2020年01月24日 22:05

第二次大戦時の独軍と日本軍が戦ったらどっちが勝つの?

第二次大戦時の独軍と日本軍が戦ったらどっちが勝つの?

800px-Japanese_Navy_Aircraft_Carrier_Kaga

引用元:第二次大戦時の独軍と日本軍が戦ったらどっちが勝つの?
http://hibari.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1305812221/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:37:01.29 ID:9bDWXzVf0
両軍とも大戦初期の戦力として

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:39:12.09 ID:2ws0wEXh0
戦場はどこだよ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:40:21.94 ID:9bDWXzVf0
>>4
ユーラシアの真ん中らへん

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:41:34.35 ID:4iW9Kd1F0
>>6
なら日本の勝ちだな、航空機の航続距離が違う

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:43:07.25 ID:2ws0wEXh0
>>6
日本に勝ち目なさすぎわろた

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:48:21.26 ID:odPJZVaZO
>>6
使えそうな兵器が
15糎高射砲
九十式24糎列車加農砲
戦艦から降ろした沿岸砲台
鉄人28号
轟天号くらいしか無いわ

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:39:56.62 ID:PuDj2j6L0
海戦なら圧勝だけど陸じゃ負けるだろ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:43:11.82 ID:87b/s1Am0
総戦力ぶつけるだけなら日本勝ち目ねぇです

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:44:25.00 ID:w8B3POaoO
戦術と戦車で日本が負けそう
航空部隊がどこまでやれるか

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:45:15.58 ID:07dg3yiQQ
チハvsティーガー

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:48:36.19 ID:+hLeFbCR0
大体、M3にすら蹂躙されるちはたんが主力の日本と
電撃戦を編み出し、陸軍大国だったドイツとじゃ勝負にならん

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:52:52.08 ID:EbQoKqj/0
機体スペックの差はともかく、坂井vsゲルハルトとか胸熱

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:54:14.95 ID:PuDj2j6L0
>>18
撃墜数の差が…
まあ、向こうはソ連の物量戦のおかけでスコア伸ばせたからな

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:55:15.07 ID:+hLeFbCR0
>>18
坂井さんには、紫電改に乗ってもらいたいな
相手方はFW190Dか?

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 22:59:02.37 ID:khiW1APBO
陸上兵器及び陸攻はドイツ、艦艇及び海上機は日本で資源があれば勝てた

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:00:23.47 ID:GYer0ksD0
日本「すみません。そこにいく燃料と物資をください…」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:00:29.40 ID:PuDj2j6L0
紫電改にちゃんとした石油入れたらムスタングより性能上だったってマジ?

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:04:12.61 ID:+hLeFbCR0
>>28
スピードは上回ってたそうだ
ただし、ムスタングは製造工程が零戦の1/3(多分)という工業品の最高傑作
一方の紫電改は、芸術品とも呼ばれた繊細な航空エンジンを搭載

兵器としてどちらが優れてたのかは言うまでもないだろ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:05:20.33 ID:PuDj2j6L0
>>34
そういうことだったのか
ありがとう

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:00:50.56 ID:T6z0KWJV0
どう考えても勝ち目ないだろ
海は圧倒できるとしても
陸は言うまでもないし
空も日本に勝ち目ない希ガス

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:06:37.82 ID:+hLeFbCR0
>>29
海もUボートに出しゃばられると厳しいかもな
連合国がUボートを潰せたのは高性能レーダーの恩恵がでかいし
それでもなお、相当痛い目に合わされてる

水上艦艇だけなら、ドイツが日本に勝つ目は皆無だな

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:01:13.50 ID:9bDWXzVf0
やっぱ海軍力がものをいうのか日本は
アメ相手に甚大な損害を与えられたのも戦場が南方だったからかね

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:03:40.45 ID:odPJZVaZO
そもそも進軍ルートで変わると思う
ソ連をドチラが滅ぼしたかor友軍にしたか

確実にドイツとしては列車網使いたいだろうし、ゴビ砂漠は避けるはず

日本としては比較的安全なインド辺に設営して逆アレキサンダールートじゃん?
突出してウイグル、トンコウ辺りに空軍基地は置きそう

33: 時間説明した者 ◆Y3pF5Nq7Bo 2011/05/19(木) 23:04:02.21 ID:ucNz9sbw0
帝国海軍なら空母の機動部隊作ってドイツ本土に直接攻撃とかやり出しそう。陸で守り切れるかどうかだが。

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:10:59.20 ID:wh9qR3hY0
火力で勝るが補給に苦しむドイツ軍 VS 精神力で勝るが補給に苦しむ日本軍
いい勝負だ

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:11:38.64 ID:gQamm51u0
日本は優秀な戦車が無いからきついよな

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:23:22.79 ID:D/TUHzW50
独軍だな恐らく。地上戦で日本の勝ちは難しいだろうから

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:28:43.04 ID:9bDWXzVf0
つまり日本軍は島国の利点をフル活用して引き篭っていろということか
結局自衛隊に落ち着くじゃないか

67: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:34:38.37 ID:T6z0KWJV0
大陸から追い落とされて南方の資源は潜水艦に妨害されて資源枯渇
守りならなんとかなるにしても攻めることはできない

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:44:02.68 ID:+hLeFbCR0
>>67
対潜作戦をどうするかだよな
当時の首脳部を基準にすると、通商破壊はされたい放題で補給線ボロボロにされるのが目に見えてるが・・・

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:51:41.26 ID:ViyZCTh80
航空機をあえてスルーするとしても、たぶん真っ先に起こるのは砲兵の打ち合い。

105mmのKanone 18(射程19km)とか149.1mmのKanone 18(射程24.5km)とかと
92式10加(射程18.2km)の打ち合いになってボロ負けになるんじゃないだろうか。
要塞砲の96式15加(射程26.2km)が持ち出せるなら別だが、173mm口径のKanone 18(射程29.6km)が
出てきたらもうどうしようもなかったと思われる。

日本軍の砲兵がやられてしまえば敵さんは15榴とかで日本軍陣地を耕しまくれるようになるので、
恐らくあまり勝ち目は無かったと思われる。

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:52:41.16 ID:rlVhFp8+O
チハはなあ。
ノモンハンで何を学んだんだろうな。

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/19(木) 23:59:44.93 ID:+hLeFbCR0
>>72
上層部は完全な年功序列だろ
つまり、歩兵やその士官上がりの連中が牛耳ってたわけだ
となれば、陸戦の主役はあくまで歩兵で戦車はそれを支援する兵器でしかない
って考えになっても不自然じゃないわな
実際、ちはたんは歩兵支援の戦車としてはそこそこ使えたようだし
いや、それにしたってもっと装甲はどうにかならんかったのかとは思うが
単に時代の流れに取り残された戦車ってだけだな

81: 時間説明した者 ◆Y3pF5Nq7Bo 2011/05/20(金) 00:08:18.10 ID:u8BJNeYj0
日本なら途中でドイツより高性能なやつポンポン作り出すさ

84: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/05/20(金) 00:13:42.76 ID:NiVsvB720
ぶっちゃけ補給線のこと考えると・・・いやなんでもない

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年01月24日 22:05 ID:ZD5QI.fj0▼このコメントに返信
ルーデルの一人勝ちだな。
2.名無しさん:2020年01月24日 22:07 ID:PqAnwZIP0▼このコメントに返信
多分、日本。
3.名無しさん:2020年01月24日 22:10 ID:WcCVyp0c0▼このコメントに返信
大戦初期の戦力なら、ドイツには怪物戦車も突撃銃もない一方で、
日本軍は全盛期に近い状況にあるのだから、良い勝負だろ。
4.名無しさん:2020年01月24日 22:13 ID:gLusDqnw0▼このコメントに返信
坂井とか言うカスがバルクホルンに勝てるわけ無いだろ
5.名無しさん:2020年01月24日 22:15 ID:Bx7RuV8l0▼このコメントに返信
>海は圧倒できるとしても

日本海軍の当時の対潜索敵能力ってどんなもんなの?
6.名無しさん:2020年01月24日 22:16 ID:mAwXb67v0▼このコメントに返信
遠すぎるから戦争できねーし、緩衝国が山ほどあるんですがw
HOI4でもやってろよ
7.名無しさん:2020年01月24日 22:17 ID:iUSxAyPT0▼このコメントに返信
どちらが勝つかはともかく、当時の日本国民ならどう思うのかは気になる。
デカくて豊かなアメリカと、科学技術力がずば抜けていたドイツ、どちらと戦争するのが怖かったかなと。
8.名無しさん:2020年01月24日 22:17 ID:IfHrKj.40▼このコメントに返信
三国で同盟結んでいても全く連携できなかったのに、戦えるはずがないだろ。
ドイツ「日本を攻めるどころか接触する燃料も無いンゴ・・・」
日本「ドイツを攻めるどころか接触する燃料も無いンゴ・・・」
こんな感じだろ。
隣接していればドイツ郵政だろうけど。
9.名無しさん:2020年01月24日 22:20 ID:gSDcinGu0▼このコメントに返信
ユーラシアの真中とか陸軍国のドイツに勝てるわけないじゃん
海ならUボートはともかく他の艦隊戦力は日本が上だから制海権は取れるだろう
長期戦になると兵器の開発方針やスピードが史実と違ってくるんだろうな
ホニ車やチヌ車、哨戒機の東海が史実以上に早い段階で実戦投入されそう
10.:2020年01月24日 22:20 ID:Al4UTT3p0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
11.名無しさん:2020年01月24日 22:20 ID:6LIEjZkM0▼このコメントに返信
イギリスの位置に日本がある設定なら、考える分には楽しい
ユーラシアの真ん中?ヒマラヤ?シルクロード?たどり着けない
12.名無しさん:2020年01月24日 22:22 ID:wu8nmIHa0▼このコメントに返信
※5
少なくともUボートを発見できるくらいの性能は無い
13.名無しさん:2020年01月24日 22:22 ID:mAwXb67v0▼このコメントに返信
※5
控えめに言ってゴミ、ww1と変わらんレベル
撃たれるまで気がつかず、被害が出てから適当な方向につっこんで少数の爆雷投げ込むだけ
軽艦艇の水測員は質が低い上、少数

そら大戦後半、輸送船だけじゃなく戦艦・空母・巡洋艦・駆逐艦まで駆逐wされますわ
まあ日本の艦隊型駆逐艦は、水雷戦に特化してたからな

日本も電探装備の96陸攻やMAD積んだ東海が出てきてからは多少マシにはなったが
航空優勢失って、高速空母部隊が後方までつっこんでくる状況ではどうにもならず、一網打尽にされた
14.名無しさん:2020年01月24日 22:22 ID:pAgTYpE30▼このコメントに返信
ルーデル「チハか・・・・ 複葉機でも十分いけるな」
15.名無しさん:2020年01月24日 22:22 ID:ZXeKFr1Z0▼このコメントに返信
伊400と核の一発勝負でゲームセットだな
16.名無しさん:2020年01月24日 22:23 ID:LvRThyP50▼このコメントに返信
補給線伸び伸びでどちらもジリ貧じゃねーか。

大陸のど真ん中でドンパチしてるのを周りはただ見てるとか。
あー、馬鹿が無駄な資源の浪費してるなーで終わりよ。
17.名無しさん:2020年01月24日 22:24 ID:VX.dBhY.0▼このコメントに返信
中国の位置にドイツがあれば日本が勝つし
フランスの位置に日本があればドイツが勝つ
イギリスの位置に日本なら引き分けだな
18.名無しさん:2020年01月24日 22:24 ID:q69AvTb30▼このコメントに返信
>>12
ですよねえ。
19.名無しさん:2020年01月24日 22:25 ID:YNtvJkWG0▼このコメントに返信
大威力十糎加農砲搭載戦車でティーガーⅡも喰える
20.名無しさん:2020年01月24日 22:25 ID:vvIqNG.50▼このコメントに返信
大戦初期って、日本参戦の頃はドイツは中期だけど
21.名無しさん:2020年01月24日 22:27 ID:vvIqNG.50▼このコメントに返信
地球の反対側にいて、戦う事すら出来ないのが実情
22.名無しさん:2020年01月24日 22:27 ID:uQQ0zndJ0▼このコメントに返信
※10
日本もジェット作れてたけどな
23.名無しさん:2020年01月24日 22:28 ID:q69AvTb30▼このコメントに返信
>>13
ワッチが気合いで目をこらしても追い付けないよな…
24.名無しさん:2020年01月24日 22:28 ID:1h9z6Ayl0▼このコメントに返信
>ノモンハンで何を学んだんだろうな。

両軍とも何も。

そもそもノモンハン自体が両軍にとって偶発的なもので、特に中国戦線を抱えているうえ、このあたりでの小競り合いは頻発しているので日本軍はどうせいつもの奴だろ、やる気もかけらもなく、寡兵しか出さないわ、やる気があって結構戦果を挙げまくった戦車部隊や航空機部隊はさっさと引き上げるわしている。(さすがに後半ごろには本格的に迎え撃つ準備は初めて入るが)やる気のなさに付け込んだソ連にしても準備不足で思った以上に進撃できなかった上に欧州方面(ポーランド侵攻)のほうが気になるのでので結局、双方とも上層部ともノモンハンには興味がなかった…。

一応、前線で戦った両軍の将兵は思うところがあったようでまっとうな調査や戦訓に基づく報告書上がっているけど見事に死蔵されている…

ただ、日本側では軽戦闘機が主流だったのが「重爆撃とかって強くね?」とかいう話になったのでそれなりに整備された・・・らしいよ。
25.名無しさん:2020年01月24日 22:29 ID:ER.AjKAp0▼このコメントに返信
>スピードは上回ってたそうだ

お花畑か
ちゃんと同時期の型で比較しろと
26.名無しさん:2020年01月24日 22:32 ID:3yz7da4Z0▼このコメントに返信
両軍がソ連を占領したら、その後の展開がそうなるかも。日本が勝つのは海軍だけかな。ソ連占領は夢ではなかった。日本が米国を攻撃したから米国が参戦した。時間を戻すと、1941年12月8日に真珠湾を攻撃したが、その時ソ連はジューコフの極東軍をスターリングラードに移動していた。日本がソ連を攻撃しないと情報があったからだ。それがゾルゲの無電。日本が一気に本格的にソ連を攻撃していれば日本は大勝利でなくとも負けなかった。ソ連を過大評価したためだ。もしスターリングラードにジューコフが行かなかったらドイツ軍は勝利しただろう。つまり日本は米国攻撃と云う取り返しができないミスをしてしまった。その後の展開は歴史の通り。もし、ればが許されるのなら、日本は米国を威嚇で演習見せればよかっただけだ。米国はちょっとつつけば逃げるとでも日本軍部は思ったのだろう。その程度の計画性で始めてしまった。日米開戦寸前まで英米は日本がソ連共産主義の防波堤になると思っていた。東條が処刑される前の言葉を知りたい。日米開戦は間違いだった・・と言ったかどうか。
27.名無しさん:2020年01月24日 22:33 ID:LGq3HxTY0▼このコメントに返信
海軍対決なら勝つ可能性があるじゃん
ちゃんと条件決めないと
28.名無しさん:2020年01月24日 22:33 ID:BV60sQaC0▼このコメントに返信
WW2妄想の定番としては、英国はバトル・オブ・ブリテンを大日本帝国の兵器で乗り切れるか?ってやつがある
29.名無しさん:2020年01月24日 22:33 ID:u0aCKjwq0▼このコメントに返信
※5
一言でいうなら第一次大戦レベルです。
潜水艦も第一次大戦レベルなんで必然的に対潜能力もそのレベルしか育ちようがない。
30.名無しさん:2020年01月24日 22:33 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
日露戦争のときみたいにあちらから日本海に来てもらえばいいよw
どの時点からの日独開戦?
フランスや東欧を占領後? それとも純粋にドイツがオーストリア併合しただけで連合国側とは戦争していない、彼らは不介入という条件下での開戦?
31.名無しさん:2020年01月24日 22:33 ID:1h9z6Ayl0▼このコメントに返信
※5
そもそもUボートが大西洋よりも、はるかに荒れていて、かつ拠点となる地域が少ない太平洋で運用できるん?という話。

ちなみにドイツからもらった潜水艦で呂500をもらって量産計画もあったけど、技術的な問題もあったがそもそも、太平洋では使えない(速度や大きさの問題)、ということで取りやめになっている。
32.名無しさん:2020年01月24日 22:34 ID:KMR358.q0▼このコメントに返信
※17
妥当
33.名無しさん:2020年01月24日 22:35 ID:Wmre7IYt0▼このコメントに返信
ロンメル vs 山下?
さて?
それと、第1降下猟兵師団 vs 義烈空挺部隊?これ、一番 興味? 白兵戦では、後者?
34.名無しさん:2020年01月24日 22:35 ID:ez81Gz2L0▼このコメントに返信
原爆研究はドイツのが進んどったやろ
つまり
35.名無しさん:2020年01月24日 22:35 ID:2sPVjk.w0▼このコメントに返信
トップに問題があるが、有能な将軍がそろってるドイツと、
上層部がほぼ馬鹿ばかりの日本を並べて扱うことさえおこがましい
36.名無しさん:2020年01月24日 22:36 ID:u0aCKjwq0▼このコメントに返信
※28
賢明な英国人は大日本帝国の兵器を屑鉄にして新たに英国兵器に作り替えるから乗り切れるが正解だな
37.名無しさん:2020年01月24日 22:36 ID:pZADvZS60▼このコメントに返信
日本本土決戦や大逆転シリーズで有名な仮想戦記作家
の檜山良昭も満州を舞台に日独決戦
(スターリンが暗殺され混乱したロシアを東西から挟撃した独日が掌握 やがてヒトラーが満州の日本軍を攻撃して
開戦となる)を書いたけど、
どうしても日本が勝てるシナリオが思いつかなかったのか
唐突に日蓮上人の霊を呼び出して大竜巻を発生させて
混乱したドイツ機甲師団を日本軍が打ち破る
というトンデモ超能力大戦、オカルトに逃げてしまったな。
38.名無しさん:2020年01月24日 22:37 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
※34
どうやって日本付近までもってきて投下するん?
39.名無しさん:2020年01月24日 22:37 ID:N2Hmw1lj0▼このコメントに返信
大戦初期ってドイツ軍はまだ軽戦車が主流で航空戦力もそんなに揃ってないから寒冷地の進軍は厳しいだろ。
日本は日露戦争や日清戦争でユーラシア大陸の経験があるからな。
兵装ではそんなに差がない。動員数は日本の方が上なのかな?
野戦砲と騎兵部隊が活躍するだろうね。
40.名無しさん:2020年01月24日 22:37 ID:u0aCKjwq0▼このコメントに返信
※35
ドイツの将軍が有能?
一体どの時間軸からお出でになったのでしょうか?
結構アレな連中ばっかりやぞ
41.名無しさん:2020年01月24日 22:38 ID:pZADvZS60▼このコメントに返信
>>1
ルーデル「日本軍戦車少なすぎ
殆ど会敵しないし、スコアが稼げないわ」
42.名無しさん:2020年01月24日 22:38 ID:v.ocBwbn0▼このコメントに返信
第二次大戦の対イギリスはほぼ全勝してるんだけどな。シンガポールにしろインド洋海戦にしたって。
43.名無しさん:2020年01月24日 22:39 ID:aF2pF7Ct0▼このコメントに返信
ユーラシアの真ん中だとどっちも補給とか大変そうだなw
44.名無しさん:2020年01月24日 22:39 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
日独ともあちこちに攻めると余計な国とも戦争になるよ
45.名無しさん:2020年01月24日 22:40 ID:2QQQCIht0▼このコメントに返信
ノルマンディー上陸作戦の前線で戦った兵士の帰還率って2割くらいとか聞いた。
イタリア兵は周辺を爆撃してやったふりして帰るのに、ドイツ兵は律儀にころしまくる。
日本兵はソ連も毛沢東軍も二度と戦いたくなかったらしい。
嫌な戦争になるだろうな。
46.名無しさん:2020年01月24日 22:40 ID:g4ISJ3Ji0▼このコメントに返信
責任転嫁やトップを裏切るドイツが日本に勝つ要素ないよね。
47.名無しさん:2020年01月24日 22:41 ID:1h9z6Ayl0▼このコメントに返信
※41
日本の太平洋戦争初中期の航空部隊はルーデル並みにバケモンの巣窟なんだが…というかそんな連中でも集めんと真珠湾攻撃できんわ!という話。
48.名無しさん:2020年01月24日 22:42 ID:pZADvZS60▼このコメントに返信
>>17
その中国にさえ勝てなかったのに
何言ってんだ
49.名無しさん:2020年01月24日 22:42 ID:KfmBnnc.0▼このコメントに返信
戦場が海なら日本の勝ち
戦場が陸ならドイツの勝ち
そもそも、陸軍国と海軍国は土俵が違うわ。

あと、人口を削りあう戦争なら日本の勝ち。
米食う国と小麦も碌に取れない国を一緒にしてはいけない。
50.名無しさん:2020年01月24日 22:43 ID:.kqkSJFv0▼このコメントに返信
日本軍が対地爆撃してるイメージってあんまないんだけど
仮にドイツ機甲師団が移動してたとして
日本軍の(陸軍でも海軍でも)航空部隊は正確に爆撃できるんかな?対艦爆撃してたくらいだから余裕なのかな?
護衛戦闘機はちゃんと付けられそう(航続距離的に
51.名無しさん:2020年01月24日 22:44 ID:KvOkU.ex0▼このコメントに返信
ユーラシアのど真ん中で1939年当時軍備の帝国陸軍VSドイツ国防軍
ドイツ国防軍VS帝国陸軍
318万人VS124万人
1,2号戦車VS89式軽戦97式中戦
BF109C VS 一式戦闘機
これはドイツ国防軍ですわ
52.名無しさん:2020年01月24日 22:44 ID:g4ISJ3Ji0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃に関しては、明らかにアメリカ側の恥。
53.名無しさん:2020年01月24日 22:46 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
他の厄介な国を巻き込まないように戦争をするには、戦場は蒋介石支援のドイツとの間で中国が主戦場になるかと
54.名無しさん:2020年01月24日 22:46 ID:KfmBnnc.0▼このコメントに返信
二次大戦初期の戦力とか、ドイツなんて1号2号戦車と試作4号のトラクター、航空機なんぞスペイン以下だぞ。
55.名無しさん:2020年01月24日 22:46 ID:CqgbWCPF0▼このコメントに返信
工作制度低すぎて、大きさが合うもの同士で組んだエンジンを繊細とは言わない
56.名無しさん:2020年01月24日 22:48 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
※51
そこまで行く間に色々な国と戦争になっているってばw
57.名無しさん:2020年01月24日 22:48 ID:pt4XhCRZ0▼このコメントに返信
陸ならドイツ、海なら日本
この場合、防衛戦の方が圧倒的に有利だからどっちも引きこもりそうw
58.名無しさん:2020年01月24日 22:49 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
初期なら日本軍圧勝だろ。
59.名無しさん:2020年01月24日 22:49 ID:5F2ixnts0▼このコメントに返信
>>47
日中戦争の経験がある初期の海軍の航空部隊はともかく 中期が?どんな大戦果をあげたの?
60.名無しさん:2020年01月24日 22:50 ID:bKLPmLg70▼このコメントに返信
普通に考えて距離が離れすぎてて一対一の戦争になんざならん
61.名無しさん:2020年01月24日 22:51 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※48
アホか、それは背後からアメリカが無尽蔵の支援を続けたからだろ
62.名無しさん:2020年01月24日 22:51 ID:5F2ixnts0▼このコメントに返信
>>50
ノモンハンでもビルマでも日本軍による
対地攻撃は目立った戦果をあげてない
63.名無しさん:2020年01月24日 22:52 ID:KvOkU.ex0▼このコメントに返信
>>56
多分元スレの1が言いたいのはいきなりユーラシアど真ん中に39年当時の両軍がワープして絶滅戦争したらどうなるの?って話だと思うのだが
日本は太平洋戦争開戦まで海軍に半分以上予算取られてるから不利だわな。
64.名無しさん:2020年01月24日 22:52 ID:KfmBnnc.0▼このコメントに返信
※57
ドイツさんは、自国内の食糧生産力が弱いので流通封鎖されると飢えてまうんや。
荒野に硝酸アンモニウム蒔いてイモ植えてもカツカツなんや…

なんで、英仏に喧嘩を売るのか!?
65.名無しさん:2020年01月24日 22:53 ID:aF2pF7Ct0▼このコメントに返信
※50
九十九式襲撃機とかあるし、やろうと思えばできるんじゃないの?
知らんけどw
まあ、戦車が無理なら後方を狙おうとか思うかもしれんけどw
66.名無しさん:2020年01月24日 22:54 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
ドイツはまずメフォの返済期日どうするの?
日本と戦争する前にまずポーランド侵攻やって占領して英仏とも戦争状態で日本と開戦する?
どちらが先にソ連に手出ししてソ連との間で敵味方に分かれる?
67.名無しさん:2020年01月24日 22:55 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※50
日本軍は九九式襲撃機ってやつが対地攻撃して大戦初期から大活躍してるぞ。

しかも中期から末期には、潜水艦さえ攻撃して撃沈してる。
68.名無しさん:2020年01月24日 22:56 ID:5F2ixnts0▼このコメントに返信
>>61
支援が本格化する前から
すでに泥沼化して詰んでたぞ
69.名無しさん:2020年01月24日 22:56 ID:J8Ezw9GB0▼このコメントに返信
海戦なら日本で陸戦ならドイツだろ
70.名無しさん:2020年01月24日 22:57 ID:u0aCKjwq0▼このコメントに返信
※68
そりゃ海軍とかいうお荷物がいたからねw
71.名無しさん:2020年01月24日 22:57 ID:FI7m2u7K0▼このコメントに返信
別に、平地で戦う約束など無いし。
なんでベトコンが、あれだけアメリカを苦しめて敗戦したか。
地形の利用は、日本は得意だろう。
72.名無しさん:2020年01月24日 22:59 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※3
>>3
シナ事変で、チェコ機銃に撃ち負けたから、6.5mmから7.7mmに変換したが、
1940年位だと、7.7mmなんて、部隊に普及しとらんから、MG34に撃ち負けるぞ。
73.名無しさん:2020年01月24日 22:59 ID:PqAnwZIP0▼このコメントに返信
ドイツと言えば機甲部隊。主力は戦車。その戦車の1番の弱点は上面装甲が薄い。よって、ゼロ戦の20ミリでも貫通する可能性がある。
74.名無しさん:2020年01月24日 23:00 ID:MqjrJeoS0▼このコメントに返信
※59
ガ島攻防戦が中期なら初期精鋭組が壊滅したのがその中期なんだから初期中期ってくくりでいいんじゃない?そこまで詳しくないけど南太平洋海戦あたりでは(太平洋側の)米空母がまともに機能してないんだから大戦果を挙げようもないし。
75.名無しさん:2020年01月24日 23:03 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
メフォ返済ヨロ
第一次世界大戦の賠償金支払いヨロ
エッ、日本と戦争するの? ふ~ん、まあ頑張ってね
76.名無しさん:2020年01月24日 23:03 ID:IgIMqPIq0▼このコメントに返信
※65 67
ノモンハンじゃソ連空軍相手に制空権を確保できずに
殆ど地上支援できなかったよ
77.名無しさん:2020年01月24日 23:04 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※24
>>24
ソ連赤軍は、戦車のエンジンをディーゼルに変更するぐらいには、学習したんじゃない。
78.名無しさん:2020年01月24日 23:05 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※68
連戦戦勝、ボロ勝ち続きやん
79.名無しさん:2020年01月24日 23:06 ID:8wEwcZpz0▼このコメントに返信
チョークポイントをドイツ海軍に握られて終わりやろこんなん
Uボートを捕捉できる技術が無いわ、干上がって陸戦どころじゃない
80.名無しさん:2020年01月24日 23:06 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※28
>>28
それは、無理。
戦闘機が、96式/97式しかないんだぞ。
81.名無しさん:2020年01月24日 23:07 ID:KvOkU.ex0▼このコメントに返信
もし戦うのが国防陸軍と帝国陸軍だったら間違いなくドイツ国防軍が勝つけどな。
もし仮に、39年当時のドイツ第三帝国の領土兵力と大日本帝国領土兵力がいい感じにユーラシア大陸の広さの惑星にワープして両総軍とタイマン絶滅戦争が始まったら日本の勝ちだな。
航空機総数、海軍戦力含めた総軍戦力だと日本はだいぶ強い
82.名無しさん:2020年01月24日 23:07 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※76
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
83.名無しさん:2020年01月24日 23:09 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※31
>>31
ノルウェー~グリンランドの北大西洋は、普通に荒れてるよ。
84.名無しさん:2020年01月24日 23:10 ID:v.ocBwbn0▼このコメントに返信
ちょっと趣向を変えて、現代ドイツVS現代日本の場合、敗戦後すぐに自主憲法を制定して独自の軍事諜報機関を持ち、核ミサイル防衛も完璧で数年前まで徴兵制のあったドイツと日本じゃドイツの圧勝。現代日本は世界最貧国の一つ北朝鮮と戦っても一国では勝てるかどうか怪しい、この凋落を良しとするか否とするか。戦争がもう起こらないなんて保証はどこにもないのであります。
85.名無しさん:2020年01月24日 23:11 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※79
空母を核とする濃密な機動部隊にUボートで勝てるのかねえ。

