2020年03月27日 09:05

やっぱり本能寺の変はシンプルに光秀個人の下克上狙いが一番しっくりくるよな?

やっぱり本能寺の変はシンプルに光秀個人の下克上狙いが一番しっくりくるよな?

mitsuhide

引用元:やっぱり本能寺の変はシンプルに光秀個人の下克上狙いが一番しっくりくるよな?
https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1585152203/

1: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:03:23 ID:Pxj
あまりに条件が揃い過ぎてて魔が差しちゃったと言うか
老い先短いしワンチャン狙った感ありありだよな

そもそも信長と言うか織田家自身も下克上のようない出で立ちで当たり前の時代だし、
後に秀吉、家康がやり方はそれぞれ違えど似たような形でチャンスとあらば権力簒奪してる事考えれば、

〇〇黒幕説ととか怨恨説だとかより
「これチャンスじゃね?」
って隙を見せた信長、信忠が悪いって感じだよな

2: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:06:38 ID:Pxj
信長と信忠、あとその供回り衆を一網打尽に出来るとか、

さすがに隙を見せすぎやろって感じ
信長だけ、あるいは信忠どっちかが応戦出来る戦力あったら絶対謀反せんかったやろ

3: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:06:49 ID:EWE
キチゲ解放説すき

6: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:08:23 ID:Pxj
>>3
いやガチでありそうやで

いくらなんでも大チャンスにもほどがある
信長だけ殺しても意味ないけど+信忠と織田家と縁深い供回り衆まで一網打尽やからな

これがのちに秀吉にチャンスを与えたとも言える

4: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:07:46 ID:0Ov
でも周りが助けにくるかも?という計算というかそういう入れ知恵したやつはいそう

5: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:07:50 ID:37a
下剋上説が一番しっくりくるよな
感情論説は準備量的にありえんし

9: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:09:59 ID:Pxj
信長、信忠もそうやけど、
村井やら斎藤やらの織田家屈指の忠臣も逝ったのが大きいよね

軍団長連中はぶっちゃけ織田家にそこまで恩無いから平気で後に裏切るわけやし

10: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:10:25 ID:Tcy
信忠は逃げろや

11: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:10:46 ID:Pxj
>>10
信長はともかく信忠は逃げよう思えば逃げれたよな

13: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:11:39 ID:Pxj
側近まで全部逝って後は軍閥だからね

織田家を実質全滅させられる大チャンスとかあの時代誰でも同じ事したんちゃうか・・・?

しかも一応自分は織田軍団で実質ナンバー2やったわけやし

14: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:12:31 ID:EWE
光秀って戦国の主役連中と世代ずれててイメージより大分ジジイなんよな
官兵衛爺さんが天下狙うくらいやし、ジジイのキチゲ解放は十分有り得るよな

16: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:13:06 ID:Pxj
>>14
そうそう
クロカンも地味に関ヶ原でワンチャン狙ってる動きしとるし

15: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:12:55 ID:0Ov
猿もやろうとしててミッツが先にやっちゃったとかないかな?

17: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:13:48 ID:Pxj
>>15
と言うか軍団長連中はほとんどチャンスさえあれば・・・やろ
家康だってそうだし

ただほぼ天下手中だから目立って歯向かうつもりはないんだろうけど

27: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:17:03 ID:0Ov
信忠くん気を抜きすぎやわ

28: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:17:34 ID:Pxj
他の連中はなんで便乗せんかったんやろ

光秀はそこまで人望無かったんかな?
猿が調子扱いた時は味方おったやん

30: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:18:27 ID:1kw
>>28
ノッブの死体がないからみんな死んだか自信なかったんや

34: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:19:20 ID:0Ov
>>28
光秀伐った方がその後の政治やりやすいやん!少数やろうし
って感じかも

35: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:20:33 ID:Pxj
これじゃあ光秀ただの馬鹿みたいじゃん

38: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:22:23 ID:1kw
信長(ここで隙を見せたらどうなるやろ…)
光秀(ここで謀反起こしたらどうなるやろ…)

42: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:26:01 ID:loN
秀吉「信長様がこっち視察に来たときメチャクチャスムーズに移動出来るようにしてびっくりさせたろ!」ウッキウキ




秀吉「こんな形でワイが使いたくなかったわ…」グスッ

43: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:27:22 ID:t4f
北条や毛利に根回しでけんかったんやろかね
ヒットアンドアウエイですぐ四国に逃げたりとかもありやろし

51: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:31:54 ID:Pxj
長宗我部ももう全面抗争する気はない感じだったしね
毛利も本隊と形だけ決戦して良い感じのとこで講和って感じやろ

もう王手も王手やもんな

53: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:32:23 ID:Cv5
戦国時代の意思決定はホント謎よな
朝鮮出兵も今の感覚やとまったく理解できん

57: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:35:12 ID:EWE
>>53
戦争終わったら経済回らなくなるからミッツが耄碌猿を唆したって司馬遼太郎が言ってた
だから派遣されたやつには嫌われてたとも

58: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:36:43 ID:Pxj
>>57
統一後残る大量の軍属をどうするかって世界史でもわかりやすいよね
他国に攻め入るのに使う

元が日本に来たのも南宋兵と高麗兵の処分の目的も一因と言えるし

59: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:37:21 ID:Pxj
家康の場合は時間をかけて武装解除と言うか弱体化させて対処した

85: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:49:33 ID:4LY
光秀高齢説取るなら佐久間の次に処分されるのは自分って考えても無理ないやね

87: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:51:48 ID:4xs
ミッツ本人も立場全然安泰じゃないしな
四国対策は完全に面子潰されてるし
近畿方面軍というかどちらかというと丹羽長秀や蜂屋頼隆と同じような他の方面軍の援護に飛び回る遊撃軍みたいな位置づけやし単独で手柄あげるのは中々骨が折れる立場や

88: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:53:04 ID:Cke
ワイは四国説推してる

90: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)01:56:27 ID:4xs
>>88
要因の一つって感じやと思う
ただでさえ古参の武将たちがこき使われる未来しか見えない中で四国対策でメンツ潰されたことと
天下統一直前に信長を討てる大チャンスが巡ってきたという積み重ねがあった結果

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年03月27日 09:09 ID:xFcsjJyi0▼このコメントに返信
有力なのはやはり長宗我部 関連だけど
諸将への手紙工作を謀反後にやる辺り
結構 突発的な行動であったのは確か

