2020年07月13日 22:05

米「B-29!」 独「ティーガー!」 日「零戦!」 イギリス ← こいつだけ何にもなくね?

米「B-29!」 独「ティーガー!」 日「零戦!」 イギリス ← こいつだけ何にもなくね?

20180502000254

引用元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1594566383/

2: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:06:34.61 ID:dHFgpgcwr
スピットファイア

37: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:11:02.50 ID:mkO/ArUAd
>>2
もう答え出てて草

3: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:06:39.70 ID:YSqbwAdAd
しゃーない

4: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:06:45.81 ID:8MwPshtu0
パンジャンドラム

5: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:06:51.01 ID:v/3CWFi/0
センチュリオン作ったからセーフ

8: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:07:39.91 ID:vIrt4RB20
ドレットノートや

9: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:07:49.48 ID:V0zj8Zb0r
ドレッドノート

10: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:07:52.18 ID:Z5bMReaj0
スピットファイア!センチュリオン!

12: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:07:59.72 ID:IiyTuFdU0
アブロランカスター

13: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:08:13.91 ID:xciF7R7X0
戦地で紅茶飲めるキット

14: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:08:27.20 ID:lZSgtox+0
パンジャンで遊んで勝てるんだよなぁ

17: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:08:35.27 ID:xKmn2ZzFa
零戦って何が凄いんや

28: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:09:48.51 ID:kRetQcArd
>>17
登場した時期

33: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:10:24.90 ID:ftMymkPp0
>>17
航続距離

35: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:10:33.82 ID:7xySs4eC0
>>17
航続距離
他を圧倒してるぞ

43: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:11:40.04 ID:moL9cFLI0
>>17
忘れがちだが攻撃力もかなりあるぞ

61: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:13:29.60 ID:mkO/ArUAd
>>17
機動力やな
あのエンジン出力とは裏腹な機動力には米軍もビビったやろ
紙装甲高機動というロマン機体
なおパイロット生存能力はカスな模様

73: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:14:49.19 ID:UDiQfsvQ0
>>17
離着陸性能や
糞貧弱な滑走路でも運用出来た

30: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:10:10.05 ID:moL9cFLI0
イギリスはレーダーすごいんちゃうの?

34: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:10:33.13 ID:uSiaHeil0
ソードフィッシュ

36: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:10:43.08 ID:smYvh3b00
救国の英雄スピットファイアがあるやろ

40: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:11:16.40 ID:uSiaHeil0
じゃあソ連は?T34?

48: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:12:06.51 ID:Uqweicqd0
>>40
大砲がすごいイメージ

50: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:12:18.27 ID:lq+7G2WD0
>>40
KV2

46: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:11:53.04 ID:rKvRPplm0
イギリスは諜報がすごいんや
独ソ戦でのソ連の勝利はイギリスの諜報活動のおかげといっても過言でないと思うで

78: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:15:21.46 ID:VvKk1JOd0
いま今の軍艦は零戦の方向へ進化しているという事実

82: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:15:32.04 ID:rc0dWHn3M
レーダーはイギリスとドイツの2強や
イギリスが作るレーダーにドイツが対抗してそれにイギリスが対抗するの繰り返し

93: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:16:47.05 ID:Kt14lEoNM
>>82
超長距離攻撃は日本の一強でええか?

103: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:17:49.25 ID:rc0dWHn3M
>>93 
そもそもヨーロッパで戦争やってる組は航続距離とか二の次やからアメリカの艦載機と日本軍機しか戦わん土俵ではある

113: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:18:24.67 ID:3L6ACkNn0
>>103
歩いて帰れる距離やしな

128: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:19:37.12 ID:Kt14lEoNM
>>113
独ソ戦の100機超えのエースパイロットとかだいたい数回撃墜されて帰還してるとかやしな
太平洋戦争なら日米ともに撃墜されたら死ぬしな

141: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:20:36.99 ID:3L6ACkNn0
>>128
せやから相手も機体捨てて帰ったり出来んから数上がらんのよね太平洋組は

176: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:22:18.95 ID:rkPVdvGja
>>128
米軍は空戦海域に救助用潜水艦待機させてるで

199: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:23:36.42 ID:1I0YYNUu0
>>176
B29も機体不良からの不時着多かったしな

87: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:16:17.97 ID:Ygd0rqBO0
ソードフィッシュ?って奴の名前もよく聞くが
コイツは何が強みなの?

90: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:16:45.11 ID:5f00SAGD0
>>87
遅すぎること

94: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:16:57.32 ID:moL9cFLI0
>>87
軍用機界のスーパーカブみたいなもんや

97: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:17:12.54 ID:9csUDiF/0
>>87
雑に使える

126: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:19:30.14 ID:uSiaHeil0
>>87
くっそ遅い
安定性

102: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:17:43.16 ID:Iew5Kye60
零戦20mm信仰て実は搭乗員からは不評やなかったけ
そもそも当てにくいとか

112: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:18:23.26 ID:UDiQfsvQ0
>>102
20mmの一番の問題は装弾数の少なさ

116: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:18:43.90 ID:W92da+oD0
>>102
それは30年くらい前の風潮やな
坂井三郎が20mmネガっててそれをみんな信じてた頃の話

145: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:20:47.28 ID:Iew5Kye60
>>116
今はどんなふうなん?

225: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:25:40.47 ID:W92da+oD0
>>145
一時期初期英軍機みたいな小口径多重搭載と大口径少数搭載どっちがええんかって議論があったんや
今は当時の空戦の実像と軍用機開発を見れば大口径一択だったって考えが主流

122: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:19:16.99 ID:rKpMzOGVp
戦闘機の機関銃ってなんで自分のプロペラに当たらんの?

135: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:20:16.88 ID:Kt14lEoNM
>>122
プロペラと同調する装置が着いてる

129: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:19:47.55 ID:rc0dWHn3M
ドイツがエースだらけなのは落ちても地面で味方に助けてもらえる可能性があるから
日本は落ちたら太平洋に放り出されるからそら死ぬわな

152: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:21:06.80 ID:c40b8Pn30
>>129
エースって基本的に不利な国にしか出てこないしな
当たり前やけど勝ってる方は数で勝つから

131: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:19:49.51 ID:chcmBUM80
何が強いのかよくわからない国だよなイギリス
何が強いんだ

151: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:21:04.29 ID:rc0dWHn3M
>>131 総合力が強い
陸海空どれも2位クラスや

160: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:21:30.95 ID:oPQtuE9B0
>>151
流石に2位はない

144: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:20:44.01 ID:yYUwJYmP0
イギリスの強さは狡猾さだから数値に出ない

155: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:21:10.10 ID:RyGKPxQUd
活躍度合いならソードフィッシュやろ

200: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:23:37.53 ID:c40b8Pn30
零戦ってアホみたいに航続距離長いけど
その分コクピットの装甲薄いし

何よりブラック企業のような日本軍には絶望的にデメリットで、長距離航行させられてパイロットが死ぬほど消耗したという悲しみ

220: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:25:05.78 ID:FrPlhnhr0
>>200
ミッドウェーばかり言われがちやけどラバウル→餓島航空戦のがやばいよな

251: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:27:02.53 ID:c40b8Pn30
>>220
片道1000キロ飛んで空戦して帰って来いやからな
めちゃくちゃやで

295: 風吹けば名無し 2020/07/13(月) 00:30:02.55 ID:rV/oTkr70
スピットファイアはええな
実力以上に評価されてる感はあるが活躍したのが正義や

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.対馬・北部九州・関門海峡:2020年07月13日 22:08 ID:a5yLVPPY0▼このコメントに返信
対馬が危険


韓国が『軍事的』な意味で長崎県『対馬』を狙っている。


(⌒0⌒)/~~『『要注意』である。』
2.名無しさん:2020年07月13日 22:12 ID:cola9QpJ0▼このコメントに返信
珍戦艦のネルソン級も実は活躍してるぞ。
あんなナリで。
3.名無しさん:2020年07月13日 22:12 ID:pOFTtLk00▼このコメントに返信
SASかな。
4.名無しさん:2020年07月13日 22:14 ID:gW.DtEwb0▼このコメントに返信
零戦だって晩年は時代遅れで特攻するしかできなくなってるから悲しいね
5.名無しさん:2020年07月13日 22:15 ID:DurRwsfC0▼このコメントに返信
プリンス オブ ウェールズがあるだろ
6.名無しさん:2020年07月13日 22:16 ID:HSNU4Cus0▼このコメントに返信
木製飛行機 デ・ハビランド モスキート
7.名無しさん:2020年07月13日 22:16 ID:89Gknrsn0▼このコメントに返信
二枚舌
8.名無しさん:2020年07月13日 22:16 ID:o1Hwtx4G0▼このコメントに返信
※1
頑張って言い続けてくれ
陰ながら応援してるぞ
9.名無しさん:2020年07月13日 22:17 ID:uoVPeSKj0▼このコメントに返信
最終兵器パンジャンドラムがあるやん。
10.名無しさん:2020年07月13日 22:17 ID:hgMvNUr.0▼このコメントに返信
最速木製戦闘機、モスキート も混ぜて。 あと複葉雷撃機 ソードフィッシュも。
11.名無しさん:2020年07月13日 22:18 ID:7U6bkQwb0▼このコメントに返信
ド級戦艦(ドレッドノート級戦艦)
大和や武蔵で散々言ってんだろ
12.名無しさん:2020年07月13日 22:18 ID:Br1P1LYG0▼このコメントに返信
Uボートのウルフパックを駆逐したイギリスの輸送船団方式と対潜兵器のヘッジホッグの組み合わせは素晴らしい
13.古古米:2020年07月13日 22:19 ID:NVfjD.W50▼このコメントに返信
>>5 ※5
ついでにレパルスも。
14.名無しさん:2020年07月13日 22:19 ID:2tBsq.Y.0▼このコメントに返信
ドイツはメッサーシュミット。それからリバース・エンジニアリングでコピーしたものがスピットファイアー。ロールスロイスのエンジンだよ。いまこのロールスロイスがオスプレイに搭載されている。
15.名無しさん:2020年07月13日 22:20 ID:borlSu460▼このコメントに返信
モスキートも夜戦では相当脅威だったらしいな
16.名無しさん:2020年07月13日 22:21 ID:Y2r2sYZf0▼このコメントに返信
零戦は圧倒的威力の20ミリ機関砲と他の追随を許さない上昇力が最大の強み
意外なことにそれら以外の航続力や運動性能とかはワイルドキャットと大差なかったりする
ところで装甲軽視批判は、アメリカのカタリナ運用が無ければ片手落ちであることに注意しよう。被装甲箇所周辺部は「破損しても今落ちるわけじゃない」部品が多いから、装甲でそのときは人間を守れても結局はサメに綺麗な餌をやる結果にしかならない
17.古古米:2020年07月13日 22:21 ID:NVfjD.W50▼このコメントに返信
>>7 ※7
そんなに少なくありませーん。
最低でも三枚舌。
然も鮫の歯と一緒で抜いても抜いても生えてくる。
イギリス人が仏教徒にならないのは、閻魔大王が過労死するからだと思われる。
18.名無しさん:2020年07月13日 22:22 ID:Sl1ZVr560▼このコメントに返信
まあマジノ線という究極の出落ち要塞しかないフランスとか
砂漠パスタという兵器ですらないことが一番有名なイタリアよりはマシだから…
19.名無しさん:2020年07月13日 22:22 ID:lDS9glrj0▼このコメントに返信
ドーバー海峡ッス。 by チャーチル
20.名無しさん:2020年07月13日 22:23 ID:krMVMxCj0▼このコメントに返信
KGV級はその国の首相から「戦艦みたいな何かwww」って
バカにされちゃうぐらい、スペック上はダメな子だったけど、
それを大西洋でも北極海でも擦り切れるまで使って
最後は日本本土への艦砲射撃までやってのけた
使い手あっての兵器だっていう、いいサンプルケース
21.ありがとうございます。🙇🐀🐁🐭🙇:2020年07月13日 22:24 ID:a5yLVPPY0▼このコメントに返信
>>8
ありがとうございます。🙇
22.名無しさん:2020年07月13日 22:24 ID:xVb6TKJE0▼このコメントに返信
超ド級の面白さ!とか日本語に残るくらいには凄いドレットノート
ドレットノート級というクラスが作られて名前になってるくらい
23.名無しさん:2020年07月13日 22:25 ID:GbhoCAWy0▼このコメントに返信
※18
砂漠パスタなんてネタをまだ信じてる奴がいるとは
24.名無しさん:2020年07月13日 22:26 ID:5tCRMQ5S0▼このコメントに返信
マチルダⅡだろ

