2020年01月26日 13:35

すげえ戦術とか計略教えてくれ

すげえ戦術とか計略教えてくれ

03

引用元:すげえ戦術とか計略教えてくれ
http://raicho.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1298902452/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:14:12.63 ID:c7PduNx30
よく孔明とか島津とかすげえすげえ言われてるけど
具体的にどんな策で敵を倒したんだ?

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:15:28.62 ID:8y1+a2xdO
ジャーン!ジャーン!

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:16:13.72 ID:IMRZLIbHO
虚をつく卑怯な戦法

9: 沢庵UNDER15 ◆ghWTmsQVb65O 2011/02/28(月) 23:16:31.98 ID:V5i9JbMI0
気合

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:17:29.96 ID:thfxc6XL0
三十六計逃げるに如かず

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:18:23.79 ID:nGz3sAym0
戦術を語るのはど素人。玄人は戦う前に勝つ
って、前に論破された

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:26:08.41 ID:1i1U5nY10
マンシュタインのバックハンドブローとか

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:34:35.93 ID:c7PduNx30
>>22
ぐぐったけど要は挟み打ち?
こういう知らない土地のって図解じゃないといまいち想像できないな

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:38:25.07 ID:1i1U5nY10
>>28
てーかわざと撤退続けて相手の燃料がすっからかんになったとこで逆襲
敵のソ連がほっときゃ補給無視してでもスターリンにケツ蹴られて前進させられる事を見込んでの戦略

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:26:19.20 ID:w0mds1hg0
釣り野伏せとか空城の計とか
空城は演技限定らしいけど

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:30:20.75 ID:M9czQZGH0
計略の肝は相手に自主的に最善の方法と信じるこちらの思い通りの行為をさせる事

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:33:04.08 ID:M5lcSyjf0
攻城で守り手が山羊、若しくは味方の死体を密封し腐らせ、
攻め手に対して城壁の上からばら撒いたという

腐った死体は様々な病を媒介させ、視覚的なおぞましさからも
大いに敵の戦意を下げたと言う

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:36:00.79 ID:+Onrm63t0
歴史上最高の戦術家はハンニバル

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:42:42.16 ID:mmwk+1SCO
>>29
カンナエのハンニバルと、その戦術を踏襲し応用してザマでハンニバル本人に勝ったスキピオ
こんな天才たちが直接対決するとか、歴史は本当に面白い

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:44:59.93 ID:c7PduNx30
>>40
おいすげえな、どんな手使って勝ったんだ?

54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/28(月) 23:56:43.22 ID:mmwk+1SCO
>>43
カンナエもザマも基本的には同じ
中央で歩兵が敵主力の攻撃を支えてる間に、
両翼にいる騎兵が、機動力活かして敵の側面や背面に回って包囲殲滅

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:21:17.75 ID:NtEU1M4UO
桶狭間を忘れてもらっちゃこまる

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:28:07.07 ID:uftZmjCFO
>>73
桶狭間は運の要素が強すぎて、戦術や計略を云々できる話に見えない

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:29:53.19 ID:zsIhuYnH0
モンゴル軍のヒットアンドアウェイ戦術とか
フリードリヒ大王の斜行戦術とか
ナポレオンの戦略的機動概念とか

なんか地味だな

奇抜なアイディアというのはなかなか思いつかないけど
史上初の投石器、航空爆撃、毒ガス、潜水艦なんかは当時の兵士の度肝を抜いたんじゃないか?

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:33:27.52 ID:5+VDd/F70
>>76
世界初の戦車は登場した途端にドイツ軍発狂寸前

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:34:22.17 ID:PNpb5/3i0
二次大戦でドイツがやった電撃戦
戦車と歩兵を同じ進軍速度にして敵前線を貫通するように突破
最奥の重要拠点を占領し指揮系統を麻痺させることで全体の勝利に繋げる、だっけ

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:35:48.21 ID:5+VDd/F70
>>82
おっと、急降下爆撃機による航空支援も忘れずに

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:37:13.72 ID:RVC/yTx/0
>>82
ドイツ式電撃戦と言うのは、敵主力を包囲殲滅することを主眼に置いたもので
土地を占領するためのものではないよ
敵主力を迅速に殲滅すれば、占領しやすくなるのは確かだけど

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:41:51.99 ID:6VFkXDnb0
>>82
わかるようでわからんww囲まれて終わりじゃないの?
つまりどういうことだってばよ!?

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:45:50.39 ID:FabKEuwY0
>>88
つまり簡単に言うと最初に相手の頭を潰すという事
頭さえ潰せば前線の拠点は命令が届かず各個撃破の好餌

これに対してのソ連軍の回答が島嶼陣地によるキルゾーン防御

97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:52:25.20 ID:PNpb5/3i0
>>88
昔と違って近代戦では戦場が広くなりすぎて、指揮系統の混乱が致命的な状況をおこすんよ
命令が届かなくなった部隊は進めばいいのか守ればいいのかすら分からなくなって立ち往生するかテキトーに動くかしかなくなる
つまり上で言われてる遊兵が大量に発生するわけ

それまでの戦争は正面から陣地を一個ずつ潰して占領して次の陣地に取り掛かる、押しくらまんじゅう的な時間のかかる戦い方
電撃戦では突破した陣地を占領せずどんどん奥に進んで的の防御が整う前に司令部を叩いて全体を機能不全に追い込もうって戦術ね
これが可能なのは戦車の突破力と速度、無線を使った的確な指揮、ピンポイントで打ち込まれる航空支援が必要だったのね

戦車を移動トーチカとしか見てなかった国はこの運用方法見て座り小便をちびったにちがいないね

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 00:56:02.15 ID:RVC/yTx/0
>>97
指揮系統の切断と、補給戦の切断が致命的な結果をもたらすわけだ
そのためには、迅速に包囲することが必要で
それを可能にするためには、二本の腕(装甲軍)と航空支援が必要だった
一本の腕(装甲軍)では無理があった

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:00:08.77 ID:KTj0PFmh0
ゲバラとカストロのゲリラ作戦ってすごすぎね?
最初味方13人対政府軍2万人だったんだろ

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:04:53.92 ID:FabKEuwY0
>>103
ゲリラと正規軍の一番の違いは
正規軍はどんなに上手に戦っても後方から戦力を持ってこない限り戦ってる間に戦力は消耗する
一方のゲリラは戦ってる間に民間人加入で戦力がどんどん増える(場合がある)と言う事だな

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:08:20.98 ID:KTj0PFmh0
>>107
でも実際13人と2万人の絶望的な差を越えれたってすごくね?
パルメザンだがバルチザンだか知らんが実際やってみたらそう簡単に仲間も増えないだろうし

ゲバラ戦争の
:最新の銃より敵が使ってる銃を使え。敵を倒したときに弾丸を補充できる
って部分が妙に心に残った

132: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:20:32.93 ID:Ms8Hp+1cO
>>103
ゲバラの視点では成功の見込みは無いと思っていたらしいがな。
ただフィデルはそれでも着いていく価値のある男だったらしい。
別の文脈だがゲバラは、限定的でも民主化された国では革命は起きないとも言ってる。
つまり当時のキューバは殆どの市民が発言権を無くし
一方的に迫害されていたからこそ、13人のきっかけで革命になったともとれる。
戦術も凄いが、その動機である戦略が正しかったのだろう。

151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:31:25.64 ID:KTj0PFmh0
>>132
結局革命は民衆の支持がないとできないっていう奴だな。
革命以前からよっぽど民衆が現行政府に不満が持ってないと
今の生活捨てて生活も過酷で勝ち目も薄い革命軍に入ろうだなんて思わないだろう。

キューバではうまくいったけど次は失敗しちゃったしね。

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:01:23.26 ID:j1ieBVWb0
後方に浸透して補給線崩せよ。
あとは各個撃破。

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:02:34.81 ID:KTj0PFmh0
なんの戦略がなくただ単に力押しの物量作戦だと意外とダメだという
ベトナムの教訓

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:43:32.70 ID:00KSgBxj0
全軍撤退ーっつって敵軍ど真ん中に突っ込むそして逃げ切る
それが鬼島津

179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:45:56.54 ID:PNpb5/3i0
>>172
当然追ってがかかるから、最後尾の数人ずつが死兵になって時間稼ぎ
それが死んだらまた最後尾が数人残って時間稼ぎ
これが島津の捨てがまりじゃー

180: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:47:51.31 ID:6VFkXDnb0
>>179
とかげの尻尾きりみたいだなw

181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:48:20.98 ID:FabKEuwY0
>>179
後方に逃げても味方でごったがえしてて逃げ切る前に後ろから討たれる
そのくらいならという事だろうけど、それにしても度胸がいる

183: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:49:23.13 ID:2PlNE1Ac0
島津兵って農兵だろ?
そんな島津なんてそんな護りたいもんなのか

