2020年04月30日 22:05

【急募】大日本帝国がアメリカに宣戦布告をしなくする方法

【急募】大日本帝国がアメリカに宣戦布告をしなくする方法

03

引用元:【急募】大日本帝国がアメリカに宣戦布告をしなくする方法
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1588151681/

1: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:14:41.10 ID:Epyi9JXRaNIKU
いつからやりなおしたらええんや

3: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:15:13.49 ID:e9cRnPRgdNIKU
明治維新から

14: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:17:19.58 ID:Epyi9JXRaNIKU
>>3
薩長がわるいんか?

38: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:19:39.63 ID:du9b1n0r0NIKU
>>14
明治憲法が悪いんやで

5: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:15:26.84 ID:DlPNDUV10NIKU
満州利権をアメリカに分けてやる

13: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:17:13.23 ID:XmXjGnzndNIKU
統帥権問題を一切政治に持ち込まない
これで軍部の台頭はなくなるしおわり

18: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:17:53.48 ID:Epyi9JXRaNIKU
>>13
文官を大臣にできればよかったんか?

37: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:19:37.10 ID:XmXjGnzndNIKU
>>18
せやな
少なくとも軍部の増長はない

20: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:17:58.97 ID:Vbum0zEWFNIKU
軍が統帥権をかさに好き勝手動いてさらに関東軍が好き勝手動いとるからどうにもならん
憲法制定まで遡らんと

47: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:20:09.17 ID:mItaJeHF0NIKU
軍部大臣現役武官制がある限り難しそう

48: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:20:16.96 ID:h6eEw6c60NIKU
日露戦争後に賠償金をそれなりに獲得しとく

51: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:20:28.43 ID:xCQQxGkR0NIKU
関東軍と陸軍と海軍と外務と議会がみんなバラバラで誰も意思統一することができないのが原因やからな
そのためには時間を書けて国民レベルからもっと育てる必要がある
つまり遅くても江戸時代から始めないと無理やね

54: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:20:45.75 ID:ztYfwH870NIKU
陸海軍どちらかが大臣出さないと内閣が倒れるとかいうガバルールすき

55: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:20:46.00 ID:j4irfsY50NIKU
満州に石油があることを伝える
掘る技術はまぁなんとかなるやろ

57: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:20:48.87 ID:l1Olf3jr0NIKU
陸軍が中国大陸から撤退

61: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:20:54.86 ID:QLqhFmOL0NIKU
御前会議に飛び入り参加
なろう主人公ばりに論破しまくる

354: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:38:35.70 ID:6/pXYxTwaNIKU
>>61
はい憲兵

64: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:21:08.66 ID:UX49Zf640NIKU
アジア専でイキりすぎて目つけられたあたりでもう終わりや

80: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:22:22.85 ID:zx6eARzkaNIKU
ソ連誕生防止

101: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:24:00.82 ID:BlLfDYjmaNIKU
満州国から阻止やな

129: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:25:48.00 ID:mItaJeHF0NIKU
有能そうな奴からどんどん暗殺されてるの闇深い

131: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:25:52.33 ID:stHXnB3B0NIKU
恐慌を止めんかぎり無理や

132: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:25:53.70 ID:zvD1rx5x0NIKU
リットン調査団の報告を受け入れてれば満州の門戸開放しつつ実質支配は続けられたのではないかとはいわれとる

堂々退席したのがやっぱり国際秩序への反抗になった

138: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:26:22.04 ID:/q8o/dY+aNIKU
連盟よさらば我が代表堂々退場すの時点でだめやろなあ

160: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:27:35.78 ID:V+4PNJ/U0NIKU
満州拡大したのが失敗や
満鉄だけでよかったんや

162: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:27:44.23 ID:Lsf/jV99MNIKU
日露で負けてればアメリカとの戦争はないで
なお

163: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:27:49.86 ID:ak0jbqXhaNIKU
石原莞爾ってジパングだと有能っぽく描かれてたけど英機と立場を入れ替えてもやっぱり無駄なんかね

268: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:34:11.43 ID:1cpzAtrJ0NIKU
>>163
そもそも満州や中国での拡大路線は
最初石原が無茶やって始めてそれで出世したから
みんな真似しだしたっていう点があるので
責任かなり重大やと思うで

188: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:29:27.13 ID:Y/evat5y0NIKU
日本は一部の将校以外は自分らがクソザコということに気付いてなかったんやろ

213: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:30:56.01 ID:9OI+NBGR0NIKU
満州から手を引く

216: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:31:08.99 ID:Y36CLr6j0NIKU
対中和平工作成功しかないなぁ
一番の分岐点は南仏印進駐だなあれさえなければまだ可能性はあった

221: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:31:17.92 ID:Y/evat5y0NIKU
明治~昭和の日本人好戦的すぎてやばいだろ

304: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:36:10.22 ID:zJj2A/UL0NIKU
>>221
だって帝国主義全盛期でしょ

224: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:31:32.66 ID:SShZ5+az0NIKU
国際連盟脱退して全て終わったイメージある
もう後戻り出来ないみたいな

228: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:31:44.21 ID:lezHqfi00NIKU
満州国成立以降、中国南部には絶対に侵攻しないと約束する。代わりにアメリカと石油の取引を継続する

236: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:32:01.13 ID:HM5a4Oki0NIKU
軍部大臣現役武官制のちょっと前あたりならまだ矯正可能かもしらん

294: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:35:36.10 ID:SShZ5+az0NIKU
日本陸軍が脳筋すぎて辛い

336: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:37:26.69 ID:t1wC7EEVaNIKU
ぶっちゃけアメリカの脅しを真に受け過ぎたんや
当時のアメリカ国民は日本なんて正直興味ないし
ロビー活動で日本はアメリカ大好き作戦でもやってれば防げたのでは

379: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:40:06.33 ID:mTTaGdtHdNIKU
西園寺公望「国民の民度が低すぎる」「明治の教育が悪かったんだな」

401: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:41:04.02 ID:fYt0kqGY0NIKU
>>379
晩年の西園寺めちゃくちゃ諦念感出てて悲惨やわ

454: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:44:36.21 ID:lI78GeoD0NIKU
>>401
ガチで日本のために命懸けてた最後の元勲だからな
泣けるで

388: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:40:26.39 ID:V+4PNJ/U0NIKU
山本五十六ができんといえばよかったんやけどなまじ根性出してしまった

427: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:42:51.07 ID:1cpzAtrJ0NIKU
>>388
海軍という組織全体としては
「勝てるで!!だから予算増やしてや!!」
やってたからな
チームの監督は試合に勝てませんとはいえんようなもんやね

397: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:41:01.04 ID:k9AFoXYcMNIKU
第一次以前まで巻き戻さんとアカンのは確実やね

398: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:41:01.34 ID:G8McKO3CMNIKU
「官僚国家の憂鬱」というドキュメンタリー見たら自分たちの組織(企業、政党、省庁、軍艦)を守ることに必死で誰も「国」を見てなかったのが要因やったな

421: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:42:35.36 ID:bm52c8SNdNIKU
>>398
今だって同じだからな。

400: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:41:02.93 ID:UItWdliGaNIKU
今の中国は大日本帝国あるよな
自分の国力を過信してるところとか

446: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:43:55.11 ID:TRpQDlpe0NIKU
>>400
実際生産力も人口もあるし歴史的に見てもイキるのは仕方ないと思うわ
大昔になるけど世界一の国やで

426: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:42:47.41 ID:gfHqx0ex0NIKU
完全に詰んだ状態での玉音放送でも将校が暴発したんやからそれ以前に天皇が停戦言って止まるとは思えんわ

443: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:43:34.07 ID:1cpzAtrJ0NIKU
>>426
弟宮の誰か担いでクーデターの可能性もあるからねえ

434: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:43:11.81 ID:faIyPWMV0NIKU
まず満州で石油を掘り当てる、これだけで南進は回避できる

517: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:49:19.26 ID:XsCGbHWR0NIKU
大日本帝国憲法とかいうガバガバ憲法
半分これのせいやろ

519: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:49:29.70 ID:2/AnNqpm0NIKU
>>517
今もやろ

524: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:49:52.42 ID:lI78GeoD0NIKU
ホント有能な奴と無能な奴と差があり過ぎやねん
しかも無能の奴の声がでかくて有能な奴は傍観者気味だったのが痛いわん

533: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:50:35.57 ID:zx6eARzkaNIKU
>>524
古今東西そうやな

559: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:52:18.83 ID:coF0pn3maNIKU
日露戦争終わったときに国民に
「ごめん実は言うてたほど勝ってた訳ちゃうねん」
「実は無理しまくってもうボロボロやこれ以上戦ったら国滅びる」
いうてちゃんと日露戦争乗り切るために使った方便を回収しとればだいぶ違ったやろ

自分でついた勇ましい嘘に騙されっぱなしで戦時体制・予算を解体しきれんかったのは大きい

580: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:53:35.17 ID:Epyi9JXRaNIKU
>>559
暴動起こすぞ

625: 風吹けば名無し 2020/04/29(水) 18:55:36.17 ID:coF0pn3maNIKU
>>580
自分で撒いた回収すべき種やし太平洋戦争の敗戦より損害出ないやろ

結局今も続く日本伝統の誰も責任取らんで後ろに丸投げをやっただけや
小村寿太郎だけは褒めてもええけど

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年04月30日 22:09 ID:UHlN6LYS0▼このコメントに返信
敗戦利得者を檻にいれとけや。
2.名無しさん:2020年04月30日 22:09 ID:.Z6WzYqI0▼このコメントに返信
いきなり答えが
3.名無しさん:2020年04月30日 22:09 ID:iL84gFpy0▼このコメントに返信
なんで
4.古古米:2020年04月30日 22:15 ID:t.g5hIwg0▼このコメントに返信
日露戦争の戦費返済として、満州と朝鮮半島をイギリスとアメリカに譲る。
割合はイギリスとアメリカで決めてもらえば良い。
日本も領土が減ったので、露西亜も文句が言えなくなる。
大日本帝國が資産だと思ってたのが、実は大負債だと早めに明らかにする。
で、大日本帝國は東北北海道の開拓整備に着手する。
ああ、反日新聞は憲兵に印刷工場を焼かしとけ。
5.名無しさん:2020年04月30日 22:16 ID:JXyJ1pm50▼このコメントに返信
満州と朝鮮を引き取って貰い、防共協定でも結べばOK
アメリカは逆に日本の武力が必要になる
6.名無しさん:2020年04月30日 22:16 ID:Znxtuxty0▼このコメントに返信
満州を半分渡して南部に専念
対ロシアをアメリカにやらせる
7.最高委員長の時間旅行で助言:2020年04月30日 22:17 ID:10HK.Uvg0▼このコメントに返信

