2019年11月19日 10:05

戦争「戦時中は米が貴重だったからサツマイモや大根を混ぜて炊いた」 ← これって嘘らしいな

戦争「戦時中は米が貴重だったからサツマイモや大根を混ぜて炊いた」 ← これって嘘らしいな

20180711122512

引用元:戦争「戦時中は米が貴重だったからサツマイモや大根を混ぜて炊いた」 ← これって嘘らしいな
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1573981605/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:06:45.990 ID:gVwAEim/0
聞いたら「うちは農家だったから普通に米食べてた」って

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:07:09.462 ID:Wriwm6+E0
それはそれでうまそう

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:07:38.751 ID:3YgueKvo0
配給制だった都市部の話じゃね?

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:07:49.165 ID:eHibC6F6p
うちも農家だけど芋食ってたぞ

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:08:47.072 ID:o3Ch0ApX0
農家だからだろ

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:08:55.000 ID:7J9VrSbh0
俺は味の薄いすいとんだったなぁ

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:09:33.688 ID:fYfdsnEd0
物流が寸断されて都会に運べないから農家には余ってたんだよ

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:10:00.564 ID:yTj5y3ac0
俺は大根飯

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:10:39.221 ID:0A72GCk80
土地が狭くても作れるカボチャをツル伸ばして屋根で育ててたわ

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:11:58.285 ID:WEQpgLqld
戦時中とか言うけど実際食糧難だったの一年くらいだしな
疎開するとおにぎりが待ってた

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:12:10.530 ID:CXhOGDA9M
農家だけどタダみたいな値段で接収されてたらしいよ

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:18:27.447 ID:TEksOWXQ0
国内の米を兵站で外地に送ってたなら国内で足りなくなるかもしれないが動員兵含めても国民数が増えるわけではないから純粋に食うだけならあっただろ
加工品用の米があっただろうから単純な話じゃないだろうけど

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:18:46.221 ID:yB7zkBKs0
実際は政府が統制してた戦中よりGHQがほったらかしてた終戦直後の方が酷かったらしいが

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:20:35.014 ID:XG1PfeDo0
流通が悪くて場所毎に取れたカロリーは違うだろうな

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:23:06.128 ID:dvg6b76X0
うちのじいちゃんたちは普通に米食ってたけど疎開してきた都会のやつらに非国民と言われてムカついてボコったらしい
食料自給率低いし今輸入止まったら都民は飢えてそうなるんだろうな

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:24:09.840 ID:lgGWlPoz0
>>32
最低でも親戚に農家がないと飢餓食になりそうだな

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:25:07.192 ID:u9iD3+3I0
さつまいも混ぜるのは普通に美味い

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 18:46:49.317 ID:ppaxcNN20
よく都会人が農家に物々交換持ちかけるエピソードあるけど
農家には分けるだけの食い物あるってことだもんなつまり

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 19:00:06.622 ID:PZXUaxQor
知り合いの漁師の爺さんは魚ばっかり食ってたわガハハって言ってたけどな

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 19:04:01.262 ID:aAooUaSM0
みんな近場にあるものばかり食べてたってことは都市部は悲惨な状況だったんだろうな

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 19:08:11.425 ID:Q2Yh/Z6p0
エアプか?
芋喰えるだけマシなんだが?

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 19:08:37.767 ID:5cjLW6qVK
もの運ぶには炭が必要だし
列車などの輸送車をつくるなら鉄やゴムも必要だしの
末期は石炭も鉄もゴムも人すらなくなって都会や凶作のところは悲惨だったろうね。主に東北

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/17(日) 19:14:19.670 ID:CyIS5ilL0
農家とかは普通の生活出来てたらしいよ
問題は都会からの疎開組
あれは飯に困ってたみたい

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年11月19日 10:09 ID:HFgszgBO0▼このコメントに返信
そりゃ農家は米食えるでしょ
2.名無しさん:2019年11月19日 10:11 ID:FL7A1CF50▼このコメントに返信
農家は食い物分けてあげてたくらいだからそりゃ
3.名無しさん:2019年11月19日 10:12 ID:0DnEU0E10▼このコメントに返信
戦争前は、韓国へのインフラ投資で、金は無く、
満州投資へ拡大して金は無く、惰性で戦争金は無く、
1910年韓国併合以降、ニンゲンは貧乏暮らし。
疫病神に取り付かれたかのように金は無い。
4.名無しさん:2019年11月19日 10:15 ID:83aFJR1V0▼このコメントに返信
「うちは農家だったから」という言葉をハッキリちゃんと聞いて覚えてるのに、なんで嘘だと思ってるんだw
日本語が通じなさすぎる
5.名無しさん:2019年11月19日 10:16 ID:6I7xXBJZ0▼このコメントに返信
農家だけど毎日イモ食ってたから、イモ嫌いになったって爺っちゃんが言ってた
6.名無しさん:2019年11月19日 10:16 ID:LJgpvdl60▼このコメントに返信
うちは八百屋だったから配給元だったから食い物には困らなかったらしい。
だから本当に餓死しそうな家には多めにとか渡してたそうだ。
7.名無しさん:2019年11月19日 10:16 ID:PqKYXVe30▼このコメントに返信
場所に依るわな。聞いた話だけど、”段々と爆撃激しくなて来たなぁ、大都市はもう焼け野原で近頃は小さな町でも馬苦撃されてる、ここらあたりでも時々余った爆弾捨てていくから隣村の田吾作さんチの倉庫やけたらしいぞ”、”そうかぁ~そんなにやられりゃもう町からタイキンやら珍しい品物持って米買いに来る連中もすくなくなるなぁ~”、”んだなぁ~、米置いといてもシャ~ないけん、くっちまうかぁ、んだんだ、お祭りだぁ~”みたいな事は有ったらしい。
8.名無しさん:2019年11月19日 10:16 ID:To7yEisn0▼このコメントに返信
朝はおかゆのようなご飯
昼は蒸かしたサツマイモ
夜は菜っ葉の入ったスイトン
9.名無しさん:2019年11月19日 10:18 ID:o3Ck.JtN0▼このコメントに返信
昭和19年以降、男子は徴兵・女子は徴用で駆り出され、農家に人手が足りなくなり、作物が充分にとれなくなった。
食糧難はこういった事も関係しているとジイチャンが言っていたな。
10.名無しさん:2019年11月19日 10:18 ID:njWFqG550▼このコメントに返信
平均年齢いくつなんだよこのスレw
11.名無しさん:2019年11月19日 10:19 ID:Fxh7AP5x0▼このコメントに返信
うちのじいさん、さつまイモご飯嫌いやったぞ。戦時中思い出してみすぼらしいからって。
12.名無しさん:2019年11月19日 10:19 ID:5Dc4hIEZ0▼このコメントに返信
前線の将兵に食料すら届けられないほどなんだから、農地から都市に食料を運ぶためのインフラに廻す燃料なんて推して知る所やろ。
13.名無しさん:2019年11月19日 10:20 ID:tkqX0hg.0▼このコメントに返信
うちのばあちゃん農家だけど
さつまいもご飯食いすぎてさつまいも嫌いって言ってた
14.名無しさん:2019年11月19日 10:22 ID:WmJij7Yw0▼このコメントに返信
日本人の糖尿病好きは異常
炭水化物減らせカス米なんか滅びろ
15.名無しさん:2019年11月19日 10:22 ID:0JzW5p9P0▼このコメントに返信
こういう思い出があるからなのか、お年寄りってやたらと若者に飯食べさせたがるよね
16.名無しさん:2019年11月19日 10:22 ID:ECBqGe6f0▼このコメントに返信
うちんとこはかぼちゃが嫌いになったって言っった
17.名無しさん:2019年11月19日 10:23 ID:Imgh5tq40▼このコメントに返信
今の芋は品種改良で激甘
昔のはベチャベチャでまずかった
18.名無しさん:2019年11月19日 10:23 ID:2BBzG3Xm0▼このコメントに返信
物理的に食料が消滅したわけじゃなく
輸送網が死んだわけだしある所にはある
んで陸続きな時点である程度の物資は入ってくる
問題は戦後のGHQ時代
19.名無しさん:2019年11月19日 10:24 ID:JQbUzADM0▼このコメントに返信
配給制が破綻してから発生したので、戦中末期から戦後初期までぐらいやろ。
20.:2019年11月19日 10:24 ID:SRGb6jjF0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
21.名無しさん:2019年11月19日 10:24 ID:BlKDseNE0▼このコメントに返信
ウチの母方の婆ちゃんからはそういった話を聞いたことなかったわ
14人兄弟の長女で、苦労話だと下の子の面倒を野良仕事こなしつつしていたことや、それに伴って昼間は時間が取れないから夜に月明かりで勉強してたってことぐらいだな
つまり、まあ農家ではあったから食事事情においては苦労したことがないんじゃないかと思ったね
産まれや育ちで違うだろうし、やっぱりひとくくりで全体を語っちゃいかんだろうな
22.名無しさん:2019年11月19日 10:25 ID:5Dc4hIEZ0▼このコメントに返信
※14
小麦だのグルテンだのが毒性を持ってると認識されてから随分経つのに、未だにそんなこと言ってるんか。
23.名無しさん:2019年11月19日 10:26 ID:JQbUzADM0▼このコメントに返信
※18
政府「配給止めまーす」

宮・華族・上級国民「買い占めるぞい」

一般国民「ひもじいょ……」
24.名無しさん:2019年11月19日 10:27 ID:y8KuADac0▼このコメントに返信
都内住んでたけど普通に飯食ってたよ?
25.名無しさん:2019年11月19日 10:27 ID:4z9WQy.J0▼このコメントに返信
芋ばっかりだったから芋嫌いになった。とかいうけど、別に俺、毎日同じもの食ってても嫌いにならんけどなぁ
26.名無しさん:2019年11月19日 10:28 ID:R.miNbFo0▼このコメントに返信
ちょっと劣ってたとしても少し考えればわかるのに
なんでこんな短絡的な答え出すんだろ
27.名無しさん:2019年11月19日 10:29 ID:ZlCC3JlU0▼このコメントに返信
サバイバル家族って映画でも都市機能麻痺したら農家最強だったな
28.名無しさん:2019年11月19日 10:30 ID:jqzBkXx30▼このコメントに返信
戦争後半になると都市部を中心に爆撃などを受けたり、物流が麻痺したりして生産地から消費地への農作物の流入が止まったり規模が小さくなってしまったんだよ。
だから都会では食料などが不足し、生産地では余った。
29.:2019年11月19日 10:31 ID:JQbUzADM0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
30.名無しさん:2019年11月19日 10:31 ID:woLOmmAi0▼このコメントに返信
空襲のある一部の都市の話が何故か全国的な話として誤解されてるよな
別に授業でそう言う誤った知識を教えてるわけでもないしドラマや映画等でも「田舎に疎開すればご飯をちゃんと食べられるから」って子供を疎開させるシーンなんてのはよくあるのになんでやろうな
ジブリの火垂るの墓なんてまさにそうだし
31.名無しさん:2019年11月19日 10:32 ID:lp.UCrSD0▼このコメントに返信
>>1みたいなバカが韓国に頭下げるバカなんだろうな
32.名無しさん:2019年11月19日 10:33 ID:JQbUzADM0▼このコメントに返信
※27
近代や現代の農家などの第一産業は、都市が安定的に機能しないと成立しないんや。
33.名無しさん:2019年11月19日 10:35 ID:I.wJDeg60▼このコメントに返信
>>25
品種改良が進んでないから甘くもなければホクホクでもない筋張った芋だぞ
そういうのを一年間毎日連続で食ってみろ
34.名無しさん:2019年11月19日 10:35 ID:EzmXABlr0▼このコメントに返信
芋っていってもアルコール作るための美味しくない芋もあるからね
35.名無しさん:2019年11月19日 10:35 ID:Rk8iRdnn0▼このコメントに返信
>>10
この感想しかなかった

36.名無しさん:2019年11月19日 10:35 ID:JQbUzADM0▼このコメントに返信
※30
「1945年8月15日の空は青空だった」みたいな論は多々にして多い。
やっぱり、都市部が舞台のTVや映画が多いからやろうな。
37.名無しさん:2019年11月19日 10:36 ID:86nRvIxl0▼このコメントに返信
農家や漁師でも普通に困ってたぞ。
それこそ、米はあるが魚がない、魚はあるが米はない、サツマイモはあるが米がない。ナスは有るが人参はないという状況に陥るからな。
だから、サツマイモばかりとか、おかずはナスしかなかったとか、カニの身をコメに見立てて魚食うとかいう状況が生じて、もう一生見るももいや、となる。最後の方は塩がないというところまでいってるからな。そこにGHQ統治との引き継ぎ混乱で戦後の闇市・担ぎ屋爆誕&裁判官餓死となる。まぁドイツより100倍ぐらいマシなんだがね。

うちの爺さんはカボチャとナスは見るのも嫌がってたな(当時小学校3~4年生)。婆さんはタピオカ澱粉が今でも死んでも嫌らしい(当時3~4歳)。お互い嫌いなものを上げては「当時、そんなものでてきたらごちそうや。お前は贅沢してた」と言い合いするのが定番w
38.名無しさん:2019年11月19日 10:37 ID:GCvb7xSs0▼このコメントに返信
叔父さんは戦後生まれだけど子供時代は麦混じりの米だったから
麦飯はいくら体に良かろうが今は一切食べたくないと言ってた
39.名無しさん:2019年11月19日 10:38 ID:JQbUzADM0▼このコメントに返信
※34
当時の芋って激マズやで。現代的な品種改良なんてされていないから。
40.名無しさん:2019年11月19日 10:38 ID:BlKDseNE0▼このコメントに返信
>>25
友人が10年前、一年間朝昼晩絶対毎日主食サツマイモ食べるってのを試した人がいる
俺は近くでその食事光景をしょっちゅう見てたけど、最初は美味しそうに食べてたが最後のほうは本当に嫌になってたぞ
俺も見てただけでやったことないからわからないけど、当事者じゃないとわからないことって多分にあるだろうから、安易に言わない方がいいと思う
41.名無しさん:2019年11月19日 10:39 ID:joIQi6jy0▼このコメントに返信
本当に食糧難になったのは、戦時中ではなく終戦直後らしい。
ここに日本の闇がある。
42.名無しさん:2019年11月19日 10:41 ID:jtpfDcR50▼このコメントに返信
俺が小学生の頃は、石焼き芋1本100円だったわ
今1本500円もするの信じられん
43.名無しさん:2019年11月19日 10:41 ID:4TNmFzOj0▼このコメントに返信
※14
自分で栄養管理くらいしようよ…。
44.名無しさん:2019年11月19日 10:43 ID:SzYJA4Z80▼このコメントに返信
農地の人はそれはもうすごい態度だったらしいな都会もんに
45.名無しさん:2019年11月19日 10:43 ID:u81ZxfhR0▼このコメントに返信
戦時中の米の事を考える時、作況が
「昭和19年は不作、20年は凶作」という事を
覚えておいてもらえると分かりやすいかと。
あとは生前の桂米朝師匠が語っていた
「昭和19年の夏までは東京も普通に食べ物はありました、
 それが夏休み明けて学校(=大東文化学院)に戻ったら、急に
 配給券があっても食べ物が手に入らん事が
 起こる様になりました」
という辺りも、当時の食糧事情の変遷が伺えると思います。
46.名無しさん:2019年11月19日 10:43 ID:K135B3n70▼このコメントに返信
戦後にヤミ米を取り締まる側の裁判官がヤミ米を食べず餓死したとかなんとかいう話があったな
47.名無しさん:2019年11月19日 10:43 ID:Ul07ZZ0Q0▼このコメントに返信
「『うちは農家だったから』普通に米食べてた」
アホの子なんかな?
48.名無しさん:2019年11月19日 10:44 ID:AGgVkaSH0▼このコメントに返信
かつてサザエさんという漫画の中でイモのてんぷらを波平やマスオが嫌がるシーンを見た記憶がある。
それはイモばかり食った戦中・戦後の食い物のない時代を生きた人共通の感覚であったようだ。
49.名無しさん:2019年11月19日 10:44 ID:O.riN2TI0▼このコメントに返信
うちの母親は、あの時の大根飯がまずくて嫌いだったと言って
今でも食べようとしないなぁ
まぁ今は食べる必要ないんだけど
50.名無しさん:2019年11月19日 10:44 ID:fEoRuoOz0▼このコメントに返信
都会は配給制だから一般人は米を手に入れるのは難しい。農家でも自分の家の分しかなく、残りは軍に放出された。
サツマイモとか雑草などは当たり前。祖母は蕎麦掻を食べていて、蕎麦嫌いになった。蕎麦はやせた土地でもできたからね。
51.名無しさん:2019年11月19日 10:45 ID:GY5Q4KGH0▼このコメントに返信
70年前のイモが劇マズとか言ってるが、昔からイモが主食の国なんていくらでもある
52.名無しさん:2019年11月19日 10:46 ID:UP.TKsBD0▼このコメントに返信
戦後の話だろ。
1945年で、B-29の機雷封鎖うけて、朝鮮米や台湾米輸入できてなくても、古米あっただろ。
53.名無しさん:2019年11月19日 10:46 ID:iZrTz1BX0▼このコメントに返信
>聞いたら「うちは農家だったから普通に米食べてた」って

