2019年10月19日 00:20

旧日本海軍の空母「加賀」を北西ハワイ諸島で発見 故ポール・アレン氏の調査チーム

旧日本海軍の空母「加賀」を北西ハワイ諸島で発見 故ポール・アレン氏の調査チーム

800px-Japanese_Navy_Aircraft_Carrier_Kaga

引用元:【歴史】旧日本海軍の空母「加賀」を北西ハワイ諸島で発見、故ポール・アレン氏の調査チーム…ミッドウェー海戦で沈没
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571402254/

1: みんと ★ 2019/10/18(金) 21:37:34.44 ID:md1CZiuI9
昨年10月に亡くなったマイクロソフト共同創業者の故ポール・アレン氏の調査チームは18日、太平洋戦争中に沈んだ旧日本海軍の航空母艦「加賀」を発見したことを明らかにした。
「(中略)」
BIGLOBEニュース 2019年10月18日 17時50分
https://news.livedoor.com/article/detail/17253292/ 

3: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:38:38.46 ID:YROegST50
南雲って無能?

59: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:11:57.52 ID:OgPSIUVB0
>>3
無能者が艦隊指揮艦になれるはずがないだろう。
ただ、ナポレオンも言っているように「指揮官に最も必要な資質は『運』だ」

98: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:38:47.39 ID:8vGJqFkF0
>>3
水雷攻撃の専門家であって
機動部隊の司令官としては適任者では無かったかも知れんね

123: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:50:16.78 ID:6x2NGnCE0
>>98
艦隊指揮官として有能か無能かという点で言うなら有能だろう
持っていた能力が機動部隊の指揮官という形では活かしきれなかったというだけ
機動部隊という存在自体が今までにない物だったから誰がやっても畑違いの分野なわけだから
水雷出身というだけで不適格な人事だったというわけでもない
よく比較として挙げられる小沢や山口も本質的には水雷であって最後までそこから離れることはなかった

214: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 23:32:50.23 ID:Dy6wt8db0
>>123
そうかな?山口は「空母同士の戦いは一瞬の差が勝敗を左右する」と考え甲板爆撃を進言したそうだけど。

233: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 23:43:15.25 ID:6x2NGnCE0
>>214
飛行機や空母戦に関する見識は高いからその意味では山口も有能
ただ山口にとって飛行機は射程の長い弾という考え方だからあっという間に戦力を使い潰してしまう
暴れるだけ暴れて手持ちを使い尽くしたら艦と運命を共にして退場してしまう
そういうある意味無責任な人物も指揮官としては困るわけで

112: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:45:20.28 ID:QW6Wj2MP0
>>3
ミッドウェーの時に赤城の艦長から操艦を貰って魚雷8~9本を避けたという逸話があるから
艦隊運動の指揮や経験は豊富だったと思われ

118: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:48:04.82 ID:O6mEmv4e0
>>112
司令官なのに艦隊を放置して赤城の操艦に夢中になるアホ

150: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 23:01:31.79 ID:8vGJqFkF0
>>112
水雷の専門家だから魚雷を避けて操艦するのは得意だろうが
ミッドウェーでヤラレた空母は殆どが艦爆によるものらしい
米海軍みたく航空機の専門家が指揮官を務めたほうが良かったかも知れんね

153: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 23:03:30.43 ID:SJ5g/CXZ0
>>150
ほとんどではなくて全部ね
雷撃機による損害はゼロ
損害のすべては急降下爆撃による

7: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:40:32.56 ID:s20uytlz0
発見しまくりだな

9: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:41:31.48 ID:yi3a8Csn0
蒼龍と加賀がダメージ多く、特に加賀は真っ二つになって轟沈したそうだからね

10: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:41:41.66 ID:oe8Dycwu0
すげえええ

15: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:42:35.54 ID:rs4/92mV0
資金はどこから出てんの?
見つけて売りさばくとかしてるわけでもないし?

19: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:44:08.43 ID:rg0ZprpQ0
>>15
大金持ちの道楽で
財団みたいの作ってるんじゃなかったっけ?

21: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:45:05.71 ID:QW6Wj2MP0
加賀から生還した人の手記を読んだことがあるけど
「格納庫の火災で飛行甲板の鉄板部分が熱せられ、数歩歩いただけで靴の底が溶け落ちた」
「裸足の兵隊が火災から逃れるためにそこを走って逃げてきたが足の裏がエライことになってた」とか書いてあったな

>>15
ポール・アレンはマイクロソフトの創業者の1人だから金はたんまりあるんじゃね?
そして彼は実物の零戦やM4戦車などを何十台も保有するミリタリーマニアでもあった

28: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:48:47.09 ID:fUz52KDF0
>>15
みんながWindowsやOfficeを買った金が元。

20: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:44:27.83 ID:b2/vwFWx0
>>1
すげえな

34: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 21:56:11.33 ID:7MHyITf+0
4隻撃沈は優柔不断が招いた、は真実なのか

133: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:53:54.64 ID:Rq/f2xHG0
>>34
スプルーアンスの鬼畜さも大きい
全滅覚悟で護衛無しの攻撃機を片っ端から突っ込ませた
ミッドウェーに参加したアメさんの搭乗員はほぼ全滅してる

143: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:59:30.85 ID:G2e3rxPv0
>>133
ミッドウェーってアメリカ側の被害も結構大きいのよね。
雷撃隊はほぼ全滅だし。

40: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:01:39.00 ID:Dy6wt8db0
空母とその艦載機がオーバーワークだったな。戦う船と書いて戦艦は安全地帯で見物だし。

53: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:10:06.97 ID:3E16umtd0
この人達の目的は何?
単なる趣味じゃないよな?

60: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:12:31.43 ID:3Ei4cn/90
>>53
大金持ちの酔狂な趣味だよ
仮に何かウラが存在する活動だとして
どういうメリットが有るのだ

64: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:15:05.16 ID:53tft7PU0
>>53
死んだ後でも調査が継続する体制を構築するところまで含めて趣味だよ

77: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:23:33.30 ID:mIKggMG70
マジか
赤城は実物を見てみたいな

91: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:31:45.58 ID:mc9W08nT0
ここの人間がマイクロソフトに貢いだ金で
加賀が発見された訳だから感慨深いわな

94: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:34:57.84 ID:1Rz/GiDk0
でも上手い金の使い方だよなあ・・・誰にも迷惑掛からん使い方やろ
だけど尊敬され名前は残る、すばらしい

122: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:50:00.82 ID:pNFrq+Xe0
ミッドウェーって出撃前からどこ行くかってばれてたみたいだな。
民間人もみんな知ってたとかで。

134: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 22:54:04.52 ID:Q+TDhExC0
このあたりからもう完全のダメージコントロールに差がついてたはず

145: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 23:00:33.31 ID:ZqmYqTAr0
急降下爆撃てのは
魚雷攻撃以上に自殺行為みたいなもんだが
魚雷と比べてどんなメリットがあったんだろうか

