2019年09月21日 10:05

日本はでかい戦艦ばかり作ってないでお得意の魚雷駆逐艦作れば戦争に勝てたのに

日本はでかい戦艦ばかり作ってないでお得意の魚雷駆逐艦作れば戦争に勝てたのに

03

引用元:日本はでかい戦艦ばかり作ってないでお得意の魚雷駆逐艦作れば戦争に勝てたのに
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1568940059/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:40:59.455 ID:jeVkS46d0
なんで見栄張って巨大戦艦ばかり作ったんだろうな
日本の魚雷は当時最高クラスの性能で仮に大和クラスの戦艦も簡単に沈められるくらいだった それに駆逐艦は高速で装備も充実してた 敵の巡洋艦と渡り合えた実績もある
おそらく日本人の性格(分かってるけど少し見栄を張りたい)が敗戦に繋がったんだと思う
陸軍も無駄に土地広げて1人あたりの守る面積を増やしすぎた結果守りきれなかった
つまり大和魂(見栄)が悪さをした結果敗戦国となったのだ

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:42:46.015 ID:ARfTVrPF0
日本に戦艦がないとしたらアメリカも戦艦造る必要ないわな

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:46:14.556 ID:jeVkS46d0
>>2
アメリカは必要だった

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:43:09.025 ID:yxkZ/zCd0
いうほど巨大戦艦作ってないっていうか
大量生産能力じゃアメに絶対勝てないから少数精鋭に走ったのに
なぜか空母とかいう山ほど艦載機を載せなきゃただの箱になるようなものの実用性を証明してしまったのだ

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:46:14.556 ID:jeVkS46d0
>>3
日本が世界最大の戦艦と他国の最大級の戦艦を多数保有してた時点で多すぎた
航空機でイギリスの戦艦沈めたしな

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:44:14.521 ID:leTKFQqh0
デカイ戦艦なんて2隻しかないが

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:46:14.556 ID:jeVkS46d0
>>4
大和型はでかすぎるだぞ

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:47:15.085 ID:ZNHAN7XA0
あんだけ戦線広げたら何やっても勝てないだろ

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:50:36.055 ID:jeVkS46d0
>>7
結局地元民を先頭に巻き込んでたからな
ろくに訓練されてない兵士に何も守れなかった
日本軍は離島で孤立無援でよく戦ってたのに

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:47:58.632 ID:6LXwjR7+r
当時は最新鋭戦艦を航空機で落とすことは不可能と言うのが通説になっていたから
それを崩したのは他ならぬ日本だけどね

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:50:36.055 ID:jeVkS46d0
>>8
戦闘機の性能もあるけど魚雷が優秀だった
アメリカも結局は雷撃戦にむけた戦闘機を作り出したからな

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:49:36.737 ID:6LXwjR7+r
実際飽和攻撃でしか大和は落とせなかったわけで常識的な範囲では大和は落ちてない

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:56:42.686 ID:jeVkS46d0
>>9
片側集中攻撃だぞ アメリカは頭よかったよ
自分たちがでかい戦艦を持ってるから弱点も分かったんだと思う 武蔵の件もあるだろうけど

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:00:00.287 ID:6LXwjR7+r
>>15
つか戦前と戦中の話がゴッチャになってるわ
戦前の段階で最新鋭戦艦作ったのは当時の常識で間違ってないよ
後から〇〇していればという話ならミッドウェーで空母の横に大和を置かなかったのか間違いって話もある
その場合潜水艦は特に役に立たなかっただろうね

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:11:03.694 ID:jeVkS46d0
>>18
伊勢みたいに途中で迷走したのあるやん 適宜対応をしなかった

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:04:04.114 ID:uRIOlMwW0
>>15
わかってたなら武蔵の時点でスマートに沈めてる
明らか収支つかないレベルの消耗させられたからメタったんだろ
それしかねーよ

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:11:03.694 ID:jeVkS46d0
>>21
それはそうと2隻目の大和で武蔵と条件は違うけど攻略されてしまった
武蔵の最後はエンジン止まってなかったのを考えると本当に完璧な攻略だった
大和は特攻だったのが残念だね とちらにせよ沈むしかなかったわけだし

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:51:51.756 ID:uRIOlMwW0
世界的に見ても大和ですら小さくコンパクトな戦艦であったという事実

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:54:30.954 ID:6LXwjR7+r
>>11
砲は最大級だし防御性能も戦艦として自らの主砲を受け止められる程度はあったから単純な大きさをディスられても

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:53:03.874 ID:6LXwjR7+r
当時戦艦は核ミサイルみたいな扱いだからな
魚雷の優秀さを誇っても敵は警戒はしてくれない

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:53:04.290 ID:uRIOlMwW0
確かに旧日本軍の魚雷は優秀だったとは言うけれど
撃っても戻ってきたりしない的な意味だぞアレ

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:56:42.686 ID:jeVkS46d0
>>13
不発が少ないってだけで相当な信頼性じゃないか
片側20本も発射する魚雷駆逐艦を実用したのも信頼性があったからこそだ

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:58:35.977 ID:gz65qJss0
だから最後の方は潜水艦作ってたろ

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:04:09.585 ID:jeVkS46d0
>>16
ドイツからUボートめっちゃ勧められたんじゃないかと思ってる
ドイツ「潜水艦は良いぞ!」みたいな

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:09:17.946 ID:8NPy4tl90
>>22
潜水艦しか作れるものがなかったからだろ

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 09:59:34.136 ID:n6ReKEAs0
今も
イージスアショアなんて実践ではごみってアメリカ軍の軍人も言ってる

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:04:09.585 ID:jeVkS46d0
>>17
時代は大気圏外からの無慈悲な攻撃だよな

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:08:23.606 ID:i4rcLGep0
>>1
魚雷駆逐艦作ってもアメリカ本土から爆撃できるB-29が出来た時点でジエンドだよ
作らなきゃ不味かったのはB-29を早期発見できるレーダーと発見してからその高度まで上がって迎撃できる
ジェット機より高い瞬発力があるロケットブースター付きのコメートや秋水をさらに安定させたような迎撃機

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:13:20.424 ID:jeVkS46d0
>>23
日本が長引かせるからB29が誕生してしまった
工場を潰すって考えは長期化すればするほど出てくるだろうと予想はつかなかったのか

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:23:13.583 ID:i4rcLGep0
>>28
実は貨物船や戦艦を改修して航空甲板をつけた間に合わせではなく
製造前から昇降機や蒸気カタパルト装備で設計された空母としての艦船は
日本が最初に設計したくせに、なぜか日本は航空戦力を甘く見ていたところがあった

単体の軽戦闘機の設計はまぁなかなかだったけどそれも安全性捨てた偏った設計で
中型以上航空機になると急に凡性能だったからな
さらに空母との連携や戦闘機の運用なんかは本当にダメだったから
海を越えて来る爆撃機はありえないと踏んでアジア圏の湾岸や南方の島押さえれば
万全だと思ってたんだよ

43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:47:50.749 ID:t/We9Wx5M
>>31
強力なエンジン作れてないからでかい飛行機は難しかったんじゃね?