寺社仏閣の類というか宗教は
前述の酷い横領行為など軽んじてる節もあり
比叡山を焼き払う言い出しっぺも積極的に
行動してたのもどうも光秀だったりする

実際の光秀は明らかに信長に目をかけられて
たのをかさに着てる 京都奉行時代の公家だけで
なく皇族にまでと及んだ横領はその一環
2.名無しさん:2020年03月27日 09:09 ID:xFcsjJyi0▼このコメントに返信
金柑がどうとかイジメがどうとかは
大体、江戸時代のでっち上げだからね
(そもそも、どっちかという才能故に贔屓)

朝廷が黒幕だーとか言う人は
その朝廷から横領しまくりの光秀は
信長に勅使が行くほどで相当嫌われてる
なお信長に叱られても光秀は中々やめなかった
3.名無しさん:2020年03月27日 09:10 ID:mTym8rMz0▼このコメントに返信
まあ、メンツは無視できん要因だろうなあ
下剋上よか死なば諸共で生き残ってしまったからあがいてみた感じかも
家巻き込んでやることとは思えないが
4.名無しさん:2020年03月27日 09:10 ID:xFcsjJyi0▼このコメントに返信
討たれたのはどう見ても信長の油断やし明智光秀が義の人とか言うのは明智光秀が室町将軍の直属組織奉公衆の出身でありながら割とあっさり見限って鞍替えしてる点や比叡山延暦寺焼き討ちの進言者であり率先してやってた実行者である点

京都に馴染みない信長から京都奉行任されていたの良い事に朝廷から2回も抗議の直視が来るくらい信長の頭を抱えさせた調子着いた横領魔なの覚えといた方がええで、でも切り捨てないくらい仕事に有能やったのも確かやし信長が光秀ピンチの時に寝巻き早着替えで自ら救援に駆けつけたくらいには目をかけられてたし
5.コロンブス:2020年03月27日 09:10 ID:PHKAq3hg0▼このコメントに返信
煽って金稼ぎw
惨め
6.名無しさん:2020年03月27日 09:12 ID:kAulpmV.0▼このコメントに返信
こいつをそそのかした黒幕が別にいるんじゃないかな
7.名無しさん:2020年03月27日 09:12 ID:mTym8rMz0▼このコメントに返信
※5
加担してる同類の言うことか? 黙って消えろ
8.名無しさん:2020年03月27日 09:14 ID:YcVJ4XgT0▼このコメントに返信
あまり結び付け過ぎずにこういうシンプルな説も面白いな
9.名無しさん:2020年03月27日 09:14 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信









10.名無しさん:2020年03月27日 09:15 ID:pLVVUQum0▼このコメントに返信
光秀は一番の出世頭だったんだし、権力欲よりも怨恨の方がしっくりくるけどな
あとやっぱり足利義昭絡みじゃないの
本気で天下ひっくり返す気ならもっと準備根回し万端にしてる筈だわ、他の重臣の抱き込みとか
11.名無しさん:2020年03月27日 09:16 ID:IAp.eSVk0▼このコメントに返信
禿げを馬鹿にされたからだろ
この禿げーーーーーーー!
違うだろーーーーーーー!
12.名無しさん:2020年03月27日 09:17 ID:VFY8ROzF0▼このコメントに返信
信長を殺した男の考察はなかなか好きだけどなぁ…
13.名無しさん:2020年03月27日 09:18 ID:zwCIsrtL0▼このコメントに返信
秀吉にそそのかされた方がしっくりいく。
14.名無しさん:2020年03月27日 09:20 ID:0iwN5lOX0▼このコメントに返信
※11
カツラ毟られてキレた説は一応あるな(稲葉家譜)
15.名無しさん:2020年03月27日 09:20 ID:kXOJwvHU0▼このコメントに返信
大河が終わっるまでにあと100回くらい立ちそうだなこのスレ
16.名無しさん:2020年03月27日 09:21 ID:wImSBi8W0▼このコメントに返信
こんなやり方で信長を殺しても誰もついてこない
当時の状況でも正当性が何もないし実際に武将達はついてこなかったし
17.名無しさん:2020年03月27日 09:23 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
※10
義昭が動くなら毛利と事前折衝してる必要があるが
毛利勢は秀吉の前に主力がノコノコ出てきてて
義昭を担いで京都まで移送する行動をいっさいとってない
変後に「わしがやらせた」とか書状出してるけど
自身が戻る手はずも何も無い状態でのことなので「ザマァ」程度のもの
そもそも義昭をまっさきに見捨てたのは光秀
恨まれこそすれ光秀に頼もうなどとは思うわけない
光秀と連絡取ろうにも旧幕臣の最有力の長岡(細川の名は義昭と縁を切る際に改姓)などからも
見捨てられてる段階でどうにもできない
18.名無しさん:2020年03月27日 09:26 ID:is.VGbgr0▼このコメントに返信
※16
書こうと思った事が既に書かれて有ったので安心した。
弱体化した信長領に大義の無い明智領なんて周りの国にとっちゃ格好の餌だ。
領地すら守れないんじゃ、しょうがない。
19.名無しさん:2020年03月27日 09:26 ID:2i2aNCFS0▼このコメントに返信
「権威を利用しても権威に従わない。あくまで実力至上主義。」をモットーの織田軍団の中枢にいながら、本能寺の後にやった事といえば朝廷工作?結局何がやりたかったのやら・・・。
20.名無しさん:2020年03月27日 09:27 ID:OE4NhpMA0▼このコメントに返信
首ゲットできれば細川味方につけることができて明智の天下やったでほんま
どっちが火かけたかは分からんけど、首ゲットできんかったのは光秀の大ミスや
21.名無しさん:2020年03月27日 09:27 ID:DEEKKBAy0▼このコメントに返信
秀吉が未来人だったほうが納得できる
22.名無しさん:2020年03月27日 09:29 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
※16
誰もがとはいわないが一定以上の多数が納得する大義名分か
「こちら方に手向かったらただじゃすまないぞ」と多数派工作が出来てないと反対層を押さえ込めないからね
光秀一人が手勢だけで主君を討っても与党がいないとただの反逆者でしかない
主君、大内を討った陶隆房(晴賢)だって仲間工作をした上でのことだし
信虎を逐った晴信(信玄)だって重臣に担がれて実行してるわけだし
23.名無しさん:2020年03月27日 09:30 ID:FmejFJkP0▼このコメントに返信
大河はどういうオチを付けるのか楽しみ
出番少ないのに主人公よりよっぽど存在感のある信長様と竹千代ちゃん
24.名無しさん:2020年03月27日 09:32 ID:IWazO4.10▼このコメントに返信
朝鮮出兵はあくまで明への攻撃だからな。

戦国大名を統一したからと言って、共通敵の有り無しじゃ、求心力が違ったんだろうね。
信長は味方の統率を間違えた。秀吉は敵の作り方を間違えた。明を攻めるにしては距離感が違い過ぎた。

