2019年10月15日 19:05

トランプ米大統領「戦争犯罪に相当する可能性がある」トルコに経済制裁 シリア侵攻に対抗措置

トランプ米大統領「戦争犯罪に相当する可能性がある」トルコに経済制裁 シリア侵攻に対抗措置

02

引用元:【米国】「戦争犯罪に相当する可能性がある」…トランプ米大統領、トルコ3閣僚に経済制裁 シリア侵攻に対抗措置
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1571098474/

1: ばーど ★ 2019/10/15(火) 09:14:34.37 ID:tgn4BQO/9
トランプ米大統領は14日、トルコによるシリア侵攻で深刻な人道的危機が起きているとして、トルコに経済制裁を科すと表明した。トルコの国防相とエネルギー天然資源相、内相を制裁対象に指定した。
「(中略)」
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50968060V11C19A0MM0000/

2: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:16:35.04 ID:6o207r4W0
クルド人勢力を潰すのを容認したらシリア侵攻までされちゃって
慌ててってこと?

それじゃ第二次世界大戦の開始と構図は同じだけど・・・

3: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:16:37.50 ID:RbYgrg3E0
そら、戦争始めりゃ民間人を危機にさらすわな

5: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:18:15.21 ID:1ne+vz7Q0
本当に損得しか考えないビジネスマンだよな
それもその場、その場の損得

9: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:21:31.00 ID:N3hJvSBW0
やんわりとした制裁だな
「やりすぎんなよ」って感じ

10: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:22:09.86 ID:wuer5uMR0
アメリカが混乱させている面も大きい

13: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:26:21.04 ID:WNnsagLA0
今度はやっぱり米軍残留させるとか言い出したぞ
じゃあ最初から撤退するとか言うなよこうなるのわかってるんだし
おまけにクルドが拘束していたIS戦闘員も800人以上逃走したらしいし
何がしたいんだよこのおっさんw

17: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:32:55.38 ID:3A5Pcn9z0
>>13
クルドを切ってISをフリーにするためじゃんw

19: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:45:38.52 ID:UM2X1c7F0
あれ?トルコにOK出したのトランプじゃなかったっけ

20: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:49:29.00 ID:wb7WEwby0
逆にいえばアメリカ単独の経済制裁だけで済むんだよな

舐められてるんだよトランプ

21: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 09:51:35.05 ID:3A5Pcn9z0
これでペンスがトルコ行くだろ?
バカの使いをさせておき
騒ぎがおさまるだろ?そしたら
「アタシのお陰で平和が訪れた。クルドのせいでISが逃げてしまった。米軍が様子をみよう」
って言うんだよ

23: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 10:05:07.51 ID:pKdEpy/r0
クルドを鉄砲玉にして使い捨てたのはインパクトが有ったからアメリカの立場が揺らいだのは間違いない

後はクルドがISの捕虜1万人を解き放ったら終わり

24: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 10:06:45.72 ID:0PHj9Vo50
>>1
こき使った仲間を見捨てて
トルコ軍に虐殺させるがままにして
倫理的な戦争犯罪人だろ この米国大統領は。

25: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 10:08:59.92 ID:Xs/hr/a90
クルドの奴らかわいそうになってきた よく知らんけど

26: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 10:09:26.59 ID:DYyKbMoq0
東京がイスタンブールにオリンピックを譲ってれば、
この時期のクルド侵攻は絶対しなかった

28: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 10:17:36.27 ID:aESuRy2w0
トルコ国内にいるシリア人難民360万人の方が可哀想だろ。

トルコ軍がシリア北部からISとクルド人武装勢力を片付けて、シリア人をシリアに帰還させる。

米軍がIS退治にクルド人武装勢力を使ったから一帯を支配できたのであって、元々彼らの土地じゃない。

元の住人、シリアの北部住人は家土地を失た状態でトルコ国内の難民キャンプに居る。

30: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 10:37:00.00 ID:k5AUTsum0
首を突っ込んだり、手を引いたり
いたずらに場をかき回してる側にも責任は有ると思うが

31: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 10:59:12.05 ID:qwjDcmut0
クルドにもトルコにも「米国は敵としても味方としても信用ならねえ」という印象を与えただけ。
どうしようもねえなトランプ

40: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 12:50:13.51 ID:vYAr/rY90
>>1
え?つい先日「クルド人は第2次世界大戦でアメリカに協力しなかったから攻撃されて当たり前。トルコを支持する」みたいな事言ってなかった?
クルド人殲滅はいいけど、シリアには手を出すなって事?

48: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 13:14:17.39 ID:zxBkm8WZ0
はい、あとの祭りw
もうアメリカは中東の信用を失ったw

56: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 13:31:22.55 ID:zxBkm8WZ0
プーチン大統領がホワイトナイトに見える罠w

65: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 13:44:48.38 ID:JT2lpeg70
アメリカはどっちなんだよ
クルド人切ってエルドアンと手打ちしたんじゃないのか
アメリカからしたらシリアはどうでもいいよね

88: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 15:52:28.20 ID:8ubkmmJ70
クルド(反シリア政)がシリア政府と和解(トルコの国境越境だから)しても
シリア政府が国境越えしたトルコ軍をたたくのはわかるけど
国境現状維持でトルコシリアすぐ和解(領土拡張は今考えてないだろうし)
トラの軽口は軽すぎ特に今回はね(でも当事者達は怒り心頭かな)
シリア国内でクルド(反政だった事を理由に)を締め上げ待ってる
クルドがシリア政府に永続忠誠を誓うのか
シリアに忠誠誓えば2等国民扱いなりそう・クルドも苦悩

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年10月15日 19:09 ID:7sP.xdmK0▼このコメントに返信
ボルトンを解任してからおかしくなった
4.名無しさん:2019年10月15日 19:10 ID:oWGYs2Np0▼このコメントに返信
トルコにもクルドにもアメリカは信用ならない→
それこそが、トランプ閣下の策略だよ。
雨ポチネト××ウヨには、受け入れ難いだろうけどなw

アメリカファースト!!
7.名無しさん:2019年10月15日 19:12 ID:AGkKlSH60▼このコメントに返信
商売人トランプはちゃんとソロバンはじいたのか?
かえって高くつく結果になるんじゃ?...
8.名無しさん:2019年10月15日 19:12 ID:YH7V3K8C0▼このコメントに返信
アホは知らんだろうがypgのクルドは左翼組織だぞ。無宗教だから終業への迫害してる

日本の右翼なら左翼のクルド人を攻撃しろよ売国奴。トルコは左翼から世界を守ってるんだぞ

あいつら無宗教の左翼傭兵だぞ

クルディスタン人民共和国
という左翼国家を作ろうとしてる人類の敵だ

一方でトルコは日本の友好国
9.名無しさん:2019年10月15日 19:13 ID:6rG7OI9g0▼このコメントに返信
手は出さないけど口は出す、プライスレス。
10.名無しさん:2019年10月15日 19:13 ID:vagkjBI.0▼このコメントに返信
トランプ大統領の露骨な自分への批判潰しだな、ヒラヒラとまぁ
11.名無しさん:2019年10月15日 19:13 ID:YH7V3K8C0▼このコメントに返信
トルコは日本の友好国

クルドは左翼で日本の敵
12.名無しさん:2019年10月15日 19:14 ID:YH7V3K8C0▼このコメントに返信
トルコがんばれ

左翼負けるな
13.名無しさん:2019年10月15日 19:15 ID:o8ByYpjr0▼このコメントに返信
アメ××ポチやろうは、発狂するだろうが
アメリカファーストのトランプ様は
戦略家だよ。
14.名無しさん:2019年10月15日 19:15 ID:YH7V3K8C0▼このコメントに返信
エルドアン万歳

テロリストクルドをぶっ潰せ
15.名無しさん:2019年10月15日 19:16 ID:N4Yr2x4.0▼このコメントに返信
「取り敢えず揺さぶったろ」の精神
16.名無しさん:2019年10月15日 19:17 ID:FABkNRVb0▼このコメントに返信
ペンタゴンがトランプの政策激怒してるっぽい。
実質クルド人裏切ったからね。
17.名無しさん:2019年10月15日 19:18 ID:BX02Kmyl0▼このコメントに返信
何を善人ヅラしているのか。人殺しめ
18.名無しさん:2019年10月15日 19:19 ID:vagkjBI.0▼このコメントに返信
今回の難民キャンプ進行作戦で主要欧州国と国連が激しい批難をトルコにした後だからな強気だなw
トルコ四面楚歌状態になっちまった
19.名無しさん:2019年10月15日 19:19 ID:ta6lxgYV0▼このコメントに返信
これってトルコがロシアによれば海上利権を手に入れてイギリスとかの海洋国家の利権を脅かしかねないけど、イギリスも今あんな状態だし、結構世界やばいんじゃないの?
20.名無しさん:2019年10月15日 19:20 ID:DDIS39cC0▼このコメントに返信
戦争を恐れ、戦争から逃げると、却って戦争を避けられなくなる。
今回が良い例。
21.名無しさん:2019年10月15日 19:20 ID:IYz6LCW50▼このコメントに返信
かき乱してるのはあんただがな
22.名無しさん:2019年10月15日 19:21 ID:Q6uIPkX.0▼このコメントに返信
トルコリラ詰み
23.名無しさん:2019年10月15日 19:22 ID:IYz6LCW50▼このコメントに返信
下手に中東にあてにされるのも迷惑なだけなのはわかるがな
世界の警察官はやめるんだがら
24.名無しさん:2019年10月15日 19:23 ID:0kdD2.1f0▼このコメントに返信
戦略的にはアメリカがいてもどうにもならんから、トルコに多少無茶しても目をつぶるからって条件で任せて撤退するってのは悪くは無い
ただ、トランプはTwitterでクルド人はノルマンディーに参加してないだの余計な事言いすぎなんだよ
そんな事言ったら他の同盟国に対しての信頼がゼロになるし、反トランプ勢力には言葉尻捉えて批判はされるし
それで慌てて火消し作業でペンスや周りが動かなきゃいけなくなる
トランプの政策自体はそれなりに評価できるが、トランプ本人は評価できないなあ、余計な事言いすぎ
もうちょっとスマートにこういう政策出来る奴出てこないもんかね
あのトランプのキャラだから多少の無茶が通ってるってのは理解してるが
25.名無しさん:2019年10月15日 19:24 ID:dncJV5FC0▼このコメントに返信
トランプ「(選挙までは)戦争しないよ!」