187: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:53:47.05 ID:cV3mK+w0P
>>183
田舎は村社会だから逃げだすとあいつがいねえぞってことで簡単にばれる

214: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 02:20:40.61 ID:uftZmjCFO
>>183
農兵って言っても、要するに兼業で農業経営やってる武士だからな
同じ「農兵」でも、農民を引っ張ってきて銃持たせただけの兵とは全くの別物

184: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:50:44.45 ID:RVC/yTx/0
関ヶ原の島津は正面突破するしかない状況だったのも忘れないでほしい
背後は道のない山
鹿児島に帰るには、街道に出て、西に向かうしかない

186: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:53:01.64 ID:FabKEuwY0
>>184
でもその状況で統率できるのは並大抵ではないよね
道のない山でも討たれると分かっていてもいざとなれば逃げ込む兵はいるし

194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 01:58:25.29 ID:RVC/yTx/0
>>186
美濃では、言葉が通じない薩摩兵は、単独で逃げても先が見えている
決死の突撃に向けて、全軍の意思が統一されたからこそ
無理を無理じゃなくすることができた
と思うんだけど、その場にいたわけじゃないから、ただの妄想

211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/03/01(火) 02:18:00.56 ID:4A85Ma0L0
フィンランドの対ソ連戦略
とにかく大量の兵士を素早く動員して全土に配備し、国土そのものを不落の塹壕にして息切れを狙う

冷戦時のソ連の無停止進撃
とにかく無停止で西進してNATOの国土を荒らし、主力部隊を核攻撃されないようにするステキ作戦

WW1フランスの積極攻勢戦略
攻勢をかけないと士気が落ちるらしいので負け戦でもとにかく攻勢。動ける部隊はとにかく攻勢
もはや意味がわからないという意味で凄い

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年01月26日 13:46 ID:Fwv6XpGq0▼このコメントに返信
空城は苦肉の策がうまくいっただけで、そういう計略を使わざるを得ない状況に陥った事自体はミスだからなぁ。
諸葛亮の計略挙げるなら赤壁のほうがいい。
2.名無しさん:2020年01月26日 13:46 ID:bINVyo.h0▼このコメントに返信
つ世界初の戦車
何が何でも正しく使わないマンのおかげで無意味
3.名無しさん:2020年01月26日 13:47 ID:zjDVx7d80▼このコメントに返信
猛虎落地勢
4.名無しさん:2020年01月26日 13:47 ID:ftmmijkc0▼このコメントに返信
カッコウの托卵
これ程ゲスくて効率的な戦術は人間には思いつかん
5.名無しさん:2020年01月26日 13:49 ID:u.ln7tLM0▼このコメントに返信
ブラック・バック作戦とかいう空中給油のバケモノ
6.名無しさん:2020年01月26日 13:50 ID:FztVt7wx0▼このコメントに返信
まずは「三十六計」読めや。
7.名無しさん:2020年01月26日 13:50 ID:i2Z4yDh10▼このコメントに返信
島津の撤退は既に大勢がついた後でそこらの雑兵にとっちゃ「勝ち戦なのに死にたくない」という心理もある
8.名無しさん:2020年01月26日 13:50 ID:kyTn7rT.0▼このコメントに返信
ハプスブルク家の結婚の計
9.名無しさん:2020年01月26日 13:52 ID:j2z.GSLj0▼このコメントに返信
晩年は失墜したけど、ナポレオンと愉快な元帥たちの機動・連携は凄いと思う
実は無線通信機持ってましたと言われても納得してしまいそう
10.名無しさん:2020年01月26日 13:52 ID:TyCSxMx.0▼このコメントに返信
強力な爆弾で都市を吹き飛ばそうぜ作戦
11.名無しさん:2020年01月26日 13:53 ID:yZ0oK1WK0▼このコメントに返信
日本の計略で面白いのがあったな
どっかの城を兵糧攻めにした話
あそこは水がないから開城は時間の問題、と誰もが思ってたんだと
ところがよくよく見れば、城内に滝が落ちている
水量も安定している
こらあかんわ、てことになったんやが、実は滝などなかった
大量の米粒を滝のように落として水に見せかけていたんやね
地味な計略やが効いた
どこの城か知っとる?ワイ思い出せねえの
12.名無しさん:2020年01月26日 13:53 ID:zvRcYDls0▼このコメントに返信
メフメト2世の艦隊の山越えだろ
この戦いで2000年の歴史を持つローマ帝国は完全に滅亡した

というか船で山に登る戦術はこれ以外見たことない
13.名無しさん:2020年01月26日 13:55 ID:GIws9qxx0▼このコメントに返信
他の所で見たことあるまとめだけど

ハンニバルの戦術をそういう風にしかとらえていないなら、「じゃあなんでカンネーの時、ローマ軍の左右にも騎兵がいたの?」って話になっちゃう
両翼に騎兵を置いて敵陣崩しや包囲を狙うのは同時代の軍ならみんなやってたことなんだよな

ハンニバルが真にすごかったのは、
「ローマ騎兵を打ち破った」ことではなく「騎兵により敵の戦力を有効に削ぐ」って目的意識の持ち方や
ローマ軍の歩兵の前進を食い止められるだけの味方歩兵の構成(味方陣営の強兵弱兵をどう組み合わせるか)の上手さと、
相手に勝っていると途中まで思わせ前のめりにさせる引きこみぶり(でなければ騎兵が崩壊した時点でローマは退却してしまう)だよ

もちろん、強い騎兵、優秀な指揮官をそろえることができていたってのは大前提で


14.名無しさん:2020年01月26日 13:58 ID:GIws9qxx0▼このコメントに返信
※7
逆もあるんだぜ
もう勝敗自体が決したからこそ、後方にいた東軍兵士が「手柄立てないと出世できねえ(稼げねえ)!」って焦りで襲いかかってくるんだ
15.名無しさん:2020年01月26日 13:59 ID:od3HKy4p0▼このコメントに返信
韓国光復軍が日本軍に勝った戦術が凄い
16.名無しさん:2020年01月26日 14:01 ID:kvimFiF50▼このコメントに返信
※12
つバイキング そのず~っと前からやってる。
17.名無しさん:2020年01月26日 14:01 ID:GIws9qxx0▼このコメントに返信
※4
それやってる人間いるじゃん
ほら、日本に入ってきて日本の金で生活したり教育や医療受けながら祖国のために活動するあいつらが……
18.名無しさん:2020年01月26日 14:02 ID:Fwv6XpGq0▼このコメントに返信
※15
ラノベの話なんか持ち出してくんなよ。
19.名無しさん:2020年01月26日 14:02 ID:HrSmmKMV0▼このコメントに返信
縦深戦略理論
戦いは数だよ兄貴
20.名無しさん:2020年01月26日 14:02 ID:GIws9qxx0▼このコメントに返信
※15
「負けたと思うまで 人間は負けない」だなw
21.名無しさん:2020年01月26日 14:07 ID:L2t.hGXL0▼このコメントに返信
>>11
石見の国横山城で馬を米で洗った昔話を
読んだことある
でも籠城にまつわる話として全国
各地にもありそうだね
22.名無しさん:2020年01月26日 14:08 ID:s6AGBVsb0▼このコメントに返信
木崎原の戦い 日本版包囲殲滅戦
ttps://www.youtube.com/watch?v=wohgn6nv9fU

