2020年05月22日 23:05

戦艦大和って神扱いされてるけどさ…

戦艦大和って神扱いされてるけどさ…

001

引用元:戦艦大和って神扱いされてるけどさ…
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1587347722/

1: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 10:55:22.33 ID:p8jdKmJB0
当時時代すでには空戦
大型戦艦なんていい標的もいいところ
さすがに酷過ぎないか?

2: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 10:55:44.01 ID:owVi7HNOd
ホテルなので

3: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 10:56:15.07 ID:pCZkMcmnd
クーラーついてたんやぞ!

8: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 10:58:25.77 ID:Rt+aoDXR0
大和計画時はまだ戦艦の時代定期

11: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:00:04.65 ID:A3coZlkva
カッコいいからね

13: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:00:24.36 ID:dDJMpfgs0
わかっとったから信濃を空母にしたんやぞ
なお

14: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:00:48.61 ID:p8jdKmJB0
魚雷なんておもしろいくらい当たったやろ

19: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:03:24.03 ID:c786aUHO0
そりゃ設計当時は戦艦の時代やったし

22: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:04:52.36 ID:s5c4UH/30
ロマン船体にロマン砲やから人気なだけやろ
神格化とは違う

26: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:07:35.68 ID:jbNyCCbFr
一般人は存在知らんまま作られて沈んでいった草生える事実

32: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:09:28.70 ID:JHdeNNvE0
>>26
一般人が存在知ったのって戦後なんか?

37: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:11:19.08 ID:x0UXhHkd0
>>32
作ってる時デカすぎてバレバレやったらしい

55: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:15:51.74 ID:+cf4vniy0
>>32
当時の男の子の憧れは長門陸奥や

63: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:17:13.39 ID:JHdeNNvE0
>>55
なんで戦後は大和武蔵になったんや

75: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:19:29.09 ID:+cf4vniy0
>>63
軍が解体されて情報公開したからに決まっとるやろ
実はもっとデカくて強いのありました!ってなったらそっちの方がええやん

111: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:27:44.05 ID:JHdeNNvE0
>>75
それはわかるけど戦争直後は教育でも軍国主義禁止だったんやしまた人気出たの不思議やなって
戦時中の名残で人気だったんならわかるけど

120: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:30:01.07 ID:d6C6tKHzH
>>111
宇宙戦艦のおかげやろなぁ

30: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:08:14.68 ID:M375MRm+p
戦艦からも飛行機飛べるようにしたろ

31: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:09:12.81 ID:gLPcL04E0
だから二隻で建造止めてるやん

34: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:09:47.81 ID:0OqiNMJya
ロマンやな

38: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:11:51.53 ID:ZLUGfXLed
出る時代がもっと早ければ超弩級の不沈艦で歴史に残った

39: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:12:27.01 ID:BJk+DUUdp
現物が博物館にあればなぁ
凄くカッコ良かっただろうに

41: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:12:49.97 ID:MNneU0Bx0
でかい言われてるけどコンパクトに詰め込んだんやろ?

45: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:13:41.80 ID:LMnjpM5lp
建造当時の方針やと戦艦が戦力の要やろ
戦艦が今で言うICBMくらいの価値があったらしいやん

48: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:14:47.09 ID:JHdeNNvE0
戦艦大和って皇軍が国威発揚で国民に宣伝してたイメージやったけど違ったんか

52: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:15:36.91 ID:M375MRm+p
>>48
それ長門とちゃうか

54: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:15:41.67 ID:d4syupsdd
>>48
大和は秘密兵器やろ
当時の戦艦のトップは長門

51: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:15:12.10 ID:p8jdKmJB0
あんなん飛行機にかこまれたもう終わりやろ

59: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:16:07.23 ID:wAp7vRMn0
ミッドウェーの時、島の砲撃に向かわせて
敵機全部引きつけてりゃ良かったのに

77: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:20:24.06 ID:m9aCAeXZ0
仮に空母だったとしても
護衛艦がない
艦載機がない
パイロットがいない

戦艦で最適解だろ

78: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:20:24.29 ID:BICuiVta0
別に新しい時代を見抜けなかったのはどこの国もいっしょだろ
造ってる時に批判した奴がおるんか

86: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:21:56.69 ID:uMrYaWHEa
>>78
ガンダムみたいにわずか1年の間に次々新兵器作れるという話でもないもんな

予算がついて設計して建造してというのに何年もかかってる間に状況が変わってしまった

98: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:23:48.53 ID:sY7+SpxE0
>>78
今と一緒で予算組んで作り始めてたから止められなかったってのが正解っぽいぞ
批判もあったけど実際問題無理

94: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:23:16.13 ID:BICuiVta0
次の戦争は核ではなくウイルスだ!
と見抜いてた奴がどれだけいたのか

97: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:23:39.80 ID:luly2fe6a
戦艦同士の戦いは質と量過ぎて大国に付き合ったら国が死ぬ
主砲の弾を当てるのにお互い真っ直ぐ進まないとあかんのやで?
しかも確立兵器なんでいっぱい撃って先に数発で戦闘不能にしないとアカン
そして戦ったら無傷の訳無いんで半年はドック入り

107: 風吹けば名無し 2020/04/20(月) 11:26:33.00 ID:M375MRm+p
残ってたら最高の観光資源になってた気もするけど
どうせ核実験の標的で沈んでたやろな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年05月22日 23:10 ID:WyI.smgg0▼このコメントに返信
当時の人は70年後に女体化されるとは夢にも思わなかっただろうね
2.名無しさん:2020年05月22日 23:10 ID:N.81p8zw0▼このコメントに返信
何でこういう極端な意見しか出てこないのかね

評価も何もあったもんじゃないよ、これじゃ
3.名無しさん:2020年05月22日 23:11 ID:LOUdDnjt0▼このコメントに返信
マジレスすると大和は魚雷が当たっても気付かないくらい頑丈だった
海水漏れがするからチェックしたら魚雷が命中していた事が分かって、普通にそのまま母港まで帰港して修理した
4.名無しさん:2020年05月22日 23:11 ID:SV2RAzoc0▼このコメントに返信
ここは大艦巨砲主義と言うトコなんだから
まず大艦巨砲主義の是非について語らないと。
5.名無しさん:2020年05月22日 23:14 ID:cFlc3tCT0▼このコメントに返信
大飯食らい
6.名無しさん:2020年05月22日 23:14 ID:5QAlG3Rn0▼このコメントに返信
人類史上最大の戦艦としてギネスに載ってるからいいじゃん。
想像してみろよ。世界中の飲んだくれが集まった飲み会を。
各国の野郎どもが勝手なお国自慢をはじめたとき
何も自慢することがなかったらミジメだろ。
7.名無しさん:2020年05月22日 23:21 ID:oDdPUrp80▼このコメントに返信
大和という戦艦は普通に大きくて、丈夫で、強力で良い戦艦ですよ。インパクトは長門の方があったんじゃないの。戦艦の時代は終わったのに作り続けた? それバンガードやジャンバールに言ってあげてね。
8.名無しさん:2020年05月22日 23:21 ID:Tik1JDSr0▼このコメントに返信
役に立たなかった兵器シリーズ

ドイツ「マウス!」
日本「大和!」
イギリス「パンジャンドラム!」
フランス「マジノ線!」

大和のロマンは異常
9.名無しさん:2020年05月22日 23:25 ID:coBLfiEu0▼このコメントに返信
フィクションではあるけどアルキメデスの大戦以外と面白かたな
10.名無しさん:2020年05月22日 23:25 ID:5QAlG3Rn0▼このコメントに返信
大和は安全な移動式大本営として作戦指揮などには役に立った側面もある。
ただ46cm主砲で敵艦隊をタコ殴りにして壊滅させるという用途には使えなかっただけだ。
11.名無しさん:2020年05月22日 23:28 ID:UXHsUPn30▼このコメントに返信
結果論で見てギャースカ言われるけど、構想、建造時は戦艦主流は正しい考え方だからね
12.名無しさん:2020年05月22日 23:31 ID:K7IT15PW0▼このコメントに返信
「「「あの大和が出撃してくる!?」」」

スプルーアンス「うぉおお!! 艦隊決戦じゃぁあ! こっちも戦艦だせやぁあ! 大艦巨砲主義の意地、見せてくれらぁあ!」
デヨ「相手は世界最強戦艦! ならこっちは数で勝負じゃぁ! ありったけの戦艦持ってこい! みんな、万全だろうな!?」
戦艦メリーランド「大丈夫っす! やれるっす! (3番砲塔、壊されてるけど、大和と殴り合いたいぃぃ!!)」
スプルーアンス「あと、ミッチャー! 敵航空隊に艦隊決戦を邪魔させるな! 純粋な戦艦同士でガチの撃ち合いをしたいんじゃぁ!」
ミッチャー「はいよー、あ、敵、航空隊、でてないっすねー。お、大和、はっけーんー。逃げられるかもしれませんよー。俺らの航空隊ならやれるっすけど、どうしますー?」
スプルーアンス「……じゃぁ…やれよ…」
ミッチャー「了解。航空隊、やっちゃって」

デヨ&第54任務部隊の戦艦たち(メリーランド、コロラド、ウエストバージニア、アイダホ、テネシー、ニューメキシコ)
「「「「おいいいい!!! 話が違う!!!」」」
13.名無しさん:2020年05月22日 23:32 ID:S.Ghf2580▼このコメントに返信
後世の結果を知ってるガキがタラレバで「あんな無駄なもんつくるから負けるんだ」とかアホな事言うが
米と戦うまでは中身はどうあれ連戦連勝だったんだから、そりゃ思い通りのもん作るに決まってんだろ
馬鹿ガキは過去のタラレバじゃなく現状の推察から未来の予測してみろってえの

限られた情報で内で予測し、それが結果に対し的確かつ合理的なら世界中の軍部がお前の能力欲しがるわw
14.名無しさん:2020年05月22日 23:33 ID:8bSaqG3m0▼このコメントに返信
コンコルド効果って言葉あるけど、日本だと大和の例の方が有名かもしんない
15.名無しさん:2020年05月22日 23:33 ID:zwPB4xMG0▼このコメントに返信
旗艦は必要
16.名無しさん:2020年05月22日 23:34 ID:0fEFZysa0▼このコメントに返信
戦艦が役に立たずなのではなく先に空母がやられた&立て直せなかった事がダメだったんだよ
17.名無しさん:2020年05月22日 23:35 ID:05L01psl0▼このコメントに返信
実際戦争には役に立たなかったが今の技術で大和作ろうとしても作れないらしいぞ。ロストテクノロジーってやつだな。当時の技術力でいったら大和は神と言っても過言でない。
18.名無しさん:2020年05月22日 23:35 ID:WkTOJNs.0▼このコメントに返信
何で定期的にこう言う馬鹿が現れるんだろうな…
あの時代は航空機で戦艦沈めるのは不可能って思われてたんだから、そら何処もこぞって作るだろ。
19.:2020年05月22日 23:36 ID:2ZU7P6wc0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
20.名無しさん:2020年05月22日 23:37 ID:s9RksBXT0▼このコメントに返信
定期ディスりですな
21.名無しさん:2020年05月22日 23:39 ID:SV2RAzoc0▼このコメントに返信
※14

試行錯誤はあってもおふらんすは航空機製造を諦めなかったんだから
今のエアバス社の隆盛があるんだな。
22.名無しさん:2020年05月22日 23:39 ID:Nl70Z76g0▼このコメントに返信
おっと、戦争中ずっと戦艦造ってた英国の悪口は止めるんだ。
23.名無しさん:2020年05月22日 23:40 ID:UXHsUPn30▼このコメントに返信
※17
そりゃ別の方法でより良い代替物が作れるからな。
例外は苫小牧でしか作れない鍛造砲身
24.名無しさん:2020年05月22日 23:41 ID:uHeOT72t0▼このコメントに返信
(沈没することで)東西問わず世界中の戦艦に止めを刺した艦とも言えるな。
25.名無しさん:2020年05月22日 23:41 ID:TF4ElXKl0▼このコメントに返信
最強の戦艦が完成した頃には時代遅れってのがまた哀愁があって良い
しかし海戦ってのはロマンだな
26.名無しさん:2020年05月22日 23:42 ID:TEbmAAWI0▼このコメントに返信
沈没しないで1週間漂流したからだ。
27.名無しさん:2020年05月22日 23:42 ID:YeHxYRbN0▼このコメントに返信
大和なんてハリボテだろ
K2こそ至高であり歴史最強No.1
28.名無しさん:2020年05月22日 23:43 ID:5QAlG3Rn0▼このコメントに返信
なんとか大和の1/1のモデルを作れないものだろうか。
オリンピックが中止になったらイキドオリをぶつけるための案としてどうだろう?
戦艦大和再生計画。もうやけのやんぱちで突入してしまうというのも
日本人らしくてよいのではないだろうか。
29.名無しさん:2020年05月22日 23:44 ID:ErVV3Czb0▼このコメントに返信
白人連合の圧力もあるし、

あの最後が有終の美をかざるし、

戦後の造船技術にもつながるし、

それはそれなりに役に立ったんだよ。

30.名無しさん:2020年05月22日 23:46 ID:LK1KCFER0▼このコメントに返信
・当時は国民にほぼ知られていなかった
・知っていた海軍関係者の大半はゴミ扱いしていた
・戦後アニメで有名になり元ネタも悲劇的結末から有名になった

いうほど神か?
31.名無しさん:2020年05月22日 23:46 ID:aOlvkhKj0▼このコメントに返信
戦前は大和知らなく長門の方が神扱いだったんだけどなぁ
32.名無しさん:2020年05月22日 23:47 ID:dk2j8T790▼このコメントに返信
>>2
あの時どうすれば日本は勝てたのか?勢は今も昔も衰え知らず。
33.名無しさん:2020年05月22日 23:47 ID:CAI1wpfa0▼このコメントに返信
当時でも沈められるの判ってて大和は出撃してるからな
沖縄を見殺しには出来ない、という理由で
34.名無しさん:2020年05月22日 23:50 ID:nP6wTn1J0▼このコメントに返信
※13 人は逆立ちしても神様には成れないからな、未来が見れたら苦労はしない
※27 K1以下の性能乙
※28 映画の撮影用で1/2が限界っぽい

35.名無しさん:2020年05月22日 23:51 ID:lY.JQixO0▼このコメントに返信
世界初の技術が採用されてるので
36.名無しさん:2020年05月22日 23:52 ID:S.Ghf2580▼このコメントに返信
※34
未来が見えない者が、未来が見えなかった優秀な過去の人間をあざ家笑うのがあまりにも滑稽だって言ってるんだよ
37.名無しさん:2020年05月22日 23:52 ID:UXHsUPn30▼このコメントに返信
※33
正確にはメンツと陸軍への対抗心だけど
御前会議で陸軍が100万人の兵力を報告した後に「海軍には船はないのか?」と奏されたからね
38.名無しさん:2020年05月22日 23:54 ID:nP6wTn1J0▼このコメントに返信
※36 そりゃ未来が見れたら人では無いからな、笑う以前の問題だ
39.名無しさん:2020年05月22日 23:54 ID:KFysiHds0▼このコメントに返信
デカイは正義や
40.名無しさん:2020年05月22日 23:54 ID:uAN1aM7p0▼このコメントに返信
日本側は航空機が米艦隊に近づけないんだから
戦艦がどうとかいうレベルの問題じゃないわな
41.名無しさん:2020年05月22日 23:55 ID:LK1KCFER0▼このコメントに返信
ロマンはあるけど神まで言われるためには戦果が欲しかったよな
本当に艦としては役立たずだったのか五十六小沢の司令部が空母至上主義だったせいで運用に失敗したのか
42.名無しさん:2020年05月22日 23:57 ID:Tik1JDSr0▼このコメントに返信
※25
むしろ役に立てなかったから今でも最強の戦艦であるという皮肉
43.名無しさん:2020年05月22日 23:58 ID:hfAskK4p0▼このコメントに返信
やめられない訳ではなかったけど、解体乃至改造で船渠が塞がって戦争に間に合わない。
それなら完成させて追い出してしまった方がナンボかマシ。で武蔵は戦艦のまま進水。
大和は航空主兵が定かで無い頃に出来上がってるから無関係、信濃は間に合うから転用。
間尺に合わない非合理な強行は無かった。
敢えて言うなら、八八構想は造修能力もっと重視しとけっていう未来視点の結果論ぐらい。

