2020年11月21日 10:05

戦艦大和のスペックwwwww

戦艦大和のスペックwwwww

001

引用元:https://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1352974656/

1: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:17:36.03 ID:aV/HNTLb
排水量基準 64,000トン 公試 69,000トン 満載 72,809トン
全長263.0m 水線長256.0m 全幅 38.9m
公試吃水10.4m
主機関ロ号艦本式缶12缶 艦本式タービン4基4軸 153,553馬力
最大速力27.46ノット(公試成績) 航続距離16ノットで7,200海里(13,334km)
乗組員:3,332名(最終時)
兵装(最終時)45口径46cm3連装砲塔:3基
60口径15.5cm3連装砲塔:2基 40口径12.7cm連装高角砲:12基
25mm3連装機銃:52基 25mm単装機銃:6基
13mm連装機銃:2基 装甲舷側 410mm
甲板 200mm~230mm 主砲防盾 650mm 艦橋500mm
大活躍待ったなし!

2: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:17:58.08 ID:ANDKfWNN
なお

4: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:18:03.60 ID:mtSNyoK9
なお

10: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:19:20.33 ID:PwsSxEmW
この資源で飛行機作ったら良かったのにね

14: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:20:11.59 ID:mtSNyoK9
>>10
なお、飛行士が間に合わん模様

126: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:38:45.71 ID:gz0EZaw6
>>10
パイロットに加えてアルミ(ポーキサイト)が無い
むしろ燃料が無駄だった

11: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:19:23.00 ID:3UQLI79R
46センチ砲とかいうロストテクノロジー

15: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:20:19.56 ID:Yw0UjlaY
ロマンの塊

ロマンしかない

他に何も無い

21: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:20:52.12 ID:drucGXmS
すげえ!これ空母イケたんちゃう?

25: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:21:55.84 ID:pF6RxRiG
>>21
信濃「」

31: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:22:55.18 ID:tnQUcCoZ
大日本帝国大勝利まったなし!!!

40: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:23:56.02 ID:osAv9eTe
甲板いたら鼓膜破れるとか怖すぎ

46: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:24:58.72 ID:egqbNnop
「誰も、(作ろうという意見を止める人い)なかったんですか」

54: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:26:30.50 ID:LC1n0Bfe
>>46
アメリカの戦艦はパナマ運河を渡らなあかん
だから横幅に大きな制限があったんや
しかしアメリカは日本よりも20倍工業力があった
そこで大和や
大和1隻で10隻倒せばええ

しかし大和の相手は空母になっとったんや・・・・・

58: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:26:47.89 ID:LO57eYm5
第一次大戦なら大正義エースになれたのに

64: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:27:54.73 ID:VKkQnKJh
戦闘機全盛の時代に戦艦とか時代遅れのことしてるからや
おとなしく空母作っとけばよかったのに

67: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:28:57.31 ID:fickgGhJ
>>64
全盛はちょっと後や

70: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:29:13.81 ID:LC1n0Bfe
>>64
空母で艦隊沈めたのは日本海軍が初や
大和建造計画は太平洋戦争前や
無茶いいなや・・・・・

82: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:31:06.30 ID:fickgGhJ
>>70
イギリス「は?(威圧)」
結局行動中に航空機に沈められたのって
マレーの二隻と大和武蔵ローマだけなんだよなぁ…

89: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:32:28.18 ID:LC1n0Bfe
>>82
チャーチルがプリンスオブウェールズが日本海軍に沈められたと報告を受けて真っ青になったのは有名や
航空機が戦艦を沈めるなんて不可能と思われとった

102: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:34:13.73 ID:LC1n0Bfe
>>89
どっちでもええやないか
航空機が沈めた=空母の有用性を日本が証明してもうたんや
そこからは空母合戦や

68: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:29:08.83 ID:XtDnLOht
まあ良くも悪くも旧日本の精神の象徴みたいな軍艦だよなぁ
これが沈んでひとつの時代が終わったみたいな

73: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:29:34.78 ID:AH5eOvku
艦隊決戦主義を捨てきれなかったからなあ

108: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:36:11.52 ID:8YFYWswT
大和は兵器ではなく疲れた兵士たちに元気を与える癒し系オブジェだろいい加減にしろ!

114: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:37:12.54 ID:cag5b/1W
戦果微妙
けど男ならロマンを感じずにはいられない

125: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:38:38.16 ID:adC/+EK4
注排水システムがあったから序盤は傾いても建てなおしたんやろ
バレてたから片方攻撃食らってアカンかったけど

131: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:39:37.81 ID:LC1n0Bfe
>>125
400の航空機で攻撃して沈めるのに3時間以上かかったらしいな
武蔵と戦った米軍パイロットが

「あの化け物はどうやったら沈むんだ!」

と悲鳴あげたらしいで

158: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:44:22.30 ID:EzlUgrgP
>>125
シブヤン海で戦った対武蔵の戦訓を米軍が生かしたんやな

167: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:46:50.92 ID:5CGSenn3
>>158
ああいう徹底したインテリジェンス至上主義まじ羨ましい
日本は戦後も敗戦に学べなかったから
情報の洪水で思考停止してる間に原発が爆発したし

127: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:38:47.91 ID:V0fCNF1r
大和って足かなり速かったんちゃう?

130: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:39:37.58 ID:fickgGhJ
>>127
中速やね

138: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:41:39.94 ID:XaEy8lFc
アメリカも戦艦を捨てたわけじゃないんだよなぁ…アイオワ作っとるし

155: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:43:51.15 ID:gz0EZaw6
>>138
時間当たりの砲弾投下量が艦載機とは桁違いやからな
搭乗員の人的損害も防げる

なお、艦砲射撃は機雷やら沿岸砲台やらで別の意味で遙かに危険なので
条件が整わないとそうそうは実施できなかった模様

146: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:42:18.13 ID:AH5eOvku
重巡のほうがロマンある

153: 風吹けば名無し 2012/11/15(木) 19:43:08.75 ID:ldc5EiCJ
現代の技術で大和を更に改良しよう(提案)

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年11月21日 10:08 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
戦果 0
2.名無しさん:2020年11月21日 10:10 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
日本が最初に航空機の優位性に気付いたみたいなこと言ってるやついるけど自国に都合のいい解釈なんだよな
空母は英国のパクリ
空母ばっかり作ってたのは軍縮条約の穴を抜けようとしただけ
3.名無しさん:2020年11月21日 10:12 ID:Rv8ufiEN0▼このコメントに返信
まさに今の中国。大きい事はいいことだ。
4.名無しさん:2020年11月21日 10:16 ID:y.kk1OFU0▼このコメントに返信
大和も上手に使えば、もっと活躍できたと思うのだが。
5.名無しさん:2020年11月21日 10:18 ID:qR0nSh4H0▼このコメントに返信
ラムネ製造能力1日1000本以上
居住性良し、エレベーター付き
6.名無しさん:2020年11月21日 10:21 ID:POd8Yj9z0▼このコメントに返信
※2
パクリじゃないよ。英国のほうから正式に図面とか技術支援の供与があったんだよ。
パクリの意味わかってる?
7.名無しさん:2020年11月21日 10:21 ID:EEsSZK0s0▼このコメントに返信
またの名を「大和ホテル」
8.名無しさん:2020年11月21日 10:22 ID:p1WrAlaB0▼このコメントに返信
今月入って、大和ネタ3回目だぞ、いい加減やりすぎ。
9.名無しさん:2020年11月21日 10:22 ID:F.ha3kQa0▼このコメントに返信
まぁでも上陸作戦のときはまだ現代でも有効なんよな
防衛側からしたら半日ぐらい戦艦から砲撃食らったら陣地もなにも消し飛んでしまう
10.名無しさん:2020年11月21日 10:22 ID:xPNs.klV0▼このコメントに返信
>>ああいう徹底したインテリジェンス至上主義まじ羨ましい
コロナ対応見てるとそんな事は絶対に言えない
11.いつもの:2020年11月21日 10:23 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義に最後まで固執し続けたのが日本海軍
世界各国が条約明け後の航空戦に対応し、すべての新型戦艦が30ノット以上の速力をもつのに対し
大和は26ノットという鈍足で、しかも世界の新戦艦が30ノット以上の高速艦だということを知らなかったという
対してアメリカは真珠湾で復旧した戦艦ですら30ノット出せるように改装した

副砲と高角砲を一本化している流れに逆らい別々に装備し、精神力ばかり重視し科学的な研究を怠った結果、
電測装置の開発に大きく後れ機械的な機構でも古く劣った物しか出来なかった
たとえば、砲の装填装置はアメリカ戦艦は全自動で操作員は殆ど居ないのにたいし、日本の戦艦は砲弾を
人力で運ばなくてはならなく、そのため砲弾は一度小さく分解して人力で運び、装填前に再び組み立てなくてはならない
照準装置もアメリカ戦艦がジャイロで波浪の揺れを消して安定させているのに対し、なんと日本の船では人間の手で
装置を上下させているのだ
よくイメージされるのが、照準機を覗き込んだ射撃手がレバーを動かせばそれに合わせて主砲が動くという物だか
大和の主砲の操作方法は、照準機を覗き込んだ射撃手が伝声管で砲塔にいる操作員に方位、仰角を伝える方式だった
こんな方法では、刻一刻と変化する目標に命中させられる訳が無いのだが、当時の日本人は不思議にも思わなかったのだ
続く
12.名無しさん:2020年11月21日 10:23 ID:p1WrAlaB0▼このコメントに返信
ちなみに、先月は5回か・・・ 好きすぎだろ、大和の事。
13.名無しさん:2020年11月21日 10:23 ID:qR0nSh4H0▼このコメントに返信
※7
戦艦武蔵の方が和風の雰囲気で「武蔵旅館」と呼ばれ、隠れた人気スポットだった模様
14.いつもの:2020年11月21日 10:23 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
続き
船体強度も全く足りず、主砲の9門同時射撃が出来ないため、わざわざ発砲遅延装置を取り付け
衝撃を分散させようとしたがうまくいかず、結局9門同時射撃は禁止されてしまった

装甲の厚さは世界一だというが、戦艦の装甲は厚みではなく船体をどれだけ覆っているかという
装甲率で表されるのが正しい
大和は装甲率54%と世界の戦艦の中で最も低く、これは前級の長門型よりも低い数値なのだ

日本海軍がようやく現状を理解した時には既に遅く、空母が全滅してからだった あわてて完成寸前だった信濃を空母に改装、4
番艦も解体したが遅すぎ信濃は何の役にもたたず撃沈されてしまった

大和型は援蒋ルートを断ち切るための切り札として造られ、これにより大陸問題を致命的に拗らせる原因をつくり
さらに、大和を造りたいと言うだけで条約をガン無視、対日感情を悪化させA級戦犯筆頭の存在となり
海軍の後れた思想のせいで大和型2番艦の武蔵は航空戦の時代に世界で最後に建造された戦艦という
不名誉な船になってしまうことになった
15.(´・ω・`):2020年11月21日 10:25 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
大平洋側に大和型より速い戦艦なんてアイオワ級くらいだぞ
米旧式戦艦は20ノット程度、
米新戦艦のうち、ノースカ、サウスダコタは戦時満載では26ノット台、特にサウスダコタは海面状態によってはピッチングで25ノット後半まで落ちるんだから
16.名無しさん:2020年11月21日 10:26 ID:lwg119r30▼このコメントに返信
>>この資源で飛行機作ったら良かったのにね
飛行機に必要なのは「電力を大量消費するアルミニウム」であって、大和に使った鋼鉄で脚とかエンジンを生産しても、機体は完成しない。
もし機体が完成したとして、乗るパイロットの大量育成システムが無いので、未熟なまま飛んで七面鳥撃ちされるだけ。
そもそも東南アジアの油田から石油を運ぶタンカーがことごとく撃沈されて、燃料が無い。だから練習機を多数飛ばすことが出来ないのだが・・・
17.名無しさん:2020年11月21日 10:27 ID:a07z6.Gy0▼このコメントに返信
旗艦なので戦果は必要ない
出航したのは物資の輸送のため
置いといても占領軍に処分されるから
18.名無しさん:2020年11月21日 10:27 ID:z6M2FKKP0▼このコメントに返信
>>この資源で飛行機作ったら良かったのにね

戦艦の材料は主に鉄だぞ、アルミが主材料の航空機は作れん
この揶揄を持ち出すなら作れるのは戦車や銃だろう
19.名無しさん:2020年11月21日 10:27 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
>>15
今回はお早い登場ですね

いつものようにアホをどんどんぶちのめしてください
20.名無しさん:2020年11月21日 10:27 ID:XFtxB2S80▼このコメントに返信
>>元167
米軍もいっそ日本以上に派閥コネ人事横行だったんだがな。
単に、総人数が多いから勝った派閥だけでも日本以上に人材がいただけで。
むしろ日本が対立派閥を排除出来ない事で瑕疵追及を緩くして馴れ合い、
報告制度が曖昧になり戦訓蓄積が進まない要因になってた。
米軍の報告責任研究てのは、先進性ではなく数の暴力と壺毒。
要約:戦争は数だよ兄貴(含むてかむしろ将校こそ)
21.名無しさん:2020年11月21日 10:29 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
>>18
せめて費用って言えばいいのに、っていつも思う

でも出来るのは96艦戦であって零戦じゃないけどな
22.(´・ω・`):2020年11月21日 10:30 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
また、定期的に湧くが坊ノ岬沖海戦で米軍が意図的に片舷に攻撃を集中した事実はない。
あれは作戦ではなく、僚艦が脱落し防空網に穴が空いた方向からの攻撃が片側に集中し、結果として転覆させたかたち
23.名無しさん:2020年11月21日 10:30 ID:qR0nSh4H0▼このコメントに返信
日本:大和・武蔵の46センチ砲でドッカーン
米国:40センチ砲搭載の戦艦をウジャウジャ作って数で圧倒
24.名無しさん:2020年11月21日 10:32 ID:khztehHJ0▼このコメントに返信
大和の技術的追求は
巨大な戦艦を作ることではなく
いかにコンパクトに作るかにあったというところがいいよ
結局日本人の性向の優位性は
今も昔もここらへんにあると思う
バブル以降の衰退はこの指向性が
暴走する社会のIT化にマッチしていないことだな
ここらへんのマーケティング力と戦略ビジョンを具現化できる才覚者の登場が待たれる



