2020年10月16日 21:05

太平洋戦争って何で東南アジアを攻めたの?

太平洋戦争って何で東南アジアを攻めたの?

1

引用元:太平洋戦争って何で東南アジアを攻めたの?
https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358576591/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:23:11.81 ID:FCQfWHht0
短期決戦でアメリカ本土への最短ルート行けばよかったがな

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:24:10.52 ID:oXPjJTmQ0
アジアの解放目的だからじゃね

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:24:37.23 ID:rG9ZZg+C0
むしろ何で真珠湾を攻めたし

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:24:41.29 ID:aH/6r9VY0
短期決戦だったらどんなによかったか

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:24:45.75 ID:CUs+wLHU0
ハワイで石油とれないんだもん

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:24:55.45 ID:jurglOo0O
ヒント:東南アジア諸国の独立

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:25:52.51 ID:JTy5AL0m0
むしろ東南アジア攻めないんならアメリカと戦争する理由もない

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:26:07.75 ID:XfQS+JRp0
本音:資源ほしい外貨ほしい
建前:欧州人追い払ってあげるわ

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:26:11.86 ID:3wyBN6XD0
東南アジア攻めないならいっそアメリカ攻めるのもやめちゃえば良くね?

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:26:59.51 ID:qeTUAYCe0
日中戦争継続のために資源が必要だったから

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:27:29.69 ID:jRE0QiWEP
石油さえあれば

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:31:08.43 ID:v1bkqkWr0
米国と開戦しないでイギリスとだけ開戦すりゃよかった

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:33:00.12 ID:YP4xC8Sh0
>>27
フィリピンを落とさないと資源輸送ができない
いきなりアメリカに開戦されたら半年で死んじまう

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:33:33.53 ID:qeTUAYCe0
ソ連に対して開戦すればよかった
共産主義撲滅という建前なら米英と戦争にもならず
ドイツと共同ならソ連に勝利するのも可能だった。
ソ連には石油もあるしね。

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:35:29.73 ID:CUs+wLHU0
>>33
ノモンハンで陸軍はソ連に勝てないってわかったから北進論は弱まったんだろ
満洲までで精一杯

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:35:58.12 ID:XfQS+JRp0
>>33
ソ連挟み撃ちって話をよく聞くけど本当のところどうなの?
スターリンがモスクワ方面に戦力を割いても満州方面には100万単位の兵がいたそうだし。

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:43:44.13 ID:JTy5AL0m0
>>33
ソ連なんて攻めても発展してる西や資源豊富な中央アジアはナチスがブン捕りそう

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:36:54.89 ID:zQ2vx4Px0
アメ「もう石油売らない」
↓ 
日本「アカン・・・戦争以前に日本経済即死や・・・・」

日本「一か八か手持ちの残った石油でパレンバン油田攻めよ・・・」

日本「パレンバン油田占領や!一年の日本の消費より石油とれるしイケるやん!」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:37:20.02 ID:YNSjaa6e0
陸軍が横、海軍が下って分けちゃったから戦線拡大しすぎた
陸海軍がもっと仲良くしてれば……

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 15:39:18.68 ID:3wyBN6XD0
ソ連と戦おうと結局アメリカ様がやる気満々なんだから介入は時間の問題だったんじゃ

86: 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:15) 2013/01/19(土) 16:02:57.19 ID:21viH4NL0
銀輪部隊かっこいいやん

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 16:07:51.37 ID:WFdSN1/A0
>>86
チャリのタイヤすら修理できないからリム丸出しでガラガラ音を立てて進むんだな
その音を戦車や装甲車と勘違いして敵が逃げ出す
なんという牧歌的な戦争ww

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 16:09:32.22 ID:Z3VvyPJJi
資源てなんだよ
東南アジアなんてバナナくらいしかないだろ?

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 16:11:38.59 ID:ozgoR6wS0
>>100
金・銀・スズ・ボーキサイト・石油なんでもこいですが
資源が無きゃ欧米の植民地になって無い

113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 16:13:01.49 ID:edEZCl53O
>>100
石油 ゴム 鉄鉱石
要はアメリカが輸出してくれなくなった中国じゃ手に入らない資源

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 16:11:03.71 ID:dTG1Aj200
石油の備蓄が無いから石油取りに行った
けど、運ぶ事は考えていなかった模様

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 16:40:10.93 ID:mtM8EQ0P0
日本の戦争目的は燃料、資源の確保
だから東南アジアを攻めた
アメリカ本土のみを攻めるってのは日本からすればお門違いだろ

190: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 16:52:40.33 ID:ma5fde230
アジア版EUみたいにしたかったんじゃないの
まー日本がうまい思いできる仕組みだろーけど

194: ゴッドエックス ◆GODXuUe.0A 2013/01/19(土) 16:53:14.82 ID:28DVxEv+0
>>190
それが大東亜共栄圏構想って奴でな

223: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 17:06:31.66 ID:DP9mHhpZ0
日本だってもう石油が底を尽きる目前まで来てたんだから、
ダラダラと根気よく交渉なんてする余裕は無い罠。

229: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/19(土) 17:08:35.85 ID:ozgoR6wS0
>>223
満州に影響力を残しつつ撤兵した方がよかったんじゃね
満州と半島の国境付近に日本軍の大部隊を張り付けてさ

形だけでもアメリカに屈して連合軍に参戦してドイツ叩く以外生き残る方法がねぇ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年10月16日 21:07 ID:GtPTyGT10▼このコメントに返信
寒いのはもう嫌だったんじゃね
2.名無しさん:2020年10月16日 21:20 ID:XJL6Hnk60▼このコメントに返信
戦前のアジア地域の地図を見ると、植民地支配から逃れている国は、タイと日本しかない。
そんで米国は日本を植民地支配するために追い詰めた。
3.名無しさん:2020年10月16日 21:20 ID:Jc.6yt2L0▼このコメントに返信
北進派の自由主義陣営派閥(親アメリカ、イギリス)と南進派の共産主義陣営(親ソ連)がいて南進派が勝ったから
4.名無しさん:2020年10月16日 21:20 ID:MBgsNKdF0▼このコメントに返信
日焼けしたかったんじゃね?
5.名無しさん:2020年10月16日 21:22 ID:YtonVVDx0▼このコメントに返信
資源地帯占領しなきゃそもそも戦争どころかそもそも近代国家として成り立たなくなるでしょ
6.名無しさん:2020年10月16日 21:22 ID:NJyO9oIU0▼このコメントに返信
「日本は(イギリスとかフランスとかの植民地帝国と比べて)小さい」
という引け目が常に根底にあったんやろうね
欧米の大国と同じような影響圏を築こうとしたけど盛大に失敗しただけ
7.名無しさん:2020年10月16日 21:24 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
植民地解放
8.名無しさん:2020年10月16日 21:25 ID:7s2qDaZd0▼このコメントに返信
日本は東南アジアから資源を奪いアジア人を強制労働させた
9.名無しさん:2020年10月16日 21:26 ID:AzgN8t5a0▼このコメントに返信
黄色人種は猿扱いな共産主義者ルーズベルトの時に全面降伏なんて「植民地にしてくれ」と言っているのと一緒。
10.名無しさん:2020年10月16日 21:27 ID:GAAWLN3m0▼このコメントに返信
ソ連よりアメリカの方が何倍も強い。
アメリカは、大統領だけがやる気満々で、市民も議会も戦争は嫌だった。
ノルマンディー海岸に浮かぶ米兵を見よ。
勝てるけど3割は戦死すると言われて、戦争したいとは思わんだろう。
11.名無しさん:2020年10月16日 21:27 ID:wjSi0RUa0▼このコメントに返信
アジアの同胞を開放してあげる必要があったからな
で結果的に日本の思い通り、アジアみんな独立できた
12.名無しさん:2020年10月16日 21:27 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
資源、とりわけ石油。当時のインドネシアはオランダの植民地。当時、ABCD包囲網でDのオランダも石油を売ってくれない。米国と交渉しているうちに国内の石油の備蓄が底をつく。そこで仕方なく、オランダの石油を取りに行った。
13.名無しさん:2020年10月16日 21:29 ID:NJyO9oIU0▼このコメントに返信
アジアの解放が目的ならまず台湾と朝鮮を解放しろ定期
14.名無しさん:2020年10月16日 21:31 ID:A4Kqhe4n0▼このコメントに返信
世界中に独立した民族国家はどこにも無く右見ても左向いても欧米列強による植民地の争奪戦状態だったので一番近い東南アジアからまず欧米を追い出しにかかったわけだ
15.名無しさん:2020年10月16日 21:33 ID:Jc.6yt2L0▼このコメントに返信
※13
矛盾がひどいんだよなぁ・・・w
16.名無しさん:2020年10月16日 21:36 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
アジア人を奴隷として、こき使って偉そうにしている白人を成敗するため
17.名無しさん:2020年10月16日 21:36 ID:CANEoAzM0▼このコメントに返信
実際のところ油田の確保がまずは第一の目標だろ。
18.名無しさん:2020年10月16日 21:36 ID:tWjKuaqq0▼このコメントに返信
ひとつは資源だろ。
もう一つは、英国が中国に物質を運ぶのを阻止
19.名無しさん:2020年10月16日 21:37 ID:M6VhHMad0▼このコメントに返信
おい クソガキ
聞く前に自分で調べろ
何でも聞いて教えてもらえると思うな
阿呆゜
20.名無しさん:2020年10月16日 21:40 ID:F6ojlT3V0▼このコメントに返信
アジア解放というのは作戦
大東亜会議で味方したかった
21.名無しさん:2020年10月16日 21:40 ID:whPLdqhj0▼このコメントに返信
※13
清帝国の属国・保護国から挑戦を独立させたときに、いきなり独立開放させたところで国家運営などできないということは思い知っているから
数百年にも及ぶ列強支配と依存体質を変えるのは簡単ではないということ
独立と開放なんてそれなりの教育と訓練、ある程度のインフラ整備、近代化してあげないと自立なんて無理
中南米も中等もアフリカも、結局いきなり独立したところで国家運営できずに内戦、列強依存に傾くだけだと証明したようなもの
22.名無しさん:2020年10月16日 21:42 ID:XJqx5slV0▼このコメントに返信
いうて仏領インドシナ(ベトナム)に関しちゃ
ドイツに降伏したフランスのヴィシー政権から侵攻OKのお墨付きがあったんだけどね
その一点だけは米英が外野のくせに騒いだ
23.名無しさん:2020年10月16日 21:42 ID:aVPi2jnw0▼このコメントに返信
またこの手の構ってチャン馬鹿釣りスレまとめたのか
24.名無しさん:2020年10月16日 21:42 ID:cmTEXVSn0▼このコメントに返信
実際、東南アジアを占拠しない仮定で日本には石油の備蓄はどれくらい戦争継続できるくらいあったんだろうね?
25.名無しさん:2020年10月16日 21:43 ID:yYctY9DC0▼このコメントに返信