151: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 23:02:17.55 ID:G2e3rxPv0
>>145
命中率が違う。
戦艦と違って、甲板が広がる空母には有効。

208: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 23:30:44.20 ID:hyQgK2vS0
>>145
水雷攻撃は速度落として低空飛行せにゃあかん
急降下の方が速度と角度あって撃墜されづらいし回避も難しい

246: 名無しさん@1周年 2019/10/18(金) 23:48:19.58 ID:0UPw/Wi60
帝国海軍は結局はこの一戦の負けを取り返せなかったよな

270: 名無しさん@1周年 2019/10/19(土) 00:01:06.72 ID:IUCV4JLX0
ミッドウェーでは戦技や兵器では日本が上回っていたが
闘志と諜報と運もあってアメリカが勝ちを拾った形だろう
日本が舐めていたのは間違いない
ニミッツやスプルーアンスにしても日本海軍の誰にしても
日本が負けるとは考えられなかった

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年10月19日 00:26 ID:szVgA4E60▼このコメントに返信
マイクロソフト「Windowsを入れてみよう」
2.名無しさん:2019年10月19日 00:28 ID:DRHkP1tY0▼このコメントに返信
また見つけたんか。すごいな。
3.名無しさん:2019年10月19日 00:31 ID:oYNP1vDK0▼このコメントに返信
発見者の名前も残るし過去の戦争を知る機会を与えてくれるしいいことずくめ
こういうところでもアメリカは歴史を求めてるんだな
4.名無しさん:2019年10月19日 00:32 ID:L8ZgbWh40▼このコメントに返信
残りの3隻の空母も近くにあるんかな

三隈も見つけて欲しいな
7.名無しさん:2019年10月19日 00:34 ID:13XgJDm.0▼このコメントに返信
いつかは見つけてあげないとね、この財団にはホント感謝だわ
赤城、蒼龍、飛龍も見つかるといいなあ
8.名無しさん:2019年10月19日 00:37 ID:yablHMIT0▼このコメントに返信
広大な太平洋でよく、海底に沈没した空母「加賀」を発見したと思う。次は人助けとして、行方不明の少女を発見してほしい。エリアは太平洋に比べたらものすごく狭い。
9.名無しさん:2019年10月19日 00:37 ID:oJ37MXPX0▼このコメントに返信
南雲忠一は水雷出身だけあって、操艦や艦隊運用は巧みだったそうだな

航空機の運用を源田に一任してたのも、自分の能力を理解していたから
と言えなくもない
10.名無しさん:2019年10月19日 00:47 ID:xh5VndnF0▼このコメントに返信
山口多聞アゲが多いが、山口の戦術は艦爆を護衛なしで突っ込ませるだから消耗が激しいってよりも艦爆が全滅する可能性が高く、南雲が躊躇したのも仕方がない面もある。
山本五十六の作戦計画自体に欠陥があったと言ってもいい。
11.名無しさん:2019年10月19日 00:48 ID:nj0fYBzt0▼このコメントに返信
ミッドウェイでは雷撃機はほぼ全滅 
(艦載機のTBDデバステーターが3空母44機中38機被撃墜、島から出撃のTBFアベンジャーが6機中5機被撃墜)
というように、護衛機は雷撃機を中心に撃墜してる
艦爆の爆弾程度で正規空母は沈まないという思い込みがあったと思われる
(実際、99艦爆の250kgでは、ボイラー直撃でもたいした被害になってない)
この点は南雲さんのせいじゃなく、参謀(源田・淵田コンビ)が悪い
12.名無しさん:2019年10月19日 00:49 ID:13XgJDm.0▼このコメントに返信
南雲忠一はミッドウェー海戦は敗戦ばかり語られているけど
真珠湾攻撃、セイロン海海戦、第3次ソロモン海戦、南太平洋海戦とけっこうな戦果をあげているんだけどね
13.名無しさん:2019年10月19日 00:52 ID:PtrYw.Rw0▼このコメントに返信
※8
5400mだから、見つからなかったというより探さなかったって感じ
14.名無しさん:2019年10月19日 00:53 ID:oz15qJG70▼このコメントに返信
>>9
なおミッドウェーまでの南雲艦隊は、作戦毎に別艦隊から部隊を借りる臨時編成戦力だったため司令官としての苦労は絶えなかった模様。
一方で源田も航空隊の部隊編成効率化に成功。
分業化としては良かったんでねかな。
15.名無しさん:2019年10月19日 00:54 ID:exdS1HGS0▼このコメントに返信
>ミッドウェーって出撃前からどこ行くかってばれてたみたいだな。
>民間人もみんな知ってたとかで。

「AF」・・・
16.名無しさん:2019年10月19日 00:55 ID:wpQOYymk0▼このコメントに返信
加賀は赤城と比較すると若干地味なイメージだな。
17.名無しさん:2019年10月19日 00:58 ID:nj0fYBzt0▼このコメントに返信
山口・角田等の闘将タイプの人に指揮をさせると、ただただ戦力をすり減らす
ミッドウェイでも飛龍の航空隊だけほぼ全滅
マリアナでは角田さんが地上兵力を早々にすりつぶして、基地と艦隊の協同など無理になってた
日本のように余裕がない組織で闘うには不向き
かといって、小沢さんもアウトレンジなんか言ってる時点でおかしい
結局のとこ大戦力を一気に投入、できないのなら退くのが判断できる司令が必要だった
18.名無しさん:2019年10月19日 00:59 ID:oz15qJG70▼このコメントに返信
>>12
というか海軍で一番戦果上げてるのが南雲。
戦力が拮抗してる時代で主力率いてたから当然と言えば当然だけどな。

私見やけど、南雲は無茶な作戦押し付けられない限りは変な失敗もしない良将だと思うで。
専門分野で戦えてたらって考えるとチョット浪漫あるw
19.名無しさん:2019年10月19日 01:01 ID:2KIVUP7x0▼このコメントに返信
主力空母だけで最前線に単独突入させてる時点でどっちも無能だよ
20.名無しさん:2019年10月19日 01:02 ID:j18cat6D0▼このコメントに返信
本スレ
赤城の躁艦を代わって魚雷を7~8本回避・・・はぁ?
出鱈目言うな
アメの雷撃隊は悉く直掩のゼロと対空砲火でたたき落とされとる
まれに魚雷を投下できても不良で着水時に爆発したりまっすぐ走らなかったりで
まともに艦船にむかったものは1本もないぞ
もっともゼロが雷撃隊を追い回して高度下げまくり空母上空がガラ空きになった結果ダイブをゆるしてしまったんだけど
21.名無しさん:2019年10月19日 01:04 ID:AdlUL3je0▼このコメントに返信
黎明期に頓珍漢な運用するってのは、どんな時代のどんな英雄にも起こりうること。
その失敗ひとつとって無能無能言うことは、それ自体が無能の証左。
22.名無しさん:2019年10月19日 01:05 ID:kxSD6TUc0▼このコメントに返信
※11
淵田はミッドウェーには行ってないし、もともと参謀でもないだろう。
23.名無しさん:2019年10月19日 01:08 ID:j18cat6D0▼このコメントに返信
※11
それ違うぞ
南雲艦隊に爆雷同時攻撃の予定が雷撃隊が先に到達
仕方無く雷撃隊だけで攻撃に移ったら叩き潰された
結果としてゼロが低空に降りてたたけ後から到着したダイバー隊が直掩機のいない上空で理想的なポジションを取れた
運が味方したんだよ
24.名無しさん:2019年10月19日 01:10 ID:2KIVUP7x0▼このコメントに返信
※21
珊瑚海海戦で同じことしとるやんけすでに
25.名無しさん:2019年10月19日 01:12 ID:p8OxVIa.0▼このコメントに返信
今は安らかぬ眠れ。