26.名無しさん:2019年10月15日 19:25 ID:FABkNRVb0▼このコメントに返信
あれ?撤退するはずだった駐留米軍も残留するってさ。
27.名無しさん:2019年10月15日 19:26 ID:AGkKlSH60▼このコメントに返信
※24
まことに。
28.悪の総統:2019年10月15日 19:26 ID:NFDsjOaQ0▼このコメントに返信
中東情勢は滅茶苦茶
どうしようもない
29.名無しさん:2019年10月15日 19:26 ID:rxJu85kJ0▼このコメントに返信
でも、クルド人はノルマンディ上陸作戦に参加してなかったんだろ?
じゃあレッドチームじゃん、見捨てられてもしゃーないわな。
30.名無しさん:2019年10月15日 19:27 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※4
まわりが全部陸軍出身だから、大規模に陸軍動かして大戦争やりたいのかね。
このパターンの場合、クルドと言うより、トルコを潰したかったのでは?
31.名無しさん:2019年10月15日 19:28 ID:J2vaUw2x0▼このコメントに返信
米国が中東に信用されてたことってあったっけ
中東じゃ敵味方問わずに嫌われてんだろ
32.名無しさん:2019年10月15日 19:31 ID:LclX.GfN0▼このコメントに返信
この件はペンスらに任せてもよい気がしますが、
トルコやシリアと戦争をする気なら、もっと議論が必要ですね。
33.名無しさん:2019年10月15日 19:31 ID:l9AjiR3S0▼このコメントに返信
>>8
なんか的外れな講釈たれてるけど、まずは右翼左翼の意味を調べてから書き込んでねキッズくん
34.名無しさん:2019年10月15日 19:31 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
アメリカの原油輸出とシェールガスを考えれば、中東が灰になった方がうれしいんだろうな。
ついでに、邪魔なEUも潰すと。
ヨーロッパに飛び火するだろうしな。
難民がイスラム教徒だから、何が起こってもおかしくない。
35.名無しさん:2019年10月15日 19:33 ID:hfbQIlKL0▼このコメントに返信
マッチポンプ犯罪者「ヤツ等は罪を犯したようだ。だが俺はまだ我慢してる。俺我慢強い。俺凄い」
36.名無しさん:2019年10月15日 19:34 ID:hfbQIlKL0▼このコメントに返信
>>35 修正
マッチポンプ前科持ち(べいこっく)「ヤツ等は罪を犯したようだ。だが米はまだ我慢してる。米我慢強い。米凄い」
37.名無しさん:2019年10月15日 19:35 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※33
あの手は難しいよな。
例えばナチスって国家社会主義ドイツ労働者党でサヨクなんだよな。
独裁と選挙があってない様なもんでって考えると、中国や北朝鮮も
同じだし、日本の共産党も同じ。
選挙気にしてるロシアはちょっとサヨクから外れてんのかな?
基本、ソ連もそうだけど、政権握ると人を殺しまくるよね。
38.名無しさん:2019年10月15日 19:38 ID:9ILSrTuB0▼このコメントに返信
>>37
>例えばナチスって国家社会主義ドイツ労働者党でサヨクなんだよな。

?ちと意味がわからん。
ファシズムは普通極右に分類される事が多いと思うけど。
39.名無しさん:2019年10月15日 19:39 ID:Bu91q.VC0▼このコメントに返信
まずは根本的な原因であるEU、ロシア(ソ連)、アメリカに制裁してみては?
40.名無しさん:2019年10月15日 19:40 ID:BiIoh28S0▼このコメントに返信
どうやったら落ち着くんやあの地域は
落ち着いてない方が儲かる人でもいんの?
41.名無しさん:2019年10月15日 19:42 ID:SUasI16t0▼このコメントに返信
トランプは米軍の駐留費用のことしか考えてないんだよな。
安全保障のことなんて、まるで考えてない。
42.名無しさん:2019年10月15日 19:43 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※38
本来は社会主義やん。
滅ぼした側としては、当時共産主義も力を持ってたから同種と思ってほしくないんだろ。
でも、共産主義の亜種だよね。
極右とか言ってるけど。
43.名無しさん:2019年10月15日 19:44 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※39
誰が制裁するのか楽しみだな。
ドル基軸でアメリカ制裁すんの?
44.名無しさん:2019年10月15日 19:45 ID:17rdrR.q0▼このコメントに返信
※20
なるほど・・いい事言うなあ ほんとそうだな。
戦いから逃げた者は死が近.くなるもんな。
45.名無しさん:2019年10月15日 19:45 ID:EBSMz0wy0▼このコメントに返信
>>42
「本来は社会主義」というのは何をもって言ってるの?
46.名無しさん:2019年10月15日 19:46 ID:mi1g3xCo0▼このコメントに返信
もう分かったろ
トランプという男がどれだけ信用ならないか
日本にとっても同じだよ
47.名無しさん:2019年10月15日 19:48 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※45
党名もそうだし、そもそも上層階級のいない党だし。
えらくかみついてくるけど、共産主義も無茶苦茶にしかなって無いし。
48.名無しさん:2019年10月15日 19:49 ID:9ughHJDL0▼このコメントに返信
あ、トルコやっちゃったな〜
国境を越えて侵攻しちゃいけないやつなんだよね。シリア侵攻とかロシアも怒っちゃうよ?

トルコはいつからこんなに馬鹿になったんだw
49.名無しさん:2019年10月15日 19:50 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※47
我々貧しい労働者や第一次世界大戦で虐げられたドイツ国民の為に
我々を押さえつける他国と搾取者と戦うって感じだろ。
50.名無しさん:2019年10月15日 19:51 ID:oWGYs2Np0▼このコメントに返信
>>46
雨ポチ君なら、そうだろうな。