25.名無しさん:2020年11月21日 10:34 ID:w6K5P4So0▼このコメントに返信
また水車も作れない手先残念キムチスレか!。
26.名無しさん:2020年11月21日 10:34 ID:inZQEbXH0▼このコメントに返信
実際の大和が撃沈するまでのデータを見てみると、
大和がどこまでも化け物だったと言う事になるんだけどね。

その資材で空母を作ったらどうかは若干の同意だが、そもそも運用する為の航空機もパイロットも足りない。
実際の航空機開発もアメリカとの差が有りすぎた。

データ化すると、日本が行った戦闘がどう変化して以下に無理ゲーになったかが解る。
27.名無しさん:2020年11月21日 10:35 ID:sx07qhPk0▼このコメントに返信
多くの人間が勘違いしているが、太平洋戦争当時、戦艦はまだ有力な戦力だった
まるで空母が万能な戦力のように言われるが、本当はそんなことはない
十分な防空能力が有れば航空戦力だけで艦隊を全滅させるのは不可能であり、そのときに戦艦が活躍できる

じゃあなんで実際はそうならなかったかと言えば、単に日米の国力の差が大きすぎて日本が十分な防空能力を用意できなかったのと艦隊温存主義に陥ったからであって、戦艦が全く無用の長物だったからでは決してない
28.名無しさん:2020年11月21日 10:36 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
※24
日本でそういう才能がある人間はみんな社会に潰されているのでは?
29.名無しさん:2020年11月21日 10:38 ID:POd8Yj9z0▼このコメントに返信
※27
悪天候時や夜間は空母何もできんしな
30.名無しさん:2020年11月21日 10:39 ID:1hucibVF0▼このコメントに返信
※1
おまエラ国の歴史全体を通して戦果ゼロじゃん。
ベトナム戦争でのやらかしを考えたらマイナスか?wwww
31.名無しさん:2020年11月21日 10:40 ID:8AOZcedE0▼このコメントに返信
>>2
空母も条約の対象やで
でも陸上の飛行場の数や魚雷は対象外や

だから空母集中運用は条約に従ってる間でも、空母が攻撃役、飛行場が防御役って分かれる事で航空戦力の優位を作る意味じゃ正解なんよ
32.名無しさん:2020年11月21日 10:40 ID:Wbfd1DEO0▼このコメントに返信
空母とか実力不明な物30年代で新し物好きで責任感ない奴以外は優先整備しようなんて普通は思わん
ぶっちゃけ戦争起こらなきゃ実力発揮の機会自体無かったわけだしな
33.名無しさん:2020年11月21日 10:41 ID:8AOZcedE0▼このコメントに返信
>>14
テンプレ乙
これにマジレスして周りから諭されたのが懐かしいぜ
34.名無しさん:2020年11月21日 10:42 ID:.2XWnhco0▼このコメントに返信
なお、レーダーとFCS
35.名無しさん:2020年11月21日 10:42 ID:POd8Yj9z0▼このコメントに返信
※32
空母の有効性は理解されたうえで優先整備されてたよ。ただ、戦艦戦力が旧式化しすぎて不安があったから大和も作る必要があったというだけだ。
36.名無しさん:2020年11月21日 10:44 ID:gs.cmQW90▼このコメントに返信
使い方次第。
大和の建造は間違っていない。
米空母を軒並み沈めるスペックはあったが、虎の子大事で置物にされた。
あと、ちゃんと情報を取り分析する甲斐性が日本にあったら良かったのだが。
37.名無しさん:2020年11月21日 10:45 ID:1hucibVF0▼このコメントに返信
※28
大和が完成したという事実を無視して何寝言ほざいてんだこのアホ
38.名無しさん:2020年11月21日 10:46 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
未だに日本の敗戦を認め無いやつがわいてるな
いいかげん歴史を受け止めてそれを教訓にして現在と未来の事を考えればいいのに
39.名無しさん:2020年11月21日 10:47 ID:Wbfd1DEO0▼このコメントに返信
※35
優先じゃなく条約での制限下で少しでも戦力拡充の必要があったが故に、じゃないか?それも後の条約でアウトにされたけど
でなきゃ条約明けで作るのは空母大和になっただろうし戦艦大和作ったって事は戦艦戦力自体が30年代後半では
まだまだ主力であろうって発想が世界中で主流だからだろうし
これもそうでなきゃアメリカで条約明けで一気に6隻以上も新戦艦一気に整備に入らない
40.名無しさん:2020年11月21日 10:47 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
※37
どういうこと?
なんで大和建造時期の話になった?
41.:2020年11月21日 10:48 ID:1hucibVF0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
42.名無しさん:2020年11月21日 10:48 ID:ErNN1y.50▼このコメントに返信
日本軍負けw
中国軍の勝ち
43.名無しさん:2020年11月21日 10:49 ID:1hucibVF0▼このコメントに返信
※40
小型化なんて日本が世界で一番得意な分野なのに何言ってんだこのアホ
44.名無しさん:2020年11月21日 10:49 ID:hqi9jKVK0▼このコメントに返信
アメリカのパイロットが笑っとったらしいで
大和と戦った米軍パイロットが
「でかすぎて爆弾が絶対はずれない」ってな!
45.:2020年11月21日 10:50 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
46.名無しさん:2020年11月21日 10:50 ID:POd8Yj9z0▼このコメントに返信
※39
兵器ってのは役割があって、なんかの兵器が強いからそれだけあればいいというものではないのです。
47.名無しさん:2020年11月21日 10:50 ID:dol40LmH0▼このコメントに返信
でも大和はホテルとしては優秀だから
48.名無しさん:2020年11月21日 10:51 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
※43
日本は小型が得意だけど、システムとか作るのは下手って話だぞ
49.名無しさん:2020年11月21日 10:51 ID:1hucibVF0▼このコメントに返信
※45
お前が「韓国は日本に自ら進んで属国になった敗戦国です」と認めろ。
50.名無しさん:2020年11月21日 10:52 ID:1hucibVF0▼このコメントに返信
※48
そんな話誰も一切してねえじゃん。話題逸らしの負け犬wwww
51.名無しさん:2020年11月21日 10:52 ID:KCi4s5OX0▼このコメントに返信
※15
しかもアイオワの就役は昭和18年になってから。
大和就役時は太平洋戦線の戦艦群では最速の高速戦艦。
52.名無しさん:2020年11月21日 10:52 ID:POd8Yj9z0▼このコメントに返信
※49
戦ってすらいないから敗戦国ですらない
53.:2020年11月21日 10:54 ID:1hucibVF0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
54.名無しさん:2020年11月21日 10:55 ID:POd8Yj9z0▼このコメントに返信
※52
からむときはIDよく確認してどうぞ
55.名無しさん:2020年11月21日 10:55 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
>>47
ホテルとして活躍したことはないぞ

何を持ってホテルとして優秀なの?
揶揄してるだけだろうから答えられないとは解ってるが
56.名無しさん:2020年11月21日 10:56 ID:1hucibVF0▼このコメントに返信
※54
じゃあ横レスですくらい言えよアホ。
それとも複数のID使ってる同一人物なの?
57.名無しさん:2020年11月21日 10:57 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
>>44
結局、外した爆弾の数の方が多いんだから、そんなセリフは逆に恥ずかしいエピソードということにならんか?
58.名無しさん:2020年11月21日 10:58 ID:X.Ei2GxY0▼このコメントに返信
ギッチギチの対空砲を見るに
敵が空母である事は理解できていたと思う
59.名無しさん:2020年11月21日 10:58 ID:btUytNuE0▼このコメントに返信
※28
才能のある人間が埋没してるのって日本だけか?
そんなことは世界中で百万件起きてるんだよ。
60.名無しさん:2020年11月21日 10:59 ID:POd8Yj9z0▼このコメントに返信
※58
ああなったのは改修後ですよ
61.名無しさん:2020年11月21日 11:00 ID:JlM2QnHq0▼このコメントに返信
武蔵は魚雷や爆弾が命中しすぎだな
至近弾も含めたら来襲機の半分強がなんらかの被害をあたえている。回避能力ダメダメじゃん。
62.名無しさん:2020年11月21日 11:00 ID:Wbfd1DEO0▼このコメントに返信
※46
そうだよ、だから軍縮明けのタイミングで最優先整備項目の戦艦作ったって話
当時はまだ空母は補助兵器
63.名無しさん:2020年11月21日 11:00 ID:gs.cmQW90▼このコメントに返信
>>55
皮肉か何かを言ったつもりなんだろ。
64.(´・ω・`):2020年11月21日 11:00 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>34
電探が劣ったのは事実だけど、射撃管制装置の類いで砲戦指揮用のものは有意差なんて無いぞ
日米共に同じ特許買って似た原理で動く、電気機械式の射撃盤使っているんだからな。
複数の測定結果を平均して誤差を減らす分、日本の方が高度な位だ。
65.名無しさん:2020年11月21日 11:00 ID:P046Mg7Y0▼このコメントに返信
資料で数は違えど、大体武蔵は魚雷19発、爆弾20数発を受けたと言われておるな。
66.名無しさん:2020年11月21日 11:01 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
>>61
艦長の方針で回避運動をしなかったからな
67.(´・ω・`):2020年11月21日 11:04 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>61
ありゃあ対空砲火の精度を優先したんだ
結果として失敗なのは事実だけど
68.名無しさん:2020年11月21日 11:06 ID:R0Ggyhjx0▼このコメントに返信
>戦闘機全盛の時代に戦艦とか時代遅れのことしてるからや
おとなしく空母作っとけばよかったのに


起工年度と就役年度。
69.名無しさん:2020年11月21日 11:06 ID:qR0nSh4H0▼このコメントに返信
※55
トラック島で無駄に燃料を使ってホテルとして大活躍
70.名無しさん:2020年11月21日 11:07 ID:k9WeQgRb0▼このコメントに返信
残念な事にそれを活かす大鑑巨砲主義の
時代が終焉を迎えていた
71.名無しさん:2020年11月21日 11:08 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
>>61
追記
大和型は大きさの割に小回りが効くから運動性能は良好な部類だぞ

舵を切って回り出すのに時間がかかるが、これは大型艦であれば当たり前の事だから、これを持って運動性が悪いとは普通言わない

大和型は舵が効き出すのに時間がかかるが効き出すと素早く回る、と言うのが操舵したことのある人の感想だ
72.名無しさん:2020年11月21日 11:09 ID:CxYaPWqZ0▼このコメントに返信
結局開戦前に想定した交戦距離40km以上の砲戦は起こらなかったからなあ
比較的至近距離で発生した第二次ソロモン海戦でワシントン(40サンチ砲)が比叡(36サンチ砲)
相手にあれだけ苦戦したことを考えれば、費用対効果あんま無かったかもしれん
むしろ一回の砲戦で損傷次第によっては大和ですら下手すりゃ一年は前線に出れなくなるのは痛すぎるだろ
73.名無しさん:2020年11月21日 11:09 ID:R0Ggyhjx0▼このコメントに返信
以前日本貶める為に九七式中戦車とタイガー重戦車比べてたよね。
74.名無しさん:2020年11月21日 11:10 ID:jtB3CeKP0▼このコメントに返信
>>15
テンプレバカに構うとかにわかかな?www
75.名無しさん:2020年11月21日 11:11 ID:gvtiMR.e0▼このコメントに返信
>>69
ホテルとして活躍した事実を言えと言ったのだが?

君はホテルという施設は燃料を無駄に使う場所と思ってるのか?
76.名無しさん:2020年11月21日 11:12 ID:jtB3CeKP0▼このコメントに返信
>>72
???

大和は40000メートルでの砲戦なんて想定してないんだが
77.名無しさん:2020年11月21日 11:13 ID:WllRWXRU0▼このコメントに返信
>>65
並の戦艦なら3~4隻は沈んでるよね。
排水量から並の戦艦2隻分弱のご予算と考えると、膨大な予備浮力支えられた優秀な防御力だよ。
78.名無しさん:2020年11月21日 11:14 ID:jtB3CeKP0▼このコメントに返信
>>68
それを無視してもアメリカがノースカロライナ級、サウスダコタ級を建造してるのに長門陸奥以外全て旧式の14インチ砲艦で問題ないと思う脳みそがありえない。

時期的にアイオワ級を無視したとしても新型戦艦建造は必要不可欠でしかも大和型4隻(計画)程度では足りなかった。
79.名無しさん:2020年11月21日 11:17 ID:KCi4s5OX0▼このコメントに返信
※48
空母による艦船攻撃を最初に実施したのイギリスだが、
空母を集中運用して3桁以上の航空機集団による攻撃システムを構築したのは日本が最初。

古くは鋼鉄艦による近代軍艦の戦術分野でも
単縦陣と横列陣のどちらが有利か議論されていたころ最初に実践したのは日本。
この時(黄海海戦)は打撃力中心の主力部隊から高速の遊撃部隊を切り離して
速射砲中心の攻撃で戦闘の主導権を握るという特異な戦術を構築し、
その後の世界の建艦デザインに影響を与えた。
更に10年後では交戦距離が延び、複数の艦による統制射撃を実践させ世界の艦隊戦術的に大いに影響を与えた。

ただこれらの成功体験が日本海軍の考え方を硬直させてしまった一因かもしれないのは歴史上の皮肉である。
80.名無しさん:2020年11月21日 11:17 ID:.haHDF660▼このコメントに返信
大和と同時期に起工、就役した英国の新栄戦艦プリンス・オブ・ウェールズは就役から一年も立たずに日本軍に撃沈されたけど。
81.名無しさん:2020年11月21日 11:19 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義の時代は終わっていたため大和は役に立たなかった
82.(´・ω・`):2020年11月21日 11:21 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>23
単に軍縮条約の上限が16インチなのと、寸法と体重の制限で18インチ乗せると性能バランスが狂うから16インチに甘んじているかたち。

正直、サウスダコタですら船体規模に対して装備が過大で、軍艦としての性能は素晴らしいがフネとしては誉められたもんではない。

一応、アイオワ級低速戦艦案では18インチ砲を9門、速力28ノット、装甲が舷側380㎜で水平が一枚板換算150㎜程度、五万トンってのを検討している。
大和型より軽いからくりは、船体寸法が更に小さく、装甲をケチっているため。

というのも、機関部が高温高圧缶で床面積が少なく済んでいる分全長は縮むし、最大幅は33m以下にせざるを得ないためだ。

中甲板まで5m程度の幅を覆えば済む舷側は影響が少ないが、広い範囲を覆う水平装甲が50㎜違えば装甲重量はかなり減る。

大和型より装甲が見劣りするけど、大和型より大分軽いなんて、コレいいじゃん!!