ソビエトロシアの時代ウォッカは高価で、農村部はサマゴン(密造酒)を作ってたけど都市部は工業用エチルアルコール(メチルではない)飲んでた、それと同じだよ。
なぜ都会の人が急行に乗って農村へ行って買い出ししなければいけなかったのか、よーく考えてみよう。
54.名無しさん:2019年11月19日 10:46 ID:lPgV2eu70▼このコメントに返信
自分の身内や周りが全てって思い込む世界観が狭い人ネットに多いよねw
55.名無しさん:2019年11月19日 10:47 ID:uTyCYon30▼このコメントに返信
>>23
馬鹿じゃね
当時の回顧録とか見れば皇族が特に贅沢してた訳じゃないと判るのに

こういうのは物流の能力低下で地域差が激しくなったから起こること
56.名無しさん:2019年11月19日 10:48 ID:AGgVkaSH0▼このコメントに返信
※51
別にマズかったわけではなく、ひたすら毎日イモばかり食ったので飽きて嫌いになったようだ。
57.名無しさん:2019年11月19日 10:48 ID:iZrTz1BX0▼このコメントに返信
※51
だから芋を見ると辟易するんですよwwwwww
またカルトッフェルか……と。
58.名無しさん:2019年11月19日 10:49 ID:WIfU5a910▼このコメントに返信
代々の金持ちでやんごとなき所とも繋がりあったから戦時中でもそういうのとは無縁だったと聞いたな
軍隊でも戦地へは行かずに安全な後方勤務だけだったとか
だから親戚多いけど戦死とか戦傷の話が一切無い
戦後も進駐軍に上手く取り入る事にも成功してる
59.名無しさん:2019年11月19日 10:49 ID:PBcUtHf.0▼このコメントに返信
流通が死んでいたから
そらあ生産地には余っていたな
60.名無しさん:2019年11月19日 10:49 ID:JQbUzADM0▼このコメントに返信
※51
芋が主食になった国は食料事情が悪いor悪かった国なんやで。

特にドイツ。
61.名無しさん:2019年11月19日 10:49 ID:DLfS7SXM0▼このコメントに返信
うちのひい爺さんの家は裕福だったから特に何も聞いてないな
家族も戦争にも満州にも行ってないしな
62.名無しさん:2019年11月19日 10:49 ID:UP.TKsBD0▼このコメントに返信
※14
>>14
小麦食って子供がⅠ型になるか、米食ってⅡ型みなるかのちがいでしかない。
63.名無しさん:2019年11月19日 10:50 ID:FL7A1CF50▼このコメントに返信
>>54
インターネットって広いようで狭いからいつも見てる所の層に染まるのよ
64.名無しさん:2019年11月19日 10:51 ID:jWBp8pAP0▼このコメントに返信
各地の都市部が大変だっただけだぞ。
65.名無しさん:2019年11月19日 10:51 ID:chhArg5J0▼このコメントに返信
※1
都会の人達は食糧無いからお米を持ってた農家に物々交換でお米を分けに貰いに行ってたそうだ。
すると農家の連中はいい気になってかなり意地悪だったって。
最近亡くなった親類が最期まで農家大嫌いだったよ。だから農家がお米余りとかで困る様になったら凄く喜んでた。
「百姓ざまあ」って。
それほど当時の農家の態度は横柄で悪かったってことだよ。
66.名無しさん:2019年11月19日 10:51 ID:38TRd6.00▼このコメントに返信
うちのオカンの実家も旅館やってたから
兄弟姉妹が沢山いても米食ってたらしいで
同級生の弁当なんか見てても米やったらしいで
漁師町やったからかな~?
67.名無しさん:2019年11月19日 10:52 ID:PVxdNUbF0▼このコメントに返信
戦中世代がサツマイモが嫌いってのはどこでも聞く話で、うちのじーちゃんも俺がサツマイモを食べてたら「おまえらよくそんなもんパクパク食えるな」って言われたわ。
68.名無しさん:2019年11月19日 10:52 ID:KBzNa6dt0▼このコメントに返信
うちのばあちゃんはサツマイモ中心だったって言ってるわ
69.名無しさん:2019年11月19日 10:54 ID:RKJeqrAJ0▼このコメントに返信
戦争もしていないのに、大量の餓死者を出した国が隣にある。そんな国を素晴らしいといって、現在も褒めちぎっている。いずれ再び餓死者がでると思う。そう言うと必ず食って掛かってくる奴がいる。彼らはいつも日本をバカにして喜んでいる。
70.名無しさん:2019年11月19日 10:54 ID:UP.TKsBD0▼このコメントに返信
※30
>>30
蛍の墓は、高畑みたいな机上の空論で遊ぶパヨクお花畑映画だから、
設定が突っ込み処だらけじゃないか。
71.名無しさん:2019年11月19日 10:54 ID:TtDr6pDg0▼このコメントに返信
うちは百姓だったけど供出をごまかして山の小屋に米を隠していたから不自由しなかったと聞いた
ただ、もう片方の親は大根飯とかとうきび飯を食っていたって聞いた
美味しいご飯に大根やとうきびが入っているわけではなくて、食うのが嫌になるくらいボソボソしたクソまずい飯だったそうな
また、サツマイモばかり食わされたので、今でもサツマイモは大嫌いで食べないという人も見た
みんな農家の生まれ育ちだ

1は家や地域によっていろいろ違いがあるという当たり前のことも理解できない程頭が悪いのかもしれん
72.名無しさん:2019年11月19日 10:55 ID:1Hg9ajy.0▼このコメントに返信
戦時は入れる出汁がなくて出汁のないすいとん作ったりしたと実家の地域のばあさんが言ってたな。比較的実家も田舎の方ではあるし農家も多い地方ではあったが

出汁がきいてればすいとんもまずかないが、たまに食べるならともかく米がなくて強いられるのはやはり嫌だと思うわ
73.名無しさん:2019年11月19日 10:59 ID:FKHqbqsr0▼このコメントに返信
理解力に乏しい子孫を持ってしまっては先祖も浮かばれまい
74.名無しさん:2019年11月19日 11:00 ID:evYvaLTh0▼このコメントに返信
そりゃ何年も戦争してりゃ現代の冷凍技術や保存技術を用いてもそうなるよ
今の戦争は経済が疲弊する前に決着付ける必要があるから
確実に勝てる短期決戦かポーズだけの小競り合いしか無いけどね
75.名無しさん:2019年11月19日 11:00 ID:.LA.KAwU0▼このコメントに返信
> さつまいも混ぜるのは普通に美味い

今みたいなホクホクしたさつまいもじゃないぞ…
76.名無しさん:2019年11月19日 11:01 ID:lPgV2eu70▼このコメントに返信
※63
そいつが頑固だとほんとに会話がメンドクサイ…
あ、うちの身内にいるんだなw
77.名無しさん:2019年11月19日 11:02 ID:LkCLohRE0▼このコメントに返信
いやうちの母は芋とカボチャばかり食ってたから今でも好きだっていうぞ
戦争で苦労した嫌なイメージと結びつける人はまあ嫌いなんだろ
78.名無しさん:2019年11月19日 11:06 ID:V9NJE16d0▼このコメントに返信
うちの親父も少年期で腹ペコなのに家に帰ると芋(しかもサツマイモ)ばっかで
子供ながらに辟易したいうてたわw マジで芋だけなんやと。それはキツイわ
79.名無しさん:2019年11月19日 11:07 ID:LOloNNYa0▼このコメントに返信
そこそこの農家だった母の場合さつまいもを混ぜてかつ腹一杯には食べられなかったそうな
魚は父親だけだったとか
戦後の話な
80.名無しさん:2019年11月19日 11:07 ID:HsEvSAhO0▼このコメントに返信
ベトナム飢饉を連想させるスレを取り上げた管理人はパヨクとする!
81.名無しさん:2019年11月19日 11:08 ID:o.IgcgEO0▼このコメントに返信
祖母は農家だったけど終戦間際は米がほとんどない大根粥かサツマイモだったそうだ。
米を食えたのなら隠匿していたに違いない。
82.名無しさん:2019年11月19日 11:08 ID:4Y4oWTPc0▼このコメントに返信
婆がかぼちゃばっかり食わされて嫌いになった言うてたで
83.名無しさん:2019年11月19日 11:08 ID:8f8.qF950▼このコメントに返信
戦時中てか戦後すぐな。都市部の焼け野原でイモ作っていた。国会議事堂の前のイモ畑だった。
84.:2019年11月19日 11:09 ID:UJoxVHdw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
85.名無しさん:2019年11月19日 11:11 ID:qs5YspNh0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんは缶詰を船で運んでたから、普通に勝手に食ったり、高値で買ってくれるルートもあったり食料には困らんかったと言ってた。
86.名無しさん:2019年11月19日 11:11 ID:HsEvSAhO0▼このコメントに返信
>>84
ベトナム飢饉を連想させる書き込みはパヨクの証拠!
87.名無しさん:2019年11月19日 11:11 ID:2Z.hc9kc0▼このコメントに返信
普段食ってる米は農家のおかげで回って来てるのに感謝もせずいきなり逃げて飯も集りに来た連中が農家を非国民呼ばわりするとか最低だな、そういう連中が特攻すりゃ良かったのに
88.名無しさん:2019年11月19日 11:11 ID:uTyCYon30▼このコメントに返信
>>65
じゃあ今は都会人が横柄な時代だってことだな

膿家とか言って馬鹿にしてるし
89.名無しさん:2019年11月19日 11:11 ID:PPG5IsPO0▼このコメントに返信
>>25
そりゃ好きな物をだったらだろ
カレーが好きな人が毎日カレーでもいいよ的な
それでも実際毎日だったら飽きそうだが…
うまくもない 好きでもない物を毎日だったらそりゃキツイでしょうな
毎日にんじん食べてみな 分かるんじゃねえの
90.名無しさん:2019年11月19日 11:12 ID:YpQ0PWaf0▼このコメントに返信
※51
まず芋が違う。
でんぷん質を採るための芋→基本的に味がないので飽きない
サツマイモ→甘味があるため飽きる
ジャガイモ→甘味がないので連食できる

化学調味料も(もちろん出汁がとれる食材全て)使えないので、塩や醤油のみで単純な味付けなら飽きるよな。
さらに収穫量のみ重視で味は二の次の農作物なんて食えたものじゃない。
91.名無しさん:2019年11月19日 11:12 ID:ENn6tT6j0▼このコメントに返信
GHQは小麦売るためにわざと食料難にしてたらしいな
92.名無しさん:2019年11月19日 11:13 ID:UuuILBYb0▼このコメントに返信
数十年後には今の貧困家庭が三食まともに食べられなかった貧しい時代と言い出すのかな
93.名無しさん:2019年11月19日 11:14 ID:0SBiJvz.0▼このコメントに返信
1960年代に書かれた農業学者の本読んでたら、なんかとんでもない事が書かれてたな・・
そもそも山間部などの田舎の日本人はコメなんか食べられず粟稗麦ソバ雑穀生活だったが
戦争中に無差別配給されたんで大喜びで麓の町までコメを取りに行ったとか
日本全国廿浦浦に米食が普及したのは戦争中の阿呆役人の無計画無分別な配給制度の為らしいw
まあ、そもそも当時はGDPやGNPなどの国力統計自体アメリカでも研究段階なんで
自国の経済生産能力とかどこの国もサッパリ解らん状態だった
94.名無しさん:2019年11月19日 11:16 ID:YpQ0PWaf0▼このコメントに返信
※84
ソ連が日本に機雷捲いたとは初耳だな。
まあ、あの国は機雷大好きで、ロシア時代には日本の戦艦2隻沈めているけれど。
95.名無しさん:2019年11月19日 11:17 ID:uTyCYon30▼このコメントに返信
今の時代でも、輸入が途絶えたりした食料危機の対策でも、サツマイモが主食になる想定がされてるよな
96.名無しさん:2019年11月19日 11:18 ID:uq3Asy.e0▼このコメントに返信
そして戦後の食糧難からラーメン文化が生まれた
97.名無しさん:2019年11月19日 11:19 ID:zzAIjzil0▼このコメントに返信
農村は平和だったらしいな。
記者が農村のばあちゃんにマッカーサーのこと聞いたら、「陛下はずいぶんと優秀な方をお雇いになったそうで」なんて答えたこともあるとかなんとか。
98.名無しさん:2019年11月19日 11:23 ID:8vZ9UlsQ0▼このコメントに返信
真説でもなんでもない普通の事だな
流通の大事さがよく分かるだけっていう
99.名無しさん:2019年11月19日 11:26 ID:M.S6tr8C0▼このコメントに返信
そういえば、機能のクイズ番組でやってたけど、東京都の食糧自給率って1%だそうだ。
結構農地とか有るけどさすがにそこまで低いとは思わなかった。人が多すぎるんだろうな。
100.名無しさん:2019年11月19日 11:28 ID:.TuAxZcp0▼このコメントに返信
ガキが大根おやつに丸噛りしても怒られないくらい余ってたけどな
101.名無しさん:2019年11月19日 11:28 ID:5ZFGncqJ0▼このコメントに返信
>>29
嘘つくなチヨン
102.名無しさん:2019年11月19日 11:34 ID:IBlxEdxy0▼このコメントに返信
>食料自給率低いし今輸入止まったら都民は飢えてそうなるんだろうな
別に輸入が止まらなくてもちょっとした()災害でインフラ止まれば都市部は大変なことになるでよ
だからこそ道路網や鉄道網の拡充に戦後日本は費やしてきたわけで

