2020年01月24日 10:05

戦艦大和が現代の技術でも造れないっておかしくね?

戦艦大和が現代の技術でも造れないっておかしくね?

yamato

引用元:戦艦大和が現代の技術でも造れないっておかしくね?
http://hayabusa.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344310095/

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:28:15.11 ID:DV615g6S0
いくらなんでもこれは嘘だろ

2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:28:41.66 ID:Oik1uBTb0
なんでつくれねーの?

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:29:50.98 ID:IAzJBOgU0
造る必要がなくなったものは造れなくなって当然だろ

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:29:52.49 ID:3vX7lh1g0
やる気が無いだけ

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:30:16.34 ID:0OcwAorI0
だって、空母作った方が有用だもん

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:30:46.46 ID:jBr0TWCw0
で、予算はどこから?

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:30:51.46 ID:8NscDa/90
大和を造れる広さの工場がない

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:30:55.09 ID:DV615g6S0
なんか造るための技法が失伝してて無理らしいんだよ

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:32:54.04 ID:GaGPtOB30
>>11
それは大和を100%再現するのがムリなだけで
同型を造ろうと思えばできるだろ

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:34:49.45 ID:DV615g6S0
>>17
オレが聞いた話によると主砲は無理らしい

61: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:46:06.93 ID:vXYXqCahO
>>24
主砲作った旋盤は残ってなかったか?

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:46:43.08 ID:4KLWcH8Y0
>>61
どこぞのホテルの展望台レストラン

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:32:34.66 ID:1vEbYeIB0
技術的には可能でも予算的に無理やろ
ピラミッドしかり

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:33:05.73 ID:vovOOMyM0
真面目に復元しようと思う研究者がいればどうとでもなりそう

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:33:47.82 ID:7kQH3z4mi
まあ作る必要がないだけだと思うけどね

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:34:14.07 ID:kR/xrc/V0
むっちゃくちゃ金掛かるけど

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:34:19.62 ID:7u87O1ag0
主砲は作れない

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:35:57.72 ID:e7mfoHpe0
現在では、昔の切れ味がいい日本刀は作れないんじゃなかった?
失われた技術って結構あるだろうな

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:38:03.93 ID:p7k6hjNMO
>>26
刀は鍛冶屋の腕だからなぁ……

大和は金銭面と法律で作れないって言われてるだけ

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:36:24.60 ID:nqUsK5ZA0
イージス艦作る方がいい

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:37:45.96 ID:cFGUptd6O
製鉄とか組み合わせの精度が
今の技術じゃ無理ってだけ
違う素材を使っていいなら
同等の性能のものは造れる

35: 屑野郎 ◆5vKUZU3O.Y 2012/08/07(火) 12:38:03.23 ID:FeRa+8XVP BE:2009880094-2BP(2777)
でも大和の大きさでそれ以上のスペックの大型艦は作れるだろ?
大和の主砲よか破壊力や制度の高い主砲とかさ。
中身だって今の技術なら軽く強くで広くできそうだし。

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:40:08.94 ID:ya0oBthQ0
>>35
作れないって。場所はどこで作るのさ。
場所から用意しないとダメ。

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:38:05.45 ID:XgT5ZtPE0
主砲が無理ってだけで船自体はできるんちゃう

40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:39:23.56 ID:kR/xrc/V0
まあアメリカなら作れるだろうよ

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:39:44.41 ID:gQ6Tfsdh0
主砲だろ。
ただ今の技術で作った方が精度もコストも上。

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:40:37.87 ID:GF6s5g5D0
まあ今の時代に戦艦つくっても
爆撃機や潜水艦のミサイルですぐ沈められちゃうからな

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:41:31.66 ID:VaV4TegW0
>>46
やっぱりヤマトみたいに飛ばないとな

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:40:45.65 ID:DV615g6S0
つまり金があればつくれるでおk?

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:43:42.09 ID:RgY12/a70
いずれ戦闘機も無用の長物になり
人間が戦争するのもなくなるんだろうなあ

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:46:16.88 ID:xWzbO7er0
アスロックと
スタンダードミサイルでも
副砲無くして空いたところにVLSで置いて
機関砲と機銃全撤去してあったところにCIWS6基くらい置いて
主砲は一応積んどく
最終換装でサイドについた砲の位置に76㍉速射砲

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:46:26.42 ID:OYCfki9z0
戦艦は男のロマンだよな

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:49:02.41 ID:j5061j760
余裕で作れる、ただ作る理由が無いだけ

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:51:26.48 ID:MdIZHctF0
造るための専用の規格の機械がないだけだよ
機械から作れば造れるけどそんな必要性も金もないから造らないだけ

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:54:37.93 ID:phBNwQLK0
爆弾と魚雷のでかい的

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 12:59:16.38 ID:9ZKOQLig0
戦艦vs戦艦っで主砲直撃ってありえたのかね
当たらんだろあんなん

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:02:15.45 ID:SrHCdne90
ビスマルク フッドでぐぐるんだ

104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:04:32.93 ID:9ZKOQLig0
当てたのかすげーな
でも基本当たらんよな

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:06:56.65 ID:5bV53GGz0
>>104
威圧感で攻撃する

114: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:17:48.46 ID:9ZKOQLig0
1/1スケールは無理としてもさ
1/10スケールで戦艦山ほどつくって、主砲もちゃんと実弾撃てるのつくって
沈むまで撃ちあわせたら超楽しくね
100億くらいもってたら実現したいわ

120: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:27:36.57 ID:5/zXqUtB0
ざっと見て現代技術なら同性能のレプリカなら作れると
予算とかその辺は別として

123: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:34:24.72 ID:JqxkxmWG0
数兆円かかるのに特に使い道ないし作る必要がなくね?

126: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:40:01.62 ID:dzlc0G410
よく職人がいないから大和が作れないという人がいるが
大和以外の戦艦はどう思ってるんだろうな
扶桑とか山城とかサウスダコタとか
ありとあらゆる戦艦が作れないと思っているんだろうか

137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 13:58:07.06 ID:m22e3II50
主砲が今じゃ作れないとかだっけ
さすがに当時のハッタリだろ

138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:02:51.26 ID:cYzLiByci
>>137
作ろうと思えば作れるが作るための機械の設計からになるから膨大な費用がかかる
もし作っても対費用効果がダメダメだから誰も作ろうとしない→作れない
が正解かな

148: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:26:39.11 ID:EDCpRO5S0
自衛隊の潜水艦だって職人が居なくならないように2つの造船所が交代で一隻づつ
つくってる。半世紀以上作ってないものはよほどのことが無いと作れる人がいなくなる。

150: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:30:32.48 ID:DV615g6S0
結局「技術的」に無理なのか「資金面的」に無理なのかどっちなんだ?

153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 14:35:29.32 ID:cYzLiByci
>>150
現代の技術で作るなら金さえあれば不可能では無いと思う

172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 15:27:52.59 ID:xmrawgLC0
「昔の技術で作れたんだから現在の技術で作れないわけないだろwwwwww」
と思うだろうが技術は簡単に失伝する
アメリカが空母作り続けるのも技術継承のため
一旦やめたらまた一からノウハウ積み上げなきゃいけない
戦艦の主砲っていう現在の技術とあまり似通った部分の少ない技術はなおさら
当時のやり方で当時の品質を再現するならなおさら厳しい
やってみれば不可能ではないだろうけど想像以上にハードル高いよ
日本の航空産業が亀の歩みなのを見ても明らか

198: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:08:09.58 ID:j2XI8MDQO
今、戦艦大和を作ろうとすると北海道新幹線を新青森から札幌駅まで全線開通できるほどの費用や人員がかかる
当時の1億4287万は現在に換算すると約2600億~3040億円程度になる

ちなみに飛龍型航空母艦が一隻約4000万円以上(今なら800億ぐらい)

206: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:23:37.83 ID:d7BavpP80
現代戦において戦艦の必要性ってあるの

212: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/07(火) 16:39:28.98 ID:cBSu6/HY0
>>206
ない
戦艦の主任務は、艦砲射撃による対地攻撃
ミサイルと航空機の発達で、戦艦の必要性はなくなった

しかし、レールガンが実用化されたら、戦艦は復活するかもしれん
レールガンなら遠くへ攻撃できるし現在なら砲弾を衛星誘導などで精密射撃できる
ミサイルは高価なので砲弾が遠くへ精密に飛ばせれば有効な兵器になるだろう

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年01月24日 10:08 ID:WW80St0P0▼このコメントに返信
ピラミッドも造れないらしいな‼️
2.名無しさん:2020年01月24日 10:10 ID:WW80St0P0▼このコメントに返信
アポロ計画のサターンロケットも造れないらしいな😅
3.名無しさん:2020年01月24日 10:11 ID:swmnP2wb0▼このコメントに返信
大和以外にも失われた技術なんてゴマンとあるぞ、必要とされない技術は淘汰されていくんだよ。今ならデータで残す事も出来るが大和型戦艦は軍事機密の塊だから、その多くが秘匿されていても不思議な事じゃない。
4.名無しさん:2020年01月24日 10:11 ID:tCvnNCLe0▼このコメントに返信
馬鹿文系のレトリック。
技術者を舐めるな。
5.名無しさん:2020年01月24日 10:12 ID:f0iMIISx0▼このコメントに返信
※2
それ以前に宇宙服自体も作れないとかいう話も
6.名無しさん:2020年01月24日 10:12 ID:VaVwjATc0▼このコメントに返信
戦艦 vs. 戦艦で主砲直撃だったらいくらでも事例が出てくるだろ……
あとフッドは巡洋戦艦だから、厳密には戦艦 vs. 戦艦の勝負に入らないと思う
7.名無しさん:2020年01月24日 10:13 ID:R0R5ZnFw0▼このコメントに返信
ダマスカス鋼みたいなもんだな
8.名無しさん:2020年01月24日 10:13 ID:XpWua.pM0▼このコメントに返信
プロジェクトという意味ではないかね
次は宇宙戦艦だからw
9.名無しさん:2020年01月24日 10:14 ID:nZxwYrSx0▼このコメントに返信
絶版プラモの金型が紛失してるから作れないようなもん
また金型から作れば作れるがそこまでやる金も
理由も無い
ていう話し
10.名無しさん:2020年01月24日 10:16 ID:SoJvTCTX0▼このコメントに返信
デカいだけの船は戦争開始3日目までには撃沈されて消えてしまうで 
イージス艦でもガンガン消耗するで
そこそこの国相手の戦争なら
11.名無しさん:2020年01月24日 10:16 ID:N2Hmw1lj0▼このコメントに返信
金さえあれば作れるし、むしろ当時より完成度が高くなる。船体もエンジンも砲塔も。
まぁ当時と全く同じ技術しか使ってはいけない、とかいう謎縛りがあれば別だが。
日本は工業で成長したので技術は失伝してないよ。
もちろん今のご時世に必要がないものを作るんだからそれなりの研究は必要だが。
本当の失伝というのはドイツ重工業みたいに産業自体をやめて技術者が引退してしまった場合。
12.名無しさん:2020年01月24日 10:17 ID:bE4FJlJN0▼このコメントに返信
机上での可否と現環境・現実的問題での可否がごっちゃになってないか?
13.名無しさん:2020年01月24日 10:17 ID:VaVwjATc0▼このコメントに返信
>当時のやり方で当時の品質を再現するならなおさら厳しい

今さら戦艦を造るなら、わざわざ当時のやり方を踏襲しないし当時より
優れた装甲材や構造材を用いるだろう

盾(装甲)より矛(対艦ミサイル、魚雷)の方がよっぽど強い現代において、
わざわざ造るメリットはないけど
14.名無しさん:2020年01月24日 10:18 ID:0.lXXjJQ0▼このコメントに返信
見た目は同じでも現代の鋼鉄を使えば高性能な別物になるからな
まず旧式の製鉄所から作る必要がある
15.名無しさん:2020年01月24日 10:18 ID:K67nKFI20▼このコメントに返信
主砲削り出した旋盤は残ってるけど2013年に老朽化で退役したって話だね
部品をもう作ってない、作ってないから製造装置も直せない、製造装置がないと作れない以下略
製造業だとよくある話
16.名無しさん:2020年01月24日 10:19 ID:SoJvTCTX0▼このコメントに返信
手に入らない鋼材もあるしな
製鉄所が昔の奴と違って同じものが作れないという意味ならな
作っても意味が無いという話は置いといてもだ
17.名無しさん:2020年01月24日 10:19 ID:RVHLdY200▼このコメントに返信
場所がないから作れないって言ってる奴。作る気になったら用意するに決まってるだろう。どこかって?そんなもん作る気になった奴に聞けよ。俺は作る気なんてないから知らんわボケ。
18.名無しさん:2020年01月24日 10:19 ID:.NTFo1My0▼このコメントに返信
厳密に言うと大和の主砲ね、船体は普通に今の護衛艦を装甲マシマシにすればすむ話
19.名無しさん:2020年01月24日 10:19 ID:Yv6j6oXm0▼このコメントに返信
昔の職人がやすりをかけると「ゴリ ゴリ」ってすごい音がして削れた
500X500の板をやすりかけしてまん中が0.01mmほど凹む
常温になるとそこがふくれてほぼ平らに
自分らの時代はフライスがあるからあのやすりかけの技術はなくなったね
20.名無しさん:2020年01月24日 10:20 ID:jaSOULZV0▼このコメントに返信
戦艦作って、他の通常兵器や装備が、帝国陸軍の独立守備隊レベルになるの勘弁w
そんな予算があるなら、原潜とか、超電磁砲にレールガン等、最新技術の兵器を
造れよ・・・ ・・・ガンダムでもいいぞw
21.名無しさん:2020年01月24日 10:21 ID:xjYu32pd0▼このコメントに返信
一から技術の研究開発と設備建設をしないといけないだけで、作れないってわけじゃない
22.名無しさん:2020年01月24日 10:21 ID:zOzkGAjW0▼このコメントに返信
てことはアイオワやミズーリ建造の費用も2000~3000億円規模?
それだけの費用が掛かったからこそ半世紀近くも働かせたのかあ…
23.じょん・すみす:2020年01月24日 10:22 ID:AaaPTmRk0▼このコメントに返信
装甲板の鋲接が出来る人が居ない、って話。
大和が使ってる装甲板は溶接が出来ないし、鋲接しないと
鋲の分だけ重さが変わる訳だし、その場合最悪
転覆する可能性がある。
って、昔なんかで読んだ記憶がある。
24.名無しさん:2020年01月24日 10:24 ID:6LIEjZkM0▼このコメントに返信
現実に予算と設備と職人さんそろえて、目標を具体的に設定して
試行錯誤OKで職人さんに頭下げて、予算と納期追加すれば可能
ぽっと出の口だけ番長が「戦艦大和作れる?」
なんて言っても拒否されるのは当然
25.名無しさん:2020年01月24日 10:24 ID:5N2.BGxY0▼このコメントに返信
技術って人にしか残らない
だから技術を知ってる人がいなくなればロストする
26.名無しさん:2020年01月24日 10:24 ID:52zMhN4.0▼このコメントに返信
そういえば、設計図とかの資料も残ってないんだっけ?
完全再現はどのみち不可能ってことか
同性能の戦艦なら作れなくもないだろうけど
27.名無しさん:2020年01月24日 10:24 ID:fz1h.lDM0▼このコメントに返信
一から再開発する金と時間があれば作れるよ。
28.名無しさん:2020年01月24日 10:25 ID:MruGEj020▼このコメントに返信
隠密軌道衛星大和、秘匿潜水艦やまと、はありそう。
29.いつもの:2020年01月24日 10:25 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
大艦巨砲主義に最後まで固執し続けたのが日本海軍
世界各国が条約明け後の航空戦に対応し、すべての新型戦艦が30ノット以上の速力をもつのに対し大和は26ノットという鈍足で、しかも世界の新戦艦が30ノット以上の高速艦だということを知らなかったという
対してアメリカは真珠湾で復旧した戦艦ですら30ノット出せるように改装した

副砲と高角砲を一本化している流れに逆らい別々に装備し、精神力ばかり重視し科学的な研究を怠った結果、電測装置の開発に大きく後れ機械的な機構でも古く劣った物しか出来なかった
たとえば、砲の装填装置はアメリカ戦艦は全自動で操作員は殆ど居ないのにたいし、日本の戦艦は砲弾を人力で運ばなくてはならなく、そのため砲弾は一度小さく分解して人力で運び、装填前に再び組み立てなくてはならない
照準装置もアメリカ戦艦がジャイロで波浪の揺れを消して安定させているのに対し、なんと日本の船では人間の手で装置を上下させているのだ
よくイメージされるのが、照準機を覗き込んだ射撃手がレバーを動かせばそれに合わせて主砲が動くという物だか大和の主砲の操作方法は、照準機を覗き込んだ射撃手が伝声管で砲塔にいる操作員に方位、仰角を伝える方式だった
こんな方法では、刻一刻と変化する目標に命中させられる訳が無いのだが、当時の日本人は不思議にも思わなかったのだ
続く
30.名無しさん:2020年01月24日 10:26 ID:xHsOGizL0▼このコメントに返信
石斧とか棍棒も当時のレベルのものは作れんのちゃう
31.名無しさん:2020年01月24日 10:26 ID:2h8GSJhf0▼このコメントに返信
日本刀とかもそうだけど、当時と同じ作り方は出来ないだけ。違う作り方で当時以上の物は、予算が有ればつくれる。
32.名無しさん:2020年01月24日 10:26 ID:FxrmJVrk0▼このコメントに返信
「作れない」と「作る必要がない」は別だよ。
33.名無しさん:2020年01月24日 10:26 ID:EnLhMdq50▼このコメントに返信
造れるよ
全く同じものが無理なだけ
34.いつもの:2020年01月24日 10:26 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
続き
船体強度も全く足りず、主砲の9門同時射撃が出来ないため、わざわざ発砲遅延装置を取り付け
衝撃を分散させようとしたがうまくいかず、結局9門同時射撃は禁止されてしまった

