2020年08月31日 10:05

ヒトラーが「良い独裁者」として生涯を終えるにはどうすればよかったの?

ヒトラーが「良い独裁者」として生涯を終えるにはどうすればよかったの?

1

引用元:ヒトラーが「良い独裁者」として生涯を終えるにはどうすればよかったの?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1598689964/

4: ハロプラズマ(福岡県) [US] 2020/08/29(土) 17:34:38.60 ID:M+8/CwAY0
勝てばよかった

327: カウロバクター(兵庫県) [ニダ] 2020/08/29(土) 23:42:27.59 ID:zuBvv+mK0
>>4
これ

340: リゾビウム(大阪府) [SK] 2020/08/30(日) 00:11:09.94 ID:2tFBbhmz0
>>4
スターリンは良い独裁者だったのか

5: プロカバクター(大阪府) [FR] 2020/08/29(土) 17:34:40.55 ID:O59ibVT30
戦争に勝つ

8: クトニオバクター(東日本) [ニダ] 2020/08/29(土) 17:35:41.10 ID:Y9AzQxTF0
21世紀にタイムリープする

30: バチルス(東京都) [ニダ] 2020/08/29(土) 17:46:53.83 ID:tivBhvLq0
>>8
そんな映画がありましたな

10: テルムス(東京都) [US] 2020/08/29(土) 17:36:42.05 ID:t57B10PD0
ソ連に勝てば

12: エルシミクロビウム(東京都) [EU] 2020/08/29(土) 17:38:43.53 ID:KRkrwB4g0
勝ち続ける事

13: ネンジュモ(東京都) [US] 2020/08/29(土) 17:39:00.83 ID:nyJYX5Ce0
対ソ戦始める前に失脚してたら仮にドイツ負けてもここまで悪人に仕立て上げられることはなかったたろうな

14: 放線菌(埼玉県) [JP] 2020/08/29(土) 17:39:06.57 ID:ThL5FUml0
戦争に勝てばよかった

ヒトラーより遥かに残虐なことをやった毛沢東やレーニンを
見ればわかるでしょ

17: カルディオバクテリウム(光) [KE] 2020/08/29(土) 17:39:49.79 ID:oDCtGvSg0
他国が第一次世界大戦の賠償金を放棄すれば良かった。
でもアウトバーンやフォルクスワーゲンなど結構頑張った

18: フィシスファエラ(SB-Android) [US] 2020/08/29(土) 17:40:31.02 ID:DXNuLHOS0
ロシア進行を止めてれば勝てた

108: ストレプトスポランギウム(神奈川県) [IT] 2020/08/29(土) 18:30:22.92 ID:wcYbozPp0
>>18
ナポレオンの失敗を学ばなかったのだろうかといつも思う。

155: パルヴルアーキュラ(ジパング) [US] 2020/08/29(土) 19:06:22.54 ID:g7XSXmW70
>>108
バクーの油田を手に入れないと、戦争継続できないから。
ただ、大陸深く進攻したのは不味かった。 ナポレオンの失敗から学ぶべきだった。

270: ディクチオグロムス(光) [CN] 2020/08/29(土) 21:18:35.05 ID:xscxPLDp0
>>18
マジにこれ。
西側はソ連を嫌ってたんで、ヒトラーとスターリンは案外仲良くやれたかもしれない。

354: デスルフレラ(光) [EG] 2020/08/30(日) 03:17:57.39 ID:UWvirpB30
>>18
対ソ連戦をやめて西欧帝国を作り防衛に徹すればな
ソ連侵攻の意味がわからん

英米の力だけで欧州解放するのは不可能だったろ

19: カルディオバクテリウム(岡山県) [JP] 2020/08/29(土) 17:41:18.68 ID:U9iW4CdM0
美大に受かる

21: ビブリオ(中部地方) [EU] 2020/08/29(土) 17:42:15.14 ID:zw++Qq7A0
>>19
ちょっと面白い

181: エンテロバクター(神奈川県) [US] 2020/08/29(土) 19:25:34.32 ID:0VxmWO1m0
>>19
独裁者になれないじゃん

355: 緑色細菌(北海道) [BY] 2020/08/30(日) 03:22:39.47 ID:/aOY0sS50
>>181
人間誰しも自らに対しては独裁

23: クロマチウム(東京都) [JP] 2020/08/29(土) 17:44:05.43 ID:NfvN/FHz0
経済だけ担当していたら有能だった

24: シネココックス(大阪府) [US] 2020/08/29(土) 17:44:25.95 ID:Q8YGaTZa0
フランス占領した後に引退しとけば良かった
そのうちソヴィエトが攻め込んでくるかも知れんが

27: デスルフロモナス(東京都) [GB] 2020/08/29(土) 17:45:59.07 ID:VXGzugYl0
ヒトラーは割と過小評価されてるよな

53: ビブリオ(中部地方) [EU] 2020/08/29(土) 18:01:48.47 ID:zw++Qq7A0
>>27
過小評価というか、功績を評価することすら許されん感じだわな

33: アシドチオバチルス(庭) [US] 2020/08/29(土) 17:48:45.70 ID:xPQtoDjW0
フランス占領直後に暗殺されたらよかったんだよ
全盛期に死ぬのがベスト

37: プランクトミセス(岩手県) [IT] 2020/08/29(土) 17:50:57.05 ID:8jmIfMpy0
>>1
ソ連に仕掛けなきゃ十分に対応できたと思う、アメリカとも仲良くやってたらもっと良くなった。

39: リゾビウム(埼玉県) [US] 2020/08/29(土) 17:52:30.23 ID:HZ2BVlR+0
ただでさえ人と金が必要な戦争中なのに ユダヤ人に対して膨大な人員と予算かけ杉だよな 何ゆえそこまでしたのかってのは本人に聞かないとわからないけど

44: スファエロバクター(東京都) [US] 2020/08/29(土) 17:56:16.70 ID:wsXsUbd50
フランス占領した時点で停戦
イギリスソ連にはしかけない
イタリアの北アフリカからは手を引かせる
後は国力蓄えてバルカン半島の同盟国を併合したあと
じっくりスカンジナビアを攻め落とす。
こうなったらよっぽどじゃないとアメリカイギリスも手出し出来なくなる

77: カテヌリスポラ(やわらか銀行) [DK] 2020/08/29(土) 18:14:46.99 ID:eb5WlZ7S0
>>44
無理、ヒトラーはダンケルクで情けをかけて撤退を見過ごしたがイギリスでは穏健派のチェンバレンは失脚、強硬派のチャーチルが首相となりイギリスはドイツ側が要請した和平交渉のテーブルに着かなかった

45: クラミジア(ジパング) [US] 2020/08/29(土) 17:56:30.15 ID:7w5KckZE0
俺に相談してくれればなー

54: ストレプトミセス(家) [US] 2020/08/29(土) 18:02:26.76 ID:hRBxuxlf0
元の領土を取り返したら、退陣する

56: クリシオゲネス(沖縄県) [US] 2020/08/29(土) 18:02:41.45 ID:TiuFytFx0
こいつはチャーチルに構ってもらいたかっただけだろ

59: シュードアナベナ(茸) [FR] 2020/08/29(土) 18:04:25.70 ID:LR0jLc480
>>56
つか第一次世界大戦の雪辱を晴らしたかった。
フランス占領した時点で目的の半分は達成したんだからイギリスと停戦すりゃ良かったのに。

83: カテヌリスポラ(やわらか銀行) [DK] 2020/08/29(土) 18:16:55.30 ID:eb5WlZ7S0
>>59
チャーチルが徹底抗戦に舵を切っていたから無理、ドイツの和平交渉を何度も蹴っている

57: セレノモナス(東京都) [GB] 2020/08/29(土) 18:03:02.26 ID:yUwydOti0
1941年暮れの冬を前にして一旦引いて、冬将軍をやり過ごせば良かっただけなんだよ。
ナポレオンの教訓を生かさずに同じ轍を踏んで、精鋭機械化師団と10万人の最精鋭部隊が霜焼けで全滅と全員捕虜。

64: ネンジュモ(東京都) [US] 2020/08/29(土) 18:07:55.33 ID:nyJYX5Ce0
>>57
ソ連の生産力考えたらそれで勝てたかは怪しいけどな

まあ快進撃の功績の半分はスターリンのおかげだが

91: セレノモナス(東京都) [GB] 2020/08/29(土) 18:21:17.38 ID:yUwydOti0
>>64
スターリンは、自国の家屋を焼き、橋を破壊する焦土作戦、ヒタスラトンズラしてウラル山脈を越えてシベリアにトンズラ逃亡。
ゾルゲのお陰で、東から日本軍は来ないと安心仕切って、シベリアで無敵T34を開発量産を開始してからね。
T34戦車に乗ったピクニックでしたと、ジューコフが自伝に、広幅キャタピラーと傾斜円形砲塔でドイツ軍の砲弾を逸らす楽チンブリを記述してるしw

69: シュードモナス(静岡県) [US] 2020/08/29(土) 18:10:23.92 ID:anJOMwya0
真珠湾攻撃を起こした日本と同盟しない

86: バクテロイデス(東京都) [US] 2020/08/29(土) 18:18:27.85 ID:LoLLCBN70
誰かに責任を押し付ける必要があったからな
負けた以上無理よ

