2019年11月08日 10:05

零戦が凄かったとか戦艦大和が凄かったってなんでなの?

零戦が凄かったとか戦艦大和が凄かったってなんでなの?

03

引用元:零戦が凄かったとか戦艦大和が凄かったってなんでなの?
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1572967659/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:27:39.347 ID:mt830rZKp
今まで大して戦争もしていない日本みたいな後進国がなんでそんなもの作れたの?

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:29:22.434 ID:q/5AnDEMa
戦争しかしてなかったイギリスから技術貰ったから

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:31:54.166 ID:mt830rZKp
>>2
ほんと?
じゃあパクリってこと?

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:33:14.043 ID:M435fs1p0
大和は空母の時代だからクソでか戦艦なんて誰も作らなかったのになぜか作っちゃっただけで別に凄くないぞ

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:34:10.786 ID:mt830rZKp
>>5
なんか大和の主砲はもう再現できないとかいうじゃん?
あれも嘘なの?

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:35:25.840 ID:M435fs1p0
>>7
必要がないから廃れた技術が凄いっていうなら凄いんじゃね?

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:36:20.988 ID:q/5AnDEMa
>>5
航空戦力の有用性を真っ先に証明してから
航空戦力を捨てていくスタイル
まあ空母は物量がモロに出るから
空母中心だと絶対に勝てないだろうが

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:34:12.276 ID:PYib6+3d0
零戦に関してはまだあの時代だとどこの国も試行錯誤してた時代だから

15: こじ ◆jDjYTwtZiI 2019/11/06(水) 00:40:29.795 ID:7E3DzcfYp
海洋国家だし、対空砲の性能が良ければ、日本の大和もムダではなかった
魚雷を何発も耐えてたし。左側面にばかり米軍が集中的に魚雷を撃ち込まれてやられた

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:42:00.760 ID:TESHP6E+0
大和はあれでも最小限の大きさにした
むしろ戦艦としての最高の性能を追求した終着点って感じ

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:45:46.679 ID:TESHP6E+0
時代遅れの大艦巨砲主義とか日本の人命軽視や兵站軽視の無能っぷりや戦線広げすぎとか言われそうだが
全ては物量、戦いは数って事なのよ
物資があれば固い戦闘機も作れるし、ガソリンも確保できるし輸送路も確実に確保できる
空母打撃軍も物量あっての航空隊
とにかく日本は物量が足りない、それだけ

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:46:48.677 ID:2PPcJKPM0
大和はコストやサイズ相応の性能で
作ったのは凄いけど何かが飛び抜けてる訳では無い

零戦はまだ優秀なパイロットもいたし
他国も対策してないから初期はかなり無双した
特に中国で
でも発展性がなかったから戦争中に時代遅れに

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:49:00.561 ID:TESHP6E+0
アメリカ式の余裕ある戦い方は国力と物量あってこその戦い方で
ノルマンディー上陸作戦や硫黄島攻略戦も国力半端な国なら前半戦でもう撤退してる
そんぐらいゴリ押しだから

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:51:03.683 ID:h8Xp/HhS0
攻撃力に全振りしてただけでしょ?

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:51:50.662 ID:TESHP6E+0
アメリカもダサいピラミッド艦作ってコストかかりすぎて未完成のままガワだけで海に浮かべたという

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 00:54:48.792 ID:iGcpbV0da
アメリカに勝てるわけないとかいうけど
戦争前の艦船の数も性能も日本の方が上だったからな
物量込みでも善戦くらい出来ると思うわ
というか、実際にアメリカが軍事費ぶち込むまでは善戦どころか優勢だったし
ただ物量が追加で100来ると見積もってたら1万来ただけだぞ

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/11/06(水) 02:07:43.815 ID:KuWcDpmea
当時の日本の造船技術はそれなりに凄かったよ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年11月08日 10:09 ID:KpKxbvIU0▼このコメントに返信
戦艦や戦闘機を作る技術を持ってる国の一つであることがすごいってことだろ
2.名無しさん:2019年11月08日 10:10 ID:94xqO9Yr0▼このコメントに返信
大和型はワシントン条約違反、ゼロは最新技術情報の集積
3.名無しさん:2019年11月08日 10:11 ID:8SPk6Cyu0▼このコメントに返信
カタログスペック的なものと、あれだけカツカツだったのに当時のアメリカの戦闘機がかなり被害受けているから相対的にってこと
大和に関しちゃスペック的にもあるけど、当時あってしかるべきの艦隊防空戦力があればかなりの脅威だったことは間違いないからだろ
4.名無しさん:2019年11月08日 10:13 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
大和の主砲より、まだ研究開発段階のレールガンのほうがよっぽど強いが
それでも現代の戦争で実践投入するには力不足。最低でも射程300kmは欲しい。
5.名無しさん:2019年11月08日 10:15 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
令和にもなって昭和の遺物みたいな間違った旧軍関連情報が何度もばらまかれる
6.名無しさん:2019年11月08日 10:15 ID:OzKQXo.M0▼このコメントに返信
100レスにも行かないうちにオチた、アホのたわごとスレ記事にすんな。
7.名無しさん:2019年11月08日 10:15 ID:94xqO9Yr0▼このコメントに返信
ちなみに、ゼロ戦は最新技術だったが、日本の工業力の制限で、あれがいっぱいいっぱいw
特に、電装・電動部品が・・・・
8.名無しさん:2019年11月08日 10:17 ID:0k0dNlG40▼このコメントに返信
最近は小知恵をつけた子達の間で後知恵で先人をマウントするのが流行りなの?
9.名無しさん:2019年11月08日 10:18 ID:aXpAO8vb0▼このコメントに返信
ポンポン毎週のように色んなものを作れるアメリカがおかしいだけだ
いっちゃなんだが広大な土地を横取りしたからできた芸当
もとは植民地だったがな
10.名無しさん:2019年11月08日 10:19 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
※8
未来が完全に閉ざされたバカテョンが過去に現実逃避してるだけだよ。
しかもアメリカという他人の褌使ってねwww
そのアメリカももう韓国の完全な敵だというのに。
11.名無しさん:2019年11月08日 10:20 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
※8
知識の内容が間違ってるから後知恵ですらないよ。
12.:2019年11月08日 10:22 ID:TZUtqaas0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
13.名無しさん:2019年11月08日 10:23 ID:.kgbEgIk0▼このコメントに返信
考えても見ろよ。あの時代に有色人種の国家で戦艦から戦闘機から戦車や歩兵装備まで
全部自前で作れる有色人種国家は日本しかない。人種差別全盛の時代にもかかわらず。
14.名無しさん:2019年11月08日 10:23 ID:nUSt.1zq0▼このコメントに返信
また負け犬底辺在日スレ。
15.名無しさん:2019年11月08日 10:23 ID:i7RXf2EJ0▼このコメントに返信
大韓虚報主義

後進国ではつくれない、つまり当時から先進国。以上。
16.悪の総統:2019年11月08日 10:25 ID:jKhKbLQO0▼このコメントに返信
全くすごくなかった
全てがパクリの劣化品ばかり
17.名無しさん:2019年11月08日 10:26 ID:P2K0z6lK0▼このコメントに返信
アメリカが戦時体制に移らず日本が国家総動員体制だったら数字的には勝つチャンスが有った。
初手で既に負け確定なのが酷過ぎる(笑)
18.名無しさん:2019年11月08日 10:26 ID:OzKQXo.M0▼このコメントに返信
※8
そういうバカは昔からいる。
ただ、2ちゃんとかでは、そういうバカがスレ立てても速攻で落ちるから、
2ちゃんを見なきゃ、気にせずに済んだ。

そんなのをここのマトメ主がどんどん記事にするから、目に触れる機会が増えている。
ここも見なきゃ、だいぶ気にしないで済むようになると思うよ。
19.:2019年11月08日 10:29 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
20.名無しさん:2019年11月08日 10:30 ID:TZUtqaas0▼このコメントに返信
※16
お前の祖国は何と全ての軍備が借り物なんだぜw
21.名無しさん:2019年11月08日 10:31 ID:7hoPUbhD0▼このコメントに返信
日本側が一方的に思い込んでいて、近年では否定されつつある大和に関する説