命を的に戦った英霊が、今日の日本をみたらなんとおもうだろうか。










26.古古米:2019年10月19日 01:12 ID:eEGv.8E40▼このコメントに返信
自分としては一番空母機動艦隊指揮官として、適任だったのは「人殺し多聞丸」こと、山口多聞中将だろうと思うよ。
航空戦力と海上戦力の比較検討を行い、堅牢な軍艦に対し如何に有効な爆撃雷撃が可能か検討した先人だよ。
南雲司令は水雷屋だからね。
度胸は有るが、水平線の向こうを見渡す技量に欠けていたのかもね。
27.名無しさん:2019年10月19日 01:19 ID:lhPWThL.0▼このコメントに返信
※12
真珠湾に関してはお世辞にも功績ではないな
28.名無しさん:2019年10月19日 01:25 ID:oz15qJG70▼このコメントに返信
>>26
でもミッドウェーは敵艦隊が来ない前提で作戦計画立てて、でも念のため攻撃隊の半分は出すな。って意味不明な命令が出てたからなぁ。

南雲ですら我慢出来ず全部ミッドウェー基地に飛ばしちゃったし、山口なら迷わず同じ事やりそう。
そして蓋を開ければ、米軍戦力は空母4隻程度じゃ制圧出来ない。って結論に落ち着く。
29.名無しさん:2019年10月19日 01:33 ID:Pw7Qtyt00▼このコメントに返信
>でも上手い金の使い方だよなあ・・・誰にも迷惑掛からん使い方やろ
>だけど尊敬され名前は残る、すばらしい

そおかあ??
30.古古米:2019年10月19日 01:34 ID:eEGv.8E40▼このコメントに返信
>>28 ※28
自分が南雲司令をあまり評価出来ないと思うのは【45分間の長考】だよ。
幾ら空母が居るかもしれないという電文を受け取っても、攻撃の手を止めちゃ駄目だ。
爆弾を搭載した零戦や九九艦爆に「相手の基地を爆撃して直ぐ戻ってこい。空母を狩るぞ」と出撃させて、相手の反応を見るのも大事。
31.名無しさん:2019年10月19日 01:36 ID:Psq3FlfF0▼このコメントに返信
南雲は真珠湾まで艦隊を無線封鎖状態で脱落無しで発見もされずに連れて行ってるから艦隊運用は有能やと思うよ。

戦前に艦隊派急先鋒として井上成美を脅迫とかしてるから好かんけどな。
32.名無しさん:2019年10月19日 01:37 ID:oz15qJG70▼このコメントに返信
>>24
前線指揮官「ミッドウェー作戦には準備期間が足りません‼︎ 延期を上申します‼︎」
連合艦隊司令部「ダメです」

これやからな
33.名無しさん:2019年10月19日 01:39 ID:gHnP3m780▼このコメントに返信
南雲中将が完全無欠の名将とは思わないし、ミスも少なくないと思う。でも、艦隊を「艦隊」として真珠湾までまで引っ張っていた功績はもっとスポットライトを浴びても良いはず。
空母機動部隊の指揮については疑問があるにせよ、「艦隊」指揮については南雲中将以上の適任者はいなかった気がする
34.名無しさん:2019年10月19日 01:42 ID:4gbS3bA90▼このコメントに返信
日本は格差があまりなくて超大金持ちがほぼいないから
こういうのに金をつぎ込むのは無理だな
35.名無しさん:2019年10月19日 01:42 ID:Qbd04ezY0▼このコメントに返信
アリューシャン作戦はどうだったんだろ?
単に戦力を分散させてしまっただけのような。
戦術の王道で、ミッドウェイに戦力を集中させるべきだったように思うが。

反面、龍驤と隼鷹は生き残るという結果にはなったけれど。
36.名無しさん:2019年10月19日 01:53 ID:oz15qJG70▼このコメントに返信
>>35
アメリカ側は、それが五十六最大の失敗って分析してる。
ミニッツも「日本が少数奇襲ではなく戦力集中で来たらお手上げだった」って回想してるし、その見方は正しいと思うで。
37.名無しさん:2019年10月19日 02:25 ID:yKTWvH.K0▼このコメントに返信
こういうのはなんかありがたいね
めっちゃ頭のいいお金の使い方だと思うわ
38.名無しさん:2019年10月19日 02:35 ID:ImfswNOv0▼このコメントに返信
>>30
「相手の反応を見る」って、見るも何も相手の手は攻撃隊飛ばしてくる一択だろ。その為に出てきたんだから。

南雲が直面した問題は、言わなくても分かってると思うけど、
・戦力が足りない
・攻撃目標が2点で戦力投射の集中も出来ない
・後々の事を考えて消費戦力も減らしたい(南雲視点じゃ作戦想定から逸脱した戦況で艦隊決戦できる状態じゃない)
・上記に加えて、スプルーアンス艦隊の位置情報を誤認して南雲が思ってる以上に時間的余裕が無い
はっきり言って即断即決くらいじゃこれらの問題は解決出来ない。

南雲が判断トロい上にミスしたのは事実だけど、山口の特攻は負け戦の傷を広げたとも言えるし、連合艦隊司令部なんか杜撰以下の作戦立てて空母4隻を孤立無縁にさせてる。
こんな戦況で、誰が良い誰が悪いなんて言えないぞ。特に結果論から語られる後出しの評論なら尚更な。

南雲の45分の長考なんて、結局なにを選択しても運を天に任せた上での行動にしかならない。それは本来、艦隊運用を任された司令官にはあってはならない状態。戦争に勝つ近道は運ゲーを限りなく0にする事だからな。

