2019年09月30日 10:05

ムスタングP-51って飛行機、やたら人気だけどなんなん?

ムスタングP-51って飛行機、やたら人気だけどなんなん?

800px-P-51-361

引用元:ムスタングP-51って飛行機、やたら人気だけどなんなん?
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1569420019/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:00:19.274 ID:GDW6jL98M
メッサーbf109の方が強いしかっけーじゃん

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:01:20.921 ID:G5pNvMwj0
強いからや

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:01:26.979 ID:c/+hR1rM0
強くはない
カッコいいのはわかる

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:01:39.470 ID:M+rmGMy10
Bf109より速いから

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:03:09.407 ID:G5pNvMwj0
強いって

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:03:28.803 ID:M+rmGMy10
やたらめっちゃ持ち上げられる震電が仮に生産されてたとしても
同時期のムスタングの方が速い

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:03:39.775 ID:xVkL4UMH0
スピットファイアは?

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:05:18.636 ID:jsYifxyo0
でも最強のレシプロ戦闘機の呼び名も高いベアキャットはダサいじゃん?

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:05:51.858 ID:jhzNYpmV0
>>11
最強レシプロ戦闘機ってp51じゃないの?

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:11:26.335 ID:jsYifxyo0
>>13
戦闘機としての戦闘機ならベアキャットのが上だよ
後発だし最強の戦闘機として開発された機体だし


そのかわりドッグファイト全振りなのでレシプロとしては最強でもすぐ後に出てきた第一世代ジェット戦闘機に駆逐された

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:06:10.076 ID:mQ8+hv38M
震電はレシプロ界イチのイケメン

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:07:03.037 ID:8Q+0TEP10
海外戦闘機は形が美しくない
胴体がブサイクだったり翼が折れてたり

日本の戦闘機は美しい

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:09:53.521 ID:jhzNYpmV0
>>16
個人的には国産戦闘機よりも海外戦闘機のそういう無骨な所にカッコ良さを感じる

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:11:03.108 ID:wkrQ0HtDd
>>22
そうは言うけど無骨なのってソ連系とアメリカ系くらいじゃね

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:17:39.586 ID:jhzNYpmV0
>>24
ドイツもbf109はカッコいいけど攻撃機とかコメートとかシンプルじゃない変なの色々あると思う

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:07:30.468 ID:4yXnA7kfM
ワイルドキャットといいベアキャットといいキャット系のダサさは異常

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:08:52.497 ID:c/+hR1rM0
>>17
トムキャットがある

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:09:48.823 ID:4yXnA7kfM
>>18
ジェットはいけ好かないけど可変翼カコイイ

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:11:06.543 ID:pVbiVHO40
>>17
あれは量産重視の直線翼だからね…

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:08:53.986 ID:n0Xjgj0M0
スピットのが好きだな

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:10:38.279 ID:bq1Zwqwn0
F6Fはカッコいい

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:11:51.420 ID:4bQHAmZe0
無骨なかっこよさならF4Uコルセア

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:11:54.870 ID:NUQwpxjW0
コルセアが一番美しいと思う

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:15:05.282 ID:jsYifxyo0
逸話的にはスカイレイダーが一番カッコいい

41: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:18:27.639 ID:jhzNYpmV0
>>35
スカイレイダーは経歴的にも逸話的にも機体的にもカッコいい

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:24:07.414 ID:jsYifxyo0
>>41
見た目は空飛ぶ海苔巻きだろ

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:16:28.589 ID:BW15H6XYd
俺はP-38派

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:20:17.406 ID:lvZ1QzjXM
ワシゃおじさんじゃから押しの強い米軍機よりも断然独軍機のいぶし銀なデザインが好きじゃ…

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:21:54.135 ID:4bQHAmZe0
日本機の線の細い美しさなら彩雲一択

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:28:22.545 ID:n0Xjgj0M0
多少撃たれても戻ってこれる米機

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:30:37.375 ID:df1yEE7vM
なんでアメリカってあんな強かったんだろうな

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:44:23.320 ID:jhzNYpmV0
>>58
持ってる本に書いてあったのは
高度に発達した資本主義がもたらした縦割り社会によって人々が普段から軍隊と同じような制度の中に身を置いてたから戦時体制に移行しやすかった
みたいな内容

勿論それは一面だけで資本主義の競争社会のおかげで磨かれて行った技術も非常に大きいと思うけど

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/25(水) 23:46:49.272 ID:LN/aP4qQd
当時のアメリカ兵器は機能的かっこよさがあるわな
ドイツ兵器がザクなかっこよさならアメリカはジムカスタム的なかっこよさがある

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年09月30日 10:14 ID:JkBSVN9C0▼このコメントに返信
P51は航続距離が約2400kmだから長距離爆撃機の護衛機として極めて優秀だったからな
2.名無しさん:2019年09月30日 10:18 ID:GC40McDQ0▼このコメントに返信
うーんこれはグリフォンスピット!!
3.名無しさん:2019年09月30日 10:19 ID:DDOM2tr40▼このコメントに返信
このスレ開いたやつは、今すぐWarthunderと検索してプレイしろ
古くはレシプロ機から、そして最近になってF-4ファントムが実装された神ゲーやぞ。
4.名無しさん:2019年09月30日 10:19 ID:6DhVZ5.40▼このコメントに返信
P51Dだと造形的にかっこいいと思う
横からみても上からみてもバランスがいい
でも卵抱えた魚っぽい気もするw
5.名無しさん:2019年09月30日 10:20 ID:0HG3BTC80▼このコメントに返信
「Bf109の方が」って時点で無知を晒してる
ポケベルとスマホぐらい世代が違うぞ
6.名無しさん:2019年09月30日 10:21 ID:vGa9ko5x0▼このコメントに返信
P-38好きだなぁ。
エンジンの前面投影面積を減らしながら加給機等々盛り込んだら
全長が結構長くなっちゃったので
「いっそコレを胴体にしてしまえばいいんじゃないの?」って発想でできた双発双胴機。
いろいろアメリカらしい力技
7.ハインフェッツ:2019年09月30日 10:22 ID:789wCqic0▼このコメントに返信
コレの何がいいかって、堀越が褒めてた時点でお察しやろ。
8.名無しさん:2019年09月30日 10:25 ID:7OdvponG0▼このコメントに返信
枠無しティアドロップの風防が目立つD型以降だろうな。
9.名無しさん:2019年09月30日 10:27 ID:LHi9LfH50▼このコメントに返信
実はイギリス空軍の依頼で作られた戦闘機でエンジンもRRのライセンス生産。
10.名無しさん:2019年09月30日 10:28 ID:ij5Lwiv.0▼このコメントに返信
確か対ゼロ戦機として登場したのがP-51Dじゃなかったかな?
プラモデルでは造形美が映えるなwww
11.名無しさん:2019年09月30日 10:28 ID:.qRnApTS0▼このコメントに返信
B-17がP-51の直掩を受けて編隊組んでいるところに
ドイツの戦闘機が群がっていくシーンなんて最高のご馳走!
12.名無しさん:2019年09月30日 10:28 ID:WYk5NplZ0▼このコメントに返信
キヨタニ信者を煮詰めると>>7みたいな意味不明な言動が出来るようになるのな
13.名無しさん:2019年09月30日 10:31 ID:9HGscQHO0▼このコメントに返信
「飛燕」の方がカッコいいのに…。
14.名無しさん:2019年09月30日 10:38 ID:0kRy5WK00▼このコメントに返信
プロポーションはイタリア機が好き
serie5と称された新鋭機はP-51Dとも五分に戦えたというが眉唾感
15.名無しさん:2019年09月30日 10:39 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
総合的な飛行性能は当時は最高の戦闘機だろう。
まあ、ドイツも戦争後期にヤッとP51Dを凌駕できるTa152やBf109K14が極少数だが実戦に参加したが戦力にはならなかった。
スピットもメッサーもフォッケ等の欧州製よ戦闘機に共通する所は比較的構造く距離が短い事。
これは面積が狭いヨーロッパ大陸内での戦闘を想定して設計された事から致し方ない。
それでもBf109の最大航続距離700kmとか後期型になると550㎞とは短すぎ。
16.名無しさん:2019年09月30日 10:39 ID:altdnFQv0▼このコメントに返信
>>6
サーブ21もいいよね
17.名無しさん:2019年09月30日 10:39 ID:LMG5.ClD0▼このコメントに返信
手元の本曰く「混血のスーパーガール」だとか
米、独、英、阿のミックス機
18.名無しさん:2019年09月30日 10:40 ID:d20b2N8t0▼このコメントに返信
最強ではなく最良
工業製品として大成功の飛行機
19.名無しさん:2019年09月30日 10:41 ID:altdnFQv0▼このコメントに返信
>>5
Bf109はP51に比べたら新しくはないが局地型戦闘機としては完成された素晴らしい戦闘機だと思うの
20.名無しさん:2019年09月30日 10:41 ID:6DhVZ5.40▼このコメントに返信
Re.2005ってイタリアの戦闘機もいいわ 尾翼がイチョウの葉みたい
21.名無しさん:2019年09月30日 10:45 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
P51Dの視界が良いバブルキョノピーは視程内の制空戦闘には打ってつけ。
その後のジェット戦闘機、同じノースアメリカン製のF86セイバーにも採用。
武装も同じ12.7㎜機銃だがF86の場合は簡易な極初期のレーダー照準による射撃。
22.名無しさん:2019年09月30日 10:47 ID:5.6Ix8mz0▼このコメントに返信
P51DとかB29とか、当時の日本の戦闘機と並べて見ると
 
