2020年08月05日 22:05

太平洋戦争は上層部が無能な為に負けたという風潮

太平洋戦争は上層部が無能な為に負けたという風潮

03

引用元:太平洋戦争は上層部が無能な為に負けたという風潮
https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1335024891/

1: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:14:51.01 ID:fGECBtY0
百理無い

2: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:16:20.69 ID:E80NmgY1
戦力差ありすぎィ!

5: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:18:12.06 ID:7U2elaYl
ガチでやって勝てると思ってた人はほとんどおらん

6: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:18:23.57 ID:DeYwqGaV
欧州事情は複雑怪奇なり(小学生並の感想)

8: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:18:41.80 ID:hZlla/CD
日露戦争なんかもぎりぎりの棚ぼた勝利なんだよな
小国が無理しすぎ

10: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:18:52.53 ID:hFC0FDvo
無能やから負けたんやない
始めたから負けたんや

19: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:20:20.79 ID:k8VSTtwH
>>10
無能だから戦争を始めた

94: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:43:54.77 ID:giz0qu27
>>19
始めなくても何れ終わってた

13: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:19:47.67 ID:oCZLwQM2
東条さんこの辺でやめましょうよ・・・(震え声)

327: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 03:08:18.96 ID:R37ECair
>>13
戦犯は東条よりも石原や米内だろw

18: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:20:20.82 ID:Zc3aEb1V
???「戦力が足りなかった」

21: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:21:26.19 ID:7ex3bmLi
パーティーしてたから宣戦布告が届かなかったという風潮

23: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:22:06.94 ID:68nQIAjw
でも負けて良かったやろ
もし勝ってたらもう1回やっとったで

25: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:22:40.68 ID:t30/ylVS
開戦のトリガー引いたのは日本だしな。
無能かどうかは知らんけど間違いなく悪手を選んで敗北まで持っていった

77: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:38:44.44 ID:c/zHxPK6
>>25
何故日本が暴発したかというのは安全保障論で重要なテーマだったからな
よほど偏ってない研究書以外はアメリカが締め付けすぎたという結論になってるわ
特に米国側からすれば抑止理論が破綻した顕著な例の一つだからな

国内政治過程の研究だとまた別の結論が導き出されるのかもしれんけど

26: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:22:46.86 ID:9ohCh27C
世界恐慌が起こった時点で詰んでたという風潮

34: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:24:13.23 ID:DidmI9Ah
近衛「大東亜共栄圏(迫真)」
アメリカ「は?(威圧)」

37: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:25:42.36 ID:FBNLkzW0
勢いに流される国民世論
体制批判しているようで実質は政府の言いなりのマスコミ
アホな政治家と軍上層部(官僚)


あれ?今といっしょじゃね?

38: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:26:09.93 ID:oHIeSuM5
アジアにちょっかいかけすぎたのが原因

46: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:30:03.72 ID:XnkWcAQM
ぜんぶ黒船が悪いんやで…

124: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:53:48.08 ID:GqNEwrcW
>>46
石原莞爾オッスオッス

48: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:31:09.34 ID:rkcYynMh
しょうがないの連続なんだよなあ・・・

52: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:32:16.33 ID:LL6Hu62K
やる前から負けを確信していた人もいたがやはり結果は

56: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:33:16.65 ID:lw2aiL57
軍部大臣現役武官制のせいだろ、何もかも

86: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:41:53.28 ID:hFC0FDvo
日中戦争が解決できない…アメリカと戦えば糸口が見出せるかもしれん!
(アカン)

88: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:42:13.95 ID:Zc3aEb1V
内部がガタガタだからこそ一つの目標に向かって邁進せざるを得んかったんでは

102: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:45:38.74 ID:q3W0JrPr
戦争煽ってたのは民衆なのに軍部のせいになってる

108: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:47:26.44 ID:rkcYynMh
>>102
民衆も軍部も両方やろ

136: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 01:58:52.84 ID:hr4yktiY
というか、盧溝橋事件の時点で牟田口は絶許

143: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:01:38.57 ID:KjN/HO1p
やり方次第で勝てたというのか。上層部が優秀なら良かったのか。

145: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:02:17.63 ID:98nkOmWn
原爆作れる国に勝てるわけないやろ

147: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:02:55.91 ID:Vc8N2QlB
ぶっちゃけ国民のせい。被害者面してるけど戦争に向けた国民感情がなけりゃ戦争に突入なんてしなかった

152: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:04:43.99 ID:+z3QYUht
ドイツがイケイケだったからね。しょうがないね。

158: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:09:04.56 ID:ojP2KmoY
アメリカと戦争して勝つ ←無理
アメリカに朝鮮、満州が日本の生命線だと理解してもらう ←無理

もう(負けるしか)ないじゃん…

163: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:10:11.42 ID:hORKiTZE
>>158
満州国は諦めて利権だけ抑える方法もあったんやで
国民感情的に無理やけどな

166: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:11:41.17 ID:lw2aiL57
一億総右だった国民も悪い

170: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:12:27.26 ID:+z3QYUht
>>166
左のやつらは特高がボコーだったし

171: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:12:32.73 ID:08kS+rtP
>>166
左はもれなく牢屋か地中送りだったんだからしゃーない

169: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:12:25.39 ID:TkT5XB6/
アメちゃんと戦争しなかったらどうなってたんやろ
また別の戦争してたんやろか

181: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:16:11.98 ID:VAUP2f+S
石原莞爾は下克上の風潮を蔓延させた元凶やな
満洲事変の際に軍を勝手に動かした罪で銃殺しておくべきやった

183: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:18:49.15 ID:hORKiTZE
>>181
ソ連なら政治将校が銃殺、ドイツなら毒薬が送られてくるもしくは軍法会議後死刑
アメリカなら軍籍剥奪、不名誉除隊やな。日本のお役人に甘い体質は戦前からやで

196: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:25:10.36 ID:3W8h2ihU
戦犯牟田口

209: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:29:25.77 ID:3W8h2ihU
福沢諭吉先生が生きてたとしたら太平洋戦争はどう思ったんだろうな
しかるべきことだったのか

212: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:30:49.83 ID:6TvU5KMK
>>209
「アジアを日本がまとめ上げて白人打倒だぁぁぁぁwwww」とかいうコンプ丸出しの世論になっとる時点で絶望しそうやな
アジアという枠にこだわることは捨てな(アカン)

217: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:32:37.63 ID:aEHEb7aG
ドイツと同盟を結んだのは実にまずかった

230: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:36:02.49 ID:dkDq7nvu
米豪遮断とかいう意味不明な作戦

248: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:40:45.06 ID:3W8h2ihU
戦犯財閥説はないんか?

251: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:41:46.69 ID:lw2aiL57
>>248
商社持っとる財閥にとっていい事ないやろ

256: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:43:33.74 ID:yErfjKsE
>>251
商社は早々と現地に進出していたけどね
それでなかなか引くに引けなかったという事情もある
軍と財界が癒着しとるからね

263: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:44:59.67 ID:6TvU5KMK
>>256
そらぁ現地の物資を集めて日本へ運んで加工してって算段立てな戦争でけんやん
商社さんサイドは自分の仕事しただけやん

264: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:45:13.34 ID:7ex3bmLi
近衛とかいうやりたい放題しといて重要な場面で結局逃げ出す畜生を許すな

285: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 02:52:26.82 ID:aPM3XU9e
>>264
重要な場面で逃げだすんやない
重要な場面で選択ミスって、その後ミスに気付いて何とかしようとするも
結局時既に遅くどうにもならずに、嫌気がさして放り投げるんやで

若槻も近衛も矢面に立たんけりゃええんやが

346: 風吹けば名無し 2012/04/22(日) 03:17:55.47 ID:nAIWqbiK
「あの時はそうするしか無かった」
「そういう空気だった」

今に至るまで日本の不祥事ややらかしのほとんどはこれが言い訳になってることが 病巣

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年08月05日 22:07 ID:Rd2L3b8g0▼このコメントに返信
まぁ長く戦争やってると、自分の指揮が若者の命を散らすって、覚悟や感覚が薄れてくるんやろうね。
2.名無しさん:2020年08月05日 22:13 ID:rxfdlas10▼このコメントに返信
軍部の意向を忖度したマスコミと踊らされた日本国民
民意を気にして譲歩できない政府
国家総力戦の意味を理解せず兵站維持の能力を疎かにしていた軍部、特に海軍
国家の利害を忘れたアジア主義者



3.名無しさん:2020年08月05日 22:13 ID:gjU.GFDm0▼このコメントに返信
1881年に日本-ハワイ連邦を設立して、米軍のハワイ駐留を抑えてたらワンチャン…の前に死んでたか。
4.名無しさん:2020年08月05日 22:15 ID:GZtPK8V80▼このコメントに返信
無能な上がいるとどれだけ下が有能でもダメだってコロナでわかっちゃったよねwww
5.名無しさん:2020年08月05日 22:15 ID:z1EzPJqV0▼このコメントに返信
品質の高い製品不足
6.古古米:2020年08月05日 22:16 ID:YCqAt.ss0▼このコメントに返信
国民の欲の皮が突っ張り過ぎてたところに、朝日やらのボルシェビキシンパに煽られて引くに引けなくなった。
7.名無しさん:2020年08月05日 22:16 ID:HamaQ1Db0▼このコメントに返信
では、
 0.大本営から無理をお強いられた牟田口さんが可哀想。
 1.発狂した牟田口さんが可哀想。
 2.発狂した牟田口さんに従った兵卒が可哀想。
 3.日本国民が可哀想。

 4択えですが
 どうでしょう?アハハWWWW
8.名無しさん:2020年08月05日 22:18 ID:BBkpeegR0▼このコメントに返信
いや負けるべくして負けただけだからな?
国力差が圧倒的で、最初から短期間しか五分での殴り合いなんぞ出来んって五十六も言ってたろ
あの時の日本で取れたより良い手段は戦争しない事か、連合側に着く事、先制攻撃でヘイト稼がずに痛み分けの早期講和が出来る程度に武力衝突抑えておく事くらい
9.名無しさん:2020年08月05日 22:19 ID:JZ87.P3H0▼このコメントに返信
対米戦スレ多いね
10.名無しさん:2020年08月05日 22:20 ID:HamaQ1Db0▼このコメントに返信
※9
 いやいや、いまも続いてるからね。アハWW
11.名無しさん:2020年08月05日 22:20 ID:fEmSJJX00▼このコメントに返信
ワイは、ぜんぶひっくるめて受け入れてるで。
今年も、護国神社に行って、感謝の言葉と気持ちを伝えてくるわ。
12.名無しさん:2020年08月05日 22:21 ID:.iTaOjwk0▼このコメントに返信
日本人全員が無能だったぞ
13.名無しさん:2020年08月05日 22:21 ID:XzWjCPs.0▼このコメントに返信
戦争は国民が熱狂的に支持しちゃってたからな
どう終わらせるか、を決めておらず戦争始めてしまった上層部に責任はあるだろうけど、全部が全部ソレのせいなんてことはない
・・・まぁ、熱狂していた大日本帝国って国が道を誤った、それでその責任をその当時の人達が負ったのだから