装甲の厚さは世界一だというが、戦艦の装甲は厚みではなく船体をどれだけ覆っているかという
装甲率で表されるのが正しい
大和は装甲率54%と世界の戦艦の中で最も低く、これは前級の長門型よりも低い数値なのだ
しかも水中防御に欠陥があり、武蔵攻撃でこれに気が付いたアメリカに徹底的に研究され片舷集中攻撃戦法を編み出されてしまった

日本海軍がようやく現状を理解した時には既に遅く、空母が全滅してからだった あわてて完成寸前だった信濃を空母に改装、4番艦も解体したが遅すぎ信濃は何の役にもたたず撃沈されてしまった

大和型は援蒋ルートを断ち切るための切り札として造られ、これにより大陸問題を致命的に拗らせる原因をつくりさらに、大和を造りたいと言うだけで条約をガン無視、対日感情を悪化させA級戦犯筆頭の存在となり、海軍の後れた思想のせいで大和型2番艦の武蔵は航空戦の時代に世界で最後に建造された戦艦という不名誉な船になってしまうことになった
35.名無しさん:2020年01月24日 10:30 ID:qJvsCig30▼このコメントに返信
※4
文系の中でも上位の馬鹿を代表扱いして文系のバカ率高いみたいな言い方しないでくんねぇかな…
理系でも応用効かないバカ居るだろうよ…
36.名無しさん:2020年01月24日 10:31 ID:FL4p.ekL0▼このコメントに返信
スペインのいまだに作りかけの教会も一度更地にしてから現代の工法でやれば早くできるらしいけど
そのままの状態で建設進めると現代の工法は使えないらしい
37.名無しさん:2020年01月24日 10:31 ID:wm3vQPew0▼このコメントに返信
当時の製法のままに再現すんのは無理やって話
38.名無しさん:2020年01月24日 10:31 ID:VaVwjATc0▼このコメントに返信
>>23
大和と同時代、大型艦を電気溶接で建造できるほどの引張強度下限と
溶接性並びに生産性(=希少な素材を使用しない)を兼ね備えた鋼材を
造れたのはドイツだけ(ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~navy77/page045.html)。

現代だったらもっと優秀な溶接性高張力鋼が利用できるから、リベ打ちなんて
やらんでしょ
39.名無しさん:2020年01月24日 10:32 ID:7uSqpENa0▼このコメントに返信
今の技術で中2病丸出しといってもいいくらい最新兵器満載のネオ大和作っても良いけど
ミサイルや対潜兵器やらヘリまで積んでも大和の主砲だけまったく出番無さそうな気がするぞ!
40.名無しさん:2020年01月24日 10:33 ID:zQguryDp0▼このコメントに返信
>>32
もう少し言うと、まずあれを作る設備を備えた造船所から作らなきゃならんというだけで「作れない」わけではない。
41.名無しさん:2020年01月24日 10:33 ID:qyNvH1hN0▼このコメントに返信
今は砲の数減らして弾丸たくさん積む時代
超々弩級戦艦にはロマン以外の物はない
余程快速でもない限り船は飛行機のいい的
42.名無しさん:2020年01月24日 10:34 ID:6Ptl6yMX0▼このコメントに返信
そんなもの作ってないで空母と戦闘機作って置けばよかった
43.名無しさん:2020年01月24日 10:37 ID:cVBT0aU.0▼このコメントに返信
こういう話題になるとすごく詳しい人がわらわら出てくるからすごいなぁってなる
44.名無しさん:2020年01月24日 10:37 ID:7uSqpENa0▼このコメントに返信
※42
実際作ってた(定期
説明必要だったら俺より詳しいひと誰かしてくれ
45.名無しさん:2020年01月24日 10:38 ID:ibhhYqOG0▼このコメントに返信
まあ「費用」の問題。
出来上って請求書を見たら
「なんで、こんな旧式に最新型が何式も買える金が掛かるんだ!」と怒り出す事、間違いなし
46.造れないよ:2020年01月24日 10:38 ID:YBTHFDt60▼このコメントに返信
戦艦大和が現代造れない
馬鹿々々しくて造れないよチットモ役に立たないんだから。
47.名無しさん:2020年01月24日 10:39 ID:R7AADXLy0▼このコメントに返信
電気溶接が普通になる前の時代だから、鋼板の固定もでっかい鉄鋲で行っていた。具体的には下で鋲を加熱してる職人さんが頃合いの色になった鉄鋲をぽいっと投げる。上に居る職人さんが手袋1枚でそれを受け取って冷めないうちに打ちこんでいくというスタイル。現代でこのレベルの職人さんをうん百人も養成したら艦を造るどころかその前段階で大変な予算が必要。
48.名無しさん:2020年01月24日 10:40 ID:kwNXNgwt0▼このコメントに返信
大型船自体はタンカーで作っているな当時よりでかい物つくれるだろう
49.名無しさん:2020年01月24日 10:40 ID:tB2Gy..F0▼このコメントに返信
※42
末期には搭乗員不足でドンガラ空母が幾つもあったの御存知無い?
50.名無しさん:2020年01月24日 10:40 ID:IwrNAqGQ0▼このコメントに返信
主砲は機械がもうないからつくれない
もし金が無限にあり、数十億とか数百億かかっていいならばはつくれるが
夜に敵を照らす、閃光灯の大型のガラスは
いくら金をかけても、つくれる技術者がいないからつくれないと
ヤマトミュージアムの説明であったよ
51.名無しさん:2020年01月24日 10:41 ID:5GWbHw9B0▼このコメントに返信
>>5
おばさんの神がかった手縫いによる賜物
あまりに凄過ぎて機械や他人では再現不可もしくは極めて困難らしい
修繕しながら今でも現役っていうこのスレの主旨に一番合う話
応援団のボロい制服を代々継承していくみたいですこ
52.名無しさん:2020年01月24日 10:41 ID:MdDyutZR0▼このコメントに返信
大和どころか蒸気機関車すらロストテクノロジーで1から作れないんやで。
職人技術で成り立っていた機械の殆どがそうなんや。

某有名カメラメーカーが昔のカメラを図面通りに作ったら動かなかった。
実は図面はわざと少し大きくしてあり、職人さんが削って仕上げる前提やったから。
如何削れば良いのか職人さんしか知らないから、結局は完成しなかった。
53.名無しさん:2020年01月24日 10:41 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
>>38
そもそも装甲の取り付けはボルトだって
リベット止めなのは構造材の方
54.名無しさん:2020年01月24日 10:41 ID:emnoaOrI0▼このコメントに返信
オリジナルと形は同じで素材が違う高性能版が出来上がるだけ。
55.名無しさん:2020年01月24日 10:43 ID:f2pgh3O60▼このコメントに返信
>>7
ウーツ鋼だろ…
56.名無しさん:2020年01月24日 10:44 ID:wZVnRCw90▼このコメントに返信
「できない」ではなくて、作るための道具などを作る必要があるから金がかかりすぎてできないだけ。
いきなり今まで作ったこともない主砲を作れといわれてすぐに作れる技術者などいない。
そういう意味では失った技術だろうが、10兆円の予算出すから作れって言われたら結構すんなり出来上がる。
57.名無しさん:2020年01月24日 10:45 ID:vYgpsY0t0▼このコメントに返信
作ってどうするんだろうな。
58.名無しさん:2020年01月24日 10:45 ID:.c3aGVSl0▼このコメントに返信
※50
そういう技術者を育てる金も時間もいくらでも使っていい、やる気のある研究者も山ほどどっかから出てくる、
っていうんなら可能ってことかな
SFやらファンタジーのオーパーツとは違うと。
59.名無しさん:2020年01月24日 10:45 ID:3yz7da4Z0▼このコメントに返信
高速ミサイル艦か、ミサイル搭載潜水艦を造るほうが価値がある。 よけいな金は無い。
60.名無しさん:2020年01月24日 10:46 ID:s96Dr7iO0▼このコメントに返信
現代技術で大和みたいな戦艦作ると主砲の反動軽減や鋼材の強度向上や機関小型化や乗員大幅減なんかで性能同等でも大分小型化できそうだな。
61.名無しさん:2020年01月24日 10:46 ID:1DlTMHeu0▼このコメントに返信
全ての技術が伝承される訳じゃない
一度失われると技術開発からやり直し
伊勢神宮も伝承のために式年遷宮する
62.名無しさん:2020年01月24日 10:46 ID:5pvXQ.P.0▼このコメントに返信
まぁガチで長期戦争始めたら戦艦つーか砲艦は作ると思うけどな
制空権取った後は爆撃機飛ばすより長射程の大砲で砲撃した方が安全かつ大量にバラまける
63.名無しさん:2020年01月24日 10:48 ID:7uSqpENa0▼このコメントに返信
>>62
物は使いようなんだなあ
64.名無しさん:2020年01月24日 10:50 ID:yTU6hnZ50▼このコメントに返信
まあ作れる技術者がもういないだろ
解析して下町の工場のおっちゃんに説明教育してって手順踏まないとできないだろうな
65.名無しさん:2020年01月24日 10:50 ID:yeSBj3ZE0▼このコメントに返信
≫64
ホテル・ニュー大谷だな。 ついでに東京タワーの鉄骨は朝鮮戦争で使った米戦車の鉄くずだそうだ。
66.名無しさん:2020年01月24日 10:52 ID:fuDfAacd0▼このコメントに返信
※56
まったく同意。またこの話かよ・・・って思うよねw
無限ってレベルでに金かければ可能
失われた事項に関してゼロから研究し直して・・・ってレベルすら
金さえあれば可能。よく言われる主砲作成の旋盤も
新しく作ればいい。それも新設計すらできる。すべて金。
そんな金ないから無理ってだけ。意味も無いし。
67.名無しさん:2020年01月24日 10:53 ID:yeSBj3ZE0▼このコメントに返信
サターンロケット技術は完全に失われたと聞いたな。 何しろ1基750トン推力だから半端ない。
68.名無しさん:2020年01月24日 10:54 ID:CL5Hj2NS0▼このコメントに返信
失伝した技術もあるだろうけど、より高性能な代替技術はある。
完全再現するなら技術者を育てれば普通に作れる。

必要が無いから作らないし、技術も失われたし、予算もつかない。
69.名無しさん:2020年01月24日 10:55 ID:SoJvTCTX0▼このコメントに返信
※20
原潜を必死に作る必要は無い
通常でいいから核武装しろ
70.名無しさん:2020年01月24日 10:56 ID:5lIguUDT0▼このコメントに返信
大和よりもデカい船なんて今幾らでもあるじゃないか?造ろうと思えば造れるよ。でも今は大和級の戦艦なんて無用の長物だから造らないだけ。
71.名無しさん:2020年01月24日 10:57 ID:4HDvi38Y0▼このコメントに返信
現代では、太陽電池以外での使用が禁止されている有害物質もそれなりにあります。
72.名無しさん:2020年01月24日 10:57 ID:T8L0Kj6.0▼このコメントに返信
>>37
ただこれだけの話なのにニチャニチャ理屈捏ねるのなんなんだろうな
73.名無しさん:2020年01月24日 10:58 ID:SoJvTCTX0▼このコメントに返信
一発のレールガンよりもOTTOでいいから最新の砲を足りない分乗せるほうがマシ
200億円の35BよりもF2寄こせ
74.名無しさん:2020年01月24日 10:58 ID:ctrJb8hD0▼このコメントに返信
汎用技術で作れる物なら可能だろうが、特化した職人技を要する物はムリなんじゃ無いかな。
ただ、同じ物はムリでも現代の技術なら、昔の大和を凌駕する艦なら作れるとは思うけどね。
75.名無しさん:2020年01月24日 10:58 ID:IE8515Lg0▼このコメントに返信
技術的には余裕で作れるがな
76.名無しさん:2020年01月24日 10:59 ID:4bRzJqxc0▼このコメントに返信
必要ないから作らない=作れないってだけ
それを言ったら零戦も97式戦車チハたんも現在は作れない
77.名無しさん:2020年01月24日 11:00 ID:iyajK52H0▼このコメントに返信
技術的に可能なのかどうかをきいてるのに予算がとかいってる頓珍漢なアホはなんなん
78.名無しさん:2020年01月24日 11:00 ID:SoJvTCTX0▼このコメントに返信
※61
SEIKOだって久しぶりに機械式時計作って組み立てたら動かなかったらしい
古い技術者呼んで歯車を磨いてスカスカにしたら動き出したとかやな
歯車の模様はだてではなかったw
79.名無しさん:2020年01月24日 11:02 ID:vZInCc9W0▼このコメントに返信
そりゃ作れるよ基本技術が高いから同じ設計使っても元のより高性能になるけど
80.名無しさん:2020年01月24日 11:02 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
>>65
検疫通すのが面倒で全部日本に棄ててったんだよな
81.名無しさん:2020年01月24日 11:02 ID:7uSqpENa0▼このコメントに返信
>>78
年寄りの頼りになるときだよなあ
82.名無しさん:2020年01月24日 11:03 ID:5lIguUDT0▼このコメントに返信
そもそも今の時代、大和のような超ド級戦艦作る事に何の意味があるんだ?まだ「空母作れ」「原潜作れ」の意見の方が意味がある。
83.名無しさん:2020年01月24日 11:04 ID:tPiF.rz90▼このコメントに返信
大和型は机上の浮沈設計とやらで側面に魚雷食らうと沈没しちゃうんだろ
84.名無しさん:2020年01月24日 11:04 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
>>66
不可能と無理を混同するから話がややこしくなるんだよな
85.名無しさん:2020年01月24日 11:04 ID:Uv3A.BLb0▼このコメントに返信
古い天守閣とか茅葺屋根の家屋とかの復元の話がたまに出るけど、結局当時と全く同じ構造物にはできない
もちろん同じ形をした何かは作れるし、当時より丈夫な建物にもできる
同じものが作らんというだけで
大和の主砲も同じことで、全く同じものが作れないだけで、今の工学的に合理的な手法は作れる
86.名無しさん:2020年01月24日 11:05 ID:fH.Si1CG0▼このコメントに返信
砲弾を巡航ミサイル並みの飛距離飛ばせたら戦艦が復活出来ると思う。

っうか戦艦に未練もってるアメリカと日本が飛び付いて開発費ぶちこむ筈。
87.名無しさん:2020年01月24日 11:05 ID:4bRzJqxc0▼このコメントに返信
46㎝砲だって今ならライフル砲じゃなく弾の方に安定板付けた滑腔砲で作るんじゃないか
そして高々42㎞しか飛ばない無推進砲弾より、ロケット推進や誘導装置付けるし、そんなの作るくらいならハープーンやトマホークで良いんじゃね?って話になり、結局46㎝砲要らねーわとなる
88.名無しさん:2020年01月24日 11:05 ID:5lIguUDT0▼このコメントに返信
>>78
そういう事があるから、ニコンは2000年代の始めに昔のレンジファインダー式カメラの復刻版を作って、技術の伝承をやってたな。
89.名無しさん:2020年01月24日 11:06 ID:SoJvTCTX0▼このコメントに返信
車で言うと油圧ポンプでパワステにしなくて電動が主流の様に
大和の主砲もウオーターポンプから電動に変えても出来そうやな
同じものにはならないけど高性能なら作れる
90.名無しさん:2020年01月24日 11:07 ID:raxE2ZHp0▼このコメントに返信
現代の技術というよりも、職人技で作られたようなものは再現できないってことだろ。
同等以上のものを別の材料・手法で実現が可能だから、わざわざ再現する意味はないがなw
91.名無しさん:2020年01月24日 11:08 ID:mQP819kv0▼このコメントに返信
新素材と新技術、新工作機械に置き換わっていて、当時と同じ素材と製法で作る技術継承が途絶えているから
それらを巧みにやれる職人もそのアナログ技術(当時はハイテク、超技工技術だっただろうが)を持っていない
92.名無しさん:2020年01月24日 11:08 ID:5lIguUDT0▼このコメントに返信
>>77
そりゃ防衛予算は限られているのだから、無駄な事に回す余裕はないよな。
93.名無しさん:2020年01月24日 11:09 ID:mDbx8UXE0▼このコメントに返信
戦艦大和の姿をした別の船なら余裕

当時の大和そのものを忠実に再現せよ!(装甲版の組成なんかも)
これならとんでもなく難しくなる
94.名無しさん:2020年01月24日 11:10 ID:swwIRkDO0▼このコメントに返信
50:夜に敵を照らす、閃光灯の大型のガラスは
いくら金をかけても、つくれる技術者がいないからつくれないと
ヤマトミュージアムの説明であったよ

とはいえ、それより何倍も大きい天体望遠鏡用の対物レンズは作っているんだから、作れないわけはない。
まあ、現在探照灯を作るんだったら、LEDを束にしたものを作ることによって、はるかに安く性能の良いものを作れるだろう。