とても同時代のものとは思えんわ・・
 
23.名無しさん:2019年09月30日 10:49 ID:4s3RBeHx0▼このコメントに返信
プロペラ戦闘機の完成形みたいなもんだからなぁ
ステータスがすべて最上級みたいな
普通に零戦にすら落とされることもあったみたいだけど実戦を重ねる度に熟成を重ねてと言わんばかりにマイナーチェンジして最強に
24.名無しさん:2019年09月30日 10:49 ID:ljG1.4GO0▼このコメントに返信
>>10
零戦全く関係ないよ

元はとにかく早く配備出来る対地攻撃任務に着ける戦闘機として、イギリスから依頼を受けて開発された機体

25.名無しさん:2019年09月30日 10:50 ID:eos7pcfP0▼このコメントに返信
プロペラ機嫌いやわやっぱりジェット機やないと
26.名無しさん:2019年09月30日 10:50 ID:r8ULnX8S0▼このコメントに返信
ツインマスタングを検索してみよう。かっこいいぞ()
27.名無しさん:2019年09月30日 10:51 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
P51Dは現在のF15CやF22Aの様な役割の制空戦闘機
P47Dは現在のF15EやF16CやF35の様な戦闘爆撃機でいわゆるマルチロールファイター
28.名無しさん:2019年09月30日 10:51 ID:3h6Mps0l0▼このコメントに返信
>>6
P-38は双胴じゃなくて三胴だぞ
29.名無しさん:2019年09月30日 10:56 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
P51マスタングの派生型でA36インベーダーと言う急降下爆撃機型があった。
現代でいう、F15CイーグルとF15Eストライクイーグルみたいな関係。
30.名無しさん:2019年09月30日 10:56 ID:9HGscQHO0▼このコメントに返信
>>26
まあ、アメリカらしいわな。(笑)
31.名無しさん:2019年09月30日 10:58 ID:Gbe4AgeD0▼このコメントに返信
昔の王将CMクラスで生産するアメリカさんカッケー。
シャーマン戦車の総数5万両、P51ムスタング1万機、数は世界を制する。
しかもそれを各戦地に届ける兵站力があるから憧れる。
32.名無しさん:2019年09月30日 10:59 ID:NqMuWOlI0▼このコメントに返信
下田信夫さんの軍用機のイラスト、好きだな。
下田さんは、去年の 5月ごろに亡くなられたけど。
あのイラストで飛び回る軍用機の空戦ゲームができないかなぁ・・・って思ってしまう。
33.名無しさん:2019年09月30日 11:02 ID:H8RyUtdW0▼このコメントに返信
P-47Dだな。
34.名無しさん:2019年09月30日 11:02 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
松本零士のザ・コクピットシリーズでは必ず出てきて、最後は徹底的にヤラれる戦闘機。
35.名無しさん:2019年09月30日 11:07 ID:0ONJgzlL0▼このコメントに返信
>>24
ドイツ本土爆撃をエスコートするためにイギリスがアメリカに発注した。
でもアメリカ製の液冷エンジンの性能が高空向けじゃなかったので本来の目的以外で使われることになった。
迷機から名機に生まれ変わったのはマーリンエンジンに換装してから。
36.名無しさん:2019年09月30日 11:17 ID:F6yqWIHL0▼このコメントに返信
P51もいいが、逆ガルウイングのF4Uが最高にカッコイイ!
37.名無しさん:2019年09月30日 11:17 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
もともとP51は対英国空軍向け輸出型戦闘機で使用されてエンジンが低性能の米アリソン製の1500馬力だったのをロールスロイスマーリンに換装したら性能が上がり、C型から米国内でライセンス生産されたパッカード社製のマーリンになった。
その辺当たりから高性能になったんだな。D型から御馴染みのバブルキャノピーになった。
P51の最終型H型になると機体がなんか軽量コンパクトなデザインになった感じで最高速度が750㎞以上と高性能になった。
38.名無しさん:2019年09月30日 11:19 ID:0ONJgzlL0▼このコメントに返信
>>29
A-36アパッチやろ。
現場ではインヴェイダーやP-51と同じマスタングと呼ばれとったらしいが。
でもエンジンは初期のP-51と同じアリソンのままやから期待はずれの機体を無理やり使った感がある。
結局500機しか作られなかった。
39.名無しさん:2019年09月30日 11:22 ID:d0avCFOT0▼このコメントに返信
F-3 戦闘機を作ることになっているがな、
これを5万トン級の空母または強襲揚陸艦で運用するとすれば、
どうすべきか。
カタパルト無しだよ。それでもあれスティングワイヤは必須だな。
昔のレシプロは50-100mで発艦してんだ。カタパルト無しでだ。
おもうに
F-15の背中についている空気ブレーキだがな、あれの大きい奴を
取り付けて、後から強力なジェットエンジンで押してやれば
凧の要領で簡単に上がっていきそうな気がしているんだが。
最近は垂直尾翼も要らずコンピュータ制御で安定的に飛べるらしいから
背中に凧をしょっても制御出来るだろう。
そうすれば
カタパルト無しで助走距離も極短くて発艦出来るのではないかな。

40.名無しさん:2019年09月30日 11:23 ID:6HgGOFwo0▼このコメントに返信
本来の目的=兵器 として大成功の傑作だからなぁ
特定の性能で凌駕する他の機体が有っても総合的に見た「兵器」としては
P-51は他の追随許さない傑作だもん。人気あって当然じゃね?
っでイッチはアリソンエンジン付きを掴まされたんじゃないかな?
エンジンカバー開けてチェックしてみ?w
41.名無しさん:2019年09月30日 11:24 ID:4YNgr0AE0▼このコメントに返信
速くて硬くてパワフルなイメージ
一撃離脱戦法も理に適ってて、そりゃゼロ戦じゃ勝ち目ないわ
42.名無しさん:2019年09月30日 11:25 ID:Q.exu8xG0▼このコメントに返信
※27
p-47はターボチャージャー装備の高高度迎撃機ですよ。
枢軸側に高高度爆撃機が存在しなかったので任務がなく対地攻撃に多用されるようになりますが。
43.名無しさん:2019年09月30日 11:29 ID:eO1XpNF00▼このコメントに返信
>>3
F4はファントム2だよ
44.名無しさん:2019年09月30日 11:32 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
P47の急降下の最大速度が音速に近い約1000㎞とは。
これでは枢軸側の戦闘機派おろかP51でも無理だろうな。
メチャクチャ頑丈な構造設計だったしね。
ゼロ戦なんか許容急降下速度が650km位だから空中分解するよね。
45.名無しさん:2019年09月30日 11:36 ID:Q.exu8xG0▼このコメントに返信
P-51ってアメリカ軍的には軽戦闘機扱いだったっぽいのよな
46.名無しさん:2019年09月30日 11:39 ID:0kRy5WK00▼このコメントに返信
ベアメタルが映えるな
47.名無しさん:2019年09月30日 11:39 ID:ljG1.4GO0▼このコメントに返信
>>39
そんなものF-35Bに任せとけよ

