2020年09月26日 23:05

ワイ「艦艇の射撃シーンかっこええなぁ、戦艦が迫力あるわ」トッモ「殆ど当たらんで」

ワイ「艦艇の射撃シーンかっこええなぁ、戦艦が迫力あるわ」トッモ「殆ど当たらんで」

800px-Japanese_Battleship_Nagato_1944

引用元:ワイ「艦艇の射撃シーンかっこええなぁ、戦艦が迫力あるわ」トッモ「殆ど当たらんで」
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1488124215/

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:50:15 ID:BBL
まじで?

2: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:50:39 ID:jKD
そうらしいで

3: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:51:02 ID:WZo
だって滅茶苦茶な距離で撃つんやろ?

5: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:52:01 ID:Xw5
水平線の向こうに当てるんやで

10: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:53:14 ID:WZo
>>5
離れ過ぎィ!

9: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:53:00 ID:mTw
昔は目視で確認して砲の角度調整して発射やっけ

12: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:54:05 ID:0cZ
陸軍の砲兵なんかに比べても波で揺れたりする分、命中させるのは難しいやろな

13: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:55:17 ID:BBL
湾岸付近の地上の支援射撃とか戦艦使った方がええやろな

18: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:59:05 ID:tN8
>>13
湾岸戦争でやったぞ
なおコスパはクソなので運用しなくなったがな

20: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)00:59:29 ID:BBL
>>18
ロマンがががが
仕方ないか

28: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:03:15 ID:tN8
>>20
現代軍事なんて浪漫の対極の存在やで
チャーチルも言っとるしな

22: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:01:03 ID:0cZ
でも戦艦がない現代の海軍って主役を失った感あるよな

26: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:03:06 ID:tm3
>>22
だって現代では
国どおしで武力衝突は滅多に起きないし
戦闘が起きているのはアフリカや中東の内戦ぐらいだろうし

28: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:03:15 ID:tN8
>>22
空母があるで

23: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:01:10 ID:mF7
WoWsみたいにはいかんのやね

24: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:02:02 ID:BBL
射撃してる姿は上から見る方が好き

25: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:02:26 ID:mF7
>>24
水面が抉れてるのぐうカッコいい

27: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:03:12 ID:oRu
接近すれば当たるやろ
両者ガチでやりたかったら徐々に近づくからそのうち当たるんちがう?

29: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:04:22 ID:ioX
よくしらんけど現代の海戦や空戦ってクッソ味気なさそうよな
特に空戦はドッグファイトなんかおこらんやろ

32: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:06:56 ID:Xvo
>>29
見えないところから一方的に叩くのが正義やから
現代の海の城は潜水艦やで

36: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:07:44 ID:ioX
>>32
あーなるほど潜水艦か
それはちょっとおもろそうやな

44: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:11:41 ID:UE9
戦車でも当てるのは至難の技やしな
500mでも当たらないのに1500とか当たるわけないだろ!

46: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:12:34 ID:U0g
>>44
今の戦車は3キロ先余裕で当ててくるで

49: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:14:31 ID:BBL
魚雷は当たるんか?

51: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:15:16 ID:Xvo
>>49
自分で相手を探知しながら突っ込んでくるゾ
こわE

109: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:54:02 ID:BBL
そういやぁ長門は核一発耐えたんやっけ?

116: 名無しさん@おーぷん 2017/02/27(月)01:58:16 ID:dmn
>>109
1発目の後に実験名目で機雷巻いた上に穴まで開けても簡単に沈まんかった模様
なお「こいつだけはどんな手を使ってでも沈めたかった」とアメリカ軍が認めた模様

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年09月26日 23:07 ID:hrNDByYr0▼このコメントに返信
純全帯么九やな
ロマン砲ってやつよ
2.名無しさん:2020年09月26日 23:09 ID:ZKusV76I0▼このコメントに返信
まぁ、ロマンだけだな!
3.名無しさん:2020年09月26日 23:10 ID:WnMk.HEY0▼このコメントに返信
まあ海岸に作られた砲台と撃ち合ったら負けるって言われてたしね
戦艦は基本ロマンだと思う
4.名無しさん:2020年09月26日 23:11 ID:p2..FsW.0▼このコメントに返信
>>1
せめて立直ツモ純チャン三色やろ
5.名無しさん:2020年09月26日 23:11 ID:.LrDLa.q0▼このコメントに返信
艦砲射撃とかムダでしかないからな
6.名無しさん:2020年09月26日 23:16 ID:iNDq0GMs0▼このコメントに返信
大日本帝国海軍は列強の中でも高い命中率だったし
尚、命中率は約5%だがマジで高い方
7.名無しさん:2020年09月26日 23:18 ID:WnMk.HEY0▼このコメントに返信
魚雷積んだりミサイル積んだりしたけど
それなら駆逐艦レベルで十分だろって結論出ちゃったしね
今だとスマート砲弾とかあるけど戦艦の復権はないだろうね
8.名無しさん:2020年09月26日 23:20 ID:6gb5iIfe0▼このコメントに返信
死ぬ前に一度「うち〜かた〜初め!」って言ってみたいよな
アレなんでそういう伸ばし方するんだろ
9.名無しさん:2020年09月26日 23:20 ID:GPqG7S6y0▼このコメントに返信
揺れる船の上で何十kmと離れた目標を撃つからね。
船を揺らさない為に50万トン戦艦とか言うトンデモ案が出るくらいには悩まされてたらしい。
10.名無しさん:2020年09月26日 23:20 ID:X.KBV.HK0▼このコメントに返信
日帝当たりの海軍はともかくペリーにビビり倒した挙句江戸を焼き払うことになるとか脅してる無能は始末しろ
11.名無しさん:2020年09月26日 23:21 ID:mBAL3e8O0▼このコメントに返信
日本の軍艦の主砲の命中率は1パーセント未満だった
12.名無しさん:2020年09月26日 23:22 ID:7BcXrEAI0▼このコメントに返信
陸軍の砲と戦艦の砲だと口径が圧倒的に戦艦の方がデカくなかったっけ?
当たれば一発だろあんなもん、なお命中率
13.名無しさん:2020年09月26日 23:23 ID:PA7ehTeU0▼このコメントに返信
何と比べてほとんど当たらんって言ってるんだろか?最終的に人の技量に頼らざる得ないのは当たり前なのに?
14.名無しさん:2020年09月26日 23:23 ID:XosxAhIO0▼このコメントに返信
「ほとんど当たらん」ってのは発射した弾数に対して命中弾がほとんどないってことだからなぁ
「海戦でなぐりあってもほとんどの艦に当たらず無傷」って意味では無いので嘆くことは無いと思うが。
15.名無しさん:2020年09月26日 23:23 ID:qnaZsVL40▼このコメントに返信
なお現代の艦載5インチ砲、誘導砲弾使用で射程100km、通常弾でも30kmはある模様
観測手段が豊富な現代で艦砲は威嚇に速射に対空にでコスパに優れてるんで当分無くならんよ
16.名無しさん:2020年09月26日 23:25 ID:gRrsoq1b0▼このコメントに返信
核実験に耐えた船舶は多数いたけどな
17.名無しさん:2020年09月26日 23:27 ID:hhGqwXfV0▼このコメントに返信
(*´▽`*)理研向けー、ストレスはくっつけられてる。

悪魔に。いきなり、アニメ見てイタタになってたのが取れた。治った。味方の霊が取ってくれたと言う。

薬とかでは取れない。

ありとあらゆるストレスが、くっつけられてる可能性。怒りとかも。
18.名無しさん:2020年09月26日 23:31 ID:.Cn9ykRI0▼このコメントに返信
距離にもよる
大和型の射程距離は4万m超えるが、そのギリギリで撃てば命中率も低いが、2万を切ればかなり当たるようになる
大体艦橋から水平線の距離がそのくらいだからな
19.名無しさん:2020年09月26日 23:31 ID:qnaZsVL40▼このコメントに返信
1942年米国海軍「艦砲命中率悪すぎじゃね?・・・せや!投射量で補ったろ!数撃ちゃ当たるや!」

自動装填8インチ(203mm)砲搭載デモイン級重巡洋艦、爆誕!