長文になってスマンが、人事の変更程度じゃミッドウェーは乗り越えられないってのが俺の持論な。
39.名無しさん:2019年10月19日 03:04 ID:PyKvwuuC0▼このコメントに返信
南雲はセイロン沖海戦でも雷装・爆装の問題を犯してるだがね
40.名無しさん:2019年10月19日 03:12 ID:bBHHTOeB0▼このコメントに返信
日本より先に、しかもパイロットの意思確認もなく
こっそり特攻隊をさせていたスプルーアンス鬼やで
41.名無しさん:2019年10月19日 03:15 ID:ojExbKaS0▼このコメントに返信
アメリカの方だって突然スプルーアンスに司令官交代してるし現場じゃ行き違いの連続で、実際のところ戦場の霧がアメリカ側に有利に働いたとしか言いようがない
明確に悪かったと言えるのは、真っ先に接敵する可能性の高い機動部隊ではなく遥か後方の本隊に電探装備艦を配置したり、必要な情報を南雲に伝えなかったり、山本司令部の全てが都合良く行くのを前提とした楽観的な作戦指導くらいだろう
昔は仲間同士の庇い合いで南雲になんの御咎めもなくその後も使い続けられたなんて言われていたけど、南雲を処罰したらより落ち度のある山本五十六や黒島なんかも辞めないといけなくなるのが筋だが、あの時点で山本五十六は降ろせないだろう
42.名無しさん:2019年10月19日 03:18 ID:zzDCouWy0▼このコメントに返信
※26
軍人とは何ぞや?という事でしょうね。
命令。それに尽きるのかなぁ。
だからこそ、軍司令部がねえ〜。
43.名無しさん:2019年10月19日 03:31 ID:ojExbKaS0▼このコメントに返信
※23
あれ互いに連絡が付かないまま向かってきた攻撃隊が、先に到着した方が結果的に捨て石の囮になる形で壊滅した直後の最悪のタイミングでもう一隊が到着したんだよなあ
44.名無しさん:2019年10月19日 03:42 ID:tPJeEj140▼このコメントに返信
>>43
米軍参謀のインタビューで、練度の低い攻撃隊が
全滅した後に爆撃隊突っ込めば
零戦が油断してるからいけると思った、
だがそのとき私は人の心を失ったと思って退職しようと思った
とか書かれてるのを見たなあ

どこまでホンマかわからんが、そりゃ自分に絶望するわな
45.名無しさん:2019年10月19日 04:06 ID:YFWNHmNq0▼このコメントに返信
南雲中将どころか
下士官にすら成れ無いような
暖衣飽食連中が
後から知った知識で
無能だのなんだと、いやはや平和ですなぁ。
46.名無しさん:2019年10月19日 05:02 ID:Lb2SMY4G0▼このコメントに返信
※11
SBD艦上爆撃機&1000ポンド爆弾の威力を舐めてたのだとしたら、残念極まりないってレベルじゃないな

47.名無しさん:2019年10月19日 05:39 ID:yT.zlijI0▼このコメントに返信
>>34
日本にも起業家がいれば出てくるぞ。日本にはその起業家が少ないわけだが。
48.名無しさん:2019年10月19日 05:46 ID:Lb2SMY4G0▼このコメントに返信
批判を覚悟のうえで敢えて生きて帰った(赤城)の青木艦長が予想通りに懲罰を食らって、現場最高責任者の山本長官がお咎めナシ
有能とか無能とか、南雲が多門がどうこうとかじゃなくて、そういう日本の組織文化の不合理が嫌なだけ



49.名無しさん:2019年10月19日 06:01 ID:zGxZzNZ60▼このコメントに返信
>>16
加賀さん「頭にきました😤」
50.名無しさん:2019年10月19日 06:07 ID:zGxZzNZ60▼このコメントに返信
加賀「ただいま」
かが「お母さん、おかえりなさい!」
51.名無しさん:2019年10月19日 06:24 ID:J4nC0aTT0▼このコメントに返信
いわゆる運命の五分間って淵田中佐の証言集である、
「ああ軍艦旗」からきているんだろう
現在では、3空母被弾の際、飛行甲板には上空警戒用の零戦だけで第二次攻撃隊はまだ格納庫で準備中だった事が判明している。
ちゃん状況を知っていた淵田が何故こんな嘘を・・・
と思う、坂井三郎の偽エピもそうだけど事実の証言より
ドラマチックな講談話の方がウケが良いと出版元、或いは当人の思惑でそうしたのだろうか
戦果の誤認はどこでもあるけど 偽エピを創造すんのは駄目だろう。
52.お疲れ様でした。:2019年10月19日 06:39 ID:o.hBJAD60▼このコメントに返信
>>1
長年の国防の任、本当にお疲れ様でした。


ゆっくり休んで下さい。🙇
53.名無しさん:2019年10月19日 06:42 ID:3xy4urkW0▼このコメントに返信
ま、普通には出て来ないモノを探して貰っただけでもありがたいものだよ
当時の話がどうこうはオマケでしかないわ
赤城も近くに居るのかねぇ
54.名無しさん:2019年10月19日 06:45 ID:hv.YHTdv0▼このコメントに返信
まさにリアル艦これ
55.名無しさん:2019年10月19日 06:56 ID:mtRqQ6ug0▼このコメントに返信
MI作戦

軍令部も陸軍も反対していたMI作戦はドーリットル爆撃隊の帝都爆撃で
急遽賛成に動いたけど・・これでは米国に誘き寄せられた感覚の方が遥かに強い。

いろいろ敗因を検証してみると利根4号機がカタパルト故障とか源田実と淵田中佐の
南雲艦隊の頭脳が半病人状態であったこととか「運が悪かった」で済んでしまう
恐ろしさがミッドウェー作戦にはある

ミッドウェー時の索敵線はレーダーの有効な米軍の方が多くPBY飛行艇22機(線)と
陸軍のB17で1300キロの往復15時間の二段索敵。
日本海軍は榛名x1、筑摩x2、利根x2、加賀x1、赤城x1の7線で一段索敵。

暗号解析して待ち伏せしてレダー探知も出来ている米国の方が緻密にやっている。

インド洋と珊瑚海での教訓無しで慢心の海軍に三度目の正直が来てしまった感が強い。
56.名無しさん:2019年10月19日 07:03 ID:mtRqQ6ug0▼このコメントに返信
珊瑚海海戦 

日米空母損害 修理状況

米空母ヨークタウンは珊瑚海海戦(1942 5/9)での中破を3日間不眠不休で修理させた。
5月27日に真珠湾に帰港すると、太平洋艦隊司令長官チェスター・W・ニミッツ大将が
直接損傷状況検分を行い、応急措置を施せば戦列復帰は可能と判断、3日で修理を行うよう命令した。
修理は24時間体勢の突貫工事で、オアフ島の一部を停電にして海軍工廠に電力を優先に供給するよう
調整するなど全面バックアップが取られ、2日後の29日11:00には穴は完全に塞ぎ終わりドックの外へ
出す事が出来るまでに回復された。

日本海軍翔鶴も3発の命中弾を受け中破、修理は6/17から行われた。
57.名無しさん:2019年10月19日 07:15 ID:mtRqQ6ug0▼このコメントに返信
BS歴史館 「敗北が語る日本の弱点」より