F-3をそんなゲテモノに仕上げるよりまず全うな機体にすることが先決だよ

48.名無しさん:2019年09月30日 11:45 ID:MdJC7QQq0▼このコメントに返信
初期型だけどP-51と言えばレーガン元大統領だなあ
(映画だけど)
49.名無しさん:2019年09月30日 11:50 ID:h1.hB85S0▼このコメントに返信
※39
なお燃料と、兵器搭載量

こういう時に必ずと言って良いほど名前が挙がらない
わいの”ホーカー シーフューリー”ちゃん💗
たまには艦載機のことも思い出して下さい
50.名無しさん:2019年09月30日 11:51 ID:HgCWbxlW0▼このコメントに返信
※42
シミュレーターやればよく理解できるが、P51はクーラント回りに被弾すると途端にエンジン出力が落ちる。
空冷のP47はシリンダーの1つや2つ死んでもまあ、普通に飛んでられるので正面に被弾することが多い対地攻撃には
適している
51.名無しさん:2019年09月30日 11:52 ID:Q.exu8xG0▼このコメントに返信
※49
シーフューリー完成が遅すぎて地味なんだもん
52.名無しさん:2019年09月30日 11:52 ID:Q.exu8xG0▼このコメントに返信
※50
実際の運用と開発目的は違うってことです
53.名無しさん:2019年09月30日 11:56 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
※51
元は空冷型のホーカー・テンペストⅤ
54.8620:2019年09月30日 11:59 ID:myQudnqR0▼このコメントに返信
>>2
グリフォンエンジンのスピットファイアも好きだけど、二重反転のシーファイヤの方が好き
55.名無しさん:2019年09月30日 12:10 ID:8ZONvfTR0▼このコメントに返信
※35
その逸話が好きなんだよね。
56.名無しさん:2019年09月30日 12:20 ID:FegjoUp.0▼このコメントに返信
空のキャデラック
57.名無しさん:2019年09月30日 12:26 ID:dt3V4llo0▼このコメントに返信
>>9
イギリスが依頼したのはp-40のライセンス生産だし、
エンジンだって最初はアメリカのアリソンエンジンだけど。
58.名無しさん:2019年09月30日 12:29 ID:Kde6GSV.0▼このコメントに返信
※18
正にコレ。
日本機は設計は良くとも工業製品としては製造段階で肝心の基礎工業力が……
工業規格も整備されてない状態じゃどうにも。
職人の一品製作の概念とかもまだ強かったんだっけ。
59.名無しさん:2019年09月30日 12:30 ID:9ZiKzoIM0▼このコメントに返信
>>6
結果的に三胴になったけど
おかげで機体中心に機関砲が配置できたという
なお肝心の前面投影面積の縮小は完全に忘れている模様
60.名無しさん:2019年09月30日 12:34 ID:bTAa.EMp0▼このコメントに返信
レシプロ界のガンダム 異論は認める
61.名無しさん:2019年09月30日 12:35 ID:9ZiKzoIM0▼このコメントに返信
>>41
水冷なのでエンジンかラジエターに被弾したら終わりで
硬さが自慢の米機としてはむしろ柔らかい
62.名無しさん:2019年09月30日 12:37 ID:iY0mYrZ.0▼このコメントに返信
Ju87G
63.名無しさん:2019年09月30日 12:37 ID:Q.exu8xG0▼このコメントに返信
※61
全身燃料タンクなのも被弾に弱い要因あくまで耐弾タンクだからね
64.名無しさん:2019年09月30日 12:37 ID:rsanGXgT0▼このコメントに返信
A-10しろよおらぁ!
65.名無しさん:2019年09月30日 12:39 ID:v4AeG.K50▼このコメントに返信
P−51マスタングなら「飛燕」。
66.名無しさん:2019年09月30日 12:49 ID:jYB5m5on0▼このコメントに返信
カッコよさなら他にもあるけど、どれかに乗って戦争しろと言われたらP-51を選ぶわ
67.名無しさん:2019年09月30日 12:49 ID:bWFjH7450▼このコメントに返信
見た目の洗練さと性能が必ずしも一致しないのが航空機や
なおジェット化に伴って拍車がかかる模様
68.名無しさん:2019年09月30日 12:51 ID:jYB5m5on0▼このコメントに返信
※34
わかる、けど
それだけ手強い相手だったんだよね
69.名無しさん:2019年09月30日 12:54 ID:Kqb0pH6g0▼このコメントに返信
マジ最強機だからなぁ
70.名無しさん:2019年09月30日 12:59 ID:TS5QvHxY0▼このコメントに返信
まずは多用途性。高度1万mでの高空戦闘から地上掃射にまで幅広く使える。映画「プライベート・ライアン」の終盤で127mm無誘導ロケット弾を装備した近接支援任務のP-51がタイガーⅠ戦車を撃破したのを見ていないか?
P-47サンダーボルトは攻撃面では同等で防御面ではP-51より優れていたが、戦後すぐ大量キャンセルされた。理由は「費用対効果の悪さと多用途性の不足」による。

次に生産効率が良いから数が多く、交換部品の入手が容易。戦争終結で余剰となった機体が同盟国や中立国に売られたので普及度が違うし、整備マニュアルも流用できるから、整備士や補給士官から喜ばれた。これは少数生産のF8Fベアキャットを大きく凌ぐ利点。そもそもF8Fは艦載機という制約(主翼桁と降着装置を頑丈で重くしなければならない)が有ったから単純比較はできない。

格闘戦では零戦やスピットファイアには敵わないから、一撃離脱戦法で戦う。加速が良いので「もし不利な体勢になったら、いつでも戦闘を切り上げて逃げられる」という主導権を握っている優位性が大きい。
71.名無しさん:2019年09月30日 13:00 ID:Ph.Bb3.10▼このコメントに返信
※65
飛燕が1500馬力級を積んだのがマスタング、
ちな、飛燕の機体に空冷1500馬力エンジンを無理やり積んでみたのが五式戦、
これがマスタングと互角だったとか、
レシプロ戦闘機は格闘戦も考慮すると軽敏な1500馬力エンジンが大正解なんだよな。
72.名無しさん:2019年09月30日 13:07 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
※68
Me262の「ベルリンの黒騎士」ではP51は簡単にやられる。
73.名無しさん:2019年09月30日 13:08 ID:LHi9LfH50▼このコメントに返信
※57
イギリス空軍:「P-40量産してくれ」
ノースアメリカン:「P-40よりもっといい戦闘機を短期間で作れるよ」
イギリス空軍:「おう、やってくれ」
米陸軍:「面白いもん作ってるね」
イギリス空軍:「あれ?アリソンエンジンは高高度性能がイマイチだな、そうだマーリンエンジンに換装しよう」
米陸軍:「採用」

