2020年12月03日 12:05

アメリカをあと一歩のところまで追い詰めた大日本帝国ってヤバくねーか?

アメリカをあと一歩のところまで追い詰めた大日本帝国ってヤバくねーか?

03

引用元:アメリカをあと一歩のところまで追い詰めた大日本帝国ってヤバくねーか?
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1576949376/

1: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:29:36.48 ID:STeBIct7a
小さな島国がなんでこんなに強いんだよ

5: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:30:47.38 ID:EplKPogL0
大本営発表

9: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:31:35.19 ID:mRYMzawN0
追い詰めた....?

10: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:31:46.22 ID:GlWO7rKKp
まーたエンタープライズが沈んだのか

14: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:32:37.77 ID:nvVd0PRvr
若者を犠牲にしてやってる感を演出
美しい国日本

16: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:33:00.14 ID:+meTNb2y0
日帝「アメリカの稼働空母0まで追い込んだけどこっちも空母ほとんど壊されてるンゴwwwwww」

31: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:36:56.12 ID:N0bUBJi+0
マラソンで短距離走みたいな走り方して序盤1位だったって喜んどるだけやろ

39: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:38:49.80 ID:RczhtaAwd
ドイツが劣勢になった時点で詰みや

40: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:38:51.23 ID:BbbiRNob0
でもアメリカ艦隊の艦船ほとんど壊しちゃったんだからすげーよ

43: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:39:44.15 ID:IRxYOvfFd
でも途中まではわりといい勝負してたんやろ
それだけでもじゅうぶんすごいやん

59: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:43:35.85 ID:ZAUN/QWt0
>>43
長くは持たないのわかってたから暴れられる内に暴れただけって感じ

140: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:01:47.42 ID:XTzeMRtw0
>>43
途中って言うけどな
対米戦なんて開戦からミッドウェーまで半年くらいしかないんやぞ

44: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:39:44.77 ID:ncUzTOWH0
ようやったけど切ない

47: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:40:32.00 ID:qZDU42w50
米国本土を空爆した唯一の国

61: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:43:51.34 ID:NxZKbXwhp
Vやねん!大日本帝国!

64: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:44:36.05 ID:qZDU42w50
一線級のパイロット失ったのはマリアナの七面鳥撃ちの時やな

ガダルカナル攻防戦は艦隊支援あったらワンチャンあったけど海軍が敵艦殲滅優先して
陸軍見殺しにしたんよね

67: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:46:52.38 ID:L9qsd4cu0
>>64
一番パイロット失ってるのはソロモンやろ

69: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:48:05.27 ID:Z9NJ9bWqM
>>64
まず陸海軍の仲をどうにか改善せんとまともな戦争できんしもっといえば内閣の制限下に統帥権を留めておかないとあかんけどそれできるならたぶん戦争回避できてた

119: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:58:24.13 ID:zC6yXpVQ0
>>64
マリアナの時なんか練度ガタ落ちでベテランも新米レベルやぞ

76: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:50:25.86 ID:EKPu1O040
戦争したくても自ら仕掛けられなかったアメリカにわざわざ仕掛けるゴミ軍部

90: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:53:42.47 ID:L9qsd4cu0
>>76
石油輸入禁止されて1942年には海軍が動けなくなるって予想されてたからしゃーない

107: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:56:11.93 ID:ePzAy7sb0
>>90
満州の利権をアメリカと分割しとく話蹴った時点で積みやな

110: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:56:58.18 ID:8DQLBV4C0
>>107
アメリカと一緒にシベリア食おうぜくらいのことをすべきだった

95: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:54:54.70 ID:0uEjBsZua
鎧袖一触やろ残念ながら

98: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:55:19.14 ID:stmSFaMI0
大慶油田掘れる技術があればな

100: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:55:35.06 ID:vJyNhvzu0
二正面作戦やってどっちも勝つアメリカの方がヤバい定期

104: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 02:55:58.08 ID:8DQLBV4C0
陸軍と海軍でそれぞれ別々に戦争してるみたいなもん

148: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:02:40.16 ID:D97Af7i50
戦勝国になった大日本帝国っていい国になったんやろうか
なんか小さい中国みたいになってそう

150: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:03:08.01 ID:fYZCDJAqM
アメリカがやばかったのなんて
独立戦争と南北戦争の時ぐらいやろ

151: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:03:14.51 ID:8DQLBV4C0
中国戦線とか北京~平原までおとしてほどほどの所で手を打つ機会なかったんか
どこまで攻め込む気だったんだよ

198: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:09:29.95 ID:XTzeMRtw0
>>151
国民政府を対手としない時点でもう停戦できるような余地なくなってるやん

212: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:11:01.14 ID:8DQLBV4C0
>>198
アメリカが噛んできてる以上まあ停戦は無理だったろうけど

153: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:03:24.03 ID:stmSFaMI0
満州利権を分け合うには関東軍を御する必要があるんやが

156: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:03:40.81 ID:1j/jHbOd0
なんか日本のパイロットは訓練してるからすごいとかさ
そんなん相手だって訓練してるに決まってるやん

168: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:05:38.56 ID:L9qsd4cu0
>>156
日中戦争のおかげで初期のパイロット達は豊富な実戦経験があったのがでかい

167: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:05:37.97 ID:OwuOLvgQ0
結局アメリカも数のゴリ押しで勝ってるからな

173: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:06:15.74 ID:ixEkcHMJa
海軍の対米派を粛清
関東軍首脳部粛清
松岡君粛清でビビりの優柔不断を後任
独伊と手を組まず取り敢えずのらりくらり
ドイツ開戦後に即時英国支援表明で連合国入り
これで何とかならんか?

179: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:07:23.81 ID:Z9NJ9bWqM
>>173
十回くらいクーデター起きそう

199: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:09:42.16 ID:/lfWqxCWa
>>173
絶対クーデター起こるやろ

191: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:08:34.04 ID:fYZCDJAqM
軍隊が力持ち過ぎたよなぁそりゃ
軍人に好きにさせたら戦争しまくるわ
あいつら手柄あげるなら戦争するしかないから

196: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:09:14.25 ID:oq6xqVwF0
マッカーサーが帰国するとき何万人もの日本人が
「帰らないでくださいマッカーサー元帥」とか言って涙で見送ったってのは
ほんと気色悪いし理解不能だわ
いくらなんでもすぐに強いものに媚びすぎ

207: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:10:29.12 ID:OwuOLvgQ0
>>196
マッカーサーは悪い奴じゃなかったからな
日本にプラスなことしてくれたのは間違いない

日本は自衛戦争だったとも発言してるし

201: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:09:47.69 ID:J5tYfGP8a
「日本は資源こそないが技術力や兵の練度に秀でている」

「日本人はフィジカルこそないが技術やチームワークに秀でている」

今も昔も言ってることは一緒やで

218: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:11:39.13 ID:BIXx6Gcp0
>>201
スポーツでよく聞くよな
フィジカルは弱いけど技術力はあるみたいなこと言うけど
技術力が一番足りないんやで

263: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:17:07.10 ID:5VnYuKgD0
>>218
一番足りてないのはマネジメントだよ

205: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:10:21.21 ID:yp20QXDx0
ハルノートは結局本当に最後通告だったんか?正直これは飲めんけど話し合おうやとはいかんかったんかい

225: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:12:44.08 ID:W/ytTImQ0
>>205
そもそも癪だけど飲めないほどの内容ではなかった
今の日本なら二つ返事でOKするやろ

214: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:11:12.74 ID:fYZCDJAqM
せっかく育てた航空兵に特攻させてしまいには少年兵ばかりになったアホ国家
今も昔も日本て国は人を大事にしない

