2020年08月03日 08:05

モンゴル帝国とかいう超大国が日本を占領出来なかった理由

モンゴル帝国とかいう超大国が日本を占領出来なかった理由

05

引用元:モンゴル帝国とかいう超大国が日本を占領出来なかった理由
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1596295982/

1: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:33:02.08 ID:xYCq/syw0
戦力的には普通に負けてたはず

3: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:33:54.31 ID:p303S8EKa
海を超えるのは大変

4: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:33:57.28 ID:1caIoyNya
日本には『誉れ』があるから

99: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:43:02.60 ID:0cHFfZz+0
>>4
誉れが何だというのです

71: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:40:48.51 ID:w4KksQLI0
>>4
おは志村
お前の甥浜で誉捨ててるぞ

86: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:41:59.54 ID:J12BCeTaa
>>71
お侍様の考え方じゃない…

9: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:34:32.75 ID:O9Y3ykqZa
宋&高麗「手抜いたろ!w」

14: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:35:18.73 ID:pq+zec/Ba
>>9
手抜きしたら死ぬのは自分たちなのに?

27: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:36:46.35 ID:HZrw5EFhp
>>14
そら通り道にされて蹂躙されたんやから嫌に決まってるやろ

51: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:39:14.68 ID:lYT6Zl/SM
>>14
やめたれw

127: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:44:58.93 ID:0VO6V5COM
>>14
本気じゃなかった
負けた時の言い訳でよく使うやつやなw

12: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:35:11.64 ID:FnNyOdPx0
馬に乗って歩兵と戦ってたから強かったのであって普通の陸戦だとそこまで強くもない

13: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:35:13.02 ID:b81tvzbFd
騎馬弓兵使えないからね、しょうがないね

15: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:35:19.53 ID:2xFcL8s8p
海に弱い
山にも弱い

19: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:35:35.15 ID:TRIGo1SA0
モンゴルは海がなかったからね

28: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:36:47.00 ID:hCDyPo7I0
あの時代に大軍で海渡れんからやろ

38: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:37:40.09 ID:qNU/a+G50
>>28
渡ることは実際にできた

31: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:36:55.92 ID:xnBoj3jf0
間に海があるからだろ

33: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:37:09.55 ID:RRB4FiceF
二軍選手で尚且つ地の利を得たからやろ
一軍且つ地の利なかったら勝てんわ

40: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:37:47.90 ID:KiRlgsn3d
日本海がね…

41: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:38:00.96 ID:jVZf0/JP0
大正義日本海

61: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:40:04.52 ID:H0r6Q3iR0
失敗するとは思わなかった

62: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:40:11.49 ID:ck0SjshF0
海とかいう要塞

64: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:40:15.45 ID:ziL3zgAsa
陸軍国やし

65: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:40:16.56 ID:EHj9SU++p
中世に大規模な渡海作戦はハードル高すぎ
相手が有象無象の部族社会ならともかく曲がりなりにもある程度組織化された武装集団やし

68: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:40:34.64 ID:34LCLoF40
政子みたいなバーサーカーがウジャウジャ居たんでしょ(鼻ホジー
マジレスすると渡洋侵攻をマトモに展開できるようになるのはアメリカ海兵隊以降の話やぞ

90: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:42:18.44 ID:pvolelNXd
平地戦やってないところではモンゴル帝国そこまで強くない
南宋も攻略に半世紀要してる

91: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:42:20.15 ID:ufDd/xaC0
だいたい日本って川だらけ山だらけやから仮に上陸に成功できても馬のメリットない
飼い葉に困ってすぐ潰すわ

108: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:43:28.18 ID:8UblCtXl0
馬で攻めれないとか致命的に無理だってモンゴルにとって

115: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:43:52.91 ID:jVZf0/JP0
冷静に考えたらバリバリの中世に実戦経験を積んだ国家レベルの軍事組織がある島国に海越えて侵略とかそれこそバイキングでもないと無理やろ

136: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:45:39.59 ID:qNU/a+G50
>>115
鎌倉幕府が健在の時に来たのはラッキーだよな
南北朝~戦国みたいな頃だったらやばい

116: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:43:54.32 ID:pl8aE4EA0
二回攻めて来たのを二回とも撃退した
これが事実で全てや

124: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:44:34.89 ID:CfNv1c0Xr
GHOSTでなんか美化されてるけど鎌倉武士なんてマジで蛮族やからな

149: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:46:24.15 ID:sOSKLbHJ0
わざわざ全力を出すほど魅力的でもなかったからやろうなあ

160: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:47:07.17 ID:uOV6mGZe0
やっぱ海って最強だわ

172: 風吹けば名無し 2020/08/02(日) 00:47:40.18 ID:5Szp0L7Y0
プライベートライアンを見りゃわかるが相手が待ち構えとるところに上陸しようとするのはめちゃくちゃ難易度高い
特に2回目は数十キロの防塁なんかで固められてるしまあ無理ゲー

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年08月03日 08:07 ID:XYDoqEMU0▼このコメントに返信
GHOST OF TSUSHIMAに例の国のお方たちが文句いってるらしいw
2.名無しさん:2020年08月03日 08:08 ID:.0ekk8ex0▼このコメントに返信
日本海のおかげ
3.名無しさん:2020年08月03日 08:09 ID:kJTLlsRc0▼このコメントに返信
台風で全部沈没したから、沈没船も最近みつかっとるからウソちゃうで
4.名無しさん:2020年08月03日 08:09 ID:LKr9r.mj0▼このコメントに返信
大陸国家だから。
5.名無しさん:2020年08月03日 08:13 ID:np6NVC3O0▼このコメントに返信
日本も戦闘民族だからな
江戸時代と戦後日本くらいが大きな戦闘が無かっただけだし
6.名無しさん:2020年08月03日 08:13 ID:R90lJRTH0▼このコメントに返信
馬(戦車みたいなもの)を大量に運べないから上陸作戦はキツイですわ


だから日本は戦車大事にしないとね
敵歩兵に蹂躙されてしまうわ
7.名無しさん:2020年08月03日 08:15 ID:uwdbrJ7T0▼このコメントに返信
海でしょ。終了。
8.名無しさん:2020年08月03日 08:15 ID:rZArdfp90▼このコメントに返信
鎌倉バーサーカーの焦土戦術と夜襲ゲリラ戦術、後元の人質作戦が効かない事やろな
9.名無しさん:2020年08月03日 08:17 ID:rZArdfp90▼このコメントに返信
鎌倉時代は兵農分離出来て無いから下級戦闘員は山賊と一緒やで
10.名無しさん:2020年08月03日 08:18 ID:LeITba7J0▼このコメントに返信
そもそも元王朝とモンゴル帝国は別物だし、元王朝は国内反乱もまともに鎮圧できず、世界的にもあちこちで外征に失敗してるわけで。

米1
あのゲーム自体、その国のお友達が作ってて対馬の植生が例の国のものだったり、変な政治メッセージが入ってたりするんだけどなあ・・・
11.名無しさん:2020年08月03日 08:19 ID:LeITba7J0▼このコメントに返信
※9
そもそも騎乗武士で源氏の血を引いてる本家筋でも文字読めなかったり教養ないし。
だから寺の坊主を侍らすのがはやって、仏教と政治が急速に結びついた時代でもある。
12.名無しさん:2020年08月03日 08:19 ID:dn9qhilv0▼このコメントに返信
船酔いやぞ
ただでさえ朝鮮がざこくて足引っ張るだけしか脳がないのに
ふらっふらや
13.名無しさん:2020年08月03日 08:20 ID:5JCseane0▼このコメントに返信
ソコ遠い海の中の小国だろー、(高麗に向かって)おまいらテキトーにやっとけ、てなもんよ。
14.名無しさん:2020年08月03日 08:20 ID:XHDrDpNw0▼このコメントに返信
14万の兵力があれば二手に分けて上陸作戦をやっても一方だけでも
日本人には見たこともないような大軍だったはず。
それをやる決断ができないぐらい白兵戦で日本が圧倒していたんだろうね。
そうでなければ超大兵力がありながら上陸をためらった説明ができない。
15.名無しさん:2020年08月03日 08:21 ID:h9sQaLxn0▼このコメントに返信
最近、やたらと蒙古の文字を見ると思ったら、ゲームが売れてるのね。我こそは~的に勇敢に戦った武士の肝臓をその場で食べたとか。そういうところがあったから、夜、神が出た、精霊が出たとか信じて(有力武将が一人深手を負ったことに加え)、一夜にして退却などということをしたんだろ (帰る途中で嵐に会う)。
16.名無しさん:2020年08月03日 08:24 ID:99uVrqFK0▼このコメントに返信
最近同じネタが多過ぎて飽きてきた
17.古古米:2020年08月03日 08:25 ID:lI50s0W.0▼このコメントに返信
蒙古兵が船酔いでロクに戦えなかったのかも。
寝てる間も床がローリングするんだから、堪ったもんじゃ無いだろうな。
18.名無しさん:2020年08月03日 08:27 ID:XHDrDpNw0▼このコメントに返信
※17
船上にいれば食料や疫病などでどんどん不利になるのは
わかっていたはず。死ぬほど上陸して橋頭堡を築きたかっただろうと思う。
19.名無しさん:2020年08月03日 08:28 ID:PmwaHVci0▼このコメントに返信
>>2
海の防御指数って半端ないよな。
それだけで移動難易度と危険性、継戦のために必要な物資の確保が跳ね上がる
20.:2020年08月03日 08:29 ID:PbzBjtM10▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
21.名無しさん:2020年08月03日 08:29 ID:PbzBjtM10▼このコメントに返信
コロナ脳の正体は 日本経済をつぶしたい 移民推進グローバル共産赤軍パ.ヨクです!