       資     源
26.名無しさん:2020年10月16日 21:44 ID:3vMYoEmI0▼このコメントに返信
防共結んだのにドイツがソ連と不可侵したからや。
ドイツは疫病神。
27.名無しさん:2020年10月16日 21:45 ID:yYctY9DC0▼このコメントに返信
※22 フランス亡命政権 ド=ゴール「助けて!」
28.名無しさん:2020年10月16日 21:46 ID:6y9cpPad0▼このコメントに返信
アメリカが石油を禁輸→オランダ領東インド(インドネシア)の石油を買おうと交渉するも果たせず→いよいよ石油がないので直接インドネシアの石油を狙う→オランダ領を攻撃したらイギリスは反撃してくるのは確実なので同時にシンガポールやマレー半島(イギリス領)も攻撃することに→そしたらやっぱりアメリカもだぶん黙ってないだろうからアメリカも攻撃なということでハワイ(アメリカ準州)の真珠湾とフィリピン(アメリカ植民地)のアメリカ軍基地も攻撃。

答え:東南アジアは英米蘭の植民地だったから。フランス領インドシナ(ベトナム、ラオス、カンボジア)は枢軸国のフランスビシー政権寄りですでに日本は進駐していたので、開戦時には攻撃せず。東チモールも中立国のポルトガル領だったので当初は攻撃しなかったらオーストラリア軍が保障占領したので逆にオーストラリア軍を追い出して占領。
29.名無しさん:2020年10月16日 21:46 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
東南アジアが欧米の植民地じゃなければ資源強奪の為、侵攻していないだろ


知らんけど
30.名無しさん:2020年10月16日 21:47 ID:zWlEy02p0▼このコメントに返信
簡単な話だよ
ドイツがアジアの英仏蘭の植民地を奪取する前に
日本がその植民地を奪取するためさ
もちろんそこには米国に対抗するための資源確保の意味も含まれている
当時の日本はドイツの快進撃に幻惑されていた
「バスに乗り遅れるな」という言葉があったくらいだ
だからドイツが欧州を支配していた1940年9月に日独伊三国同盟を結んだ
ドイツが快進撃を続けているのに日本が帯をくわえて傍観していたら
英仏蘭を征服したドイツがアジアの英仏蘭の植民地も支配してしまう
だから日本はその前に参戦してアジアの英仏蘭の植民地を奪取する誘惑に駆られた
だが日本が太平洋戦争に突入したときにはドイツはモスクワ攻略に失敗し始めたときだった
学問を弾圧し言論を弾圧し右翼テロを抑えなかった日本は国策を誤った
31.名無しさん:2020年10月16日 21:47 ID:6y9cpPad0▼このコメントに返信
※28
あ、袁紹ルート遮断もあったけど、めんどくさいから割愛。イギリス領ビルマ(ミャンマー)の話だ。
32.名無しさん:2020年10月16日 21:47 ID:j2JbZMVX0▼このコメントに返信
なんでって、、日本人が租借していた居留地に中国人が攻めてきて
虐殺&虐殺したからだろ

口では日中友好なんていいながら、何の手も打たない中華民国が悪いわ
んで、その中国のテロリストどもを東南アジアのルートを使って支援していたのが米国
日中戦争は間違いなく中華の責任 
33.名無しさん:2020年10月16日 21:48 ID:8mbg6VQv0▼このコメントに返信
西回りでインドを落とせばイギリスと講和できた。
34.名無しさん:2020年10月16日 21:50 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
アヘン戦争で負けた時点でアジアの勝利はなかったな

中国は、香港を中心に英国の傀儡みたいなもんだったし

35.名無しさん:2020年10月16日 21:51 ID:d1cH6iF70▼このコメントに返信
>>2
それはない。アメリカは脱植民地派だった。実際フィリピンも独立は日本関係なく決まってたし、ww2後も日本が植民地にならず中国にも賠償しないで済んでる。
36.名無しさん:2020年10月16日 21:54 ID:0f1IWkmO0▼このコメントに返信
油田を確保しても輸送手段がな

次々と輸送船が沈められとは思っていなかっただろう

37.名無しさん:2020年10月16日 21:54 ID:VkYCQQPl0▼このコメントに返信
太平洋戦争ではなく、大東亜戦争だから。
むしろアメリカに行ったのが蛇足
38.名無しさん:2020年10月16日 21:55 ID:EzfwZMFw0▼このコメントに返信
腹がたったからに決まっておるわ!この阿呆が!!1
39.名無しさん:2020年10月16日 21:57 ID:shAVhnTB0▼このコメントに返信
欧米の大勝利 


大東亜共栄圏負けw

オバマ バイデン ヒラリーの勝ち


日本負けw  
40.名無しさん:2020年10月16日 21:57 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>35
当時すでに戦争は非賠償非併合方針の時代。日本もシナ事変で当初から非併合非賠償を言明している(左翼が侵略戦争とか五月蝿く言うけど間違い)。アメリカもイギリスも同じだな。ソ連だけは違うけど。

右翼も左翼もちゃんと歴史直視してほしいな
41.名無しさん:2020年10月16日 21:58 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>3
なんじゃそりゃ
42.名無しさんΘ:2020年10月16日 22:00 ID:zLoDWL.J0▼このコメントに返信
※33 >>33
これどうだろうな?
セイロン島空爆だけでなく艦隊しばらくとどまって
ビルマあたりとか艦砲届く英軍基地叩いとけば良かったんじゃないか?
艦隊決戦に勝って敵戦艦がいなくなれば戦艦は対地攻撃する物だろ
43.名無しさん:2020年10月16日 22:01 ID:k82dnO8I0▼このコメントに返信
当時のアメリカって中国とソ連の傀儡みたいな政治状態だったんだぞ。
中国・ソ連(共産革命)と敵対してる日本に優しくなるわけねーだろ。
日本がフィリピン・ハワイ同様のアメリカの属国になるか天皇皇族を排除して共産化を受け入れるしか道はない。
中国に進出すればアメリカと揉め、東南アジアに進出すれば英国やオランダと揉める。
どこにも進出しなければ日本は当時の中国のように欧米列強に分割統治されても抵抗できない最貧国になってただろうね。
結局大きな犠牲を出して敗戦したけど今の日本以上に良くなった可能性は低いと思う。
44.名無しさん:2020年10月16日 22:02 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>6
大日本帝国の版図は、北は占守島から南は新南群島(今のスプラトリー諸島)からパラオ諸島マーシャル諸島カロリン諸島まで、赤道以北の西太平洋ほぼ全て。大陸では満州国と言う衛星国まであったんだが、地図見てみな
45.名無しさん:2020年10月16日 22:07 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>12
オランダは本国はドイツにやられて亡命政府が徹底抗戦中だけど(だからこそ、かな)、日本には石油売りまくりたくてずっとすり寄ってたよ。むしろ足元みて蹴ってたのは日本側
46.名無しさん:2020年10月16日 22:07 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
アヘン戦争で清が英国に負けて、英国が中国を奴隷化して、欧米が日本に迫っていたので
朝鮮半島を併合し、大陸へ侵攻、中国を解放、日本の生存圏を維持するために

47.名無しさん:2020年10月16日 22:08 ID:cTtVG0.f0▼このコメントに返信
建前:東南アジア各地域の資源が欲しい
本音:欧米に従うの嫌
48.名無しさん:2020年10月16日 22:09 ID:.r1TwDa90▼このコメントに返信
アジア解放の為の戦争、それが大東亜戦争である。
アジア各国は当時、欧米列強の植民地であり、アジアの独立主権国家は日本・タイ・チベットしか無かった。
今、アジアの国々があるのは我々が戦ったからである。
戦争には負けたが、アジア独立の目標は達成された。
反日なのはアジアで、( `ハ´)と<丶`∀´>だけである。


49.名無しさん:2020年10月16日 22:10 ID:H1ABjLZg0▼このコメントに返信
文部科学省の教科書から、日本軍の侵攻は、植民地支配と強奪のための占領で非道だったと学んだよ。
残虐非道な日本だったから原爆を落とす必要がり、アジア解放のために戦ったアメリカは礼讃の国にであるとも。
極悪非道な日本が、歴史を歪曲することは全世界が許さないと思う。
50.名無しさん:2020年10月16日 22:12 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>22
シンガポール目前の「南部」仏印に、理解不能なほどの大軍を送り込んだら、イギリスやらアメリカが日本の意図(つまりシンガポール侵攻)を邪推して当然。

まあ、南部仏印進駐自体が、ドイツのための同盟の義理を果たす目的を混ぜたから仕方ないが(杉山メモの6月末の連絡懇談会の議事録に出てる)
51.名無しさん:2020年10月16日 22:12 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
アメリカ本土への最短ルート行けばよかったがな :いやアメリカは最後の漁夫の利取りに来た後発組だから
52.名無しさん:2020年10月16日 22:13 ID:gcur6c3X0▼このコメントに返信
本音は、石油。
53.名無しさん:2020年10月16日 22:13 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※48
へーそーなんだーw
54.名無しさん:2020年10月16日 22:14 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
※49
それは戦勝国の都合で真実を捻じ曲げられた歴史
55.名無しさん:2020年10月16日 22:15 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※52
東南アジアのどこに、石油が?
56.名無しさん:2020年10月16日 22:15 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※49
へーそうなんだー
57.名無しさん:2020年10月16日 22:17 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
45>石油が枯渇して、日本経済がダメになるかもしれない瀬戸際。そこで特使を米国に派遣して石油の禁輸をやめてほしいと言っていた時に、オランダが日本に石油を売りたくてしょうがないのを、日本が足元を見てその取引を蹴っていた?はぁ?
58.名無しさん:2020年10月16日 22:17 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
こう言う話題の立て方すれば、歴史事実をろくに知らない妄想癖の右翼左翼が湧いてくるから効果満点なんだよな。
59.名無しさん:2020年10月16日 22:17 ID:5XRFdjm20▼このコメントに返信
日本以外の有色人種国家はほぼ全て白人の植民地にされ愚民化政策で奴隷にされていた。
日本はアジア諸国を白人の植民地支配から解放し高度な教育を施して白人達に二度と植民地支配されない力を与えた。
日本が中国を攻めなければ、中国は複数の国に分割され白人達の植民地にされていた。

建前、アジアの解放。
本音、植民地にされたくない。白人国家に立ち向かえる有色人種の同盟国または緩衝地帯が欲しい。資源が欲しい。
60.名無しさん:2020年10月16日 22:18 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
WW2に関して言えば、日本的には満州建国の時点で講話したかっただろうな。
相手が誰かなのは分からんが
61.名無しさん:2020年10月16日 22:18 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※58
へええ そうなんだw
62.名無しさん:2020年10月16日 22:19 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信

日本以外の有色人種国家はほぼ全て白人の植民地にされ愚民化政策で奴隷にされていた。:え?
そうなんですか?

