を越えられる戦車じゃなけりゃ意味ないだろ。

輸送艦とクレーンの制限だよ。
134.名無しさん:2020年10月16日 11:13 ID:l7wPP8x80▼このコメントに返信
M4が75ミリなら、三式も75ミリ載せたら
少なくとも攻撃力は対等だ!とはならない。
同級の砲でも日本の火力が劣るのは、大砲の反動を受け止める駐待機装置が日本が遅れていたから。
反動を受け止めるため、大砲は発射するたびに砲身ごと後ろにスライドするが、この長さのことを後座長と呼ぶ。
ほぼ同じ口径で、長砲身の主砲を積んでいるM4中戦車は駐退機が外に露出していない。これは構造的には一つの駐退機ではなく4つの駐退機で受け止めるために一つ一つが小さくなるという仕組みだから。
駐退機の性能が低いと、この後座長が大きくなるわけで、それに合わせて砲塔のサイズを大きくしなければならなくなる。砲塔のサイズが大きくなるということは車体の大型化を示し、つまるところ同性能の大砲を搭載したとしても車体がより大きくなってしまう。
軽量化も考えなければならないとなると大型化した分装甲も薄くなり性能バランスはどんどん崩れていく。
日本陸軍の対戦車砲や徹甲弾に関しては初速を上げて見かけの性能を上げ、かつ希少資源をできるだけ使わないために砲弾の重量を軽くしていたけど、結局砲弾重量が軽いせいで貫通力では劣るという結果になってる。
そういった複雑な要素が絡んでいった結果日本軍の戦車は他国の戦車に比べて劣るという結果になってしまった。
135.名無しさん:2020年10月16日 11:13 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>118
戦後フォードの幹部曰く

戦前我々の提案を受け入れて工場を造らせ、戦争になったら接収すれば良かった。
そうすれば大量生産のラインがまるごと手に入った。
現にドイツはやったぞ

136.エンアカーシャ:2020年10月16日 11:15 ID:h6oQW0BS0▼このコメントに返信
他国との戦争を計画していなかったから、だな、

基本的に、
馬に乗った強盗団を狩るのが運用目的、
なので、
37ミリ砲で充分だったわけだ、

ソ連との戦争は想定外、
さらに、
T34なんぞ戦前には無かった、

OK?。
137.名無しさん:2020年10月16日 11:18 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>136
馬毛島に滑走路はない

OK?。
138.名無しさん:2020年10月16日 11:19 ID:roNGm92j0▼このコメントに返信
まず製鉄技術 次に揚陸能力 とどめはドクトリン
工業能力に貧しさは言うに及ばずだな

※136
持ち上げたいのか馬鹿にしたいのか解らんなそれ
多分馬鹿にしたいんだろうが
139.名無しさん:2020年10月16日 11:19 ID:gcur6c3X0▼このコメントに返信
弱いか?
140.名無しさん:2020年10月16日 11:23 ID:4hHnwvMz0▼このコメントに返信
技術、資源、金がない

日本の本質的貧困の象徴が日本の兵器群

まともとされる航空機でも初飛行の年次をみると驚くほどの遅れっぷりだよ
141.名無しさん:2020年10月16日 11:26 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>138
そいつF-2原案のFSXは垂直離着陸機として計画されたと言い張るアホだよ
142.名無しさん:2020年10月16日 11:28 ID:6y9cpPad0▼このコメントに返信
装甲が薄くったって、主砲がショボくったって、それはそれ。
143.名無しさん:2020年10月16日 11:29 ID:EPzElBNZ0▼このコメントに返信
①主な陸戦相手が国民党軍だったため、チハでお釣りが来るレベル
②基礎技術と工業力の未熟さ
③大陸や島嶼に戦車を受け入れられるだけの規模と施設を持ったインフラがないし作るリソースもない
④工夫して輸送できても、陸路で運ぶための鉄道網がない
144.名無しさん:2020年10月16日 11:29 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
※142
対峙する生身の歩兵には脅威だよなあ
145.名無しさん:2020年10月16日 11:29 ID:b.fDEipy0▼このコメントに返信
うちの親がパラオ大好きでよく行くけど、「日本軍の戦車が放置されてるんだけど装甲ペラッペラやで。
あんなんそりゃアメリカ軍には勝てんわ。」って言ってたな。
146.名無しさん:2020年10月16日 11:30 ID:jpAoxtK30▼このコメントに返信
※5
M4シャーマンも鹵獲品で在ったが、当の日本兵には嫌われてたな、ガソリン・エンジンだし・・・
一番、鹵獲品で活躍したのが、M3のディーゼルで、戦地では取り合いだったらしいな
M3の37mm対戦車砲は、当時の日本軍では最強らしく、チハ改の47mmよりも貫通力あったみたいだものな

本題の日本戦車が弱いは、今の自衛隊が10式出したのと同じで、国内に於ける、狭路の道路事情と狭線の
鉄道事情だから、仕方がない。展開を考慮したら、90式みたく輸送も出来ないし、橋も渡れん・・・
147.名無しさん:2020年10月16日 11:31 ID:jpAoxtK30▼このコメントに返信
※146
M3軽のスチュアートの方な、帝国陸軍で人気の鹵獲戦車は
148.名無しさん:2020年10月16日 11:33 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
大口径砲かつ重装甲の戦車も怖いが、軽戦車でも数で迂回されて背後に回られたら袋のネズミ
になりかねないから、やっぱり怖い
149.名無しさん:2020年10月16日 11:33 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>145
パラオの戦車は95式軽戦車
軽戦車だから元から厚い装甲持ってるような戦車じゃないよ
150.名無しさん:2020年10月16日 11:37 ID:XW6Ef2Pf0▼このコメントに返信
>>135
当時の日本にフォードの工作機械で支えられた生産ラインが維持できたかね。
戦前から一大工業国であり、優秀な工作機械を国産化できてたドイツならまだしも。

参考:ttps://web.archive.org/web/20190302002614/ttp://www.geocities.co.jp/Milkyway-Sirius/6597/ind.html

「h」抜きしてあるので適宜補足して下さい。
151.名無しさん:2020年10月16日 11:40 ID:fMbYvrG80▼このコメントに返信
中国相手なら必要無しと考えたんだろうね。
だから歩兵支援程度なんですよ。
152.名無しさん:2020年10月16日 11:45 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
当時の戦車が幾らだったかわからなけれど(現行90式で1輌10億円)、白刃と一人あたり1銭5厘の歩兵だけで
相手中国軍陣地が抜けるなら、高価な戦車は要らんとなるな
153.名無しさん:2020年10月16日 11:47 ID:l.eJOTqG0▼このコメントに返信
戦前の頃の日本の戦車は優秀ではないが至って標準。
ただ大戦がはじまってほかの国の開発スピードについていけなっただけの話。
154.名無しさん:2020年10月16日 11:47 ID:yy0GWi9W0▼このコメントに返信
まーた黄色い猿が白人様に逆らうのは100年早いスレか
155.名無しさん:2020年10月16日 11:48 ID:ULixtfUP0▼このコメントに返信
戦間期基準なら弱くはない普通の中戦車相当
ドイツ以外は手探りで作ってる段階なので、その中でなら割とまとまってる
狙撃銃で抜けるとか言ってるが、通常のライフルでそうそう抜けるもんではない(狙撃銃で狙うのはキューポラから顔を出してる車長)
1940年代に入ってからの基準で見ればゴ.ミなのは言うまでもない
後継のチヌやチリでも力不足なのにチハに何ができる
156.名無しさん:2020年10月16日 11:48 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>150
それは、この発言したフォードの幹部に聞いてくれ

「日本にアメリカ様の機械を維持できたとお思いですか」

とでもね
157.名無しさん:2020年10月16日 11:50 ID:XlTtyABA0▼このコメントに返信
歩兵支援のために開発されたのに何で対戦車戦前提なんだよ
158.名無しさん:2020年10月16日 11:52 ID:XlTtyABA0▼このコメントに返信
>>146
中国戦線で重戦車やら投入したらまともに戦えないよな
159.名無しさん:2020年10月16日 11:54 ID:yy0GWi9W0▼このコメントに返信
国民党軍に戦車は無かったし、南方の米英軍の戦車は米国のM3。

英軍のM3,100両余りと米軍の100両余りを八十九式、九七式中戦車と九五式軽戦車を主力とする日本軍は苦闘の末撃滅した。
160.名無しさん:2020年10月16日 11:54 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
昭和11年2月の226事件で鎮圧に動員された戦車の写真と
田宮のタイガー戦車を見て、子供ならが恥ずかしくて悲しい思いをした
あの対比が今でもついて回るんだよなあ
161.名無しさん:2020年10月16日 11:54 ID:GPdnw8NF0▼このコメントに返信
チハ戦車は相当ひどいが、74式戦車が強かったとは思わんね。
まともになったのは90式からじゃないかな。
162.名無しさん:2020年10月16日 11:57 ID:yy0GWi9W0▼このコメントに返信
タイガー戦車がいつ生産開始されたか知ってますか
163.名無しさん:2020年10月16日 11:58 ID:yy0GWi9W0▼このコメントに返信
タイガー戦車は無敵だが攻撃で撃破されるよりも故障で動かなくなった車両の方が多い
164.名無しさん:2020年10月16日 11:59 ID:nhkTMmAC0▼このコメントに返信
日本が国内で戦争になるとしたら、白兵戦なんてほぼ無いだろ
165.名無しさん:2020年10月16日 12:00 ID:ULixtfUP0▼このコメントに返信
>>160
そりゃ1936年ごろの戦車と1943年配備開始の戦車を見比べたらそんな感想になるわな
で、その知見のまんま大きくなっちゃったわけだ
166.名無しさん:2020年10月16日 12:01 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
戦車の最大の使い道は暴徒の鎮圧だよ
6.4天安門だな
167.名無しさん:2020年10月16日 12:03 ID:SF7LfDjS0▼このコメントに返信
※27
一応そいう面での投資や計画はあるし、それが戦後になってその地域や国の経済的発展に寄与している…が一朝一夕で工業化、特に重化学工業が発展できるわけないので日本の敗戦には間に合わなかった。
168.名無しさん:2020年10月16日 12:04 ID:MVSJJpF60▼このコメントに返信
2号J型の実戦投入1943年じゃねえか
169.名無しさん:2020年10月16日 12:04 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
6号Ⅰ型を見ると、これぞ戦車と思うが、日本の戦車と名が付いた奴は
動く立てた電話ボックスという印象だったな
そら、司馬サンが荒れるのも分かる気がした
170.名無しさん:2020年10月16日 12:05 ID:yy0GWi9W0▼このコメントに返信
戦前のというならば日本国初の国産戦車八九式中戦車は性能比較の為輸入されたルノーの戦車よりも高性能だった。
171.名無しさん:2020年10月16日 12:06 ID:ULixtfUP0▼このコメントに返信
>>168
正面装甲80mmの軽戦車を日本が作れるとでも?ちなみに帝国陸軍最強の中戦車チリの正面装甲は75mmだ
172.名無しさん:2020年10月16日 12:07 ID:k8A.I40q0▼このコメントに返信
日本が戦車使う相手は中国で、中国の戦車はもっと弱かった(というか戦車がない)から。
新しく開発する必要がなかった。海軍優先!
173.名無しさん:2020年10月16日 12:07 ID:yy0GWi9W0▼このコメントに返信
>なんでそんな状態で戦争したんや


