2020年01月27日 14:05

日本刀より西洋刀のほうが人を殺めるための武器としては優れてるよな

日本刀より西洋刀のほうが人を殺めるための武器としては優れてるよな

20190529142307

引用元:日本刀より西洋刀のほうが人を殺めるための武器としては優れてるよな
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1580034310/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:25:10.448 ID:lcHSJgh60
耐久性も持続力もなさすぎる

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:25:58.832 ID:gpf6odl4d
やっぱ斧だよ

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:26:16.620 ID:Tl1/Sywn0
日本刀って戦終わったあとに首狩るのに特化してたんじゃないの?

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:27:05.172 ID:yzAjFOg40
レイピアなんか耐久力も持続力も全然ないやん
持続力っていまいちなぞだけど

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:29:48.990 ID:9BK5J4FE0
西洋刀とかいうパワーワード

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:29:55.028 ID:Jgdpv5330
日本刀って折れないんだぞ
撲殺するのには最適

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:31:59.455 ID:O2p3H3lk0
弓が最強だぞ
銃が出てからは銃だぞ

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:33:08.594 ID:oaTE/tvg0
日本と海外じゃ製鉄技術が違う
大量の鉄を加工するなら海外だけど
玉鋼だったかなんだったか何度も叩いて柔軟な鉄にしたのが日本刀だとかなんだとか

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:45:09.620 ID:Jgdpv5330
プレートアーマーって思ってるよりペナペナだからな
そりゃ斬る事はできんけど刀ならエストックみたいに普通に刺さるよ

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:50:48.474 ID:GrA1fM1g0
フルプレートアーマーなんて使える場所が限られてるんだよ
平坦な広所で敵と正面からぶつかる場合でしか使えない

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:56:41.477 ID:y31gkIN4p
日本刀で斬り殺した死体より西洋剣で叩き潰した死体の方が惨そう

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:58:24.485 ID:GHvV1ZKWa
ようわからんけど西洋は
フルアーマーで武装してるから刃物よりは
鈍器が多かったって話だが

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 19:58:50.228 ID:oaTE/tvg0
そもそもプレートアーマー同士の最前線に軽装は無理だな
矢が雨あられだし
そしてプレートアーマー同士の最前線はメイスや戦槌
陣が崩れた時点で騎兵が突撃そういう世界
であったけどそのプレートアーマー勢もロングボウで意外と簡単に死んだっていうのが
どこかでの戦いにおけるブレイクスルー

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:01:35.768 ID:Jgdpv5330
歴史上最後に戦場で使われた剣がサーベル
西洋は遅れてたからイスラムのシャムシールを見て驚いてサーベル作ってやっと追いついた
曲刀が剣の最終形態だ

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:04:11.801 ID:3YhxyIfV0
>>44
いや第二次世界大戦の日本刀だぞ
中にはサーベル型もあったが片手の剣術が日本人には合わなかったので
実戦用は日本刀に戻っていった

51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:08:15.612 ID:Jgdpv5330
>>47
言い方が悪かった
最後に使われたのは曲刀って事で

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:06:59.250 ID:RiC8yjmua
>>44
銃刀もあったしスペツナズ含むアーミーナイフ等で今も刃物(剣)は使われるんじゃない?

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:02:19.278 ID:hT9yT7Pla
日本刀は1対1用、西洋刀はどちらかと言うと戦用だから用途が違うだろ
殺めるだけなら日本刀に敵わない

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:03:38.839 ID:GHvV1ZKWa
刃物は使えないでドヤってる奴は
たとえば1対1で武器防具は自由で殺しあい
って条件出されたら何選ぶのよ?
フルプレートと鈍器を選ぶんか?
何も持ってない奴に倒されてなぶり殺しにされそうだが

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:06:19.866 ID:oaTE/tvg0
曲刀の本領は馬上での斬撃だとおもうよ
馬の突進力が曲刀を伝わると自動的に斬る力に変わる
なので日本刀が歩兵用剣の理想である可能性はまだある

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:06:55.864 ID:3YhxyIfV0
完成度なら日本刀の方が上
ソードの種類が多いのは完成形の模索の段階で
しかもフルプレートなんて流行って刃物の利点が潰れたから
鈍器が出てきて気が付いたころには銃の時代で完成する前に終わった

52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:08:25.439 ID:mmpqx2kM0
片刃の剣が刀な

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:18:13.338 ID:GrA1fM1g0
盾「そろそろ俺の出番かな」

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:18:24.912 ID:oaTE/tvg0
しょぼい弓矢程度ならはじく
クロスボウとロングボウはしね
あと重装歩兵は+大盾があることを忘れないで

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:25:35.851 ID:bE9lmoxIa
オークみたいな体格の奴らが着るフルプレートを打ち抜くイギリス式ロングボウってどんなんなん

69: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:28:51.558 ID:3YhxyIfV0
>>65
あれ引く人間も腕の長さが変わるまで鍛えた怪物だから
武器としてはただただ固くしただけの弓で引く重さに対しては威力は低い

80: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 20:50:38.869 ID:f8x5Veey0
レイピアもエストックもエペも
都市部で甲冑なしの決闘に使うための武器だろ
甲冑を刺突で倒すなんて無理無理

88: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/26(日) 22:44:44.619 ID:RiC8yjmua
日本刀のすげえのは
平安時代や鎌倉時代の物が一番とされる所

93: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/01/27(月) 00:34:28.078 ID:6nA2GfwA0
そもそも日本刀もいろいろ種類があるんだが
あの形状が完成されすぎていて全部同じに見えるだけ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年01月27日 14:08 ID:rTevyS8b0▼このコメントに返信
薙刀一択
2.名無しさん:2020年01月27日 14:09 ID:zXv74dIg0▼このコメントに返信
戦場は槍、屋内戦は片手剣
なにが最強かじゃなくていいじゃない
刀は抜刀したら最後だよって武器なんだから
3.名無しさん:2020年01月27日 14:11 ID:qlbV1yHP0▼このコメントに返信
「ホワイト国」日本外れる(日経)://www.nikkei.com/article/DGKKZO54775420T20C20A1EA1000/
安倍首相は「トランプ氏と完全に一致」「日米同盟は不滅の柱、不動の柱」と宣伝するが、日本が韓国にしたことをアメリカからやられている。日経の見出しもおかしい。最初に「アメリカの」が入らないと意味が通じない。安倍首相様への配慮か?
4.名無しさん:2020年01月27日 14:11 ID:qlbV1yHP0▼このコメントに返信
安倍支持者「安倍さんしかいない!」
安倍支持者「外交の安倍!」
安倍支持者「世界の真ん中で世界中の首脳に信頼されてる!」
安倍支持者「かつてないほど強固な日米関係!」

→ アメリカのホワイト国からサクッと排除

://www.nikkei.com/article/DGKKZO54775420T20C20A1EA1000/
5.名無しさん:2020年01月27日 14:11 ID:VRH2OBv50▼このコメントに返信
メイスでいいんじゃね
6.名無しさん:2020年01月27日 14:12 ID:Ns3zcDN20▼このコメントに返信
刃物としては日本刀系の方が優勢かな

武器凶器としては状況にもよるが、
お互い防具無しなら確かに日本刀はオーバースペックかもしれない
7.名無しさん:2020年01月27日 14:16 ID:Aaq1nxmf0▼このコメントに返信
ただの鈍器だけどな
8.名無しさん:2020年01月27日 14:18 ID:5VsqDkwj0▼このコメントに返信
日本刀で斬るのは主に江戸中期以降で、戦国時代では殴って気絶させて首を切ってたらしい
9.名無しさん:2020年01月27日 14:21 ID:PEajroLL0▼このコメントに返信
農民が人殺めるのに剣など要らん、石ころが有れば良いと言ってた
10.名無しさん:2020年01月27日 14:23 ID:5i2gKiyB0▼このコメントに返信
防具無かったら鞭最強
11.名無しさん:2020年01月27日 14:23 ID:7.YBPxqR0▼このコメントに返信
そもそも発想が違う
日本暑い→軽装鎧→それを倒せる日本刀
ヨーロッパ涼しい→フルプレート→それを倒せる鈍器剣

日本も涼しくてフルプレートが流行ってたら日本刀はもっと別の形に進化してる

中東?あたりの曲刀も暑すぎて重装鎧がなかったから曲刀に進化した

んで最終的に銃の登場で鎧意味ねえわで軽鎧になって現代のような武装
12.名無しさん:2020年01月27日 14:24 ID:s1A8WL7w0▼このコメントに返信
ロングボウより和弓のほうが貫通力が高いよ
単に矢が重いからだと思うがナショジオで検証してた
15m先のフライパンも射貫く
13.名無しさん:2020年01月27日 14:26 ID:go0mxRKJ0▼このコメントに返信
日本刀みたいに携帯できる西洋刀と比べてみて
14.名無しさん:2020年01月27日 14:28 ID:.ParzOfz0▼このコメントに返信
実戦用の日本刀は鉈みたいに分厚い
15.名無しさん:2020年01月27日 14:29 ID:0RYE1p6x0▼このコメントに返信
※11
日本刀も「鎧を着てるやつには効果ない」って史料にキッパリ書いてある
そもそも槍と弓が基本装備だけどな
どうしても使う場合は、兜を思い切り「叩け」ば脳震盪で倒せるってさ
16.名無しさん:2020年01月27日 14:29 ID:zWqV3DzQ0▼このコメントに返信
特化してるのは槍とか弓、剣は持ち運びに便利で武器にも使える万能道具という位置だぞ
17.名無しさん:2020年01月27日 14:29 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>1
どうせ俄が日本刀にも西洋剣にも
乱世の戦場用と平和な時代の護身用途
があるのを区別付かないで好き勝手言うスレ

日本刀にも戦国期以前の刀は長くて重くて頑丈
示現流関係の薩摩刀と幕末の復古刀を除く
江戸期の打刀は腰の飾り 薄く軽く切れ味はあるが脆い
西洋でのスモールソードが立ち位置的には近い

ロングソードが刃引きしてるのは両刃の剣は
片刃の刀より構造的に脆いと言うだけ スモールソード
と混同されやすいがレイピアは護身用を兼任した
戦場でもサブとして通用はするから


18.名無しさん:2020年01月27日 14:31 ID:s1A8WL7w0▼このコメントに返信
倭寇がフル装備の明軍を刀一本で切り倒しているけどな
徒歩で動ける程度の装備だとどうしても露出している部分が残るから
そこを切り落としていたっぽい
日本刀が特別だと思った明の将軍は日本刀を模した苗刀を作らせて
それを使う剣法も作ってるよ
19.名無しさん:2020年01月27日 14:33 ID:xM0c8TIu0▼このコメントに返信
日本刀、西洋剣、いずれにしてもメインウエポンではないわな。サイズによるが平時に携行する武器ではある。
ところで日本刀をケチ付けて何か意味あんの?
20.名無しさん:2020年01月27日 14:34 ID:IHTpCoEH0▼このコメントに返信
そもそも刀剣の類は戦争には向かない
槍や薙刀の方が確実に強い
21.名無しさん:2020年01月27日 14:35 ID:ZAJOp.BC0▼このコメントに返信
※1
中国の三国志なんか見てたら薙刀みたいなの持ってるよね
刃がやたらデカいけど
22.名無しさん:2020年01月27日 14:36 ID:DHKrlvwv0▼このコメントに返信
※11
暑さの問題ではなく日本の武士って伝統的に兵種が弓騎兵。
なので弓矢対策重視で投石対策兼用の繊維質な、馬に乗れる軽装鎧になった。
戦槌ならなんとか対抗できたフルプレートはロングボウで退治される運命だったしそんなもん。
23.名無しさん:2020年01月27日 14:38 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>11
知ったかすんなよ
日本は別に軽装じゃ無いし

プレートアーマーなんて15世紀後半だろ
出てくんのそれ以前からずっと直剣
宗教的に意味合いも強いはキリスト教圏は

中近東が曲剣になるのは単にモンゴルやトルコ
人の影響力の賜物 こちらも別に軽装ではない
24.名無しさん:2020年01月27日 14:38 ID:Ecks2anp0▼このコメントに返信
切れ味という意味では曲刀の方が有利なのは間違いない
だからこそ、エンピ最強説が出るわけで

ただ、鎧類を着ていなければ、刺殺が一番手っ取り早そう
その意味で、フェンシングのスタイルが効果的かな、と
25.名無しさん:2020年01月27日 14:38 ID:2e0AFGcg0▼このコメントに返信
>>18
オランダ海軍・スペイン海軍も日本人傭兵でやりあってたからね。
採用してないイングランド海軍は、東南アジアから駆逐されたし。
26.名無しさん:2020年01月27日 14:38 ID:DHKrlvwv0▼このコメントに返信
※18
制式の明刀、清刀も苗刀から発展させたもの。どんだけ怖かったんだろうな。
27.名無しさん:2020年01月27日 14:38 ID:6MFdH0TR0▼このコメントに返信
刀は元々馬上戦闘用
時代が進むにつれて見た目重視になったり閉所での使用を想定したりで形とか反り具合が変わってったんや
馬上で扱う平安時代の刀とか反りが一番大きい時代その後は武家社会になって見栄え重視で反りが若干緩和したりしたとか
江戸時代の刀なんかは戦争が無さ過ぎて室内みたいな閉所で使えるように切るより突くことを重視したつくりになってたみたいだしな
時代によって用いる場面や意味が変わって形状が細かく変わったりして調べたら意外と面白かったわ
28.名無しさん:2020年01月27日 14:38 ID:QdhYJ1no0▼このコメントに返信
近接武器だとメイスだな
刃物で切るのは意外と難しいからぶっ叩くだけでいい打撃武器のがいい
29.名無しさん:2020年01月27日 14:38 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>12
威力は一緒

安定性や引きやすいという
使い勝手の良さ和弓の方が上
30.名無しさん:2020年01月27日 14:40 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>15
そりゃ日本刀(長巻とかも)を想定した鎧だからな

元寇とかの元軍や高麗兵の綿襖甲には
普通に有効だった鎌倉期に太刀が大幅に
見直された理由と
31.名無しさん:2020年01月27日 14:42 ID:s1A8WL7w0▼このコメントに返信
一応刀メインの戦武将なんかもいたはいた
有名なのが真柄直隆なんかで2mちかい大太刀がメインウェポン
その真柄を切ったのが関の孫六の刀だったんで彼の刀の価値が
あがったと言われている
32.名無しさん:2020年01月27日 14:42 ID:bFaiNEYK0▼このコメントに返信
そりゃそうだw
なんで刀を「武士の魂」といったか、考えてみろ
西洋刀は○すためだけのもの
日本刀は己を省みて生かすためのものだからだ

一応西洋にも騎士道と言うものあるけど、
武士道のように己に自問自答するようなものなのかね?