例えば?
63.名無しさん:2020年10月16日 22:20 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
日本が中国を攻めなければ、中国は複数の国に分割され白人達の植民地にされていた。:wwww

それは面白いご意見ですね。 くわしくw
64.名無しさん:2020年10月16日 22:21 ID:GAAWLN3m0▼このコメントに返信
※62
そのような知識もないのか。
自分で調べろ。

65.名無しさん:2020年10月16日 22:22 ID:waoCd3sA0▼このコメントに返信
大東亜戦争は、
① 100年のスパンで見れば馬鹿げた戦争だったが
② 1000年のスパンで見れば本当に最良の戦争だった
と思う
②について言えば
・非白人の民族自決の機会が生まれたこと
・人種差別の無くなる方向を示したこと
・白人による帝国主義が否定されたこと
これらのことを日本が成し遂げ、犠牲は大きかったが
・朝鮮人と日本人とが分離され、皇室が残ったこと
66.名無しさん:2020年10月16日 22:23 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※64
と言うと?w

答えると罠にハマる気がしてるだろ?

君w
67.名無しさん:2020年10月16日 22:24 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※65
たまたまタイミングがそうだっただけで、日本がキレなくても、結果は同じだったとは思う
68.名無しさん:2020年10月16日 22:27 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>57
そもそも、4月の日米諒解案では、日本が三国同盟を形骸化して、対英国参戦をしない事を明言する引き換えに、日本に対して米国は無制限の資源供与、さらに他の国(英蘭)にも資源供与をコミットし、さらに資金も借款として供与する話になっていた。それを蹴ったのは日本側。

当たり前だけど、ドイツとイギリス、オランダは交戦中、日本はあと追いで三国同盟やらかして自分からABCD包囲網に飛び込んだ。だからイギリスは日本に資源を売りたくないし、アメリカはルーズベルトが対英国救援を決めたからそれに協調していたが、オランダは元々蘭印の石油を日本と共同開発して、メインの顧客が日本と言う間柄だから立場が違うんだよ。シェル石油の戦前の日本法人の名前知ってるか? ライジングサン石油だぞ。
69.名無しさん:2020年10月16日 22:27 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
歴史なんて、今生きている人間には、基本、「無意味」なので、

「単なる事実」を消化すべき
70.名無しさん:2020年10月16日 22:30 ID:TVtB3Z8B0▼このコメントに返信
アジア諸国の独立や開放とか言ってる層がいるけど結局は搾取する為だろ?
日本語教育とか満州鉄道の利権とかどう考えても独立開放の為ではないだろう。
蝦夷や琉球の文化は完全に失われたように…その延長線上にアジア諸国を考えてたというのが自然な流れやと思うが。
71.名無しさん:2020年10月16日 22:31 ID:oSgvRX9w0▼このコメントに返信
南太平洋の島嶼を制圧・基地化し、制空・制海権を握って、米軍の渡洋艦隊に漸減作戦を仕掛け、最後に日本本土近海で決戦を仕掛ける。
 ……てのが対米基本戦略構想だったから。

 しかし、開戦間もなく大艦巨砲主義の戦争形態が終わり、航空主兵の総力戦に移行したため決戦思想そのものが画餅になってもうた。

 そんな時代の潮流を決定付けたのが、真珠湾とマレー沖の日本自身の大戦果だってのが皮肉

72.名無しさん:2020年10月16日 22:31 ID:zWlEy02p0▼このコメントに返信
ドイツに奪取される前に
日本が奪取しようとしただけの話
ドイツは快進撃し仏蘭を支配していた
英国もやがてドイツに支配されるだろうと日本の軍部は思った
そうすればアジアの英仏蘭の植民地もドイツに支配される
日本としてはそれを指をくわえて見ているわけにはいかない
「バスに乗り遅れるな」とばかりに日独伊三国同盟を結んだ
ドイツの快進撃に乗じて、そしてドイツより先にアジアの植民地の奪取を目論んだ
だが学問も言論も弾圧し右翼テロを放置した日本は世界の情勢を見誤った
日本が太平洋戦争を始めたとき、ドイツ軍のモスクワ攻略は失敗し始めていた
73.名無しさん:2020年10月16日 22:32 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
なんで、りっけんみんすとうさんの支持率が、どこまで行っても増えないのか。w

なんで増えると思えるのかってメンタルのほうがふしぎ
74.名無しさん:2020年10月16日 22:32 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
いい加減、大東亜共栄圏とかアジア解放なんて後付の題目がさも本当だったかのように言うの止めよう
日本の南方進出が資源確保のためだったのは当時の公文書にも書いてあるだろ

日中戦争の泥沼化の打開策として日独伊三国同盟を結んだ結果、日本はアメリカに警戒され資源制裁を受けた
制裁打破の一手が日米諒解案に基づく日米交渉だったが、交渉中の南仏印進駐でアメリカに交渉を見限られる
軍部の資源要求の突き上げに抗し切れなくなった結果、ハル・ノートの解釈ミスも相まって対米戦と南方進出が決定

残念ながらこれが歴史的経緯だよ
アジア解放なんて他国のために自国の軍民300万以上殺した挙げ句に無条件降伏の敗戦を迎えたなんて本気で信じてるなら
それこそ当時の日本人たちを馬鹿にしているだろう
75.名無しさん:2020年10月16日 22:33 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※70
蝦夷や琉球の文化は完全に失われたように:と言うと?
76.名無しさん:2020年10月16日 22:33 ID:dk5YJWFM0▼このコメントに返信
>>13
歴史の勉強しろ定期
77.名無しさん:2020年10月16日 22:35 ID:mXxfjs4y0▼このコメントに返信
皮肉なことに満州に油田が眠ってたんだよな。当時はまだ発見されてなかったけど。
78.名無しさん:2020年10月16日 22:35 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※74
「いい加減」ねえw

ところで。北朝鮮政府による、日本人拉致事件については

どう思ってる?
79.名無しさん:2020年10月16日 22:35 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※77
どこに?w
80.名無しさん:2020年10月16日 22:36 ID:zWlEy02p0▼このコメントに返信
※69
歴史が無意味?
歴史が無意味なら研究する必要も学ぶ必要もない
人間は同じ過ちを何度でも繰り返せばいいだけの話だ
人類が滅びるまで同じことを繰り返して発展しないままでいればいいだけの話だ
81.名無しさん:2020年10月16日 22:37 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
※68
日米諒解案のまま日米交渉が進んでいればなあとつくづく惜しまれるよね
戦前日本の失敗は軍部の暴走ばかり取り上げられるけど
松岡洋右以下の外務省親独派の暴走や近衛文麿に廣田弘毅など文官・政治家の判断ミスをもっと取り上げるべきだと思うよ
82.名無しさん:2020年10月16日 22:37 ID:GAAWLN3m0▼このコメントに返信
※68
そんな贅沢な十分すぎる案を蹴って、若者に特攻させたのか。
都市を空爆されて、原爆まで落とされた。
日本人は愚かだったな。
83.名無しさん:2020年10月16日 22:37 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※72
それ、なんの小説?
読みたいので教えてくれw
84.名無しさん:2020年10月16日 22:38 ID:dk5YJWFM0▼このコメントに返信
最近のインドネシアは反日が目立つ…悲しいなぁ…
85.名無しさん:2020年10月16日 22:38 ID:CsfpGvvz0▼このコメントに返信
石油がほしかったからに決まってるのに
こんな初歩的なことも知らないで
よく知ったかぶりできるよね。
86.名無しさん:2020年10月16日 22:39 ID:hUmhU5Un0▼このコメントに返信
※82
愚かだったのは否定しないけど
別に、間違ってはいないだろ

逆に、WW2で日本が戦勝国になった世界よりは
世界はいい感じだろ
87.名無しさん:2020年10月16日 22:41 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
※78
あんなもん北朝鮮というならず者国家の国家犯罪に決まってるでしょ
自国民の生命財産を守ることが主権国家の存在意義なのだから日本は断固対応すべきだろう

次は六四天安門とでも書けば満足する?
その右か左かの極端な歴史観、隣の半島からいちゃもん付けてくる連中とそう変わりないから改めた方が良いよ
88.名無しさん:2020年10月16日 22:43 ID:GAAWLN3m0▼このコメントに返信
※68
これで、ハルノートと騒いでるやつらは。IQ50ぐらいか。
アメリカも戦争したくなかったし、
もし多くの資源を与えても、日本に余裕で勝てると言う計算をしていたのだろう。
それなのに真珠湾奇襲は愚かだ。
89.名無しさん:2020年10月16日 22:43 ID:eDtNeEj90▼このコメントに返信
アジアを西欧列強の植民地支配から解放し、東洋平和の新秩序を構築するのが目的。

例えば列強と戦うのに蘭印の油などが必要。
90.名無しさん:2020年10月16日 22:44 ID:zWlEy02p0▼このコメントに返信
第二次大戦が始まり
当時の日本はドイツが勝つと思っていた
そうすればドイツがアジアの植民地を英仏蘭から奪う
ドイツがアジアの植民地を奪うのを傍観するというのは
当時の軍国主義日本には許せなかった
日中戦争で米英と対立していたこともあり
第二次大戦で快進撃を続けるドイツと同盟することを選んだが
ドイツに英仏蘭の植民地を先に奪われるわけにはいかない
ドイツが完全に欧州を征服する前にアジアの英仏蘭植民地を奪うことにした
そのことは対立していた米国との戦争に備えて資源を確保することにもつながった
だが学問を弾圧し自由な言論も弾圧し右翼テロで沈黙を強いられた日本では
世界の情勢を正しく見極め国策を過たぬことができなかった
日本が対米戦争を始めたとき、すでにドイツのソ連婚略は行き詰まっていた
91.名無しさん:2020年10月16日 22:45 ID:F6ojlT3V0▼このコメントに返信
石油だけならマレー、ビルマ、インドネシアには石油はない
ので意味がない

92.名無しさん:2020年10月16日 22:45 ID:eDtNeEj90▼このコメントに返信
>実際フィリピンも独立は日本関係なく決まってたし、ww2後も日本が植民地にならず中国にも賠償しないで済んでる。

ふーん約束ね。

ハワイも返してみ。

ネイティブアメリカンの土地は?

