2020年09月28日 19:05

日露戦争の頃の日本は何もかも神憑ってたのに

日露戦争の頃の日本は何もかも神憑ってたのに

20200926103914

引用元:日露戦争の頃の日本は何もかも神憑ってたのに
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1431306717/

1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)10:11:57 ID:Psq
太平洋戦争のあのザマは何?
40年で一体何があったの?

2: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)10:12:20 ID:ljP
日露も割とギリギリ

5: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)10:14:30 ID:fQa
高度成長期からバブルくらいまでは凄かったけども
今はそうでもないのと同じ

8: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)11:30:28 ID:fkf
日本が弱かったんじゃないアメリカが強すぎたんだ

9: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)11:35:03 ID:Gv8
日本も、結構頑張って裏工作してたじゃん
ロシア革命煽動したり、石炭供給妨害したり

12: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)11:37:55 ID:l5W
ロシア全然本気じゃなかったから

14: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)11:39:03 ID:bMT
外交と海軍は一級だったな

42: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)18:54:25 ID:3Oc
>>14
諜報もかなりいい線行ってたよね

15: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)11:39:32 ID:FTD
ロシアさん革命起きてたんじゃなかった?

42: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)18:54:25 ID:3Oc
>>15
日本が裏で手を回したのも一因

16: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)11:42:12 ID:bMT
山本権兵衛、東郷平八郎、秋山真之、小村寿太郎、明石元二郎...
この奇跡とも言える人事だ

23: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)12:10:34 ID:Mai
>>16
児玉源太郎も追加で

24: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)12:14:41 ID:5mS
>>23
児玉は大したことないぞ
最終局面で乃木と入れ替わっただけで、頑張り続けたのは乃木だ

28: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)12:39:14 ID:tB7
外交戦で最初から負けてた
外交の延長線に軍事があるのに外交が糞過ぎた

43: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)18:57:43 ID:3Oc
>>28
これは軍部が大きな権力を持ってからのはなしだね
一次大戦直後までは日本の外交力は欧州から評価されていた

29: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)13:11:06 ID:bMT
あの頃の日本人は必死に知恵を振り絞ってたんやろね
いつのまに脳筋になったけど

30: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)13:21:20 ID:tB7
外交戦情報戦を怠けてた
色々言われるが軍事面は実力以上に頑張った

32: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)13:31:15 ID:5mS
>>30
全て揃える努力をした上で、足りない部分を精神で補ってたんだよな
それを認識せずに精神だけで勝てると思い込んだのもアカン

いずれにせよ日清、日露戦争の勝利で慢心したのは間違い無いよね

31: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)13:30:02 ID:EW5
日清、日露、日中戦争の黒幕はアメリカ。
日英同盟をやめさせたのもアメリカ。
ラスボスはアメリカ。

34: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)13:44:16 ID:Tr8
「神がかってた」という認識自体がまさに大元凶

日露戦争のとき、日本人は神に祈ることはあっても神を頼ろうとはしなかった
運に恵まれたことは事実だが、その運を呼び寄せたのは人々の尋常ならざる努力だった

それを忘れて「神の国だから不滅」と勘違いしてしまったのが太平洋戦争
もちろん当時の軍人も努力はしていただろうが、どこかに計算の甘さがあったのではないかと思う

46: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)19:21:37 ID:TYZ
日露戦争の時の政府も軍も頭がよかっただけ
だけどそれに驕って調子に乗った結果が太平洋戦争

日露戦争で大国のロシアに勝ったんだからアメリカなんて楽勝だろと言ってる時点でアウト

47: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)19:26:57 ID:ZpD
>>46
いや実際には上層部は軍部も含めて誰も勝てるという確信のない状態で戦争に突入した模様
敗戦後は、口をそろえて「だから負けるかもっていったじゃん」みたいなことを言って草不可避

57: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)20:30:30 ID:0vh
兵站を軽視していたのが敗因だよ。
一次大戦までは、周辺で暴れていたのが、二次大戦では兵站線を伸ばし過ぎた。

63: 名無しさん@おーぷん 2015/05/11(月)20:42:03 ID:3Fo
日本は北条じゃね?
外交下手なとことか似てる

67: 名無しさん@おーぷん 2015/05/12(火)22:48:30 ID:Uky
>>1
そのせいで勘違いして暴走した結果がWW2なんだよな
あの時国民に日露戦争は綱渡りの戦争でヤバかったと認識させていれば
違った歴史をつくれたのに

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年09月28日 19:07 ID:p9Mg1i3w0▼このコメントに返信
令和時代も神がかっているで~
2.名無しさん:2020年09月28日 19:07 ID:.U5wdkWO0▼このコメントに返信
明治の元勲が残っていたから、と見るか、明治からのイケイケな流れでブチあがってしまったから、と見るか……
3.名無しさん:2020年09月28日 19:12 ID:Ie2Q0FYq0▼このコメントに返信
英国がバックアップしてくれたお陰です。
というか日本にロシアけん制しろと言ったのも英国だろ。(よく知らんけど)
4.名無しさん:2020年09月28日 19:13 ID:eogZ5S7O0▼このコメントに返信
なんだかんだで薩長閥が優秀だった
昭和は旧佐幕派の子孫が国の舵取り
日本を焦土化させたが
何故かその責を幕末から明治維新を起こした
薩長が誤っていたんだと転化