1.海軍は作戦第一であり情報は上司の裁下を得る為の材料である。
2.海軍は事前の図上演習で図星とも言える大敗の結果を出していたが、宇垣参謀長によって無いものとされる。
3.作戦の見直しを幕僚が進言するも山本長官(愚か者)が反対する。
4.陸軍は海軍の暗号を解読、海軍に注意を促すも海軍は意に介せず。
5.米太平洋艦隊司令長官ニミッツにより海軍の暗号は詳細に解読されていた。
6.南雲長官は年次と学校の成績序列である。
7.海軍はミッドウェー作戦の大敗を天皇と国民に対して隠ぺいした。
8.海軍兵学校の卒業生は責任を追及されない。
9.議会と政治がしっかりしなければ軍人によって国は滅ぼされる。
58.名無しさん:2019年10月19日 07:26 ID:UhTSRyMY0▼このコメントに返信
>>56
太平洋戦争の米海軍はホンマ必死で戦ってるから嫌いになれんな
海底のヨークタウンが見つかったのは20年前やっけ?
今は眠る海の英霊たちに敬礼(`_´)ゞ
59.名無しさん:2019年10月19日 07:36 ID:DtqEJjcf0▼このコメントに返信
>>12
真珠湾だって、艦隊の統率に優れる南雲だったからハワイまで艦隊を連れていけたようなもんだしな。

南雲や栗田は敗軍の将だから叩かれるが、指揮官としては有能な部類に入るんだよね。
60.名無しさん:2019年10月19日 07:39 ID:DtqEJjcf0▼このコメントに返信
>>27
冬の北太平洋を踏破してハワイにまで連れていっただけでもスゴい事なんだけどな。
二次攻撃なんて、命令ださない山本達が悪いに決まってるだろ。
61.名無しさん:2019年10月19日 07:49 ID:DtqEJjcf0▼このコメントに返信
加賀と蒼龍の被害がでかいのは、赤城に比べて被弾が多いのと、加賀は燃料タンクに直撃弾食らって、艦橋が吹っ飛んだせいで指揮ふのうになったからだっけな。

蒼龍はたしか1番多くの米艦爆の猛攻を受けたからだったか。
で、加賀は艦長達が最初の一撃で戦死しちゃったから脱出が遅れて、被害者が増えた反面、蒼龍は艦長の判断が早かったから人的被害はそこまで多くなかったらしい。
62.名無しさん:2019年10月19日 08:07 ID:u36hsvyl0▼このコメントに返信
今の国務大臣と一緒、海軍兵学校の卒業が何期かが重要で能力適性で選ばれていない。
63.名無しさん:2019年10月19日 08:12 ID:2astD8qc0▼このコメントに返信
このチームは本当は何を探してるんだろうな?
64.名無しさん:2019年10月19日 08:13 ID:iCqFVlJ20▼このコメントに返信
※56
修理をしても載せる航空隊が無い。5航戦の生き残りは隼鷹に搭載されてアリューシャンに行っている、瑞鶴がミッドウェーに参加しなかったのは載せる飛行機が無かったから。

ヨークタウンは潜水艦の魚雷を食らって本土送りになったサラトガの予備として残っていた航空隊に差し替えて出撃している。

山口って本当に優秀なんかなと。
真珠湾での再攻撃の意見具申は(本当だったら)戦隊司令官としては無能の極致、ハルゼーでもやらないレベル。
ミッドウェーでの攻撃具申でも、第一次攻撃隊をすべて海水浴にご招待になるし
その後の飛龍攻撃隊の結果からアメリカ艦隊に損害を与えられるのはかなり難しい(護衛戦闘機がつけられない)
65.名無しさん:2019年10月19日 08:13 ID:eNgHulta0▼このコメントに返信
南雲は
真珠湾でやらかしてから
更迭するべきだった。
五十六が甘かった。
66.名無しさん:2019年10月19日 08:14 ID:rNyb.i.10▼このコメントに返信
南雲が~山口が~と知識披露するなら加賀自体は20年前にみつかっていて今回は最新技術で鮮明な映像撮っただけ、となぜだれも言わないんだよ
艦これのWIKI見てきたがそこにも「1999年5月に発見、同9月に確定した」と書いてあるのに
67.名無しさん:2019年10月19日 08:25 ID:WNoSa5eU0▼このコメントに返信
>>10
山本五十六の作戦計画自体に欠陥があったと言ってもいい

山本五十六も元々鉄砲屋。航空機を射程の長い砲弾としか考えてない。
そりゃ損耗激しくなるわ…
のちの「南太平洋海戦」「い号作戦」でも航空隊を壊滅状態にしたからな…
68.名無しさん:2019年10月19日 08:26 ID:2astD8qc0▼このコメントに返信
※64
真珠湾の二次攻撃中止は、大本営が機動部隊を無傷で返せと命令してたからだぞ。
69.名無しさん:2019年10月19日 08:33 ID:cX1Al.Kf0▼このコメントに返信
南雲だけの責任って訳じゃないだろ、暗号解読されてバレバレだったし、嵐がノーチラスにつけられて艦隊の位置バレとるし
70.名無しさん:2019年10月19日 08:33 ID:okJQ0R.v0▼このコメントに返信
米低の手先のだらけ
71.名無しさん:2019年10月19日 08:36 ID:aofjP1if0▼このコメントに返信
>>29
在る意味で道楽の賜物だから戦史の解明や検証の為に成るしね
他人の金だしその是非に感想を持つのは良いが趣味人に有効性は通じないさ
72.名無しさん:2019年10月19日 08:37 ID:WNoSa5eU0▼このコメントに返信
>>35
龍驤と隼鷹にはまだ一部に旧式機があったから陽動に回したという説もある。攻撃に拘らず、艦隊防空任務を与えてればね…
空母4隻喪失もアクタンゼロも防げたろうし…

73.名無しさん:2019年10月19日 08:41 ID:2astD8qc0▼このコメントに返信
※71
ポールアレンの海底探査を疑うと、必ず火消しが入るよな。
本当は何か別の物を探してんじゃねーのか?
74.:2019年10月19日 09:01 ID:puNB1Tct0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
75.名無しさん:2019年10月19日 09:03 ID:l8m6vn4m0▼このコメントに返信
※62
戦時階級なんて制度を運用してた米軍パネェ
76.名無しさん:2019年10月19日 09:04 ID:6oXEZWxF0▼このコメントに返信
※65
南雲は悪く無いよ。ミッドウェーは負けるべくして負けただけ、航空戦力
艦隊防空力、情報戦、ダメコン、全てで負けてる。結果は妥当じゃ無いかな。
77.名無しさん:2019年10月19日 09:17 ID:nj0fYBzt0▼このコメントに返信
※57
日本は実際に米空母2隻沈めたつもりでいたし、自軍の被害を少なめに誤魔化した対外は
わりと普通な戦闘報告だったのは忘れてはいけない
戦略的に大敗だったのは間違いないが、戦術的に大敗だと思ってなかった
(まあ、その情報収集能力の低さがまずいんだけど)
78.名無しさん:2019年10月19日 09:40 ID:rha9LEoo0▼このコメントに返信
開戦時に空母艦隊の実戦経験ある司令官は日米共に不在。
唯一、台湾総督の長谷川清大将ぐらい。
第二次上海事変時の加賀艦長は、お亡くなりだし。
なお加賀さんは、芸者を艦内に乗せてたので有名。
79.名無しさん:2019年10月19日 09:44 ID:rha9LEoo0▼このコメントに返信
※73
>>73
潜水艦探知技術の実証実験、兼ねてるんじゃないの?
80.名無しさん:2019年10月19日 09:48 ID:rha9LEoo0▼このコメントに返信
※10
>>10
黒亀の無能は当然だが、福留が無用なIL作戦ねじ込んだ方が問題。
角田の航空戦力あれば、十分完勝できた。
南雲と役割分担前提だが、
81.名無しさん:2019年10月19日 09:57 ID:rha9LEoo0▼このコメントに返信
※17
>>17
珊瑚海海戦で善戦した原さんが、閑職に廻される不思議。
上司の井上は出世したのに。
82.名無しさん:2019年10月19日 10:02 ID:nqifrMmS0▼このコメントに返信
>>51
◯◯のエピソードは嘘!創作乙!とかよく見るけど、組織ってのは、都合の悪いことは報告書には書かないからな…
まあ働いたことない君たちにはわからないだろうね…
83.名無しさん:2019年10月19日 10:03 ID:rha9LEoo0▼このコメントに返信
※18
>>18
ソロモンで、水雷戦隊率いてもらいたかった。
84.名無しさん:2019年10月19日 10:04 ID:mtRqQ6ug0▼このコメントに返信
※67