その二の舞をしないように今の人間が学ばせてもらうのみよ
14.名無しさん:2020年08月05日 22:21 ID:94odDydd0▼このコメントに返信
日露戦争あたりで一度負けていればアメリカに喧嘩売るなんてこともなかったんだけどね
中途半端に勝ったもんだから、軍も国民も次もいけるやろの精神で大惨敗とかアホの極みですわ
15.名無しさん:2020年08月05日 22:22 ID:8yqzQrEn0▼このコメントに返信
今ね、武器を持たない戦争。戦時中です。最高指揮官を変える事はありえません。
16.名無しさん:2020年08月05日 22:22 ID:HamaQ1Db0▼このコメントに返信
※12
その通り。いまも続いてますよ~~~ん。
17.名無しさん:2020年08月05日 22:24 ID:gyaeAN8X0▼このコメントに返信
今だと全体像が分かるから無謀だったと分かるが、
当時の情報だとやってみないと分からないのはある。
特に兵器の進化が早く。
近代化は日本人の技術の進化が目まぐるしく、既存の造船技術と戦略で大打撃を与えられると思ってしまうのもある。
少なくとも双方が甚大なダメージで消耗戦となれば和平を結べる可能性がありそうと判断できなくもない。
後は欧米の植民地になるよりはやってやろう!というのはあるだろうな。
18.名無しさん:2020年08月05日 22:24 ID:Fh5PWXge0▼このコメントに返信
※2 「民意を気にして譲歩できない政府」
これよりも現在尖閣防衛で起こってる様に、現場頼りで無策だった政治家だと思うわ。
19.名無しさん:2020年08月05日 22:25 ID:TzlydI6X0▼このコメントに返信
>>9
終戦記念日が何月かすら知らなそう
20.名無しさん:2020年08月05日 22:25 ID:HamaQ1Db0▼このコメントに返信
※15
 分かります。いわゆる、近衛さんや東条さんの時代ですよね。
 皆さん頑張って応援しましょう。
21.名無しさん:2020年08月05日 22:25 ID:Ged1ZcYo0▼このコメントに返信
米国によって追い詰められた日本は、座して負けるか戦って最低限の講和で生き延びるかという選択しかなかった。

真珠湾攻撃とミッドウェーを上手く戦えてれば、そしてドイツが対ソ戦で優勢を保てれば、ワンチャン日米講和の可能性はあった。(かもしれない)

そもそも人種差別大国アメリカにとって日本の大国化は、差別意識と黄禍論から許せるものでは無かった。
22.名無しさん:2020年08月05日 22:26 ID:FYD2WODF0▼このコメントに返信
無能だから負けたわけではない
けど、上層部が無能だったのは紛れもない事実
羊に率いられた狼の群れは、狼に率いられた羊の群れに負ける
現代の組織もその体質を引きずっていることが気になる
23.名無しさん:2020年08月05日 22:27 ID:1YcYyQXP0▼このコメントに返信
石原莞爾が満州事変を起こした結果、関東軍が中央の統制に服さなくなったのも対米戦の原因の1つ。
「石原閣下が満州事変当時にされた行動を見習っている」とか言って戦線をどんどん拡大していった。
24.名無しさん:2020年08月05日 22:27 ID:Ged1ZcYo0▼このコメントに返信
>>14
日露戦争で負けてたら、有色人種は今も白人様の下に立たされていたかも知れないよ。
25.名無しさん:2020年08月05日 22:27 ID:SfqGsMZJ0▼このコメントに返信
またかよ…
26.名無しさん:2020年08月05日 22:28 ID:TzlydI6X0▼このコメントに返信
>>17
総力戦研究所って知ってる?
27.名無しさん:2020年08月05日 22:28 ID:RR5hurTp0▼このコメントに返信
最近流行りの鎌倉武士といい日本って昔から軍隊的な歴史を自虐的というか煙たいもののように扱ってきた風潮あるよな
当時の庶民からしたら実際煙たいんだろうけどさ
28.名無しさん:2020年08月05日 22:29 ID:q0ty.9cd0▼このコメントに返信
元スレ 37
>>勢いに流される国民世論

うん、わかる。

>>体制批判しているようで実質は政府の言いなりのマスコミ

はぁぁぁぁ? と思ったけど、日本政府とは書いてないな。

まあ、今と一緒だわ。
29.名無しさん:2020年08月05日 22:31 ID:HamaQ1Db0▼このコメントに返信
※21
>ドイツが対ソ戦で優勢を保てれば

まあいい夢ですよ。あり得ない。
英国に空爆して講和を結んでソ連に参戦のシナリオだったはずが・・・
チャーチルさんを甘く見過ぎですな。アハハWW

30.名無しさん:2020年08月05日 22:31 ID:Up3FRGLz0▼このコメントに返信
吉田松陰が長生きして
もっと多くの人材を育てなかったのが悪い
31.名無しさん:2020年08月05日 22:32 ID:1YcYyQXP0▼このコメントに返信
>>24
※24
日本はイギリスと同盟を結んでいたし、アメリカも日本を支持していた。
日露戦争に有色・白色人種は関係ないよ。
32.名無しさん:2020年08月05日 22:32 ID:EOM.FoNj0▼このコメントに返信
アメリカと戦争なんてしないで、四国あたりに日本人自治区と押し込められた方がよかったよね
対米戦をしない=交渉の材料もないってことだからね
33.名無しさん:2020年08月05日 22:33 ID:jXGWNolI0▼このコメントに返信
つまり上層部無しで戦争すればよかった説を提出してみる
ほら、下士官と兵は有能だってアメリカも言ってたし
34.名無しさん:2020年08月05日 22:33 ID:kBWiknr70▼このコメントに返信
いや当時の世界で一番悪いのは鬼畜ブリカスやで
とにかく大英帝国以上に悪い奴など世界史にいないレベル
日本もドイツも被害者やから
35.名無しさん:2020年08月05日 22:34 ID:q5XzA6u90▼このコメントに返信
先走った事をするのは、世界を味方につけるの難しい
36.名無しさん:2020年08月05日 22:34 ID:EOM.FoNj0▼このコメントに返信
~は無能というばかりで代わりを提案しないあたり
民主党政権を選んだ国民を思い出す
37.名無しさん:2020年08月05日 22:35 ID:gyaeAN8X0▼このコメントに返信
戦争中盤にはアジア諸国が独立紛争や日本人の教育で戦力になることも期待はしていただろう。
特に中国や朝鮮。
特に朝鮮は相当力いれて近代化勧めたしな。
実際は、想像以上にダメで、使えない。
そういうのも敗因の一つだろう。
あとは同盟国ドイツが思ったよりダメだった。
まあ、結果として戦後にアジア諸国が遅れて独立して今があるんだが。
38.名無しさん:2020年08月05日 22:36 ID:1YcYyQXP0▼このコメントに返信
>>33
※33
階級制を廃止してベトナムにボコられた一昔前の中国軍みたくなりそう。
39.名無しさん:2020年08月05日 22:36 ID:w1A2Mvqb0▼このコメントに返信
産経新聞の『中国が日本政府に尖閣諸島周辺での多数の漁船による領海侵入を予告』との報道に、茂木敏充外務大臣「そういった予告を受けたと言う事実はない。いずれにしても様々な事態に適切に対処することができるように必要な態勢を構築している。関連の動向を注視し対応に万全を期す」
40.名無しさん:2020年08月05日 22:36 ID:QOrN8bjL0▼このコメントに返信
元スレ 1
兆理ある

※7 >>7
牟田口がダメ人間なのは間違いないが
インパールを推進したのは東条による、自由インド政府との政治的判断
41.名無しさん:2020年08月05日 22:36 ID:OI3xVxKi0▼このコメントに返信
日本のマスコミもルーズベルトもコミュニストの奴隷だったから、回避不能。
日本国民も双方の兵士も無駄死にやで。

ルーズベルトはヤルタで対日戦で損害の無いソ連に千島樺太を献上するし。
42.名無しさん:2020年08月05日 22:37 ID:yiN1yu8.0▼このコメントに返信
>>14
えっ?ロシア領日本列島ですか?
赤化ロシアのせいで日本民族が中央アジアに強制移住、大量死ですが?(笑)
43.名無しさん:2020年08月05日 22:38 ID:OI3xVxKi0▼このコメントに返信
※37
戦後、ソ連とアメリカが全力で支援しても、あの程度。
判っている中国は無駄なことはしない。
44.名無しさん:2020年08月05日 22:39 ID:yiN1yu8.0▼このコメントに返信
>>26
総力戦研究所って百発百中だったっけ?
45.名無しさん:2020年08月05日 22:39 ID:2lAanAQD0▼このコメントに返信
スパイ取り締まりの不徹底によって政界、官界に大勢の赤化勢力の侵入を許した
以外かもしれないが、治安維持法で特高に捕まった者でも、悔い改めた振りをして見せれば、転向者扱いとなり、就職の世話までしてもらえた
そうやって革新官僚になった共産主義者が少なくなかった
そして、近衛を筆頭に敗戦革命に協力した日本人が政府や軍部内部に大勢いて、日本を滅ぼすために対米戦を画策したのである
狙い通り日本は大敗した
日米双方の政府内部にいる大勢のスパイによって、スターリンの思い通りに操られていた

これって今も変わってなくね?
現役与党幹部や閣僚の中に北京に通じるものがいて、日本人を苦しめたり破滅させようとしている
なぜスパイ防止法が成立しないのか、成立したら与党幹部が大勢逮捕されて政権が瓦解するからだ
46.名無しさん:2020年08月05日 22:39 ID:QOrN8bjL0▼このコメントに返信
※21 >>21
追い詰められるような立ち回りをしたのは日本です
47.名無しさん:2020年08月05日 22:41 ID:0GxvQq6O0▼このコメントに返信
無能ではなく、敗戦革命が目的。
48.名無しさん:2020年08月05日 22:41 ID:QOrN8bjL0▼このコメントに返信
※44 >>44
対米戦は必敗との結論が出てます
49.名無しさん:2020年08月05日 22:42 ID:MbjLd..E0▼このコメントに返信
上層が有能なら言うほど勝てたか?
相手が引いてくれる筈と踏んで戦う→引いてくれなかった時点で泥沼&詰み
有能なら戦わないか傷が浅い内にキレイに負けてたと思う
50.名無しさん:2020年08月05日 22:42 ID:QOrN8bjL0▼このコメントに返信
コミンテルン基地外は、ソースを貼ってね💗
51.名無しさん:2020年08月05日 22:42 ID:o1jW0E9B0▼このコメントに返信
1)初期作戦の成功で長期的な自給が確保できる
2)蒋介石が屈服する
3)独ソ戦にドイツが勝利する
4)ドイツの英国上陸が成功し、英国が降伏する

この4条件が揃ったうえで、日独で米国を説得して講和する予定だった。
1~3は、ほぼ実現できると考えていた。
52.名無しさん:2020年08月05日 22:43 ID:PiY13IdT0▼このコメントに返信
>>8
対米戦前提の軍事的判断ならその通りだけど、
そもそも開戦前の軍部の姿勢が「米との戦力差が拡大する前に開戦。交渉はその前に終わらせてね」だからな
そんなスタンスしといて「負けるべくして負け」って言い訳は通用しないよ
53.名無しさん:2020年08月05日 22:44 ID:8.jMIAH70▼このコメントに返信
日本国民の世論に負けました。
日本人も反省しなければ成りません。
54.名無しさん:2020年08月05日 22:44 ID:QkjU00j50▼このコメントに返信
変に善戦して長引くと原爆何発も落とされたりソ連が殴りこんできて分割統治されたり今より状況が悪化するかもしれないという地獄
55.名無しさん:2020年08月05日 22:44 ID:rxfdlas10▼このコメントに返信
※39
領有権問題を避けるためにはこう答えるしかないやね
尖閣を国際的に日中の領土問題にするのが中国の意図だから

