2020年02月18日 09:05

新選組が人気っての謎すぎるよな

新選組が人気っての謎すぎるよな

01

引用元:新選組が人気っての謎すぎるよな
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1581857373/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:49:33.725 ID:gzF6hPzP0
警察みたいなもんなのにいろんなところで人気でてわろち

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:50:09.191 ID:QhCwvE7W0
徳川側の侍で悪人ポジションなのにね

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:51:01.834 ID:gzF6hPzP0
>>2
普通に疑わしい程度の奴にも拷問かけてるし商人から金借りまくって返してもいないしな

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:51:40.237 ID:qSeKhoiP0
そもそもクッソ時代遅れだしな
薩長の大砲攻撃に刀で向かっていったのはお笑い

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:54:08.766 ID:Ki9oH+U+0
>>6
誰よりも早く 髷を落として洋装・短銃に切り替えたのは土方だが

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:54:58.183 ID:LaBb5zbd0
かっこいいじゃん。
あの時代、誰よりも『武士』たらんとした浪士集団だし。
何より、あのダンダラ模様のユニフォームがイカす。

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:55:51.397 ID:gzF6hPzP0
>>10
言っとくけどダンダラ模様の羽織は大して着られてなかったし隊内での評判最悪だったんだぞ

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:56:17.899 ID:xeXN02+n0
当時から庶民には人気があったはずだが

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:57:07.716 ID:xWQCL9pv0
サムライが終焉を迎えようとした時代に最後まで忠義を貫きサムライたらんとした破滅の美学

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:57:19.842 ID:qSeKhoiP0
あと仲間殺しすぎなんだよ 
何人切腹したよ
そら廃れるわ

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 21:59:35.849 ID:U2yKYsg5a
刀主体なんはドラマだけで実際は銃とか持ってた

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:08:49.390 ID:4XVY0VrAa
>>24
軍艦も幕府側のほうが揃ってて戦力的には本来勝ってたのに纏まりがなさ過ぎてダメだったとかね

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:00:05.015 ID:meOWdolAa
歴史のロマン

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:00:22.134 ID:I/jR8p3Fa
土方の写真がカッコいいのが最大の理由

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:01:31.395 ID:arUiA4fH0
でもなんかすごい事したんでしょ?

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:02:00.665 ID:gzF6hPzP0
>>31
マジレスすると池田屋事件ぐらいかな

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:12:21.191 ID:gzF6hPzP0
沖田はマジで強かったらしいけど病気だからねしゃーなし

54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:14:43.134 ID:lp1MPNcV0
サムライじゃなどうにもならねぇって時代の象徴だよね

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:14:48.386 ID:JgD0GZxsa
局長クラスで手取り数百万だっけ?
そら女くらい囲うわ

56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:16:54.530 ID:Ki9oH+U+0
>>55
大名クラスになるのだが 安いとは思わんか?

59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:18:21.689 ID:gzF6hPzP0
>>55
近藤勇が手取り50~70万ぐらい

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:19:37.743 ID:JgD0GZxsa
>>59
仕事の割には安いのかもなあ

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:20:31.195 ID:gzF6hPzP0
>>63
まあ元はド田舎で貧乏道場やってるようなところからのスタートだから大出世ではある

61: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:18:57.048 ID:GQV5g22I0
江戸っ子的な観点で見ると新選組はヒーローになるみたいだな

66: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/02/16(日) 22:21:02.703 ID:Ki9oH+U+0
食い詰め浪人が京の治安を乱し
浪士組の出現で民の安堵となったのも事実

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年02月18日 09:09 ID:HFTr2o3I0▼このコメントに返信
対テロ組織。
2.名無しさん:2020年02月18日 09:10 ID:Ui.qivPr0▼このコメントに返信
だいたい司馬遼太郎のせい(極論)。
3.名無しさん:2020年02月18日 09:11 ID:VA8uavNP0▼このコメントに返信
京都の自警団。
4.名無しさん:2020年02月18日 09:12 ID:YItvFNOe0▼このコメントに返信
敗戦濃厚な状況の中でも最期まで大儀を失わず徳川家に忠義を尽くした
およそ現実にはあり得ない事に人は憧れる

現代人が夢のような恋愛ドラマやラブソングに陶酔するのと同じだよ
5.名無しさん:2020年02月18日 09:14 ID:EpPmZle80▼このコメントに返信
幕末京都を舞台にしての切り合いやからな。
芹沢暗殺やら伊藤甲子太郎暗殺やら。
京都を舞台にした陰謀と争い・裏切りの物語なんて、なんとなく格好良えやろ?
6.名無しさん:2020年02月18日 09:16 ID:Izws48E20▼このコメントに返信
名前で得をしてると思うわ
本当かどうか知らないけど衣装も鮮やかだし
7.名無しさん:2020年02月18日 09:17 ID:CIjiIqsw0▼このコメントに返信
ダンダラ羽織りは上物すぎたので
めったに着られるものではなかったとか
8.名無しさん:2020年02月18日 09:17 ID:6fVesc4O0▼このコメントに返信
京都で大分暴れてたけど今の京都の人ってどっち?
新選組に好意的?それとも京都で好き勝手やったチンピラ?って評価?
9.名無しさん:2020年02月18日 09:18 ID:WeOf3iK30▼このコメントに返信
「テロリストにはテロリストをぶつけんだよ!」をやったのが新撰組。
10.名無しさん:2020年02月18日 09:19 ID:JnwpJ.Og0▼このコメントに返信
日本人は敗れ滅び去ったものを好むから。
存在しなくなったものは好き勝手な考察や解釈で
好みのものに作り上げることができるからね。
11.名無しさん:2020年02月18日 09:19 ID:CCYWw81d0▼このコメントに返信
>>8
あいつらが他所モンに好意的なわけがないだろ。
12.名無しさん:2020年02月18日 09:20 ID:DGpnWKSo0▼このコメントに返信
土方の写真が残ってたのはでかいと思う
やはりイケメンは正義なのか…
13.名無しさん:2020年02月18日 09:20 ID:gQ0FXxdD0▼このコメントに返信
坂本龍馬のことといい
歴史上の人物を小馬鹿にして
「真実を知ってる俺って超知的wwwwwww」
みたいにニチャ笑いする遊びが流行ってるの??
14.名無しさん:2020年02月18日 09:21 ID:CIjiIqsw0▼このコメントに返信
※2
司馬で手がければテロリストだろうが何だろうが
英雄になって売れた時代だからしゃーないが
誤ったイメージを定着させた功罪は大きい

※4
死に場所を求めてただけでは?
榎本武揚ももっと有名になっていい
主人公の小説見てると
「はやく立てよ!コイツいつも肝心なときに運ないし船難破してんな」の印象だけど
15.名無しさん:2020年02月18日 09:22 ID:CIjiIqsw0▼このコメントに返信
※13
そういう本が出てるし特集がテレビでやるからだろ
16.名無しさん:2020年02月18日 09:24 ID:1SO.lVKw0▼このコメントに返信
>>11
普通に大事な観光資源でしょ
17.名無しさん:2020年02月18日 09:24 ID:mWP7spFP0▼このコメントに返信
新選組始末記 草刈正雄
18.名無しさん:2020年02月18日 09:24 ID:CinTBnVA0▼このコメントに返信
仲間を粛正さえしてなければ好きになれるんだが、連合赤軍的な身内内での内ゲバ的な粛正思想は如何も好きになれん。」
19.名無しさん:2020年02月18日 09:25 ID:YItvFNOe0▼このコメントに返信
※14
既に武士が武士の儀を捨てていた江戸末期に武士では無い元農民が

武士を夢見て武士の理想系を体現したのが何とも皮肉なのが新撰組だと思うよ
20.名無しさん:2020年02月18日 09:25 ID:qz0BfQy10▼このコメントに返信
本当に人気だよな
反体制側の人間の癖に新選組名乗っちゃう組織があるくらいに
おっと、あいつはただの馬鹿か
21.名無しさん:2020年02月18日 09:27 ID:jzFakHG70▼このコメントに返信
大きな野望を持って尖鋭化していくとそうなるよね
浪漫枠なんだろうが、日本赤軍に感覚的には近い
22.名無しさん:2020年02月18日 09:28 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
>まあ元はド田舎で貧乏道場やってるようなところからのスタートだから大出世ではある

いや、近藤勇の道場は規模はでかいよ?近藤の代で模範試合みたいのを頻繁にやっている。ちなみに近藤勇の次の代で門人が三千人ほどいるくらい…というか大半の剣術の流派が廃れて残っていない、名前だけでほぼ別物なのに対して現在でも道場開いている、というのはそれ相応に大きな流派であったからなんだけどね。

後、近藤が道場主のころはあたりの地主などが支援(地方の道場は治安維持の役割もあるので)もしてくれているので財政的には無茶苦茶余裕がある。ちなみに新選組時代でも多少なり支援もしてくれた。
23.名無しさん:2020年02月18日 09:30 ID:1SO.lVKw0▼このコメントに返信
>>21
保守だからどちらかと言うと魔女狩りとかKKKだと思うが
24.名無しさん:2020年02月18日 09:31 ID:EgK9ZRVS0▼このコメントに返信
>>2
ケッキョク、ニホンノレキシハ、シバリョウタロウガツクルンダヨネ
25.名無しさん:2020年02月18日 09:31 ID:u0evRGpP0▼このコメントに返信
所詮みぶろ(壬生浪)でおす
26.名無しさん:2020年02月18日 09:31 ID:Izws48E20▼このコメントに返信
バカにしちゃいないよ
27.名無しさん:2020年02月18日 09:33 ID:02dvHuPO0▼このコメントに返信
新撰組で萌えてた当時の腐女子のおばあさまの手記とか残ってなかったっけ
28.名無しさん:2020年02月18日 09:34 ID:KmkOtSzx0▼このコメントに返信
※8
壬生狼(みぶろ)と言われ嫌われてたと聞いてるけど?
京都民の性質から言って多摩や水戸出身なんて田舎侍の集まり程度の認識だろう。
29.名無しさん:2020年02月18日 09:35 ID:vnQA.ENb0▼このコメントに返信
新撰組における組織作りは凄いと思う。
ただ純度を上げようと無理を重ねて連合赤軍のようになってしまった。