なぁんて、旨い話が、この世にある訳なんてなく…
(´・д・`)
83.名無しさん:2020年11月21日 11:26 ID:YjxysNv90▼このコメントに返信
まあすぐ後に航空機の時代が来て、大和建造推しした奴は相当馬鹿にされただろうな
84.名無しさん:2020年11月21日 11:28 ID:Z.A8qPpb0▼このコメントに返信
大和ほど、不遇な扱いされた兵器は稀じゃないか
85.名無しさん:2020年11月21日 11:30 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>甲板いたら鼓膜破れるとか怖すぎ

鼓膜どころか瞬殺レベルだぜ?
戦艦武蔵がレイテで対空戦闘中に主砲発射して銃座が爆風で薙ぎ払われたり、待避の遅れた乗員がかなり吹き飛ばされている。
主砲発射の時は警報が鳴って甲板の乗員を待避させる建前だけど戦闘中でそれが聞こえなかったらしい。
86.名無しさん:2020年11月21日 11:30 ID:inZQEbXH0▼このコメントに返信
※81
それが、最大の後付け理論。

むしろ第二次世界大戦の結果、大艦巨砲主義は終わった。
(大和の沈没こそ、大艦巨砲主義の終わり)
87.名無しさん:2020年11月21日 11:31 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>4
上手く使うための油がない。
その出し惜しみがあの結果なんだよ。
88.(´・ω・`):2020年11月21日 11:31 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>71
あ~
ここに関して(´・ω・`)はあまり擁護できない。

大和型は肥大船型ゆえに艦形の割に小回りが利くどころか、絶対値で見てもより小さなフネ並の旋回半径で済む。
防御上の理由があって正副二つの舵は離れていて、二つ同時に切った時にはすげえ旋回性能なんだけど、

正直舵は設計ミスで、図体の割に面積が足りておらず、副舵のみでは実質変針不能なんだ。
舵を切ってから回頭し始めるまでのタイムラグも長く、応答性がかなり悪い部類。

ある程度運用で補えはして、他のフネより早いタイミングで予測して舵を切ればどうにかなる…というかした。

もう少し時間があれば艦首舵を取り付けたりする予定だったけど、戦局が許してくれなかった。
89.名無しさん:2020年11月21日 11:31 ID:gs.cmQW90▼このコメントに返信
米83
そんな事を言いだしたのは、戦後の平和大好き根性無し敗北主義者ですね。
運用に失敗はあったが、建造は普通の事。
だいたい、飛行機を大量に作った所でパイロットが間に合わん。
90.名無しさん:2020年11月21日 11:32 ID:R0Ggyhjx0▼このコメントに返信
アメリカは大和と同時期、或いは遅れて戦艦作ってるよ。
91.名無しさん:2020年11月21日 11:33 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>13
客船を作り慣れていた三菱作だからね。呉からも調度品の作り方の研修にきたそうな。それでも出来映えは武蔵のが上だったらしい。
92.名無しさん:2020年11月21日 11:34 ID:nrM7hvCa0▼このコメントに返信
※4
戦艦、巡洋艦を空母の防空に使えば、ミッドウェーも、もう少しまともに戦えた。
アメリカはミッドウェーの頃すでに空母を主力と考え、空母の周囲を新式の戦艦、巡洋艦、駆逐艦で囲う円形陣を活用する一方、旧式の戦艦は、海戦で使えないと判断し、上陸作戦時の艦砲射撃専門に使っていた。
一方の日本は、戦艦を主力と考え、戦艦を後方で温存し、まともに活用できないまま空母を沈められた。
93.名無しさん:2020年11月21日 11:37 ID:fiEd4.oB0▼このコメントに返信
なんの戦果も無い戦艦が未だに評価が高いのは今の政府見てるみたいだな。
何の成長もない。
94.(´・д・`):2020年11月21日 11:38 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>74
ばかたれ、投稿時間見やがれ
投稿してリロードしたらいつものがいやがったんだ!
95.名無しさん:2020年11月21日 11:39 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>19
少し早すぎかなw
まだ「レーダー連動全自動射撃」
「初歩的な暗視装置つき射撃装置」
「ガスタービン機関」
の話がでてきてないww
96.名無しさん:2020年11月21日 11:42 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>16
そもそも「ないない尽くし」
タンカーを護衛する駆逐艦、そのための兵員も足りてない。
97.名無しさん:2020年11月21日 11:42 ID:FhWGbYZR0▼このコメントに返信
※94
荒らしが荒らしにかまってこうやって荒らしばかりになる
98.名無しさん:2020年11月21日 11:45 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>24
氷河期を排除して、その世代がスッポリ抜けているからムリ!
バブル世代は頭数だけの役立たず!
99.名無しさん:2020年11月21日 11:48 ID:R0Ggyhjx0▼このコメントに返信
このサイトって書き込んでるの三人位。
100.名無しさん:2020年11月21日 11:49 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>28
若いうちに芽をつまれるからな。政界みろよ?そのせいで「アベの後継者がいない!」って泣き言ってたんだぜ?
アベ程度のレベルの政治家がいないって…どれだけ芽を潰してきたんだよ?ww
101.名無しさん:2020年11月21日 11:50 ID:IheLNuGc0▼このコメントに返信
全溶接ですらないあたりから欠陥臭が強く漂う
102.名無しさん:2020年11月21日 11:54 ID:qR0nSh4H0▼このコメントに返信
ありもしない艦隊決戦を夢見て戦艦大和を温存し、最後は坊ノ岬で無駄に沈めてしまったアホ海軍
優れた道具も使い方が悪ければ役に立たない証明となってしまった
103.名無しさん:2020年11月21日 11:55 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>30
「もっと早く韓国軍に参戦要請すべきだった!」
「韓国軍はタヒを恐れず粗食でも文句を言わない!それに引き換え我が米軍は任務より昼飯を優先した…」
「韓国軍が1個師団でも早く派遣されてればベトナムなんかに負けなかった!」
ベトナム戦後、米将官の書にかかれてるよ?ww
104.(´・ω・`):2020年11月21日 12:00 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>101
リバティ船見ても同じこと言える?
105.(´・ω・`):2020年11月21日 12:03 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>97
コントみたいな流れでつい…(´・д・`)
106.名無しさん:2020年11月21日 12:05 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>88
副舵は当初は主舵と同じ大きさにする予定だったそうだね…
107.名無しさん:2020年11月21日 12:05 ID:w5yzLpPF0▼このコメントに返信
戦艦がいろんな国に配備されていた時代に
計画建造された戦艦に向かって何のためにという質問
しかも後出しジャンケンの歴史知識でマウントを取る恥知らず

馬鹿なの?千ョンなの?

そんな質問する前に

K1戦車とか K2戦車とか スリオンとか K11複合小銃とか K9 155mm自走榴弾砲とか K21 歩兵戦闘車とか
KF-Xとか 独島型強襲揚陸艦とか 世宗大王級駆逐艦とか
K-ASROCとか 韓国軍原子力潜水艦計画とか 小銃K-2&K-3とか 犬鷲型とか PXB型とか
無人偵察機とか、偵察衛星とかの

ポンコツ兵器のやらかした経歴やその存在価値について自答したまえ
108.名無しさん:2020年11月21日 12:07 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>78
とにかく金がない!理由はそれだけ。
大和型も4隻予定だった。造船所も木更津、大分、四日市にも造る予定だった。
109.名無しさん:2020年11月21日 12:08 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>76
最大射程ってだけだもんな
110.名無しさん:2020年11月21日 12:09 ID:EeKfAfDq0▼このコメントに返信
硫黄島に突っ込ませとけばなあ
111.名無しさん:2020年11月21日 12:10 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>71
日本海軍は艦形もよい金剛(というより改オライオン級)を輸入して超ド級戦艦の整備を始めた。
当時はまだ大型艦の経験不足もあり扶桑型では操艦不良となった。その苦い経験を活かして攻防速に優れた長門型、大和型が出来上がった。
112.名無しさん:2020年11月21日 12:12 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>92
海軍上層部が「陛下から下賜されたフネだ!壊すな!沈めるな!」だからな…
戦果あげても「壊した」科で更迭する海軍。
113.名無しさん:2020年11月21日 12:13 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>77
まあ、実戦で条約明け最新艦と大和で撃ちあえば運もあるだろうけど2,3隻を道連れに大和も撃沈されるだろうね。サウスダコタとかベネト級は優秀だよ。
114.名無しさん:2020年11月21日 12:13 ID:q1lkIB6y0▼このコメントに返信
>>2
君の本名は朴だろw
115.名無しさん:2020年11月21日 12:17 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>73
でも、チハとシャーマン比べてもがっかりするよ。
チハの存在意義は歩兵支援車なので十分な武勲戦車なのだが。
116.名無しさん:2020年11月21日 12:19 ID:F08lFrRz0▼このコメントに返信
>>101
世界のほとんどの戦艦が欠陥品ですねそうですね
117.名無しさん:2020年11月21日 12:19 ID:AJlzBRTb0▼このコメントに返信
大和建造しなければ、アメリカ12隻、イギリス5隻、ドイツ2隻、イタリア4隻の新造戦艦を長門級2隻でなんとかしなきゃいけないわけで。ちなみに建造計画時点ではドイツもイタリアも、敵に回す可能性ゼロではないからな。主敵はアメリカにせよ。
大和型は図体大きいだけで、46センチ砲搭載戦艦としては新味がないからな。あえて言うなら、重武装重防御の高雄型だ。
118.名無しさん:2020年11月21日 12:20 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>114
木下だ!
119.名無しさん:2020年11月21日 12:21 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>89 
それ以前に発動機の製造運用戦では日本にはまるで勝ち目がない。
それなのに技術敗戦の象徴にされている大和はかわいそう。
120.名無しさん:2020年11月21日 12:23 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>5
エレベーターは高級幹部しか使えない。
ラムネは下士官兵は自由に飲めない。
121.名無しさん:2020年11月21日 12:25 ID:O0BO6.g60▼このコメントに返信
大和は沈んじゃったけど、未だに世界最強の戦艦は大和と武蔵!って世界中の人達がそう思ってるのがアメリカは面白くないからずーっと戦艦を維持してたらしい(笑)
確かに沈んじゃったけど、温存して生き残して大和博物館とかいって観光地になるくらいなら突っ込んで沈んで海の藻屑になる……という方が兵器としてはかっこいい気がする。
122.名無しさん:2020年11月21日 12:26 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>112
大和を含む日本の水上艦では対空砲が脆弱。ついでにその後の秋月型もアトランタ級も言うほど役立っていない。
ボフォースの40mmがオーパーツ級の化け物でこれが米艦で普及しだした1943年以降とミッドウェー海戦では様相も異なる。
123.名無しさん:2020年11月21日 12:27 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>111
制限されてたとはいえ、列国に比べれば少ないな。数こなせないのは痛い。
124.名無しさん:2020年11月21日 12:29 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>115
そもそも対戦車戦闘など想定してないからな…
125.名無しさん:2020年11月21日 12:31 ID:G5mWP32K0▼このコメントに返信
>>87
そう言うのをヤケクソという
126.名無しさん:2020年11月21日 12:31 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>122
ボフォースか。たしか日本も少数買ってたのに、それを量産して活かせなかったのが残念だね。
127.名無しさん:2020年11月21日 12:31 ID:AJlzBRTb0▼このコメントに返信
※120
アメリカ軍だって、同じだ。
アイスクリームは士官兵員とも並ばなければいけない。
割り込み士官をハルゼー提督が叱り飛ばしたエピソード(ちなみにハルゼーは兵員に混じって並んでいた)。

あと、戦艦でも伝令兵はエレベーター使えたし、潜水艦では潜航時兵員が艦長の頭を蹴飛ばしても無問題。

あと、建前上、士官は食事自腹だからラムネを何本飲もうと勝手だ(そんなことできやしないが)
128.名無しさん:2020年11月21日 12:31 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>101
あれだけ撃たれ強く出来ていて欠陥品とはこれ如何に?
あの時代の戦艦は優秀揃い。
サウスダコタ、ヴァンガード、リシュリュー等は時代が合えば名艦と呼ばれただろう。
129.:2020年11月21日 12:32 ID:G5mWP32K0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
130.名無しさん:2020年11月21日 12:33 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>102
戦艦があるだけで相手も気軽に動かせない。温存にもそれなりには意味がある。
勿論マリアナ沖海戦以降は、存在しても意味なくなったが。
131.名無しさん:2020年11月21日 12:33 ID:G5mWP32K0▼このコメントに返信
>>8
まぁ見た目だけならかっこいいからな。
見た目だけはな。
132.名無しさん:2020年11月21日 12:34 ID:AJlzBRTb0▼このコメントに返信
※126
マジレスすると、バネに使う特殊鋼が生産できない。
同じ口径の砲作っても、下位互換にしかならない。
133.名無しさん:2020年11月21日 12:34 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>107
毎回同じツッコミ入れているけどk1は、そんなに悪くないよ。K2はお笑いでいいけど。
134.名無しさん:2020年11月21日 12:35 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>121
生き残して大和博物館

