2020年02月14日 11:05

地政学っておもしろいな

地政学っておもしろいな

1

引用元:地政学っておもしろいな
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1581616552/

1: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)02:55:52 ID:C1g
本を1冊読んで見たけどマハンとマッキンダーの書いた元々のやつを読んでみたいなと思った

5: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)02:59:23 ID:718
歴史と絡めて見ると読み物としてはなかなか面白い
考察の正しさについては知らんが

7: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:00:33 ID:C1g
>>5
歴史上のやつらの行動が地政学を知ってると確かに理にかなってると見れるしすごい面白い

9: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:00:58 ID:iLN
地政学すこやけど、まだあんまり研究進んでないんやろ

11: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:02:40 ID:C1g
>>9
イギリスのマッキンダー卿がランドパワーとか言い出したあたりにちゃんと始まった訳だし新しい学問ではあるやろうな

12: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:03:23 ID:iLN
>>11
軍事転用されるからって理由で最近までどの大学も研究を禁止してたらしい

15: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:04:19 ID:C1g
>>12
多分日本じゃまともに学べないはず 防衛大とかならあるかもやけど

14: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:04:07 ID:ghf
ググったけどいまいち分からん
どういう学問なんや

17: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:05:20 ID:C1g
>>14
地理的な要因が国の経済政治軍事に与える影響がどういうものかを云々

19: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:05:47 ID:ghf
>>17
はえー 地理的な要因って例えば地形とか

22: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:06:17 ID:C1g
>>19
せやで

18: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:05:25 ID:1qM
まず歴史学と地理学と政治学とに広く深い知識がないとまともに学べないんとちゃうか

22: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:06:17 ID:C1g
>>18
それはそう なんのこっちゃわからんしな

24: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:07:07 ID:C1g
日本史も実は地政学的に見るとランドパワーとシーパワーの戦いがいくつかあるしおもろいわ

28: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:08:46 ID:suD
地政学に自信ニキのヒトラーが自滅したの見ると正直ガバガバ学問なんちゃうかと

29: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:09:13 ID:1qM
>>28
生存圏なんかも地政学的なことらしいわね

31: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:09:53 ID:C1g
>>28
あれもハートランドである東欧を確保しようとした訳やしまぁ理には叶ってるんじゃないの?まだ浅いからわからんけど
単純に外交が下手なんやろ

35: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:11:09 ID:suD
>>31
東欧や中央アジア持ってたら強いってのがほんまに正しいなら
ソ連のがドイツより強いことになるから喧嘩売っちゃいけないはずなんですけどね…

38: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:12:21 ID:C1g
>>35
それを技術でカバーしたろ!ってなったんやろ

34: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:10:33 ID:iLN
勝手にシーパワーの方が強いって思い込んでたんご

37: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:11:20 ID:C1g
>>34
単純に物量が違うからな ただどちらが強いとは一概にはいえないと思うで

39: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:12:33 ID:iLN
>>37
いまのアメリカはランドパワーとシーパワーが融合して最強なんやろ

43: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:15:16 ID:C1g
>>39
アメリカはランドパワーからシーパワーに移行したって考えるのが良いっぽい
最初はランドパワーに従って南北アメリカ大陸という超巨大な島国を抑えたんや
けどその後アメリカ生まれのマハンによって説かれたシーパワーで海の重要性に気付いて海軍大国になったんやと

36: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:11:16 ID:1qM
海上交易とかで強いのもシーパワーやろ

40: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:13:13 ID:saL
地政学なんて学問もう無いぞおじさん「地政学なんて学問もう無いぞ」

42: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:15:12 ID:iLN
>>40
そうなんか

53: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:22:56 ID:iLN
ちうごくよりヒマラヤで蓋されてるインドの方がシーパワーとして活躍できるから超大国のポテンシャルあるんだってね

55: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:24:15 ID:C1g
>>53
擬似的な島国ということか
イタリア(ローマ帝国)のアルプスとスペインのピレネーに似てるわね
確かに まぁインドは昔から言われてるが台頭するやろうな

77: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:48:56 ID:uog
詳しいことはよくわからんけど
大海軍国と大陸軍国を兼ねることはできない
ってのは、そりゃそうやろな、と思った。

79: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:50:37 ID:C1g
>>77
大陸国家が海に出ようとすると海洋国家に叩かれるし大陸国家は大陸国家どうしで対立するから基本海には出れないわね
例としては帝政フランスドイツ帝国ロシア帝国

80: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:52:15 ID:uog
>>79
両方育てるには金かかるし、意見も揃わんやろしなあ
内のほうが大事に決まっとる、ってどっちもいうやろ

82: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:52:37 ID:C1g
>>80
昭和の日本もせやね

86: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:54:11 ID:iLN
>>82
日本が朝鮮半島を併合してしまったのは地政学的には失敗と聞いた
陸軍のリソースが増えてしまうから

88: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)03:54:56 ID:C1g
>>86
あーそれも聞いたンゴ

105: 名無しさん@おーぷん 20/02/14(金)05:55:52 ID:lGw
>>80
陸軍としては海軍の提案には反対である!

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年02月14日 11:16 ID:fr6gC2Fm0▼このコメントに返信
日本は不思議な国だw
霊的防衛を張り巡ってある
これが日本の地政学です?
2.名無しさん:2020年02月14日 11:16 ID:ahhDAj450▼このコメントに返信
本スレ79
ドイツとロシアが海にイマイチ出られないのは、大西洋へのアクセスの悪さが原因やろ

フランスは普通に海に出てイギリスの次くらいに広大な植民地を支配したで
3.名無しさん:2020年02月14日 11:19 ID:qa5UgskG0▼このコメントに返信
日本も陸海両方揃えようとして自滅したもんな
海に手を出さず陸軍国のままでいたら良かったのに
4.名無しさん:2020年02月14日 11:19 ID:h7Cwc92U0▼このコメントに返信
民族に合った風土とかあるだろうしな
5.名無しさん:2020年02月14日 11:22 ID:VUO.DiFD0▼このコメントに返信
まあ、敵国条項もある戦争犯罪前科国にはなにも関係ない話ですけどね

だって国際社会のプレイヤーとして振る舞う気も振る舞うの能力もないんだから

クルーズ船一つとっても、日本領土じゃありません責任は日本にありませんって言う、駒か官僚みたいな態度でしょ?