ハンニバルは5万で10万の2倍相手だったが
島津は200で3000の伊東軍と15倍の敵に勝った。
のだがやはり兵数が少なすぎて8割近くの死傷者出したという。
普通なら3割死.ねば壊滅と言われるのに指揮系統維持しつつ戦い続けた島津兵だからできたともいうが
23.名無しさん:2020年01月26日 14:08 ID:3HgvhtFy0▼このコメントに返信
人民が数億人死のうと国家分裂を防ぐ非情さ!今の中共がそれ、中国管理人目を覚ませ(笑)(笑)(笑)
24.名無しさん:2020年01月26日 14:09 ID:TXUjQKXR0▼このコメントに返信
※12
山は超えていないぞ
金角湾はV字の湾で、片方は幅が数百メートルしかなく割と簡単に実行出来た
本来は出城があるが兵力がなく無防備だったし
25.名無しさん:2020年01月26日 14:10 ID:l1MdtpPe0▼このコメントに返信
「おめぇ、……戦略、戦術、…そして戦闘、…全て三拍子揃ってるぜ。 ……お前みたいなヤツが俺の役をやるべきなんだよ…。山狗みてぇなクソどもの隊長をな…!」
「ははん。ごめんだね、あんたらみたいな根暗そうな秘密部隊の隊長なんて!」
魅音が笑い捨てる。 小此木もそれを笑って受けた。 謙遜でなく、それは純粋な反応だと思った。
「……へへへ、そうだな。お前ほどの器なら日本の不正規戦部隊長なんてもったいないぜ…。 SASでもデルタでもスペツナズでも、…どこでも最高の人材になれるだろうぜ。何しろ、」
「はははは、あっははははははは!!! SASぅ? デルタフォースぅ? 下らないねぇ! そんな退屈なところじゃあ、私を飼いならせやしないよ!!」
「……へっへへははははは! そうだろうな。そうだろうよ。 ……なら聞かせてくれ。お前ほどのヤツなら、何の隊長を望む!」
「隊長なんて興味ないね。部長でいいね。」
「……部長…。英国情報部辺りってとこか、…ふ、妥当だな。」
「だめだめだめ、なってないね! あのねぇ、私がやりたい部長はたったひとつ!! 雛見沢分校の我が部の部長だけさッ!! 罰ゲームのない戦いなんてごめんだね! 口先の魔術師、前原圭一! かぁいいモードの竜宮レナ! トラップ使いの沙都子に萌え落としの梨花ちゃん!! そして期待の新人古手羽入!! これだけ揃ってりゃ、世界のどこだろうと退屈だねッ!!」
「…………勝てねぇ…。……勝てねぇよ……。…こんなヤツが隊長だったんじゃ、 …勝てるわきゃねぇやな…。へへへへはははははははは!!」
26.名無しさん:2020年01月26日 14:10 ID:18RHgVYv0▼このコメントに返信
>>5
ヴィクターとバルカン格好いいよね。
飛んでる姿見てみたかったw
27.名無しさん:2020年01月26日 14:12 ID:3Z1X3Kru0▼このコメントに返信
孫臏の桂陵の戦いと馬陵の戦いはなるほど感強くて好きだな
その戦いの知識がある中で孔明と仲達の知恵比べも面白い
韓信の背水の陣とか島津の釣り野伏せとかの奇計はハマるとエグい

※13
中央にあんまし強くないガリア兵置いてその後ろに自分の子飼いの精鋭置いて敵が食い敗れると勘違いさせた所に包囲殲滅が完成するがキツイ
28.名無しさん:2020年01月26日 14:12 ID:ySVaIUR70▼このコメントに返信
結局陸戦での戦術って相手を「はさむ」ことだよね・・・
人間は後ろが見えないから二方向から攻撃されると不安になり士気が落ちる。
29.名無しさん:2020年01月26日 14:13 ID:TXUjQKXR0▼このコメントに返信
※13
ハンニバルはアレクサンダー大王に学んだ
と言うか歩兵の両翼を騎兵で『守る』のはマケドニアの戦術
アレクはその騎兵を引っこ抜いて攻勢に使ったりしたから特別
騎兵を集中させて運用するってのは、知ってても実行した奴は少ない
30.名無しさん:2020年01月26日 14:14 ID:gYYiGLdt0▼このコメントに返信
ランチェスターの法則通りで、いかに分断して各個撃破するかが大事
31.名無しさん:2020年01月26日 14:14 ID:sFu9TgXK0▼このコメントに返信
そう言えば地下に爆弾仕掛けて吹き飛ばしたヤツって無かったっけ?
32.名無しさん:2020年01月26日 14:14 ID:LOLFycap0▼このコメントに返信
自分の死を隠せみたいな遺言は凄いと思う
33.名無しさん:2020年01月26日 14:16 ID:tm1y3PxI0▼このコメントに返信
今の時代だったらハッキングだろ
相手のインフラ使用不可に出来ればそれだけでも相当なアドバンテージ稼げる
34.名無しさん:2020年01月26日 14:16 ID:TXUjQKXR0▼このコメントに返信
※28
挟撃になんて普通はこだわらない、難易度高くて大抵は失敗するから
だから成功した数少ない事例が激賞される
陸戦の基本は右か左に圧力かけて押しつぶす
35.名無しさん:2020年01月26日 14:16 ID:wo1sZGp80▼このコメントに返信
>>23
敵味方がどれだけ血を流しても崩れないとか
最強の守りだよな

防御力と言うよりHPがだけど
36.名無しさん:2020年01月26日 14:19 ID:c5LmLF1C0▼このコメントに返信

ハワイのワイキキ・ビーチ上陸作戦  ハリウッド占領作戦

ロッキー山脈横断作戦  ワシントンD・C包囲作戦

 中国人民解放軍の反応 「 ノー・コメント 」
37.名無しさん:2020年01月26日 14:19 ID:MiXjW3zO0▼このコメントに返信
日本で静かに増えている中国孔子学院、日本人は中国の孔子に見習え。
38.名無しさん:2020年01月26日 14:20 ID:QJU2l.se0▼このコメントに返信
【かいがいの矢田ねー野良の河がー!】
39.名無しさん:2020年01月26日 14:20 ID:PnyJ4cQd0▼このコメントに返信
包囲殲滅陣
40.名無しさん:2020年01月26日 14:20 ID:kyTn7rT.0▼このコメントに返信
ローマ軍がブーディカ率いる10倍以上いるブリテン島の反乱軍追い払った時の戦術
グラディウスと大盾強すぎ
41.名無しさん:2020年01月26日 14:23 ID:kyTn7rT.0▼このコメントに返信
ビザンツ帝国の火炎放射船
42.名無しさん:2020年01月26日 14:24 ID:x545PaY.0▼このコメントに返信
フランス騎兵にフルボッコにされたので
運用と編成そのものから切り替えて勝利を得た、テルシオ編成とスペイン方陣の生みの親のコルドバ将軍とか
43.名無しさん:2020年01月26日 14:25 ID:DrvN6nkY0▼このコメントに返信
※37
なんかこういうのが政府直営なのはゾワッとするよな。

中国以外の国だったら、政府は後方支援する程度で、大半は民間企業にやらせるところ。

逆に中国経済が一度悪化すると、多くの事業が一気にダメになる気がするが
44.名無しさん:2020年01月26日 14:28 ID:VpLVWfNg0▼このコメントに返信
憲法9条というノーガード戦法
45.名無しさん:2020年01月26日 14:30 ID:kyTn7rT.0▼このコメントに返信
投石器で牛の死骸やら糞尿を発射して城壁内を汚染する戦術
中世からバイオ兵器が運用されてたのはヤバイ
46.名無しさん:2020年01月26日 14:31 ID:EPefidZx0▼このコメントに返信
※28
ファランクスなら利き手の問題まであるらしいからね。
右手に武器を持つように考えてるから左側からの攻めに弱い。
だから陣形を変更するか無理な迎撃を続けるか選択させられる。(まあ戦闘中に陣形変更なんて無理だから大混乱になるんだが)
47.名無しさん:2020年01月26日 14:31 ID:Nv8dK99V0▼このコメントに返信
英国人「紅茶が切れたから、銃剣突撃だ!」
48.名無しさん:2020年01月26日 14:33 ID:DrF4qK7I0▼このコメントに返信
曹操やっべーから天下を分けて下の方だけでナントカしよう
この程度の発想なら同時代に同じ主張をしたやつがいっぱいおった
というか呉の著名勢はだいたい同じこと言っておった、そらそうだ正面から勝てないんだから降伏しない限りそうなるわ

実現させたのは諸葛亮だけって意味ですごい
49.名無しさん:2020年01月26日 14:33 ID:5Nbz.Y2F0▼このコメントに返信
山上に陣を構えれば魏の将を粉砕するのも容易いぞ
50.名無しさん:2020年01月26日 14:34 ID:EPefidZx0▼このコメントに返信
※46
逆か右が盾ないから弱いの間違いか
51.名無しさん:2020年01月26日 14:34 ID:hk7pSNqa0▼このコメントに返信
完復の計
司馬懿めぇぇぇぇぇぇ!!!