たとえ残してても核実験の標的にされただけだよ?
日本は占領されてたんだから文句も言えないのだぞ?
135.名無しさん:2020年11月21日 12:36 ID:G5mWP32K0▼このコメントに返信
>>9
今実際やったら、そんな戦果上げられなさそう。
対艦ミサイル食らって終わりじゃね?
136.名無しさん:2020年11月21日 12:39 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>117
大和型は最低4隻揃うまで長門型とセットで使うつもりだった。
戦略的には新味はない。
長門型が、攻防速揃った名艦で戦略的にはこれで十分だった。
137.名無しさん:2020年11月21日 12:41 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>121
そのロマンで第二艦隊5000人が特攻した訳で有効性は相当疑問。
138.名無しさん:2020年11月21日 12:41 ID:5OvGrkEw0▼このコメントに返信
>>2
パクリっていうほど開発時期ズレてないぞ
ハーミーズは1920年12/16起工、鳳翔が1922年12/17に完成して世日本初の空母になった
こわな短期間でパクれるとは思えん
139.名無しさん:2020年11月21日 12:41 ID:5OvGrkEw0▼このコメントに返信
>>3
あんな中身スカスカのゴミと一緒にすんなや
140.名無しさん:2020年11月21日 12:43 ID:5OvGrkEw0▼このコメントに返信
>>87
ちなみに燃費はかなりよかったらしい
金剛型よりも燃費良かったみたいやぞ
141.名無しさん:2020年11月21日 12:45 ID:5OvGrkEw0▼このコメントに返信
>>7
それに対して武蔵御殿
142.名無しさん:2020年11月21日 12:45 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>132
当時のホルスターにセットで銃の撃針と撃針スプリングの予備があったそうで、現代までそれが残ってないのは、全て使いきったからだそうだ。それほど材質的に弱かったらしい。

なお戦後の自衛隊も小銃の予備部品として、「撃針」「撃針バネ」が存在してた。本来は、銃のストック内の収納ケースに入れてるはずが、紛失防止で別に保管していた。
平成初期に自衛隊に任期隊員でいたけど、先輩の係陸曹の話によると「昔はよく折れてた」らしかった。折れなくなったのは最近(当時だから昭和末期?)になってからだとか。
143.名無しさん:2020年11月21日 12:45 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>132
詳しい方のレス感謝!
後は熱処理と弾の量産が課題かな?
日本でコピーできない程の優秀兵器ですね。残念ながら当時の日本は基礎機械技術(特に精密さ)と、量産技術の両方がまるでダメだった。
144.名無しさん:2020年11月21日 12:50 ID:5OvGrkEw0▼このコメントに返信
>>33
大分間違いがあるし突っ込みたくなるのはわかるワイもあんたのレス見なければつっこんでたわ
145.名無しさん:2020年11月21日 12:50 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>140
それは航続(距離)ではないかと。
燃費は当たり前だが軽量の金剛型が勝る。
146.名無しさん:2020年11月21日 12:50 ID:4d6ypKsv0▼このコメントに返信
※11
アイオワ級は高速だと波をかぶって危険だったけどな
147.名無しさん:2020年11月21日 12:51 ID:4d6ypKsv0▼このコメントに返信
※13
建造したのが民間の客船も作ってた長崎造船所だったかららしいね。
148.名無しさん:2020年11月21日 12:51 ID:5OvGrkEw0▼このコメントに返信
>>74
テンプレってそんなに有名なんこのガイジ?
149.名無しさん:2020年11月21日 12:52 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>120
作戦行動中でなければ酒保で自由に買えます。もちろんビールも。
150.名無しさん:2020年11月21日 12:52 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>146
船体もパナマ仕様なのと高速性能のために細身だから急旋回も危険とか…
151.名無しさん:2020年11月21日 12:53 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>135
それ以前に海岸線から30kmも離れれば砲撃当たらないから大丈夫。
そういう意味でも航空機とミサイルは有効兵器。
152.名無しさん:2020年11月21日 12:54 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>141
あれ?武蔵屋旅館だったと思うけど?
153.名無しさん:2020年11月21日 12:56 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>91
司令部は客席貴賓室仕様でございます。
平時だったらお召艦として活躍したと思われます。
154.名無しさん:2020年11月21日 12:57 ID:5OvGrkEw0▼このコメントに返信
>>26
どうせゲルググ量産してもザクしか乗れない訓練生ばかりになる未来が見える
アレまんま日本軍そのままやしザクはどちらかというとドイツの4号戦車だけど運用期間の長さとか派生型の多さとかまんま
155.名無しさん:2020年11月21日 12:57 ID:AJlzBRTb0▼このコメントに返信
※136
長門型でワシントン級と戦う絶望差を考えてみろよ。
ビスマルク級みたいな欠陥品ならとにかく、いわゆる「新戦艦」に対抗するには長門型ではまったく力不足。
その証拠に長門型と大和型に便器の形以外共通点はないだろ。
156.名無しさん:2020年11月21日 12:57 ID:F08lFrRz0▼このコメントに返信
>>93
頭悪そう
157.名無しさん:2020年11月21日 12:57 ID:4d6ypKsv0▼このコメントに返信
※26
大和の対空網はアメリカの攻撃部隊の隊長が素晴らしかったといっているくらいだからね。
日本がイギリスの戦艦を沈めたときも、よくあんな弾幕の中を攻撃したと感心する。
158.名無しさん:2020年11月21日 12:58 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>144
大分というより、
正しい所を探すのが難しいくらい。
だか、それがいい。
159.(´・ω・`):2020年11月21日 12:58 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>146
いやあ、サウスダコタの凌波性がお察しだったのを反省して、アイオワでは艦首の乾舷を大きくかさ上げして凌波性とピッチング(縦揺れ)「は」改善した
上構の拡大と50口径化で重心が上昇し、今度はローリング(横揺れ)が悪化したという落ちがつくけど
160.名無しさん:2020年11月21日 12:59 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>108
一応、大和以降も計画してた。扶桑、伊勢、長門も老朽化するから。
161.名無しさん:2020年11月21日 13:00 ID:Tv6ZJrgS0▼このコメントに返信
結果論で語るな
162.名無しさん:2020年11月21日 13:01 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>126
40ミリクラスの機関砲が用意できなくて、防空網に穴ができたんよな。
163.名無しさん:2020年11月21日 13:02 ID:DwNC0YXR0▼このコメントに返信
大和、武蔵が時代遅れって言うなら
HMSバンガードは何なのか
ちなPOWは大和、武蔵より短命
164.(´・ω・`):2020年11月21日 13:03 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>148
これ張ってる人は、こんなことを今さら書く奴はアホだという意図で貼っているそうな。
このテンプレを張ること自体嫌っている人もいるので、どう思うかは人それぞれ
165.名無しさん:2020年11月21日 13:03 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>103
そして南ベトナムのベトコン撤退後の集落でライダイハン作りに文字通りに精を出す、と。
それはベトナムも降参したかも知れないね。
166.名無しさん:2020年11月21日 13:06 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>159
当時はコンピューターもないから、ホント、建造そのものが試行錯誤の繰り返しなんだよな…
167.名無しさん:2020年11月21日 13:07 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>36
沈めるスペックなら駆逐艦の魚雷の方が遥かに優秀な訳で、そこだけ切り取っても意味ないよ。
168.(´・ω・`):2020年11月21日 13:08 ID:a.G3smMv0▼このコメントに返信
>>163
ソ24号艦級とかスターリングラード級、改ライオン級とか戦後の計画だしな
ヴァンガード"級"もR級から砲塔をかっぱらって量産するぞ!

なお
169.名無しさん:2020年11月21日 13:09 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>155
艦橋ひとつとっても、共通点ないもんな…
長門までは後ろがスカスカ。でも大和は改装の拡張性悪そう…
170.名無しさん:2020年11月21日 13:11 ID:AJlzBRTb0▼このコメントに返信
※163
POWは呪いの女神が最悪の結果を用意していただけで、ビスマルク追撃戦(ボコボコにされたが、燃料タンクに穴開けた)、チャーチルの渡米(国威発揚)東洋艦隊配備(日本に作戦の練り直しさせた)など、戦略的には役に立っている。最後は魚雷の当たり所が悪くてあっけなかったが、ビスマルク並みに粘れた可能性あった。
171.名無しさん:2020年11月21日 13:12 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>136
ポスト長門の完成予想図みても発展性なさそうだもんな…
砲塔増やしてバランス崩れてるしね。
172.名無しさん:2020年11月21日 13:14 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>170
呪いの女神が最悪の結果を用意していただけ

信濃には敵うまい!
173.名無しさん:2020年11月21日 13:16 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>133
K1の初期型はバランスとれてたな。
対北戦ならあれでよかった。
174.名無しさん:2020年11月21日 13:18 ID:CQHR87.o0▼このコメントに返信
先人たちは本当に偉大であった。
なのに現在の日本人は米国製の電子端末でゲーム三昧ですよ。
悲しくなるね。
175.名無しさん:2020年11月21日 13:18 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>64
大和の測距儀は巨大15mあり軍艦最大。訓練も厳しかったので精度も優秀だっただろう。
問題は砲の散布界で、これだけの長砲身の撃ち合いではなかなか直撃しないのはみんな一緒。
176.名無しさん:2020年11月21日 13:18 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>83
戦時に、そんな暇もないだろ?
177.名無しさん:2020年11月21日 13:19 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>86
アメリカに至っては20世紀末まで戦艦を運用してたぜ?
178.名無しさん:2020年11月21日 13:21 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>105
そうそう!食いついてくるもんなw
179.名無しさん:2020年11月21日 13:24 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>110
ボコられて海岸に鎮座で艦長以下陸戦隊行きかな…
もしかしたら、赤錆た姿で平和のモニュメントになってたかもな…
180.名無しさん:2020年11月21日 13:26 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>109
直接見えない上に、届くまで90秒。
風などの影響を受けるし、砲身自体も多少はブレる。
一斉射撃を11回(≒百発)撃ては精神力で一発あたるかな?というレベル。
181.名無しさん:2020年11月21日 13:27 ID:EaM.AFgE0▼このコメントに返信
こんな事もあろうかと色々できる大和が造れるようになるまでには
人類史がもう1000年くらい必要な気がする
182.名無しさん:2020年11月21日 13:29 ID:AJlzBRTb0▼このコメントに返信
※175
それがな、弾道計算機がネジとバネでくみ上げられていたので、大和も武蔵も、最後の攻撃では早期に故障していたのよ(それも爆弾直撃の振動で)。
結局アウトレンジは21世紀になるまで机上の空論で、大砲は近寄って当てろってのは湾岸戦争まで一緒。
183.名無しさん:2020年11月21日 13:31 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>174
まず政府が造らせないからな…
「米国様を出し抜くなんてもっての他!」
まだ昭和末期までは「とにかく米国を超えて見せる!」の気概があった。ダメになったのは2000年代以降。小泉のプレスリーダンスなんてその象徴だわ。
その直系がアベだしな…
もう日本に自立も再生もない!
184.名無しさん:2020年11月21日 13:34 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>181
そもそも、その「宇宙戦艦」もイスカンダルの技術でできた設定だもんな。
185.名無しさん:2020年11月21日 13:34 ID:.MiZrrdy0▼このコメントに返信
スペックにラムネ飲み放題が抜けてる
186.名無しさん:2020年11月21日 13:39 ID:inZQEbXH0▼このコメントに返信
※154
スレの趣旨とは外れるが、
新型機の話しとしてはこの辺実際の歴史もガンダム側の歴史も間違っているので一応。

実際の歴史として、紫電改等の編成については熟練パイロットを中心にあつめられたのは事実だが、
疾風も紫電改も未熟なパイロット向けに自動空戦フラップを付けると言う事を行っている。
未熟なパイロットも疾風や紫電改に乗り換える事は多かった。
なお、紫電改に乗っている熟練パイロットの中には、自動空戦フラップの操作を嫌って使用しないモノも居た。
(かれらは、零式に慣れていたので、自動空戦フラップの挙動を嫌っていた。)

ガンダム側の歴史としては、ゲルググの配備については初期に置いては熟練パイロットに渡される事が多かったが、
最終防衛に置いては、学徒出陣により未熟なパイロットが多く出撃していたが被害を大きくした原因と言われている。
なお、熟練したパイロットについては挙動の違うゲルググを嫌って、ザクに乗り続けるものも居た。

実際の歴史もガンダムの歴史も、その時の最新機については未熟なパイロットが乗っている事が多くあり、
また、最新機を嫌っていた熟練者も居たと言う話。

一番多く生産された機体が新人用・教練用であり、終戦まで使われたと言うのはどちらの歴史でも変わらないが。
187.名無しさん:2020年11月21日 13:41 ID:LSfWwneb0▼このコメントに返信
※162
他国の新戦艦は全て対空機関砲は35~40mmクラスと20mmクラスの2本立てなんだけど日本は25mmだけ(絶滅危惧並みに少数の13mmあるけど)なんだよなあ。試験的に採用した40mmポムポム砲がポンコツだったとしても実質コレの後継として開発されたボフォース40mmじゃなく何で陸戦用のホチキス25mmを対空用に仕立て直した奴を主力に選んだんだろう。
188.名無しさん:2020年11月21日 13:42 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>171
日米の建艦競争が、両国の思想の反映ですね。
ダニエルズプランの戦艦群は余裕たっぶりの戦艦を10隻、巡洋戦艦6隻並べて量産効果を狙いつつ仕上げるのに対して八八艦隊は高性能高速戦艦を精緻に8タイプ16隻文字通り魂込めて作るものでした。
長門がうまく設計できたから流用しようとか、そういう手抜きはないですね。さぞかし高価な買い物になって日本経済は破綻することになったでしょう。
189.名無しさん:2020年11月21日 13:43 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>182
大和も武蔵も、最後の攻撃では早期に故障していたのよ(それも爆弾直撃の振動で)