ウ.ヨ ク (安倍信者) と パ.ヨ ク の 共 通 点 (=普通の日本人との相違点)

・ 韓国の話題が好き
・ 移民賛成
・ 日本人や日本の文化が嫌い
・ マスゴミの世論調査は正しいと信じている
・ 日 本 人 同 士 が 対 立 す る よ う に 煽 る
・ コ  ロ  ナ  脳         
...韓国について少し意見が違うだけで、あとは同じですねw
22.名無しさん:2020年08月03日 08:30 ID:fj3TW.eW0▼このコメントに返信
鎌倉幕府が世界情勢を把握していたのと組織力があった事が大きい。
もし幕府が無くて烏合の衆であったなら厳しかっただろう。
昔の情報収集力の凄さはびっくりする。
国内で言えば桜田門外の変における、逃亡水戸浪士などの捜査捕縛が二年以内に終了している事に驚く。
現在の様に交通や伝達のインフラが整っていないのにどうやったのだろうと思う。
話題性のある江戸の事件などは大阪あたりで即芝居にされたらしい。
やはり日本人は他のアジア人とは異なる思考行動力の人種なのは間違いない。
23.名無しさん:2020年08月03日 08:33 ID:eM3eEEhD0▼このコメントに返信
海をまたいだ兵站なんて、輸送機が発達した現代でも厳しいってのに、中世でできるはずがない
補給なしで戦えるのは、3日が限度だろ
24.名無しの大本営:2020年08月03日 08:34 ID:.w1Fm9rQ0▼このコメントに返信
日本人とベトナム人、戦闘能力最高民族。しかし日本人は官僚主義で自滅する。
25.名無しさん:2020年08月03日 08:37 ID:XHDrDpNw0▼このコメントに返信
※22
北条時宗の父ちゃんの時代にすでに蒙古との戦争を睨んで
内部を固めていたようだ。二代賢いヤツが続いた幸運もあるようだ。
26.名無しさん:2020年08月03日 08:39 ID:T9MB0Jt60▼このコメントに返信
>>19
自衛隊創隊時、陸自の戦力設計は、当時の韓国軍と同等の100万人体制だったけど、日本海を鑑みて20万人まで下げたのは有名な話やな。
27.名無しさん:2020年08月03日 08:40 ID:.AMUJeJs0▼このコメントに返信
元側は長距離航行で侵攻するノウハウがない上に食料も武装も限定されて、軍の半数以上が植民地の兵隊。 士気は最悪だったろうし、侵攻されるタイミングで曲がりなりにも日本が幕府で統一されてたから組織的な反撃にあって瓦解したというところかと思う。
28.名無しさん:2020年08月03日 08:40 ID:T9MB0Jt60▼このコメントに返信
>>10
ゲームやった?
29.名無しさん:2020年08月03日 08:40 ID:4MJ7In.k0▼このコメントに返信
>>1
先鋒の雑魚国家?
古来から毎度毎度弱くて笑えるよねあの国
30.名無しさん:2020年08月03日 08:41 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
渡河して敵地に乗り込むことでさえ古来から物凄い難事だった(日本のような小規模河川ではなく)
ましてや川どころか海、常に背水の陣という死地での作戦なわけで、即座の上陸が出来なかった場合は最悪の事態となる
元軍がまさにそれ
兵力云々は子供じみた発想
31.名無しさん:2020年08月03日 08:42 ID:T9MB0Jt60▼このコメントに返信
>>14
奥州合戦知ってる?
鎌倉軍だけで28万騎やで。
32.名無しさん:2020年08月03日 08:42 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※25
彼らは軽視されてるよな
一万円札にすべき英雄だろ
肖像画はあまりイケメンではないけれど
33.名無しさん:2020年08月03日 08:43 ID:T9MB0Jt60▼このコメントに返信
>>21
嫌儲おつかれ
34.名無しさん:2020年08月03日 08:43 ID:4MJ7In.k0▼このコメントに返信
>>24
ベトナムの戦闘力は認めるわ
アジアでは戦闘訓練受けたらベトナムと日本だけだろまともに強いのって
他は敵前逃亡の口だけ雑魚ばっか
35.:2020年08月03日 08:48 ID:yTqM.tcs0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
36.名無しさん:2020年08月03日 08:49 ID:4ZqOi1wD0▼このコメントに返信
道場に新鮮なシタイをかかすなとか、旅の僧侶を見つけたら若侍の練習にしろとか、そりゃ実戦派な教育受けてるもんな。シタイで船上で疫病流行らすとか慣れてないと出来ない。
37.名無しさん:2020年08月03日 08:51 ID:am5xu4Jh0▼このコメントに返信
>>24
でもベトナムは日本みたいな近代国家が造れなくて、植民地にされちゃったよ?
38.名無しさん:2020年08月03日 08:51 ID:Yy3LJNRv0▼このコメントに返信
鎮西武士の強さ。弘安の役で鎌倉幕府本隊到着したら、高麗兵は惨殺しまくりだったろう。
39.名無しさん:2020年08月03日 08:53 ID:Yy3LJNRv0▼このコメントに返信
※9
兵農分離は豊臣政権から。
40.名無しさん:2020年08月03日 08:54 ID:EhCL1L7I0▼このコメントに返信
鎌倉武士のうんこ投げにビビった説
41.名無しさん:2020年08月03日 08:54 ID:8MEBfITa0▼このコメントに返信
アメリカがWW2でやったように、上陸作戦は艦砲などの支援を受けて水際撃退されないようにしないと小集団が上陸しても各個撃破されるだけで所謂戦力の逐次投入という愚策になってしまう。
当時の兵員輸送能力だと一隻あたりの収容人数も少ないし、砂浜に船を乗り上げて上陸なんて事も出来ないから、波打ち際でバシャバシャやってるところを弓で狙撃だよ。
また、上陸に成功して橋頭堡を作れたとしても大正義日本海を補給線で繋ぐなんて当時の航海技術では不可能だから、食料弾薬があっという間に尽きて士気がだだ下がりになる。
現地調達しようにも博多一帯は鎌倉武士がすでに物資を徴発済みなので入手出来ない。
逆に考えればそれでも鎌倉武士に一定のダメージ与えたモンゴルは頑張ったと言える。
42.名無しさん:2020年08月03日 08:54 ID:NMH0LF2b0▼このコメントに返信
多分泳げなかったから海を渡るのが怖い
43.:2020年08月03日 08:55 ID:WltnyUb90▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
44.名無しさん:2020年08月03日 08:56 ID:1KX4XPFk0▼このコメントに返信
モンゴルの強さは負けても草原に逃げ込めば何度でも再起出来る所だからな
海を隔てた場合船失ったらアウト
45.名無しさん:2020年08月03日 08:57 ID:4ZqOi1wD0▼このコメントに返信
>>40
対馬の人間盾にしたら笑って先に弓でコロシたんでびびったとは思う。
46.名無しさん:2020年08月03日 08:57 ID:IAljU59d0▼このコメントに返信
モンゴルが台湾を制覇してない時点で、日本なんて絶対無理。
47.名無しさん:2020年08月03日 08:59 ID:am5xu4Jh0▼このコメントに返信
>>1
昨日のベトナムスレは中国の工作員さん凄かったな。余りにも分かりやす過ぎるというか。
48.名無しさん:2020年08月03日 08:59 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※43
日本のWWⅡもまさにそれだな
あんなものを併合していたらどんな有利さえもくつがえる
49.名無しさん:2020年08月03日 09:01 ID:XHDrDpNw0▼このコメントに返信
※41
ほとんどの戦場で日本軍は兵力では劣勢だったようだよ。
でもどういうわけか小競り合いにめちゃくちゃ強くて元は前に進むことができなかった。
50.名無しさん:2020年08月03日 09:02 ID:Sx69.eIG0▼このコメントに返信
※48
戦の前に工作員の始末が重要だと鎌倉幕府が証明しましたな
51.名無しさん:2020年08月03日 09:05 ID:ZicladaZ0▼このコメントに返信
>>1
騎馬民族が船では馬を少ししか連れてこれなかったってこったろ
52.名無しさん:2020年08月03日 09:07 ID:Zk2JkC8U0▼このコメントに返信
日本のサムライのほうがが強かったちゅうこっちゃ
神風? アレはおまけや
53.名無しさん:2020年08月03日 09:07 ID:flnP87gt0▼このコメントに返信
ゴーストオブツシマは綺麗だからゲーム実況見てる(PS4持ってないから)
ポリコレが不買しろと騒いだのは逆効果だったと思う
54.名無しさん:2020年08月03日 09:09 ID:1.3svPM.0▼このコメントに返信
※31
吾妻鏡の記載を鵜呑みにしているところが笑える
55.名無しさん:2020年08月03日 09:09 ID:.SfzCc7G0▼このコメントに返信
モンゴル兵も馬から降りたら最後、日本の武士にやられるわ それが船できて平原があるとでも思ったのか? 鎌倉に行く前に全滅させられるわ
56.名無しさん:2020年08月03日 09:12 ID:rBJlSyuo0▼このコメントに返信
日本に勝てなくても、日本のほうから海を渡って逆襲して来ることはないからな。
そこまで本気になれなかったんだろう。
57.名無しさん:2020年08月03日 09:14 ID:weWBG9wq0▼このコメントに返信
高麗兵はわからんが、普段コメ喰ってた南僧兵が、
高麗到着して出されたメシが、雑穀雑炊。


いやだ~~~~~ウチ帰ってコメ喰いたい~~~~
になったんだろうな。
食い物は大事だよ。
58.名無しさん:2020年08月03日 09:17 ID:weWBG9wq0▼このコメントに返信
※31
>>31
現地調達の鎌倉武士が、そんなにいたら、東北は蝗に食いつぶされた状態になるな。
59.:2020年08月03日 09:18 ID:KQnTbkmP0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
60.名無しさん:2020年08月03日 09:19 ID:weWBG9wq0▼このコメントに返信
※58
>>58
追記、シナで数十万の動員は、「ヒト」も食糧の一つなので、不思議じゃない。
61.名無しさん:2020年08月03日 09:21 ID:drcRVBp70▼このコメントに返信
実際、馬乗った元軍本隊と戦ってたら鎌倉武士はどの程度抵抗できたんかな
62.名無しさん:2020年08月03日 09:21 ID:Yy3LJNRv0▼このコメントに返信
※56
鎌倉幕府は高麗討伐を計画してた。
なにせ元寇で鎌倉幕府軍は無傷なんだからw
モンゴル撃退したのは北九州を中心にした西国地元勢力のみ。
63.名無しさん:2020年08月03日 09:24 ID:Sx69.eIG0▼このコメントに返信
※62
頼りにならん中央政府    鎌倉幕府滅亡のきっかけは自ら作ったw
64.名無しさん:2020年08月03日 09:27 ID:IZsXWEFb0▼このコメントに返信
日本側が強い、蒙古(そもそも蒙古いない気がするが)側の兵の質が弱いとかの前に海を渡って侵略した側が不利過ぎる
渡った側の兵站その時代ならまともにつくれないし、侵略して勝ってもそこにいる原住民と言語違うから反発必死で不利すぎる
多少勝っても現地の人間徴用の難易度高いし、その土地の地理などの特性理解にも差ありすぎる
蒙古側が馬持ってこれても多少マシになるだけで結局負け戦。戦線で多少勝ってもその後の工夫業務は現地の人徴用がセオリーだが捗らないだろうし

