2020年02月25日 20:10

第二次大戦の戦闘機でどれが一番なん?

第二次大戦の戦闘機でどれが一番なん?

800px-P-51-361

引用元:第2次大戦の戦闘機でどれが一番なん?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1581868310/

1: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)00:51:50 ID:GfE
ワイはマスタングあたりかなぁって思うけど
4: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)00:52:50 ID:LJb
見た目で飛燕、隼あたり

11: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)00:59:05 ID:qwf
まず何をもって一番よ
皆長所短所あって全てにおいて秀でてる戦闘機は無いけど

12: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)00:59:36 ID:IsL
P-47 P-51 F6F F4U
この4機種が四天王って感じする

13: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)00:59:38 ID:81H
やっぱゼロよ

14: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:00:12 ID:mXQ
乗るならP-47よな生還しやすいし

15: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:00:53 ID:IsL
>>14
航続距離ないから危険なとこまで護衛で付いて行かなくてもええしな

17: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:01:21 ID:9yH
あんま詳しくないがスピットファイアってどんな感じやったんや

18: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:01:36 ID:IsL
>>17
バージョンアップしすぎてわけわかめ

24: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:03:54 ID:KxT
>>17
最初は火力不足、中期は航続力不足、後期は高高度性能不足に泣かされたけど
逐一アップデートして対応できたから名機ではあるわな
途中からほぼ別物になってるけど

27: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:05:03 ID:qwf
>>17
零式の次辺りに格闘戦に強くて上昇はゼロより良
でもマイナスG掛かるとエンジンストップしてしまうのが痛い

19: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:01:54 ID:UdC
ガチで自分が乗るならドイツ機かアメリカ機やな

20: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:02:04 ID:81H
震電すこすこのすこ

31: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:06:27 ID:9a6
ジェット機を抜けばマスタングってそれ一番言われてるから

32: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:07:07 ID:IsL
>>31
F8F「!?」

40: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:08:40 ID:9a6
>>32
陸のマスタング、海のベアキャットでいいんじゃない?(適当)

39: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:08:39 ID:x6s
マスタングは優秀な性能でなおかつ大量に用意できるからな
まさに最強じゃないかもしれんが最良なのは納得

45: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:09:58 ID:LvC
必要な時に必要なスペックを持って量産できる機体 つまりF6Fや

47: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:10:16 ID:x6s
震電とかいうロマンの塊

56: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:13:44 ID:IsL
結局、各国何機種くらい投入したんやろな
アメリカなんか自分でも良く分からんくらい作りまくっとるよな

59: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:15:17 ID:9yH
ロケット戦闘機って沢山あると思ってたけど実際に使われてたやつはほとんど無いんやね

61: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:16:18 ID:KxT
正直言って震電が名機になれた可能性は低いやろな
まともに飛んでないから問題点の洗い出しも出来てなかったレベルやし、他国の同型式の機体は悪性スピンの問題を遂に解決できんかったからな
仮に終戦が少し先延ばしになってても欠陥機って正体が露呈して終わったかもしれん

64: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:17:49 ID:9a6
イギリス→スピットファイヤ、ハリケーン、タイフーン
アメリカ→マスタング、サンダーボルト
ドイツ→フォッケウルフ BF109
イタリア→フォルゴレ
ソ連→yak-3
日本→零戦 隼 

85: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:34:37 ID:KxT
やっぱり米機は強いな、規格品として完品状態やもんな
日本機はどこまでいっても増加試作機みたいな感じがするわ

90: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:37:38 ID:x6s
>>85
共通規格はあの時代チート過ぎるわな

91: 名無しさん@おーぷん 20/02/17(月)01:37:44 ID:IsL
>>85
並行して開発してる機体の数からして違いすぎるしな…

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年02月25日 20:16 ID:tuFPJwGB0▼このコメントに返信
F8Fは間に合わなかったんだっけ
2.名無しさん:2020年02月25日 20:16 ID:62.Ld6Al0▼このコメントに返信
やっぱ震電だろ。
3.名無しさん:2020年02月25日 20:19 ID:4wBsOP4v0▼このコメントに返信
スーパーチャージャー制御機構と水メタノール噴射装置によって最大出力は2,000HPのV-1650-9エンジンを搭載したP-51H型。終戦までに555機投入されている。
4.名無しさん:2020年02月25日 20:22 ID:BOBguEd50▼このコメントに返信
原型は飴のエンジンと知られたい。
だもんで、ネジ一本から規格が向こうと同じなので、あっちじゃレストアして飛ばす奴がいる。
5.名無しさん:2020年02月25日 20:22 ID:7svaHRar0▼このコメントに返信
序盤中盤終盤でそれぞれ変わるだろ
中々の勢いで兵器開発進んでいるんだからさ、あの時に
斜め上ぶっ飛んだ面白兵器も多数生まれた訳だが
6.名無しさん:2020年02月25日 20:23 ID:NLzNhjbO0▼このコメントに返信
史実ではヘルキャットだね
一番活躍中した戦闘機はヘルキャットだよ
妄想で語れば出てくるけど
妄想は史実に勝てない
所詮は妄想だから
7.名無しさん:2020年02月25日 20:25 ID:G6pSOfJo0▼このコメントに返信
隼は好きだけど持ち上げ過ぎ。アニメのせいか?あれ、おれも観てたけどな…。
素直に日本は紫電改か疾風で良いでしょう?
8.古古米:2020年02月25日 20:26 ID:IkJwpP2w0▼このコメントに返信
Bf109も、アップデートを繰り返して初期型と最終型では別物じゃ無いかな。
零戦は、アップデートなどできずにアップアップで終戦を迎えたけど。
9.名無しさん:2020年02月25日 20:28 ID:XT3um3.O0▼このコメントに返信
飛燕 雷電 月光
10.名無しさん:2020年02月25日 20:31 ID:vn.hpZ.h0▼このコメントに返信
んなもん状況によって変わるだろうが
局地戦闘機やら艦上戦闘機やら水上戦闘機やら夜間戦闘機やら
11.名無しさん:2020年02月25日 20:31 ID:7svaHRar0▼このコメントに返信
※8
ゼロ戦は最初が完成形じゃないかな
後でメインになった戦術の高出力エンジンで高火力高装甲による一撃離脱とは真逆行ってるしな
12.名無しさん:2020年02月25日 20:32 ID:5vnWoXAb0▼このコメントに返信
※2
震電作ったの九州飛行機やからなあ、体力ないとこに任せたから結局完成せんかった
ゼンリンがGoogleに切られて自滅したんと同じや
13.名無しさん:2020年02月25日 20:33 ID:yUsm3Zoe0▼このコメントに返信
年次別最優秀戦闘機 (異論は認める)
1941年 零式艦上戦闘機
1942年 メッサーシュミット Bf109
1943年 F4U コルセア
1944年 P51 ムスタング
1945年 F6F ヘルキャット
14.名無しさん:2020年02月25日 20:37 ID:3Ae8uOes0▼このコメントに返信
ムスタングだろう
機械は最新の物が最高性能
性能と魅力は必ずしも一致しないが
15.名無しさん:2020年02月25日 20:39 ID:qp1QqXe50▼このコメントに返信
B29より強い富嶽。
16.名無しさん:2020年02月25日 20:41 ID:15TmMg6H0▼このコメントに返信
元スレでP-47は航続距離がないとか言っているが、でかい胴体でガソリン2000リッターも積んで
ムスタングとどっこいの距離飛ぶんだよね。
17.名無しさん:2020年02月25日 20:41 ID:XCwIZbJr0▼このコメントに返信
どの時点かでも全く異なる。ゼロ戦は序盤戦は無双だし、物量に優れる米国は大戦末期には敵なし。
18.名無しさん:2020年02月25日 20:42 ID:YT8LngNL0▼このコメントに返信
War thunderで、一番使われてる機体が最良の戦闘機だろ。
30mm搭載の四式戦闘機とかが人気らしいね。
モスキートは弱いらしい。
19.名無しさん:2020年02月25日 20:46 ID:874sOIBd0▼このコメントに返信
乗って戦えと言われたら
陸上機ならP-47
艦上機ならF4Uと迷うけどF6Fだな


