2019年11月08日 07:40

なぜ明治維新で薩摩が天下とったのに今の日本語の標準語が薩摩弁になってないのか?

なぜ明治維新で薩摩が天下とったのに今の日本語の標準語が薩摩弁になってないのか?

saigo

引用元:なぜ明治維新で薩摩が天下とったのに今の日本語の標準語が薩摩弁になってないのか?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1573055416/

1: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:50:16 ID:1Q2
例えば「~であります」みたいな軍人口調は実は長州弁で
陸の長州って言われたくらい陸軍に長州人が多かったからそれが残ってる
教育ママの「~ざます」口調も廓言葉で明治の官僚の妻に芸者上がりが多かったから

明治維新で大量の薩摩人が東京に来て官僚や軍人になったのに
日本語に薩摩弁の影響がないのはなんでやろ?役人言葉が「ごわす」口調になっててもおかしくないのに

2: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:51:28 ID:95N
たぶんやけど……ダサいから

4: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:52:22 ID:7xM
薩長の人材だけじゃ圧倒的に人材が足らない

5: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:53:22 ID:mgp
今の総理大臣も長州の人か

7: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:54:20 ID:1Q2
>>5
安倍のおじいちゃんの岸信介が長州出身やね
麻生は元は薩摩だし

8: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:54:27 ID:KDo
そら薩摩の言葉は地元の人間の間でやりとりされる方言であり、余所者に理解出来ないようにする暗号も踏まえてたからな
役人レベルの人は外では使い分けとるで

9: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:55:21 ID:1Q2
>>8
太平洋戦争でも米軍にバレないように薩摩弁で会話してたとかあったみたいよね

16: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:00:42 ID:PyU
>>9
日本語でもない英語でもない謎言語扱いである

10: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:56:29 ID:95N
まあダサいっていうのは冗談やけど、薩摩弁は方言の中でかなり聞き取りにくい部類やから、江戸東京の既存の役人とコミュニケーション取れなかったんちゃう?

何言ってんだこいつ、やっぱ田舎者だなってなめられないように

11: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:57:41 ID:1Q2
>>10
でも薩摩が明治の新たな支配層やったんやから
周りが薩摩弁を勉強しようってなってもよかったと思うわ

19: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:01:27 ID:95N
>>11
言うほど支配層じゃないと思うで、もちろん権力的には上やけど、行政機構内での薩摩弁話者の数は絶対的にマイノリティや

例えば東京の会社で社長役員全員が鹿児島人にとっかわったところで社内公用語は鹿児島弁にならんやろ

言語は結局そのコミュニティの中での多数決で決まるんや

25: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:03:29 ID:1Q2
>>19
いや社長がアメリカ人になって社内会話英語になるところとかあるやろ
一般的じゃないかもしれんが

36: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:07:29 ID:95N
>>25
すまん、言葉が足りんかった
そうやって上からの圧力で言葉は浸透しないというか、しづらいんや

特に江戸っ子なんぞ跳ねっ返りの天邪鬼なんだから抑圧してくるような相手の言葉なんぞ話さないで

某楽天だって社内公用語を英語にしたが結局日本語の方がコミュニケーションとりやすいから日本語使ってるで

40: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:11:58 ID:1Q2
>>36
なるほど
支配層の言葉と庶民の言葉が違うのは江戸時代でも多かったらしいね
長岡藩とか会津藩とかも上は松平の侍だから三河弁だけど下は東北弁だったりしたらしい

45: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:18:55 ID:95N
>>40
まあテレビとかラジオみたいな大々的に全国に発信できるメディアが誕生するまで方言ばかりで統一されてなかったんちゃうかな

んでそういうメディアが誕生して統一するための標準語を作る段階ではもう東京に出てきた薩長藩士たちも東京弁に染まってしまってた、みたいな

49: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:23:34 ID:1Q2
>>45
あーラジオテレビがないと話し言葉は伝わらんからか
明治になって大学に進学するようになって翻訳調の書生言葉が流行ったりしたんよな
森鴎外とか夏目漱石の小説の真似したりして
やっぱメディアの力が大事なんやね

12: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:58:41 ID:6kf
中国でも騎馬民族が侵略しても文化は農耕民族の方を採用したとかありますし

13: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)00:59:59 ID:1Q2
>>12
満州族は清朝立てるとすぐに中華に染まって
満州語忘れちゃったんよな
元もそんなかんじやっけ?

14: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:00:02 ID:oy7
暗号として使ったから浸透しないって逆説

15: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:00:23 ID:71l
お国言葉が各地に多すぎて通じないから標準語作ったのにわざわざ薩摩弁メインにする必要ないやろ

21: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:02:17 ID:1Q2
>>15
標準語作ったときに薩摩弁基準で標準語が生まれてもよかったやん
なぜ江戸弁が標準語になったのか

28: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:04:18 ID:71l
>>21
薩摩弁話せない奴が混乱するからどうせやったら一から作り直して普及させた方がええと思う

薩摩出身が権力持ってたとはいえそうじゃない奴もごまんといたわけやし

18: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:01:05 ID:1Q2
ごわすごわす一番言ってた西郷隆盛が西南戦争で朝敵になってあんまりごわす言いにくくなったとかあるんかな?
大久保利通はあんまごわす言ってる印象ないよね

20: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:01:40 ID:oy7
大久保利通のがインテリだしな

56: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:36:21 ID:9wJ
そもそも江戸時代から藩主クラスはみんな江戸で育つからお国言葉喋ってなかったんやけどな
トップ層が意思疎通できひんかったら色々と困るし
明治維新て結局、革命ではなくて上の層での権力争いなんやから、使う言語はそのまま江戸中心の標準語になるってのはごく自然

58: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:37:12 ID:1Q2
>>56
あー殿様はみんな江戸言葉なんか
なるほどそれは気がつかんかったわ

63: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:39:24 ID:9wJ
>>58
正確に言うと江戸エリアで上流層が話してる言語に、各藩独自のアクセントをミックスしたみたいなもんやったらしいけどな
欧州で何処の国が覇権取っても教養層はラテン語使うってのは変わらんみたいに考えたらええんちゃう?

57: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:36:37 ID:2kg
「おいこら」は薩摩弁やで

60: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:37:50 ID:1Q2
>>57
はえー
そういうスラングでは残ってたりするんかな

68: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:42:55 ID:2kg
薩摩出身の警察が「オイコラ」を普及させたんや
「オイコラ」は警察の俗称でもある

そして「ビンタ」も薩摩弁や

69: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:44:06 ID:1Q2
>>68
あー警察用語は薩摩弁多いのかも
そういや初期の警察って警視総監は川路利良で薩摩人だもんな

71: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:44:35 ID:1Q2
なんか暴力関係ばっかやんけ…

73: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)01:45:27 ID:oby
おいゴルァは薩摩弁だったのか