逆にボコられるだけじゃ・・・
86.名無しさん:2020年01月24日 23:11 ID:m7oM.eWa0▼このコメントに返信
日本と戦場が逆でドイツの兵器を離島で戦闘しようとした場合まず重量的に持ち込めないし下手すると足場が悪くてまともに動けない。
陸のみに注力できたからこその状況であって、仮に輸送できるんならチハだって装甲を増圧してる。
戦場が違うから機能性、方向性も違うのであって根本的に比較の対象が間違ってる。
87.名無しさん:2020年01月24日 23:12 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
※79
チョークポイントってどこの海域?
米英仏蘭を巻き込まないようにするには、アフリカ南端や南米南端周りしかないけど
スエズ通過はちょっと無理だし、あそこを抑えるとかやったら英仏と戦争になる
88.名無しさん:2020年01月24日 23:13 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※84
現代ドイツ軍って稼働する潜水艦ゼロ、戦闘機3機、陸軍は減らしすぎたレオ2(冷戦期設計の骨董品)を輸出先から中古で買い戻してる始末だぞ。
89.名無しさん:2020年01月24日 23:13 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※82
>>82
ノモハン空戦の戦果の大半が、前期のI-15の時だろ。
I-16投入された後半は、戦隊長クラスが喰われて部隊壊滅してるだろ。
その反省で、防弾板装備の隼・鐘馗が開発されたんだし。
90.名無しさん:2020年01月24日 23:16 ID:PqAnwZIP0▼このコメントに返信
76※。自分が知っている情報では、ソ連が崩壊してから、日本もソ連から多くの資料を高値で買い取った。その中に、ソ連から見たノモンハン事件の詳細に細かく書かれていた。それによると、航空戦では、ほぼ100%日本が制空権を押さえていたと書いている。また、犠牲者も日本より、ソ連側の方が多かった。そこで、スターリンは日本軍つよしと言う事で、ジューコフ将軍率いる冬の戦いに強い精鋭を極東に張り付けていた。やがてドイツの機甲師団がモスクワの近郊、約60キロ手前まで迫っていた。そこへ冬将軍が来て、ドイツの進撃はストップする。そこで、その精鋭部隊をスターリンは東部戦線へ持って行きたかった。そして、ゾルゲに命令し、近衛のブレーンだった朝日新聞記者で共産主義者の尾崎を使い、日本を北進論から南進論へ舵を切らせた。
91.名無しさん:2020年01月24日 23:16 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※85
>>85
日本の機動部隊が、敵潜水艦を沈めたことあるの?
92.名無しさん:2020年01月24日 23:17 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※89
6月22日にはソ連軍戦闘機150機の大編隊が越境、アムクロとノモンハンの中間の空域で全力出撃した日本軍戦闘機隊と激しい空戦となった[104]。この空戦も5月と同様に日本軍が優勢であり、ソ連軍機56機撃墜を報告しながら日本軍の損失はわずか4機であった。その後4日間にわたって連日、日本軍とソ連軍の戦闘機大編隊同士の空戦が発生し、日本軍は合計147機の撃墜

27日に戦闘機77機と重爆撃機24機、軽爆撃機6機でタムスクを爆撃した。この作戦計画の主導した辻はわざわざ戦果確認のために自ら爆撃機に同乗するほどの力の入れようであった[134]。空襲は成功し、関東軍は華々しく撃墜98機、大破18機、中小破38機の合計149機を撃墜破する大戦果を挙げた
93.名無しさん:2020年01月24日 23:18 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※91
機動部隊どころか陸戦でさえ潜水艦を沈めてる。

94.名無しさん:2020年01月24日 23:19 ID:IgIMqPIq0▼このコメントに返信
>>82
終始って事はない
ソ連が崩壊して新資料が発掘されて
従来の惨敗説は翻って日本も善戦した事がわかった。

しかし従来の説がひっくり返るのは何もいい事ばかりではない(撃墜記録の大幅な水増しなど)
優勢と言われていた空の戦いは、前半戦はそうだが
後半はスペイン内戦の経験があるパイロットを多数投入したソ連側に圧迫されて敗北だったと
参戦した日本軍パイロット自身が認めている。
スコアは日本の方が優位だが、大半が前半の空戦で稼いだもの後半になると被撃墜が激増し
最終的に陸軍航空隊は壊滅状態になった。
95.名無しさん:2020年01月24日 23:19 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
ドイツが対日で戦争らしき状態になるには、蒋介石支援続行して武器供給、もしくは自ら陸上部隊を艦船で中国まで輸送してこないといけない
日本が委任統治やった旧ドイツ領の島々や青島奪還でもいいし

日本はわざわざ欧州のドイツまで派兵して戦争する理由もメリットもないし
ドイツまでの間の他国巻き込んだら厄介でドイツどころじゃなくなるし
96.名無しさん:2020年01月24日 23:21 ID:xbKTE9oN0▼このコメントに返信
陸は言わずもがなとして正直海でもなあ…
海上防衛を重視してに力入れてたイギリス海軍でも開戦時に保有してた商船保有量の半分を沈められてるのに、無理解無警戒の日本海軍だったら主力艦隊は残ってても商船隊が壊滅して本土が干上がりそう

まあ舞台が太平洋ならドイツは潜水艦の拠点が確保できないだろうから、Uボートも欧州より遥かに活動が制限されるだろうけど
97.名無しさん:2020年01月24日 23:22 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※73
>>73
射撃性能極悪で、ヤワヤワ主翼の一号零戦じゃ、戦車に命中弾なんて期待できないよ。
米海軍南太平洋海戦レポートで、零戦パイロットは射撃が下手と、報告されている。
98.名無しさん:2020年01月24日 23:23 ID:95gx71Wj0▼このコメントに返信
レッドサンブラッククロスかな
99.名無しさん:2020年01月24日 23:24 ID:HSBdcPO90▼このコメントに返信
陸で戦ったら日本勝ち目ないやろ
100.名無しさん:2020年01月24日 23:24 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※54
>>54
チェコ30/38T戦車が主力じゃなかった?
101.名無しさん:2020年01月24日 23:25 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
※99
もうすでに戦場だった中国を舞台に陸戦するしかないけど?
102.名無しさん:2020年01月24日 23:25 ID:PqAnwZIP0▼このコメントに返信
94※。そりゃ、共産主義を信じている人にとっては、ソ連が日本に負ける事には腹が立つ気持ちは理解出来る。
103.名無しさん:2020年01月24日 23:25 ID:IgIMqPIq0▼このコメントに返信
※92
>ソ連軍機56機撃墜を報告しながら日本軍の損失はわずか4機であった。

この撃墜を報告ってのを盲信したらあかんよ
104.名無しさん:2020年01月24日 23:26 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※99
それ、パンサーやタイガー戦車からの強さじゃね?

初期じゃフランス程度には無双できても日本陸軍には太刀打ちできないだろ。
105.名無しさん:2020年01月24日 23:26 ID:v.ocBwbn0▼このコメントに返信
そもそもドイツ潜水艦の目的用途は通商破壊にあったのであって艦隊に関しては対策されて以降はまったくの無力だった。
調べると「第二次大戦でuボートは1,131隻が建造され、終戦までに商船約3,000隻、空母2隻、戦艦2隻を撃沈する戦果をあげ、引き換えに849隻の損失を出した。」とあるように戦艦、空母を破壊する能力はほとんどない事が分かる。
106.名無しさん:2020年01月24日 23:27 ID:XXbo5FrD0▼このコメントに返信
※89
6月22日にはソ連軍戦闘機150機の大編隊が越境、アムクロとノモンハンの中間の空域で全力出撃した日本軍戦闘機隊と激しい空戦となった[104]。この空戦も5月と同様に日本軍が優勢であり、ソ連軍機56機撃墜を報告しながら日本軍の損失はわずか4機であった。その後4日間にわたって連日、日本軍とソ連軍の戦闘機大編隊同士の空戦が発生し、日本軍は合計147機の撃墜

27日に戦闘機77機と重爆撃機24機、軽爆撃機6機でタムスクを爆撃した。この作戦計画の主導した辻はわざわざ戦果確認のために自ら爆撃機に同乗するほどの力の入れようであった[134]。空襲は成功し、関東軍は華々しく撃墜98機、大破18機、中小破38機の合計149機を撃墜破する大戦果を挙げた
107.名無しさん:2020年01月24日 23:29 ID:lGXv0wa10▼このコメントに返信
そういや初期はソ連にボロまけだっけ?<ドイツ戦車
まぁ即ヤベーの作り出すわけだけど
108.名無しさん:2020年01月24日 23:30 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※47
>>47
99式/97式の爆撃の神様・雷撃の神様は、南太平洋海戦までに全滅してるしな。
護衛の零戦隊は、低能なのかな?
エースクラスは、台南に集中してる不思議。
109.名無しさん:2020年01月24日 23:36 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
欧州はほとんどが独立国だらけ、 ソ連も独立国で一応中立、東南アジアあたりだとタイが独立国、その他ほとんどは他の欧米各国植民地
アフリカも同様、 中国は内戦で日本は日中戦争中膠着状態
110.名無しさん:2020年01月24日 23:37 ID:8wEwcZpz0▼このコメントに返信
※105
日本に英米のようにシュノーケルすら捉えるレーダーとかソナーはあるの?
111.名無しさん:2020年01月24日 23:41 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
まずドイツが先に欧州で戦争起こし、すでに連合国との戦争状態で、更に日本とも戦う気満々で、日独伊三国同盟は当然なし
日本がドイツと戦争するならそのまま連合国に加わるけど?
112.名無しさん:2020年01月24日 23:41 ID:.38y3Ac40▼このコメントに返信
日本を過小評価してるけど
アメリカは隼に対し戦闘禁止命令出してるし
島風クラスなんかはww2では最強の駆逐艦だったりするし
潜水艦も末期やつはアメリカのより優秀だったりする
M4の装甲抜けないが中の人はお亡くなりになってたり
以外に優秀な兵器は多い
113.名無しさん:2020年01月24日 23:42 ID:K60.30.w0▼このコメントに返信
※106
日本軍による戦果報告では航空戦にて撃墜したのは
1,340機だけどね

資料によると実際の損失機数は
日本軍160機 ソ連軍251機となっている

戦果報告だけ盲信するならば
日本海軍精鋭戦闘機隊343空の初陣は54機撃墜を報じているけど、実際は14、5機程度で味方の被撃墜とほとんど変わらなかった。
114.名無しさん:2020年01月24日 23:43 ID:VddtIZ9H0▼このコメントに返信
※104
3号戦車D型あたりまでならチハでも圧倒できる
対戦車戦闘では全くの無力のように思われてるチハの主砲の方が
3号の主砲より貫徹能力が高い上に、装甲もチハの方が上

そして3号D型が配備されてる頃の主力は2号戦車ときたもんだ
115.名無しさん:2020年01月24日 23:43 ID:laE4J4pK0▼このコメントに返信
※91
高角砲で潜水艦を沈めた重巡洋艦足柄…
116.名無しさん:2020年01月24日 23:44 ID:v.ocBwbn0▼このコメントに返信
※110 
なかったのならアメリカは日本の何十倍もあった建造能力でもって、空母戦艦を作って海戦やらず潜水艦だけ作っていれば五年間もかからずに簡単に本土上陸
してたはずだけど。
117.名無しさん:2020年01月24日 23:45 ID:.38y3Ac40▼このコメントに返信
>>48
アメリカとドイツが支援してた
118.名無しさん:2020年01月24日 23:47 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※106
>>106
ノモハンに投入された帝国陸軍飛行隊(戦闘機)は、23個中隊(97式15個・95式8個)で、約200機
指揮官の死亡が、少佐1名、大尉8名、中尉10名。
>第1次タムスク空襲
作戦に参加した第11戦隊の瀧山中尉ですら「とてもそんな数字にはならないはずです」と語ってるが。
>当時のソ連軍兵力は空襲直前で戦闘機151機、爆撃機116機の計267機に過ぎず、
空襲による損害は14機(丸648の数値)
>8月30日には第33戦隊(95戦3個中隊)、9月9日には第59戦隊(97戦2個中隊)、9月12日には第9戦隊(95戦3個中隊)と更なる増援が繰り出されたが、もはや97戦部隊は払底しており増援の主力は複葉の95戦部隊と成り果てていた。

97式では、I-16相手に分が悪かったのが実情。
119.名無しさん:2020年01月24日 23:50 ID:PqAnwZIP0▼このコメントに返信
97※。誰も信じないよ。
120.名無しさん:2020年01月24日 23:53 ID:VddtIZ9H0▼このコメントに返信
※119
なんで数字の後ろに※付けるの?

それでは指定した番号に反映されないよ
迷惑だからヤメテと以前にも指摘したよね

どうして改善しないの?
そんなに自分勝手を貫くのが大事なの?
121.名無しさん:2020年01月24日 23:53 ID:7iz9ho4E0▼このコメントに返信
※115
>>115
第三艦隊第16戦隊時代だから、機動部隊と関係ないね、
122.名無しさん:2020年01月24日 23:54 ID:xbKTE9oN0▼このコメントに返信
※114
それって弾頭強度も考慮した上での貫通能力で?
123.名無しさん:2020年01月24日 23:57 ID:laE4J4pK0▼このコメントに返信
国民党のドイツ人顧問ゼークトが上海に防御線を構築してドイツ製の兵器を装備した精強な中国人の兵で”ゼークトライン”を構築してたけど、数日後には多大な損害を出したが日本軍は突破したな。

国民党にもう少しまともな戦車があれば戦況は変わったんだろうけど…
124.古古米:2020年01月24日 23:58 ID:oSW6cQhz0▼このコメントに返信
補給が続かなくて双方共倒れで、ソ連とアメリカが大笑いするのがオチ。
125.名無しさん:2020年01月24日 23:59 ID:8wEwcZpz0▼このコメントに返信
※116
よかった
米潜水艦による通商破壊で多大な損害をうけ、80弱隻程度の戦力で20隻の損害しか受けず、日本海にも進出されて飢えに苦しむ日本はいなかったんだ
126.名無しさん:2020年01月24日 23:59 ID:wcdiIDbd0▼このコメントに返信
何回目だ?
127.名無しさん:2020年01月25日 00:00 ID:AnZwg4Q.0▼このコメントに返信
>>114
ソ連侵攻時は3号が主力でそれも数が足りず
併合したチェコのは38tなどで補っていた始末
そんな状態の中 チハはおろかM4シャーマンより
優秀なT34やKV重戦車だけで1000両近く配備されていたソ連軍を蹴散らしてモスクワまで到達したのは
熟練搭乗員と砲兵、スツーカ、対戦車砲を連携させた巧みな戦闘スキルのおかげですわ
128.名無しさん:2020年01月25日 00:01 ID:XHfxF.sk0▼このコメントに返信
※119
>>119
堀越設計の尻尾付戦闘機は、射撃時のすわりが悪いんだよ。
他に尻尾付は、F4Uだけ。
小山さん設計の戦闘機群が、射撃時のすわりがいいのと対照的。
中島が改設計した二式水戦が、尻尾なくしてるし。
129.名無しさん:2020年01月25日 00:03 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※112
ドイツアゲ厨はクルスク戦車戦とかのイメージばかりでエヘエヘしてるからな。

海じゃ複葉機のソードフィッシュにもボコられてたレベル。
130.名無しさん:2020年01月25日 00:03 ID:2xy5qEJ40▼このコメントに返信
イギリスの位置に日本があったら結局BoBと同じでドイツが攻めきれないだろうなぁとは思うが
131.名無しさん:2020年01月25日 00:05 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※89
6月22日にはソ連軍戦闘機150機の大編隊が越境、アムクロとノモンハンの中間の空域で全力出撃した日本軍戦闘機隊と激しい空戦となった[104]。この空戦も5月と同様に日本軍が優勢であり、ソ連軍機56機撃墜を報告しながら日本軍の損失はわずか4機であった。その後4日間にわたって連日、日本軍とソ連軍の戦闘機大編隊同士の空戦が発生し、日本軍は合計147機の撃墜

27日に戦闘機77機と重爆撃機24機、軽爆撃機6機でタムスクを爆撃した。この作戦計画の主導した辻はわざわざ戦果確認のために自ら爆撃機に同乗するほどの力の入れようであった[134]。空襲は成功し、関東軍は華々しく撃墜98機、大破18機、中小破38機の合計149機を撃墜破する大戦果を挙げた
132.名無しさん:2020年01月25日 00:05 ID:mD5F4e7y0▼このコメントに返信
※125
あくまで話の趣旨は戦ったらどうかなんだろ。商船対潜水艦なら潜水艦が圧倒的に勝つに決まっとる。
133.名無しさん:2020年01月25日 00:08 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※121
そもそも、日本に限らず機動部隊の役割は艦上機による敵の艦隊または施設の攻撃なのに何が悲しゅうて潜水艦を攻撃しなければいけないのかと…。

そんな暇あるのなら潜水艦の基地を狙って一網打尽にすると思うのですがね…。
134.名無しさん:2020年01月25日 00:10 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※130
いやあ、あの頃の「日本」がイギリスの位置にあってドイツと対立してたら、防衛どころか大陸側に逆侵攻する勢いだったと思う。下手すりゃそのままベルリン陥落させてたんじゃないか。

大戦初期のイギリスは、明らかに劣勢で融和策を取ろうとしたチェンバレンのほうがまとも。王室はカナダ亡命まで検討してた。あれはチャーチルの狂ったような主戦論とまぐれで生き残れたようなもんだ。

135.名無しさん:2020年01月25日 00:11 ID:XHfxF.sk0▼このコメントに返信
※131
>>131
第一次タムスク空襲だろ。
>辻参謀の手記によると地上撃破を含め114機としている:
丸648号では地上撃破を含め110機:
世界の戦闘機隊では140機)の戦果(作戦に参加した第11戦隊の瀧山中尉ですら
「とてもそんな数字にはならないはずです」と語ってるが)を報じた。
>当時のソ連軍兵力は空襲直前で戦闘機151機、爆撃機116機の計267機に過ぎず、
空襲による損害は14機(丸648の数値)としている
136.名無しさん:2020年01月25日 00:13 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※125
その頃の日本の場合は対潜能力以前に対潜する艦艇がいなくなった…のだが。
137.名無しさん:2020年01月25日 00:13 ID:Ys43E4su0▼このコメントに返信
※119 さん

誰かに返信される場合は 「 ※番号 」 の順で書かないとリンク張れません。

あるいは、ID番号の右に 「 ▼このコメントに返信 」というのがあると思います。
これを押せばその番号に返信できますよ。
138.名無しさん:2020年01月25日 00:15 ID:sOTMRLwK0▼このコメントに返信
バトル・オブ・ブリテン当時でも海軍力は日本が圧倒的優位だしな。
139.名無しさん:2020年01月25日 00:19 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※64
10万程度の軍隊を数年で列強軍クラスにまで回復させるために使用した借金(メフォ手形)をよそに押し付けるため…ちなみにフランスに勝利した際にマジで押しつけやがった…。

ヒトラーさん経済感覚ないのか、それとも軍の傀儡だったのか。
140.名無しさん:2020年01月25日 00:22 ID:yKU70.Ho0▼このコメントに返信
※134
総合的な国力がものを言う総力戦で、イギリスより国力の劣る日本に大陸反攻なんて明らかに不可能だと思うが…
史実のように米ソの参戦があるなら別だろうけど
141.名無しさん:2020年01月25日 00:22 ID:6ifnlEyc0▼このコメントに返信
>>138
陸軍は弱いけどな
142.名無しさん:2020年01月25日 00:27 ID:3JEKfv7D0▼このコメントに返信
洗車の性能が違いすぎるだろ
143.名無しさん:2020年01月25日 00:27 ID:mD5F4e7y0▼このコメントに返信
なんというかイメージ的に最新鋭の圧倒的テクノロジーを有する米英独と木でできたオンボロ船で戦う日本ってイメージなんだろうな。
左翼の振りまいたプロバガンダは偉大だよ。
144.名無しさん:2020年01月25日 00:29 ID:MIvrLXxC0▼このコメントに返信
※122
そう
言っておくけど、砲弾が砕ける徹甲弾ってごく初期だけの話だからね

チハ九七式五糎七戦車砲 射距離300mで26mm、500mで23mm、1000mで20mm
3号3.7cm KwK 36    射距離100mで34mm、500mで29mm、1000mで22mm 

チハの装甲が25mm、3号の装甲が15mm

ごめん、こうして並べてみるとチハの57mm砲が3号の37mm砲より貫通力があるってのは
嘘だったわ
正確にはチハの装甲厚のおかげで3号に対し優位に立てる、ってだけだった
145.名無しさん:2020年01月25日 00:36 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※140
それ、ものを言い出したのが大戦後半からだろ。

あの時代のゴリゴリの日本に初期ドイツ軍じゃ太刀打ちできんぞ。
逃げ回ってたシナ軍みたいに戦線を東欧まで引いて独ソ連合軍(笑)で反撃するシナリオなら勝てるかもしれんがw
146.名無しさん:2020年01月25日 00:38 ID:sOTMRLwK0▼このコメントに返信
※141
年代による。
147.名無しさん:2020年01月25日 00:38 ID:XHfxF.sk0▼このコメントに返信
※133
>>133
日本の敵空母撃沈7隻中2隻は潜水艦の雷撃。
被撃沈20隻中、潜水艦によるもの7隻。
対潜哨戒は、必要だろ。
148.名無しさん:2020年01月25日 00:39 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※140
当時の英仏は軍事力はまだしもWW1のおかげで戦争アレルギーが酷いうえに、そもそも政府がまともに機能していない状態なのに対して日本にはそんな物ない上になんだかんだで(英仏に比べて)真っ当に政府や軍が機能しているのでラインラント進駐あたり…とは言わんがズデーテンあたりで「いい加減にしろ」となるのかもしれない。
149.名無しさん:2020年01月25日 00:40 ID:.4EoJD1E0▼このコメントに返信
日本がアメリカと同盟して、レンドリースにより
資源や技術 兵器を供給してくれたのなら
陸戦でも勝てるとは断言できないけど
負ける事はないと思うわ。
150.名無しさん:2020年01月25日 00:43 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※148
ちなみにドイツ軍の戦力が急速に整いだしたのは旧オーストリア帝国の武器庫であるチェコ・スロバキアを乗っ取って以降。そもそも少し前までヴェルサイユ条約で規制されまくっていた状態なので、併合前に開戦すれば列強クラスの軍備があれば当時のドイツには楽勝の可能性が大。
151.名無しさん:2020年01月25日 00:45 ID:yKU70.Ho0▼このコメントに返信
※145
戦争初期じゃ日本だって動員も進んでないし戦時生産も機能してないのでは?
ヨーロッパにあるという設定(まあこれ自体無茶苦茶だけど)じゃ日華事変も起こってないだろうし、むしろ戦争起こした側のドイツの方が有利のような気もするんだけど…
152.名無しさん:2020年01月25日 00:46 ID:UvDtHA5D0▼このコメントに返信
陸空に関してはほぼ勝ち目無いんですが。
一撃離脱で速度に差がありすぎる航空戦、火力が段違いの砲兵、格が
153.名無しさん:2020年01月25日 00:47 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※145
そのシチュエーションだったらソ連は日本と一緒になってドイツを叩いていると思う…というかポーランド侵攻のドイツ版か?
154.名無しさん:2020年01月25日 00:48 ID:EybaHlWE0▼このコメントに返信
ユーラシアの真ん中でなら海軍の出番がほぼないので、逆に陸軍の発言力が大きくなりすぎないように海軍航空隊を投入する。大戦初期なら練度最高で攻守のバランスが取れた数百機が戦闘に加われば、航続力の関係でアウトレンジ可能。逆に機甲部隊中心のドイツ軍に対し歩兵部隊中心の日本では進撃速度に差がありすぎて航空優勢を取っても日本が攻めきれない。結構いい勝負するかも。
155.名無しさん:2020年01月25日 00:49 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※151
近代国家としての日本が、ロシアを許せない戦争しかないとか、対米 7割海軍は当たり前!とかやってた「驚異的な軍事国家」by ドナルド・キーン

だからな。

そんなもん、開戦時戦力で比較するしかないだろ。


156.名無しさん:2020年01月25日 00:50 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※153
ううむ、結局ドイツはやられメカか・・・

頭はいいのに、なんで負け役ばかりなんだろうねw
157.名無しさん:2020年01月25日 00:51 ID:UvDtHA5D0▼このコメントに返信
>>152
すまん途中送信した
格が2つほど違う戦車。日本が勝てるのは歩兵火力と白兵戦くらいのもん
158.名無しさん:2020年01月25日 00:53 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
陸戦じゃ日本に勝ち目はないし、逆に海戦じゃドイツに勝ち目はない
両者とも資源はないから継戦能力云々話す余裕もないから、単純に立地の問題じゃないかな
日本が欧州に移動するとしてフランスの位置にいれば余裕で負けるだろうし、逆にイギリスの位置にあれば制海権取れずにドイツが終わる
航空戦についても日本陸軍の防空戦闘機隊をドイツ空軍が圧勝できるとも思えないし、逆に日本陸軍の重爆隊はドイツ防空網の中だとカモだろうし
159.名無しさん:2020年01月25日 00:53 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
零戦がドイツの戦闘機に勝てるとおもってるニワカの多いことw
160.名無しさん:2020年01月25日 00:53 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※157
初期ドイツ軍がてこずったスピットファイアより日本軍機のほうがはるかに優秀なんだが。
161.名無しさん:2020年01月25日 00:54 ID:yKU70.Ho0▼このコメントに返信
※155
しかし開戦時そのままだとすると、大陸に展開してる兵力や産業その他は地球の裏側に置いてけぼりで余計混乱状態に陥るような気が…
162.名無しさん:2020年01月25日 00:55 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
>>154
航空機のアウトレンジってのはな、攻撃側が不利になるんやでw
163.名無しさん:2020年01月25日 00:57 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※161
だから俺が言いたいのは、時期で区切って比べるしかないってこと。

もし「イギリスの位置に~」って言いだした奴だって、その時期や国体まで提示してシミュレートしてくれてるわけでもないし。

164.名無しさん:2020年01月25日 00:58 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
>>160
典型的なバカだな。
ドイツの一撃離脱からすれば零戦のほうがカモ。
165.名無しさん:2020年01月25日 01:01 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※164
それがゼロ戦以下の機動性のスピットファイアにボコられたことも知らない低能馬鹿発見
166.名無しさん:2020年01月25日 01:03 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
※164
史実でその一撃離脱が出来んかったからドッグファイト優勢なスピットにてこずったんだろ……
実際、攻める側と守る側でドッグファイトか一撃離脱のどちらが重要かが別れる時代だし
167.名無しさん:2020年01月25日 01:04 ID:yKU70.Ho0▼このコメントに返信
※163
それじゃあイギリスの位置云々を置いて史実のままで比較して考えるとして
確かに2年も早く戦争を始めてる日本の方が戦時体制という面で同時期のドイツより進んでいるのは間違いない
ただ、それを抜きに同じ平時から戦争を始めると考えると国力差から明らかにドイツの優位になる

まあ個人的にはこんな感じだと思う
168.名無しさん:2020年01月25日 01:08 ID:XHfxF.sk0▼このコメントに返信
※162
>>162
それは、レーダーによる防空体制ができてからの話し。
それまでは、攻撃側が常に奇襲可能。
シナ事変みたいに、観測員いれば、失敗するけどね。
169.名無しさん:2020年01月25日 01:08 ID:gOZ.1OzD0▼このコメントに返信
※164
友軍のシュトゥーカーが必死に地上攻撃してるなかで、ドイツ軍戦闘機が一撃離脱戦法なんかできないで・・・
それやったらドイツ軍の基礎戦術が破綻する
170.名無しさん:2020年01月25日 01:12 ID:c.xGLzkl0▼このコメントに返信
スピットの名誉のために書いておくと
やたら出されるポートダーウィン空戦の場合
あれは砂漠仕様の機体で、パイロットは対地攻撃専門で
空戦経験殆どなし、英本国からの長期の船旅で
腐食も酷く、戦闘どころか煙を吐きつつ飛び立つのがやっとでかなりの機体が戦闘ではなく事故で失われている
171.名無しさん:2020年01月25日 01:12 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※167
国力どうこうでいえばヴェルサイユ条約で軍備がさんざん規制されまくっており、ポーランド侵攻直前でようやくフランス一国ぐらいとは戦えるかもしれないぐらいのドイツと継続的に軍備が維持されている日本とどっちが練度などの質の面で上なのか。となると思いますが。