・大和は長射程だから、アウトレンジ戦法によって一方的に敵戦艦を砲撃 撃沈する計画だった。

・パナマ運河通行の制約上 アメリカは大和を上回る戦艦を建造できない。

・大和が魚雷攻撃が片舷に集中したのは、シブヤン海で武蔵が両舷から多数魚雷攻撃を受けてもなかなか沈まなかった事を戦訓に、片舷に集中して転覆を図ったものだ。

22.名無しさん:2019年11月08日 10:33 ID:.kgbEgIk0▼このコメントに返信
風呂椅子はその著書の中で日本の子供は10歳にして50歳の判断・分別などの思考能力があると書き残しているが
これは日本人は平均的に高い知的能力があることを的確に観察している。
すなわち、日本がアジアでいち早く近代化に成功して欧米に劣らない軍備を持った源泉はこうした優れた知的能力によるものと
考えることができるだろう。
23.名無しさん:2019年11月08日 10:35 ID:T.H1kW6i0▼このコメントに返信
大和は航空機優位が証明される前にほぼ完成していた定期
世界で日本が一番空母機動部隊に力を入れていたから大艦巨砲主義は嘘
24.:2019年11月08日 10:39 ID:A5OGK8N80▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
25.名無しさん:2019年11月08日 10:41 ID:.kgbEgIk0▼このコメントに返信
日本人の知的能力の凄さは日本人の中にいると当たり前でまったくわからいなのだが
これから外国人が増えてゆくと日本人の知的能力の凄さが再認識されるときがくるかもしれないね。
風呂椅子が言うように日本人の10歳の子供の知的レベルに到達するのに50年かかる外国人は
少なくないと思われる。
26.名無しさん:2019年11月08日 10:43 ID:2LryFtcv0▼このコメントに返信
今のパクリは部品と外人を集めてお終いだけど
当時はパクリいうても人材育成から全部独学で作ってしまったから凄いんだぞ
27.名無しさん:2019年11月08日 10:45 ID:.0v1ypQQ0▼このコメントに返信
つーか大和という艦自体は良いものだったろ。
その運用が糞すぎただけで。
ずっと使わないで眠らせておいて、既に支援もなくなってから借り出すとか
凄まじくアホな運用をしていた。
28.名無しさん:2019年11月08日 10:48 ID:L0ognml90▼このコメントに返信
大和作ってた当時は後進国じゃないから
終わり
29.名無しさん:2019年11月08日 10:49 ID:m0lp9Xtf0▼このコメントに返信
※2 ワシントン海軍軍縮条約脱退後に作ったのに、どうやれば条約違反できるんだよ。
30.名無しさん:2019年11月08日 10:49 ID:aEgR1Pro0▼このコメントに返信
※6
前回の太平洋戦争に関するスレより

>76. 名無しさん
2019年11月07日 10:26
ここは、ミッドウェー、大和、零戦、でのコメント稼ぎばっかだよね
84. 名無しさん
2019年11月07日 10:38
>>76
やっぱり食いつきがいいからでしょうな。

そして直後にこのスレタイである。
管理人に舐められてるとしかいいようがないわw



31.名無しさん:2019年11月08日 10:53 ID:94xqO9Yr0▼このコメントに返信
※29
脱退したからだよ w
32.NHKニュース(11月8日(金)0936):2019年11月08日 10:58 ID:2yZUY.ca0▼このコメントに返信
>>1
NHKニュース(11月8日(金)0936)


アメリカ🗽エスパー国防長官は『韓.国』に対して『GSOMIA』 継続を求め、説得を続ける模様


🤭間違いなく『韓.国』がアメリカ🗽(軍部)に対して🎌日本🎌に『圧力』をかけてくれ。と泣きついている。🤭(*≧ω≦)🤭🎌🏉⚾⚽🎌
33.名無しさん:2019年11月08日 11:02 ID:Jh4ALTTJ0▼このコメントに返信
ちょっとは自分で本でも読んで勉強すれば?
34.名無しさん:2019年11月08日 11:02 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
当時最新鋭の戦艦で日本を脅しに来た清国。
なお結果
35.名無しさん:2019年11月08日 11:05 ID:QUzVcnl.0▼このコメントに返信
>今まで大して戦争もしていない日本みたいな後進国がなんでそんなもの作れたの?
↑劣等感丸出しのどこかの民族みたいだなw
36.名無しさん:2019年11月08日 11:06 ID:8VGBpyS90▼このコメントに返信
>>16
例えば?
37.名無しさん:2019年11月08日 11:08 ID:sESF6BMs0▼このコメントに返信
日本スゲーは確かにそうなんだけど、こういう奴の殆どがアメ××ポチだから困るんだよ。
最近、酷いのが満州の利権ガーという書き込みな。当時のアメリカが、そんな生易しい訳がない。

米 帝(こう表現するだけ”アカ”だの反論されるが)は、移民によって建国されたから戦争なしには生きられない
そういう国なんだよ。
今の日本人は、現実主義がないのよ。
38.名無しさん:2019年11月08日 11:09 ID:X7JlBYEU0▼このコメントに返信
既存技術を応用して一段優れたものを作る
自他共に認める日本人の長所
大和や零戦がそうなんだろ。
しかし戦争の帰趨を決める核心は科学力にあり
レーダー、ロケット、ジェット、などの発明と発展の方がより重要、
日本は基礎技術力が低く、米英と断絶した時点で
その方面はドイツに頼らざるを得なかった。
八木アンテナの開発と発表など大学やメーカーの研究室レベルでは国際水準だったけど海外との技術交流が途絶えたらそこで停滞してしまう。
指導層は科学技術の素養に欠けた頑迷な人物が多かった。
39.名無しさん:2019年11月08日 11:10 ID:n3CFDBfG0▼このコメントに返信
iphone11がすごいとか言ってるyoutuberとあんまかわらん
40.名無しさん:2019年11月08日 11:12 ID:Z99D9fis0▼このコメントに返信
アメリカが化け物だっただけでちゃんと航空機に注力してた定期
アメリカの方がむしろ戦艦に拘ってたからな。戦後もずっとアイオワ運用してたくらいだし陸軍に予算止められるまでは対大和の戦艦作ろうとしてたし。その上週刊護衛空母月間正規空母してた
41.名無しさん:2019年11月08日 11:14 ID:kq08hGtI0▼このコメントに返信
運用面で現実に即さないだけで技術的には優れてるだろ?
むしろ零戦はダメだった的な意見が近年になって多く上がるのは「日本はダメ」と言いたい奴らがミリオタになりすましてるからじゃないのか。
42.いつもの:2019年11月08日 11:15 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義に最後まで固執し続けたのが日本海軍
世界各国が条約明け後の航空戦に対応し、すべての新型戦艦が30ノット以上の速力をもつのに対し
大和は26ノットという鈍足で、しかも世界の新戦艦が30ノット以上の高速艦だということを知らなかったという
対してアメリカは真珠湾で復旧した戦艦ですら30ノット出せるように改装した

副砲と高角砲を一本化している流れに逆らい別々に装備し、精神力ばかり重視し科学的な研究を怠った結果、
電測装置の開発に大きく後れ機械的な機構でも古く劣った物しか出来なかった
たとえば、砲の装填装置はアメリカ戦艦は全自動で操作員は殆ど居ないのにたいし、日本の戦艦は砲弾を
人力で運ばなくてはならなく、そのため砲弾は一度小さく分解して人力で運び、装填前に再び組み立てなくてはならない
照準装置もアメリカ戦艦がジャイロで波浪の揺れを消して安定させているのに対し、なんと日本の船では人間の手で
装置を上下させているのだ
よくイメージされるのが、照準機を覗き込んだ射撃手がレバーを動かせばそれに合わせて主砲が動くという物だか
大和の主砲の操作方法は、照準機を覗き込んだ射撃手が伝声管で砲塔にいる操作員に方位、仰角を伝える方式だった
こんな方法では、刻一刻と変化する目標に命中させられる訳が無いのだが、当時の日本人は不思議にも思わなかったのだ
続く
43.いつもの:2019年11月08日 11:15 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
続き
船体強度も全く足りず、主砲の9門同時射撃が出来ないため、わざわざ発砲遅延装置を取り付け
衝撃を分散させようとしたがうまくいかず、結局9門同時射撃は禁止されてしまった

装甲の厚さは世界一だというが、戦艦の装甲は厚みではなく船体をどれだけ覆っているかという
装甲率で表されるのが正しい
大和は装甲率54%と世界の戦艦の中で最も低く、これは前級の長門型よりも低い数値なのだ
これではどの戦艦の主砲にも対抗不可能なのだ

日本海軍がようやく現状を理解した時には既に遅く、空母が全滅してからだった あわてて完成寸前だった信濃を空母に改装、4番艦も解体したが遅すぎ信濃は何の役にもたたず撃沈されてしまった