昭和天皇独白録より大東亜戦争の遠因について

第一次世界大戦後の世界に於いて、欧米の戦勝国などによる、日本への差別・黄色人種への差別が存在する。

戦後の講和会議での日本の人種平等案否決、カルフォルニア州の移民拒否、青島還付など。
 
上記理由による国民の憤慨を背景に、軍が戦う決意をすると抑えることは困難。
174.名無しさん:2020年10月16日 12:07 ID:5l9O5R.00▼このコメントに返信
対装甲車両じゃなく対歩兵だから対装甲車両には弱いのです
175.名無しさん:2020年10月16日 12:08 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
160>ハセガワのウォータラインシリーズを見るとドイツは恥ずかしい。
176.名無しさん:2020年10月16日 12:10 ID:ULixtfUP0▼このコメントに返信
>>170
ルノーFT-17(1917年正式採用)
八九式中戦車(1929年正式採用)
これで負けるなら自力開発なんてする資格がないぞ
177.名無しさん:2020年10月16日 12:11 ID:T5Vnw3130▼このコメントに返信
※164
空爆と艦砲で終わり。
178.名無しさん:2020年10月16日 12:12 ID:ibtkdaOZ0▼このコメントに返信
※120
改良キットが作られるまで二号戦車も対戦車兵器(重機関銃や対戦車ライフル)で撃破されてるから一方的にやられはせんよ
179.名無しさん:2020年10月16日 12:12 ID:LStNQwAk0▼このコメントに返信
>>1
戦車は、海を単独でわたれないからな。
加えて、燃料が無いwwww
未だかつて、豊富に取れた石炭燃料で戦闘可能で強い戦車は、唯の一つとして存在しないwwww
180.名無しさん:2020年10月16日 12:14 ID:MVSJJpF60▼このコメントに返信
>>40
事実だよ
181.名無しさん:2020年10月16日 12:14 ID:LStNQwAk0▼このコメントに返信
>>40
M3だな。
182.名無しさん:2020年10月16日 12:15 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>45
残念ながら、正面装甲50ミリになるには1式中戦車チヘを待たねばならんのだ…
183.名無しさん:2020年10月16日 12:16 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>161
74式は同世代だと装甲は厚いほうなんだけどな
レオパルド1よりも厚い

これも印象か

184.名無しさん:2020年10月16日 12:17 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>70
リー先生は無理やろ
185.名無しさん:2020年10月16日 12:18 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>175
まともにコメ番指定出来ないなら返信ボタン使ったらどう?

スマホでもPCでも出来るよ
186.名無しさん:2020年10月16日 12:19 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>82
…え?こいつの頭の中だと予算って金属素材で配分されるもんなの?
187.名無しさん:2020年10月16日 12:19 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>95
どの戦車でもヤスリで削れるぞにわか

むしろヤスリで削れない装甲とか脆すぎてゴミ
188.名無しさん:2020年10月16日 12:20 ID:MVSJJpF60▼このコメントに返信
>>36
4号戦車は1個大隊に2個小隊配備されてたからな
敵に強力な戦車が出てきた時のための緊急機動部隊的役割だったかもしれん
189.名無しさん:2020年10月16日 12:20 ID:HnBiBLNY0▼このコメントに返信
>>55
零戦は航続距離重視の理由であるこの説明よくわからん。
列島から大陸奥地→大陸沿岸に飛行場作れなかったのか?硫黄島でさえあるのに
そもそもなんで海軍の零戦で?陸軍の隼~をそういうふうにしたら、内陸で戦わなくていいはずの海軍はそこの機能削れるよね
190.名無しさん:2020年10月16日 12:21 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>92
つっても学士様だろうが八百屋のおっちゃんだろうがヤクザ崩れだろうが召集されたら平等にただの二等兵だからなぁ…

文句あるなら士官学校にでも入らないとw
191.名無しさん:2020年10月16日 12:21 ID:TwEC4ljv0▼このコメントに返信
>>104
船底に穴開けないと船は沈まんしそもそも動く目標を対空火器の雨霰の中近づいてピンポイントで当てるなんて当時無理ゲーだから魚雷換装変更は間違ってはいないぞ
192.名無しさん:2020年10月16日 12:21 ID:ibtkdaOZ0▼このコメントに返信
※156
維持なら普通に可能だぞ?
まあ消耗材である工具などがアメリカに劣っているからそれの在庫が尽きない間は、だが
(加工精度面であってそれでも国産工具で回らないわけではない)
193.名無しさん:2020年10月16日 12:22 ID:TwEC4ljv0▼このコメントに返信
>>135
ドイツひでえw
194.名無しさん:2020年10月16日 12:22 ID:MVSJJpF60▼このコメントに返信
>>171
スレタイ読めるか?
195.名無しさん:2020年10月16日 12:23 ID:fQsHydOj0▼このコメントに返信
大陸に輸送するのに重い戦車は向かなかった
基本的に対歩兵戦用
資源、工業力が足りなかった。
196.名無しさん:2020年10月16日 12:23 ID:FKo1lWgv0▼このコメントに返信
※83
今とは違って、戦車1両作る予算で、戦闘機なら2機、下手したら3機作れたからね。これは日本に限らず
ドイツでもbf109が40,000~50,000RMに比べ、IV号が100,00RM、V号が125,000RMだから似たようなものだし
(逆にアメリカはP-51とM4が同じ価格、P-47はM4より高くなってる)

戦争が起きて予算が青天井になるまで、価格が高過ぎるからという理由で
チハでさえ正式化出来なかった貧乏性の陸軍が、どちらを優先するかってのは判りそうなものだよねぇ
197.名無しさん:2020年10月16日 12:24 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>127
日本陸軍「首都落とすまでは電撃戦でいけたんや…普通首都落ちたら降伏するもんやん…?」
198.名無しさん:2020年10月16日 12:24 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>131
ハ号と混じってるんかな?
199.名無しさん:2020年10月16日 12:25 ID:ibtkdaOZ0▼このコメントに返信
※189
海軍艦上戦闘機と陸軍機を同位置で比較してどうする(使いどころ違うから)
海軍だって陸上運用する局地戦は陸軍機と設計コンセプトはほぼ変わらん
200.名無しさん:2020年10月16日 12:25 ID:ULixtfUP0▼このコメントに返信
>>194
スレタイは読んでたけど本スレの47を読み落としてた
201.名無しさん:2020年10月16日 12:26 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>148
軽戦車ってそんなもんじゃ無いぞ

ww2の戦車が現代のMBTみたいに高速走れるくらいの速度出せると思うな
202.名無しさん:2020年10月16日 12:29 ID:GwzFzgbY0▼このコメントに返信
※162
1941年
203.名無しさん:2020年10月16日 12:31 ID:SuJbF.e40▼このコメントに返信
※151
アメドラだけど、太平洋の等初戦で、対戦車兵器を持っていない海兵隊がたった一輌の日本の軽戦車に手も足も出ない描写があった
中国戦線ではどこもそんな感じだったんでシャーマンクラス以上の戦車は必要なかったろうけど
204.名無しさん:2020年10月16日 12:33 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
8/15以降の日ソの戦闘で、日本軍戦車の活躍の前に船酔いソ連軍は形無しで得撫から叩き落された
それで千島だけで済んだのだが、日本軍が負けていたら北海道は盗られていたかもしれない
自軍の余りのふがいなさにスターリンは鬼のようになって怒ったと伝えられている
205.名無しさん:2020年10月16日 12:35 ID:txRwSsUk0▼このコメントに返信
国力で話は終わり。その割には頑張った。
206.名無しさん:2020年10月16日 12:39 ID:SuJbF.e40▼このコメントに返信
※176
K2黒豹戦車「その通り二ダ」
207.名無しさん:2020年10月16日 12:44 ID:Q6iA2svG0▼このコメントに返信
戦前の日本戦車が弱いんじゃない、戦中の戦車の進化があまりにも早過ぎて日本じゃ付いて行けなかっただけだ
チハも登場時期と開発コンセプト面での能力は世界水準だったけど、それ以降の戦車運用の変化と進化の速度に取り残されたのさ