88: アキフェックス(大阪府) [CN] 2020/08/29(土) 18:18:50.37 ID:Hle2kDQD0
イギリスに手こずってるのにいきなりソ連に攻め込むとかマジ意味わからんわ
頭おかしいだろ

92: アシドチオバチルス(庭) [US] 2020/08/29(土) 18:21:18.00 ID:xPQtoDjW0
>>88
頭おかしいけど、タイミング的にはあの瞬間しかなかったみたい
とりあえず、フランスは抑えて二正面作戦は避けられるし、時間が立てばどんどんソ連は増強されていくし、ドイツは資源はつきていく

100: カテヌリスポラ(やわらか銀行) [DK] 2020/08/29(土) 18:26:09.82 ID:eb5WlZ7S0
>>88
そもそも対英戦を想定していなかったからな、イギリスが耐えていたのはドイツを挟撃しようとソ連に参戦促していたからヒトラーにしたらいつスターリンに背後から刺されるか判らない状態だった

119: プランクトミセス(岩手県) [IT] 2020/08/29(土) 18:36:40.68 ID:8jmIfMpy0
>>88 
いまなら何とかなる、今がその時なんだ!みたいな感じでやったんだろうな。

90: クロオコックス(新潟県) [US] 2020/08/29(土) 18:20:44.04 ID:s9rnPxAq0
画家として成功してれば良かった

94: ナトロアナエロビウス(静岡県) [KR] 2020/08/29(土) 18:21:40.19 ID:h4l9cNn+0
>>90
それじゃそもそも為政者になれてないだろw

103: キロニエラ(京都府) [CH] 2020/08/29(土) 18:28:58.65 ID:3WEn9VXa0
ナポレオンもヒトラーもロシア進行やめときゃよかったのに
成功した日本強すぎ

315: ナトロアナエロビウス(やわらか銀行) [MX] 2020/08/29(土) 23:11:15.64 ID:3aFqthUT0
>>103
明治は満洲で止めたから良かった
大正はシベリアまで攻めこんで粘ったから地獄

114: デイノコック(茨城県) [ニダ] 2020/08/29(土) 18:34:03.71 ID:GkWed0s20
ソ連と戦わずに、国境に壁を築いてさっさと内政に切り替えればよかった
アメリカと戦うことを想定して、軍部の力を温存しておけばよかった

いつの時代も軍部は武功を求めるものだから、政治を内政に切り替えるというのは難しいんだろうな

116: ナトロアナエロビウス(おにぎり) [US] 2020/08/29(土) 18:35:20.51 ID:ieExb1yi0
>>114
資源はどこから調達する?

122: デイノコック(茨城県) [ニダ] 2020/08/29(土) 18:40:14.87 ID:GkWed0s20
>>116
石油を中東から武力をチラつかせて交渉
と言いたいけど、当時は出てないんだよな

結局アメリカが暴れて終わりか

121: テルモリトバクター(東京都) [ES] 2020/08/29(土) 18:39:37.50 ID:YHkeu5Zz0
ドイツは日本と組まなければよかった

日本はヒトラーが望んだようにソ連の背後を突かず
インド洋からアフリカへの圧力もかけず
あろうことか米国を戦争に引きずり込んだ

126: ハロプラズマ(ジパング) [GB] 2020/08/29(土) 18:42:00.52 ID:vwI793Iu0
>>1
さっさと退陣すればよかった

129: パスツーレラ(ジパング) [ZA] 2020/08/29(土) 18:44:01.60 ID:W7hGN32/0
>>1
日本も同じだが開戦すべきじゃなかったな

162: コルディイモナス(静岡県) [US] 2020/08/29(土) 19:11:17.13 ID:qyv8VJJ30
勝てば官軍 負ければ賊軍よ

170: ネンジュモ(神奈川県) [ニダ] 2020/08/29(土) 19:17:17.06 ID:KwABTn+50
永遠のテーマだな、歴史のIF。
ターニングポイントは2つだと思う。
①1939年のチェコ侵攻はやらなければ良かった。
つまり、前年のミュンヘン会談で得た、ズデーテン地方の獲得だけで済ませておけば正解。
あそこでやめておけば、ここまでの悪名はなかった。戦争を回避した人物として、名を残した。
あそこで過信してしまい、チェコ・ポーランド侵攻へ突っ走り、破滅の第二次大戦へ。。。
②1941年のソ連侵攻をしなければ良かった。
前年のフランス占領でやめておいて、アメリカとの粘り強い交渉を重ね、時を待つ。
対英戦争で石油ゆにゅうが苦しくなっていたが、何とかソ連からの補充でしのぐ。
ヒトラー自身、ソ連を甘く見てしまった。大粛清で大物政治家と有能な軍司令官をなくしていたので、
簡単にソ連が崩壊して、対米・対英交渉が変わると見たが、思い切り裏目に。。。

逆にソ連を叩くなら、英米との友好と連携は必須なのに、自分たちだけで何とかなると思ったのが運の尽き。

197: ネンジュモ(兵庫県) [US] 2020/08/29(土) 19:34:25.25 ID:EXZ7i3iq0
フランス占領で止めといたら良かったと思う。

240: アシドバクテリウム(大阪府) [ニダ] 2020/08/29(土) 20:27:58.80 ID:AEoOfU1u0
フランスに楽に勝ち過ぎた
結果落としどころが無くなって2正面作戦という破滅の道に

300: カテヌリスポラ(やわらか銀行) [DK] 2020/08/29(土) 22:34:46.06 ID:eb5WlZ7S0
>>240
違うよ、ヒトラーはそもそもイギリスと戦争する理由が無いと思い本格的な対英戦を想定していなかった、ポーランド侵攻でイギリスが宣戦布告するも形式だけになると予測、対独感情悪化させないようダンケルクでの撤退を見逃し、対仏を落としどころにしてフランスと犬猿だったイギリスと講和する事を目論んでいたがチャーチル率いるイギリスはソ連に参戦を促しつつ徹底抗戦の構えで和平交渉を拒否し続けた

241: クロオコックス(コロン諸島) [CN] 2020/08/29(土) 20:31:32.68 ID:VdtJp6a0O
美大に合格すれば、みんな死なずに済んだ。
つまり全部、試験官が悪い。

254: パルヴルアーキュラ(東京都) [DE] 2020/08/29(土) 20:48:58.60 ID:rvwfi3rq0
>>241
当時のドイツの社会情勢が別のヒトラーを出現させるだけじゃね?

266: キサントモナス(千葉県) [PT] 2020/08/29(土) 21:13:36.38 ID:KdVP+q8R0
>>241
ドイツ人が「ユダヤ人を排斥してくれて、財政を健全化してくれる誰か」を望んだからヒトラーはヒトラーになった
仮に総統がヒトラーでなくても誰か別の人物がヒトラーになったよ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年08月31日 10:08 ID:VWcEGvRz0▼このコメントに返信
ポーランドに侵攻する前ぐらいに自動車事故でお亡くなりになればよかった。
2.名無しさん:2020年08月31日 10:09 ID:1ak7EGUS0▼このコメントに返信
ユダヤ人を迫害し無ければ良かった、粛清をし無ければ良かった。
3.名無しさん:2020年08月31日 10:10 ID:MNrksMLx0▼このコメントに返信
ヒトラーが生きているうちに、「良い独裁者」という評価であれば、命題は満たされるんだろ?
なら簡単だよ。

「ヒトラーは糞だ」と考える人間をポルポト並みに言論封殺を徹底すればいい。
国民は国内では「ヒトラーは糞だ」と言えないし、国外に亡命してその所業を語っても、現地の人間はそれを信じない。
4.名無しさん:2020年08月31日 10:10 ID:ccUW1Jny0▼このコメントに返信
アウトバーンを作り、ドイツ経済を建て直したところで、政界を引退。
5.名無しさん:2020年08月31日 10:14 ID:srLkNghT0▼このコメントに返信
当時のドイツがどういう状況だったかを鑑みれば不可能でしょ
ドイツは第一次大戦の敗戦で欧州各国に寄って集って金毟られて貧亡してたし
それこそ「このまま滅亡するくらいなら戦って死のう」みたいな意識もあったんじゃねーの
ドイツがそれくらい追い詰められた所に現れた指導者がヒトラーだったんだし
そうなれば戦争になるのは不可能で、ユダヤを排斥の対象に据えるのも不可避
ヒトラーが居なくてもいずれ爆発してたと思うよ、それくらい欧州のドイツに対する圧迫は強烈だった
6.名無しさん:2020年08月31日 10:14 ID:96wnmWGZ0▼このコメントに返信
ユダヤ殲滅
7.名無しさん:2020年08月31日 10:15 ID:bKh18rrp0▼このコメントに返信
少なくともわざわざ民間人選別して大虐殺祭りかまさなかったら
ここまで悪辣に叩かれ続けることはなかったし
ハーケンクロイツ掲げただけでもボッコボコにされるなんて事は無かったろうな
8.名無しさん:2020年08月31日 10:16 ID:N4IsV7Jn0▼このコメントに返信
一般のユダヤ人に対する迫害ではなく、
本気でユダヤ裏権力と戦って壊滅させていたら、
人類を救った英雄になっていたのは間違いない。

極端な話、最近のISISのように、ナチス自体が
シオニストユダヤによるやらせだった可能性も皆無ではない。
ナチスがユダヤ人を追い出したおかげで
イスラエルの建国につながったという評価もある。
9.名無しさん:2020年08月31日 10:16 ID:USFlYBbc0▼このコメントに返信
内政に専念してればと思うけど、そう単純な話じゃないんだろな
もう出てるけど戦争始める前に不慮の事故か何かで死んでればあるいは
10.名無しさん:2020年08月31日 10:16 ID:N4IsV7Jn0▼このコメントに返信
日本やアメリカを含む、いわゆる西側世界を支配している
新自由主義者もユダヤ権力に支配されています。

彼らはTPPやFTAなどで世界統一政府を作ろうとしています。
コロナ騒動もその謀略の一環です。
11.名無しさん:2020年08月31日 10:17 ID:srLkNghT0▼このコメントに返信
あ、逆説的に言えば第一次大戦に敗北したドイツへの圧迫を
苛烈にしなければ良かったんじゃねーのかな?

