2021年04月06日 13:05

第二次大戦最強の戦闘機!!零戦!!メッサーシュミット!!

第二次大戦最強の戦闘機!!零戦!!メッサーシュミット!!

l201106210000

引用元:第二次大戦最強の戦闘機!!零戦!!メッサーシュミット!!
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1580819001/

1: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:23:21 ID:3ft
取り柄は早いだけ!!!

1943年
P51「早いし頑丈で高火力っす!!」
コルセア「ほんとすんませんっすwww」
零戦、メッサーシュミット「・・・・・・・・・・・」

2: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:24:20 ID:X25
ゼロ戦言うほど早いか?

3: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:24:50 ID:y4s
サンダーボルトなんだよなあ

4: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:24:51 ID:rvf
マジで零戦しか知らんけど、零戦以外ゴミなんか?

8: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:25:42 ID:3ft
>>4
零戦最強時代の1年後にはゼロ戦の欠点を補った上に零戦より早い機体が大量生産されたんやで

13: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:26:43 ID:rvf
>>8
名前は?

16: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:26:57 ID:3ft
>>13
大正義コルセア

20: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:27:33 ID:rvf
>>16
日本の~話を~しとるんや~~~!!!!!!
日本の戦闘機といえば零戦しかマジで知らんけど、他はゴミなんか?って~~~~~
聞いとるんや~~~~~~~!!!!!!

21: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:28:03 ID:y4s
>>20
そんなことはない
ただ、数が少なすぎていないのと同じ

23: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:28:22 ID:3ft
>>20
日本なら紫電かな零戦以上は・・・まあ土俵が違うけどね

24: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:28:32 ID:X25
>>20
海軍機なら雷電、紫電、実戦配備間に合わんかったけど烈風、震電

5: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:25:04 ID:3ft
当時は早かった   (1941年)

6: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:25:32 ID:X25
早かったと言うよりそんなに遅くはなかったレベルやん

9: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:25:54 ID:AY1
P38ライトニングをすこれ

12: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:26:10 ID:3ft
>>9
デザインきもい
コルセアだいすこ

14: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:26:45 ID:3ft
ちなドイツ軍機でだいすこなのはメッサーシュミットme262かsu87です

15: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:26:46 ID:X25
ゼロ戦の長所はなんと言っても航続距離の長さやろ

18: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:27:10 ID:y4s
コルセアて沖縄に爆弾落としまくったやつやん
カッコはええけど

米軍機すこやけど、経緯がなー

23: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:28:22 ID:3ft
>>18
そら日本ぶっ潰すために作られたしな

19: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:27:20 ID:AY1
F4Uは羽曲がっててなんかきしょくわるい

22: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:28:14 ID:AY1
そもそも艦載機と陸上機比べないでよ

25: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:28:53 ID:3ft
>>22
土俵が違うよなすまそ

26: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:29:20 ID:X25
陸軍機なら隼、鐘馗、飛燕、疾風、五式戦

31: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:30:32 ID:mbr
>>26
隼の方が余裕ある設計で末期でも良かったみたいだな

34: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:31:13 ID:AY1
>>31
そこまで弱くないしね

27: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:29:53 ID:3ft
まあでもロマンならドイツ
質実剛健ならアメリカ
愛着なら日本やな

29: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:30:17 ID:3ft
そんなワイは利己的やから質実剛健なアメリカ軍機がだいすこです

30: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:30:20 ID:y4s
ソ連…

35: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:31:28 ID:TYL
30機でやっとドイツ戦闘機1機を落とせるとまで言わせたソ連空軍

38: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:31:47 ID:3ft
>>35
ミグとか生産されてたのにどうしてこうなった

45: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:33:06 ID:o3q
>>38
ドイツが化け物ぞろいだったししゃーない

36: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:31:39 ID:X25
元は落ちこぼれやったのに最後まで連合軍の脅威になった隼すこ

43: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:32:43 ID:mbr
>>36
なのに知名度ェ…

40: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:32:28 ID:ZLn
戦闘機オタクはニワカ
本物は爆撃機を極める

48: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:33:28 ID:3ft
>>40
あんなの的やないけまあでもB24とかB29のバカみたいに多い機銃はロマンよな

50: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:34:04 ID:o3q
>>48
お前200機のランカスターの下でも同じこと言えんの?

56: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:35:39 ID:3ft
>>50
ロケット弾食らわせたるわ(なお命中率)

51: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:34:16 ID:ZLn
>>48
は?空軍の発展の主軸は爆撃やぞ?
それを守るのが戦闘機の役目であってお前らは脇役や

56: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:35:39 ID:3ft
>>51
それは否定せーへんなせやけどな攻撃機ちゅーもんがあるんやこいつは爆撃もドッグファイトもお手の物やで

55: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:35:02 ID:y4s
実際、戦争の主役は爆撃機や

戦闘機は爆撃機を守ったり爆撃機を落としたりするのが仕事

61: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:38:06 ID:1Vr
まあそうやって戦略爆撃機と迎撃機に極振りした結果がベトナムの敗戦なんですけどね

65: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:39:15 ID:roI
>>61
ナム戦の空戦胸アツやろ。
もしアメリカとソ連で本格的にやってたらと思うと・・・

66: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:40:07 ID:o3q
>>61
戦闘では言うほど負けてないやろ。
盤外戦で負けただけや

72: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:41:51 ID:1Vr
>>66
序盤はアメリカ空軍ボコボコにされてるぞ

76: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:42:54 ID:roI
>>72
まあジェット機の戦闘なんて朝鮮戦争以来だししゃーない

69: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:41:24 ID:ZLn
戦略爆撃を発明したのはイギリス
無差別爆撃を発明したのがドイツ
それをガチでやったのがアメリカ

89: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:46:41 ID:y4s
誰もメッサーシュミットの話してなくて草

92: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:47:44 ID:roI
>>89
ドイツ軍機不人気なんかな・・・ロマンの塊なのに。

95: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:48:24 ID:o3q
>>92
所詮ドイツは数で押し切られた「敗北者」じゃけえ

99: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:49:36 ID:roI
>>95
滅びの美学やで。

対戦末期に素晴らしい機体を持ちながらパイロットは未熟で次々とソ連やアメリカに撃ち落とされる様はまさに無情なり

91: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:47:24 ID:FVj
メッサーシュミットは社名定期

94: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:48:10 ID:roI
>>91
ワイはme262がすこです

108: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:50:41 ID:uV6
アメリカといえばグラマン!マスタング!言われとるけど
サンボルこそアメリカンファイターやぞ

111: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:51:14 ID:y4s
>>108
せやせや

116: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:52:59 ID:roI
>>108
異常に硬いのに零戦以上の早さとかいう欲張りセット
これは勝てませんわ

121: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:55:20 ID:o3q
個人が通常兵器を用いたものとしては
歴史上もっとも人を殺しているであろうルーデルの
愛機スツーカが最強ということで

132: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)21:59:24 ID:AY1
ワイの祖先は陸軍だからなぁ・・・

134: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:00:15 ID:y4s
ワイのじーさんも陸軍
戦争のことなんも語らなかった

137: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:01:14 ID:X25
ワイのジッジは海軍で飛行機製造に携わってたらしいで
それと原爆食らった

139: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:02:43 ID:3ft
じっじは特攻を命じられたけど死にたくないからってずっと家で泣いてたらしいわ
それ聞いて他の死んでいった人もそうだったんだなと涙が出た

143: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:04:34 ID:y4s
>>139
生き残った人の話でも、
「絶対死にたくないのに場の勢いで何故か志願してしまった」ってのがあった
みんな辛かったに違いないわな

144: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:05:01 ID:uV6
>>143
まさに「Noとは言えない日本人」
やな!