74.名無しさん:2019年09月30日 13:10 ID:1XGIfztY0▼このコメントに返信
日本軍の大戦機は陸軍機より海軍航空隊の零戦とか紫電改がいいね
米軍の方は海軍機より陸軍機のPから始まる戦闘機が好きだが、海軍機のF8Fは好きだな。
75.名無しさん:2019年09月30日 13:20 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
戦前のアメリカ陸軍航空隊の「P」表記の意味はPursuiter(追撃機)。P-38,P-47、P51・・・・
戦後は陸軍航空隊から独立した空軍は戦闘機、爆撃機等の作戦用航空機が移管されてから{F)表記。つまりFighterになって現在に至る。
76.名無しさん:2019年09月30日 13:23 ID:cH9YljZO0▼このコメントに返信
Bf109もいいしP-51もいいしスピットファイアもいいしYak-9もいい
日本人だから他人事として見られる欧州戦線の兵器を愛でていたい
77.名無しさん:2019年09月30日 13:27 ID:ycdJxbDE0▼このコメントに返信
P51は最良であって最強ではないだろ
78.名無しさん:2019年09月30日 13:27 ID:uxq7LNtI0▼このコメントに返信
Me262夜間哨戒型にこそロマンを感じる
79.名無しさん:2019年09月30日 13:29 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>5
※5
Bf109Gは、P-47/51相手に生き残れる。
Fw190だと、生き残れない。
80.名無しさん:2019年09月30日 13:33 ID:be.56rws0▼このコメントに返信
コルセアのがカッコよくね?
81.名無しさん:2019年09月30日 13:37 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>7
※7
日本の戦闘機設計士に、P-51の設計の秘密を理解できた奴いたか?
空力処理も中途半端にしかできない連中が。
堀越同期の土井も、P-51のラジエーター空気取り入れ口が、胴体後部下面てだけで、飛燕の設計が正しかったと喜ぶレベル。
82.名無しさん:2019年09月30日 13:47 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>9
※9
ブリカス
>戦闘攻撃機としてP-40は優秀やな。
>もっとクレメンス
>カーチス・うちは無理
>せや、ノースアメリカン、おまえ造れ
>あんなゴミ、造るの嫌じゃ。
>新型高性能機造ったるわい。
ブリカス
>なかなかエエ機体やないの。足長いし
>英国面>RRにのっけ変えてみよ
P-51は、英国面が造り出した化物。
83.名無しさん:2019年09月30日 13:48 ID:5TpFMGhn0▼このコメントに返信
※67
やはり英国面がナンバーワン
84.名無しさん:2019年09月30日 13:50 ID:hUG.Fqu70▼このコメントに返信
P51とP47の最大の違いは多分コストやろ。この性能でこの値段かッてビックリするぐらい安い。それと航続力。第二次大戦中の戦闘機でこいつにまともに勝る航続距離は零戦21型ぐらいじゃやない?勿論高空性能も良い、機銃もM2-6連だから相手の戦闘機は直ぐにバラバラ、液冷だから撃たれヨワイが、日本相手なら大概ぶっちぎれるし、旋回性能も良い方。戦後P47はキャンセル、こちらは継続したのは性能よりも価格で圧勝。
85.名無しさん:2019年09月30日 13:53 ID:42u5ke440▼このコメントに返信
P-51もスピットもBF109もMC.202もみんな違う良さがある、喧嘩するな
86.名無しさん:2019年09月30日 13:53 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>34
松本御大は、ドイツ贔屓ですから。
87.名無しさん:2019年09月30日 13:58 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>61
※61
米陸軍の単発戦闘機で、空冷は、P-47だけだぞ。
P-51が柔いのは、翼内燃料タンク被弾で、火ダルマになるから。
88.名無しさん:2019年09月30日 14:01 ID:.sguFajq0▼このコメントに返信
子供の頃、安いグライダーで脳が焼かれてるから刷り込みだよ
89.名無しさん:2019年09月30日 14:02 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>50
※50
対地攻撃に不要な、ガスタービンシステムを外さない不思議さよ?
90.名無しさん:2019年09月30日 14:06 ID:IL1ERQzw0▼このコメントに返信
※2
俺もそう思う。
レシプロ最強はグリフォンスピット、
P-51は長距離を飛べるだけ。
※81
アメ機の割に、被弾(冷却系)に弱かったらしい。
珍しくギチギチの余裕の無い設計だったみたいだ。
P-40は同じ水冷なのに冷却系が、特に被弾に弱いとかは聞かんからね。
P-51がマルチロールとか言うヤツが居るけど、地上攻撃でドイツの対空砲火で沢山落とされてる。
対戦闘機戦闘では機体下面(冷却系)の被弾は少ないと思うけど、対空砲火の場合は被弾は下面に集中するからね。
だからP-51は護衛機、P-47は対地攻撃機みたいな棲み分けをした。
ノルマンディー上陸後は航続距離の問題が無くなって、P-47でも護衛出来るにも関わらずね。
91.名無しさん:2019年09月30日 14:07 ID:FvH4vHtM0▼このコメントに返信
液冷機の割には下腹ぼってりしててかっこ悪いけど
強い・速い・長いが揃ってる
中でも様々な任務の使用に耐えうる長いが一番大きい
92.名無しさん:2019年09月30日 14:10 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>70
P-38/47が、連合国陣営に普及しなかったのは、ガスタービンの技術流出きらったから。
イギリスにすら提供してないんだし。

なのに、キングコブラをソ連に提供するアメリカ。
なんでだ?
93.名無しさん:2019年09月30日 14:12 ID:7fjyB7vd0▼このコメントに返信
意外な事に当時パイロットには人気無くてボロクソ言われた
燃料が多い時にバンクすると失速墜落するとか b日本機と同じく、
翼内燃料タンクなんで撃たれると即座に炎上するとかでP47の方が断然人気機種
一機3万7千ドルと激安価格(P47の7割ぐらい)なので戦後も生き残る
P51の鉄道輸送用分解パターンを見た事ないんだけど、燃料タンクの関係上日本機と同じ分割方法なのかね??
94.名無しさん:2019年09月30日 14:14 ID:ljG1.4GO0▼このコメントに返信
さっきからガスタービンガスタービンと言ってるやつがいるが排気タービンの事か?

ガスタービンはいわゆるジェットエンジンの事だから全く別物だぞ
95.名無しさん:2019年09月30日 14:16 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>76
La-7/9の重火力が、魅力的。
日本にあったら、本土防衛に大活躍間違いなしなのに。
96.名無しさん:2019年09月30日 14:18 ID:j2Y3XIG.0▼このコメントに返信
製造メーカーのノースアメリカン社はオランダのフォッカー社のアメリカ法人。設計者は亡命ドイツ人。エンジンはイギリス製ロールスロイスマーリンのアメリカライセンス生産品。様々な国の技術が入り交じったまさにアメリカを象徴する機体。
97.名無しさん:2019年09月30日 14:26 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>94
同じものだよ。
排気ガスでタービンまわして、吸気するんだから。
ターボチャージャーのが、よかったか?
98.名無しさん:2019年09月30日 14:27 ID:TS5QvHxY0▼このコメントに返信
※90
俺はP-51をアメリカ系だとは思わない。設計者がエドガー・シュミードというドイツ系米国人だから「米独のハーフ」だと思ってる。
主翼・尾翼の造形を見るとハインケルの影響を感じる。現に「逆光でシルエットだけ見てドイツ機と誤認した味方が撃って来る」のが問題となり、わざと目立つ銀無地にして白黒縞模様のインベイジョン・ストライプを付けた程だ。
※ジュラルミンに迷彩塗装せず錆止めのクリアラッカーを塗るだけにしたら、迷彩塗料の重量20kg程度が軽量化できることが判り、以降のジェット戦闘機(特に地上で掩体壕が完備された要撃機)は銀無地にクリアラッカーだけ塗るのが流行した。米国旗や識別番号はクリアラッカーの上に塗装されている。
99.名無しさん:2019年09月30日 14:28 ID:Dke.bijC0▼このコメントに返信
零戦の様に誇れる戦闘機が無い在コが、日本人への嫌がらせでP51は零銭より強くてカッコイイと騒いでいるだけ
尚ミリオタ日本人にはイヤミが通用していない
100.名無しさん:2019年09月30日 14:37 ID:0qmELY8b0▼このコメントに返信
P-51は日本に護衛に来た時は増槽プラス腹に1トンも燃料を積んでたから、500kg程度の燃料を積んだ五式戦や疾風とかの迎撃戦闘機に結構落とされていたらしいな。
101.名無しさん:2019年09月30日 14:40 ID:7QPuAkl30▼このコメントに返信
ちょっと前のスレに、「第二次大戦、世界最強の戦闘機って何よ」
ってスレが立ってて、もっとも推薦されたのがP−51。
すると「P−51って、やたら人気あるけどなんなん?」
というこのようなスレが立つw。
管理人はスレを立てて、特に活性化した話題を直後のスレ立ての題材の参考にしているのか、スレタイという形で活性化した議論に参加しているのか知らないけれど
こういった事がよく見受けられる。