ぶっちゃけティーガーとか戦略的には何の意味もない資源の無駄遣いだぞ
25.名無しさん:2020年07月13日 22:26 ID:Flr.CsKZ0▼このコメントに返信
レーダー ヘッジホッグ 暗号解読
26.名無しさん:2020年07月13日 22:27 ID:OHEhUnTR0▼このコメントに返信
零戦は航続距離長すぎで ソロモン戦の頃は疲労に耐え切れずに
居眠りして落っこちるパイロットが結構いたんじゃないかと言われてる
27.名無しさん:2020年07月13日 22:29 ID:Flr.CsKZ0▼このコメントに返信
オペレーションズリサーチとかいう大正義もあるぞ
28.名無しさん:2020年07月13日 22:31 ID:MhVGe4Er0▼このコメントに返信
スピットファイアにモスキート、バラクーダとかあるやん
パンジャンみたいなとんでも兵器にPOWみたいな不名誉な艦船までなんでもござれのネタの宝庫だよ
29.名無しさん:2020年07月13日 22:32 ID:gW.DtEwb0▼このコメントに返信
イギリスが最初に造ったww1の戦車だけはタンクと言いたくなる
30.名無しさん:2020年07月13日 22:32 ID:rqRjK3G40▼このコメントに返信
チューリングと暗号解読機「ボンベ (Bombe)」で。

事実上、イギリス最強の秘密兵器だろう。
31.名無しさん:2020年07月13日 22:34 ID:cc8my6tE0▼このコメントに返信
フランスの戦闘機ってなに
32.名無しさん:2020年07月13日 22:34 ID:c0zP2VJ30▼このコメントに返信
※18
フランスは第一次世界大戦のルノー FT-17 軽戦車がある。
第2次世界大戦と言われたら少し悩むが。
33.名無しさん:2020年07月13日 22:35 ID:viP26tZ.0▼このコメントに返信
零戦の防弾煽りはそのままイギリス機に跳ね返って来るんだよなぁ…
34.名無しさん:2020年07月13日 22:36 ID:krMVMxCj0▼このコメントに返信
M4シャーマンという偉大過ぎる凡車
数の暴力でティーガーIやパンターを押し退けたが
戦闘力自体は4号も超えることができなくて
戦車兵はなりふり構わず撃破されたほか戦車の装甲や
なければ土嚢まで張り付けて装甲の足しにした
35.名無しさん:2020年07月13日 22:36 ID:mrLLbK1q0▼このコメントに返信
パンジャンドラムのいらすとww
36.名無しさん:2020年07月13日 22:38 ID:viP26tZ.0▼このコメントに返信
※28
即席パイク、自爆率半分の火炎瓶ランチャー、ネコパラシュート、鍛冶屋親父の対潜ハンマー部隊とかネタを通り越して狂気じみててすき

やっぱ島国って似るんやね…って思ったけど流石に後半のラインナップほどは酷くなかった
37.名無しさん:2020年07月13日 22:42 ID:UIdbVwuJ0▼このコメントに返信
※25 >>25
レドーム・ヘッジホッグ・PPIスコープが出てないとか、頭おかCよな
38.名無しさん:2020年07月13日 22:42 ID:rqRjK3G40▼このコメントに返信
マリアン・レイェフスキ

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A7%E3%83%95%E3%82%B9%E3%82%AD

面白すぎる。一人の天才が戦局を動かす…
39.名無しさん:2020年07月13日 22:42 ID:pUR6mvXr0▼このコメントに返信
1130馬力、機首に13mm、両翼に20mmの機関砲をひっさげて
ミッドウェー海戦までは太平洋の空を制してたバケモンとかいう謳い文句くるおしいほどすき
40.名無しさん:2020年07月13日 22:43 ID:gW.DtEwb0▼このコメントに返信
※34
戦車の外装にいろんなも載っけるのアメリカの伝統なんやろな、エイブラムスでもやってるし
41.名無しさん:2020年07月13日 22:43 ID:vdSZPdSu0▼このコメントに返信
bombe出ててほっとした。
チューリングさんただでさえかわいそうやのに。
42.名無しさん:2020年07月13日 22:44 ID:X6usQ2kS0▼このコメントに返信
おっとL85ちゃんの悪口はそこまでだ
って誰も言ってないか、いやなんでもない
43.名無しさん:2020年07月13日 22:46 ID:MhVGe4Er0▼このコメントに返信
>>31
WW2だとモラーヌ・ソルニエMS406かな
ドイツのBf109E相手に奮戦はしたけど性能差もあって短期間で損耗した
44.名無しさん:2020年07月13日 22:46 ID:rqRjK3G40▼このコメントに返信
BombeのWikipedia、日本語版がないという…

ttps://en.wikipedia.org/wiki/Bombe

このへんがIT後進国と、インテリジェンス小国の面目躍如といったところか
暗号解読軽視してるとまた敗戦するな
45.名無しさん:2020年07月13日 22:47 ID:UIdbVwuJ0▼このコメントに返信
F8Fとタメを張る艦載機・ホーカー シーフューリー
前線輸送中に終戦した、西側戦車の礎・センチュリオン
46.名無しさん:2020年07月13日 22:50 ID:5Mw.kznJ0▼このコメントに返信
輸入兵器の改造だけど17ポンド砲搭載M4のファイアフライてイギリスじゃなかったっけ
47.名無しさん:2020年07月13日 22:50 ID:hgMvNUr.0▼このコメントに返信
※15
ヒトラーの就任何周年目かの式典に合わせてベルリンにいやがらせで式典会場に爆撃に行った。
「ベルリンは永久に爆撃をうけません」宣言のあとを狙って嫌味にバンバン爆弾を落としてピューッと逃げた。
650km/hじゃ誰も追ってこれる者はいない。スピード競技用木製飛行機のメーカーが作った一品。
48.名無しさん:2020年07月13日 22:50 ID:HdZt6sQJ0▼このコメントに返信
イギリスはド級戦艦と戦車というその後のスタンダード作ったから十分凄いだろ
49.名無しさん:2020年07月13日 22:52 ID:6nI5mLPx0▼このコメントに返信
中国人が英国を叩いている。
50.名無しさん:2020年07月13日 22:54 ID:N4aFaRpD0▼このコメントに返信
※16
そもそもワイルドキャットは零戦に対抗する為に設計された機体
でも勝てないから後継機のコルセアが出てきたが、この機体でも勝てず
ワイルドキャットの主翼を折りたたみに改良して艦載数を増やし数で攻めているよ
51.名無しさん:2020年07月13日 22:55 ID:Fx9NQf7n0▼このコメントに返信
イギリスはレーダー
52.名無しさん:2020年07月13日 22:56 ID:tFaDxf9e0▼このコメントに返信
>>13
マイティ・フッドを忘れちゃいかん
53.名無しさん:2020年07月13日 22:56 ID:.XmfHmV.0▼このコメントに返信
いらすとやパンジャンドラムまで描いてんのかよw
コイツ実はAIなんじゃないかと思うわ。
54.名無しさん:2020年07月13日 22:56 ID:UIdbVwuJ0▼このコメントに返信
※38 >>38
アラン・チューリングは?同性愛で、埋もれてるけど
55.名無しさん:2020年07月13日 22:57 ID:fLOq69f.0▼このコメントに返信
チャーチル(首相のほうな)かな?

あれに対抗出来るの
パットン(将軍のほうな)ぐらいだろ

あの当時のキャラの濃さでは
ある意味人間兵器
56.古古米:2020年07月13日 22:58 ID:NVfjD.W50▼このコメントに返信
アメリカのA-26インベーダーBの正面火力もかなりおかしい。
12.7㎜機銃が18門って何よそれ状態。
57.名無しさん:2020年07月13日 22:59 ID:M1yDqZm.0▼このコメントに返信
モスキートはあかんのか?
58.名無しさん:2020年07月13日 22:59 ID:rqRjK3G40▼このコメントに返信
※54
チューリングは有名すぎて誰でも知ってる

むしろ敗戦国としてしか認識されていないポーランドの天才が
ドイツ敗北の準備をしていたという胸が熱くなる事実
59.名無しさん:2020年07月13日 23:00 ID:5TL18P3r0▼このコメントに返信
※2
そりゃ、メンテナンスする時間も惜しいってんでずっと前線に出ずっぱりで
使い潰されりゃ活躍もできるだろうさ
60.名無しさん:2020年07月13日 23:00 ID:tJ2wky0V0▼このコメントに返信
>>12
ヘッジホッグってイギリス製でアメリカも採用したあまりない例だよね。
前投式で面で制圧できるってのが大きい。ドイツもだと思うけど、
日本の潜水艦がどれだけこれにやられたか。
61.名無しさん:2020年07月13日 23:02 ID:.gCejpvQ0▼このコメントに返信
スピットファイアは名戦闘機だろ。
62.名無しさん:2020年07月13日 23:04 ID:awiTS42i0▼このコメントに返信
ここにいる人はおそらく子供のころタミヤで遊んだ人ばかりでしょ
63.名無しさん:2020年07月13日 23:04 ID:krMVMxCj0▼このコメントに返信
※50
いや、ワイルドキャット(F4F)はゼロ戦と同世代機なんだが、、、
そして序盤で対ゼロ戦の戦術を研究した結果、
キルレシオではF4Fの方が良い数字を残している

F4UコルセアもF6Fヘルキャットもゼロ戦との戦闘開始前に
基本設計が固まってて、対ゼロ戦用などではない
当然のように実際の空戦では10倍以上のキルレシオで圧勝してる
(M4シャーマンVSティーガーIより酷い)
64.名無しさん:2020年07月13日 23:06 ID:pMmEeK.s0▼このコメントに返信
マジレスすると
航空機用エンジン
もっと言うとロールスロイスエンジン
65.名無しさん:2020年07月13日 23:07 ID:5TL18P3r0▼このコメントに返信
※50
ちょっと違う
本命コルセア、対抗ワイルドキャットみたいなものだぞ

コルセアが失敗した時の保険みたいな扱いだったが、コルセアが
艦上運用に適合できずもたついた間に主力艦上機に納まったようなもん

ところがイギリスでは、アメリカがダメ出ししてた頃、独自の着艦法編み出して
苦もなくコルセアを空母で運用してるんだよね
66.名無しさん:2020年07月13日 23:07 ID:iFYjA.xl0▼このコメントに返信
早くもアランチューリングが出てきてレベル高いな。
ポーランドの数学者も出た来たか。
しかし、エニグマを作ったドイツも凄いな。
自国開発の八木アンテナを使えなかった。
エニグマが解読されなければ、ドイツUボートが活躍して、ドイツが勝利したかも知れん。
戦艦や空母より格安で、人も少ないのに効果は大きい。
67.名無しさん:2020年07月13日 23:09 ID:hgMvNUr.0▼このコメントに返信
イギリス海軍本部 イギリス海軍省の小部門DMWD
(Department of Miscellaneous Weapons Development、多種兵器研究開発部)
がパンジャンドラムを生み出した。
ここのポリシーは、出されたアイデアはとりあえず形にするというもの。
気さくな変人の集まりだったらしい。パンジャンドラム開発にかかわったネビル・シュートは
こののちに核戦争後の世界を描いたSF小説「渚にて」を書いた。
68.名無しさん:2020年07月13日 23:10 ID:6nsK66JP0▼このコメントに返信
ダンケルク見ろ。
スピットファイアが好きになる。
69.名無しさん:2020年07月13日 23:11 ID:.ofAUy.T0▼このコメントに返信
初手パンジャンドラムで草
70.名無しさん:2020年07月13日 23:12 ID:mJNzVW7R0▼このコメントに返信
※46
その17ポンド砲が超絶傑作兵器なんだぞ。厳密に言えば,砲自体は至極真っ当な野砲/対戦車砲(とはいっても十分に名作)なんだけど,製作/配備された砲弾に当時としてはめちゃくちゃ先進的だったAPDSがあったのが強い。
71.名無しさん:2020年07月13日 23:12 ID:i2rg8WYI0▼このコメントに返信
※66
旧日本軍の尋問官:「 YAGI 」とは何か?