大和型は援蒋ルートを断ち切るための切り札として造られ、これにより大陸問題を致命的に拗らせる原因をつくり
さらに、大和を造りたいと言うだけで条約をガン無視、対日感情を悪化させA級戦犯筆頭の存在となり
海軍の後れた思想のせいで大和型2番艦の武蔵は航空戦の時代に世界で最後に建造された戦艦という
不名誉な船になってしまうことになった
44.名無しさん:2019年11月08日 11:16 ID:TfMmY6Ep0▼このコメントに返信
※13
第一次世界大戦後は日本も差別する側のチームなんですが、それは……
45.名無しさん:2019年11月08日 11:17 ID:2XMfTKoc0▼このコメントに返信
ゼロ戦は装甲を無くして機動力に振った戦闘機だからな。
アメリカは当時でも安全性が保障されていないとか言ってパイロットがストしちゃくらいだからそういうことはできなかった。
まあすぐに装甲もあってゼロ戦を上回る機動力をもつ戦闘機を作ったんだけど。
46.名無しさん:2019年11月08日 11:17 ID:AtcsVj3w0▼このコメントに返信
佐貫亦男さんが「航空ファン」に連載した記事で、米海軍のF6Fヘルキャットの記事がある。短くまとめると
外形はお世辞にも恰好良いとは言えないが、旧型のF4Fの治具工具を部分流用できる量産性が良い胴体と、その上に乗った「前方視界の良い操縦席」、未熟なパイロットにも扱いやすい操縦性、パワーが充分だから頑丈に出来た機体構造、油圧で簡単に折り畳める主翼と主脚、その翼に6丁も装備できた12.7mm機関銃が必要な機能を満たしている。最高速度や上昇力はF4Uより遅いが、日本の主力戦闘機より高速なので問題ない。「機能を満たしていれば見た目などどうでもいいから簡易化して大量生産しろ」という割り切りが戦時には必要だ。
ただし、戦争が終わった途端にF6Fは生産中止。傷物はスクラップ場行き。新品は同盟国に輸出。F4Uコルセアが継続使用されたのとは明暗を分けた。
47.名無しさん:2019年11月08日 11:18 ID:ebSBzs780▼このコメントに返信
大和の主砲をくり抜いたボール盤がつい最近まで現役で動いていたそうだ
48.名無しさん:2019年11月08日 11:18 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
>>2
ワシントン条約が期限付きの条約だと知らないアホ発見
49.名無しさん:2019年11月08日 11:21 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
※45
戦闘機に装備するのは各種防弾装備。
そしてゼロ戦完成当時は防弾装備は無いか消火装置がついてるぐらいが普通。
ゼロ戦と近い世代の戦闘機は防弾装備を追加していくことが多かったが同時に飛行機としてのバランスを失うことも多かった。
装甲といえるようなのを装備しているのは独ソの一部地上攻撃機ぐらいだよ。
50.名無しさん:2019年11月08日 11:23 ID:.0v1ypQQ0▼このコメントに返信
※37
そういうが今のアメリカを見てみろ。北朝鮮やイランとだってそうそう戦争しないぞ。
よほどの理由が必要だ。
日本はアメリカを拒否し過ぎて、よほどの理由を与えてしまったんだよ。
51.名無しさん:2019年11月08日 11:23 ID:gznqBexs0▼このコメントに返信
当時は上から5番目くらいの国だった
そりゃ確かにすごい
でも一番上の国に喧嘩売ってただで済むわけないよねってだけの話
52.名無しさん:2019年11月08日 11:26 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
>>45
F4Fも最初は装甲ありませんでしたが何か?

そして途中から追加された装甲も、「重い」、と言って取り外すパイロットもいましたが何か?
53.名無しさん:2019年11月08日 11:27 ID:QUzVcnl.0▼このコメントに返信
※37
本来安倍政権発足時戦後レジームの脱却は憲法に戦後体制、またはアメリカから脱却し、独自の軍事を自主防衛的持つって観点から安倍政権に投票した人も多かったんだけどねw
今でもそういう人は居るんだけど少数派で当時言ってた事をまったく出来てなく別の方向に向かってる安倍政権批判をやってる。
54.名無しさん:2019年11月08日 11:28 ID:XbEqsnOu0▼このコメントに返信
お前ら分かってないな 大和は今で言えばガンダム
しかし汚いことにアメリカはジオング出してきた訳
55.名無しさん:2019年11月08日 11:29 ID:NHVKwTpR0▼このコメントに返信
WW2題材にしたゲームで自国産兵器選択できる国がいくつあるか考えてみりゃ
選択肢があるだけでどんだけすげぇか分かりそうなもんだけどな
どんだけ弱いだのなんだのと蔑んだところで自力で作ってる時点一流なんだよ
56.名無しさん:2019年11月08日 11:29 ID:2XMfTKoc0▼このコメントに返信
※49
装甲の定義にもよるけどコルセアやヘルキャットは結構な重量を犠牲にして固くしてたろ。
あと座席の背中の部分な。
57.名無しさん:2019年11月08日 11:30 ID:QUzVcnl.0▼このコメントに返信
※54
四の五の偏屈的な議論は要らないんだよなw
単純にあの時代、でかければいいみたいなアメリカ的発想の巨大戦艦を作ってしまった日本という凄まじさw
それだけで十分だ。
58.名無しさん:2019年11月08日 11:30 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
※52
まあ装甲というか防弾板なんですけどね。それも基本的にはコクピット後部にしかつけないし。まれに燃料タンクにつけるぐらい。
59.名無しさん:2019年11月08日 11:32 ID:223r3XOq0▼このコメントに返信
大和は「強い」とかそういうことではなく、戦後の造船技術に貢献した事じゃないかな?
艦首のパルバルスバウ形状の流線型は船首の水流抵抗を減らすし、駆逐艦の対潜ソナー機器を搭載するスペースとなっているし、艦副の水密区画バラストは吃水とバランスを保つことに役立っているよね。
これらは大型貨物船やタンカーの船体構造に応用されている。
60.名無しさん:2019年11月08日 11:32 ID:oMeTLoJe0▼このコメントに返信
大和は凄い。それは間違いない。
ただ戦艦ファンにとって残念なのは、史実に照らすと「強敵を倒したから凄い」のではなくて
「あんな戦艦を造ったから凄い」に留まっていること。
61.名無しさん:2019年11月08日 11:33 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
※56
あれは構造が頑強というべきで装甲とは違うよ。アメリカ機が重いのは軽量化をめんどくさがってただけのことも結構あるよ。
62.名無しさん:2019年11月08日 11:33 ID:NHVKwTpR0▼このコメントに返信
※57
大和は46センチ砲搭載艦としてはものすごく小さいんだけどな
日本人が大好きなコンパクト設計だぞ?
63.名無しさん:2019年11月08日 11:39 ID:umvrdmUp0▼このコメントに返信
※54
ちょっと違う気が
どちらかというと日本がジオング作ったらアメリカからガンダムいっぱい出てきたような感じじゃないかな
64.名無しさん:2019年11月08日 11:42 ID:qnHyNAiI0▼このコメントに返信
こんな話を出来るのも平和な証拠
65.名無しさん:2019年11月08日 11:42 ID:QUzVcnl.0▼このコメントに返信
話は変わるけど現在のアメリカ人からすると日米決戦よりも朝鮮戦争の方が苦い思い出が多いそうだ
66.名無しさん:2019年11月08日 11:43 ID:kcf1plWN0▼このコメントに返信
いつも思うのは卑屈な奴が多いという事だね。
エンジンの性能は零式は低かった分推力不足なので、機体の軽量化と剛性のバランス、旋回能力の向上等かなりの工夫がされている。
航続距離が長い事も零式の特徴と言えます。
何が優れているのか、何が劣っているのかの話だと思いますが…
大和は巨艦による安定性と失われた技術による砲身の作成により命中精度の高い巨砲の艦砲射撃ができた。
やはり凄いとは思います。
戦局の話と凄いという話は別な気がします…
コピーから始めても自己の研究により新しい形に変えていく、日本らしい戦艦、戦闘機だったと思います。

67.名無しさん:2019年11月08日 11:43 ID:9TpCkDEE0▼このコメントに返信
おいらが知ってるのは・・・

ゼロ戦:当時せいぜい航空機にジュラルミンが使われる程度だったころに現代の航空機が使ってる超ジュラルミン(2024系)や超々ジュラルミン(7075系)を使ってた。欧米はゼロ戦の残骸を改修してやっとこれらの合金の存在を知る。

大和:現在車などに使用されている高張力鋼を世界で初めて使用。

当然現代で使用しているこれらの各種合金は高純度でさらなる改良を加えられていて性能はダンチであるが当時の世界の技術より突出していた。

このぐらいしか知らん。
68.名無しさん:2019年11月08日 11:48 ID:g.hAkbLm0▼このコメントに返信
※55
結局あの時代に兵器を自国生産していた国が
基礎技術をもって自動車産業や造船鉄道技術でのし上がってきたわけだしね
69.名無しさん:2019年11月08日 11:48 ID:QUzVcnl.0▼このコメントに返信
※66
そりゃあねっとの議論なんて「ああ言えば、上祐」だからねw
「重箱の隅をつつく」こういう連中が殆どだよw
70.名無しさん:2019年11月08日 11:48 ID:PLttuGg30▼このコメントに返信
>>2
ワシントン条約下で作られた艦船は期限が切れたら改修できるように設計された軍艦ばっかやぞ

重巡洋艦の最上も条約下だと軽巡の主砲積んで軽巡扱いにしてた

あと期限切れ後に就役するように建造したり
71.名無しさん:2019年11月08日 11:49 ID:PLttuGg30▼このコメントに返信
>>5
昭和平成は意図的に、令和は時間経過による情報の不確定化な気がする
72.名無しさん:2019年11月08日 11:55 ID:cx1XKHSS0▼このコメントに返信
どちらも世界標準から見たらワンランクさがる代物。戦後の戦記まんがブームで「凄い!」という評価が固定されただけのこと。あと、欧米からの輸入に頼っていた航空機を彗星のごとく世界水準に近いものを登場させたことは評価に値する。
73.名無しさん:2019年11月08日 11:56 ID:HTKeR.fL0▼このコメントに返信
日本海軍は見る影もなし、ソ連海軍は見掛け倒し、イギリスは同盟国、他は取るに足らない
って戦後のアメリカに言われるくらいには強かったんだろ
74.名無しさん:2019年11月08日 12:00 ID:e1s5FxOx0▼このコメントに返信
大和に関しては攻防性能は世界最強の戦艦
ただしアイオワ級4隻相手にしたら多分勝てない。大和の優位性なんて所詮その程度でしか無いんだよ

