2020年09月26日 08:05

戦国時代とかの軍隊の最前列の歩兵みたいな絶対死ぬって感じのポジションあるやん?

戦国時代とかの軍隊の最前列の歩兵みたいな絶対死ぬって感じのポジションあるやん?

01

引用元:戦国時代とかの軍隊の最前列の歩兵みたいな絶対死ぬって感じのポジションあるやん?
https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1600890653/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 04:50:53.611 ID:01zKXb2qp
あれってどうやって誰がやるか決めてたの?
誰もやりたくないやろあんなん

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 04:51:20.150 ID:4W1UZrwE0

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 04:51:30.158 ID:8UCz0bU8M
その分多く金が支給されるって聞いたことがある

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 04:51:46.943 ID:c4vYqCJX0
だから一番槍は褒美がでかい

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 04:53:44.133 ID:+SFePuOU0
ファランクスの右端は最も尊敬されるとかそういう付加価値があったから成り手はいたやろ

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 04:55:25.274 ID:WjJg/iJi0
手柄立てたくてノリノリ

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:04:24.135 ID:EcDx2Oy70
大体は平定した土地の兵士とか属国の兵士

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:05:16.495 ID:HW0iCgTa0
同時多発的に戦闘始まるから

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:07:55.900 ID:i9zWx/oVa
一番前にいてもすぐごちゃごちゃになるから一緒って言ってた

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:08:44.784 ID:kocPQq+C0
一番前は出世頭じゃね

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:10:25.979 ID:JFT1NAa+0
一番槍やったら10億円やるって言われたらやる?

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:11:34.626 ID:JA+YY2Ll0
だから軍隊は民主主義じゃないんだよ

上官の命令は絶対の意味がわかったろ
捨て駒にしねという言われたものからしたらたまったもんじゃない命令でも全体の勝利の為に否がおうでも従わせるんだよ

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:12:40.693 ID:JA+YY2Ll0
将「(最前列)やれ」

歩兵「はい」

これが現実

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:13:15.128 ID:lvsFX7u90
誉れよ

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:15:18.917 ID:eR5TkQ3e0
最近だと家族の保障とかありそうだけど
戦国時代はどうなのかねえ

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:17:38.443 ID:JA+YY2Ll0
>>22
身分が高いやつならあるだろうけど、勝手に参加したりその時だけ雇われているだけ浪人なら無いだろ

武士ですらない百姓ならもっと無いだろうな

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:18:46.224 ID:eR5TkQ3e0
>>23
でも行かざるをえないんだろうな
地獄ですよ

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:21:46.333 ID:cxKtVLql0
それでも平原の戦ならすばしこさ有れば生き残れそうだが城攻めの塀登るのだけはまず死ぬだろうなあれは

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:33:12.788 ID:p6AuGRTg0
最前列は逆に死亡率低いって聞いたけどな
戦闘が激化する前にリタイアするから致命傷ですむ場合が多いらしい

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:35:20.645 ID:e6EJ9AXqa
>>31
致命傷って死ぬんだよ

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:40:29.039 ID:p6AuGRTg0
>>34
あーそうか
なんだろう、逆に戦闘が激化した後だと負傷しても救出されないことが多くなるといったほうがよかったか

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:37:16.070 ID:EcDx2Oy70
>>31
倒れてたら踏まれまくるし根性悪い奴に死体蹴りされるし
金品狙った死体漁りに止め刺される

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 05:34:30.748 ID:RRTf4/0+0
CQBでも一番最初に建物へ突入する隊員は死傷率高い

41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/09/24(木) 06:16:18.818 ID:b8CyXWtK0
4列目でやってる感出してみたい

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年09月26日 08:11 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
前列はタヒ者率が多いだけで、昔の戦争なんで戦タヒ率自体は低い。
2.名無しさんΘ:2020年09月26日 08:14 ID:jHZxs46M0▼このコメントに返信
太鼓兵とかラッパ兵とか?
3.名無しさん:2020年09月26日 08:15 ID:gV945XiW0▼このコメントに返信
だからこそ菅直人は毎回4列目に居たんだよ。
4.名無しさんΘ:2020年09月26日 08:16 ID:jHZxs46M0▼このコメントに返信
本スレ
>20
将「(最前列)やれ」

歩兵「はい」

これが現実



今もブラック企業とかあるし
よく教育されているよな
5.名無しさん:2020年09月26日 08:20 ID:bDsX78kb0▼このコメントに返信
撃墜数稼ぎには持って来いやな(ゲーム感覚)
6.名無しさんΘ:2020年09月26日 08:20 ID:jHZxs46M0▼このコメントに返信
その中世の方が太鼓兵とかラッパ兵とか
危ない最前列で扇動するから続けよ?で出来たけど
近代の方が逃げようとしたら殺されそうだな
7.名無しさん:2020年09月26日 08:21 ID:7IX1gB410▼このコメントに返信
中国では督戦隊があり、前線から兵隊が撤退しないように、後ろから仲間が銃を持って構えている。よって、中国兵が、勝手に撤退する時は民家に押し入って、民間人の服装に着替え、金目のモノを盗み、女性を凌辱し、言う事を聞かなければその場で民間人を殺害する。
8.名無しさん:2020年09月26日 08:22 ID:UVTd3ysx0▼このコメントに返信
ローマってドラマみてたら
隊長が笛吹いたら、最前列で戦ってた歩兵が下がり、
代わりに後続の歩兵列が前に出て戦ってたよ。
9.名無しさんΘ:2020年09月26日 08:23 ID:jHZxs46M0▼このコメントに返信
今も楽隊あるけど
フィクションでも扇動で使う機会あるだろうか?
10.名無しさん:2020年09月26日 08:23 ID:VjwUCAZt0▼このコメントに返信
それは国によって変わる下っ端を最前線において無理やり突撃される国と
武士や騎士のように手柄を求めて喜んで突撃する脳筋やらが居る
特に騎士は命令を聞かずに自分の戦果の為にかってに突撃するほど脳筋
11.名無しさん:2020年09月26日 08:23 ID:ODaftUiW0▼このコメントに返信
なお実際は
将(最前列)「やれ」
だったもよう。前と後ろで挟まにゃそら動きませんわ。
小勢率いる部将レベルの話だけどな。
12.名無しさん:2020年09月26日 08:25 ID:UVTd3ysx0▼このコメントに返信
軍団の紋章や軍旗やキリストの十字架などを掲げて
歩兵列と共に前進する兵士はどうやって身を守って
たんだろう。
13.名無しさん:2020年09月26日 08:26 ID:ypvVEuOG0▼このコメントに返信
>>8
前に進め以外の集団行動を戦闘中に取らせるのって相当の練度が必要だけどね
14.名無しさん:2020年09月26日 08:27 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
※7
督戦隊みたいなのは、どこの国、時代にもあるので。
15.名無しさん:2020年09月26日 08:27 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
※12
いつの時代?
16.名無しさん:2020年09月26日 08:28 ID:pZHLWw0p0▼このコメントに返信
備えは都度変更する(後方じゃ手柄立てられない)し、戦国期の隊列なんて薄いからあまり意味がない
武士身分なら一番槍・首欲しさに抜け駆けするやつも多いし
17.名無しさん:2020年09月26日 08:28 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
※11
そう言うのって、宗教や金銭や犯罪パターンが大半。
18.名無しさん:2020年09月26日 08:30 ID:7IX1gB410▼このコメントに返信
14>中国が1番ひどい。
19.名無しさん:2020年09月26日 08:30 ID:pZHLWw0p0▼このコメントに返信
※12
同じ文化を共有していれば、士官・聖職者等は殺さない
捕虜にして身代金が取れるからな