というわけで「第二次大戦世界最強の戦車は?」OR
「第二次大戦世界最強の戦車國はどこよ」のスレ立ててくれませんかね
102.名無しさん:2019年09月30日 14:41 ID:1GUCVUNy0▼このコメントに返信
>>35
初期型は角張った枠付きキャノピーで、いかにも間に合わせって感じでダサいんだよな。
一般的にマスタングと言われてイメージするのはエンジン換装してコックピット周りのデザインが変更されたモデル。
103.名無しさん:2019年09月30日 14:50 ID:ljG1.4GO0▼このコメントに返信
>>97
同じじゃないだろ

じゃあ艦艇用のガスタービンエンジンを排気タービンだと言って話が通じるのか?って事だ

自分勝手に同じものだから、って自分だけの言い方したって話通じず混乱させるだけだぞ
104.メザシさん:2019年09月30日 14:53 ID:e3yapouM0▼このコメントに返信
※28
いや、言いたいことは分かるが世界の共通認識は双胴機。日本軍も『双胴の悪魔』と呼んでたしな
105.名無しさん:2019年09月30日 15:06 ID:4paYyV.j0▼このコメントに返信
>>92
当時はアメリカ政府はソ連の工作で好き放題されていた。
政府要人がアカに染まっていた
106.名無しさん:2019年09月30日 15:08 ID:9OIF8MkA0▼このコメントに返信
ちなみにだが、米軍機は基本的に胴体燃料タンクが主流。
パイロットとタンクまとめて防弾するのと、被弾面積が大きい翼内に燃料タンクを置くのを嫌ったため。
F4Uなんかは燃料タンク増設する場所が操縦席の前しか無かったので(重心近辺にしか置けないから)、駐機姿勢の視界がとんでもなくなった。
P-39とかは燃料タンクの定位置がエンジンなんで苦労する羽目になる。ミッドシップ配置が流行らない理由の一つ。
一方、中島は胴体タンクを嫌っていた。ノモンハンで大した被弾じゃないのに胴体タンクの炎上でパイロットが焼死することが起きたから。
107.名無しさん:2019年09月30日 15:09 ID:c7jHKLRR0▼このコメントに返信
>>56
太陽の帝国か
主人公の少年の憧れが零戦の凋落と共に
P−51に取って代わるのは日本人としては
物悲しい。
108.名無しさん:2019年09月30日 15:12 ID:.8Ekp0tj0▼このコメントに返信
※107
主人公の、あの変節、忘れられないシーンだな
あの子役いま活躍してんのかな?
109.名無しさん:2019年09月30日 15:17 ID:Q.exu8xG0▼このコメントに返信
※106
p-51は当初翼内タンクで胴体燃料タンクは後付けだよ。F6Fみたいに翼と胴体半々みたいなのもいるし。
110.名無しさん:2019年09月30日 15:21 ID:Q.exu8xG0▼このコメントに返信
※95
Lqシリーズは高高度性能がオワコンだから対爆防空任務には向かんよ
111.名無しさん:2019年09月30日 15:22 ID:L.9n.V6k0▼このコメントに返信
>>カッコよさなら他にもあるけど、どれかに乗って戦争しろと言われたらP-51を選ぶわ
P-51は好きだが、自分で乗るならP-47一択!
112.名無しさん:2019年09月30日 15:23 ID:xeuDDjjp0▼このコメントに返信
>>92
あれは胴体中央マウントのエンジン&モーターカノンという珍妙なレイアウトのせいで操縦特性に強い癖が出て、米陸軍パイロットに嫌われたんだそうだ。
半面、低空域での操縦性が良好で、いらない子を押し付けるようにレンドリースに出した筈が、低空域での運用がほとんどだったソ連空軍に大層喜ばれたそうだ。
チャック・イェーガーの自伝にその辺りの記述があるよ。
113.名無しさん:2019年09月30日 15:38 ID:xeuDDjjp0▼このコメントに返信
>>72
帰投するところを追尾されて着陸する辺りを狙われたり、片発がストールして速度がた落ちになったところでカモられたり、結構落とされてる。
114.名無しさん:2019年09月30日 15:51 ID:MdJC7QQq0▼このコメントに返信
※97
色々間違ってるぞ。
排気ガスタービンならガスタービンと言えなくもないけど基本的な形状がかなり違う。
(ガスタービンは軸流ジェットでぶっちゃけプロペラだが排気ガスタービンの構造はシロッコファン近い遠心式)
ジェットと一緒と言うなら、それはターボの事で用語間違いだし構造が上のように別物。(だから今のジェットはラムジェットに対してターボジェットと言う)
115.名無しさん:2019年09月30日 15:54 ID:MdJC7QQq0▼このコメントに返信
※97
豆知識だけど日本最初のターボジェットはラムジェットに無理やり排気ガスタービンを繋いだ実用性ゼロのゲテモノ
116.名無しさん:2019年09月30日 16:05 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>106
糸川さん担当の鍾馗は、胴体燃料タンクなんだけどな。
117.名無しさん:2019年09月30日 16:07 ID:e3yapouM0▼このコメントに返信
※103
ガスタービンの意味を限定的に捉え過ぎ。排気タービンとは排気ガスタービンの略であり燃焼ガスをタービンで回転動力として取り出す仕組みでレシプロエンジンの過給機の動力として活用することが多い、いわゆるターボチャージャー。(ついでに言うとエンジン軸の回転力をギアを介して取り出し過給機を回すのがスーパーチャージャー。ややこしいが排気タービンは後発なので仕方がない)ジェットエンジンの多くはガスタービンを構造の一部に含み、エンジンの前端に配置した空気圧縮タービンを回す動力として用いるがパルスジェットやラムジェットにはない。
118.名無しさん:2019年09月30日 16:07 ID:Eq2IixES0▼このコメントに返信
>>110
東京・名古屋・大阪大空襲は、中低高度だよ。
戦闘機で、火力は正義。
119.名無しさん:2019年09月30日 16:20 ID:IL1ERQzw0▼このコメントに返信
※98
それをいいだしたらアメリカ機は成立しないよ。
差別的な言い方に成るけど本当のアメリカ人はネイティブだけだからね。
日本人というのは通常は単一民族だけど、アメリカ人というのはアメリカの国籍を持っていると言うぐらいの意味しか無いからね。
逆にいろんな国の影響を受けるから、ハイブリッド的な利点(感性)も出てくる。