結果として、家康のように内政を固めることが、当時の正解だったのだろう。
皆が戦国乱世にくたびれてたんじゃない?
25.名無しさん:2020年03月27日 09:32 ID:bSmZwEch0▼このコメントに返信
黒幕なんていなかった。もし黒幕がいたなら、姿を現したハズだし光秀を擁護しただろう。だが光秀はたった一人だった、信長暗殺は単独犯行だよ
26.名無しさん:2020年03月27日 09:33 ID:IAp.eSVk0▼このコメントに返信
実は黒幕なんじゃないの?ってよく言われる秀吉にしろ家康にしろ相当危ない橋渡ってるしな
秀吉は一歩間違えれば自軍がボロボロの状態で更に毛利に後ろから攻められる可能性もあったし
家康はそのまま落ち武者狩りにやられたりとか
公家にしても当時ボロボロでやっと信長が畿内一帯を抑えて楽できるって状態になった所だし
イエズス会とかも無いでしょー畿内でまともに活動できたのって信長のお陰だし
んーやはり光秀の暴走かな
27.名無しさん:2020年03月27日 09:33 ID:Zt1AIhVj0▼このコメントに返信
後継の長男がいないのにそんな考え方で謀反するはずがない
秀吉はまだ養子とってたけどそれもないし
28.名無しさん:2020年03月27日 09:36 ID:ucq3gWf90▼このコメントに返信
ただのテロだろw
下剋上狙いなら信長の部下達をもっと懐柔してないと無理だしwww
29.名無しさん:2020年03月27日 09:37 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
※19
朝廷に認められたっていうのは意外と大きいし
今後を考えたら天皇の後ろ盾を得て行動出来る。明智家と朝廷はそれまで縁がなかった
織田残党が帰ってくるまでまだ2、3ヶ月くらいはあるだろうから
従わない畿内勢を駆逐していったら兵力的にも対抗出来るだろうという目算
ただ光秀自身が朝廷の荘園を横領したりして印象最悪なのを分かっててやってるのか
力で黙らせる気だったのかは不明

※20
息子のDQNが信長の信奉者だったのでムリだし
事実を確かめる前にオヤジも剃髪しちゃってるし
信長が生きてようが死んでようがあそこを引き入れるのはムリ
30.名無しさん:2020年03月27日 09:38 ID:lYhXyT8I0▼このコメントに返信
長年の不満の蓄積と下準備なしでギャンブルで下克上狙いでやったらあの結果というのが自然な結論かな。

朝廷から横領癖が過ぎると信長に苦情がいくくらいだし後についていくものがいなかったあたりは国の統治者としての器ではないと周りからは思われていたんじゃない?
武将としては善人過ぎたら務まらないしせめて悪さするなら要領よくやれってことだけどできてないしいくら武将として優れていても朝廷から嫌われてたら国の運営やりにくいだろ。
31.名無しさん:2020年03月27日 09:39 ID:.EyxS8cY0▼このコメントに返信
>ノッブの死体がないからみんな死んだか自信なかったんや

んだからあの当時の首実検ってホント大事なんだよな
「殺った」なんていくらでも言えるんだから

今で言うガンカメラみたいなモンだ。
32.名無しさん:2020年03月27日 09:43 ID:p.2mq3fU0▼このコメントに返信
そらそうやろ。
最大のチャンスだったから。
33.名無しさん:2020年03月27日 09:44 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
※27
嫡男はいるがまだ15(元服年齢)にもなってない今で言う中坊
坂本城が落城したときに家臣と共に死んだとか
落ち延びて僧になったとか病死したとか色々言われてるが
確かなのはすでに社会的な地位はなくなったこと
34.名無しさん:2020年03月27日 09:45 ID:2cV.ts9y0▼このコメントに返信
時代が時代誰でも天下人のチャンスがあれば謀反を起こすだろ?
織田軍の主力は武田・毛利方面に展開中、四国方面の織田軍は近畿に居たが織田の死亡で半数以上の兵が離散(光秀を討とうとしても戦力不足)
光秀側も信長の遺体を取れなかったので周辺国の賛同を得る事が出来なかった(謀反前に手紙を出していなかった、まぁばれては失敗を恐れての事らしいが)
十日も無駄にした光秀この瞬間歴史が動いた(破滅への道)
35.名無しさん:2020年03月27日 09:45 ID:3ZUQzR4y0▼このコメントに返信
>>12
あれ物語としては面白いけど考察なんて言えるレベルちゃうで
36.名無しさん:2020年03月27日 09:46 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
※31
偽物でもいいから首をさらしておけばよかったとか
学者が歴史雑誌にぶっちゃけてんの草
37.名無しさん:2020年03月27日 09:47 ID:jIo.UMSe0▼このコメントに返信
ハゲの怨み節に一票
38.名無しさん:2020年03月27日 09:47 ID:.EyxS8cY0▼このコメントに返信
※36
流石に信長クラスじゃ出来んわ それw
39.名無しさん:2020年03月27日 09:48 ID:3ZUQzR4y0▼このコメントに返信
>>13
秀吉と嘘でも話が出来てたら、細川への半ギレ説得状で秀吉は俺と同心してんのやって言わない理由がない
細川は丁度光秀領と秀吉領の間にいるから絶体絶命になるし最高の脅し文句になる
40.名無しさん:2020年03月27日 09:50 ID:3ZUQzR4y0▼このコメントに返信
>>16
筒井「そ……そうだよ……な!」
41.名無しさん:2020年03月27日 09:55 ID:qzMyBZoJ0▼このコメントに返信
信長が天下統一した世界から来た未来人が光秀を唆したのが、この世界や。
42.名無しさん:2020年03月27日 09:58 ID:rcxso3X.0▼このコメントに返信
ノッブの首ワンチャン!、いうてもその後のことを想像できないものかね?
最大の疑問が残るんよ、首を取った後ジブンがトップ張れるという根拠の無さに
43.名無しさん:2020年03月27日 09:59 ID:uQpQVKvQ0▼このコメントに返信
信長好きすぎて自分だけのものに死体から燃やす
44.名無しさん:2020年03月27日 10:00 ID:7T8gTFzJ0▼このコメントに返信
あとの立ち回りが下手すぎるし、
どう考えてもカッとなってやっただけだろ
45.名無しさん:2020年03月27日 10:03 ID:PqbYBagJ0▼このコメントに返信
※33
光秀の謀反の原因に、高齢である自分の死後の長男の扱いに不安を感じたってのはないかな?
そもそも功績のあった家臣ですら、手柄をたてられなくなると追放するような主君が
功労者の息子だからと言って優遇するはずがない。

