2020年03月27日 12:05

【悲報】第二次世界大戦で日本が勝つ方法、ガチで存在しない…

【悲報】第二次世界大戦で日本が勝つ方法、ガチで存在しない…

03

引用元:【悲報】第二次世界大戦で日本が勝つ方法、ガチで存在しない…
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1584333353/

1: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:35:53.20 ID:xRkzSEUi0
仮にどれだけ最善手を打っても開戦前の戦力差で負けてた模様

2: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:36:54.70 ID:xRkzSEUi0
同盟国も頼りにならない

3: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:37:05.20 ID:Uid/QcrM0
勝てばいいというものではない

4: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:37:37.71 ID:zbatSG/zM
満洲と台湾で我慢してたらよかったのかな?

10: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:38:50.52 ID:xRkzSEUi0
>>4
その辺が限度よな

36: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:44:20.97 ID:pWUncLDU0
>>4
リットン勧告受入れてれば良かった
あれは「今回の日本の行動はアカンけど満州の権益は日本優先やで~」いう勧告やからな

45: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:45:47.75 ID:8oXWGEHPr
>>36
三国干渉受け入れたり引くところは引いてたのにな

76: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:49:03.54 ID:pWUncLDU0
>>45
あっこ引いてたら国連におったままやったろうしなぁ
色々変わってたと思うで

6: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:37:56.29 ID:0XcJEZyh0
アメリカ参加させないルートがあれば

7: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:38:03.81 ID:ydexx1f60
戦力差考えたらようやったよな

9: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:38:43.92 ID:gvIfjrju0
満州に油田あり までたえる

47: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:45:52.72 ID:TRfr/VxU0
>>9
大慶は当時の精製技術じゃ実用化できるもんじゃない

435: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:24:37.47 ID:IM0lY0scM
>>9
むしろ油田見つかったらソ連がせめてきそう

16: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:40:45.45 ID:25S02G/20
アメリカ参加時点でアウト感あるからなんとか回避せな

22: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:42:29.31 ID:0UhNNCoMa
台湾と朝鮮だけと南印だけにとどめとけば大丈夫

38: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:44:32.22 ID:I5kBXU440
>>22
いやそこが一番あかん
対米戦が既定路線になるのは仏印進駐からや

23: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:42:35.12 ID:D5mlK/d30
勝ってた方が日本が今より貧しい可能性あるよな

42: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:45:28.80 ID:wg4jlW/90
>>23
国家予算の軍事費が占める割合とかありえんわ

24: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:42:40.96 ID:F77VUkLha
そもそもWW2における日本の勝利条件て何よ

43: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:45:32.22 ID:O88X43Q90
>>24
講和しかあらへん
仮に日本が物量に溢れとっても兵士がおらんから連合国と総力戦は無理

25: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:42:56.39 ID:I5kBXU440
逆や当初戦力差だけは勝ってたんや
開戦時の太平洋にあれだけの海上戦力を出せるのは日本だけなんやから
それ以外の全てで負けてたから負けたんや

26: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:43:01.51 ID:HVEbW4aQd
ミッドウェーで手抜き対応しなけりゃあるいは勝てた?

27: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:43:01.96 ID:47EEOLJ2d
国力が違いすぎる

28: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:43:20.34 ID:hMpG+W+Ha
高野五十六と大高弥三郎が転生していたら・・・?

31: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:43:40.52 ID:kRccOyje0
ハルノート受諾して連合国側で参戦

40: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:45:26.02 ID:09SVG/U7r
ハルノートが最後通牒とか言うけど
ハルノートに従って素直に中国から撤退しとけば良かったやん
そうすりゃ今頃朝鮮半島と台湾、北方領土も日本だったというのに

72: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:48:44.96 ID:wg4jlW/90
>>40
戦死者沢山出してるから民衆が怒るし
軍縮して軍人が内乱起こすから無理やな

90: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:51:04.29 ID:nLDb3FOm0
>>40
参謀と国民「そんなのできるか」

58: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:47:34.27 ID:32qtap2+0
真珠湾しなければよかったんちゃうん?

59: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:47:43.52 ID:t+Heglb9r
気合でミッドウェー海戦に勝ってハワイを攻略して講和しかない
北進もシベリア越えられないし詰み

73: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:48:46.15 ID:TRfr/VxU0
>>59
ハワイ攻略できる戦力運べるだけの輸送船がない

68: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:48:33.85 ID:TBKtg674M
連合国側に入る

70: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:48:38.25 ID:an1mP6Swa
イキり関東軍太郎なんとかして

84: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:50:29.13 ID:TBKtg674M
仮に日本勝利して軍国主義崩壊しなかったらどうなってたのかの方が気になる
きっとろくな国にならんやろ

85: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:50:34.84 ID:cZD9NatKd
日中戦争せずに中国と仲良くする

104: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:53:01.23 ID:z4Fyxhhe0
日本の子供→降り注ぐ焼夷弾から逃れ穴の中でイモの根っこをかじる
アメリカの子供→ソファーでポテチ食べながらテレビでトムとジェリー見て笑う
こりゃ無理あるで

113: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:53:35.09 ID:akv22X/5d
満洲まてで満足しておけば良かっただけや

120: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:54:45.74 ID:Wpd6Upqkp
明治の先輩達が優秀すぎて昭和の後輩もそれに負けじと頑張りすぎた
で後輩が暴走してももはや先輩に後輩を止める力は残ってなかった

121: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:54:46.96 ID:5e1xNvYBd
満州で満足して英米と協調してたら勝ち組になれたわ

122: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:54:47.67 ID:p53kKLApM
アメリカ仲間にすればよかった

128: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:55:34.27 ID:XwnJhK8C0
満州持っててもソ連と対峙しなきゃならんかったから
アメリカと共同経営すりゃよかったんじゃね?

156: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:58:31.78 ID:HIgyUOEJa
天皇「え!アメリカと戦争を!?」
陸軍「できらぁ!」

やっぱ陸軍て糞だわ

159: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:58:56.99 ID:O0Hzxyeh0
>>156
海軍も大概なんだよなあ

158: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:58:54.14 ID:Tz9EU3g7M
ソ連を攻めるなら別に何もおかしくないんだよな
旧陸軍はロシアを倒すためだけの軍隊で旧海軍は英米が仮想敵だったが
逆立ちしても敵わないの知ってて戦いたくないんだから

165: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 13:59:58.68 ID:ZlS2SCVAd
そんなの満州渡して連合入りよ

183: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:01:55.73 ID:pWUncLDU0
>>165
アメリカは満州は日本でええいうスタンスやったで
満州はええけど他の中国権益は門戸開放せえという考え

197: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:03:37.06 ID:5VdVylRid
>>183
ハルノート的には大陸からの撤退=満州撤退って感じじゃねーの?

200: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:04:22.44 ID:G+eniDiJ0
>>197
ハルノートは満洲はそのままでいいという趣旨だったのが通説やぞ

193: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:03:04.91 ID:kSSMe4lc0
第二次世界大戦がなかった世界の中国どんなんなってるんやろ

198: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:03:39.74 ID:cJ2Z1bqC0
負けルート回避しても朝鮮満洲は独立してたんじゃない
台湾はどうだろう

219: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:06:04.79 ID:AO4wOXBm0
日独伊って全く連携とれてなかったよな

239: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:07:31.92 ID:orJVjCstM
満州朝鮮は返す
台湾と南樺太はいまでも日本のものだっただろうな

240: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:07:32.24 ID:W4kZjS4w0
パールハーバーやらなきゃいい

268: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:09:38.02 ID:U/jt6EoS0
結局日本は負ける運命やったんかもね

270: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:09:45.26 ID:erc7xzBu0
割とマジで日本が満州で満足したら中国国内の内紛もっと続いてたやろな

292: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:11:30.64 ID:Q4CI4JDHa
>>270
中国国内の内紛が納まりそうだったから満州取りに行ったのもあるんで、それは厳しいかと

278: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:10:10.97 ID:cJ2Z1bqC0
近衛を首相にさせない
これだけで大敗北ルートはないやろ

289: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:11:20.74 ID:dWMaWdta0
満州が日本領土とか夢あるよな東京よりか国際都市になってたやろうな

290: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:11:25.50 ID:llYE9Wfpd
日中戦争になった時点で終わりなんだよな

294: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:11:33.73 ID:erc7xzBu0
問題は関東軍をどうやって抑えるかよ

320: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:13:33.57 ID:TRfr/VxU0
>>294
無茶やって既成事実作って戦闘に持っていき
勝ってしまえば許される体質ある限り無駄やな

295: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:11:38.59 ID:wOJ668P40
もし農地改革が無かったら戦前の格差社会ってそのままだったんかな?

314: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:12:50.00 ID:XwnJhK8C0
大正時代に軍部が糞雑魚化したのになんでまた肥大したんや

319: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:13:23.01 ID:wOJ668P40
>>314
昭和恐慌じゃね(適当)

316: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:13:02.65 ID:o7L/UpLe0
アメリカに戦争を仕掛けたら終わりや
国としての国力に差がありすぎる

318: 風吹けば名無し 2020/03/16(月) 14:13:14.54 ID:cJ2Z1bqC0
明治維新から終戦まで77年
終戦から現在まで75年
近い未来また日本が大きく変わる出来事ありそう

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年03月27日 12:09 ID:apnUuLlE0▼このコメントに返信
何をもって勝ちなのか? 相手を屈伏させることか?
2.名無しさん:2020年03月27日 12:10 ID:3qt.G4UE0▼このコメントに返信
韓国人は、その時は原始人みたいな生活を送っとるwww
3.名無しさん:2020年03月27日 12:12 ID:BL9KoaUL0▼このコメントに返信
日本を地獄にたたき込んだ張本人と言える石原莞爾を持ち上げているような
国民性じゃ何をやっても無駄だろうな。
4.名無しさん:2020年03月27日 12:14 ID:s6ZoHDID0▼このコメントに返信
ま~た追い詰められて精神崩壊寸前のアホ在日渾身の糞スレかよw
いい加減にそんな前世紀の日本の悲劇よりも目の前の現実に立ち向かえよなw
5.名無しさん:2020年03月27日 12:15 ID:r1GOIMkn0▼このコメントに返信
アメリカ側につく以外に
「戦勝」で終わる事なんて不可能でしょ
6.:2020年03月27日 12:16 ID:n75MEyjx0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
7.名無しさん:2020年03月27日 12:19 ID:3wjHAFlG0▼このコメントに返信
ハルノートは満洲を日本の一部として認める代わりに日本の軍事力の大半をアメリカに売れと要求してるんだから最後通牒と解釈されてもおかしくない
8.名無しさん:2020年03月27日 12:20 ID:VqF51Bl30▼このコメントに返信
たまのミリまとめでも日本サゲばっか・・
9.名無しさん:2020年03月27日 12:22 ID:hCGAXEsL0▼このコメントに返信
そんなもん簡単なことよ
中朝を見捨てて、米の提示した交渉案に乗ってしまえば
しばらくは平和だったろう
今戦わないと数十年後には米の属国になると戦争を始めた
軍部だが数十年先の事など誰が分かるのか
10.名無しさん:2020年03月27日 12:22 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
事実を提示するとサゲになってしまうな
11.名無しさん:2020年03月27日 12:23 ID:qk4plIBq0▼このコメントに返信
出来るよ
ハワイ攻略したら最終的にアメリカに勝てるから

そしてハワイ攻略は可能
ゲームで出来るから現実でも可能だった
やらなかったのは山本五十六がアメリカのスパイだったから


ソースはコロンブス
12.名無しさん:2020年03月27日 12:24 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
ファンタジーありならなんとかって漢字

※8
アホみたいに「日本終わりスレ」載っけるよなココ
13.名無しさん:2020年03月27日 12:24 ID:zbGwm5Yz0▼このコメントに返信
太平洋戦争 じゃなくて WWIIの勝利なら掌返して連合というかアメリカに着くのが一番確実だと思う
14.名無しさん:2020年03月27日 12:25 ID:fHHgpWG00▼このコメントに返信
ドイツがヨーロッパとソ連を完全に制して、二方面からアメリカへ攻撃とかならどうなんだろ?
15.名無しさん:2020年03月27日 12:26 ID:.XBKKE3u0▼このコメントに返信
メタルダーと鉄人28号があれば…
16.名無しさん:2020年03月27日 12:26 ID:s6ZoHDID0▼このコメントに返信
※9
なワケね~だろw
アメは日本国と日本人を滅ぼす気満々だったんだぞ?
そもそも当時の中の代表だった蒋介石とアメがグルだったんだぞ?
17.名無しさん:2020年03月27日 12:26 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
米8
※12
みたいな連中が発狂してくれるからアクセス数稼げるのよ。
サンデーモーニングやモーニングショーと一緒
18.名無しさん:2020年03月27日 12:27 ID:s6ZoHDID0▼このコメントに返信
※15
その場合地球が滅びていると思われます・・・
19.名無しさん:2020年03月27日 12:27 ID:apnUuLlE0▼このコメントに返信
>>11
ヤバイ奴がソース
20.名無しさん:2020年03月27日 12:29 ID:3wjHAFlG0▼このコメントに返信
>>1
戦争目的を達したかどうかじゃない?日露戦争の場合はロシアを北緯39度線から北へ撤退させるという明確な目的がある。
総力戦だったら相手の総力を潰すまで
21.名無しさん:2020年03月27日 12:29 ID:s6ZoHDID0▼このコメントに返信
※12
追い詰められたアホ在日共が現実逃避に必死なんだよw
22.名無しさん:2020年03月27日 12:30 ID:apnUuLlE0▼このコメントに返信
全く関係ないが、護衛艦まや就役か。
1週間前だけど、皆あまり興味ないのかな?
ミリタリーまとめなのに意外だ。
23.名無しさん:2020年03月27日 12:31 ID:YcVJ4XgT0▼このコメントに返信
勝ち筋整えられてる方が勝つのは普通の事だからね米に限らず英や日露の日本とか枚挙に暇ない
逆に筋間違えるとベトナムとかの状況になるのも普通の事
なんか知らんけど勝ち側に上手く回るイタリアなんかもあるけどあれも賠償だけ避けられたって敗戦処理だし勝ったとは
24.名無しさん:2020年03月27日 12:33 ID:np6TUMKd0▼このコメントに返信
ガチで言うとイタリア抜きで日独同盟なら勝てた
25.名無しさん:2020年03月27日 12:34 ID:YcVJ4XgT0▼このコメントに返信
※22
ここはもう少し歴史ネタ寄りかな後は銃器関連
かがクラスならともかくあまり個艦の就役情報無いよ
26.名無しさん:2020年03月27日 12:35 ID:hpN.YjLQ0▼このコメントに返信
軍部がアホ過ぎた。相手が中国だけなら何とかなったかも知れんが米国を
敵に回した時点でアウト。当時と今では価値観は異なるが根本的な性質が
変わってないからまだ心配。頭の固い負けた理由の象徴みたいな人たちが
今は野党に多いのが救い。次は絶対に負けないようにしなければいけない
27.名無しさん:2020年03月27日 12:35 ID:eBKBNmMW0▼このコメントに返信
石油さえ手に入ってりゃここまでおかしくならなかったんだがなぁ
28.名無しさん:2020年03月27日 12:36 ID:TV7.2EbK0▼このコメントに返信
日韓併合しなければよかった
朝鮮半島など、米に譲り対ソ封じ込め行ってれば
29.名無しさん:2020年03月27日 12:36 ID:jHlqS7Ju0▼このコメントに返信
満洲で満足しとけば、とは俺も思うけど、海岸線少なすぎてどうにも不便やろ
どうしたって沿海州が欲しくなる
満洲内陸部と交換しましょ、なんて虫のいい話にソ連が乗るとも思えんし
となるとドンパチやんね
対ソ戦おっぱじめた場合、アメさんと戦った史実とどっちがどうやろな
30.名無しさん:2020年03月27日 12:37 ID:8I8.UhVU0▼このコメントに返信
真珠湾の前に、満州(朝鮮)・ハワイ交換条約をアメリカと締結して手打ちをすれば、幸せになれた。
31.名無しさん:2020年03月27日 12:37 ID:zBSR.x3T0▼このコメントに返信
ifの話でいいのならアメリカ側について戦争やってりゃ良かっただけ
そんな前提は反則だというなら議論の余地がそもそも無いだろ
32.名無しさん:2020年03月27日 12:39 ID:hCGAXEsL0▼このコメントに返信
※16
いや、だからだよ
米は中華から搾取する気だった
だから日本が大陸に干渉しなければ今は見逃すという
考えだったわけ
米から見れば搾取に横やりを入れる日が邪魔だったんだよ
33.名無しさん:2020年03月27日 12:40 ID:o.ng7n2.0▼このコメントに返信
満洲以前に天皇家とハワイ王家の婚姻成立させハワイを取り込めてたら真珠湾攻撃なんてなかったし太平洋の半分が日本の支配域になってた
34.名無しさんΘ:2020年03月27日 12:41 ID:yiV2T8870▼このコメントに返信
戦後ノモンハンが惨敗と言われていたが
ソ連崩壊で事実が分かって来ると
ソ連の戦車とか300輌以上破壊してるんだよな?
どうやったのか?
youtubeで検索すると韓国の映画とか出て来て
イメージ的には似た感覚の人多いと思うが
実際の所は37ミリ野戦砲が結構効いたんだろうな
高い速射性とか隠蔽性とか
それも効かなく成ってもアメリカの戦車とか結構破壊してるし
日本は降伏したが
けっこう行けるやんと
インドネシアとか竹やりで突撃みたいなこと始また
再占領される事は無かった
35.名無しさん:2020年03月27日 12:41 ID:KY8KXZhU0▼このコメントに返信
だから大陸に手を出しちゃダメなんだって
36.コロンブス:2020年03月27日 12:42 ID:CrfEXvu20▼このコメントに返信
ハワイを攻略すれば アメリカはでも足もでなくなる。
攻略に必要な戦力?資源?占領後の維持が可能?