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.エンアカーシャ:2019年11月08日 07:44 ID:ZFhxkJUu0▼このコメントに返信
歴史を知らない韓国人が立てたスレ (笑)。
2.名無しさん:2019年11月08日 07:48 ID:XXL.MD6.0▼このコメントに返信
薩摩の精神文化は競争に満ちた世界で日本が生き抜く為に有用だとは思うけど、コミュニケーションツールは解りやすく標準化された物の方が労働効率高いので薩摩弁はお断りしたい。
3.名無しさん:2019年11月08日 07:49 ID:9oxi.Y.r0▼このコメントに返信
足尾銅山だっけ?、あの天皇に直訴した教科書に載ってるやつ、田中正三かな?
国会で方言で喋るなとかいう動議でぶちギレしてたな
4.名無しさん:2019年11月08日 07:50 ID:JDpD7geh0▼このコメントに返信
誤チェストにごわす。
5.名無しさん:2019年11月08日 07:51 ID:GytnTdIN0▼このコメントに返信
長州だから 朝鮮語街に氾濫
6.名無しさん:2019年11月08日 07:52 ID:YJ.eJyW90▼このコメントに返信
「~であります」の軍隊用語は長州
7.名無しさん:2019年11月08日 07:53 ID:WMZhxhuL0▼このコメントに返信
イモだから
8.名無しさん:2019年11月08日 07:56 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
日本は行政のトップが国のトップではない。
9.名無しさん:2019年11月08日 07:59 ID:f3jqbjqh0▼このコメントに返信
まあ結局江戸265年の伝統と殿様が全員江戸生まれなのが結構大きいね
どこの藩も参勤交代で上になればなるほど江戸暮らしが長くなるし・・・
実際には明治政府も徳川幕府を官僚なしには行政が回らなかったこともあり
結局は東京遷都とともに江戸言葉が共通語へ
10.名無しさん:2019年11月08日 08:00 ID:FpBwQv7X0▼このコメントに返信
長州と薩摩って支配権めぐって権力闘争していたじゃん。
長州なんて特に敵に容赦せず苛烈な差別をしていたから、仕方ないね。
山縣とか人望無い時点でわかるだろ、人間として糞。
長州の中間層は知識人、常識人など優秀な人が多いのに上は総じて糞。
11.名無しさん:2019年11月08日 08:00 ID:OZTk535x0▼このコメントに返信
西南戦争…。
12.名無しさん:2019年11月08日 08:02 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
※9
>江戸265年の伝統と殿様が全員江戸生まれなのが結構大きいね
将軍の選定方法を一切知らないアホwwww
御三家も知らんのか?
13.名無しさん:2019年11月08日 08:02 ID:KEGpC.YZ0▼このコメントに返信
江戸に地元の方言浸透させるとか
幕末の人ってけっこう合理主義だからあんまそんな細かくてどうでもいいこと気にしなかったんじゃね
そんなくだらんことより他にやらないといけないことあったろうし
どこぞの民族みたいに精神的勝利とかにこだわるほどコンプないだろうし
14.名無しさん:2019年11月08日 08:03 ID:ibFwY8Tw0▼このコメントに返信
吉川、小早川は今川の手下だぞ。
15.名無しさん:2019年11月08日 08:03 ID:f3jqbjqh0▼このコメントに返信
標準語の元の江戸の武士の言葉て三河言葉の影響はどのくらいあったんだろうね
あんなりないような気もするけど・・
江戸の武士の語彙はかなり京ことばの影響が強いそうですが・・

16.名無しさん:2019年11月08日 08:06 ID:k0yt04KB0▼このコメントに返信
ただ単に、国民の為に近代日本にしたかっただけでごわす
17.:2019年11月08日 08:06 ID:f3jqbjqh0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
18.名無しさん:2019年11月08日 08:08 ID:9RwAILtS0▼このコメントに返信
長州が最終の勝利者だからな。
19.名無しさん:2019年11月08日 08:08 ID:f3jqbjqh0▼このコメントに返信
実際問題、文化の中心は京都だし、政治の中心は江戸なので
薩摩は基本ど田舎じゃん
それで終わり
20.名無しさん:2019年11月08日 08:10 ID:lygn6ewW0▼このコメントに返信
日本の南端と北端である薩摩や津軽の言葉はそれ以外の地域にとっては
ともすれば外国語。そんなもんが共通語になる訳ねーだろ…
21.名無しさん:2019年11月08日 08:13 ID:KEGpC.YZ0▼このコメントに返信
まあ現代もそうだけど日本人て基本的にわかるやつだけわかればいい
わからんやつにはわかってもらわなくてもいいって気質だから
よそ者が自分たちの地元の方言でしゃべるの好まないところもあるんじゃないかな
日本語をしゃべる外国人には好意的だけどにわか方言には厳しい気がする
22.名無しさん:2019年11月08日 08:13 ID:85pOiFUw0▼このコメントに返信
お前さん方は人を呼びかける時に
「おい」とか「お~い」とか言ってないか?

顔を叩くのを「ビンタ」とか言ってないか?
23.:2019年11月08日 08:13 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
24.名無しさん:2019年11月08日 08:14 ID:raNUWadW0▼このコメントに返信
免許持ってんのか(幻聴)
25.名無しさん:2019年11月08日 08:18 ID:rPQ1XqFH0▼このコメントに返信
西郷さんが負けたから
そもそも中枢には長州閥が多かったから
26.名無しさん:2019年11月08日 08:18 ID:crLhTsmP0▼このコメントに返信
>>4
警察剣道に示現流採用せーや。
そうすりゃ現代で美人婦警さんが
猿叫しながらダッシュで犯罪者追いかけたり
したかもしれないのに。
27.名無しさん:2019年11月08日 08:19 ID:pu8rJ.Df0▼このコメントに返信
三河弁が標準語になってないのを見れば、薩摩弁が標準語にならないのは当然だろう
28.名無しさん:2019年11月08日 08:20 ID:IJAiQXBD0▼このコメントに返信
随分前だけど標準語を作った人たちをテーマにしたドラマやってたなあ
薩摩弁は男女でも違う言葉遣いだし特に難しかったみたいだよ
29.名無しさん:2019年11月08日 08:20 ID:85pOiFUw0▼このコメントに返信
あと、「こらー!」も薩隅方言だからな
30.名無しさん:2019年11月08日 08:21 ID:.kgbEgIk0▼このコメントに返信
     A A
    (  ゚Д゚)    
  _,,_ ∩
 ( `Д´)/
 ⊂  ノ とったどー!
  (つ ノ
  (ノ

※有名な「とったどー!」は薩摩弁と言われる。「取ったぞー!」の意
31.名無しさん:2019年11月08日 08:22 ID:03rjoco80▼このコメントに返信
おこわをこわごわ食すでごわすwwww
32.名無しさん:2019年11月08日 08:22 ID:rPQ1XqFH0▼このコメントに返信
※20
おい、松前藩はぶくなや
33.名無しさん:2019年11月08日 08:22 ID:myDQtZAW0▼このコメントに返信
>>15
侍階級の言語に一番影響力があったのは能狂言の謡やら古典文学、漢文の素養。
江戸には日本各地からの侍が出張してきていて、お互いにコミュニケーション取らなきゃいけない事態が多発するから、どうしても演劇が音の指標、文書が語彙の指標になる。