当時の米軍捕虜:ちゅどーーーーーん

こんなコントのようなやりとりが実在したのだ
72.名無しさん:2020年07月13日 23:13 ID:5TL18P3r0▼このコメントに返信
※71
実際にはその尋問官が知らなかっただけだそうだぞ
73.名無しさん:2020年07月13日 23:14 ID:5TL18P3r0▼このコメントに返信
※65
ごめん盛大に間違えた
ワイルドキャットじゃなくてヘルキャットだった
74.名無しさん:2020年07月13日 23:14 ID:viP26tZ.0▼このコメントに返信
※63
そのキルレシオ出す人、何年かぶりに見た気がする
75.名無しさん:2020年07月13日 23:15 ID:.MgpN1.20▼このコメントに返信
スピットファイア自体もだが、その動力であるロールスロイス社マーリンエンジンだろう
どんどん改良されて多くの戦闘機に用いられたし、戦車にも派生改造型が使われた
アメリカの主力戦闘機マスタングもこいつをライセンス生産して載せてる

日本も英ロールスロイスや独ダイムラーベンツみてーにイケてるエンジン作れていればな
76.名無しさん:2020年07月13日 23:16 ID:mJNzVW7R0▼このコメントに返信
※65
コルセアの保険はワイルドちゃう,ヘルや!ゼロに対抗するために作ったと言えなくもないのはもっと後のF8F。
コルセアもヘルキャットも名作だけど,ワイルドキャットも末期まで改良続けて使い続けられたあたり名作なのは間違いないけど。
77.名無しさん:2020年07月13日 23:17 ID:xdJGQNOW0▼このコメントに返信
サムネで落ちちゃってるからな
78.名無しさん:2020年07月13日 23:18 ID:ptKXUVbV0▼このコメントに返信
>>14
もうどこからツッコめばいいのかわからねぇよ
79.名無しさん:2020年07月13日 23:19 ID:WIJcRkCg0▼このコメントに返信
・二式大艇! 超性能飛行艇!! レシプロ飛行艇の極致!!
・伊四〇〇型!! 最大級の潜水艦! いろんな国が夢見て計画したけど作れなかったモノを造ってしまった!!! 戦略型潜水艦の元祖!!
・新司偵!!! ワレ追イツクぐらまんナシ!! 戦略偵察機としての有用性をたたき出した傑作!! 更に見た目も美しい!! つーかエ□い!!
・紫電改!!! 戦闘機としての極致!! 自動空戦フラップ搭載で、ペーペーでもアラ不思議、エースの仲間入りだ!!!!1111
・五式戦!!! 三式飛燕のエンジンがない! 金星はある! ポン付けでまさかの超性能!!  
80.名無しさん:2020年07月13日 23:20 ID:4LCxHTXL0▼このコメントに返信
ドイツ戦車が88ミリなんて大口径砲を搭載しだしたのはイギリス戦車が88ミリ対空砲を水平撃ちしないと抜けなかったからなんだが
81.名無しさん:2020年07月13日 23:21 ID:gT0T7VFm0▼このコメントに返信
皆、三―ティアを忘れていないか?
ほゞ世界初のジェット戦闘機と言っても良い位で、
大戦後も朝鮮戦争などでも活躍したんだから、
Me262より優秀だろ?
82.名無しさん:2020年07月13日 23:21 ID:5Mw.kznJ0▼このコメントに返信
※70
シャーマンでティーガーと正面切ってやりあえるようになったのは強いわね
83.名無しさん:2020年07月13日 23:22 ID:hgazRJWD0▼このコメントに返信
大したモノが無いのってイタリアじゃないか?
第二次大戦の中心国のひとつなくせに、黒子のバスケ並みに存在感が薄い国だよな
84.名無しさん:2020年07月13日 23:23 ID:5TL18P3r0▼このコメントに返信
※76
下で訂正してるから勘弁して
85.名無しさん:2020年07月13日 23:23 ID:ptKXUVbV0▼このコメントに返信
>>50
F4Fの初飛行は零戦の2年前なんだが?
86.名無しさん:2020年07月13日 23:24 ID:mJNzVW7R0▼このコメントに返信
※75
日本製のイケているエンジンなら金星がそれにあたるんじゃないか?
戦前から改良続けてそれなりの出力と扱いやすさで爆撃機から戦闘機まで幅広く載せられたってのもマーリンと似てる。
87.名無しさん:2020年07月13日 23:24 ID:krMVMxCj0▼このコメントに返信
※75
誉であんな無理しないで、無難に1800馬力ぐらいで出して1943年から量産してればな、と思う

米軍の2000馬力級は、ある程度使ったら不調になる前にぽい捨てして、新しいのに交換する前提で
世の中に送り出したってあたりに国力の抜本的な違いが表れてる

日本側の前線じゃひどい時は、不調のエンジンを夜間ローソクの光だけで整備して、翌日出撃させてた
88.名無しさん:2020年07月13日 23:24 ID:knZOPQFw0▼このコメントに返信
女の子いっぱいの防空司令部
89.名無しさん:2020年07月13日 23:25 ID:viP26tZ.0▼このコメントに返信
※83
世界初のジェット機あるから(強弁)
あと性能だけなら大和に次ぐバケモノ戦艦のヴェネト級、なおダメコンと燃料
90.名無しさん:2020年07月13日 23:25 ID:mJNzVW7R0▼このコメントに返信
※84
書き込んでいる間に訂正されとったんだ,許してつかぁさい…
91.名無しさん:2020年07月13日 23:25 ID:.QGGEd8r0▼このコメントに返信
いらすとやスゲーな
92.名無しさん:2020年07月13日 23:26 ID:1J.uBzYk0▼このコメントに返信
シャーマンファイアフライ…
93.名無しさん:2020年07月13日 23:26 ID:p0cx7cE60▼このコメントに返信
>>26
居眠りならかわいいけど実際は疲労がポンと抜ける薬を使ってたから幻覚症状で…
94.名無しさん:2020年07月13日 23:27 ID:m.d.o.uW0▼このコメントに返信
>>1
😆キャッキャ
95.名無しさん:2020年07月13日 23:36 ID:btTgNh3t0▼このコメントに返信
超弩級の元になったドレッドノート
96.名無しさん:2020年07月13日 23:37 ID:ttQPYpGo0▼このコメントに返信
スピットファイアもモスキートもロールスロイス・マーリンエンジンがなければ名機たりえなかった
97.名無しさん:2020年07月13日 23:41 ID:JguAopYl0▼このコメントに返信
※79
E400を評価するときは晴嵐コミじゃないとな。戦後の米ソの戦略原潜構想に多大な影響を与えた
98.名無しさん:2020年07月13日 23:43 ID:JguAopYl0▼このコメントに返信
※96
これな。p-51や戦車センチュリオンにも積まれた、第二次大戦期の最優秀レシプロエンジンだ。
99.名無しさん:2020年07月13日 23:44 ID:SjGciNqO0▼このコメントに返信
有名じゃないけどセンチュリオンは革新的だよな
その後の主力戦車の祖になった戦車だし
100.名無しさん:2020年07月13日 23:45 ID:KRYkjzwl0▼このコメントに返信
他国は技術革新でエンジンの水冷式にアップグレードしたが日本は終戦まで空冷エンジンのままだったオチ
101.名無しさん:2020年07月13日 23:45 ID:JguAopYl0▼このコメントに返信
※46
ビットマンも英軍のファイアフライにやられたという説があるな。
102.名無しさん:2020年07月13日 23:45 ID:DOKgcfjh0▼このコメントに返信
レーダーとスピットファイアとモスキートあるやろざけんな
103.名無しさん:2020年07月13日 23:46 ID:mGezjwOc0▼このコメントに返信
マイクロソフト、旭日旗を卍や南軍旗と並ぶ悪名高いアイコンとしてゲーム内で使用禁止に

Xboxの看板作品であるForzaシリーズにて、旭日旗の使用が禁止となった。旭日旗に対する規定は、Forzaシリーズのサポート専用ウェブサイトに投稿されたガイドラインにて明言されている。
104.名無しさん:2020年07月13日 23:46 ID:KRYkjzwl0▼このコメントに返信
>>99
T-44が祖だよ
105.名無しさん:2020年07月13日 23:46 ID:DvO9r3An0▼このコメントに返信
イギリスはアームストロング社の功績だけで全て持っていくやろ
106.名無しさん:2020年07月13日 23:47 ID:JguAopYl0▼このコメントに返信
※100
飛燕というのがあったよ。もっとも空冷エンジンに換えた五式戦の方がパイロットから評価が高かったけど。
107.名無しさん:2020年07月13日 23:47 ID:DOKgcfjh0▼このコメントに返信
イギリスのコンピュータ技術でドイツのエニグマ解いたんやろが
108.名無しさん:2020年07月13日 23:48 ID:DvO9r3An0▼このコメントに返信
※83
イタリア軍の兵器にはロマンとパスタしか詰まってないしな。
109.名無しさん:2020年07月13日 23:49 ID:KRYkjzwl0▼このコメントに返信
>>106
試作機でほとんど実戦配備されんかった
110.名無しさん:2020年07月13日 23:50 ID:JguAopYl0▼このコメントに返信
※79
二式大艇は米軍を唸らせて、戦後、川西に飛行艇の制作を依頼したほどだ。
(ただし残念ながら依頼はキャンセルされた。)
111.名無しさん:2020年07月13日 23:50 ID:HxpNlZjg0▼このコメントに返信
三笠。

これがきっかけで、世界各国の植民回路が逆転したんやで?

三笠が無かったら、今の北欧とかは無い。

112.名無しさん:2020年07月13日 23:51 ID:viP26tZ.0▼このコメントに返信
※109
???
無駄に生産性高い構造なせいで3000機ぐらい作られてたじゃん
113.名無しさん:2020年07月13日 23:52 ID:KRYkjzwl0▼このコメントに返信
工業力は欧米つえーわ
114.名無しさん:2020年07月13日 23:53 ID:JguAopYl0▼このコメントに返信
※109
飛燕は制式化されて三式の名前を与えられているよ。
115.名無しさん:2020年07月13日 23:54 ID:c0zP2VJ30▼このコメントに返信
※111
イギリス製だな。
116.名無しさん:2020年07月13日 23:55 ID:UsPSXqwP0▼このコメントに返信
零戦には防弾板は標準装備やったんやぞ
パイロットが勝手に取り外してたんや
117.名無しさん:2020年07月13日 23:55 ID:JguAopYl0▼このコメントに返信
※112
改良型の二型のことを勘違いしてるんだろうw
118.名無しさん:2020年07月13日 23:56 ID:JguAopYl0▼このコメントに返信
※108
デザインは良いんだけどな。
119.名無しさん:2020年07月13日 23:56 ID:WpOM.Wk70▼このコメントに返信
木製機のモスキート!!
120.名無しさん:2020年07月13日 23:57 ID:viP26tZ.0▼このコメントに返信
※117
あれはあれで、試作でもなんでもなく機体は量産されてたけど川崎のエンジン部門がヘッポコだったせいでまともに動力用意できなかったのが原因じゃん
121.名無しさん:2020年07月14日 00:00 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※120
制式化されてるんだから、もちろん試作機じゃない。言い方が悪かったかな?
122.名無しさん:2020年07月14日 00:01 ID:ymFLKptl0▼このコメントに返信
当時の魚雷はどうしても泡が発生し道筋が見えてしまっていたが
泡が全く発生せず、道筋が全く見えない特殊な魚雷を旧日本軍は保有していた
123.名無しさん:2020年07月14日 00:01 ID:i0pzSa740▼このコメントに返信
※121
元々は飛燕を試作機扱いする※109に対するレスだから…
124.名無しさん:2020年07月14日 00:03 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※103
だったら黒十字も禁止にしないとな。
125.名無しさん:2020年07月14日 00:03 ID:vBFF3qSS0▼このコメントに返信
イギリスはマーリンエンジンだろうが。
あと戦車も不細工だけどまぁまぁ。マチルダⅡとファイヤフライだな。
ドイツの37mm徹甲弾では抜けないってんで75mmや88mmが出て来る訳だ。
126.名無しさん:2020年07月14日 00:04 ID:VlpYM1UR0▼このコメントに返信
>>112
エンジンはドイツからのライセンス生産で整備不良でほとんど戦果をあげられなかったよ
127.名無しさん:2020年07月14日 00:05 ID:i0pzSa740▼このコメントに返信
※124
この規定はたしかバルケンクロイツも禁止されてたぞ
もう旗の意味どうこうより未だに大勢いる向こうのカウボーイ気取りに協力してMSをバッシングさせた方が良い気がしてきた
128.名無しさん:2020年07月14日 00:05 ID:icp4demS0▼このコメントに返信
※75
何故か、京都の老舗模型店ボークスの1Fロビーに
そのパッカードマーリンの実物が鎮座してる。
生で見ると「凄いもん作りやがって」と感動するぞ。
129.名無しさん:2020年07月14日 00:05 ID:VlpYM1UR0▼このコメントに返信
>>116
パイロットのせいにするような同調圧力時代
130.名無しさん:2020年07月14日 00:07 ID:VlpYM1UR0▼このコメントに返信
>>123
飛燕は無かったことにしたい機体
131.名無しさん:2020年07月14日 00:07 ID:NFALSbk40▼このコメントに返信
スピットファイアと思って開いたら2で終わってた。
132.名無しさん:2020年07月14日 00:07 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※127
それだったら日本軍機とドイツ軍機を出すこと自体も問題なはずだ。近い将来にそうなったりして?
133.名無しさん:2020年07月14日 00:11 ID:i0pzSa740▼このコメントに返信
※126
そりゃ誤解だ、整備不良じゃなくてライセンス生産に実質失敗してた欠陥品が大量にあったからでしょ
あと戦果自体は挙げてたよ、1940年以降に出た他機種より明らかに劣ってただけだ。

※132
こんな禁止シンボル設定するような担当なんて他所のセクションじゃ使い物にならないようなバカしか居ないんだからそんな肝心な事に気づくわけないじゃんww
134.名無しさん:2020年07月14日 00:13 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※126
宮崎パヤオ推薦の「秘めたる空戦」では活躍していたような気がしたが。もっともあれはパヤオに言わせればほとんどフィクションだそうだが。
135.名無しさん:2020年07月14日 00:14 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※133
「はじめの一歩」では理想の戦闘機みたいに言われてたな。
136.名無しさん:2020年07月14日 00:15 ID:MpwoxvI00▼このコメントに返信
ドレットノートだろ 超ド級聞いたことあるだろ? ドレッドノートを超えた奴 それが超ド級
戦艦らしいけど詳しくは知らん WIKI見てくれ
137.名無しさん:2020年07月14日 00:17 ID:62P.EH5u0▼このコメントに返信
>>50
>そもそもワイルドキャットは零戦に対抗する為に設計された機体