30.名無しさん:2020年02月18日 09:35 ID:AntK5ULa0▼このコメントに返信
※7
むしろ安っぽく見えてコスプレみたいで恥ずかしいって事で着られなかったはず
31.名無しさん:2020年02月18日 09:35 ID:4P6SmySh0▼このコメントに返信
腕っぷしだけの野良がワサワサ集まった集団だし、自警団という立場もあるから規律を乱す奴は見せしめで腹切りさせる必要もあったんだろうけどさ・・・
元々が生まれの良くない人達だし、負けたら終わりなのは当人がよく分かってただろうから先が破滅なのは知ってても進むしかなかった模様。
32.名無しさん:2020年02月18日 09:37 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※22
それらを割と安泰な地位を捨てて近藤や土方らは確かに何も残せなかったが最後の最後まで幕府のため、自分の意地のため、新選組のため戦い抜いて散っていった…というのは十二分にえになるとおもうけどね。
33.名無しさん:2020年02月18日 09:39 ID:teqCcARd0▼このコメントに返信
沖田総司美男子説が新撰組の人気の根幹だろう。実際はそんなに美男子ではなかったらしいけど。それと土方歳三は写真が残っているけど、この人は今なら確かにイケメンの部類に入るかな?
34.名無しさん:2020年02月18日 09:39 ID:pmPianc.0▼このコメントに返信
芹沢鴨や近藤勇の所業を知ってから、ただのチンピラ集団なんだと理解を改めたわ
美化されるのは当時恐喝や暴行された人達が可哀想だと思う
35.名無しさん:2020年02月18日 09:41 ID:65idqzly0▼このコメントに返信
境遇と結末からの判官びいき
36.名無しさん:2020年02月18日 09:45 ID:sFBETwG80▼このコメントに返信
普通に考えてww2前の日本なんか世界でトップクラスの国力を有する列強やったんやからよっぽどの事がない限り滅ばんぞ

例えばソ連、英国、仏国、米国、中国なんかを一度に敵に回す、なんてしない限り
37.名無しさん:2020年02月18日 09:45 ID:YItvFNOe0▼このコメントに返信
ほぼ負けが確定した時点で逃げても良かったはずなのにね
てか普通は平服に着替えて名前を変え身を隠すのに武士の理想にこだわる余り最期まで行っちゃった喜劇とも言える
38.名無しさん:2020年02月18日 09:46 ID:gNlG0Mgx0▼このコメントに返信
新選組って幕府の犬だろ
39.名無しさん:2020年02月18日 09:48 ID:1SO.lVKw0▼このコメントに返信
※32
近藤と土方は大名になって新撰組を配下に置いてしまったから反発されて永倉と原田達は袂を別かってしまったんやけどね
40.名無しさん:2020年02月18日 09:48 ID:ebt.reQY0▼このコメントに返信
京都民も固定客向けのビジネスとして持ち上げてるだけやろw
41.名無しさん:2020年02月18日 09:49 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※8
今はともかく、昔は散々嫌われていた。

対テロ用の治安維持部隊なので調査方法が相当荒っぽいのに加えて、強盗というか恐喝まがいの金借り(もっとも結構な額が上役の会津藩に流れているが)もやっているので無茶苦茶嫌われていた。

ただし、新選組のことを好き嫌い敵味方関係なく「役人がビビって対処しないことでもまじめに率先してやってくれている」と仕事ぶりは評価している。
42.名無しさん:2020年02月18日 09:49 ID:8Tk6dya80▼このコメントに返信
脚本家から見たらすげー美味しい素材だから
色んな人が色んな話を書いて、それで盛り上がるんだろ
43.名無しさん:2020年02月18日 09:50 ID:fmtymB.T0▼このコメントに返信
半ぐれ
44.名無しさん:2020年02月18日 09:51 ID:IM2COJn80▼このコメントに返信
名前がかっこいい。実態は残念組。
45.名無しさん:2020年02月18日 09:52 ID:nnlOx8dY0▼このコメントに返信
芹沢鴨はチンピラだが近藤勇は押し借りした金を会津藩に上納してるからな。公ヤクザである。悪いのは会津。
46.名無しさん:2020年02月18日 09:57 ID:8mstHL1a0▼このコメントに返信
「しんせんぐみ」は発音がしやすかったので人気が出た
「しんかんせん」と同じ (名推理)
47.名無しさん:2020年02月18日 09:57 ID:Q8ZGNgYQ0▼このコメントに返信
ほんと、令和新撰組の人気とはなんだろう?自分は作られた人気とだ思っている。山本代表が行くところ、行くところ、人垣が出来る。演説会場には多くの支援者がいる。それを見てすごい人気だと思う。しかし、実際は同じ支援者が、違う会場へ一緒に着いて行っているだけではないのだろうか?また、募金箱に寄付をする。そしてこれだけ寄付が集まりましたと言っているが、それも、集まったお金を再び支援者に返金し、そのお金をまた違う会場での募金箱にいれて、またこれだけ多くの募金が集まりましたと、パフォーマンスをしているのではないのか?
48.名無しさん:2020年02月18日 09:57 ID:YItvFNOe0▼このコメントに返信
幕府の権威を小馬鹿にする商人気質の関西の上流、天皇のおわす京の民にとって
チンドン屋みたいな格好して幕府に忠義を尽くす事を建前に都で横暴の限りを尽くす新撰組は
ウザかったろうな
49.名無しさん:2020年02月18日 09:58 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※39
大名になってないぞ。というか近藤は士分に取り立ててやるという話を何度も断っているし。
鳥羽・伏見の前後に軍事的編成上しぶしぶなったけど、役職的には見廻組の下部扱い。

なので、新選組時代から続く永倉と原田との対立は思想的(近藤が攘夷から開国派に転向したから)なものじゃないか、という話。
まぁ、もともと身内でやっていたのが規模が大きくなったので古参がへそ曲げた…とも取れるが。
50.名無しさん:2020年02月18日 09:58 ID:hXLA.Ijn0▼このコメントに返信
俺、多摩の人間だから新選組はヒーローw
近藤勇ん家は近所だし、天然理心流の道場もある。
51.名無しさん:2020年02月18日 10:00 ID:8mstHL1a0▼このコメントに返信
※12
>>12
土方歳三の写真は、まんじゅう、そばなどの外箱に、現代も生き続けている
52.名無しさん:2020年02月18日 10:00 ID:xNHiiSlT0▼このコメントに返信
>>11
それ言ったら薩長もよそ者なんだが
53.名無しさん:2020年02月18日 10:01 ID:CIjiIqsw0▼このコメントに返信
※33
荒木飛呂彦ってすごいよな
ルネサンス時代はダ・ビンチに絵を描かれて
幕末には新撰組に所属して函館まで戦って
いまじゃ漫画家になってるんだもんな
54.名無しさん:2020年02月18日 10:02 ID:yFN6yRCA0▼このコメントに返信
倒幕側では埋もれる人材だったかも
鶏口牛後とは言わんけど負け側とはいえ武家の出でもないのに大名まで成ったわけだし
ぶっちゃけ滅びの美学って人気が出やすい
55.名無しさん:2020年02月18日 10:02 ID:.D6M7hKe0▼このコメントに返信
テロリストは攘夷志士。
新撰組は機動武装警察軍の傭兵。
56.名無しさん:2020年02月18日 10:03 ID:CIjiIqsw0▼このコメントに返信
※42
近藤勇「ほげー!」
57.名無しさん:2020年02月18日 10:04 ID:YZjFHewr0▼このコメントに返信
司馬と土方の写真のせいなんだよなぁ…沖田は写真がなくて逆によかった。関東大震災や空襲がなければ、もしかしたらもっと写真とか残ってたのかなぁ…
58.名無しさん:2020年02月18日 10:04 ID:eqUKoCdy0▼このコメントに返信
正しいと思ったことに命を懸けるはドラマになる
59.名無しさん:2020年02月18日 10:05 ID:CIjiIqsw0▼このコメントに返信
※55
当時の要人って暗殺が横行してたのに
腕利きの用心棒も付けずにコロされるか逃げるかしかできないのなんなの?
60.名無しさん:2020年02月18日 10:06 ID:1SO.lVKw0▼このコメントに返信
※49
名席継いで名前だけは大名になってるんだよ
新撰組が最後江戸から離れて甲州に出たのはそれが理由
んで上野の将軍についたのが永倉原田組
61.名無しさん:2020年02月18日 10:08 ID:a4LdsGV10▼このコメントに返信
キャラ立てやすいうえに
生き延びた人もいれば華々しく散った人もいる
フィクションとして作りやす過ぎるんだわな
62.名無しさん:2020年02月18日 10:08 ID:Izws48E20▼このコメントに返信
斎藤一も実際の写真ではまともだったし沖田もきっと
63.名無しさん:2020年02月18日 10:08 ID:GGbeE6Pu0▼このコメントに返信
>>徳川側の侍で悪人ポジションなのにね

なんで徳川が悪なの?
64.名無しさん:2020年02月18日 10:08 ID:l.w4AVee0▼このコメントに返信
今でも警察の特殊部隊とかは人気だし同じだろ
65.名無しさん:2020年02月18日 10:11 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※33
故郷の人間に「いいものだよ」といって送ったのが自分がもらったラブレター(営業用)だったとかいう前に残念がつくイケメンですけどね。