砲の損耗を防ぐために、実弾射撃訓練もロクにできなかった結果らしいな。武蔵だけど、一説には自艦の発砲の衝撃で故障したって話もあるけどな。
190.名無しさん:2020年11月21日 13:44 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>186
でた!ガンダムでは~ww
191.名無しさん:2020年11月21日 13:47 ID:inZQEbXH0▼このコメントに返信
※190
ツッコミいれるなら、※154が出た時点でつっこめ。
192.名無しさん:2020年11月21日 13:48 ID:eJuB5h2I0▼このコメントに返信
>>145
燃料搭載量はほぼ同じ。
航続距離は大和の方が1000海里ほど短いな。でも大和は公試で航続距離過大と判断されて態々短縮改装してるからなー
それを考えると、ホントに燃料が最大の制約要因だったのか・・
193.名無しさん:2020年11月21日 13:49 ID:F08lFrRz0▼このコメントに返信
>>133
K1はアメリカ製だからなあ
なお無理矢理120ミリに載せ替えたK1A2
194.名無しさん:2020年11月21日 13:49 ID:j0ur8maf0▼このコメントに返信
ガダルカナル島への艦砲射撃で出番がなかったのが悔やまれる。チャンスは1942年の10月と11月の2回あった。代わりに第3戦隊が行ったが、榛名金剛は成功し、比叡霧島は失敗した。この時大和をという声もあったが、結局油がないという理由で取りやめとなった。その前のミッドウェーでも空母艦載機での島への爆撃はもったいない。大和が近づき艦砲射撃を食らわせれば、島は壊滅する。途中大和が空襲を受けても被害はたいしたことはない。何しろ機動部隊のゼロ戦もいる。砲撃は無事成功するだろう。山本に勇気がなかったのではなく、どこの海軍でもある指揮官の失ったらどうしようという心配症だ。無事連れて帰りたい、最終決戦に残しておきたいとい気持ちの表れだ。ではいつ使うのか『今でしょう』
195.名無しさん:2020年11月21日 13:49 ID:LSfWwneb0▼このコメントに返信
※175
デカいと気温変化による熱収縮で誤差の絶対値が大きくなる。全体の温度が全く均一になるわけないから誤差は修正し切れない。
逆に言えば気温よりも高い温度、例えば60度とかで定温保持するような装置が付いてりゃ良かったのかもな。
196.名無しさん:2020年11月21日 13:53 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>187
造れなかったんだろう。
ホチキスなら陸戦用の機関銃で実績もあるしね。
197.名無しさん:2020年11月21日 13:53 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>191
すまん、みてなかったわw
198.名無しさん:2020年11月21日 13:57 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>155
それは20年くらい離れていますからね。
見た目は全く異なりますけど、戦略的な位置づけ、という意味では長門の焼き直しなのです。
世界最大の火力、高速戦艦として充分な速力と防御、個艦優越主義の少数精鋭。




199.名無しさん:2020年11月21日 14:00 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>163
WWIIの開戦時、大西洋戦場ではまだまだ戦艦は有効な戦略ユニットだった、という事ですね
その意味では昭和17年2月実戦配備というのは遅すぎた。
200.名無しさん:2020年11月21日 14:04 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>171
何かで読んだけど、高角砲とか増設スペースが大きさに比して無いらしい。
原因は増設した主砲と砲廊なんだとか。
201.名無しさん:2020年11月21日 14:07 ID:I6zFDKhU0▼このコメントに返信
※187
防空艦に改装された五十鈴はレイテで高角弾584発機銃弾4万6百発で13機撃墜してるし
日本運はあれもこれもと言って失敗が多いからむしろ25ミリ一本に絞った方が生産性もよかったと思うな
202.名無しさん:2020年11月21日 14:09 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>194
結局、最新鋭だから「壊すな!」なんだよな。
金剛型は壊してもかまわない。
乗員の価値は更に低い。
艦>>乗員(士官以上は除く)。
203.名無しさん:2020年11月21日 14:13 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>170
素晴らしいタイミングに常に新鋭艦が3隻くらいある、というのがさすが大英帝国、と思います。条約明け戦艦最弱と揶揄されるKGV級ですが、戦略的な価値では最優秀戦艦群かもしれません。
204.名無しさん:2020年11月21日 14:14 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>195
逆に言えば気温よりも高い温度、例えば60度とかで定温保持するような装置が付いてりゃ良かったのかもな。

戦車の砲身にも液冷式のサーマルジャケットが巻いてあったけどね。
初弾はたわんでて、二発目以降がまっすぐ伸びるそうだ。
根本的な解決策は解明されてないらしい。
205.名無しさん:2020年11月21日 14:16 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>201
これで艦長が「弾の使いすぎ!射撃は精魂込めて!」なんてお叱り受けたそうだな。
206.名無しさん:2020年11月21日 14:17 ID:WllRWXRU0▼このコメントに返信
>>187
毘式40mmの口径が25mmで、13mmとの2本立てが本来の想定やで。
13mmが航空機の急激な発展で相対的にあまりに早く非力になってしまったから25mmオンリーにせざるを得なかっただけで。
米でも当初は28mm機銃使ってたし。
なお、ボフォース40mmは開戦前まではオーバースペックでコスパの悪い兵器と思われてた。実際、熟練工による手作業量が物凄いので、無茶苦茶高価だった。
207.名無しさん:2020年11月21日 14:21 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>201
陸海軍ともに量産に成功した機関砲というのはなかったと思うのだよね。
それに銃砲はできても弾が量産できない。
208.名無しさん:2020年11月21日 14:29 ID:cdNuf0au0▼このコメントに返信
※189

狙いのコトだけを考えれば、一番高いトコに置いとく方が良いんだろうけど
振動とか爆風のコトを考えれば、そんなトコに精密機械置けば
故障はしやすくなるわけで。
209.名無しさん:2020年11月21日 14:30 ID:KCi4s5OX0▼このコメントに返信
※198
その20年(ネイバルホリデー)の空白をおいて造られた新型戦艦のデザインが各国足並み揃えたくらい似通ってるのは興味ぶかいですね。
もちろん建造せずとも設計の研究はつづけていたのは解りますが
司令塔はそれまでの前部寄りではなくやや後方寄り、主砲は前面2基後方1基の配置。
例外は建造禁止でノウハウが蓄積できなかったドイツくらいか。
210.名無しさん:2020年11月21日 14:46 ID:.2XWnhco0▼このコメントに返信
※55 >>55
ラムネを飲めたりアイス製造機があったり、ホテルと同じ待遇だったので
陸軍の将校が搭乗した際、嫌味を言った逸話がある
211.名無しさん:2020年11月21日 14:58 ID:LSfWwneb0▼このコメントに返信
※207
日本軍、弾の種類が多すぎ問題・・・
212.名無しさん:2020年11月21日 14:58 ID:.2XWnhco0▼このコメントに返信
※59 >>59
藤田哲也・中村修二は米に移住したし
山中伸弥も米を行き来して苦労されてますね
213.名無しさん:2020年11月21日 15:05 ID:kbWqqDRC0▼このコメントに返信
※193
アレはアレで米軍が120ミリ化を終了したら開戦後弾薬の補給がヤバいかもってまじめな理由がある
214.名無しさん:2020年11月21日 15:11 ID:.2XWnhco0▼このコメントに返信
※64 >>64
はぇ~日本にMk.37~63に匹敵する、砲射撃指揮装置があったのか
知らなかったわ(鼻ホジ)
215.名無しさん:2020年11月21日 15:22 ID:2QhRQRWD0▼このコメントに返信
>>129
何でそんなにその国大好きなの?
216.名無しさん:2020年11月21日 15:36 ID:yvvnOKBN0▼このコメントに返信
旧日本バリの根性論の自衛隊や愛国者なら、つれたか丸とか北朝鮮木造船(マルレというのもあったね)とかで竹槍振り回せば楽勝とか?現人神を尊崇すれば無敵なんでしょう?
217.名無しさん:2020年11月21日 15:37 ID:AKGHfDkp0▼このコメントに返信
※8
大和ネタは日本人をバカにするのに
都合のいいモノなのだろう
218.名無しさん:2020年11月21日 15:37 ID:LSfWwneb0▼このコメントに返信
※196
戦前のポーランドやハンガリーなんかでもライセンス生産されてたんだけどなあ。イギリス軍が当初採用してたのはポーランドからの輸入品。
219.名無しさん:2020年11月21日 15:47 ID:kr6DSbYM0▼このコメントに返信
そもそも当時の軍人に戦艦は無駄、これからは航空機の時代なんて言っても受け入れるやつはごく少数だったろ
当時の常識として戦艦は必須だったんだよ
WW2の結果が戦艦よりも空母という時代を作り上げた
220.名無しさん:2020年11月21日 16:01 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>153
昭和天皇も武蔵に乗ってるしな。
221.名無しさん:2020年11月21日 16:05 ID:SyURKaFE0▼このコメントに返信
>すげえ!これ空母イケたんちゃう?

だから、それが大和3番艦になる予定だった空母‟信濃”だよ!
222.名無しさん:2020年11月21日 16:17 ID:Yj0.394O0▼このコメントに返信
>>66
ならずっと対空戦闘中、直進していたのか?
223.名無しさん:2020年11月21日 16:18 ID:Yj0.394O0▼このコメントに返信
>>77
それを活用できなかったという現実
224.名無しさん:2020年11月21日 16:21 ID:lJrTBahf0▼このコメントに返信
>>124
想定している一式戦車や三式戦車も
敵わないというw
225.名無しさん:2020年11月21日 16:26 ID:jtB3CeKP0▼このコメントに返信
>>180
40キロで戦艦の主砲1%当てられたら砲撃の神様を名乗っていいと思うわ
226.名無しさん:2020年11月21日 16:26 ID:jtB3CeKP0▼このコメントに返信
>>83
バカはお前だよ
227.名無しさん:2020年11月21日 16:28 ID:jtB3CeKP0▼このコメントに返信
>>102
ただ存在しているだけのティルピッツ一隻のためにイギリス海軍がどれだけ拘束されたかも知らない無知
228.名無しさん:2020年11月21日 16:43 ID:KCi4s5OX0▼このコメントに返信
※227
大和の沖縄出撃の時も、多数の空母や戦艦が駆り出された。その分日本の特攻隊への対応はうすくなるからね。
もちろんだからといって4000名近くの戦死者と比べられることじゃないけど。
229.名無しさん:2020年11月21日 16:52 ID:VyAQydO20▼このコメントに返信
※210
その陸軍の将校は後にもてなしのためだった事を知ってわざわざ謝罪しに行ってる

こういうことをわざと省くんだよな
230.名無しさん:2020年11月21日 16:59 ID:VyAQydO20▼このコメントに返信
※214
はいはい、アメリカのレーダー射撃は全自動で百発百中だもんね
231.名無しさん:2020年11月21日 17:02 ID:V.KppCWM0▼このコメントに返信
大和の有効運用なんて大戦初期から他戦艦もあわせて積極運用するしかなかったよ。
1秒でも1分でも時間を稼ぎ、果ては1日1ヶ月の時間を稼ぐ為の考えが足りなかった。
速攻で講話へ漕ぎ着けたいのに敵に時間を与え過ぎだわな。
232.名無しさん:2020年11月21日 17:08 ID:HqBLcoyh0▼このコメントに返信
なんか米海軍に蹂躙されたせいか空母も評価され過ぎ感がある、空母は航空機を展開するための道具でしかなく、攻めるのでないなら必須ではないぞ。

大和よりも空母建造しろとかいう批判より、制空権の重要性が常識になった43から44年になっても島という陸上基地の連携や早期警戒の拙さに滑走路の設営、修復スピードの悪さ諸々の脆弱な航空基地はもっと批判されるべきだと思うぞ。島という悪条件考えても正直列強最弱レベルでは?ミッドウェーで基地機能を早期に奪えなかった結果がどうなったのか忘れてるのかと。ガダルカナルでも飛行場が生きてる重要性はわかってるはずなんだか。

物理的に無理だったのならまだしもそもそもそれを問題視してた意識があったようにも見えない。

まあ俺が後知恵でいうなら南方攻略終わったら戦車作るよりもブルドーザー作ればよかったじゃんだな。
233.名無しさん:2020年11月21日 17:20 ID:VEX4lo4T0▼このコメントに返信
※229
戦艦は国家の顔ということで外交的な儀礼などにも参加することがあるから「おもてなし」とかできないと問題になる。

ちなみに艦の高官の食事時にクラッシクが流れる…とか言うのは単に音楽隊が食事の時間を削ってまで必死で練習している(通常時でも別な仕事がある)だけであって他の将兵も食事時に聞けた
234.(´・ω・`):2020年11月21日 17:21 ID:VRBtJJUH0▼このコメントに返信
>>214
WW2においてのいわゆる"射撃管制装置"という一連の相互に関係する機材は、個別に方位盤、射撃盤、垂直安定儀から構成されているけど、これらが統合されてGFCSとされ、システムそのものに名前が付くのは戦後になってからだ。
まあ要するに、面倒くさくて多少詳しい人でも単に射撃管制装置とは言うけど、"射撃管制装置"とか"FCS"は大戦時には本来存在しないのな。

んで、例えばアイオワに搭載された射撃管制装置関連の機材は
Mk38方位盤
Mk8レーダー
Mk8射撃盤
Mk41垂直安定儀

このうち、方位盤と射撃盤はどちらも機能的に日本のものと変わりない。
特に大戦時の射撃盤をアナログコンピュータなんて書いている奴が居たら適当書いてるぞ。計算する部分は歯車とかカラクリの組み合わせで計算する機械式だ。
Mk8とか13のレーダーはシステムに後付けであって、測距情報は人間が画面を目で見て測定するし、測距結果は方位盤からの情報と違って射撃盤に自動入力されない。
235.(´・ω・`):2020年11月21日 17:38 ID:VRBtJJUH0▼このコメントに返信
>>234
続き
米艦にはある垂直安定儀というものは、これはジャイロを使って垂直方向の動揺を機械的にキャンセルする代物で、当初は潜望鏡の照準線の動揺補正に使われるのみだったが、後に発砲タイミングを艦が水平になった瞬間を検知して自動で発砲タイミングを調整するものに進歩した。
しかしながら、正直当時の機械式制御なので訓練された人間の操縦による調整でも精度的には遜色ないし、海面が凪いだ状態では逆にオフの方がマシになる。

そして最大の違いと言えるが、アイオワ級などの電動油圧式の自動操縦だろう。従来では射撃盤の指し示す方位角、俯仰角になるよう人間がメータの針を追いかけるように操縦して砲を相手に差し向けるが、米は自動操縦で砲台を動かせる!

