2019年09月30日 09:05

江戸時代って実際暮らしやすかったんやろか?

江戸時代って実際暮らしやすかったんやろか?

03

引用元:江戸時代って実際暮らしやすかったんやろか?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1569760291/

1: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:31:31 ID:AAv
コンクリないから道路もがたがた
自転車も車もない 電気もないから夜暗い
夜道で変なおっさんに刀で切られても泣き寝入り

うーん

3: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:32:27 ID:Wpc
江戸時代でも江戸で暮らせるとは限らんやろ

5: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:33:42 ID:AAv
>>3
大阪でも田舎の国でもええけど

6: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:33:42 ID:MK8
辻斬りとか10年で何件みたいなもんやなかったっけ

9: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:35:44 ID:AAv
人も少ないから周りに顔覚えられまくりでプライバシーもないかもしれん

12: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:36:32 ID:AAv
冬は寒いし羽布団もないンゴ
お風呂もろくに入られへん

16: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:38:23 ID:MK8
>>12
夜は寒いから、仕事終わったら分厚い布団かぶって寝る。
動いてる間は体温上がるから日が上ったら仕事して、寒くなったら寝る合理的な省エネ生活や

13: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:36:46 ID:MK8
生類憐れみの令のあたりを契機に
弱いものをいじめるのはあかん、という道徳が民草にも浸透したと聞いたな。
それまでの農村は隣村とのいさかいで殺しあいとかざらやったとかなんとか

14: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:37:01 ID:YdD
江戸は土埃ひどいけど、夜間は木戸を閉じてたからあんまり犯罪まみれっ訳でもなかったみたいやね
もちろん無かったとは言わんが

17: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:38:59 ID:AAv
>>14
環境的に夜全く歩けないのは逆に根本的な治安は今よりマシなんやろか

23: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:40:45 ID:YdD
>>17
難しいけど、仮に犯罪犯して逃げるのは大変ではあるんやない?
木戸には番人が一応いるし

34: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:42:47 ID:AAv
>>23
番人とか付けるんやな?お隣さんとかが見てくれておるんかもしれんな

53: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:46:38 ID:YdD
>>34
木戸番っていう職業がちゃんとあった
因みにコンビニ兼ねてた
給料少ないから、まあ副業で許されてた

36: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:43:13 ID:1vH
一旦木戸閉められたらそのブロックの自分以外の住民が監視員みたいなもんやから
犯罪なんて起こしたらあっという間にバレる

41: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:44:16 ID:8iD
5人組とかで厄介者出しただけでも連帯責任やしな

58: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:47:12 ID:AAv
>>41
なんか聞いたことあるわ
連帯責任とか逆に人間関係ややこしそうやわ

59: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:47:14 ID:uKD
身分がガッチガチに固定されてるから、出世競争とか無縁そう

68: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:48:24 ID:TFi
>>59
金があれば商人も武士になれるし生活カツカツで出世以前に生存がきつい武士も多い

87: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:50:22 ID:AAv
>>59
世間が狭くてみんな余暇は暇そうやしやっぱ人間関係しんどそうや
代わりに噂話ばっかりしてそう

99: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:51:09 ID:Sm3
>>59
鬼平犯科帳とか読むと、そこまでまったりした世界ではなさそう
武士でも父親の役職を引き継げるとは限らないし、仮に引き継げるにしても
一つの役職を5人兄弟で奪い合う、お家騒動なんてのもあるし

64: ■忍【LV1,フロストギズモ,4B】 19/09/29(日)21:48:12 ID:jKF
江戸時代いうても色々あるやろ

88: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:50:23 ID:9Th
切り捨て御免って正当な理由で切ったって証人いないといかんのやろ?

92: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:50:48 ID:8iD
>>88
せやで
だとしても判断下るまで謹慎とか

97: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:51:03 ID:tRV
>>88
正当な理由でも謹慎は免れない

104: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:51:59 ID:uKD
>>88
というより、無礼をされて斬らなかったらアウト
された行為が無礼と認められなかったらアウト

割と武士に不利

108: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:52:56 ID:PSL
>>88
よほどの理由がない限り人を斬り殺したら切腹
一撃で丸腰の人を切り殺せなかった場合も武士の恥だから切腹
喧嘩売られてその喧嘩を買わなかった場合も切腹

武士は基本複数で歩くか外に出ないようになった

90: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:50:34 ID:Wpc
井戸と下水と近いからそこから伝染病はやりやすかったらしいな

125: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:54:47 ID:J7A
江戸時代の武士とか貧乏な公務員ばっかよ

158: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:58:31 ID:KbR
確か産婆さんは大名行列横切っても許されてたよな

161: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:58:50 ID:Z7Y
現実的に中近世の世界で全部の武器取り上げとか不可能だからね

162: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:59:03 ID:PSL
江戸時代の武士の日記に
「今は色々便利になったけど昔のほうが不便ながらも退屈しなかったんだろうな」って愚痴が書いてあるぞ

169: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:59:40 ID:8iD
>>162
最近の若いもんは と一緒やね

165: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)21:59:23 ID:4jd
今の日本の方言が藩の境界と一緒
昔は藩から出るのが容易じゃなかった

255: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:09:58 ID:4jd
ワイが一番興味深かったんは昔は禿げ山ばっかだったらしいな
燃料が薪だったから藪もないし森に入っても普通に歩けたらしいな

263: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:10:32 ID:zzF
>>255
ワイらがスギ花粉症で苦しむ遠因やで

264: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:10:33 ID:PSL
>>255
秋になると農民はこぞって落ち葉をかき集めてたから
松茸とか捨てるほど取れたみたいやな

265: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:11:01 ID:MK8
>>255
人口増えると追い付かんわな

270: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:11:39 ID:vll
>>255
はげ山ばかりで貧栄養の土壌だったから松茸がよく取れた説あるよな
現在は林業やらなくなって土壌が富栄養だから松茸が取れないとか

256: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:09:58 ID:n5R
武士は暇やから釣りばっかしてたみたいやな
江戸のハゼ釣りは有名や

284: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:13:03 ID:zzF
>>256
こう考えると
明治政府「お前ら国の金でニートやんなカス」
薩摩武士「怒ったんゴー!」
明治政府「鎮圧したるw」
これも残当やね

295: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:14:00 ID:TFi
高度経済成長時代でさえ毎日風呂入ってないらしいし潔癖現代日本人がタイムスリップしても無理やろな

307: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:14:56 ID:AAv
戦は基本なかったんか?
クレしんの戦国映画みたいに毎日訓練積んで足軽から中堅格への出世コースとかはないんか

313: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:15:30 ID:s5Z
>>307
江戸時代にあったのは内乱と一揆くらいやね

321: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:15:55 ID:zzF
>>307
ないわな
黒船来た時も甲冑や刀の値段が跳ね上がったくらいやし

341: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:17:52 ID:Xxj
当時の旅行とか長距離移動は大変やで
夜道で野党や狼に襲われるかもしれんし、病気患ったら置いてけぼりや

348: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:18:41 ID:4jd
藩の外に出られるのって許可貰った商人と武士くらいちゃうの?

351: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:19:40 ID:zzF
>>348
お伊勢参りとか普通にあったで
ただ感覚としてはEU内の移動みたいな感じやったと思う

400: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:25:15 ID:zzF
正直朝鮮出兵時代より幕末は弱かった
旗本っていう幕府の正規軍はあったけどほぼナイト称号みたいな感じだし、テクノロジーの進化がない上兵力も縮小されてるから

413: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:26:49 ID:Xxj
>>400
幕府も一応ちゃんと西洋式軍の訓練してるぞ
戦艦とかの保有数も最多やと思うし
なお使用率

421: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:27:48 ID:zzF
>>413
ちゃうで
ペリー来航当時や
戊辰の遥か前や

428: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:28:28 ID:Xxj
>>421
その時期ならまだ西洋式軍は持ってないな

436: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:29:36 ID:ZId
>>421
その当時砲撃の軌道予測と使用を西洋式にするための資料をどっかで見たがどこやったか…

453: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:31:24 ID:zzF
>>436
海兵國譚とか一部そういう考えはあったけど黒船来航までスルーや
今日本で核保有しようっていう意見より少なかったはず

450: 名無しさん@おーぷん 19/09/29(日)22:31:05 ID:Z7Y
そもそも江戸時代って一部の藩以外は銃の訓練すら全然やってなかったからな
まあ訓練でもかなりの金がかかるからしゃーないんやろうけど

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年09月30日 09:11 ID:JLHF3tQO0▼このコメントに返信

黒澤明監督の映画「 用 心 棒 」みたいな、ほこりっぽい、

荒れ果てた田舎町に生まれたら、どーするか?
2.名無しさん:2019年09月30日 09:15 ID:QtxHu.Vx0▼このコメントに返信
江戸時代後期

武士「武士は食わねど高楊枝」
商人「まんじゅううまうま」
武士「イライライライラ」
商人「うまうま…」
武士「切り捨てゴメン!」
3.名無しさん:2019年09月30日 09:16 ID:nAuhHRLd0▼このコメントに返信
中世ジャツプランドでジャツプ猿だらけで暮らす?

考えただけで虫唾が走る
4.名無しさん:2019年09月30日 09:17 ID:tIWJs8vf0▼このコメントに返信
虫歯だけで死ぬほどの苦しみを味わいそうで怖いな。
現在の人より虫歯は少ないだろうけど。
5.名無しさん:2019年09月30日 09:18 ID:0FnmfZU90▼このコメントに返信
40歳ぐらいでゴロゴロ死んでた時代だぞ
6.名無しさん:2019年09月30日 09:19 ID:ERFX7LWN0▼このコメントに返信
江戸時代どころか昭和30年代の映画を見ても、はげ山だらけだったことがわかる。
風呂をガスで沸かすのが当たり前になったのは昭和40年代以降で、
それ以前は薪や練炭やごみを燃やして五右衛門風呂を沸かしていた。
7.名無しさん:2019年09月30日 09:22 ID:tkCteSvo0▼このコメントに返信
元禄時代の町民は、そう悪くなかったよ
生活に余裕がある者も多かった
8.名無しさん:2019年09月30日 09:22 ID:be6N25Kv0▼このコメントに返信
※4
盲腸になっても死ぬし、風邪ひいても栄養が偏ってるから治らなくて死ぬ事もあるだろうし
他国と比べて衛生面は少しはマシでも現代基準だとヤバいし
まあ現実はそんなもんだよな...
9.名無しさん:2019年09月30日 09:23 ID:pWzSnYEH0▼このコメントに返信
江戸時代と言っても、戦国の影響が残っていた初期と、中期以降は全く違うし、さらに人口の1%未満しかいなかった武士視点で語るのはズレてるなー、としか思わない。
10.名無しさん:2019年09月30日 09:24 ID:F1lN59sy0▼このコメントに返信
>>辻斬りとか10年で何件みたいなもんやなかったっけ

記録に残るレベルのが数件なんじゃね?未遂は日常的にあったとか?役所の責任問われるから揉み消しとか?
11.名無しさん:2019年09月30日 09:26 ID:911sm0wm0▼このコメントに返信
庶民は同時代の他国より、相当暮らしやすかっただろ・・・特に江戸や大阪は。
12.名無しさん:2019年09月30日 09:28 ID:ubP3Y5DC0▼このコメントに返信
江戸時代、家の前の街道はちゃんと(自前で)整備しなきゃならなかったんで、ガタガタなんてありえないぞ、、、
ちなみにきれいに道を均したあと、見栄え良くするために白砂まいてたんだぜ、、、
13.名無しさん:2019年09月30日 09:29 ID:d8Thob1A0▼このコメントに返信
江戸時代の武士なんてほとんどがうんこ製造機やし
14.名無しさん:2019年09月30日 09:29 ID:ubP3Y5DC0▼このコメントに返信
※11
公衆衛生って概念ないから、、、
農村地帯に対して大都市(江戸京都大阪)の平均寿命は5才くらい短かったのよ、、、
15.名無しさん:2019年09月30日 09:31 ID:QV0PPVsr0▼このコメントに返信
暮らしやすいわけねーだろ
ひとたび飢饉が起きれば大量の餓死者が発生するような社会のどこが理想なんだ
16.名無しさん:2019年09月30日 09:31 ID:QtxHu.Vx0▼このコメントに返信
※13
つまり肥料の元を作成してたわけですかそれはとても重要なお仕事ですね
17.名無しさん:2019年09月30日 09:32 ID:jYB5m5on0▼このコメントに返信
>それまでの農村は隣村とのいさかいで殺しあいとかざらやったとかなんとか