34.名無しさん:2019年11月08日 08:25 ID:.GFcVg6x0▼このコメントに返信
※26
示現流が見たけりゃ時代劇でも見とけ。
殺陣の基本は示現流だ。
35.名無しさん:2019年11月08日 08:25 ID:.NNRyH6J0▼このコメントに返信
ですますは庶民の言葉でも下品なほう。
薩長はよくわからずに採用した。
36.名無しさん:2019年11月08日 08:25 ID:HJSKouR.0▼このコメントに返信
明治六年の政変で薩摩、土佐、佐賀なんかの人員が大量に政府を辞めちゃったからね。あれは西郷、板垣、副島が辞めただけじゃないんだよ。
37.名無しさん:2019年11月08日 08:26 ID:WT7NxleG0▼このコメントに返信
麻生って筑前でしょ
38.名無しさん:2019年11月08日 08:27 ID:JGWr9mRz0▼このコメントに返信
50年もむかしの話である。
学生時代、大隅半島を貧乏旅行していたとき地元のおばあさんと話した。
ほんとの薩摩弁で、なに言ってるのか全く理解不明だった。
39.名無しさん:2019年11月08日 08:30 ID:OBaND4KY0▼このコメントに返信
麻生は元々は藤原氏の庶流で毛利の重臣の家系だぞ。
薩摩には戦後に仕事で行っただけ。
薩摩は明治期に大久保と西郷が仲たがいの末に内乱騒ぎで
明治政府に反乱起こして力落としてるからな。
40.名無しさん:2019年11月08日 08:32 ID:5UGKNNZ10▼このコメントに返信
京、大阪、江戸の人々が各々、地方の方言をバカにしてたのに薩摩の言葉が広がる訳がない
41.名無しさん:2019年11月08日 08:34 ID:wxQKbfqB0▼このコメントに返信
麻生さんの先祖は九州の有名な武将だとか…
42.名無しさん:2019年11月08日 08:38 ID:N0QIDHr.0▼このコメントに返信
支配層の言語が標準語になったんじゃないからだろ。北から南まで日本全国の言葉の混ぜ合わせた平均が標準語になったんだろ。
43.名無しさん:2019年11月08日 08:40 ID:ZX.aqcko0▼このコメントに返信
松本零士が「男おいどん」で下品なイメージを広げたから
44.名無しさん:2019年11月08日 08:44 ID:jf.clTzF0▼このコメントに返信
※27 
江戸弁とは違って家康後に三河弁が標準語の基本になったんじゃなかったっけ。
昔は江戸でも家康や秀忠とかは「じゃん」「だら」「りん」とか言ってたんかな。
45.:2019年11月08日 08:44 ID:.kgbEgIk0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
46.名無しさん:2019年11月08日 08:47 ID:wT7Bis2k0▼このコメントに返信
米22

確かに、ビンタって頭って意味でも使うしな
頭に来ることをビンタくらいって言うし。
頭叩くことは
ビンタにビンタすっどwww

夜が更けて蠅が出て灰も降り屁も出るぞは
夜がへってへが出てへもへりへもへっどwww
47.名無しさん:2019年11月08日 08:48 ID:A5OGK8N80▼このコメントに返信
外国の征服王朝だって言語まで切り替えさせるのはあまり無いで
48.名無しさん:2019年11月08日 08:48 ID:CPPzjwnC0▼このコメントに返信
薩摩だけではない
49.名無しさん:2019年11月08日 08:48 ID:2bpp4thN0▼このコメントに返信
おとうさん
おかあさん
も、薩摩弁から来たって聞いたけどな。
50.名無しさん:2019年11月08日 08:49 ID:kF2fpubw0▼このコメントに返信
ケロロ軍曹は長洲弁か
51.名無しさん:2019年11月08日 08:54 ID:wT7Bis2k0▼このコメントに返信
おいどんは複数形だからな
おい→俺
おいどん→俺ら
わい→お前
わいどん→お前ら

西郷がおいどんイメージなのは団体トップとして
自分たちという意味で使うわけで。我が社はみたいな感覚やな
52.海馬1/2:2019年11月08日 08:56 ID:94xqO9Yr0▼このコメントに返信
朝日新聞に連載された、夏目漱石の小説が大人気だったから
53.名無しさん:2019年11月08日 08:58 ID:wT7Bis2k0▼このコメントに返信
ちなみにおいどんのどんと、西郷どんのどんは別。
おいどんは俺「共」、西郷どんは西郷「殿」
鹿児島弁は同音異義語が多すぎるんや
54.名無しさん:2019年11月08日 08:59 ID:rb4sZ5gu0▼このコメントに返信
 今使ってる「標準語」と呼ばれるものは明治になってから作られた。作ったのは福沢諭吉と西周。
 欧州の文物を輸入するにあたって、欧州で使われてる言語のうち「かつて帝国をなした」国家の言語を直訳できるようにし、歴史的資料や学術的資料をより多く取り込もうとした。この際に注目したのが英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語。これらを直訳できるように日本語を整備した。
 江戸時代の日本は各大名家ごとに御家流(勘亭流なども含む)で文字を書き、方言を喋っていた。書き方の統一と発音の統一と並行して日本にはない概念(人権や憎悪などを造語)の言語化。これを初等教育に取り入れると同時に新聞の創設によって新しい文体をひろく読んでもらうことも実施した。
 こうして標準語が定着した。日本語には平安以前から使われてる古い言語(古典)と同時に複数の多国語を直訳するために作られた最新の言語が共存している珍しい公用語でもある。
 標準語に関しては明治維新関係ない。
55.名無しさん:2019年11月08日 09:00 ID:BNB6VmBo0▼このコメントに返信
倒幕した藩の言葉がけっこう混ざってると聞いたが?
56.名無しさん:2019年11月08日 09:00 ID:k3TspTDj0▼このコメントに返信
意図的に京都の女房言葉を加えているのが薩摩弁ときいたことがある。
豆腐→おかべなど 
57.名無しさん:2019年11月08日 09:00 ID:sDGxWYLZ0▼このコメントに返信
重要ポストは薩長が取ったけど、その下の実務者になると幕臣も結構使ったから。
58.名無しさん:2019年11月08日 09:02 ID:u.O.ff800▼このコメントに返信
>>38
地元民だけど鹿児島弁は高齢者の完全外国語、中高年の何となく分かる方言、若い子のおかしなイントネーションと3つがあるから高齢者の鹿児島弁は地元民でもそこそこ歳いかないと理解するのはまぁ無理
59.名無しさん:2019年11月08日 09:02 ID:kgZeN9VF0▼このコメントに返信
麻生太郎の一族は農民が薩長軍にくっついてそれ系の仕事してたってだけやん。
それでコネと権威と資金源手に入れて増大したパターン。
安倍もそう。
60.名無しさん:2019年11月08日 09:03 ID:Ff60t.NE0▼このコメントに返信
そりゃ天皇が関西弁だったからだろ
61.名無しさん:2019年11月08日 09:04 ID:pD156mdU0▼このコメントに返信
> なぜ江戸弁が標準語になったのか
江戸弁は標準語じゃねーぞ
62.八尾のおっさん:2019年11月08日 09:06 ID:7GOevAY50▼このコメントに返信
日本語の体系は天武天皇らい、大和朝廷により作られたと聞いております。
63.名無しさん:2019年11月08日 09:07 ID:VpdzTx9s0▼このコメントに返信
江戸時代よりも前から武家言葉ってあったらしいよ
確か黒田官兵衛が「秀吉と秀長が尾張弁で話してると何言ってるか判らない」って書き残してたはず
64.名無しさん:2019年11月08日 09:07 ID:9UjPk6Ge0▼このコメントに返信
天下とってないからだろ。
65.:2019年11月08日 09:09 ID:jf.clTzF0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
66.名無しさん:2019年11月08日 09:10 ID:urdNZq2z0▼このコメントに返信
江戸城内って全国の武士が出入りするんだから、もともと共通語的なもんがあったんじゃないの?
お国言葉しか知らなかったら、薩摩藩の侍と津軽藩の侍が顔合わせてもコミュニケーションとれないし、それ聞いてる幕閣のお偉いさんもチンプンカンプンじゃん
67.名無しさん:2019年11月08日 09:10 ID:8G.UAD.a0▼このコメントに返信
木戸孝允にしろ大久保利通にしろ明治新政府を作った人達は故郷の薩摩や長州を捨てた人達だからな。維新の後故郷へ帰った人達は反乱を起こして討伐されている。要するに維新の後は「賊軍」になっているのだから、そんな連中の言葉を標準語にする筈がない。
68.名無しさん:2019年11月08日 09:12 ID:b5BcTvQk0▼このコメントに返信
よかった
ハングルでなくてw
69.名無しさん:2019年11月08日 09:12 ID:PNJByJG.0▼このコメントに返信
島津の歴史は、鎌倉まで遡れます。
明治維新以後、長州は裏切り者と考えられていました。
それぞれの藩主、幕府から政治権力を奪い、先進の英国的政治を手本に行うつもりだったが、一部のもの達が成金に走り鹿鳴館等、政治の本質に関係無い素行。
その頃、薩摩は欧米に自藩の船で多数の若手を留学させていたす。これは明治政府とは別口でした。
良く知られているのが、荒れ地のカリフォルニアでワイン開発用は薩摩の留学生です。
当然、大戦で没収(アメリカ人は努力せず富を得る)‼