そんな事を聞く奴は特亜な
37.名無しさん:2020年03月27日 12:43 ID:YBj6Gabh0▼このコメントに返信
国際連盟に残ってたとしても、当のアメリカが元々加盟してないんだし増長した日本とどこかで激突してたよ
38.名無しさん:2020年03月27日 12:43 ID:apnUuLlE0▼このコメントに返信
>>36
コロンブスが現れた。
39.名無しさん:2020年03月27日 12:44 ID:931Y14i70▼このコメントに返信
>>5
第一次大戦で英国の要求に従って出兵してたら日英同盟が維持されて、結果として対米開戦だけは回避できていたのかも。
40.名無しさん:2020年03月27日 12:44 ID:2i2aNCFS0▼このコメントに返信
>>20
その場合日本の戦争目的ってこと何なんだろうな?中国の度重なる嫌がらせに腹が立って攻め込んで行ったらアメリカも経済封鎖という形の嫌がらせをしてきたから、ガツンとやったらやった以上の仕返しをされたとしか思えないがな。
41.名無しさん:2020年03月27日 12:47 ID:IffTPREo0▼このコメントに返信
貧国の核 生物兵器?
日本「人道に反するので使用しない」
アメリカ「核で終戦させたる」
勝機を逃した?
42.名無しさん:2020年03月27日 12:49 ID:Va2d.H0h0▼このコメントに返信
可能性が有るとすれば
ドイツからのロシア戦参戦要求に応えたら如何成ったか
日本が参戦してたらロシアは終わる 、ドイツのヨーロッパ平定終了
イギリスはこの時点では青息吐息、後は三国同盟でアメリカを叩くだけ
43.名無しさん:2020年03月27日 12:53 ID:dc38PF5V0▼このコメントに返信
※39
>>39
日本の幣原喜重郎が、同盟破棄派なので、英国の事情関係無く、延期されることはない。
当時は、外務大臣が、勝手に条約締結できたからな。
44.名無しさん:2020年03月27日 12:55 ID:dc38PF5V0▼このコメントに返信
BOBの次期に対英参戦して、スエズまで確保できてれば、ソ連敗退が決定するので、
アメリカ参戦前に大戦終了させれたかもしれない。
その後、英米独が同盟して、日本攻撃してくるけどね。
45.名無しさん:2020年03月27日 12:58 ID:uQpQVKvQ0▼このコメントに返信
※15
メタルダーは終戦直前に作ってた 謎の集積回路
46.:2020年03月27日 12:58 ID:Ju4.9Ul00▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
47.名無しさん:2020年03月27日 12:58 ID:D41i.GHb0▼このコメントに返信
>>29
おいおい日本は悠久の大義のために戦ったんやぞ。海岸線が欲しいなんて俗物的なことを言うと日本を愛する普通の日本人たちに怒られちゃうよ
48.名無しさん:2020年03月27日 12:58 ID:YXh.qlO60▼このコメントに返信
1936年の第二次エチオピア戦争にエチオピア側で参戦してればワンチャン連合軍に入れたかも。
49.名無しさん:2020年03月27日 12:59 ID:KCqNmju90▼このコメントに返信
陸海軍ともに双子姉妹で有名なマナカナのように意思疎通が親密な計画立案と行動徹底していれば、可能性が僅かには有ったかも知れない。(双方全てにおいて親密親愛状態)
50.名無しさん:2020年03月27日 13:00 ID:soWAV9650▼このコメントに返信
>>34
ドイツ「戦車300両破壊した程度で勝利宣言とかソ連舐めてんの?」
51.名無しさん:2020年03月27日 13:01 ID:hyGoLLlq0▼このコメントに返信
中国朝鮮半島をアメリカに売却一択
まあイギリスフランスには恨まれるだろうけどね
52.名無しさん:2020年03月27日 13:05 ID:wJ2kycAH0▼このコメントに返信
だから、リットンの勧告じゃなんの意味もないんだっつの。
リットンに言われるまでもなく、満州の権利は日本のもん。
それを無視する連中を黙らせるための手段としての満州国だった。

それを否定するなら、代案挙げてもらわんとなんの意味もない。
「西欧列強の軍隊を満州南部のエリアに駐屯させ、満州に手出しさせない」とか、
「国民党か共産党を正式に清の後継として認める代わりに、満州への手出しを一切禁ずる」とか、な。
53.名無しさん:2020年03月27日 13:05 ID:zwCIsrtL0▼このコメントに返信
日独伊三国同盟を破棄し、日米英新三国同盟を締結。
54.名無しさんΘ:2020年03月27日 13:05 ID:yiV2T8870▼このコメントに返信
※50
世間で昔、惨敗惨敗って言われていたけど
それは嘘だろうという話
航空機はソ連が投入した1000機の内900機撃墜ね
55.名無しさん:2020年03月27日 13:06 ID:tL.0IEve0▼このコメントに返信
戦闘記録はカラーフィルム、週刊ベイ空母、月刊正規空母、このアメリカに勝てるわけない。
56.名無しさんΘ:2020年03月27日 13:08 ID:yiV2T8870▼このコメントに返信
先に核開発出来るかどうかかな?
先に開発してアメリカ艦隊の上でも良いから
爆発させればそこで終わりだったのでは?
57.名無しさん:2020年03月27日 13:16 ID:RPHnGusC0▼このコメントに返信
満州朝鮮半島をアメリカに売却
最悪の場合、アメリカは開戦前に滅亡する
58.名無しさん:2020年03月27日 13:18 ID:5RdP4dRV0▼このコメントに返信
※56
ウランとプルトニウムが必要量手に入らないんで・・・
59.名無しさん:2020年03月27日 13:18 ID:FAqPpXDL0▼このコメントに返信
韓国にすらまともに勝てない日本さん・・・w
60.名無しさん:2020年03月27日 13:19 ID:KCViZ.3e0▼このコメントに返信
>>54
それ日本軍の戦果報告が何かだろ
実際は
日本 160機損失 
ソ連 251機損失

巷で言われてるほど空の戦いは圧勝ではなかった。
日本の被害は、ソ連空軍がスペイン内戦の
ベテラン航空兵を多数投入した後半から激増。
航空隊は壊滅状態となり停戦。
61.名無しさん:2020年03月27日 13:20 ID:5RdP4dRV0▼このコメントに返信
※55
全世界vsアメリカで5分だからな
62.名無しさん:2020年03月27日 13:20 ID:YZtWnOax0▼このコメントに返信
勝ち負けの定義次第。
63.名無しさん:2020年03月27日 13:23 ID:wJ2kycAH0▼このコメントに返信
※7
燃料もロクにないのに、「東~東南アジア全域に拡散した軍隊を全軍即時撤退させろ」だからな。
「アメリカに売れ」っつーか、「進駐した全戦力を見殺しにしろ」だよ。
しかもご丁寧に「中国の正統政権は、国民党」ってごり押しまでして、だ。

まあ、まだ南洋離島や海岸沿いにいる部隊は海軍のピストン輸送で邪魔されなきゃ何とでもなるかもだが、
陸路で帰らざるを得ない部隊は、国民党軍に行く手も阻まれても抵抗できない。つまり全滅だ。

こんなの飲めるわけがないわな。しかも仮に飲んでも「撤退済んだら話の続き聞いてやる」であって、
「禁輸解除してやる」じゃないからなー
64.名無しさん:2020年03月27日 13:23 ID:P43twSlm0▼このコメントに返信
>>1
国益MAXなところでの引き際、ってことでいいのでは?
欧米の植民地解放がなかったら、白人主義、人権尊重がない世界が回ってるんじゃないかと思うけど、どうなんだろね
65.名無しさん:2020年03月27日 13:24 ID:wOhehkll0▼このコメントに返信
そりゃ、そもそもが早期の講和が狙いだからな
66.名無しさん:2020年03月27日 13:25 ID:J.pQA9W50▼このコメントに返信
※57 その金でロシアを攻めたら西シベリアまで取れたかもね。
67.名無しさん:2020年03月27日 13:25 ID:eWliD4lD0▼このコメントに返信
>>40
其の戦争目的(戦略目標)が明確、且つ、合理的であったなら負ける事は無かった。
凡アジア主義、世界万民の平等、社会(統制)主義、神国信仰、ブロック経済形成の夢、そして単なる認識不足。
様々な思惑が混在して統合された戦略も持てぬ儘、仕方無いで始まり、仕方無いで終わった。
本来、明確にすべき戦略目標は『国体護持』であろう。理想を追って現実を見失った手痛い経験であったと思う。

68.名無しさん:2020年03月27日 13:27 ID:Q2pdksDh0▼このコメントに返信
米国の対日戦は規定路線で、日本がどのような条件をのんでも次から次へと要求が膨らむばかりで隷属するしかない。
69.名無しさん:2020年03月27日 13:28 ID:VKW9CWeK0▼このコメントに返信
アホだな アメリカと組みゃ良かったんだ
朝鮮半島や満州みたいなゴミはさっさと捨てて
70.名無しさん:2020年03月27日 13:30 ID:.vFgbxvO0▼このコメントに返信
日本とドイツでロシアを挟撃していれば・・・
71.名無しさん:2020年03月27日 13:30 ID:1sZXLC7O0▼このコメントに返信
大陸の利権をアメリカに渡して講和する手はあった。
72.名無しさん:2020年03月27日 13:31 ID:rZfmddl40▼このコメントに返信
リットン案受け入れてたらアメリカも強く出れないし、まだ活路はあったやろな
73.名無しさん:2020年03月27日 13:32 ID:KCqNmju90▼このコメントに返信
米国が本気で怖れた数少ない案件は「風船爆弾」(千葉方面から大量に放った)
僅かながらにも米本土に飛来し、かつ同時期に細菌兵器の可能性があった為に猛烈に怖れ、厳戒態勢で自国の情報封鎖までした。
可能な限りの巨額予算を与え、長期的な実施をし続ければと思う。
経済格差を考えれば勝利は不可能だが、少しでもマシな状態での和解で落とし込む為の数少ない望みだったかも知れない。
74.名無しさん:2020年03月27日 13:32 ID:rZfmddl40▼このコメントに返信
※68
その既定路線にならんようにしとかんとね
それを回避しようともせず、一発ぶん殴れば鳴いて詫び入れに来ると思い込んでる時点で日本サイドもどうしようもない
75.名無しさん:2020年03月27日 13:33 ID:no.Cl12L0▼このコメントに返信
まだ真珠湾とか言うヤツ居るんやな。
開戦と決めたから最初に真珠湾を攻撃しただけ。
史実も会議で開戦しない方に決したら、機動部隊は帰ってくる事になっていた。

>参謀と国民「そんなのできるか」
なんか国民を騙して政権を取ったミンスとかぶるね。
日本では 参謀=高学歴の無能 が定着したイメージやね。
76.名無しさん:2020年03月27日 13:33 ID:KO1dxbW50▼このコメントに返信
真珠湾で、大和型を吶喊しハワイを火の海にして恐怖心を植え付ける。
同時、伊四〇〇型を全世界へ展開・強襲。
面食らう隙を付いて、富嶽10000機にて米本土を絨毯爆撃し、ドイツにて補給(識別は独軍として塗り替える)、返す刀でソ連も焼き尽くす。

大勝利である。
77.名無しさん:2020年03月27日 13:34 ID:KCViZ.3e0▼このコメントに返信
>>39
地中海の船団護衛はイギリスには評価されたが、
陸軍の出兵は拒否、火事場泥棒的にドイツのアジア権益を奪取したから
ベルサイユ条約ではハブられて
国際的孤立にまっしぐら。
78.名無しさん:2020年03月27日 13:37 ID:rZfmddl40▼このコメントに返信
※73
規模が小さいし末期だから対策されんかっただけで
対策しようと思えば風船撃墜、回収仕様にしたB29を哨戒させば余裕で迎撃できるから、やっぱりあんま効果なかったと思うぞ
79.名無しさん:2020年03月27日 13:40 ID:Y3MXwXV30▼このコメントに返信
山本五十六だって一番いいのは買ってるうちにアメリカに停戦を持ち掛けて寝技でなかったことにだもん
80.名無しさん:2020年03月27日 13:42 ID:7yTgVkVk0▼このコメントに返信
開戦前に731部隊に全力投球
断交直前に工作員(もちろん片道切符の特攻隊)使ってアメリカ各所に細菌複数種ばら撒く
アメリカが混乱してる間に東南アジア制覇
81.無責任な傍観者:2020年03月27日 13:45 ID:8vkf4g8A0▼このコメントに返信
まあ、結果的にアメリカの支店になってしまったけれど、経済的には成功したんだからよしとすべし。
今後はバカな真似はしないようにしないとネ。
82.名無しさん:2020年03月27日 13:48 ID:ZGixDdzi0▼このコメントに返信
>>8
事実がサゲになってしまう大日本帝国サイドにも問題があると言える
83.名無しさん:2020年03月27日 13:48 ID:IUk6SCTn0▼このコメントに返信
現状で照らし合わせてみたら
勝ったほうが終わってた感ある
84.名無しさん:2020年03月27日 13:48 ID:qF.JQYYX0▼このコメントに返信
いや勝つ方法や可能性はあったけど相当鬼畜な事しなきゃいけなかったからな
当時の戦争にもルールはあったし、何しても良いって訳じゃなかったぞ
WW2ばっかスポット当たるけどWW1でも戦争の細かな良し悪しはご先祖たち気付いてたからな
85.名無しさん:2020年03月27日 13:50 ID:ZGixDdzi0▼このコメントに返信
>>24
いや、日本がアメリカ参戦させるから無理でしょ
86.名無しさん:2020年03月27日 13:51 ID:nsW5B2Ay0▼このコメントに返信
「太平洋戦争」に勝つ方法はないけど、「第二次世界大戦」なら、日本が勝者になることは可能だよ。

1939年に英仏はソ連に侵略されたフィンランドを救援しようとして、ノルウェーに部隊を上陸させようとしたんだけど、協力が必要なノルウェーとスウェーデンに部隊派遣を拒否されたことで、実現しなかった。これが実現していたら、英仏はソ連と戦うことになり、英仏連合軍対独伊ソ枢軸軍になっていた。独伊ソ枢軸が実現したら、日本は対ソ戦がないので普通に英仏に宣戦布告するわな。

英仏はノルウェーに兵力を送って史実以下の戦力となり、独伊軍は対ソ連の兵力を減らせるので史実以上となるから、英仏軍はダンケルクでの撤退を失敗して壊滅するだろう。日本は英国艦隊を沈めてシンガポールを奪取し、英国降伏で第二次世界大戦終了。

どこかで米国が参戦すれば、枢軸側が負けるだろうけど「参戦すればガチ世界大戦となる」から、参戦しない可能性もある。
87.名無しさん:2020年03月27日 13:52 ID:ZGixDdzi0▼このコメントに返信
>>41
人道に反するじゃなくて、戦後処理のことも見据えて使わなかった
88.名無しさん:2020年03月27日 13:53 ID:kHHOwUw90▼このコメントに返信
勝てると思うならその方法を試せばいい
すでに敗北しているから無理だけどな
89.名無しさん:2020年03月27日 13:54 ID:ZGixDdzi0▼このコメントに返信
>>37
これな
増長する軍部を止められない自浄作用を持たない大日本帝国はいずれ崩壊してた
それが内部からなのか外部からなのかってだけの話
90.名無しさん:2020年03月27日 13:56 ID:ZGixDdzi0▼このコメントに返信
>>69
関東軍「だめです」
91.名無しさん:2020年03月27日 13:56 ID:ZGixDdzi0▼このコメントに返信
>>71
関東軍「だめです」
92.名無しさん:2020年03月27日 13:57 ID:APgGJ6UE0▼このコメントに返信
よく毎日同じネタで議論してるなオマエラw
93.コロンブス:2020年03月27日 14:03 ID:PHKAq3hg0▼このコメントに返信
答えは出しているのにいつも同じ。
発達できない馬鹿。
教えても教えても身につかないw
94.名無しさん:2020年03月27日 14:03 ID:KCViZ.3e0▼このコメントに返信
>>41
使ったんじゃねーの
大陸でペスト菌を媒介するシラミや鼠をまいたろ
95.名無しさん:2020年03月27日 14:04 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
※80
>断交直前に工作員(もちろん片道切符の特攻隊)使ってアメリカ各所に細菌複数種ばら撒く

バカ。
感染した 米兵が日本に1人でも特攻したら日本もアウトだ

なんで日本だけ防疫医療がオーバーテクノロジーなんだよ

オマエの知能が病的だ
96.名無しさん:2020年03月27日 14:04 ID:jIo.UMSe0▼このコメントに返信
中国の油田抑えればワンチャン

当時は油田の存在さえ知らなかっただろうけど
97.名無しさん:2020年03月27日 14:07 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
※76
>真珠湾で、大和型を吶喊しハワイを火の海にして恐怖心を植え付ける。
>大勝利である。

バカだなあ。
日本とアメリカで工業力が違いすぎて、アメリカの工業力と資源量は高く、
日本の勝利はアリエナイ。

極端な話、真珠湾で寄航してた米艦隊すべての艦船を撃沈しても、
アメリカは新造軍艦をいくつも建造できる。
98.名無しさん:2020年03月27日 14:07 ID:.KAhoLYJ0▼このコメントに返信
アメリカ参戦しちゃうとどうあらがおうと無理になっちゃうんだよね
99.名無しさん:2020年03月27日 14:10 ID:Mlt4utpK0▼このコメントに返信
※14
アメリカって結構介入主義だし、ばんばん戦争するし
それまでアメリカが何もしないことがありえない

100.コロンブス:2020年03月27日 14:11 ID:PHKAq3hg0▼このコメントに返信
※80
細菌兵器は対抗策をとられるから当時は使えない兵器だった。
今の核兵器のようなもの。
でも今の武漢肺炎ウイルスを生物兵器と見なせばやっていたら面白かったかもね。
キモは自分がやったということは隠すということだろう。
チャイナもアメリカも相手がやったとして、結果有耶無耶になっている。
101.名無しさん:2020年03月27日 14:12 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
ネジとかの工業規格もバラバラな当時の東洋のいなかの日本が、
最先端の工業国のアメリカ科学帝国さまのノーベル賞輩出しまくり国に勝てるワケねえだろ

バカ文系のネ/.ト/ウ/ヨ/は現実を見ろよ

パ/ヨ/クとネ/ト/ウ/ヨ/で潰し合って対消滅してろ
102.名無しさん:2020年03月27日 14:13 ID:tMxWJ59D0▼このコメントに返信
連合国側で戦っていれば勝てたよ
103.名無しさん:2020年03月27日 14:16 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
日本の工作機械の精度も低く、アメリカ製の工作機械で日本の日本兵器を作ってたりとか、
あるいは手作業で調節してたような日本がさ、

その工作機械のマザーマシンのアメリカ科学帝国さまにどうやって勝つつもりなんだ?