昭和まで水争いがあったんやで
夜中に鎌を持たせた子供を水路の見張りに立たせとったんじゃ
18.名無しさん:2019年09月30日 09:33 ID:be6N25Kv0▼このコメントに返信
奉行が激務過ぎて辞めたいです仕事少なくしてくださいタスケテ...って手紙が残ってるのもあったよなw
今で言うと警察のトップ、消防のトップ、裁判所のトップを兼任してるからそりゃソーダ(;´・ω・)
19.名無しさん:2019年09月30日 09:34 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
暮らしやすいわけがない
病気やケガをしたら一発アウトの時代です
虫歯は歯を引っこ抜くしかありません
出産も命がけです
20.名無しさん:2019年09月30日 09:34 ID:kNZop0Ez0▼このコメントに返信
小学校で受けた授業のせいで最近まで農民が奴隷みたいな扱いだったと思ってたんだが、実際のところどんな感じだったん?
歴史に自信ニキ教えてくれや
21.名無しさん:2019年09月30日 09:34 ID:AAp9bbzk0▼このコメントに返信
江戸も庶民は暮らしやすかったと本には書いてたな。
仕事は月の半分も大工仕事でもすれば1ヵ月夫婦二人分ぐらいは賄えたらしいし、
独り者なら多種多様な日雇いが絶えずあったし、自分で変な格好して適当な踊りで通りを練り歩いたらおひねりをもらえて、
それで暮らせるとも書いてあった。
詳しい事は本を見ないとわからんけど、とにかく何をしても商売(もぐり含む)になって生活できるほど活気があったらしい。
22.名無しさん:2019年09月30日 09:35 ID:T.u90sty0▼このコメントに返信
逆に田舎の方が百姓が自警団組んでるから治安は良かったらしいが
住みやすいかというと田舎は住み難かっただろうな
百姓が他所から来た武芸者狩りまくってたらしいし
23.名無しさん:2019年09月30日 09:35 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※15
藩「助けて」
幕府「お前んトコでなんとかしろ!ウチも苦しいんだ!」
の時代だしなぁ
24.名無しさん:2019年09月30日 09:36 ID:IPtLBEIG0▼このコメントに返信
冬は寒い
トイレはぼっとん
25.名無しさん:2019年09月30日 09:39 ID:8aG45o3u0▼このコメントに返信
「講釈師、見て来たようにウソをつく」
ウソをつく人の特長
1 プライドが高く虚栄心を満たしたい
2 劣等感が強く自身が無い
3 努力できない
4 隠したいことがある
5 周りに構って欲しい
6 ウソをついているという自覚が無い
7 人を傷つけるウソをついても平気
8 つじつまがあわなくても気にしない
以上、専門家の意見を引用。
26.名無しさん:2019年09月30日 09:39 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※20
搾取されるだけの存在ではないと思う
そもそも庄屋やらがコメばっかり搾取したって
どこで換金するんだって話
27.名無しさん:2019年09月30日 09:40 ID:QVLpnEFq0▼このコメントに返信
※4
痛さの比喩じゃなくて本当に虫歯で死ぬことはあったぞ
28.名無しさん:2019年09月30日 09:40 ID:EDn7lU4k0▼このコメントに返信
同時代の他の国と比べたらともかく、今の日本ほど生きやすくはない
29.名無しさん:2019年09月30日 09:41 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※25
1と2の時点で矛盾してない?
30.名無しさん:2019年09月30日 09:41 ID:A23iZD.70▼このコメントに返信
東南アジアみたく当時の西洋列強に蹂躙されないことが確約されてるから余裕。
31.名無しさん:2019年09月30日 09:41 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
外国人が見た昔の日本
『日本の農業は完璧に近い。その高い段階に達した状態を考慮に置くならば、この国の面積は非常に莫大な人口を収容することができる(カッテンディーケ)』

『郊外の豊穣さはあらゆる描写を超越している。山の上まで美事な稲田があり、海の際までことごとく耕作されている。恐らく日本は天恵を受けた国、地上のパラダイスであろう。人間がほしいというものが何でも、この幸せな国に集まっている(リュードルフ,1855)』
32.名無しさん:2019年09月30日 09:43 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
※20
『日本人は身分の高い人物の前に出た時でさえめったに物怖じすることのない国民』『青少年に地位と年齢を尊ぶことが教えられる一方、自己の尊厳を主張することも教えられているのである(スエンソン)』

『日本人は完全な専制主義の下に生活しており、したがって何の幸福も満足も享受していないと普通想像される。 ところが私は彼ら日本人と交際してみて、まったく反対の現象を経験した。専制主義はこの国では、ただ名目だけであって実際には存在しない』『自分たちの義務を遂行する日本人たちは、完全に自由であり独立的である。奴隷制度という言葉はまだ知られておらず、封建的奉仕という関係さえも報酬なしには行われない。勤勉な職人は高い尊敬を受けており、下層階級のものもほぼ満足している』『日本には、食べ物にこと欠くほどの貧乏人は存在しない。また上級者と下級者との間の関係は丁寧で温和であり、それを見れば、一般に満足と信頼が行きわたっていることを知ることができよう(フィッセル,1833)』

『日本の上層階級は下層の人々を大変大事に扱う』『主人と召使の間には通常、友好的で親密な関係が成り立っており、これは西洋自由諸国にあってまず未知の関係といってよい(スエンソン)』
33.名無しさん:2019年09月30日 09:43 ID:8NKZdxb00▼このコメントに返信
何を持って生きやすい?コミュ障はまず無理だよ
あと体弱い奴も即死な
34.名主:2019年09月30日 09:44 ID:tc.LnXIB0▼このコメントに返信
時と場所とその人そのものの性質に物凄く左右されると思う。
そう言う意味では、基準が違うだけで今も同じなのかもね。
35.名無しさん:2019年09月30日 09:44 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
幸福そうな日本人
『彼ら(駕籠かきの三人)はあまり欲もなく、いつも満足して喜んでさえおり、気分にむらがなく、幾分荒々しい外観は呈しているものの、確かに国民のなかで最も健全な人々を代表している。このような庶民階級に至るまで、行儀は申し分ない(ブスケ,1872)』

『誰の顔にも陽気な性格の特徴である幸福感、満足感、そして機嫌のよさがありありと現れていて、その場所の雰囲気にぴったりと融けあう。彼らは何か目新しく素敵な眺めに出会うか、森や野原で物珍しいものを見つけてじっと感心して眺めている時以外は、絶えず喋り続け、笑いこけている(パーマー,1886)』

『封建制度一般、つまり日本を現在まで支配してきた機構について何といわれ何と考えられようが、ともかく衆目の一致する点が一つある。すなわち、ヨーロッパ人が到来した時からごく最近に至るまで、人々は幸せで満足していたのである(ヒューブナー,1871)』
36.名無しさん:2019年09月30日 09:45 ID:w6JkwxzP0▼このコメントに返信
>辻斬りとか10年で何件みたいなもん
ただの通り魔事件やんけ🤣
37.名無しさん:2019年09月30日 09:45 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
日本人の美意識

『日本の職人は本能的に美意識を強く持っているので、金銭的に儲かろうが関係なく、彼らの手から作り出されるものはみな美しいのです。......庶民が使う安物の陶器を扱っているお店に行くと、色、形、装飾には美の輝きがあります』『ここ日本では、貧しい人の食卓でさえも最高級の優美さと繊細さがある(ベーコン)』

『ヨーロッパ人にとっては、芸術は金に余裕のある裕福な人々の特権にすぎない。ところが日本では、芸術は万人の所有物なのだ(ヒューブナー)
38.名無しさん:2019年09月30日 09:46 ID:1nd07kGR0▼このコメントに返信
今までに怪我や病気で寝込んだ・手術&入院て経験したことある人どれくらいいるかな?
もし経験あるますって人は、江戸時代だったらもう多分死んでるゾ
39.名無しさん:2019年09月30日 09:46 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
日本の子供達

『私は日本が子供の天国であることをくりかえさざるを得ない。世界中で日本ほど子供が親切に取り扱われ、そして子供のために深い注意が払われる国はない。ニコニコしているところから判断すると、子供達は朝から晩まで幸福であるらしい(モース)』

『私はこれほど自分の子どもに喜びをおぼえる人々を見たことがない。子どもを抱いたり背負ったり、歩くときは手をとり、子どもの遊技を見つめたりそれに加わったり、たえず新しい玩具をくれてやり、野遊びや祭りに連れて行き、子どもがいないとしんから満足することがない。他人の子どもにもそれなりの愛情と注意を注ぐ。父も母も、自分の子に誇りをもっている...(バード)』
40.名無しさん:2019年09月30日 09:47 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
日本の子供達

『怒鳴られたり、罰を受けたり、くどくど小言を聞かされたりせずとも、好ましい態度を身につけてゆく』『彼らにそそがれる愛情は、ただただ温かさと平和で彼らを包みこみ、その性格の悪いところを抑え、あらゆる良いところを伸ばすように思われます。日本の子供はけっしておびえから嘘を言ったり、誤ちを隠したりはしません。青天白日のごとく、嬉しいことも悲しいことも隠さず父や母に話し、一緒に喜んだり癒してもらったりするのです』『それでもけっして彼らが甘やかされてだめになることはありません。分別がつくと見なされる歳になると―いずこも六歳から十歳のあいだですが―彼はみずから進んで主君としての位を退き、ただの一日のうちに大人になってしまうのです(フレイザー婦人)

『十歳から十二歳位の子どもでも、まるで成人した大人のように賢明かつ落着いた態度をとる(ヴェルナー)』
41.名無しさん:2019年09月30日 09:48 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
日本人の美意識

『田舎の旅には楽しみが多いが、その一つは道路に添う美しい生垣、戸口の前の奇麗に掃かれた歩道、室内にある物がすべて小ざっぱりとしていい趣味をあらわしていること、可愛らしい茶呑茶碗や土瓶急須、炭火を入れる青銅の器、木目の美しい鏡板、奇妙な木の瘤、花を生けるためにくりぬいた木質のきのこ。これ等の美しい品物はすべて、あたり前の百姓家にあるのである(モース)』
42.名無しさん:2019年09月30日 09:49 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
親切で礼儀正しい日本人

『もう暗くなっていたのに、その男はそれを探しに一里も引き返し、私が何銭か与えようとしたのを、目的地まですべての物をきちんと届けるのが自分の責任だと言って拒んだ(バート,1878)』

『私は全ての持ち物を、ささやかなお金を含めて、鍵も掛けずにおいていたが、一度たりとなくなったことはなかった(ムンツィンガー,1890)』

43.名無しさん:2019年09月30日 09:50 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
日本人の暮らしぶり

『日本に貧乏人は存在するが、貧困なるものは存在しない(チェンバレン)』

『金持ちは高ぶらず、貧乏人は卑下しない。......ほんものの平等精神、われわれはみな同じ人間だと心底から信じる心が、社会の隅々まで浸透しているのである(チェンバレン)』

『彼らは皆よく肥え、身なりもよく、幸福そうである。一見したところ、富者も貧者もない。ーこれが恐らく人民の本当の幸福の姿というものだろう。私は時として、日本を開国して外国の影響を受けさせることが、果たしてこの人々の普遍的な幸福を増進する所以であるかどうか、疑わしくなる。私は質素と正直の黄金時代を、いずれの他の国におけるよりも多く日本において見出す。生命と財産の安全、全般の人々の質素と満足とは、現在の日本の顕著な姿であるように思われる(ハリス,1857)』
44.名無しさん:2019年09月30日 09:50 ID:EDn7lU4k0▼このコメントに返信
>>23
建前も多分にあったろうけどな。そもそも参勤交代までして藩の力を削いでたのにホイホイ支援なんかするかと。
藩「(余力あるけど蓄えたいから)助けて」
幕府「(下手に助けて力を蓄えさせたら後々面倒だから)自分で何とかしろ」
45.名無しさん:2019年09月30日 09:50 ID:4bsyipta0▼このコメントに返信
江戸時代は現代人より道徳心がありコミュニティもしっかりしてた。
武士が責任取るのは切腹とお家取り潰し、今の政治家より責任感は遥かに上。
だいたい現代人の感覚で江戸時代を語ること自体がナンセンス。
46.名無しさん:2019年09月30日 09:50 ID:3xEtmGqb0▼このコメントに返信
江戸の町より余程田舎の方が肉を食ってたイメージ。
 
47.名無しさん:2019年09月30日 09:51 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
日本人の暮らしぶり