私が小学生の頃、週に何回か「共通語」の勉強会がありました。
長姉は、テストで「この野菜の名前は?」ど出ると「でこん」と書いてました。若干の抵抗?

ばあ様は、失礼な目に遭うと「無礼者‼」と言ってました。

薩摩以外の方々は、薩摩弁は無理だと思います。県境地域の言葉は、薩摩人でも解らないの大杉(幕府のスパイ狩りの言葉ですから)

長文失礼、致しました。
70.名無しさん:2019年11月08日 09:13 ID:HEuvt1gE0▼このコメントに返信
標準語の元になったのは武家言葉と山の手言葉(東京の一部の方言)で、作ろうって動きになったのは明治中期くらいから。
武家言葉ってのは参勤交代で全国から集められた武士たちが江戸で使う共通語で、武士限定だが全国で通じる唯一の言葉だった
なので薩摩弁を使ったり覚えさせるより効率的だったのかもね
71.名無しさん:2019年11月08日 09:13 ID:6m561M4b0▼このコメントに返信
薩摩語をわざわざ勉強するメリットもあんまりないだろうしなあ
古代ローマなんかは芸術文化がギリシャ全輸入状態で教育もトップクラスになるとギリシャ語圏行くんで
征服した側がギリシャ語使って上流層はラテン語とギリシャ語バイリンガルは当たり前だったからな
72.名無しさん:2019年11月08日 09:14 ID:erPfRyUc0▼このコメントに返信
西南戦争で敗れたやん?
しかも賊軍として。

そんなもんが日本の標準語になれるはずがない。
73.名無しさん:2019年11月08日 09:16 ID:erPfRyUc0▼このコメントに返信
>なぜ江戸弁が標準語になったのか

