2020年06月30日 21:05

日本の戦争作品って毎日一握りの米を水でふやかしたような食生活に描かれてるけどあれ嘘だよな?

日本の戦争作品って毎日一握りの米を水でふやかしたような食生活に描かれてるけどあれ嘘だよな?

03

引用元:日本の戦争作品って毎日一握りの米を水でふやかしたような食生活に描かれてるけどあれ嘘だよな?
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1593475438/

1: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:03:58.29 ID:kSbocqXj0
戦争当時だって魚や肉や米だってそれなりにちゃんと食えてたはずだし、子供は学校行って勉強して遊びだってしてたはずなのに、そういう描写をまるで削ぎ落として空襲で死ぬか痩せこけて大根かじって死ぬかみたいなのしか描かれてないのプロパガンダすぎない?

5: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:05:45.65 ID:v/u0IFZL0
欲しがりません勝つまでは

7: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:06:46.57 ID:ZSBWwanr0
実際そんな食事やったわ
そもそも米自体が今みたいに多くなかったからな

11: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:07:40.71 ID:kSbocqXj0
>>7
米が今より多くないのは当たり前だろでも毎日ふやかした米でほぼ水すするような食生活は大半してねえよ
当時の中でも最下層にのみスポット当てて描いてんのがプロパガンダって言ってんの

9: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:07:06.77 ID:eOtRavze0
そりゃ現代と違う側面を描くなら飢餓寄りにはなるやろ
疎開も来ないレベルのワイの爺ちゃんは喰い物なんてミリも困らなかったらしいけどな

14: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:08:26.46 ID:kSbocqXj0
>>9
やっぱそうだろ

10: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:07:33.56 ID:EwXe2RBH0
金持ちは普通に生活できてたやろな

19: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:08:58.69 ID:kSbocqXj0
>>10
金持ちどころか一般人も普通に飯は食えてたよ
日本の作品はプロパガンダが酷すぎ

12: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:07:47.06 ID:qC2iTyHE0
一時期はそういう時もあったけど基本的に野菜魚は食えてたやろ

23: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:10:21.77 ID:kSbocqXj0
>>12
普通に食えてるはずだよ
なのに何故か訳分からんくらい貧民しか描かれない作品ばかり

15: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:08:50.43 ID:H1LckBSs0
一般市民の事情は知らんけど戦争行ってたワイのジッジは飯は肉も魚も米もちゃんと出てたって言ってたわ

21: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:09:58.46 ID:v/u0IFZL0
>>15
そら軍人は優遇されとるよ

16: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:08:54.82 ID:v/u0IFZL0
カルピスも冷えてるよ~

18: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:08:57.03 ID:cZ6f6W/X0
ワイのジッジは学校行って配給のための芋作ってたとは言ってた

24: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:10:36.99 ID:qC2iTyHE0
そういやワイのジッジも米はどんぶり一杯食ってたって言うてたな

29: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:10:54.32 ID:VTS0E6gI0
爺さんも満州から撤退するまで普通に飯食えたし日本の佐賀に流れ着いたあとも普通に飯は食えたって言ってたしなぁ

30: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:11:00.40 ID:5JJ7kMTdd
配給と疎開先のいじめと戦後の食糧難がごっちゃになってる

41: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:12:45.09 ID:kSbocqXj0
>>30
わかるそれらの時系列をミックスして作ってるよな
マジでプロパガンダくせえんだよな

38: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:12:05.38 ID:PHCPVMhqM
ワイの祖父は米食えんくてかぼちゃとさつまいもばっか食ってて嫌いになった言うとったな

49: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:14:17.11 ID:ZVlNpQ0ba
最後の1年間くらい配給制になって流通が滞りだしてからの都市部の話やな

114: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:24:40.36 ID:kSbocqXj0
>>49
これが言ってる通り6年にも及ぶ戦争のほんの一瞬でしかも都市部の地域だけを切り取ってそれがさも全体としてずっと続いてたかのように作品作ってるのは明らかに正しく時代を伝えてない、意図が介入してる

139: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:29:06.75 ID:ZVlNpQ0ba
>>114
はだしのゲンとか、疎開先で食料たくさんあるのに農家分けてくれへん!
みたいな話もあるけどどうよ

225: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:42:47.07 ID:pP17E1ji0
>>114
最後の一年と、戦後の数年間が貧しかったんやで

52: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:14:21.15 ID:W1KLrN6g0
大学の教授が言ってたな
都市部での配給はあんな感じやったけど田舎はそうでもなかったとか
やから疎開した側面もある
まぁ米ではなく芋ばかりだったらしいけどな

56: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:14:59.29 ID:UBoqHDWP0
>>52
これはよー聞くな
田舎のほうは普通に食ってたとか

55: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:14:57.63 ID:BfhKG0igr
ある程度誇張して悲惨さ訴えないと意外と普通に生活してたやんじゃ意味ないからな

63: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:15:59.24 ID:K7boWw/ya
田舎の人間は食えてたけど都会の人間は食えてなかったイメージ

67: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:16:12.43 ID:9XJesOTY0
魚とか肉は知らんがまあ好きなもん食える様な状況ではなかったてだけで別に飢餓に苦しんだとかは聞かなかったな
昔バッバに戦争の話されたけど

77: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:18:26.31 ID:BQ2Ns8QCa
どっちか言うと戦後の方が大変そう

82: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:19:28.17 ID:PNnqB6Uwd
絶対国防圏いうとるころまでは普通に流通はしとったやろな
その辺の市民生活描いた作品自体が少ないやろけど

84: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:19:52.82 ID:WsBGr4vL0
>>82
面白みがないんやろな

85: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:19:53.57 ID:dtesPqJG0
婆ちゃんが一生分芋食ったからもう食いたくないって言ってた

89: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:20:38.46 ID:YOVV4wpna
戦争がなくたって副食なんてろくに食ってないぞ
宮沢賢治の1日に玄米三合と味噌と少しの野菜ってのは実はごく普通の人だという

165: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:33:46.47 ID:1LDcvF/Y0
>>89
好きで米メインやったからね

91: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:20:52.11 ID:W+UcoQgG0
敗戦直前まではそんな食料難でもなかったからな

92: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:20:56.59 ID:BNjDI6+h0
田舎と都会の差やろ

105: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:23:19.58 ID:yIvlEYrQ0
田舎の農家やから普通に食べれてたって爺ちゃんが言ってたわ

107: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:23:28.88 ID:jg7qxq0k0
田舎はそうでもないからな

108: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:23:38.00 ID:2CiC1CM80
田舎のバッバは食うに困った記憶は1ミリもないって言うとる

112: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:24:33.85 ID:owr+l2dnM
肉や魚って沢山取れるし管理も楽やけど消費期限めっちゃ早いからな
米は消費期限2年くらい持つのがやっぱりでかいと思うわ
戦争状態の日本で物流がまともに機能してたとは思えんし

156: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:31:37.02 ID:+yZCmUHg0
戦争体験として映画にしたときに映えるのが末期の飢餓とか空襲やからしゃーない

161: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:32:48.42 ID:hkMmDwgU0
まぁ言われてみりゃ戦争の後半くらいなんか
ひどいのは

164: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:33:43.47 ID:PNnqB6Uwd
東條が「配給行き渡っとるか?」いうてゴミ箱あさっとったって話もあったな

180: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:35:51.74 ID:MF2jq/Le0
地方では戦争をやってるって実感すらなかったって聞いたな。近所のにいちゃんが赤紙で徴兵されたこと以外は普通の生活だったって。
困窮してたのは都市部だと思うよ、軍国主義はクソ

197: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:38:29.81 ID:MVoJVadC0
>>180
いうてそうやって労働力取られたから
生産効率自体は落ちてるし
肥料の原料になるリンも中国大陸頼みやからな
1945年の作況予測は悪かった
自分らが食う分には困らんやろけど

183: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:36:03.18 ID:EP3odSC0a
疎開したジッジは疎開先で飯が貰えなくて山菜集めてる食うような羽目になったて言うとるからまあ状況次第やろな

191: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:37:08.19 ID:ukq8Lp/y0
そもそも配給制やろ

219: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:41:12.12 ID:Nb4RLQRK0
ジッジは麦の入った飯を毛嫌いしていたわ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年06月30日 21:07 ID:ei2Ue.kB0▼このコメントに返信
流通が死んでただろうな
2.名無しさん:2020年06月30日 21:09 ID:LtV50UiB0▼このコメントに返信
ど田舎はあったんだよ。流通の問題。
最近だってマスクがあるところと無いところで分かれてたくらいだもの
3.名無しさん:2020年06月30日 21:10 ID:x9xZ.fR.0▼このコメントに返信
兄貴が軍事訓練受けていれば
軍隊で妹の面倒見てくれてハッピーエンドだった
蛍の墓

なおスポンサーのサヨク団体が許さない模様
4.名無しさん:2020年06月30日 21:11 ID:xtlQIKlv0▼このコメントに返信
東京大空襲で一面焼け野原、原爆2発で木っ端微塵にされたのが現実であろう
5.名無しさん:2020年06月30日 21:11 ID:YJ3Km2ka0▼このコメントに返信
ド田舎の小作人つかってたような農家の長男だった爺さんは
(だからか召集令状も最後の最後まで来なかった)
自分ちで米は作ってたものの
やはり口に入るのはある程度限られてたんだろうと思うわ

爺さんは俺が物心ついた頃から本人が死ぬときまで
戦時中食いすぎてもう嫌だと芋を一切食わんかった
ただやっぱり飢えた経験はなかった模様
6.名無しさん:2020年06月30日 21:15 ID:uKsOv8.s0▼このコメントに返信
空襲と機雷封鎖で物流が死んだんだぞ
田舎も男手を徴兵されて生産量は減ったけど飯は食えてた
7.名無しさん:2020年06月30日 21:16 ID:TFT2E.sP0▼このコメントに返信
戦争中も農業生産量はそれほど下がってないからな
誰かが買い占めでもしていたか
8.名無しさん:2020年06月30日 21:16 ID:u1lll0QB0▼このコメントに返信
はだしのゲンの見過ぎや
目覚めろボケカス!
9.名無しさん:2020年06月30日 21:17 ID:RbRIKy6E0▼このコメントに返信
都市部の中流以下は戦後しばらくそんなもんだし空襲でインフラ死んだとこはその時からエブリデイさつま芋orカボチャ。京都出身のワイのジッジは特に苦労はしてないけど名古屋出身のバッバは芋ばっか食ってたって言ってたし
10.名無しさん:2020年06月30日 21:17 ID:.ikOrkNx0▼このコメントに返信
挺身隊のおばあさんが休みの日に電車で街中まで行ってアンパン食べるのが楽しみだったって言ってたな。空襲で駅が焼けて行けなくなったとガッカリしたらしいけど、空襲の時期からして終戦からその前半年以内の出来事だから場所によっては甘味も十分手に入ってたぽい
11.名無しさん:2020年06月30日 21:19 ID:aiG5triX0▼このコメントに返信
うちの父親は、八百屋の息子だったがひもじかったそうだ
戦後も結構長い間苦しかったらしい
都市部近隣では、厳しかったのだろう よく語られたとおりの戦中、戦後のくらしだった
しかし母親はド田舎で、当時そんなに苦しみはしなかったという
12.名無しさん:2020年06月30日 21:20 ID:A3KIMeCm0▼このコメントに返信
マスオさんと波平はイモのテンプラが嫌いだ。
13.名無しさん:2020年06月30日 21:21 ID:5R.rku7V0▼このコメントに返信
ちゃんと食えてたという老人たちも当時は子供だろうし、ひょっとしたら大人が凄まじい苦労を重ねて食わせてくれていたことを知らないかもしれないよね。あんまり参考にはならない。
14.名無しさん:2020年06月30日 21:21 ID:.U87nZb50▼このコメントに返信
戦争中は学徒動員で、小学生の高学年は工場で働いていた。食べ物も雑炊で、公園や空き地にはかぼちゃを植えていた。自分の祖父は、板金を営んでいて、海軍から船の煙突を修理してほしいと言われて、道具箱を持って、汽車に乗り、呉まで出かけた。お昼の食事が出たので、兵隊さんと一緒に食堂で出された食事を食べた。その時、白いご飯が出てきて驚いたと言っていた。やっぱり兵隊さんは、戦う為には、自分たちよりも、いいモノを食べているんだなぁと思ったと言っていた。
15.名無しさん:2020年06月30日 21:21 ID:V1aG3H5J0▼このコメントに返信
うちのばあさまは食い物が減ったせいで川でとった鰻ばかり食ってたから鰻嫌いになったそうだ
16.名無しさん:2020年06月30日 21:22 ID:ejL.c2qP0▼このコメントに返信
プロバガンダって言葉最近覚えたんやろなぁ
17.竹島・北方領土は必ず奪還する。:2020年06月30日 21:22 ID:h6tEEDLz0▼このコメントに返信
>>1
竹島は必ず奪還する。🤭🐈🤭


