2020年05月17日 13:05

ガキワイ「なんでセルビアでオーストリア皇太子が殺されて世界大戦に発展するんや?」

ガキワイ「なんでセルビアでオーストリア皇太子が殺されて世界大戦に発展するんや?」

01

引用元:ガキワイ「なんでセルビアでオーストリア皇太子が殺されて世界大戦に発展するんや?」
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1589534954/

1: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:29:14 ID:Vu0
ガキワイ「分け分からん」

数年後

今ワイ「分け分からん…」

2: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:29:53 ID:FP3
一言では説明無理や

3: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:30:18 ID:R4n
戦争したかってん

6: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:30:36 ID:Vu0
>>3
マジでこれしか考えられんよな

16: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:35:24 ID:Kn9
>>3
割とこれやろ

24: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:37:12 ID:twe
>>3
戦争したがってたのはドイツとオーストリアだけで他は戦争回避に必死や

4: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:30:29 ID:tNJ
もともとバルカン半島辺りは民族がごっちゃになってていつ戦争起こってもおかしいんとちゃったか?
なんか相手をボコるきっかけがほしかったんやろ

多分

7: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:31:49 ID:eBS
枝の組同士が戦争始めたら双方の本家筋まで出張ってきて全面抗争なっただけやぞ

82: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:56:08 ID:66T
>>7
ほうほう

8: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:32:07 ID:h9S
オーストリアがセルビアに最後通牒出す

ドイツがどうせ戦争にはならんやろとオーストリアに支援約束

セルビアは一部条件が飲めずオーストリアは宣戦布告

セルビアに独立保障してたロシアが参戦、部分動員は怖いので総動員で

ドイツ、ロシアの総動員に刺激されてシュリーフェンプランに則ってフランスに侵攻

フランスに侵攻する為にベルギーに侵攻したらベルギーに独立保障してるイギリスも参戦

35: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:39:21 ID:Dhu
>>8
オーストリア「まあ余裕やろ」
ドイツ「まあ大事にはならんやろ」

36: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:40:06 ID:Vu0
>>35
先に毒ガス撒いて何言うとんねん

9: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:33:21 ID:pLE
みんな地域紛争で終わるやろなと思っていたら予想以上にデカくなっちゃった

11: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:33:42 ID:Vu0
ドイツ、ロシアの総動員に刺激されてシュリーフェンプランに則ってフランスに侵攻

ん?
んん??

13: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:34:34 ID:eBS
>>11
ドイツ「背後ガラ空きにして背中刺されるの怖いやん?」

12: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:33:52 ID:WeX
これめっちゃ思ったわ
まぁ複雑なんやなって

15: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:35:09 ID:BZZ
同盟関係ぐちゃぐちゃすぎて草

17: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:35:56 ID:Vut
オーストリアとセルビアの喧嘩が独立保障でとんでもないことになったって認識してるんやが違うか?

21: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:36:30 ID:Vu0
>>17
やっぱ独立保障って糞だわHOIで痛感した

20: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:36:29 ID:a9m
仲間が宣戦布告されたから助けたろ!

シンプルに言えばこれの繰り返しやろ?

22: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:36:31 ID:Kn9
同盟国の誰か一人くらい参戦断っても良かったと思うんやけどな
欧州で国家間の信用とか今更やし

26: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:37:18 ID:eBS
>>22
集団安全保障が国の命綱なんやから出来るわけがない
今より遥かに簡単に戦争始められる時代なのに

41: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:41:21 ID:twe
>>22
そもそも安全保障の信用を失ったら国際社会成り立たんからな
日米安保で直前にアメリカに裏切られたらどうする気だとか言ってる人間はほんまにここら辺軽視しとる
避けるための努力はもちろんするが有事になったら絶対に出てこなきゃいけないもんやねん

50: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:44:02 ID:Kn9
>>41
なんかこうにらみ合って防衛するだけで積極的に攻めないみたいな策をドイツが展開する世界線は無いのか

52: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:44:44 ID:h9S
>>50
それやると海上封鎖されてるドイツはジリ貧やぞ
ドイツとオーストリア以外の全ての地域から隔離されてるんやぞ

64: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:46:36 ID:twe
>>50
イギリス「ダメです(海上封鎖)」

英海軍はちゃんと相手の補給線を絶ってこっちの補給は維持して生活と陸軍をサポートするっていう海軍の基本を守っててえらい
艦隊決戦だけが海軍の仕事だと思ってるどっかの海軍は割と真面目に見習え

32: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:38:44 ID:pLE
連合国「まあクリスマスまでには終わるやろなあ」
同盟国「まあクリスマスまでには終わるやろなあ」

34: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:39:17 ID:h9S
>>32
クリスマスまでには(終わらせないと経済死ぬから)終わるやろなア(希望的観測)

77: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:50:41 ID:pzv
世界一強固な同盟だったはずなのに
それが裏目に出てしまったビスマルク体制

78: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:50:53 ID:Dhu
ロシアが予想に反して勢いよく登場したのに
勢いよくぶん殴られるのコントみたいや

84: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:59:42 ID:X95
これと比べてWW2の分かりやすさといったら
大概ヒトラーが悪いで済む

99: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:36:58 ID:kKX
>>1
複雑について構築された同盟関係やフランス・イギリスとドイツの確執を知らないとやはり難しい
皇太子暗殺はただのきっかけで本当は四方八方から攻められる形勢を自ら築いてしまったドイツを、
それにつけ込みたかった列強が狩るという構図だった

ところが…フランスはあんまり強くなかった、というか弱い
おそらくみんなで囲まなければフランスは完全に消滅していただろうな
そして戦後、仕返しとばかりに巨額の賠償金を突きつけた
自力で勝ち取ったわけでも何でもないのにえらそうな国なんだフランスは

101: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:41:27 ID:twe
>>99
謎歴史認識すぎんか
フランスのドイツへの復讐心はさておき英露は戦争回避に躍起だったしフランスも回避に向けて動いてはいただろ
白紙手形にシュリーフェン・プランで強行開戦なんてノリノリだったのがドイツやんけ

113: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:48:59 ID:nEp
第一次世界大戦が始まった理由って本当にそれだけ?
他に諸説ないのか?

114: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:49:57 ID:h9S
>>113
ナショナリズムで無駄に国民が好戦的になってたとか
覇権国家イギリスと挑戦国家ドイツの対立とかそんなんやろ(適当)

117: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:50:47 ID:TSw
>>113
それでまず2国間の戦争になる
そっから安全保障で同盟結んでた国が軍の動員を掛ける→敵国が動員をかけた!うちも動員せな!
→第一次大戦

動員計画が動くと連鎖してしまったのや

126: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:53:23 ID:uIX
小学生僕「日本ちっさこんなん戦争負けるに決まってるやん最初から戦争すんな!」

今僕「なんでそもそもこんな資源も人員もしょっぱい日本が妙に強かったんや・・・」

130: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:54:35 ID:4Sy
>>126
人口は居た方や
鉄鋼石炭自体産業革命に追いつく分ぐらいはあったし

131: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:54:55 ID:h9S
>>126
石油が主流になるまでは資源あった方やで
人口も多い方やし

139: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:56:18 ID:4vg
>>126
一つは地理的要因
アジアまで遠いから列強下位クラスでもヨーロッパから主力だして潰しにいくには遠い

128: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:54:20 ID:gN7
雪崩式に戦争が拡大するまではええとしてアホみたいに死にだした時点でやめろよ

133: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:55:16 ID:h9S
>>128
そこでやめたらそれまでに死んだ英霊に申し訳が立たないんだよなぁ

134: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:55:20 ID:0Wu
>>128
死んだら死んだで「殺された分借り返さなきゃ(使命感)」ってなるからむしろ止まらなくなる

145: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:57:42 ID:gN7
>>134
殺し合い続けた先には何も残らないって分かるやん
領地や賠償金を手に入れるにしても損害が大きすぎるやん

147: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:58:31 ID:h9S
>>145
あと少し頑張れば失った物の一部でも取り返せるかもしれへんの精神やぞ

148: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:59:04 ID:0Wu
>>147
まあギャンブルと同じような思考よね

149: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)19:59:26 ID:4vg
戦争で儲かるのは基本第三者の立場という事実

152: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)20:00:15 ID:0Wu
>>149
アメリカ・日本「「ほんまウハウハやで!!」」

なお

212: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)20:30:02 ID:CXw
今はどこの国も経済的に干渉し合ってるから戦争起こしたくても起こせない状況やな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年05月17日 13:06 ID:i0vkGZ5a0▼このコメントに返信
???「一ヶ月ぐらいで終わるやろ」
2.名無しさん:2020年05月17日 13:09 ID:NMvQYpuO0▼このコメントに返信
>>3
別にしたかった訳では無い
止まらなくなったというのが実情

ヴィルヘルム2世のWikipediaとかその辺りから見た方がわかりやすい
当時のドイツの国際的な孤立で唯一残った列強の同盟国のオーストリアハンガリー帝国の
行動をどこまでも擁護しないと行けなかったのが関係してる