故石原都知事が主張していたように強引にでも尖閣に施設を建設していればよかった
既成事実の強さは南沙や北方領土、竹島、クリミア、ジョージアといった問題を見てるとそう思う
56.名無しさん:2020年08月05日 22:45 ID:NN2v.quT0▼このコメントに返信

軍部「政治家の皆さんは自由に発言してもいいけどワイらのところの若い連中が何やるかわからないからね(ニッコリ)」

はっきりいって日本は軍部とメディアの暴走のせいでああなったんやで
米国と戦争をするのは無理ゲ―で国際的に孤立するのを避けるという外交の基本中の基本が軍部とメディアのせいでできなかったんや
57.名無しさん:2020年08月05日 22:45 ID:PiY13IdT0▼このコメントに返信
>>48
陸軍「対英持久戦なら欧州戦争の推移次第でワンチャン(キリッ)」
なお
58.名無しさん:2020年08月05日 22:46 ID:DV1oUOXF0▼このコメントに返信
こんなん結果論だよ
勝てたら有能、負けたら無能
59.名無しさん:2020年08月05日 22:49 ID:ZP25kEjJ0▼このコメントに返信
面倒臭い事何もかも全部米国に負担させたし、むしろ「有能」だし別にいいのでは。えっ、たくさんの人が死んだだろって、だって相手は黒人問題いまだに解決出来ない馬鹿国家だよ。まして半世紀前何て話合いに何てならないよ。
満州が~だの、日本が一方的に~だのは意味ない問だよ。
60.名無しさん:2020年08月05日 22:52 ID:0fp87koZ0▼このコメントに返信
別に有能でも負けただろうが、最後までいがみ合い、合理的な判断は
できませんでしたね、個人のプライド優先のバカばかり、それが日本人だよ
61.名無しさん:2020年08月05日 22:52 ID:bk7G8iMx0▼このコメントに返信
負け認めるのがクソ遅いから叩かれて当然
無駄に死んだ人達の事を第一に考えて
62.名無しさん:2020年08月05日 22:52 ID:cwlixetF0▼このコメントに返信
世襲の無能制度引き継いでるから変わらない
63.名無しさん:2020年08月05日 22:53 ID:YrZNErZw0▼このコメントに返信
政府のコロナ対策のあたふた振りを見ていたら
納得できる
64.名無しさん:2020年08月05日 22:54 ID:aYp2xSNo0▼このコメントに返信
始めたこと自体が間違いだが
しかし始めなければどうなっていたのか
65.名無しさん:2020年08月05日 22:55 ID:wqCO4x0x0▼このコメントに返信
>>2
ハル・ノート「いや~庇ってくれてありがとう」
66.名無しさん:2020年08月05日 22:56 ID:eR7HnVAn0▼このコメントに返信
始めなきゃいけないような状況に追い込まれた時点で負け
67.名無しさん:2020年08月05日 22:57 ID:XL9tv3mX0▼このコメントに返信
>>21
パールハーバーとか、日本が先に手を出したとか言ってる奴は、日中戦争時のアメリカの動きを調べて来い
68.名無しさん:2020年08月05日 22:59 ID:Z1uge8Al0▼このコメントに返信
現在進行形で中共が同じ道を辿ってるぞ、歴史は繰り返す…
69.名無しさん:2020年08月05日 23:00 ID:PiY13IdT0▼このコメントに返信
>>56
なお近衛声明とかいう狂気
参謀本部がマシに見えるから判断に困る
70.名無しさん:2020年08月05日 23:02 ID:MfcXTU8P0▼このコメントに返信
共産主義者に騙された戦争だったな!まぁ、そのツケをトランプが拭いているんだが?
71.名無しさん:2020年08月05日 23:02 ID:wKLxweTC0▼このコメントに返信
軍上層部が問題と言うより、適材適所の人事が無かっただけ。
ハンモックの番号順とか、天保銭組とか、皇室関係者が軍上層部に鎮座してたてとか、人事に支障がある人事制度だったから。
72.名無しさん:2020年08月05日 23:03 ID:mbotD3bp0▼このコメントに返信
大体WWⅠの時のシベリア出兵の頃から日本の欲の皮が突っ張り始めた。あの時も日本だけが何時までも撤兵せず、世界から非難された。世界を敵に回して勝てる筈がないのに、何故日本は世界から嫌われるような道ばかりを選んで進むようになったのか?
73.名無しさん:2020年08月05日 23:03 ID:XL9tv3mX0▼このコメントに返信
>>4
正月のモチ以下の脂肪率のコロナに対して、欧米並に恐怖を煽るマスメディアとか戦前より悪化してるよな
74.名無しさん:2020年08月05日 23:03 ID:gyaeAN8X0▼このコメントに返信
※64
間違いではないと思う。
有色人種があそこまで戦って得られたのが人権。
それまではアジア、黒人は動物と人との中間的扱い。
日本人だけは外交してきた白人は人として認識していたようだが。
喧嘩してようやく人になれたという悲しい戦争なんだよ。
75.名無しさん:2020年08月05日 23:06 ID:ADgtO1E10▼このコメントに返信
>>2
だいたい

坂本龍馬という国家破壊極左

テ口リストのせい
それによってアメリカと日本の双方にいる
ブリカス人と♨駄屋人の二重スパイによって
日本は良いように騙され続けた
76.名無しさん:2020年08月05日 23:07 ID:YrZNErZw0▼このコメントに返信
都合の良い時だけ、アジア解放
人種戦争論出すからダメなんだよ
77.名無しさん:2020年08月05日 23:08 ID:gyaeAN8X0▼このコメントに返信
極端な話、アフリカ諸国が軍艦使って欧州勢と戦争して負けても、
そこそこ被害を与え垂れたら、植民地化はされなかった。
飛行機や軍艦を独自に作り、海戦や空戦で競いあえば人権的にも違っただろう。
戦い事が間違いではなく、過程が非常に重要。
今の日本の地位は戦争で負けたにしても、参戦して領土拡大した点が大きい。
78.名無しさん:2020年08月05日 23:08 ID:FCj6zaeR0▼このコメントに返信
※45
ハニートラップに弱い国やからね。
海外のように女遊びしてます!何か問題でも?って開き直れる環境の方がいい。
ちゃんとした愛人を持てばハニートラップには引っ掛からないよ。
79.名無しさん:2020年08月05日 23:13 ID:.6FHFEci0▼このコメントに返信
今時太平洋戦争ってなんだよ。GHQ冷戦昭和じゃあるまいし。
それに日中戦争とスレしてる奴は、あの当時どこにそんな国が存在したのか。


80.名無しさん:2020年08月05日 23:14 ID:kMAxaXsZ0▼このコメントに返信
日本って首相も含めて誰かが強いリーダーシップを発揮できるようになってないからな。
軍部もずっと派閥争いが続いて、その時々の実力者が異なる信念で綱引きして争ってるから、
長い目で見ても短い目で見ても首尾一貫しない戦略になってるんだよな。
だから悪手を積み重ねてる。
81.名無しさん:2020年08月05日 23:14 ID:chqAM9me0▼このコメントに返信
シベリア出兵は大義名分があやふやな上に、ゲリラにやられすぎて引くに引けなくなったやつだろ
深入りすると損切できなくなる典型 その後はだいたいそのコピペ
82.名無しさん:2020年08月05日 23:15 ID:hjEugmWV0▼このコメントに返信
安倍みたいなアホに8年も総理やらせる今の日本国民が
デフレを20年も続ける間抜けな今の日本国民が
当時生きてたら何ができたっていうんだよ
笑わせるなよ

そもそも戦争の原因が何かも分かってない奴が何言ってんだよ
83.名無しさん:2020年08月05日 23:16 ID:PwIY..NZ0▼このコメントに返信
1960年までサーカスの動物扱いだったインディアンのことを考えれば 有色人種と白人種の殴り合いの意味はあったかもな(現実からさっとめをそらす)
84.名無しさん:2020年08月05日 23:18 ID:1l9gzgVt0▼このコメントに返信
>>32

どういう歴史を学んでたらそういう結論になるんだw

交渉材料なんていくらでもあったよ。
リットン調査団の提案受け入れて、その後満州をアメリカと利権分け合えば同盟関係にすらなれたかもしれない。
アメリカが満州に利権持ってれば、それをソ連から守る為にも近くにある日本の協力が欲しくなるし。
それ以外にも、ドイツがソ連に攻め込んだ時点で当初の日本の戦略は破綻してるんだから、三国同盟破棄して連合に付いてれば大歓迎だったぞ。当時石油の禁輸なんかも解除だ。
85.名無しさん:2020年08月05日 23:18 ID:E.NbM.so0▼このコメントに返信
※30
なに言ってんだ
「北はシベリア、南は豪州、西はビルマまで日本のものにすべし」
と言い出したのは松陰だぞ。
松陰の弟子だった山県有朋の後継者たちは、松陰が刻んだアカシックレコードに従ったまで。
86.名無しさん:2020年08月05日 23:20 ID:hldD9wZO0▼このコメントに返信
上層部の無能
国力の不足
組織の欠陥

どれも敗戦の原因だよ
87.名無しさん:2020年08月05日 23:20 ID:.FOXR9Bv0▼このコメントに返信
将官佐官クラスが真面目に戦争してないんだから、有能無能以前の問題だと思うぞ。
戦時下なのに平時と同じ順送り人事やらかしてるお粗末さを見ただけで将官佐官クラスが腐っていたのが良く判るよ。