零戦に関しては運動性能ばかり取り上げられているけれど
本当に凄いのは航続距離だからな。これについては最後まで連合国軍の戦闘機は勝つことは出来なかった
75.名無しさん:2019年11月08日 12:06 ID:bbfb1.PL0▼このコメントに返信
※74
p51d
76.名無しさん:2019年11月08日 12:11 ID:Jqnezrod0▼このコメントに返信
植民地が殆どだった東南アジアとかの現地の人は、編隊組んで飛ぶ日の丸の飛行機が凄かったと証言してるの見たな。
有色人種が白人に曲がりなりにも兵器で対抗できた。
iphoneが出たばっかりの事は凄かったろ?今は普及して普通だけどさ。ゼロもそれと同じで年と共に陳腐化する。
戦艦大和の計画時は、まだ航空主兵が実証されていなくて、それが証明されたのがマレー沖海戦だからね。
ただ、当時の日本では大鑑巨砲主義から、航空主兵主義に転換する国力が無かったんだ。
並行して日本なりに空母を数多く建造してるし、戦艦よりも多い。
大和武蔵信濃以後、戦艦は作ってないし、信濃は急きょ空母に変更になったしね。
77.名無しさん:2019年11月08日 12:16 ID:EOzKblxi0▼このコメントに返信
零戦はパイロットの安全マージン切り捨ててその分の軽量化で小回り効いてたから優位に立てた。
78.名無しさん:2019年11月08日 12:16 ID:tI8QR6Vc0▼このコメントに返信
造船オタク「駆逐艦に巡洋艦クラスの兵装積めるんじゃね?」
→ 軽巡洋艦夕張完成
79.名無しさん:2019年11月08日 12:16 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
>>76
信濃も完成させる気無かったからね

80.名無しさん:2019年11月08日 12:20 ID:FTcmrB9g0▼このコメントに返信
>>23
最後は日本側戦艦1隻に軽巡と駆逐艦に対してアメリカは戦艦6隻、空母11隻、航空機400弱他艦艇で戦ってるのは無茶過ぎだな。
普通全滅しそうだが、その中で雪風など多数駆逐艦が生還するのもおかしな事だな。
81.名無しさん:2019年11月08日 12:22 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
>>77
安全マージンという言い方するならBf-109の方がよっぽど危険な戦闘機なんだけどな

元々の設計が800馬力級エンジンを載せる前提の機体だったのに1000馬力以上のエンジン載せた上に、離着陸速度の割に華奢な主脚と幅の狭さ

と戦時でなければ失格とされただろうと言われるほど
82.名無しさん:2019年11月08日 12:23 ID:5ydVmc.n0▼このコメントに返信
>>16
むしろ日本の重雷装駆逐艦をイギリスが慌ててパクった時代なんですがそれは
83.名無しさん:2019年11月08日 12:27 ID:FTcmrB9g0▼このコメントに返信
>>27
司令部を置いていた上に石油・弾薬などアメリカに対して日本の継戦能力に問題があったから、派手にドンパチ出来なかっただけだろ。
最後は燃費の良い艦艇もほとんど沈められたからやむなくの特攻。
大和運用以前に短期決戦出来ない相手に戦争したのがそもそもの間違い。
84.名無しさん:2019年11月08日 12:27 ID:Jqnezrod0▼このコメントに返信
※79
横須賀に技術がなかったから呉に回航中にボカチンくらったからな。
なかには女子挺身隊も工事に関わったそうで、多くの学生も海の底。
何もかも遅すぎた。
もう国力が払底してたんだよな。
85.名無しさん:2019年11月08日 12:35 ID:JgZbrm8B0▼このコメントに返信
マクロで見たら戦後の技術にいかされた。ミクロで見りゃ最先端の兵器揃えて海軍は初戦除きゃボロッカス。
86.名無しさん:2019年11月08日 12:35 ID:XyTw2LVY0▼このコメントに返信
知識がないものに評価されても仕方ない。
87.名無しさん:2019年11月08日 12:36 ID:ZsDCgb670▼このコメントに返信
>>54
ワンオフで高級なイメージがあるガンダムの性能は量産型のゲルググと同じなんですが・・・
88.名無しさん:2019年11月08日 12:40 ID:.x3Asq9n0▼このコメントに返信
太平洋戦争前に何回世界規模の戦争に参加したと思ってんだ、このアホイッチ
89.名無しさん:2019年11月08日 12:41 ID:pfNkQRHB0▼このコメントに返信
>>74
>本当に凄いのは航続距離だからな。これについては最後まで連合国軍の戦闘機は勝つことは出来なかった

なんでこんな嘘をつくんだろう
そも過大すぎる航続距離のせいで
ラバウルからガダルカナル島長期離攻撃させられて
多数のパイロットが犠牲になったんだが。
90.名無しさん:2019年11月08日 12:47 ID:pfNkQRHB0▼このコメントに返信
実際の活躍以上に過大にあれこれ言われているのは
日本人、なかんずく国家と自分を一体化させて
日本賞賛=俺が褒められてるって思い込んでる
ネット右翼のコンプレックス解消のための道具に利用されているだけだわ。大和と零戦は
91.名無しさん:2019年11月08日 12:48 ID:ya28lBQP0▼このコメントに返信
> 大和は空母の時代だからクソでか戦艦なんて誰も作らなかったのになぜか作っちゃっただけで別に凄くないぞ
時系列が全く頭の中に無いアホだなコイツ
92.名無しさん:2019年11月08日 12:52 ID:DbmQVzPQ0▼このコメントに返信
ワシントン条約は国辱という者も居ったが
何しろ底なしのアメリカの建艦数字を日本の
1.66倍に留め置けられる優れもの
放っておいたらあっと言う間に10倍、20倍だからな
その辺は理解しておかないとダメだよ
しかし何で底なしの工業力のアメリカに勝てると
勘違いしたんだろうな
「日本に勝つる」と日夜念じているという下朝鮮みたいなものか
93.名無しさん:2019年11月08日 12:52 ID:FTcmrB9g0▼このコメントに返信
>>40
更にアメリカ側の零戦の評価が高く敵性技術習得も熱心だったね。
逆に日本はなめ過ぎてた。
94.名無しさん:2019年11月08日 12:56 ID:BPhq.2Yu0▼このコメントに返信
総合国力では数段落ちる日本が列強扱いしてもらえたのは
連合艦隊があったから。
 
大和を批判するなら大日本帝国の建国理念である
大艦巨砲主義主義から批判しないと。

95.名無しさん:2019年11月08日 12:58 ID:DbmQVzPQ0▼このコメントに返信
※80
大和(沈没)、矢矧(沈没)、朝霜(沈没)、霞(沈没)、磯風(沈没)、濱風(沈没)
初霜(生還)、雪風(生還)、冬月(生還)、涼月(生還)

駆逐艦は8隻出て、4隻生還だな。「多数」とは言い難いが
96.名無しさん:2019年11月08日 13:00 ID:6qssQfzH0▼このコメントに返信
日本軍はアメリカと勝てる戦争何もしていない
受け身の戦争ばっかり
阿保軍アメリカとやる気まったくなし
こらーーーー

97.名無しさん:2019年11月08日 13:00 ID:7KWRaiTc0▼このコメントに返信
黒船コンプレックス拗らせた結果だろう
98.名無しさん:2019年11月08日 13:04 ID:bbfb1.PL0▼このコメントに返信
※37
アネリカは一枚岩じゃないよ、より儲かるほうへ傾くし、似非ヒューマニズムで釣れる
99.名無しさん:2019年11月08日 13:05 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
※94
もしかして「列強」が全部アメリカ並の国力だったとでも思ってる?
100.名無しさん:2019年11月08日 13:07 ID:bbfb1.PL0▼このコメントに返信
※76
だから、「太陽の帝国」を観ろって
101.名無しさん:2019年11月08日 13:08 ID:IrpxD5in0▼このコメントに返信
※94
大和を批判するなら大日本帝国の建国理念である大艦巨砲主義

いやこんなもん建国理念でもなんでもないから
勝手にアホな建国理念をでっちあげないで
102.名無しさん:2019年11月08日 13:09 ID:Gi7rhQ9F0▼このコメントに返信
誤解があるが戦前の日本はG5の一員で国連常任理事国、世界5位の軍事力を持ってたからな?
造船は海洋国として開国以来力を入れていたから同時期の先進国の中でも技術的に目劣りするものではなかった。
一方航空機に関しては遅れていて、特にエンジンは先進国の中でも旧式だった。だが、日本パイロットの猛訓練主義と近代軍用機の本格投入が始まった中国戦線で実戦経験を積んでいたため、アメリカとの開戦当初は優勢を保っていた。しかし、パイロットは消耗して行くので育成が追いつかなくなり、アメリカはより強力な軍用機を開発・投入して来たためゼロ戦の優勢はなくなった。
103.名無しさん:2019年11月08日 13:10 ID:Gi7rhQ9F0▼このコメントに返信
>>42
清々しいほどの無知。
104.名無しさん:2019年11月08日 13:12 ID:Gi7rhQ9F0▼このコメントに返信
>>54
ちょっと違う。大和はビグザムだよ。
戦いは数だよ、兄貴。
105.名無しさん:2019年11月08日 13:14 ID:BPhq.2Yu0▼このコメントに返信
※101

でっかい大砲を積んだ黒船を日本も作って西欧列強に対抗するのは
リョーマさんやカイシューさんたち明治の志士さんたちが
みな共通に目指した夢やで。


106.名無しさん:2019年11月08日 13:15 ID:bbfb1.PL0▼このコメントに返信
※85
戦後の日本の工業力は、アメリカの指導の賜物だということは、タブーなのか?
107.名無しさん:2019年11月08日 13:15 ID:Gi7rhQ9F0▼このコメントに返信
>>66
卑屈というか事実だからじゃね?
太平洋戦争が始まるまでに航空機用の高性能エンジンの国産化が間に合わなかった、これだけの話。
108.名無しさん:2019年11月08日 13:16 ID:lNijkK330▼このコメントに返信
零戦なんて所詮一発屋のびっくりドッキリメカ
すぐに一撃離脱徹底される
そもそもレーダーに捕捉されて上空から襲われたら性能差とかナシに負けだから
109.名無しさん:2019年11月08日 13:20 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
>>84
女工を載せてったっけ?そんな話初めて聞いたが?