金 正 恩  『 サラミ作戦 』で時間かせぎですよ、ウソをつく、ゴマかす、知らんふりする 」

東条英機 「 なるほど、・・・しかし、われわれは大和男児、曲がったことはせん! 」
8.名無しさん:2020年04月30日 22:18 ID:KeJJ0yrt0▼このコメントに返信
今週のアルキメデスの大戦読んだけど
漫画の中でさ難しそうだから無理じゃね?
9.名無しさん:2020年04月30日 22:18 ID:h7Rt8tF80▼このコメントに返信
1938年に南京陥した時に近衛内閣が命かけて中華民国と休戦協定結ぶ。それが10年保てば十分。
10.名無しさん:2020年04月30日 22:19 ID:h7vyO5J10▼このコメントに返信
満州に一枚噛ませるだけで良かった
それすら嫌なら徳川幕府建てないで海外に雄飛すべきだった
11.名無しさん:2020年04月30日 22:20 ID:wMuIMCzS0▼このコメントに返信
とりあえず、薩長じゃ無くて江戸幕府からの政府移行だな。
薩長の連中早い話がアルカイダ。
12.名無しさん:2020年04月30日 22:20 ID:acRQFL6V0▼このコメントに返信
無理に決まってるだろ
最近はハルノートを受け入れるべきだったとかプラザ合意を受け入れたのは失敗とか
日中国交正常化をしたのが失敗とかそういう事を本気で言ってるバカが居るぐらいだからな
紙の上の歴史しか認識出来無いんだろうな
13.名無しさん:2020年04月30日 22:20 ID:.Z6WzYqI0▼このコメントに返信
これで大丈夫ってアイデアはあっても、国民によるテロ覚悟してやらしないといけないからなー。
14.名無しさん:2020年04月30日 22:24 ID:f54K3jSU0▼このコメントに返信
Reゼロから始まる大日本帝国

難易度高すぎじゃね?
清、露、独、米英中蘭ソって。
15.名無しさん:2020年04月30日 22:25 ID:56YglAxG0▼このコメントに返信
今も昔も民度がアレだから絶対不可避
流れ流れて敗戦にしかならない
16.名無しさん:2020年04月30日 22:26 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>7
外交で「ジリ貧」よりも開戦で一気に「ドカ貧」を選ぶ男らしさだぞ。
17.名無しさん:2020年04月30日 22:27 ID:f54K3jSU0▼このコメントに返信
※11
もっとさかのぼって、秀吉の朝鮮征伐に向けた兵力を、
蝦夷、千島、カムチャッカ、ベーリング、アラスカ、カナダを経由して、
アメリカ本土を日本の勢力圏とする。

なお、兵站やら寒さやら航海技術やらは一切無視するものとする。
18.名無しさん:2020年04月30日 22:27 ID:QM.keAvH0▼このコメントに返信
常念司 経済で読み解く日本史6 平成時代

とっても勉強になる
19.名無しさん:2020年04月30日 22:28 ID:XC.QW.Cl0▼このコメントに返信
まだ、アメリカとイギリスを同一視している戦後脳がいるのかよ。
アメリカは、イギリスからフランスの支援で独立した
プロテスタント原理主義国家なんだよ。
彼奴は、ヨーロッパを捨てたり、追い出された人がネイティブアメリカンをアレしまくったんだから。
雨ポチ君が、日米離間がどうたらこうたら反論するだろうけど
歴史的事実だからな。

要は、世界の覇権がイギリスからアメリカン移っていく中で起きた戦い。
イギリスなんて、戦勝国の割には敗戦国みたいに落ちぶれた。
20.名無しさん:2020年04月30日 22:28 ID:qq.8CadI0▼このコメントに返信
日本人に反米感情を煽る誘導。
21.名無しさん:2020年04月30日 22:33 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>9
命懸けてもクソも、命懸けで泣きながら講和要請してきたのは蒋介石なんだよね。

廣田「甘々の講話条件でオッケー」
近衛「いや~、ボロ負けしてるから前の条件はナシ」
蒋介石「あの~、ちゃんと講和条件教えてほしいんだが」
近衛「敗者に無礼な言辞あり。以降蒋介石を相手にせず」
で重慶まで逃亡&ヒキコモリだぞ
22.名無しさん:2020年04月30日 22:34 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>6
そもそもアメリカが満州ほしがってるというのがただの妄想。
23.名無しさん:2020年04月30日 22:35 ID:f..bhiu10▼このコメントに返信
1941年だろ? この年3月にソ連極東軍は司令官ジューコフとともに本隊はスターリングラードの西部戦線に移動してもぬけのからだった。
それを知ってか知らずか日本は無視していた。この時日本がソ連を攻撃していたら歴史は大きく変わり、今も帝国は安泰であっただろう。それはハルノートが証明している。「日本がソ連を攻撃する時は、米国は協力する」と最後のページに書いてある。日本はソ連過大評価、米国を過少評価していた。陽気な豊かな米国を弱いと判断していたのは軍部で、国民も無知だった。時間を戻せるなら1941年5月にウラジオストク、ハバロフスクは占領するべきだった。そうしたならば資本主義対共産主義の正しい戦争になったはずだ。米国には威嚇の艦隊演習を見せるだけでよかった。この時点で米国はまだ大戦に参加していなかった。日本が歴史を捻じ曲げてしまった。共産主義のソ連と米国が連合してしまった。呉越同舟であった。
24.名無しさん:2020年04月30日 22:36 ID:nqjRMLR30▼このコメントに返信
日英同盟再締結。
イギリス船団の護衛で稼ぎ、援蒋ルートも潰せる。
仏印の資源は、ビーシー政権に販売。
アメリカとの通商断交もカバーできる。
25.名無しさん:2020年04月30日 22:36 ID:db8WLgS60▼このコメントに返信
5.15と2.26の原因と処理を誤った結果に暴走
26.名無しさん:2020年04月30日 22:36 ID:h7Rt8tF80▼このコメントに返信
※21
おれが「命がけ」って言ったのは、近衛が先鋭化した日本人に刺される覚悟でって意味合い。
27.名無しさん:2020年04月30日 22:36 ID:yul3MtYZ0▼このコメントに返信
東條首相が開戦時に海軍から情報を貰えなかった。
情報さえ持っていて海軍将官をほぼ全て粛清したら大日本帝国はアメリカに宣戦布告しなかっただろう

開戦するかどうかは首相だけが決めることができる権限さえあれば。
実際は現地の各組織が勝手に動き出して首相が宣戦布告する羽目になった。
東條が開戦後に、「東條幕府」と呼ばれて権力の一元化を図ったのも、大日本帝国があまりに権力が分散し過ぎたせいだ

しかるに中国にあたっても開戦を避けるには習近平国家主席の更なる「皇帝」化が望ましい
中国共産党員、陸海空軍の将官・将校・士官、その一族も含めて9割から9割5分が
死刑・追放・財産はく奪して「スターリン粛清」を真似ればよい。それで自らボロボロになれば米英日も深追いせず、
脅威は「ロシア」に向くようになる。

けれどプーチンがヒトラー化して粛清後の中国を攻めるのかも知れんけど
28.名無しさん:2020年04月30日 22:37 ID:BG6gp01Z0▼このコメントに返信
明治憲法()って悪い憲法だったんだー
29.名無しさん:2020年04月30日 22:37 ID:ck5vMgMd0▼このコメントに返信
※19
イギリスはプロテスタントだぞ
30.名無しさん:2020年04月30日 22:37 ID:mJgVoAXv0▼このコメントに返信
元寇で日本自体が存在しない
31.名無し犬:2020年04月30日 22:38 ID:OCj2dlXq0▼このコメントに返信
 超大国から絶滅戦を仕掛けられて、5%以下の犠牲で切り抜けたんだが、何が問題なの?
32.名無しさん:2020年04月30日 22:38 ID:Qp07IOWC0▼このコメントに返信
東條が無能だったからしょうがない。
「皆さん方はアメリカは強い国力が違いすぎて勝負にならないと仰るが戦はやってみないと分からないでしょう。」
こんなの単なる馬鹿だ
33.名無しさん:2020年04月30日 22:38 ID:.Z6WzYqI0▼このコメントに返信
維新以後、常に世論の反対の方向に舵切り続けてればなんとかなんじゃねえ(適当)
34.名無しさん:2020年04月30日 22:39 ID:3ucKLCPe0▼このコメントに返信
当時の満州て日露戦争て日本人が命を賭して手に入れたものて認識だったから手放すことはありえない
けどその実辛勝という事実をきちんと国民に知らせていれば小村寿太郎がたとえ反対しようと当時の政府としてはハリマンと共同で満州を開発しただろうね
そうすればロシアの南下を日本1人で対応することもなくアメリカとも協調路線で今とは違う世界にはなってた
いくらアメリカが強大な国で大量の資本を投入しようと満州との距離を考えれば日本の優位は揺るがないのにね...
35.名無しさん:2020年04月30日 22:40 ID:nqjRMLR30▼このコメントに返信
>>4
当時の東北は、どれだけ資本投下しても、
朝鮮以下の無価値の大地。
戦前の朝日は、軍部の太鼓持ちだろ。
36.通りすがりのキチ:2020年04月30日 22:40 ID:OHd1ce7W0▼このコメントに返信
「いきなり最終回」ならぬ「いきなり属国かい」なら宣戦布告もありゃーしない。
言葉遊びなんですけどね。本気になっては困ります。だから物投げないでってば。
37.名無しさん:2020年04月30日 22:40 ID:yul3MtYZ0▼このコメントに返信
あと「敗戦革命」を狙う偽装急進タカ派も居るだろうから、真っ先に対外強硬派は粛清すべきだ。
すべてを決めるのは習近平国家主席だけであり、独自の意見や考えを持つ人間はすべて粛清しておべっかイエスマンで固める。
そのイエスマンも定期的に粛清して、本当に箸の上げ下げすら習近平国家主席にお伺いする国家にしたら破滅は逃れる

38.名無しさん:2020年04月30日 22:40 ID:alz7Bs6.0▼このコメントに返信
アメリカより先にハワイ併合を先に済ませる
39.名無しさん:2020年04月30日 22:41 ID:xtOUBDL60▼このコメントに返信
ペリーが江戸に行こうとして神風で沈没
40.名無しさん:2020年04月30日 22:42 ID:sC26sUru0▼このコメントに返信
大正時代に陸軍と海軍の並進強化をせず、どっちかに力点を置くべきだった。
陸軍を縮小していれば、中国にどんどん進行していく未来が消える。
海軍を沿岸防御に限定していれば、アメリカを屈服させる手段皆無なので、対米外交がもっと抑制的になる。
41.名無しさん:2020年04月30日 22:42 ID:TtAI8LwT0▼このコメントに返信
官僚国家の憂鬱…そうだね…うん。
でも戦争したかったのもさせたかったのも、こっちじゃないからなあ。
42.名無しさん:2020年04月30日 22:42 ID:nqjRMLR30▼このコメントに返信
>>5
※5
アメリカが、満州・朝鮮手に入れたら、
日本本土も欲しがるぞ。
地政学的に。
43.名無しさん:2020年04月30日 22:45 ID:W4cDcSGg0▼このコメントに返信
帝国主義は採算が合わんという考え方も当時あってやね
それがもうちっと浸透してりゃ…
44.名無しさん:2020年04月30日 22:45 ID:.AcLFD3j0▼このコメントに返信
卑弥呼をタイムトリップさせろ
45.名無しさん:2020年04月30日 22:46 ID:nqjRMLR30▼このコメントに返信
>>21
※21
王翦将軍みたいに、中国人民を重慶に追いたてればよかったのに。
46.名無しさん:2020年04月30日 22:47 ID:yul3MtYZ0▼このコメントに返信
>>21
近衛がそのような声明を出したのは蒋介石の無礼にあるのでなく、近衛は議会に権力基盤を置かない脆弱な権力だったからだ
近衛の与党は社会大衆党ぐらいしかなく、議会多数派の政友会と民政党は野党だった。