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:51:16.923 ID:6LXwjR7+r
>>43
エンジンについては当時の水準に追いついていたぞ
作れなかったというか諸々の理由で発想出来なかったのは使い捨てにするターボチャージャー

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:52:52.608 ID:t/We9Wx5M
>>46
アメリカとソ連が抜きん出てたんかな?エンジンは?
日本も空冷ディーゼルエンジンは凄いらしいが

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:59:36.660 ID:dLMyN8T3K
>>46
日本のエンジンはダメダメだぞ、世界技術に追い付いてない
その辺は、機体設計が抜きでてたあげく、しかも特化性能だったから世界レベルに達したというか、
逆にアメリカが大雑把な設計でせっかくの資源やエンジン性能を無駄にごり押しで無駄にしたり、イギリスが紅茶決めすぎで迷走するとかいう世界水準の方が落ちまくったから、結果日本が水準レベルに落ち着いたと言うべきか

53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 11:17:35.713 ID:KKTOvJKqd
>>50
アメリカは大雑把というより生産性と生存性第一だったから
大雑把であるってのは最初から設計思想に含まれてる

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:10:09.887 ID:uRIOlMwW0
潜水艦は実際ヤバイから困る

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:11:49.005 ID:grkqDDfRa
駆逐艦なんか作ってても勝てないからデカいの作ったんでしょ

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:26:28.735 ID:i4rcLGep0
一番多量に空母を作っていた時期
アメリカは10日に一隻づつ新しい空母を進水させてたからな
爆撃機が無くても魚雷艇駆逐艦の量産じゃ間に合わなかっただろうな

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:27:30.281 ID:o0pL+O/Er
今も大してかわらんよ。
自動車を作り続けて、
スマホとかの小型電化製品はクソ弱いじゃん。
んで、わが自動車産業は世界一ィィィ!とか言っちゃうんだから。

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:34:05.617 ID:i4rcLGep0
>>34
それは全く違うぞ
どちらかというと日本はずーっと今まで小間物の方が得意だからな
戦時中の飛行機だって小型の軽戦闘機は世界屈指のものをいくつか作ったが
中型以上の攻撃機や爆撃機になると何一つ世界的な名機は無い

自動車もバイクも小型のものの方が強く
家電も日本は小型化が非常に得意だった

中国や韓国が台頭してきたのってここ10年くらいの話だろ

38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:40:31.853 ID:6LXwjR7+r
>>35
間に合わずに名機になりそこねたキ-83 とかあるけどね

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:47:48.189 ID:dLMyN8T3K
>>35
大型飛行挺や双発機も普通に世界に通用するレベルだったぞ
レベルは達してるのに上層部が用途を迷走させてたのがいかにも日本らしいが

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:44:58.373 ID:fmBM6tjy0
無能本部でここまで勝てたのは技術力のおかげじゃないの?
体格も物量もしょぼかったんでしょ?
日本の周りが雑魚かっただけ?

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/09/20(金) 10:47:12.264 ID:2o+IZfm70
まず戦艦を作ってたのは空母の実用性が実証されるまで戦争を左右する兵器とされてたからだし
巡洋艦以上の射程範囲を掻い潜って魚雷戦挑むのは正直厳しいだろ
魚雷が優秀って言っても自爆が多発してたし

勝負の分け目として語られるガ島の戦いも陸軍じゃなくて海軍の戦線拡大が原因だし

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年09月21日 10:07 ID:WzMyKcQv0▼このコメントに返信
→第二次世界大戦終戦時(1945年9月)のアメリカ海軍の残存艦艇(中破、大破を含む)

戦艦:23隻
巡洋戦艦:2隻
空母:28隻
護衛空母:100隻
重巡:22隻
軽巡:50隻
駆逐艦:467隻
護衛駆逐艦:410隻

→第二次世界大戦終戦時(1945年9月)の日本海軍の残存艦艇(中破、大破を含む)

戦艦:4隻
空母:6隻
重巡:4隻
軽巡:3隻
駆逐艦:41隻
2.名無しさん:2019年09月21日 10:08 ID:GXy5E0NH0▼このコメントに返信
まずは歴史を目の前の画面を使って知ることから始めよう
最初から間違った知識を言ってて見っともないぞ
3.名無しさん:2019年09月21日 10:14 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
射程距離は長いけどそんな長い距離で誘導も無しに当たるのかと問い詰めたい
4.名無しさん:2019年09月21日 10:14 ID:wa0xgZH.0▼このコメントに返信
親の顔より見たスレ内容だな
週一でこの内容のスレやってないか?(;´・ω・)
5.名無しさん:2019年09月21日 10:15 ID:LeMo.H0W0▼このコメントに返信
松級みたいなのを作ったほうがよくない?
6.名無しさん:2019年09月21日 10:16 ID:uDU4YVnr0▼このコメントに返信
魚雷の射程距離って、何十キロ?
7.名無しさん:2019年09月21日 10:17 ID:Nj.Znq6j0▼このコメントに返信
レーダーのせいで得意の夜戦も駄目になった
8.名無しさん:2019年09月21日 10:17 ID:VgmV79TW0▼このコメントに返信
日本がその駆逐艦と魚雷を作ってる間にアメリカはそれとタメ張れる駆逐艦と魚雷をすぐ大量生産するわ。
それが潜水艦でも空母でも同じだよ
9.名無しさん:2019年09月21日 10:22 ID:wa0xgZH.0▼このコメントに返信
この手の奴って頭が基本ゲーム脳だよな...
太平洋戦争は大体3年8か月?位で終わるしな
大和が起工~進水で約3年の期間がかかってるしゲームじゃないんだからそんなに色々ポンポンできるわけねーだろ
頭ポンポン砲かよ
10.名無しさん:2019年09月21日 10:22 ID:GwZQF.4y0▼このコメントに返信
魚雷が強いぞ!
バカだなあとしか思わん
11.名無しさん:2019年09月21日 10:23 ID:w.KsPZLw0▼このコメントに返信
なんて頭の悪いスレだ…
12.名無しさん:2019年09月21日 10:24 ID:MDZK2gfI0▼このコメントに返信
こういう上から目線の意見ちょいちょい見るけど、戦争終わって70年以上経って
総括みたいなレポートも何度も出てて、答案用紙を持ってる状態であーすれば良かったのに
バカだよね~みたいなのってなんか卑怯な感じ

こういう人が当時の日本に生まれてたとしたら、同じ意見言えるのかと思う。
大和型建造計画の頃から新造戦艦は絶対30ノット以上必要(空母に随伴させる為。)
とか先見の明のある人も極少数ながらいたけど。。今よりはるかに情報量の少ない当時でも
13.コロンブス:2019年09月21日 10:25 ID:7201ahoT0▼このコメントに返信
自分はゲームでは真っ先に全力で潜水艦を建造し
次にドックの半分ぐらいで空母を建造
残りは(対潜用)駆逐艦
戦艦等は対空力増強
していたね。
14.名無しさん:2019年09月21日 10:26 ID:DSfeKYjV0▼このコメントに返信
軍拡で米英から規制がかかったのは知ってるだろ。だから、軍艦を大きくしたんだ。
15.名無しさん:2019年09月21日 10:27 ID:Ks.5TVwM0▼このコメントに返信
戦艦だろうが駆逐艦だろうが戦闘機の護衛無しじゃ、爆雷撃機の的でしか無いわ
16.名無しさん:2019年09月21日 10:27 ID:L0oYNW550▼このコメントに返信
今なら何とでも言える。
17.名無しさん:2019年09月21日 10:29 ID:VgmV79TW0▼このコメントに返信
>>5
駆逐艦にしろ巡洋艦にしろ空母にしろ戦艦にしろ戦力バランスがすべてだよ。
18.名無しさん:2019年09月21日 10:30 ID:EUx4CivF0▼このコメントに返信
>>10
強いぞ、当たるとは言って無い
19.名無しさん:2019年09月21日 10:31 ID:tO6BUmR40▼このコメントに返信
制空権が決め手なのに 戦艦がダメなら駆逐艦てw
20.名無しさん:2019年09月21日 10:31 ID:tMK3JWkt0▼このコメントに返信
駆逐艦増やしても空母機動艦隊にゃ勝てませんぜ旦那
21.名無しさん:2019年09月21日 10:32 ID:EUx4CivF0▼このコメントに返信
>>12
卑怯かもしれないが、これをやらないと、また同じ失敗を繰り返す
22.名無しさん:2019年09月21日 10:33 ID:wzcljead0▼このコメントに返信
何もかも分かったうえで、現代の感覚をもってなんだかんだ言うのはナンセンス。
「明治の頭で昭和の戦争を戦った」という言葉がすべてを物語っている。
23.名無しさん:2019年09月21日 10:35 ID:Pmkgbtcs0▼このコメントに返信
大陸側と戦してたのに背中の海側とも戦始めた
大戦略で間違ってる
勝ち残れる訳がない
小手先の話じゃない
24.名無しさん:2019年09月21日 10:36 ID:N7gQCtM80▼このコメントに返信
太平洋戦争は航空機の戦争だった。終盤辺りだと艦対艦戦闘なんて「させてもらえなかった」
まぁ仮に空母航空機を順調に大量生産できてても、それを使いこなす人間が終盤だと枯渇して学徒動員する事態にまでなってたから詰んでた。
一方アメさんはというと…モータリゼーションの影響で兵器の生産が順調だった「だけではなく」訓練の徹底したマニュアル化で素人があっという間に使い物になってた。
それに加え、日本では唾棄されてた電探技術をマスターしてだだっ広い太平洋を索敵する方法が確立されてた。このせいで米は日本が見えて、日本は米がどこから来るか分からない状態になってしまう。
日本は先端技術と人材育成の軽視によって敗戦したのだ。
25.名無しさん:2019年09月21日 10:36 ID:Nrl6AJv10▼このコメントに返信
日露戦争でバルチック艦隊を沈めて以来、海軍は戦艦でドンパチしか考えなくなった。
それ以来、戦艦・戦艦・沈まない戦艦・大砲は大きいことはいいことだを合言葉に海軍力の
8割を戦艦につぎ込んだ。でも世は、飛行機・レーダー・暗号解読・・・・と進化していた
小さな国力で巨大戦艦ができたころには、時代遅れの戦術。五十六さんがそれを真珠湾で証明
あとは週一空母を作る国と、戦艦作って輸送船が不足した国の戦争
26.名無しさん:2019年09月21日 10:36 ID:VgmV79TW0▼このコメントに返信
>>16
F15も最初は作りすぎとかコスト高すぎるとか言われていたけど湾岸戦争でF15が少なかったらもっと空中給油機がもっと必要になっていたし作戦全体のコストがものすごく高くついていたといわれるくらいだったよ。
イッチはただの利口ぶったバカにすぎん