一方敵の米国は有能と見れば2階級特進人事もバンバンやって戦闘体制を真面目に構築していた。
88.名無しさん:2020年08月05日 23:22 ID:ry.HaHtR0▼このコメントに返信
西洋諸国は 極東のアジア小国が何言ってんだ(笑 と小馬鹿にしていたら
本気にならないと太刀打ち出来ない事に気付いたが アジア人と交渉すらする事が嫌で
エネルギーが尽きれば 降伏するだろと 甘くみていたら 自爆攻撃までして対抗して来るし
南方諸島では 食料がない武器もないのに降参すらせず餓死するまで歯向かって来る
勝ち戦なのに 連合軍の死者数はうなぎ登り 新型爆弾を2発も落としているのに まだ抵抗して来る
正気の沙汰ではない
89.名無しさん:2020年08月05日 23:24 ID:c49US2IO0▼このコメントに返信
石原莞爾メソッドは日本企業で社会人になっても有効ですぞ。独断専行、参謀統帥で一つ上役には睨まれるけど、二つ、三つ上役からは、積極果敢で元気がある、と受けが良い。
ちな、偉くなって部下に同じことをやられて、統制取れなくなる所も歴史どうり。
90.名無しさん:2020年08月05日 23:25 ID:MELL9OB30▼このコメントに返信
>>87
それは今の日本政府にも言える事やな。上層部が真面目に職務を遂行する気がない
91.名無しさん:2020年08月05日 23:25 ID:gyaeAN8X0▼このコメントに返信
でも、まあ、禁じ手の原爆まで使わせたんだから善戦したほうだろ。
実際、敗北宣言したとは言え、そこまでやらせたのがかえっていい。
日本が本気だしたらこえーぞ。
と周辺国もロシアも中国も思っているだろう。
あっさり負けていたら、今ごろ、躊躇なく中国ロシアが日本の離島ぶんどってくるだろ。
抑止力として、対欧米のみならず、あそこまで意地はった先人の努力が生きているんだよ。
感謝しないと。
92.名無しさん:2020年08月05日 23:27 ID:chqAM9me0▼このコメントに返信
いらん意地を張ったおかげで、外交に悪影響及ぼしてりゃ世話ないわな
93.名無しさん:2020年08月05日 23:27 ID:E.NbM.so0▼このコメントに返信
※84
満州を独立させるチャンスがあったとすれば、1911年に始まった辛亥革命から1921年のワシントン会議までの10年間。
この間に
・満州地方は、中国古来の領土では無いと国際的に認知させる。
・満州人(女真族)主体の独立勢力をでっち上げ、支援する。
・ワシントン会議で民族自決の原則から満州独立を認めさせる。
・日本が以前から満州地方に持っていた利権は、独立満州国が継続して認証する。
ここまでを、日米英が連携して行うしかない。
アラブ分離独立の時みたいに、イギリスが横から美味しいところ(例えば金融分野とか)をかっさらうかも知れないけど。
それでも、ワシントン体制下で満州国を存在させるには、会議前に独立させて既成事実を作るしか無い。
まぁ、それでも、華北最大のアヘン産地だった熱河省が欲しくて関東軍が暴走したかも知れないけど(アヘン利権は、帝国陸軍の大事な裏金資金源だった)。
1931年の、でっち上げ独立戦争は遅すぎた。
94.名無しさん:2020年08月05日 23:28 ID:QOrN8bjL0▼このコメントに返信
※51 >>51
普通は最悪のシナリオも含めて、あらゆる局面を考慮するけどね
将棋・チェス・囲碁でさえ、そんなに短絡的じゃないし
95.名無しさん:2020年08月05日 23:29 ID:gaHfnsyE0▼このコメントに返信
いや〜ソ連の汚さは別格。
火事場泥棒に大虐殺。

それが戦争だ、と訳知り顔の馬鹿w
96.名無しさん:2020年08月05日 23:30 ID:QOrN8bjL0▼このコメントに返信
※89 >>89
座布団 1枚
97.名無しさん:2020年08月05日 23:31 ID:NHnc43tJ0▼このコメントに返信
陸軍にロクに戦闘させず停戦させた天皇だろうね
陸軍は本土決戦に備えておりまたそれが本格的な戦闘になる
さすれば敗戦はなく停戦で終わっていた可能性が高い
しかしこれでは困るので陸軍が本領発揮する前に停戦させたと考えられる
そもそも米軍は真っ正面からでは日本陸軍には勝てないと考えていた
98.名無しさん:2020年08月05日 23:32 ID:QOrN8bjL0▼このコメントに返信
※95 >>95
北方領土も取り返せなくてくやしいのぅ~、くやしいのぅ~ 😆🍃
99.名無しさん:2020年08月05日 23:33 ID:E.NbM.so0▼このコメントに返信
※95
1945年4月に日ソ中立条約を更新しないことをソ連が通告し、中立国の日本大使館にいた駐在武官からもヤルタ密約の情報が日本に届いていた。
それでも日本側は「優しいスターリンがそんなことするはずない」と、無視し付けた。
100.名無しさん:2020年08月05日 23:35 ID:EOimk5fY0▼このコメントに返信
>>88
後半なんてほとんど掃討戦なんだけどな
硫黄島やペリュリューは雄弁に語っても、
ビルマやフィリッピン ニューギニアは見ざる 聞かざる 言わざるでは
101.名無しさん:2020年08月05日 23:39 ID:3GigudMx0▼このコメントに返信
そりゃ敗戦の責任が上層部にあるわけだから結果としては無能だろう。
それでもこう言ってはなんだが無い能力なりに持てる能力の最善は尽したと思う。だから今の日本がある。
そもそもアメリカが敵味方を取り違えたってのはあるが他人に敗戦の原因を求めたところで始らない。
次勝ちゃそれでよろしい。どうせ遠からずまた大戦は来る。日本が幾ら反省したところで来るもんは来る。
今度はちっとも日本は悪くない。そして今度はアメリカが喧嘩を売ってこないどころか日本の味方でもある。
むしろ勝ち方は選ばねばならず、勝ちは動かんのだろうが気を抜く要素は一つも無い。
勝った後のことのが余程面倒くさい。日本が勝ち、特亜が負けたところで特亜がこの世から居なくなるわけではないのだ。
立場は各々今と全く違うものになるのだろうがそれでも特亜は相手にせねばならない。根絶やしにってわけにもいかんのでな。
102.名無しさん:2020年08月05日 23:40 ID:C84r3TLs0▼このコメントに返信
とにかく誰かのせいにしたくてたまらない国民ww
103.名無しさん:2020年08月05日 23:40 ID:EOimk5fY0▼このコメントに返信
>>95
第一次対戦時、ヨーロッパ諸国がかかりきりの際
南洋諸島や青島を掠めった日本は?
自作自演の柳条湖事件は?上海から目を逸らすために
日本人僧侶を中国の仕業に見せかけた関東軍は?
ソ連が弱っていたら参戦しようとしていただろ。
104.名無しさん:2020年08月05日 23:42 ID:EOimk5fY0▼このコメントに返信
>>103
日本人僧侶殺害事件
105.名無しさん:2020年08月05日 23:48 ID:JV1sW6hl0▼このコメントに返信
>>14
ロシアの方から圧力かけていてたんだよ、一方的に、今の中国よりも露骨にね。朝鮮半島まで狙ってたから、戦争しないでも
ほっとけば南下して釜山までロシアの軍港になって、日本海まで制圧されてたろうね。そんなのとても認められない程、当時
ロシアに対する恐怖は強かった。
106.名無しさん:2020年08月05日 23:50 ID:E.NbM.so0▼このコメントに返信
※97
というかね、九州より広いレイテとルソンで二度「大規模野戦」して、二度ともボッコボコにされてるのに。
あそこより広い戦場なんて、中国大陸ぐらいにしか無いぞ。
日本軍が得意としていたのは一日50キロの行軍(徒歩)速度による機動戦だけど、これ一日6合の米を支給できることが前提だから。
ちなみに、九州と九十九里浜の防御陣地の火力密度は、沖縄戦での第32軍の半分にも満たないもので、参謀次長は視察後に兵科へ
「どうみても勝てません。ハイ」
と、正直に言ってる。
107.名無しさん:2020年08月05日 23:50 ID:O1U2HhG.0▼このコメントに返信
戦前も戦後も日本のマスコミが悪いからだわ
108.名無しさん:2020年08月05日 23:51 ID:E.NbM.so0▼このコメントに返信
※104
田中竜吉「アレはワイが仕掛けた」
109.名無しさん:2020年08月05日 23:51 ID:O1U2HhG.0▼このコメントに返信
※102
そうでない国なんて一つも無いだろwww
110.名無しさん:2020年08月05日 23:52 ID:OI3xVxKi0▼このコメントに返信
※98
北方領土?
これから千島全島と樺太を奪還するさ。
北樺太は利息な。
日本の憲法改正を震えて動けw

まあ、米中戦争で憲法空文化で戦争ができるようになってるかも知れないがなw
111.名無しさん:2020年08月05日 23:54 ID:gFqXyzvI0▼このコメントに返信
インパールの決定とかまさに
なにも考えてないなーなーで決めてるからな
そして誰も責任をとらない
そのくせ戦争したがる

112.名無しさん:2020年08月05日 23:57 ID:OI3xVxKi0▼このコメントに返信
※102
実際コミンテルンのマスコミが煽動したからだろーが。

やっと中国が潰れて生産できるねえ。
特に共同通信と東京新聞w
113.名無しさん:2020年08月05日 23:58 ID:srfU2Wml0▼このコメントに返信
戦争でも仕事でも何でもそうなんだけど、始めるより終わる方が難しいから
落とし所見つけてけりを付けるってセンスと覚悟が必要なんだが、上層部にはそういう人居なかったんだろうな
114.名無しさん:2020年08月05日 23:59 ID:1YcYyQXP0▼このコメントに返信
>>67
※67
九カ国条約やパリ不戦条約に違反した日本に制裁をしただけですね。
何か問題点でも?
115.名無しさん:2020年08月06日 00:00 ID:s5H.cTQ80▼このコメントに返信
>>2
逆やで?w

小卒や中卒な国民が大半でバカだった
「暇だから」という理由で隣街まで集団で喧嘩をしに行くほど暴力的だった
「踊らされた」のではなく、本気で殺し合いを望んでいたんだよ
現代の半グレより酷い人間ばかりだった

「国民の声」が戦争を望んだ
マスコミは忖度ではなく、金儲けで戦争を煽った
平和より戦争の方が売れたんだよw

政府も軍部も戦争に否定的だった
確実に負ける認識もあった
アメリカの戦争準備が整うまで待って攻められるか
先制で攻めるかの違いでしかない
待っていればソ連が確実に南下してくるのだから
アメリカが参戦するのも確実
朝鮮戦争が日本で起こってた
116.名無しさん:2020年08月06日 00:00 ID:vlFksS1H0▼このコメントに返信
無能上層部『今こそ死中に活路を見出す時である』


117.名無しさん:2020年08月06日 00:02 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※31
日露戦争が白人支配に苦しんでいたアジアの諸国民に与えた衝撃を知らんとは・・
118.名無しさん:2020年08月06日 00:03 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※114
話が飛躍しすぎなんだよw
パリ不戦条約()なんて誰も守ってないし。
119.名無しさん:2020年08月06日 00:03 ID:ozP6M.2r0▼このコメントに返信
>>20
遠回しのdisですか?少なくとも今の内閣は、当時と違って専門の研究者達の意見を聞いて政策を立ててますが。
そしてあの時は総力戦研究所だけだったのが、今は医療とか経済とか複数の方面をまとめないといけないから大変。
120.名無しさん:2020年08月06日 00:05 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※115
それでも日本国民は当時、世界で一番知的レベルが高かったんだがね。
121.名無しさん:2020年08月06日 00:06 ID:NdRsS1YZ0▼このコメントに返信
※114
九カ国条約は、日本の獲得した領土権をドイツに返却したから違反していない
パリ不戦条約は、自衛権を認めているからこれも違反していないよ
122.名無しさん:2020年08月06日 00:07 ID:swnxbeGk0▼このコメントに返信
つか日本が追い込まれた黒幕はアカだろ
具体的には漁夫の利を得たソ連だな
123.名無しさん:2020年08月06日 00:08 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※106
硫黄島では死傷者の数は米軍の方が多かったんだがね。
(死者は日本軍の方が多かったが、戦場では戦力として使えないという点では怪我人は死者と同等)
124.名無しさん:2020年08月06日 00:10 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※121
というより九か国条約を最初に破ったのは中国の側なんだけどね。
あと満州事変のあと国際社会では経済制裁の声が上がったんだが、それに大反対したのがアメリカだったりするw
125.名無しさん:2020年08月06日 00:11 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※114
さかのぼるんだったら、ペリーまでさかのぼれよw
126.名無しさん:2020年08月06日 00:13 ID:59.t4oVy0▼このコメントに返信
古今東西世界各地の軍隊に必ず存在する

