2020年06月03日 12:05

大日本帝国「戦艦大和には軍事予算の3/5をつぎ込んだ」←これ

大日本帝国「戦艦大和には軍事予算の3/5をつぎ込んだ」←これ

03

引用元:大日本帝国「戦艦大和には軍事予算の3/5をつぎ込んだ」←これ
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1591088825/

1: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:07:05.69 ID:V+n9/nk60
戦果ゼロで沈んだンゴwwwwwwwwwwwww

22: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:12:51.84 ID:IINaxTtQa
もし大和をつくらなければ代わりに何ができたんや?

662: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:55:50.02 ID:IiybvajY0
>>22
空母作った方が良かった

28: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:14:44.44 ID:9AdqYD4Ld
どっちみち負けてたやろ

33: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:16:02.13 ID:Jbw1BtHx0
実際三人組で対空砲操作するの考えたら当たらんと思うわあんなん とりま敵の方向にむかって弾幕貼るだけやないの

41: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:17:22.80 ID:8u3dg8Q8a
>>33
まあこれやね
要は相手がビビって攻撃コースから外れてくれるか
ラッキーヒットで当たってくれたら万々歳や

43: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:18:11.42 ID:SXkUiA/TM
>>33
攻撃機に攻撃を諦めさせたりすればええだけやからな

130: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:29:16.00 ID:ut9kvkvmK
>>33
その弾幕に意味があるんやないの
攻撃機の攻撃チャンスを潰すんや

38: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:16:46.90 ID:Xu0yREE9r
魚雷一本二千円の時代に一億五千万かけてつくったってこれマジ?

42: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:17:55.29 ID:1jTxfFpN0
大和ホテルって揶揄されてたの草

47: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:18:41.31 ID:S3GJa3wT0
陸軍ってこんなの作ってキレないの

63: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:20:48.92 ID:SXkUiA/TM
>>47
「ふざけんな予算取りすぎやろ」いうてブチ切れてたで
末期には動かす船もなく特攻しかできないくせに陸海軍統合化はねのけやがるし

48: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:19:10.08 ID:nTTgxuI0d
豪華客船やぞ

49: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:19:15.25 ID:0WkRSPi90
沈んだからまだロマンあるわ
撃沈されずに戦後解体とかされてたらここまで神格化されなかっただろう

55: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:19:47.43 ID:YVtAtAmux
そもそも大和は戦闘機相手に戦うようには造られてないねん
戦艦同士で戦うために造られた代物や

66: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:21:12.87 ID:2iJ9epYn0
>>55
その時点で時代遅れちゃうんか

101: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:25:26.01 ID:HhdT02MXd
>>66
1934年に設計されて1937年に作りだして
完成したのが1941年や
五十六が出てくる前の構想はアメリカを日本近海まで引き込んで順次戦艦で倒してくって構想やったんや

57: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:20:28.97 ID:PGwOan3P0
魚雷攻撃を受けても沈まない構造だったんじゃなかったっけ?

79: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:22:49.05 ID:SfF6p18na
>>57
そんな構造はないw
一回だけ傾斜戻したけど
あれ結局は沈めて均衡させるだけやから
いずれ沈まざるをえん

705: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:57:29.66 ID:sno3iURod
>>57
武蔵を沈めたとき、両側から攻撃するより片側だけ集中攻撃したほうが効果あるとアメちゃんにバレた

58: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:20:30.17 ID:HhdT02MXd
基本的に海軍は沿岸防衛が基本やからな
バルチック艦隊みたいなのが攻めてきたら戦艦で迎撃するって軍隊だったのに
五十六とかが変な事やろうとしたから大和が無駄になった

59: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:20:32.38 ID:2EAU00Ska
勿体ねえな
その金で情報戦とレーダーに回しとけば潜水艦駆逐艦空母で勝てたのに

68: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:21:31.09 ID:FU/gRQ7Qp
一方大正義アメリカ海軍は旧式戦艦から新鋭戦艦まで陸上砲撃に活用した模様

106: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:26:28.54 ID:NqZXw+ryd
>>68
まぁ戦艦は対地砲撃なら強いし

81: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:23:16.53 ID:DolHtDPM0
アジアのクレーンが貧弱で戦車は25トンまでとか戦争の前にすることあるやろ

85: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:23:34.99 ID:A+lY1jUZ0
戦艦vs戦艦以外やとまぁ役に立たんよな
艦砲射撃でもここまで大型のはいらんし

95: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:24:58.58 ID:d5SkzeCla
まあタフネスだけは見せつけたよ

武蔵が

96: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:25:05.37 ID:RT2DpcKf0
でもロマンがあるから

98: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:25:12.45 ID:btdSz+890
戦闘もできる豪華客船だぞ

111: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:27:11.13 ID:77axNU5Y0
当時の日本の風景と当時のニューヨークの摩天楼見ただけで勝てるわけないやんとわかるのに
ようアメリカと戦争したわな
でも日本がアメリカと戦争したからこそ大国どうしでの核戦争起きなかったとも言えるし
日本が戦争したのも無駄ではない

121: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:28:25.58 ID:p1RAeA4dp
>>111
当時留学したことある人間は勝てないって分かってたんやけどな

127: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:29:05.06 ID:A+lY1jUZ0
>>111
当時から海外留学してた軍の幹部とかは無理やって分かってたんやで
世論と政府と暴走した軍部の結果や

129: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:29:15.30 ID:r+VzoPPrr
ガスタービンエンジンと誘導ロケット付けてアメリカに売れば戦争は回避できた

164: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:32:59.17 ID:L8xqz3vi0
早期講話を目指してたらしいがそんなん万が一でも可能やったんか?

168: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:33:16.75 ID:7fLKbtDY0
>>164
無理や

172: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:33:47.63 ID:euSq6G7Q0
数じゃどう頑張っても勝てないんだから質を上げようってなるのは当たり前やん?

176: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:34:05.86 ID:y3xIEJdd0
大日本帝国「スペック!スペック!スペック!これは大活躍やろなあ(ニチャア」
アメリカ「この兵器はこういう状況でこんな役割を…」

そら負けますわ

202: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:35:27.08 ID:JKNkkUIY0
>>176
ドイツの悪口はやめて差し上げろ

243: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:37:22.27 ID:4/vfvBzVd
>>176
日本も役割特化で作りまくってたやん
なお結果守備用の海軍で侵攻することになった模様

280: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:39:45.19 ID:0VdW9rdja
>>176
イメージで語ってるだけやな
アメリカは国力あるからなんとかなったけど、序盤はボロクソやで
戦闘機F4はゼロ戦相手に手も足も出ない
戦車はドイツ戦車相手に歯が立たず航空機用エンジン流用の背が高すぎる欠陥品
全て勝ったから肯定されてるだけや

197: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:35:08.84 ID:H0SwiE6UM
空母作っても乗せる飛行機がないし飛行機があってもパイロットがいないやろ

199: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:35:16.55 ID:DolHtDPM0
水雷屋に機動部隊任せてええんか

208: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:35:51.62 ID:f9uA3o/fp
今更やけどパールハーバー奇襲ってなんの意味があったんや

236: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:37:18.19 ID:OSKkr+Gl0
>>208
とりあえずアメリカ軍を1年くらいは行動不可にしたで

267: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:39:00.84 ID:NxVYBcf2a
>>208
早期講和狙い(多分、山本五十六自身はそう。軍令部、連合艦隊司令部等でそれぞれ目的はバラバラ)
結果としては失敗で、アメリカ人の性格を読み違えていた

283: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:39:57.18 ID:HhdT02MXd
>>208
太平洋から航行可能なアメリカ軍の艦船を無くす事が講和の第一条件やったんや

838: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 19:03:05.50 ID:ad3wRycBM
>>208
シーレーン封鎖されて東南アジアの石油欲しいけどアメリカの太平洋艦隊邪魔ンゴねぇ…
せや!アメリカとは早期講和前提に奇襲したろ!
なお

209: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:35:52.29 ID:nRqKkrptd
実は現代でもミサイルだけじゃ大和沈められないらしいな

242: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:37:20.71 ID:QVKqPFUj0
>>209
現代の魚雷だと一撃やけどな

212: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:36:01.26 ID:Lq8A5jkyd
軍部がね
大和は凄いけど、上の戦略が無能すぎる

333: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:42:38.46 ID:0cpuJ0Gt0
日本が戦艦に拘って負けたって誰が言い出したんやろ
実際は開戦当時世界有数の空母保有国で戦中も戦艦は一切作らず空母ばっか使ってたのに

370: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:44:03.84 ID:+O/mDvMx0
大戦中どこの国もアレな兵器くらいあらあ

376: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:44:17.10 ID:3sLrkbnN0
やっぱつぎ込むなら潜水艦だよな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年06月03日 12:07 ID:.VEUFZzZ0▼このコメントに返信
と陸軍の予算を海軍に注ぎ込むアホな国のバカキムチの日本ガ~スレ。
2.Wikipedia『駆逐艦『新月』』:2020年06月03日 12:09 ID:6eP4Rgcy0▼このコメントに返信
Wikipedia『駆逐艦『新月』』


駆逐艦『新月』最初で最後の艦長


海軍中佐『金田清之』(戦死後、大佐)
3.旧日本海軍は『志願制』:2020年06月03日 12:10 ID:6eP4Rgcy0▼このコメントに返信
旧日本海軍は『志願制』


『志願』した『朝.鮮.人』が『海軍』には大量にいた。


戦前、何故、あそこまで旧日本陸軍と海軍が不仲だったか。


戦後、何故、マスコミを中心に『海軍善玉論』が主流だったか。謎は全て解けた。
4.名無しさん:2020年06月03日 12:11 ID:E5gaT5v80▼このコメントに返信
使うなら第三次ソロモン海戦やったな
5.名無しさん:2020年06月03日 12:12 ID:slPdpBgo0▼このコメントに返信
そんな事を今頃出して来ても何の意味も無い。単に日本はバカだったと言いたいだけ。
6.名無しさん:2020年06月03日 12:13 ID:gxgRzBBI0▼このコメントに返信
いやー無知ばっかりで嫌になるね
7.名無しさん:2020年06月03日 12:15 ID:Uoa1lAKU0▼このコメントに返信

現在の知識で論評するのは 卑怯、サルでもできる。

8.名無しさん:2020年06月03日 12:16 ID:G17xDm.D0▼このコメントに返信
陸軍としては海軍の提案に反対である
9.名無しさん:2020年06月03日 12:16 ID:uqW50Kmp0▼このコメントに返信
何だ志々雄か
10.名無しさん:2020年06月03日 12:16 ID:4AzI709L0▼このコメントに返信
大日本帝国「戦艦大和には軍事予算の3/5をつぎ込んだ」

るろ剣の志々雄真実「この大型甲鉄艦”煉獄”には全財力の五分の三をつぎ込んだ」
11.名無しさん:2020年06月03日 12:19 ID:.VEUFZzZ0▼このコメントに返信
※7
日本に全て劣る負け犬半島民の心理なんてそんなもんだぞ。
12.いつもの:2020年06月03日 12:20 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義に最後まで固執し続けたのが日本海軍
世界各国が条約明け後の航空戦に対応し、すべての新型戦艦が30ノット以上の速力をもつのに対し大和は26ノットという鈍足で、しかも世界の新戦艦が30ノット以上の高速艦だということを知らなかったという
対してアメリカは真珠湾で復旧した戦艦ですら30ノット出せるように改装した

副砲と高角砲を一本化している流れに逆らい別々に装備し、精神力ばかり重視し科学的な研究を怠った結果、電測装置の開発に大きく後れ機械的な機構でも古く劣った物しか出来なかった
たとえば、砲の装填装置はアメリカ戦艦は全自動で操作員は殆ど居ないのにたいし、日本の戦艦は砲弾を人力で運ばなくてはならなく、そのため砲弾は一度小さく分解して人力で運び、装填前に再び組み立てなくてはならない
照準装置もアメリカ戦艦がジャイロで波浪の揺れを消して安定させているのに対し、なんと日本の船では人間の手で装置を上下させているのだ
よくイメージされるのが、照準機を覗き込んだ射撃手がレバーを動かせばそれに合わせて主砲が動くという物だか大和の主砲の操作方法は、照準機を覗き込んだ射撃手が伝声管で砲塔にいる操作員に方位、仰角を伝える方式だった
こんな方法では、刻一刻と変化する目標に命中させられる訳が無いのだが、当時の日本人は不思議にも思わなかったのだ
続く
13.名無しさん:2020年06月03日 12:22 ID:icHCQwwV0▼このコメントに返信
相良佐之助「ほーん?」(投擲)
14.名無しさん:2020年06月03日 12:23 ID:f2EN1kqt0▼このコメントに返信
憑代って言ってたアルキメデスの映画で
15.名無しさん:2020年06月03日 12:23 ID:tzHb2VrG0▼このコメントに返信
誰一人突っ込まないけど、戦艦ってのは当時の戦略兵器だから持ってる事が意味があった。
今の核ミサイルと同じ。

戦艦を持ってる国と持ってない国じゃ戦争になっても一方的に負けるのが定石だし持ってる国同士でも多いほうが基本的に優位。
総力戦と言う概念が生まれる前どころか生まれた後ですら当時の認識はこうだった。

でも今の視点で見れば航空機やミサイルが強いから戦艦なんていらないってなる。

要は後出しじゃんけんでドヤってるだけ。どころかソシャゲで過去のヤバいと言われていたイベントのボスを相手に今の環境で余裕勝ち出来て昔の連中頭悪すぎって罵倒するレベル。
戦艦が主流だった時代の航空機なんて単独で戦艦を鎮めるのは物理的に不可能だったの後の時代の航空機を見て余裕勝ちって言い張ってるレベル。
16.名無しさん:2020年06月03日 12:23 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
続き
船体強度も全く足りず、主砲の9門同時射撃が出来ないため、わざわざ発砲遅延装置を取り付け
衝撃を分散させようとしたがうまくいかず、結局9門同時射撃は禁止されてしまった

装甲の厚さは世界一だというが、戦艦の装甲は厚みではなく船体をどれだけ覆っているかという
装甲率で表されるのが正しい
大和は装甲率54%と世界の戦艦の中で最も低く、これは前級の長門型よりも低い数値なのだ
しかも水中防御に欠陥があり、武蔵攻撃でこれに気が付いたアメリカに徹底的に研究され片舷集中攻撃戦法を編み出されてしまった
また最初の第二副砲への被弾で生じた火災を最後まで消火出来ず、転覆後に大爆発し轟沈する結果となった
副砲はやはり弱点だったのだ

日本海軍がようやく現状を理解した時には既に遅く、空母が全滅してからだった あわてて完成寸前だった信濃を空母に改装、4番艦も解体したが遅すぎ信濃は何の役にもたたず撃沈されてしまった