まあこれもぶっちゃけ訓練された人間による砲台の操縦でも遜色ないというか、主要されているのは人間による従来法ってオチ。
236.名無しさん:2020年11月21日 17:40 ID:3Ea5qwEb0▼このコメントに返信
弱点は溶接技術がまだだった。動力部の隔壁の合わせがリベットだった。つまり密着溶接でなく、ペグ止めてあったから鉄板は衝撃で捲れ上がってはがされてしまった。不沈艦構造は溶接が命だった。やはり米国と仲良くして技術を移転してもらうべきだった。
237.名無しさん:2020年11月21日 17:41 ID:LSfWwneb0▼このコメントに返信
※228
でもこの日、米軍は沖縄の地上攻撃に航空機1000機投入してるから米軍からしてみれば片手間だろ。
238.名無しさん:2020年11月21日 17:46 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>16
送電規制してた状態であれ以上の増産なんてムリだろ?
239.名無しさん:2020年11月21日 17:47 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>209
そっくりさんペアと言えば
大和型とサウスダコタ級(Nカロライナ)
でしょうか。太平洋で条約型戦艦を引き連れて殴り合う、その時に旗艦として最期まで砲撃力を確保する、というコンセプトが同じだったのでしょうね。

後は、フッドと長門とビスマルク。
そしてカタログデータだけならヴァンガードもここに含まれます。フッドショックがいかに大きいものだったか、分かるような気がします。
240.(´・ω・`):2020年11月21日 17:50 ID:VRBtJJUH0▼このコメントに返信
>>188
正直同意できんな
三年計画艦のサウスダコタは攻防力は大したものだけど、機動性が23ノットと低い。
レキシントンは火力はそこそこ、脚は韋駄天だが装甲が濡れティッシュレベル。
21ノットのコロラド級と23ノットのサウスダコタ級は協調行動できるだろうけど、33ノットのレキシントン級と協調するのは無理だし、レキシントン級が歩調を合わせたらレキシントンの唯一の長所が死ぬ。

日本の場合長門型/加賀型で26ノット、紀伊型で29ノット出て、巡戦赤城型以降は30ノット出るから協調して行動させやすい。

なお、日本の場合天城型四隻と紀伊型二隻は準同型だぞ
また、砲塔も多少の改良こそあれど全て同型だ。
241.名無しさん:2020年11月21日 17:54 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>236
当時の溶接技術ならリベットの方が強かった。溶接でもトーペックス400kg魚雷ならめくれてしまう。同じ事ですよ。
242.名無しさん:2020年11月21日 17:56 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>225
勿論、奇跡のレベルですよね。
だから精神力で、と。
243.名無しさん:2020年11月21日 17:58 ID:Wbfd1DEO0▼このコメントに返信
※116
横からだけど割とそれ真実なのよ・・・欠陥といっても分かっててやったりお国事情でしゃあないねんだったりだけど
ツッコミ入れたレスはともかく例えば扶桑型はまだまだド級戦艦での設計に不慣れゆえの齟齬だったり
時代変化についていけなかったビスマルクだったり、地中海さえよければええねんなV・Vだったり条約制限で
枠に制限かかって道理引っ込めたネルソンやKGⅤ、似た理由のノースカロライナ
あざ笑うんじゃなく真面目に調べると実はすごく面白い部分
244.名無しさん:2020年11月21日 17:59 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>239
帝国海軍「大和の情報が漏れてたのか?(ザワザワ)」だったとか…
245.名無しさん:2020年11月21日 18:06 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>211
陸海どころか、同じ陸軍の小銃、重機関銃ですら弾の互換性がなかった。配備されて問題になって改善はされてらしいけど、設計段階で判明しなかったのかな?
さらに改善されても、実際は機関銃用弾は「G(減装GENSUのG)」マークがついてて小銃用弾では故障しやすかったらしい。
246.名無しさん:2020年11月21日 18:08 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>229
みんなの大好きな辻さんだね♪
247.名無しさん:2020年11月21日 18:10 ID:kbWqqDRC0▼このコメントに返信
※236
また来たよ溶接君(w)
溶接には焼き入れのような熱処理の性質があるって知ってる?
溶接は一見隙間なくきれいにくっつくけど正しい材料や温度管理をしないと(当時はこれが完全には確立されていない)衝撃に弱くなるんだよ。
たぶん溶接機とかがホームセンターとかでも買えるから簡単に考えてるんだろうけど、あれはボルト止めするほど強度の必要ない部分を接着する感覚の物で、今でも本当に強度が必要な溶接は資格を持った専門職がやるほど難しいんだよ。
248.名無しさん:2020年11月21日 18:10 ID:VyAQydO20▼このコメントに返信
※236
知ってるか

それ言うのが一番笑われるんだぞ
249.名無しさん:2020年11月21日 18:11 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>231
与えすぎたじかん。
日本は戦力回復に時間がかかった。その間に敵は戦力拡充をした…

こんな当たり前のことがなぜわからんかった?日本の最高頭脳が束になって…
250.名無しさん:2020年11月21日 18:13 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>249
じかん→時間

なんか変換がおかしい!勝手にenterになる!
251.名無しさん:2020年11月21日 18:20 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>232
価値がわからんのに造らせてもムダ。海軍もブルドーザー鹵獲して国内に持ち込んで「すごいだろ?」で終わってるからな…
じつは京大で戦前に研究用で買ってたのにオペレーターがいないから放置してたという話もある。

いまだに機械力より人力のが安上がり!って考えだからな。
252.名無しさん:2020年11月21日 18:21 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>240
レス感謝です。
さて、同じ見解だと思うのですが。

私は88艦隊は16隻とも高速戦艦で、8隻が戦艦より、残りが巡洋戦艦よりだと思っています。後半型はそれがより顕著で名前以外はあまり差がなさそうでした。
長門と加賀で設計から主砲塔の年式迄違うのですからそれぞれ大変性能よくおカネもかかります。後半型はまだまだ計画レベルなのでわかりませんが扶桑と伊勢で設計やり直した日本海軍だと準同型6隻も結局3ペア6隻として建造したのではないでしょうか?
ダニエルズプランは極論すれば10隻戦艦が同型艦と言えます。安く大量に作れますね。アメリカ海軍は条約時代にも14インチ砲戦艦は同じようなスペックで揃っています。
レキシントン級は、どうでしょうね。
当時の機関技術で巡洋戦艦はよほど防御力低くしないと成立しないのでユトランド沖の教訓を踏まえると失敗作になったのではないでしょうか。
全部揃えば日本の方が出来がよく、
実際の国力からすると日本は計画半ばで財政危機になったのではないかと想像しますね。
253.名無しさん:2020年11月21日 18:23 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>247
資格持ってないんだろうね…
だから簡単に「溶接々々」。
254.名無しさん:2020年11月21日 18:30 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>213
韓国の機械工業技術なら、105mmライフルにしておけば自力で整備なり置換なりできるのにわざわざ120mmなんて持ち込むからおかしな事になる。105mmで充分北戦車は撃ち抜く事できるのに。
休戦が破綻してまた睨み合いになったらラインメタル社を買収でもするつもりなのでしょうか。
255.名無しさん:2020年11月21日 18:30 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
大和もゼロ戦も何もかもみんな韓国の技術!技士が作った!
韓国から日本が奪った!日本人がつくりはじめてダメになった!
あー!にほんが!にほんが!日本が!!!!ぜんぶわるいんだー!
256.名無しさん:2020年11月21日 18:36 ID:kbWqqDRC0▼このコメントに返信
※254
戦争が始まったら工場や備蓄が無事とは限らないし、威力より米軍との弾薬の互換性を優先したみたいやね
257.名無しさん:2020年11月21日 18:40 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>243
ビスマルクや扶桑、ネルソンは失敗作と笑われても仕方ないけど、KGVやNカロライナは失敗と言われるとかわいそう。
むしろ「国力あるから相手調べない今必要な戦艦をできる範囲で艦」だと思います。
そして両方ともWWIIの初期に投入して活躍しているわけで、武勲艦だとおもうのですが。
258.名無しさん:2020年11月21日 18:43 ID:kbWqqDRC0▼このコメントに返信
※241
日本の溶接事情だけど、工期短縮の研究で試験的に全溶接船を建造した事もあるよ
で、必要な強度が出ないってリベットに戻してる
(もともとリベット止め用に設計してある船を溶接に変更した(比較用?)という話もあるので検証法としては微妙な部分もある)
259.名無しさん:2020年11月21日 18:44 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>243
ベネトは失敗作というより、「お前、タンカーと石油タンクくらいは用意しておけよ!」と突っ入れたくなる程の戦略ミスです。
フネのコンセプトは「地中海で大英帝国orフランスのどちらかの派遣艦隊と戦う」なら正解!とおもいますね。
260.名無しさん:2020年11月21日 18:57 ID:Wbfd1DEO0▼このコメントに返信
※259
まああの時点というかイタリアとしてはリビアまで航路護れりゃOKな海軍事情なのでミスというかお国の都合だね
その分ある意味自由が効いて強力で面白みのある艦出来たのはいい事だし(運用はまあこれも制海事情)
261.名無しさん:2020年11月21日 18:59 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>256
それこそ韓国のトラックと高速網なら砲弾はどれだけでも補給できそう‥。自衛隊にもNATO仕様の105mmありそうだし。
(また弾薬ブレゼントしたら国際問題ななったりしてw)
やっぱりミエだと思いますよ。ラインメタルの高価な滑腔砲と成形弾をつかってみたかった、と。
262.名無しさん:2020年11月21日 19:04 ID:tlTPyn0K0▼このコメントに返信
>>260
高価な兵器を、その国の最高級の知能集めて莫大なカネと工数割いて作る訳で、
戦艦建造=海軍ドクトリン
の反映ですものね。
大和は昭和一桁の日本海軍の知恵の結晶ですね。
263.名無しさん:2020年11月21日 19:08 ID:Wbfd1DEO0▼このコメントに返信
※257
失敗作とは言って無いよ諸々(主に条約)の事情で限界点あるのでしゃあない部類
それでもそこそこ足早くて新式なりのタフさあるので高速艦不足の英国には救世主(実際にもw)なKGVだし
条約どうなるねんで設計してたら明けて日本の新戦艦と既存の長門に対抗するため(コロラド等では・・・ね)急遽
ああしないといけなかった、がノースカロライナだし
両者に言えるのは個艦での問題点はあるけど必要な時に必要な戦力満たすという意味では戦略込みなら傑作
ダコタも間に合ったけどワシントンとかいなければソロモンで金剛型に数で負けかねなかったしね
KGVもPOWだけどフッド亡き後ビスマルクに食いついて行けるのこれだけだし
264.名無しさん:2020年11月21日 19:13 ID:Wbfd1DEO0▼このコメントに返信
※262
そうですね
265.名無しさん:2020年11月21日 19:21 ID:VyAQydO20▼このコメントに返信
※261
韓国は自前でどうにかしようと考える国じゃないよ

アメリカが弾は用意してくれるはず、でもそのためには
120mmじゃなきゃ

ってのが前提にあるから
266.名無しさん:2020年11月21日 19:27 ID:FdfTHH270▼このコメントに返信
※172
信濃は呪いの女神というより愚昧の女神だな。
船腹に刺さったままの敵魚雷に毛布を被せて、その横に航空機用ハイオクのガソリン缶を積み上げたわけだから。
267.名無しさん:2020年11月21日 19:30 ID:Rq6FH4lV0▼このコメントに返信
なんでいつも計画年次とか建造開始年次とか空母比較で書かんのかね
268.名無しさん:2020年11月21日 19:37 ID:qGmF2Avu0▼このコメントに返信
※251
まーた極論馬鹿かよ・・・
開戦後まもなく千葉の茂原で機械化による
急速設営実験も行われている。
この時には国産のブルドーザー・キャリオールスクレーパー
トラクターなんかも参加。

もちろん鹵獲した機材も参考にして国産化・量産も計画されたけど
戦時中でアテになりそうなメーカーは陸軍の仕事で手一杯。

実際に設営隊にいた人も「もっと機械化していれば」ともあるけど
「戦前の低賃金・雇用対策の側面があって当時としては難しい面が・・・」
と言ってるのに(´・ω・`)

偉そうにイキれる人が羨ましいわ
269.名無しさん:2020年11月21日 19:42 ID:VZ.uNiVc0▼このコメントに返信
電探は無能な模様
270.名無しさん:2020年11月21日 19:44 ID:rRgmmfJ20▼このコメントに返信
大和型は、世界に誇る立派な戦艦だ
アホのイッチと管理人ごときに語って欲しくない(超激オコ)
271.名無しさん:2020年11月21日 19:46 ID:POd8Yj9z0▼このコメントに返信
自前で電探量産できた4か国の中で最下位だったというだけだな。
大半の国は作ることすらできなかった。
272.名無しさん:2020年11月21日 19:57 ID:WmzBBddP0▼このコメントに返信
このスレに限ったことじゃないが、典拠を示さずになにを言い合っても、意味ないだろう
273.名無しさん:2020年11月21日 20:14 ID:kbWqqDRC0▼このコメントに返信
※268
詳しい話は忘れたけど戦後焼却されないように国産ブルドーザーの資料隠して復興後に役立てたとか言う話もあるしな
274.名無しさん:2020年11月21日 20:58 ID:qGmF2Avu0▼このコメントに返信
※273
ブルドーザーなんかは海軍は小松製作所に依頼して生産してたけど
陸軍の影響力が強くて対応できなくなっちゃった(´;ω;`)

昭和18年ころには
「艦船の一・二隻で戦局は変化しないが、飛行場設営能力はただちに
前線維持を左右する」とか言われてたんだがね

昭和17年の有名なガ島では飛行場設営に約1.5カ月かかったが
諸条件が違うんで参考程度だけど昭和18年のワクデ島では25日後に
昭和19年のハルマヘラ島では20日で飛行場を完成させたり努力の結果も
出てるのに日本がぁ~(謎)
275.名無しさん:2020年11月21日 22:02 ID:gs0WbIVN0▼このコメントに返信
※258
戦後米国からあらためて溶接技術を習得したら、日本の鉄鋼の品質が低かったというのが判明したというのはある
ただ、日本も溶接は戦前からいろいろ挑戦してはいた
276.名無しさん:2020年11月21日 22:07 ID:gs0WbIVN0▼このコメントに返信
※234
今時、本当のアナログコンピュータを使った人などまれだから、
デジタル式コンピュータでないものは、機械式計算機もまるごと含めてアナログコンピュータといいたいのはわからんでもない
277.名無しさん:2020年11月21日 22:10 ID:.i71SXVV0▼このコメントに返信
戦艦大和にはロマンしか無い。
278.名無しさん:2020年11月21日 22:28 ID:.i71SXVV0▼このコメントに返信
戦艦大和に関してはもう散々言われているからここのスレの住人ならわかってると思うけれど
事実のみを書くと。
・攻防性能は文句なく世界最強で、他国の戦艦に対して圧倒している
・速度に関しては27.8ノットとアイオワ級に対しては低めだが、アイオワ級も勿論最高速の状態で主砲を撃つことは出来ないし
 戦艦同士の実際の砲戦速度は高くても20ノット前後なのでさほど問題ではない。
・大和の照準装置は世界最大の光学照準器で、性能は高かった(なおニコン製)
・ただし↑の照準器は信頼性が低くとてもよく壊れ、戦艦武蔵に至ってはこれが沈没の要因のひとつにもなっていて
 戦艦大和も沖縄特攻の際は早々に壊れ主砲三式弾が使い物にならなくなった。これが大和最大の弱点。
・同様に主砲の砲身も信頼性が低く、砲命200発と他の日本戦艦と比べてもとても低かった。
・↑の為、訓練が満足に行えず、主砲の練度は低かった模様。