と言うか、最近本当に在日の「日本が羨ましくて悔しいから
日本をsageてやれ」ってのが多いね、ここw
33.名無しさん:2020年01月27日 14:42 ID:qGDA2E3N0▼このコメントに返信
日本刀と洋刀の比較をしてるのに
何で他の武器が出て来る?
池.沼?アス.馬.鹿なの?氏ぬの?
34.名無しさん:2020年01月27日 14:43 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>18
なお朝鮮の役の明軍の重装兵部隊の着る
北宋からの東アジア最堅牢を誇る歩人甲(30kg)
には通用せんかった模様 ルイス・フロイス記録

まぁ鉄砲で倒すんだが
35.名無しさん:2020年01月27日 14:43 ID:2e0AFGcg0▼このコメントに返信
>>20
※20
海賊・海軍>カタナやろ~~
36.名無しさん:2020年01月27日 14:43 ID:2AYWaRYD0▼このコメントに返信
別に西洋剣だって打撃向きの構造じゃないけどな。
むしろ重心が手元にある分同重量なら日本刀の方が打撃力高いぞ。
その上諸刃のせいで峰が無い分強度でも劣るぞ。
西洋の剣は突きに最適化されてる武器。
打撃ならメイスか斧使うわ。
37.名無しさん:2020年01月27日 14:44 ID:y9QiG6lO0▼このコメントに返信
大日本帝国陸軍は最初はサーベルが正式将校刀だったけど
日中事変時に日本刀に変更している。

人を殺めるため武器としてはサーベルより日本刀の方が優れていると
旧軍関係者は判断したんだな。

38.名無しさん:2020年01月27日 14:44 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>22
フルプレートはロングボウ対策で
あそこまでガチガチになるんだぞ百年戦争がとか

鎧を廃れさせたのはマスケット銃 アルケブス
39.名無しさん:2020年01月27日 14:45 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>26
そこら辺 全く関係ない
どちらもモンゴルの影響
40.名無しさん:2020年01月27日 14:46 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>31
立花宗茂もだな

柳生宗矩とかも大坂の陣にて
刀で鎧武者7人切り伏せた記録あり
41.名無しさん:2020年01月27日 14:46 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>32
それ言い出しのは廃刀令の頃
42.名無しさん:2020年01月27日 14:47 ID:u6LUEXvp0▼このコメントに返信
日本人がイメージするフルプレート鎧はほぼ競技用のもので城に飾ってるような奴は戦争で使ってない。重過ぎで馬が持たないんだよ。あれを想像してあれこれ考察するとおかしな話になるから注意な
43.名無しさん:2020年01月27日 14:47 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>37
というか単純になじみだろ
44.名無しさん:2020年01月27日 14:48 ID:z0cNQDmK0▼このコメントに返信
第二次大戦でロングソードとロングボウで戦果あげたイギリス人がいなかったっけ
45.名無しさん:2020年01月27日 14:48 ID:o2lwcnj.0▼このコメントに返信
誰か実際に戦地で両方使って
正確な比較出来る強者はおらんのか?
46.名無しさん:2020年01月27日 14:49 ID:S8eH2.k20▼このコメントに返信
ジャック・チャーチルに日本刀持たせてみたい
47.名無しさん:2020年01月27日 14:49 ID:esP56.XJ0▼このコメントに返信
>>42
使ってる定期

お前もプレートアーマーに馬上試合用と
戦場用があるの何も分かってない

大体 l鎧騎士の為にペルシロンみたいな重種がいる
プレートアーマー時代もルネッサンスの技術の塊で
重量分散がたくみ
48.名無しさん:2020年01月27日 14:50 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>44
クレイモアとロングボウやね
スコットランド人
49.名無しさん:2020年01月27日 14:50 ID:7VIqw6RP0▼このコメントに返信
日本刀はアクセサリとか身分証として持ってただけだろ、あいつ業物持ってる!すげえ!みたいな
武器としてはサブ武器でメインは槍だの弓だのの方が強いだろ、なんなら投石の方が強いと思うが
50.名無しさん:2020年01月27日 14:51 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>17
後 中華 漢人では柳葉刀のような
刀は主に戦場用

剣は主に護身用として使われてた
51.名無しさん:2020年01月27日 14:53 ID:u6LUEXvp0▼このコメントに返信
>>47
だから競技用の鎧イメージすんなって言ってるだけなんだか?バカ?
52.名無しさん:2020年01月27日 14:53 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>21
それ三國志演技の話であの手の武器(大刀)が
産まれたのは唐の時代の話 僧兵文化を通じて
日本に伝来は 太刀と組み合わさって薙刀になる
53.名無しさん:2020年01月27日 14:54 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>51
だから競技用じゃなくても
城で飾ってるようなガチガチの付けて
戦ってたつーの

競技用のって首とかの稼働部潰してるやつだろ
お前らがイメージするようなのは普通に使ってる
54.名無しさん:2020年01月27日 14:56 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>49
鎧着てる時代でも使う事は多々あったが
剣士としての全盛期はやはり江戸初期と幕末だな
55.名無しさん:2020年01月27日 14:56 ID:2AYWaRYD0▼このコメントに返信
>>36
追記
重心が手元にあるのは西洋剣の方な。
細かく振りやすいように柄頭にウェイトのつけてる。
56.:2020年01月27日 14:57 ID:.1F3HSij0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
57.名無しさん:2020年01月27日 14:57 ID:bl2Fih6w0▼このコメントに返信
刀も剣も近接戦闘用だから同じじゃね?
弓で攻撃されるのを盾で不正で接近し、中距離を槍で突く。近づいたら刀剣で乱戦。ってのが古式ゆかしい戦闘だろ。
銃が出てきて変わったけど。
58.名無しさん:2020年01月27日 14:57 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>3
はいはい、フェイクニャースだよ、それ。
59.名無しさん:2020年01月27日 14:58 ID:bWKGE5rb0▼このコメントに返信
鎧までいかんでも鎖帷子でえらい差だそうだ。
「こっちは寝間着一枚、向こうは鎖を着込んだ完全武装。勝負にならなかった」と吉良邸の用心棒たちが証言しとる。
60.名無しさん:2020年01月27日 14:58 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>4
日経のフェイクニャースな。
61.名無しさん:2020年01月27日 14:58 ID:p8POfa9i0▼このコメントに返信
ガーニー軍曹見てこいや
62.名無しさん:2020年01月27日 14:58 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>60
ニャース🐱
63.名無しさん:2020年01月27日 14:59 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>58
ニャース🐱
64.名無しさん:2020年01月27日 14:59 ID:otqNHpju0▼このコメントに返信
※27
遊就館に鎌倉時代の刀あるけど
反りがすごいんだよな
65.名無しさん:2020年01月27日 14:59 ID:k05U1udS0▼このコメントに返信
重すぎる武器は小柄な日本人には向かない。
マチェットみたいな武器が日本人の最強武器だと思う。
日本刀は長期戦向き。
66.名無しさん:2020年01月27日 15:00 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>15
刀は隙間を狙うはず。
67.名無しさん:2020年01月27日 15:00 ID:u6LUEXvp0▼このコメントに返信
>>53
飾ってる奴はだいたいが美術的価値に重きを置いて製作された奴なんだがそれも勘違いしてんのかよ?
68.名無しさん:2020年01月27日 15:00 ID:k05U1udS0▼このコメントに返信
※14
胴田貫ですね。
69.名無しさん:2020年01月27日 15:01 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>17
レイピア重くて硬い まだギリ鎧着てる
時代の剣

スモールソードは鎧が廃れて
完全に護身用や腰の飾に振り切った剣
70.名無しさん:2020年01月27日 15:02 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>67
当たり前だろ貴族の鎧なんだから
そう出ないもの残す価値もないし
71.名無しさん:2020年01月27日 15:03 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>65
南北朝時代見てみろ
くそデカ武器がばっかだぞ

平成以前じゃこの頃が一番体格良いんだけどさ
72.名無しさん:2020年01月27日 15:03 ID:8Gp2buh20▼このコメントに返信
「米財務省は安全保障の観点から対米投資を規制する対米外国投資委員会(CFIUS)の届け出を免除する「ホワイト国」のリストを公表した。
2月13日施行の外国投資リスク審査近代化法(FIRRMA)の新規則から適用される。
昨秋、日本は改正外為法を成立させ、米国と歩調を合わせてきたが、選ばれなかった。
当面、米国の重要技術に投資する企業は審査対応せざるを得ない」
まあ、確かにホワイト国外しだけどなw
73.名無しさん:2020年01月27日 15:03 ID:.1F3HSij0▼このコメントに返信
※17
ひとくちに「西洋剣」と言っても片刃・両刃・片手持ち・両手持ち・
曲刀・直刀・それらの特性を組み合わせたものなどなど千差万別だからなあ。
中にはドイツのクリークスメッサー(Kriegsmesser)みたいに片刃・曲刀なんて
日本刀と同様の解に辿り着いた物もある。
てか日本刀にも打ち刀から陣太刀まで色々とあるよな。
74.名無しさん:2020年01月27日 15:04 ID:F9rNEwvQ0▼このコメントに返信
>>56
それまだ完全に全身を覆ってないよ
胴体はブリガンダインだろ

剣でも貫通するよ
75.名無しさん:2020年01月27日 15:04 ID:G0dnkvuM0▼このコメントに返信
戦いならば日本だって欧州だって、撲殺系の武器がメインなわけじゃん?
西欧刀に対応する日本の武器ならば、日本刀ではなくて金砕棒なんじゃねーの?
76.名無しさん:2020年01月27日 15:06 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>28
突きが一番早くて殺傷力高いんだよ。それで、日本はメイスとか斧が流行らなかった。振り上げる動作がいるからね。
77.名無しさん:2020年01月27日 15:07 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>40
宗矩は関節とか隙間を斬ってたはず。
78.名無しさん:2020年01月27日 15:08 ID:8Gp2buh20▼このコメントに返信
2月13日施行の外国投資リスク審査近代化法(FIRRMA)の新規則から適用される。昨秋、日本は改正外為法を成立させ、米国と歩調を合わせてきたが、選ばれなかった。当面、米国の重要技術に投資する企業は審査対応せざるを得ない。 ホワイト国に選ばれたのは、オーストラリア、カナダ、英国の3カ国。CFIUSの審査は米中間の緊張の高まりを受けて段階的に強化されてきた。2018年11月からの試験プログラムでは、半導体など27の重要業種について外国投資家に申告を義務付けた。 2月に米国で施行される新規則は、機微な個人情報に関わる投資、軍事施設などに近い不動産の取得もCFIUSの審査対象に加える。軍事転用できる技術の範囲が広がり、安全保障の解釈自体も拡大されている。 日本政府も、中国への技術流出に神経をとがらせる米政府の動きに乗り遅れまいと動き出した。19年11月に改正外為法を成立させ、外国人投資家が安保上重要な日本企業の株式取得時に必要な事前届け出の基準を、取得後の持ち株比率で10%以上から1%以上へと厳しくした。日本が「抜け穴」にならないための手立てだ。
79.名無しさん:2020年01月27日 15:09 ID:8Gp2buh20▼このコメントに返信
外資による土地取得制限も検討する。 政府関係者からは外為法改正が日本のホワイト国入りにプラスに働くと期待する声もあったが、当初のリストには選ばれなかった。日本の投資家はCFIUSの審査対象となりそうな投資案件がある度に審査の必要性を分析し、必要に応じて申請する必要がある。新規則施行後は規制が厳しくなるため「投資スケジュールにも影響する」(国際取引に詳しい篠崎歩弁護士)とみられる。 一方、ホワイト国に選ばれれば「その国の企業は基本的に、届け出・申告義務が免除される」(通商法に詳しい山田香織弁護士)。ただ、必要に応じ、CFIUSが審査に入ることもある。 米国でのM&A(合併・買収)に詳しい大久保涼弁護士は「今回選ばれたのは、機密情報を共有する5カ国の枠組み『ファイブ・アイズ』該当国。ニュージーランドは米国投資が少ないので除かれたのだろう」とみる。 専門家の間では「ホワイト国の選定基準は定まりきっていない」との見方が多い。リスト入りの可能性をちらつかせながら、各国の対内投資ルールを米国の水準に合わせるように、諸外国との交渉材料に使うとの見方もある。
80.名無しさん:2020年01月27日 15:09 ID:8Gp2buh20▼このコメントに返信
中国事業影響も 日本にとっては様々な場面で踏み絵を迫られる可能性がある。通商政策に詳しい伊藤嘉秀・米国弁護士は「米国は、日本の対内投資規制の運用を様子見しているのではないか。特に日中関係の展開を慎重に見極めたいのだと思う」と分析する。 ホワイト国のリストは2年間の期限付きで、動向次第で変わる可能性がある。米財務省はリストを公表した13日に「どんな対内投資基準や米国との相互協力関係があれば免除対象とみなすか、選定基準を今後サイトで公開する」と説明したが、運用の行方は流動的だ。大久保氏は「米国の省庁ではホワイト国を定めることに反対意見も多い。日本や他国がリストに加わる可能性は現状では低い」とみる。 米中対立が長期化するなか、日本企業は違反リスクを避けるために「自衛」が欠かせない。
81.名無しさん:2020年01月27日 15:09 ID:2e0AFGcg0▼このコメントに返信
>>27
彎曲刀は、蝦夷の蕨手刀の影響と聞いたが。
82.名無しさん:2020年01月27日 15:11 ID:8Gp2buh20▼このコメントに返信
自社の中国関連事業が米投資にどう影響するか注意し、米国への投資が拒絶されないようにリスクを管理する必要がある。 米国家安全保障会議(NSC)の幹部だったロッド・ハンター米国弁護士は、「CFIUSは今後、国ごとではなく、投資家ごとの個別免除手続きを導入する可能性がある」と話す。既にCFIUSに承認されていれば対象に選ばれる可能性があるといい、「米投資案件が多い企業には使い勝手がよくなる」とみる。米中にまたがる事業を手掛ける企業にとっては、米当局の規制動向を注視する日々が続きそうだ。