信長って光秀以外にも何人も部下に裏切られてるけど、結局、部下に対して
「どれだけこの人に尽くしても、最後は用済みとなって捨てられてしまう」と
安心感を与えられなかったのが、大きいんじゃないかな。
46.名無しさん:2020年03月27日 10:03 ID:FfwWL9V40▼このコメントに返信
※43
恋だよな
47.名無しさん:2020年03月27日 10:04 ID:3wjHAFlG0▼このコメントに返信
>>24
朝鮮はただの通り道の予定だったのにね
朝鮮出兵ってスペインが民に攻撃する計画を信長がイエズス会から聞いたけど、本能寺の変が起きた。スペインとポルトガルが覇権争いが東アジアにも伸びてきて、スペインに民をとられるから秀吉が出兵した説を聞いたことある。
48.名無しさん:2020年03月27日 10:04 ID:td23FNs20▼このコメントに返信
※42
だから滅びたのであって
後のことが考えられない愚者、または普段は賢いのに突然そんな症状が出た愚者ってのはよくいる

ネットでちやほやされてクーデター起こしたら総理になれると勘違いしちゃった政治家とか居ただろう
それまで順風満帆だったのに何故そこで全部捨てるのかよって
49.名無しさん:2020年03月27日 10:06 ID:DfkMcj2H0▼このコメントに返信
正親町天皇「朕ガ最モ信頼セル老臣ヲ悉ク倒スハ、真綿ニテ朕ガ首ヲ締ムルニ等シキ行為ナリ」 「朕自ラ近衛師団ヲ率イテ、此ガ鎮定ニ当タラン、馬ヲ引ケ」
50.名無しさん:2020年03月27日 10:09 ID:PqbYBagJ0▼このコメントに返信
※42
世界史を見れば、暗殺事件はごまんとあるが、きちんと後のことまで考えて
自分が生き残れるように立ち回った例は割と少ない。

追い詰められたと感じた当事者にとっては、その状況から抜け出すことが全てで
その後はそれから考えるってのは、割と自然な思考だと思う。
51.名無しさん:2020年03月27日 10:09 ID:RDs1R1P60▼このコメントに返信
信長に公家領や寺社領を横領してることを理由に国替えを命じられたことに
光秀本人よりも光秀の部下たちが反感を持ち、陰で下克上の話をしていることが
光秀本人にも伝わったんだろう。自分に伝わる程話が大きくなっているのなら、
信長に伝わるのも時間の問題だから、謀反起こすより選択の余地が無かったんだろう。
52.名無しさん:2020年03月27日 10:13 ID:dF.FSq1X0▼このコメントに返信
朝廷陰謀説だと言ってるだろ!!何度も何度も!!わからない連中だ!!
53.名無しさん:2020年03月27日 10:16 ID:XTcYta5w0▼このコメントに返信
この時代は、下剋上・だまし討ち当たり前で、信長はもちろん、みんなどこの馬の骨ともわからない人が多数派なんだから、普通に下剋上だよ。
色々理由付けしているのは、後世の創作(武士道含む)の影響で、裏切りなんて余程のことが無い限りやらない、っていう思い込みによるもの。
54.名無しさん:2020年03月27日 10:28 ID:FEhwuiOk0▼このコメントに返信
光秀は信長LOVEだったから、小姓に取られて悔しかったんや。
55.名無しさん:2020年03月27日 10:38 ID:3ZUQzR4y0▼このコメントに返信
>>52
ぶっちゃけ朝廷からすると光秀なんかより信長との方が関係良好やし
56.名無しさん:2020年03月27日 10:41 ID:yyKk6gWY0▼このコメントに返信
光秀「麒麟に俺はなる!(ドン」
57.:2020年03月27日 10:42 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
58.名無しさん:2020年03月27日 10:43 ID:fMtaVYbR0▼このコメントに返信
あらゆる我慢の限界、四国攻めがまさに今始まろうとしているその当日、秀吉の後詰めで大軍を動かしても怪しまれない時、軍団長のほとんどが遠征で遠くにいて、信長親子が揃って近場に手薄でいる、まさにここしかないという好機、あらゆるタイミングが揃い過ぎてるよな恐ろしいくらいに
神の啓示か、運命の特異点か、歴史の道標に導かれたかぐらいに全部が全部揃い過ぎたもんだから、もうこれは行くしかないと思わざるを得なかったとしても不思議ではない
もう歴史がこうなるようにと天意のお膳立て感が凄い
光秀は選ばれたのよ
歴史の強制力に
59.名無しさん:2020年03月27日 10:43 ID:IQtHPwvT0▼このコメントに返信
こんな一バチの博打に直系の家臣や家族はともかく他の親戚一同も賛同したんすかねぇ?今ですらヤベー犯罪犯すと親戚一同首をネットで晒られるのに当時は文字通り「物理」でしょ?現代だって親戚の叔父さんが一族巻き込みそうなら不審死すら考えられるのにね。事後・もしくは事前に誰も光秀討とうと考えんのが不思議。
60.名無しさん:2020年03月27日 10:43 ID:.W9No.JB0▼このコメントに返信
※41
違うな 中二病馬鹿がこの時期の光秀に転生して俺ならイケると思ったのが原因
61.名無しさん:2020年03月27日 10:44 ID:2MOf6WV10▼このコメントに返信
光秀に限らず、年がら年中裏切られてるからな信長は
光秀が有能だから成功しちゃっただけで、この時代は裏切り、だまし討ちが日常茶飯事
「今ならやれそうだからやった」くらいの理由でも不思議とは思わない
62.名無しさん:2020年03月27日 10:49 ID:who3pFpi0▼このコメントに返信
明智 光禿
63.名無しさん:2020年03月27日 10:54 ID:.W9No.JB0▼このコメントに返信
伊賀忍者が復讐のために信長の重臣たちに夜な夜な囁き戦術してたって横山光輝の漫画が面白かった
秀吉担当はお抱え忍者に退治されたが、その時光秀は睡眠学習に教育されて本能寺起こしてしまっていたという結末がよかった
64.名無しさん:2020年03月27日 11:01 ID:NM9vBz120▼このコメントに返信
「光秀の野望」論は江戸時代以降の創作物。
古文書だけを研究した学者は「なぜ、最も真面目に働いて最も成果を上げ、信長から最大の信頼を得ていた光秀が反逆したのか?」を考えて「過剰な期待と度重なる重責に圧し潰されて精神崩壊したとしか思えない」と結論付けている。
そうでないと「信長を討ったあとのライバルへの対策が余りに杜撰で無計画」なことの説明がつかない。
65.名無しさん:2020年03月27日 11:02 ID:cRyrjlE50▼このコメントに返信
信長が黒田官兵衛にそそのかされて賭けをしたような気がするな
光秀が裏切るかどうか?
裏切った場合は、地下の抜け道で逃げるはずだった
でも黒田官兵衛の刺客に出口で逃げた人全員殺された
また光秀は地下の抜け道を見つけて、逃げられたとあせり
その後の行動が鈍いのはそのため
だとするとタイミングの良い援軍要請や中国大返し、
抜け道を隠蔽するような本能寺の全焼や移転
黒田官兵衛がその後秀吉から恐れられていたことも
しっくりくるんだよね
66.名無しさん:2020年03月27日 11:15 ID:4jRnqiWW0▼このコメントに返信
本筋からは離れるが、秀吉も、光秀に勝った時点ではまだ天下人になれるという認識は無かったと思う。
嫡男信忠こそ信長と一緒に死んでしまったけど、下の2人にそれなりの器量があれば織田家を再度まとめることが出来たはずなんだし、そこで後継者争いがぐだぐだになって、初めて秀吉にチャンスが生まれた。
秀吉の気分としては積極的に天下人になりにいったと言うよりは、「織田軍団をまとめ直すだけの器量がある人間はもう自分しか居ないのでは?」という組織維持のための最終手段だったとしてもおかしくないと思ってる。
67.名無しさん:2020年03月27日 11:18 ID:1z0TXmoO0▼このコメントに返信
>>45
でも森長可には父ちゃんよう頑張ったからって13歳の小僧に親父の遺領そのまま継がせたりしてるけどな
68.名無しさん:2020年03月27日 11:19 ID:i6SOB8hv0▼このコメントに返信
自称源氏の流れの光秀が自称平家の流れの織田が天下を取るのが許せなかった説ってまだあるの?
69.名無しさん:2020年03月27日 11:20 ID:who3pFpi0▼このコメントに返信
明・・あかるい
智・・?
光・・光っている
秀・・禿