それにしても、大和は神ではなく神話の英雄と言うべき位置付けでは無いだろうか。
44.名無しさん:2020年05月23日 00:00 ID:reKU86qo0▼このコメントに返信
大和の倒分像立体視式十五米二重測距儀という測距儀
を作ったのは現ニコンという。
ニコン製品はカメラと双眼鏡を持ってるけど
大和の子孫の片鱗はレンズの優秀性かな。
特にモナーク7という双眼鏡がお勧めだ。
これを買えば普通使いレベルでは他の双眼鏡は一生必要ないというレベルのもの。
10万もらったらモナーク7 8×30を買って無駄遣いするのもいいかもしれない。
45.名無しさん:2020年05月23日 00:00 ID:tdfcYOS.0▼このコメントに返信
ガイジの脳内って要らないという判断下してから空母作ればよかったとかいうけどさ
3,2,1出来たって出来るようなものじゃないから
そこがまるっきりわかってないんだよね
だから後出しじゃんけんみたいな事ばかり並べててる
46.名無しさん:2020年05月23日 00:00 ID:xGo5QCG10▼このコメントに返信
同型艦の武蔵が沈むまでに被弾した爆弾と魚雷数を考えると、当時これ以上丈夫な戦艦は無かったはず
それに加え、艦対地攻撃戦力を考えても、制空権が確保できてる状況なら核ミサイルの次に驚異的な存在なのは
現代の戦術で考えても運用次第では通用する代物
まぁコストは高くつくけどな
47.名無しさん:2020年05月23日 00:01 ID:tY7bBCmi0▼このコメントに返信
※3
>マジレスすると大和は魚雷が当たっても気付かないくらい頑丈だった
それは移動中に受けた衝撃が魚雷だと思わなかっただけの話。
約5メートルの破孔ができるほどの衝撃に気が付かないわけが無いだろ。

つか、これは大和の装甲スゲーとかの話じゃなくて、いくら制海圏内を移動中でも
海水が浸入する程の衝撃を認識していながら敵潜水艦の攻撃の可能性を考えない
大和幹部の怠慢話なんだけど。
48.名無しさん:2020年05月23日 00:01 ID:MsNjKWuo0▼このコメントに返信
神扱いされてるのは「宇宙戦艦」のほうなんで。
戦時中は長門のほうが有名だったくらいだ。
49.名無しさん:2020年05月23日 00:02 ID:qv6c3l7e0▼このコメントに返信
空母が戦力の中枢をやってたが戦艦や巡洋艦はアメリカでも空母がたくさん活躍してたが戦艦もうまく使ってた。要は使い方の問題な
50.名無しさん:2020年05月23日 00:04 ID:PD.BzfDq0▼このコメントに返信
松本零士先生のおかげや
51.名無しさん:2020年05月23日 00:06 ID:qv6c3l7e0▼このコメントに返信
>>45
艦これみたいに資材と燃料をドロップしたら空母ができると勘違いしてるんだろ?
空母も空母で戦力になるまでが大変だし艦艇の運用と航空機の維持という苦労があるから簡単に増やせるもんでもないしな。
52.名無しさん:2020年05月23日 00:07 ID:ZZ3GX5pw0▼このコメントに返信
大和は出し惜しみしすぎたな序盤で活躍出来たであろう場面があったのにな
53.名無しさん:2020年05月23日 00:09 ID:Fjg.nTuv0▼このコメントに返信
日本はマレー沖海戦のせいで、自縄自縛に陥った節があるしね
扶桑の元艦長も「あれだけ空母護衛の輪形陣の練習したのに前線に出なかったのは、上層部が扶桑型が250キロ爆弾一発で沈む欠陥を知ってたから」
翔鶴元艦長「ミッドウェー海戦以降、戦艦6隻との輪形陣演習を何度も行った。卑下されてた空母に戦艦が従うんですから快感でしたよ」
54.名無しさん:2020年05月23日 00:09 ID:v4VRwHvO0▼このコメントに返信
現存してたらいまごろミズーリとかイントレピットみたいに博物館になってたのかな
ホテルに改装してたら世界中から観光客集まりそう
55.名無しさん:2020年05月23日 00:10 ID:qv6c3l7e0▼このコメントに返信
>>1
当時からその文化は実はあるよ。まさかアニメで動いてるのまでは想像してないだろうけど。

むしろ艦これとアズレンの瑞鶴の違いにはびっくりすると思うよ
56.名無しさん:2020年05月23日 00:10 ID:ZZ3GX5pw0▼このコメントに返信
>>13
でも山本五十六は実際に空母時代の到来を見据えてたよね
57.名無しさん:2020年05月23日 00:10 ID:vVSLhx0e0▼このコメントに返信
開戦当時の戦術思想だって「米国太平洋艦隊との艦隊決戦」だったからねえ。
現代でいう「空母打撃軍」の運用を開戦時に世界で初めて実践したというのに。
変化に疎い体質は日露戦争後の陸海ともに日本の軍の悪いお家芸になってしまってた。
58.名無しさん:2020年05月23日 00:12 ID:Fjg.nTuv0▼このコメントに返信
※53
出典忘れてた「艦長達の太平洋戦争」
59.名無しさん:2020年05月23日 00:13 ID:Tvi7qftK0▼このコメントに返信
現代でも発射されたら防御・回避対抗手段が無いのは質量兵器だけなんじゃなかったっけ?
だから神の杖計画とかもある意味一定の評価があるとかなんとか。
んで主砲が46cm3基9門と最大級である事、実用していたことに価値があるんじゃないかね。
60.名無しさん:2020年05月23日 00:13 ID:PJ0wr3qN0▼このコメントに返信
別に純粋な兵器として神扱いされてるわけじゃないでしょ
大和という名前に見た目の芸術性、イメージとして浮かびやすい戦艦というカテゴリー、さらに活躍の場を得られなかった不遇さに悲壮な最期
これらが合わさって印象が圧倒的なだけ
仮に大和が空母だったらここまで人気でなかったと思う
61.名無しさん:2020年05月23日 00:14 ID:oDsbnugg0▼このコメントに返信
戦艦 大和の最後の任務って知ってる?

占領された沖縄の米軍への特攻。 
さらば宇宙戦艦ヤマトも同じような結末だよね。

結局、沖縄まで、たどり着かなかったけど。
日本は、最後まで、沖縄を見捨ててなかった。

日本は、国際連盟で人種差別撤廃提案をしたけど、欧米列強は植民地と奴隷を失うことができかったから提案は受け入れられなかった。
日本は、現地の人と対等の立場の大東亜共栄圏を守るために欧米列強と戦った。(欧米列強の植民地支配とは異なる。)
日本は敗戦したが、多くの国が欧米列強の植民地から独立した。


62.名無しさん:2020年05月23日 00:15 ID:j8BWkqdg0▼このコメントに返信
>>51
陸奥になるビーム!
ビスマルクになるビーム!
まるゆになるビーム!
龍驤になるビーム! ……あ、当たりだわ
63.名無しさん:2020年05月23日 00:16 ID:joLrK96V0▼このコメントに返信
普通は1発で致命傷の魚雷に何発耐えてるんっすかね・・・
64.名無しさん:2020年05月23日 00:16 ID:NKM.z55t0▼このコメントに返信
世界最強の戦艦は大和って世界中の人がそう思ってるのがアメリカは面白くなくて、アイオワをずーっと持ってたらしいな。
65.名無しさん:2020年05月23日 00:18 ID:qv6c3l7e0▼このコメントに返信
>>54
それは戦勝国だからできることでな。敗戦して残ってたら間違いなく復興資材として鉄材として溶かされてたか原爆の実験で使われてた。
66.名無しさん:2020年05月23日 00:23 ID:fGnmoefs0▼このコメントに返信
>>19
んなわけない
あんまりデカいと嫌がられるぞ
67.名無しさん:2020年05月23日 00:24 ID:.NxZ0R2O0▼このコメントに返信
航空機時代到来とか言うけどさ、真珠湾までアメリカだって戦艦が艦隊中心だったのよ。
真珠湾でやられた40センチ砲搭載戦艦は貴重がられたし、航空母艦からヨイッショっと発艦する航空機のウエポンキャパで頑丈な戦艦を沈められる事例がそれまで無かったのが開戦当時の認識だった。
逆に、ワシントン軍縮条約で戦艦数を大きく制限された苦肉の策で、戦艦建造から航空母艦建造に転進した航空母艦を日本機動艦隊の中心に据えて成果を出した事例を示した事で、戦艦建造から一気に数十隻の空母をアメリカに造らせる動機を与えたのが皮肉にも日本だった訳だ。
真珠湾時において艦隊旗艦はまだ長門だったが、数ヶ月後に納入された大和が遅かれし登上で旗艦になった。
大和建造は、真珠湾の時より大分前から起工されていたから、航空機時代到来で大和を何故作った?とかの議論のニュアンスが違うというか、時系列的に正確では無い話をしても意味はあるまい?
68.名無しさん:2020年05月23日 00:26 ID:LsRXjPqq0▼このコメントに返信
※30
誰も知らない、謎に包まれた神っていうのもロマンがあって良い。
69.名無しさん:2020年05月23日 00:26 ID:EUjaEH5Z0▼このコメントに返信
>魚雷なんておもしろいくらい当たったやろ
普通の戦艦の周りをぐるりと「水が入り込んでも構わない分厚い鉄の箱」で覆った形になってるのだ。
戦車で言う「スペースドアーマー」のように。だから、魚雷が当たりまくることは大前提。
70.名無しさん:2020年05月23日 00:27 ID:MsNjKWuo0▼このコメントに返信
※6
とりあえず韓国が死ぬほど惨めな目に遭う事だけは容易に想像できる。
実際アメリカに留学する韓国人は相当惨めな目に遭うと聞くしな。嘘の歴史教えられてるから。
71.名無しさん:2020年05月23日 00:30 ID:qv6c3l7e0▼このコメントに返信
>>5
そりゃ戦艦も正規空母も両方当てはまる

72.名無しさん:2020年05月23日 00:32 ID:qv6c3l7e0▼このコメントに返信
>>28
置いとく港がない。まだ三笠程度ならなんとかおける場所はありそうだけど。
73.名無しさん:2020年05月23日 00:42 ID:Fjg.nTuv0▼このコメントに返信
※71
零戦ですら2時間飛ばせば燃料費と整備費と人件費で今の価値で50万円掛かるからね
戦争は本当に金が掛かる例だよな
74.名無しさん:2020年05月23日 00:45 ID:.zF8o6460▼このコメントに返信
ぶっちゃけ日本の艦隊戦力のバランス見てみろよって話
まともに使えるのは長門型2隻だけ、山城・伊勢型は火力・防御いろいろ問題多いし、金剛型は高速戦艦だし
重巡や駆逐はそこそこ充実してるけど、軽巡はお寒い限りで最上型まで改装されちゃったしなぁ

アメちゃんは条約明けで16BB量産してくるのに、こっちは0じゃ対抗できないでしょ
一点豪華主義って前提が破綻したらお仕舞いだし、そも米と戦争する時点で終わってるから論外だろw
75.名無しさん:2020年05月23日 00:46 ID:6oobaaUz0▼このコメントに返信
無能な政治家による無能な軍人によって無能な運用された軍艦
76.名無しさん:2020年05月23日 00:47 ID:z53B6fC50▼このコメントに返信
神扱いとは思わんかすごい戦艦だったことは間違いない。日本の技術史の金字塔とも言える。
ケチを付けるとしたら戦争に負けたことくらいだ。勝つ戦争だったらどれだけ活躍したことか。
77.名無しさん:2020年05月23日 00:52 ID:BD8SBV3P0▼このコメントに返信
>>43
ここまでトンチンカンなアホなかなかいないなw
78.名無しさん:2020年05月23日 00:57 ID:z53B6fC50▼このコメントに返信
※73
当時の戦闘機運用ってローコストすぎてウケる。
79.名無しさん:2020年05月23日 01:00 ID:.zF8o6460▼このコメントに返信
太平洋は3日に1日は荒れるし、夕方~黎明までは航空機飛ばすのは困難だ
海軍として計算できる戦力を揃えるのって当たり前だからな
ガダルカナルで幾度も艦隊戦惹起してるのを否定してどうするんだか

あと大和型1隻の資材や予算でどの程度の戦力を作れるか考えたほうがええぞ
航空機はユニットよりもライフサイクルコストが高い上に、すぐ陳腐化する消耗品だからな
80.名無しさん:2020年05月23日 01:01 ID:T3OAwzp30▼このコメントに返信
太平洋で戦艦同士の打ち合いで最も活躍した戦艦はやはり金剛級かな。
81.名無しさん:2020年05月23日 01:02 ID:z53B6fC50▼このコメントに返信
※74
そのアメリカとは今じゃ利害の一致した同盟だ。
日本の技術力は当時より向上している。大和を作れるくらいの資質はおいそれと無くならない。
そして今の日本はほぼほぼ今時風の最先端で取りそろえている。
次の大戦じゃ負けようがない。そもそも海軍の強い国なんて日本とアメリカくらいしか無いからな。
中国はいくら頑張って数を揃えようとも穴があるし質が伴わん。ロシアも海軍力は全く大したことがない。
82.名無しさん:2020年05月23日 01:05 ID:Fjg.nTuv0▼このコメントに返信
※78
20ミリ機関砲弾が今の価値で「一発」20万から30万円で、15分の戦闘機動=2時間の巡航だから
戦闘すればうん百万円が飛んでいくという
83.名無しさん:2020年05月23日 01:05 ID:T3OAwzp30▼このコメントに返信
日本海軍は長門級も大和級も実戦に出し惜しみし過ぎたのでは……。
日本の41cm砲と46cm砲が敵戦艦にどのくらいの打撃力があったのか、実戦で試して欲しかったな。
84.名無しさん:2020年05月23日 01:11 ID:Ynm5gNGl0▼このコメントに返信
ゲームみたいに、ポンポン作ったり壊したり出来ないんやで・・・
85.名無しさん:2020年05月23日 01:11 ID:ZA6RaznJ0▼このコメントに返信
アメリカの戦艦の数の多いこと、ビックリします。それになんであんなに艦型というか艦影が不恰好なんでしょうね。そういう点であれば大和は姿がカッコいい。それにコンパクトに設計されている。 最高やねwww
86.名無しさん:2020年05月23日 01:14 ID:e7nJL50F0▼このコメントに返信
何もしないで沈没したヤクタタズ
87.名無しさん:2020年05月23日 01:17 ID:zXRGPyd20▼このコメントに返信
※12
実はその話スプルーアンスは乗ってる長官も伊藤整一っていうのを知ってたらしい。

それで戦艦には戦艦をという騎士道精神の元戦艦を向かわせたが、もう戦争末期で次大和級の戦果が出るかわからないからミッチャーが焦って(自分の戦果にするために)航空戦をごり押したと。

因みにスプルーアンスと伊藤整一は交流があってそこそこ仲が良かったらしいから戦場では珍しい旧知の対立ともいえる場面。
88.名無しさん:2020年05月23日 01:17 ID:.zF8o6460▼このコメントに返信
※80
まあ最悪沈んでも惜しくないし、足速いし、弱いもの虐めに生かさないと何の意味もない船だからな
軽艦艇と同じように前線で働かせてたら、結果として会敵出来た

比叡がラッキーパンチで沈んだのが勿体無いな、霧島は一番頑張ったから好き
金剛とか榛名は…
89.78:2020年05月23日 01:18 ID:z53B6fC50▼このコメントに返信
※82
計算おかしくね? 装弾数60発として単価20万なら1200万なんだが。
搭乗員・整備士に掛る人件費、機体代、その他諸々合せて戦闘込みでうん百万で運用出来るならかなり安い。
攻撃が成功すれば数千万から数億は期待出来る。充分対費用効果が見込める。
90.名無しさん:2020年05月23日 01:20 ID:Fjg.nTuv0▼このコメントに返信
※85
艦影は地理・思想があるから・・・
日本ですら冬の日本海想定するとしないで大きく艦影変わってるし
91.名無しさん:2020年05月23日 01:24 ID:zXRGPyd20▼このコメントに返信
因みに坊ノ岬海戦って、アメリカがシブヤン沖での武蔵での戦果を研究に研究を重ねて造った戦術と魚雷で挑んだ。それがアイオワ級でも理論上3本で轟沈するレベルの魚雷と一方的に集中して攻撃する方法。
これで確かに撃沈まで速かったが結局何本もの魚雷と爆弾を用いてやっと沈めれたとさ。これが台湾や九州に近くて航空機の支援受けれていたらたぶん大和は引き返すことになるが、アメリカも撃沈できなかったんじゃないかな。
92.名無しさん:2020年05月23日 01:24 ID:Fjg.nTuv0▼このコメントに返信
※89
俺の言ってるのは一機当たりだぞ
ここらへんは戦記物読めば解ると思ったけど、言葉足らずで済まん。
93.名無しさん:2020年05月23日 01:33 ID:uMVmF3SY0▼このコメントに返信
ソロモン海戦にぶっこんでたらなぁ
アメリカは惜しまず最新鋭艦放り込んできてるのに、日本は旧式艦で舐めプしてるんだからな