あ、天地を喰らうってゲームの話ね
52.名無しさん:2020年01月26日 14:35 ID:U939Osj10▼このコメントに返信
敵より数を揃える。
究極にして最強
53.名無しさん:2020年01月26日 14:36 ID:I70BBdX00▼このコメントに返信
※31
旅順攻略戦かな?
54.令和元年(2019年)防衛白書243頁:2020年01月26日 14:36 ID:yYNLQAgl0▼このコメントに返信
>>1
令和元年(2019年)『防衛白書』243頁


2018年『防衛費』


🎌日本🎌『494億ドル💰』韓.国『506億ドル💰』
55.名無しさん:2020年01月26日 14:38 ID:KPWKvPLg0▼このコメントに返信
毛沢東の機動防御戦術の本読んだときは衝撃的だった

守るべき民衆を兵隊化、敵の戦略目標を自ら破壊する、そもそも防衛もせず戦いを放棄する
これで圧倒的に強かった帝国陸軍と「戦争の状況をつくらない」
戦争にならないから勝ち負けもない、、、という超理論

善悪や良し悪しはともかくとして、勝ち負けが起こる状況を作らせないってのは
他の戦術家とは明らかにちがう異質な軍才だわ

56.令和元年(2019年)防衛白書243頁:2020年01月26日 14:40 ID:yYNLQAgl0▼このコメントに返信
>>54
令和元年(2019年)『防衛白書』243頁


素直に読めば2018年の時点で韓.国の『防衛費』は🎌日本🎌を上回っている。


しかしながら『5チャンネル』『大艦巨砲主義』では『6年後には韓.国の『防衛費』は🎌日本🎌を抜.く。(つまり、まだ🎌日本🎌の『防衛費』が『韓.国』を上回っている。)』と故意に『嘘』を『拡散』している連中がいる。危険な兆候、要注意である。🤭(*≧ω≦)🤭
57.名無しさん:2020年01月26日 14:41 ID:WmyGxeKi0▼このコメントに返信
李靖「まずモンゴル軍の退却地点を見越して伏兵を置きます」
李靖「移動中のモンゴル軍に騎兵で奇襲します」
李靖「奇襲に驚いたモンゴル軍を伏兵の場所に誘導します」
李靖「伏兵と騎兵で挟撃したら相手は壊滅です」

これで毎回モンゴルに勝ってほんと頭おかしい
58.名無しさん:2020年01月26日 14:42 ID:Fwv6XpGq0▼このコメントに返信
※54
安価付けてるくせに意味不明な事言ってるが
日本より金かけてるくせに軍事衛星ひとつ未だに打ち上げられてないとか恥ずかしくないの?
59.名無しさん:2020年01月26日 14:42 ID:kitwnJ2Q0▼このコメントに返信
ハンニバルの包囲殲滅はみんな憧れて真似して前線崩壊起こして失敗するまでがテンプレートw
60.名無しさん:2020年01月26日 14:45 ID:0lJCO8fs0▼このコメントに返信
>>1
※空城の計は、作り話だと解ってしまったけど、<しな>の空城の計なんてのは、都市の城門を開け放って城塞都市の内部に敵を引き込んだ飢えでの敵味方を問わずに消耗させる焦土化作戦だから。
(日本軍に対してもやってた)
日本のいわゆる空城の計、例えば家康公がやってた浜松城での城門を開け放ってかがり火を焚いてたアレは、回りの出城と連携を取っての出陣(迎撃)準備良し!の合図だから意味合いが全く違う。
そもそも平地での戦術、戦略しかない<しな>の兵法と、山、谷、森、平地、海、の複合的な地形の日本の兵法が同じになってる訳無い。
元の元、大元の前提が海軍と陸軍くらい違うんだよね。
赤壁はどうだろう?実際に有ったのかなぁ?
史実だとどうだったんだろうね?
61.名無しさん:2020年01月26日 14:46 ID:VQoFnSqc0▼このコメントに返信
戦国時代の野戦築城戦術も地味にすごい
62.名無しさん:2020年01月26日 14:46 ID:3caQ8Y090▼このコメントに返信
今たかじんのそこまで言って委員会見てる最中だけど!
田陽って頭の悪・さ丸出しで笑う!
しかもパ・ヨクの程度の低さもよく分かる!
あいつらア・ホだね!
63.名無しさん:2020年01月26日 14:47 ID:bajFOfzY0▼このコメントに返信
コロナウイルスの計。現在進行中や。
64.名無しさん:2020年01月26日 14:47 ID:VQoFnSqc0▼このコメントに返信
※60
赤壁は戦い自体はあったけど風土病で壊滅説が有力だったような。
65.名無しさん:2020年01月26日 14:47 ID:hNC4cv4J0▼このコメントに返信
有名なやつ
周瑜「矢が足りないので一万本用意してくださいよ孔明センセ~ニヤニヤ」
孔明「おかのした」
周瑜(領内の弓矢製造所はすべて抑えてるんだけどねニヤニヤ)
孔明数隻の船で曹操陣営へ
曹操「敵だ!矢の雨をふらせろ!」
孔明「曹操殿、感謝しますぞ」
孔明「だいたい三万本はありますかね」
66.名無しさん:2020年01月26日 14:51 ID:gmsDJ6ub0▼このコメントに返信
地下に坑道を掘って、ダイナマイトで敵陣地を吹き飛ばした、メシヌの戦い
67.名無しさん:2020年01月26日 14:54 ID:gmsDJ6ub0▼このコメントに返信
>>31
メシヌの戦い
68.名無しさん:2020年01月26日 14:55 ID:GIws9qxx0▼このコメントに返信
※59
ハンニバル、スキピオの150年後
彼らの戦術を教科書にした正規ローマ軍同士が激突したファルサロスの戦い(カエサルvsポンペイウス)

どちらも同じことやろうとして前線が横に長く伸びて、結局は一番端の騎兵同士の戦いで大勢が決まった

ポンペイウス側の騎兵を率いていたのは以前カエサルの副官だったラビエヌスなのに
それを破ったカエサルがすごすぎる……が
「学べるものではない」ので、カンナエみたいに教科書にはならなかった
69.名無しさん:2020年01月26日 14:59 ID:VQoFnSqc0▼このコメントに返信
※62
全く関係ないところに書き込む君も相当だぞ
70.名無しさん:2020年01月26日 14:59 ID:GIws9qxx0▼このコメントに返信
※60
いやあ、さすがに……
>そもそも平地での戦術、戦略しかない<しな>の兵法と、山、谷、森、平地、海、の複合的な地形の日本の兵法が同じになってる訳無い。
これはもの知らずと言うしか

中原には山、森がないとでも思ってるのかね
海は確かにないがその代わり海と同レベルの大河があちこちにあるわけだし

また「孫子の兵法」などの兵法書が後世に残ったのは、あらゆる地形で普遍的に使える原則を書いてるから、というのもあってね
71.名無しさん:2020年01月26日 15:01 ID:ba5u6B.M0▼このコメントに返信
※13
ハンニバルはもう一つ「指揮官潰して叩いてブッ殺しまくって指揮官役に戦場にでたくないと思わせる」という狙いもあったと言うね
尚、ローマの指揮官の充足度はそれを上回った上、後方のカルタゴの方がローマより先にヘタレたというな・・・
72.名無しさん:2020年01月26日 15:03 ID:VQoFnSqc0▼このコメントに返信
※71
まあ状況を鑑みればハンニバルが異常な戦意を保ってただけで本国の戦意が低いのは当然だし・・・
73.名無しさん:2020年01月26日 15:03 ID:ba5u6B.M0▼このコメントに返信
※49
馬謖さん乙
74.名無しさん:2020年01月26日 15:04 ID:7K.ykiD00▼このコメントに返信
倶利伽羅峠の戦いとか猪苗代の戦いみたいな敵を自然の地形に追い込んで追い落として倒すのは関心する
戦果がでかくなる上にエコだし
75.名無しさん:2020年01月26日 15:04 ID:4Y1ketcr0▼このコメントに返信
敵国に入り込んで少数派の政党になり基地外のふりするんだよ
そうするとボンクラ与党しか選択肢がなくなる
あとは足引っ張る為に騒いでりゃいいだけ
そうするとボンクラだから対応以外何も何も出来なくなる