智のところがうまれば、光禿の心労がなんだったのかを完璧に証明することができるのだがと・・かねがね・・
つまり彼は名前を呼ばれたり書かれたりするだけで、ある種の精神攻撃を絶え間なく、しかも人知れず受け続けていたことになる
当然そんな光禿の気持ちを周りの人々は知る由もない
なぜなら、みな仕事ができる気持ちの良いやつだと思っていたから
まさか親しみをこめて明智光禿と名前を呼ぶだけで、こんな悲劇がおこるとは
・・おっと光秀だった
70.名無しさん:2020年03月27日 11:21 ID:X5oBe9.g0▼このコメントに返信
※52
朝廷がバックなら、それを細川説得の材料に使ってる筈ですけどね…
71.名無しさん:2020年03月27日 11:28 ID:3IcNHwmr0▼このコメントに返信
どこかの番組で、光秀は晩年、細菌由来の重篤な大腸炎に罹かったそうで、復帰は出来たがその時発した異常プリオンが脳に及んで痴呆症を発症して進行してたとか仮説に立てていたな。
家康への饗応で鯛の腐臭に気付かなかったのも、罹かったらしき痴呆症の症状の1つにある嗅覚の衰えとして推測出来るのだとの事。
本能寺の変は、光秀の痴呆症の進行に伴い、思考も知性も理性も衰えた結果、光秀の衰えに苛立つ信長の苛烈な仕打ちと、光秀の消えかかった理性の結果なのかもなあ。
当日は病発の痴呆症など分からないだろうから、この仮説はあるのかもねえ。
有能で余人に代えがたい人材故に、引退隠居できなかった悲劇なのかもね。
あの頃の信長は諾々とした世襲を由としてたかも怪しいし、この仮説だと何れにせよ波乱が何処かに及ぶ感じかな。
72.名無しさん:2020年03月27日 11:29 ID:lMff3l8K0▼このコメントに返信
まだ大河はじまったばっかなんで、帰蝶奪還!だったらいーな、とか、、、
73.:2020年03月27日 11:31 ID:efBN0vSK0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
74.名無しさん:2020年03月27日 11:38 ID:2i2aNCFS0▼このコメントに返信
帰蝶、つまり信長の正妻である濃姫が関係している可能性はないのだろうか?信長との婚姻後の記録は残ってないそうだが、信長本妻が信忠を養子にしたとか秀吉とは別に安土殿という女性が信長の一周忌法要を行ったという記録は残っているそうだから、これが帰蝶だとすると本能寺の後も生存していた可能性が高い。知っての通り帰蝶は明智光秀の従姉妹だから、何らかの関与があったとしてもおかしくはないのではないか?
75.名無しさん:2020年03月27日 11:40 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
※73
井沢さんのは発想が突飛すぎてついて行けない
明智大河になったからって井沢と本郷、本出し過ぎ。特に本郷
76.名無しさん:2020年03月27日 11:44 ID:Hhtjksf10▼このコメントに返信
※74
お濃様は斉藤家と手ギレした段階で利用価値が無くなったので
絶縁状態だった
本能寺の混乱してるときに信雄が保護したらしいが
信長は死に、子供もいないお濃様にそんな力はない
77.名無しさん:2020年03月27日 11:52 ID:8yk.kX9r0▼このコメントに返信
とりあえず大河はどういう理由にするんかな
78.名無しさん:2020年03月27日 11:53 ID:6TN0BnMx0▼このコメントに返信
用心深い信長が何故わずかな手勢と家督を継いだ信忠と共に本能寺にいたのかが大きな謎
79.名無しさん:2020年03月27日 12:00 ID:RqReWYg50▼このコメントに返信
>>15
最近信長実は優しかった説が多いけど、まーるい織田信長っていうキャラは初めてだわ。
これからどんな風に描かれるのか楽しみだけど、とりあえず自分は国盗り物語は卒業しよ。
80.名無しさん:2020年03月27日 12:05 ID:RqReWYg50▼このコメントに返信
>>23
家康の父ちゃんは家臣との悶着で頃されたはずが、いきなり信長が親の仇になって、これからの展開大丈夫なのかな。
後に跡取りまで信長に頃される事になるけど。
81.名無しさん:2020年03月27日 12:06 ID:QmOGUZhQ0▼このコメントに返信
キリン「やれ」
ミッツ「はい」
 