この頃からもう戦略がブレブレなんだよな。
持久戦で勝ち目ないから全力でブン殴って講和に持ち込むってはずだったのに、出し惜しみしてどうする気だったんだよっていう
94.名無しさん:2020年05月23日 01:33 ID:5fOCLGSi0▼このコメントに返信
惜しんで使わなかったってより本当に使えなかったんだろ
建造中に真珠湾があって海戦の常識が変わったけど、途中でとめられなかったから完成しちゃっただけで
95.名無しさん:2020年05月23日 01:34 ID:.zF8o6460▼このコメントに返信
※91
撃沈できなくても、損傷させて全力発揮できなくさせるだけで十分よ
どの道、あの時期にドッグ入りしたらもうお仕舞い

出撃したのだって、偵察されて
空襲で損傷したらそのまま使えないまま終わるのを忌避した部分も大きいし
96.名無しさん:2020年05月23日 01:39 ID:oQWhH6K.0▼このコメントに返信
大和だってそもそも制空権があることが運用の前提にされてたぞ
あんな史実みたいな上空丸裸で数百の敵機が何波も攻撃してくる状況なんて想定してねえ
97.名無しさん:2020年05月23日 01:39 ID:Fjg.nTuv0▼このコメントに返信
※93
駆逐艦の主砲照準角度改修とか見るに、舐めプはしてないのが悲しい所
当時の日本は国力的に今の韓国ポジ
98.名無しさん:2020年05月23日 01:54 ID:B7pesnJn0▼このコメントに返信
神ってのは現在は役に立たない当時の一番なんだから良いんだよ!
99.名無しさん:2020年05月23日 01:59 ID:0wX.Zzhb0▼このコメントに返信
>>2
理論の出口から理屈コネまわして、あ〜だこ〜だ、って文句イチャモン言うのは民主党系国会議員やらワイドショーのコメンテーターにたくさんいるだろ。それと同じ。
100.名無しさん:2020年05月23日 02:05 ID:0wX.Zzhb0▼このコメントに返信
>>4
そもそも日本が真珠湾攻撃やらマレー沖海戦で大鑑巨砲主義を葬った張本人じゃないか。量子コンピュータ発明した人間を普通のPC持っている事でバカにするバカはいないだろ。
101.名無しさん:2020年05月23日 02:12 ID:zXRGPyd20▼このコメントに返信
※97
技術軽視の陸軍参謀部とドクトリン上兵站軽視していた海軍がしかも対立して競い合いしてたんだからひどいもんだなと。

太平洋諸島で陸上飛行機は陸軍担当、艦上は海軍担当陸上攻撃、爆撃機は共同とかならもっと違っただろうに。
102.名無しさん:2020年05月23日 02:16 ID:0wX.Zzhb0▼このコメントに返信
>>10
空母と戦艦とそれを対空防御する駆逐艦やら軽巡その他の合同運用ノウハウを作る事ができたなら良かったんだけどねぇ。逆に言えば、経験積んでもっと空母の運用法のマニュアル作りが出来れば、例えば空母は空母をまず叩いて(その間戦艦は空母護衛専守)、相手の空母が死んだら戦艦で砲撃開始、とか出来たかもしれない
103.名無しのまとめりー:2020年05月23日 02:20 ID:znO2dct90▼このコメントに返信
神あつかいされてないよ

世界3大バカ
戦艦大和
万里の長城
エジプトのピラミッド
104.名無しさん:2020年05月23日 02:23 ID:4s.qeAR.0▼このコメントに返信
航空支援が可能だった海戦に参加して相手方が高優先度の目標として捉えてくれれば、タンク役として活躍できただろう
105.名無しさん:2020年05月23日 02:28 ID:rMmqW8bR0▼このコメントに返信
日本海とか中国沿岸なら使えるように設計されてた。
だけど、何を考えたのか太平洋全域を戦域にしたので、燃料大食らいの戦艦ではカバーできなくなってしまっただけだよ
106.名無しさん:2020年05月23日 02:34 ID:zhmmtEFi0▼このコメントに返信
1942年以降に就役した戦艦一覧

1942 武蔵(←日本最後の戦艦)
   サウスダコタ(米)インディアナ(米)マサチューセッツ(米)アラバマ(米)
   アンソン(英)ハウ(英)ローマ(伊)
1943 アイオワ(米)ニュージャージー(米)
1944 ミズーリ(米)ウィスコンシン(米)
1946 ヴァンガード(英)
1955 ジャン・バール(仏)
107.名無しさん:2020年05月23日 02:39 ID:0wX.Zzhb0▼このコメントに返信
>>106
とりわけジャン・バはすごいわな。姉妹艦がいまさら出てくるなんてリシュリューもびっくりだよ。
108.名無しさん:2020年05月23日 02:41 ID:g.OqyrZU0▼このコメントに返信
※103
そだね。世界3大バカ(発見器)だよね。
109.名無しさん:2020年05月23日 03:11 ID:ZUS3tHO.0▼このコメントに返信
お前ら若い者に言っておくけど戦前の軍国主義を美化するな、俺のおやじは大学で陸上や野球をやっていたので
屈強な体をしていた、赤紙で一兵卒の兵隊にとられて理由もないのに整列させられてポットでの若造の上官に
顔が変わるぐらいに殴られる、対で殴り合ったら一発で張り倒せるぐらいのやつだけどそれをやったら銃殺刑だから
妻や子供(俺のおふくろや俺たち)を思い浮かべて必死に耐えたといっていた、当時の軍部の中枢は陸軍士官学校出だけど
今でいうなら東大法学部出のようなもの知能指数は高いかもしれないけど現状認識がいかにもお粗末だ、当時の人口と
兵站の量を考えたら広大な中国と戦っているのにさらに太平洋で戦うなんてド間抜けでアホすぎる、大和をどうのこうの
いってるけどあれを命じた司令官は大バカだ、あたら未来ある若者3000人近くを鉄の棺桶で死なせてしまった、
今、日本は東大法学部の連中が舵取りをしているが戦前を見ればわかるように知能指数が高いことと現状を正しく
把握できるということとイコールじゃあ無いってことだ、あんたら一般の若者がしっかりと監視しなければいけないんだよ。
                     (今年82歳になるあと数年でこの世とオサラバする予定のジジィ)
110.名無しさん:2020年05月23日 03:19 ID:QKxV2XDC0▼このコメントに返信
大和は知らんがピラミッドと万里の長城を
無用の長物扱いしてあるあたりで言ってる人間のお里が知れる。
111.名無しさん:2020年05月23日 03:26 ID:e9EAVl3u0▼このコメントに返信
使うべき時に使わなくて、使ってはイケナイ時に使ったアホ海軍の作戦ミス

アホ海軍のことは嫌いになっても、戦艦大和のことは嫌いにならないで下さい
112.名無しさん:2020年05月23日 03:46 ID:A00dUbHx0▼このコメントに返信
まあ お飾りですから 本来なら空母や駆逐艦で守るべきだろうけど
お金なかったからね。
113.名無しさん:2020年05月23日 03:48 ID:ZgUnPUJk0▼このコメントに返信
※30
>・当時は国民にほぼ知られていなかった
>・知っていた海軍関係者の大半はゴミ扱いしていた
>・戦後アニメで有名になり元ネタも悲劇的結末から有名になった

就役した時には既に米英と開戦してたからな。長門陸奥以前の戦艦のように日本中を回ってお披露目する時間が無かった。戦争になってなければさぞかし日本中で大人気になってただろう。母港の呉周辺では老若何女知らない人間はいないくらいだったけどな。

大半がゴミ扱いはさすがに無いだろう。大砲屋ってそんなに人いないのか?

大和が戦後有名になった切っ掛けは吉田満の小説「戦艦大和の最期」。そして少年誌のグラビアや戦記物。その基礎があった上での宇宙戦艦ヤマトで、それがダメ押し。
114.名無しさん:2020年05月23日 03:49 ID:5fOCLGSi0▼このコメントに返信
※110
言ったのは真珠湾で功績をあげた海軍大佐で、戦後の空自にもいろいろ貢献した人だよ
115.名無しさん:2020年05月23日 03:50 ID:ZgUnPUJk0▼このコメントに返信
※113
老若何女→老若男女
116.名無しさん:2020年05月23日 03:51 ID:..hrzegF0▼このコメントに返信
よく後世からの後付け知識をもとに大和型の建造を全否定しようとする輩多いけど、
お前らは戦艦アイオワを1990年まで使っていたアメリカ軍上層部のエリートたちよりも出来る人間なのかって聞きたくなるんだよな~ 
117.名無しさん:2020年05月23日 03:57 ID:QKxV2XDC0▼このコメントに返信
※114

実クンが言ったのは、秦の始皇帝の
阿房宮
118.名無しさん:2020年05月23日 03:58 ID:ZgUnPUJk0▼このコメントに返信
※116
あんな繋留してるだけで金がバンバン飛んで行くようなものをよく半世紀近くも維持してたもんだよな。しかも巡航ミサイルプラットホームに改装して実戦投入までしてる。使えるものは使えるうちに徹底的に使う。これが出来るのはアメリカの国力あっての話だけどね。
確かソ連のキーロフ級に対抗するために引っ張り出されて来たんだよ。つまり1980年代になっても米ソは大艦巨砲主義だったってことになる。
119.名無しさん:2020年05月23日 04:02 ID:hh9kigi70▼このコメントに返信
>>109
全くもっておやじさんの言うとおり。だから長生きしてくださいヨ!
120.名無しさん:2020年05月23日 04:22 ID:yX8.LZP80▼このコメントに返信
米さんは大和型の主砲が46cmだったのを知ったのは戦後の模様
戦中は40cm砲搭載の戦艦との認識だった
121.名無しさん:2020年05月23日 04:27 ID:.zF8o6460▼このコメントに返信
いんや、捕虜からの聞き取りでバレてたぞ
122.名無しさん:2020年05月23日 05:10 ID:x8rhcSlr0▼このコメントに返信
※116
アメリカは維持できるけど日本は維持できない

終わり
123.名無しさん:2020年05月23日 06:28 ID:H7PTyzN50▼このコメントに返信
え?
124.名無しさん:2020年05月23日 06:32 ID:smMPP4nH0▼このコメントに返信
※105
基本日本に近いエリアでの一回の大海戦でケリ着ける想定だからあまり問題ないのよ
大和のスペックはその条件で決められたからあの数値
海外巡洋艦なんかと建造にあたっての想定がまず違うから例え戦艦であっても単純比較は意味ない
戦車は飛べないから弱いwって言ってるようなもの
125.名無しさん:2020年05月23日 07:00 ID:VMkvgIU30▼このコメントに返信
武蔵を沈めた米軍は有効打は爆撃より雷撃の方であることに気づいた米軍は大和の攻撃の際雷撃を片側のみにした
戦艦同士の撃ち合いを想定した設計だったからある意味当然なのだがそこから想定すると純粋な砲撃戦なら相当撃たれ強かったはず
126.名無しさん:2020年05月23日 07:17 ID:l3rjR0Pf0▼このコメントに返信
大和のクーラーってどのぐらいの冷房効果なん?
末端の水兵までその恩恵には預かれそうにないし、
主砲副砲までは実装されてなさそうだけど
127.名無しさん:2020年05月23日 07:20 ID:9Lu7pQOr0▼このコメントに返信
>>41
ミッドウェー海戦で五十六が乗ってたせいか空母艦隊の後ろにいたのがねぇ……
前にいてアメリカの航空攻撃の誘引が出来てたら活躍の機会もあったかもしれない
128.名無しさん:2020年05月23日 07:24 ID:9v8BpGSF0▼このコメントに返信
昔は長門で検索するとアニメキャラが出て戦艦長門で検索してたが
今はどっちも擬人化が出る検索妨害
129.名無しさん:2020年05月23日 07:30 ID:9v8BpGSF0▼このコメントに返信
バルバスバウ嫌いだから大和きらい
シュッとした長門すき
130.名無しさん:2020年05月23日 07:31 ID:VcWPBj5R0▼このコメントに返信
>>55
この種の類似スレが建つ度に思う
韓国人って
戦艦大和に猛烈なコンプレック(強迫観念)(劣等感)を持ってるんだなって
にじみ出てるよ
131.名無しさん:2020年05月23日 07:35 ID:Knn9PcsK0▼このコメントに返信
大和の致命傷となったのは副砲塔への爆弾直撃
主砲塔の天蓋装甲厚は60センチもあったが副砲では巡洋艦からの流用で12センチしか無かった。
しかも副砲塔直下にあった火薬庫に引火し最期まで鎮火できず大爆発起こした。
132.名無しさん:2020年05月23日 07:36 ID:cEapx3N80▼このコメントに返信
戦艦大和は世界最強の戦艦だと言うが事実はそうではない

最強だという根拠は6万4千tの排水量と、主砲が46cmでありその主砲に耐える
最大厚650mmの装甲、たしかに数字だけでみれば世界最大である

しかし、そこには数字には現れない数々の欠陥があるのだ
まず主砲だが日本は砲弾の直径を大きくしより大威力の砲を目指したが、他の先進国は
砲の直径はそのままに、初速を上げるための長砲身化の方向に向かった
どの国も50口径以上の長砲身を持つのに対し、大和は45口径という短砲身の砲でしかない

さらに、アメリカでは砲弾のサイズはそのままに大重量化しており大きな威力向上を果たしていた
これは新しい設備を必要とせず既存の設備のままで生産出来る
大して日本は新たに46cm砲用の設備を用意する必要がある、しかも日本の戦艦主砲は46cm、40cm、36cmと
3種類もあるのに対して、アメリカは40cm、イギリスも一部を除き38cmと他国は主砲を統一していた
日本は生産効率と言う物を、全く理解していなかったのだ
続く
133.:2020年05月23日 07:36 ID:cEapx3N80▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
134.名無しさん:2020年05月23日 07:37 ID:cEapx3N80▼このコメントに返信
続き
注排水装置の思想も他国とは異なり、損傷による浸水を食い止め排水する機能を重視した欧米と違い、
砲撃を維持するための注水機能を重視したのだ
というのも、大和は僅か5度傾いただけで射撃は出来なくなってしまうのだ
しかし、魚雷を受け片舷に浸水したからといって反対舷に注水したのでは、両舷に魚雷を受けたのと変わりなく
なってしまう。また排水を考えていないため、どんどん浸水してくるのに合わせて注水し続けなければならず
大和も武蔵も早々に弾薬庫や機関区へと注水しなければならなくなった
注排水装置ではなく、自沈促進装置だったのだ

この時代、既に戦艦から航空機の時代へと移り変わっていて、他国の海軍はそのことを正しく理解し
空母機動部隊に同行できるよう戦艦にも30ノット以上の高速を持たせていた
さらに、高射砲と副砲の統一で合理化していたのに対し、大和は旧態依然とした砲配置で副砲と高射砲が
別々になっていた

結局、開戦前にはどの国でも戦艦の建造は取り止められたが、日本ただ一国だけが戦艦を作り続けていた

日本は思想すら遅れていたのだ
135.名無しさん:2020年05月23日 07:42 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>102
だから南太平洋やソロモン、マリアナなどでお互い空母同士で殴り合ったのだが。
その結果、艦載機とパイロットがマッハで消耗しましたとさ。
136.名無しさん:2020年05月23日 07:43 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>56
だから大和武蔵の2隻で建造打ち切って、後は空母造りまくった訳だか。
137.名無しさん:2020年05月23日 07:46 ID:OnGADUeH0▼このコメントに返信
>>131
その被弾弾薬庫に達してないし、撃沈の原因にすらなってないぞ
大爆発起こしたのは、横転したあとでボイラーに海水が入っての水蒸気爆発か砲弾が崩れて連鎖爆発したかどっちかが原因