こんな感じで、カタログスペックは高いけれど信頼性に問題ありという代物だったようだよ
279.名無しさん:2020年11月21日 22:35 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
>>114
「パクる」の語源はチョーセンなのは間違いない。チョーセン人の朴が盗みを働く=朴る
280.名無しさん:2020年11月21日 22:45 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
>>2
空母は英国のパクり←世界初の航空母艦は日本の『鳳翔』
281.名無しさん:2020年11月21日 22:51 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
>>220
大正天皇の御召艦は『比叡』だっけ?
282.名無しさん:2020年11月21日 22:51 ID:.i71SXVV0▼このコメントに返信
空母に関しては日本がパイオニアで
戦後のアメリカ空母は日本空母の設計ノウハウを吸収して建造されている。
例えば現在のアメリカ空母の格納庫は全て開放式を採用しているが、これも日本空母のノウハウだし
飛行甲板を海面から極力高めに設置するという、腰高な設計も日本空母設計ノウハウの流用。
283.名無しさん:2020年11月21日 22:56 ID:VyAQydO20▼このコメントに返信
※280
鳳翔は初めから空母として設計された空母としては世界初なのであって
世界初の航空母艦と言う訳ではない

全通の飛行甲板を持った軍艦なら鳳翔以前にイーグルやアーガスが
あるから世界初の空母とは扱われないよ

284.名無しさん:2020年11月21日 22:56 ID:BjDncCo90▼このコメントに返信
※254>>254
韓国のK1戦車の105mmライフル砲は、純アメリカ製。
K1A1の120mm滑腔砲は、単純に90式戦車に対抗するためだよ。
K2で、55口径にしたのも90式を意識したものでしかない。
285.名無しさん:2020年11月21日 22:58 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
>>45
朝鮮も敗戦国。
286.名無しさん:2020年11月21日 22:59 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
韓国のチーズキンパは最高にだ。これからはチーズキンパにだ。
287.名無しさん:2020年11月21日 23:01 ID:VyAQydO20▼このコメントに返信
※282
それ全部逆

アメリカの空母が開放式であって、日本の空母が閉鎖式
戦後のアメリカ空母は閉鎖式に転換してる
閉鎖式になったのはNBC兵器への防御の観点から

288.名無しさん:2020年11月21日 23:04 ID:.i71SXVV0▼このコメントに返信
キンパって90年代途中まで韓国でも「ノリマキ」って呼ばれていたじゃん
日本のものパクって自国のものというのはやめろよ
289.名無しさん:2020年11月21日 23:05 ID:BjDncCo90▼このコメントに返信
※282>>282
ミッドウェー以降のアメリカ空母は、密閉型格納庫です。
開放型>強度甲板の上部(船体より上)に設置されたもの
密閉型>強度甲板の株(船体内)に設置されたもの。
アメリカは、レキシントン型でハリケーンバウ船体の経験あるので、
日本の空母は、何の参考にもされていない。
日本の空母に開放型格納庫の空母なんてないぞ。
290.(´・ω・`):2020年11月21日 23:08 ID:VRBtJJUH0▼このコメントに返信
>>278
後橋の予備あるから、主方位盤の旋回機構がイカれた段階では武蔵は一斉射撃不能になっていないぞ。
また、大和はサマール沖海戦で10斉射以上しているけど特に不具合も起こしていない。

砲身に関しては、腐食磨耗する内筒だけ容易に交換可能になっているし、訓練も積んでいるぞ

あと正直、主砲の対空砲撃自体、最初の数斉射撃ったら、むしろ撃つと足を引っ張る
291.名無しさん:2020年11月21日 23:11 ID:BjDncCo90▼このコメントに返信
※252>>252
機関関係で、日本にできて、アメリカにできないとか、
どこの平行世界の話しだ?
八八艦隊建造時点で、日本は、装甲・砲弾・機関全てにおいて、
英米に遅れ取ってるんだよ。
さらに、敗戦国ドイツよりも下。
292.名無しさん:2020年11月21日 23:15 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
>>255
俺もそう思う。世界の起源が韓国だ!だから日本は規制解除しろ。しないとビール不買するぞ。どーだ、怖いか(笑)
293.名無しさん:2020年11月21日 23:17 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
>>185
間宮羊羮と伊良子最中も食べ放題にして。
294.名無しさん:2020年11月21日 23:21 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
>>205
雪風「雪かじぇも叱られました~」
295.名無しさん:2020年11月21日 23:24 ID:d0L5M85R0▼このコメントに返信
>>286
チーズハッドク。なんでもチーズ(笑)
296.(´・ω・`):2020年11月21日 23:40 ID:VRBtJJUH0▼このコメントに返信
>>252
レキシントンの酷い出来映えから、反射的に返してたわごめんね。
俺も日は財政死ぬと思う。
ただ、レキシントンのユニットコストは普通にサウスダコタの五割増しとかに達するはずだから、合理的かどうかで言うと確実に不合理だと思う。

八八艦隊計画を推進すると財政が潰れる国と、三年計画を推進すれば選挙に負ける国の差だから、日本は八八艦隊が成立すれば間違いなく財政破綻したろうけど、第一次大戦の特需が続けば達成可能という皮算用で予算通しちゃったんだぞ。
実は海軍としては、全部でなくとも出来た所まで貰えれば良いと思っていた模様。
297.(´・ω・`):2020年11月21日 23:47 ID:VRBtJJUH0▼このコメントに返信
>>296
ちなみに、
実は41㎝砲、そして砲塔に関して極僅かなマイナーチェンジしているだけで紀伊型まで完全に性能一緒なんだ。
長門型が近代化改修の時加賀型の在庫に交換したのは、磨耗していない新品と交換って理由と、単純に砲塔に個体差で持病持ち、不具合解消のためであって、本来のカタログ性能は完全に同じ。
長門型に関して言うと、あれは単純に伊勢型同様の断面図をした、間に合わせの旧式なんだ。
応急的に水平装甲を強化し、代償重量で集中防御式に切り替わった。
加賀以降が本命で、断面図的には新戦艦の世代と遜色無い配置になる。

なお、天城型の戦艦型が紀伊型で、両者は全く同一の図面で、紀伊型の装甲の厚みだけ少し増して加賀型に匹敵する装甲を備える。
けどこれ、本当は建造スケジュールに設計が追い付かないから仕方なくやっている。

天城、紀伊型で本来全部で8隻造る予定が、米サウスダコタの性能に対抗して設計を改め、11号と12号は完全に別設計になる。

本当は9号と10号も紀伊型としては造りたくないんだけど、設計時間がないのでそのまま。
298.名無しさん:2020年11月21日 23:51 ID:mvT0QIdN0▼このコメントに返信
この話題の際、戦艦はオワコンって結果論で繰り返し言われるわけだが
それ以前の話として、あの護衛空母を持たない大和を沈める為に、米軍は空母を12隻用意した
空母1隻に満載航空機、パイロット、教育費用、これらを合わせると、戦艦1隻と費用はだいたい同じ

戦艦1隻+軽巡駆逐艦9隻 vs 空母12隻(戦艦12隻相当の費用) ファイッ

空母12隻じゃなく戦艦12隻で戦っても結果同じだろ
299.名無しさん:2020年11月21日 23:52 ID:ce92jkHS0▼このコメントに返信
>>281
だっけかな?昭和天皇の御召艦は昭和15年の特別観艦式まで比叡だったはず。
226みたいな有事の際にお迎えするのも比叡だった記憶。
300.(´・ω・`):2020年11月21日 23:52 ID:VRBtJJUH0▼このコメントに返信
>>291
砲は多分英国からの技術支援あってのことだろうけど、長門の41㎝砲は新造時世界最強の艦砲と言えるぞ。
ネルソンは論外、コロラドも砲弾重量900kg台だからな

あと、日本にはレキシントン級の馬力の機関は逆立ちしたって造れないけど、単純にレキシントンはコンセプトがゴミなので産廃になるだけの話だな。
要素技術は確かにすごいけど、速力差で戦力がセルフ分断されるのは普通にアホだと思う三年計画艦。
301.名無しさん:2020年11月22日 00:03 ID:44GC2k.x0▼このコメントに返信
>チャーチルがプリンスオブウェールズが日本海軍に沈められたと報告を受けて真っ青になったのは有名や
>航空機が戦艦を沈めるなんて不可能と思われとった
その半年前に自分らは複葉機(ソードフィッシュ)で複数回雷撃かけてビスマルクを沈めてるのにな。
302.(´・ω・`):2020年11月22日 00:08 ID:0ykoyfpY0▼このコメントに返信
>>298
同意。
大和を攻撃した艦隊のコストは、第二艦隊の何倍の金掛けて整備したものなの?っていう観点が無いとねえ。
大和は何故沈んだかって?航空機に負けた?イヤイヤ札束でビンタされたから死んだんだよ。

当時の対空砲は自衛用でたいした数落とせなかったけど、戦艦は戦艦を相手取るのが本懐のフネだから、一隻二隻は道連れに出来る可能性は出てくるかもしれん。
でも沖縄途上で撃沈される運命は変わらんわな。

逆に、戦艦対空母なら、沖縄近海に展開していた正規空母と同数の大和型が突入していたらどうなるかっていうと、確実に阻止に失敗するだろう。

勿論、戦艦は空母をマトモに捕捉出来はしないが、艦隊としては艦隊行動、目標達成に支障がなければそれでいいって言う。
303.名無しさん:2020年11月22日 00:09 ID:pUSk2Pd30▼このコメントに返信
※235 >>235
サボ島沖海戦から分かるように、1942年10月には勝負になってないです
304.名無しさん:2020年11月22日 00:19 ID:LVlaAEIB0▼このコメントに返信
>>289
日本の空母に開放型格納庫の空母なんてないぞ

信濃は半開放型といえる構造。
305.名無しさん:2020年11月22日 00:20 ID:IwUIzbmy0▼このコメントに返信
※7
これってやっぱ満州のヤマトホテル意識してつけられたんかな
306.名無しさん:2020年11月22日 00:21 ID:LVlaAEIB0▼このコメントに返信
>>305
たしかそう。
307.名無しさん:2020年11月22日 00:23 ID:ZIQQUwnH0▼このコメントに返信
※303
>サボ島沖海戦から分かるように、1942年10月には勝負になってないです
 この海戦の結果からどのように「勝負になっていない」のかわかるんですか?ぜひご教授願います。
308.(´・ω・`):2020年11月22日 00:26 ID:0ykoyfpY0▼このコメントに返信
>>303
ん?どれの話がしたいの?
曖昧すぎて答えようがないぞ
方位盤?射撃盤?電探?垂直安定儀?
俺いわゆる"射撃管制装置"のうち、ここまで方位盤と射撃盤は同日米で同じようなもの使っていて、
日に無い垂直安定儀と自動操縦は訓練された人間の操作で遜色ない精度が出ることを知っていたから、
「なおレーダー、FCS」に対して
最初に「電探はともかく、射撃管制装置の類は有意差は無い」って答えているのな

そしたら
「日本にMk.37~63に匹敵する、砲射撃指揮装置があったのか」
って言う意味がわからないレスがあったので、こんこんと
「"射撃管制装置"とか"FCS"は大戦時には本来存在しない」

ってことを返しているのな

そして今度は君に電探の差に回収されるだろう話を言われているんだけど、俺まだ続けないとダメ?
309.(´・ω・`):2020年11月22日 00:32 ID:0ykoyfpY0▼このコメントに返信
>>308
まあいいや。
続けられるだけ続けると、
電探の分解能で米が一桁程上なのは事実だし、日が性能が劣るが一応使える電探を積むまで、夜戦など視界不良時の測距性能で米国が優位に立ったのは間違いない。
ただ、光学測距と組み合わせないとマトモに方位がわからないから、いくら米でも昼間よりは精度が大分落ちる。
310.名無しさん:2020年11月22日 00:41 ID:Xirn.zqY0▼このコメントに返信
何故に無駄な沖縄特攻作戦に踏み切ったのか3000人以上の乗組員の尊い命を無駄にした軍部の愚作戦
巨大戦艦としてのスペックがあってもこの時代にはもう時代錯誤の装備で護衛機も無い中での海の上の的
巨大な大砲も使い道も皆無でデカい弾頭を撃ち出す莫大な火薬も誘爆での爆発で船体が割れて海に沈む
沖縄戦の海からの砲台として参戦に向かうも作戦は米軍に筒抜けでの爆撃機の餌食
半世紀後にアニメ宇宙戦艦ヤマトが爆発的大大ヒットで脚光を浴び平成・令和までアニメ化されるとは
アニメ見て外観や武器装備もそのままで宇宙を航行すると言う内容は秀逸 元祖戦艦大和
311.名無し犬:2020年11月22日 01:06 ID:DgTzHtGH0▼このコメントに返信
戦艦大和のスペックと言えば、全長が東京駅の駅舎と、ほぼ同じというのもよく知られている。
当方東北の田舎ゆえ、東京駅に行くことも少ないが、立ち寄る機会に戦艦大和に思いを馳せることもある。
いったい自分が東京駅に居たとして、そこに二桁の数の爆弾や魚雷が命中したら、どのような心持ちであっただろうかと・・・
自分が若いころには、戦死した人たちは、父や祖父の世代であった。おっちゃんや、じいちゃんであった。
老いた身になって、あらためて思えば、戦死した方々は日本の子らである。
自分の子供と同世代の人たちが戦って死んだ。
そう思えば・・・東京駅の柱をなぜても・・・
涙が溢れる。
312.名無しさん:2020年11月22日 02:05 ID:M3do.hHj0▼このコメントに返信
>>299
ひぇ~♪
313.名無しさん:2020年11月22日 03:34 ID:RkXshu7i0▼このコメントに返信
※301
でも最終的にトドメ刺したのは水上艦の砲雷撃だからな
航空攻撃のみで沈められるとは思っていなかったのだろう
314.名無しさん:2020年11月22日 03:38 ID:xseOMB1G0▼このコメントに返信
大和武蔵を作れなかった国の人は何とかして辱めたいと思うわなw
315.名無しさん:2020年11月22日 07:25 ID:bQLlSM3S0▼このコメントに返信
>>301
損傷はあたえたけど、沈めてないぞ。
推進系への損傷だから重大な損傷ではあるが、沈没させるにはまだ程遠いダメージ。
316.名無しさん:2020年11月22日 08:05 ID:qvp.vfN60▼このコメントに返信
>>219