キリン「やっぱ動くのやめるわ」
ミッツ「…」
82.名無しさん:2020年03月27日 12:07 ID:Gspr2SAh0▼このコメントに返信
私ちゃん的には!
斉藤のとしちゃんの件が決定的なのでは?
と思ってしまうこの頃!
ごめんなさいアラサーで色々溜まってるの!
ええ男さんおらんかな!
83.名無しさん:2020年03月27日 12:08 ID:3ZUQzR4y0▼このコメントに返信
>>42
そこまで酷い状況でもなかったぞ
本能寺の変の好機に乗じて上杉は北信濃に乱入、柴田は対上杉で佐々、北陸も反乱起きそうなヤベー雰囲気で利家らを残さざるを得ず
北近江に連れてこれたのは佐久間玄蕃ぐらい?でどれほど戦力整ってたかは疑問
北条は滝川を壊滅させて信濃に乱入、早々に上杉と協定して南下、家康は光秀討つため尾張辺りに居たけど、北条を放っといて留守にすると駿遠三の本国すらどうなるか分からん状況
四国遠征軍は雲散霧消、紀伊では反織田勢が大規模蜂起して孫一逃亡
畿内は細川こそ冷たいが、筒井は援軍寄越すなど好感触、近江も順当に制圧成功したから、
筒井と合流して動揺してる摂津衆を味方につければ畿内の制圧も丸っ切りの夢物語ではない
最大の誤算は秀吉の動きが早過ぎて、摂津衆があっちに付いたのみならず筒井まで城に引っ込んじゃった上に反織田の紀州勢との連携すら取る暇がなかったこと
84.名無しさん:2020年03月27日 12:10 ID:GwQY3Uga0▼このコメントに返信
パワハラ上司に対する鉄槌が一番ピンと来るけどな

我慢して我慢して最後に自分と相手を巻き込んで大爆発!鬱憤を晴らす!!!って日本人気質的だから
85.:2020年03月27日 12:14 ID:IAp.eSVk0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
86.名無しさん:2020年03月27日 12:16 ID:KcljDkFr0▼このコメントに返信
光秀「おのれ信長、チャンス到来!!」
後世の歴史研究家「秀吉(家康)が黒幕でそそのかしたんですよ(キリッ)」
87.名無しさん:2020年03月27日 12:19 ID:BL9KoaUL0▼このコメントに返信
ハゲって言われた恨みだよ。
ハゲって言っちゃダメだよ。ハゲって。
88.名無しさん:2020年03月27日 12:37 ID:yHWwNLOC0▼このコメントに返信
だから、そうだし。
89.名無しさん:2020年03月27日 12:49 ID:eWliD4lD0▼このコメントに返信
>>1
『御恩と奉公』或は『忠義』と云う建前はあるが、当時の体制は『軍閥連合』でしかない。
下剋上も裏切りも当然の事。此れはあくまで明智を信じた織田の無明。
だが、其の明智の誤算は羽柴。新体制を確立する前に撃破された。
理由付けしていくばドラマとしての面白みは増すが、単なるパワーゲームの結果への後付でしかない。