27.名無しさん:2019年09月21日 10:38 ID:YDbRoRyx0▼このコメントに返信
※7
レーダーで有利?
大戦通して命中率2%程度で第3次ソロモン海戦では夜になると米軍でもサーチライト、照明弾使って
日本の重巡、駆逐艦に1000m~2000mまで接近許し並行して砲撃戦するも一発も当てられず
綾波1隻に接近許し12.7cm食らいまくったサウスダコタに
駆逐艦2隻が撃沈され1隻が炎上するほど接近されたのにレーダーで有利だってwww

しかも第3次ソロモン海戦で日本側戦艦が被弾した理由が日本が使ったサーチライト、照明弾などで日本の戦艦の位置がわかってのものだというね
レーダー関係ねぇw
28.名無しさん:2019年09月21日 10:38 ID:lWQ.dV8g0▼このコメントに返信
>>3
結局は肉薄して撃ち込んでるからね…ホーミング機能がついてれば…

それを付加したのが回天なんだけど…
29.名無しさん:2019年09月21日 10:42 ID:xnFdNAGQ0▼このコメントに返信
まぁ後出しの極論すれば

潜水艦

対空駆逐艦

空母

半潜輸送艦(まるゆを巨大にしてシュノーケルをつけたものね)

を集中生産していたらなーとは思う。勿論、運用が正しければ・の話だが、、、
30.名無しさん:2019年09月21日 10:43 ID:VWD66u430▼このコメントに返信
大量に作った魚雷駆逐艦が根こそぎ米航空機に沈められるんですね
31.名無しさん:2019年09月21日 10:43 ID:.ZVJNKgt0▼このコメントに返信
南方からの資源輸送が無いと兵器自体製造出来ない。
にも拘らず、海軍は輸送船に護衛の駆逐艦さえ付けなかったという阿呆ぶり。(と聞いた)

陸軍のことなど笑えない。
32.名無しさん:2019年09月21日 10:44 ID:116DbHom0▼このコメントに返信
戦艦はいらんね。必要なのは駆逐艦と高速巡洋艦。真珠湾攻撃で巡洋艦沈められてたやヤバかったと米海軍も言うほど
33.名無しさん:2019年09月21日 10:44 ID:D82deDHM0▼このコメントに返信
飛行機の援護がない艦隊がどうなるか知ってるだろ。
駆逐艦なんぞ魚雷一発でお陀仏。
34.名無しさん:2019年09月21日 10:45 ID:116DbHom0▼このコメントに返信
>>3
戦艦の主砲よりは当たるだろ
35.名無しさん:2019年09月21日 10:46 ID:116DbHom0▼このコメントに返信
>>10
戦艦の主砲より戦果上げてるだろ。戦艦の主砲は海戦じゃあまり役に立たん
36.名無しさん:2019年09月21日 10:47 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>1
まーた無意味なコピペ貼って

だから、何が言いたいのかはっきりしてくれ
37.名無しさん:2019年09月21日 10:47 ID:116DbHom0▼このコメントに返信
>>27
レーダー活用できなかったのそれしかないよね。逆にレーダー活用されてボコられた方が多いよ
38.名無しさん:2019年09月21日 10:48 ID:tO6BUmR40▼このコメントに返信
>>12
政府主催で日本の叡智を集めた総力戦研究所が、戦争前に対米戦のシュミレーションした結果、 勝つ見込みは全くなしって政府に報告したけど、何とかなるって強行して総力戦研究かほぼ予想した通りな推移で敗北した。
39.aikoku保守:2019年09月21日 10:49 ID:sbkTDJZA0▼このコメントに返信
・自民党、安倍政権は大企業優遇を正しなさい!

日本の法人税率は29・74%という建前だが、
ソフトバンクグループは税引前純利益1624億2200万円もあるのに、納税額は500万円、税負担率0・003%。
日本製鉄はそれぞれ1109億2200万円、納税額は16億1500万円、税負担率1・46%。
これは、元国税マンで税制研究の大家、富岡幸雄・中央大学名誉教授が近著『消費税が国を滅ぼす』(文春新書)で明らかにした。 
2019・ 9
40.名無しさん:2019年09月21日 10:49 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>3
だから、出来るだけ多数を集めて当たるように射法を工夫したんじゃないか
41.名無しさん:2019年09月21日 10:49 ID:ZngsuyBK0▼このコメントに返信
>無能本部でここまで勝てたのは技術力のおかげじゃないの?
>体格も物量もしょぼかったんでしょ?
>日本の周りが雑魚かっただけ?

そう、日本の周りが雑魚かっただけなんだよ。
一番強そうなソ連「日ソ中立条約」
中国「チハタンに蹂躙される」
英国「損害を恐れて早々に後退」
南方諸国「米英に搾り取られて既にダシガラ状態」
オーストラリア「ビビッて内陸に退避」

米「アホみたいな物量・生産力」
42.名無しさん:2019年09月21日 10:50 ID:IGTNEdrp0▼このコメントに返信
※12
後だしジャンケンで勝ち誇って食う飯はよほど美味いんだろうよ

交通事故動画でもよく湧く予測厨と同じで「俺ならこうするから事故は起こさない」なんだよな
結果を知ってるから対策を言えるだけだと思うんだが、予測厨はアンサートーカーの
能力を持ってるらしくて、それが上から目線で語りたがる理由
43.名無しさん:2019年09月21日 10:50 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
これからは魚雷だ

で、失敗したのがフランス
44.名無しさん:2019年09月21日 10:51 ID:aNBD1oT.0▼このコメントに返信
目的もはっきりしない戦争という
孫子の兵法無視の状態で、兵器の有無なんて意味ねえ。
支配地域拡大が目的なら地域を支配して維持できるところまでが
戦略の目的だろうが。
45.名無しさん:2019年09月21日 10:52 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※28>>28
回天も速度が遅くて実績上げられなかっただろ
重雷装して大戦に望んだ大井も結局発射台撤去して回天載せようとしたけど、大発載せて揚陸艦だろ
46.古古米:2019年09月21日 10:52 ID:6.JNUD7z0▼このコメントに返信
日本は海軍休日で、軍艦が作れなかったので「空飛ぶ駆逐艦」としての一式陸攻を開発した。
47.名無しさん:2019年09月21日 10:52 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※12
先見の明があるといいつつ現実見えとらんやんけ
空母随伴に戦艦に30ノット出させる必要はない
空母が最大速力出すのは発艦くらいだから艦隊行動には巡航速力の方が重要
発艦時もカタパルトが使えれば、35ノットとか要らない
そもそも27ノット前後の空母が半数くらい(加賀、祥鳳型3隻、飛鷹型2隻、千歳型2隻等)なのにな