20.名無しさん:2020年02月25日 20:49 ID:rTvv7OZP0▼このコメントに返信
P36ってP40の前身で空冷エンジンなんだけど米軍機のなかでは珍しく日本機をも圧倒する格闘戦が出来たらしい
21.名無しさん:2020年02月25日 20:49 ID:fiXq6ntm0▼このコメントに返信
※18
モードをリアルスティックやシュミレーターに限らないと何とも言えなくない?
22.名無しさん:2020年02月25日 20:52 ID:jGvQ.QZF0▼このコメントに返信
世界に与えたインパクトだと間違いなく零戦
23.名無しさん:2020年02月25日 20:53 ID:TzEtM5PJ0▼このコメントに返信
>>15
当時の技術力工業力じゃ夢のまた夢だな
24.名無しさん:2020年02月25日 20:53 ID:aoMz8pXX0▼このコメントに返信
タンク152
25.名無しさん:2020年02月25日 20:54 ID:IOKAQRkm0▼このコメントに返信
メッサーシュミット
26.名無しさん:2020年02月25日 20:54 ID:AqidUPYM0▼このコメントに返信
トリープフリューゲル 一番ロマンがある というかロマンしかない
27.名無しさん:2020年02月25日 20:54 ID:URg7FKOt0▼このコメントに返信
※11
一撃離脱は後でメインになった?
日本以外の航空機先進国はWW1の戦訓から高速戦闘機による一撃離脱にシフトしていた。
航空機二流国のアメリカが巴戦に応じてくれたから序盤こそ戦果をあげられたが、もし
開戦時に日本の航空隊とドイツのルフトヴァッフェが対峙していたら日本惨敗で間違いない。
ルフトヴァッフェにも巴戦を好むエースはいたが戦死か撃墜されて捕虜になってる。
28.名無しさん:2020年02月25日 20:54 ID:aoMz8pXX0▼このコメントに返信
>>17
F4Fにキルレシオで負けてたよね
29.名無しさん:2020年02月25日 20:55 ID:QFVqGG.U0▼このコメントに返信
ワイはFw190推しや

速い・硬い・高火力
生産しやすい・着陸しやすい・人間工学に基づいたレイアウト
空戦してよし・対地攻撃してよし・発展余裕大

飛行機としてだけでなく、兵器、商品として最高に美しい
30.名無しさん:2020年02月25日 20:58 ID:P5RgyAJD0▼このコメントに返信
※19

コルセアは帰還してきた時、海が荒れてたりしたら着艦が
たいへんそう。
31.名無しさん:2020年02月25日 20:58 ID:mDqXTfAA0▼このコメントに返信
スピットファイア人気ねぇのかな…
32.名無しさん:2020年02月25日 21:00 ID:xDSeCchX0▼このコメントに返信
F6Fだろうね。
弱点看破されてから戦果上げられなかったとはいえゼロ神話を破り、日本軍空母の航空機の傘を剥がしたからな。

※17
釣り戦法看破されたあとは中国軍機にも対応されちゃってますし。
逆に言うと釣り戦法しかできなかったから、大陸戦線は隼来るまで大苦戦。
海上では大惨敗したけどな。
33.名無しさん:2020年02月25日 21:00 ID:cUJQ6M3L0▼このコメントに返信
>>7
三型どう思う?
34.名無しさん:2020年02月25日 21:01 ID:P5RgyAJD0▼このコメントに返信
※27

最初の一撃で、敵を確実に撃墜するのが理想だけど
相手が一撃目の攻撃を避けた時、素早く離脱するのは至難の業なんだな。
35.名無しさん:2020年02月25日 21:01 ID:UlgeTxAR0▼このコメントに返信
コメントを見る限り
ここに集う人って軍事知識は初心者
〜そこそこって感じがするな
他の軍事スレじゃもっとディープな会話
しとるから。
36.名無しさん:2020年02月25日 21:04 ID:mDqXTfAA0▼このコメントに返信
>>35
お題からして気軽に語る物だろ?
好きなことを好きなように語る。
それで良いじゃない。
37.名無しさん:2020年02月25日 21:06 ID:pQDXmpoY0▼このコメントに返信
火力をとるのか?
航続距離か?
高高度性能か?
格闘性能か?
防御力か?
戦闘機つったって、色々あるわなぁ。
38.名無しさん:2020年02月25日 21:08 ID:yyNWP2Qf0▼このコメントに返信
スピットファイアなんてバトルオブブリテン以外、何の役にも立ってないってボロクソに書かれてた思い出
航続距離が短すぎるのはやはり無理 P38もカッコいいけど、護衛戦闘機としては全然ダメらしい  
P47はパイロットの評価最高だが無駄が多すぎて兵器としてはダメダメ 燃費がエンジン二つのP38と大して変わらん酷さ 
N型に至っては一式陸攻並みの燃料積む羽目に
BF109やFW190はいい機体だな 乗りたくないけどw  
ソ連機?  春先の泥濘飛行場で着陸に失敗してひっくり返る末路しか見えん
39.名無しさん:2020年02月25日 21:08 ID:8f7fONU20▼このコメントに返信
歴史的意義、状況改善能力とかから考えたらスピットじゃないかねぇ
40.名無しさん:2020年02月25日 21:09 ID:u7.nKmcg0▼このコメントに返信
二式複戦!!!1111111(双発万能!!⑪)
41.名無しさんΘ:2020年02月25日 21:11 ID:0hHpZ3640▼このコメントに返信
運用方法により求める物が変わって来るだろうな
ちな、今でも昔ながらのプロペラ戦闘機は作られていて
ずば抜けた性能でも無い

エンブラエル EMB-314
Wikipedia
●ttps://ja.wikipedia.org/wiki/エンブラエル_EMB-314
42.名無しさん:2020年02月25日 21:12 ID:3i68PsV.0▼このコメントに返信
P-47Dだろう?
43.名無しさん:2020年02月25日 21:13 ID:y2yMVjOj0▼このコメントに返信
コリアンウォーまで現役のコルセアじゃね?
44.名無しさん:2020年02月25日 21:14 ID:kN9GtPLm0▼このコメントに返信
※38
基本的に双発のほうが距離飛べることが多いぞ
大型になるから燃料積めるし
45.名無しさん:2020年02月25日 21:14 ID:re5PcpQa0▼このコメントに返信
>>38
日本機にはケチつけないの?
46.名無しさん:2020年02月25日 21:14 ID:mDqXTfAA0▼このコメントに返信
>>41
ゲリラやギャング相手ならちょうどいい。
47.名無しさんΘ:2020年02月25日 21:15 ID:0hHpZ3640▼このコメントに返信
※41
それでは?優れた運用とはなんだろうか?という謎
不利な状況で粘ってるのが参考に成ると思うが詳しい人いるか?
東南アジアでは隼は最後まで互角に粘っていた
戦争前に購入したドイツ、フランスの戦闘機でスイスはかなり粘った
48.名無しさん:2020年02月25日 21:15 ID:smSvIX.o0▼このコメントに返信
四式戦闘機
49.名無しさん:2020年02月25日 21:18 ID:YbjGN0AQ0▼このコメントに返信
イギリスのSeafire Mk XVII ドイツのTa 152 H-1 ソ連のYak-3U イタリアのRe.2005 serie 0 好きなの選んでいいぞ
50.名無しさん:2020年02月25日 21:23 ID:yyNWP2Qf0▼このコメントに返信
あらゆる意味でP51が最強 優等生過ぎてちっとも愛せないがw
量産機でもっとも高速、燃費もよく航続距離も一番長い 運動性も良い機銃は当たる視界も良い
操作性も素直
51.名無しさん:2020年02月25日 21:24 ID:kgT3In100▼このコメントに返信
メッサーシュミットMe262「シュヴァルベ」が好き
ちゃんと飛んでるときは最強かも
スロットルいじるとエンジン止まるし
離陸着陸の時は、ぼろぼろ落とされたけど
ヒットラーさんの横やりがなければねえ

52.名無しさん:2020年02月25日 21:25 ID:pQIcF2Gq0▼このコメントに返信
P51ただしマーリンエンジン
53.名無しさん:2020年02月25日 21:25 ID:qjrDk55s0▼このコメントに返信
当時のパイロットは頑丈で操縦簡単、離着陸すっげえ楽ちんなF6Fを押してる。
54.名無しさん:2020年02月25日 21:29 ID:yCatWchE0▼このコメントに返信
>>50
P51は後部燃料タンクにガソリン入れてる時の運動性は最悪よ。
55.名無しさん:2020年02月25日 21:29 ID:eyRk.awP0▼このコメントに返信
五式戦1型乙がええな。
56.名無しさん:2020年02月25日 21:32 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
日本が開戦時、零戦を部隊配備出来たのはわずかに100機程度、
そのうち実戦参加出来たのは南雲機動部隊に配備された78機しかない

なぜこれ程少数になってしまったのか
それは零戦の生産工場が完成したのは開戦のわずか半年前、
さらにせっかく完成した零戦を二式水戦、零式水偵、零式水観、零式小型水偵へと
改造してしまって、残ったのがわずかに100機程度だったという
さらに完成した機体を牛車で一週間かけて飛行場まで運んで往復していたから、
牛車が帰って来るまで次の機体を製造できなかった

また、戦闘機の強さはクルクル格闘戦のみで決まる物であり、
零戦は最強だった21型からどんどん改悪されクルクル回れなくなっていった
最強の零戦は21型を急降下出来るようにし、防弾性能を持たせ、7.7ミリ機銃を12.7ミリにした機体である