北方領土は必ず奪還する。🤭🐈🤭


横田めぐみ他、拉致被害者は必ず救出する。🤭🐈🤭
18.名無しさん:2020年06月30日 21:23 ID:vpXP1Hge0▼このコメントに返信
事情は違うだろう
19.対馬・北部九州・関門海峡:2020年06月30日 21:23 ID:h6tEEDLz0▼このコメントに返信
>>17
対馬が危険


韓国が『軍事的』な意味で長崎県『対馬』を狙っている。


(⌒0⌒)/~~『『要注意』である。🤭🐈🤭』
20.名無しさん:2020年06月30日 21:23 ID:Kccl.Z5t0▼このコメントに返信
聞いた話では、戦後直後には野良犬や芋のツルまで食したらしい。
21.名無しさん:2020年06月30日 21:23 ID:8movRV9C0▼このコメントに返信
都会だけの話だからプロパガンダと言われてもね
別に戦争ものに限らず、創作物とか報道とか、
単純に都会基準がやたら多いだけだと思うけどな
時代劇だって、旅や戦国以外だと、江戸や京が多いイメージあるよ
22.名無しさん:2020年06月30日 21:23 ID:fIsV3.aX0▼このコメントに返信
アフリカと同じで流通が整わないと生産と消費が噛み合わない
23.名無しさん:2020年06月30日 21:24 ID:9nzb.k5A0▼このコメントに返信
ある程度誇張しないと視聴者を引き付ける作品にならないのは確かなんだよ。
ごく一般的なケースより、よりひどいシチュエーションをモデルに描くわな。

戦争を題材にしてるのに、平和で豊かな日常が描かれてる作品なんて一体誰が見るのよ。
24.名無しさん:2020年06月30日 21:24 ID:cUXUyOTJ0▼このコメントに返信
田舎の母方祖母は、普通に食べて普通に畑仕事して、気づいたら戦争が終わってた、と言っていた
漁師町の父方伯父は、海に潜ってウニや魚を捕っていた、畑で作ったサツマイモはツルまで食べた、食べ物がなくて大変だった、と言っていた
25.名無しさん:2020年06月30日 21:24 ID:jQMsweQY0▼このコメントに返信
よその土地から来た酒職人の人が自分の祖父に虎の子の酒の種(菌)をコメと交換したって話を聞いたことがあるな
近所の寺には疎開で来た子供たちを見たって親も話してたし
26.名無しさん:2020年06月30日 21:25 ID:V1aG3H5J0▼このコメントに返信
※5
現代人からするとサツマイモとかジャガイモなら悪く無くね?って思うけど、
当時のレベルだと糞マズだったと聞くな、特に今の甘いサツマイモとはまったくの別物だとか
27.名無しさん:2020年06月30日 21:26 ID:1wUpUqIb0▼このコメントに返信
※12
家のおやじも芋、カボチャは大嫌いだった。ドラマのような食生活よりひどいと言ってたよ。
東京の杉並区だからしゃーない。物流が死んだのが影響でかいのはたしか。肉や魚も食えなかったみたいだし。
母親も似たようなこといってたけど(こっちは世田谷)、戦中より終戦直後が酷かったといってたな。
別に映画やドラマの描き方がプロパガンダとも言えないと思う。
地域差がでかいだけで。
28.名無しさん:2020年06月30日 21:26 ID:EYZ.4tpj0▼このコメントに返信
NHKの朝ドラとかは過剰な戦争演出してるのは感じるな。
流通が死んでたから都会は物が届きにくかったのは真実だろう。
空襲後は大変だったろうな。
29.名無しさん:2020年06月30日 21:27 ID:NCu5hg0e0▼このコメントに返信
>>17
まだ言ってんのか珍コメ爺さん
30.名無しさん:2020年06月30日 21:27 ID:ED5..re.0▼このコメントに返信
米は先ず口には出来ないぞ食えても麦が9割の飯
土地持ちでも芋が多い(飢えはしなかったが)
31.名無しさん:2020年06月30日 21:28 ID:k6vcdxCO0▼このコメントに返信
一握りの人間の話をまるで全体がそうであったかのように脚色してるんでしょう。
本当にそんなだったら、団塊の世代なんていません。
32.名無しさん:2020年06月30日 21:28 ID:0.xUFKj80▼このコメントに返信
うちの祖父は終戦の一年前まで満州で仕事をしていたらしいが、結構贅沢ができていたみたいだ。
曽祖父が国内で詐欺にあってやむなく内地に帰ってきて、もともと田舎の百姓だったから落差がきつかったようだが、空に困ることはなかっただろう。米も野菜も作ってたし、肉はもともと贅沢品だが鶏くらいは飼っていた。
33.名無しさん:2020年06月30日 21:28 ID:j4t0vKid0▼このコメントに返信
それは、その家々の事情によったとは思う
戦中よりも、戦後の混乱期の方が大変だったと聞いた
育ち盛りの子供7人いて旦那はシベリアで消息わからない
「配給」だけじゃ全然足りないから着物包んで知り合いの農家に
定期的にお米やサツマイモと変えてもらいに行ったっていう話だ
とっておきの晴れ着を軽蔑したように突き回されて
心底悲しかったけど、帰りのリュックが重くなってると
「みんな喜ぶ」って嬉しかったというのは曽祖母談
彼女は1899年生まれの1996年没
34.名無しさん:2020年06月30日 21:31 ID:YOWk11Dp0▼このコメントに返信
>>8
あれ9割戦後の話やからあんまり関係ないやろ
1945年8月に原爆落ちてから困窮を描いた話やし
回想で出てくる戦中の話も最初は皆万歳三唱でご飯も出てたけど段々苦しくなってって…みたいな感じでわりとちゃんと書いてあった希ガス

戦後にひもじかったのはマジの話やし
連載されてたの戦争世代がバリバリに現役の1970年代やから、現在みたいな適当なプロパガンダは打てなかったと思われる
35.名無しさん:2020年06月30日 21:31 ID:ZRP.Vkcz0▼このコメントに返信
戦後の数年が食べ物なかった所もあったんとちゃうかな
じいさんそこら辺にはえてる草食いまくって吐きまくった言うてたしw
36.名無しさん:2020年06月30日 21:31 ID:HQ6TlMW20▼このコメントに返信
昭和初期から戦時中の米の生産量は、実はそんなに多くはない。今よりも耕作の機械化も効率化も進んでいないし、今のように多量の化学肥料と農薬で育つ良質な米品種も無く。冷害に強い品種も無く、北関東より上の方では毎年のように飢饉だった。
そこに軍用米の供出や本土決戦用の備蓄米の買い上げで、特に輸送船が壊滅した1943年以降にかなり米の流通が減った。
もちろん、持ってる奴は皆持ってるんだが。
コメや砂糖は蔵の奥に隠しておいて、人前では「うちもコメが無いんだ、配給が来なくて困るねー」と話を合わせていた。
大量に持っているなんてバレたら、郷土防衛隊の連中が「お国のために供出しろ!」ってやってくるからな。
37.名無しさん:2020年06月30日 21:33 ID:A3KIMeCm0▼このコメントに返信
おそらく想像を絶する食い物の無い状態だったのは事実だ。
戦後の多くの有名人の昔話で食い物が無かった話は多数
聞いたり読んだりしたように思う。
空襲と食い物なしは強く印象に残るようだ。
38.名無しさん:2020年06月30日 21:35 ID:g8GrrpjP0▼このコメントに返信
場所による。
日本本土で地方だったら結構食えた。仙台の中心部とかでもそれなりに食えたそうな。
食事が厳しかったのは、東京、大阪の中心部。
地方は、周囲が農村地帯で、人口的にも均衡がとれていたのでなんとかなった。
東京、大阪は、輸送手段が寸断された(空襲で鉄道が寸断、国内海運もダメ)というのがつらい
39.名無しさん:2020年06月30日 21:36 ID:Ow5DX9To0▼このコメントに返信
五月分菓子配給
40.名無しさん:2020年06月30日 21:38 ID:eBOe.0YK0▼このコメントに返信
終戦直後は東京は食うもの無かったよ。着物を持って買い出し列車に乗って埼玉とかへ行った話を聞いた。
戦争終わりの近づくとスイトンばかり、庭でサツマイモを栽培して蔓も食べたそうだ。
父親(昭和2年生まれ)の話。親世代が戦中派だから、子供の頃は空襲の話とか良く聞いた。

41.名無しさん:2020年06月30日 21:38 ID:SetzkulH0▼このコメントに返信
教師やってた爺様に聞いた事あるけど、学校で弁当無い子が珍しく無い程度には食い物無かったらしいな
42.名無しさん:2020年06月30日 21:38 ID:39DSEal00▼このコメントに返信
嘘に決まってんだろ
米なんて食えたのは農村部だけで他は米が食えずにふかし芋ばっかり食ってたんだからよ
43.名無しさん:2020年06月30日 21:41 ID:.X5iY1kr0▼このコメントに返信
宮城の片田舎だがばあちゃんはヘビとかも食ってたと昔聞いたな 勿論 赤犬を食ってた時代も生きた人
俺は田舎者なのにイナゴの佃煮すら食えない
44.名無しさん:2020年06月30日 21:42 ID:ysXzXNI.0▼このコメントに返信
今でも都会は生産物が何もないじゃん、消費するばっかりでさ、同じだよ今も昔も
45.名無しさん:2020年06月30日 21:42 ID:rpfBXPSp0▼このコメントに返信
そもそも今みたいに食生活豊かになったのって戦後からやで
46.名無しさん:2020年06月30日 21:42 ID:aQtERY6o0▼このコメントに返信
>>116
最後の数年だけきりとるっていうけど
最後の数年の本土空襲が前までの日本本土内の国民の生活描いたって、
(特殊な人以外)引っかかるものが何もないただの生活記録になってしまうししゃーない
47.名無しさん:2020年06月30日 21:42 ID:MoQ3Ckr20▼このコメントに返信
俺がさつまいもを美味そうに食ってると、じーちゃんが「よくそんなもの美味しそうに食うな、俺は二度と食いたくないわ」とよく言ってた。
さつまいもご飯ばかりで、米だけの日はほとんどなかったってさ。
他の人も書いてるけど白米は貴重品で、毎日十分な量を食えるわけではなかったのは間違いではない。
48.古古米:2020年06月30日 21:44 ID:9PFBTf.10▼このコメントに返信
敗戦直後は配給網が崩壊したからねぇ。
都会に居る人は食料を手に入れる手段が無かった。
で、列車に乗って近隣の農家に行き、着物や陶器を食料に変えて食べていた。
こんな生活を皮を一枚づつ剥がす「たけのこ族」と自嘲していたのは有名な話。
49.名無しさん:2020年06月30日 21:44 ID:Nitc6jnr0▼このコメントに返信
戦後は穀倉地帯だった朝鮮半島南部と台湾南部が失われてしまったからな。
当時の内地の人口約7000万人のところに復員兵と外地の居留民約700万人が帰還。
食糧生産高が激減したところに人口がいきなり一割増。
内地の開墾と米の増産が進んで食糧難が完全に解消されるまで10年掛かった。
50.名無しさん:2020年06月30日 21:45 ID:E6xW9kZf0▼このコメントに返信
1は米穀通帳すらも知らんのだろうな
51.名無しさん:2020年06月30日 21:45 ID:zPzTQymX0▼このコメントに返信
内地では米たらふく食えてたんだよねえってのが事実なら
東南アジアの諸島で飢餓で死んでいった兵隊さん達はなんなの?

彼らの家族や身内や知り合いや、地元民や、内地に残っていた大日本帝国国民はどんな気持ちで米をたらふく食えるの?