大和型は援蒋ルートを断ち切るための切り札として造られ、これにより大陸問題を致命的に拗らせる原因をつくりさらに、大和を造りたいと言うだけで条約をガン無視、対日感情を悪化させA級戦犯筆頭の存在となり、海軍の後れた思想のせいで大和型2番艦の武蔵は航空戦の時代に世界で最後に建造された戦艦という不名誉な船になってしまうことになった
17.名無しさん:2020年06月03日 12:24 ID:gxgRzBBI0▼このコメントに返信
>>12
もう飽きた、新作出せよ。
18.名無しさん:2020年06月03日 12:25 ID:Ys3siXuB0▼このコメントに返信
スーパーカーみたいなもんだな
19.名無しさん:2020年06月03日 12:27 ID:jeCDKqtI0▼このコメントに返信
一応三隻まで作った(大和・武蔵・信濃)やから、大和で3/5まで予算食ったなら武蔵・信濃は完成せんのやが?
建造に何年もかかっとるんやから単年度会計ってことはありえんし、今の自衛隊みたいに10年毎の調達計画なら
3/5×3=9/5で20年分の予算を食い潰しとるから、その間陸海軍は他の装備が調達できんで太平洋戦争どころの話やないで
20.名無しさん:2020年06月03日 12:27 ID:5YqBWHPk0▼このコメントに返信
※7
時代を問わず、
余りにもアホ過ぎることをアホな事と認知できないからアホと評価されるんだろう。
21.名無しさん:2020年06月03日 12:28 ID:ekLm4rTc0▼このコメントに返信
大日本帝国「戦艦大和には軍事予算の3/5をつぎ込んだ」

これマジで信じちゃう馬鹿何人かいるだろ
22.名無しさん:2020年06月03日 12:29 ID:5gKkNCo.0▼このコメントに返信
後世で他人から借りた知識を使って古人の仕事の非をあげつらって自分がさも秀でているって吹聴したいのね。
23.名無しさん:2020年06月03日 12:31 ID:x0HcSe7f0▼このコメントに返信
大和の建造始めた時点で沖縄戦で沈むと分かってた奴居るのか
24.名無しさん:2020年06月03日 12:31 ID:Q6JoOYpB0▼このコメントに返信
空母にしてても潜水艦に沈められて終わりやったやろうな
25.名無しさん:2020年06月03日 12:32 ID:3N2snmxY0▼このコメントに返信
戦艦は前衛な。戦争は屈強な前衛がいる方が基本勝つんだけど、近代戦はミサイルやら、航空機やら、自走砲の発展で後衛が強くなり過ぎた結果、戦線が膠着化し泥の沼の戦争になったと言う。
まあ、時代よな。
26.名無しさん:2020年06月03日 12:32 ID:iVIER68a0▼このコメントに返信
どーせ大和名義で帳簿の辻褄合わせたんやろ
27.名無しさん:2020年06月03日 12:33 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
お題が嘘なのは出すな
建造費だけでも、同時に作ってる翔鶴型・巡洋艦・駆逐艦・潜水艦を含めた全体予算の3/5にもなってないわ
28.名無しさん:2020年06月03日 12:36 ID:x0HcSe7f0▼このコメントに返信
新鋭の戦艦2隻あっという間に沈められたら東洋艦隊は
29.:2020年06月03日 12:37 ID:E05.r1Gu0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
30.名無しさん:2020年06月03日 12:41 ID:zRSzlxC60▼このコメントに返信
ドクトリン的には必要だぞ
大和の評価が低いのは対米開戦前夜にドクトリンをひっくり返した海軍の大馬鹿どものせいやぞ
31.名無しさん:2020年06月03日 12:45 ID:gGj1WC6E0▼このコメントに返信
無駄だったと言うより、無駄にしてしまった感が強いけどなぁ。
空母と組ませて、陸上/艦隊攻撃に積極的に使えば良かったと思うんだけどなぁ。
艦載機で船の護衛をして、戦艦で空母の盾になるとかさ、色々できそうだけどね。
使い道が無かったわけでは無いと思うんだよね。
まあ、きなかった理由もあるんだろうけど。
32.名無しさん:2020年06月03日 12:45 ID:qfQKwU.a0▼このコメントに返信
現代の魚雷なら1発で真っ二つ
33.ぬぬぬ:2020年06月03日 12:45 ID:0l.G.5hl0▼このコメントに返信
※15

15さんの言う通り
時代遅れの大艦巨砲主義というけど、大和の後にアメリカもイギリスも巨大戦艦作っているから
しかも空母機動部隊運用と航空機による艦隊攻撃は日本が始めた戦法
巨大戦艦は持っていること自体が重要だった
34.名無しさん:2020年06月03日 12:46 ID:vM4iNRc80▼このコメントに返信
ベタ足殴り合いロマン砲至上な日本人気質の象徴だわな
らしいといえばホントにらしい代物だと思う
35.名無しさん:2020年06月03日 12:47 ID:TyA6mVDy0▼このコメントに返信
日本軍負けw
中国軍勝ち
36.名無しさん:2020年06月03日 12:48 ID:0C0r9x3t0▼このコメントに返信
その大和7台分ぐらいの金を朝鮮のインフラに突っ込んだそうだが真実ならそっちの方が致命的だと思う
37.名無しさん:2020年06月03日 12:48 ID:E05.r1Gu0▼このコメントに返信
※35 現実が見れないキャリアーかwwww
38.名無しさん:2020年06月03日 12:50 ID:W05mdVJA0▼このコメントに返信
さすがに大和型が100隻くらいあって一番艦が旧式化してたら金剛型並みにあっちこっちで使えたんだろうけど決戦兵器として出し惜しみしすぎたなあ
まあ空調の効いた司令室としては助かってそうだ
39.名無しさん:2020年06月03日 12:51 ID:K.6dMiD.0▼このコメントに返信
大和作らずに空母作ったって、燃料も無けりゃ艦載機に乗る人も養成できなきゃ意味はない

大和の建造思想が悪かったのではなく、運用思想と時代背景が合致しなかった 
40.名無しさん:2020年06月03日 12:51 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
※38
一番役だったのは泊地用タンカーとしてだぞ
41.名無しさん:2020年06月03日 12:51 ID:Qjcgky5z0▼このコメントに返信
大和が活躍できなかったのは単に日本が艦隊保全主義に走った結果劣勢に陥り投入できる機会を失ったから
後半になればなるほどイニシアチブを失うし燃料事情も悪くなるから使えなくなるのに、ソロモンの戦いとかここぞという時に投入しないから結果囮だの特攻だの使わざるを得なくなる
アメリカはその点、上陸支援とかで最後まで戦艦を使う機会があったから使いこなしていた

大和型が無用の長物だの時代遅れだの言う人もいるが、使い方と使いどきを見誤っただけで第二次大戦の時点ではまだ戦艦にも十分戦う機会はあった
42.名無しさん:2020年06月03日 12:52 ID:cixWMVZd0▼このコメントに返信
オリンピックみたいなもんやろ
43.名無しさん:2020年06月03日 12:53 ID:bGf2DLnR0▼このコメントに返信
昔の敗戦の話が そんなに面白いか?意味分からん?
44.名無しさん:2020年06月03日 12:55 ID:.NAnAFGO0▼このコメントに返信
帝国時代のエピソード見ると日本人って今も昔もアホなんだな、って思うけど
外国の軍隊にも負けず劣らずのアホエピソードあるから
民族単位でアホというより戦争するとアホになるんだと思う
45.悪の総統:2020年06月03日 12:55 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
日本あほ過ぎw
腹筋崩壊w
46.名無しさん:2020年06月03日 12:56 ID:J89wPz2D0▼このコメントに返信
金だけあっても資源も熟練工もいないんだからどうしようもないんでない
47.名無しさん:2020年06月03日 12:56 ID:.EQVpTbu0▼このコメントに返信
>>13
月岡津南「ほーん?(爆弾製造)」
48.悪の総統:2020年06月03日 12:57 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
軍事予算の半分以上を使ってゴミを作るとかw
徒労乙w
こりゃあ負けるわけだw
49.名無しさん:2020年06月03日 12:57 ID:Qjcgky5z0▼このコメントに返信
>>19
一応言っとくが、タイトルはただのるろ剣ネタだぞ
50.名無しさん:2020年06月03日 12:57 ID:K.6dMiD.0▼このコメントに返信
※43
敗北した事を馬鹿にするなら、つまらんだろうけど
何で負けたのか、何がまずかったか、どうすればよかったか、なにすればどうなっていたか
っていう思考実験をして、答えを導いていくのが楽しいのだが・・・ただ単に馬鹿にしてるだけの奴は罵倒するのが楽しいのだろうけど
51.名無しさん:2020年06月03日 12:57 ID:fiHxd.6P0▼このコメントに返信
っらあ!!
52.名無しさん:2020年06月03日 12:59 ID:.VEUFZzZ0▼このコメントに返信
※45
現在進行形でバカなキムチの放言でした。
53.名無しさん:2020年06月03日 12:59 ID:.nOTZp4S0▼このコメントに返信
海軍軍縮会議で「各国の軍艦の艦艇数」が決められてしまったから
「1艦あたりの攻撃力で勝負するしかない」という方針は分かる。
ただ軍艦同士の砲撃戦では沈められないが,航空機による雷撃戦で沈められるようになったのが痛かった。
(もっとも日本はその先駆者のひとつだったが)
54.名無しさん:2020年06月03日 12:59 ID:Ahb8pTTq0▼このコメントに返信
ていうか成功体験の罠だろ
日露戦争で、日本海までバルチック艦隊がわざわざ来てくれて撃破して勝った成功体験から
戦艦すげーw
もっと戦艦作ろうずw
しかし時代は変わっていた・・・
となったわけで。

これ、日本とかアメリカとかすら関係ない。
マイクロソフトもイーストマン・コダックもダイエーもソニーも、成功体験の罠に落ちた。
55.悪の総統:2020年06月03日 12:59 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
いくら資源があってもその資源でゴミを作ってるようじゃ勝てるわけねえだろ
56.名無しさん:2020年06月03日 13:00 ID:.VEUFZzZ0▼このコメントに返信
※46
うん?大和の建造には、当時の一級の熟練工其れも徴兵組を呼び戻して実行されたよ。
57.名無しさん:2020年06月03日 13:00 ID:HZnYcLWa0▼このコメントに返信
空母で戦艦なんてイチコロやんwwww
とか色々誤解されてるけど、武蔵なんて米軍が沈むまで全力でぶっ叩き続けた結果なんだよなぁ
なのに9時間かかっても沈まないもんだから諦めて帰ろうとしたときにやっとこ海中に没したと
使い時を逸した海軍のアホさ加減は養護に値しないけど、戦艦自体は無用の長物でもなかったはずやぞ
58.名無しさん:2020年06月03日 13:01 ID:5YqBWHPk0▼このコメントに返信
※41
そんなもの造るより、
少なくとも主力艦全部にレーダー積んだほうが余程賢いと思うけど。
敵の情報収集が一番大事という認識がなかったんだろうね。
どんな戦艦を造ろうが、空母を造ろうが、飛行機を造ろうが、
敵が目前に迫るまで分からないでは無意味だろう。
59.名無しさん:2020年06月03日 13:03 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>32
流石にそれは無理
60.悪の総統:2020年06月03日 13:04 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
※58
たしかに技術的にはレーダーを活用する事も可能だったが、当時は精度が低くただのせているだけでは駄目でシステム化する必要があった
日本人には無理だよ
どう考えてもそんな知能は無い
61.名無しさん:2020年06月03日 13:04 ID:ipFgmh8p0▼このコメントに返信
こんな定期スレどうでもいいから、中国とアンテファの話題取り上げろよ
62.悪の総統:2020年06月03日 13:06 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
※61
そんなデマ情報や陰謀論の話しておもしろいとか低能過ぎるだろ
辞めてくれよ
まともな情報が出てからにしてくれ
出てこないかもしれないがね
63.名無しさん:2020年06月03日 13:06 ID:xfbO1Jss0▼このコメントに返信
当時の空母艦載機は
悪天候、夜間に離発着できない
遭遇戦の時には戦艦でなければ…との考えもあった
64.名無しさん:2020年06月03日 13:06 ID:.VEUFZzZ0▼このコメントに返信
※62
テロや指定に発狂のアホ在日。
65.名無しさん:2020年06月03日 13:07 ID:La3h.I7H0▼このコメントに返信
軍事予算の3/5は大和じゃなくて大和級の大和、武蔵、名無しの3隻にやろ。
それでも国家予算の10%ぐらいやけど。

最近は「大和はやっぱり必要だった」って説がハバ効かせ気味やけど、実行してなかったら超高性能93式魚雷搭載の大型駆逐艦30-40隻+翔鶴型正規空母3隻は建造できただろうから・・・・・その予算を防空防潜に全振りしてれば棄軍同然の南方諸島への継続的な補給や、陸戦隊の輸送中に戦車・歩兵を漸減させられることもなかったと思うとなぁ・・・・・・無味ではなくとも他に予算を振るところはあっただろと思うところはある。
66.悪の総統:2020年06月03日 13:07 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
※63
まぁ、戦艦の砲なんか天気が良い時すら滅多に当たらないんだけどね
67.悪の総統:2020年06月03日 13:09 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
※64
急にどうした?
別におまえをバカにしたわけじゃないぞ
68.名無しさん:2020年06月03日 13:09 ID:eA.TkD.I0▼このコメントに返信
本スレ202
いや、ドイツ兵器には活躍してるの多いじゃん
69.名無しさん:2020年06月03日 13:10 ID:HZnYcLWa0▼このコメントに返信
※58
レーダーは言うまでもなく新開拓の技術群
本当に効果があるか懐疑的なのは当たり前だし、アメリカみたいに並行してどっちも研究開発できるリソースもない
と、なれば確実に戦力増になる戦艦の開発に舵を切るのも致し方ないんじゃない?
今となってはレーダーが有効なのは知ってるけどさ
70.名無しさん:2020年06月03日 13:10 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>58
一応主力艦全部どころか、海防艦にすら電探載ってますが?
71.名無しさん:2020年06月03日 13:10 ID:AtPYdtZF0▼このコメントに返信
早期講和狙いっていうけど、パールハーバーの後で和平工作なんてやってたか?
実際、どう納めるつもりやったんや???
72.悪の総統:2020年06月03日 13:11 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
大和型は日本の博打だったが失敗に終わりついには何の戦果も挙げる事が出来ず国力を無駄に疲弊させる結果に終わった
日本軍の象徴ともゆうべき存在だ
73.名無しさん:2020年06月03日 13:11 ID:W05mdVJA0▼このコメントに返信
>>65
なんつうかタイミングがなあ
開戦前に航空機の有用性を確信出来て予算を取れるほど説得力のある大戦果があれば大和から予算が変わってたかもしれん?
あとはパイロットの数やね
74.名無しさん:2020年06月03日 13:12 ID:Qjcgky5z0▼このコメントに返信
>>58
意味が分からん
そもそもレーダー載せる主力艦が建造されなきゃ意味無いだろ
75.名無しさん:2020年06月03日 13:13 ID:PAmm2IUr0▼このコメントに返信
※56
大和を作っている時にはまだ「熟練工」に相当する年齢のひとは応召されてない
その時期に徴兵で兵隊に行く様な人に熟練工なんぞまずいない
18~20とかだぞ 徴兵で行くのって
76.名無しさん:2020年06月03日 13:14 ID:FGNtsKgx0▼このコメントに返信
ミサイルも無い時代だからな、大戦艦での砲戦が重要だった時代よ
当時は相手の砲が届かないアウトレンジから一方的に撃てるってのが優先された
今時の若者でもWoWsとか触ってりゃ感覚は分かるんでないかね
77.名無しさん:2020年06月03日 13:15 ID:7U4JfReY0▼このコメントに返信
※65
名無しじゃなくて空母の信濃じゃなかったか
ろくに護衛もつけずに練習航海して即沈められた海軍の無能の象徴みたいな船だろ
78.名無しさん:2020年06月03日 13:16 ID:RDsneuDi0▼このコメントに返信
ブラジル「戦艦ミーナ・ジェライスには国家予算の3/5をつぎ込んだ、驚いてもらわないと困るな」
アルゼンチン「戦艦リヴァダヴィアには国家予算の(ny」
チリ「戦艦アルミランテ・ラトーレには(ny」
なお一度も戦わず終わった模様
79.悪の総統:2020年06月03日 13:17 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
無駄に使われたのは税金だけでは済まない
日本軍のせいで多くの国民が徴兵されて大事な人生の時間を無駄にさせられた
もう二度と日本軍を復活させてはいけない
80.名無し犬:2020年06月03日 13:17 ID:9ypFTyXV0▼このコメントに返信
 少し前になるが、イギリスのメディアが北朝鮮の併合費用を試算したら、およそ一兆ドルとされた。
 朝鮮半島の半分で一兆ドルという・・・
 さすがに現在の北朝鮮には、鉄道も道路も、電線も、公共の建物や、国民にも家やトイレくらいはあろう。
 どころか戦前以来の巨大ダムや、下水道などのインフラもある。
 その上で「一兆ドル」かかると評価されたのだ。
 さて戦前日本は、いったいいくら投資したのだろうか? トイレも鉄道も、道路も、小川の橋さえ無い国に・・・
 控えめに控えめに考えて・・・最低限の下「一兆ドル」の二倍の「二兆ドル」としようか?