雨ポチは、思考が停止しているからな。
51.名無しさん:2019年10月15日 19:51 ID:ujVaDlAz0▼このコメントに返信
やっぱトランプは外交音痴・・(ry
52.名無しさん:2019年10月15日 19:53 ID:Bu91q.VC0▼このコメントに返信
※43
アメリカはアメリカ自身で、責任取るっていう意味で
クルド人難民の無制限受け入れとかがちょうどいいと思うがどうだろ
53.名無しさん:2019年10月15日 19:55 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※50
言うほど、アメポチでは無いだろ。
アメポチなら、この時点で中国と関係改善なんかしないし。
データリンクも万が一切られた時様に軍事衛星もいくつかあげてる。
ドル基軸で食糧輸入国で、まあ、それなりに頑張ってると思うよ。
日本の方はね。
54.名無しさん:2019年10月15日 19:57 ID:JOUq3Ksw0▼このコメントに返信
EUはだんまりか
55.名無しさん:2019年10月15日 19:59 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※52
あのあたりにアメリカが侵略して領土作って、そこに新しいアメリカの州を置いて、
クルド人を米国民にすると。
最新鋭の武器を供与されたクルド兵が近隣の国を切り取り放題。
中国がやるなら、アメリカもやるべって感じでwww
56.名無しさん:2019年10月15日 20:00 ID:W4hQTGch0▼このコメントに返信
コメント欄やスレの連中はどの立場で何が言いたいかわけわからん。結論急ぎすぎじゃね?
57.名無しさん:2019年10月15日 20:00 ID:KlywLBed0▼このコメントに返信
トランプは無能だろ。
オバマよりましかと思ったら、ほぼ同等か場合によってはオバマ以下だろ。
戦争する気の無いアメリカ大統領が平和の維持を成功した試しがない。
要するに口だけで平和を語ったり、金勘定で行動しても現実には戦争になるってことだわ。
58.名無しさん:2019年10月15日 20:02 ID:bDgMW3JD0▼このコメントに返信
実際、戦争する勇気ないんだろ?とか思われてそう
59.名無しさん:2019年10月15日 20:03 ID:JwJCdKLw0▼このコメントに返信
うるせえ糞アメ
金返せ人命返せ
60.名無しさん:2019年10月15日 20:03 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※57
武器が売れる。原油が売れるシェールガスが売れる。
ドルが高くなる。
戦争したいんじゃね?
逆に。
これで、半島にも火種を撒けば、大きな大戦争になる。
61.名無しさん:2019年10月15日 20:03 ID:kwBFlRzD0▼このコメントに返信
これが戦争犯罪になるんだったらブッシュ・ジュニアにも適応しろよ
62.名無しさん:2019年10月15日 20:03 ID:FABkNRVb0▼このコメントに返信
>>40
いるね、ロシアとイスラエル。
63.名無しさん:2019年10月15日 20:03 ID:c1.5HjLe0▼このコメントに返信
トランプは駐留経費の事しか考えてないからね。
何なら海外駐留部隊は全部引き上げたいはず。
64.名無しさん:2019年10月15日 20:04 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※58
武器売りたいんだろうからね。
65.名無しさん:2019年10月15日 20:06 ID:AK10Cikb0▼このコメントに返信
まあ、クルドは土地がない民族だからトルコにしてみりゃ侵略者だからのう
66.名無しさん:2019年10月15日 20:09 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※61
酷かったな、あいつ。
パパブッシュは絶対にあいつを大統領にしたくなかったらしい。
使えないの知ってたから。
んで、弟が超優秀で期待しまくってたら、強引に大統領にアホの兄
がなったもんだから、弟もイメージ悪くて大統領選に出たけど駄目だった。
すんごいパパブッシュはショツクだったそうな。
67.名無しさん:2019年10月15日 20:09 ID:Bu91q.VC0▼このコメントに返信
※55
そこから独立で第2のイスラエル爆誕までが期待できるなw
冗談はさておき、中東問題に関しては欧米は真面目に本気で責任を取るべきだと思うな
WW2後だけでもどれだけ紛争の火を起こして焚きつけたか
68.名無しさん:2019年10月15日 20:11 ID:KlywLBed0▼このコメントに返信
>>60
武器は売りたいけれど戦争する気迫は無いのがトランプ。
もう世界中にバレてしまっている。
9.11での死者よりその後のイラク侵攻でのアメリカ兵の死者の方が多い。
金勘定では合わないんだよ。
だけど、単純な金勘定より国家の運営には大事なことがある。
それが分からない大統領は無能だろ。
イラク侵攻によりアメリカに逆らう国は無くなった。
しかし、オバマが全てを無駄にした。
トランプも同じ穴の狢。
69.名無しさん:2019年10月15日 20:15 ID:KlywLBed0▼このコメントに返信
>>38
一般的な世の中で言われていることより、自分の頭で考えレ。
ナチスは民族主義なのは事実だが、ならソ連は違ったのか?
ましてや中華人民共和国や北朝鮮は完全に民族主義国家だろ。
左翼右翼の分類は自分の説を正当化したいだけに用いられる言葉に過ぎず、実態は無いに等しい。
自分の頭で考える事が一番大事だわ。
70.名無しさん:2019年10月15日 20:16 ID:isk3IBlu0▼このコメントに返信
PKKは,2015年7月,トルコ南東部・シャンルウルファ県で警察官2人を殺害したが,トルコ政府はこれを機に,トルコ南東部やイラク北部でPKKに対する空爆を断続的に実施したほか,トルコ各地でPKKの拠点を摘発し,戦闘員多数を殺害・拘束した。一方,PKKは,同国軍 による空爆などを受け,同月,「政府との停戦はもはや意味を失った」とする声明を発出し, トルコ南東部などで,同国治安部隊などを標的としたテロ攻撃を実行し,同国政府及びPKK 間の和平の機運は遠のいた。これ以降,PKKは,同国南東部や東部を中心に,治安当局などを標的としたテロ攻撃を頻発させている一方,同国治安当局も,PKKに対する掃討作戦を進めており,1万人以上のPKK戦闘員を殺害又は拘束したとされる。
また,TAKを名のる組織は,2015年12月,イスタンブールのサビハ・ギョクチェン空港における爆弾テロ事件について,治安当局による対PKK作戦に対する「報復」とした上で,「今後,外国人観光客の安全にTAKは責任を持たない」などと主張し,その後も首都アンカラやイスタンブールで大規模な爆弾テロを続発させた。2016年6月には,外国人観光客に対し,「我々のターゲットではないが,トルコはもはや安全な国ではない」などと改めて警告して いる。なお,2017年1月の西部・イズミル県の裁判所付近における自動車爆弾テロ以降,同 組織が犯行を自認する大規模テロの発生は確認されていない。
71.名無しさん:2019年10月15日 20:25 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※69
ナチスは極右ってサヨクが言ってるだけだよね。
昔から、歴史学者なんかは社会主義で共産党の亜種って言ってる。
それを言うと、今のサヨクが嫌う、ネオコンも共産主義に近い亜種
なんだけど。元は民主党のリベラルだしね。
72.名無しさん:2019年10月15日 20:25 ID:i.RKvklm0▼このコメントに返信
これ、予定通りですよね?トランプさん
73.名無しさん:2019年10月15日 20:25 ID:yO03ovSC0▼このコメントに返信
ホント五輪はイスタンブールにしときゃよかったのにな
74.名無しさん:2019年10月15日 20:27 ID:qwOlmkQV0▼このコメントに返信
トルコを見てると経済力は国力の一部門でしか無いというのを痛感する
イスラム特有の人口動態の安定性と立地があまりにも強力すぎる
・EUに対する移民難民をコントロールできる
・地中海と黒海を結ぶボスポラス海峡を抑えている
・シリアとイラクを流れるユーフラテス川の上流を抑えている
75.名無しさん:2019年10月15日 20:27 ID:3ehocV6T0▼このコメントに返信
>>71
というより、極右も共産主義も先鋭化した思想は抑圧的・全体主義的になるというだけだと思うよ。
76.名無しさん:2019年10月15日 20:29 ID:vbjMmK7C0▼このコメントに返信
トルコに先制攻撃させて反撃する理由を作ってるんだろ
77.名無しさん:2019年10月15日 20:30 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※68
いやー、こういうタイプが前のめりに戦争すると、結構、無茶やると
思うけどね。
軍隊経験無しだし。
まあ、トランプは温厚じゃないけど、温厚で良き父だったのが、もっとも
残忍だったのはナチスでもあったし。
78.名無しさん:2019年10月15日 20:32 ID:3ehocV6T0▼このコメントに返信
>>74
移民難民をコントロール…というのはよく分からないが(シリア難民をコントロールできてないから今回の侵攻に繋がってる訳だし)、地政学的な重要性はメリットでもあり、反面他国の領土的野心を引きやすいデメリットでもあるな。
79.名無しさん:2019年10月15日 20:34 ID:3ehocV6T0▼このコメントに返信
>>77
トランプは軍事的圧力に対しては必ず退却する。
戦争はできない指導者だと思うよ。

イランにも結局何もしないし、航行の自由作戦も頻度が減ってるしね。
80.名無しさん:2019年10月15日 20:34 ID:p5R0Vb4R0▼このコメントに返信
一般市民を大虐殺した原子爆弾も戦争犯罪だよトランプ。
81.名無しさん:2019年10月15日 20:35 ID:7.uL0Hz30▼このコメントに返信
誰かが作った火種にガソリンぶちまけるいつものアメリカスタイル
82.名無しさん:2019年10月15日 20:37 ID:qwOlmkQV0▼このコメントに返信
シリア難民はトルコにとっても負担だが、エルドアンはその気になれば国境を開いてシリア難民をEUを送り込むことができる。
EUは社会不安が拡大させるシリア難民を送り込まれるのを避けたいため、トルコに対して強く出ることができない。
イスラム圏からの通常の難民や移民も、彼らをヨーロッパに渡すかどうか決定権を持っているのはトルコである。
難民と移民に関して、トルコは一方的にEUに対して優位な状態にあるということ。
83.名無しさん:2019年10月15日 20:44 ID:7oN5wr3q0▼このコメントに返信
この対応見て、トランプは大統領てよりビジネスマンなんだなと思った。
84.名無しさん:2019年10月15日 20:46 ID:YRYcGSgN0▼このコメントに返信
やりすぎるなよって大津市の中学校教師かよ
85.名無しさん:2019年10月15日 20:49 ID:isk3IBlu0▼このコメントに返信
※79トランプは無駄が嫌いなんだよ。
86.名無しさん:2019年10月15日 20:53 ID:.gAGwG3X0▼このコメントに返信
大統領選のときの公約を守る、という視点で見ると、正解と言えるが、
米国内の保守系メディア、シリアにおける勢力均衡路線だった国防総省、共和党の議員からは総スカン。

米国の正式な戦略としても、中国~ロシア~シリア・北朝鮮・イランの順番で公敵扱いであり、
シリアのアサド政権を利して良いのか? という非難は当然至極。

TPPからの離脱を公約に掲げて、この前、新しい日米貿易協定に署名したばかりだが、
TPP発効してから、現在まで米国の企業は対米輸出で不利益を被った訳で、公約を守るためのデメリットとは、
何か、という事例でもある。