後、ヒトラー政権誕生まで内戦まがいことしていたドイツとなんだかんだでまとまっている日本。というのもある。

ぶっちゃけフランスが負けたのは軍事力の差ではなく当初は季刊、WW2開戦直前頃は月間倒閣状態でそれがドイツ降伏まで続いた団結のだの字もない混迷ぶりですしね…。
172.名無しさん:2020年01月25日 01:15 ID:c.xGLzkl0▼このコメントに返信
そもそも設定が1939年の独日両軍の戦闘なのに
なんで零戦が出てくんのよ
当時の日本にはノモンハンでソ連の戦闘機にすら
勝ちきれなかった97式とかそんなもんしかないで
173.名無しさん:2020年01月25日 01:22 ID:yKU70.Ho0▼このコメントに返信
※171
それでも総力戦の要である工業生産や技術力、基礎的な国力においてドイツの方が圧倒的に勝っているのは間違いない
負けたとはいえ、いや負けたからこそというべきか第一次大戦の戦訓も十二分に得られていたし
それに大正期の日本は結構軍縮していて、いわゆるステロタイプな軍隊が権力振るって軍事費にじゃんじゃん金使える「大日本帝国」って1930年代に入ってからだからなあ
174.名無しさん:2020年01月25日 01:23 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※167
その「平時から」だって5年や10年前くらいだと日本海軍なみの艦艇作れないさえある。

175.名無しさん:2020年01月25日 01:26 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
まぁ、戦時二年経過はデカいよなぁ
開戦当時ドイツの1939年と日本の1941年、どうせ陸海では勝敗目に見えてると考えて
空軍のみに考えると
ドイツはbf109Eが主力 日本は一式戦、二式戦、ゼロ戦が主力
実際の試験だと 二式戦>Bf109E だっけ。 パイロットの腕は色々枢軸側はどっちもおかしいんで考慮しない
1941年のドイツ軍ならは、すでにBf109F型が配備されてるけど比較テストはないし、バトルオブブリテン後の消耗がヤバいからどうしようもないだろうし
176.名無しさん:2020年01月25日 01:27 ID:HpmOkv2M0▼このコメントに返信
ユーボート信者が多くて凄いなと思う。今のレベルの潜水艦とでも思ってるのか。ロマンはあるけど、あれでガチ戦やらされたから行方知れず多いんだろ
大戦初期って設定なのにレーダーがとかアホな事書き込みだす奴らもいるし
177.名無しさん:2020年01月25日 01:27 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※173
軍縮もあるけど、艦艇の基礎技術や設計でドイツは列強からかなり遅れていた。

そりゃもうイギリス仕込みで、その後はアメリカ海軍と張り合おうとしていた日本とヴェルサイユ破棄からようやく動き出したドイツでは雲泥の差がある。
178.名無しさん:2020年01月25日 01:30 ID:yKU70.Ho0▼このコメントに返信
※174
もちろん島国ということもあるし、海軍では日本が圧倒的に優位なのは間違いない
造船力に限っていえば日本の方が上だし
通商破壊戦はともかく決戦能力では比較にならない
179.名無しさん:2020年01月25日 01:30 ID:5OmvvmkU0▼このコメントに返信
チハもティーガーも中後期だろw
180.名無しさん:2020年01月25日 01:43 ID:yIcD8l280▼このコメントに返信
>>176
連合軍側の高い対潜能力と暗号解読により
Uボートの被害が激増したわけだけど

駆逐艦ですら潜水艦に狩られるのが
珍しくなかった日本海軍に同様のことが出来るの?
181.名無しさん:2020年01月25日 01:43 ID:oMt0vnDK0▼このコメントに返信
日本が朝鮮半島を併合している限り絶対敗北確定
182.名無しさん:2020年01月25日 01:47 ID:ziqQsK5A0▼このコメントに返信
ドイツに勝つの無理じゃないですかね
183.:2020年01月25日 01:48 ID:AYawEy5t0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
184.名無しさん:2020年01月25日 01:49 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
※180
対潜能力については初期英軍と同レベルだったよ、初期日本軍
ただ、米潜(&魚雷)がポンコツすぎて1942年までまともに対策とる必要もなく、対潜能力向上も見送られてきた
でも、その隙に輸送船と駆逐艦をガ島で喪失して余裕がなくなったところで、米潜水艦隊がロックウッド中将らによって改善してちょうどダブルパンチになった経緯があるし
多分、英軍みたいな「相手にまともな主力艦隊が居ない」「最初から潜水艦被害が大きい」状況だとかなり変わってくると思うよ
185.名無しさん:2020年01月25日 01:52 ID:yKU70.Ho0▼このコメントに返信
※183
一応インド洋では日独海軍の共同作戦が行われたりしてる
186.名無しさん:2020年01月25日 01:59 ID:7d70m42L0▼このコメントに返信
※180
ドイツ海軍って緒戦で海上戦力が壊滅して潜水艦で商船狙うしかなかったんですが・・・
陸は陸で戦車もたいしたことないし、日本軍機に航空優勢とれるかも怪しい戦闘機しかなかったわけで地上支援どころではない
187.名無しさん:2020年01月25日 02:06 ID:ziqQsK5A0▼このコメントに返信
ユーラシア大陸のど真ん中とか海軍もくそもないから
188.名無しさん:2020年01月25日 02:14 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※187
日本は満州で待っていればいいからw
どうぞそこまでドイツご自慢の陸軍で多くの国と戦争しながら勝ち進んできてね

海の方からなら日本からドイツまで行ってもいいですよ
潜水艦の航続力も大きさもドイツの沿岸海軍や商船攻撃向けじゃないんで
一応空母ももってますし
航続距離の短い重いドイツの飛行機とは機動性能が違うから
189.名無しさん:2020年01月25日 02:17 ID:0ZRgoSJF0▼このコメントに返信
※187
それだとドイツ軍ボロ負けさえある

大戦初期のドイツ軍戦車って700メートル進んだら3パーセント脱落するとかってレベル
輸送力も足りないから馬車やロバまで動員した

ドイツアゲ馬鹿特亜猿の脳内じゃクルスク級の大ドイツ軍が日本軍をギッタギタにする妄想してるんだろうけど、大戦初期ならフランス、ポーランド相手がいいとこ
190.名無しさん:2020年01月25日 02:18 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
時代はちょっとずれるが、第一次世界大戦で地中海に派遣した艦隊の任務はドイツの潜水艦攻撃から輸送船団護衛だったわけで
191.名無しさん:2020年01月25日 02:20 ID:iygx2Iuy0▼このコメントに返信
>>2
なわけない
192.名無しさん:2020年01月25日 02:20 ID:iygx2Iuy0▼このコメントに返信
>>6
陰さん…w
193.名無しさん:2020年01月25日 02:21 ID:AjMLQbCE0▼このコメントに返信
>>186
設定は1939年のユーラシア大陸ですよ
日本には零戦も戦艦大和もないし、海軍はあまり関係ない

小競り合い程度のノモンハンで、ロシア空軍と戦って壊滅した陸軍航空隊がバルバロッサ作戦の初日だけで2000機以上のロシア軍機を地上と空中で撃墜破したドイツ空軍の規模にどう立ち向かうのか知らんが。
戦車?フランスでもバルバロッサ初期でも
チハより数段上の戦車を撃破してましたけど
194.名無しさん:2020年01月25日 02:22 ID:iygx2Iuy0▼このコメントに返信
>>15
妄想、乙!
195.名無しさん:2020年01月25日 02:22 ID:kaFeV8lw0▼このコメントに返信
※183
フィリピンにアメリカの潜水艦基地があったんだが、日本が緒戦の空爆で弾薬庫を破壊したため活動不能になっている
インドネシアにはオランダのO級潜水艦がいたが、日本の機雷にかかって沈んでいる
イギリスは いたっけ?
196.名無しさん:2020年01月25日 02:23 ID:iygx2Iuy0▼このコメントに返信
>>22
😅
197.名無しさん:2020年01月25日 02:24 ID:iygx2Iuy0▼このコメントに返信
>>32
なわけない
198.名無しさん:2020年01月25日 02:26 ID:AjMLQbCE0▼このコメントに返信
>>188
ユーラシア大陸の真ん中で開戦だから
ドイツだけじゃなく日本も遠征しなければならない設定なんだがな
199.名無しさん:2020年01月25日 02:29 ID:kaFeV8lw0▼このコメントに返信
※159
ドイツ機はスペック詐欺的な面が大きい
スピットとの対決が有名ではあるが、F4FやF6Fから見ても強くない
まあ、アメリカ海軍機が出てくるころにはドイツのパイロット練度も落ちてたんだけど
200.名無しさん:2020年01月25日 02:29 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
ドイツのポーランド侵攻は、ドイツ軍単独ではなく、スロバキア軍との連合軍
そしてポーランド東側は密約でソ連担当
フランスへは、ベルギーをショートカットしてベルギー国境からパリまでの250km程度の平坦なところを進軍
ドイツ自身総力戦やったのは対英戦とイタリア支援のために割いた兵力
あとは対ソ戦
ポーランド東半分以外、かつてのオーストリア・ハンガリー帝国領土制圧は大して軍事行動はやっていない
201.名無しさん:2020年01月25日 02:32 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
>>188
そもそも戦略的なこと考えたらお互い絶対に遠征しないだろ。もしも戦ったら?って設定なんだから。
202.名無しさん:2020年01月25日 02:32 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
初期ドイツ軍、ポーランド侵攻の辺りだとドイツの主力ってⅠ号 Ⅱ号だしね……
チハやチイでもどうにかできるレベルだし、当時主力対戦車砲の37mm対戦車砲でも対応できるからなぁ
Ⅲ号は当時数が少なすぎてフランス戦車の二の舞になるだろうし
203.名無しさん:2020年01月25日 02:32 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※198
それだと結局は双方戦車なんか持ち込めず、持久戦に強い日本軍が大勝利だな。

下手すりゃチハを海上から輸送できる日本機甲部隊がドイツ歩兵を蹂躙するw
204.名無しさん:2020年01月25日 02:34 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※193
そのバルバロッサの頃のドイツ空軍でも日本軍とやればボロカスに負ける程度の航空機しかないがな。

205.名無しさん:2020年01月25日 02:35 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※198
中国の西域まで行ってそこで、あるいはイランに協力してもらってカスピ海あたりで
少しずれるとソ連ともイギリスとも戦争になるんで
206.名無しさん:2020年01月25日 02:36 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
>>199
ただ、エンジンの信頼性は大戦通して日本よりは、はるかに高かった。これが大きい。
当時の関係者の話でスペックは二の次で信頼性こそ一番大事だって聞くからね。
207.名無しさん:2020年01月25日 02:38 ID:kaFeV8lw0▼このコメントに返信
※206
撃墜されるより、着地に失敗して失う機体が多いBf-109とか? 信頼性? 何それ
208.名無しさん:2020年01月25日 02:39 ID:CSdESyxH0▼このコメントに返信
ドイツだったらオーストリア ルーマニア 併合して
トルコからユーラシア大陸の中央目指す感じかな 輸送は鉄道中心で
209.名無しさん:2020年01月25日 02:39 ID:AjMLQbCE0▼このコメントに返信
>>204
ノモンハンで壊滅してますよ日本陸軍航空隊
そのロシア空軍をボコボコしたのが
ドイツ空軍ですけど
210.名無しさん:2020年01月25日 02:40 ID:1Cpa4Xl50▼このコメントに返信
※206
すげー馬鹿を発見したぞw
ソ連機相手がせいぜいだったドイツ軍が、鈍足の地上攻撃機を支援しながら軽快な日本軍機に対抗できると思ってるガイジ


159.名無しさん:2020年01月25日 00:53 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
零戦がドイツの戦闘機に勝てるとおもってるニワカの多いことw
211.名無しさん:2020年01月25日 02:41 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
205
まあ、ドイツは途中カスピ海辺りまでいろいろな国を巻き込んで戦いながらどうぞ
212.名無しさん:2020年01月25日 02:41 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
>>207
ネタで言ってるの?本気なの?
213.名無しさん:2020年01月25日 02:41 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※209
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
214.名無しさん:2020年01月25日 02:45 ID:w0YyE0SO0▼このコメントに返信
※193
ヒトラーが執着した「電撃戦」と日本軍は相性が悪い
もし日本軍がフランスあたりにいれば通用するけど、ユーラシア中央部で激突だったら、もうドイツが可能な攻勢限界の向こう側、ドイツ軍の構成なんかデメリットしかない
米袋かついでおにぎり食いながら小銃撃って来る日本軍歩兵にも蹂躙される

215.名無しさん:2020年01月25日 02:46 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
大陸の方での航空戦だと、ドイツ空軍の相手は陸軍機でゼロ戦じゃないよ
ゼロ戦は、空母機動艦隊を含む海軍艦隊で直接欧州、大西洋でドイツに殴り込みかけるとき
216.名無しさん:2020年01月25日 02:47 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
>>210
なんだドイツが攻めてくる前提なの?
217.名無しさん:2020年01月25日 02:50 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
一式戦相手にBf109で立ち回るのは嫌だなぁ
火力こそ低いけど、それでも後期米重戦闘機とやりあって翻弄してた連中だし
低空格闘性能だとおそらくゼロ戦よりも圧倒的に上だし
218.名無しさん:2020年01月25日 02:51 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※208
それだと、トルコから先は英仏占領下の中東突破しないと・・・
欧州側からは英仏本国軍、アジア側からは英仏外地軍との戦いになる
219.名無しさん:2020年01月25日 02:52 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※215
一式戦(ハヤブサ)だよね
それこそゼロ戦よりさらに恐ろしい

「航空機の損失と、撃墜戦果」という観点からのみ見れば、陸軍戦闘機隊は、質量ともに勝る英米の戦闘機隊に対して昭和20年の2月まで、ほぼ互角の勝負をしていた。

— 梅本弘 『ビルマ航空戦』

一式戦は特筆に価する点として、大戦初期に限らずビルマ(ミャンマー)やその南東、中国の戦線では大戦後期・末期である1944年後半以降においても連合軍戦闘機との空戦において「互角ないしそれ以上の勝利」を重ね(#ビルマ航空戦・#中国航空戦)、また、スピットファイア・P-38・P-47・P-51(P-51はアリソンエンジン搭載A型のみならずマーリンエンジン搭載B/C・D型をも含む)といった新鋭戦闘機との対戦でも「互角の結果」を残していることが挙げられる(中でもビルマ航空戦ではこれらの全新鋭機を一式戦は初交戦にて一方的に確実撃墜している
220.名無しさん:2020年01月25日 02:55 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※217
それなんだよね

大戦初期ドイツ空軍の主目的が急降下爆撃による地上攻撃と戦闘機によるその支援だから、隼なんかに襲われたらひとたまりもない
221.名無しさん:2020年01月25日 02:56 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
>>219
隼は量産性能なども見越して優秀だったとは思うが、戦った相手が米機動部隊じゃないしな。
222.名無しさん:2020年01月25日 02:56 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
>>219
隼は量産性能なども見越して優秀だったとは思うが、戦った相手が米機動部隊じゃないしな。
223.名無しさん:2020年01月25日 03:01 ID:23BLTooS0▼このコメントに返信
1939年は、ご自慢の零戦も戦艦大和もないよ
陸軍は97式戦闘機 海軍は96式艦戦の時代
ちなFW190は1939年に初飛行してる

・99艦爆はハインケル社からの技術供与により完成
・飛燕 彗星の液冷エンジンはドイツの劣化コピー
・対重爆に効果があった飛燕のマ式はドイツのマウザー砲
・日本陸軍の主力の高射砲はクルップ社のコピー
・グラーフ・ツェッペリン ティーガー重戦車
Uボートを購入 譲渡 または譲渡要請
・魚雷艇の小型エンジン 基礎技術力が未熟で生産できず。
・潜水艦の防音技術 噴進法の技術供与
レーダー ロケット ジェット戦闘機の図面etc

史実は技術に関してはドイツに頼りっぱなしや
日本が渡せたのは赤城の設計図と酸素魚雷くらいなもんや
224.名無しさん:2020年01月25日 03:01 ID:UTXqyw.H0▼このコメントに返信
※222
※206
すげー馬鹿を発見したぞw
ソ連機相手がせいぜいだったドイツ軍が、鈍足の地上攻撃機を支援しながら軽快な日本軍機に対抗できると思ってる低能ガイジ馬鹿特亜猿


159.名無しさん:2020年01月25日 00:53 ID:Ddqys7KM0▼このコメントに返信
零戦がドイツの戦闘機に勝てるとおもってるニワカの多いことw
225.名無しさん:2020年01月25日 03:03 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
日本の陸軍はやろうと思えばカスピ海辺りまで進撃は可能だろうけど、ドイツはそこに至るまで、欧州出た途端多くの国がくっついてくるよ、敵としてねw
226.名無しさん:2020年01月25日 03:03 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
※220
バトルオブブリテンのような戦闘機vs戦闘機が発生するような状況ならまだしも
地上爆撃機護衛とかいう低空ドッグファイトを強制される状況で隼相手じゃあね
実際それでF6FやP51まで叩き落されてるわけだし、明らかに状況が悪すぎる

逆に日本が攻め側になった場合は爆撃機が鈍足の97重爆と99式軽爆、海軍だと99式棺桶だから、護衛機とっとと無視されて一撃離脱のbf109に食われそうでもあるがw
227.名無しさん:2020年01月25日 03:07 ID:CSdESyxH0▼このコメントに返信
結局 日本もドイツも中央で戦おうと思ったら対ソ戦しないといけないし それだと陸続きのドイツの方が有利な気がする
228.名無しさん:2020年01月25日 03:07 ID:23BLTooS0▼このコメントに返信
>>225
シナ兵みたいな三流にてこずってるようじゃなあ
229.名無しさん:2020年01月25日 03:09 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※227
モスクワ突破できなかったドイツ軍が、日本の裏庭みたいなユーラシア中央部まで来られるわけがなかろう
230.名無しさん:2020年01月25日 03:11 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※228
キルレシオ10倍以上やで
アメリカの支援なかったらシナ兵なんかが継戦できたのかね?w

日清戦争では豆腐に突っ込むように簡単に瓦解していったが
231.名無しさん:2020年01月25日 03:14 ID:ijPctuH20▼このコメントに返信
>>229
極東ソ連軍にも勝てない日本が?
232.名無しさん:2020年01月25日 03:18 ID:CSdESyxH0▼このコメントに返信
>>229
日本も中央に行くためにソビエトと戦うから史実より戦力が分散されるから 多分モスクワは落とせると思うだけど どうだろう
233.:2020年01月25日 03:18 ID:pxqH6Vr30▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
234.名無しさん:2020年01月25日 03:20 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※231
しっかりと満州国確立してたで

むしろ日本軍に震え上がって末期ギリギリまで怯えてたのが極東ロシア軍だろ
235.名無しさん:2020年01月25日 03:22 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※231
仮にソ連との戦闘が不可避な場合、ソ連は日独双方との戦闘状態になるんだが
モスクワ・欧州側に近いところから進行してソ連を相手にするドイツと、中国横断することでモスクワには緊急的な脅威を与えない極東ソ連軍とのいきなりの対ソ戦闘を回避可能な日本とで、どちらが有利になると思う?
当時のソ連領邦のカザフや、中央アジアの~スタン共和国あたりが日本とソ連との戦場になる
236.名無しさん:2020年01月25日 03:22 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※233
へえ、戦闘機まで持ってる日本軍と戦える武器を買えるなんてシナ兵は金持ちやったんやなw

日本兵が南京市民にラヂオを聞かせてあげたら「声が出る箱はお化けだー」と恐れて逃げられたほど文明度も経済力も劣ってたらしいが
237.名無しさん:2020年01月25日 03:25 ID:eYp63Sn10▼このコメントに返信
※232
時期(気候)にもよるけど、ドイツ軍のドクトリンが「電撃戦」な段階でソ連を攻め抜いて日本と交戦するまでいかないよ

ソ連はモスクワ放棄しても、さらに後方に工業拠点を持ってたし
238.名無しさん:2020年01月25日 03:29 ID:pxqH6Vr30▼このコメントに返信
日本陸軍て島嶼部みたいなところに引きこもって
戦陣訓と大和魂で精神武装というか、自分を追い込んで
火力差を減殺出来る地形の防御戦闘ならともかく
一流国家の陸軍相手にこちらが身を晒して攻撃側に立った戦いに勝てんのかね。植民地兵はともかくとして。
防御ならともかく 
ガダルカナルもサイパンもニューギニアもビルマもいざ攻勢に出たらみな蜂の巣になって跳ね返された。
砲兵火力も空対地支援も貧弱だし
戦車はオンボロ、ボルトアクションの三八担いだ軽歩兵じゃ勝てないよ。史実が物語ってるわ。

239.名無しさん:2020年01月25日 03:31 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
ドイツがユーラシア大陸中央部に出てくるには、当時の状況から、東欧整圧はもちろんのこと、ソ連といきなり、もしく回避して南方陸t伝いで進撃してくるには、トルコと英仏占領地の中東を突破してこないといけない
240.名無しさん:2020年01月25日 03:31 ID:CSdESyxH0▼このコメントに返信
ユーラシア大陸の中央ってノヴォシビルスクら辺?
241.名無しさん:2020年01月25日 03:34 ID:GkjbqH.b0▼このコメントに返信
>>234
ノモンハンで負けて
こりゃ勝てんと北進論が瓦解
太平洋に戦力がどんどん引き抜かれて
ソ連の対日参戦に怯えていたのは
前線将兵、上層部は呑気に和平の仲介を頼むという鈍感さよ
242.名無しさん:2020年01月25日 03:37 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※238
シャーマン戦車有する後期米軍やクルスク大戦車戦のころのドイツ軍のイメージに毒されすぎだろ

大戦初期のドイツ軍じゃ戦車はチハといい勝負、航空機は日本軍機に歯が立たない、そもそもユーラシア中央部とやらまで来て「電撃戦」なんか到底ムリだぞ、そもそもドイツ軍の編成装備はそんなふうにできてない

死んだ軍馬を食いながらヘロヘロになってきたドイツ歩兵vs裏庭みたいな場所で待ってた日本兵の戦いになる

243.名無しさん:2020年01月25日 03:37 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
ある程度、日本はソ連と英仏との直接的戦闘を回避しつつ、ユーラシア大陸の中央部付近まで中国内進撃していくことでやれるんだよ
ドイツを欧州を一歩出た途端そこから先は、ソ連か英仏占領地に進撃しないと中央辺りまで出てこれない
もうその時点で、先にソ連、英仏領に手出ししたほうが負け決定
それらの国が日本もしくはドイツ側について連合、共闘関係ができてしまう
244.名無しさん:2020年01月25日 03:42 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
結局中国内を戦場に戦ったほうがまだ余計な国と直接戦闘を招かずに済むんだよ
ドイツは海上輸送と空路使って中国内に兵力集めたほうがまだマシなの
245.名無しさん:2020年01月25日 03:43 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
まず前提としてやたら長距離遠征しなきゃ本土を守れないから、そういう組み立てになってた日本軍と陸続きの近所が主敵でそれゆえに「電撃戦」にこだわったドイツ軍じゃ相性が悪すぎる

そもそも、その「陸続き」のソ連攻めでもドイツ本国から遠すぎて、ドイツ軍の強みを生かせずに敗退したわけでな

さらに遠いユーラシア中央部まで行ける部隊がどれだけいるやら・・・w
246.名無しさん:2020年01月25日 03:45 ID:kaFeV8lw0▼このコメントに返信
※238
マレー戦で戦車まで揚陸しての上陸戦をしてのけてる日本軍はかなり強いよ
247.名無しさん:2020年01月25日 03:46 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
追記すると、ソ連攻めどころかドーバー海峡超えて戦ったBoBでも苦労するほど足の短い戦闘機しかなかったわけだ

開発段階でその程度の遠距離戦争すら想定してなかったのかよってほどw
248.名無しさん:2020年01月25日 03:51 ID:xIkC3qLc0▼このコメントに返信
>>242
ヘロヘロになって餓死寸前なのは日本兵の方だよ
大陸打通作戦さえ無理な強行軍で、
衰弱死や発狂する兵が続出でギリギリだったのに
戦場となった中国を横断するなんて玉砕作戦もいいとこだわ。

アメリカと比較するのが酷なだけで ドイツ陸軍は
SDKFZ251も軍用トラックも馬匹部隊も機械化率は
日本とは比較にならん。
兵器や軍需物資 民需用物資の生産力も
ドイツが遥かに上
249.名無しさん:2020年01月25日 03:51 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※186
ドイツ海軍の十八番である艦隊保全主義で温存しつつ、英国海軍を戦力をくぎ付けにしていたから(震え声)

まぁ、温存した戦力をハンニバル作戦とか言う、ドイツ難民救出作戦に軒並みに投入した結果、20万近くの人々を救うことができたけど。
逆に言えばWW2どころかユトランド沖海戦以降のドイツ海軍ってUボートを除けばこれぐらいしか活躍の場がなかったとも言えるが…。
250.名無しさん:2020年01月25日 03:53 ID:xIkC3qLc0▼このコメントに返信
>>243
中国で行き詰まるわ
251.名無しさん:2020年01月25日 03:53 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※248
で、ドイツ軍は出てこれるのかい?
252.名無しさん:2020年01月25日 03:55 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
陸上、大陸では双方ともに対峙する前にもうグダグダということでOK?
253.名無しさん:2020年01月25日 03:55 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※248
おまえみたいなアホには再掲で充分

シャーマン戦車有する後期米軍やクルスク大戦車戦のころのドイツ軍のイメージに毒されすぎだろ

大戦初期のドイツ軍じゃ戦車はチハといい勝負、航空機は日本軍機に歯が立たない、そもそもユーラシア中央部とやらまで来て「電撃戦」なんか到底ムリだぞ、そもそもドイツ軍の編成装備はそんなふうにできてない

死んだ軍馬を食いながらヘロヘロになってきたドイツ歩兵vs裏庭みたいな場所で待ってた日本兵の戦いになる
254.名無しさん:2020年01月25日 03:56 ID:xIkC3qLc0▼このコメントに返信
>>245
長距離遠征に特化したわりには
あちらこちらで兵站が切られて
餓死しまくりなんですけどねぇw
ニューギニア ビルマ ガダルカナル
フィリッピンと6割が餓死病死とかw
255.名無しさん:2020年01月25日 03:57 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※252
日本軍は足の長い戦闘機もあるし、そもそも「電撃戦」なんていう近所でしか通用しない軍事編成になってない

256.名無しさん:2020年01月25日 03:58 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※254
だから、それは超大国アメリカのすごさであって、大戦初期のドイツ軍とは無関係だが

なんで特亜猿って他国アゲに必死すぎてすぐアメリカにすりかえるのかねえ、気持ち悪い
257.名無しさん:2020年01月25日 03:59 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※254
ドイツ一カ国で、それと同じことがやれるのかい?
米英豪NZ連合軍が日本相手にやったのと同じことを、遠い太平洋上で?
258.名無しさん:2020年01月25日 04:01 ID:ziqQsK5A0▼このコメントに返信
結局元の国のある位置から戦おうとしたらどっちも中央までいけないじゃ
259.名無しさん:2020年01月25日 04:04 ID:QX15X5Vc0▼このコメントに返信
>>253
複葉機すら混ざっていたソ連空軍にノモンハンで負けたでしょうに。
そのソ連空軍をボコボコにしてモスクワ門前にまで迫ったのがドイツ
チハより遥かに優秀なT -34やKV1を撃破しながらね
260.名無しさん:2020年01月25日 04:05 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※259
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
261.名無しさん:2020年01月25日 04:06 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※254
ドイツ一カ国で、それと同じことがやれるのかい?
米英豪NZ連合軍が日本相手にやったのと同じことを、遠い太平洋上で?
262.名無しさん:2020年01月25日 04:06 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※257
というか日本軍は大陸方面の兵站はインパールのような特殊事例を除けば最後まで維持しているのに対してドイツ軍は陸続きでも維持できてないし…。

後、ドイツの工業力どうこうとかいうけど、それって周辺国がほぼ先進国なので占領すればするほどその地域の工場や人員をかき集めて利用できるからこそであるのに対して日本の場合は周りに工業地帯が日本だけ、なので日本はドイツひいては欧州諸国のように「占領地の工場や人員を利用できない」というのもある。

ようは日本の場合はドイツ(欧州諸国)に比べて経済・工業的立地が悪すぎる、というのもある。
263.名無しさん:2020年01月25日 04:06 ID:QX15X5Vc0▼このコメントに返信
>>255
ああ 日本の電撃戦は自転車ですもんねw
ダッサw
264.名無しさん:2020年01月25日 04:08 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※259
ちなみに複葉機のソードフィッシュにもボコられてたのがドイツ軍な。

すぐ近所のイギリスまで飛べる戦闘機もろくに持たず、チハでもあしらえるような戦車しかなかった

>T -34やKV1を

それができたのはシュートゥーカによる急降下爆撃のおかげであって、その空域で日本軍機に勝てるドイツ戦闘機はないw
265.名無しさん:2020年01月25日 04:08 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※259
で、対ソ戦の結果は?
ソ連を降伏させることができたの?
ちなみにポーランド侵攻やって陸続きの通り道作ってからソ連と戦争すると、英仏との戦争回避は無理よ?
266.名無しさん:2020年01月25日 04:09 ID:QX15X5Vc0▼このコメントに返信
>>256
その超大国に総力戦研究所が絶対勝てないって
警告されたのにね・・・
予想通りの展開を辿って負けたのって馬鹿みたい
267.名無しさん:2020年01月25日 04:11 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※266
それが日独戦の想定とどんな関係があるの?
268.名無しさん:2020年01月25日 04:11 ID:9ao8VQTn0▼このコメントに返信
※10
日本軍にも対戦車ロケット弾発射器「四式七糎噴進砲」があったよ
269.名無しさん:2020年01月25日 04:11 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※262
なんだかんだ言って日本は日清・日露と広大な戦線で戦うノウハウがあったからな