脆弱な近衛は「世論」を味方につけるぐらいしかできず、その結果としてあの愚かな声明になった。
ヒトラーを見習って政友会と民政党の議員を逮捕拘束して収容所送りにして、議会を社会大衆党で仕切れば良かった。
中途半端な「貴族」だから蛮勇が奮えずに政局を投げた。
47.名無しさん:2020年04月30日 22:47 ID:f54K3jSU0▼このコメントに返信
※32
日清日露でジャイアントキリング2連発だからなあ。

またやれるかも、って云うのは有るかもしれない。
48.名無しさん:2020年04月30日 22:48 ID:MlHqLT0l0▼このコメントに返信
国際連盟を脱退させない
49.名無しさん:2020年04月30日 22:49 ID:f54K3jSU0▼このコメントに返信
※46
近衛のブレインにはこんなのも居ったで。

つ尾崎秀実
50.名無しさん:2020年04月30日 22:49 ID:webiHZUu0▼このコメントに返信
徹底的にやられて公用語が英語になってればよかったのに
51.名無しさん:2020年04月30日 22:49 ID:UHlN6LYS0▼このコメントに返信
>>34
あのな。開戦時には、既にアメリカの鉄道は衰退し始めていたよ。
フォードは、自動車を量産し
飛行機まで飛び始めていた時代に満州の開発とかは
アメリカは悪くないとする煙幕よ。
52.名無しさん:2020年04月30日 22:50 ID:x2mYD5kj0▼このコメントに返信
※4
日露戦争の戦時国債を英国の銀行が取り扱ってロスチャイルド家が買い取ったので英米の政府に権利は無いよ
53.名無しさん:2020年04月30日 22:50 ID:.Z6WzYqI0▼このコメントに返信
独裁して民衆を徹底弾圧しつつ、独裁者が劣化しない。

どんな道選んでも敵は国民。
54.名無しさん:2020年04月30日 22:51 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>20
というか、本当のガンはアメリカで蒋介石が(コミンテルンと組んで)マスコミに反日プロパガンダをやらせまくったのに、日本の外務省が無視したのが悪い。ちゃんとロスの若杉公使がコミンテルンの米国内マスコミへの浸透をレポートしてあげてたのにね
(ただし、蒋介石が西安事件でスターリンに助けられてモスクワの犬になってるのがバレたのは戦後。まあ、両国関係はソ支不可侵条約でバレバレではあったが、日本はギリギリまで蒋介石のウラにいるのはドイツだけだと思いこんでた)
55.名無しさん:2020年04月30日 22:52 ID:dW1YiPAX0▼このコメントに返信
>山本五十六ができんといえばよかったんやけどなまじ根性出してしまった

あれって「もし最初にうまくやれても結局負けるで?」の婉曲表現やろ。
軍の実行部隊TOPなんだから立場上無理とは言えん。
ああいわれていける!と思う方がどうかしとる。
56.名無しさん:2020年04月30日 22:52 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>17
※17
米採れん土地には、当時の武将は興味持たんぞ。
まだ、南下してオーストラリア大陸目指すほうが、現実的。
57.名無しさん:2020年04月30日 22:52 ID:rHZDNdb70▼このコメントに返信
天皇「お前ら無理だからアカンで」
これで済むんちゃうか
58.名無しさん:2020年04月30日 22:54 ID:.Z6WzYqI0▼このコメントに返信
※57
くんそくのかんを消毒だー
59.名無しさん:2020年04月30日 22:54 ID:nVvEmaxF0▼このコメントに返信
>>32
『アメリカと戦争とかマジでムリゲー。緒戦で局地的を得ても兵站が致命的、すぐ挽回される。劣勢になったらソビエトが参戦する可能性大。』

東條「戦争というのは数字などでは表せない要素が勝敗を決める。これは机上の空論とまでは言えないが、戦争を知らない人間が作った物だ」

むしろお前(東條)が戦闘と戦争の区別すらついてないだろとwww
60.どうせ日本がこうすれば良かったって結論ありきでしょ?:2020年04月30日 22:55 ID:HLWRlZsK0▼このコメントに返信
「日本が」宣戦布告をしなくなるようにするって認識だから駄目なのでは?
結局、日本が悪いって認識だから「日本がこうすれば良かった」って話にしかならない。
考えるとするなら、アメリカが「こうすれば」日本と対立しなくなるから、
日本は「それ」をアメリカにさせるために行動するって考えじゃないと駄目じゃない?

なので、「アメリカが」日本と対立した理由から考えた方が求める答えがでる気がする。
(戦争は国対国なのだから、一方の行動だけで変わるわけではないから)
(場合によっては、他国の離間工作や、宗教や政治思想などのアメリカの内情、周辺環境を考慮する)
61.名無しさん:2020年04月30日 22:55 ID:QY67P0nD0▼このコメントに返信
大慶油田の掘削
油が手に入るなら白人領奪いに行く必要なくなる
62.名無しさん:2020年04月30日 22:56 ID:ZmkMGeTJ0▼このコメントに返信
大正デモクラシーが失敗。
民主主義と政党政治がそもそもの欠陥品。
63.名無しさん:2020年04月30日 22:58 ID:s8bYUMyN0▼このコメントに返信
第一次大戦が終わった直後くらいに戻って特高警察使って、
徹底的にソ連のスパイとシンパを逮捕していかんと無理らしい
時間がたつにつれて軍、官僚、政治家にソ連の影響が浸透してくので
64.名無しさん:2020年04月30日 23:00 ID:f54K3jSU0▼このコメントに返信
※56
ピサロは数十人でインカ帝国を滅亡させたで。

関が原の戦後処理で石田三成とか宇喜多秀家とか島津豊久とか(死んだけど)を
家臣をつれてアメリカに追放とかやってればなー。
宮本武蔵と前田慶次も付けて。
65.名無しさん:2020年04月30日 23:02 ID:1OrnljmZ0▼このコメントに返信
民主主義ってのは、個々の投票者の見識に依存するから。
国民が馬鹿ばっかなら、選ばれるのも馬鹿ばっかになる。
そういう政治形態。

なので中国が共産党一党独裁ってのは、ある意味、正しい。

あの国が民主化したら、逆らう生意気な小国は軍事で踏みつぶせ!、に
なってしまうから。だって、あの国民、まともな教育受けてないし。

そして軍事独裁政権から民主主義になっておかしくなった国が韓国。

若い人は知らないかもしれないが、1987年まで、韓国も軍事独裁政権だった。
66.:2020年04月30日 23:02 ID:KXXOuDnp0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
67.名無しさん:2020年04月30日 23:02 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>34
※34
アメリカの技術が、満州市場から、日本製品を駆逐する未来しかないぞ。
68.名無しさん:2020年04月30日 23:02 ID:UHlN6LYS0▼このコメントに返信
シベリア出兵で、赤軍に事実上味方していた
アメリカが
日本がソ連を攻撃すれば協力するというアメリカ何て信用出来ないと思うのは当たり前だよ。

勿論、シベリア出兵時のアメリカの政権はF.ルーズベルトではなくウィルソン。
これだけでも、F.ルーズベルトだけを悪者にするのは間違っている。
チャーチルが言っていたように、アメリカ人には共産主義の脅威を幾ら説明してもわかってもらえない。
69.名無しさん:2020年04月30日 23:02 ID:f54K3jSU0▼このコメントに返信
※60
FDルーズベルトを大統領選で落選するように全力工作。
コレ一択になる。
70.古古米:2020年04月30日 23:02 ID:t.g5hIwg0▼このコメントに返信
>>42 ※42
自国旗下の国民にしても奴隷にしても6000万人も人口が増えるのに?
どーやってコントロールするのよ。
ww2の後、日本全体をアメリカが接収しなかっただけで回答出てるよね。
その当時、それでなくても日系移民が黒人達と友誼をかわしているのさえ脅威だと言われたのに。
アングロ・サクソンが少数派に転落する危険を当時犯すかね?
多分、満州や朝鮮半島を手に入れたイギリスとアメリカは「港を自由に使わせろ」とか「航行の自由を保障しろ」と言うとは思うけど。
中継地としての役割が大きくなるだけかもよ。
港を自由に使わせて関税とれば済む話だし、航行の自由は「軍用艦以外なら護衛する」で金を貰える話だし。
何でもかんでも軍事が物事を決めると考えるのは間違いだと思うよ。
まぁ「元はお前の領地なんだから、警備隊位は派遣しろ」は有るかも。
71.名無しさん:2020年04月30日 23:03 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>40
陸軍の軍縮は陸軍自身にしか言い出せないし、これをした宇垣は陸軍、とりわけ統制派から総スカン喰って、後には阿南達の陰謀で首班指名済みでの組閣すら妨害される始末(つまり大命降下~陛下の勅令無視)

海軍はそもそもワシントン会議で、ハワイからシンガポールまでの西太平洋の治安維持を一手に任されてるので、沿岸防御に引きこもるのはそもそも英米に対する義務違反の約束破り。実際に似たようなことで、幣原が漢口事件から第二次南京事件あたりで英米からの対支共同軍事作戦提案を拒否して、日本に対する不信を生んでいる
72.名無しさん:2020年04月30日 23:04 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
515事件の後くらいに、昭和天皇に、時限的に全権委任させたらどうだ?憲法改正命令と満州事変首謀者、515事件の犯人の処けいとか。
憲法も改正されてるから、ポッポ祖父の統帥権干犯発言も無効になる。
軍の暴走もない。
史実は上記の問題に陛下はかなり気にしてたらしいから、もしかしたら、ありかも…
73.名無しさん:2020年04月30日 23:04 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>49
※49
情報漏洩の主犯は、細川侯爵だろうな。
74.名無しさん:2020年04月30日 23:05 ID:HLWRlZsK0▼このコメントに返信
※63
どっかのコメントで読んだことあるけど、
「気が付いたら、日本の富裕層にまで共産主義や左翼思想?が浸透してた」
って、軍の人間?が青ざめたみたいな話があるらしい。

やっぱ、白人国家お得意の宗教使って内部から壊していくのと同じく、
「思想広めてシンパ増やし」は効果あるんだね。
そりゃ、アメリカも危機感から赤狩りしますわ。
75.名無しさん:2020年04月30日 23:07 ID:jrebHWYc0▼このコメントに返信
満州事変が最後の一線やね
その前なら選択次第で……って感じやけど
石原とかいうど無能
76.名無しさん:2020年04月30日 23:08 ID:keIDgBuo0▼このコメントに返信
陸軍「大臣出さねぇからな」
内閣「えぇ…」
いざ戦争してみたら東條「統帥権独立の下では戦争できぬ」だからなぁ