横転したのだって魚雷による浸水過多が原因
副砲被弾は撃沈の原因にではない
138.名無しさん:2020年05月23日 07:47 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>127
当時の空母は水上打撃部隊(戦艦)の護衛兼露払いが役割なんだが。
それで戦艦を空母より前に出すアホ司令官はおらん。
139.名無しさん:2020年05月23日 07:48 ID:Knn9PcsK0▼このコメントに返信
白人至上主義最盛期で世界のほぼすべてが欧米の支配下だった時代に
開国からわずか半世紀で欧米に肩を並べる国になったんだから凄いことだよ。
空母機動部隊同士の艦隊決戦なんてWW2の日米戦が最初で最後ろう。
140.名無しさん:2020年05月23日 07:48 ID:49k4I5.G0▼このコメントに返信
ちゃんと運用出来てればまだ戦艦は活躍可能な時代
イギリス、アメリカなんかは終戦以後まで戦艦着工し続けてるんだから
大和は戦前着工だから、「時世に合わない」はタイムトラベラーじゃないと言えない発言だし、そもそも時世に合ってないわけですらない
141.名無しさん:2020年05月23日 07:50 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>62
スマン、マジレスすると大型建造でRJは出ないんや(飛鷹、隼鷹は出るけど)
142.名無しさん:2020年05月23日 07:51 ID:buOKgQ.i0▼このコメントに返信
空母なら戦艦より安易に戦えるのかというと全然そんなことはない
勝っても負けてもボロボロに消耗するのが第二次大戦期の空母戦
マリアナ海戦で日本は400機の艦上機を失ったそうだが、アメリカだって120機やられている

正直アメリカ以外は無理っぽい


143.名無しさん:2020年05月23日 07:52 ID:ZgUnPUJk0▼このコメントに返信
※131
「いつもの」に加えて貰え
副砲が直撃受けて炎上していたなどという話をどこから仕入れて来たのか
そんな証拠は一切出て来ていない
NHKのインチキ番組がネタ元だった「装甲の不具合」よりも酷いわ
仮に副砲塔に直撃受けても破壊されるのはバーベットから上の部分だけで、そこから下は装甲シャッターなどで防御されているので、垂直に落下して来た大型爆弾というほぼありえない事が起きない限りは当時の兵器と攻撃手段ではその可能性はゼロに近い
144.名無しさん:2020年05月23日 07:52 ID:3YpaPhla0▼このコメントに返信
※110
昔はこの程度の知能でも威張れたんですよ。
145.名無しさん:2020年05月23日 07:53 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>46
ただ現代はよりデカく、より高火力でより長射程なミサイルが当たり前に存在するからなぁ。
ぶっちゃけミサイルの方が航空戦力より戦艦にトドメ刺したと思うわ。
146.名無しさん:2020年05月23日 07:55 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>141
と思ったら、調べたら大型でもRJでるみたいやな。誤情報スマン。
(大鳳レシピの外れで飛鷹型を散々見かけたせいか)
147.名無しさん:2020年05月23日 07:57 ID:.1GavtmT0▼このコメントに返信
>>1
当時「愛宕」が女体化されてるがな
148.名無しさん:2020年05月23日 07:58 ID:OnGADUeH0▼このコメントに返信
>>143
4番副砲付近の火災を最後まで消し止め切れなかった事自体は事実だけど、それと沈没原因とは全く無関係なんだよな
これも時々出て来るデマ

リクエストがあったから「いつもの」に入れときますねw
149.名無しさん:2020年05月23日 07:58 ID:3YpaPhla0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃は戦艦大和が完成するまで遅らせて、先に機動部隊が制空権をとった後で、後ろから大和がハワイまで付いてきて、艦砲射撃でハワイのロジスティックをたこ殴りにできれば、戦史ももう少しましな展開になったんじゃ内?
150.名無しさん:2020年05月23日 08:01 ID:hh9kigi70▼このコメントに返信
>>143
それじゃ、偶然のマグレ当たりが無ければ、戦艦が要塞みたいに不動で対空砲が無力化され、さらにすごい腕の良い敵がわざわざ副砲が弱点だと知ってそこを狙わないとな。(笑)
151.名無しさん:2020年05月23日 08:05 ID:OnGADUeH0▼このコメントに返信
>>125
そんな研究されてません
大和の方舷への攻撃集中は偶然の結果
攻撃隊の指揮官が事前にそんな打ち合わせはしていない、各隊が脱落した護衛の隙間から突入した結果だと明言してるよ
152.名無しさん:2020年05月23日 08:06 ID:QwwAn1Gi0▼このコメントに返信
>>149
ハワイは要塞だから戦艦の直接攻撃は難しいよ
153.名無しさん:2020年05月23日 08:06 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>78
1機だけならな。
実戦なら1空母あたり30~50機くらいは搭載して、その空母が1部隊で4隻くらいは出撃する。
154.名無しさん:2020年05月23日 08:08 ID:QjHQdr030▼このコメントに返信
大和建造したマル3計画じゃ、併せて翔鶴、瑞鶴も作ってる。戦艦ばっか作ってたわけじゃない
大和と武蔵は旧式になった長門、陸奥の後継。3番艦の信濃は空母に改装している

ぶっちゃけ大和と武蔵が航空兵力で沈められたのは「相手がアメリカだったから」としか言えん
海洋にいる戦艦を撃沈できるレベルの空母と航空兵力を用意できたのは、アメリカと日本だけ
155.名無しさん:2020年05月23日 08:13 ID:UjhCMapE0▼このコメントに返信
>>54
クロスロード作戦で水爆実験の的になるだけでしょ。
156.名無しさん:2020年05月23日 08:13 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>89
ひとたび戦闘すれば艦載機なんぞバタバタ落ちてくけどな(真珠湾ですら100機近く約3割ほどの損害が出てる)
艦載機やパイロットの補充費用はどうお考えで?
157.名無しさん:2020年05月23日 08:16 ID:zRXhR44n0▼このコメントに返信
※103
君の国は本当何もないからなあ。
158.名無しさん:2020年05月23日 08:17 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>101
英独じゃ航空機を空軍に1本化した結果、艦載機がヒドい事になっちゃいましたけどね(独に至っては空母自体が未成)
159.名無しさん:2020年05月23日 08:19 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>93
そりゃあ米は後詰めでアイオワ級造ってんだから、出し惜しみする理由なんざ無いな。
160.名無しさん:2020年05月23日 08:20 ID:UjhCMapE0▼このコメントに返信
>>85
そりゃアメリカは合理主義一辺倒だもの。戦闘機にしたって繊細さとかとは無縁の「機体が重けりゃ強いエンジンで飛ばす」なんだから(しかもそれをなしうる工業力がある)。
161.名無しさん:2020年05月23日 08:22 ID:1PWEmQO80▼このコメントに返信
※28
男たちの大和のロケセット勿体なかったねぇ
観光資源になるって判った時には時すでに遅し
最初からちゃんと作ってれば…
162.名無しさん:2020年05月23日 08:23 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>132
>>133
>>134
ちゃんと「いつもの」を付けとけな、バイト君。
163.名無しさん:2020年05月23日 08:25 ID:mu90aYYT0▼このコメントに返信
※1
船舶の女性化なんて当時からやってるぞ…。
164.名無しさん:2020年05月23日 08:25 ID:hOIuJthE0▼このコメントに返信
アルキメデスの大戦とかいう後だしジャンケン作品
165.名無しさん:2020年05月23日 08:26 ID:9LcSzjbw0▼このコメントに返信
※50
松本零士がデザインした宇宙戦艦ヤマト(案)って岩の塊やで?
大和をモデルにあのデザインにしたのは別人や。
166.名無しさん:2020年05月23日 08:35 ID:zRXhR44n0▼このコメントに返信
大和たった1艦の為に空母3艦から350機を飛ばして攻撃したんだから、アメリカ軍も沈めるのは大変だと思っていたのだ。
武蔵を鎮める時は9時間かかったからな。
アイオワが日本軍350機に攻撃されていたら1時間で沈んでいたであろう。
167.名無しさん:2020年05月23日 08:46 ID:ehF3tMmr0▼このコメントに返信
男のロマン枠だから
このブログの名称も男のロマンから貰ってきてるでしょ
168.名無しさん:2020年05月23日 08:50 ID:iNazSRDe0▼このコメントに返信
※103
大気圏外にすらロケットを打ち上げていないのに羅老宇宙センターw
169.名無しさん:2020年05月23日 08:52 ID:XOi7VSuC0▼このコメントに返信
 今でも300機の戦闘攻撃機を2時間ぶっ通しで投入したら、まともに抵抗できる兵器は無い・・・というかそんな攻撃を受けて耐えれる国はアメリカ以外には無いわな(F-35を300機常時戦場に張り付けた状態で抵抗できる国)

戦時中の人間にとっての戦艦の顔と言ったら長門だろうから・・・大和をってのは「空想を楽しむ人」の為の戦艦だわな
170.名無しさん:2020年05月23日 09:09 ID:e9EAVl3u0▼このコメントに返信
※127
>>127
ミッドウェー海戦の時は、大和、長門、陸奥などの戦艦部隊は、空母機動部隊のはるか後方で遊んでいた
赤城、加賀、蒼龍、飛龍だけで楽勝と考えた海軍首脳の油断により大敗した
171.名無しさん:2020年05月23日 09:10 ID:f868y9wv0▼このコメントに返信
戦艦大和は神であってるな、なぜなら凄い凄い言われてるけど特に何もしてないし
まさしく神様だ。
172.名無しさん:2020年05月23日 09:11 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>作ってる時デカすぎてバレバレやったらしい

さらに海軍士官は、お喋りだから「ここだけの話!w」で軍港の街では、公言できないだけで知らぬものはいなかったそうな。
173.名無しさん:2020年05月23日 09:11 ID:XD7pugMr0▼このコメントに返信
誰が考えたって神でしょ、たった一隻でガミラスの侵略から地球を救ったんだぜ。
その後彗星帝国の野望も砕いてる、この実績は異常。
174.名無しさん:2020年05月23日 09:15 ID:.1GavtmT0▼このコメントに返信
>>126
冷房が効く範囲であれば27~28℃に保たれるんじゃなかったか
175.名無しさん:2020年05月23日 09:20 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>1
昔からフネは「女性」に例えられてた。「海のsea」と「女性のshe」の洒落もあるけど、フネの神様は女性。ちなみに戦中もフネで女性の姿を見たとかいう話もあったそうで沈没して、あとから考えると…って話も多い。
昭和くらいまで「女性を乗員にすると神様がヤキモチ焼くから」と女性の乗員枠はなかったそうだ。
176.名無しさん:2020年05月23日 09:25 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
うちのマッマは、もろに「宇宙戦艦ヤマト」再放送世代。「男たちの大和」をみて「大和ってあんなあっけなく沈んだの?!!」って主砲撃ちまくりの大活躍と思ってたみたい。なお、2話の戦艦大和の撃沈シーンを知らなかったそうで「見たことない」と言ってたな。
177.名無しさん:2020年05月23日 09:26 ID:.1GavtmT0▼このコメントに返信
>>172
建造のためにドック拡張したり、目隠しとして大和がすっぽり入るほどの大屋根作ったりしてるんだから、それが大型の軍艦だとは素人でも判るわな。
重要なのは排水量と主砲の口径を秘匿することであり、これは完全に守られた。
「この世界の片隅に」で小さい女の子が沖に浮かぶシルエットだけで大和だと当てるシーンがあるけど、実際に当時の呉では若い女性でさえ大和を知っていたようだ。
178.名無しさん:2020年05月23日 09:30 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>173
未来の地球(「さらば…」の世界線)からタイムスリップして来た「宇宙戦艦ムサシ」が、「さらば…」の世界線を「2」に修正するマニアのラノベは面白かった。スタッフすら忘れてそうな設定も盛り込んでて、当時の続編アニメや実写より面白かった。
179.名無しさん:2020年05月23日 09:41 ID:uj7khSXW0▼このコメントに返信
>>132
いつもの
使い古しのワンパターン
妄想コピペウザい
180.名無しさん:2020年05月23日 09:42 ID:uj7khSXW0▼このコメントに返信
>>133
いつもの
使い古しのワンパターン
妄想コピペ激ウザい
181.名無しさん:2020年05月23日 09:58 ID:YTqmV5lV0▼このコメントに返信
アホは世界最強の大和を否定したいために航空戦力とか言ってるけどさ
そもそも当時の日本海軍の主力は、赤城をはじめとする空母機動艦隊だぞ
真珠湾奇襲を戦艦でやらなかった理由を知らないアホなんだよねー
それに大和以前の戦艦すべて老朽化してて、現在の戦力を更新するために建造しただけだ
むしろアメリカの方が、新型戦艦を量産していた大艦巨砲主義国家だったんだわ
アメリカが航空戦力にかじを切ったのは、イギリス戦艦が日本の航空戦力にやられてからなんだわ
182.名無しさん:2020年05月23日 09:59 ID:YTqmV5lV0▼このコメントに返信
※7
カルフォルニアにも行ってあげるべき
伊19の雷撃で、デビューした瞬間に監修しなっちゃったけどw
183.名無しさん:2020年05月23日 10:00 ID:YTqmV5lV0▼このコメントに返信
※22
米国も作ってるぜ!
184.名無しさん:2020年05月23日 10:02 ID:WKF1mSZx0▼このコメントに返信
されてない
185.名無しさん:2020年05月23日 10:07 ID:YTqmV5lV0▼このコメントに返信
※88
「まあ最悪沈んでも惜しくないし」ってのは嘘だぞ
金剛型は30ノット以上出るから、夕方から突撃して夜間砲撃し、夜が明ける前に撤収すれば、敵の航空戦力に攻撃を受けない可能性が高かったから、万々投入されたわけ
日本海軍は速力を一番重視していたんだよね
あの扶桑でさえ、建造当時は高速戦艦だったんだから(装甲を犠牲にしても高速にした。選管はふつう速力よりも装甲を重視する)
186.名無しさん:2020年05月23日 10:11 ID:YTqmV5lV0▼このコメントに返信
※121
残念ながら戦後までばれてない
むしろ大和に砲撃されたガンビア=ベイの破孔から46㎝砲の可能性が出された程度
187.名無しさん:2020年05月23日 10:14 ID:YTqmV5lV0▼このコメントに返信
※89
魚雷が一発2~3億円するんだぞ
一回の出撃に、魚雷だけで攻撃機の数×2.5億円が必要と考えるとやばいだろ
188.名無しさん:2020年05月23日 10:17 ID:YTqmV5lV0▼このコメントに返信
※134
> この時代、既に戦艦から航空機の時代へと移り変わっていて、他国の海軍はそのことを正しく理解し
> 空母機動部隊に同行できるよう戦艦にも30ノット以上の高速を持たせていた
はい、嘘
欧州で空母持ってたのはイギリスだけ、どこが正しく理解していた?
そもそも選管が空母機動艦隊に随伴する意味は?空母も砲撃船に参加するのかね?
日本の方が、各国より先に航空戦力に目を付け、充実させてきたんだぞ
世界初で空母機動艦隊を編成したのが日本だって知らないバカだろ、お前
189.名無しさん:2020年05月23日 10:17 ID:KNsv4TMj0▼このコメントに返信
制海権取られて潜水艦ウヨウヨしてる状況で沖縄行っても、そりゃ沈められるに決まってるよなあ
東京湾の港に着底させて対空砲台にしたほうがまだ役には立ってたと思うんだけど、そういうとロマンがどうこうぬかすのが帝国海軍
190.名無しさん:2020年05月23日 10:24 ID:GlKFD1eM0▼このコメントに返信
歴史くらいよもうな。前提状況を知らないやつ多すぎ

戦前は世界的に大鑑巨峰主義。飛行機なんて役にたたないといわれてた。
そもそも飛行機で戦艦を沈めることはできないとされていたんだよ、むしろ、飛行機の有用性を真珠湾やイギリス東洋艦隊攻撃で示したのは
帝国海軍。だから戦艦大和がつくられた、戦時中に必要艦船がかわったんだよ
191.名無しさん:2020年05月23日 10:26 ID:tH8WO8aB0▼このコメントに返信
>>5
時代が変わったのにそれを分かっても計画し動いてるものだからと止めずに大量の資源を無駄にした訳で、戦後の日本にもつながるものを感じるな。
192.名無しさん:2020年05月23日 10:28 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>185
あの扶桑でさえ、建造当時は高速戦艦