世界として、どう疫病に対処するかリーダーシップやイニシアチブを取って考える力が一切ないんだから
6.名無しさん:2020年02月14日 11:24 ID:CoOcjxLm0▼このコメントに返信
>>2
ドイツの場合イギリスの北かドーバー海峡を抜けないとならない
で、島国であるイギリスは海軍力の強化に努めるのが道理な訳だから、
イギリスに邪魔されるとなんもできんわけですな
7.名無しさん:2020年02月14日 11:27 ID:fr6gC2Fm0▼このコメントに返信
世界システムが地獄仕様から天国仕様に変更された
明治天皇陛下が夢見た天国の世を創る時代になった
地政学は最早必要では無くなった?
8.名無しさん:2020年02月14日 11:28 ID:CadQVwn.0▼このコメントに返信
※4
逆じゃね?
風土に合わせて民族の性質が育まれる
9.:2020年02月14日 11:31 ID:3ThjymEY0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
10.名無しさん:2020年02月14日 11:31 ID:fL1ll7k20▼このコメントに返信
昔聴いたが、中国drは「厚黒学」と言うらしい。
厚かましく腹黒い意味かな?
11.名無しさん:2020年02月14日 11:32 ID:fL1ll7k20▼このコメントに返信
>10 間違えました
昔聴いたが、中国では「厚黒学」と言うらしい。
厚かましく腹黒い意味かな?
12.名無しさん:2020年02月14日 11:33 ID:vc5Crw1B0▼このコメントに返信
地政学って、バッファゾーンの話がよくでてくるよね。

 Q.大国ドイツやフランスに囲まれた、小国のオランダやベルギーがなぜ侵略されなかったか?
 A.大国イギリスとのバッファゾーン ( 緩衝地帯 ) になってたから。

みたいな話、よく聞く。
北朝鮮とかも、アメリカと中国の緩衝地帯になってるよね。
だから、朝鮮統一はないんだろね。かわいそうだけどw
13.名無しさん:2020年02月14日 11:33 ID:yftsdspi0▼このコメントに返信
地政学を語る奴はだいたいグダグダ。
14.名無しさん:2020年02月14日 11:35 ID:TgqtXyGn0▼このコメントに返信
韓国がクソなのも半島という地政学
15.名無しさん:2020年02月14日 11:38 ID:yftsdspi0▼このコメントに返信
※12
>北朝鮮とかも、アメリカと中国の緩衝地帯になってるよね。

地政学的なセンスがないと思うw
バルト三国がNATOに加盟した経緯を考えても、緩衝地帯が持続する根拠には成らないと思う。
16.名無しさん:2020年02月14日 11:40 ID:vc5Crw1B0▼このコメントに返信
タイが植民地にならず独立を守ったのは、タイの外交が優れてたからじゃないんだって。
フランスとオランダの勢力圏の緩衝地帯になってただけだって。
17.名無しさん:2020年02月14日 11:40 ID:PHSQcAtA0▼このコメントに返信
海の地政学、交易の世界史、お金の世界史
といった本にも手を出してみました
面白いけど難しいです
18.名無しさん:2020年02月14日 11:41 ID:xnlTSkWi0▼このコメントに返信
大学が地政学拒否するのは日本の戦争理由が正当化されるからだろ
左巻きにとっちゃ都合が悪すぎる
19.名無しさん:2020年02月14日 11:42 ID:lChP5pLa0▼このコメントに返信
地政学というか地理は学んだ方がいい
今回の新型コロナウイルスでマスク売り切れるとかそこらへん少しでも噛んでたらわかってたこと
マスクがどこで製造されてるやら製造元からどうやって送られてるかやら
20.名無しさん:2020年02月14日 11:42 ID:gbnQ339t0▼このコメントに返信
結局、どうやっても朝鮮は併合するべきでは無かったんだな
ロシアが恐ろしくて嫌々併合してたのは知ってたが

朝鮮を併合しない、もしくは即独立させて、
尚且つ日本列島が安全で、あわよくば満洲の石油も抑えられる丁度良い外交を松岡さんが思い付けはな
21.名無しさん:2020年02月14日 11:44 ID:vc5Crw1B0▼このコメントに返信
※15
朝鮮動乱の時も、中国がアメリカの勢力圏やロシアと国境を接するのがいやだった。
だから、中国が義勇軍って形で参戦したんだって。
北朝鮮がバッファゾーンだってのは、わりと説得力あるとおもうけど。
22.名無しさん:2020年02月14日 11:46 ID:od4fu.840▼このコメントに返信
※12
いや、両国ともナチスに侵略されてますやんw
23.名無しさん:2020年02月14日 11:47 ID:CQ.73hlI0▼このコメントに返信
※3
陸軍国家のままだとマンパワーと資源で行き詰まる
中国の都市部と主要街道しか抑えられないから逃げ回られると対応出来なかったんだしな
24.名無しさん:2020年02月14日 11:48 ID:h7Cwc92U0▼このコメントに返信
※8
なるほど土地が人を選ぶって訳か
25.:2020年02月14日 11:48 ID:5RTUbZ500▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
26.名無しさん:2020年02月14日 11:49 ID:vc5Crw1B0▼このコメントに返信
※22
それでイギリスと戦争になったんじゃないかな?
27.名無しさん:2020年02月14日 11:49 ID:CQ.73hlI0▼このコメントに返信
>>19
地政学で言うなら日本はそもそも陸伝いに戦線を広げるべきではないんやど?
28.名無しさん:2020年02月14日 11:50 ID:ahhDAj450▼このコメントに返信
※12
オランダとベルギー(要はネーデルラント)は昔から普通にフランスやスペインに
侵略されまくってる。
29.名無しさん:2020年02月14日 11:50 ID:vc5Crw1B0▼このコメントに返信
※8
島国の人は優しいんだって。
日本とか、台湾とか、ハワイとか。
でも、大陸の人は残忍なんだって。
中国とか、ロシアとか、朝鮮とか。
30.名無しさん:2020年02月14日 11:51 ID:yftsdspi0▼このコメントに返信
※21
理由、根拠として弱いと感じるのは、同じ様な事は東欧でも有った点かな。
ソ連は緩衝地帯としての東側諸国を必要としており、度々軍隊も派遣させて来た。