P-51と109が間違えられたというのは良く聞く話だね。
水冷エンジンに直線的な翼だから。
スピットは楕円翼だからそうでも無かったのかな。
塗装にしても高高度護衛戦闘機なら明細は必要無いから。
白黒のストライプはノルマンディーがらみだよね。
地上攻撃するP-47は迷彩もあったと思うが。
120.名無しさん:2019年09月30日 16:27 ID:Jq8Lq3lu0▼このコメントに返信
そも機動力で闘うドックファイトってのは損耗率が高いからね…
リスクは払わず、「簡単」で「間違いようのない」のない攻撃ができる兵器が良い兵器よ。
多分、操って楽しいのは日本軽戦闘機だけど、面白くない米機の方が兵器としては優れていたってことよ。
121.名無しさん:2019年09月30日 16:27 ID:IL1ERQzw0▼このコメントに返信
※99
零戦って失礼な事を言うな。
当時瓜たちは荷車の車輪を一生懸命作ろうとしていた2だ。
122.名無しさん:2019年09月30日 16:29 ID:Dke.bijC0▼このコメントに返信
※105
政界だけじゃなくてハリウッドも共産主義者が支配していて
戦後は赤狩りで大混乱している
123.名無しさん:2019年09月30日 16:32 ID:IL1ERQzw0▼このコメントに返信
※116
109のすがすがしさ。
バスタブを撃ち抜かれて火を噴く時は、すでにパイロットも死んでいるという割り切り。
コックピットだけ守ればOK的な。
124.名無しさん:2019年09月30日 16:54 ID:fDKrBi.f0▼このコメントに返信
カツオブシ(P39)が好き
強いかどうかは関係ない
125.名無しさん:2019年09月30日 17:07 ID:j2Y3XIG.0▼このコメントに返信
後ろから不意打ちを喰らわないように後方警戒レーダー装備してるのがスゲエー
126.名無しさん:2019年09月30日 17:11 ID:IiHV6PTZ0▼このコメントに返信
>>47
炎上必至の機体作成する時間的余裕はないから。
もし必要に成るならば、日英(米)共同開発の無人艦載機(マクロスのゴースト)開発をするし。
127.名無しさん:2019年09月30日 17:20 ID:sp9oitF20▼このコメントに返信
質の良い燃料だと疾風は一応互角以上の性能出せたらしいね
128.名無しさん:2019年09月30日 17:27 ID:qDQgdjkw0▼このコメントに返信
欧州の機体は飛行機ではなく、ジャンピングマシン。狭い欧州の戦域に特化しているから、他の地域に持っていくと役に立たない。
インドシナ戦域でのハリケーンやすピットファイヤが例。最初の一撃さえくらわなければ、ドッグファイトを5分して基地に引き返すので、後は着陸時を狙うだけの簡単なお仕事。
まあ、これは言い過ぎだけど、英国機は貧弱な武装の隼でも互角の戦績しか残せていないので、欧州特化型迎撃機(インターセプター)と表現した方が良い
129.名無しさん:2019年09月30日 17:32 ID:3h6Mps0l0▼このコメントに返信
>>39
陸上機P-51の話でなんで艦載機やF-3が出てくるの?
130.名無しさん:2019年09月30日 17:34 ID:ljG1.4GO0▼このコメントに返信
>>117
だから普通は排気タービンというの

ガスタービンというとそれのみで動力を生み出していることになるがそうじゃないだろ

P51のエンジンはガスタービンだ、なんて言うと間違ってると訂正が入るぞ

狭義だの広義だのは関係ない
131.名無しさん:2019年09月30日 17:44 ID:CB6Ur.U60▼このコメントに返信
パイパー・エンフォーサーっていう、レシプロP51Dのエンジンをターボプロップに乾燥した軽攻撃機があったな。
けっきょく採用されなかったけれど、最近は米空軍でも対ゲリラ専用のエンブラエム・ツカノ攻撃機を採用しているんだよな。
132.名無しさん:2019年09月30日 17:58 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※130
P-51のマーリンはスーパーチャージャーやけどね。
排気タービン(ターボ)は吸入空気を圧縮する、エンジンにとってはおまけ。
ガスタービンはエンジンそのもの。
133.名無しさん:2019年09月30日 18:07 ID:UZPK.zhi0▼このコメントに返信
ええいP-51はいいっ!
Do-335を映さんか!
134.名無しさん:2019年09月30日 18:18 ID:JQcQcjpN0▼このコメントに返信
エアレーサーだぞ
135.名無しさん:2019年09月30日 18:24 ID:3h6Mps0l0▼このコメントに返信
>>104
日本が双胴の悪魔などと呼んだ記録はない
ドイツではder Gabelschwanz-Teufeltheと呼ばれ、これを双胴の悪魔と日本語では訳されるが、直訳するとフォーク尻尾悪魔みたいな感じ、二本フォークは一般的とは言いがたいのでやはり三胴が妥当では?
136.名無しさん:2019年09月30日 18:26 ID:As9.kecV0▼このコメントに返信
※4
子持ちシシャモ(カペリン)的なw
137.名無しさん:2019年09月30日 18:26 ID:QvCwQ.Q.0▼このコメントに返信
>>81
通り過ぎだが、いないだろう
あなたの言うとおりだ

余談だが、鳥養氏がコルセアの本で、P-51のドーサルフィンがストレーキである事を日本人には理解できなかったと書いていて、俺も驚かされた
はっきり言って空力設計でもエンジンでも何やってもアングロサクソンに勝てない
138.名無しさん:2019年09月30日 18:42 ID:hDiwiZEw0▼このコメントに返信
>>127
兵装外したり プラグをアメリカ製に変えたりして
だけどな・・・
139.名無しさん:2019年09月30日 18:42 ID:QvCwQ.Q.0▼このコメントに返信
>>34
P-51コンプレックスみたいなもんだよ
どこかで勝ちたいと思っているが絶対に勝てない
こういった考えを持ちつつ、戦後、自衛隊発足の折、セイバーがもらえるとかなったら、そりゃ狂喜したろうな
140.8620:2019年09月30日 18:51 ID:RBG8TUEs0▼このコメントに返信
BV141試作偵察機かっこいいと思いませんか?
私が変態なだけかもしれませんが…
141.名無しさん:2019年09月30日 18:54 ID:l7FsAb5b0▼このコメントに返信
低速で神経質だわ、無理な操舵するといきなりステーキするわで初心者向けじゃないのは確かだな。
速度230マイル以上確保して最小限の操舵で飛ぶとサイコーらしい。
142.名無しさん:2019年09月30日 19:15 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※135
日本では「めざし」「ぺろ八」やね。
143.名無しさん:2019年09月30日 19:24 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※141
艦載機じゃ無いからね。
陸上機ならそんな低速域はどうでもいい話。
零戦と格闘戦する訳じゃ無いからね。
それに余裕の有るアメは、じっくりパイロット鍛える。
アイツらは何でも割り切って使える物は使う。
B-29のエンジンしかり、後家作りのB-26しかり。
それに比べたらたいした問題では無い。