147: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:05:53 ID:3ft
>>143
かわいそうよな・・・みんなワイより下手したら年下や17歳も居たんだよな・・・
「死ぬために志願したわけじゃない」って口答えしたら殴られたらしいな・・・

142: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:03:41 ID:3ft
そんで特攻命じられたけど嫌で嫌でわざとエンジンをいじって故障に見せかけて2回も不時着したらしい。
ワイはカッコ悪いと言われようが生きようとしたじっじを尊敬するで

146: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:05:52 ID:X25
ブラック労働と同じ心理やで

149: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:06:22 ID:FVj
ブラック企業に就職したら少しは心境が分かるかもしれんで

152: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:07:31 ID:3ft
たった半年以下の訓練で実戦やらされて沖縄戦目前には特攻を命じられたらしい

153: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:08:01 ID:X25
軍隊が無くなっただけで、この国の精神性はこれっぽっちも変わってないんやで

155: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:09:10 ID:3ft
>>153
そら100年以下なんやししゃーなしやで
今の人類の進歩なんざ2000年単位で見ればほんのわずかなもんさ

162: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:18:44 ID:X25
これでも末期の日本軍にとっては通常攻撃よりも効率的な方法やったんやで

やからたまに見る「特攻なんて非効率なことした日本軍」批判はやっちゃいかんのやで
この理屈は裏を返せば「効率的であれば特攻は正当化される」ことにつながり、事実末期日本軍にとっては最も効率的な手段やった
つまりこれは「特攻を肯定する理論」になってしまうんや

166: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:21:33 ID:y4s
>>162
なるほど

163: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:19:41 ID:7vQ
日本の若い命は死ぬしアメリカの若者の精神は深く傷つくし
誰も得しない特攻

165: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:21:07 ID:3ft
>>163
アメリカ海軍は「マジで太平洋戦線から引かせてくれ」って泣きを入れるレベルの被害やったようやな

167: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:22:16 ID:7vQ
>>165
滅茶苦茶対空砲を増設したんや

168: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:23:38 ID:3ft
>>167
末期の大和並みのハリネズミ状態やしな・・・

170: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:25:58 ID:uV6
最前線で特攻機一手に引き受けるレーダーピケット艦は叙勲受けまくりやな
配置された水兵も海軍内で一目置かれてたそうな

172: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:26:48 ID:3ft
>>170
そら時速600キロ以上で突っ込んでくる鉄の塊相手に戦うんだもんな・・・

182: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:37:05 ID:X25
ゼロと隼の差はまともに後継機を用意できたかどうかの差やな

187: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:44:03 ID:X25
そもそも部品作る機械がアメリカ製と言うね

190: 名無しさん@おーぷん 20/02/04(火)22:46:12 ID:RQE
生存率の低い期待が最強というのは違和感
基本的日本機はそういう安心感が皆無なのが嫌い
飛行機が壊れる前に自分が死にそう
いざ戦争になったら乗りたいという機体ではないな

197: 名無しさん@おーぷん 20/02/05(水)07:17:30 ID:EGv
>>190
朝鮮戦争のB-29の生存率はな・・・


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2021年04月06日 13:10 ID:zZHfq8gK0▼このコメントに返信
零戦は鈍足だよ
一番遅い戦闘機
それが零戦
2.名無しさん:2021年04月06日 13:12 ID:pkW6cOHT0▼このコメントに返信
Me 109が前縁スラットを活用した場合、ライバルのスピットファイアより小さな
半径で旋回できたことを知らない人が多過ぎるな。実は巴戦向きの機体だったというのに。
3.名無しさん:2021年04月06日 13:13 ID:ZrG5MclL0▼このコメントに返信
救国戦闘機こと、スピットファイアさんのことも思い出してあげてください。
4.名無しさん:2021年04月06日 13:20 ID:HxqzSYDA0▼このコメントに返信
日中戦争では中国はアメリカから莫大な軍事支援を受けてたが
戦闘機はお下がりで羽根が2枚の複葉機の戦闘機しかなかった
それでゼロ戦と空中格闘しても全く勝負にならず全機撃ち落されて
しまったそうだ
当時はゼロ戦のデビュウー時期で世界最先端の戦闘能力が
有ったそうだw
5.名無しさん:2021年04月06日 13:22 ID:J6xWyvDi0▼このコメントに返信
何度も同じような説明するのが面倒くさいのでここの管理人はWarThunderでもやってきてください。
6.名無しさん:2021年04月06日 13:23 ID:31UhzN.H0▼このコメントに返信
.
戦後、米軍の評価では「 疾風 」が最高傑作機認定。
エンジンさえ調子よければ、無敵やったからな。
7.名無しさん:2021年04月06日 13:28 ID:e1fNCROn0▼このコメントに返信
まあ、ぶっちゃけた話、大戦期レシプロ最強はP -51になるやろ。個人的にはTa152が好みやけどね。更に言うと、何でもありならMe262の方がP -51より上になるだろうね。
零戦は旧日本海軍が格闘戦と中高度と航続距離に重きを置き過ぎた事と、その戦術思想に凝り固まり過ぎて、零戦を超える機体の開発が遅かった。基礎技術の低さも相まって、新規の高出力・高高度用エンジンが開発出来なかったのも痛い。
メッサーシュミットは航続距離が短いのと、構造が少々繊細過ぎた。ぶっちゃけた話、同時期に存在していたフォッケウルフの方が使い勝手が良かった。例えるなら、メッサーシュミットはサラブレッドで、フォッケウルフは軍馬。残念な事に、フォッケウルフは軍から補助戦闘機扱いされたが故に高高度用のエンジンが供給されず、中高度戦闘機に留まった。メッサーシュミットが政治力を行使して、フォッケウルフに高高度用エンジンを供給しない様に圧力を掛けた様だけどね。
8.名無しさん:2021年04月06日 13:30 ID:YPB9oHOY0▼このコメントに返信
> ミグとか生産されてたのにどうしてこうなった

ミグが大注目浴びたのはドイツの技術が行き渡った後の15とか19だ
つまり大戦後
9.名無しさん:2021年04月06日 13:32 ID:HzcM9oo20▼このコメントに返信
※6
>エンジンさえ調子よければ、無敵

疾風はあのレースエンジン()ありきの戦闘機やぞ
10.名無しさん:2021年04月06日 13:33 ID:RJAfmhSZ0▼このコメントに返信
ゼロ戦が登場した当時は世界でも最強。航続距離は世界で1番長い。時速も500キロ台を出せて、強力な20ミリを2丁備え、風防は360度見渡せる。小回りが利いて空戦能力は最高。敵が後ろについても、巴戦で逆に敵の後ろにつけれる。まるでサーカスで使う曲芸飛行する戦闘機。
11.名無しさん:2021年04月06日 13:33 ID:HzcM9oo20▼このコメントに返信
※7
>零戦は旧日本海軍が格闘戦と中高度と航続距離に重きを置き過ぎた

全部源田が悪い
12.名無しさん:2021年04月06日 13:35 ID:zZHfq8gK0▼このコメントに返信
※4
そんなに零戦が強いのになぜ日本は敗戦したんだい?
13.名無しさん:2021年04月06日 13:37 ID:dJapUyZS0▼このコメントに返信
※2
Bf109Gシリーズで、馬力や主翼形状こそ劣るがあのP51Dと同等以上の格闘戦闘能力がある。
14.名無しさん:2021年04月06日 13:38 ID:kdJ1zIRd0▼このコメントに返信
何を持って最強とするか
単に格闘戦なら間違いなく日本の零戦と隼があげられるだろうし
一撃離脱ならそもそも速いP-51だろうし
日本機は無いわ~って言っちゃう奴って上昇力には目を向けないんだよねw

なおスタイリングは長鼻ドーラが大好きだ
15.名無しさん:2021年04月06日 13:42 ID:dJapUyZS0▼このコメントに返信
日本も試験的に輸入したハインケルHe100Aも忘れないでね。
結局、ドイツ空軍は熱烈なナチ党員だったウィリー・メッサーシュミット博士のBf109の採用になった。
16.名無しさん:2021年04月06日 13:43 ID:J6xWyvDi0▼このコメントに返信
※11
今作れるもんでどうやって戦うか工夫しただけやろ
安定して高精度に精製できなかったし工業化も半端なとこで開戦してるから高精度水冷も運用しきれんし(整備兵が対応できなかった)
なので高高度からの高速一撃離脱をしてた連中に一泡吹かせるには低空を低速でひらひらして速度上げて舵が固まった連中を食ってたんやで
17.名無しさん:2021年04月06日 13:49 ID:p.TZtP3X0▼このコメントに返信
メッサーシュミットのなに?
それ会社の名前やでボケ~~
18.名無しさん:2021年04月06日 13:50 ID:sEqt5c6z0▼このコメントに返信
零戦は運動性能は最強だけど、防御力がなさ過ぎだよ。
P-51もP-47に比べたら防弾に弱い。
疾風は逆に武装がやや劣る。
という訳で、日本軍機なら隼が一番じゃない?
世界最強は、P-47。

あと、特攻を見てPTSDになったアメリカの若者は沢山いた。
司令官レベルですら精神がやられて戦後直ぐに亡くなった人が何人かいる。
キリスト教で自らタヒることを禁じられているアメリカ人には理解出来ない。
19.名無しさん:2021年04月06日 14:04 ID:kdJ1zIRd0▼このコメントに返信
※1
>>1
君の名前はキム?パク?
20.名無しさん:2021年04月06日 14:06 ID:7Rw0vmE50▼このコメントに返信
>>2
自動前縁スラットは低速じゃないと基本的に出ないのでリスクが高すぎなんだよ、少なくとも現場のエース達はそれがあるから勝てるぜとは書いてない
21.名無しさん:2021年04月06日 14:08 ID:YokD0sSP0▼このコメントに返信
第一次世界大戦だったら
フランスのスパッド7かドイツのアルバトロスD5が最強だよな?
22.名無しさん:2021年04月06日 14:11 ID:HzcM9oo20▼このコメントに返信
※16
>今作れるもんでどうやって戦うか工夫しただけやろ

漸減作戦もそうだがなんで相手が都合よく自分たちが得意な土俵に乗っかってくれるわけがないだろ。
都合の良い思い込み過ぎる。エンジン出力は兎も角、急降下速度が遅過ぎる。
23.名無しさん:2021年04月06日 14:11 ID:HRoE23F10▼このコメントに返信
>>18
疾風で武装が劣るのに隼が1番とは…???