ダウト。
標準語の元は殿中言葉、殿中言葉とは徳川の本拠の三河弁。
標準語の元は愛知県の、しかもマイナーな方言やで。
74.名無しさん:2019年11月08日 09:16 ID:HEuvt1gE0▼このコメントに返信
書き込みを見ると誤解してる人もいるみたいだが江戸言葉・江戸弁=標準語じゃないよ
江戸弁は庶民が使っていた言葉
75.名無しさん:2019年11月08日 09:17 ID:Ix3yNGy70▼このコメントに返信
>>18
確かに人材を多く出したし、戦後まで首相を一番大勢出してるけど、迷惑な面も大きい。初期は藩閥作って政治軍事の上の
ポストを独占したり、桁違いの汚職をやったのもいたし。薩長同盟が無かったら、長州はとっくに滅びてた。
76.名無しさん:2019年11月08日 09:23 ID:Ix3yNGy70▼このコメントに返信
>>25
巨人大久保もすぐ後で暗殺されちゃったのは残念。太政官以後はしばらく薩長で交代で首相出した時期もあったけど、
小粒ばっかりだな。長州の方は山縣とか伊藤とか、藩士ですら無いのが目立つけど。
77.名無しさん:2019年11月08日 09:23 ID:ZqK9.dYS0▼このコメントに返信
第二次大戦後に英語になってないのと同じ理由じゃないの
78.名無しさん:2019年11月08日 09:23 ID:TKWsRa950▼このコメントに返信
薩摩が天下とったって薩摩人がそれ以外の日本人を殺しまくったのか?
でないなら薩摩弁が増えるわけがないだろう
79.名無しさん:2019年11月08日 09:27 ID:XzKOldKy0▼このコメントに返信
軍隊は長州弁を使ってた
よくある軍人口調の自分は~でありますって奴
80.名無しさん:2019年11月08日 09:27 ID:uAaf2xP00▼このコメントに返信
不思議でごわすな
81.名無しさん:2019年11月08日 09:29 ID:erPfRyUc0▼このコメントに返信
※74
リアルでも千葉弁や神奈川弁を標準語だと錯覚してる馬鹿は多いけどな。
82.名無しさん:2019年11月08日 09:33 ID:8G.UAD.a0▼このコメントに返信
>>74
確かに「てやんでぇ」とか「しゃらくせぇ」なんて全国的には使わないな。
83.名無しさん:2019年11月08日 09:37 ID:uKcv.wBS0▼このコメントに返信
江戸は徳川政権&明治政府以降、あまりにも多くの人が流入してた歴史があるんで本来の言葉は無いんだろう
家康が部下と家族らを江戸に連れてきた時点で人口比的に結構な割合だと思うし
84.名無しさん:2019年11月08日 09:38 ID:uKcv.wBS0▼このコメントに返信
もともとは西関東弁とか、あるいは北条氏が使ってた方言とかかも
北条氏がどういう方言で話してたかは知らんけど
85.名無しさん:2019年11月08日 09:40 ID:uKcv.wBS0▼このコメントに返信
薩摩弁といえば、ゴールデンカムイって漫画で何言ってるかわからない的なネタにされてたな
86.名無しさん:2019年11月08日 09:45 ID:VTi.8bZe0▼このコメントに返信
安土桃山時代はみんな名古屋弁だったってのか???
87.名無しさん:2019年11月08日 09:49 ID:8G.UAD.a0▼このコメントに返信
だけどラジオやテレビの影響で関西出身でもない人が関西弁使ったりしているからな。こらから徐々に又変わっていくんじゃないか?
88.名無しさん:2019年11月08日 09:52 ID:wEtANX9d0▼このコメントに返信
実務をする官僚が全く足らないので幕府の役人がそのまま実務をしたから。そりゃ薩摩田舎侍に国の運営なんか出来るわけないわな。
89.名無しさん:2019年11月08日 09:54 ID:Ri5gTM980▼このコメントに返信
全国から言葉選定して標準語はつくられたはず。
江戸以外の言葉の結構入っている
めちゃくちゃな作業だったのにも関わらず成し遂げているから恐ろしいんだよ明治政府
90.名無しさん:2019年11月08日 09:54 ID:A5OGK8N80▼このコメントに返信
※87
言葉ってそういうもんだし一般的に使う言葉はどんどん変わっていくのは間違いない
分かりやすい例で昔のナイトスクープのアホバカ分布図っての検索してみると面白いよ
91.名無しさん:2019年11月08日 09:58 ID:MjbX2.YS0▼このコメントに返信
いくら強い派閥の力があったところで、赴任先じゃ薩摩出身者は少数派であることに変わりはない
誰とでも話せないと仕事にならんし、仕事にならなかったら出世もできん
92.名無しさん:2019年11月08日 10:01 ID:SlhEEvAq0▼このコメントに返信
※59
麻生は石炭の産業化で力をつけた地方財閥だよ
元々薩長に近かったわけではなく
薩摩系の閨閥に加わったから政治的に薩摩といわれている
93.名無しさん:2019年11月08日 10:04 ID:94xqO9Yr0▼このコメントに返信
※54
広く使われてるのは、漱石や鴎外・逍遥の英文法的表現の方
94.名無しさん:2019年11月08日 10:05 ID:94xqO9Yr0▼このコメントに返信
※90
だから、朝日新聞だよ
95.名無しさん:2019年11月08日 10:06 ID:b2G29NyR0▼このコメントに返信
>>19
単純明解に答えるとそうだよね。
当時の江戸の人にしてみれば薩摩なんて辺境の地だろうし、負けたとはいえ江戸で本格的に戦った訳でもないから、余計に田舎者の言葉なんて喋ってたまるかみたいな意地はあったと思う。
96.名無しさん:2019年11月08日 10:08 ID:C9UoIL1z0▼このコメントに返信
薩長人なんて現代で言えばタダのテロリスト集団だろ
97.名無しさん:2019年11月08日 10:12 ID:TZUtqaas0▼このコメントに返信
薩摩弁なんてもはや外国語みたいなモンだったらしいからなw
時代は遡るが、関ケ原合戦で当初東軍につくはずだった島津義弘が西軍に鞍替えしたのは
伏見城留守居役の鳥居元忠から「何言ってんのか全然わかんねーよ!」と門前払い食らったからって説もあるしw
98.名無しさん:2019年11月08日 10:30 ID:SOZm6MYQ0▼このコメントに返信
今の若者も薩摩弁話せるのか?
99.名無しさん:2019年11月08日 10:31 ID:WDKmQqEX0▼このコメントに返信
>>10
山縣は平田東助(米沢)とかも重用してるし、面倒見が良いから子分(天皇親政派の文部官僚)には評判いいぞ
ただしてめーに従わない奴には長州出身だろうが容赦ない、山縣と合わなくて追い出された山田顕義とか三浦梧楼とか
判断基準は差別ではなく自分に従うか否か
だから子分以外からの評価はお察し
秋山好古なんか坂の上の雲じゃ派閥に属さない孤高みたいな書き方だったけど、現実的にはバリバリの山縣閥
100.名無しさん:2019年11月08日 10:33 ID:7TzHdE.70▼このコメントに返信
明治時代の警察官は、薩摩出身でなくても「ごわす」を使ってたらしいよ。
101.名無しさん:2019年11月08日 10:39 ID:TZUtqaas0▼このコメントに返信
※100
日本の警察制度を創設した初代警視総監的立場の川路利良が薩摩藩士だったからね
102.名無しさん:2019年11月08日 10:44 ID:Mur94ujV0▼このコメントに返信
標準語って江戸の言葉(方言)じゃないからな。
江戸に集まった日本各地の侍の間と、それに応対する商人の間で作られた共通語がベース。
無理やり言うと、薩摩だろうが長州だろうが、江戸に出てきたときに使ってた言葉だ。
103.名無しさん:2019年11月08日 10:47 ID:H.7TuX5O0▼このコメントに返信
警察は薩摩中心で組織されたからな
104.コロンブス:2019年11月08日 10:47 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
上にいくつか穏当な説明の書き込みがあるからそういうものだと思う。
基本的には幕府内で使われていた殿中言葉を基本として「教科書」が作られ教育されたものが共通語で、アクセントはNHK標準ということになると思う。
方言は教育によって随分変えられてしまったが、言語というのはそうそう簡単に変わるものではない。
未だにアクセントは残っている。
日本語も帰化人などが入って来たと言っても結局基本的な部分は古来の何らかの根幹的な部分は消えずに残っているのだろうと思う。
ただ今は田舎でも方言が薄れ、アクセントも標準語に近くなってきているから、方言は「残そうとしない限り」消えていく可能性はある。
105.名無しさん:2019年11月08日 10:52 ID:erPfRyUc0▼このコメントに返信
※87
関東弁と関西弁の二大方言大盛況で、東北弁は死滅しつつあるようだな。
九州弁は一部地域だけで根強く残ってる感じ。
106.名無しさん:2019年11月08日 10:53 ID:jZQ5bhS40▼このコメントに返信
>>87
分かるわ、今の日本人の話し言葉って確実にダウンタウンの影響あるよね。
107.名無しさん:2019年11月08日 10:55 ID:L0ognml90▼このコメントに返信
標準語自体がどこの方言でもない合成の人口方言だからな
強いて言うなら政治弁
108.名無しさん:2019年11月08日 11:02 ID:HEuvt1gE0▼このコメントに返信
明治政府とは言いつつ実際は薩長幕府な訳で、武士階級では無くなった人材ががそのまま警察や軍にスライドしてるのよね
で治安維持の観点から言っても感情論でも敵対していた藩の人材はおいそれと入れられないから
結果薩摩や長州出身者が構成員の大半を占める事に…
109.名無しさん:2019年11月08日 11:05 ID:7TzHdE.70▼このコメントに返信
マンガの「のだめカンタービレ」で、のだめはいつも丁寧語をつかってた。
 男子A「丁寧なことばで、上品な人だ。」
 男子B「だまされるな ! あれは、ただの方言隠しだ !」
みたいな下りがあったな。

昔のバスガイドさんのしゃべり方も、方言隠しの一つだったって話もあるし。
標準語も、そんなもんかもしれない。
110.名無しさん:2019年11月08日 11:10 ID:.CAr3z9t0▼このコメントに返信
※107
それ正解だと思う
命令するための言葉なんだよね
こないだ秋吉台(山口県)のソフトクリーム屋のおばちゃん口説いたら長州弁で喋りだしてその後何言ってるか全然分からなかった
薩摩弁はそれ以上らしいから、やくたいじゃ(←標準語です)
111.名無しさん:2019年11月08日 11:13 ID:kBjwHru50▼このコメントに返信
今の日常以後の薩摩弁要素は、ぜったい山口貴由の漫画のせい……
112.名無しさん:2019年11月08日 11:15 ID:8b28k74F0▼このコメントに返信
昔の大河ドラマで字幕を付けられたのはワロタ。