つまらねえ嘘でスレたてんなよ 乞食が
52.名無しさん:2020年06月30日 21:45 ID:SzC1pXFa0▼このコメントに返信
昭和東南海地震と大空襲で物流が壊滅しとったからな
東日本大震災のとき都心のコンビニが文字通り空っぽになったが、あれの究極形や
モノが来ないならヒトが移動しようってことで疎開やら買付列車やらやったけど
田舎民と都市民の溝は、昔も今も深いやで
53.名無しさん:2020年06月30日 21:46 ID:kWonL7v.0▼このコメントに返信
本当の食糧難は戦後から定期
54.名無しさん:2020年06月30日 21:49 ID:ZZBQkkV.0▼このコメントに返信
>>7
誰かって軍に決まってるやん
最前線で農業余り出来んし後方から送らないと飢える
生産者も減って運送中の撃沈も含めたらかなりキツイはず
55.名無しさん:2020年06月30日 21:49 ID:qPFXtZcD0▼このコメントに返信
うちの祖母は戦中とかでもまったく食うに困らず結構いい物を食ってたらしい、その証拠に同年代くらいの人と比べて明らかにでかかった
56.名無しさん:2020年06月30日 21:49 ID:IRziNFPc0▼このコメントに返信
むしろ明治政府の悪政で東北では人を食うほどに植えてたって話が地元では有名だよ
感情的な会津いじめだけでなく東北全体が特に明治時代は酷い目に合わされてた
北海道、朝鮮、台湾には投資しまくったくせに東北だけは見捨てて

だから昭和初期の陸軍クーデター騒ぎは当然なんだな、自業自得
57.名無しさん:2020年06月30日 21:51 ID:aF1r1S4e0▼このコメントに返信
米は作るのに手がかかる、さつま芋はどんなや出た土地でも育つ

58.名無しさん:2020年06月30日 21:51 ID:z2Brra7T0▼このコメントに返信
プロパガンダっていいたいだけだろ
59.通りすがりのキチ:2020年06月30日 21:52 ID:jFTFSyfl0▼このコメントに返信
もう他界したけど、

上司の家系が都市と田舎で分かれて暮らして都会は物が無く食えても芋ばかり。

田舎は粗食とはいえ「食う事で難儀しなかった」とかなんとか。本当かどうか
微妙だけど、終戦で12歳という食い盛りだったので、それ程盛っているとは思
えないので、割りかし実態を現しているかと思う。

あっちの世界でたらふく食っとると良いんだけど(笑)。
60.名無しさん:2020年06月30日 21:52 ID:ovxQLv3t0▼このコメントに返信
「この世界の片隅に」でも楠公飯を作っていたけど
あれは試しにやってみたらまずかったというだけの話だった
61.名無しさん:2020年06月30日 21:54 ID:cWN4P6qC0▼このコメントに返信
婆ちゃんは田舎に苦労して直接買い付けに行ったらしいが、帰りの汽車で臨検みたいのでボッシュートされて
子供心に悔しかったと言ってた
よく汽車から食料を投げ捨てる描写があるけど、目をつけられたり逮捕されたりどうなっちゃうのかね
62.:2020年06月30日 21:54 ID:esw9EPG20▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
63.名無しさん:2020年06月30日 21:55 ID:dDZ8.P160▼このコメントに返信
※51
たらくふとは言ってないだろ、飢えて無かったってだけで
あと補給線を寸断された前線(しかも島)にロクな物資があるわけないだろ
64.名無しさん:2020年06月30日 21:55 ID:3SKakKeh0▼このコメントに返信
また歴史修正主義の義務教育受けてない馬鹿日本人か。
65.名無しさん:2020年06月30日 21:55 ID:nJkB0uGk0▼このコメントに返信
実は体感たった1年程度しかひもじい時期はなかったことを誰も語らないんだよなぁ
66.名無しさん:2020年06月30日 21:56 ID:A3KIMeCm0▼このコメントに返信
阪田寛夫という作詞家がいる。本人は知らなくても
さっちゃんや猫ふんじゃったは聞いたことがあると思う。
彼はバリバリ戦中、戦後を生きた人で、おなかのへる歌という歌を作っている。
そのなかに「おなかとせなかがくっつくぞ」という歌詞があったと思う。それは壮絶なハラヘリ体験と
それに共感する人々が多かったからこそ作られて世に知られたのではないかと思う。
67.名無しさん:2020年06月30日 21:56 ID:VrEyElfK0▼このコメントに返信
どういう家庭に育っていたか次第やろな。
うちみたいな当時、田舎の農家の地主みたいなとこは10町(1万坪)の田んぼで米・野菜作ってたから、
まったく飢えてなかったらしいが、それでも自分とこで食う分だけやし。
逆に一般家庭で父親が戦争に徴収されたような家はやはりきつかったやろ。
まあ、田畑が多い田舎ほど飢えていないは間違っていない。
68.名無しさん:2020年06月30日 21:56 ID:KGZjqIw30▼このコメントに返信
現代ほど都会的な楽しみを田舎でも共有できない時代だったならそら都会の奴が田舎行ったら虐められるやろ
69.名無しさん:2020年06月30日 21:57 ID:12HBro2W0▼このコメントに返信
いまでは首都圏100万都市、当時は埼玉の田舎だった家を守ってた婆さんは「コメだけは有ったがおかずは無かった」と言ってたな。
中国に行ってた爺さんが帰ってきたとき、爺さんは出征前より健康に太っていたと言ってた。
戦後の食糧難の時期も、やはりコメしか無かったと言ってた。

なお、爺さんの弟、俺の大叔父にあたる人はインパールから帰ってこなかった、どこで亡くなったのかもわからんそうだ。

爺さんも婆さんも亡くなって30年経つが、いまだに親父は土間に掛かってる感状を外さんし、玄関の「靖国の家」プレートは外さん。
それが後世に伝えるという事なんだろう。
浅薄なネット情報に踊らされるなよ。
70.名無しさん:2020年06月30日 21:58 ID:lRM6m6ef0▼このコメントに返信
戦場でも内地でも場所によるとしか、飢えで悲惨な戦場だと一番悲惨なのがインパール作戦、次点ガダルカナル
人口の多い都市部だと食料品は配給制だったのは事実だし
反対に内地における陸海軍は食料品は減る事が無く、どうせもうすぐ死ぬという事で料亭とか行ってたりする
田舎だと米作ってたりするからおかずはたまに困る事はあっても基本食べれてる
同じように戦争体験が悲惨かどうかも人によりにけりでシンガポールで悠々と戦後を迎えた人だっている
71.名無しさん:2020年06月30日 21:58 ID:IKE8iAEm0▼このコメントに返信
いや、地方による。そりゃあ大空襲を受けて街をすべて焼かれてしまえば食べ物だけでなく衣食住全てに困る。しかし空襲が無い街ではまったく食いものにも衣食住にも困ってない。
朝鮮共産党の非道な行いから着の身着のままで逃れてきた少女の「竹林はるか遠く」でも、京都市内はまったく戦争の「せ」の字も感じられないほど豊かな生活に描いている。
豊かな描写はNHKでは描かれない。「戦争=飢餓」に持って行きたいんだろ。戦争は貧乏人は苦しむが、金持ちもどっと増えるのだ。そういう面も描いてほしい。
72.名無しさん:2020年06月30日 21:59 ID:jwfV.os00▼このコメントに返信
神奈川の田舎の港街に住んでたじいさんは死ぬまですいとんだの麦ごはんだのは毛嫌いしてたな
疎開中のひもじさを思い出すからと
戦後は都会から着物とかを持って魚介類を交換してくれって人達が毎日のように押しかけてきて「なんでそこらへんに腐るほどいる魚と高価そうな着物を交換したいんだろう」と子供心に不思議に思ったそうな
73.名無しさん:2020年06月30日 21:59 ID:esw9EPG20▼このコメントに返信
※59
神戸ほどの都会でも、「仕事の帰りに釣りをして大きな鰻を二匹釣った。」(1945年8月)
と日記に書いてあったぐらいだから、ドラマで描写されるような「すさまじい食料事情」ではなかったはず。

本当に飢えてたら、川魚も雑草も狩りつくされてる。

74.名無しさん:2020年06月30日 22:01 ID:4lcruYbG0▼このコメントに返信
餓死者も出てる時代なのに何言ってんだか
75.名無しさん:2020年06月30日 22:01 ID:m1calt2S0▼このコメントに返信
悪政も何も敵国やん。
悔しかったら、政権取ってみろよ。

3.11で日本をめちゃくちゃにした民主を震災後も選んでる東北民のアホさ加減に他県は絶句したよ。
76.名無しさん:2020年06月30日 22:01 ID:IJJLaf4B0▼このコメントに返信
多くの作品では、戦局が悪化し、
末期には一般人は配給が滞って苦労したと言う表現。
軍人になれば腹いっぱい食えると言う表現もあったな。
最初っから困窮していたと言う作品には出会ったことは無いぞ。
77.名無しさん:2020年06月30日 22:02 ID:ndznL2iS0▼このコメントに返信
※4
逆に言うと、東京の焼け野原も23区、それも千代田区周辺くらいで、23区外にはほとんど被害がない
高尾や青梅に疎開もあった
78.名無しさん:2020年06月30日 22:03 ID:dDZ8.P160▼このコメントに返信
※65
たった一年というけど戦時敗戦後なんてほとんど世紀末みたいなもんで
当時の感覚で一生分飢えた気分にはなったと思うよ
今のコロナだって、今年で終わるか続くかなんてわからんのと同じだ
79.名無しさん:2020年06月30日 22:05 ID:wacMrJIn0▼このコメントに返信
具体的にどの作品なのよ
80.名無しさん:2020年06月30日 22:06 ID:CdCoSZyp0▼このコメントに返信
絶対国防圏いうとるころまでは普通に流通はしとったやろな
その辺の市民生活描いた作品自体が少ないやろけど


でも今戦争になったら絶対防衛圏なんてないくらい秒でインフラ吹き飛ぶよね
本土空襲(弾道ミサイルの雨)余裕だもんね
81.名無しさん:2020年06月30日 22:07 ID:xfjV9mWt0▼このコメントに返信
本土に散発的な空襲が始まったのが1944年の6月、戦術的になったのが同11月、東京大空襲のように大きな被害をもたらすようになったのが1945年3月以降。ちなみに東京への空襲は凡そ1年間で105回。そして戦中戦後を通して当時の鉄道網が2日以上停止した例は無い。つまり物流を支える能力は戦中戦後を通して存在している(だからこそ配給が有ったし、闇市も存在した)。

加えて東京都内には105回の空襲でまったく消失していない地域すら存在した。つまりドラマその他で描かれる太平洋戦争中のエピソードは誇張されたモノ、或いは事実を正確に伝えていないと考えるのが自然。
82.名無しさん:2020年06月30日 22:08 ID:MYJf.BZQ0▼このコメントに返信
日本の歴史は改ざん出てきている。
1800年初頭まで李氏朝鮮の植民地だったくせに、謎の徳川とかいう架空の人物で物語作った、明治政府は罪深い。
83.名無しさん:2020年06月30日 22:08 ID:U6D7Yv.H0▼このコメントに返信
>>77
まあ当時の東京23区って外側になると畑や牧場もあったからな
そら焼け野原になるのは一部だけよ
84.名無しさん:2020年06月30日 22:10 ID:wacMrJIn0▼このコメントに返信
※81
鉄道網が停止していない(充分な能力があるとは言っていない)という話ですよね
85.名無しさん:2020年06月30日 22:10 ID:FP.lRMsq0▼このコメントに返信
プロパガンダ覚えたての中学生かよ
86.名無しさん:2020年06月30日 22:10 ID:JrDmtcF50▼このコメントに返信
・まず、当時3色「米」喰ってた平民なんか、ほとんどいない。雑穀、イモが必ず混ざる。
・野菜だって農家は別にして、商業圏、工場地帯じゃ貴重品。
・魚も同様。冷凍トラックがあるわけでなし、港周辺以外じゃ貴重品。
表現の程度はあれ、ほとんどの国民が「餓えて」いたのは事実だろ!
87.名無しさん:2020年06月30日 22:12 ID:PHQxwAFM0▼このコメントに返信
お茶漬けダイエットはいいよ
少しのご飯でも腹いっぱいなるし
和食のおかずなら基本あう
88.名無しさん:2020年06月30日 22:13 ID:VyX5NFkK0▼このコメントに返信
終戦前年くらいから本土爆撃が開始されてからだろうな
地方の港湾都市が空襲で壊滅になってからの話が多い
それ以前の満州から南太平洋までの出兵は本土民からしたら遠い話だったと思う
89.名無しさん:2020年06月30日 22:14 ID:Cmt5ssZe0▼このコメントに返信
1が反日プロパガンダにガッツリ嵌っててワロタ。
90.名無しさん:2020年06月30日 22:15 ID:8rPR26oq0▼このコメントに返信
戦中に苦労した国民の話が誇張されてる作品が多すぎるんだよな。
はだしのゲンにしろ火垂るの墓にしろそういう方向の作品ばかり。
その上教育現場でも地域の年寄りの話でも戦争の話と言えば
民間人がどれだけ苦労したかどれだけ戦争がいけない事かって話しかない。
個人的には上記の話と同様にどんな戦いがあってどんな兵器で戦って
どこで勝ってどこで負けてって話もやらないとおかしいと思う。
「悲惨でした」以外の戦争関連の知識などに興味があると
ちょっとおかしい人か戦艦やゼロ戦が好きな幼稚な人って扱いだ。
おかしくない??
91.名無しさん:2020年06月30日 22:15 ID:VxtrbSJh0▼このコメントに返信
東京だと戦後2,3年あたりが特に悪かったみたい。大学生だった父も栄養失調で授業以外は寮で横になって過ごしたと言っていた。ララ物資のパンは石のような代物だったそうな。疎開してた母はさつまいも飯の日々だったとのこと。
92.名無しさん:2020年06月30日 22:15 ID:.1dLi8.H0▼このコメントに返信
サツマイモ食えてたから食えてたって想像力がなさすぎる。コンビニの棚から食料品が全て消え、スーパーにコメも肉もなく卵や味噌なんかが高額でちょっとだけ、仕方がないからその辺に自分でサツマイモやカボチャを植えて「食って」る状態は相当だぞ。
93.名無しさん:2020年06月30日 22:17 ID:trZNZ0.X0▼このコメントに返信
成長期が戦中戦後だった人達は殆ど小柄。
成長期が戦前だった人達より小さい。
栄養不足だったってこと。
94.名無しさん:2020年06月30日 22:17 ID:N7r2toVV0▼このコメントに返信
正しい事実を描けばいいだけ
はい、論破
95.名無しさん:2020年06月30日 22:18 ID:Ow4l6Fbh0▼このコメントに返信
歴史って都会の記録なんだなって。
そりゃ一番栄えているから当たり前なんだろうけどさ。
96.名無しさん:2020年06月30日 22:18 ID:xfjV9mWt0▼このコメントに返信
※84
子供かよ?当時の流通の大部分を担っていたのは鉄道網だよ。
97.名無しさん:2020年06月30日 22:20 ID:CdCoSZyp0▼このコメントに返信
>>51
前線の兵士が飢えたのは兵站が伸びきっていたのはあると思うけど、かといって本土の人間が腹一杯食えてたかってのは違うと思う。