ちな速力を増大させると抵抗が自乗で増大していくため、28→30ノット分の馬力で15ノットくらいで走れる(ザル暗算)
48.名無しさん:2019年09月21日 10:53 ID:r2LejbbE0▼このコメントに返信
近衛に言えよ。
49.名無しさん:2019年09月21日 10:53 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※40>>40
で?実績上がったの?
50.名無しさん:2019年09月21日 10:55 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
そもそも戦艦の主砲にせよ魚雷にせよ、アウトレンジを目的に開発されたものって一つもないからね
出来た物の射程が長いから戦法の一つとして採用されただけ
51.名無しさん:2019年09月21日 10:56 ID:lSl78TIW0▼このコメントに返信
駆逐艦も作ってるし、そもそも海軍の休日以降に作った戦艦は大和・武蔵の2隻だけ
そしてトンあたりの製造費は駆逐艦のような小型艦の方がはるかに高くつく
大和型2隻の製造費用を誤魔化すのに駆逐艦を3隻分架空発注している
実際のとこ甲型駆逐艦クラス12隻(3個駆逐隊)作れば大和が作れるレベル
駆逐艦も大量に作る金がないのが日本の実情
で、12隻の駆逐艦が大和1隻に勝てるかどうかは酸素魚雷があっても微妙
52.名無しさん:2019年09月21日 10:57 ID:YDbRoRyx0▼このコメントに返信
「丸」には射撃指揮装置についての専門家らしい記述がある。
「当時のジャイロコンパスの性能からして変針後最低1分は直進しないと射撃に利用しうるまでには安定しないことに加え、
最低三分間は自艦及び目標が共に直進の状態で測的を行なわないと正確な運動解析結果が得られないのである。」という。
このため、米戦艦も山城も途中で変針していた結果、平均射距離2万~2万2千mで6隻が279発撃ちわずか2発(命中率0.72%)
の命中弾しかなかった。そして山城を撃沈したのは、駆逐艦などの魚雷であった。
53.名無しさん:2019年09月21日 10:59 ID:YDbRoRyx0▼このコメントに返信
※37
スリガオ夜戦も知らないのか
54.名無しさん:2019年09月21日 11:00 ID:PXyTIGNP0▼このコメントに返信
なんか頭でっかちのスペック厨ってすべての項目のMAX値がAND条件でも得られると思っているフシがある(棒
55.名無しさん:2019年09月21日 11:00 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※34>>34
誤差の範囲じゃない?
56.:2019年09月21日 11:00 ID:MyU7wZ5.0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
57.名無しさん:2019年09月21日 11:01 ID:AW2vMLLC0▼このコメントに返信
バカなスレ。
駆逐艦ばかりしか揃えなかったら敵巡洋艦に駆逐は食われる。戦艦足りなかったら巡洋艦が戦艦じゃ非じゃないほど容易く沈められる。バカが集うとクソみたいなスレになるんだな。
58.名無しさん:2019年09月21日 11:01 ID:.hJvkJJ60▼このコメントに返信
バイクは今でも世界トップやぞ
日本国内ではオッサンしか興味持ってないし
メーカー側もほとんど海外しか見てないけれども・・・
59.名無しさん:2019年09月21日 11:01 ID:5SHbH3yq0▼このコメントに返信
陸奥:就役1921年10月24日
1921年7月21日 アメリカ、ウィリアム・ミッチェル准将発案の、海上艦艇への航空爆撃テスト
旧ドイツ軍艦オストフリースラントを撃沈

そして20年
マレー沖海戦1941年‎12月11日。戦艦の黄金時代終わる
大和:就役1941年‎12月16日
武蔵:就役1942年08月05日

ビッグセブンとか言ってた頃の、バタバタうるさいオモチャ(複葉機)が、
20年後には、海上の城を無意味にした
1999年のしょぼいケータイを見て、
2019年のTV局の凋落や、街の本屋の絶滅を予感できただろうか?
60.名無しさん:2019年09月21日 11:02 ID:iBRIDJ650▼このコメントに返信
駆逐艦じゃ対空能力低すぎて無理でしょ。機銃掃射で沈没した例もあるくらいだし。
だからこそ戦後は、名称は駆逐艦でも実質クルーザークラスが台頭するわけで。
61.名無しさん:2019年09月21日 11:02 ID:AW2vMLLC0▼このコメントに返信
酷いスレだなこりゃ。
駆逐ばかりなら敵巡洋艦に容易く沈められる。戦艦が足りなかったら巡洋艦が容易く沈められる。
62.ロンメル:2019年09月21日 11:02 ID:gjSg8j4W0▼このコメントに返信
最後の海軍大量の井上成美が
「明治の頭で昭和の戦争をしていては勝てん」
の言葉どおりになった。
現代でも「昭和の頭で令和の政治をしている」
政治家が多すぎる。
63.名無しさん:2019年09月21日 11:03 ID:2pZy9EWW0▼このコメントに返信
雷撃は芸術。
探知手段が目視じゃあ、あまり使えん。
64.名無しさん:2019年09月21日 11:04 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>49
その射法で撃てた事がないから

と、いうより命中率数%でいい、とされてるのに何文句つけてるのさ

そういう時代なんだよ
65.名無しさん:2019年09月21日 11:05 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※54はAND条件の使い方を知らないフシがある
66.名無しさん:2019年09月21日 11:05 ID:B64ussBY0▼このコメントに返信
なぜ大きい戦艦を作ったのかと言えば、6万トン戦艦は3万トン戦艦二隻より強いからだ

それに魚雷は強いけど発射タイミングが限られる上に基本的に一発芸だぞ
魚雷を発射してしまったら単なる小火力の艦艇に過ぎないし、発射する前に被弾したら大惨事だ
砲は継続的に火力発揮できる
67.名無しさん:2019年09月21日 11:05 ID:rIUkLTFz0▼このコメントに返信
最終的に弾薬も燃料も足りず
船の新規建造は出来ないし
今ある船も動かせないっていう状態だったから
どっちにしても変わらないぞ
空母や戦艦が無ければ最初からハワイ・ミッドウェーなどで戦えてないしな
逆に鉄鋼・鉛・アルミなどの資材と石油さえあれば何とでもなった
68.名無しさん:2019年09月21日 11:06 ID:Qg6gWA.p0▼このコメントに返信
ドイツは最初からUボートに頼ってたわけじゃ無いぞ。
第二次大戦に向けて50センチ砲搭載の全長400m超巨大戦艦を造るつもりだった。

ところがビスマルクとティルピッツが期待した働きが出来なかったのでZ計画は中止になって
フランスを落とした事もあって航続距離は短いが第一次世界大戦で戦果があったUボートによる通商破壊にシフトしただけ。

ドイツこそ最初から空母を造ってエアカバーを広げてイギリスを干上がらせてたら歴史が変わってた。
69.名無しさん:2019年09月21日 11:08 ID:u0TDDuO40▼このコメントに返信
大和が「小さくてコンパクトな戦艦」ってのは、むしろ褒めてるんだと思うが

米本土から爆撃できるB-29など存在しなかったと思うが
70.名無しさん:2019年09月21日 11:09 ID:dDv0DX3t0▼このコメントに返信
酸素魚雷は不発も早発もメチャクチャ多かったぞ。