異教徒同士の場合は逆に狙われやすいから、周囲がカバーするのが誉
20.名無しさん:2020年09月26日 08:32 ID:UVTd3ysx0▼このコメントに返信
>>15
古代から近代まで
そんな役割の人全般
21.名無しさん:2020年09月26日 08:32 ID:bDsX78kb0▼このコメントに返信
シナへの復讐に燃えるインドのチベット人部隊なら、殺る気まんまんマンで最前線に行くと思うぜ
実際に相当な活躍をしているらしい
22.名無しさん:2020年09月26日 08:33 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
※18
いやいやいやいや、ソ連やアフリカ紛争を舐めすぎ
23.名無しさん:2020年09月26日 08:36 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
※20
旗が倒れると指揮を取るのが難しいので、有能な兵士&旅団でも中間あたりやけど?
24.名無しさん:2020年09月26日 08:37 ID:e.KazBNo0▼このコメントに返信
※16
実際先駆けも功績の1つとして数えられて褒美がもらえるしね。それ以外にも名声が加わるし、宇治川の先陣争いでの佐々木高綱のように相手をだましてでも一番槍をかっさらおうとする奴がいてもおかしくはない
25.名無しさん:2020年09月26日 08:38 ID:rkLimGA20▼このコメントに返信
曹操軍の真冬の城攻めの最前列
1 敵の矢が上から降ってくる中、両腕ではしごを持ち上げて、高さが胸までの冷たい堀の水を進みなんとか城の壁にはしごを架けます。
2 真上から降りそそぐ敵の矢や槍をなんとかかいくぐってはしごを上り場内に進入します。
3 場内敵だらけの中、剣を振り回して蹴散らし内門へダッシュ。中から門のカギ棒を外してミッション達成。

難易度高すぎだろ
26.名無しさん:2020年09月26日 08:39 ID:7IX1gB410▼このコメントに返信
22>その国の民族性は直ぐには変わらない。いざとなれば本性が現れる。もし沖縄が中国に占領されれば、多くの沖縄県民は奴隷労働や臓器移植の原資、或いは民族抹殺で、沖縄には一人も日本人がいなくなる可能性がある。
27.名無しさん:2020年09月26日 08:40 ID:UVTd3ysx0▼このコメントに返信
そういえば楽隊も楽器をドンドコドンドコ奏でながら
歩兵列と共に前進してるけど
白兵戦になったらボーッとつったってる訳にもいかんよな。同じ宗教圏内ならば狙わないかもしれないけど
皆興奮状態でそれが適用されるとも限らない。
ましてや敵が異民族や異教徒じゃどうにもならない。
28.名無しさん:2020年09月26日 08:44 ID:ruplQLh60▼このコメントに返信
名前を売ってのし上がりたい奴はいると思うぜ
29.名無しさん:2020年09月26日 08:44 ID:.7eUP5zt0▼このコメントに返信
>>23
具体的に、白兵戦の渦中でその人ら
どう身を守ってたのかなと思うわ。
軍旗を振り回して敵の銃剣と戦っていたのか、
身の危険がない位置にちょこちょこ移動しながら
軍旗を掲げていたのかなと。
30.名無しさん:2020年09月26日 08:46 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
※27
近代以前の楽隊はベテラン兵が担当している。
31.名無しさん:2020年09月26日 08:49 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
※29
戦列歩兵時代は旗兵を狙わない謎ルール。
32.名無しさん:2020年09月26日 08:51 ID:kOZCm2QB0▼このコメントに返信
敵兵叩きっては相手の首や装備を持ち帰って上司に報告して
再出撃してまた持ち替えて報告して
褒美たんまり貰う
そんな元気な兵士もいたそうな
33.名無しさん:2020年09月26日 08:52 ID:.7eUP5zt0▼このコメントに返信
>>31
そうなんだ
34.名無しさん:2020年09月26日 08:53 ID:wGzGG5fM0▼このコメントに返信
手柄ぞ、誉ぞ、一番槍ぞ

一番槍ってのは「家」の手柄になるんやで
35.名無しさん:2020年09月26日 08:54 ID:pZHLWw0p0▼このコメントに返信
※27
普通は即乱戦に巻き込まれないような場所で待機するし護衛もつけるぞ
兵を鼓舞し、指令を伝える存在が先に倒れたら困るだろ