×ステーキ
○ストール
144.名無しさん:2019年09月30日 19:33 ID:Q.exu8xG0▼このコメントに返信
※127
アメリカ軍的には疾風は2000馬力級戦闘機でマスタングは1500馬力級だから当然だよね見たいな感想だったようだ
145.名無しさん:2019年09月30日 19:55 ID:a4YLPi2E0▼このコメントに返信
P51の特徴は、ラジエーター周りに他ならない。あれこそレシプロ機の、完成形と言われてる。その双璧とも言われてるのが五式戦型。今だに、この二つが頂点を争ってる。それでP51のラジエータですが、機体の三分の一にも成る巨大な排気口を、備えている。これが性能のすべてと言っても良いほど、この機体を特徴づけている。同じ液冷の、飛燕や、BF109が、ラジエータの、正面デザインに凝っているのに対して。P51は、後縁部に、最大の工夫をしている。ラジエータ正面は、最低の空気抵抗にこだわり、後縁部によりる、強力な、排気能力で、ラジエターを冷やしている。後縁部の、排気フラップと言えそうな排気口の、面積は、ザっと見ても、飛燕の三倍近くに成っている。これで、3倍の冷却能力が有るわけではないが、その差は性能に、現れてくる。最低の空気抵抗に、設定する事も出来れば、最大の冷却力に、設定する事が出来る。離発着時や、戦闘時の緊急出力まで、その調整範囲の、広さは、他の追付いを、許さない。この性能は、如実に、スピードに変換されて、特に、加熱を考慮しないで、急降下で、最大速度を出すと、誰も追いついてこなかった。まとめると、P51と、同じ形状の戦闘機が無く。それが抜きんでた性能を、示したので、最高の戦闘機と言う、称号得られた。その他にも層流翼とか、バブルキャノピーとかあるけど、それを装備した機体が、無かったわけではない。つまり、最も特徴的なのが、ラジエターとなるわけです。
146.名無しさん:2019年09月30日 20:00 ID:pYpyAEfv0▼このコメントに返信
国産戦闘機は美しいって・・・
ゼロ戦みたいな寸胴が?オイオイオイ冗談はよしてくれ
147.名無しさん:2019年09月30日 20:11 ID:5oagFlrH0▼このコメントに返信
速い、硬い、攻撃力がある、航続距離が長い、生産効率が良い。
これらの要素を高い次元で実現してるのがP51なんだろう。
148.名無しさん:2019年09月30日 20:26 ID:0S0Q4gpQ0▼このコメントに返信
あり合わせのパーツで作られて適当な名前つけられたリサイクル品なのに
本家飛燕どころか最強のP-51に匹敵する日本最強クラスの戦闘機になるとか
戦闘機界のなろう主人公な5式戦
149.名無しさん:2019年09月30日 20:30 ID:X48o.O2W0▼このコメントに返信
>>2
最優秀はP-51。最強はスピットMK14。me109キュアーフゥルストは・・・惜しいけど。
150.名無しさん:2019年09月30日 20:38 ID:X48o.O2W0▼このコメントに返信
>>95
あれは低空でしか活躍できないのでは?対B29は日本機と同じだと思います。
151.名無しさん:2019年09月30日 20:44 ID:X48o.O2W0▼このコメントに返信
>>118
迎撃機が貧弱だから高度を下げただけで戦術変えられたら一緒だぞ。
152.名無しさん:2019年09月30日 20:45 ID:tx0KmfRA0▼このコメントに返信
P-51はB/Cに限る マニアはDが嫌い
153.名無しさん:2019年09月30日 20:46 ID:GK7HtTkC0▼このコメントに返信
ほどほどの性能と数が大正義
10の性能5機より7の性能10機が強いのです。
154.名無しさん:2019年09月30日 21:04 ID:IiHV6PTZ0▼このコメントに返信
>>153
個体性能の振り幅が少ないも忘れずに。
(同じ機体でも当たり外れがあるとじり貧の元ですので)
155.名無しさん:2019年09月30日 21:06 ID:yU8ogOuH0▼このコメントに返信
P-51は、他民族国家アメリカを象徴しているなぁ~
設計技師は、亡命ドイツ人
イギリスのライセンスエンジン
それをうまく活かす本国アメリカの工業力
いいとこどり~
バカでも、当てることが出来るジャイロ装備のK14照準器と、低伸性のM2機銃。これだけでも、かなり有利に戦闘が出来る。
日本機も、同レベルの照準器と、機銃があれば、アメリカも苦戦するだろうよ。
156.名無しさん:2019年09月30日 21:27 ID:mu7AxW6j0▼このコメントに返信
P51って活躍したの?
隼に撃ち落とされたり、零戦パイロットからもF6Fの方が強敵とか言われているし
実際にF6Fの方が圧倒的に日本機を撃墜しているけど
157.名無しさん:2019年09月30日 21:35 ID:MYh9Oeap0▼このコメントに返信
P-47は搭載余力からすれば長大航続距離が可能だったんだが、そのために必要な落下増槽を作る時
インチとミリの換算違いで失敗して、必要な時に護衛として役に立たなかった
日独ともに高高度で侵入する爆撃機がいないので、ターボチャージャーがデッドウェイトになる状態で
ただただ頑丈な機体と強力な火力で勝負した
日本でもB-29の迎撃用の機体を作ろうとしたキ94-IIは結局P-47もどきになった
機能美はP-51にあると思うが、自分が乗れるのならP-47の方が安心だな
158.名無しさん:2019年09月30日 21:40 ID:ZTIfTzsB0▼このコメントに返信
川崎の飛燕とうりふ
159.名無しさん:2019年09月30日 21:59 ID:apGaSj3G0▼このコメントに返信
※145
ムスタングにはサンダーボルトやベアキャットに装備されているダイブリカバリーフラップが無いから、高高度からパワーダイブで最大速度出すと発生する衝撃波でコントロール不能になって地面に激突するか空中分解する。
160.名無しさん:2019年09月30日 22:30 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※145
そのラジエター周りが実践では最大の弱点だった訳で。
あんまり欲張らず、もうちょっと余裕を持たせた設計の方が良かったと思う。
それとも零戦並みに当たらなければどうと言うことは無いとでも。


161.名無しさん:2019年09月30日 22:32 ID:W7.VLY7y0▼このコメントに返信
P51は安い早い足が長い高い所まで行けるで重宝された。
ドッグファイトに巻き込まれても早いので振り切れる。
162.名無しさん:2019年09月30日 22:32 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※147
P-51は硬くないよ。アメにしてはむしろ貧弱。
それに攻撃力はP-47の方が上。
163.名無しさん:2019年09月30日 22:38 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※159
終速って知ってるかな。
知ってたらそんなのは関係ないとすぐ分かる。
衝撃波は音速を超えないと発生しない。
レシプロではいくら急降下で引っ張っても音速は超えられない。
物理を習った事が無いのかな。
164.名無しさん:2019年09月30日 22:44 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※156
P-51が太平洋に現れたとき、すでに日本の航空戦力は崩壊していた。
戦う相手が居なければ、スコアのあげようが無い。
それに低高度で格闘戦になったら日本機の方が上。
そんな場面は少なかったし、P-51が対日戦に参加した頃には日本の搭乗員は素人ばっかりだった。
ベテランの残っていたビルマあたりでは、隼も結構勇戦したみたいだけど、戦闘高度が低かったのも有る。
165.名無しさん:2019年09月30日 22:45 ID:TUhiJ8Tm0▼このコメントに返信
>>16
いうてP-51と飛燕ってほとんど同じ形やん
そいや帝都物語に空飛んでる戦闘機をP-51だと認識できる看護婦がいたなぁ
166.名無しさん:2019年09月30日 22:47 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※155
戦いは数だよ、アニキ。
167.名無しさん:2019年09月30日 23:03 ID:pOhQ.efA0▼このコメントに返信
必要な時に必要な性能が出せたこと
これこそが傑作兵器でまさにP51だと思う
168.名無しさん:2019年09月30日 23:10 ID:hForZ6ZO0▼このコメントに返信
※165
水冷エンジンで低翼ってだけ。
WW2の時の単発水冷エンジン戦闘機ははほぼこの形式。
169.名無しさん:2019年09月30日 23:13 ID:vfYDfsm70▼このコメントに返信
心臓のエンジン、マーリンがイギリス製。 そのエンジンを2つつけたモスキートが好き。
170.名無しさん:2019年09月30日 23:14 ID:Gcx5qwKZ0▼このコメントに返信
ロールスロイス社製 液冷エンジン + 米国製の機体   米国軍で唯一の美しい機体
171.名無しさん:2019年09月30日 23:38 ID:Po4LRSTp0▼このコメントに返信
※156
たかだか隼が一機落した程度だろ
そのわずか一件でマウントとれるななら
零戦だって旧式機に何機撃墜されたことか
172.名無しさん:2019年09月30日 23:59 ID:JKnFd63s0▼このコメントに返信
※4
> でも卵抱えた魚っぽい気もするw