『この土地は貧困で、住民はいずれも豊かでなく、ただ生活するだけで精一杯で、装飾的なものに目をむける余裕がないからだ(中略)それでも人々は楽しく暮らしており、食べたいだけは食べ、着物にも困っていない。それに家屋は清潔で、日当たりもよくて気持ちがよい。世界のいかなる地方においても、労働者の社会で下田におけるよりもよい生活を送っているところはあるまい(ハリス,1856)』

『柿崎は小さくて貧寒な漁村であるが、住民の身なりはさっぱりしていて、態度は丁寧である。世界のあらゆる国で貧乏にいつも付き物になっている不潔さというものが、少しも見られない。彼らの家屋は必要なだけの清潔さを保っている(ハリス,1856)』
48.名無しさん:2019年09月30日 09:52 ID:N9HuLxzs0▼このコメントに返信
鬼平犯科帳に出てくる江戸B級グルメみたいなの美味そうであこがれたけど、実際ろくな調味料もないから生臭いだろうし上下水道もなくてきったねえ皿とかで出てくるんだろうなと思ったらちょっと食べたくなくなった。
49.名無しさん:2019年09月30日 09:52 ID:A23iZD.70▼このコメントに返信
※38
遺伝的に弱い奴は長い時間をかけて淘汰されてるんだから俺らが病弱なわけないやん。
免疫系とか最強やで。
50.名無しさん:2019年09月30日 09:53 ID:u7rP7gku0▼このコメントに返信
江戸時代は木材が燃料の主だから人口3500万とか超えると森林資源が限界にきてた。
51.名無しさん:2019年09月30日 09:59 ID:XChMqOUV0▼このコメントに返信
歯痛になったら地獄だろうな
52.名無しさん:2019年09月30日 10:00 ID:8NKZdxb00▼このコメントに返信
昔の伝聞を書いてくれてるの読むとさぁ、今の日本とあまりに違ってびっくりするよ
衛生とかインフラとかは当然今の方がはるかにいいんだけど、人間の質としてね
やっぱり戦後教育、特に西洋教育がダメなんじゃないかと思う
53.名無しさん:2019年09月30日 10:00 ID:AIQJTkG50▼このコメントに返信
滅茶苦茶単純な話だけど暮らしやすい時代に革命は起きないぞ。
54.名無しさん:2019年09月30日 10:01 ID:u7rP7gku0▼このコメントに返信
※48
江戸は上水道完備だよ、
臭み消し調味料は山椒等無くはない。
55.名無しさん:2019年09月30日 10:02 ID:1nd07kGR0▼このコメントに返信
※44
幕府「江戸に挨拶に来てくれるのはいいけどお金使いすぎ、領民の負担考えてもっと質素に済ませて」
各藩「ヤダ、質素にしたらよその連中にバカにされるもん」
幕府「じゃあちゃんと制度化するから、それ守ってね」
56.名無しさん:2019年09月30日 10:02 ID:8NKZdxb00▼このコメントに返信
>>49
薬と除菌ばっかで免疫弱くなってるって知らんの?
57.名無しさん:2019年09月30日 10:03 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
※50
幕末の日本を見た外国人の日本への評価

『日本の農業は完璧に近い。その高い段階に達した状態を考慮に置くならば、この国の面積は非常に莫大な人口を収容することができる(カッテンディーケ)』

『郊外の豊穣さはあらゆる描写を超越している。山の上まで美事な稲田があり、海の際までことごとく耕作されている。恐らく日本は天恵を受けた国、地上のパラダイスであろう。人間がほしいというものが何でも、この幸せな国に集まっている(リュードルフ,1855)』

「限界にきている」とはまったく思えないような評価だが
58.名無しさん:2019年09月30日 10:04 ID:5gUG.eYK0▼このコメントに返信
日本人が構築する社会は結局は本質的な部分では同じようなモノになるんじゃないかね。
働いて清潔にして暮らして食べて寝る。
何にでも興味を持って楽しんで生きて死ぬ。
59.名無しさん:2019年09月30日 10:04 ID:A23iZD.70▼このコメントに返信
※56
キミの潔癖なんか知らんがな。
60.名無しさん:2019年09月30日 10:05 ID:jVJJ8MpG0▼このコメントに返信
「今いるその環境で幸せを探すこと」ができればいつでもどこでも幸せだよ。
できなければ、いつでもどこでも不満タラタラ人生。
61.名無しさん:2019年09月30日 10:05 ID:OnCBPyPO0▼このコメントに返信
福祉が一切ないから働けなくなったら野垂れ死にやで
62.名無しさん:2019年09月30日 10:08 ID:ZJLoir9t0▼このコメントに返信
いうても同時代の他国なんて一般庶民は人間扱いされていないから
特に隣の盲腸半島なんぞ国民の95%が差別対象で残りの5%がみすぼらしい贅沢を尽くしてる世界やで
中産階級とか町民が存在して経済が成り立っている時点で産業革命以前の社会としては江戸幕府は優等生やぞ
63.名無しさん:2019年09月30日 10:09 ID:u7rP7gku0▼このコメントに返信
※57
食料の話じゃなく木材の話、
建築資材にも使うし食糧生産は出来ても植林しても追いつかなくなってくるのが人口3000万人越えた辺りだったのだろうと、
特に当時は山奥の木だと運ぶのが難しかったのもあるのかも。
64.名無しさん:2019年09月30日 10:09 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
※40
子供たちへの深い愛情を、家庭生活の全ての場面で確認することができる。見ようによっては、日本人は自分の子供たちに夢中だとも言える。親が子供に何かを禁じるのは、ほとんど見たことがないし、叱ったり罰したりすることは、さらに稀である。(カッテンディーケ)西洋では子供を厳しくしつけるために鞭打つこともあった。西洋人の目では日本の家庭での子供への接し方が自分たちとは大きく異なっていると見えていた。
65.名無しさん:2019年09月30日 10:10 ID:65GKHagt0▼このコメントに返信
井戸のある家なら、ある程度快適に過ごせるかもしれないが、遠くから運ばなきゃいけないような地域はたいへんかも。
治水に積極的だった日本は海外とくらべれば、随分マシだったのだろうけどさ。
66.名無しさん:2019年09月30日 10:12 ID:QPxGuwIa0▼このコメントに返信
今と江戸を比べると大名よりいい暮らしをしている。
寿命は長くなったし、医療技術は発達し、家電製品に交通網なども整備され、コンビニで夜中でも買い物ができる。
天国と地獄ほどの差がある。
現代人にもはや江戸暮らしは不可能である。
今の日本人は、もはや宗教よりも科学技術を信仰して、ガンでさえ、治せるようになってきた。
江戸の人から、みると今は夢の世界に住んでいる!
67.名無しさん:2019年09月30日 10:13 ID:3w8vTMmo0▼このコメントに返信
まぁ現代日本より暮らしやすいわけがないわな

冷暖房、医療制度があまりに貧弱だから怪我、虫歯はもとより
ガチで風邪引いたら死ぬ可能性だってあるしな

風邪を引く→医療制度もお粗末、冷暖房も貧弱だからさらに体が弱る
→抵抗力が落ちたところでさらに別の重度の病気にかかる

のコンボで普通に死ぬからな。怖い怖い。
68.名無しさん:2019年09月30日 10:14 ID:ZaqSA0yx0▼このコメントに返信
地方は殿様しだいだな
藩主が人格者で経済感覚に優れてて民にやさしかったら百姓も悪くないかも
あと天領の百姓も狙い目かも
69.名無しさん:2019年09月30日 10:15 ID:Rdg3rd1F0▼このコメントに返信
ボットン便所でめっちゃトイレ臭いで
70.名無しさん:2019年09月30日 10:16 ID:Gbe4AgeD0▼このコメントに返信
江戸は余程の貧困者以外、精米を食べまくる食文化の為「江戸わずらい」(脚気)が生活習慣病みたいになっていた。
200年前の欧州共と違い、下水・排便の管理が整い世界一清潔な都市ではあったが、農作物の肥料が糞便肥料である為、生野菜などを食べよう物なら脳に虫が湧くリスクあり。(昭和初期頃まで)
田んぼに入れば体内に寄生してくる寄.生虫や、皮膚病なんかも大流行した為、やっぱり平成&令和が良いわ。
71.名無しさん:2019年09月30日 10:16 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
『これ以上幸せそうな人びとはどこを探しても見つからない。喋り笑いながら彼らは行く。人夫は担いだ荷のバランスをとりながら、鼻歌をうたいつつ進む。遠くでも近くでも、『おはよう』『おはようございます』とか、『さよなら、さよなら』というきれいな挨拶が空気をみたす。夜なら『おやすみなさい』という挨拶が。この小さい人びとが街頭でおたがいに交わす深いお辞儀は、優雅さと明白な善意を示していて魅力的だ。一介の人力車夫でさえ、知り合いと出会ったり、客と取りきめをしたりする時は、一流の行儀作法の先生みたいな様子で身をかがめる(アーノルド,1889)』
72.名無しさん:2019年09月30日 10:17 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
『彼らは皆よく肥え、身なりもよく、幸福そうである。一見したところ、富者も貧者もない。ーこれが恐らく人民の本当の幸福の姿というものだろう。私は時として、日本を開国して外国の影響を受けさせることが、果たしてこの人々の普遍的な幸福を増進する所以であるかどうか、疑わしくなる。私は質素と正直の黄金時代を、いずれの他の国におけるよりも多く日本において見出す。生命と財産の安全、全般の人々の質素と満足とは、現在の日本の顕著な姿であるように思われる(ハリス,1857)』

『誰の顔にも陽気な性格の特徴である幸福感、満足感、そして機嫌のよさがありありと現れていて、その場所の雰囲気にぴったりと融けあう。彼らは何か目新しく素敵な眺めに出会うか、森や野原で物珍しいものを見つけてじっと感心して眺めている時以外は、絶えず喋り続け、笑いこけている(パーマー,1886)』

『封建制度一般、つまり日本を現在まで支配してきた機構について何といわれ何と考えられようが、ともかく衆目の一致する点が一つある。すなわち、ヨーロッパ人が到来した時からごく最近に至るまで、人々は幸せで満足していたのである(ヒューブナー,1871)』

73.名無しさん:2019年09月30日 10:22 ID:S2WSJN7r0▼このコメントに返信
あまり評判の良くない生類あわれみの令だが身分の低い人を殺してはならないという内容も含まれていた。だからおいそれとは切れなかった。
74.名無しさん:2019年09月30日 10:23 ID:sYvMlDle0▼このコメントに返信
戦国時代の無法地帯寄りは暮らし易くなったし天下泰平とは言っても
飢饉や疫病でジ・エンド    徳川幕府の時代で戦も無くサムライはヒマを持て余す
豪商が力と金を独占し庶民はまぁまぁの暮らしで各地の大名のワイロと不正が横行
武士の上下階級がエグく幕末に爆発
75.名無しさん:2019年09月30日 10:25 ID:5gUG.eYK0▼このコメントに返信
           ||
         _||_
        .( (  ) ☆"
   バシバシ!!.i二二二i ビシッッ!!
      ミ /i三三三i\"" ∧∧
   ∧∧ / (、∀,  ) \(Д゚#) やったのはお前だな!吐け!はけぇい!
   (#゚ω)ノ  ∨ ̄∨  ⊂  |
   (  x)           |  |~
    UU           U''U

濡れ衣を着せられ無実の罪で捕らえられたモナ太は激しい拷問をうけて自白を強要されています。
モナ太はどうなってしまうのでしょうか?    ーつづくー
76.名無しさん:2019年09月30日 10:25 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※55
加賀前田「見栄が大事!派手な着物きて槍や刀に金使うぞ!
藩士も4000人連れて行くぞ!」
町民「すげえ!加賀の殿様すげえ!」
他藩「お、俺らも負けてられん!」
幕府「あんまり派手なの禁止!」
見栄えのために参勤交代要員のバイトを雇うこともあったとか

藩主「これが土産物です」特産物バーン!
幕府「う、うむ。(持って来たモノより質素なモノはメンツにかけてやれん)
これを持って行くよい」それより倍の返礼品ドーン!