ソースはエンアカーシャ
57.名無しさん:2020年02月25日 21:33 ID:yCatWchE0▼このコメントに返信
完成してないけど紫電改五か。
完成した奴だと彗星夜戦。微妙にキルレ高い。
58.名無しさん:2020年02月25日 21:34 ID:PQE8MCqZ0▼このコメントに返信
グリフォンエンジン搭載のスピットファイアMk24
59.名無しさん:2020年02月25日 21:38 ID:cUJQ6M3L0▼このコメントに返信
フューリーは駄目か。
60.名無しさん:2020年02月25日 21:42 ID:HhsPEucd0▼このコメントに返信
Re.2005のお姿がとても美しくてすこ
61.名無しさん:2020年02月25日 21:43 ID:0Opiw7Kk0▼このコメントに返信
ここの人たちって、楽しみを知ってって、見ていて楽しい。
62.名無しさん:2020年02月25日 21:43 ID:yUsm3Zoe0▼このコメントに返信
※35
>>35
ここは軍事だけでなく、政治・経済からイノシシ・ヒグマ・ゾンビまで扱うごった煮サイト
63.名無しさん:2020年02月25日 21:46 ID:seMmHCg30▼このコメントに返信
アメリカ→マスタング
ドイツ→911
日本→AE86
て感じ
64.名無しさん:2020年02月25日 21:47 ID:09M.eRNW0▼このコメントに返信
※56
そうなんだよ。飛行機は振動に弱いからトラックや馬車じゃなくて牛車。
いや工場の前に滑走路作れよ。当時だったら立退きさせることも可能だろ。

しかし偉いさんは現場のそういう状況を知らず、現場もそれを挙げず、
結局、終戦まで改善されることは無かった。今の日本の官公庁企業も同じ
偉いさんはホワイトボードに線引いて計画(というドンブリ勘定)とか
根回しに夢中で、具体的な問題の解決は自分の仕事と思ってない。
大組織こそトップが号令掛けないと動かないんだが・・・
65.名無しさん:2020年02月25日 21:48 ID:ZYjZskeN0▼このコメントに返信
無知ばっかで笑いました
66.名無しさん:2020年02月25日 21:57 ID:2dKHlr.d0▼このコメントに返信
>>9
エンジンが…
着陸の難しさが…
対戦闘機戦が…
67.名無しさん:2020年02月25日 21:59 ID:2dKHlr.d0▼このコメントに返信
>>16
P-47のH型は硫黄島から本土まで来てたらしいな
68.名無しさん:2020年02月25日 22:00 ID:2dKHlr.d0▼このコメントに返信
>>28
米軍発表やから実際はトントンっぽい
69.名無しさん:2020年02月25日 22:01 ID:2dKHlr.d0▼このコメントに返信
>>29
高高度性能…
70.名無しさん:2020年02月25日 22:02 ID:z2eXt8XJ0▼このコメントに返信
※16
P-47は、一番いて欲しい時に増槽がなくて活躍できなかった機体
71.名無しさん:2020年02月25日 22:02 ID:2dKHlr.d0▼このコメントに返信
>>67
N型だったスマン…
72.名無しさん:2020年02月25日 22:03 ID:hdleo7LY0▼このコメントに返信
回転式4連装機銃座付きのディファイアントじゃね?
73.名無しさん:2020年02月25日 22:04 ID:Xd2fhMw60▼このコメントに返信
そらそうやろう自動車生産ラインを改造して戦闘機作ったんだから、まあその生産ラインは今や日本のほうが優秀だけどな
74.名無しさん:2020年02月25日 22:04 ID:jzYB5CZm0▼このコメントに返信
紫電改、一択。
75.名無しさん:2020年02月25日 22:04 ID:2dKHlr.d0▼このコメントに返信
>>56
んでお前さんはそんなデタラメ信じてんの?
76.名無しさん:2020年02月25日 22:06 ID:2dKHlr.d0▼このコメントに返信
>>72
バトル・オブ・ブリテンwww
77.名無しさん:2020年02月25日 22:07 ID:hdleo7LY0▼このコメントに返信
スカイレーダー
78.名無しさん:2020年02月25日 22:08 ID:mBgQ16w.0▼このコメントに返信
震電はB29迎撃特化の直線番長戦闘機だからあれはあれでいいんだよ。
メッサージェット戦闘機より戦闘時間長かっただろうし。
胴体にいっぱい燃料積んでヨタヨタ飛んできたムスタングより速かっただろう。
79.名無しさん:2020年02月25日 22:09 ID:G6pSOfJo0▼このコメントに返信
>>33
一式戦三型という事?正直、大好物ですねw
ホ五×2だけで武装足りるのかなー?とか思いますけど、限界まで強化した感じはロマンだと思います。
80.名無しさん:2020年02月25日 22:12 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
※75
本当にそう思う?
81.名無しさん:2020年02月25日 22:14 ID:DlPa.egf0▼このコメントに返信
Ta152 Fw190D9 me262 Do335 辺りかな
82.名無しさん:2020年02月25日 22:16 ID:z2eXt8XJ0▼このコメントに返信
※56
南雲機動部隊でゼロ戦が120機、台湾の地上部隊でゼロ戦が100機ほどいるんですけど

83.名無しさん:2020年02月25日 22:18 ID:gEHxWTdT0▼このコメントに返信
>>74
初陣でキルレシオがトントン
84.名無しさん:2020年02月25日 22:27 ID:qjrDk55s0▼このコメントに返信
1941年でマスタング無いけどどうすんだよ
85.名無しさん:2020年02月25日 22:27 ID:rIKj5ZjH0▼このコメントに返信
キルレシオばっかいってる人は日米両方の資料を見比べてみろ
アメリカの本でよく笑い種として書かれてる通り米軍発表のキルレシオが本当だったら航空機生産能力が日本の方が上になっちまうんだぞwww
86.名無しさん:2020年02月25日 22:27 ID:.YeNx38n0▼このコメントに返信
Ta152 Fw190D9は優秀と思うが
両者の違いを言えって言われると無理w
87.名無しさん:2020年02月25日 22:29 ID:MxFd2q4y0▼このコメントに返信
そんなもん戦場と用途次第だろ・・・
88.名無しさん:2020年02月25日 22:33 ID:R62mxwtI0▼このコメントに返信
最強はムスタング
最高はスピットファイア
最良はヘルキャット
89.名無しさん:2020年02月25日 22:35 ID:s3h9K6ZJ0▼このコメントに返信
※49
Ta-152Hは対B-29用の迎撃機だから高高度では高速重武装で強いかもしれんが、中低高度だと特に速くもないしロールが苦手だから弱い。
普通の戦闘機であるC型がドイツの単発レシプロ戦闘機最強。
90.名無しさん:2020年02月25日 22:35 ID:z2eXt8XJ0▼このコメントに返信
※86
Ta152は翼がとても細長い(アスペクト比が大きい)
高空対応とロール率を改善してる
91.名無しさん:2020年02月25日 22:39 ID:QFVqGG.U0▼このコメントに返信
※69
Ta152で改善したから…(震)
92.名無しさん:2020年02月25日 22:40 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
※85
ラバウルには1千機もの零戦が居た事になってるんだっけw

実際には最盛期でも100機程度だったそうだけど
93.名無しさん:2020年02月25日 22:44 ID:8EF.Srl80▼このコメントに返信
>>78
震電の問題はそういう所じゃないんだよ
初飛行時にやたらと左傾して、かつ機首下げの癖があったとかで操縦桿を目一杯右下に引いてやっと直進するような状態だったし、オーバーヒートの兆候もあった
機体表面の処理が境界層を考慮してないから、高速飛行時にエンジンへの吸気抵抗の増大と、ラジエターに風が入らなくてやっぱりオーバーヒートを起こす可能性が高い
形はカッコいいしロマンはあるけど、結局熟成が出来てない
94.名無しさん:2020年02月25日 22:45 ID:rTEKJXez0▼このコメントに返信
>>13
がただしと思う
今戦闘機いっきつくるのに十年以上かかるのに
当時のあの四年をひとくくりは無理
1941年では零戦がno1だと思うけど終戦まじかでは屑だと思う
当時の一年は今の十年以上に値すると思う

95.名無しさん:2020年02月25日 22:49 ID:agz85GPa0▼このコメントに返信
>>69
空冷でハイブースト掛けるにはハイオクが足りん
96.名無しさん:2020年02月25日 22:49 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
※82
エンアカーシャ氏によると、南雲機動部隊に艦爆、艦攻が1次2次攻撃隊で
全機参加してるんだから零戦だけが全機攻撃に参加していないと言うのはおかしい
参加していない40機ほどの戦闘機は参加できない理由があったはずで、航続距離が
足りない96式艦戦だったから参加しなかった、と考えるのが合理的