 戦艦大和が二百隻出来る。

 たとえ空母の時代であろうと、戦艦大和が二百隻もあれば、楽勝で戦争に勝ってただろう。
81.名無しさん:2020年06月03日 13:19 ID:fSxWpkuK0▼このコメントに返信
大和は悪くない
栗田が全部悪い
82.名無しさん:2020年06月03日 13:19 ID:5YqBWHPk0▼このコメントに返信
※60
大正時代に八木アンテナが発明されたんでしょ。
各国はこのアンテナの指向性能に着目してレーダーを開発したんでしょ。
ドイツ空軍機も八木アンテナを積んだ飛行機が有ったんでしょ。
嘘か本当化は知らないが聞いた話では、一方日本はレーダーで敵機が落とせるか船を沈められるかとか
アホなことを言って、レーダー開発をなおざりにしたとか。
だから、軍上層部はやっぱりアホが多かった思わざるを得ない。
海外は日本が発明した八木アンテナに価値を見出し、レーダー開発を行った。
日本軍部が如何に時代遅れのアホだったかが分かる。
83.名無しさん:2020年06月03日 13:20 ID:.G8piFWu0▼このコメントに返信
大和の代わりに空母作ってどうするんだ?大鳳みたいに気密があだになって爆発するか?信濃みたいに何もせず沈むか?
乗せる艦上機だって材料どうするんだ。戦艦の材料とは違うんだぞ
84.名無しさん:2020年06月03日 13:21 ID:.VEUFZzZ0▼このコメントに返信
※75
陸軍の一部の『嫌がらせ』だよだから一部の工員は、海軍の直接雇用になったまあそんなアホな事が出来たのも戦争が大陸で完結していた比較的にマシな時期だけだが。
85.名無しさん:2020年06月03日 13:22 ID:.VEUFZzZ0▼このコメントに返信
※67
アメリカでバカ騒ぎしているアホ共の同類て意味だよキムチ君。
86.名無しさん:2020年06月03日 13:24 ID:9HzkzBE.0▼このコメントに返信
誰が考えても水より重い物が沈まん道理は無いわな。
設計者自体がここまでなら耐えられるって分かってた事やし。
設計当時の常識じゃあ、それだけの被害を一戦で被る事は無いと考えていた節はある。
それだけアメ機動部隊の攻撃力がチートやったって事やろ。
もっとも、大和の予算、全部空母や航空機に回しても同じやで。
B-29のエンジンを使い捨てにするような国相手に、勝ち目は無かったのは同じ。
航空機や母艦の数が、もうちょっと増えて戦争が長引いたのかも知れん程度。
ただ、むしろ戦争が長引かず早く終わったのは幸運だった。
ヨーロッパ戦線が終結してソ連軍が北海道に上陸し、今頃津軽海峡で日本人同士が睨み合った恐れすらある。
87.名無しさん:2020年06月03日 13:24 ID:lhUKcUIc0▼このコメントに返信
また、この話ね。

ファクト①大和と武蔵を空母にしていても、戦争では勝てなかった。(米は100隻以上の空母を建造)
ファクト②大和は、戦艦アイオワに対抗して建造された。
ファクト③アメリカでは、大和を上回る巨大戦艦モンタナの建造が計画されていた。(戦争終着間際だったので未建造)

①~③で言えることは、対米開戦は、どこをどうやっても破滅ルートで、何をどうしても結局は勝てなかった。つまり、大和を建造しようが、しまいが、同じこと。


88.名無しさん:2020年06月03日 13:27 ID:1uXtmmF70▼このコメントに返信
>>21
何も知らずにいきなり出されたら信じちゃう人はきっと多いよ。一般人は大和の名前位しか知らないだろうから。
89.名無しさん:2020年06月03日 13:28 ID:fMKWfAmG0▼このコメントに返信
もう既に書かれてるけど空母作ったところで艦載機も搭乗員も無いから作ったところで…
ここ直そうとなると後世世界レベル
90.名無しさん:2020年06月03日 13:29 ID:W05mdVJA0▼このコメントに返信
奇跡が起こって日米英三国同盟結んでも対ソ戦が待ってそうだし周りにエグい大国だらけだわ本当
91.名無しさん:2020年06月03日 13:31 ID:Zw39z6JY0▼このコメントに返信
※16
うそおおすぎw
92.名無しさん:2020年06月03日 13:33 ID:1uXtmmF70▼このコメントに返信
>>30
初めてやったのは日本海軍じゃないよ。イギリス海軍が前の年にイタリアのタラント軍港で、航空攻撃で艦船を沈めてる。ただし夜間。
白昼堂々とやったのは日本海軍だけど。航空機の集中運用は英米でも研究されてたそうだから、いずれひっくり返された。
93.名無しさん:2020年06月03日 13:34 ID:tcRHHLZZ0▼このコメントに返信
世は既に航空機の時代なの身を持て知ってた筈なんだけど
中国戦線を勝てたのも制空権を抑えたからだろう
94.名無しさん:2020年06月03日 13:35 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>82
電波を出せば敵に見つかる、闇夜のちょうちん
なら電波を出さない暗視鏡を開発しよう

と、してたの知らないんだろうな

物事の一面しか見ないとはこう言うこと
95.名無しさん:2020年06月03日 13:37 ID:lMjRlZW10▼このコメントに返信
※77
練習航海じゃなくて空襲と完成作業を急がせるための呉回航だし
護衛駆逐隊「潜水艦避けられるルートにしましょうよ・・・」
信濃艦長「空襲のが怖いし潜水艦なぞ振り切れる!」の結果やぞ
96.名無しさん:2020年06月03日 13:39 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
1937年のワシントン体制終了ダッシュできるように、横須賀第六ドックの建設と、大神海軍工廠建設を完了させとけよ。
そして、大和型4隻同時着工、翔鶴型4隻同時着工位の芸当やらんと。
そして、戦時体制で突貫工事で、皇紀弐千六百年観艦式でお披露目すれば、
アメリカさんは、モンタナ級建造に取り掛かってくれるのに。
97.名無しさん:2020年06月03日 13:40 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>91
多すぎどころか全部でたらめだし

このコピペはこんなこと言ってると笑われるぞ、というものだから
98.名無しさん:2020年06月03日 13:41 ID:rgBL.1Wq0▼このコメントに返信
もう1000回言うてるけど、日米開戦に踏み切ったのはコミンテルンの手先の新聞に踊らされた日本国民の世論であり民意の相当の圧力の結果やからな。

それを天皇陛下と軍部の責任で処理したことで問題の本質的な部分がスルーされてる。そして現代日本人は民主主義は正義、だから国民は常に正しいのだ、と同じ間違いを必ず繰り返す。

大それたことに皇室のあり方にまで手を入れる「権利と自由」があると既に勘違いをしている。
99.名無しさん:2020年06月03日 13:41 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※1
>>1
キムチは、日帝残滓。
日本統治下に出来上がったものを後生大事にするのか。
100.悪の総統:2020年06月03日 13:44 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
※82
そのとおりだ
その考察は正しい
101.名無しさん:2020年06月03日 13:44 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※28
>>28
レパルスは、WWⅠ生き残りのお婆さんですけど。
102.名無しさん:2020年06月03日 13:45 ID:5YqBWHPk0▼このコメントに返信
>>94
で、電波を出した奴に索敵されて見つかったとかアホな話やね。
日本では、電波の索敵範囲よりメガネの索敵範囲が広かったらしいww

負けず嫌いなバカなところは、お隣さんと似ている。
103.名無しさん:2020年06月03日 13:46 ID:CBcZd6zn0▼このコメントに返信
>どっちみち負けてたやろ

造船能力と製鉄能力が
アメリカの1/20だからな。

そもそも国内だけで石油賄えるアメリカと
戦争した時点で詰み
104.名無しさん:2020年06月03日 13:48 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※95
>>95
疫病神「雪風」さんが、敵潜水艦ロストしちゃったから。
あと10分哨戒粘れば、雷撃可能距離から脱出できたのに。
105.悪の総統:2020年06月03日 13:48 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
ただでさえ国力の無い貧困国家なのに、こんなあほな事やってれば勝てるわけないわな
106.名無しさん:2020年06月03日 13:48 ID:v5m6JHPP0▼このコメントに返信
アメリカのバカタレは、大の本帝国を潰したツケをはらうことになりました。
107.名無しさん:2020年06月03日 13:50 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※94
>>94
赤外線カメラ実用化してたら夜戦圧勝できたのに・・・
なぜか、紫外線カメラ研究とか。
108.名無しさん:2020年06月03日 13:50 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>95
これつくづく運が無かったよな

どっちの意見も一理あって間違いだとは言えないから

結果ハズレを引いちゃったようなもんだ
109.悪の総統:2020年06月03日 13:52 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
大日本帝国なんかでかい北朝鮮みたいなものだからな
どう考えてもソ連や中国の方がマシ
会話ができるだけまだ北朝鮮の方がマシまである
日本って交渉の全てを反故にしてきたからな
日本政府が他国と結んだ約束を陸軍がことごとく破り捨てた
だから、どこの国も日本と外交する事を諦めた
110.名無しさん:2020年06月03日 13:53 ID:xN7nphWL0▼このコメントに返信
大和の使いどころは開戦前にカムラン湾に駐留させることしかなかったのじゃないかな
111.名無しさん:2020年06月03日 13:57 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※65
>>65
水雷部隊の駆逐艦は、同時に運用できるが、
空母には不要だぞ。
対空・対潜能力無い、日本の駆逐艦ならなおさら。
知気圧下で、空母どころか戦艦にすら抜かれるんだから。
112.名無しさん:2020年06月03日 14:03 ID:I3.w2zxl0▼このコメントに返信
>>16
時系列おかしい
113.名無しさん:2020年06月03日 14:03 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※58
>>58
BOBを現地で観測していた源田実君は、レーダーによる防空管制に一言も言及していなかった。
ミッドウェー海戦参加の
戦艦伊勢>なんか対空電探に反応あるな。
戦艦伊勢>濃霧での艦隊行動、楽っす。

新技術は、使ってその価値わかるもの。
114.名無しさん:2020年06月03日 14:05 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※113
>>113
ミス
戦艦伊勢>濃霧での艦隊行動、楽っす。>戦艦日向>の有無での艦隊行動、楽っす。
115.名無しさん:2020年06月03日 14:07 ID:PbZHBYTk0▼このコメントに返信
仮想敵国が戦艦を持ってるからこちらも持つ
数では勝てないので質で勝つ

これ以外の選択肢(除:後知恵)があったら教えてくれ
116.名無しさん:2020年06月03日 14:07 ID:.0kEk3n80▼このコメントに返信
マジレスしとく。

1941年の日本の軍事予算が125億1534万円。
大和の建造費が1億4503万だから1.16%ってとこなんだな。
117.名無しさん:2020年06月03日 14:13 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※40
>>40
トラック島を策源地にするなら、燃料タンクや、乾ドックぐらい前もって作ればいいものを。
海軍の本気度が足らんな。
118.悪の総統:2020年06月03日 14:16 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
※115
局地的に数的優位を作るのが基本だ
孫子にも書いてある
例えば、ナポレオンは敵兵の少ない部隊を探しては殲滅していった
騎兵の戦いでは敵を動かし、飛び出したり、遅れたところを攻撃する
これによって常に部分的に味方の方が多い状態で戦える
基本をおろそかにして博打に出ても戦争は勝てない
まぁ、日本軍はミッドウェーでもレイテでも数的優位を保って惨敗したから救いようがないw
日本軍の時点で勝ち目ないかもw
119.悪の総統:2020年06月03日 14:18 ID:o2FnbWOz0▼このコメントに返信
日本軍の敗因は海軍が連戦連敗したうえに、陸軍に物資を輸送供給しなかったからだ
なぜ、ここまで惨敗したか
それは偵察や物資の輸送をまともにやらなかったからだ
日本軍は頭が悪かった
120.名無しさん:2020年06月03日 14:22 ID:1uXtmmF70▼このコメントに返信
>>65
進行中の事態に即対応出来る資源予算工業力を持ってるのは当時アメリカだけ。日本は限られた予算でこつこつやって来た。
船の建造から運用方法まで簡単に変えるのは、国力からして無理。艦隊決戦主義というドクトリンは日露戦争という実績が
あればこそ、国が承認した。今のコロナ禍だって最適解はまだどの国も出せて無いし。

121.名無しさん:2020年06月03日 14:28 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>102
そしてわざとボカしたとはいえ、何が言いたいのか解ってないから、反論も的外れ

何処までいっても物事の一面しか見ないんだね
122.名無しさん:2020年06月03日 14:32 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>107
イギリスも光電菅で近接信管開発しようとして失敗してるし