本当にビスマルクのやり口を第一次でも第二次でもドイツは守るべきだった
3.名無しさん:2020年05月17日 13:12 ID:psNuMy7A0▼このコメントに返信
同盟政策で、1個が宣戦布告すると、矢継ぎ早に宣戦布告して拡大するようになっていたから。
4.名無しさん:2020年05月17日 13:15 ID:bSbOJTJi0▼このコメントに返信
制度が戦争を起こす
国家規模のピタゴラスイッチ

だから戦争計画が動き出したら基本的に止めるのは困難
南雲艦隊が出発した瞬間に、事実上対米戦争は始まったも同然なのだ
でもバカウヨはそれを理解できない

5.名無しさん:2020年05月17日 13:16 ID:EuIEdUhq0▼このコメントに返信
この程度わからんようでは現代の複雑な各国の関係なんてわからないだろうw
6.名無しさん:2020年05月17日 13:17 ID:NMvQYpuO0▼このコメントに返信
セルビアの極右組織の背後にセルビア王国がいるんだと考えた
オーストリアハンガリー帝国の政府※国民はそうでも無かったらしい 〜がキレる
セルビア王国の背後にはロシア帝国がいる ドイツ帝国はケツもちしてくれ〜

当時 外交的な失敗を積み重ねて包囲状態 孤立状態だったドイツの唯一の列強の仲間が
オーストリアハンガリー帝国孤立状態※ オスマン帝国も友好国だが 弱小扱いされていた〜で
こいつらの後ろ盾止めるわけにはいかなかった オーストリア セルビアとロシアへ宣戦布告で
ドイツも自動的に宣戦布告 ついでにロシアの同盟国のフランスにも宣戦布告

ベルギーからフランスへ侵攻するシェフリープランしか勝ち方考えてなかったせいで
中立国ベルギーに侵攻して イギリスの参戦を招く ロシアが思ったより早期に倒せなくて
ベルギーからフランスへの侵攻も思い通りにいかずに泥沼化 ロシアには勝つが 既に西部戦線で
勝ち目がなく アメリカ参戦で 革命が起きてトドメ ドイツ皇帝は戦時中は空気
7.名無しさん:2020年05月17日 13:17 ID:clDfYRsu0▼このコメントに返信
最後にフラグたてて終わるのやめーや
8.名無しさんΘ:2020年05月17日 13:18 ID:z50lV3Pm0▼このコメントに返信
本スレ>>
11:
ドイツ、ロシアの総動員に刺激されてシュリーフェンプランに則ってフランスに侵攻
ん?
んん??
13:
>>11
ドイツ「背後ガラ空きにして背中刺されるの怖いやん?」



いずれにせよ挟撃される
そして、外れたがロシアは総動員に6週間かかるという読み
(実際は2週間だった)
それで最初はフランスに集中する事と成った
9.名無しさん:2020年05月17日 13:20 ID:NMvQYpuO0▼このコメントに返信
ちなみに戦時中 特に後半からは東部戦線で活躍した参謀次長であるルーデンドルフが実権を握ってる
ドイツ皇帝はもちろん 参謀総長であるヒンデンブルクもお飾りに過ぎなかった

ドイツ皇帝は敗戦時の行動がまずかったせいで帝政そのものが吹っ飛んだ
10.名無しさん:2020年05月17日 13:21 ID:775VVokR0▼このコメントに返信
ピタゴラスイッチほんとすこ
11.名無しさん:2020年05月17日 13:21 ID:uW7.6aW.0▼このコメントに返信
なんでサラエボ事件からあんな大ごとにとは思ってた
12.名無しさん:2020年05月17日 13:21 ID:Ss7ruCr00▼このコメントに返信
当時一回部分動員で動き出すと列車のスケジュールから総動員することができない。
よって相手が総動員したら一方的にやられるので、それに備えて最初から総動員しなきゃいけない。

ドイツはロシアと戦うことになったらロシアの同盟国であるフランスに後ろから攻められる。
だから動員に時間がかかるロシアを後回しにしてフランスを刈り取った後ロシアに集中しよう。
永世中立国のベルギーは中立だからドイツ軍通らせてくれるだろう。→シェリーフェンプラン

せめてこの二つが違ったらなぁ。
13.名無しさん:2020年05月17日 13:22 ID:oCary6Fa0▼このコメントに返信
西欧主導の民族主義で、バルカン半島は大変なことになってたからね。
独墺以外が本当に戦争回避したかったんなら、あそこまでバルカン半島での民族対立煽るようなことしなかっただろ。
むしろ、局地的な戦争だけでは終わらないことが分かっていた独の方が戦争回避したがってたはずだよ。
そのための努力が効果的じゃなかっただけで。
14.名無しさん:2020年05月17日 13:23 ID:n6QCOb0.0▼このコメントに返信
まあクリスマスまでには終わるでしょ(*^^)v
15.名無しさん:2020年05月17日 13:25 ID:Ss7ruCr00▼このコメントに返信
※9
この後ヒトラー主催のプッチでもうろくじじいとなるルーデンドルフさん・・・
人質軍の高官「ワイ逃げないし当局に通報しないから解放してくれへん?」
ルーデンドルフ「誇り高い軍人が嘘つくわけないし解放したろ!」
高官「よっしゃ通報や!」
ヒトラー「なにやっとるんだあのじじいはああああああ」
16.名無しさん:2020年05月17日 13:26 ID:rVLjwMeq0▼このコメントに返信
人は分かり合えない生き物
17.名無しさん:2020年05月17日 13:26 ID:uW7.6aW.0▼このコメントに返信
戦争で最も悲惨なのは内戦でなおかつ民族紛争
18.名無しさん:2020年05月17日 13:26 ID:WjA9ZUJm0▼このコメントに返信
>今はどこの国も経済的に干渉し合ってるから戦争起こしたくても起こせない状況やな

これは当時も言われていた話でそれでも戦争は起きた。
これは最終的に経済より政治・安全保障の方が優先度が高いからだろう。

実際は核兵器のお陰で大きな戦争が難しくなったの方が正解みたい。
何年か前に、そして最近も注目を集めている「ツキディデスの罠」なんて話があるが
これも核兵器ができてから例外が増えているらしいし。
19.名無しさん:2020年05月17日 13:26 ID:vXHwzi0.0▼このコメントに返信
どこの世界だろうと半島に関わるな! 半島にロクなのはいないし、他国を戦争に巻き込むしか能がない連中ばかり。日本にもキングボンビー半島があるだろうが! 福澤諭吉大先生が絶対に関わるなと忠告してくれてただろうが!
20.名無しさん:2020年05月17日 13:28 ID:v.S46Lrq0▼このコメントに返信
この時は国の栄の植民地を得る為の
侵略戦争が目的、こじ付けでも良いから
大義名分が欲しかったんだよ
21.清々しまでのクズ中国人:2020年05月17日 13:29 ID:m8uPe.aW0▼このコメントに返信
このセルビア青年テロリストが回り回って邪悪なテロクラスター中国共産党を誕生させた事を感謝しろよ(笑)(笑)(笑)
22.名無しさん:2020年05月17日 13:29 ID:WjA9ZUJm0▼このコメントに返信
ナポレオンの頃に比べるとWW1は早いうちに包囲が済んだよね
戦争前には既にできていたか
23.名無しさん:2020年05月17日 13:30 ID:U4w4GTcr0▼このコメントに返信
ヨーロッパ内に複数の同盟関係が入り組んでいたから
どこかが開戦すると他の国も連鎖して参戦することになっちゃった
その反省で1つの大きな同盟が必要と考えて、今のEUになった
24.名無しさん:2020年05月17日 13:31 ID:NI1HW0lC0▼このコメントに返信
基本中の基本なのになぜか日本ではあまり認識されていないから改めて言っておくと

現代の同盟は、あるX国からA国が攻撃を受けた場合、その同盟国であるB国は自国が攻撃を受けたと同等として参戦することができる(あるいはその条約によって参戦する義務が生じる)。
どんな同盟だろうが細かいところはともかく、条約にすべてこの内容が書いてあるだけ。
言い換えると、攻撃を受けたA国の同盟国であるB国は参戦できるけど、攻撃をした側のX国の同盟国であるY国は参戦できない。
これが集団的自衛権と呼ばれるものの本質。

逆に言えば、第二次大戦より前の同盟は攻撃した側に対する参戦義務もあるから、その国と同盟を結んでいる国は連鎖的に参戦することになる。
これを無視したら同盟を守らない国としてはぶられる。
これは国力が比較的拮抗しているヨーロッパでは致命的なことであって、絶対に破るわけにはいかない。
25.名無しさん:2020年05月17日 13:34 ID:oRPpUyhe0▼このコメントに返信
> 日米安保で直前にアメリカに裏切られたらどうする気だとか言ってる人間はほんまにここら辺軽視しとる