では、マグレブ~中東~イランといった紛争地帯からの撤退という公約を守りつつ、現実の選択肢として、
撤退できるのは、イスラエルとトルコなどの戦力で補えるシリアしかない、と。
87.名無しさん:2019年10月15日 21:02 ID:VZvoJbEP0▼このコメントに返信
トランプはいつも決心が遅い。ビッグマウスの割合にDownerだな。
88.名無しさん:2019年10月15日 21:04 ID:6pTABxQr0▼このコメントに返信
※24
トランプ大統領のバックもペンス副大統領のバックもマーサー財団(ルネサンス・テクノロジース)なんだよ。で、第一の使命は中国経済を崩壊させないようにしながら縮小させる事。中国全体で40兆ドルにも上るドル建て債務を抱えており、中国が弾けたらリーマンショックの10倍の損金が出て世界経済が破綻する。

それともう一つは法を守らない中露とその関係国の封じ込め。トランプ大統領が今行っているのはトルコ及び他の中東諸国が如何に人権を守らず非近代的な国家であるかを世界に知らしめる事だ。クルド人は捨て駒にされた格好だが独立は自らの力で勝ち取る義つ用が有るし、米国も武器の供与を止めたりはしない。

加えて、トランプ政権は完全な経済政権でその本体はムニューシン長官とロス長官で其々のバックはゴールドマン・サックスとロスチャイルド銀行。ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問のバックがユダヤ金融の複合体。最終的にトランプ政権が行おうとしているのはWW1とWW2の清算で、当時の列強が引いた国境線の引き直し。
89.名無しさん:2019年10月15日 21:04 ID:3tvRaCLP0▼このコメントに返信
トランプはパヨクに屈してパヨク寄りの発言をすることがよくある
単細胞にはわかりにくいところだろうな
90.名無しさん:2019年10月15日 21:05 ID:y.f2ONfX0▼このコメントに返信
トルコもクルドも共倒れ希望
ついでにイランも頼む!
91.名無しさん:2019年10月15日 21:05 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※79
でも、一番大事なのは世論だろ?
何で戦わないんだって言われたら、無茶すんじゃないの?
MOABも脅しで使ったし。
人が死んでも、アメリカ人が死ななきゃ躊躇しないんじゃないの?
日本に対しての原爆に関しても肯定的意見だし。
92.名無しさん:2019年10月15日 21:06 ID:gOSFMLbc0▼このコメントに返信
トランプは経済制裁で交渉できる相手には強いが、ロシアとか北朝鮮とかトルコなど、開き直って軍事力で打開を狙ってくる独裁国家には弱い。
93.名無しさん:2019年10月15日 21:06 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※89
いや、元々民主党じゃ無かったか?
選挙で共和党に行っただけで。
だから、そういうルートがあるんだろ?
94.名無しさん:2019年10月15日 21:06 ID:6pTABxQr0▼このコメントに返信
※82
>エルドアンはその気になれば国境を開いてシリア難民をEUを送り込むことができる。

それをやったらトルコは世界中から敵認定確実。中露とその関係国以外はトルコと関係を持とうとしなくなる。
95.名無しさん:2019年10月15日 21:08 ID:stfHkah.0▼このコメントに返信
あれ?アメリカはこの件ではトルコを応援してるんじゃなかったのか?
北部はトルコとシリアがどんぱちして南部はサウジとイエメンとイランがどんぱちして
ほんとどうしようもないな中東は
敵の敵も敵だからな
96.名無しさん:2019年10月15日 21:08 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※92
北朝鮮に関しては猫組長がトランプはアンダーグラウンドとの付き合いが深く、
今、アメリカとかのアンダーグランドは皆、北朝鮮と韓国の統一開発に期待して
投資で動いてるそうな。
その意向で北朝鮮を攻撃してないだけ。
だから、いろいろミサイル発射してもスルーしてるそうな。
ジム・ロジャースみたら分かるじゃんwww
97.名無しさん:2019年10月15日 21:10 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※88
と言うか、冷戦時代が一番アメリカが儲かったからな。
もう一遍、冷戦時代をネオコンとかやりたがってるとは前に聞いた。
確かに、中国の無茶苦茶な崩壊を冷戦の壁で防げるしな。
98.名無しさん:2019年10月15日 21:11 ID:6pTABxQr0▼このコメントに返信
※89
トランプ大統領は右でも左でも無いよ。コモン・センスに従って行動するとトランプ大統領自身で発言している。あと※93さんのコメントのように過去には民主党党員だったことが有る。トランプ大統領に言わせればイデオロギーの対立そのものが無意味だそうだ。イデオロギーよりも法や条約に従うかどうかの方がより重要だという事。
99.名無しさん:2019年10月15日 21:17 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
ロシアはやっぱりトランプと関係あるんじゃないの?
プーチンがヒラリーだと世界大戦になるってんで、トランプ大統領を希望してたのは
結構、あちこちで言われてる。
ヒラリーが言った事を聞く限りでは、北朝鮮に関してはキューバ危機みたいに全軍艦並べて言う事聞かない場合は
大規模な空爆をかけるつもりだったし。
100.名無しさん:2019年10月15日 21:21 ID:VWQbXlNR0▼このコメントに返信
※98
ビジネスの世界の人間だしな。
オバマも言われてたけど、弁護士出身で相手から奪うだけ奪って当然と
言う世界出身だから、政治の世界のそこそこ勝って、相手にもある程度
何か残すってのが出来ないと言われてたが、トランブも同じじゃね?
中国も追いつめすぎても気にしないけど、自分の支持率とか見て、
やり過ぎかどうか決めてるから、結構怖い。
101.名無しさん:2019年10月15日 21:32 ID:6pTABxQr0▼このコメントに返信
※97
トランプ政権のもう一つのバックは米軍とそのOB。イラク戦争以降中東の治安が中々回復せずISILのような組織の跋扈を許したのは反政府組織が潤沢な資金(資金の殆どは中東各国の王家が出した)と十分な武器が有ったからであり、その武器を横流ししていたのが人民解放軍と北朝鮮、仲介していたのがイランの革命防衛隊。その延長でイラクは北朝鮮と中露の支援を受けて核開発を行ない始めた。アフガニスタンも核開発こそなかったがほぼ同じような流れ。

だから中露その他に付き合って地上戦を繰り返しても戦争は終わらないし、おさまったとしても他の場所で戦争が起こる。それを防ぐ為には中露その他へのカネの流れと中露北その他からの武器その他の流れを断つしかない。だから日米英印が協力して中露の封じ込めを目指している(但しロシアは上手く立ち回って逃げ延びそう)。

そもそも日本や米国のような法に縛られる国家は中国やロシアのような法を無視して行動する国家に対して不利な立場に立ちやすい。セルフで手かせ足かせをつけているようなモノだからね。だから不利な軍事を主戦場にせず、東西冷戦が終わってせっかく一つになった経済で中露を封じ込めて行く。

元々中国経済の伸びは海外からの投資の伸びが支えてきたので、海外からの投資を絞ってやれば内需が無い中国は簡単に干上がっていく。そして中国に向けていた投資をインドや東南アジアに振り分ける事で利益は確保し続ける。あと、米国が一番儲かったのはWW2直後で、世界のゴールドの60%以上が米国の資産だった。そしてその後のアポロ計画とベトナム戦争で国家財政を破綻させている。
102.名無しさん:2019年10月15日 21:33 ID:3tvRaCLP0▼このコメントに返信
※98
記事を読んだ限りではパヨク議会に屈しただけだろう
俺は反トランプな連中は共和党だろうが酷務省だろうが酷某総省だろうがパヨク認定しているw
連中は在韓米軍撤退にも反対だろうしな
103.名無しさん:2019年10月15日 21:34 ID:gOSFMLbc0▼このコメントに返信
>>102
なんか、すごいね君
104.名無しさん:2019年10月15日 21:38 ID:J2vaUw2x0▼このコメントに返信
ここじゃトランプが戦争に消極的なのを叩いてるけど自国の立場と置き換えりゃあ
そりゃ米国の利益以外で米国人の命を散らす選択は避けたいのはわからんでもない
中東がどんだけ混乱しようとどんだけ人が死のうと究極的には米国は困らないってことだろう
寧ろ中国を抑えないと覇権がグラつくし国内でも中国資本の影響が強いから中国の拡大の方が危機感あるんじゃね
105.名無しさん:2019年10月15日 21:39 ID:MDMq5KrE0▼このコメントに返信
>>83
大統領だろうがビジネスマンだろうが、
トランプが稀に見る愚かな男であることに違いはない
106.名無しさん:2019年10月15日 21:41 ID:Fy2M5iSD0▼このコメントに返信
このおっさん自分の損得だけで動いてるからな
107.名無しさん:2019年10月15日 21:43 ID:6pTABxQr0▼このコメントに返信
※102
イデオロギーの時代は終わったんだよ。てか最初から見せかけだけだった。実際は近代国家と非近代国家との争いで、東西冷戦が終わって世界の経済が一つなった以上ドルに勝てる国は無くなった。中露その他やイランやトルコは中露封じ込めの一環で押さえつけられようとしている状態。ちなみに韓国が日本からホワイト国認定を外されたのもその一環。韓国は中国の下請けだったからね。
108.名無しさん:2019年10月15日 21:51 ID:BX02Kmyl0▼このコメントに返信
まずは自分が責任を取れ
109.名無しさん:2019年10月15日 21:54 ID:.gAGwG3X0▼このコメントに返信
※98
英米法(コモンローやエクイティ)、大陸法(ローマ法と教会法)、シナの律令(現状は全廃)、イスラム法。

法体系として現在の文明に影響を与えてきたこの4つのうち、
イスラム法は形而上的存在の概念がなければ存在しないが、英米法はそもそも社会慣習そのもの。

コモンセンスという概念には、人々はおおよそ「こう考える」だろう、という類推がある。
ところが、イスラム法は形而上的存在が「考える」という前提があるから、相容れるわけがない。

ところが、イスラム法も地域ごとの慣習などに併せて、スンニ派だけでも4つほどの学説に分かれている。
形而上的存在はひとつだけで、完璧なのに、なぜ分裂するのか?