まあどっちにしろ基礎工業力がね・・・戦争起きなかったとしてもテコ入れ無しじゃいずれ付いて行けなくなっただろうな
208.名無しさん:2020年10月16日 12:47 ID:Z8ZYCfAn0▼このコメントに返信
日本も大型・重装甲化しようと試みるも大型クレーンが無かったってのをどこかで見たけど...
そもそも、この手の話題って同級の比較しねぇよな
209.名無しさん:2020年10月16日 12:48 ID:IzTGGGBy0▼このコメントに返信
>>165
1936年を1943年の日本戦車にしても
感想は変わらんだろう
210.名無しさん:2020年10月16日 12:50 ID:mLgwa8AE0▼このコメントに返信
シャーマンが出張ってくるまでまともな戦車戦なかったから発展しなかったんやろ
211.名無しさん:2020年10月16日 12:52 ID:IzTGGGBy0▼このコメントに返信
>>175
別に思わない
日本とはまた違った優美さだと思った。
212.名無しさん:2020年10月16日 12:54 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
※211
ナカーマ
シャルンホルスト、ビスマルク、プリンツオイゲン、ドイッチュランド
ええんでないかい
213.名無しさん:2020年10月16日 12:55 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
211>じゃ、自分も日本のタンクは、また違った優美さだと思った。
214.名無しさん:2020年10月16日 12:57 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>189
直接大陸奥地まで侵攻してないよ?
中継基地もある。零戦の航続距離は陸攻を守るためで、本来は艦隊決戦のため。だから長大な航続距離が必要。
215.名無しさん:2020年10月16日 13:00 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>189
陸軍航空はリレー方式で進撃する。基地(駐屯地)も移動する。駐屯地は英訳の通りキャンプ。だから航続距離は短い。隼は南方作戦で航続距離が必要になった。
216.名無しさん:2020年10月16日 13:05 ID:a3xqdYs90▼このコメントに返信
鋼材を全部、艦船と飛行機に突っ込んでたからだろ。
217.名無しさん:2020年10月16日 13:13 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>213
それはいいから、レス番指定の方法を覚えて
218.名無しさん:2020年10月16日 13:18 ID:NOKVWsFN0▼このコメントに返信
>>15
降伏文章調印が行われたミズーリ号は存在しなかった...?
219.名無しさん:2020年10月16日 13:21 ID:uP3wEbeL0▼このコメントに返信
>>193
現代まで名を残す自動車メーカーがひしめき合っていたドイツにおいて、
「フォード式」の生産ラインはあってもフォード社が造った生産ラインが
本当にあったかどうかは置いとくとして……。
大恐慌になった途端、ドイツへの投資を思いっきり回収してハイパーインフレの
一因を作った列強各国に「ドイツひでぇ」と言えた道理はないかと。
220.名無しさん:2020年10月16日 13:24 ID:rrPG.yUG0▼このコメントに返信
※4
馬鹿発見。
江戸時代から幕府が何をやっていたかも知らないくせに日本が遅れていたとか言うやつ多いんだよねー。
221.名無しさん:2020年10月16日 13:27 ID:i3M4LABx0▼このコメントに返信
日本は、ソ連侵攻に備えた満州防衛と、重戦車開発の参考にとティーガー1輌購入はしてるけどね。
荷揚げ含め輸送手段がなかった。
元から日本じゃ扱えるシロモノではなかったろうに。
222.名無しさん:2020年10月16日 13:28 ID:YovpY9lq0▼このコメントに返信
歩兵に地雷担がせた方が安上がりだからだよ。
223.名無しさん:2020年10月16日 13:29 ID:85bCal.p0▼このコメントに返信
>>192
工具のみならず、ベアリングやプーリー、ウォームギアなど
アメリカ製工作機械そのものの消耗部品も必要な加工精度で
製作・補充できるかが疑問。
224.名無しさん:2020年10月16日 13:30 ID:i3M4LABx0▼このコメントに返信
>>213
じゃ、って何だよ
対抗して今から優美に思うことにしたのかw
225.名無しさん:2020年10月16日 13:32 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
※219
そこでフェルディナント・ポルシェ博士に国民車制作を命じたヒトラーか
226.名無しさん:2020年10月16日 13:34 ID:i3M4LABx0▼このコメントに返信
>>212
レナウンも好き
227.名無しさん:2020年10月16日 13:39 ID:i3M4LABx0▼このコメントに返信
>>114
T–34のあの避弾経始に優れた
丸みを帯びた鋳造技術は
悔しいが真似できないってドイツがサジを投げた
228.名無しさん:2020年10月16日 13:55 ID:IVyqAJRH0▼このコメントに返信
いや戦前の時点では日本戦車弱くないだろ。
戦争に入ってから各国で鬼のような進化をとけて、日本の戦車が取り残されたっていうこと
229.名無しさん:2020年10月16日 13:56 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
4号戦車の砲弾を浴びてもT34は跳ね返したんだろう
そして4号戦車はT34の砲弾を受けると砲塔をビックリ箱のように飛ばして擱座した
230.名無しさん:2020年10月16日 13:56 ID:uP3wEbeL0▼このコメントに返信
>>227
それは鋳巣ができても問題視しないアバウトな品質基準と、注湯の品質向上に
必要な希少資源を自給できたというソ連の事情をそのままドイツに適用できない
って側面が大きいよ。ドイツの戦車の部品だって一部は鋳造で製造されていたわけで、
技術力で後塵を拝していたのではない。
231.名無しさん:2020年10月16日 13:58 ID:T5Vnw3130▼このコメントに返信
※154
また1000年奴隷の負け犬民族キムチか。
232.名無しさん:2020年10月16日 14:00 ID:uP3wEbeL0▼このコメントに返信
>>229
>4号戦車はT34の砲弾を受けると砲塔をビックリ箱のように飛ばして擱座した
そらそうなるだろうが、IV号でも75mm KwK 40 L/43や同L/48を搭載したG型
以降はT-34でも跳ね返せるとは限らん。
233.名無しさん:2020年10月16日 14:03 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
224>別にじゃを言ったらいけないのか?「じゃ、な」「じゃ、バイバイ」「それじゃアバヨ」
234.名無しさん:2020年10月16日 14:03 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
※232
鬼の88㎜砲を載せたⅥ号Ⅰ、Ⅱ型だよなあ
ドイツ戦車の誇りだよ
235.名無しさん:2020年10月16日 14:05 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>67
しかも破壊しても「戦車」としてカウントされない。
236.名無しさん:2020年10月16日 14:07 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>77
だからダメだった…
237.名無しさん:2020年10月16日 14:09 ID:TIbRCIJH0▼このコメントに返信
※90
日本が戦ってた戦線でティーガーとか使ったら途中で壊れてスクラップになるだけだと思う
238.名無しさん:2020年10月16日 14:09 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>80
89式戦車の最初期はガソリンエンジン。試験中に炎上したからディーゼルになった。けど、発注分のガソリンエンジン車は残った。だから甲、乙と別れた。
239.名無しさん:2020年10月16日 14:14 ID:myW94xjh0▼このコメントに返信
日本軍が戦った場所で戦車の出番はあんまりなかった気がするなぁ
あえて挙げれば中国大陸か?でも中国軍だって戦車持ってなかったんじゃ?
240.名無しさん:2020年10月16日 14:15 ID:YovpY9lq0▼このコメントに返信
※238
ちなみにディーゼル化した理由の「ガソリンは被弾したら炎上しやすい」ってのは半分言い訳。
実際は車体の燃料系統のパッキンが甘かったり、燃料缶(ガソリン用一斗缶)の密閉工作が未熟で、漏れて気化したガソリンに火が付く事故が頻発したため。
241.名無しさん:2020年10月16日 14:18 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
まぁ、討匪行の世界だからな
戦車じゃなくて馬で匪賊を追っていた


どこまで続く 泥濘(ぬかるみ)ぞ
三日二夜を 食もなく
雨降りしぶく 鉄兜(てつかぶと)

すでにタバコは なくなりて
たのむマッチも 濡れ果てぬ
飢え迫る夜の 寒さかな

いななく声も 絶え果てて
倒れし馬の たてがみを
かたみと今は 別れ来ぬ
242.名無しさん:2020年10月16日 14:20 ID:RtQJ890V0▼このコメントに返信
>>230
あとドイツ人はデカいからあの狭さに適してないわ
ロシア人は良くも悪くもアジア系が混ざってるからなんとかなったが
243.名無しさん:2020年10月16日 14:22 ID:xGNPmUTF0▼このコメントに返信
子供の頃は外観第一だからプラモはドイツ戦車になるが、
日本の戦車やフギュアは忍びない気持ちがあったから作ってないんだよな。
で連合国側の戦車で唯一作ったのが英国のマチルダという。今考えても渋いな。
しかし作っても全然感情が入らなかったw。
244.名無しさん:2020年10月16日 14:28 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
※242
体を軍服に合わせる軍隊なのだけれど
戦車、特にソ連戦車には乗員に身長制限があったようだね
それは現代戦車と言えるT-72でもあったとか
1m65㎝未満とか
245.名無しさん:2020年10月16日 14:32 ID:Y6TbIj190▼このコメントに返信
>>233
ガチモンのガイジなんか?
日本語通じてないみたいだし…
246.名無しさん:2020年10月16日 14:37 ID:Q3MOPc7a0▼このコメントに返信
>>221
その後、頬に傷のある中尉とメガネの軍曹が無双するんか?
247.名無しさん:2020年10月16日 14:41 ID:gDd05jBz0▼このコメントに返信
そもそもチハの装甲は狙撃銃や機関銃で抜けるっていうのはデマだぞ。
248.名無しさん:2020年10月16日 14:46 ID:ALceP9ja0▼このコメントに返信
※240
キャタピラー式の車両は車体に伝わる振動がタイヤ式の2倍はあるからな。
249.名無しさん:2020年10月16日 15:06 ID:EeZrwYHN0▼このコメントに返信
※5
鹵獲したM3スチュアート軽戦車が喜ばれたのは「チハが登れない急坂を登れるから、通れる地形が多く、側面迂回などの展開能力が高い」のが理由。平地での移動速度や装甲や砲の威力はチハと互角。「日本人の感覚では中戦車」は「米国人の感覚では軽戦車」だったのだ。

のちにドイツから船便で6号戦車を輸入しようとしたが、そもそも「エンジンやミッションが故障したりガス欠になった場合に、57トンある6号戦車を牽引できる重牽引車が日本には存在しない」という状況だった。それ以前に大多数の橋がその重さ(接地面積あたりの荷重)に耐えられないのだが・・・
250.暴君:2020年10月16日 15:07 ID:2qIuz9Lw0▼このコメントに返信
 
 弱くないぞ。

国府も八路も、日本の戦車を見ただけで敗走してた。w
251.名無しさん:2020年10月16日 15:10 ID:rnKo1wNS0▼このコメントに返信
>>242
そういえば
ロシア戦車兵って小柄な体型
が選ばれたんだっけか。
252.名無しさん:2020年10月16日 15:12 ID:aQSDtB4W0▼このコメントに返信
科学力と工業力の低さ、輸送する港湾施設の貧弱さが大きいけど、基本的に日本陸軍は歩兵戦を主軸とした戦術だったので、戦車は基本的に歩兵を支援するレベルから脱却できず、結果として機甲戦どころか対戦車戦闘の概念が薄かったのはある
一応タ弾とか対戦車砲弾はあったんだけどねー、そこから歩兵携行対戦車兵器とかには行きつけなかった
あと人員不足を理由に技術者を開発現場から引き抜いて、一兵卒として戦場送りかましたこともあるし
253.名無しさん:2020年10月16日 15:18 ID:.ssld.2H0▼このコメントに返信
※27 朝鮮とか満州に現地工場作るってのはナシだったんかな?
工場は作れても、工員が鮮人と満人が多くちぁねぇ。
それにシナの工作員も混じりこんでたからね。
アジア号が作れたのが奇跡。
254.名無しさん:2020年10月16日 15:19 ID:TgKL224K0▼このコメントに返信
>>242
そうなんだよね。「なぜドイツはT-34をそのままコピーしなかったのか」
というのは海外でも疑問にする人が居るけど、理由の一つに「二名までしか
収容できない砲塔が狭い」なんてのがあったりする。