これにより幕政は傾いていった
77.名無しさん:2019年09月30日 10:27 ID:8NKZdxb00▼このコメントに返信
シラミがスタンダードな中で暮らせる現代の女はほとんどいないだろ
78.名無しさん:2019年09月30日 10:28 ID:ea4NCP830▼このコメントに返信
今の生活水準享受してる現代人からすりゃ過去なんて大なり小なりはあれど劣悪やろ
当時の人間が当時の尺度で幸せそうに見える~って資料残してるとしても
たまーに歴史学者が自著とかで「江戸時代の方が何もかも豊かだった」とか言ってるけど
結局それも現代に対するアンチテーゼであって、絶対的に豊かだとは口が裂けても言えんやろし
79.名無しさん:2019年09月30日 10:29 ID:4YNgr0AE0▼このコメントに返信
抗生物質ない上に衛生環境もクソだからな
80.名無しさん:2019年09月30日 10:29 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※77
眉なし・お歯黒がスタンダードな中で現代の女が暮らせるわけがない
なによりスマホがないとか発○モンだな
81.名無しさん:2019年09月30日 10:30 ID:ubP3Y5DC0▼このコメントに返信
※70
ぬか漬けって脚気にならないためのおかずとして開発されたものなんだぞ、、、

実際のところ、脚気が発病すると実家に帰って療養する(周辺農村からの出稼ぎだからね)のが普通で
実家で麦飯食って治って戻ってくるパターン、死者なんて(移動が制限される大名旗本クラスでなければ)ほとんど出なかったんだよ、、、

当時の大都市での脚気は強調され過ぎな部分はあるよねぇ、、、
82.名無しさん:2019年09月30日 10:31 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※79
日本ではペニシリンが誰が作り出したかわからないけど
土着的に作られていたんだぞw
83.名無しさん:2019年09月30日 10:33 ID:JUArcIID0▼このコメントに返信
俺はギリギリ90年代中期になら戻ってもいい。80年代70年代とすると日帰りならなんとかのレベル。
あの頃を思うとトイレ風呂が汚い。
84.名無しさん:2019年09月30日 10:35 ID:ubP3Y5DC0▼このコメントに返信
※77
DDTつかわなくなったからねぇ、現代でもシラミって幼稚園児や小学生の間で定期的に流行してんだぜ、、、
だから当時とそう変わらんかも、、、
85.名無しさん:2019年09月30日 10:36 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
町民・農民・下級武士、つまりほとんどの人間が、長子で無い限り、所帯を持てなかったのが現実。
当時で所帯が持てない、ってのは、独立した生計を営むことすらできなかったと言う意味。
暮らしやすいわけない。
農村なんて10人以上の子沢山が当たり前で、そのほとんどが、下働きみたいなので生涯を終えた。
86.名無しさん:2019年09月30日 10:36 ID:yRwsbtBd0▼このコメントに返信
切り捨て御免って主張しても大抵武士が切腹だぞ
だから町人からも少し舐められてたのが江戸時代
87.名無しさん:2019年09月30日 10:40 ID:ykl1PnnL0▼このコメントに返信
鬼平犯科帳で江戸時代語るのはコナンで現代語るのと変わらんことに気づけ
88.名無しさん:2019年09月30日 10:41 ID:Gbe4AgeD0▼このコメントに返信
※81
ぬか漬けは凄いね!
確かに江戸などの都心部限定の病であり、地方に戻れば改善した話しはあるね。
しかし大正初期の頃まで日本の陸海軍ですら脚気で大きな被害を受けていた点を考えると、決して軽視できる話しでは無いとも言える。(戦時の兵隊と平和な頃の庶民とを比べるのは場違いだろうけど)
食育と医療は実に大事ですわ。
89.名無しさん:2019年09月30日 10:41 ID:5gUG.eYK0▼このコメントに返信
ノミやシラミって見たことないよな。衛生環境が少し悪くなれば発生するのだろうか?
90.名無しさん:2019年09月30日 10:43 ID:O7zHJzQG0▼このコメントに返信
贅沢や便利で当たり前から戻っても不満だらけだろうが
そー言う知識も経験もなく気楽に生きれるなら幸せとも言える

ネットで世界規模で物事感じ取れちゃうってのは
幸福なんだか不幸なんだか…
91.名無しさん:2019年09月30日 10:44 ID:hYBjDUbO0▼このコメントに返信
>>3
半島に帰れば良いじゃんw
92.名無しさん:2019年09月30日 10:46 ID:hYBjDUbO0▼このコメントに返信
>>5
乳幼児の死亡率高いから、平均寿命がそうなるだけ。
信長の時代ですら人生50年。
93.名無しさん:2019年09月30日 10:46 ID:pog42klf0▼このコメントに返信
スマホが普及して多少は嘘つき悪徳が減った、 その前は推して知るべし
子供が虐められたと訴えても無視、死体になれば死体が悪い
k-さつは俺が正義、なので先入観で訴えを聞かない等々やりたいほーだい
悪徳は多すぎて、高価な紙と墨を使って残す価値は無い
94.名無しさん:2019年09月30日 10:47 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※87
ベル薔薇でフランス革命語るようなもんだからな
95.名無しさん:2019年09月30日 10:51 ID:jVJJ8MpG0▼このコメントに返信
いろいろと海外の文献を引用して悦に入ってる奴がいるが、その文献から言えることは
「当時の欧米人は、当時の日本人が幸せそうに日々暮らしているのを多数目撃した」ということだぞ。
決して「現代の日本人より当時の日本人の方が幸せだ」ということではない。

論理的思考を身につけよう。
96.名無しさん:2019年09月30日 10:51 ID:A23iZD.70▼このコメントに返信
※93
今もかわらんやろ。開き直った分性質が悪いすらある。
97.名無しさん:2019年09月30日 10:54 ID:u7rP7gku0▼このコメントに返信
※84
海外旅行で持って帰ってくるのが増えてるらしい、
厄介なのは薬に耐性ついて一般的な市販のシラミ用薬が効かないそうな。
98.名無しさん:2019年09月30日 10:55 ID:8NKZdxb00▼このコメントに返信
>>89
シラミなんかは今でも保育所などで時々発生する
飲みなんかも古い家に行けば(放し飼いの猫などいればなお)畳にのみがいることもある
汚ければ発生するというより、汚くなくても持ち込んで仕舞えば繁殖する
駆除するのに薬品が必要で、当然江戸時代にはてきめんな殺虫剤がなかった
99.名無しさん:2019年09月30日 10:59 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
※95
は?「幸せ」に絶対基準なんてあるのか?

で、当時の事を知るには当時のありのままを写した写真や動画を見る、もしくは当時の人間の証言を見るのが一番だろうが。
100.名無しさん:2019年09月30日 10:59 ID:8NKZdxb00▼このコメントに返信
>>84
比率を考えたら全然違うと思うが…
当時ふんどしにはシラミがいるのが普通で川柳なんかにも詠まれてる
アタマジラミと毛ジラミ(股などにつく)は違くて、毛ジラミがある現代人はなかなかいないと思うぞ
101.名無しさん:2019年09月30日 11:00 ID:8XAO3oHM0▼このコメントに返信
トイレがなかったので川の上に小屋をせり出してうんこながしてたのが厠(かわや)
そのあと公衆トイレが整備されて、そこから声を運ぶ仕事ができた
下水道が整備されはじめると井戸水の汚染とかあったみたいだね。なので公共の井戸とトイレから離すように作られた
それまでは結構病気とか蔓延してたんじゃないかな
102.名無しさん:2019年09月30日 11:01 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
※95
それに加えて、当時の西欧の労働者階級の生活がとてつもなく劣悪だった、ってのも忘れてるよね。
産業革命期のイギリスなんて、労働者階級一般の体格すら小さくなってて、それが血統によるものだと考えられてた。
当時のそういうところから来たお金持ちが、当時の日本の労働者階級見て、驚いたってだけ。
奴隷階級的な人たちも普通に人間っぽいって。

ちなみに、現代でも、低賃金で働いている日本の労働者のモラルの高さに驚く西欧人の根底にあるのもこれだったりする。
103.名無しさん:2019年09月30日 11:03 ID:8XAO3oHM0▼このコメントに返信
※20
まだ歴史考証が浅かったのもあると思うけど、奴隷身分と支配階級の存在があったとしたほうが
戦後に増えた部落差別を政治利用しやすかったという洗脳教育やぞ
東北の方だと部落は精々〇〇一丁目とかそんな所在を示す言葉でしかない事からも伺える
104.名無しさん:2019年09月30日 11:04 ID:M2Km.CV.0▼このコメントに返信
いつの時代でも場所でも、トイレと紙が問題と思う、それと病気、医者が必要だ、庶民には高値か
105.名無しさん:2019年09月30日 11:04 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※102
日本はトンビが鷹を産むこともあるが
西洋はカエルの子はカエルのままだからな
106.名無しさん:2019年09月30日 11:04 ID:4s3RBeHx0▼このコメントに返信
埃っぽいとか思っているよりは汚いといってもそれでも江戸時代の江戸って世界的に見ても清潔な都市だったみたいだしなぁ
フランスとかみたいにそこかしこに糞尿があったわけではないだろうし
107.名無しさん:2019年09月30日 11:06 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
※102
それは自分の願望を語っているだけだな。

『日本に貧乏人は存在するが、貧困なるものは存在しない(チェンバレン)』

『金持ちは高ぶらず、貧乏人は卑下しない。......ほんものの平等精神、われわれはみな同じ人間だと心底から信じる心が、社会の隅々まで浸透しているのである(チェンバレン)』

『日本人は身分の高い人物の前に出た時でさえめったに物怖じすることのない国民』『青少年に地位と年齢を尊ぶことが教えられる一方、自己の尊厳を主張することも教えられているのである(スエンソン)』

『日本人は完全な専制主義の下に生活しており、したがって何の幸福も満足も享受していないと普通想像される。 ところが私は彼ら日本人と交際してみて、まったく反対の現象を経験した。専制主義はこの国では、ただ名目だけであって実際には存在しない』

『自分たちの義務を遂行する日本人たちは、完全に自由であり独立的である。奴隷制度という言葉はまだ知られておらず、封建的奉仕という関係さえも報酬なしには行われない。勤勉な職人は高い尊敬を受けており、下層階級のものもほぼ満足している』

『日本には、食べ物にこと欠くほどの貧乏人は存在しない。また上級者と下級者との間の関係は丁寧で温和であり、それを見れば、一般に満足と信頼が行きわたっていることを知ることができよう(フィッセル,1833)』

『日本の上層階級は下層の人々を大変大事に扱う』『主人と召使の間には通常、友好的で親密な関係が成り立っており、これは西洋自由諸国にあってまず未知の関係といってよい(スエンソン)』
108.名無しさん:2019年09月30日 11:06 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※104
糞尿を通りにドバー
ネズミ「やあ」
西洋人「グエー死んだンゴ」
109.名無しさん:2019年09月30日 11:09 ID:H8RyUtdW0▼このコメントに返信
まあまあ暮らし易かった。
110.名無しさん:2019年09月30日 11:12 ID:mEeDjO2W0▼このコメントに返信
贅沢しないから余裕があった
というイメージだな
吾唯知足
111.名無しさん:2019年09月30日 11:17 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
※107
>それは自分の願望を語っているだけだな。

それそのまま返すわ。
当時の西欧諸国における階級がどういうものだったかというのをきちんと勉強すれば、同じ記述が全く見方が変わる。

農村だって、本当につい最近まで、無茶苦茶封建的だったよ。
資料にしたって、傘連判だけ見りゃ「当時の農村はフラットな社会だったんだ」って勘違いできるけど、実際の農村の階級社会と
運用を少しでも知れば、見方が全然変わる。
112.名無しさん:2019年09月30日 11:17 ID:yGsHqbMl0▼このコメントに返信
>>3
好きなところで生きたらいいだろ空想の話なんだから。
わざわざ書き込んでバカみたい。
113.名無しさん:2019年09月30日 11:18 ID:yGsHqbMl0▼このコメントに返信
>>16
確かにリサイクルは完璧だな
114.名無しさん:2019年09月30日 11:23 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
※111
どう見方が変わるかはその人それぞれだよな。
君の見方は君という「フィルター」を通しているわけで、その見方が誰でもが感じる普遍的真実であるというわけだ。
つーことで、せっかくレス貰ったところ悪いけど出かける時間なんでこれで消えるわ。
115.名無しさん:2019年09月30日 11:24 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
※114
「普遍的真実であるというわけではない」〇
「普遍的真実」×
116.名無しさん:2019年09月30日 11:27 ID:8XAO3oHM0▼このコメントに返信
※104
ちり紙(その辺の紙を漉き直した質の悪い紙。今でいう再生紙)ができる江戸後期までは拭く紙がなかったらしい
それまでは木のヘラでそぎ落としてた。ヘラは洗ったりかんなで削って再利用