運動性能がいかに良くともそれは翼内機銃さえ捨てた結果であってドイツのようにモーターカノンもないからただの貧弱軽戦闘機やぞ

時代はパワーまかせの重戦闘機になっていたから日本も烈風や疾風なんかにシフトしていた。

まあ烈風は堀越技師ブラックすぎ問題と空母艦載用の要求性能があって形にならんかったが
24.名無しさん:2021年04月06日 14:12 ID:7Rw0vmE50▼このコメントに返信
>>18
隼はいくらなんでも火力無さすぎてどうしようもないわ
落とされないけど落とせない
25.名無しさん:2021年04月06日 14:17 ID:hgawtREV0▼このコメントに返信
家のじいさんがゼロ戦作ってたけど、中島飛行機は今でいう「ホワイト企業」だったらしい。
今、武蔵野市に残ってる公共設備は中島飛行機の福利厚生施設をそのまま使ったと聞いている。
26.名無し犬:2021年04月06日 14:20 ID:5jjbrrLG0▼このコメントに返信
速度、上昇力、運動性、航続力、コスト、防御力、ジャイロ照準器、Gスーツ、後方警戒レーダー、航法装置・・・
あらゆるバランスから考えて二次大戦最強戦闘機はP51で間違いあるまい。
かつて雑誌で、零戦の展示飛行を行った米人パイロットへの、インタビューをみたことがある。
さまざまな二次大戦機に乗った経歴のある人物だった。
記者がある質問をしていた。
「零戦がP51よりも優れているところは何ですか?」
コーヒー吹いた。そりゃ無理筋だろう。記者も意地悪な質問するなー。そう思ったが米人パイロットの解答は見事なものだった。
「P51は素晴らしい飛行機だが離陸直後の低速域では何も出来ない。ゼロは違う」
昔から戦闘機の運動性については翼面荷重とか旋回半径とか言われていたが、どうもそれは違うような気がしていた。
維持旋回率も少し違うような気がする。
日本軍パイロットからも、P51は軽快な運動性を持つ、と評されていた。この事実だけでそれらは覆る。
主翼のもたらす揚力というのは、速度に応じて増大するからだ。
翼面荷重は低ければ良いというものではなく、高速機にはそれに適した翼面荷重がある。
なるほど高速機であれば、翼面荷重は高くても良いのだ。もちろん問題はある。離着陸速度は相当に低くなければならない。
米人パイロットはそれを述べていたのだ。
なんのことはない。米人パイロットは「高速機に対する低速機の利点」を述べていただけのことであった。
ちなみに記者が四式戦について聞くと、米人パイロットは破顔して「あれはゼロよりも良く出来た飛行機」と言った。
自分は大いに満足であった。
27.名無しさん:2021年04月06日 14:20 ID:oqv7gWhv0▼このコメントに返信
>>23
零戦を貶めるための隼上げ、っていつものパターンだよ
28.名無しさん:2021年04月06日 14:21 ID:QTPep5RA0▼このコメントに返信
取り柄は名前は格好いい
29.名無しさん:2021年04月06日 14:24 ID:oqv7gWhv0▼このコメントに返信
>>22
急降下制限速度

零戦二一型  629km/h
零戦三二型  680km/h
零戦五二型甲 740km/h
紫電二一型  790km/h
F4U-3 780km/h
F4F3 880km/h
FM-2  685km/h
F6F3 770km/h
F6F5 800km/h
F4U1 740km/h
F4U4 790km/h

極端に遅い訳でもなく、降下終わって上昇となると、推力重量比の関係で零戦が逆転するんだよね
30.名無しさん:2021年04月06日 14:38 ID:YqXO06v80▼このコメントに返信
同盟国ヘタリアどうした?
31.名無し犬:2021年04月06日 14:54 ID:5jjbrrLG0▼このコメントに返信
零戦と言えば、よく運動性云々が言われるが・・・
日米戦初期に米軍が零戦に手を焼いていたころは
米軍パイロットが求めたのは、速度、上昇力、で零戦を上回る戦闘機である。
寡聞にして「運動性に優れた戦闘機を!」と求めた例を聞かない。
おわかりか?
日本軍パイロットの生き残りの方々が何を語ろうと
零戦が強かったころ、というのは速度、上昇力に優れていたから強かったのであって
運動性云々というのは、手になじむ、とかいうレベル。いわば扱いやすさの問題に過ぎない。
ただ・・・
運動性重視 → 軽量化 → 高い上昇力
という図式は成立する。
陸軍では九五式戦闘機の時代から、同世代の他国機に対して
速度はやや劣るが、別次元の上昇力を誇っており、それはそれで興味深い。
32.名無しさん:2021年04月06日 14:55 ID:dKnkMpnc0▼このコメントに返信
強弱を語るなら、まず条件を示せ。最低限「レシプロ戦闘機に限る」と「操縦士の技量は同等とする」と「機数は同じ」は必要だろう。
例えば「高度2,500m以下で、一対一の巴戦をする」という条件なら「隼」が最強で、Yak-9が次点候補だ。更に「艦上戦闘機に限る」という条件を追加すると96式艦戦が最強。
全く違う条件「高度1万mで飛来する重爆撃機編隊に対して、短時間で急上昇し、12.7mmの防御弾幕を被弾しても落ちずに粘り、複数を撃墜できる迎撃戦闘機」にするとTa-152が有力となる。
幅広改良プロペラを装着したP-47Dも有力候補なのだが「戦争が終わった途端に全部発注キャンセル」になったのは欠点が大きいからだ。理由は「燃費が悪くて製造・維持費がかかりすぎる」ということ。そういう経済面まで考慮するとP-51のほうが「戦後も製造販売が継続された」という点が考慮され高評価となる。
33.名無しさん:2021年04月06日 14:58 ID:AYWG4yaE0▼このコメントに返信
零戦は航続距離だろ。なおそのせいで無茶な作戦やらされる模様
34.名無しさん:2021年04月06日 15:00 ID:eZg4btq.0▼このコメントに返信
>>24
当時は12.7mm乗ってれば十分だろ
35.名無しさん:2021年04月06日 15:01 ID:upuXaVyq0▼このコメントに返信
※25
なお「空飛ぶ戦艦・二式大艇」こと二式飛行艇ががが
36.名無しさん:2021年04月06日 15:04 ID:aE2emqnN0▼このコメントに返信
※18
P47俺も推しなんだがF9が気になる。
37.名無しさん:2021年04月06日 15:06 ID:J6xWyvDi0▼このコメントに返信
※30
いや、あすこは割と及第点のいいの作ってんのよ
G.55 チェンタウロ 620 実用12700
MC.202 フォルゴーレ 600 実用11500
MC.205V ヴェルトロ 640 実用11500
Re.2005 628 実用11500

遅いし足短いけど実用高度一万超えられるという
戦争末期に日本が欲しかった性能持ってるとか
38.名無しさん:2021年04月06日 15:06 ID:BFb65lTW0▼このコメントに返信
>>30
鈍足の爆撃機と格闘性能特化の鈍足戦闘機と何故か飛行艇集中的に装備してた。
39.名無しさん:2021年04月06日 15:07 ID:AYWG4yaE0▼このコメントに返信
零戦は防御低いからダメって、的外れな意見よな
当時の日本の工業力での量産エンジンはあれが限界なのだから
中途半端器用貧乏より、一芸に秀でた方が作戦の幅は広がるし生存率も高い
と、思う
40.名無しさん:2021年04月06日 15:12 ID:GHJnI.H50▼このコメントに返信
曾祖父の弟が隼に乗っていて、P-38と遭遇したらしいが
何発か喰らったが命拾いしたから
隼の防弾力はかなりなもの。
41.名無しさん:2021年04月06日 15:12 ID:n3H2YKZX0▼このコメントに返信
戦闘機が日進月歩で進化してた時代だから同じ年に配備された同士で比較しないと意味なくね
あと生産数も考慮しないと
42.名無しさん:2021年04月06日 15:22 ID:aznnCZ5e0▼このコメントに返信
ドイツ軍機は総じて航続距離短すぎる。500キロって、EV並やで!
43.名無しさん:2021年04月06日 15:24 ID:10rXrepY0▼このコメントに返信
>ドイツが化け物ぞろいだったししゃーない