5.名無しさん:2020年09月28日 19:14 ID:PTJyCIcu0▼このコメントに返信
神勅で瑞穂の国たる日本は陛下がお治めになられる事が分かっている。天と地がある限り日本では負けない。
6.名無しさん:2020年09月28日 19:14 ID:rrBqtKmP0▼このコメントに返信
全然神憑ってない。全部計算された外交努力の結果。
7.名無しさん:2020年09月28日 19:15 ID:3MqV8QpC0▼このコメントに返信
日本軍負けw
中国軍の勝ち
8.名無しさん:2020年09月28日 19:16 ID:uyOVTaVC0▼このコメントに返信
神(米英&ユダヤ資本のサポート)

尚太平洋戦争時代の微妙な指導部人材輩出につながる陸軍幼年学校や艦隊派生んだんもその世代やで
9.名無しさん:2020年09月28日 19:17 ID:nCyujuSR0▼このコメントに返信
この時代の日本は明治の元勲が舵を取ってたし分を弁えてたんだろうな
でもドイツと同じで人間関係ありきのところが出ちゃってたりする
10.名無しさん:2020年09月28日 19:19 ID:IaHoKYvH0▼このコメントに返信
いうほどか?

日本引きずりこんで叩くぞ!、、あら惨め日本力尽きちゃった?で終わりだったろ。
ロシア国境へ一歩でも足踏み入れたのか?
11.名無しさん:2020年09月28日 19:19 ID:IaHoKYvH0▼このコメントに返信
日本は敗戦国。
12.名無しさん:2020年09月28日 19:20 ID:VvPE.Y6b0▼このコメントに返信
朝鮮という疫病神に憑かれたらあとは負のスパイラル
超大国アメリカをベトナムに負けさせた国だぞ
13.名無しさん:2020年09月28日 19:23 ID:DYCVy9CF0▼このコメントに返信
明治維新を目の前で見てきた人たちだからね
倒幕はほとんど情報工作でなし得たようなもの
戦う前に勝負は決まっていた
14.名無しさん:2020年09月28日 19:26 ID:Ie2Q0FYq0▼このコメントに返信
※12
 薩長閥が征韓論で併合したんだろ。半島と繋がり多いからな。
15.名無しさん:2020年09月28日 19:27 ID:6HfMy9UT0▼このコメントに返信
そのぶん戦後処理や戦利品絡みが酷かったせいで軍部が反発してちょっとおかしい方向にこれから行っちゃうんだけどな
16.名無しさん:2020年09月28日 19:27 ID:ZKvpQFy10▼このコメントに返信
神懸っていたのではなく、リアリストだったんだよ。
17.名無しさん:2020年09月28日 19:28 ID:xxHrSUPH0▼このコメントに返信
※12
つまり西郷隆盛が悪いと
18.名無しさん:2020年09月28日 19:30 ID:UDmDuPkD0▼このコメントに返信
英国と利害が一致したからユダヤ金融の全力サポートを受けられただけだ
日本もロシアに呑み込まれるところだったから死力を尽くしてギリ勝てた