219: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:11:54.57 ID:3btmi2dRM
アメリカが日本で成功したせいでアメリカの運命も狂った気がするわ
日本統治失敗してたら今の世界の警察言ってなかったやろ

255: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:15:58.31 ID:8DQLBV4C0
日帝が正義だったとは思わないけど世界の列強に比べて悪だった気もしない

278: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:18:41.63 ID:3btmi2dRM
>>255
列強「中国おもちゃにするンゴwww」
日本「植民地うらやま、ワイも混ざるで~」
列強「日本うっざ、中国と連携して石油止めるわ」

マジで列強やりたい放題やったからね

280: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:18:44.43 ID:xmP7/+gd0
>>255
日本国民にとっては悪だったと思うわ

289: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:19:30.63 ID:BIXx6Gcp0
>>255
負けたのが一番の罪だからしゃーない

256: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:16:06.78 ID:rTzotQHZ0
日本史勉強するとアレ割と日本ってクソじゃね?って思うこと多々あるけど実際あんなもんなんかな

266: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:17:21.21 ID:bnu59RNY0
>>256
世界史勉強するとええで
列強はどこも糞や

274: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:18:17.65 ID:gq65lRlVd
核もねえのによく喧嘩売ったよなバカすぎるだろこの結末当時の政府に教えてやりたいわ

288: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:19:26.57 ID:jp+2zKNQp
>>274
みんなわかってたよね
わかってたのにメンツで誰もやめようって言えなかっただけで

307: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:20:51.18 ID:D97Af7i50
>>288
分かってても少子化は防げないし緩和もできないしまあそういうところよね

304: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:20:42.57 ID:nzXrwRehH
アメリカ一強ならこのまま比較的に平和だからいいわ
アメリカが最強じゃなきゃいけないんだ

281: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) 03:18:50.10 ID:OwuOLvgQ0
??「弱腰東條、勝てる戦をなぜやらぬ」

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年12月03日 12:06 ID:PCm3pKej0▼このコメントに返信
エルダー帝国ガガーン少将、戦艦そっくりさぁぁぁぁん!
2.名無しさん:2020年12月03日 12:06 ID:Qx8QzkZS0▼このコメントに返信
どこの世界線の話してるんだ?
3.:2020年12月03日 12:07 ID:AlccUhMm0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
4.名無しさん:2020年12月03日 12:10 ID:DqXjnBJJ0▼このコメントに返信
当時の日本ではハルノートは飲めません
今までの交渉を全否定して、いきなりアレを出された訳で
日露以降の権益を捨てて日露以前に戻れ、言われてもムリです
5.名無しさん:2020年12月03日 12:12 ID:K6c.P3T80▼このコメントに返信
当時、米国とあそこまで戦えた国は、世界でも殆どなかったと思う。特に有色人種の国は日本だけだっただろう。
6.名無しさん:2020年12月03日 12:13 ID:rlDy3jxP0▼このコメントに返信
>207: 風吹けば名無し 2019/12/22(日) >03:10:29.12 ID:OwuOLvgQ0
>>196
>マッカーサーは悪い奴じゃなかったからな
>日本にプラスなことしてくれたのは間違いない

>日本は自衛戦争だったとも発言してるし



マッカーサーは「日本は自衛戦争だった」と発言してませんけどね。
7.名無しさん:2020年12月03日 12:14 ID:xlHq8ver0▼このコメントに返信
むしろ日本があと一歩のところまで追い詰められたんじゃ?
ひたすらアメリカがヤベェとしか言い様がない
8.名無しさん:2020年12月03日 12:21 ID:JdHJYbMe0▼このコメントに返信
たぶん一歩の歩幅がグレンラガンとかの歩幅なんじゃねーかな
9.:2020年12月03日 12:26 ID:KyzVyanT0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
10.名無しさん:2020年12月03日 12:27 ID:caIMnNXU0▼このコメントに返信
その日本に対して常に精神的勝利しているお前の国は更に凄いなw
11.名無しさん:2020年12月03日 12:33 ID:QS4.f7dp0▼このコメントに返信
ナチスを右手で殴り倒して、左手で鼻穿りながら日本を殴り倒したが正解。残念ながら
12.名無しさん:2020年12月03日 12:34 ID:b7BlQjRb0▼このコメントに返信
あと一歩とか言うならせめて本土上陸ぐらいしないとな。
13.名無しさん:2020年12月03日 12:36 ID:zpCXyf6B0▼このコメントに返信
あと一歩のところまで追い詰められてたのは戦前の日本だぞ
そして開戦して一瞬粘ったものの崖から突き落とされた
14.名無しさん:2020年12月03日 12:38 ID:rtinq3gA0▼このコメントに返信
日本軍負けw
中国軍の勝ち
15.名無しさん:2020年12月03日 12:39 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※6
例のマッカーサーの発言については、securityの訳語は、軍事的な文脈では「自衛」でほぼ正しいけどね。
英和辞典にもちろん「自衛」という訳語もあるし、英英辞典で原義から確認すればいっそうはっきりするよ。
「保安ための戦争」という珍妙な訳語を使う奴もいるが、それだと日本は自国の労働者と戦争したことになるし、経済制裁が戦争の一種であることが認められている以上やはり自衛もしくは安全保障という訳語が正しい。

あとフーバー前大統領の回顧録にも、同様のマッカーサーの発言がある。
16.名無しさん:2020年12月03日 12:40 ID:FKAwum5f0▼このコメントに返信
二正面作戦で相手にされてたのに、自国の主要都市を焦土にされたクソザコがなんだって?
バカも休み休み言え
17.名無しさん:2020年12月03日 12:40 ID:YNM3X6Mk0▼このコメントに返信
※14
中国軍って何?
18.名無しさん:2020年12月03日 12:41 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※15
追記
前大統領と言うのはルーズベルトの前の大統領という意味。
19.路端の石ころ:2020年12月03日 12:41 ID:exbfpx460▼このコメントに返信
ミッドウェーでは勝ちたかったよね、ハワイ奇襲云々するヤツがいるけど、そんな事をいったら湾岸戦争なんて詐欺じゃん。
所詮は戦争なんて、勝つか敗けるかでしかないんだヨ。
20.名無しさん:2020年12月03日 12:42 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※17
1949年に創設された軍隊のことだ。
中国軍は時空を超える能力を持ってるんだよ。知らなかったかい?
阿Q君もそのように述べてるよ。
21.名無しさん:2020年12月03日 12:47 ID:geEFDdzP0▼このコメントに返信
あと一歩…?
22.名無しさん:2020年12月03日 12:47 ID:2vHUuhGU0▼このコメントに返信
※12
 アメリカの一般人がウィンチェスター銃で大歓迎してくれます。
23.名無しさん:2020年12月03日 12:47 ID:7akAq6If0▼このコメントに返信
大本営発表がすべて真実だったとしても
まだ戦力が残るアメリカさんこえー。
24.名無しさん:2020年12月03日 12:48 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※19
真珠湾攻撃そのものについては、アメリカの軍人ですら「卑怯な騙し討ち」なんて考えていないし、むしろ戦術面からは称賛する声すらある。
(例えばパールハーバー軍事博物館での解説表記)
ただ、アメリカ国民を発狂させたのは事実だし、ルーズベルトにとって、望んでいた以上に望ましく行動した山本五十六は、一方ではアメリカで戦略家として最低の評価を受けてるよ。
25.名無しさん:2020年12月03日 12:49 ID:TlKKbyIU0▼このコメントに返信
あと一…歩…?(欧州太平洋2面作戦展開しつつ週刊空母量産
26.名無しさん:2020年12月03日 12:50 ID:EoMESStM0▼このコメントに返信
※15
いやどう頑張っても自衛という文脈じゃないんだが
安全保障と訳すならまだ正解だけど自衛ではない
自衛なら普通にself defenseといってる