爆撃で日本全国の都市部が壊滅しようと新型爆弾落とされようと戦争継続を貫いてきた日本が
戦争降伏を決定したのは首都圏で初の餓死者が出たことが主因なんやで
103.名無しさん:2019年11月19日 11:38 ID:tnJOMpwZ0▼このコメントに返信
また大艦巨砲主義スレのデマ拡散か?
お仕事かも知らんが、いい加減にしろ
104.名無しさん:2019年11月19日 11:38 ID:2gd8j8gl0▼このコメントに返信
まかたこのネタか。
105.名無しさん:2019年11月19日 11:38 ID:oDk22ZUi0▼このコメントに返信
こないだテレビで朝昼晩3食さつまいもの島の話をやってたよ。
主食が芋だけでも筋肉隆々になるんだな。
106.名無しさん:2019年11月19日 11:40 ID:WdDgTTSl0▼このコメントに返信
うちの爺さんも混ぜご飯嫌いだったな、さつま芋も食べず嫌いだった。前※にもあったけど「みじめな過去を思い出してつらい」って言ってたわ
サツマイモも含め今みたいな上等な野菜じゃなくて屑野菜だったろうし
107.名無しさん:2019年11月19日 11:41 ID:.1RjfgLO0▼このコメントに返信
※65
それまで農家が「どん百姓」とどれだけ都会人に馬鹿にされてきたかを思えばなあ

自分たちの態度は無視して相手の落度だけを責めるのはみっともないよね
108.名無しさん:2019年11月19日 11:43 ID:CIiIAnfK0▼このコメントに返信
昭和22年生まれの俺の母さんは子供時代栄養失調で死ぬかもしれんって診断された。それほど貧しい時代だった。
109.名無しさん:2019年11月19日 11:43 ID:Yt2Bz0j.0▼このコメントに返信
>>24
高齢の方ですか?
110.名無しさん:2019年11月19日 11:44 ID:.1RjfgLO0▼このコメントに返信
※102
>戦争降伏を決定したのは首都圏で初の餓死者が出たことが主因なんやで

そんな記録はないぞ
主因はソ連参戦だ
あれで完全に和平の道が絶たれて無条件降伏やむなしになったんだよ
(これまでの経緯が経緯なのにソ連が仲介してくれると思ってた愚かさは置いておく)
111.名無しさん:2019年11月19日 11:47 ID:uTyCYon30▼このコメントに返信
>>84
シーレーンは死んでるけど、なぜか朝鮮半島からの強制徴用者は何万人も無事にたどり着けてるんだよなぁ

不思議だね
112.名無しさん:2019年11月19日 11:48 ID:HLowzTfW0▼このコメントに返信
死んだ婆様は1回だけ戦時中敗戦直後の事を語ってたなぁ
農家だからコメは有ったが肉も魚も無かったと。イナゴとタニシがタンパク源だった言うてたな
満州に派兵されてた爺様が、出征前より太って帰ってきて、イイもん食ってたんだよ・・と。
なお、インパールに派兵された大叔父は・・・もちろん帰ってこなかったが、爺様が生きてる間は毎日欠かさず線香上げてたな。
ただ、一度として戦争中を語った事は無かった。
113.名無しさん:2019年11月19日 11:50 ID:HLowzTfW0▼このコメントに返信
俺がまだ小さい頃、爺様が母屋を建て替えたが、新しい家にも玄関の所に「靖国の家」の表札掛けてたな。
親父もそのままにしてる
俺も継いだらそのままかな
114.名無しさん:2019年11月19日 11:50 ID:VuqvI6FS0▼このコメントに返信
戦後の猛烈なインフレのせいで、農作物の売りしぶりが起きたんだよ。
そりゃ、金に換えてしまえば価値が目減りするんだから、モノを持ってるヤツが強いわな。
デフレ時の買い渋りとは逆の現象だ。

ちなみに、小泉政権は平成の政権では唯一金融・経済を理解していた。
モノ余りが原因でデフレが発生してるのだから、それを深刻化させる消費税増税凍結を明言し、インフレ誘導政策を取ったため、空洞化させて技術移転をさせようとしていた親中派からは、未だに目の敵にされ続けている。
115.名無しさん:2019年11月19日 11:51 ID:xK.0ezeo0▼このコメントに返信
うちは、都会だったから、米や野菜が手に入らず、毎日カロリーメイト飲んでたらしい、、、。
116.名無しさん:2019年11月19日 11:51 ID:UJoxVHdw0▼このコメントに返信
※94
湧別機雷事故の国籍不明機雷もソ連製(日ソ中立条約?何それ美味しいの?)と言われているくらい、オホーツク海を中心にたっぷり敷設してた。

尚、朝鮮戦争でも北朝鮮にたっぷり(四千個以上)の機雷を日本海に敷設させてる。
117.名無しさん:2019年11月19日 11:52 ID:zUwmhwJV0▼このコメントに返信
粟やら稗で餅にして食ったり、米以外でもオヤツとか食べてたぞ。農地狙いなのかド田舎の地元にも空襲あったが
118.名無しさん:2019年11月19日 12:03 ID:oDk22ZUi0▼このコメントに返信
※107
戦後ウチの田舎に食料調達に来た横浜の人があまりに気の毒で、後日少ない食い扶持の中から気前よく送ってやったが、
確かに受け取ってるのに礼一つ帰って来なかったと、死んだ農家の家主さんの嫁(母)が怒ってたのを思い出した。
119.名無しさん:2019年11月19日 12:03 ID:q6LgMXjy0▼このコメントに返信
喰えなくなって飢え死にしそうだったとか言うならともかく
ちゃんと量は喰えてたってことだからな
「戦争は贅沢できないからヤダ!」って言ってるのと変わらないぜ
ばかばかしい
120.名無しさん:2019年11月19日 12:05 ID:R5vtlsAF0▼このコメントに返信
米なんて配給後すぐに底をついて、
農家に食料を分けてもらいに遠くまで買い出ししていた。
・・・と両親からは聞いたことがあった。
後は闇市でぼったくられるくらいか・・・。
だから芋を混ぜるのは配給後の一時だけ。
121.名無しさん:2019年11月19日 12:05 ID:MEnNxlMA0▼このコメントに返信
>>1
ゆーて若い男は徴兵されて、馬は軍馬でとられるし、農耕機械類は燃料不足で動かせないから生産力は減っとる。
122.名無しさん:2019年11月19日 12:06 ID:3hqoNaL00▼このコメントに返信
困った家もあったはあったんだろうけど、数か月くらいで、あとあちょっと話を盛っちゃってるよな
で、戦争を知らない世代の作家や漫画家、映画監督が、想像で追加してって 今に至る って感じかな
123.名無しさん:2019年11月19日 12:06 ID:MEnNxlMA0▼このコメントに返信
>>5
親父は大根が嫌いになってたわ。
124.名無しさん:2019年11月19日 12:07 ID:N6p74A8C0▼このコメントに返信
昭和の時代は農民が見下されるように言われていた頃もあるが、それは戦後の食糧難の時代に都会民の足元を
見てかなり高い値段で売りつけたり、体を要求したり、物々交換で高価品を要求したりする農家も多くいたから
都会民でも関西の場合は親戚が奈良ゆ和歌山などに疎開する者が多かったようだが、そういうのが居ない特に
田舎を捨てて出てきた都民は大変だったらしい
125.名無しさん:2019年11月19日 12:08 ID:8htAvPc10▼このコメントに返信
欲しがりません、カツまでは
126.名無しさん:2019年11月19日 12:09 ID:N6p74A8C0▼このコメントに返信
※125
じゃあ、牛肉ステーキで我慢する
127.名無しさん:2019年11月19日 12:09 ID:2hqx0kcX0▼このコメントに返信
今、トースターがねっ。

焼き芋もトースターで焼けるし、冷凍ポテトもトースターで焼けるし、どハマりなんだけど。
128.名無しさん:2019年11月19日 12:09 ID:LE8.3X2n0▼このコメントに返信
親から同じこと聞いてたけど
シャバシャバのお粥に大根の葉っぱ、さつまいもはあれば良いほうだったって
129.名無しさん:2019年11月19日 12:11 ID:x9.weoS40▼このコメントに返信
婆さんは現代でも食料に困ってなくても芋を植える。ある日突然戦争で食べ物が無くなるって事を知ってると、何か植えておかないと心配なんだそうだ
130.名無しさん:2019年11月19日 12:11 ID:gZYv3cp40▼このコメントに返信
>>5

うちのじいちゃんと同じだ
131.名無しさん:2019年11月19日 12:15 ID:oDk22ZUi0▼このコメントに返信
※129 庭にさつまいもを植えとくと雑草も生えなくて良いぞ。
132.名無しさん:2019年11月19日 12:18 ID:EQKCk7MM0▼このコメントに返信
※97
んなバカな、何にもない村でも機銃掃射受けて死人出ているのに、農村が平和って。
本当の山奥ならわかるけど、空襲を受けた地域を調べてみろ、大都市以外も受けてるから。
133.名無しさん:2019年11月19日 12:18 ID:X28Lssw30▼このコメントに返信
農家って言っても小作と土地持ちじゃ相当違う
小作は貧しい米は換金のため食えない
134.名無しさん:2019年11月19日 12:19 ID:OYOMylfI0▼このコメントに返信
>>1
農家には食糧はあったのは間違いない。
初期のサザエさんでも、リュック背負って農村部に行って買い出しに行ったりしている。基本、物々交換だから、反物や着物を持って米野菜等と交換する。
闇市で流したりもあるので、たまに列車内で手入れがあったり、なんちゃら進駐軍が強奪したりもあったので、年配の方はかなりなんちゃら進駐軍だった連中を毛嫌いしているな。
今でも農家は普通に売るぐらいの米は持っているから、伝さえあれば美味しい米を売って貰える。
まあ、全部の農家がそうだった訳でもないし、米は売り物と普通に自分達は芋食ったりもしている。
まあ、食い物で苦労していたのは都市部と金や交換物資がない焼け出された人、行き場のない帰還兵、よそ者扱いされていた疎開の人。
135.名無しさん:2019年11月19日 12:20 ID:ookYciO50▼このコメントに返信
家は芋ばっかり食ってたってさ。
136.名無しさん:2019年11月19日 12:22 ID:DO4G.dTC0▼このコメントに返信
※121
生産力が下がったのは事実だが、当時は農業機械の普及率は低くて人力か牛馬耕作が普通だった。農業用の馬を根こそぎ持って行かれたように吹聴されるが、最低一頭は残されたし、生産牧場は生産に関与しない雄馬だけが徴用されている。昔勤めた牧場の爺様が錆びついた馬用の耕作機というか馬車を見ながら話しておったわ。
137.名無しさん:2019年11月19日 12:22 ID:ltRi9kr.0▼このコメントに返信
※1
で、当時の日本は第一次産業の人口や経済的割合がまだ二,三次よりも多かった=日本人の大半が農家となるので「農家でない」事例が少数派・・・とまでは行かないが多数例と言うわけでもない。

実際に日本では都市部でも戦争の末期のさらに末期まで飢えていなし、餓死者が出たのは戦後の一時期のみ・・・。

ちなみにイギリスは開戦時のはじめごろから配給で戦後になってもなぜかその項目が増えていったとか言うで、ネタになるくらいスパム(アメリカからもらった肉の缶詰)をくっていた有様。
138.名無しさん:2019年11月19日 12:22 ID:vqfkImRp0▼このコメントに返信
それは敗戦後15年間位の話でしょう!
139.名無しさん:2019年11月19日 12:25 ID:uTyCYon30▼このコメントに返信
>>124
コメ欄見てもどっちもどっちの話でしかないな
140.名無しさん:2019年11月19日 12:29 ID:ltRi9kr.0▼このコメントに返信
※12
最前線・・・と言うか餓死が問題となった地域の場合は

・制海権制空権を持っていかれた+潜水艦の妨害
・食料が自給または徴用(略奪や窃盗ではない)できるほど広い地域ではない=小さい島々だった

なので食糧輸送が出来なかった、だけのお話。

なので、それらが解決されている大陸方面ではインパールのような例外を除けばちゃんと補給なり自活は出来ている。
141.名無しさん:2019年11月19日 12:29 ID:UhCSrCzw0▼このコメントに返信
聞いただの、らしいだの
当時の人しか真実は分からない
142.名無しさん:2019年11月19日 12:29 ID:FHh.ScHc0▼このコメントに返信
配給だけじゃ食えなかった、という話でしょ?
ベルリンの戦いがありソ連に占領された地区と比較したら、日本はマシだべ?
143.名無しさん:2019年11月19日 12:29 ID:Qr.9BmVq0▼このコメントに返信
今の三十代が生まれた頃まで米穀通帳が
存在していたという事実。
144.名無しさん:2019年11月19日 12:30 ID:zNclFrWd0▼このコメントに返信
うちの婆さんは青森地主の娘で
戦争中が一番豊かだったらしい。
町の金持ちが金品もって食糧買いにきて何でもあったらしい。
145.名無しさん:2019年11月19日 12:33 ID:R3Dcg.Yh0▼このコメントに返信
民間は{普通民}はその通りだよ・・
昭和30年代の初期の生まれだけど親は戦争を体験してるからね。
金持ちや軍隊でも上層部はいい物を食べてたようだが・・・
146.名無しさん:2019年11月19日 12:33 ID:OYOMylfI0▼このコメントに返信
>>55
まさにこれ。
物流破壊、あと、空襲被害救済・復旧の遅れか。
東日本大震災の時も、農家の人らは家屋敷に被害無ければ普通にメシ食えてたけど、都市部で避難所に避難したなんのツテもない人らは金はあってもメシが来ないから腹減った腹減った言ってたよ。
147.名無しさん:2019年11月19日 12:38 ID:ltRi9kr.0▼このコメントに返信
※55
昭和帝の秘書官みたいなことしていた人いわく「皇室の方の食生活は世間の小金もちのほうがいいもの食べている、と思えるくらい質素。正直、政府高官や金持ちは少しは見習え、と言いたいくらいでした・・・」