83.名無しさん:2020年01月27日 15:11 ID:QQ4duNvx0▼このコメントに返信
刀身より目釘が故障しやすい。
日露戦争時修理に出された軍刀は100%目釘がイカれてたっていうレベル
84.名無しさん:2020年01月27日 15:11 ID:UZIyIHdz0▼このコメントに返信
「日本刀」と一言で言っても脇差から斬馬刀まで色々
「西洋刀」と一言で言ってもマインゴーシュからフランベルジュまで色々
結局、日本刀の何と、西洋刀の何を比べたいんだ?
85.名無しさん:2020年01月27日 15:14 ID:2e0AFGcg0▼このコメントに返信
>>32
刀は、武士出現前から存在するのに、何いってるの?
86.名無しさん:2020年01月27日 15:16 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>75
撲殺より刺突の方が斬れる刃物なら早くて、致死率高い。第二次世界大戦中に南方でゲリラやってた方に生前聞いたが、腹に三寸刺したら筋肉が硬直起こして動かなくなるそうな。テレビとか映画は嘘って笑ってた。
87.名無しさん:2020年01月27日 15:16 ID:DTyd383a0▼このコメントに返信
※84
もちろん西洋刀の中でもっとも素晴らしい刀剣でしょうな
まずは直刀と曲刀のどちらが優れてるのかから始まって数多ある西洋の刀剣の中から一番を選ばないと始まらないな
88.名無しさん:2020年01月27日 15:17 ID:rie1GPFc0▼このコメントに返信
と持った事使ったことない奴が得意げに語るのが現代だなw
89.名無しさん:2020年01月27日 15:18 ID:1DKQhqgw0▼このコメントに返信

耐久性も持続力もなさすぎる

日本刀って戦終わったあとに首狩るのに特化してたんじゃないの?

レイピアなんか耐久力も持続力も全然ないやん

日本刀って折れないんだぞ撲●するのには最適

玉鋼だったかなんだったか何度も叩いて柔軟な鉄にしたのが日本刀だとかなんだとか

   ↑ なに、こいつら?
    目の前の箱で検索して、よく調べてから書き込むって「手間」も惜しいほど多忙なの?
90.名無しさん:2020年01月27日 15:20 ID:2e0AFGcg0▼このコメントに返信
>>44
チャーチルさんですね。
ジャック・チャーチル。
91.名無しさん:2020年01月27日 15:22 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>71
その手で一番衝撃だったのが、豊臣秀頼が身長2メートル超えだな。馬場よりデカかったみたい。残ってる服とかからの話らしいが。
92.名無しさん:2020年01月27日 15:23 ID:.1F3HSij0▼このコメントに返信
※74
いや、※56の動画の着合わせは鎖帷子の上にブリガンディンではなくて
フルプレートアーマーの部品でもあるプラッカート(ttps://en.wikipedia.org/wiki/Plackart)
を着ていて、これはプレートアーマーの範疇に入る。
※23で貴方が言ってるのはフルプレートアーマーのことかい?ならばミラノ式の登場が
1450年頃なんで、辛うじて15世紀「後半」と言えるから分かるんだけど。
93.名無しさん:2020年01月27日 15:23 ID:UNUWFR6K0▼このコメントに返信
西洋刀なら、諸刃の西洋剣は対象外だろ?
94.名無しさん:2020年01月27日 15:27 ID:pXTjT12w0▼このコメントに返信
欧州のトゥーハンドソードは叩き切るタイプ。
日本の反った刀は撫で切るタイプ。
振り下ろした時のエネルギーがいちばん高いのが志那の青龍刀。
95.名無しさん:2020年01月27日 15:29 ID:pXTjT12w0▼このコメントに返信
ロード・オブ・ザ・リングのアラゴルンのトゥーハンドソード、かっこよかったなぁ。
96.名無しさん:2020年01月27日 15:30 ID:CNMxaTon0▼このコメントに返信
こういうウンチク垂れるヤツで実際に剣を振り回したコトあるのって1割どころか1厘もおらんやろ。
ましてや実際両方使い比べたヤツなど。

ワイも剣道部だったが居合はしたコトないし。
97.名無しさん:2020年01月27日 15:32 ID:roSYE3qP0▼このコメントに返信
そもそも戦国時代には鉄砲が発明されてるからチャンバラの時代は終わっている
平安や鎌倉の日本刀が至高とされてるのはそういうこと
98.名無しさん:2020年01月27日 15:32 ID:rie1GPFc0▼このコメントに返信
※96
ネットなんてそんなのの吹き溜まりよw
99.名無しさん:2020年01月27日 15:32 ID:3.7NpsU.0▼このコメントに返信
関係ない話持ちこむ奴なんなの?内容も「すばらしい全て間違えている」に近いし
本題的には違う時代とか国とかマンガとかをごっちゃにしているの多くない?
100.名無しさん:2020年01月27日 15:33 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>88
俺がガキの頃はヤクザの子供の家に遊びに行ったら、いろいろあったwww
101.名無しさん:2020年01月27日 15:34 ID:2vfrJIms0▼このコメントに返信
鉄砲が無い時代の集団戦は1に弓矢の斉射、2に槍。これで趨勢が決まる。映画「トロイ」を観ると判る。
形勢有利と見て突撃し接近戦をするのは「敵が味方撃ちを恐れて矢を射れない距離まで接近したほうが良い」という合理的な理由がある。
使う剣は「丸盾に当たっても壊れない肉厚があるが、短くて小回りが利く」グラデイウスだ。

なお、日本刀は鎌倉~室町時代に手間暇かけて作られた名作が最高峰の芸術品であり、応仁の乱以降の大量消費にともなう実用品とは違う。戦国時代になると過去の名作は「主君が信用の証として武士に与える褒美で資産で芸術品」の位置づけになったので、軽々しくそれを使用して破損させることはない。
102.名無しさん:2020年01月27日 15:34 ID:J9qWO2Ox0▼このコメントに返信
西洋がピン切りすぎるやろ
103.名無しさん:2020年01月27日 15:34 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>96
それ言い出すと実戦経験無いやつは軍事関連言えなくなるがwww
104.名無しさん:2020年01月27日 15:36 ID:E7DBClpg0▼このコメントに返信
>>103
喧嘩だってリアルは顔面グーパンで鼻血が出たら半分は終わるぞwww
105.名無しさん:2020年01月27日 15:37 ID:DkqvhFVm0▼このコメントに返信
※21
青龍偃月刀とか、関羽のアレで有名やな。
でも実際には三国志の時代にはあの手の武器はまだ開発前だったそうで。
106.名無しさん:2020年01月27日 15:37 ID:cUDr8TwV0▼このコメントに返信
日本刀の方が上。
107.名無しさん:2020年01月27日 15:37 ID:3XVUGEHq0▼このコメントに返信
日本刀で斬られたことないやつ大杉て草
俺の首だって一撃だったのになww
108.名無しさん:2020年01月27日 15:38 ID:3Lv37QFv0▼このコメントに返信
携行武器は軽いほうが疲れない
109.名無しさん:2020年01月27日 15:41 ID:oOdYyt9M0▼このコメントに返信
もう何万回もこの手の話で指摘されてるだろうけどそもそも日本刀とか西洋剣ってくくりが乱暴過ぎるからな
脇指&大太刀、ダガー&ツヴァイハンダーをそれぞれ同じ用途・性格の武器と定義しろっていってるようなもんだろ
110.名無しさん:2020年01月27日 15:41 ID:AZaRZfE50▼このコメントに返信
ガバガバな条件を提示する奴はマヌケ
もしくはレス乞食
スレ主はどっちかな?
111.名無しさん:2020年01月27日 15:43 ID:T61ziEof0▼このコメントに返信
※60
お前さんの方がフェイクやな
ニャースではなあ
112.名無しさん:2020年01月27日 15:45 ID:T61ziEof0▼このコメントに返信
※97
その鎌倉時代に刀が芸術を帯び始めたからやで
113.名無しさん:2020年01月27日 15:47 ID:esP56.XJ0▼このコメントに返信
>>91
平安期にも平為朝っていう2m超えた
化け物がいる
114.名無しさん:2020年01月27日 15:48 ID:BZ4Qd2UH0▼このコメントに返信
両刃の西洋剣がかっこよくて好きだから下げたがる連中が多くて嫌になるわ。
実際の優劣なんて知ったこっちゃねぇ。
115.名無しさん:2020年01月27日 15:50 ID:A221pHRz0▼このコメントに返信
※60
日経のフェイクはニャースが原因だったのか・・・
116.名無しさん:2020年01月27日 15:50 ID:JzEoqVlR0▼このコメントに返信
>>3
日本が外された、ではなく、軍事技術で共同開発をしている国との繋がりの手間を省く、という形なんだよなあ。
日本が韓国にしたのは、"適用していた分類から外す"というのだ。
アメリカは、"新設した制度に日本を入れなかった"というのであり、スパイ天国と言われている日本をスパイ用の法整備をしてもいないのに入れるわけにもいかないジャンルなんだよなあ。
117.名無しさん:2020年01月27日 15:50 ID:y.sK8e8d0▼このコメントに返信
何が強いかとか優れているかより、適材適所かが重要だろ
議論に意味が無い
狭いエレベーター内で、槍が最強か?
ナイフがベストだろ
118.名無しさん:2020年01月27日 15:51 ID:6snpkToQ0▼このコメントに返信
中国の青竜刀が鎧には効果がある鎧を切れなくても衝撃で骨が折れる
日本刀は切合を想定してるが実際には突いて怪我させる武器として使われた
119.名無しさん:2020年01月27日 15:51 ID:esP56.XJ0▼このコメントに返信
>>92
あーそのミラノ式だね自分の中のフルプレートは
ルネッサンス時代の産物だよねっていう
120.名無しさん:2020年01月27日 15:52 ID:esP56.XJ0▼このコメントに返信
>>95
折れた剣を鍛え直したやつな
121.名無しさん:2020年01月27日 15:52 ID:mLeIpNjI0▼このコメントに返信
>>36
いやいや、西洋剣(バスタードソードやツーハンドソードやロングソード、刀身の長い剣)の場合は槍や鈍器として扱っているんよ
(刀身の長いフランベルジュだけは斬撃専用)
鈍器として使う場合の具体例だが、掌も守れるガントレットを装備することで剣の刀身を握って柄で殴る使用方法で、相手の防具に合わせて斬攻撃するか殴攻撃するかスイッチスタイルなのが西洋剣術なんよ

漫画ベルセルクの主人公でガッツがいるけれど、実はモデルであろう実在する偉人がいて「鉄腕のゲッツ」というんだけどね
その鉄腕のゲッツも鉄の義手を使っていて、フェーデ(決闘や仕返しなどの騎士の権利)では大剣を逆さまに使う剣術使いとして記録に残っている
つまり、重鎧などの斬撃が通用しない相手には西洋剣を逆さまに使う剣術が一般的で、故に重心が柄の方にある構造で造られているのは西洋剣術によるもの
打撃武器は西洋剣に軍配があって、斬攻撃は日本刀に軍配が上がる
どっちの武器も一長一短なんだよね、使う場面や環境によるとしか
122.名無しさん:2020年01月27日 15:53 ID:esP56.XJ0▼このコメントに返信
>>97
まぁそれは中華ではからの良質な鉄鉱石の
輸入とかそこら辺も絡んでくるんだけどね
123.名無しさん:2020年01月27日 15:53 ID:A221pHRz0▼このコメントに返信
いつも思うんだが、なんで日本VS多国なの?
西洋と比べるなら東洋じゃねーの?
124.名無しさん:2020年01月27日 15:53 ID:esP56.XJ0▼このコメントに返信
>>105
唐の時代からだな
三国志演義の獲物は大体 北宋以降 明代とかの
125.名無しさん:2020年01月27日 15:56 ID:esP56.XJ0▼このコメントに返信
>>25
いやイギリス東インド会社だよ?
家光の鎖国政策の前まで日本人を
傭兵として主に使ってたのは
126.名無しさん:2020年01月27日 15:57 ID:Zh71tM8p0▼このコメントに返信
>>116
結局外された事実に変わりはないのでは
127.名無しさん:2020年01月27日 16:00 ID:O6DnMdFq0▼このコメントに返信
何度も同じ話題繰り返すなよ
128.名無しさん:2020年01月27日 16:03 ID:GrGANkUW0▼このコメントに返信
>>1
薙刀>槍>刀
やからな
ちな西洋剣は刃物ではなく鈍器
129.名無しさん:2020年01月27日 16:05 ID:2AYWaRYD0▼このコメントに返信
>>121
逆さに使うのは知ってるよ。
通常の剣として使った場合(刃の部分での攻撃)が打撃になると勘違いしてる人が多いから、そういった人向けに書いてる。
むしろわざわざスイッチしないといけないくらいには剣としての使用は打撃向きじゃないってこと。
130.名無しさん:2020年01月27日 16:07 ID:0SWTXbM70▼このコメントに返信
俺、居合してるから居合刀を持っている。居合は様式美の武術。弓矢や槍にはかなう気しない。達人の薙刀は最強。
逆に素手の相手にはまず日本刀は負けない。