300機撃墜クラブね
44.名無しさん:2021年04月06日 15:24 ID:aE2emqnN0▼このコメントに返信
※37
全てドイツのエンジンのおかげでしょ、日本だってあんだけダイムラーのエンジン貰えばもっともっと
いい戦闘機作ってるよ。
45.名無しさん:2021年04月06日 15:25 ID:dLC..oZT0▼このコメントに返信
東部戦線で、Bf109もFw190も落とされまくっとるがな。
(Bf109は、足回りの故障の方が多そうだが)
制空権の喪失が、ソ連の縦深攻撃許したんだし。
46.名無しさん:2021年04月06日 15:31 ID:6MYCpLfi0▼このコメントに返信
※44
ライセンス生産のフィアットやアルファ製が殆どだぞ
まあ日本と違って技術交流はやりやすい利点はあったが
47.名無しさん:2021年04月06日 15:33 ID:dLC..oZT0▼このコメントに返信
※37>>37
アルファロメオのDB601もフィアットのDB605も、大した数を生産してないからな。
両社合わせても愛知に及ばないし。
川崎よりは、マシなんだろうけど。
48.名無しさん:2021年04月06日 15:34 ID:lbE5kHe20▼このコメントに返信
五式戦闘機だろ。
49.名無しさん:2021年04月06日 15:35 ID:dKnkMpnc0▼このコメントに返信
※21
SPAD Ⅶは「固有安定に乏しいから新米には乗りこなせない、じゃじゃ馬」であり、水平飛行中に勝手に錐揉みに入るという恐ろしい癖が有った。その名声はだいたいエスカドリル・シゴーニュとギンヌメールの華々しい活躍のせい。
アルバトロスD.Ⅴは「無理に急旋回すると空中分解する欠陥機」であり、誰がどう見てもフォッカーD.Ⅶが最強。個人的には「どんなに荒っぽい旋回をしても壊れない、高い急降下速度が持ち味のファルツD.Ⅲ」がもっと注目されるべきだと思う。
50.名無しさん:2021年04月06日 15:36 ID:dLC..oZT0▼このコメントに返信
※38>>38
紅の豚の国だけあるな。
51.名無しさん:2021年04月06日 15:39 ID:dLC..oZT0▼このコメントに返信
※24>>24
対戦闘機&単発機なら余裕。
零戦22型までより火力ある。
対爆撃機だと火力不足。
52.名無しさん:2021年04月06日 15:40 ID:tP1b9hpD0▼このコメントに返信
※6
発動機が調子よくても構造上全力運転を制限されているんじゃな
53.名無しさん:2021年04月06日 15:40 ID:tP1b9hpD0▼このコメントに返信
ゼロと隼の差はまともに後継機を用意できたかどうかの差やな
54.名無しさん:2021年04月06日 15:41 ID:pkW6cOHT0▼このコメントに返信
>>42
さすがに500kmは嘘。
Me 109E-3が660 km(増槽が付けられない)、
Me 109F-4が増槽なしで643 km、増槽付きで845 km。
Me 109G-10が増槽なしで540 kmだが増槽付きで850 km。
Fw 190A-3なら増槽なしで800 km、Fw 190D-9なら増槽なしで835 kmは飛べる。

ソース:
ttps://de.wikipedia.org/wiki/Messerschmitt_Bf_109
ttp://www.historyofwar.org/articles/weapons_bf_109E.html
ttp://www.historyofwar.org/articles/weapons_bf_109F.html
ttp://www.historyofwar.org/articles/weapons_bf_109G.html
ttp://www.historyofwar.org/articles/weapons_focke-wulf_Fw_190A.html
ttp://www.historyofwar.org/articles/weapons_focke-wulf_Fw_190D.html
55.名無しさん:2021年04月06日 15:46 ID:mkJSYYBp0▼このコメントに返信
>P-51
アメ機としては撃たれ弱く、冷却系統が虚弱体質。
WW2最強は262やろうな。
56.名無しさん:2021年04月06日 15:46 ID:dLC..oZT0▼このコメントに返信
※20>>20
昭和の解説書だと、インメルマン・ターンしやすくてBf109の得意技てのがあったな。
57.名無しさん:2021年04月06日 15:46 ID:oqv7gWhv0▼このコメントに返信
>>34
不思議だよな
零戦だと20mmでも相手は防弾装備があるから通用しないと言われるのに、隼だと12.7mmだから充分だ、となるんだから

58.名無しさん:2021年04月06日 15:47 ID:tP1b9hpD0▼このコメントに返信
いかん※53は誤送信
>ゼロと隼の差はまともに後継機を用意できたかどうかの差やな
中島の1式戦+2式戦=4式戦の流れは見事だが
三菱の開発能力の低さはちょっとな
平和な現代でもB787の主翼生産とMRJの開発遅延に次ぐ遅延は惨憺たるものだし
戦時中であれでは致命的
59.名無しさん:2021年04月06日 15:47 ID:pkW6cOHT0▼このコメントに返信
>>45
どこの国だろうがエースの陰ではエースに成れなかったパイロットが山ほど落とされてるもんだぞ
なお「着陸しにくい機体じゃない。Me 109で着陸事故を起こす奴がいるとすれば、訓練不足であっただけだ」
という趣旨の証言が複数ある。