今の日本だ
76.名無しさん:2020年01月26日 15:06 ID:ba5u6B.M0▼このコメントに返信
※72
まあそりゃそうよね、と・・・
あの時点dねカルタゴが意地張ってハンニバルGOしたところで自分達が滅びたら意味もねぇしな・・・
77.名無しさん:2020年01月26日 15:16 ID:UwJrhBFy0▼このコメントに返信
※55
世間ではそれをゲリラと言い、或いはテロリストと言う。
日本の拠点が城市だった場合民間人も居り生活の場も有りそこの秩序を守っているのは日本軍と言うことになる。
荒らすだけ荒らして民を守らないなら野盗の類と何ら変らない。
78.名無しさん:2020年01月26日 15:29 ID:yjP4dlMe0▼このコメントに返信
衝撃と畏怖作戦
79.名無しさん:2020年01月26日 15:33 ID:vbkNulKu0▼このコメントに返信
機動概念はナポレオンが大韓帝国で学び盗み取ったもの
80.名無しさん:2020年01月26日 15:36 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>4
ムギツクって魚もえぐい。
オヤニラミって卵から孵化してしばらくまで守る魚の卵に自分達の卵を混ぜる。
んで、オヤニラミに守って貰う。
81.名無しさん:2020年01月26日 15:37 ID:VmIbFRKH0▼このコメントに返信
>>4
忍者の草とか近くない?
トロイの木馬 は、ちょっと違うか。
82.名無しさん:2020年01月26日 15:37 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>1
赤壁は実際は周瑜と魯粛じゃ無かった?
83.名無しさん:2020年01月26日 15:40 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>7
逆、後方で武勲に参加出来なかった連中がチャンスと襲いかかってる。戦が終わって、あまり参加出来なかった連中が襲いかかる方がやばい。負ける心配無いからね。
84.名無しさん:2020年01月26日 15:43 ID:jNQQvVM50▼このコメントに返信
※62
番組成立のために、無茶苦茶であっても反論する人がいないと。番組にならないからね。
本当にそう考えているのか、台本通りなのかわからない。
しかし、まともな左翼は出てくれないらしい。
番組で論破されたり、視聴者に勝敗感を持たれたりするのが困るんだろう。
日本共産党や、石破茂さんは、この番組の質問に期待外れの回答をして、おそらく支持が離れたと思う。
85.名無しさん:2020年01月26日 15:44 ID:6c1udUM10▼このコメントに返信
>>1
三国志詳しくないが、赤壁の計略は呉の周瑜とかだぞ
演義では公明がした事になってるけどな
86.名無しさん:2020年01月26日 15:45 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>15
あれ教科書で教えてんだろ?朝鮮戦争の時に日本軍は解体されて無いし、半島に居るはず無いのに。逆に朝鮮戦争自体は国連軍が関わってるから、どこの国も歴史に明記してるから、韓国が嘘だらけと言うのは、外国の図書館に連れてくだけだから、楽と言えば楽だが。
87.名無しさん:2020年01月26日 15:47 ID:TH4ibe.Y0▼このコメントに返信
毛利元就の厳島の戦を忘れてはいかんだろう
88.名無しさん:2020年01月26日 15:49 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>37
文化大革命で破壊しつくして、仕方ないから、日本から持ち帰ったんやで、あの国は。
実際、日本は良く書物や古典を大事にするから、中国より品揃えも良かったりする。向こうの大学教授が恥ずかしいとか言った話もある。
89.名無しさん:2020年01月26日 15:50 ID:Fwv6XpGq0▼このコメントに返信
※82
俺は演義しか知らないからなぁ・・・
諸葛亮は色々無双しすぎてるから、他の人間の戦功も盛られてるとは思ってるけど
赤壁もそうなのか。
90.名無しさん:2020年01月26日 15:50 ID:F3vE0w1X0▼このコメントに返信
今では割と当たり前の思考になってる「オペレーションリサーチ」概念は、ww2の枢軸側には存在しなくて、後でその存在を知った日本海軍軍人とかは
「なんてえぐいこと考えるんだ……orz」
みたいになったらしい。
枢軸側でも有能軍人や有能政治家が、属人的な思考としてオペレーションリサーチと同じ判断を下すことはあった。理論そのものはなくても、直感的あるいは経験則から同じ結論に到達することは可能だからな。
ただ、システムとしてどんなボンクラでも、どんな未経験者でも使えるツールとしてのORは、枢軸側にはやはり存在しなかった。
唯一日本でORに近いことやってた「戦力計算室」は、視察に来た東條首相の鶴の一声で即日閉鎖されました(笑)
91.名無しさん:2020年01月26日 15:51 ID:FMhqiKal0▼このコメントに返信
※65
元になった話は孫権が船で視察したら矢を射られて片側にたくさん突き立って転覆しそうになったんで反対側を向いてそっちにも矢が刺さってバランスを取った結果、矢をたくさん調達できたとかいう話だよね
92.名無しさん:2020年01月26日 15:53 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>44
実際は隣の国みたいにアメリカに頼り切りのみっともない戦法だよな。
実際、話し合いで解決出来ないのは北朝鮮に誰一人として説得に行かなかったので分かってるし。嘘つきの集まりwww
93.名無しさん:2020年01月26日 15:53 ID:k7toGnol0▼このコメントに返信
※75
与党と化した工作政党も持ったりしてな。
そいつのバックボーンが宗教団体だったりすれば税金免除でやりたい放題できるしな。
現実に身近でありそうな話だが、いい手を考えるねえ。
94.名無しさん:2020年01月26日 15:54 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>55
異彩だけど、ぶっちゃけ、蒋介石に任せて逃げてただけだよね。
95.名無しさん:2020年01月26日 15:55 ID:6c1udUM10▼このコメントに返信
>>37
孔子なんて学んだってたいして現代じゃ役立たないだろ
儒教とかの中国文化の哲学って結局分裂する大陸を治める為の支配者に都合の良い理屈だし
だから、年上は敬えなり、主君を裏切るなりの理屈をおしえてる
96.名無しさん:2020年01月26日 15:55 ID:DUcnS.Ce0▼このコメントに返信
オクタビアヌスのローマ皇帝作成手順が芸術的だろ、あれより優れた戦術は滅多にない。
合法な個々はつまらないものを連結して非合法的な絶対権力を実現化するのは素直に感心する。
97.名無しさん:2020年01月26日 15:55 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>57
子供の時に家族でモンゴル族と親しくて、彼らの思考を良く知ってたんだっけ?
98.名無しさん:2020年01月26日 15:58 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>65
それ、史実じゃないでしょ。
99.名無しさん:2020年01月26日 16:00 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>79
韓国は70年くらいしか歴史がありません。
100.名無しさん:2020年01月26日 16:00 ID:5tddmFsf0▼このコメントに返信
ベトナム戦争で千人を超えるアメリカ部隊を
ベトコン兵三人で足止めさせ撤退させた事が有ったな
101.名無しさん:2020年01月26日 16:01 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>89
うん。申し訳ないけど、孔明の出番を作る為の話です。
102.名無しさん:2020年01月26日 16:01 ID:xS3yT9ym0▼このコメントに返信
圧倒的な兵力そろえ、戦場まで移動させて、士気と糧秣を維持しつつ敵をせん滅する。
という、最も汎用性の高い最強の戦術。

政治経済流通多国間戦略人心把握すべてに精通してないとうまく回せないという、
最も難易度の高い戦術でもある。
103.名無しさん:2020年01月26日 16:01 ID:k7toGnol0▼このコメントに返信
>>95
※95
横で済まんが、「孔子学院」のやり口を学べという意味では?
韓国ですらできるVANKレベルの工作機関すら日本は持っていないという体たらくなわけで。
104.名無しさん:2020年01月26日 16:03 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
そういや、実際の張飛は蜀攻めの時は名将クラスだし、娘が蜀の皇室に入りまくりなので、美人が多かったのは間違い無しで、実際は相当なハンサムだったんじゃ無いかと言うwww
105.令和元年(2019年)防衛白書243頁:2020年01月26日 16:05 ID:yYNLQAgl0▼このコメントに返信
>>56
令和元年(2019年)防衛白書243頁


2018年『防衛費』


🎌日本🎌『494億ドル💰』韓.国『506億ドル💰』
106.名無しさん:2020年01月26日 16:05 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>99
新羅は倭人系 高麗は中国系。
107.名無しさん:2020年01月26日 16:05 ID:xAqe8WDg0▼このコメントに返信
>>4
サムライアリ。他のアリの巣から卵を強奪するのはカッコウと逆かも知れないけど、育てたアリを自分の巣で働かせる。
オスマントルコも、占領した地域(主に欧州)の子供達をさらって教育して、強力な親衛隊にするイェニチェリ軍団
なんて制度もあった。
108.名無しさん:2020年01月26日 16:06 ID:1isDgtz70▼このコメントに返信
韓信の背水の陣とかハンニバルのアルプス越えとか
背水の陣:自分たちの退路がないので勝つしかなく、兵士が死に物狂いで戦った結果、劣勢をものともせず勝利
アルプス越え:ありえない侵攻ルートでイタリア半島になだれ込みローマまじびびる
ハンニバルに政治的手腕があればこの一連の大敗でローマ滅んでたかもしれんレベル
109.名無しさん:2020年01月26日 16:06 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>106
百済も倭人と混血。だから、日本に逃げた。
110.名無しさん:2020年01月26日 16:09 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>20
韓国光復軍なんてパク将軍が笑ったように、無いから。後で反日の為に作った嘘だからwww
111.名無しさん:2020年01月26日 16:10 ID:6c1udUM10▼このコメントに返信
>>97
三国志時代に興味あって勉強
戦術研究した結果じゃなかったか?
112.名無しさん:2020年01月26日 16:11 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>103
韓国の工作こそ、日本から行ってる光ファイバー斬れば良いだけのようなwww
113.名無しさん:2020年01月26日 16:12 ID:zDSt4s1m0▼このコメントに返信
桶狭間に幸運の要素は極小だ。勝つべくして勝った。
明智光秀の信長殺しは、信長のカリスマに息が詰まっていた世相を反映している。
もう一つは駿馬の競り合いが苦痛になった明智が状況打開に信長殺しに出るほかなくなったというところか。
「是非に及ばず」(是非もないや!)だ。
大東亜緒戦。香港からシンガポールまで2ヶ月。蘭領東印度占まで3ヶ月。何故こんなに早く占領できたか?
現地人が白人に対してありとあらゆる妨害工作をした。日本軍に対してありとあらゆる便宜をはかったからだ。どちらが非道か解るだろう。日本軍は解放軍だったんだ。
真珠湾攻撃を莫迦だシットという評論家林千勝がいるが、発想は良かった。しかし中途半端だった。
ハワイ諸島を制する者が太平洋を制するのだ。取りに行かないなら負けるのだ。事実負けた。
真珠湾攻撃してコタバル上陸した様にwaikiki上陸、諸島上陸が是非に必要だった。
そのためには3個師団の陸軍を連れていって占領するのが正しかった。
ハワイを取ると直接西海岸のどこかに上陸されるという恐れが出てくるために
西海岸の防備に時間を取られ、ハワイ奪還に時間を取られて、日本軍の絶対的に有利となったはずだ。
こういう考え方を戦略という。
114.名無しさん:2020年01月26日 16:12 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>111
いや、何か彼らの考え方を良く知ってたはず。
115.名無しさん:2020年01月26日 16:13 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>114
でないと騎馬民族の退却場所とか攻め方とかわからんし。
116.名無しさん:2020年01月26日 16:14 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>115
漢族は騎馬民族に対抗出来ないから、万里の長城だから。
117.名無しさん:2020年01月26日 16:17 ID:iGFtrm.e0▼このコメントに返信
トラファルガー海戦で有名なネルソンタッチは単にネルソン提督による気合い特攻であって結果的に上手くいっただけという事実。相手からは見抜かれてたけど性能差で強引に乗り切ったのであります。結構すごい話w
118.名無しさん:2020年01月26日 16:17 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>113
信忠が死んだのが致命傷だからな。織田家は。自分の兄弟で争った経験から、長男しか後継者教育しなかった。実際、武田を滅ぼしたのは信忠だし。後、信長は実際は祖父が凄かった。
119.名無しさん:2020年01月26日 16:18 ID:k7toGnol0▼このコメントに返信
※112
>>112
実現可能性を考えろ。幼稚な妄想で草生やしてどうする。
さらに言うなら、厄介なのは「米国籍を持った」中国人韓国人が中国政府と韓国政府の意のままに動いていることなんだからさ。
120.名無しさん:2020年01月26日 16:19 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>118
祖父が天才親父が戦だけ強い信長が天才だから。
121.名無しさん:2020年01月26日 16:21 ID:4wi1S.z10▼このコメントに返信
霊界通信で山本五十六は真珠湾攻撃は逆効果だったと平謝りだったのことようだが