その後は軍部が傲慢と独善で迷走して、身の程知らずな喧嘩を売ってあのザマよ
19.名無しさん:2020年09月28日 19:31 ID:vGgJrCdZ0▼このコメントに返信
またおバカのたて逃げスレか。
20.名無しさん:2020年09月28日 19:34 ID:fDCQ7.6n0▼このコメントに返信
ミッドウエイスレでも書いたが次の大戦では日本が勝つからいいんだよ。
今度はアメリカが同盟で味方だ。これで負けるわけがないし少なくとも次はアメリカが邪魔してこない。
日米同盟は結構神懸かってると思うぞ。日本抜きでアメリカ単体でいい?
日本が居らんかったらアジアを支配するのはアメリカだぞ。
中国を赤化させシリアを戦乱の地にし、支配した地域の大半は成長発展出来ないあのアメリカだぞ。
日本くらいなんだがね、支配地域の経済まで考えてインフラ投資をまじめにやる国とか。
21.名無しさん:2020年09月28日 19:35 ID:dC5Y6Cmi0▼このコメントに返信
アメリカが暗号を統計学を用いて解読していたのに対し日本は逆に解読が出来なかった
解読されている危険性に注意を払えばもう少し趨勢は違っていたかもしれんが、まあ歴史にifは無いから
22.名無しさん:2020年09月28日 19:37 ID:Zp.A2o6.0▼このコメントに返信
やっぱ、あの法則かなぁ~。
23.名無しさん:2020年09月28日 19:37 ID:fDCQ7.6n0▼このコメントに返信
※18
その前に一次大戦の勝利があるだろ。日露戦争の借金は一次大戦の勝利で大まかなところは返せてる。
一次大戦後に日本が軍艦を沢山作れたのは税率が高かったからと言うのもあるが一次大戦で得た利益がでかかったからだよ。
24.名無しさん:2020年09月28日 19:38 ID:G.AIVkfE0▼このコメントに返信
金も無いのに日中戦争してさらに疲弊した
25.名無しさん:2020年09月28日 19:43 ID:sE1UZ7Pk0▼このコメントに返信
土地や身分に縛られていた時代から己の努力次第で出世できる立身出世に夢見たんだよ。
どんなに貧しくとも一高東大或いは士官学校・兵学校出れば大臣・学者・大将を夢見てさあ。
華族なんて一部の特殊な連中だったし。
今は国民の大半が子供に当時の華族並みの教育費かけるから受けてる本人も大して有難みを感じてないようだが。
26.名無しさん:2020年09月28日 19:44 ID:3qDZvNwc0▼このコメントに返信
ユダヤ金サポート入ったのはいいが返済に1986年までかかった模様
27.名無しさん:2020年09月28日 19:46 ID:FkIsjVGW0▼このコメントに返信
スレ主はわざと反対意見を誘導する意思があるように思えるな
28.名無しさん:2020年09月28日 19:52 ID:pUrf47z90▼このコメントに返信
やっぱり、近代以降の国家においては「国益の為に不利な事は隠す」って方針は、当面は良くても長い目で見たら害悪だね。
何を何時まで隠すかにもよるけど、やっぱりある程度で裏の話は公開すべきだ。
29.名無しさん:2020年09月28日 19:54 ID:fbBbdKFD0▼このコメントに返信
明治の元勲がいたからやろ、本当の意味で幕末という国の瀬戸際で困難を乗り越えてきた人たちが指導していたんだから
昭和の軍部となると世間から隔離された軍学校でしか育ってなかった連中ばっかだからなあ
30.名無しさん:2020年09月28日 19:58 ID:Hrmfmdbo0▼このコメントに返信
国際ユダヤ金融資本が、ロシアで世界初の共産主義国家を作って、実験したかった。
31.名無しさん:2020年09月28日 19:58 ID:x.omNPYV0▼このコメントに返信
第二次大戦も神がかってるだろ。
西欧列強の地球支配が正に完成する最後の最後、極東にてその野望潰える。
大日本帝国は破れはしたが、人種による優劣がないことを世界に示した。列強の植民地で軍事、政治の教育を行い、それが各国の独立につながった。
人類の歴史上最も重要な貢献と言ってもいい。
32.名無しさん:2020年09月28日 20:02 ID:8VnJ2jWW0▼このコメントに返信
近代日本は大体40年周期で状況が上下する
1860年代の幕末混乱
1905年の日露戦争勝利
1945年の敗戦
1980年代の経済絶頂
で、失われた20年とか経て今の日本になる
33.名無しさん:2020年09月28日 20:04 ID:Ie2Q0FYq0▼このコメントに返信
※31
 覇権のやり方が株式に変わっただけじゃないか。
そして、また負けたじゃないか?笑えるよね。
34.名無しさん:2020年09月28日 20:06 ID:rpASXbT50▼このコメントに返信
太平洋戦争はふっかけた相手が悪すぎただけや…
35.名無しさん:2020年09月28日 20:09 ID:Hrmfmdbo0▼このコメントに返信
原爆も元々はドイツのユダヤ人が考え、それを米国に持ち込んで、マンハッタン島にいる、ウォール街のユダヤが資金を提供して開発し、それを日本に落として実験をし、戦後も、そのユダヤがソビエトや中国に、その原爆の技術を教えた。
36.:2020年09月28日 20:11 ID:XDp5Jg8v0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
37.名無しさん:2020年09月28日 20:12 ID:M9OHWur.0▼このコメントに返信
いや、神憑って笑たから勝った訳じゃないよ
アメリカ・イギリスという最強国家が背後に居たから勝てた

今?中国共産党と親中派に侵され、媚中している日本に未来があるとおもうなよ、愚民どもw
38.名無しさん:2020年09月28日 20:13 ID:XDp5Jg8v0▼このコメントに返信
※31
でも、やっぱり世界はユダヤ資本に支配されていて、何も変わっていない。
移民政策やTPPでさえ拒否できない今の日本を見ればわかる。
39.名無しさん:2020年09月28日 20:15 ID:4omjqLQw0▼このコメントに返信
これは、世界の覇権がイギリスからアメリカに移行したから。
同じアングロサクソンでも立憲君主制のイギリスと
それが嫌で聖書を実現するために原住民をアレしながら出来たのがアメリカは
全然違う。
国民性も違うし。
40.名無しさん:2020年09月28日 20:21 ID:xxHrSUPH0▼このコメントに返信
アメリカはともかく、イギリスは今ではいかなる側面から見ても最強国家とは言い難い
41.名無しさん:2020年09月28日 20:25 ID:Wg5cFf5D0▼このコメントに返信
相手が強いと思うが戦わなければならないと褌〆たから色々と覚悟と知恵が回った
その後は過去の成功体験を過大評価しすぎて変になった
42.名無しさん:2020年09月28日 20:26 ID:Hrmfmdbo0▼このコメントに返信
38>共産主義も国際金融ユダヤ資本が考えた。資本家は敵だ、あいつらを倒せと言っているが、倒されるのは、自分たち、国際金融ユダヤ資本以外の資本家たち。最後は自分たちが世界を支配をする。
43.名無しさん:2020年09月28日 20:26 ID:L5z.yxSP0▼このコメントに返信
上から下まで全部純日本人兵士で団結力がすごい頃だな。
44.:2020年09月28日 20:27 ID:eIzqNkM70▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
45.名無しさん:2020年09月28日 20:29 ID:tyAcRAFw0▼このコメントに返信
朝日新聞が煽りに煽ったから、国民が勘違いしたんだろう。んで、国自体が勘違いのまま日米開戦へと。
46.名無しさん:2020年09月28日 20:36 ID:Ie2Q0FYq0▼このコメントに返信
※45
 アサヒ新聞に国民も軍部も踊らされたんですね。それはさぞ賢い国民でしたね。
47.名無しさん:2020年09月28日 20:36 ID:I6gbX0TJ0▼このコメントに返信
古人曰く、勝って兜の緒を締めよ
連合艦隊解散式で東郷が述べた言葉の一節
後の海軍上層部はこの言葉をもっと噛み締めるべきだった
48.名無しさん:2020年09月28日 20:40 ID:Ie2Q0FYq0▼このコメントに返信
※45
 アジアの開放じゃ~~!という論説は
 アサヒに騙されたんですかね?そうすると今も騙されて続けてる訳ですかね。
49.名無しさん:2020年09月28日 20:41 ID:o2v7Uu.80▼このコメントに返信
毎度毎度同じことばっか書いてて飽きないのかねコイツら
50.名無しさん:2020年09月28日 20:50 ID:ewx3ZdQ00▼このコメントに返信
ま~た大東亜戦争スレだよw