ほんと、ネ.ト.ウ.ヨって口先ばかりの自称・国士(笑)なんだよなあ

本当に戦争で勝つ気あるなら、もうちっと工学を勉強しなおしてこいやボケ
防衛大学だって理工系だぞ
フランスの理系大学のエコールポリテクニクなんか、制服が軍服だしな
104.名無しさん:2020年03月27日 14:19 ID:nF35MYL90▼このコメントに返信
>>5
まず本能寺の変を防ぎます
日本統一した後中国を侵略制圧し日中を中心とした大日本帝国の前身を作ります
そのまま世界に覇を唱え続け、白人による植民地主義を跳ね返し続けます
そして覇権主義時代を武力を持って乗り越えます

こんぐらいやれば第二次世界大戦勝てる

徳川幕府による鎖国で進化をやめ歴史に乗り遅れたことがこの国の敗因です
105.名無しさん:2020年03月27日 14:20 ID:nBAigYWz0▼このコメントに返信
明治維新を失敗させて、東がフランス、西がイギリスの植民地になれば、第二次大戦には勝てる。
東南アジアやアフリカの政情ももっと安定していたし、韓国人はシベリアの広大な大地で安らかに眠っていた。
日本以外にとってはその方が良かった。
106.:2020年03月27日 14:21 ID:nF35MYL90▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
107.名無しさん:2020年03月27日 14:26 ID:nF35MYL90▼このコメントに返信
>>9
当時白人至上主義で植民地支配が普通なんだからそう考えるのが普通
特に第一次世界大戦後敗戦国と同じ目にあうかそれ以上の悲惨な目にあうと考えるのが普通

戦後こんな異常な処刑方法(君を成長させてあげるよだから未来永劫搾り取らせてね)をするなんて想像も出来るはずがない
108.名無しさん:2020年03月27日 14:27 ID:nF35MYL90▼このコメントに返信
>>14
核兵器が雨のように降るだけかと
109.名無しさん:2020年03月27日 14:30 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
アメリカ製工作機械で日本の兵器を作ってるような日本が、そのアメリカに勝とうとしたら、
まあ戦時中に(真空管でなくて)半導体LSI集積回路や初歩的な人工通信衛星やパソコン通信くらいは実用化できたらギリ勝てるかもってなレベル
110.名無しさん:2020年03月27日 14:31 ID:nsW5B2Ay0▼このコメントに返信
※36 ラバウルやブインからの航空支援があっても、ガダルカナルの飛行場一つ潰せなかったのが日本軍な。
 ハワイは、日本軍航空隊を配置して攻撃できる島がどこにもない孤島。そこは物資を貯め込める要塞があり、飛行場を何十か所も作れる平地もあって、さらに米本国から直接航空機を増援させられる。つまり、史実で落とせなかったガダルカナルよりも数十倍攻略できない立地だ。
 当の日本海軍が戦前に研究して「ハワイ攻略は不可能」と言っているんだが「日本海軍は特亜」なのか? 
111.名無しさん:2020年03月27日 14:31 ID:8OJciNqn0▼このコメントに返信
>>2
東北無視して突っ込んでんだから原始人はねぇよ
後、このスレに韓国は関係ない、と言うか物理的に無い、朝鮮ならある。
ただ朝鮮戦争で前線が往復してんだからインフラズタボロだろうから、朝鮮戦争直後なら原始人みたいな生活だろうな
112.名無しさん:2020年03月27日 14:35 ID:8OJciNqn0▼このコメントに返信
>>104
清というか女真族というか満州族どないすんねん
113.名無しさん:2020年03月27日 14:36 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
だって日本軍が現地の土木工事をシャベルでやってる時、
アメリカはブルドーザーでさっさと工事ですよ

どうやって勝てるつもりなんだ? おいこら馬鹿ネ.ト.ウ.ヨ.は
当時の日米の国力差ってのは、そういうレベルなんだよ

ハワイを落としたらどうこうなるレベルじゃねえんだよ、馬鹿
チンピラどうしの喧嘩じゃねえんだよ、ガキ

もうちっと、現実社会を勉強せいや、お子様の保守派きどりが
114.名無しさん:2020年03月27日 14:37 ID:vnvKM1x.0▼このコメントに返信
何を馬鹿な事を・・・大和級は百隻建造予定だったんだぞ
115.:2020年03月27日 14:37 ID:8OJciNqn0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
116.名無しさん:2020年03月27日 14:38 ID:8OJciNqn0▼このコメントに返信
>>82
確かに。関東軍とか関東軍とか関東軍とか
117.名無しさん:2020年03月27日 14:41 ID:8OJciNqn0▼このコメントに返信
>>14
イギリス攻略出来ないドイツ軍に海軍期待するのも…
後、ドイツくん中華民国に教導隊かなんか出してなかった?
118.名無しさん:2020年03月27日 14:44 ID:D.S2Y6Nu0▼このコメントに返信
結局現代に至るまで一貫して共産主義との闘いで当時も今も相手を間違わなかったら良かったんだよな
119.名無しさん:2020年03月27日 14:44 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
いいか馬鹿ネ.ト.ウ.ヨども、当時のアメリカってのは、いまでいう『世界の工場』だ
それも工作機械などの重工業な

で、日本ってのは生糸の輸出とかで外貨を稼いでたような、手工業的な軽工業の国
そりゃ例外的に日本も国防のために軍艦とか重火器とか戦闘機とかも作ってたけどさ

手工業主体の軽工業国の後発工業国の日本が、重工業の資源豊富な先進国アメリカに、どうやって勝つつもりか
120.名無しさん:2020年03月27日 14:44 ID:8OJciNqn0▼このコメントに返信
>>24
いや、ドイツがソ連参戦させるから無理でしょ
121.名無しさん:2020年03月27日 14:45 ID:LChQAZoG0▼このコメントに返信
>>56
核開発に成功したとして、それを飛行機にのせられるだけの小型化をする必要があるし、それを乗せて敵上空まで飛行できる(米防空網を突破できる)爆撃機も必要だけどな!
122.コロンブス:2020年03月27日 14:49 ID:PHKAq3hg0▼このコメントに返信
日本人がいない金儲けの特亜サイトw

馬鹿ばかりw
123.名無しさん:2020年03月27日 14:51 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
※122
オマエの国のような工業力の無い国とは違って、現代のマトモな日本人は重工業の大切さを知ってるからね
124.名無しさん:2020年03月27日 14:51 ID:ZcNG.RyR0▼このコメントに返信
※101
アルキメデスの大戦読んでるだろ。
125.名無しさん:2020年03月27日 15:00 ID:TjrDgqSX0▼このコメントに返信
千島、樺太は日本の領土。漁場最高!樺太の石油!台湾は中国は関与してない。少数民族をまとめ日本化→日本の領土。満州は独立させる。半島は絶対独立させる!日本人にはしてあげない❗️
126.名無しさん:2020年03月27日 15:01 ID:td23FNs20▼このコメントに返信
※101
工業規格が無いと思ってるのがお前が文系低知能の証拠だぞ

文系理系分かれるどころか中学校卒業すら怪しいお前はまともな職にも付けず

真実を掴むこと無く妄想を拗らせて精神異常に至る、それがお前だよw
127.名無しさん:2020年03月27日 15:04 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
※126
規格はあったかもしれないけど、チマタの製品が規格バラバラだったんだろうよ当時の日本は

たしか日本のJIS規格自体、アメリカを参考にしつつメートル形に直して作られたもので、本格的にJISが普及したのは戦後だからな
128.名無しさん:2020年03月27日 15:05 ID:XGQ.mUWb0▼このコメントに返信
当たり前や、戦力云々じゃなくて外交戦の時点で初めから負けが決まっとる
五十六の目論見通り短期決戦で終わらせるにしても、どう終わらせるかが何一つ決まってないのに終わるわけがない
世界最大最強の国力を誇る国が、開戦時保有戦力の半分失ったって時間かけりゃ容易に補充は可能なんだから
129.名無しさん:2020年03月27日 15:05 ID:14vnYzzB0▼このコメントに返信
日露戦争後のポーツマス条約で満足してしばらくおとなしくしていれば
それだけで戦勝国だったのになあ。
欲を出して満州事変を始めた頃から日本は亡国に向かっていた。
130.名無しさん:2020年03月27日 15:07 ID:WiW.YYeR0▼このコメントに返信
※119
日露戦争でもあの大国ロシアと戦うとか無理とか言われてたんだが
パ、ヨクって自分の都合のいいように歴史を改ざんするよね
131.名無しさん:2020年03月27日 15:10 ID:8S9AA5Wt0▼このコメントに返信
※130
ロシアなんて後発工業国だろが
ピョートル大帝が造船工場に労働者として潜入したのも、ロシアを工業化させるためのノウハウ吸収だしな
132.名無しさん:2020年03月27日 15:15 ID:WiW.YYeR0▼このコメントに返信
※131
お前はもう少し歴史を学んでから物を言え
当時のロシアは欧州でも最強の陸軍国家やぞ
少なくとも日本を含めて世界中の人がそう思ってたんだよ
そんな国と戦端を開くとかアホの極みと思われていたんだよ
133.名無しさん:2020年03月27日 15:16 ID:SolHyeZK0▼このコメントに返信
ウイルステロ
134.名無しさん:2020年03月27日 15:18 ID:xKxpycne0▼このコメントに返信
いやもう普通にフィリピン占領してそこにハワイから遠路やってくる米国艦隊を迎撃でほぼ勝てるというプランが軍ででてたろ
米国世論を刺激しないからそこで講和に持ち込むという話、それを山本が反対される中ひっくり返してハワイ奇襲を強行した
今は山本五十六がハワイ奇襲なんてのを自分で決めたのかバックに何らかの勢力があったかの議論になってる
135.名無しさん:2020年03月27日 15:32 ID:OEQZhPk90▼このコメントに返信
明治から昭和初期の政治家、官僚、軍人、実業家、科学者、技術者が未来からの有能な転生者で、大日本帝国を勝利させるという目標のために一致団結してる世界なら勝てる。
136.名無しさん:2020年03月27日 15:33 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
また同じネタか。次の大戦で日本が勝つ。最終的には日本が勝ったと言い張る。それでいいだろ。
世界大戦で勝てば先の大戦の敗北は実際チャラなんだよ。一次大戦日清日露で得た権益とか全部チャラにされたわけでな。
負けの反省より勝つ算段だ。勝った後の事の方がよっぽど肝心なのでそれも考えるべき。
そもそもアメリカに勝ってどうする。今や世界最強の存在で日本の味方だ。利害の一致した同盟国だろ。
137.:2020年03月27日 15:36 ID:qPIi454u0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
138.名無しさん:2020年03月27日 15:52 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※137
支配形態を変えりゃ問題ないだろ。
次勝ったら少なくとも朝鮮半島は支.那の一部と統合した上で日本の属国な。併合なんか絶対やらん。
139.名無しさん:2020年03月27日 15:56 ID:wTyim.pQ0▼このコメントに返信
幾らでもあるよ
勝利条件をヌルくすればいいだけ
得られるものはどんどん少なく或いはマイナスになるけどね
140.名無しさん:2020年03月27日 15:56 ID:uMUV1upq0▼このコメントに返信
風船爆弾にエボラ仕込んだら終わりじゃん。
141.名無しさん:2020年03月27日 16:00 ID:omm9St0n0▼このコメントに返信
※137
そだね、大陸から割譲受けるときは、タケノコ剥ぎで少しづつ、
住民退去させながら取らんとってのが前大戦までの教訓だな。
142.名無しさん:2020年03月27日 16:08 ID:vIkbD8yQ0▼このコメントに返信
>>117
同盟以前はノーカンだろ
ドイツはムッソリーニが侵攻したエチオピアにも同盟締結直前まで軍事支援してたわ
143.名無しさん:2020年03月27日 16:09 ID:no.Cl12L0▼このコメントに返信
※127
規格があってもそんなのを無視して粗製濫造、つまり数だけそろえようとしたからな。
それでもアメには、数も質もかなうはずも無かった。
アメも粗製濫造してたのは同じだけど、割り切って使ってたし。
B-29のエンジンなんて消耗品扱いやった。
144.名無しさん:2020年03月27日 16:11 ID:vIkbD8yQ0▼このコメントに返信
>>97
ネタにマジレスですか
145.名無しさん:2020年03月27日 16:20 ID:m1jF2GNK0▼このコメントに返信
※134
演習をやってみると指揮命令系、情報通信の不備
砲雷線の命中率の低さ、
加えてアメリカの両洋艦隊法により
勝利を治めるための最低限の戦力比、対米6割が
崩壊してしまい、従来の艦隊決戦で勝てる見込みがなくなったから、ヒットアンドアウェイの真珠湾を航空全力のみで叩いたんだぞ?
146.名無しさん:2020年03月27日 16:22 ID:vNS.7khT0▼このコメントに返信
アメリカにソ連が真の敵だと理解させて対米戦回避できればワンチャンだけど
ゾルゲ事件があのザマで諜報戦でソ連に勝つのはアメリカに消耗戦で勝つのと同じくらい難しいから、やっぱ無理やね

日露戦争で勝ってしまったのが悪いのか
せっかく戦国時代で戦闘民族モードになったのに、欧米がイケイケゴーゴーだった時代に徳川300年の惰眠があかんかったのか
147.名無しさん:2020年03月27日 16:24 ID:m1jF2GNK0▼このコメントに返信
>>136
戦争なんかできないよ
コロナの対応でよくわかったろ

148.名無しさん:2020年03月27日 16:27 ID:cpxWusvg0▼このコメントに返信
講話したいなら真珠湾攻撃から無理してでも米本土に行って陸に艦砲射撃して脅すしかないぞ。
遅くなればなるほど不利だからな。
149.名無しさん:2020年03月27日 16:28 ID:wS0Ewl3q0▼このコメントに返信
アメリカではなく、ソ連に勝つ方法を考えるべきだった
アメリカが石油を止めるというなら、ソ連に勝つためには受け入れるしかなかったのかもしれない

たとえそれで満州を失ったとしても貫徹するべきだった
最終目標が揺らぐことがもっとも危うい

日本だけでなく世界を考えるなら
独ソ戦を有利に進めることが最優先だった、とおもう
150.名無しさん:2020年03月27日 16:31 ID:6a5RY35H0▼このコメントに返信
何なんやこの執着
韓国が自力で強大国にのしあがる夢を見るのとどう違うんや
虚しい
151.名無しさん:2020年03月27日 16:40 ID:2NHCr0kp0▼このコメントに返信
風船爆弾で本土爆撃しとけ
152.136:2020年03月27日 16:51 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※147
コロナに関しては日本ってすげえ戦争向きだと俺は思ったぞ。実質防疫は比較的成功してるようなもんだからな。
民間防衛で有名なスイスとか惨憺たる有様なんだが。民間防衛にはもちろん防疫のことも書かれている。
日本は初期の段階からコロナに巻き込まれているのに驚異的な耐性を示している。他の国が余りにお粗末とも言えるが。
戦争の強さは相対的なもんだ。少なくとも次の大戦は絶対的に強いアメリカが利害の一致した同盟で味方だって事。
153.名無しさん:2020年03月27日 17:00 ID:07a7.3QA0▼このコメントに返信
>>40
満州国の承認と中国(他国租借地除く)における日本の優先権の承認?