電撃戦とかいうジャブワンツーを覚えただけの不良の喧嘩みたいな戦法とは違う

いったん、その電撃戦が通用しない距離になるともうボロボロになるような装備しかない
270.名無しさん:2020年01月25日 04:12 ID:QX15X5Vc0▼このコメントに返信
>>260
その虚無の戦果をしつこく張り続けるのはなぜ?
271.名無しさん:2020年01月25日 04:13 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※266
その「予想通りの展開」でみずから奴隷にされていたのがおまエラ特亜猿でしょ

272.名無しさん:2020年01月25日 04:13 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※270
ノモンハンがーという馬鹿に現実を教えてあげるため
273.:2020年01月25日 04:16 ID:QX15X5Vc0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
274.名無しさん:2020年01月25日 04:17 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※273
で、君の先祖はマッチ一本でも作れたの?w
275.名無しさん:2020年01月25日 04:18 ID:QX15X5Vc0▼このコメントに返信
>>272
嘘ですよその戦果
276.名無しさん:2020年01月25日 04:19 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※273
日独開戦はいつから始めることにする?
時系列で理解してね
277.名無しさん:2020年01月25日 04:19 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※275
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。wiki
278.名無しさん:2020年01月25日 04:20 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※263
東南アジアの密林をどうやって戦車や自動車で通るのかそこから教えてほしいもんだが…。

というか真っ当なインフラがない東南アジアどころかインド洋の制海権を海戦からわずか数か月で制圧したのがどのあたりがダサいのですかね。
ぶっちゃけ空前善津語の快挙ですが。
279.名無しさん:2020年01月25日 04:21 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※275
まず、何年頃に開始で、ドイツはどうやってユーラシア中央部まで出てくるのかその道順と戦果予想を聞かせてくれ
280.名無しさん:2020年01月25日 04:23 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
マレー攻略軍シンゴラ、パタニ、コタバルの三地点に放胆な奇襲敵前上陸に成功してから、ジョホール・バハルに達するまで、約千百キロの行程を僅かに五十五日間で踏破進撃したが、一日二十キロという進撃速度は世界戦史に空前である。
 シナ事変で神速ぶりを謳われた漢口攻略戦も遠く及ばず、また電撃戦の本家といわれるドイツ軍の東部戦線における進撃速度も一日十九キロ強を越えていなかった。
 しかしマレー進軍は五十五日という長期に亙る連続戦で、主力の交戦回数だけでも実に九十二回、その間酷熱瘴癘(しょうれい)の地、ジャングルあり、湿地帯あり、また橋梁の爆破された無数の河川が進撃を妨害した。
 その上千百キロという行程はシンゴラ~ジョホール・バハル間のマレー縦貫鉄道によったものので、実際に進撃した道路は紆余曲折、一日の平均進撃速度は二十キロを逢かに突破していたのである。
281.名無しさん:2020年01月25日 04:23 ID:QX15X5Vc0▼このコメントに返信
>>269
関東軍の演習を見学したソ連の軍官から
強いて挙げるなら擲弾筒くらいで
日露戦争から何も進化してないって
酷評されたんだけどね
現実に1945年に満州ですり潰されてしまった
日本陸軍が日清日露の成功体験に酔い
格落ちの中国と泥沼の戦いをしているうちに
近代化から取り残されたのが日本陸軍だよ
282.名無しさん:2020年01月25日 04:24 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
敗走千里の英軍は、退却にあたって橋という橋を爆破した。
 わけてもシンガポール間近くなったマレー最後の州、ジョホールは、徹底した破壊ぶりであった。
 『敵は河だ』
 マレー進撃の架橋工兵部隊の勇士はこう叫んでいる。
 この敵と戦って、架橋工兵部隊は五十五日間に約二百五十の橋梁を修理している。
 まさに一日四個以上の橋梁架橋という決死の放れ業をやってのけたのだ。
 破壊箇所はわが架橋修理を妨害するため、敵の射撃しやすい地点が選ばれていた。
 その上、予め敵の砲兵陣地から射距離、方向が測定してあった。
 しかも修理部隊は作業中は銃を執って戦うことが許されない丸腰部隊であった。
 文字通り砲煙弾雨に身をさらす、決死作業であった。
 破壊には計画的に強カな爆薬が用いられていたので、橋脚ともにふっ飛んだものが多く、修理も容易に捗らす、しかも川幅は広いのは二百メートル、狭いのは十メートル、平均三十メートルという川が一番多かったが、濁流が滔々と流れ、鰐が生息しでいる川もあり、部隊の努苦は言語に絶するものがあった。
 計画的な爆破はしたが、流石に狼狽した敵は、うかつにも橋梁付近に修理材料の木材を置放しにして逃げていた。
 あまりにも進撃が早いのでそれと気付いた敵は、後には橋梁付近の材料を焼いたり、破壊するようになったので、材料収集の苦労は一通りではなかった。
283.名無しさん:2020年01月25日 04:24 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※268
そもそも、日本軍は戦車はともかく野砲に関してはきっちりとそろえているので野戦防御やらせれば重戦車部隊相手でも十二分に戦えますけどね。

硫黄島や沖縄線などちゃんとそれを証明しているし。
284.名無しさん:2020年01月25日 04:25 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
電撃戦で鳴るドイツ軍の工兵隊が今次大戦の西部戦線四十五日に示した架橋修理能力は、ー個中隊一日平均九メートルであった。
 これに反マレー戦線の日本工兵隊一個中隊が発揮した架橋修理速度は一日十メートルを突破したのである。
 そのうちでも真に驚異的架橋記録を建てた工兵部隊は、作業日数約二十四日間に、架橋五十六個所、全長千六百五十三メートル、延三百三十時間に及ぶわが横山工兵部隊であった。
285.名無しさん:2020年01月25日 04:26 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※281
でもおまエラはマッチ一本作れなかった特亜猿でしょ
※262
なんだかんだ言って日本は日清・日露と広大な戦線で戦うノウハウがあったからな

電撃戦とかいうジャブワンツーを覚えただけの不良の喧嘩みたいな戦法とは違う

いったん、その電撃戦が通用しない距離になるともうボロボロになるような装備しかない
286.名無しさん:2020年01月25日 04:28 ID:Vd1LUGW.0▼このコメントに返信
>>278
マレー半島は気候温暖でイギリスの統治により
作物は豊富 道路の舗装状態もよく
天国みたいな環境だよ。
恵まれた環境で戦えてよかったね
終始 泥将軍と冬将軍に悩まされたロシア戦線と違ってね。
その天国から外れたら ビルマ ニューギニア 
ガダルカナル フイリピン 南洋の島々と
たちまち餓死病死の嵐となる日本軍とかやだね
287.名無しさん:2020年01月25日 04:29 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※281
>現実に1945年に満州ですり潰されてしまった

そりゃ当時の関東軍は太平洋方面に主力部隊が散々引き抜かれまくった上にソ連軍の条約違反の奇襲攻撃食らいましたのでしょうがないかと…というか奇襲の効果キレたらソ連軍の進撃が止まったどころか一部で撃退されているし。

占守島に至っては武装解除していた部隊に殴り掛かったら返り討ちにあって海の藻屑寸前まで追い詰められているうんだが…。
288.名無しさん:2020年01月25日 04:31 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※286
でもおまエラはマッチ一本作れなかった特亜猿でしょ
超大国アメリカの力を都合よく利用すんな
おまエラは「たった3000人の日本兵」に易々と統治された低級民族

※262
なんだかんだ言って日本は日清・日露と広大な戦線で戦うノウハウがあったからな

電撃戦とかいうジャブワンツーを覚えただけの不良の喧嘩みたいな戦法とは違う

いったん、その電撃戦が通用しない距離になるともうボロボロになるような装備しかない
289.名無しさん:2020年01月25日 04:31 ID:Vd1LUGW.0▼このコメントに返信
>>283
ノモンハンで撃ち負けて
早々に引っ込めてますけどね 重砲隊

硫黄島 沖縄ってそれ島嶼戦の話でしょ
290.名無しさん:2020年01月25日 04:32 ID:OLTFXs3o0▼このコメントに返信
陸でも空でも勝ち目ないわ。冷静に見ろ。
海だけなら勝てるけど戦場がソ連じゃ無理。
291.名無しさん:2020年01月25日 04:32 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※286
戦争前にソ連の気候を考慮しなかったドイツ軍ぱねえw
292.名無しさん:2020年01月25日 04:32 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※289
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。wiki
293.名無しさん:2020年01月25日 04:33 ID:Vd1LUGW.0▼このコメントに返信
>>287
チハ部隊でソ連の軽歩兵に襲いかかって
大半が撃破されてしまった占守島の戦いですよね
294.名無しさん:2020年01月25日 04:36 ID:Vd1LUGW.0▼このコメントに返信
古臭い講談調の戦記のコピペとかw
295.名無しさん:2020年01月25日 04:38 ID:Vd1LUGW.0▼このコメントに返信
ノモンハン事件
日本軍
戦死 7,696
戦傷 8,647
生死不明1,021(うち捕虜566[10]-567[11]戦後に捕虜交換で生還したもの160
戦車 29輌
航空機 約160機 wiki
296.名無しさん:2020年01月25日 04:38 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※294
※286
でもおまエラはマッチ一本作れなかった特亜猿でしょ

おまエラは「たった3000人の日本兵」に易々と統治された低級民族
297.名無しさん:2020年01月25日 04:39 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※295
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。wiki
298.名無しさん:2020年01月25日 04:39 ID:Vd1LUGW.0▼このコメントに返信
ソ連軍
戦死 9,703
戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌
航空機 251機
モンゴル軍
戦死 280
戦傷 710
装甲車数十輌 wiki
299.名無しさん:2020年01月25日 04:40 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※290
それソ連戦やるドイツも同じだぞ
より欧州側に近いだけに、ソ連としては対独戦に大半の国力・兵力つぎ込む
東欧各国とかもどうするの?
独日戦争ではなく、欧州はドイツとの枢軸同盟結成してやるという前提にするのか?
300.名無しさん:2020年01月25日 04:42 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。wiki
301.名無しさん:2020年01月25日 04:42 ID:Vd1LUGW.0▼このコメントに返信
日本側損失 160機
ロシア側損失 251機
302.名無しさん:2020年01月25日 04:45 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※289
日本の場合はノモンハンで早々に引き上げているのは重砲隊どころか主戦力そのものですけどね。

で、曰くの日露戦争時代と大差がないらしい上に寡兵の(しかも新設して間もない)日本軍をがっぱになって攻撃しても結局攻めきれなかったソ連軍って一体何なん?となるけど。


ちなみにソ連軍のノモンハン事件の報告書で曰く「我々は(特に通信や情報伝達に関しては)ナポレオン時代と変わらん」と頭抱えているけど。なおその報告書は丁重に死蔵された模様。
303.名無しさん:2020年01月25日 04:52 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。wiki
304.名無しさん:2020年01月25日 04:55 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※293
そりゃ、だまし討ちで高地を占領し、そこに陣地を設置した…ところに戦車で攻撃すればチハどころか重戦車でもかなりの被害が出ますけど。
というかそのやり口を徹底したのが硫黄島や沖縄(沖縄戦だけで投入したシャーマン戦車の半分以上を損失)やらの戦いですが。

で、武装解除中でしかも欧米比べ圧倒的に劣る戦車部隊で日露戦争と同レベルの軍隊を奇襲したのにその陣地を奪還されて、海岸線まで追い詰められて海の藻屑になりかけた軍隊がいるらしい。
305.名無しさん:2020年01月25日 04:56 ID:KxyNLRyb0▼このコメントに返信
※295 298.

これを見れば確かに日本は善戦してるよ
けど日ソ両国の国力 生産力を考えたなら
この程度のキルレシオの差はなんともなぁ
日本側の戦車や火砲の被害が少ないのは
投入数自体ソ連に比べて圧倒的に少ない上に早期に撤退させたせいだしね
航空隊は日本は壊滅してしまったし


バルバロッサ作戦で独ソがこれくらいのキルレシオ
だったら、バルバロッサ作戦は一週間も持たずに破綻するんじゃないの?
150万以上の捕虜を得て、数千の航空機 火砲 戦車を撃破 鹵獲しながらモスクワまで進撃したドイツはやはり異次元の強さだよ
306.名無しさん:2020年01月25日 04:57 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
307.名無しさん:2020年01月25日 05:01 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※305
ホーム&冬将軍という圧倒的有利でありながら、ドイツ軍と膠着してた初期ソ連軍が弱すぎただけだろ

308.名無しさん:2020年01月25日 05:03 ID:V839MlWj0▼このコメントに返信
>>304
ならないと思いますね
対戦車銃でズポズポと穴を穿たれる
チハと重戦車を一緒にするなんて重戦車に失礼だよw

実戦経験もないB練度の軽歩兵相手に
精鋭戦車部隊が壊滅してしまった軍隊がいるそうな
309.名無しさん:2020年01月25日 05:05 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※305
独ソ戦は、そもそもドイツ軍単独では戦ってませんって
他の同盟国軍の方にもソ連は戦力割いて分散状態での戦闘だし
310.名無しさん:2020年01月25日 05:05 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
311.名無しさん:2020年01月25日 05:06 ID:V839MlWj0▼このコメントに返信
>>303
※301
312.名無しさん:2020年01月25日 05:08 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。wiki
313.名無しさん:2020年01月25日 05:08 ID:haPVfRgU0▼このコメントに返信
※219
梅本弘はこうやって「大戦末期でも互角以上の戦い」とかフワッとした言葉で誤魔化してるけど、こういう言葉に惑わされずに
この本の巻末の両軍の損失表の数字をみると相当過酷な戦いだったことがわかる。
特に下巻(43年12月以降)の一式戦、四式戦の戦績をみると、P51とF6FはもちろんスピットファイアやP47にも負け越してる。つまり戦闘機同士の戦いでは空戦では勝てていないのが実情。もっとわかりやすい例を出すととビルマ航空戦における疾風とP38の空戦の損失は、疾風が5でP38が3。最新鋭の戦闘機ですら前々世代の戦闘機に負け越しているのが現実だった。
二線級の空戦力にすら勝てなかったのだから米軍機動部隊を相手にしたらお察しだろうね。
314.名無しさん:2020年01月25日 05:08 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
大戦初期のドイツ軍戦車って700メートル進んだら3パーセント脱落するとかってレベル
輸送力も足りないから馬車やロバまで動員した

ドイツアゲ馬鹿特亜猿の脳内じゃクルスク級の大ドイツ軍が日本軍をギッタギタにする妄想してるんだろうけど、大戦初期ならフランス、ポーランド相手がいいとこ
315.名無しさん:2020年01月25日 05:09 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※215
一式戦(ハヤブサ)だよね
それこそゼロ戦よりさらに恐ろしい

「航空機の損失と、撃墜戦果」という観点からのみ見れば、陸軍戦闘機隊は、質量ともに勝る英米の戦闘機隊に対して昭和20年の2月まで、ほぼ互角の勝負をしていた。

— 梅本弘 『ビルマ航空戦』

一式戦は特筆に価する点として、大戦初期に限らずビルマ(ミャンマー)やその南東、中国の戦線では大戦後期・末期である1944年後半以降においても連合軍戦闘機との空戦において「互角ないしそれ以上の勝利」を重ね(#ビルマ航空戦・#中国航空戦)、また、スピットファイア・P-38・P-47・P-51(P-51はアリソンエンジン搭載A型のみならずマーリンエンジン搭載B/C・D型をも含む)といった新鋭戦闘機との対戦でも「互角の結果」を残していることが挙げられる(中でもビルマ航空戦ではこれらの全新鋭機を一式戦は初交戦にて一方的に確実撃墜している
316.名無しさん:2020年01月25日 05:10 ID:FMX7L.Sb0▼このコメントに返信
>>309
それでも初期配置は
ドイツ300万VS ソ連450万
317.名無しさん:2020年01月25日 05:12 ID:FMX7L.Sb0▼このコメントに返信
>>310
ノモンハンでは強戦車の部類だったけど
ろくに活躍できなかったチハ
318.名無しさん:2020年01月25日 05:12 ID:FMX7L.Sb0▼このコメントに返信
>>312
319.名無しさん:2020年01月25日 05:13 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※308

>対戦車銃でズポズポと穴を穿たれる
チハと重戦車を一緒にするなんて重戦車に失礼だよw

そうですね。重戦車そろえても嘉数でボロ負けしたアメリカあたりに失礼ですね。
ましてや軽戦車に突破されるって論外もいい所でしょう。

>精鋭戦車部隊が壊滅してしまった軍隊がいるそうな

沖縄戦の米軍におけることかな?
320.名無しさん:2020年01月25日 05:13 ID:FMX7L.Sb0▼このコメントに返信
>>303
うそ
321.名無しさん:2020年01月25日 05:15 ID:FMX7L.Sb0▼このコメントに返信
ノモンハン空中戦
日本側損失 160機
ロシア側損失 251機

これが現実なんだよな
日本の戦果の大半は前半戦
322.名無しさん:2020年01月25日 05:15 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※313
そもそもP-38が別格の名機だった定期
欧州戦線じゃ後半にはドイツ軍機はP-38が来ると逃げてただけ

>P-38部隊の戦闘日誌には来る日も来る日も「敵影を見ず」という記述が並ぶことになった。

>1943年9月2日にはナポリ北方で、72機のB-25を護衛していた74機のP-38Gが、迎撃してきた145機のドイツ軍、イタリア軍迎撃戦闘機と大空中戦を戦い、10機のP-38を失いながらも29機のメッサーシュミット Bf109、Fw190、MC.202などを撃墜し、B-25は全機無事に爆撃任務を遂行して帰還している[9]。
323.名無しさん:2020年01月25日 05:15 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※316
直接ドイツがソ連に進行やれる場所は東プロイセンのところだけよ
ほかは枢軸側の同盟国作って、食料、燃料、物資確保できてやれた戦闘だから

もし日本も同盟国作っていいなら、ソ連でも英仏米でも味方にする想定にするよ
324.名無しさん:2020年01月25日 05:16 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。wiki
325.名無しさん:2020年01月25日 05:16 ID:haPVfRgU0▼このコメントに返信
三四三空の通算キルレシオが1:2(1機落とす代わりに2機落とされる)らしいけど、ビルマ航空戦の64戦隊と50戦隊の米軍最新戦闘機であるF6Fに対するキルレシオも三四三空と同じ1:2なんだよね。そういう意味では健闘してるし、海軍の内地で運用した戦闘機と比べると互角以上の戦いをしたともいえる。
326.名無しさん:2020年01月25日 05:18 ID:FMX7L.Sb0▼このコメントに返信
>>319
日本からすれば中戦車のシャーマンが重戦車になるんだw
で?嘉数の戦いはどちらが勝ったの?
どちらが損害が大きかったの?
327.名無しさん:2020年01月25日 05:19 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
1945年1月7日、フィリピンの戦い (1944-1945年)にて第431戦闘飛行隊長マクガイア少佐を長機とするP-38L 4機編隊が、日本陸軍航空部隊の一式戦「隼」1機・四式戦「疾風」1機とネグロス島上空で交戦するも、撃墜なし(「隼」は被弾多数により不時着、「疾風」も帰還したものの全損)、マクガイア少佐機および僚機ジャック・リットメイア少佐機損失(戦死)という結果に終わった。

P-38は4機対2機と機数に勝り、長機・僚機で連携の取り易い優位にもかかわらずこの結果であった(日本陸軍側の一式戦は飛行第54戦隊機・四式戦は飛行第71戦隊機と別部隊であり、空戦前に両機は離別しており空戦自体はそれぞれが単機ごとにP-38編隊に挑んでいる。さらに、P-38 3機を相手に対進戦で撃ち合い1機を撃墜、自身は生還している四式戦操縦者の福田瑞則軍曹はこれが最初の空戦らしい空戦であった)[16]。
328.名無しさん:2020年01月25日 05:21 ID:haPVfRgU0▼このコメントに返信
※322
P38を例に出したけど、もちろんP51にもP47にもスピットにも負け越してるよ。
329.名無しさん:2020年01月25日 05:21 ID:FMX7L.Sb0▼このコメントに返信
>>322
ドイツが29機落とされて米軍10機の戦果ね
これがもし同時期の日米のスコアなら
日本が善戦したって言われるレベルじゃねw
330.名無しさん:2020年01月25日 05:22 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
ノモンハンは、ソ連はほぼ国力、戦力を全振りでいる状態で始まった
すでにノモンハンやる前から、独ソ提携、独ソ不可侵条約に向けての外交接触、交渉が徐々に本格化していたんで
331.名無しさん:2020年01月25日 05:24 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※328
そりゃ勝ち越してたら日本は戦勝国だろ

それは質量ともに圧倒してきた後期米軍の力であって、大戦初期ドイツ軍機は日本軍機に勝てるようなものではない。

低空捨てて高速離脱ばかりやっても航空優勢はとれないw
332.名無しさん:2020年01月25日 05:25 ID:FMX7L.Sb0▼このコメントに返信
>>327
1945年ねぇ・・・同時期の数少ない日本側の優勢な空戦を探し出して貼り付けるとか必死やんw
333.名無しさん:2020年01月25日 05:25 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※329
そもそもP-38が別格の名機だった定期
欧州戦線じゃ後半にはドイツ軍機はP-38が来ると逃げてただけ

>P-38部隊の戦闘日誌には来る日も来る日も「敵影を見ず」という記述が並ぶことになった。

>1943年9月2日にはナポリ北方で、72機のB-25を護衛していた74機のP-38Gが、迎撃してきた145機のドイツ軍、イタリア軍迎撃戦闘機と大空中戦を戦い、10機のP-38を失いながらも29機のメッサーシュミット Bf109、Fw190、MC.202などを撃墜し、B-25は全機無事に爆撃任務を遂行して帰還している[9]。
334.名無しさん:2020年01月25日 05:26 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※326
損害どうこうでいったらノモンハンでも占守島でも日本とソ連どっちが大きかったのでしょうね。話終わっちゃいますけど。

前者の日本軍は主力を早々に引き上げた寡兵で、後者は武装解除中の部隊相手に奇襲しかけたのに。
335.名無しさん:2020年01月25日 05:26 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※332
その頃のドイツ軍は字も読めないロシアの田舎者に蹂躙されてたんだけどなw
336.名無しさん:2020年01月25日 05:28 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
>>331
ノモンハンの体たらくじゃ
ドイツに勝てんわレベルが違う
337.名無しさん:2020年01月25日 05:30 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
>>335
バグラチオンが始まってもロシアは常にドイツを上回る犠牲を出していたけどね
日本は逆だけど
338.名無しさん:2020年01月25日 05:30 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。wiki
339.名無しさん:2020年01月25日 05:31 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※337
でも日本より先に負けた定期w
340.名無しさん:2020年01月25日 05:32 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
341.名無しさん:2020年01月25日 05:33 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※187
それだとドイツ軍ボロ負けさえある

大戦初期のドイツ軍戦車って700メートル進んだら3パーセント脱落するとかってレベル
輸送力も足りないから馬車やロバまで動員した

ドイツアゲ馬鹿特亜猿の脳内じゃクルスク級の大ドイツ軍が日本軍をギッタギタにする妄想してるんだろうけど、大戦初期ならフランス、ポーランド相手がいいとこ
342.名無しさん:2020年01月25日 05:34 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
>>334
冬戦争も独ソ戦もクリミア戦争も
歴史的にロシアは敵対国に比べて
かなりの損害を受けてきたからね

ところが日露戦争では日本側の死傷者の方が大きい
ノモンハンも言うほどの差でもない
占守島の戦果3000名は過大もいいとこだわ
343.名無しさん:2020年01月25日 05:35 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※337
戦死者でいえばその通りだけどこれが戦死勝者になるといい勝負になるし、さらに戦場におけるトラウマで後方送りを含めると日本軍のほうが優勢となるんだが。

ちなみに日本軍のほうが戦力的に圧倒に不利なのにも関わらず。
344.名無しさん:2020年01月25日 05:37 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※343
そういや欧州戦線で米兵PTSDってあまり聞かないよな

日本軍とやって後方送りになった兵士は多いけど
345.名無しさん:2020年01月25日 05:38 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
>>339
第二次大戦参戦期間

ドイツ
1939〜1945
日本
1941〜1945
346.名無しさん:2020年01月25日 05:39 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
>>343
日本はPTSDを恥だって隠蔽したからねぇ
そもそも米軍と戦ったとこは全滅状態だし
347.名無しさん:2020年01月25日 05:40 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※342
とうとう日露戦争まで出して特亜猿バレバレだな
1905年の話とWW2になんの関連がw

そもそも要塞攻略で攻める側の被害が多いのはWW1で実証された
348.名無しさん:2020年01月25日 05:41 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
※337
でも日本より先に負けた定期w
349.名無しさん:2020年01月25日 05:41 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※342
>ところが日露戦争では日本側の死傷者の方が大きい

奉天などの大規模会戦でいえばロシアと大差ないですよ。ただし日本軍のほうが少ないですけど

>ノモンハンも言うほどの差でもない

戦力差はでかいですけどね

>占守島の戦果3000名は過大もいいとこだわ

なお、同志書記長は 「占守島の戦いは、満洲、朝鮮における戦闘より、はるかに損害は甚大であった。八月十九日はソ連人民の悲しみの日である」と頭抱えておりますけどね。
350.名無しさん:2020年01月25日 05:41 ID:haPVfRgU0▼このコメントに返信
※331
後期米軍の物量・技術を抜きに考えてみると、
例えばスペックの数値上はゼロ戦はF4Fよりほとんどの数値で上回ってるが、実際の空戦では通算で負けている。個々の空戦を抽出すれば勝っているときもあるが、トータルではゼロ戦が損失で負けている空戦が多い。日本軍の空戦力を過大評価しすぎではないだろうか。
特に重要である機動部隊同士の空戦では、最初の戦いの珊瑚海海戦のみゼロ戦の損失数が少なく、以後全ての戦いでゼロ戦の損失数が多く空戦で負けている。さらに言うなら珊瑚海海戦はF4F3でこれにゼロ戦は勝ったといえるが、次戦以降のF4F4には機動部隊の戦いで全敗している。F6Fが登場するまでもなく、アクタン・ゼロで解析されるまでもなく負けている。後期米軍の物量・技術以前に、同レベル同士の戦闘でも米軍に勝てなかったのが日本の空戦力。
351.名無しさん:2020年01月25日 05:43 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
1945年6月にドイツが降伏
ドイツの軍人だが、捕虜になった者のうち、約100万人が復員を果たせず亡くなっている。
その大部分はソ連のせいだ。例えば、スターリングラードで捕虜になった9万人のうち、復員できたのは5,000人だけだ。ソ連に抑留されたドイツ兵の捕虜の一部は1979年まで解放されなかった。

英米だって誉められたものではない。英米両軍の捕虜になった旧ドイツ兵800万人中、数千人がライン川に沿って設けられた鳥かごのような捕虜収容所で、風雨に晒され、食糧も十分に与えられなかったために死んだ。

また、多くの捕虜がいくつかの連合国内で長期にわたって強制労働に従事させられた。 
次に非軍人だ。
1948年の西独政府樹立までの3年間に、老人、女性、そして子供を中心に約300万人のドイツ人が疾病・寒さ・飢え・自殺、そして虐殺によって命を落とした。
352.名無しさん:2020年01月25日 05:43 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※346
それ以前に玉砕しているからトラウマ抱えるほど残っていない…という笑えない現実がありまして。
353.名無しさん:2020年01月25日 05:44 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
1945年5月12日には、早くもチェコの指導者がドイツ人追放の意思を表明し、6月19日にはドイツ人追放令が発せられた。これを受け、ズデーデン地方のドイツ人約25万人がチェコ人によって虐殺され、残りはドイツ領内に追放された。
 同様のことが、ポーランドや、シレジア・ポメラニア・東プロイセンの旧ドイツ領でも起こった。
 こうして、約200万人のドイツ人が虐殺され、約1,000万人が命からがらソ連や英米仏のドイツ占領地区に逃げ延びた。

英米はこれらの蛮行を止めようとするどころか、ローズベルト時代からの米財務長官のモーゲンソー(Henry Morgenthau)は、復讐のために、ドイツを巨大な農場にすることを提唱し、ドイツ人を餓死させ、断種し、残りを爆撃で廃墟となったドイツの諸都市へ追放することを計画した。トルーマン大統領が中止させなければ、あわやこの計画が実施されるところだったのだ。
 それでも、ユダヤ人用の強制収容所跡は、ドイツ人の収容者で一杯にされた。
354.名無しさん:2020年01月25日 05:45 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
2018年8月、NHKでドキュメンタリー番組『隠されたトラウマ~精神障害兵士8000人の記録~』が放送された。日中戦争~太平洋戦争期に、精神障害を負った兵士が送られた国府台陸軍病院(千葉県市川市)に保管されていた8002人の病床日誌(カルテ)を分析し、日本兵の戦時トラウマを明らかにしたことで反響を呼んだ。