 2020年09月27日 10:05
 2020年09月27日 21:05
 2020年09月28日 12:05
 2020年09月28日 19:05 ←今回

毎日毎日何度もとか脳が腐りそうよw

そんな昔のことより、今大変な中華人民共和国の話題に触れてあげたら?
51.名無しさん:2020年09月28日 21:11 ID:.HYOsriy0▼このコメントに返信
日露も旅順対応がぎりぎり 綱渡りだよ
乃木司令があれ以上旅順に足止めされていたら、本体の決戦が駒不足になっていた
203高地ですりへらされていても、第三軍は重要な戦力だった
52.名無しさん:2020年09月28日 21:15 ID:uWujB4Pz0▼このコメントに返信
※50
日露戦争だよ?
53.名無しさん:2020年09月28日 21:19 ID:oEUSAW3q0▼このコメントに返信
新聞は好戦的だし、政党も対外硬派だし、民衆は日比谷焼き討ちするし、
東大は七博士がろくなこと言わんし、それを咎めた政府は嫌われバカにされる、うん、これ、ちょっと違ったら太平洋戦争になりますな
54.名無しさん:2020年09月28日 21:23 ID:33omFPKa0▼このコメントに返信
日露まで古来の兵法でやってたから負けなかった、昭和の頃はその兵法を捨て新しい兵法にしたから負けたんだよ
55.名無しさん:2020年09月28日 21:41 ID:.L9LnLvi0▼このコメントに返信
なんだかんだで武家揃いだった4大藩閥や幕府や大藩の官僚やそのコネで役人になって舵取りした連中が神だったんやね
下民が背伸びして偉くなったらあのザマよ
56.名無しさん:2020年09月28日 21:47 ID:fDCQ7.6n0▼このコメントに返信
※52
スレタイはな。元スレ1で太平洋戦争がどうの言っている。
結局のところ神懸かった日本の事を語る気なんて微塵も無いんだよ。
57.名無しさん:2020年09月28日 21:56 ID:TsJyZ3bL0▼このコメントに返信
日露戦争も戦術上の失敗や誤算は結構あったぞ
ただ戦略にブレは無かった、戦う前から終戦戦略も策定されていたしな。
58.名無しさん:2020年09月28日 22:02 ID:KUl2nmBf0▼このコメントに返信
>>16
開戦当初から負ける可能性も考慮していたぐらいだからな
59.名無しさん:2020年09月28日 22:13 ID:Xx.A.y8C0▼このコメントに返信
そら日英同盟よ
60.名無しさん:2020年09月28日 22:15 ID:FlN0GRto0▼このコメントに返信
マスコミが悪い。
踊らされる国民がアホ。
61.名無しさん:2020年09月28日 22:19 ID:xse9K31W0▼このコメントに返信
いやいや現在のほうが何もかも神憑ってないか
むっちゃ平和で街が綺麗で物とか溢れまくってるし
日本を貶めようとする国々が世界からハミゴになって来てるし
大昔からクソまじめのバカ正直と言われた日本の世界的地位も上がってきたし

62.名無しさん:2020年09月28日 22:23 ID:LKeD7.Up0▼このコメントに返信
>>10
こういう無知無能が湧いて出だしたのが昭和前期。
63.名無しさん:2020年09月28日 22:27 ID:n0yJFnCs0▼このコメントに返信
日本も第一次世界大戦に参戦していればなあ、欧米の機微が分かって日中戦争みたいには行かない事が理解出来たろうになあ
64.名無しさん:2020年09月28日 22:35 ID:LKeD7.Up0▼このコメントに返信
>>37
親中とかアジア外交(ロシアとの関係改善も)とか言うのって、早い話、日英日米同盟関係全てが上手く言ってる時に出る「甘え」なんだよな。全てが順調だから余った分野も改善しようと手が伸びるのが、失敗の源。戦前も今も構造は全く同じ。最近でも、小泉安倍第一次内閣のあと、福田が中国に尻尾振りまくってマスコミが絶賛してただろ。全ては小泉安倍のおかげで日米関係が安定してたからなんだよな。

そして調子にのって中国とかにのめり込んだ挙げ句に英米との不協和音を生んで破綻に至ったのが戦前。福田内閣は洞爺湖サミットで失敗したりグダグダだけれど、すぐに潰れて良かったよ。民主党政権も同じ。