まぁこの本スレの1は戦争はそんなに大変な事じゃないって言いたい若い子なんだと思う。
蓋を開けたら地獄だよ
98.名無しさん:2020年06月30日 22:20 ID:.hFWCX330▼このコメントに返信
田舎民ワイジジ、疎開しに来た奴らが食い物に文句言ったり訛りを馬鹿にしたりでネイティブ田舎民から疎まれてたと話してた
ろくに家畜の世話もできんのに飯の味付けにボソボソ話してるの聞こえてたそうな
99.名無しさん:2020年06月30日 22:20 ID:yTwmrsvW0▼このコメントに返信
簡単に言うと資本主義なので今年のマスク不足と同じ現象が起こった
足らないので横流しなどが横行し闇市(今でいう転売ヤー)に流れて物価が上昇。
また空襲などで流通ルートが鈍化した
100.名無しさん:2020年06月30日 22:20 ID:VyX5NFkK0▼このコメントに返信
※71
京都盆地から一山越えた亀岡、そこから広がる丹波地方は近畿を代表する穀倉地帯
ほとんど江戸時代から変わってないよ
農道がモータリゼーション化しただけ
舞鶴軍港は空襲でやられたけど
101.名無しさん:2020年06月30日 22:21 ID:esw9EPG20▼このコメントに返信
※74
いや、餓死者が出たのは戦後の混乱期だぞ
102.名無しさん:2020年06月30日 22:21 ID:xH5aqZUv0▼このコメントに返信
じいちゃんは米は食えなくて芋ばっか食ってたていってたから都市部ならありえるやろ
103.名無しさん:2020年06月30日 22:21 ID:CdCoSZyp0▼このコメントに返信
>>55
同年代の人は辛かっただろうね
104.名無しさん:2020年06月30日 22:21 ID:ip.r1K3x0▼このコメントに返信
うちの母ちゃんも麦飯は二度と食いたくないって言ってた。俺は学校給食でカレーの時は麦飯だったから結構好きだけどな。
105.:2020年06月30日 22:22 ID:qyIGihsp0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
106.名無しさん:2020年06月30日 22:24 ID:qyIGihsp0▼このコメントに返信
上 配給品ととりにい行って住民に配る当番のミス 当番というか係になったということ
107.名無しさん:2020年06月30日 22:24 ID:i0yej6oA0▼このコメントに返信
ウチは自作だけど、戦時中は男手が取られて家で、食うには困らんけど農作業で婆さまが苦労したって聞いてる。
婆さまが存命の頃に、戦時中の飯再現して欲しいって何度も頼んだけど、あんな不味いもの作りたくないって拒否されたわ。

まあ、配給だけだと餓死したって話だから、そう言うつての少ない都市部の方が大変だったとは思うけどさ。
108.名無しさん:2020年06月30日 22:24 ID:CdCoSZyp0▼このコメントに返信
>>65
一年も飢えるのは辛いぞ?ぬるま湯ボーイ
109.名無しさん:2020年06月30日 22:25 ID:4X572XpK0▼このコメントに返信
プロパガンダはいいすぎだろ。実際戦中戦後と食糧難だったのは事実なんだから。
そもそも戦前の日本は朝鮮半島や台湾で生産した米を輸入しないと自給できない状態だった。
そこへ太平洋戦争の戦況悪化で海運が全滅し、おまけに昭和19年は東北が凶作だったから
昭和20年春以降は本格的に食糧難になった。これは戦後の昭和23年ぐらいまでずっと続いた状態だ。
110.名無しさん:2020年06月30日 22:25 ID:wacMrJIn0▼このコメントに返信
※96
それは、能力が足りているかどうかとは関係ないことでしょう
111.名無しさん:2020年06月30日 22:26 ID:VyX5NFkK0▼このコメントに返信
終戦後は引揚げで人口が急増したのだから一時的に飯と職に奪い合いになるってことかな
孤児はかわいそうだけど、幼少期を過ごした世代は強烈な思い出になるんだろうな
これが出兵や工廠に勤めた世代からしたら、また別の思い入れを持っていたと思う
112.名無しさん:2020年06月30日 22:26 ID:psmmLddn0▼このコメントに返信
>>11
最下層で悪かったな。大阪大空襲で家屋敷が焼けた。財産を田舎に疎開させてなかった家は蔵ごと燃えた。
かろうじて防空壕に持ち出してた物や貴金属をヤミ米を買いに奈良まで行って物々交換してたて母が祖母と二人で重い背中のリュック背負てそのときアメリカの戦闘機が機銃攻撃してきたて土手に逃げてやり過ごそうとしてひっくり返って置きあげれへんかったことも、電気屋の奥さんの背負てる赤ちゃんが空襲で逃げる際亡くなったのもあったこと、火垂るの墓が嘘とでも思てるのか、金持ちやから助かることはない貧しいから絶対死ぬわけ違う。アンタの命は親やそのまた上の親のおかげなだけ大阪西区は火の海でその中であった景色も、それでもひもじいにつきたて。戦前が生きてる間に聞いとき、若い子が住んでる地面がどうしてあるのかも  昔の家が忘れられんいう人に
113.名無しさん:2020年06月30日 22:26 ID:Oz.MIkMI0▼このコメントに返信
※85
アホ大明神を信仰し始めたアホ信者のよう
114.名無しさん:2020年06月30日 22:27 ID:CoIz.wBa0▼このコメントに返信
ワイの親も一般家庭だったけど普通に飯食ってたいうとるで
ただ空襲で人間焼けすぎて肉はもう食えん言うとるが・・・
115.名無しさん:2020年06月30日 22:27 ID:3phfi2vG0▼このコメントに返信
物流も何も、貨幣の価値がないから取引できんわな
116.名無しさん:2020年06月30日 22:27 ID:CdCoSZyp0▼このコメントに返信
>>69
大叔父さんは無能牟田口のせいで…お悔やみ申し上げ、来世で健やかである事を願います。
117.名無しさん:2020年06月30日 22:28 ID:C.VOgd.w0▼このコメントに返信
山村育ちのウチの母親は小食で、終戦前後でも飯を残してたそうな。同級生が奪って行ったって言うから全体的な量は少なかったんだろうなとは思う。
キリンビールの社史によると、銀座のビアホールが20年の3月までやってたそうだ。
118.名無しさん:2020年06月30日 22:28 ID:xfjV9mWt0▼このコメントに返信
※101
横だけど、統計を見る限り戦後日本国内の食糧不足は明白なんだけど、国内の餓死者数の統計も無いんだよな。
119.:2020年06月30日 22:28 ID:7tvIWDwj0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
120.名無しさん:2020年06月30日 22:29 ID:VyX5NFkK0▼このコメントに返信
※96
舟運の方が物資輸送量は大きいけどな
小樽から門司港まで見ればわかると思う
瀬戸内なんて至る所に渡船だらけだ
121.名無しさん:2020年06月30日 22:36 ID:xfjV9mWt0▼このコメントに返信
※120
米軍が日本近海及び港湾付近に機雷を撒いて(飢餓作戦)を開始したのが1945年の3月。その後も鉄道による国内輸送は続いてる。ちなみに戦後日本海軍は機雷掃海を1年以上に渡って続け、国連の要請で朝鮮戦争に参加する代わりに朝鮮戦争時に朝鮮半島近海の掃海まで行っている。適当な工作をするより事実を自分で調べろよ。
122.名無しさん:2020年06月30日 22:37 ID:VxtrbSJh0▼このコメントに返信
主要参戦国で飢餓に苦しまなかったのってアメリカ位なもん。戦勝国のイギリスでも配給制日本以上に長引いてたらしい。日本でも配給だけでは餓死すると身をもって証明した判事の人がいたよね。
123.名無しさん:2020年06月30日 22:37 ID:cEjE6Wcc0▼このコメントに返信
戦後の方がひどかったんじゃないかね
賠償金取り立てられてた戦後の方がね
124.名無しさん:2020年06月30日 22:39 ID:VyX5NFkK0▼このコメントに返信
※90
戦中を子供で過ごしたからだと思う
その世代の多くは戦中政治を反射的に全否定してしまう
125.名無しさん:2020年06月30日 22:40 ID:MoQ3Ckr20▼このコメントに返信
※118
>国内の餓死者数の統計も無いんだよな。

終戦直後のデータって残っていないよね。
在日の人口とか出生率とか、綺麗さっぱり消えている。
126.名無しさん:2020年06月30日 22:42 ID:VyX5NFkK0▼このコメントに返信
※121
港湾と鉄道がセットじゃないと機能しないでしょ
チミの言う物資とは何を運んでるつもりなの?
米と麦・芋やらとせっせと鉄道で運んでたの?
127.名無しさん:2020年06月30日 22:43 ID:7tvIWDwj0▼このコメントに返信
>>56
明治は事実上薩長藩閥が牛耳ってたからね。東北は会津や庄内だけでなく、奥羽列藩同盟で盾突いたから、東北人が
政治軍事の上のポストで活躍し出すのは明治以降だし。
128.名無しさん:2020年06月30日 22:43 ID:hOWl12Ob0▼このコメントに返信
ダメだな。平和ボケしている。

戦争の食糧難という基本的な認識が欠如している
129.名無しさん:2020年06月30日 22:44 ID:hsxBJ4XX0▼このコメントに返信
物流ってのは必要な物を必要なだけ必要な場所に運ぶことであって
田舎の蔵の中にどれだけ米があろうが倉庫の中にどれだけ物資があろうがそれを必要とする場所に運べないんじゃ全く意味がない。
食料危機ってのは物がないのもあるけど物流の停滞ってのも大きい
130.名無しさん:2020年06月30日 22:47 ID:f1mWiGes0▼このコメントに返信
戦後の混乱期はロマン
闇市に疾病軍人に学生運動
131.名無しさん:2020年06月30日 22:48 ID:kyF669370▼このコメントに返信
さすがに地上戦になった場所は壊滅的な食糧事情だったろう、サイパン・硫黄島・沖縄島など。
空襲ならそれが止めばすぐさま復旧作業ってなるけど、至る所に敵兵がいる地上戦ではそうもいかない
ダウンフォール作戦が実行されてたらやばかったな
132.名無しさん:2020年06月30日 22:50 ID:esw9EPG20▼このコメントに返信
※118
うーん、実際に国民皆兵制度の戦時中にひっそり餓死なんてしてたのかねえ?
そんな噂すらなかったし、証言もない。
それこそ「本土決戦」に備えて盲目や聾唖者までカウントして戦う役割を割り振ってたぐらいだから、ほぼ全国民は確認できてたはず。