歴史学者・中村江里氏の著書『戦争とトラウマ 不可視化された日本兵の戦争神経症』(吉川弘文館)によれば、戦争と精神障害の問題は、第一次世界大戦の欧米諸国における「シェルショック」「戦争神経症」から広く知られるようになったという。その後、ベトナム戦争帰還兵の自殺やアルコール中毒などの増加が社会問題化したことで、「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」という診断名が誕生した。一方、日本で「PTSD」や「トラウマ」という言葉が流布し始めたのは、95年の阪神・淡路大震災と地下鉄サリン事件がきっかけだといわれている。

 日本で戦争神経症は長きにわたり“見えない問題”として扱われたわけだが、第1次大戦後の陸軍はシェルショックの存在を認識していた。しかし、特に満州事変以降、天皇の軍隊に心を病むような脆弱な兵士はいるはずがないという“皇軍”意識の高まりもあり、陸軍は「日本軍に精神障害兵士は一人もいない」としたのだ。一方で日中戦争が始まった直後の1937年秋、精神障害兵士の専門治療機関として国府台陸軍病院を開設し、秘密裏に戦争神経症の研究を続けた。

 国府台病院には37年12月~45年11月に1万人を超える兵士が入院し、その中には現在でいうPTSDに該当する患者もいた。だが、「当時はそのような考え方はなく、個人の弱さが原因になっていると考えられていた」と中村氏は番組内で発言。また、手足のけいれんを起こすヒステリーの症状も多く見られたが、「軍医たちは、ヒステリーのネガティブなイメージを避けるために、あえて『臓躁病』という言葉を使ったという。
355.名無しさん:2020年01月25日 05:46 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※345
第二次世界大戦と日独戦は別物で考えたほうが・・・
もし仮に、日本がドイツと戦争するのが、ドイツはもうすでに独ソ戦やり、アメリカの介入招いたときであり、1941年でそれでドイツと戦争するというのは、日本は連合国として参戦するということでもおかしくないから
356.名無しさん:2020年01月25日 05:47 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信

※328
そりゃ勝ち越してたら日本は戦勝国だろ

それは質量ともに圧倒してきた後期米軍の力であって、大戦初期ドイツ軍機は日本軍機に勝てるようなものではない。

低空捨てて高速離脱ばかりやっても航空優勢はとれないw
357.名無しさん:2020年01月25日 05:49 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※345
日本の場合は日中戦争が太平洋戦争の原因と考えれば1937年スタートとなりますがその日中戦争の原因が遡って満州事変とか言えばさらに後になるけど。
358.名無しさん:2020年01月25日 05:51 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
十五年戦争っていうぐらいだからね。

十五年戦争(じゅうごねんせんそう)とは、1931年の柳条湖事件勃発から1945年のポツダム宣言受諾(日本の降伏)までの足掛け15年 (実質13年11カ月)にわたる日本の対外戦争、満洲事変、日中戦争、太平洋戦争の全期間を一括する呼称のこと。
359.名無しさん:2020年01月25日 05:51 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
清水さんが分析した当時のカルテである「病床日誌」のうち、1372人が「戦争神経症」だった。カルテには、たとえばこんな記載がある。中国に派遣された30歳の男性。

“精神分裂病 昭和十九年二月八日病名決定

「同僚に悪口を云われる様な気がし 誰か跡をつけられて人に会ふのが恐ろしくなり……目や鼻のない坊主の姿が見へて来た」「女や男の泣声が聞こえたり、聖徳太子の声も聞こえる」“

「まさにPTSDの症状だと言えます。私たちが戦争神経症と判断したうち、1割以上がこの症状でした」
なぜ、彼らは「戦争神経症」に悩まされたのか。清水さんは、6つの類型があると指摘する。
・戦闘恐怖(戦闘行動での恐怖・不安によるもの)
・戦闘消耗(行軍など、戦闘での疲労によるもの)
・軍隊不適応(軍隊生活への不適応によるもの)
・私的制裁(軍隊生活での私的制裁によるもの)
・自責念(軍事行動に対する自責の念によるもの)
・加害による罪責(加害行為に対する罪責感によるもの)

そうして、さまざまなトラウマに悩まされている兵士たちの姿が、カルテからは浮かび上がる。
「12歳くらいの子どもを突き殺した。かわいそうだと思ったことがいまでも頭にこびりついている」「付近の住人を殺した。夢の中で殺した領民が恨めしそうに見てくる」
ただ、公的に残す資料であるカルテには、軍事機密としてそれらの言葉が載らない場合も多かった。日本軍が残虐行為をしたと、記録に残さないためだった。
「にもかかわらず、これほどの数が残されていた。ということは、それだけ多くの人たちがトラウマに悩まされていた証拠とも言えるのです」
360.名無しさん:2020年01月25日 05:53 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
ポーランド侵攻もしない、フランス侵攻もしないという前提で日独戦考えないと、ドイツ軍がユーラシア中央まで出てくるとかの騒ぎじゃないよ
もちろん日独伊三国同盟もなし
ルーマニアやハンガリー、ブルガリアを仲間にするには彼らのためにバルカン半島をなんとかして領土問題を解決してやる約束してやらないと
361.:2020年01月25日 05:54 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
362.名無しさん:2020年01月25日 05:57 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
1964年に施行された戦傷病者特別援護法に基づく共同通信のまとめによると、最多の1978年度には、1107人の元日本軍関係者が精神疾患の治療をしていた。

「戦後、家族が病院に入れた身内を引き取らないケースもありました。病気は治っていても、そのまま入院させられたのです」
「身体障害者は名誉の負傷となり、家族も堂々と胸を張りました。一方で、精神を病んだ兵士は家の恥となり、隠される存在となってしまった。そうして戦後も故郷などには帰れず、『未復員』のまま一生を終えた人がいたということになります」

精神疾患を治療するための入院先で死亡した元日本軍関係者は、計682人。厚労省の最新統計(2014年度末)では、13人が治療を続け、うち6人は入院したままだ。
清水さんは2002年から05年まで、かつては療養所だった福祉施設などを訪問。元軍人に面会した。
帰国後、復員することなく、入院したまま過ごす人たち。統合失調症と診断されたある男性は、
「戦争で恐ろしいことがあった。中国人を銃剣で刺した。みんなで」と話していた。男性は、故郷に帰りたいと言っていたという。
「戦時期から時間が凍結していると感じました」
363.:2020年01月25日 05:57 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
364.名無しさん:2020年01月25日 05:58 ID:lv8FRGx.0▼このコメントに返信
>>361
君のことだよ
365.名無しさん:2020年01月25日 05:58 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※360
それ以前にドイツはメフォ手形(四捨五入した説明でいえば超短期型国債)の清算ができないで財政破綻する…。
ちなみにこの手形から得た資金のほとんどは軍備増強につぎ込んでいるので身の丈で発行していたらドイツの再軍備にはますます時間がかかる…。

まぁ。そうすれば二度目の世界大戦はおきなんだでしょうけど
366.名無しさん:2020年01月25日 06:01 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※365
それ
メフォ返済と大戦王賠償金支払いの督促
米英仏がかろうじて容認してくれたのはオーストリアとズデーテン併合まで
367.:2020年01月25日 06:04 ID:lLj0GLZw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
368.名無しさん:2020年01月25日 06:07 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
ポーランドのシレジアの穀倉地帯、ハンガリー平原の穀倉地帯、ルーマニアのオイル
これが手に入らないとドイツはまともに戦えない
イタリア仲間にして戦争するとドイツは地中海とアフリカ戦線に引きずり込まれる
ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー仲間にするとバルカンの火薬庫に火がつく
369.名無しさん:2020年01月25日 06:12 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
すでにドイツが連合国との戦争状態になり、その上で日本とも戦争をするというのは日本が連合側で参戦するということだから
370.名無しさん:2020年01月25日 06:21 ID:g09og7I30▼このコメントに返信
※349 占守島の戦い Wikipediaより

日本側 死者256名、負傷者762名
ソ連側 死者516名、負傷もしくは行方不明1051名

やたら占守島の戦いをクローズアップしたがる人がいるが
まぁ随分とスケールの小さい戦じゃん
逆に言えば1945年の満州朝鮮て楽勝だったんやね




371.名無しさん:2020年01月25日 06:23 ID:VqiFLRwk0▼このコメントに返信
潜水艦の餌な日本海軍じゃドイツ海軍と相性悪いだろ。
372.名無しさん:2020年01月25日 06:29 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
※371
あまり航続力もった大型の遠洋航海型潜水艦はドイツは少ないよ
大西洋や地中海あたりで行動するにしても、本国ドイツの潜水艦基地から補給無しで活動できる範囲なんてタガがしれているし(フランスの港使えないし)、日本の勢力圏でしか日本に対する通商破壊は行えない
そして第一次世界大戦での地中海におけるドイツ潜水艦攻撃からの哨戒、護衛任務についていて経験はある
373.名無しさん:2020年01月25日 06:41 ID:O4bXdSMn0▼このコメントに返信
基本、近海での行動と通商破壊を主目的にして大量製造したドイツの潜水艦が太平洋・インド洋への航続距離能力も大してなく、あのへんに基地もなく、大西洋や地中海あたりでウロウロしていたところで日本にとっての脅威なんて皆無に等しい
374.名無しさん:2020年01月25日 06:42 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※370
いや、満州方面でも楽勝だったのは奇襲した当初だけでそのあとは後退戦や遅滞戦闘により攻勢が鈍った。再編成を終えた日本側の主力部隊が迎撃準備が整った前後にソ連側も終戦に同意した…ようはソ連側の勝ち逃げか優勢勝ちでしかないと。

>やたら占守島の戦いをクローズアップしたがる人がいるが
まぁ随分とスケールの小さい戦じゃん

確かに、規模と貴殿の認識力が小さいが占守島と樺太があっさりと陥落していれば次の標的は北海道…ということを考慮すれば意義はこの戦いのとても大きな戦いですけどね。

それを理解し、しかも失敗を悟ったから某同志書記長は新聞でわざわざ負け惜しみを述べているんだが。
375.名無しさん:2020年01月25日 07:05 ID:nuVlUm850▼このコメントに返信
まぁ休戦協定結んで勝敗つかずだな
376.名無しさん:2020年01月25日 07:05 ID:enuP8smO0▼このコメントに返信
※281
圧倒的なソ連の機甲軍団にへっぽこ関東軍が一瞬ですり潰されたとでもふんわりと思ってるのなら、それは間違い
昔からロシアはプロパガンダ(宣伝戦)がうまいよな
今はネット工作大国だし

377.名無しさん:2020年01月25日 07:12 ID:jNi1g7sQ0▼このコメントに返信
葛根廟事件
8月14日午前11時40分頃、避難民が葛根廟丘陵付近まで到達したところで、ソ連軍中型戦車とトラックに搭乗した歩兵部隊に遭遇。浅野参事官は白旗を掲げたが、機関銃で射殺された。
ソ連軍は丘の上から避難民に対し攻撃を開始
戦車が機関銃で攻撃を加えながら、避難民を轢き殺していった。戦車の後方からは、ひき殺された人々がキャタピラに巻き込まれ宙に舞いだしたという。
ソ連軍戦車は攻撃をある程度続けると、丘に引き返し、
何度も避難民めがけて突入しながら攻撃を繰り返した。
トラックから降りたソ連兵は生存者を見つけ次第次々と射殺、銃剣で止めを刺していった。2時間余りの間に非武装の女性、子供を主体とした1,000人以上が殺害され、生存者は百数十名にすぎないとされている。殺害を免れた者も戦車に轢かれたり、被弾して負傷したものや、家族が殺害されたものがほとんどであり、大勢が自決した。
犠牲者のうちの200名近くの児童は、興安街在満国民学校の児童であった。護衛・反撃に回るはずの肝心の関東軍部隊は既に南転済みであった。

生存者に対する襲撃も執拗を極めた。生存者は、中国人暴民によって、身ぐるみ全てを剥がされるなどした。また、暴民から逃れようとして川で溺死した者もいた。ある女性はソ連兵に子供を殺され、続いて襲ってきた暴民に衣服を全てはぎ取られた上に鎌で乳房を切り落とされている。
暴民たちは、生き残った母子を見つけると母親を棒で殴りつけ、子供を奪っていった。親を殺された子供達は、生き残った大人のもとに集まっていたが、暴民たちはその子供たちをも同様に奪っていった。当時は日本人の男児は300円、女児は500円で売買されるのが一般的であった。

開拓民が関東軍再編のための犠牲に。


378.名無しさん:2020年01月25日 07:23 ID:JCR3armM0▼このコメントに返信
日本軍。
379.名無しさん:2020年01月25日 07:51 ID:e3Wlhg7t0▼このコメントに返信
資源のある所をうまく統治して、テロの発生しない状態を作ってから、戦場に物がたどり着く。
こういう距離だろ。
戦力は関係ないな。
380.名無しさん:2020年01月25日 07:54 ID:38.Iup8s0▼このコメントに返信
※ 349
同志書記長じゃなくソ連政府機関紙イズベスチア
の社説だろそれ
381.名無しさん:2020年01月25日 08:06 ID:uYj50VqS0▼このコメントに返信
>>375
そのまま財政破綻と政府が倒れる
国民や外国に隠して作ったメフォの借金もバレて大騒ぎになる
382.名無しさん:2020年01月25日 08:12 ID:Y2qjFTQ60▼このコメントに返信

旧日本軍とドイツ海軍が戦った場合、
実際日本はドイツの潜水艦に打つ手なし。
よく第二次大戦のIFもので「枢軸軍が勝った世界」で
日本とドイツ軍が覇権をかけて争う展開になるけど

大体は、強力な戦車部隊を持つ陸軍国ドイツと
精強な連合艦隊を持つ海軍国日本、というような展開になるが、
実際は日本の対潜能力があまりに弱くて海でも苦戦
してしまうのではないか?

ドイツのUボートの後期はレーダーが発達し高い対潜能力を持つ米英に対抗するために、シュノーケル付きのエレクトロボートのような高性能な潜水艦を製造している。

駆逐艦三隻が護衛についていた信濃をあっさり沈められるような日本のお粗末な対潜能力では
対抗できない。
383.名無しさん:2020年01月25日 08:43 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>5
当時どころか、末期でも対潜能力は皆無だよ。「潜水艦など駆逐艦がいれば逃げていくもの」と根拠のない思考停止で、駆逐艦ですら、対水上艦用で、まともな対潜兵器もなかった。
384.名無しさん:2020年01月25日 08:50 ID:9ao8VQTn0▼このコメントに返信
ノモンハン事件は、近年ソ連側の資料が公開され、
日本軍が圧倒されていたというのは誤りだったことが明らかになりつつある。
日本軍2万5000に対し、ソ連軍は23万の大軍を投入したが、むしろソ連側の被害のほうが大きかったことが判明しているよ
385.名無しさん:2020年01月25日 08:56 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>13
逆の意味で歴史に残るだろう…
「史上初、潜水艦のみで、なす術もなく壊滅した艦隊」としてね。
もし勝ち目があるとしたら、機動部隊でドイツ各都市の空爆。航続距離では圧勝だから、それに賭けるしかないか…あと陸軍が航空戦力を想定した運用方法で内からドイツ本土に攻めいるか?だね…日本陸軍は機甲戦力を犠牲にしてまで空軍力に特化した陸軍だからね…チハは戦車というよりは歩兵戦闘車だから…
386.名無しさん:2020年01月25日 08:58 ID:ip3VgevQ0▼このコメントに返信
いつまで脳内戦争ごっこしてんだよ
387.名無しさん:2020年01月25日 09:00 ID:9kZ0o9hw0▼このコメントに返信
※382
日本の対潜能力の低さはそうなんだけど、Uボートの補給どうするんかとか太平洋での運用想定してないけど大丈夫かとかドイツにも不安があるからなあ。そもそも別格のアメリカと艦隊決戦しようとしてたせいでそっちの方向に力を入れて対潜がおろそかになってたんやろうけど、ドイツ海軍が相手前提の軍備だと多少どころじゃなく変わるだろうし。
388.名無しさん:2020年01月25日 09:08 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>385
日本単独での作戦はムリだろう。英国と連携すれば海軍は英国本土から陸攻を飛ばせる。陸軍もソ連と連携して内部から進攻できるかも?航空戦力を本来の運用方法を以てね。

ソ連と組んだら、終わったあとの見返り要求が恐ろしいが…史実通りに、北方領土、樺太、満州をクレクレされるだろうね…
389.名無しさん:2020年01月25日 09:14 ID:O68oUEwS0▼このコメントに返信
※384
ソ連側が敵国より大損害出すのは珍しくない
ちなみに冬戦争

フィンランド側 歩兵 25万 戦車 30 航空機 130
ソビエト側 歩兵 100万 戦車 6,540 航空機 3,800
損害
フィンランド側 戦死 2万4千 戦傷 4万3千 捕虜 1千 航空機 62
ソビエト側 戦死・行方不明 12万6千人 戦傷 26万4千 捕虜 5千 航空機 1,000以上 戦車 2,268

390.名無しさん:2020年01月25日 09:15 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>10
一応、日本も戦前から遠心式のジェットは開発してた。

いかにドイツでも初期のジェットエンジンの寿命が20時間程度。B29のエンジンが故障したら使い捨て(実際はオーバーホールのための後送)できるアメリカならともかく、貧乏国のドイツだからねえ…
391.名無しさん:2020年01月25日 09:19 ID:uYj50VqS0▼このコメントに返信
四カ国条約がまだどこまで効力あるかなあ
まずからドイツが周辺国への大きな軍事行動起こしたら第一次世界大戦の戦勝国は見て見ぬ振りはできなくなるだろうし
392.名無しさん:2020年01月25日 09:20 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>24
日本陸軍も戦闘機の防弾の必要性は学んだ。隼は初期型から防弾装備つき。(日本の研究者からは最近まで否定されてた。認めても米軍には無力だったとサゲ)
393.名無しさん:2020年01月25日 09:27 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>34
広島型はドイツ製って都市伝説もあったからね。でも完成してても1945年頃では?都市伝説上ではアメがこっそり現物とデータを押収→ドイツ側で実験済みなのでいきなり広島で使用…ってことらしい。
394.名無しさん:2020年01月25日 09:30 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>28
まあ、陸攻はあったから、日英連合爆撃隊でも編成してドイツ本土爆撃はやってただろうね…
被害は甚大だろうけど…
395.名無しさん:2020年01月25日 09:37 ID:uYj50VqS0▼このコメントに返信
>>393
占領下のストラスブール原子力研究所と占領したノルウェーの重水製造技術と製造工場
ドイツ技術だけでは駄目だったんだよ
396.名無しさん:2020年01月25日 09:38 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>38
日本本土まで来なくても、例えば聯合艦隊上空で、とかなら壊滅させられる。グライダー曳航かミステル、潜水艦くらいしか運搬方法ないだろうけど…
これでは事実上、特攻になるから、髭さんが許さんだろう…以外にも特攻に否定的だったからね…
397.名無しさん:2020年01月25日 09:43 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>108
エースクラスの集中は将官の政治力なんだなぁ…後の源田実もそうやん?
神様の損害は運用、仕様の欠陥。
一番防御力が必要な攻撃機、爆撃機に防弾がないんだからね。
398.名無しさん:2020年01月25日 09:46 ID:BBWFIMGa0▼このコメントに返信
日本も通商破壊作戦をやってたし単純に物量でアメリカに負けただけなんだが
何故か通商破壊戦を軽視をしていたって風潮あるよね
399.名無しさん:2020年01月25日 09:50 ID:uYj50VqS0▼このコメントに返信
第一次世界大戦後またドイツが?ということもあり、単純に日本とドイツだけの戦争にはならないかと
そして日本にはドイツに対して宣戦布告するだけの理由らしい理由がない
ドイツ側には南洋諸島と青島奪還の大義名分がある
そうなると主戦場は太平洋、日本海
400.名無しさん:2020年01月25日 09:58 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>51
1939年で一式戦闘機はまだ試作段階だよ…だから主力は九七式。
低空で旋回戦に持ち込めば勝ち目はあるけどね…
401.名無しさん:2020年01月25日 10:04 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>65
時系列を無視すれば、二式複戦か向いてるね…あれのタンクバスターを見てみたい…
402.名無しさん:2020年01月25日 10:06 ID:BX7ZJUNA0▼このコメントに返信
陸か海かで真逆の結果になる。
403.名無しさん:2020年01月25日 10:07 ID:HKModMTh0▼このコメントに返信
海軍の出番が無ければ、陸軍国家のドイツにかなうわけないな。
404.名無しさん:2020年01月25日 10:10 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>73
いやいや…1939年時点で零戦も隼も、まだ試作段階だろ?
なんか、日本の戦闘機は零戦と隼しかないと思ってないか?
零式、一式の意味知ってる?
405.名無しさん:2020年01月25日 10:16 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>85
日本海軍の対潜能力は1939年時点では皆無やん?w
末期ですら、天敵であるはずの駆逐艦が潜水艦の餌食なんだぜ?ドイツの群狼戦法やられたら、壊滅するのは日本艦隊だよ…
「旭日の艦隊」と混同してない?
406.名無しさん:2020年01月25日 10:17 ID:wEZXNLq30▼このコメントに返信
>>4
同意
なんで坂井三郎みたいなホラ吹きが日本No.1されてんのやろな
407.名無しさん:2020年01月25日 10:25 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>88
レオ2(冷戦期設計の骨董品)

これは正しくもあり、間違い。アップデートして、今でも現行だよ。採用以来、財務省の圧力で一切の改良を認められない、どこかの島国の防衛組織とは違うよ…

でも買い戻すって、もう生産してないのかな?生産が間に合わない?
408.名無しさん:2020年01月25日 10:28 ID:UZ0oUNgr0▼このコメントに返信
>>403
陸の場合、互いに戦うだけなのに無用に余計な敵まで作りまくってそれだけで戦力消耗することになるが

>>405
海戦もユーラシア大陸の中間地点海域まで互いにでていってやるってどうよ
インド洋あたりかな
反対側の太平洋上のどかでもいいし
それ用の潜水艦をドイツはいっぱい作らいないといけないね
409.名無しさん:2020年01月25日 10:36 ID:X4Aqw.ti0▼このコメントに返信
>>42
いつもビルマ戦線が無かった事にされてるの本当に草
410.名無しさん:2020年01月25日 10:38 ID:vCP2DO0z0▼このコメントに返信
※407

74式から90式そして10式と、我が国の戦車開発はむしろうまく行ってる方だよ
74式を改良してもタカが知れてるし
411.名無しさん:2020年01月25日 10:42 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>105
大型艦だけでも、戦艦金剛、空母大鳳、信濃…アメリカの潜水艦でやられてる。これがドイツに置き換わっても結果は同じでは?
412.名無しさん:2020年01月25日 10:46 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>411
しかもアメリカ潜水艦、魚雷は評判はよくなかった。それでも、この戦果だからねえ…
艦は当時としては静か、魚雷は高性能なドイツ潜水艦ならどうなっていたか…
413.名無しさん:2020年01月25日 10:53 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>128
堀越設計機は、戦闘機というよりはレーサー機だからね。雷電なんか、特に顕著。零戦の初期の完成予想図も涙滴風防でなく雷電のような感じだった。

零戦の当てにくさは機体構造から来るもの。後の雷電、紫電改にはない不具合。
414.名無しさん:2020年01月25日 10:54 ID:UZ0oUNgr0▼このコメントに返信
>>412
日本の艦隊発見する前にガス欠にならないようにねw
ドイツのは小さい潜水艦ばかりだから
415.名無しさん:2020年01月25日 10:57 ID:B2THmPtQ0▼このコメントに返信
何故か日本が防衛戦って当たり前のように考えてる人が多いけど、日本が侵攻戦の場合はどうなるわけ??ドイツの防衛網を打ち砕けるの??
防衛側が強いのは当然でしょ。子供でも分かる。
416.名無しさん:2020年01月25日 10:59 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>133
そんな暇あるのなら潜水艦の基地を狙って一網打尽にすると思うのですがね

ないない。
日本海軍は艦隊決戦一本だから、敵基地を攻撃の発想の欠片もなく「軍人たるもの正々堂々と戦うものだ!」と歪んだ武士道に毒されていた。
だから真珠湾攻撃も中途半端に終わった。

417.名無しさん:2020年01月25日 11:05 ID:UZ0oUNgr0▼このコメントに返信
潜水艦にしろそいつ艦隊にしろ、フランス侵略してイギリスと戦争していないと、ブレスト港とか地中海の港使えなよ?
殆どのドイツのドックや基地のあるところは海にかろうじて面した北ドイツの方で、水深10m程度のエルベ川を百キロさかのぼったハンブルクとか、デンマーク海峡を通るか、ノルト・オスト運河を通ることになるキールやバルト海の港湾都市くらいしかないから
浅くて狭い川や運河を通って北海、大西洋に出ないといけないし、出入り口がもう最初から決まっているから
418.名無しさん:2020年01月25日 11:06 ID:9kZ0o9hw0▼このコメントに返信
※411
日本側のフォローをするなら上記大型艦の沈没は大戦後期から末期の制海権とられてる状況下。戦史に残るレベルの事故の大鳳はともかく、他はまともな対潜できる状況じゃないから対潜能力の有無はあんま関係ない気が。米潜水艦の数の絶対数が違うとはいえ、初期から中期にかけては大した被害は出てないし。
419.名無しさん:2020年01月25日 11:27 ID:UZ0oUNgr0▼このコメントに返信
ドイツは、ベネルクスもフランスも地中海あたりの国も侵略して占領し、連合軍と戦闘状態も覚悟でやっていないと、戦域が限られてくる
特に海上、空域で
それは仮に海軍艦艇を欧州に派遣する場合の日本にも言えるが

艦隊援護の空軍機は足の短いものばかりだし、ベネルクスやフランス、デンマークの領空侵犯しないようにするとなると本当に海空とも行動範囲が限られる
潜水艦も長距離運用前提じゃないし
420.名無しさん:2020年01月25日 11:27 ID:vCP2DO0z0▼このコメントに返信
※416>日本海軍は艦隊決戦一本だから、敵基地を攻撃の発想の欠片もなく

ラバウルの戦い

>だから真珠湾攻撃も中途半端に終わった。

「敵基地を攻撃の発想の欠片も無い」のなら、そもそも真珠湾攻撃なんてしない
421.名無しさん:2020年01月25日 11:35 ID:UZ0oUNgr0▼このコメントに返信
だからドイツ軍事行動を起こすとなるとまずは周辺国を、みたいになって連鎖反応的に多くの国を巻き込んで敵にしていく羽目になる
422.名無しさん:2020年01月25日 11:59 ID:BBWFIMGa0▼このコメントに返信
※416
艦隊決戦主義なんて戦前に終わってるよ?
ちっぽけな知識で人にマウントを取る前に、漸減作戦でググったらどうかな
それから日本は戦略爆撃を普通に行なってるし
負けたのは質、量、運用、全ての面でアメリカに劣っていたからに他ならない
日本は前時代的な思想に固執して負けたわけじゃない
それこそ戦後の人間が負けた慰めとして作りだした幻想だ
423.名無しさん:2020年01月25日 12:00 ID:eKiv9dWc0▼このコメントに返信
>>418
海軍戦力なんか狙わないぞ、U-boatの狙いは通商破壊
商船の護衛の観念もなく、護衛艦も護衛空母もなく
商船の建造力も英国より圧倒的に少ない日本の末路は
明らか、継戦能力を失って終わり。
424.名無しさん:2020年01月25日 12:32 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
※423
そんな状態でも英国相手に制海権確保できず、しかも資源事情が日本以上にシビアなドイツに言われても
海上封鎖で継戦能力の説得力云々は皆無だと思う
ドイツの資源事情って日本以上にひどいし

ぶっちゃけ、米国相手と違ってまともな海上兵力ないと艦隊決戦とかいう概念も生まれんし、
初期から魚雷が優秀なら日本対潜能力や船団護衛の戦術も発展するのは、同じ艦隊決戦思考の英軍見りゃ分かるし
425.名無しさん:2020年01月25日 12:43 ID:y65ujQXY0▼このコメントに返信
ユーラシアの真ん中で、両軍がワープしてきてドンパチやる設定だろ
なんで、進軍経路とかかんとアホみない事、マジになってほざいていんだよ
426.名無しさん:2020年01月25日 12:48 ID:sOTMRLwK0▼このコメントに返信
※382
戦闘による艦の修復が完全じゃなくてソナーが壊れてたからな。
航路で信濃の艦長と護衛側の駆逐艦の艦長と揉めて結局は信濃の艦長の言い分を通した。
一度は潜水艦を発見して増速して逃げたけど、ジグザグの回避運動をきちんとしてたけど、それが裏目に出て潜水艦に先読みされて待ち伏せされた。
427.名無しさん:2020年01月25日 12:54 ID:eWZy3LP60▼このコメントに返信
後期Uボートはゴム不足で騒音も酷いしなぁ
まぁ、後期は両方とも陸海空すべてがズタボロすぎてどうしようもない感
信濃や雲龍、大鳳、金剛の例だって見れば見るほど単純な対潜能力以前の問題だし
428.名無しさん:2020年01月25日 13:48 ID:3jHAFCey0▼このコメントに返信
ティーガー自体勘違いされてるけど足回りが最悪で故障も多く、戦場に辿り着くまでが大変な戦車・・・結局日の目を浴びたのは撤退線た防衛線やし。
429.名無しさん:2020年01月25日 13:49 ID:dsQpUb1M0▼このコメントに返信
※411
戦艦や空母が潜水艦にやられた状況ってよほど条件が重ならないと無理だぞ
日米英ってどれも経験済みだけどどれもそれなりに条件整っている
430.名無しさん:2020年01月25日 13:59 ID:dsQpUb1M0▼このコメントに返信
でも総力戦やれば国力的にドイツが勝つってのは変わらんだろ
一方的に勝つなんてことはあり得ないって言いきれる程度の差はあるけど
431.名無しさん:2020年01月25日 14:16 ID:mD5F4e7y0▼このコメントに返信
こんな話題が出るほど日独というのはただ仲間はずれにされて孤立したもの同士がしょうがなく組んだだけの愛のない同盟だったんだね。
432.名無しさん:2020年01月25日 14:29 ID:iwmyHxiy0▼このコメントに返信
※35
ドイツより優れた日本の将校を、300人ぐらい挙げてみて?
433.名無しさん:2020年01月25日 14:31 ID:iwmyHxiy0▼このコメントに返信
※42
緒戦だけな。その後はフルボッコされとる
434.名無しさん:2020年01月25日 14:34 ID:iwmyHxiy0▼このコメントに返信
※46
身内で足の引っ張り合いする無能民族が、何を言ってるんですかねぇ~
435.名無しさん:2020年01月25日 14:38 ID:iwmyHxiy0▼このコメントに返信
※49
なお資源
436.名無しさん:2020年01月25日 14:45 ID:iwmyHxiy0▼このコメントに返信
※105
それは暗号の解読と、レーダーが優秀だったから。日本はどうでしたか?
437.名無しさん:2020年01月25日 14:48 ID:sOTMRLwK0▼このコメントに返信
※416
ガダルカナル島での戦闘のきっかけは日本軍が航空基地を作ったからだからな。
438.名無しさん:2020年01月25日 14:58 ID:iwmyHxiy0▼このコメントに返信
※291
しとるに決まってんだろバ~カ。アホのドゥーチェを救援したり
諸々のせいで、当初の予定より遅れただけや
439.436:2020年01月25日 15:14 ID:iwmyHxiy0▼このコメントに返信
※436
あと”リー・ライト”の存在を忘れとった、という自己レス
こんなん論じるまでもなく、大陸ならドイツ一択
440.名無しさん:2020年01月25日 15:42 ID:4jz.5IkN0▼このコメントに返信
日本海軍のUボート戦略に対する相性が悪すぎるな・・・
駆逐艦が沈めた潜水艦の数よりも敵潜水艦に沈められた駆逐艦のほうが多い海軍では対抗できん
441.名無しさん:2020年01月25日 15:50 ID:mD5F4e7y0▼このコメントに返信
潜水艦だけで制海権とれると思ってるならおめでたいね。
442.名無しさん:2020年01月25日 16:58 ID:4jz.5IkN0▼このコメントに返信
※441
通商破壊を止められなかったらそもそも艦隊動かす石油が尽きるんだぞ
443.名無しさん:2020年01月25日 17:18 ID:v6W2.ZFB0▼このコメントに返信
日本の陸の装備が貧弱だったのは、
海軍艦艇に金と鉄と油を消費しまくったというのも影響してるだろう。

仮に太平洋でアメリカとではなく、ユーラシアでドイツと決戦になってたら、
鉄と油が陸上兵器にもそこそこ注がれて
兵器の開発体系もだいぶ変わったんだろうなぁと夢想する。
444.名無しさん:2020年01月25日 17:28 ID:200bh57z0▼このコメントに返信
ヒトラーがトップダウンで戦争指導できる国とお飾りの天皇以下小田原評定そのものの国

結果は見えてるじゃん
445.名無しさん:2020年01月25日 17:31 ID:O226fzv60▼このコメントに返信
総合国力で見た場合
ドイツと日本帝国の差は
現在の日本🇯🇵と韓国🇰🇷ぐらいの経済格差かねぇ?
もっと離れているかな?