そしてある意味、民主党時代の問題連続で今の自民党も外務省も本気で危機感を持ったから、安倍外交はある意味、明治時代レベルで上手く行ってるわけ。

これからも気の緩みが最大の敵だな
65.名無しさん:2020年09月28日 22:38 ID:LKeD7.Up0▼このコメントに返信
>>38
アホか。本当にユダヤ支配から逃げられないなら、日本主導でアメリカ抜きのTPPまとめたりしないわ。

そもそも日本は戦前も戦後もユダヤ資本と上手い関係を保ってる。陰謀論じゃなくて現実見なよ
66.名無しさん:2020年09月28日 22:42 ID:LKeD7.Up0▼このコメントに返信
>>51
ギリギリの戦争で、変な精神論がまだ無くてちゃんと合理的判断をベースに作戦を立てたから日本は完勝できたんだよね。(まあ、奉天会戦の乃木第三軍の扱いはある意味無茶苦茶だけれど)
67.名無しさん:2020年09月28日 22:43 ID:LKeD7.Up0▼このコメントに返信
>>7
日露戦争の話なのに勘違いして出てきたマヌケ発見。
68.名無しさん:2020年09月28日 22:45 ID:KYRK1nyo0▼このコメントに返信
※20
同意なんだけど、情報が高度化した社会になって妨害や抵抗勢力も活発化してる。それに朝鮮戦争やベトナム戦争がそうだったようにテキは正攻法では来ない。だから自民主流派は口をつぐむか、のらりくらりと躱す発言に終始する。
69.名無しさん:2020年09月28日 22:48 ID:LKeD7.Up0▼このコメントに返信
>>63
参戦してるぞ。欧米の機微もわかってたよ。昭和天皇は訪欧して同盟国巡りして、主戦場にも自ら訪問、見学、献花している。失敗はアメリカにいかなかった事、そして第一次世界大戦後も陸軍が相変わらずドイツにばかりエリート軍人を研修に出した事だよな。
70.名無しさん:2020年09月28日 22:51 ID:laIEx5g80▼このコメントに返信
大東亜戦争は白人国家全員の総意による日本殺しなんだよ。一から十まで謀られたんだな。勝てっこない。
勝てっこない戦争をしたには「自衛戦争」と「有色人種差別をなくす植民地解放戦争」があったんだ。
中学校教科書に書いてある。大東亜会議だ。それから昭和天皇の開戦の詔がある。いっていることに嘘はない。
欧州はヒトラー・チャーチル・スターリンなどの戦争屋の白人国家同士の覇権争いで、一口にWW2というと間違う。
日露戦争は大和民族抹殺の前に、彼我の戦力を測って、今しかない時を選んで、同盟関係も結んで、欧州に
破壊活動専門の工作員を放って、行った戦争だ。白人国家も割れていて英米は何とか味方した。
一つだけ。8000人の独立騎兵旅団を率いた秋山好古少将は、10万のコサック騎兵軍団に対して鬼計を縦横に
使った。コサック騎兵がドドドと攻め寄せると、秋山は馬から機関銃を下ろして陣地構築して、一斉掃射した。
これには堪らず一目散に退却していき、それ以降後方に送られて奉天会戦にも参加しなかった。
奉天会戦にコサック兵が参加していたらロシア軍に10万人の増派ということになり、兵隊は日本側に対して
15万人多いことになり、敗北していたかも知れない。秋山支隊はその点金鵄勲章物だったと思うよ。秋山は
「敵中横断300里」の後方攪乱工作隊を放ったりいろいろな作戦をやっていた。8千人で10万の敵を食い止めたのだから
偉いものだ。その後、騎兵隊は戦車やトラック、ヘリコプターを主に使う機械化部隊に変貌していった。
71.名無しさん:2020年09月28日 22:51 ID:laIEx5g80▼このコメントに返信
秋山の機関銃掃射に手も足も出なかった騎兵隊は終わりを迎えたのだった。それにしても日本帝国海軍の様ない姿は
いったい何だったんだ。日本海海戦の完勝は吹っ飛んでしまった。大英帝国東洋艦隊殲滅までが栄光だな。
勇気と判断力のない提督だらけでがっかりするよ。もっともこの時は世界の孤児・村八分で味方はほとんど東南アジアと
インドの植民地人だけだったね。アメリカの艦船や戦闘機があっという間に新式に進化進化したんでついて行く間もなかった。
誉エンジンの紫電改や疾風をみて、「japan残念ね、too little too late よ。」 要は物資不足。あと1年早く金星62を積んだ
5式戦を3千機造っていたら少しは戦えたかな。日本はベテランパイロットの命を粗末に扱いすぎたと思う。
72.名無しさん:2020年09月28日 22:54 ID:LKeD7.Up0▼このコメントに返信
>>3
地政学ちゃんと勉強したら変な妄想癖は治るよ。日本がロシアとフランスの牽制をイギリスに求め、イギリスは日本に対して中国大陸の治安維持と、あとドイツの謀略により極東に向かいつつあったロシアに対して踏みとどまれる状態へのサポートをする、というのが日英同盟の本質。