もしくは戦略物資の取引の再開
154.名無しさん:2020年03月27日 17:00 ID:fvPjcS.d0▼このコメントに返信
日露戦争と同じで、結局は有利な状況での講話しか勝利条件がないんだよな
日露戦争ではロシア革命なんかの影響でロシア側も継戦能力がなくなったから良かったけど、
大東亜戦争ではそういった状況でもなければそうなるような工作も行っていないし
155.名無しさん:2020年03月27日 17:01 ID:wOhehkll0▼このコメントに返信
※148
真珠湾の時に太平洋艦隊を壊滅できてればそのルートだろ。西海岸に砲塔向けて脅しつつ講和に持ち込める
が、初手で取り逃したから無理になった。
156.名無しさん:2020年03月27日 17:19 ID:LNGEuuiL0▼このコメントに返信
驚天動地の日米同盟締結!
157.名無しさん:2020年03月27日 17:37 ID:yxfk6o9P0▼このコメントに返信
 
旬だけど

わりとまじでコロナ以上に強力で伝染病的な生物化学兵器があれば。

場所とらんから潜水艦で運搬して各州の貯水池とかに流して

なんとか開戦前に米国本土に蔓延させてから

真珠湾いってたら講和条約くらいでアジア利権は守れたかもな。

あれ? それ? いま中華がやってるの?自分らもかかってるけどwww

  
158.名無しさん:2020年03月27日 17:42 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※155
真珠湾を完全に日本の前線基地に出来るところまで持って行けたら講和出来たかも。
ハワイから東は中継地が全く無いんで米軍にとっては極めて分が悪い。
軍艦に軽微な損害が出れば安全の為に西海岸に戻るしかないわけでな。
ハワイ王女を皇室に迎え入れる話は有った。ハワイが日本と密接な関係に在ったらアメリカの版図では無かった。
そしたら当時の日米関係はまた別のものになっていたかもだ。カイウラニ王女は才媛でかなりの美人。ただ当時は幼すぎた。
159.名無しさん:2020年03月27日 17:43 ID:9nsXnJAv0▼このコメントに返信
>>1
現時点の勝利条件は現在の日本が先進国の中に居ること。戦後の努力のお陰が大半だけど現時点で196ヵ国中世界第三位の経済大国ならまあまあなんじゃないの?戦勝国の筈のイギリスやフランスなどは当時の敗戦国の日本やドイツに経済的に負けてるのが皮肉やな。

とりあえず次の世界大戦が有るなら朝鮮とイタリアは同じ陣営には要らない。

160.名無しさん:2020年03月27日 17:49 ID:9nsXnJAv0▼このコメントに返信
>>67
当時モンロー主義でヨーロッパの戦争に介入出来なかったアメリカが戦争に介入したくて日本に圧力を掛けてたのが日米で戦争になった理由だから日英同盟を解消してドイツと組んだ時点で日本の敗戦は決まってたんやで。
勝利条件はイギリスやアメリカと同じ陣営で戦う事だった。八紘一宇を掲げてた時点でそっちの陣営に参加も無理だったけどな。日本のお陰とは言わないけど結果的に世界中の植民地が解放されたから八紘一宇は実現したと言えなくもないけどな。
161.名無しさん:2020年03月27日 17:51 ID:k5djJ2gr0▼このコメントに返信
>>153
つまり、16年春のアメリカとの日米諒解案で、素直に三国同盟の形骸化を呑んで諒解案推進していたら良かったんだよね。裏切り者ドイツを切るだけで満州国承認もシナ事変の講和も無制限の資源融通の保証も、さらにおまけで八紘一宇共同推進までゲット出来てたんだから。

昭和天皇が松岡を心底恨んだ理由が解るよ
162.名無しさん:2020年03月27日 17:54 ID:k5djJ2gr0▼このコメントに返信
>>43
その通りで、「イギリスの派兵要求が~」なんてのは後付けの解釈であって、本当の問題は幣原。ただしこのときの幣原は全権大使で外務大臣ではなかったから、ここは間違いかな。

つまり外務省全体が問題だったわけだな
163.名無しさん:2020年03月27日 17:57 ID:C3ltPPvH0▼このコメントに返信
>>101
日本sageではないけど
日本の戦闘機が戦後アメリカで高オクタンの燃料使ったら最高速が日本で使ってた時より良かった!やっぱり日本の戦闘機は最高なんじゃね?
みたいな書込みあるけど、そもそもがゴムパッキンさえ作れない国の戦闘機が米英より良いわけがないよな
164.名無しさん:2020年03月27日 18:00 ID:k5djJ2gr0▼このコメントに返信
>>77
日本はベルサイユで思い切り厚遇されてるぞ。むしろ戦闘はあれだけしかしてないのに「戦勝五大国」として会議の主導側だわ、西園寺が仏クレマンソーのマブ友人でイギリスのみならずフランスまで日本の味方だわ、会議中黙ってて最後に意見表明するだけでも「東方のスフィンクス」なんて言われ絶賛されるわ、最高のポジションだぞ。
165.名無しさん:2020年03月27日 18:01 ID:k5djJ2gr0▼このコメントに返信
>>7
意味不明、軍事力売るの?
166.名無しさん:2020年03月27日 18:02 ID:k5djJ2gr0▼このコメントに返信
>>116
牟田口とか牟田口とか牟田口とか
167.名無しさん:2020年03月27日 18:05 ID:i82b9ky20▼このコメントに返信
日本が勝つ可能性はないよね。
本当に仮想戦記で、日本側がアメリカより2年くらい早く原爆を実用化、
弾頭を多数生産できるくらいじゃないと勝てない。
168.名無しさん:2020年03月27日 18:05 ID:k5djJ2gr0▼このコメントに返信
>>107
むしろ戦争して負けたら第一次大戦のドイツになることぐらい想像できただろ

植民地時代は日英同盟と英仏協商で終わって、さらにケロッグ・ブリアン条約で戦争も自由にできない時代になってるんだよ
169.名無しさん:2020年03月27日 18:21 ID:mOUBzRJ.0▼このコメントに返信
戦時中に潜水艦と飛行機を使ったアメリカ本土の森林着火に成功していたらあるいは勝てていたかもしれないぞ
もし山火事になってれば相当な面積が灰になって、山火事自体はどうでもいいが日本軍に本土がそうされたというのは
アメリカ国内にベトナムと同じ様に反戦ムードが出来て継続不可能になったかもしれない
170.名無しさん:2020年03月27日 18:23 ID:2pi9IgOO0▼このコメントに返信
勝つ方法は無いが、あんな焦土で領土剥ぎ取られまくるような負けではなく、もっとマシな負けがあるやろ。

山本五十六がもっと命令を徹底して陸軍と協調して多少の犠牲を覚悟しても
和平交渉で返還することを前提に真珠湾を占領すべきだったんだよ。
171.名無しさん:2020年03月27日 18:24 ID:5RdP4dRV0▼このコメントに返信
※170
真珠湾は少数による奇襲だから成功したわけで、大兵力による強襲になったら(補給の問題を無視しても)
成功の見込みは全くないよ。
172.名無しさん:2020年03月27日 18:33 ID:Y1FDDryR0▼このコメントに返信
日本はなんのために戦った?
植民地解放が大義名分だったはずだ。
日本は確かにアメリカに敗戦したが、戦後、植民地解放のきっかけを作り、結果として目的は達成したのではないかと、思う。
173.名無しさん:2020年03月27日 18:37 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※169
付け火wwwww

生産拠点に被害も出てないのに反戦ムードもクソもないだろw
相手を知将化しないと勝てないんだよなぁ
174.名無しさん:2020年03月27日 18:39 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※172
日本自身が植民地を解放してない定期

こういうアホが未だのうのうと書き込める日本は平和だ
175.名無しさん:2020年03月27日 18:44 ID:2pi9IgOO0▼このコメントに返信
※171
要塞砲は当時露天だったので99式で集中して爆撃していたら要塞砲は全滅出来ただろう
その後、長門、陸奥をはじめとした主力大口径戦艦が艦砲射撃で真珠湾基地を完全に破壊

航空機は史実の中だけでも基地航空機400機中、350機を破壊しているから航空機に依る反撃は無いので
陸軍の上陸は犠牲は勿論あるだろうが不可能ではない。

勿論、長期間は維持出来ないが、占領してとりあえずあっちのハワイ奪還・反撃の大攻勢を
一度は跳ね返すこと。そうしないと和平交渉が出来ない。
176.名無しさん:2020年03月27日 18:46 ID:S.7WHxBq0▼このコメントに返信
この頃の海軍って知れば知るほど今の韓国っぽいなって思ってしまう。

海軍:「我々の仮想敵国は米です。現在の兵力では勝てない。陸軍よりも予算増やせ!」
政府:「予算増やしたで」
海軍:「まだ足りない。中国、ロシアは弱い。鬼畜米英は強い。陸軍よりも予算増やせ!」
マスゴミ:「鬼畜米英キャンペーン展開中」
政府:「緊縮財政するしかない。国民よ。耐えてくれ」
・・・
開戦前の陛下:「本当に勝てるのか?」
海軍:「陸軍向けの予算をくれれば勝てます」

陸軍に勝てれば何でも良いという海軍。
177.名無しさん:2020年03月27日 18:50 ID:Ce6kNU.a0▼このコメントに返信
天皇を騙した計画書があるだろボンクラw
ながのおさみ  か 
白犬二郎ラーメンか何か知らんがw
178.名無しさん:2020年03月27日 18:51 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※174
欧米列強が植民地に固執してる間は解放出来るわけないだろ。
少なくとも日本が独立させるお膳立てをして実際独立が成ったんだから日本の功績は揺るがないんだよ。
日本が列強が植民地支配を維持出来なくなる程度に暴れまくった結果とも言える。

平和は平和だよ。日本が平和を維持させてるからな。だがたかが風邪の流行で世界はこれだけ傾く。
日本が頑張ってコロナを抑え込もうとも世界はずっとだらしない。実際口ほどにもない。
次の大戦はそう遠くないくらい世界は不安定で平和の時期はもうすぐ終る。日本はその点結構備えが出来てるんだよ。
わざとデフレに抑え込んでるがこいつは恐慌や大戦に滅法有利に働く。企業は企業で内部留保。想定してないわけがない。
今の世に世界大戦なんか来るわけないとか言う方がよっぽどお花畑。
179.名無しさん:2020年03月27日 18:51 ID:Bvdy0LqQ0▼このコメントに返信
※63
日本側の「25年以内に撤兵するわw」も十分アメリカを舐め腐った返答だがな
なおアメリカには筒抜けだった模様。
180.:2020年03月27日 18:55 ID:8kwTgzFJ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
181.名無しさん:2020年03月27日 18:56 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※178
朝鮮台湾インドネシアは独立させるつもりなかっただろ

フィリピンは元々独立が決まっていたし
ビルマは傀儡と現地人に言われ裏切られ。

日本の功績って言えるわけない。
182.名無しさん:2020年03月27日 18:58 ID:0AdhOjqi0▼このコメントに返信
>>165
ハルノートの6条で日本が保有する戦艦と飛行機の半分をアメリカに貸し出せ、7条で残った半分を売れと要求してますね。
申し訳ないがハルノートを読んでいれば理解できるかと。
183.名無しさん:2020年03月27日 18:59 ID:8kwTgzFJ0▼このコメントに返信
>>16
滅ぼすとか言ってる時点で無知
184.名無しさん:2020年03月27日 19:02 ID:0AdhOjqi0▼このコメントに返信
>>182
ハルノートではなくハルノート原案
185.名無しさん:2020年03月27日 19:04 ID:hzxmWqwn0▼このコメントに返信
>>127
JIS規格が全てと思うから文系は度しがたいんだよ
特機(武器)は当然にして最先端の部材を使うから規格が無いどころか新開発部材まで含まれる
JIS企画片手に仕事が出来るものではない
交差ならば規格化せずとも図面中の数値を読むだけ、JIS企画と共に数値も記載されているのが現代の図面だしね
そこからJIS記号が無いだけの図面が当時のもの
そしてネジ等はゲンキ(すまん漢字忘れた)がメーカーには保管してあり、これが全ての共通解となる
数値は逆に計れないから入る入らないで判断するしゲンキを借りて倣いで作ったりもする
186.178:2020年03月27日 19:05 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※181
朝鮮台湾は日本固有の領土だった。独立させるわけがない。選挙権まで与えていたわけで。
インドネシアは人口多すぎ。流石に選挙権はやれん。当然独立の形を取るに決まってる。衛星国扱いだろうけど。
ビルマは日本を裏切ってイギリスについたがイギリスに裏切られたんで後悔しきりだったそうだけどな。
最後まで日本の味方をしていればミャンマーは日本と今までどれだけ経済交流があったことか。
187.名無しさん:2020年03月27日 19:06 ID:hzxmWqwn0▼このコメントに返信
朝鮮系って文系か中卒しか居ないのか?
技術に関する主張が画一的でしかも全てが間違っている
文系低知能記者が勘違いして記載したモノを更に曲解させたような内容で驚く
こんな知能じゃ一般社会生活に困ろうに
188.名無しさん:2020年03月27日 19:08 ID:8kwTgzFJ0▼このコメントに返信
>>172
精神的勝利みたいな事言ってて、虚しく無いか?
189.名無しさん:2020年03月27日 19:15 ID:uQT637L40▼このコメントに返信
>>72
そんなのやらなかった言い訳にすぎない。
干渉戦争では散々犠牲者出したけど情けなく撤退したじゃないか。
結局、当時の首脳が無能だったという事。
190.名無しさん:2020年03月27日 19:16 ID:5RdP4dRV0▼このコメントに返信
※175
強襲になれば米軍主力艦隊は当然反撃してくるんだが
191.名無しさん:2020年03月27日 19:33 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※186
>朝鮮台湾は日本固有の領土だった。独立させるわけがない。
>選挙権まで与えていたわけで。

それは欧米の植民地支配の論理と同じ。植民地支配の常套手段。

アフリカ植民地では植民地に国政選挙の選挙区が設定され黒人国会議員もいた。
政治参加において日本の植民地統治より進んでいた。


>流石に選挙権はやれん。
>当然独立の形を取るに決まってる。
インドネシア帝国領にすると決めてますが。
これのどこが解放なの?
192.猛省君:2020年03月27日 19:35 ID:EfOWAJ4a0▼このコメントに返信
日清・日露の戦勝で得た版図を実直に温め、守勢に回るべきであった。
ポットでの新興国がこの戦勝で、自らの実力を過信・うぬぼれてしまった。
「望蜀」二千年前の曹操の戒め。腹八分目。欲張りはいけない。

西ノ島は拡大、広い経済水域、海底の資源、太平洋の西岸の島国はこれからだ。
193.186:2020年03月27日 19:44 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※191
おいおい、日本のは国政選挙だぞ。内地に限ってたけどな。
外地については日本人にも選挙権はなかったよ。何が常套手段なもんか。
インドネシアを帝国領にするの件は軍人が勝手に文章にしただけだろ。国会で蹴られるに決まってる。
どう考えたって満州と同じ扱いにするはずだ。満州が前例としてあるわけでな。
194.名無しさん:2020年03月27日 19:51 ID:nEATv8dB0▼このコメントに返信
ドゥーリットル空襲と、
それに対するヒステリックな対応。
当初の計画の大幅書き換えと、
それに伴う被害の激増。
敗けを認めない終わりなき逐次投入と、
根拠なき盲信。

ミッドウェー時点、当初の絵が消えた段階で戦線を縮小し、
集中した戦力で相手側に大打撃を与える以外に無かったろう。
195.名無しさん:2020年03月27日 19:56 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※193
>日本のは国政選挙だぞ。内地に限ってたけどな。

おいおい言う前によく読もうな。
アフリカ植民地の選挙区も国政選挙だよ。フランス議会に植民地選出の黒人議員がいるんだわ。
外地に本国の国会選挙区が設定されていた。
さらに内地でドヤってる所悪いが、英国国会でさえインド人議員がいた。


>決まってる。
>はずだ。

願望で草。
196.名無しさん:2020年03月27日 20:00 ID:nEATv8dB0▼このコメントに返信
ドゥーリットル空襲がトラウマになって、
出来る限り遠方でアメリカを防ぐという防戦体制になった。

ミッドウェーを負けるというのが間違いだが、
それからあと更に手を伸ばしたままで爪先立ちで、
徒に補給と兵力を消耗する形で戦争を指導したこと。

最初に艦隊ありきで、ありきの艦隊を使うという考えに固執し、
戦線の整理と集中がまるで出来ていなかった。
197.名無しさん:2020年03月27日 20:30 ID:2pi9IgOO0▼このコメントに返信
※190
太平洋戦争開戦時の日米太平洋比で

戦艦数が同等(8)
空母が日本が倍
巡洋艦が同等
潜水艦は日本が倍

戦艦はこちらの被害覚悟なら4隻撃沈、4隻は獲得できる。
勿論早々こんなにうまくいかないだろうが随分マシな戦いが1年以内は出来るはずだ。
その間に一度交戦して対等以上であるところを示し、ハワイ返還を条件に
交渉に入るべき。もっともそんな交渉、勝っている当時の日本国民はとても
納得しないだろうけれど(苦笑)
198.:2020年03月27日 20:38 ID:GuOU5bVQ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
199.名無しさん:2020年03月27日 20:53 ID:B1.EEnMl0▼このコメントに返信
>>104
だから大陸に手を出すのやめいっちゅうに!秀吉の時に散々な目に遭ってる。徳川の国交を回復して平和裏に交易する
路線で正解だよ。オランダ以外欧州とは手を切って二百年を棒に振った訳じゃない。その間に制度と人材を育てて来るべき
近代化に備えた年月だったんだ。だのに二十世紀にまた大陸に手を出すという愚行を子孫がやってしまった。
200.193:2020年03月27日 20:58 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※195
そのフランス植民地の扱いってのも大概だったと思うけどな。
まあフランスが人種に比較的寛容だったのは知っている。アメリカから著名な黒人の亡命者とか出てたしな。
とは言え植民地経営が上手く行って彼の地が富んだかは別の話。富まなきゃ苛烈な大軍にならざるを得ないわな。

決まってるというのは確定事項だよ。はずってのは理屈を辿ればそうなるって話。そう言う文脈。他に取りようもないと思うんだが。
願望と決めつけた時点でオマエの理屈にはオマエの願望が入り交じっている。
じゃあ直接的に言い換えてやろう。オマエはアホのはずでもアホに決まってるでもなく、単純にアホだ。
201.名無しさん:2020年03月27日 21:17 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※200
で、解放は?
202.名無しさん:2020年03月27日 21:22 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※200
つーかいつも名前欄に数字をご丁寧に入れてるいつもの次は勝つの無知君か

>日本のは国政選挙だぞ。
とか言ってる時点で欧米植民地での選挙権について
ロクに知らないのがバレバレなのに虚勢張ってて草。
203.名無しさん:2020年03月27日 21:30 ID:6.XNG7W40▼このコメントに返信
アメリカの教科書には、どれだけ日本が強かったか
日本の潜水艦による補給線潰しで、どれだけ大変だったか
戦争は、物量とかそんな単純なもんじゃないのに自虐史観がすごいな
左翼教師の大勝利だわな
204.名無しさん:2020年03月27日 21:37 ID:d9EDNztQ0▼このコメントに返信
天皇「そんな事言ってアメリカに勝てるか?勝てないやろ?」
海軍「鉄と油があれば出来るんですがねぇ、ないから参りましたねぇ」
陸軍「じゃあ、鉄と油は海軍に優先的にやる。そんなら出来るんやな?」
海軍「で…できらぁ!」

だぞ?
205.200:2020年03月27日 21:50 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※202
まあオマエの理屈に付き合いはしたがフランスが植民地に拘りが無かったという論拠には全く乏しいんだがな。
フランスなんざ未だに太平洋に植民地持ってるだろよ。もちろん解放する気は微塵も無い。
206.名無しさん:2020年03月27日 22:03 ID:49XyOoyK0▼このコメントに返信
太平洋のアメリカ空母がゼロ隻になった!ここまでは日本の勝ち!