まあ自衛というのが明確な意味合いを持った単語だと理解できない知的層だったらもう勝手にそう思っとけばとしかいけないけど
27.名無しさん:2020年12月03日 12:51 ID:2vHUuhGU0▼このコメントに返信
経済的にも圧倒的さがあるけど、それを別にしても
人間さつ戮大好きな人達に喧嘩売るとか頭おかしい。
28.名無しさん:2020年12月03日 12:51 ID:v88uD0Ic0▼このコメントに返信
インド洋とかソロモン序盤とか割といいとこまで行ってるのは確かだな
惜しむらくはそれぞれ徹底できなかったとこ
29.路端の石ころ:2020年12月03日 12:52 ID:exbfpx460▼このコメントに返信
>>25
まあ、ヨーロッパ戦線のことは詳しくはわからんが、大して回せないそうじゃん、分かってるならいってみな。
30.名無しさん:2020年12月03日 12:54 ID:dJL4A9oy0▼このコメントに返信
USA:「軽く捻っちゃるw」→「真面目に相手しないと」な、だけ
31.名無しさん:2020年12月03日 12:54 ID:ecXPzYIz0▼このコメントに返信
あと8000km位のとこだった。
32.名無しさん:2020年12月03日 12:55 ID:OawKvwr40▼このコメントに返信
一度沈んだら壊滅の帝国海軍
何度沈めても新しく復活する米海軍
33.名無しさん:2020年12月03日 12:57 ID:yz5WJ3610▼このコメントに返信
開始1年できっちり終わらせてればまあギリギリ追い詰めたって言い張ってもいいけどさあ…
34.名無しさん:2020年12月03日 12:57 ID:EoMESStM0▼このコメントに返信
マッカーサーの子分「朝鮮戦争でどれだけ通商破壊が効果的か、意見をお願いします!」
マッカーサー「私が日本に対して通商破壊をやった時は日本は本質的に貧しい奴らだったからすぐ追い詰められたよ。朝鮮戦争でもさぞかし有効だろう(笑)」
↑バカウヨがマッカーサーが自衛戦争と認めたと言ってる内容(爆笑)
35.名無しさん:2020年12月03日 12:57 ID:455xQGLI0▼このコメントに返信
三歩進んで二歩下がったら、
その間にアメリカは十歩踏み込んでくる。
36.名無しさん:2020年12月03日 12:57 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※21
日本軍がガナルカナルを制していたら、米軍はオーストラリアからの飛び石作戦が難しくなり、そこでアメリカは戦争を諦めたという説が、アメリカの学者からも出されている。

ガナルカナル戦は、ミッドウェー同様むしろ日本軍が勝って当然という戦いだった。

あと日本海軍がドイツを支援してイギリスを戦争から降りさせても、やはり当時イギリスの準植民地だったオーストラリアを米軍が使えなくなって、同じような結果になっていただろう。

日本海軍は英軍の海上補給を断つことは容易だったし、それによってイギリスがアフリカ戦線で敗北すればチャーチルの総辞職はほぼ確実だったし、そうなればイギリスは日独と講和がなっていた。
(三国同盟の関係上、ドイツと戦争をやめるためには日本との講和も必要)
37.路端の石ころ:2020年12月03日 13:00 ID:exbfpx460▼このコメントに返信
>>32
だから、結局日露戦争の焼き直しなんだよ、現太平洋艦隊を撃破して、再建された新太平洋艦隊を迎え撃つ、これが山本の構想だったんだね、まあ、できるかどうかは別にして、何も無かった他よりはマシだよね。
38.名無しさん:2020年12月03日 13:03 ID:yCklegny0▼このコメントに返信
あと一歩の所まで中国をずっと追い詰め続けてる日本を追い詰めようとしてる米国の向こう側から追い詰めたきったソ連
39.名無しさん:2020年12月03日 13:06 ID:v88uD0Ic0▼このコメントに返信
※36
実際先に入ってるの日本だし上陸初期はとにかく兵員だけ降ろしただけで物資はまだ
第一次ソロモンとかで重巡喪失してでも船団破壊してればここでは勝てたかもしれんね
この段階では重巡も金剛型もまだまだ健在で一回飛行場作ればラバウル-ガ島間が日本の制空域になるし
そうなればニューギニアも苦しくなるからインドネシアの安全度も上がる
40.名無しさん:2020年12月03日 13:07 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※26
戦後は自衛について発言するときはself defenceではなく、securityを使うのがトレンド。
というのは、self defenceという語がどんな侵略戦争にも濫用されすぎたからで、逆にsecurityという語を使ったことはマッカーサーは日本の戦争に同情的だったということになる。

あと俺は一応、大学で国際法を学んでいる。いずれにしても一度英英辞典に当たって見たまえ。
41.名無しさん:2020年12月03日 13:09 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※16
なお「三千万人」日本にころされた中国は戦勝国と勝ち誇ってる模様w
42.名無しさん:2020年12月03日 13:10 ID:gkF1xScc0▼このコメントに返信
陸軍参謀本部と海軍軍令部がもう少し賢ければ良い勝負になったのだが
43.名無しさん:2020年12月03日 13:10 ID:yCklegny0▼このコメントに返信
キスカ島だな
44.名無しさん:2020年12月03日 13:12 ID:mcwSb.8R0▼このコメントに返信
だから、ダメリカは日本を封じ込めることに国力を投じてきたんだよ。

H.キッシンジャー語録
「日本は3年で封建主義から近代資本主義になり、3ヶ月で軍国主義から民主主義を実現した。
次は3日で再びアメリカに刃向かってくるかもしれない。彼らは自我を持たず、見えない力(空気9
45.名無しさん:2020年12月03日 13:13 ID:yCklegny0▼このコメントに返信
米国じゃなくて中国だろ
それにしたってあと一歩が奥深くて一向に…やってるうちに本土が4分割寸前になってた
46.名無しさん:2020年12月03日 13:18 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※34
>日本は本質的に貧しい奴らだったからすぐ追い詰められたよ。

その文脈では、securityは自衛もしくは安全保障が正しい訳語だ。あと朝鮮戦争で日本は米国にとって重要な支援国だったが、まだまだ「侵略国家」だった日本に対する不信感が強かったので、そういう口実でどさくさに日本を弁護したとも解釈できる。

あと中公新書の「マッカーサー」によると、この時のマッカーサーの証言はかなり評判が悪かったそうだが、やはり日本を弁護するような内容に聞こえたからじゃないかな?
47.名無しさん:2020年12月03日 13:21 ID:JHLzoMIY0▼このコメントに返信
米ソが物量でごり押しとか言ってるアホは、技術と戦術を調べてどうぞ
48.名無しさん:2020年12月03日 13:23 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※46
追記

今wikiを見ると次のような記述が。

>連合国軍最高司令官としての任務期間中、マッカーサー自身は1948年の大統領選挙への出馬を望んでいた。しかし、現役軍人は大統領になれないことから、占領行政の早期終結と凱旋帰国を望んだ。そのため、1947年からマッカーサーはたびたび「日本の占領統治は非常にうまく行っている」「日本が軍事国家になる心配はない」などと声明を出し、アメリカ本国へ向かって日本への占領を終わらせるようメッセージを送り続けた。


49.名無しさん:2020年12月03日 13:28 ID:.TQLz1ru0▼このコメントに返信
※44
>日本は3年で封建主義から近代資本主義になり、3ヶ月で軍国主義から民主主義を実現した。