逆に日本側が侵略側だったとしても負け戦だろな。
65.名無しさん:2020年08月03日 09:27 ID:weWBG9wq0▼このコメントに返信
※55
>>55
どこからそんな幻想でるんだ?
モンゴルの軽弓騎兵にたいして、鎌倉武士の重装弓騎兵が圧勝できるが、
徒歩で勝てる点なんてないぞ。
薙刀振り回せば、勝てるとでも?
66.名無しさん:2020年08月03日 09:27 ID:IZsXWEFb0▼このコメントに返信
日本側が強い、蒙古(そもそも蒙古いない気がするが)側の兵の質が弱いとかの前に海を渡って侵略した側が不利過ぎる
渡った側の兵站その時代ならまともにつくれないし、侵略して勝ってもそこにいる原住民と言語違うから反発必死で不利すぎる
多少勝っても現地の人間徴用の難易度高いし、その土地の地理などの特性理解にも差ありすぎる
蒙古側が馬持ってこれても多少マシになるだけで結局負ける。戦線で多少勝ってもその後の工夫業務は現地の人徴用がセオリーだが捗らないだろうし
67.名無しさん:2020年08月03日 09:29 ID:weWBG9wq0▼このコメントに返信
※61
>>61
お馬さんは、船酔いしないの?
68.名無しさん:2020年08月03日 09:30 ID:MyeW.wmO0▼このコメントに返信
※9
同時代の騎士でも「文字が読めるなど惰弱!!」なんて文化が幅利かせてたとこもあるで
69.名無しさん:2020年08月03日 09:30 ID:8Wn.S4xa0▼このコメントに返信
奥州合戦はおそらく6~8万vs3~4万くらいのたたかい
400年後戦国期の関東全体で10万、東北全体が7万程度が動員数と思われるんで誇張だろうね
70.名無しさん:2020年08月03日 09:32 ID:fj3TW.eW0▼このコメントに返信
日本は世界相手に4年間戦って惨敗しても経済力などはまだ70%程度は残っていた。
戦争中も対外負債は期日通りに支払っていたし、戦争中米国大統領が死去した時もしっかり弔電は送っていた。
敗戦後も数年してお城や文化財の修復に乗り出し、食うに困る中でもそれに対する莫大な寄付金も集まった。
その様な日本人の姿勢や思考が今も世界有数の経済力を維持する力の根源だと思われる。
最近は自分がその様な日本人の一員だと言うことを忘れて、ひたすら批判非難反対悪口に終始してばかりいる人間が増えた様でちょっと心配だ。
所詮世界は自国中心なのだから、それに沿った思考行動しなければ子孫がユダヤ人やクルド人の様に迫害されかねない。
71.名無しさん:2020年08月03日 09:33 ID:yJ7SOXNd0▼このコメントに返信
「Kの法則」
72.名無しさん:2020年08月03日 09:34 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※51
馬をたくさん連れてきても無駄だったんじゃね?
草原などほとんど皆無で山河だらけの特殊な地形の日本で大量の馬は活躍できない
同じ島国でもブリテン島みたいな地形ならワンチャンあるんだろうけど
必要なのに連れてこなかったとか元軍はそこまでバカじゃないだろw
73.名無しさん:2020年08月03日 09:35 ID:EI4almzI0▼このコメントに返信
※6
戦車なんて使う段階なら負けたも同じ
(本土決戦に追い込まれる=太平洋戦争の末期)
海上で叩かないと
もしくはミサイルの撃ち合い
74.名無しさん:2020年08月03日 09:36 ID:a1q.DaiR0▼このコメントに返信
>>3
負けたから船を退避させる拠点を確保できずに台風で沈んだ
因果関係ごっちゃにしてる
75.名無しさん:2020年08月03日 09:36 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※68
全員が項羽だったわけか
そりゃ世界最強の蒙古でもどうしようもねえなw
76.名無しさん:2020年08月03日 09:36 ID:9oAwxoZj0▼このコメントに返信
大陸の民は操船技術を持たない。
だから朝鮮の船でやってきた。
ただなぜか朝鮮の民は台風を理解してなかった。


・・・かも。
77.名無しさん:2020年08月03日 09:37 ID:gPrxiTNO0▼このコメントに返信
兵站が続かない時点で詰み。インパールの大日本帝国陸軍。
78.名無しさん:2020年08月03日 09:38 ID:EI4almzI0▼このコメントに返信
※14
グーグルアースも地図もない見ず知らずの土地のどこが
上陸可能地点かとか分からんだろ
しかも操船技術も拙いときたもんだ
万単位で来てるならなおさら食料的な問題もあるし
79.名無しさん:2020年08月03日 09:38 ID:Aq8FrKTO0▼このコメントに返信
日本は、働いている、社会 人が無双。
攻めてきたのは、ニート臭が強いコリアンが混入していたことだろうなぁ。
対馬で、バタバタとコリアン共が倒されて
最後に、火薬を放り投げて逃げようとして誘爆。台風の様に風が吹き
ドクロベェにお仕置きを受けたようなもの。
80.名無しさん:2020年08月03日 09:38 ID:GaG5KbDC0▼このコメントに返信
蒙古軍は当時最強の兵科である弓騎兵で世界を席巻したけど、日本の武士も同じ弓騎兵が主力だったというのもデカいだろうね。
さらに日本武士団は長弓による集団曲射の面射撃で密集陣形に対して強かったし。
81.名無しさん:2020年08月03日 09:39 ID:IUDb5b9p0▼このコメントに返信
海が最大の防御なのに、秀吉軍に1日で上陸され、2時間で城を攻略され、半月でソウルから追い出された朝鮮王。
それから10倍の数の明国軍と一緒に日本軍を攻めたが、連敗につぐ連敗で7年間も半島に居座られたという。
82.名無しさん:2020年08月03日 09:39 ID:EI4almzI0▼このコメントに返信
※22
真剣の斬り合いが初めてて現場には切り落とされた指がゴロゴロ転がってたっていうから
指のないやつを片っ端から捕まえればいいだけ
83.名無しさん:2020年08月03日 09:40 ID:7qzhiXUU0▼このコメントに返信
>>2
蒙古襲来でよく見られる勘違い
1 神風のお陰で日本が勝った→一回目の元寇では対馬に上陸さ
84.名無しさん:2020年08月03日 09:43 ID:EI4almzI0▼このコメントに返信
※31
騎(馬武者)には従者(※)が何人も付いてるから
それ含めての人数なのか単純に騎馬武者の数なのか
カウントが不明過ぎてよく分からない
誇張もだいぶ入ってるだろうし

※替え馬引くやつ、替えの武器もってるやつ
助太刀するやつ、雑用する小物などがかならず付随してる
85.:2020年08月03日 09:44 ID:MB3OKr120▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
86.名無しさん:2020年08月03日 09:45 ID:w8n1zpFU0▼このコメントに返信
>>1
白人のポリコレだろ
反日の本家は対馬と武士道の話なのに
今のところあちらのメディアは大人しいな
対馬は韓国領なのにとか、武士道が美化されすぎ
事実は日帝の軍国主義の精神的支柱だとか言ってくるものだと思ったけどまだ白人ポリコレネット内の
プチ炎上程度に収っている。
87.名無しさん:2020年08月03日 09:46 ID:NhCVojZK0▼このコメントに返信
>>3
少なくとも文永の役では台風は来ていない。
88.名無しさん:2020年08月03日 09:49 ID:w8n1zpFU0▼このコメントに返信
>>31
流石に白髪三千丈
89.名無しさん:2020年08月03日 09:49 ID:NhCVojZK0▼このコメントに返信
>>16
多分対馬のゲームが流行ってるからじゃないか?
90.名無しさん:2020年08月03日 09:52 ID:w8n1zpFU0▼このコメントに返信
>>24
グルカ兵が最強だろ
世界帝国を築いたモンゴルもな
角界じゃ日本人力士が太刀打ちできてない
91.名無しさん:2020年08月03日 09:52 ID:EI4almzI0▼このコメントに返信
※9
兵農分離は語がよくない
だから誤解される
さも「職業軍人と非戦闘員の農民に厳密に分類した近代的なもの」みたいに誤解されがち
実際は身分の固定化
武士の子はずっと武士、農民の子は一生農民のままっていうのが兵農分離
農民でも戦闘に参加して手柄を立てて出世すれば
武士・大名になれたが兵農分離後は基本そういうのは廃止された
92.名無しさん:2020年08月03日 09:52 ID:70x0v0ss0▼このコメントに返信
海がでかいが、それでなくても当時戦闘国家だった日本が負けたとは考えにくい
例え陸続きだったとしても、補給限界点で精強な武装集団との戦闘には限界があっただろう
93.名無しさん:2020年08月03日 09:53 ID:w8n1zpFU0▼このコメントに返信
>>24
グルカ兵が最強だろ
世界帝国を築いたモンゴルもな
角界じゃ日本人力士が太刀打ちできてない
94.名無しさん:2020年08月03日 09:53 ID:UbwvAM9j0▼このコメントに返信
※78
軍隊の移動に関する事言えば、限られた地点を一度に通過できる人数には限りがあるってのも大きい
上陸地点というボトルネックが狭ければ、どれだけ大軍が居ても一度に上陸できる人数は限られてるし、まして船を直付け出来る岸壁もLSTも桟橋すらもないとくればどれだけ時間が掛かるやら
おまけに先に上陸した部隊が抵抗に遭って占領地を広げられていないとなれば、後続は上陸したくとも上陸する場所が無い

後世の俺らの視点からすれば、予め部隊を幾つかに分けておいて上陸地点が見えた時点で分離、部隊毎に上陸地点を定めて上陸とか思い付くけど、モンゴルは大軍での渡洋攻撃するノウハウとか無かったんやろな
大船団の中じゃ通信するだけでも難儀だし、現地でいきなりやろうと思っても中々難しかったはず(特に当時の軍隊は現代と違って国家と階級に忠実に従う軍隊ではないから、目の届かない所で勝手させたら何が起きるかわからない)
95.名無しさん:2020年08月03日 09:54 ID:EI4almzI0▼このコメントに返信
※54
『吾妻鏡』=「鎌倉幕府(北条家)のための正史」なのにな
96.名無しさん:2020年08月03日 09:55 ID:w8n1zpFU0▼このコメントに返信
>>36
ゴーストオブツシマで民のために戦うなんて
サムライ美化されすぎ
実際は上記の様な野蛮人よ
97.名無しさん:2020年08月03日 09:57 ID:IUDb5b9p0▼このコメントに返信
※76
宋とかは、平安時代の900年代から日宋貿易をしていたから、操船技術は日本よりもはるかに上だったけどな。
宋時代は羅針盤とか発明したから、かなりの遠洋航海をしてたらしいぜ。
98.名無しさん:2020年08月03日 09:57 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※31
頼朝の挙兵に平広常が2万騎で加勢したというが、
『吾妻鏡』には2万騎とあるが『延慶本平家物語』では1万騎、『源平闘諍録』では1千騎である
こういうのを見ると28万騎は鵜呑みにできんわw
99.名無しさん:2020年08月03日 09:58 ID:70x0v0ss0▼このコメントに返信
幕府本隊が着く前に、九州のローカル武士だけで撃退出来てる時点でね
100.名無しさん:2020年08月03日 09:59 ID:FLp.kWX60▼このコメントに返信
>>61
日本じゃ大規模な騎兵戦はできない
じゃあ鎌倉武士がモンゴルの大平原で
モンゴル騎兵とやりあったのなら負けるだろ
101.名無しさん:2020年08月03日 10:00 ID:EI4almzI0▼このコメントに返信
※97
肝心の操船技術ある連中が江南に逃げてるんだもん
そりゃダメだわw
102.名無しさん:2020年08月03日 10:01 ID:FLp.kWX60▼このコメントに返信
>>70
気持ち悪いな
103.名無しさん:2020年08月03日 10:03 ID:NhCVojZK0▼このコメントに返信
>>22
時宗の師匠が宋から来た坊さんだしな。
104.名無しさん:2020年08月03日 10:09 ID:Yy3LJNRv0▼このコメントに返信
※85
弘安の役の江南軍は農具を積んでた。
105.名無しさん:2020年08月03日 10:13 ID:Yy3LJNRv0▼このコメントに返信
※91
武士の起源の一つが武装自衛農民だし。
106.名無しさん:2020年08月03日 10:16 ID:iPJqiSB20▼このコメントに返信
>>56
日本でも侵攻計画は持ち上がった。
元側は元側で日本の反撃を警戒していた。
107.名無しさん:2020年08月03日 10:16 ID:8Wn.S4xa0▼このコメントに返信
農具って屯田目的なんだろうな
108.名無しさん:2020年08月03日 10:18 ID:ptpNyCQA0▼このコメントに返信
※103
そこへ至る過程として平清盛による日宋貿易の振興がある。
宋と正式な国交が無くなった鎌倉時代も幕府は民間貿易を禁止しなかったし。
109.名無しさん:2020年08月03日 10:20 ID:lZZ4WcqR0▼このコメントに返信
上陸戦はいつの時代も大変
ましてや相手が質も量もそこそこ強い鎌倉武家集団では、生半可な大軍程度では勝てない
日本って案外人口も兵数も多いんよ
110.名無しさん:2020年08月03日 10:26 ID:v0RZf56n0▼このコメントに返信
※104
攻城兵器を知らなかった武士が農具と勘違いした可能性は?
111.名無しさん:2020年08月03日 10:27 ID:v0RZf56n0▼このコメントに返信
※109
だだっ広い平原と違ってあちらこちらに人住んでたからな。
112.名無しさん:2020年08月03日 10:28 ID:AIDETzwq0▼このコメントに返信
中国としては、日本とモンゴルの良好な関係を潰したい。
113.名無しさん:2020年08月03日 10:30 ID:BAIGQu1V0▼このコメントに返信
>>49
鎌倉武士が劣勢なのにも関わらず元は前進する事が出来ない、なんてまず考えられないので鎌倉武士が自分達の活躍を宣伝するために苦しい戦いを強調したと考えるべきでは?
特に防衛戦は勝っても土地は得られないし、活躍をアピールしないと幕府から恩賞貰えないし。