ドイツがどうこうじゃなくて
欧州がドイツを追い詰めなければ良かったんじゃね
12.名無しさん:2020年08月31日 10:18 ID:L7.a81wl0▼このコメントに返信
※1
それだとメフォ手形の償還期限が来て返済能力のないドイツは破産エンドなんですが…。

で、そのメフォ手形の使い道の大半が軍備拡張なのでそれをやめていればよかった…でもヒトラー政権って軍部の後ろ盾あればこその政権なので軍備の要求に逆らいきれない…となると長いナイフの夜事件でレームら突撃隊ではなく国防軍にするべきだった…かもしれない。
13.名無しさん:2020年08月31日 10:19 ID:ccUW1Jny0▼このコメントに返信
中国「今度は、ドイツを叩け。そして、中国から撤退するなと言え」
14.名無しさん:2020年08月31日 10:20 ID:aTu2.lV30▼このコメントに返信
>>8
タイムリープやなくてタイムスリップじゃないの?
15.名無しさん:2020年08月31日 10:20 ID:KzL.JUkH0▼このコメントに返信
チャーチルを消せておければ対英はなんとかなったんじゃないのか?
16.名無しさん:2020年08月31日 10:22 ID:IMWxae560▼このコメントに返信
政権の最大の特徴であったユダヤ人弾圧はヒトラーの個人的な逆恨みに国民を巻き込んだのではなく、ドイツ大衆の願望で民意を掬い上げたものだったしな
そういう意味では大衆の欲求を叶えた「良い独裁者」だったのかもしれない
17.名無しさん:2020年08月31日 10:24 ID:f78lu1FQ0▼このコメントに返信
わからんけど、良い独裁者って最後は民衆に正しく倒される独裁者のことじゃないのか?正しい痛みと教訓を与えて皆に憎まれながら新しい世界の礎になって死ぬみたいな。
18.名無しさん:2020年08月31日 10:24 ID:7KRL1Ql.0▼このコメントに返信
トルーマンはヒトラー以上の極悪人だがお咎めなし
19.名無しさん:2020年08月31日 10:25 ID:MLARL6J00▼このコメントに返信
ユダヤ金融資本をぶっ壊す!
20.名無しさん:2020年08月31日 10:26 ID:VWcEGvRz0▼このコメントに返信
※12
まぁね。ドイツ経済は軍備拡張によるところが大きかったから
ヒトラーがしんでもいずれ戦争にはなったかもね。
21.名無しさん:2020年08月31日 10:26 ID:30MrNobs0▼このコメントに返信
戦争に勝てば独裁者とか言われてなかったと思いますね。
日本も昭和天皇がありえない捏造されて本当にびっくりするからね。
でもナチスはユダヤ人迫害やってたから戦勝国になってもいずれ問題になったと思う。
今の中国がウィグルやチベット南モンゴル香港などの人権問題を
世界からたたかれてるのと同じことが起こったと思いますね。
22.名無しさん:2020年08月31日 10:27 ID:8J5e5rs60▼このコメントに返信
あの時代、当時のドイツの国力では何をやっても無理だった。
そもそもドイツがとことん追い込まれて戦争しか手段がなくなったからヒトラー政権が誕生したのに。
23.名無しさん:2020年08月31日 10:28 ID:kRlft9RD0▼このコメントに返信
湯田谷と共産主義を根絶やしにできていれば、
敵味方の陣営関係なく
ヨーロッパ中から感謝されてたと思う
24.名無しさん:2020年08月31日 10:30 ID:iaxkqxd00▼このコメントに返信
歴史にモシは有りません、そんな事を考える暇が有るなら仕事をしなさい。
話が変わりますが、韓国は国際法を守らない国として有名に成りますよ。
25.名無しさん:2020年08月31日 10:31 ID:owHdgebX0▼このコメントに返信
ソ連侵攻を「ロシア人を共産主義から解放する」とし、投降ロシア兵を味方にしていたら第二次大戦は枢軸国側の勝利。
26.名無しさん:2020年08月31日 10:31 ID:XOX3ufEq0▼このコメントに返信
>>2
国民に大受けしたからユダヤ人迫害は止められない
ドイツ人の国で独裁をしたことが失敗
27.名無しさん:2020年08月31日 10:35 ID:ccUW1Jny0▼このコメントに返信
ヒトラーのおかげで、イスラエルが建国できた。ヒトラー自身、ユダヤ人と言われている。本名はアドルフ・シックルグルーバー。いまだにヒトラーの行方は分からない。
28.名無しさん:2020年08月31日 10:37 ID:bA6WmisD0▼このコメントに返信
ほぼ同じ世代に良い独裁者ことケマルパシャさんがいるから、できんこともないとは思うが…
やっぱゲルマン優生主義が足引っ張ってると思うわ
29.名無しさん:2020年08月31日 10:37 ID:rlZ66soB0▼このコメントに返信
※18
やったこと考えればそいつのほうが極悪人だが例外はあっても世の中は勝者だけが良い評価されるからな
30.名無しさん:2020年08月31日 10:39 ID:IY4qGByz0▼このコメントに返信
※27
シックルグルーバー家はユダヤ人ではない
31.名無しさん:2020年08月31日 10:40 ID:4rBrNbWy0▼このコメントに返信
長いナイフの夜はどっからどう解釈してもアウトだから
天寿を全うしての好評価は不可能や
32.名無しさん:2020年08月31日 10:40 ID:NQqg1IPq0▼このコメントに返信
※24
まあ偶にはこういう空想も楽しいもんやで。
33.名無しさん:2020年08月31日 10:42 ID:UIIbnFF20▼このコメントに返信
※11

まあおフランスからすれば国の北東部をボロボロに荒らされたわけで
あれでも寛容な処置だぐらいに思ってるし。
34.名無しさん:2020年08月31日 10:43 ID:hFjWmFi.0▼このコメントに返信
※6
シナチスのトップが良い独裁者として生涯を終えるにはどうすればよかったの?
だろ。

民主化すると、政治の責任は、人民という事になる。
韓国の大統領の成れの果てはオカシイだけ。
35.名無しさん:2020年08月31日 10:43 ID:mUGO40Hc0▼このコメントに返信
国家社会主義労働者党が政権を取った1933年には
再軍備(と戦争)に伴う軍需で経済を活性化する(∵アウトバーンみたいな公共事業で生み出される雇用は
数年しかもたないから)という基本方針が党と政府で共有されていて、
ベルリンが陥落するまでこの方針に基づいて行動していた。
だから、1933年時点でBAD END確定だったのだと思う。

36.名無しさん:2020年08月31日 10:46 ID:RA8fQeRv0▼このコメントに返信
国民から圧倒的支持を得ていた独裁者って何?
民主主義の否定?
ドイツ国民全員馬鹿だつたの?
37.道端の石ころ:2020年08月31日 10:48 ID:tYyx.Jnv0▼このコメントに返信
>>32
いやいや、何が間違っていたか考えておくことは大事な事だヨ。
同じ過ちを繰り返さないためにネ。
38.名無しさん:2020年08月31日 10:48 ID:LJEp1Jzg0▼このコメントに返信
>>4
違うな、途中で英国かソ連の暗殺あって名誉のしすれば、伝説の男たちなった
39.名無しさん:2020年08月31日 10:49 ID:Fs9..D8y0▼このコメントに返信
ヒトラーの絵をみたことあるけど、遠近法がメチャクチャ。画技は旨いが見た感じそのまま描けない欠点があった。つまり美大には進学不可のレヴェルだったという事。
40.名無しさん:2020年08月31日 10:49 ID:ccUW1Jny0▼このコメントに返信
30>どうして?彼の祖母はユダヤ人の富豪の家でお手伝いさんとして働いていた。その富豪の間に生まれた私生児が、ヒトラーの父で、アイロス。そもそも、世界大恐慌が終わったのは戦争によって。つまり、第二次大戦は芝居だった。
41.名無しさん:2020年08月31日 10:52 ID:jBW6xr7X0▼このコメントに返信
前提が一次大戦で敗けなかったみたいな話だな
42.名無しさん:2020年08月31日 10:53 ID:itxz40uj0▼このコメントに返信
>>36
民主主義なんて大して優れた政治形態でもないじゃん
43.名無しさん:2020年08月31日 10:53 ID:LJEp1Jzg0▼このコメントに返信
>>15
チャーチルが飲酒運転で逮捕されたり、事故起こせばドイツは変わった結末起きただろ
44.名無しさん:2020年08月31日 10:56 ID:4bDkCxqj0▼このコメントに返信
ユダヤ人、スラブ人の虐殺をどうあがいてもやらかすから、戦争の勝敗に関わらず
戦後悪い独裁者として、批判される流れは決まっているのだけど。
生きてる間に、欧州の思想をよほど作り替えれば話は別なのかもしれないけど。