造船の現場に女工って居たっけ?
部品とかの製造現場じゃなくて?

それに信濃の回航理由は空爆の可能性が高まって、それを回避するためと言うのが理由じゃ無かったか?

110.名無しさん:2019年11月08日 13:21 ID:Gi7rhQ9F0▼このコメントに返信
>>74
航続距離を伸ばそうと思えば伸ばせるよ。現にアメリカの実験機ではゼロ戦よりも遥かに長い航続距離を達成してる。
ただ、オートパイロットやレーダー管制の無い時代に10時間とか操縦させてから戦闘やらせるなど殺されに行くようなものだから採用しなかっただけのこと。
あとゼロ戦の航続距離が長いのは羽の中までガソリン積んでたからで、それが被弾で火災が起こりやすくなる致命傷になったから褒められたもんじゃないよ。
111.名無しさん:2019年11月08日 13:21 ID:YJ.eJyW90▼このコメントに返信
日本は維新以降戦争に次ぐ戦争で、戦術のスタンダードもいくつか確立してるくらいなんだが。
民間向けの技術は進歩が遅かったが、兵器については別。まあ旧ソ連みたいなもんで、民間がしょーもないから兵器の性能も次第に差を広げられて行ったんだが。
112.名無しさん:2019年11月08日 13:22 ID:Gi7rhQ9F0▼このコメントに返信
>>100
韓国人じゃないんだから映画は映画であって歴史じゃないよ。
113.名無しさん:2019年11月08日 13:22 ID:AeEKmxfN0▼このコメントに返信
>>なんか大和の主砲はもう再現できないとかいうじゃん?
厳密に言えば再現は可能当時製造された際の工作機械はまだ残ってるし、問題は再現する必要がないし莫大な資金が必要・・
114.名無しさん:2019年11月08日 13:25 ID:0Su.Vet00▼このコメントに返信
大和は46サンチ砲を横に向けて一斉砲撃しても転覆しない!!
のが凄いらしい。
全力で殴っても骨折しないみたいな??
115.名無しさん:2019年11月08日 13:27 ID:Gi7rhQ9F0▼このコメントに返信
>>45
違うよ。高出力のエンジンを大量生産出来なかったから泣く泣く削るしか選択肢がなかったんだよ。
116.名無しさん:2019年11月08日 13:28 ID:Gi7rhQ9F0▼このコメントに返信
>>43
ここまで全部間違ってると訂正する気もおきないな。
117.名無しさん:2019年11月08日 13:30 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
※104
ガンダムで例えようとすると要素がバラバラに散らばってるから案外難しい気がするぞ。
モビルスーツ隊(空母)が途中で全滅して、
ムサイやドロスだけ残っちゃったようなものか。
118.名無しさん:2019年11月08日 13:32 ID:cOXVPBtz0▼このコメントに返信
実際に単品レベルでは凄かったじゃろが!
イッチあほか!
問題は国力が30倍のアメに目を付けられて喧嘩吹っ掛けられたこと!
当時のアメはイケイケドンドンの帝国主義!
119.名無しさん:2019年11月08日 13:33 ID:c6TF2q8V0▼このコメントに返信
質ではなくて連合国の圧倒的な物量で負けたことにしたいからだ
ドイツのティーガー、日本の零戦はその象徴
120.名無しさん:2019年11月08日 13:34 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
>>116
このコピペは全部間違ってるからこそ正解なんだよ

なんたって、これまでのネットやTV新聞とかで見たアホ発言のまとめなんだから
中にはこのサイトのコメ欄にあったアホ発言を追加してくれというリクエスト受けて追加した部分もあるんだし
121.名無しさん:2019年11月08日 13:53 ID:FTcmrB9g0▼このコメントに返信
>>7
少なくとも航続距離が当時は異次元レベルで、設計者は空母の価値を押し上げた最大の功労者だな。
122.名無しさん:2019年11月08日 13:55 ID:66G4KGoT0▼このコメントに返信
>>74
>ただしアイオワ級4隻相手にしたら多分勝てない。大和の優位性なんて所詮その程度でしか無いんだよ

多分ではなく絶対勝てないだろうよ
123.名無しさん:2019年11月08日 13:56 ID:FTcmrB9g0▼このコメントに返信
>>82
明治維新から70年後にパクられる側になるとは誰も予想しなかったろうな。
124.名無しさん:2019年11月08日 14:08 ID:TJnoyi2j0▼このコメントに返信
後からならなんとでも言えるわな。
ヤマト着工当時なら、アレこそ最高戦力になハズだったんだよ。
先見の明がなかったって意味じゃ、開戦した時点からそうなんだから言ったって仕方ない。
125.名無しさん:2019年11月08日 14:14 ID:5ydVmc.n0▼このコメントに返信
>>85
技術屋だけは有能だったわけやな。
今も変わらんやん。
126.名無しさん:2019年11月08日 14:15 ID:bS4oJx3Y0▼このコメントに返信
後進国でもなかったし素養があったからだろ?
パクりしか能が無かったら金剛型を延々作り続けてたわい。最先端の戦闘機なんてとてもとても。
127.名無しさん:2019年11月08日 14:22 ID:5ydVmc.n0▼このコメントに返信
>>92
当の海軍がそれを理解せず、統帥権侵犯問題を起こしてる時点でお察しやぞ。
128.名無しさん:2019年11月08日 14:24 ID:5ydVmc.n0▼このコメントに返信
>>94
「大日本帝国の建国理念である大艦巨砲主義」
ツッコミのしようがねーぜッ‼︎
129.コロンブス:2019年11月08日 14:26 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
日本の文化や科学レベルが当時でも世界の最先端だったということをどうしても認められない
いじけた連中がいるということがよく分かる。
130.名無しさん:2019年11月08日 14:26 ID:Xhahebro0▼このコメントに返信
ゼロ戦の思想は「当たらなければ、どうということはない」っていう思想。同じことをほざいた奴と同様に、最終的には敗者になった。
131.名無しさん:2019年11月08日 14:28 ID:cx1XKHSS0▼このコメントに返信
>>109
韓国人慰安婦だよ!!
132.名無しさん:2019年11月08日 14:31 ID:bS4oJx3Y0▼このコメントに返信
※106
アメリカから技術顧問を雇ったりはしたが日本が自発的にやったことであって、アメリカ合衆国からの指導では無いね。
日本で有名なデミング博士はアメリカ人だが1980年過ぎまでアメリカでは全くの無名だったりする。
133.コロンブス:2019年11月08日 14:33 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※106
こういうのが洗脳工作。
アメリカのおかげでなんてない。アメリカは教えてくれていない。
日本が自分で獲得した。
134.名無しさん:2019年11月08日 14:34 ID:69lRa.jw0▼このコメントに返信
日本が羨ましい荷だー
135.コロンブス:2019年11月08日 14:35 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
私のゲームの中では戦艦は大活躍。
艦隊戦は殆どやらない。艦砲射撃のみ。
136.名無しさん:2019年11月08日 14:37 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
※130
計画、設計時にそんな思想はないよ。後付けの思い込みに過ぎないね。
137.名無しさん:2019年11月08日 14:37 ID:bS4oJx3Y0▼このコメントに返信
※130
その零戦に負けた国はいっぱいあるんだけどな。日本は連合国に負けたよ?連合国アメリカに負けた。
だがあの当時アメリカ以外のどこが日本に勝てたって言うのさ。
オランダは植民地を失いイギリスは派手に連邦を失った。中華民国?結局台湾に逃げる羽目に遭ってる。
中華人民共和国はそもそも存在してない。
138.名無しさん:2019年11月08日 14:37 ID:myDQtZAW0▼このコメントに返信
>>5
それだけ左翼唯物論の影響が大きい、ってことだよ。資料はたくさんあっても、読まずに理念で歴史を語る癖ってなかなか抜けないのさ。そういう連中がいまだにマスゴミのトップを牛耳ってるし、そいつ達の子分の劣化コピー連中もいまだに増殖中。
139.名無しさん:2019年11月08日 14:41 ID:5ydVmc.n0▼このコメントに返信
>>102
G5先進国首脳会議(現G7主要国首脳会議)の設立は戦後やぞ。
補足やが、戦前の初期国連常任理事国は英・仏・伊・日(後に独・ソも理事国入り。但し伊・日・独は脱退、ソは除名)。
G5の初期構成国は米・英・仏・独・日(後に伊・加・露が加入。後に露は除名)や。