※98
去年Youtubeで一瞬流行ったのあったやん。
あんな感じよ 
113.:2019年11月08日 11:19 ID:P2K0z6lK0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
114.名無しさん:2019年11月08日 11:20 ID:FZyMxcbW0▼このコメントに返信
ゆうても、隆盛は政府から離反したし利通は暗殺されたし
115.名無しさん:2019年11月08日 11:27 ID:lAAJXPGO0▼このコメントに返信
西郷どん見てたら薩摩弁ええなと思った(笑)
116.名無しさん:2019年11月08日 11:39 ID:7Ird2roh0▼このコメントに返信
薩摩の人が都会の遊女に薩摩の言葉やめないと遊んであげないって言われたんだよ。ダサいって笑われたとか案外そんなもんだよ。
117.名無しさん:2019年11月08日 11:45 ID:CzB90iaG0▼このコメントに返信
標準語を作った人たちが薩摩人じゃなかったんじゃないの?
118.名無しさん:2019年11月08日 12:12 ID:wFkdUmT.0▼このコメントに返信
薩摩弁と土佐弁、個性的で好きだわ
119.名無しさん:2019年11月08日 12:14 ID:MTS9EIGx0▼このコメントに返信
標準語は江戸時代に水戸光圀が大坂の国学者契沖に依頼して、平安時代の京都の言葉と定められた。
明治時代に福澤諭吉らが外国語を訳し新しい造語を作った。
東京の山の手には各地から移り住んだので、共通する言葉が出来ていった、これが山の手言葉。
明治時代中期に上田万年を中心として松井簡治らによって、山の手言葉をベースとした共通語が作られた。
上田は東京、松井は千葉出身で東大。これを教科書に載せて全国一律の教育が行われた。
この共通語を東京が標準語だと長らく言い張ってきたので、現在の日本人は標準語と思い込んでいる。
薩摩は言葉がかけ離れていたのでほぼ通じない。そして薩摩において有力な国学者はいない。

120.:2019年11月08日 12:26 ID:uIBcjOv30▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
121.名無しさん:2019年11月08日 12:31 ID:.n3iZ68N0▼このコメントに返信
当時の薩長なんてのは貧乏藩の代表格や。不満だらけのおまえらの集合体みたいなもんやった。
で、裏で資金を回しとったのが資金も情報力も頭抜けてた「佐賀藩当主・鍋島直正」
で、頭パーの薩長が大村虎之介を使って皇太子をすり替えようとしてたのは事実。
鍋島は討幕は同意してたが皇太子のすり替えは容認していなかった。当たり前やな、守る側だったんやから。
もちろん鍋島から孝明天皇へこの薩長の策謀は伝えられていた。
で、京都御所から皇太子を連れ出す命を受けたのが伯家神道の学頭であった高濱清七郎。
高濱は皇太子を岡山へ、鍋島が岡山から山口の田布施にある石城山、高杉晋作が作った第二奇兵隊駐屯地へお連れしたわけだ。
ここまでくると多くは語る必要もないだろう、かの写真映る大村馬の骨とされる人物こそが「皇太子殿下」であるというわけだ。

主題とは何の関係もないが、頭パーの貧乏薩長ごときが調子乗んなよって話でした。
122.名無しさん:2019年11月08日 12:32 ID:MTS9EIGx0▼このコメントに返信
※120
それは下町の江戸弁(東京方言)であって、共通語に繋がる山の手言葉とは異なる。
123.名無しさん:2019年11月08日 12:37 ID:c.N8zD560▼このコメントに返信
元々、江戸には多くのお国言葉が飛び交っていたらしいが、明治以降さらに
東京に人々が集まって、言語的にはカオス状態だったとか
要するに、同じ日本人通しで言葉が通じないという、困った状態が続いていて
教育を強化しようとしていた、明治政府にとって不都合だったわけだ
そこで、江戸の上級社会の言葉を元にして、標準語を作り上げたというのが真相
124.名無しさん:2019年11月08日 12:38 ID:erPfRyUc0▼このコメントに返信
※120
静岡のあたりまでそうだったらしいから、恐らく神奈川もべらんめえだったんだろうな。
125.名無しさん:2019年11月08日 12:44 ID:QO3KGo1v0▼このコメントに返信
>>85
江戸時代に幕府の隠密防止で敢えて解りづらくしてる
126.名無しさん:2019年11月08日 12:46 ID:a7QXwpGp0▼このコメントに返信
「おい」「コラ」は薩摩弁。
127.名無しさん:2019年11月08日 12:54 ID:ryCKIu3M0▼このコメントに返信
そもそも今の標準語も江戸の一般的な人に聞かせたらどこの方言だよって言われるくらい違うだろ
128.名無しさん:2019年11月08日 13:01 ID:UubxRczc0▼このコメントに返信
面白いテーマやね
それはそうと、殿様が江戸育ちだからってのはどうなん?
市中で江戸っ子と交わるわけでなし、
お屋敷内部はみんな同国人やろ
そもそも参勤交代あるやん
129.名無しさん:2019年11月08日 13:05 ID:O6cClLgN0▼このコメントに返信
陸の「~であります」が長州由来ってのは有名だけど
明治のころには「長の陸軍 薩の海軍」って言われたくらいなんだから
海には何か薩摩由来の言い方とかって無いの?
130.名無しさん:2019年11月08日 13:11 ID:xhLMaBmD0▼このコメントに返信
あと、薩摩弁も長州弁もイントネーションが東京弁の系統だったというのも大きい。だから彼ら「お上り芋侍」もすんなり東京弁に馴染んだし、彼らの方言が標準語に組み込まれたり、江戸住まいだと上流の言葉から郭言葉まで共通語だから、それらも標準語の骨格になったり。
131.名無しさん:2019年11月08日 13:12 ID:L0ml.Rj.0▼このコメントに返信
ダサいよな。
方言なんてものが標準になるはずないだろ。
耳障りも悪いし通訳がいないと会話できないような言語だろうし。
132.名無しさん:2019年11月08日 13:15 ID:Cz792pXH0▼このコメントに返信
西南戦争で薩摩が国賊になったからやろ
133.名無しさん:2019年11月08日 13:17 ID:xhLMaBmD0▼このコメントに返信
※129
カシワ(鶏肉)タマガル(驚く)は薩摩弁
134.名無しさん:2019年11月08日 13:24 ID:Ru.0ALLb0▼このコメントに返信
>>75
ただ長州がなかったら江戸幕府は倒れなかったと思う
135.名無しさん:2019年11月08日 13:38 ID:c6TF2q8V0▼このコメントに返信
薩摩側が江戸や京の言葉に合わせた方が話が早いやん
いろは歌すら伝えなかったのは不思議やけどな
136.コロンブス:2019年11月08日 13:40 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※121
朝鮮工作「天皇すり替え説」
連中のコンプレックスと僻みの情けなさがよく分かる。
137.名無しさん:2019年11月08日 13:40 ID:cOXVPBtz0▼このコメントに返信
鹿児島に行って年寄りの言葉聞いたら答えはすぐに分かる!
殆どの日本人理解できないレベルの言語!
138.名無しさん:2019年11月08日 13:50 ID:WLhfNaB00▼このコメントに返信
これから統一国家としてやっていこうというのに
余りに難解過ぎてデメリットありすぎだったんじゃないかな
薩摩人の人口が日本一で東京にも比率で一番になるくらいたくさん来てたのならまた別だったのだろうけど
139.名無しさん:2019年11月08日 14:10 ID:TJnoyi2j0▼このコメントに返信
天下取った後の薩長首脳部が、結局は東京から日本治めたからだろ
140.名無しさん:2019年11月08日 14:44 ID:dyPwodTq0▼このコメントに返信
そんなこと言ったら、王政復古にもかかわらず、京都弁だって主流にはなってない。
141.名無しさん:2019年11月08日 14:46 ID:a7QXwpGp0▼このコメントに返信
「当時の薩長なんてのは貧乏藩の代表格や。不満だらけのおまえらの集合体みたいなもんやった」
薩摩藩は、調所広郷を中心に藩政改革が断行され、藩債整理、砂糖専売制の強化、琉球貿易の拡大などを打ち出して、財政は好転した。砂糖専売制については、大島・喜界島・徳之島の三島砂糖総買入れ制度を実施して莫大な利益を得た。
長州藩も宝暦改革と呼ばれる藩債処理や新田開発などの経済政策を行う。文政12年(1829年)には産物会所を設置し、村役人に対して特権を与えて流通統制を行う。村田清風を登用した天保の改革では、藩庁公認の密貿易で巨万の富を得た。