コストパフォーマンスを考えたら昔通りのものなど作っていられないし、ガンダムのような巨大ロボットも馬鹿馬鹿しくて作らない。
95.名無しさん:2020年01月24日 11:10 ID:nv.goPCV0▼このコメントに返信
楽勝に建造は可能だよ
でも全室エアコン完備の大和ホテルを造って何の意味があるの?
莫大な金が掛かるので無理なだけ
96.名無しさん:2020年01月24日 11:11 ID:qu10zXih0▼このコメントに返信
こういうスレでよくあることなんだけど、(1)当時の戦艦大和と全く同じものを造れるかどうか、(2)当時の戦艦大和の持つ機能と同じものを現代の技術を使用して造れるかどうか、が明確に分離されていない。また、人工物というものには予算や期日といった制限が必ず存在するのだけど、そうした縛りの有無についても定義がされていない。そんな状態であーだこーだ-言っても、意味のないグダグダな話にしかならない。そもそもスレを立てた人は何を知りたいのか?技術的な話だと、リベットにしても装甲板にしても、現在は不要であるために技術も無くなっている。文献が残っていたとしても、それを再現するには文献に書かれていない厖大な情報やノウハウが必要。コスト無制限、期間無制限であれば、いつか実現できるだろうけど、それに何の意味が?
97.名無しさん:2020年01月24日 11:12 ID:SoJvTCTX0▼このコメントに返信
国内の貧困問題に目を向かず世界貧困税とかぬかす強酸のクズ議員とか
世界の二酸化炭素とかに金を出すんでなく国内で回せば
一見無駄に見えるこんなことにも金が回って文化が育ちそうやのになw
ソーラーに30兆とかもう基地なのか両班どもの世界やでw
98.名無しさん:2020年01月24日 11:12 ID:.ZaOjzLd0▼このコメントに返信
同型ってだけでいいなら技術的には作れるだろ
完全再現は無理だけど

あと、技術力の低下で作れなくなった物より、技術力の向上で作れなくなった(作る必要がなくなった)物の方が多い
新しい素材に移行してて製造設備がないとかね
現代の技術で戦艦大和を作ろうとすると、同じ型の大和より高性能な戦艦ができてしまう
99.名無しさん:2020年01月24日 11:14 ID:SoJvTCTX0▼このコメントに返信
ドップラーレーダー射撃で主砲弾が40キロ先の船に当たってしまうとかやなw
100.名無しさん:2020年01月24日 11:14 ID:5Ubreu.M0▼このコメントに返信
別に作れん訳じゃない。ただ、大和作るための設備を作るところから再スタートせにゃイカンって話。
大和建造してた時代は大艦巨砲主義真っ盛りで巨大艦建造のノウハウも設備も充実してた。でも今はそれらがないよね?
101.名無しさん:2020年01月24日 11:14 ID:49O.s7Eq0▼このコメントに返信
これ自称ミリオタと話して全然噛み合わないんだけどさ、

まさにそいつは『同じ素材で同じ構造で、完璧に再現できない』ってことを主張してんのね。
でもよく知らない人は、『同等の物も作れないの?』って考えてんのよ。

別の素材を使う事、動力や機器など現代版に乗せ替えて、見た目だけ似せるなら普通にできるだろ。
主砲の火力に耐える砲身も予算と場所が許せば別の素材で達成できる。
ただ、言われてるように費用対効果などで作る意味は薄い。

日本刀だって、単に性能だけを突き詰めるなら余裕でクリアできるが、『特定の素材、製法で作らないと日本刀と認められない』事になってるからややこしいだけだし。
102.名無しさん:2020年01月24日 11:15 ID:5lIguUDT0▼このコメントに返信
造ってどうするの?
103.名無しさん:2020年01月24日 11:15 ID:w18UXq.Q0▼このコメントに返信
戦艦大和と同じものは無理でも、同等以上のものは余裕で安く作れるだろう?
104.名無しさん:2020年01月24日 11:15 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
>>83
そりゃ耐えられる量越えた数食らえば何だって沈むだろ

もしかしてアメリカの戦艦は何発魚雷食らっても沈まないとか思ってる?
105.名無しさん:2020年01月24日 11:16 ID:13Xw4S3H0▼このコメントに返信
主砲一つで当時の駆逐艦と同じ重量だっけ?凄いよね
でも今はミサイルで代用できるし、速射砲の手数の方が有効だからね
あとは電気食うけどレールガンが凄いんだっけ?
大戦艦一隻より護衛艦数隻造る方がコスパ良いけどロマンはあるわな
106.名無しさん:2020年01月24日 11:20 ID:pdPAZ8ia0▼このコメントに返信
曜変天目茶碗みたいに、伝承が途切れた技術はありそうな気がする。
少なくとも数回のトライ&エラーは必要だろうね。
107.名無しさん:2020年01月24日 11:20 ID:QHGIq3US0▼このコメントに返信
US-2の漫画を読んでると、技術の失伝は大変らしいことがわかった
108.名無しさん:2020年01月24日 11:26 ID:7YTfxV8z0▼このコメントに返信
大和は戦艦の工芸品みたいなモンらしいぞ。どでんと桁外れの部品を渡されてこれに穴を開けろ
とかそういう感じだったと聞いたことがある。それを苦心して穴を開けたりしたそうだ。
109.名無しさん:2020年01月24日 11:27 ID:6EijYz5I0▼このコメントに返信
現代の溶接技術があれば不沈戦艦だった。
110.名無しさん:2020年01月24日 11:28 ID:HzfzetqX0▼このコメントに返信
第三艦橋がどうしてもポッキリ逝く
111.名無しさん:2020年01月24日 11:28 ID:uLj.ZEx20▼このコメントに返信
当時の製法だと復活研究から始めないと無理だろうね。おそらくリベット打つにも主砲を削るにも今とは全然違うし
現代技術による製法などは違うが形やスペックが似た船ならおそらく十分可能だけど

あと大和にレールガンってのはレールガンの長所潰してるだけだからな……
電力こそすごいけど炸薬スペースが必要ないからが節約できて、VLSなどを積めない輸送船レベルの船でも
高初速かつ長距離砲撃を連続で投射できるのを期待されてるんだし
112.名無しさん:2020年01月24日 11:28 ID:4n4PPeDq0▼このコメントに返信
なんで技術的に型落ちとなった巨大な鉄くずを再現しなきゃならんのだ?
金に糸目をつけなければ同型で近代技術を使ってヤマトを超える戦艦なんぞいくらでも出来る。
113.名無しさん:2020年01月24日 11:30 ID:CLN6u6Fl0▼このコメントに返信
Prichádza zmena! Dokáže Petra Vlhová zdolať Shiffrinovú aj v Bulharsku? | Šport.sk
114.名無しさん:2020年01月24日 11:30 ID:CL5Hj2NS0▼このコメントに返信
※29
航空主兵に最初に移ったのが日本なんだが。両論が拮抗していた中で山本五十六が強引に進めた。
真珠湾攻撃は翔鶴型2隻の就役と訓練が終わって即実施された。大和は真珠湾攻撃の8日後に就役したから、対艦巨砲主義に拘るなら待っただろう。
また、日本は補助艦を空母に改装できる様準備していた。アメリカはそんな準備までしていなかった。

戦艦の速度も欧州と太平洋では事情が異なる。
大和と同時期のアメリカ戦艦はノースカロライナ級とサウスダコタ級だが、どちらも28ktで、大和の27.5ktと変わらない。
真珠湾で損傷した戦艦を高速化したって何情報だ?損傷した戦艦の内、ウエストバージニア、カリフォルニア、ネバダは修理と同時に近代化改修したが機関には手を付けていない。
アイオワ級は金剛型の対抗として作られた戦艦。目的が違う。

大和を片舷集中攻撃した事実も現在まで見つかっていない。参加パイロットが証言している。偶然集中しただけ。
大和型と援蒋ルートは全く関係が無い。大和型は艦隊決戦の切り札として作られた。中国の奥地で艦隊決戦でもやるのか?
軍縮条約も日本は1936年に脱退した。起工は翌年だから条約は関係ない。脱退した条約を守る義務でもあるのか?

言ってる事がめちゃくちゃだ。
まず自分で情報を調べてみる事を勧める。
思い込みで嘘を広めるのは問題だろう。それとも自覚して捏造しているのか?よくここまで長々と嘘が吐けるのかと感心するよ。
115.名無しさん:2020年01月24日 11:38 ID:OpClTscl0▼このコメントに返信
昔の人は勤勉で外国からも一生懸命学んでいたんですよね。
そして自己流で何とかしてしまうから同じもの作るの大変なのかも
スパイに情報を盗まれないために設計図を残さなかったかもしれないですね。
当時もスパイが軍関係にも政府にもうじゃうじゃいたそうですからね。
今と変わらないみたいですよ。
大日本帝国があんなに強かったのは強かったっていうより
国を守るために必死でみんな戦っていただけだと思うけど
でも今より強かったのは愛国心がある人がまだ沢山いたからでしょうね。
116.名無しさん:2020年01月24日 11:39 ID:7YTfxV8z0▼このコメントに返信
静岡のプラモ屋が総力を結集して大和の1/1モデルをプラモでいいから作成するべきだな。
途方もない街おこしになるだろ。日本中から一目見ようと人が押し寄せるはずだ。
117.名無しさん:2020年01月24日 11:40 ID:emnoaOrI0▼このコメントに返信
>>83
そんなもんどんな船だろうと側面水線下に魚雷食らったら穴が開いて沈むわ。
それと浮沈じゃなくて不沈な。
不沈戦艦というのは絶対に沈まないのではなく沈み難いの意味。
実際に大和や武蔵ほどの耐久力を持った戦艦は他にいないレベル。
その知識はNHKのデタラメ番組で拡散したものだろ?まったく…
118.名無しさん:2020年01月24日 11:42 ID:5lIguUDT0▼このコメントに返信
>>108
そうは言っても床の間に飾れる代物ではないだろ?再現する事に何の意味があるんだ?
119.名無しさん:2020年01月24日 11:45 ID:7YTfxV8z0▼このコメントに返信
※118
観光資源として絶大な力があるだろ。
大和の原寸モデルがあったらワイは絶対に見に行くで。
排水量7万トンを超える大戦艦の威容は必ず見ておきたい。
120.名無しさん:2020年01月24日 11:48 ID:dZhf9.Up0▼このコメントに返信
経験は金で買えないからなぁ。
同じ工作機械、同じ材料を使っても、潜水艦を建造してこなかったところが
まともな潜水艦製造出来るわけがない。
121.名無しさん:2020年01月24日 11:49 ID:3cHiKJX.0▼このコメントに返信
1)大和建造当時と比較すれば、工作技術は格段に進歩している。しかし、46センチもの口径の砲身を造るノウハウは失われている。
2)主砲を吊り上げるクレーンが無い。
この2点だけでも十分。主砲を支えるベアリングは今でも造る事は可能だけどね。
122.名無しさん:2020年01月24日 11:51 ID:dZhf9.Up0▼このコメントに返信
因みに中国は、作業工まで引き抜いて造ったけど
あのざまだ。(限界潜行深度200m)
123.名無しさん:2020年01月24日 11:55 ID:mC64.xUS0▼このコメントに返信
金掛けたらできるにきまってるだろ
ヨタ話を信じるな 
124.名無しさん:2020年01月24日 11:56 ID:fuDfAacd0▼このコメントに返信
※121
今すぐは無理ってだけでしょ。
再現するなり更に良い方法で作るなりは余裕
資金かけりゃ良いだけ。
誰もそんな資金出さないだけ。
125.名無しさん:2020年01月24日 11:58 ID:fuDfAacd0▼このコメントに返信
例えば艦内の電気系統の配線も当時の劣った素材で組むのか?
条件をもっと言った方が良くね?
126.名無しさん:2020年01月24日 11:59 ID:Zm5DKbBC0▼このコメントに返信
主砲を作る旋盤が残ってないし、作ってるメーカーもない。

が、その巨大旋盤もやろうと思えば作れる。やる意味が全くないだけで。
127.名無しさん:2020年01月24日 12:00 ID:acMZ2Bom0▼このコメントに返信
今の技術で作っらオリジナルより高性能になってしまうからお同じは無理だな
128.名無しさん:2020年01月24日 12:00 ID:t8BsGonb0▼このコメントに返信
風船爆弾に使用された和紙の技術は失われたらしい。
凄い性能の紙だったそうだ。
129.名無しさん:2020年01月24日 12:00 ID:Zm5DKbBC0▼このコメントに返信
>>121
ノウハウなんざ、その気になってやり始めりゃまた一から作れる。
一度はやったんだから。
やる意味が全くないから誰もやらないだけ。
130.名無しさん:2020年01月24日 12:02 ID:OcIX7Z450▼このコメントに返信
またこの話か・・・
と思ったら2012年のスレだった
131.名無しさん:2020年01月24日 12:03 ID:Rz.JyMPy0▼このコメントに返信
>>119
15年前に映画のセットで作った原寸大の大和が尾道で公開されてたけど、延べ100万人が見に来たらしいな。
ただし期間限定だったからの集客かもしれん。長期やれば工夫しないと客足は落ちてくるだろうしメンテも必要になってくる。採算にのせるのはそう簡単じゃないだろう。
132.名無しさん:2020年01月24日 12:07 ID:5mCBmmiH0▼このコメントに返信
場所がないから作れないって言ってる奴、信濃(大和型改造空母)作ったドックが残ってるからレーガン(原子力空母)が横須賀を母港にしてるんですが
133.名無しさん:2020年01月24日 12:09 ID:FsMN3wVR0▼このコメントに返信
※124
これな
わざわざ古代レベルに合わせた人力で巨大建造物作るノウハウや、ピラミッドの建設セオリーなんかが残ってなくても、これこれこういう仕様でピラミッド作ってって予算出せば機械使ってピラミッド作れるのと一緒
それを実現しようとした際にあれこれ試行錯誤はあるだろうが、最終的に当時レベルのものすら作れないなんて事はあり得ん
あり得るとしたら、刀剣や焼き物のような美術的観点から見て再現が難しい分野(言ってみれば現代でそんな研究ほぼやってねーよって分野)ぐらいだ
134.名無しさん:2020年01月24日 12:11 ID:kpMWFZcq0▼このコメントに返信
何度も何度も同じスレ引っ張り出す管理人もアホの極みだけどさ、そのおんなじ記事に同じコピペ繰り返すガイジはもはや虫以下だよね
135.名無しさん:2020年01月24日 12:12 ID:05WUy..J0▼このコメントに返信
鉄自体が無理とかいう話は聞いたな
というか産業革命以降空気中の組成成分の変化が著しいので
ステンドグラスとかもその時代と同じものは作れないとか聞いた。
なおソースは忘れた。
136.名無しさん:2020年01月24日 12:12 ID:GrLtjyvF0▼このコメントに返信
似たようなものも、それ以上のものも作れるが、同じものは作れない
137.名無しさん:2020年01月24日 12:13 ID:ibhhYqOG0▼このコメントに返信
膨大な資金を投入して、当時を再現して「意味あるん?」だぞ。
スピンオフで、"新しい"製品が生まれる可能性が在る訳でもなかろうし
138.名無しさん:2020年01月24日 12:17 ID:ZZPFmqX20▼このコメントに返信
※105
主砲一つじゃあ駆逐艦の半分もないよ
三連装主砲塔一基で駆逐艦並の重量になる
139.名無しさん:2020年01月24日 12:18 ID:CmElscIS0▼このコメントに返信
>>23
君の論理だと原油輸送タンカーは日本では作れないと言ってるわけだな
そんな事あるわけないだろ今でもバンバン作っとるわ。
しかも外板の曲線はあまりにも1枚単位が大きすぎて金型やプレス機が無いため手曲げで作ってるんや。
140.名無しさん:2020年01月24日 12:18 ID:.NlWy7SB0▼このコメントに返信
*83
大和級の防御の基本って、魚雷三本食らっても自力航行で港まで戻れる…ってなもんのはずだぞ。
そんぐらい魚雷は恐ろしい。
141.名無しさん:2020年01月24日 12:21 ID:u.LGQ8Z50▼このコメントに返信
潜水艦が作れて戦艦が作れない道理があるわけないだろいい加減にしろ
142.名無しさん:2020年01月24日 12:21 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
>>131
見に行ったよ

ハリボテのセットであっても、やっぱり原寸大だと迫力が違うね
143.名無しさん:2020年01月24日 12:24 ID:xbKTE9oN0▼このコメントに返信
そりゃ主砲製造用の専用の工作機械まで一から新たに作れば主砲も作れるだろうけど、主砲を現在ある機械で作るのは無理だって話
144.名無しさん:2020年01月24日 12:24 ID:ZZPFmqX20▼このコメントに返信
※87
現代の軍艦で採用されてる艦砲はどれもライフル砲だぞ
145.名無しさん:2020年01月24日 12:24 ID:i94VOQbI0▼このコメントに返信
旋盤はあっても旋盤の職人が居ないんぢゃろ。熱膨張した状態から冷えた後の事考えて太めに作るのはめっちゃむずい。
しかもデッカイし。