ttps://www.youtube.com/watch?v=vczPA1xGJQI

後は砲の精度や照準・発射速度が悪いとか、レンズ類の透明度が低くて外が
観察しにくいという理由もあったそうな。
255.名無しさん:2020年10月16日 15:41 ID:gtw3UYYc0▼このコメントに返信
支.那人相手ならあの程度で十分だった。ノモンハンで出てきたソ連のクリスティ戦車は想定外だったw
256.名無しさん:2020年10月16日 15:41 ID:.A2b.YU50▼このコメントに返信
港湾の艀のクレーンの能力不足や
重すぎると荷揚げが出来んのよ
257.名無しさん:2020年10月16日 15:53 ID:62Glfud30▼このコメントに返信
でも日本刀の切れ味は凄いから
258.名無しさん:2020年10月16日 15:57 ID:O.sV0dht0▼このコメントに返信
日本は小国だからあれぐらいの戦車しか作れなくても仕方が無い。人間すりつぶして戦争して勝ったのを自力だと勘違いした大黒に挑んだ小人だよ。
259.名無しさん:2020年10月16日 16:07 ID:AFt9atDi0▼このコメントに返信
>>180
※180
北アフリカ戦線投入が初陣なのに、
何時、日本軍に鹵獲されたんだ?
260.:2020年10月16日 16:07 ID:H2m06xo20▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
261.名無しさん:2020年10月16日 16:15 ID:AFt9atDi0▼このコメントに返信
>>19
※19
日本は、歩兵を自転車兵にしとけば、
逃げ足速い国民党軍を包囲殲滅できてれば、
日華事変も早期決着 ついただろうに。
262.名無しさん:2020年10月16日 16:23 ID:AFt9atDi0▼このコメントに返信
>>42
※42
陸軍の仮想敵は、ソ連で、世界最大の戦車保有国。
本来なら質的優位(重戦車)戦略採るべきなのにね。
263.名無しさん:2020年10月16日 16:36 ID:fP7bW6S10▼このコメントに返信
※262
先ず重戦車を輸送する手段がないし
重戦車を運用するのに適した土地でもない
ソ連ですら重戦車は持て余してて
重いし遅いし道路壊すし使えないから
全部T-34にしてくれよとスターリンが直言されるレベル
装甲や足回りはチハ程度でも良いので長砲身の7糎半砲を載せたかった
短砲身の七糎半砲載せた元チハ(ホイ)ならM4中戦車ぐらいなら撃破できたしね
264.名無しさん:2020年10月16日 16:44 ID:AFt9atDi0▼このコメントに返信
>>83
※83
戦車より攻撃機の方が安いから。
砲と装甲板が高いからね。
265.名無しさん:2020年10月16日 16:52 ID:AFt9atDi0▼このコメントに返信
>>150
※150
中島は、アメリカの工作機械大量購入して、航空機の大量生産に成功してるが。
工作機械の肝の「ツメ」を当時の日本は、再現できないから、「ツメ」折れたら終わりだけどね。
266.名無しさん:2020年10月16日 16:52 ID:OPk6rMac0▼このコメントに返信
※262
数的に劣位なら基本的に野戦陣地に拠るから、少数の兵器よりは火砲の開発や整備に能力割くべきとの考えでは。
攻勢時なら制空権下が前提なので、航空援護と歩兵砲の方がまだ数も揃えられて有効だろうし。
なにせ近代工業的な生産技術は冶金も量産も大分立ち後れていたから、重戦車は手に余ると判断しても仕方が無い。
267.名無しさん:2020年10月16日 16:54 ID:AYRkKgan0▼このコメントに返信
>>189
零戦は航続距離を求められたのではなく、艦隊防空の為に上空に長時間留まれる能力を求められたの

長い航続距離と長時間滞空出来る能力はほぼイコールなので、長距離の進出や陸攻隊の護衛が務まっただけ
268.名無しさん:2020年10月16日 16:57 ID:2cBrf9E70▼このコメントに返信
航空機が亜米利加はないわ、戦車も戦闘機もドイツだよ、戦艦・空母が亜米利加と日本
269.名無しさん:2020年10月16日 17:09 ID:NSLxQWZP0▼このコメントに返信
兵器開発は運用される戦場の想定と運用法抜きには始まらない

基本的に国内と中国大陸の道路インフラの脆弱さと大陸で用いられる重門橋などの渡河機材の搭載性能が17t程度であったゆえの必然だよ
港湾クレーンや輸送船のクレーンを引き合いに出してるやつは戦時標準船には30tクレーン搭載型があったことや、その原型となった(戦前の)郵政省標準船にさえ25tクレーン搭載型があったことを知らんのかね
270.名無しさん:2020年10月16日 17:30 ID:AFt9atDi0▼このコメントに返信
>>136
※136
馬賊相手に、37mmて、馬鹿なの?
271.名無しさん:2020年10月16日 17:32 ID:.p12DRF30▼このコメントに返信
>>120
どこの世界のチハなのだろう。
この世界のチハの装甲は上下を除く全周において12.7mm弾では貫通できないと米軍自身がレポート出してるし、そもそもディーゼルエンジンだ。
比較の2号戦車は新型徹甲弾積んだ大戦中の最終型だろうし。
272.名無しさんΘ:2020年10月16日 17:32 ID:zLoDWL.J0▼このコメントに返信
戦車に関しては戦闘機よりIF戦記の改変難しいな
現在は戦闘機が高額だが当時は戦車の方が資源を使うし高額
1つ気に成るのは戦車が弱くて悔しいという発想の人は
逆に対局が見れなくて負けそうだな
ゲームとかで最初っから戦車ツリーが進んでいたとして
4式戦車を大量生産してシャーマン見つけて突撃させて勝ったと喜んだり
アメリカやソ連は数でゴリ押しで損害が多くても敵を消耗させれば良いが
敵を見つけたからと言って突撃して消耗するのは愚策
ドイツも重戦車に注目が集まるが起動戦に適していない守備の移動トーチカだろう
主役は4号戦車の改良型
敵をおびき出して自走砲や対空砲や対戦車装備を持った擲弾兵の射程圏内に誘導したり
航空攻撃で叩く、じゃんけんみたいなもの
273.名無しさん:2020年10月16日 17:32 ID:.RZa0aWH0▼このコメントに返信
戦前に採用された九五式軽戦車や九七式中戦車を戦中の戦車と比較してディスるのはナンセンス。
年代でいえば複葉機の九五式戦闘機や固定脚の九七式戦闘機を飛燕や疾風と性能比較するようなもん。
採用当時は世界最高水準だったんだから。
274.名無しさんΘ:2020年10月16日 17:35 ID:zLoDWL.J0▼このコメントに返信
ドイツが2号戦車の改良型を使っていたように
戦車戦は避けて歩兵を狙えば十分使える
275.名無しさん:2020年10月16日 17:38 ID:.p12DRF30▼このコメントに返信
>>176
比較したのはルノーNCで、これは1926年試作完成。
276.名無しさん:2020年10月16日 17:40 ID:OXiDEji.0▼このコメントに返信
※268
航空機なんかぶっちぎりでアメリカだろ
輸送機・爆撃機・攻撃機・戦闘機・艦上機
全部優秀~最優秀で揃ってる

最強の戦闘機はドイツだったろうがそれだけで「航空機はドイツ」とは言えんわい
277.名無しさん:2020年10月16日 17:41 ID:AFt9atDi0▼このコメントに返信
>>226
※226
HMSさんは、違うかと。
278.名無しさん:2020年10月16日 17:43 ID:bgiecJVB0▼このコメントに返信
>>92
それが戦後に極端なパヨ産んだ理由なんだよね。
日本学術会議の問題の遠因にもなった
279.名無しさん:2020年10月16日 17:45 ID:bgiecJVB0▼このコメントに返信
>>96
人間の発想、組織運営みたいなソフトの時代になってついていけてないのそれが理由だな
280.名無しさん:2020年10月16日 17:45 ID:.RZa0aWH0▼このコメントに返信
>>90
司馬遼太郎は戦車兵としては相当なポンコツだったと聞いた。
使えない奴が声高に主張してるだけだよ。
281.名無しさん:2020年10月16日 17:49 ID:.RZa0aWH0▼このコメントに返信
>>95
三式中戦車の風評被害は司馬遼太郎によるものだな。
ヤスリで削れるぐらい装甲に弾性が無いと、被弾したらすぐに割れてしまうよ。
282.名無しさん:2020年10月16日 17:49 ID:yihR61.v0▼このコメントに返信
電撃戦思想がなかった、またそういう戦場でもなかった、ならできないしやらないわな
揚陸能力に限界があった、それ以上の戦車をつくっても揚陸できない、なら作らないわな
中国戦線はアレで充分だった
283.名無しさん:2020年10月16日 17:52 ID:bgiecJVB0▼このコメントに返信
中日や阪神でなぜスラッガー育たないか、に通ずる問題だな。でかい戦車作るには環境的にそもそもハードモードすぎるんだよ。
金本が大山見つけてきたみたいに
284.名無しさん:2020年10月16日 17:57 ID:bgiecJVB0▼このコメントに返信
中日や阪神でなぜスラッガー育たないか、に通ずる問題だな。でかい戦車作るには環境的にそもそもハードモードすぎるんだよ。
金本が大山見つけてきたみたいに環境を超越するもの作るか、FAみたいに海外から輸入するか、中日みたいに半分諦めて戦術自体を変えるか…最近の中日それが当たってきてるから怖い。

史実から逆算すると、3式までは既存のハードの組み合わせだから何とかなったかも。
でも、確か1年くらい戦車作るのやめるほど国力逼迫してたよな。3式を史実より1年早く展開したとしたら航空戦力がなかったかも
285.名無しさん:2020年10月16日 18:00 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
※268
好き嫌いはあるだろうが、ドイツの戦闘機は欠点多すぎ
使える(優位を取れる)場面が限られてる
286.名無しさん:2020年10月16日 18:04 ID:Ee7aYzzs0▼このコメントに返信
※4
?
空母機動部隊を世界で初めて編成したのは日本だが? 

敵地に隠密裏に近づき、艦載機で空爆を行うという思想によって建造された伊400型潜水艦は、戦後、米ソの原潜による核戦略に多大な影響を与えたと言われてるが?

陸軍が運用した艦船の、あきつ丸は、世界初の強襲揚陸艦として設計され、後に世界初の対潜哨戒船(現在のヘリ空母にあたる)として改装されることになったが?