両刃の剣は習熟するのに時間がかかる。
131.名無しさん:2020年01月27日 16:10 ID:qlbV1yHP0▼このコメントに返信
伝統的に日本産の鉄は、
強度が弱く不純物が多いことで有名です。
鉄の強度が弱く、日本の包丁は、強度が弱く、簡単に破損しています。

日本産鉄鋼の低品質は熱処理技術でも克服できない宿命です。
132.名無しさん:2020年01月27日 16:12 ID:GrGANkUW0▼このコメントに返信
>>91
>>113
正直そんな化け物達よりも茶人の千利休が180超えだったことのほうが衝撃
133.名無しさん:2020年01月27日 16:16 ID:bl2Fih6w0▼このコメントに返信
※131
在日コリアンはそう習うのか?
韓国は特殊鋼の製法日本から盗んでいったのに?
134.名無しさん:2020年01月27日 16:16 ID:mLeIpNjI0▼このコメントに返信
>>129
刀身を使った場合は打撃向きじゃないね
とはいえ、逆さまに使う前提の作りにしてあるのが西洋剣なら、作りに応じた評価はするべきだし、俺は打撃武器でもあると思うよ
135.名無しさん:2020年01月27日 16:18 ID:GrGANkUW0▼このコメントに返信
>>131
ダマスカス鋼「不純物が鉄に命を吹き込むんだよなぁ」
136.名無しさん:2020年01月27日 16:18 ID:IVCEKcHz0▼このコメントに返信
西洋刀とか日本刀という分類の大雑把さ
137.名無しさん:2020年01月27日 16:22 ID:b9YuaYgP0▼このコメントに返信
※4
スパイ天国だからな
日本はスパイ防止法を成立させないと
アメリカのホワイト国に入るのは難い

あとソフトバンクがやらかしたも痛い
138.名無しさん:2020年01月27日 16:24 ID:2e0AFGcg0▼このコメントに返信
>>10
ハイヒールだろ。
139.名無しさん:2020年01月27日 16:26 ID:7.YBPxqR0▼このコメントに返信
>>23
細かく言わんといかんのか?
欧州も初期アーサー王物語ぐらいか?軽鎧でそれに対応するようにどんどん重鎧と進化して剣もそれに合わせて鈍器剣に

鎌倉時代あたりの鎧は関節を覆っておらずやあやあ我こそはの一対一の戦いは主に相手の鎧の隙間に刀を差し込んで負傷させる形

何が言いたいかっていうと相手の鎧だったり戦闘方法や暑い寒いの着心地などに合わせて剣も鎧も進化変化したってこと
環境が違うから武器も鎧も求められる性能性質が異なっただけ
日本刀が西洋重装鎧に適さないのは当然で西洋重装鎧を相手にしなければならない状況であればそれに適した進化変化した筈であり
求められるものが違う西洋と日本の武器を有利不利有能無能を語るのは愚の骨頂ってこと
140.名無しさん:2020年01月27日 16:26 ID:6rd7o4qx0▼このコメントに返信
>>125
東インド会社「傭兵の輸出辞める? 辞めんでくれイエヤッス」だっけ?
141.名無しさん:2020年01月27日 16:28 ID:7.YBPxqR0▼このコメントに返信
>>22
日本の馬は西洋?モンゴル?中東?ほどごつい馬がいなかったから重装馬重装騎兵のチャージ戦術は生まれなかったらしいな
142.名無しさん:2020年01月27日 16:29 ID:6rd7o4qx0▼このコメントに返信
>>31
真柄十蔵「おう、ムスッコのワイも忘れんでクレメンス」
143.名無しさん:2020年01月27日 16:31 ID:7.YBPxqR0▼このコメントに返信
>>70
有名な前田利家の甲冑が作られた頃には前田利家は前線出なくなった頃と聞いた
144.名無しさん:2020年01月27日 16:32 ID:tjF4QLlp0▼このコメントに返信
太郎太刀みたいな大太刀とレイピアみたいな細剣でも
日本刀VS西洋剣だわね
145.名無しさん:2020年01月27日 16:35 ID:30jlvgjj0▼このコメントに返信
西洋刀って範囲が広すぎるだろwww
146.名無しさん:2020年01月27日 16:36 ID:uJiTfDid0▼このコメントに返信
斧やで。
投げてよし、砕いてよし。
鎧の上からぶったたけば衝撃で中の奴ミンチに出来る。
147.名無しさん:2020年01月27日 16:37 ID:uJiTfDid0▼このコメントに返信
※21
古代スパルタ人もああいうもんで戦ってたんやで。
148.名無しさん:2020年01月27日 16:40 ID:uJiTfDid0▼このコメントに返信
※141
中東じゃないか。
モンゴルノウマは力強いけど小さい。
モンゴルは突撃戦法とって無かったみたいだし。
149.名無しさん:2020年01月27日 16:41 ID:N0lcwRRx0▼このコメントに返信
博物館の世界の剣で、日本刀と西洋の剣お手に持ってみたけども両方とも重かった、西洋の剣わ両刃で、外人見たく大きな身体だったらいいけど小柄な一人わ日本刀だねー
150.名無しさん:2020年01月27日 16:49 ID:.e4z.vcD0▼このコメントに返信
※37
どっかで戦意高揚だったか国威啓発だかで日本刀型にしていったとか読んだ覚えが。

気分って大事だよね
151.名無しさん:2020年01月27日 16:58 ID:PpFGSEfB0▼このコメントに返信
西洋刀のカテゴリが広すぎだろ
クレイモアなのかグラディウスなのかレイピアなのかサーベルなのか
152.名無しさん:2020年01月27日 17:06 ID:VjSb0ajs0▼このコメントに返信
>>50
鉄鉱石、コークス、炉
鋳造量産なら中世は中華が強いわ
後イスラム
153.名無しさん:2020年01月27日 17:07 ID:p0LUuAB.0▼このコメントに返信
切り裂く刀剣で長物なら、とりあえず曲剣類が最終携帯なのは間違いないだろ
短かったり刺突用だとまた話は変わるが
154.名無しさん:2020年01月27日 17:07 ID:fu.mN3.10▼このコメントに返信
もう一つの大事な要素が抜けてるな
日本は良質な砥石の産地でもある
だから切れ味にこだわることが出来た
155.名無しさん:2020年01月27日 17:10 ID:.mYxyOOB0▼このコメントに返信
日本人は、世界でも稀有な『押す力より、引く力が強い』民族なのを計算に入れないとフェアじゃないと思う
その証拠に、日本のノコギリは、引くとき切れるように特化されとる
(西洋ノコギリは、押す時、切れるようになってるよネ!?)
日本刀というのは、我々・日本人が使用した時、最大限に威力を発する武器とも言えよう
(相手が決死or捨て身の<死なば、諸共>の、覚悟を決めている場合など、引いて斬ると、相手をむしろ<招き寄せて>しまい、
<共倒れ>になる(のではないか?)という説もある)
 
ほんの一例だが、かの<忠臣蔵>で、浅野内匠頭が、吉良上野介に、<斬り付けた>のが好例
刀身の短い脇差では、剣術家?としては素人?である浅野内匠頭は、渾身の力を込めて<突く>べきだった
(ある意味、無意識の力とは、そういう物である)

その証拠に、赤穂浪士の<討ち入り>の時は、実戦経験のある剣客中山安兵衛(堀部武庸)が、同志に、
『敵を見つけたら、とにかく<突き>の一手だ』と、助言している

単純な比較にはならないかもデスが、かの<首斬り・浅右衛門(朝右衛門)>が、小塚原回向院に奉納したと伝えられる処刑刀を
見たことがあるが、無銘の業物とはいえ、それほどの豪刀とは思えなかった記憶がある


156.名無しさん:2020年01月27日 17:11 ID:EwFcSFoE0▼このコメントに返信
西洋の剣も日本刀も結局は鉄の刃物でしかなく
フルプレートが出てきたら鈍器に取って代わるしかない存在
その時期に銃が出てきて鎧来てるだけで機動力を奪われるだけの的になった段階で
逆に軽装に戻っていく
そしてその軽装を切り裂くのに適していたのが騎馬突撃に有効なサーベル
というわけで近代最後まで使われたのはサーベル

157.名無しさん:2020年01月27日 17:15 ID:0oNOCwJ.0▼このコメントに返信
屋内戦なら日本刀が有利だな。広い場所で接近戦なら槍。はなれていたら、もちろん鉄砲や弓。古代の集団戦で遠距離なら弩や投石機だな。
158.名無しさん:2020年01月27日 17:18 ID:0oNOCwJ.0▼このコメントに返信
池田屋事件の実例でも、ちゃんと日本刀にも殺傷力がある。
159.名無しさん:2020年01月27日 17:19 ID:2AYWaRYD0▼このコメントに返信
>>134
>打撃武器でもある
それについては概ね同意。
ただ、逆さにして使う場合は剣としての評価ではなくハンマーとして評価すべきで日本刀と同じ土俵で語ることじゃ無いと思う。
160.名無しさん:2020年01月27日 17:21 ID:un2f0eex0▼このコメントに返信
現代技術ではなくて、それぞれの中世時期の技術で考えよう。
当時の戦闘規模は欧州では東欧諸国以外は基本的に小規模。ヴィンランドサガの戦闘が基本。
日本、中国、中東諸国は既に数万規模の大規模戦闘。キングダムの戦闘が基本。
どちらも弓がメイン武器で、槍や長巻といったのが補助。そして大規模戦闘の地域では曲刀の使用が基本。直剣は無意味だという事。
なお、フルプレートメールとか使ってたのは小規模戦闘の欧州のみ。そりゃ、こんなの着て数十キロを行軍なんかできないし、馬に乗っても馬がくたばるだけだしな。日本も大鎧は源平の騎乗武士までで、大規模戦闘になってからは足軽部隊が主戦力になる。こいつらは鎧なんか着ていない
161.名無しさん:2020年01月27日 17:25 ID:GMkvCNyD0▼このコメントに返信
包丁頭の考えそうな事。>使い方知らんのやで♪
時代劇や映画の影響やろな!
162.途中送信、失礼:2020年01月27日 17:25 ID:.mYxyOOB0▼このコメントに返信
※155
イギリスやドイツ、イタリアなどでは、斬首刑…というより、手斧や類似した刃物による<頭蓋・破壊刑>であったとされる
<ソースは、故・古畑種基氏の好著『法医学ノート』など多数>
中国でも、斬首刑は死刑執行人には至難の業で、清朝の記録でも罪人の辮髪を解き、処刑用の杭に縛り付け、場合によっては罪人の頭に
<固定用の長い釘を打ち付けて固定?してから首を打ち落とした>
なんていう記録があるそうな
163.名無しさん:2020年01月27日 17:37 ID:NT6eC6bI0▼このコメントに返信
大河だラマでは光秀が日本刀でバッサバッサ斬り殺しとったわ
164.名無しさん:2020年01月27日 17:38 ID:GCpMo0U60▼このコメントに返信
切れない剣のどこが優秀なんだよ。また単一素材で作ったものは折れやすい。
包丁も海外製の鋼製の包丁はすぐに刃こぼれするけど、日本刀と同じ製法で作られた日本の包丁は切れ味抜群で長持ちする。
現代でも証明されているじゃないか。腕の無い職人が作った鈍ら剣が強いって?笑わせるな。
中世で腕が切り落とされる描写とか、見たことあんのか? あれは重さで打撃を与えて最後へばって倒れた奴を鎧の隙間から短剣刺して
とどめ刺すんだよ。
165.名無しさん:2020年01月27日 17:42 ID:.1F3HSij0▼このコメントに返信
※162
剣による斬首刑についてはドイツの死刑執行人が残した『ある首斬り役人の日記』という、
和訳された名著があるんだけど確かに斬首には熟練の技が必要だったみたいだね。
高い身分の人を斬首する際には、あまり執行人の手が触れないという形で受刑者の
名誉に配慮するべく、受刑者を立たせたままで処刑することが求められたのだけど
これを見事にやり遂げた日、執行人は他の受刑者に比べて異様に詳細な記述を
残してたりする。
166.名無しさん:2020年01月27日 17:43 ID:GDc849v90▼このコメントに返信
よく弓の威力とプレートアーマーの防御力が誤解されてるようだからちょいと補足。個人の検証なんで生温かい目でご高覧ください。
まず和弓を例に出すと張力 30キロ級で 6角ボルトから削り出して矢の直径に合わせた鉄の矢尻だと1mmの鉄板を普通に抜きます。この時点で至近距離だとプレートアーマーはほぼ意味がありません。40m程距離を離して 弾道が落ちる落下状態であれば矢は弾かれます。

次にコンパウンドボウの60キロ級は厚さ5センチの固定した杉板を貫通しました。和弓に換算するとだいたいこの辺りの強さで3人張りに相当するそうで、戦国スタンダードかと思います。海外のハンティング動画を見るとあちらのイノシシ を地面に縫いとめてました。滑ると危ないので鉄板には射ってませんが上記の和弓に貫通力が劣るとは思えません。