最近黒人も色々言ってるよね。

あれ中東は?
93.名無しさん:2020年10月16日 22:47 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
搾取なら、資源を奪う。決して買わない。資源の代金の多くは日本が発行する軍票で支払っていた。フィリピンは戦況が不利になって来たので、軍票では売らないと断られる。そこで、政府は合金のマル福金貨を作った。元々、フィリピンの経済は華僑が支配している。中国人にとって縁起の良い漢字に「福」がある。その金貨に福と言う文字を刻印して、それを徳力商店に大量に作らせて、それで代金を支払っていた。それが後の、山下将軍の財宝として有名になった。小野田さんはもしかして、そのマル福金貨の場所を守っていたのではないかとも言われている。そこで、米国はその金貨を奪おうと、マルコス大統領の政敵だったベニグノ・アキノ氏を対抗馬として米国から、突然、連れてきた。日本は決して植民地支配し、現地の人を奴隷として扱っていない。それを左翼は、また、アイヌと同じように日本はひどい事をしたと宣伝している。
94.名無しさん:2020年10月16日 22:48 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
※87
北朝鮮は、日本の国家破壊の為の金融資本や米国の傀儡地域です
拉致の黒幕は北朝鮮政府ではなく、裏で操っている奴らですよ
95.名無しさん:2020年10月16日 22:48 ID:GAAWLN3m0▼このコメントに返信
※86
真珠湾攻撃はアメリカの妥協を引き出すために行ったが、本気で怒らせ、東京以下の大都市空爆、原爆投下となった。
真珠湾攻撃前に日米諒解案でアメリカは日本有利に妥協してきている。
これを蹴って、破滅を選んだ。
96.名無しさん:2020年10月16日 22:49 ID:eDtNeEj90▼このコメントに返信
>ドイツがアジアの植民地を奪うのを傍観するというのは
当時の軍国主義日本には許せなかった

何言ってるんだ。 日本以外はドイツがアジア諸国を植民地にするのを歓迎したのか。

寝言は寝て言え
97.名無しさん:2020年10月16日 22:49 ID:zWlEy02p0▼このコメントに返信
※89
アジアを植民地支配から解放?
真っ先に朝鮮を植民地支配から解放すればよかったね
フィリピンは米国からの独立が決まっていたのに
日本軍がフィリピンに侵攻して経済のわからぬ軍人が経済を壊しちゃったね
独立を約束されていたのに日本軍に侵攻されたフィリピン人は
日本軍に怒って米軍と協力してフィリピン独立のために抗日ゲリラとなったよね
右翼んの珍説、どっかの界隈ではやってんの?
98.名無しさん:2020年10月16日 22:50 ID:F6ojlT3V0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃でいきなり3000人殺害したからアメリカは激怒しただけ
すぐに賠償金を払えば良かった

99.名無しさん:2020年10月16日 22:51 ID:eDtNeEj90▼このコメントに返信
>日本には石油売りまくりたくてずっとすり寄ってたよ。むしろ足元みて蹴ってたのは日本側

列強のアジア植民地支配の片棒担いで巧妙立ち回ろうとするなら米英にケンカ売るわけ無いでしょ。

100.名無しさん:2020年10月16日 22:53 ID:eDtNeEj90▼このコメントに返信
ハイハイ、黄色い猿が白人様に逆らったのが悪いよね。
101.名無しさん:2020年10月16日 22:54 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
68>それを飲んだら米国が日本に対して石油の禁輸を解除し、資金を提供すると本気で思っているの?
102.名無しさん:2020年10月16日 22:54 ID:zWlEy02p0▼このコメントに返信
※96
おいおい
ナチスドイツ軍は歓迎してくれる国に出かけたと思ってんの?
歓迎されない国に出かけて無理やり支配するのが得意だったんだよ
欧州で英仏蘭がドイツに征服されれば
アジアの英仏蘭の植民地もドイツに征服されるに決まってるだろ
現地の植民地軍だけでは勝ち目はないよ
仏インドシナ植民地軍も日本軍に負けて支配されただろ
占領した日本軍は占領軍としての国際法上の義務を果たさず
百万人以上のインドシナ植民地の住民を餓死させてしまっただろ
103.名無しさん:2020年10月16日 22:56 ID:Prx1olVu0▼このコメントに返信
植民地解放?


というならなんでインドネシアを帝国領土と決定したのかなぁ?
なんで朝鮮・台湾は解放しなかったのかなぁ?

そもそも日本は桂タフト協定でアメリカのフィリピン領有を承認している。
日仏協約でフランスのベトナム支配を承認して日本に居るベトナム独立派を弾圧してるし。


104.名無しさん:2020年10月16日 22:56 ID:z8Udu9jE0▼このコメントに返信
クソスレw
本読め。
読書がいやなら、ネットでも大筋は調べられるだろう。
105.名無しさん:2020年10月16日 22:57 ID:Prx1olVu0▼このコメントに返信
※21
朝鮮台湾はアメリカのフィリピンみたいに独立させる予定じゃなかったよね?

もうちっと勉強してから書き込もう。
106.名無しさん:2020年10月16日 22:58 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
大東亜共栄圏を作り欧米に対抗するために
欧米支配のアジアの植民地を解放した

至ってシンプル
107.名無しさん:2020年10月16日 22:58 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>81
むしろ外務省の暴走の方が本当はずっと日本にとり害悪を撒き散らしてるよね。外務省がおかしくなり始めたのは第一次世界大戦の最中くらいからだけど(対華二十一ヵ条要求よりも西原借款の方が罪深い)、おっしゃる通り、廣田と松岡(あと白鳥派と言われる左派統制主義グループ)は本当に罪深い。
108.名無しさん:2020年10月16日 22:59 ID:XML41.gb0▼このコメントに返信
>>13
したらすぐ自立出来るんか?日本が手を引いて4年後に台湾は蒋介石が暴れ込んで狼藉を働いて、朝鮮なんか五年後に勝手に内戦を
始めたぞ。日本の統治を欧州列強の植民地支配と一緒にすんな。土地の開墾やインフラ整備もみんな無償でやったんだぞ。
109.名無しさん:2020年10月16日 23:00 ID:zWlEy02p0▼このコメントに返信
※93
フィリピン侵攻の日本軍は
現地の人を奴隷として扱うどころか
抗日ゲリラ狩りで無差別に虐殺しているよ
マニラも撤退せず市街戦で抵抗したからマニラ市街戦で10万人のフィリピン人が死んだ
だから終戦時のフィリピン人の反日感情はすごかった
日本軍将兵60万人のうち生き残った10万人の中に山本七平がいた
山本は述懐している。日本に帰るとき現地住民に
「文字どおり、石もて追われた」と
110.名無しさん:2020年10月16日 23:02 ID:oSgvRX9w0▼このコメントに返信
 大東亜共栄圏自体は、開戦理由としては後付け感があるとは言え、
 構想自体は戦前から児童書なんかに日本の目指す未来、として喧伝されてるから、民間にそういった空気はあったんだろうとは思う。

 てか欧米と決裂したら、アジア独自の経済圏を作るって、自然と行き着く考えに思うんで、
 開戦前は理想論、開戦後は建前じゃなく割と本気だったと思うよ。

 協商相手として育てるから、搾取なんかせず、インフラも教育もしっかり施した訳で。

 搾取してたって事にしたい連中には隠したい事だろうけど。
111.名無しさん:2020年10月16日 23:03 ID:Prx1olVu0▼このコメントに返信
※108
>日本の統治を欧州列強の植民地支配と一緒にすんな。土地の開墾やインフラ整備もみんな無償でやったんだぞ。

欧米もやっている定期。
112.名無しさん:2020年10月16日 23:03 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>82
昭和天皇の感想とつながるね。

「日米交渉が纏り得る機会は前后三回あつた。 第一回は十六年四月、野村大使の案に基いて米国から申出て来たときである、先方の条件は日本に採り大変好都合のもので陸軍も海軍も近衛も賛成であつたが、松岡只一人自分の立てた案でないものだから、反対して折角のものを挫折せしめた。第二回は近衛ルーズベルト会談で之で何んとか話合がつくかと思つたが、之は先方から断つて来た、第三回は第一回に比べると日本にとり余程不利な案だが、この案を日本から提出したのに対し例の十一月二十六日の「ハル」の最后通牒が来たので遂に交渉の望を絶つて終つた」

外務省の日米交渉サイトの昭和天皇の紹介文に出てる「独白録」のコメントだけど
113.名無しさん:2020年10月16日 23:05 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
※ID:eDtNeEj90
第二次大戦の諸悪の根源は欧州秩序を破壊したヒトラーとドイツ
日本はその追従者と見なされた挙げ句に暴走したので叩かれただけ
二次大戦における人種論なんて副次的な一要素に過ぎない

そして米英連合国の主敵は一貫してドイツであり欧州こそが主戦線
つまり白人対白人の戦いが第二次大戦のメインだ
太平洋戦争はアメリカにとって所詮、第二戦域でしかなかった