なお、趣味では和歌や俳諧などもやっているが割と残念な出来だった…なのだが死後の新選組人気のおかげでその残念な出来の詩集(黒歴史ノート)が豊玉発句集としてばらまかれていると…やっぱ、死ぬだか異世界転生前のハードディスクの整理は大事だね。

66.名無しさん:2020年02月18日 10:12 ID:o.IF19XL0▼このコメントに返信
新選組が人気出たのは、司馬遼太郎がヒーローとして取り上げてからだよな
それまではいわば「悪役」だから、いまみたいな人気はなかった
67.名無しさん:2020年02月18日 10:12 ID:LhJWojhU0▼このコメントに返信
和風ダダイズムだから日本人受けはするだろうな。
令和新選組の未来を暗示しているw
68.名無しさん:2020年02月18日 10:14 ID:ycE7dGE70▼このコメントに返信
※63
敗者だからdしょ
69.名無しさん:2020年02月18日 10:15 ID:x3ryh5RO0▼このコメントに返信
>>67
同意www
70.名無しさん:2020年02月18日 10:15 ID:EpPmZle80▼このコメントに返信
※8
まあ、本部が置かれてたのは”アレな地域”なんやけどなw
つまり、当時はそういう扱いだったわけや。
71.名無しさん:2020年02月18日 10:15 ID:YItvFNOe0▼このコメントに返信
天皇陛下が薩長側についた(つかされた?)時点でそれまで大儀があった幕府軍が賊軍、薩長が皇軍になった
それでもなお幕府に忠義を尽くしたのが新撰組で、ある意味バカの極みとも言える
72.名無しさん:2020年02月18日 10:16 ID:o.IF19XL0▼このコメントに返信
※63
戦前は幕府は朝廷から政治を奪った側
だから徳川幕府だけでなく足利幕府もそう、一方で楠木正成は国民的英雄
戦後は逆に楠木正成はほとんど語られなくなった。
ただ戦後過ぎても昭和半ばまでは戦前教育受けた人が社会の中核だから、そういう雰囲気は残ってたと思うよ
国民的ヒーローだった鞍馬天狗で、必ずヒールとして出てくるのは新選組
73.名無しさん:2020年02月18日 10:17 ID:0iWslPAA0▼このコメントに返信
幕末という時代の流れをきれいに追えるってのはあるな
物語としても函館の土方ですっきり終われるのもポイント高い
74.名無しさん:2020年02月18日 10:18 ID:o.IF19XL0▼このコメントに返信
※71

司馬遼太郎は左右どちらの側だろうが、そういう馬鹿が好きだったんだよな
石田三成の取り上げ方もそう
75.名無しさん:2020年02月18日 10:18 ID:hXLA.Ijn0▼このコメントに返信
おもしろき夜着の列や今朝の雪
菜の花のすたれに登る朝日かな
水の北山の南や春の月
横に行き足跡はなし朝の雪
人の世のものとは見へぬ桜の花
我年も花に咲れて尚古し
年々に折られて梅のすかた哉
朧ともいはて春立つ年の内
春の草五色までは覚えけり
岡に居て呑むのも今日の花見哉
梅の花一輪咲てもうめはうめ
山門を見こして見ゆる春の月
大切な雪は解けけり松の庭
二三輪はつ花たけはとりはやす
玉川に鮎つり来るやひかんかな
うくひすやはたきの音もつひやめる
武蔵野やつよふ出て来る花見酒

豊玉さんの俳句w
76.名無しさん:2020年02月18日 10:20 ID:X.ntSMP40▼このコメントに返信
帝国海軍第三四三海軍航空隊戦闘第三〇一飛行隊>オレッチ人気者。
宮様からの任命だしな。
77.名無しさん:2020年02月18日 10:22 ID:X.ntSMP40▼このコメントに返信
菅野直>新撰組隊長は、俺だ!
78.名無しさん:2020年02月18日 10:23 ID:CIjiIqsw0▼このコメントに返信
※72
戦前・戦中は最後まで天皇のために戦った忠臣としての側面ばかりが語られ
「大楠公を見習って最期までお国のために戦いましょう!」「七生報国」と
尋常小学校で教え込まれたので戦後は忌避されるようになった
戦前・戦中で取り上げられた人は反動で戦後は余りいい扱いにならない
79.名無しさん:2020年02月18日 10:23 ID:YItvFNOe0▼このコメントに返信
※74
ですねぇ
創作度が司馬遼太郎より高いけど池波正太郎の幕末新撰組なんかも同じ方向性のような気がするよ
80.名無しさん:2020年02月18日 10:24 ID:dMM5rsCn0▼このコメントに返信
強けりゃ大体人気だろ。
何もしてないって言うなら、宮本武蔵の方が何もしてねえし。
81.名無しさん:2020年02月18日 10:26 ID:J9OAM.9g0▼このコメントに返信
新撰組の良さがわからんイッチは、本当に日本人なのか
散り際の美学だぞ。桜が好かれるのと同じ
82.名無しさん:2020年02月18日 10:26 ID:CIjiIqsw0▼このコメントに返信
※73
蝦夷共和国としてそっとしておいてくれればいいのに攻めてくる辺り
明治政府が奥州藤原氏の存在を許さない鎌倉みたいにしか見えない
83.名無しさん:2020年02月18日 10:27 ID:ZM2.dCsM0▼このコメントに返信
>>8
洛中の人間だけど好意的やで
京都にとっては幕府も薩長もないし
後そもそも京都の人間なんて応仁の乱以降に他所から入ってきた奴が大半やからよそもんどうのこうのなんて思わん
84.名無しさん:2020年02月18日 10:33 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
私も嫌い。
だいたい寄せ集められた貧乏人が金持ち蹂躙する話って嫌いなのよ。
だからフランス革命も嫌い。
そういうのって、やってる連中自体がバカだから、
結局裏で操ってた金持ちに新世界牛耳られて終わるし。
85.名無しさん:2020年02月18日 10:34 ID:NarLtwAh0▼このコメントに返信
※82
蝦夷共和国って外国の手先になる未来が見え見えだったんだけど?
総裁の榎本武揚からして凄まじい西洋かぶれだったし
86.名無しさん:2020年02月18日 10:34 ID:uU48tGRJ0▼このコメントに返信
各隊長のキャラが立ってるのもデカいよな
どこまで事実かは知らんが
87.名無しさん:2020年02月18日 10:35 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※81
汗臭く血と泥にまみれて散ってもひとっつも美しく無い。
美しく散っては次の春へと繋がる美しい桜と一緒にすんな。
88.名無しさん:2020年02月18日 10:35 ID:dMM5rsCn0▼このコメントに返信
※84
寄せ集められた貧乏人が金持ちを守る為に命を張る話だぞ
89.名無しさん:2020年02月18日 10:36 ID:NarLtwAh0▼このコメントに返信
※84
新撰組自体が元々不逞浪士の一部でしかなかったからね・・・
幕府としてはあくまでも「毒は毒を以て制す」という感覚で組織させたんだし
90.名無しさん:2020年02月18日 10:37 ID:6UNaT03F0▼このコメントに返信
>>52
薩長の方が人気あったわ
壬生浪は嫌われてた
91.名無しさん:2020年02月18日 10:39 ID:Evc9RT5L0▼このコメントに返信
>ド田舎で貧乏道場
この時点で何も知らんでイメージで語ってるって丸わかりやね
宗家の近藤の親父の寄進記録とか現存しててかなりの金持ちだが
例えば燃えよ剣にしたって貧乏設定なのに地元から大金が送られてくる描写が何度も入ってるとかおかしいと思わんのだろうか
92.名無しさん:2020年02月18日 10:39 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※63
勝てば官軍だもん。
当時の新しい価値観では悪の立場よね(涙)

♪ あれは朝敵征伐せよとの ♪
♪ 錦の御旗じや知らないか ♪
♪ トコトンヤレ、トンヤレナ ♪
93.名無しさん:2020年02月18日 10:39 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※2
そういや、そうだな。
94.名無しさん:2020年02月18日 10:40 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※6
あの隊服はダサい。
95.名無しさん:2020年02月18日 10:40 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※9
それな。
全然入れ込めんわ。
銀魂は別w
96.名無しさん:2020年02月18日 10:42 ID:Evc9RT5L0▼このコメントに返信
司馬のせい司馬のせいって言っとるやつ多いけど
司馬で人気上がったのは土方な
それ以前から鞍馬天狗だの高座の目録などでも新選組は人気あったぞ
敵ながら一本漢気のある近藤勇ってな
根暗腰巾着土方のイメージが変わったのは司馬の功績やけど
97.名無しさん:2020年02月18日 10:43 ID:EpPmZle80▼このコメントに返信
※91
ド田舎は事実やろ。
近藤にしても、養子に入る前は百姓やし。

道場が貧乏だったかは知らんけど。
98.名無しさん:2020年02月18日 10:45 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※10
判官贔屓って理解できんわー。
憧れるなら、やっぱ最後に笑ったやつでしょ。