医者にかかれなかったし科学的考証がなかったからこそ民間療法があったわけだし暮らしやすいとは言えなさそうだね
仕事道具もってれば1日食うのには困らないくらい仕事はいくらでもあったらしいけど
道具なくても精米する作業とか
117.名無しさん:2019年09月30日 11:28 ID:TiU4b8La0▼このコメントに返信
※111
当時の人の証言を見た時に君が心に浮かんだこと、感じた事と、君が抱いている当時の状況について違和感があるという話だよな。

で、その違和感を解消するために君はあーだこーだ考え語ってみたというわけだ。
で、 スマンがもう時間切れなんてあとは宜しくw
118.名無しさん:2019年09月30日 11:29 ID:BUYY5T4b0▼このコメントに返信
城下町の町民たちは安定してたかもしれんけどそんなの全人口の1割ぐらいみたいだしな
江戸時代は小氷期で飢饉が多かったし末端の小作農はかなり地獄だったんじゃないの?
119.名無しさん:2019年09月30日 11:31 ID:altdnFQv0▼このコメントに返信
>>4
虫歯も大変だが流行り病や破傷風、梅毒も結構な数の死因だった
120.名無しさん:2019年09月30日 11:33 ID:altdnFQv0▼このコメントに返信
>>8
政治が安定して戦がないのがつづくだけで庶民はかなり恵まれてるよ
121.名無しさん:2019年09月30日 11:34 ID:N9HuLxzs0▼このコメントに返信
>>54
一応そういう上下水道があったのは知ってるけれど今みたく蛇口をひねればジャーっと出で汚れた水がそのまま別経路で流れていく訳ではないでしょ。洗剤もない。
調味料(香辛料)も全くないとは言わないがかなり少ない、甘味は貴重品。
要するに今の衛生観念と味覚のまま行ったらオエッてなるって言いたいの。
122.名無しさん:2019年09月30日 11:34 ID:ykl1PnnL0▼このコメントに返信
江戸時代は比較的安定とか言うけど、それは江戸の話で
維新志士の幼少期の話は随分貧乏で苦労したような話が多い
まぁ、貧乏だから革命起こしたわけだが
123.名無しさん:2019年09月30日 11:35 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
※114
答えわかってるじゃん。
まさに見方はそれぞれ。
君の出したのは、当時の西欧人が当時の日本人をどう見て、どう感じたか、ってだけ。

そこから「当時の日本は今と比べて住みよかった」などという結論にはならない。
当時の日本の労働者階級は、当時の西欧の労働者階級より、人間的な暮らしをしているように「当時の彼らには」見えただけ。

現代だって、日本の例えば清掃員の仕事の丁寧ぶりが海外で絶賛されたりするが、じゃあ日本の清掃員一般が良い待遇を受けて
良い暮らしをしているかっていうと全くそういうわけじゃないのは、日本に住んでる日本人ならわかるでしょ。
124.名無しさん:2019年09月30日 11:36 ID:altdnFQv0▼このコメントに返信
>>15
今の生活水準で当時を考えるなよ。平時は世界中の都市のなかではいいほうだろ
125.名無しさん:2019年09月30日 11:38 ID:sU9fCaLQ0▼このコメントに返信
>>92
そうでもない。江戸東京博物館に今の神田だったかな?
とにかくそこらへんの天保年間の一般住民の統計記録が展示されてたが、
大半が40代以下で70代に至っては2人しかいなかった。
人口との相対比較の必要を考慮しても、40代で死ぬのは普通。
庶民に限らず、大名の寿命を調べても60以上生きてるのは少ないわ。
126.名無しさん:2019年09月30日 11:39 ID:altdnFQv0▼このコメントに返信
>>20
農民は民兵みたいな側面あったから領主は一揆起こされないように農民にはめっちゃ気を使っていた。
一揆起こされたら藩主の首も危ないからな。
127.名無しさん:2019年09月30日 11:41 ID:EhJXKm8T0▼このコメントに返信
各藩にわかれてたから、地方は発展してたけどな。天領は恩恵受けてたみたいだし(模範になるため)
沢山の藩があったから、中には過酷な所もあったろうし、金沢みたいに謡が上から降って来る所もあった。
百姓町人の移動は割と自由で、伊勢参りとか行けたしね。
つーか、上方から江戸や、北前船とか海運もあったから人の往来は以外とあったぞ。
長い刀を一本さして、渡世人(博徒)や香具師(的屋)も居たしね、賭場や縁日は寺社奉行管轄の寺社で行われた。
武士の数も全国的に少なかったしね。
西南戦争は地味に薩摩内部の分裂でもあったけどね。
土地を持たない城士でも意見が割れた、土地持ちの郷士は武士を止めてもやって行けるしね。
郷士でも陪臣持てる家格の土地と財産もってたりしたし、唐芋で糊口を凌ぐ貧乏郷士もいた。
城士は陸軍、郷士は警視庁と微妙な差別もあったし。
ちなみに抜刀隊は薩摩郷士が多数を占めてた。(下手すりゃ親戚同士で斬り合いだった)
128.名無しさん:2019年09月30日 11:41 ID:altdnFQv0▼このコメントに返信
>>24
トイレのあれは再利用していた時代ですし
129.名無しさん:2019年09月30日 11:42 ID:ykl1PnnL0▼このコメントに返信
※126
「小さな藩の奇跡 伊予小松藩会所日記を読む」これ読んだら借金と見舞いとか祝いの話のばっかで草
130.名無しさん:2019年09月30日 11:42 ID:8XAO3oHM0▼このコメントに返信
調味料っていえば今の醤油が普及したのは江戸後期だから
味噌(これも今の味噌じゃなくて上澄みが出るような田舎味噌)、醤、入り酒(梅干し)、みりん、塩、胡椒、山椒、酒かす、昆布だし、かつおだしくらいか
砂糖は一般的に使えるようになるのはもうちょっとあとだけど江戸時代でもあったみたい(糖の等級で上下を示した。上白糖の由来)
味噌汁以外はあんまりおいしくないようなきもする
131.名無しさん:2019年09月30日 11:43 ID:EhJXKm8T0▼このコメントに返信
※125
虫垂炎になったら一発でお陀仏だからな。
あとコレラが流行したり疫病で亡くなる人も多かった。
虫歯で骨膜炎、骨髄炎など起こして亡くなる人も稀にいたしね。
あと花柳病で短命だったのもある。
132.名無しさん:2019年09月30日 11:46 ID:8XAO3oHM0▼このコメントに返信
肉食うようになってから寿命伸びたんだから必須アミノ酸が欠如した白米主義じゃ寿命短くても仕方ないだろう
平成初期や昭和後期生まれの子供より今の子供の方がはるかに発育いい
子供時代に得られた栄養がどれだけ寿命に寄与するかはわからんけど
133.名無しさん:2019年09月30日 11:47 ID:EhJXKm8T0▼このコメントに返信
※130
唐辛子も一部はつかってたぞ。
スペイン、ポルトガルから中南米原産の唐辛子が来てから、それなりに栽培されてたしね。
塩加減が今も昔も大変だったんだろう。
味醂と焼酎を半々に混ぜて井戸で冷やして飲む柳陰もあったしな。
134.名無しさん:2019年09月30日 11:51 ID:8XAO3oHM0▼このコメントに返信
※133
唐辛子か。七味があった薬研堀も江戸時代か。思ったよりいろいろあったのかな
135.名無しさん:2019年09月30日 11:55 ID:BUYY5T4b0▼このコメントに返信
唐辛子って最初は体にこすりつけて暖を取るために栽培してたみたいだけど
いつ頃から食用になったんだろうね
136.名無しさん:2019年09月30日 11:56 ID:ykl1PnnL0▼このコメントに返信
※130
まじかよ、もう「銀平飯科帳」読むのやめるわ ttps://csbs.shogakukan.co.jp/book?book_group_id=8988
137.名無しさん:2019年09月30日 11:59 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※125
やっぱ家康(75)とか真田信之(92)っていい物食ってたんだろうな
石田重家(103)とかはただの住職のくせに長生きしすぎて意味不明だけど
138.名無しさん:2019年09月30日 12:02 ID:3G1oL5MP0▼このコメントに返信
>>92
消毒しないまま水道を使っていたから江戸の乳幼児死亡率は高かった。
明治時代になり水道を全国展開するようになるとさらに悪化。
改善されるのはシベリアンハスキー出兵で余った塩素を使って
水道水をサッキンスルヨウニなってから。
139.名無しさん:2019年09月30日 12:02 ID:84xiyfrW0▼このコメントに返信
>>76
前田家のそれって自作な。
自分とこの商品売り出す(代金は金とは限らない)為のディスプレイや。
140.名無しさん:2019年09月30日 12:05 ID:.i01UQ130▼このコメントに返信
仏教の煩悩を無くす所があるからね。
価値観として、苦は消してしまうから。

女大学みたいに、女はこうしなきゃダメ。みたいなものがあって、型にはまった生き方が好まれた。
だから自然に、極めてモラルは高かった。

底辺の識字率の問題もあるから、隣国には無理だろう。
141.名無しさん:2019年09月30日 12:06 ID:3G1oL5MP0▼このコメントに返信
>>6
日本の山林が伐採されたのは織豊時代~元禄時代。
禿げ山化が行きすぎたところで、全国的に植林活動を行って改善した。
その当時の植林の記録は今でもまだ残ってる。

戦後は人口の急増とインフレ物資不足が深刻で
山林の薪に頼らざるを得なかった。
142.名無しさん:2019年09月30日 12:07 ID:.i01UQ130▼このコメントに返信
公務員のモラルについては、今川状を刷り込んでおけば、大丈夫。
143.名無しさん:2019年09月30日 12:09 ID:sU9fCaLQ0▼このコメントに返信
>>138
シベリアンハスキー出兵w
144.名無しさん:2019年09月30日 12:11 ID:altdnFQv0▼このコメントに返信
>>73
あれは犬ばかり言われてるが今の保健所にあたり部署つくってるからな。
かなり公衆衛生の政策では大きなことしてる

145.名無しさん:2019年09月30日 12:22 ID:HMykEJbb0▼このコメントに返信
ネロにしても綱吉ににしても、一般に言われてるほどの暴政じゃないと思うよ。
政権奪取した奴が悪い噂ばら撒いて暴虐の限りを尽くしたかのように思われてるだけで。
まあ、色々と失敗やらかしてるみたいだけど。
146.名無しさん:2019年09月30日 12:28 ID:BsYMJwNB0▼このコメントに返信
※124
ヨーロッパの歴史学者が
「17世紀に生まれるならイギリスの資本家か日本の町人になりたい」と語っていた。
同時代の庶民の中では恵まれた環境だったと思う。
147.名無しさん:2019年09月30日 12:29 ID:rWFzBr1u0▼このコメントに返信
>>84
息子の保育園しらみ流行中だわ
148.名無しさん:2019年09月30日 12:34 ID:8XAO3oHM0▼このコメントに返信
※136
銀平飯科帳面白いけどあれは庶民が気軽に蕎麦食べてる江戸後期の話だからなw
上方と江戸の違い分かりやすくて好き
149.名無しさん:2019年09月30日 12:34 ID:eBOYA0gO0▼このコメントに返信
中期の田舎なら比較的暮らしやすそう
後期はもうやばいイメージしかない
150.名無しさん:2019年09月30日 13:18 ID:g.zJ.2XU0▼このコメントに返信
暮らしやすかったから人口増えてんだろ
特に江戸は人口世界一だったらしい
151.名無しさん:2019年09月30日 13:35 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
※145
三国無双の4コマ漫画で
董卓の暴政として
「紙切れを金として扱うようにしてやる」とか
「板切れで金を引き出せるようにしてやる」とか
色々とひどいことを描いていたよw
152.名無しさん:2019年09月30日 13:36 ID:CJdM8jYk0▼このコメントに返信
※150
それ他国(藩)との比較で流入しまくった結果でしょ。田舎では理論上の食える人数が少なすぎ。
153.i774:2019年09月30日 13:40 ID:35X.tg0w0▼このコメントに返信
※85
>>85
そのせいか使用人同士で3Pをやって、痴情のもつれで刃傷沙汰という事件もあったり。
154.名無しさん:2019年09月30日 13:42 ID:Hexip04c0▼このコメントに返信
身分がしっかり決められていたから、無駄に自己評価高い役立たずやニートがいなかった。
優秀な人材はその身分の中でトップになって統治したし、ニートはコワイ役人に連れていかれて強制的に働かされた。
一番すごいのは凶悪犯の連座制で、磔になった本人はともかく親族もシ罪にしたこと。あまりにも非人道的だが凶悪なDNAの駆除という点では優れているかも。(もちろん駆除されたほうはたまらんが)
それぞれの身分の中でも貧富の差が激しかったが、みな真面目にコツコツ働き、身分不相応なことを望むアホどもはしっかりヤクザが仕切っていた。
うまく機能すれば面白いシステムの時代だったと思うよ。