ttp://www.virtualpilots.fi/feature/articles/109myths/
60.名無しさん:2021年04月06日 15:48 ID:dLC..oZT0▼このコメントに返信
※55>>55
同じ液冷なのに、P-40系は強靭と言われるのに、
P-51だけは脆弱扱いなんだろ?
P-38/39も脆弱扱いされないし。
61.名無し犬:2021年04月06日 15:48 ID:5jjbrrLG0▼このコメントに返信
人命軽視の軍隊というのは矛盾命題である。
自軍の被害の大小も勝利条件に含まれる以上、
たとえ冷酷無残な指揮官であっても、有能であれば考慮に入れないわけはない。
こう言えば「無能だったから」という。
その論理の粗雑さ、稚拙さには呆れるばかりである。
零戦の防弾装備の遅れは、よく指摘されるところではある。
以前にも書いたがこれは日米戦の経過も影響している。
ガダルカナル戦中に、少なからぬ戦闘機が味方基地間近まで帰還しながら、燃料切れで墜落した。
多くの機材、搭乗員が失われた。
この現状に鑑みたものであろう。
防弾装備をするくらいなら、少しでも燃料を搭載した方が生還率が上がる、という判断である。
結果的に間違いであったかもしれないが、一定の合理性がある。
シャア・アズナブル少佐の「当たらなければどうということはない」という有名な言葉があるが
敵弾を避けがたい大型機の防弾装備は必須としても
小型機は敏捷性を維持する方が有利、という考え方もまた、一定の合理性がある。
62.名無しさん:2021年04月06日 15:49 ID:pkW6cOHT0▼このコメントに返信
>>20
だが巴戦になれば双方とも速度を失っていくんだから、前縁スラットが有用だったことは否定できないのでは。
63.名無しさん:2021年04月06日 15:51 ID:pkW6cOHT0▼このコメントに返信
>>60
P-51はラジエーターが被弾しやすい位置にあったと聞いてる。
また爆撃機の護衛としてバランスを崩れるほど燃料を搭載していた場合、
小回りが利かなかったからという理由もあるだろうな。
64.名無しさん:2021年04月06日 15:57 ID:tP1b9hpD0▼このコメントに返信
※4
零戦は一応日中戦争時の戦闘機なんだよな。太平洋戦開戦当時主力になっていただけで
中国空軍の使う二流以下の欧米やソ連戦闘機相手ならそりゃ活躍もするわ
65.ピカチュー☆彡:2021年04月06日 15:59 ID:O..R1gq20▼このコメントに返信
爆撃機好きという変態が変態こそ正義を騙るスレ
66.名無しさん:2021年04月06日 15:59 ID:vNS5QNZY0▼このコメントに返信
ゼロ戦のどこが最強やねん
ゼロ戦ほど撃墜された戦闘機ないやろう
67.名無しさん:2021年04月06日 16:00 ID:J6xWyvDi0▼このコメントに返信
※44
日本も飛燕は量産したで
ただ、工業化が開戦前にやり切れてなかったから現場整備やパーツ供給が追い付かなかったので稼働率や精度が出せなくて無理やった
68.名無しさん:2021年04月06日 16:01 ID:xQN43F9Z0▼このコメントに返信
最強Me262とか言ってるのは
あれのエンジンの耐久時間とか知ってて言ってるんだよな
ロマンで好きだけど
69.名無しさん:2021年04月06日 16:05 ID:J6xWyvDi0▼このコメントに返信
※68
コメートでも実戦配備される状況でのMe262だからアリなんじゃない?
初期のF-15も全開だと15分だし
70.名無しさん:2021年04月06日 16:09 ID:0l0wfKgQ0▼このコメントに返信
※44
それは、違うよ
ダイムラー・ベンツ製DB.601エンジンは、日本とイタリアに提供されたライセンスユニットだったが
高度に応じて無段階かつ自動的にインペラー速度が変わるスーパーチャージャーや、
フルニードルローラーベアリング支持のクランクといった複雑な構造を抱えていた。
我が国でも川崎航空機や愛知飛行機などでライセンス生産が行われていたものの
クランクの加工不良や焼入れのノウハウ不足に起因する信頼性不足に悩まされた結果、結局物にならなかった。
オリジナルと同等の性能をクリア出来たのは、アルファ ロメオ製RA1000RC41「モンソニエ」エンジン
だけだったと言われており、いかに高い技術力を有していたかが解る。
71.名無しさん:2021年04月06日 16:21 ID:5.V.c4GH0▼このコメントに返信
機材や整備の質もそうですが、幾ら旧軍が優れた戦闘機を造っても搭乗員の数が圧倒的に少ないです
ただでさえ才能、適正があって教育、選抜をくぐり抜けても一人でしかないのは変わりなく、一人が活動できる時間、期間には限りが有ります、
米軍側はと言えば、取り敢えず死なない程度の錬成で人員を確保して無理をさせない、ローテーション制で休養を取らせ再訓練を経て復帰してくる
そりゃ、優秀な機体と搭乗員でも疲弊して摺りつぶされてしまいます。  
72.名無しさん:2021年04月06日 16:21 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>6
日本のモノは「エンジンさえ良ければ…」ばっかりだよな?要するに実戦で使えないってことだろ?
73.名無しさん:2021年04月06日 16:25 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>11
元々は艦隊護衛戦闘機。陸攻護衛の航続距離はおまけ性能。そこを攻撃大好きな海軍が長距離進攻に使ってしまった。
74.名無しさん:2021年04月06日 16:27 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>12
ゲルググがあってもジオンは負けた。そういうことだよ…
75.名無しさん:2021年04月06日 16:28 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>15
性能は良さそうだけど翼面ラジエーターは微妙だね…
76.名無しさん:2021年04月06日 16:28 ID:J6xWyvDi0▼このコメントに返信
※72
初撃は無理てだけ
一旦降りてくればエネルギー競争でお互い旋回しあって射線入ったら撃てる戦いだから日本機有利
で、当時は戦艦を攻撃したいわけなので基本低空が戦場だから艦隊戦である程度抑えられてた中盤までは勝負になってたわけさ
それがなくなった後は戦艦の対空砲も余裕出てくるから辛くなったって感じ
77.名無しさん:2021年04月06日 16:29 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>17
当時、だいたいBf109を意味してたぞ?
78.名無しさん:2021年04月06日 16:31 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>77
実際は速度記録用の改造機だったらしいけどね…
79.名無しさん:2021年04月06日 16:31 ID:lbE5kHe20▼このコメントに返信
※74
搭乗兵が学徒兵だから、しかたないよ。
出現が遅かったのが、悔やまれるよ。
80.名無しさん:2021年04月06日 16:47 ID:oqv7gWhv0▼このコメントに返信
>>59
それ、源田のもっと訓練とどう違うの?

構造強化したT型及びT2型が離着陸が楽だと大好評だったという複数の証言があるが、これは訓練不足の甘えなのか?
81.名無しさん:2021年04月06日 16:48 ID:kSq4a9RF0▼このコメントに返信
>>72
ゴムパッキンさえ作れずオイル漏れを起こしていた日本が勝てるわけないだろって皮肉じゃね?
82.名無しさん:2021年04月06日 16:53 ID:J6xWyvDi0▼このコメントに返信
※81
工員が学徒兵だから、しかたないよ。
開戦が早かったのが、悔やまれるよ。
83.名無しさん:2021年04月06日 16:53 ID:GADLh14P0▼このコメントに返信
ちょと失礼、P-47サンダーボルトが通りますよ
84.名無しさん:2021年04月06日 17:03 ID:IFb.ZPJy0▼このコメントに返信
空戦ゲームで下手くそな自分にはちょっとそっと被弾しても落ちないP-47は実に頼もしい
当時の戦闘機の中では最も重装甲その割りには速度もかなりの物
その分運動性はお察しだけど一撃離脱戦にそんなものは要らん

総合性能で言えばP-51に劣るだろうけど実際に乗せられるのなら生存性が高い機体がいいな
85.名無しさん:2021年04月06日 17:10 ID:dbgkLJqS0▼このコメントに返信
>>4
全機撃墜はしとらんけどな
86.名無しさん:2021年04月06日 17:10 ID:GADLh14P0▼このコメントに返信
意外と日本機の弱点は軽い事、急降下で機体が上がってしまう対しアメリカの機体は沈み込むよってダイブでは逃げ切ることができない、
大戦前半は軽い機体を生かし上昇力で逃げ切れたが後半はパワーに勝る米軍機から逃げ切ることは厳しい
87.名無しさん:2021年04月06日 17:13 ID:dbgkLJqS0▼このコメントに返信
>>74
零戦はザクだろ・・・
大戦末期の日本にはゲルググに値する航空機はなかったけどな
疾風も五式もなんとか立ち向かえる程度
88.名無しさん:2021年04月06日 17:14 ID:Dk2XWwv90▼このコメントに返信
零戦は飛行速度は大したことないぞ。海軍が導入やめたのも、要求仕様での飛行速度が満たされてなかったから。
航続距離と上昇速度の2点が優れていたことで陸軍が暫定採用した。
その上昇速度を利用して上昇して逃げる→追ってきた敵機を僚機が仕留めるっていう戦法の一点張りだった。
その戦法がバレて対処されたあとは結構悲惨。
89.名無しさん:2021年04月06日 17:16 ID:Dk2XWwv90▼このコメントに返信
※74
日本はゲルググを作れなかったジオンや。
90.名無しさん:2021年04月06日 17:16 ID:pkW6cOHT0▼このコメントに返信
>>80
促成栽培のパイロットだったら脚を折るかもねって程度だろ。
ここ(ttps://www.ww2-weapons.com/pilot-training-of-the-luftwaffe/)
によると1942年までは部隊配属前、戦闘機乗りで150時間から200時間の
飛行時間があったというのに1944年前半には160時間、後半には112時間で
戦場に送られてる。こうなりゃ脚を折るパイロットも出てくるさね。

T型の離着陸が楽なのは構造強化というより、空母搭載を見越して脚の間隔を
広げたからだよ。確かにその方が、脚の間隔が狭いよりは着陸が楽だ。
パイロットの練度と関係してくる改良ではない。
91.名無しさん:2021年04月06日 17:20 ID:ooZA1IFm0▼このコメントに返信
>>44
上手くコピーできない基礎技術力の低さを恨め
92.名無しさん:2021年04月06日 17:28 ID:WX6WtIQo0▼このコメントに返信
早いだけとか調べたことすらなさそうだわな
93.名無しさん:2021年04月06日 17:40 ID:HzcM9oo20▼このコメントに返信
※48
>五式戦だろ

三式の頑丈な機体にベストではなくとも、当時の日本で最善を尽くした空冷星型の
組み合わせをもっと早く気づいていたらなって感じだよな。
三式戦の開発指示は1940年2月だからその時点で「水冷はやめとけ」って話に
なっていたらなぁ…
94.名無しさん:2021年04月06日 17:44 ID:IFb.ZPJy0▼このコメントに返信
>>88
パラレルワールドか何かの歴史か?
零戦は海軍機だ
95.名無しさん:2021年04月06日 17:45 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※8
ミグ3とか安定性の悪い欠陥ギリギリの機体だしね。
大戦時のソ連機ならヤク3,ヤク7、ヤク9とかラグ7当たりが良い機体だけど。
まともに出てくるのが戦争後半。なんといってもソ連空軍は緒戦で奇襲食らって地上で機体を撃破されて
やむなくI16とかの旧式機を使わざるを得なかったのが痛い。
96.名無しさん:2021年04月06日 17:46 ID:tJtkppzA0▼このコメントに返信
※1
>>零戦は鈍足だよ
>>一番遅い戦闘機
>>それが零戦

メッサーの初期型を知らないのかよ・・・
97.名無しさん:2021年04月06日 17:47 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※21
フォッカーD7か8、でなきゃソッピース・キャメルとかは?
98.名無しさん:2021年04月06日 17:51 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※49
新米でも扱うならSE5
99.名無しさん:2021年04月06日 17:53 ID:hTfFivHu0▼このコメントに返信
>>88
零式「艦上」戦闘機を海軍が導入せず陸軍が採用とか草