とのこと
148.名無しさん:2019年11月19日 12:38 ID:OYOMylfI0▼このコメントに返信
>>23
大体、買占めって高く売るから買占めるのであって、売り先無ければどうしようない。
皇族や華族の人らはツテも多いから一般の人よりはマシだけど、それでも苦労は普通にしてる。
戦後混乱期と今じゃ全然違う。
149.名無しさん:2019年11月19日 12:40 ID:HKkZi7lc0▼このコメントに返信
うちの死んだ爺さんはうらなりの南瓜3個でオメコできたって言っていたな
当時、都会に住んでいた人間は田舎の農民を馬鹿にしていたからなんとも思わなかったそうだ
若い娘はオメコと物々交換が珍しい事では無かったって話していたよ
150.名無しさん:2019年11月19日 12:45 ID:Dx1Hj6iY0▼このコメントに返信
>>12
前線の場合は船がなかったという方がより大きい
151.名無しさん:2019年11月19日 12:48 ID:4JxabvOg0▼このコメントに返信
>>32
そんなんなったら農家なんてヒャッハーに略奪され尽くすと思う
152.対3国人報復法と日本国籍剥奪法を作ろう:2019年11月19日 12:49 ID:.u566ZDH0▼このコメントに返信
>>134
戦前の話じゃ無いの?
中 韓 鮮 台の寄生生物が、日本中で大増殖して大繁殖しながらやりたい放題あらゆる凶悪犯罪に手を染めてたのは前後から今現在までの話だよ。

今現在でも延々と続く寄生(帰化)生物の存在へ、絶対に正当な報いを加えなければならない。
対日 在〇 帰化 (日本国籍に寄生済みで、日本名で潜伏中)とあらゆる形で日本を侵略、侵食しながら増殖し続けてる中 韓 鮮 台のおぞましい血筋、特定外来生物は潜伏(帰化)済みのバイ菌まで炙り出して報復、駆除、強制送還しよう。
153.名無しさん:2019年11月19日 12:50 ID:ltRi9kr.0▼このコメントに返信
※145
うちのじいちゃんが人に好かれる性格をしていて上官のお供としてよく宴会とかに連れて行ってもらい、「残った料理は食べていいよ」と言われてうまい文ばかり食っていたとか・・・。
154.名無しさん:2019年11月19日 12:51 ID:cXblcVV80▼このコメントに返信
>>41
米兵の吸殻入り食べ残し雑炊買って食べてたのは有名だね
155.名無しさん:2019年11月19日 12:53 ID:.u566ZDH0▼このコメントに返信
>>12
前戦この将兵にすら?
そこへ届けるのが一番難しいんだが?
イラク戦争の時の米軍ですらてこずってただろう?
どこと比較してんだよw
156.名無しさん:2019年11月19日 12:53 ID:cXblcVV80▼このコメントに返信
>>44
そりゃあ農家は売らなくても困らんもの
買う人はひっきりなしに来るし
157.名無しさん:2019年11月19日 12:53 ID:ZhjyPkEp0▼このコメントに返信
単にコメ隠してただけだろ非国民
158.名無しさん:2019年11月19日 12:55 ID:.u566ZDH0▼このコメントに返信
>>23
お前らの特定外来生物が日本に寄生してくる前の祖国とは、遺伝子レベルで上から下まで民族性が違ったんだよ。
159.名無しさん:2019年11月19日 12:56 ID:3nWcxLjr0▼このコメントに返信
※144
戦争前は豊作で都市に買いたたかれてクッソ貧乏だったと聞いた
サラリーマン階級へのその恨みを戦争末期に晴らした話とセットで何度もw
160.名無しさん:2019年11月19日 12:56 ID:ltRi9kr.0▼このコメントに返信
※142
それでもWW2のドイツはヒトラーが必死で食料をあき集めて配ったお陰でドイツ国民”は”戦争末期まで飢えなかった。

なお、WW1のドイツでは国民が6桁クラスで餓死しようとも平気で戦争を続けていた・・・。
それ敗因が「社会主義者だかユダヤ人による背後の一突きだからだ!」と言われて納得するドイツ国民も相当あれですが・・・。
161.名無しさん:2019年11月19日 12:59 ID:..94GMMY0▼このコメントに返信
芋はなぁ

何か、航空燃料の生産用にイソブタンだかイソオクタンだかを量産するために生産した芋が、敗戦で不要になって民間に大量に出回ったからいっぱい食べられてたらしい
燃料用の芋だから、味の方は当然よろしくない

何か、戦後の食糧難て、輸入が止まった事に加えて1945年が凶作だったとか、いろいろ重なって起こったものっぽいね
それを象徴する出来事として、燃料用に作られた不味い芋の記憶が当時の人の印象に残ったんだろうね

戦中は配給制は一応回ってたみたい。もちろん、後半になると通商破壊で輸入が止まって、米の配給量は少なくなったみたいだけど
何か、戦前の食料自給率って、我々がイメージするほど高くはなかったらしい。少なからずを輸入に頼っていたみたい
162.名無しさん:2019年11月19日 13:01 ID:BU9eIT1I0▼このコメントに返信
森鴎外ですら脚気対策には雑穀米が良い気づいたのは晩年になってという
163.コロンブス:2019年11月19日 13:01 ID:FlSHprrQ0▼このコメントに返信
うちは田舎だったので食糧難の話は聞いたことがない。
サツマイモ飯は程度の問題で、芋が2割ぐらいなら美味しい。
芋が半分を超えるとつらくなるという感じはあると思う。
サツマイモは水分がないというかたくさん食べられない。
芋けんぴなら美味しいと思うけど。
164.名無しさん:2019年11月19日 13:12 ID:vqfkImRp0▼このコメントに返信
※157
そうかもしれないが頑張って育てた米をそれなりに提出出来たから
家探しまではしなかったんだなーと感心した。
165.名無しさん:2019年11月19日 13:12 ID:3nWcxLjr0▼このコメントに返信
※161
節米運動は移入元だった半島で干ばつが発生した日中戦争のころから始まってんだよね
166.名無しさん:2019年11月19日 13:13 ID:FnH49.gz0▼このコメントに返信
昔1970年代ぐらいにヤンマーとかよくCMしてたけど、
戦時~終戦辺りで農家が景気良かったんだろうね。
農地解放もあるだろうけど。

うちの知り合いは、それでも米は売る為に、家族は芋ご飯で、米飯は食べれなかったと言ってたな。
子供の頃はオヤツは芋だけで、肉を食べたければ、子供らでトリモチで野鳥捕まえて焼いて食べてたと。海沿い農家なら、魚釣りしてたんだろうけどね。

昔の『こち亀』で駄菓子屋にトリモチ売ってた描写があるけど、その頃の名残だろうよ。もう駄菓子屋もないけど。

漁業者なら、大抵部落の近くに、小さい畑ぐらいは持ってるから、農業専業よりマシな食生活してたでしょ。
167.名無しさん:2019年11月19日 13:20 ID:TuGZQoWL0▼このコメントに返信
良く分からねえが、先進国の中でも絶対的貧困率(absolute poverty rate)が低い国で、昔の食料のずさんさをいまさら議論する合理性がどうあるわけなんだ?
もしこんな「昔は食糧難だった」とかほざく老害がいたら、そんな時代錯誤な糞に「さっさと高脂血症だの2型糖尿病だのでさっさとタヒね。」というべきだろう。
168.名無しさん:2019年11月19日 13:22 ID:qtCRrSgt0▼このコメントに返信
戦後のが大変だったっていうよね。餓死者が戦後の2年間で急増してるもの。
169.名無しさん:2019年11月19日 13:22 ID:FhITFj9V0▼このコメントに返信
米食べれたのは上手く接収分を隠してたんだろ。内の婆ちゃん木の根も噛んで食空腹まぎらわせたいってたぞー
170.名無しさん:2019年11月19日 13:30 ID:XIIp1rVP0▼このコメントに返信
おかずが貴重だからやで
171.名無しさん:2019年11月19日 13:38 ID:QdFcOxxc0▼このコメントに返信
>さつまいも混ぜるのは普通に美味い
そりゃ今のはうまいさ
昔のさつまいもなんて筋が多くて食べれないと思うぞ
品種改良もあるだろうが質より量の時代だったし
172.名無しさん:2019年11月19日 13:40 ID:QdFcOxxc0▼このコメントに返信
※168
戦後の学校は給食が普及するまで貧乏な子は昼休み時間消えるからな
子供に弁当(ふかし芋など)もたせる家はまだマシなぐらいだし
水で腹を膨らしてひもじさをごましてたとか聞くし
173.名無しさん:2019年11月19日 13:41 ID:ltRi9kr.0▼このコメントに返信
※162
自分と派閥の権益を守るため都合のいい脚気対策委員会・・・見たいのを立ち上げた選んだ部下があっさり造反(と言うか正しい結果報告)したのでクビ。

ちなみにその部下はその研究を元に脚気対策の薬とその特許を取得してそれなり大もうけし、薬自体も戦後の少し前まで使用されていた・・・・・・と言うのを当時の日本医療界で延々とやっていたのが本名:森林太郎さん。

ちなみに新千円札の人がノーベル賞取れなかった理由が人種差別・・・ではなく、林太郎さんが自分の派閥の人間の研究発表に駄目だしした逆恨みで徹底して邪魔したから・・・とも言われている。

ちなみに駄目だしされた人といえば、別に気にも留めていないどころか彼自身も新鮮縁札の人の駄目ところは駄目だしはしているし、私的にもり親交が続いている

・・・と言うか留学時代に「親だろうが恩師だろうが間違っていることは間違いと言うべき」と言うのがモットーの教授を紹介したのが当人なのでいってくれないと紹介した甲斐がない、とのことだった。

まぁ、林太郎さんの方でも自覚はあったようで遺言で「公人としての追悼はしないでくれ 」といっていたとか
174.名無しさん:2019年11月19日 13:44 ID:jb8vpv5r0▼このコメントに返信
一を聞いただけで十が全てそうだ!と思える知能がうらやましいw
175.名無しさん:2019年11月19日 13:50 ID:BTCXAD0b0▼このコメントに返信
1944年前までは大陸航路も南洋航路もそれなりに輸出入できてたから
食糧難になったのは1944年中頃からで物資統制のための配給制やってただけで食料事情の悪化がひどくなったのは1年ぐらいしかないけど
悲惨な面は強調されるからそうなる
176.名無しさん:2019年11月19日 13:52 ID:gLrQwxrF0▼このコメントに返信
農家ではないが米はつくっていたらしい(婆さん談)
飢え死にするほどではなかったが何時不足するかわからんので
カボチャやサツマイモでかさ増ししていたと聞いた記憶がある
肉や卵は貴重だったようだが鶏も十数羽飼っていたらしく
鶏盗まれないよう注意していた
177.名無しさん:2019年11月19日 13:54 ID:sztzIanH0▼このコメントに返信
おしんが大根飯食っとたで、でも明治が舞台だっけ?
178.名無しさん:2019年11月19日 13:57 ID:GVXHe3CG0▼このコメントに返信
爺さんは楽勝で腹満腹でのへへんとしてた。
婆さんは、防空頭巾持って逃げまわったり、疎開したし、戦後も闇市に米買いに行って、憲兵に見つかりそうになって、窓から捨てたりしたって。
179.名無しさん:2019年11月19日 13:59 ID:ltRi9kr.0▼このコメントに返信
※177
東北はつい最近まで「試される大地」れべるだった。

理由は予算不足と当時の農業技術では手の施しようがなかったため・・・と言うかそんなところで米作るなと・・・。
180.名無しさん:2019年11月19日 14:02 ID:qByFsQfT0▼このコメントに返信
なんか、すごい馬鹿な議論してるよな。
農家が全部米農家って訳ないし、
百姓は、米以外も作る、だから百姓。
普通に畑作農家なら、米買わなきゃ食えない。
田んぼ持ってないんだから。
181.名無しさん:2019年11月19日 14:02 ID:MngmSMhf0▼このコメントに返信
東京暮らしだった母の実家では、芋入りご飯だったらしい。すいとんもありだった。戦後も食料がなくて、政府の統制を守っていた人が餓死したのは有名な話。今ではみんな忘れてるけどね、それで母も今のインドの列車みたいに屋根まで人が乗ってる列車に乗って、田舎に食料を売ってもらいに通ったとか。お金はないから着物を持って行って。農家の人は足元見て、着物は思い切り買いたたかれたそうだよ。まだ母は30歳にもなってなかった。子供を5人産んで、そのうちの2人を幼いころに亡くしている。
182.名無しさん:2019年11月19日 14:05 ID:bERapzBb0▼このコメントに返信
>>疎開するとおにぎりが待ってた

ウソウソ!ww
バッバは余所者にやる飯はねえ!って、いわれていつも飢えてたってよ…だからバッバは農家と田舎が大嫌いだったよ…
183.名無しさん:2019年11月19日 14:10 ID:exXr9tlU0▼このコメントに返信
野菜は普通に入れていたしついでに味をつけ年中野菜ご飯。麦を入れる麦飯も普通。中学の3年でやっと白米のご飯を食べた。イナゴの佃煮は朝の定番。すいとんも食べた。母乳で育ったから、小学校迄牛乳を知らなかった。小学校で脱脂粉乳のミルクもらって、ああこれがミルク、うまいなあって言っていた。
184.:2019年11月19日 14:11 ID:exXr9tlU0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
185.名無しさん:2019年11月19日 14:21 ID:MngmSMhf0▼このコメントに返信
戦争中も戦後しばらくも、食料はもちろんあらゆるものがなかった。軍艦を作るんだか、鉄砲を作るんだか、鉄がいるからとお寺の鐘まで提出させられた、って有名でしょ? 米軍の空爆があると電気を消すように言われてて、電気に紙でできた傘をかぶせたとか。空襲が激しくなると、庭に掘った穴(防空壕)にみんなで避難したとか。戦争は、スレ主が言ってるようなのどかな話じゃないよ。そして戦争は世界中で今も続いている。
186.名無しさん:2019年11月19日 14:27 ID:AJx2MkRz0▼このコメントに返信
うちのじいちゃんは配給はいつもさつま芋と麦と豆ばかりで米なんてなかなか配給されなかったと言ってたぞ
都会は知らないけどじいちゃんが住んでたとこは配給員さんがいつも規定よりちょっと多目にくれてたんだと
187.名無しさん:2019年11月19日 14:30 ID:cxE4FYFR0▼このコメントに返信
おいおい、60や70のジジババが、まとめ見ているのか?
老後の楽しみか?
188.名無しさん:2019年11月19日 14:48 ID:4zZoN78I0▼このコメントに返信
昭和ひとけたぐらいだと「かぼちゃだけはもう御免だ」って人多かった
189.名無しさん:2019年11月19日 14:49 ID:oqchNv6G0▼このコメントに返信
昭和2年生まれの祖母ちゃんは、戦時中にサツマイモが主食みたいな生活してたからサツマイモが嫌いになった、と言ってた。
190.名無しさん:2019年11月19日 14:55 ID:swjp3EY80▼このコメントに返信
網走刑務所はすごいぞ。
受益者が働く農場があって収監者の食いもんはそこで生産するんだが、戦時中もたらふく食べた上に割り当ての「15倍」も供出して関係者を驚かせてた。戦時中はまぎれもなく日本における「幸福な場所」のひとつだった。
191.名無しさん:2019年11月19日 14:59 ID:bLcpdRiE0▼このコメントに返信
味の薄いすいとんは単に塩気が足らんかったのだろう。塩なら海からふんだんに採れる。
すいとんが薄いとかなら分からんでもないが。
毎年秋になるとサツマイモを貰うんで良く炊き込みご飯にしたりもする。簡単だし結構ウマいぞ。
192.名無しさん:2019年11月19日 15:06 ID:bLcpdRiE0▼このコメントに返信
海外行くと米のない生活になることもある。最初つらいがすぐ慣れる。
味の不自由なところに行くことも有る。だが「栄養があるなら食う」を心掛けていればどうとでもなる。
ガチで体作りをしているときは鶏の胸肉とシンプルな野菜炒め、プロテインの日々が続く。でも慣れる。
穀物が充分とれていれば不満はあってもまず死なない。
それにしても数週間ぶりに日本に戻って食う米の美味いこと美味いこと。
193.名無しさん:2019年11月19日 15:07 ID:T.6Al8Z.0▼このコメントに返信
西日本の九州を始め太平洋側は小さな街も空襲され、農業への被害も多く戦後も数年食料難は続いた