90.名無しさん:2020年03月27日 12:54 ID:is.VGbgr0▼このコメントに返信
※77
道三は民衆の味方で、松永も好いオッサンになっててワロタ
91.名無しさん:2020年03月27日 13:00 ID:dc38PF5V0▼このコメントに返信
本多正信黒幕説。
織田信忠謀反と勘違いしての京都乱入。
92.名無しさん:2020年03月27日 13:06 ID:dc38PF5V0▼このコメントに返信
そもそも、禿が、どうゆう状態なのか?
月さやそる武家で、前頭部ツルツルが当然。
髷ゆえないなら、剃髪しての入道頭(坊主頭)が普通だろ。
金柑頭>金髪にそめていたじゃないだろうし。
93.名無しさん:2020年03月27日 13:15 ID:dc38PF5V0▼このコメントに返信
※78
>>78
信忠が母衣衆だけで、先に入京して皇族を饗応していた。
本来、家康饗応で堺いくはずだったのに。
京都自体は、奉行の村井の手勢がいるし、京への出入り口は全て明智勢が抑えてるからね。
94.名無しさん:2020年03月27日 13:19 ID:YZtWnOax0▼このコメントに返信
黒幕は、イエズス会。
95.名無しさん:2020年03月27日 13:22 ID:dc38PF5V0▼このコメントに返信
※52
>>52
勅令でているんなら、畿内の諸大名は明智に付かざるえなくなると思うが。
一部公家衆の暴走ならわからなくももないが、それは、朝廷とはいわない。
96.名無しさん:2020年03月27日 13:24 ID:dc38PF5V0▼このコメントに返信
※94
>>94
仏教諸派連合だろ。
本能寺の法華宗も、安土法論で、恥かかされたし。
97.名無しさん:2020年03月27日 13:26 ID:eugWFpWR0▼このコメントに返信
大河は道三裏切りを皮切りにそこらじゅうで裏切りまくって最後に信長裏切りで
98.名無しさん:2020年03月27日 13:27 ID:2L83j5No0▼このコメントに返信
本能寺の変の時の明智光秀の年齢がハッキリせずで一説にはお爺ちゃんや信長より若かった説など
分っては無いが大河ドラマでの影響で新たに研究が進めば新説が出るかも
当時のイキるにイキったパワハラワンマン社長の信長の暴走を止めるのはワイやと思ったんやろ
秀吉が信長親子に願い出て毛利攻めに合流させるのに成功して京都でお茶会やコレクション披露で有頂天の
統治してる我が庭で油断して本能寺で護衛兵も少なく安心してご宿泊中で信忠もすぐ近くに居るから何の警戒もせず
秀吉や家康に急襲してと耳打ちと家臣団や朝廷の不平不満も聞いてるから千載一遇のチャンスは今と決起した
光秀も急に治めて無い地に領地替えなど今までの不平不満も溜まりに溜まり神社のおみくじを何度も引く位悩んでた
信長を討ち嫡男も同時に討てば新たな時代が始まると考える  本人は天下を取ろうなどとは考えて無い
その頃には秀吉も大返しの準備をして光秀が決起したかの情報を待ちながらも毛利との和睦も進めてた
家康も光秀が決起したとの情報が入ればすぐ伊賀越えのする準備もしてた
この時点でも信長の天下統一はまだまだ程遠いのが現状で天下統一まで今一歩は後の過大評価
さまざまな説があるが総合して全ての謀反の訳が全て当てはまる日はこの日しか無いので決起した。
99.名無しさん:2020年03月27日 13:27 ID:dc38PF5V0▼このコメントに返信
※24
>>24
琉球・蓬莱(台湾)攻略後の南京直接攻略ルートのほうが、確実だったろうに。
すくなくとも、コメ採れる土地なら、戦国武将は頑張る。
100.名無しさん:2020年03月27日 13:35 ID:3ZUQzR4y0▼このコメントに返信
>>14
そりゃキレるわ
101.名無しさん:2020年03月27日 13:41 ID:eugWFpWR0▼このコメントに返信
明智から謀反の話を聞いた細川がビビって秀吉にご注進
なので秀吉は大返しの決断が出来た。と勝手に妄想
102.名無しさん:2020年03月27日 14:00 ID:ieH2k3iu0▼このコメントに返信
織田有楽斎の行動が嘘くさいんだよな。
103.名無しさん:2020年03月27日 14:09 ID:LlF8iQM10▼このコメントに返信
>>92
月代さかやき
104.名無しさん:2020年03月27日 14:18 ID:0w72ZX3z0▼このコメントに返信
>>1
いや有力なのは宣教師関連だから。
当時のキリスト教覇権国家は内乱を促して疲弊させ。そこに軍隊を送り傀儡や植民地にしていた。
実力もあり不平不満もたまっていた光秀に宣教師が接触。光秀が天下を取った後は海外から援軍と武器の支援を行う手はずだったが
誰もが予想もしなかった速さで秀吉が引き返してきて海外勢力との連携が出来上がる前に鎮圧。これが一番しっくりくる。
105.名無しさん:2020年03月27日 14:31 ID:QRuydDDc0▼このコメントに返信
>>1
まあ、それを言っちゃお終いだよね。
戦国関連と幕末関連は、3流の研究者が何とか新説を捻り出して目立とうとする地獄絵図みたいなとこだから、まともな学者は近寄らない。
106.名無しさん:2020年03月27日 14:54 ID:3ZUQzR4y0▼このコメントに返信
>>104
本能寺の変のあと、あいつら着の身着のままで逃げ出してるで
107.名無しさん:2020年03月27日 15:01 ID:6AMcPemD0▼このコメントに返信
この時の織田家当主は信忠君なんだよね
と言う事は信忠君が生き残ってさえいてくれたらなのに
108.名無しさん:2020年03月27日 15:23 ID:vXb1gb1T0▼このコメントに返信
いや、朝廷にそそのかされた。
ってのが一番しっくり
109.名無しさん:2020年03月27日 15:25 ID:Z1pAJdID0▼このコメントに返信
※107
無理やなw
信雄あたりが間違いなくお家騒動の元凶になるw
滅亡こそしないものの織田家がいくつかの群雄に分裂する事になるw
110.名無しさん:2020年03月27日 15:26 ID:VjtaVbaY0▼このコメントに返信
ハゲにハゲと言ってはダメ。これはいつの時代にも通用する
人間の真理なんだ。
111.名無しさん:2020年03月27日 15:51 ID:mYzIuMJq0▼このコメントに返信
どこかの平行世界に・・・
 本能寺の変後、信長の後継者争い秀吉VS明智VS柴田VS丹波VS徳川 
さらに地方のでの戦国大名勝ち残り組、熱い戦国時代第2幕とかあったのかな~
112.名無しさん:2020年03月27日 16:03 ID:LlF8iQM10▼このコメントに返信
>>109
信忠と信雄は母親も同じで仲良かったんだよ
同い年で何かと比べられる異母兄弟の信孝だから反発したけど
信忠兄ちゃんなら従ったはず
113.名無しさん:2020年03月27日 16:10 ID:9.GEOpk80▼このコメントに返信
そんなに信長に問題ありなら例え劣勢でも誰か味方してくれても良さそうなものなのに
余程明智の天下に正統性が無かったってことだろうな
114.名無しさん:2020年03月27日 16:13 ID:xKVIF.tH0▼このコメントに返信
いや、シンプルにノイローゼだろ。
115.名無しさん:2020年03月27日 16:20 ID:2QpbRGHt0▼このコメントに返信
本能寺に呼応した武将がいなかった 細川藤孝も動かなかった つまり光秀の単独プレーが本筋だ 陰謀論は盛り上がるが、実際は存在していない
116.名無しさん:2020年03月27日 16:35 ID:cFAs7XIo0▼このコメントに返信
今の歴史家も名を残さなあかんから
いままでの見解とは違うものださないといけない。
いままでと同じでーす。では名を残せない。
だから最近は「以前と違う解釈うんぬん」は話し半分に聞いてる。
117.名無しさん:2020年03月27日 16:59 ID:5tZBwy6c0▼このコメントに返信
自分で考察する時もそうなんだけどさ
戦国乱世!下剋上!天下統一!が武士の本懐みたいな所に寄せ過ぎると見えなくなる部分があるんだと思う
勿論その手の人もいるけど稀も稀だし
基本的に戦国中期までの下剋上と末期の情勢での弑逆とは意味合いが違う
それを押して明智家の存続をかけての行動ならもう1つピースが欠けている様に思うんだよな
引くも地獄行くも地獄って状況でないと釣り合いが取れない行動だと思う
少なくとも「おっしゃ!ワンチャンきたで!」系を選択できる家柄じゃない
御家→存続→本人の意思
この順番を現代の感覚で変えてしまうと脱線(陰謀)してしまうんだと思う
118.名無しさん:2020年03月27日 17:25 ID:xgumiYyW0▼このコメントに返信
>>94
それを裏付ける古文書とかあるの?
まさか
「それだけ念入りに証拠隠滅が行われたことこそが最大の証拠」
とかバカ丸出しのことは言わないよな
119.名無しさん:2020年03月27日 17:44 ID:Fn3Z9mlP0▼このコメントに返信
>>43
何そのヤンデレ。
120.名無しさん:2020年03月27日 17:59 ID:rvQhM0.P0▼このコメントに返信
しっくりこないよ
計画的な下克上狙いならその後の対応がお粗末
どちらかというとパワハラに耐えかねて突発的に無断欠勤してそのまま失踪。その後の展開は何も考えてないって感じ
元々会社に不満はあったから辞めたいオーラは出してたけど本気で転職活動はしてなかった、みたいな
121.名無しさん:2020年03月27日 18:25 ID:.Da5ILFD0▼このコメントに返信
>>79
信長は秀吉公認の甘い男やで。
122.名無しさん:2020年03月27日 18:27 ID:.Da5ILFD0▼このコメントに返信
>>28
フロイス曰く家中の嫌われ者なのでむりかと。
123.名無しさん:2020年03月27日 19:32 ID:1qSJ8hSX0▼このコメントに返信
歴史専門家の話では、やはり信長の首を取れなかったことが失敗の原因。生きているか死んでいるかはっきり天下に示すことができなかった。
首さえあれば公衆にさらすことができ、天下の罪人として広報できた。よくわからないまま秀吉が信長は存命と噂を広げられ、有力大名の賛同を得られなかった。信長は自分の体を残さないことが一矢報いたことになった。
124.名無しさん:2020年03月27日 19:51 ID:tpakW9U90▼このコメントに返信
信長は謀略で殺されたのか 本能寺の変・謀略説を嗤う  鈴木真哉