こいつ零戦一一型が陸軍機とか思ってるバカなのかwww
100.名無しさん:2021年04月06日 17:54 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※68
実質的には増加試作レベルの機体をむりやり量産して使ってるようなもんだからね。
いや英のミーティアも似たようなもんだけどさ。
見かたによっては無理すればアメリカもP‐80の初期型を1944年後半には前線に出せてたのかもしれない。
101.名無しさん:2021年04月06日 17:56 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※76
酒井三郎、巴戦やった奴は墜とされた。
102.名無しさん:2021年04月06日 17:57 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※55
ジェット機と比べてどうする。でもMe262あエンジンの調子がなあ
103.名無しさん:2021年04月06日 17:58 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※58
海軍が、中途で同じ設計陣に局戦作らせたのと、零戦の改修をやらせまくったのがいかんのよ。
104.名無しさん:2021年04月06日 18:00 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※79
自分は発艦はできますが、着艦はできません。
映画、連合艦隊のレイテ沖海戦のセリフ、まあ実際は着艦も出来はしたらしいけど。
105.名無しさん:2021年04月06日 18:01 ID:tJtkppzA0▼このコメントに返信
※99
知らない奴が語りだすとボロがねぇ

武田鉄矢も朝のラジオ番組で二次大戦の事を語ってたけど
マレー沖海戦で「陸軍の航空隊が800トン魚雷を搭載して
イギリスの戦艦を沈めた。」みたいな事を・・・

早朝から一気に目が覚める解説だったな(´・ω・`)
106.名無しさん:2021年04月06日 18:01 ID:MlXZ.Mwk0▼このコメントに返信
M3戦車の「さっさと設計・さっさと配備」思想が大好きな俺としては、疾風が出て来るまでしっかり繋いだ鍾馗に1票。
107.名無しさん:2021年04月06日 18:04 ID:lp3Gvcdf0▼このコメントに返信
そら、P-47D
108.名無しさん:2021年04月06日 18:05 ID:oqv7gWhv0▼このコメントに返信
>>105
武田鉄矢は他にも三笠の甲板を見て、「貧乏な日本が精一杯背伸びして造った戦艦だ、こんなに木材を使ってる」って言ったことがある

多分同じ番組じゃないかな?
「今朝の三枚下ろし」って題名じゃない?
109.名無しさん:2021年04月06日 18:06 ID:1E.LkuKn0▼このコメントに返信
P-47だと思う。あと戦闘機じゃないが便器も落とせるA1攻撃機(ちょっと遅れてきたけど)、後期型のスピットも迎撃賎としてなら。
110.名無しさん:2021年04月06日 18:09 ID:oqv7gWhv0▼このコメントに返信
>>90
トレッド幅が狭く離着陸速度が高速

普通に事故り安い条件が揃ってるよ
こんな機体を条件の悪い野戦飛行場で使う訳なんだし
これ、設計上の問題点だよ
これをパイロットの練度のせいにしちゃいかんよ

111.名無しさん:2021年04月06日 18:16 ID:tJtkppzA0▼このコメントに返信
※108
まさか番組名当てるとはw
最近は全然聞いてないけどねぇ・・・

あと後日に番組の感想を紹介する週があって
この事を突っ込まれたら「みなさん詳しいですねぇ~(めんどくせぇ・・・)」
的な反応やったな
112.名無しさん:2021年04月06日 18:43 ID:DAgvJ1oW0▼このコメントに返信
>>4
P-26/36が複葉機だとは、聞いたこと無いな。
ソ連からのI-15なら複葉機だったが。
113.名無しさん:2021年04月06日 18:48 ID:oqv7gWhv0▼このコメントに返信
>>111
俺もたまたま聞いてて、え?って思ったよ

あの人幕末以外はあんまり詳しく無いんじゃないかなw
114.名無しさん:2021年04月06日 18:52 ID:FaehiR860▼このコメントに返信
>>17
外国も日本の小銃の事アリサカライフルって言ってるわ
115.名無しさん:2021年04月06日 18:59 ID:SyeeEZo80▼このコメントに返信
>>111
これだから世間一般からミリオタはキモいと思われるんだw
116.名無しさん:2021年04月06日 19:00 ID:kdJ1zIRd0▼このコメントに返信
V12を削る中ぐり盤とか洒落にならぬ大きさだろうな
うちの工場にゃ四メートルベッドの大型旋盤があるけど再購入は現実的でない
今オーダーしても納期は数年単位
ベッドの鋳物吹いて寸法落ち着くの待ってから加工、熱処理、加工をゆっくりと繰り返しそして研磨研磨で寸法だして
1台だけじゃ価格に合わぬとして数台まとめての生産になるし…って事で納期が大変長い

まぁ何が言いたいかっていうと海外から新エンジン導入する際はそのエンジンより何倍もデカくて重い工作機械を同時に導入願います
あとそのエンジンを大量生産する場合はお早めに内示ください
機械揃えるだけでなく職人も用意して素材屋や熱処理屋にも準備させてあととにかく色々準備が要りますんで
117.名無しさん:2021年04月06日 19:00 ID:DAgvJ1oW0▼このコメントに返信
>>95
重武装のLa-5も捨てがたい。
胴体銃が、20mm4挺という狂気の世界。
118.名無しさん:2021年04月06日 19:01 ID:DAgvJ1oW0▼このコメントに返信
>>93
陸軍様が、ドイツの真似したいんだし。
119.名無しさん:2021年04月06日 19:04 ID:DAgvJ1oW0▼このコメントに返信
>>106
フィリピン戦始まるまで、お茶引いてただけじゃん。
120.名無しさん:2021年04月06日 19:10 ID:10rXrepY0▼このコメントに返信
北欧で猛威を振るった、フィンランドの空の真珠ブルーステルB-239も好き
121.名無しさん:2021年04月06日 19:16 ID:bvg59WKb0▼このコメントに返信
>>4
ドイツも軍事顧問団を送って居たよ❗
122.名無しさん:2021年04月06日 19:53 ID:0l0wfKgQ0▼このコメントに返信
※116
V12の一体何処を旋盤で中ぐり加工するの?
意味が解らない。
123.名無しさん:2021年04月06日 19:55 ID:z4ItjKAf0▼このコメントに返信
※60
離着陸時、主脚を下げた後に車輪カバーを畳まんと、らジエ隊の吸入空気量が減ってオーバーヒートする。
効率の良いラジエターかも知れんが、実用機としては打たれ弱すぎる。
対地攻撃でラジエターに被弾したら簡単に落ちる。
P40あたりのラジエターはガバガバやから強靱なんやろな。
124.名無しさん:2021年04月06日 19:58 ID:z4ItjKAf0▼このコメントに返信
※68
それを言い出したら日本軍機でも誉搭載機はクソという事になる。
最強は隼か零戦か、やっぱり5式戦かな。
125.名無しさん:2021年04月06日 20:02 ID:z4ItjKAf0▼このコメントに返信
※102
262はWW2で実用化され、実戦投入されて戦果も上げてるが。
126.名無しさん:2021年04月06日 20:05 ID:z4ItjKAf0▼このコメントに返信
※117
Me262。
なんやそんな豆鉄砲。
俺は胴体に30mm4門やで。
127.名無しさん:2021年04月06日 20:20 ID:uR5tfFH70▼このコメントに返信
隼が余裕ある設計てどんなソースやねんw主翼に機銃も積めないのに。速度もⅢ型まで零戦より遅いし。
1941 零戦21型509㎞/h、20ミリ機銃✕2+ 7ミリ機銃✕2>隼1型495㎞/h、12ミリ機銃✕1+7ミリ機銃✕1
1943 零戦52型563㎞/h、20ミリ機銃✕2+ 7ミリ機銃✕2>隼2型548㎞/h、12ミリ機銃✕2
1945 零戦52型563㎞/h、20ミリ機銃✕2+13ミリ機銃✕2>隼3型560㎞/h、12ミリ機銃✕2