そう。アメリカ戦艦より速かったけど、建造中にWW1のジュットランド開戦で陳腐化した。
尤も扶桑型の問題は主砲配置。
機関室を分割して主砲があるから機関改装も制限がある、心臓部に弾薬庫と設計上の問題なんだよね…
3、4番砲塔を見限って機関室に当てれば金剛につぐ高速戦艦になれたかも…ま、それやったら、あの魅力的な「違法建築艦橋」は生まれなかったし、単なる「改金剛型高速戦艦」で終わってたろうね…
193.名無しさん:2020年05月23日 10:34 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>186
大和は当初の計画より小さく造ったから。
米軍は、まさか、あの船体規模に46cm砲なんて思わなかったらしいね…大和って、ほぼ米国の40cm砲戦艦のサイズ。
因みにその当初の設計案は、常識的な280~300mで考えられてたけどインフラの関係で、あのサイズになったんだよね…
194.名無しさん:2020年05月23日 10:37 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>193
昔読んだアニメのムック本に、松本零士御大のインタビューに「日本は昔からモノを小さく造るのが得意。大和もコンパクト化して、あのサイズ」と言ってた記憶。たしかヤマトブームの頃だったかな?
195.名無しさん:2020年05月23日 10:39 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
さっき、今週号のアルキメデス読んだけど、建造中の「大和」が「まほろば」見たいになってて驚いた!
196.名無しさん:2020年05月23日 10:39 ID:7CILaU8H0▼このコメントに返信
航空戦が無ければ神様だよ・・
197.名無しさん:2020年05月23日 10:40 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>195
書きかけで送った!作者、松本零士のファンなのか?w
198.名無しさん:2020年05月23日 10:41 ID:aGbOzd5P0▼このコメントに返信
※1
艦魂という考え方があって、多くの艦に艦魂を祭る神棚があり、航海の安全祈願等の理由で、それを拝むようになっている。艦魂は当然のように女性。船を女性化して表現するのはほとんど万国共通で、船に女性を乗せると嫉妬して祟りがあるとか、そんな逸話もあるとかないとか。
199.名無しさん:2020年05月23日 10:42 ID:TX.cc7aR0▼このコメントに返信
大和型以降戦艦建造計画は全て放棄されてるのに時代遅れとかナンセンス
航空優位が確定したのは大和武蔵の艤装中だ

200.名無しさん:2020年05月23日 10:44 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>196
だね。B29もそうだけど、米軍の戦闘機で墜として見せろ!と思うわ。米戦艦も自慢のレーダーでも大和みたい持ちこたえるか?と思うわ。
201.名無しさん:2020年05月23日 10:48 ID:7CILaU8H0▼このコメントに返信
※7
長門は水爆実験で最後まで浮いていて戦艦のロマンを残してくれた。
最も哀しかったのは山城、扶桑だな。スタイルも最も戦艦らしい。
202.名無しさん:2020年05月23日 10:50 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>109
丹波哲郎さんも同じような経験されたそうで、上官風吹かせて殴ってきたのは、巨人の川上哲治。丹波さんは生涯許さなかったそうだ。
203.名無しさん:2020年05月23日 10:52 ID:TX.cc7aR0▼このコメントに返信
>>169
因みになWW2に措いて航空機が戦艦を沈めた事例は2つの状況に限定されるんよ
一つ、寄港停泊中
一つ、十分な直掩を得られない作戦行動中
皆が思ってる程時代遅れではないのよ実際は
204.名無しさん:2020年05月23日 10:52 ID:KqU5YAK.0▼このコメントに返信
「作戦行動中の戦艦」でも航空機で撃沈できると証明したのがマレー沖海戦
停泊中なら真珠湾に先立って英国がタラントでやっている
でもこの時は作戦行動中ならそうはいかんだろう・・との考えがまだ主流だった
それもマレー沖でなくなり、その後時間を経て航空機が主力だと変わっていった

もっとも日米共に開戦前から「味方の航空機の援護の元で戦う」ことを
前提にしてたので航空機に襲われたら損傷を受けることは認識してた
単に決定力になるとまでは思っていなかっただけで
205.名無しさん:2020年05月23日 10:56 ID:TX.cc7aR0▼このコメントに返信
>>177
隠したいのは大和そのものじゃなくて46cm砲だからね
206.名無しさん:2020年05月23日 10:56 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>118
繋留してるだけで金がバンバン飛んで行くようなもの

それが原因で日本では戦艦は終戦間際に「警備艦」にされたんだよな。艦内電力は陸上から電線引いてボイラーも止めてたとか…
207.名無しさん:2020年05月23日 11:00 ID:TX.cc7aR0▼このコメントに返信
>>149
ハワイ要塞砲が怖いので航空機でのピンポンダッシュになったんやでw
攻略なんて頭にありませんw
208.名無しさん:2020年05月23日 11:02 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>162
「いつもの」さんの、なりすましでしょ?たしか「いつもの」さんはネタと認めてる。
209.名無しさん:2020年05月23日 11:04 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>168
打ち上げとるよ?日本のを画像修正してw
210.名無しさん:2020年05月23日 11:05 ID:2YtsO1id0▼このコメントに返信
「五毛党」と呼ばれる中国のサイバー部隊をご存じだろうか。正式名称は、「網路評論員(インターネット・コメンテーター)」である。  国内外のネット上で、中国共産党に有利な世論を醸成することを狙う世論誘導集団で、「ネット水軍」とも呼ばれる。 中国共産党宣伝部の声を広げ、彼らにとって都合の良いストーリーを語るのが目的だ。

夕刊フジより
211.名無しさん:2020年05月23日 11:05 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>209
で、あいつらマジで日本のロケットは韓国製と思ってる。
212.名無しさん:2020年05月23日 11:08 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>205
それに関しては成功したと思う。レイテ沖開戦で栗田中将が「46cm砲とは知らなかった!当日知った!」と言ってたそうだ。
213.名無しさん:2020年05月23日 11:12 ID:SAykoXRv0▼このコメントに返信
>>191
途中からでも空母に改造出来そうや もんな。
214.名無しさん:2020年05月23日 11:12 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>201
よく誤解されてるけど、あれは水爆実験でなく原爆実験。マンハッタン計画で量産されたやつのね。でも2回とも、ほぼ直撃だもんな…よく耐えたわ…
215.名無しさん:2020年05月23日 11:16 ID:CXy5O1pH0▼このコメントに返信
>>198
信濃の時もドックで工員さんが、なぜか女性がいて、すぅっと消えたとか読んだことがある。信濃って、船体完成でミッドウェー後まで放置されてたんだよね?そりゃ神様も見放すと思うよ。工事中の事故とか、最期とか見ると。
216.名無しさん:2020年05月23日 11:19 ID:SAykoXRv0▼このコメントに返信
>>127
それって用は囮って事やろ?
主力として活躍は期待出来ないって事やん。
217.名無しさん:2020年05月23日 11:21 ID:QKxV2XDC0▼このコメントに返信
まあ無駄と言うなら雲竜型空母建造計画も大概。
後知恵で言っていいなら、あんなもん建造するより
基地航空の増強に予算を回した方が良かったという話になる。
218.名無しさん:2020年05月23日 11:25 ID:aGbOzd5P0▼このコメントに返信
ドイツは「作戦行動中の戦艦」でも潜水艦の魚雷で撃沈できると証明していた。
これを見た日本海軍は、当然のように潜水艦戦力の増強にも力を入れ、真珠湾奇襲は結果として空襲のみの戦果となったが、
実際には甲標的や潜水母艦、偵察用潜水艦を多数配置して、空襲で撃ち漏らした米艦艇を撃沈する二段作戦ということになっていた。
戦争というか、人の予想というものが、なかなか思うようにいかない証左だろう。
投資では、ポートフォリオという考え方があって、バランスよく資産を分散化し、上がる会社の株にだけ一極集中で投資することはあまりしないが、航空機に全ツッパするというのは、結果論だけで見た考え方で、上がる株だけを買える超能力者で、かつ、そいつは投資家ではなく、国の運命を決められる派閥の政治家や紺碧会でもないかぎり、実現は不可能だったと思うな。


219.名無しさん:2020年05月23日 11:26 ID:4dtlcnmF0▼このコメントに返信
>>74最上型は、元々条約回避で作った。
重巡のトン数制限回避の為、船体は重巡で作って、主砲を軽巡用のを乗せて偽装。条約脱退後乗せ換える前提で作った。
220.名無しさん:2020年05月23日 11:27 ID:Eg1rK20r0▼このコメントに返信
>>3
それ大和じゃなくてタンカーじゃなかったっけ?

初期の米潜水艦の魚雷は不良品で当たっても爆発しないことが多かったって逸話はあったけどそれは大和じゃなかったと思うが
221.名無しさん:2020年05月23日 11:30 ID:Eg1rK20r0▼このコメントに返信
>>12
米海軍もロマンある奴多いみたいだけど、遊びで戦争やってんじゃねー!派の正論には反論できんかったんやね
222.89:2020年05月23日 11:30 ID:z53B6fC50▼このコメントに返信
※187
しねーよ。当時俗に言われてたのが魚雷1本家一軒。2億はせんなあ。長魚雷だと戦闘機には積めないし。
ほんと計算ダメだな。
223.名無しさん:2020年05月23日 11:32 ID:Eg1rK20r0▼このコメントに返信
>>13
不良債権化した箱物建てた官僚さん「せやせや、建てたときは儲かるはずやったんや。後から批判は受け付けないで~」
224.名無しさん:2020年05月23日 11:37 ID:QKxV2XDC0▼このコメントに返信
※223
ここの板の財政スレでは、シブチンで大盤振る舞いしてくれない財務官僚さんは
物凄く不人気だが。
225.名無しさん:2020年05月23日 11:39 ID:Eg1rK20r0▼このコメントに返信
>>54
勝ち戦だった日露記念の三笠でさえあの扱いしてた日本がそんなんするとはお思えん
226.名無しさん:2020年05月23日 11:39 ID:aGbOzd5P0▼このコメントに返信
※215
沈む前日の艦から、ネズミが逃げ出し、巫女姿の女性が悲しそうな顔をしていたとかいうのはけっこうあるあるの話ですね。
ある空母も、沈むまえの最期の出港時に、お気に入りの航空隊長を腸チフスで入院させたり、航空参謀をインフルに感染させて乗船させないようにしたとか、ないとか、そんな話もあります。
227.名無しさん:2020年05月23日 11:40 ID:LIAn8CLx0▼このコメントに返信
>>191
いや、だから大和建造中は時代はまだ大艦巨砲主義の真っ只中だっつうの。
マレー沖や真珠湾の時にはもう完成してて就役を待つばかりだったんだが。
228.名無しさん:2020年05月23日 11:42 ID:LIAn8CLx0▼このコメントに返信
>>213
大和も武蔵ももう途中改装が間に合わないくらい工事が進んでた。
三番艦の信濃は空母になった。
229.名無しさん:2020年05月23日 12:27 ID:g.OqyrZU0▼このコメントに返信
※227-228
逐一の反応お疲れ様です。再三の既出を無視した工作員の繰り言ですが、
釣られる者を出さないためには、無反応では不味いですからね。
230.名無しさん:2020年05月23日 12:33 ID:LIAn8CLx0▼このコメントに返信
>>220
大和の逸話だよ
231.名無しさん:2020年05月23日 12:43 ID:eYMXaF8e0▼このコメントに返信
>>191
戦艦の話になると、いつもこういう論調が湧くな。結果が分かってりゃ中学生だって言えるよ。むしろ社会人なら、
一度進めた計画というものは簡単に変更出来ない、っていう現実社会の道理が分かってない方がおかしい。
今のコロナ対策でも、何で最初から封鎖閉鎖が出来なかったのかも考えずに、あーだこーだ言ってるのと全く同じ。
232.名無しさん:2020年05月23日 12:47 ID:LIAn8CLx0▼このコメントに返信
>>87
友人には自らとどめを刺してやりたかったんだな
武士道精神に通じるものがある
233.名無しさん:2020年05月23日 12:55 ID:eYMXaF8e0▼このコメントに返信
>>12
そんでも400機近い航空隊で殆ど力攻めに近いやり方でフクロにして、2時間以上かけて沈めた。武蔵は5時間。
こんなの米軍でなきゃやっぱり無理。艦隊決戦の時代は終わり。制空権取らなきゃ戦艦もガラクタっていうのを
証明したのが日米戦争かな?そんなこと証明するのに、大和だけで3000人もの貴重な人材を失いよった。
234.名無しさん:2020年05月23日 12:59 ID:eYMXaF8e0▼このコメントに返信
>>22
問題にしなきゃいけないのは、こういう何をやっても一切責任は問われないっていう、官僚組織の体質だよな。
235.名無しさん:2020年05月23日 13:00 ID:QHQcI3UA0▼このコメントに返信
森下信衛艦長とセットで神なんやぞボケ❗
236.名無しさん:2020年05月23日 13:02 ID:eYMXaF8e0▼このコメントに返信
>>234
おっと失礼、※234は※223宛てだった。
237.名無しさん:2020年05月23日 13:07 ID:BhKZf7Q80▼このコメントに返信
大和の性能と技術の評価は海外では非常に高いのだが? 
238.名無しさん:2020年05月23日 13:18 ID:iPq1O.QI0▼このコメントに返信
日本の空母って信濃以外もなんだかんだ元戦艦出身者多いよな。天城型戦艦赤城はじめ。
結局時代遅れワロスとか言われがちな謎期間に造られたのも実は大和と武蔵の二隻しか居なかったって言う。
239.名無しさん:2020年05月23日 13:27 ID:iPq1O.QI0▼このコメントに返信
あと、当時の航空攻撃で戦艦がチョロかった相手かってーと、割とそうでも無いやろ。っていう。
当時の爆戦や雷撃機の照準器とか見てると、こんなんで良く当てれたな。って思う。敵も味方も練度凄すぎ。
240.名無しさん:2020年05月23日 13:50 ID:wXiz7iK70▼このコメントに返信
波動砲がついてるもんな
伝説にもなるわ
241.名無しさん:2020年05月23日 14:02 ID:3PnbChQe0▼このコメントに返信
>>32
正直アメリカと同等の国力があっても負けてたかもしれんよ。
上があれでは、兵士も資源も無駄に使い潰されてただろう。
242.名無しさん:2020年05月23日 14:07 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>188
なにせこの手の話題で見飽きた「いつもの」君のコピペなんでな。
243.名無しさん:2020年05月23日 14:10 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>199
優位どころか、結局は「ノーガードの相手を数の暴力でフルボッコ」程度の戦果しか史実では残してない訳でな。
244.名無しさん:2020年05月23日 14:13 ID:R08HY37S0▼このコメントに返信
>当時時代すでには空戦
>大型戦艦なんていい標的もいいところ
>さすがに酷過ぎないか?

また、この話か

アメリカの戦艦アイオワに対抗すべく、大和を作ったわけで
空母時代を先駆け、世界に知らしめたのは、真珠湾攻撃。

その時ですら、アメリカは、戦艦を建造中。
真珠湾攻撃後に、空母の量産に入る。
米空母の初期に、大砲が付いているのは、戦艦建造から変更したから。

別に、開戦前からアメリカに空母が100隻あったわけでもない。開戦後に量産したからあるんだよ。

で、付け足せば、アメリカには大和を凌ぐ巨大戦艦・モンタナの建造計画もあった。大統領がサインすれば着手だったが、もう終戦間近だから、サインはせずお蔵入りとなった。
245.名無しさん:2020年05月23日 14:13 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>217
ソロモン諸島すら奪還されてるのに、どこに航空基地作るの?
基地への航空機の輸送手段は? 基地の防衛戦力はどうすんの?
246.名無しさん:2020年05月23日 14:16 ID:cEnbECJQ0▼このコメントに返信
> 当時時代すでには空戦
> 大型戦艦なんていい標的もいいところ
< さすがに酷過ぎないか?
お前がそう思うなら、お前はそう思ってりゃいいだけ。
で、そう言うポエムってのはチラシの裏かmixiにでも書いてろ。
247.名無しさん:2020年05月23日 14:19 ID:26FUu09m0▼このコメントに返信
※244
アイオワ起工したの大和より後だろ
248.名無しさん:2020年05月23日 14:24 ID:Azhn1P7h0▼このコメントに返信
>>28
どこが?無駄なハリボテ作るなと総スカン喰らう未来しか見えてこないぞ?
249.名無しさん:2020年05月23日 14:25 ID:iPq1O.QI0▼このコメントに返信
それはそうと、空母の時代。って、米以外は戦後さほど造ってもなければ言うほど運用できてもないし、たぶんもう終わってそうなんだけど…もう潜水艦にシフト済みなのかな?
250.名無しさん:2020年05月23日 14:27 ID:iPq1O.QI0▼このコメントに返信
※248
イージスアショアとやらに大和の皮を被せとけば良いんでね?
251.名無しさん:2020年05月23日 14:33 ID:BD8SBV3P0▼このコメントに返信
>>238
多い(赤城、加賀、信濃のみ)

言っとくがレキシントン級も巡洋戦艦改造でベアルンも戦艦改造だからな。

軍縮条約で廃艦にされた未成艦を転用した例の他は信濃しかない。
252.名無しさん:2020年05月23日 14:34 ID:BD8SBV3P0▼このコメントに返信
>>244
何一つ正解のないゴミコピペがリニューアルされてんなw