誤解があると前置きするなら、誤解の無いコメを書きたまえ。
140.名無しさん:2019年11月08日 14:46 ID:5ydVmc.n0▼このコメントに返信
>>114
46サンチ砲で骨折しない為の大和やけどな。

っていうかサンチ呼びって、オメーさてはガチ勢だな?
141.名無しさん:2019年11月08日 15:10 ID:.8v7vELr0▼このコメントに返信
>>115
泣いてもいないし削ってもいない

要求項目に防弾能力の項目は無かったんだから
無いものをどうやって削るのさ
142.名無しさん:2019年11月08日 15:19 ID:f5bj8Lxf0▼このコメントに返信
※132
竹中平蔵は、小泉に重用されるまで、無名の学者である。って言ってるのと同じ。
めんどくさいから「アメリカ」って書くけど、アメリカ政府って意味で使ってないからな。
何でも、官制だと思うのは、日本人の習性w
143.名無しさん:2019年11月08日 15:20 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
bf109なんかは燃料タンクがパイロット席後方を覆うような配置でタンクに被弾するとパイロットが直接火葬される素敵仕様だったが、F型(E型の後ろのほうもついてたかも)あたりまで防弾版は装備されてない。
144.名無しさん:2019年11月08日 15:29 ID:VadrN7i80▼このコメントに返信
>>93
ドイツはともかく日本から技術習得???

戦後はドイツの科学技術者は米ソの囲い込み合戦で宇宙が開発に貢献したけど
日本の場合はそんな騒動皆無だったけどな
145.名無しさん:2019年11月08日 15:35 ID:.2BXMNY50▼このコメントに返信
>>66
逆に俺は日本軍を過大評価しすぎな面が多いと思うがな。講談を史実の様に捉えてきた弊害だと思うけど
ま、これは個人個人の考え方だけど。
146.名無しさん:2019年11月08日 15:42 ID:PCftoIcp0▼このコメントに返信
>>135
だからなんだ
ゲームなんぞにうつつを抜かさずに
働いて国家に貢献しろよ無職ジジイw
147.名無しさん:2019年11月08日 15:44 ID:PCftoIcp0▼このコメントに返信
>>129
科学レベル?
大半が欧米のコピーですが何か?
148.名無しさん:2019年11月08日 15:45 ID:WBLxDkaz0▼このコメントに返信
このスレの>>1は何を勘違いしていたんだ?
あの当時でも日本は先進国の一角だぞ?
149.名無しさん:2019年11月08日 15:47 ID:WBLxDkaz0▼このコメントに返信
※147
先人の技術を習い、発展させるなんて当たり前の話だぞ?
「車輪の再発明」なんて余程の事がない限りしないしできない

「なんでも一からできる」「そういう奴が偉い」なんて妄想する奴は
何一つ産みだせないし、何一つ進めないで滅んでいくだけよ
150.コロンブス:2019年11月08日 15:50 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※146
私は世界・人間のために役に立つべく派遣された人間だ。
お前等を駆逐するのがその最大の貢献となる。
奴隷として働き私に貢げ。
151.名無しさん:2019年11月08日 15:58 ID:BSaQyxmu0▼このコメントに返信
>>127
山本五十六、米内光政のような、それを理解してた条約批准派も居たんだけどね。海軍のような機械対機械の戦いじゃ、
精神論は入り込めないし、何で強硬派がのさばるようになっちゃったのかが最大の謎。
152.名無しさん:2019年11月08日 15:58 ID:MhKNjfXQ0▼このコメントに返信
>>137
オランダを負かしたのはインドネシア人自身だ
イギリスはラグビーw杯を見てもわかる様に旧英連邦と仲良しこよし。
未だに歴史を巡って周辺国から謝罪と賠償を求められて摩擦を生じさせてる日本と大違い。
日中戦争で国民党を弱体化させて一党独裁の中華人民共和国成立に大きく貢献した日本
ほんと馬鹿馬鹿しいわ。
153.名無しさん:2019年11月08日 16:01 ID:l7u8b1pF0▼このコメントに返信
>>150
現実世界では負け組で、ネットやゲームといった仮想世界に逃避している中年ジジイだろお前はw w w


154.名無しさん:2019年11月08日 16:05 ID:Q4mq2Kca0▼このコメントに返信
>>133
>アメリカは教えてくれていない。
日本が自分で獲得した。

単なる技術ドロボーじゃないかそんなん。
155.名無しさん:2019年11月08日 16:17 ID:b7qThOVJ0▼このコメントに返信
知恵遅れスレ主か
これだけ書籍があり情報も豊かな時代に自分で勉強しないのはゴミだわ
156.名無しさん:2019年11月08日 16:27 ID:qGeaDTjm0▼このコメントに返信
在コがコリエイトしても歴史的事実は変わらないよ
157.名無しさん:2019年11月08日 16:33 ID:oPLv3NHh0▼このコメントに返信
スレ主は日本が第二次大戦以前はいわゆる現在でいうところの常任理事国だったのを知らないのでは?
人種差別撤廃を求めた事が白人社会主義に睨まれたんだと俺は感じるね。
弱肉強食の世界じゃ色は関係無い。強い者が勝つ。その中に日本が居た。
それを人種差別を無くそうとか、いわゆる八紘一宇みたいなのは弱肉強食世界には必要無いからね。
しかし何故かww2後、例えばアジア大陸の盲腸半島国家が北と南でありながら西側と東側の軍事境界線が出来た。
何故なのか?
答えは1つ。あの半島国家を率いる奴ら達が馬鹿だから。これに尽きるかと。
小狡さといやましさだけは人一倍、しかしながら大局を見る眼も頭も無い。
自分達の上にあるものを(通称、目の上のタンコブとも言うが)何とかしたいと、、有る事無い事でっち上げて日本の上に立てば日本に勝てる!
みたいな謎妄想国家。
そのためには幾らでも嘘を吐くし幾らでも約束を守らないと言う、それこそただのブーメラン国家。
辻褄の合わない整合性の全くない意味不明な国家基準を掲げて世界基準を罵倒する阿保な国って言ったら韓国しか見当たらない。
北はもう少しマシかな?って言うレベルだけれども、本当、あの半島連邦国家だけは盲腸と同じで切り捨てて全く構わないと確信する。
もうジムロジャースは逝って良いよ。
158.名無しさん:2019年11月08日 16:37 ID:BSaQyxmu0▼このコメントに返信
>>128
海軍よりむしろ政府がそうだったんじゃない?何しろ日露戦争の艦隊決戦は実績があったけど、航空兵論はWW2が始まるまで
証明不可能だったから。国としても海軍の為に在るわけじゃないから、実績の無いバクチに巨費を投じる訳にはいかない。
敵より手強い予算の壁!戦艦と空母の両方通しちゃったアメさんがバケモンなだけ。
159.名無しさん:2019年11月08日 16:38 ID:bS4oJx3Y0▼このコメントに返信
※154
泥棒ならそう思う。オマエは「技術は盗め」の意味をまるで判ってない。
ものに出来てこその技術。チラ見しただけでは技術の全貌は掴めず、結局自分の中で補完するしかない。
補完する素養こそが肝心。ただの泥棒では素養に欠けるんで、結局ハンパなままそれまでよ。
必要な技術は得られず、応用だのその後の技術の発展だの夢の又夢。特亜諸国じゃザラに見る。
空母とかな、ロケットとかな、最近だとCPUか。
160.名無しさん:2019年11月08日 16:44 ID:BSaQyxmu0▼このコメントに返信
>>158
航空兵論じゃなくて航空主兵論でした。
161.名無しさん:2019年11月08日 16:44 ID:BPhq.2Yu0▼このコメントに返信
※128

黒船をイッパイつくるために
志士の皆さんは維新成し遂げたんやで。
162.コロンブス:2019年11月08日 16:47 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※154
お前は真性の泥棒だろう。
日本から出て行けよw
二ダっていえw
163.コロンブス:2019年11月08日 16:49 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※153
お前は自分が負け組だからそう思うだけだ。
底辺w

何か経済論でも書いて見ろ。採点してやる。
164.コロンブス:2019年11月08日 16:53 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
江戸末期、他のアジア人は欧米の技術を見て無視するかコンプレックスの裏返しで馬鹿にした。
日本人は技術を学ぼうとした。
欧米人はチャイナに軍艦は売ったが技術を教えてくれたわけじゃない。
日本人は高い金を払って学んだ。