かつ身分の高い奴は殺されないだけで、連隊旗を奪うのは最高の誉
奪われるのは最大の屈辱だからお互い必死よ

近代でも連隊旗手は旗を奪われないように、危なくなったら腹に巻いて戦い続けたから「血染めの連隊旗」の話なんていくらでもある
36.名無しさん:2020年09月26日 08:55 ID:uL2wwq9P0▼このコメントに返信
旧軍だと、連隊旗手はDTなのが暗黙のルール
37.名無しさん:2020年09月26日 08:56 ID:dYQt.g1G0▼このコメントに返信
江戸時代、薩摩でさえ蒲生衆(関ヶ原で捨てがまりやった奴ら)の言う事は聞いてやれが不文律、それなりの配慮はされとったよ
38.名無しさん:2020年09月26日 08:57 ID:39do.E330▼このコメントに返信
雑兵物語にははっきり最初に切り込むのは侍と書いてあるな
39.名無しさん:2020年09月26日 08:58 ID:api8OhkN0▼このコメントに返信
※33
ヨーロッパ貴族同士がルールを守っていた稀有な時代なんで
40.名無しさん:2020年09月26日 08:58 ID:H5frItBy0▼このコメントに返信
※29
指揮の為に要人が傍にいるし、旗竿振り回すなんてもってのほかやろ(見辛くもなるし)そりゃ巻き込まれないように下がるよ
夏の陣でも「馬印が踏み倒された」なんて激戦の印&大問題になるわけだし
41.名無しさん:2020年09月26日 08:59 ID:.7eUP5zt0▼このコメントに返信
>>35
乃木も軍旗を薩軍に奪われたのが
精神的負担になってたね
自決の一因だっけ。
42.名無しさん:2020年09月26日 09:03 ID:kSduF3xy0▼このコメントに返信
フォワードは仕方ない。
今でもポイントマンって言うのかな。
43.名無しさん:2020年09月26日 09:04 ID:jPNPAO0Z0▼このコメントに返信
>>20
出典は忘れたけど
戦列歩兵あたりの太鼓持った
人らは回りの兵隊から
「あいつら武器も持たずにようやるわ」
みたいな感じで尊敬されてた
とか
旗持ちなんかもすぐ逃げる奴
には持たせられないだろうか
らある程度出来る奴らだった
のではないかなあ
44.名無しさん:2020年09月26日 09:04 ID:kSduF3xy0▼このコメントに返信
>>4
社会性動物に組み込まれた機能なんだよ。
45.名無しさん:2020年09月26日 09:05 ID:kSduF3xy0▼このコメントに返信
>>13
だからローマ軍強かったんだろ。
46.名無しさん:2020年09月26日 09:05 ID:Z62rzQuV0▼このコメントに返信
何で現在の戦闘機パイロットにその仕事をしているか聞いてみれば

パイロットは最前線にいるぞ
47.名無しさん:2020年09月26日 09:08 ID:kSduF3xy0▼このコメントに返信
>>39
プロレス戦争時代やな。
48.名無しさん:2020年09月26日 09:09 ID:kSduF3xy0▼このコメントに返信
>>46
パイロットになる理由は山ほどあるが彼らは最前列の捨て駒ではない。
49.名無しさん:2020年09月26日 09:09 ID:HhIHVeRQ0▼このコメントに返信
>>9
楽隊は士気高揚というより、集団行動のタイミングを合わせるのが目的
歩く早さを変えたり、攻撃の準備をしたり、突撃のタイミングを揃えたりな
音楽用語の早さを表すアンダンテとかアレグレットも、元々は軍隊用語なし、いわゆる行進曲(マーチ)なんてばりばり軍隊用だろ?
50.名無しさん:2020年09月26日 09:10 ID:X7ZMH3b70▼このコメントに返信
ガンダムで例えたらボールのパイロットかな?
51.名無しさん:2020年09月26日 09:11 ID:5z.Gqh9D0▼このコメントに返信
>>40
映画の203高地のクライマックスシーン
軍旗をめぐってロシア兵との凄惨な白兵戦シーン
があるけど、旗手は悲惨だったな。
ロシア兵に銃の台尻で何度も頭部を殴打されて
血飛沫ブシャー、最後は銃剣で刺殺された。
味方がカバーせんと旗じゃ応戦できんし
そもそも武器として振り回すななんだから
やられ放題。
52.名無しさん:2020年09月26日 09:16 ID:HhIHVeRQ0▼このコメントに返信
>>29
軍旗や楽器を持ってるのは、指揮官からの命令を全体に伝える現代でいう通信兵だから、それに集中するのが戦闘
敵に狙われても味方が守ってくれるのを信じて旗や楽器を操り続けるんだよ