サターンロケットは回路の半田付け職人がもう居ない。
146.名無しさん:2020年01月24日 12:24 ID:TJV.ADtW0▼このコメントに返信
「失われた技術を再現できない」ってフレーズが
その技術は現在でも有用なのではないか? 
って誤解されそうなニュアンスを感じさせるのがいかんのよ
147.名無しさん:2020年01月24日 12:25 ID:CmElscIS0▼このコメントに返信
>>47
そのやり方は東京タワー建設時にも使われてるこの為そのタワー建設時の動画が今でも残っておりググると出てきて見ることが可能。
148.名無しさん:2020年01月24日 12:26 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
>>140
2本食らっても戦闘に支障がでないこと
4本食らっても無事に帰投出来ること

という条件で設計されてる

ちなみにこの基準は艦艇搭載用の魚雷が対象で航空機搭載用の小型な魚雷ではないけど、大戦後期のアメリカの航空魚雷は艦艇用の魚雷と遜色ない威力があるから、充分目標の防御力を達成出来た事になる
149.名無しさん:2020年01月24日 12:26 ID:ghaieVB20▼このコメントに返信
散々言われているけど
大和を復元するための資金が膨大になるだけだから、コスパを考えると”作れない”だけ

同じだけの資金、資本、時間等を費やすなら、大和よりも高性能な戦闘艦艇が作れちゃうからな。
150.名無しさん:2020年01月24日 12:28 ID:Cy.HCsc10▼このコメントに返信
今の「技術」で作れるか作れないかの話をしてるのに「場所」だの「予算」だの言ってるアホが多すぎないか?
151.名無しさん:2020年01月24日 12:31 ID:CmElscIS0▼このコメントに返信
>>62
どっちにせよ最後には歩兵が出張っていって制圧しなければならないんだぜ。でないと隠れているレジスタンスを排除できずそれを知らずに制圧できたと思った友軍兵が全滅の危機に晒される。
だとするなら大まかな制圧は艦砲射撃でなく巡航ミサイルや爆撃機により爆撃で事足りるというわけだ。大艦巨砲主義には浪漫以外は何も無い
152.名無しさん:2020年01月24日 12:35 ID:to5tn4Yf0▼このコメントに返信
スレ主の言い方がおかしい。正しくは「金と時間を惜しみなくかければ、今でも作れる」だ。単に採算が取れないから誰もやらないだけ。
例えばマイクロソフト創業者みたいな超金持ちが私財を投じれば、今でも作れる。
1.砲身や砲塔リングを作る職人の育成に金と時間(年単位)をかける
2.その為だけに巨大クレーンや巨大運搬船を建造する
3.その為だけに大規模溶接工場を建設する
4.その為だけに数千人の乗組員を雇って訓練する
ちなみに大和型は「同じものを4隻造る=4隻分の代金が企業に入る」という前提で巨額の設備投資を行った。
153.名無しさん:2020年01月24日 12:36 ID:ctrJb8hD0▼このコメントに返信
※29
まだこんな無知なクズが湧くのか。
戦争の最後まで戦艦に拘ったのは米英なんだけどな。
日本は早々に武蔵で打ち止めにし、空母・軽艦艇・航空機に全振りしたんだよ。
それでも最後まで戦艦・空母・航空機の全てを量産しまくった、アメに屈したんだよ。
空母・航空機に全振りしたぐらいではどうにもならない国力の差が有ったんだよ。
154.名無しさん:2020年01月24日 12:38 ID:ctrJb8hD0▼このコメントに返信
※42
結局同じ。
アメが作った戦艦・空母・航空機の数を調べてみ。
戦争を始めた事自体がいかに無謀だったかが良く分かる。
155.名無しさん:2020年01月24日 12:38 ID:Rv.VDzqN0▼このコメントに返信
見た目と機能がほぼ同じ物は技術的には製造可能
当時の作りを再現することは無理
156.名無しさん:2020年01月24日 12:38 ID:psuf3.Hu0▼このコメントに返信
>>128
正常進化と言わんが、直近は調べてないが、飛行機の翼の一部や車の変速機の部品は材質はともかく、製造方法は紙だぞ。
ノウハウはそうやって生きていく。
157.名無しさん:2020年01月24日 12:39 ID:dZhf9.Up0▼このコメントに返信
出来ないから、造れないって言ってんだろうに。砲身も冶金術。
潜水艦と同じで、金かければ何とかなるものではない。
158.名無しさん:2020年01月24日 12:39 ID:CmElscIS0▼このコメントに返信
>>78
当時の設計図は職人の手直し云々ではなく手直しをしないときっちり組み付けられるほど精度がなかったため部品自体を設計寸法通り作り出せなかった。手直し前提の設計といえばそうだがどう掘削しても寸法きっちりに掘削することが出来なかった。この為職人が手直しをせざるを得なかったと言うだけで手直し前提の設計図って訳では無いのだよ。今の技術だと設計通りに掘削可能だから設計図も自ずと誤差のないそのものズバリの寸法で表せるという事なだけだ。だから当時の完動品をばらして部品寸法から設計図を起こしそれを元に部品を制作すると組み付けるだけで動くぞ。
159.名無しさん:2020年01月24日 12:40 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>50
アーク放電式探照灯な。アレ作れない理由がある。ノイズで電子機器が誤動作する。
オマケに、自己位置暴露の為、生存性低下するから、62口径155mm自動装填砲を搭載して、照明弾を使用した方が遥かにマシ。主砲弾も高額だから、単一弾頭のGPS誘導弾道ミサイルをコールドランチの自動装填ランチャーシステムと共に開発した方がマシさ。MLRS用の200ポンド=203ミリ榴弾相当の威力が最大射程73〜75Kmで存在する。
弾頭重量3000〜4000ポンドで作ったとしても、火砲のシステム価格より安く作れる。理由がある、誘導装置は射撃の加速度に耐えられる様に造ると、とんでも無く高価になる。例えば155mmカッパーヘッドレーザー誘導砲弾な。
通常弾射程24000mの長距離砲でも、衝撃に弱いので、装薬を減らして最大射程16000m迄しか撃てませんよと。
弾道ミサイルなら、そこまで破滅的加速度は無いから。
160.名無しさん:2020年01月24日 12:41 ID:VvarpLHu0▼このコメントに返信
よっしゃ現代技術で大和より強い戦艦作ろうぜ!
まず砲弾は意味ないからミサイルにしてvsl。対空の副砲はいらんからciwsにして。一応120mmくらいの主砲もつけよう。
イージスシステムで多数の目標対応できるようにして、ミサイルに装甲はあんま意味ないから装甲無くして軽くして、早く動けるようにガスタービン。
これが現代の技術で作れる最強の大和や!
161.名無しさん:2020年01月24日 12:42 ID:ctrJb8hD0▼このコメントに返信
※83
沈まない船自体存在する訳無いやろ。
何訳の分からん事言うてんね。
絶対沈まない船を作りたかったら発泡スチロールで作れや。
燃えるかもしれんけどな。
162.名無しさん:2020年01月24日 12:42 ID:5GF1bJ3t0▼このコメントに返信
>>2
スペースシャトルも追加で。
163.名無しさん:2020年01月24日 12:43 ID:ctrJb8hD0▼このコメントに返信
※109
現代の対艦ミサイルの前では射的の的だった。
164.名無しさん:2020年01月24日 12:45 ID:jOduMV0q0▼このコメントに返信
今だと主砲の代わりにVLSで、対空機関砲はエリザベスモドキのCIWS並べるのかね
165.名無しさん:2020年01月24日 12:45 ID:ij4L3jmp0▼このコメントに返信
>>1
大和は造れる
しかも当時のリベット使わずに電気溶接で造れるから強度も大幅アップで
主砲に関しても当時より極めて優れたプレス機があるので採算度外視なら造れる
166.名無しさん:2020年01月24日 12:46 ID:ctrJb8hD0▼このコメントに返信
※129
文系Fランのクズかな。
167.名無しさん:2020年01月24日 12:49 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>56
そういや、89式中戦車をレストアする時に、武器学校の連中、屋台で必死に予算作って数年がかりでチマチマ部品を作り、古いチハ改造ブルドーザーを廃車置き場から探してきて、エンジンを安く買い付け、フルオーバーホールを苦労してやったとか。
当時のアスベストガスケットが法規制で製造不可なので、化学工業用シートガスケットを切り出して現物合わせしたとか。
なので、全部品を昔と同一にはレストア出来なかった。
大和の断熱材もアスベストだから、同一なものは作れませんよ?法規制でね。
似た様な規模の、砲撃支援艦とか火力支援艦なら作れるが、そんな物は、大和型戦艦とは言えないだろ?だから作れないというしか無い。
168.名無しさん:2020年01月24日 12:51 ID:eYzSaiUC0▼このコメントに返信
※128
昔の和紙の原料となった植物の栽培自体がもうないんだよ
素材、原材料レベルからもうないの
169.名無しさん:2020年01月24日 12:51 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>80
だって、M48が配備され始めた所にイージーエイト持って来てどうすんのよ。
170.名無しさん:2020年01月24日 12:51 ID:R0R5ZnFw0▼このコメントに返信
>>42
ほんこれ、山本五十六航空部長は言うとおりにしてれば良かった無能な上層部の老害め
171.名無しさん:2020年01月24日 12:53 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>73
151億円だぞ?日本のF35Bは!根本的誤りだから指摘するとシンガポールもF35Bを12機正式採用しました。3020億円程度で一機250億円だとさ。
172.名無しさん:2020年01月24日 12:54 ID:emnoaOrI0▼このコメントに返信
置き換えられた素材の進歩で、オリジナルと同じ部品数で造ったらかなり軽くなりそうだよな。
173.名無しさん:2020年01月24日 12:55 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>76
ロシア整零式艦上戦闘機52型もどき(エンジンは同等品を中古で流用)は一機数億円ゲンナマで用意すれば、作ってもらえるけれど、似た物でしか無いよ。
174.名無しさん:2020年01月24日 12:56 ID:bgH0XMCo0▼このコメントに返信
戦艦大和を作れない → 嘘
日本刀を作れない → 嘘
ローマン・コンクリートを作れない → 嘘
できないのは製法の再現だ。同じかもっと上の性能の物は作れるんだアホ。
175.名無しさん:2020年01月24日 12:56 ID:Xpesc8mU0▼このコメントに返信
作れないじゃなくて作っても用途がないだけ
治具も工作機械も必要だったら作ればいい
176.名無しさん:2020年01月24日 12:57 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>77
主砲製造で、消費税2%追加増税、船体建造で消費税3%追加増税を認められれば、製造も可能だろう!
但し、防衛費とは一切関係なく、ジェンダー予算を流用することしか手はないが。
177.名無しさん:2020年01月24日 12:59 ID:HVxdxuJR0▼このコメントに返信
※5
それは文字通りのロストテクノロジーですからね。一人のおばさんの特別な裁縫技術でのみ達成できたという。

より高度で簡便な宇宙服を開発すればいいと思うんですが、テストとかも含めてお金の問題なんでしょうけど。
178.名無しさん:2020年01月24日 13:01 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>83
アメリカの戦艦は、魚雷喰らったら船内全滅だから、沈む前に陸に乗り上げて擱座させて沈没を防ぐ設計だぞ?だから真ん中に防水隔壁が無い。つまり、時間稼ぎも出来ない損害なら、艦を捨てて逃げましょう!という設計思想だよ?
179.名無しさん:2020年01月24日 13:01 ID:qNwxaykg0▼このコメントに返信
作っても意味が無いものに莫大な予算を掛けられない、という意味で作れない
180.名無しさん:2020年01月24日 13:01 ID:wzCoOmmd0▼このコメントに返信
まあ、ちょっと考えりゃ作れないわけないって分かるよなぁ
完全に同じコピーはさすがに無理だが

信じちゃう人は詐欺に騙される系だな
181.名無しさん:2020年01月24日 13:02 ID:UkQw35K.0▼このコメントに返信
>>3
ロストテクノロジーというか、上位技術が開発されて廃れた系の話だしな。

主砲も、炸薬の進化で小口径化して、発射レート高いから、あんな砲塔不要だったりするし
182.名無しさん:2020年01月24日 13:08 ID:5B9eqrUC0▼このコメントに返信
大和型をそのまま再現となると実質無理。
「そのまま再現」させるための元になる資料が残ってないから。
大和型と同等性能の戦艦を作るのは出来る。
ただ工作機械や設備を作るところから始めなきゃいけないから莫大な金と時間がかかる
それだけかけても出来上がるのが80年前の戦闘艦では作る意味がない。
183.名無しさん:2020年01月24日 13:08 ID:ibhhYqOG0▼このコメントに返信
「同じ様なサイズと機能を持つモノを造れ」お金次第。
「当時の製法を再現して、同じモノを造れ」・・・無理ッすw
184.名無しさん:2020年01月24日 13:12 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>17
俺んちの庭貸してやるよ。
185.名無しさん:2020年01月24日 13:15 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>87
MLRS用の200ポンド誘導ロケット弾でも、8インチ砲弾の射程3倍だからな。射程500kmの戦域艦対地ミサイルで弾頭3000ポンドのバンカーバスター弾にして自動装填化するならば、戦艦サイズの火力支援艦造る価値は微妙な所だろうが。
主機関を核動力系にしなきゃ、二酸化炭素排出量が物凄い事になる。
何しろ、沖縄往復の燃料だけで、重油5000トンのレベルで物入りになるんだと。
186.名無しさん:2020年01月24日 13:16 ID:tXBWdQOw0▼このコメントに返信
戦艦大和の復元は不可能。今の技術だと完全に別物になってしまう。というか当時の技術イコール職人技だった事が大きい。サーチライト(探照灯)すら当時のレベルのものは作れない。←職人が磨いて作ったから現在の職人では同等の仕事はムリ。大和全体が「当時の職人達の技術の忰」だったと考えた方がいい。
187.名無しさん:2020年01月24日 13:18 ID:Eleyic.h0▼このコメントに返信
みんなが思ってる主砲の砲身長は見えてる部分だけで
本当は弾を込める後端部分までの長さが重心取る意味もあってかなり長い。
見えてるのは2/3か3/4じゃないかと思う。
それを硬い鋼の棒に穴開けてライフリングを施すとなると砲身全長の2倍の長さの移動台が必要だし
考えるだけで途方も無い・・・・
188.名無しさん:2020年01月24日 13:18 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>89
砲弾を弾道ミサイルで置き換えられるなら反動吸収マス不要となるので、砲塔に質量要らないだろ?なら、全長が短いピースキーパー潜水艦発射核ミサイルを砲塔の場所に自動装填ランチャーで装備すれば・・・となるかと。
189.名無しさん:2020年01月24日 13:20 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>57
呉に飾って観光客でウハウハする。
190.名無しさん:2020年01月24日 13:20 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>94
自己位置暴露の問題があるから、6インチ長距離砲と照明弾を自動装填装置で山ほどプレゼントしたるシステムの方が良くねぇか?
191.名無しさん:2020年01月24日 13:21 ID:xMem1pjH0▼このコメントに返信
主題からそれるけど、最後のレールガンが高精度ってなんでなん?
あれ、結局弾が速い大砲だよね?
誘導装置積むんだとしたら、コスト面のメリットつぶれないの?
装薬の保管スペースの話?
192.名無しさん:2020年01月24日 13:21 ID:wm3vQPew0▼このコメントに返信
>>152
もう職人の育成は無理だよ、当時の技術が断絶してるもの
193.名無しさん:2020年01月24日 13:22 ID:7qBChHLS0▼このコメントに返信
当時の材料や技術だと作れないものもあるってだけで現代の材料と技術ならできるんじゃないの?
194.名無しさん:2020年01月24日 13:23 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>95
全室じゃなくて、弾薬庫冷やした風を各船室まで漏らすシステムだけどな。90戦車の電子機器冷却システムが車内を冷やすシステムになってるのと一緒。
195.名無しさん:2020年01月24日 13:24 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>99
対砲レーダーで砲弾感知したら舵を切るだけで、全弾外れるから如何だろうな。
196.名無しさん:2020年01月24日 13:24 ID:gb1GYjva0▼このコメントに返信
これからは、サーバ空間。
197.名無しさん:2020年01月24日 13:25 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>78
歯車ってバカにできねーな。結局チョーセン人には道具は作れないって結論。
198.名無しさん:2020年01月24日 13:30 ID:tEZUm7nE0▼このコメントに返信
>>161
沖縄本島に核ミサイル基地を建設すれば不沈艦だぞ?
衛星打ち上げ能力も、付ければ、地球上全域が核攻撃可能となる。つまり、動けなくとも戦艦として地球の反対側も攻撃できるから問題なくなる。
199.名無しさん:2020年01月24日 13:31 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>178
擱座させて沈没させなかったのは歴戦の勇者『初霜』💪❗️
200.名無しさん:2020年01月24日 13:38 ID:.4dbMjwy0▼このコメントに返信
出来るって言っている奴らはモノづくりに関わったことが無いんだろうな
素材一つ、大きさを数センチ変えるだけでどんな不具合が出るかやってみなきゃわからんことも多いのに
201.名無しさん:2020年01月24日 13:39 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>102
観光客目的。特に韓国からは大量に来そう。「日帝ガ~」「旭日旗ガ~」とか言いながら、日本ボイコットをスローガンにしながらコソコソやって来るよ。
202.名無しさん:2020年01月24日 13:39 ID:fz1h.lDM0▼このコメントに返信
ちょいと話がずれるけど、
ロストテクノロジーと言われるものは、当時の技術でどうやって作ったか解らないものであって、今の技術で作れないというわけではない。
203.名無しさん:2020年01月24日 13:40 ID:dZhf9.Up0▼このコメントに返信
冷戦時代のアメリカが、明らかに明らかに科学的に劣っているソ連を見下さなかったのは、
ソ連の冶金技術の高さ(今でもロシア製ジェットエンジンは冶金術の高さに依存している)による。
操作系も明らかに古くさいが、確実・正確に作動する。潜水艦の潜航限界も深い。
204.名無しさん:2020年01月24日 13:41 ID:.3AtXZI60▼このコメントに返信
J○U「金くれりゃ作るけど全く同じものは無理やで」
205.名無しさん:2020年01月24日 13:41 ID:C4LlIQSm0▼このコメントに返信
これは月面有人着陸が今のままでは無理でまたゼロから計画と計算、設計をしないといけないのと一緒。
206.名無しさん:2020年01月24日 13:43 ID:MXtxDj3i0▼このコメントに返信
現代の技術で作った大和が作れる。そんだけ。
90年近く前の技術を今再現するのが面倒なら今の技術を応用するだけで良い。今は技術の厚みが全然違う。
207.名無しさん:2020年01月24日 13:44 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>114
大和が左側集中されたのは、右側に鉄壁雪風がいた為。
208.名無しさん:2020年01月24日 13:47 ID:5DwoBc4Z0▼このコメントに返信
軽々しく失伝とか言うやついるけど何なんだろうな…。
船を作る技術がなくなったんじゃなくて「道具や工具がなくなってる」から道具や工具から作らなければいけない。
船「だけ」を作るという話にはならないということ。
209.名無しさん:2020年01月24日 13:48 ID:MXtxDj3i0▼このコメントに返信
※200
遣ってみないと判らんとか言うところに、発注は絶対来ないから心配すんな。
出来るところは大抵ノウハウ持ってて研究熱心だよ。難度の高いところは合理的に吹っかけるもんだ。
210.名無しさん:2020年01月24日 13:50 ID:sZOav4zf0▼このコメントに返信
金と時間を掛ければ不可能ではない
ただ全く同じ材質と技術で大和型戦艦を莫大なコストを使ってまで再現する理由が無い。
どこぞの大富豪が道楽でやるとかじゃないと
211.名無しさん:2020年01月24日 13:50 ID:CxZmxokw0▼このコメントに返信
40km飛ぶ砲らしいけどさ、ミサイル飛ばせば良いだけだもんな・・・。
212.名無しさん:2020年01月24日 13:51 ID:MXtxDj3i0▼このコメントに返信
※208
道具や治具はすぐ作れないなら話にならん。この程度を大仰に言うようじゃ失伝を騒いでる奴と大差が無い。
213.名無しさん:2020年01月24日 13:51 ID:ZEbZ4zUK0▼このコメントに返信
ロストテクノロジーというものの意味を理解した方がいいね。
現実世界で実現できるかどうかの話。
無尽蔵に予算があることを前提にするのは架空の世界の話。
当時の大和建造予算を、現在に換算した位の額で再度作れるかということ。
もうあの当時の砲身を作れる工場はないし、
現代技術で軽量化した砲身は大和のものとは違う技術でできた別物。
当時の船はリベット工法だったけど今は溶接。
造船リベット職人は絶滅した。技術は継承されてない。
職人を一から養成すればいいというのは詭弁。
214.名無しさん:2020年01月24日 13:51 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>131
確かに飾ってあるだけだとなぁ。でもミュージアムは続いてるよね。
215.名無しさん:2020年01月24日 13:52 ID:aFM0Kl2E0▼このコメントに返信
金と人を動員して作ればそのうち作れる。元が取れないだけ。
216.名無しさん:2020年01月24日 13:52 ID:.NlWy7SB0▼このコメントに返信
*178
アメリカの軍艦は、空液交互の多層による水雷防御だよ。1発食らうくらいなら主要部までは貫通しない。
ただ、ぶっちゃけ軍艦の防御力って排水量がデカイほど強いんで、それを考えないとなんとも言えんが。不死身のビッグEの異名を取ったエンタープライズですら、アメリカからすりゃ「この排水量じゃ防御力はどうしょうもうない」だそうで。