今の米中対立とは、比べ物に成らないぐらいの緊張関係が、
米ソには有ったわけで、「緩衝地帯」の必要性て論理だけで維持されると考えるのは無理筋に思える。
31.名無しさん:2020年02月14日 11:52 ID:6tAy.gK50▼このコメントに返信
半島地域はランドパワーとシーパワーのいいとこ取りかと思えば
どっちつかずの中途半端にならざるを得ないという悲しい地域
32.名無しさん:2020年02月14日 11:53 ID:RrJKTVvc0▼このコメントに返信
勉強は大事だな。
33.名無しさん:2020年02月14日 11:54 ID:yftsdspi0▼このコメントに返信
経済学がGDPという一点に絞って、未来を予測しようとするのに対して、
地政学て分野は広すぎ、範囲が広すぎるよね。
34.名無しさん:2020年02月14日 11:55 ID:yftsdspi0▼このコメントに返信
地政学て、証券アナリストが語るアノマリーにしか聞こえないw
35.名無しさん:2020年02月14日 11:57 ID:yftsdspi0▼このコメントに返信
※32
勉強は大切だけど、地政学が宗教学、憲法学、行政学、経済学、地理、歴史と言った
幅広い部分をカバーしなければ成らないのに対して、地政学を語る人が無知過ぎると思う。
36.名無しさん:2020年02月14日 11:57 ID:b74Nrrj70▼このコメントに返信
※29
淡路島の猿から優しい遺伝子が発見されたというニュースもあった。外敵の脅威が少ないのが影響しているんだろう。
37.名無しさん:2020年02月14日 11:57 ID:JvFxLNcN0▼このコメントに返信
>>11
disって間違えるとか最高にカッコ悪いなw
38.名無しさん:2020年02月14日 11:58 ID:AlFkk.Tf0▼このコメントに返信
※3
逆ですよ、陸に手を出さず海に特化すれば、東南アジアの国々と仲良く出来たし、シーレーン確保も容易だった(海軍の考えが正解だった)。パワー間のパランスに於いて、どちらかが先に手を出した方が必ず負けると言うセオリーがあるそうだ。英国の戦略研究家曰く『大陸は大陸内で殴り合いの喧嘩をしていれば良い、海洋側はそれを黙って見ているだけで良い』と。日英共に正にその通りで英国のEU離脱も大陸に巻き込まれるのを嫌っての決意。日本も朝鮮半島に二度と関わってはならず、関わったら最後先の失敗の二の舞い。
だから韓国蝙蝠は必死に日本に纏わり付き大陸紛争(蝙蝠ウイルスよろしく)に巻き込もうとするのだ。日本はもう二度と同じ間違いを犯さない‼️
39.名無しさん:2020年02月14日 11:58 ID:fr6gC2Fm0▼このコメントに返信
地政学を持ち出すまでもなく
日本侵略を行うのは
支・那と朝鮮しかないね
40.名無しさん:2020年02月14日 12:00 ID:sr6MtK3h0▼このコメントに返信
ハートランドを制するものは世界を制するの中二感すき
41.名無しさん:2020年02月14日 12:07 ID:RwKUc3ha0▼このコメントに返信
シーパワー側の恐怖心がランドパワー幻想を生んだ。
遊牧民族の征服に対する農耕民族のトラウマか?

日本人に地政学が実感として分からない理由かもな。
42.名無しさん:2020年02月14日 12:08 ID:2obNwGAV0▼このコメントに返信
※20
併合するべきでは無かったのは同意。
ただ当時の朝鮮は独立してて日本はそれを支援する形にしてたら朝鮮のトップ連中が半島全部をソ連に朝鮮半島売り渡す密約してたのが発覚して併合せざるを得ない状態だったはず
43.名無しさん:2020年02月14日 12:08 ID:vc5Crw1B0▼このコメントに返信
※40
>ハートランドを制するものは世界を制する
まだあるよ。

・「リムランドを制する者は、ハートランドを制する。」
  ( リムランド → 朝鮮半島、遼東半島、インドシナ半島、日本、台湾 )

・「ワールドシーを制する者は、関井を制する。」
 「マージナルシーを制する者は、ワールドシーを制する」
  ( ワールドシー  → 太平洋、大西洋 )  
  ( マージナルシー → ベーリング海、オホーツク海、日本海、東シナ海、南シナ海 )

とくに、台湾は東シナ海と南シナ海の節点になってるので重要なんだって。
44.名無しさん:2020年02月14日 12:22 ID:.shnFVFT0▼このコメントに返信
地政学や外交、政治経済学なんかは人間としての社会を維持する上でクッソ重要な学問
文系は社会を維持管理してるって理解してないで叩いてる底辺って結構いるからな
45.名無しさん:2020年02月14日 12:23 ID:b3MW36rh0▼このコメントに返信
>>12
そりゃな、あの場所が東西の睨み合いの前線である限り統一はあり得ない。
自分のとこが前線になるからな。
46.名無しさん:2020年02月14日 12:25 ID:b3MW36rh0▼このコメントに返信
>>20
独立させてたらロシアに売国しようとしたからやぞ。

誰もろくな資源も出ない緩衝地帯如きに金かけたくねえわ、自分のとこのインフラだってまだ発達途上だったのに
47.名無しさん:2020年02月14日 12:28 ID:b3MW36rh0▼このコメントに返信
>>44
社会を維持管理してる文系なんか一部のトップ層やんか、そもその層文理混合だし。