※35
ほんとその通り。
ヒトラーの功績として、経済再建を挙げる奴は多いけど
それが戦争で踏み倒すことを前提とした借金によるものであることは、なぜかあまり語られない。
数年もすれば金が回らなくなって財政破綻するから、経済政策の時点で対英米仏戦争は確定していた。
ただ、ソ連との付き合いを考えれば、normal endにはたどり着けたかも。

45.名無しさん:2020年08月31日 10:57 ID:LJEp1Jzg0▼このコメントに返信
>>25
ぶっちゃけ、ソ連の少数民族独立国家と捕虜を悪いのは共産党が悪いからお前らは兵士は悪くないで対応すればソビエト連邦は内乱起こしたやろ
46.名無しさん:2020年08月31日 11:02 ID:B.h1YK7c0▼このコメントに返信
無理、全権委任法通してる時点でドイツは警察国家かつ恐怖政治やってたからな

本スレでチェコの解体云々書いてるけど、もともと再軍備に金使いすぎて
国庫が火の車だったし、手形も償還できずにデフォルトがオチ

1938以降、ドイツの外貨は枯渇し、併呑した国の中央銀行から収奪してその日暮らししてたんだがね


※36
ただのプロパガンダに過ぎん、ナチを信任してたのは4割程度

ナチが第一党に躍り出た選挙にしても、自分らで国会を放火し共産党の所為にして非合法化
他の政党の連中も選挙前に逮捕して、そも投票できなくさせた状態での選挙だぜ

これを国民からの圧倒的支持だの、民主主義だの噴飯モノでしょうにw
47.名無しさん:2020年08月31日 11:02 ID:E.3i5JsO0▼このコメントに返信
ユダヤ人が迷惑なら無理に国内で処理しようとせず、財産のみ差し押さえて自由に海外脱出認めてやれば良かったのにな。ここがホント損。
48.名無しさん:2020年08月31日 11:03 ID:pFLug4mg0▼このコメントに返信
イギリスが健在である以上、どっかでソ連と組んで攻撃してくる問題があるので、対ソ戦は、なにやっても時間の問題だったかもなあ。
フランス落とした以上、イギリスは、大陸に介入やめんしなあ。
49.名無しさん:2020年08月31日 11:05 ID:4YInAFqp0▼このコメントに返信
ポーランド侵攻を遅らせて、ワルシャワをソ連にくれてやればよかった。
その後、ホワイトナイトとして、ポーランドに入り、ソ連を撃退して、
対価としてポーランドから土地割所譲させれば、英仏と争うこともなかったのに。

東欧各国を経済同盟で縛り付けて、実質植民地化とかできなかったのか?
50.名無しさん:2020年08月31日 11:07 ID:B.h1YK7c0▼このコメントに返信
ソ連は急ピッチで赤軍粛清後の再編を行っていたし、兵器も新型への更新途上だった
1943まで待っていれば、正面から戦ってもドイツをぶちのめせるだけの規模に成長してしまう

日本にしてもドイツにしても、戦争するなら「今」しかないんだよね
51.名無しさん:2020年08月31日 11:07 ID:Yfo5aoAE0▼このコメントに返信
>>5
全くの同意見
あくまで他人を馬鹿にする意図はないことは断っておくが、少しでも勉強したら普通そう思うよな?
なんだろう、俺の知らない何かがあるのか
52.名無しさん:2020年08月31日 11:08 ID:NeeeEmte0▼このコメントに返信
この場合本当にチャーチル暗殺しとけば変わるんだよな
ヒトラーの代わりは居てもチャーチルの代わりは居なかった 恐らくは
53.名無しさん:2020年08月31日 11:08 ID:.dVhOPqv0▼このコメントに返信
やり方がえげつない虐殺。そりゃ何やっても許される空気にはならないよ
54.名無しさん:2020年08月31日 11:09 ID:VOraP9GY0▼このコメントに返信
>>5
仏が平穏期における欧州の問題児
独が混乱期における欧州の問題児

仏「ドイツ再軍備とか許さない!ソ連と手を組む」
独「ユダヤ人(欧州系)と共産主義勢力ムカつく!ぶっ潰してやる」
英米「コイツら怖い!抑え込まなきゃ(汗)」

で、欧州の第二次世界大戦は七割程度は説明できる定期。
55.名無しさん:2020年08月31日 11:12 ID:VOraP9GY0▼このコメントに返信
>>11
連合国「第一次大戦でドイツが早期降伏しなく※被害拡大したからその責任取らせないと(汗)」

※連合国の死傷者はドイツとほぼ同等。
56.名無しさん:2020年08月31日 11:14 ID:VOraP9GY0▼このコメントに返信
>>31
ドイツ共産党も似たようなことしてるからセーフ。
57.名無しさん:2020年08月31日 11:20 ID:LVm59kev0▼このコメントに返信
>>40
そもそもドイツ人ですらない
58.名無しさん:2020年08月31日 11:22 ID:pEGFowHd0▼このコメントに返信
ソ連参戦はヒトラーがフランス戦後に陸軍の大減員して海軍空軍の増強を計画していたのを陸軍がそれをうやむやにする為、暴走気味に立案、実行したって話を最近読んだな。
59.名無しさん:2020年08月31日 11:29 ID:hhZBIlop0▼このコメントに返信
※5
食べ物もなく、暖もとれない中でフランス軍がわがもの顔で
石炭うばったり、ドイツ人殴ったりしてる映像見たことあるけど
あれはなあ・・どんな民族でも蜂起するんじゃないの
60.名無しさん:2020年08月31日 11:34 ID:ccUW1Jny0▼このコメントに返信
第二次大戦の最大の原因はドイツの経済問題にある。第二次大戦はドイツによる他国への侵略が発端とされる。ヒトラーも何の理由もなく他国を侵略したわけではない。ヒトラーにはヒトラーの侵略する理由があった。それは、第一次大戦が終わってから始まった。ドイツが第一次大戦で敗北し、休戦条約締結後に、連合軍が、ドイツから、機関車、自動車、船舶が連合軍に引き渡された。彼らはなんでも持って行った。また、連合軍の莫大な占領軍維持費も全て支払うことになった。しかし、ドイツに対する経済封鎖はいつまでも解かれなかった。大戦中からドイツは食糧の輸入をストップさせられていて、食糧事情は困窮を極めていた。1919年の上半期だけで、10億マルク以上が食料品の輸入の為に充てられいた。それでも、連合軍は粗悪な食糧しか与えなかった。そして、ベルサイユ条約がそのドイツを絶望に叩き落とした。条約の231条では、戦争の責任は全て一方的にドイツにあると規定された。232条では、連合軍が受けた損害は全て賠償しないといけない。植民地は全て取り上げられ、人口はそれにより10%も失った。領土も13・5%、農耕地の15%、鉄鉱石の鉱床の75%を失った。その結果、ドイツの鉄鋼生産は37・5%まで落ち込んだ。賠償金も約330億ドル。これは、ドイツの税収の十数年分に匹敵するという、めちゃくちゃなものだった。ドイツは何度も妥当な金額の算出を求めたが拒否された。ケインズも「このままでは絶対に払う事は出来ない。ドイツの国力を計算して支払を可能な額にするべきだ」「もし、ドイツがこれほどの賠償金を払うとすれば、けた外れの工業製品を作って輸出しないといけない。そうなると英国の工業製品は壊滅するだろう」さて、次は中国の番だ。コロナウイルで世界中から、多額の賠償金を要求されるだろう。拒否をすれば、貿易はストップになり、食糧は困窮を極める。
61.名無しさん:2020年08月31日 11:45 ID:IY4qGByz0▼このコメントに返信
※40
ヒトラーユダヤ人説(フランケンベルガー仮説)は根拠のないハンス・フランクの憶測のみで成り立っている
マリア・シックルグルーバーは1837年42歳のおりにシュトローネス村で父親不詳の私生児としてアロイス(アドルフ・ヒトラーの父)を産んだが、その前後の期間は同地にユダヤ人は居住していない

マリアはアロイスの父について決して語らなかったために公式には「ヒトラーの血脈の25%は不詳」とされるが、アロイス出生以後の行動から以下のように推量されている(なおナチス公式にはヒトラーはアーリアンと定義された)