なので私、三国志に登場する国であれば 魏→呉→蜀 の順で好きよ。
最初に消える蜀とかどうでも良いw
99.名無しさん:2020年02月18日 10:45 ID:4OvnxUEn0▼このコメントに返信
>>20
「山本太郎となかまたち」の方がましだよねぇ
100.名無しさん:2020年02月18日 10:45 ID:dMM5rsCn0▼このコメントに返信
※84
明治維新て、異人に対するアレルギーにどう対処するかのイデオロギーで争ったんであって、別に貧富の差で起きたわけじゃないけどな
庶民は勝手にお上どうしでやってくれって感じだったろうし。
101.名無しさん:2020年02月18日 10:46 ID:NarLtwAh0▼このコメントに返信
※98
魏って三国の中で実質最初に滅びてるんですけど?
102.名無しさん:2020年02月18日 10:46 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※18
所詮、教育のなってない、寄せ集めのテロリスト。
103.名無しさん:2020年02月18日 10:46 ID:Evc9RT5L0▼このコメントに返信
※97
天領がド田舎とか何言ってんだか分からんわ
幕府の江戸近郊の腕が立つ奴目録に土方の名前が入ってるくらいは近場扱いされとるぞ
104.名無しさん:2020年02月18日 10:48 ID:YPbP8EZc0▼このコメントに返信
「BLEACH」も今やワンピースを凌ぐかと言われるくらい大人気の「鬼滅の刃」も
全て新撰組がモデルなんだから大したもんだよ
滅びの美学を踏襲し、滅亡した後に実在した時より、遙かに影響力が大きく金を生み出すって戦艦大和と一緒だな
105.名無しさん:2020年02月18日 10:48 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※19
政治ができないのに、粋がって集まって利用されて始末されたって感じ。
106.名無しさん:2020年02月18日 10:48 ID:hXLA.Ijn0▼このコメントに返信
※84
江戸時代の多摩の農民は金持ち。天領だから税も安い。甲州街道や五日市街道沿いの旧家は豪邸ばかり。
江戸府内まで1日で往復出来るし。新選組の中核は豪農の次男や三男以下の男子。
107.名無しさん:2020年02月18日 10:49 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※20
新しい体制側に立っていると言う意思表示では?
つまり我らの敵w
108.名無しさん:2020年02月18日 10:50 ID:YZS0E8K50▼このコメントに返信
※84
新撰組は貧乏人だけの集まりじゃないし、新撰組が対応した浪士・志士側も別に金持ちの集団というわけじゃないし・・・
109.名無しさん:2020年02月18日 10:50 ID:GGbeE6Pu0▼このコメントに返信
※92
いや当時の価値観は解るんだよ。
なんで客観視できる現代人が今どき「幕府側は悪」とか言ってんだろうと思って。
客観的にみて、どっちが悪とか正義なんてなくない?
110.名無しさん:2020年02月18日 10:51 ID:xS4XJlYj0▼このコメントに返信
国史上最大最強の剣客集団だからな。
そりゃファンも多いだろ。
111.名無しさん:2020年02月18日 10:54 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※27
あった。隣に住んでた娘さん。
BL書いてたのが現代でバラされた。
150年後に黒歴史を暴かれるなんて夢にも思ってなかっただろうね。
なんで焼き捨てなかったんかなw
112.名無しさん:2020年02月18日 10:54 ID:N29Myfzh0▼このコメントに返信
最強の剣客集団

めっちゃ厨二心震わせるやん
113.名無しさん:2020年02月18日 10:54 ID:NarLtwAh0▼このコメントに返信
※110
アホなw
ほとんどがにわか侍だよw
114.名無しさん:2020年02月18日 10:55 ID:Evc9RT5L0▼このコメントに返信
※110
最大言うほど規模ないけどね
軍隊で言うなら最大時でも中隊規模だし
戦時編成でも最大8隊+補給部隊で
隊を10も作れるほどの人数いたことないし
115.名無しさん:2020年02月18日 10:55 ID:ac2mZNir0▼このコメントに返信
密着 新選組24時の影響
116.名無しさん:2020年02月18日 10:56 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※33
要するに蔭間でしょ。
その手の色気があったんじゃ無いの?
117.名無しさん:2020年02月18日 10:56 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※60
いや、大名格どうこうというのそれあくまで「一説」でしかも、その出どころは新選組研究資料では嘘、大げさ、間際らしいことで有名な子母澤寛。

最近の資料などでは近藤が任命されたのは「御勘定組頭格=上位旗本格」なので大出世と言えば大出世だが大名ではない。
118.名無しさん:2020年02月18日 10:56 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※38
使い捨てのね。
119.名無しさん:2020年02月18日 10:57 ID:.D6M7hKe0▼このコメントに返信
京都中を放火しまくり、その隙に御所に乱入して天皇を長州まで拉致しようと計画していたテロリスト集団。それを逮捕殲滅したのが新撰組。
テロリスト長州は逆恨みして禁門の変を起こして、結局京都を焼け野原にしやがったな。
120.名無しさん:2020年02月18日 10:57 ID:YZS0E8K50▼このコメントに返信
※105
政治が出来ない→そもそも政治をするための集団じゃないので、出来なくても問題ない
粋がって集まって→幕府の募集に応じて一旗揚げようと集まっただけ。粋がってないとは言わないけど
利用されて始末された→利用した側(江戸幕府)からは別に始末されてない。普通に戦死か明治政府軍に処刑された
121.名無しさん:2020年02月18日 10:58 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※34
そう思う。
ならず者は嫌いだが、体制を笠に着たならず者はもっと嫌いだ。
122.名無しさん:2020年02月18日 11:02 ID:o.IF19XL0▼このコメントに返信
※117


横だが事実は俺はわからんが
上位旗本は格だけで言えば、数万石大名よりはるかに偉い
123.名無しさん:2020年02月18日 11:02 ID:hXLA.Ijn0▼このコメントに返信
※34
芹沢鴨と近藤勇は全然違う。
124.名無しさん:2020年02月18日 11:03 ID:YZS0E8K50▼このコメントに返信
※111
なぜ焼き捨てなかったかって、衆道が今よりもオープンな時代だからじゃない?
125.名無しさん:2020年02月18日 11:07 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※64
新撰組の人気とは違うんじゃないの?
特定の層からカッコいいなと思われてるだけで、実態も中の人も誰も良く知らないじゃない。
任務で手柄をあげたって、市井に広報が撒かれるわけじゃなし、中の人達だけの話。
業務的にそうじゃなきゃおかしいけどw
126.名無しさん:2020年02月18日 11:07 ID:BLNEQ.850▼このコメントに返信
謎でもなんでもないだろw
127.名無しさん:2020年02月18日 11:09 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※101
ちなみに司馬懿の死前後から、三国間の戦闘ではなく御家騒動やクーデーター、内紛がメインと化す魏と呉に対してそんなの無縁で一番安定していたのが蜀とか言う…。
128.名無しさん:2020年02月18日 11:09 ID:oA7mzqwJ0▼このコメントに返信
まーサムライ(仕官した武士→役所勤めの人)も語感だけでチヤホヤされてるしその程度の話だろ
いいんじゃね
129.名無しさん:2020年02月18日 11:11 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※122
でも、大名でもなければその格でもない、あくまで旗本どまりであると。
130.名無しさん:2020年02月18日 11:11 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※82
同じ国内にそんな危険なもの置けないでしょうw
内戦の危険を常に孕みながら発展なんかできますかいな(笑)
131.名無しさん:2020年02月18日 11:11 ID:swKuymLH0▼このコメントに返信
※119
尊王攘夷(天皇陛下を奉り夷狄を排除する)事を建前にするなら公武合体から大政奉還で終わっていた話だが
薩摩や長州の攘夷浪士にとっての本懐は討幕であったからね
132.名無しさん:2020年02月18日 11:14 ID:ZCt3QiFJ0▼このコメントに返信
自称新選組オタクも出羽郷士清川八郎。芹沢鴨、平間、平山の水戸一派の存在を知らないのは新選組界隈では常識。
133.名無しさん:2020年02月18日 11:15 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※82
反新政府集団の残党の集まりを辺境の地とはいえそこに割拠するのを放置するわけにもいかないし、しかも、その連中が日本最強の艦隊を保持している…のであればなおのこと。
134.名無しさん:2020年02月18日 11:17 ID:YPbP8EZc0▼このコメントに返信
※119
芹沢の時代とはいえ、篝火事件で
宿場町を危うく焼き払いそうになった
新撰組が言えた義理じゃない
だから壬生浪なんて京都民から言われるんだよ
135.名無しさん:2020年02月18日 11:18 ID:zwJqNm0t0▼このコメントに返信
※98
最後に残ったのは呉ですが…
136.名無しさん:2020年02月18日 11:19 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※127
>一番安定していたのが蜀

あの時代に、亡国の元皇帝が生き延びて寿命を全うしたのは凄いことだと思うけど、
やっぱり国としては最初に滅んだんだから蜀は好きになれんですね。
国名を使わなくて良いなら最後をかっさらった司馬師が好きです。
137.名無しさん:2020年02月18日 11:23 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※88
あー。
攻撃される側が金持ちだと認識してたから。
会津なんて、貧乏飯ちゃいますの?
捨ても良い犬に嫌われ役やらせて、金巻き上げさせてたくらいだし。
138.名無しさん:2020年02月18日 11:26 ID:MITIsNTD0▼このコメントに返信
>>132
新撰組オタクで、その顔ぶれ知らない人たちなんているの!?
成り立ちを順番に追っていくだけでも、清川や芹沢は避けて通れないでしょ……