向こうがどうぞこの技術をお使いくださいと言って教えてくれたとでも言いたいのかという馬鹿がへばりついているようだが、お笑いだな。
165.コロンブス:2019年11月08日 16:58 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※153
実力、頭で勝てない馬鹿がネットで必ず取る行動。
それは
誹謗中傷
「無職じじい」とか。
これは完全な『ヘイト』だな。
訴える。
名前と住所を書け。
166.名無しさん:2019年11月08日 17:24 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
※158
航空戦の勝利が陸海戦の勝利に直結するっていうのはww1の時点でだいぶ明確になっていましたよ。
どこまで航空機に比重を置くのかとか方法論の差ぐらいですね、各国で違うのは。
航空機を重視したくてもお金がなくてドイツに抵抗できるだけの航空隊を編成できなかったポーランドやフランスなんかの例もありますしね。
167.名無しさん:2019年11月08日 17:32 ID:ibFwY8Tw0▼このコメントに返信
航空技術は、新幹線へ。
168.名無しさん:2019年11月08日 17:34 ID:iLHblqeT0▼このコメントに返信
戦争したことも無いって、大和造ったWW2のちょっと前にWW1があっただろうが。
まぁ、日本は青島のドイツ軍をやっつけただけだったけど。

日本が戦争してないのは、WW2の後の話だからな。
169.名無しさん:2019年11月08日 17:37 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
※165
ゲスパーのほうが近い希ガス
170.コロンブス:2019年11月08日 18:07 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※169
朝鮮馬鹿学生は馬鹿だと思わないか?w
なぜなら馬鹿だからですw
馬鹿にされてるぞ。テロだテロ。
171.名無しさん:2019年11月08日 18:16 ID:Y6NwUVq.0▼このコメントに返信
パクリがぁ~
大和の18インチ砲とか何処からパクったの?
172.名無しさん:2019年11月08日 18:19 ID:kcf1plWN0▼このコメントに返信
※72
別にワンランク下がって無いよ。
技術論の話ならコンパクトなのに世界最大の主砲を持つ旋回性能の高い高速戦艦だった。
世界で覇を競う戦艦だったよ?
零式に関しては機体重量を軽くする事で継戦能力を向上させた事、旋回性能を上げる事で運動性能を上げている事で航続距離の長い戦闘を実現した戦闘機です。
弱点としてはエンジンの出力、過給機の研究不足等があり高速上昇、高硬度飛行に難はありましたが名機として上げられる性能は有していたと考えるのが妥当だと思います。
173.名無しさん:2019年11月08日 18:21 ID:kcf1plWN0▼このコメントに返信
※130
最終的に敗者になると凄くないの?
174.名無しさん:2019年11月08日 18:25 ID:kcf1plWN0▼このコメントに返信
※166
航空兵力は対地戦における優位性までが証明されており、海上戦においても期待されていた。
それを戦場に持ち込み大規模な航空魚雷戦を展開したのは日本の狂気とも言える発想でした。
175.名無しさん:2019年11月08日 18:36 ID:kj3zBI2W0▼このコメントに返信
戦前の日本人にはロマンと潔さがあった

現代日本人は腑抜けそのものミジンコイカ
176.名無しさん:2019年11月08日 18:37 ID:Rqph4jbY0▼このコメントに返信
単純に技術大国だったから
敗戦に追い込まれたのは政治家や官僚が保守的かつ頭が固くて時流を読み違えたのと自前の次世代(当時)資源を持たなかったから
177.名無しさん:2019年11月08日 18:40 ID:ty.0ObFo0▼このコメントに返信
冶金技術が欧米と比較して同レベルなんてことはなかったが
未開のアジアでまがりにもエンジンを作れた、というのは当時としてはとんでもなく破格にすごい
178.名無しさん:2019年11月08日 19:00 ID:bS4oJx3Y0▼このコメントに返信
※177
苦手なとこはあっても、ダメはダメなりで使えるものに仕上げるのだって技術だし創造性だよ。
こういう風にしか作れない、と言う物を作りあげたっていうことは、最適解に近いものを作ったとも言える。
少なくとも日本は複葉機程度の物くらいしか作れない思われてたのが、世界最強の戦闘機を作ったわけだ。
今で言えば北朝鮮がF-22をしのぐ戦闘機を作るくらいセンセーショナルな事だと思う。
ほんの一時期であっても最先端の分野で世界一のものを作るって並大抵ではない。
179.名無しさん:2019年11月08日 19:29 ID:f5bj8Lxf0▼このコメントに返信
※175
こういう思想の象徴っだから、「大和・零戦」神話で、めしうま 商売。

だから、何度も言うが、「太陽の帝国」を見ろよ
180.名無しさん:2019年11月08日 19:31 ID:KH4IwxAm0▼このコメントに返信
*174
既に第1次世界大戦で魚雷で戦艦を沈められることはわかっていた

第2次世界大戦でもイギリスが航空機の魚雷攻撃で戦艦を沈められることをタラントで実証している

さらにイギリスは戦闘行動中の戦艦に対しても航空機の魚雷攻撃が有効であることをビスマルク追撃戦で実証した(タラントは停泊中の戦艦を攻撃)

真珠湾攻撃やマレー沖海戦はタラントやビスマルク追撃戦より後のことで、何か新しいことをやってみせたわけじゃない
181.名無しさん:2019年11月08日 19:37 ID:z8hg3UF10▼このコメントに返信
零戦が恐れられたのは防御を無視した軽量化、それによる運動性能と航続距離、あとは中国で実戦を経験してるパイロットだ。
太平洋戦争も後半になるとぼろくそだろ。
182.エンアカーシャ:2019年11月08日 19:52 ID:Xy5w0LGf0▼このコメントに返信
中国や、韓国には、
<戦艦><戦闘機>が、無かったからですよ、

羨望してるんじゃないの?。
183.名無しさん:2019年11月08日 20:08 ID:SGr3ol2n0▼このコメントに返信
※91
ちなみに大和型(2+α隻)よりも後に建造された戦艦はアイオワ級(4隻)、ヴァンガード(1隻)、リシュリュー級(2隻)
なお、後者の三隻は戦後生まれ。

ついでに言えば、時計の針をもう少し戻して軍縮条約後に建造された戦艦の数となるとやっぱり大和型(2+α隻)しか作っていない日本とバンバカ作り出した欧米との数の差は洒落にならないほど広がりますけどね・・・。
184.名無しさん:2019年11月08日 20:20 ID:cLc9Ev5Q0▼このコメントに返信
※182
また中国韓国

本当に大好きだねw
185.:2019年11月08日 20:22 ID:4JpAloYh0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
186.名無しさん:2019年11月08日 20:30 ID:P0FXM3Up0▼このコメントに返信
あの頃の参謀どもに反省文書かせてみたいわ!?
187.名無しさん:2019年11月08日 20:38 ID:.2D8QTwC0▼このコメントに返信
※59
大和の主砲を回転させる技術が、ホテルニューオータニの回転展望レストランに生きてるね

188.名無しさん:2019年11月08日 20:42 ID:KdQfLCOV0▼このコメントに返信
※172
>弱点としてはエンジンの出力、
話が逆じゃない?
エンジン出力が小さいからそうせざるを得なかったんじゃないの。
189.名無しさん:2019年11月08日 23:05 ID:xsCdjg.N0▼このコメントに返信
船体の設計技術はそれなりの先進国
ただ、戦闘機のエンジンとかもそうだが、もろもろの構成部品がいまひとつ一級品で無い
工業のすそ野が狭かった 国力が総力戦に対応していない
190.名無しさん:2019年11月08日 23:17 ID:CPPzjwnC0▼このコメントに返信
八木アンテナも蔑ろにしてたな
191.名無しさん:2019年11月08日 23:28 ID:FCOxkyCB0▼このコメントに返信
零式のフラッター問題とかくらい出てると思った。
192.名無しさん:2019年11月09日 00:15 ID:G0RRP1z30▼このコメントに返信
>>166
海軍陸軍共にWW1を熱心に研究してたから、当然彼らは分かってただろうに、政府をうまく説得出来なかったんですかね。
193.名無しさん:2019年11月09日 00:55 ID:.ElSm64D0▼このコメントに返信
グラマンF6Fヘルキャット

高速で、武装に勝り、操縦は容易。ひとことで言えば、ヘルキャットは
艦上戦闘機における技術と設計の傑作である。(バレット・ティルマン)
2000馬力級のブラット&ホィットニーR2800ダブルワスプエンジンを搭載
したヘルキャットは、零戦よりも高速で、機動性が高くより頑丈で高々度
を飛ぶことができる。
194.:2019年11月09日 00:56 ID:.ElSm64D0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
195.名無しさん:2019年11月09日 01:01 ID:c7gHVR1p0▼このコメントに返信
※192
WW1(当時は1とは付いてないが)を研究して日本陸海軍が認識したのは、日本は世界大戦をやり抜く国力を持たないという事
日露戦争の全期間分の大砲の弾を一日で使ってしまうような大戦だったので、日本には真似ができなかった
貧乏が悪いのよ

※193
あくまで本命のF4Uの保険の機体ですけどね
だから戦後にはF4Uに取って代わられ、すぐ引退してしまった
だけど必要な時に必要な数が揃えられたのが強みだった
196.名無しさん:2019年11月09日 04:09 ID:DotWp95h0▼このコメントに返信
※195
P-51なんかもそうなんだけど、すでに日独空軍がボロボロになってから登場した戦闘機なんですよね。死体蹴りで大活躍しただけ。
197.:2019年11月09日 05:46 ID:eHjl6H4R0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
198.名無しさん:2019年11月09日 06:11 ID:6y4Y2NGB0▼このコメントに返信
※182
中国もだぞ。定遠の実物大レプリカ作るくらいだし、
西太后が軍艦代横領して頤和園作らなかったら黄海海戦で日本に勝ってたとか未だに言ってるわけでな。
199.名無しさん:2019年11月09日 07:08 ID:POvi5x0G0▼このコメントに返信
あの当時の戦艦で一対一なら負けないぐらい凄いが、所詮戦争は数ですよ。
戦略が根性論の日本では勝ち目がない。