大根飯は一時で食べられたのは東日本が中心
温暖な西日本では、空いた土地で土を選ばず作れ、保存のきくサツマイモが、家庭にとっても家計を助けてくれて、戦後も経済成長が始まるまで続いたらしい

これは生き証人がまだ多いので、「食料難は無かったって」言う馬鹿タレは戦争による被害の少なかった東日本の北陸の出身者に多い
194.名無しさん:2019年11月19日 15:12 ID:uq3Asy.e0▼このコメントに返信
東北が豊だった時代って奥州藤原氏の時くらいやろ
195.名無しさん:2019年11月19日 15:26 ID:UCVCzHit0▼このコメントに返信
柄杓を供出しないからって非国民扱いされたって言ってたわ
196.名無しさん:2019年11月19日 15:29 ID:729wRMvV0▼このコメントに返信
疎開組と 都市部の人々が 困ったのであって 農家はメシには 困ってない 農家が困ったのは金だ
197.名無しさん:2019年11月19日 15:40 ID:3nWcxLjr0▼このコメントに返信
※189
不思議な理屈だよな
それなら米を主食に食えば嫌いになるはずなのに
198.名無しさん:2019年11月19日 15:44 ID:bLcpdRiE0▼このコメントに返信
※197
余程不味かったんだろう。
俺の爺さんは爺さんの姉の作ったすいとんカレーがトラウマになるくらい激マズで、それ以来カレーが嫌いになったという。
199.名無しさん:2019年11月19日 15:56 ID:UXtI8fOE0▼このコメントに返信
※182
だから地域によるんだってば・・・・・・流通機構の変化を考慮しない人が多すぎ。
200.名無しさん:2019年11月19日 15:57 ID:woLOmmAi0▼このコメントに返信
>>70
今そう言う話じゃないって分からないかな
201.名無しさん:2019年11月19日 16:13 ID:H2YQrxOn0▼このコメントに返信
場所によるだろ
俺んちは田舎だが普通に兵隊さんが米かっさらってったって言ってたぞ。
兵隊さんに反発した地元民が兵隊にとられるよりかはマシだっつって米びつをまるごと川原に流したってさ。
202.:2019年11月19日 16:14 ID:cGXgy.f10▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
203.名無しさん:2019年11月19日 16:17 ID:MngmSMhf0▼このコメントに返信
※187
66だけど、ジジババなんて呼ばれたくない。
204.名無しさん:2019年11月19日 16:18 ID:QqZGKdhz0▼このコメントに返信
小学校で芋作ってたらしいから食ってない事は無いんじゃ無いかな
「飽きるほど芋」じゃなかったにしてもそれなりに食卓にはあったはず
205.名無しさん:2019年11月19日 16:18 ID:gCptLrL20▼このコメントに返信


貧乏だろうがなんだろうが、

日本とタイ以外の有色人種はほぼすべて白人の奴隷だった時代、

日本だけが白人と戦争できるほど大艦隊を持ってたんだから、

白人側につくんじゃなく、有色人種側について、

戦わなければならない。当たり前。
206.名無しさん:2019年11月19日 16:30 ID:ZpBQy19l0▼このコメントに返信
これで思い出したがガキの時「火垂るの墓」見た印象が
大人になったら清太クズじゃんに変わったなー
207.名無しさん:2019年11月19日 16:32 ID:LOrVkX2h0▼このコメントに返信
極一部の田舎の言い分だと、都会の人間が勝手に始めた戦争なのに、困ったら自分らのところに食料を求めにくるのがけしからないみたいなのもあるようだな
本当ならばだが、一概に言っちゃうところは今と変わらない
都会の人間=指導者層ってわけでもないんだが、何かによってそこら辺の判別がつかないんだろう
208.名無しさん:2019年11月19日 16:35 ID:LOrVkX2h0▼このコメントに返信
火垂るの墓でいえば、トマトとか十分実ってはいたよね
ほかの作物分も考えると結構食料はあったのかもしれない
この話題に戻るが、共産主義国家並みの厳格な生産徴収配給制度ができれば、食糧安全保障ってのは結構なんとかなるのかもしれないな
エネルギー安全保障となるとそうはいかないんだろう
209.名無しさん:2019年11月19日 16:47 ID:exXr9tlU0▼このコメントに返信
※40
芋が十分あるからいやになる。当時は食べ物自体少ない。戦後はもっと少なくなった。冷蔵庫の無い時代で食品自体みすぼらしかった。芋が毎日食えれば幸せ。子供のころ空き地、土手にのびるを取りに行った。あつめて家で酢味噌で煮た。食うものが無かった。
210.名無しさん:2019年11月19日 16:51 ID:exXr9tlU0▼このコメントに返信
今は大根の葉は捨てるだろうが、戦時中戦後も大根の葉は刻んで油で炒めたり、漬物にした。
211.名無しさん:2019年11月19日 16:53 ID:0KmFAIcO0▼このコメントに返信
※14
お前は何を食っても、今後どれだけ生き続けても無意味だから、明日から一生かすみだけ食って行けよ。
212.名無しさん:2019年11月19日 16:56 ID:CXhLXuqR0▼このコメントに返信
食料不足に関しては物流破壊の影響ってことだから
生産地である農村はふつうに食ってたり、場合によっては都会に売る分の出荷が滞ってるから普段よりたくさん食ってたところまである

絶対的な物不足ではないとすれば現代でも物流破壊するような事態があれば大消費地に暮らす人は似たようなことになるのかも
鉄道と海運と人力だった当時に比べれば速くて柔軟で頑丈な自動車輸送時代だからある程度マシかもしれんが
213.名無しさん:2019年11月19日 16:59 ID:uTyCYon30▼このコメントに返信
>>185
そういう供出鉄は実際にはあんまり使われなかったらしいぞ

素材の問題もあるし、総量も大したことないから
214.名無しさん:2019年11月19日 17:02 ID:exXr9tlU0▼このコメントに返信
終戦後の混乱時代に育ったから最初からご飯は麦が半分だった。中学3年になって白いご飯になった。それから10年たってゼミで出たご飯が麦飯だった。突然スイッチが入って麦飯だけ丼で3杯狂ったように食べ、みんなが唖然として注目していたのを思い出す。ソウルフードってあるな。
215.:2019年11月19日 17:12 ID:exXr9tlU0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
216.名無しさん:2019年11月19日 17:20 ID:exXr9tlU0▼このコメントに返信
※118
食糧難で途中で抜かれた可能性もある。食料は重さで分かるから。また米は検査の対象になる。闇販売は禁止されていた時代。家にも闇屋が食糧を売りによく来た。多分検査にかかったのだろう。鉄道でも検査を受ける。実際の攻防を見たから。
217.:2019年11月19日 17:26 ID:kxHa6Cke0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
218.名無しさん:2019年11月19日 17:35 ID:x72o62OT0▼このコメントに返信
戦争中は配給があったから。むしろ占領されてからが酷い
219.名無しさん:2019年11月19日 17:37 ID:f6PZO6bg0▼このコメントに返信
>>12
東京市位なら、利根川流域の水田だけで賄えてる。
倉庫に米は、積まれていた。
倉庫から先が、一度、異世界経由しなければならなかっただけ。
220.名無しさん:2019年11月19日 17:44 ID:f6PZO6bg0▼このコメントに返信
>>44
※44
ふだんから農家を馬鹿にしてきたのが、都市住民。
因果応報だろ。
221.名無しさん:2019年11月19日 17:50 ID:f6PZO6bg0▼このコメントに返信
>>60
ジャガイモとサツマイモを同列に扱うのは、どうかと思うぞ。
222.名無しさん:2019年11月19日 17:51 ID:f6PZO6bg0▼このコメントに返信
>>67
ジャガイモ嫌いが居ない、不思議さよ。
223.名無しさん:2019年11月19日 18:02 ID:fV6uaK.o0▼このコメントに返信
芋ばかり食っていたから、芋嫌いになったって言ってたぞ。
蛇を捕まえて食べたり、カエルも食べたそうだ。
224.名無しさん:2019年11月19日 18:05 ID:SNX5ayZP0▼このコメントに返信
>>46
なおその裁判官は自分が公務員だから食べないと決めただけで自身の家族には生き残らせるためにヤミ米食べさせた人や
225.名無しさん:2019年11月19日 18:07 ID:32grQmGb0▼このコメントに返信
>>5
うちの親父も芋嫌いになったって
ちなみに昭和9年生まれ、田んぼもあった
226.名無しさん:2019年11月19日 18:08 ID:f6PZO6bg0▼このコメントに返信
>>110
原爆が主因だよ。
原爆で京都焼き払われるのは、先祖に申し訳無いと、いってる。
ソ連の対日参戦は、7月には日本側も覚悟決めてる。
そして、関東軍参謀の竹田宮を本国に召還し、交代で、瀬島龍三が満州に飛ばされた。
227.名無しさん:2019年11月19日 18:14 ID:9r6lPq0Y0▼このコメントに返信
計画経済()
228.:2019年11月19日 18:20 ID:NDvixFMx0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
229.名無しさん:2019年11月19日 18:21 ID:KRAHzJdO0▼このコメントに返信
まともに米だけ食えてたのは農家でも地主や水田持ちじゃないか? ばっちゃの家は小作農で水田なくて、水田持ちの友人やら親戚から譲ってもらった玄米とか、ひね米(年数がたって古くなった米)や、鳥用に使われるような未成熟米に、自分たちで作った麦とか芋とか大量に混ぜてたらしいけどな。
230.名無しさん:2019年11月19日 18:22 ID:f6PZO6bg0▼このコメントに返信
>>161
米は、朝鮮・台湾産が、四割占めるんだし。
231.名無しさん:2019年11月19日 18:27 ID:32grQmGb0▼このコメントに返信
>>17
確かに、これはあるな
232.名無しさん:2019年11月19日 18:29 ID:f6PZO6bg0▼このコメントに返信
>>173
※173
脚気細菌説は、帝大医学部の統一意見だから、陸軍内で有力派閥に所属してない林太郎くんでは、仕方ない。
233.名無しさん:2019年11月19日 18:37 ID:8P.3tx9O0▼このコメントに返信
※180
昭和30年代まで九州の山村では畑で米作ってたんだぞ、、、
焼米っていう精米方法が麦と同じやり方でな、、、

米と田んぼはイコールじゃないんだよなぁ、、、
234.名無しさん:2019年11月19日 18:46 ID:XfIfdDmH0▼このコメントに返信
米より無いのは鉄じゃないか?武器作るのに鉄が足りないから
235.名無しさん:2019年11月19日 18:47 ID:bERapzBb0▼このコメントに返信
>>23
一般国民「ひもじいょ……」

昭和王「案ずるな!チンは鱈腹食うておる!(銀シャリバクバクー!)一億総懺悔じゃ!www」
236.名無しさん:2019年11月19日 18:48 ID:XfIfdDmH0▼このコメントに返信
米がないのは畑や田んぼが破壊された戦後の焼け野原の時じゃないか?
237.名無しさん:2019年11月19日 18:50 ID:bERapzBb0▼このコメントに返信
>>33
ただ植えただけなら、当時に近いのが再現できる…
あれじゃ嫌いになって当たり前だよ…
238.名無しさん:2019年11月19日 18:56 ID:yi39eHOV0▼このコメントに返信
そのうち、実は日本軍は銃弾有り余っていた!って言いそう
実際に、後方では輸送できない武器弾薬がかなりタブついてたからなぁ、、
239.名無しさん:2019年11月19日 18:59 ID:bERapzBb0▼このコメントに返信
>>27
昭和末期に自衛隊に任期制でいたけど「お前、縄の作り方も知らんのかw都会人か?ww」と言われたわ…身体用偽装網も縄にして携帯する。
藁から縄を作るのもたまにあったな。当時の自衛官は今よりサバイバル能力高いかもな…
240.名無しさん:2019年11月19日 19:04 ID:cSQ1TiIs0▼このコメントに返信
>食料自給率低いし今輸入止まったら都民は飢えてそうなるんだろうな

逆でしょ。流通はあるんだから都民は高い金だして買うから食料は都市部に集中して、
自分たちの分を確保している地方の農家以外が食糧不足になるだろ。
農家だってより高く買ってくれるところに売る。
241.名無しさん:2019年11月19日 19:05 ID:FaGeX81i0▼このコメントに返信
うちの婆ちゃんは芋ばっかり食ってたと言ってた。
若い時は芋を見るのもウンザリだったが、芋しか出ないので食わないと死ぬから仕方なく食ったと言ってる。
242.名無しさん:2019年11月19日 19:06 ID:bERapzBb0▼このコメントに返信
>>54
テレビ世代もそうだよ。昔、親に「いくら働いてなくても、お前よりは私は世の中がわかってるし物知りだ!一日中テレビ見てるからね!」とか言ってたな…
243.名無しさん:2019年11月19日 19:16 ID:.NylTRO.0▼このコメントに返信
※91
米を食うと馬鹿になるってデマを学者が本気で流すくらいだしな。
244.名無しさん:2019年11月19日 19:22 ID:bERapzBb0▼このコメントに返信
>>210
葉自体を切り取って売ってるからね…食べられるのに…
245.名無しさん:2019年11月19日 19:38 ID:9H6ryBvf0▼このコメントに返信
食料の無い時はなんきんの茎とか食べてたって聞かされた。
戦中より戦後の食糧難の方が酷かったようだ。
246.名無しさん:2019年11月19日 19:44 ID:3FE5wjRg0▼このコメントに返信
うちの実家は東北の山間部の中規模農家だったが
当時は遠慮してあまり口外はしなかったらしいが
戦局が悪化した頃には米を輸送するトラックも鉄道もなかなか来なくなって
戦中戦後も米には困った事が無かったそうだ
都会の食料事情は少しだが聞こえて来たそうだが、運ぶ手段が無かったとか。
247.名無しさん:2019年11月19日 19:48 ID:GWinElf50▼このコメントに返信
そのコメを作るのに今の何倍の労力がかかっていたかわかるまい。。。
248.名無しさん:2019年11月19日 20:00 ID:VK9B5RcX0▼このコメントに返信
戦時中より戦後の方が酷かったって聞いたな
庭に畑があって自分で栽培して食べてたから飢えはしなかったけど食べたいものは食べれなかったってさ
じいちゃん、ばあちゃん家でおにぎりは塩たっぷり(辛い)、卵焼きは砂糖入り(甘い)という飯を出されたことあるなら戦後貧しい時期を体験した人だと思われる
249.名無しさん:2019年11月19日 20:03 ID:sNuHEubL0▼このコメントに返信
米は無理矢理供出させられるから、農家でも食えなかったヤツらは沢山居たと死んだ婆ちゃんが言ってた。
供出された米を外国に売って戦費の足しにしたらしい。
あと、サツマイモは今と品種が違い農林一号とかいって、甘みも無くボソボソしていて吐き出したくなるくらい不味かったのに、さらに不味いツルまで食っていたとも言ってた。
250.名無しさん:2019年11月19日 20:03 ID:eTN8L.AJ0▼このコメントに返信
※235
まだ言ってるのw