コメ56に書いたとおりの理由で開戦時100機程度の保有しか出来ていない
保有機全てを実戦に参加されることはありえないことなので、南雲機動部隊以外に
実戦参加機があるはずがない

上記の極めて論理的で合理的な考察から新事実をエンアカーシャ氏は発見したのだ
97.名無しさん:2020年02月25日 22:50 ID:uL8TcfjG0▼このコメントに返信
※6
ヘルキャットは欧州戦線で使われたっけ
98.名無しさん:2020年02月25日 22:51 ID:j00uKUJT0▼このコメントに返信
>>77
間に合ってないだろw
自分はP-80推しだな
99.名無しさん:2020年02月25日 22:51 ID:agz85GPa0▼このコメントに返信
>>30
F6Fはあのズングリ体型のおかげで前がよく見えて着艦も容易らしいね
すごく合理的で優秀な機体だよね
100.名無しさん:2020年02月25日 22:54 ID:8EF.Srl80▼このコメントに返信
誰も推してないけど、序盤の日本機なら鍾馗も良いぞ
上昇力は良いものだ
101.名無しさん:2020年02月25日 22:54 ID:uL8TcfjG0▼このコメントに返信
>>39
あれは飛行機じゃなくバッタ
102.名無しさん:2020年02月25日 22:55 ID:FNLFqFN50▼このコメントに返信
*56 南雲機動部隊の78機しかない、と仰るが第1波攻撃隊が43機、第2波攻撃隊が35機で78機だがここで忘れて欲しくないのは当時は3機で一個小隊としている、43機は3では割り切れない、35機は矢張り3では割り切れない、攻撃隊総隊長の著書では第1波は45機、第2波は36機となっている、それに艦隊の上空直衛機も有る、それと台湾から比島を空襲した部隊も台南空だけで保有が零戦だけで45機有る、この事は如何にお考えかな。
103.名無しさん:2020年02月25日 22:56 ID:z2eXt8XJ0▼このコメントに返信
※96
航続距離もない96艦戦積んでくわけないだろが アホらし
104.名無しさん:2020年02月25日 22:57 ID:z2eXt8XJ0▼このコメントに返信
※97
英軍供給分も含めてちょこっとだけ
何分空母がたいして活躍してないからね
105.名無しさん:2020年02月25日 22:59 ID:bkRE9QMc0▼このコメントに返信
P-51やP-47はジャイロ式照準器だの後方警戒レーダーだの付いてるのがずるいど思いまーす。
106.名無しさん:2020年02月25日 23:01 ID:uAPy7fpE0▼このコメントに返信
※85
日本の戦果の過大報告がよく槍玉に上がるけど、何処の国もやってましたからね。

107.名無しさん:2020年02月25日 23:03 ID:2RWKV.Ae0▼このコメントに返信
グラマン鉄工所製の戦闘機全般
108.名無しさん:2020年02月25日 23:04 ID:uL8TcfjG0▼このコメントに返信
>>56
フィリピンのクラーク基地空襲した陸攻を護衛した台南空の酒井さんは
何と言う戦闘機に乗っていたんでしょう。さぁ答えなさい。
109.名無しさん:2020年02月25日 23:05 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
※102
零戦の生産工場が完成したのは開戦のわずか半年前、
さらにせっかく完成した零戦を二式水戦、零式水偵、零式水観、零式小型水偵へと
改造してしまって、残ったのがわずかに100機程度だったという
さらに完成した機体を牛車で一週間かけて飛行場まで運んで往復していたから、
牛車が帰って来るまで次の機体を製造できなかった

以上の理由から開戦時までに生産できた機体数は100程度だと
エンアカーシャ氏は仰っています
だから、台湾に零戦が居る事はありえないのです
幻覚でも見たのでしょう
110.名無しさん:2020年02月25日 23:06 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
※108
酒井さん?

そんな人知りません
111.名無しさんΘ:2020年02月25日 23:09 ID:0hHpZ3640▼このコメントに返信
※96
エンアカーシャ氏に登場してもらって解説してほしい所だな
開戦直後台湾からフィリピンへの空爆にゼロ戦の直掩はいたし
真珠湾奇襲でも少しは直掩機残すだろう
でも、その話と同じ設定の小説あるんだよな
はっきりと覚えていない???八八艦隊物語か??
最初っから最後まで戦艦主役の小説にする為に
日本も連合国もことごとく航空作戦失敗するんだよな
112.名無しさん:2020年02月25日 23:14 ID:9Vj2w9o80▼このコメントに返信
※ 85
>キルレシオばっかいってる人は日米両方の資料を見比べてみろ

だからここのコメ欄でいわれてるキルレシオは
(零戦VS F4F 、紫電改の初陣の戦果)
戦時中の日米がお互いに報告した過大な戦果じゃなく、戦後に日米双方の資料を突き合わせた実数に近い数字でしょ。

113.名無しさんΘ:2020年02月25日 23:14 ID:0hHpZ3640▼このコメントに返信
※103
ところがところが、そういう設定の小説があって
かなり面白かった
ゼロ戦が足りない分用途を使い分ける
直掩でF4F以外の艦爆、艦攻なら96式で追いつけるw
114.名無しさんΘ:2020年02月25日 23:17 ID:0hHpZ3640▼このコメントに返信
※112
ノルマンディー上陸作戦の連合国の戦死者イギリスは公表していないし
大量死したのは作戦が悪いのではと面目に関わるから
今でもはっきりと分からないだろ?
4400~1万以上?

朝鮮戦争でもF86とミグ15のキルレシオ12対1と随分長い事言っていて
4対1に修正したが、それもあやしい
115.名無しさん:2020年02月25日 23:17 ID:MQXUHhb70▼このコメントに返信
ムスタングかな。ヘルキャットはもう終戦間近だし。
戦闘関係なく加速性能を堪能してみたい機体だね
116.名無しさんΘ:2020年02月25日 23:22 ID:0hHpZ3640▼このコメントに返信
エンアカーシャ氏は変わった事言うが
そこまで極端な事は言ってい無いんじゃないか?
117.名無しさん:2020年02月25日 23:27 ID:mDqXTfAA0▼このコメントに返信
>>96
普通艦隊防空用に残すだろ。
118.名無しさん:2020年02月25日 23:29 ID:874sOIBd0▼このコメントに返信
1941年の10月までの零戦21型の生産分で320ちょっと生産してる
100機前後しか生産してないなんてのはどっからでてきたのやら・・・・・
119.名無しさん:2020年02月25日 23:30 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
※116
言ってますよ
面倒ですから過去の記事のコメント欄探す事まではしませんけど
120.名無しさん:2020年02月25日 23:31 ID:peR5jxSl0▼このコメントに返信
※29 お前さん、分かってるねぇ。神経質で虚弱で高いメッサーなんか目じゃない軍馬の如き剛健さ、しかも低中高度ならスピットより優秀な機動性、各種自動化されてるし規格化で生産工場分散しても作れる。生存性が高くて貴重なパイロットが損耗しない。対空対地両方使えて後半は実質Ju87の代わり(一部旧型Ju87で化け物じみた活躍した奴がいるけど)。空戦ならA8,対地兼用ならG型になってから、D型は高性能なんだろうけどどうなんだろ。同様にTa152も必ず名はあがるが未完成に近かったというのが実情じゃないだろうか。
121.名無しさん:2020年02月25日 23:32 ID:874sOIBd0▼このコメントに返信
※115
ヘルキャットは1943には出てきてる
F8Fベアキャットと勘違いしてないか?
122.名無しさん:2020年02月25日 23:33 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
※118
だから、零式三座水上偵察機、零式水上観測機、零式小型水上偵察機
二式水上戦闘機に改造してしまったんですよ