そんなに理系に対してコンプレックスあるんか?
48.名無しさん:2020年02月14日 12:31 ID:vc5Crw1B0▼このコメントに返信
中国は「ワールドシーを制する者は、世界を制する。」を実行してるよね。
・尖閣にちょっかいだしてる。( 東シナ海の覇権 )
・九段線を主張。人工島。( 南シナ海 の覇権)
・第一列島線、第二列島線 ( 太平洋進出 )
・ミクロネシアを借金漬けにして、基地化しようとしてる。
49.名無しさん:2020年02月14日 12:31 ID:sF0vku9i0▼このコメントに返信
>>3
むしろ同じ島国のイギリスを真似た海軍を持ったんだから、大陸に手出しさえしなければ
海軍国でやっていけなかったのかな?
50.コロンブス:2020年02月14日 12:32 ID:2m8vf.400▼このコメントに返信
私が書いているのは地政学的知見にしたがってのことです。
51.名無しさん:2020年02月14日 12:34 ID:sF0vku9i0▼このコメントに返信
>>16
エチオピアもね。
52.名無しさん:2020年02月14日 12:35 ID:pLTuXigc0▼このコメントに返信
昔、「倉前盛道」という人(当時アジア大教授?)の「悪の論理」という著作があって、地政学を分かりやすく解説していました。多少トンデモも入っていますが、中々面白い本です。
53.名無しさん:2020年02月14日 12:35 ID:vc5Crw1B0▼このコメントに返信
※49
大陸に手出しをしないってことは、ないみたい。
イギリスは、大陸に巨大国家ができないように画策するのが方針なんだって。
不利な国に肩入れして、戦いを長引かせて共倒れをまつんだとか。
「オフショア・バランシング」って言うんだって。
54.名無しさん:2020年02月14日 12:36 ID:8DiOeEw10▼このコメントに返信
中国さんはランドパワー国家の癖して最近シーパワー獲得しようとしてましてね……

結果として全世界に喧嘩売ることになってるの気づいてないんだろうか……気づいてないだろうな
55.名無しさん:2020年02月14日 12:36 ID:b3MW36rh0▼このコメントに返信
大陸に手を出さない(アメリカ、アフリカ、アジアに広大な植民地)

ちょっと何言ってるかわかりませんねえ…
56.名無しさん:2020年02月14日 12:37 ID:sF0vku9i0▼このコメントに返信
>>31
イタリアとか。
57.名無しさん:2020年02月14日 12:39 ID:T.NbDSUo0▼このコメントに返信
やっぱり朝鮮はアメリカに買い取ってもらえばよかったんだ説
58.名無しさん:2020年02月14日 12:40 ID:o3CfMW3d0▼このコメントに返信
ロシア、南アフリカが最強のポジションという話は面白かった
(国家が最強とか言ってない)
59.名無しさん:2020年02月14日 12:40 ID:0uA0hyU70▼このコメントに返信
※39
アメリカに占領されとるが自覚症状なしw
こういうバカは純粋に怖いわ
60.名無しさん:2020年02月14日 12:46 ID:MRjRvyAm0▼このコメントに返信
「おっ?なんやこれ架空の都市ジオラマか!」
からの
「なんやこれ、、、地政学全く考えてなく好きなように配置しただけやんけ」
の残念感は異常。
地形の隆起の仕方から濃厚や漁の最初、徒歩や馬車で交易、車出来てから、電車通ってからと
街の中でも栄枯盛衰があって出来るんだからちゃんと考えてくれ
61.名無しさん:2020年02月14日 12:52 ID:ws5.HHhe0▼このコメントに返信
>>49
イギリスに倣うなら大陸が分裂して争ってると尚良しなんだわ。(フランスとドイツが好例)
中国も分裂してたのに抗日民族統一戦線とか出来ちゃったから…
日本が介入しなきゃ今も争ってくれただろうに
62.名無しさん:2020年02月14日 12:53 ID:AlFkk.Tf0▼このコメントに返信
※41
1274文永の役、1281弘安の役で蒙古来襲(大半は高麗軍)を撃退した日本の歴史を教えていないからです。何故なのか残念ですが。
これが地政学で言う地の利を生かした勝利ですよ。台風をも味方につけた鎌倉武士の奮闘(最後のトドメが台風)と言う事です。
63.名無しさん:2020年02月14日 12:55 ID:n12UtcdY0▼このコメントに返信
地政学ってあれか?