まあ、王なんて言ってるからあっちの人なんだろうけど
251.名無しさん:2019年11月19日 20:16 ID:sd5rTCeL0▼このコメントに返信
>>235
共産党のおじいちゃんw
252.名無しさん:2019年11月19日 20:20 ID:sd5rTCeL0▼このコメントに返信
芋食えればマシな方。無いときは芋のツルや葉っぱを食べてた。
253.名無しさん:2019年11月19日 20:35 ID:8iWzNDXx0▼このコメントに返信
毎回GHQがーって言う人いるよな
254.名無しさん:2019年11月19日 20:35 ID:y5Evjnbn0▼このコメントに返信
つべに「立ち上がる輸送」って動画があるけど、あんなんじゃそりゃ出荷できんは、って思った。
石炭も茨城と何とかトンネル生きてる九州頼みで北海道からは機雷封鎖で入ってこないし。
255.名無しさん:2019年11月19日 20:36 ID:q7S26B7I0▼このコメントに返信
こういうのって、ごく一部の話をあたかも日本全体がそうであったかのように吹聴する奴が現れるから、今のうちに各自で戦前戦中の記録をきちんと残しとくべきだと思うようになったわ。
256.名無しさん:2019年11月19日 20:51 ID:sA5AWGek0▼このコメントに返信
米が食える理由が「農家だったから」って言われたら
普通は「農家以外は米が食えない/食い難い」ってなるんだが
このイッチはアホなのかな
257.名無しさん:2019年11月19日 21:05 ID:3W23.T2Y0▼このコメントに返信
75歳、東京下町の者です。幼少時の記憶では米は食えませんでした。
米が食えるようになったのは6才以上になった頃からかな。
その前は里芋、押し麦、トウモロコシ(今のスイートコーンとは別物)を食べてました。
1日2食です。
258.名無しさん:2019年11月19日 21:08 ID:ZUZfHjc50▼このコメントに返信
※208
>>共産主義国家並みの厳格な生産徴収配給制度ができれば

共産主義国家になれば働いても働かなくても同じだから怠ける
上に忖度してノルマだけはこなした風に報告する
毛沢東は忖度された報告を信じて農産物が沢山あると思い
翌年農民を工場に駆り出し農家を休ませたらたちまち夏には
餓死者が出始め約4000万人も餓死したという
259.名無しさん:2019年11月19日 21:14 ID:ZUZfHjc50▼このコメントに返信
※111
>>なぜか朝鮮半島からの強制徴用者は何万人も無事にたどり着けてるんだよなぁ

それはウソだね 半島からの強制徴用は254人くらいだった筈
当時は半島も日本で 日本国籍だった者が都合で日本国の工場で働くのは
当たり前だ 強制なんかに当たらない
260.名無しさん:2019年11月19日 21:15 ID:jUccgove0▼このコメントに返信
※41
終戦時は人災による大凶作年だったから。 
農家の主力である成人男子は徴兵にとられ、燃料肥料もなし、農具も鉄がないから修理もできず。
終戦の理由のひとつがこのままだと餓死者が大量にでることだった。
261.名無しさん:2019年11月19日 21:21 ID:y5Evjnbn0▼このコメントに返信
※260
人災+天災だぞ。地震で東海地方全滅に北日本が冷夏で全滅で西日本が台風×2で全滅
262.名無しさん:2019年11月19日 21:22 ID:WXSAHUsq0▼このコメントに返信
「戦時中は~」と言っているやつは間違いなくエアプ。
飢餓の本番は戦後な。
「火垂るの墓」でも死んだのは戦後だろ?
263.名無しさん:2019年11月19日 21:24 ID:qByFsQfT0▼このコメントに返信
※233
あのな、陸稲位、誰でも知ってるわ、アホ。
其れが主流かって話しだろ。
田んぼみたいに、陸稲が毎年とれるか?
連作障害って知ってるか?


264.名無しさん:2019年11月19日 21:24 ID:jUccgove0▼このコメントに返信
そもそも、日本は戦前は米でさえ自給できて無い。
台湾や朝鮮などから大量に輸入していた。
それが途切れたら、農家の一部以外は雑穀など混ぜた粥を食うしかない。
265.名無しさん:2019年11月19日 21:48 ID:D4eOn3AD0▼このコメントに返信
昔から、当時の食糧事情を語る際には、
農家に米を買いに行くというシーンはよく出てくるのだが
266.名無しさん:2019年11月19日 22:11 ID:xbRqucTI0▼このコメントに返信
※88
戦前も平和な時代は普通に農家を馬鹿にしてたから農家が食糧難につけこんだのは意趣返しの面もある
今はネットが普及してトンキンとか言ってるから罵りあいはお互い様になってるんじゃね
267.名無しさん:2019年11月19日 22:22 ID:.4XbHQLl0▼このコメントに返信
昔は護国芋?とかいう量はやたらとれるけど味が最悪な芋があったらしい
いまの芋は美味しいと後期高齢者過ぎてるおじはパクパク食べてるよ
大根飯嫌いの爺婆とかも今の食べたら多分うまいって食ってくれると思うけどなぁ
268.名無しさん:2019年11月19日 22:25 ID:3nWcxLjr0▼このコメントに返信
※262
悲惨な記憶って悲惨であるべき時代とはだいたいずれてる年代のだよな
269.名無しさん:2019年11月19日 22:32 ID:D4eOn3AD0▼このコメントに返信
※262
更に言えばあの兄妹が餓死したのは兄がバカだったからで、食料自体はそこそこあった
盗んでこられる程度には
270.名無しさん:2019年11月19日 22:47 ID:oNcpiURK0▼このコメントに返信
おやじは山間部の小作農で米の自費は限られてて
サツマイモやカボチャばかり食べてたせいで飽いてしまって
いまだにサツマイモやカボチャを食べようとしない
おかんは沿岸部だけどやっぱり米はない
というか灌漑の進んでない土地でそもそも米作が盛んでない(当時は)
落花生ばっかりゆでて食べてたらしいけど
いまだに落花生大好き
狭い日本でも土地柄や食べれる作物が違うし、体質(好み)や世代の違いなんかも影響して、印象が変わってくるのかなぁと思う
終戦時の混乱も、物流統制や凶作の問題に加えて、価値観の急激な変化なんかも、その価値観の変化を受け入れるかどうかで、印象が違ってくるのかなぁと思う
おやじの方のじいさんは終戦間近に赤紙来たんで内地で終戦迎えているから、終戦直後から家に帰ってるんで、おやじから戦後の苦労話はあまり聞かないけど(小作農だったじいさんが今の田畑をどうやって手に入れたかは想像するしかない)
おかんの方のじいさんは戦死してて、ばあさんが女手一つで育てあげた
おかんも土地の顔役なのかやくざ者なのかわからないけど、赤の他人のつてで就職して、おやじとの縁を仲人してもらってて
実の兄弟以上に、その恩人のことを、故人となっても気にかけている
それぞれの人生なんで、それぞれの受け取り方があるんじゃないかと思うから、おやじが、もう赤字しか出ないのに、兄弟の腹を満たした田畑を続けたいというなら助けたいし、おかんが恩人が枕元に立ったというなら、恩人の子供や孫の息災を訪ねに行きたい
なんというか、こうひとくくりにまとめるには、今となっては遅すぎるような気がする
271.名無しさん:2019年11月19日 22:54 ID:3GUH9afN0▼このコメントに返信
※51
そういう国は芋くらいしか育たなかったんだョ
272.名無しさん:2019年11月19日 22:55 ID:AFwnpCwj0▼このコメントに返信
農家はそりゃそうだろ
足りないのは都会や
273.名無しさん:2019年11月19日 23:00 ID:rgjWUrxI0▼このコメントに返信
農家と同じく漁師も魚を供出させられてたから、
近所の漁師が闇で別の場所に魚を運んでるのがばれてしょっ引かれてたとか言ってたな
漁師の家でも自由に魚を食えんかったらしい
274.名無しさん:2019年11月19日 23:04 ID:vg.hTQ9m0▼このコメントに返信
※267
うちもそれ言ってた。でかい芋は見るのも嫌になったって
今は焼き芋大好きだけどな
275.名無しさん:2019年11月19日 23:06 ID:LQnuBNPI0▼このコメントに返信
父親は都市部から農村部へ移住して、弁当が農家の子供は白米、自分はサツマイモの蒸かした奴で馬鹿にされて恥ずかしかったって言ってたな。
御多分に漏れずサツマイモ嫌い。
祖父は工場やってたんで、戦後、軍の放出品加工して弁当箱とか日用品作って売ってたんだが、中に詰めるコメが無くて弁当箱だけは売れなかったって笑ってた。
276.名無しさん:2019年11月19日 23:08 ID:varRzCRG0▼このコメントに返信
品種改良されて、コシヒカリなんかが安定して収穫できるようになったのは戦後だから
昔は稲作の効率が悪かったんだよ。
流通も悪いから一部に米が滞ったりして。
でも、自然は今より豊かだから、魚は取れるし、農村では作物も作れただろうね。
やっぱり流通の問題で。
277.名無しさん:2019年11月19日 23:14 ID:PJW8M3cD0▼このコメントに返信
食糧自給率は闇が深い
278.名無しさん:2019年11月19日 23:28 ID:cYKWKAi00▼このコメントに返信
食いもんに関してはむしろ終戦してからしばらくの方がよっぽど厳しかったはず
279.名無しさん:2019年11月19日 23:32 ID:bV7z4JXS0▼このコメントに返信
物置掃除してたら配給 米
とか書かれたメモ用紙見つけた
280.名無しさん:2019年11月19日 23:37 ID:XKmkkCR10▼このコメントに返信
基本的に、南方戦線に行った補給に米ではなく芋を送ったためだ
勝手に育つ芋と違い、台風でも見回りするほど、稲作は手間がかかる。
日本の国土は山が8割、平地2割で、年と農地は隣接している
本土空襲4~8月により、
農家でも電波谷手入れができなかったため、戦後の食料がほぼ壊滅した。
281.名無しさん:2019年11月19日 23:45 ID:XKmkkCR10▼このコメントに返信
※276
稲作の効率は良くなっている。
台湾での蓬莱米やハワイの砂糖栽培での品種改良が優先され、
寒冷地方でも、米が取れるようになった。「おしん」が大人になった頃ね
単純に、手のかかる稲作が、本土空襲で出来なかっただけの話。
一度、荒れ果てた田畑水路を、元に戻すのには数年かかり、
1950年頃は農家だけは安定し、農家が富裕層へ、
農家以外が食料のために、高価な着物や骨董品と食料を交換。
農家の利権を守るために、農地売買規制とか、一部の農協など、いまでも弊害がある。
282.名無しさん:2019年11月19日 23:46 ID:UB.Uce4R0▼このコメントに返信
>聞いたら「うちは農家だったから普通に米食べてた」って
そりゃそうだ、戦中に農家やってて「食うに困った」って言う話を聞いたことがない。 当たり前だ。
食うに困ってるのは「そうじゃない人たち」の話だからな。 そっちの数のほうがはるかに多かった。
283.名無しさん:2019年11月20日 00:10 ID:ilZmIMph0▼このコメントに返信
何度も指摘されていると思うけれど、当時の米の作況指数。
1945年67 10a 当たりの収量208kg
1993年74  10a 当たり収量367kg。平成の米騒動でタイ米輸入。

8月15日の東京をはじめ東日本から西日本は30℃越えで暑かったが、
全体としては冷夏。北陸から北海道は冷夏。北海道の作況指教は42。
秋には西日本で台風被害がおきた。
284.名無しさん:2019年11月20日 00:15 ID:RSEmdwPM0▼このコメントに返信
嘘に決まってんだろ。都市部は米の配給が途切れてたんだから米を混ぜて炊く事自体ができないだろ
285.名無しさん:2019年11月20日 00:34 ID:SwBBFhyw0▼このコメントに返信
町中だけど、戦争中に御飯が食べられなかったことはないと母が言ってました。
苦しかったのは終戦直後。配給だけなら栄養失調になってしまうので皆さん農家へ買い出しに行った。むしろそのときの農家の態度に憤りを覚える人が多い。
ただ、それでもうちは食べ物に困ったことは無いと言っていた。

大空襲を受けた町だけが苦しかったのでは?
286.名無しさん:2019年11月20日 00:39 ID:cnK.dX140▼このコメントに返信
そら、米農家まで米不足だったら戦争どころじゃねえよ・・・
287.名無しさん:2019年11月20日 00:45 ID:ilZmIMph0▼このコメントに返信
その頃、前線の連合国イギリス軍兵士は…