着想はいいのに方法で失敗してるんだよね
123.名無しさん:2020年06月03日 14:33 ID:BVx4XpZb0▼このコメントに返信
※119
敵潜水艦の数が多かったから補給路が絶たれた
資源が乏しいから少ない兵力で支配地域を広げるしか無く手薄になった
弱点が多いからしょーがない、国力の差や
レーダーだって有っても使ってたら結局負けてる
124.名無しさん:2020年06月03日 14:34 ID:7sHRO1tc0▼このコメントに返信
そのカネでB-29級の戦略爆撃機を量産すべきだったね。
たとえ米国と戦争を回避しても、中国全土をカバーするには戦略爆撃機が必要なんだし。悪路なので陸路での機動部隊移動は非現実的で、実際に馬賊の跋扈を許してしまった。戦闘機なんかが爆弾を1個2個投下した程度では収まらないよ。
ついでにソ連の南下も阻止できる
125.名無しさん:2020年06月03日 14:36 ID:5YqBWHPk0▼このコメントに返信
※113
随分前だがTVで太平洋戦争の放送があり、
その中で日米艦隊決戦(具体的には忘れた)についての内容で、
(夜間戦闘だったかな?)米海軍のレーダーによる照準合わせで、
一発目が日本艦の船主に命中したとか言っていたのを思い出した。
126.名主:2020年06月03日 14:38 ID:toF7U0gP0▼このコメントに返信
日本の失敗の一つは通商破壊行動に余り熱心でなかったこと(やっては居た程度)
軍艦は軍艦と戦う物、みたいな謎の縛りプレイでガンガン船沈められて補給を悪化させてた。
127.名無しさん:2020年06月03日 14:41 ID:sYE3.OqK0▼このコメントに返信
※16
>船体強度も全く足りず、主砲の9門同時射撃が出来ないため、わざわざ発砲遅延装置を取り付け
>衝撃を分散させようとしたがうまくいかず、結局9門同時射撃は禁止されてしまった
「発砲遅延装置」は大砲を同時発射すると砲弾同士が空中で干渉して散布界が悪化するから取り付けられるごく普通の装置
当時の戦艦は弾着を確認するために交互射撃するからいきなり同時発射なんか元からしない
128.名無しさん:2020年06月03日 14:41 ID:GKZq5I.h0▼このコメントに返信
※3
陰謀論好きだねえ
陸軍と海軍が仲が悪いのは普通、むしろ仲のいい所なんか恐らくない
ドイツも陸軍と親衛隊は一筋縄では行かなかったしアメリカの海兵隊が発足した理由は海軍に頼ってたらえらい目にあって信用しなくなったのが発端
今のアメリカだって空軍と海軍は仲が悪い、いわんや日本の自衛隊だって仲が良くない
考えてみれば当然でその年その年の軍事予算のリソース配分をめぐってどこの国の軍隊も争う、そのため縄張り争いも激しい
アメリカなんかだと新技術を他の軍に渡す位なら中国やロシアに渡した方がマシなんて言う人が居るくらいひどい
129.名無し犬:2020年06月03日 14:42 ID:9ypFTyXV0▼このコメントに返信
 駆逐艦が積むような大型の魚雷は当時一本4万円、意外と高い、零戦は一機10万円と言われる、九九艦爆は一機30万円、これも意外と高い。大和型と同時期に建造された翔鶴型空母の建造費は約8500万円、特殊装備の多い空母は、意外にも戦艦よりも重量当たり価格が高価なのである。
 さらにこれに航空機を積まなければならない。当時の艦載機の平均価格は約20万円パイロット育成費は機体価格の三倍といわれるので60万円、都合計80万円。翔鶴型空母の飛行機搭載数は84機なので、計6720万円。
 合計で約一億五千万円。驚くべきことに、これは排水量2.5倍の大和型戦艦の建造費用を上回る。
 算定の仕方によって差異はあろうが、翔鶴型空母と2.5倍の大和型戦艦と予算的にはほぼ同規模であることは間違いない。
 しかも空母搭乗員の技量を維持するために間断無い訓練を続けなければならない。訓練をすれば燃料はもちろん機材も、場合によっては人員も消耗する。その維持コストは戦艦の比ではない。
 次級の大鳳型空母の建設計画には「訓練用の飛行場の建設費用」まで計上されていた。
 今も昔も空母が金食い虫であることは変わりがない。
 大和は戦後の勝手なイメージで手作りの一品のように思われているが・・・
 大和型は四隻が計画され、次級は51センチ砲6門搭載で同一船体を使用する予定であった。都合八隻が同一船体で建造される予定であった。
 量産品である。パナマ運河を通過できない大きさの主力艦で統一しようというのである。少ない隻数の大艦で「予算を抑えよう」というのは一定の合理性がある。
 ちなみに翔鶴型空母には甲板防御が無いが・・・「防御の低さは数でおぎなう」予定であったという、戦争が無ければどうなっていたか?
130.名無しさん:2020年06月03日 14:44 ID:o7hzHHmV0▼このコメントに返信
大和に5分の3武蔵信濃で5分の9 軍事予算のほぼ2倍使ったのか
131.名無しさん:2020年06月03日 14:45 ID:QmSHyIlo0▼このコメントに返信
※3
朝鮮系の志願者は多かったけど大抵泳げないので海軍には入れなかったよ
ちなみに陸軍でも訓練で失格して雑役に回されている

※19
大和型一隻の予算じゃなくて、大和型三隻+建造ドック+乾ドック+建設機材(巨大旋盤等々)+秘匿防諜予算
132.名無しさん:2020年06月03日 14:45 ID:eVggejx80▼このコメントに返信
>>26
駆逐艦三隻と潜水艦一隻分名義らしい。
133.名無しさん:2020年06月03日 14:59 ID:9RK9jENZ0▼このコメントに返信
大和は空母に手も足も出ないって言ってるが
大和1隻 対 空母12隻 だろ
そんなの航空優勢論以前に数の暴力で勝てるわけないし、
武蔵にしてもそうだが、戦艦1隻に対して圧倒的数を用意してようやく勝てるって話だろ
134.名無しさん:2020年06月03日 15:00 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
※65
>実行してなかったら超高性能93式魚雷搭載の大型駆逐艦30-40隻+翔鶴型正規空母3隻は建造できただろうから

これは無理だぞ、船は基本的に大きくなればなるほどトン当たりの単価下がるからな
機関部や兵装の重量に対する割合が大きくなれば、それだけトン当たりの単価上がると考えて
大和型の排水量÷駆逐艦の排水量で出てくる隻数なんてまず作れないんだと思っとけば間違いない
まあ、この件は正確に値段分かってるから自分で見積もれる必要ないんだが・・・
135.名無しさん:2020年06月03日 15:02 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※126
汚れ仕事だと考えてて終始ハッキリ戦略行動と位置づけてやってないし現場も不名誉だと思っててやる気が全く無い
挙句ビハール号事件みたいなことになるから目も当てられん

まー日本人だから雰囲気は分かるけどダメだわなー

136.名無しさん:2020年06月03日 15:06 ID:5YqBWHPk0▼このコメントに返信
>>121
米海軍は夜にしか攻撃してこなかった?
昼間は日本海軍から離れて休暇中?w
まあ、昼でも夜でもレーダー持っている奴が索敵で圧倒的に強かったと思うよ。
で、
>電波を出せば敵に見つかる
なら、米軍が日本軍を見つけるより先に、日本軍が米軍を見つける筈。
それで何で索敵が遅れてるの?
夜なら、尚更レーダー索敵が有利じゃないの?
まあ上でも誰かが赤外線ならまだ話も分かるがw
レーダーが不利なら、どこの国も八木アンテナの驚異的指向性に目を付けて
レーダー開発なんかしないだろうに。論理的に理解できない。
負けず嫌いなバカなところは、お隣さんと似ている。
137.名無しさん:2020年06月03日 15:07 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※117
トラックは場所柄分かると思うが米英に睨まれてるから政治的にギリギリまで軍事化はしてない当たり前だけど
138.名無しさん:2020年06月03日 15:07 ID:p4ufl5tZ0▼このコメントに返信
※133
戦いは数(生産力)とはっきりわかんだね。
まーぼろくそいわれる旧日本軍も序盤は勝ちまくってたから数だけが正しいわけでのないんだろうけど。
139.名無しさん:2020年06月03日 15:11 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
※87
2と3は間違い
2.アイオワ級が日本の新戦艦への対抗(予算上は対金剛型の名目も挙げられてる)で建造された
完成も大和型より1年以上遅いしな
3.大和型の方が基準排水量、満載排水量とも大きい。それに建造がキャンセルされたのは43年夏
140.名無しさん:2020年06月03日 15:13 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※123
まそうなんだけどよく言われる支配地域が広がり補給線云々はそもそもソコ支配してた遠隔の植民地防衛に失敗した英蘭も当たるし普通に不可避要件だからのー
その上で日本が拡張しすぎたのかというとジャワスマトラの産油地帯を確保運営するために西はマラッカ海峡を抑えて東はオージーと米を分断できる所まで行くってのは理にかなってるしある意味最低限必要なラインじゃろという
141.名無しさん:2020年06月03日 15:16 ID:15.zP8IY0▼このコメントに返信
日本以外の列強は新戦艦作りまくってるのに大正時代の長門が最新鋭なのはマズいってんで2隻だけ作らせてもらえたんでスペックに拘らざる得なかった
142.名無しさん:2020年06月03日 15:18 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※138
日清日露戦争の影響で戦術的勝利で戦略的勝利を政治的に得る考えがベースになった事がマズかろう感
太平洋戦争を実力行使で勝負がつくまで総力戦という発想でシミュると勝てるわけ無いやん~になっちゃう源泉

戦前戦中日本の悪口は日本の定番だけど規模を軽視した自衛隊を見るになにがマズかったのか全く分析できてないわな
143.名無しさん:2020年06月03日 15:20 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※141
戦艦を運用してる二次大戦主要国で日本は条約締結後戦艦は一番少ないからの
144.名無しさん:2020年06月03日 15:28 ID:BxetRof40▼このコメントに返信
かいがいの訃報をネタに自分語りが止まらない!
145.名無しさん:2020年06月03日 15:29 ID:p4ufl5tZ0▼このコメントに返信
※142
日進日露の影響よりもともとは総力戦にするつもりがなかったんじゃないの?
真珠湾攻撃が卑怯な不意打ち扱いになった時点で前提がずれてしまった感ある。いつもどおりの外務省のやらかし
146.名無しさん:2020年06月03日 15:32 ID:9HzkzBE.0▼このコメントに返信
※124
金は余っても、技術は無いからね。
終戦間際になってもまともなエンジンすら作れなかったんだから。
過給器もダメだし。
大和建造当時の第一線機を、予算分量産するのが関の山。
147.名無しさん:2020年06月03日 15:34 ID:m.WVPwNr0▼このコメントに返信
アカは精神病
ロボトミー必須
148.名無しさん:2020年06月03日 15:36 ID:9HzkzBE.0▼このコメントに返信
※127
>船体強度も全く足りず
これ、アイオワ級じゃ無いか。
パナマを無理矢理通す為、細長い艦型にした。
その結果全門斉射すると、艦が撓って精度がばらけるとか聞いたがな。
149.名無しさん:2020年06月03日 15:38 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※146
まーその通りなんだけど大和建造1936年って踏まえてない人多すぎてその点話にならんのな
36年時点の世界の運用航空機分かってたら戦略爆撃機がどうとか空母がどうとかいう話にすらならん
むしろ翔鶴型2隻建造してる時点ですごい
150.名無しさん:2020年06月03日 15:38 ID:AqvmPJ070▼このコメントに返信
森総理んときの沖縄サミットが国家予算5%だったという
しかも成果皆無とさんざんな評判だった
アレが12個分だ

福島原発事故の後処理が、20兆円/30年と言われる
毎年0.67兆円/単年度歳出100兆円
アレでも0.5%だ。アレが100個でようやく50%

本気で軍事侵攻に全賭けしたんだな
ロマン国家だったんだねぇ大日本帝国
151.名無しさん:2020年06月03日 15:42 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
※150
これるろうに剣心の煉獄ネタだって書いてる人いるやん?
実際は1%ちょいよ?
152.名無しさん:2020年06月03日 15:43 ID:GhxSrHvf0▼このコメントに返信
※82
もともと1930年ごろからレーダーの開発してたのイギリスだけだぞ、しかも殺人光線作ろうとしてたらなぜかこうなったという。アメリカのレーダーはイギリスの技術供与のおかげで出来がいい。ドイツはイギリスに遅れての研究開始だがかなり質が劣る。八木アンテナは単純な形状で抜群に指向性が高いんでレーダー以外にも長距離通信等多くの電波技術開発分野で利用された。
153.名無しさん:2020年06月03日 15:43 ID:1ouGRqab0▼このコメントに返信
280: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:39:45.19 ID:0VdW9rdja
>>戦闘機F4はゼロ戦相手に手も足も出ない

サッチウィーブとかカクタス航空隊とか知らなそう
154.名無しさん:2020年06月03日 15:44 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※150
そうじゃなくて当時の戦艦は戦略兵器の中枢だから現代で言うなら核装備体系を築く様なモノでごく妥当
いうまでもなく実戦闘力以上にむしろ国際政治の力学的プレゼンスと重要

というと大和は秘匿兵器だったじゃんという話が出る場合があるが
当時あのタイミングで先進国が戦艦を新造する事は常識であって米英も把握してて日本に新造艦のスペックを照会してきてる、無視したけど
問題はスペック競争で即競合されない為の性能の秘匿
155.名無しさん:2020年06月03日 15:47 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※152
英は立地上防空も重要だったしな、必要だから発展させてるし
逆に空軍が強くなりすぎて日本より空母作ってるくせにまともな艦載機持ってない結果を招いてるし

156.名無しさん:2020年06月03日 15:49 ID:uz.NTOuf0▼このコメントに返信
空母作れば良かったとか言ってる無知がまだいる事に驚き
157.名無しさん:2020年06月03日 15:49 ID:nfxxdRz10▼このコメントに返信
重油が無いから動かせないんだよなあ
158.名無しさん:2020年06月03日 15:51 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
※153
手も足も出ないは言い過ぎだね
梅本氏の著作で敵味方の損害報告照らし合わせた本が出てる
1943年2月からF4Fがソロモン退場の8月4日まで
零戦134機喪失に対して米軍戦闘機147機喪失
(両方ともF4Fとの交戦の無い月を除き敵戦闘機と交戦して失われたとみられる数)
内訳はF4F(62)、F4U(34)、P-40(25)、P-38(19)、P-39(7)
まあでもキルレシオで逆転したは間違いだろうけど
159.名無しさん:2020年06月03日 15:52 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※153
兵器単体のスペック論争は不毛だな
ロケーションやマッチング、運用で全く結果が変わるから戦中にあって尚柔軟に対応できる体力に余力がある方が勝つ・・・
160.名無しさん:2020年06月03日 15:54 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※124
>>124
陸軍さんが、92式重爆開発したけど、以降大型爆撃機に興味もたないんだよね。
だから、重慶爆撃とゆう戦略爆撃まで、海軍が負担するはめに。
海軍は、大型攻撃機として、深山開発したけど失敗作だったし。
大和分の資金あっても、日本に開発能力無いからね。
161.名無しさん:2020年06月03日 15:54 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※156
時事ネタで言えばPCR検査信者みたいなモンで総力を挙げた情報流通で既成事実化された嘘なんで多分あと50年は流通し続けるとおも
162.名無しさん:2020年06月03日 15:56 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※160
大陸出バトってたロシアンが戦術支援の攻撃機に優れててオオオッってなったからしゃーなし
163.名無しさん:2020年06月03日 15:57 ID:pl32dYJQ0▼このコメントに返信
お陰でアメクソ合臭国の奴隷ですよ、日本人は一生搾取されるんだろうな、f2戦闘機の技術はアメクソに取られたし。
敗戦国とかだっさいわ
164.名無しさん:2020年06月03日 16:02 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
つってもまー大日本帝国が勝つなり分けるなりしてた場合その後1世紀にも及ぶ大陸の共産主義勢力と対峙しあったり多民族国家として内部に爆弾抱える事になる点考えればアメリカのニートという結果も悪くは無い・・・
165.名無しさん:2020年06月03日 16:06 ID:upaSOVBU0▼このコメントに返信
いまの無能な政治家と頭の固い官僚、煽るだけのマスコミ見てたら、戦争当時のそれと変わらんやろ
犠牲になるのはいつも国民よ
166.:2020年06月03日 16:06 ID:upaSOVBU0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
167.名無しさん:2020年06月03日 16:07 ID:cy6q3bU.0▼このコメントに返信
>空母作った方が良かった