あのラジエーターの位置がいいんだってばよ
173.名無しさん:2019年10月01日 00:02 ID:XVsfdGXN0▼このコメントに返信
>日本機も、同レベルの照準器と、機銃があれば、アメリカも苦戦するだろうよーーーー負け犬の遠吠えはみっともないから止めよう。タラレバは炒め物だけでいい。日本の陸海軍ともM2をコピーしようとしたが出来なかった(技術も工業力も未熟)、エンジンもマトモに稼働するエンジンは栄、金星などどちらかと言えば旧式、油田は確保しても採油能力低すぎ、良質燃料を供給できない、ガスケットがあれだし、潤滑油もアレだし、グリースなんて知らんし、仮にM2コピーできても親友不足で碌な薬莢作れんし、弾頭もフニャダマだし、ヤスリ頼りの生産法ではまず絶対にM2の量産はデケンかった。タラレバを云えばもっとゼニがあって、モット資源が有って、元イイエンジンが大量に作れて、もっといい燃料が大量にあって、もっとたくさんのパイロットがあぜ道から採れてレバどこにも負けないし、そもそも戦う必要が無い。
174.名無しさん:2019年10月01日 00:44 ID:vKoQ1QmJ0▼このコメントに返信
※158
似ているがP-51が上位互換ゆえに勝てなかった
類似点の少ない5式戦の方が善戦出来た理由であり、
飛燕が5式戦に劣ってたわけではない
175.名無しさん:2019年10月01日 02:24 ID:53XHtfSh0▼このコメントに返信
P-51の機体を設計したのはドイツから移民して2年のシュミット技師でエンジンは英国製。
アメリカの戦闘機と言って良いのか
176.名無しさん:2019年10月01日 02:25 ID:Nc919ZO00▼このコメントに返信
※173
だから、勝てるとは言ってないよ!
工業力 技術力 物量に差があるのはわかっているんだからさ、
p-51機体だけでなく、装備までにについても、日本は追いついていなかったのを例えたまで。
タラレバを出すのは、負けたから、どうすればいいのか、何が足りないのか考えるだろ?
どんなことでも、勝ったから負けたからで終わって、何も考えない対策しないのが問題
そこは考慮しよう。
177.名無しさん:2019年10月01日 02:44 ID:Q4.JRpbU0▼このコメントに返信
※145
P51が素晴らしい戦闘機だったのには同意だが、五式は無い。稼働率の悪い三式に苦肉の策として空冷エンジンをのっけただけの機体。空力的にも三式から受け継ぐ空力的配慮のないラジエーター。三式と比べて信頼性が増したこと、4式等の2000馬力級の信頼性が総じて低かったこと。実戦で割と活躍したこと(パイロットの功績)で搭乗員からの評価は高いけど、性能的に同世代の戦闘機と比較して並でしかない。
178.名無しさん:2019年10月01日 03:04 ID:Q4.JRpbU0▼このコメントに返信
大戦中量産された戦闘機で空戦性能最強と言えばスピットファイアのmk.XIVだろうね。
信頼性の高い高馬力エンジン、同期は空冷の誉()。悪いけど比べ物にならん。高機動、俊足、高高度性能。Bf109同期のG型を圧倒的に凌駕してるのはもちろん、終戦間際に数機で来たかできないかのK型をも上回る性能。ただ、燃費と航続距離がダメ。
P51のD型は素晴らしい空力特性。1500馬力級で平常戦闘出力で700km/h超えしてるのは単純に凄い。航続距離、武装ともに優秀で汎用性抜群。文句なしの最優秀機。これの軽量化、空力向上、馬力向上型のH型がどれほど化け物だったか・・・・終戦前にこれが500機以上生産されて太平洋に送られていたという事実を考えると勝ち目はなかったわな。
179.名無しさん:2019年10月01日 05:41 ID:flw4T2..0▼このコメントに返信
※163
大戦中の日本の技術者ってこういう風に考えてたから高高度戦闘機とか作っても空中分解起こして原因不明ってオチになるんだろうなあ。

機体の速度がマッハ0.8程度になれば主翼前縁を流れる空気の流速は音速を越えて主翼の最大厚さを越えたあたりで衝撃波が発生する。これは気温が低い高高度になるほど顕著に表れる。この衝撃波が渦となって機体後方に回り込んで水平尾翼が効かなくなる。下手をするとそのまま地面に激突するか高度が下がって衝撃波が消えると急激に舵が復活してGに耐えられず空中分解する。ライトニングやサンダーボルトの試作機でこれが原因の事故が発生した。アメリカは原因究明と対策に3年かけ、ダイブリカバリーフラップという小さなダイブブレーキ状の装置を開発した。これはダイブブレーキの様に速度を落とす為のモノじゃなくて空気の流れを遮って衝撃波の発生を抑える為のモノ。ムスタングにはコレが付いてないからこの現象に陥ったらすぐにエンジンを切れとマニュアルにある。
180.名無しさん:2019年10月01日 05:43 ID:YM.p69JE0▼このコメントに返信
※13
海軍の防空部隊302空がP51と初会敵した時
B29に随伴してるP51を「陸軍の三式戦が邀撃してる」と勘違いして
ワーと上がっていったらボコボコにされた
たぶん数百メートル(空中ではそれでもかなりの至近距離)も離れたら区別つかん

181.名無しさん:2019年10月01日 06:14 ID:fzdASvWq0▼このコメントに返信
※172
>>172
ホーカーハリケーンと同じなのに?
P-51とは、似て非なる物。
182.名無しさん:2019年10月01日 06:27 ID:fzdASvWq0▼このコメントに返信
※134
>>134
リノ・」エアレースだとアリソンエンジン機が最速だぞ。
183.名無しさん:2019年10月01日 08:01 ID:hJusDKMH0▼このコメントに返信
中国共産党空軍は残留日本軍300人で創立 米軍からもP51貰ったんだって ソ連からはミグ
184.名無しさん:2019年10月01日 10:44 ID:LTL0eK860▼このコメントに返信
>>79
P-51BやCならFw190Aでも勝機あるし、
P-51DやP-47D-25でもFw190Dなら勝負になる。
そもそもドイツまで飛んでくる連合国の単発戦闘機は燃料満載で
機体バランスを崩していたって理由もある。
185.名無しさん:2019年10月01日 15:41 ID:TMw2lDCk0▼このコメントに返信
朝鮮戦争ではミグ15を撃墜してるしな。
サッカー戦争ではエルサルバドルのP51がホンジュラスのA37を撃墜とか。
186.名無しさん:2019年10月01日 22:30 ID:gRjWtV9x0▼このコメントに返信
※177
そんな事言ったら,P-51もアリソンからマーリンにエンジンを積み替えたら成功した駄機に成るんだが。
同時代の戦闘機として並なら十分と違うか。
それに空冷と水冷で同じラジエターとか有り得ん。
187.名無しさん:2019年10月01日 22:33 ID:gRjWtV9x0▼このコメントに返信
※178
終戦前はドイツはジェットにシフトしたかった。
低質燃料でも十分に使えるし。
そういう意味でそんな比較なんぞ意味は無い。
あくまでスピットはレシプロ最強というなら同意だが。
188.名無しさん:2019年10月01日 22:36 ID:gRjWtV9x0▼このコメントに返信
※179
無知は恥。
189.名無しさん:2019年10月01日 22:37 ID:gRjWtV9x0▼このコメントに返信
※182
190.名無しさん:2019年10月01日 22:38 ID:gRjWtV9x0▼このコメントに返信
※182
低高度だからね。
191.名無しさん:2019年10月01日 22:39 ID:gRjWtV9x0▼このコメントに返信
※184
低高度ならワンチャンは有った。
192.名無しさん:2019年10月02日 21:00 ID:lvhx3dZF0▼このコメントに返信
>>71
グリフォンスピット「2000馬力のワシは?」

お名前