そもそも魚雷特化の駆逐艦のほうが割高で陽炎型とか大和と武蔵の予算回しても20隻ぐらいしか作れんし、どこにどんだけ効率良く予算まわしたところでアメリカには絶対勝てない。
71.名無しさん:2019年09月21日 11:09 ID:.ZVJNKgt0▼このコメントに返信
※62
いやいや、明治の人は補給の大切さがわかっているから。
旅順港を封鎖しようとしたんですよ。

昭和の軍人さんは輸送すら、おざなり、なおざりですから。
72.名無しさん:2019年09月21日 11:10 ID:PHC.sdhX0▼このコメントに返信
かなり作ったぞ。作り過ぎて英米に目をつけられて軍縮会議で軍縮対象にされたぞ
73.名無しさん:2019年09月21日 11:11 ID:7..dEU4.0▼このコメントに返信
なあ?先をみようぜ?
74.下流老人:2019年09月21日 11:12 ID:wT7PyjMe0▼このコメントに返信
んな訳あるか、そういう空母がどうたら、駆逐艦がどうたらという問題ではない。
全体的な国力の問題だよ、確かに日本は善戦した、昭和18年頃まではほぼ互角に戦えた、けど、その間アメリカは更に一個艦隊つくる国力があり日本にはなかった、そういう事。
75.名無しさん:2019年09月21日 11:13 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>31
敵を遥か前方で食い止めて、潜水艦の行動範囲外に資源輸送線を置ければ、そもそも護衛は要らないんだけど?

日本は前方戦力と後方の護衛戦力を同時に揃えるのは不可能

と、すると自然と前方戦力の整備に集中して敵を押さえるか早期に戦争を終わらせる体制にするしかない

史実ではそれがうまくいかなかっただけであって、戦力の整備が悪かった訳ではない

後方の戦力をいくら充実させたって、前方の戦力がスカスカなら、敵に簡単に突破されて後方の護衛戦力もろとも蹂躙されるだけだよ
76.名無しさん:2019年09月21日 11:14 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>32
だから開戦が決定した段階で戦艦の建造は中止と決定してるじゃん
77.名無しさん:2019年09月21日 11:15 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※64>>64
なら結局のところどんなに大量に建造しても戦局は変えられなかったと言う結論でいいだろ
スレのお題は魚雷駆逐艦を造れば戦争に勝てたなんだから
>命中率数%でいい、とされてるのに
それは戦前のお話、開戦後はそれじゃ役に立たないと見に染みて思っただろ
78.名無しさん:2019年09月21日 11:15 ID:2lJKTND20▼このコメントに返信
長射程も雷速の速さも、弾頭の大きさも、無誘導魚雷では何の意味もないだけどな
むしろもともと重武装で復元性に問題のあった駆逐艦の設計に悪影響与えてるし
酸素魚雷を傑作兵器扱いする奴がいまだにいるのが信じられんわ
79.名無しさん:2019年09月21日 11:16 ID:5SHbH3yq0▼このコメントに返信
重雷装軽巡、大井・北上の出番が無かった

雑魚護衛空母の雑魚艦隊に、
豪華水上艦だらけの大艦隊が襲い掛かったが、
負けたのは水上艦だけ艦隊のほうだった
(レイテ作戦での、サマール沖海戦)

制空権(空母と搭乗員)がないと、どーにもならん
魚雷艦隊だけあっても、どーにもならん
80.名無しさん:2019年09月21日 11:16 ID:UkL4gdee0▼このコメントに返信
>>3
スラバヤ沖海戦は魚雷戦は射程15キロのアウトレンジで始まったけど 当たらずに結局3〜5キロの近接戦闘になった。高速で走り回る艦艇には当たらないもんだし。

長射程の弊害で戦域外にいた味方の輸送船に
酸素魚雷が到達して撃沈したこともある
アウトレンジの戦果w
81.名無しさん:2019年09月21日 11:18 ID:.ZVJNKgt0▼このコメントに返信
※74
国力の問題があるから、中国進出したという石原の目論見。その意味が分かってないお偉いさん。
中国で兵器の生産が出来るようにするのが、順序としては先決なはずなのに、(結局出来ないみたいだけど)

見てくれの連合艦隊を1セットそろえてブリブリ言わせてる海軍さん。
82.名無しさん:2019年09月21日 11:19 ID:MjC.mgSR0▼このコメントに返信
※4
週一で「誰でもいいからボクにかまって!」っていう精神状態に陥る色々と気の毒な子なんやろ
83.名無しさん:2019年09月21日 11:20 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>70
不発はともかく早発は乗組員がいらんことした結果で魚雷のせいじゃない

アメリカの魚雷なんてわりと後半まで酷い有り様だぞ
84.名無しさん:2019年09月21日 11:23 ID:Td0SvCE40▼このコメントに返信
水雷戦隊って言うほど太平洋で活躍してるか。
85.名無しさん:2019年09月21日 11:23 ID:.ZVJNKgt0▼このコメントに返信
とにかく、日本のお偉いさんは、自分たちの阿呆さ加減を自覚しないし、反省しない。
というか反省する能力がない。

  これは日本の伝統芸ですよ。アハハァw
86.名無しさん:2019年09月21日 11:24 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>78
いくら誘導魚雷でも目標より遅かったら何の意味もない

速ければ速いほど偏差修正が少なくなって当てやすくなるのが解らないのか?
87.名無しさん:2019年09月21日 11:26 ID:j0aHOUed0▼このコメントに返信
駆逐艦、日本の国力からみれば、どっちかっていうと作りまくってた方だろ
ただ艦隊型駆逐艦というか艦隊決戦用駆逐艦である特型じゃ、航空戦に十分に対応できなかったのと
20年かけて作った駆逐艦よりも多くの駆逐艦を、アメリカには2年で作られたが。
88.名無しさん:2019年09月21日 11:27 ID:Y9BJHDKx0▼このコメントに返信
翔鶴・瑞鶴型の大型空母がもっと欲しかった
89.名無しさん:2019年09月21日 11:29 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
戦艦なら陸上攻撃にも使えるけど魚雷駆逐艦は艦船のみだ
しかも命中率を考えたら戦艦と大差ないのに、戦艦の主砲の弾数に比べて駆逐艦じゃ発射官の魚雷撃ち尽くしたらおしまいの兵器
一応予備は積んでいるけど、誘爆の恐れがあって戦闘中の装填は不可能
本当にそんなの大量建造で戦局が変えられると思ったんだろうか
90.名無しさん:2019年09月21日 11:30 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>77
それだけの水雷戦隊を揃えた海戦が無かったって意味なんだが?

へー開戦後は魚雷の命中率は100%になったんだ
それは知らなかった

なになに、レーダー使ったから百発百中になったのw
91.名無しさん:2019年09月21日 11:30 ID:rDdKnN540▼このコメントに返信
対艦能力はともかく対潜能力に劣る駆逐艦じゃなぁ
仮に大量生産しても 肝心の輸送船護衛が出来るとは思えん。
マリアナ沖海戦じゃ タウイタウイ泊地で1隻の米潜水艦に対潜作戦に出てきた駆逐艦が3隻が返り討ちされて
ビビった日本は潜水艦狩りをやめてしまったぐらいだ
92.名無しさん:2019年09月21日 11:35 ID:NyIWfBBM0▼このコメントに返信
時折この手の話が出てくるけど、日本が戦争に勝ったと誰しも認めるような状態がイメージできない。
アメリカ本土を東京の指示に従うような状況にすること?多分、元アメリカ軍が早晩クーデター起こし、元アメリカ国民がレジスタンス起こして、日本国アメリカ地域政府が転覆すると思われる。
余りにもアメリカの人口が多すぎて統治が難しい。日本地域に比してアメリカ地域の一人当たりGDPが高く、高額納税となり、「アメリカから日本本土へ富の流出」に憤慨するアメリカ地域市民が多すぎる気がする。
93.名無しさん:2019年09月21日 11:39 ID:.ZVJNKgt0▼このコメントに返信
※67
つまり、ミッドウェー島攻略には(戦略的に)何の意味もない。