最後に限界を見極めるために自作した弓なんですが、軽トラの板バネを2本用いて先細りになるように削り込み、ピアノ線をジャッキを使って張った鉄弓で、矢は真鍮パイプに砂を詰めて 上と同じように矢尻も6角ボルト削り出し この特製の弓矢を廃車の軽トラのボディにいった

167.名無しさん:2020年01月27日 17:51 ID:GDc849v90▼このコメントに返信
所 側面方向からは完全に貫通し 正面からは ガラスを貫通してシートに突き刺さって止まりました。引いた感じは上のコンパウンドボウの倍以上重いので張力百キロ超えは間違いないかと思います。和弓で言うと源為朝クラスの5人張り 和弓最強クラス。

最初の時点で結論出ちゃってるんですが プレートアーマーや大鎧で直射の矢を防ぐのは無理って結論になりました
168.名無しさん:2020年01月27日 17:58 ID:qwrfSjl10▼このコメントに返信
※156
フルプレートなんて日本で使ったら和弓の的にされるだけ。
169.名無しさん:2020年01月27日 18:03 ID:QUeUyPuV0▼このコメントに返信
「破壊する道具」と「人を殺める道具」の違いだな。
破壊する道具としては西洋剣の方が汎用性があり、いかような使い方でも人体を破壊して結果殺めることができる。
日本刀は殺めるための道具だけど、殺める技術や手法が必要。そういう意味では汎用性がなく、純粋であるともいえる。

ハンマーとナイフの違いみたいなもんだな。
170.名無しさん:2020年01月27日 18:03 ID:St6u4rD.0▼このコメントに返信
フルプレートって大鎧とあんま変わらんのとちゃうの
技術力の違いでああなってるだけで
171.名無しさん:2020年01月27日 18:04 ID:qwrfSjl10▼このコメントに返信
※166
平安時代からある和弓と、1960年代に発明されたコンパウンドボウを比較してやっと威力が対等なのか。
しかも和弓は馬上で使える。どんだけオーパーツだよ。
172.名無しさん:2020年01月27日 18:05 ID:VmmpHF2e0▼このコメントに返信
そもそも日本刀では戦わないけどな。
弓の次が槍で、混戦になりそうなときは薙刀の短い奴だ、カイマキだったか?
日本刀は最後の防御用だぞ。
鉄砲が出てきてから順位は変わっただろうけどさ。
173.名無しさん:2020年01月27日 18:15 ID:RpBN.S6g0▼このコメントに返信
※172
弁慶じゃあるまいし、どんだけ武器持って歩いてるんだよ。
鎌倉時代まで弓騎兵が中心だったが、南北朝の争乱からは打ち物騎兵、要するに太刀の出番となる。
また馬上槍も登場するが、揺れる馬上で槍を鎧の隙間目掛けて正確に突くのは大変至難で使い手を選んだ。
徒歩で戦う武士は薙刀や長巻、大太刀を好んで使ったが、金砕棒などの鈍器を使う武士もいた。
この時代から弓は武士から雑兵の武器へと変わっていく。
174.名無しさん:2020年01月27日 18:18 ID:lX32xlXf0▼このコメントに返信
>>91
体重も140kgあったそうだから見た目は大きめのマツコデラックスだけどな
175.名無しさん:2020年01月27日 18:18 ID:VydUi6YE0▼このコメントに返信
イッチーは何か勘違いしてるようだけど、日本刀は何人か切ると、紙をスッと切るような事が出来なくなり、西洋刀程度の切れ味になるって事だぞ?
西洋刀ははじめから紙をスッと切るような事なんて出来ない。

幾ら日本刀が油脂でベトベトになったってあんな尖った鉄の棒でぶん殴られたら、バックリ割れるわw

176.名無しさん:2020年01月27日 18:21 ID:qwrfSjl10▼このコメントに返信
※173
槍は突くのではなく叩く。常識だから知っとけ。
177.余談ですが:2020年01月27日 18:31 ID:.mYxyOOB0▼このコメントに返信
※165さん、
ナイス・フォロー ありがとうございます
日本でも斬首刑というのは難しく、かの山田浅右衛門(朝右衛門)でも、高橋お伝を<斬り損なった>とか
日本では、元々は首打ち(斬首刑・執行)は、罪人が平民の場合、町方同心の当番制だったらしいです
ところが、平素、斬り慣れていないため(ある意味、当然デスが…)失敗することが、ままあったそうな

山田浅右衛門(朝右衛門)の本業(職業?)は刀剣の鑑定士?でした
自分のコレクションが、どれほどの『価値』があるのか<試してみたい>のは、コレクターの<性(さが)>でありましょう
単なる<美術品>ではなく、本来?の<武器>としての『価値』として
そのニーズに応える為、当番の町方同心に謝礼を払って、コレクター本人に代わって罪人を<試し切り>したらしいデス
ところが、当の罪人から、『山田の旦那なら、(文字通りの一刀両断)苦しまずに、あの世へ行ける』
と、評判になり、希望者殺到?したという変な話もありますヨ…



178.名無しさん:2020年01月27日 18:33 ID:aEq.qjzz0▼このコメントに返信
日本刀は太刀筋がブレたら簡単にひん曲がる。
プレートアーマー着込まれたらなんとか引き倒してプレートの隙間に突き立てるしかないから達人レベルでも厳しくなる。

洋刀は体格で上回り腕力があれば無双できる。
179.名無しさん:2020年01月27日 18:39 ID:GDc849v90▼このコメントに返信
※170
コンパウンドボウはあくまでも 引く力を軽くするって=少し強くできるってだけだから威力は人間に依存すんだよね。要は昔のマッチョで弓極めた大男が使う和弓と現代のもやしっ子が使うコンパウンドボウじゃ 前者の方がどう考えても強いべ?
180.名無しさん:2020年01月27日 18:41 ID:Wm.wK2xl0▼このコメントに返信
やる前に切られたら耐久性もくそもないわ
181.名無しさん:2020年01月27日 18:42 ID:EwFcSFoE0▼このコメントに返信
刀はすぐ曲がるけど西洋の剣は曲がらないと思ってる人いるけど
西洋の剣も簡単に曲がるよ
ttps://www.youtube.com/watch?v=KczZPuRux9k
刀と比べて西洋の鋳造の剣は折れないだろう曲がらないだろうってのは
日本刀が一万回繰り返し鍛えられてるからwと言われるレベルでファンタジーだぞ
182.名無しさん:2020年01月27日 18:43 ID:QV3DP0IC0▼このコメントに返信
わざわざ刀なんか作らずに鉄塊で殴れば死ぬぞ
183.名無しさん:2020年01月27日 18:50 ID:mnWfg5nz0▼このコメントに返信
で、日本刀を貶める特ア人の刀はどこいったの?
184.名無しさん:2020年01月27日 18:59 ID:broLnhNB0▼このコメントに返信
実際の日本の戦でも、刀による斬り合い自体あまり起きなかったらしい。最終的には組み伏して懐刀で致命傷を与えていたとか。
185.名無しさん:2020年01月27日 19:05 ID:iX6mgA2g0▼このコメントに返信
扱い方がまったく違うので、使う人間の技量しだいとなる。
また、運用、コスト、地形、気候も左右する。
よって武器単体での比較は意味を成さない。
これらは全ての武器にいえることだと思う。
186.名無しさん:2020年01月27日 19:16 ID:bjKPNLak0▼このコメントに返信
そもそもチャンバラ時代劇の見すぎ。
日本刀はチャンバラするものではなくて、一撃で相手を切るもの。
剣道みたいな戦い方はしない。剣道など近代スポーツでしかない。
古くからの古武道は相手を一瞬で切り倒している。
重い西洋刀ではそれは無理。
西洋刀と日本刀は戦い方がそもそも違いすぎる。
何故、日本の古武道が身体の動作を重視している分かるだろ?
187.名無しさん:2020年01月27日 19:16 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
>プレートアーマー勢もロングボウで意外と簡単に死んだ

それ大嘘
実際には中々死なず、イングランド弓兵の所まで迫りはしたが、手前に築かれた杭の柵を突破できずに後続と揉み合って右往左往してる間にやられた
って内容だったはず

つか実際に当時と同レベルの甲冑に、ロングボウで何度か試射する海外の検証動画もあるが、プレートは全然抜けなかった(2~3ミリ凹んだ程度)
鎖帷子はあっさり貫通したけど
188.名無しさん:2020年01月27日 19:19 ID:bjKPNLak0▼このコメントに返信
そもそも刃こぼれをするような刀の使い方をするようでは、下手くそなだけだ。
一撃必殺で日本刀は使用する。
189.名無しさん:2020年01月27日 19:25 ID:f8FB0LCU0▼このコメントに返信
西洋刀ってサーベルだろうけど日本刀のほうが上だと思う
西洋のサーベルってたいてい片手で持つように柄が短くなってて
190.名無しさん:2020年01月27日 19:27 ID:r9TMD.rT0▼このコメントに返信
西洋刀ってサーベルの事か?
あれ系は突くか切るで肉を断つ為の武器だから骨まで断つなんてとても無理だし、全身鎧を着込んでる相手だと
結局は鎧われてない部分を攻めるしか手が無い。武器の構造的に鎧ごとバッサリは無理
その点、使い手の腕にもよるが日本刀は籠手ごと腕切り飛ばしたり頭を兜ごと叩き切ったり出来る
…てか、片手で扱う西洋刀と両手で扱う日本刀を比べるという前提からしておかしい。アホくさ
191.名無しさん:2020年01月27日 19:28 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※186
いや別に、日本の剣術だって一撃で相手を殺り倒す事を重視してる訳じゃないぞ
基本的には手足に3cm以上も食い込めば手足の機能を喪失するから、基本的にはその辺制してから、ってのが多い

あと別に西洋剣はそんなに重くない
ロングソードとかだって1.3~1.5kg程度だし、(大きい柄やヒルトの都合で)重心位置は日本刀より手元よりになってるから、そこまで変わらない
史実にも、西洋人が打刀もった際に重いと驚いた、って話あるし
更にいうとレイピアなんかは重量1.5kgと重いが重心位置の都合で器用に剣先をクルクル回せる程取り扱いが軽い

あと西洋剣術と日本剣術にも共通項は結構多いぞ
192.名無しさん:2020年01月27日 19:30 ID:QkYJ07lr0▼このコメントに返信
未だにこれ言うけど実物がある程度残ってたりいまだに生産してて、実際に鎧やらを使って試し切りしたり耐久確かめたりして検証した結果は散々出てるはずなんだが
なんならようつべあたりにでもさ
圧倒的に日本刀の方が優れている
193.名無しさん:2020年01月27日 19:37 ID:r9TMD.rT0▼このコメントに返信
※187
それ最近になって知ったわ
クロスボウは構造的に矢が射出速度を得る為の滑走距離が短いせいで、飛びはすれども弓ほどの
貫通力はなかったってな。実際は鉄製どころか革製の防具にさえ弾かれたそうな…
知りたくなかった現実やね。もうこれからはゲームでクロスボウとか見ても苦笑いが出そう…
194.名無しさん:2020年01月27日 19:37 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※190
いや、日本刀も打刀でそれは無理だぞ・・・
海外のTVで取り上げられたりもする有名な古武術家や、本物の刀鍛冶さんまで参加してる古武術サバゲ(野試合合戦連盟)や、武術クラスタでもそんなアホみたいな事言ってる奴見たことないが

と言うか、そういうのを大規模にやって実践してるガチ甲冑合戦の人たちとかも、そんなアホな事はまず言わん
むしろ刀や槍でぶっ叩きまくって、相手弱らせてから刺してトドメさせ、って言ってる

そもそも打刀自体、ぶっ叩く刀、って意味だし・・・
195.名無しさん:2020年01月27日 19:42 ID:UNUWFR6K0▼このコメントに返信
※173
騎馬には徒歩の御供が槍持ちとして付き従って武器を交換する
196.名無しさん:2020年01月27日 19:42 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※192
確かに実証動画もあったりはするんだが
当時の鉄にも劣る質の悪い鉄やら、鎖帷子だと凄く劣悪な構造やらでのだったりので参考にならないのも多いんだわ

そもそもよく言われる鋳鉄でフルプレートってのも大間違いだし(普通に鍛鉄)、鎖帷子もリベット留めって奴してないと凄く脆い
197.名無しさん:2020年01月27日 19:44 ID:UpHIfGNv0▼このコメントに返信
日本刀はほぼ素人が振り回してもやべえ殺傷力でしょ。鍛えの質がいいし、曲刀として完成してるから。
西洋の直刀だってフェンシング式に、突き刺しを主体にされたら恐ろしいんじゃないの?
どっちにしろ、武器の性能は、当時戦ってた人間にとって命に関わるんだから、それぞれに進化錬成されてて、ヘボなんてことはないでしょ
進化の方向性が違うのは戦場の環境の違い等々の理由もあれば、単に最初から思想が違うだけかもしれない。
両者がぶつかり合うことが現実に無かったなら、どっちが強いかという比較をする意味がない。
198.名無しさん:2020年01月27日 19:46 ID:f8FB0LCU0▼このコメントに返信
中東のシミターは反りが激しくて斬ることに特化してるが、日本刀はそうではなく手元あたりで反ってる感じで以外と突きやすいんだと思う
剣先の反りがきつかったらそりゃつきにくいだろ
サーベルはシミターに近い感じなんで造形的な機能性からして日本刀のほうが上なんじゃないかと思う
まあ使ったことはもちろん扱ったことすらないんで実際のところは知らないけど
199.名無しさん:2020年01月27日 19:52 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※197
日本刀は内部までよく鍛えられてる事が多いから、当時としては質が良くて重宝された、ってのは聞いたことある
あとは曲刀である事で重心位置が刀身の背寄りになる事で刃筋が安定しやすいのだとか
ただ実戦で鎧を切れるかってーと話は別