114.名無しさん:2020年08月03日 10:30 ID:hCHJMEP20▼このコメントに返信
豊かで攻め易い西側に行けば良いだけだからな
キツい海越えてまでムキになって日本落とすまでもない
115.名無しさん:2020年08月03日 10:31 ID:LiZUt9a40▼このコメントに返信
※98
>>98
どうしても正確な計測も出来ない時代だから体感が入ってくるのはしょうがない
数字だと太平記が大概なのが有名かな
116.名無しさん:2020年08月03日 10:32 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※110
普通に屯田だろ
鎌倉武士が勘違いしたという線は無い
敵の捕虜を拷問すれば答えはすぐに出るんだから
117.名無しさん:2020年08月03日 10:34 ID:v0RZf56n0▼このコメントに返信
※116
指揮官クラスならともかく一般兵なんて言葉通じないやろ。
それより、捕虜なんてとってたのか?
118.名無しさん:2020年08月03日 10:37 ID:70x0v0ss0▼このコメントに返信
※112
残念だな 日本人は元寇をモンゴルのせいとは考えてない
あくまでも中国化したモンゴルの一派 元のしわざ
だから元寇の責任は中国が負ってる モンゴルは無関係と認識されてるよ
119.名無しさん:2020年08月03日 10:38 ID:qxsGNtbh0▼このコメントに返信
蛮族の国に攻めこむから酷い目に会うんだよ 
120.名無しさん:2020年08月03日 10:38 ID:70x0v0ss0▼このコメントに返信
※117
少なくとも筆記なら漢文が通じただろ
121.名無しさん:2020年08月03日 10:38 ID:LEt6dn7i0▼このコメントに返信
>>83
日本海超えるために戦力投射が必要なことは間違いないだろ。
誰も神頼みで勝ったとは言っていない。
122.名無しさん:2020年08月03日 10:40 ID:LEt6dn7i0▼このコメントに返信
>>86
白人国家内の特定アジアルーツポリコレ
やな
123.名無しさん:2020年08月03日 10:45 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
※108
対モンゴル兵器の鉄火砲・霹靂砲・震天雷に使う黒色火薬の原料の硫黄は、日本から輸入していた。
124.名無しさん:2020年08月03日 10:46 ID:g2raM8OO0▼このコメントに返信
>>3
上陸できないから台風で被害が出るんだろ
負けたから撤退より自然災害で撤退の方がメンツは守れる
125.名無しさん:2020年08月03日 10:48 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※117
鎌倉時代には宋から来た人々も多く住んでたし言葉が通じないから諦めるなんてことも有り得ない

>それより、捕虜なんてとってたのか?
おいおいw何も知らないで想像で語ってたのが丸わかりだな
捕虜のうち南宋人は助命し高麗人は皆殺しにした、ってのは超有名な史実だぞ
126.名無しさん:2020年08月03日 10:48 ID:v0RZf56n0▼このコメントに返信
※120
モンゴルの一般兵が字を書けたかどうか大変怪しいんやけど。。。
まあええわ。
127.名無しさん:2020年08月03日 10:50 ID:am5xu4Jh0▼このコメントに返信
>>112
自分と敵対してるアメリカ台湾ベトナムともな。
128.名無しさん:2020年08月03日 10:50 ID:v0RZf56n0▼このコメントに返信
※125
知らんから聞いてるんやが。。。

>捕虜のうち南宋人は助命し高麗人は皆殺しにした、ってのは超有名な史実だぞ
自慢げにいうって事は、何らかのソースが有るんやろな?
ここで流れてる話とかやったら笑うで?
129.名無しさん:2020年08月03日 10:52 ID:LEt6dn7i0▼このコメントに返信
>>58
だって吾妻鏡にそう書いてあるもん
130.名無しさん:2020年08月03日 10:56 ID:LEt6dn7i0▼このコメントに返信
>>100
軽装騎馬弓兵と重装騎馬弓兵では機動力に差がありすぎるわな
131.名無しさん:2020年08月03日 10:57 ID:g996whQY0▼このコメントに返信
今ですら不潔な奴らが、中世に何ヶ月も船に押し込められてるんやでw
どうなるか容易に想像出来るやろw
数が有っても維持は無理やね
132.名無しさん:2020年08月03日 10:59 ID:WQckYjZA0▼このコメントに返信
二軍選手で尚且つ地の利を得たからやろ
一軍且つ地の利なかったら勝てんわ

二軍しか動かしてない→それは元の事情であって日本にはなにも関係ない、むしろ動かさなかった元の責任。

一軍かつ地の利がなかったら勝てなかった→攻め込む相手が地の利を生かさないと考えてる時点で頭おかしい、てか攻め込む側が一軍を使わないとなぜ思う?

よって負けて当然の戦いでした。

終わり
133.名無しさん:2020年08月03日 10:59 ID:XHDrDpNw0▼このコメントに返信
※113
普通に歴史書読めよ。ふつうにそこいらじゅうで激戦につぐ激戦だったよ。
兵力劣勢だったのもほぼ間違いないだろうね。
134.名無しさん:2020年08月03日 11:01 ID:wDmDUAx70▼このコメントに返信
「海に弱い」とはいっても、一回目は上陸後に九州の結構内陸部まで侵入しているのよね
でも最終的に押し戻されて終わり
二回目は最初から対応策が講じられていて、大して何もできず時間が過ぎて終わり

>>121
文永の役:1274年10月に来襲。日本側の防衛にあい撤退時に北からの寒波に伴う嵐で壊滅
弘安の役:1281年5月に来襲。こちらも日本側の防衛に決め手を欠き台風シーズン到来で終わり

海は偉大
135.名無しさん:2020年08月03日 11:02 ID:g996whQY0▼このコメントに返信
>>128
長崎の鷹島にGoToしてみようw
元軍の奴らが最期どうなったかお察しの地名の数々を訪ねてみようw
136.名無しさん:2020年08月03日 11:02 ID:XHDrDpNw0▼このコメントに返信
※113
いろいろ仕掛けたけど反撃されて上手く上陸できなかった。
攻めあぐんでるうちに台風であぼん。
137.名無しさん:2020年08月03日 11:05 ID:9Wzmr72v0▼このコメントに返信
大陸の平原を馬で駆けるから強かった訳ですし
渡海でそのアドバンテージ無いですし
138.名無しさん:2020年08月03日 11:05 ID:wDmDUAx70▼このコメントに返信
※128
『元史』に記載があるらしいっすよ。中国史書やね
139.名無しさん:2020年08月03日 11:08 ID:Sx69.eIG0▼このコメントに返信
※65
山あり谷ありの日本で長射程の弓に射られて鎌倉どころか京にも付けない
140.名無しさん:2020年08月03日 11:08 ID:AIDETzwq0▼このコメントに返信
118>かならず、反論してくると思っていた。なぜなら、自分の意見が当たっているからだ。中国と関係が無ければたいていスルーする。
141.名無しさん:2020年08月03日 11:09 ID:Sx69.eIG0▼このコメントに返信
高麗人   イート オブ 対馬   
日本兵激おこで高麗兵はことごとく漸冊したw
142.名無しさん:2020年08月03日 11:11 ID:mR6Vfki.0▼このコメントに返信
媚中派の自民党が対策をするとは思えない。
143.名無しさん:2020年08月03日 11:12 ID:Sx69.eIG0▼このコメントに返信
※142
CIAに消されてほしい
144.:2020年08月03日 11:13 ID:XHDrDpNw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
145.名無しさん:2020年08月03日 11:13 ID:Z74O7uci0▼このコメントに返信
ナチス、ソ連にならんでモンゴル帝国が悪役フリー素材化してるのな
146.名無しさん:2020年08月03日 11:14 ID:Xs6XS7FV0▼このコメントに返信
>>96
モンゴル軍から「人の心を持ってない禽獣」扱いされてたから、ま、多少はね
その畜生どもの住処の九州に「こいつらを教化して人間にしてやらなきゃ(使命感)」とだだ甘いこと云って落下傘してきた文弱の連中が島津氏です
147.名無しさん:2020年08月03日 11:15 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
※144
商売相手だったからw
148.名無しさん:2020年08月03日 11:18 ID:Sx69.eIG0▼このコメントに返信
※147
棄民と商売などしていないw 
モンゴルが手下にした宗を亡ぼすため兵を出させたw
149.名無しさん:2020年08月03日 11:19 ID:eCgfcqh.0▼このコメントに返信
朝鮮半島を領土に加えたから
確信を持って言える
150.名無しさん:2020年08月03日 11:21 ID:E8JcIbPU0▼このコメントに返信
鎌倉武士の方が血に飢えてただけ
海越えてきたモンゴルの雑兵なんぞ格好のエサだろ
151.名無しさん:2020年08月03日 11:21 ID:dU1MP3ij0▼このコメントに返信
※128