 ですよね。海軍さん?
94.名無しさん:2019年09月21日 11:42 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※90>90
>へー開戦後は魚雷の命中率は100%になったんだ
何こいつ何処にも書いて無い事言って反論しているが
俺にはもう理解出来ません
95.名無しさん:2019年09月21日 11:43 ID:.ZVJNKgt0▼このコメントに返信
※75

 その目論見が、ラバウル島の死守でしょ。

でも米軍はラバウルの防衛が堅固だとみると、ラバウルをスルー。
96.名無しさん:2019年09月21日 11:43 ID:ZasbLm3I0▼このコメントに返信
大鑑巨砲主義の反省で戦後は「コンパクト大国」になった。
97.名無しさん:2019年09月21日 11:45 ID:MDZK2gfI0▼このコメントに返信
※47
カタパルト発艦ってWWWW
全機カタパルト発艦なんて出来る訳ない、物理的にも無理だし搭乗員の命がいくつあっても足りない

機動部隊が常に30ノット以上で走ってる訳ではないが、緊急を要する状況(退避行動中など)で随伴艦が鈍足だとついてこれない
だから空母に随伴する艦は高速戦艦とか巡洋艦とか駆逐艦なんでしょ??大和型は何してた??

加賀、瑞鳳型、隼鷹型みたいな空母への改修艦じゃなく、飛龍蒼龍、翔鶴瑞鶴みたいな最初から空母として建造された艦に
27ノットの中速艦じゃこれから始まる空母を中心とした戦いについて行けないって >軍令部主席課員、中澤祐。




98.名無しさん:2019年09月21日 11:46 ID:.ZVJNKgt0▼このコメントに返信
※96
 今も大企業(大鑑巨砲)主義ですよ。小回り効かず、時代に追い越されてます。
99.名無しさん:2019年09月21日 11:48 ID:jokWrtM90▼このコメントに返信
石油禁輸でいずれしんでたぞ。
100.名無しさん:2019年09月21日 11:48 ID:pP9M6lOi0▼このコメントに返信
第二次世界大戦の反省は戦艦がとか空母がじゃなくて、経済的に強くなって外交で上手く立ち回ろうだからね。強いて言えば、経済力か世界第三位なのに軍事力は世界第六位(GlobalFirepowerより)ってのは少しお粗末やな。
101.名無しさん:2019年09月21日 11:49 ID:aOFo.7Yb0▼このコメントに返信
だから燃料がないんだって。

それに海軍は運用がそもそもオカシイ所が一杯で、情報線でも決して負けてたわけじゃなく殆どの作戦は見抜いてたのに能無し官僚が全て握りつぶしてきた訳で戦争の負けに関しては現場じゃなくて上層部のあまりの無能さが原因なんだよ。
現場まで出てきて指揮取って赤城可愛さのあまりに全滅のミッドウェイとかwアレで成果が出てればその後の配送劇もそう簡単には無かったレベルだ。
むしろよくやったよ特に陸軍は装備の貧弱さの割に世界最強だよ。
102.名無しさん:2019年09月21日 11:50 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>94
命中率数%で充分役にたってるのに何で開戦後命中率数%ではダメだった、ってなるんだよ

だいたい命中率数%なのはアメリカだろうが変わらんぞ

いったい何処で命中率数%ではダメだった、となったんだ?
だからレーダー使ったから百発百中になったと思ってるのか?、と言ったんだが?

いったい何の妄想を前提に話をしてるのか理解不能だよ
103.名無しさん:2019年09月21日 11:51 ID:jF4wthH40▼このコメントに返信
>不発が少ないってだけで相当な信頼性じゃないか

アメリカ魚雷「当たっても爆発しない」
日本魚雷「当たらないのに爆発する」
104.名無しさん:2019年09月21日 11:51 ID:XGhqW.qQ0▼このコメントに返信
中国満州を英米とで共同開発でよかったし、だいたい燃料すら依存している国に戦争仕掛けるなんてどうにかしてる。アジア解放なんて格好いいこと言っても、結局、欧米諸国からすれば迷惑でしかない。いや、俺は欧米のアジア支配を肯定してるわけじゃねえぜ、ただあの時期にせんでもアジアの独立は盛り上がっていった可能性はあるし、人種差別も縮小化していった可能性が高い(アメリカの公民権運動に日本の影響なんてほとんどなさそう)。

やっぱ、天皇自ら軍部の力を削減すべきだったんだよ。みんな天皇に関わると声が小さくなるが、この面においては明治憲法が欽定憲法であるかぎり、天皇の戦争責任は否定できない。
105.名無しさん:2019年09月21日 11:52 ID:w7X8S1Pw0▼このコメントに返信
※75
>>31
敵を遥か前方で食い止めて、潜水艦の行動範囲外に資源輸送線を置ければ、そもそも護衛は要らないんだけど?

いくら前方戦力を強化してもハワイやオーストラリアのブリスベーンなどアメリカ潜水艦の出撃拠点を制圧する国力は日本にないだろ。

106.名無しさん:2019年09月21日 11:54 ID:q11NVz1m0▼このコメントに返信
魚雷戦に偏重しすぎた日本の駆逐艦を造っても全く意味はない。
B-25などの反跳爆撃で簡単に撃破され、狩られる側の潜水艦にも太刀打ちができない状態。
昼間は航空機にやられ。夜間はレーダー射撃でやられ。昼夜を問わず潜水艦にやられ。
敵主力部隊に近づくことすら難しい。

先進の科学技術(レーダー、近接信管、ソナー)と豊富な物量(燃料・弾薬、両用砲標準装備、前投謝対潜兵器、同型艦の多さ)の両面を持ち合わすことができる相手には敵わない。

戦略の失敗を戦術で覆すことはできない。
107.名無しさん:2019年09月21日 11:57 ID:ScNA4PIi0▼このコメントに返信
※27
レーダー技術は日米で隔絶してるだろ。特に出力が桁違いで、米艦隊内で互いのレーダー波が干渉したり受信機がイカレたりするの防ぐのにヒューズとか付けてたりするくらいなんだから。
それと、この当時として一番重要なのは索敵レーダーだ。射撃管制レーダーは次だ。
108.名無しさん:2019年09月21日 11:57 ID:NYdxI.FP0▼このコメントに返信
>日本はでかい戦艦ばかり作ってないでお得意の魚雷駆逐艦作れば戦争に勝てたのに