まぁ軍部が調子こいたのは政党政治が酷過ぎたせいなんだが
77.:2020年04月30日 23:08 ID:m5UtRSmG0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
78.名無しさん:2020年04月30日 23:08 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>61
※61
ガソリンが、ほとんど採れんぞ。
79.名無しさん:2020年04月30日 23:09 ID:ai6GNYRW0▼このコメントに返信
※72
陛下本人が先頭切って仕切るつもりが無かったからたぶん無理だろう
80.名無しさん:2020年04月30日 23:10 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>63
※63
1925年にソ連承認なんてしなければ、よかったんだよ。
81.名無しさん:2020年04月30日 23:11 ID:hZbjF3ne0▼このコメントに返信
アメリカに満州朝鮮を売却一択。というか中国朝鮮は日本の足を引っ張る事しかしないからなぁ...。
82.名無しさん:2020年04月30日 23:11 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>69
むしろ日本がやるべきだったのは、ルーズベルトの大統領三戦の時の選挙の過程をちゃんと分析する事だよ。反孤立主義、欧州積極介入派で、ニューディール政策止めて予算を軍拡に回して国防体制の全力再構築主張の共和党候補ウィルキーの大躍進と、それを取り込んで挙国一致体制、英国絶対救援を決めて大統領三戦されたルーズベルトをちゃんとわかってたら、まあ「バスに乗り遅れるな」の三国同盟から日米諒解案潰しに南部仏印進駐まで、日本がやらかしたことすべてが大間違いだと気付けたんだけどね。
83.名無しさん:2020年04月30日 23:12 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
>>69
暗冊も悪くない。ついでにスターリンも…
84.名無しさん:2020年04月30日 23:12 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>72
タイはこのあたりが上手いんだよね。
85.名無しさん:2020年04月30日 23:13 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>64
※64
カビ生えたパンで済むヨーロッパ人と、日本人はちがうんだよ。
86.名無しさん:2020年04月30日 23:13 ID:.Z6WzYqI0▼このコメントに返信
国民のターン:テロ

をなんとかしないと取りたい政策は取れないぞ。
87.名無しさん:2020年04月30日 23:14 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
>>74
軍、特に陸軍の上層部、参謀本部なんて、かなり汚染されてたらしいな…
瀬島某とか…
88.名無しさん:2020年04月30日 23:14 ID:RT1HS0cf0▼このコメントに返信
日米対立はコミンテルンの工作
あとは書物やネットで、勉強しよう
マジで「学校のお勉強」は役に立たん
歴史の教師も本音では色々と教えたいんだけど…
隠れネ〇〇保守多いし
89.名無しさん:2020年04月30日 23:15 ID:FcB3l.CC0▼このコメントに返信
黄禍論で対日脅威論が沸き起こっていた民衆心理を変える
方法は全然分からないけど
90.名無しさん:2020年04月30日 23:15 ID:viTXYhFa0▼このコメントに返信
満州と朝鮮半島を早期にアメリカに売却すれば問題無い
というか満州鉄道をタダ同然で買い取ろうとしたアメリカが悪い
適正価格でアメリカに売却できれば何の問題も無かった
91.名無しさん:2020年04月30日 23:18 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>68
※68
フィンランドとの戦争で、対ソ禁輸してたのに、
1941年4月から、レンドリース対象国認定して禁輸解除する、信用出来ない国だし。
92.名無しさん:2020年04月30日 23:18 ID:6BB25n.i0▼このコメントに返信
不可能。軍人が馬鹿で偉くなりすぎた。
日本全体としても世間知らずすぎた。
今のマスゴミと同じく、滅亡に突き進むことでしか、次のステージに行けない。
93.どうせ日本がこうすれば良かったって結論ありきでしょ?:2020年04月30日 23:18 ID:HLWRlZsK0▼このコメントに返信
※60 です。
※69 さんへ コメントありがとうございます。

あ~、ルーズベルトに対しての選挙妨害か。
対抗馬や、日米協調派に資金渡して支援とかすれば良かったのかも。
これくらいなら、ただのロビー活動で、アメリカとの敵対にもならんだろうし。

あとは、アメリカの建国理由からして支配を嫌ってる?っぽいから、
天皇への理解というか、アメリカの考える独裁者じゃないと説明すれば良いのかな?
※54 や※68 コメントを参考にすると、それだけじゃ難しいかもしれんが…
94.名無しさん:2020年04月30日 23:19 ID:JXyJ1pm50▼このコメントに返信
※42
地政学とか付ければカッコいいと思う馬鹿ww
全く関係が無い

明治以来、日本の役割はアジア唯一の文明国として欧米の代理人をする事があった。
北清事変なんかが典型例な。
95.名無しさん:2020年04月30日 23:19 ID:sC26sUru0▼このコメントに返信
>>71
まあその比較なら、お題が対米戦回避だから陸軍を切るのが合理的かな。
明治志士みたい政治家が二人くらい死にそうだけども。
96.名無しさん:2020年04月30日 23:19 ID:AihB2erj0▼このコメントに返信
満州と朝鮮半島をアメリカに売却すればアメリカとの戦争は回避できる
が、イギリスとフランスは嫌がるだろうね
元々アヘンアロー戦争以後、中国はイギリスとフランスの植民地だったからなぁ
97.名無しさん:2020年04月30日 23:19 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
>>79
若い頃に教わった帝王学が悪い方に影響したんだろうな…
戦後は、いい方向にそれが作用したから、元々有事には対応できないものだったのかな?
乃木さん…西園寺さん…
98.名無しさん:2020年04月30日 23:19 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>74
近衛はバリバリのアカだし、松岡白鳥といった外務省の三国同盟派は左翼統制主義者だし、内務省も商工省も左翼丸出し。近衛内閣で小林一三が商工大臣になって、「君達は日本を共産主義国にしたいのか」とブチ切れた話は有名(NHKのドラマでは、なぜかマイルドな表現になってたけど)

では、軍も左じゃないかと言えば、実際には統制主義者だらけでむしろ他の省よりもむしろ酷かったわけ。そりゃ、左翼=公務員天国だから当たり前だけどね。そして、独伊との三国同盟、ソとの中立条約で、大手を振って「反アングロサクソン」って言えば好き放題に左翼政策が取り放題になった
99.名無しさん:2020年04月30日 23:21 ID:f54K3jSU0▼このコメントに返信
※82
米大統領は二期まで、の不文律を無視したアカのルーズベルトの当選理由は米国民に対する情報操作でしょ。
アカの連中は法律ですら守らないから、伝統やら不文律なんて何とも思わない。