食い物の質はひたすら落ちてたけど、配給制度そのものは終戦まで機能してたわけだからな。
133.名無しさん:2020年06月30日 22:50 ID:OY0cCTDA0▼このコメントに返信
大本営でも誤魔化せなかったのに何を言ってるんだ?
134.名無しさん:2020年06月30日 22:53 ID:hsxBJ4XX0▼このコメントに返信
ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/jfsr/23/4/23_328/_pdf
ttps://togetter.com/li/1035983
コピペすると長くなるからURLだけはるけどこの論文とまとめが詳しく食料危機についてまとめてるから見てみて
135.名無しさん:2020年06月30日 22:53 ID:xUNCli1b0▼このコメントに返信
食えていないよ。地方もね。
当時の記憶がある85歳以上の人に聞いてみな。
食糧不足は戦後も続いていて、だからこそ高度経済成長期に大量の出稼ぎが地方から都市部へ移動したんだよ。
日本版の「緑の革命」が60年代に起きるまでは食料不足
136.名無しさん:2020年06月30日 22:54 ID:7tvIWDwj0▼このコメントに返信
>>82
おたくら李朝の役人が、徳川将軍が交代する度に通信吏になってわざわざ日本に来たのは何でよ?
儒教的上下の感覚なら、日本から来させる筈でしょ。元植民地だった相手に逆に植民地にされちゃった、
なんて捏造がそもそもカッコ悪過ぎる
137.名無しさん:2020年06月30日 22:55 ID:PLgjGPXk0▼このコメントに返信
その辺は別にオーバー表現っは無いと思うが
ドラマとかでも食料がひっ迫してんのは戦争末期の配給制になってからの場面ばかりだし
スレ主は平和ボケか流通を舐めてるかとしか思えない
138.名無しさん:2020年06月30日 22:56 ID:uFZrFEvR0▼このコメントに返信

腹が減っては戦はできぬが、
腹減らぬならばしめたもの♪

安心して戦争出来る国になれるね♡

139.名無しさん:2020年06月30日 22:56 ID:FKW6dNXj0▼このコメントに返信
「生計費500円《前編》昭和21年 短編映画」
youtubeに終戦翌年の動画があった、当時がわかって面白かったわ
140.名無しさん:2020年06月30日 22:58 ID:H9WQXQS80▼このコメントに返信
>>1945年の作況予測は悪かった
自分らが食う分には困らんやろけど

まあ、上級階級にしたら下々がどれだけ飢えようと知ったこっちゃないからな…
上級「ふーん、大変なんだね…(バクバク)」「は?配給与えてるでしょ?少ない?贅沢いうな!」
141.名無しさん:2020年06月30日 22:59 ID:T.PFTFIm0▼このコメントに返信
息をするように嘘を吐く国民性
142.名無しさん:2020年06月30日 22:59 ID:7tvIWDwj0▼このコメントに返信
>>94
正しくても一時期とか一部地域とか、一部の都合の良い事実だけを切り取ってそれが全てであるかのように
宣伝するのを、プロパガンダ工作という。
143.名無しさん:2020年06月30日 22:59 ID:xfjV9mWt0▼このコメントに返信
※126
あのな、当時の運輸力の100%は必要ないんだよ。何故なら日本の食糧生産は基本的に全国で行われていて北から南まで運輸する必要性も無い(その為に戦後疎開まで行われている)。しかも当時は「国家総動員法」によって公共の福祉が優先。つまり貨物優先で運輸可能。しかも戦後の食糧難で数千万人が餓死予想されていたけど、実際に餓死した数は統計にすらならない数でしかない。戦後の混乱期でさえその結果なんだから戦中にメディアでプロパガンダされてるような飢餓は無かったと考えるのが自然。しかも戦勝国(米国除く)でさえ戦後5年近く配給が必要だったのに、日本の戦後配給は米穀通帳を除き3年余り終ってる。
144.名無しさん:2020年06月30日 23:00 ID:qWGl1.BR0▼このコメントに返信
終戦の理由のひとつが、大凶作の予測だったのに。
農民をごっそり徴兵して、肥料も燃料もなし。耕作地のほとんどは荒れ放題。
そもそも、戦前は日本は、台湾や韓国から米を大量に輸入して賄ってた。
145.名無しさん:2020年06月30日 23:02 ID:YJ3Km2ka0▼このコメントに返信
インフラがやられてて都会まで物が運べなかった・田舎は食い物が十分あったという人もいるが
都会までの大量輸送ができなくなたっとしても田舎は元々のインフラが貧弱

当時は(戦後しばらくも)物を運ぶのに大八車とか使ってたから
そんなに大量の食糧の即時輸送なんか田舎でも到底できない
農村地帯といっても産地によって収穫できるものが限られてるだろうし
戦時で流通が滞るのが通常営業だから
飢えなかったとしても「田舎は食料が豊富だった」とはとても言えないような
146.名無しさん:2020年06月30日 23:02 ID:YuDa0oa20▼このコメントに返信
>戦争当時だって魚や肉や米だってそれなりにちゃんと食えてたはずだし、子供は学校行って勉強して遊びだってしてたはずなのに、
>そういう描写をまるで削ぎ落として空襲で死ぬか痩せこけて大根かじって死ぬかみたいなのしか描かれてないのプロパガンダすぎない?
物流のレベルが現代と比べてウンコだったため都会は食糧難芋の葉粥すする羽目、農地が肥沃な田舎は好きなものが食べられた。
例えば長野県あたりは米と肉(長野は肉食する文化圏だった)魚には困らなかったらしい。
ちなコールドチェーンのおかげで内陸で刺身だとかを普通に食べるようになったのは昭和45年以降でそれ以前は基本地産地消だけ。
147.名無しさん:2020年06月30日 23:02 ID:VxtrbSJh0▼このコメントに返信
※132
配給制度はあっても欠配もどんどん増えてったと聞いたよ。
148.名無しさん:2020年06月30日 23:02 ID:H9WQXQS80▼このコメントに返信
>>54
例えば、お茶っ葉。これは海軍が買い占めてて、陸軍は調達苦労したそうだで、商品にならずに棄てるものを買い取ってたそうだ。
149.名無しさん:2020年06月30日 23:03 ID:xfjV9mWt0▼このコメントに返信
※132
餓死者ゼロではないだろうけど、ほゞゼロに近い数字だったと思われるね。特に戦中派・戦後派の小説やエッセイを読む限り戦後の餓死者は純粋な餓死者だとは考えにくい。
150.名無しさん:2020年06月30日 23:06 ID:ey9caLit0▼このコメントに返信
>>86
・そもそも最初から三食分の米を用意できたのは太平洋ベルト以南の平野部だけだった話。
東北・北海道は寒くて当時マトモに米が育たない地域があったし重機の無い時代は山奥に水田を作れなかった。
・その為に干物があるのだろう?物流の破壊・統制で出来なくなっただけだ。
・現在ほど極端に都市部へと人口が集中する様になったのは戦後の高度経済成長から。

>>96
確かに線路は死に物狂いで繋げて居た、船を出すと米軍が寄って集って沈めに来るからだ。
だが走る方の機関車は戦時体制で粗悪化の一途を辿って居た。出力が出ない、安全部品が足りないそして末期には走らせる燃料も無い。
なのに本来船で運んで居た人荷がドッと押し寄せたのだぞ?
何時故障しても可笑しくない代物を国鉄は24時間体制で走らせたがそれでもまだ足りんのだ。
151.名無しさん:2020年06月30日 23:09 ID:djHdIq9a0▼このコメントに返信
※146
わざわざ自分たちの主食を書かずにはいられない畸形チォン猿発見
152.名無しさん:2020年06月30日 23:10 ID:tTgNV1Q80▼このコメントに返信
戦後満員の列車に乗って、お金の代わりに着物をもって田舎に食料の買い出しに行った、と母は言っていた。農家の人は足元を見て、大した量は売ってくれなかったとか。食料が足りてたと言ってる人は、田舎住まいの人たちだろうね、東京では確かに食料不足で、確か政府の配給のみで食べてたまじめな人が餓死したことがある。戦争がそんなにのんきなものであるはずがない。
153.名無しさん:2020年06月30日 23:10 ID:VyX5NFkK0▼このコメントに返信
※143
>つまり貨物優先で運輸可能

へえ~
サトウキビも醤油もミリンも製粉も鉄道で調達してたわけ?
不思議だねえ…
154.名無しさん:2020年06月30日 23:11 ID:mgh1mseX0▼このコメントに返信
ちゃんと食ってたけど配給米だけでは足りなかったって死んだ婆ちゃんは言ってたな
カボチャやサツマイモが主食だったと言ってた
あと餓死者は居たらしいよ
疎開先の奈良の田舎は芋ばっかだけどみんな食えてたのに、戦後になって都会の神戸に戻ってきたら闇市で買わないと食べ物に困るので仕事のない人は飢えてたそうな
155.名無しさん:2020年06月30日 23:12 ID:djHdIq9a0▼このコメントに返信
※147
だとしても「戦争に協力できる国民」たりえることが最優先された時代に、ろくに食わずに餓死するなんてありえたのかね?
156.名無しさん:2020年06月30日 23:13 ID:mAfQgQcC0▼このコメントに返信
自分の親戚関係で聞いた範囲だと、とにかく芋や魚ばかりだったそうだ。出身が鹿児島なので土地柄かもしれんが
なぜか魚は大丈夫だけど、芋系はあまり食べたくないという人が多かったね
157.名無しさん:2020年06月30日 23:13 ID:T.PFTFIm0▼このコメントに返信
芋様様やでほんま
158.名無しさん:2020年06月30日 23:13 ID:H9WQXQS80▼このコメントに返信
>>148
陸軍の場合、栄養補助としてお茶が必要だった。お茶はビタミンが豊富で壊血病の予防に役立った。粉末にして飲ませたり、料理に混ぜたりして摂らせたそうだ。
159.名無しさん:2020年06月30日 23:14 ID:xfjV9mWt0▼このコメントに返信
※150
>そもそも最初から三食分の米を用意できたのは太平洋ベルト以南の平野部だけだった話。

これはホントだね。だから戦後に大きな人口移動が有ったし、東北や北海道で充足する食糧生産になったのは戦後かなり経ってから(高度成長期位?)。

>何時故障しても可笑しくない代物を国鉄は24時間体制で走らせたがそれでもまだ足りんのだ。

戦時中の疎開も戦後疎開も汽車でおこなれているんだよ。つまり人を運ぶ能力まで有ったという事。戦後疎開に近い形で移住した安吾や十蘭も度々東京に戻ってるし、他の作家も同様の事を書き残してる。70年以上前の事を現代と同じ価値観で判断しても仕方ないだろう?実際に日本国内では餓鬼死亡者はほとんど出てないんだよ。外地からの引き揚げ者や復員兵は復員するまで大変だったのも事実だけどね。
160.名無しさん:2020年06月30日 23:15 ID:esw9EPG20▼このコメントに返信
※154
それは配給制度が破綻した終戦後の混乱期のことでしょ

※149
そういやその時代を生きてる人の本を読んでも餓死者の例は出てこないね。
飢えて死にかけてる人がゴロゴロいれば、周りも気づくはずだと思うし・・・
161.名無しさん:2020年06月30日 23:15 ID:T.PFTFIm0▼このコメントに返信
日本人に合うものは繊維食品
162.名無しさん:2020年06月30日 23:16 ID:H9WQXQS80▼このコメントに返信
>>20
犬どころか猫も食してたそうだ。ほとんど肉なさそうなのに食べられるのか?
163.名無しさん:2020年06月30日 23:17 ID:T.PFTFIm0▼このコメントに返信
発酵食品様様
164.名無しさん:2020年06月30日 23:19 ID:xfjV9mWt0▼このコメントに返信
※153
何が言いたいのかさっぱり意味不明だけど、配給は主食中心だし、薪や炭と云った燃料の配給も有ったよ。