あーでも、京都時代を現代で美化したコンテンツとかだけだと、清川は出てこないかもなぁ
139.名無しさん:2020年02月18日 11:30 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※101
実質とかどうでも良いw
最後に笑ったのは晋だけどそれだと三国のお話じゃなくなるから、
やっぱ晋の土台となった魏が勝ちでしょう!
140.名無しさん:2020年02月18日 11:32 ID:VIm2jeMc0▼このコメントに返信
※135
すんません、139をお読みください。
141.名無しさん:2020年02月18日 11:33 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※77
現在の機動隊の前身である特別警備隊も通称・新選組だったりする
142.名無しさん:2020年02月18日 11:33 ID:wAlJtIra0▼このコメントに返信
新選組が人気なのがダメならじゃあ他に適切な題材があるの?
それを掲げないとしょうもない小姑の重箱の隅つつきにしかならないよ?
143.名無しさん:2020年02月18日 11:34 ID:QENu1UcY0▼このコメントに返信
あれだよ、夕暮れに突如輝き、夜の到来と共に消える明星に人はロマンを感じるだろ
そうゆうものだ。
 西洋にも動乱時に突如現れ消えた集団てあるのかね?
144.名無しさん:2020年02月18日 11:36 ID:YPbP8EZc0▼このコメントに返信
※111
衆道って当時は普通だっただろ
145.名無しさん:2020年02月18日 11:38 ID:F7olGLA40▼このコメントに返信
日本人は”滅びる”モノは大好きだからなぁ。
よくネタで、日本人は”名誉ある敗北”とよく言うが、他の国の人間は”名誉のある敗北ぐらいなら、どんな汚い手、泥まれになって名誉が無くてでも勝利した方がなんぼかマシ”と言うからな。
146.名無しさん:2020年02月18日 11:44 ID:EII.s1cj0▼このコメントに返信
最終的に賊軍で未だに皇族の敵認定されてて明治維新で命を落とした人たちが祀られてる靖国神社に祀られる事を許されてはいないけれど
尽忠報国の義を信じて戦って散っていったって事では先の大戦で散って行った人々に通じるものがあるからじゃないかな
たとえ間違っていても忠義を尽くすの日本人好きだし
忠臣蔵だって言っちゃえば規則破った殿が処分受けたから家臣が根に持って仕返しする話だしなw
147.名無しさん:2020年02月18日 11:45 ID:QENu1UcY0▼このコメントに返信
※145
 まあ、負けてもトップの首取って終わり、他は生かす日本と
負ければ一族郎党どころか住民いやいや民族・異教徒悉くジェノサイドだからな外国って。
 逆にこんな甘ちゃんな民族よお現代まで生き残ってたもんだ。
148.名無しさん:2020年02月18日 11:45 ID:YPbP8EZc0▼このコメントに返信
>>145
アラモやテルモピュレイの戦い
ブレスト・リトフスクの玉砕戦等
後世まで讃えられてるぞ
149.名無しさん:2020年02月18日 11:48 ID:EII.s1cj0▼このコメントに返信
>>8
最初の頃は治安悪化してた京都の治安を良くしたので好意的だったけど、そのうち幕臣達との手柄争いや、会津藩の力を盾にして悪いことし始めたから評判悪くなった
150.名無しさん:2020年02月18日 11:55 ID:T3t0OL.Z0▼このコメントに返信
悲劇的な最期が日本人好みなんだよね
151.名無しさん:2020年02月18日 11:55 ID:MQupWz4E0▼このコメントに返信
単なる人殺し集団だから確かにそうだ
152.名無しさん:2020年02月18日 11:56 ID:O9U.PVqa0▼このコメントに返信
はい、士道不覚悟(グサー)

これ
153.名無しさん:2020年02月18日 11:59 ID:EII.s1cj0▼このコメントに返信
>>22
規模はでかいし門下生が多いのも事実
それは多摩に根差してそこら辺の農民門下生が多かったせい
江戸市中だけで見ると小さい貧乏道場
道場自体だけで見れば経営は本当に貧乏
ただ、その頃は一般の侍より農民の方が金持ちなのは当たり前であり、農民に支持されていた試衛館は農民から多額の支援があり、お金に困ることは無かったって事
模擬試合は言っちゃえば武士では無い農民達を盛り上げるためのパフォーマンスで良くやっていた
154.名無しさん:2020年02月18日 12:02 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※136
>あの時代に、亡国の元皇帝が生き延びて寿命を全うしたのは凄いことだと思うけど、

あの時代”までは”亡国の元皇帝はそれなりに優遇されている。魏も蜀も呉も漢の皇帝も優遇されているし。
問題は五胡十六国時代以降の話で元皇帝の一族は概ね皆殺しになっていく…もっとも八王の乱の段階から皇族または前皇帝の殺害などその前兆はありましたけど。

>やっぱり国としては最初に滅んだんだから蜀は好きになれんですね。
国名を使わなくて良いなら最後をかっさらった司馬師が好きです。

まぁ、それは趣味の問題なので何とも言えませんが。
155.名無しさん:2020年02月18日 12:03 ID:QENu1UcY0▼このコメントに返信
日本人は時代に翻弄され滅び去る話が好き。
1985年~の年末時代劇。忠臣蔵、白虎隊、田原坂で人気不動にしたのに
その後、なんか死なない話になって人気なくなっていったのが悲しい。
新選組や六文銭とかあったろうに・・・。
156.名無しさん:2020年02月18日 12:04 ID:6ybd9Ulm0▼このコメントに返信
新選組は京都以降の評価が個人的には高い。
あと、人気は頭がよければ出るってもんでもない。
157.名無しさん:2020年02月18日 12:11 ID:DQs.jBCu0▼このコメントに返信
伝習隊「解せぬ」
158.名無しさん:2020年02月18日 12:12 ID:dD.dMiDv0▼このコメントに返信
新撰組が駐屯していた西本願寺の古文書が少しずつ翻訳されている。
土方が西本願寺に500両の借金を申し込んだ手紙や、宿舎が暑すぎるので改善してほしいなど懇願した事が判明している。
159.名無しさん:2020年02月18日 12:12 ID:AeFZU.n.0▼このコメントに返信
薩長ってテロリストじゃねぇかwww
後はバンドワゴンのゴミクズ藩が維新の立役者とかISが政権取ったのと何ら変わらんのに笑わせる
160.名無しさん:2020年02月18日 12:12 ID:WUdqkNiX0▼このコメントに返信
※37
会津に世話になっていたのに、会津の決戦ではいの一番に逃げているし(斎藤を除く)、戦況を見る目(負け狗)としては優秀じゃね。
161.名無しさん:2020年02月18日 12:18 ID:Evc9RT5L0▼このコメントに返信
※132
土方の後の最期の新選組局長、主税とかも知らん新選組ファンの方々は多いんでない?
162.名無しさん:2020年02月18日 12:19 ID:or13d69u0▼このコメントに返信
>>82
そっくりロシア帝国に併合される未来しかないのに、存続許されるわけがない。
163.名無しさん:2020年02月18日 12:19 ID:6ybd9Ulm0▼このコメントに返信
負け犬だけなら京都以降は全員逃げるさ。
164.名無しさん:2020年02月18日 12:24 ID:u5ral7dL0▼このコメントに返信
芹沢鴨の通りを塞ぐ相撲取りを叩き斬った
エピソードぐうかっこいい
165.名無しさん:2020年02月18日 12:25 ID:BYyRvGex0▼このコメントに返信
>>9
テロリストにぶつけたのは田舎のヤンキーであってテロリストじゃなかったろ。
166.名無しさん:2020年02月18日 12:27 ID:BYyRvGex0▼このコメントに返信
>>54
旗本にはなったけど大名になったか?
167.名無しさん:2020年02月18日 12:29 ID:EpPmZle80▼このコメントに返信
※127
劉禅有能説・・・って奴か。
無能を装って敵の目を欺き、その実は内政拡充に勤しみ、諸葛亮の上奏に対しては即座に応じた。
北伐頓挫後、再び無能を装いつつ姜維や諸葛誕によって国を固めたが、二度目の北伐に至らなかった。
168.名無しさん:2020年02月18日 12:30 ID:BYyRvGex0▼このコメントに返信
>>74
日本人はそういうバカが一番好きだぞ
権力者の靴舐めてあっちこっち行く人間は軽蔑される(まあこれは江戸時代以降の道徳教育の影響がでかいが)
169.名無しさん:2020年02月18日 12:34 ID:rj28ZveU0▼このコメントに返信
新徴組は誰も触れないのな。
170.名無しさん:2020年02月18日 12:34 ID:or13d69u0▼このコメントに返信
>>122
※122
格は、朝廷からもらう官位か、江戸城無いの控室の位置で決まるんじゃないのか?
旗本が、外様大名より高いのなんて、いるのか?
高家は、旗本じゃないし。
171.名無しさん:2020年02月18日 12:34 ID:BYyRvGex0▼このコメントに返信
>>122
でも大名(封建君主)ではないやん
徳川家直属の軍人なのであって諸侯ではない。
172.名無しさん:2020年02月18日 12:35 ID:pJuZLiFo0▼このコメントに返信
※96
そう。子母澤寛の新選組三部作は戦前から人気が有ったし、司馬遼太郎も池波正太郎も設定を借りたり物語の下敷きにしたりしてる。
173.名無しさん:2020年02月18日 12:36 ID:.XiHJhsC0▼このコメントに返信
>>4
そんなの土方とかぐらいで、近藤は身分偽って逃げ出したし、旧芹沢派だった斉藤と永倉は途中で見切りつけて降伏したがな
174.名無しさん:2020年02月18日 12:37 ID:or13d69u0▼このコメントに返信
>>127
※127
御輿は、馬鹿が一番のいい例だな。
175.名無しさん:2020年02月18日 12:38 ID:Jtim9AvY0▼このコメントに返信
※159
薩長がISなら政権奪取後も
外国に喧嘩売りまくっで日本は滅びていたろうよ。
176.名無しさん:2020年02月18日 12:39 ID:.XiHJhsC0▼このコメントに返信
>>155
風林火山とか真田丸はそこそこ人気になったじゃん
177.名無しさん:2020年02月18日 12:41 ID:wJUNldB80▼このコメントに返信
ワイ永倉派、もっと出番が欲しい
178.名無しさん:2020年02月18日 12:43 ID:6PPeNChM0▼このコメントに返信
滅びの美学、判官贔屓だわな。
そして司馬遼の功績。
沖田の言葉遣いなんかあれ以降ですます調で固定されたからな。
179.名無しさん:2020年02月18日 12:43 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※160
いや、東北諸藩の仲介を蹴っ飛ばし、最終的には巻き込んだ挙句、新政府との闘いを選んだのにいざ戦いが始まると真っ先に逃げだしたのは会津藩。