17年11月にエンタープライズが修理のために後退していた時期を計算すると10日くらいしかなかったぞ
10日天下


207.名無しさん:2020年03月27日 22:06 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※205
>フランスが植民地に拘りが無かったという論拠には全く乏しい

そんな事は一言も言っていないんですが。
相変わらず日本語読解力が無い。

>フランスなんざ未だに太平洋に植民地持ってるだろよ。

海外県はフランス固有の領土ですね。
あなたは言っている。「朝鮮台湾は日本固有の領土だった。独立させるわけがない」と。

朝鮮台湾は日本が敗戦したから日本から 解放 されただけ。
独立させる気なんて無かった。

で、朝鮮台湾を独立させる気なんて無かった日本が
どの口で植民地解放なんてお題目を唱えるんだ?
208.:2020年03月27日 22:16 ID:EUmaibuT0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
209.名無しさん:2020年03月27日 22:23 ID:YZtWnOax0▼このコメントに返信
>>203
だから、今も生きているH.キッシンジャー以下
ずっと日本を属国にして2度と刃向かってこないようにシナを大国にし、朝鮮をツケ上がらせてきた。


シナを大国にしてきたのは、アメリカなんだよ。
210.名無しさん:2020年03月27日 22:45 ID:vcMBRhif0▼このコメントに返信
>>40
「ドイツが対英仏で大勝利すると言う甘い見通しから三国同盟やったら英米蘭から資源ブロックされ、さらに日米交渉で散々とアメリカに嫌がらせのような事を提示し続け、さらに南部仏印進駐までやらかしてアメリカを激怒させた」
と言う日本政府の外交的大失敗の連続を隠蔽して精算するのが、本当の日本の戦争目的なんだよね。救いようがないけど。
211.名無しさん:2020年03月27日 22:47 ID:vcMBRhif0▼このコメントに返信
>>184
だよね。病気の人かと思ったよ。
212.205:2020年03月27日 22:50 ID:QCn.WGy80▼このコメントに返信
※207
そんなこと言ってないって、んじゃ何が言いたかったんだよ。
欧米列強の植民地支配はきれいな植民地支配とでも言いたげだったようだが。だからそう書いたまでだ。
イギリスも太平洋に領土持ってたわな。おかげでTPPに加盟する気満々なわけだが。手放す気はゼロ。
俺は端から日本が手放す予定のなかった領土について書いている。だがインドネシアは衛星国として独立を認めただろう。併合はどう考えたって不合理だもん。こいつを願望とか言われても意味判らん。
海外県の意味がちょっと判らんがそういう制度?海外圏?良く読み取れんな。

朝鮮は独立させたわけではないぞ。領有権を放棄させられただけだ。韓国については条約を結ぶことで主権は認める恰好になっているが日韓基本条約が破棄されれば日韓併合条約が復活してしまう。
北朝鮮は主権を認めていない。主権を取り戻す戦いをするなら侵略には該当しないという理屈が成り立つ。或いは次の大戦有事に於いて日本はこの口実を使うかもしれん。まあ大戦ともなれば勝つ限りに於いて何でもありなんだけどな。
台湾については主権を放棄したに留まる。これも主権は認めていないんだよ。尤も台湾の場合は中国に攻められた場合主権を日本に返上することで日本の自衛権と日米安保の発動をさせる裏技的な含みがある。台湾の安定の為にも日本は台湾の主権を認めたらいかん事情があったりする。
213.名無しさん:2020年03月27日 22:53 ID:Q7.V9nn.0▼このコメントに返信
※212
>んじゃ何が言いたかったんだよ

で、朝鮮台湾を独立させる気なんて無かった日本が
どの口で植民地解放なんてお題目を唱えるんだ?

読解力ほんと無いのな。
214.名無しさん:2020年03月27日 22:57 ID:vcMBRhif0▼このコメントに返信
>>182
まあ、仮案だからアメリカの本音に近いとも言えるし、本当にこれが出てたら案外面白いな。売却ならば代金入るし、貸し出しでもレンタル料金を吹っ掛けて、思い切り時間稼ぎが出来る。しかも、こう言う話が出たら、当然「売却艦艇と貸与艦艇は太平洋での使用禁止」を条件に付けるから、大西洋で日本の軍艦がうようよする話になる。金剛やら比叡がイギリスに里帰りしそうだね。

まあ、この話の本当に面白い点は、アメリカが諒解案で示した、イギリス救援方針(この時は日本の商船を全部太平洋に動員&借り上げして、アメリカの船を全部大西洋に回す予定)が本気だった、しかもレベルアップしてる、って事だな
215.名無しさん:2020年03月27日 22:58 ID:vcMBRhif0▼このコメントに返信
>>142
要するに、典型的なカス国家
216.名無しさん:2020年03月27日 23:03 ID:vcMBRhif0▼このコメントに返信
>>53
英米が連携した時点で気づけば良かったんだけどね。ところが近衛内閣は左翼脳の人間の集まりだから(商工大臣の小林一三は除く)、「可分論が英米不可分になった。シンガポールと南アジアを占領するには、まず米国を叩かないとダメだ」になっちゃったね。
217.名無しさん:2020年03月27日 23:39 ID:vcMBRhif0▼このコメントに返信
>>86
39年ならば、日本は独ソ不可侵条約のショックからイギリス側についた可能性の方があるよ。ところが、この時はルーズベルトがまだヒキコモリで英仏と米の間がうまく繋がってないから、独伊ソ連の方が強そうに見えて上手く行かなかった。イギリス海軍も「浅間丸事件」起こして、せっかく外務省が進めてた日本引き込み政策も潰れた。

一方40年になって、ルーズベルトが大統領3選選挙でやっと国防意識が出てヨーロッパに介入を始めたけど、ドイツがフランスに大勝利したから、日本は「バスに乗り遅れるな」で三国同盟やっちゃった。

ほんの少しの時間差が噛み合わなくて日本は失敗したんだよね。まあ日本の政治の迷走と左傾化(近衛と革新統制派官僚)が根本的原因ではあるけれど
218.名無しさん:2020年03月27日 23:44 ID:vcMBRhif0▼このコメントに返信
>>193
選挙権は兵役義務とセットだからね。朝鮮も、戦争末期に徴兵制布告と次の国政選挙の選挙権が決まっている。
219.名無しさん:2020年03月27日 23:53 ID:vcMBRhif0▼このコメントに返信
>>200
横からだけど、良い例だから書くと、フランスの旧植民地だったニューオリンズに黒人が沢山いて、しかも公民権上で他の州と違う扱いになるのは、フランスでは先祖に一滴でもフランス人の血が入っていればフランス人(白人)の扱いになった事が原因だし、また海外領土の扱いについても、フランスは方便も含めて「本土扱い」をよくアピールしたから、アルジェリア人も本土民扱いになるし、今でもシレッと海外領土(仏領ギアナやら太平洋諸島など)持ってるんだよね
220.名無しさん:2020年03月28日 00:01 ID:JYeRTh930▼このコメントに返信
「植民地ネタ」で話が噛み合わない大体のパターンは、「植民地」ってお互いに使ってる単語の概念がお互いにバラバラなのが原因なんだよね。特に左翼唯物史観の植民地主義の意味と、国際法やら日本&海外の国内法規定の話はそもそも別物だし(しかも国別で違う)、また人種問題やら、18世紀の植民地の概念やら19世紀の概念と、20世紀の概念を(故意に)味噌クソにする人間がいるから意味不明になるだけ。
221.名無しさん:2020年03月28日 00:11 ID:KmFJ4keG0▼このコメントに返信
>>39
英国「戦艦金剛貸して」
日本「やだ」
→決裂!
222.名無しさん:2020年03月28日 00:20 ID:nBk94AiU0▼このコメントに返信
>>213
朝鮮併合はそもそも韓国からお願いしてきて当時の国際状況では問題なかったんだが。つうか、今も韓国人は韓国経済が崩壊寸前でスワップをしてくれしてくれと反日活動をしてることさえ忘れて懇願してるぐらい惨めな民族やぞ。
223.212:2020年03月28日 00:31 ID:Cb0WL7IN0▼このコメントに返信
※213
朝鮮半島は日本固有の領土っつったろ。少なくとも日本が敗戦するまではそう。
日韓基本条約が締結するまでは韓国を正式に国とは認めちゃ居なかった状態だ。読解力が無いのはオマエだ。
224.名無しさん:2020年03月28日 00:37 ID:jf29tAwa0▼このコメントに返信
※223
>朝鮮半島は日本固有の領土っつったろ。少なくとも日本が敗戦するまではそう。

「固有」の意味も分からない低学歴の馬鹿は黙ってろ


こゆう
【固有】
《名ノナ》

1.
他から与えられたのではなく、もとからあること。
 「人間―の精神」



朝鮮半島がいつ、古来のもとから日本の領土だったんだボケ?

古事記でも読み直してろ、エセ保守の馬鹿が
馬鹿は邪魔だ、無能な働き者は失せろ
225.名無しさん:2020年03月28日 00:42 ID:QuBg0kPs0▼このコメントに返信
※222
>朝鮮併合はそもそも韓国からお願いしてきて

一行目から盛大に間違ってて草生える。

一進会の併合請願は日本の右翼団体が首謀者だと日本の特高警察が認めてるし
その請願自体、日本がやった併合とは違う内容。

更に言えば請願が出る数ヶ月前に日本の議会は併合方針を決定している。

少しは勉強しろ。
226.名無しさん:2020年03月28日 00:45 ID:QuBg0kPs0▼このコメントに返信
※223
それなら欧米の植民地も固有の領土ですが
その固有の領土を解放するってどういう理屈?

ってさっきから聞いてるんだけど。
一向に答えられない。関係ない話をグタグタと。
227.名無しさん:2020年03月28日 00:52 ID:QuBg0kPs0▼このコメントに返信
※222
台湾も朝鮮も合法です。国際的に認められたものです。
国際的に合法か違法かは論点じゃない。
私もそんな事は問題にしていない。

日本は桂タフト協定でアメリカのフィリピン植民地化を朝鮮とのバーターで容認している。
欧米の植民地支配の論理に則って台湾・朝鮮といった領土を増やしている同じ穴のムジナであるにも関わらず
日本が植民地解放をかけて戦ったという矛盾・ダブルスタンダードを※174で指摘しているんだよ。

つーかここの大日本帝国万歳な人って流れも理解できないし基本的な日本語読解力がヤバすぎでしょ。
228.223:2020年03月28日 01:25 ID:Cb0WL7IN0▼このコメントに返信
※224
朝鮮半島は人から与えられたものではないし奪ったものでもない。条約の合意で得たもんだ。
その際には戦争もなければ武力による威嚇もない。因って条約以降元から有るもんだ。
頭っから侵略で奪ったもんと思い込んじゃおらんか?流石に付き合いきれんぞ韓国人。
辞書の言葉尻を捉まえて拡大解釈する奴に読解力言われても困る。
少なくとも俺の書いたことはろくすっぽ読んじゃいないってこった。論議を戦わす気が無いならこれまでだ。無駄な時間を過ごした。
229.223:2020年03月28日 01:30 ID:Cb0WL7IN0▼このコメントに返信
※226
米国合衆国本土もハワイ諸島も固有の領土だな。オマエアメリカの存在そのものに文句あんのかよ。
中国は易姓革命群雄割拠のオンパレードだ。オマエの理屈だと何一つ固有ってもんが存在しない。
一応国際通念や世間的にはそれが常識でそれで定着してるんだが。それとも中華思想でも持ち出してみるか?
文句があるなら正義を振りかざして戦争でもすりゃよろしい。正義の為なら負けて死んでも本望だろ。そんな度胸も無いクセに。
230.名無しさん:2020年03月28日 01:43 ID:QuBg0kPs0▼このコメントに返信
※229
まーた関係ない話をダラダラと。
231.名無しさん:2020年03月28日 02:20 ID:kWtYRnxP0▼このコメントに返信
>>47
皮肉で言ってんだよね?
232.名無しさん:2020年03月28日 03:59 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
戦後に勝ち馬に乗って、
更に日本の進路を過たしめる。

そのような傾向を、
本来ならば矯めるべき再独立後に矯めるどころか、
再独立後しばらくして非常に大事なときに、
逆にそれを固めてしまった。

あの事故や、あの被害などはまさにそうで、
本来、日本のために自らを犠牲にされた方達を、
日本を信頼したがゆえに、
日本を信頼した程度に比例して、
さらに苦しめる結果をもたらしてしまった。
233.名無しさん:2020年03月28日 04:13 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
ミッドウェー以降、
結局は情報が敵側に漏れ、
逆に味方側は国民も含め情報が統制され、
その状態が固定化して被害を雪だるま式にした。
どんな状態かを国民に逐次に公開し、
判断の依り代を議会に求めていたならば、
たとえ海軍が情報管理に不手際があったとしても、
ああいう形にはならなかったんじゃないか。
様々な必要上、致し方なかったとは思われるが、
敗戦後の軍関係者の潔さを見るに、
敗戦後の公式歴史は、
日本のみならず、
日本の歴史から何かを汲み取ろうとする諸外国の、
日本を信頼する方々に対しても、
彼らの日本を信頼したがゆえの、
日本を信頼した程度に比例して被害を与えかねない、
問題あるものではなかったかと思われる。
234.名無しさん:2020年03月28日 04:19 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
いま、問題になっている数百万人の家々のその親も、
敗戦後に人格形成している。

問題は親の世代にあるのは明らかだろう。
235.名無しさん:2020年03月28日 04:26 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
そういった被害は、むしろ、日本を信頼しきった人達の家に多いんじゃないか。
そういう意味では、外地で初めて近代的教育を受け、その延長上で日本のことを芯から信頼しきること以外に選択肢を持たなかった、あるいは自らの選択肢を自らの意思の下に、敗戦後であっても日本を信頼するという以外に置かなかった方々のなかに、むしろ被害は多いのかもしれない。
236.名無しさん:2020年03月28日 04:31 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
そこから逃れるため、明らかに日本を信頼したがゆえの不利益と家の破滅を避けるために、日本以外を求めたとしても、ただそれゆえに非難できず、緊急避難に類するものと解すべき情況でもあったかもしれない。
237.:2020年03月28日 04:46 ID:uruS8GMs0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
238.名無しさん:2020年03月28日 05:24 ID:NI9OJM300▼このコメントに返信
>>237
それでもさ三国同盟やらかしたらやっぱり英米蘭とは戦争になっちゃうだろうに
239.名無しさん:2020年03月28日 05:30 ID:TZcqGbs00▼このコメントに返信
アメリカをベトナムに負けさせるほどの疫病国朝鮮を併合した時点で詰んでる
モンゴルも明も旧帝国日本もこいつ等に憑かれてすぐ滅亡した
240.名無しさん:2020年03月28日 05:33 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
大隈もそうだが、
21ヶ条が「問題にされる」情況。

ここに問題のはじめがあったのは間違いない。

外満州は「問題にされていない」。
ロシア人総ての、ソヴィエト以前、ソヴィエト以後、
総てにおいて、「それが問題であるとは一顧だにされていない」。

日本側の、「かくあるべし」という理想論に、
最悪の機会主義者が便乗し、
本来、そういうものではなかった人達が、
自らを「そういうものとして再定義」できた。

ここに実は問題がある。
241.名無しさん:2020年03月28日 05:36 ID:NI9OJM300▼このコメントに返信
植民地の概念の言い合いに続いて、今度は領有権の「固有の領土」でグダグダ揉めてたみたいだけど、外交(国際法)上で一番大事なのは当事者の「二国間条約」と、さらにもっと大事なのはその「国際的承認」なんだよ。例えば日本は朝鮮を「併合」し、全世界の国々がそれを「承認」した。満州国は元々、日本も中華民国の領土扱いをしておきながら、九カ国条約当事国に諮りもせずに、いきなり武力で分離させたから長い間英米は承認を渋った。

同じように、日本政府が英仏その他の植民地についてもずっと承認を与えていたことを忘れてはいけんのよ
242.名無しさん:2020年03月28日 05:41 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
本来、そういうものではなかった人達が、
自らを「そういうものとして再定義」できた。

自らを「そういうものとして再定義できた人達」は、
自らを「そういうものとして再定義できた由縁のもの」を、
永遠に「そういうものとして定義し続けなければならない」。

これが辛亥革命以降の日中問題であり、日韓問題であり、日朝問題であり、日露問題になる。

辛亥革命以前の中国内の様々な要素にしたところで、国を破綻させた要素の多くが、事後の辛亥革命に結び付けられ、さらにあとの様々な事象に結びつけられて強引に解釈される。

この解けようのない固い結び目を解こうとしたのが汪兆銘だった。
243.名無しさん:2020年03月28日 05:46 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
こういったことは大なり小なりどこの国でもあるもので、
日本については世界の歴史的に与えた影響が、
内外的に極めて大きい。

日本の戦争指導に繋がる事柄で言えば、
南北朝論から国体明徴論、
戦後で言えば国連無条件正当論。

日本の戦争をもたらした事柄で言えば、
アジア主義ということになる。
244.名無しさん:2020年03月28日 05:49 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
そういった価値観のねじ曲げが、あの事故と被害をもたらした。

満州国崩壊の有り様を見れば、ソヴィエトの外満州植民地が全く問題にならなかったのを見れば、間違いは明らかだったろう。
245.名無しさん:2020年03月28日 06:01 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
伊藤博文、というのは、こういった意味でも一つの交差点になる。

歴史は事後で解釈される。
ならば事後で解釈される頭で考えなければならない。

伊藤博文は頭から朝鮮や中国はそれぞれに王が居り、それは尊重されるべきであり、その国土は冒されてはならないという考えで、現地民をロンダリングする植民地的思考にはない。

むしろ、日本側が、近現代を経て機会主義者が牛耳るに至ったそれぞれの国々から自家の正当性の総てを奪われ、事故も被害も防げない頭にされるということになる。

山県有朋などもそれが判っていたにも係わらず、
最後には彼が治めた西南戦争当時の様々な反乱で鎮圧した、かっての同僚と同じ過ちのうえに身を退かざるを得なくなった。
246.名無しさん:2020年03月28日 06:09 ID:p0Nt2qd70▼このコメントに返信
※238
事実上の連合国として、ドイツのUボートと戦闘状態に入っている米国に対して、そのドイツと態々同盟に入り、ぜったいに同盟から抜けねえとアメリカにアピールし続けた日本に対して、アメリカが妥協したくてもできるわけがない
247.名無しさん:2020年03月28日 08:28 ID:O1Y5IiTK0▼このコメントに返信
まあ、伊藤博文が今現在のアジアを見れば、寛爾として笑うだろうが。