ここのサイトのタイトルがその当時のトレンドだったのよ。
イギリスだけだよ、変態兵器作ってたのは。
109.名無しさん:2019年09月21日 11:58 ID:S5bWPcbx0▼このコメントに返信
※68
>68
何事も、戦訓だな。
日本だって、マリアナ決戦までは空母に全力で、マリアナ後は、空母は役立たずの評価でレイテで囮作戦。
その後、特攻兵器の生産に力を入れてそれなりの戦果を出したぞ。
110.名無しさん:2019年09月21日 12:01 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>103
だから早発は酸素魚雷のせいじゃないって
111.名無しさん:2019年09月21日 12:02 ID:.wA62.de0▼このコメントに返信
前にここで戦線広げず防衛に徹すれば引き分けに持ち込めた、って人いたけど
大本営がそんなクレバーなら最初から真珠湾なんてやってないんだよなあ
結局、日中戦争から太平洋戦争まで全て人災
112.名無しさん:2019年09月21日 12:03 ID:kitkCx8F0▼このコメントに返信
航空戦力がなければ戦艦作ろうが駆逐艦を作ろうが無駄
113.名無しさん:2019年09月21日 12:04 ID:r9pR1ZTE0▼このコメントに返信
重雷装巡洋艦はロマン兵器
114.名無しさん:2019年09月21日 12:04 ID:S5bWPcbx0▼このコメントに返信
魚雷というが、日本の酸素魚雷って、価格が非常に高かったのも有名だな。魚雷一本で家が建つという。
又、当然だが、水雷戦隊は攻撃力があるが、防御力は無い。
甲板にむき出しの魚雷発射管に、砲や爆弾ではなく、銃撃レベルの攻撃を受けて大破・爆沈した艦も結構多くなかったか?
115.名無しさん:2019年09月21日 12:06 ID:aMnDByy.0▼このコメントに返信
運用できないほど燃費のわるいものを作ってた時点で、
当時の人間は行き当たりばったりの馬鹿しかいなかったとかいえないな
116.名無しさん:2019年09月21日 12:06 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※97
穴だらけやなー
・甲板に並べられた攻撃隊の先鋒をカタパルト発艦させられれば後半は甲板を広く使える
・直掩機を艦隊陣形を乱すほど増速せずに発艦させられる
・空母に随伴する30ノット以上の戦艦って全世界で見て何隻居たんすかねえ?
・空母中心になるから高速正規空母より改装空母を必死こいて建造してますよね?
・戦艦を「空母を中心とした戦い」において空母護衛にするつもりがそもそもあったのか?
117.名無しさん:2019年09月21日 12:07 ID:xaVQGih20▼このコメントに返信
皆が北向きに凧を挙げているのにお前だけ南向きに凧を上げられたか、
後から何でも言えるんだよ。
118.名無しさん:2019年09月21日 12:09 ID:mL.oumVX0▼このコメントに返信
水雷戦隊で大型艦に突っ込んでも副砲以下の砲で蹴散らされて終わりだよ大遠距離の雷撃なんてめったに当たらないし
射点に入るまで主砲の比じゃない弾幕向けられる上一発喰らえば誘爆リスク
艦対艦でやる場合夜間悪天候とかの副次的要素が無ければ多少の数的優勢なんてトータル火力で互角走行で上回る
大型艦側が簡単にひっくり返すなんで日本海軍が夜襲に拘ったか考えてもわかるやろ
119.名無しさん:2019年09月21日 12:10 ID:6Sh5JKVW0▼このコメントに返信
山本五十六さん

「水兵を失業させるわけにはいかなかったのだ」
120.名無しさん:2019年09月21日 12:14 ID:HlqNMkJB0▼このコメントに返信
誤認だけでスレ作ってて草
121.名無しさん:2019年09月21日 12:18 ID:nf9Tv5pP0▼このコメントに返信
>>1はどの世界に生きているんだ?
条約で戦艦建造禁止されてから駆逐艦を作りまくってるし、条約失効後に作った戦艦はたった2隻だぞ
122.:2019年09月21日 12:19 ID:AiCVJvr00▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
123.名無しさん:2019年09月21日 12:25 ID:05efJsc00▼このコメントに返信
水雷戦目指した駆逐艦はソコソコ作ったが対潜能力がアレだし、対空防御も”敵機が来たら諦める”レベルだしで、出港すればほぼ沈められる状態だっただけ。
124.名無しさん:2019年09月21日 12:27 ID:AiCVJvr00▼このコメントに返信
>>25
井上成美見れば、全員大艦巨砲主義ではなく航空主体は分かっとった人間も沢山おるぞ。
作戦が分散した割には、レーダーなどの索敵技術が上がらんかったことと、海軍乙事件のように情報管理がでたらめ、海軍でも山本五十六や井上成美は軍政家であって、戦略家、戦術家としては無能だったことに代表されるように適材適所が徹底されるシステムになかったんや。
アメリカはニミッツが日本海軍を研究し尽くしてアメリカの有利な点を踏まえて、冷静に戦っていたが、日本はなーんもわかっとらんかったんやろ。学校で点が高いだけの軍人が出世してもあかんやろ。後は人や艦を粗末にしすぎ。
125.名無しさん:2019年09月21日 12:27 ID:05efJsc00▼このコメントに返信
※1 米軍残存=ほぼ浮いてる、日本側残存=ほぼ着底ですやん。
126.名無しさん:2019年09月21日 12:30 ID:OfU7DT.N0▼このコメントに返信
※104
軍の意に沿わない天皇の代わりなんていくらでもいる時代でなにができると
127.名無しさん:2019年09月21日 12:30 ID:lSl78TIW0▼このコメントに返信
>>114 ※114
今でも高級対艦ミサイルはそれなりに高い
だから、VLSを埋めている海軍が普通かというと、逆にめったにいない

>>78 ※78
無誘導でも多数を扇状に数撃てば、戦列を組んでる敵艦隊には必中が期待できる
だからこそ作られたのが重雷装艦
ただ、戦場に付く前に航空機でやられる立場になったのでその戦術は破棄された
128.名無しさん:2019年09月21日 12:33 ID:AiCVJvr00▼このコメントに返信
>>44
これやで。はっきりしていた戦いは全て期待以上の成果は出とる。
真珠湾
フィリピン攻略。
マレー作戦、シンガポール攻略
大陸打通作戦
インドネシア占領
負け戦でも、アッツ島の時間稼ぎ玉砕、タラオ、ペリリュー島、硫黄島、沖縄そして意外と特攻隊などはアメリカも驚く戦果やで。

129.名無しさん:2019年09月21日 12:33 ID:AiCVJvr00▼このコメントに返信
>>48
近衛があほなんが悪いんや。
130.名無しさん:2019年09月21日 12:37 ID:0U.dHhfj0▼このコメントに返信
スレ主は日本海軍にケチを付けたいだけだろ。
戦艦なんか粗方完成しているのに戦艦止めて水雷艇ばっか増やしてどうする。
131.名無しさん:2019年09月21日 12:38 ID:Ov1qY7CJ0▼このコメントに返信
嫌ってほど造ってたやん。それこそ対空専門として造るつもりだった駆逐艦にすら魚雷を積んだくらいやぞ。

で、片っ端から沈められた。
132.名無しさん:2019年09月21日 12:43 ID:kitkCx8F0▼このコメントに返信
>>131
高速輸送船に改修した軽巡にすら魚雷発射管を残していたね
133.名無しさん:2019年09月21日 12:47 ID:W0sVLeem0▼このコメントに返信
こんな発想では何回やっても結果は一緒。
134.名無しさん:2019年09月21日 12:48 ID:FRUN9uh70▼このコメントに返信
魚雷の命中率と魚雷一本の値段しらんのか
135.名無しさん:2019年09月21日 12:57 ID:0U.dHhfj0▼このコメントに返信
※133
他の発想だっていっぱい有る。抜本的に発想を変えたのが現在だ。
その結果今やアメリカは利害の一致する同盟国だ。経済も戦前と比べて遙かに戦争に有利。
これだけでも次の大戦で負けることは難しい。
136.名無しさん:2019年09月21日 12:57 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※127>>127
戦列を組んでる艦隊の艦と艦の距離って知ってるw
アウトレンジする為には10〜20キロ先から撃つ必要がある訳だが、扇状に撃って当たると思うかな
甲型駆逐艦8隻で斉射して64発、実際には次弾装填出来ないから半分の32発が精々、撃ち尽くしたらただの空箱だ
そりゃあ艦の数増やせばもっと発射出来るけど、ミットウェイや真珠湾に参加した駆逐艦の数考えたら斉射に参加できる駆逐艦ってそれぐらいだろ
雷速40ノットでレーダーで雷撃する艦隊行動見て命中までなんの回避行動しないなら、多少は損害与えられるだろうけど、机上の空論だろうな
137.名無しさん:2019年09月21日 13:00 ID:Uu9.zJn80▼このコメントに返信
駆逐艦作っても制空権がないと意味がないんじゃ? 機銃掃射だけでも大ダメージを食らう艦種なのに。
138.名無しさん:2019年09月21日 13:11 ID:MJ4ud0r10▼このコメントに返信
日本の駆逐艦はガトー級潜水艦に狩られまくったザコだから作ってもムダ
139.名無しさん:2019年09月21日 13:11 ID:5SHbH3yq0▼このコメントに返信
ソロモン海でも後半は、大型艦のレーダー照準射撃でアウトレンジされる
どのみち、42年年末までの1年こっきりなのよ、日本の優勢なんて