で、※154さんが書いてるように副食を生産する余裕は有ったんだよ。で、それがカロリーの高いものが優先されていただけだ。耕地面積には限りが有るし、成長が早く、育成が簡単な食材が優先されてもいたからね。
165.名無しさん:2020年06月30日 23:20 ID:mSbaKuX00▼このコメントに返信
>>1
南海トラフ地震きたら東京でも起こり得るな
166.名無しさん:2020年06月30日 23:27 ID:3TfFZKfP0▼このコメントに返信
田舎でもデンプン粕食ってた話や店のショーケースが空だった話や
大福の餡が塩味だった話を聞いたから
配給に頼ってた都会はもっと酷かったんだろう
167.名無しさん:2020年06月30日 23:29 ID:mgh1mseX0▼このコメントに返信
※160
うん、餓死者の話は戦後の話
親を失って仕事をもらえない子供が行き倒れてて可哀想だったと話してた
戦時中の困難については街に出た時に空襲があって艦載機に追われて怖かったとか金物を政府が集めてて鍋が無くて困ったとかそういう話しか覚えてないな……もっと色々聞いておけば良かった
朝鮮戦争が始まった辺りから物凄い勢いで焼け野原が街に変わっていったそうな
168.名無しさん:2020年06月30日 23:38 ID:sZWRoGMK0▼このコメントに返信
やはり日教組の教育を復活させないとダメなのではないか。日本は原爆や焼け野原の歴史を忘れようとしている。餓死、戦死を乗り越えてハングリー精神で立ち上がったのが日本。平和ボケで民族の歴史を忘れている。
169.名無しさん:2020年06月30日 23:39 ID:.GtjtxLy0▼このコメントに返信
イッチのやってる事もプロパガンダやぞw
170.名無しさん:2020年06月30日 23:40 ID:sZWRoGMK0▼このコメントに返信
餓死者の子孫は生きてない。だから話も伝わらない。それだけのことだ。
171.名無しさん:2020年06月30日 23:48 ID:GYg.ICLy0▼このコメントに返信
魚は獲ってくる船は徴用されるし燃料不足だしで減ってたはず
172.名無しさん:2020年06月30日 23:49 ID:GYg.ICLy0▼このコメントに返信
そのためのベトナムの食糧だ!
173.:2020年06月30日 23:55 ID:2pFEEdfq0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
174.名無しさん:2020年06月30日 23:56 ID:dyfMuM2v0▼このコメントに返信
鹿児島のド田舎出身の父は、戦中・戦後とも食べるに困る事はなかったと言っていた。
が、食生活自体は貧しかったらしい。
子供の頃に肉や魚をしっかり食べていたら、もっと背が伸びていた、が口癖だったな。
でもそれは戦争の影響というより当時の食習慣の問題の気がする…。
175.名無しさん:2020年07月01日 00:04 ID:BUOv8PYZ0▼このコメントに返信
ウチのじっじは大阪にすんでて、空襲されてから食い物が無くなったって言ってたで。近所の猫捕まえて捌いたけど食べることが出来なかったとか、革靴湯がいてかじったけど硬すぎて食べれなかったって言ってたわ。それ以前の話では飯に困ったとか聞いたこと無いから多分空襲されるまでは普通やったんやと思うで。
176.名無しさん:2020年07月01日 00:05 ID:.Vhyyl1X0▼このコメントに返信
※168
逆だよ。日教組の自虐史観教育を否定するのにどれだけ時間がかかったと思ってるんだ?人間が自虐や慢心に陥って健全な社会を作った歴史は皆無だよ。事実を事実だと観察・分析して初めてより良い社会を形成できるんだよ。
177.名無しさん:2020年07月01日 00:05 ID:tqZ6.fbf0▼このコメントに返信
スイトンも有名
178.名無しさん:2020年07月01日 00:06 ID:NmNp.kTX0▼このコメントに返信
都会じゃシャバシャバのお粥にさつまいもや大根の葉っぱが主流だよ
みんな養鶏やって玉子は自給してたって親から直接聞いたわ
179.名無しさん:2020年07月01日 00:10 ID:.Vhyyl1X0▼このコメントに返信
※171
当時は殆ど動力船による遠洋漁業なんかやってないよ。動力船による遠洋漁業が活発になったのは戦後の事。
180.名無しさん:2020年07月01日 00:18 ID:K.neX8qH0▼このコメントに返信
本当に米がなくなったのは、戦時中ではなく、戦後の占領期。
GHQには、不都合だったから書き換えただけ。
181.名無しさん:2020年07月01日 00:29 ID:beLhAHnp0▼このコメントに返信
一般人は喰えなかった。単に流通が止まったから。
裁判官まで餓死したくらい。
182.名無しさん:2020年07月01日 00:29 ID:tlsOhr2l0▼このコメントに返信
気の毒なのは前線の兵隊さんやなあ
飯はもちろん弾もない
183.名無しさん:2020年07月01日 00:36 ID:.Vhyyl1X0▼このコメントに返信
※182
ホントこれだよね。日本国内には1918年から食用カエルの養殖(最初は米国から輸入)が始まってるんだけど殆ど食べてないんだよ。だけど南方に送られた兵隊さんたちはカエルすらも食べれなかった。
184.名無しさん:2020年07月01日 00:37 ID:Cq.hoY.60▼このコメントに返信
そりゃ米は全部、政府が農家から買い上げて配給制にしてたから満足いくまで食える人はいなかった、農家でもな(軍人除く)
米以外は色々食えてたけどな、麦とか芋とか。でそれを混ぜて炊いたりしてたわけだ
食える物がないってのは空襲されまくって道や線路ズタズタにされた戦争末期の1年と戦後数年の話
185.名無しさん:2020年07月01日 00:39 ID:UQejXrOy0▼このコメントに返信
サトウのご飯でええやん
186.名無しさん:2020年07月01日 00:41 ID:vzxzcgml0▼このコメントに返信
油全部前線に持ってかれてるんだから輸送できねーよ
漁船も動かねーよ
男手も取られてるよ

結局のところ飢えが一番辛いんだろ
やなせたかし、水木しげるもそうか
敵が来ることの恐怖やら将来への不安やらは忙しくしてれば忘れられる
でもひもじさはずーっとついてまわるからな
187.名無しさん:2020年07月01日 00:43 ID:zePlZG5T0▼このコメントに返信
このスレにいる奴らのじいさんばあさんたち(戦中世代と仮定)は幼いころに餓死していない。

よって戦時中に餓死した日本国民などいなかった。はい、証明完了
188.名無しさん:2020年07月01日 00:45 ID:rbWAHZWc0▼このコメントに返信
戦争初期と末期戦後で食糧事情は全く違うからな
戦地に出征している兵隊さんへの感謝?を表すため毎月1日は「日の丸弁当」を食わなきゃいけなかった
おかずは梅干し一個のみ、他のおかずが入っているのが見つかったら厳罰
最初の頃はあの手この手で様々なおかずを忍ばせ過ごしていたんだが戦争末期の食糧難ではこの日の丸弁当ですら贅沢品となっていたんだとか

つうか戦前から戦争やってないのに配給制で総力戦やってたのって日本ぐらいやろw
189.名無しさん:2020年07月01日 00:50 ID:I4T9Yp3C0▼このコメントに返信
>>26
ストッカーに入れてて、忘れて干からびたサツマイモを焼いてみたけど筋ばってて不味かった。そんな味だったのかな?
190.名無しさん:2020年07月01日 00:51 ID:rPBb01aG0▼このコメントに返信
※187
※170
191.名無しさん:2020年07月01日 00:58 ID:I4T9Yp3C0▼このコメントに返信
>>97
エセ愛国系ブログの内容を!まるまる信じて立ち上げたんだろ?
たまに見かけるよ、そんな内容のやつ
192.名無しさん:2020年07月01日 01:07 ID:yzX5sux20▼このコメントに返信
祖父母すら戦後生まれというのも増えてるだろうから戦争なんて異世界物語なんだろうな
193.名無しさん:2020年07月01日 01:08 ID:6aEO.Y7E0▼このコメントに返信
パンにおがくず混ぜてかさ増しとか言っても信じないんだろうなあ…。
194.:2020年07月01日 01:11 ID:MGfCf9nb0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
195.名無しさん:2020年07月01日 01:13 ID:mfjkUJEF0▼このコメントに返信
>>1
田舎は売るほど余ってたからね
戦時中に食べ物と交換したってのはよくある話
196.名無しさん:2020年07月01日 01:14 ID:uZ.Ze5R90▼このコメントに返信
田舎の農家だけどすいとんだったって
197.名無しさん:2020年07月01日 01:20 ID:azwwRww70▼このコメントに返信
本当に厳しかったのは敗戦後だが、戦中も農家は供出が定められてたし質素粗食を呼びかけるポスターが多数残ってるので満足に食えたわけじゃない
198.名無しさん:2020年07月01日 01:26 ID:be.8kaSf0▼このコメントに返信
田舎すぎて疎開もなかったらしい
空襲は花火大会と同じ扱い
199.名無しさん:2020年07月01日 01:29 ID:.Vhyyl1X0▼このコメントに返信
※193

混ぜてたのは「小麦ふすま」や「おから」だよ。食えないモノを混ぜてどうすんだ?

※196

小麦粉やスキムミルクの配給が戦後に行われてるからね。
200.名無しさん:2020年07月01日 01:30 ID:DuJLTWTv0▼このコメントに返信
アメリカは補給を重視する。それは自国も敵国も。
鉄道や道路など、流通に対して攻撃した結果、まず都市部で食糧が不足した。
戦時中、食い物に困ったのは都市部の金持ちどもだけだ。
食糧不足に陥っても、経済活動のために会社員は東京を離れられない。
だから子供だけ、食糧の豊富な田舎に疎開させたのさ。
201.名無しさん:2020年07月01日 01:51 ID:7Om6InTo0▼このコメントに返信
>>119
と言うか途中からスポンサーが変わって赤くなったんよ
202.名無しさん:2020年07月01日 01:58 ID:6k9KVEgz0▼このコメントに返信
まるで見てきたかのように喚いているが大半の人間が不足なく食えてたなら闇米なんて言葉ねぇよ
203.名無しさん:2020年07月01日 02:08 ID:8MwXZMxq0▼このコメントに返信
何言ってんだよ。明治以後日本の人口が爆発的に増え、ブラジルその他の国に移民政策してるし、戦時中は学校のグランドを利用して野菜も作った。「 食い物の恨みは恐ろしい!」と言うくらい大変だった。当時、庶民の飯は大根飯だ!栄養不良で亡くなった人も沢山いた。
204.名無しさん:2020年07月01日 02:14 ID:fvZJ.xYB0▼このコメントに返信
というか現代でも流通が死ぬと生産地以外物資が不足するのは当然なんだから場所によるってわかりそうなもんだけど。
205.名無しさん:2020年07月01日 02:16 ID:83RKwxHD0▼このコメントに返信
小さいじいちゃん見たことあるだろ。
あれは栄養が足りてないから成長できなかったんだぞ。
206.名無しさん:2020年07月01日 02:18 ID:YLV8hLvc0▼このコメントに返信
終戦後から三年くらいが一番食糧不足だった。
人手不足で食料全般の生産量が落ちてる所へ
復員兵と半島、大陸、南洋からの引揚者が一気に帰国したので
相対的な食料量が激減した。
207.名無しさん:2020年07月01日 02:19 ID:4EXQd.lQ0▼このコメントに返信
配給制を知らねーんだなぁ今の子供は