国破れてアジアあり、が良かったのか悪かったのか。
248.名無しさん:2020年03月28日 09:00 ID:.T.Gbfck0▼このコメントに返信
戦争回避なら宇垣内閣を出すか226事件で斎藤実、高橋是清などの親英米派の生存が必要不可欠
斎藤は駐米公使館付武官、高橋は留学とどちらもアメリカには深い関係があり多くの友人がいた
しかも斎藤は元海軍軍人で非薩摩でありながら山本権兵衛の右腕として日露戦争で活躍し山本が首相になってからも
海軍大臣として長年支え続けた

昭和に入ってからも皇族の伏見宮、老害化した東郷平八郎などが開戦派の方を持ち海軍省に圧力をかけていたけど
海軍の長老である斎藤実と首相である岡田啓介などが非戦派に回り瓦解を防いだり開戦派に睨みを利かせていた
249.名無しさん:2020年03月28日 10:08 ID:FUjONhUB0▼このコメントに返信
※229
結局ダブスタ、矛盾がある指摘からは逃げ続ける
次は勝つ読解力激ヤバ無知おじさんは
これに懲りたら日本の植民地解放の戦いといった妄想を捨てる事をオススメするよ。
250.名無しさん:2020年03月28日 10:15 ID:aM.zW0E00▼このコメントに返信
どの道アメリカとソ連の覇権争いには食い込めんやろ
むしろ米ソの思惑一致で第二次末期の状態からスタートの酷い戦争になっていた可能性も
ジェット機や化学兵器で蹂躙されるベトナム戦争みたいになっていただろうね

違うのは、日本以外全部敵ってことw
251.名無しさん:2020年03月28日 11:06 ID:FlRu6hG90▼このコメントに返信
少なくとも東西冷戦までは「アメリカを敵に回さない」ことがなんだよな。

なんだかんだ言って軍事力は(アメリカを除く)列強クラス、海軍力に至っては量は世界第三位で質は文句なしの世界一なのでアメリカを除けば勝てるかはともかくそうそう負けはしないレベルではあるので。
252.名無しさん:2020年03月28日 11:07 ID:FlRu6hG90▼このコメントに返信
※246
この同盟にはソ連も入る”予定”だったんだよな…そうすればさすがのアメリカも手が出せない…”はず”だった
253.名無しさん:2020年03月28日 11:28 ID:FlRu6hG90▼このコメントに返信
※206
エンタープライズのあれは某お船のゲームでいえば大破進撃とかいうゲーム的には高確率で沈没する…とかいう行為をやったのがたまうまくいったというレベル。もっとも、この戦い(第三次ソロモン海戦)でアメリカが負けていたら冗談抜きでガナルカナルの陥落がほぼ確定しますので無理してでもやらないといかんかったけど。

ちなみにエンタープライズの活躍でどうにか日本海軍を退けた…そのあとすぐに米重巡洋艦部隊が日本の駆逐艦を中核とした輸送部隊を襲撃し、返り討ちにあってて太平洋から消えた。

その後代用として軽巡洋艦を中核とした哨戒・通商破壊部隊が数的には半分にも満たない(質的にはそれ以上)の護衛部隊と真っ向勝負して壊滅し、哨戒行動がしばらくできなくなった。

ので、エンタープライズの無茶ぶりとヘンダーソン飛行場とこの頃からようやく回りだしたアメリカの生産力が間に合分ければガナルカナルはかなり高い確率で陥落していたし、それまでは米軍も散々苦労していた。

というか日本が特攻とか玉砕で非難されるけど戦争前半の米軍の無茶ぶりは正直これに匹敵するくらいひどい。
254.名無しさん:2020年03月28日 11:40 ID:FlRu6hG90▼このコメントに返信
※221
チャーチルなどの親日派「金剛型のような戦艦をホイホイ貸すわけないし俺だってそーする。というかそれでトルコ敵に回している(トルコ国民のチャリティーで購入した戦艦をボッシュ)んだが…馬鹿なの?日本と戦争するの?」

と言うようにイギリスの対日参戦(そもそもイギリスから吹っ掛けたケンカなので日本側が参戦する理由がない)や戦時中の協力要請や内容(攻撃対象や箇所がころころ変わる、武器などの物資の要請が無茶苦茶きつい)は二転三転しまくったので日本側が戦後にそっぽを向く=日英同盟破棄をする原因ともなった。

ちなみにイギリス政府やチャーチルやロイド・ジョージなどの有力者はWW1の無茶ぶりになんだかんだ言って答えてくれた日本には深く感謝しているし、これ以降も日本を味方に引き留めようと必死だった。
255.名無しさん:2020年03月28日 11:53 ID:Z9CaZ4.P0▼このコメントに返信
※253
初期ソ連にも末期ドイツにも言えることで、無い袖は振れない状態の戦は辛いものがありますな。
だからこそ日中戦争時の中国、タイの外交立ち回り、冬戦争継続戦争のフィンランド等学ぶべき例は多いし、
本来日本もそれが出来てたはずなんだけどな。
256.名無しさん:2020年03月28日 12:01 ID:FlRu6hG90▼このコメントに返信
※168
植民地どうこうは単にこれ以上取る場所がないだけ。戦争ができなくなった理由はWW1で列強の国力が消耗しまくったからであってそうでない国は戦争やりまくってる。

ちなみにその筆頭がポーランドで周辺国はもちろん無謀にもソ連などにもケンカを売りまくっている…で、どの面下げてか「ソ連とは戦争中なんですがシベリアにいる孤児を助けてください」とか言って欧米諸国から門前払い食らう(結局、日本が引き受けた、いわゆるポーランド孤児)わされるし、WW2では真っ先に標的にされるわな、という話。
257.名無しさん:2020年03月28日 12:10 ID:FlRu6hG90▼このコメントに返信
※255
仮に日本ができても(できたとは言わない)他所も同じようなことできるのか?という話でもあるんですよね。当時の場合は。

当時の列強がWW1以降混乱が続きまくって月間から週刊倒閣にクラスチェンジしたフランスとか目先の勢力均衡政策にしか目がいっていないイギリスとかちょび髭伍長のドイツと優しいおじさんのソ連に手前勝手な引きこもりのアメリカ相手にどんな真っ当な外交しろというのか!!となるし。

というかWW2だか東西冷戦って結局、アメリカの力業で終わったみたいもんですからね…。で、その無理が現在の国際情勢ともいえますが。
258.次は勝つおじさん:2020年03月28日 14:18 ID:Cb0WL7IN0▼このコメントに返信
※249
ダブスタはオマエだろ。逃げてるのもオマエだ韓国人。
んで固有がなんだって?オマエの理屈で韓国って本当に韓国固有の領土って言えるのかい?

俺がわざわざ韓国人にまで次は勝つって言ってやってるのはただの親切。身の振り方を今のうちに考えとけって意味。
大戦を原因として国境線が変わっても侵略は成立しないし大戦で戦勝する限りに於いてはどんな蛮行も許される。大戦の常だ。
俺だけが言ってるわけではなく実際そう言うものだからそう書いたまで。敗戦で日本が身を以て経験してるわけでな。
韓国だって大戦と朝鮮戦争の結果成立した国家なわけだろう。オマエの理屈で言う処の固有なんてもんが有るもんか。
来てしまう大戦は仕方がないし昨今の世界情勢は極めて不穏。防ぐ手立てがあるなら書きもするが大戦を想定したことも書く。
大戦なんて喜ばしいもんじゃない。俺だって願い下げだ。次もまた日本が負けたらそれは酷い目に遭わされるんだろう。
だが日本が勝ったら相応の、韓国人に取っちゃ理不尽なことを始めるだろうよ。なにせ戦勝国だからな。
或いは韓国が勝つなら正義の名の下の蛮行も領土拡大も有り得るって事だよ。大戦の結果だから恨みっこなしだ。
259.名無しさん:2020年03月28日 14:47 ID:QuBg0kPs0▼このコメントに返信
※258
自ら植民地を持ちながら植民地解放を大義名分に掲げるおかしさ、矛盾について
ダブルスタンダードを指摘しているのに、それすら理解できないご様子。

韓国が固有の領土どうかとか上記の矛盾とは関係ないんだよ。
私はそこを問題にしておらず、相変わらず論旨を理解できていない。
挙句の果てにお決まりの韓国人認定。
260.名無しさん:2020年03月28日 14:49 ID:QuBg0kPs0▼このコメントに返信
ああ、指摘から逃げ続けるってことは自身の※172の矛盾には気付いているのか。
261.次は勝つおじさん:2020年03月28日 14:54 ID:Cb0WL7IN0▼このコメントに返信
※241
うん、尤もだ。固有の領土の彼がその理屈を理解出来るかは極めて怪しいんだが。
まあ国際承認さえ有れば国境線なんて好き放題書き換えられるって事なんだろうけどね。
世界大戦を経過すると「国際」ってのが概ね戦勝国に限られるんで国境線が実質戦勝国の意向で決定したり、
敗戦国の領土が戦勝国の委任統治になったりもする。
逆に言えば満州の独立について国際承認がとれなかったから日本は世界大戦で方を付けようとしてしまったわけだが。
負けちまったらそれまでだ。日清日露、一次大戦で得たものも失った。次に大戦で勝つなら相応のものは得られるとは思うが。
得られるったって日本近隣の有様を思えば不良物件を押しつけられるようで全く思わしくはないんだけどね。
次の大戦で日本の領土なりを取り返すって感覚は俺には無いよ。出来ればアメリカ辺りに引き取って貰いたいくらい。
だがアメリカは他国の支配がとことん下手。結局日本が面倒を見させられるものだと俺は思ってる。
次は勝つとは言っちゃいるが勝ったあとが本気でしんどいとも思ってる。
262.次は勝つおじさん:2020年03月28日 15:14 ID:Cb0WL7IN0▼このコメントに返信
※259
そのダブスタって何か問題有るの?問題点があるなら書いとくれ。俺自身大してダブルスタンダードとは思っていないわけだが。
もともと列強の植民地で主権を奪われた地域だよな? なので主権侵害も無い。国として権益を目指すのは当然だ。
日本が広げた版図は植民地かい?目指してたのは大東亜共栄圏であって経済圏だわな。
そもそも日本に植民地解放の意図が有ったから日本は戦線を広げすぎたんだよ。勝つ為としては不合理が過ぎる。
結果的に全部独立してったし結果として植民地を取り返しに来た列強を撥ね除けたのだからスタンダードは通ってるだろ。
そうなるべくお膳立てしていなければそうはならない。こういうのは結果が全てだ。結果日本は負けたわけだが
263.名無しさん:2020年03月28日 16:10 ID:FUjONhUB0▼このコメントに返信
>>262
>そのダブスタって何か問題有るの?
あなたは自分の矛盾を気にしない人であるということですね。


>日本が広げた版図は植民地かい?
植民地ですね。
264.名無しさん:2020年03月28日 16:13 ID:FUjONhUB0▼このコメントに返信
>>262
>そのダブスタって何か問題有るの?
あなたは自分の矛盾を気にしない人であるということですね。


>日本が広げた版図は植民地かい?
植民地ですが。
違うとおっしゃるのなら日本が解放したと自称する欧米の植民地と何が違うのか具体例を挙げてみてください。
265.:2020年03月28日 17:07 ID:Cb0WL7IN0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
266.名無しさん:2020年03月28日 18:20 ID:NI9OJM300▼このコメントに返信
>>254
大体、オーストラリアという人種差別ゴリゴリの連中の面倒を日本に丸投げして、戦後も散々オーストラリアからは感謝されるどころか嫌がらせ去れ続けた挙げ句が日英同盟破棄(イギリスの本国政府に「日英同盟切れ」って圧力かけたのは豪州と、あとアメリカの顔色見るカナダ)なんだよね
267.名無しさん:2020年03月28日 20:07 ID:Q.ttMI3o0▼このコメントに返信
※262

フィリピンまで行ったら連合国のオーストラリアが近いしソロモン諸島に米軍の大規模な飛行場があったから
「あれ放置したら日本軍がやべえ、なんとか攻略しないと」ってなって南方で地獄の消耗戦

戦線を広げ過ぎたではなく「広げざるを得なかった」のであってソロモン諸島まで進出した
日本軍の判断は間違ってないんだよね

268.次は勝つおじさん:2020年03月28日 21:05 ID:Cb0WL7IN0▼このコメントに返信
※267
米国大統領が公約破って参戦する必要があったけどな。
大統領の公約の為にアメリカはイギリスからの支援要請を随分断ってる。イギリス本土防衛に必要な要請だったのにな。
他国の植民地の防衛なんてアメリカの同盟国だろうと看過せざるを得ないと考えるのが普通だ。
あのタイミングのフィリピン攻略はほんと余計だったと思う。そこに掛る陸上戦力を真珠湾に投入出来たらとも思う。
アメリカの参戦を遅らす、それも大幅に遅らすというのは日本にとって有効な戦略だった。
アメリカの大恐慌再燃の可能性は有ったわけで。いくらアメリカでも財政が悪化してからでは満足に戦えない。
それでも敢行したのはフィリピンが植民地だったからじゃないか?
269.名無しさん:2020年03月28日 21:56 ID:FUjONhUB0▼このコメントに返信
>>265
国際的に認められた朝鮮半島や台湾という植民地を擁する日本が
国際的に認められた東南アジア植民地の欧米植民地を
「解放」するというのは矛盾するんですよ。

まずは自前の植民地を独立させてから言えよ、と。

解放ではなく侵略です。
これがダブルスタンダードでなくて何がダブルスタンダードになるんでしょ?
270.名無しさん:2020年03月28日 22:02 ID:FUjONhUB0▼このコメントに返信
>>265
>インフラを構築させている。
欧米もインフラ構築していますが。
道路鉄道はもちろん初等教育から大学まで。


>反乱起こされること覚悟で軍事教練もやっている。
これも大抵の植民地で行われている事ですね。
日本侵攻前に蘭印軍は8万人居たと日本の記録に残っています。
英印軍も誰が設置したんでしょうか?
英本国軍に指揮権を持つインド人将校もいましたが。

というか、あなたは以前にも同じことで指摘されて反論できてませんが。
もうお忘れですか?
271.名無しさん:2020年03月29日 02:01 ID:tqlTOd1Y0▼このコメントに返信
※268

真珠湾を陸上部隊で制圧って補給が出来ない維持できないで却下されてないっけ?

あと空母艦載機も生産力が足りておらず補給不足で艦載機に搭載する爆弾も2~3回出撃したら無くなる程度の量しか
なかった、米軍の空母艦隊からの攻撃も考えると真珠湾攻撃に大半の爆弾を使用し燃料も減っている状態で空母艦隊との
艦隊戦が出来るとは思えない、損傷艦の修理と燃料弾薬の補給はどうする?

オーストラリア経由でフィリピンから来る米軍の脅威も存在するのでは?
272.名無しさん:2020年03月29日 02:13 ID:tqlTOd1Y0▼このコメントに返信
※268

ソロモン諸島で地獄の消耗戦したあげく補給不足で押されて負けた日本軍に真珠湾を維持する事なんて不可能では?
273.名無しさん:2020年03月29日 06:41 ID:jzn5nrG20▼このコメントに返信
※270
蘭印に侵攻した日本兵の記録で、現地の道路がよく整備されていて驚いたという記述がある

日本が東アジアのインフラを整備してあげたんじゃなくて、当時の日本がインフラ後進国だっただけ
274.名無しさん:2020年03月29日 13:50 ID:oE1XfyCb0▼このコメントに返信
>>273
日本の植民地政策が白人の植民地政策の模倣だしねー
台湾統治の際の総督法律顧問がイギリス人だし

そういった事を知らずに植民地にインフラ投資したのは日本だけ、みたいに言うのは
無知以外の何物でもない
ましてや、それをもって植民地ではないと主張するのは恥ずかしすぎる。
275.名無しさん:2020年03月29日 13:54 ID:BypuG.x60▼このコメントに返信
※273
>蘭印に侵攻した日本兵の記録で、現地の道路がよく整備されていて驚いたという記述がある

都市部=自分たちが住む環境を整えただけでで地方のインフラ整備はほぼなしですけどね。いい例がマレーシアとシンガポール。

というかインフラ整っていたらわざわざ自電車で進行するわけないんですが…しかもその自転車が通る道ですら、先発した工兵が必至で整えてやっと、というありさま。
276.名無しさん:2020年03月29日 14:08 ID:BypuG.x60▼このコメントに返信
※270
>道路鉄道はもちろん

それが整っているなら日本軍は自転車で進行しないし、

>初等教育から大学まで。

旧植民地のほとんどが一国に複数の言語が現在進行形存在しないんだよな。で、その状態で初等教育から大学まで作って意味なるので?


職字率がどうこう?極端な話同じ地域に住んでいる10人が別々の言語の読み書きできてなんか意味あるので?しかもこの状態で初等教育をやれば算数や社会の前に言語教育にリソースがとられて初等教育の段階でドロップアウトするんですが。


実際にインドやフィリピン、ブラックアフリカあたりは現在進行形でそれで頭を抱えておりますが。
277.名無しさん:2020年03月29日 14:18 ID:BypuG.x60▼このコメントに返信
※276
訂正
>道路鉄道はもちろん

それが整っているなら日本軍は自転車で進行しないしね、それでも間に合わないから工兵先発浅瀬手道路整備させたりしているし。

>初等教育から大学まで。

まっとうにやっていれば旧植民地のほとんどが一国に複数の言語が現在進行形存在しないんだよな。

でも旧植民地の大半は言語が複数ある。その状態で初等教育から大学まで作って意味なるので?