ニワカ丸出しだなwww
138.名無しさん:2020年07月14日 00:18 ID:i0pzSa740▼このコメントに返信
※130
どの資料を確認しても機体そのものは色々と考えられていて悪くないだけにエンジンのゴミさが際立つ
後知恵で見ると五式戦につながったともいえるけど、あの突然変異に期待するより最初からそのリソースを三式戦が目指したBf109E~Fに相当した二式戦に費やすべきだったのでは…
139.名無しさん:2020年07月14日 00:20 ID:62P.EH5u0▼このコメントに返信
スピットファイアにモスキートにランカスターと名機揃いやんけどれも日本じゃ真似のできない機体ばかりだぞ
140.名無しさん:2020年07月14日 00:20 ID:C5O24SE.0▼このコメントに返信
ダムバスターは結構面白い。
141.名無しさん:2020年07月14日 00:25 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※138
二式戦なら糸川英夫のアイディアの空戦フラップがついてたので、重い水冷エンジンでも旋回性能は良かったかも。ただしかなり扱いにくくなっただろうが。
142.名無しさん:2020年07月14日 00:28 ID:TVcV50j30▼このコメントに返信
P-51もイギリスのマーリンエンジンがなけりゃP-40みたいな駄馬。
143.名無しさん:2020年07月14日 00:28 ID:1WbFONBb0▼このコメントに返信
ウルトラとか。
情報戦はアングロサクソンにはかなわん。
144.名無しさん:2020年07月14日 00:30 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※139
スピットは零戦にフルボッコにされてる。オーストラリア戦線ではアウェイにも関わらず零戦側のワンサイドゲームだった。
おっと、オーストラリア軍は新人パイロットが多かったとか言うなよ。100時間の促成で実戦に出していた大戦期の日本と違って向こうの新人パイロットは400時間以上の飛行時間があったんだから。
145.名無しさん:2020年07月14日 00:31 ID:i0pzSa740▼このコメントに返信
※135
高火力!ライン生産を考慮した高い生産性!長い航続距離!爆装500kg!実質急降下制限不要なほど頑丈な構造!
そして重戦闘機と軽戦闘機に一歩及ばないまでもどちらの任務もそつなくこなす中戦戦闘機という汎用機種!
コンセプトでは理想の中の理想だけど、実態は安定しないエンジンとそれに伴う冷却器の不具合のせいで長所が全部ぶち壊し…

※141
糸川博士が隼より良いのができたと自賛する二式戦に、ハ40なんて粗大ゴミ積むのは暴挙なのでは
146.名無しさん:2020年07月14日 00:39 ID:770Ep4Mt0▼このコメントに返信
デハビラントはモスキート一号機のお披露目を大々的に行った。
その時にアメリカ空軍将校の目の前で「わざと」片方のマーリンエンジンを止め、片肺だけで時速645km/h
で通過してみせ、その後急上昇してみせた。感極まったその将校はパンフレットを山ほど抱えて帰国したという。
足に自信のあるモスキートは度々オランダにあるドイツの空軍基地の周辺にわざと出没し着陸しようとするドイツ機を
幾度も襲撃した。何が追っかけても絶対につかまらないのだからどうしようもない。従い、オランダの基地は
どんどん閉鎖されることになるのだ。この辺の話は 戦闘爆撃機「モスキート」—英軍のマル秘急襲兵器 (1973年)
野田 昌宏 (著), エドワード・ビショップ (著) に詳しい。
147.名無しさん:2020年07月14日 00:42 ID:txxlwc9L0▼このコメントに返信
※75
日本軍の問題はエンジンよりも燃料。
エンジンそのものは、そこそこのものがあって、アメリカ製航空燃料で飛んだら、アメと同等の性能を出したらしい。
まぁ基礎工業力が全く追い付いていなかった証左だわな。油田取っても精製できなかったし。
148.名無しさん:2020年07月14日 00:42 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※145
ハ140と勘違いしてた。今確認したけどハ40は二式が積んでた空冷エンジンより馬力小さいんだな。
149.名無しさん:2020年07月14日 00:42 ID:62P.EH5u0▼このコメントに返信
>>144
まあ高温多湿の悪条件化で運用されてたからな整備不良だったという説もあるしな
どちらにしろ勝ったはマークⅤとかの初期のタイプだしなぁ
その後スピットファイアは改良されていくのに比べ零戦は終戦までほとんど改良さらなかったからな
終盤のスピットファイアと零戦じゃ零戦が勝つのは難しいだろうな
スピットファイアが名機と言われるのは改良に改良をくわえて終戦まで第一線級の性能を保持していたこと
戦争中盤で旧式化した零戦とじゃそこで評価が別れるな
150.名無しさん:2020年07月14日 00:42 ID:UNNQ.aM50▼このコメントに返信
※16
零戦で活躍したのは初期の12mmじゃないか?
151.名無しさん:2020年07月14日 00:44 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※147
それはそうなんだけど、もともとインドネシアの石油が質が悪かったというのもあるんだね。
152.名無しさん:2020年07月14日 00:44 ID:WKde5x9u0▼このコメントに返信
※120
一方愛知の造った熱田32型は、ハ-140とくらべてほどほどのパワーアップしか
してないから、それなりの稼働率を維持できて装備した彗星はそれなりの活躍が出来た
153.名無しさん:2020年07月14日 00:45 ID:5wAvqfMB0▼このコメントに返信
※22
いや、超えられてるし
154.名無しさん:2020年07月14日 00:45 ID:EOjaiFGM0▼このコメントに返信
コロッサス (真空管式コンピュータ)
155.名無しさん:2020年07月14日 00:49 ID:i0pzSa740▼このコメントに返信
※149
末期も末期に52型丙がシーファイアの部隊と戦った結果が痛み分けだからカタログ値ほどの差はなさそうな気がする

※152
あっちはあっちで製造元の生産力に泣かされてたみたいだけどね
結局彗星も空冷型が出現しているし
156.名無しさん:2020年07月14日 00:51 ID:EyU0SULV0▼このコメントに返信
>>17
因みに仏教には嘘が悪っていう項目が確か無い!
聖書には最初の方からはっきり悪と書かれてるのに。
何でキリスト教徒やってられるのかが最大の謎。
157.名無しさん:2020年07月14日 00:52 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※149
砂漠使用で高速が出なかったとも言われてるね。
ただ零戦も長距離遠征の上に、91オクタンのぐらいの劣悪な燃料を使っていたのでその点のハンデは相殺されると思うし、仮に零戦が有利だったとしても圧倒的なスコア差の理由にはならないと思うよ。(確か数度の遠征で零戦は一機も落とされていないはず)
まあ零戦を大戦後期のタイプと比べるのは酷なので、大戦前半だけは勝っていたということで。
158.名無しさん:2020年07月14日 00:55 ID:EyU0SULV0▼このコメントに返信
>>20
大和武蔵
「チクショウ納得いか~ん!」
159.名無しさん:2020年07月14日 00:58 ID:62P.EH5u0▼このコメントに返信
>>155
シーファイアはマークⅤを艦上機に改装したマークⅤの劣化版だからなぁあれに勝ってもあまり自慢にはならん
元々陸上機なのに着艦用の装備をつけたタイプだからな
後期型のスピットファイアとじゃ性能が違うよ
160.名無しさん:2020年07月14日 01:02 ID:i0pzSa740▼このコメントに返信
※159
といっても艦載スピットファイアって前線に配備されたのあれしか居ないし…
161.名無しさん:2020年07月14日 01:06 ID:E7MpHxUV0▼このコメントに返信
ティーガーにフルボッコにされた第二次大戦期最速の速度が出せて斜面があればジャンプできる巡航戦車クロムウェル
162.名無しさん:2020年07月14日 01:08 ID:egbouxo30▼このコメントに返信
車載の給湯器
163.名無しさん:2020年07月14日 01:09 ID:0Qnqei8G0▼このコメントに返信
零戦52型の20㎜機銃なんて、不可能と言われたベルト給弾式にしてしまったしな。

あと、タイムリーなら風船爆弾も。
なんやかんで最初で最後の実戦での超長距離爆撃という。
164.名無しさん:2020年07月14日 01:09 ID:YoEH8lnE0▼このコメントに返信
>>156
不妄語は?
165.名無しさん:2020年07月14日 01:10 ID:62P.EH5u0▼このコメントに返信
>>160
まあそもそもスピットファイアと零戦どちらが強いかとは俺は別に言ってはいないんだがまあ大戦初期のいち戦闘を持ち上げて零戦の方が優れていると言われたので大戦全期間を通して見ればスピットファイアが優れているぞと言ったまでに過ぎない
零戦対スピットファイアという括りならば大戦後期の機体であろうとスピットファイアには間違いがないからな
日本には真似できないと言ったのも当時の日本では液冷エンジンで700キロ代を出す戦闘機は逆立ちしてま作れなかったしね
166.名無しさん:2020年07月14日 01:10 ID:62P.EH5u0▼このコメントに返信
>>157
まあ前半だけならw
167.名無しさん:2020年07月14日 01:14 ID:GR8Zjv.90▼このコメントに返信
20mmは弾速が遅くて当たらないて不評やん
12.5mmでないとダメだとか搭乗員が書いてたし
168.名無しさん:2020年07月14日 01:14 ID:re4wJbI20▼このコメントに返信
レーダーと暗号解読
169.名無しさん:2020年07月14日 01:15 ID:.bLvCcx90▼このコメントに返信
液冷エンジンの最高峰、マーリンエンジン
日本でも当時は、その製造レベルになかった
170.名無しさん:2020年07月14日 01:20 ID:E7MpHxUV0▼このコメントに返信
>>104
センチュリオンは西側の祖になったんじゃない?開発当時は中戦車と重戦車を統合した役割をする重巡航戦車って名前だったし
T-44はまだ中戦車でJS-3が重戦車として役割分担してたし。
171.名無しさん:2020年07月14日 01:27 ID:79T.D5tF0▼このコメントに返信
戦艦も空母もイギリスの発明品だぞ。
ドレッドノートの名前ぐらいは出せないと。
172.名無しさん:2020年07月14日 01:29 ID:G.5GZWv70▼このコメントに返信
>>169
言うても当時の日本は戦争参加主要国の中では航空機用エンジンの技術力は最低な方やで(笑)
173.名無しさん:2020年07月14日 01:41 ID:984te62x0▼このコメントに返信
アメリカはP-51Dだろう。航続距離はゼロ戦並み。最高時速680km。12.7mm機関銃6門。B-29の護衛についた。ヨローッパでもB-17やB-24の護衛として活躍している。
174.名無しさん:2020年07月14日 01:43 ID:8JMXlk.u0▼このコメントに返信
対戦中のレシプロ戦闘機ならグリフォンスピット最強!!
175.名無しさん:2020年07月14日 01:45 ID:53VTuD2L0▼このコメントに返信
※161
いくらフルボコにできたといっても、結局物量で負けてるんじゃねぇ・・・
176.名無しさん:2020年07月14日 01:51 ID:984te62x0▼このコメントに返信
※172
DBのライセンスを取ったけど、信頼性ゼロ。韓国の214型潜水艦と同じ。
亡くなった祖父さんが中国戦線にいたのだが、部隊にあったトラックが日産とフォード。運転兵はフォードを好んだのだそうだ。なぜなら日産は故障が多かったから嫌われたらしい。そりゃ移動中に故障したらゲリラのいいカモになるわな。