行政が立退を迫ってるのに強情に立退を拒否する恋文横丁やしょんべん横丁や築地に付け火する事か?
64.名無しさん:2020年02月14日 12:57 ID:mG.SVikK0▼このコメントに返信
知りたての言葉を喜んで使うお前らを見てる方が面白いわ。
65.名無しさん:2020年02月14日 13:00 ID:n12UtcdY0▼このコメントに返信
新宿の思い出横丁も行政の立退を断ったが故に地政学により火災で焼失しましたw
66.名無しさん:2020年02月14日 13:05 ID:n12UtcdY0▼このコメントに返信
やってる事は中国共産党と変わらないネw
67.名無しさん:2020年02月14日 13:12 ID:zFDT4JDE0▼このコメントに返信
地政学的に朝鮮半島は取らなしゃーなかってんけどな
あと地政学的に言えば、オーストラリアは隣なんで、だから伝統的に反日国家
68.名無しさん:2020年02月14日 13:25 ID:PlwtUsgU0▼このコメントに返信
地政学的には独仏が仲良くなるのはありえないんじゃないか?
EUは実質的に独による英仏併合だったのかね? で、英は逃げ出したと
69.名無しさん:2020年02月14日 13:27 ID:AVcYrdMK0▼このコメントに返信
日本は文化的には純粋な大陸国家(土地の生産力を基礎とする)だからな。
70.名無しさん:2020年02月14日 13:31 ID:.C0IFwR.0▼このコメントに返信
つーか地理学からの派生というか地理学の分野の一つというかもともとの扱いとしてはそんなんやろ
地理学ってなじみがないかもしれんがカバーしてる範囲がものすごいからな
71.名無しさん:2020年02月14日 13:36 ID:gxDCg5O80▼このコメントに返信
※11
脳内変換するから、そういうのは気にすんな
72.名無しさん:2020年02月14日 13:42 ID:7RBd.D8G0▼このコメントに返信
歴史の運動律を説明する上での有効なひとつの解釈だけどそれが運命論・宿命論になってしまうと問題がある
ランドパワー・シーパワーを対立概念として取り扱うのは正しくないのではないか、という疑問は持っている
73.名無しさん:2020年02月14日 13:49 ID:mG.SVikK0▼このコメントに返信
それ言いだしたら台湾は反日国家、ドイツやリヒテンシュタインも反スイスでないと理屈が合わんやん?
74.名無しさん:2020年02月14日 13:50 ID:Jr1UwOa70▼このコメントに返信
宗教学も混ぜていいと思う
どの学問・行動学も、環境起因だしな
環境の結果である適者生存に由来
75.名無しさん:2020年02月14日 13:50 ID:AlFkk.Tf0▼このコメントに返信
※67
日韓併合についてロシアが念頭にあろうとも、伊藤博文は反対していた。また、朝鮮半島の凄まじい惨状を見かねた英米(旅行家・写真家・ジャーナリストなど)は、人権上あるまじき現状に、※日本に対して執拗に朝鮮半島を併合し助けるべきだと、日本にしか出来ないと圧力を加えて来た。
これが朝鮮に関わってしまった日本の悲劇の始まりである。 ※自裁死(入水自殺)なされた今は亡き東大教授思想家の西部すすむ先生のテレビ対談の場面から  注)安重根は併合に反対する伊藤を暗殺したが、韓国では史実を曲げて併合した伊藤を暗殺した事になっている。真逆であり噴飯物である。
76.名無しさん:2020年02月14日 13:53 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>6
※6
デンマーク王国を併合すれば、アイスランドとグリンランドもついてきたのに。
乳牛手に入れて満足したからな(ビスマルク時代だから、身の丈にあった戦略だが)。
77.名無しさん:2020年02月14日 13:53 ID:uTeAm4gl0▼このコメントに返信
確かに面白いと思うよ。
何であんなところで戦闘になったんだとかが、よく分かる。
地理と歴史の必然性が見えてきたりする。
パヨが昔(今も?)よく
「たいした資源の無い日本を、中国が狙うはずは無い」
とか言ってたけど、地政学的に見たらそんなの子供だましのお笑いぐさだと、すぐ分かる。
最近まで日本での研究が進まなかったのも、そういう輩が大学を仕切ってるからなんだろうね。
78.名無しさん:2020年02月14日 13:56 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>61
※61
中国統一させて、大アジア主義(日本盟主)で欧米に対抗する思想が、流行ってたし。
79.名無しさん:2020年02月14日 13:57 ID:uTeAm4gl0▼このコメントに返信
※12
緩衝地帯ってどういう意味かな。
ドイツとフランスが戦争するとき、いつも進撃路になって大被害を被るんだけど。
むしろ地政学的に大国に挟まれた不幸な位置だと思うんだが。
80.名無しさん:2020年02月14日 13:57 ID:Jr1UwOa70▼このコメントに返信
生物の生存戦略見りゃ、地政学に意味があるって分かると思うが
同じ種族でも高山に生息しているものと海沿いに生息しているもので明らかな違いがある
縄張り争いで負けた結果、新たな生息域を求める過程で環境に適応する、多世代かけた形質の獲得、正確には獲得出来なかった族は滅びるって事例は世界にいくらでもある
81.名無しさん:2020年02月14日 14:00 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>3
陸軍の師匠は、独・仏。
どちらも、WWⅠで、まともに勝利をあげれない。
結果、弟子の帝国陸軍が、弱いものイジメで増長・暴走してしまった。
82.名無しさん:2020年02月14日 14:06 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>5
半島の平和は、他国(宗主国)すら食指動かさないぐらいの貧困であること。
ロシアしか、半島に価値を見いださない。

83.名無しさん:2020年02月14日 14:08 ID:gZIX81fz0▼このコメントに返信
※55
あれはもともと東インド会社や植民地会社の私有地だからなぁ。
84.名無しさん:2020年02月14日 14:08 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>8
華僑(R)とか見てると、風土は関係ないようにみえるが。
85.名無しさん:2020年02月14日 14:11 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>19
それ、グローバル経済の話しで、地政学関係ないだろ。
86.名無しさん:2020年02月14日 14:12 ID:pQzsi8OQ0▼このコメントに返信
※39
露もいるよ
あそこも隙あらば南下してくる
87.:2020年02月14日 14:15 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
88.名無しさん:2020年02月14日 14:20 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>29
>29
グレートブリテン島>優しい、いただきました!

全世界>納得いかん!

シチリア島>優しい、いただきました!
イタリア本土>納得いかん!
89.名無しさん:2020年02月14日 14:21 ID:gZIX81fz0▼このコメントに返信
※75
地政学的な意味で「朝鮮を獲る」ってのは保護国化の段階で完成しているので、それ以上を求めた併合に伊藤は反対した。
90.名無しさん:2020年02月14日 14:31 ID:ahhDAj450▼このコメントに返信
※81
ドイツはWW1でロシアに勝ってるで
91.名無しさん:2020年02月14日 14:33 ID:dLUhwoer0▼このコメントに返信
あまり意味のある学問とはいいがたいな
運輸技術や兵器技術の発展と共に変化していく
朝鮮も昔の地政学とやらでは要地だったのかもしれんが
テポドンが日本の上空をすっとんでいってからは意味がうすれた
92.名無しさん:2020年02月14日 14:34 ID:W.AD.q3w0▼このコメントに返信
ミュンヘン大学教授カルル・エルンスト・ハウスホッファーが中興の祖。
それを踏襲したヘンリー・アルフレッド・キッシンジャーとズビグニュー・ブレジンスキー