※98 違法行為をファビっている民族は一か所なんだがね
テロリストを英雄視する基地外民族と言えば分かるだろw
日本が無ければ何も出来ない癖に能書きだけは一人前、だから世界中から嫌われるんだよこのボケ
127.名無しさん:2020年08月06日 00:17 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※14
しかし、結局のところ、最後に勝ったのは日本だった。
日本のとった道、すなわち、自らの主権のもとに、近代化、西洋化をはかるという道が、結局、西洋を打ち負かした。
日本は西洋を取り込むことによって、西洋の支配を免れた。
軍事的には、日本は第二次世界大戦(大東亜戦争)において、歴史上、最も決定的な敗北を喫した。
自ら植民地大国たらんとする政治的な野望は達せられなかった。
しかし、その後の推移では、政治的に敗北したのは西洋だった。
日本は、西洋をアジアから追い出し、西洋の植民地勢力の権威を失墜させることに成功した。
その結果、西洋はアジア、ついでアフリカの西洋化された非西洋世界に対する支配権を放棄せざるをえなくなった
P・F・ドラッガー
(Peter Ferdinand Drucker オーストリア・ウィーン出身の経営学者・社会学者。企業の存在意義やマネジメントに関する世界的な権威であり、「現代経営学」や「マネジメント」の発明者とされ、彼の著書は”経営の教科書”として世界中の経営者が愛読している。)
128.名無しさん:2020年08月06日 00:18 ID:Hy..cFAy0▼このコメントに返信
※98
クソ野郎見つけた。
129.名無しさん:2020年08月06日 00:19 ID:hOuBVWb80▼このコメントに返信
※82
野党支持者だけど・・・
実績あるからしょうがないわ
130.名無しさん:2020年08月06日 00:21 ID:ozP6M.2r0▼このコメントに返信
>>30
長州人って何だか小賢しいイメージだけど、確かに日露戦争までは政治家も軍人も良くやったかな。
その後の世代、昭和の指導者が酷過ぎる。
131.名無しさん:2020年08月06日 00:22 ID:zJih.fhV0▼このコメントに返信
先に補給力を算出してそれを元に作戦を立てたアメリカ
先に作戦を立ててそれに補給を合わせようとした日本

どーなったかは諸賢の知る通り
132.名無しさん:2020年08月06日 00:23 ID:Cq0JdytR0▼このコメントに返信
今の感覚だとその通りなんだけど、第一次大戦前ではロシアやアメリカは軍の弱い代表みたいなもんで、戦後影響力を増しまくった結果やりすぎた。
日本は第一次の頃イケイケだったから、脅威を感じなかったんだと思う。
133.名無しさん:2020年08月06日 00:25 ID:VbpYV5m00▼このコメントに返信
※123
硫黄島と沖縄での、日本軍の火力密度は、過去のガダルカナル~フィリピンの戦いに比べて異常に高いんですよ。
肉弾戦でなく、局地的に火力戦で米軍を圧倒してたんです。
で、アレと同等の火力を発揮する生産力も備蓄も、その火器を扱う熟練兵も、本土決戦の頃には払底してた。
沖縄や硫黄島のような「粘り強くジリジリと後退しながら出血を強いる」が不可能だと悟った陸軍は、7月頃に方針を変換し、水際で住民義勇兵を巻き込んだ玉砕戦に切り替えた。
それでも簡単に突破されるだろうと8月頃には現地軍は諦めムードだった。
134.名無しさん:2020年08月06日 00:26 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※100
>ビルマやフィリッピン ニューギニア

それは個々の日本軍兵士が弱いというよりも、補給が断たれたのが大きい。
もしも日本軍がそんなに情けないのなら、それに簡単に追い払われたイギリス軍やオランダ軍は何なの?という話になる。
特にシンガポールは難攻不落の要塞だと言われていた。
135.名無しさん:2020年08月06日 00:27 ID:Qf7U0cpd0▼このコメントに返信
米ドル決済をしていて、しかも当時は金本位制だったんだよ。なので担保として日本銀行は米国内に金資産を大量に預けていた。
これを1晩で凍結されてしまい、日本政府は文無しになる。これで切れて真珠湾になる…んだけど、こうなるのは銀行決済を知っていれば分かる話なんだよね。そんな事すら理解できていなかったのが当時の日本の上層部。
現在も米国は敵国の銀行口座や資産凍結を常套手段にしているけど、中国政府もこの罠にまんまとかかってる
136.名無しさん:2020年08月06日 00:28 ID:ozP6M.2r0▼このコメントに返信
>>47
内通者裏切り者ってただ利用されるだけで、用済みならポイだよ。
自分の国を敵に売って自分の思い通りに出来るなんて、信じるのはただの基地がい。
137.名無しさん:2020年08月06日 00:29 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※133
いや、硫黄島は洞窟のゲリラ戦で頑張ったんだよ。
(ベトナム戦争でのベトコンの戦い方ははこの戦いに影響を受けたと言われいる)
火力は艦砲射撃や空爆で米軍が圧倒的だった。何を言ってるんだ?
138.名無しさん:2020年08月06日 00:35 ID:m34TMnng0▼このコメントに返信
>>4
そーやって自分の意にそぐわない政治家を無能呼ばわりして、無責任に騒ぎ立てる国民が日本を戦争に突入させたんやで。
139.名無しさん:2020年08月06日 00:37 ID:hOuBVWb80▼このコメントに返信
※137
いや※133の見方も間違いではないで
海兵隊の死傷者の推移を見れば火力が充実して組織的対応が出来てた時の方が高い事が判る
飛行場が機能し始めた時点でゲリラ戦は意味が無くなってるし単なる掃討作戦に終始してる
140.名無しさん:2020年08月06日 00:38 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※135
>そんな事すら理解できていなかったのが当時の日本の上層部。
わかってたに決まってだろ。あほかw
141.名無しさん:2020年08月06日 00:39 ID:VbpYV5m00▼このコメントに返信
※135
 実はあの金融封鎖と石油筋腫、ルーズベルトは今の北朝鮮制裁みたいに
「生活ギリギリの石油はアメリカのみが輸出を許可する」
 つもりだったらしい。
 メキシコやベネズエラ、蘭印での石油輸入を阻止するための金融封鎖であり、カリフォルニアから輸出する分については審査を経た後に資産凍結を部分解除して支払いに回す。
 そうすることで、日本の軍事行動を抑える。
 当時の日本の石油消費量が約600万トン。うち民需分が日本の企画院の算定で約150万トン。
 樺太と本土の油田で約50万トンが国産分になるなら、おそらく100万トン前後の石油の輸出は認めるつもりだった。
 ところが……
 審査は、財務省、国務省、通商代表部の3者が担当するんだけど、ここにいた対日強硬派が審査をサボタージュした。
 ルーズベルトが、日本に一滴の石油も輸出してないことを知ったのは、対日禁輸・資産凍結を決めてから1ヶ月たった9月上旬。
 世論は「よくやった。悪い日本を懲らしめろ」だったので、今さら審査を通すわけにいかず審査を止めることでの事実上の完全禁輸を追認せざるを得なかった。
 またこの頃、マジック機関が「帝国国策遂行要領(武力を用いても南方進出することを決めたアレ)」の暗号解読に成功し、それがルーズベルトの追認を後押しした。
142.名無しさん:2020年08月06日 00:42 ID:m34TMnng0▼このコメントに返信
>>22
無能だったのは国民も同じです。
情報が多く入手できた分、まだ上層部の方が有能だったと思いますがね。
当時の日本はさしづめ「山羊にに率いられた羊の群れ」程じゃないでしょうか?メックリンガー提督。
143.名無しさん:2020年08月06日 00:44 ID:ozP6M.2r0▼このコメントに返信
>>97
ダウンフォール作戦ってのも用意してたんだよ、米軍は。降伏を受け入れてなかったら、連合国は上陸して陸軍が各地でゲリラ戦を
展開したろうけど、後のベトナムよりも虐殺と国土を徹底的に破壊されて、日本は本当に立ち直れなくなってただろう。
144.名無しさん:2020年08月06日 00:47 ID:m34TMnng0▼このコメントに返信
>>84
完全同意。
アメリカに対して満洲権益の譲歩と南太平洋における権益を認める事を条件に、三国同盟の離脱と連合側参戦の仲介をアメリカに依頼出来てれば、ルーズベルトも考え変えたかもしれん。
ただ、当時の日本国民はその選択肢を許さなかったろうなぁ。もし内閣がそれを決定してたらクーデター起きてたかもしれんね。
145.名無しさん:2020年08月06日 00:49 ID:ozP6M.2r0▼このコメントに返信
>>102
ここの住民が政府叩きやるのもそれか。
もっとも、そんなの日本人に限った事じゃない。
146.名無しさん:2020年08月06日 00:49 ID:VbpYV5m00▼このコメントに返信
※143
当時の日本の塩の自給率が約25%。
企画院が「冬頃には備蓄を食い潰して国産分だけでは塩の飢餓状態になる」と報告してる。
更にアメリカは米の収穫期に枯れ葉作戦をやることを計画してた。
ただでさえ明治以来の大凶作確定だったから、マジで1000万単位の餓死者が出たと思う。
147.名無しさん:2020年08月06日 00:50 ID:MNXZS.D80▼このコメントに返信
>>4
上が無能、下が有能って、完璧に幻想だぞ

少なくとも下が2流以下で、上も下と同レベル
2流レベルなんて大したものだとは思う
そもそも小国ではないし人口構成で時代的に伸びたしアメリカと同盟国になって経済的に伸びたという面が強いが
148.名無しさん:2020年08月06日 00:54 ID:nrp.Sm.S0▼このコメントに返信
大正8年(1919)人種差別撤廃提案を国際連盟に提出。
欧米列強は、植民地と奴隷を失うことになるため、提案は受け入れられなかった。