空母作ってたら艦載機やパイロットの不足が早まったかもな
そもそも向こうも戦艦を警戒しての結果だから、無かったら無かったで別の問題が起きていた可能性はある
ただ、やっぱ大和型は過剰だったかもな
作るにしても金剛型のような扱いやすいもので良かったんじゃないかとは思う
168.名無しさん:2020年06月03日 16:12 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
飛行機が、ベトナム戦争の空対空ミサイルのように期待したほど役に立たない事態を招いたら
やばい状況だけどね大和の無い日本戦艦群

あと流れに関係ないが※158に書いた零戦134機喪失のうち6機は実際には隼です。書き忘れた
169.名無しさん:2020年06月03日 16:12 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>136
まだ解ってねーや

何時までたっても一面しか見ないんだね
170.名無しさん:2020年06月03日 16:15 ID:fD2QOzCI0▼このコメントに返信
※89 >>89
終盤なんて、艦載機と搭乗員不足から
空母を囮にしとるしね
171.名無しさん:2020年06月03日 16:15 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※168
今だっていざ先進国間で戦争やったらイージス艦が役に立ちませんでしたという可能性すらあるからな・・・

172.名無しさん:2020年06月03日 16:17 ID:mgMO6rOQ0▼このコメントに返信
そもそも論として日本って日露戦争後にあんなにたくさんの船を作る必要あったの?
豊かな経済圏を持つアメリカやイギリスがわざわざ大艦隊を率いて遠く離れた日本に攻め込むなんてまずありえんだろ

そんな金があるなら現実的な驚異であるロシア、ソ連への備えとして陸軍力を強化した方が理にかなってると思うんだが
173.名無しさん:2020年06月03日 16:18 ID:fD2QOzCI0▼このコメントに返信
※124 >>124
制空権は取れましたか?
174.名無しさん:2020年06月03日 16:20 ID:kMQ7ekNa0▼このコメントに返信
結果論とは言え大和級戦艦を最前線に配置して後方に空母&戦闘機がいれば
大和が盾になって戦闘機の負担と空母のダメージがかなり減ったと思うがな
ほぼ護衛機なしで大量の戦闘機相手に数時間戦える耐久力あったし
護衛機ありなら弱点がバレなった可能性も高い

実戦だと大和を後方に配置してただの司令塔にしたから無意味になった
金掛けて作ったから偉い人が乗り込んで
偉い人が乗り込んでるから前線に出れないっつう悪循環だったな
175.名無しさん:2020年06月03日 16:22 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※172
なにをもってわんさかか分からんがむしろ結果から言えば全然足りてない
国際社会経済の中心が海運にある以上ここが規模の競争になる

なんつか戦争を実戦力だけで考えすぎ、よく日本が補給軽視云々問題にする人多いけどむしろそういう議論に限って実戦闘しか念頭に無い
176.名無しさん:2020年06月03日 16:27 ID:fD2QOzCI0▼このコメントに返信
少し兵装で優ったとしても
電探・諜報・FCS・ダメコンで
大差がついたしねぇ〜 😔
177.名無しさん:2020年06月03日 16:29 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
※172
日露戦争自体あのタイミングでは回避可能だったって説あんのよ
日本の勢力圏とロシアの南下方針が実はギリギリぶつからなかってなかったという
人の頭の中なんか読めないから不幸な行き違いに備えることは大事だと思うよ。
178.名無しさん:2020年06月03日 16:30 ID:9Dtzf82G0▼このコメントに返信
※174
空母に恐ろしく脆弱なイメージ持ってる人が多い結果これも無くならない議論の一つだが説明以前にアメリカがそんな事やってない時点で間違いだと気づいてほしい
問題を挙げればキリが無いがそもそも戦艦は盾にならない、喪失前提の囮にするにもコスパ悪すぎだ
そもそも機動艦隊を大海原で察知を避けた後方に展開して先行の戦艦の艦隊に護衛機を付け続ける負担とはこれいかに
179.名無しさん:2020年06月03日 16:30 ID:W05mdVJA0▼このコメントに返信
まあ現代までの流れを考えればベストは無理でもやれるだけの事はやってくれたわ御先祖様は
180.名無しさん:2020年06月03日 16:37 ID:5YqBWHPk0▼このコメントに返信
※172
そもそも論なら、資源力、工業生産力、技術力で圧倒的に優位な米国を攻撃したアホが悪い。
勝てない相手と分かっても戦う時は、
自分なりにそこに戦う義を見出した時だけ意味がある。
181.名無しさん:2020年06月03日 16:40 ID:4Z1Owdos0▼このコメントに返信
>>15
当時でさえ戦艦は沈むって認識だったぞ?
だから後方にいたんだぞ?
自分達で魚雷を作って威力を知ってた
大和は沈むと理解してた

作った理由はメンツでしかない
海軍がバカだったんだよ
自分が主役であることを奪われたくなかっただけ

戦果主義だから空母が戦果を独占することが許せなかったんだよ
182.名無しさん:2020年06月03日 16:50 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※177
>>177
幕末に対馬がロシアに占領されているのに、日露がぶつからないなんて、
なんの説得力も持たんぞ。
しかも当時のロシアは、日本をはるかに上回る大海軍国なのに。
183.名無しさん:2020年06月03日 16:54 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※172
>>172
アメリカの、大白色艦隊の世界周航しらんの?(宇宙戦艦ヤマトⅡのネタ元)
国民は、大喝采してたけど、海軍は冷や汗もんやぞ。
184.名無しさん:2020年06月03日 16:57 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※174
>>174
マリアナ海戦で、小沢が実践したぞ。
先には、南雲が南太平洋海戦でやったけど、効果無し。
日米ともに、最優先攻撃目標が、空母なんだから、戦艦が囮にならないくらい、わかりそうだが。
185.名無しさん:2020年06月03日 16:58 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>174
それはミッドウェーのときだけだよ

南太平洋海戦では、大和じゃないが金剛型は前進して前衛配置で敵機吸収を意図したし、マリアナ沖海戦では大和型は3航戦と共に前衛についた
186.名無しさん:2020年06月03日 16:59 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
※182
「あのタイミングでは」回避可能だったって説であってぶつからないとは言ってない
自分もあのタイミングでなくてもいずれぶつかったろうとは思ってるよ。アメリカともね
187.名無しさん:2020年06月03日 17:00 ID:La3h.I7H0▼このコメントに返信
※134
排水量じゃなくて適当に単価から計算した。大和級1.6憶/隻に対して翔鶴級8000万-9000万円/隻、日本系の大型駆逐艦250万/隻ぐらい・・・・のはず。 大和型は秘密裏の生産なうえに超大型艦だからさぞ経費はかさんだだろうなと思う。

そもそも工廠の手が足りない問題もあれば、93式魚雷や発射基の生産数とかあるし、航空機はアルミが不足してて生産できたのかとかWW2後期に技術的限界の低いゼロ式や烈風で戦わなきゃならん空母なんて意味ないとかそりゃまあ一概には言えないざっぱ計算だけど。 

大和型戦艦作るより必要なものはたくさんあったよ? という理屈は変わらないかな。
188.名無しさん:2020年06月03日 17:02 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※162
>>162
航空機開発は、ロシア(当時のソ連)は、日本より優れてたからね。
SB爆撃機に送り狼できるのが、新型戦闘機開発目標になるくらいだし。
189.名無しさん:2020年06月03日 17:06 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※187
>>187
少しは、調べろよ。
・秋月型防空駆逐艦:1209万円(昭和14年度④計画)
・陽炎級駆逐艦:967万9191円(昭和12年度③計画)

250万円なんかじゃ建造できないよ。
190.名無しさん:2020年06月03日 17:10 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※186
>>186
だから、大海軍国・大陸軍国のロシア相手に、皇帝陛下に傷負わせた極東の猿の国が、
戦争回避することなんて不可能なんだよ。
191.名無しさん:2020年06月03日 17:13 ID:67jPgaSh0▼このコメントに返信
大和武蔵が間に合わなっただけで他はちゃんと空母にしてたんじゃないの
192.名無しさん:2020年06月03日 17:17 ID:pSuypaA.0▼このコメントに返信
予算を他に転用なんてできないんだよなぁ
193.名無しさん:2020年06月03日 17:20 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
大和型の砲資源を、96式榴弾砲15センチ砲などに充てていたら、まじで何百門単位で増産できるからね。海軍は、糞だなって思う。
しかも戦争の内容そのものは、陸軍の方が数百倍ましだわな
194.名無しさん:2020年06月03日 17:20 ID:pSuypaA.0▼このコメントに返信
※181
戦艦が時代遅れになりつつあるのは理解していてもまだまだ出番が消滅したわけじゃないからある程度は新規戦艦が必要だったんだよ。
扶桑・伊勢型の旧式化はどうにもならないからね。
195.名無しさん:2020年06月03日 17:24 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
陸軍は、戦後解体されたけど、海軍はそのままだよね。なんか未だに何かしらの悪影響が残ってそうで怖いわ
196.名無しさん:2020年06月03日 17:26 ID:.XryuIVZ0▼このコメントに返信
武蔵いれたら 6/5 になっちまうじゃねーか。100%超えてんじゃん。計算が合わんだろ。
197.名無しさん:2020年06月03日 17:27 ID:aL9mUw5f0▼このコメントに返信
←これ←これ
198.名無しさん:2020年06月03日 17:30 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
※190
ロシア政府内自体が対日融和(蔵相)と対日強硬(内相)に分かれてたのにあり得ない?
そりゃお前の思い込みだ

幕末に対馬がロシアに占領されたことも、当時のロシアが大海軍国・大陸軍国であることも
必ずあのタイミングでぶつかるという根拠にはならない
そもそもロシアは外征には慎重な国だ、お前の言う通りなら
なぜ皇太子を切りつけた時点で日本と戦争にならなかったんだよ
当のニコライ2世の発言がどれだけ揺れてたかくらい調べたら?
199.名無しさん:2020年06月03日 17:31 ID:8Q10KTqH0▼このコメントに返信

376: 風吹けば名無し 2020/06/02(火) 18:44:17.10 ID:3sLrkbnN0
やっぱつぎ込むなら潜水艦だよな

ドイツはそれやって失敗してる
結局戦争は物量なんだよな
200.名無しさん:2020年06月03日 17:37 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※198
横からだけど ロシアが、外征に慎重?だったらモンゴルが弱くなった後に、あれだけの領土を拡張しないし、そもそも日本は、幕末以前の松平定信の辺りから露西亜と揉めてるんだよ。あのさー他人にどうこう言う前に、もう少し考えて物を言えよ
201.名無しさん:2020年06月03日 17:40 ID:TRhWUCVn0▼このコメントに返信
空母は足りてたから作っても意味ないぞ。艦載機とその燃料と、何よりパイロットが絶望的に足りなかった。
202.名無しさん:2020年06月03日 17:41 ID:dtXZXj8U0▼このコメントに返信
空母なら戦後解体するほどあったんだけどね
海防艦と駆逐艦が多ければ・・・どうにもならないけど
203.名無しさん:2020年06月03日 17:43 ID:xRXURlic0▼このコメントに返信
敗けてバカ晒した奴らが靖国に祀られてるのはマジで気に入らない
204.名無しさん:2020年06月03日 17:43 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
空母と機雷戦を主体にしかけて、で全航空機で哨戒作戦を実施できるようにして、陸海軍の兵装を統一できるところはして、それで要約ましになるかだな
205.名無しさん:2020年06月03日 17:46 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
東条英機と石原 莞爾 また辻ですら、ガナル島までは、補給が持たないとか言ってるのに、わざわざ前線広げて、叩かれたんだから海軍の責任はほんとに重い
206.名無しさん:2020年06月03日 17:50 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
薩摩の下郎山本権兵衛が、海軍を独立させそれが、薩長の主導権争い見たいになって、手が付けられなくなって、結果は大量の溺死、餓死だもん。
西南戦争で、近代化が遅れたり、まじで明治維新は何だったんだと思うわ。。
207.名無しさん:2020年06月03日 17:53 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
俺は大概極右なんだけど、靖国神社って、今は徳川の宮司だけど、元は長州オウム神社だからな。。あそこが第二次大戦の死者を祭ってる事は、ぶっちゃけ不快だし参拝しようとも思わないわ
208.名無しさん:2020年06月03日 17:55 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
なんで第二次大戦の英霊を、長州オウムカルト神社の権威向上に利用されないといけないのか大変不快
209.名無しさん:2020年06月03日 17:55 ID:NUJ8y7Fl0▼このコメントに返信
まーた、馬鹿の主張を引っ張ってきてんのか、ここの管理人は・・・
210.名無しさん:2020年06月03日 17:55 ID:CBcZd6zn0▼このコメントに返信
※205
辻政信って
現地に行って指揮をとる分には
ただのキ〇ガイだが
大本営に居る時は何故かすげえ常識的な事を言うんだよな
211.名無しさん:2020年06月03日 17:56 ID:PYvN.kfk0▼このコメントに返信
※200
的外れだな
日露戦争自体あのタイミングでは回避可能だったって説があるって話をしてんのに
枝葉末節にかみついて違う例もあるじゃないかと言ってもも何の意味もない
現にお前の言ってることも
史実のタイミングで日露が必ずぶつかる根拠じゃねーだろ
どこを読んでたの?
212.名無しさん:2020年06月03日 17:57 ID:Eqmi3Pgr0▼このコメントに返信
足りなかったのは空母より艦載機の質と搭乗員の練度を維持する仕組みじゃないかな
213.名無しさん:2020年06月03日 17:59 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※210
そうなんだよね。なんか不思議だよね。
214.名無しさん:2020年06月03日 18:05 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※211
列強の中でも、日本と古くから揉め事起してんだから、そりゃ早いうちに戦争するでしょ。早いうちにねwそれだけ利害対立が深いんだから
何を言ってるの?ロシアは外征には慎重な国 とか訳のわからない基地外みたいな事を言ってるんだから、他人にどうこう言える程度じゃないよ
215.名無しさん:2020年06月03日 18:10 ID:K.Hv9xLV0▼このコメントに返信
作ったのはまぁ分かる。
優勢時に出し惜しんだあげく、菊水作戦で沈めにいくのが意味分からん。
悲劇に酔ってね?ヤケクソになってね?
それ以前の多くの玉砕や集団自決も
何故揃いも揃って意味を意地を優先させてしまったのか
216.名無しさん:2020年06月03日 18:10 ID:K.Hv9xLV0▼このコメントに返信
>>215
意味より意地
217.名無しさん:2020年06月03日 18:12 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※198
>>198
時系列が、むちゃくちゃだな。
大津事件当時は、ロシアは海軍再建中なんだが。