その後のアメリカの隆盛を見ると正しい地政学やね。
93.名無しさん:2020年02月14日 14:34 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>23
※23
白起や王翦みたいに振る舞えれば、楽だったんだけどね。
蒋介石や毛沢東は、シナの伝統にならってたけどね。
より残虐な毛沢東が、最終勝利者になったが。
94.名無しさん:2020年02月14日 14:36 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>31
繁栄しなかった半島国家は、少ないのでは?
95.名無しさん:2020年02月14日 14:42 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>41
※41
織田信長・豊臣秀吉の天下取りも、地政学で説明されるんだから、
日本人が実感しないとは、いえんだろ。
96.名無しさん:2020年02月14日 14:45 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>42
※42
ロシアに売却させた後に、第二次日露戦争すればよかったのに。
より大きな権益が、確保できただろう。
97.名無しさん:2020年02月14日 14:46 ID:npm12JqK0▼このコメントに返信
確かにな。
98.名無しさん:2020年02月14日 14:50 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>44
※44
地政学・外交・政治・経済全て、数学的素養が必要です。
損得勘定の世界なんだから、文系の出番なんて少ないよ。
99.名無しさん:2020年02月14日 14:52 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>50
※50
ハワイ諸島占領言い出す奴が、地政学とか。

面白い冗談だな。
100.名無しさん:2020年02月14日 14:58 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>67
※67
日英同盟延長派だぞ。

101.名無しさん:2020年02月14日 14:59 ID:BsTKXH9Q0▼このコメントに返信
インドが決定的に伸びきれないのはカーストのせい
職安でもある身分制度なので下層ほど肯定する仕様
地理的には実は結構恵まれてるが人の動きが硬化しては
発展もへったくれもない
102.名無しさん:2020年02月14日 15:08 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>90
※90
主力の西部戦線が、塹壕戦術の地獄(乃木希典の模倣)に対して、機動戦術による包囲殲滅戦術で、数的・質的劣勢を跳ね返す東部戦線。

皇帝陛下が、出張ってる西部戦線で勝ちきれないんだし。
ロシアの勝てないほうが、謎だわ。
103.名無しさん:2020年02月14日 15:11 ID:2.RBoNfk0▼このコメントに返信
>>101
※101
ペストで全滅しないぐらい、しぶとい民族。
104.名無しさん:2020年02月14日 15:44 ID:esjDs8iZ0▼このコメントに返信
安倍ちゃんのセキュリティダイヤモンド構想って
もろマッキンダー理論でないかい?
105.名無しさん:2020年02月14日 15:48 ID:uTeAm4gl0▼このコメントに返信
※91
今でも中国がアフリカの貧乏国に金を貸して、その代わりに港押さえたりしてるのは、やはり地政学故だよ。
南沙の件もね。
あいつら列島線があるから簡単には太平洋に打って出られない。
だから沖縄を狙ってたりもする。
106.名無しさん:2020年02月14日 15:51 ID:RwKUc3ha0▼このコメントに返信
アメリカ海軍が異常に強大なのは、スパイクマンのリムランド論の影響。
107.名無しさん:2020年02月14日 16:11 ID:lMOZAvNI0▼このコメントに返信
研究に値する分野ではあるけど、教育に値する分野ではないな
108.名無しさん:2020年02月14日 16:35 ID:jBV1soH30▼このコメントに返信
※98
理系出身技術職として言わしてもらうと、
いざというときにある程度の数学できない奴は論外にしても、
理系出身の技術職とか、「地政学・外交・政治・経済全て」新書レベルでいいから勉強して、自論を語れる奴なんて、ほんの一人握りと思われ。
そんな大学生いたら、官僚でもシンクタンクでも勤め先は十分と思われ。
109.名無しさん:2020年02月14日 16:46 ID:2sFQa1u00▼このコメントに返信
海彦・山彦の神話時代から、海の人vs陸の人の対立は続いている
移動(運輸)コストなのよ結局は
天につばする都市計画・国家計画を強いても、無理は自然に負ける
逆に、交通の技術革新で、最適解がひっくりかえったりもする

※107 軍事だけじゃない
経済地理学とか企業立地論とか、
行政のグランドデザインもに直結よ
110.名無しさん:2020年02月14日 17:13 ID:W7j2nRIy0▼このコメントに返信
朝鮮半島は東アジア諸民族の混血しまくりの土地。それを5千年間朝鮮民族が統治してたと考える時点で虚偽。

百済人と韓国人は全く別の民族。
111.名無しさん:2020年02月14日 17:13 ID:9FRJ7Cbz0▼このコメントに返信
>地政学に自信ニキのヒトラー

そもそもヒトラーは確かに頭はいい、読書好きで勉強好き…なのはいいが学歴コンプレックスと独学過ぎて自分に都合のいい知識のいいとこどりしかできない=勉強や読書をすればするほど偏った知識しか得ることができないタイプ。