喰うものない時はヒガンバナの球根も食用に加工してたほどだぞ?
あれ毒あるが
208.名無しさん:2020年07月01日 02:20 ID:wp5ebCAd0▼このコメントに返信
というか子供売ったり海外に移民奨励してた時代だから戦争に関係なく平時でも毎日一握りの米を水でふやかしたような食生活してた地域があった時代でもあったがな
昭和恐慌の中でも昭和農業恐慌の時期(昭和5年~昭和6年)は東北は国内開発後回しにされたせいもあって欠食児童・身売り続出で普通に餓死者でてるし
だからこそ東北で餓死者出しながら必死に開発した満州手放すぐらいならいっそ戦争したれってなった部分もあると思うが
209.名無しさん:2020年07月01日 02:28 ID:JIElNNQh0▼このコメントに返信
強酸党は、オームと同類の危険な存在ですよ、
公安調査庁:共産党が破防法に基づく調査対象団体であるとする当庁見解
 共産党は,第5回全国協議会(昭和26年〈1951年〉)で採択した「51年綱領」と「われわれは武装の準備と行動を開始しなければならない」とする「軍事方針」に基づいて武装闘争の戦術を採用し,各地で殺人事件や騒擾(騒乱)事件などを引き起こしました(注1)。
 その後,共産党は,武装闘争を唯一とする戦術を自己批判しましたが,革命の形態が平和的になるか非平和的になるかは敵の出方によるとする「いわゆる敵の出方論」を採用し,暴力革命の可能性を否定することなく(注2),現在に至っています。
 こうしたことに鑑み,当庁は,共産党を破壊活動防止法に基づく調査対象団体としています。
210.名無しさん:2020年07月01日 02:28 ID:YLV8hLvc0▼このコメントに返信
また、朝鮮半島、台湾、満洲は内地にとって農作物の大供給源でもあった。
敗戦により、せっかく開発した農地、一次産業インフラも全て失われた。
このことが日本国内の食料不足に拍車をかけたのだ。
211.名無しさん:2020年07月01日 02:31 ID:caQx825h0▼このコメントに返信
農業支える男が戦争に行っていないし、戦後食べ物がなかったのは事実だよ
特に都市部はひどかった
田舎の農家はまあまああったらしいが、それでも政府に供出するから農家でもひもじい家は多かった
配給の小麦粉ですいとんつくったり、お湯に米粒が浮いているような薄いおかゆを食べた
食べ物がたらなくて着物や時計を持って田舎の農家に行って食べ物を分けてもらったそうだ
田舎の農家の人が素朴で親切だと言うのは嘘だと言っていた
人の足元を見て、お嬢さんいい襟巻きをしていますね、と言われて渡したという話を聞きました
今の人には想像もつかない時代が確かにあった
212.名無しさん:2020年07月01日 02:33 ID:8rXnmOyb0▼このコメントに返信
戦後の食糧難は流通の転売ヤーの責任
闇市では商品が豊富に並んでいた
213.名無しさん:2020年07月01日 02:35 ID:OwiMSDBn0▼このコメントに返信
スレ主>>1が何を言いたいのか全く理解できない
事実として貧困の時代があったのにそれを全てに当てはめてプロパガンダと叫ぶ意味が何なのか
単純に自分は事実を知っているが世間はバカばかり、というようなマウント取りたいだけなのだろうか
214.名無しさん:2020年07月01日 02:45 ID:pgi05R.Y0▼このコメントに返信
闇米は食べないと言って餓死した役人の話も随分と過去の話になったな。
215.名無しさん:2020年07月01日 02:49 ID:wp5ebCAd0▼このコメントに返信
この手の話が出てくると楠本雅弘の「戦時農業政策資料集」とか「恐慌下の東北農村」を読み返したくなってくるな
まあ、昔は大学の図書館で借りられたから読めたけど卒業した今となっては高くて手が出ませんがね
216.名無しさん:2020年07月01日 02:57 ID:pgi05R.Y0▼このコメントに返信
当時小学生の疎開はクラス単位だったそうだが、疎開先で出た羽や脚の浮いた蝗出汁の味噌汁の話し、
火逃げと虐められて満足に食事を与えられなかった話し、防空壕から閉め出された話し、
戦後残った着物を田舎へ行って食料と交換して貰ったら帰りに官憲に没収された話し、
当事者から色んな話しを聞いたけどな。

217.名無しさん:2020年07月01日 03:01 ID:iL4.bTje0▼このコメントに返信
下関で育った祖父は兄弟が多かったから大変だっただけで、食えてはいたらしいぞ
競うように食ってたらしいから今でも買うの早い
218.名無しさん:2020年07月01日 03:06 ID:I4T9Yp3C0▼このコメントに返信
>>58
きっと「プロパガンダ」って言葉を最近覚えたんだよ…
219.名無しさん:2020年07月01日 03:12 ID:YLV8hLvc0▼このコメントに返信
南瓜を見るのも嫌なジジババはけっこういたな
220.名無しさん:2020年07月01日 03:33 ID:MTVpitxV0▼このコメントに返信
物があったとしてもインフレして高くて買えないんじゃ無いのと同じだぞ
221.名無しさん:2020年07月01日 03:47 ID:3BPNd7l30▼このコメントに返信
漁村は漁がなかなか出来なかったってのはじいさまから聞いた。
漁に船を出すとしょっちゅう飛んでくる米英の艦載機から機銃掃射食らうんだと。
日本海軍は昔から哨戒の一部を漁船に委託してたから哨戒艇だと思われて攻撃されたらしい。
222.名無しさん:2020年07月01日 03:51 ID:.bmucu100▼このコメントに返信
僕の親父、昭和20年の5月生まれやからな~
普通に生活してなかったらそうはならんやろな~
223.名無しさん:2020年07月01日 03:52 ID:zj3eCq3H0▼このコメントに返信
この世界の片隅にをみろ
224.名無しさん:2020年07月01日 04:01 ID:6biNZGWY0▼このコメントに返信
まあ贅沢はできなかったけど、食うに困るほどじゃないよ。
闇市って、配給では足りなくても、要は闇市が立つくらいには物資があったわけでさ。それを買えない人もいたけど、その人達だけを見て食えなかったって言ってるのはなんだかななー。
225.名無しさん:2020年07月01日 04:09 ID:3BPNd7l30▼このコメントに返信
※224
ちゃうで、物がないから闇市が立つんやで。
物が困らんレベルであるのであれば闇市なんて成立せんのや。
確かに0ではないが、70とかあったわけではない。せいぜい平時の2、30%ぐらいしかなかったやろ。
226.名無しさん:2020年07月01日 04:11 ID:k.Hx7wsm0▼このコメントに返信
>>5
うちのオバも同じ理由で未だにサツマイモ嫌いだわ
農家は飢えることは無かったみたいだけど
そうでない所は芋の茎まで食べたと聞いたよ
227.名無しさん:2020年07月01日 04:15 ID:E3dUESrd0▼このコメントに返信
雑炊 すいとん サツマイモ ご飯は麦ごはん。屋グロのほんの少しの土地は野菜や芋を。
子供は上記をそれなりにたくさん食べていた(が、栄養不足)。大人は空腹を紛らわすため、コメの粉や片栗粉をお湯で解いたものを啜っていた。

田舎農家も コメは配給用に国へ供出。コメが充分にあったわけではない。隠し米はあったかもしれないが、都会と大差なし。
配給米以外のコメの流通はヤミ米で犯罪。取り締まりがきびしかった。
学校の脱脂粉乳のミルクとか

徐々に良くなりつつあるも 戦後10年くらいまではかなりの食糧不足。
228.名無しさん:2020年07月01日 04:28 ID:l4vDblud0▼このコメントに返信
イッチは最近覚えたプロパガンダって言葉を使いたいだけww
229.名無しさん:2020年07月01日 04:30 ID:uYuE0MbY0▼このコメントに返信
日本は昭和9年がピークで以後下り坂。日中戦争で拍車がかかり真珠湾以後は急降下。戦時中の新聞とってあるけど真珠湾のは3,40
ページ位の豪華版、広島に新型爆弾は粗末な紙でたった1枚。戦前生まれは洋菓子や輸入菓子を知ってるけど戦中生まれは専ら煎り大豆。
230.名無しさん:2020年07月01日 04:31 ID:uMe1kOUP0▼このコメントに返信
場所によりけりだろうな
終戦時3歳だった親父は特別ひもじい思いはしなかったと言ってたな
231.名無しさん:2020年07月01日 04:35 ID:D3Ub23fd0▼このコメントに返信
空襲で焼け野原にされた所はきつかったみたいだね。
今みたいに人が都市部に集中してなかったから、ほんとにきつかったのは一部じゃないのかな
232.名無しさん:2020年07月01日 04:50 ID:naysV4Sg0▼このコメントに返信
>戦争当時だって魚や肉や米だってそれなりにちゃんと食えてたはずだし、
肉は食えてないと思う
魚はどうか知らないがやっぱ田舎でも都会ほどは足らないことはなかったが貧しかったと思うよ
まず冷蔵庫ってのが普及してないし保存もしにくかったろう
233.名無しさん:2020年07月01日 05:10 ID:LBrLJQAx0▼このコメントに返信
はだしのゲンなんかはモロに共産党の党員が書いたプロバだぞ
創氏改名を強要されて「玄田牛一」とか名乗ってギギギって拷問とかがテンプレだったけど
創氏と改名は別の時期に実行された別の政策だったって証拠付きで説明されてるし
改名の方は期間限定で、有料で変更できるってだけのオチだし
234.:2020年07月01日 05:10 ID:naysV4Sg0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
235.名無しさん:2020年07月01日 05:24 ID:8JD3DxmD0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんラバウルに行ってたから食事もろくに無くてヘビを捕まえたらご馳走とか言ってた。
ワニは銃で上手く殺せなくて犠牲者が出たり、帰国中の船で海のフカに喰われた人の話とかいっぱい話してくれたなぁ
236.そもそも論🤗😀:2020年07月01日 05:30 ID:EHU1mV4u0▼このコメントに返信
>>1
そもそも論


『米』の自給率は戦前は🎌日本🎌は80%


戦前から🎌日本🎌は『食糧輸入国』であり、アメリカ🗽の『通商破壊戦』で片っ端から『船』を沈められ、🎌日本🎌に『食糧』が入って来ない状態になっており、おまけに戦争で若くて健康な『男性』は大半が『徴兵』され『農村』の『労働力』は不足している。従って『太平洋戦争』末期の🎌日本🎌が大都市を中心に『食糧不足』に悩まされたのは事実である。(昭和20年代だと配給食糧でさえ1人1日米2合3杓がギリギリだった。)従って『嘘』は言っていない。🤭🐈🤭
237.名無しさん:2020年07月01日 05:31 ID:64IoVbgr0▼このコメントに返信
※229
昭和初期って日本でも屈指の砂糖消費量叩出した年代だもんな
238.名無しさん:2020年07月01日 05:31 ID:naysV4Sg0▼このコメントに返信
魚は戦中だと燃料や安全の問題で、漁獲量は結構減ったんじゃないかな
239.名無しさん:2020年07月01日 05:36 ID:naysV4Sg0▼このコメントに返信
結局食糧は足りてなかった意見が多いみたいだな
240.:2020年07月01日 05:57 ID:GVQ..pNy0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
241.名無しさん:2020年07月01日 05:59 ID:yozkQoz50▼このコメントに返信
「戦争は悲惨」を刷り込むためのプロパガンダやな
こういう嘘を暴いていくことは大事だよ
242.名無しさん:2020年07月01日 06:00 ID:77PwcSKZ0▼このコメントに返信
マッカーサーと食料の話だと朝食には卵2つの目玉焼きを出せと命じてたのに1個しか無くて怒鳴りつけたら「横浜中探し回ってそれだけでした」と言われてやっと食糧危機に気付いたって逸話があったな
243.名無しさん:2020年07月01日 06:09 ID:slulM1Ca0▼このコメントに返信
日本軍を悪とし
原爆落とす口実が欲しかっただけ
244.名無しさん:2020年07月01日 06:11 ID:CDcpQUpY0▼このコメントに返信
言いたいことはわからんでもないが
とうとう大戦時の一般生活にまで自己責任を言い出したかと思うとワケガワカラナイヨ
245.名無しさん:2020年07月01日 06:48 ID:JFs2wapJ0▼このコメントに返信
※51
文句は民間船まで潜水艦で沈めまくったアメリカに言え。
食い物は田舎にはあったが日本は本土上空の制空権すら失ってたから
汽車などによる輸送も出来なかったし
本土沖合の制海権もなかったから船の輸送も出来なかった。
それまでは兵隊さんは軍部が温かい食事にこだわってたので
補給があった頃は割と良い食事をしてたんでっせ。
246.名無しさん:2020年07月01日 06:50 ID:vH.OjiAl0▼このコメントに返信
>>119
戦中の話は全十巻のうちの一巻の一部なんだから9割戦後で合ってるやろ
プロパガンダはプロパガンダなんだが今ほど低質な嘘ついてない
皆戦争経験してた時代に連載されていたからリアリティーのある嘘しかつけなかった時代
247.名無しさん:2020年07月01日 06:56 ID:Ef96BxYW0▼このコメントに返信
>>3
あれは野坂昭如の妹への懺悔だから…
248.名無しさん:2020年07月01日 07:06 ID:AHYKRkTz0▼このコメントに返信
馬鹿過ぎて話にならない。
249.名無しさん:2020年07月01日 07:09 ID:Ef96BxYW0▼このコメントに返信
そりゃ左翼の印象操作は多少あるだろうが大戦末期〜戦後数年とかマジな地獄じゃんって想像つかないもんなのか…
人造米とか実際食べた人の感想からして凄い不味そうなんだが
これを食うしかない人が多かったと思うと…
250.名無しさん:2020年07月01日 07:16 ID:Ef96BxYW0▼このコメントに返信
地元に残ってる話なんだが
歯磨き粉をお菓子がわりに食ったという凄く想像したくないものもある
251.名無しさん:2020年07月01日 07:19 ID:edZQMajW0▼このコメントに返信
 天皇の料理番 ってなDVDがレンタルしていますが少しは参考に成るかと思います
情報の扱い方ですが基本的に
 最大量を集める
 自己責任で判断する という事です
なので、これからの世界では
 誰かが言ったから・偉い人が言ったから・本に書いてあったから・大統領や聖人が言ったから
等という逃げは通用しませんヨ
252.名無しさん:2020年07月01日 07:21 ID:edZQMajW0▼このコメントに返信
※16(・∀・)イイネ!!
253.名無しさん:2020年07月01日 07:27 ID:gYwPkLjX0▼このコメントに返信
WGIP映画の事? GHQの
254.名無しさん:2020年07月01日 07:31 ID:P6pxsKw90▼このコメントに返信
流通もぶっこわれてたし、生鮮食料品を運ぶ技術もなかった。
255.名無しさん:2020年07月01日 07:46 ID:uEixcij70▼このコメントに返信
疎開先に選ばれるような土地で農家やってた祖母の話やと食料には一切困らんかったらしい
256.名無しさん:2020年07月01日 08:13 ID:GSZqmTKJ0▼このコメントに返信
芋ばっか食ってたせいで、戦後も一生芋が嫌いな人が続出
257.名無しさん:2020年07月01日 08:49 ID:Ubg.c.5v0▼このコメントに返信
※256
子供から爺婆までみんなから大人気だよ
258.名無しさん:2020年07月01日 08:52 ID:Ubg.c.5v0▼このコメントに返信
干し芋や芋の天ぷらは甘くて大人気
259.名無しさん:2020年07月01日 08:53 ID:Ubg.c.5v0▼このコメントに返信
焼き芋も甘ーくて美味しい
260.名無しさん:2020年07月01日 08:57 ID:Ubg.c.5v0▼このコメントに返信
芋の他にも南瓜、西瓜、蜜柑、柿も食べられていた甘くて美味しいもの
261.名無しさん:2020年07月01日 09:11 ID:87WP8Uq30▼このコメントに返信
そうウソだよ
米なんか食えなかったってばあちゃんが言ってた
イモがあればまだいいほうで具の無いすいとんばかりだったと
262.名無しさん:2020年07月01日 09:38 ID:Elkkm1HL0▼このコメントに返信
今なら言えるが飢えたくない一心で国家存亡に懸かる戦争を否定するのは愚の骨頂だ
263.名無しさん:2020年07月01日 09:44 ID:.cg4IvMO0▼このコメントに返信
昭和20年5月ごろの閣議の議事録とか、戦争指導会議とかの食糧関係の資料見てると、
「このままでは昭和20年後半から21年前半にかけて深刻な食糧不足が生じ、一千万人規模の餓死者が出る可能性」
「主食は勿論のこと、塩分も国民の生存にギリギリのレベルに低下し、回復の見込みはない」
「燃料不足により昭和20年末以降は鉄道もマヒする。流通が停止し都市部は機能しなくなる」
と、すさまじい予測が出ている。むりやり「だが一億国民の総決起で乗り越えられる」とか書いてあるけど。