1904年当時は、ロシアには極東しか拡張余地ないのに、大人しく、列強の清帝国蚕食を眺めていろと?
蔵相は、どこの国でも戦争反対派だよ。
218.名無しさん:2020年06月03日 18:13 ID:4f95bfca0▼このコメントに返信
お前らも中国で中国人と仕事すれば日本は中国には勝てないって解るよ。
219.名無しさん:2020年06月03日 18:14 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
※96
条約から抜けることを通知して1年たってから有効になる
大和の起工は国際条約通りのスケジュールで実行されている
むしろKG5型は条約改正を勝手に見込んだ勇み足の条約破りの代物
220.名無しさん:2020年06月03日 18:15 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※4
>>4
第一次でしょ。
輸送船団も壊滅して、第一海兵師団殲滅できれば、アメリカ本国での海兵隊入隊に影響でるだろうし。
221.名無しさん:2020年06月03日 18:17 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※219
>>219
大和型建造ダッシュできるように、造船所整備しとけという話なのだが。
大和型建造に、いちゃもんなんてつけてないぞ。
222.名無しさん:2020年06月03日 18:19 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
※187
駆逐艦を12隻も作れば大和1隻作れるんだが
まあ海上で12:1でもどちらが勝つかは微妙な所
だからこそどちらも必要
また、空母も艦載機・パイロット養成を考慮すれば、戦艦1隻と同等の費用がかかる
大和建造時の海軍予算はバランスをとったものだったんだよ
223.名無しさん:2020年06月03日 18:19 ID:p4ufl5tZ0▼このコメントに返信
※218
近代において対外戦争で中国が一度でも勝ったっけ?
あチベットには勝ったか
224.名無しさん:2020年06月03日 18:19 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
※221
だから間に合ってたんだが
225.名無しさん:2020年06月03日 18:19 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※215
>>215
菊水作戦の本体は、航空特攻隊。
第二艦隊は、あくまでも囮。
226.名無しさん:2020年06月03日 18:21 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
ニコライが何言おうが、日本は露西亜の拡張主義と南下主義は、江戸時代から脅威に感じていて、それであの時点で戦争したそれだけだよ
227.名無しさん:2020年06月03日 18:24 ID:amSqkqIx0▼このコメントに返信
※178
いやいや、戦争後期は米軍は、輪形陣で空母の周りに戦艦やら巡洋艦やらをがっちりかためとるで。
井上茂美すら空母の脆弱性を理由に「空母はそんなにいらんから、その分飛行機を作ってあちこちの島に配備しろ」と首脳部に主張して蹴られてる。
228.名無しさん:2020年06月03日 18:24 ID:IQz3JjlY0▼このコメントに返信
※224
>>224
何に間に合ってるの?
大和も武蔵も開戦にすら間に合ってないし、信濃と4番艦は建造中止だし。

俺は、皇紀弐千六百年観艦式に間に合わせるために、建造ドックの新造と突貫工事をすればと書いたのだが。

ね~、何に間に合っているの?
229.名無しさん:2020年06月03日 18:25 ID:.0kEk3n80▼このコメントに返信
まあ1937年時点での戦艦空母並行戦備は正しい。

問題は、そんな戦備を完遂できるのはアメリカぐらいで、日本には無理というコトだ。
230.名無しさん:2020年06月03日 18:27 ID:BGtyinAR0▼このコメントに返信
八八艦隊構想とかいう亡国の元
東郷がしゃしゃりでなきゃ海軍にばかり予算回してゴミみたいな装備の陸軍って構図も無かった
231.名無しさん:2020年06月03日 18:34 ID:amSqkqIx0▼このコメントに返信
※12
>真珠湾で復旧した戦艦ですら30ノット出せるように改装した

あのさあ、こんなこと言ってる時点であんたの言ってること全然信頼性がないんだが。
232.名無しさん:2020年06月03日 18:35 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※222
戦艦の砲なんて、40何キロし飛ばないのに、空母を整備すれば、1000キロ以上離れた場所も攻撃できるんだよ?しかも空母の整備に関わった人員、機材は、制海権が亡くなってもやくに立つんだよ? で実際の戦史でもそうなった。一方大和型の砲を陸地に上げる工事をしても40キロ範囲を限定的にしか攻撃できないし、艦載機の移動のようにそんなにほいほい移動もできないだろ。。。明らかに大和型2隻整備はやりすぎだよ
だから負けたんだよ
233.名無しさん:2020年06月03日 18:40 ID:amSqkqIx0▼このコメントに返信
※229
うーむ、ミッドウェイ海戦の時は霧島と榛名が機動部隊に随伴していたんだが・・・
234.名無しさん:2020年06月03日 18:41 ID:dYXI.IvS0▼このコメントに返信
※181
どんな重防御を施した艦も沈む時は沈むわな
それを言うなら、現代の艦艇も直撃喰らったら戦艦より簡単に沈むから、それなら最初から造らないってなるのか?
戦闘行動中に航空攻撃で沈んだ戦艦は世界で4隻、そのどれもが直援機無しで圧倒的多数の航空機に襲われている
戦艦は当時どの国の海軍でも主力艦として認識されてて、造らないという選択肢は無かったんだよ。アメリカもイギリスもフランスも日本の後まで戦艦を建造し続けていた
メンツとか空母が戦果を独占するのが許せなかったとか、アルキメデスの大戦でも観たか?

235.名無しさん:2020年06月03日 18:41 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
実際に、敵が逆上陸する事になった場合を、それを考えなかった奴が、井上茂美こいつは、まず間違いなく敗戦責任がある。。。飛行場を優先して、要塞建築が遅れ、それでどんどん島が抜かれて言ったんだから、こいつには重い敗戦責任がある
236.名無しさん:2020年06月03日 18:46 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※234
何を言ってるのかわからないんだけど?対米戦をマシにするためには空母の増強しかないって言う話だよね?そもそも他国は対米戦なんてしないんだから、他国を持ち出してもしょうがないよ
237.名無しさん:2020年06月03日 18:47 ID:amSqkqIx0▼このコメントに返信
※232
横だが、真珠湾以降、日本の空母が沈めた戦艦はゼロだし、航空機の被害のわりには大した戦果は挙げていない。一度調べてごらんよ。
冷静に調べれば、空母による航空機攻撃は対費用効果が悪すぎるのがわかる。
日本海軍は空母の攻撃力を重視「しすぎ」ず、と旧来の艦船、潜水艦をバランスよく運用すべきだった。
238.名無しさん:2020年06月03日 18:50 ID:F.wmPafF0▼このコメントに返信
※214
横からだが、慎重なことには同意する。積極的の一種としてだが。
彼奴ら、勝てると踏んだときしか動かないし、その判断は大体合ってる。
日露で負けたのはそれだけ衝撃だろうし、だからこそ現地司令官の暴走説まで飛び出してる。
…振り返ってみると、日本相手には読み間違えて痛い目見てること多いな。
239.名無しさん:2020年06月03日 18:55 ID:gxgRzBBI0▼このコメントに返信
>>77
艤装工事のために回航中、な。
240.名無しさん:2020年06月03日 19:03 ID:ba8bDpou0▼このコメントに返信
>>232
昭和12年の時点で君の言う実際の戦史がわかってたの?

そういうのって、今だから言えることだよ

その当時の常識では大和型2隻を造らないという選択は出来ないよ
241.名無しさん:2020年06月03日 19:04 ID:amSqkqIx0▼このコメントに返信
※236
横だが、日本近海かフィリピン沖で艦隊決戦をやって講和に持ち込む、という当初の構想では、戦艦は強力な武器になったはずだし、真珠湾攻撃でアメリカを本気にさせなければこれで戦争終結の芽はあった。
大和が航空機にやられたのは大戦後期に援護航空機無し+圧倒的な米軍の航空力という状況で、航空戦力が優位な大戦初期とは話は違う。
242.(´・ω・`):2020年06月03日 19:05 ID:WqxOv3WG0▼このコメントに返信
>>232
大和型計画時期は1937年。
停泊中の戦艦を撃沈したのはタラント空襲が初だが、
戦闘航海中の戦艦を航空攻撃のみで撃沈可能と言う事が証明されたのは開戦後のマレー沖海戦から。

君は予報にない急なゲリラ豪雨を浴びたとき、何で傘持ってないんだって友達とか恋人を責める系のひとですか?

なお、大和に降ってきたのは雨ですらなくヒョウの模様。多少の傘があろうがもろともに滅多打ちになる(´д`)
243.名無しさん:2020年06月03日 19:08 ID:cXVydK160▼このコメントに返信
※212
つまりは油な。
油さえ有れば訓練も出来る。
国民はたくさん居るんだから。
なけなしの材料で、粗製濫造と言われながらそろえた機体を、燃料が無いから飛ばせないとか、
パイロットを訓練する燃料が無いとか。
大和なんてどうでもいい話やね。
244.名無しさん:2020年06月03日 19:08 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※237
それは、アメリカが空母もちで、まず最初に艦載機どうしで次が空母だからでしょ?で戦艦の被害は、二の次になるからでしょ。
で空母に搭載する予定の人員、機材が後々陸に上がって、米艦隊を苦しめてますけど?こういう副次的な恩恵もあるんだから、尚更空母は必要ですし、それに対潜戦の哨戒はどうするの?これにはどうしてもそれなりの艦載機が必要だと思うんですけど?
245.名無しさん:2020年06月03日 19:11 ID:dYXI.IvS0▼このコメントに返信
※236
お前の方が何言ってるか分らんわ
大和型を計画、設計、建造していた時は航空機の戦力なんて世界のどの海軍でも未知数だったんだよ
対米戦関係なく、世界の列強は戦艦を海軍の主力と考えて整備してたんだよ
空母も航空機もまだその真価がハッキリしていなかった
246.名無しさん:2020年06月03日 19:12 ID:DWBSKO..0▼このコメントに返信
大和に3/5、武蔵に2.5/5の金をかけたとして、信濃の建造費はどこからねん出したんだ?
247.名無しさん:2020年06月03日 19:14 ID:amSqkqIx0▼このコメントに返信
※240
横だが、だいいたい同意する。大戦後期の米軍機がうじゃうじゃいた状況と開戦前の状況をごっちゃにする人が多いから、結果論が横行するんだろうし、その結果論自体、特攻攻撃以外たいして航空機戦果が挙がらなかったマリアナ海戦やレイテ沖海戦を見る限り、あまり的確とは思えない。
248.名無しさん:2020年06月03日 19:14 ID:cXVydK160▼このコメントに返信
※232
何やっても勝てないのは同じ。
大和止めたら、アメリカよりたくさん空母や航空機・搭乗委員作れたか。
あいつらは戦艦含めてすべて量産してきた。
何やっても無駄。
249.名無しさん:2020年06月03日 19:15 ID:dYXI.IvS0▼このコメントに返信
※244
そんな「副次的な恩恵」なんか考えて空母なんか整備するかよ
※246でも書いたけど、空母と空母艦載機が戦力としてどこまで使えるかもよく分かってないのに、そんなこと出来るわけないだろ
お前は後出しジャンケンやってるだけだよ
250.名無しさん:2020年06月03日 19:19 ID:cXVydK160▼このコメントに返信
※236
マシにするってどういう意味かな増しにするってどういう意味かな。
終戦を遅らせて、ソ連に分割されるとか、原爆を後2~3発食らうって事かな。
結果的に天皇制を維持し、一時はメリカに迫る経済大国になったんやから、十分マシやとおもうで。
イギリスフランスの没落・ドイツの分割なんかを見ればな。
251.名無しさん:2020年06月03日 19:20 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※232
>>232
97式艦攻も95式艦爆も96式艦戦も、1000Kも作戦行動とれんぞ。
零戦ももともと、1000Kも作戦距離もたした設計じゃないし。
252.(´・ω・`):2020年06月03日 19:23 ID:WqxOv3WG0▼このコメントに返信
そもそも、ある程度の護衛戦力が着いた戦艦を空襲のみで撃沈する困難さよ。
戦艦一隻叩き潰したければ、結局戦艦一隻分のコストを支払って対抗戦力を用意しなければ撃沈は覚束ない。

最後に第二艦隊を襲った400機弱の航空機をマトモに扱いたければ、正規空母に直すと四隻程度の数量だ。
三万五千トン級の戦艦一隻の整備費用と、空母+航空機+操縦士の整備費用は概ね同等となる。
最後艦隊は戦艦に換算すると、四隻に囲まれて袋叩きに合ったに等しい。

相手が艦艇でなく、エアカバーが無いためにろくな戦果をあげることなく撃沈されたわけだが、相手が第二艦隊を襲った機動部隊と同じくらいのコストを支払って整備された水上艦隊であっても、第二艦隊は同じように負けただろう。
違いは多少戦果が増える位だ。一隻程度は道連れに出来ただろうか。

大和の最期を笑うヤツは、知らずに逆に大和を超兵器か何かと過大評価している事になる。
何倍も金掛けた戦力とぶつかったら普通に沈むって言う普通の話が何故通じないのだろうか?
253.名無しさん:2020年06月03日 19:23 ID:cXVydK160▼このコメントに返信
※250
ひどい書き間違えをしてしまった。
申し訳ない。
254.名無しさん:2020年06月03日 19:25 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※207
>>207
靖国神社の否定は、天皇の否定でもあるのだが。
現上皇・今上天皇陛下が、慰霊しないから、靖国の英霊は怨霊に転化して、
日本に災いまいてるとゆうのに。
255.名無しさん:2020年06月03日 19:26 ID:amSqkqIx0▼このコメントに返信
※244
>まず最初に艦載機どうし

それはミッドウェイ海戦までの話で、そこで空母のとんでもない脆弱性に気づいた米軍は戦術を変えてるし、山本五十六も戦艦の運用を重視するようになった。ガナルカナル島攻撃では山本自身が大和で出撃すると主張して周りをあわてさせた。