それを思うと今の日本のエンジンの信頼性の高いこと。長年スバルに乗っているがエンジントラブルなし。スバルは中島飛行機で誉エンジンを製造していた。このエンジンは中島飛行機が開発したが信頼性に問題があった。戦後の日本の工業技術力の高さはこの戦争から多くの教訓を学んだからなんだろうな。
177.名無しさん:2020年07月14日 01:55 ID:8JMXlk.u0▼このコメントに返信
※172
所詮、当時の日本は新興工業国。欧米に比べて技術者の層が圧倒的に薄い。ロールスロイスなんかだと航空機エンジンの軸受け設計一筋30年とかいうようなベテラン技術者がエンジン開発に携わってた。
178.:2020年07月14日 01:55 ID:VXQ6Yzbb0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
179.名無しさん:2020年07月14日 01:59 ID:62P.EH5u0▼このコメントに返信
>>167
対戦闘機戦なら最優秀なのはブローニングM2だろうね
直進性、携帯弾数、発射速度とどれを取ってもピカイチ🎵
唯一、破壊力では20ミリに劣るが相手が防弾の弱い日本機だからほとんど問題にならなかった
180.:2020年07月14日 02:02 ID:62P.EH5u0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
181.名無しさん:2020年07月14日 02:13 ID:c3YSnpa40▼このコメントに返信
>>156
それは同じキリスト教徒の、しかも同じ宗派に属する人間の間での話。
連中に取って異教徒や異端者(キリスト教の他宗派信者)は人間ではないから何をしても良い存在。
182.名無しさん:2020年07月14日 02:15 ID:VXQ6Yzbb0▼このコメントに返信
>>178
ごめんなさい。
× ハンツァー
〇 パンサー
183.名無しさん:2020年07月14日 02:48 ID:avXyFMDL0▼このコメントに返信
イタリア「赤い悪魔!」
184.名無しさん:2020年07月14日 02:53 ID:c3YSnpa40▼このコメントに返信
>>79
ワレニ追付クグラマン無シは彩雲だ。
185.名無しさん:2020年07月14日 03:10 ID:c3YSnpa40▼このコメントに返信
>>86
イケてない。
戦前から開発していたけど初期型は振動が治まらず、あれやこれやと改修に改修を重ねて型番が変わるくらいの改修の末にやっと振動問題を解決したらもう戦争真っ最中。これのお陰で雷電と鍾馗の量産が遅れた。
186.名無しさん:2020年07月14日 03:10 ID:wE.CAhFz0▼このコメントに返信
対ダム攻撃用爆弾は?
187.名無しさん:2020年07月14日 03:22 ID:lmA55F.B0▼このコメントに返信
>>183
その辺に投げ捨てておけ
188.名無しさん:2020年07月14日 04:17 ID:W4czFkI20▼このコメントに返信
スピットファイア、ランカスター、クロムウェル、ファイアフライ、キングジョージ級、イラストリアス級
画期的でもなければずば抜けて優秀でもない、上の下~中の上のものが溢れかえってるのがイギリスの装備
画期的で成功したといえるのはモスキートくらいじゃないか?
189.名無しさん:2020年07月14日 04:20 ID:VVcgSNie0▼このコメントに返信
核地雷に鶏とか入れとこうず
190.名無しさん:2020年07月14日 04:24 ID:fVtckFUp0▼このコメントに返信
ドイツがティーガーってのが解せぬ。
零戦出すなら、メッサーシュミットかフォッケウルフと来るべきだろ。jk
191.名無しさん:2020年07月14日 04:30 ID:3lC9rKBg0▼このコメントに返信
※60
そもそもレーダーも空母用油圧カタパルトも英からの技術供与で米が実用化出来たんやで。あの時代の先進技術は大英帝国が世界一や
192.名無しさん:2020年07月14日 04:36 ID:0lGtB3FU0▼このコメントに返信
※18
フランスには人型最終決戦兵器ド・ゴールがあるじゃんw
193.名無しさん:2020年07月14日 05:31 ID:NvznDLyv0▼このコメントに返信
>>188
それ言ったら日本は下の上からせいぜい中の下くらいで溢れかえるでwww
194.名無しさん:2020年07月14日 05:52 ID:bQAENk3c0▼このコメントに返信
パンジャンドラム言わせたいだけじゃねーか
195.名無しさん:2020年07月14日 06:00 ID:5z1mY.130▼このコメントに返信
スピットファイアは?
196.名無しさん:2020年07月14日 06:10 ID:ziTsH3kk0▼このコメントに返信
零戦21型の20mm機関砲は砲身が短いからションベン弾で距離がでない。
後期の20mmは長砲身になって少し弾数も増えた。つまり、坂井さんが話していたのは21型だから20mmがつかえないのは本当。
7.7mmは弾数が多いから撃ち込んで撃墜していたと。俺は坂井さんの著書読んだからな
197.名無しさん:2020年07月14日 07:00 ID:j5hZR8Nd0▼このコメントに返信
モスキートも忘れんといてあげて。
ちなみにソードフィッシュの飛行速度は140Kmくらいじゃなかったっけな。
他の国の戦闘機が500km以上出してるときにこの速度はほんとすごいわ。
198.名無しさん:2020年07月14日 07:15 ID:Zi1cCfdW0▼このコメントに返信
グロスター・ミーティアもあるじゃん
連合軍で唯一実戦参加したジェット機
199.名無しさん:2020年07月14日 07:26 ID:HVS.IY3S0▼このコメントに返信
ホーカー ハリケーン君も忘れないでいてあげて。
200.名無しさん:2020年07月14日 07:28 ID:bVHWTa140▼このコメントに返信
バンカーバスター 今中国にも?
201.名無しさん:2020年07月14日 07:29 ID:wqkxgSHR0▼このコメントに返信
SASのルーツのコマンドはアフリカ戦線が初めて。
ラットパトロールね。
その後はドイツ軍の施設破壊やレジスタンスの支援とか奇襲や破壊工作は得意分野。
202.名無しさん:2020年07月14日 07:51 ID:1sLZn4gj0▼このコメントに返信
デ・ハビランド「バンパイア」じゃねえか?
一部木製はモスキートゆずり

てか、木製のジェット機なんて乗りたくねぇわな

203.名無しさん:2020年07月14日 07:52 ID:pwkizXT70▼このコメントに返信
※50
嘘ばっかりつくなよ。
ワイルドキャットの設計はゼロ戦よりずっとまえだから、ゼロ戦に対抗するために設計とかないわw
それにワイルドキャットが勝てないからコルセア設計したわけじゃないし(実際運用方法変えたらゼロ戦を逆転してる)、コルセアはゼロ戦を圧倒してるんだが。
204.名無しさん:2020年07月14日 07:58 ID:kC64DRX.0▼このコメントに返信
スピッツファイヤーとマークⅡが有るやん。
205.名無しさん:2020年07月14日 07:59 ID:pwkizXT70▼このコメントに返信
※144
パイロットの練度の差、運用の誤り、機材の不調、整備難、型落ち版の砂漠仕様、これで勝てたら逆にすごいわ。
206.名無しさん:2020年07月14日 08:01 ID:Ehvqubqy0▼このコメントに返信
美しいと評判の巡洋戦艦フッド
207.名無しさん:2020年07月14日 08:05 ID:dffvF.FF0▼このコメントに返信
>>129
パイロット「はずして」
整備「ダメです」
パイロット「しゃーない、夜間のうちに自分で外すわ」

翌朝

整備「ん?防弾ガラスと防弾板が転がっとる…」
208.名無しさん:2020年07月14日 08:11 ID:q1ajXHFe0▼このコメントに返信
パンジャンドラム
もしくは二枚舌
209.名無しさん:2020年07月14日 08:11 ID:fIc59TLY0▼このコメントに返信
やっぱ近代戦艦の基準になた「ドレッドノート」だろ、
今でもSF作品なんかで最大最強の艦種として使われるくらいだしな。
弩級戦艦の弩はドレッドノートの事だぞ。
210.名無しさん:2020年07月14日 08:13 ID:dffvF.FF0▼このコメントに返信
>>205
機体性能が違おうと飛行時間が違おうと、白人が有色人種のパイロットに負けるわけないんだが?
ソースは当時のオーストラリアや南アフリカ政府の主張
211.名無しさん:2020年07月14日 08:33 ID:f57EWTkB0▼このコメントに返信
空母から発着するソードフィッシュ好きだったわ
あとは木造のモスキート
212.名無しさん:2020年07月14日 08:44 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※63
>>63
F2Aの保険のF4FとF4Uの保険のF6Fが、
対日戦の主力として活躍したのは皮肉だな。
213.名無しさん:2020年07月14日 08:45 ID:alKicw9Q0▼このコメントに返信
イギリスは本土防空網だよ。あの消耗でドイツの命運は尽きた。
あとアメリカはB-29ではなく核兵器とその投射手段だと思う。
214.名無しさん:2020年07月14日 08:53 ID:7fNVrygj0▼このコメントに返信
ドイツ:エニグマ
イギリス:エニグマ解読
215.名無しさん:2020年07月14日 08:54 ID:7fNVrygj0▼このコメントに返信
マーリンエンジン
216.名無しさん:2020年07月14日 08:54 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※203
>>203
コルセアは、米軍機で一番旋回半径小さいから、零戦との巴戦に付き合いってくれるからな。
1943年代のラバウルでは、ベテランの零戦乗りには、カモ扱い。
陸軍機と違い、海軍・海兵隊機は、巴戦するからな。
217.名無しさん:2020年07月14日 08:57 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※213
>>213
BOB投入の航空艦隊をバルバロッサに投入できても、
戦局に影響ないぞ。
218.名無しさん:2020年07月14日 09:04 ID:cbx17c9l0▼このコメントに返信
モスキートはだめっすか?
219.名無しさん:2020年07月14日 09:16 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※205
>>205
レーダー管制受けて、数的優位にありながら、負けるほうが凄い。
220.名無しさん:2020年07月14日 09:17 ID:L.bbzoB50▼このコメントに返信
英国は、今も昔も皮肉を飛ばしてるだろ。
221.名無しさん:2020年07月14日 09:19 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
イギリスのスピット約2万機。
ドイツのBf109約3万期。
こいつらは、何で対空戦闘しか能の無い短足を量産したんだ?
222.名無しさん:2020年07月14日 09:23 ID:7eXpUQH50▼このコメントに返信
アメは原爆やろ。
ブリカスはエニグマを解読したコンピュータやろな。
223.名無しさん:2020年07月14日 09:24 ID:gpsmRryC0▼このコメントに返信
>>207
実は前線部隊から矢のように催促されたのが、防弾装備と自動消火装置

ただし、搭乗員が勝手に装甲板を外していたも事実

どういう事かと言うと、ベテラン達が「俺たちには不要だが、新人には必要、簡単に死んで貰っては困る」という事から
224.名無しさん:2020年07月14日 09:25 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※206
>>206
だが、「運」が無かった。
財政難で、近代化改修されず、初陣で、ビスマルクの「ラッキ弾」を受ける。

225.名無しさん:2020年07月14日 09:25 ID:gpsmRryC0▼このコメントに返信
>>138
海軍ですら惜しいと評価する機体の優秀性とエンジンの非力さ
226.名無しさん:2020年07月14日 09:31 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※188
>>188
イスパノ Mk.IIを、忘れてはいけない。
227.名無しさん:2020年07月14日 09:32 ID:7eXpUQH50▼このコメントに返信
※221
簡単な話や。
足が長いのは燃料を沢山積んでいるという事。
空中戦の最中は、オモリでしか無いし、被弾・発火のリスクも大きくなる。
P-51や零戦のように長距離侵攻した場合、増槽落として空戦に入るときは機載燃料満タン。
それが400Lなら約250kgになるんやで。
空気抵抗を無視すれば、25番抱いて空戦するのと変わらん訳。
それがヨーロッパ機の場合、古俗距離が1/3なら機載燃料も1/3やから重量は約80kg。
性能に与える影響は段違いやで。((とりあえず燃費は無視で)
それに燃料タンクが小さいのは究極の防弾やで。
その程度の航続距離で事足りるなら、論理的な話しや。
228.名無しさん:2020年07月14日 09:33 ID:gpsmRryC0▼このコメントに返信
>>179
その最優秀のM2でも装弾不良の問題を戦中には解決できず、沢山装備、沢山生産、沢山交換、という力業で乗りきっただけだったりするがな

ろくなのがなかった20mmといい、アメリカは航空機関砲の分野では恵まれてない
229.名無しさん:2020年07月14日 09:36 ID:7eXpUQH50▼このコメントに返信
※223
どうせ使えんからと、無線のアンテナ切って、ちょっとでも空気抵抗を減らそうとした話も聞くな。
230.名無しさん:2020年07月14日 09:38 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※137
>>137
間違いじゃないよ。
1936年発注の新型艦上戦闘機の一つなので、
日本側の96式艦戦後継機に対抗する戦闘機なのだから。
231.名無しさん:2020年07月14日 09:39 ID:qR5fj.hU0▼このコメントに返信
サンダーチャイルドだろ
民間人を逃がすために単身で3台のトライポッドに立ち向かった勇士やぞ
232.名無しさん:2020年07月14日 09:47 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※105
>>105
ビッカースさんも捨てがたい。
ビッカース鋼に、日本の工具が役立たず、比叡の就役が遅れ、練習艦にされる始末。
233.名無しさん:2020年07月14日 09:53 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※225
>>225
海軍の熱田32型エンジン使えれば、相当活躍できたのにね。
海軍の軍艦建造してる川崎に、航空機エンジン製造の技術提供しないとか、
陸海の対立の弊害だな。
234.名無しさん:2020年07月14日 10:05 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※150
>>150
低火力のビッカース7.7mmだな。
アメリカのM1919やドイツのMG17より、わずかに弱い。
235.名無しさん:2020年07月14日 10:06 ID:zGMD3zBe0▼このコメントに返信
むしろ一番ある国だろが
236.名無しさん:2020年07月14日 10:13 ID:pwkizXT70▼このコメントに返信
※219
そんなに凄いか?
レーダー管制を受けてヨーロッパみたいに迎撃に向かうってのを太平洋でやるとどうなると思う?
長距離飛んできたゼロ戦には関係ないけど、高温多湿の地上から短時間で高空に上がると機銃やエンジンが凍結するんだわ。それに、頻繁に整備しないといけない環境なのに遥か遠くの英国からのパーツ供給不足(スペアエンジンも無し)。実際に資料読んでも、エンジンの不調で出力が出ないという事態が多発だったし、戦闘による被弾でなくマシントラブルによる損失が以上に多いんだわ。
237.名無しさん:2020年07月14日 10:16 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※139
>>139
ランカスター。
双発機で開発されたのに、4発機に生まれ変わり、巨大な積載量で大活躍。
一式陸攻も、本庄技師の主張が通っていれば・・・
238.名無しさん:2020年07月14日 10:21 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※236
>>236
200K以上先から発見してるんだぞ。
30分以上の余裕ありながら、ちんたらしてるほうがおかしい。
239.名無しさん:2020年07月14日 10:27 ID:gpsmRryC0▼このコメントに返信
>>233
会社も違うしお互い忙がしくてバラバラにやってただけだろう
DB600のライセンス交渉の時は陸海共同でやってたんだし