色々な源泉技術を持っていて国力経済力も一段上の
ドイツ(現代日本🇯🇵)と、既存技術が中心であるが
海軍戦力(巨大グローバル企業サムスン🇰🇷)
の様な特定分野でドイツ(日本🇯🇵)を上回るものを保持していてそう簡単には勝てない日本(韓国🇰🇷)みたいな。
446.名無しさん:2020年01月25日 17:35 ID:9ao8VQTn0▼このコメントに返信
※440
第一次大戦でドイツのUボートを破って勝利に貢献したのが日本海軍の第二特務艦隊なんだが
447.名無しさん:2020年01月25日 17:45 ID:4jz.5IkN0▼このコメントに返信
※446
そこで対潜技術止まってしまっとったのがあかん・・・
448.名無しさん:2020年01月25日 18:09 ID:dEIT4q9q0▼このコメントに返信
※431
自衛隊が戦国時代にタイムスリップして戦うことを
(つまり、ご先祖様を近代兵器で虐サツすることを)
エンターティメントとして考えるくらいだからな。
日独戦妄想なんか平気よ。

他国にも現代軍が過去にタイムスリップするものはいくつかあるけど、敵とするのは過去の同胞と対立する異民族や国家だったりするわけで・・・。
そう考えると最近やたらナショナリズムが高まってるとか言うけど、日本人は以外と同胞愛が薄いのかも・・・。
449.名無しさん:2020年01月25日 18:19 ID:haPVfRgU0▼このコメントに返信
日本の対潜技術の未熟さは軽巡、駆逐、海防艦の戦果比較で、潜水艦を沈没させた星の数が1が最大ということからもわかる。つまり潜水艦を2隻撃沈した艦が一隻もない。潜水艦の撃沈数自体が他国に比べて圧倒的に少ないのだが、その内訳の半分近くが単艦撃破である。これはどういうことかというと、対潜技術というのは通常潜水艦を複数で囲んで撃沈するというものだが、その比率が少なく単艦撃破が多いというのは、運よく単艦の爆雷で撃沈できた数が多く、戦術で撃沈した割合が他国より少ないことを表している。

また海防艦は呉で対潜訓練をするのだが、Uボートと日本の潜水艦相手に仮想実戦をしたときに、日本の潜水艦の爆音ぶりにこれでは訓練にならないとUボート(呂500)ばかりが訓練相手に重用された。日本は潜水艦自体も圧潰深度や静音性でドイツには到底及ばず、日本が勝っていたのは大きさのみだろう。
450.名無しさん:2020年01月25日 18:37 ID:WUaZnJ9t0▼このコメントに返信
>>385
アメリカのB -17やイギリスのランカスターといった重爆が数千機単位で撃墜されんだけどな
ドイツの防空陣により

ドイツ空軍と88ミリ高射砲の群れに
数的制圧もままならない程度の
日本の航空隊が突っ込んいっても
返り討ちにあうだけ

451.名無しさん:2020年01月25日 18:39 ID:WUaZnJ9t0▼このコメントに返信
>>22
実用化には程遠かった
452.名無しさん:2020年01月25日 18:41 ID:WUaZnJ9t0▼このコメントに返信
>>394
アメリカだからやれた
日本の国力だと損失に生産が追い付かないから無理ゲー
453.名無しさん:2020年01月25日 18:49 ID:3ITHfsZ.0▼このコメントに返信
>>408
本スレが陸戦だって言ってんのに・・・

どうしても優越してる海上戦力を持ち出して
マウント取りたいんだね。
454.名無しさん:2020年01月25日 18:51 ID:3ITHfsZ.0▼このコメントに返信
>>93
機動部隊は逆に大鳳や翔鶴が沈められてるがな
455.名無しさん:2020年01月25日 18:53 ID:3ITHfsZ.0▼このコメントに返信
>>414
ドイツ艦は太平洋では向いてない
しかし日本艦は大西洋では対潜能力が
酷くて危なくて運用できないな
456.名無しさん:2020年01月25日 18:55 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※99
それ、パンサーやタイガー戦車からの強さじゃね?

初期じゃフランス程度には無双できても日本陸軍には太刀打ちできないだろ。
457.名無しさん:2020年01月25日 19:02 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※445
実質世界二位の経済力&国力の日本と、自国通貨が国際取引で使えない韓国では比較にもならんだろ。

技術といっても「韓国の技術」なんてない。
日本製素材と部品が止まったら生産ラインが止まるようなレベルやん。
完全国産だったら1950年代レベルの製品作れるかも怪しいぞ。

458.名無しさん:2020年01月25日 19:05 ID:Hng3C05.0▼このコメントに返信
>>226
その隼って数的にドイツ空軍に対抗できるほどの数の規模があるの?ないだろ。
ノモンハンでもビルマでも日本の対地爆撃が不活発だったのは制空権が獲得できずにいつも空戦に巻き込まれていたからだよ

ヘルキャットやマスタングをたまたまピンポイントで撃墜に成功した僅かな例を持ち出されてもねぇ
普通に戦えば負けるからこそ撃墜した例が
ここまで持ち上げられてる訳でもある。
459.名無しさん:2020年01月25日 19:10 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
大戦初期ドイツ空軍の主目的が急降下爆撃による地上攻撃と戦闘機によるその支援だから、隼なんかに襲われたらひとたまりもない

低空域で日本軍機に対抗できるドイツ戦闘機なんかない

460.名無しさん:2020年01月25日 19:12 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
461.名無しさん:2020年01月25日 19:12 ID:Hng3C05.0▼このコメントに返信
>>245
日本陸軍は二本の足で歩いていく軽歩兵主体
海軍は防守艦隊

質と物量に優れたアメリカや世界中に植民地を持っていた米英が遠征軍であり攻勢艦隊なんだよ
アホがこいつ
462.名無しさん:2020年01月25日 19:14 ID:JnyWbdxO0▼このコメントに返信
イギリスの位置が日本だったら勝負つかなさそう
463.名無しさん:2020年01月25日 19:14 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
まず前提としてやたら長距離遠征しなきゃ本土を守れないから、そういう組み立てになってた日本軍と陸続きの近所が主敵でそれゆえに「電撃戦」にこだわったドイツ軍じゃ相性が悪すぎる

そもそも、その「陸続き」のソ連攻めでもドイツ本国から遠すぎて、ドイツ軍の強みを生かせずに敗退したわけでな

さらに遠いユーラシア中央部まで行ける部隊がどれだけいるやら・・・w
464.名無しさん:2020年01月25日 19:16 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※461
・・・と低能ガイジのアホ民族・畸形チォン猿が言い張っている

ID:Hng3C05.0はひたすら殴られてた奴隷民族にすぎないのになw
465.名無しさん:2020年01月25日 19:18 ID:4jz.5IkN0▼このコメントに返信
※456
※460
フランスの戦車だって単体の戦闘力はドイツ戦車より上だったんだよ。
フランス戦ってのは戦車の「使い方」が大事であって、使い方がまずければ負けるってのを証明した戦いだ。それは「機甲師団」というものの存在だ。最大で100もの機甲師団を組織したドイツ陸軍にたいして日本陸軍は名前は師団だが内実は旅団規模のものが2つだけだ。勝負にならんよ。
466.名無しさん:2020年01月25日 19:21 ID:QcRhbkL30▼このコメントに返信
>>262
ドイツが兵站を維持できてないって初めて聞いたわ
苦労したのは間違いないけどな
それこそスターリングラードが特殊事例だろ
他の戦線で飢死者続出って聞いたことない

逆になぜインパールが特殊事情なん?
ガダルカナル ニューギニア ビルマ
レイテ ルソン 飛び石作戦で無視された南洋の島々
って太平洋戦線の主戦場て餓死と病死が日本軍の日常じゃんか。隔絶した島でも陸続きのビルマでも
兵站が崩壊したのが日本軍でしょ。
467.名無しさん:2020年01月25日 19:22 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※465
戦車同士の強さのせいじゃなくて、空陸一体のドイツ式電撃戦のおかげやぞ

その電撃戦のメインである急降下爆撃機なんて、当時の軽快な日本軍機から護衛戦闘機で守れない
468.名無しさん:2020年01月25日 19:24 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※466
零戦なら往復できるような距離のモスクワで攻勢限界に達していたドイツ軍w
469.名無しさん:2020年01月25日 19:26 ID:4jz.5IkN0▼このコメントに返信
※467
短距離護衛は圧倒にドイツ機有利じゃろ・・・
巴戦は時代遅れで時代はブーム&ズーム有利になっていったってのは太平洋戦線で証明されてるじゃん・・・
470.名無しさん:2020年01月25日 19:32 ID:nq1KrAXM0▼このコメントに返信
>>467
現実にはストゥーカーのパイロットが日本軍戦闘機と会敵する機会なんてあまりないだろうな
ドイツ空軍を制圧できるほどの数も揃えられない
ノモンハンじゃ160機程度を失って戦闘不能になった

日本陸軍航空隊なんてエアランドバトルをやるには小規模すぎる
471.名無しさん:2020年01月25日 19:43 ID:4jz.5IkN0▼このコメントに返信
そもそも40年フラン戦時に開戦してるとしたら隼ないしな。その当時は97式だ。隼と同世代のドイツ機はFw190だ(隼が41年6月に配備開始で、FW190が41年8月配備開始だ)。
472.名無しさん:2020年01月25日 19:53 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※465
戦車同士の強さのせいじゃなくて、空陸一体のドイツ式電撃戦のおかげやぞ

その電撃戦のメインである急降下爆撃機なんて、当時の軽快な日本軍機から護衛戦闘機で守れない
473.名無しさん:2020年01月25日 19:54 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※461
・・・と低能ガイジのアホ民族・畸形チォン猿が言い張っている

ID:Hng3C05.0はひたすら殴られてた奴隷民族にすぎないのになw
474.名無しさん:2020年01月25日 20:00 ID:91xuqBFA0▼このコメントに返信
※468
歩兵が歩いていく距離と飛行機が飛んでいく距離を同列に語るなんて・・・
松本零士の「パイロットハンター」に出てくる
四式戦の搭乗員か君は。
475.名無しさん:2020年01月25日 20:12 ID:GWi.EsjF0▼このコメントに返信
>>473
そいつなんなんかね?
いくら日本下げてドイツあげしても自分がゴ、ミである事は変わりないのにw
476.名無しさん:2020年01月25日 20:13 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※474
ベルリン-モスクワ間の距離は東京-南京よりも近いよw

その倍以上もあるビルマやインパールを挙げてるガイジを叩いてるだけ。
日本軍が遠征したのはベルリンから見たオムスクより遠い地点だらけだぞ。
477.名無しさん:2020年01月25日 20:16 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※475
こういうスレにいつも出てくる「自分が米英人やドイツ人になって日本人をやっつける」タイプの特亜君だからねえ・・・w

「大戦初期」の話なのにしつこくヘルキャットやムスタング、ティーガー戦車の話まで出してて笑う。
478.名無しさん:2020年01月25日 20:35 ID:cfqGMSqY0▼このコメントに返信
マジレスするとナチスドイツに宣戦布告したら連合国サイドになるから日本軍大勝利になる
479.名無しさん:2020年01月25日 20:39 ID:KxqydOvR0▼このコメントに返信
自演で会話してる輩がいるな
480.名無しさん:2020年01月25日 21:17 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
可能性として独ソ戦がドイツによる勝利で、
日本が中国諸派の間を取り持ってアジア連合で、
そういう想定なら現実味はあるのかもしれないが。

ロシアの油田地帯を抑え、ロシアの工業地帯を抑え、
シベリア鉄道通って続々と送り込まれてくるドイツ機甲師団。

最前線は満州モンゴル河北。

何ヵ所かの要塞を死守して遊撃戦を展開しても勝目なさそう。
481.名無しさん:2020年01月25日 21:19 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
それを考えたら、ソ連全盛期に正面から戦って要求呑ませた毛沢東は凄い。
482.名無しさん:2020年01月25日 21:20 ID:W9c0bqWN0▼このコメントに返信
※480
要するにそれぐらい有利に設定しないと日本に勝てないわけね
483.名無しさん:2020年01月25日 21:38 ID:oON0aRfh0▼このコメントに返信
戦場が違えば兵器性能要求、戦術戦略全て変わるじゃん
484.名無しさん:2020年01月25日 21:43 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
482

独ソ戦がドイツの勝利に終われば、ドイツ側、というより、ヨーロッパ連合側は、ロシア側の人員や設備を頭をすげ替えるだけで活用できる。
それに反してアジア連合では、大日本帝国が一から建て直さないと難しい。
これはなにも日本を過大評価するのでなく、現実にそうだったから。
485.名無しさん:2020年01月25日 21:44 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
中国が近現代戦で使い物になったのは、
毛沢東からだ。
486.名無しさん:2020年01月25日 22:00 ID:4IrlIemP0▼このコメントに返信
どっちも石油は十分ではない。
重戦車ではユーラシアを行軍できない。
兵は日本、現地指揮官はドイツ、将軍はアメリカが優秀。
すると、北極海からヒマラヤ、インドに渡る戦線だと、兵の優秀さしか残らない。
戦線が長すぎ、補給線も長すぎるから、部隊は自活するしかない。

日本の有利は航空機。
どっちも艦隊を送る石油はない。
487.名無しさん:2020年01月25日 22:04 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
それぞれの軍閥に属して戦った方々の旗印を貶すんじゃない。
現実として辛亥革命から新中国建国までの数十年は国じゃない。
だから毛沢東の新中国は政策の当たり外れはあれ、
中国が当たり前に統一した国でなかったがゆえに、
時として苛烈にならざるを得なかった。
488.名無しさん:2020年01月25日 22:06 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※486
大戦初期のドイツ軍に重戦車なんかない定期

チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
489.名無しさん:2020年01月25日 22:11 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
今現在の、士気旺盛な人民解放軍が誕生したのは毛沢東から。

あの時代の中国を丸ごと味方につけたところで、
中国そのものすらも守れない。
490.名無しさん:2020年01月25日 22:12 ID:yaKiCHru0▼このコメントに返信
※411
金剛は魚雷攻撃というよりも艦の老朽化(建造がWW1以前)によるもの。

大鳳は防御力以前に装甲空母の欠陥(大鳳だけではなく似たような設計の空母でも似たようなことが起こっている)とダメコン対策の失敗、熟練工不足による部品の欠陥などふこうがかさなっただけ

信濃に至っては文字通り浮くだけの存在であって防御に関しもダメコン対策っ全くできていない状態

なのでまぁ、金剛はともかく他の二隻に関しては直参考にならない…
491.名無しさん:2020年01月25日 22:17 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
だから強いて言えばドイツ側に侵攻させての後方遊撃戦になる。
しかしながらドイツやソ連が実際にやらかした事を見る限り、
また、外満州でそうなっていたように、
アジア系住民は丸ごと消し去られていったろう。
だからロシアとドイツが組んでアジアに押し寄せてきた段階で、
勝ち目はない。
492.名無しさん:2020年01月25日 22:29 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※491
なんで都合よくソ連がドイツの味方する設定なんよw
それなら打倒ドイツで日本には英米がついてしまうわ。

そもそもモスクワあたりで攻勢限界に達してた程度のドイツ軍じゃ日本軍と戦える地点まで来れないわ。
来てもかなりの前線に航空基地建設しないと戦闘機も届かない。
493.名無しさん:2020年01月25日 22:39 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
アメリカがヨーロッパについて冷戦の帰趨を心配したのは、
ソ連に占領されて頭から共産主義国だった東ドイツや、
古くはナポレオンに席巻されて当たり前に宗旨を変えた、
ヨーロッパの諸国を見てわかる通りで、
ヨーロッパ圈というのは、そういった面があるから。

独ソ戦の激しさだけが強調されるが、
ソ連そのものが東ドイツのようになる可能性はあった。

実際に独ソ密月に上海事変などが続発してる。
494.名無しさん:2020年01月25日 22:40 ID:yaKiCHru0▼このコメントに返信
※440
それ以前にUボートが太平洋方面で運用出来るのか、という話でもあるんだが。実際にドイツからもらった呂500は設計上太平洋の運用は難しいと不採用になっている。

仮に欧州の地勢にしても英(海軍がメイン)仏(まとまりもなく早々に降伏)と違って陸海軍もある程度の規模でしかも政治的にもまとまっている日本相手にドイツはUボートを大量運用できるほどの基地を確保できるん?という話にもなる。

さらにいえばUボートの大量生産できたのはフランス占領後、そこの資源や人員、工場で利用したものであって(ヴェルサイユ条約のおかげで、その手の技術は地縁・衰退している)のでドイツ単独で数をそろえられるのか?ともなる。
495.名無しさん:2020年01月25日 22:42 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
エカテリンブルグまでドイツに落とされたら、ソ連も東ドイツになっていた可能性は高い。
そうなればドイツ軍がソ満国境に無傷で現れることもあり得た。
496.名無しさん:2020年01月25日 22:45 ID:8uNXcHbj0▼このコメントに返信
この意味でも旧帝国軍のドイツ贔屓はどんなものかと思われる。
497.名無しさん:2020年01月25日 22:49 ID:u.Ot3hfP0▼このコメントに返信
※495
モスクワあたりで攻勢限界に達してた程度のドイツ軍じゃ日本軍と戦える地点まで来れないわ。
来てもかなりの前線に航空基地建設しないと戦闘機も届かない。

ID:8uNXcHbj0はこんな古いスレのコメ欄で必死に毛沢東アゲしてる段階で馬鹿五毛だとバレバレだし、本当に特亜猿は頭が悪い。
498.名無しさん:2020年01月25日 22:58 ID:yaKiCHru0▼このコメントに返信
※497
というか、仮に来ても日本側はシベリア鉄道を定期的に爆撃していれば
ドイツ軍は勝手に自滅してくれますけどね…。

ちなみにシベリア方面に本腰を入れて開発を始めたのはつい最近でそれまではウラジオストックを除けば流刑地でしかないので現地調達なんてほぼ無理。
499.名無しさん:2020年01月25日 23:02 ID:sOTMRLwK0▼このコメントに返信
※489
>>士気旺盛な人民解放軍
泳げない水兵
親等の圧力で体力錬成等の基礎訓練すらしない新兵
500.名無しさん:2020年01月25日 23:35 ID:csoEc3ZZ0▼このコメントに返信
>>107
即つくりだす…開発中だったものの実用化を急いだ…が正しいだろ?
なんで即製造って発想になるんかね?
501.名無しさん:2020年01月25日 23:36 ID:csoEc3ZZ0▼このコメントに返信
>>110
英国と組まないと無理だろうね…
502.名無しさん:2020年01月25日 23:44 ID:csoEc3ZZ0▼このコメントに返信
>>180
信じられないことに、日本海軍の駆逐艦は対水上艦用しかない。対空、対潜には対応できない。
そのせいか潜水艦も防音対策は皆無だった。
503.名無しさん:2020年01月25日 23:46 ID:csoEc3ZZ0▼このコメントに返信
>>502
ドイツの潜水艦からは「日本の潜水艦には軍楽隊が乗っている!」と揶揄されたほどうるさかった。
504.名無しさん:2020年01月26日 00:07 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
505.名無しさん:2020年01月26日 00:24 ID:6mqqNatw0▼このコメントに返信
>>497
そんな古いコメ欄にひっついているお前はなんなんだ
昼寝夜起き太郎君w
506.名無しさん:2020年01月26日 00:35 ID:V.OjchAS0▼このコメントに返信
ノモンハンの小競り合いで
160機程度失ったら壊滅状態となった陸軍航空隊w
戦車も砲兵も数が少なくらそれすら
損失を恐れて歩兵を取り残して早期撤収

大粛清直後のロシア軍にすら勝てなかったなw
負けたのに「こっちは7千、あちらは9千 2千程度損害が
多い」ってぐらいで満足してるとは
実にショボい スケールがみみっちいねw

独ソ戦の巨人同士の戦いを隅っこで震えて見てる
ネズミに等しい🇯🇵🐭
507.名無しさん:2020年01月26日 00:40 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
508.名無しさん:2020年01月26日 00:41 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
509.名無しさん:2020年01月26日 00:44 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
※505
もはや見にくる奴も減ってるコメ欄でアピール工作しても意味がないという意味だが。

お前のようなガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿には難しかったかな?
510.名無しさん:2020年01月26日 00:47 ID:4.m5wRo80▼このコメントに返信
・ノモンハン空中戦
 日本160機損失 (壊滅状態)
 ソ連251機損失

・バルバロッサ作戦初日のルフトバッフェの戦果
空中 311機 地上撃破 1489機 計1811機

後日 大戦果に半信半疑の総司令部より派遣された将校団による綿密な再調査=2000機以上の戦果と判明


511.名無しさん:2020年01月26日 00:49 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
512.名無しさん:2020年01月26日 00:49 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
513.名無しさん:2020年01月26日 00:50 ID:4.m5wRo80▼このコメントに返信
朝寝夜起き太郎って無職のジジイだろうな
514.名無しさん:2020年01月26日 00:52 ID:4.m5wRo80▼このコメントに返信
>>511
戦果も虚無だし
日本は制空権も取れずに負けました
複葉機も混じった旧式の赤色空軍相手にねw
515.名無しさん:2020年01月26日 00:57 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
※513
もはや見にくる奴も減ってるコメ欄でアピール工作しても意味がないという意味だが。

お前のようなガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿には難しかったかな?
516.名無しさん:2020年01月26日 00:57 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
517.名無しさん:2020年01月26日 00:57 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
518.名無しさん:2020年01月26日 01:00 ID:4.HWZD6h0▼このコメントに返信
ウマーニ包囲戦(1941年8月3日)

ソビエト赤軍第6 第9 第18軍の3個軍を殲滅
捕虜103000人 野望850門 戦車317両
対戦車砲 高射砲247門を撃破 又は鹵獲

ノモンハンのショボい戦でロシア軍に負けた
ショボショボ帝国陸軍のみみっちい戦果とは
雲泥の差で笑うw
519.名無しさん:2020年01月26日 01:01 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
520.名無しさん:2020年01月26日 01:02 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
※518
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
521.名無しさん:2020年01月26日 01:03 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
522.名無しさん:2020年01月26日 01:07 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
キエフ会戦(1941年9月)
ドイツ軍勝利
捕虜665000人 
戦車884両 各種火砲3717門を破壊もしくは鹵獲


ノモンハンの貧乏🇯🇵軍
こっちは7千人死んだけどロシアは9千人
でも負けました😨
規模も戦果もショボいんだからせめて勝てよ
時代遅れの後進国陸軍さんよw
523.名無しさん:2020年01月26日 01:13 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ヴィヤジマ・ブリヤンスク包囲戦
(1941年10月)
ドイツ軍勝利

捕虜663000人 

戦車1242両 各種火砲5412門撃破又は鹵獲


524.名無しさん:2020年01月26日 01:18 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
※522
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
525.名無しさん:2020年01月26日 01:18 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
※522
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
526.名無しさん:2020年01月26日 01:19 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
527.名無しさん:2020年01月26日 01:21 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ちなみにノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが
528.名無しさん:2020年01月26日 01:22 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
※527
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
529.名無しさん:2020年01月26日 01:22 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
※527
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
530.名無しさん:2020年01月26日 01:23 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
531.名無しさん:2020年01月26日 01:26 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
>>527
こんなキルレシオじゃ、ドイツ陸軍に代わって
日本陸軍がバルバロッサをやろうもんなら国境付近で
停滞して壊滅状態になるわなwwwww

山賊崩れのシナ兵相手に何度も包囲戦を失敗して
取り逃してる後進国陸軍の🇯🇵じゃしょうがないわ。
532.名無しさん:2020年01月26日 01:28 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
>>530
実際の戦果とかけ離れた日本側の戦果報告乙
533.名無しさん:2020年01月26日 01:29 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ウマーニ包囲戦(1941年8月3日)

ソビエト赤軍第6 第9 第18軍の3個軍を殲滅
捕虜103000人 野望850門 戦車317両
対戦車砲 高射砲247門を撃破 又は鹵獲

ノモンハンのショボい戦でロシア軍に負けた
ショボショボ帝国陸軍のみみっちい戦果とは
雲泥の差で笑うw
534.名無しさん:2020年01月26日 01:29 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
キエフ会戦(1941年9月)
ドイツ軍勝利
捕虜665000人 
戦車884両 各種火砲3717門を破壊もしくは鹵獲


ノモンハンの貧乏🇯🇵軍
こっちは7千人死んだけどロシアは9千人
でも負けました😨
規模も戦果もショボいんだからせめて勝てよ
時代遅れの後進国陸軍さんよw
535.名無しさん:2020年01月26日 01:30 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ヴィヤジマ・ブリヤンスク包囲戦
(1941年10月)
ドイツ軍勝利

捕虜663000人 

戦車1242両 各種火砲5412門撃破又は鹵獲


536.名無しさん:2020年01月26日 01:30 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ちなみにノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが
537.名無しさん:2020年01月26日 01:31 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
>> 536こ
んなキルレシオじゃ、ドイツ陸軍に代わって
日本陸軍がバルバロッサをやろうもんなら国境付近で
停滞して壊滅状態になるわなwwwww