米国に完全丸投げも論外だがな
日米安保は「共同対処」が前提
26.名無しさん:2020年05月17日 13:34 ID:bkAoKJl.0▼このコメントに返信
ヤングインディーショーンズでも説明してたが複雑
27.名無しさん:2020年05月17日 13:34 ID:181HV5wt0▼このコメントに返信
第一次世界大戦直前のドイツ帝国の外交オンチは二次大戦前の日本と似ていて、フランス・ロシアを中核とした対ドイツ包囲網が着々と整いつつあったのよね。
さらに、列強の中で動員能力の低かったロシアがフランスの支援で国内鉄道網を整備中だったから、ドイツ側としては「もし戦争になるなら早くやらないとヤバい」という危機感があった。
28.名無しさん:2020年05月17日 13:35 ID:NI1HW0lC0▼このコメントに返信
※23
その発想は意味不明。
そもそもEUは軍事同盟じゃないし。
第一次大戦の連鎖的な参戦に関して反省で作られた概念が集団的自衛権であって、それを西ヨーロッパに適用したのがNATO。
NATOが「ドイツを抑え込んで、アメリカを引き込んで、ソ連を締め出す」と形容されるのもこのため。
29.名無しさん:2020年05月17日 13:36 ID:0XTex6yl0▼このコメントに返信
>同盟国の誰か一人くらい参戦断っても良かった
イタリア「呼びました?」
というか未回収のイタリアがあるのに何でオーストリアと組んでたんだ?
30.名無しさん:2020年05月17日 13:36 ID:NMvQYpuO0▼このコメントに返信
※18 >>18
核兵器でなくても戦略ミサイルの存在がでかいだろう
31.名無しさん:2020年05月17日 13:36 ID:ugiW1rrL0▼このコメントに返信
平和が続き過ぎて各国の国民が戦争したがってた(ガチで)
最初は各国首脳は戦争の火消しに走ってたんだが国民からの突き上げで戦争する空気を止められず戦争で酷い被害が出てから国民はしれっと戦争賛美なんてしてないと記憶をすり替えてドイツが全部悪いということにしてしまった(ドイツだけは最初から当事者のオーストラリアを押し退けてやる気満々)
32.名無しさん:2020年05月17日 13:40 ID:Dx9B.Aps0▼このコメントに返信
ロシアが日露戦争のうっ憤を晴らそうと、全力で軍を出してオーストリアと戦争しだしたのがきっかけで、同じく、普仏戦争の腹いせのフランスがドイツにやっかみを起こした結果。後はとばっちり。
33.名無しさん:2020年05月17日 13:40 ID:u.XkBRXf0▼このコメントに返信
>>6
やっぱドイツがフランス(ベルギー)に侵攻したのが原因じゃないか。(小並感)

ドイツがベルギーに、フランス攻めに通るだけやから、って言ったら、
そんなわけあるか通るなよ、って広がったんだっけ?
34.名無しさん:2020年05月17日 13:41 ID:V.6lhQYK0▼このコメントに返信
日本が韓国に侵攻した時に国際世論の目が向かないように裏でロビー工作した結果だ
35.名無しさん:2020年05月17日 13:41 ID:TQSsrAzC0▼このコメントに返信
蟻の一穴天下の破れ
36.名無しさん:2020年05月17日 13:43 ID:m6ejBSGg0▼このコメントに返信
欧州情勢は複雑怪奇だというだろ。深く考えるなよ。
ドイツは戦争マシーンだったんだよ。
そうした点が今でも厨ニ男子諸君のハートを
捉えて離さないんだ。
37.名無しさん:2020年05月17日 13:44 ID:wzii.kUM0▼このコメントに返信
次々飛び火していったというよりも
次々飛び火するようにしておけば戦争しても割に合わないからやらなくなるだろ?という考えで仕組みが作ってあって
たとえそうだろうがじり貧だからもう戦争するしかなくなった国がおっぱじめたら
当初の設計通りに次々飛び火して世界大戦になったんだと思う
38.名無しさん:2020年05月17日 13:44 ID:i5.Y8aWD0▼このコメントに返信
平和維持の為の相互安全保障がガチガチになりすぎて一気に破裂した
風船割れるのと一緒
39.名無しさん:2020年05月17日 13:45 ID:3NBlBKRM0▼このコメントに返信
簡単に言うとインド洋に進出したいドイツと地中海に進出したいロシアがぶつかり合うのがバルカン半島。
ドイツは汎ゲルマン主義を、ロシアは汎スラブ主義を掲げてバルカン半島諸国の民族主義を煽ってた。
そこに起こったのがセルビア人青年(汎スラブ主義)によるオーストリア皇太子(汎ゲルマン主義)の暗殺。
だから争いが周辺諸国に飛び火した。
40.名無しさん:2020年05月17日 13:47 ID:u.XkBRXf0▼このコメントに返信
>>12
ドイツは自分に都合のいいことしか考えてないじゃんか。
41.名無しさん:2020年05月17日 13:47 ID:nePGv3Nj0▼このコメントに返信
>>30
核兵器でない戦略ミサイルってあるんですか?
生物兵器とか化学兵器?
42.名無しさん:2020年05月17日 13:49 ID:NMvQYpuO0▼このコメントに返信
>>41
韓国もそうだが巡航ミサイルくらいもっとるがな
敵地を直接攻撃できる戦略兵器の発達というものはでかい

爆撃機ふらなくてもいけるという
43.名無しさん:2020年05月17日 13:52 ID:u.XkBRXf0▼このコメントに返信
>>18
対外戦争しなかったら、国内の不満が内乱化して政権がすり潰される(物理的に)から、

個人の生命>国家安全保障>経済
で起こったんじゃないの?
44.名無しさん:2020年05月17日 13:53 ID:u.XkBRXf0▼このコメントに返信
>>19
安心しろ。
あそこと安全保障を結んでる国は現在無いから、内乱にはなっても大戦にはならん。
45.名無しさん:2020年05月17日 13:54 ID:Jho6BQwe0▼このコメントに返信
皇太子じゃなくて皇帝の甥だな確か。
46.名無しさん:2020年05月17日 13:55 ID:UJseZp0H0▼このコメントに返信
※11
プリンツィプがフランツ・フェルディナントに発砲した所を見てきたわ
歴史のことはよくわからんがここから世界は動いたんだと教わった
47.名無しさん:2020年05月17日 14:02 ID:8j2mkpX00▼このコメントに返信
※46
サラエボ事件自体の顛末もかなりグッタグタだなぁ
よくあれで襲撃成功したと言うか
48.名無しさん:2020年05月17日 14:03 ID:lxRp.fOS0▼このコメントに返信
そりゃ皇族が暗殺されたらキレるわ
さらに欧州が2つの仲良しグループに分かれてて
さらにそれらが仲悪くて
さらにそれぞれ暗殺された側、した側に肩入れして喧嘩し始めたって話でしょ
49.名無しさん:2020年05月17日 14:05 ID:lxRp.fOS0▼このコメントに返信
とりあえずタイムスリップできるなら
このサラエボ事件起こした奴らを止めれば
その後の歴史は全く違ったものになるだろう
50.名無しさん:2020年05月17日 14:06 ID:C18ZApvn0▼このコメントに返信
>>37
その考えでいくとそのうち第三次始まるよな。
たとえ核が怖くてももうどうしようもなくなったらって
51.名無しさん:2020年05月17日 14:06 ID:8zoyqB4y0▼このコメントに返信
>>40
大モルトケが頑張っちゃったから参謀本部の権限強くなってて政治のコントロール効かないのが原因とは聞いた
52.名無しさん:2020年05月17日 14:06 ID:wGc.4L3f0▼このコメントに返信
例えば今の状況で日本が中国のメンツ守るために天皇陛下の中国訪問とかやったとして
そこで天皇陛下が暗殺されたら日本が積極的に参加しなくても
各国のいろんな思惑で第三次発生すると思うわ
上皇様だったもっと確率上がる
53.名無しさん:2020年05月17日 14:08 ID:lxRp.fOS0▼このコメントに返信
※52
ない
54.名無しさん:2020年05月17日 14:09 ID:C18ZApvn0▼このコメントに返信
ていうかシェリーフェンプランがガイジすぎるわ
挟撃がこわいから首突っ込むって発想が出てくるくせに、なんでフランスで頓挫したらって考えが出てこないんだ。
ドイツの考えが違ったら最悪の西部戦線が生まれなかったと思うと
55.名無しさん:2020年05月17日 14:12 ID:pU.qYnQD0▼このコメントに返信
まあ、帝国主義の最盛期で、バルカンなど遅れた地域ではチョットした事で大国が手を出してくるんだ。
最近のユーゴー内線でもすぐ民族どうしの殺し合いがはじまったよ。
シリアやアフガニスタンでも、種族どうしで殺しあいを何時までも続けるバカ者の国だよ。
30年忍耐し協力すれば一等国になれると言うのにな。
56.名無しさん:2020年05月17日 14:12 ID:u.XkBRXf0▼このコメントに返信
>>34
朝鮮「崩壊待ったなし!誰か国権を買ってクレメンス。じゃないとソビエトに売っちゃうぞ(チラチラ」
日本「ええ、満洲の意味が無いやんけ。ソビエトの南下は勘弁して」
各国「日本が買うなら了承するわ」
57.名無しさん:2020年05月17日 14:16 ID:u.XkBRXf0▼このコメントに返信
>>50
戦争したい奴がいたら、な。