155.名無しさん:2019年09月30日 13:42 ID:Z7kLHl330▼このコメントに返信
今の時代「自己責任自己責任言いやがって!」みたいに不満言う奴いるけど、江戸時代とかの方がよっぽど自己責任社会だよなぁw
156.名無しさん:2019年09月30日 13:46 ID:BbmIgRzf0▼このコメントに返信
暮らしやすいのは金持ちの商人と大身旗本くらいだろ
あとは食うや食わず 厚くて暖かい布団なんて金持ちんちか吉原にしかねーよ
157.名無しさん:2019年09月30日 13:49 ID:D4f89qjP0▼このコメントに返信
外国人が残してる史記には皮膚病が多いのとカイセンに罹患してる民族。後は風呂が混浴。背が低く歯はお歯黒。
158.名無しさん:2019年09月30日 13:53 ID:.8Ekp0tj0▼このコメントに返信
農村で、娘を江戸に売る際に、必ず掛ける言葉。

「江戸では三食白米が食えるそうだ、達者で暮らせよ。」
159.名無しさん:2019年09月30日 13:53 ID:HeLqCod50▼このコメントに返信
江戸時代? はあ? 絶対値としては 30〜40年前でも今より暮らしにくかったんだが。
バブルの恩恵? そんなん、ごく一部ごく一部。 オジンオバンがなんか言うのかもしれんが、そんなん自分達が若かったから楽しかっただけだわ。
万人が夢だらけの時代なんて存在しないんだよ。
160.名無しさん:2019年09月30日 13:57 ID:D0ikRfdW0▼このコメントに返信
>コンクリないから道路もがたがた
コンクリがないから逆に綺麗で補修の必要もなし

>自転車も車もない 電気もないから夜暗い
自動車はないが人力車ならある

>夜道で変なおっさんに刀で切られても泣き寝入り
ない、江戸の治安は現代よりずっといい

>お風呂もろくに入られへん
ない、むしろ風呂に入りすぎて皮膚病だらけ

あと医学の方がからっきしで、目薬差せば治るような病気でも失明してたらしいな
161.名無しさん:2019年09月30日 14:02 ID:hUG.Fqu70▼このコメントに返信
19世紀前半までの世界で比べると日本は割と庶民は暮らしやすかったほうと違うんか?フランスなんてウォーターロー以後マトモな国らしくなるのは20世紀半ばぐらいでその間はヤクザと泥棒とドコゾから湧いた亡霊(王侯貴族)が入れ代わり立ち代わりだし、鰤もようやくペストが流行らんぐらいで反奴隷状態の産業革命に拠る製造工・鉱夫か棍棒で殴られて船に押し込まれるか!、武士にちょっかい出して”抜いてみろ”なんてイジメて無事で済むんだようなのは日本ぐらいと思う。ロシアは農奴だし、アメも東部金持ちはイイが、西武だと未だ警察も無いのに強盗だけが流行ってる状態だしOK牧場の決闘だって日本の出来事だと西南戦争と日清戦争の間ぐらいだし。
162.名無しさん:2019年09月30日 14:07 ID:D0ikRfdW0▼このコメントに返信
※85
それは単に江戸に女がいなかっただけや
163.名無しさん:2019年09月30日 14:15 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
※162
農村も同じだよ。
例えば、こういうのも、長野独特の風習じゃない。
ttps://matome.naver.jp/odai/2138257786959245901
全国的に当たり前のこと。
耕作地が少なくて人ではいるんだから、どうしてもこうなる。

江戸に出て丁稚から何十年と奉公して暖簾分けってのも、そもそもパイが少ないんだから例外中の例外。
圧倒的大多数は、使用人のままで終わる。
164.名無しさん:2019年09月30日 14:22 ID:.8Ekp0tj0▼このコメントに返信
※163
おまえ、先月田舎に帰らなかったのか?

ぶっちゃけ、こういう自分のルーツがはっきりしない、先祖の名前もわからんという経済イナゴの群れは日本を滅ぼすと思うわ。
ルーツがハッキリしていれば「大和民族」とか「世界平和」とか、そういった怪しさ満点の錦の御旗を生暖かい目で見守れるけど、
そうでないイナゴは流されるからな。
フランスで、自分のルーツを体感できないイスラーム3世が、唯一の旗である経典に縋り、原理主義化するように。
165.名無しさん:2019年09月30日 14:26 ID:5fBewH770▼このコメントに返信
世界的に見れば、少なくとも江戸町民は幸せな方だったはず
町は世界屈指の都会だし、娯楽もあるし、本も読めるし、火事と喧嘩で盛り上がれたし、宵越しの金は持たない精神で遊んでたし
166.名無しさん:2019年09月30日 14:31 ID:RjZ9Ta.30▼このコメントに返信
質問やけど武士が平民に侮辱されて素手でボコった場合は特にお咎めないんか?
167.名無しさん:2019年09月30日 14:32 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
※164
言ってる意味がわからない。
ちなみに家は旧家だから、村の縄打水帳も保管してるよ。
ちなみに、その観点からみても、ルーツをしっかり把握している家なんて、○○右衛門みたいな屋号で呼び合っている農村ですら、日本にはほぼ無いね。
168.名無しさん:2019年09月30日 14:42 ID:kNZop0Ez0▼このコメントに返信
>>126
なるほどなあ、そういや一揆起こされたら領主は責任取って切腹させられるみたいなのどっかで見た気がするわ
ゲームだけど信長の野望とか一揆起こされまくったら兵糧足りなくなって敵攻めるどころじゃなくなるし
この時代なら機械がないから一次産業生産者は大事なんやな
169.名無しさん:2019年09月30日 14:44 ID:G6Ku5PkJ0▼このコメントに返信
衛生面でかなり問題があったから「夜鳴きそば」食って腹痛とか普通。
170.名無しさん:2019年09月30日 14:44 ID:kNZop0Ez0▼このコメントに返信
>>26
庄屋が多めに米を買い占める→不作の時に高く売り付けるとか?
お米はわりと保存きくし出来そうな気がするが
171.名無しさん:2019年09月30日 14:47 ID:X5Cn2jX40▼このコメントに返信
庶民の生活レベル、という限定範囲で言うなら、江戸時代は世界五本指くらいには入る楽園やろ
172.名無しさん:2019年09月30日 14:50 ID:Dke.bijC0▼このコメントに返信
※6
どこぞの国と間違えているようだが

江戸時代の山は各藩の大事な収入源で厳重に管理されていて
柴を刈るにも入札が必要だし大木は木守が一本一本管理していたから勝手に切り出すと死罪になる藩もあった
ただし、江戸時代は現在のような整理された針葉樹林じゃなくて広葉樹の雑木林なので遠目からは丘の様に見えた
173.名無しさん:2019年09月30日 14:51 ID:WT1P91ie0▼このコメントに返信
>>3
なお、朝鮮半島では、幕末期の19世紀ですら掘っ立て小屋で乳出して暮らしてた模様。
西洋人旅行者が「汚物まみれでマジ無理」とか書き残してる。

虫酸どころか吐き気を催すレベル。
174.名無しさん:2019年09月30日 15:14 ID:N0el.yRt0▼このコメントに返信
いや今現在の日本と比べればどこの国のどの時代でも大体暮らしにくくはなるだろ....
175.名無しさん:2019年09月30日 15:46 ID:bZUpmnUT0▼このコメントに返信
>>125
まぁ、盲腸、結核、日本脳炎、O-157、サルモネラ、帝王切開が必要な出産、これ以外にも沢山あるだろうけど、これらの一つにかかっただけでも死ぬ可能性が大幅アップだもんな。
176.名無しさん:2019年09月30日 15:49 ID:bZUpmnUT0▼このコメントに返信
>>8
とは言え特に元禄時代とかあの辺は、世界でも有数の衛生面に加え、世界有数に安定して栄えてたらしいね。
江戸とか当時世界一の都市だっけ?
177.名無しさん:2019年09月30日 16:10 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
俺が江戸時代の話で1番すきなのはこの2つ。

黒船来航の時、白人達はいつも通り、
「先住民に巨大な船を見せて驚かす」ってパターンを、日本でもやるつもりだった。
ところが江戸時代の庶民達は積極的に船に上がり、メモ帳と筆を片手に、
あちこちスケッチしたり、定規で採寸し、勉強熱心だったという。
白人達は驚愕した。「同じ物を作る気か!?」と。
当時、日本と中国以外の有色人種は、ほぼすべて原始人のような暮らしが多かったからな。

黒船が帰国する時、幕府は、大量の物資を白人にプレゼントした。
その中に米俵がいくつもあって、白人達は船に積み込めなくて困ってた。
そこで、手の空いてた相撲取り達に運ばせた。その時の逸話が残ってる。
178.名無しさん:2019年09月30日 16:11 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
黒船を採寸したりスケッチしたのは、「同じ物を作るつもりだったから」だったが、白人は他にも驚愕してた。

まず、日本は黄金が流通してる国だ。それを軍事力で奪うには地球の裏から艦隊を引っ張ってこないと駄目だ。
それは現実的じゃないから、西洋の科学製品を日本に売って、合法的に黄金を得ようとした。

温度計を見せて、「ほらほら便利でしょ!?○○円で売るよ?」とアピールした。
自国での相場では数100円の物なのに、それの価値が分からないはずだから、
10倍の値で売り付け、その差額で黄金を得ようとした。
ところが日本人は、「それ要らないわ。自分で作るわ」と言い出し、
本当に作って、大量生産し、しかも西洋より品質がいいから、逆に西洋が輸入してしまった。
黄金を奪うどころか、下手に日本人に技術を教え、もっといい製品を作られてしまった。

そもそも戦国時代後期の火縄銃も、1丁を10000万円で売り付けられたが、
日本はすぐに自分で大量生産し、輸出するほどになり、
その当時、世界で1番、重火器を多く保有してる軍事国家になった。

これじゃ、大艦隊を地球の裏から連れて来ても黄金を奪えないわ。
179.名無しさん:2019年09月30日 16:11 ID:xf4KDVPv0▼このコメントに返信
 悪い点
ちょっとした病気で死ぬ。虫歯でさえ死ぬ。川の水や共用井戸を使っていたので伝染病も起こりやすかった。
頼れる家族がいないと老人が生きていくのは辛い。
職業を選ぶのは難しい。家業を次ぐか親が決めてきた養子先か奉公先に引き取られて出世を目指すかくらい。例外は芸術職か寺に入るか。
刑法が厳しいので、取調べも厳しく、入牢者もとてつもない悪党なので、一般人が冤罪で捕まると判決前に獄死することもあった。
冬は現在よりもかなり寒かった。
現在も復活しつつあるが、やたらとマナーがうるさい。マナー違反で不義理者とされて村八分にされることもあった。

 良い点
ちょっとした病気で死ぬ割に、幼児死亡率を除いた平均寿命は60代と推定されているほど長生きだった。
飢饉にでもならない限りは餓死はしないで何とか生きていけた。
町は川沿いに作られ、川から遠ければ井戸が作られていたので飲み水に困ることはない。
犯罪は少ない。
夏は大して暑くない。
これは本当かわからないが、幕末時の庶民の生活レベルは開国させたアメリカどころか世界中を植民地にしていたイギリスよりも上だったのではとさえ推察される。

180.名無しさん:2019年09月30日 16:14 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※5
>40歳ぐらいでゴロゴロ死んでた時代だぞ

昔の平均寿命が短いのは、乳児の死亡率が極端に高かったから。
乳児も平均寿命に入れてるからガクンと下がるのであって、
60歳70歳の人が全然いなかった、という訳ではない。

北斎は89歳、一休さんは87歳まで生きた。
181.名無しさん:2019年09月30日 16:16 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※15
>暮らしやすいわけねーだろひとたび飢饉が起きれば大量の餓死者が発生するような社会のどこが理想なんだ

発生年数、回数、人数を具体的に書いてくれよ大先生。
182.名無しさん:2019年09月30日 16:19 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※20
>小学校で受けた授業のせいで最近まで農民が奴隷みたいな扱いだったと思ってたんだが

農民は数学が得意だった。
田んぼの面積で納税額が決まるのだから、測量や幾何学を勉強してた
そもそも暦が読めないと農作物など作れないので、天文学も勉強していた。

このまとめ記事は、江戸時代の農民の数学ブームが分かる。「算額」ってやつだ。

blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4570664.html
183.名無しさん:2019年09月30日 16:28 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※48
>実際ろくな調味料もないから生臭いだろうし上下水道もなくてきったねえ皿とかで出てくるんだろうなと思ったらちょっと食べたくなくなった。