名誉白人はこれだから・・・
287.名無しさん:2020年10月16日 18:05 ID:b1uC76Sp0▼このコメントに返信
1944年にもなると1式中戦車や3式中戦車も製造が始まってるが
結局は本土決戦用で温存され、沖縄を含む島嶼戦に投入されることはなかった
まとまった数を輸送出来なかったのが一番大きな理由
投入していても空対地でボロボロにされた上に、防御力は弱いからM4とのキルレートもひどかっただろうけど
それでもチハが日本の最後の戦車では無い
288.名無しさん:2020年10月16日 18:05 ID:rCVws9YK0▼このコメントに返信

 戦前の日本で軍の会議上、ヨーロッパの実情に詳しい軍幹部の一人が、ヨーロッパでは

 道路が広くてしっかりしているので戦車は有効だが、日本などでは道路事情がきわめて悪いので

 戦車は有効に使えないと発言していたらしい。
289.名無しさん:2020年10月16日 18:06 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
戦前の戦車としては優秀なルノーFTを原型とした世界最先端の兵器であったが

いかんせんドイツとソビエトが1938〜1945年のおよそ7年間に
それまでの1世紀近い進化のインフレを戦車に与えた

情報弱者の当時の日本の軍部がついて行けると思うか?w
290.名無しさん:2020年10月16日 18:07 ID:bgiecJVB0▼このコメントに返信
>>272
陸軍は既存の砲を流用した自走砲熱心に開発してたみたいだし日本軍の場合は戦車より一発の破壊力がある自走砲揃えた方が良かったんじゃ…
戦車あっても、どうせダッグイン戦術だろうし
291.名無しさん:2020年10月16日 18:08 ID:Ee7aYzzs0▼このコメントに返信
※285
当時の米英の技術者に言わせれば、ドイツの兵器は思い付きが先行した一点豪華主義で、工業製品としては邪道で未熟だそうだ。

292.名無しさん:2020年10月16日 18:08 ID:85bCal.p0▼このコメントに返信
※285
言いたいことはよく分かるが、それ言い出すとアメリカの名機でさえ
あれこれ欠点を挙げて問題視することができてしまうから。
各国ファンの言うことは、気になっても聞き流すくらいでちょうどなんだよ。
293.名無しさん:2020年10月16日 18:12 ID:bgiecJVB0▼このコメントに返信
>>287
仮にまとまった数を奇跡的に硫黄島や沖縄に輸送できても、相手は最終艦砲射撃があるし、トーチカや洞窟に隠してダッグイン戦術しかなかったろうな。
機動的には使えなかっただろう。
294.名無しさん:2020年10月16日 18:12 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
そもそも日本が戦車を開発した当初は戦車の任務は対歩兵戦闘だったからね

今の人には【戦車vs.戦車】なんて滅多に起こらない珍事だった時代を想像できないだろうがw
295.名無しさん:2020年10月16日 18:12 ID:vOUNzWVj0▼このコメントに返信
とりあえずこれからは戦車じゃなく、ミサイルと無人機の時代だな
日本は完全に負けている
296.名無しさん:2020年10月16日 18:14 ID:Ee7aYzzs0▼このコメントに返信
※291
追記
そう言えば映画「バトルオブブリテン(邦題「空軍大戦略」)」では、「あの美しいエンジン音はロールスロイス製だ」というセリフが印象的。
297.名無しさん:2020年10月16日 18:16 ID:18Wk7jkc0▼このコメントに返信
油圧サーボの早期量産化が成功していれば、昭和18年には一式中戦車の初期試作タイプの車体が量産できるようになっていて、三式中戦車がフィリピンや硫黄島に間に合ったかもしれないのになあ。
それも含めて国力が原因ってことなんだろうけど。
298.名無しさん:2020年10月16日 18:16 ID:Ee7aYzzs0▼このコメントに返信
※292
横だが、個人的にはアメリカ兵器より、ドイツ兵器の方が好きだし、それ以上に疾風や紫電改をこよなく愛する愛国者でもある。
だけど、生産性や品質管理という点では、ドイツ兵器には日本兵器と同じ批判があたるんだよなあ。
299.名無しさん:2020年10月16日 18:16 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
※291
それは【大量生産こそ正義】とするアメリカ商人の理論で

1人10殺を求められるナチスドイツの戦車兵の理論では無いな
300.名無しさん:2020年10月16日 18:17 ID:FOIsgHTu0▼このコメントに返信
九七式中戦車に求められた防御性能は20mm速射砲に対する防御力。同時期の戦車とほぼ同じ要求性能だ。速度性能も攻撃性能も同じで、九七式中戦車は「敵の砲陣地や機関銃陣地を制圧する為の戦車」なんだだな。
九七式中戦車改になると対戦車能力を持つ47mm超砲身砲に変わるが、これだとⅢ号戦車などはスパスパ抜けるので性能も上がる。ついでに一式中中戦車になると前面装甲圧は九七式よりも倍の厚さになり防御力も大きく上がっているので”同世代のⅢ号線車”と比較しても遜色ない。
ただし、一式中戦車が登場した時は世界は75mm長砲身砲が主流となり、Ⅳ号戦車ですら75mm砲を装備していた。なので更新速度の遅さが日本陸軍の戦車の弱さの原因なんだが、まあ海軍と資源を取り合えば戦車を作る余裕なんてあるわけもなく。三式中戦車の生産が本格化するのは連合艦隊が壊滅状態となり、本土決戦が現実味を帯び始めた時期からだからね。
それと陸軍内でも生産の最優先は高射砲、野砲で戦車は後回しにされていたから。
301.名無しさん:2020年10月16日 18:18 ID:bgiecJVB0▼このコメントに返信
当時の日本の幹線道路、中国よりはマシだったけど欧米が敷いた東南アジアの幹線道路に比べたら…
戦後でも、名神作るのに外国の技術者呼んだら、こっ酷く叱られたって逸話見た時悲しくなった。
302.名無しさん:2020年10月16日 18:19 ID:FOIsgHTu0▼このコメントに返信
ついでに九七式中戦車の車体は、のちのちの大口径化に対応できるように砲塔ターレット系を大きめに設計されていた。そのおかげで設計をほぼ変えずに三式中戦車の七五mm野砲を強引に搭載する事が出来たのだから、日本の設計陣にもドイツやソ連の設計陣と変わらない先見のめいはある。
303.名無しさん:2020年10月16日 18:24 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
【兵の生存性】

サバイバビリティを考察するにあたり、日本は余りにも兵の命を(ソビエト並みに)粗末にした

畑から兵が生えて来るソビエトと当時の日本の労働人口を比肩できる筈も無い
304.名無しさん:2020年10月16日 18:24 ID:Ee7aYzzs0▼このコメントに返信
※297
サイパン機動防御戦という小説では、日中戦争で鹵獲されたドイツ製88ミリ砲を参考に作られた九九式八糎高射砲(実在した)を、チハ車の車台にアーチャー自走砲と同じく、無理やり逆向きに搭載したチホ車というのが活躍する。ま、そんなもん軍部が絶対に作らせなかっただろうがw
305.名無しさん:2020年10月16日 18:25 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
※302
所謂冗長性というやつだね
まぁ、先見の明と言えるかどうか
真田さんではないが「こんなこともあろうかと」式だったのだろうか
平気は冗長性が大事
とはよく言うが、日本は根が貧乏で、これがなかなか難しい
軽巡夕張も、装甲空母大鳳も、発展性は無かった
306.名無しさん:2020年10月16日 18:25 ID:SOi7GTJE0▼このコメントに返信
>>298
日本とドイツのどちらでもあったことだけど、末期の省力化による品質低下に目を向けると、
負け戦ってこんな感じなんだなと暗い気持ちになるよね。
307.名無しさん:2020年10月16日 18:26 ID:Ee7aYzzs0▼このコメントに返信
※299
そういう考え方もあることは否定しないが、あくまで工業製品としてどうか、という観点からね。
308.名無しさん:2020年10月16日 18:28 ID:Ee7aYzzs0▼このコメントに返信
※306
しょせんは後追い工業国と言う悲しさよ。
309.名無しさん:2020年10月16日 18:32 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
※307
工業製品としてアメリカの大量生産品の戦車が優秀と言えた理由は
有り余る兵、そして有り余る物資と有り余る燃料(ガソリン)だ

ドイツにその兵員数と物資とガソリンが有ったかと言えば、答えは否
であればシャーマン2両分の鉄と燃料で、シャーマン4両を駆逐するパンターを生産するのが正解になる
310.名無しさん:2020年10月16日 18:37 ID:bgiecJVB0▼このコメントに返信
※303
当時の日本はそれでも尚兵隊の方がマシだった、って階層の国民ワンサカいたしなあ。
例えば、保険証持って医者にかかれた人って全体の何%くらいだろう。
311.名無しさん:2020年10月16日 18:40 ID:MrkHQ2Vl0▼このコメントに返信
乗用車でいえばデフの焼入れがまともにできる様になったのは戦後という事実
312.名無しさん:2020年10月16日 18:40 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
※310
そうだな

国民が貧困になれば【メシが食える兵士になる方がマシ】と思うようになる

今の自民党の政策そのものだw
313.名無しさん:2020年10月16日 18:45 ID:85bCal.p0▼このコメントに返信
>>308
アメリカの方が優れていた分野もあれば、終戦までドイツが他国の追随を許さなかった分野もあるんで
「後追い工業国」という表現には首肯できないなあ。
314.:2020年10月16日 18:49 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
315.名無しさん:2020年10月16日 18:53 ID:NSLxQWZP0▼このコメントに返信
※305
これには陸軍戦車学校からの2名砲塔の採用が望ましいとする意見もあったんだよね。
そのために冗長性確保が重視された。
どういうことかと言うと砲塔に2名を配することが可能な戦車の方が速射性つまりは攻撃力に優れるという運用上の意見なのだけど、このときに余裕が無いと(将来的な)砲の換装が困難になってしまう。無理に砲換装をして砲塔内人員が1名になったら(T₋34/76のように)攻撃力(速射性)が低下する。

九七式中戦車には当初2つの開発案があって、参謀本部は重量軽減を第一と考えたので「重量増に目をつむっても性能向上する」案(甲案)を不採用としたけれど、なお開発継続を要望した。
性能低下は数で補えるとして対案となる「重量軽減案(10t未満)」(乙案)が採用されるはずだったが、おりしも志那事変の勃発により予算が増額されたことにより甲案が採用されるという経緯をたどっている。

316.名無しさん:2020年10月16日 18:56 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
※314に追記

さらに例えればナチスドイツが終戦間際に開発してパンターに試作で積載していたステレオスコープだが

戦後にアメリカはM47(通称パットン戦車)にマルパクリしてたよなw
317.名無しさん:2020年10月16日 19:03 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
もっと原始的なところで言えば
現代アメリカ兵はフリッツ(ドイツ兵)ヘルメットかぶってるよね