「スパム(ソーセージの中身の缶詰)は、もう食べ飽きた!」
288.名無しさん:2019年11月20日 01:19 ID:GUfqc7ia0▼このコメントに返信
>>18
米軍の爆撃と機雷による海上封鎖のせいで流通網がほぼ完全に死んだからな。
289.名無しさん:2019年11月20日 01:28 ID:GUfqc7ia0▼このコメントに返信
>>220
今も農家に対して「膿家」だの「補助金利権がー」だのぬかすアホがたくさんいるし、いざという時にはまた厳しい態度をとられるだろうなw
290.名無しさん:2019年11月20日 01:31 ID:GUfqc7ia0▼このコメントに返信
>>65
普段農家をいじめ抜いてきたからだろ。
反省しろ。
291.名無しさん:2019年11月20日 01:33 ID:fjqVOy.d0▼このコメントに返信
鉄道で運べないから米仕舞う倉庫にしまってたけど溢れそうになって仕方なく背負子と自転車と荷車で運んだ話
オートバイや車を持ってる所は燃料が手に入れば楽だったかもしれないけど当時は結局人力や畜力に頼るしかないんだよね
292.名無しさん:2019年11月20日 01:39 ID:GUfqc7ia0▼このコメントに返信
>>84
北海道まで攻め込めなかったソ連がどうやって日本の領海に機雷撒くのさw
あまりいい加減なことを言うなよ。
293.名無しさん:2019年11月20日 01:40 ID:GUfqc7ia0▼このコメントに返信
>>99
1%割ってるかと思ってたけど意外だなw
294.名無しさん:2019年11月20日 01:44 ID:GUfqc7ia0▼このコメントに返信
>>124
因果関係が逆。
農家を馬鹿にしすぎたからいざとなったら足元を見られるようになった。
295.名無しさん:2019年11月20日 02:45 ID:ZIR0aDuu0▼このコメントに返信
おいおい、なんでそんなに詳しい奴らがおるん
おれは~食ってたっておかしいやろ
296.名無しさん:2019年11月20日 04:43 ID:LadjeLpd0▼このコメントに返信
うちのお婆さん千葉の農家が実家だけど、東京に空襲があると焼け野原なんで落とす所がもう無くて
余った爆弾を途中の寄り道で田んぼに落とされて悔しい思いをしたらしい
大きなすり鉢状に泥が吹き飛ばされて元の状態に戻すのが大変だったらしい
不発弾もあるのに泥水がどんどん入るのでそのまま埋めたというから。。。
畑にいたら空襲でグラマンの戦闘機が操縦手の顔がラグビーボールみたいに見えるほど低空飛行して
何も無い所に機銃掃射して脅かしてきたのが腹が立ったと言ってたよ
297.名無しさん:2019年11月20日 07:51 ID:1q4v0kfd0▼このコメントに返信
※296
石原慎太郎も言ってたな、米軍機が機銃掃射してきたときは背の高い麦畑で幸い隠れれた、芋畑の時は死んだと思ったけど日本機で何も無かったって。
298.名無しさん:2019年11月20日 08:10 ID:3.ilRPhU0▼このコメントに返信
輸送インフラを米国が空襲で破壊したので都会では物資不足 その後 GHQの計画配給で在日が大儲け GHQ占領下でも国会では寿司が食えていた
299.名無しさん:2019年11月20日 08:31 ID:eK8PqJYX0▼このコメントに返信
疎開先のキャパシティがあるから生産以上に人が増えたら「喰えない」わな
震災とかで避難所が町民分の食料の用意してなかった場合...な感じかな?
300.名無しさん:2019年11月20日 09:17 ID:ZLdPnECx0▼このコメントに返信
今いきなり輸入止まったら~ってバカかよ
それなら災害起こった時に国が補償してくれなかったら~、って考えるほうがリアルだろが
自分たちが普段お世話になってる面も忘れて都会を恨むんだからなぁ
301.名無しさん:2019年11月20日 09:34 ID:Pt.cvma10▼このコメントに返信
※70
社会から目を背けた引き篭もりが自滅する話なんですが。
読解力なさ過ぎ。
302.名無しさん:2019年11月20日 09:50 ID:jkUwlGZm0▼このコメントに返信
自分の祖父母も農学校でて東南アジアで
農作物の指導してたらしいけど幸い食うには困らなかったらしい
303.名無しさん:2019年11月20日 10:19 ID:F5cgCRam0▼このコメントに返信
つっても先が見えてたノーカの人だってそうしたんじゃないか?
304.名無しさん:2019年11月20日 10:19 ID:1pS7J1qe0▼このコメントに返信
明治から大正にかけてと大恐慌の辺りの方が粗食だっただろうな。
305.名無しさん:2019年11月20日 10:20 ID:GJ3hdCX30▼このコメントに返信
戦後GHQが食料と武器を取り上げて反日教育と反日報道しないと餓死か射殺させるぞと脅されたからな
306.名無しさん:2019年11月20日 10:57 ID:sn85.2180▼このコメントに返信
生産された食料を消費する人口は増えてなくても、外地へそれを輸送する輸送船が通商破壊のために米海軍に沈められまくった結果、消費人口に対する必要量以上の量が必要な状況が発生したから
307.名無しさん:2019年11月20日 12:04 ID:6ZuZXGqU0▼このコメントに返信
※301
ちなみに小説版は結果的に見殺しにした下の妹に対して+こういう兄であればよかった・・・と言うせめてもの謝罪と鎮魂の念を作品にしたもの。

で、世間ではなんでか戦争悲哀ものになっている・・・ので原作者曰く「もう、俺の意図した作品じゃねーわ(それでも、違う形で人々にいい影響を与えられる作品を書けたことは嬉しいことである)」といっている。
308.名無しさん:2019年11月20日 18:13 ID:Xf6WZEDJ0▼このコメントに返信
※259
254人ってのは終戦後に半島に帰らず日本に居残った人間の数で、徴用で日本に来た人数じゃないぞ徴用者自体は万単位だよ、徴用が始まる前から日本で働いていた者が、徴用が始まって徴用者になったとかもあるからな。
309.名無しさん:2019年11月20日 18:40 ID:aXdOCLIw0▼このコメントに返信
農家でも地域によってかなり違ったらしい。
実家は土地持ちで配給の仕切り役だった親戚は、毎日白米食べて肥満体形だったらしいが、小作だったり土地が悪くて大したもの作って無い所は大変だったらしい。しかも農作物を軍に供出する必要があったから余計。
だからそういった家は、優先して助けてたって言ってた。
310.名無しさん:2019年11月20日 20:00 ID:RSuKvL3Q0▼このコメントに返信
>>17
昔のしっとり系の芋の方が好きだった
今はパサパサばっかり
311.名無しさん:2019年11月20日 20:08 ID:nd5rd1.i0▼このコメントに返信
>>もの運ぶには炭が必要だし列車などの輸送車をつくるなら鉄やゴムも必要だしの末期は石炭も鉄もゴムも人すらなくなって都会や凶作のところは悲惨だったろうね。主に東北

全く見当違いのコメントだな
米軍は、鉄道インフラを徹底的に分断する作戦に出てる、つまり鉄道網の破壊だ

当時は、国道であってもアスファルト舗装されているわけでもなくトラック輸送でまかなえるような高速道路も無く、トラックは、全て軍用であって民間企業が使える訳もなかった、ほぼ唯一の大量輸送網は鉄道だった
農村に食物があっても消費地の都市部へ運ぶ鉄道網が寸断されていては運ぶ事もできないだから都市部では飢餓状態が発生していたんだよ

空襲された都市(地方都市を含む)の上空からの偵察写真(アメリカ軍の公文書)が本になってるが田んぼを空襲なんてしていない、鉄道網を徹底的に空襲している、工廠で兵器を作っても戦場に運べなければ戦力にならないという当たり前の事をやっている、だから実は農村とか漁村には…
312.名無しさん:2019年11月20日 20:41 ID:1q4v0kfd0▼このコメントに返信
※311
尚爆撃自体は思ったほど効果無かった模様。
実際横浜の貨物ヤード(確か旧高島)にニコニコ顔で来た米軍のえらいさんに、「いや、あんま影響なかったですよ?」って言ったら「嘘だ!」って言い返されて、実際見せて「・・・」ってなったエピソードもあったり(そもそもドイツ程日本は鉄道施設攻撃されてない気も)
それより設備更新できず壊れて走れなかったり、石炭足りなくなったりした方が影響大だった(だから電化急いだんだけど)
313.名無しさん:2019年11月20日 20:54 ID:wTWtF5Co0▼このコメントに返信
サツマイモに限らず、炊き込み御飯は戦時下の食に関する辛い思い出が蘇るとかで、嫌うお年寄りが多いってのは割り合い目にする。
漫画家の松本零士先生は、野菜嫌いを公言して憚らない。なぜ野菜が嫌いかと言うと、終戦後、復員して来た御尊父が現役時代の技術と経験を生かす事が可能な航空自衛隊に入隊する事を拒み、八百屋を営んだ。しかし、全くと言って良い程に売れず、松本先生曰く『一生分の野菜を食べた』程、売れ残りの野菜を食べる羽目になったのだとか。なお、松本先生の御尊父は、帝国陸軍航空隊の佐官だったとか。
314.名無しさん:2019年11月20日 21:00 ID:nd5rd1.i0▼このコメントに返信
>>5
ということは、毎日米(ご飯)を食べてるだろうから、米も大嫌いなんだろうなぁ
315.名無しさん:2019年11月20日 21:03 ID:nd5rd1.i0▼このコメントに返信
>>312
いやいや、どこ情報よ
効果なかったらなんで餓死者出たり飢餓状態になったりしてるんだよ
日本政府の公式記録にも一部地域飢餓状態発生しており、物流が滞っていると残ってるぞ(NHK映像の20世紀より)
316.名無しさん:2019年11月20日 21:05 ID:nd5rd1.i0▼このコメントに返信
>>312
あのさ、電化してもその電力を発電する為の石炭どうしたんだよ
お前さんの話だろだと石炭無いんだろ?
317.名無しさん:2019年11月20日 21:17 ID:1q4v0kfd0▼このコメントに返信
※315
元鉄道省~国鉄の人の話。今そのサイト残ってるかは不明。一応探してみるけど。

※316
つ水力
いや、国が発電所も整備してたみたいだけど。
ちなみに1946年が一番石炭事情酷くて、急行が休止された要因にもなった。
318.名無しさん:2019年11月20日 21:35 ID:kGrDrxqq0▼このコメントに返信
地域差が大きいのでは?
東京から疎開した爺さんは、芋すら無く収穫後に捨ててある蔓をもらってきたり、野草を取って食べていたとか。
都会(どこ?w)の婆さんは、それほど不自由した記憶はない、と言っていました。
319.名無しさん:2019年11月20日 21:36 ID:1q4v0kfd0▼このコメントに返信
>ttp://ktymtskz.my.coocan.jp/nihon/w1.htm#4
すまん、勘違いしてた。爆撃に使用した地図が正確じゃなかっただった。
あと別に滞ってないってとは言ってないよ?ただ整備不良の影響が大きいって言っただけ。
当時のニュース映画で「立ち上がる輸送」ってのがあって、全く整備されてない状況映ってるから。
当時の時刻表もネットで調べたら一部の路線は出てくるし、それ読んだらww2末期よりさらに減ってるのがわかる。
320.名無しさん:2019年11月20日 22:18 ID:EslAtiu60▼このコメントに返信
食べ値が無かったのではなくて、戦争で物流が停滞したということでしょ。
だから都会になればなるほどひもじい食事になる。
親は小学校まで樺太で生まれたんだけど、ソ連から避難して北海道に戻るまで白米のご飯とお弁当を食べて育ってたらしい。
321.名無しさん:2019年11月20日 22:19 ID:8Wip0VXp0▼このコメントに返信
戦争世代に何度も芋混ぜた飯の話聞いたわ
その地域一帯ではみんなそうだったと
まぁ米食ってた地域があっただけで全部嘘だったんだとか言う奴が頭おかしい
322.名無しさん:2019年11月20日 22:52 ID:r4.yc0QY0▼このコメントに返信
貧しくてコメに混ぜ物をしなければいけなくなったのは、農地改革とか言うタワケで農業が零細化した戦後直後
323.名無しさん:2019年11月20日 23:10 ID:nP6T8Vwz0▼このコメントに返信
今だと大根はともかく(それでもトントンくらいだろうが)
サツマイモは重量あたりの値段がコメより高価いと思うが
戦時中はコメの方が貴重になる理由があったのかな?
調理後の体積あたりだと芋の方が有利になる?
それとも燃料代高騰からくる輸送コスト上昇で米作地帯では芋が高級、
芋を沢山作ってる土地では米が足りない、で地域によって不足物が違うとか?
324.名無しさん:2019年11月20日 23:24 ID:X8xR2VNZ0▼このコメントに返信
子供の頃、我が家は貧しかった。
米とサツマイモを一緒に炊いていた。
325.名無しさん:2019年11月20日 23:36 ID:8QimN.il0▼このコメントに返信
*323
相対的な意味で現代ではサツマイモやダイコンの値段がおかしいんだわ。現代の八百屋で売ってる野菜は異常に高品質なんだよ。
虫食い一つ無いとか、すらっとまっすぐとか、葉と葉の間に泥もついてないとかさ。食糧難時代のダイコンさつまいもがそんなはずはないわけで。
質より量で大量生産する場合はコメより色んな意味でなんぼか楽に大量に収穫できる。
326.名無しさん:2019年11月21日 00:17 ID:OLMmuKlp0▼このコメントに返信
日本人はGHQの洗脳により僅か70年前のことも分からなくなっている、多い家族では子供だけでも8人もいたのが珍しくなく、勿論食べ物なんか十分あるわけない、食べられるものは何でも食べた、特に戦前はABCD包囲網があり、立場は国連包囲網がある今の北朝鮮並みだった
都会では持てる物は何でも質屋に入れて食料に変えた、田舎では、今なら雑草と呼ばれる野草を多く食料にしていた、サツマイモは勿論、サツマイモの蔓、ピーマンの葉っぱ、大根の葉等は上等な方だ、米は貴重な現金収入源だし、あっても多くは麦飯だった、子供達の多くは栄養失調ももちろんだ
だが、今でも全世界で十分食料を確保できているのは人口の3分の一だ、他人の噂を信じるのは洗脳だぞ、自分で調べることだ、先祖が必死に生き抜いてきたことも知らないようでは情けなさ過ぎ、先行き暗すぎる
327.名無しさん:2019年11月21日 00:44 ID:rbCeALZv0▼このコメントに返信
※325
なるほど。逆に言うと見た目にこだわらないだけで
いくらかはカロリーベースの食料自給率の改善が出来そうだなぁ