なお、就役は1948年で戦時には間に合わなかった模様
20.名無しさん:2020年09月26日 23:33 ID:X.KBV.HK0▼このコメントに返信
まあ要塞攻略できりゃ良いからな。飛行機のが率が良いといっても砲弾ほど無条件に攻撃できるわけもなく防空されてりゃ被害も甚大
21.名無しさん:2020年09月26日 23:33 ID:.Cn9ykRI0▼このコメントに返信
>>12
陸上でも戦艦より口径の大きい砲はある
有名なのだと列車砲のドーラとか

あと戦艦同士の砲撃戦ならよほどのラッキーヒットじゃない限り一発で沈めるのは無理
22.名無しさん:2020年09月26日 23:36 ID:YF8CBljg0▼このコメントに返信
対馬でもユトランドでも何十キロも離れての撃ち合いはしてないやろ。第二次大戦でも殆ど1万前後、もしくはそれ以下じゃないか?
23.名無しさん:2020年09月26日 23:37 ID:UVewkowx0▼このコメントに返信
色付き砲弾があるとかないとか聞いた事ある。
24.名無しさん:2020年09月26日 23:38 ID:gZcM2R5q0▼このコメントに返信
>>3
それでも海岸砲が届かん沖で戦艦が輸送航路荒らしまくったらこっちも戦艦持ってくるしかない時代があったやん
25.名無しさん:2020年09月26日 23:38 ID:So..5vTw0▼このコメントに返信
ロマンはかっこいいからね
仕方ないね
26.名無しさん:2020年09月26日 23:42 ID:iNDq0GMs0▼このコメントに返信
>>3
ちょっと違う
砲と装甲が同じなら戦艦がほぼ勝つ
ハワイの砲台の話なら砲台の射程距離と装甲が上だったから
27.名無しさん:2020年09月26日 23:44 ID:X4TKwftC0▼このコメントに返信
多分戦艦?の砲術士官やってた人の話をちょっと聞いた事があるけど
初撃ですら相対速度、風向、潮の揺れ、湿度、その他データを使ってクソ面倒くさい弾道計算やって、計算通りやれば必中な状態で撃っても当たらないもんらしい
しかもそれを変化する状況に合わせて戦闘中の艦上で計算繰り返して補正して行くんだとか
28.名無しさん:2020年09月26日 23:45 ID:NGCnsn7k0▼このコメントに返信
同クラスの陸上砲と撃ち合えば船の方が圧倒的に不利
29.名無しさん:2020年09月26日 23:47 ID:8f4frEgb0▼このコメントに返信
艦砲射撃の世界だとビスマルクがデンマーク海峡沖で記録した命中率約5.4%が
最高の部類だからな。マジで当たらん。
30.名無しさん:2020年09月26日 23:51 ID:BpFlFghD0▼このコメントに返信
※29
だから例えば扶桑型戦艦のようにメチャ沢山主砲を搭載するというのは
正しい選択なんだよな
31.名無しさん:2020年09月26日 23:51 ID:xmX.qNva0▼このコメントに返信
>>13
陸の砲と比べてだよ
人の技量で船の揺れをなくせるなら話は別だが
そもそも間接射撃なんか狙って当てるようなもんでもないという
32.名無しさん:2020年09月26日 23:52 ID:BRp.FFbZ0▼このコメントに返信
当たらなかったら日本海海戦とか勝負なしだわ。
33.名無しさん:2020年09月26日 23:52 ID:eycEin3y0▼このコメントに返信
昔の陸上戦の砲術と海上戦の砲術の違いだな
海上戦では陸上戦の榴弾砲と同じように、初弾の試射を見た観測兵が砲兵に修正射撃を要求する

戦艦は最低でも6砲身を持ちそれを円形に着弾させて観測し
修正して当てるのが基本だったみたいだぞ
34.名無しさん:2020年09月26日 23:53 ID:h78XieYU0▼このコメントに返信
WOWSで20キロをBBでノーロックで駆逐に撃った時ぐらいの命中率が対BBへの命中率ぐらいかなあ。
って考えてみると現実での観測技術って滅茶苦茶正確にやってるよね。砲弾が曲がるだけで・・・
35.名無しさん:2020年09月26日 23:55 ID:BpFlFghD0▼このコメントに返信
※27
戦艦は射撃盤という機械式の演算装置(原始的なコンピュータ)があって
それにデータを打ち込むことによって相手の未来位置を割り出して射撃を行っていた。
映画のバトルシップを観ると射撃盤にデータを打ち込む様子が描かれてるよ
36.名無しさん:2020年09月27日 00:02 ID:hqNDVt540▼このコメントに返信
※14
戦艦って副砲もあるからねえ。アイオワなら同時に127mmが10門+406mmが9門で撃ちまくれるからねえ。
高レートの127mmが10門ってだけでも十分怖いよね。戦車砲ぐらいの威力あるし。
37.名無しさん:2020年09月27日 00:04 ID:SJy0LymZ0▼このコメントに返信
かいがいの予想しちゃうぜぇぇ!
38.名無しさん:2020年09月27日 00:04 ID:aHIE8vSp0▼このコメントに返信
直撃は困難なだけ、レーダーモドキの電探でも苦労する(世界各国何処でもそうだが)
39.名無しさん:2020年09月27日 00:06 ID:DQJbqegn0▼このコメントに返信
近くに着弾して 波を立たせるだけでも 敵の砲撃の照準を妨害するには役立つ
まぁ 当たった方がいいのは その通りだが
40.名無しさん:2020年09月27日 00:07 ID:LxY8..hF0▼このコメントに返信
※34
WoWsはその辺結構正確にゲーム化してるよな
駆逐艦・巡洋艦が戦艦の主砲の直撃を喰らっても沈まなかったり
F1のピットワーク並みに艦載機の修理・給弾・燃料補給が早かったり
戦艦以外の艦種はメチャクチャな設定なんだけれどな
41.名無しさん:2020年09月27日 00:08 ID:JX4bAKzN0▼このコメントに返信
ちなみに陸上の榴弾砲は数を揃えれば揃えるほど効果は相乗的に上がる

アメリカはWWIIでマスメソッド法を使い、大量の榴弾砲を同時に投入しドイツ軍を圧倒した
物量のなせる技だ
42.名無しさん:2020年09月27日 00:10 ID:H2B1qr3n0▼このコメントに返信
アメリカはレーダー射撃で水平線の向こうでも百発百中だが?
しかも完全全自動射撃で連射してくるから大和でも簡単に撃沈できる
43.名無しさん:2020年09月27日 00:15 ID:LxY8..hF0▼このコメントに返信
※42
アメリカ戦艦ならアイオワ級は退役するまで主砲の射撃装置は機械式で
レーダーと連動なんかしてないよ。 嘘を書くな
44.名無しさん:2020年09月27日 00:27 ID:aHIE8vSp0▼このコメントに返信
※42 100%の根拠は無い、レーダーが出現したWW2当時の米戦艦でも3%(米軍決戦距離で射程2万Km以上の場合)
水平線の向こうまで電波届くの?
45.名無しさん:2020年09月27日 00:33 ID:D24bFG8n0▼このコメントに返信
大きなフネの上に主砲を並べてあるのでわかりそうなもの。命中率数%でも一斉射撃を3度行えばどれかは当たる筈、ということになっている。
それでもお互い相当の速度でいどうして振動も加わるから、焦れば焦るほど当たらなくなる。
レイテの栗田艦隊が良い例。
46.名無しさん:2020年09月27日 00:34 ID:vW8LtKfs0▼このコメントに返信
※42
OTHレーダーか、冷戦時代を思い出すキツツキの音色だな
47.名無しさん:2020年09月27日 00:36 ID:LxY8..hF0▼このコメントに返信
※44
レーダーというのは大きく索敵用と射撃管制用に分かれるのだけれど
戦艦の主砲の射撃管制を行えるレーダーは今現在でも開発されてないよ。
これはレーダー発展前に戦艦が第一線から消えたのが主な原因だけど、それ以外にも戦艦は砲戦距離が長くて
弾頭が放物線状に飛ぶから着弾位置を予想するのがとても難しいというのが原因。