あのヘルメットの形状はドイツ兵そのものだw
318.名無しさん:2020年10月16日 19:08 ID:YvhqerdT0▼このコメントに返信
>>52
そして、おフランスは戦争中に新型戦車を輸出中
319.名無しさん:2020年10月16日 19:12 ID:NSLxQWZP0▼このコメントに返信
※310
戦中の資料が無いので断言できないが50年代半ばに至っても国民の3分の1は健保未加入だったとされる。
制度そのものは1938年に厚生省が設立されるとともに国民健康保険法が制定されたが、当初のそれは「各自治体により任意で設立・運営」されるというもので戦中の混乱と相まって普及度はかなり低かったと思われる。
なお社会保険制度は22年に制定されていて、34年には「従業員5人以上の企業」をも対象とするように拡大されたので加入率はそれなりだったらしい。
320.名無しさん:2020年10月16日 19:13 ID:YvhqerdT0▼このコメントに返信
>>189
爆撃するには支援戦力が必要。
支援戦力は会敵したら動き回らないといけない。
航続距離が有るにこしたことはない。
321.名無しさん:2020年10月16日 19:27 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>6
中国軍は厚さ2mの花崗岩ブロックでトーチカ作り
その中から、マキキム水冷重機でバリバリ連射してくるんよ。
92式歩兵砲では、狙える場所に前進する事すら不可能でな?
そういう、堅固な陣地を破壊するために、57ミリ榴弾砲を搭載したんだ。
7.7機銃では、一時的に頭を下げさせることしか出来ん。
で、銃砲併用で、最後に57ミリ短延期信管付き榴弾を銃眼に直撃させて内部から爆破したのさ。
そういう目的用の戦車だぞ?大陸や沖縄、硫黄島の日本の戦車は全て。
一部、改良砲塔積んだ47ミリ一式機動対戦車砲のが有ったくらい。
322.名無しさん:2020年10月16日 19:28 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
終戦後にアメリカはF86(セイバー)、ソビエトはMiG15を開発したが

これらが全く酷似しているのは原型がナチスドイツの名もなき戦闘機だったのは周知の事実だ
323.名無しさん:2020年10月16日 19:29 ID:Yrp7Pbgr0▼このコメントに返信
※10
高温や高圧力に耐え得る金属を作る冶金技術が低かった
初期零戦が非力なエンジンだったのと同じ
あとまあるい金属の玉を上手に作れなかったベアリング技術が低かった
その反省かどちらも戦後の現在では得意分野
こういった地味な技術はシナや鮮族には簡単にはパクれない
324.名無しさん:2020年10月16日 19:32 ID:YvhqerdT0▼このコメントに返信
>>70
17年に一式がチハ並みにあったとしても誤差のレベル
325.名無しさん:2020年10月16日 19:33 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>20
加えて、ガソリンと軽油とエンジン潤滑油が禁輸で入手不可能となった。

ところで、どこの世界線に、燃料空っぽ
エンジンオイル無しでエンジン回して焼き付き起こして廃車にする戦車があるのかな?

東南アジアで放棄されたM3軽戦車に、エンジンオイル抜いてエンジン回して焼き付かせる、内部に放火して爆砕する、等の利敵行為防止処置が不十分な車両があり、コイツらをニコイチしたのが最強の対戦車戦車だったとさ。
326.名無しさんΘ:2020年10月16日 19:34 ID:zLoDWL.J0▼このコメントに返信
※322 >>322
ソ連が手に入れてアメリカが朝鮮戦争の時飛行場からに忍び込んで盗みだしたんだよな
ちなみに、対空ミサイルもアメリカの戦闘機に不発弾で突き刺さったのを手に入れた
327.名無しさん:2020年10月16日 19:35 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>13
37ミリ対戦車砲に真っ正面から、砲塔正面や車体正面を貫通されて戦死者多数を出している。
チハの中には、そうやって撃破された同型戦車の正面装甲を切り離し、二重に取り付けた物すら有った。
328.名無しさん:2020年10月16日 19:36 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>218
ミズーリは巡洋戦艦だぞ。高速戦艦の類いだ。
329.名無しさん:2020年10月16日 19:37 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
戦前の対歩兵戦闘を前提にした戦車を作り続けりゃ
ヨーロッパ戦前でナチスとやり合って【装甲と砲のシーソーゲーム】や【物量】で洗練された
アメリカに勝てるはずもない

それでもなお、日本のお偉方は『兵は畑から獲れる!』と国民に犠牲を強いて結局敗戦w
330.名無しさん:2020年10月16日 19:39 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
※326
ナチスドイツの敗戦と同時にアメリカとイギリスとソビエトがナチスの技術を独占しようとして

いがみ合ってたからねw
331.名無しさん:2020年10月16日 19:42 ID:wNBOrxAo0▼このコメントに返信
そもそも対戦車戦なんて考えて無かったからコンセプトが違う。
じゃあ最初から対戦車戦を考えた戦車作ってたらどうかっていったら技術的にやっぱり無理だったと思うが。
332.名無しさん:2020年10月16日 19:46 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>112
航空機銃も陸海別々なんだよな…
それどころか陸軍自身も小銃・軽機関銃と重機関銃弾の互換性がない。開発時の仕様書は同一口径と要求しているけど薬莢と薬量が違うため弾が配分されても使えないことが多発した。
しかも包装が紛らわしいときている。
333.名無しさん:2020年10月16日 19:50 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>261
だな。
子供ですら片道10キロの通学こなすのが当時の日本人。鍛えあげた兵隊なら鬼に金棒だろうな…
334.名無しさん:2020年10月16日 19:51 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
※332
日本帝国もそれなりに生産性を考えたのは【統制エンジン】くらいかもな

ボアとストロークを統一して生産性を上げたらしいw
335.名無しさん:2020年10月16日 19:51 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
ドイツ終戦とともにミサイル開発の科学者や技術者はソ連よりはアメリカと
西へ南へと逃げたという
フォンブラウンもその一人で、無事アメリカの保護下に入った
まぁ、不幸にもソ連に捕まった人たちもそれなりの待遇を受けたらしいが
人的には米英の勝ち。ソ連はその分、工作機械や図面や製造されたミサイルを
接収することで我慢したという
336.名無しさん:2020年10月16日 19:53 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>58
略せば戦車になるが・・・虎狩り戦車では無い
対人の首狩戦車やぞ?特に、森林戦での短延期信管付き榴弾なんて、人間を挽き肉にする為の砲弾ぞ?w
337.名無しさん:2020年10月16日 19:58 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>64
軽トラック文化と考えれば?
アレに全財産積んで、出張で全国を回る。
338.名無しさん:2020年10月16日 19:58 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>96
「欠陥は訓練でカバーしろ!」「贅沢いえばキリがない!与えられたものを使いこなしてカタログ以上の性能を引き出せ!」これは自衛隊時代にいわれたことなw
339.名無しさん:2020年10月16日 19:59 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>67
装甲歩兵戦闘車やぞ?TじゃなくてIFVが正解
340.名無しさん:2020年10月16日 19:59 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
※335
技術者だけではなく、パイロットも

A10開発のアドバイザーになったオッサンだな
341.名無しさん:2020年10月16日 20:02 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>103
言い回しは間違ってはいないけど、大東亜末期でなかったか?
試運転では車体部分だけ動かしたけど陥没。橋もヤバかったと読んだ。
342.名無しさん:2020年10月16日 20:03 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>105
タイガーの転輪の整備性も鬼だよな…
343.名無しさん:2020年10月16日 20:04 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>82
正解は、飛行機特に、作戦機に
ガソリン99%、エンジンオイル96%割り当てた。
エンジンオイルが4%だけ回されたのは、トラック輸送のエンジンオイルが必要だったから。
344.名無しさん:2020年10月16日 20:07 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>119
舗装道路なんて都市部だけだもんな。飛行場ですら土だもんな。
345.名無しさん:2020年10月16日 20:08 ID:gX2.kJqt0▼このコメントに返信
ゴム物資の不足から戦車の隠密性を求める騒音や走破性、走行速度、燃費を犠牲にせざるを得なかった
それがスティール・リム・ホイールだが終戦間際にドイツ戦車に多く見られる

ちなみにナチスドイツは終戦まで野砲は鉄製転輪だ
346.名無しさん:2020年10月16日 20:08 ID:NSLxQWZP0▼このコメントに返信
※340
ドイツの優れた製品と人材の「すべて」をかき集めろというのが米軍による接収行為「ペーパークリップ作戦」の趣旨

ちなみにここからは都市伝説・陰謀論の領域だが、その秘匿部門「マジェスティック」が確保入手したドイツの秘匿兵器の一部は米国ネバダ州レイチェルの米空軍ネリス試験訓練場、通称「エリア51」で(ry
347.名無しさん:2020年10月16日 20:11 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>104
艦橋を狙えば、陸用爆弾でも大損害なんだがな。
348.名無しさん:2020年10月16日 20:11 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>125
軽装甲車あたりと勘違いしてるんだよ。
349.名無しさん:2020年10月16日 20:13 ID:G9pCPGgk0▼このコメントに返信
※346
ヒトラー好みだったトンデモ兵器が続々と大西洋を渡った
空飛ぶ円盤から、得体のしれないモノ多数
日本からもトンデモではないが、航空機3機搭載の巨大潜水艦をゲット
日本の震電は、アメリカでもエンテ翼機が失敗していたこともあり
関心を呼ばなかったという
350.名無しさん:2020年10月16日 20:14 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>146
あとシャーマンは運転しづらいそうだ。
351.名無しさん:2020年10月16日 20:17 ID:IVc706r.0▼このコメントに返信
>>261
舗装道路じゃないと歩いた方がマシだろ。
352.名無しさん:2020年10月16日 20:17 ID:AFt9atDi0▼このコメントに返信
>>288
※288
独伊の高速道路以外、そんな広い?
353.名無しさん:2020年10月16日 20:18 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>183
当時は野党が元気で情報操作で「弱い」って印象をあたえていたそうな。
足回りが複雑で戦車乗り泣かせだったのは事実らしい。あとせっかく改良したタイプも大蔵省がダメ!といって更新されなかった。そういう話が「弱い」に繋がったんではないか?
354.名無しさん:2020年10月16日 20:20 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>145
基本7ミリ軽機関銃普通弾に耐えられる物
対戦車ライフルのK弾には最初から耐えられないとさ。
355.名無しさん:2020年10月16日 20:25 ID:drpWE.GB0▼このコメントに返信
確かスピーディーに揚陸させることが出来る出来ないがボトルネックであのサイズになったんだったっけ?
356.名無しさん:2020年10月16日 20:25 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※350
技術先進国のドイツですらIV戦車やV号戦車パンターまで左右にある複数のレバー操作で操舵してたからねw

当時操舵がハンドル操作なのはタイガー戦車のみだ

最終減速機に遊星ギアを使う生産性の悪さえ克服できればハンドル操舵の戦車が大量生産されていた事だろうな
357.名無しさん:2020年10月16日 20:26 ID:NSLxQWZP0▼このコメントに返信
※352
英・仏・伊・小アジア・北アフリカ沿岸はローマ街道があったからな
標準的なそれは幅4mなので戦車通行に最適だった
358.名無しさん:2020年10月16日 20:26 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>185
欠陥スマホで、返信ボタンない奴かな?
ギとかいう奴か?w
359.名無しさん:2020年10月16日 20:31 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>222
そうだ、パヨパヨチーンに小型原爆背負わせて
突っ込ませようずw
360.名無しさん:2020年10月16日 20:32 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※359
パヨだがお断りだw
361.名無しさん:2020年10月16日 20:33 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>268
ドイツは、ろくに四発爆撃機つくれなかったろ?ターボも実用化できなかったろ?
362.名無しさん:2020年10月16日 20:36 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※361