山賊崩れのシナ兵相手に何度も包囲戦を失敗して
取り逃してる後進国陸軍の🇯🇵じゃしょうがないわ。



0
538.名無しさん:2020年01月26日 01:32 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが
539.名無しさん:2020年01月26日 01:33 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ちなみにノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが

これでびびって北進論が崩壊した訳だがなwwwww
540.名無しさん:2020年01月26日 01:34 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが

弱い弱い🇯🇵ワロタ
541.名無しさん:2020年01月26日 01:36 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
・ノモンハン空中戦
 日本160機損失 (壊滅状態)
 ソ連251機損失

・バルバロッサ作戦初日のルフトバッフェの戦果
空中 311機 地上撃破 1489機 計1811機

後日 大戦果に半信半疑の総司令部より派遣された将校団による綿密な再調査=2000機以上の戦果と判明


数も少ないし160機程度の損失で戦闘不能になる
帝国陸軍航空隊って・・・


542.名無しさん:2020年01月26日 01:38 ID:rwVIU95r0▼このコメントに返信
ノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが

スケール小さいわ、そして負けるわ
地獄の南進論に舵を切るわもう散々だなwwwww
543.名無しさん:2020年01月26日 01:39 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
※541
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
544.名無しさん:2020年01月26日 01:39 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
545.名無しさん:2020年01月26日 01:40 ID:At.wTsif0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
546.名無しさん:2020年01月26日 16:46 ID:Bb7i.XNH0▼このコメントに返信
ノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが
547.名無しさん:2020年01月26日 16:46 ID:Bb7i.XNH0▼このコメントに返信
・ノモンハン空中戦
 日本160機損失 (壊滅状態)
 ソ連251機損失

・バルバロッサ作戦初日のルフトバッフェの戦果
空中 311機 地上撃破 1489機 計1811機

後日 大戦果に半信半疑の総司令部より派遣された将校団による綿密な再調査=2000機以上の戦果と判明


数も少ないし160機程度の損失で戦闘不能になる
帝国陸軍航空隊って・・・
548.名無しさん:2020年01月26日 16:47 ID:Bb7i.XNH0▼このコメントに返信
ノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが

スケール小さいわ、そして負けるわ
地獄の南進論に舵を切るわもう散々だなwwwww
549.名無しさん:2020年01月26日 16:49 ID:Bb7i.XNH0▼このコメントに返信
ウマーニ包囲戦(1941年8月3日)

ソビエト赤軍第6 第9 第18軍の3個軍を殲滅
捕虜103000人 野望850門 戦車317両
対戦車砲 高射砲247門を撃破 又は鹵獲

ノモンハンのショボい戦でロシア軍に負けた
ショボショボ帝国陸軍のみみっちい戦果とは
雲泥の差で笑うw
550.名無しさん:2020年01月26日 16:51 ID:Bb7i.XNH0▼このコメントに返信
キエフ会戦(1941年9月)
ドイツ軍勝利
捕虜665000人 
戦車884両 各種火砲3717門を破壊もしくは鹵獲


ノモンハンの貧相な日本軍さん
「こっちは7千人死んだけどロシアは9千人
ちょっとばかし敵をやっつけた、でも負けました😨」

規模も戦果もショボいんだからせめて勝てよ
時代遅れの後進国陸軍さんよw
551.名無しさん:2020年01月26日 16:54 ID:Bb7i.XNH0▼このコメントに返信
ヴィヤジマ・ブリヤンスク包囲戦
(1941年10月)
ドイツ軍勝利
捕虜663000人 
戦車1242両 各種火砲5412門 撃破又は鹵獲

次元が違うね



552.名無しさん:2020年01月26日 16:55 ID:Bb7i.XNH0▼このコメントに返信
ちなみにノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少ロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが
553.名無しさん:2020年01月26日 17:00 ID:Bb7i.XNH0▼このコメントに返信
・99艦爆はハインケル社からの技術供与により完成
・飛燕 彗星の液冷エンジンはドイツの劣化コピー
・対重爆に効果があった飛燕のマ式はドイツのマウザー砲
・日本陸軍の主力の高射砲はクルップ社のコピー
・グラーフ・ツェッペリン ティーガー重戦車
Uボートを購入 譲渡 または譲渡要請
・魚雷艇の小型エンジン 基礎技術力が未熟で生産できず。
・潜水艦の防音技術 噴進法の技術供与
レーダー ロケット ジェット戦闘機の図面etc

基礎化学力が低い日本
史実は技術に関してはドイツに頼りっぱなしや
日本が渡せたのは赤城の設計図と酸素魚雷くらいなもんや
554.名無しさん:2020年01月26日 17:09 ID:qsCARP020▼このコメントに返信
※ 545 それ大本営発表だからな 現実はこれ↓

ノモハンに投入された帝国陸軍飛行隊(戦闘機)は、23個中隊(97式15個・95式8個)で、約200機
指揮官の死亡が、少佐1名、大尉8名、中尉10名。

第1次タムスク空襲
作戦に参加した第11戦隊の瀧山中尉ですら「とてもそんな数字にはならないはずです」と語ってるが。
当時のソ連軍兵力は空襲直前で戦闘機151機、
爆撃機116機の計267機に過ぎず、
空襲による損害は14機(丸648の数値)
8月30日には第33戦隊(95戦3個中隊)、9月9日には第59戦隊(97戦2個中隊)、9月12日には第9戦隊(95戦3個中隊)と更なる増援が繰り出されたが、もはや97戦部隊は払底しており増援の主力は複葉の95戦部隊と成り果てていた。

日本軍損失160
ソ連軍損失251




555.名無しさん:2020年01月26日 17:10 ID:qsCARP020▼このコメントに返信
ちなみにノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

しょっぱいなぁ・・・国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だが

これでびびって北進論が崩壊した訳だがなwwwww
556.名無しさん:2020年01月26日 17:22 ID:qsCARP020▼このコメントに返信

距離 100m 200m 300m 400m 500m 600m 700m 800m

日本(チハ 57mm戦車砲)貫徹力 30mm 28mm 27mm 25mm 23mm 22mm 20mm 18mm
ドイツ(Ⅱ号 20mm機関砲 )貫徹力 40mm 38mm 36mm 33mm 31mm 29mm 27mm 24mm
ソ連(BT7 45mm戦車砲)貫徹力 70mm 68mm 65mm 63mm 60mm 58mm 56mm 53mm

「この表を見てもわかるように、チハの九七式57mm戦車砲はドイツの訓練用戦車の20mm機関砲にも対戦車能力が劣るのです。なぜ57mmが20mmに劣るのか?その鍵は弾頭強度にあります。日本は冶金技術が低すぎたために徹甲弾であっても目標に着弾すると弾頭が砕け散ってしまうのです。装甲の薄い戦車というのは装甲板に表面硬化処理を施しているため、たとえ相手が軽戦車であったとしても、よほど近距離から側面などの弱点を狙わない限りはチハの主砲では撃破は困難だったのです。だから対歩兵用の短砲を装備していた時点でこの時代に開発された主力戦車の中でも三流なのです。第一次大戦の終結後、装甲車両の技術力は飛躍的に向上し、戦車は戦場での直接的な脅威となり得るようになったため、世界各国は自軍の主力戦車に当然のことですが、対戦車能力を期待するようになりました。ソ連のBT、ドイツのⅢ号、イギリスの巡航戦車、フランスのソミュアS35・・・・チハと同年代の設計戦車の多くは、対戦車戦闘を一応はこなせる事を想定してある優秀戦車です。近代戦車の必要条件を無視して、「戦場の主役は歩兵だ!」などと旧態依然とした考えがまかり通るようでは近代的な軍隊と言えません。
557.名無しさん:2020年01月26日 17:26 ID:qsCARP020▼このコメントに返信
ノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だがな



558.名無しさん:2020年01月26日 20:44 ID:WegwHsLm0▼このコメントに返信
※541
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
559.名無しさん:2020年01月26日 20:44 ID:WegwHsLm0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
560.名無しさん:2020年01月26日 20:45 ID:WegwHsLm0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
561.名無しさん:2020年01月26日 20:45 ID:WegwHsLm0▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
562.名無しさん:2020年01月27日 00:22 ID:zZpGPM6Y0▼このコメントに返信
日本軍が準備万端で待ち構える虎頭要塞に対して、冬将軍に耐えながら史実のモスクワよりも遥かに長距離の大陸間を遠征し、燃料弾薬も使い尽くし、軍馬も食い尽くしスターリングラード状態の第6軍相手ならワンチャン。
563.名無しさん:2020年01月27日 09:18 ID:fMivzRdP0▼このコメントに返信
※416
それじゃ、真珠湾攻撃っていったい何なのかと?
あと、ぱっと見だけでもヘンダーソン基地艦砲射撃や第三次ソロモン海戦は基地や施設が攻撃目的でしたが。
564.名無しさん:2020年01月27日 09:39 ID:fMivzRdP0▼このコメントに返信
※552
三倍近くの兵を動員してその程度の戦果しか挙げられないソ連軍ですかね?しょぼいのは。
実際にソ連がの報告書は「うちら弱すぎ」とちゃんと明記されている。ソ連上層部はあなたと同じように必死で目を背けているけど。

回復力?ソ連の国土と人口を考慮したうえでいっているんですかね?だいたい、自分で軍幹部を大量粛清しておいて回復力のへったくれもないでしょうに。

そもそも、国力的にソ連(ロシア)は他国からの支援がないと総力戦を戦い抜けない。(実際にWW1は日本や欧州諸国からWW2アメリカからバクだない支援を受けてのこと)。なによりも戦後に通常戦力ではなく核兵器や大陸間弾道ミサイルに頼ったのもアメリカなどと総力戦ができないからなんですがね。

それらを無視してしょぼい1会戦で勝った勝ったと言っている時点で底が知れますけど。実際に冬戦争でそうでしたしね。
565.名無しさん:2020年01月27日 09:46 ID:fMivzRdP0▼このコメントに返信
※553
で、それらチェコ・スロバキア(旧オーストリア帝国の武器庫ともいえる地域)やフランスなどの周辺国を併呑したからこその技術であり生産力であってドイツ単独では技術力があっても大量生産できないし、場合によっては技術(特に海軍関係)力もないケースすらある。

なので、周辺国の併呑を抜きにしたドイツ単独の国力でやったら、それらの技術力を生か、し、発展させることができるのか、疑問となってきますけどね。


ヴェルサイユ条約での軍縮または制限の影響はやっぱりでかいし、それを自力で埋めるのはヒトラー政権誕生からの短期間では無理という話だと思いますが。
566.名無しさん:2020年01月27日 10:04 ID:fMivzRdP0▼このコメントに返信
※553
>グラーフ・ツェッペリン

この空母は基本的に通商破壊目的であって日米の機動部隊の編制を前提とした空母相手にした場合は話にならないんですが。

そもそも、ドイツには空母に乗せる艦載機の生産どころか開発すらできてないし…。

だいたいからしてこの時期のドイツ軍の水上艦艇は1945年ごろに再建を目的とした次世代の、もしくはヴェルサイユ条約で規制されていた技術力を取り戻すための試作機が大半である以上はこの面では日本には足元にも及ばないし、他の技術に関しても生産が追い付かないか、そもそも他所から持ってきたかですので、ドイツの科学力は世界一ィィィ、と威張れるほどでもないと。
567.名無しさん:2020年01月27日 11:39 ID:UZIyIHdz0▼このコメントに返信
陸戦ならドイツの勝ち
海戦なら日本の勝ち
568.名無しさん:2020年01月27日 12:08 ID:1msmWg2D0▼このコメントに返信
>空母に乗せる艦載機

艦載機の開発はイギリスでも苦労したからね。
スピットファイアの艦載機型がどうにもうまくいかなくて、結局アメリカの艦載機に頼るしかなかった。

ましてや練習空母も作ったこともないドイツがいきなり両者を作れた目途もない。
569.名無しさん:2020年01月27日 12:17 ID:1msmWg2D0▼このコメントに返信
※567
大戦初期ドイツ軍なら突撃銃も重戦車もない
初期の破竹の進撃も急降下爆撃機の対地支援のおかげ
その低空域では運動性が劣るドイツの戦闘機は空戦にステ振りした日本軍機から急降下爆撃機を守り切れない。
高速接近一撃離脱なんてやっても、その間にドイツ軍急降下爆撃機を直接攻撃されてしまう。
570.名無しさん:2020年01月27日 16:53 ID:91Z.UL1x0▼このコメントに返信
>>569
そうだね 
でもT34やKVのようなチハゴミとは
比較するのもおこがましい戦車を、開戦初期だけで1000輌保持していた機甲師団含むソ連の大軍団を包囲殲滅してモスクワ門前まで進出したドイツ陸軍と、
山賊崩れの中国兵すら何度も包囲に失敗して取り逃す後進国の軽歩兵主体の日本陸軍と比較する事自体間違いだよね。戦車も火砲も弱いわ少ないわだし。

開戦初期なら日本は97式戦ですよ・・・
しかも複葉機含むソ連空軍相手にしたノモンハンで
制空権も確保できず、たかだか160機ほどの損失で息切れした貧弱な航空隊が どうやってドイツ空軍
に勝てるのか意味わからんわ。






571.名無しさん:2020年01月27日 17:11 ID:tnhj9..Q0▼このコメントに返信
>>564
戦車も重砲隊も初期の交戦の損害にびっくりして
撤収させたのは貧乏日本軍の方でしょ
獲物が逃げちゃったんじゃ
戦果の追加が出来ないじゃん

572.名無しさん:2020年01月27日 17:25 ID:CxUvy7ZF0▼このコメントに返信
>>566
空母無償譲渡を申請したのは、ミッドウェーでポカやらかしたお間抜け日本海軍の方なんですけどぉ?
ドイツがあげるって強要して、日本がイラネって拒否したなら
※566みたいな文章でマウント取れるかも知れんがねぇ
(さらに思い出したけどドイツの客船シャルンホルストを譲渡してもらったおかげで軽空母を作れたよね)

史実は先進軍事技術の譲渡から、ヨーロッパでのドイツの勝利を前提とした対米戦構想まで
何から何までドイツ頼みだったのが日本なんだよ。

グタグタ文句言えば言うほど
「じゃあドイツに頼ってんじゃねぇよ」で終わる話。
573.名無しさん:2020年01月27日 17:35 ID:FWx0tHau0▼このコメントに返信
>> 568
(ダイムラー・ベンツ DB601A)
DB 601は、ドイツのダイムラー・ベンツ社で開発・製造された航空機用液冷V型12気筒エンジン。
第二次世界大戦において、ドイツ空軍のBf109に採用されたほか、イタリアのアルファ・ロメオ社、
日本の川崎航空機および愛知航空機においてそれぞれライセンス生産され、イタリアのMC.202、日本の三式戦闘機など枢軸国側の航空機にも採用された。

艦載機ねぇ・・・
彗星艦爆のエンジンはDB601の劣化コピーだし
99式艦爆はドイツのハインケル社からの技術供与
なしには完成しなかったねぇ

574.名無しさん:2020年01月27日 17:39 ID:FWx0tHau0▼このコメントに返信
距離 100m 200m 300m 400m 500m 600m 700m 800m

日本(チハ 57mm戦車砲)貫徹力 30mm 28mm 27mm 25mm 23mm 22mm 20mm 18mm
ドイツ(Ⅱ号 20mm機関砲 )貫徹力 40mm 38mm 36mm 33mm 31mm 29mm 27mm 24mm
ソ連(BT7 45mm戦車砲)貫徹力 70mm 68mm 65mm 63mm 60mm 58mm 56mm 53mm

「この表を見てもわかるように、チハの九七式57mm戦車砲はドイツの訓練用戦車の20mm機関砲にも対戦車能力が劣るのです。なぜ57mmが20mmに劣るのか?その鍵は弾頭強度にあります。日本は冶金技術が低すぎたために徹甲弾であっても目標に着弾すると弾頭が砕け散ってしまうのです。装甲の薄い戦車というのは装甲板に表面硬化処理を施しているため、たとえ相手が軽戦車であったとしても、よほど近距離から側面などの弱点を狙わない限りはチハの主砲では撃破は困難だったのです。だから対歩兵用の短砲を装備していた時点でこの時代に開発された主力戦車の中でも三流なのです。第一次大戦の終結後、装甲車両の技術力は飛躍的に向上し、戦車は戦場での直接的な脅威となり得るようになったため、世界各国は自軍の主力戦車に当然のことですが、対戦車能力を期待するようになりました。ソ連のBT、ドイツのⅢ号、イギリスの巡航戦車、フランスのソミュアS35・・・・チハと同年代の設計戦車の多くは、対戦車戦闘を一応はこなせる事を想定してある優秀戦車です。近代戦車の必要条件を無視して、「戦場の主役は歩兵だ!」などと旧態依然とした考えがまかり通るようでは近代的な軍隊と言えません。

訓練戦車の機関砲にすら劣るチハの主砲の威容を見よ😀
575.名無しさん:2020年01月27日 17:42 ID:bTpz9NX20▼このコメントに返信
ノモンハンの戦い
日本軍損害 
戦死 7,696 戦傷 8,647 生死不明1,021
戦車 29輌 航空機 約160機

ソ連軍損害
戦死 9,703 戦傷 15,952
戦車・装甲車 397輌 航空機 251機

国力と生産力と回復力考えたら
多少のロシアの損害が多かろうが負けやぞこれは😀
実際日本の戦略的敗北だがな
576.名無しさん:2020年01月27日 17:49 ID:2xqkY.9B0▼このコメントに返信
冬戦争のフィンランドや独ソ戦のドイツは
ノモンハンや占守島の日本なんぞよりはるかに高いロシアンキラーっぷりやぞ😀
比較すること自体おこがましい数字の暴力や😀

577.名無しさん:2020年01月27日 18:02 ID:2xqkY.9B0▼このコメントに返信
>>569
別に急降下爆撃機じゃなくとも
アハトアハトを出すまでもなく
T 34相手にドアノッカーだった37ミリ対戦車砲や
威力が薄かった対戦車擲弾に加えて
収束手榴弾や対戦車地雷なんかも
装甲の薄い日本戦車や装甲車に効き放題
なんですけどねぇ・・・
578.名無しさん:2020年01月27日 18:04 ID:ZMZlMqww0▼このコメントに返信
※541
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
579.名無しさん:2020年01月27日 18:04 ID:ZMZlMqww0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
580.名無しさん:2020年01月27日 18:05 ID:ZMZlMqww0▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
581.名無しさん:2020年01月27日 18:06 ID:ZMZlMqww0▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
582.名無しさん:2020年01月27日 18:10 ID:cS.oypfR0▼このコメントに返信
>>565
チェコは38tとか不足している戦車の穴埋めに使われたのは知ってるよ、あとヘッツァーぐらいかね。

フランスからの技術供与で作られた兵器って何よ?

ドイツ単独でも日本より国力は数段上なんだけどな
583.名無しさん:2020年01月27日 18:13 ID:cS.oypfR0▼このコメントに返信
>>581
ドイツ戦車に接近する前に射的の的になるチハwwwwww
584.名無しさん:2020年01月27日 18:15 ID:cS.oypfR0▼このコメントに返信
>>567
日本海軍対潜能力低すぎ問題
585.名無しさん:2020年01月27日 18:16 ID:cS.oypfR0▼このコメントに返信
>>580
史実 日本160機損失 ロシア251機損失
586.名無しさん:2020年01月27日 18:18 ID:cS.oypfR0▼このコメントに返信
>>579

韓国人に知能も体力も劣る
無職の朝寝夜起き太郎くん乙
587.名無しさん:2020年01月27日 19:16 ID:5bO1yv5v0▼このコメントに返信
>>564
そうね、冬戦争のフィンランド強いわ
しょぼくれ日本陸軍のノモンハンや占島守の戦果が霞んでしまうほどにねw

ナチスドイツと違い日本は攻め込んできても軽く捻れるね
588.名無しさん:2020年01月27日 19:22 ID:5bO1yv5v0▼このコメントに返信
※572
日本海軍の航空母艦である神鷹は、元は第二次世界大戦勃発によりドイツに戻れず兵庫県神戸港に係留されていた
ドイツの客船シャルンホルストである

ミッドウェー海戦で主力空母4隻を喪失した日本海軍はシャルンホルストを買収、呉海軍工廠で軽空母へ改造する
建造中止になった大和型戦艦4番艦111号艦より資材を流用。客船から空母への改造には、約1年3ヶ月を要した1943年(昭和18年)12月15日に空母として竣工。
その際に神鷹と改名した。

1944年(昭和19年)中盤に改造完了後、神鷹は海上護衛総隊に所属して輸送船団護衛任務に従事した
。ヒ81船団を護衛中の同年11月17日、済州島沖でアメリカ軍潜水艦のスペードフィッシュの魚雷攻撃を受け、沈没した。

589.名無しさん:2020年01月27日 19:32 ID:1Ghf6j.h0▼このコメントに返信
日本海軍は1930年頃、急降下爆撃への興味を抱いた。それはアメリカとドイツで先行していたこの爆撃方法による高い命中精度を知ったことが大きく影響していた。
洋上に浮かぶ小さな目標である艦艇の攻撃に、この急降下爆撃が利用できると判断したからだった。

 そこで空技廠6試特殊爆撃機、7試特殊爆撃機、中島飛行機8試特殊爆撃機での経験を経てから、
ドイツのハインケル社に対し日本向け急降下爆撃機He50を愛知時計電機が発注。そしてその改良型のHe66を国産化するとともに小改修を施して、愛知94式艦上軽爆撃機(1936年に94式艦上爆撃機と改称)が開発された。同機は日本初の艦上急降下爆撃機として1934年に制式化され、2年後の1936年になると、発展改良型の96式艦上爆撃機が造られた。

 同じ1936年、11試艦上爆撃機の競合試作が中島と愛知の間で始まったが、納期に遅れが生じたため中島が脱落。ハインケルHe70を参考にして設計を進めた愛知の機体が、1939年に99式艦上爆撃機として制式化された。
590.名無しさん:2020年01月27日 19:41 ID:fMivzRdP0▼このコメントに返信
※572
>空母無償譲渡を申請したのは、ミッドウェーでポカやらかしたお間抜け日本海軍の方なんですけどぉ?

ミッドウェーがなくても太平洋では空母が必要不可欠な以上、猫の手も借りたいとか少しでも数がほしいという意味合いであって別段そのドイツ産の空母が高性能だったから…というわけじゃないんだがな。

>ドイツがあげるって強要して、日本がイラネって拒否したなら
※566みたいな文章でマウント取れるかも知れんがねぇ

そもそも、艦載機込みで運用どころか完成すらできていないのにそれでドイツ側でマウント取れるのやら…。


>(さらに思い出したけどドイツの客船シャルンホルストを譲渡してもらったおかげで軽空母を作れたよね)

日米英仏などはか客船(例:飛鷹型航空母艦)や補給船(例:瑞鳳型航空母艦)その他の水上艦艇(赤城(巡洋戦艦)や加賀、信濃(戦艦)、千歳(水上機母艦)など)から空母への改装は普通にやってるけど…というかドイツはそれすらできなかった(ヴェーザー)んだが…。

>グタグタ文句言えば言うほど
「じゃあドイツに頼ってんじゃねぇよ」で終わる話。

それ以前としてそもそも一隻一機も完成すらしていないところがなんだって?で終わると思いますが。
591.名無しさん:2020年01月27日 19:46 ID:fMivzRdP0▼このコメントに返信
※571
つまりお前さんはソ連軍は主力部隊がいない寡兵相手でもまともに勝てなかった…と立証してくれたわけですが。。
592.名無しさん:2020年01月27日 19:50 ID:fMivzRdP0▼このコメントに返信
※587
というかフィンランドは確かに善戦はしたけど本土がごっそり取られているんだけど…対して日本は植民地は失っても本土に関してはほとんど失っていない。

これで霞むとか言われるのは目の疲れが原因なのですかね…。
593.名無しさん:2020年01月27日 19:50 ID:4egjyT700▼このコメントに返信
※586
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿ID:cS.oypfR0
脳と遺伝子が劣等な屑民族。

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
594.名無しさん:2020年01月27日 19:50 ID:4egjyT700▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
595.名無しさん:2020年01月27日 19:51 ID:4egjyT700▼このコメントに返信
日本軍の戦闘機は終始空中戦で優勢を保っていた。特に九七式戦闘機の活躍がめざましく、5月20日に国境を越境してきた偵察機を、第24戦隊第1中隊(中隊長可児大尉)の九七式戦闘機が撃墜し、ノモンハン撃墜第1号を記録するや、5月22日には同じ第1中隊がソ連軍の新鋭戦闘機I-16の十数機と交戦し、うち3機を撃墜。26日にもI-16を2機、大型爆撃機を1機撃墜するなど日本軍戦闘機は戦果を重ねたが損失はなかった[102]。日本軍の山県支隊と東捜索隊が進撃を開始した5月27日以降にはさらに航空戦が激化し、第11戦隊第1中隊(中隊長島田大尉)はホルステン川上空でI-16の18機と接触、激しい空戦の後その半数の9機を撃墜した。山県支隊と東捜索隊がソ連軍と戦闘を開始した5月28日には飛行隊も全力で航空支援を行い、第11戦隊は激しい空戦を繰り広げ、攻撃機3機、戦闘機36機を撃墜したのに対して日本軍は1機も失わないという完全勝利を成し遂げた。
596.名無しさん:2020年01月27日 19:52 ID:4egjyT700▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
597.名無しさん:2020年01月27日 20:02 ID:fMivzRdP0▼このコメントに返信
※583
みんな大好きUボートは生産ラインや技術などは結構な部分はフランス産ですけど。しかも、主な基地はフランス領内。だからWW1ではバルト海にを出るのもやっとだったのにWW2では大西洋などに幅広く展開でき、その分、脅威となったと。

逆に言えばフランスの技術や生産ライン、基地がなければいろいろな意味でそこまで脅威でもないとなるんだが…。

後、チェコは機関銃の産地であり、ブルーノZB26軽機関銃なんぞドイツ軍はもちろん世界中で使用されておりますが。

だいたいからしてヴェルサイユ条約で軍備の制限や規制があったところが自力でしかもたった数年で世界いちぃぃぃのとかになれると思っているんですかね?
598.名無しさん:2020年01月27日 20:14 ID:9rZ.iKMr0▼このコメントに返信
1942年の春、現代の海上戦における空母艦載機の有用性が充分に示された。1942年5月13日にヒトラーの許可が下り、ドイツ海軍最高司令部は空母の作業再開を命じた[42]。

技術的な問題、例えば空母での運用のために特別に設計された、より新型の航空機の需要や、近代化改修の必要性から進行は遅延した。ドイツの海軍幹部は1943年8月までにこうした変更が全て完成されることを期待した。また空母の初の海上公試は同年8月に行われる予定だった。しかし1943年1月下旬にはヒトラーがドイツ海軍を強く見離しており、特に彼は海上艦隊の貧弱な性能を認めたため、彼は全大型艦艇を任務から引き下げて解体を命じた。

グラーフ・ツェッペリン級航空母艦

599.名無しさん:2020年01月27日 23:42 ID:YHPGP5rO0▼このコメントに返信
>>590
一言で済む話
ドイツ「じゃあ頼らないで下さいね」
はい論破
600.名無しさん:2020年01月27日 23:52 ID:g8xrXS630▼このコメントに返信
>>591
まともにやって勝ちましたけど?

陸軍航空隊→僅か160機の損失で壊滅状態
戦車・重砲隊→被害に耐えきれずに逃走
いないというか、近代戦に必要不可欠な
航空機 戦車 砲兵といった主力は壊滅したり逃走したんですなw
日本陸軍は、大規模なエアランドバトルに耐え切れる組織じゃないってことだ。
601.名無しさん:2020年01月28日 00:10 ID:mnN2luvZ0▼このコメントに返信
>>592
日本の一部分である朝鮮を失い、台湾、南洋諸島を失い、生命線である満州および千島 北方諸島を
短期間でソ連にごっそり抜かれた日本は、フィンランドに比較して無能もいいとこだわなwwwww


602.名無しさん:2020年01月28日 00:23 ID:DAOPmHpR0▼このコメントに返信
>>597
その大国フランスを倒したからこそ
得るものを得られたんだから大したもんだねドイツは
😀

ドイツにとってはMG34が主力
後のアメリカのM60にも多大な影響を与えた第二次大戦最良の機関銃
フランスやチェコ製の兵器は補助兵器に過ぎないわ


まぁ日本の場合、軽機はチェコのコピーも同然であって、比べるのもおこがましいシロモノだけどさw
603.名無しさん:2020年01月28日 00:37 ID:5P0SP5330▼このコメントに返信
勝目 『伊8』はドイツ―日本間を行って帰って来られたのですが、その中で魚雷艇のエンジンをそのままもらっているんです。『伊8』の後ろのほうに、飛行機を乗せる格納が左右に分かれてあるんです。そこに魚雷艇のエンジンをそっくりそのまま置いて、日本に持って帰ってきた。
設計図じゃなく本物現物なんです。
日本は高速魚雷艇のエンジンが欲しくてしょうがない。
エンジンが小型で高速というのがなかなかないんですね。早速、三菱におさめました。しかし、三菱のトップの技術者が『伊8』で持ち帰って来たエンジンを目の前にしても作れない。

堀:再現できない?