そこで人々はおおよそ「こう考える」という類推を経典やムハンマドの言行録から解釈しなければならなくなった。
その学説を積み重ねることが、英米法でいう判例を積み重ねる事になった。ただし、戦乱で散逸してばかり。

もうひとつ、ナポレオン法典含むフランス大革命の衝撃と産業革命の衝撃で、イスラム法と学説が無意味だったのでは?
という、歴史的なショックから未だに立ち上がれず、反動としていつまでもイスラム過激派が生まれる。
我が国に対する中韓のコンプレックスと同じで、解消できないジレンマがある。
110.名無しさん:2019年10月15日 21:54 ID:6pTABxQr0▼このコメントに返信
※104
それはそうだ。イランのように核開発しないのなら中東の事は中東に任せた方が良い。ただトランプ政権が恐れているのは中国の拡大では無く中国の崩壊。中国のGDPの伸びは海外からの投資の伸びと連動している。つまり債務を重ねて経済を拡大させ、債務を債務で返している状態。その状態で中国が崩壊すれば(償還が滞れば)デフォルトドミノが発生して世界恐慌に発展する。

中国経済全体で年に4兆ドルのドル建て債務を10年債で負っているので総額は40兆ドル前後と見られ、リーマンショックの損金の3兆ドルの10倍以上にあたる。中国経済が飛んでしまえばもっとも出資をしているドイツ銀行をはじめとしてEUの金融が飛ぶ。そしてその金融機関が発行した債券を持つ企業や国が飛んでデフォルトドミノに至る。

だからトラップ政権は其れを未然に防ぐ為に中国の経済を徐々に縮小させ、世界経済に与える影響を少しずつ減らそうとしている。その中で中東に武器を横流ししている人民解放軍や北朝鮮のルートを潰したり、中国の下請けになっている韓国の経済も潰す。

香港は中国への投資の80%を占めていたので中国共産党が無理やり中国に取り込もうとして香港市民の反発が起きた。中東も中国やロシアのルートを潰す為に今後も小競り合いが続く事になる。
111.名無しさん:2019年10月15日 22:01 ID:S4reJpcX0▼このコメントに返信
※71
ナチスは左翼ってネ・トウヨが言ってるだけだよね
極右はナチス好きだし
112.名無しさん:2019年10月15日 22:02 ID:qwOlmkQV0▼このコメントに返信
こういうコメント欄で「事実に基づかず自分の世界観」を開陳してる層ってどういう層なんだ?
113.名無しさん:2019年10月15日 22:07 ID:.gAGwG3X0▼このコメントに返信
>>112 ※112
宗教思想で事実に基づかない世界観が、人間の行動を決定していて、
あなたも事実を提示されたからといって、100%事実を受け入れて、自分の選択を改めたり、
自分の理非を正すとは限らないでしょう。あなたも同じ層に入っているんですよ、自分だけ違うとでも?
114.名無しさん:2019年10月15日 22:15 ID:6pTABxQr0▼このコメントに返信
※109
イスラム法はクルアーンにに則するので神学論争と変わりがない。そして一旦世俗化してもクルアーンの教えに背く事になるので原理主義に舞い戻る。キリスト教はイスラム教程棄教に強い縛りが無く、ローマ法王自体が時代とともに世俗化していったので宗教改革が起こった。その背景には古代ギリシャから続くアルテス・リベラレスの思想の後押しも有った。

近代に至り、身分制度を否定する為に法が最上位に置かれ、法を作り改める為に議会が置かれた。自由、平等、博愛の3つが近代思想の根幹であり、自由は身分制度の否定、平等は全ての国民が法に従う事、博愛は社会の単位で弱者の救済を行ない、社会を形成する同朋意識を高める為の存在であり、その発展した先に基本的人権が生まれた。

四書五経や賄賂の習慣によって21世紀になっても古代王朝時代と変わらぬ特亜の国家。クルアーンの存在を否定する事が出来ず8世紀の氏族社会の常識や価値観に囚われるイスラム国家。いずれも国連の加盟国であり、国連憲章や全ての国際法並びに自国が結んだ条約を守る義務を負う。経済的に豊かになっても、文化的な生活をおくるようになっても近代の価値観を身に着ける事が出来ないのであれば「封じ込め」てしまうしかない。

そして法や人権に反する国家を封じ込めしている間に法を守り人権を守る国家は共に繁栄をめざし、共に繁栄できる(出来そうな)国家の手を取り、法や人権を守らない国家が法や人権を守るようになるまで待つしかない。何百年かかるか何千年必要かは不明だが他に方法が無い。
115.名無しさん:2019年10月15日 22:25 ID:.gAGwG3X0▼このコメントに返信
※114
我が国の憲法学があたかも神学論争に堕するのと同じ。

ひとつの形而上的存在が定めたから、一種のグローバリズムだったのに、
ナポレオンのエジプト遠征あたりで「あれ? カリフになぜ政治的権限があるんだ」ということと、
イスラム法=シャーリアの運用にローカル性がある矛盾にぶつかった。

つまり、政治は宗教に干渉してはならないのでは、と今さら気がつく。
このため、エジプトにイスラム原理主義が最初に誕生する。

しかし、ハーディスはともかく、シャーリアは形而上的存在が決定した、という建前がある以上、
政教分離ができない、という阿呆なことになる。
116.名無しさん:2019年10月15日 22:37 ID:0uqie2KK0▼このコメントに返信
前のクーデターにも欧米が絡んでたって話だし
なんでそこまでトルコを潰したいのか
117.名無しさん:2019年10月15日 22:41 ID:isk3IBlu0▼このコメントに返信
「国家社会主義ドイツ労働者党」名称だけならバリバリ左翼。しかも極左。
118.名無しさん:2019年10月15日 22:42 ID:6pTABxQr0▼このコメントに返信
※115
イスラームのグローバリズムとは世界の全てがイスラームになる事。華夷思想と同じ。よって他の価値観を持つ人間は共存共栄が不可能。イスラームにしても中華にしても共存共栄を望むのであれば法を守り人権を守るしか無く、他の選択肢は無い。そしてその事に気が付かない限り中華もイスラームも変わりようがないので程度の違いこそあれ封じ込められるだけの事。
119.名無しさん:2019年10月15日 23:29 ID:.bLUCFIB0▼このコメントに返信
※109
イスラム法は、元は変わらなくてもイスラム法学者が時代に合わせて再解釈してるから
慣習法とそーかわらないよ、、、

つかグローバリズムというよりは、多民族間での交易のための調整みたいな部分があるので
西欧法体系より、より柔軟なものだとおもうけどねぇ、いい例がビン・ラディンだね、、、
120.名無しさん:2019年10月15日 23:50 ID:bYG.vgUr0▼このコメントに返信
イスラエルがこれ見てアメリカ見限って
中東全土+αに現状すら天国レベルな
阿鼻叫喚の地獄絵図を作り出してもおかしくないな

121.名無しさん:2019年10月15日 23:51 ID:bYG.vgUr0▼このコメントに返信
おまけ
米露どころかEUすら駆逐すべき存在と見なすだろうな

122.名無しさん:2019年10月15日 23:59 ID:.gAGwG3X0▼このコメントに返信
※119
だから、英米法と大陸法の衝撃から、柔軟に運用しすぎたシャーリアの矛盾に到達した、と。
統治者の恣意にイスラムの「判例」に当たる学説を任せすぎた、という反省があったのが、
近現代のイスラム原理主義で腸捻転みたいなことになった、と説明しているんですけど?