ワザと逆説唱えてるだろw
363.名無しさん:2020年10月16日 20:36 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>247
占守島でPTRSなんかの集中効力射食らって
酷い事になってる。確かRHA61mmのバケモノ徹甲弾つかうんだっけ?
364.名無しさん:2020年10月16日 20:37 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>250
ワザと引き摺り込んだともいう。
365.名無しさん:2020年10月16日 20:42 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>311
デフのはなしではないが、戦後の車づくりは、それまで何でも模倣もまともにできないのに改良しようとして失敗ばかり。まず「模倣を完璧にして作動原理を覚えろ!部品は1つとして不要なものはない!」というのを、その時学んだという話を中川良一さんの本で読んだ。
366.名無しさん:2020年10月16日 20:43 ID:u0lH9YY.0▼このコメントに返信
橋梁と船舶クレーンなどのインフラの関係上、重量15t以下、燃料節約のために空冷ディーゼルエンジン使用 
大きさは日本の鉄道限界内に収めましょう
さて、この条件で戦車をこさえると誰が作っても日本の戦車と大差ないものが出来上がります  これが現実
イタリー戦車設計のゴミさ加減からすると逆に日本の戦車設計の拡張性は大正解
367.名無しさん:2020年10月16日 20:46 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※366
ちなタイガーIは55t

ケーニヒス(タイガーII)は65t

10式戦車と比べるとさらに面白いぞw
368.名無しさん:2020年10月16日 20:47 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
>>322
宇宙開発が始まった頃、西ドイツ(当時)の新聞に米ソのロケットが地球から飛び立って飛行士は米ソだが、ロケットはメイドインジャーマニーと書いてある風刺画が載ったそうな。
元はドイツの技術という意
369.名無しさん:2020年10月16日 20:55 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※367
当時のエンジンの出力は
火炎瓶に弱いガソリンという高カロリーの燃料を使ったタイガーで500〜700hp(馬力)ほど

今の戦車のエンジンの標準馬力は低カロリーの引火しづらいディーゼル燃料で1500hpを出せる

技術革新って凄いね
370.名無しさん:2020年10月16日 21:06 ID:XMF9nWpi0▼このコメントに返信
>>312
メシが食えないなら、餓死するんですが?
371.名無しさん:2020年10月16日 21:08 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
潜水艦のエンジンに関してもナチスドイツの【ヴァルタータービン】は凄かったらしい

戦車以外は門外漢なので詳しくは知らんw
372.名無しさん:2020年10月16日 21:09 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
>>370
ですよね?

だから子供を作りたく無いんですよ
373.名無しさん:2020年10月16日 21:10 ID:XwYSnMHK0▼このコメントに返信
あんな戦車作れ!言うたやつは、兵に土下座して謝るべきや!
374.名無しさん:2020年10月16日 21:15 ID:XML41.gb0▼このコメントに返信
>>90
自分みたいな軍オタでも何でもない人間は、やっぱり専門書じゃなくて小説の方が面白いからね。あの人はあらゆる人物も民族国家も
関係なく好意的に書くんだけど、その数少ない例外が日本陸軍。学徒動員で取られた先の昭和陸軍は確かに酷かったから、そりゃ恨みを
持つと思う。因みに日本の戦車の装甲がヤスリで削れたっていう話は自分も読んだ。それが別に問題じゃ無かったとは知らなんだ。
375.名無しさん:2020年10月16日 21:17 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
ソビエトのT34シリーズは外付けHDDみたいに左右のお尻に燃料タンクを積載できたのは
ドイツみたいなガソリン燃料ではなく、ディーゼル燃料(軽油)だったからだぞ

戦車っていろいろ面白いでしょ?w
376.名無しさん:2020年10月16日 21:19 ID:.nncmwT00▼このコメントに返信
※358
スマホによっては返信ボタンない、なんてあるの?

それにしても、数字>って番号指定方法って何処のやり方なの?
377.名無しさん:2020年10月16日 21:21 ID:lUuvi6eX0▼このコメントに返信
※5
残念ながら戦時中の日本軍が所有している最強戦車はティーガー1だ
「日本軍が戦闘に投入した最強戦車」ならM5だけどな
ただドイツから買ったはいいが日本に持ってくる手段がないからドイツに貸してた
メッサーシュミットやフォッケウルフは持ってこられたんだけどなあ
378.名無しさん:2020年10月16日 21:25 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※377
タイガーIに関してイギリスが鹵獲したそれを分析したら圧延ロールで整形された装甲板は

ブリネル硬度やビッカース硬度で【熱処理されていない鋼鉄】とされたそうだ

本当かどうかは知らん
379.名無しさん:2020年10月16日 21:27 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
イギリスとドイツは装甲を製造するに当たり圧延ロール整形を採用

アメリカソビエトは鋳造

この違いも面白い
380.名無しさん:2020年10月16日 21:34 ID:QL8pZXWG0▼このコメントに返信
*366
空冷ディーゼルは水に恵まれない満洲での使用を想定したからの選択
当時の陸軍の仮装敵はソ連であり、満洲で極東ソ連軍とやり合う場合にどれだけ使えるかが日本の戦車の評価基準になる
381.名無しさん:2020年10月16日 21:41 ID:XML41.gb0▼このコメントに返信
>>92
司馬氏に限って言えば、この人は当時作家でも何でもなくて学徒動員で取られた。でも二等兵じゃなくて下士官をやってる。
この人が書いた同じエッセイの中にあるけど、戦車で出撃した時に道路を避難民が塞いだら、ひき殺して行けって言う命令に唖然と
なったそうだ。戦後この人が陸軍について調べたのは、兵器じゃなくて組織の方。あの時代上層部は政治屋の巣窟だったし、現地には
関東軍みたいなのがいたし、そりゃ嫌うと思う。
382.名無しさんΘ:2020年10月16日 21:42 ID:zLoDWL.J0▼このコメントに返信
※322 >>322
>原型がナチスドイツの名もなき戦闘機だった

ta183 フッケバインか
胴体が短いMiG15みたいだな、短距離の追撃機か?
流石に最後はちょび髭も対地攻撃機とは言わなかったか・・・
383.名無しさん:2020年10月16日 21:43 ID:83aD0sRB0▼このコメントに返信
対歩兵用戦闘用で戦車戦は想定していなかった。
第一次大戦には参加していなかったので開発が大きく遅れた。
384.名無しさん:2020年10月16日 21:44 ID:u0lH9YY.0▼このコメントに返信
M3軽戦車はフィリピン戦初期に投入された97式改に距離1000から撃たれて撃破されてる
戦後の中国内戦でもM5装備の国民党を蹴散らしたのは97式改装備の中国共産軍
もっとも、国民党軍真面目に戦争やってたのか大いに疑問 上海脱出時にピカピカのT26が映ってる写真が・・・
逆算してもソ連から貰って8年はたってる代物 なのにピカピカ
385.名無しさん:2020年10月16日 21:46 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※382
私は戦車以外はほぼ門外漢なので

よく調べたねw
386.名無しさん:2020年10月16日 21:50 ID:JA2AYX.U0▼このコメントに返信
>>361
四発重爆をあまり造らなかったのは爆撃に関する思想の違いに過ぎんし、過給器も普通に実用化・量産してるんだけど。
387.名無しさん:2020年10月16日 21:52 ID:.nncmwT00▼このコメントに返信
※380
だからと言って、戦後の74式まで満州での使用を想定するのはやりすぎ
388.名無しさん:2020年10月16日 21:54 ID:JA2AYX.U0▼このコメントに返信
>>345
いや。ドイツは化学に強く、普通に合成ゴムを必要に応じて多用してるよ。
もちろん、火砲の車輪にもね。
389.名無しさん:2020年10月16日 21:56 ID:NSLxQWZP0▼このコメントに返信
※322
その説はリトアニアのエフィム・ゴルドン(航空写真家・航空史家)によって否定されてる
というか、ダッソー・ミステールを含めてそれらの機種が似ているのは模倣や複製ではなく技術上の制約に基づくもので各部寸法や武装配置などがその根拠とされる
390.名無しさん:2020年10月16日 21:56 ID:3Z43uR4C0▼このコメントに返信
チハは、それまで殆ど戦車技術の無い日本が作ったにしちゃ破格の性能だった。
ノモンハンの前年から生産され、強いのできた!いけるやん!とノモンハンに投入された。

それから終戦まで使い続けるんだよなあ……
391.名無しさん:2020年10月16日 22:05 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※388
うそーw
どう比較して見てもドイツの野砲の車輪とアメリカの野砲の車輪は全然違うでしょ

ドイツの野砲のタイヤは空気が全然入って無いぞw
392.名無しさん:2020年10月16日 22:07 ID:TE8z..QJ0▼このコメントに返信
最初から対戦車で使うこと考えて無かったのはワカルが、ノモンハンでそれではアカン事わかったのに隠したし、隠さなかったとしても、資源も技術も無かった。せめて対戦車砲だけでももう少しマトモなの作れてればよかったが、それすら、元になる適当な大砲もなかったしまあ、限界やってんやろ。
393.名無しさん:2020年10月16日 22:15 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※389
いや、どう見ても丸パクリw
394.名無しさん:2020年10月16日 22:17 ID:NSLxQWZP0▼このコメントに返信
※391
横からスマンが空気の入ってないゴムタイヤをソリッドタイヤ(総ゴム・ゴム充填式などともいう)、空気入りのタイヤをニューマチックタイヤと言って区別する
ニューマチックタイヤは1895年以降に自動車用として急速に普及していて、牽引式火砲のさほど重くないもの(例えば2 cm Flak 30・450㎏)などには使っているはず
395.名無しさん:2020年10月16日 22:23 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※394
アメリカは重砲までその空気入りのニューマチックタイヤを使い

ドイツは88mm以外、ソリッド一択で一切ニューマチックタイヤを野砲に使わなかったのはなぜなのでしょうか?
396.名無しさん:2020年10月16日 22:25 ID:QL8pZXWG0▼このコメントに返信
*387

?
戦後のことには触れてないが?
「当時の陸軍の仮装敵はソ連であり」としている
戦後も含めるんなら当然「自衛隊」と書くよ
397.名無しさん:2020年10月16日 22:26 ID:NSLxQWZP0▼このコメントに返信
※395
そこまで知らん
398.名無しさん:2020年10月16日 22:38 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※397
おそらくですがナチスドイツはゴム資源不足から
空気入りのコストを犠牲にした交換可能なゴムタイヤを放棄したのでしょう