80年代に米レーガン政権がICBMを撃ち落とすスターウォーズ構想というのを行ったけれど
これが失敗したのも同じ原因だよ。
48.名無し犬:2020年09月27日 00:37 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
 当時は公算射撃であるから、たとえば命中率5パーセントであれば。10門艦であれば二斉射で命中弾を期待し得るということ。
 ノルウェー沖海戦に於いて、ドイツ戦艦シャルンホルストは、射撃開始後6分で24.2キロの距離から、イギリス空母グローリアスに命中弾を得ている。
 実はこれが艦砲が命中弾を得た最遠距離らしい。意外と近い。
 有名なデンマーク海峡海戦に於ける、ドイツ戦艦ビスマルクによる、イギリス巡洋戦艦フッドの撃沈は、およそ14キロとされる。これも思ったより随分近い。
 40キロ前後とか言う戦艦主砲の最大射程は、可能性のレベルに過ぎない。実際の戦闘は20キロ前後で行われるべきものであり、防御装甲もそれを想定して設計されている。
 20キロ以内であれば、戦艦主砲は、普通に当たる。
49.名無しさん:2020年09月27日 00:39 ID:D24bFG8n0▼このコメントに返信
アイオワは、艦隊砲撃戦の実績がないので(掃討戦ならある)なんとも言えないが50口径なら振動もあるだろうしSHSは当てにくい弾。ブラットフォームも細長くて嵐に弱い。
実戦だと命中率数%がいいところでサウスダコタ級より扱いにくい戦艦でしょうね。
50.名無しさん:2020年09月27日 00:40 ID:2mbvYsy40▼このコメントに返信
※42
アメリカのレーダー射撃の命中率0.225%だってさ。
100%には程遠いね。
ttps://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1332924103
51.名無しさん:2020年09月27日 00:42 ID:DOqURG.80▼このコメントに返信
水上艦での砲撃の時、命中率数%って斉射した時だからね
例えば9門で斉射した時に「砲弾のどれか」が当たる確率が3~5%
であって1門の砲がそれぞれ5%で当たるわけじゃない
52.名無しさん:2020年09月27日 00:47 ID:LxY8..hF0▼このコメントに返信
※48
いや日本海軍が戦艦同士の決戦距離としていたのが敵との相対距離20㎞で
戦艦大和もこの砲戦距離で最大の火力を発揮できるように設計されていたから別に近くないよ
むしろ大和でアウトレンジで敵を仕留められるとか、そういう事を言うやつの方が間違い。
戦艦大和の有効射程はおよそ30㎞で、命中が期待できる決戦距離は20㎞と日本海軍の他の戦艦と変わらない
そもそも大和がアウトレンジで敵を仕留めることを念頭に設計した戦艦なら
あんな重装甲は必要ないだろ。 そういうこと
53.名無し犬:2020年09月27日 00:47 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
※51
どう考えたらそうなる? ひねりすぎでしょ。
54.名無しさん:2020年09月27日 00:49 ID:XJUdkCWO0▼このコメントに返信
アイオワ級のレーダーは結構ポンコツで大戦中仕様ではあんまり命中しないなんて指摘もあったな
アイオワは艦体が細身過ぎてめっちゃ揺れるから着弾が乱れる事もコンピュータ制御で補正しきれないマイナス要因だろうし
55.名無しさん:2020年09月27日 00:51 ID:hjJCmni50▼このコメントに返信
しかしその複数門の砲で射撃する海上戦の理論は陸上では通用しなかった
もちろん開発者は陸上戦艦を夢見て試してみたけど
ドイツのNbFzやソビエトのT28やT35の様に全て失敗作となる

ほぼ水平で撃つ直接射撃のカノン砲とは砲術が全く異なるという事だね
56.(´・ω・`):2020年09月27日 00:52 ID:xC6V.hq.0▼このコメントに返信
>>26
基本艦艇が負けるぞ
同じ口径でも要塞砲は大地と言う確固たる土台、事前に海域をグリッド分けしてどう撃てば当たるかと言う豊富な情報、巨大な測距義の合わさった艦艇と比べ物にならない攻撃精度と、
重量の制限なく分厚く装甲し、しかもピンポイントに砲を破壊しないと無力化出来ないと言う防御力の格差が非常に大きい。

戦艦はスタンドアローンで主砲を運搬し、移動できるって言う長所があるので、これは正直勝ち負けでなくて使い道そのものが違う。
57.名無しさん:2020年09月27日 00:58 ID:w.hZJZi30▼このコメントに返信
>>4
一発イペコにドラドラなんやかんやで数え役満までがロマンやろなぁ
58.名無しさん:2020年09月27日 01:02 ID:LxY8..hF0▼このコメントに返信
※56
戦艦はスタンドアローンで使うものではない
アニメの見過ぎ
59.名無しさん:2020年09月27日 01:03 ID:t05rZEcw0▼このコメントに返信
ミサイルですら戦闘行動中の相手に撃つと命中率7割とかだしな…

※55
艦砲はカノン砲を曲射で撃つようにしてるようなもんだぞ
だから当時の戦車戦並みの角度で撃てば命中率が跳ね上がるけど大抵はそこに接近するまでにボコボコにやられるのでそんな運用を前提にした設計は小型艇しかない
60.名無しさん:2020年09月27日 01:08 ID:LxY8..hF0▼このコメントに返信
要塞砲vs戦艦の主砲の話なら代表的な戦いの硫黄島の話でもするか?
要塞砲なんて屁の役にも立たなかったな…

他に戦艦と要塞砲で戦った有名な戦いなんてあったっけ?
61.名無しさん:2020年09月27日 01:09 ID:hjJCmni50▼このコメントに返信
暇だから※55に追記すれば
陸上戦では榴弾砲やロケット砲の数を揃え、面制圧する事はあるのはご存知の通り

ソビエト軍のトラックに積載したカチューシャやドイツ軍のネーベルベルファーがそれだが
オペル社のハーフトラックにネーベルベルファーを搭載したモルティアが有名
62.名無しさん:2020年09月27日 01:10 ID:7ow4U8rA0▼このコメントに返信
同じ大きさの砲で撃ち合う場合要塞砲相手では勝ち目が無いというのが海軍の常識だったから真珠湾攻撃でも戦艦部隊をハワイ要塞砲の射程内に侵入させる事は計画できなかった
ハワイ要塞の41センチ砲が天蓋装甲の無い露天砲台だと事前に知っていたら空爆で潰して戦艦でカチコミかけてたかもな
63.名無しさん:2020年09月27日 01:10 ID:hjJCmni50▼このコメントに返信
※59
海上戦は門外漢だからよく知らんのだがやっぱり徹甲弾ばっかりなの?
64.名無し犬:2020年09月27日 01:16 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
 トラック島空襲に於いて米水上部隊が脱出艦艇の掃討を行っている。巡洋艦香取や駆逐艦舞風が撃沈されているが・・・

 ウィキペディアより抜粋

「トラック島空襲」より
 スプルーアンスは戦艦ニュージャージーとアイオワおよび駆逐艦2隻で健在の野分を追い掛けた。しかし野分だけが米戦艦ニュージャージー及びアイオワの40.6cm砲による砲撃を回避して脱出に成功している。

「野分 駆逐艦」より
 野分は12時16分にレイモンド・スプールアンス司令官が指揮する米アイオワ級戦艦2隻(ニュージャージー、アイオワ)、重巡洋艦ミネアポリス、ニューオーリンズを確認し、12時51分にニュージャージーの砲撃を受けた。40cm砲弾3発が右90度300mに落着、100mもの水柱があがった。野分は36ノットで回避行動を行いながらニュージャージーの斉射を振りきって脱出した。一連の戦闘で野分は戦死者1名、重傷者3名を出した。魚雷を発射するチャンスは全くなかったという。
 引用終わり