十字軍の頃、クルド人だったサラディンは学説が保管されていたカイロの図書館を破壊・焼却して、
つまり、イスラム法の法体系そのものを一度破壊して、統治側の論理で法体系を作り直してます。

その後、シャーフィイー学派とハンバル学派が政治に「宗教家」が口をはさむべきではない、という考えに、
至っても、法から社会を作り直そうとしても、神学論争になるので、社会秩序が改革できない、
と言っている訳です。
123.名無しさん:2019年10月16日 00:16 ID:2KzHEbzY0▼このコメントに返信
※122のつづき
世界の文明に影響を与えた4つの法体系のひとつに律令がありましたが、
これは簡略化して言えば、官僚制度だけを構築するものです。
一神教における形而上的存在がもたらす倫理の束縛がない。だから、シナと半島はあの体たらくなのです。

この辺をうまく中和できたのが、大陸法(ローマ帝国とカトリックの融合物)で、政教分離ができた。
この衝撃をナポレオンのエジプト遠征で受けたから、エジプトがいち早く政治・宗教改革にさらされた、と。

でも、イスラム教のシャーリアは神様と不可分のままなので、うまく行かない。
現地の慣習を組み込んだはずのインドネシア、バングラデシュでサウジなどが宗教学校を設立して、
原理主義養成~過激派も養成する、という流れになっているんですがね。
124.名無しさん:2019年10月16日 00:19 ID:9exg1JED0▼このコメントに返信
元スレのコメント者が、日本語でかかれているけど、中国人と韓国人だとわかった。
125.名無しさん:2019年10月16日 00:25 ID:2YNFGye10▼このコメントに返信
露が出張るのは分かり切ってたしトランプの日和りのせい
下手したらこの件でクルド人が反西側のテロリスト化しかねない状況だったわ
そもそも利用するだけ利用して見捨てるなんて前例を作ったらまずい
126.名無しさん:2019年10月16日 00:29 ID:2KzHEbzY0▼このコメントに返信
※123のつづき
統治者が、サラディンのように学説を文字通り燃やしてしまうと、
もともとの法体系がわからなくなる。法律が制定~修正~無効~廃止されたかがわからなくなる。

この重大性が認識できれば、逆にイスラーム社会でイスラム法が柔軟に運用されてきたかが同時に判明する。
柔軟だったのは、もともとの法体系が壊れていたからだった、と近現代にイスラムが気づいた。

結果、揺り戻しで原理主義になったり、アラブ社会主義になったりした。

しかし、もともと法体系が壊れた社会だったので、相変わらず壊れた社会のまま。
実際は、柔軟でした、というのは褒め言葉でもなんでもないのです。
127.名無しさん:2019年10月16日 00:37 ID:Pd26f2BK0▼このコメントに返信
トランプさん支持するわ
128.名無しさん:2019年10月16日 00:52 ID:2KzHEbzY0▼このコメントに返信
※126のつづき
シナが近現代に欧米と接触したときも、シナも同様の失敗を犯し、未だに同じ失敗を犯す。
つまり、アヘン戦争のとき、皇帝の意志と派遣された欽差大臣=官僚の恣意的運用で、
商人の私有財産を没収したり、国家間の条約を履行しなかった。これは今も同じ。
これは法体系が律令のみ、官製の宗教思想が儒教だけだった宿痾だったことに由来する。
129.名無しさん:2019年10月16日 01:37 ID:2YNFGye10▼このコメントに返信
つかトランプってロシアの得になることばっかやってるな
130.名無しさん:2019年10月16日 01:44 ID:mm9cCzgR0▼このコメントに返信
イスラエル拡大する事にしか興味ないんだよアメリカは
131.名無しさん:2019年10月16日 02:02 ID:XzAKOHyr0▼このコメントに返信
トルコが対グルド戦と国際社会からの孤立で
影響力なくなれば、いよいよイスラエルとイランの全面対決が見えてくるな。
132.名無しさん:2019年10月16日 02:08 ID:XzAKOHyr0▼このコメントに返信
トルコに何言っても北シリアに攻め込むって
言うこと聞かなかったろうし、米軍人を
トルコとの戦闘で血流させる訳にもいかなかっただろうし、大統領としても難しい局面だったんだろう。そもそもアメリカもロシアも揃って
シリアから手を引こうって時に狂人エルドアンが空気を一切読まないのが全ての元凶だろ。
133.名無しさん:2019年10月16日 02:39 ID:XzAKOHyr0▼このコメントに返信
湾岸の時のイラクと同じだろ。幾ら中東基準で
アメリカが「譲ったように見え」ても外国侵略する奴が問題なのは変わらない。
134.名無しさん:2019年10月16日 03:12 ID:9KJaHhlk0▼このコメントに返信
※129
中国とロシアと天秤にかけてどっちが増しかという事だよ。世界最大の軍事力とドルという世界最強の貨幣をもってしてもロシアと中国の両方を同時に潰すのはマイナス面が大きすぎるという事でも有る。
135.114:2019年10月16日 03:34 ID:9KJaHhlk0▼このコメントに返信
※128
「宿痾」という言葉を使う人を久しぶりに見た。※122~のコメントは全くその通りで凄い見識だなと思うが、重要なのは中東のイスラム国家も四書五経に犯された特亜の三馬鹿国家も国連に加盟しているという事。そして国連に加盟していながら国際法も人権も守っていないどころか国連の基本理念の母体になっている近代思想を理解もしていない事が最も重要な問題。

イスラームはクルアーンを否定できないので、クルアーンが成立した8世紀前後の氏族社会の習慣と価値観にとらわれてしまう。特亜は孔子の時代の常識と価値観から卒業できず近代思想を理解できない。だがそれ以前に組織に属していながら組織のルールを守ろうとしない事の方がより重要な問題。

国連の理念の一つが平和であり、争いを諌める事に注力しすぎて組織として最も需要な事であるルールを守る事が疎かになっていた。法や人権を蔑にする中露の工作は有ったにしろ、コミュニズムやリベラリズムという思想の暴走に毒されたにしろ。今後の世界を考えるのであればルールを守る事を重要視して改める必要が有る。

様々な価値観を許容する事が出来るのはあくまで法の範囲のハナシであり、法の範囲を超えた価値観や常識や習慣を許容してしまう事は秩序の崩壊に繋がり国際連合はWW2を防ぎ得ず、現在の国連も崩壊に瀕している。WW2以降の失敗を踏まえて世界に秩序を望むのであれば国連に代わる新たな組織を作るか、国連は放置して中露その他を除いた国々でTPPのような組織を作るしかない。そしてその組織で法や人権を守らない国家群を封じ込めてしまうしかない。問題点は宗教および思想なので戦争で占領しても解決に至る可能性は無い。
136.名無しさん:2019年10月16日 04:18 ID:82.Vh1FM0▼このコメントに返信
究極論を言えば、戦争でバッタバッタ人がしぬのが一番地球環境に優しいからな
トランプは言葉にはしないが究極のエコロジストであり、その実戦家だろう
中東に第3者が介入して平和を実現するというのがおこがましいのだ
・・・・はぁ
137.名無しさん:2019年10月16日 05:43 ID:SVR13Us00▼このコメントに返信
アメリカを正義の味方か何かと勘違いしている
結局のところ連中は親切の押し売りをして自国の影響力を大きくし親米政権を作って
おいしいところをいただきたいだけ
まぁそういう意味では中国やロシアも似た者同士なんだが
アメリカは決して面倒くさい領土的侵略や植民地的支配等々は考えていない
あくまで考えてるのはアメリカの利益だけ
アメリカの利益にならんことには首を突っ込まないし関わらない
大統領によって多少の差こそあれ本質的にはそういう国
138.名無しさん:2019年10月16日 06:59 ID:ScQi.Oqd0▼このコメントに返信
※1
ボルトンはほぼネオコンだし制服組に悪魔といわれるくらいの極右だからなwww
日本人はイラン攻撃は反対だが北朝鮮攻撃は賛成だろ
米国はイラン攻撃しないと後々面倒になるだろうがw
今のうちに潰しておかないともっと面倒になるのは目に見えてるからな

中東のどこの組織が米国内でテロしてもおかしくないような状態になったからなw
139.名無しさん:2019年10月16日 07:13 ID:ScQi.Oqd0▼このコメントに返信
※8
イスラム教より無宗教の方がマシだろwww
今のトルコは世俗主義だったのにエルドアンはイスラム原理主義にしようとしてる極右だからなw
140.名無しさん:2019年10月16日 07:17 ID:ScQi.Oqd0▼このコメントに返信
※16
まあトランプがやったことは米国に暗殺されてもおかしくないことやったからなwww
暗殺無くても来年の選挙どころじゃなくなるかもな
141.名無しさん:2019年10月16日 07:20 ID:ScQi.Oqd0▼このコメントに返信
※19
EUが中国に金払わせるには戦争か国内で内戦させるしかないからなw
142.名無しさん:2019年10月16日 07:43 ID:LJED0fZi0▼このコメントに返信
と言うかアメリカの軛を拒絶したイスラエルがヨーロッパ蹂躙しても
「へー」レベルになっちまったな