ちなみにハ-140がどうにもならなくなって、熱田32型の供給を海軍に求めたとき海軍は協力的だったんだけど、どっちのエンジンも独自改良し過ぎて補器類の配置が全く変わってて、これらが干渉して飛燕への搭載が出来なくて断念してる
240.名無しさん:2020年07月14日 10:27 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※172
>>172
最低は、イタリア定期。
日本は、ソ連の下、フランスの上で、5番目が妥当。
241.名無しさん:2020年07月14日 10:42 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※239
>>239
だから、陸海対立の弊害だろ。
本来、ライセンス契約会社を愛知に統一して、川崎を下請けにしていれば問題ないし。
契約自体が、エンジンブロックだけで、肝心の燃料噴射装置と、自動燃料混合装置のライセンスがふくまれていない。
大資本の三菱が、イスパノ。川崎がBMWの水冷式エンジンのライセンス生産を永年しときながら、ものにできてないのに、
資本力弱い愛知時計に、DB600/601のライセンス取らせる軍部が、アホとしかいえない。
冶金・装甲技術で、一日の長がある海軍の支援受けた愛知が、独自開発しかできない川崎より有利なのは、明白。
ならば、川崎が愛知の下請けとして、愛知から技術供与うけて生産すればよかった。
242.名無しさん:2020年07月14日 10:49 ID:6t422AHv0▼このコメントに返信
WW2ならスピットファイアと間に合わなかったセンチュリオンがあるだろう。
243.名無しさん:2020年07月14日 10:52 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※225
>>225
海軍が、雷電戦力化放棄して、川崎に熱田32型提供(冷却液用パイプ再設計必要)してれば、
1944年には、鈴鹿工場から、海軍局戦としての飛燕が出荷されてたかも。
244.名無しさん:2020年07月14日 10:54 ID:gpsmRryC0▼このコメントに返信
>>241
そのやり方はコンプライアンスに触れる、と当時判断してるんだよ

シーメンス事件でさんざん国際的に叩かれたからの選択だよ

理由があっての結果なんだから、今それをどうこう言ってもな
245.名無しさん:2020年07月14日 10:57 ID:pfXG7xCF0▼このコメントに返信
チャレンジャーだろ。
戦闘中でもティータイム取れるように、車内に紅茶用の湯沸かし器付きだぜw
246.名無しさん:2020年07月14日 11:01 ID:gpsmRryC0▼このコメントに返信
>>154
コロッサス(イギリス軽空母)
商船構造の戦時急造艦なのに、より大型の中型空母天城より建造に時間かかってるってどういう事なのさ
247.名無しさん:2020年07月14日 11:07 ID:omBy8e2H0▼このコメントに返信
>>243
そういうもっと突っ込んだ協力が出来れば良かったんだけどね
248.名無しさん:2020年07月14日 11:08 ID:4YnnOAUu0▼このコメントに返信
※2
そりゃ、相手が海軍なんてろくに整備されていないドイツに日本以上に燃料不足のイタリア相手ですので、イギリス規模の海軍力なら多少の迷軍艦だそ楽勝ですわな…。

当時の米英日の海軍力ベスト3とその他の格差が酷すぎるというのもあるけど。
249.名無しさん:2020年07月14日 11:19 ID:4YnnOAUu0▼このコメントに返信
※190
いや、全然。
ゼロ戦は空母艦載機なのに対してドイツ軍は空母艦載機の開発に失敗している…のでそっちの分野ではドイツはダメダメだぞ。
ドイツが陸軍国家なのとヴェルサイユ条約の軍縮で海軍戦力が徹底して規制されたのもあるけど
250.名無しさん:2020年07月14日 11:25 ID:0bImsUP30▼このコメントに返信
当時の日本のエンジンの問題は
パッキンの技術が乏しかった為、オイル漏れでひどく
十分な性能が発揮できなかったそうだ
技術者を平気で戦場に送っていたから主戦間際は弾の加工さえ酷い有様だったそうです
251.名無しさん:2020年07月14日 11:26 ID:0bImsUP30▼このコメントに返信
※250
すまん
主戦間際>終戦間際
252.名無しさん:2020年07月14日 11:31 ID:QL.NXjj30▼このコメントに返信
※249
>ドイツ軍は空母艦載機の開発に失敗している…
Me 109T-2は実験結果を見るに航続距離といい、着艦性能といいシーハリケーンよりもマシだったと思う。

空母の配備計画ごと立ち消えになったから量産はされてないけど。
253.名無しさん:2020年07月14日 11:32 ID:4YnnOAUu0▼このコメントに返信
※221
陸で戦う以上は航続距離はさほど考慮しなくてもやっていけるから。

対して日本は周辺が海。大陸でも奥に行けば行くほど真っ当な飛行場がない以上、航続距離が必要となってくると。

まぁ、ドクトリンだか環境の違いとなる
254.名無しさん:2020年07月14日 11:34 ID:zvOPKEev0▼このコメントに返信
※213
BoBにおけるドイツ空軍戦闘機は自機の航続距離の短さに足を引っ張られ
まともな航空戦が出来ずに撃墜されるか爆撃機を見捨てて逃げ帰るしか無かったからね
総力を挙げた戦いだったが空戦では一方的にボコられるハメになった
対してイギリス空軍は4つある軍管区の一つでしか迎撃していない
これは余裕があったからではなく超縦割りの指揮系統の問題で
ロンドン防空であっても該当する軍管区しか関与しない保守的な思考だった
255.名無しさん:2020年07月14日 11:40 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※252
>>252
T型は、少数生産されて、ノルウェーに配備されとる。
しかし、英空軍のマートレットに負けている。
256.名無しさん:2020年07月14日 11:42 ID:omBy8e2H0▼このコメントに返信
>>232
練習艦にされたのはだいぶ後の話だろうに
257.名無しさん:2020年07月14日 11:43 ID:m3V4A9rT0▼このコメントに返信
フランスの大型ドックを破壊するために爆薬を満載した駆逐艦をコマンド部隊とともに強行突入させたり
SASが北アフリカでドイツの飛行場を車で長距離移動して襲撃したり、手品師が偽の部隊でロンメルを引っ掛けたり
将校の捕虜を盗聴機満載の邸宅に収容してV2発射場の情報を入手して爆撃とかそういうとこが凄い
258.名無しさん:2020年07月14日 11:43 ID:QL.NXjj30▼このコメントに返信
※254
>まともな航空戦が出来ずに撃墜されるか爆撃機を見捨てて逃げ帰る
これは乱暴な書き方だな。内陸都市部の空戦だとドイツ側の滞空時間が10分程度しか
ないから、爆撃機を守り切れなかったのは本当だけどそれ以前、海峡部の航空基地を
標的とし、海峡部の制空権を争っていた段階ではスピットファイアを含む英戦闘機の
被撃墜の方が多かったぞ。なぜなら、海峡上空では英側がドイツのレーダー網に捕捉
される側に回るのでドイツ側が有利な迎撃高度を取っていたから。
259.名無しさん:2020年07月14日 11:46 ID:cqRemAlW0▼このコメントに返信
天才というか奇才というかホイットル技師の存在は強いな
260.名無しさん:2020年07月14日 11:46 ID:G.47.2Wg0▼このコメントに返信
英国製戦艦は日本で活躍してるな
三笠 バルチック艦隊を撃破
金剛 実戦で最も活躍した戦艦
261.名無しさん:2020年07月14日 11:48 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※79
>>79
百式Ⅲ型は、大して活躍してないぞ。
生産中止して、余ったエンジンが、首なし飛燕に廻されてキ-100の完成に寄与したが。
同時期デビューのモスキートが、終戦まで大活躍とは、えらい違い。
262.名無しさん:2020年07月14日 11:48 ID:omBy8e2H0▼このコメントに返信
>>252
性能は落ちたけど、機体が頑丈になった分離着陸が楽になったと、パイロットには好評だったそうだ
263.名無しさん:2020年07月14日 11:52 ID:QL.NXjj30▼このコメントに返信
※254
>対してイギリス空軍は4つある軍管区の一つでしか迎撃していない
これまた事実と異なる。最も苛烈な戦いに巻き込まれたのは第11群だが、
それより北の第12群も第11群の航空基地の上空哨戒を託された。しかし
ドイツ空軍の攻勢を前にそれも満足にできなくなった時期があり、12群の
司令が11群の司令に叱責されたりしてるほどだった。さらに北の第13群は、
ドイツ軍がノルウェーからスコットランドを空襲してくるのでそれに対応していた。
ほぼ戦闘に巻き込まれず、健全な戦略予備として機能していたのは西方の第10群だけ。
なお第12群も第13群も自らの犠牲を顧みず、第11群にどうにか戦力を抽出して提供
していたものだから叱責された第12群の司令と第11群の司令の仲が険悪になる一幕もあった。
264.名無しさん:2020年07月14日 11:59 ID:c3YSnpa40▼このコメントに返信
>>221
アルプス周辺を除けば起伏に乏しいなだらかな平地の続く地勢。しかも道路·鉄道等の輸送インフラは(当時としては)整備済み。手軽な所を選んで(選べる)ざっと整地·転圧して燃料と弾薬を載せた車を待機させておくだけで前進基地の出来上がり。
拠点から出撃して前線で上空制圧して地上部隊の直協して自機の機体と部隊に戦闘に支障を来すような損害がなければ拠点に戻らず近場の簡易前進基地に降りて補給と再装填して再展開した方が効率的な環境。
太平洋戦線はそうはいかない。何処へ行くにも海越え·島伝いで、大陸に揚がっても輸送インフラは皆無で中継用の簡易前進基地を展開するのが難しい。勢い、拠点基地に集中配備になって、拠点から出撃して拠点にまっすぐ帰るようになる。という訳で、日本機の航続距離が欧州勢よりも長めになるのは必然。
鍾馗をドイツに持って行ってもBoBで護衛と制空戦余裕でこなして帰れるんじゃないか?
265.名無しさん:2020年07月14日 12:08 ID:ifJbfHWV0▼このコメントに返信
ア、アブロ ランカスター
266.名無しさん:2020年07月14日 12:17 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※264
>>264
BOBは、時期的に零戦しか提供できないな。
鐘馗なら、独ソ戦に投入できれば、大活躍だろうけど。
それなら、キ-61の設計図渡せば、Me309なんて、失敗作無しに、
Bf109の後継機になれたのに。
267.名無しさん:2020年07月14日 12:18 ID:hwAptI2L0▼このコメントに返信
まだゼロ戦の長航続距離ディスりしとるんか、長航続距離は長滞空時間を意味しとるんや
空母艦載機としては残存性を犠牲にしてもおつりが来る絶対有利な性能や
但しそのまま基地航空隊に流用して航空消耗戦に投入したから弱点として跳ね返ってきただけや
268.名無しさん:2020年07月14日 12:30 ID:E6OiltF20▼このコメントに返信
んーじゃあボクはファイアフライで

イギリスの凄みは粘りじゃないかな?
269.名無しさん:2020年07月14日 12:44 ID:c3YSnpa40▼このコメントに返信
>>266
ああ、時期が合わないか。
零戦と隼までの時期だったっけ。