アロイス出生後にマリアはヨハン・ゲオルク・ヒードラーと結婚したが、アロイスはゲオルグの養子となることはなくシックルグルーバー姓にとどまっている(ヒードラー家もユダヤ人ではない)
1887年、アロイスは「自分は継父ヨハン・ゲオルク・ヒードラーの実子である」としてHiedler(発音はヒトラー、さらに後にHitlerとの表記に変更した)姓への改姓を役所および教会へ申請し認められたが、その際にはアロイスの実際の養育に携わった義叔父ヨーハン・ネーポムク・ヒードラーが全面的に協力していて、実はネーポムクこそアロイスの実父であったのではないかと考えられている
後にアロイスはネーポムクの娘を差し置いて遺産の大部分を相続してさえいるが、この娘こそはアドルフの母方の祖母となるヨハンナ・ヒードラーであり、アドルフの生母クララの母親とおなる
このことを整理するとゲオルクがアロイスの実父であったならクララとアロイスは従兄妹であり、ネーポムクが実父であったならクララとアロイスは兄妹ということになる

>本名はアドルフ・シックルグルーバー
アドルフの父アロイスの代よりHitler(ヒトラー)が本姓でありアドルフ・ヒトラーで正しい
一体、何の冗談か?
62.名無しさん:2020年08月31日 11:51 ID:5O4LoX4z0▼このコメントに返信
独裁者に良いは無いよ
63.名無しさん:2020年08月31日 11:52 ID:owHdgebX0▼このコメントに返信
ヒトラーは1932年にドイツ人になった。
64.道端の石ころ:2020年08月31日 11:58 ID:tYyx.Jnv0▼このコメントに返信
>>5
だから、どうすればヒトラーは成功したかでしょ?
ソビエトには手を出さず、フランスやベネルックス三国の植民地を含めてシャブリ尽くすで正解じゃないの?
65.名無しさん:2020年08月31日 12:10 ID:LH2o4W5X0▼このコメントに返信
>>2
600万人ともいわれる大虐殺をしなければここまで悪者扱いされることもなかっただろうに
66.名無しさん:2020年08月31日 12:11 ID:aTu2.lV30▼このコメントに返信
美大試験官「課題が人物画なのに建物の絵持ってきたやつを合格させろとか無茶言うな」
67.名無しさん:2020年08月31日 12:11 ID:IMWxae560▼このコメントに返信
※56
スターリン主義を思わせるディストピア社会を描いた「1984年」作者のオーウェルは、本人自身の思想は右翼ではなく左翼だった
左翼の立場でナチスに反対してスペイン内戦にも参加した
その過程で「味方」としてソ連指導下の各国の共産党とも接点を持ったが、欺瞞と煽動と暴力に明け暮れる共産党のあまりの汚さにナチス嫌いに匹敵するほど共産党が大嫌いになった
傍から見ればナチスも共産党も似たようなものだ

ドイツ共産党もそんな共産党の一派だからな
「ハイル・ヒトラー!」と「ハイル・モスクワ!」を掲げる暴力組織同士の抗争だ
68.名無しさん:2020年08月31日 12:12 ID:6DRm.Xeg0▼このコメントに返信
ヨーロッパを制圧したところで、一旦体制の建て直しをすればよかった。
イギリスには経済金融(通貨と商品の流動性を止める)封鎖、ロシアには石油輸出封鎖(ロシアから石油を買わない)をすれば、両国じり貧になって勝った。
69.名無しさん:2020年08月31日 12:14 ID:M6bkNoFd0▼このコメントに返信
>>64
むしろ東方生存圏を狙うナチスドイツにとって英仏こそ戦う理由がない。

独ソ戦せず西方に行けばいいなんてアホは北進論者レベルの知能でしかねえわ。
70.名無しさん:2020年08月31日 12:15 ID:bNo5tZlH0▼このコメントに返信
論より証拠か
71.名無しさん:2020年08月31日 12:17 ID:M6bkNoFd0▼このコメントに返信
>>36
国民が独裁を望み民主的に選ばれたものであればその独裁者は民主主義的だろ

民主主義の意味わかってんのか?
72.名無しさん:2020年08月31日 12:17 ID:vmk2W2fZ0▼このコメントに返信
ドイツ人民のツラの皮の厚さよ。確かな功績も確実に上げたのに。やり方は強引だったとしてもナチスを選んだのは間違いなくドイツ国民なのに。悪いのはヒトラーでナチスで、自分たちには関係ないとかどの口がいうのか。
73.道端の石ころ:2020年08月31日 12:18 ID:tYyx.Jnv0▼このコメントに返信
>>69
キミこそ現実を認識すべきでは?
独ソ戦で負けたのはドイツなんですが。
74.名無しさん:2020年08月31日 12:19 ID:M6bkNoFd0▼このコメントに返信
>>66
てかヒトラーが政治家を目指したのはWW1敗戦がきっかけだから結党時の肩書が多少変わるだけで美大受かってても同じだろ。
75.名無しさん:2020年08月31日 12:19 ID:ccUW1Jny0▼このコメントに返信
61>自分がもし、ユダヤ人ならそういう。ヒトラーはユダヤ人では無かったと。なぜなら、ユダヤ人がユダヤ人を虐殺したといえないからだ。
76.名無しさん:2020年08月31日 12:19 ID:hhZBIlop0▼このコメントに返信
※64
植民地しゃぶれるだけの海軍がないでしょ
そこで東方生存権ですよ、ソ連侵攻は不可避
油田ガーとか言ってないで、電撃戦でモスクワ落としてれば
もしかしたら?
77.名無しさん:2020年08月31日 12:20 ID:9o3DDCt30▼このコメントに返信
>>68
※68
ロシアには石油輸出封鎖ってナチスドイツはロシアから石油を輸入していたんだが...。
イギリスには経済金融封鎖ってどうやって封鎖するの?
78.名無しさん:2020年08月31日 12:20 ID:U.Ruwb0W0▼このコメントに返信
ソ連と結ぶとか論外
アカの手先のひょう
79.名無しさん:2020年08月31日 12:23 ID:hFjWmFi.0▼このコメントに返信
中共のトップが「良い独裁者」として生涯を終えるにはどうすればよいの?
これ以外に、どこに価値があるの?
80.道端の石ころ:2020年08月31日 12:23 ID:tYyx.Jnv0▼このコメントに返信
>>76
だからドイツはソ連に負けたんだって。
81.名無しさん:2020年08月31日 12:24 ID:U.Ruwb0W0▼このコメントに返信
アカの手先の評価なんて、現代はまだ良くても、アメリカが中共やロシアを叩き終わった頃には見直されるのが決まってる
よって、偉大なるアメリカ様はじめ民主主義陣営を説得して対ソで団結する(=裏工作でソ連を超える)のが唯一解なおできるかは知らん
82.名無しさん:2020年08月31日 12:34 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
※5
ワイマール時代よりももっと小さな国土になった西ドイツの政治体制の整備と正常化、国内経済立て直しで、あの第一次世界大戦の賠償金完済しましたけど?
83.名無しさん:2020年08月31日 12:35 ID:M6bkNoFd0▼このコメントに返信
>>73
結果論しか言えんのかw

だからアホなんだよ
84.名無しさん:2020年08月31日 12:37 ID:M6bkNoFd0▼このコメントに返信
>>76
モスクワよりもレニングラードかな?
レンドリースの海路が断てれば長期戦でもドイツに活路が見出せたかもしれない。
85.名無しさん:2020年08月31日 12:42 ID:WMcqovIx0▼このコメントに返信
ヒトラー暗殺が成功してドイツが敗戦したら「いい独裁者」って評価されて「もしヒトラーが生きててその後も指揮を取り続けたら」って仮想戦記が沢山出る
86.名無しさん:2020年08月31日 12:42 ID:vwFmxhbk0▼このコメントに返信
日本と同盟しない。
87.名無しさん:2020年08月31日 12:42 ID:vhFkyIva0▼このコメントに返信
再軍備、ラインラント進駐、賠償金踏み倒しぐらいまではドイツに正義があった。
ズデーデン地方併合までで止めておけば何とか許容されたんじゃないか。
そのあと反共産主義を全面に押し出してヨーロッパの防波堤になれば?