旗や楽器を失えば突撃や撤退に置いてかれてどの道助からない
53.名無しさん:2020年09月26日 09:16 ID:42OH8sEz0▼このコメントに返信
一番槍があるのはそういうことやろなぁ
ちなみに突撃令で突撃をガチ実行する軍は少ないらしいで
旧日本軍の強さの秘密がこの突撃令で突撃することなんだよなぁ
チャイニーズのへちょ兵どもは突撃ところか督戦隊(最前列の奴が逃げ出さないように逃げだしたら後ろから撃ち〇す隊)がつかないと前線崩壊するらしいからな
54.名無しさん:2020年09月26日 09:18 ID:5z.Gqh9D0▼このコメントに返信
>>50
一応ジムの後方から援護射撃するのが役割だったんじゃないの。
実際は乱戦になって、ザクにサッカーボールみたいに
蹴り飛ばされたりしてだけど(笑)
55.名無しさん:2020年09月26日 09:20 ID:HhIHVeRQ0▼このコメントに返信
>>31
それをありにしてしまうと自分達の指揮官や旗兵を狙うのもありになってしまい、戦闘にならないからな
56.名無しさん:2020年09月26日 09:21 ID:NYNR6i9U0▼このコメントに返信
実際のとこ、互角の戦いなどそれほどない
一方が蹂躙するのが多数
57.名無しさん:2020年09月26日 09:22 ID:WsuzwdcJ0▼このコメントに返信
いうて機関銃出来るまでは最前列だからってすぐ死ぬ必ず死ぬってほどでもなかったんちゃう。そりゃ確率は高かったろうけど。
命落とすより臆病者と言われるほうが耐え難いなんて風潮もあったろうし。
58.名無しさん:2020年09月26日 09:22 ID:Z62rzQuV0▼このコメントに返信
>>48
それが戦列歩兵にもそのままあてはまるのもわからんのか
戦列歩兵も君のように教えられてなっていたと予想。
名誉、報酬、義務等々
59.名無しさん:2020年09月26日 09:24 ID:HhIHVeRQ0▼このコメントに返信
>>35
現代でも、軍隊の訓練で旗取り合戦があるし、ゲームでもキャプチャーザフラッグっていうルールは定番だしな
その軍隊を象徴する旗ってのはそれだけ大事って事
ましてや、相手国の軍旗を戦犯旗だの切り裂くだの毀損する行為は、最大級の挑発的行為って事。国によっては宣戦布告みたいなもんよ
60.名無しさん:2020年09月26日 09:25 ID:jyL75cEl0▼このコメントに返信
※25
難易度は高いけどゾンビ映画のように人海戦術で同時に複数個所からかかれば相手の対処能力次第
籠ってる段階で兵力差はかなりあるだろうし
逆に少人数なら囲まず油断した隙にとか夜陰に乗じてとかで紛れ込ませるだけだし
開けてある程度兵流し込めばあっちの城は市街なので混乱激しいからそれほど
61.名無しさん:2020年09月26日 09:26 ID:HhIHVeRQ0▼このコメントに返信
>>51
日本の203高知もソビエトのスターリングラードも、あの戦闘に軍旗なんていらんだろ感がハンパない
62.名無しさん:2020年09月26日 09:29 ID:HhIHVeRQ0▼このコメントに返信
>>53
それでチャイニーズ相手に連戦連勝、必勝の戦法だと学習してしまったせいで、米軍の機関銃になぎ倒されてしまったんだよな
米軍相手にはむしろ中国軍のチキン戦法のが有効だから、ジャンケンみたいな相性だったわけだ
63.名無しさん:2020年09月26日 09:35 ID:kSduF3xy0▼このコメントに返信
>>58
航空機は消耗品の戦列歩兵ではなく特務部隊に近い存在。
猛烈にカネ掛かってるパイロットが一山幾らの歩兵と同じな訳ねえだろ。
64.名無しさん:2020年09月26日 09:41 ID:pZHLWw0p0▼このコメントに返信
※62
日本軍の突撃を破砕したのは、機関銃の十字砲火ではなく、砲迫による弾幕も駆使したFPFだよ

ww1で浸透戦術が生まれてからは、地形を利用しつつ軽機に支援された歩兵に機関銃が潰されるのは普通のこと
日本軍は分隊レベルでの浸透戦術はお手の物だし、ゼークトラインの突破でも魅せた

FPFは生身の人間が確率的に存在できない空間を作り出すから、歩兵単独での突破が物理的に不可能になってしまったってこと
当然、こんな戦術には莫大な補給が必須だけどね
65.名無しさん:2020年09月26日 09:43 ID:LNPbaTW90▼このコメントに返信
実際にこんな非人道的なスタイルの戦闘が本当にあったのかは疑問だし不思議w

古代や中世映画の戦闘を観てみると完全に氏を恐れてないし、氏の概念が違うのだろうか?

少なくとも今の価値観では間違いなく問題になる形態w
66.名無しさん:2020年09月26日 09:46 ID:LNPbaTW90▼このコメントに返信
歴史ってのは真実と歌ってはいるが意外に創作やこうであったんではないだろうかって言う歴史、後はファンタジーが事実になってしまったりとそういう事例って結構ある。
67.名無しさん:2020年09月26日 09:49 ID:wUq6uuw80▼このコメントに返信
ヨーロッパでは罪人とか敵からの寝返り兵だったことが多い
生き残れば無罪放免か市民権を得る
68.名無しさん:2020年09月26日 09:50 ID:uL2wwq9P0▼このコメントに返信
戦列歩兵やってますって傷でも見せりゃ、女の子はイチコロよ
69.名無しさん:2020年09月26日 09:52 ID:pZHLWw0p0▼このコメントに返信
※62
あ、それと短時間で必要な弾量を送り込めようにする為の通信網が必須だね

FPFはそれまでの浸透戦術では対抗できない新戦術だから負けたってこと
ただ事前の準備も必要だから、いつでもどこでも使える訳でもないけどね
70.名無しさん:2020年09月26日 09:53 ID:.F4obkzu0▼このコメントに返信
>>65
非人道なる概念が確立されてない時代やん
71.名無しさん:2020年09月26日 09:59 ID:wUq6uuw80▼このコメントに返信
>>62
機関銃?
ちゃうやろ
ランボーかよ映画のみすぎ
72.名無しさん:2020年09月26日 10:00 ID:w6wux0SV0▼このコメントに返信
※64
FPFの主たるものが十字砲火なんだから何も間違って無いんじゃん。
73.名無しさん:2020年09月26日 10:01 ID:5TfO59il0▼このコメントに返信
昔の欧州の会戦などでは、指揮官(貴族)もけっこう死亡してる
74.名無しさん:2020年09月26日 10:01 ID:sy1F77WW0▼このコメントに返信
武田の場合は、農民兵は租税や労働が免除されるそうだ。
75.名無しさん:2020年09月26日 10:08 ID:w6wux0SV0▼このコメントに返信
※64
そもそも米軍相手の突撃とかやってたのは砲兵の支援も受けられず補給も受けられず弾も乏しくなったような状況ばっかじゃん。日本軍は水際戦術と待ち伏せの方が多かったのに「日本軍の突撃が効かなくなったのは機銃による十字砲火じゃなくFPFの溜めだキリッとか言われてもねwwww」わざわざ十字砲火のコメントを否定しておいてFPFとか言い出すとこが滑稽だわ。
76.名無しさん:2020年09月26日 10:21 ID:pZHLWw0p0▼このコメントに返信
※75
日本語読解能力が低いねえ…何の為にもを付けたと思ってるんだか