エンアカーシャ氏の最新の研究の結果、判明した事だから知らないかもしれませんが
123.名無しさん:2020年02月25日 23:34 ID:peR5jxSl0▼このコメントに返信
※7 日本限定なら俺も疾風だとは思うが、エンジンがちゃんと出来てればという前提でかな。あと隼は逆に過小評価されてるけど、日本軍の撃墜の半数は隼による物、って読んだ事がある。P38一機とP51D一機だと難易度はもちろん違うんだけど。
124.名無しさん:2020年02月25日 23:36 ID:O3ijSeKn0▼このコメントに返信
※113
88艦隊物語ですね
私はリメイク版より旧版の方が好みです
作者のデビュー作品でしたっけ?
125.名無しさん:2020年02月25日 23:36 ID:hs23KuOv0▼このコメントに返信
>>1
編成終えた部隊を空母に載せて太平洋を西進中に終戦。
126.名無しさん:2020年02月25日 23:41 ID:mDqXTfAA0▼このコメントに返信
>>122
零式と言う名前がついたら同型機と思う奴いるのか…
採用年が皇紀2600年(1940年)で末番の零を名前に用いただけだろ?
写真で見ただけでも別の機体とわかる。
127.名無しさん:2020年02月25日 23:42 ID:peR5jxSl0▼このコメントに返信
※41 COIN機を戦闘機って言ってる人はじめてみた。ずば抜けた性能って意味が何に対してなのか分からんが、タンデムでほぼ600km出て対空ミサイルまで装備出来て何が不満なんだか。
128.名無しさん:2020年02月25日 23:45 ID:mDqXTfAA0▼このコメントに返信
>>127
資金の少ないアフリカや中南米の国家にはちょうどいい。
ゲリラや民兵相手なら余裕だ。
129.名無しさん:2020年02月25日 23:49 ID:hs23KuOv0▼このコメントに返信
>>29
ソ連のパイロットがFw190を評して「遅い」と言っていたそうだ。
低空での加速が鈍くて与し易かったらしい。
130.名無しさん:2020年02月25日 23:52 ID:hs23KuOv0▼このコメントに返信
>>40
Bf110「呼んだ?」
131.名無しさん:2020年02月25日 23:53 ID:peR5jxSl0▼このコメントに返信
※100 序盤どころか日本軍の一番の傑作に鍾馗を上げる人も一定数いる。垂直尾翼と水平尾翼を離して安定性を取り、大馬力の重戦闘機として完成されていて、あれを越える割り切った重戦闘機は同じ設計者が疾風を作るまではベスト。じゃあ疾風が最良かと言うと、あまりに稼働率が低くて信頼性で鍾馗に軍配が上がるわけだ。不運なのは鍾馗登場直後は戦域が拡大方向で活動出来る中国戦線だとろくな敵がいなくて、やっと活躍出来たのはB29が本土爆撃をするようになってから。
132.名無しさん:2020年02月25日 23:54 ID:o8z2wWCm0▼このコメントに返信
F6Fか雷電
133.名無しさんΘ:2020年02月25日 23:55 ID:0hHpZ3640▼このコメントに返信
※127
それがその場合の運用面でベストって事だろうな
コストかければもっと高性能なのが作れるのはわかる
134.名無しさん:2020年02月25日 23:58 ID:z2eXt8XJ0▼このコメントに返信
※122
零が付いてるという共通点しかない
どうやったら改造できるのやら
アホすぎる
135.名無しさん:2020年02月26日 00:00 ID:S6zgHaNW0▼このコメントに返信
※122
写真見れば一発で完全に別の機体だってわかるだろうに
136.名無しさん:2020年02月26日 00:00 ID:ftQiyJNo0▼このコメントに返信
※130
双発戦闘機って、P-38とモスキート以外は少なくとも昼間だとカモになるだけの存在だけどな
137.名無しさん:2020年02月26日 00:07 ID:H.djKqFH0▼このコメントに返信
>>112
それならば年次毎のキルレシオまで割り出さないと無意味でしょ。
138.名無しさん:2020年02月26日 00:12 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※129 俺も同じ話を聞いたことがあるが、一方で日本で輸入してたA5を疾風やP51Cと比較した時には出足の良さはFW190が一番良かったという結果もある。一方でA5の最高速が70kmもサバを呼んでたり、個体差があったかデチューンがあったか不明。またソ連の空軍って「やられてもやられてもIl2の物量ごり押しで戦闘機はいなかった」ぐらいに思われてるけど、Yak3,7やLa7と言った優秀な戦闘機がいたので、パイロットが育ってきてからは東部戦線もカモじゃなくなってる。
139.名無しさん:2020年02月26日 00:16 ID:H.djKqFH0▼このコメントに返信
>>72
ブラックバーン・ロック「俺は?俺は?俺は?」
140.名無しさん:2020年02月26日 00:18 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※136 ドルニエDo335「俺の前で同じ事いえんの?」 なお実戦には参加すら出来なかった模様
141.名無しさん:2020年02月26日 00:27 ID:.CvepEie0▼このコメントに返信
グリフォン・スピットファイアが一番とか言う人多いみたいだけど、グリフォンエンジンはマーリンと似たような重量で馬力をマーリン初期型の倍出すからただでさえ航続距離短めな欧州機のなかでも結構悲惨なんで、防空戦闘機としてしか活用できない。
おまけにエンジン回転方向が逆まわりでプロペラピッチも逆になってて、普通単発飛行機は上昇時には左へ向く傾向があるんだけど、こいつだけは逆に右へ向く性質を持ってる。どういうことかというと敵の後方の射撃位置に陣取っても、左旋回されたらついていけないってこと。まあ、自分がやられたときは右へ逃げれば逃げやすいんだけど。撃墜されにくいけど撃墜もしにくいという、ね。
142.名無しさん:2020年02月26日 00:32 ID:wqZTZjpW0▼このコメントに返信
※9
男塾かい((´∀`))
143.名無しさん:2020年02月26日 00:41 ID:ycAVIRrw0▼このコメントに返信
猫シリーズ F4F⇒F6F⇒F7F⇒F8F⇒F14

山猫⇒地獄猫⇒虎猫⇒熊猫⇒トム猫
144.名無しさん:2020年02月26日 00:43 ID:S6zgHaNW0▼このコメントに返信
※141
エンジントルクは上昇時だけじゃなくて
離陸滑走中もかかるし、プロペラ機ならどの機体でも(二重反転除く)持ってる特性だし
そんなに大きな話じゃないと思うけどな
グリフォンスピットの時代には一撃離脱主流でジェットが控えてる時だし
145.名無しさん:2020年02月26日 00:48 ID:ijrmmAGF0▼このコメントに返信
夜間戦闘機まで含めて、なおかつロマン重視でいいならHe219ウーフー
146.名無しさん:2020年02月26日 00:52 ID:M3VOSfog0▼このコメントに返信
エースパイロットの人がイギリスの義勇軍からアメリカ軍へ所属が戻るにあたって
スピットファイアから重そうななサンダーボルトに乗り換えることになって最初はブーイングだったけど
何度か戦闘したら最高の戦闘機だって認識を改めたって言ってたな
147.名無しさん:2020年02月26日 00:54 ID:UuQgAbtb0▼このコメントに返信
型も一緒に書かんと。
物によっては別物だし
148.名無しさん:2020年02月26日 00:57 ID:SP6zcG5e0▼このコメントに返信
燃料満載でお互いギリ視認できる距離で1対1でよーいドン
機体は橘花くらい試作品作られたのなら理想通り完成してる前提で燃料の質は当時最高の物
ならMe262選ぶわ。それともF80がいいか?
149.名無しさん:2020年02月26日 00:59 ID:UuQgAbtb0▼このコメントに返信
>F6F