母成峠の戦いに至っては勝手に戦端を開いて勝手に負けた挙句、踏みとどまって戦っている伝習隊や新選組を見捨て敗走。おかげで伝習隊や新選組も大損害を受ける。しかも、敗走する伝習隊や新選組などを待たずに城にこもったもんだから、補給は補充すら受けられない状態。

あまりにもふがいなさに伝習隊の指揮官でいつも陽気でしかも義理堅い大鳥圭介をもってして「付き合ってられるか!!」とブチ切れさせたほど…。
180.名無しさん:2020年02月18日 12:48 ID:hXLA.Ijn0▼このコメントに返信
※146
高幡不動尊で祭られてる。
181.名無しさん:2020年02月18日 12:53 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※167
有能無用以前に劉禅は君主としては「そうせい候」タイプ=「部下に丸なげする最後の責任だけはきっちり取る」なので。

まぁ、君主としてなら他所がクーデターやら乗っ取りやらやっている中でそういうのが一切ない、どころか最後の段階でも裏切者は出ていないし、降伏後も「劉禅様の対応次第では徹底抗戦してやる!!」とか言う部下が多数いた時点で慕われた君主=立派に職務を全うしていたと思うけどね。

個人的には三国志の時代において結構いる皇帝だか君主の中では上位に入ると思うけど…上がすごすぎて下がだめすぎる…という話もあるけど。
182.名無しさん:2020年02月18日 12:53 ID:Bc9p4rgd0▼このコメントに返信
ひ~と~ご~ろ~しぃ~
183.名無しさん:2020年02月18日 12:54 ID:y6SoWQuV0▼このコメントに返信
いつまで経っても新鮮な感じが
184.コロンブス:2020年02月18日 12:55 ID:.9CDizoF0▼このコメントに返信
日本の歴史がおかしいのは、戦後のGHQのWGIPはあっただろうが
戦前の旧幕府勢力が反日勢力として、連合軍への協力者面して権力中枢にいるのも原因の一つだろうと思う。
私は反日勢力は特亜だと思っているが、必ずしもそれだけではなく日本人の反体制派も結構いたのだろうと考えている。
それがいつの間にか特亜や外国勢力に置き換えられているのだから馬鹿な話だ。
新撰組は少年倶楽部の『鞍馬天狗』では悪役だったのは確か。でも近藤はそれなりに大人物として描かれていた。あれを読んでも新撰組に嫌悪感を持つような感じではなかった。
ジオンのシャアみたいなものだ。

それが戦後は会津の白虎隊が悲劇のヒーローだったり、新撰組がカッコいいという印象操作が行われたりしながら同時に薩長はテロリストなどという工作が行われている一連の流れがあるように思われる。

負けを認めるのも大事なことで、自分たちが負けたから相手を貶めるというのは馬鹿なマウンティングにしか過ぎない。
185.名無しさん:2020年02月18日 12:57 ID:eJFgju4D0▼このコメントに返信
新撰組はティターンズで倒幕側はエウーゴよ
186.名無しさん:2020年02月18日 12:58 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※174
本当のバカはね、神輿の役すら真っ当できないんだよ。
同世代なら曹髦然り、孫亮然り。
187.名無しさん:2020年02月18日 13:00 ID:rj28ZveU0▼このコメントに返信
日本が誇るテロリスト集団。オウム真理教みたいなもんだ。

同様に坂本龍馬も極悪テロリスト。ウサマビンラディンみたいなもんだ。

そんな奴等が幅を聞かせていた幕末って怖いィ~。
188.名無しさん:2020年02月18日 13:03 ID:rFZKpZJm0▼このコメントに返信
※185
それを言うならそのものズバリなニューディサイズVSα任務部隊でそ
189.名無しさん:2020年02月18日 13:05 ID:S6dFa5Kw0▼このコメントに返信
※185
そうだな
エゥーゴのスポンサーに死の商人のAEついていたように、薩摩の後ろには英国が付いてるしな
190.名無しさん:2020年02月18日 13:07 ID:KFfkhDjS0▼このコメントに返信
>>50
俺、府中。土方記念館行ったら休館だった。
191.名無しさん:2020年02月18日 13:09 ID:eJFgju4D0▼このコメントに返信
>>188
あ~それがあったなw
192.名無しさん:2020年02月18日 13:10 ID:0v.1oHeK0▼このコメントに返信
滅びの美学よ
193.名無しさん:2020年02月18日 13:14 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※187
建国の父だか高祖だかと呼ばれる人物や所属組織でそうでないものがあるのか、と。
194.名無しさん:2020年02月18日 13:17 ID:WWtr787n0▼このコメントに返信
土方も最後まで戦った武士みたいになってるけど、それもおかしいわ。
降伏すれば助命や再仕官が約束されてたならまだ分けるけど、近藤が処刑されている以上自分も処刑が確実だろ。
最後まで戦うもなにも死にたくなかっただけだ。
195.名無しさん:2020年02月18日 13:24 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※75
ただ最後に残したとされる句グッとくるものがある

早き瀬に 力足りぬか 下り鮎
196.名無しさん:2020年02月18日 13:24 ID:KFfkhDjS0▼このコメントに返信
>>80
関ヶ原戦った。
197.名無しさん:2020年02月18日 13:26 ID:PRmtNMkh0▼このコメントに返信
幕末のヒーロー、本当のサムライ達だった!
198.名無しさん:2020年02月18日 13:27 ID:KFfkhDjS0▼このコメントに返信
>>85
土方の首を手土産にして政府の要職に就いちゃった人。
199.名無しさん:2020年02月18日 13:28 ID:KFfkhDjS0▼このコメントに返信
もともと尊王攘夷派。
200.名無しさん:2020年02月18日 13:32 ID:05G5jpHU0▼このコメントに返信
むしろ、秀吉人気の方が不思議だよ。最近は、評価が落ちているけど。
201.名無しさん:2020年02月18日 13:40 ID:WWtr787n0▼このコメントに返信
>>200
秀吉はなんだかんだ言っても裸一貫から天下人になったしなあ。
202.名無しさん:2020年02月18日 13:46 ID:Evc9RT5L0▼このコメントに返信
※199
なお風評だけ聞いてた頃だけの模様
現地入りして正しい情報の元で勉強したら攘夷とか無理だコレとあっさり現実を認識して
以降の文や記録からは攘夷思想は全く出てこない
203.名無しさん:2020年02月18日 13:47 ID:.t5GB7YD0▼このコメントに返信
日本の英雄偉人なんてなんで人気があるんだろって人ばっかり定期
204.名無しさん:2020年02月18日 13:49 ID:qMcHko.I0▼このコメントに返信
※181
蜀で政変が起きなかったのは中原の回復という劉備の残した強力な国是があったお陰でしょ
魏呉と違って権力闘争なんてやっている余裕も意味もないし
205.名無しさん:2020年02月18日 13:50 ID:0r6Pxo0I0▼このコメントに返信
※203
ヘタレで卑怯者の宮本武蔵とかそうだよなw
206.名無しさん:2020年02月18日 13:51 ID:QENu1UcY0▼このコメントに返信
沖田は病魔に敗れ、畳の上で死に
近藤は時代に敗れ、刑死
土方は戦って、戦って。最後まであがらい続け、戦場の露と消える・・・(遺体が無いてのがまたいい)
刀で不敗を誇った彼らの三人三用の末路、ドラマチックすぎでんがな。
207.名無しさん:2020年02月18日 13:51 ID:0r6Pxo0I0▼このコメントに返信
※200
秀吉はカリスマ性がなぁ・・・。
戦国武将の中では有能な中間管理職的なイメージだし。
208.名無しさん:2020年02月18日 13:51 ID:WxYLmwci0▼このコメントに返信
ふしぎでもない。
流行りものばっか追いかけている軽薄な竜馬とかが嫌いなら、新選組は嵌るんじゃないかな。
209.名無しさん:2020年02月18日 13:53 ID:WxYLmwci0▼このコメントに返信
※198
偽首なのか?
210.名無しさん:2020年02月18日 13:55 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※204
>蜀で政変が起きなかったのは中原の回復という劉備の残した強力な国是があったお陰でしょ

どういう理由であれ国をまとめることができたのは君主としてまっとうに職務を果たしている証ですが。
魏呉はそれができないから内ゲバばっかやっているわけで。

>魏呉と違って権力闘争なんてやっている余裕も意味もないし

内ゲバやるのに規模の大小情勢その他は関係ありませんけどね。
というか皇帝になった以上は天下統一が国是であり、仮にそうでなくても定めないで権力闘争している方がよほどおかしいけど。
211.名無しさん:2020年02月18日 14:00 ID:fxNoomx60▼このコメントに返信
土方はマジイケメン
212.名無しさん:2020年02月18日 14:04 ID:fxNoomx60▼このコメントに返信
まあ新選組の連中は剣術においてメチャ強かったのは事実
213.名無しさん:2020年02月18日 14:14 ID:E2CAVx320▼このコメントに返信
※187
見方を変えるとビンラディンやその他中東でテロリストとされてる人たちは尊イスラム教攘夷の志士なのよね
214.名無しさん:2020年02月18日 14:19 ID:E2CAVx320▼このコメントに返信
※63
明治維新後のプロパガンダで悪とされた。新撰組も小説で描かれるまで悪扱いが世間にあった。
215.名無しさん:2020年02月18日 14:24 ID:.XsURLLr0▼このコメントに返信
>>200
(中世室町期に於いて)水のみ百姓から天下人は、想像を絶する凄さ
秀吉は日本史上最大級の英雄
216.名無しさん:2020年02月18日 14:28 ID:VA.g4cCK0▼このコメントに返信
司馬遼太郎の短編ラジオ聴いてるけど、新撰組の辺りは異常に面白いよ。マジでキャラがいいし、恐ろしかったり、笑えたり、泣けたりエンタメ全開!
217.名無しさん:2020年02月18日 14:43 ID:qMcHko.I0▼このコメントに返信
※210
何もしなかった人を指して君主としてまっとうに職務を果たしたと言うのは他の君主に失礼
蜀が滅亡した最も大きい原因は劉禅が宦官を重用して国内をめちゃくちゃにしたから
218.名無しさん:2020年02月18日 14:47 ID:vCTeALp60▼このコメントに返信
いろんな作家による創作のイメージのほうが現実だと思っている人が多いせいだよ
219.名無しさん:2020年02月18日 14:47 ID:iEi7s3En0▼このコメントに返信
徳川政権の武装SSだよ
220.名無しさん:2020年02月18日 15:02 ID:4JapTBUQ0▼このコメントに返信
>>198
土方がそこまでの人物か?
221.名無しさん:2020年02月18日 15:13 ID:JKlh5v6Z0▼このコメントに返信
昔を知る人間として言うと、新撰組ってはじめは悪役、カタキ役だったんだよ、鞍馬天狗、月形半平太、勤皇の志士っていう正義の味方がいて、悪い新撰組と戦う、ただ芹沢鴨とかはその中でも悪役で、近藤勇や土方はそれなりに「敵ながらあっぱれ」って評価されていて、鞍馬天狗は「近藤さん、また会おう」なんって感じでそれなりに評価されていた、