「消耗戦抄」

1942年6月5日にミッドウェイ海戦で234機の航空機を失う。

1942年8月7日から1943年2月10日のソロモン航空戦で730機消耗し970機補充。(米軍は560/1025)

1943年4月7日~13日「い号作戦」時のラバウル航空兵力総数350機強で43機消耗(米軍は31機)。
1943年11月1日~11月12日「ろ号作戦」空母翔鶴、瑞鶴、瑞鳳の搭載機173機がラバウルに増援で120機消耗。

1944年1月19日ラバウル基地の稼働154機、搭乗員の3割は負傷と傷病にて動けず。
1944年1月25日空母龍鳳、隼鷹、飛鷹の艦載機123機をラバウルに補充。疲弊しきった機材人員はトラック島に引き上げ。
1944年2月17日古賀大将ラバウル撤退を決意、残留は九三八空と九五八空(終戦迄)の2個の水偵隊のみ。

その後も海軍は破損機を集め零戦12機を作り偵察や1944年11月9日にはハイン島の飛行場を空襲。
陸軍もスクラップを集め司偵2機と隼5機を作り上げる。司偵1機のみ終戦まで活躍。


85.名無しさん:2019年10月19日 10:04 ID:nqifrMmS0▼このコメントに返信
>>55
索敵は三段くらい計画してたのを攻撃力の低下を嫌って省略したんだよな…
86.名無しさん:2019年10月19日 10:05 ID:qvOFr3qd0▼このコメントに返信
何処かの国の人が特攻がどうのと言ってるが、実際は
アメリカ人も艦爆機がそれに近い事をやってる。
その行為が国を守ると信じてただけどね。
87.名無しさん:2019年10月19日 10:05 ID:rha9LEoo0▼このコメントに返信
※22
>>22
便所に籠ってたんじゃなかった?
88.名無しさん:2019年10月19日 10:06 ID:uPHoqMzO0▼このコメントに返信
運命の5分間なんで創作で、
空母乗組員は「今日の戦闘はもう無いな」と言ってた所を急襲にあったとかを見たことあるが。
89.名無しさん:2019年10月19日 10:10 ID:rha9LEoo0▼このコメントに返信
※26
>>26
重慶爆撃を護衛無しで行い、陸攻隊を消耗させただけの無能じゃないか。
渡洋爆撃の段階で護衛無しの爆撃は、被蓋甚大なのは実証されてるのに。
90.名無しさん:2019年10月19日 10:11 ID:Psq3FlfF0▼このコメントに返信
>>51
淵田君は幻の台湾航空戦大戦果の時もやってくれちゃってるからなぁ
91.名無しさん:2019年10月19日 11:22 ID:mtRqQ6ug0▼このコメントに返信
※89
スポーツから国家も組織運営は指導者の能力と運気による影響が大なのだから
ここでも最大の関心ごとであると思う。

特に海軍はお祓いの必要な組織人事でしたね。
92.名無しさん:2019年10月19日 11:23 ID:LF4xWhiS0▼このコメントに返信
>>1
日本人からの寄付金も凄いって聞いたことがあるが。だから旧日本軍の艦船を優先して探してるとか。
93.名無しさん:2019年10月19日 11:27 ID:LF4xWhiS0▼このコメントに返信
>>67
航空機戦略の成熟度が低かったってことだなあ。空軍なんて無かった時代だから仕方ないけど。

その辺の理解が高い人が艦隊長だったら少しは結果が違ったんだろうか。
94.名無しさん:2019年10月19日 11:30 ID:LF4xWhiS0▼このコメントに返信
>>59
米軍との物量差をひっくり返すくらいの無茶な期待を
簡単に押し付けるのがファンタジー好きの日本人の悪いクセだな。現実の数字を見なきゃイカン
95.名無しさん:2019年10月19日 11:32 ID:LF4xWhiS0▼このコメントに返信
>>19
航空機=ミサイル
空母=自走式ミサイルポッド
みたいな感覚だったんかね?
96.名無しさん:2019年10月19日 11:41 ID:QCNH23it0▼このコメントに返信
ポール・アレン氏は亡くなった後も冒険を続けている
本来日本人の資産家がやるべきことを、死者に敬意を払いながらやってくれていることをとても偉大に思う
97.名無しさん:2019年10月19日 11:43 ID:NWvFf81a0▼このコメントに返信
ヤマトに出てくる雷撃機と急降下爆撃機の違いはなんだろ?
喫水線がない宇宙で雷撃って意味あるのか。
98.名無しさん:2019年10月19日 11:49 ID:AkyY29ve0▼このコメントに返信
>>89
演習で戦闘機(当時は複葉の95式)を振りきれたから油断があった。しかし、何で爆装状態で偉い人乗せて戦闘機に襲われた状況を検証しないのかな?空荷で「最高速◯◯キロ!」なんて意味ないのに…