この状態で初等教育をやれば算数や社会の前に言語教育にリソースがとられてその他の科目に力が入れられないか初等教育の段階でドロップアウトする=近代化や国家運営に必要な中間層の育成ができないんですが。

実際に自国に複数の言語がある国々ではあたりは現在進行形でそれで頭を抱えております。

逆にそういう教育を乗り越えられたそれらの国々の政治家は世界に通用する学歴や知識人であると。いい例がロバート・ムガベでこの吾人学歴に関してはアフリカ随一ともいわれていた
278.名無しさん:2020年03月29日 14:48 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※277
>自分たちが住む環境を整えただけでで地方のインフラ整備はほぼなし

それは日本の植民地も同じですな。
それに教育の質の話をしたら日本も欧米も五十歩百歩ですが。
279.名無しさん:2020年03月29日 15:01 ID:y0AbPJBk0▼このコメントに返信
欧米の植民地軍持ち出すのって、※278みたいな韜晦か無知かも怪しい輩と同類なんだが。
日本が養成してたのは、現地人による現地軍。日本のために日本の軍事力として使役する植民地軍ではない。
それと、上でやってた、帝国領土と決定云々したのは軍部って処で反論止まったのは逃亡って事で良いのかな。
参戦しようとしたら決着かぁ。ま、新ネタに飛びついて濫用しては決定的論破受けて暫く黙るのはオパヨの風物詩。
280.名無しさん:2020年03月29日 15:26 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※279
>現地人による現地軍。
英印軍もインド人志願兵主体。
蘭印軍もインドネシア人が主体。

相変わらず無知だなぁ。

>軍部って処で反論止まったのは逃亡って事で良いのかな。

失礼。触れるのが漏れていましたね。
軍部が決定したというのがそもそもの間違い。

大東亜政略指導大綱は御前会議を経て国策として帝国領土と決定しているんだから。
さすがに無知のあなたでも『御前会議』の意味はわかるよね?

で、インフラ投資したから植民地ではないというのは否定されたと言うことで良いのかな?
朝鮮や台湾は欧米のアジア植民地同様、インフラ投資をされた日本の植民地ということ。
281.名無しさん:2020年03月29日 15:39 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
インフラ投資の有無が植民地であることを否定しないのは証明済み。

つまり、合法的に朝鮮・台湾といった植民地を持つ日本が
同じく合法的な欧米の植民地を『解放』とするのは論理的に矛盾があるということ。

他人にどうこう言う前にまずは自分の植民地を解放して
それを大義名分に戦うのであれば理解できる。
俺たちは解放・独立させた。白人達よ、アジアから出て行けと。

だが実際はそうでは無かった。


だから※172の意見は否定できるんですよ。
282.名無しさん:2020年03月29日 16:02 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※279
インドネシアを帝国領と決定した大東亜政略指導大綱は

昭和十八年五月二十九日 大本営政府連絡会議決定
昭和十八年五月三十一日 御前会議決定

の決定を経ている。

『大本営政府連絡会議とは?
政府首脳との意思統一・疎通の場として、連絡会議が設置された。
議長は 内 閣 総 理 大 臣、政 府 か ら 外 務・大 蔵・陸軍・海軍各大臣と企画院総裁、
統帥部からは参謀総長・軍令部総長(場合によっては次長も)が出席した。
また内閣書記官長と陸軍省・海軍省の軍務局長が幹事として出席した。』
wikipediaより抜粋。

※193次は勝つおじさんの発言
『インドネシアを帝国領にするの件は軍人が勝手に文章にしただけだろ。国会で蹴られるに決まってる。』

軍人が勝手に文章にしただけねぇ(笑)
283.名無しさん:2020年03月29日 16:10 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※279
ちなみに
英印軍は第二次大戦時は250万人のインド人が参加。

蘭印軍の数は日本侵攻時、降伏戦力が南方軍総司令部の南方軍特報(1942年3月)の資料にあり
それによれば93000人の内、米英蘭兵約10000万人を除いた約80000人が現地人としています。
284.名無しさん:2020年03月29日 16:17 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※283
失礼。
米英蘭兵が1億人になっとる。
正しくは1万人。
285.名無しさん:2020年03月29日 16:43 ID:y0AbPJBk0▼このコメントに返信
※280を見る限り、言い返し易く切り取って噛みつくだけなところ、ID:KnSGxeaV0は相手にする価値が無いこと明白。
独立軍の立ち位置の話が、構成要員比率の話題に貶められている。

あと、相変わらずと言われても、このスレでは初めてのレスに何言ってんだとしか。
誤認()に基づく決め付けされても人間相手の遣り取り続ける気にはならん。
286.名無しさん:2020年03月29日 17:09 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※285
次は勝つおじさんとは別人でしたか。それは申し訳ありません。
インドネシアを帝国領土と決定したという件に触れていらっしゃったので本人かと勘違いしていまいました。
謝罪させていただきます。すみませんでした。

>現地人による現地軍。日本のために日本の軍事力として使役する植民地軍ではない。
>独立軍の立ち位置の話が、構成要員比率の話題に貶められている。

『現地人による現地軍』
この文言からは当然に人数構成についても触れられるべきかと思います。
また、実態を見るとインドネシアのPETAは日本軍の統制下にありますね。
更に言えば現地人と日本人は対等ないしそれに準ずる地位だったのでしょうか?
日本軍と現地軍の間に、例えば英印軍のKCIOのようなインド人士官がイギリス人を指揮するような事例は?

実態を見るに現地軍は日本軍の補助戦力の域を出ていないようですが。
それに反証し得る事例でも示していただけますか?

287.名無しさん:2020年03月29日 17:10 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※285
ちなみに帝国領と決定した件についての反論は無いという事ですね。
日本は軍の一部が勝手にやったのではなく、内閣や軍が意思決定した上で天皇の決を得て
国の決定としてインドネシアを自国領としたと。
288.次は勝つおじさん:2020年03月29日 19:16 ID:4QPMQnbc0▼このコメントに返信
※271
補給が維持出来ないなんて言い訳だろ。連合艦隊送り込めたのに補給船が送れない理由が何処に有るよ。
そもそも補給の段取りが出来てから始めるもんだ。真顔で補給が出来ないから陸上戦力を送れないとか言ってたなら初っ端から戦略なんてもんが無かった事になる。単に都合出来る人員が足りなかっただけだろ。
289.次は勝つおじさん:2020年03月29日 19:23 ID:4QPMQnbc0▼このコメントに返信
※272
またオマエか。一つにまとめて書いとくれよ。その地獄の消耗戦出来る程度の補給はあったんじゃね?
そもそもアメリカの補給基地であるハワイが健在のままで補給だ消耗だ言ったって始まらんのだよ。
アメリカだってハワイを失ったら西海岸からハワイまで補給地点無しだからな。
フィリピンなんぞよりもハワイのがよっぽどの要所だった。フィリピンには陸上部隊を送ってる。
290.次は勝つおじさん:2020年03月29日 19:46 ID:4QPMQnbc0▼このコメントに返信
※286
そうだ失礼だぞ、気をつけやがれ。
俺が書いたことすっ飛ばしてまだ言ってやがるのか。論議する気が無いなら日記でも書いてりゃ良いんだよ。
大東亜政略指導大綱だが、大綱は大綱であって単なる事柄の根本となる骨組みだわな。修正なんてあとで幾らでも計れる。
韓国人には日本語って難しいのだろうな。

『大本営政府連絡会議とは?政府首脳との意思統一・疎通の場として、連絡会議が設置された。
議長は 内 閣 総 理 大 臣、政 府 か ら 外 務・大 蔵・陸軍・海軍各大臣と企画院総裁、
統帥部からは参謀総長・軍令部総長(場合によっては次長も)が出席した。
また内閣書記官長と陸軍省・海軍省の軍務局長が幹事として出席した。』

さて、天皇が抜けてるのう。詔があってハンコが押してないと日本の意思としては成り立たんのだよ。
終戦の詔にはアジアの開放がはっきり書かれているがこっちが正式な国家の見解だわな。御署名も御印もある。
それを受けての内閣告諭もある。調べて見な。文語体で書かれてるが探せば口語訳もあるだろう。
291.名無しさん:2020年03月29日 20:00 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※290
>天皇が抜けてるのう。

やはり御前会議決定の意味を理解していないんですね。
ガッツリ天皇が関わっているんですよ。
292.名無しさん:2020年03月29日 20:04 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※290
>終戦の詔

それは後付の話ですよね。
開戦した動機は資源確保の為でした。

以前したやり取りを忘れてしまったのでしょうね。
無反応が無くなったので渋々理解したものと思っていましたが。
あなたは文書の内容を全く逆の意味に捉えてしまい、
私が高校生向けの副読本を提示してようやく理解できましたよね。
293.名無しさん:2020年03月29日 20:49 ID:KnSGxeaV0▼このコメントに返信
※290
朝鮮と台湾は日本の植民地であるという件には反論がないので
そういう事でよろしいですね。

インフラ投資は欧米の植民地でもしていますし、
インフラ投資が植民地である事を否定するものでない。
それが理解できたようで何よりです。

自らは植民地を持ちながら植民地解放を大義名分に戦う。
おかしいですよね。
まずは自分からしろよ、と。
294.次は勝つおじさん:2020年03月29日 23:37 ID:4QPMQnbc0▼このコメントに返信
※291
連合軍は関わってないと判断したから天皇を軍事裁判に掛けなかった。どんなバイアスが掛ろうとも公式には天皇に責任無しだ。
※290
オマエが後付けと思うかどうかはどうだって良いんだよ。少なくとも俺はそうだとは思っていない。
あとお前の発言にいちいち答える義理は無い。極力見るようにはしてるけどな。
295.次は勝つおじさん:2020年03月29日 23:44 ID:4QPMQnbc0▼このコメントに返信
※293
以前したやり取りを忘れてしまったのでしょうねの件はオマエだな。
俺はかなり前から「当時は朝鮮と台湾は日本固有の領土」だと書いている。
既に言及しているものをどうして反論する義理があるのだ?
オマエは論外だ。
296.名無しさん:2020年03月29日 23:59 ID:oE1XfyCb0▼このコメントに返信
※295
?また都合が悪くなって話を逸らそうとする。
大本営会議、御前会議を経ている以上、日本国の決定であり
軍が決めただけなどという詭弁は通用しません。


台湾朝鮮は国際的に認められた固有の領土であり植民地です。


アジアの欧米植民地も国際的に認められた固有の領土なんです。国際的に認められた、というのは日本も承認しています。

日本のそれだけは別、なんて理屈が通るわけがありません。
297.名無しさん:2020年03月30日 00:02 ID:yZ1Inxx10▼このコメントに返信
>>295
まとめ

インドネシアを日本領とする決定は天皇の決を得た日本国の決定であり
軍がやっただけという詭弁は通用しない

朝鮮台湾は日本固有の領土であり植民地である。

その植民地

298.名無しさん:2020年03月30日 00:05 ID:yZ1Inxx10▼このコメントに返信
>>295
誤タップで投稿してしまいました。


その植民地を自分は持ちながら一方で欧米の持つ固有の領土であるアジア植民地の解放を大義名分にする。 

矛盾します。
まずは自分が実行してからすべきですよね。
道理を通すのであれば。
299.名無しさん:2020年03月30日 00:07 ID:yZ1Inxx10▼このコメントに返信
>>294
後付けではない。
そう思いたくなければ、あなたの中ではそうなんでしょうね。

あなたの内心まで侵す権利は私にはありません。

しかし世間一般の評価は後付け、
という物にならざるを得ないでしょう。
300.名無しさん:2020年03月30日 00:11 ID:K8x4VoO40▼このコメントに返信
※288

連合艦隊送りこめたけどその連合艦隊の燃料と砲弾と艦載機の爆弾は使い切ったらおしまい
修理や補給は本土でやるの忘れてるだろ、開戦時からすでに武器弾薬の製造が追いついてないんだぞ

仮にオアフ島の砲台を全部潰して真珠湾に陸上部隊を送り込めたとしてもその後に燃料弾薬・医薬品・
装備・食料などを送り続けないと維持できないし本土から真珠湾までのシーレーン維持しつつ輸送船
の補給路を維持できる確信と根拠を出してくれ

あと当時の日本軍に真珠湾まで大量の陸上戦力と補給線を送って揚陸する能力があったのか?

301.名無しさん:2020年03月30日 00:16 ID:K8x4VoO40▼このコメントに返信
※289

ハワイ攻略も検討されたりハワイ王族を皇族に迎え入れる案とかあったけど「日本軍にハワイ攻略は不可能」
ってなったの知ってるでしょ?
302.名無しさん:2020年03月30日 06:32 ID:yZ1Inxx10▼このコメントに返信
>>294
丁寧に書かないと理解できないだろうから敢えて書くけど
インドネシアの領土化が国としての決定であり、軍が勝手にやっただけというアナタの主張は否定されるというのが論点なのであって
天皇の責任云々、ましてや連合軍が天皇をどう評価したなどと言ったことは論点ではないんですよ。

逸らしたい気持ちはよく理解できます。
しかし分かっててやってるのならまだしも、ナチュラルにそういう事をやっているのでしたらあなた、本当に文章読解力がないんですね。

あと答える義理は無いとかカッコつけてますが
正しくは論理的に反論できない、でしょ。
303.名無しさん:2020年03月30日 09:56 ID:bqJZUiat0▼このコメントに返信
※266
>オーストラリアという人種差別

ちなみに戦前のオーストラリアはイギリスはもちろんアメリカですらドン引きするほどの筋金入りの差別主義国。

WW1時に警備にやってきた日本艦艇に砲撃して、しかも当初は適当にごまかそうとするわ、日本が得た南洋諸島に関しても「日本に渡すくらいならドイツのままのほうがいい!!」と駄々こね、挙句の果てには「全部俺によこせ!!」と言い出して、アメリカですら「お前頭おかしいのか?」といわれるほど。

で、そのアメリカはWW2では黒人部隊を派遣したら上陸拒否された…。

なお、戦後になって日本にすり寄った理由もイギリスが英国連邦からEC(現EU)重視になったので頼る相手にが日本ぐらいしかいなくなったから…というとんでもない手のひら返しぐわい。
304.名無しさん:2020年03月30日 10:15 ID:bqJZUiat0▼このコメントに返信
※278
>それは日本の植民地も同じですな。

全然。というか40年足らずの統治の結果、独立後は曲がりなりにもその地域有数の経済地域としてやっていけたのと、世紀単位で統治しておいて資源やプランテーション以外に真っ当な産業がない地域が同じ扱いでした…とは到底思えませんがね。ましてや日本が統治した地域には資源や産業があったわけでもないのですからなおのこと。

前記したマレーシアとシンガポールのよう…というか南アジアやアフリカ諸国、中東の動乱の原因が欧米の植民地に起因しているのに日本の場合は日本が原因ではなく、それなりに真っ当にやっていけている…という時点で天と地の差となりますがね

>それに教育の質の話をしたら日本も欧米も五十歩百歩ですが。

これまた全然。前記したようにその地域にあった言語の改革や統一ができていない時点でこれまた天と地の差ですが。
欧米諸国でも本国では弾圧までやって成し遂げたのにね。

しかも、日本と違ってかなりの時間があるのになやらかった、できなかった…ということは欧米諸国は植民地の教育に関してまるっきりだかさほどやる気がなかった、としか取れませんがね。
305.名無しさん:2020年03月30日 11:13 ID:bqJZUiat0▼このコメントに返信
※293
>インフラ投資は欧米の植民地でもしていますし、
インフラ投資が植民地である事を否定するものでない。

資源やら農作物の確保の”だけ”と地域育成のためとでは天と地の差だと思いますがね。

例えばマレー半島でかつては同じ国で、同じくイギリスに統治されていたマレーシアとシンガポールの差とか見れば一目瞭然なわけですし。

後、某スレで有名になったボツワナのように安全保障や交通上獲得はしたものの資源皆無、農作がほぼ不可能な地域ではろくにインフラ投資や教育制度などをほとんど行っていない。(できるようになったのは独立後大規模なダイヤモンド鉱山が見つかったのとそれを元手にボツワナ政府が真っ当な統治をおこなったから)

ちなみに日本が統治した地域では満州を除けば安全保障や交通上獲得はしたもののまともな産業も資源もない地域ですけど…。
306.名無しさん:2020年03月30日 13:30 ID:1D4tgc6a0▼このコメントに返信
>>304
日本のインフラ投資と戦後成長の相関性が証明されていません。

ほぼ同じ統治期間の朝鮮とフィリピンを比較した場合
識字率の上昇率において、朝鮮はフィリピンの約7割ほどしか上昇していません。

インフラ投資は成長の一要素ではありますが、日本の投資がすべての原因である根拠がありませんね。

まずはそこを証明してみてください。
できますか?
307.名無しさん:2020年03月30日 14:37 ID:bqJZUiat0▼このコメントに返信
>日本のインフラ投資と戦後成長の相関性が証明されていません。

インフラない所に産業が育つというならばそうなのでしょうね。
ちなみに失敗国家っておおむねインフラないのに無理な産業投資をやったおかげで失敗しておりますが。

>インフラ投資は成長の一要素ではありますが、日本の投資がすべての原因である根拠がありませんね。

じゃ、お前さん曰くの「日本がまねをした」のに失敗している、少なくとも韓国や台湾のような国がほとんどない欧米の旧植民地って何なんって話なんだけど。
しかも、条件的に言えば資源や産業が豊富であった欧米のほうが有利なはずなのに。
まずはそこを証明してみてください。できますか?

308.名無しさん:2020年03月30日 14:51 ID:bqJZUiat0▼このコメントに返信
※306
>インフラ投資は成長の一要素ではありますが、日本の投資がすべての原因である根拠がありませんね。

ここで生きてくるのが日本が韓国などで行った、欧米諸国でも本国では行った「言語の統一と改革、それに基づいた初等教育」なんだが。

これによって実務面でも行政やインフラ整備、拡張に無駄なリソースや手間暇を割かなくて済むし、普段から使用している言語が近代化に対応できているので、教育や指導も簡単に済む。何よりも言語が同じであることは一体感を生み国民を作りやすくなると。

で、複数の言語がありそれが近代化に適していない上に複数もある…となれば、いくら識字率が高かろうが学校をたくさん作ろうが全く持って意味がないどころか、国家としてまとまったり、産業育成などの面から考えればむしろ弊害でしかないのだがね。
309.名無しさん:2020年03月30日 15:37 ID:bqJZUiat0▼このコメントに返信
※306
>識字率の上昇率において、朝鮮はフィリピンの約7割ほどしか上昇していません。

だから何語で教えたの?その言語は近代化とかに適応しているの?って話なんだが。

韓国北朝鮮は言語がほぼ一つでしかも日本がわざわざ近代化仕様に改革もされている。(いくつか日本語に近い単語や字があるのはそのため、中国は日本と同様に「漢字」を使用していることもあり和製漢語や漢字=要は日本語をそっくりそのまま使用している)

対してフィリピンは言語が複数で、しかも近代化非対応なのものも多数あるのでまっとうに勉強なりしたければ複数の言語を覚えなければいけなくなる。というかフィリピンに至っては独立前後にわざわざフィリピン語なる人工言語まで作って公用語に据えようとしていることを考慮すればお前さん曰くの宗主国による言語教育が日本よりも成功したとは到底思えないし、その思えないの差が現在の経済や国力の差につながっていると思いますがね。

それらを考慮したうえで

識字率の上昇率においてうんたらかんたら?極端な話一国家やだか一組織だかに所属する10人がそれぞれ別々の言語のよみかきできます!…というのは言語が意思疎通のツール的なものと考えればなんか意味あるので?