勝目:ですから、いかにその当時のドイツの技術と日本の技術の差があったのかというのが、その証左なんですね。『呂500』は現物そのものがあって徹底的に調査して、実はその調査レポートはまだ残っていますが……徹底的に調べているんですけれど、やっぱり作れない。
鋳造技術で細かい部品が再現できないんです。

堀:現物をもらってもダメだったんですね?

勝目:できない。
(ドイツ生まれの潜水艦・呂500追跡プロジェクトより)





604.名無しさん:2020年01月28日 00:42 ID:5P0SP5330▼このコメントに返信
伊8潜がもたらした電子立国日本の礎より

.「伊8潜」はドイツから何を持ち帰ったのですか?

多くはドイツの先端技術に関するもので、大小50品目以上ありました。

主なものとして、テレフンケン社製「レーダー装置」(ウルツブルグD2型)、「電波探知機」、ダイムラー・ベンツ社製「魚雷艇用ディーゼルエンジン」、モーゼル社製「20ミリ機銃」、ラインメタル社製「13ミリ航空機用機銃」、「爆撃照準器」、「ジェットエンジン」とその設計図などがありました。このなかには、実際に日本国内で「航空機等の武器」として実用化に成功したものもありました。


605.名無しさん:2020年01月28日 00:46 ID:5P0SP5330▼このコメントに返信
Q17. ドイツから持ち帰ったもので「最も重要」だったものは?

「レーダー装置」(ウルツブルグ)と「Me262」設計図です。

ウルツブルグは高射砲と連動させて使用する敵機標定用レーダーとして作られ、次第に激化する米軍の日本本土爆撃に対抗するために不可欠な兵器として開発が急がれました。
ただし、当時世界最先端のこのレーダー装置は、随所に未知の高い技術が用いられ、ドイツとの工業技術のレベルの違いを痛感させられました。

それでも日本人技術者は、物資の不足に加え空襲の脅威が迫るなか努力を続け、終戦間際に試作品を完成させ、実際にB29爆撃機の撃墜に成功したといわれています。
しかし、ウルツブルグの実用量産がかなわないうちに終戦となり、これらの製品と図面はほとんど処分されました。

日本人の手によるレーダー開発はこうして幻となりましたが、その過程でもたらされた電子管やパルス発生の技術は着実に継承され、今日ある「電子立国日本」の礎を築きました。

「Me262」はメッサーシュミットジェット戦闘機です。
この設計図は、完全な形で日本に届けられませんでしたが、1944(昭和19)年からこれらの設計図を基に、陸軍は「火龍(かりゅう)」というジェット戦闘機(最大速度時速852キロ、30ミリ機銃2門、20ミリ機銃2門装備、800キロ爆弾搭載可能)を、海軍は「橘花(きっか)」(ターボジェットの推進力不足から爆弾搭載型のみ試作)を製造しました。
「橘花」は最終的には特攻兵器として開発が進められましたが、戦後、わが国の飛行機生産技術に貢献したジェット機となります。
606.名無しさん:2020年01月28日 00:56 ID:5P0SP5330▼このコメントに返信
※605
高射砲の話が出たので・・・

九九式八糎高射砲は、1941年(昭和16年)に準制式制定された日本陸軍の高射砲である。
1937年(昭和12年)に南京郊外の江陰砲台で【クルップ製8.8 cm SK C/30を鹵獲し克式八糎高射砲の名称を与え使用していた】が、性能が手頃であったため1938年(昭和13年)から模倣国産化に向けて審査に着手した。結果、照準具以外はそのままとすることにし、1939年(昭和14年)にデッドコピー版3門が国産された。
【当初はクルップには無断で進められたが、】1940年(昭和15年)に日独伊三国軍事同盟が締結された後、ライセンス料が支払われた。その後大津川射場にて試験の後、1941年(昭和16年)陸軍防空学校にて供試の結果、実用性を認められ、ただちに準制式の制定となった。
(中略)
構造が簡明で製作にも技術的にあまり高度なものを必要としなかったため、準制式ではあったが1942年(昭和17年)から1945年(昭和20年)にかけて500門以上[3]、一説には1000門近くが生産され、八八式七糎半野戦高射砲に次ぐ生産数を達成し本土防空戦では高射砲部隊の主力を担った。

レーダーも高射砲もドイツ頼りしかも無断でパクるとかw
607.名無しさん:2020年01月28日 01:10 ID:PicmFSRW0▼このコメントに返信
日本はドゥーリトル隊空襲後
防空戦力の強化を目指し、関東 中阪 北九州地区の
高射砲戦力を現行の500門から1900門増加に決定した
だが 終戦直前の1945年4月当時の高射砲配備状況は
820門に過ぎなかった。

本土防空の先達であるドイツの高射砲戦力と比較すると、
1942年の同時期で重高射砲は5170門
1945年1月には12969門(日本820門)
最大射程は9千から1万2千メートルの性能があった
日本は最大射程が9千メートルが限界だった。
608.名無しさん:2020年01月28日 01:13 ID:PicmFSRW0▼このコメントに返信

(ダイムラー・ベンツ DB601A)
DB 601は、ドイツのダイムラー・ベンツ社で開発・製造された航空機用液冷V型12気筒エンジン。
第二次世界大戦において、ドイツ空軍のBf109に採用されたほか、イタリアのアルファ・ロメオ社、
日本の川崎航空機および愛知航空機においてそれぞれライセンス生産され、イタリアのMC.202、日本の三式戦闘機など枢軸国側の航空機にも採用された。


彗星艦爆のエンジンはDB601の劣化コピー
99式艦爆はドイツのハインケル社からの技術供与
なしには完成しなかったねぇ

609.名無しさん:2020年01月28日 01:14 ID:PicmFSRW0▼このコメントに返信
日本海軍は1930年頃、急降下爆撃への興味を抱いた。それはアメリカとドイツで先行していたこの爆撃方法による高い命中精度を知ったことが大きく影響していた。
洋上に浮かぶ小さな目標である艦艇の攻撃に、この急降下爆撃が利用できると判断したからだった。

 そこで空技廠6試特殊爆撃機、7試特殊爆撃機、中島飛行機8試特殊爆撃機での経験を経てから、
ドイツのハインケル社に対し日本向け急降下爆撃機He50を愛知時計電機が発注。そしてその改良型のHe66を国産化するとともに小改修を施して、愛知94式艦上軽爆撃機(1936年に94式艦上爆撃機と改称)が開発された。同機は日本初の艦上急降下爆撃機として1934年に制式化され、2年後の1936年になると、発展改良型の96式艦上爆撃機が造られた。

 同じ1936年、11試艦上爆撃機の競合試作が中島と愛知の間で始まったが、納期に遅れが生じたため中島が脱落。ハインケルHe70を参考にして設計を進めた愛知の機体が、1939年に99式艦上爆撃機として制式化された。
610.名無しさん:2020年01月28日 01:29 ID:S1e7cwfh0▼このコメントに返信
柳田邦男氏著の『零式戦闘機』。

零戦の主任設計士だった堀越二郎氏を始め
当時は技術後進国だった日本の若い航空技術者たちが、
資金不足、材料不足というハンディを乗り越えながら
零戦を開発していった過程を克明に記録した
ノンフィクション。
その本によれば、三菱航空機に入社して2年目の堀越氏は、ドイツのデッサウにアパートを借りてユンカース社の技術を学ぶ。
ユンカース社は第一次世界大戦のときにすでに
ジュラルミン製の翼を持つ飛行機を開発していた。
ただし、その金属翼の外板は、強度を持たせるためにトタン板のように波打っていたとその本にある。
そしてその古い飛行機に付いているエンジンには、
バイエルン発動機製作所の、ブルーと白と黒の、
ドイツが誇る高級車の、あのマーク。
BMWはこんなに前からエンジンを作っていた。
堀越氏は、ユンカースから学んだことも生かして
設計制作チームの仲間と共に零戦を作り上げる。

611.名無しさん:2020年01月28日 01:31 ID:S1e7cwfh0▼このコメントに返信
距離 100m 200m 300m 400m 500m 600m 700m 800m

日本(チハ 57mm戦車砲)貫徹力 30mm 28mm 27mm 25mm 23mm 22mm 20mm 18mm
ドイツ(Ⅱ号 20mm機関砲 )貫徹力 40mm 38mm 36mm 33mm 31mm 29mm 27mm 24mm
ソ連(BT7 45mm戦車砲)貫徹力 70mm 68mm 65mm 63mm 60mm 58mm 56mm 53mm

「この表を見てもわかるように、チハの九七式57mm戦車砲はドイツの訓練用戦車の20mm機関砲にも対戦車能力が劣るのです。なぜ57mmが20mmに劣るのか?その鍵は弾頭強度にあります。日本は冶金技術が低すぎたために徹甲弾であっても目標に着弾すると弾頭が砕け散ってしまうのです。装甲の薄い戦車というのは装甲板に表面硬化処理を施しているため、たとえ相手が軽戦車であったとしても、よほど近距離から側面などの弱点を狙わない限りはチハの主砲では撃破は困難だったのです。だから対歩兵用の短砲を装備していた時点でこの時代に開発された主力戦車の中でも三流なのです。第一次大戦の終結後、装甲車両の技術力は飛躍的に向上し、戦車は戦場での直接的な脅威となり得るようになったため、世界各国は自軍の主力戦車に当然のことですが、対戦車能力を期待するようになりました。ソ連のBT、ドイツのⅢ号、イギリスの巡航戦車、フランスのソミュアS35・・・・チハと同年代の設計戦車の多くは、対戦車戦闘を一応はこなせる事を想定してある優秀戦車です。近代戦車の必要条件を無視して、「戦場の主役は歩兵だ!」などと旧態依然とした考えがまかり通るようでは近代的な軍隊と言えません。
612.名無しさん:2020年01月28日 01:34 ID:S1e7cwfh0▼このコメントに返信
ノモンハンの小競り合いで
160機程度失ったら壊滅状態となった陸軍航空隊w
戦車も砲兵も数が少なく、それすら
損失を恐れて歩兵を取り残して早期撤収
に・げ・たw

大粛清直後のロシア軍にすら勝てなかったなw
負けたのに「こっちは7千、あちらは9千 2千程度損害が
多い」ってぐらいで満足してるとは
実にショボい スケールがみみっちいねw

独ソ戦の巨人同士の戦いを隅っこで震えて見てる
野ネズミに等しい🇯🇵🐭
613.名無しさん:2020年01月28日 01:52 ID:.5zWkxDK0▼このコメントに返信
※ 610

宮崎駿「CUT」(ロッキング・オン/9月号)のロングインタビュー

  「今、零戦の映画企画があるらしいですけど、それは嘘八百を書いた架空戦記を基にして、零戦の物語をつくろうとしてるんです。神話の捏造をまだ続けようとしている。『零戦で誇りを持とう』とかね。それが僕は頭にきてたんです。子供の頃からずっと」

「相変わらずバカがいっぱい出てきて、零戦がどうのこうのって幻影を撒き散らしたりね。戦艦大和もそうです。負けた戦争なのに」
宮崎がここで挙げている「零戦の物語」というのは、どう考えても人気作家・百田尚樹の原作で、映画も公開される『永遠の0』のことであろう。

 「戦後アメリカの議会で、零戦が話題に出たっていうことが漏れきこえてきて、コンプレックスの塊だった連中の一部が、『零戦はすごかったんだ』って話をしはじめたんです。そして、いろんな人間が戦記ものを書くようになるんですけど、これはほとんどが嘘の塊です」
もちろん、自身が『風立ちぬ』で基にした零戦設計者・堀越二郎の戦争責任についても堀越の著書である『零戦』
から言及。
「堀越さん文章っていうのは、いろんなとこに配慮しなきゃいけないから、本当のことは書かないんだけど、戦争責任はあるようだけれども自分にはないと思うって書いています。面白いでしょう? 僕はこの人は本当にそういうふうに思った人だと思います」
「僕は思春期の頃、親父と戦争協力者じゃないかってもめた経験があるんですけど。そうやって断罪していくと、ほとんどの人が戦争協力者だと言わざるをえない。
職業をもつということは、どうしても加担するという側面を持っている。それはもうモダニズムそのものの中に入ってるんだと思ってるんです」と、到底美談では語れない戦争の加害性について論及している。
614.名無しさん:2020年01月28日 01:58 ID:.5zWkxDK0▼このコメントに返信
>>610
堀越はドイツに足を向けて寝れないね全く😙
615.名無しさん:2020年01月28日 01:59 ID:.5zWkxDK0▼このコメントに返信
>>613
宮崎駿に批判されてるぞ朝寝夜起き太郎😁
616.名無しさん:2020年01月28日 03:17 ID:HgCU.uVE0▼このコメントに返信
>>561
初期に生産されたI号戦車、II号戦車の車体前面装甲は13mmしかなく、小銃弾に耐えられる程度だったのに対し、I号戦車F型、II号戦車J型の車体前面装甲は80mm、側面でも50mmにもなりました。当時ドイツが主力にするべく生産を急いでいたIII号戦車の車体前面装甲は50+20mm(1939〈昭和14〉年のポーランド戦訓で20mm装甲板が急遽、追加取り付けされた)、IV号戦車D型の車体前面装甲は30+30mm(同じくポーランド戦訓で追加)だった時代です。

 80mmといえば中戦車に分類されるV号戦車パンターの車体前面装甲と同じですので、その重装甲ぶりが分かります。装甲が厚くなって砲塔が大きくなったため、I号戦車F型、II号戦車J型ともに車体上部に乗員が出入りするハッチを設けることができず、側面に円形ハッチが備えられています。
617.名無しさん:2020年01月28日 09:00 ID:TnlkJDyZ0▼このコメントに返信
※599
WW1でもWW2でもそれやったからドイツは負けたんだろ。
618.名無しさん:2020年01月28日 09:05 ID:TnlkJDyZ0▼このコメントに返信
※600
当のソ連が「単純な数だけでも4:1なのに損失数においても我々は優越していた。死傷者数は膨大。勝った勝ったってただのプロパガンダじゃん」といっているのが「まともに勝った」というらしい。
619.名無しさん:2020年01月28日 10:20 ID:Smg9DuEh0▼このコメントに返信
補給のダメさ加減ではいい勝負だな
沿岸部に限定すれば結構いい試合になるやもしれんて
620.名無しさん:2020年01月28日 10:41 ID:TnlkJDyZ0▼このコメントに返信
※602
その通り。だから欧米においてWW1,2,連合枢軸問わず戦争中にそれら関する技術レベルが急激に発展したと。反対に日本の場合は周辺国にそういう国や地域がないのでそこまで発展しなかった、できなかった。

WW1では主戦場ではなかったので問題はなかったWW2(太平洋戦争)ではその弊害が出た

逆に言えばそれがなければ軍縮規制明けの開戦初期のドイツは戦争に関する技術は停滞や衰退しているし、仮にあってもそれを生産・運用するバックボーンがない…のをヒトラーが無理無茶無策の金策と軍拡のおかげで数はそろえることができた軍隊であると。

で、今は「両国とも対戦初期の戦力として」である以上、さてどうなるの、というお話にフランスとかどうとか言われても困るんですがね。
621.名無しさん:2020年01月28日 12:09 ID:TnlkJDyZ0▼このコメントに返信
※612
だからその逃げた相手にまともにけてないソ連軍って何なんだ?という話。

独ソの巨人って独ソ戦があそこまでぐで具でになったのは見方換えれば軍縮や規制の病み上がりのドイツと粛清しまって機能不全のソ連との泥仕合とも取れるけど。
622.senkansukey(´・ω・`):2020年01月28日 12:24 ID:iqXmmbp.0▼このコメントに返信
ビスマルク級に関して、
砲塔防御がボール紙程度しかないけど、ぶっちゃけ欧州戦艦全て段ボール程度なので五十歩百歩で全般的に不足している。

船体防御に関して、垂直側は320㎜~水平装甲端部の110㎜を経由するコースなら10㎞台の16インチ砲にすら耐えられるが、これは落角的に20㎞未満の接近戦でないと起こり得ず、これ以遠は薄い170㎜程度の上部装甲帯を経由するルートになるので耐えられない。

水平装甲側は、80㎜+50㎜は110㎜程度の一枚板換算で、一応自艦主砲基準なら26㎞近辺では耐えられる為まずまずだが、他の15インチ級の欧州戦艦にはもっと近くから抜かれるので総じて足りていない。
航空爆弾に対しては、50㎜が対爆甲板でありここで起爆させ80㎜で耐えるようになっており、800㎏爆弾に耐えた実績はある。

ただ、水平装甲の装備位置が下甲板なので、上記の水平・垂直装甲共にマトモに守れるのは機関部のみだ。
623.名無しさん:2020年01月28日 16:52 ID:b8ekNF.R0▼このコメントに返信
>>621
泥仕合って日中戦争の事やんw
624.名無しさん:2020年01月28日 17:02 ID:MgHhjFUp0▼このコメントに返信
>>619
ドイツはスターリングラードを除いて
餓死者続出って話はないなぁ
日本はガダルカナル、ニューギニア、レイテ、
ルソン、飛び石作戦で置いてかれた南洋の島々と
餓死病死が6割に達したけどね。
陸続きのインパールも餓死者続出だし
アメリカに比べれば自動車化は遅れるにせよ
ドイツ陸軍のトラックやハーフトラックの生産量や配備量は日本と隔絶してるわ
625.名無しさん:2020年01月28日 17:11 ID:Tbh.n71U0▼このコメントに返信
>>621
勝ってますよ。戦略目標を達成し、
日本の北進論を諦めさせて、南進論に舵を切らせたわけだから大勝利。
さらにそれが、対米開戦、
アメリカの対枢軸参戦につながる遠因となるのだから
非常に重要な分岐点だったわけだ。

626.名無しさん:2020年01月28日 17:34 ID:ExixiFmI0▼このコメントに返信
初期に生産されたI号戦車、II号戦車の車体前面装甲は13mmしかなく、小銃弾に耐えられる程度だったのに対し、ポーランド戦の戦訓から、I号戦車F型、II号戦車J型の車体前面装甲は80mm、側面でも50mmにもなりました。

80mmといえば中戦車に分類されるV号戦車パンターの車体前面装甲と同じですので、その重装甲ぶりが分かります。装甲が厚くなって砲塔が大きくなったため、I号戦車F型、II号戦車J型ともに車体上部に乗員が出入りするハッチを設けることができず、側面に円形ハッチが備えられています。機関砲を積んだ訓練戦車にさえ、チハの優位は
一過性のものだったです。太平洋戦争中の日本軍最強戦車はアメリカから捕獲した軽戦車だった。
627.名無しさん:2020年01月28日 18:22 ID:TnlkJDyZ0▼このコメントに返信
※625
そんな寝言いわれてもなぁ。

本気で北進論があるのでしたらノモンハンで主力部隊を撤退させるわけないんですが。

だいたい、中国戦線抱えているからノモンハンがあろうとなかろうと新たに対ソ戦線を開いてどうするのかと…。


南進にしても対米関係の悪化と資源の確保が目的であって積極的に南進したくてしたわけでもない(というかそのための泥縄政策)

それとも、ソ連は陸軍の仮想敵国=絶対に戦争しなきゃいけない国とでも思っているのでしょうか?

>アメリカの対枢軸参戦につながる遠因

それってドイツがトチ狂ってソ連と戦端を開かなければ発生しない要因なんですがね…。

後、参戦前からFDRは連合国寄り。で、欧州戦線に参加するために独ソ戦で外交的バックボーンである両国がドンパチ初めて、対中国戦線というを抱えている…といういちゃもんつけやすい日本にケンカを売りだしただけで。

628.名無しさん:2020年01月28日 18:50 ID:TnlkJDyZ0▼このコメントに返信
※624
>ドイツはスターリングラードを除いて
餓死者続出って話はないなぁ

単にそこまで追い詰められる前に撃退されただけだぞ(笑)

というよりも陸続きだか補給は容易だし、後退しようと思えばいくらでもできた=戦況が不利になったり、補給がなくなれば引き上げればよかった、という話でもある。実際に日本軍でも大陸方面では似たようなもの逆に玉砕や餓死者が出た戦線はそれらが難しい所であったと。

さらに言えば陸続きで日本の戦線と比べて距離がはるかに短い、しかも後退しようと思えばいくらでもできるのに餓死者出るまで戦いましたとかのほうが問題なのでは…補給だけではなく戦争計画とかその他もろもろの面で。

>ドイツ陸軍のトラックやハーフトラックの生産量や配備量は日本と隔絶してるわ

周辺国や占領地が工業地帯なのでいくらでもかき集めようと思えばできたドイツとそのような地域は本国だけの日本を比較してもね。
で、このスレは開戦初期にそれできたのか?という話なんだが。
629.名無しさん:2020年01月28日 19:02 ID:TnlkJDyZ0▼このコメントに返信
※625
それらの北進だか南進だかは根本的にスターリンがノモンハン前後でドイツと開戦することを決定していたとかならわかるけど…

これから一緒にポーランド侵攻したり、別口でフィンランド攻撃したり、愛しのドイツに「バルカン半島や日本と一緒に英国の植民地を分割しようぜ」とラヴコール送ったり、奇襲されても「これはヒトラーの命令ではないドイツ軍の独断に違いない!」と言い放ったスターリンが、ドイツとの戦争をノモンハンの時点で決めいていたとかいうのであればね。
630.名無しさん:2020年01月28日 21:40 ID:QCBXHXSt0▼このコメントに返信
※586
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿ID:cS.oypfR0
脳と遺伝子が劣等な屑民族。

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
631.名無しさん:2020年01月28日 21:41 ID:QCBXHXSt0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
632.名無しさん:2020年01月28日 21:42 ID:QCBXHXSt0▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
633.名無しさん:2020年01月28日 21:44 ID:QCBXHXSt0▼このコメントに返信
※474
ベルリン-モスクワ間の距離は東京-南京よりも近いよw

その倍以上もあるビルマやインパールを挙げてるガイジを叩いてるだけ。
日本軍が遠征したのはベルリンから見たオムスクより遠い地点だらけだぞ。

ベルリン-スターリングラードなんて、東京から見た香港より近いw
634.名無しさん:2020年01月29日 19:06 ID:YZUpe3rB0▼このコメントに返信
東京-南京間においては、交戦意欲もない
国民党軍や共産匪賊を討伐する
簡単なお仕事です。
日本軍はそれすら何度も包囲に失敗して取り逃してます。

独ソ国境には300〜400万のソ連の大軍が配置されており、強力な陣地帯、数千の戦車と火砲と航空機が待ち構えている。国境地帯に展開したソ連軍だけで
太平洋戦争開戦時の日本陸軍総兵力を凌駕している。
戦車、火砲、航空機数もそう。

東京から香港なんて日本側からすれば、大半が大海原の航海、陸側からの攻略に至っては、国境を突破すれば
香港までは目と鼻の先なんですけどね?
激戦に次ぐ激戦の末に勝ち取ったドイツの版図に対して、
大半が単なる移動で稼いだ日本の進出距離に
対等の価値はありませんw



635.名無しさん:2020年01月29日 19:29 ID:xMKGVgHt0▼このコメントに返信

>というよりも陸続きだか補給は容易だし、後退しようと思えばいくらでもできた=戦況が不利になったり、補給がなくなれば引き上げればよかった、という話でもある。
インパールの日本軍の話ですか?w

補給が難しい茫漠たる大洋の島々に兵隊を送るだけおくって、見捨てておいて、餓死病死玉砕が常態化
それでいて「見ろ!ドイツの版図よりデカイだろw」とか頭が沸いているんだろうか。
636.名無しさん:2020年01月29日 19:47 ID:rsMeRbTp0▼このコメントに返信
戦前(1938年)の各国1人あたりGDP(1990年米ドル換算)
・アメリカ 6134ドル ・イギリス 5938ドル
・ドイツ 5126ドル フランス 4424ドル
・イタリア 3244ドル・日本 2356ドル ソ連2150 ドル

1937年当時 各国工業生産シェア
・アメリカ 32% ソ連19% ドイツ11%
・イギリス9%・フランス 5%・日本4%

1938年当時 各国軍事費(アメリカを100として)
・ドイツ 656・ソ連 480・イギリス 165
・日本154・フランス 81・イタリア66

まず 目につくのは日本の国力の低さである。
日清戦争時でも 日本の国力は清より下ではあった。
が 当時 清でも真面目に戦っていたのは李鴻章の勢力と北洋水師など であり総力戦の色彩を帯びていなかった。
一方 日中戦争は日本も国家動員令を制定したり 中国側も国共内戦の一時停戦に代表される 総力戦としての色彩が大変強かった(1940年当時の日本の軍事費はGNP比17%という水準であったと言う)
総力戦で重要なのは ずばり「国力」経済力 つまりは生産力であるから、日中戦争は総力戦になった時点で勝ち目が薄い戦争であったといわざる得ない
637.名無しさん:2020年01月29日 23:02 ID:N4v0bcOQ0▼このコメントに返信
※586
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿ID:cS.oypfR0
脳と遺伝子が劣等な屑民族。

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
638.名無しさん:2020年01月29日 23:03 ID:N4v0bcOQ0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
639.名無しさん:2020年01月29日 23:03 ID:N4v0bcOQ0▼このコメントに返信
チハの装甲が25mm

ドイツ軍3号戦車の装甲が15mm
640.名無しさん:2020年01月29日 23:03 ID:N4v0bcOQ0▼このコメントに返信
※474
ベルリン-モスクワ間の距離は東京-南京よりも近いよw

その倍以上もあるビルマやインパールを挙げてるガイジを叩いてるだけ。
日本軍が遠征したのはベルリンから見たオムスクより遠い地点だらけだぞ。

ベルリン-スターリングラードなんて、東京から見た香港より近いw
641.名無しさん:2020年01月30日 00:19 ID:JZNeNM4r0▼このコメントに返信
じゃあもう結論な

大日本帝国という基地外国家に憧れる奴は
ガイジのウヨニートだけでしたw。

642.名無しさん:2020年01月30日 06:54 ID:UBE9f6Eh0▼このコメントに返信
※586
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿ID:cS.oypfR0
脳と遺伝子が劣等な屑民族。

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w
643.名無しさん:2020年01月30日 06:55 ID:UBE9f6Eh0▼このコメントに返信
特亜猿の最強兵器・・・弁当爆弾

日本人なら中学生でも作れそうな物を作るのに十数回も失敗を繰り返してやっと完成させた
644.名無しさん:2020年01月30日 06:55 ID:UBE9f6Eh0▼このコメントに返信
※474
ベルリン-モスクワ間の距離は東京-南京よりも近いよw

その倍以上もあるビルマやインパールを挙げてるガイジを叩いてるだけ。
日本軍が遠征したのはベルリンから見たオムスクより遠い地点だらけだぞ。

ベルリン-スターリングラードなんて、東京から見た香港より近いw
645.名無しさん:2020年01月30日 06:56 ID:UBE9f6Eh0▼このコメントに返信
中韓猿はモンゴル帝国に支配されたからブサイクで遺伝子が劣る。
抵抗したり脅威になりそうな勇敢で頭が良くて容姿の良い奴はことごとく虐殺されて「こいつらは残しておいても怖くない」とスルーされた残り滓が、モンゴル人にレイフ゜で増やされた家畜奴隷の末裔が中韓猿。

日本人とは根本的にレベルが違う。

646.名無しさん:2020年02月02日 16:21 ID:nyQEJ8Rt0▼このコメントに返信
日本が負けます。
647.名無しさん:2020年02月03日 16:26 ID:euGpVtdR0▼このコメントに返信
※645
以上
日本人にも韓国人にも劣る人間の屑のコピペでしたw
648.名無しさん:2020年02月06日 03:12 ID:7Mnlt6NH0▼このコメントに返信
中韓猿ID:euGpVtdR0はモンゴル帝国に支配されたからブサイクで遺伝子が劣る。
抵抗したり脅威になりそうな勇敢で頭が良くて容姿の良い奴はことごとく虐殺されて「こいつらは残しておいても怖くない」とスルーされた残り滓が、モンゴル人にレイフ゜で増やされた家畜奴隷の末裔が中韓猿。

日本人とは根本的にレベルが違う。
649.名無しさん:2020年02月07日 19:38 ID:CTS1xez50▼このコメントに返信
※648

以上
日本人にも韓国人にも劣る人間の屑のコピペでしたw

650.名無しさん:2020年02月17日 15:20 ID:PtdvaekB0▼このコメントに返信
中韓猿ID:CTS1xez50はモンゴル帝国に支配されたからブサイクで遺伝子が劣る。
抵抗したり脅威になりそうな勇敢で頭が良くて容姿の良い奴はことごとく虐殺されて「こいつらは残しておいても怖くない」とスルーされた残り滓が、モンゴル人にレイフ゜で増やされた家畜奴隷の末裔が中韓猿。

日本人とは根本的にレベルが違う。
651.名無しさん:2020年02月17日 15:21 ID:PtdvaekB0▼このコメントに返信
ガイジ顔の劣等民族畸形チォン猿ID:CTS1xez50
脳と遺伝子が劣等な屑民族。

弁当爆弾すら作れず中国人に依頼w

お名前