その後、大東亜戦争。

日本は、現地の人と対等の立場で奴隷はいなかった。
日本は、植民地支配した側ではなく、植民地を解放した側。
149.名無しさん:2020年08月06日 00:58 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※84
アメリカは中国市場を独占するつもりだよ。
そんなの戦後にアメリカがやってきたことだけみても一目瞭然。アメリカが他国と利権をわけあったりしたことあったか?
例えばアメリカは戦後、中東からイギリスとフランスの勢力を駆逐した。
かつて同盟国だったイラクをアメリカが叩き潰したのをもう忘れたか? フセイン政権を育てたのはアメリカだよ。
アングロサクソンの貪欲さをまるで分っていない。
150.名無しさん:2020年08月06日 01:01 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※146
米軍の占領地に食料を供給しないわけにはいかないし、その占領地でゲリラ戦が頻発しただろうね。
151.名無しさん:2020年08月06日 01:04 ID:VbpYV5m00▼このコメントに返信
※149
市場を独占されたって、日本は困らんよ。
自動車や家電でアメリカ製品に勝てるモンなんか、日本は作ってないんだもん。
フォードとGMが日本に工場を作ったのも、対日輸出に併せて大陸輸出の拠点にするためだった。
困るのは、ルノーやオースチン、ドイツの家電メーカー。
あとは石油市場かな。
日本の主力輸出品だった綿製品と軽工業品でアメリカと張り合う可能性は低かったよ。
自動車事業法と満州重要産業振興政策で、日本と満州からアメリカ製自動車を閉め出されたことでアメリカは怒った。
「勝負するなら、価格と品質でフェアに競争しろ」ってね。
152.名無しさん:2020年08月06日 01:07 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※143
あっさり占領させてゲリラ戦を展開すれば、米軍も手を焼いただろうね。住民をみなごろしにするわけにもいかないし、食糧を与える必要もあるし。
153.名無しさん:2020年08月06日 01:13 ID:2.jnooEv0▼このコメントに返信
風潮じゃなくて真実だろ。
下士官レベルでは優秀な兵士たちを、楽観論と精神論ですり潰した当時の上層部のどこに立てるべき立場あるんだよ胸糞悪いわ。
154.名無しさん:2020年08月06日 01:14 ID:xkmrSMyx0▼このコメントに返信
※133
日本本土には本土の外に持っていけない大型火器があったんですがね
硫黄島とかは、サイパンまでの火力不足を反省して、運べる分は運んだけど
沖縄戦以降は本土決戦用に戦闘機の迎撃もろくに出さない状況だった
アメリカが本土上陸をかけていたら、一撃目の特攻はかなりのものになっていただろう
155.名無しさん:2020年08月06日 01:17 ID:edU3NGsA0▼このコメントに返信
大本営は、最前線を見捨てて、
撤退の指示も出さずに放置していた
これはもう、人としておかしい
そういう所が根本的に狂っていたと言えよう
156.名無しさん:2020年08月06日 01:21 ID:kKiFfH1e0▼このコメントに返信
最初から失敗するってわかってるプロジェクトがあるのに、誰も中止しようとは言い出さず、声のデカいだけの一部上層部が無理やり事を進めて、現場が火ダルマになるってのを何度も見てきたけど、いっつも思うのは、本とかで読んだ大日本帝国が戦争に突入するときの状況そのまんまやんて事だな。
本質的なとこで、日本の社会って戦前からなんも変わってないよ。
157.名無しさん:2020年08月06日 01:24 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※151
当時日本は様々な機械類を作り始めていたので、そういう点でも、中国は魅力な市場だったんだよ。
自前で戦闘機や戦艦を作れるぐらいなんだから、日本もそこそこ工業が発達していたに決まってるだろw
当時の一番重要な輸出品はどの国も鉄だったし、満州では重化学工業が勃興していたし、インフラ整備も重要な「商品」だ。
それなのに、先進的なアメリカに市場独占させたら、日本の出る幕はなくなるだろ。

>「勝負するなら、価格と品質でフェアに競争しろ」ってね。

あのね、戦前は自由貿易なんか保障されていなかったんだよ。戦後の価値観で考えたら困るね。
それにアメリカはその戦後ですらジャパンバッシングで車や電化製品を締め出そうとしたんじゃないのかね?
158.名無しさん:2020年08月06日 01:30 ID:VbpYV5m00▼このコメントに返信
※154
その重砲を、高速陣地転換できる機動力が無いんですよ。
沖縄戦でも、大きな大砲から順に、射撃した途端に発火点を特定され、ロングトムと艦砲射撃でお返し食らってる。
一番活躍したのは人力で移動可能な迫撃砲、歩兵砲と47ミリ対戦車砲、あとは砲座は使い捨て同然の噴進弾でした。
あと、本土に展開する部隊では砲撃と連携しての突撃も難しいと言われてました。
なぜか1945年になっても、熟練兵を多く持つ部隊は大陸軍にいました(こっちも全力で0.5回線分の弾薬しか無かった。
本土決戦での一撃講和を本気で考えているなら、沖縄戦の最中に海軍の海上&航空戦力を関釜航路に集中して大陸軍と関東軍を総引き揚げして本土に集めるべきだった。
ソ連軍がベルリン目前まで来ているのに、最精鋭の機甲師団をルーマニアへ送ったヒトラー並みだ。
159.名無しさん:2020年08月06日 01:39 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※157
追記
書くのを忘れたがアメリカにはもちろん繊維産業はある。
1970年ごろの日米繊維交渉では、沖縄返還をカードにアメリカは日本の繊維製品の輸出自粛を求めてきた。
アメリカは自国の製品が勝ってる時は「公正な貿易」と言いながら自分が不利になればたちまち保護主義者になる。
欧米人の「フェアさ」なんてのはあくまで相手を説得するための道具にすぎない。
それを真面目に受け取る阿呆な日本人のなんと多いことか。だから世界中から日本人は侮られる。
160.名無しさん:2020年08月06日 01:40 ID:GiYH.J2z0▼このコメントに返信
現実だばっかもーん
バカ帝国海軍が真珠湾攻撃するから、南進するからいけないんだ!

161.名無しさん:2020年08月06日 01:45 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※158
横だが論点がずれてるぞ。
相手の人は、硫黄島よりも本土の方がもっと強力な火器があったと言ってるだけだ。

>関東軍を総引き揚げして本土に集めるべきだった。

精鋭を引き抜いて南方の戦地や北海道などに派遣していたので、末期の関東軍は張り子の虎だったんだよ。
議論したければもう少し基本的な知識を学んでからにした方がいい。周囲を困惑させるだけだ。
162.名無しさん:2020年08月06日 01:54 ID:DIqOmMM00▼このコメントに返信
※160
そうそう。南進政策も海軍が海南島を占領して陸軍をそそのかした。
163.名無しさん:2020年08月06日 02:11 ID:LFithlgY0▼このコメントに返信
俺があの時代にいれば勝ててたけどな。
164.名無しさん:2020年08月06日 02:12 ID:8nSRoOGD0▼このコメントに返信
>>30
吉田松陰の教育と思想の中に、大アジア主義もあったから、松下村塾の出身者、とりわけ陸軍に山縣有朋閥のように失敗の元も播かれてしまったんだよね
165.名無しさん:2020年08月06日 03:18 ID:B.COjTEK0▼このコメントに返信
本来なら政治が無能なせいっていうんやけど
統帥権盾にとって政治に干渉してたんであんまり擁護できない
財閥の意向がどうこうで国家破壊につながるような政治をとるっていうのは今もあんまり変わらん
166.名無しさん:2020年08月06日 03:26 ID:iNmo179C0▼このコメントに返信
ソ連、シナに占領されるよりは、アメリカでマシだった。20世紀の感覚として。
167.名無しさん:2020年08月06日 04:01 ID:1YRHBio90▼このコメントに返信
上層部はたしかに腐っているようだな。
無能でもあった。
乃木希典さんが見直されている。
陸軍大学に行かなかった将軍は「無能」という扱いだったようだ。
実戦優秀と学業優秀では、学業優秀の方が評価が簡単。
海鮮でも、時々刻々変化する状況と情報に対処できていたのかどうか。
目先の勝利で満足して引き上げ、損害を減らすという戦い方が流行ったが、当時は相手の手の内にある情報はどの程度予測できたのか。
作戦目的が理解されなかった作戦や、戦争目的が理解されないで行われた作戦も多い。
昨今のコロナ対策を見ていると、日本の役人や政治家は国のかじ取りがまともにできているようにも思えない。
尖閣や竹島についても同じように思う。
野党の質も悪い。
しかし野党も国のために行動したら、既得権は役人が回収するんだろう。
168.名無しさん:2020年08月06日 04:09 ID:cFExagLs0▼このコメントに返信
※135 >>135
日米諒解案で満州国承認・資源獲得の協力を提示されてたのに、南部仏印進駐
そこで全面禁輸と資産凍結の警告を受けていたので
不意に制裁を受けた訳ではありません
そもそも日米交渉の前から、真珠湾攻撃の演習してたし
169.名無しさん:2020年08月06日 04:11 ID:cFExagLs0▼このコメントに返信
※129 >>129
どんな実績?
170.名無しさん:2020年08月06日 04:14 ID:cFExagLs0▼このコメントに返信
※120 >>120
利口な人間は、必ず負ける戦いに挑みません
171.名無しさん:2020年08月06日 04:18 ID:cFExagLs0▼このコメントに返信
※126 >>126
はいはい金でも武力でも良いので
北方領土を取り返してからデカイ口利いて下さいよ。負け犬ネト.ウヨさん😆
172.名無しさん:2020年08月06日 04:19 ID:neHH0Z190▼このコメントに返信
日本がブチ切れなかったらアジア諸国の独立は100年遅れたろ
173.名無しさん:2020年08月06日 04:37 ID:oMWV..Cw0▼このコメントに返信
マスコミとそれに踊らされた軍人と国民がトップを攻撃しすぎた。気に入らなければ怒ってトップを変えればいい論が大手をふるって、大混乱の原因を作るのは戦前も戦後も同じ。
174.名無しさん:2020年08月06日 05:42 ID:wIkCLtwq0▼このコメントに返信
陸軍:勝ち目が薄いとかどうでもいい、なぜならどうせドイツが勝つから今のうちにビッグウェーブに乗ろうぜ派
海軍:1年たったらアメリカのDIE軍拡が始まってしまうから、今アメリカをヤっちまわないと勝ち目がなくなるぞ派
外務省:廣田&松岡という近代日本史上でもトップレベルの基地外のせいでもうむちゃくちゃ
宮中:枢軸同盟は間違いだったと木戸&近衛は最後には気づいたようだが完全に手遅れ
国民:南京占領ばんざーい!連盟脱退ばんざーい!、ハワイ攻撃ばんざーい!

175.名無しさん:2020年08月06日 05:45 ID:WuOB.MlM0▼このコメントに返信
>>114
アメリカ合衆国義勇軍のフライングタイガースを始め、日中戦争時の様々な支援が日本に対する戦争行為に該当しますよね
176.名無しさん:2020年08月06日 05:48 ID:WuOB.MlM0▼このコメントに返信
>>34
イギリスをそうゆう国にしたのは、ヨーロッパの畜生国で特にフランスが育てたと言っても過言では無いよな
177.名無しさん:2020年08月06日 05:51 ID:WuOB.MlM0▼このコメントに返信
>>61
皇居に原爆落とすと言わなかったら、一億総特攻やるつもりだったから、相対的に判断は早かった
178.名無しさん:2020年08月06日 06:02 ID:wIkCLtwq0▼このコメントに返信
※133
>>沖縄や硫黄島のような「粘り強くジリジリと後退しながら出血を強いる」が不可能だと悟った陸軍は、7月頃に方針を変換し、水際で住民義勇兵を巻き込んだ玉砕戦に切り替えた。