ネット右翼もネット左翼も同質だが継ぎ接ぎされた知識じゃなくて
時系列に沿って史実をインプットしてから議論なさいな
114.名無しさん:2020年10月16日 23:06 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
109>抗日ゲリラじゃ日本の敵じゃないですか?日本でも北朝鮮の工作員が武器を持って攻撃してくれば当然、戦い、多くの犠牲者がでます。
115.名無しさん:2020年10月16日 23:06 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
※103
朝鮮・台湾は大東亜共栄圏を作るために併合

アヘン戦争で清が英国に敗れ、中国が植民地になった、中国の愚民は欧米の奴隷となり、欧米の驚異とともに日本に迫っていたので
中国を解放する為に大陸に侵攻
116.名無しさん:2020年10月16日 23:08 ID:yYctY9DC0▼このコメントに返信
※55

ボ  🤗 ル  🤗    ネ  🤗   オ  🤗   島  😘🇯🇵
117.名無しさん:2020年10月16日 23:08 ID:Prx1olVu0▼このコメントに返信
※115
>大東亜共栄圏を作るために併合

じゃあ「解放」じゃないわな。
自分ところは解放しないのに他者に解放を求めるって矛盾もいいところ。
118.名無しさん:2020年10月16日 23:10 ID:zWlEy02p0▼このコメントに返信
※108
日本の台湾支配もちっとも平和的ではなかったんだよ
血なまぐさい弾圧で現地住民の反抗を抑え込んで植民地支配体制を確立した
日本が台湾のインフラ整備をしたことも事実だが
日本の領土として植民地経営するのに必要だったんだよ
戦後、蒋介石軍が台湾に入ったが軍規も乱れていて住民の反感を買った
それを蒋介石は血の弾圧で抑え込んで独裁体制を確立した
そのことを台湾住民はおぼえているから本省人と外省人の対立がある
蒋介石の血の弾圧があったから親日感情も生まれた面がある
ただそのことは台湾人への差別がなかったということではない
李登輝にしても他の中国人と同じように
相手によって言うことを使い分ける面があったことは知っておいたほうがよい
119.名無しさん:2020年10月16日 23:11 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>101
アホか。諒解案はその後、5月に近衛ルーズベルトがハワイで首脳会談して合意、実行されることになってるからな。しかもちゃんと「中身を再議しない」というクギまでさしてあるし、中身はすでにハルが3回、ルーズベルトも1回修整させた案だから、日本側さえ文句言わなければ座礁する可能性はまず皆無だった。
120.名無しさん:2020年10月16日 23:14 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
※107
何かの本で「日本の外交官は昔から任地惚れしやすい」と揶揄されていたけど、今更ながら頷いてしまう……
まあヒトラーに魅了される他国外交官は多かったそうだけど、受動的失策の多かった廣田に比べて松岡や白鳥に大島などの積極的失策で
日本外交を破滅に追い込んだ外交官たちのやらかしときたら……昭和天皇が嫌い抜くのも無理はない
陸奥宗光や小村寿太郎も草葉の陰で泣いてたんじゃないかと思う

西原借款も捨て金というには莫大過ぎて、あれを国内インフラに使っていたらどれほど東北など助かったかと忸怩たる思いだよ
121.名無しさん:2020年10月16日 23:16 ID:urmDEe.v0▼このコメントに返信
※117
欧米の支配地域の場合は解放
欧米の支配がなければ併合という手を使うだろうね

全ては欧米の驚異を取り除き、アジアの平和と安定の為
日本はアジアのリーダーだった
122.名無しさん:2020年10月16日 23:17 ID:6PXZqYcr0▼このコメントに返信
朝鮮の併合はあっちの希望

台湾は清の統治権放棄による接収

擦り寄ってきた朝鮮は論外だし、台湾に到っては、当時独立させるってのは開放ではなく、言わば育児放棄だし
123.名無しさん:2020年10月16日 23:17 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
119>そんなもの信じられるか。チェンバレンと同じ轍を踏むだけ。彼らは裏で日本から先に手を出させる計画を作っている。
124.名無しさん:2020年10月16日 23:19 ID:Prx1olVu0▼このコメントに返信
※121
>欧米の支配地域の場合は解放
>欧米の支配がなければ併合


ただのダブルスタンダードじゃねーかw
125.名無しさん:2020年10月16日 23:19 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>118
日本統治の最初、そもそも清の時代から一度も支配下に入った事もない一部部族が夜襲をかけたりしたので掃討する事になったりした。もちろん、それの可否は現在の価値観からすれば蛮行になるんだけど、当時は当たり前だと思われたんだろうね。当時は文明伝播が文化保護よりも至上とされた時代だからな。

蒋介石がしたことは、台湾人全てを力で抑え込んだ話で、少し違うかな。両方「統治」ではあるけれども。

ともあれ、当時の統治機構で、世界に全く無罪な統治機構は存在しないね。
126.名無しさん:2020年10月16日 23:19 ID:Prx1olVu0▼このコメントに返信
※122
>朝鮮の併合はあっちの希望

具体的に誰?
127.名無しさん:2020年10月16日 23:20 ID:oXsnUGUm0▼このコメントに返信
>>40
つうて占領政策はしとるからな
工場作ったりインフラ整備したり
128.名無しさん:2020年10月16日 23:21 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
※108
植民地政策は徹底的にインフラ投資しないと成功しない
なぜなら被植民地の住人達にメリットを与え前政権より支持されない限り、植民地は上手く機能しないから
大英帝国のインド支配などその魁で日本のやり方もスタンダードというだけ
台湾統治が極めて成功していた事は確かだけどね
129.名無しさん:2020年10月16日 23:22 ID:oXsnUGUm0▼このコメントに返信
>>37
東南アジアを抑えにゃ意味ないからな
中国に攻め込んでも都市と街道だけで経済圏を作ることが出来なんだ
130.名無しさん:2020年10月16日 23:23 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>123
あんたが信じないのは勝手だよ。史実は、日本の外務省が英米との国際条約締結で、相手国の裏切りを想定、あるいは自認した事が無い、という事だけ。独ソとは全く違うんだよ。
131.名無しさん:2020年10月16日 23:25 ID:kshRLXuh0▼このコメントに返信
タイを植民地に、
132.名無しさん:2020年10月16日 23:25 ID:oXsnUGUm0▼このコメントに返信
>>111
無償っつーか自分が使うためだな
133.名無しさん:2020年10月16日 23:28 ID:XML41.gb0▼このコメントに返信
>>49
そういう歴史にしてそう教えるのが、アメリカの占領政策。
134.名無しさん:2020年10月16日 23:32 ID:U.umV3SU0▼このコメントに返信
欧州の植民地でしょう
135.名無しさん:2020年10月16日 23:32 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
※125
蒋介石の台湾統治って言わば、政争に破れた軍閥の親玉が都落ちして辺境を乗っ取ったようなもんだからね
米ソ冷戦構造と朝鮮戦争の勃発で中共にへの牽制として存在価値があったからアメリカに生かされただけで
以後は米中国交正常化の中で中途半端な存在となり、そのツケが米中対立の今になって現出していると……

>>当時の統治機構で、世界に全く無罪な統治機構は存在しないね。

全くもって同意
そして罪より利益が大きければ許容される時代でもあった
今の世界は辛うじて建前を通す余裕と理性が生まれたというべきか
136.名無しさん:2020年10月16日 23:32 ID:oXsnUGUm0▼このコメントに返信
>>126
大韓帝国の皇帝様
137.名無しさん:2020年10月16日 23:34 ID:YtonVVDx0▼このコメントに返信
※101
横からだけど、日米了解案の時点では石油禁輸措置はまだとられてないよ
138.名無しさん:2020年10月16日 23:34 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>120

そのくせあの時代の在アメリカ大使館の外務官僚はほとんど嫌米人間ばかりで、野村大使の足ばかり引っ張ってるんだよね。まあ在英大使館は全然違ったみたいで救いだけど。(ただ、まさに宿命的にアメリカとの外交交渉が必要になった時にサポート出来る人間が皆無で、ハルとの交渉を井川岩畔という門外漢2人が纏めるという体たらくは、後に岩畔達が日本に帰還して後に破滅的結果を生むんだよね。しかもサポート役に、よりもよって三国同盟の当事者の来栖を送り込む無茶苦茶ぶり)

任地ぼれは外交官、駐在武官共に両方で悪い結果ばかりだね。「相手を思いやる」というのは日本的美徳ではあるが、国益を毀損して行うべき事ではないからなあ。
139.名無しさん:2020年10月16日 23:34 ID:TlnxRXmq0▼このコメントに返信
130>当時、米国はすでに戦争を欲していた。戦争が世界第恐慌を終わらせた。結局、勝ったのは米国。日本は利用されただけ。
140.名無しさん:2020年10月16日 23:42 ID:bNG3wDua0▼このコメントに返信
>>139
前もどこかに書いたけど、アメリカの軍備再建計画はまだ中途半端で、43年までかかる想定だったんだが

あんた、命懸けのケンカを相手にフッかける時に、あさってアマゾンで頼んだナイフが到着するの解ってるのにわざわざその2日前に相手挑発するか?
141.名無しさん:2020年10月16日 23:44 ID:prmbGhTU0▼このコメントに返信
※126
一心会他、当時の大部分の朝鮮人だろうけど

具体的には日本側の併合反対派筆頭だった伊藤博文を暗殺して、併合を加速させた安重根じゃね?

南朝鮮じゃ英雄らしいけどw
142.名無しさん:2020年10月16日 23:47 ID:Prx1olVu0▼このコメントに返信
※141
一進会は会員数数千人の弱小団体でしかないよ
併合請願は日本の右翼団体の自作自演だし。

>日本側の併合反対派筆頭だった伊藤博文を暗殺して、併合を加速させた安重根じゃね?