 米戦艦といえども、逃走する駆逐艦を撃沈するのは容易でなかったようだ。
 日本軍に於いても開戦初期に、金剛型戦艦が駆逐艦をなかなか撃沈できなかったところ、急遽発進した九九艦爆が、たちまち撃沈して話題になった話しがある。
65.名無しさん:2020年09月27日 01:16 ID:LxY8..hF0▼このコメントに返信
※63
要塞砲って退役した戦艦の主砲をリサイクルする場合が多いから
基本的には戦艦の主砲と同じだよ。
要塞砲で記録される最大の戦果は第二次世界大戦の緒戦
オスロフィヨルドの戦いに於いて、ノルウェーは沿岸砲とその亜種とも言える陸上発射魚雷により
ドイツの重巡洋艦ブリュッヒャーを撃沈した戦いだけど、要塞砲で戦艦を撃沈した例は一つもない
66.名無しさん:2020年09月27日 01:17 ID:t05rZEcw0▼このコメントに返信
※63
小型艦艇は装甲なんてあって無いようなもんだから基本榴弾しか積んでない
大型艦は基本徹甲弾での射撃戦が前提になってるけども小型艦艇潰したり地上砲撃するのに必要だからちゃんと榴弾詰んでる
現代の場合は装甲がほぼ無いので榴弾が基本
67.名無しさん:2020年09月27日 01:19 ID:hjJCmni50▼このコメントに返信
※66
なるほど、ありがとう
68.名無しさん:2020年09月27日 01:21 ID:FQAbFiX60▼このコメントに返信
※50
初速でマッハ2.5しかなくて、20km先の目標(射程は40km?)に着弾するころには音速割ってる
20km先に到達するのに40秒以上もかかる
10km先でも12~15秒程度かかる
相手が静止してるならまだしも、戦艦も巡航速度で時速40kmほども出てるのに
完璧に進路予測できないなら
無誘導砲弾が命中率100%になるはずないよねww
当時のは静止目標でさえそんなに当たらないけどね
69.名無し犬:2020年09月27日 01:28 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
 ええっ?
 レーダーで得た諸元を射撃方位盤に入力するだけですよ? だから普通にレーダー射撃してたっしょ?
 サボ島沖海戦とか知らんのかな? 巡洋艦に出来て、戦艦に出来ないわけない。
 そうそう第三次ソロモン海戦とかあるじゃん。
 連動してないとかって、いつの時代の話ししてんの? 当時は下手すっと伝声管で連動してたんで・・・
 逆に考えれば、自由自在につながるんすよ。
70.名無しさん:2020年09月27日 01:30 ID:7ow4U8rA0▼このコメントに返信
数十秒後の標的がどの辺でウロチョロしてるのかを予測しながらダメ元で数発ほど撃ち込む作業だからAIでも導入しないと百発百中には程遠い結果になるわな
レーダーの精度が多少良かった程度のアドバンテージでは職人芸での予測を出し抜くのも難しい気はする
71.名無しさん:2020年09月27日 01:32 ID:YLnxbKbb0▼このコメントに返信
※69
おまえさんがWW2時代の「レーダー」ってのを物凄い素晴らしいモノだと思い込んでいるのは理解した
だけど現実は全く違うのだけは、他者の書き込みを見て理解してね?
72.名無し犬:2020年09月27日 01:34 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
※69
当時のレーダー射撃の欠点は修正が出来ないんだな。水柱を見られないからね? もちろん自砲弾の追跡も出来ない。
駆逐艦雪風の戦記には、夜戦中ずっと艦尾付近に着弾してたけど、ついに被弾しなかった、という話しがある。
離脱して夜が明けると、艦尾の甲板に砲弾の欠片がたくさん落ちてたそうだ。
73.名無し犬:2020年09月27日 01:36 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
※71
いやホントにサボ島沖海戦とか、第三次ソロモン海戦とか知らんの?
74.名無しさん:2020年09月27日 01:38 ID:t05rZEcw0▼このコメントに返信
大戦時の米軍のレーダー射撃命中率は射撃機会も追い撃ちになった頻度も高いせいで日本軍のレーダー射撃より低い可能性まであるんじゃねーの
数えてないからわからんけど
75.名無しさん:2020年09月27日 01:39 ID:KnPh.Bgr0▼このコメントに返信
当たらないのなら近づけばいいだけの事
76.名無しさん:2020年09月27日 01:39 ID:DOqURG.80▼このコメントに返信
※65
そりゃ各国要塞が制圧している水域に水上艦を侵入させようとはしなかったからな
この場合要塞側の砲は「砲がある」だけじゃなく必要な情報を集めて砲の設定と言えるものが済んでいるものだけど
要塞側の強みは「この位置に着弾させるにはこうする」ってのが全部終わっていて、ブイやらを事前に設置してるので測距の速さも
精度も水上艦より上。(任意の2点使って測距できるので基線長の長さが比較にならん)
あと砲台に直撃かそれに近い状態にならんと駄目なので水上艦には分が悪い
戦艦からみたら相手の主砲塔一基だけが標的みたいなもん

よく戦艦の測距義
77.名無しさん:2020年09月27日 01:40 ID:7ow4U8rA0▼このコメントに返信
アメリカ軍艦内でのレーダー要員と射撃要員との連絡体制で発生するタイムラグを雪風の操艦は数秒分ほど出し抜いてたって事なのかも
78.名無しさん:2020年09月27日 01:41 ID:DOqURG.80▼このコメントに返信
戦艦の測距儀は陸上のものより高価でいいものだけど
これって基線長が最大でも15m位しか取れないからでもあるからね
79.名無しさん:2020年09月27日 01:43 ID:KnPh.Bgr0▼このコメントに返信
※54
もともと当時のレーダは距離を測るのは正確だけど、方位分解能が低いと言う問題があった
方位分解能については、昼戦なら測距儀の方が優秀なレベル
80.名無しさん:2020年09月27日 01:44 ID:YLnxbKbb0▼このコメントに返信
※74
アメリカ軍のドクトリンがレーダーの反応があった方向に
大量に弾をばらまいて、命中弾を得てから目標を絞り込んでいく。
まさにアメリカスタイルだったのは確かだけど
レーダーなどの電子機器自体の精度はアメリカ軍が遥かに上だったので
低いってことはないと思うなぁ
81.名無しさん:2020年09月27日 01:49 ID:KnPh.Bgr0▼このコメントに返信
※15
長距離砲弾はミサイル並みの価格になるのではやりませんけどね
それならミサイル撃つで終わる
82.名無しさん:2020年09月27日 01:51 ID:t05rZEcw0▼このコメントに返信
※80
目標じゃなくてその近くに出現したゴーストに撃ってたり、機種によっては長距離射撃する時に水柱観測する能力が無いからほぼお祈り射撃してた事すら結構あったらしいからどうだろうな
そういう事やってれば当然ながら命中率はどんどん落ちていく
83.名無し犬:2020年09月27日 01:51 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
 いやここでこんな初歩的な説明する羽目になるなんて思ってなかったけどさ・・・
 もともと第一次ソロモン海戦を見てもわかるように、夜戦は圧倒的に日本軍が強かったんだよな。
 それが米軍のレーダー技術が上がり、操作に完熟するにしたがって、だんだん日本が不利になっていくわけよ。
 有名なのはサボ島沖海戦な、自分は諸説とは違って善戦したと思ってるんだが、戦史的には最初にレーダー射撃に日本が負けた海戦とされる。
 そののちも日本はその練度によって、決して劣勢にはならんのだけれども。
 第三次ソロモン海戦の第二夜戦においては、日本戦艦「霧島」は米戦艦「ワシントン」のレーダー射撃によって撃沈されたとされている。
84.名無しさん:2020年09月27日 01:52 ID:9I38.rrX0▼このコメントに返信
>>16 そもそも長門の直上で起爆させる予定だったのが風に流されて1kmズレたって話だしな。
ズレた位置の直下にあった艦艇は吹っ飛んでたはず
85.名無し犬:2020年09月27日 01:56 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
反論しといてすんませんがもう寝ます。
本日は楽しゅうございました。
ありがとうございました。
また機会があればヨロシク💛
86.名無しさん:2020年09月27日 02:02 ID:XSLYUX8F0▼このコメントに返信
※8
言葉として聞き取れなくても「音階とリズム」だけで意味が通じるからじゃないか?
あれがハモニカでもラッパでも意味は伝わると思うね。
87.名無しさん:2020年09月27日 02:03 ID:7ow4U8rA0▼このコメントに返信
原爆みたいなクソ重い爆弾がほんの数㎞ほど落下してる最中に1㎞も風に流されるなんて事はちょっと考えにくいな
もしかしたら長門が堅牢過ぎてメンツが潰されたからそういう言い訳してるまである
88.名無しさん:2020年09月27日 02:05 ID:NbegsQ0A0▼このコメントに返信
>>8
聞き間違いが起こらないようにに独特な言い回しなった
89.名無しさん:2020年09月27日 02:09 ID:7ow4U8rA0▼このコメントに返信
日露戦争の時に砲撃の騒音が余りにも大き過ぎて艦橋内でも全然話し声が聞き取れなくなってたので黒板に板書して命令や報告を伝達した逸話があるからな
そういう戦訓を踏まえて聞き取りやすいイントネーションを慣例化したのだろう
90.名無しさん:2020年09月27日 02:35 ID:XonClvg10▼このコメントに返信
>>87
しけんゃうにパラシュートつけて投下したんじゃないか?
ツァーリがそんな感じで輸送機が逃げる時間かせいだはず。