日本はもともと世界有数の民主主義国家だったよ。一方でアメリカは黒人に参政権を与えないなど、日本より民主主義が遅れてる面があった。
日本の軍国主義は、ただの戦時体制だったし、今日は欧米の学会ですら日本にファシズムはなかったという見解が支配的。
戦争が終わったから元にもどっただけの話。
50.名無しさん:2020年12月03日 13:42 ID:z5sQ4JeG0▼このコメントに返信
なろう読みすぎか、ゲームヤリ過ぎの奴が、
こんなスレ建てるんだろうな
いい夢見ろよ
51.:2020年12月03日 13:42 ID:dQYk0riW0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
52.名無しさん:2020年12月03日 13:45 ID:p440P.r.0▼このコメントに返信
元々日本人は戦争が嫌いだと思う
じゃないと江戸時代や戦後から令和までの平和は成り立たなかった
53.名無しさん:2020年12月03日 13:46 ID:KpVolnvP0▼このコメントに返信
マッカーサーの証言
「そうですね、ドイツの問題は、完全に、そして全面的に日本の問題とは違っています。ドイツ人は成熟した人種でした。もし、アングロサクソンが人間の年齢で、科学や芸術や宗教や文化の面で見て、まぁ45歳とすれば、ドイツ人も同じぐらい成熟していました。しかし日本人は、時間的には古くからいる人々なのですが、指導を受けるべき立場にありました。近代文明の尺度で測れば、我々が45歳という成熟した年齢であるのに比べると、日本人は言ってみれば12歳の少年といったところでしょう。
指導を受ける時期というのはどこでもそうですが、日本人は新しい模範とか新しい考え方を受け入れやすかったのです。日本では、基本的な考えを植え付ける事ができます。日本人は柔軟で、新しい考え方を受け入れることが出来るほどに白紙の状態に近かったのです。
ドイツ人は我々と同じぐらい成熟していました。ドイツ人が現代の道徳を怠けて蔑ろにしたり、国際的規範を破ったりした時、それは彼らが意図的にやったことでした。ドイツ人は、世界について知識がなかったからそういうことをしたのではありません。
日本人がある程度そうだったように、うっかり、ついそうしてしまったというのではありません。ドイツ人は、自らの軍事力を用いる事が、自分の望む権力と経済制覇への近道と考え、熟慮の上での政策として、それを行使したのです。」

54.名無しさん:2020年12月03日 13:49 ID:dF4ewjWZ0▼このコメントに返信
※16
日本も太平洋戦争開戦時は二正面作戦なんだが…しかもその一面はだいぶ前から始めているし。
55.名無しさん:2020年12月03日 13:51 ID:mybCHjOC0▼このコメントに返信
アメリカ側からの評価はアメリカの二勝一敗ね。
海軍、海兵隊は勝ったけど、陸軍はぼろ負けしたって言う評価。
まあ、海軍が自分達を持ち上げるために言ってる話だけど。
56.名無しさん:2020年12月03日 13:56 ID:5MqtK91X0▼このコメントに返信
※17
国民党軍のことだろ
57.名無しさん:2020年12月03日 13:57 ID:5Mz0K55F0▼このコメントに返信
中国前線で停戦をし、かつ陸海軍共同装備を実施し大慶油田を見つけていたら、勝敗は分からなかった
58.名無しさん:2020年12月03日 13:59 ID:5MqtK91X0▼このコメントに返信
※36
ガダルカナルのどこが日本が勝ってたんだよ。飛行場一つ取り返せずに撤退を余儀なくされたんだが。
59.名無しさん:2020年12月03日 14:00 ID:mybCHjOC0▼このコメントに返信
あと亡くなった方々の無念を思えば話は違うけど、念願かなって日本は鎖国とは言わんけど、対赤の役目をアメリカに押し付け、本国でヌクヌク出来たし、欧米の植民地も独立して、特に欧州からの植民地化(侵略)に対する盾も持てたし、明治維新以降の念願はかなったからな。
そう言う見方からは、試合に負けて勝負に勝ってる。
アメリカはその後、朝鮮、ベトナムに始まりイラク、アフガンと泥沼やな。
まあ、日本が引きこもり体質なのと同じで、あの国も西へ拡張するのが国としての体質なのでさもあらんところだけど。
60.名無しさん:2020年12月03日 14:02 ID:3543G3Wp0▼このコメントに返信
TBMに乗るJ・W・ブッシュを、海の藻屑にできていれば、歴史は変わった。
生き残ったので、反日の首魁に育ってしまった。

ケネディー君も、ガダルカナルの海に沈んでいたら、歴史は変わっていたんだろうな。
61.名無しさん:2020年12月03日 14:02 ID:HR.sG1f70▼このコメントに返信
※36
>米軍はオーストラリアからの飛び石作戦が難しくなり、そこでアメリカは戦争を諦めたという説
そんわけないだろw

>ガナルカナル戦は、ミッドウェー同様むしろ日本軍が勝って当然という戦いだった。
死因の半分が餓死、病死してる状況なのにw

>あと日本海軍がドイツを支援してイギリスを戦争から降りさせても、
そんな余剰はない。

>やはり当時イギリスの準植民地だったオーストラリアを米軍が使えなくなって
これもないわ。

>日本海軍は英軍の海上補給を断つことは容易だったし、
太平洋の海上補給さえやられ放題だったのにw

>イギリスがアフリカ戦線で敗北すればチャーチルの総辞職はほぼ確実
むしろ枢軸国側はアフリカ戦線のせいで消耗を早めたろ。

>そうなればイギリスは日独と講和がなっていた。
こんなところで寝る前の妄想ネタを披露しなくていいからwww
62.名無しさん:2020年12月03日 14:05 ID:07npCg.R0▼このコメントに返信
アメリカはドイツと日本の両面に展開してどっちにも勝ってるのにあと一歩とはなんだかな~
呪われた地である朝鮮半島併合してなきゃいい勝負にはなったかもね
63.名無しさん:2020年12月03日 14:14 ID:NVkm.H5J0▼このコメントに返信
追い詰めた?
テキサスの内陸部あたりでは、日本と戦争をやってることすら知らなかったとか。
64.名無しさん:2020年12月03日 14:19 ID:UrR2MtGF0▼このコメントに返信
※36

鱈レバ炒めで言うと、最戦線に飛行場設営するんだから
一個連隊くらいは警備部隊をつけとかないと。
アメリカ側が上陸したものの飛行場確保ができない乱戦に
なってたら戦いの流れは全く別物になっていた鴨。
65.名無しさん:2020年12月03日 14:19 ID:v88uD0Ic0▼このコメントに返信
※60
変わっただろうけど戦後の、やねwケネディは居ない場合VSフルシチョフとの神経戦どうなるか
それだとハルゼーが皮膚病悪化でタヒぬとかの方が戦争には大きいんじゃないかw
66.名無しさんΘ:2020年12月03日 14:21 ID:.akbAu7Q0▼このコメントに返信
※19 >>19
湾岸戦争の方が酷いな
67.名無しさん:2020年12月03日 14:23 ID:zARu.GJO0▼このコメントに返信
アイスクリーム艦.作るほど本気出した
68.名無しさん:2020年12月03日 14:24 ID:HR.sG1f70▼このコメントに返信
※59
>アメリカはその後、朝鮮、ベトナムに始まりイラク、アフガンと泥沼やな。
泥沼?
世界の覇権を握っただろ。
しかも経済、軍事の両面で圧倒的。