広範に謀略説を紹介しているから、このネタで議論するなら読んでおくべき一冊。
本書の引用文献も根こそぎ目を通すべきなんだろうが、そこまでの奴は既に濃い歴史マニア

勿論著者の主張に同意する必要はない
125.名無しさん:2020年03月27日 20:19 ID:pksDn7340▼このコメントに返信
最新の説は数年前に発見された石谷家文書での四国説
光秀の立場を帳消し、メンツ丸つぶれにしたのが発端
(光秀の国替え ― しかも羽柴秀吉が取ろうとしている毛利の地へ)
(土佐の長宗我部との親睦を台無しにされたどころか、長宗我部攻めに
 加担させられそうになったから?)
126.名無しさん:2020年03月27日 20:26 ID:pksDn7340▼このコメントに返信
※115
そりゃね、戦国の世の中だし
羽柴秀吉の他に
西には毛利、北には柴田勝家、東に徳川と
情報収集、分析能力の高い細川家は光秀に味方すると決断するには時期尚早だとして
出家したんだろうと思う。
127.名無しさん:2020年03月27日 20:53 ID:S2.Xm2nl0▼このコメントに返信
小説で、信長が陛下を弑しようとしたので、討たれるのを承知で止めた、という話があった。
俺は、この説が一番納得がいく。

128.名無しさん:2020年03月27日 21:12 ID:dO8pGN5b0▼このコメントに返信
警告
保守速報にウイルスがばらまかれているようだ。
注意せよ。
拡散
129.名無しさん:2020年03月27日 21:59 ID:CJQdqwun0▼このコメントに返信
>>64
惟当日向守(九州の名門の家名と九州の国守官位)を与えられたことで先の見えない戦いの日々に絶望したって説も好きだな
130.名無しさん:2020年03月27日 22:04 ID:CJQdqwun0▼このコメントに返信
>>93
近衛兵団が反逆したらこうなるわ、としか言えないよね
信長の油断とか言い掛りも甚だしい
131.名無しさん:2020年03月27日 22:26 ID:ccB11Gr50▼このコメントに返信
統合失調症がいちばんしっくりくる
132.名無しさん:2020年03月27日 23:33 ID:KGAOKa6m0▼このコメントに返信
※127
全く納得がいかない。既存の権威(もちろん朝廷込み)を否定しまくってた光秀が何故急にそんな事をする?

朝廷からの評価は圧倒的に信長の方が上という事実をお忘れなく。
133.名無しさん:2020年03月28日 00:27 ID:lSYSmOI40▼このコメントに返信
※127
むしろ信長は尊皇派で保守的だったという説があって
天下統一するには天皇をトップに置いておく必要があると考えていた。
これはこの間、NHKで放送された「本能寺の変サミット2020」でも語られていた。
あくまでも説ですけどね。
134.名無しさん:2020年03月28日 00:48 ID:L6vgeRPm0▼このコメントに返信
>>25
全く同感。
誰にも相談も根回しもしなかったからこそ成功した。
135.名無しさん:2020年03月28日 01:11 ID:lSYSmOI40▼このコメントに返信
光秀が謀反を起こしそうなのを分かっていたのではないかと思われる人物
・秀吉
数百キロ離れた所で、信長が死んだという話をすぐに信じて毛利と和睦して
すぐに大軍勢を引き返すというのは不自然

・細川藤孝
光秀の不穏な動きを察知して、なだめたと細川家18代当主の細川護熙が言っていた。
ただし本能寺を襲うとは知らなかった。
136.名無しさん:2020年03月28日 07:15 ID:aWE05AjY0▼このコメントに返信
忠義とかの概念が武士に定着したのは葉隠とか以降(江戸初期)
それまでは忠義もクソも無い戦国時代で裏切りも当たり前
大義名分さえあれば平気で下克上しまくりだからな

乳兄弟の池田恒興ですら本能寺の変の一報を聞いて
宣教師に「明智か羽柴どっちについた方が得かな?」って普通に聞いてる
宣教師が呆れて「主君を討った明智に付くとかマジかよ」って言われて羽柴に付くことにしてる

信長だって守護の斯波氏の3家老の織田宗家の更に3家老の身分から上を裏切りまくって下克上してる
普通に下克上だよ、たまたま絶好のチャンスが来たからやっただけ
長宗我部とかの関係もあったろうけど大体そんなもん

秀吉が主犯で全て手のひらの上でみたいなのは単なる妄想
たまたま毛利と上手く約定できたから良かったけど
もし毛利の気分が変われば普通に滅亡してる
そんな賭けする訳ない

1通手紙届けるのに数日かかる時代に全部情報を総括して読み切るとか不可能に決まってる
出来ると言うのはif小説の読みすぎ
137.名無しさん:2020年03月28日 07:36 ID:mt1OwVep0▼このコメントに返信
秀吉の養子は信長の息子だから羽柴家の後は万全だから冒険する必要はないしな。

秀吉が早く情報を掴んだのは、信長が出陣してくるのも大きいと思う、信長の情報を逐一調べていた筈だから。
138.名無しさん:2020年03月28日 07:44 ID:MAi66y.X0▼このコメントに返信
>>63
『ムササビ』やな
伊賀の影丸から一転して伊賀忍者が敵役側で
一方特撮赤影で敵だった根来忍者が主人公側と
横山御大の懐の深さを感じたなぁ
139.名無しさん:2020年03月28日 11:10 ID:UJcdETmU0▼このコメントに返信
そもそも光秀は何度も主君を見限って変えてるもの
自分を守る為に仕えるはあっても基本的に主に忠誠心とか無かったろ
戦国武将らしいといえばその通り
140.名無しさん:2020年03月28日 14:58 ID:QUVU8PX00▼このコメントに返信
まースゲーいい立地の領地を気合いれて内政してたからね。
あそこが光秀に渡されたのは対毛利の最前線と近畿の押さえの両方をやらなければならない超難度で光秀以外じゃ秀吉ぐらいじゃないと任せられない場所だったからで、毛利討伐が終わったら息子に与えて光秀は最前線に国がえがほぼ確定で、あそこから最前線だととんでもねーど田舎確定だから、絶好の隙に光秀が我慢できなかったのはわかる。
なぞは信長が油断しすぎなことのほうだな。

お名前