99.名無しさん:2019年10月19日 11:53 ID:AkyY29ve0▼このコメントに返信
>>98
たしか戦闘機無用論も96式陸攻の高性能から生まれたんだっけかな?戦闘機は防御兵器だから攻撃大好きの海軍では日陰者扱いだったと読んだことがあるな…
100.名無しさん:2019年10月19日 11:57 ID:AkyY29ve0▼このコメントに返信
>>60
二次でなく三次でなかったかな?尤も、二次攻撃でかなり損害を出してるから、躊躇するのは仕方ない。
それ以前に、基地機能の破壊を命じず「南雲はやらないよ…」とか言ってる方が問題かと…
101.名無しさん:2019年10月19日 12:00 ID:AkyY29ve0▼このコメントに返信
>>34
日本では儲けてもガッツリ税金で持っていかれるから超金持ちは生まれにくいんだよな…
102.名無しさん:2019年10月19日 12:05 ID:AkyY29ve0▼このコメントに返信
>>97
まあ元ネタがWW2だからね…
103.名無しさん:2019年10月19日 12:08 ID:UPeI3BLX0▼このコメントに返信
ミッドウェーの時にアメリカにはレーダーがあった 勝てる分けがなかった、真珠湾を攻撃しそのままミッドウェーに行けば良かった、作戦の大失敗だった。
104.名無しさん:2019年10月19日 12:17 ID:qAnpE6Ow0▼このコメントに返信
赤城・飛竜・蒼龍「ワイ等も早う探し出してくれ~」
105.名無しさんの経済学:2019年10月19日 12:25 ID:JKNKYm8l0▼このコメントに返信
離島ばかりズルい。マレーシアの山ん中や、半島の戦場もだなぁ。
106.名無しさん:2019年10月19日 12:42 ID:fHMHJoYo0▼このコメントに返信
過去の遺産を発見したのなら 母国の子孫は供養する機会を得る とも言える。

ありがたいことだと思うがな。こんにちに至る努力がそこにあったわけだよね命がけの。敬意を表するきっかけにもなるじゃないか。
良い道楽だ。金持ちは金を使うべきだからな。
107.名無しさん:2019年10月19日 12:42 ID:QCNH23it0▼このコメントに返信
有能/無能の違いは勝つか負けるかだが、ミッドウェイまでは損耗少なく打撃を与えられるかが大事
損耗上等のごり押しは無能の証、継戦能力の長期維持が大前提だったから
108.名無しさん:2019年10月19日 12:48 ID:...LXg630▼このコメントに返信
つまりWW2最高傑作艦爆はDauntlessでFA
109.名無しさん:2019年10月19日 13:05 ID:uPHoqMzO0▼このコメントに返信
※103 ヘンダーソン基地の回復力からすると爆弾の無駄だけじゃないの。
110.名無しさん:2019年10月19日 13:16 ID:13i2ba6p0▼このコメントに返信
今回、日本は台風の情報も得ていたし、対処法も過去の経験から熟知していた。
インターネットなどで時間単位で状況も把握することが出来る。

だが、被害を全く防げなかった。
111.名無しさん:2019年10月19日 13:35 ID:rvKGaLX30▼このコメントに返信
米軍の運が良かったってのもある。
一丸となって攻撃したのではなく、日本艦隊を発見し小隊から順次攻撃した事が運を引き寄せた。
最初に攻撃をしかけたのが艦攻(魚雷)で、低空侵入してきた。
これをなまじ目が良い艦隊上空の直衛機が見つけて、阻止する為に全部低空に降りてしまった。歴戦のセロ戦乗りに敵うはずもなく艦攻は撃墜。でも、これが劣りになって高高度ががら空き。偶然、次の艦爆小隊は悠々と侵入。低高度に降りた直衛機セロ戦はそれに気づいた時には後の祭り。急上昇したが間に合わず。爆弾投下されて万事休す。
その後は、連携して無い艦爆による高高度からの攻撃と観光による低高度侵入が五月雨式にきて適当に来たのが幸いして、直衛は高度移動に右往左往。米軍はそれが幸いして結果的に迎撃網を上手くかわせて攻撃できた。
だから、初撃はだれが指揮を取っていても結果は変わらなかっただろうよ。ま、換装中の誘爆っていう二次被害は南雲の決断ミスだと思うけどな。
112.名無しさん:2019年10月19日 13:52 ID:f.A9TnA30▼このコメントに返信
>>110
全く防げなかったってなんやねん。
東京の地下から江戸川に流すとか、治水とか有効やったやん。
出た被害を見て対策がなかった場合でも同じだけの被害しか出なかったと言ってるのか?
113.名無しさん:2019年10月19日 14:00 ID:20SRNqkE0▼このコメントに返信
艦これのおかげでまた貴重な軍艦が見つかったな
114.名無しさん:2019年10月19日 14:17 ID:I4QY.NKC0▼このコメントに返信
こりゃ赤城も直ぐに見つかるだろうな
115.名無しさん:2019年10月19日 15:01 ID:P.MlAAuo0▼このコメントに返信
>>17
そもそも現代戦は消耗戦。それが出来なきゃ勝てない。一回の会戦で勝負が決まるなら、全滅を承知で投入するのも有りか知れない。
でも後を補充出来るかは指揮官の力量ではなく国力の問題。アメリカはそれが出来たから勝てた。スプルーアンスやハルゼーが果たして
日本の指揮官と較べて優秀だったかどうか。ミッドウェーは結果だけ見るなら、スプルーアンスが運に恵まれてたとしか。
116.名無しさん:2019年10月19日 15:09 ID:2.2fTnyG0▼このコメントに返信
ミッドウェーの時の軍令部と山本の板挟みを見ると、とにかく南雲司令は不憫
一応軍令部側のはずだったのに、山本と軍令部の無茶な要求で板挟みとかな……
そりゃ、出発前の言動が自暴自棄にもなるわ

指揮はそれでも冷静だったらしいけど、空母3隻沈んだ時に完全に精神の糸がプチンと切れたらしいし
117.名無しさん:2019年10月19日 15:09 ID:nj0fYBzt0▼このコメントに返信
※92
太平洋で探してるんだから、日本艦か米艦になるのは不思議じゃない
そして日本艦の方が資料少なめだから、日本艦の比率が増える

ミッドウェイの空母は全て沈没場所は確定してたかと思う
ヨークタウンについては画像も結構公開されてる
加賀の画像が過去に公開されてたか、そこまで探索されてたかは記憶にない
多分無人探査機を潜らせたのは初なんでは?
118.名無しさん:2019年10月19日 15:12 ID:nj0fYBzt0▼このコメントに返信
※95
ミサイルだと使うとなくなるんですよね
艦攻だと3回出撃したら故人になるともいわれた
そのため、兵器としては日本も無人誘導弾を開発はしてたけど
パイロット養成をほとんどしてないのがどう考えても戦争する気がないとしか思えない
119.名無しさん:2019年10月19日 15:17 ID:e3.0SjwG0▼このコメントに返信
※16
日本の航空戦力で最初の戦果を挙げて最初の戦死者を出した艦が地味とかないわー
まぁ架空戦記とかでも日本圧勝だとアレだからとりあえず沈んどけ的な扱いされること多いよね、加賀と蒼龍は
120.名無しさん:2019年10月19日 15:20 ID:e3.0SjwG0▼このコメントに返信
※118
してないとできないを区別できない時点でお察し
船団輸送を軽視して船団護衛をしなかったとか思ってる人?
あるいはハワイ要塞を攻略すれば良いとか言い出しちゃう人かな?
121.名無しさん:2019年10月19日 15:23 ID:WjZz5oEx0▼このコメントに返信
>>97
最大射程で撃ったビームが放物線を描く世界観の宇宙なんだぞ。
122.名無しさん:2019年10月19日 15:29 ID:P.MlAAuo0▼このコメントに返信
>>33
結局世間は結果しか見ないっていう事なのか。それはどんな仕事に対しても同じ。
あの東郷だってミスは多くて大した戦果が無かったのに、最後の日本海海戦で大当たりしたから神になっちゃった。
戦の勝敗とは最後に出る結果であって、運の要素も強い。前線でいくら負けても後でひっくり返せるのがアメリカ。
勝敗という結果だけ見て無能の烙印を押されるのは、確かにどうかと思う。
123.名無しさん:2019年10月19日 15:46 ID:P.MlAAuo0▼このコメントに返信
>>57
特に最後の項目。太平洋戦争に至る国際的孤立は、元をたどれば、満州事変やその後の日中戦争を起こした陸軍の手綱をしっかり
握れなかった事があるね。また戦争とは軍がやるものという認識で、外務省との連携も無かった。日本の組織そのものの問題かも。
124.名無しさん:2019年10月19日 15:46 ID:tDKljk.n0▼このコメントに返信
この人、見つけすぎだろw
125.名無しさん:2019年10月19日 15:50 ID:AoewoTel0▼このコメントに返信
※7
日本人が世界一高い金額で違法コピーもせずマクロソフトのソフトた沢山買ったからや