あのナチスドイツの野砲のタイヤは到底交換可能には見えません

交換するとすればホイールごと交換が必要でしょう
ドライブスプロケットホイールごと交換する愚を犯すのと同じです

どう見ても最悪、ゴムがすり減ったあとに
鉄製のリムタイヤで使用する事を前提に生産されているのが透けて見えます
399.名無しさん:2020年10月16日 22:42 ID:kL8ubtSr0▼このコメントに返信
※361
量産可能な生産力があったかどうかは微妙だが、ちゃんとしたの作れるぞ。
フォッケのコンドルとか、ユンカースのウラル爆撃機とか。
この後で、
「爆撃機はみんな、急降下爆撃しなきゃあかん!」
「ひらめいた! ダブルエンジンの双発にすれば、速度も運動性も上がるんじゃね?」
と、斜め上の発想が無ければ、ランカスター級のヤツは出来たよ。
少なくとも、ポンコツな旧DC-4を掴まされて、更に改良しようとしてドツボにはまった(※)日本よりまともな4発重爆を開発する基礎技術力はあった。
※ 97式・2式と4発飛行艇を設計した菊原さんが、戦後にある航空雑誌の座談会で
「4発機未経験の中島じゃ無くて、最初っからウチ(川西)に発注すれば良かったのに(意訳」
とボヤいてた。
400.名無しさん:2020年10月16日 22:44 ID:zaFkoNzo0▼このコメントに返信
※319
制度は大正にできたが、例によってアレ(日本民族が絶対に避けて通れないやつ)のせいでね。アレさえなければもっとまともな道路インフラあったろう。
昭和9年で200万、それから軍需工業が発展してきて大きく増えたけど、1950年ごろまでは生産者の半数が農民で制度の埒外だから医療保険加入率は推して知るべしだな。戦前、戦中なら健保加入者は庶民よりは上だろうね。

学徒動員の中学生、女学生は健保強制加入だったらしい。だから年金記録問題の時、当時動員された人らが社保事務所に多数押し寄せたという。
401.名無しさん:2020年10月16日 22:48 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
あーアメリカのDCにいた頃にメリーランドのアバディーンに行っておけば良かった

俺のバカw
402.名無しさん:2020年10月16日 22:50 ID:kL8ubtSr0▼このコメントに返信
※249
第一次世界大戦後に、マーク系菱形戦車を輸入した時も、港から駐屯地へ運ぶのが一苦労だったそうな。
当然自走なんだが、電柱は撤去する、橋は強化する、田んぼ埋めて道を拡幅する(そして元に戻す)、と工兵隊大活躍。
見てるだけで面白いって、新聞が運搬騒動を連載記事にしてた。
403.名無しさん:2020年10月16日 23:15 ID:.nncmwT00▼このコメントに返信
※396
ああ、74式の話知らなかったのか

それは失礼
404.名無しさん:2020年10月16日 23:21 ID:awUi98qH0▼このコメントに返信
>>395
いや、それこそ各種野砲の写真を確認してくれ。合成ゴム製のタイヤを履いた物が普通に確認できるから。
405.名無しさん:2020年10月16日 23:23 ID:awUi98qH0▼このコメントに返信
>>398
いや、あのゴム製の部分は普通に交換可能。兵器だから最悪、鉄のホイール部分だけでも運用できるようになってるだけ。
406.名無しさん:2020年10月16日 23:33 ID:8Bi0JkpO0▼このコメントに返信
※405
んー

じゃあなぜゴムを含め物資が豊富なアメリカはソリッドタイヤを一切採用しなかったの?
重砲すら空気の入った普通のタイヤを採用していたよ?

現代でもソリッドタイヤの野砲なんて北朝鮮ですら見かけないしw
407.名無しさん:2020年10月16日 23:39 ID:zaFkoNzo0▼このコメントに返信
※399
最高時速500キロ、爆弾等4トン程度で航続距離が2式大艇に準ずるくらいの大型機(三式大攻・三式重爆)として1943年末に制式採用。航続距離の長さと重武装、重装甲の傑作機と言われる。
実際にはB17くらいの威力として認識されたが量産コストがとにかく高いため1944年末に生産打ち切り。
実戦配備された機体は中国奥地やサイパン、テニアン島のB29基地への爆撃、沖縄や硫黄島への夜間爆撃に使用された。また、特攻兵器桜花の母機としても有名。
なお海軍は本機にも雷装を要求し実際少数機が夜間雷撃に使用された。

こうなりそう
408.名無しさん:2020年10月17日 00:05 ID:m3N.2zC80▼このコメントに返信
例えば大戦末期の日本戦車とアメリカ戦車とドイツ戦車とソビエト戦車でバトルロワイヤルします
もちろん負ければガチで死にます
どの国の戦車に搭乗することを希望しますか?と聞かれ

『日本の戦車!』と即答する日本人っているの?
409.名無しさん:2020年10月17日 00:37 ID:BPqSrIFh0▼このコメントに返信
※407
水平爆撃なかなか当たらんし、どっかの国じゃあるまいし4発機で急降下爆撃しようなんて考えないから、雷装は当然の要求だよなぁ。
410.名無しさん:2020年10月17日 00:54 ID:ZHk2xOSx0▼このコメントに返信
>>328
アイオワ級が巡洋戦艦は頭悪すぎて草生える
411.名無しさん:2020年10月17日 00:55 ID:9YhrTV.M0▼このコメントに返信
※326
朝鮮戦争で入手した情報で朝鮮戦争に間に合う事は出来ない
アメリカもソ連と同時に後退翼やデルタ翼、ロケットの情報などを入手している
そして、P-51をジェットにしてさらに後退翼を付けたのがF-86
412.名無しさんΘ:2020年10月17日 01:06 ID:lDdYUpFo0▼このコメントに返信
※411 >>411
メッサーシュミットp 1101を入手して影響があるという説もありますね
413.名無しさん:2020年10月17日 01:08 ID:9YhrTV.M0▼このコメントに返信
※392
ノモンハンの戦訓を反映した対戦車用の中戦車ができるのが
97式戦車の車体を利用しつつも1943年の1式中戦車になってからだからね
手が回らなかった感はいなめない
414.名無しさん:2020年10月17日 01:16 ID:gth8bCQG0▼このコメントに返信
久々に軍事ブログにふさわしい
軍オタのたちの会話になってるね
大戦時の戦車の話がもっとあれば良い
大和や零戦はもうええわ
415.名無しさんΘ:2020年10月17日 01:23 ID:lDdYUpFo0▼このコメントに返信
※411  >>411
MiG15を盗んだ話検索で出ないな?
パ、ヨのふかしだったかな?
416.名無しさん:2020年10月17日 02:56 ID:hSKS94tc0▼このコメントに返信
>>246

いえ、戦後東京でカレー屋を経営する話です。
417.名無しさん:2020年10月17日 08:21 ID:Bs6K4szn0▼このコメントに返信
第一次大戦の英国のマークⅠ戦車でも砲身の長いカノン砲を積んでいたのに、なんでチハ戦車は醤油さし見たいなしょぼい大砲しか積んでいないのか
418.名無しさん:2020年10月17日 08:29 ID:9YhrTV.M0▼このコメントに返信
※417
さんざん出てるど、対人榴弾が主だから、低速でも大口径の砲が欲しかったからだよ
初期のドイツの3号、4号も似たようなもんだよ
419.名無しさん:2020年10月17日 09:20 ID:DEhZZ9Ls0▼このコメントに返信
※16
コブラ作戦ではドイツ軍の後退した後に馬の死骸で溢れていた。
実は最後まで馬が主流、
420.名無しさん:2020年10月17日 09:49 ID:jTrKCOD10▼このコメントに返信
>>406
パンクもしないし、小さくとも大きな荷重に耐えられるなんて火砲に
もってこいのメリットを捨ててまでアメさんがどうしてニューマチック
タイヤに拘った理由は分からん。
421.名無しさん:2020年10月17日 10:10 ID:PSd50J080▼このコメントに返信
※420
一長一短だから
ソリッドはパンクしないが路面ギャップが直に車体に伝わり牽引が重い
ニューマチックは軽い反面、パンクという宿命から逃れられない

アメさんの場合は豊富な物資量に物を言わせてパンクしたなら手っ取りばやく(ホイールごと)変えてしまえると考えたのかもな
422.名無しさん:2020年10月17日 11:10 ID:8mzTxVRc0▼このコメントに返信
※420
米軍はWW2で唯一砲兵の完全機械化を達成していて、全体的に牽引速度が速いから。
日本もそうだったけど、最初から牽引車による高速牽引が前提の場合は、基本的に振動を吸収できるニューマチック。
423.名無しさん:2020年10月17日 11:15 ID:TIEskahO0▼このコメントに返信
先のアゼルバイジャン戦で無人ドローンから被弾して火を吹くあの戦車を観て
各国の戦車担当乗務員たちは驚愕してもう絶対戦車には乗りたくないだろうな
あれを観たら北朝鮮が戦車を海岸にたくさん並べてる戦車軍団が気の毒になるわ

424.名無しさん:2020年10月17日 12:04 ID:BPbx7TFv0▼このコメントに返信
*417
同じだぞw。マーク1も57mm砲だもん(海軍の余り物を採用した)。というか、イギリス戦車を参考に57mm砲採用したんだから。
要件としては、行進間射撃をするために肩付け操作できる砲で、砲手が一人で装填、照準、射撃できて、対人榴弾の威力の高い口径として採用された。
75mm野砲が対装甲でも榴弾威力でも優れる万能砲として戦車砲に採用されるのは、世界を見てももう数年後の話になる。
425.名無しさん:2020年10月17日 15:08 ID:wlSz8aKv0▼このコメントに返信
※350
当時の日本人だと乗ってる人間と設計者が想定した人間の大きさの違いがあるやろ。クラッチ踏んで(踏みシロがデカくて足が届かん!)レバー引いたり押したり、両手を左右に拡げんと左右のレバーつかめない、どちらかを押すと、キッチリ向こうまで押せない、ってのはデカい。運転しにくいX,サイズが合わない〇。
426.名無しさんΘ:2020年10月17日 15:23 ID:lDdYUpFo0▼このコメントに返信
※417 >>417
★ttps://ja.wikipedia.org/wiki/海軍十二糎自走砲
★ttps://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%BC
427.名無しさん:2020年10月17日 17:49 ID:lawaBqv90▼このコメントに返信
>>15
基礎技術が低いからな
戦艦作らなかった分高性能戦車作れるって
ほど簡単じゃないだろ。
428.名無しさん:2020年10月17日 19:30 ID:.VgteduE0▼このコメントに返信
>>421
>>422

なるほど、そういう理由だったのか。分かりやすい説明ありがとう。
429.名無しさん:2020年10月17日 20:30 ID:D.xb1w.M0▼このコメントに返信
ヨーロッパでは1940年時点で「ドアノッカー」と呼ばれ役に立たないとみなされていた37mm対戦車砲が日本軍戦車相手だと1945年の戦争終了まで現役で通用した

お名前