日本側だけでなく、南宋側の記録や手記に残ってるから間違いないで
それに当時から博多には中国の商人住んでたし、中国娘を娶った日本人もいたからね、宋人には同情的
152.名無しさん:2020年08月03日 11:24 ID:wFA49AwA0▼このコメントに返信
日本軍の主力が重装剣弓騎兵+軽装剣弓歩兵という
結構世界的に類例あまりない特殊な兵科構成だったのと
地形的に機動力による包囲殲滅戦や各個撃破戦略を取れなかったことだろうね
153.名無しさん:2020年08月03日 11:24 ID:6BxxUWmH0▼このコメントに返信
海越えは無理があったよね
154.名無しさん:2020年08月03日 11:25 ID:.SfzCc7G0▼このコメントに返信
※65
馬から降りた機動力のないモンゴル人が日本をどう攻めるのか?? 理屈で考えろ 騎馬が機能するような場所は限られている だからこそ撃退
できたんだ 上陸戦が弓だけで勝敗が決まる訳がない 古今東西で弓で戦が決したことはない 常識だ
155.名無しさん:2020年08月03日 11:32 ID:ebTqhlDR0▼このコメントに返信
沼地や湿地の多かった当時の日本、モンゴルの草原には少ない蚊が大量にいて、一度上陸しても夜寝られなかったりして兵士の士気も下がり、船にばかりいるようになったところに台風直撃で退散したって説をなんかの本で見た
156.名無しさん:2020年08月03日 11:32 ID:wRJin3Zc0▼このコメントに返信
鎌倉幕府の戦略勝ち!
海岸線に石垣防塁のマジノ線を築き、浜辺で防御力の薄いモンゴール軍を撃退し、
逃亡するモンゴール兵士を集団戦で殲滅した。
夜は小型船で夜襲ゲリラ戦を展開して、モンゴール軍をかき回し混乱させ
敵の戦力を大幅に低下させている。
157.名無しさん:2020年08月03日 11:34 ID:ztUUtsTL0▼このコメントに返信
ゴーストオブツシマ、ストーリーとしたら主人公と伯父さんの対立軸がとても良かった
勧善懲悪よりもお互いの立場の苦しさから袂を分かってしまうタイプの話が好き
158.名無しさん:2020年08月03日 11:34 ID:ceRSlOuY0▼このコメントに返信
途中で費用対効果が悪いことが分かったんじゃない?
159.名無しさん:2020年08月03日 11:37 ID:v.xoww.90▼このコメントに返信
言うて当時の日本もアホみたいに強い国だったろ
160.名無しさん:2020年08月03日 11:41 ID:ebTqhlDR0▼このコメントに返信
>>155
あと戦闘に使用していた馬や蒙古兵士なんかも、泥濘に足をとられたり、起伏に富んだ日本の地形に対応できず、そこに武士のしかけるゲリラ戦法などで大いに攻めあぐねたらしい
161.名無しさん:2020年08月03日 11:42 ID:2fO2XqzC0▼このコメントに返信
モンゴル軍は渡海戦闘で勝ったことあったっけ・・・??
日本で2回も負け、台湾遠征でも負け、インドネシアにも負け、南ベトナムにも大敗し、おまけに北ベトナムに山岳越境して、正規戦では勝利したが、ゲリラ戦に持ち込まれて、結局敗退撤兵している。
そりゃあ、草原地帯では、重装騎兵と弓軽騎兵(張力50㎏~70㎏の短弓、50本の連射が可能で、毒矢ではない。高麗兵の弓は弱く殺傷力不足で毒矢を使用した。毒矢は危なっかしくて、馬上での連射なんか出来ない)は最強だ。
 だが、元寇軍は、モンゴル兵に敗北し併合された弱兵(2軍だ)。急襲しても、2日目には立て直した日本の騎馬集団に追いまくられて、司令官が日本の武士の放った流れ矢(和弓の有効射程が長く、遠くまで飛んだのだろう)に当って、大怪我を負い撤退の原因となっている。
 当時の国力をGDP(百万USドル換算)しているサイトがあったが、当時の高麗(朝鮮半島)は、2057百万USドル(世界22位)、対する日本は9845百万USドル(世界6位)だ。ちなみに、5位はフランスで、7位は英国だ。つまり、高麗はモンゴルのお先棒をかつぎ、国力で5倍の大国に2回も戦争を仕掛けてきたのだ。何を考えていたのかなぁ『虎の威を借る狐』だなぁ・・・単純に。
162.名無しさん:2020年08月03日 11:44 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
※148
旧南宋人は日本の商売相手だったんだが?
道元入宋のエピソードでも分かる。武士も旧南宋人(元朝で言うところの南人)を殺さず帰国させている。
163.名無しさん:2020年08月03日 11:44 ID:WCO4Ah6H0▼このコメントに返信
>>10

そうなんだよね。
蒙古と元は別。
あの頃はもう統一モンゴル帝国ではなくて、中国の一部と朝鮮を支配するモンゴル帝国から派生した元。
164.名無しさん:2020年08月03日 11:44 ID:eGTkats.0▼このコメントに返信
海バリアーさいつよなので
165.名無しさん:2020年08月03日 11:45 ID:UcjPk9vE0▼このコメントに返信
※154
>>154
博多湾から太宰府までの地図見れば、自分がいかにアホかわかるぞ。
山陽道なら、君の意見は正しいがね。
166.名無しさん:2020年08月03日 11:47 ID:am5xu4Jh0▼このコメントに返信
>>24
日本は海、ベトナムはジャングルと河川によって勝利?なら平原で会戦したエジプトのマムルークが最強かな。
もっとも、その時のモンゴル軍は本隊じゃなかったという話もある。マムルークも次の世紀にはティムールに
敗れたり、オスマントルコの配下になってるけど。
167.名無しさん:2020年08月03日 11:49 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※128
オレの言葉で語ってもどうせ信じずに更にイチャモンを付けてくることは明らかなので自分で調べろ
史実なんだから出典も解説もそこら中に転がっていてかなり容易だ
そもそも捕虜が発生しない戦なんてのが一般的ではなく、互いに捕虜が出るのが戦の常だということぐらいは知っておいて良い
168.名無しさん:2020年08月03日 11:50 ID:am5xu4Jh0▼このコメントに返信
>>146
島津氏ならその当時既に南九州の守護大名ですが。
169.名無しさん:2020年08月03日 11:52 ID:CLo8HcTg0▼このコメントに返信
実際は神風ではなく実力で日本武士軍団にガチ圧倒されていた。彼らにとって上陸してからが本当の恐怖の始まりだった。
170.名無しさん:2020年08月03日 11:55 ID:am5xu4Jh0▼このコメントに返信
>>57
アレクサンドロスはパキスタンまで行ったけど。もっと先まで行きたかったのに配下が「もうやだ帰りたい!」
ってごねて進めなかったとか。モンゴル人は天幕と家畜さえあれば何処まででも行けた。
171.名無しさん:2020年08月03日 12:03 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
※128
『元史』によると、日本軍はモンゴル人と高麗人の捕虜は殺害したが、交流のあった旧南宋人の捕虜は命を助けたそうだ。
172.名無しさん:2020年08月03日 12:05 ID:b4yfqLz80▼このコメントに返信
身内の‘いらない連中’を捨てるつもりでぶつけたとか?
173.名無しさん:2020年08月03日 12:05 ID:jN58VOTQ0▼このコメントに返信
>>85
いや普通にクビライ主導だから
ちょっとくらい調べろ
有名な忠烈王の遠征に協力するって表明はとっくに服属要求or遠征の方針決まったあと
最初に使者とか送り出した頃の高麗王はむしろ日本に関わるのに消極的だった忠烈王の親父でクビライにちゃんと使者送れって怒られてるくらいだぞ
174.名無しさん:2020年08月03日 12:06 ID:dwEzpVmG0▼このコメントに返信
対馬で捕らえた人達を、盾にしていたんだよね。
それを見せられたら「生かして返すな」と、日本人なら言うもんね。
 
(人質を取ってから闘う、似た国が有ったような気がするね)
175.名無しさん:2020年08月03日 12:08 ID:n2taIkuS0▼このコメントに返信
元軍が何で攻略地点を博多にしたのかも疑問。
長門とかに奇襲上陸すれば良かった気もするんだが。
日宋貿易の時代に宋船が敦賀に迄来たこともあるのを考えると知識が無い訳ではない。
まあ、宋人が元に非協力的だったのかも知れないが。
176.名無しさん:2020年08月03日 12:10 ID:jN58VOTQ0▼このコメントに返信
>>118
大元ウルスはモンゴル帝国諸ウルスの代表だから無関係な訳ない
モンゴル人は中国征服した民族の割にはあんまり漢化しなかったしね
177.名無しさん:2020年08月03日 12:12 ID:7rRZgyi60▼このコメントに返信
上陸して陣地が陸にあればいいが中世のボロ船の上が陣地で長期滞在だと疫病も流行るしストレスも溜まるし戦闘どころじゃない
178.名無しさん:2020年08月03日 12:15 ID:2fO2XqzC0▼このコメントに返信
※166
マルムークは強かったし、粘り強かった。
兵は歩兵を一番内側(海側)に配置し、最も外側に重装兵を配置し、モンゴル軽装騎兵の跳梁を許さなかった。マルムークはモンゴル騎兵の長所も短所も知り尽くしていたし、モンゴル兵の目的(海岸都市攻撃のマルムーク軍を阻止すること)を知っていたから、粘り強く防戦と攻撃を繰り返した。
結果は、モンゴル軍は消耗、疲弊し、勝利できず、港湾都市をマルムークに奪取された・・・のでしたね。
179.名無しさん:2020年08月03日 12:16 ID:jN58VOTQ0▼このコメントに返信
>>132
そもそも南宋って最終的に負けたとは言えモンゴル帝国が一番力入れて遠征してそれでも何年もかかった強国だし、元軍側だと元寇に派遣した旧南宋軍は精鋭って言われたりしてるのよね
他に高麗軍はともかく高麗軍と一緒に来た蒙漢軍が二軍って根拠も特にないし、二軍を日本に派遣したというより日本で惨敗したから参加将兵が後世二軍扱いになったってほうが正しい
まあ二軍だから本気出してない理論で負け惜しみ言うなら日本だって九州+四国一部の軍しか参戦してないから全然本気じゃないんだが
180.名無しさん:2020年08月03日 12:17 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
忠烈王以降高麗王はモンゴル皇女を王妃とぢた。子供の名はイジリブカ、孫はアラトナシリ、曽孫はブタジリというモンゴル名で、後に王号をつけられた。ブタジリなど血統からしたらモンゴル人だな。
で胡服辮髪令を出すなど、元寇の頃の高麗などほぼモンゴルw
181.名無しさん:2020年08月03日 12:20 ID:AG8W5yT70▼このコメントに返信
>>86
白人やのうて「パク・ジン」さんやぞ
182.名無しさん:2020年08月03日 12:27 ID:jN58VOTQ0▼このコメントに返信
なぜか日本軍がゲリラ戦術メインで撃退したみたいなイメージされることが多いけど実際は弘安の役で夜襲がちょっとあったって言われてるくらいで普通に昼間の大規模戦闘メインで日本が勝ってるよな。
文永の役は本土での戦闘は1日だけ、昼間だけで日本軍の騎兵突撃で正面から崩したって感じの描写だし弘安の役でも元軍が占領した壱岐に日本軍のほうから大規模な上陸作戦しかけて奪還したりしてる
183.名無しさん:2020年08月03日 12:31 ID:GT4wxACx0▼このコメントに返信
※119
蛮族が神国に攻めこむから酷い目に会うんだよ 
184.名無しさん:2020年08月03日 12:39 ID:Cd3wi.cT0▼このコメントに返信
単に弱かったからかな。
185.名無しさん:2020年08月03日 12:43 ID:C55V.Dmi0▼このコメントに返信
馬は泳げない
地続きだったらまともな城塞すらない日本なんてプチよ
186.名無しさん:2020年08月03日 12:49 ID:2GcBjgiO0▼このコメントに返信
> 騎馬弓兵使えないからね、しょうがないね