>機関銃の十字砲火ではなく、砲迫による弾幕「も」駆使したFPFだよ

「だけではなく」って書けば伝わったかな?
機関銃の十字砲火だけではなく、砲迫による弾幕も駆使したFPFだよ

77.名無しさん:2020年09月26日 10:25 ID:BJMeTX6B0▼このコメントに返信
※74
兵役自体が税ってのも結構あるからな
78.名無しさん:2020年09月26日 10:27 ID:tJ6tybAX0▼このコメントに返信
>>7
当たり前だろう?そんなもん!!
沖縄市街戦では、裸豚として扱われるだろうよ。
味方には敵ごと撃たれ、敵には犯されて処刑される沖縄県民である。共産党員も始末される。
79.名無しさん:2020年09月26日 10:29 ID:tJ6tybAX0▼このコメントに返信
>>8
日本では小隊長が拳銃で撃つんだよ、逃走者は
80.名無しさん:2020年09月26日 10:30 ID:WoLqw9qT0▼このコメントに返信
やりがい報酬
81.名無しさん:2020年09月26日 10:31 ID:tJ6tybAX0▼このコメントに返信
>>12
聖職者を撃つと、地獄に落ちると信じられていた。
82.名無しさん:2020年09月26日 10:32 ID:tJ6tybAX0▼このコメントに返信
>>81
で、弩兵は無差別に狙うから、教会が禁じたw
83.名無しさん:2020年09月26日 10:32 ID:y.hpK.wr0▼このコメントに返信
※81
まあ、迷信だとは思ってても、やっぱり気持ち悪いもんな。
84.名無しさん:2020年09月26日 10:32 ID:y6ZoDG.a0▼このコメントに返信
※1
だから最前列に対して
どうやって誰がやるか決めてたの?
誰もやりたくないやろあんなん
ってイッチ言ってるのに。全然答になって無いやん。
アホなの?
85.名無しさん:2020年09月26日 10:33 ID:tJ6tybAX0▼このコメントに返信
>>15
ちょーせん戦争でも出たし、イランイラク戦争でも、ISもやっとる。
86.名無しさん:2020年09月26日 10:34 ID:EpoRPmBr0▼このコメントに返信
見敵必戦・指揮官先頭こそ帝国海軍。
87.名無しさん:2020年09月26日 10:38 ID:H5frItBy0▼このコメントに返信
※82
あれは「殺傷力高過ぎ」(身代金取れないから)で「耶蘇教徒同士では禁止」した話やろw
88.名無しさん:2020年09月26日 10:43 ID:BJMeTX6B0▼このコメントに返信
人間意外と正面切って戦ってるうちは死なないんだよなー(WW1以降は除く)
むしろ逃げ出して追い首討たれる可能性のほうが高い。
不名誉かつ死にやすい逃亡を選ぶくらいなら、正面切って戦う方が合理的なわけだ。
89.名無しさん:2020年09月26日 10:44 ID:uIweK0..0▼このコメントに返信
武将が前面に出る。その周りを四天王が固める。木曽義仲。
90.名無しさん:2020年09月26日 10:47 ID:ETW8Z.DT0▼このコメントに返信
ナポレオンのマンガだっけ
戦列歩兵のさらに10歩前を指揮官が歩くの
91.名無しさん:2020年09月26日 10:58 ID:pZHLWw0p0▼このコメントに返信
フリードリヒ大王もツォルンドルフで歩兵46連隊旗もって、兵の前を進んだことあるね(有名な絵画)
恐慌に陥った兵を鼓舞するためだけど、砲声や硝煙の中では何の意味もないからすぐ止めたがw
92.名無しさん:2020年09月26日 11:01 ID:lOII0uwt0▼このコメントに返信
前準備が大事、兵士を鼓舞して狂騒状態に持っていく。集団で密集していても、前に前にと行くのを寧ろ抑える方が大変。包囲されると、ハリネズミの陣形を取って防御に転ずる。また、視界が限られている為、戦況判断を現場で察知するのは困難で、負け戦に気づくことがおくれたりする。これは、将軍や作戦立案者にとってはもろ刃の剣となる。
93.名無しさん:2020年09月26日 11:02 ID:XPG4xRMQ0▼このコメントに返信
※84
「問題無い俺が行く」
「むうっ一騎駈けでござるな?」
94.名無しさん:2020年09月26日 11:05 ID:v7xGOdUD0▼このコメントに返信
先頭の槍持ち歩兵は槍を揃えて突き付け合って動かなくなるそうだぞ
鉄砲や弓矢は槍歩兵の密集部隊を崩すためにある
弓鉄砲も使いにくい乱戦になったら先頭切って突っ込むのが専業武士だ
まあ専業武士に限らず手柄が欲しいってやつは誰が突っ込んでも良い
そうして命を的に成り上がるのが戦国武士ってもんだ
95.名無しさん:2020年09月26日 11:06 ID:TBA1NNfB0▼このコメントに返信
数メートルの長い槍をブン回して進むが弓矢が飛んで来るからコワい
長い槍で叩かれ当たれば終わり  火縄銃の導入で戦術が変わる
最前線の招集されて兵は生活が掛かってるから必死で戦死してもそれなりの保証があったようだ
ゴタゴタの戦いになれば敵兵の首を取れば恩賞が貰えるからお互いに必死
96.名無しさん:2020年09月26日 11:06 ID:lOII0uwt0▼このコメントに返信
戦意を鼓舞するのに指揮官が兵士の前で指揮を執るのは最も有効な手段だが、指揮官の消耗率が半端ない。当時の各国の戦闘集団で最も優れたドイツの武装親衛隊のモットーがこれであった。常に、優秀な指揮官を求めていた。