本土決戦時の帝国陸軍の配置はまさにその(水際防御)だったので、本土戦が始まったら数日で日本軍の主力は壊滅しただろう
粘り強い抵抗なんて口で言うだけなら簡単だ


179.名無しさん:2020年08月06日 06:16 ID:8I32BjZa0▼このコメントに返信
国民が戦争を煽ったというのはひどいな。軍部や財閥がマスコミを利用してそういった世論を作った。
フジテレビの番組の花さんの自殺みたいなもんだよ。
180.名無しさん:2020年08月06日 06:46 ID:H.0WcyJQ0▼このコメントに返信
そんな風潮は全く無いんだが
181.名無しさん:2020年08月06日 07:07 ID:Ad6KfWuv0▼このコメントに返信
今でこそ言える事なんてのは山ほどあるんだけども人間の脳なんてそう変わらないわけで
与えられた情報とそこから求められた予想ってので人は動くわけだが
当時の日本から見える景色での限界はそうだったって事じゃねえのかな
と言っても勝てるだけのカードが切れないことには意味が無い訳でその意味では悪手だった
しかし自分がそこに居ると仮定してアメリカに付けばいいんじゃね?って演算をはじき出せるかって言うと自信は無いし
看破したってその頃の日本は自転車操業で豊かな生活チラつかされて目の色変わった一般人に別の餌与えろったって何を与えりゃ良いんだろう
そしてアメリカがフィリピン利権の把持だけじゃなく飛び越してユーラシア大陸へのけん制やらアフリカ利権の奪取とか日本飛び越しての世界覇権の野望であったのですとかまさかなあって感じだし
そこまでアメリカがやれるって事前情報で予測できるのかな
今の情報社会になってすらお隣は海戦で日本に勝てるって思う人も居るくらいだし
当時のチラ見するくらいの情報量で予測できるのは脳みそ3つくらいついてるような知能指数がズバ抜けてるぶっ飛んだ人くらいだろう
そもそも当時のアメリカは有色人種の地位はまだ上がってなくて
アメリカの白人が有色人種に配慮しはじめたのは二次大戦で送り込む兵士が足りなくなってからだし
その流れで朝鮮戦争やらベトナムで無視できないですねコレはってなって有色人種も仲間ってことにしないと回らなくなったからだから
アメリカに付く選択は人としてのプライドをかなり捨てる感じになりそうだから
今の白人と有色人種の関係とは別の進み方になりそうだ
182.名無しさん:2020年08月06日 07:24 ID:wIkCLtwq0▼このコメントに返信
いまだにフライング阪神タイガースがどうの言うてるニシンより低能なバカウヨ君よ
そのフライングなんじゃら軍団は、西暦何年何月何日に、どこで、日本軍を攻撃したんだよ?
書いてみろよ
書けるもんならな



183.名無しさん:2020年08月06日 07:51 ID:NVo0hvEm0▼このコメントに返信
>>147
上が有能なら30年もデフレになってないし、下が無能ならデフレ30年も耐えられる筈がない。
184.名無しさん:2020年08月06日 07:51 ID:ktRKzClQ0▼このコメントに返信
>>175
※175
>日中戦争時の様々な支援が日本に対する戦争行為に該当しますよね

ナチスドイツやソ連も中国を支援していましたけど。
日本はナチスドイツやソ連と戦争状態だったんですか?
というか、あの当時は直接戦争を回避するために義勇軍を送る行為は当たり前でしたね。
185.名無しさん:2020年08月06日 07:59 ID:m34TMnng0▼このコメントに返信
>>183
デフレ加速させてるのも下。
耐えられたのは有能だからではなくて、昔から災害が多かったから日本は耐える事が得意なだけでしょ。
186.名無しさん:2020年08月06日 07:59 ID:eqs9G4Ix0▼このコメントに返信
現場は超有能なのに、上が無能なせいで国全体としてはいまいちってのは昔も今も変わらんな
187.名無しさん:2020年08月06日 07:59 ID:CLIG9odt0▼このコメントに返信
圧倒的な国力差が戦力に直結することを軍部もわかってなかった感じがぷんぷんするんだ
188.名無しさん:2020年08月06日 08:08 ID:56.wSqfB0▼このコメントに返信
カサブランカ級航空母艦:ほぼ一週間に1隻のペースで新造艦が送り出されたので「週刊空母」の異名を持つ(wiki)。誰が有能でもこんなバケモノと殴り合ったらしんじゃうよ
189.名無しさん:2020年08月06日 08:12 ID:akUFvIbB0▼このコメントに返信
あそこで捨身で殴りかかったから、一目置かれた今がある。
必敗だろうが原爆落とされようが、戦争不可避。
戦争しなければ日本全てが干上がらせられて全滅させられると当時は思われたのだから。

そして殴らないで政治で取った韓国が未だに日本を舐めてくるのも、徹底的に殴らなかったせい。
今度こそ徹底的に殴るべき。
190.名無しさん:2020年08月06日 08:33 ID:HFg5LrKF0▼このコメントに返信
>左のやつらは特高がボコーだったし

革新官僚や西園寺公一、尾崎秀実、風見章を知らんのか。
191.名無しさん:2020年08月06日 08:44 ID:NVo0hvEm0▼このコメントに返信
>>185
金が無いのにわざわざ高い買い物する馬鹿がいるのか?それを理解してない上の何処が有能なんだ?
192.名無しさん:2020年08月06日 09:01 ID:oTn8HqAj0▼このコメントに返信
>>191
上が有能なんて誰も言ってない件
上は下に相応してるだろ
193.名無しさん:2020年08月06日 09:03 ID:NVo0hvEm0▼このコメントに返信
>>192
では
上は無能、下は有能でも無能でもない当たり前の行動をしたって事だな?
194.名無しさん:2020年08月06日 09:07 ID:oTn8HqAj0▼このコメントに返信
>>193
仮に日本が無能なら、上も下も無能
仮に日本が有能なら、上も下も有能
単純なことじゃないか
195.名無しさん:2020年08月06日 09:40 ID:JCB18WMh0▼このコメントに返信
当時アメリカに譲歩なんかしたら余裕で政権吹っ飛んでたし、下手したらクーデター起きてより無茶苦茶な戦争してたわ
196.名無しさん:2020年08月06日 09:56 ID:NVo0hvEm0▼このコメントに返信
>>194
デフレ30年も続けている上が有能はあり得ないだろ?下は「金が無いから高い買い物しない」という普通。
197.名無しさん:2020年08月06日 10:01 ID:UKBkyfn00▼このコメントに返信
帝国主義下にある自国が対外戦争に参戦した場合、第二インターナショナルの社会民主主義者たちのように自国の勝利のために挙国一致で戦うのではなく(城内平和)、戦争への協力を拒否し、その混乱や弱体化に乗じて革命で政権を掌握させるべきとした。具体的には、反戦運動により厭戦気分を高揚させることで自国の戦争遂行を妨害したりすることなどである。

wikiペディアより
198.名無しさん:2020年08月06日 10:02 ID:UKBkyfn00▼このコメントに返信
↑ 革命的祖国敗北主義な
199.名無しさん:2020年08月06日 10:13 ID:2.f262je0▼このコメントに返信
>>196
上と下のレベルが乖離することはあり得ない
下がヤジしか飛ばせないから上が好きにやってるだけ

下が普通とか、下が有能とか、
そんなくだらない妄想は捨てておけ
上と下は同レベル
200.名無しさん:2020年08月06日 10:34 ID:PPurPiwx0▼このコメントに返信
今現在、アメリカが中国に対して同じことをしようとしてるぞ
今月か来月にでもハルノートみたいなのを突き付けて開戦かもな
南シナ海人工島爆破命令が来たらすぐやで
201.名無しさん:2020年08月06日 10:59 ID:gSypJGs90▼このコメントに返信
>>67
いやパールハーバーを上手くと言うのは、少なくとも備蓄燃料まで爆撃すべきだったし、出来れば空母も撃沈したかったってこと。
202.名無しさん:2020年08月06日 11:04 ID:gSypJGs90▼このコメントに返信
>>184
当時は戦争は普通にやってたからパリ不戦条約とか持ち出しても意味がない。

当時の米国はなんでも白人用(レストランなど)と有色人種用が分けられていた、公的人種差別国家だったんだぞ。

それくらい今と当時の価値観は違うという事だ。
203.名無しさん:2020年08月06日 11:16 ID:5dLEdgNp0▼このコメントに返信
上層部が無能な為に負けたのは太平洋戦争じゃなくて平成の時代だろ。
負けたのは団塊、お前らだよ。
しかも世界中にw
204.名無しさん:2020年08月06日 11:41 ID:vFejLoVL0▼このコメントに返信
>都合の良い時だけ、アジア解放
人種戦争論出すからダメなんだよ


昭和天皇独白録より大東亜戦争の遠因について

第一次世界大戦後の世界に於いて、欧米の戦勝国などによる、日本への差別・黄色人種への差別が存在する。

戦後の講和会議での日本の人種平等案否決、カルフォルニア州の移民拒否、青島還付など。
 
上記理由による国民の憤慨を背景に、軍が戦う決意をすると抑えることは困難。
205.名無しさん:2020年08月06日 12:15 ID:RdBamH6S0▼このコメントに返信
天コロの世界征服の野望、士官の出世欲、無知無学な国民…
これだけ揃えば戦争になるわな…
206.名無しさん:2020年08月06日 12:18 ID:RdBamH6S0▼このコメントに返信
元海軍高級将校
「我々の作戦に間違いはなかった!正規士官パイロットはよく戦った!」「下士官兵パイロットの働きが悪かった!戦術研究もせず遊び呆けていた!」
207.名無しさん:2020年08月06日 12:39 ID:hqeXInrj0▼このコメントに返信
8年前の記事だからアレだけど、
100年近く日本の体質は変わってないよね
ネットでイノベーションが起こった世代がトップに立つまでは変わらん
208.名無しさん:2020年08月06日 12:45 ID:fHIKwDQ10▼このコメントに返信
>>202
※202
>当時は戦争は普通にやってたからパリ不戦条約とか持ち出しても意味がない。

日本は九カ国条約やパリ不戦条約に調印していたので意味はありますよ。
日本はパリ不戦条約を気にしていたから、日中戦争を"事変"と呼んでいたんです。
条約を蔑ろにしていたのも枢軸国(日・独・伊)の敗因ですね。
209.名無しさん:2020年08月06日 12:50 ID:fHIKwDQ10▼このコメントに返信
>>204
※204
イタリアのエチオピア侵攻ではイタリア(白人)を支持しているんだけどね、日本は。
日本も黒人を差別しているんだよねぇ。
210.名無しさん:2020年08月06日 13:04 ID:BPKfmryE0▼このコメントに返信
※209
あれで、元祖日本右翼の玄洋社は怒った。>日本のイタリア支持
その前に、玄洋社はエチオピア王家と日本皇族との結婚を画策してた。
元祖アジア主義者の玄洋社は、日本の満州政策にも怒ってて「あんなの土地泥棒じゃねぇか!」と抗議してる。
おかげで特高や憲兵に睨まれ、1930年代後半から急速に活動を低下させてる。
211.名無しさん:2020年08月06日 13:08 ID:BPKfmryE0▼このコメントに返信
※157
>日本もそこそこ工業が発達していたに決まってるだろ
馬っ鹿でぇ(w
当時のフォードとGMに、トヨタと日産が勝てるわけ無いだろ(w
212.名無しさん:2020年08月06日 13:20 ID:BPKfmryE0▼このコメントに返信
※157
>戦前は自由貿易なんか保障されていなかったんだよ
中国を代表する国民党政府が「今後、アメリカ製品の輸入は規制する」と言うなら、まだ筋は通る。
ただ、それは9カ国条約違反だけどね(条約以後に新規の輸入制限や高額関税の設定は禁止されてる)。
だけど、中国市場の貿易を、何の根拠があって日本が制限するんだ?
213.名無しさん:2020年08月06日 14:21 ID:QRc52KlT0▼このコメントに返信
>>2
左翼は左翼で平和主義者でもなく漏れなくテロリストだしな
映画なんかの創作ものだと左翼が戦争反対の活動を弾圧されたように描かれるが、実際はコミンテルンの指示でコミンテルンにとっての敵性国家への妨害、破壊工作やってただけや
多様性を認めない同調圧力社会と社会破壊者の争いっちゅー殺伐とした世の中やで
214.名無しさん:2020年08月06日 15:31 ID:dsLjoTLY0▼このコメントに返信
>>65
蒋介石の働きでハル・ノートができたことが日中戦争の失敗だったな
215.名無しさん:2020年08月06日 15:51 ID:BPKfmryE0▼このコメントに返信
※214
この手のスレで「9カ国条約違反は蒋介石が先」と言う意見が出るけど、それで国際的同意が得られなかった時点で日本の戦略負け。
蒋介石(国民党政府)は1928年の国権回復運動でワシントン体制に挑戦し、列強に凹られたあと、おとなしくなった。
日本は、この懲罰戦争に参加しなかった。
ワシントン体制では、「中国の列強利権は、参加国が相互に保全し尊重する」とあるのに、日本は兵を出さなかったことで欧米に対日不信感が生まれた。
216.名無しさん:2020年08月06日 16:34 ID:qDQxdksc0▼このコメントに返信
※205
アジアの盟主という夢想を盲信している箸にも棒にもかからない大統領
敵もわからず己もわからず、哨戒機におびえションベン漏らす士官
ダンゴムシ未満の知能とファンタジー歴史を信じるド底辺国民
これだけ潤沢に揃ってても戦争にならない例もあるぞ、突き抜けすぎか?
217.名無しさん:2020年08月06日 18:04 ID:wIkCLtwq0▼このコメントに返信
※204
>>第一次世界大戦後の世界に於いて、欧米の戦勝国などによる、日本への差別・黄色人種への差別が存在する。