鎌倉武士も騎馬弓騎兵なんだよなぁ。
もちろん抜刀しても、槍持っても強かったけど。
187.名無しさん:2020年08月03日 12:53 ID:PQcwSnkC0▼このコメントに返信
団結してたからではないのか?動画で見たが、モンゴルが勝った敵ってほとんど、統制取れてなくて、各個撃破されてった印象。
188.名無しさん:2020年08月03日 12:57 ID:2fO2XqzC0▼このコメントに返信
※179
確かに、元南宋軍は、本気だったと考えられる部分もあるね。
攻城兵器の『石弾』を持ち込んでいて、鎌倉幕府軍に相応の被害を出したようだね。『石弾』の直径は80mm~130mmの間で、カタパルトのような道具を大型船に積んでいたようだ。鷹島海底遺跡から出土しているね。
まあ、鷹島のような潮流が早い海域に追い込まれる時点で『詰み』だけどね。
潮流を制御するために、船端と船端を接していたところに台風襲来で船は大破。
潮流と台風による暴風雨、その前後の幕府軍の海上攻撃、地獄のような状態だよなぁ。
189.名無しさん:2020年08月03日 13:02 ID:e9UEIGnA0▼このコメントに返信
砂漠民族が海を渡って海洋民族に勝てるわけはない。全軍集合するのに3か月も洋上で生活して体力は落ちる、栄養学的にビタミンCも摂取できない、刀は塩分で錆びる・・・これは事実。海岸の家の車が錆びて1年でポンコツになると同じ。塗料があっても錆びる。刀は裸。狭い船に乗り込んできた鎌倉武士団の鎧には蒙古刀は棒と同じ。日本刀は剃刀のように切れる。うっかり手で握れば手のひらは切断。想像すると目に見えるようなモンゴル兵の慌てぶりが見える。肉弾戦で日本刀にかなうわけない。
190.名無しさん:2020年08月03日 13:06 ID:40Fn3.DE0▼このコメントに返信
東欧の山が多い辺りまで行ったら諦めて撤退
インド征服しようとヒマラヤ越え、失敗
ベトナムまで行ったら気候違い過ぎて疫病連発、失敗
日本行こうと無理に海を越える、失敗

騎兵でスムースに行ける場所だと無敵だったが少しでも困難だと無理だったと結論出てる
191.名無しさん:2020年08月03日 13:07 ID:37u0C4AE0▼このコメントに返信
>>70
経済力が70%残ってたって何が根拠(ソース)かわからんが、それが正しいとしても
はじめから勝ち目のない戦争仕掛けて経済力の30%失うって大しくじりやぞ
192.名無しさん:2020年08月03日 13:14 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
※186
日本の重装騎馬弓兵って戦闘形態は、世界的に珍しい。
重装騎馬は槍などを構えた突撃特化兵科だし、騎馬弓兵はモンゴル兵がその典型で機動力を活かした軽騎兵だし。

敵の上陸阻止には重装騎馬弓兵は有効だったのだろうか?
193.名無しさん:2020年08月03日 13:14 ID:IkIUbYvI0▼このコメントに返信
※180
その一時期が蒙古名であとは人名は全てシナ語だな
大昔の金春秋から今に至る文在寅とか、姓も名も朝鮮語ではなくすべてシナ語
ああなったら終わりだわ
現代の日本人も漢語の名付けが蔓延してるけど、自分の子供の名前ぐらいはヤマト言葉で付けるべきだと思う
194.名無しさん:2020年08月03日 13:18 ID:pyy8S4Se0▼このコメントに返信
戦力差ってどんなもんだったんや?元軍が海渡れる兵力なんて10万程度だろ。当時の武士団だって全国かき集めればそれくらいはいるだろうし攻め込まれても防衛戦で負ける要素ないと思うんやが
195.:2020年08月03日 13:25 ID:6kkMzNf40▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
196.名無しさん:2020年08月03日 13:30 ID:ZkCjfz3f0▼このコメントに返信
まともにやった武士は割とボコボコにされてたような
上陸の問題だったりモンゴルの主戦力が来れなかったからだろ
そう考えると日露戦争も同じ感じだな
197.名無しさん:2020年08月03日 13:40 ID:e9UEIGnA0▼このコメントに返信
※192
だから博多に2mの高さの堡塁を延々と作って1281年弘安の役には完勝している。モンゴルは騎馬戦ができなかった。馬を運ぶことができなかった。また移民のつもりで農機具も持ち込んでいた。モンゴルはモンゴルで日本を希望の移住地と見ていたかも知れない。
198.名無しさん:2020年08月03日 13:45 ID:4iZ1wDox0▼このコメントに返信
歴史の事実として 朝鮮を味方に入れてしまうと 負けるんだよ。
元寇・・モンゴルの負け。
第二次世界大戦・・日本の負け。
ベトナム戦争・・アメリカの負け。

米中摩擦・・いかにして疫病神を相手に押し付けるかが ポイント。
199.名無しさん:2020年08月03日 14:01 ID:Hld1YB.t0▼このコメントに返信
第一に技術革新があったわけじゃなく、単なる騎馬主体の軍隊に過ぎないこと。モンゴルでも精鋭はロシアへ行き、日本に来たのは混成部隊の2軍以下だったこと。
200.名無しさん:2020年08月03日 14:13 ID:HQQFx7u60▼このコメントに返信
>>194

承久の乱の鎌倉側動員兵力が19万(吾妻鏡)
九州の武士団だけなら二万ぐらいじゃね。
201.名無しさん:2020年08月03日 14:18 ID:1NuWGPbI0▼このコメントに返信
補給ができなかったこと。
陸上拠点を築けなかった。
当時の鎌倉武士が戦闘に長けていたうえ夜襲で翌朝には船上に遺体がゴロゴロ。これを半複継続的にやられた。
武器が馬戦用の太刀から陸戦用の刀に進化した。菊池槍から槍へと進化した。
一部の人間を半殺し状態で帰還させ戦意喪失させた。

202.名無しさん:2020年08月03日 14:19 ID:Y.mTrw8M0▼このコメントに返信
得意の騎馬戦が出来ない上に、遠すぎた。
ひょっとして、渡洋揚陸作戦ってモンゴルにとって初めてだったんじゃね?
203.名無しさん:2020年08月03日 14:20 ID:04CR4s9L0▼このコメントに返信
本気では無かったんです。
204.名無しさん:2020年08月03日 14:39 ID:mG.8L0A30▼このコメントに返信
海やろ後騎馬使えない戦いは負けまくってたんやろ?
205.名無しさん:2020年08月03日 14:42 ID:5m2WYxlL0▼このコメントに返信
※192
中世日本の騎乗武者は武者1騎につき従者2~3人が基本ユニット。
従って騎乗武者だけが単騎で長距離疾走して敵陣に切り込むことはしない。必ず足元周りに従者を従えている。
戦国時代になると従者なしという例もあるようだが。
対馬で戦った宗氏も80騎とあるが人数的には250~300人いたと言うのが通説。
206.名無しさん:2020年08月03日 14:46 ID:ie2M5vQH0▼このコメントに返信
武士団の戦闘力の高さ。これに尽きる。元の史料や高麗の史料には、日本の武士は味方が斃れても怯むことなく攻撃してくると、その士気の高さと戦闘力の高さを記している。だから文永の役では、当初、元軍の集団戦法と「てつはう」に翻弄されて太宰府の手前まで攻め込まれたが、水城で進撃を阻止反撃に転じた。結局元軍は橋頭堡を確保することができず、夜は軍船に戻るほかなかった。
弘安の役では高さ2mの石で築いた防塁を越えることができなかった。日本の弓は世界でも長大な長弓であり、元軍の半弓よりも射程距離が長かったため、元軍はアウトレンジされたのだ。
207.名無しさん:2020年08月03日 14:57 ID:Em87Up9J0▼このコメントに返信
大陸国家で騎馬弓兵が主戦力の蒙古軍が、日本海を渡る時点で圧倒的に不利。
日本は騎馬が活躍できるような地形ではなく、日本では馬が維持できないし
そもそも兵站が維持できない。
当時は占領地での略奪で補給を維持していたが、対馬だけで大軍を維持できるはずもない。
幾度もの外交交渉で防御態勢を整えていた鎌倉軍が周辺から徴発して博多も空だろうし。
208.名無しさん:2020年08月03日 14:57 ID:RBCneuKT0▼このコメントに返信
14万も揃えて橋頭堡すら築けないとか情けない
海を言い訳にしてるが
小西行長なんてたったの1万で
上陸はもちろん、そのまま侵攻して
首都まで攻略したぞ
209.名無しさん:2020年08月03日 14:57 ID:IUDb5b9p0▼このコメントに返信
2mの防塁と聞いて、三重県桑名の多度祭を思い浮かべた。
武者の格好をして急坂を駆け上り、最後に2mの直角壁を乗り越えるというやつ。
なんかバイクトライアルみたいだったな。
当然後ろにひっくり返るのもいる。
210.名無しさん:2020年08月03日 14:59 ID:2GcBjgiO0▼このコメントに返信
>>176
モンゴル帝国はクビライによって崩壊しただろ。
クビライが大ハーンになった事になっているが、無理やり成ろうとして帝国は崩壊した。
要するにモンゴル軍本体なんてものはクビライが使うことが出来なかった。
211.名無しさん:2020年08月03日 15:00 ID:UVRvZefh0▼このコメントに返信
そもそも日本の侍が馬鹿強い、っていうのがあったからでしょ。戦法的にもかなりむちゃくちゃだったみたいやしね。
なんか、ベトナム含め割りと色々な国に負けてるモンゴルが最強ってのがよく分からん。確かに弱くはないと思うけど、その時代のヨーロッパの白人たちがヘボかっただけちゃうの?当時のヨーロッパとか、それこそモンゴルに臆病な赤人呼ばわりされてた頃でしょ。
212.名無しさん:2020年08月03日 15:24 ID:o6eQls9r0▼このコメントに返信
陸続きのベトナムとエジプトでも負けてる件
むしろあんなのにボコボコにされたヨーロッパとインドが情けなさすぎる
213.名無しさん:2020年08月03日 15:29 ID:n2taIkuS0▼このコメントに返信
※212
インド??????
214.名無しさん:2020年08月03日 15:42 ID:jN58VOTQ0▼このコメントに返信
>>210
「モンゴル軍本体」って概念自体曖昧すぎるからなあ、遊牧民戦士の集団ならクビライも普通に使ってるし。
そこ考えればクーデターの結果とはいえ一応大ハーンってなってるクビライ軍をモンゴル軍本体って言っても別におかしくはないと思う
あとモンゴル高原方面の皇族の大規模な軍をクビライは自分配下の遊牧民軍や漢人軍閥やらの混成軍できっちり退けてるので、
仮にクビライに敵対姿勢を見せて使えなかった勢力=モンゴル軍本体としても結局クビライ軍に負ける程度の勢力なので使えなくても別に…って感がある
215.名無しさん:2020年08月03日 16:03 ID:NciH0vop0▼このコメントに返信
ベトナムは米軍すら跳ね返したから...
216.名無しさん:2020年08月03日 16:14 ID:EI4almzI0▼このコメントに返信
※208
小西は手っ取り早く降伏させて早いとこ講和したかったがために本気だしてた
加藤はそこのところが分かっていなかった
領地も肥後の半分ずつ分け合っていて宗教的にも人間的にも仲の悪い二人に
先陣争いさせて競争させようとしたんだろうが結果的にそれが意思の疎通を妨げる結果になった
217.名無しさん:2020年08月03日 16:25 ID:n2taIkuS0▼このコメントに返信
モンゴル本隊とか来ても日本戦に限っては意味が無いだろ。
馬は大量には連れて来れないし、操船に至っては素人の足手まといにしかならない。
対日本に限れば水戦(海戦はともかく揚子江での船戦の経験はある)の経験が豊富な旧宋軍がモンゴルが投入出来る最精鋭部隊だよ。
それで失敗したんだから元の完敗。
218.名無しさん:2020年08月03日 16:33 ID:TGkGXx8c0▼このコメントに返信
馬はねぇ、穀物と干し草を飼料にするとアホみたいに水が必要になるんだよ。
219.名無しさん:2020年08月03日 16:37 ID:LoOXI7Y30▼このコメントに返信
>>212
ロシアはまだ都市国家が点在するだけ、他のヨーロッパ諸国も地方分権で中央集権されてなかったから、案外たいしたこと
なかったのかな?あのままオゴタイが数年長生きしてたらドイツもフランスも落とされて、大西洋まで行ったかも知れない。
後の世界史は全く変わっちゃったかな。
220.名無しさん:2020年08月03日 16:44 ID:9Dqf5F4i0▼このコメントに返信
超大国つうても何もない土地を帳簿上持っていただけだろ
221.名無しさん:2020年08月03日 17:04 ID:IUDb5b9p0▼このコメントに返信
地図見たら朝鮮から博多までってさほど大航海という感じじゃないね。
名古屋から静岡まで航海するくらいじゃん。
しかも、対馬とかに立ち寄るんでしょ?
対馬とか、対岸に韓国が見える距離なんだよね。
222.名無しさん:2020年08月03日 17:30 ID:DWwX4.Ul0▼このコメントに返信
>>212
じゃあ鎌倉武士が平原でモンゴル騎兵に勝てるのかって話
223.名無しさん:2020年08月03日 17:44 ID:gCUZ5td20▼このコメントに返信
ペスト遺体を投げ込む戦法だからなあ。蒙古軍は