特にこれも司馬先生の「燃えよ剣」とかで新撰組人気が広まったんだろ、新撰組の消長は日本人の判官びいきの心理に合う、
222.名無しさん:2020年02月18日 15:33 ID:QENu1UcY0▼このコメントに返信
少し話それるけど。明治維新て摩訶不思議な時代だよな。
 トップが明確な意思・行動を示すことなく、下っ端が勝手に策動し。上層部が追認し。
なし崩しにトップが動いてしまう・・・・成功したからいいような物。
 昭和の軍部の暴走の芽はこんな所にあったのかね。
223.名無しさん:2020年02月18日 15:42 ID:w.N6brMb0▼このコメントに返信
※4
>およそ現実にはあり得ない事に人は憧れる

戦前は当たり前だったが?戦後日本が異常なだけだ。
224.名無しさん:2020年02月18日 16:15 ID:.gMlYz4k0▼このコメントに返信
新撰組→テロ集団、オウム真理教みたいなもの。
坂本龍馬 →国家転覆を図った、生粋のテロリスト。ウサマ・ビン・ラディンみたいなもの。

あ~ぁ、幕末に生まれなくて良かった~。
225.名無しさん:2020年02月18日 16:21 ID:RNxskkpE0▼このコメントに返信
真に非業なのは会津見回り隊
朝廷と徳川の両方からゴミくずのように捨てられた
226.名無しさん:2020年02月18日 16:25 ID:O9U.PVqa0▼このコメントに返信
制服着用でキャラが立ってて友情エピソードも有り、しかも剣客
昨今の人気マンガのテンプレとして要素満点よ
227.名無しさん:2020年02月18日 16:30 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※217
>何もしなかった人を指して君主としてまっとうに職務を果たしたと言うのは他の君主に失礼

劉禅の場合は果たしていたから国内がまとまっていたのだが。
というか劉禅が仕事していないのであれば内乱、クーデターが日常茶飯事状態の魏や呉の君主って何やっているの?という話なんだけど。

>蜀が滅亡した最も大きい原因は劉禅が宦官を重用して国内をめちゃくちゃにしたから

演義などでの亡国の原因の筆頭である黄皓は側近以上の仕事を特に何もやっていない。
せいぜいが諸葛瞻らと同じ派閥で北伐に反対派だった程度。

むしろ、浪費などで国を滅茶苦茶にしたどうこうで言えば宮殿を作りまくり、巡遊しまくりで国力を衰退させた曹叡や孫晧の方がひどい。

蜀の滅亡理由は姜維の北伐による国力衰退とそ鄧艾の土壇場の博打が大当たりしたから
228.名無しさん:2020年02月18日 16:30 ID:or13d69u0▼このコメントに返信
>>220
※220
国際法関係で使える人材いなかったから。
229.名無しさん:2020年02月18日 16:48 ID:or13d69u0▼このコメントに返信
>>179
※179
会津藩は、ろくな軍学なかったんだろう。
白虎隊の自決なんて、馬鹿の極致だし。
自領内で迷子になるは、城下の延焼の煙を城の延焼と勘違いとか、
武家の子弟にあるまじきレベル。
230.名無しさん:2020年02月18日 16:49 ID:ejN44AKN0▼このコメントに返信
維新と開国が日本の第一の敗戦やからな。
護国のために戦った人たちは称えにゃあかんて。
231.名無しさん:2020年02月18日 16:53 ID:qdvei6Yr0▼このコメントに返信
※229
さすがに急遽動員された少年兵にそこまで言うのは酷だっと思うんのだが…会津藩上層部に関しては否定しないけど。

232.名無しさん:2020年02月18日 17:33 ID:.XiHJhsC0▼このコメントに返信
>>114
五百人以上の門弟が集まる馬庭念流とかの方が剣客集団として規模でかいな
233.名無しさん:2020年02月18日 17:36 ID:.XiHJhsC0▼このコメントに返信
>>201
親父は長いこと仕えていて名前くらいは覚えられている足軽(非雑兵)、母親は土豪の娘、めっちゃ優秀な弟
いうほど裸一貫か?
234.名無しさん:2020年02月18日 17:39 ID:.XiHJhsC0▼このコメントに返信
>>205
武蔵がクッソ強かったのは事実

その強さの人間が凶暴なくせしてすぐ保身に走ってしかも平然と卑怯な手段使うのが尚更厄介なんだが
235.名無しさん:2020年02月18日 17:46 ID:.D6M7hKe0▼このコメントに返信
新撰組は京都で活動している不逞浪士や倒幕志士の捜索・捕縛、担当地域の巡察・警備など、警察活動を任務としていた。攘夷浪士を斬りまくった「人斬り集団」とのイメージが強いが、実際には捕縛を原則としており、犯人が抵抗して捕縛できない場合のみ斬った。池田屋事件においても、最初は敵の人数が上回ったため斬る方針で戦ったが、土方隊が到着して新選組が有利になると、方針を捕縛に変えている。事件後、近藤勇は「討取七人、疵為負候者四人、召捕二十三人」と報告している。
236.名無しさん:2020年02月18日 17:50 ID:.D6M7hKe0▼このコメントに返信
新撰組の特徴とされる浅葱色ダンダラ羽織は最初の1年ほどで廃止され、池田屋事件の時に着用していたとする証言が最後の記録である。池田屋事件の後に目撃された隊士の服装は、着込襦袢、襠高袴、紺の脚絆、後鉢巻、白の襷であった。尾行者が黒衣・黒袴であればすぐに新選組であると分かったという。また、明治末期に老人が、新選組は黒羅紗筒袖の陣羽織を着ていたと証言していることから、ダンダラ羽織の廃止後は、新撰組隊士といえば黒ずくめであったと考えられる。
237.名無しさん:2020年02月18日 17:56 ID:aB9yLMVV0▼このコメントに返信
帝から京都を守れって言われた会津藩→新撰組作る→薩長が来て負ける→何故か会津藩もろとも賊軍扱い
コレひどくね
238.名無しさん:2020年02月18日 18:34 ID:.D6M7hKe0▼このコメントに返信
結局、ここで非難されているのは後世のフィクション新撰組。
239.名無しさん:2020年02月18日 18:56 ID:vgnKI3po0▼このコメントに返信
>>66
戦中も人気あったってドリフターズで言ってたぞ。
240.名無しさん:2020年02月18日 19:51 ID:RSS9awby0▼このコメントに返信
判官贔屓だよね。
古くは義経、大楠公。
241.名無しさん:2020年02月18日 22:05 ID:M4vGFrMZ0▼このコメントに返信
>>236
へえ~
大島渚の映画の衣装は意外とリアルだったんかな
242.名無しさん:2020年02月18日 22:29 ID:.D6M7hKe0▼このコメントに返信
攘夷志士 → 不平士族 → 昭和維新青年将校 → 暴力革命至上主義過激派。

日本のテロリストの系譜だ。
243.名無しさん:2020年02月18日 22:38 ID:8eJOO.w90▼このコメントに返信
たいした連中だ。
244.名無しさん:2020年02月18日 22:49 ID:2jWPDBG.0▼このコメントに返信
※66
いやいや戦前から人気あったよ

陸軍の2式戦部隊独立飛行47中隊が新選組名乗ったり
海軍でも大戦末期の343空で菅野直大尉の戦闘301飛行隊も新選組名乗ってる
245.名無しさん:2020年02月18日 22:52 ID:2jWPDBG.0▼このコメントに返信
※244続き
戦前は足利尊氏でさえ逆賊扱いで足利尊氏のファンだの肯定しようものならなにされたかわかんないけど
新選組は

陸軍の2式戦部隊独立飛行47中隊が新選組名乗ったり
海軍でも大戦末期の343空で菅野直大尉の戦闘301飛行隊も新選組名乗ってる

から市民、軍人からも人気はあったんだと思うね
246.名無しさん:2020年02月18日 22:57 ID:S1ofO2qa0▼このコメントに返信
>>194
死にたくないなら戦って最期を迎えるわけね〜だろw

途中で逃亡するだろ?
247.名無しさん:2020年02月18日 22:58 ID:S1ofO2qa0▼このコメントに返信
>>215
晩節老害にして老醜。
248.名無しさん:2020年02月18日 23:09 ID:2jWPDBG.0▼このコメントに返信
※227
雍闓・高定、孟獲、劉冑
孔明死後、永昌郡が反乱。霍弋が鎮圧する