こちらの勉強不足かもしれないが、副次的効果というのはあまり聞いたことはないなあ。沈没した空母の搭乗員はごみ扱いにされて、多くは悲惨な最期を遂げたという記録はいくつも読んだことあるが。
256.名無しさん:2020年06月03日 19:31 ID:JAsIJxuu0▼このコメントに返信
なおみんな大好き八八艦隊は国家予算の3割
加藤友三郎が長生きしてたらなぁ
257.名無しさん:2020年06月03日 19:37 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
※228
大和建造用ドックの拡張は大和建造前に工事は終わってる(当たり前だが)
そして、大和の建造は当時の基準からすれば突貫に近い
その成果から後の海防艦の短期大量建造が可能になってる
あれ以上なにをしろと?
そもそも、大和竣工と同時に開戦する予定なんてなかったんだが
258.名無しさん:2020年06月03日 19:38 ID:amSqkqIx0▼このコメントに返信
※252
一定の航空機援護を持った戦艦を沈めるの困難。沈めたければ結局戦艦の砲撃で仕留めるしかないってことだ。
259.名無しさん:2020年06月03日 19:46 ID:r8vd.1a90▼このコメントに返信
戦艦大和には軍事予算の3/5をつぎ込んだ軍事予算の3/5をつぎ込んだは③計画全体と勘違いしてないか
大和1億5千万だが④大鳳1億、改⑤雲龍型八千七百万円と2隻
建造すると軽く大和の建造費超えてしまうぞ
260.名無しさん:2020年06月03日 19:50 ID:e.PezYGl0▼このコメントに返信
予算3/5て、本当に!?
だとしたら心から、バカ野郎!!
カッコいい!強そう!て男の夢を叶えました!てだけじゃん!
プラモデル遊び大好き男子と何が違うんだ戦争だぞ!
空母を作ったほうがいいのではという意見も当時あったと聞いたけど、
ゴリ押しで大和作って一瞬で沈められるとか、軍人てほんと脳筋だな!!
261.名無しさん:2020年06月03日 20:03 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
※260
お題が嘘だという位見抜けよ (るろうに剣心から来てるらしいが)
そもそも軍は陸軍と海軍で予算が二分されてるし
その海軍の中でも建造・開発に使える予算は一部
大部分は既存の軍備の維持・技量の維持・それに必要な燃料代、弾代、人件費に使われる
262.名無しさん:2020年06月03日 20:10 ID:.0kEk3n80▼このコメントに返信
※260

元ネタはるろうに剣心で
ホントの数値は1.16%ってとこなんだな
263.名無しさん:2020年06月03日 20:11 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※242
あのさーそんな雨がパッと降るような、事じゃないでしょ。航空機で戦艦を攻撃するような事何て、そりゃ世界大戦ぐらいしかないんだから、そんな母数そのものが、少ない事例を出されても困る
264.名無しさん:2020年06月03日 20:11 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※257
>>257
だれが、呉ドックの話ししてるんだ?
横須賀第六と大神海軍工廠整備して、戦略兵器「戦艦」をアメリカに見せつける話なのだが。
そして、1940年に、その姿を見せつけることが重要なんだよ。
265.名無しさん:2020年06月03日 20:13 ID:5G16aSYa0▼このコメントに返信
伊四〇〇を量産しとけば、風船爆弾とコンボでワンチャンあった
266.名無しさん:2020年06月03日 20:14 ID:dYXI.IvS0▼このコメントに返信
ID:7Nfvz3o70

コイツ、例え話を例え話として認識出来ないのかよ
ちょっとオツムの心配をしてしまうレベル
267.名無しさん:2020年06月03日 20:16 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※255
それは、どういう事?大和出してないし、金剛級辺りを出しただけでしょ。でどの道空母がまず最初なのは、変わらないよね?
空母が撃沈して搭乗員が生きてたら、そりゃ陸上基地から、発進させるでしょ
268.名無しさん:2020年06月03日 20:17 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※244
>>244
空母の運用方法は、日米ともに、偵察・遊撃と主力艦にエアカバー提供だよ。
(アメリカ自身は、空母による真珠湾攻撃を演習で成功させているが)

ブリカス様が、タラント空襲しなきゃ、日本も機動部隊なんて創らなかったのに。
269.名無しさん:2020年06月03日 20:18 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※266
どの道、前例自体があまりない事を出されても困ると言うのは、意見として通るじゃん
下らない返信しないでよ
270.名無しさん:2020年06月03日 20:19 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※250
戦果の話ね。
271.名無しさん:2020年06月03日 20:20 ID:dYXI.IvS0▼このコメントに返信
※264
開戦前に完成させて見せつけなきゃいけなかったなんて話は聞いたこともないな
大体、新鋭の大型戦艦を造っているというのは知られていたんだし
戦略兵器というものはただ造っているというだけでその役割を果たしているよ
中国の新型空母、まだ形になってないんだけど、憶測が飛び交って実態以上に見せているところがあるだろ?
272.名無しさん:2020年06月03日 20:21 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※268
まず最初に艦載機同士がぶつかるのは、事実でしょ?何を言ってるのかわからないし、世界初の空母戦が、俺が言った事のように起きたんだから、
俺が正しいでしょ?
273.名無しさん:2020年06月03日 20:22 ID:dYXI.IvS0▼このコメントに返信
※269
だから前例どうこうじゃなくて、「例え話」を理解出来ないということがおかしいと言ってるんだけど
「例え話」って解る?
274.名無しさん:2020年06月03日 20:24 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※254
靖国神社なんて、内裏に銃ぶっ放した、長州人が建てた神社でしょ?で終始孝明天皇は、長州の事を嫌っていたし、で今の上皇も参拝してないじゃん。そういう機会主義的に皇室を持ち出すの辞めたら?
275.名無しさん:2020年06月03日 20:26 ID:cQkGHFLP0▼このコメントに返信
自ら成功させた戦術により、自滅した例なのでありがちだろ。
276.名無しさん:2020年06月03日 20:27 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※273
下らない事に返信してくるなよ。そういう本質からずれるようなくだらない事を連呼しないで
277.名無しさん:2020年06月03日 20:40 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
9時になったら落ちますね
278.名無しさん:2020年06月03日 20:46 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※274
>>274
天皇の名の下に死んだ者達の慰霊施設が、靖国神社。
天皇の肩書あるモノが、慰霊しなければ怨霊化は必須。
結果、先帝の代には、悲惨な大震災が頻発したんだけど。

孝明天皇と、靖国神社は全く関係ないのだけど、理解できる?
279.名無しさん:2020年06月03日 20:48 ID:4JTDTh8C0▼このコメントに返信
ヤマトつくらないで
爆撃機1000機とレーダー一杯つくればよかった
280.名無しさん:2020年06月03日 20:51 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※272
>>272
初の空母vs空母の珊瑚海海戦では、アメリカ空母は、邀撃に失敗して、
日本側攻撃隊は、無傷でアメリカ空母を攻撃してます。

ミッドウェー海戦でもエンタープライズのSBD隊は、無傷で日本側空母を攻撃してる。
必ずしも、艦載機同士の戦闘から始まるわけじゃないんだな。
281.名無しさん:2020年06月03日 20:57 ID:.0kEk3n80▼このコメントに返信
※279

大艦巨砲主義で戦艦だけ造ってたらよかった時代の方が何とかなった。
いろんな戦備をせなゃいけんとなると日本の国力では到底手に負えない。
282.名無しさん:2020年06月03日 20:57 ID:7Nfvz3o70▼このコメントに返信
※280
そこの説明が雑でした。訂正ありがとうございました。索敵の不備がある場合もありますね。
283.名無しさん:2020年06月03日 20:57 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※271
>>271
仮想の話しなんだから、当時の記録にあるわけないじゃん。
大型戦艦の存在を確認したら、アメリカは建造計画の大幅な見直しが必要になるんだよ。
284.(´・ω・`):2020年06月03日 21:00 ID:WqxOv3WG0▼このコメントに返信
>>263
では、君はあしたの
285.(´・ω・`):2020年06月03日 21:03 ID:WqxOv3WG0▼このコメントに返信
>>284
事を、正確に予見出来ると言うのかね?
今回の場合は年単位の話になるけど、それが出来るっていうなら、何も言うことはないが。
286.名無しさん:2020年06月03日 21:19 ID:lhah0t9b0▼このコメントに返信
戦艦を時代遅れにしたのは日本が作った空母機動艦隊だからなあ。結局国力の差で負けたのさ
287.名無しさん:2020年06月03日 21:24 ID:utENv8oP0▼このコメントに返信
当時のクソメディアについて誰も触れていないのも凄いな
「腰抜け東条、勝てる戦争なぜやらぬ」と煽りまくったのは当時の新聞や週刊誌やぞ
288.名無しさん:2020年06月03日 21:48 ID:TFis6gT70▼このコメントに返信
後年、宇宙へ飛び出して元は取れたろ。
アトム・ヤマト・ガンダムは日本の宝。
289.名無しさん:2020年06月03日 21:54 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※284
>>284
仮想敵が、自軍兵力で倒せない兵器開発したなら、
普通に、その新兵器打倒するための兵器を開発する。
海軍休日期間の日米の軍艦開発競争知らないのか?
仏伊独の戦艦建造競争を知らないの?
290.名無しさん:2020年06月03日 21:57 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※285
>>285
平時に大和型の威容を見てなお、建造計画の変更をしないほどアメリカが愚かだったらいいのにね。
291.名無しさん:2020年06月03日 21:59 ID:MddwCabB0▼このコメントに返信
※210
>現地に行って指揮をとる分には
参謀はスタッフであってラインではありません😌
参謀に指揮権は有りませんよ😘
292.名無しさん:2020年06月03日 22:01 ID:W7dYtnPz0▼このコメントに返信
※232
>>戦艦の砲なんて、40何キロし飛ばないのに、空母を整備すれば
>>1000キロ以上離れた場所も攻撃できるんだよ?

1000キロ先の場所???
増槽付きのゼロ戦で何とかってレベルだけどw
20ミリ機関銃で空母・戦艦を銃撃しちゃうぞ(意味不明)
293.名無しさん:2020年06月03日 22:07 ID:yhkc.9IU0▼このコメントに返信
ID:Fp8axoBy0は何がしたいのだろうか?

大和を見せつけて、大和を越える戦艦や兵器を造られたら
困るのは日本の方なんだが?

なんで日本が新型戦艦の建造自体は隠さなくても、その詳細を
苦労して隠そうとしたのはなぜか解らないのだろうか?

アメリカの建艦計画を変更させるだけで満足なんだろうか?
294.名無しさん:2020年06月03日 22:10 ID:8t6H1iLS0▼このコメントに返信
空母なんて最終的には余ってたじゃん、
そんなもん作ったところで艦載機とパイロットが足りなくて結果は変わらない。
まだ潜水艦でも作ってた方がマシ。
295.名無しさん:2020年06月03日 22:17 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※293
>>293
パナマ運河は、ご存じかな?
これで、理解できないなら、噛みついてくるな。
296.名無しさん:2020年06月03日 22:18 ID:W7dYtnPz0▼このコメントに返信
ニワカ君が「レーダーがぁ~」って言ってるけど
どこまで詳しいのやら・・・

イギリスだって二次大戦に何とか間に合ったぐらいなのに
そもそも一次大戦でイギリス本土が何度も空襲を受けたから
必死に開発したのに

ドイツなんかは防衛的なシステムとされて優先度は低かった。
アメリカにしても研究自体はしていたけど、これまた優先度は
低い。



297.名無しさん:2020年06月03日 22:24 ID:PAmm2IUr0▼このコメントに返信
※295
モンタナ級の時点で33mのパナマックスは超えてるんだがね
まあパナマの拡張も計画してたけど

必要があれば超えてくるだけで大和型に対抗できないとすりゃ
幅を広げて性能追及するだけ
298.名無しさん:2020年06月03日 22:28 ID:yhkc.9IU0▼このコメントに返信
※295
だからなに?

戦後空母はパナマ通行諦めてでも大型化したが?

なんだ、大和見せつければアメリカは戦意喪失すると思ってた訳か
※297でも言ってるように、パナマの拡張は戦前から計画されてたんだが?

>パナマ運河は、ご存じかな?
ドヤ顔でこんな事言ってるけど、拡張計画の存在すらご存知なかったようだ
299.名無しさん:2020年06月03日 22:40 ID:.0kEk3n80▼このコメントに返信
まあ、新型戦艦は対日戦でしか使うコトはないのだと悟っちゃえば
パナマ規格にこだわってたのが馬鹿馬鹿しいと思っちゃうだろうし。
300.名無しさん:2020年06月03日 22:41 ID:Q.ejmA730▼このコメントに返信
マル3計画 8.6億円(現代換算 1.7兆円)
大和型 1.1億×2隻(2200億円×2)
翔鶴型 0.9億×2隻(1800億円×2)

大和って結構安いんだよね
301.名無しさん:2020年06月03日 23:05 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※297
>>297
アメリカにモンタナ級建造させられるのら上出来じゃないか。
パナマ拡張計画が、戦時に許されるの?
日本の新型戦艦見て、ビビるのはアメリカだけじゃないよ。
ビスマルク沈めたばかりのイギリスのほうが、恐慌確実だし。
302.名無しさん:2020年06月03日 23:09 ID:Fp8axoBy0▼このコメントに返信
※298
>>298
馬鹿なの?WWⅡ後のアメリカ海軍に勝てる国が存在しないのに、
海外に拠点もあるし、パナマ運河にどれほどの軍事的価値あるの?
パナマックスの制限受け入れて空母の能力制限するとか、君みたいな馬鹿しかしないよ。
303.名無しさん:2020年06月03日 23:38 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
※300
なお風船爆弾:4億円以上
304.名無しさん:2020年06月03日 23:38 ID:rS1db.QN0▼このコメントに返信
※302
はいはい論点を逸らして誤魔化そうたって無駄だよ

パナマ運河の制限で大和以上の戦艦を造れないと思ってるんだろうが
それは間違いだと言ってるの
空母の話は、パナマ運河の通行諦めた例として出したに過ぎないんだが
例え話を理解できない人かな?