WWIIの話であれば対日本機に特化した機体じゃ欧州ではカモだろうて
150.名無しさん:2020年02月26日 01:04 ID:H.djKqFH0▼このコメントに返信
>>138
運用想定高度の違いによるんじゃないかな。
ソ連空軍の作戦想定高度がだいたい2000mくらいの低空で、この辺りの低空域だとA型の大径エンジン、D型のノーズヘビーとJumoのエンジン特性、各型共通の大径肉厚プロペラのせいで加速が鈍かったらしい。Bf109もG型以降はプロペラでかくなったけど、前面投影面積の小ささとラジエーター配置の適切さによる重量バランスの良さで加速は良かったんだって。
151.名無しさん:2020年02月26日 01:42 ID:OkK9cjpA0▼このコメントに返信
烈風が間に合っていれば…
なんてロマンでしかないな
152.名無しさん:2020年02月26日 01:43 ID:bhXdFzVw0▼このコメントに返信
>>20
圧倒やなくて互角な
んで頑丈さがP-40と変わらんから20mmがある零戦ならともかく7.7mmしかない隼じゃ墜としにくかったらしい
153.名無しさん:2020年02月26日 01:45 ID:bhXdFzVw0▼このコメントに返信
>>43
サッカー戦争忘れないであげて
154.名無しさん:2020年02月26日 01:48 ID:NpmDkp4Q0▼このコメントに返信
※6
キルレシオはコルセアの方が上なんだぜ
155.名無しさん:2020年02月26日 01:49 ID:bhXdFzVw0▼このコメントに返信
>>86
間に合わせがD型でタンク博士が目指した真の高高度型戦闘機がTa152らしい
見た目やと翼の長さとエンジン上の機銃が有るか無いかやね
156.名無しさん:2020年02月26日 01:55 ID:bhXdFzVw0▼このコメントに返信
フィンランドのバッファロー
ソ連のエアラコブラ
戦場が合えばたちまち名機に
157.名無し対戦車道さん:2020年02月26日 02:03 ID:83UqBnox0▼このコメントに返信
※51
あと2年早く投入できてればなあ~
158.名無しさん:2020年02月26日 02:03 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※151 堀越が作ったんなら駄作に違いなかったと俺は思う。そもそも乗せる空母もないのに艦載機にする意味がない(陸上機の方が制限がないので根本的に有利)。雷電も駄作だったし、海軍戦闘機に関しては一発屋(あるいはロートル)に偏重しすぎたのが大きな間違いだった、と結果論ながら思う。例えば陸軍みたいに液冷戦闘機作ろうともしてないよね、アツタあったのにさ。
159.名無しさん:2020年02月26日 02:17 ID:J7rNbOzC0▼このコメントに返信
※158
烈風って途中から局戦型のほうが力が入る有様でなぁ。
あと戦争中盤に今更DB601の千馬力エンジンで戦闘機作ってる余裕なんてないかなぁ。(飛燕は結構実験要素が強い)
160.名無しさん:2020年02月26日 02:19 ID:J7rNbOzC0▼このコメントに返信
※152
最初期除いて隼の武装は12.7のはずだが。(まあp-36との対戦時期的には7.7装備の機体もいただろうけど)
161.名無しさん:2020年02月26日 02:19 ID:08vS.OmK0▼このコメントに返信
1番はコロナウイルス機
162.名無しさん:2020年02月26日 02:26 ID:J7rNbOzC0▼このコメントに返信
※156
バッファローって太平洋戦争になるころには改悪されまくってるからなぁ・・・。
163.名無しさん:2020年02月26日 02:26 ID:QqvHhmZ10▼このコメントに返信
米国機は、部品の不良率が高く一度飛行すると修理が必要と言われている
164.名無しさん:2020年02月26日 02:31 ID:UsZfm7oz0▼このコメントに返信
製造コスト、P-51が5万ドルで、P-47が8万ドル。生きて帰りたいならP47。
165.名無しさん:2020年02月26日 02:33 ID:zPtPLje.0▼このコメントに返信
彩雲「我に追いつくグラマンなし」 ⇐ 最優秀コメント賞
166.名無しさん:2020年02月26日 03:00 ID:i8GCFT9O0▼このコメントに返信
陸軍のが、局地戦用とは言え優秀なの多くね?震電、秋水とか
167.名無しさん:2020年02月26日 03:05 ID:Pc.1cfQT0▼このコメントに返信
P-51だろうけどモデルにもよるんだろうけどP-51なら一応零戦でも撃墜出来てたみたいだしなぁ
F8F当たりになると実戦前に終戦やし
168.名無しさん:2020年02月26日 03:13 ID:zPtPLje.0▼このコメントに返信
大物食い賞:山本司令長官搭乗の一式陸攻を撃墜したP38ライトニング
169.名無しさん:2020年02月26日 03:32 ID:JzODkWUB0▼このコメントに返信
何で外国の戦闘機だてあんなにスピードでるの?
日本なんて疾風とかで624kくらいなのに。
170.名無しさん:2020年02月26日 03:40 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※166 どっちもまともに飛んでない実験段階だからなぁ、そういう試作機やペーパープランまで含めたら判断出来ないわ。それこそキ94Ⅱだの萱場のかつをどり(ラムジェットで15000mで900kmとか)だの中2病全開のが沢山ある。ただ陸軍の方が優秀機が多かったというのは同意、というか陸軍機の方が折りたたみとか防錆とか軽量化とか浮き袋とか制約が少ない。陸軍の方が全体的に非科学的で悪いイメージあるのに不思議ではある。
171.名無しさん:2020年02月26日 03:43 ID:JYnGlO8B0▼このコメントに返信
最終的にはやっぱP51だろなあ途中はいろいろ入れ替わりあれど。ちなみに列強の最新鋭機配備年。()内は個人の感想
36年ーハリケーン、Bf109B、P36、96艦戦、Ms406(ドイツと、案外フランスが先進的。アメリカの出遅れがひどい)
37年ースピットMk1、97式(日本陸軍はしばらく固定脚の97式で戦わなきゃならんというのがきつい・・・)
38年ーF4F(アメリカ、目覚めの一歩手前って感じ?)
39年ースピットMk3、Bf109E、P49、D520(欧州戦線開幕。英独は主力が完熟を始める。仏のドボワチンは悪くないがこれで打ち止め・・)
40年ー零戦、スピットMk5、Bf109F(日本、唐突の覚醒。しかし英独のバージョンアップもすごい)
41年ー鍾馗、P38(アメリカターボチャージャー時代幕開け。ヤバイ。日本陸軍にやっと引き込み脚機が・・)
42年ー隼、スピットMk9、Fw190、Bf109G、F6F、F4U(欧州は700km/h世界に突入。もはや巴戦の時代じゃなくなる。なのに隼・・・)
43年ー紫電改、P51、Fw190D(パッカードマーリン登場。日本は改良の限界かな・・)
44年ーミーティア、Me262、疾風(ジェット時代突入。疾風はいい飛行機だが遅すぎた・・)
45年ーもはや勝負あり・・
172.名無しさん:2020年02月26日 03:48 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※169 米軍が戦後ロカクした疾風にハイオクガソリンと高性能プラグ(どっちも日本では入手不可)を付けただけでテストして
687kmを記録しているから、そこだけ見れば700km前後まで足りなかったのはその2つって事になる。あとは旋回性犠牲にして高翼面荷重にして抵抗減らして、スーパークリティカル翼など低抗力翼を高精度に製造して、ファストバック形状キャノピーで後方視界捨てて、大馬力で前方投影面積が小さい液冷エンジン使ったりターボチャージャー使ったり。もちろんジェットやロケット推進は言うまでもないが。
173.名無しさん:2020年02月26日 03:57 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※171 鍾馗と隼の年式が逆ではないだろうか?もしかしたら型式とか実戦とか勘案してるかも知れないが、隼が1938年初飛行の41年制式、鍾馗が40年初飛行の42年制式。固定脚は当時の速度だとデメリットとメリットが半々だったからなんとも、実際零戦だったかも性能出て無くて脚固定した先祖返りすらやりながら改良してたし。
174.名無しさん:2020年02月26日 04:07 ID:JYnGlO8B0▼このコメントに返信
※173
これであっとるよ。鍾馗はちょっと贔屓して41年の独立飛行隊(試作量産機配備)の年を書いといた。
隼は逆に運用開始は41年なんだけど、部隊配備は42年なのよ。運用開始から半年くらい飛行試験繰り返して部隊配備してないんだ。
175.名無しさん:2020年02月26日 04:16 ID:J7rNbOzC0▼このコメントに返信
※169
まずガソリンの差。ガソリンの性能差はほぼエンジンの性能差に直結する。
また上昇力向上や離着陸性能改善のために大型主翼を採用するのでやっぱり速度は落ちる。
176.名無しさん:2020年02月26日 05:40 ID:mfWi7eY20▼このコメントに返信
>>166
>震電、秋水とか

実験段階で全然活躍してないのに
優秀って何だよ
177.名無しさん:2020年02月26日 06:10 ID:MIeasuHh0▼このコメントに返信
>>68
しかも爆装のカモとかヒヨコの乗った特攻機とかも含めてな。
178.名無しさん:2020年02月26日 06:27 ID:MIeasuHh0▼このコメントに返信
>>126
オイオイ流石に釣りだろ、三座って書いてるぞ。二式も変だろ。
179.名無しさん:2020年02月26日 06:31 ID:MIeasuHh0▼このコメントに返信
>>143
オイオイヘルキャットは猫じゃないぞ「性悪女」だ。グラマン唯一の
猫族じゃない戦闘機。
180.名無しさん:2020年02月26日 06:44 ID:MIeasuHh0▼このコメントに返信
>>88
せめてマスタングと書いてくれ。
181.名無しさん:2020年02月26日 07:49 ID:8ImQbD0P0▼このコメントに返信
>>160
P-36がおった時は隼は初期のⅠ型ばっかや
12.7mm機銃になった時にはP-36はおらん
182.名無しさん:2020年02月26日 07:58 ID:8ImQbD0P0▼このコメントに返信
>>180
ムスタングでも合っとるんやで
183.名無しさん:2020年02月26日 08:00 ID:8ImQbD0P0▼このコメントに返信
>>179
その理屈やとF8Fもパンダになってまうで
猫の名前がついてないんはF5Fスカイロケットだけや
184.名無しさん:2020年02月26日 08:56 ID:Mlhb.9Y10▼このコメントに返信
ムスタングの最終型だろ
見た目からして洗練されててカッコイイ
設計者は南米経由のドイツ移民だけど
185.名無しさん:2020年02月26日 09:13 ID:nyeP3cuv0▼このコメントに返信
一撃離脱が主流になってからは、なんだかんだ言って名機になるにはエンジンと極上のガソリン次第というところだ。
あのマスタングもイギリス製のマーリンエンジンがなかったらあそこまで成功していない。
飛燕だって機体は15Gに耐えるくらい頑丈なんだから、しょぼい1200馬力エンジンじゃなくて最終型の2000馬力純正DBエンジン積んでたらマスタングを蹴散らしていたわ。
186.名無しさん:2020年02月26日 09:18 ID:pQw4VLuk0▼このコメントに返信
ドイツイギリスの戦闘機はゼロ戦の3分の1の航続距離。ゼロ戦は太平洋を主戦場としてるからとは言えドイツイギリスの戦闘機は短すぎる。ドーバー往復にもてこずってるから。後半なんて迎撃機みたいなもんだし。
187.名無しさん:2020年02月26日 09:44 ID:3pYF7DJ80▼このコメントに返信
※175
レギュラー車にハイオク入れても意味ないのと同様にガソリンは要求する値を超えた分は関係ない
誉は要求オクタン価100に対して92+水メタで100相当にしてるから日本側でも本来は問題ない
(肝心の水メタが不調気味だったのが問題なんだが)
実際に日本側データ
離昇出力:2,000HP
公称二速全開:1,620HP (高度6,100m)
に対して米軍試験データ
 Take Off:1,970 HP
 Military Power:1,695HP  (高度6,096m)
という結果になってる。まあ、試験条件とか微妙に違うんだけどね
疾風の高性能は、米軍が日本側の言うオーバーブーストの条件でも計測したことが一因な気がする
誉は一時期、鋳型崩れで定格値出なくなってるとかも関係するのかも?
188.名無しさん:2020年02月26日 10:00 ID:DJR1nN770▼このコメントに返信
Fw190a、Bf109、P-47、P-51、二式戦、五式戦、ゼロ戦21型
メジャーな処だとこの辺かなあ
189.名無しさん:2020年02月26日 10:34 ID:J7rNbOzC0▼このコメントに返信
※186
後半は、じゃなくて最初からコンセプトが迎撃機なんだが・・・
190.名無しさん:2020年02月26日 10:36 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※187 細かい実験の事情は知らないんで、技術的側面からその結果とガソリンの影響を分析するなら、「オクタン価87~92だとハイブーストでノックしちゃうから最大出力は出せてなかったけど、100だとフルスペックの出力は出せた」って事だと思うが。エンジンの要求性能の話しをするなら、ハイオク買えないのにハイオク指定車買ってレギュラー入れて安全のためECUが点火時期遅らせたりブースト下げて性能が出てないのが誉エンジン。