なので一般人から見れば自身自慢できるだけ知識量だけど専門家から見れば偏っている上に底が浅い知識でしかないと。
112.名無しさん:2020年02月14日 17:17 ID:pzBDN1IQ0▼このコメントに返信
麻生さん提唱の「自由と繁栄の弧」というのも ユーラシアリムランドを基にした地政学的戦略だな。
113.名無しさん:2020年02月14日 17:37 ID:BU.qKbpG0▼このコメントに返信
個人的には教員免許の必修科目にすべきと確信している。
これをやれば沖縄のキ.チ.ガ.イガーとか言わなくなる
あ、すまん沖縄の基地ガーの間違いだったwwww
114.名無しさん:2020年02月14日 18:35 ID:L6hF62zM0▼このコメントに返信
軍事学っつー事で日本の大学じゃ地政学教えてないんだってな。でも基本的には社会学の一種だろ。
米英の学者が「地政学的には」って切り出して日本の学者が「地政学ナニソレ?」って返すんだろか。
まあ地政学の教本は取り寄せられるだろうし研究くらいはやってるんだろうけども。
地政学の感覚抜きで企業が世界進出したりもしないし上手く行くはずも無い。
地政学と銘打たないだけで似たような研究は何処も当たり前にやってるとは思う。
むしろアメリカの世界進出が下手すぎて困る。昔から戦略音痴。あいつら地政学を学んでるのだろうか。
それとも現行の地政学に欠陥でもあるのだろうか。
115.名無しさん:2020年02月14日 18:40 ID:L6hF62zM0▼このコメントに返信
※113
沖縄県民が地政学とは言わないまでも自分等の地理をきちんと学んでいるならああはなってない。
基地ガーは、単に程度が低いからだよ。他の地域の米軍基地周辺は沖縄とは程度が違う反応なわけでな。
教育施設とか沖縄は腹が立つくらい充実しているのをみるに、程度についてはやっぱ素養がないんだろうな。
116.名無しさん:2020年02月14日 18:44 ID:L6hF62zM0▼このコメントに返信
※108
文系でも専門外のことは頑張っても新書版を何冊か読んでりゃ良い方だよ。
持論をきちんと展開出来る奴は限られる。能力の向き不向きの問題も有る。文系やってりゃ小説家に成れるわけでもない。
117.名無しさん:2020年02月14日 20:55 ID:FQsmKl4X0▼このコメントに返信
※113
後、条約も良く読むべき。
米軍基地を置く約束で、施政権だけ返還して貰ってる訳で本当に帰って来たのか
分からない状態。
多分、米軍基地が無くなったら、沖縄はアメリカに返還することになると思う。
反米基地運動が、実はアメリカへの回帰運動にしかなって無いと言う。
118.名無しさん:2020年02月14日 20:58 ID:.cVttUgR0▼このコメントに返信
※79

緩衝国の意味は、国際法やら多国間条約の意味をちゃんとわからないと難しいよ。

例えば、第一次世界大戦でイギリスが参戦したのは、イギリスがベルギーの独立保証をしていて、ドイツが一方的に侵攻したからだし、第二次世界大戦でポーランド侵攻で英仏が対ドイツ宣戦したのも国際法と条約から。
119.名無しさん:2020年02月14日 21:35 ID:G1vPfU6l0▼このコメントに返信
※28
スペインに侵略されたっていうのは違うんよ
元々南北ネーデルランドはハプスブルク家の統治領で、ハプスブルク家がスペインを領有したことでオーストリア・ハプスブルク家とスペイン・ハプスブルク家の管轄地域を分けたことで、南北ネーデルランドはスペイン・ハプスブルク家統治というふうにされただけ

神聖ローマ帝国皇帝でもあり、スペイン王だったカール5世はネーデルラント・ハプスブルク家出身なんよ
120.名無しさん:2020年02月14日 21:42 ID:G1vPfU6l0▼このコメントに返信
119
ハプスブルク領ネーデルラントをスペイン・ハプスブルク王の代理として統治を委任されていたのが、今のオランダ王家のオラニエ家で、ネーデルラント「総督」の役職を与えられていただけ

エリザベス女王の代行のカナダ総督やオーストラリア総督のような存在
121.名無しさん:2020年02月14日 21:50 ID:G1vPfU6l0▼このコメントに返信
スペイン・ハプスブルク家統治に反発、反旗を翻して独立戦争を起こしたのがネーデルラント総督のオラニエ家
で、独立後は、今のベルギーを含めてオランダの領土、オラニエ家支配地にし、ルクセンブルク大公国もオラニエ家が大公を兼任して同君連合王国にしてた
ベルギー側の南ネーデルラント諸州がオラニエ支配に反発して、独立戦争を起こし、分離独立、ベルギー王家としてイギリス王家と同じザクセン家を迎え、 同君連合解消で分離独立できたルクセンブルク家の方はブルボン家が大公になって、微妙な欧州貴族内でのバランスを作った
122.名無しさん:2020年02月14日 22:00 ID:CadQVwn.0▼このコメントに返信
※84
華僑は中華思想に基づいていて
その中華思想ってのは思いっきり中華華北支配の思想であって
だからこそ移住先でもアイデンティティを固持するって精神性だから
民族性とは無関係というか中華思想を保持するほうが民族性として正しい
123.名無しさん:2020年02月14日 22:31 ID:G1vPfU6l0▼このコメントに返信
地政学というものも世界史を理解する上では重要になるが、第一次世界大戦前後以前の欧州史では、それ以外にも欧州貴族政学というものもあってもいいかと思う
貴族勢力による領有権争い、バランス、そこにさらに教会勢力(カトリックの司教領、ドイツ騎士団などの修道士会、そしてカトリックとプロテスタントとの対立構造)や市民都市国家(共和制)が入り乱れての国盗り合戦、戦国時代だったから
これらが理解できていないと、昔の欧州史は理解できない(部分的にはその頃の確執が今なお尾を引いているし)