結局四選してるし。
ルーズベルトの急死は赤化を危惧した米政府の誰かが暗殺した、とかもありえると思うがね。
100.名無しさん:2020年04月30日 23:21 ID:62CGjOdv0▼このコメントに返信
首相に石原莞爾 外相に松岡洋介
101.名無しさん:2020年04月30日 23:21 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>77
満州事変前の日本の満州権益は、南満州鉄道と付帯地だけ。アメリカが買っても何の役にも立たん
102.名無しさん:2020年04月30日 23:22 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>83
※83
暗・殺なら、POW撃沈して、チャーチル共々がいい。
犯人は、伍長さんがひきうけてくれるし。
103.名無しさん:2020年04月30日 23:23 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>100
まさに昭和天皇が一番嫌ってた国賊2人
104.名無しさん:2020年04月30日 23:25 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>87
※87
瀬島は、竹田宮の人身御供で満州抑留されたのに、コミンテルンの汚染は、あり得ない。
105.名無しさん:2020年04月30日 23:25 ID:Uderbyyz0▼このコメントに返信
時は流れ・・・195×年
世界首脳「ナチスは滅びた、次は極東のサル、ジャ〇プだ!!!!」
日本列島は核の炎に包まれ20世紀のカルタゴと化した・・・
~~~異世界~~~~
転生者「我々は最悪の結末を回避する為に敗北必至ではあるが米国に宣戦布告する!!」

106.名無しさん:2020年04月30日 23:25 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
>>93
明石大佐が、この時代にもいたらね…
中野学校を日露戦後すぐにつくれば間に合ったかも知れないね…明石大佐が校長兼教官としてロシアでの実践経験も教育に生かせるし…
107.名無しさん:2020年04月30日 23:27 ID:S7ZeqOuf0▼このコメントに返信
格差拡大→貧困層増大→経済的徴兵制→戦争経済→戦線拡大→敗戦
108.名無しさん:2020年04月30日 23:28 ID:f54K3jSU0▼このコメントに返信
※106
十七条拳法!
109.名無しさん:2020年04月30日 23:31 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>46
って言うか、そういうアホな解釈で自己弁護したから、第二次内閣の時に大政翼賛会やらかしたんだよね。でも事実としては本末転倒だよ。講和条件で揉めたのは、廣田と陸軍大陸通と近衛でグダグダな多元ルートでの講和までのウラ取引をしたから、早い話近衛がすねてちゃぶ台返しをしただけ。そしてそれに、上海の海軍陸戦隊と上海の海軍権益を見殺しにしようとした石原莞爾達陸軍への恨み心髄の米内が乗っかっただけ。
110.名無しさん:2020年04月30日 23:34 ID:E6Ju.Ckw0▼このコメントに返信
今まさにアルキメデスの大戦でやってるじゃん。
あれ面白いな。どう収束させるのか楽しみだ。
111.名無しさん:2020年04月30日 23:35 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>77
※77
1924年移民法で、アジア人移民の全面禁止してるのに、シナ・朝鮮の移民が、渡米なんてできない。
112.名無しさん:2020年04月30日 23:36 ID:Yof2imji0▼このコメントに返信
日本が対応を変えれば、相手もそれに応じて対応するだろう。
相手が変わらないことを前提に、話をする事ほど無駄なものはない。
113.名無しさん:2020年04月30日 23:37 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>97
※97
渡英で、英国風君主制に感銘受けてるし。
元老さんたちに罪は無い。
114.名無しさん:2020年04月30日 23:37 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>24
日本の世論は真っ赤っかで、イギリスは特に嫌われてた。大戦開始後もドイツすげ~、イギリス風前の灯火ニュースばかりを取り上げて増幅するので、米内ですら手も足も出せなかった。しかもそんな最中に英国海軍が浅間丸事件なんてのを起こしてますます世論を反英にしてしまった(英国外務省のフォローみてると哀れなぐらい日本にすり寄ってるんだが、どうしようもなく米内内閣崩壊ですべてパー)
115.名無しさん:2020年04月30日 23:39 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
>>59
政府、陸海軍とも戦略なんて持ってなかったからね…
陸軍「とにかく陸戦に勝てばいい!」
海軍「とにかく海戦に勝てばいい」
政府「なにしたらいいかわからない…」
116.名無しさん:2020年04月30日 23:40 ID:pdRmbO240▼このコメントに返信
イキらず背を低くして白人様のご機嫌を伺うべきだったな
どうみても今の中国と同じ侵略者
117.名無しさん:2020年04月30日 23:40 ID:OLdWWe9B0▼このコメントに返信
日露戦争でアカ支援した時点で運の尽きやろな。
アメリカみたく自分で育てた奴らを潰すようならいいけど、日本人にそれできんやろ。
118.名無しさん:2020年04月30日 23:41 ID:VJo.xbis0▼このコメントに返信
>>1
だからなんやねん、その敗戦利得者って。特定の誰かを売国奴に仕立て上げて、敗戦の責任をなすりつけるってか?
憲法に官僚に閣僚にメディアに国民に、あらゆるモンに問題があったのに、そういうのから目を背け続けてたら、
これからも進歩出来んわ。
119.名無しさん:2020年04月30日 23:42 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
>>50
日本人自身でそれをやろうとしてたよ?明治時代と、終戦後。
120.名無しさん:2020年04月30日 23:42 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>106
※106
柴五郎予備役大将という、生ける伝説がいたぞ。
欧米に顔効く稀有の存在。
欧米は、英雄には礼を尽くすし。
121.名無しさん:2020年04月30日 23:43 ID:.Z6WzYqI0▼このコメントに返信
※116
それには国民を富ますか弾圧するかが必要なんだよね……
122.名無しさん:2020年04月30日 23:43 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>59
そもそも、アメリカを負かせたいならば最低限でも米国本土上陸~大規模会戦必須、って言うのが、普通陸軍自身ならばわかるはずなんだよね。ところがだだっ広い太平洋、どうやって兵站繋げるのか誰も考えてない。しかも、東條はじめ陸軍は、「イギリスは俺がやるからお前ら海軍がアメリカやれ」ぐらいしか考えてないよね。まあ、「アメリカと戦争したいって言ったのお前ら海軍だから、お前らが責任取れ」って感覚にしか見えんのよね。
123.名無しさん:2020年04月30日 23:46 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>67
満州市場って、そもそも大陸でカネ持ってるの日本人しかいないんだが
124.名無しさん:2020年04月30日 23:46 ID:HLWRlZsK0▼このコメントに返信
※74 です。
※87さん ※98さん コメントありがとうごさいます。

やっぱ、相当汚染が進んでいたんですね。
なんだろ、今までの日本から脱却!みたいな感じだったのだろうか…
人間が持つ根源的な自尊心とか、支配欲?みたいなのに働きかける思想なのかな。

もう、洗脳というより、パソコンに侵入する、ウイルスですね。
繋がった相手も感染して、どんどん広まって乗っ取る。
これに対する対策はなんだろ?

政治学というより、心理学や文学方面の学者の力が必要なのかも。
例えば、ねずみ講といった詐欺対策とかが意外と応用できるのかも知れん。
(最終的に破綻が決定しているのを数字で証明したり)
125.名無しさん:2020年04月30日 23:47 ID:VfjDAQuN0▼このコメントに返信
元寇かな・・・あそこで気象コントローラー使って「逆神風」吹かせて武士どもをボロボロにする。
あ、もちろん元の船も沈めるけどね。
それで「大陸には手を出すな」という不文律を将軍、皇家に叩き込む!
そーすりゃ、満州事変なんて起こらんだろw
126.名無しさん:2020年04月30日 23:47 ID:sfHdf29.0▼このコメントに返信
対米宣戦布告なんて日本を悪者にするためのプロパガンダに過ぎない
127.名無しさん:2020年04月30日 23:48 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
>>55
どうかしてたんだよな、近衛総理(当時)って男は。それは56さんの盟友の井上成美が指摘してるよ。「あの男に、そんな遠回しに言っても、とにかく半年は持つと思うに決まってます!対米戦はダメ!やれば負けるとなんでもっとハッキリ言ってやらなかったのですか?」
こんな感じだったかな?
128.名無しさん:2020年04月30日 23:49 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>94
※94
真性の馬鹿?
満州・朝鮮が、アメリカの利権になるなら、途中の日本は、邪魔でしかない。
独立保障するより、潰すほうが楽。
一度、世界地図か、地球儀ながめてみな。
アメリカが、日本の独立を許す理由が無いから。
129.名無しさん:2020年04月30日 23:51 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>83
大統領選の最中に暗サツしても、ウィルキーが大統領になってるか、民主党が弔い合戦でハルあたりを首班に大統領選やるか、だけ。そして結局近衛の三国同盟と松岡の日米諒解案潰しで同じ失敗やらかすだけ。
130.名無しさん:2020年04月30日 23:52 ID:loOpuehH0▼このコメントに返信
戦前の日本で艦これを流行らせればいい
131.名無しさん:2020年04月30日 23:52 ID:vU07B9Cc0▼このコメントに返信
>>58
実際に若手将校連中が「あの天皇ではダメだ!弟宮を立てよう!」なんて考えていたらしいし、終戦間際も「皇太子をたてて陛下を軟禁!本土決戦だ!」なんて計画もあったらしいね…
132.名無しさん:2020年04月30日 23:53 ID:AJ52s5Uj0▼このコメントに返信
>>104
左翼にも、ソ連系と独立系がいるんだよ
133.名無しさん:2020年04月30日 23:55 ID:rPYpQzHH0▼このコメントに返信
>>125
※125
ロシアの南下は防げないが、それはいいのか?
そして、日本の不平等条約も改正されないままだぞ。
東北の娘は、唐行きさんになるしかなくなるが。
134.:2020年04月30日 23:57 ID:f1gPDw8b0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
135.名無しさん:2020年04月30日 23:57 ID:JXyJ1pm50▼このコメントに返信
※128
フィリピンの支配を安定化する為に桂タフト協定を結んだ当時の米国が日本本土を占領する戦争をするとでも?
WW2ですら本土上陸戦は諦めてんだぞ虫けら朝鮮脳がwwww

地球の歴史を知らん馬鹿はお前だよww
136.名無しさん:2020年05月01日 00:00 ID:slvUb8sP0▼このコメントに返信
※130
戦前だと……艦これカルタとか
137.名無しさん:2020年05月01日 00:01 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>86
テロしたの、515やら226の軍人とか、血盟団事件やらの軍部やら近衛やらにウラでつながってる日蓮宗系のアホ達とかで、国民は関係ないぞ。まあ、虎ノ門事件やら上海天長節爆弾事件やらの朝鮮系日本人のテロを「国民」(確かに間違ってない)と言うならば話は別だが
138.名無しさん:2020年05月01日 00:01 ID:StLjMZzC0▼このコメントに返信
※113
元老は罪ありまくりだよ。
寿命がある以上は「元老」が選ばれた首相たちに権力の正統性や権威付けを行うシステムは破綻することは間違いない
残されてただ一人の西園寺公だけで何をしろと言うのか

大正時代には民主体制になって議会選挙で選ばれた首相が権力を行使できるようにすれば良かった
どんどんシベリア出兵で日本陸軍全体を壊滅にしておけば良かった。
シベリア出兵で石原莞爾などの冒険分子たちをどんどん死地に追い込んで、組織をガタガタにして海軍拡張すればよい
西南戦争でも過激に敵も味方も殺しておくべきだった。
139.名無しさん:2020年05月01日 00:02 ID:S73xAdjM0▼このコメントに返信
>>33
その通り。安政条約、ポーツマス条約、新安保条約、どれも世論の大ブーイング。民意など踏み倒した政策が