防弾タンクと防弾鋼板が背中に有ったので防御力は隼の方が良いだろうけど。
128.名無しさん:2021年04月06日 20:31 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
※125
102だけどジェット機が性能いいのはあたりまえじゃんという意味で書き込んだ。
なおエアコメットについては見ないこととする。ミーティアは量産形の本命は性能向上してるからOK
129.名無しさん:2021年04月06日 20:33 ID:JcT.XLdG0▼このコメントに返信
モビルスーツに例えてる人がいるけど、ww1機がザクとかで、零戦あたりはへビーガンのような気が。
それでジェムズガンとかジャブリンとか間に合わなかった感じ。
130.名無しさん:2021年04月06日 20:45 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>91
そうそう。
例えオリジナルを輸入して使っていても整備能力の低さでダメになる。
飛行47戦隊が画期的といわれる時点でお察しの整備能力なんだよ。当の47戦隊の刈谷氏は「当たり前の事を当たり前にやっただけ」と言っている。
131.名無しさん:2021年04月06日 20:52 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>58
中島飛行機との規模の違いだからなぁ…
中島は機種だけでなくセクションごとのチームも持ってたからね…例えば脚なら脚専門のチームとか…三菱は層が薄かったからチーム長にかかってくる。これでは堀越さんも倒れて当たり前。過労で亡くなったチーフもいるそうだし…
132.名無しさん:2021年04月06日 20:56 ID:hTfFivHu0▼このコメントに返信
>>106
繋いだ?
そもそも
軽戦闘機→隼
重戦闘機→鍾馗
双発戦闘機→屠龍
の3種でワンセットだろ

そこから繋いだのは軽重をまとめた中戦闘機飛燕
133.名無しさん:2021年04月06日 21:02 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>70
クランクの加工不良や焼入れのノウハウ不足に起因する信頼性不足

これを当時の独在日武官?に確認したら「え?ボンボン叩いて整形してつくればいいだけ!」との答えだったとか。日本はそのボンボン叩く機械がなかったらしい。
134.名無しさん:2021年04月06日 21:02 ID:kdJ1zIRd0▼このコメントに返信
※122
V12を加工するであろう中ぐり盤
そして大型旋盤のベッドにかかる納期の話は別個なんだが、そもそも何故一緒にしようとするのか理解不能

中ぐり盤自体の存在をもしかして知らないのかな?
ベアリング受け等の制度が必要な部分、それが多数ありお互いの位置に対しても厳しい公差となっている場合は中ぐり盤、通商「中ぐり」の出番だ
そもそもV12の泣き所がクランクであり、ということはベアリング位置の肝となる受けの加工は大変重要だぞ
135.名無しさん:2021年04月06日 21:09 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>93
川崎航空機も空冷化案は昭和19年にはあったそうだ。
確かに緒戦で空輸→半分が墜落ではね…
「明石工場が信頼性改善でがんばってるのを見てて空冷化が言い出せなかった」らしく、「情に溺れた」そうだ。
その情で何人のパイロットが犠牲になったかと思うと、ちょっとねぇ…
陸軍も強権振るってもよかったと思う。
136.名無しさん:2021年04月06日 21:13 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>108
この人らの世代は子供の頃の戦記ブームで「日本軍=貧乏」で刷り込まれてるからね。某大御所戦争漫画家も「日本軍はみすぼらしいから描きたくない!」と言ってたしね。
137.名無しさん:2021年04月06日 21:18 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>105
マレー沖海戦で陸軍の航空隊が…

興味ない人は「陸上攻撃機→陸軍機」「海軍=空母」と勘違いする人もいる。

陸自のヘリも空自から借りてると思ってる人もいる。その人は「なんで陸なのに航空隊なんてあるの?陸なら大砲や戦車じゃん??あ!空自から借りてるんだね!」と言ってた。
138.名無しさん:2021年04月06日 21:21 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>132
隼、鍾馗のいいとこ取りの集大成が「疾風」
139.名無しさん:2021年04月06日 21:21 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>113
興味なければそんなもんでしょ?
140.名無しさん:2021年04月06日 21:26 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>127
ちなみに隼四型なるものも試作された。
誉搭載、翼の設計変更で翼内機銃装備。
でも「疾風」が生産されたからボツ…
141.名無しさん:2021年04月06日 21:33 ID:m6kQYvMM0▼このコメントに返信
※139
113だけど、そう思ったから指摘の手紙送るようなマネはしてないよ

でも、貧乏だったから三笠は木が沢山使われてるはないだろ
後年のどの戦艦でも甲板は木の板張ってあるっての
142.名無しさん:2021年04月06日 21:35 ID:.2Bx.MQH0▼このコメントに返信
※126>>126
双発ジェット機が単発のプロペラ機と競うなよ。
30mmだと弾のほうが遅い、てことなかったのかな?
143.名無しさん:2021年04月06日 21:40 ID:u3zAup1C0▼このコメントに返信
三式戦闘機「たまに急降下時にうっかり音速出してました。」
144.名無しさん:2021年04月06日 21:51 ID:ozqCnepw0▼このコメントに返信
ゼロ戦の長所を最大限に生かす作戦を立てれば良かった。何も空中戦をする必要はない。
アメリカの飛行機では届かない距離から相手空母を狙えばよい。
一方的に攻撃できる。空中戦などしなくても相手空母が沈めば飛行機は還る場所がない。
相手の空母がいなければ、戦艦と輸送船だけなら飛行機の餌食で、島の攻略はできない。
ミッドウェーでも島の攻略と見せかけて、相手空母をおびき出す作戦に徹すれば良かった。
戦艦や巡洋艦の軽空母の偵察機で徹底的に相手空母を探し、南雲機動部隊は後方から見つけた相手空母を攻撃する作戦を取っていたら勝利しただろう。
ゼロ戦も、戦艦も使い方が下手だったな。
145.名無しさん:2021年04月06日 21:54 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>103
それが一番いかんけど、会社の体制もねぇ…
146.名無しさん:2021年04月06日 22:01 ID:AO20fEOw0▼このコメントに返信
>>99
たぶん陸上攻撃機、陸上戦闘機→陸軍機で海軍は空母機しかない!と思ってるんだろ?

147.名無しさん:2021年04月06日 23:08 ID:.SVq8O.50▼このコメントに返信
※130

パイロットは高学歴の学徒兵を回せたけど
整備兵は航空部隊だけ別扱いするわけにいかず、三十過ぎの未教育兵
で穴埋めしてたからしゃーない。
148.名無しさん:2021年04月06日 23:18 ID:0l0wfKgQ0▼このコメントに返信
※134
>>V12を削る中ぐり盤とか洒落にならぬ大きさだろうな
これ書いたの誰よ?
俺は、その巨大な中ぐり盤で、V12の何処を加工するか聞いてるの。
船舶ディーゼルエンジンじゃ無いんだぞ。
お前は航空用12気筒のクランクの支持ベアリングの大きさ解ってんのか?
149.名無しさん:2021年04月06日 23:24 ID:RWVvpbY00▼このコメントに返信
>F4Uは羽曲がっててなんかきしょくわるい
翼をまげて脚の長さを助けてやらなきゃプロペラが床に接するくらいの馬力を持ったエンジンだったからな。
「プラット・アンド・ホイットニー R-4360」 4300馬力のエンジンを乗っけた機体を見て見たかった。
150.名無しさん:2021年04月06日 23:30 ID:m6kQYvMM0▼このコメントに返信
※149
下方視界悪すぎで、流石のアメリカ海軍も危なすぎということで直ぐには
艦上運用のOKを出さなかったから海兵隊が陸上基地で使用してた

そしてそれをホイホイ着艦させるイギリス・・・
151.名無しさん:2021年04月06日 23:43 ID:RWVvpbY00▼このコメントに返信
※150
着艦失敗してひっくり返ってる写真がいっぱい残ってるよね。
プロペラ径に合わせて機体は設計して見たものの、キャットシリーズのどれかの径の小さいペラを
試しにつけてみたらかえって速度が上がった、なんて逸話も残っていたりする。
152.名無しさん:2021年04月07日 00:07 ID:IQECSSUK0▼このコメントに返信
>>110
でも実際に乗ってた人たちは、「着陸は難しくない」だの「失敗するのは新兵くらいだ」と
言ってるわけでな。

ttp://www.virtualpilots.fi/feature/articles/109myths/
153.名無しさん:2021年04月07日 00:10 ID:.Ygp8G7.0▼このコメントに返信
※151
小径ペラの方が加速は良いらしいな
日本機のペラの径が小さいのは、着陸脚を長くしたくなかったのも
あるが加速力を重視しての選択らしいし
154.名無しさん:2021年04月07日 00:13 ID:.Ygp8G7.0▼このコメントに返信
※152
それ、ベテランの腕自慢なだけでしょ

じゃあなに?訓練期間が充分にとれない末期では次々事故起して
さらに戦力低下させることになるが、それは問題ではないと言いたいの?