ロシアがどんどん極東に向けばドイツの東部国境がスカスカになり、フランスが危機になりかねないし、その結果イギリスもとばっちり喰らうからね。日英同盟の話をするなら英仏協商も知らないと話にならない。
73.名無しさん:2020年09月28日 22:58 ID:LKeD7.Up0▼このコメントに返信
>>70
と言うか、5万人も多いロシア軍を奉天で叩いて潰走させたんだから、やはり当時の日本軍は凄いよな。
74.名無しさん:2020年09月28日 23:24 ID:ob8U6KsV0▼このコメントに返信
元老がほとんど死んで、官僚あがりのポンコツと自由民権のカスで国家運営したからや
75.名無しさん:2020年09月28日 23:29 ID:Po56DUV10▼このコメントに返信
ロシアや中国みたいなしょせん畜生だか蛮族だかとはわけが違うだろ。
そら、白人世界とか言う修羅の世界でしのぎを削りあってるやつらと比べりゃ、情報戦やらなんやらでやり込められるわ。

ていうか、正直太平洋のころより、お前らバカになってるからな。なんだろうGHQの成果とも思ったけど、江戸時代のいきがってるバカガキみるに、お前らの天然だってわかってきたわ。
ああ、攻略本は甘えとか言ってたりするやつな。情報収集から分析解析、作戦立案までできるのがいちりゅうとか、思ってるよね、バカだから。
76.名無しさん:2020年09月28日 23:30 ID:Po56DUV10▼このコメントに返信
ちなみに江戸時代のってのは、鎧の継ぎ目をふさぐのは臆病板!とか大口たたいたりするやつ。
77.名無しさん:2020年09月29日 00:04 ID:m9.7xZfv0▼このコメントに返信
「血の日曜日事件」なんてごたごたがあったからな。ロシアは反政府運動からのストで1905年頭から
ロシア社会が機能しなくなった。逆にこれでよく春先から5月にかけてバルチック艦隊とか戦闘が継続
できてたと思うよ。イギリスの妨害もだが、祖国からの支援も皆無だったんだろうに。
日本が勝ったというより「ロシアが戦争を休戦でも停戦でもなく、一方的にやめた」ってことなんだろうさ。
連中に聞いてみたらいい、きっと今の日本人が太平洋戦争で「あれはアメリカに負けたんであって中国には
負けてない」を言うくらいの感じでロシア人も同じこと言うよ。
78.名無しさん:2020年09月29日 00:12 ID:XVLnHmle0▼このコメントに返信
勘違いするな後が無い状態で日本国民全てが一枚岩となった結果だ
その苦労に胡坐をかいてのほほんとした結果が太平洋戦争

※77 戦争で「一方的に止めた」は「敗北」の意味だがな
79.:2020年09月29日 00:18 ID:m9.7xZfv0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
80.名無しさん:2020年09月29日 00:25 ID:oZzEnGPf0▼このコメントに返信
何もかもとか冗談だろ
外面だけの人殺し集団じゃないか
81.名無しさん:2020年09月29日 00:25 ID:paAG5OTh0▼このコメントに返信
日本が露国に負けたら、日本国民全てが上海の漢人の様(奴隷)に成るとの思いから、国を挙げて必死だった。それだけ。

82.名無しさん:2020年09月29日 00:29 ID:2SCIk0nA0▼このコメントに返信
※63
参戦したからドイツから太平洋南方の諸島を譲られたんだが
そして日露戦争で使用した全弾数が1日で消費される近代戦の事も承知していた
それゆえWW1レベルの国をあげての消耗戦は無理だと認識、やるなら短期決戦しかないと思ってた
手段が伴わなかっただけで
83.20:2020年09月29日 01:02 ID:PEzCfDYL0▼このコメントに返信
※68
中国はのらりくらりどころか経済戦争の初期でもうボロボロだぞ。
日米の貿易戦争を考えればこれでもアメリカは中国に随分甘く優しいと思うんだが。
中国はまだドルペッグを剥がされていないしプラザ合意的なものも食らってない。だがもう詰んでる。
中国製品なんてコモディティーばっかりで替えなんか幾らでも効くわけで、日本製ほど代わりが無いわけでもない。
関税がどうした。付加価値付けて高くても売れる物を売ればいいだろに。だが中国にその器用さが無い。
超大国に挑む新興の大国があればそいつは非常に高い確率で戦争になるわけだが。
先の大戦では日本がアメリカに挑んでしまったが当世の日本は上手い事しのいだ。
だが中国にその柔軟性は無いよ。あいつらは面子が邪魔をして利害に折り合いがつけれないのだ。
いよいよジリ貧なら中国から仕掛けるだろう。負けが確定するその日までは中華人民共和国を続ける事が出来る。
84.名無しさん:2020年09月29日 01:08 ID:WTcPs1qk0▼このコメントに返信
>>32
自分はそれを、1865年朝廷がやっと開国を認める、1985年プラザ合意で経済絶頂の40年周期って聞いた。
こじつけがましいけど面白い。となると2025年、あと5年後に二度目のどん底が来るわけだが、果たしてどうなるんだろう。
85.名無しさん:2020年09月29日 01:16 ID:xXOZzTcE0▼このコメントに返信
今回のコロナでも日本は神がかってると外国人たちは言ってたぞ?
86.名無しさん:2020年09月29日 01:31 ID:0tCFpv9f0▼このコメントに返信
※1 >>1
第一次世界大戦の時から第二次世界大戦への布石は打たれていた。