うちかたはじめ、対空やミサイル発射では言わないのか?
陸上とて曲射で成功率低いでしょ外的要因は常にあり
91.名無しさん:2020年09月27日 02:58 ID:9HwqDx3X0▼このコメントに返信
※87
そんな堅牢な船を持った相手に勝った俺達は凄いってなるだけでは?
敵を褒め称えるのはそれに勝ったんだぜって一面もある
92.名無しさん:2020年09月27日 03:08 ID:079WuRrE0▼このコメントに返信
当たらない同士で撃つから問題ないんやぞ
そこそこ当たる魚雷の登場で戦艦の時代が終わった、それだけの話。
93.名無しさん:2020年09月27日 03:09 ID:079WuRrE0▼このコメントに返信
※87
結局直撃した二発目でも重巡や空母すら沈んでないけどね
94.名無しさん:2020年09月27日 03:11 ID:079WuRrE0▼このコメントに返信
※91
無敵艦隊なんてまさにそれだな
あれ、イギリスがスペインに勝ってから言い始めたらしいし。
95.名無しさん:2020年09月27日 03:55 ID:vW8LtKfs0▼このコメントに返信
※83
サボ島沖海戦も第三次ソロモン海戦も夜戦でレーダー射撃が効果あったなんて幻想みたいなもので実害は直接射撃やぞ
両軍とも照明弾と探照灯照射、燃え上がった残骸に照らし出された艦影にむかって撃ちまくってる
レーダーは索敵に用いられて米艦隊が戦術的に先手を取る(戦闘配置、艦隊運動、砲塔指向)ために使われたというのが正しい
逆に霧島をレーダーで捉えていたワシントンは敵味方の識別ができなくて撃てなかったまである

両軍誤射も不発も多発で米軍が優勢だったのは防衛戦でのレーダーの相性の良さと参加艦艇が比較的新鋭揃いだったこと
日本軍の敗因は敵戦力の過小評価、特に米戦艦の出現を確認しておきながら大和、陸奥を温存したのは論外
第三次ソロモン海戦で第三戦隊の金剛、榛名を別行動させていたのも謎すぎる、典型的な戦力の逐次投入やんけ・・・
96.名無しさん:2020年09月27日 03:59 ID:iZtD0sy00▼このコメントに返信
※42
「いつもの」に加えられるくらい酷い内容だな
こんなの久々に見た
煽りかな?
97.名無しさん:2020年09月27日 04:14 ID:vW8LtKfs0▼このコメントに返信
大体最初にヘンダーソン基地を戦艦引っ張り出しても叩き切れなかったのに
1か月後に同じ戦力、同じ作戦でローテーション気分で仕掛けてたら世話ないですわ
敵戦艦出現の情報は上がっていたのにどんだけ米軍を甘く見てたんだ・・・
98.名無しさん:2020年09月27日 04:21 ID:jcaEJLmo0▼このコメントに返信

三角関数を使って手計算だからな。
今の兵士も撃ち方分からんと思うで
99.名無しさん:2020年09月27日 05:23 ID:V53u.75U0▼このコメントに返信
まぁワシントンの方が霧島より命中率が良かった


過大評価する事も違うと思うけど
アメリカ戦艦のレーダー射撃能力を必要以上に
おとそうとする人が少なくない
基礎科学技術が劣っていたコンプが下敷きにある
負け惜しみかと思えるわ。
100.名無しさん:2020年09月27日 05:35 ID:3ZlKZzvx0▼このコメントに返信
>>42
戦艦の主砲で百発百中などあり得ない。
101.名無しさん:2020年09月27日 05:41 ID:4WbIIbge0▼このコメントに返信
※42
ID:H2B1qr3n0 大嘘ほざいて逃走w
102.名無しさん:2020年09月27日 06:23 ID:XZT4rN690▼このコメントに返信
そうですか。
103.名無しさん:2020年09月27日 06:27 ID:jTGUqRqj0▼このコメントに返信
>>ロマンがががが

海軍そのものがロマンの産物
だから真っ先に軍縮するのが海軍
今の中国やかつてのソ連もそうだったでしょ
104.名無しさん:2020年09月27日 06:47 ID:VaACekTE0▼このコメントに返信
プリンスオブウエールズは1941年までにレーダー271型x1(水上警戒)279型x2(対空警戒)282型x4
284型x1(射撃管制)285型x4(対空射撃管制)と11基のレーダーで 警戒していて一式陸攻に叩かれて沈没してしまいました、しかもアズールレーンではムチムチであります!
105.名無しさん:2020年09月27日 07:22 ID:LMGErQqv0▼このコメントに返信
5%って20発撃てば一発当たる計算だから10問2斉射すれば当たるって考えたらそんなに低くないな
コスパは最悪だけど
106.名無しさん:2020年09月27日 07:34 ID:gr6PCdtk0▼このコメントに返信
>特に空戦はドッグファイトなんかおこらんやろ

レーダー警報が鳴ったら10秒以内にミサイル飛んで来て終わり。
ステルス機が相手なら
相手が何処に居るのか分かる前に終わり。
107.名無しさん:2020年09月27日 07:37 ID:JYUerpNB0▼このコメントに返信
レーダー管制射撃だと、北岬沖海戦のイギリス艦隊さんやな。
108.草加一郎:2020年09月27日 07:41 ID:.fm1Ryd80▼このコメントに返信
※54
それも有るけれどな... アイオワ級てのは主砲の給弾が人力に頼る手動だったんだぜ。
「沈黙の戦艦」なんてセガール主演の映画でイミジクモ暴露してただろ?
その点、大和級は全自動で機械化されていた。先進度では比較にならんよ。
まあ、これって日本人の体格的劣等の所産なんだが(アイオワ級の51口径16インチの砲弾は1220㎏で大和級の45口径18インチは1460㎏だからだが、金剛級の副砲は15.2㎝で砲弾が45㎏だった為に日本人には重すぎた。その為、長門級等は副砲を日本人の体格に合わせて14㎝で砲弾が38㎏のモノに替えられて行っただろ?それと同じ)、結果的に先進的なシステムが採り入れられた。
これって、日本の自動車がアメリカを席捲するほど先進的になった理由と通じるんだよ。
大体、アイオワ級ってのは日本では最古参の金剛級に対抗して建造されたんだから当たり前だがな...
109.名無しさん:2020年09月27日 07:41 ID:QjCZPxPG0▼このコメントに返信
対ビスマルク戦では動けないし反撃もできない標的艦と化したビスマルク相手に
外した弾が味方艦への至近弾になる程度の近距離から囲んでバンバン撃ちまくったのに
それでも外してたからな
しかも近過ぎて艦上構造物しか破壊できず艦体そのものへのダメージが低くて沈められなかった
魚雷まで撃ったのに外すし
110.名無しさん:2020年09月27日 07:43 ID:iZtD0sy00▼このコメントに返信
※69
入力するだけ......
パソコンと勘違いしてないか?
レーダー測距以降は職人芸の世界なんだが
アイオワ級も退役するその時までそうだったよ
111.名無しさん:2020年09月27日 07:52 ID:3ZlKZzvx0▼このコメントに返信
>>69
嘘吐くなよw
112.名無しさん:2020年09月27日 08:05 ID:FLWNIxr00▼このコメントに返信
命中率とかいう統計数字の落とし穴にはまるなよ
単純に発射弾数を殺傷した人員の数で割ると最も命中率が高いのはナポレオン戦争時代のマスケット銃で
時代を経るごとに命中率が低下しベトナム戦争当時のアメリカ軍の銃器はほとんど当たらない銃って結論に
なってしまう
113.草加一郎:2020年09月27日 08:15 ID:.fm1Ryd80▼このコメントに返信
しかし、長門級の方が大和級より迫力が有るね(まあ、それはそれぞれの好みだが...)
大和級の艦橋はコンパクトに造られている(頂点まで海面から40mだが長門級は50mあった)。
まあ、大和級は「砲艦外交」での見栄えを良くする為に上部構造物を小振りなモノとして、実際より巨大に見えるように工夫されていた為だが、これってアイオワ級とも通じるモノが有る(大和級は263mだがアイオワ級も270m、しかし長門級は225m)。
で、象徴性と言うか見栄えでカッコウを付けようとするとビスマルクに撃沈されたフッドに座上していた艦隊司令官のホランド中将の轍を踏む事に為るだろうな(同伴していた最新鋭のpウエールズ座上なら結果は違っていた)。
やはり戦艦てのは獰猛な見栄えを具備していなければな。大和は優美でスマート過ぎるんだよ...
114.名無しさん:2020年09月27日 08:21 ID:H2B1qr3n0▼このコメントに返信
※108
金剛級に対抗って言うの自体がデマな上に、古い戦艦に対抗するから
古いシステムでいいとかさらに意味不明