重箱の隅にフォーカスをあてて全体を判断するのはここの連中の特徴だなw
69.名無しさん:2020年12月03日 14:34 ID:R2YD..7B0▼このコメントに返信
アジアを開放しても役立たずだったな
70.名無しさん:2020年12月03日 14:41 ID:ERJuLGJc0▼このコメントに返信
セイロン沖海戦、そしてマダガスカル潜水艦戦、そしてアッドゥ環礁秘密補給基地の存在
色々分岐点はあるが歴史はああなってしまったからしかたがないよ
71.名無しさん:2020年12月03日 14:46 ID:aj4qD9ew0▼このコメントに返信
あと一歩(走り幅跳びの世界記録を上回る歩幅)だったな
72.名無しさんΘ:2020年12月03日 14:58 ID:.akbAu7Q0▼このコメントに返信
※19 .>>19
>ミッドウェーでは勝ちたかったよね

完勝なら追い詰めた感はあるなー
そしたらダメじゃんとか無駄口も減ったんだろう

実際はつまずいてしまった追い詰めようと焦ったのかもな
ドゥリットル隊程度の空襲で国が傾く訳が無いし
中国の沿岸抑えれば解決したのにな
アメリカが焦ってバカなリスクを冒すのだからむしろ好都合だろうに
戦線が広いから硫黄島とその手前のウエーキ、千島あたりで警戒した方が
判断しやすいだろうに、敵の戦力削るのはポートモスレビーあたりでやれば良かった
73.名無しさん:2020年12月03日 15:07 ID:uj3j9pb50▼このコメントに返信
>>24
そらぁ厭戦気分の国民に
ガソリン振りまいて火をつけて
燃えるなという方がおかしい
74.名無しさん:2020年12月03日 15:17 ID:q4V9nNe70▼このコメントに返信
まず日中問題に勝手に茶々入れしてきて制裁だなんだと日本にケンカ売ったあげく、ソ連スパイのホワイトがハールノートいじくって日本が絶対飲めない条件ねじ込んで対米交渉をまとめようと努力してた日本を激昂させたのだから戦争は仕組まれたものと言って間違いはない。日本、アメリカ、欧州、共産勢力、全てが日本の参戦を望んだのだからどうしようもない。
75.名無しさん:2020年12月03日 15:19 ID:UVMJQgmo0▼このコメントに返信
>>3
パヨ/クが自演で建てたスレやからな。
中国が現代においても植民地支配として、チベットやウイグル、内モンゴルで言語や文化を奪ったり、強制的に避妊手術を受けさせたり、臓器売買目的で虐/殺したりしてるのに70年以上前の戦争で日本を卑下したがるのがパヨ/クだからね。人道的とか言いたいなら中国の非道な行為を批判すれば良いのに何故か中国の非人道的な行為には触れないのがパヨ/ク。
76.:2020年12月03日 15:23 ID:UVMJQgmo0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
77.名無しさん:2020年12月03日 15:26 ID:pMQaDOPX0▼このコメントに返信
まんまとアメリカ(と、その背後のスターリン)の罠に嵌って開戦したが結構ダメージを与えた、と言うべき。
78.名無しさん:2020年12月03日 15:36 ID:grc4NhWX0▼このコメントに返信
本当にダウンボール作戦が実施されなくてよかった。
終戦が昭和21年じゃなくてよかった。
79.名無しさん:2020年12月03日 15:37 ID:grc4NhWX0▼このコメントに返信
>>78
あ、ダウンホール作戦。
80.名無しさん:2020年12月03日 16:12 ID:f9SNUtvR0▼このコメントに返信
石原莞爾の東京裁判

東京裁判には証人として山形県酒田の出張法廷に出廷し(これは病床の石原に尋問するために極東裁判所が特設したものである)、重ねて、満州事変は「シナ軍の暴挙」に対する本庄関東軍司令官の命令による自衛行動であり、侵略ではないと持論を主張した[18]。酒田出張法廷に出廷するため、リヤカーに乗って酒田へ出かけたが、この時のリヤカーを引いていたのが曺寧柱と大山倍達だといわれている。

この出張法廷では、判事に歴史をどこまでさかのぼって戦争責任を問うかを尋ね、「およそ日清・日露戦争までさかのぼる」との回答に対し、「それなら、ペルリ(ペリー)をあの世から連れてきて、この法廷で裁けばよい。もともと日本は鎖国していて、朝鮮も満州も不要であった。日本に略奪的な帝国主義を教えたのはアメリカ等の国だ」と持論を披露した
81.名無しさん:2020年12月03日 16:39 ID:33rIh.zz0▼このコメントに返信
※71
本土に上陸もできない時点でお察し。
82.名無しさん:2020年12月03日 16:50 ID:9Z8A.Mzv0▼このコメントに返信
その日本が中国に乗っ取られるところまできた。米国も大統領選で中国の乗っられそうな状況である。
日本経済はRCEPと中国輸出管理法で中国に従属、領土は尖閣や大和堆も中国に盗られた。北海道、沖縄も中国の軍事基地ができつつある。
親中バイデンが勝てば、中国は最強の帝国になるだろう。世界の覇権国は中国になる。
83.名無しさん:2020年12月03日 16:50 ID:aj4qD9ew0▼このコメントに返信
一方アメリカは東京の一部を軍事占領した
硫黄島は行政区分上は東京都

84.名無しさん:2020年12月03日 17:08 ID:33rIh.zz0▼このコメントに返信
※82
寝ぼけてるの?目が覚めた時にまだ中国があるといいね。
85.名無しさん:2020年12月03日 17:15 ID:ITm2LYNj0▼このコメントに返信
>>4
そんな事を言ってない定期
86.名無しさん:2020年12月03日 17:21 ID:ITm2LYNj0▼このコメントに返信
>>80
ただのキチだよな。ピーチ前川もそうだけど、こんなクズが出世して省庁のトップクラスになれるから失敗するんだよ
87.名無しさん:2020年12月03日 17:29 ID:ITm2LYNj0▼このコメントに返信
>>12
アメリカ西海岸に上陸しててもまだまだあと十歩以上だけどね。そもそもアメリカの人口は日本の3倍あるし。とりあえずシアトルに上陸してロスとサンフランシスコまで進軍して占領してからの持久戦四年間、ぐらいしないと
88.名無しさん:2020年12月03日 17:29 ID:acBWAnGl0▼このコメントに返信
がんばったことは頑張ったと思うけど有意義とは思えない頑張りだしキル数コロナに負けてるしあんまり
89.名無しさん:2020年12月03日 17:34 ID:ITm2LYNj0▼このコメントに返信
>>56
国府軍はシナ事変の始めに上海でボロ負けした挙げ句に南京攻防戦で文字通り全滅してるんだよね。
90.名無しさん:2020年12月03日 17:49 ID:8stn6NTb0▼このコメントに返信
最後はボロッカスにやられて300万以上虐殺されて75年経っても占領されたままってヤバいよな(笑)
91.名無しさん:2020年12月03日 18:00 ID:SK8Bb67R0▼このコメントに返信
あと一歩って、その一歩は何をやったらアメリカは降伏したんや?www
あと20~30歩くらいは必要やろwwwww
92.名無しさん:2020年12月03日 18:07 ID:YAUpUQjD0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃をより確実に出来ていればもっと違った終戦があったかも知れないんだよなあ。
暗号の問題と宣戦布告の問題、やり直せるとしたらここをどうにかしたいところ。
暗号が解読されている恐れありと早くに対応できていれば真珠湾で空母が叩けていた可能性は高いし、宣戦布告もきちんと定刻に届けていれば国民感情を煽ったり卑劣な日本をやっつけろ的なプロパガンダの口実も無くなる。
そうなると無条件降伏ではなくいくらか譲歩を引き出して終われたかもしれない。
まあ、そうなったらなったでまた次のハルノートばりの無茶ぶりがあったんだろうなってのも予想出来るからあまり大きな違いではないかもしれんけどな。
93.名無しさん:2020年12月03日 18:16 ID:EzVqYSRl0▼このコメントに返信
開戦から半年のビッドウェー戦は大戦のターニングポイントとなったが敗勢となったわけではない。
ガダルカナルは海軍が見殺しにしたのではなく海軍の了解もとらずに陸軍だけで飛行場作りにいっただけ。陸「ガダルカナルでわが軍が大変なことになってるんで支援して」海「ガダルカナル?どこにあんの?ここ?こんなとこに陸軍おるの??」てな具合。
94.名無しさん:2020年12月03日 18:21 ID:eUH1eOll0▼このコメントに返信
>>15
明確にself defenseって言ってれば自衛で間違いないけどね
マッカーサーの発言の前後を見るとそうは見えないな
そもそもナチスドイツだってsecurityのため戦争をしたと言えるけど肯定できるの?