これも俗説。
反対だったのは事実だけどその後同意して閣議決定済み。
暗殺されたのはその後だから暗殺が加速させた、というのはデマ。

143.名無しさん:2020年10月16日 23:49 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
※138
再三辞退している軍人出身の野村大使を軍官双方で留意して交渉を続けさせながら
その途中で南仏印進駐するわ、よりによって来栖を寄越してくるわ
できの悪いコントというか、野村大使に対する嫌がらせとしか思えないよね

任地惚れ以外に今更気づいたけど、松岡や来栖など生粋の外務官僚は
野村や井川など外務省出身ではない人選に対する官僚特有の権益保護から妨害した感情的背景があるのかもね
144.名無しさん:2020年10月16日 23:50 ID:Prx1olVu0▼このコメントに返信
※136
軽い知的障害があった皇帝様のお願いねぇw
145.名無しさん:2020年10月16日 23:53 ID:VkYCQQPl0▼このコメントに返信
>>119
別に日本側が文句を言って流れた訳ではないんじゃないの。
何も言わなかっただけで。
独ソ開戦で、アメリカにとっても協定を結ぶ意味が薄れたからでしょ。
まぁ、松岡洋右の責任は重いと思うけど。
つか、外務省全体的にどうしようもないよね。
146.名無しさん:2020年10月16日 23:56 ID:p4aC5WHb0▼このコメントに返信
※142
一進会自体、日露戦争時から日本軍と提携したり
アジア主義を唱えた玄洋社の流れを組む黒龍会の影響を受けてるからね
それが当時の朝鮮人達の総意的なものと言われると非常に如何わしい
朝鮮併合の嘆願書を書いたのも黒龍会の構成員だっけ?

147.名無しさん:2020年10月16日 23:56 ID:oXsnUGUm0▼このコメントに返信
>>144
誰が。と、いわれるとそういうのが適当だからな
親露の官僚に対する当てこすりってのもあるだろうが
148.名無しさん:2020年10月16日 23:56 ID:prmbGhTU0▼このコメントに返信
※142
流石にソース希望させておくれ
149.名無しさん:2020年10月16日 23:56 ID:UChRyVxO0▼このコメントに返信
経済圏の確立
150.名無しさん:2020年10月17日 00:04 ID:w9h7onV60▼このコメントに返信
140>日本は開戦前の昭和16年11月下旬まで、和平を望む昭和天皇の強い意向を受けて、同年8月に近衛首相が事態打開のため、ルーズベルト大統領と直接会談を強く望んだ。そして、駐米大使だった野村吉三郎を通じて、ハル国務長官にその実現を懇願したが、、ハルの返事は「大統領は暑中休暇のためにワシントンにはいない、日本の政策に大きな変更の無い限り、これを大統領に取り次ぐ自信はない」という事実上の拒否だった。では、その頃ルーズベルトは何をしていたかと言えば、かねてチャーチルと計画していたことを、大西洋のヨットの上で洋上会談をしていた。チャーチルとルーズベルト会談は極秘に行われ、両者の間で日本に対して並行して最後通牒的な行動をとることが約束された。チャーチルは帰国後、米国はいつ欧州大戦に参加するか尋ねられ「米国はすでに行動している」と答えている。
151.名無しさん:2020年10月17日 00:05 ID:i0VUbNEw0▼このコメントに返信
欧米列強の植民地支配を解放する為
共に闘い
対価を払い資源を購入
アジアに親日国が多いのはこの為
台湾 ミャンマー パラオ インド
この辺りが日本の真の姿知ってるんだわ
152.名無しさん:2020年10月17日 00:05 ID:5B.bJzuP0▼このコメントに返信
>>145
松岡がご丁寧にも「日本は三国同盟裏切らん、戦争するかしないか決めるのに他国の指図は受けん」と嫌がらせのようにオーラルステートメントつけて諒解案を送り返してきたから、ハルは一ヶ月以上放置したんだけど、独ソ開戦が決定的になったからやっと前日に「ドイツの侵略政策に賛同する人間が日本政府の主導的立場にいる以上、これ以上の交渉は無意味だ」って、激オコオーラルステートメントで返信してきたんだよね。もちろん、アメリカはおっしゃる通り、独ソ開戦でイギリス侵攻の可能性が無くなった以上、日本との交渉の価値が下がったのが原因だけど、日本の方は、松岡がこの経緯をちゃんと政府内で説明しなかったから、さらに迷走を繰り返す羽目になった。そして最悪の南部仏印進駐。
153.名無しさん:2020年10月17日 00:06 ID:jR2.JnmQ0▼このコメントに返信
>>111
大体が現地人の強制労働で。でも日本は本国からの移民が労働力を提供したけど。
※132
学校教育や医療を、現地人も受けられた。そして撤退したときみんな置いてったから、無償だね。
154.名無しさん:2020年10月17日 00:08 ID:sqcxL.Rp0▼このコメントに返信
東南アジアは全部欧米の植民地で戦ったのはフランス軍 イギリス軍、オランダ軍、米軍だった。現地の人間は敵ではなかった。
結果的にはアジアが独立に目覚めることになった。日本が南進していなかったら今でも全部植民地だ。しかし日本が真珠湾を攻撃したことは間違った戦争企画だった。日本軍部は間違いなく、米国を単に威嚇するだけの攻撃目的だった。それはその後の展開を全く想定していない、短期停戦しか頭になかった。 つまりちょっと攻撃して、どうだ参ったか?と云う日本的な考えだった。単に空母艦隊の実弾演習を米国に公開して見せればよかっただけだ。現在の米第七艦隊の演習を見せると同じことだった。戦略がなかった。戦わずして勝つのが戦略。経費が少ない。刀は抜かないで脅すのが正しい使い方。しかしソ連だけは攻撃するべきだった。ソ連は当時でも米国の敵で、日本が攻撃すれば完勝しなくても米国は喜んだはず。
155.名無しさん:2020年10月17日 00:09 ID:sqcxL.Rp0▼このコメントに返信
東南アジアは全部欧米の植民地で戦ったのはフランス軍 イギリス軍、オランダ軍、米軍だった。現地の人間は敵ではなかった。
結果的にはアジアが独立に目覚めることになった。日本が南進していなかったら今でも全部植民地だ。しかし日本が真珠湾を攻撃したことは間違った戦争企画だった。日本軍部は間違いなく、米国を単に威嚇するだけの攻撃目的だった。それはその後の展開を全く想定していない、短期停戦しか頭になかった。 つまりちょっと攻撃して、どうだ参ったか?と云う日本的な考えだった。単に空母艦隊の実弾演習を米国に公開して見せればよかっただけだ。現在の米第七艦隊の演習を見せると同じことだった。戦略がなかった。戦わずして勝つのが戦略。経費が少ない。刀は抜かないで脅すのが正しい使い方。しかしソ連だけは攻撃するべきだった。ソ連は当時でも米国の敵で、日本が攻撃すれば完勝しなくても米国は喜んだはず。
156.かごめ:2020年10月17日 00:10 ID:sqcxL.Rp0▼このコメントに返信
東南アジアは全部欧米の植民地で戦ったのはフランス軍 イギリス軍、オランダ軍、米軍だった。現地の人間は敵ではなかった。
結果的にはアジアが独立に目覚めることになった。日本が南進していなかったら今でも全部植民地だ。しかし日本が真珠湾を攻撃したことは間違った戦争企画だった。日本軍部は間違いなく、米国を単に威嚇するだけの攻撃目的だった。それはその後の展開を全く想定していない、短期停戦しか頭になかった。 つまりちょっと攻撃して、どうだ参ったか?と云う日本的な考えだった。単に空母艦隊の実弾演習を米国に公開して見せればよかっただけだ。現在の米第七艦隊の演習を見せると同じことだった。戦略がなかった。戦わずして勝つのが戦略。経費が少ない。刀は抜かないで脅すのが正しい使い方。しかしソ連だけは攻撃するべきだった。ソ連は当時でも米国の敵で、日本が攻撃すれば完勝しなくても米国は喜んだはず。
157.名無しさん:2020年10月17日 00:12 ID:5B.bJzuP0▼このコメントに返信
>>150
そりゃあ、イギリス侵攻をしない事を条件にした日米諒解案を自分から潰し、さらに南部仏印進駐までやらかして、諒解案にある「資源などの確保は軍事行動によらない」を自分から反故にしたくせに、その南部仏印進駐の軍をどうするかも全く具体的に説明もしないままに、ただその諒解案を盾に首脳会談を要請してきた近衛と日本外務省が相手にされるわけはないわな
158.名無しさん:2020年10月17日 00:12 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※148


>合邦主唱者タル一進会ガ実数四千ニ満サル会員ヲ以テ漫リニ百万ト称スルハ虚勢モ亦甚シ 内田良平『日韓合邦秘事』下巻


>憲機第二三六五号
>今回一進会の発表したる声明書の主謀者は内田良平にして、
>同人が該書を齎(もた)らしたることは蔽ふ可からざるものにして、
>発表後、以外にも国民および政府の反対激烈なるため、殆んど今日にてはその成算に苦み居れりと。

159.名無しさん:2020年10月17日 00:14 ID:sRt2.Yns0▼このコメントに返信
東南アジアが全部欧米の植民地だったから日本もそうなるのではないかという
危機感があったのではないか?

160.名無しさん:2020年10月17日 00:14 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※146
内田良平
黒龍会主幹で韓国統監府嘱託だね。

思いっきり日本側の人間。
161.名無しさん:2020年10月17日 00:16 ID:VVpWBegT0▼このコメントに返信
シュミレーションゲームでいきなり本拠地攻めないだろ。現実でも同じだよ。
162.名無しさん:2020年10月17日 00:16 ID:w9h7onV60▼このコメントに返信
157>米国は最初から日本と戦争をすることを決めていた。南部仏印が無くても、ハルノートのようなものを突き付けてくる。
163.名無しさん:2020年10月17日 00:24 ID:jR2.JnmQ0▼このコメントに返信
>>142
積極的賛成は少数派だったかも知れないけど、積極的反対も多かった訳ではなく、全体的にはどっちつかずじゃなかったの?
長年他国の配下に収まって単独じゃいられなかった国だから、今まで親分だった清朝が倒れて、日露のどっちかに付こうとしてた。
164.名無しさん:2020年10月17日 00:27 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※163
武力抵抗運動が起き、2万人近く死んでいる事実をどう評価するかですね。
それを大したことじゃない、と私は処理できませんな
165.名無しさん:2020年10月17日 00:45 ID:A8Jy.dpZ0▼このコメントに返信
※158
検索かけたら両論出るわ出るわ

今の段階ではなんとも言えんけど
少なくとも、情報の正誤が明確になった議論ではなく、右翼の陰謀などと決定事項として断定し、貴方が私にバイアスをかけようとしたのは分かりました。