143.名無しさん:2019年10月16日 10:49 ID:y9f65UtG0▼このコメントに返信
※139
お前はイスラムを勘違いしているな。
144.名無しさん:2019年10月16日 11:08 ID:JT8WeVkx0▼このコメントに返信
敵味方をその場のノリで決めちゃう癖はまったく変わってないな
少なくともWW1からはずっとそうじゃないかな
自由の国こええ
145.名無しさん:2019年10月16日 13:31 ID:ScQi.Oqd0▼このコメントに返信
※143
レ.イプされた少女が罰せられて、親に縁切られて家追い出されてレ.イプした奴と結婚させられて
レ.イプ犯が「彼女を助けられて良かった。結婚しなければ彼女は社会で生きていけなかった」とか抜かすのがイスラム教やぞwww
イスラムの国の男は糞ばかりだからビジャブなどで被って髪顔全身などを隠して1人で歩くなとかそんな宗教やぞwww
国によって制限の強弱はあるけど一神教なんてどこも糞だろ
146.名無しさん:2019年10月16日 13:35 ID:ScQi.Oqd0▼このコメントに返信
※144
左右で政権ころころ変われば方針も真逆になるから敵しか作らんわなw
アメリカ人は力で叩くのが好きなバカだししょうがない
中国のトップが変われば法も変わると揶揄されてるが他国も大して変わらんよなwww
147.名無しさん:2019年10月16日 13:39 ID:AiWdkok80▼このコメントに返信
すごく勉強になるコメントばかりだった。

世界の中で他の国と上手くやって行く為には、まずは他の国とルールの共有ができることと、それを守らせる倫理観が必要。あとは、法律が硬直化しない、時代などの施行される/する対象の変化に合わせてある程度柔軟性が無いといけない。法体系と倫理観の適度な柔軟性と堅牢性。(固すぎても柔らかすぎてもダメ)この2つのバランスが取れていないと、他の法体系・倫理体系の国と折り合いをつけながら上手くやって行く事が難しくなる。
すごくわかりやすくて、なるほどと思った。

イスラム教はイスラム法の原典が焼失したため法学者の解釈によるある程度の柔軟性があり、かつ倫理観を縛るものも持っている。にもかかわらず、上手く行かないのは、神の言葉は絶対で、変化しない神の言葉がもたらされた時から世界が全く変化しないことを前提とした世界観で生きている人が多数派なので現実に変化して行く世界についていけなくなっている、ということなんだろうか?

イスラム教徒の間での神の言葉が変化を前提としないものだったのかどうかについての議論とかはどうなってるんだろう?
148.名無しさん:2019年10月16日 15:22 ID:6538VVZ70▼このコメントに返信
くっだらねーな、ここまで露骨に意図が見えてると不愉快だわ
149.名無しさん:2019年10月16日 15:24 ID:6538VVZ70▼このコメントに返信
ま、CIA辺りはアセットの確保に今よりも苦労することになるだろうな
衛星の件と言い、米情報機関にとっては疫病神だろうね
150.114:2019年10月16日 15:38 ID:9KJaHhlk0▼このコメントに返信
>イスラム教徒の間での神の言葉が変化を前提としないものだったのかどうかについての議論とかはどうなってるんだろう?

イスラームにはイスラム教以外の思想が無い。よって前提も何もクルアーンは神の言葉で、疑う事さえ禁忌に当たり死後地獄の業火で焼かれると信じられている。そしてイスラームにとって現世は来世に至るまでの試験期間。永遠の時を過ごす来世で地獄の業火に焼かれ続けたくなければクルアーンの教えに従うしかない。よって議論そのものが無いと考えるのが自然。

イスラム教は棄教が出来ず、クルアーンの教えを守らない存在(イスラム教徒に限らず)をジハードする義務を負う。またイスラームに生まれた子は自動的にイスラームであり、敬虔なイスラームに育て上げる事が父親の義務であり、その義務を怠れば地獄の業火で焼かれる事になる。キリスト教と同じヤハゥエを神としているがキリスト教をがちがちに固めて逃げ道を塞いでいるのがイスラム教。
151.名無しさん:2019年10月16日 19:28 ID:AiWdkok80▼このコメントに返信
※150
いや、そういうことになってるらしいけど、そのクルアーン自体の中に、神様が自然は変化するものだから、変化に柔軟に対応しろよ的に理解できるような助言があれば、それに従うんじゃないか?と思ったのよ。神の言葉は絶対≠変化は許さん、だと思うし。神の言葉の中に、1ミリも変化することは許さん!って明言されてるならしょうがないだろうけど。

神の言葉を変化させることじゃなく、神様が自然がどれだけ変化しようが人間が変化することは許さん!と言ってるならどうにもならないだろう。だけど生まれてから死ぬまで変化の連続の生物に与える教典に、変化に対する対応が織り込まれていないのはおかしいと思うし、実際には変化というのは織り込み済みであるはずだろうという予測が働く。

問題は、それに対しての議論ができない状態になっている、ということなんだろうか?
152.名無しさん:2019年10月16日 20:39 ID:9KJaHhlk0▼このコメントに返信
※151
ああ成る程。クルアーンは後の時代に編纂されたキリスト教の聖書と違い唯一無二の神(アッラーフ=ヤハゥエ)から最後の預言者に任命されたムハンマドに対して下された啓示と位置付けられている為に神の言葉と呼ばれ、クルアーンとは詠唱すべきものの意。

そして上記の事は預言者ムハマンドのハディース(言行録)に書かれている。ハディースに依ればアラビアヒジャーズ地方の町マッカ(メッカ)の商人であったムハンマドは西暦610年頃に、迷うところがあってしばしばマッカ郊外のヒラー山の洞窟で瞑想し、ある日の瞑想中に突然、大天使ジブリール(ガブリエル)が彼の前にあらわれ、神から託された啓示を与え、その啓示を纏めたのがクルアーン。

ムハンマド自身は文盲であったため、彼を通じて伝えられた啓示はムハンマドと信徒たちの暗記によって記憶され、口伝えで伝承され、また書記によって記録され伝承された。また、啓示されたクルアーンの一部は、ムハンマドの生前から彼に直に接した信徒たちによって木の板や棕櫚の葉、石などに文字としてその都度記録されていたことはハディースなどでも伝えられている。しかし後にムハンマドに直に接し啓示を記憶した者たちが虐殺されはじめ、記憶を留めるためにクルアーンを一冊にする作業がはかられ始めた。このように書物の形にまとめられたクルアーンをムスハフと呼ばれる。

クルアーンは、全てで114の章(スーラ)からなり、スーラは節(アーヤ)に分かれ、各章はムハンマドに下されたひとつひとつの啓示であるが、章の分け方とは別に、読誦するときに一度に読む目安となる分量ごとに全体を30等に分割したジュズウという巻に分かれており、ラマダーン月などに、1日に1巻ずつ読誦すると1ヶ月で全てを読誦できる構成が取られている。
153.名無しさん:2019年10月16日 20:58 ID:9KJaHhlk0▼このコメントに返信
※152の続き。
クルアーンの成立以降は神の言葉とされる為に書き換える事が不可能であり、その解釈はウラマーと呼ばれる法学者が行い、その解釈を纏めたモノがシャリーア。

シャリーアは民法、刑法、訴訟法、行政法、支配者論、国家論、国際法(スィヤル)、戦争法にまでおよぶ幅広いものでシャリーアが六法全書と国際法を合わせたような性格を持つようになったのは、預言者ムハンマド自身が軍の指揮官であり国家元首であったことが大きく関わっていると考えられている。

またクルアーンの中にもシャリーアの中にも社会の変化に対応するような文言は記されていない(訳語の全文を読んだ中では無い)為にイスラム法が変化する余地はほゞ無いと考えられる。但し、シーア派法学では一般にイマーム(指導者)のみがシャリーアを正しく解釈する能力を持つとされ、法学者を含む一般信徒による解釈より上位にある。

よってイマームとされる人物が法解釈を改めて行えば以前の解釈を変える事は可能とも考えられる。但し一般人はクルアーンやシャリーアに対する解釈を行う権限が無い。ムスリムの間ではシャリーアは人間ではなく神が定めた絶対の掟であり、人間としての正しい生き方を具体的に示すものと広く見なされた為。したがって現在でもシャリーアへの服従はイスラームへの信仰と同義であるという主張が一般的。

しかし世俗イスラムとも呼ばれる東欧、そしてその他の地域の移民ムスリムを中心にシャリーアの人権侵害性などを批判し、世俗法を擁護する者も少なくないし、ムスリムであっても所属する国家の法に従う。
154.名無しさん:2019年10月16日 21:17 ID:9KJaHhlk0▼このコメントに返信
※153の続き
そしてムスリムの歴史の中で例外的だったのが1925年から1979年までイランを統治したパフラヴィー朝。1953年に親米派であったイマームのモハンマド・レザー・シャーが権力を握りパフラヴィー朝の下でアメリカの支援を受けて「白色革命」と呼ばれる石油利潤を元にした工業化と近代化を進め世俗化を果した。

結果は石油価格の低下と急速な世俗化の反動で1979年にルーホッラー・ホメイニーを指導者としてイラン革命が勃発。モハンマド・レザー・シャーはエジプトに亡命してパフラヴィー朝は崩壊し、イラン・イスラム共和国が成立した。

現在も続く原理主義者の跋扈はISIL等の組織の他にイラン国内にもイスラム革命防衛隊などが代表的な組織であり、イラン以外のイスラム国家も派閥の違いは有っても原理主義こそがイスラム教の教えである為に強く反対も反論も出来ないのが実情。その為中東の王家の多くが秘密裏にISILに資金を提供した。1979年のイスラム革命時にも資金提供は有ったとされる。