1、当初は乗り気ではなかった第一次世界大戦に日英同盟の盟約のため 英国 の 再三の要請 で参戦。
2、相手はドイツになるがまず 中国に返還することを前提 として、無条件に青島を日本に引き渡すよう要求し拒否され戦闘に。
3、この戦争に対して、中華民国は日本・ドイツ・イギリスに対し、「戦争は自分達が決めた地域の中で行うように」と一方的に通告。
4、日本による占領後、中華民国は区域以外で戦闘行為を行ったことに抗議し、日本が占領している地域から出ていくことを要求。
5、日本は大戦が終結し、休戦状態に入った上で講和条約を結ぶまでは、領土を返還することはできない、と中華民国に伝える。
6、中国は、「ドイツとの租借条約の文言の中に、他の国に譲渡はしない」という文言が含まれており直ちに中華民国に返却すべきと要求。
7、日本が州膠湾岸をそのまま返却すれば、逆に中国から賠償金を請求されかねない状況に陥り、考えたのが所謂「対華21ヶ条要求」。

前提条件として日本は青島を占領した後、条件付きではあるがこの土地を中華民国に返還させることを意図していた。
当時ヨーロッパ諸国が中国に対して行っていた要求内容に比べれば、信じられないほど良心的で、日本がドイツに対して宣戦布告を行わなければ州膠湾岸はドイツ領土のままだったはずななのに、事大主義で勝手に自分より格下と認定していた日本が取り戻すやいなや、今すぐ返還しろと日本に対して要求してくるメンタリティこそが中国人。
87.名無しさん:2020年09月29日 01:31 ID:0tCFpv9f0▼このコメントに返信
※1 >>1
そして袁世凱は、ドイツとアメリカに働きかけ、中国国内の世論を煽り、他の国に対しては21カ条の要求(正確には14か条の要求と7か条の希望)に更に尾ひれはひれを付けて吹聴し日本に対する反感を煽った。
米独のマスコミはあることないこと吹聴して報道を行い両国の反日世論を惹起し、中国国内でも反日感情が一気に高まった。

袁世凱は自分が「皇帝」であることを求めさせるためにこの21か条要求に関連した一連の流れ自作自演し、自分で国内世論を煽っておきながら、譲歩する際、日本に対して国民に対する体裁を整えるため、「最後通牒」を行うよう加藤外相に懇願。中国の方から頼んでおいて被害者面。

そして袁世凱は1915年に「懲弁国賊条例」なる法律を交付し、1929年に強化され「土地盗売厳禁条例」「商租禁止令」などおよそ59の追加法令となり、日本人に対する土地・家屋の商租禁止と従前に貸借している土地・家屋の回収が図られた。
間島や満州各地の朝鮮系を中心とした日本人居住者は立ち退きを強要されあるいは迫害された。この事は満州事変の大きな要因となる。

中国側はその後も通州事件のような日本人への襲撃をしておきながら日本に攻撃される被害者アピールを繰り返して日中戦争へ発展。
そして、可哀そうな被害者の中国(笑)を助けるべく正義のアメリカ(笑)が立ち上がり、インドシナ経由で物資を支援、それを止めようと進駐すれば禁輸制裁のマッチポンプで真珠湾攻撃へ繋がる。