桜上水とか玉川上水って知ってるだろ?
そこを上水として、江戸の町に上水道を張り巡らせていた。
バカ殿様や時代劇で見る井戸は、掘って作った地下水じゃなく、水道管を通ってきたきれいな水。

調味料は、江戸時代だと醤油や味噌が流行したころ。
砂糖は、幕府が大量生産を命令して外国に輸出していた。
砂糖が伝来する以前も、甘味料は水飴を使ってる。

汚い皿を使ってたら、江戸前の寿司や刺身など食えんぞ。
184.名無しさん:2019年09月30日 16:30 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※48
>実際ろくな調味料もないから生臭いだろうし上下水道もなくてきったねえ皿とかで出てくるんだろうなと思ったらちょっと食べたくなくなった。

というか、日本は世界でも有数の「水資源大国」だ。
他の書き込みにあるように、「水田」の豊かさが挙げられる。

日本が世界一の豪雪国なのは、元から「降雨量」が高いから。
1位2位3位は日本が独占していて、4位はカナダの田舎。
3位の日本は、4位のカナダの「2倍」
185.名無しさん:2019年09月30日 16:32 ID:jFk9068U0▼このコメントに返信
江戸時代末期の年間の酒量が現在とさほど変わらないそうな
現在と人口を比較すると、人々は酒浸りの生活を送っていたらしいw
186.名無しさん:2019年09月30日 16:32 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
晴耕雨読。
夏に蓄えて、冬は内職や勉強に励んでいた。

都会から数学者がやってくると、農民たちに、
「この式の解き方教えて!」にせがまれて引っ張り凧だったらしい。
187.名無しさん:2019年09月30日 16:36 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※70
>下水・排便の管理が整い世界一清潔な都市ではあったが、農作物の肥料が糞便肥料である為、生野菜などを食べよう物なら脳に虫が湧くリスクあり。

だから、「野菜を生で食べる西洋人」を、「サラダ」と呼ぶ。
サラダ油とは、「西洋から来た食用油」という意味だ。

サラダは、白人や西洋という意味で使われた。
つまり当時の日本人は、白人を「サラダ野郎」みたいに言ってた。
188.:2019年09月30日 16:42 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
189.名無しさん:2019年09月30日 16:47 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※132
>肉食うようになってから寿命伸びたんだから

なぜ「精進料理」というカテゴリーがあると思う? 庶民が肉を食べまくってたからだぞ。
生類憐みの令は「74回」も出された。言っても言ってもルールを破られるからだ。
綱吉が死ぬと即日、憐みの令は撤廃され、2度と似たような悪法は作られなかった。

あらゆる獣肉料理を出す「ももんじ屋」が、江戸だけで200件あった。
そもそも山に囲まれた民族なのに、肉を見逃すわけがない。

カチカチ山とかの童話で、ババアやタヌキが鍋になってるだろ。肉を普通に食ってるんだよ。
190.名無しさん:2019年09月30日 16:49 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※130
>調味料っていえば今の醤油が普及したのは江戸後期だから

じゃあ、江戸初期に流行した、寿司、おでん、天ぷら、そばは、どうやって食ってたんだ、ってお話。
191.名無しさん:2019年09月30日 16:52 ID:Dke.bijC0▼このコメントに返信
※187
サラダはラテン語で塩漬け、塩と油で味付けしたものをサラダと言う
だからせんべいのサラダ味は塩と油の味
サラダ油はサラダドレッシングに使う癖の少ない油の事
192.名無しさん:2019年09月30日 16:56 ID:ubP3Y5DC0▼このコメントに返信
※163
そういう話があるのは、都市部に働きに行けないほどの田舎の話、、、
関東上州なんかじゃないシステムだぞ、、、口減らしのためにふつうに奉公に出るからな、、、

まぁ江戸で働くのは永住じゃなくて年季奉公だから
28歳くらいに退職して小金持って田舎(実家)に戻る、そして結婚する、ってのがふつうなんだよ、、、
当然高齢出産になるから家庭持っても農村人口は増えないけどね、、、

ちなみに農村部でも貧乏であるほど家庭内労働力確保のために
結構年齢は高くなる傾向が見られてる、、、
江戸末期は人工調節が露骨に行われてた時代ではあるんだよねぇ、、、
それでも人口増だったんだから、まぁ、、、
193.名無しさん:2019年09月30日 16:58 ID:95TUjyxS0▼このコメントに返信
てかスレ主って戦国時代と江戸時代の区別ついてなくない?
194.名無しさん:2019年09月30日 17:07 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
※192
お前さんは、今流行りの「江戸時代はすごかった」の受け売り長文しているけど、家は関東地方(東京から50km県内)の農村の旧家なんだわ。
伝承レベルで伝わってる話も当然聞いてるし、古文書の類もある。
農村はめちゃ貧富の差が激しかったんだよ。算術?そんなもん、ごく一部の豪農の類だわ。うちの近所に算術絵馬奉納している神社あるけどな。


お前の言ってるのはファンタジーすぎていちいち反論する気にもならん。

>当然高齢出産になるから家庭持っても農村人口は増えないけどね、、、

そもそも家庭なんて持てない(家庭という概念そもそもないし)。
分家出せるのはかなり裕福な家だけで、分家出すってのは、100年に一度レベルの大事業なんだよ。
家屋敷・使用人・田んぼ、全部揃えてもう一個家作るんだから。
195.名無しさん:2019年09月30日 17:08 ID:QV0PPVsr0▼このコメントに返信
※181
ググれば出てくるだろ
全国レベルの大飢饉は50年に1度
局地レベルの少飢饉は8年に1度
大飢饉が発生したら数百万人が被害を受け、数十万人が餓死
飢饉が起きる前と比較して100万人の人口減が起きた
196.名無しさん:2019年09月30日 17:10 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
ちなみに、うちの地元は、未だに五人組残ってるよ。
197.名無しさん:2019年09月30日 17:11 ID:dPBhAp140▼このコメントに返信
>>32
あれだな。
暴れん坊将軍とめ組みたいな感じやな。
198.名無しさん:2019年09月30日 17:16 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
ちなみに、うちの地元は、未だに五人組残ってるよ。
↑これ、どういうことかと言うと、江戸時代に遡って、当時の戸数と人数なんかが、遡れるってことね。
屋号とかかわってないから。

江戸時代は、「農民の次男三男が江戸にでて、金が溜まったら帰ってくる」なんて生易しい時代じゃない。
口減らし、ってのは、飢饉なんかの時に、どうしようもなくなって、一部逃散、みたいな形で出ていくもの。
そんなのは基本帰ってこない(これない)。細かく知行地が別れていて、どれだけ米がとれて、どれだけ労働力があって、どれだけ馬がいるか、とか全部管理されてる。
基本、人手は全然足りないんだから、長子以外は大切な労働力だよ。
199.名無しさん:2019年09月30日 17:23 ID:v4AeG.K50▼このコメントに返信
※3
李朝時代のお笑い朝鮮で暮らせよ
200.名無しさん:2019年09月30日 17:27 ID:v4AeG.K50▼このコメントに返信
人の平均寿命が60歳前後を前提に今の社会は構成されてんだよ。日本の財政赤字の元凶は社会保障。社会問題の原因は医療と福祉。ある意味江戸時代の方が現代よりまとも。
201.名無しさん:2019年09月30日 17:29 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※195
>ググれば出てくるだろ全国レベルの大飢饉は50年に1度局地レベルの少飢饉は8年に1度大飢饉が発生したら数百万人が被害を受け、数十万人が餓死飢饉が起きる前と比較して100万人の人口減が起きた

URL貼ってくれ。お前が改竄してるのが丸分かりだから。
202.名無しさん:2019年09月30日 17:32 ID:FKeLozZ40▼このコメントに返信
まぁ江戸時代の「家庭」なんていうファンタジーを妄想する人は、一度、自分ちの戸籍遡れるだけ遡ってみなよ。
それだけでも、わかることがあるよ。明治の時点ですら、当時の「家」というのがどういうものだったかわかるから。
203.名無しさん:2019年09月30日 17:33 ID:lTjlguzW0▼このコメントに返信
>>138
すごく顔が怖そうな出兵やな
204.名無しさん:2019年09月30日 17:36 ID:lTjlguzW0▼このコメントに返信
>>126
場所による
南東北某所やけど、一揆勢懐柔したあと残った責任者たち撫で斬りにして約束はブッチした藩主とかもおる
205.名無しさん:2019年09月30日 17:38 ID:lTjlguzW0▼このコメントに返信
>>21
大工は今で言う自営業やからな
自分の腕次第で稼げるのはそりゃそうよ
逆にサラリーマンに当たる商家勤めは超絶ブラックやで
206.名無しさん:2019年09月30日 17:57 ID:jQEGEdIx0▼このコメントに返信
江戸時代はミニ氷河期の最も寒い時期に当たらるからクッソ寒かったようです
このせいで食料生産はどうしても芳しく無かったようで飢饉も度々発生してるけど
大陸側の飢饉と比べたら日本の飢饉って大した事無いんだけどね
日本の史上最悪レベルで東北の一藩が人口4分の1程度の人口減であって
これは天候だけじゃなくて作物偏らせた藩主の失政の面も大きいから人災の面もあるけどね

大陸側は清なんかは最初期3億越えの民が6000万人に減るまでの大飢饉+暴動とか凄まじい事になってたみたいだけど
207.名無しさん:2019年09月30日 18:01 ID:QV0PPVsr0▼このコメントに返信
※201
そんなに言うなら自分が調べた本当の飢饉の内容を書き込めよ
208.名無しさん:2019年09月30日 18:05 ID:8XAO3oHM0▼このコメントに返信
※190
古い順に並べると
おでんは田楽が元だから味噌で食べてて醤油が普及してから今の煮込むおでんになった。味噌こんにゃくとかはその名残
そば切りが食べられるようになったのは1500年以降でせいろで蒸して味噌の上部にたまる味噌だまりや醤(ひしお)で食べていた
江戸に先に伝わったのはうどんで蕎麦はそのあと。庶民がそば切りを食べるようになるのはかなり後期
握りずしができたのは1820年ごろ。それまでは押し寿司が当たり前で塩と砂糖と昆布と酢で味付けしたものか鮒ずしや熟れずし

うどんの伝来は諸説あるのでどれが語源かはおいとくけど、1000年ごろには食べられていた模様
(当時製粉できる臼が京都にしかなかったので蕎麦を粉にして食べる文化がなかった)

実際江戸中期になるまでいまの麺つゆみたいのはなかったので味噌を水で溶いて煮詰めた「たれみそ」というので食べてた
基本味噌の文化だね

天ぷらはちょっとわからないけど塩じゃないかなぁ
209.名無しさん:2019年09月30日 18:13 ID:jQEGEdIx0▼このコメントに返信
※206
誤 東北の一藩が人口4分の1程度の人口減
正 東北一帯の藩が人口4分の1程度の人口減
210.名無しさん:2019年09月30日 18:17 ID:1HY.lvN80▼このコメントに返信
※20
左翼系の書いた階級闘争史観に彩られた教科書なんか、全く妄想とデタラメ。
まず農家の暮らしぶりだけど、よほどの大凶作と飢饉が来ない限りは結構普通に暮らせてたし、
現金収入も結構あった。
これは年貢として収めるのがコメだけで、他の換金作物に関してはほとんど税金を取らなかったから。
次に百姓一揆だけど、これは実は「年貢の重さに耐えかねて」ってケースは言うほど多くなく、
「あの腐れ役人の首を(物理的に)切れ」とか「年貢の収め方(籾納か米納か)をどうにかしろ」
なんていう言わば「陳情」的なものも結構あった。ただ一揆を起こすと死罪だったから、
江戸時代も中期に入ると「目安箱」なんていう「一揆にするまでもない告発、相談」を受け入れる
システムも出来た。
まぁしかし、今に比べると段違いで暮らしにくかった事は明らかだけど、
昔の教科書に書かれてるほどデタラメな暮らしではないって事は間違いない。
211.名無しさん:2019年09月30日 18:35 ID:QV0PPVsr0▼このコメントに返信
天明の大飢饉前後の人口(1780年→1786年)
2601万→2509万 -3.5%
江戸幕府「人別調べ」、関山直太郎による

天保の大飢饉前後の人口(1833年→1838年)
3198万→3073万 -3.9%
「江戸後期から明治前期までの年齢別人口および出生率・死亡率の推計」高橋 眞一