122.名無しさん:2020年01月26日 16:23 ID:FztVt7wx0▼このコメントに返信
源義仲や北条早雲の「火牛の計」は角に松明を付けてたそうだけど、実際に角に松明付けたら牛は暴れ回って前へ向いて走らないらしい。「火牛の計」の元ネタである中国の田単の「火牛の計」は尻尾に松明を付けたそうだ。何故それが日本に伝わると角に付けたことになったのか・・・。
123.名無しさん:2020年01月26日 16:33 ID:vy6YDTuW0▼このコメントに返信
厳島の戦いが、なぜ成立しえたのか、理解に苦しむ
いや、理屈は分かるのだが、
なぜ陶が信じ込んだのか、と心理学的な面で
124.名無しさん:2020年01月26日 16:35 ID:P6L0eruN0▼このコメントに返信
包囲殲滅陣!
125.名無しさん:2020年01月26日 16:43 ID:WUI.N7Wi0▼このコメントに返信
※4
托卵する相手がいないと滅びるリスキーな戦略だがな。
遺伝子は利己的なだけでなく盲目でもあるから、今の環境の中で有利なら、環境が変化した時に不利な方向に進化する事もある。
126.名無しさん:2020年01月26日 16:57 ID:ngdLN.Aj0▼このコメントに返信
とりあえず、変形も含めて包囲殲滅以上に効果的な戦術が古今東西に存在しない件。
127.名無しさん:2020年01月26日 17:02 ID:ngdLN.Aj0▼このコメントに返信
>>100
戦略レベルではゲリラ戦(非対称戦)はかなり有効だな。鉄砲の弾が飛び交う近代陸戦でゲリラ戦を完全に征した正規軍ってないんじゃまいか?(ゲリラが補給不足で継戦能力を失って崩壊した場合を除く)
128.名無しさん:2020年01月26日 17:02 ID:4.MaOGPF0▼このコメントに返信
ネルソンタッチも過激な戦術だぞ、
包囲殲滅戦の対極みたいなもんだけど。

129.名無しさん:2020年01月26日 17:03 ID:ngdLN.Aj0▼このコメントに返信
>>113
信長が勝つべくして勝ったというと、義元ボンクラ説が復活するという最近の学説の矛盾。
130.名無しさん:2020年01月26日 17:08 ID:xAqe8WDg0▼このコメントに返信
>>13
そんなの戦術教科書に載せたところで、よほどの天才でなきゃ真似できないだろうな。
配下の特性をを隅々まで把握して、刻々と変わる状況に合わせて絶妙な配置をしなきゃいけないなんて。
131.名無しさん:2020年01月26日 17:09 ID:cNbrv.Zr0▼このコメントに返信
有名な戦術のある敵将を相手にする
シミュレーションゲームあれば楽しそう。
ほとんどのシミュレーションゲームは敵がアホすぎてつまらん。
132.名無しさん:2020年01月26日 17:10 ID:LjxqYTP10▼このコメントに返信
※1
空城計って教科書(兵法三十六計)に書かれてるくらいみんな知ってる計略だぞ、、、
133.名無しさん:2020年01月26日 17:12 ID:.TYo8fKk0▼このコメントに返信
※127
露英国民党
ていうか包囲して兵站線潰すのがゲリラ対策やのにそれ排除するのはどういうことやねん
決戦避けて逃げるのがゲリラの戦術なのだから正面戦闘で征するのはそりゃ不可能よ
134.名無しさん:2020年01月26日 17:13 ID:xAqe8WDg0▼このコメントに返信
>>55
モノは言いようだとしか。文飾したところで、結局逃げただけっていう。
ゴールド免許貰うには、ペーパードライバーが一番確実ってのとおんなじ。
135.名無しさん:2020年01月26日 17:14 ID:ngdLN.Aj0▼このコメントに返信
>>89
諸葛亮(漢中駐屯組:丞相・大将軍・録尚書事、成都宮廷組:尚書令の体制を築いた)は政治家としては有能だが、軍略家としてはイマイチというのが歴史家の共通した見解では?
136.名無しさん:2020年01月26日 17:21 ID:aAfZvH8Q0▼このコメントに返信
>>123
結構、計画あり気と言うより、乗って来たから動いたっぽい。最近の研究では小早川隆景にまだかまだかと水軍の到着を何度も書状で催促して、最後の辺は来ないと終わるみたいな感じで悲観的になってたのが分かってる。
137.名無しさん:2020年01月26日 17:21 ID:xAqe8WDg0▼このコメントに返信
>>58
その※54、艦これみたいなゲームのサイトにまでそういう書き込みを押し込んでる御仁。
138.名無しさん:2020年01月26日 17:27 ID:xAqe8WDg0▼このコメントに返信
>>79
ただ釣る為かふざけて書き込んでるだけなんでしょ?
139.名無しさん:2020年01月26日 17:28 ID:ZQaQ8hOM0▼このコメントに返信
トーゴーターン
140.名無しさん:2020年01月26日 17:31 ID:64v.AsCN0▼このコメントに返信
>>86
勿体ない、いつどこでどんな戦いがあったのか、両軍の参戦部隊
兵器(戦闘車両、軍用機、銃砲)戦闘の経緯、両軍の損害など
詳しく聞けばいいのに、オラワクワクしてきただ。
141.名無しさん:2020年01月26日 17:33 ID:rV7ksxun0▼このコメントに返信
中国軍(戦力:戦車)に対する日本軍(戦力:馬と刀)の戦いって本当に有ったの?
どうやって勝ったんだ?崖上からの強襲?水攻め?
142.名無しさん:2020年01月26日 17:34 ID:K4L1q83M0▼このコメントに返信
※127
近代ではないけど一向一揆ってかなりうまくいった非対称戦争ではある
143.名無しさん:2020年01月26日 17:34 ID:64v.AsCN0▼このコメントに返信
>>22
アレキサンダーとイスラエル軍は13対1の戦力差で完勝してるよ。
144.名無しさん:2020年01月26日 17:37 ID:XE.tPkdJ0▼このコメントに返信
日露戦争気球連隊でググれ、爆撃に考えがいってたら204高地は一日で終わってたんだよ
145.名無しさん:2020年01月26日 17:41 ID:GURqAcjn0▼このコメントに返信
仁川上陸作戦
146.名無しさん:2020年01月26日 17:47 ID:eYt.WF7b0▼このコメントに返信
ランチェスター戦略
147.名無しさん:2020年01月26日 17:56 ID:hcD0UqG60▼このコメントに返信
新しい病原体のパンデミックと見せかけて、
世界中に感染者を送り出し、世界人口を激減させ
唯一の大国として世界を支配する中国の戦略。
148.名無しさん:2020年01月26日 18:03 ID:aABMZiEk0▼このコメントに返信
※142
大きな寺社はアジールだったからゲリラ戦にこんな適したものはないわな
浅井朝倉軍に加担した比叡山は言うに及ばず、高野山を背後にした雑賀に石山本願寺を中心にした一向一揆、天正伊賀の乱、おまけに甲賀に奔って抵抗した六角承禎と信長の統一事業の半分くらいは非対称戦との戦いや
149.名無しさん:2020年01月26日 18:03 ID:.QUz3h630▼このコメントに返信
アフリカ戦線でイギリス軍が奇術師ジャスパーマスケリンに依頼したダミー作戦とかね。
ワザとドイツ軍に爆撃される様に友軍の戦車や戦闘機のダミーを並べたり、戦車にトラックのハリボテを覆って奇襲を掛けたりとかやったんだっけ?
150.名無しさん:2020年01月26日 18:17 ID:R.sBa7jS0▼このコメントに返信
【 在日乗っ取り ①  女性差別利権 】
公明党の女性部 日弁連 毎日新聞&TBS
子宮頸がんワクチン マンモグラフィー利権(余命1か月の花嫁はTBS)
女性の方が強いんだぞ系番組 細木数子を干す 坂本堤弁護士リーク事件
151.名無しさん:2020年01月26日 18:18 ID:R.sBa7jS0▼このコメントに返信
【 在日乗っ取り ② 早稲田慶応 】
例の住所「早稲田2丁目」 隣りは高田馬場と新大久保
流行語大賞の選考員は全員早稲田関係者 ユーキャンの本社は高田馬場(早稲田最寄駅)
慶応義塾病院は信濃町の敷地の45%(ZARD坂井泉水が転落死)
左翼新聞記者の多くが早慶出身 BPOの代表が早稲田で副代表が慶応
152.名無しさん:2020年01月26日 18:18 ID:R.sBa7jS0▼このコメントに返信
【 在日乗っ取り ③ 広.告会社「博報堂」 】
渋谷区の区長「長谷部健」は博報堂出身 
渋谷ハロウィン、LGBTパレードにしば.き.隊&シールズを動員
153.名無しさん:2020年01月26日 18:18 ID:R.sBa7jS0▼このコメントに返信
【 在日乗っ取り ③ 広.告会社「博報堂」 】
渋谷区の区長「長谷部健」は博報堂出身 
渋谷ハロウィン、LGBTパレードにしば.き.隊&シールズを動員
154.名無しさん:2020年01月26日 18:19 ID:R.sBa7jS0▼このコメントに返信
【 在日乗っ取り ①  女性差別利権 】
公明党の女性部 日弁連 毎日新聞&TBS
子宮頸がんワクチン マンモグラフィー利権(余命1か月の花嫁はTBS)
女性の方が強いんだぞ系番組 細木数子を干す 坂本堤弁護士リーク事件
女性専用車両(管轄は国交省の公明党大臣 駅前の一等地はパチ、ハングル案内板)