97.名無しさん:2020年09月26日 11:11 ID:FUheikdZ0▼このコメントに返信
マスケット銃時代の先頭隊列の最前列は怖いな。隣が撃たれて倒れ、焦ってる兵士の絵画もあるけど。
98.名無しさん:2020年09月26日 11:19 ID:FxTCtPka0▼このコメントに返信
槍兵とか戦線作るための人員で、実際は飛び道具がメインだったんでないの?
99.名無しさん:2020年09月26日 11:48 ID:G2w4Dcgs0▼このコメントに返信
火縄銃の時代になって、一番槍兵はどうして進化しなかったのか?例えば装甲部隊、鉄板で覆った盾が付いた大八車を押して、その後ろに5,6人隠れて進軍する。至近距離で飛び出す。その考えが無かったのか?現代では戦車が戦闘で歩兵が追従する。
100.名無しさん:2020年09月26日 11:51 ID:TsXHd.NK0▼このコメントに返信
だからさんざん演習して、突撃命令で条件反射的に突っ込むようにする。
突撃ラッパや出撃ソングもバカにならない効果あり。バグパイプ鳴らしながらノルマンディー上陸やで(オマハ除く)。
101.名無しさん:2020年09月26日 11:52 ID:KIedH2mr0▼このコメントに返信
どうせ上から矢やら石やら降ってくるんだからどこにいようが死ぬときは死ぬ
一番前の方がまだ個人の力量で手柄を立てられる可能性がある
102.名無しさん:2020年09月26日 11:53 ID:XPG4xRMQ0▼このコメントに返信
※99
竹束。はい終了。
泥濘地の石山本願寺では車輪は使えない。
103.名無しさん:2020年09月26日 11:54 ID:LEfb.qQG0▼このコメントに返信
ゲームオブスローンズで槍軍隊のラムジースノウ軍に囲まれてやられるシーンが絶望的過ぎて泣きそうになったわ
104.名無しさん:2020年09月26日 11:55 ID:i.virYBv0▼このコメントに返信
鬼武蔵など、軍勢を置き去りにして一人で切り込んでるからなあ
105.名無しさん:2020年09月26日 12:05 ID:J2TvzPQP0▼このコメントに返信
>>4
訓練で叩き込まれるのは、戦闘の知識や技術じゃなくてこれ。敵より上官を恐れる、勇気を鍛えるんじゃなくて、
死よりも命令を畏れる事だって。
106.名無しさん:2020年09月26日 12:10 ID:J2TvzPQP0▼このコメントに返信
>>78
沖縄だけでなく、本土がそうならないようにしないとな。だが日本軍はもっと統制が取れてたそうだぞ。
大陸では紀元前からやってた行為。あの大戦では国民党がやったことをみんな日本軍のせいにされた。
107.名無しさん:2020年09月26日 12:11 ID:p90ioeEB0▼このコメントに返信
それぞれの兵隊が横に長く長方形に整列してお互い楽器に合わせて正面から向かい合って行進
その行進の間にまずA国最前列の兵士が相手に向かって発砲
その発砲が終わってからB国が発砲と交互に打ち合う
なお、戦争中は隊列を崩してはならず顔色ひとつ変えず前を向いて行進し、相手の弾を避けてはならない
最前列の兵士が倒れたらその後ろの兵士が前に出て整列
そうやって先に全滅したほうが負けという戦争方法があった希ガス
108.名無しさん:2020年09月26日 12:15 ID:FUheikdZ0▼このコメントに返信
※102
竹束は火縄銃の弾丸貫通すんだよな。もしかしたら隠れてる兵の鎧までは、貫通しなかったのかも知れないが。
109.名無しさん:2020年09月26日 12:15 ID:J2TvzPQP0▼このコメントに返信
>>31
義経はそういう当時のルールを踏み倒して勝ったから、今はあまり高評価では無い模様。
110.名無しさん:2020年09月26日 12:20 ID:H5frItBy0▼このコメントに返信
※107
途中までは戦列歩兵の戦法だが、混乱の兆しが見えた時点で踏み込んで白兵戦やって瓦解させるから全滅まではやらんぞ
111.名無しさん:2020年09月26日 12:22 ID:J2TvzPQP0▼このコメントに返信
>>71
日米戦の時代、米軍は既に使用してた。機関銃は日露戦争でも登場した。
112.名無しさん:2020年09月26日 12:36 ID:6DT0AoB40▼このコメントに返信
死は名誉
113.名無しさん:2020年09月26日 12:51 ID:ct93acxX0▼このコメントに返信
エピソード2 生き過ぎた?戦国武士たちの戦い
幸村と同じく大坂城に集まった牢人たちは、みな戦国時代をおのれの腕だけを信じて生き抜いてきた者たち。奇抜な衣装を着た傾奇(かぶき)者と呼ばれる人々など徳川の作り出した平和な世の中からはじき出されたものたちだ。彼らに共通した認識を表す言葉が「生き過ぎたりや25」。戦いの無くなった世では名を上げる機会もなく、生きる価値のない世の中だと考えたのだ。牢人たちのそうした思いは大坂の陣で爆発!徳川勢と互角に渡り合う。
(歴史秘話ヒストリア)
114.名無しさん:2020年09月26日 12:57 ID:xuMXILRc0▼このコメントに返信
>>1
せやけど傷痍兵だらけやで。
命だけあればオッケーてもんでもないやろ。
115.名無しさん:2020年09月26日 12:57 ID:j8uOfExn0▼このコメントに返信
第一次世界大戦前は最前線はそこまで危険ではなかった