ゴミから最新のゴミに変わってらw
253.名無しさん:2020年05月23日 14:35 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
※222
>>222
ググったら九一式航空魚雷が当時価格(1941年)で1本2万円、現代価格だと実に2千万円相当だという情報が出てきたな。
ちなみに真珠湾ではコレ積んだ艦攻を144機飛ばしてる(他には艦爆が135機、零戦が120機)。
254.名無しさん:2020年05月23日 14:39 ID:BD8SBV3P0▼このコメントに返信
>>249
空母の時代、というには空母保有国が少なすぎる。
ww2 でも運用してたのは日米英のみ、保有してたでフランスが追加され建造中だったで独伊が追加される程度。

戦後もこれらの国が払い下げた国を除けば露西印が加わるくらい。空母と艦載機隊の維持に耐えられる金持ちはそうそういない。

結局戦後の海戦の主役は潜水艦だよな。
255.名無しさん:2020年05月23日 14:39 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>253
おっと桁を1つ読み違えてたわ。
やはり現代価格だと航空魚雷1本2億円だという計算結果が出てきたな。
256.名無しさん:2020年05月23日 14:43 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
※222
>>253
ちなみに航空魚雷も爆装も1出撃で基本使い捨てだからな(打とうが打つまいが)。
魚雷積んだまま空母に着艦なんか出来んので。
257.名無しさん:2020年05月23日 14:56 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>225
三笠の扱いは条約による制限も一応あるけどな(船として使えんようしとけ、というお達し)
258.名無しさん:2020年05月23日 15:00 ID:ClyG2vQP0▼このコメントに返信
>>57
いやいや、実戦では南太平洋にソロモン、マリアナとむしろ積極的に空母打撃軍を運用したではないか。
まぁその結果、航空隊が先にほぼ壊滅しちゃいましたけどね。
259.名無しさん:2020年05月23日 15:22 ID:LIAn8CLx0▼このコメントに返信
>>198
どこかの泊地で停泊してた軍艦から巫女さんみたいな姿した女性が降りていくのを見た者がいて、それからあまり経たないうちにその艦が沈んだなんて話を読んだことあるな
艦娘ってのはあながち間違ってはいないのかも知れない
260.名無しさん:2020年05月23日 15:24 ID:QKxV2XDC0▼このコメントに返信
まあ1937年時点での戦艦空母並行戦備主義は正しい。

問題は、そんな戦備計画で国が持つのはアメリカぐらいだということだ。
261.名無しさん:2020年05月23日 15:52 ID:knI0tEqQ0▼このコメントに返信
※27
そやな、
ホ モ ゲ イ クラスター発祥地の韓国産にはケ−ツ−最狂やね。
262.名無しさん:2020年05月23日 16:04 ID:QE31goZ00▼このコメントに返信
>>191
他国でも大和以降に完成させた戦艦あるで。

自動運転車が主流になると分かってても、カッチョいいMTスポーツカー乗りたい奴は大勢いるやろ。
263.名無しさん:2020年05月23日 16:13 ID:QE31goZ00▼このコメントに返信
>>24
マレー沖で航空主兵の幕を開き、坊ノ岬沖で大艦巨砲の幕を引いたのが同じ日本だってのは皮肉やなぁ。
264.名無しさん:2020年05月23日 16:24 ID:H63TFkFi0▼このコメントに返信
戦時中アメリカだって戦艦を大量建造してたろうに
何ミスリードしてん?
265.名無しさん:2020年05月23日 16:29 ID:zRXhR44n0▼このコメントに返信
※110
全くその通りだ。
万里の長城もピラミッドも観光収入で役に立ってるしな。
大和の建造技術も、ドッグも後の大型タンカーや輸送船を建造するのに役に立ってるし。
戦後わずか15年で造船世界一になるなんて凄過ぎるわ。
オイル流出を防ぐミッドデッキタンカーは日本のアイディアだっけ。
266.名無しさん:2020年05月23日 16:44 ID:LIAn8CLx0▼このコメントに返信
>>56
だけど大和型の建造を止めることなど当然出来なかったわけで。
航空機の時代を予見してたのは何も山本さんだけじゃないんだけど、それも予想であって建艦計画を左右するほどの力はないし。
仮に次はドローンの時代が来るとして、今の主力兵器の製造を止めてまでドローンに予算を割けるかって話だ。
267.名無しさん:2020年05月23日 16:49 ID:LIAn8CLx0▼このコメントに返信
>>263
善かれ悪しかれ、明治から昭和20年まで兵器や戦術の転換点に日本がいたってのが割りとあるんよな。
いかに戦争に明け暮れていたかってことだが。
268.名無しさん:2020年05月23日 17:36 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>55
艦◯コレにハマりねんどろと一緒に彼女達の思い出の地を旅する40歳独身派遣のワイ✌️
269.名無しさん:2020年05月23日 17:41 ID:Yli.PWEj0▼このコメントに返信
日本的には戦艦による艦隊決戦で雌雄を決する時代の方が
パイロットと航空機を湯水のごとく大量消費する航空機の時代より生きやすかったのが悲しいな
大量生産大量消費でアメリカに勝てるわけないじゃんっていう
270.名無しさん:2020年05月23日 17:42 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>30
『神』や❗️異論は認めん😤
271.名無しさん:2020年05月23日 17:45 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>31
長門「関東大震災ん時も全速力で駆けつけましたで~😤」
272.名無しさん:2020年05月23日 17:48 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>35
首脳部「30年後の回転式展望台の為に大和を造るっ😤」
273.名無しさん:2020年05月23日 17:50 ID:c1VE8QlF0▼このコメントに返信
>>244
アイオワ級は大和ではなく金剛に対抗して造られたと思ってたけど?たしか大和のライバルは「ノースカロライナ級」か「サウスダコタ級」だったかと…
274.名無しさん:2020年05月23日 17:51 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>146
ナンだよ。ここ艦◯レスレか?
275.名無しさん:2020年05月23日 17:51 ID:c1VE8QlF0▼このコメントに返信
>>165
たしか、1作目のアステロイド防御の元ネタなんだっけ?
276.名無しさん:2020年05月23日 17:55 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>63
「左舷の弾幕が薄くなければ・・・くっころ」
277.名無しさん:2020年05月23日 17:57 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>64
アメリカ人にも大和が世界最強だって言ってる奴もいる。まあ、勝者の余裕ってやつですかね。
278.名無しさん:2020年05月23日 17:57 ID:c1VE8QlF0▼このコメントに返信
>>264
日本を蔑み貶めたいだけだから…
「日本は大国の後追い国家。列強でなく劣強w」にしたいんだよ?当時は日本の一地方だった連中の戯れ言。
279.名無しさん:2020年05月23日 17:59 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>80
でも2隻ともやられちゃってるじゃん。
280.名無しさん:2020年05月23日 18:01 ID:dako2Z5J0▼このコメントに返信
>>232
東郷平八郎崇拝者やで☝️
281.名無しさん:2020年05月23日 18:11 ID:RcqJm.230▼このコメントに返信
※267
あらゆる点で後進国だった日本が軍事トレンドで画期的な「何か」を成し遂げた例なんてないと思いますが?
282.名無しさん:2020年05月23日 18:11 ID:5Vw8z1kj0▼このコメントに返信
※273
大和のライバルは建造中止になったモンタナ級
でそれを知って対抗しようと計画されたのが51センチ報連装搭載の798号艦
283.名無しさん:2020年05月23日 18:12 ID:8hEGNL3V0▼このコメントに返信
>>154
大国のアメリカと日本が戦って潰しあったから世界は救われた。
284.名無しさん:2020年05月23日 18:15 ID:BxOaH6QY0▼このコメントに返信
※170
ミッドウェーで後方の戦艦群が一緒だったとしても大して結果は変わらんぞ。
対空能力は高くないし、そもそも個艦防御しかできない。スプルーアンスも
空母しか狙わせないだろう。
285.名無しさん:2020年05月23日 18:36 ID:QKxV2XDC0▼このコメントに返信
※281

大型外洋駆逐艦の始祖は吹雪型だし
一万トン級条約巡洋艦の始祖は妙高型と思っていいが。
一万トン級大型軽巡もアメリカは最上型の後追いしてるし。
286.名無しさん:2020年05月23日 18:49 ID:7XNPom.D0▼このコメントに返信
>>164
あの主人公大井篤と論調似てるよね
机上の空論で輸送隊に定期連絡強制して攻撃誘発させたり、戦後も大和をボロクソに貶めて関係者にも噛みつきまくってたのに座談会で当の大和型を企画した中心人物だった松田千秋提督相手にその件を黙りだったりとすごくアレな人
287.名無しさん:2020年05月23日 18:58 ID:7XNPom.D0▼このコメントに返信
>>284
当時の攻撃機パイロットは妙なプライド持っててバカだからそう言われていようが戦艦狙うぞ
航空機が自主的に頑丈な主力艦より潰しやすい艦艇狙うようになったのって特攻隊の中盤以降じゃないかなぁ
288.名無しさん:2020年05月23日 19:01 ID:7XNPom.D0▼このコメントに返信
>>285
そもそも重巡のカテゴリも古鷹登場で決定してるよな
あと上陸揚舟艇も今の形式のは日本陸軍が開発したやつ最初だったはず
289.名無しさん:2020年05月23日 19:12 ID:DxVfdi8C0▼このコメントに返信
最期の沖縄特攻が悲壮感醸し出しているけどアレって俺は「こんなに物凄い兵器を秘密裏のうちに完成させたけど実際には何の役にも立ちませんでしたってまま終戦を迎えたら俺ら国民からなぶり殺しに遭うんじゃね?」って考えた軍部が沈ませること前提でやらせた特攻だったんじゃないかって思ってる。
残しておいても長門のように米軍に接収されるのは明らかだったしな。
290.名無しさん:2020年05月23日 19:14 ID:.JLJlYQ80▼このコメントに返信
※161
現地民で実際見に行ったわ~
写真を見直したけど上部構造を全部作ってる訳じゃ
無かった(´;ω;`)
艦橋無いし、第一砲塔も砲が無い・・・

遠くから見ると「おー」ってなるけど近くで見ると
まぁセットだよなwって感じだった記憶が
291.(´・ω・`):2020年05月23日 20:25 ID:ELyhEL320▼このコメントに返信
大和は控えめに言っても芸術品である。
技術的にはもっと高度化出来た部分もあるが、信頼性を重視して石橋を叩いて渡るスタァイルを貫いている。
主砲は半鋼線層成砲で、純層成砲の試製48㎝砲の修理後の構造を引き継いでいる。
装甲は経済性を重視して、MNCやVHを採用している。
VHは元の鋼材的に余り素性が良くないのだが、滲炭処理の代わりに硬化層の割合を増す事で、非常に高い性能と経済性を両立している。
MNCはモリブデンを添加することで性能向上とニッケルを節約している。
機関部は信頼性を重視して減格し、十数年前の天城型程度の蒸気条件だが、機関部四並列配置と言う力業でコンパクトに纏めた。

この四並列のしわ寄せが水中防御に来ていて、大和型の水中防御幅は5.3mしかないのだが、強固な水中弾防御装甲が魚雷防御縦壁を兼ねる事で、衝撃吸収能力はTNT換算350㎏~510㎏対応となっている。
292.名無しさん:2020年05月23日 20:28 ID:ZgUnPUJk0▼このコメントに返信
※281
戦闘行動中の戦艦を世界で初めて航空攻撃で沈めた。しかも2隻同時に
とりあえずスレタイに関連した例を挙げてみたけど、これはあかんの?
293.名無しさん:2020年05月23日 20:52 ID:zRXhR44n0▼このコメントに返信
大和はたった2時間で沈んだというが、米軍機350機で6波攻撃まであったからな。
たった1艦でよく耐えたよ。
アメリカ人もタフな船と言ってたし。
真珠湾攻撃は350機の攻撃で2時間で
戦艦4隻沈没
戦艦1隻座礁
戦艦3隻損傷
軽巡洋艦3隻損傷
駆逐艦3隻座礁
標的艦1隻沈没
その他1隻沈没
その他1隻座礁
その他2隻損傷
航空機損失188機
航空機損傷159機
の戦果をあげてるからすごいな。
294.名無しさん:2020年05月23日 21:00 ID:9mvxGASp0▼このコメントに返信
確かに大和が残っていたら、観光資源になっていただろうな
実際、日本海海戦の旗艦だった三笠はが横須賀の観光資源になっているしね
295.名無しさん:2020年05月23日 21:10 ID:.JLJlYQ80▼このコメントに返信
※286
アレなんで映画化にまでなったんだろ?
漫画読んだ訳じゃないけど、聞いた限りじゃ
出来の悪い架空戦記モノ臭いのに・・・

とりあえず「戦前の日本海軍がぁ~」のネタになりゃ
何でもよかったのかな
296.名無しさん:2020年05月23日 21:46 ID:RcqJm.230▼このコメントに返信
※285
>大型外洋駆逐艦の始祖は吹雪型だし
3000トン級の軽巡に匹敵する洋行能力を1700トンの駆逐艦で実現したのは確かに造艦史的には画期だけどそれだけでしょう?
そこに海軍の戦術や戦略に対してのブレークスルーが在った訳でなし。
>一万トン級条約巡洋艦の始祖は妙高型と思っていいが。
日本海軍が妙高型を計画したのは単に条約制限が理由でそこに独自のドクトリンが在った訳ではないでしょう?冷たい言い方ですけど。
条約リミットが8000トンならそのサイズで建造されたはずですから。
297.名無しさん:2020年05月23日 21:50 ID:.JLJlYQ80▼このコメントに返信
※291
船体に制限あったアイオワ級とかも水中防御に
無理があったとか?

偶然今日ヤフオクで安く落札出来た「アイオワ級戦艦」の本が
届いたけど・・・内容もボリュームも薄々で泣けてきた(´;ω;`)
298.名無しさん:2020年05月23日 21:51 ID:d8xdJtaf0▼このコメントに返信
フランス客船の「フランス」
「ノルマンディー」の事も
思い出してあげてください。
299.名無しさん:2020年05月23日 21:54 ID:ha97QD4n0▼このコメントに返信
空母作ってたらと言う奴が、だいたいは同時に翔鶴・瑞鶴を作ってた事を認識していない
300.名無しさん:2020年05月23日 22:01 ID:ha97QD4n0▼このコメントに返信
※192
扶桑の竣工はユトランド沖海戦より前
竣工前にユトランド沖海戦が発生したのは伊勢型
301.名無しさん:2020年05月23日 22:14 ID:QKxV2XDC0▼このコメントに返信
※296

キミが281で軍事トレンドという用語を使ったからそれに相当する
艦を上げただけだよ。

296みたいな理屈を言い出せば、ドレッドノードも「それだけの艦」になるし。
302.名無しさん:2020年05月23日 22:16 ID:zRXhR44n0▼このコメントに返信
ところで一緒にいた駆逐艦を沈めなかったのはなぜ?
生存者救助用に情けでもかけてもらってたの?
303.名無しさん:2020年05月23日 22:39 ID:ha97QD4n0▼このコメントに返信
※302
再出撃した場合のコスパ
そもそも攻撃機は補給無しに無限に出撃出来るわけではない
通常で全機が2回程度出撃すれば魚雷とかが尽きる
出撃では帰還に失敗して墜落する恐れもある
(実際、途中で燃料切れで落ちてる機体もある)
残兵狩りに精を出す必然がない
304.名無しさん:2020年05月23日 23:37 ID:RcqJm.230▼このコメントに返信
※301
>296みたいな理屈を言い出せば、ドレッドノードも「それだけの艦」になるし。
「画期」という意味で考えればドレットノートは「それだけの艦」ですけど?それを最初に世に送り出したという意味での
先駆者ではあるけど
305.名無しさん:2020年05月23日 23:59 ID:EL.UNoMt0▼このコメントに返信
※292
何を上げようともID:RcqJm.230は絶対に認めないよ
306.名無しさん:2020年05月24日 00:17 ID:YMUyE9sh0▼このコメントに返信
※302
坊ノ岬沖海戦
損害
沈没艦
戦艦大和
軽巡洋艦矢矧
駆逐艦4隻
戦死4,044名
307.名無しさん:2020年05月24日 02:05 ID:U5xJ2r9B0▼このコメントに返信
※299
しかも艦の建造費用のみで大和型の八割、艦載機込みなら上回るから大和作らず同数の翔鶴型を~なんて妄言もいいトコ
308.名無しさん:2020年05月24日 02:35 ID:uEzCsml00▼このコメントに返信
大和建造中は、空母とその艦載機が使い物になるのか、まだ不明だった
なんせ、海が時化たり悪天候だったり夜間だったりじゃ空母がまともに使えないのが当たり前だったから
戦艦長門と空母加賀・龍驤の演習で、条件次第じゃ空母が戦艦に対して有効だってわかったのが1945年夏のこと
その時には大和も武蔵も完成間近で、そこから空母への改装なんて無理
むしろ信濃の空母化の決断を評価すべき
309.名無しさん:2020年05月24日 02:40 ID:uEzCsml00▼このコメントに返信
※308
間違った。1945年じゃない。終わっちゃってるじゃないかw
1941年だわ
310.名無しさん:2020年05月24日 04:15 ID:7aKkadF00▼このコメントに返信
※302
大和を扱った映像作品で護衛の駆逐艦や巡洋艦の描写がほとんどないのがこういう誤解を生んでるんだろうな。
詳しくない人間にとっては大和単艦で出撃したようにしか見えない場合もあるし。
311.名無しさん:2020年05月24日 04:55 ID:OHVCWYrr0▼このコメントに返信
兵器としてはクソの役にも立たなかったけど、つぎ込んだコストが高いから神格化されてるだけ
312.(´・ω・`):2020年05月24日 05:56 ID:23CJYa1u0▼このコメントに返信
>>297
まあまず、魚雷の破壊原理を述べると、水中爆発の恐ろしさは、四方八方に爆発が拡散する空中と違って水中では爆圧の逃げ場が無いって言うことだ。
魚雷は敵艦に命中すると信管により爆発する。
この爆発は球形に拡がるが、水圧によってある程度で拡散が止まり、爆圧を内包した泡となって強制的に収縮する。
すると今度は縮み過ぎて圧力が増して泡が拡大する。これをエネルギーを使い果たすまで行う。