95.名無しさん:2020年12月03日 18:25 ID:WriiVONc0▼このコメントに返信
軍事的都合を全面に出して開戦に到ると言うのがそもそもアレ
軍人が主戦論を唱える国など碌なものではない
96.名無しさん:2020年12月03日 18:25 ID:n2u348CN0▼このコメントに返信
>>41
勝利条件違うし、今だって人の価値が低いよね中国。
貴方の意見だとソ連も戦勝国と言ってはいけない事になるけど
97.名無しさん:2020年12月03日 18:29 ID:C.BT0tFD0▼このコメントに返信
>>52
戦国時代とかは?戦闘民族って言う人もいるけど
物事を都合の良いとこだけ恣意的に抜いてはいけません
98.名無しさん:2020年12月03日 18:32 ID:Cmf9uihx0▼このコメントに返信
やめられなかったのはメンツというより途中でやめたら軍部トップが戦犯処刑確定だからだろ(国内外問わず
最終的に陛下が「全部自分が責任を取るから」って言ってようやく降伏に応じた
まあそれをGHQマッカーサーが蹴ったわけだが
99.名無しさん:2020年12月03日 18:38 ID:UrR2MtGF0▼このコメントに返信
※93
 
逆々。カダルカナル島に飛行場を建設したのは海軍第11、13海軍設営隊
で陸軍は「ええっ、海軍サンはそんなトコに飛行場を建設したのか」と後から聞かされたというお話。
100.名無しさん:2020年12月03日 18:49 ID:USQMlcxK0▼このコメントに返信
二周ほど周回遅れでのあと一歩なのはさておき、同じ土俵に上がったのは事実だからな。

まぁホントか嘘か、どの程度創作か分からない昭和天皇陛下の要請をマッカーサー元帥が受けたのは間違いないからな
戦後荒涼した日本で餓死した人は戦前、戦時中に比べてかなり少ない。
いわゆる団塊世代がほほぼ幼少期に栄養失調が原因な亡くなり方をしなくなったのはマッカーサーの手腕だからな
まぁ現在の老人天国を作った元凶とも言えるが、世界戦争史上異例な措置だったのは間違いないよ
101.名無しさん:2020年12月03日 19:07 ID:tOtrmpio0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃するなら、後ろに強襲揚陸部隊も引き連れてやるべきだった
ハワイ全土を早期に占領しないと攻撃する意味がない
ハワイを直ぐ落とせたら西太平洋へのアメリカの兵站を遮断出来て日本は十年くらい時間稼ぎ出来た
102.名無しさん:2020年12月03日 19:08 ID:ROhunAhw0▼このコメントに返信
アメリカは各州がそれぞれ国みたいなもんだから51ヶ国を一度に相手にするようなものやろ。
欧州戦線の終結が早過ぎたのもあるけど、情報戦の力の入れ具合が劣っていたのも要因やな。
一番の敗因は開戦したことなんやろが、これに関しちゃ当時のマスコミの煽りも大きな要因やで。
103.名無しさん:2020年12月03日 19:09 ID:txJpMHkz0▼このコメントに返信
俺は東大生なんだが、お前らは俺に頭下げてくれないか?
104.名無しさん:2020年12月03日 19:09 ID:tOtrmpio0▼このコメントに返信
>石油輸入禁止されて1942年には海軍が動けなくなるって予想されてたからしゃーない

これよく言われるけど、石油なんて今の北朝鮮みたいに密輸すれば良かっただろ
そうすれば日本は時間稼ぎ出来た
105.名無しさん:2020年12月03日 19:12 ID:Z5BLj.Fp0▼このコメントに返信
近場の中国すら屈服させれなかったのに
どうやって遠方のアメリカ屈服させるんだよw

アメリカは東京を占領できるが
日本はワシントンを占領できない
これがすべてだぞ
106.名無しさん:2020年12月03日 19:15 ID:ROhunAhw0▼このコメントに返信
>>104
対中戦を継続しながらフィリピンをアメリカに抑えられた状態でどのように密輸せよと?
当時のエリート集団がバカだったとでも?
107.名無しさん:2020年12月03日 19:20 ID:txJpMHkz0▼このコメントに返信
何て言うか、アメリカは実は戦前はただの三流国だったんだよ、
108.名無しさん:2020年12月03日 19:22 ID:3HxFWGJL0▼このコメントに返信
いや今のアメリカ丸呑みにしてバイデン勝たせた中国の方がヤベーだろ
もう中国に敵う国なんて無いわ
109.名無しさん:2020年12月03日 19:24 ID:ROhunAhw0▼このコメントに返信
>>105
中国の工作を受けたアメリカが日本に中国から手を引くよう強力に迫ったんや。
そんなもん飲んだら日比谷焼き討ちどころの比じゃない暴動が起きて当時の為政者は最悪抹殺されてたやろ。
世界恐慌後に薄日が刺し始めてた当時の日本にはイケイケドンドンな雰囲気が蔓延してた。
日本人が選んだ道やと言うことを忘れてしまうと、いつかまた同じ道を歩みかねんぞ。
110.名無しさん:2020年12月03日 19:24 ID:wdq4jF.v0▼このコメントに返信
※14
中華民国軍か(笑)

111.名無しさん:2020年12月03日 19:28 ID:wdq4jF.v0▼このコメントに返信
確かに米国は財政的にはあと一歩で敗戦だったからな。

112.名無しさん:2020年12月03日 19:31 ID:tOtrmpio0▼このコメントに返信
※107
日米のGDP比(日本を1とした場合)
1940:(実質)4.6倍、(名目)11倍
1980:(実質)5.9倍、(名目)2.6倍
1995:(実質)2.5倍、(名目)1.4倍
2018:(実質)3.8倍、(名目)4.1倍

日米の一人あたりGDP比(日本を1とした場合)
1940:(実質)2.6倍、(名目)6.1倍
1980:(実質)3倍、(名目)1.3倍
1995:(実質)1.2倍、(名目)0.7倍
2018:(実質)1.5倍、(名目)1.6倍
113.名無しさん:2020年12月03日 19:32 ID:hj.W.CyZ0▼このコメントに返信
あと一歩って意味が分からんね。
逆に日本がハワイに一歩だけ侵攻してあとは手付かずってのなら分かるけど。
114.名無しさん:2020年12月03日 19:35 ID:2vHUuhGU0▼このコメントに返信
※76
 中国共産党と大の仲良しは自民党。
 自民「一帯一路!バウバウ」「キンペイ国賓待遇!バウバウ」
 
115.:2020年12月03日 19:42 ID:2vHUuhGU0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
116.:2020年12月03日 19:44 ID:2vHUuhGU0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
117.名無しさん:2020年12月03日 19:59 ID:zcqcke6U0▼このコメントに返信
>>43
キーン博士「ペスト?よし、70年後日本人になります」
118.名無しさん:2020年12月03日 20:09 ID:f9SNUtvR0▼このコメントに返信
なので蘭印作戦。