後々の為になった。逆にあの大東亜戦争こそ民意におもねった結果だった。こと外交に関しては、国民に
不人気な路線の方が、期待出来る。
140.名無しさん:2020年05月01日 00:03 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>136
陸軍が怒るから、ガルパン双六とかも必要になる
141.名無しさん:2020年05月01日 00:04 ID:legWSjH80▼このコメントに返信
日露戦争が終わった時点でアメリカはオレンジ計画を立てて、将来、日米戦争になる可能性を考えていたんだがな。
そして親密な英米の関係もあり、ドイツ開戦後はイギリスを支援しアメリカが戦争に参加する大義を作るために、日本がアメリカに対して戦争を仕掛けるように揺さぶり続けた。
経済封鎖然り、満州の否定然りだ。
中国支援のフライングタイガースなんて日米開戦の4年前から始まっており、アメリカ人が中国軍に入隊するなんていう欺瞞を行っていたから、アメリカの方が先に日本に対する戦争行為を仕掛けていたといってもいいぐらいだ。
そんな中で日本が戦争というアクションを起こさない可能性を考えること自体が無意味だね。
実際、真珠湾攻撃があった際にはルーズベルトとチャーチルが大喜びしたらしいしな。
142.どうせ日本がこうすれば良かったって結論ありきでしょ?:2020年05月01日 00:05 ID:YSI.5V1r0▼このコメントに返信
※60 ※93 です。
※106 さん コメントありがとうございます。

反省を生かして、今の日本は、諜報機関の設置から始めないといけませんね。
アニメで、ジョーカーゲームってのがあったのですが、
日本ってスパイや工作など、情報戦を甘く見てた?って描写があります。

というか、軍はスパイを卑怯な手段と思っていて、見下す様なセリフがありました。
今なら、そのような事を考えてる方はいないと思うので、昔より地位向上しそうです。
(007 とか、キングスマン とか、映画の影響もあるかも)
143.名無しさん:2020年05月01日 00:07 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>138
西園寺は、宇垣内閣流産で糸がプッツリ切れたように、もはや政治に介入しなくなったから、新しいシステムをここで作っておくべきだったよね。なあなあのままで最後は木戸内府(内大臣)による推輓という最悪のことになった。
144.名無しさん:2020年05月01日 00:12 ID:StLjMZzC0▼このコメントに返信
日露戦争でもっと陸軍は犠牲者を出すべきだった
薩長閥自体がなくなるぐらいに過激な大戦にすれば、「藩閥」出身の旧体制の将校もあらかた戦死して
日本全国から藩閥を超えて士官を補充することができる。このことによって藩閥から「近代国家」が20年は早く気づけただろう
145.名無しさん:2020年05月01日 00:13 ID:StLjMZzC0▼このコメントに返信
なのでこのスレをみてる中国には第二次朝鮮戦争を提案したい
国内の、特に地方軍をどんどん朝鮮半島であらかた「戦死」させて習近平主席に忠誠を誓う直属のパペットが中国各地を牛耳る。
146.名無しさん:2020年05月01日 00:17 ID:aHMFQSDK0▼このコメントに返信
>>135
※135
1905年の桂・タフト協定と、
1945年のダウンフォール作戦準備してころのアメリカを同列に扱うとか。
頭にウ・ジわいてるの?
満州・朝鮮をアメリカが購入するなら、
1920年代しかないが、戦力的に日本ははるかに劣勢だぞ。
満州・朝鮮失い、アメリカと敵対すれば、まともに、大砲や軍艦も建造できなくなるんだぞ。
147.名無しさん:2020年05月01日 00:17 ID:swhKqqbn0▼このコメントに返信
※144
日露戦争で陸軍は予備役将校が払底するまで消耗してるんだけど
148.名無しさん:2020年05月01日 00:18 ID:StLjMZzC0▼このコメントに返信
※142
陸軍中野学校以前に、「シナ浪人」という害悪が居た
陸軍の落ちこぼれが中国の軍閥を相手に諜報ごっこをしていた。彼らにしたら自分の利権を脅かす新参の中野学校は邪魔だった
だから日本に置いては近代的な諜報機関が遅れた。

これもなにも日露戦争やシベリア出兵で戦死に追い込まなかったから。
さっさと薩長閥の将官があらかた「戦死」していれば、「軍縮」なんかしなくても良かったし日本各地から優秀な将官を集められたはず


149.名無しさん:2020年05月01日 00:20 ID:swhKqqbn0▼このコメントに返信
※146
うん、その劣勢の時期にでさえ手出し出来てないよなw
お前の知能の低い投稿は134さんにも否定されてるよ

いい加減自分の妄想はお前以外の誰にも相手にされない事に気が付けよ
憐れな奴ww
150.名無しさん:2020年05月01日 00:22 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>141
オレンジ計画はよくアホ達が言い出すけど、こういう人間が本当にアホなのは、アメリカの主敵がイギリスで、「レッド計画」こそが一番の作戦、オレンジはおまけだと言うことすら理解できないことなんだよね。

せめてちゃんと世界史勉強して、日露戦争の前に「日英同盟」って言う歴史的大変革があったことぐらい勉強しようね。そしてカナダもイギリスの植民地だってこともね。赤色に黄色足したらオレンジ色だよね。

アメリカとして最悪な状況は、日英が共同軍事作戦でアメリカを大西洋と太平洋の両側から海軍で封鎖し、さらに陸兵をカナダに上陸させて三方面から包囲されること。そして、どうしてルーズベルトが反日で、とりわけ三国同盟に過敏な反応をし、さらに元々孤立主義時代は反英国で、ミュンヘン会議へのメッセージからもわかるようにむしろ親独伊ですらあった彼が英国崩壊阻止のためにいきなり親英になり、日本に対しても日米諒解案交渉で三国同盟の形骸化工作をしたのか(イギリスが負けたらイギリスの代わりに日本と組んだ独伊がアメリカを包囲する可能性がある)、ちゃんと日英同盟成立からワシントン会議での日英同盟破棄までの流れとともに勉強するべきだよね。
151.名無しさん:2020年05月01日 00:22 ID:StLjMZzC0▼このコメントに返信
※147
もっと過激に旧体制の人材を潰しておくべきだった。

例えば、先ほど挙げられた
『ジョーカーゲーム』の諜報機関トップの結城中佐が陸軍幼年学校の卒業者の名簿に載ってないことがすべてを物語っている

おそらく結城中佐は日露戦争中に一般中学から陸軍士官学校を経たのだろう。
一般中学出身の、多くの「結城中佐」が居たら日本は破滅しなかった
152.名無しさん:2020年05月01日 00:25 ID:aHMFQSDK0▼このコメントに返信
>>145
※145
朝鮮戦争に中共が介入したのは、江青が、先妻の子供処分するため。
習近平に隠し子でもいなければ、介入しない。
153.名無しさん:2020年05月01日 00:27 ID:GqMXxV220▼このコメントに返信
>>17
台湾に入って南部に広げといて、出来るだけアジアに拠点だけ作って、日本主体でアジア同盟作って、有色人種国家を残していくスタイルで。
154.:2020年05月01日 00:30 ID:aHMFQSDK0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
155.名無しさん:2020年05月01日 00:31 ID:JsG9BeEQ0▼このコメントに返信
軍部や報道に携わる者を多くアメリカへ渡らせて
産業力や文化の高さの違いを見せつけさせて広く日本人にその違いや差を知って貰う。
苦しいけど耐えながら本当の人類の敵は共産党だという事をアメリカに理解して貰い
日米同盟でソ連を討つ。満州を日米で統治して中国の共産化を防ぐ壁にする。
156.名無しさん:2020年05月01日 00:33 ID:WreI5ngL0▼このコメントに返信
>>62
道を外し始めたのはこの頃なんだよな…それまでの官僚政治は、わりとうまく行ってたからな…
157.名無しさん:2020年05月01日 00:45 ID:fiUe000H0▼このコメントに返信
誤「地政学的に中国朝鮮半島には価値がある」
正「日本が発展させたから中国朝鮮半島には価値がある」
地政学には何の意味も無い
さっさと満州朝鮮半島をアメリカに売却すべきだったんだ
158.:2020年05月01日 00:47 ID:jPDEH8Eq0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
159.名無しさん:2020年05月01日 00:50 ID:whWztX6p0▼このコメントに返信
そもそも日露戦争後に朝鮮半島が「日本様、愚かな朝鮮半島を支配して下さい」なんて言い出すのが間違いだったんだ
さっさと朝鮮半島をアメリカに売却しておけば最悪の状況は回避できた
160.名無しさん:2020年05月01日 00:52 ID:9CJCk0ez0▼このコメントに返信
※123
>>123
満鉄と張作霖が、金もってるのであって、日本人移民は、金無いから市場にならんのでは?
その満鉄も張作霖に並列線引かれて、死亡寸前になってたし。
161.名無しさん:2020年05月01日 00:56 ID:pOmhULEB0▼このコメントに返信
アメリカに満州朝鮮半島を売却すれば回避できる
ただ当時の日本は海外輸出の70%を中国に依存していた
中国朝鮮半島への開発投資はいづれ回収できると考えていた
だが結局全て踏み倒されたんだ
さっさとアメリカに売却していればこんな事にはならなかった
162.名無しさん:2020年05月01日 00:59 ID:wLwoUt0b0▼このコメントに返信
地政学には何の意味も無い
満州と朝鮮半島をアメリカに売却して、売却した金で日本国内を発展させるべきだった
163.名無しさん:2020年05月01日 00:59 ID:9CJCk0ez0▼このコメントに返信
※159
>>159
日露戦後なら、ロシアに売却だろ。
代金は、北樺太とカムチャッカ半島で。
もしくは、英国向け借金の肩代わりで。
アメリカに売却して、鎮海に白色大艦隊駐留なんて、日本国内パニックになるは。
164.名無しさん:2020年05月01日 01:05 ID:w1vLj2I40▼このコメントに返信
アメリカが大統領制なので、天皇を排除(粛清でも天皇制の廃止で生存でもなんでもいい。)
そして、日本をアメリカに売り渡して、日本州にすることをお願いする。
165.名無しさん:2020年05月01日 01:09 ID:4fKvd69N0▼このコメントに返信
※152
おま、大陸の有力者に隠し子いないとか、正気か?

※155
なお、その頃の日本人にとっては、より以上に白人優越主義の方が有害だった。
桂タフトで得た30年余で弾圧を完遂し実質マッカーサー朝の傀儡国化が間近。
次は台湾に圧力が掛かること必至と考えないほど日本が無能だったとは思えない。
その状況で米国がアリューシャンと満州を得るなら環オホーツク完全支配の目論見が当然視される。
166.名無しさん:2020年05月01日 01:18 ID:s8s2o9jG0▼このコメントに返信
満州をアメリカと一緒に共同運営するしかない
アメリカに媚び売るしか道ないよ
167.名無しさん:2020年05月01日 01:22 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>160
張作霖コロして、満州事変やった後、関東軍は逃げ出した張作霖の息子の張学良の財産全部貨車二両に積んで送り届けてやったらしい。大陸の貨車は積載量が一両30から40トンぐらいだから70トンぐらいか。中身がカネなのか金塊なのか家財道具なのかは知らんが、張学良が死ぬまでカネに困らず生活できるくらいはあったみたいだな。西安事件の時の毛沢東達も、張学良のカネ目当てなのがバレバレだし。

あと、日本人はかなり裕福だよ。まあ、あくまでも大陸の他の人間と比べて、だが。
168.名無しさん:2020年05月01日 01:31 ID:y1Fm6AfZ0▼このコメントに返信
※163 それなんだが、日露戦争が終わってから朝鮮半島が「ロシア帝国から独立したい」と言い出したんだ。この為、ロシア帝国に売却するのは難しい状況。
169.名無しさん:2020年05月01日 01:42 ID:9CJCk0ez0▼このコメントに返信
※168
>>168
ロシア公使館に皇帝が逃げ込むくせに、
日本が強いとすぐ尻尾を振る、品性下劣な民族。
日韓併合後にロシアに割譲なら法的に問題なさそうだが。
ドイツの膨張期で、ロシアは極東にかまっていられないから、
半島の要塞化もできないだろうし。(バルカン半島が最重要の時期)
170.:2020年05月01日 01:48 ID:YSI.5V1r0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
171.名無しさん:2020年05月01日 01:53 ID:9CJCk0ez0▼このコメントに返信
※165
>>165
彭麗媛が、隠し子の存在許さんだろ。
PLAの支持は、奥さんあってのものだし。
172.名無しさん:2020年05月01日 01:53 ID:2.LZXj6q0▼このコメントに返信
第二次南北戦争を扇動工作。当然南軍支援して泥沼化を狙う。あとは人種対立を煽る工作かな。
173.どうせ日本がこうすれば良かったって結論ありきでしょ?:2020年05月01日 02:11 ID:YSI.5V1r0▼このコメントに返信
※170 です。
とまあ、日本が米国との戦争回避のため、米国内でやるべき事を考えはしましたが、
結局、アメリカも白人国家である以上、有色人種の差別は有りそうですし、