太平洋戦争前後の人口(1940年→1945年)
7307万→7200万 -1.5%
第5回国勢調査1940年
人口調査1945年11月1日
212.名無しさん:2019年09月30日 18:37 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※211
大同小異、焼け石に水だな。
213.名無しさん:2019年09月30日 18:40 ID:KSC2tGbw0▼このコメントに返信
※208
>味噌だまりや醤(ひしお)

お前、その当時で言う味噌や醤を食べた事ないだろ。
ほとんど、「味噌じゃなくて醤油」だからな?
半端な受け売り知識で、「当時と今とで味噌は同じだった」みたいに思い込むな。
214.名無しさん:2019年09月30日 18:48 ID:peoOptr10▼このコメントに返信
そらインフラや治安や生活環境面で現代と比較して江戸時代の方がマシとかなるわけねーだろうが・・・
215.名無しさん:2019年09月30日 18:50 ID:peoOptr10▼このコメントに返信
※2
切り捨て御免はそんな簡単に出来るものじゃない定期
むしろ手順一つ怠るだけで切腹確定という縛りプレイなんだが?
216.名無しさん:2019年09月30日 18:53 ID:0P6HrfMA0▼このコメントに返信
飢餓って恐ろしいな
明治以後の日本を否定したい人が江戸時代を持ち上げているが
こんな時代に生まれなくて良かったわ

少なくとも空腹で死ぬことはないし
217.名無しさん:2019年09月30日 18:55 ID:peoOptr10▼このコメントに返信
※10
むしろ藩レベルだと取り締まれないと幕府から管理能力問われるから徹底的に取り締まり
江戸だと南北奉行での評価合戦になるからこれまた取り締まりガッチガチだぞ
むしろ町人同士の喧嘩だの地回り(ヤの付く自由業)同士の抗争だの、農民の水争いだののほうが血生臭いんだわ・・・
218.名無しさん:2019年09月30日 19:01 ID:peoOptr10▼このコメントに返信
※20
普通の知識がありゃ江戸時代の農民=奴隷とかまず連想できんからその教師は無知な日教組乙、でいいと思うよw
そもそも奴隷に関する基礎知識すら間違っていそうだしなw
219.名無しさん:2019年09月30日 19:06 ID:DXPQ0Iih0▼このコメントに返信
犯罪は容疑者になれば一発アウト
自白を強要され軽くて江戸所払い
あとは遠島か打ち首獄門
軽犯罪者は刑期が終わると人足寄場にて手に職を付けさせていたりもした
220.名無しさん:2019年09月30日 19:08 ID:2sVNEV0M0▼このコメントに返信
>>45
それただの幻想だぞ
221.名無しさん:2019年09月30日 19:09 ID:peoOptr10▼このコメントに返信
※44
参勤交代=藩の経済に圧迫かけてた説ってかなり初期だけの代物だぞ・・・
実際には藩の財政が窮乏しても見栄の為に無理してでも華美に飾り立てるのを藩側が止められなかった面もある
勿論地方の藩によっては最初からカツカツのとこもあったが、そういう藩には幕府側から参勤交代自体のサイクルを伸ばす等の対応してるんだわ

実際、華美な大名行列する連中に幕府側が「大名行列あんま派手にやらずに節約しろ」と制限掛けても収まらなかったからな
222.名無しさん:2019年09月30日 19:11 ID:.FhDPkih0▼このコメントに返信
>>13
そこまで酷くない。今で言うなら公務員みたいな存在だよ。しかも読み書き計算だけでなく、道徳も教えられた。
江戸時代が生んだ最大の遺産は武士っていう話もあるくらい。明治の近代化の為の貴重な人材になった。
223.名無しさん:2019年09月30日 19:15 ID:2sVNEV0M0▼このコメントに返信
>>55
それが幕末には、
春嶽「幕政改革や!参勤交代緩和!妻子も帰ってよし!」
諸藩「うおおおおお!」
幕府「禁門の変に勝ったわ、参勤交代復活ッ!」
諸藩「ねーわ」
になるんだから歴史は面白い
224.名無しさん:2019年09月30日 19:17 ID:2sVNEV0M0▼このコメントに返信
>>66
特に甲府盆地
225.名無しさん:2019年09月30日 19:20 ID:peoOptr10▼このコメントに返信
※210
つーか農民に一揆起こされたらその藩自体がお取り潰しになりかねないからな・・・
別パターンだと離散(村の住人が一斉に逃げ出す)でこっちもお取り潰し濃厚と言う厄ネタで
藩からすりゃ「お願いだから税だけは納めてください」っていう対応がほとんどなのよね・・・
むしろ勘違いした小役人が農民といざこざ起こしたら小役人の方に腹斬らせて何とかしようと、とかいう事例がある位だし・・・
226.名無しさん:2019年09月30日 19:24 ID:.FhDPkih0▼このコメントに返信
>>32
武士がえばって人を平気で斬るとか、悪代官ばっかりで農民を虐めるとか、時代劇の擦り込みだな。
時代が下ると人気が穏やかになって、今より殺人なんて起きなかった。武士の方がお咎めが多かったし。
悪のつく代官も中にはいたけど、多くは地元の利益を考える立場だった。農民の窮状を訴えて切腹までした人物もいた。
227.名無しさん:2019年09月30日 19:32 ID:jQEGEdIx0▼このコメントに返信
左翼が考える階級闘争史観って、あくまでも大陸国家での支配者と奴隷の関係だからね
例えば白人民族が黒人民族をこき使うみたいに、あくまで異文化民族でのやりとりだから
容赦のない搾取や横暴がまかり通ってきた歴史があるんだけど、何故か彼らは世界中も同じ関係だろと
日本というほぼ同民族で文化的に差異が無い国家の歴史も特に考慮せず型にはめて語ってるだけなんだよな
要は「俺の考え=みんな同じ考え方してる」と自閉を起こしているのに気づいて無い
228.名無しさん:2019年09月30日 19:58 ID:peoOptr10▼このコメントに返信
※227
パヨクやアカが役立たずの無能とか無駄飯ぐらいの社会のゴミと称される理由がそれだからな、何を騙らせても物事を0と100の両極端でしか語れない上
何事もクソ狭い価値観の中だけで判断するから現実に全く即してないしアイディアとしても全く役にも立たない
そしてその自覚も全くないまま自分が受け入れられないのは社会がクソだからと責任転嫁し自分の頭の悪さや落ち度なんぞ一切考えない、ここまでがセットというなw
229.名無しさん:2019年09月30日 20:21 ID:w9ST55PF0▼このコメントに返信
身分に依らず人間関係が現在とは比べ物にならないぐらい密だから
今の日本人が江戸時代に転生したら息苦しくてやってられんだろうなあ、と思う。
230.名無しさん:2019年09月30日 20:30 ID:fxFxPVF70▼このコメントに返信
難しい身分の話ばかりしてないで気楽なところでいこーぜ
231.名無しさん:2019年09月30日 20:31 ID:nNwrcAHE0▼このコメントに返信
※3
お前はイザベラバードから世界一臭い国と言われたソウルに住めよw
232.名無しさん:2019年09月30日 21:46 ID:.FhDPkih0▼このコメントに返信
>>220
どうして?幻想と言える証拠は?
初期のころは確かに荒れてたのが、二百年以上の治世で為政者も庶民も精練されて行ったのは、幕末から明治にかけて
日本に来た旅行者の手記からも明らかだし、何より近代化という努力と責任を伴う難しい事業もやり遂げた事だってある。
233.名無しさん:2019年10月01日 00:37 ID:UYokuU2K0▼このコメントに返信
ウンコが有機肥料として取引され庶民の生活を支えていた
234.名無しさん:2019年10月01日 01:29 ID:pKfwUbXR0▼このコメントに返信
※232
※45じゃないけど、江戸時代が、現代よりモラルが高かったは流石にないわ。根本的に価値基準が違うから。
江戸時代なんて、階級が固定して、賄賂が当たり前で、商売もカルテル的な株仲間があったし。
花の慶次に出てくるような有閑階級の旗本だってリアルにいたし。幕末の新選組なんてやってることは武士道とは程遠い。
新渡戸稲造の武士道なんて、本当はそんなもんないからでっちあげたんだし、内村鑑三の「代表的日本人」の逸話だって、
調べたらソースがないのばっかり(つまりほぼフィクション)。
忠臣蔵が持て囃されたのも、実際はあんなもんないからだし、歌舞伎が今の形になったのも、本来の女歌舞伎がほぼストリップだったからだし(でも男歌舞伎もいわゆる男娼的なことをやってた)。
大ベストセラーの東海道中膝栗毛を読んでみなよ。基本マンガにしても、あれがうけたってのは、普通にモラル意識が現代とは根本的に違うってのがわかるから。
235.名無しさん:2019年10月01日 01:32 ID:pKfwUbXR0▼このコメントに返信
忠臣蔵が持て囃されたのも、実際はあんなもんないから 

↑失礼、あれ自体は史実だから「無い」ではないな。実際はあんな忠義を尽くすのが稀だったからだ。
236.名無しさん:2019年10月01日 02:33 ID:53XHtfSh0▼このコメントに返信
俺は徳田新之助。貧乏旗本の三男坊で部屋住みの保毛だ。
237.名無しさん:2019年10月01日 07:19 ID:qFNcG9Fe0▼このコメントに返信
※235
もてはやされてる【忠臣蔵】は実際の事件を元にした創作物だよw
赤穂浪士の討ち入りに関しては当時から「忠義」の解釈違いで論争の対象だよ・・・
それこそ有名な葉隠なんかじゃこの討ち入りをボロクソに叩いて否定してるのよ

まあ、その内容は「吉良は爺だ、討ち入り準備に何年も掛けてる間にポックリ逝ったら仇討ちすら出来なくなるだろうが!
 浅野が腹斬ったその日の夜にでも討ち入りするのが正しい手段なんだ!
 失敗したら、とかその後のお家再興を考えるよりも先に、まず討ち入りして己の武士としての面子を保つ事の方が大事なのだ!」

・・・とかいう現代人からすりゃ首を傾げたくなるような理由なんだけどねw
238.名無しさん:2019年10月01日 08:03 ID:hJusDKMH0▼このコメントに返信
日本は昔から米は沢山獲れた お酒もコメの備蓄がわり 寿司も古米で握るとおいしい 冷凍倉庫なかった時代
239.名無しさん:2019年10月01日 08:30 ID:Jy7dDsCM0▼このコメントに返信
前に北朝鮮との類似性を指摘した本読んだな
実際問題、思想弾圧も激しかったし、窮屈な部分は多かっただろうなと思う
240.名無しさん:2019年10月01日 09:20 ID:colahywG0▼このコメントに返信
※239
新しい発明や開明的な思想・科学をやろうとすると
弾圧くらうという恐ろしい前例踏襲主義国家だったし
外洋を航海するような大型船も建造禁止
だから幕末まで火縄銃しか持ってなかった
241.名無しさん:2019年10月01日 09:29 ID:fpMPbOJc0▼このコメントに返信
※236
貧乏旗本なのに財布に小判が入ってましたよね
242.名無しさん:2019年10月01日 11:19 ID:TKOwJvVi0▼このコメントに返信
※1
黒沢映画の庶民は埃っぽくてみんな汚れてて、建物も隙間だらけですごい描写だよな。
影武者とか乱あたりの上級武士の暮らしでないと耐えられそうにないわ。
243.名無しさん:2019年10月01日 19:54 ID:qFNcG9Fe0▼このコメントに返信
※240
つまり今の北朝鮮は日本の江戸時代並の水準しかない、かw
なかなかパンクな事書くねその本の作者wwwwwwwww
244.名無しさん:2019年10月02日 18:53 ID:yHt6w8jZ0▼このコメントに返信
※240
当時の最先端医学だった蘭学(オランダ医学)の検証とか普通に幕府主導でやってたんだがな?w
大型船は軍事転用できるから禁止ってだけで小規模の交易は普通にやってるけど?w
火縄銃も奉納という名目で生産技術の維持をしてたのも幕府主導w
どこまでもトンチキ解釈過ぎるわwwwwwwww
245.名無しさん:2019年10月02日 19:56 ID:3Ewaib1j0▼このコメントに返信
江戸時代に江戸で暮らすって最悪やん
大半は現代の夕張市民並みの極貧生活で脚気祭りだぞ
246.名無しさん:2019年10月03日 22:24 ID:FQzOXkLE0▼このコメントに返信
健康第一
ちょっとした病が命取り
天寿を全うできた爺婆が敬われるのも当然 の時代

お名前