実際は大国の米中露ともに、それぞれの理由で戦争はやりたくないからやれない。

あとは欧州と中東、朝鮮半島くらいでしょ、何か起きそうなの。大戦にはならん。
58.名無しさん:2020年05月17日 14:17 ID:gA5BkgtA0▼このコメントに返信
欧州大戦はマルキストかアメリカ合衆国の陰謀ではないかと勘ぐっている。
59.名無しさん:2020年05月17日 14:18 ID:u.XkBRXf0▼このコメントに返信
>>49
不満の理由は他にあるし、経済的なもんだから、別のきっかけ見つけて始めるでしょ。
60.名無しさん:2020年05月17日 14:21 ID:u.XkBRXf0▼このコメントに返信
>>52
中国が、新型コロナ作ったのはワイやで!ワクチン欲しかったらひれ伏せ!
とかやってるならそうかも知れんけど、そうじゃないんだから、なあなあにしかならんで。

むしろ、これからの経済やろ不満が溜まるのは。
61.名無しさん:2020年05月17日 14:22 ID:puTCrFLV0▼このコメントに返信
バルカンの火薬庫に大国が振り回されただけや
62.名無しさん:2020年05月17日 14:28 ID:.4GBHg2I0▼このコメントに返信
>>4
それ言うなら、五十六が永野脅して真珠湾攻撃容認させた時やろ
63.名無しさん:2020年05月17日 14:28 ID:DdA4y9Y80▼このコメントに返信
連鎖反応の拡大版
64.名無しさん:2020年05月17日 14:33 ID:.rYxIGJ70▼このコメントに返信
歴史を勉強しろ
65.名無しさん:2020年05月17日 14:34 ID:VRTNyGYF0▼このコメントに返信
ヨーロッパの歴史って
日本の戦国時代のようなもので
政略結婚いっぱいあるし
全部繋がってるよな
宗教絡むからややこしいけど
66.名無しさん:2020年05月17日 14:36 ID:sp2sFSb20▼このコメントに返信
「何が原因で世界大戦になるか? それはわからない」って意味やろ?
それはこれから先も同じ、皆が予想しとる原因だけが世界大戦を引き起こすんやない、わからんのや(苦笑)
67.名無しさん:2020年05月17日 14:37 ID:VJkymR1G0▼このコメントに返信
シェリーフェンプランがゴミ
そんなに二正面作戦が怖いならビスマルク体制を維持して仏露分離に集中せーや
自分でビスマルク追い出して仏露接近許すとか笑うしかない
68.名無しさん:2020年05月17日 14:37 ID:Zlh7RMJS0▼このコメントに返信
元々ドイツだって大事にしたくないから皇帝が日和見
→軍部が突っ走ってフランス殴りに行く
→イギリス、ベルギー通過は見ぬフリするで
→ドイツ、丁寧にベルギーに対してフランスボコるからとーしてやと通告
→ベルギー、通すとドイツ側に立つことを理解してたため反発
→イギリス、通告したために黙認できず参戦へ
→全力投球の西部戦線より時間稼ぎの東武線戦が好調、シュリーフェンプラン瓦解
→泥沼西部戦線へ

まぁ、大戦後ドイツで一番闇なのはワイマールの二代目トップに終戦時軍部トップのヒンデンブルクがなったことよ
第二次でナチとヒトラーに全責任おっかぶせた下地ってすでに第一次で皇帝と共産主義とユダヤ人に全敗戦責任おっかぶせた軍部を良しとしたドイツ国民にあるわ
69.名無しさん:2020年05月17日 14:40 ID:k.iH8W7w0▼このコメントに返信
ようわからんからアメリカで武漢肺炎でも負けやw
70.名無しさん:2020年05月17日 14:41 ID:PQzNC8fZ0▼このコメントに返信
※52
そんな事態になったら日本は人民解放軍が全滅するまで攻撃を止めない
統治・支配なんて考えずに殺戮しまくる
71.名無しさん:2020年05月17日 14:45 ID:8MAAajnN0▼このコメントに返信
>>2
ベルリン体制を維持していたビスマルクを罷免したパイプドリーマーことウィルヘルム二世
こいつが世界を引っ掻き回すのがなぁ
72.名無しさん:2020年05月17日 14:47 ID:yLRR9NC30▼このコメントに返信
※66
米中の争いやコロナ後の覇権争いもどうなるか見えないしアフリカとか予想外の場所から争いが勃発するかも知れんし火山噴火とか地震とか異常気象とか隕石とか災害が原因の争いかも知れんと考えればいくらでも原因になりそうなものはあるね
73.名無しさん:2020年05月17日 14:51 ID:.4GBHg2I0▼このコメントに返信
>>22
ってかゲルマンが自分から作った
それをが
74.名無しさん:2020年05月17日 14:52 ID:waaHCP8C0▼このコメントに返信
本人同士の喧嘩に知り合いが加勢して、野次馬達もノリに釣られて喧嘩始めちゃった
75.名無しさん:2020年05月17日 14:52 ID:.4GBHg2I0▼このコメントに返信
>>73
誤爆
それを外交的手段で無効化したのがビスマルク外交
76.名無しさん:2020年05月17日 14:54 ID:181HV5wt0▼このコメントに返信
※68
イギリスがドイツと対立した一因として、ドイツ海軍の急速な軍拡も指摘されているね。
もともと欧州の海はイギリス海軍一強で、フランス海軍とロシア海軍が対抗馬だった。
つまり、仏露陸軍がドイツに対抗し、仏露海軍がイギリスに対抗する構図だったから、ドイツとイギリスは友好関係を築く余地があった。
しかし、急速な軍拡で世界第2位に躍り出たドイツ海軍がイギリスにとって深刻な脅威として認識されてしまったため、英・仏・露が接近する事態を招いてしまった。
77.名無しさん:2020年05月17日 14:56 ID:F0ctP5T50▼このコメントに返信
40代以上はほぼサツ人経験あるようなもんなのに、何事もなかったかのように暮らしてるバルカン半島の闇深ない?
78.名無しさん:2020年05月17日 15:05 ID:4ydiKylk0▼このコメントに返信
※19
伊藤博文がテロで殺される前に痴情のもつれで女に刺されていれば朝鮮併合はやらんでもよかったのかなあ
浮いた金は東北への投資にも使えたしそのほうがマシだったか
79.名無しさん:2020年05月17日 15:08 ID:FsKMqXxG0▼このコメントに返信
ハンガリー・オーストリア帝国の内戦の始まりじゃねぇの。
全責を負わされたドイツが気の毒。
80.名無しさん:2020年05月17日 15:09 ID:bneYrAtz0▼このコメントに返信
以前から世界各国がギッスギスやってんで
81.名無しさん:2020年05月17日 15:10 ID:bneYrAtz0▼このコメントに返信
※3
同盟とか関係ないよ
どの国にも戦争したい動機があって
渡りに船で参戦した
「つれー、戦争したくねーけど同盟だからしょーがねーわー、っかー!」
82.名無しさん:2020年05月17日 15:19 ID:k.iH8W7w0▼このコメントに返信
※70
希望的観測は捨てて   密入国を排除していかないとw  
83.名無しさん:2020年05月17日 15:26 ID:k.iH8W7w0▼このコメントに返信
俺なら  日本国民にそれをやらせない   エラバレし   えった  の俺がやるw   
えったじゃないんだけどw   ワイルドセブンやでw     ハシゲになる前に来いよw
84.名無しさん:2020年05月17日 15:26 ID:cM43rHKh0▼このコメントに返信
>>7
第一次の前も第二次の前も聴いたセリフやで
85.名無しさん:2020年05月17日 15:28 ID:k.iH8W7w0▼このコメントに返信
日本人って  誰かがやらないとどうにもならないことをやるんだろ
田岡だって  そういう日本でなければ  農業がやりたかったのかもしれんでw
86.名無しさん:2020年05月17日 15:29 ID:T2OaC6ZE0▼このコメントに返信
英国以外は目的あったけど、夢遊病の英国はイカれてんだな。ほんの少し前に日露戦争戦い、今度はドイツが拡大するの恐れてロシアに手を貸すなんて...まぁ糞見たいな戦争だよ。しかもその後疫病のような国が出来上がるんだから。
87.名無しさん:2020年05月17日 15:35 ID:N6FhsQEY0▼このコメントに返信
きっかけと因果関係は違うという話
じゃあ原因は何?といわれると難しいが当時の国際秩序は勢力均衡が前提だがドイツが突出して強くなった
しょうがないから英仏ロで袋叩き、どうせクリスマスまでに終わる…つもりが戦争の科学技術の進歩で予想外に破滅的になってしまった
88.名無しさん:2020年05月17日 15:40 ID:SNFqpL520▼このコメントに返信
まあ、膠着した戦争中にスペイン風邪がパンデミックして
戦争どころじゃなくなったんですけどね
89.名無しさん:2020年05月17日 15:49 ID:gA5BkgtA0▼このコメントに返信
ビスマルク外交が傑物過ぎたのだろうけれど、ウイルヘルム二世の愚鈍としか言いようがない。
90.名無しさん:2020年05月17日 15:50 ID:nafxjUMJ0▼このコメントに返信
>>25
日本に米軍基地がある時点で裏切られる事はないわ
米国は嫌でも日本に関わらないといけない
91.名無しさん:2020年05月17日 15:51 ID:u5dA0dzt0▼このコメントに返信
まぁ、自分の国はコロシにいかないと生きていけないと思う国(人)がいたら、戦争(殺人)は開始可能。
その結果、おまえがタヒねと思う国(人)が、いたらそりゃあ、世界大戦になる。
92.名無しさん:2020年05月17日 15:53 ID:9.gFOEmz0▼このコメントに返信
>>70
相手は核もっとるんやが
93.名無しさん:2020年05月17日 15:57 ID:T.h5pvBM0▼このコメントに返信
オーストリアとセルビアの小競り合いで終わってれば良かったんだが
それぞれの背後にいるドイツとロシアがチキンレースの総動員をチラつかせ謝罪と賠償を要求
しかもどちらも下りなかったので本格的な軍事衝突が不可避となり
ドイツが回避できないならロシアの戦争準備が完了する前に背後のフランス一蹴して
後背の安全の確保をした上でロシアに対抗しようと思ったら
フランスがパリの半歩手前で辛うじて踏みとどまり
イギリスも成り行きで参戦して太平洋方面の植民地軍を動員
それの護衛と各国の戦術研究に日本が地中海に艦隊を派遣する事になった
トルコも宿敵ロシアを叩く良い機会とばかりに参戦し
アメリカもやって来た
94.名無しさん:2020年05月17日 16:02 ID:trrf3vvy0▼このコメントに返信
昔は小難しい理屈をこねて説明してたが、今は簡潔に説明できる
「天罰」や
あんなぐう聖の皇太子と嫁さん暗殺したから神がお怒りになったんや
95.名無しさん:2020年05月17日 16:03 ID:dVXbFSKP0▼このコメントに返信
第1次世界大戦と第2次世界大戦を結ぶ人物は、ヒンデンブルクとルーデンドルフだよ。
96.名無しさん:2020年05月17日 16:04 ID:mYDaoDMO0▼このコメントに返信
サラエボ事件だけ見ててもわからんやろ。
オーストリア・ハンガリー帝国によるボスニア・ヘルツェゴビナ併合とか、
モロッコ事件とか、バルカン戦争とか、そういったギスギスが積み重なって
起きたわけで。
むしろなんでそれまで戦争が起きなかったのか不思議なくらいやで。
97.名無しさん:2020年05月17日 16:07 ID:tSJSdsze0▼このコメントに返信
皮肉にも戦争終わらせたのがスペイン風邪というね
98.名無しさん:2020年05月17日 16:11 ID:qSS80tjZ0▼このコメントに返信
>>33
WW1、WW2を見て思うこと。
フランス弱すぎひん?
99.名無しさん:2020年05月17日 16:16 ID:qSS80tjZ0▼このコメントに返信
>>28
そのソ連が崩壊後存在意義を見出だすためだけに紛争に介入しましたとさw
100.名無しさん:2020年05月17日 16:17 ID:qSS80tjZ0▼このコメントに返信
>>29
ドイツ「栄誉あるハプスブルク家大好き!」
101.名無しさん:2020年05月17日 16:19 ID:p.BOoGat0▼このコメントに返信
>>12
ロシアが総動員始めたら自動的に発動するシュリーフェンプラン、それと各国が自動参戦する安全保障条約。これらの「システム化されすぎた安全保障体制」が広がり過ぎて、末端の小規模紛争から世界大戦までいってしまったんだよね。
冷戦期にも核兵器に対する自動報復というシステムが構築されていたが、この頃には「世界大戦の恐ろしさ」を軍人が理解していたため現場の判断でギリギリ止まった事例が何件かある。
102.名無しさん:2020年05月17日 16:20 ID:oCary6Fa0▼このコメントに返信
>>98
マジノ線とかいうクソ雑魚土塁。
103.名無しさん:2020年05月17日 16:24 ID:181HV5wt0▼このコメントに返信
※102
マジノ線自体は雑魚じゃないよ。
運用がクソだっただけで。
104.名無しさん:2020年05月17日 16:24 ID:vUMzj4fc0▼このコメントに返信
ロシアが悪い。