何で新規に建造するのにシステムを古い物にわざわざしなきゃならんの
あれはあれでその時の最新のシステムだぞ、指摘してる部分が手動であった
というだけに過ぎない

古い戦艦に対抗するから手動だった、とかどうして変な理解の仕方してるんだろうか?
115.名無しさん:2020年09月27日 08:27 ID:qZS1kGqE0▼このコメントに返信
※99
逆でしょ。VT信管とかにも言えることだけど、日本では長らく、アメリカ側が導入した革新的な技術によってどうしようもない戦力格差が生まれてしまったことを敗戦の一因と考えてる人が昔は多かった。けれどよくよく検討してみると、技術そのものによって戦場に劇的な変化がもたらされたわけではなく、適切な運用法や作戦が採用されることで初めて大きな差が生まれたということが分かる。性能の良いレーダーが配備されたことと、アメリカが夜戦で日本を凌駕するようになったことは、命中率という要素によって単純に一直線の原因と結果で結び付けられるものではなく、そのレーダーを生かした適切な戦法に負うところが大きい。つまりレーダーは艦砲射撃の命中率ではなく、敵味方の位置をより正確に把握しての連携作戦にこそ大きく貢献したものだった。そこを理解しないで、つまり日本は技術力だけでなくむしろ戦略、作戦、戦術のすべての方面でどんどん後れを取っていったということを指摘しないで、ただ技術の差だけを語ろうとすることに対しての警鐘として、過大評価するなって意見がある
116.名無しさん:2020年09月27日 08:40 ID:R8e2fZfu0▼このコメントに返信
※113
横からだけど、艦橋の高さが50メートルって扶桑級じゃなかったっけ?
117.名無しさん:2020年09月27日 08:44 ID:Ocq08HB50▼このコメントに返信
※26
砲と装甲同じでも固定砲台は初段命中率がダンチだから一斉に撃ち合ったらまず間違いなく地上の砲が勝つぞ
118.名無しさん:2020年09月27日 09:25 ID:.ANepnaC0▼このコメントに返信
※95
そうだね、確かワシントンはサウスダコタよりも前にいたはず、それを確認できていなかった霧島が
一方的に攻撃されたのが敗因じゃ無かったっけ、日本にもいいレーダーがあったら、こうはならなかった
かも知れないね。
119.名無しさん:2020年09月27日 09:57 ID:qiNUV98t0▼このコメントに返信
※104
肝心の対空砲がポンコツだし護衛もたったの4隻なのでムリゲー
120.名無しさん:2020年09月27日 09:58 ID:.ANepnaC0▼このコメントに返信
※119
必殺ポンポン砲の悪口はそこまでだ。
121.名無しさん:2020年09月27日 10:01 ID:wwpcREpU0▼このコメントに返信
そりゃ「砲塔が波で揺れている」上に「標的が波で揺れている」から、第二次世界大戦時の軍艦は、よほど肉迫しないと当たらないよ。
現代の軍艦(排水量1万トンでも駆逐艦と呼ばれる)の場合はジャイロで砲口安定させて撃つから多少マシだが。
陸上目標に向かって艦砲射撃する場合、敵国の海岸道路を寸断し港町を破壊するような用途なら効果的だが、平地の敵基地を破壊するような用途なら、急降下爆撃に比べて費用対効果が薄い。
122.名無しさん:2020年09月27日 10:11 ID:qiNUV98t0▼このコメントに返信
※120
地味だけど両用砲の性能もアレなんだよなぁ。「カタログスペック」で毎分8発て。
123.名無しさん:2020年09月27日 10:19 ID:WObKXgiq0▼このコメントに返信
※16
そうだよなぁ。
「長門は核に(1回)耐えた!(キリリ」って、戦艦より小さい重巡プリンツ・オイゲンなんか2回目の核爆発でも沈まなっかったし、米戦艦4隻中沈んだのは1隻だけ。中にはハワイまで戻って復活した艦もあるくらいなのになぁ。
日本戦艦頑丈でスゲーって、上げするような事象じゃねーわなぁ。
124.名無しさん:2020年09月27日 10:40 ID:MW6TFfcg0▼このコメントに返信
※123
まぁ爆心からの距離の違いもあるしね。
長門は2回目の後も浮いていて、その夜に誰にも見られることなく沈んだと聞いた気がする。
125.草加一郎:2020年09月27日 10:41 ID:.fm1Ryd80▼このコメントに返信
※114
あのなあ... 真珠湾で壊滅したアメリカの旧式戦艦群ってのは21~22ノット程度だっただろ?
最古参とは言え30ノット前後の金剛級に広大な太平洋を走り回られ通商破壊されたら対応しかねていた。
結局、空母に随伴できる速力は不可欠で金剛級の活躍する機会は多く、アメリカ側も同じ事情だった筈だ。
その為にアメリカ側ではアラスカ級が建造されたが、アメリカ側に「そんな技術」が無く失敗作に終わっている。
アイオワ級だって「振動」の問題とか、色々と「技術不足」による欠陥が指摘されているだろ?
確かに諸説あるのは事実だが「金剛級対策」もアイオワ級企画、建造の目的と考えられるね。
まあ、それは置いておくが...
「古い戦艦に対抗するから手動だった」とかさあ...「そんな理由で手動だったと思ってる」と思っているのか?
お前さんの理解の仕方こそおかしいんじゃあないのかな?
アメリカ側の最新鋭ですら手動だった...と言う事だ。そんな発想も技術もアメリカ側には無かったと言う事だよ。
実際にWW2終戦後も近代化改装され湾岸戦争にまで投入されたアイオワ級だが
その時点ですら「手動装填」だったんだから、体力優等のアメリカンにはその発想が無かったと言う事だろうな。
これは1970年代のアメリカの自動車産業は大型車しか作れず小型車を作る技術を持っていなかった(石油が自給でき燃費なんて如何でも良いって発想の所産ゆえ)事と同じだな。
アメリカの方が何でも「先進的」って発想を刷り込まれてる日本人ってのが多くって困るね。
それになあ... 砲塔内での給弾、装填中の爆発事故ってのは相当に多い。そんな事故排除の為にも自動化した方が安全で砲塔内の作業員の生命は無論の事、艦自体の保全の為にも重要な事だ。
「そこ」を軽視した手動装填ってのは「遅れていた」...と言わざるを得ないんだが。
126.名無しさん:2020年09月27日 10:48 ID:DOqURG.80▼このコメントに返信
金剛が30ノット出るなんでアイオワの設計段階ではまだ掴んでない
26~7だからノースカロライナたダコタ級で対応できる(と考えてた)

アイオワ級は空母について行ける様にされたのでその時点で第二艦隊所属であり
先鋒として出てくる金剛型との戦いは想定されてた。だから議会説明の中で触れた
けどアイオワ級戦艦ってあくまで「空母についていけて日本の新型戦艦にも対抗可能」な戦艦
まあちょっと防御に不安はあってこれを解消して砲力増したのがモンタナ級
別に「金剛型対抗の為」に作ったわけじゃないよ
127.名無しさん:2020年09月27日 11:02 ID:HHbWBIBq0▼このコメントに返信
ttp://navgunschl.sakura.ne.jp/index.html
本物の大砲屋さん(元護衛艦砲術長)のすごいサイト。無断引用禁止なのでちょっとだけ
クラ湾夜戦でデンバーのSGレーダーが捕らえた村雨と峯雲の実際のスコープ画像があるんだけど
現実はこんなもの。でもあるとないでは大違い。
128.名無し犬:2020年09月27日 11:04 ID:pbj8dm5n0▼このコメントに返信
※125
手動と自動、機力と人力の混乱が見られるように思われます。
アポロ11号の月面着陸も「手動」ですよ?
アメリカの戦艦の給弾装置が特に遅れていたわけではありません。
あの時代の戦艦の主砲弾は1トン前後もあり、到底人力でどうにか出来るシロモノではありません。
当時のどこの国の戦艦主砲も「機力」による「手動」装填です。
「自動」装填? まさか引き金を引き続ける限り連射するとか? 指が疲れてたいへんでしょう。
129.名無しさん:2020年09月27日 11:35 ID:BpGQVkl.0▼このコメントに返信
艦砲射撃や魚雷が当たらん