空の神兵落下傘部隊登場。
119.名無しさん:2020年12月03日 20:10 ID:Z5BLj.Fp0▼このコメントに返信
>>109
それは普通の外交的敗北
日本だってもちろん、アメリカに工作しかけてたんだからね
イケイケドンドンの国内世論や軍部に押され苦しかったのは理解できるけどね

かつての不平等条約やら三国干渉やら日ロ戦争の辛勝は飲み込めたんだから
日米開戦だって回避できたのでは……と思うのは、日本を過大評価しすぎなのかね?
120.名無しさん:2020年12月03日 20:15 ID:Z5BLj.Fp0▼このコメントに返信
資源を依存してるから仲良くなろう
じゃなくて
資源を依存してるからぶん殴って強奪しよう、というのがなんともw
まぁ狂犬扱いされても仕方ないよな?
121.名無しさん:2020年12月03日 20:24 ID:rZbHJgnq0▼このコメントに返信
※4
>今までの交渉を全否定して、いきなりアレを出された訳で

こういう無知な人は日米開戦を語る資格が無い。
まずは11月5日の御前会議決定、および日本側「最終」案である甲乙案の
決定経緯から勉強しなおして始めて語る資格がある事になる。

ハルノートは日本側の最後通牒に対するゼロ回答でしかない。

122.名無しさん:2020年12月03日 20:27 ID:rZbHJgnq0▼このコメントに返信
ア・ホウ・ヨのデマ一覧

マッカーサー自衛戦争発言
ハルノート最後通牒説
真珠湾攻撃ルーズベルト陰謀説
123.名無しさん:2020年12月03日 20:27 ID:DuhVKKTM0▼このコメントに返信
>資源を依存してるから仲良くなろう
じゃなくて

蘭印て何の事か調べてみ
124.名無しさん:2020年12月03日 20:29 ID:GkSBDBPM0▼このコメントに返信
※119
日露戦争で負けていればお利口になっていたかもな。
125.名無しさん:2020年12月03日 20:32 ID:rZbHJgnq0▼このコメントに返信
※15
>日本は自国の労働者と戦争したことになるし

どこをどう読んだらそうなるのか。
国内の治安対策の為に開戦したとは読めても労働者と戦争したとは
どう頑張っても読めない。

>経済制裁が戦争の一種

その指摘は間違い。

1928年ケロッグ長官の発言が根拠なら日本に対して行われたアメリカの禁輸・資産凍結には適用できない。
ケロッグは戦争中でなければ戦争行為になるような経済制裁は有りえないと言っている。
つまり武力行使を伴う経済制裁・経済封鎖、具体的には軍艦を用いた臨検や拿捕の事。

一方アメリカがやっているのはただの禁輸。武力など用いていない。
よってあなたの指摘は間違い。
126.名無しさん:2020年12月03日 20:36 ID:rZbHJgnq0▼このコメントに返信
※40
>マッカーサーは日本の戦争に同情的だったということになる。

ならない。
前後の文脈を無視してアクロバティック読解をすればそう読めなくもないが、それは意味のない自.慰行為。

中共に有効な攻略法は日本に対して行ったものと同じは?
という質問に対してマッカーサーは日本をキュっと〆られたのだから
中国も余裕だ、という発言の中での切り取りに過ぎない。

少なくともあの文脈からは日本を擁護する意図を読み取るのはアクロバティックが過ぎる。
127.名無しさん:2020年12月03日 20:42 ID:DuhVKKTM0▼このコメントに返信
Wikipediaより

対日経済封鎖 編集

アメリカによる対日封鎖と経済制裁のあらましを記す[14]。

1937年(昭和12年)10月5日 ルーズベルトによる「隔離演説」
1939年(昭和14年)7月 日米通商航海条約破棄を通告
1939年(昭和14年)12月 モラル・エンバーゴ(道義的輸出禁止)[15]として航空機ガソリン製造設備、製造技術の関する権利の輸出を停止するよう通知。
1940年(昭和15年)1月 日米通商航海条約失効
1940年(昭和15年)6月 特殊工作機械等の対日輸出の許可制
1940年(昭和15年)7月 国防強化促進法成立(大統領の輸出品目選定権限)
1940年(昭和15年)7月26日 鉄と日本鉄鋼輸出切削油輸出管理法成立
1940年(昭和15年)8月 石油製品(主にオクタン価87以上の航空用燃料)、航空ガソリン添加用四エチル鉛、鉄・屑鉄の輸出許可制
1940年(昭和15年)同8月 航空機用燃料の西半球以外への全面禁輸
1940年(昭和15年)9月 屑鉄の全面禁輸
1940年(昭和15年)12月 航空機潤滑油製造装置ほか15品目の輸出許可制
1941年(昭和16年)6月 石油の輸出許可制
1941年(昭和16年)7月 日本の在米資産凍結令
1941年(昭和16年)8月 石油の対日全面禁輸
128.名無しさん:2020年12月03日 20:45 ID:DuhVKKTM0▼このコメントに返信
歴史学者からの評価 編集
「真珠湾攻撃陰謀説#ABCD包囲網」も参照
イギリスの戦史家ベイジル・リデル=ハートは、「アメリカ政府の資産凍結措置と同時にイギリス政府も行動をとり、ロンドンのオランダ亡命政府も誘導されて、追随した」、「このような措置は、1931年にさかのぼる議論においても、日本を戦争に追い込むことは必定だった」と述べており、一連の経済封鎖を背景にした、アメリカの要求について、「いかなる国にも、とりわけ日本のような面子を重んじる国にとっては、このような要求を容れることは不可能であった」、「日本が4ヶ月以上も開戦を延期し、石油禁輸解除の交渉を試みていたことは、注目に値する」と評している[21]。
同じくイギリスのJ・F・C・フラーは「オランダ[22]は、アメリカとイギリスの措置に加わった」・「経済戦争の宣言であり、実質的な闘争の開始であった」[23]と述べている。また、大西洋会談において、ルーズベルトがチャーチルに対して『私は決して宣戦布告をやるわけにはいかないでしょうが、戦争を開始することはできるでしょう』と述べたとしており、チャーチルは後日『われわれの共同禁輸政策は確実に、日本をして平和か、戦争かの瀬戸際に追いやりつつあります』という書簡を送ったとしている。[24]
129.名無しさん:2020年12月03日 20:48 ID:Q9buyab00▼このコメントに返信
>>121
正式には甲案乙案は最後通牒ではない

最後通牒というのはこれを受け入れないなら外交交渉は打ち切り、つまり戦争するということをはっきり相手側に伝えるものでないといけない

甲案、乙案はそのような条件ではアメリカには提示されてない

日本は甲案、乙案が拒否され、開戦を決めた後でもポーズだけは交渉を続ける様な態度を続けた。
真珠湾攻撃を奇襲にするためにね
130.名無しさん:2020年12月03日 20:55 ID:Q9buyab00▼このコメントに返信
129の続き

最後通牒かどうかという点ではハルノートももちろん最後通牒ではない
さらに外交交渉を続けるためのたたき台、試案でしかないと最初にはっきり述べられている
131.名無しさん:2020年12月03日 21:01 ID:rZbHJgnq0▼このコメントに返信
※129
>正式には甲案乙案は最後通牒ではない

ご指摘ありがとうございます。
私の言葉足らずでした。
おっしゃるとおり、文面は最後通牒の形式を有してはいません。

外交暗号解読により交渉期限がある事とそれに伴う武力行使があるという事をアメリカは知っていたので
「ハルノーとは御前会議決定が加わる事により最後通牒の性質がある乙案に対するゼロ回答でしかない」という表現に訂正させていただきます。