モンタナ型の時点でパナマの制限関係なくなってるのぞ、モンタナの計画は戦後か?
必要とあればそんな制限は無視してくるんだから、足かせにもならん

大和見せつければアメリカは戦意喪失すると思ってたんだろうけど、単にサウスダコタ型が
モンタナ型に変わる変化しかもたらせないよ

大和見せればアメリカは建造計画変えてくるんだろ、変更するってのはこういうことだよ
対抗できない戦艦造る意味はないからな

だから日本がさらに不利になるだけだっての
史実のようにアメリカの予想を超える戦艦を持った状態のほうがはるかにましだろうに

どんな画期的な方策なのかとおもったら、ただの「ぼくがかんがえたさいこうのほうほう」でしかなかった
305.名無しさん:2020年06月03日 23:40 ID:sf2RXsMP0▼このコメントに返信
※301
日本海軍はびびらせるのより、日米決戦時の秘密兵器として隠す事を選んだわけだが
(なお戦艦による一大決戦は起きなかった模様)
306.(´・ω・`):2020年06月04日 01:19 ID:A8zJQzWY0▼このコメントに返信
大和型は技術的奇襲を狙って性能は秘匿したが、存在自体は隠しようがないし、三万五千トン級戦艦として議会は通してある。

また、日本は大和型の建造により質的優越を五年程度は保てると試算していて、匹敵する大艦のモンタナが正規に就役する年次を考えると、この読みはズバリ当たっていた。

そもそも、技術的にアメリカは造ろうと思えば大和型相当の大戦艦は普通に造れる。
それを押し留めているのは単にパナマックスと軍縮条約の枷のみだと、日本は認識していた。
しかも、運用性に著しく悪影響があるが、最悪通行を諦めたら造れちまうことを何より危惧していた。
実際はもっとヤバく、モンタナ級とセットでパナマ運河の拡張まで計画されていたと言う酷いオチがつくが。

だが、条約を脱退したとはいえ、新造戦艦は条約に準じたフネだよという欺瞞情報を流せば、パナマックス越えの出現を抑止する事が出来る。

これは日本にしては珍しく成功した謀略で、アメリカは知らずに3タイプ12隻の性能的に陳腐化したフネを造ってしまった事になる。


307.名無しさん:2020年06月04日 06:50 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>31
戦艦で空母の盾なんぞやってどうすんの?
空母が後方におったらエアカバー間に合わんから、敵航空隊に前衛の戦艦ボコられて完、な未来しか見えんけど。
308.名無しさん:2020年06月04日 06:54 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>53
航空隊で戦艦沈められる、ったって大型空母5隻余りからの艦載機200機以上による猛攻仕掛けてようやくな戦果だけどな。
しかも相手にはまともなエアカバー無し、というハンデ付きで。
309.名無しさん:2020年06月04日 06:57 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>65
そもそも大和型と平行して翔鶴型空母も建造してたんすけど、それは。
310.名無しさん:2020年06月04日 07:04 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>124
重爆造ったとこでどこに飛ばすの? 基地はどこに置くの?
米国ですらサイパン取り返すまで本土空襲出来んかったっていうのに(しかも中継用に硫黄島まで欲しがる始末)
311.名無しさん:2020年06月04日 07:09 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>129
ついでに航空魚雷が当時で1本2万円、ってのも付け加えておこう。そして真珠湾ではこれ積んだ艦攻を144機飛ばしてる訳で。
312.名無しさん:2020年06月04日 07:14 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>141
一応元々の計画では4隻のはず。
で1隻は空母化(信濃)、残る1隻は建造打ち切ったかと。
313.名無しさん:2020年06月04日 07:20 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>174
前衛の戦艦が先制で航空攻撃食らって完、にしかならんだろうな。
それなら空母を前に置いて敵航空隊を先制で叩き落とした方がよっぽど合理的だろう(しくじるとMIみたくなるけど)。
314.名無しさん:2020年06月04日 07:28 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>202
つったってまともに動くの葛城1隻だけだったような。鳳翔は外海に出られないし隼鷹は限界もいいとこ、龍鳳と天城は空襲で大破してるし。
315.名無しさん:2020年06月04日 07:36 ID:QKWQIDMz0▼このコメントに返信
>>232
1000キロも飛ばしたら艦載機とパイロットの負担がマッハで増加するんやけど。
つか実際にそれやって(アウトレンジ戦法)見事に航空隊をすり潰したのやが。
316.名無しさん:2020年06月04日 07:44 ID:N6naS8SX0▼このコメントに返信
ディロン・リードへの朝貢代?
317.名無しさん:2020年06月04日 08:52 ID:ATveKtWR0▼このコメントに返信
大和の設計時点で、海軍の艦隊戦は統制雷撃にシフトしていた。
実現しなかった金剛代艦計画が戦艦から超甲巡へシフトしていて八八艦隊計画の継続は放棄されている。
航空雷撃という対艦攻撃のバリエーションを増やす方向の整備は雷撃重視の延長。

航空機の世代交代が早いタイミングで、開戦時点使える様になっていた航空母艦が結東的に主力となったがある意味予想外の事態で艦隊整備計画はぐたぐたに。

戦後代議士になった、戦闘機乗りなのに戦闘機不要論をぶち上げた某航空参謀が。航空主義があったかの様に騒いで、航空主兵と大艦巨砲が対立していたかの風説を流したけど開戦時点の空母部隊指揮官は水雷戦主体の提督達。
人材育成のライフサイクルが長い為、ある意味自然の成り行きだったけど。太平洋戦争当時の日本海軍は水雷主兵主義の軍備だったと思う。
318.名無しさん:2020年06月04日 09:01 ID:ATveKtWR0▼このコメントに返信
大和型は抑止力を持つ戦略兵器として宣伝に利用せず秘密兵器にしたのが最大のミス。

アメリカが大和対策で数年日本を追い詰めるタイミングがズレていれば。独ソ戦の趨勢が見えていて枢軸側としての参戦は考え直せたと思う。
319.名無しさん:2020年06月04日 09:07 ID:BFsBJJnI0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義に固執していた東郷平八郎が昭和一桁まで長生きしたのがまずかったな。なにせ相手は「軍神」だし誰も反対することができなかった。
320.名無しさん:2020年06月04日 09:08 ID:9EfgTg.p0▼このコメントに返信
なんだかんだで大和に関してはたぶん元は取れてると思う  松本零士のおかげだ
321.名無しさん:2020年06月04日 09:23 ID:ATveKtWR0▼このコメントに返信
確かに一年ズレたらスターリングラードドイツ軍包囲されてたし二年ズレてクルスクでドイツの失敗して防戦一方になっている。その様子見ていれば、外交交渉するしかなくなるね。
322.名無しさん:2020年06月04日 09:41 ID:mXAkUvc90▼このコメントに返信
※152
いや、ドイツのレーダー開発は黎明期、イギリスより進んでいたくらいだった。
例えばレーダーによる航空機探知に成功したのはイギリスが1935年だが、ドイツは1934年だ。
イギリスのレーダー技術がドイツを追い越すのは、アメリカ資本の資金力を背景に研究が進んだ
1942年頃。英語がわかるなら読むといい。

ttps://www.radarworld.org/radarwar.pdf

ttps://fas.org/man/dod-101/ops/docs/97-0609F.pdf
323.名無しさん:2020年06月04日 09:45 ID:5xuzOc9s0▼このコメントに返信
結局、ID:Fp8axoBy0は早期にモンタナ型を建造させる事の何が日本の利益になると思ったのだろうか?

出来るかどうかは別にして、早期に大和の詳細が解る形で公表したら、史実のノースカ型とサウス型がモンタナ相当に置き換わって、モンタナ型は18インチ以上の砲を備えた戦艦になってくるだけだと思うのだが?
更にアイオワ型はまた別の価値を持つからそのままで、建造中止無しで6隻造って来るだろう

大和4隻見せつけた結果、出て来るのがモンタナ相当艦6隻にアイオワ型6隻、超モンタナ型4隻ではとても割に合わないと思うが?
そして戦艦での対抗を諦めたとしても、その代わりになるものを造り出す事は間違いない
開発にせよ建艦にせよ、競争になれば本気を出したアメリカには絶対かなわないのに、なぜ競争にもっていこうとするのだろうか?

大和型4隻見せつければアメリカは意気消沈して諦めるにちがいない

なんだか戦前に「一撃して勝てば、アメリカは意気消沈して講和に応じるに違いない」と言っていたのと変わらないじゃないか

324.名無しさん:2020年06月04日 10:03 ID:hHEaIvo30▼このコメントに返信
多くの日本人は全く勝てない相手と見事アメリカに洗脳されているけど、
本当は勝つ一歩手前までいってたからな。アメリカの軍事研究家も言っている。
ミッドウェーの情報が筒抜けだとしてもアメリカはどうしようもなかった。
あの海域の船を全部かき集めたとしても連合艦隊をどうすることも出来ないと慌てていた。
連合艦隊がミッドウェーを制圧するとアメリカは本国からパナマ運河を通してまた連合艦隊以上の戦力を注がなければならない。
勝利している中でも国内で戦争反対の意見が起きている中、大敗北して戦争が続けられるわけがない。
戦争はスポーツの試合ではない。己が意思を通すためのもの。勝利と敗北のハードルもそれぞれ違う。
日本はアメリカが戦争を止めたら勝ち。アメリカは日本を征服したら勝ち。
それぞれ勝利のハードルの高さが違う。
ミッドウェーを攻略すればアメリカが「戦争を止める」のは明らかだった。

んで日本海軍がゴリゴリの大勢力でミッドウェーに来たそんな中、
たまたまアメリカの航空機が日本の空母を見つけ、
たまたま日本は味方が帰還したと勘違いし、
たまたま甲板で兵装を交換していて
たまたま一発の爆弾が落ちた。

たった一発のラッキーパンチの爆弾で日本は負けたのだ。
325.名無しさん:2020年06月04日 10:08 ID:e6kA0YM60▼このコメントに返信
信濃の事も思い出してあげて
326.:2020年06月04日 10:11 ID:KwmADbw.0▼このコメントに返信
フルセットで考えたら翔鶴とかのが大和なんかより高いんでないのか。
327.名無しさん:2020年06月04日 10:17 ID:lew5akgj0▼このコメントに返信
>>324
んで、屈辱のくそみてぇな敗戦w
だっさいわほんと、アメクソ合臭国が今荒れてるけど広島と長崎の呪いだと思ってるよ。

アメクソが苦しむのは日本人個人としては嬉しいだろ?
328.名無しさん:2020年06月04日 10:19 ID:GCoNYzN.0▼このコメントに返信
当時なりに頑張っていた人達を今の馬鹿共が後出しじゃんけんでけなすのほんと不快
329.名無しさん:2020年06月04日 10:25 ID:lew5akgj0▼このコメントに返信
>>328
言いたいことわかるけどアメクソに原爆落とされて正義面させたのは負けたせいでしょ

YouTubeの原爆投下の動画で糞外人は
原爆のお陰で日本はまともな国になれたってほざいてたぞ。
アメクソ合臭国が核でバーベキューされる日を日本人は望むよ
330.名無しさん:2020年06月04日 10:30 ID:OMkYLbEz0▼このコメントに返信
海軍OB「世界三大バカの見本。計画したの誰だ!」 ← 八八計画立案者の一人
331.名無しさん:2020年06月04日 10:42 ID:yLo9jwj.0▼このコメントに返信
>>サッチウィーブとかカクタス航空隊とか知らなそう

数的優位でも手も足も出ないため、作られた戦法。
時系列が逆。
偉そうに言ってる割にお粗末。
332.名無しさん:2020年06月04日 10:43 ID:cbEADbPv0▼このコメントに返信
大和は空母機動部隊構想を隠すために囮だろ。
既にこの時点で戦艦は時代遅れで、空母と航空機が主力になると軍事関係者の常識だった。
実際に武蔵以降、日本は20席以上の空母を建造したが、戦艦は一隻も作っていない。
その空母も大半が潜水艦に沈められた。戦中既に空母も時代遅れになってしまった。
今中国が空母を作って自慢してるが、それはあくまで政治的な見せ札で、本当の切り札は別に隠してる。
333.名無しさん:2020年06月04日 10:45 ID:ESbcJVXn0▼このコメントに返信
*28
レパルスは旧式巡洋戦艦な。
334.名無しさん:2020年06月04日 11:02 ID:lew5akgj0▼このコメントに返信
アメクソよ苦しめ
335.名無しさん:2020年06月04日 12:27 ID:jOvsQlQE0▼このコメントに返信
※333
しかも、その旧式戦艦の方が対空戦では奮闘してたとかいうPoWの情けなさよ……
336.名無しさん:2020年06月04日 16:50 ID:6DR2scVP0▼このコメントに返信
※330

日本もデッカイ大砲を積んだ黒船を建造して欧米列強に対抗しよう
と言い出したのは勝海舟センセーやで。
337.名無しさん:2020年06月04日 20:20 ID:ttJKvkfT0▼このコメントに返信
※324
仮にミッドウェーで負けてもアメリカには後がある。
そんな程度でアメリカは止まらない。
338.名無しさん:2020年06月04日 22:22 ID:9VsCzow60▼このコメントに返信
>>16
少なくとも発砲遅延装置は散布界を狭めるための装置なんですけど...
339.名無しさん:2020年06月04日 22:59 ID:Jk0D9azK0▼このコメントに返信
※193 >>193
緒戦の暴走で、対米参戦の口実を作った
南方・中央アジアで現地の状況も把握せず、戦力を逐次投入して大損耗

【結論】どっちも💩
340.名無しさん:2020年06月04日 23:06 ID:Jk0D9azK0▼このコメントに返信
※241 >>241
自国側に引き付けて、兵站が伸びきったところを叩くのは理に適ってるけど
広い絶対国防圏を立案したのは、海軍なんよなぁ~
341.名無しさん:2020年06月05日 14:37 ID:EU.ypVMX0▼このコメントに返信
※336
勝先生…というかいわゆる開国派って今は国力や技術的にも歯が立たないから今は近代化や国力を高めて最終的には日中韓が中心となって欧米列強からアジアを解放しよう…なんだよな。

見方換えれば開国派の総決算が太平洋戦争であると…。
342.名無しさん:2020年06月05日 14:42 ID:EU.ypVMX0▼このコメントに返信
※335
PoWなどのキング・ジョージ5世級戦艦は単艦の能力ではなく合計五隻もあるという数で圧倒するのが目的だから(震え声)後、海軍軍縮条約を守らない、みんなが悪いよ!(アメリカ込み)

大和型なんて排水量は倍近くあるんだぜ!!

なお、アメリカ戦艦でも最強のと呼ばれるサウスダゴタ級の排水量はPoWとほぼ同じ・・・・やっぱり英国面のせいかな?
343.名無しさん:2020年06月05日 14:53 ID:EU.ypVMX0▼このコメントに返信
※337
最終的にというか結果的にはそうなんだがミッドウェーからガナルカナル初期まではアメリカ側には実は余裕も後もない。

兵器の生産が始まったばかりなので完成が間に合っていない状態…なのでどってぱらに穴が開いている上、艦載機が不足しているヨークタウンを無理やり穴をふさいだだけで他所の艦載機を無理やりひっぺ替えして参戦とか無茶苦茶やっているし、ソロモンの激戦でどう見ても大破認定のエンタープライズをドックに戻さず応急処置だけで酷使している…ほんとよく終戦まで持ちこたえたもんだな、ビックE。

むしろこの時期の日本は赤城以下四隻が沈んでも本命の翔鶴型航空母艦は海戦不参加ということで残っているし、改装空母や軽空母が続々就航前線に配備されているので日本の方がまだ余裕や後がある状態
344.名無しさん:2020年06月05日 21:24 ID:Jwh6cE.i0▼このコメントに返信
ミッドウェーで日本が大勝していた場合アメリカの日本攻略が史実よりも多少遅れることになる。
結果どうなるか。
(1) 日本に落とされる核弾頭の数が増える
(2) ソ連の占領地が増える。
345.名無しさん:2020年06月05日 21:25 ID:Jwh6cE.i0▼このコメントに返信
すまん、核弾頭じゃないわ核爆弾だわ
346.名無しさん:2020年06月06日 07:53 ID:ksRYNGF.0▼このコメントに返信
>>341
ただ悲しいかな中華(大清帝国)と朝鮮の現状が余りにもク○過ぎたもんだから、結局日本がほぼ単独であれもこれもやる羽目になったと。
347.名無しさん:2020年06月06日 22:54 ID:.tDCyMgN0▼このコメントに返信
※344
ずっと思ってるのだけど日本って神に守られているような絶妙な負け方してるんだよね。
そこから戦後の流れも。
仮想戦記でどっかの戦い勝たせてみたとこでこんないい未来はこなそう。
348.名無しさん:2020年06月07日 12:42 ID:6duV1GB.0▼このコメントに返信
※347
それ単に今が幸せって言ってるだけ定期。
349.名無しさん:2020年06月15日 14:13 ID:34wDPWzz0▼このコメントに返信
大和と零は永遠の誇り
350.名無しさん:2020年06月15日 14:16 ID:34wDPWzz0▼このコメントに返信
空母の数はダントツで1位のアメリカを除き
大日本帝国海軍が他国よりも多い

お名前