爆弾が自動で艦船めがけて飛べばいい

あほか、そんなもんあるか

ピコーン、爆弾を人間が操縦すりゃ良いんじゃね

神風特攻、回天
130.草加一郎:2020年09月27日 12:25 ID:.fm1Ryd80▼このコメントに返信
※126
さて、それはどうかな... 何か確実なソースでも有るのかな?
1923年の関東大震災の際に、救援物資を満載し被災地へ「公式発表」を遥かに超える速度で急行する戦艦長門をアメリなの潜水艦が目撃しアメリカ側を驚愕させた事は有名だよね(まあ、連合艦隊の殆どの艦船も同じ様に走り回っていたから「それ」も目撃されていた...と思う方が自然だろ?)。
少なくともアメリカ側は日本側の「公式発表」など鵜呑みにしなくなっていた筈だ(軍事機密なんだから当たり前だが)。
アラスカ級が6艘も計画されたのも「そんな経緯」ゆえではないのかな?(結局、建造されたアラスカとグアムが失敗作で2艘に留まり残り4層はキャンセルされた)。
ノースカロライナ級や1937年企画のサウスダコタ級で充分と考えていたのなら1938年にアラスカ級6艘の建造なんか企画するかな?
何方にしても1936年のワシントン軍縮条約失効後に計画されたアメリカの新造戦艦は金剛級をかなり「意識」されていた筈だ。
131.127:2020年09月27日 12:25 ID:HHbWBIBq0▼このコメントに返信
127 のコメでクラ湾夜戦と書いたけど、正確にはクラ湾で起きた夜戦、米側呼称ビラ・スタンモーア夜戦でした
日本側の海戦名はワンサイドゲームだった為かありません。申し訳ない
132.名無しさん:2020年09月27日 12:28 ID:4.DmFIhn0▼このコメントに返信
>でも戦艦がない現代の海軍って主役を失った感あるよな

そりゃ、WW2終結時点で西側以外で戦艦を保有できる、できても艦隊編成できる国は皆無である以上、海戦が起こりようがない以上は無理して戦艦を使用するのは超金持ちのアメリカぐらいだしね。英仏は戦艦を建造したけど過ぎに解体しているし。
133.名無しさん:2020年09月27日 12:35 ID:qiNUV98t0▼このコメントに返信
※132
まあ対艦ミサイルがあればむりして戦艦運用しなくていいからね。
ただWW2終了直後の状況でいえば航空機による対艦攻撃の成功率に疑問を持たれてた時期なので戦艦もそれなりに必要とされてたのよ。
134.名無しさん:2020年09月27日 12:42 ID:DOqURG.80▼このコメントに返信
※130
アラスカ級??あんなもん計画だけの情報に惑わされただけ
大体アラスカでは金剛をどうこう出来るものじゃない

意識したのは長門型と協同作戦を取るであろう新戦艦
長門が26前後でるなら「新型は28で行動できるはず」と考えた
コロラドまでは22とかなので新戦艦で28前後で統一行動取れる様にしただけだ
大体長門の速度は米は最初から25~6出るはずと見積もってる
船体規模・機関能力や自分の所に注文がきた減速歯車の要求から見積もっている
135.名無しさん:2020年09月27日 12:50 ID:fwb4rRta0▼このコメントに返信
今の技術ならいくらでも当てられるけどまあミサイルの方がってね
レールガン戦艦とか実現しないかな~
136.名無しさん:2020年09月27日 12:55 ID:cwe.Pgfq0▼このコメントに返信
※118
霧島が一方的に叩かれたわけでは無く、サウスダコタにも相当被害を与えている。
ただ、本来の仕事が米飛行場に3式弾で攻撃するために、主砲に対艦用の徹甲弾ではなく、3式弾装填していたことと、
元々、14インチ砲戦艦vs16インチ砲戦艦で、戦艦数も1vs2なんだから、撃ち負けるのはしゃあない。
137.名無しさん:2020年09月27日 13:01 ID:qiNUV98t0▼このコメントに返信
※135
レールガン戦艦、装甲じゃレールガン止められないからペラペラでいいかってなりそうなんだよなー
138.草加一郎:2020年09月27日 13:05 ID:.fm1Ryd80▼このコメントに返信
※128
だからさあ...アポロ11号の月面着陸は技術が伴っていなかったのに「手動」で強行着陸した訳で一か八かの大博打だったんだよ。
まあ、対ソ連の主導権争とケネディの無責任な宣言を実現する為の命懸けでの「手動」だった訳で、
結果が結果なら「冷戦」全般の帰趨にも響きかねない大惨事一歩寸前だったんだよ。
けっして褒めたり評価できるような「手動」ではなかったんだが(搭載されていたコンピューターも電卓レベルの能力で...)。
それから...確かに「給弾」と「装填」が曖昧になっていたかも知れないね。
しかし、重さ1220㎏の51口径16インチ砲弾を艦底近くの弾薬庫から「人力」による「手動」で「給弾」するなんて誰も思わないんじゃあないのかな?「装填」も同じ事で「可能な限りの機械による自動化」を「自動化」と呼んでいるに過ぎないのだが。
まあ、大和級で「自動化」されていてアイオワ級では「自動化」されずに「手動」で行われている操作を「手動」と言っているだけの話だよ。
そのくらいの事は分かると言う前提で話を進めてるんだけれどなぁ...
139.名無しさん:2020年09月27日 13:07 ID:mRLPr1Es0▼このコメントに返信
>>27
なおかつハンドルを手動でぐる
ぐるして砲身を上下動させて艦
船の揺れを修正するらしいね
何から何まで人の手ってすごい
140.名無しさん:2020年09月27日 13:16 ID:bdlt4sm10▼このコメントに返信
>>108
じwんwりwきw

16インチ砲弾を手で装填してんのか、そりゃアメリカ人にシュワちゃんみたいなやつも出てくるわw
141.名無しさん:2020年09月27日 13:18 ID:bdlt4sm10▼このコメントに返信
>>138
お前がバカなのを他人のせいにしてんじゃねえよw
142.名無しさん:2020年09月27日 13:26 ID:DOqURG.80▼このコメントに返信
※140
機力が殆どで人の補助が必要ってだけだぞ
揚弾や装填を人力でやっているわけじゃない
143.草加一郎:2020年09月27日 13:27 ID:.fm1Ryd80▼このコメントに返信
※134
何を言ってるんだ? アラスカ級は「アラスカ」と「グアム」が実際に建造されてるぞ。
君は何に惑わされているんだい? 先ずは「そこ」をWikipediaとかで確認してご覧。
144.草加一郎:2020年09月27日 13:31 ID:.fm1Ryd80▼このコメントに返信
※141
おやおや… 君は何番の「名無しさん」なの?
145.名無しさん:2020年09月27日 13:31 ID:DOqURG.80▼このコメントに返信
※143
アラスカなんか超甲巡を日本が造ると勘違いして対抗しようとしただけ
146.名無しさん:2020年09月27日 13:45 ID:MW6TFfcg0▼このコメントに返信
※143
まぁカッコいいけど、実際に運用した側には不評だったというよね。
戦艦でも重巡でもない中途半端さで、コスパもそのどちらにも劣るというね・・・
147.名無しさん:2020年09月27日 14:01 ID:KnPh.Bgr0▼このコメントに返信
※130
アラスカ級は「軽巡」最上型への対抗策だろ
148.名無しさん:2020年09月27日 16:12 ID:5c1BzMSG0▼このコメントに返信
長門❗️長門❗️大日本帝国総旗艦『長門』っ❗️
149.草加一郎:2020年09月27日 17:20 ID:.fm1Ryd80▼このコメントに返信
※147
あのさあ... アラスカ級ってのは基準排水量29779tで全長246m、50口径12インチ(30.5㎝)砲×9...以下はWikipediaでご自由に。
コレの何処が最上級(たったの8500t)への対抗なんだ?だとしたら余りにもオーバースペックではないか?
まあ、意識はしたかも知れないが... しかし、運動性能はアメリカ海軍艦艇中で空母レキシントンと並び最悪で舵の利きもタンカー並みに悪いと言う完全なる失敗作...これでは軽巡の最上級にも対抗できどうか...
大型巡洋艦とか言われているが、そんな「規模」ではでなく、全長、主砲サイズ、速力でドイツ戦艦シャルンホルスト級を上回る巡洋戦艦だな。
まあ、確かに日本人には馴染みが薄いが...アメリカも恥ずかしくって知られたくなかった為か(?)。
150.名無しさん:2020年09月27日 17:43 ID:dTcP4d6E0▼このコメントに返信
攻撃目標と発砲する砲を方位盤[注 2]室にいる砲術長が指令する。
測敵観測担当の砲術担当士官が艦橋上部の方位盤室上やマストの上から攻撃目標を観測。目標の方角、距離、針路、速度を方位盤室へ伝達。
方位盤室では、目標の情報に自艦の針路と速度の情報を加えて射撃指揮管制装置に入力する。
射撃管制装置は計算結果を各砲塔内の仰角と方位角の通信機に針で表示する。
発砲する砲の砲手は示された仰角と方位角に砲を合わせ、準備完了を方位盤室へ報告する。
砲術長の命令で射撃管制装置の発射ボタンを押す事により、発砲状態の砲が発砲する。砲戦開始。最初は1門か全体の半分の砲を発砲することが多かった。
観測によって「近弾(届いていない)」「遠弾(越えた)」などの情報を方位盤室に伝達。
方位盤室では目標の方位を継続的に射撃管制装置に伝える。
砲術長が「上げ」「下げ」といった修正を砲に指示する。必要に応じて次に発砲する砲を指示する。通常は半分の砲。
発砲する砲の砲手は指示された修正を砲に加え、準備完了を方位盤室へ報告する。
砲術長の命令で射撃管制装置の発射ボタンを押す。第二射発砲。
以後、弾が命中するか目標をはさんで近くと遠くに落ちる夾叉状態になるまで半分の砲で交互射撃を繰り返す。
命中するか夾叉すれば、全門での砲撃に移る[7]。
151.名無しさん:2020年09月27日 18:08 ID:CO4gBV7k0▼このコメントに返信
※99
>>アメリカ戦艦のレーダー射撃能力を必要以上に
>>おとそうとする人が少なくない
>>基礎科学技術が劣っていたコンプが下敷きにある
>>負け惜しみかと思えるわ。