132.名無しさん:2020年12月03日 21:05 ID:rZbHJgnq0▼このコメントに返信
日本語が変だな
「乙案は御前会議決定が加わる事で最後通牒の性質を持っていた。ハルノートはそれに対するゼロ回答でしかない」
133.名無しさん:2020年12月03日 21:08 ID:GkSBDBPM0▼このコメントに返信
※127
けっこう我慢強いな。
134.名無しさん:2020年12月03日 21:09 ID:Z5BLj.Fp0▼このコメントに返信
というかハルノート以前に御前会議で対米開戦が決まってるので
ハルノート自体にたいした意味は無い

アメリカは従来の方針をなぞっただけで
「日本に妥協はしないが、一応話し合いは続けるよドイツとの二正面作戦は面倒だからね」
ということ
135.名無しさん:2020年12月03日 21:12 ID:UrR2MtGF0▼このコメントに返信
※122

ルーズベルト閣下が、アメリカ太平洋艦隊司令部の反対を押し切って
強引にサンディエゴからハワイに全戦艦部隊を進出させなければ
真珠湾攻撃は無かった。ルーズベルト閣下思い付き根本原因説というのがただしい。
136.名無しさん:2020年12月03日 21:23 ID:Z5BLj.Fp0▼このコメントに返信
>>133
日本の軍事行動と連動して少しづつきつくなってる

インドシナ進駐と石油禁輸が連動してるのは
日本がインドシナを拠点とすることによって
連合国側の植民地が、直接日本の脅威に晒されることになったから
海軍をダイレクトに抑えに行った
137.名無しさん:2020年12月03日 21:32 ID:EXUeOQnW0▼このコメントに返信
>>132
と言うか、日本側が日米交渉での「最終提案」と言ったことについて、普通ならば単純に「今回の交渉での最終提案」で済んだんだけど、アメリカは東京から在ワシントン日本大使館への外交暗号訓電を解読していて、そこで「11月25日をもって外交交渉打ち切り」が司令されていて、この場合、「外交交渉打ち切り」は「外交関係断絶」つまり開戦を意味するから、甲乙案拒否を開戦事由にさせないためにハル(国務省)が出したのがハルノートなんだよね
138.名無しさん:2020年12月03日 21:34 ID:e.wCp2FK0▼このコメントに返信
※80
アメリカの歴史で有名な(ペリー)って、(オリバー・ハザード・ペリー)であって、日本に来た方の(マシュー・ペリー)は実はアメリカでは知名度がない
まして東京裁判の裁判長はアメリカ人じゃない

石原ガイジくん
上手い皮肉を言ってやったとでも思ってたんだろうかね
自分を知者だとおもいこんでいるバカってこういうやつを言うんだろう

139.名無しさん:2020年12月03日 21:35 ID:EXUeOQnW0▼このコメントに返信
>>135
中国がキナ臭い行動を取れば、海自も米軍第7艦隊も沖縄やら佐世保あたりに増派しちゃうだろ。三国同盟出来たらイギリス側についたアメリカが太平洋の全面に艦隊を動かすのは避けられない
140.名無しさん:2020年12月03日 21:40 ID:ib.YhLnm0▼このコメントに返信
アメリカがあと一歩のところまで追い詰められたことなんてそもそもあったか?
イギリスならそこまで追い詰められたことはあったが日独が手抜きしてくれたお陰で無事生きながらえた
141.名無しさん:2020年12月03日 21:44 ID:Z5BLj.Fp0▼このコメントに返信
シビルウォー(南北戦争)
がアメリカが最も追い詰められた戦い
アメリカ最大の敵はアメリカという笑えない事実
142.名無しさん:2020年12月03日 21:45 ID:e.wCp2FK0▼このコメントに返信
※136
仏印入りした山下奉文「昭和17年の正月はシンガポールやでw」
平和進駐なんて戯言は当事者すら言っていないわけで




143.名無しさん:2020年12月03日 21:45 ID:UrR2MtGF0▼このコメントに返信
※139

まあ、現職の太平洋艦隊司令長官兼合衆国艦隊司令長官を解任してまで実行するという
結構強硬な政策だったわけで。

翌1940年5月のハワイにおける春の大演習の後、艦隊をそのままハワイに駐留させ、真珠湾を母港にせよとの大統領命令を受ける。大日本帝国の中国大陸への侵略行為はアメリカの宥和政策が大日本帝国に弱腰と受け取られている結果であり、これを阻止するためには断固とした態度を取るべきだとするルーズベルトの意向を反映したものだった。しかし、リチャードソンはこれには反対であった。その理由は、
真珠湾は合衆国艦隊の主力を駐留させるには施設・防御力が貧弱である
米本土から2000マイル以上も離れた洋上の孤島で、補給が困難
艦隊をこれだけ進出させると日本を刺激して日米戦争の引き金となる

と、いうものであった。特に防御力については第19回演習の折アーネスト・J・キング中将が真珠湾の海軍工廠への模擬空襲を北西からの奇襲攻撃で大成功を収めていたことも念頭にあった。このような危険を冒すより米本土西海岸サンディエゴに駐留させるべきだと方々を説得し、1941年にはルーズベルト大統領に面会して説得に当たったが、ルーズベルトの回答は、

合衆国艦隊へのハワイ真珠湾常駐命令に反論したため、ジェームズ・リチャードソン大将は1941年1月に太平洋艦隊司令長官と合衆国艦隊司令長官を解任、少将に降格(同年2月)合衆国艦隊司令長官を解任
(wikiをコピ)
144.名無しさん:2020年12月03日 21:51 ID:6TvELcQ80▼このコメントに返信
嘘つきは大本営の始まりだぞ
145.名無しさん:2020年12月03日 22:31 ID:Z5BLj.Fp0▼このコメントに返信
>>144
うるせぇエンタープライズ沈めんぞwww
146.名無しさん:2020年12月03日 23:51 ID:tOtrmpio0▼このコメントに返信
>>106
一時的に満州を4分割して国民党・中共・ソ連・アメリカグローバル資本家にわざと明け渡して、満州・朝鮮から電撃的に撤退すればよかった

そして兵站と軍事力を増強した後に、満州・朝鮮の内戦で連合国が混乱してる隙にオーストラリアとニュージーランドを取ればよかった
147.名無しさん:2020年12月04日 04:20 ID:19Ww3kEF0▼このコメントに返信
アメリカ・イギリス・フランス・オランダ・オーストラリア・中国
これら全てと同時に喧嘩してたのは凄い。
148.名無しさん:2020年12月04日 04:52 ID:gelqPbR00▼このコメントに返信
トラウトマン工作を1938年1月にまとめて
とりあえず停戦しとく手はあったろうなあ
国民政府を対手とせず!
の声明は一番まずい

フィッシャートロプッシュ法で年間100万トンの石油液化プラントとか保険で建設しておけば
禁油制裁への耐性は高められたはず
大和10隻分くらいは金と手間はかかったろうがなあw
149.名無しさん:2020年12月04日 06:42 ID:dLtlAxOg0▼このコメントに返信
ビルゲーツなんかはコロナを使って世界を追い詰めている最中
150.名無しさん:2020年12月04日 13:20 ID:eOzOcpva0▼このコメントに返信
追い詰めたのは国民なのでは?
天皇がいなければ共産革命が成立していたと思うよ。
151.:2020年12月04日 15:22 ID:.uChoy2s0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
152.名無しさん:2020年12月05日 17:43 ID:Bu4MDHut0▼このコメントに返信
※147 >>147
おっ、そうだな!凄い(バカ)

お名前