より今のような国民国家としての政治や国みたい確立されていったのは第一次世界大戦以降(まあ、フランス革命による共和制化、イギリスの清教徒革命による共和制化みたいなものは第一次世界大戦以前でもあり、国民国家への移行過渡期、影響力も貴族、教会支配体制崩壊の大きなきっかけでもあったが)
124.名無しさん:2020年02月14日 23:23 ID:7t3cOsW50▼このコメントに返信
>>1※1
皮肉のつもりで言っているのは分かるが。
霊的防衛論は近現代に到っても、その国がいかなるイデオロギー、国教を採用するかに言い換える事ができる。
ここ数年でも、ロシアとウクライナの間の紛争でウクライナ正教会がロシア正教会から正式分離した。
正教会の分離独立は、ウクライナの霊的防衛の一環となる。
125.名無しさん:2020年02月15日 05:18 ID:.wQdlGCB0▼このコメントに返信
>>5
そんなリーダーシップやイニシアチブとって何のご利益があるんでしょうか。うまく行けば国際社会でえらい顔ができる、失敗したら評判がどん底に落ちる。でその対策には莫大な金と貴重な医療資源の浪費そして感染拡大のリスクまでつきまとう。
国際法上は拒否する権利がある以上選択肢としてはまだ現実的。ロシア韓国フィリピン中国は全部拒否。受け入れてくれるならアメリカだろうがヨーロッパだろうがいける船なのに行かないのは受け入れのイニシアチブを発揮ししてる国がないからだろ。
国際社会でえらい顔をするためにそんなリスクを負うのは断じて反対。
126.名無しさん:2020年02月15日 05:57 ID:.wQdlGCB0▼このコメントに返信
>>95
信長や秀吉が天下取りになったのは地政学大きいのかなあ?せいぜい越後の上杉と甲斐の武田が山と冬の積雪で進出できず東海道に領地のあった信長が京に進出しやすかった程度じゃねえかなあ。
日本では瀬戸内海が狭すぎたのと海岸線が広すぎて四国がシーパワーで独立できなかったのがね。でも薩摩の島津と安房の里見が生き残ったのは説明できる。
127.名無しさん:2020年02月15日 06:36 ID:ZS5JysHD0▼このコメントに返信
※3
政府と陸海軍を同等にしてしまった時点で避けられない事態だったけどな
128.名無しさん:2020年02月15日 07:39 ID:qncz6n0N0▼このコメントに返信
※111
ヒトラーってものすごい読書家で、兵器カタログの数字とかを執拗に覚えていたんだとか
この軍艦の砲は口径何センチとか、この戦車の装甲の厚さは何十ミリだとか
そういったしょーもないオタ知識を披露してプロの軍人達を圧倒してしまった
129.名無しさん:2020年02月15日 08:10 ID:GlJHjOUJ0▼このコメントに返信
地政学ってもはや過去の遺物なんじゃないの
今はスカイパワーでドカーンで終わっちゃうし
130.名無しさん:2020年02月15日 08:47 ID:S3ykanDo0▼このコメントに返信
>>129
全部が無駄ではない。特に金融と経済には、以前として地政学の法則がハマる。
131.名無しさん:2020年02月15日 08:54 ID:S3ykanDo0▼このコメントに返信
>>130
続き

貿易では海運が費用を節約できて、膨大な物資を運べるからね。空輸で海運並みの物資量と運送コストが実現できるまで、この法則は永久に変わらないんだよ。
もうひとつの手段が電車貨物運搬だが、これは同時に、侵略されるリスクがあるんだよ(兵隊や兵器も大量に他国に運搬侵入されるリスクがね)。
132.名無しさん:2020年02月15日 08:59 ID:S3ykanDo0▼このコメントに返信
>>131
⭕他国内部に電車の架線や線路を引き込むという事は、同時に線路を使って戦車も侵入運搬される。

だから今ロシアが日本に進める、シベリアから日本に繋げる線路配備は、絶対に認可されません。戦争侵略手段にされるからです。
133.名無しさん:2020年02月15日 09:06 ID:t2ogH3za0▼このコメントに返信
地政学とは違うかもしれないが地形学を学ぶと日本史の見方が変わってくるのは確かだな
例えば地形学の概念で近畿三角帯というのがあって、南は中央構造線、東は敦賀湾から伊勢湾の構造線、西は有馬や六甲の断層帯が、近畿の内外を分ける大きな地形境界になっているが、いわゆる天下分け目の戦い(≒畿内の争奪戦)の多くはこの境界上で行われているのが分かる
例えば、一の谷の合戦、湊川の戦い、山崎の合戦、賤ヶ岳の合戦、関ヶ原の戦いなど
134.名無しさん:2020年02月15日 09:08 ID:S3ykanDo0▼このコメントに返信
🈲ロシアが日本にシベリアからの線路を日本に繋げたいのは、日本に戦車を侵入させれるようにする為です。戦車はトンクラスに重いから、海をまたいで運ぶのは至難の技なんです。
135.名無しさん:2020年02月15日 09:19 ID:d9yChWFa0▼このコメントに返信
※129
スカイパワーって言ったって、航空機は航続距離も限られてるし、対空兵器もあるし。
弾道ミサイルじゃ、動き回る軍艦は攻撃できないし。

 シーパワー国家 ( アメリカ、中国、インドは、味方によれば島国とも言えるし )
   ↓
 シーレーン防衛が必須
   ↓
 海軍力の増強
 海外拠点 の確保 ( アメリカにとっての日本やイギリスみたいなの )
 チョークポイントの制圧 ( マラッカ海峡みたいなの )

みたいな傾向になるだろうね。
136.名無しさん:2020年02月15日 12:47 ID:AQwTu14h0▼このコメントに返信
歴史で見て正しいのは半分は当然で歴史分析から構築されてるから
その本分、成果についてはアメリカ合衆国を見てくれ。
ただやはり古くもある、だが地理と世界史と技術史を関連付けて学ぶのはとても有用なことだ
これを実践する学びの場が少ないのは残念なことだね
137.名無しさん:2020年02月16日 00:28 ID:owVuVlUe0▼このコメントに返信
>>61
統一なんちゃらは日本の介入じゃなくてソ連の介入でおきたものだけどな

朝鮮併合はたしかに間違いだったが条約上で確かに認められた日本の権益を中国の馬賊たちが侵害していたんだから
当然日本軍は権益を守るわけで
それを介入だなんだと批判するのはおつむが弱すぎる
138.名無しさん:2020年02月16日 00:29 ID:owVuVlUe0▼このコメントに返信
>>9
地政学的に北がイランほど重要な位置にあればあっという間に滅ぼされただろうよ
139.名無しさん:2020年02月16日 00:31 ID:owVuVlUe0▼このコメントに返信
>>16
大韓帝国みたいにお粗末な外交やってりゃ滅びてたろうがな
タイは自分が緩衝地帯であることを自覚した外交はやってた
140.:2020年02月16日 00:34 ID:owVuVlUe0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
141.名無しさん:2020年02月16日 00:38 ID:owVuVlUe0▼このコメントに返信
>>42
んなもん関係者全員粛清すればいいだけの話
なーんでたかが植民地ごときにそこまで気使ってんだって話

お名前