幕末薩長は富裕藩。無知はデマを投稿するな。
142.名無しさん:2019年11月08日 14:58 ID:gJ0s6OAJ0▼このコメントに返信
薩摩藩士でも江戸詰はふつーに江戸弁を話してたから
143.名無しさん:2019年11月08日 15:08 ID:a7QXwpGp0▼このコメントに返信
東京弁と標準語は違うという常識が、いつ全国に周知されるんだろうな。
144.名無しさん:2019年11月08日 15:27 ID:lS05YYle0▼このコメントに返信
>>96
クーデターじゃないか?一様軍隊だし
145.名無しさん:2019年11月08日 15:29 ID:lS05YYle0▼このコメントに返信
>>98
昔からすると30%位しか言葉やイントネーションしか使えないじゃないかな?
146.名無しさん:2019年11月08日 15:34 ID:lS05YYle0▼このコメントに返信
鹿児島人でもとある地域に根付く頴娃弁はわからん鹿児島弁とはちょっと違う
147.名無しさん:2019年11月08日 15:40 ID:1pQzMlRl0▼このコメントに返信
※10
すまんな。優秀で魅力的な奴はみんな戦で死んだんやで(涙
148.名無しさん:2019年11月08日 15:54 ID:1pQzMlRl0▼このコメントに返信
※76
長州はもともと松下村塾ルートやからな。藩は状況に対応してただけやで。
149.コロンブス:2019年11月08日 16:01 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※141
西郷も40石ぐらいの家禄を失っていたが、後に斉彬から藩の土地を開墾地として同じぐらい与えられていたはず。
40石と言えば今のサラリーマン程度の収入だと思うし、これに役料が加わり、さらに兄弟もおり世帯収入を考えればことさら貧しかったとは言えない。
借金もしていた逸話はあるが、返せるあてのない人に金は貸さないw

長州は実質100万石ともいわれる大藩であったし、
薩摩は米の取れ高としては実質半分の石高しかなかったと言われるが、米だけの経済として見なければ貧しいわけでもない。
芋など取れたわけで食材は豊かと言えるし、飢饉も起こっていない。

今できるだけ米(炭水化物)を食べないようにしている現状を考えれば、先進的な食事だったのではないかな。
150.名無しさん:2019年11月08日 16:07 ID:.1dMxt7G0▼このコメントに返信
首都(政治の中心)を東京(江戸)から鹿児島(薩摩)にかえなかったからじゃ?
首都を変えないなら、そこの言葉を無理矢理かえる必要も無いから・・・


151.名無しさん:2019年11月08日 16:15 ID:kJG3BLxq0▼このコメントに返信
「僕」も長州から流行して定着したな
152.名無しさん:2019年11月08日 16:27 ID:oZcdO8.Z0▼このコメントに返信
薩摩弁が難し過ぎる。
幕府の間諜を入れないようにするため?とも言われるぐらい独自に変化してきた言語が標準語になるわけないだろ。
153.名無しさん:2019年11月08日 16:32 ID:bCIseE.n0▼このコメントに返信
江戸弁とかいってるけど江戸弁ってのは別にある
標準語は標準語であって関東の方言ではない
関東の方言は別にある
関西人が言う標準語=関東弁ってのは田舎の嫉妬である。
標準語はカッペが集まっても分かるように標準的な言葉を東京で作ったが江戸弁が基になったものではない
カッペの東京に対する嫉妬、劣等感がなくならない限りこの誤解、捏造はなくならない
154.名無しさん:2019年11月08日 16:34 ID:ibFwY8Tw0▼このコメントに返信
後醍醐天皇のときに、結構、整備してたはず。
訓読み漢読みが、たまにアレってなるのは、その時のやつだったと。
155.名無しさん:2019年11月08日 16:49 ID:PG0HLTe50▼このコメントに返信
ノルマン朝がイングランド制服した時にフランス語持っていったけど
古英語排除されたけど完全にフランス語が浸透したわけじゃなかったのと似たような話でしょ。
植民地支配で言語ごと変えられたようなことなら、そりゃまぁ言語が切り替わるだろうけれども。
156.名無しさん:2019年11月08日 18:35 ID:ty.0ObFo0▼このコメントに返信
そりゃ仮にも天皇を中心に帝国を構築しようっていうのに
皇室に円もゆかりもない薩摩弁なんか使えるかよ