今のヨーロッパでもセルビアとロシアが悪い、が共通認識。

フランスではないがフランス系の地域の人間に直接聞いたのは、セルビアは絶対にEUには入れないんだと。これは直近のボスニアのあからさまな分かりやすすぎる悪びれもしないエスニッククレンジングの犯罪行為もあるが、セルビアとロシアが、平和だったヨーロッパを地獄に突き落とした張本人だという共通認識の上に立っている。

日本がアジアを解放したからヨーロッパに恨まれていると勘違いしているが、ヨーロッパの人達は道理のために命を懸ける人達だからそれはない。
105.名無しさん:2020年05月17日 16:28 ID:vUMzj4fc0▼このコメントに返信
セルビアというどうしようもないテロ国家が、何ら殺害されるいわれのないオーストリア皇太子をお腹の赤ちゃんもろとも殺害し、その犯行を国家が対オーストリアで正面切って謝罪しようとしなかった。
106.名無しさん:2020年05月17日 16:29 ID:181HV5wt0▼このコメントに返信
※104
現代の欧州情勢に関してならまだしも、第一次大戦当時の情勢に関しては、ロシアが悪いってのは一方的過ぎないか。
ロシアが出張ることになったのは、皇太子暗殺の報復としてオーストリアがセルビアに苛烈すぎる要求をしたからだし。
107.名無しさん:2020年05月17日 16:32 ID:vUMzj4fc0▼このコメントに返信
オーストリアが、当時の常識で、非を認めないセルビアに実力を行使するというのは非常識ではない。
非常識だったのはセルビア支持で堂々とテロ国家に保障を付与したロシア帝国で、ロシア革命後にロシアの貴族があまり連合国側からすら歓迎されていなかったようにみえるのも、ロシアが原因だったと見なされていたからじゃないのか。
108.名無しさん:2020年05月17日 16:34 ID:oJCzXT0.0▼このコメントに返信
※101
>>101
冷戦時代の核ボタンと変わらんよな
しかもスイッチは相手国の動員発動だから自分持ちじゃない、
一度システムが発動してしまうと政治も外交も停止プロセスが存在すらしないという。
有名なチャーチルの「戦争から、きらめきと魔術的な美がついに奪い盗られてしまった。」という言葉、
これ核時代の相互確証破壊を予見してるように聞こえるが、ただWWⅠを語っただけだしな。

109.名無しさん:2020年05月17日 16:36 ID:vUMzj4fc0▼このコメントに返信
106

当時の常識では全然苛烈じゃない。

むしろ、ロシアの支持が得られると横目で見たセルビアの態度が豹変したことの方が噴飯ものだろう。

その程度の信義しか持ち合わせない国だった。
そんな国のためだけに死ななくてよい大量の市民が兵士としてなくなり、ヨーロッパの文明は近代から大量殺戮の現代へと突入してしまった。

アジアにも似た国があるのかもしれないが、こういうことは、ヨーロッパの文明国では蔑まれる。
110.名無しさん:2020年05月17日 16:43 ID:B01oAFDm0▼このコメントに返信
>>98
その反省で、今のフランスは水爆持ったり、アメリカ以外で唯一原子力空母持ってる‼️
111.名無しさん:2020年05月17日 16:44 ID:B01oAFDm0▼このコメントに返信
>>110
軍事費も西欧唯一GDP2%達成
112.名無しさん:2020年05月17日 16:52 ID:4u6O4qTs0▼このコメントに返信
>>62
山本は日米戦など勝てる訳がないと必死に奔走して、天皇に上奏したり、しまいに右翼から自宅に脅迫状まで届いた。
海軍自体が暴走して条約派を追放して、どうにも止められなくなってしまったのがあの結果。41年12月っていうのは
山本が決めたんじゃなくて、海軍が既に決めてた。たとえ真珠湾をやらなくても、米とは開戦になってた。
113.名無しさん:2020年05月17日 16:54 ID:uKDSkw9D0▼このコメントに返信
>>98
WW1のフランスは別に弱くないでしょ。
ドイツ相手に粘り勝ちしてるから。

WW2?マジノ線?知らない子ですね…
114.名無しさん:2020年05月17日 16:55 ID:uKDSkw9D0▼このコメントに返信
>>102
マジノ線は鉄壁だぞ。
道路(通称ベルギー)が悪いよー
115.名無しさん:2020年05月17日 16:58 ID:t9jJ2CkU0▼このコメントに返信
>>2
カイザーの「自分もお爺様みたいな輝かしい戦果が欲しい!」ってなったのが悪いわ
そのくせビスマルクを追い出すみたいに辞めさせるし、1世と違って軍に造詣があるわけでもないし