まあ深く調べてみますわ。


166.名無しさん:2020年10月17日 00:45 ID:BPqSrIFh0▼このコメントに返信
資源問題もあるが普通に欧米諸国の軍事拠点だからね。
167.名無しさん:2020年10月17日 00:47 ID:ELBP2fuT0▼このコメントに返信
「日本軍が東南アジアに攻め入った」と言うとぴんと来ないだろうから、
日本軍は東南アジアでどこの国の軍隊と戦ったのかを考えるといいと思うよ。
168.名無しさん:2020年10月17日 00:48 ID:jR2.JnmQ0▼このコメントに返信
>>164
結局肝心の当人、朝鮮はどうしたかったのか、という問題。あそこの長期政権は国王が独裁してたかというと、配下の派閥抗争が
慢性的に酷かったそうなので。独立を望んだ派もいたのか、日本、ロシア、それぞれに付こうとする派が抗争したとか。
169.名無しさん:2020年10月17日 00:51 ID:p8YmOzfW0▼このコメントに返信
大日本帝国は、既に独立国となっていたタイ王国や中華民国、満州国を除くこれらの地を長年植民地支配下においていた欧米諸国の軍隊を駆逐して南方資源地帯を獲得するにあたり、昭和16年11月の南方占領地行政実施要領において、当面、軍政を敷くことを決定してはいたが、その後の独立に至るプロセスは決定されていなかった。そのため、占領地域等における円滑な統治のために大東亜会議が開催された。会議の開催は、東条総理にとって占領地における民心掌握の一環としての方策であったが、重光葵外相には和平や戦後構想にむけて、長年欧米諸国の植民地として搾取されていた各国の独立構想があった。
170.名無しさん:2020年10月17日 00:53 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※165
具体的にどうぞ
171.名無しさん:2020年10月17日 01:01 ID:.Xi7y4Yp0▼このコメントに返信
アジアを攻めた間違いで
欧米の植民地を攻めた
172.名無しさん:2020年10月17日 01:04 ID:w8cA3KiR0▼このコメントに返信
石油の禁輸で日本は開戦した
インドネシアは石油が採れるうえ、世界のゴム産出の大半を担っていたのでここを抑えることで列強各国への圧力を期待した
173.名無しさん:2020年10月17日 01:08 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※165
陰謀ってか日本の憲兵の報告書だし、
その後内田は総督府統監の曽禰は余計な事すんな、ってお叱りされてんだぞ?
174.名無しさん:2020年10月17日 01:11 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
×その後内田は総督府統監の曽禰は余計な事すんな、ってお叱りされてんだぞ?
○その後内田は総督府統監の曽禰に余計な事すんな、ってお叱りされてんだぞ?
175.名無しさん:2020年10月17日 01:30 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※169
なんで大東亜会議にインドネシア代表を呼ばなかったのかな?
解放・独立とか言っている人ってそういう矛盾はスルーするよね
176.名無しさん:2020年10月17日 01:51 ID:lMBiOocl0▼このコメントに返信
日本が銀輪部隊やってるころ、ドイツでは、オートバイ兵やら、ハーフトラックやら・・・。
177.名無しさん:2020年10月17日 01:58 ID:BPqSrIFh0▼このコメントに返信
※175
仮アメリカに勝って東南アジア解放に成功したとしても、完全に諸国が自立するまでは日本が安全保障を代行せにゃならんでな
178.名無しさん:2020年10月17日 02:07 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※177
アウト。
ビルマやフィリピンのように傀儡でも独立させて軍事同盟でいいのに
わざわざ日本領にした説明になっていない。

先に答えを言うと資源地帯だったから。
実際に独立容認したのはフィリピンサイパンを落とされて日本へ資源を運べなかったから仕方なくしただけ。

言い換えれば勝てば永遠に日本領のままだよ。
インドネシアの資源こそが戦争目的だったんだから。
179.名無しさん:2020年10月17日 02:24 ID:iQ1Mgcd60▼このコメントに返信
満州に影響力を維持しつつ撤兵なんて出来たら苦労せんわ
180.名無しさん:2020年10月17日 02:59 ID:srhgjLCh0▼このコメントに返信
むしろ何で真珠湾を攻めたのかだろ
東南アジアは資源のためには必須だし
英蘭だけ徹底的に叩いときゃ良かったんだよ
181.名無しさん:2020年10月17日 03:16 ID:.368mXNE0▼このコメントに返信
ターチンさえ発見されていれば!
182.名無しさんΘ:2020年10月17日 03:22 ID:lDdYUpFo0▼このコメントに返信
※180 >>180
最初に叩ければ叩きたい所だろう
旧式戦艦で艦隊決戦を挑んで来るなら良いが
分散して初戦から輸送や上陸部隊に艦砲射撃されるのは嫌だろう
183.名無しさん:2020年10月17日 04:45 ID:BQNy0E0.0▼このコメントに返信
日中戦争で米英が中国側に付いて日本に経済制裁→日中戦争継続の為の資源(石油・ゴムなど)が調達できなくなった。
米国と制裁解除の交渉を続けたが、仏印進駐&ハルノートで破談。オランダとの交渉ではオランダが最大限譲歩して石油を大幅に輸出決定するも、そんな量では全然足らないと日本側から蹴る。
結局、経済制裁下で日中戦争継続の為に東南アジアの資源地帯を求めて開戦。白人を追い出して日本傘下の大東亜共栄圏として恒久的な資源の調達を可能にする体制構築の為には米国の太平洋艦隊が邪魔だったので先に真珠湾奇襲で米国の太平洋艦隊を壊滅させることで大東亜共栄圏を確立するまでの時間稼ぎが可能と当時の上層部は考えた。
だが米国の圧倒的な生産力の前に敗北を重ねた日本は大東亜共栄圏という日本自立の夢を打ち砕かれてしまった。要は日本は世界恐慌後にイギリスやフランスが広大な植民地を有して自立していたブロック経済の日本バージョンを作りたかった。経済制裁されても戦争続行可能な日本版のブロック経済が喉から手が出るほどに欲しかったんだよ。
184.名無しさん:2020年10月17日 06:30 ID:dKkGbUJ.0▼このコメントに返信
平和な独立国の東南アジアを侵略したみたいな言い方だな。
東南アジアのほとんどが欧米の植民地で、すなわち欧米だったのだから、仮にアメリカ本国目指したら背後(東南アジア)から攻められる。
加えて石油や鉄などの資源がない。
欧米に戦争仕掛けたのだから、当時欧米であった東南アジアに進攻するのは当たり前では?
185.名無しさん:2020年10月17日 06:42 ID:4tIV.c7E0▼このコメントに返信
竹中キム小室のせいだろう
186.名無しさん:2020年10月17日 06:45 ID:Fvo5Il5n0▼このコメントに返信
>>49

心配するな。

世界が許さぬ歴史歪曲は、 
そんな教科書を作った奴等だ。

187.名無しさん:2020年10月17日 06:49 ID:liCfZ50q0▼このコメントに返信
なんでってそりゃ、ヨーロッパ攻めようったって遠すぎるからやろ?
188.名無しさん:2020年10月17日 06:51 ID:liCfZ50q0▼このコメントに返信
※184
もう少しでアメリカから独立するところだったフィリピンを侵略して支配下においた事実は、忘れんなよ?
189.名無しさん:2020年10月17日 06:51 ID:Fvo5Il5n0▼このコメントに返信
>>66横

愚民化されたのかな?

ヒント:日本以外ほぼ全て

190.名無しさん:2020年10月17日 06:53 ID:JRteKoiR0▼このコメントに返信
※176
なんかドイツ凄いみたいに書いてるけど実態は終戦まで馬匹輸送が主力だぞ
パンツァーリーダーとかプレイしてみ、がっかりするから。
191.名無しさん:2020年10月17日 07:15 ID:Bs6K4szn0▼このコメントに返信
※143
>>その途中で南仏印進駐するわ

中立国に軍隊で乗り込むというのは、戦争を仕掛けたも同然の激ヤバ行為
清国軍が朝鮮に進駐したのが日清戦争の原因だったし
ドイツ軍がベルギーに侵入したのが第一次大戦の原因になった
192.名無しさん:2020年10月17日 07:15 ID:ludQMZEz0▼このコメントに返信
※156
アジアの植民地解放は日本の影響と言うよりソビエトの影響
アジアの民族独立運動家は日本に度々学びに来ながら帝国主義の日本に見きりをつけて社会主義者になって行った
むしろ日本の存在が東南アジアを共産圏にしてしまったとすらいえる
また、ルーズベルトはスターリンと外交的信頼関係を結んでいた
日本とソビエトどちらを選ぶかと言われたらソビエトを選んでいただろう
193.名無しさん:2020年10月17日 07:16 ID:Fvo5Il5n0▼このコメントに返信
>>188横

予定は未定

覚えとけw

194.名無しさん:2020年10月17日 07:31 ID:ludQMZEz0▼このコメントに返信
>>193
議会で通した案だからほぼ確定
むしろ日本の大義を損なう可能性がある問題
195.名無しさん:2020年10月17日 07:32 ID:Bs6K4szn0▼このコメントに返信
※192
インドのチャンドラボースみたいに、ドイツや日本で相手にされなくて、ソ連に行こうとした人もいるしね



196.名無しさん:2020年10月17日 08:18 ID:p8YmOzfW0▼このコメントに返信
※191
その時のフランスはビシー政権なんだけどね。
197.名無しさん:2020年10月17日 08:55 ID:BPqSrIFh0▼このコメントに返信
戦時中に占領地を即時独立させるなんて不可能に決まってるでしょ
198.名無しさん:2020年10月17日 09:16 ID:.IX5DaVN0▼このコメントに返信
※178
>勝てば永遠に日本領のまま

それは戦後の情勢によるとしか言えんでしょ。第二次大戦終結後、西側諸国は自由貿易の旨味をはっきり自覚した以後は植民地経営をやめた。でもそういう風潮ができる前の西側諸国は(アルジェリアやベトナムのように)軍事力をもって植民地を維持しようと努めたし、あるいは中東のように傀儡の独裁政権を作らせて間接的に支配を続行し続けた地域もある。戦前の日本だって日露戦争後しばらくのあいだ朝鮮を独立国として扱おうとしたし、満州も直接併合ではなく傀儡政権樹立という手順を踏んだり、ようは軍事的に占領したからって必ずしも「日本領」に組み込むとは限らない。

というか普通に考えたら併合なんてリスクが大きくてやってられんよ。日本は調子に乗って朝鮮だの台湾だのとどんどん取り込んでいったが、明らかに身の丈に合ってない。だから東南アジアの資源地帯についても最終的には政治的、軍事的、経済的観点から判断して合理的と思われる手法を探るしかなく、直接統治というのはその中でもかなり負担の大きい選択肢のひとつでしかない。朝鮮みたいに傀儡政権がまったく使えない連中だと判明したり、中途半端なトコで停戦したがためにすぐ再戦の可能性があったり、あるいは統治のやり方がマズくて抵抗運動が激化するとかなったら、その負担の大きい選択肢を採用する可能性は高いかもね
199.名無しさん:2020年10月17日 09:52 ID:OgycDoIR0▼このコメントに返信
>>6
引け目なんてしょうもない理由じゃなくて、実際にブロック経済や対日禁輸で痛い思いしたから独自の影響圏が必要になった
ドイツもソ連も同じで、アメリカが一方的にソ連に肩入れする形になったのがWW2
200.名無しさん:2020年10月17日 09:53 ID:OgycDoIR0▼このコメントに返信
>>11
そのために日本が滅んでたら意味ない
201.名無しさん:2020年10月17日 09:53 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※197
フィリピンやビルマは戦時中に傀儡とはいえ独立させたのに
時機を見て独立を認める、って最初から決定せず
インドネシアは帝国領土と決定しちゃったの?