【 在日乗っ取り ② 早稲田慶応 】
例の住所「早稲田2丁目」 隣りは高田馬場と新大久保
流行語大賞の選考員は全員早稲田関係者 ユーキャンの本社は高田馬場(早稲田最寄駅)
慶応義塾病院は信濃町の敷地の45%(ZARD坂井泉水が転落死)
左翼新聞記者の多くが早慶出身 BPOの代表が早稲田で副代表が慶応

【 在日乗っ取り ③ 広告会社「博報堂」 】
渋谷区の区長「長谷部健」は博報堂出身 
渋谷ハロウィン、LGBTパレードにしば.き隊&シールズを動員
同性パートナーシップ等を施行 香.山リカとマイノリティ差別講演
155.名無しさん:2020年01月26日 18:25 ID:64v.AsCN0▼このコメントに返信
>>4
はあ?面白い事言うじゃんby喜多嶋舞
156.名無しさん:2020年01月26日 18:28 ID:IhS884LA0▼このコメントに返信
オスマン艦隊の山越え
157.名無しさん:2020年01月26日 18:30 ID:.QUz3h630▼このコメントに返信
ドイツ国防軍や武装SSの将兵全員が士気高揚のためにメタンフェタミンと言う覚せい剤の服用を義務付けられていたと言う事実。副作用に悩ませられたらしい。戦前のドイツでは一般の国民もフェタミンと言う覚せい剤を合法的に薬局で購入できた。
158.名無しさん:2020年01月26日 18:42 ID:GIws9qxx0▼このコメントに返信
※147
その説の一番の問題は
「現在の中華人民共和国の首脳陣が、新型ウィルスに対して無事ということを保証するものは何もない」ということだな

もちろん、「バカなので、従来通りの防菌対策さえしていれば『自分だけは』無事だと思っている」なら話は早いが
一国の指導者層は、日本の指導者層と同じくらいの知能、と考えるのが適切なので
・・さてどうでしょう?w
159.名無しさん:2020年01月26日 18:43 ID:GIws9qxx0▼このコメントに返信
※141
うん、こんな戦いが本当にあったなら
まず、君が「これこれこういう戦い」というのが、西暦何年に、どこであったとされているものなのかを示すべきだと思うよ?
そういうところをきちんとするのが、知的水準の高い、日本人として当然の教養だからね?
160.名無しさん:2020年01月26日 18:57 ID:nL6IKqUP0▼このコメントに返信
>>79
李成桂は満州人。

百済と高句麗は扶余人の国。
161.名無しさん:2020年01月26日 19:14 ID:PB0ZlYOp0▼このコメントに返信
キングダムのリーボック(李牧)は無能だけど、史実の趙の李牧は優秀な戦略家だったんでしょ?
162.名無しさん:2020年01月26日 19:41 ID:aTqMyBKQ0▼このコメントに返信
縦深攻撃
163.名無しさん:2020年01月26日 19:43 ID:ntb13fNk0▼このコメントに返信
「おのれ!卑怯な!」って言わせたら勝ち
164.名無しさん:2020年01月26日 19:47 ID:VQoFnSqc0▼このコメントに返信
囮の軽騎兵部隊を利用して投射部隊の射線に誘い込んで撃破する戦術は遊牧民なんかでよく見られるけど
島津の恐ろしいところは歩兵部隊の囮で実現していること。
165.名無しさん:2020年01月26日 19:55 ID:cG685vU20▼このコメントに返信
河越夜戦とか田単の火牛の計とかは
インパクトも凄いが
敵に偽情報流して油断させるという
仕込みの部分も併せて凄いなぁと思う
166.名無しさん:2020年01月26日 19:59 ID:HprFpZU60▼このコメントに返信
マンティネイアの戦いとかもすごい。

エパメイノンダスの機動、布陣のしかたとスパルタの執念とかすさまじい。
167.名無しさん:2020年01月26日 20:06 ID:HprFpZU60▼このコメントに返信
最近はユーチューブで戦史系の動画多くて楽しい。

たまに変なの居るけど。
168.名無しさん:2020年01月26日 20:09 ID:0jJErQao0▼このコメントに返信
古今東西の戦術集めた本なんて世の中に腐るほどあるのだし図書館にでも行って読めばいいのに
169.名無しさん:2020年01月26日 20:43 ID:aK8VB1C10▼このコメントに返信
>>130
名将の名将たる所以は、考えたことをその通りに実行できる統率力だって元自のおっさんの本にも書いてあったなあ
170.名無しさん:2020年01月26日 20:53 ID:HprFpZU60▼このコメントに返信
※13
それ、基礎を理解してないからそういう結論になる。
171.名無しさん:2020年01月26日 21:20 ID:Z1j5G6Yi0▼このコメントに返信
「戦いは数だよ 兄貴!」
172.名無しさん:2020年01月26日 21:28 ID:7T9go3.G0▼このコメントに返信
ソ連のポーランドにもうすぐ助けに行くぞ-からの高みの見物作戦
ナチに対して蜂起させといて、潰されるの待って占領するのホントすごい。
173.名無しさん:2020年01月26日 21:33 ID:8aGYerGR0▼このコメントに返信
敵国の首脳部に美女を送り込んでダメにする手法。古代中国史を読んでるとよく出てくるけど、呆れるほど単純で有効だわ!
174.コロンブス:2020年01月26日 21:41 ID:ANokOF.50▼このコメントに返信
乗っ取りと移民戦略だろうね。
緊縮財政、消費税増税も相手を弱らせる経済戦略だ。
175.名無しさん:2020年01月26日 21:48 ID:6ohtOggP0▼このコメントに返信
オスマン艦隊の山越え
ハンニバルのアルプス越え
カエサル全般(特にファルサロスの戦い)
アレキサンダー全般
べリサリウス全般(東ローマ帝国の不遇のチート名将)
ナポレオン全般
カルラエの戦い(スレナスの弾性の包囲は凄い。ラクダで補給部隊とかいう兵站線。当時無敵ローマ軍で悪くない指揮をしたクラッススを手玉に取ってる。カエサルと対決してほしかった)
アンカラの戦い(ティムールの迂回作戦がうますぎる。敵地なのに中東を全部使って誘い出してる。バヤジット1世も名将なのに捕虜にする)