零戦と隼なら護衛と制空こなしてる間に英軍機が先にガス欠で降りちゃいそうだから送り狼まがいの事まで出来そうかな、と思う事もある。

キ61ねぇ。
うん、図面渡せば短期間で現地の工業環境に合わせた手直しして部品数も減って洗練された良い機体になりそう。
何てったって載っかる機銃が全部マウザーになるってのがいいわ。
270.名無しさん:2020年07月14日 13:14 ID:hnqoBiA60▼このコメントに返信
ブリカスは狡猾だよね でも日英同盟は役に立つ
271.名無しさん:2020年07月14日 13:16 ID:m5Hs0z9Q0▼このコメントに返信
>>21
礼を言う暇あるなら早くあの質問に答えなせえ爺さん(-.-)ノ⌒-~
272.名無しさん:2020年07月14日 13:19 ID:pwkizXT70▼このコメントに返信
※249
その分野ダメダメって、当時のドイツの戦っていた地域を全く考えてないな。
空母なんて優先順位低いんだわ
273.名無しさん:2020年07月14日 13:45 ID:qENjmu090▼このコメントに返信
イギリスは人間自体が特筆モノだろう
SASの前身のなんだかの話が面白かった記憶
274.名無しさん:2020年07月14日 14:03 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※219
空戦の勝敗は最初のポジション取りでほとんど決まると言われているが、スピット編隊は高性能レーダーの情報+高性能航空無線で圧倒的有利な状況で零戦編隊を待ち受けていたからな。
しかも零戦は千キロ以上の長距離飛行のあとの戦闘。当時の戦闘機は、長距離飛行による乗員の消耗度がすさまじいものだったらしい。
しかも爆撃機を守りながらの格闘戦。
「整備難」とは、日本本土から遠く離れた零戦のことを言ってるのかな?
上でも書いたが、スピットの砂漠仕様というのは日本が劣悪な燃料を使っていたことで相殺。 
しかも「勝て」なかったのではなく、結果は「惨敗」「完敗」だ。「仮に」スピット編隊にハンデがあったとしても、スピットの機体性能が零戦と互角以上ならこんな結果はありえない。
275.名無しさん:2020年07月14日 14:07 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※190
ティーガーが陸の王者というのはうなずけるけど、メッサーやFWが空の王者というのはちょっと首をひねるけどね。
276.名無しさん:2020年07月14日 14:11 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※274
>「整備難」に追記。ダーウィン遠征時は昭和18年に入っていて、日本軍の補給がかなり途絶えがちな時期だった。
277.名無しさん:2020年07月14日 14:15 ID:Ll1U1baQ0▼このコメントに返信
ぱんじゃん、スピットファイア、スパイ
278.名無しさん:2020年07月14日 14:20 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※236
※219で書いたぞ。あと整備不良の機体が未帰還となったというのは、スコアとは別物だろ。
279.名無しさん:2020年07月14日 14:21 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※278
訂正※274だ。
280.名無しさん:2020年07月14日 14:25 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※236
追記
大戦末期になると前線の整備状況は最悪だったが、新人パイロットが疾風や紫電改がP-51やヘルキャットをバタバタ撃墜してるぞ?
281.名無しさん:2020年07月14日 14:26 ID:NvKS7KJk0▼このコメントに返信
>>34
戦車の相手は戦車。そんなの誰が決めたの?
282.名無しさん:2020年07月14日 14:32 ID:QL.NXjj30▼このコメントに返信
※275
俺もその二つが空の王者かと言われれば肯定はしないけど、連合国側にとって最後までライバルで
あり続けたとは思う。ただしドイツ側の燃料事情と訓練事情は1943年以降、とみに悪化するので
調べ物をする時は大戦のいつの話か、いつも注意してる。

Fw 190Aは1943年までなら英仏海峡の覇者と言える。それ以降はスピットファイアMk. IXがライバルに
なった(イギリス好きはLF MK. IXなら性能で勝るだろうと言うが、それも加速度、横転率や急降下
上限速度などまだFw 190Aに譲る部分がある。しかし6700m以上の高さではスピット側が常に有利)
Fw 190D-9は末期の連合国戦闘機と比べると高高度を除いて互角。爆撃機の護衛として重量バランスを
崩すくらい燃料満載して飛来したP-51D相手には有利になることさえあった(クルト・ビューリンゲン中佐
が米戦闘機を鈍重と言っているが、相手にそういう事情があったのだろう)
Me 109もK型まで含めるとどうにかスピットに追随できた機種。てかG型の時点でグリフォンエンジン搭載型
スピットの初期型(Mk. XII)に勝ってたりして、同機をデビューさせた英空軍を失望させてる。
283.名無しさん:2020年07月14日 14:36 ID:NvKS7KJk0▼このコメントに返信
>>147
点火プラグ、オイルシール、エンジンオイルも追加で
284.名無しさん:2020年07月14日 14:42 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※274
例えばドイツ軍のハンス・ヨアヒム・マルセイユが異様に高い戦績を残しているのは、その抜群の視力によっていち早く敵機を発見して、有利なポジション取りをしていたことが大きい。坂井三郎も同じようなことが言われてる。
285.名無しさん:2020年07月14日 14:53 ID:eYNSNqKC0▼このコメントに返信
※228
装弾不良はヘルキャットの途中で解決してるだろ。そもそも航空機用機銃の弾薬の種類を増やさず補給で融通効くっていう圧倒的利点がある。そっれに引換え日本陸海軍で20mm弾の種類の多さよ。
286.名無しさん:2020年07月14日 14:53 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※282
いやFwが大傑作機であることは否定しない。だけど「物語」というのに欠けるんだよね。
ティーガーや零戦の活躍ぶりには物語・神話が事欠かないが、フォッケウルフはそういう話があまりない。少なくとも一般人は知らない。
物語性という点では、スツーカの方が上だと思う。
スピットファイアにしてもバトル・オブ・ブリテンでBf109を擁するルフトバッフェに、あくまで結果的にだが勝利したというのがあるからね。
287.名無しさん:2020年07月14日 14:56 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※244
>>244
シーメンス事件て、単なる疑獄事件だぞ。
まだ、中島の特許侵害ならわかるが。
特許は量によつ課金なら、別に支払者が、二社だろうが一社に統一だろうが問題無い。
だから、ヒットラーが、日本を馬鹿にしたんだよ。(契約関係手数料分だけ、損するんだし)
288.名無しさん:2020年07月14日 15:06 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※284
>>284
マルセイユさんは、スピットの内側旋回して、見越し射撃される変態さんだし。
そんなエースも新型エンジンの不調で、お星様に。
(ドイツ軍すら手こずるDB601エンジンて)
289.名無しさん:2020年07月14日 15:09 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※287
横だけどな、液冷エンジンのライセンス生産については、特許云々よりも日本の技術力の問題の方が大きかったと思うぞ。
それにハ140の供給不足は結果として五式戦を生んだんだから、結果オーライじゃないのかな?
290.名無しさん:2020年07月14日 15:11 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※288
そうそう。そんなエンジンを日本でライセンス生産しようだなんて当時の工業水準では無謀だろう。
291.名無しさん:2020年07月14日 15:18 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※288
空間認知力がすごかったんだろうが、ポジション取りの要素も大きいぞ。
でなかったらスピットファイアより劣る機体で数か月で158なんてスコアを残せるわけがない。
292.名無しさん:2020年07月14日 15:26 ID:QL.NXjj30▼このコメントに返信
※291
マルセイユさんが戦没した1942年9月はスピットMk. IXの配備がようやく
英本土で始まった時期であり、北アフリカ戦線の主力はスピットMk. V。
これはマルセイユの乗機、Me 109Fと比べると劣っていると評価する人もいる。
293.名無しさん:2020年07月14日 15:29 ID:omBy8e2H0▼このコメントに返信
>>285
解決したのは戦後だったはずだが?
294.名無しさん:2020年07月14日 15:32 ID:omBy8e2H0▼このコメントに返信
>>287
ヒトラーが馬鹿にしたって話は作り話だからな

だからその特許侵害で、信用失ったんだろうに
だったら、次はそう疑われないようにとするのはおかしいことじゃないだろ
295.名無しさん:2020年07月14日 15:34 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※292
言い方が悪かったな。
戦闘機の性能の優劣は視点によって変わってくるが、Bf109は速度重視の日本でいう重戦闘機で、格闘性能ではスピットファイアに一段劣っていたということ。それゆえポジション取りの重要さが増してくる。
296.名無しさん:2020年07月14日 15:36 ID:D4w5dvG20▼このコメントに返信
※144 >>144
1. ドイツ空軍の高速機に格闘戦が有効だったので
三つのNever、”格闘戦をしない””背後を取らずに300mph以下で空戦ない”
”上昇する零戦を追尾しない”を守らなかった

2. 高温多湿で小まめなメンテが必要だが、英からの部品が不足

3. 防塵フィルターで、速度が低下していた
297.名無しさん:2020年07月14日 15:36 ID:omBy8e2H0▼このコメントに返信
>>290
海軍の駐在武官がユモにしとけ、というのを聞いていれば・・・

まあ海軍はBD601でもそこそこ上手くやったから、これ聞いた方が良かったのは陸軍のほうか・・・
298.名無しさん:2020年07月14日 15:38 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※294
ヒトラーは大島大使には珍しく心を許して、軍事機密をべらべらしゃべっていたからな。
そのことは連合国が傍受した、大島の本国への無線通信で証明されいている。大島エクスプレスと呼ばれてたんだっけ?
299.名無しさん:2020年07月14日 15:38 ID:TVcV50j30▼このコメントに返信
スピットをボコったのは隼かと思ってたわ。
なお零戦神話の2割くらいは隼と勘違いしてるんじゃないかと。
300.名無しさん:2020年07月14日 15:43 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※296
つまりは得意分野で零戦にぼろ負けしたわけだな。
※274で書いたように零戦にも様々な不利な点があったわけだし、整備状況が最悪だった疾風ですら、米軍の新鋭機相手にそれなりのスコアを挙げていたわけだ。
301.名無しさん:2020年07月14日 15:44 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※299
隼にもかなりボコられてるよ。
302.名無しさん:2020年07月14日 15:49 ID:CtrPaBmO0▼このコメントに返信
イギリス海兵コマンドが良く破壊工作で使用したクレッパーカヌーによる水路侵入で多くのドイツ海軍基地を攻撃した戦記は興味がある。
しかし、作戦が成功しても多くの犠牲者と捕虜になる確率は高い
303.名無しさん:2020年07月14日 16:14 ID:D4w5dvG20▼このコメントに返信
※300 >>300
逆。零戦の得意分野に付き合ってしまったから
日本語大丈夫ですか?壊れるなぁ~… 🥴
304.名無しさん:2020年07月14日 16:24 ID:D4w5dvG20▼このコメントに返信
オーストラリアのパイロットは、バトル・オブ・ブリテンでの経験が
かえって仇となってしまったという事
305.名無しさん:2020年07月14日 16:26 ID:1rH2kkzm0▼このコメントに返信
第二次大戦で活躍したイギリスの兵器って言ったら、スピットファイア以外だとモスキートだな
ドイツ空爆で活躍しただろ
306.名無しさん:2020年07月14日 16:32 ID:2FdA2oOp0▼このコメントに返信
スピットファイアだろう。対独戦を想定して設計製造された。
もしスピットファイアが無ければ制空権をドイツに奪われてロンドンは占領されたかもしれない。
それだけの活躍をした戦闘機だ。
307.名無しさん:2020年07月14日 16:46 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※294
>>294
都市伝説なのか。
それと、中島の特許侵害は、別にリンクしないし、信用失った?
どこの国が信用しなくなったんだい?
308.名無しさん:2020年07月14日 16:50 ID:ebqVggdi0▼このコメントに返信
スピットファイア、モスキート、ランカスター、イカ、ハリネズミ、レーダー、グルカ兵。ゼロ戦のアカンかった点は初期型完成時に”完成すぎ”て、イロイロ弄りまくった割に対した性能向上無しに終わった事。言うても艦上機としての制約も有ったやろけど思想的に世界の流れに逆らったのかそれしかなかったのかはシラン。
309.名無しさん:2020年07月14日 17:13 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※299
>>299
ビルマ戦線での、隼VSスピットは、18機撃墜、被撃墜16機+不明3機だから、零戦に比べると互角にちかいぞ。
以外とP-51(AかB)を墜してる。(15機撃墜・12機被撃墜)
そして、P-40に負け越してる。(4機撃墜、14機被撃墜)
310.竹島・北方領土は必ず奪還する。:2020年07月14日 17:40 ID:hhREjY2O0▼このコメントに返信
>>94
(⌒0⌒)/~~『『竹島』は必ず奪還する。』


(⌒0⌒)/~~『『北方領土』は必ず奪還する。』


(⌒0⌒)/~~『『横田めぐみ他、拉致被害者』は必ず救出する。』
311.名無しさん:2020年07月14日 17:48 ID:VkmA1dDB0▼このコメントに返信
※176
ドイツ本国にしたってメッサーの稼働率は問題になってただろ・・・
312.名無しさん:2020年07月14日 17:51 ID:Wv7y8pJL0▼このコメントに返信
※306
じつはバトルオブブリテンでスピットファイアはあんまり戦ってなかったりする。
313.名無しさん:2020年07月14日 17:52 ID:Wv7y8pJL0▼このコメントに返信
※297
新技術導入も兼ねてるからユモって選択肢はないじゃろ
314.名無しさん:2020年07月14日 18:04 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※303
どこが逆なのかな?
零戦の得意分野は格闘戦だが、それはスピットファイア自身の得意分野でもあった。
だからこそオーストラリア軍は、果敢に騎士道精神で零戦に格闘戦を挑んだ。

整備ガーについても、「疾風の整備が完璧だったらP-51なんて目じゃなかったのに」なんて言ってるヤツがいたらバカだと思うだろ? 「スピットファイアが零戦に負けたのは整備のせい」なんて言い訳はそれと同じようなもんだ。

他の奴の言ってることだが、「高温多湿の地上から短時間で高空に上がると機銃やエンジンが凍結するんだわ」と言ってるが、そんなこと言ってたら、東南アジアで戦っていた零戦や隼はどうなるのってことになる。
また日本の飛燕や疾風はB29を迎撃するため、マイナス50度の高度1万メートルまで急上昇したが、そんなことで不調になったなんて聞いたことないし、もしも本当にそんなトラブルをスピットファイアが抱えていたとしたら、とんでもないクズ戦闘機だったということになるな。
315.名無しさん:2020年07月14日 18:06 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※313
かもしれないな。目先の戦果よりも日本の技術者を鍛えることが目的だったのかもしれないし、それがあったからこそのちの川崎があったと言える。
316.名無しさん:2020年07月14日 18:17 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※309
負け越したってのは、大戦後期に圧倒的な数の差で負けたってことじゃないの?
零戦にしても、最初はぼろ勝ちしてたF4Fだが、最終的にはキルレシオでかなり負けている。
317.名無しさん:2020年07月14日 18:19 ID:VkmA1dDB0▼このコメントに返信
※308
なんかこんな書き込むは結構あるけど
スピットにしても後期型は強度的に限界で
胴体の補強・主翼の補強・新規にしたけどそれでも
無理があったのに?