だが標準語を構築する時には
全部統廃合してローマ字にしようとかとんでもない意見もわりとあったようだ
157.名無しさん:2019年11月08日 21:55 ID:r096pAxb0▼このコメントに返信
薩摩出身者が多かった明治の警官が使ってた「オイ、コラ」とか、頭を意味する薩摩弁の「ビンタ」とかかな。
「チェスト」とかもそうか。
日本語じゃ無いが、醤油を意味する英語の「ソイ」は、薩摩弁がそのまま英語に取り入れられた例だな。
158.名無しさん:2019年11月08日 22:05 ID:AM0C.D380▼このコメントに返信
薩摩は海幸彦の子孫で、天皇がいざと言うときに出てきて助ける役目、権力欲はないからな!
159.名無しさん:2019年11月08日 22:40 ID:y07WxnAZ0▼このコメントに返信
※150
同意。
っていうかまあ、明治になってわざわざ名前を変えて遷都したんだから、
鹿児島に首都移して西京?か南京?とかも想像だけなら語れるだろうけど。
そんな事しても旧幕臣に反乱起こされて即壊滅だったろうね
今ほどの一極集中じゃないにせよ徳川時代の流れで人口、人材が多くて経済、文化的にも
首都は江戸(東京)に持って来ないと多分うまく行かなかったんじゃないかな
160.名無しさん:2019年11月08日 22:45 ID:Apin.kIg0▼このコメントに返信
今の標準語の発音の基軸は長州弁です。 
だから山口の子供は方言も話しますが、誰もが(ほぼ)NHKのアナウンサー張りのイントネーションで
文章を読めます。関東圏が標準語の元だと思ってるのは大間違いで実際には古来の江戸弁は随分訛りはきついのです。
但しがつくのですが、古来より決まった発音のものが一部あって、そのあたりは長州弁との差になっています。
後部と言う意味の「うしろ」なんかは山口弁と現標準語は発音が明らかに違います。
「なぜ薩摩弁じゃないか」これはわかりませんが、当人たちも「そりゃ無理」と思ったのでは?
大戦中に暗号がわりにされてたくらいですから。(実際は、親が薩摩人の日系米兵に見破られていたが)
161.名無しさん:2019年11月08日 23:01 ID:mYbw7XdP0▼このコメントに返信
>>28
國語元年じゃないかな
おやっとさあ
162.名無しさん:2019年11月08日 23:35 ID:p5h8hGPV0▼このコメントに返信
つーか西郷隆盛は自滅、大久保利通は暗殺でその後だと長州閥の方が権勢を持ってただろ?
薩摩は軍系で長州は内務省系(地方行財政・警察・土木・衛生・国家神道)だっけ?
163.名無しさん:2019年11月09日 00:15 ID:2laowRCF0▼このコメントに返信
その論理でいくと、織田信長、秀吉、家康が天下取ったんだから標準語が名古屋弁じゃないとおかしいだろ
164.名無しさん:2019年11月09日 00:17 ID:isErR.D30▼このコメントに返信
薩摩の本体は西南戦争で…
165.名無しさん:2019年11月09日 00:36 ID:4dMscE210▼このコメントに返信
三河弁と神奈川弁がなんか似てるなと思ってたけど、家康の影響だったのかな?江戸弁には名残がないけどね。兵庫とか鳥取とか福井の言葉にも尾張弁っぽいのがあるけどそれは秀吉の影響なのかねぇ?関西弁に名残あるイメージはないのにね。
166.名無しさん:2019年11月09日 00:39 ID:MsjtuxTG0▼このコメントに返信
※85
第2次大戦中に、薩摩出身の外交官が薩摩弁を使って、国際電話で通話。薩摩出身じゃない日本人には解読不能。
アメリカ軍に雇われた薩摩出身の日本人が解読してましたがねぇ。
津軽弁でも良かったんでしょうが、外交官に津軽出身がいなかったんでしょ。
167.名無しさん:2019年11月09日 00:39 ID:pzRBaFk40▼このコメントに返信
だって、西南戦争でほとんど自滅してもうたやろ
168.名無しさん:2019年11月09日 01:28 ID:VqL4qJPw0▼このコメントに返信
>>121
だね!
鍋島は維新後も要職についてたしね
。貴族議員で侯爵だったわけだし。
元々の江戸屋敷だった国会議事堂の場所提供して渋谷に移転しているおかげで、現在の渋谷が在るわけだしw
169.名無しさん:2019年11月09日 01:36 ID:VqL4qJPw0▼このコメントに返信
>>141
おいおい…もう少し調べてから反論しようずwww
幕末の薩長は賠償金で首回ってなかったんじゃないの(笑)
170.名無しさん:2019年11月09日 01:43 ID:ME98vICX0▼このコメントに返信
※165
「〜じゃん」って語尾につくのは、モロに三河弁の名残だと言われてるしな。
東海道沿いに東に伝播したらしい。
171.名無しさん:2019年11月09日 01:49 ID:Eb.87xsA0▼このコメントに返信
戦争で勝った側ではあるけれど、文化を作り出す側ではなかったので薩摩弁が普及しなかった
172.名無しさん:2019年11月09日 03:42 ID:J1rG8dti0▼このコメントに返信
最初の「官軍」(鳥羽・伏見)である薩摩は、最後の「賊軍」(西南戦争)でもある事実を忘れてないか・・・?
173.名無しさん:2019年11月09日 06:49 ID:gTRe1Kt.0▼このコメントに返信
>>160
>山口の子供は方言も話しますが、誰もが(ほぼ)NHKのアナウンサー張りのイントネーションで文章を読めます。

日本全国どこでもそうだが?
174.名無しさん:2019年11月09日 08:39 ID:EyVi.A1S0▼このコメントに返信
よく意味が分からんが、明治政府が最後の武士集団だった薩摩軍を農民兵で壊滅させた明治10年までの10年間に、日本中が薩摩言葉になるべきだったと言ってるんだろうか。
それにしても西南戦争の記録は驚くほど詳細に残っている。政府側農民兵と武士集団薩摩はほぼ互角で、この結果、アマチュアもプロ (武士) も戦力としては同じという評価になり武士社会は消滅した。
175.コロンブス:2019年11月09日 10:16 ID:J4LOzA8t0▼このコメントに返信
※169
賠償金を払ったのは幕府。
外国船打払令に従い攻撃したということ。
176.名無しさん:2019年11月09日 10:17 ID:xvPVqyHh0▼このコメントに返信
薩摩はパワーが有り余ってるから戦争には強いけど、平和になると内輪で闘争を始めてしまうんだな
西郷大久保だけじゃない、戦国時代あたりからそう

だから派閥や人脈を明治の日本社会に残せなかった

177.名無しさん:2019年11月09日 13:34 ID:MyaZP.OU0▼このコメントに返信
民謡田原坂
雨は降る降る 陣羽(じんば)は濡れる 越すに越されぬ 田原坂 / 右手(めて)に血刀 左手(ゆんで)に手綱(たづな) 馬上ゆたかな 美少年

南こうせつとかぐや姫 変調田原坂
雨は降る降る 布団は濡れる 越すに越されぬ 安下宿 / 右手(めて)に質札 左手に馬券 ゆたかに行きます未成年 パッパッパ、シュビデゥビデゥビデゥビ
夕べ見た夢 忍者になぁって 花の女子寮に忍び込む / 俺がやりたい でっかい仕事 チリ紙交換屋 搬送屋
178.名無しさん:2019年11月10日 08:03 ID:J.ubRONp0▼このコメントに返信
>>145
鹿児島出身の人は5人くらいしっているけど、全員普通に喋っている。
70歳くらいでもそんな感じ。
179.名無しさん:2019年11月10日 08:08 ID:J.ubRONp0▼このコメントに返信
ごめん、あんまり薩摩の方言って好きじゃないんだよね。隣の県に住んでいるけどさ。
180.名無しさん:2019年11月13日 13:44 ID:tAh7v5Qy0▼このコメントに返信
?薩摩が単独支配したわけじゃないぞ。
標準語に選ぶべきはは既存の方言でない物がふさわしいということで、長崎の廓言葉(くるわことば)が選ばれた。「品がある」んだそうだ。
数多ある廓ことばは、田舎娘の田舎臭さを感じさせない為につくられたんだから、ある意味適切w
新政府最寄りの廓・吉原ことばが選ばれていたとしたら、標準語は「~ありんす」になってたw

お名前