結局、日本やアジアを植民地にしそうな気もします。
(開戦前の米国内の日本人排除は、赤の工作と、日本が国連へ提案した人種差別撤廃が原因説あり)

※165 さん のコメントのように、米国の支配もあり得ますし。

というか、地政学?にあるように、当時の米国が、日本の支配を考えないのもおかしい気がします。
何処かのコメントで、ペリーが日本の開国を迫ったのは、捕鯨じゃなくて元々軍事的に狙っていたから、
って説があるのを読みました。つまり、日米開戦は、アメリカがどっちにしろ起こしていた説です。
(この説が正しいなら、左翼の「日本が戦争しなければ開戦なかったから日本が悪い」は情報工作になります)

個人的に、戦国時代ですら立地に対する軍事的な戦略思想があったので、
米国が海の向こうの国(日本)を統治して、軍事的に有利になろうと考えるのは、
可笑しくないと考えています。
174.名無しさん:2020年05月01日 02:15 ID:bxH5rhrV0▼このコメントに返信
※23
この時点で英米はまだ日本がソ連共産主義の防波堤になってもらいたいと希望していた。日本軍には戦術はあっても戦略がなかった。当時ソ連は米国の真の敵であった。日米戦争が終了したと同時に冷戦がはじまったことはそれを表している。日米は協力して対ソ戦をやればよかった。当時ではできたはず。それはロシア人解放にもなったはず。
175.名無しさん:2020年05月01日 02:42 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>174
たぶんちゃんと世界史やってないせいだろうけど、※23さんも含めて根本的なところから間違ってるよ。

三国同盟は1940年。その前の1939年に独ソ不可侵条約ができ、日本はノモンハンの最中にドイツに手酷く裏切られ、防共協定は破綻した。しかし、ドイツは想定外の英国の参戦により(イタリアは忠告していた)、イギリスをどうにかしなくてはならなくなったのだが、ドイツ海軍にはドーバー海峡を渡る能力が無く、そこでリッベントロップが日本との関係回復~日本にシンガポール~インド洋側でイギリスを潰す事を考えて、日本に対して、独ソ不可侵条約の「言い訳」に「独ソ不可侵条約は、そもそも日独伊ソの四カ国で連合して英米に対する牽制とする」という話をでっち上げたわけ。それに左翼の近衛が乗っかって出来たのが三国同盟。

そもそも、1940年に三国同盟を組み、1941年に日ソ中立条約が出来た時点で、誰が日本に防共を期待するねん、という話だよね。とりわけ日ソ中立条約は、すなわち日本が南進するために背後の敵と妥協したと英米は理解した。そしてアメリカは日本に対してシンガポール侵攻阻止と三国同盟からの寝返りを期待して日米諒解案交渉をしたものの、これを松岡が潰し、なおかつ南部仏印進駐までやらかした以上、日本の対英戦争不可避と判断して日米交渉は動かなくなったんだよ。
176.名無しさん:2020年05月01日 03:05 ID:8aAhJF6Y0▼このコメントに返信
>>100

松岡は基地外でアタマの病気だから
大臣とかさせちゃいけない
多田駿あたりを外相にしろや
177.名無しさん:2020年05月01日 03:07 ID:LphbRMco0▼このコメントに返信
日露戦争のような総力戦を仕掛けなれば良かっただけでは?
以後、その損失を埋めるべく大陸にのめり込んだ。
178.名無しさん:2020年05月01日 03:13 ID:8aAhJF6Y0▼このコメントに返信
スペインのフランコ政権みたいな日和見しておけばよかったのになあ
179.名無しさん:2020年05月01日 03:27 ID:OpF1F19.0▼このコメントに返信
この話では必ず国際連盟脱退の件が挙がる
確かにそれもあるが、どうも刷り込まれてしまっている感は否めない

国連を異様にありがたがる風潮など、国際機関から日本が脱退することに
異様なまでに反応する

まるで上長の言葉は神の言葉のごとく異議を唱えてはならない、
そこにある真実を究明したりより良い方法を自ら考案することは許されない、
と自らを縛っているかのようだ

当時も今も、日本は独立国のはずだが

(もちろん国際機関や外国との関係を大事にしないでいいと言うわけではないし
実際あれは失敗だったかもしれない)
180.名無しさん:2020年05月01日 03:28 ID:50Io1cRT0▼このコメントに返信
山県有朋が戊辰戦争で戦死してれば、なんて事はなかった。
181.名無しさん:2020年05月01日 03:35 ID:slvUb8sP0▼このコメントに返信
庶民が金持ちだったら起きない。
182.名無しさん:2020年05月01日 04:11 ID:GxLzuckI0▼このコメントに返信
>>28
悪いというか致命的なセキュリティーホールのある欠陥品だった
183.名無しさん:2020年05月01日 04:14 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>179
戦前の連盟(常任理事国)であれ今の国連であれ、たしかに別に大して重要ではないけど、大事にすべきはその裏にある国際関係への配慮なんだよね。とりわけ戦前ならば、色んな場面で日本に助け舟を出してくれていたイギリス、現在はアメリカ。とりわけ満州事変から連盟脱退までの日本は、日本に終始配慮していた英国との関係を見てもあまりにも愚かで、はっきり言って救いようがない。ある意味、松岡の連盟脱退はその愚かな外務省や日本政府のシンボル。
184.名無しさん:2020年05月01日 04:15 ID:zlKVfwXu0▼このコメントに返信
何度でもいうが、人種平等を実現させるためのたった一つの冴えたやり方だったんだぞ
本当に日本という国は崇敬に値する
185.名無しさん:2020年05月01日 04:16 ID:a.blrPQv0▼このコメントに返信
>>57
天皇なんて平安から今までごく僅かな例外を除いてただの神輿でしかなかったから無理
186.名無しさん:2020年05月01日 04:21 ID:lpumGy8i0▼このコメントに返信
>>61
別に石油だけを海外に依存していたわけじゃないし石油だけを禁輸されたわけでもない
それに当時の石油は軍需物資でしかないから現代人が思うほどの重要性はなかった
187.:2020年05月01日 04:24 ID:lpumGy8i0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
188.名無しさん:2020年05月01日 04:30 ID:BnpGsLLh0▼このコメントに返信
>>184
そういうファンタジーはいいから
てかそんな事の為に国家国民を犠牲にしたんだとしたらそれはそれで屑すぎる
189.名無しさん:2020年05月01日 05:30 ID:KoM0.KG60▼このコメントに返信
先にソ連に宣戦布告する
190.名無しさん:2020年05月01日 05:37 ID:.0mqeVjI0▼このコメントに返信
リアルに共産化しつつ粛清がしやすくするしかないんじゃない
191.名無しさん:2020年05月01日 06:19 ID:WreI5ngL0▼このコメントに返信
>>138
愚民による選挙制度の運用を開始するなら、憲法も変えておくべきだった。天皇が組閣を命ずる前提、つまりは任命されるに値する能力があってのこと。
愚民による選挙で生まれる政治家=愚民好みのレベルだからね…
192.名無しさん:2020年05月01日 06:23 ID:4fKvd69N0▼このコメントに返信
※188
いや、その平等でしか救われない人種に日本の国家国民も含まれているんだが。
近隣の虐げられている人種を広く巻き込んで皆で平等を勝ち取ろうってのが当時の日本が生き残る唯一の道。
だから、手に余る統治や防衛まで民族自決はさせなかったし、無用の日本優位も求めなかった。
半島にも大東亜会議出席を求めたぐらいだ。結局は終戦まで逃げ切られてしまったが。
(そんな状況だから、赤とはとても馴染みやすく容易に浸透されてしまった。劣位勢力の常とは言え忌まわしい。)
193.名無しさん:2020年05月01日 06:25 ID:slvUb8sP0▼このコメントに返信
アメリカの方を変えさせなきゃ駄目じゃんって指摘は面白かった。
たぶん、そうなんだろうね。
194.名無しさん:2020年05月01日 06:32 ID:WreI5ngL0▼このコメントに返信
>>144
薩長閥も大正時代には排除されている。その後を継いだのが旧朝敵県貧民組。それらが偉くなった時期に対米戦。せめて、間に旧幕臣組が噛めばねぇ…教養もあったろうし。
まぁ戦後、特に平成以降から今に至る政治家のレベルよりはいいのだろうけどね…当時は。
195.名無しさん:2020年05月01日 06:39 ID:KdInEHWx0▼このコメントに返信
欧米のアジア侵略をやめていれば
196.名無しさん:2020年05月01日 06:39 ID:WreI5ngL0▼このコメントに返信
>>177
日露やらずしてロシアを防げたか?イギリスに「ロシアを潰してください!」と頼むのか?
197.名無しさん:2020年05月01日 07:39 ID:2UB2kDKh0▼このコメントに返信
シンプル。大陸から離れる。
ある意味、今の経済にも言えてることだぞ!!
198.名無しさん:2020年05月01日 07:45 ID:P0W7XXD70▼このコメントに返信
※196
何もしなくても世界大戦が起こって滅びた
199.名無しさん:2020年05月01日 08:09 ID:vuZm6nmB0▼このコメントに返信
米国を併合すればいい 実はそうだったそうだ
200.名無しさん:2020年05月01日 08:09 ID:0RMSjG5X0▼このコメントに返信
日清日露でボロ負けする。怖くて第二次世界大戦に参戦出来ない
201.名無しさん:2020年05月01日 08:23 ID:6lD.t.b00▼このコメントに返信
アメリカが手を出してくるまで一切無視して南方資源地帯抑えて自給自足体制を粛々と進めればいいんやで。真珠湾攻撃は戦術的にはともかく戦略的には大失敗。
あとは国民党を中国政府と認めて極力早く日中戦争を終わらす。
三国同盟は初めから結ばないか、出来るだけ早い時期に破棄する。
イギリスと和解する道を模索する。
202.名無しさん:2020年05月01日 08:31 ID:7g569PhO0▼このコメントに返信
当時の朝日新聞と毎日新聞を廃刊にする。
203.名無しさん:2020年05月01日 08:33 ID:J.zpd0G40▼このコメントに返信
※176
それも、英米が戦前から強固な関係だったと思っている戦後脳と同じ。
松岡は基地外ではなく、米欧並の現実主義者だった。
普通の日本人には、理解出来ないのがマキャベリズムのリアリズム外交(向こうでは普通なんだが)。
昭和帝も、嫌うよ。日本人らしくないのだから。
逆にヨーロッパでは日本にも英語を巧み操り、強かな外交が出来る人がいるのだと思われ
アメリカはさらに日本への警戒を強めた。
204.名無しさん:2020年05月01日 08:38 ID:nBXnFf.Q0▼このコメントに返信
無能A級戦犯広田&近衛が悪いな、七大国策・十四項目これはアウト
職能無き者を総理にした天皇の責任が大きい
205.名無しさん:2020年05月01日 08:48 ID:SyFrpfs00▼このコメントに返信
水からガソリン抽出が成功してたら、宣戦布告せずに済んだな

大西、山本といった海軍首脳まで騙された訳だから、どんだけ油欲しかったか良く分かるだろ
206.名無しさん:2020年05月01日 08:49 ID:KM40WxIC0▼このコメントに返信
根の深い問題があって、
日本人が黄色人であることが大きいと思う。
明治維新の時チャンスだったようだから、
白人種ともっと混血融合しておく必要が
最低限の条件だったと思う。
諸々の話はそれからだろう。
アメリカに日本が白人国家と見なされてたならば
ワンチャン大日本帝国も生き延びれたかも。
207.名無しさん:2020年05月01日 08:51 ID:KM40WxIC0▼このコメントに返信
アメリカはロシアを白人国家と
みなしていたと思う。
208.名無しさん:2020年05月01日 09:04 ID:M0SY.wfq0▼このコメントに返信
白人が他民族を差別しなかったら戦う必要はなかったやろ
209.名無しさん:2020年05月01日 09:17 ID:YyvjT.HL0▼このコメントに返信
相手が全力を出せば我も負けるもんか最大限の力を出す
これ人間の心理
パールハーバーはこれを無視している
大失敗にしてはひどすぎる

210.名無しさん:2020年05月01日 09:25 ID:OVL9QSNh0▼このコメントに返信
大慶油田の発見とシェールオイルの開発!
211.名無しさん:2020年05月01日 09:59 ID:VoYGtMng0▼このコメントに返信
偽ユ〇ヤ「ムーリー!」
212.名無しさん:2020年05月01日 10:01 ID:GWPKgwxe0▼このコメントに返信
アメリカが満州国建国に多少なりとも協力なり支援とかしてたんなら共同運営でやってけたかもな。
まぁ、ルーズベルトじゃ無理か。
213.名無しさん:2020年05月01日 10:34 ID:QhD..Bj50▼このコメントに返信
統帥権干犯問題が出た時に、天皇陛下がその統帥権を行使して軍の暴走を抑えたら、アメリカの敵視政策は回避できただろうな
214.名無しさん:2020年05月01日 10:59 ID:XoEWeu.D0▼このコメントに返信
やり直すなら本能寺の変の回避当たりから。。。
215.名無しさん:2020年05月01日 11:08 ID:P0W7XXD70▼このコメントに返信
※213
憲法で大臣が優先されるから無理だぞ
大日本帝国憲法だと
天皇は大臣の輔弼を受けなければならない