兵器の命中率が低かったことと
大砲の射程が短かったからね

だから弾幕という壁を作る戦術が作られ
フランスの砲兵は最前線で射った

それが命中精度の向上や
大砲の射程の上昇により
ロングレンジから第一線を射つ戦術へと変更され
その対策として塹壕を生み出された

それ以降、装甲化されるまで最前線は地獄と化した

個人的には空挺もおかしいと思ってる
だから空挺も装甲化されるべきだと思う
116.名無しさん:2020年09月26日 13:11 ID:e.KazBNo0▼このコメントに返信
※99
日本の地形が致命的にその戦術とかみ合わないからだよ。広大な平野が戦場になる欧州みたいなところですら第一次世界大戦の戦車導入までそういう戦術が流行しなかったのに、山岳で湿地帯も多く開けた場所が少ない日本じゃ余計に流行しない
117.名無しさん:2020年09月26日 13:19 ID:DGCtc6gI0▼このコメントに返信
※16
源平の影響だと思うけど、その頃からずっと、井伊家、周辺の連中が担当している。
連中は最前列じゃないと、文句を言う。

島津は文系力を買われて、薩摩へ出向。
118.名無しさん:2020年09月26日 13:41 ID:MHhLrt.90▼このコメントに返信
先頭か、、金に目がくらんだだけのやつはすぐしんで居なくなるんだ
でも、頭いいやつは色々工夫してて
布で木で自作の手ガード作って隠し持ち、実戦の時だけ付けたり
崩れたタイミングで槍捨てて伏せて、後方へ這って脱出したり
踏まれず抜ける方法難しくて、教えてもらったけど出来なかったな
あの手ガードを両手に持って這う
脱出後に備えて派手な出血傷を自分で付けるのも、けっこう度胸がいる
傷が腐ったりしない砂は作り方教えてもらった。
119.名無しさん:2020年09月26日 13:42 ID:vr58SyF60▼このコメントに返信
古代から中世でも最前列は投槍や投石・斉射、槍衾戦術のもっとも苛烈なポジションだから、死傷率は圧倒的に高かった。
その代わり名誉と報酬も大きい。傭兵なんかはそうやって稼いだ(そして長生きできない)。
有名なスイスやドイツの傭兵(ランツクネヒト)は最前列で勇名を馳せたからな。

近世以後は今度、鉄砲や大砲をまともに浴びるポジションとなり、ますます死傷率が上がることになる。
第一次大戦では、突撃の誉れの為に多くの貴族が当時登場し始めた機関銃の餌食となった。(もはや最前列とかいってられない時代に突入)
機関銃の登場で戦場が大きく様変わりする。(泥沼の塹壕戦。そしてそれに対抗する戦車の登場)
120.名無しさん:2020年09月26日 13:51 ID:YF8CBljg0▼このコメントに返信
戦国時代は知らないが、第二次大戦だと、戦闘が始まって間無しだと衛生兵も要るし、”誰それ負傷””、”連れ戻せ”ってなやり取りの余裕がある。直ぐ後になると混乱が大きくなり、助かり難くなる。勝ちイクサでも混乱が収まるまでは助けが来にくい。戦争という面でも初期だと、日本のように割とそっちの方が脆弱な国でも、陸軍病院が機能して居たり、医薬品、軍医も揃ってるが、後の方になると、一昨日迄、軍馬の管理していた獣医も外科医の中に混じってたりする。
121.名無しさん:2020年09月26日 14:37 ID:eq0SO1L50▼このコメントに返信
ノルマンディー上陸の第一陣、はっきり言って敵の弾減らす為捨て駒
122.名無しさん:2020年09月26日 15:00 ID:Lux6kUtR0▼このコメントに返信
>>106
そうでもないぞフィリピン駐在官の日本人による虐殺の記述で見るとどこの国も農村部から出てきた兵卒は野蛮
戦争で精神も錯乱してるからさらに獰猛になる
123.名無しさん:2020年09月26日 15:54 ID:d7MhHYAb0▼このコメントに返信
※109
関東武士って近所で殺し合いしかしてないから組織戦なんて経験したことないのよね
義経が頼朝とギクシャクしたのは安徳入水と神器回収失敗したことだし
124.名無しさん:2020年09月26日 15:54 ID:JaTnQn2F0▼このコメントに返信
つまり、個人を尊重するためには、
やーやー我こそは、っていう位がちょうどよかったんだろうなぁ
自由主義陣営だわ。
125.名無しさん:2020年09月26日 16:05 ID:5Ks4CPW70▼このコメントに返信
米軍の伝統「きみときみときみは、この任務に志願した!二時間後にこの一帯が消し飛ぶまでこの線を死守せよ!」
…カミカゼは当たり前なので驚かない
126.名無しさん:2020年09月26日 17:06 ID:FUheikdZ0▼このコメントに返信
※123
前九年の役・後三年の役。これがあったから源氏を棟梁に関東平氏が従う構図が出来た。
127.名無しさん:2020年09月26日 17:08 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
>>2
太鼓知らんが、ラッパは身分はほどほどある、貴族の3弟ぐらいの
128.名無しさん:2020年09月26日 17:10 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
>>105
まぁ、威張ってるだけの司令官はも隊長が多いからね


レッドグリフの隊長も声を上げることからスタートだし
129.:2020年09月26日 17:12 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
130.名無しさん:2020年09月26日 17:14 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
>>79
士官が拳銃を持ってるは、命令違反者を処罰するときと、自決用、あと護身用
131.名無しさん:2020年09月26日 17:16 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
>>10
将棋の飛車になるか槍になるかそいつしだい
132.名無しさん:2020年09月26日 17:18 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
>>81
その理論なら敵兵と蛮族が全員十字架持っていたら、逃げるのか?

エジプトのなかの盾にみたいに
133.名無しさん:2020年09月26日 17:20 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
>>25
扉あければ味方が流れ混んでくるから、死ににく
なるけど、敵兵の門番ががりからヤバイほど襲われる。
134.名無しさん:2020年09月26日 17:23 ID:8m3Hp7d70▼このコメントに返信
今の時代と比べちゃダメだろ
先頭なんてみんなやりたがって取り合いだろ
今と違って指揮官への忠誠心も違うし勝つと信じて疑わないんだから
生き残れば死も恐れぬ奴と出世間違いないぞそんなチャンス
今とは寿命も違うし武士なら立身出世のためにチャンスにかける
農民は命大事にって感じだろうけども
135.名無しさん:2020年09月26日 17:23 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
>>59
なんだ、韓国神の普段やってることか
136.名無しさん:2020年09月26日 17:37 ID:UFNIi.dM0▼このコメントに返信
※90
当時のオランダ軍事教練本みてると、行軍隊列のときは先頭なんだけど
戦闘態勢陣形になったときは、戦列の後ろに引っ込むよ、、、
137.名無しさん:2020年09月26日 17:38 ID:JaHfxZHe0▼このコメントに返信
>>115
空挺戦車部隊を前線の後ろに降下するとか?
138.名無しさん:2020年09月26日 17:39 ID:Cx.poosC0▼このコメントに返信
死ぬ確率の高いポジションを受け持つのは新参者。
新たに加わったヤツは忠誠を示すためにも力を見せるためにも
最前線をやらざるをえない。
139.名無しさん:2020年09月26日 17:51 ID:votRzwJ70▼このコメントに返信
実際に盾持ちは給料が高いという話がある
リスキーなのは確かな話のようだ
これが騎兵だと結構話が変わるようだがね・・・
140.名無しさん:2020年09月26日 18:48 ID:fXgfuZjI0▼このコメントに返信
どうだろ
日本の戦国時代の戦いって意外と死者少ないんだよな
死者が多いのは武田と島津ぐらいだろ。
長篠も兵力差3倍、野戦築城でズラリと待ち構える織田徳川軍に突撃したものだけではなく
撤退時に受けた追撃によるものも大きい。
関ケ原なんかあれだけの大規模の戦いなのに死者は両軍合わせて6千人~8千人で
撤退時の追撃や落ち武者狩り受けての死者も多いい
島津なんかほとんど戦って無かったのに1500のうち本国に帰れたのは80人
退却戦で9割以上失ってる