レーダーを万能の道具だと思ってる輩が多すぎから
反論の書き込みも多いんだろ?
真珠湾ではスルーしたり、キスカ島撤退時のゴタゴタとか
知らずに「レーダーがぁ~」とか言えばそりゃ反論も言いたくなるわ
152.名無しさん:2020年09月27日 18:48 ID:4JRzoljz0▼このコメントに返信
首里城には初弾から命中させたらしい
艦砲射撃は部屋の隅のゴミ箱にゴミを放るのと基本的に同じ
自分とゴミ箱がそれぞれジグザグ走行してたら、そりゃ当たらんわなw
153.名無しさん:2020年09月27日 18:56 ID:OithdvWd0▼このコメントに返信
日本海軍の愚かな思考
アメリカは艦砲射撃の威力を考えていたのに、
日本海軍は対艦しか考えていなかった
154.名無しさん:2020年09月27日 19:46 ID:iZtD0sy00▼このコメントに返信
※153
まさか対地砲撃のことを言ってる?
アメリカは金剛のそれを真似ただけなんだけど
うーん、残念!
155.名無しさん:2020年09月27日 19:51 ID:HOrKefpy0▼このコメントに返信
>>153
馬鹿「日本は大艦巨砲主義を捨てきれなかった!飛行機と空母の時代になっていたのに気付かなかった!」

これと同じ匂いを感じる
156.名無しさん:2020年09月27日 20:03 ID:T10bpPkX0▼このコメントに返信
※155
通り魔的に「〇〇がぁ~」と書き込んでいくんだろうな・・・
この手のヤツは大した根拠も書かないし、マトモな反論もないし
157.名無しさん:2020年09月27日 20:11 ID:WLrBgdrg0▼このコメントに返信
日露戦争の時は、航行しながら航行する艦によく当ててたよな。
158.名無しさん:2020年09月27日 20:29 ID:iZtD0sy00▼このコメントに返信
※157
距離6kmとか4kmとかだからな
ほぼ水平射撃だよ
さすがにあの時代の大砲でもバカスカ当たる
159.名無しさん:2020年09月27日 21:14 ID:E9U3.2vJ0▼このコメントに返信
※158
要はそれぐらいで無いと決定的に有効な結果が得れれない、って事なんじゃないの?霧島が沈められたのも数千メーターからの砲撃だし、たしか、他の第二次大戦の海戦で、日本の巡洋艦部隊が距離一万メーター程度よりも接近せずに砲撃戦やって、有効弾を得られず(被害も軽微?)に指揮官が更迭されたかなんかも有ったように思うが、うろ覚えなので勘違いカモ。現代の小銃:最大射程数キロ(有効弾が出るとは言っていない)、ってのと同じで、40キロ飛ぶ(そんなに離れりゃ当たるのはマグレ)だと思う。フッドが沈んだ砲戦も15キロ程度だし。
160.名無しさん:2020年09月27日 21:15 ID:j77wgtOD0▼このコメントに返信
※143
横からだけど、そうじゃなくてアラスカ級は秩父級なる実際の日本海軍の計画には存在しない大型巡洋艦の情報に惑わされて建造されたんだよ
161.名無しさん:2020年09月27日 21:23 ID:WLrBgdrg0▼このコメントに返信
※158
でもロシア側からの砲弾はほとんど当たらんかったらしいぜ。
動いている艦から動いている艦に当てるのは当時でも難しいんだよ。
162.名無しさん:2020年09月27日 22:50 ID:DoNJxX560▼このコメントに返信
※64
公算射撃というのは、敵味方ともに一定速度で直進している条件だからね。
一方が回避運動していれば、命中率はガタ落ちする。
163.(´・ω・`):2020年09月28日 00:05 ID:6fjBSlnf0▼このコメントに返信
>>108
こらこら大嘘をつくな。信じるヤツが出るだろうが
戦艦級の主砲は米は電動油圧、英日は電動水圧式で、一部電動、補助に人力を使う。
装薬をエレベーターに乗せるのは何処の国も人力だし、装填に人の手を介さない戦艦主砲なんてないよ
大体にして、一トンの砲弾が滑落しないよう抵抗があるのを、どうやって薬室に人力で押し込むんだよ
164.(´・ω・`):2020年09月28日 00:13 ID:6fjBSlnf0▼このコメントに返信
>>113
悪いが君のかいている情報はどこも合っていないぞ
大和型は被弾率の低減の為可能な限り小型化したし、防御力や爆風被害、BC兵器(条約で禁じても実はどの国も在庫している)への対処に密閉式の塔型艦橋を採用するのは当時のトレンドだ。

大体にして、新造時のフッドは長門以上の堅艦で、砲弾の進歩に対応した装甲の強化する機会が得られず陳腐化、旧式化していたのだし、そもそも交戦距離的に当たれば装甲で耐えられる距離ではない。
165.(´・ω・`):2020年09月28日 00:17 ID:6fjBSlnf0▼このコメントに返信
>>125
何べんでも言うが主砲の動力は米なら電動油圧、補助に人力を使う。
補助に人力を使う、の部分は大和でも人間が関与するステップだからな?
166.名無しさん:2020年09月28日 00:36 ID:zXaCNPGP0▼このコメントに返信
今はミサイルが主力だからねぇ。
167.名無しさん:2020年09月28日 01:27 ID:Mk8sAF3g0▼このコメントに返信
空母が出てくるまではコレしかなかったんやから
カタが付くまで(当たるまで)やるしかないやろ
日本海海戦がそれ
168.名無しさん:2020年09月29日 11:35 ID:EAimGfhS0▼このコメントに返信
サボ島沖海戦
衣笠→米巡洋艦
 射距離 :約6000~8500
 射撃時間:約13分
 発射弾数:160発
 命中弾数:約6発 「ボイシ」「ソルトレイクシティ」火災

サンフランシスコ、ボイシ、ソルトレークシティ→衣笠
 射距離と時間は撃ち合いなので上に同じ
 発射弾数:約700発
 命中弾数:約4発 衣笠小破
レーダーで先手を取れることが米の勝利につながってるが、撃ち合いになってから米が命中率で優っているわけではない
169.名無しさん:2020年09月29日 11:37 ID:EAimGfhS0▼このコメントに返信
第三次ソロモン海戦は双方の戦艦共イメージより多く発砲していて
霧島が7発命中弾を出した説を取ると日本の方が命中率高くなる

お名前