機体に対してエンジンが強力過ぎて
前期では「駿馬」と言われいてのが後期型は
「単なる暴れ馬」と言われたりしたのに・・・
318.名無しさん:2020年07月14日 18:24 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※172
日本より航空エンジンが上だった国。アメリカ・イギリス・ドイツ。
あとどこ?
319.名無しさん:2020年07月14日 18:36 ID:CzweS.VV0▼このコメントに返信
※317
大戦中は三年で旧式化したから零戦は役割を十分果たしているし、零戦を大戦後期の2千馬力戦闘機と比べるのは、P-51と大戦後に現れたスカイレイダーやミグ15と比べるぐらいズレた話。
当初はすぐに生産終了するつもりだった零戦をいつまでも使っていたのは、零戦が悪いというより、後継機の烈風を出せなかった海軍が悪いということ。
320.名無しさん:2020年07月14日 18:36 ID:QL.NXjj30▼このコメントに返信
※312
全単座戦闘機の4割くらいだね、スピットは。
数的主力はハリケーン。
321.名無しさん:2020年07月14日 19:09 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※318
>>318
ソ連。
ミクリン・クリモフ・シュベツォフと、高出力エンジン開発してる。
元の、BMWⅥ・イスパノY12・ライトR1820からの発展は、日本を超える。
322.名無しさん:2020年07月14日 19:18 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※316
>>316
中国戦線では、隼が、圧勝しているから、謎なんだよな。
P-40だと、数いてもたいして脅威とは思えんし。
323.名無しさん:2020年07月14日 19:26 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※316
>>316
F4F相手に、零戦が圧勝した事例てないぞ。(ウェーク島攻略戦位で)
逆に、F4Fが、圧勝したのは、沖縄の特攻機狩り位では?
零戦VSF4Fて、海軍だと、珊瑚海~南太平洋、レイテ・沖縄位。
海兵隊が、ガダルカナルだけだし。
防衛有利なガダルカナルでも、互角だし。
324.名無しさん:2020年07月14日 19:32 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※316
零戦がF6Fに負け越してるってのは、違うと思うぞ。そのスコアには随分ホラもあるし、爆装零戦や
ヒヨコの特攻機までカウントされては、仕方ないでしょ。
325.名無しさん:2020年07月14日 19:33 ID:4YnnOAUu0▼このコメントに返信
※318
フィンランド人あたりは日本人に「冬戦争スゲーな」と言われると「曲がりなりにも自前で武器や兵器をそろえて世界中相手に暴れまわった国に言われても…」となるらしい…。
326.名無しさん:2020年07月14日 19:37 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※315
>>315
肝心の新技術・燃料直接噴射装置は、ライセンス外だから、三菱から提供。
パーツの素材変更しても、焼き入れ技術が未熟だから、稼働率で熱田と差がつく。
川崎には、なんの技術的恩恵なかったように見える。
技術力不足なのに、ライセンス権取得だけで、生産できると考えてる軍部が馬鹿なのだが。
中華民国みたいに、生産ラインごと購入していれば、マシになっていただろうけど。
327.名無しさん:2020年07月14日 19:38 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※321
まあ、そうだとしてもせいぜい4カ国でしょ、対戦参加国は30カ国は優に超えるんだから最低の部類ではないよね。
328.名無しさん:2020年07月14日 19:42 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※308
完成すぎてと言うより、長大な後続性能と対空時間を損なうことを上層部が嫌ってエンジン換装を
しなかったのが真相、空母での使い勝手が良すぎたんだよ。
329.名無しさん:2020年07月14日 19:46 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※327
>>327
自力開発できる国が、下にはフランスとイタリアしかいないからな。
両国ともに、上位とレヴェル差がありすぎる。
一万機以上生産できた上位5ヵ国中では、最下位位。
330.名無しさん:2020年07月14日 19:47 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※291
いや、マルセイユは見越し射撃の名手だったらしい、何もない空間に機銃を撃つと敵機が吸い込まれるように
そこに占位すると言うこと、未来位置を予測して照準する天才だったらしい。そりゃあ撃墜王にもなる。
331.名無しさん:2020年07月14日 19:53 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※329
*172の論旨とは違うね、あなたの主張は。172の主張は「主要参戦国の中で」だ。一万機以上生産できた上位
5カ国中などと言う面白い定義なら確かに最低かもね。なんかアンタ携帯電話4大強国とか言うミンジョクの
香りがするねえ。
332.名無しさん:2020年07月14日 19:57 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※328
>>328
単純に、エンジン換装すると、機体再設計する必要あるから、
実戦投入遅れるのを嫌っただけ。
海軍は、烈風(一七試艦戦)がモノになると思ってたから。
金星60型か、誉11型搭載前提で、本庄技師か、中島の小山技師に、
改修命令だしてれば、52型なんて中途半端に終わらなかったのに。
菊原技師の、紫電から紫電改並みの大変身が期待できる。

戦闘機設計技師として堀越技師は、最低レベル。
333.名無しさん:2020年07月14日 19:59 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※331
>>331
別人の主張でdisらんでもらいたいな。
スマホから見てるのか?
334.名無しさん:2020年07月14日 20:03 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※333
だったら172につながるスレに繋げるなよ、ややこしい。それに俺はあんたの主張が間違ってるとは
書いてないよ、面白い定義をするな、と感心してるだけ。ディスる気なら最下位位の方に突っ込むよ。
でスマホから書いてると何かあるのか?
335.名無しさん:2020年07月14日 20:07 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※331
>>331
仏伊は、航空機分野で、主要国と呼べるレベルじゃないだろ。
336.名無しさん:2020年07月14日 20:08 ID:Uud2.x4.0▼このコメントに返信
※334
>>334
スマホだと、IDで区別できないだろ。
337.名無しさん:2020年07月14日 20:12 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※332
堀越技師が最低レベルねえ、では生産数一万機の有用な機体を設計出来なかった他の日本の設計者は
底辺以下なのかな?イタリアやフランスの設計技師も下の下の下なのかな?千馬力そこそこのエンジンで
零戦よりも使える戦闘機を設計出来なかった設計者は、全て素人以下なのかな?それともアンタの
「最低レベル」ってのは尊称なの?
338.名無しさん:2020年07月14日 20:15 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※335
*172は「航空機分野の主要国」などと書いてないぞ、もう一度読み直してみたら?アンタ後から定義を
書き換えるのが好きだねえ。ちなみにIDは、読めるよ、別に最初から同一人物だと思って書いてない。
339.名無しさん:2020年07月14日 20:29 ID:4YnnOAUu0▼このコメントに返信
※232
自国で整備できないような代物をあそこまで長期かつ大切に使うわけないんだよな…そもそも比叡以下の榛名や霧島など金剛型は日本で建造された代物なんだが…金剛がそうならまだ話はわかるけど。

ちなみに比叡が練習艦になった理由はたまたま改装工事計画の順番と条約の発効が変なタイミングで重なったためなだけ。

基礎設計や拡張性は極めて良かった(極論すれば扶桑型以降の日本の戦艦は金剛型の改良とも言える)というのは否定しないし、なんでイギリスがこの路線をあっさり捨ててオモシロ戦艦建造に走ったかは理解できんけど。
340.名無しさん:2020年07月14日 20:30 ID:ld6ck0XI0▼このコメントに返信
※337
堀越嫌いは一定数居るからね

アベガーと同じだよ
341.名無しさん:2020年07月14日 20:42 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※340
わかるんだけどね、嫌いでもいいんだけど、正しく評価してよくない点をこきおろせばいいわけで
袈裟まで憎いと言うのは、お間抜けだと思うんだよ。俺もスターリンは嫌いだが、ヒットラーほど
軍事に口出ししてないのは事実。堀越技師も雷電の形状抵抗を下げようとした流線型は、逆に
粘性抵抗を増してしまったし、強冷ファンも工作精度の問題を考慮してない愚設計だよね。
そう言うところをけなせばいいんだよ。
342.名無しさん:2020年07月14日 20:46 ID:VkmA1dDB0▼このコメントに返信
※341
>>俺もスターリンは嫌いだが、ヒットラーほど
>>軍事に口出ししてないのは事実。

まぁ確かにスターリンはヒトラーほど口を出さなかったかも
赤軍が弱体化するほど手を出したような(遠い目)
343.名無しさん:2020年07月14日 20:57 ID:AcGst2Id0▼このコメントに返信
※342
確かにあいつの粛清はガイキチレベル。
344.名無しさん:2020年07月14日 21:25 ID:ld6ck0XI0▼このコメントに返信
※341
まさしく同意だけど、それが出来ないからああ言う言い方するんだよ
345.名無しさん:2020年07月14日 23:35 ID:D4w5dvG20▼このコメントに返信
※314 >>314
1. スピットの主目標は爆撃機
2. パイロットの多くはP-40に乗って、アフリカで対地攻撃に従事
3. スピット5は旧式(同世代はスピット9)な上に、砂漠使用
4. 海上輸送中に、エンジンが腐食
5. 予備のエンジンもなく、最高速の優位もなくなった
5. 欧州と違い高温多湿なので、凍り付いて不具合が出たのは事実

スピットのほうが重くて旋回半径も大きく、格闘戦では敵わないが
(万全なら)最高速では勝っていた。対策したスピット8が届いた頃には
空戦もほぼ終わっていたけど、まともなスピット14が相手なら
日本軍機は手も足もでないでしょう

あなた程の知見をお持ちの方が、この手の事実を知らないとは思えませんがね
346.名無しさん:2020年07月14日 23:44 ID:wXnAWICr0▼このコメントに返信
※24
その資源の無駄遣いのティーガーに対抗するために、
アメリカやソ連やイギリスが高貫徹力の主砲や重装甲を備えた戦車のスピード開発と配備をしてるんだから無駄ではないだろ
347.名無しさん:2020年07月15日 00:09 ID:xPwVrTRY0▼このコメントに返信
イギリスときたらスピットファイアじゃね?
ドイツは自分ならティーガーじゃなくメッサーシュミットが出るぞ
なんせ世界一の量産戦闘機
348.名無しさん:2020年07月15日 09:11 ID:b1t7.AHX0▼このコメントに返信
※345
<<日本軍機は手も足もでないでしょう>>
この捨てゼリフww
349.名無しさん:2020年07月15日 10:34 ID:GqBvfngu0▼このコメントに返信
>>295
Bf109は加速重視のコンセプト通りの設計でドイツ空軍の戦術思想に沿った機体なのは間違いないんだけど、主翼前縁のスラスターをきっちり使えば格闘性能でスピットファイアに劣るという事はなかったそうな。機体も軽いし重量物は胴体軸線に近い所に集中させているから操作性は良好なんだとさ。
ハルトマン以外のドイツ空軍エースパイロットは格闘戦の名手揃いだってさ。
350.名無しさん:2020年07月15日 12:17 ID:5nHPTiU50▼このコメントに返信
英国はエンジンだろ。
世界に冠たるロールス・ロイス...と言っても 車 じゃーないけどね。
ぅほっ!
ロールス・ロイス マーリン液冷V型12気筒レシプロエンジン
米国のP-51を覚醒させたのは、こいつだ。
ロールス・ロイス Trent 大型民間航空機用ターボファンエンジン
現行でもトップクラスだ。
351.名無しさん:2020年07月15日 12:20 ID:GqBvfngu0▼このコメントに返信
>>322
運用高度の問題かと。
四式戦以外の陸軍機は大体想定運用高度が3000㍍以下のいわゆる低空域。
特に隼は低空番長仕様。見落とされ勝ちだけど運動性だけではなく小径ペラと薄めの主翼採用で加速も良い。P-40以降の米軍機と英軍機は運用高度がもう少し高め。陸軍は連合軍の運用高度に付き合わなかった。
逆にP-40は低空域想定の機体で、3000㍍以上にあがってアリソンエンジンがヘタれなきゃ操作性にクセが無く頑丈で火力充実の良機。最終型のN型はマーリンにエンジン換装しているから運用高度の問題も解消して最高速度以外は性能向上している。陸軍機の運用高度でがっぷり四つなのね。
352.名無しさん:2020年07月15日 17:21 ID:9n6FDLH60▼このコメントに返信
※348 >>348
ご不満なら、論理的な反論をどうぞ
353.名無しさん:2020年07月15日 19:30 ID:.qlf2Lca0▼このコメントに返信
ドイツが敗戦濃厚で防戦一方に傾いていたからこそ
火力・防御力全振りで機動力度外視のティーガーが大活躍できたという皮肉
354.名無しさん:2020年07月16日 20:54 ID:z9ZPihRv0▼このコメントに返信
戦車はイギリスで生まれました。アメリカの発明品じゃありません。我が国のオリジナルです。
しばし遅れをとりましたが、今や巻き返しの時です。

お名前