あくまで訓練しないそのパイロットが悪いんだと?
155.名無しさん:2021年04月07日 00:36 ID:41XNuVyH0▼このコメントに返信
>>154
訓練不足で事故るなんてMe 109に限らない問題だろ。
着陸事故で失われたMe 109は約1500機と、全生産数の5%程度。
だったら着陸が難しい機体だったなんて言えん。
何かのせいにするならロクに訓練も実施できなくなった枢軸側の戦争指導だよ。
日本だって末期は発艦できても着艦できないような低練度のパイロットも飛ばしてたんだぞ。
156.名無しさん:2021年04月07日 00:38 ID:LffJlruC0▼このコメントに返信
※153
総じて日本軍戦闘機速度遅いよな。大戦中に700キロオーバーの単発レシプロ戦闘機(試作機含む)と飛ばした米英独ソ。せっかく戦前にメッサー輸入して模擬戦した結果、多少小回りが利いたところで速度が勝ってる機体相手ではまともに射撃位置につくことすらできない。って結論出してたのに。
157.名無しさん:2021年04月07日 00:40 ID:3biyprqC0▼このコメントに返信
おまらの主観で好きな兵器を推してるだけだよな
158.名無しさん:2021年04月07日 01:01 ID:OzZUlOmi0▼このコメントに返信
※57
ハヤブサとゼロとの比較とは違うが。.50口径だから、20ミリだから、って言うのは大した意味がない。M2は代表的な.50口径だけど、発射速度や直進性を兼ね合わせると、日本の12.7も13ミリも全然かなわない、むしろゼロの20ミリに近い破壊力だし。(陸軍、海軍いずれも、M2のコピーを作ろうとしたができないから、あんな形になった)。まあ米軍もMG42をコピーしようとしてうまく行かなかったらしいから、原稿のコピーをとるほどには簡単じゃないのは仕方が無い。ドイツだってスピットファイア欲しがったようだし。
159.名無し犬:2021年04月07日 01:07 ID:NZCL6I0r0▼このコメントに返信
戦前のアメリカ航空局、NACAの発表で、単発機の最大の空気抵抗要素は翼胴干渉であるというのがあった。
単発小型機は中翼が空力的に最も有利であると。
なんとその発表後の全ての米戦闘機は空力的な意味で全て中翼である。
空力的な意味での中翼というのは、胴体と直交するという意味である。
これを勘違いしたのは川西で水上戦闘機「強風」の設計をするにあたり、中翼だからフィレット必要無しとやっちゃった。
強風のいわゆる「中翼」は位置的には中翼に「近い」かもしれないが、
胴体と直交してるか? といえばぜんぜん直交してない。
その結果「乾燥バナナ」と呼ばれる無様で巨大なフィレットを追加することになった。
この無様なフィレットは紫電、紫電改にまで踏襲されることになる。
なぜか同じエンジンで計画された「雷電」も残念なことをやってる。
低翼は良いとしても、胴体のオーバーハングはいただけない。翼と干渉する胴体部をわざわざ最大径とする最悪の設計・・・
ところがこれ、翼胴干渉と、雷電特有の視界の問題を「烈風」では完全に解決している。
雷電の経験は無駄では無かった。
ところが、三菱の自社製エンジン「ハ43」のごり押しによって「烈風」は失敗する。三菱は失敗の原因は、海軍による「誉」のごり押しとしたが、驚くべきことにこれが通説となる。終戦までハ43の実用化が出来なかったという一点だけでこの説は覆るのだが・・・
もし三菱が「誉」を採用して、海軍が翼面荷重150㎏/㎡を認めていたら、紫電や疾風と同時期に、同じくらいのサイズで「烈風」は完成していただろう。疾風よりやや翼面積大きく、やや軽量、もしかしてそれは、堀越先生の云う、「世界の脅威」になっていたかもしれない。
160.名無しさん:2021年04月07日 08:37 ID:4.6RMtbr0▼このコメントに返信
※158>>158
日本陸海軍のM2コピーは、使用する弾丸が弱かっただけの話しで、
完コピじたいは可能だぞ。
161.名無しさん:2021年04月07日 09:47 ID:mJLUaZj40▼このコメントに返信
>>155
飛行場と空母への発着艦を同列に扱うの?

やっぱり日本を貶す事が目的だって良くわかるよ
5%の事故率もドイツだから大した事はなくても日本だったら駄目だと言うんだろ

しっぽが見えてますよ、それともエラかな?
162.名無しさん:2021年04月07日 10:57 ID:M9d.oBAA0▼このコメントに返信
>>161
よし、文脈を追ってみよう。
どこの国だろうと所期の教程を満了すれば空母だろうが陸地だろうが
満足に着艦も着陸もできるだろ。だから戦争前半と末期の新兵の飛行時間を
比較することには意味がある。だが日本にせよドイツにせよ、こなすべき
飛行時間をかけてられなくなったから未熟なパイロットだらけになった、
その原因はそんな状況を作り出した両国の戦争指導だって話だろ。

俺には貴方が相手の主張に沿って反論できてるようには見えん。
別に「(訓練時間が足りなくなって)空母に着艦できない飛行兵が増えた」
同じく「着陸で脚を折るパイロットが増えた」と指摘することが「日本を貶す」
(もしくは「ドイツを貶す)ことにはならんだろ。否定しようもない事実だ。
日独ともまともに訓練されたパイロットならそんなことにはならないわけで、
Me 109乗りの言い分については>>152で紹介してくれてるな。
163.名無しさん:2021年04月07日 10:58 ID:M9d.oBAA0▼このコメントに返信
>>161
>5%の事故率もドイツだから大した事はなくても日本だったら駄目だと言うんだろ

に至っては誰も言ってないし、文脈上そのように言う意味もない。貴方が相手の論旨を
ねじ曲げようとしているだけ。

>しっぽが見えてますよ、それともエラかな?

そして相手を貶め始める、と。少なくとも俺には、貴方がまともに議論できる者ではないと
分かった。
164.名無しさん:2021年04月07日 13:46 ID:8P50uKOA0▼このコメントに返信
日独はまだマシやんけ。
イタリアなんて戦闘機の名前が浮かんでこんぞ。
165.名無しさん:2021年04月07日 13:51 ID:8P50uKOA0▼このコメントに返信
※113
竜馬ファンだってことは知ってるけど幕末に詳しいのか?
それなら大塩平八郎の乱やフェートン号事件なんかも当然知ってるはずだけど、そういう事知らなさそうだよ?
166.名無しさん:2021年04月07日 16:02 ID:L7tO7v5I0▼このコメントに返信
※142
飛んでる機体から撃ち出された弾速は、機速。+銃の初速になるんだよ。
だから対重爆戦でも追尾射撃より、ヘッドオンの方が相対速度が大きくなって射撃効果が大きくなる。
167.名無しさん:2021年04月07日 16:05 ID:L7tO7v5I0▼このコメントに返信
※147
学歴と操縦技量は関係が無い。
若年で操縦を始めた方が覚えも早い。
今で言う、Fランでモヤシみたいなヤツが使い物になるか。
だから使い捨ての特攻要員なんだよ。
168.名無しさん:2021年04月07日 16:08 ID:L7tO7v5I0▼このコメントに返信
※151
長さより太い方が効率が良いみたいやね。
考えてみれば同じ回転数なら、長い方が音速に近付いて効率が落ちる。
P-47のエースパイロットの手記に、ペラを太短い物に変えたら、エンジン馬力が上がったような効果があったと書いてたな。
169.名無しさん:2021年04月07日 17:12 ID:s98WsyxW0▼このコメントに返信
※66
Me109は、零戦の3倍以上墜とされてるよ、生産数調べてみろよ。
170.名無しさん:2021年04月07日 17:54 ID:9bzQCIW80▼このコメントに返信
※167
扱い悪い前提がある世代だから士気たらんで特攻は無理やで
手前で着陸なり不時着するし操舵が自動や固定ならそもそも人要らん
171.名無しさん:2021年04月07日 17:55 ID:9bzQCIW80▼このコメントに返信
※170
特攻なんて内地に守るべきものが居るからできるんやで
172.名無しさん:2021年04月07日 17:55 ID:9bzQCIW80▼このコメントに返信
※171
あれ、あんかーが自分になってらごめんだよ
173.名無しさん:2021年04月07日 18:30 ID:AH8BFOZM0▼このコメントに返信
※164
マッキ2002とか2005とかいろいろあるし優秀な戦闘機もあるにはあるよ。
検索すればいろいろ見れて面白いよ。
174.名無しさん:2021年04月07日 18:34 ID:AH8BFOZM0▼このコメントに返信
※167
当時の大学はFランレベルは無いでしょ。
ほとんどの人が大学に進学しない時代だよ。
高等小学校出が大多数の時代、航空力学のやら航空工学の初歩を教えるには
大学進学者の方がアドバンテージがあったのは確か。
大学のグライダークラブなんてのもあったし。
175.名無しさん:2021年04月08日 14:06 ID:wc.e7tsC0▼このコメントに返信
単発機とはいえP47もコルセアも日本機と比べるとめちゃくちゃデカい。
ヘルキャットもゴツい。零戦とは軽自動車と大型SUVぐらいの体格差があってとてもライバルとは思えない。

お名前