あなたの言い分は矛盾するよね。
202.名無しさん:2020年10月17日 09:55 ID:OgycDoIR0▼このコメントに返信
>>22
中華民国に与してたんだから外野じゃなかったんやで
203.名無しさん:2020年10月17日 09:56 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※184
戦略的に当たり前であることは
侵略したという事実を免罪するものじゃないぞ。

戦略上当然の事として侵略した、だ。
204.名無しさん:2020年10月17日 10:02 ID:OgycDoIR0▼このコメントに返信
>>70
併合するわけではないから文化的独立性は別に失われんやろ
今の英語のポジが日本語に変わるだけ
そして東南アジアは今も搾取されてる
日本並みに自助努力で強くならなきゃ搾取されるなんて当たり前
それでも欧米の植民地か、形だけでも独立の機会を与えられるかって状態だったんだよフィリピン以外は
205.名無しさん:2020年10月17日 10:04 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
そもそもインドネシアの独立自体、日本の影響よりアメリカの影響の方がよっぽど大きい。

独立戦争の参加者は日本が育てた、みたいな印象論がまかり通っているけど
実際はオランダの育てた人材がPETA同様にインドネシア独立軍で重要な役割を果たしているし
旧日本兵が参加したその独立戦争は、戦闘的にはオランダに対して劣勢。

独立が出来たのは国際社会のオランダに対する非難の声だったり
アメリカのマーシャルプラン停止をちらつかせたオランダへの圧力によるもの。

これらの事実を知るまで、俺もインドネシア独立は日本のお陰というのも
無理はないなぁと思っていたけど事実を知れば、そうでもないなというのが正直な感想だわ。
206.名無しさん:2020年10月17日 10:06 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※204
インドネシアで皇居に向かって礼拝しろと現地人に言って
イスラム教徒から猛反発受けてますな。
207.名無しさん:2020年10月17日 10:08 ID:YJUm3KId0▼このコメントに返信
大東亜政略指導大綱みりゃ分かる。英蘭の代わりに宗主国になって資源ゲットしたかったから。バレると現地民の反発を買うことが分かってたからか隠してたけどな。

六 其他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通定ム  

但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セス  
(イ)「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発竝ニ民心ノ把握ニ努ム  
(ロ)前号各地域ニ於テハ原住民ノ民度ニ應シ努メテ政治ニ参與セシム  
(ハ)ニューギニア等(イ)以外ノ地域ノ處理ニ関シテハ前二号ニ準シ追テ定ム  
(ニ)前記各地ニ於テハ当分軍政ヲ継續ス  

208.名無しさん:2020年10月17日 10:35 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※2
東南アジアの植民地支配者の米英蘭が、ABCD包囲網をつくって、日本に資源を売らなくなったからだよ。東南アジアで日本が戦ったのはあくまで、米英蘭だよ。植民地支配されていた東南アジア住民は、日本に協力して、米英蘭と戦ったから、少ない兵力で、東南アジアを占領できた。
209.名無しさん:2020年10月17日 10:46 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※97
一応、大東亜会議に、フィリピン代表も参加してただろ。抗日ゲリラ掃討はとうぜんだろ。こっちがやらなきゃ、こっちがやられる。
210.名無しさん:2020年10月17日 10:47 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※208
その後日本の統治が英米蘭より酷くて各地で反乱が起こりまくっている所までは書かないのねw
211.名無しさん:2020年10月17日 10:47 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※95
ハルノートはどうした。
212.名無しさん:2020年10月17日 10:52 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※210
日本の統治がよかったので、感謝の意味で、インドネシアの独立記念の日は、皇紀で書かれている。インドネシアを占領していた日本軍の聖将今村均司令官も、インドネシア人の反対で、戦犯をまぬかれている。
213.名無しさん:2020年10月17日 10:54 ID:Bs6K4szn0▼このコメントに返信
※212
今村大将のゆとり統治は、結局大本営に否定されているので、残念ながらただの個人プレイ
214.名無しさん:2020年10月17日 10:55 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※192
有色人種の日本が東南アジアの米英蘭を叩き潰さなければ、アジアの独立はなかったよ。
215.名無しさん:2020年10月17日 10:59 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※212
8月17日の皇紀使用はただ単にその時点ではまだ日本時間を使うという法律が生きていたからだよ。
連合軍の上陸はもっと後だしね。

日本が単純に感謝の対象なら、なぜ日本に対して反乱を起こした人物が国家的英雄に認定されているの?
216.名無しさん:2020年10月17日 11:00 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※178
日本領にはしてない。ただし、独立かどうかは知らないが、大東亜会議には、フィリピン、ビルマの代表者も参加させてるだろ。
217.名無しさん:2020年10月17日 11:05 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※117
併合は、吸収合併と同じで、対等に扱っている。解放だろ。ハワイと同じだ。
218.名無しさん:2020年10月17日 11:07 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※90
共産主義は、オウム真理教と同じだ。弾圧されて当然。
219.名無しさん:2020年10月17日 11:09 ID:TfwoQdmS0▼このコメントに返信
※88
ハルノートには、何と書いてあるの?
220.名無しさん:2020年10月17日 11:40 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※216
かみ合ってないぞ。
私はインドネシアの話をしている。
大東亜会議前にインドネシアは帝国領土と決定されてるんだよ。
221.名無しさん:2020年10月17日 11:49 ID:VgRHquEe0▼このコメントに返信
※217
>吸収合併と同じで、対等に扱っている。

名目だけで実態はぜんぜん対等じゃないんだけど。
222.名無しさん:2020年10月17日 12:01 ID:7aMXExNf0▼このコメントに返信
>>太平洋戦争って何で東南アジアを攻めたの?

資源確保のためだろ?
ただし軍を出さなくても蘭仏との個別交渉で資源は確保できた模様
223.名無しさん:2020年10月17日 13:54 ID:3Sngl5fS0▼このコメントに返信
※222
蘭仏と交渉して資源を確保しても
ドイツが欧州を征服すれば蘭仏植民地もドイツのものになる
軍事力で中国を屈服させてきた軍部がそれを指をくわえて見ているわけがない
ドイツが欧州を征服しアジアの植民地も征服する前に
日本がアジアの植民地を手に入れようと侵攻したということ
もちろん日中戦争で対立していた米国に備えて資源確保の意味もある
ドイツ軍が快進撃していた1940年9月に米国への牽制も狙って日独伊三国同盟を結んだ
そして真珠湾とフィリピンの米軍基地を叩いた上でアジアと太平洋に侵攻した
だがそのときドイツ軍はモスクワ攻略で行き詰まり負け始めているときだった
学問も言論も弾圧と右翼テロで封じて世界の情勢を見誤ったという自業自得だった
224.名無しさん:2020年10月17日 13:56 ID:Bs6K4szn0▼このコメントに返信
※150
近衛首相が日米トップ会談ばかりに固執したのは、軍部を含めて政府内をまとめることができなかったから
アメリカ側は、まず下僚同士の予備会談が必要だと言ってトップ会談に消極的だった

日米了解案のごたごたを横で見ていたアメリカ政府の立場に立ってみるといい
誰がなにしてるか皆目わからない、こんなグダグダな日本に対して腹を割って妥協してあげても、後でこっちが恥をかかされるだけだ
FDRやハル国務長官がそう考えたとしても、まったく不思議じゃない
近衛をムンジェイン、FDRを安倍首相に置き換えてみるとわかりやすい

225.名無しさん:2020年10月17日 16:02 ID:hvPoLA0s0▼このコメントに返信
南方作戦の完了時点で日本の戦争目的は完全に達成されてるんだよね
あとはその権益を守り切れるかどうかだった
226.名無しさん:2020年10月17日 18:24 ID:r.WppbnB0▼このコメントに返信
東南アジアなら油よりゴムとかかね、戦争するにも資源が必要だからな~
227.名無しさん:2020年10月17日 22:21 ID:MiNvGqZV0▼このコメントに返信
>>224
日本はこんな当たり前の事も出来なかったんだよね。それでも、日米交渉資料見てみると、アメリカはギリギリまでちゃんと日本の相手してるんだよな。首脳会談も近衛内閣崩壊寸前までちゃんと議題に載せてるし。
228.名無しさん:2020年10月17日 22:26 ID:MiNvGqZV0▼このコメントに返信
>>225
戦争で勝ち逃げはまあ存在しない。そもそも「戦争目的」なんて単語使って日米戦争を話しても全く意味が無い。なぜなら、開戦前に内閣で誰一人何が戦争目的なのかをまともに議論していないし、資源確保ですら戦争遂行手段の一つにすぎないからな。
229.名無しさん:2020年10月19日 19:59 ID:coinMlO40▼このコメントに返信
ゆとりは釣りのために 当時、東南アジア諸国があった事にしたいのか。ゆとりがゆとりへお花畑をしてどうする。東南アジア地域を蹂躙していた欧米の植民地主義者、侵略者を排除しないでどうして我が本土、民族、家族を護れたと云うのか。それがお花畑への答え。

お名前