*187
鋼材作って、旋盤でくりぬいて、ガンワイヤをびっちり巻いて、炉で炙った外筒に嵌め込んで…ってやらなきゃならないのて、巨大な竪穴の加熱炉とかが必要。
217.名無しさん:2020年01月24日 13:53 ID:MXtxDj3i0▼このコメントに返信
※211
沖合から大質量の弾頭をボコボコ打ち込む用事には便利らしいぞ。上陸作戦とかな。
218.名無しさん:2020年01月24日 13:54 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>134
でも面白い。
219.名無しさん:2020年01月24日 13:55 ID:ZENkLpzI0▼このコメントに返信
用途がないものを作る必要ないし
220.名無しさん:2020年01月24日 13:58 ID:fz1h.lDM0▼このコメントに返信
※191
砲身が軽い。
砲弾が安い(火薬使わないので、ただの金属の塊)。
射程200kmと桁外れに長い(ヤマトの主砲でも42km)。ちなみに福岡から朝鮮半島まで届く。
連射可能(6秒に一発可能らしい)。
221.名無しさん:2020年01月24日 14:00 ID:FfOaq79A0▼このコメントに返信
使わない技術は失われるんだぞ。
だから技術が必要なら、特に必要が無くても定期的に作り続ける必要がある、
222.名無しさん:2020年01月24日 14:00 ID:IIeNAGo50▼このコメントに返信
>>10
デカイだけならな。でも次のヤマトは空飛んで海潜れて宇宙まで行けちゃうから。しかも最後は凄いの発射しちゃう。
223.名無しさん:2020年01月24日 14:07 ID:kpMWFZcq0▼このコメントに返信
>>218
どこが?
224.名無しさん:2020年01月24日 14:11 ID:jFbH8ylO0▼このコメントに返信
作れんのは主砲じゃなくて波動砲の方やろ
波動エンジンの作り方がまだイスカンダルから届いてないからな
225.名無しさん:2020年01月24日 14:11 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
※109
外壁が京セラのセラミック多重装甲で  光学器がNIKON 
世界最強を使える   戦略家が日本にいないというくその事実w
226.名無しさん:2020年01月24日 14:13 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
※224
アメリカの大好きエンタープライズ文化で言うと  ボスの科学を取り入れていない
ボスの科学技術はウイアーザーボーグなど糞のゴミ虫らしいw
227.名無しさん:2020年01月24日 14:15 ID:.4dbMjwy0▼このコメントに返信
※209
日々研究してやった事があるから判断できるんだよ
やった事もないのにできるなんて言うところなんてないよ
228.名無しさん:2020年01月24日 14:16 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
レジスタン 伊豆温泉 は 腐タール   何言ってんだカスw   そういう化学文明らしい
鳩カスが言う地球が出来て45憶念   ボスは地球では恐竜文化の最後に位置する高度文明らしい
229.名無しさん:2020年01月24日 14:20 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
アメリカ人の文化  でいうと   中国はボーグらしいw  
アホのトランプが金金でいうて  長寿と繁栄を願う国を捨てるのもくそのお話として一興かもw
230.名無しさん:2020年01月24日 14:22 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
韓国は 耳がデカくて醜い顔のアレやで   なんだっけ   ラチナムが大好きなアレ  
日本からラチナムを奪いたくて仕方がないw
231.名無しさん:2020年01月24日 14:22 ID:U.Tt66Yb0▼このコメントに返信
逆にさ、作ってどうすんの???
232.名無しさん:2020年01月24日 14:25 ID:wm3vQPew0▼このコメントに返信
>>213
職人を養成するって誰が教えられるんだよって話だよな
233.名無しさん:2020年01月24日 14:28 ID:.Pbfzkd80▼このコメントに返信
冶金技術は圧倒的に進化してるから
同等どころかもっと優れたものが作れる。
作るための設備や道具から作っていく必要があるだけのこと。
もっとも、作ったって使いみちが無いが。
234.名無しさん:2020年01月24日 14:29 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
※233
大和ミュージアムに置くなら模型でいいものなw 
235.名無しさん:2020年01月24日 14:31 ID:SvI62eb30▼このコメントに返信
>>195
大型艦の舵が効き出すのって、舵切ってから早くても1分後とかだぞ

砲弾探知してから着弾点解析、そして回避指示が出てそこで舵を切って船が回り出すのが1分以上経ってから

これで間に合うのかな?
236.名無しさん:2020年01月24日 14:32 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
※228
レジスタンス 伊豆 フタール   スタートレック好きならみんなわかっている 
銀河系で侵略するボーグも宇宙の別の聖域ではクソったれ程度の科学力と言う事だ
日本は早く  韓国と言うくそに馬鹿にされるので イスカンダルにコスモクリーナーを貰いに行くべきやなw
237.名無しさん:2020年01月24日 14:34 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
※235
現代の戦艦   まあ  イージス艦と日本で呼ぶものだが  
最初から敵を排h所して潰す   対艦ミサイルの進化でそうなったんだ仕方がないw
238.名無しさん:2020年01月24日 14:39 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
アメリカがカス中国ともし握ったとしても核攻撃は無い 
でも 
安心するな 
日本のカス空母は最初の攻撃目標だ  俺たちアパッチ野球軍w   こういう奴らしか乗れないぞw
239.名無しさん:2020年01月24日 14:42 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
パクリスホイがユーロのぐりペンにやられたらしい
中国は必死に松下を収奪してアメリカに最終決戦を挑むw
240.名無しさん:2020年01月24日 14:44 ID:J36qftHe0▼このコメントに返信

確か 沖縄 首里城の瓦は、復元技術を持った職人が 亡くなり、再現が 難しいとか あったが、 戦艦 大和は 別だろう。
根本的、 今の時代に 戦艦 大和の様な 巨大戦艦の 需要はないし、技術的に 作れないと言いよりは、日本国 憲法により 建造 出来ないて事だろう。
日本は 陸海空軍 及び その他の戦力を 保持しないのだから。
241.名無しさん:2020年01月24日 14:47 ID:jGlCZGNZ0▼このコメントに返信
※240
イタリアの壁画もひどいらしいw
242.名無しさん:2020年01月24日 14:51 ID:el5l3Z3r0▼このコメントに返信
バブル期みたいに使い途に困るほどお金があるような時代じゃないと再建造は無理だろうな
243.名無しさん:2020年01月24日 14:55 ID:emnoaOrI0▼このコメントに返信
>>240
一隻で大和を戦闘不能に追い込めるだけの性能を持った護衛艦を何隻も持ってますが。
244.名無しさん:2020年01月24日 14:56 ID:mX.9J6M.0▼このコメントに返信
今の護衛艦、あたごとかのイージス艦のほうが攻撃力でいえば強力だと思うが。
作る意味がないから作らないだけ。
三連装の主砲だって「あれはどれか詰まっても他が使えるから」3連なだけで、今のは詰まらないから単装になってる。
そもそも今時ならライフリング切らずに滑腔砲にするんじゃなかろうか
245.名無しさん:2020年01月24日 14:57 ID:ZffrWP5J0▼このコメントに返信
最近、ノザキのコンビーフの台形缶の生産終了が決まったけど。
あの缶も20年もしたらロストテクノロジー扱いされるのかねぇ…?
ちなみに、新しいパッケージは軽量で保存期間も延びているそうだけど。
246.名無しさん:2020年01月24日 14:58 ID:gQ5aeLUQ0▼このコメントに返信
※15
中古の98を買ってきて動かすとか素敵やん
247.名無しさん:2020年01月24日 15:00 ID:Qg8hOKtw0▼このコメントに返信
>>82
思いっきり好意的な解釈するなら射撃装着関係以外の場所に機密は少ないから観光資源も兼ねた広告塔になる
248.名無しさん:2020年01月24日 15:20 ID:mDuOV2lv0▼このコメントに返信
※40
武蔵の生まれ故郷…
249.名無しさん:2020年01月24日 15:22 ID:.fQeSgTm0▼このコメントに返信
レールガンが実用ベースに乗ったら戦艦復活わんちゃんあるだろ
250.名無しさん:2020年01月24日 15:32 ID:0ZvGp0hE0▼このコメントに返信
時間と予算をくれれば不可能なんて無い
だけど余りの予算不足に今や127mm砲の旋回部分の巨大な軸受けを調整し組む技術も…ギリギリなんよ
金が無い
あぁ金が無い
職人さんをキープする金が無い
251.名無しさん:2020年01月24日 15:37 ID:wkwtJORD0▼このコメントに返信
『よみがえる超戦艦「大和」―史上最強の巨艦「復元計画」』
という本が出ているので読んでみるといいよ

ttps://www.amazon.co.jp/%E3%82%88%E3%81%BF%E3%81%8C%E3%81%88%E3%82%8B%E8%B6%85%E6%88%A6%E8%89%A6%E3%80%8C%E5%A4%A7%E5%92%8C%E3%80%8D%E2%80%95%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E6%9C%80%E5%BC%B7%E3%81%AE%E5%B7%A8%E8%89%A6%E3%80%8C%E5%BE%A9%E5%85%83%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%80%8D-%E6%88%A6%E4%BA%89%E8%80%83%E5%8F%A4%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E4%BC%9A/dp/4195552710
252.名無しさん:2020年01月24日 15:40 ID:HnqG.uql0▼このコメントに返信
技術が失われたというのは真っ赤な嘘
巨大な砲をを鋳造する設備は廃棄されてしまったので、一から作る必要が有ると言うだけ
一から作ればもっと精密で長持ちする「大和」が作れる

まあ、大和ホテルを作る酔狂な富豪が居れば作れるんじゃね?
政府が無用の長物に防衛費突っ込むなんて言い出したら、総辞職待った無し
253.名無しさん:2020年01月24日 15:44 ID:aA.PJh5A0▼このコメントに返信
場所とか言ってる奴がいるが、大和は排水量6万4000トン、いずもは1万9千950トン。全長は大和の方が15mくらい長いだけ。
それにタンカーなんかもっとデカいだろ。
254.名無しさん:2020年01月24日 15:45 ID:l2ii7.0h0▼このコメントに返信
未だにこのデマゴーグ話題にするアホがいんだなあ
255.名無しさん:2020年01月24日 15:49 ID:muLBzAz40▼このコメントに返信
作り方が想像できるものはまだロストテクノロジーにならないよ
コカ・コーラのレシピとか知ってる人が少ないとその可能性ありそうだ
intelがダメならAMD使えばいいんじゃない?
256.名無しさん:2020年01月24日 16:09 ID:0OSgbp5k0▼このコメントに返信
つくる意味がないのと現在の技術だと別物になるってだけ
それがなぜか造れないってことに改変されてる
257.名無しさん:2020年01月24日 16:11 ID:Y.SUe8AH0▼このコメントに返信
ロストテクノロジーの意味が違うんだよ
漫画だと、原理が今では想像もできない古代遺産のハイパーテクノロジーとかだけど、
大和は単にレシピのなくなっちゃったカレー程度の話
全く同じものは作れないけど、予算と時間と必要性さえあれば、
似たものを再現するのは不可能ではない
258.名無しさん:2020年01月24日 16:13 ID:.NlWy7SB0▼このコメントに返信
*244
連装4基8門と、三連装3基9門の方の合計重量がほぼ同じで、弾火薬庫のスペースも圧縮できるから採用したんだよ。
遠距離砲撃は狙って当てるんじゃなくて、「一定範囲に弾を落とせばどれかが当たる可能性がある」って撃ち方なので、最低6門以上の斉射が必要と考えられていた。
護衛艦が火砲1門しか積んでないのは、3インチ砲じゃ遠距離の公算射撃なんぞしようも無いから。
259.名無しさん:2020年01月24日 16:33 ID:5lIguUDT0▼このコメントに返信
見せ物として造るのなら、よく似た模造品で十分。わざわざ「失われた技術」で全く同じ物を再現する必要はないだろ。
260.名無しさん:2020年01月24日 16:44 ID:QlMofHIG0▼このコメントに返信
日本人なんだから、必要であればどうにかして作るよw
ものすげえクオリティのを。
261.名無しさん:2020年01月24日 16:48 ID:ORzGxF2u0▼このコメントに返信
基本的な話として、
できない:そこに使われる技術まで含めた完全再現(無制限に予算を使って良いなら可能?)
できる:見た目だけのレプリカ

262.名無しさん:2020年01月24日 16:49 ID:kpMWFZcq0▼このコメントに返信
>>258
5インチ砲「…」
263.名無しさん:2020年01月24日 16:51 ID:aFM0Kl2E0▼このコメントに返信
いま戦艦作るなら
主武装は対艦対地ミサイルになるから水上艦である必要がなく
米国のSSGNそっくりの代物になると思う。