強いて日本の失敗を挙げれば中国の被害者アピールを覆さなかった外交、諜報、プロパガンダの軽視であって、悪事(笑)を働いたからではない。
88.:2020年09月29日 01:32 ID:0tCFpv9f0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
89.名無しさん:2020年09月29日 03:18 ID:jmkZPKza0▼このコメントに返信
>>14
征韓論の意味をわかってない人間がおおいよな
90.名無しさん:2020年09月29日 03:23 ID:jmkZPKza0▼このコメントに返信
>>85
まさか1月から7月までの死者総数が去年比18000人も減るとは、まさに神がかりだよな。悪い事に直面しながらより良い結果出せる国は世界中でもまずないからな
91.習志野権兵衛:2020年09月29日 05:07 ID:ZiH66Xnh0▼このコメントに返信
昭和初期の日本がアメリカを見下していたのは禁酒法による混迷があった。国法が禁じている酒を飲むために反社会勢力のギャングどもに大枚の金を貢ぐような不法にしてダラシのない国民なぞ恐るるに足らずと言う見方がはびこっていったのである。そして「討つべし!」と言うコンセンサスが形成されていったわけだ。まあ禁酒法その物は開戦以前に廃止されたが。
ひるがえって現在、日本を見下してくる外国にもそう言う思いこみがあるようだ。
92.名無しさん:2020年09月29日 07:00 ID:94aSlUyX0▼このコメントに返信
大正時代のWWⅠバブルで、日本が狂ったせい。
昭和末期からのバブルが、平成の失われた30年に繋がったのと同じ。
93.名無しさん:2020年09月29日 07:03 ID:94aSlUyX0▼このコメントに返信
※87
>>87
まさに韓国の師匠だな。
94.名無しさん:2020年09月29日 07:08 ID:94aSlUyX0▼このコメントに返信
※2
>>2
明治時代は、軍部・政治家が、維新で同じ釜の飯食った仲間。
大正以降は、陸海軍共に純粋培養世代に、政治家も軍と無関係世代に。
仲間じゃなく、利権を奪い合う仲になったせいだろうな。
95.名無しさん:2020年09月29日 07:25 ID:.J4T7F7T0▼このコメントに返信
「不平等条約の解消を目的に列強国入りを目指した」要約すればこの一言になる
目的を達成して一等国の座に胡座をかいてからおかしくなってる
96.名無しさん:2020年09月29日 07:27 ID:lHtpqQ.W0▼このコメントに返信
明治の政治家は維新の経験者も多くその中で国家に必要な事を学んで実戦する必要があった
彼らにとってはその学んだ事は為政者にとっての当然の常識みたいなものだったのでわざわざ書き残す必要を感じなかった
だが大学出の勉強が出来るだけの凡人である次以降の世代には書いといてくれないと当然の常識もわかりようがなかった
必要な事(目標)がわからないので当然組織ごとにバラバラになった、今の霞が関とまるで同じ
97.名無しさん:2020年09月29日 07:32 ID:do3DP3f50▼このコメントに返信
あの時代は明治維新をこえてきたリアリストが多かったからだよ
98.名無しさん:2020年09月29日 08:39 ID:Vyfw8F5j0▼このコメントに返信
明治時代を動かしていたのは、江戸時代の教育を受け幕末を生きぬいた人達
その後を動かしていたのは、明治の画一的な教育を受けた人達
99.名無しさん:2020年09月29日 09:07 ID:.HNh4NPI0▼このコメントに返信
>>94
同感。明治の政治家には軍歴がある人間が多いし、軍人が政治に関わる時は省益よりもまず国益を見通す視野を持ってた。大正が終わる頃には、特に外交と軍務の間で相互理解が出来なくなり、お互いに足を引っ張る存在になってたね。
100.名無しさん:2020年09月29日 09:42 ID:GGqRP37f0▼このコメントに返信
ロシアが焼いてる食い物か何かを米英が日本に取らせる当時の風刺画有ったろ。
101.名無しさん:2020年09月29日 09:43 ID:GGqRP37f0▼このコメントに返信
日本を貶めるのには張り切るな。
102.名無しさん:2020年09月29日 10:12 ID:GGqRP37f0▼このコメントに返信
今の米英は別に嫌いじゃ無いけれどおまえらGHQに洗脳されすぎ。 共産党は論外。
103.名無しさん:2020年09月29日 10:33 ID:Ve9SR6Ge0▼このコメントに返信
ちゃんと太平洋戦争でも神がかっていたんだぞ。
インド洋作戦では機動部隊への索敵報告が間違っていて(重巡を駆逐艦と誤認)あわてて爆弾と魚雷の兵装転換中に、イギリス重爆の空襲受けている。
ミッドウエーと全く同様の状況だ。
爆撃されて水柱が上がるまで機動部隊は気がついてなかった。
だが、幸運にも全弾はずれたんだ。
ちゃんと、神は警告してくれていたわけだ。
1.戦闘中の兵装転換は絶対だめだ、2.上空の警戒がアマすぎる、3.索敵を重視しろ・・・・ってな。
なのに、阿呆な一航艦幹部(源田と草加な)が全く学習しなかったからあのざまになったんだぞ。
104.名無しさん:2020年09月29日 10:47 ID:FnhXkjzP0▼このコメントに返信
外交的に孤立していなかった、ということに尽きる
105.名無しさん:2020年09月29日 11:18 ID:MO.WTHd90▼このコメントに返信
日露戦争は黒海から抜けて遠路はるばる疲弊し切った軍隊で攻めてきてくれたからやら
まともにぶつかってたらあの時点で日本は終わってた
106.名無しさん:2020年09月29日 14:00 ID:aRD8mWgU0▼このコメントに返信
そもそも日露戦争だって、あれ以上続ける余力は日本には無かったから
あれ以降も続いてたらかなり苦戦しただろうし敗戦もあったかもしれんのだぞ。
107.名無しさん:2020年09月30日 00:45 ID:Yt14v.nJ0▼このコメントに返信
勝つべくして勝った戦いが日露戦争
逆にロシア側の勝利など殆どありえない
ロシア側は長大なシベリア鉄道(しかも単線)しか補給路が無く、
しかも開戦時未開通(バイカル湖洋上経由) 本国から物資が到着するのに50日かかる
平時でさえ不足気味の貨車を使い捨てにするチート技を使って
兵力では日本側を上回るが、貨車不足で国内の物流が停滞、
暴動革命騒ぎってのが史実
仮にあのまま戦争を続けたらバイカル湖以東は日本に占領され史実よりさらに不利
逆に日本側は鉄道が開通してどんどん補給状況が良くなる一方
108.名無しさん:2020年10月01日 04:25 ID:62MzHGgd0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ日本は当時雑魚だったから、列強にあまり警戒されてなかったのが大きいんだよ。
だからあまり工作を仕掛けられずに正攻法で戦えた。
大して太平洋戦争の頃はすっかり警戒されてソ連アメリカから多種多用な工作を受けてデタラメな政治判断をしちゃったんだよ。
日本をアメリカにぶつけることで最大の利益は得たのはソ連と中国共産党だし、アメリカもアメリカで日本と戦うことで欧州へ兵力を送る大義名分を得られたし、第一次大戦の頃から南洋諸島を手に入れた邪魔くさいを日本を一掃して太平洋をアメリカの手中にすることが出来た。
イギリスもアメリカを欧州に引き込むことで対独戦を勝利に導くことが出来た。
全部繋がってるの。
109.名無しさん:2020年10月03日 00:53 ID:upjWYRJz0▼このコメントに返信
つまり先の大戦の反省を活かすためにもスパイ防止法は必須というわけだ

お名前