探せばもっと出てきそうだなw

昔読んだちくまの三国志正史には蜀も結構反乱起きた、鎮圧しただの書いてあったと思ったけどな
249.名無しさん:2020年02月18日 23:14 ID:2jWPDBG.0▼このコメントに返信
※248
黄元もいたわ
250.名無しさん:2020年02月18日 23:15 ID:2jWPDBG.0▼このコメントに返信
※227
君ひょっとしてこれ見て真に受けた?w

ニコニコ大百科
ttps://dic.nicovideo.jp/a/%E5%8A%89%E7%A6%85
劉備が没した後、弱小国であった蜀を40年(諸葛亮の死後約30年間)も存続させ、その間に大きな乱も起きなかったというのは評価すべきであろう。
現に隣国の呉では政治の乱れによる謀反や反乱が度々起こっている。三国時代の“乱世”において国を治めた君主は数あれど、40年もの長きに渡り治世を続けられた君主は劉禅ただ1人である。

こんな誰でも編集できてそいつの感想書いてあるもんじゃ無くて三国志正史読みなさい
251.名無しさん:2020年02月18日 23:17 ID:2jWPDBG.0▼このコメントに返信
※227みたいな人って牟田口評価してるの見たらコロっと騙されそうで笑えるw
252.名無しさん:2020年02月18日 23:44 ID:2jWPDBG.0▼このコメントに返信
※250
>40年もの長きに渡り治世を続けられた君主は劉禅ただ1人である。

これなんか最高に笑えるw
なんだこの怪しい宗教の謳い文句みたいな文章はwww
だって魏が長い間蜀に攻めなかったのなんて道が険しく進軍難しいのと
呉とも戦ってて人口100万もない蜀なんてかまってる場合じゃなくて
※227が書くように魏も内乱やら後継者問題で国内揺れてて外征してる場合じゃ無かったんであって(しかも進軍困難な蜀)
別に劉禅が有能だったから魏が攻めてこなかったわけではないのになんで劉禅が有能だったから攻められなかったになるんだwww
253.名無しさん:2020年02月18日 23:59 ID:2jWPDBG.0▼このコメントに返信
※250なるほど。
長篠のあと信長から7年も放置され信濃に侵攻されること無かったのは勝頼の才能のおかげだったのか
木曽が内通して進軍困難だった木曽路が通れるようになったら速攻武田征伐起こされたのは笑えるw
しかもこの武田は長篠で大量の死傷者を出したのに7年間の間に相次ぐ出兵で無駄に戦費を使い国を疲弊させ
新府城の築城でさらに疲弊させるというね。
それでさえ木曽が内通してやっとこさ武田征伐を起こした。
別に勝頼が優秀だったから7年間攻められなかったわけではない。

劉禅と同じく他に強敵がいたからほっとかれた。
進軍困難な地形のおかげ
254.名無しさん:2020年02月19日 02:08 ID:.tBpq4Gc0▼このコメントに返信
許されてる隊士がいるのは凄いよな。勇はしゃあないとしても、土方も降伏してたら許されてそう。
255.名無しさん:2020年02月19日 03:24 ID:XB5MHoOR0▼このコメントに返信
>警察みたいなもんなのにいろんなところで人気でてわろち
俺は「東アジア反日武装戦線」の「サソリ」とか「狼」とか言ってた連中とイメージはかぶるがね。
体制保守派で新撰組支持派は、本来はちょ・んまげするべきじゃないの?
スジを通すのに対話じゃなく暴力で片をつけようとした連中だ。 そういうのは人はテロと呼ぶ。
256.名無しさん:2020年02月19日 03:26 ID:XB5MHoOR0▼このコメントに返信
※6
歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」の討ち入り装束をパクったと言われてるな。
257.名無しさん:2020年02月19日 03:30 ID:un45ukbK0▼このコメントに返信
新撰組が人気あるのはおかしいって三田村鳶魚も書いてるな
後世の作り話でこうなったと
258.名無しさん:2020年02月19日 07:38 ID:qu3ldlMK0▼このコメントに返信
鈴木三樹三郎(天保8年7月15日 - 大正8年7月11日)
新撰組九番隊組長 ~ 高台寺党 ~ 赤報隊二番隊隊長(偽官軍事件で投獄)
~新政府軍軍曹~警察署長として行幸の指揮

なにこの人
259.名無しさん:2020年02月19日 10:22 ID:8ddZrLYd0▼このコメントに返信
※250
正史ぐらい飽きるほど読んだけど。
で、劉禅の伝で悪政だか無能なことやった記述はあるので?
後、魏や呉、ついでに晋のように部下や親族が裏切った(降伏とは別)とかクーデターを起こされたとか。

>別に劉禅が有能だったから魏が攻めてこなかった

魏は何度か蜀に侵攻して何度も撃退されているんだが。最後の戦いにしても鄧艾の博打が成功しただけで、主力である鍾会軍は補給が続かず撤退寸前まで追い込まれているけど。
そもそも、魏よりも蜀のほうが攻勢に出ており、段谷の戦いまでは蜀軍が終始優勢だけど。


>これなんか最高に笑えるw
なんだこの怪しい宗教の謳い文句みたいな文章はwww

三国志どころか中国史で皇帝位ついた期間では長いほうですがね。それを知らないで笑えるのでしたら「劉禅無能教」の信徒の方でしょう。
260.名無しさん:2020年02月19日 10:25 ID:8ddZrLYd0▼このコメントに返信
※258
例の伊東甲子太郎の実弟。ちなみに幕末時には鳴かず飛ばずどころかダメダメだったのが維新後は頑張って高台寺党メンバーの中では一番出世できた。
261.名無しさん:2020年02月19日 10:28 ID:8ddZrLYd0▼このコメントに返信
※248

連中の特に前者の反乱は劉備の死前後のものであって何で継いだばかりの劉禅の責任になるので?

揚げ足とるにしてももう少し頭使いましょうよ。
262.名無しさん:2020年02月19日 10:45 ID:8ddZrLYd0▼このコメントに返信
※252
>だって魏が長い間蜀に攻めなかったのなんて道が険しく進軍難しいのと
呉とも戦ってて人口100万もない蜀なんてかまってる場合じゃなくて

で、何度か進行して敗退してるけど。そもそも道が険しく進軍難しいのを乗り越えてきた蜀軍に終始押されているのが魏だけど。実際にあの司馬懿ですら当人曰くの「戦には五つの要点」の第一項目を放棄しているし。

というか司馬懿の死の前後から呉ともども(というか中華帝国では珍しくもないが)蜀では無縁の内乱、内ゲバ祭りで忙しくてかまっている場合じゃなかったんでしょ。
しかも、君主のすげ替えまでやっているんだからこれらと比較して君主として劉禅が何で無能となるのか意味不明なんだが。




263.名無しさん:2020年02月19日 10:54 ID:8ddZrLYd0▼このコメントに返信
※248
だいたい、その程度の異民族がらみの反乱や一揆レベルなら曹操や劉備の統治していた時代だってあるし、孫権というか呉では日常茶飯事でなんですが。

お前さん査定でいえば孫権をはじめ君主や首脳部あたりは劉禅の足元にも及ばないほどの超ド級の無能となるんですがね…。
264.名無しさん:2020年02月19日 10:54 ID:XkjH3ogB0▼このコメントに返信
警察みたいなもんだから人気あるのおかしいって、よくわからん理屈だな
警察物はどの世界でも大人気コンテンツだろうに
日本でも海外でも、警察、刑事物のドラマの規模がどれだけでかいか全く知らないんだろうか
265.名無しさん:2020年02月19日 11:03 ID:8ddZrLYd0▼このコメントに返信
※254
新選組関係で罰せられたのは油小路事件(新撰組視点でいえば造反分子の粛清、世間様から見れば御陵警備任務=天皇の家来を理由なく惨殺した)の関係者…なので副長である土方は処刑はほぼ確定…当人はそれで罰せられるとか知らんでしょうけど。

逆に、この事件がなければ戊辰戦争のどさくさで殺された近藤を除けば土方込みでみな助かった可能性がある。
266.名無しさん:2020年02月19日 11:18 ID:8ddZrLYd0▼このコメントに返信
※264
新選組っていわゆる特高やゲシュタポみたいなもんなので普通だったら人気は出ない。
まぁ、民間人ではなくテロ犯相手なのでそこまでひどくはないですが…とはいえ容疑者に対しての取り調べ方は拷問上等なので無茶苦茶酷い

実際に同じく取り調べ方が酷い火付盗賊改なんて池波正太郎系の小説以外ではたいてい悪役だし。
267.名無しさん:2020年02月19日 14:38 ID:TuGSSxtT0▼このコメントに返信
似たようなもののはずの彰義隊は全く人気ないな。
やはりヘタレっぷりがいかんのか
268.名無しさん:2020年02月19日 14:42 ID:TuGSSxtT0▼このコメントに返信
※257
>>257
忠臣蔵同様、その時代(もしくはちょい後)の人々に何かを仮託される要素があったんだろう。
最後の武士道の体現者とかそんな感じの。
269.名無しさん:2020年02月20日 02:02 ID:.5Lss1lM0▼このコメントに返信
※53
それ以外の時は柱の中で眠ってたんかい!と、一個人への突っ込みはさておき。

武士が無くなる寸前に武士に憧れた農民が歴史に名だけ残して無残に散るとか
後味の悪い話だと思うけどね。思えばなんで人気なのかな?特に一定の割合で
女性ファンが多いような。

暴走族のリーダーとかのやんちゃ坊主をかっこいいとか思ってしまう女性心理(ごく一部だろうけど)
とも違ってそうだけど。
270.名無しさん:2020年02月20日 14:07 ID:4ZHjkDQN0▼このコメントに返信
対テロ部隊とか映画とかマンガでも人気じゃん?
271.名無しさん:2020年02月20日 19:36 ID:DrrJsuFv0▼このコメントに返信
新選組がカッコいいと思うのは当たり前。

お名前