日本は第一次大戦の戦勝国で国際連盟の常任理事国だろ
天皇の発言かなんか知らんけど、話を鵜呑みにしてはいかんな


218.名無しさん:2020年08月06日 18:35 ID:BPKfmryE0▼このコメントに返信
※217
ベルサイユ会議の各分会で、日本代表に意見を求めると、
「いや、僕、よく分からないので(意訳」
「それは本省と政府に確認取ってみないと(意訳」
しか言わないので、
「こいつら、なんのために出席してんだ?」
と呆れられていた。
当事国で無いからこそ客観的な意見を求めたり、あるいは大事な一票だから味方に引き込もう、または調整役を期待したりする。
だけど全部逃げ回った。
なのに、唐突に人種差別撤廃とか言い出した。
もうちょっとね、日本には関係が無いけど欧米にとっては深刻だった各議題の議論へ積極的に関わっていれば、イギリスも人種差別撤廃宣言に強硬反対していた豪州やアメリカを説得する努力をしていたかも知れない。
219.名無しさん:2020年08月06日 19:39 ID:.M20NWpK0▼このコメントに返信
当時の詳細を知りたい。本当には何があったのかと。きっと上層部も無能ではないだろうし、国民も一定の考えがあったはず。ハルノートの内容を考えるとハメられたとも考えられる。米民主党が今でも悪だと思ってしまう。
220.名無しさん:2020年08月06日 21:08 ID:2KChrjKg0▼このコメントに返信
※219
勝手に満州国を建国し、中国と戦争を始め、国連を脱退し、暴れ出したドイツと同盟を結び、
南進しておきながら日米交渉を重ねる場でのハルノートでハメられたとか自己中すぎるw
制裁くらってる北でもここまで酷くないぞ。
221.名無しさん:2020年08月06日 21:16 ID:Th70Qa6i0▼このコメントに返信
※215
>それで国際的同意が得られなかった時点で日本の戦略負け。

得られていたから満州国など日本の行為は承認または黙認されていたのだが。というか当初、蒋介石をまっとうに支援していたのがドイツだけという時点で欧米の中国支持のレベルはお察し状態ですが

それがおかしくなったのは日本やアジアどうこうではなく複雑怪奇な欧州情勢を当事者である英仏独が解決できなかった結果、本来無関係の日米が巻き込まれた。その際にたまたま日本はドイツと同盟国、アメリカはイギリスと同盟国だったのが問題の始まりであると。
222.名無しさん:2020年08月06日 21:19 ID:Th70Qa6i0▼このコメントに返信
※220
それ中国をカリブ海や中南米と言い換えるなど多少の固有名詞を変更すればアメリカの所業その物なんだが…。

というか当のアメリカ国内からも「日本での中国の行為は我々が中南米やカリブ海でやったことと同じ。それに横やり入れれば戦争になるし、俺らだって入れられればそうする」と言われているけど。
223.名無しさん:2020年08月06日 21:36 ID:Th70Qa6i0▼このコメントに返信
※220
>勝手に満州国を建国し、

普通に承認または黙認されているので”勝手”というのはおかしな話だが。

>中国と戦争を始め、

始めたのは中国の方ですけどね。

>国連を脱退し、

ブラジルなどのように国連の運営方針を巡って脱退するなど別に日本だけ脱退したわけでもないし、そもそも加盟していないアメリカは何なんだ?

>暴れ出したドイツと同盟を結び、

その暴れる原因どころか擁護支援までしているのがドイツの再軍備を認めたり、周辺地域への侵攻を認めた英仏となんだが。

224.名無しさん:2020年08月06日 21:36 ID:Th70Qa6i0▼このコメントに返信
※220
>南進しておきながら日米交渉を重ねる場でのハルノートでハメられたとか自己中すぎるw

その理由が戦争当事国でもないのに中国に支援しているから。
でそこまで徹底して挑発や追い込んでおいて真珠湾攻撃を「卑怯だ!」とか言っている方が自己中だと思うけど。

>制裁くらってる北でもここまで酷くないぞ。

北の場合はしょぼ過ぎるから誰もまともに相手にしないだけ。
たいして当時の日本は世界最大級の海軍を持つ列強あので望むと望まないと関わり合いが発生するという違いだが。
225.名無しさん:2020年08月06日 21:45 ID:cFExagLs0▼このコメントに返信
※221 >>221
散々ネト.ウヨさんが義勇兵からの
フライングタイガースガーって喚いてますやん。なに言ってんだか
226.名無しさん:2020年08月06日 21:49 ID:cFExagLs0▼このコメントに返信
※224 >>224
WW1でドイツの領土を火事場泥棒したり
日米交渉前から真珠湾攻撃の演習するのは
あなた的には卑怯じゃないんですか?
227.名無しさん:2020年08月06日 21:52 ID:cFExagLs0▼このコメントに返信
※219 >>219
日米交渉の時系列を追っていけば、日本の自業自得だと分かります
228.名無しさん:2020年08月06日 21:53 ID:Th70Qa6i0▼このコメントに返信
※225
その連中が時系列的にはそのタイガーさんたちは「複雑怪奇な欧州情勢を当事者である英仏独が解決できなかった結果、本来無関係の日米が巻き込まれた。」あたりなのを理解されているので?
229.名無しさん:2020年08月06日 21:55 ID:Th70Qa6i0▼このコメントに返信
※227
スタートの時点で今までアジア方面で何もしていない…どころかカリブや南米で日本以上に好き勝手やっているアメリカが口出すねん、となるんだが。
230.名無しさん:2020年08月06日 22:12 ID:8kQQNRLs0▼このコメントに返信
※229
カリブや中南米が「アメリカが悪いんです!」と喚かないから。
それにね、パナマを強引に分離独立した時とは時代が違うよ。
ベルサイユとワシントンの会議で、ルールが変わったんだよ。
それを日本も批准してる。
嫌だったら、最初っから両会議から脱退し、国連にも加盟せず、1920年代から
「アジアは日本のルールで仕切る!」
と宣言すれば良かったんだ。
まぁ、そんな誇大妄想のアジア主義なんか、原敬が鼻で笑い飛ばした出そうけどね。
231.名無しさん:2020年08月06日 22:41 ID:cFExagLs0▼このコメントに返信
Th70Qa6i0 日本語でおk
232.名無し犬:2020年08月07日 00:23 ID:9wIjqM4r0▼このコメントに返信
 あっほだよなーホントに・・・
 上層部が無能だから負けたって・・・
 じゃあ戦後日本の上層部が入れ替わってたら勝てたと思う?
 戦後日本の上層部よりはマシじゃねーの? まかりまちがって鳩山だったらって考えてみ?
 上層部はどっちが無能だか決め難いが・・・
 下層部が見る影もないほど凋落して、似ても似つかないってのは、はっきりしてんじゃねーの?
 オレやお前のような「下層部」のものが憂えなきゃならないのは、そっちの方じゃないの?
 上層部の心配なんか、してる場合じゃないぜ。
233.名無しさん:2020年08月07日 00:25 ID:XiFQLEdU0▼このコメントに返信
※222
>「それに横やり入れれば戦争になるし、俺らだって入れられればそうする」と言われているけど。
だから、ふつうはハルノートでハメられたなんてヌルいことは考えないっての。

※223
>普通に承認または黙認されているので”勝手”というのはおかしな話だが。
国連投票で完全に否決されただろ。

>ドイツの再軍備を認めたり、周辺地域への侵攻を認めた英仏となんだが。
そういう細かいのはどうでもいいから。
イギリスやフランスに軍事侵攻した国と同盟を結んだってことが大事。

※224
>その理由が戦争当事国でもないのに中国に支援しているから。
そりゃ軍事侵攻してるのは日本の方だから当然だろ。
※114も書いているけどアメリカも条約を締結した当事国だぞ。
どんだけ自己中なんだよw
234.名無しさん:2020年08月07日 11:44 ID:B3iBZyBb0▼このコメントに返信
陸自見てるとわかるけど
だめだこりゃ
235.名無しさん:2020年08月07日 13:04 ID:cvTx7oXi0▼このコメントに返信
上層部に共産国側へ情報を漏らしてるスパイが居たのを摘発出来なかった無能さだろ!


236.名無しさん:2020年08月07日 13:16 ID:It6W2Ah.0▼このコメントに返信
※235
英国との情報交換が親密だったなら、ある程度は防げた。
英国情報部は、ソルゲが上海で活動中だった1933年頃に彼がソ連のスパイだと確信するに至る証拠をつかんでた。
237.名無しさん:2020年08月08日 07:21 ID:bcsUHArP0▼このコメントに返信
※232 >>232
真っ当な人間なら、対米戦は回避する
238.名無しさん:2020年08月08日 20:18 ID:ybhKPvzm0▼このコメントに返信
戦前の我が国は、対米戦という事前的想定の範囲外である。

どちらかというと、日米双方の複数政府からの要請に基づくものであり、結果的に極東委員会においてその優位性は発揮された。

つまり、どちらかが戦後体制に優位に立てるかという話し合いは、人間だれしも一度はするものである。

したがって、スターリンを出し抜いたのは、ルーズベルトか?トルーマンか?、はたまた、フーバーか?

それとも、アイゼンハワーか?・・・俺的には、マッカーサーであってほしい思うところである。

実際は、経済界である以上、フーバーが大いに暗躍した可能性は大である。

239.名無しさん:2020年08月10日 13:23 ID:11S2zhoE0▼このコメントに返信
※238
>戦前の我が国は、対米戦という事前的想定の範囲外である。

満州事変、対中戦争、三国同盟をしておいて対米戦は範囲外とかw
240.名無しさん:2020年08月11日 10:53 ID:WsV2ybCE0▼このコメントに返信
>>227
そもそも、日英同盟を
破棄するようにさせたのが、
アメだから

まずそこだけでも、
アメの心根がわかる
241.名無しさん:2020年08月11日 10:54 ID:WsV2ybCE0▼このコメントに返信
>>221
そもそも、日英同盟を
破棄するようにさせたのが、
アメだから

まずそこだけでも、
アメの心根がわかる
242.名無しさん:2020年08月14日 09:48 ID:2eZkSPiX0▼このコメントに返信
上層部が有能であっても勝てないと言うことは理解できるが、
そもそも有能であれば太平洋戦争を始めなかった説。

お名前