いま、二次大戦艦みたいな大砲は早々作れないってことをズムくんが証明しちゃったし。
264.名無しさん:2020年01月24日 16:51 ID:kpMWFZcq0▼このコメントに返信
>>244
無知すぎるwスレ主と同じレベルのアホさだな
どれかが詰まってもとかイージス艦の対艦能力だとかw大喜利のつもりなのかw
265.名無しさん:2020年01月24日 16:52 ID:2hvMI78j0▼このコメントに返信
※9
良い例えだと思う。
266.名無しさん:2020年01月24日 16:55 ID:7RF1otoR0▼このコメントに返信
外形だけのペラペラのレプリカでいいんだよ。ただし原寸大で。当時の雰囲気を味わいたいだけなんだから。日本人観光客だけでも元は取れるだろう。広島県は何をしている。
267.名無しさん:2020年01月24日 16:56 ID:El6POJZt0▼このコメントに返信
高コストだけど純度5Nの鉄が作れるようになっただけに、当時の低純度の鉄が逆に作りにくいだけでしょ
あとは単純に炭素含有量の正確な測定をした記録がないとか
268.名無しさん:2020年01月24日 17:00 ID:sZjqedC.0▼このコメントに返信
※242
瓶国弱兵で目積んぼうさせるのに何言ってんだカス
269.名無しさん:2020年01月24日 17:22 ID:emnoaOrI0▼このコメントに返信
>>160
原子力エンジンにしたらまんまロシアのキーロフ級だな。
因みにでかいだけで使い道がなくて、海軍のシンボル目的で何とか退役をまぬがれてる。
それも大和と似ている。
270.名無しさん:2020年01月24日 17:23 ID:uehY3Pe40▼このコメントに返信
模型で再現できる物を造れない訳ないだろう
問題は、金と時間と有効性
271.名無しさん:2020年01月24日 17:28 ID:wTIdUno90▼このコメントに返信
戦艦は「防御力がすごく高い軍艦。その次に艦隊の中で最大の火力を持っている軍艦」。
そういうものが無意味化と言ったらそんなことはないと思う。
主砲も艦砲射撃に使えるし、現代の観測技術や砲弾のスマート化でものっそい遠くまで正確に打てる。
使い道を考えれば「LAST MAN STANDING」的な軍艦としてあってもいいような。
272.名無しさん:2020年01月24日 17:32 ID:ZEbZ4zUK0▼このコメントに返信
※252
大和の主砲が鋳造で作られてると、考えてる時点でオツムが知れている。
話にならない。
273.名無しさん:2020年01月24日 17:38 ID:xMem1pjH0▼このコメントに返信
※220
ありがとう。でも違うんだ。
「砲」の特性でそれらのメリットがあるのは理解できるんだけど、
気づいたらなぜか「高精度」っていう話もでていて、それは「砲」では限界があるのではないかと考えているんだ。
少なくと無誘導弾だと、風を完全に読み切るなんて無理だから、大艦巨砲主義の時代と同じく、狭叉させて数打ちゃ当たるってことになるしかないわけで、もしかして連射能力で早く数こなすことで、当てられるといっているのか?と思ったり。
あと、距離が離れるほどずれは大きくなるはずなのにと。

誘導弾も作るとは、見たんだけど、それは弾の特性で、レールガンではないよねと。
あと、蛇足だったけど、その場合ミサイルでいいんじゃないかと思ったり。
レールガン用誘導装置だと、素人の俺でも、加速度、電磁波、温度と解決すべき問題があるので、コスト上がるだろうなと。
まあ、コストが同程度であれば、迎撃しにくいというのがメリットになると思うけど。


まあ、つまり「レールガン」自体に「高精度」っていう特性があるかのような話をちょいちょい見かけて、ちがうんじゃねってモヤっとしてるんだけど、俺の知らない理論があるのかもしれないという疑念があって、断定できないんので、よりモヤっとしているw
274.名無しさん:2020年01月24日 17:38 ID:Qg8hOKtw0▼このコメントに返信
>>263
JAXAと防衛省で作ってるレールガン九門載っけたら破壊力だけなら同等じゃね?
問題は爆薬無いから一番求められてそうな対地攻撃じゃあんま役に立たなそうな所だけど
275.名無しさん:2020年01月24日 17:43 ID:Epy2ByGK0▼このコメントに返信
自衛艦の75ミリ砲は分速85発とかだもんな。機関砲かよ。
276.名無しさん:2020年01月24日 17:55 ID:.NlWy7SB0▼このコメントに返信
*271
それがね、戦艦が廃れたのは「脆いから」なのですよ。
もう第一次大戦時のあたりから「浮かぶ国家予算」なくらい高コストになっちゃって、それがラッキーヒット一発で爆沈しちゃうって判明しちゃった。現状、攻撃力が防御力を完全に凌駕しちゃってて、どうやっても十分な防御が不可能。
作るコストも運用コストも高くて、射程も命中率もミサイルに劣り、防御も完全とは言えないんじゃ、作る意味は無い。
今の海軍が空母と潜水艦以外は軒並み駆逐艦になっちゃってるのは、理由があるんですよ。
277.名無しさん:2020年01月24日 17:55 ID:7JOj6jFJ0▼このコメントに返信
そりゃ現代の技術で戦艦大和の形で似たような性能の戦艦を建造する事は出来るけど、当時と同じ技術で同じ部品を用意して建造するのは無理って事や。
どうしても現代技術の船体に、現代技術の砲塔に、現代技術で作った砲弾になってしまう。
理由は当時と同じ設備と技術と職人が居ないから。
278.名無しさん:2020年01月24日 18:27 ID:ghaieVB20▼このコメントに返信
※78
グランドセイコーは機械式時計だけど
今の場合はコンピューターでまず設計図組んで、精度の高い歯車をそのまま使ってキャリバー組み立てられるからねぇ。
で、ちゃんと調速機はあるから、その場で微調整で出来るし。

・・・職人技はどっちかって言うと、設計や部品の品質保証の分野で必要になってるしね、今は。
279.名無しさん:2020年01月24日 18:29 ID:1h9z6Ayl0▼このコメントに返信
※6
ダカール沖海戦とかメルセルケビール海戦、デンマーク沖海戦からビスマルク追撃までの一連の戦闘とか…


というか日米が少し前まで戦艦を基本とした練りに練ったプランをかなぐり捨てって、いきなり空母と航空機で殴り合っているのがおかしいだけで、欧州では普通に戦艦が活躍しておりますけどね!
280.名無しさん:2020年01月24日 18:36 ID:1h9z6Ayl0▼このコメントに返信
※6
フッドが沈んだ海戦には例のプリンス・オブ・ウェールズも参戦しておりますし、その後のビスマルク追撃戦にはビック7(笑)のロドニーやプリンス・オブ・ウェールズのネームシップであるキング・ジョージ5世も参加しておりますので戦艦VS戦艦ではあります…。

前半はともかく後半は中破した戦艦一隻にイギリスの大西洋に展開する艦隊の半分近く動員してのなぶり殺し(しかもソードフィッシュのラッキーパンチがなければ逃げられた可能性大)をまっとうな海戦というのかは知りませんが…
281.名無しさん:2020年01月24日 18:41 ID:kpMWFZcq0▼このコメントに返信
>>279
欧州でイギリス海軍(の1方面)とタイマン張れる海軍なんか存在しなかったけどな。

航空優勢の下ならノコノコ戦艦出してきたかは怪しい。東洋艦隊もマレー沖海戦以後引きこもるし
282.名無しさん:2020年01月24日 18:49 ID:1h9z6Ayl0▼このコメントに返信
※281
い、一応、世界第5位のイタリア海軍いるし…。まぁ、米英日のトップスリーと仏伊などのそれ以下では嘆きの壁クラスの格差があるんですが…。

ちなみにドイツ海軍がイギリスに対抗できる予定は1945年ごろで総統閣下からもそういう前提で政治や外交を行うという了承を得ていた…が、そのイギリスと戦争が始まったのが1939年で終わったのが1945年…独海軍関係者はヒトラーをぶんなぐっても、いいんじゃないか、と。
283.名無しさん:2020年01月24日 18:50 ID:.NlWy7SB0▼このコメントに返信
*280
シュペーんときもそうだけど、「殺ると決めたら、戦力残らず注ぎ込んでとことん殺る」ってのがロイヤルネイビーの恐ろしいところで。
284.名無しさん:2020年01月24日 18:57 ID:la3rlH9.0▼このコメントに返信
※282
イタリアも1943年ぐらいまで待たないと
とても戦争なんて無理って状況じゃなかったっけ?

まあドイツの優勢になると慌てて参戦するあたり
なんとも・・・
285.名無しさん:2020年01月24日 19:16 ID:6GUD3W5U0▼このコメントに返信
探照灯のレンズは作れないと聞いたよ、巨大すぎて。
286.名無しさん:2020年01月24日 19:19 ID:1h9z6Ayl0▼このコメントに返信
※235
レイテで敵の急降下爆撃をことごとくよけきった戦艦伊勢・日向の両艦長曰く「舵を切るタイミング」だとのこと…。

駆逐艦島風のように魚雷などを振り切るとかもあるけど…。
287.名無しさん:2020年01月24日 19:20 ID:la3rlH9.0▼このコメントに返信
大和ばかりじゃ飽きるんで
イタリア戦艦リットリオ級でも

ttps://note.com/1944yamashiro/n/ne1e28d423500?magazine_key=m45714072661f
上のサイトでリットリオ級語ってるんだけど
複合装甲のトコで木材を使用してるとかホントかな?
ココで前に見たけど木材じゃなくてコンクリートと聞いた気が・・・
どっちがホントなんだ?

他にも色々と突っ込みどころがあって興味深い
288.名無しさん:2020年01月24日 19:42 ID:ctZ35fL30▼このコメントに返信
戦艦大和好きの戯言だろうな
289.名無しさん:2020年01月24日 19:52 ID:iZqfVy6H0▼このコメントに返信
全く戦艦と関係ないが、曾婆さんが使っていた100年前の桐のタンスを解体したけど、あれも今の大工には作れんわ。
取っ手と装飾版の取り付け以外に鉄釘なんて使ってないか、ほとんど木ネジで止めている構造。
現代で桐のタンスを作っても、鉄釘と接着剤で作っちゃうからな~。
290.名無しさん:2020年01月24日 20:03 ID:hhiczRqg0▼このコメントに返信
>121
大和建造に携わった起重機船3324号は「さんこう」という名前で今も現役だぞ
291.名無しさん:2020年01月24日 20:15 ID:DfsN8Mxa0▼このコメントに返信
※102
作れる作れないの話しであって、
作ってどうするなんて議論ではない!
もそっとアタマ働かせようねw
292.名無しさん:2020年01月24日 20:20 ID:HkJP6.kV0▼このコメントに返信
伊勢神宮の式年遷宮の様に、20年置きに戦艦大和を建造して技術を伝承すればええねん。
293.名無しさん:2020年01月24日 20:21 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
同じ鉄で造った大砲でも
今の鉄と昔の鉄じゃ品質が全く違うの
だから、今作られてる鉄で砲作ってもコレジャナイ、になるのが一つ目
そしてその昔の品質の悪い鉄でも実戦で運用可能な大砲を作る職人芸は失われている、というのが二つ目
そもそも昔の(現代と比較して)粗悪な鉄で何かを作る技術自体、その粗悪な鉄が無きゃ時代遅れの無用の長物なんだからそりゃ消失すると言うね
294.名無しさん:2020年01月24日 20:24 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※289
今でもその手の木工職人は居るよ?
最も、需要と供給の関係上箪笥一つで三桁万いくくらいには高価になってるけどねw
295.名無しさん:2020年01月24日 20:36 ID:g.N0Yvep0▼このコメントに返信
結局どうなんだろ?
1.当時と同じ技術(やり方)で当時と同じものを作る
2.現代の技術(やり方)で当時と同じものを作る
3.現代の技術(やり方)で当時よりも良いものを作る

1は出来ないと言われても納得できる。当時の今より程度の低い技術・やり方なんてもうやれないから。
2は出来ないと言われても納得できる。現代の技術・やり方だと当時よりも良いものができちゃうから
3はできるよね。

もちろん費用や運用は度外視ね。
296.名無しさん:2020年01月24日 20:59 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※295
同じ材料(鉄に含んでいる不純物他)が作れない、と
同じ材料で同じもの(不純物多い上に均質さも劣る当時の材料を職人芸でカバーする)が作れない
両方のノウハウ不足ですな、特に前者は現代みたいな品質管理データも無いから想像で補う要素が多すぎるのよ
297.名無しさん:2020年01月24日 21:00 ID:8AIiiNN80▼このコメントに返信
日本共産党みたいなキチ害連中が妨害しにくるからだろ。
建造しようとしたら関係者を拉致監禁とか平気でやるだろうからな。


298.名無しさん:2020年01月24日 21:02 ID:ydWlDSvv0▼このコメントに返信
技術的な話をしてるはずなのに場所がどうの金がどうのだの言ってる奴はアスペなの?
299.名無しさん:2020年01月24日 21:04 ID:uAnncYef0▼このコメントに返信
単純に火薬式の大口径砲身を鋳造したり、ライフルを旋盤で彫ったり分厚い装甲版を焼いたリベットで打ち付ける機会が戦後なくなってしまったので作業員がいない。
それを教育出来る教官もほとんどいない。
だから、そうした作業員の育成からスタートする必要があり、また、途絶えてしまったノウハウを復元する必要もある。
テクノロジー的な断絶があるわけじゃないから予算が無限にあり、期間も余裕があるなら同じ物は作れる。
300.名無しさん:2020年01月24日 21:06 ID:uAnncYef0▼このコメントに返信
>>1
ピラミッドは意外と作れるんじゃん?ってのが最近の見解。
301.名無しさん:2020年01月24日 21:06 ID:bmb01ec10▼このコメントに返信
金があれば現代の技術で再現は可能
当時の技術での再現は不可能らしい
46㎝砲の焼き入れ技術とか失伝している
302.名無しさん:2020年01月24日 21:10 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※296
もうちょい突っ込むと、そもそもの原料である鉄鉱石も同じものが無いw
鉄鉱石つっても土地ごと、地層ごとで組成は変わるし、それを粗鉄にする段階での加工方法でもがらりと変わるからね~
303.名無しさん:2020年01月24日 21:12 ID:oMiLOtH10▼このコメントに返信
技術の方はともかく、金銭面はあるだろうな。
今作ろうと思ったら、天文学的な予算になってしまう。
当時は戦争という大義名分があったから作れたのだ。
アメリカが未だに新しい有人ロケットやシャトル作れないのもそのせい。
当時は冷戦という口実があったが、
今はないので、目玉の飛び出る予算に国民が
「そんなことに税金使うな!」と許してくれない。
(中国とロシアはそんな国民の意向無視するので作れる)。
304.名無しさん:2020年01月24日 21:12 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※299
焼いたリベットを作業員が放り投げてパスして、そのまま打ち付ける技術だと東京タワー辺りが最後だっけか・・・
305.名無しさん:2020年01月24日 21:18 ID:uAnncYef0▼このコメントに返信
>>77
だから可能だよ。
だが、工作機械を新たに作り、作業員を育成するところからスタートになるよ、って話。
306.名無しさん:2020年01月24日 21:19 ID:MoWuJcdr0▼このコメントに返信
当時ですら時代遅れなのに、今さらつくってなんか意味あるの?
あと四半世紀で100年になろうとしてるのに「大和」だ「零戦」か凄かったって…自衛隊だって宇宙軍つくろうとしてるのにな…
307.名無しさん:2020年01月24日 21:19 ID:6QaeSYZY0▼このコメントに返信
※304
ところがどっこい現代日本にもこの技法は残ってたりするんですよ。
308.名無しさん:2020年01月24日 21:27 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※307
そうなのか、すげぇな日本・・・
309.名無しさん:2020年01月24日 21:29 ID:g.N0Yvep0▼このコメントに返信
※296
なるほど。技術だけじゃなく材料も、ということね!