日本があのタイミングで降伏した理由の一つは食糧危機だったと言われてる。国民が飢えてからアメリカやソ連がきて
食料をばらまけば、もう誰も日本という国を求めなくなるだろうと。
264.名無しさん:2020年07月01日 09:49 ID:DrvBGghl0▼このコメントに返信
※256
芋タコ南京って昔から言うがな。
265.名無しさん:2020年07月01日 09:55 ID:KvoM.jZI0▼このコメントに返信
樺太に住んでた親戚は昭和20年にソ連が攻めて来て北海道へ避難するまで、白いご飯をちゃんと食べて育ったと言ってたな。
266.名無しさん:2020年07月01日 10:10 ID:1sREI3pq0▼このコメントに返信
※263
竹ならいくらでもとれるから竹で潜水艦作ればいいじゃん!とかマジで言ってた時代だからな。
配給にしても、自分は法の番人だからと闇米食わずに配給だけを食ってたまじめな裁判長は亡くなったしね。
267.:2020年07月01日 10:21 ID:IL6yaU5k0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
268.名無しさん:2020年07月01日 10:53 ID:.8M8Isu90▼このコメントに返信
田舎の農家は食えてた
でも芋ばっかりやったって聞いたな
もう芋はええわってがばあちゃんがよく言ってたわ
269.名無しさん:2020年07月01日 10:57 ID:15u057dr0▼このコメントに返信
お前バカとか言われない?論理が滅茶苦茶
270.名無しさん:2020年07月01日 11:01 ID:15u057dr0▼このコメントに返信
しかし食糧難だった話しまでプロバガンダ扱いとは自虐史観より酷いな。戦争中困りました、戦後しばらも食糧難でしたが国民の努力で豊かになりましたという話しなのだが。国民の頑張りを否定する方が反日だろう。
271.名無しさん:2020年07月01日 11:33 ID:zTJtNvM60▼このコメントに返信
田舎で育ったおふくろ曰く
戦争中に食べた牡丹餅の餡子は砂糖味がした
終戦後に食べた牡丹餅の餡子は塩味だった
米は供出させられたので白米足りずに基本芋粥
終戦挟んでその前後は飢えはしなかったが腹いっぱいは食えなかったとさ
ウサギがうまかったそうだ
272.名無しさん:2020年07月01日 11:37 ID:9Dx5JuvV0▼このコメントに返信
田舎の爺ちゃんは給食作るのにみんなで学校に大根一本ずつもって行ったとか、授業でイナゴを捕まえてどっかに売ったとか言ってたな。。。
芋の話は聞いた事無いわ。
273.名無しさん:2020年07月01日 11:41 ID:9Dx5JuvV0▼このコメントに返信
※250
アメリカのドロップはミントというか、モロに歯磨き粉味だったわw
何を材料にしてるかに拠るけど。
274.名無しさん:2020年07月01日 11:45 ID:2yubwE9j0▼このコメントに返信
農村だけではなく炭鉱とか工場は腹いっぱい食えたぞ
腹すかせてたのは都市部に住んでいて、重要な職に就いていない人だな
275.名無しさん:2020年07月01日 11:50 ID:lakqTLJR0▼このコメントに返信
俺はいま73だが、小学生のとき100%米の飯なんて無かったぞ。麦30%入りが普通だ。
それで3食でなく2食よ。これが東京、下町の労働者階級の食生活だったの。
おれの上の世代はもっと酷かったらしい。
276.名無しさん:2020年07月01日 12:36 ID:zEE78qWQ0▼このコメントに返信
食えてねえよ。
マスクないときのマスクと同じ。
金がないと食い物買えない状況だからな。
277.名無しさん:2020年07月01日 12:57 ID:NE63ZKqV0▼このコメントに返信
※271
戦争末期に沖縄にまで米軍が来る状況なら砂糖なんて入手できないもんな。国内にある砂糖の大部分は本土決戦用に備蓄してたし。
戦後に砂糖が配給されたのはこの備蓄を配給に回して放出したため。ただ配給はカロリーベースで一人あたりの配給量を計算したから砂糖が配給されると米麦などの配給は減らされる仕組み。食いものがない原因のひとつはこれ。
278.名無しさん:2020年07月01日 12:59 ID:NE63ZKqV0▼このコメントに返信
※274
都会の中学生や女学生も工場勤務してたけど十分には食えなかったぞ。
279.名無しさん:2020年07月01日 13:13 ID:EyBI1yPS0▼このコメントに返信
※250
当時ならおそらく今みたいなペーストじゃなくて
粉状の歯磨き粉が大半だったと思うから
小麦粉とかにまぜて練って焼いたらハッカ風味とかになったのかもしれんなと思った

※275
リアルジッジなら歴史の証言ありがたし
280.名無しさん:2020年07月01日 14:26 ID:EAQBIS780▼このコメントに返信
作品の焦点がどこにあるか、という話かな
今風に言うと、コロナの恐ろしさを訴えるためにコロナ患者の闘病ドキュメンタリーを作るようなものだろう
それと「大半の日本人はそもそもコロナに掠りもしなかった」という現実とは、別に矛盾しているわけでもない

まあ結局は受け取り方次第だよ
内容が間違っているわけではないが、正面から真に受け過ぎるのも問題
話し手や作り手に「戦争の悲惨さを訴える」という"狙い"(=下心)が存在することは、心の片隅に留めておくべき
281.名無しさん:2020年07月01日 15:20 ID:naYoBZ8Y0▼このコメントに返信
俺の知る限り戦争を絡めた作品はみんな悲惨な内容を伴ってるなあ
サウンドオブミュージックは知らないがどうせそんな感じは入るんだろうな
282.名無しさん:2020年07月01日 15:37 ID:15u057dr0▼このコメントに返信
サウンド・オブ・ミュージックは戦争前の話やぞ
283.名無しさん:2020年07月01日 17:09 ID:Ekq.swLT0▼このコメントに返信
田舎でも軍関連の工場はあったから空襲の対象になって大変だったんだよな
それでも畑を持ってるところもそれなりにいたから田舎で食料は少なかったけど
餓死するほどでもなかったというところはそういうところだと思う
284.名無しさん:2020年07月01日 17:49 ID:ojg2eR7j0▼このコメントに返信
当時は米じゃなくて麦飯なんじゃないか
ドラマで麦飯やっても説得力がないから米をふやかしてるだろうけど
日本のドラマは韓国と同じくファンタジー
285.名無しさん:2020年07月01日 18:13 ID:uYuE0MbY0▼このコメントに返信
※257当時のサツマイモは工業アルコール用のでゴワゴワゴシゴシした食感で不味かったって親が言ってたよ。カボチャも和品種で美味しく食べるには工夫が必要。戦後用品種に取って代わられて革命的に美味しくなったとのこと。
286.名無しさん:2020年07月01日 20:15 ID:5o3zJW2d0▼このコメントに返信
高齢者で芋好きなやつはほぼいない、というのは高齢者相手の現場の常識やね。
それくらいには物資逼迫状態ではあったようやな。
あと、イッチの言うプロパガンダの例(戦時通して常に物資不足で…)って、あまりないと思う。
コメ数粒にジャングル野菜、ってのはガ島や牟田口とかあっちでよく見る描写やないか?
287.名無しさん:2020年07月01日 20:27 ID:PWn9tFE10▼このコメントに返信
東北だと飢えた話無いんだよな
麦を食ってたとかも無い
戦後の帰還兵とか満州引き上げとかで人増えてからが大変
288.名無しさん:2020年07月01日 22:42 ID:K7SrxXBb0▼このコメントに返信
いくら南方へ送っても途中で沈むんだから、本当はいくらあっても足りない。
289.名無しさん:2020年07月01日 22:52 ID:I7i6MXbU0▼このコメントに返信
おいおい、歴史修正主義者か?
290.名無しさん:2020年07月02日 00:33 ID:solaUmLK0▼このコメントに返信
都会との嘘運では違うことぐらい判らんのか、イッチは。都会では配給が遅れるし、事実、(多分大勢いる中でたった一人だったと思うが)配給だけで生活すると頑張った判事が餓死しているぐらい物は少なかった模様。ただし、農村地帯では腹いっぱい食っても余るぐらいで闇買人が来るのを待ち焦がれていた。ナンセ、数合のコメと絹の上物べべが交換できる。闇を買って帰ろうとすると落ち論捕まる事も有ったし捕まれば取り上げられるがどこかに消えたし、オマワリに餓死したのはおらんし、犯人追っかける体力も有った,何故かはシラネド。魚に関しては漁村は兎も角、漁獲量は極端に少なかったと思う。マトモな漁船は徴用されたり銃撃されたり、もちろん、アブラを食うのは運用コンナンだから手漕ぎ船で近海だけだろうし、輸送手段が限られる。勿論冷凍技術なんて無い。木炭トラックさえなかったと思うから、山間地だと背負子で歩いてまわる商人が流通機関のほぼ江戸時代。まあ全体としては無かっただろ、砂糖も無くてサッカリンの取り合いとか、引揚げ船の中で出た恩賜のお汁粉を大の男たちが取り合いしたとか、そういう時代だ。
291.名無しさん:2020年07月02日 09:34 ID:uA7AVYgK0▼このコメントに返信
芋が入ったご飯を毛嫌いするお年寄りがいるが、
実際昔のやつは大して美味しくなかっただけらしいな。
戦後もかなり品種改良が進んでるとか。
292.名無しさん:2020年07月02日 10:19 ID:CkC7.oGt0▼このコメントに返信
※33
※152
※211
田舎の人は意地悪で~って話自体が都会の人間の視点でしかないやろ。
食うのに困らないほど食料はあるけどこれからどうなるかわからない状況で、野良着にもならない高級な晴れ着と食料をホイホイ交換すると思う?
わざわざ遠くから来てるのを可哀想に思ってお情けで食料恵んやったのに、田舎の人は足元を見てきたって話にしてるのがモヤる。
物々交換の原則をわかってない。
293.名無しさん:2020年07月07日 05:28 ID:ErBJJvHW0▼このコメントに返信
※56
てか維新以降東北って思いっきり
人口増加してるのだが。
薩長藩閥政府が東北の飢饉と人肉食いを
無くした。
逆に政党政治家の時代になって
東北の農村の経済状態は悪化した。

お名前