88.道端の石ころ:2020年08月31日 12:44 ID:tYyx.Jnv0▼このコメントに返信
>>83
政治は結果がすべてだヨ。
89.名無しさん:2020年08月31日 12:50 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
※87
賠償金の踏み倒しは難しいと思うよ
フランスもイギリスも第一次j世界大戦での戦費で財政火の車だったから、ドイツが賠償金支払わないと、彼らがドイツに対する強硬手段講じる可能性もあった
90.名無しさん:2020年08月31日 12:57 ID:VHnGcFP70▼このコメントに返信
ホロコーストと侵略がなければ
91.名無しさん:2020年08月31日 13:00 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
第一次世界大戦でのドイツ内はほとんど戦場になっておらず、ほぼ無傷状態
第二次世界大戦のときみたいに戦争で破壊などされていない
一番ドイツ領として被害の大きかった場所はドイツ帝国とオーストリア・ハンガリー帝国、ロシア帝国との国境線だったポーランド内
でも戦後はそれらのところはポーランドとして分離独立となってワイマール・ドイツの国土ではなくなっていた

国内はほぼ無傷状態、ただ賠償金がたくさん課せられたドイツ
国内も戦場にされて荒廃、莫大な戦費で借金だらけになった、セルビアとオーストリアとの外交問題なのにいきなりドイツから侵略受けて戦争するはめになったフランス
92.名無しさん:2020年08月31日 13:04 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
無関係国まで巻き込んで戦争始めて負け、莫大な賠償金課せられたからとまるで自分だけが被害者ぶるのはいかがなものかと
93.名無しさん:2020年08月31日 13:23 ID:X1zAUbhb0▼このコメントに返信
21世紀にタイムリープしてたら今頃良い人扱いだよ・・ヒトラー
彼は悪者のままでいい・・・
94.名無しさん:2020年08月31日 13:25 ID:W.pp7fRg0▼このコメントに返信
日本がアメリカに戦争ふっかけなければ。
95.名無しさん:2020年08月31日 13:28 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
一番悪いのはドイツ帝国の中でもプロイセン王国
そしてサラエボ事件の当事者のオーストリア・ハンガリー帝国
この2カ国が中心になって起こした戦争
ドイツ帝国の他の領邦国はプロイセンとオーストリアの間で決めた戦争開始に協力させられて巻き込まれただけ
そしてフランスもイギリスもベルギーも当事者でもないのに巻き込まれた
96.名無しさん:2020年08月31日 13:31 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
※94
ドイツがアメリカに同盟条約項には参戦義務のない宣戦布告などしなければ
の間違いじゃね?w
97.名無しさん:2020年08月31日 13:33 ID:3qcpJ.6N0▼このコメントに返信
ユダヤをロシアに置き去りにして押し付けるだけで評価は全然違ったろう。
98.名無しさん:2020年08月31日 13:47 ID:owHdgebX0▼このコメントに返信
鉄血宰相ビスマルクがいなきゃドイツ帝国の成立も無かった。
フリードリヒ2世がいなけらば軍事国家プロシアもなかった。
第一次大戦はプロシア的要素、第二次世界大戦はバイエルン的要素を見逃しては分かりにくい。
99.名無しさん:2020年08月31日 13:47 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
どうせ共和制で国民主権国家目指すなら、ナチスはプロイセンを制圧後、プロイセン貴族とホーエンツォレルン・ユンカーの私財も全部募集して国民のために賠償金として連合国に支払って引き渡してやればよかった
国民や他の領邦国にまずは賠償をさせようとすること自体、共和制政府として間違い
そしてプロイセンが併合したドイツ諸国を分離させて自治州にし、連合国にプロイセンに対する脅威を取り除いあげていればよかった
100.名無しさん:2020年08月31日 13:51 ID:Ie2Wze3R0▼このコメントに返信
独善、独裁が有能なら評価される、その幻想を日本人が持つのは無理からぬこと。そうやって失敗し続けてきた
効率的な独裁より、遠回りな民主主義がなぜ生き残ったのか
101.名無しさん:2020年08月31日 13:51 ID:yVXn.Aaa0▼このコメントに返信
ロンメルの言うことを聞く
102.名無しさん:2020年08月31日 13:58 ID:zyDYVu0O0▼このコメントに返信
イギリスと停戦っていう意見があるけど、一方的に停戦できる権利はドイツに無いぞ。
103.名無しさん:2020年08月31日 13:58 ID:uN2n0J.W0▼このコメントに返信
結局ヒトラーが責められるのはユダヤ人政策だけだからな。
強制収容所ではなくイスラエル(当時はまだパレスチナか?)に送り付ければよかったと思う。
>>101
兵站がとんでもないことになりそう。
104.名無しさん:2020年08月31日 14:03 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
対イギリスではな、ナチスはプロイセンから普墺戦争で負けてプロイセンに併合されて滅亡した旧ハノーファー王国領の分離、回復してやればある程度は味方になってくれたんよ
もちろんプロイセンが併合した他のザクセン家領土の分離、回復もしてやればなおよかった
オーストリア併合するより、イギリス王家が保護したハプスブルクへのオーストリア復権もイギリスとハプスブルクに恩を売るためにやっても良かった
105.名無しさん:2020年08月31日 14:08 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
※103
イギリスとアメリカの協力が必要だわなあ
もちろんプロイセンのさらなる解体も
そもそも、一番ユダヤ人が多かったのは彼らを引き入れて利用したプロイセンだし(カトリック圏では迫害対象だったんで、宗派的対立軸としてプロテスタント圏が彼らの保護と亡命を認めていた)
106.名無しさん:2020年08月31日 14:12 ID:kNDDlaWn0▼このコメントに返信
鬱憤かかえたドイツ国民が全部ヒトラーのせいにしてるだけで
どこまでヒトラーのせいなのか本当に解らないんだよねw
107.名無しさん:2020年08月31日 14:13 ID:CMCCpAlM0▼このコメントに返信
>>65
自分で言って気付かんか? 600万やぞ?
そんな何百万も殺せるガスだかなんだか分からん物持ってるなら敵に向かってやれよって話。

アメリカが原爆落としたように、そんな兵器持ってたらドイツはとっくに使ってた。
拷問や銃殺だとしてもそんな気力体力がドイツ兵士にあったら、それこそ米英を圧倒しとったやろ。
108.名無しさん:2020年08月31日 14:18 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
※106
戦後西ドイツの国民が支持した二大政党はナチスが禁止して解散せせたマルクス主義のドイツ社会民主党とキリスト教系のキリスト教民主同盟系だし、東ドイツ側はドイツ社会民主党とドイツ共産党合併の東ドイツ共産党だったから
ナチスに政治活動禁止と迫害された側なんで
109.名無しさん:2020年08月31日 14:22 ID:CMCCpAlM0▼このコメントに返信
>>4
実際、その辺りがヒトラーの黄金期よな。
ヒトラーは政治家としては頗る優秀やが、戦争は下手くそ。

まぁ、ソ連とは和平か睨み合いを続けてイギリスを占領できたとしても、アメリカには勝てんかったんちゃうかな?
かなり冷静慎重にやっても終わりは見えてたんちゃう?
110.名無しさん:2020年08月31日 14:36 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
本当に国民のことを考えていたなら、プロイセン貴族の野望なんて引き継ぐんじゃねーよ!
なんのためにドイツ革命が起きたのか考えろと
ドイツ国民を救済したかったなら、まずはプロイセン貴族中心に彼らの資産没収して、できるだけ国民負担やナチスの貴族化、特権階級化などせずに国民救済と賠償金返済に当てろと
百歩譲って、プロイセン貴族の・ユンカーに協力していたユダヤ人迫害と彼らの私財没収、ドイツからの追放、アメリカなどへの亡命も見て見ぬ振りしてもらえた可能性はある
111.名無しさん:2020年08月31日 14:39 ID:LJEp1Jzg0▼このコメントに返信
>>106
そりゃ、調べたら警察捕まるってことやるのが今の欧州諸侯だよ?
歴史なんてわからなくなるよ、オマケにユダヤ人が欧州でドイツたたきしているから評価なんてできないし
アメリカもユダヤ人秘密警察が見張っているからユダヤ人がいない国がナチスを再評価なり研究しないかぎりナチスはユダヤ人よって悪の中枢扱いは晴れんよ
112.名無しさん:2020年08月31日 14:42 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
ポーランド侵攻による再併合だって、一般ドイツ国民の利ではなく、あそこに一番利権を持っていたのは地主貴族だったプロイセンユンカー
彼らのためになんでまたポーランド侵攻なんてするのかと
ポーランドはスラブ系のポーランドの土地であってドイツ民族主体でまとまりたいなら手出しする必要などない
多民族国家化するだけ
矛盾しすぎるんよ
113.名無しさん:2020年08月31日 14:46 ID:vH3gJLqp0▼このコメントに返信
※87
自分も同感。その辺りで止めておけばよかったと思う。でも結局支持者であるドイツ国内のタカ派が満足するかという問題もあるんだよね
あとはせめてポーランド侵攻はソ連主体でやらせておけばマシな着地点があったんじゃないかと思う
114.名無しさん:2020年08月31日 15:01 ID:NYHYiPdX0▼このコメントに返信
負けたら犯罪者
勝てばどんな悪行を働いてようが覇権国
ドイツとアメリカの差よ
115.名無しさん:2020年08月31日 15:12 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
※114
第一次世界大戦敗戦時点でもそれは同じ
116.名無しさん:2020年08月31日 15:19 ID:VigpXVWY0▼このコメントに返信
ルーデルに頼んどけばよかった
117.名無しさん:2020年08月31日 15:24 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
まあ、第一次世界大戦のときはとてもじゃないが国民主権国家と言えるような存在ではなく、旧態然とした貴族と宮廷政治での外交戦争で、国民は貴族に代わってその戦争兵士として駆り出されただけだけどな
だから敗戦で一番責任と賠償に応じないといけないのは政治実権握って戦争はじめたドイツ帝国貴族とその取り巻き