そしてその流れは一旦は世俗化して共和制だったトルコにもおよびイスラム派が結集して結党された公正発展党が選挙で勝ち、2014年にエルドアン大統領が就任して以降はイスラム色を強めている。

総論としてイスラム国家の自主的な近代化や世俗化はほゞ不可能な状態だと思う。貿易や金融などを除いてアンタチャブル化し、1000年程放置する以外の解決方法は見当たらない状態。というのが素直な感想。
155.名無しさん:2019年10月16日 21:34 ID:CwZXlkjI0▼このコメントに返信
※122
嘘をつくな!Wikipediaには知識の家は解体しても蔵書に関しては売り払ったとしか書かれてなかったぞ
そもそもイスラーム世界全体に公布されてたはずのクルアーンがたかが一都市の図書館を焼き払ったくらいで消えてなくなるか!
※123
その律令だが日本も奈良時代に導入したがたった100年で崩壊したぞ
これが大陸で起きなかった事は研究に値するが
※126
サラディン以前にもイスラーム法は柔軟さを失ってないぞ
「法体系が壊れた社会」とか完全にイスラームを侮辱してるよね
※128
清が失敗したのは単に人治主義が複雑な欧州の法に負けたからでしょう
清の国力が落ちて欧米の科学技術・兵器の優劣で劣ったからあんな惨事を起こしたからであって最盛期の頃は英国やスペインとか大陸には手が出なかったよ
156.名無しさん:2019年10月16日 22:08 ID:AiWdkok80▼このコメントに返信
※152-※154
すごく詳しく解説して頂き、ありがとうございます。

神の言葉として変化を許す/禁止する、ということが書かれていない、そこは人間の判断に委ねられている部分だけれど、イスラム原理主義=神の言葉という同調圧力が強すぎてイマームが判断を下さない限りは禁止されているのと同じ状態だ、といったところなのだろうか。

あるいは、法律の柔軟性よりも、今回のアメリカの対応のように、宗教を超えて人の倫理に反するのではないか?という疑問がわくような案件が、イスラム教徒の倫理観に反するために、西側の法体系が信頼を得られていない、西側の法体系に従う事は時として神の言葉に背く事になる、法体系の柔軟さよりも倫理観の堅牢さが原因で折り合いをつける事ができないのかもしれない。
157.名無しさん:2019年10月16日 22:20 ID:2KzHEbzY0▼このコメントに返信
※151
う~ん、どう説明したものか?
「契約の更改」という概念があるんですけど、古代のユダヤ教の歴史だと、預言者が都度、現れる。
預言と予言だと言葉の違いがあるように、神様から神の言葉を預かるから、預言者と言われる。

預言によって、神様が神の契約を改めることができる訳です。
これを人間の社会に当てはめると、憲法典や法令を根本的に変更できるようになることと同じ。

ところがマホメット=ムハンマドは最後の預言者と銘打っている。
つまり「契約の更改」が不可能となり、そこから敷衍して人間社会の法律も変えられる、という認識がなくなる。
これがイスラーム社会の改革を不可能にする最大の原因ですね。

※155の人が何か、律令に関して言ってますが、我が国における律令は明治維新まで有効だったんですよね。
慶応3年12月9日(旧暦)=西暦1868年1月3日、王政復古の大号令によって「契約の更改」がされた。
「天皇」とは、宗教思想から法律・慣習までを変えることのできるほかの文明にはないチートな存在です。

これをイスラーム社会とシナの社会は持っていない、というところが重要です。
158.名無しさん:2019年10月16日 22:33 ID:9KJaHhlk0▼このコメントに返信
※156
結局イスラム国家にはイスラム教以外の思想が無い事が価値観や常識の多様性を狭め、同調圧力によって変化を阻んでいるのが実情だと思う。またキリスト教社会よりもさらに強固な宗教組織が作られるので宗教改革の目も無い。

加えてイスラム教徒は現世を来世の為の試験期間だとしかとらえていない為に現世の幸福より来世の安寧を望む。来世の安寧を齎すものはクルアーンの教えに従う事なので余計に変化が起こりにくい。

159.名無しさん:2019年10月16日 22:33 ID:2KzHEbzY0▼このコメントに返信
※157のつづき
それから、イスラーム世界が交易で繁栄したのは3つの商品、奴隷、砂糖、香辛料がありました。

これをのちの西欧社会が新大陸航路を発見する過程で逆転するわけですが、砂糖・サトウキビからは、
糖蜜を取るわけですが、これ、自然発酵したら、お酒=アルコールです。ラム酒や黒糖焼酎などなど。

アルコールがなければイスラーム医学もない。でも、飲酒禁止とは?

スンニ派四大法学派でも意見バラバラです。
ハナフィー学派はワイン以外は合法。マーリク学派は禁止。
シャーフィー学派はワインは全面的に禁止、それ以外のお酒は基本は禁止。
ハンバル学派は最後の預言者の言葉の通り、アルコール飲料禁止。

クルアーンに書かれているのは祈りの前に飲酒してはならない。
そして「ハムル」禁止で、それがナツメヤシのワインを指すんですよね。酒がそれ以外になると破綻する。
ウイスキーでもスコッチは? バーボンは? ジャパニーズは? となってしまう。

これがイスラーム法における学説の限界です。これを統一しようという動き=原理主義は頓挫するに決まっている。
だから、いつまで経っても混乱が続く訳です。
160.名無しさん:2019年10月16日 23:03 ID:9KJaHhlk0▼このコメントに返信
※159
ムスリムは1日5回の礼拝が義務づけられているんだから実質上飲酒禁止だよ。ただ「神の目」というキーワードが有って、ムスリムは神の目が届くとか神の目が届かないという事をよく口にする。つまり神の目が届かない範囲であればクルアーンの教えを破っても大丈夫という事。

イスラム教に多くの派閥が有りそれぞれの教えに違いが見られるのはムハマンドの死後、2代カリフ・ウマルの暗殺後、3代目ウスマーンも暗殺され紆余曲折有って氏族ごとに分裂したのがキッカケ。そして氏族ごとの特徴が後の派閥ごとの特徴になった。

中東のイスラム社会を考えるに際しては日本であれば平安時代の氏族社会を頭に置くと割と理解しやすい。個人よりも家族の名の方が重要であり、氏族の名誉は更に需要になる。権謀術策も茶飯事に行われ、氏族の名誉を重んじる為に氏族間の仲は良くならない。

オスマン帝国の滅亡によって、オスマン家のスルタン=カリフは1922年に退位し、スルタン制が廃止された後はカリフの席が空位であり、担える存在も無いので各氏族を取りまとめる事も既に不可能な状態。当然対立や混乱が収まったりもしない。起こる事は集合離散の繰り返し。
161.名無しさん:2019年10月16日 23:03 ID:AiWdkok80▼このコメントに返信
※157
>ところがマホメット=ムハンマドは最後の預言者と銘打っている。
>つまり「契約の更改」が不可能となり、そこから敷衍して人間社会の法律も変えられる、という認識がなくなる。
>これがイスラーム社会の改革を不可能にする最大の原因ですね。

なるほど。
人間社会の法律は人間の手で作るもの、という常識が染み込んでしまっているので、法律の方は、神の言葉を解釈する法学者が人間社会に合わせて制定しているのだろうから、そこに柔軟性を持たせればいいのでは?と考えていたのですが、人間社会の法律を神が作る(実際には解釈の問題だろうけど法学者の解釈自体が神の言葉同様変更が極めて難しい状況)、だからそれを変えられない、という状況は想像もつきませんでした。難儀ですね。
162.名無しさん:2019年10月16日 23:13 ID:AiWdkok80▼このコメントに返信
※158
宗教っていうのは人間の成長のためにあるものだから、自分の成長に合わせて神の言葉を解釈し、自分の行いを正していく必要があるという認識よりも、絶対に守らないといけない規則でそれに従っていれば良い、という方向に振り切れてしまっているような印象ですね。(まあ、イスラム教のことはほとんど何も知らないので、ここのコメントを読んで得たただの一時的な感想にすぎませんが。)

詳しい解説、すごく勉強になりました。ありがとうございます。
163.名無しさん:2019年10月16日 23:19 ID:2KzHEbzY0▼このコメントに返信
※155
単なる推論だから、外れても、まあ良いんだけど、この人、中国人か、トルコ人で、
ここ四半世紀のうちに、日本で生まれたり、改宗したんじゃないかな、と思えてしまう。

実際、唯物論的に考えると、シナとイスラームの親和性は高い。

歴史上、ボリシェヴィキが最もイスラームを効率的に脱宗教化させた訳で、現在もウイグルにやらかしている、
中国共産党の所業でも分かる通り、アラブ社会主義~イラクとシリアのバース党とかも同じだったりする。

それから、アヘン戦争~アロー戦争~義和団事件で清朝が負けた原因を技術的優位・劣位に求める当たりも、
唯物論の限界だったり、もしくはシナ社会の認識の間違いだったりする。

お名前