三方ヶ原で大敗した徳川はたいして兵力低下してなくその後も1万とか動員して長篠大敗後の武田領に積極的に攻勢に出て
武田の二俣城や高天神城周囲に付け城築いて長期間封鎖して包囲戦やってて経済力もとくにおちている形跡はない
三増峠や砥石城川中島と武田が死者が群を抜いて多いぐらいで後は少ないの多い

だから必ずしも死ぬというわけでは無さそうだけど
幕末なんて近代洋式銃装備してたのに鳥羽伏見の戦いとか死者少ない
幕府軍 約280 戦死
新政府軍 約110 戦死

こんなもんだ
141.名無しさん:2020年09月26日 20:10 ID:83qXNneb0▼このコメントに返信
農民を最前列に配置とかしないから、腰が引けてたり逃げ出したら部隊が崩れるだけでデメリットでしかないから。
日本兵の突撃は物資が無いのを誤魔化して相手をビビらせるのが目的だから。
苦肉の策で好き好んでやった訳じゃない。対ロシアが最初で弾薬がマジで無かった。
142.名無しさん:2020年09月26日 20:17 ID:9mI2Kvnp0▼このコメントに返信
※141
日露戦争の話なら外国の観戦武官が驚くぐらい、日本兵の突撃への意欲は高かったよ。
塹壕を掘るのはサボる癖に銃火の中には平気で飛び込んで行ったと。
第二次大戦でも似たような傾向にあるから、そういう国民性なんだろう。
143.名無しさん:2020年09月26日 20:22 ID:9mI2Kvnp0▼このコメントに返信
※140
関ヶ原の島津退き口は、本陣に影武者(長寿院盛淳)と兵を残して囮とし、義弘自身は50人ばかり連れてこっそり脱出している。
それでも敵中に取り残された兵らが自力(義弘は船で帰った)で薩摩まで戻ってるのは驚くべき事。
もちろん薩摩まで戻らずその辺で野盗などになるケースもあったろう。
144.名無しさん:2020年09月26日 20:22 ID:83qXNneb0▼このコメントに返信
ガッツリ死者が出てるのは、農民も積極的に戦闘参加したからでは?
農民を駆り出しても怪我や死者が出ると、領地の収穫に影響が出るから被害が出ないように布陣を考えるだろうし
弱い兵士を大量に消費しても戦果は上がらないのに、収穫量が減るんじゃバカらしいじゃん。
145.名無しさん:2020年09月26日 21:06 ID:YAfCHUR80▼このコメントに返信
パイク方陣の時代のランツクネヒトだと、倍給兵というのが居たとかなんとか。
戦列歩兵だと、それほど縦深取らないから、何列目でも大差ないんじゃねの。どうせ大砲食らったらまとめてアボンだし。(精神的にはアレだが)
146.名無しさん:2020年09月26日 22:50 ID:rNINGuwx0▼このコメントに返信
>だから一番槍は褒美がでかい
あの最前列の長槍ベチベチ集団で「一番槍」なんてありえない。
槍は槍でも物が違うし用途も違う。戦闘のあいつらは使い捨ての雑兵。
手柄の立てようもないし頑張りようもない。
勝ちに転じた時に落ち武者を狩って、首に当たりが出れば褒賞にありつけるくらいだろうな。
それが名だたる首であっても取り立ててもらえるなんてことはなかっただろう。
147.名無しさん:2020年09月26日 23:52 ID:kFXnmOew0▼このコメントに返信
戦列歩兵の事かな?
だから廃れたんだよ。浸透戦術をかける側にとっては餌に過ぎない。
日本ではこういうファランクス的な陣形は室町時代まで。戦国時代になると足軽による浸透戦術が標準になる。鉄砲が導入されると、小早川軍のような散兵戦術も始まる。
で、江戸時代で退化して戊辰戦争では再びファランクス陣形に逆戻りw 以降、日清日露でも踏襲して、WW2まで続けた。負けて当然
148.名無しさん:2020年09月27日 01:05 ID:f5DbcnoD0▼このコメントに返信
※88
そう思う。
最前線は敵の射撃に会わない。同士討ちになるからな。
だから、腕に自信があるヤツは最前で切り結んでたほうが(槍ならもっと死亡率は下がる)生き残り、手柄も立てられる。
あと、軍旗が倒れたら指令系統の壊滅なので、兵士は逃げても怒られないはず。
149.名無しさん:2020年09月27日 10:43 ID:AjXJW58A0▼このコメントに返信
>>137
戦車から火薬、ガソリンを省いて電力(リチウムバッテリー)化

重量も大幅に減らしてオスプレイに連結出来るように

対衝撃を限界まであげて
文字道理、射出出来るように

大砲等を破壊した後の歩兵、塹壕制圧用に改良
建物は体当たりで
対人は威力を押さえた荷電粒子砲で対応
150.名無しさん:2020年09月27日 10:44 ID:AjXJW58A0▼このコメントに返信
>>149
これなら空母の価値が大幅に上がる
151.名無しさん:2020年09月27日 13:52 ID:fA4BTcd90▼このコメントに返信
ワーテルローの戦いの映画を昔見たが、英軍、フランス軍双方が銃を構え号令でザクザク進軍する。最前線の歩兵は双方ばたばたと倒れる。実際にそうだったのだろう。しかしなぜ現代戦のように、戦車のような動く盾が付いた車を最前線で押していかなかったのか?戦車が無かった時代でも
鉄板を張った押し車を押していけば、並べた場合かなり防御になったはず。中から撃てば結構効力があるのではないのか。いわば手動の戦車だが。
ダビンチも設計していたな。歴史を調べても積極的な移動型防御装置が無い。

お名前