191.名無しさん:2020年02月26日 10:37 ID:J7rNbOzC0▼このコメントに返信
※187
ああちと書き方が悪かったか。
目指せる馬力に関係するんだよ。
あと誉が出力微妙に出ないのは92じゃなくて91(91のほうはちょっと質が悪いらしい)使ってたからじゃないかなぁ。
92は原油がアメリカ産で開戦後には早期に枯渇したそうな
192.名無しさん:2020年02月26日 11:06 ID:3pYF7DJ80▼このコメントに返信
誉はオクタン価100前提で設計されてるのでブースト下げてるわけじゃないよ、元々そういう設計。
パフォーマンス価140前提で設計してたなら、ハイオクにレギュラー入れての例えも成り立つんだろうけど
どっちかといえば「現行のハイオク指定なのに気化性状の悪い加鉛ハイオクしか手に入らなかった」の方が例えとしては近い
日本軍の燃料事情も、一般的な通説とは違って、南方航路が途絶えるまで、開戦後は一貫して好転してる
(100オクタンが供給できるパレンバン第1製油所が無傷で手に入ったという僥倖でだが)
終戦時の疾風装備部隊は軒並みオクタン価95の在庫を十分に抱えてるよ。
今後の補給が絶望的であったにせよ、枯渇してたわけじゃない。
見通しが暗かったので使い惜しみしてたら余ったって感もあるけど
193.名無しさん:2020年02月26日 11:07 ID:R8lyKfYw0▼このコメントに返信
【かいがいのやっぱりやめられない訃報便乗ネタ披露!】
194.名無しさん:2020年02月26日 11:29 ID:P7pdccye0▼このコメントに返信
一撃離脱のME262に敵うものなんてないでしょう、敵より高いところから30ミリ機関砲×4(機首に搭載されている点が更に有利)で銃弾をばら撒きながら突っ込んでそままダイブで逃げる、敵戦闘機は決して追いつけない、戦闘終了。

格闘戦とか乱戦になって被弾率を上げるだけで非効率な戦闘行為だろう、任務が護衛とか直掩ならわかるが。
しかも格闘戦前提なら機体性能より操縦技術の方が重要だろうし。
195.名無しさん:2020年02月26日 11:35 ID:3pYF7DJ80▼このコメントに返信
因みに日本語で情報が入らないだけで、ガソリンの質はどこの国も苦労してた
米軍でも
「加鉛し過ぎで気化性状悪すぎ、100/130を100に妥協する代わりに気化性状改善しよう」
と終戦直前に決断してるが、終戦まで完了しなかったようだ
196.名無しさん:2020年02月26日 11:59 ID:3pYF7DJ80▼このコメントに返信
要するに設計以上の燃料に対応して性能引き上げるためには
設計よりブースト引けるように調整しないといけないということ

そして米軍は寿命が短く消耗品だった点火プラグを交換し、
燃料の着火性に合わせて点火タイミングは調整したが
ブースト圧の引き上げはやってない
197.名無しさん:2020年02月26日 13:15 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※194 迎撃にMe262は使われたが、滞空時間が短いから空中で待機出来ず、爆撃機編隊接近に合わせて上昇しないといけないけど、ターボジェットはターボファンと違って低速加速が劣悪でフレームアウトも頻発したから離陸前後が弱かった。なので連合国は爆撃機に先行して戦闘機を敵地上空に侵入させて離陸前後のMe262を食いまくってる。なのでドイツもMe262の護衛のためにレシプロ戦闘機のFW190D9とかを待機させるとかお互い相手の土俵に立たない工夫をしてる。
198.名無しさん:2020年02月26日 13:30 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※196 ん?米軍が「オーバーブーストで測定した」ってのはブースト上げたという事じゃないの?日本軍のオーバーブーストとやらが何なのか知らないので常識だったらすまんけど。あと点火時期を調整したって言ってるんだから、その余地が日本の燃料にはなかったって事だけでは。備蓄があっても95オクタン燃料で100オクタン基準の設計をしてしまうのはまさしくハイオク車にレギュラーとしか思えないんだけど、水エタノールって一種のスクランブルブースト的な物で常時かけられる訳じゃないでしょ?
  まあ燃料とブーストやら点火時期の話は誉の根本的な欠陥箇所じゃなくて、資源があるなら別に日本でもちょっといじれば出来る設定だったろうから、そうだったと言われたらそうだったのねとしか言いようがない。そういや誉エンジンの整備マニュアルが復刻されてたから、一度読んでみたいもんだ。
199.名無しさん:2020年02月26日 13:34 ID:JYnGlO8B0▼このコメントに返信
ハイオク燃料はエンジンの高圧縮設計、高過給効率に影響するわけだけど、単純に出力以外の副次的問題がね。
高圧縮の可能性はエンジンの発展性を決めるから、高圧縮エンジン作れないとエンジンを高排気量化してどんどん新規開発しないといけない。わかりやすい例がDB601系やマーリンは発展させて馬力をかなり高めれたが、栄は早々に限界が来て誉を作らなきゃならんかったことだな。当然新規開発は色々とたいへん。
過給については高高度性能が影響出てくる。もちろん過給は全体的な馬力アップにもつながるんだが。欧米に比べて過給率が低い栄や誉は最高効率を出せる高度が低く、また、そのバンドも狭い。取れる戦術の幅も狭くなるわな。爆撃機のエンジンも過給で高高度化するわけだからこれへの対応もどんどんしんどくなる。まあ、高高度性能への究極の回答としてジェットが登場するわけだけど。
200.名無しさん:2020年02月26日 13:49 ID:LkxA16Cp0▼このコメントに返信
実機のパイロットがMe163が最強って言ってたからそうなんだろw
201.名無しさん:2020年02月26日 14:11 ID:8FKE.igB0▼このコメントに返信
※172
その機体には今でも鹵獲時(?戦時中)の日本のプラグが付いているそうだよ。
試験後にわざわざ戻すとも思えないんだよね。
202.名無しさん:2020年02月26日 14:35 ID:vtwsKfdO0▼このコメントに返信
個人的に機体の生産数は重要じゃない、パイロットの養成と機体を戦場に配備し効率よく稼働させるかが重要
ドイツ軍は工場から機体の輸送を飛行でなく一度バラして鉄道輸送にした事により
空襲が激化した頃には戦場に届かない機体も多数、その上整備員の負担も高くつく
またMe262などは稼働率の低いエンジンにより交換中に遺棄された機体も多数
機体を大量生産できたアメリカ軍でも太平洋では護衛空母が本格的に配備されるまで戦場では機体不足、
アメリカ、ハワイ、南太平洋を単発機を飛ばしてフェリーはさすがに不可能、
太平洋上での四発機のフェリーでも行方不明になる機体もしばしば
物量のアメリカ軍でさえ輸送船使い分解梱包での機体輸送はさすがに効率はよくない
イギリス軍もアフリカ戦線に機体を運ぶのに苦労して、ハリケーに燃料を増加して積んで揚力を稼ぐために脱着式の翼と機体上付け
飛ばそうと研究したりしていたが米軍からの護衛空母を借りられ中止
肝心の日本軍に至っては稼働率の低さ、例えばラバウルで定数揃えても1/3は飛べない状態と言う時もあった。
惨敗のフィリピンでの稼働率は最悪、その上起死回生の紫電、雷電、疾風最新機でさえ故障が多く戦場で活躍せず放棄捕獲される有様