126.名無しさん:2019年10月19日 16:07 ID:CoDkbWbR0▼このコメントに返信
>>22
行ってる
127.名無しさん:2019年10月19日 16:09 ID:2j4uWEL10▼このコメントに返信
※118
昭和19年東南海地震の事も少しは考えて上げて?航空撃滅戦本格化への対応が出端で挫かれたの。
128.名無しさん:2019年10月19日 16:11 ID:dLMtEDJf0▼このコメントに返信
>>82
歴史の偽造も大した事ない 騒ぐなですか
どんだけ馬鹿なんだw
129.名無しさん:2019年10月19日 16:39 ID:5yOqX51e0▼このコメントに返信
金持ちの道楽がこんな成果をあげるとはね
昔の画家とか音楽家とかのパトロンについて、
芸術のために金をつっこむ金持ちの存在は大きかった
死後も調査を続けることによってずっとポール・アレンの名前が残る
調査と発見に感謝してる人はたくさんいるだろうし生きた金の使い方だと思うよ
130.名無しさん:2019年10月19日 17:02 ID:2astD8qc0▼このコメントに返信
このチームは本当は何を探してるんだろうな?
131.名無しさん:2019年10月19日 17:08 ID:rha9LEoo0▼このコメントに返信
※103
>>103
真珠湾帰りは、第四艦隊のウェーク島攻略失敗のしりぬぐいしなきゃならないので、無理。
132.名無しさん:2019年10月19日 19:09 ID:Drd3nWa70▼このコメントに返信
これには空母の娘も咽び泣く。
133.名無しさん:2019年10月19日 21:10 ID:yT.zlijI0▼このコメントに返信
>>101
所得税はあんま変わらん。
あとアメリカの超金持ちってだいたい株主。
孫正義、ZOZO前澤みたいな起業成功した株主(前澤はもう売ったけど)が大量にいるのがアメリカ。
134.名無しさん:2019年10月19日 21:40 ID:nj0fYBzt0▼このコメントに返信
※127
いや、あれは最後の止めをさされただけで、あの時点からフル回転していても手遅れよ
135.名無しさん:2019年10月19日 22:22 ID:WR8z3jCC0▼このコメントに返信
>>111
運も実力のうちという言葉が浮かんでは消え
136.名無しさん:2019年10月19日 22:40 ID:vA6b4t8S0▼このコメントに返信
海軍本部はミッドウェーなんて攻略するのは無駄でたとえ占領したところで維持できないから
やりたくないって言ってたのに五十六がやりたいやりたい言って海軍にやらしくれなきゃ連合
艦隊司令官辞めるとか言ってごねて作戦勝ち取ったとか書いてあったな
137.名無しさん:2019年10月20日 01:17 ID:XjrKAOG.0▼このコメントに返信
>>136
目的は島の攻略じゃなくて、そこに居るはずの米艦隊の空母を仕留める事だった。真珠湾でも肝心の空母を仕留め損ねた。
数ヶ月後の南太平洋海戦で一時期米空母の稼動をゼロにしたけど、本土が無傷な米国は、その翌年から空母をどんどん送り出して、
日本海軍にとって真の恐怖が始まる。たとえ真珠湾にミッドウェーを成功させたとしても、負けは時間の問題だった。
138.名無しさん:2019年10月20日 03:35 ID:CzoJ67eM0▼このコメントに返信
加賀は煙突付近の部屋が蒸風呂で乗員に不評だった北方作戦に運用すればよかった。
139.名無しさん:2019年10月20日 03:44 ID:MDOAn2wn0▼このコメントに返信
まあ最近揃ってきた情報を見るとタイミング次第で日米どちらに偶然が味方するか判らない状況だったとしか思えないな
司令部の作戦の立案から実際の運用までが杜撰過ぎた分、日本側が不運を引く確率が高かったとは思うけど、少なくとも南雲が悪いとか多門ならとかで済むような簡単な話じゃない
140.名無しさん:2019年10月20日 12:01 ID:2Xt7BcF50▼このコメントに返信
確か日本海軍は消耗した機体と人員共に満足に補給されていなかったはず
141.名無しさん:2019年10月20日 13:51 ID:nyuNL6B30▼このコメントに返信
>>123
衆議院の大型政党がみんな揃って親軍化してる上、首相が言動不一致の近衛だからなぁ
組織以前にマトモな奴の方が少ない時代だった
142.名無しさん:2019年10月20日 13:58 ID:nyuNL6B30▼このコメントに返信
>>74
まぁぶっちゃけ4ヶ月で新しい作戦方針決めろと仰る本営が元凶やからな
問題なのは売られた喧嘩を馬鹿正直に買って無理な作戦を採用したって部分
朝鮮は知らん
143.名無しさん:2019年10月20日 14:32 ID:8YyG8Y6b0▼このコメントに返信
>>137
「目的は島の攻略じゃなく、そこに居るはずの米空母撃破」
これがまず違う。天下のNHK(嫌味)が違うと言ってるくらい違う。

ミッドウェー戦の作戦は
1.ミッドウェー基地の制圧
2.基地制圧後に出現した米空母艦隊を撃破
の二段階。
基地攻略途中に米空母との戦闘を想定せずに計画を立てられてる。
第二のドゥーリットル空襲を防ぐ為に、偵察線の縦深化をやりたくて認可された様な作戦だから島の攻略は不可避。

大和ら主力艦隊が後方にあったのも、連合艦隊司令部にとっては「米空母がそこに居るはずが無かった」からだぞ。

144.名無しさん:2019年10月21日 23:04 ID:CZlku5g20▼このコメントに返信
>>114
赤城見っかったで~♪
145.名無しさん:2019年10月21日 23:05 ID:CZlku5g20▼このコメントに返信
>>113
加賀さんねんどろいど買って来よう🎵

お名前