ベトナムも台湾も日本もインドもインドネシアも、
船に慣れていて、入浴好きな方ではあるかも
224.名無しさん:2020年08月03日 17:53 ID:o6eQls9r0▼このコメントに返信
>>222
そもそも攻撃側なのに勝てない場所で戦いを挑む方が間違ってる
ジンギスカンは平原の要塞攻めで遮蔽物のない自軍兵士が狙い撃ちにされて大苦戦した経験を後に活かしたがこの頃のモンゴルはそんな事も忘れていたんだろうよ
225.名無しさん:2020年08月03日 17:54 ID:jN58VOTQ0▼このコメントに返信
>>205
戦国より前でも状況に応じて騎馬武者のみ抽出して突撃はやってそうな気がするけどね
当の元寇でも蒙古襲来絵詞の文永の役の場面は旗持ち以外騎馬武者のみの集団で突撃してる
同じ場面の元軍は歩騎入り混じって描かれてること、日本軍もこれ以外の場面は武装が簡素な下級兵士も普通にいること考慮するとこの場面の日本軍だけ歩兵を省略してるって捉えるのも不自然だし。
南北朝以降の軍記とかでも明らかに騎馬武者のみで戦っている場面はあるので、最低でも騎兵の集中運用っていう発想自体は間違いなくあったはず
226.名無しさん:2020年08月03日 18:00 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
※212
インドはカシミール地方の争奪戦に終始して征服されてはいない。ムガール帝国でやっと征服。
227.名無しさん:2020年08月03日 18:06 ID:gCUZ5td20▼このコメントに返信
もうコメ出てるけど、実質来たのは高麗軍だし。モンゴル人は数名ぐらい
なお船を用意したのは宋で、モンゴルは元々やりそうになかった
交鈔インフレで滅亡してるあたり、タタールの軛するほど強欲なのに蒙古アホだなあ感
なお当時の中国側はちゃんとツッコミ続けたが、今のちうごくは、うん、どうだろう?
228.名無しさん:2020年08月03日 18:07 ID:pcf6A0hW0▼このコメントに返信
騎馬軍団擁する陸軍国が碌なノウハウの無い渡海しての侵略戦なんてアホな事したから。
229.名無しさん:2020年08月03日 18:11 ID:moR1JSJl0▼このコメントに返信
Kの法則は地球史すべてに災いをもたらすことがその昔からの史実に記されてるんだね
モンゴル軍も半島通らずに来ればどうなったか
230.名無しさん:2020年08月03日 18:14 ID:PIO1.jVd0▼このコメントに返信
日本が徹底交戦選んでれば米軍三回は追い返せたってアメリカの参謀が言ってたしな。
だがそれやるとソ連に北海道取られるからそれを避ける為に降伏を取った。
231.名無しさん:2020年08月03日 18:19 ID:bHq02yaT0▼このコメントに返信
※198
ベトナムは双方に朝鮮いるやないか
232.名無しさん:2020年08月03日 18:23 ID:Wmp.Zjy.0▼このコメントに返信
元寇は朝鮮半島の伝統技の「従属しながら宗主を弱体化」が効いてる
高麗敗北、最下級層へ→高麗は階級上げに日本侵略提案→元は絶好調なので受けちゃう→無理な作戦なので大損害

味方時の無能ムーブって伝統というか動物的な本能かもな、実際それで生き残った子孫だし
233.名無しさん:2020年08月03日 18:26 ID:JO88XnGq0▼このコメントに返信
琉球王国も二回撃退してる。
234.名無しさん:2020年08月03日 18:27 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
※233
アイヌもな。
235.名無しさん:2020年08月03日 18:35 ID:bHq02yaT0▼このコメントに返信
※227
水軍のノウハウがないモンゴル人主体で来たら、もっとボロクソだったろう。
236.名無しさん:2020年08月03日 18:37 ID:FbkXkSL50▼このコメントに返信
モンゴルがそこまで強くないんだろ。
実戦で戦って征服というよりも、情報戦駆使して戦わずして屈服させてた面も強い。
237.名無しさん:2020年08月03日 18:38 ID:19fxc5GK0▼このコメントに返信
※189
それが不思議な説があってね。当時は「太刀拵え」の日本刀が多かったんだけど、こいつではモンゴルの皮鎧を斬るには向いていなくて、薙刀類はよく通じたんで、その後、よりそりの入った「刀」に日本刀の形状が移っていったって説を唱えてる人もいるのよ。
238.名無しさん:2020年08月03日 18:48 ID:jN58VOTQ0▼このコメントに返信
>>232
遠征は普通にクビライが言いだしっぺって散々言われてるだろ
そもそも高麗王ってクビライの婿でモンゴル皇室の準一門扱いだから普通に厚遇じゃん
239.名無しさん:2020年08月03日 18:48 ID:19fxc5GK0▼このコメントに返信
※192
どっかで聞いた話だと、日本の重武装騎馬弓兵はスナイパーとか砲兵が馬に乗って有利な射点に移動してひたすら弓を放って、矢が尽きたら取りに戻ってを繰り返せる、非常に厄介な兵科だったって。

ほかにも流鏑馬の形にあるみたいに、馬上から弓を射かけてくるんで、意外と斬り合いしてなかった説まである。
鎧武者が槍持って突撃してくるのに合わせて並走しながら矢を射かける感じだだったという説ね。日本の大弓は意外とかなりの貫通力があってそれを数メートルの距離で射掛けていたともいわれてる。
240.名無しさん:2020年08月03日 18:48 ID:RHZJtBqL0▼このコメントに返信
※62
適当なこと書いてんじゃねえよ
鎌倉武士本体ではないが、東国武士の先鋒隊が最前線で戦って撃退に貢献してる
西国武士だけで勝ったとかいう史実に基づかない滅茶苦茶な捏造どうにかしろ

※63
鎌倉中央集権が北九州に人員配置していたからこそ撃退できている
防衛戦での勝利に対する恩賞は限界があり不満の種になった、というのは正しいが
これはどの政権でも同じことが起きる
241.名無しさん:2020年08月03日 18:54 ID:dZtuYOFn0▼このコメントに返信
このサイト何回同じ話題を短間隔でまとめるんだよ
242.名無しさん:2020年08月03日 19:18 ID:TJRyXhrY0▼このコメントに返信
※14
元寇の特に弘安の役なんかは日本側はほぼ同等数を動員しているんだよな…文永の役は間に合わなかっただけで
243.名無しさん:2020年08月03日 19:46 ID:I2v5Wide0▼このコメントに返信
※242
『歴代鎮西要略』は間違い。文永・弘安の役共に鎮西奉行勢力は1万ほど。六波羅軍が6万ほどだが間に合わず。
244.名無しさん:2020年08月03日 19:58 ID:P3.K.FwY0▼このコメントに返信
>>93
選りすぐりのエリートであるグルカが唯一恐れ、そして敬意を払った相手が日本兵(徴兵含む一般兵卒)だからなぁ・・・
245.名無しさん:2020年08月03日 20:37 ID:3qIRwqNN0▼このコメントに返信
モンゴル帝国…遊牧民だの軍事国家だのというイメージが強いが、実はシルクロード交易が力の源という通商国家。なおインフレによって弱体化したという説が最も有力
フビライ…海上交易すなわち海のシルクロードによる更なる繁栄を目指す
高麗…「東征」とか言って日本に攻め込んで入植する気満々
北九州…博多商人の全盛期。シルクロード交易の窓口としての役割を果たす。しかし元寇(というか鎌倉武士)によって滅茶苦茶にされる
マルコポーロ…シルクロードを旅して東方で聞いた話をヨーロッパで大げさに喧伝した人。大した関わりはないと思われる
246.名無しさん:2020年08月03日 20:48 ID:8IVrN4L00▼このコメントに返信
さすがのフビライも「Kの法則」には勝てなかったんだよ