これからは空母の時代ってジェット化し大型化した空母じゃかすか作れたのはアメリカ位。

あんなコストのかかるものを維持し続ける国力が恐ろしい。
317.名無しさん:2020年11月22日 08:10 ID:qvp.vfN60▼このコメントに返信
>>232
割と馬鹿にされるなろう小説でユンボ導入して歴史改変する奴があったが、後軽トラでもあればずっと善戦出来た気はする
318.名無しさん:2020年11月22日 08:23 ID:qvp.vfN60▼このコメントに返信
海外ネットで自国戦艦の写真貼れと言われて大和の写真貼ればデカイ顔でいられる日本人は幸せだろ。


319.名無しさん:2020年11月22日 08:25 ID:PWr18Dip0▼このコメントに返信
>>278
主砲の命数は威力に反比例するので、それは仕方がない。別に欠点というほどでもない。カネはかかるけど。
320.名無しさん:2020年11月22日 08:26 ID:z.oHAwr40▼このコメントに返信
※317
当時の中国にしろ東南アジアにしろ道路網が無いに等しいから軽トラあっても走らせる場所があんまりない。
321.名無しさん:2020年11月22日 08:29 ID:PWr18Dip0▼このコメントに返信
>>282
米は、元から開放式(サラとレックスは例外)
日英は閉鎖式。

日本空母で革新的なのは、着艦の案内表示と集中運用。
322.名無しさん:2020年11月22日 08:29 ID:pT7LWnEW0▼このコメントに返信
※301>>301
航空機用魚雷は、水上艦・潜水艦用魚雷より、炸薬が少ないから、
戦艦の水中防御破壊できるとは考えられてない。
ソードフィッシュも足止め程度だったし。
323.名無しさん:2020年11月22日 08:32 ID:PWr18Dip0▼このコメントに返信
>>307
この後、ルンガ沖夜戦で米巡洋艦は、ボコボコにやられます。
324.名無しさん:2020年11月22日 08:32 ID:pT7LWnEW0▼このコメントに返信
※321>>321
レキシントン>カタパルト(フライホイール式)と閉鎖式格納庫という、
空母の基本を確立した私を無視するなんて・・・

325.名無しさん:2020年11月22日 08:32 ID:z.oHAwr40▼このコメントに返信
※322
なおアメリカの航空魚雷。
日本のも直径のわりに炸薬量多い感じだけど。
326.名無しさん:2020年11月22日 08:48 ID:pT7LWnEW0▼このコメントに返信
※323>>323
珍しく、日本側の魚雷が命中してる海戦。
この時の戦訓が、ソロモン諸島の各海戦には生かされてなさそうなのが残念。
327.名無しさん:2020年11月22日 08:53 ID:pT7LWnEW0▼このコメントに返信
※325>>325
アメリカは、戦中に強力な火薬に変更したんじゃなかった?
開戦時のヤツは、イギリスと大差なかったはずだが。
日本側も航空魚雷だけで沈めれると考えてなかったし。
マレー沖海戦は、航空隊で東洋艦隊足止め、小沢の水上部隊で止め差す計画だったし。
小沢治三郎の謎の敵前Uターン。
部下の栗田君の脳裏に深く刻まれたのさ。
328.名無しさん:2020年11月22日 09:12 ID:PWr18Dip0▼このコメントに返信
>>326
力まずに戦ったほうがうまく行く例。
・魚雷の信管を標準にセット
・標準的な戦闘距離で
どうも連合艦隊はうまくスマートに勝とうと思うと、いらん工夫して失敗する癖があったようです。
329.名無しさん:2020年11月22日 09:31 ID:PWr18Dip0▼このコメントに返信
>>327
英艦隊は、空母爆撃戦の準備について日米と比較すれば熱心ではなく、手頃な雷撃部隊を用意できなかった。(ソードフィッシュとかね)
で、その航空魚雷の威力は日米とも大差ない。戦争後半にトーペックス爆薬を用いた魚雷が登場して威力が3割程度向上したが、それ以前の魚雷でも威力は十分だった。
真珠湾、マレー沖、南太平洋開戦で米の戦艦空母が手痛くやられている。
330.名無しさん:2020年11月22日 09:36 ID:PWr18Dip0▼このコメントに返信
>>327
小沢中将のマレー沖の帰投は敵を発見できずにいて、なおかつ味方が混乱し同士討ちのリスクが高まったため。
謎でもなんでもない。
日英艦隊は夜、一時的に相当接近しておりどうやらPOWの主砲の射程内にはいったこともあったらしい、と解ったのは戦後の調査で判明した話。
331.名無しさん:2020年11月22日 09:47 ID:4LZwLgg50▼このコメントに返信
チョイチョイ15m測距儀の話出てるけど武蔵のは衝撃に弱い不良品だったとされてるけど大和のは転覆するまで稼働状態を維持してるぞ
332.名無しさん:2020年11月22日 09:57 ID:keSQca1A0▼このコメントに返信
>>329
イギリスの海軍航空部隊の準備が出来てないのは、一度空軍に航空隊の権限取られたからだよ

当然空軍が海軍の為に熱心に準備してやるわけないし、やっと海軍に権限が
戻ったと思ったら翌年はWW2開戦

準備なんてろくに出来なくても仕方ない
333.名無しさん:2020年11月22日 10:25 ID:z.oHAwr40▼このコメントに返信
イギリス航空魚雷→弾頭170kg
日米航空魚雷→弾頭250kg前後
アメ艦載魚雷→弾頭370kgぐらい
酸素魚雷→弾頭490~780kg
334.名無しさん:2020年11月22日 10:29 ID:z.oHAwr40▼このコメントに返信
※327
トーペックスはイギリス生まれだから当然イギリスも使うとる。アメリカ製は正確にはHBXらしい。
まあ日本もトーペックス系には劣るけど通常のTNTより強力な97式爆薬を採用してるよ。
335.名無しさん:2020年11月22日 11:28 ID:DgTzHtGH0▼このコメントに返信
 サボ島沖海戦はよくレーダーの有効性を示すために言及されるが、少し異論がある。
 参加艦艇が、日本側重巡三隻、米側重巡二隻及び軽巡二隻であることを以て互角のように言われていが・・・
 日本側の三隻は「条約前重巡」つまりは事実上の軽巡であり、米側の軽巡洋艦は「条約型軽巡洋艦」いわゆる日本海軍の「最上型軽巡洋艦」への対抗として建造されたものであって、戦力的には重巡なみであった。
 すなわち砲戦力の観点からすれば、日本側は軽巡三隻、米側は重巡四隻の兵力であった。
 もう少し詳しくみると・・・
 日本側の砲戦力は8インチ砲3×6=18門であったのに対し
 米軍側の砲戦力は8インチ砲2×9=18門、6インチ砲2×15=30門
 6インチ砲の弾重は、8インチ砲の弾重の半分を下回るが、門数が多く、発射速度が速いので時間当たりの投射弾量は重巡を上回る。
 まとめると砲戦力に於いて、米側はほぼ二倍の戦力であった。つまりは普通の遭遇戦であっても、米側の勝ちは確定でなければならない。
 この圧倒的に優勢な砲戦力をもって、丁字の体制で待ち伏せに成功し、初弾のラッキーパンチで日本側旗艦の司令部を全滅させながら・・・
「なにやってんの?」って話しなんだな。
 旗艦「青葉」をへろへろにして「古鷹」をボコボコにしたまでは良かったが、「衣笠」に良いように暴れられて、しまいには取り逃がした。
 結局はへろへろの「青葉」にまで逃げられている。もう一度書くが・・・「なにやってんの?」って話しなんだな。
 この海戦のみを見れば、日本海軍相手には『レーダーなんてクソの役にも立たん』という結論だって出せるんだぜ?
 マタパン沖海戦のイタリア軍とはひと味もふた味も違うぜ? イギリスに比して、アメリカが糞ヘボだったとも言えるけどな?
336.名無しさん:2020年11月22日 11:46 ID:ptEI1dvh0▼このコメントに返信
※314
あいつ等、思考の根っこに儒教思想があるから格下の日本が世界最大の戦艦を持ってたのが認められないんだよな。

どーやって話を捻じ曲げたの想像してみたけど、

戦艦は新しいほど大きいに違いないニダ ←間違い(戦車でも同じ事を言ってるけど設計思想による)
これは米英が航空主兵に代わっているのにいつまでも戦艦にこだわった結果ニダ ←間違い(ここの住人ならご存じの通り)
なので大和は日本を馬鹿にする為のねたニダ

と言う事らしい。
あいつ等の中でも無条件愛国主義者は調べもしないで想像でデマをまき散らす上、声だけはデカいから地元のマニアからも嫌われる。
337.(´・ω・`):2020年11月22日 12:04 ID:0ykoyfpY0▼このコメントに返信
>>334
確かHBXとかトーペックスで水中爆発力TNT比160%
97式で120%くらいにはなるかしら
炸薬量がヤバいのでお釣りが来る破壊力になってはいる。
338.名無しさん:2020年11月22日 12:09 ID:pUSk2Pd30▼このコメントに返信
※323 >>323
・集中砲火を受けた高波の火災で、米艦隊を視認できた
・米艦に可燃物の撤去不足や、レーダー読み取りの錯誤があった

魚雷による戦果ですね
大和についてのスレッドなので、砲撃について書いたつもりですが
大和が魚雷管を装備していたなら、私が無知でした
339.名無しさん:2020年11月22日 12:39 ID:3wfrGMqj0▼このコメントに返信
一連の射撃管制やレーダーの論争の流れですが・・・横入失礼

日米の技術差は決定的で日本は早い段階から後手に回っていた
    VS
日米の技術差はそれなりにあるものの、それを扱う技術の習熟度で補うことができて
少なくとも前半は大きな差はになってない

ということかな。自分は後者派ですが。

上で引き合いだされるサボ島海戦はレーダーで主導権握られながらも善戦した方だと思いますし
でも初撃で司令部壊滅のワレアオバは人の技術の限界だと思います。
同時にルンガ海戦はレーダーでうまく補足しながら人の決断の遅さで勝機を捨ててしまった。
ハードウェアよりも人の運用の差でひっくり返せるぐらいの技術差だと思います。
340.名無しさん:2020年11月22日 17:01 ID:wJxIPkuJ0▼このコメントに返信
もう一つ言えば、空母は戦艦に比べれば作りが簡単や。
大雑把に言えば大馬力エンジンに箱を載せるだけで、アメ得意の量産向きや。
戦艦はアメといえど職人仕事が多く、本来量産には向かん。実際工期も長い。
(それでも量産したのはさすがやが)
結果的にアメ得意の土俵で戦ってしまった面もあると思う。
341.名無しさん:2020年11月22日 22:49 ID:y0njre3l0▼このコメントに返信
>>303
横からだが「索敵」と「命中」を混同してないか?
米軍のレーダーが「索敵」で一歩上行ってたのは確かだが、大抵は「レーダーに映った敵影にしこたま砲弾撃ちまくる」が基本戦術だぞ
342.名無しさん:2020年11月22日 22:57 ID:y0njre3l0▼このコメントに返信
>>80
しかも以前に戦艦(ビスマルク)相手にすらボコられてる始末
(まぁ未完成で出撃させられた結果、とは一応擁護しとく)
343.名無しさん:2020年11月22日 23:02 ID:y0njre3l0▼このコメントに返信
>>92
???
ミッドウェーじゃ米軍も空母先行させて、戦艦群(コロラド以下7隻)を後追いさせてますが
何より飛龍にヨークタウンを道連れにされてますし
344.:2020年11月23日 18:28 ID:KsOqT.JO0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
345.(´・ω・`):2020年11月23日 19:44 ID:1M.Bf5dC0▼このコメントに返信
>>340
いやいや。正規空母は格納庫、エレベーターを含む航空艤装を設えるのに手間隙かかるから、排水量あたりの価格で潜水艦、駆逐艦に次ぐお嬢さんなんだぞ。
346.名無しさん:2020年11月25日 01:12 ID:mU6Qhc3h0▼このコメントに返信
大和の何が凄いって、沈没してから何十年経っても連日熱く語られ続けてる事だよ
こんな激アツ戦艦を日本が作った事が神技の領域だろうよ
347.名無しさん:2020年11月25日 08:40 ID:mbKXNf5p0▼このコメントに返信
大和級3隻に使った予算と資源で潜水艦を量産した方が良かったな。地味だけど。
348.名無しさん:2020年11月26日 17:54 ID:c2mf9RPk0▼このコメントに返信
それは今やってる
それでも中国や韓国あたりの悪ふざけを一向に抑止できてないのだから当時のアメリカを抑止出来ていたのかは非常に疑わしいけどな
349.名無しさん:2020年11月30日 22:42 ID:aHSHe3z20▼このコメントに返信
ぶっちゃけあのハリネズミに航空攻撃してこい言われたらお祈りゲーだわ
あの時代の艦爆・雷撃機乗りは頭のネジ飛んでるよ

お名前