今の日本の産業と同じで、物は良いが世界で売れる戦略をおろそかにして中国などにシェアを奪われた。

大和を作った日本の技術は凄いが、運用した大本営は凄くなかった…というのが結論。
200.名無しさん:2019年11月09日 08:19 ID:dsZFsJJh0▼このコメントに返信
てか、大和の建造計画は1937年から
世界初の航空機による戦艦撃沈は1942年

それまでは航空機による戦艦撃沈は夢物語だったので、大和は時代に即した設計だったんだけどね

その後他でもない日本が航空機による戦艦撃沈と言う分野の可能性を開いてしまったので、時代に置いて行かれてしまった悲運の戦艦とは言える
201.名無しさん:2019年11月09日 10:42 ID:.ElSm64D0▼このコメントに返信
キ61(飛燕)とキ100(五式戦)

1945年の3月、新しい優秀な迎撃戦闘機が日本上空に現れた。この新戦闘機
はF6Fヘルキャットよりも優れ、強力なP-51Dマスタングとも互角であった。
連合軍のどの識別表にも登場していない川崎キ100は、アメリカ軍に深刻な
ショックを与えた。

陸軍はキ61飛燕の機体があまっていることから、この機体に空冷星型エンジン
を据え付けることを決めた。選ばれたのは直径の大きな三菱ハ112-Ⅱエンジン
で液冷装備で設計された機体に空冷エンジンを取り付けるのは大変な仕事だ
った。キ100は素晴らしい技術的達成により、7週間後の1945年2月1日には、
試作初号機が初飛行している。

性能は期待以上で、鹵獲したP-51Cとの模擬空中戦でも互角だった。キ100は
速度は劣ったものの、運動性と降下性能では明らかに優位にあり、パイロット
の技量が同等ならばキ100が勝つと結論された。キ100の中低高度性能は優秀
で1945年5月に登場するP-51Dを除けば、連合軍のどの戦闘機よりも勝っていた。
しかし、高度7000m以上では性能が急激に低下した。
202.:2019年11月09日 10:42 ID:.ElSm64D0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
203.名無しさん:2019年11月09日 11:24 ID:DotWp95h0▼このコメントに返信
※202
無線が弱いって陸軍機としては珍しいね
204.名無しさん:2019年11月09日 13:10 ID:Bf.Y59Iz0▼このコメントに返信
大和で大艦巨砲主義って言われがちだけど
大和の計画は航空戦力の実用性証明されてない頃のものなんだよ
むしろ日本は証明されてからは一切戦艦建造してないんだよな
証明されてからアイオワ級とかヴァンガードとか建造しちゃう米英の方がよっぽど大艦巨砲主義なんだよなぁ
205.名無しさん:2019年11月09日 13:16 ID:Bf.Y59Iz0▼このコメントに返信
大和の技術はニューオオタニの回転レストランに生かされてるな
大和主砲設計した人の設計で
あの砲塔を滑らかに回すのに比べたらただのおもちゃ
的な事言い残してる

当時ニューオオタニのレストラン行った外国人からはこんなに振動なく滑らかに回るのは見たことない、と絶賛された。
206.名無しさん:2019年11月09日 15:44 ID:VRMqwWv10▼このコメントに返信
※201
キ61がまともにうごいてたら、p51と互角なんだよ。w
どっちも。基本設計(思想)がドイツにルーツを持つ。
 と言うか、液冷却式のエンジンは、加給機と直噴だからな
207.名無しさん:2019年11月09日 15:56 ID:RewbWKdX0▼このコメントに返信
>>95
反論を含めて興味持ってくれる人がいると良いなと思い、多数と書いた。
単なる雪風ファンなんだよ。
208.名無しさん:2019年11月09日 15:57 ID:GiH8fr8S0▼このコメントに返信
※165

弁護士に依頼したらプロパイダから相手の住所など全て入手できるぞ
209.名無しさん:2019年11月09日 16:01 ID:GiH8fr8S0▼このコメントに返信
※202

なお完成した頃には戦局の挽回にはもはや手遅れというのが悲しい
210.名無しさん:2019年11月09日 16:02 ID:RewbWKdX0▼このコメントに返信
※144
ゼロ戦を鹵獲して航続距離の理由を調べたとか色々あるが、まぁこの手の話題は調べない者はたいてい無知だよな。
211.名無しさん:2019年11月09日 16:38 ID:afiM8zLy0▼このコメントに返信
>>200
>航空機による戦艦撃沈は1942年
嘘もいいとこだな
212.名無しさん:2019年11月09日 16:43 ID:afiM8zLy0▼このコメントに返信
>>202
所詮 勝った側の俺たちアメリカはこんな強い敵を倒したからなお最強って翻って自分たちを褒めるための書籍だな
いきなり飛燕が強力な戦闘機って紹介されてて読む気が失せたw
トニーは与し易い敵だってのがアメリカの評価だよ
213.名無しさん:2019年11月09日 16:45 ID:afiM8zLy0▼このコメントに返信
一回の空戦で五式戦がp51と互角以上とか
自惚れもいいとこやんw
214.名無しさん:2019年11月09日 18:18 ID:nyJhLiFR0▼このコメントに返信
※212
なんか旧日本軍を評価すると「いや日本がぁ~」みたいに
すぐ反発する馬鹿がいるけど・・・

多少は盛ってる部分があるにせよそれなりの評価でしょ?
本土防空戦で重要な高高度性能に欠点があることにも
触れてるし?
具体的に間違ってる部分を指摘しなきゃ「日本がぁ~」君と一緒だろw
215.名無しさん:2019年11月09日 21:54 ID:fl4yXENY0▼このコメントに返信
>>214
旧帝国軍人達が敗戦で落ち込んでいる大衆にウケが良いからと講談調に戦果や自己評価を盛った戦記や証言に加えて、「こんな強敵を降した俺たちは最強」という事を言いたいがためのアメリカによる少なくない日本軍アゲによる実際の戦果や評価の誤認や捏造は無視できないレベルだと思うけどな。
216.名無しさん:2019年11月10日 02:14 ID:rt6S3hw.0▼このコメントに返信
五式戦とP-51Dでは機体の特性が違うから、戦い方しだいでどちらかが有利になる事ができる
飛燕(2型)とP-51Dでは機体特性が似通っていて、残念ながらP-51Dがあらゆる面で上位互換
だから(エンジンが好調だとしても)飛燕には分が悪い
とはいえ、B-29の特に高空域での迎撃については、五式戦より飛燕2型の方が適してる
物事には向き不向きがあるだけ
217.名無しさん:2019年11月10日 06:59 ID:RuOTZQIT0▼このコメントに返信
自分で客観的なデータを調べて判断しろ。
218.名無しさん:2019年11月10日 08:09 ID:nQD.LlvO0▼このコメントに返信
※215
だから具体的に何処が間違ってるのか言ってくれって主張してるんだけど?
また抽象的な「アメリカによる少なくない日本軍アゲ~」とか
「旧帝国軍人達が敗戦で落ち込んでいる大衆にウケが良いから」曖昧な表現ばっかり?

日本がぁ~って言ってるけどアメリカも相当酷いというか戦果評価なんて何処の国も
難しい、湾岸戦争の米軍でも問題になってるし

1942年の10月10日のフランスの爆撃時なんて米爆撃隊の迎撃だけで戦闘機を100機前後
撃墜・撃破を公表してて同盟国のイギリスでさえも冷ややかな目で見られてたのに・・・

第二次シュヴァインフルトの爆撃時の撃墜数の報告なんて合計したら約300機で
これだと当日出撃してたドイツ側の戦闘機をほぼ全滅させてる計算になる。
実際の被害は30機程度、さすがにイギリスの疑惑の目とアメリカ自身も不審に思って
撃墜数の三分の一を公表値とするようになったけどねぇ
219.:2019年11月10日 09:11 ID:Hkq6XNHb0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
220.名無しさん:2019年11月10日 15:52 ID:nQD.LlvO0▼このコメントに返信
※219
>>戦果についてはパイロット側の報告を基にしている米機は米側
>>日本機は日本側の記録。それらの記録は調べればすぐに分かる。

それは戦後の話でしょ?だったらそりゃ分かるわw
218は「日本があ~」君に対する反証のつもりで書いた面がある。
別に日本に限らずどの国でも油断・傲慢で失策はあるんだよ

米の爆撃隊の例もB17・B24と不確定な情報に過剰な自信を持ちすぎて失敗した例なわけで・・・
追記するとアメリカはシュヴァインフルト爆撃でドイツのボールベアリング産業に打撃を与え
軍需産業にも大影響だぁ~とか公表してたけど、実際は爆撃は不十分だし
膨大なベアリングのストックもあり、更には緊急時にはノルウェイのSKF本社工場やスイスに行き
調達することができたし・・・

「日本がぁ~」君の前に見た酷いのになると、米・英・独は兵站に関して失敗は無いけど
日本だけが失敗してたんだぁ~みたいなヤツまであるからw

お名前