~終了~
247.名無しさん:2020年08月03日 21:48 ID:dR.Vd.Mw0▼このコメントに返信
九州にいたのが、あの壇ノ浦の生き残りだったのがね…海戦のエキスパートしかいない。
しかも、本州には壇ノ浦の勝者が控えていた。
壇ノ浦では海戦は主に弓矢だったんだけど、恐ろしい程の射程と命中率なんだよ。意図的に小舟の漕ぎ手のみを狙撃してるほど。
陸戦になるけど、英仏での戦いではロングボウによる長射程での狙撃によって仏軍が壊滅している。海戦では小舟がゆっくりとしか進まないので、弓の的にしかならない。当時はモーターボートなんかないからね
248.名無しさん:2020年08月03日 21:55 ID:Rcps8DCo0▼このコメントに返信
半島という貧乏神がいたから。
249.名無しさん:2020年08月03日 21:58 ID:FUUx534x0▼このコメントに返信
その700年後、モンゴル以上に戦力差が拡大した太平洋戦争でも九州占領に150万人の兵力、空母50隻、航空機2000機が必要って計画してんだよな
まあそんだけ上陸作戦ってのは損害を覚悟せにゃあかんってことやな
250.名無しさん:2020年08月03日 22:52 ID:5m2WYxlL0▼このコメントに返信
※249
実は太平洋戦争でも二度の神風(台風)で駆逐艦3隻沈没、50隻以上が何らかの損傷、空母1隻使用不可、航空機250機以上を失ってたらしい。(コブラ台風・ヴァイパー台風)
大戦末期で大本営は把握できず神風の宣伝すらできなかったらしい。
251.名無しさん:2020年08月03日 23:00 ID:iO7bxpnb0▼このコメントに返信
※249
米議会が日本を制圧するための予算を認めたのは「裏切りの騙し討ち」でアメリカ人を発狂させたから。
逆に言えば、真珠湾攻撃をやらなければ、アメリカが日本を占領することは不可能だった。
それに、誰かがモンゴルついて同じようなことを言ってるが、本来ならアメリカにとって、そこまでやるほど日本に魅力はないだろう。
252.名無しさん:2020年08月03日 23:06 ID:iO7bxpnb0▼このコメントに返信
友鶴事件や第四艦隊事件で、日本の艦船が波への耐久性に重大な欠陥を抱えていることが判明し、その措置を講じたが、アメリカの艦船も同じような欠陥があることがわかっていたので、日本は将来的な戦争状態に入った時、台風などで米艦隊が被害を受けるだろう、と楽しみにしていた。
ただ残念ながら米艦隊は日本が期待していたような大嵐に会うことはなかった。
253.名無しさん:2020年08月03日 23:14 ID:iO7bxpnb0▼このコメントに返信
※236
西ローマ帝国を滅ぼしたゲルマン人は、その後ヨーロッパを席巻するほど強かったが、その強いゲルマン人が民族移動を行ったのは匈奴=フン族に追い立てられたため。
東アジアの北方騎馬民族は普通に強かったと思うぞ?
254.名無しさん:2020年08月03日 23:18 ID:VKPETUBo0▼このコメントに返信
※251
「裏切りの騙し討ち」を演出した理由がそれだよな
米国民「日本と戦争やだ!」
↓真珠湾
米国民「薄汚いJAPみなごろし!」

必然性はある
アフリカと東南アジアの陣取りゲームを終えた欧米の次の狙いは中国大陸
次のマーケットに手を出すには日本が邪魔
地理的にも欧米に並ぶ軍事力的にもな
日本をGETし海岸砲を据え永久要塞兼兵站基地件歓楽街にすればどうだ
巨大米軍基地みたくすれば大陸侵攻に大いに有利だろ
255.名無しさん:2020年08月03日 23:33 ID:iO7bxpnb0▼このコメントに返信
※254
>必然性はある
>アフリカと東南アジアの陣取りゲームを終えた欧米の次の狙いは中国大陸

いや、それは分かってるけど、あくまで上の奴らや一部経済人の考えだろ?
アメリカ人の大部分にとって日本なんかどーでもいい国だったんだんだよ。
第一次大戦ですっかり反戦マインドになっていた米国民は息子たちを戦場なんかに絶対出したくなかったしね。
第二次大戦はもちろん、南北戦争や米西戦争やベトナム戦争でも「騙し討ち」を演出したのは、移民の集まりゆえ国家への忠誠心が薄いアメリカ国民は、それだけ腰が重いってこと。
256.名無しさん:2020年08月03日 23:44 ID:ZfYvZNqu0▼このコメントに返信
安倍政権は潰した方が良い。こいつら余計なことしかしない!
薬事法を改正して、俺が生きるために必要な薬の個人輸入を禁止しやがった!!!
257.名無しさん:2020年08月04日 03:01 ID:HprQYF.b0▼このコメントに返信
海がないから弱いって
おまえらまた埼玉のことバカにしてるだろ!
258.名無しさん:2020年08月04日 03:27 ID:vChIIjti0▼このコメントに返信
手下が残念なコ〇アンだった為だろ
259.名無しさん:2020年08月04日 05:12 ID:k8kAdzqv0▼このコメントに返信
ゆうても1000年前にイギリスさんローマに渡海されてボコボコにされたやんけ
260.名無しさん:2020年08月04日 05:58 ID:gVZL.bML0▼このコメントに返信
モンゴル帝国唯一の半島と手を組んでの攻略だったからじゃね
他はモンゴル騎馬軍団+チャイナ歩兵だったからさぁ。アジア全域支配したけど
261.名無しさん:2020年08月04日 10:18 ID:f1bXJ7i.0▼このコメントに返信
※259
ドーバー海峡なんて極端な話、泳いでも渡れる
日本の近海なめるなよ
262.名無しさん:2020年08月04日 10:19 ID:f1bXJ7i.0▼このコメントに返信
※252
WW2でも神風は吹いてたよ
米海軍の数が多すぎて、利き目が薄かっただけで
263.名無しさん:2020年08月04日 13:46 ID:kbT2rOR30▼このコメントに返信
※233
1609年に薩摩が琉球を3000名の兵で4000名の琉球兵に勝って併合したけどな。
そのあと明が取り戻そうというアクションを一切起こさなかったのは、朝鮮出兵で「鬼島津」と呼ばれた薩摩藩に「泗川の戦い」で6千兵が5万の明国軍をボコボコにされたというトラウマがあるからかね。
264.名無しさん:2020年08月04日 14:32 ID:S3B1IBiv0▼このコメントに返信
※245
>しかし元寇(というか鎌倉武士)によって滅茶苦茶にされる
鎌倉武士が博多を事前に略奪や焼き討ちして焦土作戦したという話ならデマ
265.名無しさん:2020年08月04日 14:42 ID:S3B1IBiv0▼このコメントに返信
※227
船を用意したのは宋と高麗
文永の役は高麗、弘安の役は南宋と高麗
宋人は文永の役にも弘安の役にも参加してる
モンゴル人については少なかった説を唱えてる人もいるが、
宋人がいなかったって説は聞いたことない
266.名無しさん:2020年08月04日 14:59 ID:S3B1IBiv0▼このコメントに返信
※148
元が南宋を棄民にしたって説はあるが、それは元の都合の話で日本には何の関係もない
大体それだって南宋征服後の話、つまり日本にとっては文永の役の後になってからで、
それまでは南宋はちゃんと国があった
そして日本その南宋と貿易をしてた
貿易などしてないって、じゃなんで日本で宋銭=宋のお金が使われてたと思うのか
宋銭も重要な輸入品のひとつだったから
267.名無しさん:2020年08月04日 15:20 ID:uBHPcTnH0▼このコメントに返信
>>266
棄民説って
神風のおかげが否定された、これじゃ日本軍が普通に勝ったことになってしまうけど認めたくない!→じゃあ元軍が本気じゃなかったことにしたろ!って流れで根拠もなしに生まれた説の一つに過ぎないからな。
文永の役威力偵察説とかと一緒
268.名無しさん:2020年08月04日 15:54 ID:csNB8YJW0▼このコメントに返信
棄民説にしろ威力偵察説にしろ、モンゴル人いなかった&すくなかったにしろ、
『そういう説もある』ってだけで確定してるってわけじゃないからな
ある学者の本読んだら別の学者はそれに反論してるとかザラ
269.名無しさん:2020年08月04日 15:57 ID:csNB8YJW0▼このコメントに返信
※85
元寇の前からフビライハンははっきり日本を征討すると言ってる
日本征服に熱心で最初からそう言ってるのはフビライハンだよ
弘安の役の後には三回目までしつこくやろうとしてた
270.名無しさん:2020年08月04日 20:07 ID:hsIo6fJs0▼このコメントに返信
※128
2: 名無しさん@おーぷん:19/12/01(日)15:22:42 ID:Jkq主 ×
元史・巻二百八↓
五日、文虎等諸將各自擇堅好船乘之、棄士卒十餘萬于山下
方伐木作舟欲還、七日、日本人來戰、盡死
餘二三萬為其虜去
九日、至八角島、盡殺蒙古、高麗、漢人、謂新附軍為唐人、不殺而奴之。

訳↓
1281年8月5日、范文虎(江南軍の将軍、旧南宋人)ら諸将は、各自丈夫な船を選んでこれに乗り、
士卒10万余を山(長崎県の鷹島、元史では五龍山と表記)下に棄てて逃げ帰った。
木を伐採して船を作り返ろうとしていたところ、7日に日本人が来て戦い、全滅した。
2、3万余が日本の捕虜になり連行された。
9日、八角島(博多?)に至り、蒙古、高麗、(北部の)漢人を皆殺害し、
新附軍(※弘安の役直前に元に征服された旧南宋人)を唐人と呼び、殺さずに奴(奴隷?奴婢?)にした。
271.名無しさん:2020年08月06日 05:55 ID:AKI.vL8R0▼このコメントに返信
モンゴル帝国軍が半島から侵入する行為自体、古代のペルシャ軍の教訓を知らなかったことになるなぁ。

つまり、半島出身者の混成部隊が第一陣で乗り込んできた可能性は大である。

そもそも、遊牧民騎馬民族が、日本列島を地形認識できたかというとノーである。

多分、半島の要請で遠征に来た感は否めない。

また、強襲上陸するなら、現山口県が地形的にも最も接岸しやすく、大群を一気に上陸させられる。
272.名無しさん:2020年08月07日 07:03 ID:iBArma.O0▼このコメントに返信
>>39
秀吉の兵農分離は信長の踏襲

お名前