池田屋事件の際、新選組は鎖帷子を着て突入し、その防御力で無双したって史実があるし

反面でロングソードは戦場特化型の刀剣
全長120cmと長いわ、刃側握って十字柄をピックのようにぶつける殺撃なら鎖帷子も貫けるわで
ただしサブウェポンとしては長すぎて不便でもあるが
200.名無しさん:2020年01月27日 19:54 ID:f8FB0LCU0▼このコメントに返信
あと一般的に日本刀は反ってるんで、真っすぐが多い剣や直刀よりは斬れるだろう
剣も形によっては斬れやすいのはあるかもしれないけど
201.名無しさん:2020年01月27日 19:59 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※198
反りが強い方が、(重心の位置的に)斬撃時に刃筋が安定しやすいらしいから、斬撃力ならシミターやサーベルのが上かと
単純な鋭利さ単体は最初は余り差がない事が多いので(刃物の質によって、切れ味が落ちにくい等はある)

ただし反りが強いと、対鎧でも使いやすい重要な隙間や顔狙いの突きとかがし難いから長所短所はある(対鎧も強く想定してたロングソードが直刀なのはその為、当時の西洋剣術は日本剣術よりも更に突き重視)
あと左右の手の連動ミスでブレ易い両手斬りよりも、片手斬りの方が刃筋は安定しやすい
202.名無しさん:2020年01月27日 20:02 ID:iX6mgA2g0▼このコメントに返信
そもそも、日本が嫌いなイッチが、世界に認められている日本刀を貶めたいだけのスレ。
マジレスするだけムダムダ。
203.名無しさん:2020年01月27日 20:05 ID:.pKi3OEH0▼このコメントに返信
先ず、日本刀sageの作り話を前提にして語るのはやめとけ
無知を晒しているだけ
204.名無しさん:2020年01月27日 20:05 ID:iX6mgA2g0▼このコメントに返信
日本刀が世界最高品質なのは間違いないんだよ
バカみたいにコストがかかってるんだから。
205.名無しさん:2020年01月27日 20:08 ID:7eosUUj70▼このコメントに返信
ジュワユース最強だろう
206.名無しさん:2020年01月27日 20:11 ID:oYujXshb0▼このコメントに返信
第一次大戦中最も人を殺傷したのはスコップという説があるけど嘘臭い
207.名無しさん:2020年01月27日 20:21 ID:iX6mgA2g0▼このコメントに返信
※206
第一次大戦で最も人を殺傷したのは、普通に機関銃か爆弾だとおもうが?
208.名無しさん:2020年01月27日 20:26 ID:6Uic17AH0▼このコメントに返信
海外の比較番組でロングソードより日本刀のほうが優れてるとか言ってたけど、
西洋剣は色々あるから一概にも言えない感じ
209.名無しさん:2020年01月27日 20:36 ID:nQWlE0bk0▼このコメントに返信
西洋刀は微妙だが、西洋鎧は最高峰。
装備されたら侍も白兵戦で苦戦するだろ。
210.名無しさん:2020年01月27日 20:43 ID:gxROIDZO0▼このコメントに返信
>>128
槍>>薙刀に>>刀な
211.名無しさん:2020年01月27日 20:43 ID:9UAr2.kx0▼このコメントに返信
*150
基本、騎乗して使うからと、片手持ちのサーベルにしたんだけど、両手持ちの剣道が身についてるから評判が悪かった。
で、両手持ちのサーベルにしてみたんだけど、これなら普通に刀で良いんじゃねの?というので太刀型になった。
が、そもそも太刀は柄巻にしろ目釘にしろ、前線で素人に手入れできるもんじゃねぇ…とこれも評判がイマイチだった。
わざわざ剣術家に頼んで、前線の使いっぷりを評価してもらったりして、「日本刀風」の軍刀に落ち着いた。
212.名無しさん:2020年01月27日 20:44 ID:gxROIDZO0▼このコメントに返信
>>128
西洋剣が鈍器なのは戦場用の話ね
諸刃だと強度的に刃引きしないと
実用的な強度で戦場での使用に耐えられない
213.名無しさん:2020年01月27日 20:44 ID:gxROIDZO0▼このコメントに返信
>>212
実用的な重量
214.:2020年01月27日 20:47 ID:iX6mgA2g0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
215.名無しさん:2020年01月27日 20:49 ID:VF5.eURA0▼このコメントに返信
>>173
白兵戦全盛期の南北朝時代は弁慶みたいに
武器をワラワラ持ってる鎧武者が
うじうじゃいたそうな
216.名無しさん:2020年01月27日 20:49 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※211
というか、日本の騎乗用の太刀も昔の物はサーベル同様に片手持ち前提で反りが強かったから
騎乗戦闘前提だと、片手かつ刃筋の安定しやすい曲刀が好まれるんだろうね
片手で馬を狩りながらだと、突きよりも斬撃のがメインで使われるだろうし
217.名無しさん:2020年01月27日 20:55 ID:QPiffYnE0▼このコメントに返信
※214
数打なんて呼ばれてたから相応に質は低いと思うよ、量産用の刀
ただ足軽どころか成人男性ならみんな持ってるレベルで普及してたらしい。
218.名無しさん:2020年01月27日 21:06 ID:Cgc3Qd.G0▼このコメントに返信
>>1
まずはその量産性能から語るべきではないか?
西洋の方が鉄を溶かす術に長けてたんや
219.名無しさん:2020年01月27日 21:18 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※176
それは誤解
つーか管槍なんて突き特化の代物だし、古武術や中国武術にも突き技は凄く多い
そもそもそれなら穂先自体が要らん

凄く長い奴は叩くように使う事も多いってだけ、槍衾の状態だと叩くってより揺らして叩くだし
突きも普通に強いというか、上手い突きには中々反応できない(斬撃のがまだ反応はしやすい)
ただ長い槍ほど突きはブレ易くなるし、素早く戻したりにも熟練も要るから、雑兵にやらせるなら一斉に叩き落ろさせたり槍衾のが良いってだけ

叩くのも普通に使うけど、それでも突きの方が重要性は高い
220.名無しさん:2020年01月27日 21:34 ID:zDYTbmY00▼このコメントに返信
>>17
室町期半ばの刀は平安時代の流れを感じる作りになっているよね。そして長くて反りがきつい。この時代の刀が一番質が良いけど、再現ができないとどこかで読んだわ
221.名無しさん:2020年01月27日 21:35 ID:lmjsn7Hy0▼このコメントに返信
剣術の達人坂本さん「いや拳銃のほうが強いわ」
222.名無しさん:2020年01月27日 21:40 ID:iKxfDQRE0▼このコメントに返信
柄が弱くて無茶できないから日本刀は選ばないな
223.名無しさん:2020年01月27日 21:53 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
所謂ロングソードは別に耐久力あるわけでもなければ素人が使えるほど簡単でもない、メンテナンスに手間がかからないようなお手軽な武器でもない
こんなもん多少知識あればわかるだろうに
224.名無しさん:2020年01月27日 21:55 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※221
槍の達人なんだよなぁ…
225.名無しさん:2020年01月27日 22:05 ID:GDc849v90▼このコメントに返信
※193
滑走距離が短い上に 打ち出すボルトも弓に比べりゃ軽量で短いから、横転しやすいんだよ。投げナイフ柄で受ければ無傷の理論かもしれないね
226.名無しさん:2020年01月27日 22:10 ID:hNwC1W.D0▼このコメントに返信
要するに厨二こじらせた寝言だろ。
ゲーム基準で「剣最強」って言いたい。
けど日本刀だと同類の中ではメジャー過ぎて特別感が足りない。
だから同類相手にマウント取ろうとしたと。
だから時代や用途についての言及がない。
227.名無しさん:2020年01月27日 22:17 ID:qlbV1yHP0▼このコメントに返信
伝統的に日本産の鉄は、
強度が弱く不純物が多いことで有名です。
鉄の強度が弱く、日本の包丁は、強度が弱く、簡単に破損しています。

日本産鉄鋼の低品質は熱処理技術でも克服できない宿命です。
日本産の鉄は劣っています。

日本産は人間も物もすべてヨルドゥンます。
228.名無しさん:2020年01月27日 22:23 ID:r9TMD.rT0▼このコメントに返信
※194
いや、刀鍛冶の話で打ち上げた刀の性能を試す為に鎧を砂袋に押し着せて試し切りしてたってのがある
実際に鎧や兜を切ってたそうな。使い手の腕と日本刀や防具の質はまた別の話だな。言い出したらキリがない
あくまで日本刀の構造的・性能的に防具ごと切れるかって可能性の話
日本刀は可能であり、西洋刀では無理。理由は軽過ぎる事。腕や切れ味以前に重さが致命的に足りない
西洋『剣』で出来るとしたらツヴァイハンダーやツーハンデッドソード等の重量武器だな
まぁあれらは防具ごと切る、というよりも防具着込んだ相手を防具ごと叩き潰すと言うべきだが
229.名無しさん:2020年01月27日 22:24 ID:qlbV1yHP0▼このコメントに返信
※伝統的に日本産の鉄は、
強度が弱く不純物が多いことで有名です。
鉄の強度が弱く、日本の包丁は、強度が弱く、簡単に破損しています。

日本産鉄鋼の低品質は熱処理技術でも克服できない宿命です。
日本産の鉄は劣っています。

日本産は人間も物もすべて劣っています。
230.名無しさん:2020年01月27日 22:29 ID:6Uic17AH0▼このコメントに返信
※227
韓国からご苦労さんw
わざわざ翻訳機通してまでして日本にケチ付けに来るって本当凄いストーカー精神ですね。
そこまで行くと病気としか言いようがありません
231.名無しさん:2020年01月27日 22:32 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※230
韓国伝統芸能、病身舞いぞ
敗北のみで構成された半万年の歴史、その集大成に慄け
232.名無しさん:2020年01月27日 22:36 ID:6Uic17AH0▼このコメントに返信
※231
その病身舞いをよっしゃー!って気分でこうして披露してくれるんだから
ご苦労様としか言いようがないよw
正直人間どうすればここまで馬鹿になれるのか謎に思います
233.名無しさん:2020年01月27日 22:38 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※228
というか、そういう例なら西洋剣でも動画は割とあるで
つーかその発言、刀剣の重量を根本的に勘違いしてるでしょ
よく日本刀って例えで使われる打刀の重量って基本的に0.8~1.2kg前後だから、1.1~1.5kgのロングソードより明確に軽いぞ

もしくはその曖昧な日本刀って何よ?って話だ、4尺野太刀級を前提とするならそりゃツヴァイハンダーが例えになるのも分かるけどさ
んで逆に3尺野太刀級なら重量・長さ共に一般的なロングソードとトントンになる
ただこの場合、心の都合、ロングソードのが取り回しに優れて、野太刀のが威力はあるけどね
234.名無しさん:2020年01月27日 22:39 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
✖ 心の都合
◯ 重心の都合
235.名無しさん:2020年01月27日 22:41 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※232
翻訳ソフトに頼り切って外国のサイトに出没する奴やで
馬鹿に囲まれて育って、馬鹿な教育受けて、馬鹿の中でも更に負けて捻くれた筋金入りの馬鹿やん
236.名無しさん:2020年01月27日 22:43 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※233
バットと同じやで、重心手前にあったら威力落ちるやろ
てか重心前にして攻撃力高めたのがファルシオンやん、あっちの人らもそんぐらい知っとるで
237.名無しさん:2020年01月27日 22:44 ID:6Uic17AH0▼このコメントに返信
>>235
しかも失敗したと見るやわざわざ訂正の連投で恥の上塗りするしw
ここまで見事な天然物見れたのは結構な価値あると思いますわw
238.名無しさん:2020年01月27日 22:45 ID:8kVumaub0▼このコメントに返信
片手剣と両手剣の違いも分からん奴が何語ってんだかw
239.名無しさん:2020年01月27日 22:47 ID:0Okxd.kV0▼このコメントに返信
>>138
レディストーカー思い出した。
240.名無しさん:2020年01月27日 22:48 ID:6Uic17AH0▼このコメントに返信
ところで明治に流行った日本刀の刀身を西洋のサーベル仕様にするのって
ある意味完成形でないの?最高の刀身に戦乱に明け暮れた西洋の防御処置施す和製サーベルって史上最強な気がするw
241.名無しさん:2020年01月27日 22:48 ID:fnsmM3tN0▼このコメントに返信
重いから、使う人間の耐久力が持たない。
242.名無しさん:2020年01月27日 22:50 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※241
そこは鍛えようや
243.名無しさん:2020年01月27日 22:50 ID:otiA.nSg0▼このコメントに返信
※239
ヨシオの目が光る
244.名無しさん:2020年01月27日 22:53 ID:4gCnCLFV0▼このコメントに返信
正確な時代は忘れたが武士弓をは地上、馬上両方できて一人前みたいなのを本で読んだことある。書かれてると思うが刀は乱戦ぐらいらしいし。
ただ、朝鮮で居合いの達人から教授を受けた武将の隊が(加藤清正だったと思う)明・朝鮮兵が背中に担いだ剣を抜く前に居合い斬りで両てを切り落とす等活躍してる
245.名無しさん:2020年01月27日 22:55 ID:.RSGkPBP0▼このコメントに返信
この手のスレでしばしば護身用といわれるレイピアは
日本でいう野太刀と変わらない、あるいはそれ以上の長さ・重量なわけだが
246.名無しさん:2020年01月27日 22:57 ID:5Yy2wQIS0▼このコメントに返信
日本刀が本当に殺傷能力の高い戦のメイン武器なら、徳川幕府は武家諸法度中で推奨しないよ。
武田の家臣は伝書の中に「役に立たない」と書いている。
と言って、西洋のがいいかどうかは別の話。結局は剣技は「剣の軽さと腕力」に左右されるからだ。
室町が終わって4大剣豪が出てきたあたりの流派の始まりの主力はほぼ小刀の技だった。
坂本龍馬を切った相手も小刀づかい。大刀は払い切るうものではなく突くものなのだ。
247.名無しさん:2020年01月27日 23:01 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※245
戦場用レイピアは鎧抜くもんやし
しかも決まりにくい上に脆いとかいう致命的な理由で結局廃れた敗北者や
小さくて軽い方タイプは生き残ったけどな、あれも剣道みたいに競技化しすぎて既存の流派下火にした元凶やけど
248.名無しさん:2020年01月27日 23:17 ID:Eay5piz70▼このコメントに返信
様々な国や文化圏と戦争続けて多種多様な形状に発展した西洋の剣類と日本国内専用でガラパゴス的にあまり進歩しなかった日本刀を比較しても仕方ない。西洋で日本刀の様な形状の剣が全く普及しなかったのは中途半端とか何らかの問題があったからなんだろう。
249.名無しさん:2020年01月27日 23:20 ID:CBFVPcxX0▼このコメントに返信
6mの長槍を突きしても48キロの衝撃力だったが、横から叩き込むと612キロって検証テレビで見たけど
結局突き、斬るより長物で叩いた方が遥かに楽に倒せる その後薄いとこを刀で止め
フルプレートだろうと瞬間600キロの衝撃力何回も食らったらどうしようもない
250.名無しさん:2020年01月27日 23:21 ID:vRLn.wXn0▼このコメントに返信
※218
いや刀もロングソードも製法は同じだったはずだぞ
鉄と鋼を重ねて何度も何度も畳みながら伸ばしていく
そうすることで薄い鉄と鋼の多層構造の強靭な刀身生まれる
251.名無しさん:2020年01月27日 23:29 ID:HU7RrjfE0▼このコメントに返信
※164
こういう根拠もなく日本製妄信する奴いるよな。
252.名無しさん:2020年01月27日 23:30 ID:VMrRqWHd0▼このコメントに返信
※123
それだけ高く買ってるとも言えるのよ
253.名無しさん:2020年01月27日 23:31 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※248
問題も何も元々使っとった直剣と矛が平安時代に刀形式の武器に色んな面で負けたからやで
西洋でも結果的に日本刀みたいに直剣と曲剣のあいのこみたいな特製のサーベルが覇権取っとる