203.名無しさん:2020年02月26日 14:50 ID:PCw4kiQP0▼このコメントに返信
偶然の産物とはいえ、五式戦はやはりそれなりにいいなぁと思う。
三式譲りの降下耐久性
生産品質に見合ったエンジン
タンクや操縦士に配慮した防弾装備
ツッコミも巴戦も可能な機体
液冷エンジン開発&生産ラインへの実に日本人的な配慮や忖度、人情が無かったら
もっと早く実現していた戦闘機だけに残念。
204.名無しさん:2020年02月26日 17:08 ID:LrN9OaZp0▼このコメントに返信
日本は大日本帝国時代と同じで何も進歩して無いよな。
 
情報の軽視(公文書改竄・統計操作・統計無視)
電子機器の軽視(ソフトウェア脆弱&外国依存)
兵站の軽視(残業!根性!緊縮財政!少子化無策!)
 
もー見てくれだけ気にして口先だけエー事言って、
見栄えの良い所だけ整えるのは止めようや。
政治家や官僚もそーだが、日本人が無能なんやと思うぞ。
205.名無しさん:2020年02月26日 17:18 ID:1FM2UWl30▼このコメントに返信
※201 そうか?テストしたらプラグの焼けとか見るためにチェックしそうなもんだし、テストフライト用だけにプラグ使ったなら、チェック終わったら再利用で使って、いらない純正プラグを栓代わりに戻すってありそうだけどな。ちゃんと動いてるエンジンならプラグだけ交換した理由がむしろ不明で、新品プラグ使ってよりチェックを厳密にしようとしたのか、実はあまり調子が良く無かったか、アメリカが当時から「日本機はプラグが良く無い」と知っていたのか。つうか、米軍と日本軍で同じ規格のプラグ使ってたのかって事がまず驚きではある。プラグに関してはインチネジって聞いた事ないんだけど、米軍でもミリネジ規格だったのだろうか。
206.名無しさん:2020年02月26日 18:08 ID:D4wb3N.J0▼このコメントに返信
>>75
興味ない人はそんなもん。「零式」とつけば全て「零戦」。零式偵察機は零戦のフロートつき!とかね…
207.名無しさん:2020年02月26日 18:35 ID:y.fSvxeM0▼このコメントに返信
>>183
いやいや、ベアキャットはパンダじゃなくてジャコウネコ科の
ピントロングだぞ 、ジャコウネコ科なら猫族じゃないと言うの
なら、まあその通りだが。
208.名無しさん:2020年02月26日 21:24 ID:b.2GoJWq0▼このコメントに返信
マスタンクを語る場合見越し角照準器ややGスーツを装備していた事も大きい
こういうチートレベルのアイテムの存在を忘れてはならない
209.名無しさん:2020年02月26日 21:48 ID:ksQafha10▼このコメントに返信
※138
Fw190の性能にバラツキがあるって話があるけど、おれは水メタノール噴射のせいじゃないかなと思う Fw190のエンジンは誉と同じように水メタノール噴射で2000馬力出たらしいし
210.名無しさん:2020年02月26日 21:52 ID:nyeP3cuv0▼このコメントに返信
1対1でMe 262にかなう戦闘機はなかったろ。
だからWW2ではMe 262が世界一。
211.名無しさん:2020年02月26日 22:46 ID:ePLQWQfo0▼このコメントに返信
P-51とスピットファイア。
個人的に乗るなら、7000m以下ならFw190、タフさならP-47。
212.名無しさん:2020年02月26日 23:07 ID:BFtzhBqQ0▼このコメントに返信
見た目で二式単戦、鍾馗以外有り得ない。異論は知らん!
あのでっかいエンジンに小っちゃい主翼、キャノピーまで
小っちゃくて、まるでレーサーみたいでメッチャかっこええ!
白地に赤く日の丸付けて、リノの空を飛ばせてやりたい。


北朝鮮に実働状態で保管されているって以前聞いたけど、
ほんまやろか?
213.名無しさん:2020年02月26日 23:25 ID:BFtzhBqQ0▼このコメントに返信
※53
結局、こういうのが一番なんやろうな。
214.名無しさん:2020年02月26日 23:35 ID:vtwsKfdO0▼このコメントに返信
※204
一つ抜けてる、一つの物事が一度成功すると成長が止まる。
代表的なのはアイボ、アシモ、世界で最先端行っていたのに今ではアメリカの足元に及ばんレベルに後退
まるで零戦その物、もおロボットで世界最先端を行く事はないでしょう。
あとドローンも業務用無人ヘリは世界トップだった日本、しかし今ではドローンにとって変わり衰退中
負けた相手は中国と言う悲惨さ、
215.名無しさん:2020年02月26日 23:36 ID:BFtzhBqQ0▼このコメントに返信
※56
嘘書いたらあかんで。
零式水偵って、3人乗りのあれやろ。
零式水観は複葉機。
零式小型水偵は、潜水艦に分解して積むヤツやん。
零式って付いてるだけで、まるっきり別物やんか。
216.名無しさん:2020年02月26日 23:43 ID:BFtzhBqQ0▼このコメントに返信
※63
飛行機ちゃうやん。それやったら俺はアルト。ワークスがええわ。
これこそ日本でないと造れん車や。異論は無視。
217.名無しさん:2020年02月27日 00:03 ID:VGYCG.VB0▼このコメントに返信
※203
いや、ものになる金星が出て切るのはあの時期
飛燕よりはやく5式戦がものになることはなかった
218.名無しさん:2020年02月27日 04:48 ID:j2.GaxRr0▼このコメントに返信
※56
A6M2-N 二式水戦は確かに零戦をベースにした物だが、E13A 零式水偵、E14Y零式小型水偵、F1M零式水観は発動機から機体形状から全て違う、これはスケールキットが発売されているから模型屋さんの店頭へ行って見くらべる事を勧める、目の前の箱で比べても良い、発動機だけ比べてもA6M2-Nは栄の940馬力、E13Aは金星の1,000馬力、E14Yは天風の340馬力、F1Mは瑞星の875馬力、決定的な違いはF1Mは複葉機、単葉機を複葉機に改造するなどと言うことはハリケーンに使い捨ての上翼をつけた試作機ぐらいしか思い付かない、
219.名無しさん:2020年02月27日 05:17 ID:j2.GaxRr0▼このコメントに返信
※97
イギリス海軍ががネットとして運用しています、後にアメリカからの申し入れでヘルキャットと改名してます。
イギリス海軍は当初は独自の名を付けて運用していますね、ワイルドキャットはマートレット、アヴェンジャーはターポン、P40にはトマホークとね、特にトマホークは酷い命名ですよ、トマホークと言うのはネイティブ・アメリカンの投げ斧の事で飛んで行ったら帰って来ない、と言う意味だそうで。
220.名無しさん:2020年02月27日 12:14 ID:xVHrhb2Y0▼このコメントに返信
※217
62型でなくとも5xを載せていたとしてもおそらくハ40よりは
馬力・稼働率共にUP、重量もがくんと減ったわけだから1943年半ばには
誕生出来たと思いますし、三式よりは活躍できていたのではないでしょうか。
それに川崎で液冷やってたリソースを他に突っ込むことも出来ました。
221.名無しさん:2020年02月27日 21:50 ID:qPDmjgI00▼このコメントに返信
※214
業務用無人ヘリも、広義ではドローンなんですけどね。
それに中華ドローンなんて基幹部品は全部日本製でしょうが。
大分前にヤマハの産業ヘリがココムかなんかの違反で摘発
されてたでしょ。その意味が解る?兵器に転用できるからだよ。
バッテリーで飛ぶ中華ドローンがミサイルのキャリアーに使える
とはとても思えないけどね。せいぜい数百メートルの範囲での
偵察ぐらいでしょ?使えるのは。
222.名無しさん:2020年03月08日 13:08 ID:IsfXhDsP0▼このコメントに返信
※174
陸軍飛行第64戦隊の隼が昭和16年12月7日にマレーへの上陸船団の上空援護を仏印フーコック島ヅォンド基地から実施している、コレは部隊による実戦参加にならないかな、ソースはこの飛行に参加した空中勤務者(最終階級は准尉)の著書、読んだのは昭和41~42年の事だがその後ソノラマ文庫の1冊になっている。

お名前