176.名無しさん:2020年01月26日 21:58 ID:9rd1oQG90▼このコメントに返信
一ノ谷の戦いでの崖からの奇襲
177.名無しさん:2020年01月26日 22:17 ID:Y5PH.qlv0▼このコメントに返信
近代だと浸透戦術が画期的だな ロシアが発明して日独露軍が成功 
前線を一斉突破して敵軍が根こそぎ瓦解する
178.名無しさん:2020年01月26日 22:51 ID:kheBtHDW0▼このコメントに返信
おいらが某国の工作員なら、ネト○ヨになりすまして、まず、神国を愛して止まない方々の気分を高揚させます。次に某隣国の悪口をボロカス書き込んで皆様を気持ちいいくらい洗脳させ、(中略)両国の決裂を決定付けます。これで神国の味方になり得る勢力が一つ消えます。更に、
愛国無罪!なんてどっかの病気感染原国の叫んでいたのと同じような歴史教育をさせ、我が国を正当化してアメンゴを悪者にさせれば、向こうの人が発狂し、○○ン○さんもそれに応じて得意のSNS で「□△○X+÷~!!(自主規制)」とつ○やき、神国に敵対するようになります。これで世界最強の国との同盟が解消します。ついでにあの国は敵対するQバに基地を置いてるくらいなので、我が国に基地があるからといって安心はできません。
まあ、このように、愛国者になりすませば...
あっ!ヤベェ!本当にいるかも!?
きょろされりゅ...!
179.名無しさん:2020年01月26日 23:38 ID:IdDe8lOw0▼このコメントに返信
陳平
180.名無しさん:2020年01月26日 23:51 ID:bIsD.iMH0▼このコメントに返信
柳生の技に「赤クラゲの毒、唐辛子」を粉末にして穴の開いた小さな陶器にいれ
それを口にくわえて相手の顔面に中身を吹き付けるというのがある。
クラゲ毒が目に入ったらと思うとメチャクチャ怖いよ。 
181.名無しさん:2020年01月26日 23:57 ID:bIsD.iMH0▼このコメントに返信
既出かもだが、今日本で進行中の「スイス民間防衛」にも書かれてるメディアの乗っ取りは?
池上彰にさらに工作かけて完璧に寝返らせれば、外国人参政権あたりならすぐ実現だよ。
ここで俺が書いてるくらいだから、とっくに各思想団体はやってるんだろうけどね。
182.名無しさん:2020年01月27日 00:04 ID:yu9R79vF0▼このコメントに返信
ナセル政権下エジプトの第四次中東戦争における奇襲&航空機を使わない制空権取得戦術とか
183.名無しさん:2020年01月27日 00:10 ID:PL8ACyBR0▼このコメントに返信
島津の捨てがまりは捨てがまったのに生きて帰ってきた奴が居るってのが一番笑った
184.名無しさん:2020年01月27日 00:25 ID:yu9R79vF0▼このコメントに返信
※178
それ、もし成功したとしてもその「某隣国」がボコボコにされるんだがいいんか?
185. 【 在日コリアンの戦略 】:2020年01月27日 00:40 ID:1DKQhqgw0▼このコメントに返信
【 在日乗っ取り ①  女性差別利権 】
公明党の女性部 日弁連 毎日新聞&TBS
子宮頸がんワクチン マンモグラフィー利権(余命1か月の花嫁はTBS)
女性の方が強いんだぞ系番組 細木数子を干す 坂本堤弁護士リーク事件
女性専用車両(管轄は国交省の公明党大臣 駅前の一等地はパチ、ハングル案内板)

【 在日乗っ取り ② 早稲田慶応 】
例の住所「早稲田2丁目」 隣りは高田馬場と新大久保
流行語大賞の選考員は全員早稲田関係者 ユーキャンの本社は高田馬場(早稲田最寄駅)
慶応義塾病院は信濃町の敷地の45%(ZARD坂井泉水が転落死)
左翼新聞記者の多くが早慶出身 BPOの代表が早稲田で副代表が慶応

【 在日乗っ取り ③ 広告会社「博報堂」 】
渋谷区の区長「長谷部健」は博報堂出身 
渋谷ハロウィン、LGBTパレードにしば.き隊&シールズを動員
同性パートナーシップ等を施行 香.山リカとマイノリティ差別講演
186.名無しさん:2020年01月27日 00:55 ID:St.uCVUX0▼このコメントに返信
※177
WWI時に独軍が行った浸透戦術は欧州の史家からは酷評されてますが。
187.名無しさん:2020年01月27日 04:56 ID:x2TeC66I0▼このコメントに返信
事後検閲
出版(大量に印刷)してから検閲されたらたまらんので、ギリギリを攻められない。思いっきりおもねって書くことになる。
188.名無しさん:2020年01月27日 08:04 ID:8ac75NVm0▼このコメントに返信
世界中ソンズーが手本かよ 孫子の兵法 日本人も少し作ったぞ戦闘経とか 真田軍法とかもっと秘密のも有るけどね
189.コロンブス:2020年01月27日 08:42 ID:9zAdfagV0▼このコメントに返信
※113
ハワイ攻略については私がオリジナル。
これは忘れないでな。

しかし作戦的には最初からハワイ攻略は無理。
ミッドウエイ攻略後の話。

加えて言えばこれは「兵站」を考えた上でのお話w
190.名無しさん:2020年01月27日 09:03 ID:0by3Yat.0▼このコメントに返信
戦術って戦争以外でも囲碁や将棋、チェスでもありそう。
191.名無しさん:2020年01月27日 10:33 ID:QlsPuiNV0▼このコメントに返信
サン=ナゼール強襲作戦
老朽英駆逐艦に爆薬を積みまくり、ドイツの戦略的に重要なドックに突っ込ませた
作戦は成功、爆薬が一時間遅れで爆発したせいで、乗り込んで調査してたドイツ将兵を道連れにした

※31
WWⅠ西部戦線、パッシェンデールの戦いでの、メシヌ高地爆破のことかな?
一万の独兵が一瞬で死ぬか生き埋めになった
192.名無しさん:2020年01月27日 10:45 ID:R7sUr4GU0▼このコメントに返信
>>15
あれのすごい所は現実に活躍した人達を差し置いて
妄想の英雄をもてはやす奇策を首脳部の大半が実行した所

同じ危機がもう一度起こった時にどうなるかなんて欠片も心配してない
193.名無しさん:2020年01月27日 12:28 ID:Hj0JrNRg0▼このコメントに返信
※192
そんなことを考えられる知能があるなら、あの土地には住んでいられない
194.名無しさん:2020年01月27日 13:44 ID:LjkIexuq0▼このコメントに返信
戦術というよりも戦略とか謀略に分類されるけど、
日本で言えば厳島合戦がパーフェクトゲーム
195.名無しさん:2020年01月27日 13:59 ID:y.sK8e8d0▼このコメントに返信
すげえのは無い
勝ってる指揮官は大体において、臨機応変に変更して対応出来た人
196.名無しさん:2020年01月27日 14:08 ID:8USerL.W0▼このコメントに返信
ww2 英軍が立てた机上の作戦
深夜ドイツの地方都市にパラシュートで工作員を
降下させ貯水池に毒を放り込み住民が大量死したのを
確認後、大量のテニスボールをバラまき工作員が脱出。
197.名無しさん:2020年01月27日 14:31 ID:IoFNpnox0▼このコメントに返信
ナポレオンは部下の禿とかも動画で見てるだけで惚れ惚れしたわ
単純にすげーなって
198.名無しさん:2020年01月28日 01:06 ID:6WNVoKXo0▼このコメントに返信
「急がば回れ」
↑ これが現代戦でも成り立ったというのが電撃戦

「下手な鉄砲 数打ちゃ当たる」
↑ マジで武器だけ作りまくって勝ったのがソ連
199.名無しさん:2020年01月29日 19:35 ID:fvMVkgdi0▼このコメントに返信
わざと、沖縄を中国に攻めさせ、日米両軍に
よって、奪回し、中国の非人道性を喧伝し、
世界と日本人の意識を変える。
200.名無しさん:2020年02月02日 14:14 ID:vNs.AP3D0▼このコメントに返信
島津の関ヶ原撤退は『敵中突破』ではなく『敵中通過』な。
別にガチに陣構えした敵の中を強行突破したわけではない。
寧ろ追撃戦に入って陣が乱れ、隙間だらけの敵の中を一気に抜けようとした感じ。
そもそも伊勢街道は両軍ともにわざと開けておいた節がある。
義弘の戦術眼は流石だが、別に島津でなければ不可能かと言うと疑問。


お名前