民主共和制移行したワイマールドイツでの国民主権国家でドイツ一般国民に戦争責任や賠償金供出・負担させるワイマール政府、ナチスのやり方がそもそも見当違いの悪政
まあ、ロシア革命みたいに、民衆が主権握るために君主・貴族、裕福層を処刑や根絶やしにするために抹殺してまで彼らの資産簒奪しろとは言うつもりもないが
118.名無しさん:2020年08月31日 15:29 ID:t2Znd0150▼このコメントに返信
勝てばよかった、さもなくば勝てない戦争を避けるようにする
それくらいだな
119.名無しさん:2020年08月31日 15:35 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
連合国は、ドイツ帝国政府(貴族中心の宮廷政府)やドイツ皇帝・ドイツ諸侯が主権者戦争当事者だった帝政ドイツに賠償金課したけど、国民主権で国民選出議会と内閣がやった戦争じゃかなったから、国民に賠償金と責任をしろなんて言ってはいない
それを国民に責任転嫁してやろうとしたのが共和制ワイマールドイツ

120.名無しさん:2020年08月31日 15:42 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
あ、でもね、ドイツ帝国(帝政ドイツ)、共和制ワイマール・ドイツ、ナチス一党独裁ドイツと歴史上は便宜的な呼称を使ってはいるけど、一貫して正式国名はそれら3体制下ドイツ共に「(deutsche Reiches)ドイツ国」だよ
ドイツ帝国もワイマール共和国ドイツもナチスドイツも歴史的な区別つけるための俗称で、正式な国名ではない
121.名無しさん:2020年08月31日 15:44 ID:zokQQerG0▼このコメントに返信
オーストリア併合まででやめていればな。
そこまでなら文句は言われまいに。
122.名無しさん:2020年08月31日 15:46 ID:0nI.E6rO0▼このコメントに返信
>>1
まあ病気でも何でも良いけど、ポーランド侵攻までは一応英仏もチェコスロバキア解体併合もオーストリア併合も文句を付けてないし、ここでヒトラーが満足してたらおそらく史上もっとも有能なドイツ人政治家としてビスマルクに並んで歴史に残っただろうね。

まあ、最大の失敗は、ポーランド侵攻と分割で、英仏が国際法秩序を守るために参戦するという事を理解できなくて、「英仏はそんな得にならない事で動くわけがない」って甘い想定で動いたことだね
123.名無しさん:2020年08月31日 15:48 ID:0nI.E6rO0▼このコメントに返信
>>5
ドイツが滅亡する、なんて被害妄想持ってる人間がそんなにいたわけがない。妄想乙
124.名無しさん:2020年08月31日 15:52 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
賠償金云々で一番の鍵を握っていたのはアメリカ
フランスやイギリスの第一次世界大戦と戦後復興資金の借金をアメリカに頼って財政赤字で首が回らない
そしてその返済と復興資金捻出のためにドイツに賠償金を課して返済に当てようとしていたと

ドイツはドイツで賠償金と戦争責任をユンカーや貴族に一番負担させるべこ事を共和制になったからと言って国民に大きな責任を課したというバカさ加減
125.名無しさん:2020年08月31日 15:55 ID:0nI.E6rO0▼このコメントに返信
>>11
ワイマール共和国はインフレ克服してから経済はどんどん絶好調に戻っているし(戦後日本もそうだけど、借金がチャラになるからね)、ドイツの国家負債もドーズ案で現実的な処理が出来てたから、別にドイツがそんなに苦しんでいたわけじゃない。むしろどんどん条件を緩めていってた段階でヒトラーが出てきたんだけど、それが上手くヒトラーのポイントになって、どんどん調子に乗って挙げ句にチェコ、オーストリア、最後にポーランドに手を出して破綻。
126.名無しさん:2020年08月31日 15:57 ID:PjZjN.rn0▼このコメントに返信
チェコとポーランドとフランスに手を出さない
英米仏と協調しソ連だけを相手にする
127.名無しさん:2020年08月31日 16:00 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
※125
終戦直後のドイツ帝国にかせらてた賠償金はかなりデカかったけど、その後は連合国側も減額と返済計画に協力し、ドイツの政治混乱の安定化と経済停滞救出としてナチスへに支援を行っていたんよね
128.名無しさん:2020年08月31日 16:08 ID:eozB0Wr60▼このコメントに返信
米英仏の支援・後ろ盾、更にはローマ教皇庁・カトリック教会の協定・後ろ盾を得られたナチスは正しい政治政党として国内外政治やれて共和制・ナチスドイツを導いて行けてたら、もっと違う歴史になったいた
共和制国家国民政党として守るべきは国民であって、第一次世界大戦の戦犯貴族や・プロイセンユンカーの利益保護、彼らのユンカー地主利権の失地奪還ではない
129.名無しさん:2020年08月31日 16:09 ID:VOraP9GY0▼このコメントに返信
>>106
当時のナチスと今のドイツの政治体制は似てるからな。
ナチス→政府と大管区、ドイツ→政府と州は共にほぼ同等の立場・権限持ち

だから過激なユダヤ人弾圧収容するところとあれば、雑なユダヤ人弾圧収容(場合によっては国外脱出許可)するところもある。
130.名無しさん:2020年08月31日 16:10 ID:VOraP9GY0▼このコメントに返信
>>116
ルーデル「閣下とドイツ軍に忠誠を誓いアカ狩りをするが、ナチ党は支持しとらんぞ?」
131.名無しさん:2020年08月31日 16:14 ID:E.JSHnhn0▼このコメントに返信
BoAに勝利して、イギリス本土をドイツ領土にする
ロンドン都市爆撃に浮気しない
BF-110に夢を見ない
ダンケルクでの脱出を許さない。きっちり全員捕虜にして、
イギリスと人質講和交渉

ドーバー海峡トンネルをポーランド侵攻前に完成させる
反共産主義の同志として、きっちり英米を味方につけておく
132.名無しさん:2020年08月31日 16:22 ID:9ALMDcdn0▼このコメントに返信
転生したらアドルフ・ヒトラーだった
133.名無しさん:2020年08月31日 16:30 ID:rFjuFJdj0▼このコメントに返信
「良い」の概念を変えるしかないかも。
134.名無しさん:2020年08月31日 16:44 ID:dTu8IRqm0▼このコメントに返信
そもそも独裁者じゃないし。
135.名無しさん:2020年08月31日 16:50 ID:M6bkNoFd0▼このコメントに返信
>>102
アシカ作戦が成功すれば講和は可能だった

なお日本が西海岸占領すればアメリカと講和できるくらいの妄想乙なたらればな模様。
136.名無しさん:2020年08月31日 17:15 ID:cWYSYQ500▼このコメントに返信
あそこまでユダヤ人を痛める必要はなかった。理性を失ったのだろう。むしろユダヤを利用するべきだった。そして最大最重要のソ連攻撃を最初にしていれば英米仏などはドイツに味方したはず。余計なことをし過ぎた。当時ソ連こそ世界の敵だった。
137.名無しさん:2020年08月31日 17:20 ID:bPymKoSe0▼このコメントに返信
ユダヤ人から莫大な金を借りる。日露戦争みたいに。
138.名無しさん:2020年08月31日 17:23 ID:ari7Cz.J0▼このコメントに返信
政権取った時点で破滅は確定でしょ
失業率対策の為にも、また軍部と繋がってることからも軍事費を増やしてそこに失業者を吸収する必要があった
その為に自力では返済不可能なレベルで手形擦りまくるしかなくなった
だからよそから奪うしかない
ラインラントで止めるとかズデーテンで止めるとかできない、止まったら死ぬマグロみたいなシステムなんだからどこかで破滅するしかない
139.名無しさん:2020年08月31日 17:33 ID:FRSrOveE0▼このコメントに返信
早めに死んで後継者に託せば、色々美化されたかも、
140.名無しさん:2020年08月31日 17:44 ID:a7y3n44j0▼このコメントに返信
ファシズムが上手くいった例はポルトガルかな?
141.名無しさん:2020年08月31日 17:45 ID:kCEoaFwW0▼このコメントに返信
>>26
それな。
「こいつら本当に迫害しはじめやがったよー。もう馬鹿じゃね。演説ごとき本気にしやがって。あー隔離から虐殺もやりだしたし。こんな事やったら国のTOP追及されんだろ。って、それ俺じゃん」なヒトラー君
142.名無しさん:2020年08月31日 19:32 ID:DeJIJ.e10▼このコメントに返信
※61
というかそもそもユダヤ人が欧州のあっちこっちに散らばっているので文化というか民族的の定義があいまいというか、ファンタジーすぎて、はっきり言えばない・・ので血統的にどうこうしてみたらヒトラーはともかく(爺さん以上が遡れないだけ)幹部どころか党員の結構なユダヤ人に該当するのでその範囲というか規定が二転三転している有様。

ちなみに文化的というか民族的な定義がまとまったのは結果として収容所にぶち込まれた際に集まったユダヤ人がああでもない、こうでもないといってまとめた結果らしい…誤解を恐れずに言えばナチスのおかげでできたと。
143.名無しさん:2020年08月31日 19:47 ID:fH800NVU0▼このコメントに返信
>>47