仮に意味あったとしてもその言語が例えば光合成の説明とかできるんですか?できなければいくら読み書きができても近現代的な産業や社会の担い手になれないんですけど。
310.名無しさん:2020年03月30日 17:21 ID:xbbG49zr0▼このコメントに返信
※307
やはり証明できていませんね。ただの感想・仮説でしかありません。
日本のインフラ投資が経済成長の一要素、基盤の一つである事に異論はありませんよ。

しかし日本の投資が成長要因の大部分を占めるという主張には無理があります。

韓国の経済成長率を見てみると
1945年~1961年の年平均成長率が4.5%
1962年~1997年の年平均成長率が8.5%

朝鮮戦争を挟んでいたことを加味しても韓国の戦後高度成長は日本の支配を脱してから起きたものです。
※1962年で区切るのは外資による集中投資を主とした第一次経済開発5ヵ年計画による政策転換があった為です。

また、同様のインフラ投資をされていた北朝鮮との差もあなたの主張と矛盾しますね。
日本のインフラ投資が戦後経済発展の主要因であれば北朝鮮も韓国と同様の経済成長をしていなければ矛盾します。
この事から明確なのは西側陣営のアメリカの支配下に入った事の方が日本のそれより影響が大きいということです。

311.名無しさん:2020年03月30日 17:26 ID:xbbG49zr0▼このコメントに返信
※307
更に言えばアメリカ軍政下で行われた教育の普及の方が日本の教育インフラ投資より影響が大きい。
1952年(左)と1965年(右)の生徒数比較
小学校230万→490万
中学29万→75万
高校14万→40万
高等教育3万→14万

これは日本統治期間35年の3分の1程度の13年しかないにもかかわらず、アメリカ統治下の方が増加度合いは遥かに大きいものです。
こういった人材の急増が先に挙げた経済成長の原動力となったと言えるでしょう。経済成長率ともリンクしますね。
北朝鮮・中国と近い韓国は西側陣営の共産主義に対するショールーム的な意味合いが強い為多大な投資が行われています。

データで見てみると、あなたの主張は思い込みによる牽強付会でしかないことが分かり、
言語の統一などは瑣末な事である事がよく分かりますね。(数値で証明できれば別ですが)
312.名無しさん:2020年03月30日 18:08 ID:xbbG49zr0▼このコメントに返信
※310
訂正
×朝鮮戦争を挟んでいたことを加味しても韓国の戦後高度成長は日本の支配を脱してから起きたものです。
○朝鮮戦争を挟んでいたことを加味しても韓国の戦後高度成長は日本の支配を脱してから、それなりの期間を置いて起きたものです。
313.名無しさん:2020年03月31日 10:43 ID:TjiPOskX0▼このコメントに返信
※310


>更に言えばアメリカ軍政下で行われた教育

だから何語で教えたのかというお話なんだが?
前記した通り、一組織内で複数の言語を別々に教えて尚且つ社会や時代に適していないものをいくら教えても意味ありませんが。

それを箱物だけ作りました!だからすごいのです!!ということ自身の論の証明できていない上に数字を見ただけのただの感想・仮説でしかありませんけど
314.名無しさん:2020年03月31日 10:51 ID:TjiPOskX0▼このコメントに返信
※310
>朝鮮戦争を挟んでいたことを加味しても韓国の戦後高度成長は日本の支配を脱してから起きたものです。

で、それを指導した人物は家が極貧で子だくさん家庭だったの正直進学などあきらめていたのに日本人の先生がやってきえ親を説得させて学校に通うことができた人物なんですがね。ついでに言えば朝鮮戦争で韓国を守るため奮戦した方々も旧日本軍系の軍人であると。さらに言えばサムスンや現代など韓国を支える財閥の創始者は日本統治時代に成功した方々であると

これらだけでも日本統治時代の遺産が韓国の戦後の高度成長に大きく寄与しているとなりますが。
315.名無しさん:2020年03月31日 10:56 ID:TjiPOskX0▼このコメントに返信
※311
>データで見てみると、あなたの主張は思い込みによる牽強付会でしかないことが分かり、
言語の統一などは瑣末な事である事がよく分かりますね。(数値で証明できれば別ですが)

言語が意思疎通のツールであり、単に読み書きできればいいとか思っている御仁の感想となればそうでしょうね。
316.名無しさん:2020年03月31日 12:01 ID:TjiPOskX0▼このコメントに返信
※310
>1962年で区切るのは外資による集中投資を主とした第一次経済開発5ヵ年計画による政策転換があった為です。

ついでに言えば似たような政策をやっている他国では何で失敗しているんだ?という話なんですが。

あなた大好きフィリピンはもちろん失敗国家が多数存在するブラックアフリカ諸国なんて天然資源の宝庫であり、日本統治時代は資源が豊富で工業地帯であった北朝鮮を持っていかれた韓国よりかはよほど好条件のはずですが。



317.名無しさん:2020年03月31日 12:28 ID:IFE66bH80▼このコメントに返信
※313
>だから何語で教えたのかというお話なんだが?

経済成長率や生徒数のデータ、北朝鮮との比較に関する反論は無いということですね。

アメリカ統治下のフィリピンでは英語による教育が行われました。
アメリカは首狩りなどの習慣を改めさせ
スペインの行ったカトリックの宗教的な教育から近代的な教育へと転換しました。

今日においてフィリピンの英語話者「数」は世界第3位、国民の92.58%が英語を話せます。
国別の話者「率」による順位は英語圏であるイギリス97.74、オーストラリア97.03、アメリカ95.81に次ぐ4位。
ttps://gentosha-go.com/articles/-/10157
この数字はフィリピン人の老人も含め英語を話せる事を意味するのは小学生でも理解できますね。

その根本は同時期の日本統治下の朝鮮半島より高いフィリピンの識字率です。
318.名無しさん:2020年03月31日 12:30 ID:IFE66bH80▼このコメントに返信
※313※
>指導した人物は家が極貧で 中略 学校に通うことができた人物なんですがね。
>旧日本軍軍人、財閥etc

そういった例もあるでしょう。私は影響はゼロだとは言っていませんね。
しかしあくまでも一要素でしかなく主要因ではないと。
そしてそれは欧米の植民地でも同様の事が行われているのです。
朝鮮の植民地性を否定するものではありません。

>それを箱物だけ作りました!

私がデータで挙げているのは生徒「数」なんですが。
生徒は箱物だったのか。
情けない捨て台詞を吐いてまた逃亡した勝つおじといい私につっかかってくる連中の文盲率の高さよ。

>数字を見ただけのただの感想・仮説でしかありませんけど
オウム返しするしかありませんよね。くやしい気持ちは分かります。
残念ながらデータにより私の説の傾向は裏付けられ、矛盾しません。
仮説・感想ではありません。そう思い込みたい気持ちは理解できますが。

319.名無しさん:2020年03月31日 12:30 ID:IFE66bH80▼このコメントに返信
※314
一方あなたのそれは仮説の段階にすぎません。その数字 すら 挙げられていないのですから。
日本のインフラ投資が経済成長の「主」要因となったデータを挙げて下さいと再三指摘しても
一向に挙げていただけませんよね?何故ですか?お答えください。

答えはそんなものは無いから。
今後ちゃんとしたデータを挙げるまで、マトモに相手しませんので
そのつもりで次の書き込みを、さぁどうぞ!
320.名無しさん:2020年03月31日 12:36 ID:IFE66bH80▼このコメントに返信
※314
>これらだけでも日本統治時代の遺産が韓国の戦後の高度成長に大きく寄与しているとなりますが。
それをデータで示してみましょう。
まずはそれからです。私も興味深いので逃げないで下さいね。
※315
>言語が意思疎通のツールであり、単に読み書きできればいいとか思っている御仁の感想となればそうでしょうね。
英語がその役割を果たしていたようですね。
※316
>言えば似たような政策をやっている他国では何で失敗しているんだ?
私には分かりません。あなたが証明してみてださい。データでもって。

あなたの理屈の無理は、戦後韓国の成長原因の多くを戦中日本のインフラ投資に求めていること。
私はそれに反する要因を数字でもって示しました。
あなたがすべきことはあなたの仮説と共に、それを裏付けるデータを出すこと。
戦後のアメリカや韓国人の行った政策より多くの投資を日本がした事を示せば
私の論点なんて瞬殺なのに何故しないのでしょうか?

私の出したデータよりよっぽど優れた統計なりのデータをお待ちしております。
321.名無しさん:2020年04月01日 19:01 ID:grDFh7rz0▼このコメントに返信
>経済成長率や生徒数のデータ、北朝鮮との比較に関する反論は無いということですね。

根本的に社会主義だか共産主義を掲げた国家の成功事例がほぼないですけどね。教育や言語の問題どうこう以前に。
無理して言語や教育問題にしたければ共産主義国家の場合は思想的な正しさを優先=そのためには依然あった体制や制度の破壊を重視しますのでこのこの主義の制度を採用した時点で教育や言語は過去にどのような優れたシステムがあろうと破綻確定となりますが。

後、ついでに言わせてもらえば北朝鮮は少なくともフィリピンあたりみたいにゲリラやテロが蔓延している、ブラックアフリカのほとんどみたいに内戦まで突入している、というわけでもない=なんだかんだで国内をまとめるのには成功しておりますがね。お前さんのへ理屈でいえば質量とも日本より手塩をかけた地域と違って。

ちなみにブラックアフリカでも内戦が起きていないところって言語や教育制度が周辺国よりも比べてしっかりしている国が多いと。モーリシャスみたいな例外もあるにはありますが。


>そういった例もあるでしょう

韓国の場合は”そういった例”しかないんだが…。で、現在、落ち目なのはそういった事例や前例を踏襲しようとした人々を排斥しているから。
他国に至ってはそういう例すらないと…。

>しかしあくまでも一要素でしかなく主要因ではないと。

で、近代化に必要な中間層の育成もしてもらいそのシステムもある、インフラもある程度整っている、資金は日本やアメリカからむしり取った…という要はヒトモノカネをそろえてもらっておいてそれを一要素と言い張るのはどういう了見なのやら。


322.名無しさん:2020年04月01日 19:08 ID:grDFh7rz0▼このコメントに返信
※320
>それをデータで示してみましょう。

曲がりなりにも世界でも有数の経済大国である韓国や台湾とそうでないフィリピンやブラックアフリカ諸国って例示を挙げておりますが。
箱モノだけとか生徒数だけでとかいうデータよりははるかに優れたデータだと思いますが。

>英語がその役割を果たしていたようですね。

あくまで公用語しかもその一つであって複数の言語があり、場合によっては一国や一地域内で意思疎通すらできていない事情は変わりません=英語だか宗主国の言語だけではその役を果たせておりませんけど。

というか果たせているのならそのまま英語を使えばいいだけであってフィリピンのように新たな人工言語を作る必要性はないんですがね。

>私には分かりません。

私としては言語の統一や改革ができていないものを広めた(つもり)でいい気になっているあなたの言動のほうがはるかに理解できませんが。

323.名無しさん:2020年04月01日 19:22 ID:grDFh7rz0▼このコメントに返信
※317
>フィリピンでは英語による教育が行われました

で、なんでフィリピンの言語は英語だけではなく複数あるの?
というか当のフィリピン政府が英語に代わる公用語の策定を模索してるけど?

これらを考慮すればアメリカの言語教育は失敗した、もしくはさほど効果を上げていないとなりますが。あなたが提示した数字上のものとはうらはらに

>私がデータで挙げているのは生徒「数」なんですが。

仮のそうだとして10人が10人別言語取得しています、状態でなんか意味あるので?むしろ騒乱の種ですが。
というかそういう生徒を輩出している教育機関や学校は箱物となるけど?

>オウム返しするしかありませんよね。

そりゃ、言語や教育の話で根本的に言語が意思疎通のツールであるのにそれを無視してぎゃあぎゃあ言われる人には繰り返しそう教えるしかありませんからな。

>やしい気持ちは分かります。

自己紹介されても…困るんですがね。
324.名無しさん:2020年04月01日 19:34 ID:grDFh7rz0▼このコメントに返信
※319
>一方あなたのそれは仮説の段階にすぎません。

日本が統治した韓国や台湾が経済大国でフィリピンやブラックアフリカなど欧米諸国が統治したところはそうでないというのが仮設らしい。

>日本のインフラ投資が経済成長の「主」要因となったデータを挙げて下さい

少なくとも教育面では言語統一と改革という事例やデータを挙げておりますが。
そういうのがなくても職字率さえ高ければいいとかわめいて無視している御仁がいるだけで。

>一向に挙げていただけませんよね?何故ですか?お答えください。

あなたが自分の取っ手都合が悪いデータや事例を無視しているだけですが。単にそれだけ。

325.名無しさん:2020年04月01日 20:38 ID:2fmNpa.00▼このコメントに返信
※324
やっぱり言い訳を並べて
結局日本のインフラ投資が経済成長の主要因である事を示す統計データは挙げられませんね。

>自分の取っ手都合が悪いデータや事例
さらっと事例とデータをゴッチャにしないように。
日本の政策がどう影響したか数字を出してくださいと言った筈ですが。

>根本的に社会主義だか共産主義を掲げた国家の成功事例がほぼないですけどね。
分かっているじゃないですか。
それだけインフラ投資が経済成長に及ぼす影響は限定的ということです。
どういった政治体制をとるか、外交関係を築くかどうかのほうがよほど影響が大きい。

>言語統一と改革という事例やデータ
朝鮮半島の言語統一と連呼されてますがフィリピンみたいに多数の言語ありましたっけ?
それって日本の功績じゃないですよね。単にその国の違いでしかない。
326.名無しさん:2020年04月01日 20:44 ID:2fmNpa.00▼このコメントに返信
※324
繰り返し申し上げますが、あなたのすべきことは
・生徒数の伸びの大きさ
アメリカの制度、韓国の政治>>>>>>大日本帝国の制度
・経済成長率の伸び率の大きさ
日本統治が近い50年代<<<<<<<60年代以降の韓国の経済政策

という明確なデータがあるのですから、それを論破するにはいくら事例を並べても意味がありません。
無視しているのではなく、証明がされていからです。ソースがない状態。
私が事例しか出していないのであれば、あなたの理屈も通りますが、
これに反するデータを持ち出す事でしか意見を通す方法はないのです。
まずはそこを理解しましょう。
327.名無しさん:2020年04月01日 20:56 ID:2fmNpa.00▼このコメントに返信
※324
念のため確認ですがあなたの主張は
「戦後韓国の繁栄の主な要因は大日本帝国時代のインフラ投資である」
でいいんですよね?違っていたらご指摘ください。

私の主張は
「戦後韓国の繁栄の主な要因は軍政アメリカの制度と韓国人の政治によるものである」
「日本のインフラ投資は繁栄の一要因ではあるが、限定的なもの」

あなたがすべき事は
大日本帝国のインフラ投資がアメリカの政策・韓国の政治より優れているという事を数字で示すことです。
繰り返しますが、私が事例しか挙げていないのであれば、あなたも事例で応酬すればよいのですが
私が数字を挙げている以上、あなたも数字で対抗せざるを得ないという事です。
328.名無しさん:2020年04月01日 21:00 ID:2fmNpa.00▼このコメントに返信
※324
ブラックアフリカがどうとか、いくら事例をあげられても
で?としか答えようがないんですよ。
数字・統計データをヨロシク!
329.328:2020年04月02日 19:15 ID:yqf2KMrN0▼このコメントに返信
※324
興味があったので調べてみましたが1920年~1930年の日本統治下の朝鮮半島の経済成長率は
4.1%で、同時期の日本・アメリカの約3%に比べ、高い数字となっているようです。

ですので、一定の評価はされて然るべきだと思います。
しかし、先ほど挙げた戦後アメリカの敷いた制度・韓国の経済政策の下での成長率に比べれば
やはり数値は低いので戦後の成長は大日本帝国>>>>アメリカ・韓国という結論には変わりありませんね。
330.名無しさん:2020年04月02日 19:16 ID:yqf2KMrN0▼このコメントに返信
※329
訂正
×大日本帝国>>>>アメリカ・韓国
○大日本帝国<<<<アメリカ・韓国
331.328:2020年04月02日 22:41 ID:yqf2KMrN0▼このコメントに返信
前言撤回。
さらに調べたら大日本帝国は宗主国として経済面では大変、優秀な事がわかりました。

ttps://en.wikipedia.org/wiki/Economy_of_the_Philippines#American_Era_(1901%E2%80%9340)

ここにインド、インドネシア、ビルマ、フィリピン、台湾、韓国、タイの
1900~1990年まで、一定期間で区切ったGDPのデータがあります。
韓国、台湾のGDPの伸びは他の欧米植民地より伸びています。
そしてフィリピン酷いわ。

332.328:2020年04月02日 22:51 ID:yqf2KMrN0▼このコメントに返信
戦後の韓国・台湾のGDPの伸び方は、日本統治下のGDPの伸びの延長線上にあると言えますね。
日本の統治が始まるのを境に明確に伸びを示しています。

植民地に対しての投資に関しては宗主国の中では日本が一番優れていたと言えるでしょう。

お名前