Q:現代の技術でやまとが作れないってどういうことなんだってば!
A:現代では、まず当時よりも良い材料を用意してしまうんです。当時のような現代よりも粗悪な材料を用意できないです。さらにどのくらい粗悪なのかという情報すら残ってないので、無理やり粗悪なものを用意したくても指標がなく完全に真似できません。
仮に用意できたとして、その粗悪な材料をなんとかかんとか使えるものにしていたという、当時の職人の技術が残っていません。現代ではその必要がないからです。
ショートアンサー:現代の技術で現代の材料を使って大和っぽい軍艦を作ることなら出来ます。もちろん当時より高性能です。

こんな感じですかのー?
310.名無しさん:2020年01月24日 21:31 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※309
満点回答かと、特に材料面で「当時と同じ品質のものは作れない」というのが大きいんですわ
311.名無しさん:2020年01月24日 21:32 ID:ZEbZ4zUK0▼このコメントに返信
※307
残っていない。
建築の鉄骨組と、造船を一緒にするな。
外板の裏と表に分れてのブラインド作業が、今の人間に出来る訳が無い。
テキトー書くな。
312.名無しさん:2020年01月24日 21:33 ID:mxCtDgj.0▼このコメントに返信
そもそも基本的な設計図、技術的重要機密を燃やしちゃってるし。
10分の1のモデル作るくらいは朝飯前なんだから、形さえでも良ければ普通に造れる。
ただ、当時の鉄の造り方と現代ではまた違う。。それは似て非なる物。
大和建艦当時の鉄を再現するだけでも相当な費用と労力が必要。
それらを踏まえると、当時の大和型を造った費用を大幅に超える事になると思う。
装甲の造り方その物は口頭で伝授出来ても材料の比率とか焼き嵌めする時のデータとか、表と裏の強度差の出し方とか。
ガンワイヤーの製法、巻き方とかもちゃんとしたデータが残って無いと1から研究して素材から何から割り出さなければならない。
当時の研究データがあったからその大和型が出来た訳で、同じ物を造れとなったら素材研究から1からやり直しみたいな物。
見た目だけで良いのなら『男たちの大和』みたいに実物大模型は造れるんだから金さえ有れば割と簡単に出来るだろう。
問題は中身をどうするかって事。
313.名無しさん:2020年01月24日 21:39 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※311
建築の鉄骨組と、造船を一緒にしたのは※304の自分です、※307さんは建築方面ではあるよ、って言ってくれただけっす
気分を悪くされたら申し訳ない
314.名無しさん:2020年01月24日 21:44 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>114
ああ、そいつは旧海軍ネタが立つたびにソースなしのデタラメ長文投稿してくるレス乞食だから相手にしちゃダメよ。
315.名無しさん:2020年01月24日 21:44 ID:.NlWy7SB0▼このコメントに返信
*287
船体作って装甲張る形式だと、クッションとして木材挟む。大和みたいに、装甲が船体内で構造材兼ねてる場合はまた別だけど。
装甲に使えるほど鋼鉄が作れなかった時代は、鉄で木材サンドイッチして装甲にしてた、イギリスなんか、合計の厚さが1mくらいの装甲もある。日清戦争前に発注されて戦後に到着した富士、八島とか、排水量1万トンちょっとなのに、舷側装甲(の厚みだけ)は大和と同じくらいあるw。防御力は浸炭鋼使った日露戦争の敷島級以下だけど。
316.名無しさん:2020年01月24日 21:47 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※314
所謂キヨタニ系コピペだっけ?
317.名無しさん:2020年01月24日 21:47 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>121
たがらそれは予算的な問題であって技術的な問題じゃないだろ?
工作機械やクレーンの建造から作業員の育成までフォロー出来れば解決できる。
318.名無しさん:2020年01月24日 21:49 ID:nJzRbLLA0▼このコメントに返信
>>170
と、歴史知らないキッズが吠えるまではもはやテンプレだな
319.名無しさん:2020年01月24日 21:53 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>135
予算が無限にあるなら世界中から古い鉄をかき集めてくればいいぞ。
320.名無しさん:2020年01月24日 21:56 ID:6QaeSYZY0▼このコメントに返信
※313
フォロー多謝。なんでこう建築を下に見たがる馬鹿が多いのか(笑)
件のリベット打ちですがツベで「若戸大橋」で検索してみると良いかと。
貴重な映像で100年前はこんなことを高所でやっていたのかと思うと当時の鉄骨鳶たちの苦労が偲ばれます
321.名無しさん:2020年01月24日 21:56 ID:.NlWy7SB0▼このコメントに返信
>工作機械やクレーンの建造から作業員の育成までフォロー出来れば解決できる。
ぶっちゃけ、これをもって
「技術的に可能だ」
「技術が失われていて不可能だ」
と主張しあってるだけの話な訳だけどね。
322.名無しさん:2020年01月24日 21:56 ID:nJzRbLLA0▼このコメントに返信
>>77
技術には工作機械そのものやそれを使いこなせる人間が必要
それら揃えるのには予算が必要
予算がないから不可能

それだけのことしか言ってないだろ
323.名無しさん:2020年01月24日 21:57 ID:VddtIZ9H0▼このコメントに返信
※316
キヨタニ系って言ってるからちょっと違うんだろうけど
なんであのコピペ、キヨタニが言ったことになってるんだろう?
324.名無しさん:2020年01月24日 21:59 ID:vvIqNG.50▼このコメントに返信
主砲が作れないわけでは無い
原材料も作り方も別に失われてはいない
ただ、製造治具や工具がなく、製鉄の工法も現代とは異なるので、
同じものを作ろうとすると金と時間がかかる
そこまでして作って役に立たないことはわかってる
だから作らないだけ
325.名無しさん:2020年01月24日 21:59 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>145
スレ的には予算と期間の制約はないんだから職人の育成と技法の研究からスタートすればいいだろ?
326.名無しさん:2020年01月24日 22:00 ID:tsECSzoq0▼このコメントに返信
※323
キヨタニが良く分かりやすい指標だからじゃね?、とw
後流石にこれがキヨタニだとは自分も思ってねぇぞw
そもそもキヨタニはそこまでの知識なんざ無いしw
327.名無しさん:2020年01月24日 22:01 ID:vvIqNG.50▼このコメントに返信
※300
ピラミッドは内部構造がまだわかってないし、そもそも建造目的もわからんから
もどきは作れるが、同じものにはならん
328.名無しさん:2020年01月24日 22:02 ID:vvIqNG.50▼このコメントに返信
※312
図面はGHQの命令で復刻して、アメリカに納品済みだよ
329.名無しさん:2020年01月24日 22:02 ID:g.N0Yvep0▼このコメントに返信
※321
まぁその点は仕方なしだよね。
「やれるのならできるであろう」
「やってもできるかどうかは不明だ」
だからね。
結局だれかがトライするしか無い。でも誰もトライするわけがない。スーパー大金持ちの道楽くらいかな?ポール・アレン的な。
330.名無しさん:2020年01月24日 22:05 ID:MoWuJcdr0▼このコメントに返信
>>306
大和ひとつとっても、日米の技術格差をみると悲しくなるね…
主砲、対空砲の事は既に書かれてたので省略するが、あえて書かせてもらえば、照準装置が天と地の差があった。よく「VT信管さえあれば…」とあるが、例え実用化できたとしても、おそらくは従来の砲弾と何ら変わりないものとなったであろう…
331.名無しさん:2020年01月24日 22:06 ID:vvIqNG.50▼このコメントに返信
※271
予算が無限大ならアイオワ級を残しておきましたよ
でも、アメリカですら抱えるのが無意味なレベルになっていた
最後の復活の理由は、海軍の人員応募の人寄せパンダ役
艦砲射撃が出来る距離だと、対艦ミサイルが地上から飛んで来る時代
332.名無しさん:2020年01月24日 22:10 ID:4I5K4amo0▼このコメントに返信
>>3
ギリシャの火
これなかなかすごい
333.名無しさん:2020年01月24日 22:13 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>150
だから「作れる」で結論だよ。
「作れない」って言ってる奴は予算的に作れないと言ってるだけ。
334.名無しさん:2020年01月24日 22:14 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>192
予算さえあれば可能だぞ。研究から始めればな。
335.名無しさん:2020年01月24日 22:17 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>157
現代のテクノロジーの粋を集めた潜水艦と必ずしも技術先進国ではなかった70年前の日本が充分に作れた大砲が同じとか笑わせる。
336.名無しさん:2020年01月24日 22:27 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>174
ピラミッドも上層の石をどうやって上まで運んでハメたのかが分からないだけで、ヘリとクレーンを使えば寸分違わぬ物は出来るのよな。
337.名無しさん:2020年01月24日 22:32 ID:aB4GbuEY0▼このコメントに返信
当時と100%同じ技術と技法使って造船することができないだけで現行技術使いまくれば後は金次第やろ
但し出来上がるのは九割九分九厘大和っぽい何かってだけで
338.名無しさん:2020年01月24日 22:32 ID:ZEbZ4zUK0▼このコメントに返信
技術ってのは一朝一夕には進化しない。
絶え間ない失敗と成功の積み重ねによって進化する。
しかし有る日その蓄積が全く無意味に成る様な技術革新が、全く別の技術体系からもたらされたりする。
造船におけるリベット接合と電気溶接の様なものだ。
之は前者は後者に対し、全く安全性、確実性、コストで全く太刀打ちできない。
結果、その技術は失われる。
金と時間を掛ければ出来るというのは技術屋に言わせれば大笑い。
リベットの締め付けのみで漏水を防ぐ工作方法は、全く伝承されていないし、今の造船屋には見当もつかない。
小型船クラスから、リベットで作ってみて、思考錯誤しながら大和まで行くなんて、
気が遠くなる様な話。


339.名無しさん:2020年01月24日 22:43 ID:gRrb.uk00▼このコメントに返信
※2
宇宙服ももう作れないらしい、
コレは技術云々じゃなくて複雑な曲線を縫えるお針子のおばちゃんがもういないせいらしいんだが。
340.名無しさん:2020年01月24日 22:49 ID:3AFS5ZnN0▼このコメントに返信
>>25
その技術を日本はどんどん手放したけどな。
341.名無しさん:2020年01月24日 22:53 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>200
君こそどうかな?予算と納期の限度が設定されてないんだから。町工場なめんな。
342.名無しさん:2020年01月24日 22:55 ID:78.QxNFC0▼このコメントに返信
大和は当時の技術と当時求められた性能を考慮して設計された艦なんだから
根本的に今わざわざ同じ大きさ同じ重さ同じ武装の艦を作ることが無意味
『現代の技術』を用いればあの大きさも重さも46cm砲も一切必要ないんだから
大きさも形も全く別の船が出来上がるだけ
ちなみに戦艦の主砲の製造には各工程含めたら極めて巨大な設備が必要になる
現代でさえ熟練工が必要なのに当時のノウハウを持った人間が誰もいないし
仮に旋盤一つ残ってたところで他が何もなければまるでお話にならない
343.名無しさん:2020年01月24日 22:57 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>212
だからスレは予算も納期も設定してないんだろ?
「すぐ」ってなんだよw
勝手なレギュレーションを押しつけるな。
344.名無しさん:2020年01月24日 22:59 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>213
バカだな。それを言い出したら誰がそんなプロジェクトに予算付けるんだよ?
そもそもファンタジーの話なんだよ。
それからお前もロストテクノロジーの意味を理解した方がいい。
345.名無しさん:2020年01月24日 23:04 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>232
技術が完全に失われたわけじゃない。現在当時の工法に従事する作業員がいないだけ。そんな発注がないんだから当然だ。
大和を建造した文明自体が滅んで民族的にも断絶したという訳じゃない。
だから技術の復元を目的とするなら可能だぞ。もちろんトライアンドエラーは必要だが。
346.名無しさん:2020年01月24日 23:05 ID:78.QxNFC0▼このコメントに返信
戦艦一隻作るために何千枚という図面を書くらしいのに
戦後アメリカが作らせた図面なんか決して元図通りではないし
復元図面も全図面のうち1%あればマシってレベルでしょ
347.名無しさん:2020年01月24日 23:09 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>227
じゃあ新素材や新技術のトライもあり得ないことになるな。
348.名無しさん:2020年01月24日 23:13 ID:MoWuJcdr0▼このコメントに返信
>>330
つづき
というのも、基本的に対空砲、対空機関銃群も主砲と同じ構造の管制照準装置を使用している。つまり、照準手が目標を定めて照準装置を操作して狙いをつける(例によって手動ハンドル!)。それに追従して対空砲(一応電動駆動)、対空機関銃(手動ハンドル)が操向し射撃となる。一見、統制射撃により弾幕わー張れるように思えるが、対空砲の電動機は低出力、対空機関銃は4人中2人がハンドル操作、射手、指揮官は一人ずつな低効率なものであった。目標は遥か彼方、弾は明後日の方向にとなる。加えて日本軍の「必中主義」…これでは墜とせというのもムリである。

349.名無しさん:2020年01月24日 23:16 ID:78.QxNFC0▼このコメントに返信
当時の製造法を再現する話出てるけど
それのどこが現代の技術なわけ?
350.名無しさん:2020年01月24日 23:20 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>277
同じ設備、工作機械、作業従事者の育成から始めればいいじゃん。
突き詰めれば現代の技術で大和が作れないんじゃなくて、膨大な予算がかかるので現実的に不可能というだけの話し。
351.名無しさん:2020年01月24日 23:22 ID:MoWuJcdr0▼このコメントに返信
>>348
つづき
対するアメリカはレーダー管制射撃に自動装填装置に高出力の砲台、自動補正可能な砲側照準器…射手は撃つだけ。対空機関銃は単装で各個射撃。
まさに「弾幕」である…

ちなみに爆撃機の銃座も列国は連装機関銃。日本は単装機関銃。これも銃座の動力が低出力ゆえに情けないものに…結果論ではあるが、単装であれば、わざわざ動力化しなくてもよかった。
352.名無しさん:2020年01月24日 23:26 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>285
現代では長距離を照らすサーチライトでも70年前のように巨大である必要がないからね。
そんな発注がないからそれを造る機械もない。
ただ、ガラスレンズを造る技術自体が途絶えた訳じゃないから、工作機械の作成と作業員の慣熟込みなら造るのは可能だよ、
353.名無しさん:2020年01月24日 23:28 ID:ceLMa4s90▼このコメントに返信
>いくらなんでもこれは嘘だろ
>>なんでつくれねーの?
その艦を作るための専用の「海軍工廠」を作ってたが、今はそれが壊されちゃっててないからだよ。
厚さ80センチ、40坪くらいの面積の鉄板2枚を熱して間に炭を挟んで2週間維持し、鋼鉄化「浸炭」させる。
まるでデカい日本刀を作るような、そんな場所なんて今じゃどこにもないし、経済的に作れない。
354.名無しさん:2020年01月24日 23:31 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>295
2は可能だね。ピラミッドに例えればヘリと重機を使えば全く同じものは作れる。
1は難しいね。工具や工法が当時とは比べものにならないくらいに進化してるから、作業員の養成から始める必要がある。
355.名無しさん:2020年01月24日 23:39 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>309
これがこのスレの模範解答かな。
356.名無しさん:2020年01月24日 23:42 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>312
費用は大幅に変わるのは当たり前。ラインがないんだから。
例えば初代フェアレディZを当時のまま再現しようと思ったらほとんど一から生産設備を作らなきゃならないから一台数億円になっちゃう。
357.名無しさん:2020年01月24日 23:45 ID:5eChnvTd0▼このコメントに返信
>戦艦vs戦艦っで主砲直撃ってありえたのかね

第3次ソロモン海戦で日米当てまくってるじゃん
スリガオ海峡海戦でも当てまくってるわ
358.名無しさん:2020年01月24日 23:49 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>321
可能・不可能だけで語るからそうなる。
ロストテクノロジーにしても復元可能な技術と復元の手がかりがなく復元が事実上不可能な場合の二通りある。
戦艦大和と寸分違わぬレプリカを現在の工業インフラだけで作れるかと言われたら作れない。
その構築からスタートするなら作れる。
それだけの話なんだよなぁ。

ただ、大和の場合技術云々よりも詳細な図面が消失してるから、寸分違わぬ物は作れない。想像や推測が入らざるを得ない。
359.名無しさん:2020年01月24日 23:50 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>327
それは技術的な問題じゃない。
360.名無しさん:2020年01月24日 23:51 ID:78.QxNFC0▼このコメントに返信
最も大事なのは『戦艦大和とは一体何なのか』でしょうに
要するに大和の定義は全長なのか排水量なのか46センチ砲なのか
極端な話海軍の要求する速力攻撃力防御力を満たす船が大和の定義なら
30ktは当然出せるし主砲はVLSに変わり防御はCIWSとかだったりして
その場合まるで似ても似つかない形であろうが大和足り得てしまう
逆に見た目だけ同じようにしてもそんなものはプラモデルと変わらない

個人的な考えを言うなら構造や製法やその他のありとあらゆる要素を含め
当時の技術の粋を集め完成したあの戦艦こそが大和なのであって
現代の技術によって生まれた如何なる戦闘艦も決して大和にはなれない
よって現代の技術で大和を作ることは不可能
361.名無しさん:2020年01月24日 23:53 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>337
大和は大和一隻だけだから。
でも現代技術で同等な戦艦を造ったら大和型四番艦にはなる。大和と二番艦武蔵も細部は異なる。
362.名無しさん:2020年01月24日 23:53 ID:b3x2snWe0▼このコメントに返信
※361
現代技術で作ったら扶桑と伊勢以上に別物だろww
363.名無しさん:2020年01月24日 23:54 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>338
気が遠くなるような試行錯誤と期間をかけてはならない、というルールがこのスレには設定されていない。
364.名無しさん:2020年01月24日 23:56 ID:b3x2snWe0▼このコメントに返信
※357
スリガオでは戦艦同士の砲戦ではほぼ当たってない
日本側は先手取られて軒並みハズレ、米軍側も肝心な時に主砲や照準器への故障続出で戦艦に当たったのは二発程度
365.名無しさん:2020年01月24日 23:57 ID:pX4CzaqQ0▼このコメントに返信
>>360
大和は艦名だから大和は作れない。大和型四番艦は作れる。
366.名無しさん:2020年01月25日 00:04 ID:TME3mnkC0▼このコメントに返信
>>365
何をもって「大和」とするのか
何をもって「大和型」とするのか
結局意味するところはまったく同じでしょ
367.名無しさん:2020年01月25日 00:19 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>職人さんしか知らないから、結局は完成しなかった

日本の組織は、職人技をデータ化して職人をクビにして量産するも失敗。あるいは外国に無償譲渡。
「何で売れなくなったの?」
「何で外国は感謝してくれないの?」と寝言…
これを何度も繰り返しても学習しない…
368.名無しさん:2020年01月25日 00:24 ID:n4HgR6yp0▼このコメントに返信
>>362
扶桑型は改装のときに3、4番砲塔を撤去して、機関換装の案もあった。実現してれば、あの無惨な最期を逃れ得たかも…
ま、当時の海軍では、そんな思いきった事は不可能だったが…
369.名無しさん:2020年01月25日 00:41 ID:8LwPHIN40▼このコメントに返信
※321
核融合も、惑星間航行も、星系移住も
時間と金とリソースが必要なだけで、なんでもできる
単にそれらが足りないだけ