何より欧州外交でフランスを封殺してたのに、ビスマルクを追い出したせいでロシアと手を組まれるっていう外交的敗北までしてる

セルビアとオーストリアの争いも2世がオーストリア寄りであっても間で仲介すれば大戦争にはならなかったはずだから、結局2世の政治的バランス感覚の無さが招いた大戦
116.名無しさん:2020年05月17日 17:02 ID:4u6O4qTs0▼このコメントに返信
>>6
欧州本土だけじゃない、元々ドイツはイギリスとも、海外の植民地巡って3B政策と3C政策で揉めてたから。
お互い海軍の増強計画でやる前から息切れ起こしたり。
117.名無しさん:2020年05月17日 17:09 ID:4u6O4qTs0▼このコメントに返信
>>43
日露戦争がまさにそれだろうね。現代でもお隣りの北半島が、自分の都合で何を始めるか分からない。
118.名無しさん:2020年05月17日 17:14 ID:cXcoLgmv0▼このコメントに返信
>>2
ヴィルくんは日本にロシアけしかけたりイギリス分離させようとしたりしてたから自業自得やね
119.名無しさん:2020年05月17日 17:15 ID:4u6O4qTs0▼このコメントに返信
>>44
甘いよ。あの朝鮮戦争思い出せばね。難民が何十万と押し寄せた。民間人を攻撃出来ない。或いは争乱に付け込んで
難民に偽装した便衣兵を寄越すかも知れない。いずれも事が起きたら、対岸の火事っていう訳には行かない。
120.名無しさん:2020年05月17日 17:25 ID:7iGpL.Jt0▼このコメントに返信
なんだか、蛮族同士の共感か知らんが、艪助セール坊の肩持つ屑がいて笑える。
万が一日本人だとしたら、リア小が教科書で大津事件読んで多寡を括ったのかって辺り。
121.名無しさん:2020年05月17日 17:26 ID:4u6O4qTs0▼このコメントに返信
>>31
昭和の日本の話かと思った。何で上も下も後からそっくり同じ道辿るんだろう。
122.名無しさん:2020年05月17日 17:26 ID:KSWwrWZO0▼このコメントに返信
政治や軍事面ではコメ欄の通り。
経済面では、当時のドイツは工業化が著しく発展していて、欧州一の工業国になって「しまった」。
過剰な生産となり、ドイツ国内や同盟国内では消費しきれなくなる。このままでは国内がモノ余りでバブルが崩壊し、大量の失業者と英米からの融資返済に火がつく。
そこで商品の売り先として、敵対国を選んだ。ロシアとフランスは巨大な人口を抱えていてしかも購買力が強い。浪費癖もある。
で、ロシアとフランスを叩いて、有利な条件で売りつけようとした…んだけど、英国がしゃしゃり出てきたw
英国としては、ドイツへの融資が焦げ付くと確信して、担保であるドイツの国富を奪おうと考えたんだろうね。結果は火の海にw
123.名無しさん:2020年05月17日 17:27 ID:8cERUevb0▼このコメントに返信
ドイツがノリノリだったというよりそれ以外の方法をとると間違いなく負けるからそうせざるを得なかった、が正解だと思う
124.名無しさん:2020年05月17日 17:28 ID:4u6O4qTs0▼このコメントに返信
>>34
そんな架空戦記誰も読まん
125.名無しさん:2020年05月17日 17:31 ID:Uxyo5CJN0▼このコメントに返信
>>70
今の日本人にそんな誇りも根性もない

できるのはデモと不買運動くらい
126.名無しさん:2020年05月17日 17:39 ID:4u6O4qTs0▼このコメントに返信
>>52
実際にやろうとしたのは、向こうの皇帝をこっちに呼んで、こっちの陛下に合わせる計画だったんだけどね。
こっちが行くより、向こうに来させた方が体面を保てるんじゃない?そういうのまで売国とか煩いのがネットにはいるけど。
100年前にはロシア皇太子に切り付ける阿保がいたけど、今の日本にはそんなのはいないと信じたい。
127.名無しさん:2020年05月17日 17:39 ID:a98sgINe0▼このコメントに返信
ガチガチに互いの命綱結び合ってコケたときの安全策にしようとしていたが、いざコケた奴がいたら全員引っ張られてコケまくった
128.名無しさん:2020年05月17日 17:41 ID:dVXbFSKP0▼このコメントに返信
第1次世界大戦を終結させたのはスペイン風邪だから。
129.名無しさん:2020年05月17日 17:44 ID:4u6O4qTs0▼このコメントに返信
>>74
中米のサッカー戦争がそうじゃなかった?
130.名無しさん:2020年05月17日 17:48 ID:iholxPm30▼このコメントに返信
「シュリーフェンプラン」しか戦争計画がなかった。というか、これほど大規模で精緻で薄氷を踏むような計画は、コンピュータもコピー機もない時代に1つ作るだけでも奇跡だった。
131.名無しさん:2020年05月17日 17:57 ID:5nMNT3aU0▼このコメントに返信
>>13
「バルカンはポメラニアン擲弾兵の骨一片にも値しない」、って言ったの、ビスマルクだったかな
132.名無しさん:2020年05月17日 17:58 ID:5nMNT3aU0▼このコメントに返信
>>20
こう言う左翼バカって、自覚症状がないせいか、治らないよな
133.名無しさん:2020年05月17日 18:03 ID:5nMNT3aU0▼このコメントに返信
>>24
ドイツは、シュリーフェン作戦さえ発動せずに動員だけして東部国境でロシアとにらみ合う覚悟さえあれば、第一次大戦は止められたんだが、これも半分無理ゲーなんだよね。ニコライ2世のアホな動員自体が止められてたら良かったけど、アホなツァーリと人間のクズのカイザーの組み合わせと言う、ある意味残念専制君主が2人揃ったのは不幸だった
134.名無しさん:2020年05月17日 18:08 ID:5nMNT3aU0▼このコメントに返信
>>27
西でアガディール事件やらやるし、東でも三国干渉を主導してロシアを極東に向けさせた挙げ句に、危機感煽られた国で日英同盟、英仏協商やられて、日露戦争以降は英露協商日露協商、仏伊合意まで進んで包囲網完成だから、アホとしか。
135.名無しさん:2020年05月17日 18:15 ID:aluoTOZk0▼このコメントに返信
基本的にはゲルマンとスラブの領土対立。
136.名無しさん:2020年05月17日 18:20 ID:aluoTOZk0▼このコメントに返信
※112
開戦期限は「それを過ぎるとと石油不足で戦争すらできなくなる」からやね。
137.名無しさん:2020年05月17日 18:27 ID:Z1Mi.HRQ0▼このコメントに返信
双方の同盟とも、動員計画(戦争準備)は立てていたが、終了させる手順を考えていなかった
このため、ひとたび動員を始めると相手も動いてるから戻れない
一触即発の状態を止める手段を考えていなかったんだから、その先は なし崩しで戦争突入よ
138.名無しさん:2020年05月17日 18:40 ID:p.BOoGat0▼このコメントに返信
>>133
「セルビア内でオーストリアの組織に捜査させろ」これを受け入れなかった(それ以外の無茶な内政干渉は全て受け入れた)だけで戦争した二重帝国さんが一番アホでクズなのでは・・・
139.名無しさん:2020年05月17日 18:42 ID:p.BOoGat0▼このコメントに返信
>>67
ほんそれ
わざわざロシアと築いた友好関係崩したのはヤバい
140.名無しさん:2020年05月17日 18:46 ID:MMvjc51v0▼このコメントに返信
鉄道が劇的に普及していたが電信の技術はまだまだで一旦、動き出した動員に待ったがかけられなかったのが大きいな
鉄道普及前なら早馬とかで追いつけたけど鉄道には追いつけないしな
141.名無しさん:2020年05月17日 18:59 ID:Z1Mi.HRQ0▼このコメントに返信
フランスは革命以降人口減少の傾向にあったが、
ドイツ・ロシアは人口増加傾向 それでいてろくに植民地を持たない
ある意味食い扶持を減らす必要があった
142.名無しさん:2020年05月17日 19:06 ID:123bbcj70▼このコメントに返信
セルビアの件だけ見てても全然理解できなくて当然だけどね
あの事件はトリガーになっただけでそのトリガーは別にセルビアの件がなくても何れ引かれてた
要するに大事なのはセルビアの事件でなくその時の国際情勢