そして軍のトップは海軍大臣陸軍大臣つまり憲法上そのまま通すしかなかった
216.名無しさん:2020年05月01日 11:21 ID:hhTPyCh.0▼このコメントに返信
※21
まぁ、その甘々条件が提示されている特に蒋介石が「国際社会が助けてくれるに違いない!」と交渉をだらだら引き延ばした結果各地でボロ負けした挙句首都は陥落するわ、国際社会には無視されるわで戦況が悪化していった・・・ので日本側も「あかん、勝ちすぎたのでこの条件では世論が納得しない」となったと。
まぁ、近衛の人気取りという面も強いですが。
217.名無しさん:2020年05月01日 11:29 ID:hhTPyCh.0▼このコメントに返信
※212
当時のアメリカの世論は「戦争に巻き込まれるくらいなら官民問わず撤退しろ」というぐらいにアジアに興味が全くない。さらに言えばフランスが降伏しても「馬鹿どもは勝手に潰しあえばいい」という論調で欧州にもない。

あるのは南北アメリカ+カリブ海のみ…なので日本が満州売るよ、といっても政府はともかくアメリカ世論が反対する可能性が大。。
218.名無しさん:2020年05月01日 11:34 ID:bxH5rhrV0▼このコメントに返信
※175
この話は、もし と云う設定だ。
219.名無しさん:2020年05月01日 11:39 ID:hhTPyCh.0▼このコメントに返信
※14
しかもそれを黒船来航から1世紀未満で片付けなさい、というRTA付…そう考えれば日本って太平洋戦争込みですごいことやったんでは?
220.名無しさん:2020年05月01日 11:41 ID:hhTPyCh.0▼このコメントに返信
※195
で、さかのぼって(西)ローマ帝国が滅びなければ…まで行くんですかね。
221.名無しさん:2020年05月01日 11:41 ID:bxH5rhrV0▼このコメントに返信
※203
松岡は戦後回顧録で、僕は間違っていたと本音を言っていた。実際松岡の考えは対独協定、対ソ協定で米国を懐柔できるともくろんでいたが、それは頓珍漢だったことも述懐している。私が知りたいのは東条が敗戦後、開戦に対してどう自分を評価していたか、どうしてもしりたい。それは無理だが。
222.名無しさん:2020年05月01日 11:45 ID:bxH5rhrV0▼このコメントに返信
※221
さらに辻正信さえいなかったら参謀本部のクウキも開戦には向かわなかっただろうし、まして対米戦争は無かっただろう。場の空気で走ってしまった。
223.名無しさん:2020年05月01日 12:08 ID:YSI.5V1r0▼このコメントに返信
まあ、結局のところ、私を含めて「日本が」これをすれば良かった。
こうすれば「白人に認めて」もらえて、戦争は回避できた。
って思考をしてる限りは、戦争は起きただろうね。
(対等の放棄。媚へつらう思考。支配者は、そんな人間が何を求めても与えたりしない)

今から過去を見て、こうすれば良かったとか、言ってるのもそう。
昔の方が、当時何も考えずに行動してたって前提で話している。
当時、「どのような前提条件があり、その中でどのような取捨選択が起きたか」が重要なのにね。

失礼かもだが…だから現在進行している問題や、民主党政権が出来時も、結果論で批判になるのかもね。
当時投票した人は、どう反省した?  多くの人は民主党に投票しない。これだけだと思う。
勿論これだけでも、かなり学んでいると思うが、先がない。
(第2の民主党が出来たらまた騙される。なので手法を学び、右翼政権や保守党を作る事が必要?)

別に、対案ないから、こっちを支持しろとか、極端な事を言っているわけでないよ。
結果論で批判も、信用できる前提条件がないなら、いくら議論しても結論が信じられのは当たり前だし。

私含めて、本当に反省すべきは、今も昔も変わらない。「諜報機関」がない事だよ。
(洗脳と学校教育により、民主主義の国民として、議論も団結も出来なくなった。ロボット化してる)
(議論の仕方を学んでも、正しい前提条件がないから間違った結論になる。だから、現メディアは害になる)
224.名無しさん:2020年05月01日 12:24 ID:YSI.5V1r0▼このコメントに返信
※208 ※211 

結局、これでしょ。
これが頭から抜けているから、間違った結論へ誘導されている。
戦争回避の議論は、この前提条件が抜けている限り正解にたどり着けない。

実際、多くの左翼は「戦争した」日本が悪いって結論に誘導されてる。
(日本が悪いって洗脳が解けるから、この情報を教えない。白人の植民地の事もね)
225.名無しさん:2020年05月01日 12:40 ID:LESf6h.M0▼このコメントに返信
太平洋戦争時の陸軍のトップ総入れ替えで、海軍も山本五十六の意識改革とドライな人事で南雲なんて水雷屋は戦艦部隊に押し付けておけば
違う戦争になったはずだ。
226.名無しさん:2020年05月01日 12:41 ID:LESf6h.M0▼このコメントに返信
当時の政治家が無能すぎるから、戦争は回避不能だと思う。
227.名無しさん:2020年05月01日 12:58 ID:pPIrhBdb0▼このコメントに返信
>>206
無理。アメリカ人の心の拠り所である、クリスチャンが日本に広まらない限り。
有名なクラーク博士も宣教師。
シナ人は喰わせてもらえるために
簡単に洗礼を受けたのと違って日本で洗礼を受けた人はほとんど増えなかった。

君主制のイギリスといないアメリカの違い。
228.名無しさん:2020年05月01日 13:06 ID:4fKvd69N0▼このコメントに返信
※220
それ言い出すと、例えばホノーリアの毒酒(演劇的一説)まで遡っても良くないかってなるものな。
歴史的必然でもご都合主義的偶然でも無く、どちらでもあり得た選択に依ってこそ、仮想史は楽しい。

それと、お題を盤外からひっくり返すのは話の取り留めが無くなるので半ば以上禁じ手。
大日本帝国やアメリカが当時の形で存在するという基礎条件は変えないのが原則。
吉宗とか春日局とか大伴のクイとか磐井の乱とか、楽しいネタは多いけど、スレチかと思う。
許されても、大村益次郎の早すぎる死を回避したら軍制がもっと良くなったかも、辺りかと。

※223
意外と日本は諜報機関は確りしてる、特に一般情報の収集分析と国内の人的諜報が。
足りないのは、対外及び在外情報工作能力。人種差別化にある単一民族国家では育ち難くはあったが。
229.名無しさん:2020年05月01日 14:15 ID:eA3UDNuq0▼このコメントに返信
日露までの日本からの取捨選択を誤らない事かな
第一次世界大戦の嵐どころか余裕あってもできなかったのが痛い
無理な背伸びを良しとしたのがむやみな拡大ゴリ押し誤魔化しとなり、
ダメな弱い所を隠して負担や火種となった
230.名無しさん:2020年05月01日 14:19 ID:eA3UDNuq0▼このコメントに返信
※14
第一次でも振り回されたならそうだけど
あそこら何やってんたんだろうな?中だるみあるのが惜しいよね
ドタバタ見せ場あったら文句なしだったわ
231.名無しさん:2020年05月01日 15:57 ID:yeCvJZTO0▼このコメントに返信
1910年韓国と国交断絶。
そうすれば戦争する必要もなかっただろう。
良い面を見るあまり、悪い面も取り込んでしまう
暴飲暴食ばかりするのは悪い癖だ。
232.名無しさん:2020年05月01日 16:04 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>231
1910年、大韓帝国は消滅したんだが
233.名無しさん:2020年05月01日 16:21 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>228
こういう歴史談議するときに、大体二通りの歴史に対する向き合い方があって、一方はマルクス唯物史観やら中華的な歴史創造~歴史の哲学化、論理的スキーム作りに熱を上げるタイプと、逆に歴史を政治ゲームとして分析するのにハマるタイプがいるんだが、前者はそもそも哲学だから、「もし~ならば」って話をさせたら、とにかく前提条件がひっくり返るようなレベルまで変えないと歴史を変えられないと思いこんでるので、まあ、限定するのが無理になるんだよね。そもそもその前提条件自体、自分で勝手に想定しただけだ、ってことに気づかないから。

一方、後者でも、歴史をちゃんと現在につながる政治外交経済の継続だと理解してる人間と、現在とはまったく違うと思ってる人間では、IFの立て方がまったく違う。

ちょうど、北朝鮮や韓国の外交を見たときにどう向き合うのかに似てるかもね。
234.名無しさん:2020年05月01日 16:25 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>191
ところが、この段階(普通選挙実施)ではまだ西園寺が重石としてちゃんと仕事できてたんだよね。それならば、わざわざ立憲君主である陛下を政治の矢面に立たせるリスクを背負わせるのは愚策、となる。
235.名無しさん:2020年05月01日 16:29 ID:.GkNTpDP0▼このコメントに返信
>>194
特に東北系の人間は真面目なんだが、その分頑固でなおかつ左翼思想に弱い。変な宗教的革命思想にもすぐにホイホイ引っかかるうえに、劣等感から横の繋がりを重視するので組織を腐らせるんだよね。関東軍はじめ陸軍にこれが如実に出ちゃったのは大きいね
236.名無しさん:2020年05月01日 17:06 ID:4fKvd69N0▼このコメントに返信
※233
名付けるなら、順に 模造史 仮想史 架空史 かな。仮想と架空は、歴史物と時代物みたいな違いと理解。
その上で言うなら、)仮想史が好きだ )お題の条件からして仮想史では取り留めが無くなるからスレチだろう
と言ってみた感じ。模造史に至っては、思考実験とは考えてなかった。勝手な前提追加されたらスレチだし。
そこら辺で踏み外してるのが多く見えて水差してみたら時宜外した間抜けですがw

バカの壁は、認識するのが最難関。他人のそれは更に難解なので、実に良いご教示でした。感謝します。
237.名無しさん:2020年05月01日 20:33 ID:o8BMyyYj0▼このコメントに返信
中国を侵略しなけりゃ
アメリカと戦う事もなかったのにな。

満州だけで我慢しておいて、
中国本土への干渉は
汪兆銘政権に対する武器と物資の供与、そして
金と直接投資、技術供与など、あくまで支援のみに留めておくべきだった。

そうして汪兆銘政権に力を付けさせて、勢力を肥え太らせて、
あくまでも大陸を支配するのは汪兆銘。日本はそのバックアップ。
って立ち位置に留まっていれば、世界からの反発は買わなかったし
アメリカと戦うこともなかった。

まあその時は
汪兆銘政権(日本)vs 蒋介石政権(米国)vs 毛沢東政権(ソ連)の
三大国による代理戦争「三国志」になっていたかもしれないけどな!!!
238.名無しさん:2020年05月01日 21:46 ID:PKnVE4q80▼このコメントに返信
結果論で言うと太平洋戦争はアメリカに手を出しさえしなければ回避できる。もし、アメリカから攻撃があってもあの膨大な米軍の戦死者にルーズベルト政権は耐えられない。
239.名無しさん:2020年05月01日 22:37 ID:bxH5rhrV0▼このコメントに返信
※238
米国へは艦隊演習を見せればよかっただけ。攻撃の後の展開をまったく考えていなかった。どうだすごいだろうと云うことだけだった。
戦略とは実際に戦闘せず威嚇して勝つこと。しかしソ連攻撃は絶対にするべきだった。制海権が日本にある以上日本自体には影響はなかった。ソ連を過大評価していたから攻撃できなかった。
240.名無しさん:2020年05月02日 00:13 ID:2AiT.aIY0▼このコメントに返信
※239
当時のアメリカは膨張立国だぞ。
海軍への内政的要請は軍拡止まりでも、国民性が対外膨張と権威的優越を必須としている。
制圧の終わる比の周辺には列強植民地と日本のみ。矛先の読めないハクチはおらん。
241.名無しさん:2020年05月02日 02:11 ID:R7Gk.aBn0▼このコメントに返信
※240
ハルノート読んだ?  最後のページに 日本がソ連を攻撃する時は、米国は協力すると書いてある。当時から米国の真の敵は共産主義ソ連だった。1941年では米国はまだ参戦していなかった。1941年3月 ソ連極東軍はスターリングラード戦にそなえジューコフとともに西部戦線に
移動していた。軍部は国際情報を理解していなかった。
242.名無しさん:2020年05月02日 06:06 ID:2AiT.aIY0▼このコメントに返信
※240
散々敵対的行動取っといて、今度は味方と口だけで裏付けとなる行動はナニもなし。
こちらが言ってるのは、日本側から見てアメを信用する謂われが全くなかったって話なんだが。
詐話の紹介されても賎塵乙としかならんわw
243.名無しさん:2020年05月02日 08:56 ID:kdXZF7dy0▼このコメントに返信
なぜ北朝鮮がああうい外交を取っているのか。北朝鮮はアメリカの事をよく学んでいる。太平洋戦争にいたるまで、日本はもっとアメリカの世論も読むべきだった。
244.名無しさん:2020年05月02日 09:01 ID:9fDqzW.l0▼このコメントに返信
>>28
維新の原動力になった元老による賢人政治だったためあえてガバガバにしてたところもある。
各重要ポストのトップ通しがワレオレの戦友同士だから上手く調整できたが、元老が引退したり死んだりした途端、各部署がそれぞれの利益を確保し出して横の連携が取れなくなったんやで。
245.名無しさん:2020年05月04日 13:50 ID:t.77f9sD0▼このコメントに返信
※243
あの国には、敗戦利得者がいないに等しいからだよ。

お名前