> 作業員の育成
 → 研究者から作業員まで育成

> 工作機械やクレーンの建造
 → 必要な機械の研究開発設計製造

これをクリアすればできるんだからね
370.名無しさん:2020年01月25日 00:43 ID:8LwPHIN40▼このコメントに返信
※369
人がいないなら育成できるし、機械がないなら試行錯誤して開発しなおせばいいというのなら

データがないなら研究して集めればいいし
人が足りないなら育成すればいい
現代においてできないことなど何もなく、ただ時間と資本とリソースが足りないだけ
371.名無しさん:2020年01月25日 00:47 ID:Vu4xFnW90▼このコメントに返信
※368
??「はぁ?41センチ砲搭載以外にあり得ないんですけどぉ!?」
372.名無しさん:2020年01月25日 01:00 ID:m6jm9Mos0▼このコメントに返信
※364
まじっすか
戦艦にタコ殴りにあったイメージあったわ
致命傷が魚雷だというのは知ってたが

そういえばWW2のレーダー射撃が実はたいしたこと無かったネタの一つがスリガオの命中率の低さが良く上げられるね
373.名無しさん:2020年01月25日 01:05 ID:8LwPHIN40▼このコメントに返信
※366
あなたという個人は一人だから、あなたがこれ以上生まれてくることは無い
でも、あなたと同種である人間なら毎日のように生まれている

両方は本質的に同じこと?
つまりはあなたは毎日生まれて増え続けてると考えても問題ない?
374.名無しさん:2020年01月25日 01:10 ID:MIvrLXxC0▼このコメントに返信
※368
改装重量が条約の制限越えるからね
条約違反になるからできないだけであって、海軍が決断できなかったとかそういう話じゃないんだよ
375.名無しさん:2020年01月25日 01:35 ID:ZwRS0.Tn0▼このコメントに返信
ワイはとある給弾装置の1部品を加工してるんだがA0サイズの図面で8枚組やで
A3サイズの図面が珍しくなった昨今にA0
作るのも大変やが図面屋もさぞかし大変やろな~
んで集大成たる船…どんな天才が図面引いてるんやろ
現代ですらツラいのに青焼図面を開いて四苦八苦してたんだと妄想
376.名無しさん:2020年01月25日 02:35 ID:1RSr1YOH0▼このコメントに返信
波動砲搭載して復活させようず
377.名無しさん:2020年01月25日 02:53 ID:RFmh4gTy0▼このコメントに返信
レールガンなんてこんなもの使い物になんねえってアメリカは放り投げた兵器じゃん
日本は未練たらしくしがみついてるけど、アメさんはレーザーの方に全力投入してるっていう
378.名無しさん:2020年01月25日 03:04 ID:Q8JdnM5H0▼このコメントに返信
※372
戦艦二隻、重巡洋艦一隻、駆逐艦四隻の通称西村艦隊に対して米軍がぶっ放した弾は大口径弾300発、中小口径弾4,000発といわれているが、それが致命傷になったのは重巡洋艦だけで残りは魚雷が致命傷となっている。(駆逐艦一隻は部隊がほぼ全滅後戦場を離脱できたが)

戦艦の片方に至っては砲撃の雨あられの中それでも足を止めずに突っ込んでくるもんだから、ビビった米軍の指揮官が味方を巻き込むのを覚悟で雷撃でようやく仕留めたほど…。
379.名無しさん:2020年01月25日 04:56 ID:Wne0e.Ym0▼このコメントに返信
>>332
ただね火炎放射器
380.名無しさん:2020年01月25日 06:00 ID:0V9yEZ1Y0▼このコメントに返信
金の問題
381.名無しさん:2020年01月25日 07:56 ID:TME3mnkC0▼このコメントに返信
>>373
「現代の技術で」って時点で必然的に素材も建造方法も当時とまるで違ってくる
仮にどれだけ外観を似せても重量を似せても装備を似せてもそんなことは無意味で
一番艦の基本設計すら受け継がない"それ"は何をどう頑張っても全くの別物
そんなものが大和型の四番艦と呼べる方がどうかしてる
「大和にはなれないけど大和型にはなれる」だなんて『一体どこが?』って話でしょ
たとえば明治期の煉瓦建築と現代のタイル張りの煉瓦風建築でいえば
どれだけ忠実に外観を再現しようが構造体としてはまったくの別物になる
でも単に"同一の外観"の建物を作ることだけが目的ならそれは達成されたと言える
結局何をもって大和とするのかという定義次第で全てが変わるから正解はない
だからこそあくまで個人的な考えとして自分にとっての大和の定義を書いただけ
少なくとも純粋に艦艇として見た場合は上記の理由で同型艦にはなり得ない
戦闘艦として何の役にもたたなくても外観だけのレプリカを作りたいなら
たとえば尾道に作った実物大の撮影用セットでも目的は達成されたと言える
「アルキメデスの大戦」に登場するCGの塊もある意味現代の技術で作った大和になる
そんなものに何の意味も無いけどね
382.名無しさん:2020年01月25日 08:38 ID:A7YEUgdQ0▼このコメントに返信
費用や有用性だったら「造れない」ではなく「造らない」

大和は巨大だけど、46cm砲積むには小さすぎるんだよ。米が同規模の主砲積む艦設計したら、艦の幅か大和の倍近くになった
大和があのサイズで、どうやって主砲積めたのか、これが解明できない
383.名無しさん:2020年01月25日 13:29 ID:asXjda2A0▼このコメントに返信
※353
大和の装甲で浸炭作業って必要だっけ?
そもそもVH鋼って浸炭をしない装甲板だった気がするけど・・・
384.名無しさん:2020年01月25日 18:28 ID:5WrUloIv0▼このコメントに返信
※23
昔の出てた終戦○○周年記念で大和を再現しよう!と、いう体の小説だな。
再現しようにも現在大型船の鋲接建造なんてロステクだし、どうすんの…って奴
385.名無しさん:2020年01月25日 23:04 ID:E.rgA4rc0▼このコメントに返信
アメちゃんもアイオワ級の主砲は新造せずにWW2時の在庫で対応してたからな
386.名無しさん:2020年01月26日 11:09 ID:1Q.EBOIG0▼このコメントに返信
>>382
当初の設計では全長は280~300mの見積もりだった。
しかし、港湾、ドックの関係で263mまで縮小した。その代償は構造的な弱点を抱えることとなった。
387.名無しさん:2020年01月26日 11:13 ID:1Q.EBOIG0▼このコメントに返信
>>356
イタ車スーパーカーなんか、ほぼ手始業だから千万越えが当たり前なんだよな…
388.名無しさん:2020年01月26日 13:41 ID:MIDHOXS20▼このコメントに返信
※386
縮小したことによる構造的な弱点ってなに?

解消できる程度の不具合はあったが、弱点なんて抱えてないが?
389.名無しさん:2020年01月26日 14:18 ID:8vnMywiT0▼このコメントに返信
大和と全く同じものを作ることはできないが、大和と同等以上の性能を持つ戦艦は作れる。
ただ時間とコストは当然かかるし作ったところで使う場面もないがね。

390.名無しさん:2020年01月27日 12:24 ID:UZIyIHdz0▼このコメントに返信
全く同じものを作れないってものなら大和に限らず無限にあるよ
391.(´・ω・`):2020年01月27日 13:33 ID:4qurk.7V0▼このコメントに返信
>>383
VHは焼入れのみで非滲炭な表面硬化装甲。
超硬化層の代わりに硬化層の割合を増やし、ここで砲弾の破砕を行う。
392.(´・ω・`):2020年01月27日 13:57 ID:4qurk.7V0▼このコメントに返信
>>388
軽量化のため一部舷側装甲を縦強度計算に参入している弊害で、バイタルパートと柔構造の船体前後部分で縦強度が不連続となっており、思いっきり艦首を突っ込むような大損害を被った時、最悪そこから船体が折れちまう事は考えられるが、
実際のところ武蔵がそのような大損害を被りメッタメタにぶっ壊されたが、とりあえず水面に浮いている間は折れて無いんだから大した問題でもない。

ただ、沈没状況が異なる大和、武蔵共に海中の残骸が三分割されちまっている点は気になる所ではある。
まあこれだって、あくまで水面に浮かんでいる時基準で強度計算してんだから、沈没して常とは違う力の掛かり方したんだから折れても仕方ないとは言える。
393.名無しさん:2020年01月27日 18:02 ID:kLdpRaGL0▼このコメントに返信
※391
大和の話題なのに・・・なかなか書き込みが無かったですねw
間違ってなくて良かったけど、気になって調べ出すとなかなか

ドイツ戦車の装甲の記事で
「80ミリ以上の装甲には表面硬化の処理を行わなかった」
「耐弾性能にあまり差が出なかったから」
とか見るとじゃ戦艦の装甲は?とか気になるけど・・・

ドイツの場合はニッケル・モリブデン不足でそれが影響してる
のか、積極的に溶接を採用してるのでその辺り影響なのか

カメラの沼は深いと聞くけど、ミリタリーの沼も深いようで・・・
394.(´・ω・`):2020年01月27日 19:58 ID:4qurk.7V0▼このコメントに返信
>>393
年度末進行です。
正直資料見ずに記憶で書いているので以下は正確さが保証できない。興味があったら自分でも調べてみてちょ

表面を硬化させると割れやすくなり、装甲の厚み当たりの抗力は減るが、
その高い硬度で砲弾を破損させる事で、貫徹力を予め削いでしまう事が主眼の装甲が表面硬化装甲だが、
逆に言うと砲弾を損傷させられないなら、表面硬化すると抗力が落ちるだけで、何も利益が無くなる。

んで、砲弾の性能が上がって損傷が少なくなったり、
またそもそもこの砲弾破砕は砲弾の口径(直径)より十分装甲が分厚くないと働かないわけだが、
戦車の場合浮力と言う助けが無いのでそろそろ厚みを稼ぐのが難しくなっていたのが第二次大戦後期っつー事になる。

故に、戦車砲レベルでは表面硬化装甲は廃れ、均質圧延装甲に取って変わられたが、おフネは浮力って助けがあるのでまだ物理的な限界は先だが…
インフラ的にはそろそろ悲鳴をあげるサイズに、とうに到達はしていたので時間の問題ではあった。
395.名無しさん:2020年01月27日 20:27 ID:.x88tGpj0▼このコメントに返信
>>101
ミリオタとの話は設問がおかしかっただけだろ
「大和型戦艦」を作れるかという質問だったら見た目だけ似せた物は大和型戦艦じゃないから「不可能」と答えるしかないし
396.(´・ω・`):2020年01月27日 20:59 ID:otpzeU4z0▼このコメントに返信
>>368
正直、カウンターパートの米旧式戦艦が21ノット出るか怪しいレベルなので、≒25ノット出る扶桑型は大平洋戦線では十分高速戦艦であり、火力を下げて速力を上げるのは論外なんだ。

また、扶桑型の改装が不十分なのは素性の悪さもあるが、ドックの使用スケジュール的に他の旧式戦艦のためにさっさと明けてやる必要があったので、そもそも砲塔取っ払うのは無理だ。

あんな出来ばえでも戦前、一時期、稼働戦艦たった二隻でお国を守ったのだから、余り馬鹿に出来ない。
397.名無しさん:2020年01月27日 21:38 ID:xy3eSw0n0▼このコメントに返信
レールガンを主砲にすればいい
398.名無しさん:2020年01月27日 22:15 ID:kLdpRaGL0▼このコメントに返信
※394
レスどうも&お疲れ様です。
若い頃は架空戦記ブームで小説やら史実の本を買ってたりしてたけど
大学卒業して就職したら縁遠くなったもので。
最近ココの軍事関係のまとめを暇つぶしに見たら沸々と・・・地道に書籍集めしてます

表面硬化装甲は・・・あーなるほど納得。
書籍はなかなか知りたい情報があるとは限らないので感謝です。
さて地道に積んでる書籍を読破していくかな(`・ω・´)シャキーン

399.名無しさん:2020年01月28日 03:09 ID:P.piShx70▼このコメントに返信
大砲の砲身を作れないと言うより作る工作機械がない
400.名無しさん:2020年01月28日 22:37 ID:3lucTT8O0▼このコメントに返信
「首里城の焼けた瓦を作る技術を伝承していない」に近いんじゃね?
401.名無しさん:2020年01月28日 22:52 ID:bUZ.xwoZ0▼このコメントに返信
40兆円くらいかければ作れるんじゃねぇか?
 とは思うけどね・・・あまりに馬鹿げているから作れないって言った方が早いけどさ
アメリカの正規空母フォード級で1.5兆円くらいだけどね
402.名無しさん:2020年01月29日 14:49 ID:ISzBVzHn0▼このコメントに返信
※394
横からも有難うを。とても面白い話でした。
昔のとても低レベルなことでも似た話がありますね。
盾に張る革、張り詰めさせて矢を弾きやすくするか、緩めて裂けづらくするか。
そう言う意味でも興味深く、考えさせられました。
403.(´・ω・`)あるいはsenkansukey(´・ω・`):2020年01月29日 16:54 ID:hCXV0OfM0▼このコメントに返信
>>402
実は過去記事もたまに見ているので、何か疑問あったら答える…かもしれません。
流石に一つか二つ前のまでしかチェックしていませんが。
404.名無しさん:2020年01月31日 00:19 ID:z.0q.Arc0▼このコメントに返信
作り方が分からんもんを作れるかよ
405.名無しさん:2020年01月31日 02:53 ID:XIwVpALe0▼このコメントに返信
今予算あって作っていいよって言われたら違うもん作るしな。VLSだらけになりそうだし。
映画のセットならともかく実用としての大和を再現する理由が「ミリヲタのロマン」以外に無い。
失われた技術と言ってもとどのつまり「失って構わない」技術だったということだな。
406.名無しさん:2020年01月31日 17:30 ID:M9J.vBfm0▼このコメントに返信
>>393
ドイツが電気溶接を多用できてたのは>>38の人も指摘してるが、
そもそも溶接に適した鋼材を開発できたため。
戦艦の装甲は普通に硬ヴォータン鋼(Wh)と軟ヴォータン鋼(Ww)の
二本立て。最後にドイツで就役した戦艦はティルピッツだが、その進水は
独ソ戦前。装甲材に必要な希少資源が問題なくソ連から輸入できた時期にあたる。
407.名無しさん:2020年01月31日 17:37 ID:M9J.vBfm0▼このコメントに返信
おっと、新型クルップ鋼(KC n/A)もあった。むしろドイツの
表面硬化装甲といったら真っ先にこれを挙げなきゃいけないしろものだ。
408.名無しさん:2020年02月01日 17:14 ID:ltYiM.900▼このコメントに返信
なんな低精度なもん作れるにきまってるだろ既存艦砲デカくしただけなのに
409.名無しさん:2020年02月01日 22:03 ID:bSc8WDp30▼このコメントに返信
過去の人類が作れたんだから、技術が失われていようが時間を100年くらいかけて、金もダバダバ注ぎ込めば
どんな技術でも再現はできるだろ
410.名無しさん:2020年02月02日 22:35 ID:trlLrqnG0▼このコメントに返信
※409
どんなに金を積んでも出来ない技術はあるし技術があるものでも再現出来ないものもある
例えば厳島神社の大鳥居や一木彫りの大仏像などは現状それに使える樹齢の木材が無いので不可能
木材なら数百年後まで待てば可能ではあるが現状取り尽されてしまった天然の石などを使う工芸品などは二度と再現できない
411.名無しさん:2020年02月02日 22:38 ID:EDFWfo6x0▼このコメントに返信
出光のタンカー全長333mみたいだから造船する場所がないって事はないな
でもそんな金のかかる無理目の企画じゃなくて、雪風あたりを再建造して呉の遊覧船にしてほしい
412.名無しさん:2020年02月06日 09:43 ID:Tk69TYrL0▼このコメントに返信
企業が軍事を民生品に向けた。どこだろな、日本製鋼所、大同特殊鋼、住友
413.名無しさん:2020年02月07日 09:44 ID:p8wk.zlR0▼このコメントに返信
手回し計算機とかその程度で、ああいう巨大構造物を作ったのは凄い。
414.名無しさん:2020年02月15日 09:39 ID:eIAEqa.50▼このコメントに返信
>>10
仮に中国から攻撃されたら一瞬で日本の基地数ヶ所が消し飛ぶわけだから船どころじゃない
415.名無しさん:2020年02月15日 09:43 ID:eIAEqa.50▼このコメントに返信
>>39
GPSが全て死んだら…それでも無いか
416.名無しさん:2020年02月15日 21:35 ID:yiFkoqJF0▼このコメントに返信
>>50
現代では大口径砲が載らなくなって久しいからな。
世界のどこの工場でも無理だろう。
まずは製造機械の再現から始めないと・・・。
あ、いや技術者の養成からか。
417.名無しさん:2020年02月18日 07:44 ID:Wtu.NATT0▼このコメントに返信
古いスレだけど「話の前提がずれているため噛み合わない」ものの例えとしては最も分かりやすいもののひとつ
結局結論出てない辺りも闇深い

お名前