今も米中対立が酷くなってるけど
例えばその状況下で中国がアメリカの要人を麻薬密輸の疑いで処刑に掛けた結果アメリカを怒らせて戦争になったとする
でも戦争の原因をアメリカの要人の処刑とみるのは正しくないってのは多くの人が理解できるだろう
143.名無しさん:2020年05月17日 19:22 ID:k7QiVGj90▼このコメントに返信
※54
>>54
アメリカみたいに、相手に手をださせてからの強力カウンターで勝つ!
なんて、芸当できればよかったのに。
アルザス・ロレーヌにフランス軍引き込んで殲滅。
その後にパリ進軍・講和からの、ロシア攻めなら、クリスマスまでに終わっただろうに。
144.名無しさん:2020年05月17日 19:26 ID:k7QiVGj90▼このコメントに返信
※138
>>138
皇位継承者をコロされたんだから、戦争しかありえない。
大津事件みたいに傷害とは、別次元。
145.名無しさん:2020年05月17日 20:04 ID:n0akArNb0▼このコメントに返信
youtubeでのゆっくり動画がわかりやすかった。
146.名無しさん:2020年05月17日 20:10 ID:lBPDg0PV0▼このコメントに返信
>>8
で、アメリカの裏工作は?
147.名無しさん:2020年05月17日 21:10 ID:bVvdHBnk0▼このコメントに返信
※144
いやいや他国内にいきねり警察入れて捜査させろは当時でもやばい、国家主権があるからね。
内の皇太子やったんはお前の国だと決めつける事態まずいのだが。
セルビアが国として皇太子を殺害したのとは訳が違う。
148.名無しさん:2020年05月17日 21:12 ID:bVvdHBnk0▼このコメントに返信
まあサラエボ事件を国際機関で調停できず大戦になった反省から国際連盟ができた訳で、当時、国家同士の公的な話し合いの場が無かったのも理由にはなるだろう。なお35年後
149.名無しさん:2020年05月17日 21:13 ID:bVvdHBnk0▼このコメントに返信
148だが、間違った25年後だ
150.名無しさん:2020年05月17日 21:15 ID:oJCzXT0.0▼このコメントに返信
※133
>>133
動員だけして睨みあうなんて出来んぞ。
フランスにはプラン17という輪をかけたイカレ計画あったし、他も似たり寄ったり。
全国にわたる鉄道のダイヤ組み換えという途方もない実務が伴う以上、ゼロか全力(侵攻)しかないという時代だ。
君の言ってることは「1発だけなら誤射かもしれない」みたいなもの。
151.名無しさん:2020年05月17日 21:20 ID:oJCzXT0.0▼このコメントに返信
※138
>>138
そこらへんはオーストリアというより外務大臣ベルヒトールトのアホっぷりが問題。
前時代引きずった貴族外交の悪い面がモロに出た感じ。
152.名無しさん:2020年05月17日 21:20 ID:7iGpL.Jt0▼このコメントに返信
※147
横だが、そんな穏健なモンじゃない。下手人は端からあからさまで、国が背後にいない事の確認させろって話。
誰がみてもやっておかしくない情勢の中、隠し立てしてるって事はそうなんだなって事になる。
仏像を戻さないのは司法を尊重するからだってのと同じく聞こえてるわけだ、当時の人には。
即開戦根切り族滅屠城でも当然だわ。せめて首脳だけにしとけって程度にでも倫理が育つのはこの大戦の後。
153.名無しさん:2020年05月17日 21:37 ID:LHkZAVsC0▼このコメントに返信
セルビアはこの事件を堂々と英雄譚に仕立て上げていた。当時からも関与非関与を疑うなんてものじゃない。

日本人は、そういう異常が当たり前の国々に隣接してるから感覚が麻痺しているのかもしれないが。それは文明に対する挑戦以外の何物でもない。

こういうものに間接的であれ荷担したと見なされたようなのは、ヨーロッパでは受勲の対象にはならないだろう。
154.名無しさん:2020年05月17日 21:47 ID:tKAk51Zu0▼このコメントに返信
※24
まさにその通り
スレ内でそれ言ってるやついなくて驚いたわ
オーストリアが戦争すると自動的にドイツも参戦するというのが
軍事同盟の基本だからね

とはいえ、まぁ戦争したかったというのは本当だと思うよ
ヴィルヘルム2世は祖父にあこがれて軍事的功績を欲しがってた
155.名無しさん:2020年05月17日 21:55 ID:PsN6Jbxi0▼このコメントに返信
>殺し合い続けた先には何も残らないって分かるやん
そんな事やってる最中にわかるわけないやん。
後からなら何とでも言えるの典型やな。
156.名無しさん:2020年05月17日 21:59 ID:pWQYEwBJ0▼このコメントに返信
>>39
暗殺された皇太子は親スラヴ的な人物だったらしいぞ。チェコ人と貴賤結婚して皇位継承権も放棄していて、オーストリアでは煙たがられてた人物。頃されても痛くないうえに戦争の口実も与えてしまったという。まあ、サラエボ事件が無くてもいずれは戦争になってただろうね。
157.名無しさん:2020年05月17日 22:02 ID:bVvdHBnk0▼このコメントに返信
154
正確にいうと攻守同盟を結んでたのが原因。
日英同盟では互いに自動参戦(同盟国が戦争したら自国も参戦する義務)がなかったから、英国は日露戦争に参戦はしなかったし(協力はした)
日本も一次大戦で同盟の誼という形で英国に頼まれたから参戦する形をとっている。
158.名無しさん:2020年05月17日 22:03 ID:bVvdHBnk0▼このコメントに返信
まあオーストリアも小国セルビアなぞ一ひねりと思ってたんだろうね。
159.名無しさん:2020年05月17日 22:54 ID:rjYluqzK0▼このコメントに返信
>>147
セルビアは、そもそも王家のカラジョルジェビチ家が先代王殺しの前歴がある、いわば札付きなんで、ロシア以外はある程度、セルビアの責任だと言うことで一致してるんだよね。むしろ、最後通牒でほぼ満額回答してくると言うのが想定外だった。
160.名無しさん:2020年05月17日 23:07 ID:rjYluqzK0▼このコメントに返信
※154、157

いや、根本的な話で、すでに言われているけど、自動参戦は基本的に同盟国が外敵から先制で軍事挑発あるいは侵略行為を受け、自衛戦争始めない限りは発動しない。ドイツにはオーストリアの始めた戦争に参加する義務はないし、ロシアの動員に合わせてフランスも参戦義務はない。もちろん日本も、ベルギー中立侵犯を理由に参戦した英国のために参戦する義務はない。

ややこしいのは、軍事挑発と言う国際法概念がこの時代では先制動員の意味なので、ロシアが先に動員かけたら対抗でドイツが動員かけて、先にロシアに先制攻撃しても自衛になる。問題は、それを対露ではなく対仏(対白)ですることはやはり自衛権を逸脱してる事。
161.名無しさん:2020年05月17日 23:15 ID:rjYluqzK0▼このコメントに返信
>>158
いや、オーストリアも裏にあるロシアについては理解してたから、簡単な話じゃないのは理解してたよ。ただ、所詮はヨーロッパ最悪のカス国家をまさかロシアが自国兵の命懸けで防衛しようとするとは想定外だった。

一方、ロシアにとってオーストリアは、バルカン問題、とりわけ最近もボスニア危機でまんまと詐欺行為を働いた国と言う認識があるから、今回は外交解決で妥協出来ない状況だった。

そしてここにドイツが関わったから最悪の結果になったわけ
162.名無しさん:2020年05月17日 23:30 ID:rjYluqzK0▼このコメントに返信
>>151
138、144、151さんにまとめて返事書くけど、ハルノートの議論でも同じような話だが、軍事作戦って先に準備が始まりどんどん進むから、外交的な話があとから出てもブレーキかからない場合が多々起きるんだよね。墺の外交も、最初からセルビアが飲まないと言う前提で話が出来ていて、むしろほぼ満額回答で返答来るなんて思いもしてなかった。144氏の言うように、そもそも「戦争しかあり得ない」って話だったんだよね。
ベルヒトルトが無能だったのは、そもそもこの話の「根回し」がスカスカだった事。もちろんロシアと、ボスニア危機の時のエーレンタールとイズボルスキのような話し合い合意は無理だったけど、その分英仏にはちゃんと根回ししておかなきゃいけなかったのに、ドイツと話通しておけば済むだろうと勝手に思い込んだ。
163.名無しさん:2020年05月17日 23:36 ID:fFORS.Fa0▼このコメントに返信
※104
自分で書いてて無茶苦茶だと思わない?
164.名無しさん:2020年05月17日 23:42 ID:rjYluqzK0▼このコメントに返信
>>150
だから「無理ゲー」と言ってる。(半分と言わずほとんど無理ゲー、と言うべきかもしれないが)

シュリーフェン作戦の問題は動員下令〜鉄道移送〜自動的にベルギーに対して侵攻開始のうちの、最後の自動侵攻なんだよね。これがドイツだけの特徴で、他の国にはない。当たり前の話で、これを許せば外交での最後の安全装置ブレーキがかからない。逆に言えば、ドイツ以外の外交官にはこの常識があったから、オーストリア問題で独露外交官同士が揉めていても、ドイツ以外の外交関係者の見立てでは、破滅的結果にならないと期待が残り、故に事前にブレーキがかからなかったわけ
165.名無しさん:2020年05月17日 23:51 ID:SeDONlWN0▼このコメントに返信
イラクのフセイン大統領が湾岸戦争でアメリカ参戦の可能性を読み誤ってクェートに侵攻したのと同じみたいに
オーストリアがロシア参戦の可能性を読み誤った状態でセルビアに宣戦布告したってことか?
166.名無しさん:2020年05月18日 00:21 ID:IT9eGupa0▼このコメントに返信
※165
だからオーストリアとセルビアの対立なんて些細な事
ドイツとロシアがそもそも一触即発の状態であり続けたのが根本原因
そして、ドイツはロシアとフランスに挟まれる両面戦闘をさけるために、まずフランスを叩いてからロシアと対立する計画をたてていた
ロシアの動員でその計画が自動進行に入っただけ
167.名無しさん:2020年05月18日 00:26 ID:zc8hJ7RI0▼このコメントに返信
何の軍事的被害もないアメリカが参戦したのは「金」だからな。 全部、マネーゲーム。
終戦後に「これはひどい、こんなことがあってはならない」と真剣に考えるやつがどこにもいなかった。
ユダヤだけが儲けた。そして彼らは世界恐慌で失敗した後「もう一度儲けよう」と考えた。
殺害されたフランツ・フェルディナントは叔父のフランツ・ヨーゼフ1世に別段好かれはいなかった。
開戦は怨恨、復讐とは別の政治的なエネルギーによって引き起こされた。
168.名無しさん:2020年05月18日 00:40 ID:cUwwSHSI0▼このコメントに返信
>>165
ベルヒトルトのアホがどこまで理解してたのかはわからんけど、ロシアの動員まで想定してたとしても、墺露戦争は想定してたようには見えないね。ただ、動員して開戦しないともしベルヒトルトが考えていたなら、軍事的知識不足としか言いようがない。