※249
そら長槍は普通の槍とは運用違うからなぁ…
254.名無しさん:2020年01月27日 23:31 ID:VMrRqWHd0▼このコメントに返信
※251
根拠は無いけど買ってく外人に文句言ってくれ
255.名無しさん:2020年01月27日 23:33 ID:HU7RrjfE0▼このコメントに返信
※191
留学してた時に西洋剣術(HEMA)かじったけど、剣道なんかより遥かに実践的なんだよな。
256.名無しさん:2020年01月27日 23:38 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※249
確かに運動量は質量×長さ×振り速度だから
長い槍ほど叩き向きだが、短い槍だと打撃力も大幅に弱まるから突きより打撃のが楽ってのは極論すぎじゃね?
それ実証してるガチ甲冑合戦の人も、約3m以上の槍は「叩く叩く突く」で、6mくらいの槍足軽の長槍は「叩く叩く叩く、倒れたら短く持って突く」だから、逆に短い槍では突けって話だし

つーか6mの槍とか大ぶりになりすぎて、少し振り回すだけでも辛いわコントロール効かんわ、隙も膨大だわだし(そもそも集団戦専用のカテゴリー)
257.名無しさん:2020年01月27日 23:45 ID:HU7RrjfE0▼このコメントに返信
※254
ちなみに、日本刀よりロングソードのほうが折れにくいよ。もちろん比べる時代にもよるが。
切れ味も過小評価されすぎ。

あと刃物が刃こぼれするって話もブッシュクラフトとかで酷使してるけど、日本製よりアメリカ製やスイス製、スウェーデン製のほうがタフな利用でも安心できるわ。
258.名無しさん:2020年01月27日 23:45 ID:fnsmM3tN0▼このコメントに返信
※242
>>242
鍛えてどうにかする前提やったら、そもそも刀なんか捨ててデカい薙刀でも持つわ。
重いわりに、速さやリーチ、威力が物足りんのが問題なんや。

持久力とか耐久性は、西洋の刀剣はそもそも土俵に上がれてない。
軟鉄に表面に焼き入れした付け焼刃以下の代物で、打ち合ってる間に刃が剥げて鈍器になる代物や。
259.名無しさん:2020年01月27日 23:45 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※253
それは刀剣が使用される環境の要素が大きいし…
重装甲相手なら突き精度が高く抜きやすい直剣、軽装甲相手なら刃筋が安定しやすく切断力の高い曲刀のが良い

つーか日本が直刀やめて(反りの深い)太刀になったのは、騎馬前提故に片手剣が重宝されたからってだけな気が
260.名無しさん:2020年01月27日 23:47 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※255
そら今の西洋剣術って日本剣術ベースやん
運用重視になるのは当たり前や
261.名無しさん:2020年01月27日 23:49 ID:HU7RrjfE0▼このコメントに返信
※260
>>西洋剣術って日本剣術ベースやん

は?何言ってんだこいつ。
今の西洋剣術は西洋の過去の書物からの再現だよ。日本剣術ベースとか意味わからん
262.名無しさん:2020年01月27日 23:50 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※259
騎馬運用で有利なんは当然やけど当時の技術ではそもそもの強度でも中央の剣は劣っとったからやで、あの時代から長物も大剣も携行武器も全部日本刀形式になったんや
まあ同じ鍛造でもRついとるからそら殴りつけた時の頑丈さも反動も違うのは当然やな
263.名無しさん:2020年01月27日 23:53 ID:uKwwEW5a0▼このコメントに返信
※258
>重いわりに、速さやリーチ、威力が物足りんのが問題なんや。
言ってる事が意味不明というか支離滅裂だな
まず代表的な西洋刀剣であるロングソードやレイピア(全長120cm程)のが、代表的な日本刀である打刀(全長100cm程)より20cmほど長い
かつロングソードやレイピアのが重心も手元にあるから、取り回し・剣速では勝る

重心や(平均的な)金属の質等の都合で威力や耐久性は勝っても、それ以外は言ってる事滅茶苦茶だぞ
264.名無しさん:2020年01月27日 23:54 ID:5vUd1vKV0▼このコメントに返信
※261
書物や絵画では補えん部分は日本剣術から持ってきたんやで、せやから似とるんや
てかやってたのにそういうの習わんかったんか?失伝しとる事も書物から持ってきたことも習ったんやろ?
265.名無しさん:2020年01月27日 23:57 ID:HU7RrjfE0▼このコメントに返信
※258
>軟鉄に表面に焼き入れした付け焼刃以下の代物で、打ち合ってる間に刃が剥げて鈍器になる代物や
それいつの時代の話だ?
266.名無しさん:2020年01月28日 00:01 ID:ZasbqHlS0▼このコメントに返信
※264
研究してる奴らがいて再現してるとは習ったけど、日本剣術がベースとか聞いたことないわ。フットワークもかなり違う。現代格闘技に近い。
俺が間違ってたらすまん。ソースあるの?
267.名無しさん:2020年01月28日 00:02 ID:BH5IXI0X0▼このコメントに返信
どーでもいーけどおまいら
安価は >> ではなくて ※ で打ってくれ
268.名無しさん:2020年01月28日 00:05 ID:7FryCsc50▼このコメントに返信
実戦で刀で斬り合いはしないって逆張り未だに根強いけど大太刀全盛期の軍記とかで使いまくってる描写があるのは当然として戦国時代でも外人が記録に残すくらい野戦で刀ブン回して突撃したりしてるんだよなあ
というかヨーロッパでも両手剣で槍衾を切り開くとかあったんでしょ
269.名無しさん:2020年01月28日 00:07 ID:71TdIyCD0▼このコメントに返信
※264
それはちょっと極論すぎだな
確かに日本剣術も使われてるが、フィリピン武術なんかも復元には使われてる
フィリピン武術のエスクリマなんかはスペイン剣術の子孫だから逆輸入で復元に取り入れられてるし
なので一部が似てるというだけ

つーか西洋剣術は日本剣術にない要素もかなり多い、裏刃を使った技術や殺撃とかその最たるものだし
攻撃線の概念や、バインドを前提とした攻防同時系も日本剣術には薄めだし
270.名無しさん:2020年01月28日 00:10 ID:aG4TxM5j0▼このコメントに返信
※266
西洋剣術の研究者のインタビュー記事の写しやで、ソース貼ろうと思ったがサービス終了とかでサイト消えとった
前はWikipediaにも別のが乗っ取ったんやけど記載ごと参考文献消されとるからわからん、すまんな…
271.名無しさん:2020年01月28日 00:11 ID:fAWv4Wn00▼このコメントに返信
※244さん、
私の記憶が確かなら、朝鮮兵ではなく、援軍として参戦した明軍の、それもモンゴル系部隊の得意技

昔のNHKで放送された『アニメーション紀行 マルコ・ポーロの冒険』あたりがソースかと思われる
かの『東方見聞録』にも記述があり、背中に背負った太刀を、薩摩示現流ではありませんが、
馬上からの推進力を活かし『抜き・即・斬』で、斬り付けて来る突撃技は、有名な技でありました
モンゴル兵が、かの<元>の時代、一世を風靡したのはこの突撃技も一役買っていたのは事実らしいデス
最初は苦しめられた物の、秀吉軍(と言ってもイイよね?)は、相手のモンゴル系部隊の兵士が背中の太刀に
『手を伸ばした瞬間』を狙い、肘付近を狙って<居合い抜き>を仕掛け、被害を最小限にした
コレは、世界でも稀有な鋭利さを誇る日本刀ならではの<反撃策?>で、肘付近の靭帯&筋肉などに損傷を受ければ、
浅手でも背中に背負った太刀を抜いて斬り付けて来るのにタイム・ラグが生じる
ソコを槍で突いたりすれば、勇将&猛将とて、ひとたまりもない。

実はコサック騎兵隊なども、コレと似た戦法を編み出し、モンゴル兵と同様の、突撃作戦を得意としたオスマン・トルコの部隊を、
撃退したりしてます

272.名無しさん:2020年01月28日 00:19 ID:71TdIyCD0▼このコメントに返信
※270
悪いが
どのみち、日本剣術と別物の要素も多すぎて、日本剣術がベースってレベルまではまず行かんと思うぞ
刃を握る殺撃や、裏刃で回り込んで攻める技、刃で受けつつ攻撃する技、盾を前提としたコンビネーション技とか、日本剣術にない要素が多すぎる
代表的なツベルクハウの動作一つ取っても、どこが日本剣術?って感じだ

日本剣術の要素も使って補填した事で兄弟レベルではあるだろうが、流石にベースは言い過ぎ
273.名無しさん:2020年01月28日 00:21 ID:ZasbqHlS0▼このコメントに返信
※269
ロングソードしかしたことないけど、突き主体のカウンターの応酬はならではだと思う。決まった時の爽快感は異常。
274.名無しさん:2020年01月28日 00:25 ID:XdMMDLe10▼このコメントに返信
>>268
刀は突くものとか西洋剣は叩きつけるものとか書いてる連中、このスレにも居るけど全部嘘だからな
嘘つき相手に正論言っても無駄
275.本題からズレますが…:2020年01月28日 00:49 ID:fAWv4Wn00▼このコメントに返信
※272さん、
どちらが本家or元祖かは知らんが、昔の西部劇の<投げ縄>アクションと、日本の時代劇の<取り縄>アクション、
など、似たようなアクションは、多いよネ?

私は、クリントイーストウッド氏主演の、『ペイルライダー』で、ガンマンが、日本の時代劇『必殺仕事人』
みたいなテクニックで敵を倒すのを見て、『面白ェ~、こんなのもアリだヨねェ~』と思いました

どうせヤルなら、『ペイルライダー』みたいに、ある意味本家を喰うような面白さを見せてほしい
その点、どこぞの国は、しょせん<劣化コピー>なんだよねェ~
276.名無しさん:2020年01月28日 01:01 ID:71TdIyCD0▼このコメントに返信
※275
剣術にあの国の話持ってこられても困るんだがw

取り敢えず西洋剣術も西洋剣術で、また古武術とは違う側面が大きくて面白いぞー
特に素肌だと古武術に近い要素も多いが、アーマードバトル用や対盾・裏刃の技術とかはかなり独自のものだろうし
似た技法であるハーフソードと中取りでも、方向性が大分別物らしいからな、そういう差異と理由を見つけるのも面白い
277.名無しさん:2020年01月28日 02:02 ID:YWhV.nJ90▼このコメントに返信
直刀は主に突いて使う。
曲刀は斬るのが主な使い方。
突くなら直刀の方が有利だけど、斬るなら曲刀の方が有利。
278.名無しさん:2020年01月28日 03:21 ID:U1cqbn.J0▼このコメントに返信
耐久性と持続性が無いと実用的じゃないとか言う時点でもう間違ってるとかは置いといても、
強いて言うなら現代軍事学的に刀剣に求められる能力を考えたら刀の方が勝ってるでしょ
そもそもロングソードとかいう技術向上の過程で絶えた武器と、
大戦中から現代まで技術の伝承と技術向上の模索が続いた刀を比べる事自体が間違いなんだが
サーベルと比べたらサーベルが勝ちそうな気がする、脇差とかの小刀サイズならナイフでいいだろって事になるかな
279.名無しさん:2020年01月28日 06:19 ID:xN4dD31Q0▼このコメントに返信
鎧通し持っていくわ
280.名無しさん:2020年01月28日 06:26 ID:HPhujv8x0▼このコメントに返信
胴田貫は鉈に近い重さと分厚さだから実戦向き…まぁ青竜刀の方が素人には使いやすいけど。 抑々、一括りに日本刀っていうのは拳銃・ライフル・機関銃をいっしょくたに扱うようなもので議論にならん
281.名無しさん:2020年01月28日 06:37 ID:71TdIyCD0▼このコメントに返信
※278
それ極論すぎじゃね?
つーか戦国時代とかの戦争での能力考えたら、対鎧性能の分、多分ロングソードのが上だぞ

そもそも日本の刀剣は中世後期の西洋甲冑ほど隙間のない鎧を想定してない・・・と言うより、日本の湿度では通気性の悪い鎧はまず実戦に耐えれないからだが
そういう求められる条件の違いもあるからな、仮に中世時代に日本刀が西洋に大量に渡って流行したとしても、向こうで日本刀が生き残れたかってーと謎よ
西洋の連中は目的に応じて専用ツール作る傾向が日本より強いから、フルプレート時代に廃れそうだし
282.名無しさん:2020年01月28日 08:19 ID:AkOHI.b30▼このコメントに返信
>>124
実際は矛とか戟で戦ってたのかしらね
283.名無しさん:2020年01月28日 08:34 ID:mqIpVno10▼このコメントに返信
※267
パソコンでは※だが、携帯で書き込むと>>になるぞ。
お試しあれ。

※281
対鎧って、逆だぞ。
ソード系が先でフルプレートが後だ。
だから受け流するように曲線なわけで、またその対応として鈍器が主力になったわけだし。
284.名無しさん:2020年01月28日 08:40 ID:qF5Gd2zt0▼このコメントに返信
>>24
決闘となると話は違うみたいよ?