断続的(パルス的)に収縮を行う泡なので、バブル・パルスと言う
○→・→○→・…

んで、バブル・パルスの近くには命中した船体があるので、
①バブル・パルスの起こす波が船体に当たって
②反射波がバブル・パルスに返る。すると
③反射波により船体と逆側の位置が凹む
④安定した球形が崩れ、凹みが更に進展
⑤凹みが遂に泡を突き抜け弾け、裏返り船体に向かって殺到する…この流れをバブルジェットと言う
①船体|←○
②船体|→○
③船体|_○←
④船体|_((←
⑤船体|_<<←
そう、水中だと、爆圧は誰に指示されることもなく、指向性を持って叩き付けられる!
313.名無しさん:2020年05月24日 06:09 ID:7aKkadF00▼このコメントに返信
※312
直撃弾よりも至近弾の方が深刻な被害を出すなんてこともあるしな
314.名無しさん:2020年05月24日 07:42 ID:IwYYthIb0▼このコメントに返信
>>302
随伴の軽巡駆逐も大半が沈んでますがな。
坊の岬の生き残りって雪風、初霜、冬月、それと瀕死の涼月の4隻しかおらんし。
315.名無しさん:2020年05月24日 07:49 ID:Fa8tcUTh0▼このコメントに返信
※132
直射する戦車と違って戦艦の砲撃は放物線を描いて弾が落下する遠距離射撃。
高初速が正しく威力を出す戦闘距離よりずっと遠い。落下角度の大きな砲弾が水平甲板に落ちてくる問題に気づくジュットラント海戦以前の発想。
大和の45口径は弾道特性が素直で扱い易い砲。
砲撃距離が長いと空気抵抗で砲弾の飛行速度は時間とともに低下する。砲弾直径の大きな46センチ砲弾は質量の割に重量が重いから速度低下が少ないので遠距離での砲弾の破壊力は大きい。装甲防御を勘案して戦艦の主砲としては理想的な砲だよ。
316.名無しさん:2020年05月24日 11:06 ID:MiBXePIn0▼このコメントに返信
※287
そんな事はない、同行してた金剛型戦艦を狙ったのが空母全てを失った後である事を見ても分かる。
空母戦において最優先目標は空母。
317.名無しさん:2020年05月24日 12:25 ID:EvT3FiCM0▼このコメントに返信
※316

まあ、任務の優先順位は出撃前にキッチリ指示されるからね。
加藤中佐とか、部下に爆撃隊の護衛任務を優先しろと
指示したのに、敵戦闘機と空中戦のほうに夢中になって
激おこになってるし。
318.名無しさん:2020年05月24日 13:15 ID:FymK.yKG0▼このコメントに返信
※314
だから最後の1艦くらいは残したのかと言ってるんだよ。
沈んだあたりに救助に行ったんだから、米軍も位置を把握してるし、そこを攻撃するなんて容易いことだろう。
319.名無しさん:2020年05月24日 13:45 ID:fk0jmKuL0▼このコメントに返信
※315
やたらと長砲身を持ち上げる連中がいるからな・・・
メリット・デメリットがあるのに
また日本がぁ~言いたいだけなんだろ

だったら二次大戦の米海軍の5インチ砲なんてどうなるんだよ?
この手の連中は65口径10センチ砲を作ってた日本は米軍より
遥かに優れてたんだ~とは絶対言わないしw
320.名無しさん:2020年05月24日 13:50 ID:RVHTAEMA0▼このコメントに返信
>>319
あれだろ、tnkの長さがモテ要素だと思ってるヘタクソにありがちなアレをそのままミリタリーに持ち込んだ感じなんじゃね
321.名無しさん:2020年05月24日 17:12 ID:c6tfipub0▼このコメントに返信
※320
45口径の大和の46サンチ砲の初速は780m/秒、射程41400m
50口径のアイオワの40.6センチ砲は762m/秒、射程38000m
45口径の長門(改装後)の41cm砲は 790m/秒 射程39500m
米国は量産品、日本は芸術品の差だと思う。
米国の思想は個艦性能ではなく、とにかく補給重視、規格重視なところがあって、
欧州戦線ではタイガー戦車に対抗するための90mm砲の採用を最後まで渋って、多数のM4や航空攻撃にしましょうという発想。
むしろ英国が先にM4を魔改造してファイヤフライを作る。
でも前線の兵士にとってタイガーvsM4 の場面があってM4がいいという人いる?
アイオワ単体で大和に勝とうと考える筈も無し、そもそも対金剛級だし…現に菊水作戦時も、多数の戦艦部隊を用意して且つ航空攻撃で沈めている。


322.名無しさん:2020年05月24日 18:26 ID:fk0jmKuL0▼このコメントに返信
※321
>>米国は量産品、日本は芸術品の差だと思う。
大和型は4隻建造の予定だったのにそれは言い過ぎな気が・・・

18インチ砲にしたって検討段階では45口径案と50口径案があったはず。
用兵者側・軍令部は初速、射程、貫通力のいずれも勝る
50口径案を強く推したけど、製造上の不安や重量の増大を嫌って
結局は45口径を採用。

日本軍は攻撃偏重なんだぁ~とか言うけどこの辺は
堅実でバランスを考えた決断だったと思うがな
323.名無しさん:2020年05月24日 19:17 ID:Nsj3aqkL0▼このコメントに返信
まあ、砲身長自体は46×45=2070と40×50=2000ならむしろ勝ってるしな(単純計算)。
いちお直接的な資料探したけど無かった。ついでにWikiで面白いの見た。
金属塊から鍛造で打ち出し削り出しするのに、当時の日本の製鉄能力だと足りなかったそうな。
最大でも160tなのに、46cm50口径だと要240t塊だとさ。世界記録の米でも200t塊だって。
324.名無しさん:2020年05月24日 19:33 ID:c6tfipub0▼このコメントに返信
※322
321です。芸術品は言い過ぎだったかもしれませんね。米国と比べれば量産を考慮していない工芸品ということで。
主張したかったのは、米軍ほど、量産を念頭においた軍隊はないということです。
量産性、工数削減のためなら兵器の威力や精度を若干落としてもかまわないという思想が規格の統一を成し遂げ、大西洋・太平洋・両洋の大遠征輸送作戦=物量作戦を可能にしたのだと思っています。
零戦だって量産向きとは言い難い工数の戦闘機だと思います。まぁP-51と比べれば、大概の戦闘機は工数多いけど。
日本は長10センチ高射砲も存在はしていますが、当然、潤沢に行き渡ったとは言い難く、大和の対空改装では搭載できましたが、武蔵は搭載が間に合わず、予定スペースに土塁と25mm機銃になっていて、個人的には大和と武蔵の見た目の最大の違いはそこだと思っています。
>18インチ砲にしたって検討段階では45口径案と50口径案があったはず。
ここのいきさつは、よくわかりませんが、金剛級の砲選定の際に、12インチ50口径と14インチ45口径の選択で後者を取るという選択だったので、日本はやはり量産性や規格統一より個艦性能重視だったのだと思っています。艦隊決戦思想には向いているのだと思います。46cm50口径は、そんな性格の日本にとってはそちらの方を取るんでしょうけど、※323 のとおり、無理だったんでしょうね、

325.名無しさん:2020年05月24日 20:00 ID:7aKkadF00▼このコメントに返信
※318
最も巨大で最も攻撃力のある大和が沈んだ時点でそれ以上の攻撃は不要と判断してもおかしくない。
大和の司令部から作戦中止・全軍反転帰投の命令が出ており、米軍も残存艦艇がそういう動きをしているのを把握してたと思う。
大和の沖縄突入を阻止した時点で作戦成功だろうし、数隻の駆逐艦など放っておいても脅威にはならんし。
326.名無しさん:2020年05月24日 20:42 ID:IwYYthIb0▼このコメントに返信
>>318
※303がいってるように、航空機での攻撃はコスパがすこぶる悪い上にパイロットの負担もデカい。
なので大和という大物を既に仕留めた後に、わざわざ残党の雑魚駆逐を根こそぎ沈めるメリットがそれほどない。
327.名無しさん:2020年05月24日 21:15 ID:fk0jmKuL0▼このコメントに返信
※323
無理かな?
大正時代には19.3インチ砲の試作作ってるし
45口径51センチ砲も完成寸前だったはず?
製造も順調だと聞いた気が

まぁ肝心の改大和型が中止になってしまったが・・・
328.名無しさん:2020年05月24日 22:12 ID:c6tfipub0▼このコメントに返信
※327
多分、大和を多少改造した程度では、連装3基6門になって、むしろトータルの砲撃力低下してしまう予感。
やるなら10万トン級オーバーの船体にして、3連装4基12門とかにすべきなんだろうけど、現在も当然そんなものはない。
329.名無しさん:2020年05月25日 00:54 ID:9.AkvJRp0▼このコメントに返信
※326
※325
なんか二人して必死になって言ってるが、どうも説得力ないよなあ。
大和が見えるほど近くに敵駆逐艦がいるのに撃沈しなかったというのがな。
330.名無しさん:2020年05月25日 04:52 ID:JDDBcaCy0▼このコメントに返信
※329
アメリカ艦隊も空母主体で日本艦隊を目視出来るほど近距離にいたわけでもなく、艦載機を長駆させての攻撃なので、徹底的に掃討するのも難しかったんじゃないのかね。すでに2時間に渡って反復攻撃を続けてパイロットの消耗も相当なものになってただろうし、主目標である大和の撃沈を確認してるんだから、それ以上やる意義を見出せなかったと考えるのが妥当。
絶対強者となった余裕もあって情けをかけてくれたというのも十分有り得るけど、まあパイロットにこれ以上負担かけてまで攻撃続行することはないと判断したってのが一番真相に近いんじゃないの。撃墜された機体は少数だったとは言え、機銃弾で損傷して帰艦後に廃棄されたものも相当数あったって話だし。
331.名無しさん:2020年05月25日 05:39 ID:64QP8p8Q0▼このコメントに返信
>>322
軍縮条約の枠組みの中で排水量に対して過剰な装備を施していた時代もあった。
しかし、第四艦隊事件や友鶴事件により、大和型計画時には復原性能や船体強度が重視され、過剰な装備は復原性向上や補強の代償重量として撤去すらされている。
このような時勢で計画された為に、大和型も信頼性を重視して技術的な冒険を避けている。
332.名無しさん:2020年05月25日 08:29 ID:oANMHwxF0▼このコメントに返信
>>329
ぶっちゃけあんたが戦争を「皆○しゲーム」かなんかと勘違いしてるんちゃうかと問いたいな。
既に「敵主力戦艦を撃沈、艦隊もほぼ壊滅(≠全滅)」、「敵艦隊の沖縄進出を阻止」という戦術、戦略目的を両方とも達成してるのに、これ以上多大なコストと負担掛けてまで駆逐艦ごときの殲滅に拘る意義は何ぞや? としか。

(ちなみに航空魚雷はすこぶる高価な代物だからな。日本だと現代価格で1本2億円相当(当時価格で2万円)はするらしい。)
333.名無しさん:2020年05月25日 08:33 ID:oANMHwxF0▼このコメントに返信
>>329
近くにいた、というか大和撃沈の邪魔をした軽巡駆逐はとことん沈めたけどな。
残りの駆逐は大和が沈んで撤退していったから、あえて余計なコスト掛けてまで追撃しなかっただけの話。
334.名無しさん:2020年05月25日 09:33 ID:s.rslxDL0▼このコメントに返信
※327
Wiki読んだだけですし。信じて物言うなら無理。
砲身全体を一体形成せずに組立る画期的技術の確立か
大正以前に遡って満州開発で米以上の巨大製鉄所つくるか
それぐらいの無茶言い出せば別だろうけど。
51cm45口径にどれだけの鋼塊が必要かは知らないですが。
335.名無しさん:2020年05月25日 12:01 ID:jWGcg27v0▼このコメントに返信
>>324
金剛の場合は12インチ50口径砲で決まりかけていたのを、弾着のばらつきが大きいという理由で14インチ45口径砲が選定されてたはず
この場合は一発辺りの威力よりも安定した命中性の重視してた
336.(´・ω・`)ことsenkansukey:2020年05月25日 12:50 ID:8KeGrzX90▼このコメントに返信
>>334
試製51㎝砲は尾栓の取り付け前の完成直前で計画放棄だ。
作れる・作れないなら造れるとしか言えない。

そもそも戦艦主砲は複数の筒を焼きばめて構築するもんで、長門型と同世代まではこれにガンワイヤーを補強として内部に巻き付けた鋼線砲が主流。
この時点ではガンワイヤなしの層成砲より鋼線砲の方がむしろ軽く強度もあり精度も良かった。

だが、時は流れて海軍休日明けになると、技術の進歩によりガンワイヤなしの層成砲でも必要十分な砲身強度を出せるようになり、またワイヤを巻き付けて強度を確保する都合上鋼線砲は新世代の層成砲より垂れ下がり量が大きくなるので、日本以外は層成砲に進んだ。

では日本はと言うと…
337.(´・ω・`):2020年05月25日 13:02 ID:8KeGrzX90▼このコメントに返信
日本も試製48㎝砲で層成砲にチャレンジしていて、こいつは大和型より大口径のくせに砲身重量が120トン台に収まっている。
しかしながら強装薬の試験で破損して試験中断。調べてみると、構造に対して欠陥(短所の意味に非ず)が発見されて、層成砲製造にまだ十分な製造技術がないことがわかった。

そしてしばし時が過ぎ、大和型向けの46㎝砲の試験目的に破損箇所の筒をを補修の上、ガンワイヤを巻き付けて強度を確保した、半鋼線層成砲とでも言うべき構造に変更された。
大和型の46㎝砲はこの構造を引き継いだ半鋼線層成砲であり、発射で傷つき、腐食磨耗する内筒のみ容易に交換出来るよう変更を加えて完成した。
338.(´・ω・`):2020年05月25日 15:03 ID:8KeGrzX90▼このコメントに返信
>>297
間を置くと書くのしんどくなっちまったので、簡潔でごめんな。

魚雷のバブルジェットの激烈な水流が船腹に当たると容易く外壁をぶち抜き、爆風と共に艦内に突入。
爆風と共に魚雷や外壁、隔壁の残骸・破片を散弾と化して破壊を撒き散らしながらエネルギーが尽きるまで艦内を蹂躙し、若干遅れて海水が艦内に突入して浮力を奪う。

んで、魚雷防御の考え方としては
この突入してくるバブルジェットを船体構造で勢いを弱め、最終防衛ラインの魚雷防御縦壁で爆風や破片(スプリッター)を止める。
そして、その裏の層で歪みからの浸水を止めるのが装甲区画の水中防御の基本。つまり魚雷に耐えられるのは船体内奥の縦壁より内側だけで、手前は全て壊れながら破壊力を散らす為に使う。

防御の為の船体構造としては、基本的には
空層…何も無いがらんどうの空間で爆圧やスプリッターを弱める
油層…燃料タンクを緩衝材・減速材として使い、スプリッターを弱める。
魚雷防御縦壁
…最終防衛ライン。数十㎜程度の装甲板や分厚めの隔壁が担うことになる。
ここを抜かれると機関部や弾火薬庫!