※326
限られた時期と階層の話を拡大してドヤ語りしてるようにしか見えん
328.名無しさん:2019年11月21日 00:50 ID:9SFsZP7t0▼このコメントに返信
よく戦時中の話のように云われるが実際本格的な食料不足に陥ったのは戦後らしいな。
お袋側は祖父母の実家があった千葉の疎開先で毎日普通に食べていたが芋など根菜の混ぜ物はあったと言っていた(雑穀混じりは無かった)
親父側は祖父が夕張で炭鉱事務をしていて金はあったし当時国政で優遇されていた街だから酒、小麦、魚貝などは普通にあったとか(ただし米だけは配給だった)
共通の話しとしてはどちらも空襲はおろか戦争で身内を無くしたとか食べ物で苦労した覚えも無いので同世代の人とは話しも合わず苦労した人には申し訳ないといつも言っている。
329.名無しさん:2019年11月21日 01:59 ID:n.qfQXQL0▼このコメントに返信
※28
 食糧事情が一番酷かったのが昭和20年秋からの1年だったが、生産量は配給が欠品無しでできるぐらいはあった。
ただ、米軍の爆撃のせいで運べなかっただけなので、買い出しが成立したわけだ。
なお、買い出しの取り締まりで逃げだした時に捨てて行った食料は、GHQ命令で日本の警察官では取り締まりができなかった元日本人が回収して闇市で販売された食糧の仕入れ元になったそうだ。
そしてそれで手に入れた金を原資に、駅前のパチ等の商売を始めて…。
330.名無しさん:2019年11月21日 02:20 ID:n.qfQXQL0▼このコメントに返信
※93
 特に日本は細々とやってた統計が信用できるものではなく、統計が信用できるものだったなら日本は米国に喧嘩を売らなかっただろうと言った旧軍のお偉いさんもいたとか…。
まぁ、末期はぼけて親英米路線内閣を潰した山県元老、統帥権干犯問題を起こした鳩山、日露戦争の悲惨さを知らず上層部の意向を無視して満州事変を起こした統制派(というか一夕会かな)を処分できなかった旧陸軍、統制派に洗脳されて失政を続けた先々帝(敗戦後は二・二六事件の時の御聖断を真に悔いていたようだし、敗戦後に会われた皇道派の真崎元大将の人柄で洗脳されてたことを強く自覚されたようだが)、日本の対場を諸外国に説明せずに上層部の意向を聞かずに勝手に国連脱退を宣言した外務省興亜派(今の外務省もこいつらの末裔が多いな)等、日本が道を誤った原因を造った人物は色々といたのよ。
331.名無しさん:2019年11月21日 02:34 ID:n.qfQXQL0▼このコメントに返信
※173
 なにしろ、日露戦争で日本将兵を最も殺した将兵と言われ、公費で留学したドイツで作った愛人を狂い死にさせた経緯を小説にして一儲けした森鴎外だからねぇ。今なら、発達障害か何らかの精神病質の認定を取れる程度には人として問題があったと思うよ。
日露戦争での戦死者にとっては、そんなのが軍医のお偉いさんだったことが不幸の始まりだったわけだが。
332.名無しさん:2019年11月21日 04:49 ID:vgJpRVxq0▼このコメントに返信
島国の日本から食料を戦線に届けるには輸送船で送らないといけないが、無駄に戦線を広げすぎた結果、送らないといけない場所が多岐にわたり、アメリカ軍に輸送船が襲われて沈没しまくった。最前線の戦場では食べ物がなくなり現地の人の食べ物を略奪しなくならないといけなくなった。ベトナムではその御蔭で飢饉が多発した。フィリピンでは略奪されまくったせいで現地人がアメリカ軍について日本と戦う構図が出来た。インドネシアでは今村均という戦中の日本では稀な有能な司令官がいたので早くから食料の輸送に頼らないように現地で日本兵に開墾させた。その御蔭でインドネシア人は反日にならなかった。太平洋の小島なんかでは略奪すら出来ない場所も多かったから餓死者が相次いだ。輸送元の日本では軍に食料を優先的に取られたので食糧事情は極度に悪化し栄養失調の子供が増えた。兵隊になれば思いっきり米が食べられるというのが戦中の子供の憧れだった。
333.名無しさん:2019年11月21日 06:22 ID:gR1RLmqw0▼このコメントに返信
漁師の家で生まれたうちの親(終戦当時10歳)は塩漬けの魚ばかりで未だに魚嫌い。
特に嫌うのがうなぎで、現代は蒲焼きなのに受け付けないほどトラウマらしい。
334.名無しさん:2019年11月21日 06:25 ID:Gs0.pDf60▼このコメントに返信
※325
サツマイモや大根なんて「作るだけ」なら家庭菜園で簡単にできるもんな。「商品」としては無理だけど。
335.名無しさん:2019年11月21日 10:00 ID:9h6uJfrK0▼このコメントに返信
農村が今よりはるかに近く、田畑があちこちに存在していても、買い出しって大変。
336.名無しさん:2019年11月21日 11:16 ID:OisLKBj.0▼このコメントに返信
じいちゃんばあちゃんの実体験を聞いたという奴が農家の田舎者しかいない件
337.名無しさん:2019年11月21日 12:42 ID:Fckuy2PR0▼このコメントに返信
つらかった時代の記憶と結びついている食べ物を食べたくないというのもあるだろね
味覚や嗅覚と記憶が結びつくことはよくある
338.名無しさん:2019年11月21日 13:04 ID:ffCtqb1T0▼このコメントに返信
都市は空襲があったが田舎はのんびりしていたし食物もあった
スパイの白洲次郎たちは田舎で日本が負けるのを待っていればよかったのだ
敗戦の暁には天皇を追放して自分が政権をとろうと思っていた近衛文麿も、田舎で毎晩宴会でした
339.名無しさん:2019年11月21日 17:16 ID:tDe6IvaQ0▼このコメントに返信
1みたいな報告者は戦後成金か闇米利権のチョウセンジンかどっちかでしょ?
戦争末期は小作はもとより自作も土地貸しもみんな米なんか食えず麦食ってたんだから。
美味しんぼの京極さん、ああいう山師みたいのが893つかって米相場しきって大儲けだよ。
京極さんなんかのせいで何万何十万っていう飢餓が生まれたんだから。
340.名無しさん:2019年11月21日 17:38 ID:.O3MB1K20▼このコメントに返信
へー、それじゃ食い物があったのに疎開してきた小学生にまともにメシを出さなかったってわけね。
火逃げと呼ばれて疎開した子供達と引率した教師が地元民に虐められてまともに食い物を
貰えなかった話しはその世代直撃の親に良く聞かされたぞ。

泣きながら元の家に帰りたがっていた同級生が居なくなったあと線路上で死んでいた話しも聞いたよ。
おそらく線路を伝って歩いて帰ろうとしたんだろうな。
まあ地域差もあったんだろうが戦後その地を毛嫌いしていた親はその地へは絶対に行かなかった。
341.名無しさん:2019年11月21日 18:34 ID:nF45QVXY0▼このコメントに返信
うちの親も農家の出だが芋だったぞ
米は売って金にしないと生活できない
食うものだけじゃ生活は出来ない
342.:2019年11月21日 19:40 ID:g8d.k2iL0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
343.名無しさん:2019年11月21日 22:33 ID:BQVaBl4W0▼このコメントに返信
うちの親はギリ戦前の千葉(関東のコメどころ)生まれだけど、「小さい頃のこと思い出すから麦飯は嫌い」とはいうな。
純粋に銀シャリ食ってるのはそんなにいなかったんじゃね?っておもう
344.名無しさん:2019年11月21日 22:36 ID:BQVaBl4W0▼このコメントに返信
ちなみにもう死んだ父親は大正生まれで、当時プロペラの研究してる理系だったので戦地に行かないで横浜で芸者遊びしてたって言ってた
ほんとどうかはしらん
345.名無しさん:2019年11月21日 22:51 ID:btkWvuKK0▼このコメントに返信
物流が寸断されてたらヤミ米買いに行くなんて無理なんだよなぁ
1.ヤミ米が売っている → 農村部での米の集荷がうまく行ってない、にも関わらず都市近郊へは集まってくる
2.鉄道利用して買いに行ける → 移動の自由がある、鉄道輸送が完全には統制されていない、無駄が多い
3.都市では配給が滞っている → にも関わらず餓死者が出ない程度には民間の自由流通が存在している
日本がやってた国家総力戦なんてこんなもの
そもそもの統計が杜撰で管理出来ない行政と一定数従わない民間と利権は絶対に手放さない官僚機構
346.名無しさん:2019年11月21日 22:58 ID:.O3MB1K20▼このコメントに返信
※210
今でも葉っぱ付きの大根を買った場合は普通に炒め物や漬け物にして食っているぞ。
ニンジンの葉っぱも付いていれば炒め物かチャーハンの具材だよ。
347.名無しさん:2019年11月22日 02:41 ID:q9ByIHJd0▼このコメントに返信
江戸時代「サツマイモありがてえ…」
戦時中「サツマイモまっず!」
青木さんも泣いとるよ
348.名無しさん:2019年11月22日 09:16 ID:VZeWz2T60▼このコメントに返信
>>2
基本トトロをイメージすれば、あんな感じだったそう
ただ流通がダメだったんで
都市部の人が来たって爺さんが言ってたね
タダであげても良かったけれど、それをすると人が卑しくなるから
何でもよいから交換にしてたと言ってたよ
349.名無しさん:2019年11月22日 10:17 ID:ewyxmRjQ0▼このコメントに返信
農家と金持ち以外米なんて食ってるかよ
一般人はイモのツルや硬くてクソ不味い麦食わされてたんだ
麦でさえ高価だから家中の高価な正絹の着物を
何十枚も農家に山越えして持ってったけど
玉子をやっと10個ほどとしか交換してくれなかったと
曾ばあちゃんは生涯農家をドン百姓と蔑み恨んで死んで行ったわ

子供だったうちの大叔母なんて
カルシウム不足だったらしく
ある日婆ちゃんが気づくと家の壁舐めてたんだと
カルシウム不足の身体が壁に含まれるカルシウムを子供ながらに生理的欲求で欲してたんだな
そんな子供を見て母親としてどんな気持ちになるかわかるか?

戦争なんて所詮庶民が犠牲になるだけ
欲しがりません、勝つまでは
というスローガンに洗脳され
そんな惨めな時代を庶民は必死で耐えてたんだ

350.名無しさん:2019年11月22日 12:12 ID:brPH8rVT0▼このコメントに返信
>>11
ご先祖さま居たらぶんなぐられるな、その爺さん
351.名無しさん:2019年11月22日 12:15 ID:brPH8rVT0▼このコメントに返信
>>235
昭和王?
どこの国に歴史方?

銀シャリって、おじいちゃん、早く金正日のとこら行けや、
352.名無しさん:2019年11月22日 12:24 ID:brPH8rVT0▼このコメントに返信
>>66
米あっても塩ないだろう?農家なんて、
塩必要不可欠
353.名無しさん:2019年11月22日 12:28 ID:brPH8rVT0▼このコメントに返信
>>111
たぶんソビエト方が送ってくれたんだだろう、適当
354.名無しさん:2019年11月22日 12:31 ID:brPH8rVT0▼このコメントに返信
>>97
特高警察いたら連行されるな?そのばあさん、
355.名無しさん:2019年11月22日 12:36 ID:brPH8rVT0▼このコメントに返信
>>115
カロリーメイト?

戦時中?大塚製薬の?

震災ならともかく、
356.名無しさん:2019年11月22日 17:07 ID:L1DsgIex0▼このコメントに返信
そうウソだよ
ばあちゃんが言ってた
米にイモ混ぜてじゃなくてほとんどイモで米がゴマのように混ざってるだけだったってw
ちな東京な
357.名無しさん:2019年11月22日 17:18 ID:TOkJc3..0▼このコメントに返信
戦中より戦後の方が食糧難だったと聞いたことがある
358.名無しさん:2019年11月22日 17:19 ID:vwYXyHNT0▼このコメントに返信
※5
農家だった祖母が同じ理由で焼き芋など嫌いだった
農家でも食べ物がそんなに豊富にあったような話は聞かなかったね。
働き手も減っていたからかな。
359.名無しさん:2019年11月22日 17:22 ID:74absXkv0▼このコメントに返信
ウチは鹿児島だから戦時中は「芋しか無かった」て親父が言ってた。
当たり前だろ。(^0^)/
薩摩芋だもんw

あと1ケ月ほどすれば「石焼き芋用の芋」の出荷があるから
東京都民は、もうちょっと我慢してくれ~。
360.名無しさん:2019年11月22日 17:22 ID:l6SA.gGz0▼このコメントに返信
>>152
中共のバイトくんおつかれさん
361.名無しさん:2019年11月22日 17:23 ID:l6SA.gGz0▼このコメントに返信
どうしてこんなクソスレまとめようと思うんだか
362.名無しさん:2019年11月22日 17:26 ID:R.jWruYV0▼このコメントに返信
※357

昭和天皇が降伏を決断した理由の一つには、”鉄壁”なる報告の海岸要塞線が何ら完成してない事などの軍事情報報告の不正確さと共に、昭和20年度のコメ不作がある。
国民を戦いを強いつつ飢え死にさせるような事は、陛下にはできなかったそうだ。
ただ、米軍政の無能もあるよ。お隣韓国でも米価暴落で酷いことになった。朝鮮米の内地輸出を禁じたため。
363.名無しさん:2019年11月22日 17:28 ID:v7xUa9Jl0▼このコメントに返信
じいちゃん、薩摩芋とか南瓜とかあんま食べなかったなぁ。
健康ブームの時で五穀米とか流行った時も食べなかった。
銀シャリ銀シャリと白米LOVEだった。
苦労したんだなと思った。
364.名無しさん:2019年11月22日 18:51 ID:2b.WU5Yx0▼このコメントに返信
※79
そういう農家は多いよね。皆勘違いしてる。戦時中は国家統制が強力で
食料管理令でガチガチだったから耕作面積に応じて国家に売り渡さなければならなかった。
と言っても超安価だったから売ったなどと言わなくて供出させられたと言ってたな。
だから農家は皆貧しかった。農家でも芋を混ぜて食べてる人は多かった。

>よく都会人が農家に物々交換持ちかけるエピソードあるけど
それは終戦間際から戦後の混乱時期。統制が崩れて闇経済が横行し出してから。
農家は動物性タンパク質が取れなくて難渋したようだ。
目指しのような小さい魚1匹手に入れるのに米一升でないと売らんと言われた時期が続いて
死ぬまでバ様は漁師を毛嫌いしていた。
365.名無しさん:2019年11月22日 20:09 ID:wOF6EdXT0▼このコメントに返信
うちの曽祖父、釣りが得意だったので、疎開先の静岡では配給のサツマイモと小麦粉を練って練り餌作って、川でコイやらクロダイやら釣って、農家に米と野菜と交換してもらっていたそうだよ。
釣り具は、実家がもともと江戸前の釣り具製作所だったので、あれこれ持っていたそうだ。
また当時個人としてはまだ珍しいカメラ愛好家だったので、(戦前はアメリカにわたり、日本へのカメラ部品の貿易もやっていた)食料と引き換えに写真撮ったりもしたそうだ。
366.名無しさん:2019年11月22日 22:03 ID:z.Fj2OHw0▼このコメントに返信
北海道の食料自給率200%こえてっから、疎開しておいで。
米、肉、乳製品、小麦、大豆、根菜の王国。
フルーツと葉物は弱い。
土地広いのに過疎ってるし、空き家に住めばええ。
有事で灯油ガソリン手に入らなくなっても、最悪炭鉱があるよー。
367.名無しさん:2019年11月22日 22:03 ID:Fsv2Zezs0▼このコメントに返信
老人のサツマイモ嫌いは全部農林1号のせい
368.名無しさん:2019年11月22日 23:41 ID:1qLZj6xy0▼このコメントに返信
ウチの親父は農家恨んでたみたい。
かなり食い物あったんじゃない?
369.名無しさん:2019年11月23日 01:03 ID:usb0pmRk0▼このコメントに返信
九州で疎開当時小学生低学年だった親父はかなり晩年まで
蒸しサツマイモ食卓にあると(←終戦時一歳の母がイモ好きで)見たくも無いって激怒してた
知らなかったから、ダイスのサツマイモご飯可愛いからって一度作ったら
気分悪いって自室に閉じこもった事は有る

平成の新種のあっまーいサツマイモ(色も白かったり)は大丈夫だった
370.名無しさん:2019年11月23日 17:39 ID:jfM5069I0▼このコメントに返信
>「うちは農家だったから普通に米食べてた」

じゃあ米農家じゃなかったら混ぜて炊いてたんだろ。アホなの?こいつ
371.名無しさん:2019年11月24日 16:45 ID:o.e2wnd40▼このコメントに返信
農家に食うもの無かったら何処にあんねん?って話やんけ
372.名無しさん:2019年11月25日 19:58 ID:sqYV5Jqf0▼このコメントに返信
俺の母親は農家(米農家ではない)出身だが、戦時中は芋とか混ぜて炊いたといってるぞw
だから今でも玄米や五穀米、芋混ぜたご飯とかは戦時中を思い出すから嫌いだ、と言ってる

お名前