ただ、ベルヒトルトも独外相ベーロヴも露外相サゾノフも全員が甘い見通しと、軍事問題に対して無知だったのは不幸だったと思う
169.名無しさん:2020年05月18日 03:26 ID:9J6habSD0▼このコメントに返信
フランスに侵攻ってところだけ「ドイツちょっと待てよ」ってなる
背後から攻撃されたくないって理由だけで攻め込むのはドイツやりすぎ
170.名無しさん:2020年05月18日 06:34 ID:z8E6NPPV0▼このコメントに返信
火種は色々あったけど、誰がマッチを擦ったのかは謎のままやろ?
171.名無しさん:2020年05月18日 07:43 ID:rJxcNjSO0▼このコメントに返信
世界大戦にしたいから
172.名無しさん:2020年05月18日 09:18 ID:QKVGXXnU0▼このコメントに返信
火薬庫に火のついたマッチを投げ込んだ状態
173.名無しさん:2020年05月18日 09:50 ID:w50eDQTv0▼このコメントに返信
>>69中共疑惑
174.名無しさん:2020年05月18日 09:58 ID:w50eDQTv0▼このコメントに返信
>>103
マジノ線はフランスの全方位伸ばしておけば良かっただ、スペイン方面やイタリヤ方面伸ばさないで、イタリア軍がマドリーヌ方面進軍して来たらどうするねん
175.名無しさん:2020年05月18日 10:07 ID:9b7EnObX0▼このコメントに返信
ピタゴラスイッチ的に次から次へと状況が悪化していくんだよな
176.名無しさん:2020年05月18日 10:37 ID:w50eDQTv0▼このコメントに返信
>>142
要人処刑って言いかたより、ウイルス糸的に流出させた上で、暴落気味の株や石油買い占めることより、他国の政府と国民の不振間と不満高まり、そこに、なんらかの世間的の大義名分ある別に起きて、戦争なる、

現在なら
177.名無しさん:2020年05月18日 10:42 ID:w50eDQTv0▼このコメントに返信
>>161
ドイツ悪いがフランスさんも悪い、なぜロシアの肩を持つ事したか?同盟とはいえ
178.名無しさん:2020年05月18日 10:46 ID:Ths3BEgf0▼このコメントに返信
ケネディ、フルシチョフ、カストロ、それぞれが聡明な指導者であった、にもかかわらず世界は核戦争の瀬戸際に立った、
核戦争が起きなかったのは、ただ単に運が良かっただけなのだ、 ロバート・マクナマラ 元米国防長官
179.:2020年05月18日 18:49 ID:8VlZM8fa0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
180.名無しさん:2020年05月21日 20:13 ID:sjU2oNAE0▼このコメントに返信
当時の輸送手段は鉄道、船。末端は馬車。自動車輸送のような柔軟性は無い。中央同盟諸国は仏露に挟まれており、後手に回れば不利。なので、シュリーフェンプランという奇襲で先にフランスを倒そうとしたが、ロシアの動員が予想以上に早かったことや、イタリアが中立となり、ドイツに援軍を出さなかったことなどから失敗。延々と消耗戦を続ける羽目になる。アメリカ参戦とスペイン風邪が止めかな。
181.名無しさん:2020年05月22日 23:53 ID:MlRvFR2O0▼このコメントに返信
これよりわけのわからない応仁の乱
182.名無しさん:2020年05月23日 13:39 ID:aJa6gCfT0▼このコメントに返信
シュリーフェンプランの要点はロシアの動員が整う前にフランスを倒す必要があると言う点。
ドイツの目論見としては全力の露仏両方を敵に回している瞬間をあらゆるタイミングで回避する。それなら勝てると。

ここで問題なのはロシアの総動員は戦争そのものではないと言うこと。
ロシアが脅しのつもりで動員を開始しても、ドイツは負けたくなかったらもうおっ始めるしかないって言う。
時間差を利用した作戦計画なのでロシアが動員を始めたら何もしないでいると一日ごとにドイツ勝利の可能性がどんどん減っていく。
一方で連合国側も、「戦争はちょっとやだな~」と思っていたとしても、ロシアに自重を求めるにしても動員開始するなとまでは言えない。
普仏戦争の恨みがあるとは言えフランスだって緒戦でドイツの全力攻撃を食らうのは真っ平だったはずにも関わらず…
結局この辺りの温度差、あるいはドイツの硬直した戦略・外交が引き起こした大戦争と言える。
攻撃は最大の防御とは言うけれども、ドイツの場合引き下がるか最大でやるかの二択ってのが普通に考えてヤバイ
(しかも結果論で言うと最大でやった結果が敗北)。
183.名無しさん:2020年05月25日 14:03 ID:q58QnFWn0▼このコメントに返信
暇と根気があれば古い本だけれども、
八月の砲声(B.Tuchman)とか
ハプスブルク帝国1809~1918(A.J.P.Taylor)とか
が良いかも。
184.名無しさん:2020年05月26日 21:19 ID:ZnWHIjpk0▼このコメントに返信
火は早めに消さないと消えなくなる。
185.名無しさん:2020年05月27日 01:39 ID:1j7LYsTg0▼このコメントに返信
>41: 名無しさん@おーぷん 20/05/15(金)18:41:21 ID:twe
>>>22
>そもそも安全保障の信用を失ったら国際社会成り立たんからな
>日米安保で直前にアメリカに裏切られたらどうする気だとか言ってる人間はほんまにここら辺軽視しとる
>避けるための努力はもちろんするが有事になったら絶対に出てこなきゃいけないもんやねん
いやいや
特定の国と同盟を結ぶから他国同士の戦争に巻き込まれる
第一次世界大戦はそれを最も体現した教訓そのもの
だから集団的自衛権もいけない
みんなと仲良くしなければならない
なーんて主張の材料にしかならんぞ
186.名無しさん:2020年05月27日 06:36 ID:.Jkqp7dz0▼このコメントに返信
漫画の幼女戦記読んだら
当時の状況が少しわかった気になった
187.名無しさん:2020年05月28日 14:18 ID:1Du0M9sa0▼このコメントに返信
よっぽどな国力差がないと
部分動員では総動員体制の国には勝てない
でも部分動員から総動員への変更は鉄道やら経済やら計画的に困難
そうなると一個の国が総動員体制をとった瞬間にみんな右へ倣えで総動員をかける
でも総動員をかけると経済力が落ちるから勝つ戦をするしか無い
こうなったら決着がつくまで収集つかん
188.名無しさん:2020年05月28日 20:23 ID:jqVH6HNM0▼このコメントに返信
※177
もともとはロシアがオスマントルコと戦争して負かして解放させた地域だからだよ
そこにハプスブルクがしゃしゃり出てきて、解放地のボスニア・ヘルツェゴビナ領有、統治したから火種になった
セルビアにとって、ボスニア・ヘルツェゴビナはコソボみたいなもの
セルビアとハプスブルクとの間の領有権争い
189.名無しさん:2020年05月28日 20:28 ID:jqVH6HNM0▼このコメントに返信
セルビアはセルビア正教会の国
ハプスブルクはローマカトリック教会の庇護者
コソボもボスニア・ヘルツェゴヴィナもイスラム系住民に乗っ取られた地域
190.名無しさん:2020年05月28日 20:51 ID:jqVH6HNM0▼このコメントに返信
まあ、オーストリア皇太子はサラエボでセルビア人に暗殺されたけど、それがなかったとしても遅かれ早かれ今度はイスラム系住民との間でテロされたかと
大戦後に開放された中東を英仏が占領統治してイスラム教徒との火種になったように
191.名無しさん:2020年05月30日 21:11 ID:2GUwWtEW0▼このコメントに返信
※4
地政学?ってのがあるらしくて、アメリカが日本を支配しようとするのは必然って説があります。
(自国の領土を守るために、他国の海岸線に自国の軍事拠点をつくるって話です)
私としては、昔のアメリカ軍人が、地政学を知らなかったとは思えませんのであり得ると考えています。
(戦後時代ですら戦略とか考えていたらしいので)

開戦理由を過去にさかのぼって考えるというのは賛同しますが、
それならば、「ペリーの来訪」の時点で、日米開戦は避けられなかったと思います。
(つまり、反日左翼の「米国開戦は回避できたが日本が仕掛けた」ってのは嘘の可能性があります)

失礼ながら、※4さんの「日本の行動」で開戦が避けれれなかった。って言う理論は、
戦後日本における反日左翼の発言と被るので、あまり好きではありません。
(反日左翼は、「戦争をした日本が悪い」という理論にするため、当時の状況(アジア植民地)は無視して、
戦争が起きた理由は「日本の行動のせい」にしたがっています。)

お名前