これらを多層として防御をおこなう。空層は爆圧の拡散にある程度サイズが必要だし、防御構造を何層も仕込みたいので水中防御幅は重要だが、米帝様はパナマックスにより著しいハンデを背負っている。

あと、非防御区画は細かく仕切って浮力の損失を減らすっていう妥協の間接防御となる。
339.名無しさん:2020年05月25日 18:03 ID:txQpKW7k0▼このコメントに返信
※338
続きがありそうだったのに
しばらく書き込み無いからてっきり忘れられたものと

やっぱりアメリカの新鋭戦艦はハンデが・・・
その辺も休みにアイオワの本が届いたんで期待しながら読んだら
フワッとした情報しかなかった、プラモデルの記事なんて
いらないわ(´;ω;`) 安く落札できたのでウキウキだったのに

ネットで本選びは難しいな~
「二次大戦の戦艦大研究」みたいな本だと
内容が薄そうだし・・・
地道に探すかな



340.(´・ω・`):2020年05月25日 18:10 ID:8KeGrzX90▼このコメントに返信
>>339
以上は水中防御の前提となる知識であって、ここから個別にアイオワ/サウス・ダコタの話になるんだぞ(^ω^)
多分明日書く
341.名無しさん:2020年05月25日 19:49 ID:txQpKW7k0▼このコメントに返信
※340
なんか大変そうなので・・・また次の大和ネタで会えるかな~
ぐらいに思ってたw
もう他の人の書き込みも少なくなってきてるし、気長に
お待ちしています(´・ω・`)

342.名無しさん:2020年05月25日 20:13 ID:LaaMwbnX0▼このコメントに返信
※335
>金剛の場合は12インチ50口径砲で決まりかけていたのを、弾着のばらつきが大きいという理由で14インチ45口径砲が選定されてたはず
>この場合は一発辺りの威力よりも安定した命中性の重視してた
当時の14インチが最大の艦載砲なので、
14インチは新技術・45口径 威力大・命中率悪い
12インチは慣れた技術・50口径 威力小・命中率高い
というイメージでしたが、紆余曲折あるのでしょうね。16インチ50口径と18インチ45口径も同じことが言えるのか、そもそも、ベースとして艦幅が狭すぎるアイオワと大和ではそれだけで命中率にも差が出てきそうですがレーダー射撃でどこまで補えるものか…どうなんでしょうね?


343.(´・ω・`):2020年05月25日 21:29 ID:ZC35MTFZ0▼このコメントに返信
>>342
基本的に長砲身とすると、逆に散布界が悪化することが多い。
貫徹力の変化は置いておいて、命中精度のみの話に徹する
長砲身化は砲身を長く取り、装薬を増やすので初速が高まり、弾道がフラットになる。
45口径砲と50口径砲で利得損失を述べると

利点…直射距離が延び、同じ距離狙う時に少ない仰角で良いので照準精度が増す…これを命中界が増えると表現する。

これだけ見るとおっ精度上がるんじゃんと思うけど、無視できない欠点のため利点を打ち消してあまりある。

欠点
・砲弾が砲架を蹴っ飛ばして筒から出、カッ飛んでいく時、初速向上分反動が激烈に増える
・装薬量が増えるので、初速のばらつきも増える
・砲身が長くなると、長いものほし竿を根本で支える絵面を想像すると分かるが、先端は垂れ下がりぶ~らぶらする量が増えるので、砲弾の弾着ばらつき範囲が増える
・砲身をガリガリ削るので、劣化が激しくなって初速の減り具合も大きくなる…そのたびに弾道が大きく変わると修正しきれないよ!

って言う制御しようがないランダム要素が増える。
大口径化も砲身を伸ばしたり装薬を増やすなどいくつか同じ問題を抱えることになるが、初速が従来通りで済むのが最大の利点。
やっぱり、初速が高くなりすぎると、どうにも制御が難しい。

って言うか、解決すべき問題が同じって事は、精度良い長砲身砲造れる技術があるなら普通に大口径砲も造れてしまう。
344.名無しさん:2020年05月25日 21:37 ID:94Xg8Z4C0▼このコメントに返信
※342
確かその当時は12インチ45口径で新型が50口径になって威力増大が見込め
かつ当時の主力である12インチ砲弾がそのまま使えお得、ということで
12インチ50口径砲の採用に決まりつつあったのが、イギリスに派遣してた武官から
着弾のばらつきが酷く命中率が悪いらしい、という情報がもたらされた

当時の技術では砲身が長くなった分、発砲の衝撃で砲身のぶれが発生して着弾がばらつく事
また高圧になった分砲身の命数が短い事が判明し、これらの理由から14インチ45口径砲を
採用することが最終的に決定された

当時のイギリスでも45口径なら慣れた技術と言って良いんだろけうけど、50口径という長砲身は
不慣れだったようで砲身の垂れ下がりが発生していたようだ

345.(´・ω・`):2020年05月25日 21:51 ID:ZC35MTFZ0▼このコメントに返信
あ、あと初速が増すと衝撃波による砲弾同士の相互干渉も増える。

例えば米標準戦艦の50口径14インチ三連装砲が散布界が×××なのは、高初速特有の欠点に加えて、砲身同士をコンパクトにまとめすぎたせいで相互干渉が酷くなり、戦間期に砲身の間隔を拡げたり、装薬量を調整して初速を減らしたり、発砲遅延装置を装備してようやく他国並になった。

んで、アイオワ級の話になると…ちょっと休憩していいかしら(´・ω・`)
346.名無しさん:2020年05月25日 22:16 ID:LaaMwbnX0▼このコメントに返信
※343
※344
※345
返信ありがとう。ありがとう。
まぁ、一概に説明しきれないパラメーターのオンパレードにはなりますよね。
アイオワの話は、ゆったり待ちます。アイオワ級の主砲の命中率は国家機密なんて話もどこかで聞いたことありました。

347.名無しさん:2020年05月26日 18:19 ID:IuCVxqEv0▼このコメントに返信
いつの間にか砲身の話に?
まぁ面白かったけどw
348.名無しさん:2020年05月26日 18:38 ID:Aek5YvlC0▼このコメントに返信
ずれてないかな(´・д・`)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄/ ̄ ̄"|
___________|_""/_"___│
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄"/""/ ̄ ̄"|
___________|_/_/____|
機関部機関部機関部機関/油/__________|
機関部機関部機関部機""/油/油"""/空/空|
機関部機関部機関部機"/油/油"""/空/空"┼─
機関部機関部機関部機/油/油"""/空/空""|水
機関部機関部機関部""/油/油"""/空/空層|水
機関部機関部機関部"/油/油"""/空/空層"|水
機関部機関部機関"""/油/油"""/空/空層""|水
機関部機関部機"""""/油/油"""/空/空層""""|水
┬┬┬┬┬┬┬┬/油/油"""/空/空層空""|水
┼┼┼┼┼┼┼┼油/油"""/空/空層空層|
┴┴┴┴┴┴┴┴┴─""┴""┴────/
↑三重底
349.名無しさん:2020年05月26日 19:11 ID:Aek5YvlC0▼このコメントに返信
アイオワ級の防御様式
耐弾用の装甲は舷側に一枚、水平装甲に二枚配置されている。
舷側装甲は外装に32㎜、内部に307㎜の舷側装甲を19度傾斜させて配置
水平装甲121+STS32㎜(船体構造材)

↓上甲板38㎜で爆弾を起爆、主装甲で耐える
____
____|←中甲板で舷側と水平が合体
\__/|←内装式のバルジ
 ̄ ̄ ̄ ̄

要は台形の保護されたシタデルが艦内にある(´・ω・`)

船体外殻を算入した場合、垂直板換算で430㎜相当の有力な防御力。装甲そのものはサウスダコタより微妙に薄くなっているが、船体が微妙に厚くなっているので同等以上とされている。

船体の32㎜の外板により、砲弾の被帽を離脱させることも狙ったらしいが、薄すぎてまともに機能しない。
(被帽…砲弾の先端に付くキャップ。着弾時装甲にへばり付くように潰れ、砲弾の装甲への食い付きを良くしたり余計な応力が掛からないよう保護したりする重要な部品…これがないと貫徹力が落ちる)

対爆用に張られた38㎜STSと、船体の構造材25㎜を参入した場合、一枚板換算で150~160㎜相当の水平装甲となる。
350.(´・ω・`):2020年05月26日 19:17 ID:Aek5YvlC0▼このコメントに返信
水中防御と、そもそもこんなけったいな内装式の装甲を採用する羽目になった理由はセットなので明日…

主砲もやるけどちとまってね
351.名無しさん:2020年05月26日 20:11 ID:RtYd.92i0▼このコメントに返信
※349
AA付きの力作お疲れさまです
勉強になりました
352.名無しさん:2020年05月26日 20:22 ID:IuCVxqEv0▼このコメントに返信
348が力作でビックリしたw

>>舷側装甲は外装に32㎜、内部に307㎜の舷側装甲を19度傾斜させて配置
ここだけ見るとアイオワの垂直防御が不安になってくるけど
大和は410mmの傾斜20度だったかな?
18インチ並みと言われる16インチ搭載艦としてはどうなんだろ?

>>船体外殻を算入した場合、垂直板換算で430㎜相当の有力な防御力
この辺が良く分からないので・・・明日に期待してます(`・ω・´)

353.(´・ω・`):2020年05月26日 20:30 ID:Aek5YvlC0▼このコメントに返信
それを説明するには、傾斜装甲の話も説明する必要があるわね
354.名無しさん:2020年05月26日 23:33 ID:jbs5u.WL0▼このコメントに返信
※333
この話題ももう終わったと思うけど、アイオワ話待ち中に一言。
この場合、この時の米軍というか、米艦隊に余裕があったかですね。
この時は、当然ながら、菊水作戦絶賛遂行中ですよね。
菊水作戦の主力は特攻部隊であって、大和含む第2艦隊は、その特攻部隊の支援、敵艦隊の誘引という目的もあったわけですよね。
で、米軍というのは、日本よりも補給部隊・上陸部隊の支援を重視する軍なわけで、そうした補助艦艇や揚陸済みの米兵が、絶賛特攻攻撃を受けている真っ最中なわけです。米軍の戦艦部隊や機動部隊は、それらの部隊を守ることが優先されていたのではないでしょうか?
第2艦隊を叩くしか任務が無い状態であれば、残存駆逐艦の殲滅もするでしょうけど、沖縄では艦砲射撃支援や航空支援や衛生兵を望むハクソーリッジ状態の米兵が大挙しているのに、それらの支援要請を無視して大和を沈め、当面は脅威とならなくなった残存駆逐艦を叩くことが優先される状況でしょうか?
まして、少し前のレイテ沖海戦では、その上陸部隊を支援をするための主力である第51任務部隊が、独断専行で小沢艦隊に誘引されてあわや上陸中の米兵約20万人を武蔵を含む日本戦艦部隊の艦砲射撃を受ける危険に晒したんですよね。有名なきつい悲鳴件お叱り、「第51任務部隊はどこに行った、全世界は知らんと欲す」を受けた後は上陸部隊の支援をより徹底したと思うんですよ。
355.senkansukey(´・ω・`):2020年05月27日 20:25 ID:9.OlV6Fb0▼このコメントに返信
すまんのう。
基本某知恵袋に投稿したものの再利用だが、当時より詳しく書こうとしてちとドツボにはまり始めてる。
目安として週末になっちまいそうだ。
356.名無しさん:2020年05月27日 22:28 ID:ydeIyqFo0▼このコメントに返信
※355
流れ過ぎないようにブックマークしてお待ちしております。_(._.)_

357.(´・ω・`)間空きました:2020年05月29日 07:08 ID:DluWJv2S0▼このコメントに返信
アイオワ級/サウスダコタ級は、
対45口径16インチMk-5砲
(概ね長門の三年式41㎝砲に相当する)に対して
16㎞~28㎞
で防御計画が策定されている。
故にスーパー・ヘビー・シェルに対しては当然安全距離は縮み、
サウスダコタのMk-6砲に対しては
19㎞~24㎞
自艦主砲Mk-7に対しては
21㎞~25㎞
と安全距離が短くなっている。

仮想敵でまともな16インチ級以上を持つフネは長門型、大和型のみであり(ネルソンは論外)
16インチ砲に十分耐えられる装甲を持つ本級は、条約型戦艦の中でも最有力の装甲を持つと評価出来る。
(ただし、リットリオ級やビスマルク級は条件付で大和型に比肩する防御力を発揮する)
358.(´・ω・`)水中防御~主砲まで遠い:2020年05月29日 07:30 ID:DluWJv2S0▼このコメントに返信
傾斜装甲とは、結論から言うと船内容積を犠牲にして斜面効果を得る物だ。見掛け上の厚みも増すが、そちらは垂直配置した場合と比べて重量的な利点が無い…

おお、これは呪文かな?短く書くと全く意味がわからないぞ???

順番に説明していくと、傾斜装甲とは、文字通り装甲を傾けて装備する手法だ。
二つの作用により板厚よりは防御力が向上する。
359.(´・ω・`):2020年05月29日 07:31 ID:DluWJv2S0▼このコメントに返信
一つは、薄い板で見掛け上の厚みを増し、砲弾の抜くべきパス長が増すと言う事だ。

例えば極端に書くと
..___
・/←→/傾斜配置
・ ̄ ̄ ̄←→実際の厚み
・|←←→→|見掛け上の厚み
・____
・|←←→→|垂直配置
・ ̄ ̄ ̄ ̄←→実際の厚み

ただ、重量軽減効果はほぼ期待出来ない。

これを船体で表すと分かるけど、

 ̄ ̄ ̄|垂直
___
__/傾斜

このように/に置くので板厚は薄くなるけど大きさは長く、大きくなる。よって実は薄くなっても垂直配置と全く変わらない重量が掛かる事にはなる。
/となるので、船内容積を圧迫するし、尻すぼみに安全な区画が減るので被雷時の復原性能にも悪影響がある事を考えると、何で傾斜装甲なんか採用すんの?って言うと…
360.名無しさん:2020年05月29日 07:40 ID:DluWJv2S0▼このコメントに返信
それは斜面効果が見込めるからだ。
傾斜装甲には、装甲に激突した砲弾の運動エネルギーを逸らす効果がある。

 ̄|/←斜めから刺さる砲弾
_|

そもそも、砲弾/のベクトルを二次元に分解すると、
_│Y成分
X成分
*実際にはさらにZ方向が加わるぞ
このように垂直に立った装甲に対しては_のX成分しか仕事が出来ず|のY成分はお仕事が出来なくなる。

傾斜装甲は自分自身が傾いているので、砲弾は更に撃角(装甲に突き刺さる角度)が浅くなるので逸れるエネルギーが増える
_
_//
_/
361.(´・ω・`):2020年05月29日 07:40 ID:DluWJv2S0▼このコメントに返信
垂直配置と傾斜配置、装甲を同じ角度にして重ねてプロットすると、装甲板に対してこう言う事だ。
"↓傾斜装甲に刺さる砲弾の角度
|//←垂直装甲に刺さる砲弾の角度
362.名無しさん:2020年05月29日 12:45 ID:AgOzqUnZ0▼このコメントに返信
戦車の装甲だと、
\
\ ←弾
\
みたいな形状がメジャーですが、斜め上から降ってくる弾には逆三角形が有効ということですね。逸らしやすくはありますが、方角からして分厚くなった装甲でしっかり受け止めるものだと思っていました。砲塔とかは正三角形型の形状のイメージですし。
363.(´・ω・`):2020年05月29日 19:49 ID:DluWJv2S0▼このコメントに返信
>>362
___
\_/
台形が最終世代の戦艦装甲の基本。
主たる装甲を分厚く、保護する範囲を中甲板まで拡大して、副砲などの弾火薬庫まで頑張ってこの範囲に納めたい!

砲塔前盾は不利な逆傾斜だ。

゛゛゛゛/

 ̄ ̄\===
砲塔機構を保護するため、斜めに降ってくる砲弾に対して、自分から迎えに行くような角度となるのはやむを得ない。

だから、その分分厚くして耐える。
普通は。
364.名無しさん:2020年05月31日 21:02 ID:.4VsaJHv0▼このコメントに返信
終わりだろうか?途中で遮ったら悪いと思って
書き込みを控えていたけど。

最近はコロナが収束気味のせいか、コロナ記事自体飽きられたのか
ミリタリー関係の記事も復活してるからみんなすぐ移動するな~
良い解説だったので勿体ない気がした。

お名前