それやろうとして一部のユダヤ人が動かなかったから
ヒステリックになってたとこある
最初はパレスチナへ移動させようとしてた
144.名無しさん:2020年08月31日 19:56 ID:px0KPc5I0▼このコメントに返信
ただ勝てばよかった。
145.名無しさん:2020年08月31日 19:57 ID:qRh3cGvA0▼このコメントに返信
※5
ドイツが貧窮してたのなんてルール占領が起きた24年まででその後は普通に繁栄してただろう
追い詰められたのは大恐慌のせい
146.名無しさん:2020年08月31日 20:47 ID:.VWUM1hR0▼このコメントに返信
副総統が単身、イギリスと講和しに行ったとき、それに乗っかってれば…
147.名無しさん:2020年08月31日 21:00 ID:Rf9Zka3D0▼このコメントに返信
>>2
ユダヤ人(共産主義者)をシベリアに追放するのが目的なので、ソ連侵攻は不可避。
148.名無しさん:2020年08月31日 21:01 ID:rQad6GWt0▼このコメントに返信
イタリアにギリシャを攻めさせない → ソ連侵攻を予定通り始められて冬将軍が来る前にモスクワを落とせた
北アフリカのイタリア軍を助けない → 北アフリカにアフリカ軍団等の戦力を派遣せずに済むから、欧州での戦争に集中できた
イタリアにスペイン程度の中立を守らせる → 地中海の戦いに戦力を派遣せずに済む&連合軍の南欧からの侵攻はほぼ無い
結論)イタリアが癌
149.名無しさん:2020年08月31日 21:10 ID:Hj.YkGEf0▼このコメントに返信
実はチャーチルが議員浪人時代に欧州に旅行してヒトラーと面会しかけてるのだけど
「なんでそんなにユダヤ人嫌いなの?」と手紙に書いたのでヒトラーはぶち切れて面会拒否した
その時会ってたら歴史は変わったかもしれない
150.名無しさん:2020年08月31日 21:16 ID:xJtX2W8W0▼このコメントに返信
そんなの簡単。ドイツを共産化して、悪く言う奴らを粛正してしまえば良い。
前例は、いくらでもある。
151.名無しさん:2020年08月31日 21:24 ID:.78RdUOu0▼このコメントに返信
勝てば正義
いかに善政した名君であろうが負ければ極悪人
歴史は勝者が決めるんだからな
本スレにもあるとおりスターリン、そして毛沢東が犯罪者扱いではない
そして彼らの国では偉大なる良い独裁者だよ
表向きはね
152.名無しさん:2020年08月31日 21:36 ID:YIqVBSJL0▼このコメントに返信
実はマレー沖海戦で英艦隊が負けてたらイギリスは戦線離脱してチャーチルも退陣するつもりだった
153.名無しさん:2020年08月31日 22:09 ID:vH3gJLqp0▼このコメントに返信
※150
めっちゃ笑ったw
内戦不可避だが有りといえば有りだし、面白いのは間違いない
154.名無しさん:2020年08月31日 22:51 ID:10ExJ.NH0▼このコメントに返信
ドイツで資源問題に真剣に取り組んでるのがヒトラーだけだからな・・・
フランスに勝ったら一方的勝利宣言して西側から撤退、ポーランドに傀儡政権でも
建ててダンチィヒ以外から撤退とかでイギリスと和平の可能性もありそうな気もする
155.名無しさん:2020年08月31日 23:08 ID:0AnI647e0▼このコメントに返信
内政重視でも経済詰んで失脚する
心の中はどうあれ見かけ上はユダヤと仲良くしないといけないなって気づかない限り無理でしょ
156.名無しさん:2020年08月31日 23:09 ID:cMdyNo8O0▼このコメントに返信
※152
>>152
どこのネタだ?シンガポール陥落ですら退陣しないのに。
インド陥落なら、否応なく退陣だけどな。
王冠の最大のダイヤ失陥するんだし。
(インド皇帝位が、最高階位だし)
157.名無しさん:2020年08月31日 23:11 ID:cMdyNo8O0▼このコメントに返信
※145
>>145
日本は、1920年代は、ずっと不景気だったのに、
欧米は、繁栄の絶頂期だしね。
158.名無しさん:2020年08月31日 23:13 ID:cMdyNo8O0▼このコメントに返信
※148
>>148
イタリアは、リビアという宝石の原石をもっていたのに磨かなかったからな。
戦前にリビアの油田発見できてれば、大人しくしてたかな?
159.名無しさん:2020年08月31日 23:16 ID:kL1IUGIR0▼このコメントに返信
なんで冬場にソ連侵攻したかな? 
気候が良ければ買ってただろうに。
160.名無しさん:2020年08月31日 23:47 ID:YS.FZFLa0▼このコメントに返信
※150
ワイマール末期はナチスvs共産党だから
共産ドイツも十分あり得たんだよな
161.名無しさん:2020年08月31日 23:48 ID:YS.FZFLa0▼このコメントに返信
※159
冬に侵攻したんじゃなくてキエフやモスクワの前でグズグスしてる間に冬になった
162.名無しさん:2020年08月31日 23:54 ID:ABTZ.LJD0▼このコメントに返信
※159
バルバロッサ開始は6月22日(夏)だが何を言ってるんだ?

夏と1年という単語が同じ「リェータ」で表される様にロシアには夏とそれ以外の季節の2つしかないが、軍事的には「夏」「泥濘期(春・秋)」「厳冬期(冬)」と分別され「夏」と「冬」にしか行動できない
「泥濘期(春・秋)」は名前どおりにロシアの大地は泥の海になる
163.名無しさん:2020年09月01日 00:26 ID:1bS.COgO0▼このコメントに返信
※160
実際の可能性はそれほど高くない
スパルタスク・ブントが殲滅されたように、現実的な力・柔軟性といったものを欠いていた在独共産勢力は効果的な政権奪取に向けての具体的な方策を殆ど持っていなかった
164.名無しさん:2020年09月01日 03:21 ID:ga6qq6Ej0▼このコメントに返信
※163
ドイツんお社会党と共産党の対立を棚上げしていればナチス政権はなかった。
165.名無しさん:2020年09月01日 04:17 ID:6M5oJ75n0▼このコメントに返信
経済の立て直しだけは神だったw
166.名無しさん:2020年09月01日 08:27 ID:fccSOGpK0▼このコメントに返信
1938年、ズデーテン地方を併合した辺りで引退してたらお札に顔が
載るくらいには高く評価されてたと思うよ。
167.名無しさん:2020年09月01日 10:23 ID:9lJfYueg0▼このコメントに返信
最初から東に進軍して、ソ連共産党駆逐。
さらにユダヤ人駆除完遂。
ヨーロッパでは、今でもユダヤ人は嫌われ者だよ。
168.名無しさん:2020年09月01日 14:52 ID:IRmZawr90▼このコメントに返信
民族主義やユダヤ排斥はどうでもええわ
肝心なことは勝つことだった、あと軍事に口出すな
169.名無しさん:2020年09月01日 17:38 ID:lmjCVXUY0▼このコメントに返信
※156
そもそも、チャーチルは前政権下の元、ヴェーザー演習作戦などのボロ負けに深く関与しているから当人は首相にはなれないと考えていた…が、周囲から「お前は戦争しか能がないんだから、やれよ」と言われて腹をくくったらしい…

つまり英国民は大英帝国を生贄にしてでもイギリスは戦争に勝つという道を選んだ…ので東洋艦隊が消滅しようが、インド失陥しようがチャーチルの辞任はないし、退陣を求める動くもない。仮にそれらがあるとすれば勝敗かかわりなくイギリスの戦争が終わったときであろう。
170.名無しさん:2020年09月02日 00:03 ID:1JW0.SA80▼このコメントに返信
歴史上、良い独裁者なんていたか?
171.名無しさん:2020年09月02日 03:54 ID:8bIUYKrV0▼このコメントに返信
そもそも、ヒトラーの内心は大きく3つの勢力陣営によって左右され続けたわけだが・・・

大衆向けのスローガンは、当時ポーランドにおいて成長株の政党の綱領をダダパクリ

軍事的な展開や作戦計画は、プロシア的な展開とフランスの対案∧ww1のアンチ案修正の作戦計画

資本家や貴族有力者は、大手複合企業の経営者を熱狂的に妄信させ・田舎のユンカーどもを要職で釣るなどetc.

つまり、ヒトラー型の独裁者とは、自らがの野心や本懐を遂げるために遂行する一連の恐怖政治という典型独裁ではなく

まったくもって一般的C調野郎が有頂天となり、側近や取巻きに転がされて存在していたという自身の立場や周囲への空間認識的能力の

介在を及ばすことが出来なかったか?させてもらえなかったか?のどちらかの選択の問題である。

まして、組織論的にはかなりお粗末であるが、珍産党のテンコ盛り的指導原理とほぼほぼ指向性としては同列である。

ようは、プロフェッショナルではなかったわけで、組織論的な周知徹底度合いとしては双方ともに幕府信仰程度である。

お名前