貴族(騎士)「刃物が当たって出血した方が負け」

武士「刀を抜いたら生きるか死ぬか」

らしいし
285.名無しさん:2020年01月28日 08:44 ID:71TdIyCD0▼このコメントに返信
※283
対鎧の面では、ロングソードのが形状(直刀&かなりの先細り)&重心位置の都合で、取り回しと突き精度で日本刀より優れてて、逆持ちの殺撃もあるから打刀よりは高い
つーか西洋だってフルプレートより前にも鎖帷子以上の鎧は多々あった訳なので

少なくとも鎖帷子相手なら殺撃で普通にブチ殺せる訳だし、対鎧ではかなり強い方だろ
実際、池田屋事件では20名以上の尊攘派に対し4名の鎖帷子着た新選組が無双したんだから、打刀レベルだと鎖帷子相手は凄まじくキツイ
286.名無しさん:2020年01月28日 08:51 ID:qF5Gd2zt0▼このコメントに返信
>>171
しかも日本刀と同じで複合材なんだよな

日本刀とは逆で中心に反発力を産む硬い木材を使用して周囲を柔らかい竹で挟むって
287.名無しさん:2020年01月28日 08:54 ID:qF5Gd2zt0▼このコメントに返信
>>192
ガニー軍曹の検証動画やな
288.名無しさん:2020年01月28日 09:08 ID:HN6.HmlK0▼このコメントに返信
>>126
スパイ防止法を制定しなきゃ(使命感)
289.名無しさん:2020年01月28日 09:41 ID:HN6.HmlK0▼このコメントに返信
>>31
太郎太刀だっけ、今も残ってるし使用した形跡もあるとかなんとか。カッコいいわ
290.名無しさん:2020年01月28日 09:52 ID:ZasbqHlS0▼このコメントに返信
※287
あれは検証としてダメダメだろ。
せっかく武術家呼んでるのに実際に剣を振るのは握り方も知らないような素人、
実験に使われた剣刀に関する情報もなし、
刀が15世紀ならロングソードも鋼製、見るからに安っぽいロングソード、
木に突き立てちゃってるけど、それ結果に影響出るよね?刃鈍るよ。
氷の実験は明らかに力の入り方も違うし、ロングソードは切れにくい刃の根本当ててる。
皮アーマー斬る実験もロングソードは横からたたいてる一方で刀は上から振り下ろしてる。これじゃ威力が全然違う。
「ろっ骨をへし折ったな」→腹にろっ骨はありませんw
「腸も失ったな」→左肩に腸はありませんw
291.名無しさん:2020年01月28日 10:16 ID:1ZaLTk8I0▼このコメントに返信
※247
レイピアがガチの戦場刀なのはその通りだが脆いということはない
というか打ち合っても折れないようにしたせいで厚みがあって重い
292.名無しさん:2020年01月28日 10:17 ID:71TdIyCD0▼このコメントに返信
※290
そういうなんちゃって検証の動画多いんだよね
武器防具共に、ちゃんと当時の物に近い奴を使ってくれないと意味ないし
293.名無しさん:2020年01月28日 10:21 ID:o5wPNIfu0▼このコメントに返信
どっちが人を殺めるために優れているかと言えば、その人というのがどんな格好してるのかとか、どんな状況でなのかによる
様々な相手に様々なシチュを想定すると数が多すぎてキリが無い
294.名無しさん:2020年01月28日 10:21 ID:o5wPNIfu0▼このコメントに返信
>>291
それレイピアじゃなくて違う名前があるでしょ
295.名無しさん:2020年01月28日 10:28 ID:1ZaLTk8I0▼このコメントに返信
※294
レイピアだよ
日常護身用でイメージされるレイピアがスモールソードという別の剣種
296.名無しさん:2020年01月28日 11:03 ID:ZasbqHlS0▼このコメントに返信
※292
ガニーの革鎧は厚さ1,2mmのペラペラのビーフジャーキー(これを切れないロングソードも疑惑プンプンな訳だが・・)だったし、プレートは米amazonで100ドル以下で売ってるようなコスプレアーマーだったなwあれで検証とか笑える。

ドイツの番組で熟練鍛冶屋兼剣術家が正しい素材と製法で再現した刀とロングソードでは刀折れてたな。
297.名無しさん:2020年01月28日 11:21 ID:71TdIyCD0▼このコメントに返信
※296
そもそも実際の鉄鎧とかは普通に厚さが1mm超えしますからね
アーマードバトル用の鎧とかだと基本的に1.2mm超え推奨で、それでも総重量20~30kgの範囲に収まるし
ガニーの検証動画がどれほどいい加減かよく分かる
298.名無しさん:2020年01月28日 11:41 ID:FXGHiHSe0▼このコメントに返信
※296
その番組もあてにはならんけどね。
熟練鍛冶師とやらがどこまで信用できるか分らん。日本以外でもTV番組なんていい加減なものですよ。
299.名無しさん:2020年01月28日 11:59 ID:ag4tfvKN0▼このコメントに返信
>>178
鎧の上からぶん殴るなら太刀にすればいいんじゃね?
ひっくり返した相手の鎧の隙間から刺すなら脇差がいいし、手術するならメスを使えばいい。
日本刀も紙をするりと切れるけど、封筒開けるときはペーパーナイフを使うだろ?日本刀でやる人はまぁいないよね。

使用目的からズレた事でマウント取ろうとされても、それで?って感じになっちゃうんだよね。
300.名無しさん:2020年01月28日 12:21 ID:ag4tfvKN0▼このコメントに返信
>>186
古武道は生き死に前提だからなw
基本的に速ければ勝てるって思っている。
一通り練習はするけど、一番得意な技を一刀必殺まで高める。
速度で負けたり、裏をかかれたら死ぬのは自分。ならば裏もかけない程速ければいい。
全てを一刀にのせる。死線を超えたところに活があるって思っている。だから裏のかき合い甲斐があるってもん。
301.名無しさん:2020年01月28日 12:29 ID:ZasbqHlS0▼このコメントに返信
※298
Stefan Rothってヨーロッパじゃ著名な鍛冶屋らしいよ。
日本刀も日本から材料取り入れて伝統的な製法で作ってる。
少なくともガニーよりはましだわ。
302.名無しさん:2020年01月28日 12:29 ID:ag4tfvKN0▼このコメントに返信
>>222
日本人は日本刀が好き。
特ア人はそうでもないってだけ。
朝鮮は短弓文化だからなおさら日本刀が嫌いw
303.名無しさん:2020年01月28日 12:31 ID:ag4tfvKN0▼このコメントに返信
>>227
韓国からGoogle翻訳で書いてるのかw

とってきた鉄をそのまま使って刀にしていると思っているパヨチンw
304.名無しさん:2020年01月28日 12:34 ID:ag4tfvKN0▼このコメントに返信
>>241
訓練無しに戦えるって思っているパヨチン。

だから朝鮮兵は歴史的に世界最弱が伝統。
305.名無しさん:2020年01月28日 12:43 ID:ag4tfvKN0▼このコメントに返信
>>245
レイピアは120cmで1.3kgぐらいだから、まぁ軽い方でしょ。

野太刀は太いからその分重い。
105cmで1.5kgぐらい
「破邪の御太刀」(刃長345.5cm、全長465.5cm、75kg)
Wikipediaより
306.名無しさん:2020年01月28日 12:44 ID:VZ5Y4jzw0▼このコメントに返信
基本、日本刀は家屋の中や林の中など狭い場所での最大リーチで戦う武器だと思う。
接近戦で戦うなら西洋のプレートメイルより日本の甲冑の方がワイは良い。
メイスとかブンブンするより日本刀のが勝てそう。
日本刀は角度変えると背景に透過するんだぞ。リーチがさらに読めなくなる武器やぞ。
307.名無しさん:2020年01月28日 12:48 ID:adIy.eUE0▼このコメントに返信
太平記(兵数や個人の活躍・オカルトの誇張は別として戦術については十分同時代史料として参考になるはず)だと刀は鎧の上からでも刃が歪んでも構わずガンガン殴りまくる感じで使ってるんだよな
鎧ありの実戦だと結局サイズとか頑丈さを重視してゴリ押しが効率いいんだろうね
308.名無しさん:2020年01月28日 12:51 ID:ag4tfvKN0▼このコメントに返信
日本刀には魂が吸われそうな美しさがある。

ロングソードでそんな事言ってる人はあまり居ないでしょw

309.名無しさん:2020年01月28日 13:25 ID:09irqZIW0▼このコメントに返信
>>308
そら本物のロングソードなんて日本人の目にほとんど触れる機会がないもの。
ヨーロッパの博物館を巡ってみると、ロングソードの美品なんて普通に置いてあるけど。
そんでもって、日本の昔話と同じくらい他の武器を差し置いて神秘的な存在として描かれる。
310.名無しさん:2020年01月28日 13:55 ID:FXGHiHSe0▼このコメントに返信
※301
まあ正直言って、他国の刀剣製造を修行もせずに同じものが作れると考えて、さらにそれと自国の刀剣をぶつけて勝敗を付けようなんて発想の奴が信用できんと思うんだけどね。昔の刀剣の製法と金属を調べて分析して強度を出すなんて話なら、どんな結果でも構わないんだが。
ガニーさんとやらよりはマシには同意。
311.名無しさん:2020年01月28日 14:04 ID:ZasbqHlS0▼このコメントに返信
※310
日本で修業もしてたはず。Youtubeとかの彼の動画とか結構面白いから英語わかるならおすすめ。
312.名無しさん:2020年01月28日 14:10 ID:ZasbqHlS0▼このコメントに返信
※310
ちょっとググったら普通に日本刀製造十八番らしいわ。
313.名無しさん:2020年01月28日 14:17 ID:FXGHiHSe0▼このコメントに返信
※311
修行といったら最低数年はちゃんとした師匠についてやっているのかな?それなら理解できるけど。
なんちゃって修行は勘弁な。
314.名無しさん:2020年01月28日 15:54 ID:71TdIyCD0▼このコメントに返信
日本刀の鍛冶習得や成分分析等については今や外国の方が盛んよ
日本より刀剣への縛りが緩いから、有名な日本刀含めて海外に流出中でもあるし
日本だと生産数制限決まってるけど、そういうのも無いしな

日本で西洋甲冑を研究してたり西洋剣術を教えてる人がその辺をかなり羨ましがってた
実際、実剣重量でのスパー(防具必要)とかでも欧米のが断然盛んだし(と言うより、今の日本がそれやってなさすぎる)
315.名無しさん:2020年01月28日 16:39 ID:5DA1MHFv0▼このコメントに返信
日本にも水口レイピアとかあるしな
316.名無しさん:2020年01月28日 19:51 ID:BsXD7qnM0▼このコメントに返信
>>174
それなんて花山薫?
317.名無しさん:2020年01月29日 00:24 ID:rkGBUlXS0▼このコメントに返信
※313
そこら辺までは自分で経歴とか調べてくれ。日本刀の鍛冶って真似できないような超技術でもなんでもないんだけどな。
20年以上包丁から東西の刀剣つくってるような知識と技術がある人間がまじめに研究して習熟しようとしたらできないもんじゃない。

個人的にはロングソードみたいな西洋剣のほうが武器として優れてると思うよ。
より殺傷力高いスラストに強い直剣、両刃で技の幅も広がる、手をしっかり防御出来て攻撃にも使える大きいクロスガード、鈍器になるポンメル・・・あと、ロングソードのほうがサイズやバリエーションずっと豊富なんだよな。
刀は、柄の長さ、刃の長さ、刃の厚さ、ディスタル・テーパー、カーブ率の5要素で機能的なバリエーション出るけど、
ロングソードは、柄の長さ、クロスガードの形状、ポンメルの形状、刃の長さ、刃の厚さ、刃の広さ、ディスタル・テーパー、プロファイル・テーパー、刃の断面形状、先端形状の10要素で機能的にバリエーションを与える。
こう書くとなんか不公平に感じるけど、日本刀にがっつりテーパーついた先細りのや幅広い刃のはあんまりないし、刃の断面や先端の種類も用途に差を与えるものじゃない。ロングソードは斬り重視型、突き重視型、バランス型で形状が変わってくる。

お名前