酸素魚雷単体じゃあ、優位を掴めないな
対空レーダー、連動の両用砲、VT信管、
対空誘導ロケット弾、
魚雷の自動誘導装置(磁気や音響など併用で、デコイに強いやつ)
追加アイテムが、いろいろ欲しい

ゲーム「提督の決断4」だと、重水雷軽巡で無双できた
夜間爆撃機が登場するまでの命だけど
140.名無しさん:2019年09月21日 13:15 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
そもそも日本海軍は駆逐艦に93式酸素魚雷を積むつもりはなかった
141.名無しさん:2019年09月21日 13:18 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※136
8隻なら斉射64発、次弾装填して合計128発では?
そして遠距離発射なので次弾装填も可能
肉薄雷撃も視野に入れた島風は自発装填なしの15射線(高速力自体は米新造戦艦対策だろうけど)
142.名無しさん:2019年09月21日 13:21 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>105
だから前方戦力より後方の護衛戦力を優先しろと?
143.名無しさん:2019年09月21日 13:32 ID:u18rcr6i0▼このコメントに返信
当時の駆逐艦の無誘導魚雷なんて、当たんねえよ!夜戦もレーダーの登場でほとんど無意味になっとるし。
しかも酸素魚雷はべらぼうに高い!高級住宅をガンガン海に捨ててるイメージ。


144.名無しさん:2019年09月21日 13:34 ID:hm1yEUbH0▼このコメントに返信
>>142
そうだよ どっちみち負けるんなら
マシな戦をやれと言う話だ
日本は基本的に防守艦隊なんだよ
馬鹿みたいに戦線を拡大して補給困難になって
戦死者より餓死や病死の方が圧倒的
戦争やる状況に陥らせたのは自爆も同然
現実に潜水艦どころかホーネットにすら海上をすり抜けられて東京空襲を許すお粗末さは
戦線拡大による警戒網の弱体化によるもの
広大な戦域のため 戦力が各地に分散して
ろくな追撃も出来なかった。
145.名無しさん:2019年09月21日 13:34 ID:IREAHOpp0▼このコメントに返信
>>68
Z計画の破棄は開戦が理由。ビスマルクの働きは関係ないよ。
146.名無しさん:2019年09月21日 13:39 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
帝国海軍の水上艦の雷撃の最大の戦果が、
陸軍の揚陸艦とゆう、笑えない結果だしな。

航空機・潜水艦は、大物喰いしてるのにな。
147.名無しさん:2019年09月21日 13:39 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※141
戦闘中は次弾装填しないよ
遠距離って言っても相手の戦艦の砲弾は射程30000だぞ10〜20キロじゃ射程の中だぞ、砲弾回避行動に影響する
そりゃあ酸素魚雷の射程限界で撃てば射程外だが、相手が全く見えない状態で撃って当たるのか?
148.名無しさん:2019年09月21日 13:41 ID:kitkCx8F0▼このコメントに返信
4連装2基を8隻で64発を扇状に統制発射すれば必中と言うのは簡単だけど恐ろしい精度を要求していないか?
149.名無しさん:2019年09月21日 13:43 ID:B9W7cVcQ0▼このコメントに返信
>>142
>敵を遥か前方で食い止めて、潜水艦の行動範囲外に資源輸送線を置ければ、そもそも護衛は要らないんだけど?

遥か前方て具体的にどこ?
史実上の太平洋戦争時の最大版図でも米潜水艦は余裕で通商破壊活動できるし
この版図の維持だけでも国力 経済力が破綻寸前だったのにさらに潜水艦が行動できなくなる
前方とは更なる戦域の拡大を意味するんだよね

150.名無しさん:2019年09月21日 13:44 ID:EUx4CivF0▼このコメントに返信
>>27
レーダーに米軍不慣れだったからね。まだ射撃用レーダーがものになる前だし。戦いが中部ソロモンに移ってからは日本側はどんどんレーダーなしで不利になるんだが。
151.コロンブス:2019年09月21日 13:45 ID:7201ahoT0▼このコメントに返信
特亜か国内の在日か、馬鹿しか書き込まないのだから
こちらも工作文章をどんどん書き込めば良いw
152.名無しさん:2019年09月21日 13:46 ID:npRNJvgY0▼このコメントに返信
そういうことは後になってわかることであってその当時ではわからない
今さらそんなことを言っても歴史は変わらない
歴史を変えられるのは中国と韓国だけだ
153.名無しさん:2019年09月21日 13:50 ID:EUx4CivF0▼このコメントに返信
そもそも駆逐艦を作れても魚雷の量産が間に合わないというネックが。
154.名無しさん:2019年09月21日 13:53 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>147
戦闘中と言うかいったん戦場を離脱してからだな

これを戦闘中とごっちゃにしてるんだろう
155.名無しさん:2019年09月21日 13:55 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
極論だと、水雷戦より、潜水艦で、開戦と同時に敵主要港を機雷封鎖すればいいんだけどね。
敵艦隊出撃する前に、戦線拡大して、防御体制固める時間稼ぎしたほうがよかっただろうにと思う。

主要国で、日本だけが、機雷を有効利用してないように思うんだが。
(特殊潜航艇で雷撃より、機雷敷設だろ普通。)
156.名無しさん:2019年09月21日 13:56 ID:oaH52YI.0▼このコメントに返信
戦艦は日本が真珠湾攻撃するまで、戦艦何隻持ってるか=海の軍事力 だったからだよ
小さな船は何隻持ってようが補助艦でしかない
欧州の戦車と日米の空母はあくまで戦争始まってから有効性が確認され進化したもの
157.名無しさん:2019年09月21日 13:57 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>141
島風が次発装填なしになったのは、そもそも二回も雷撃のチャンスはあるのか、それなら一回のチャンスになるべく多数の魚雷を撃ち込んだ方が戦果が上がるよね、って方針転換があったんだよね
158.名無しさん:2019年09月21日 13:59 ID:.SF4yDhB0▼このコメントに返信
この手のバカは砲弾と魚雷の命中率と一発あたりの価格を調べろ
魚雷オンリーとか日本が破産するわ
159.名無しさん:2019年09月21日 13:59 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※147
何のための急速次発装填装置や

高速で走る水雷戦隊に砲撃を集中して、雷撃位置に就くのを援護する戦艦や重巡をシカトするのはかなり難しいぞ
これらの砲が当たれば副砲は破壊されるし

※148
実際の理想は一個水雷戦隊駆逐艦16隻での斉射やで甲型なら128本(+旗艦の軽巡)や
160.名無しさん:2019年09月21日 13:59 ID:HNcZg1cs0▼このコメントに返信
朝鮮民族の得意な宮廷闘争だろ?
161.名無しさん:2019年09月21日 14:02 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※157
統制雷撃が現実的ではないというのは、お魚大量虐殺事件(スラバヤ沖海戦)で証明されてしまったからな…
162.名無しさん:2019年09月21日 14:03 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
※35
>>35
戦艦の主砲より、魚雷のほうが戦果上げてる。
163.名無しさん:2019年09月21日 14:06 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>143
>当時の駆逐艦の無誘導魚雷なんて、当たんねえよ!

なるほど、アメリカは馬鹿だったと言うことだね
164.名無しさん:2019年09月21日 14:12 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
駆逐艦の魚雷は、諸刃の剣。
第四艦隊のウェ-ク島攻略戦で、F4Fに撃沈される醜態さらしてるし。
165.名無しさん:2019年09月21日 14:12 ID:KpXQz3Nj0▼このコメントに返信
当時の核兵器のようなステータス
国力科学技術の粋を集めた戦艦がなければ海戦には勝てないと信じられていたし、
総数を制限する国際条約まであったことがそれを証明してる
166.名無しさん:2019年09月21日 14:15 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>159
急速装填と言っても、全発射菅に装填終わるのに一時間位掛かるんですけど?

これ戦前の演習で確認済み
167.名無しさん:2019年09月21日 14:18 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>164
如月のって、魚雷じゃなくて爆雷の誘爆じゃなかった?

それ受けて誘爆しにくい爆雷に交換されて行ってる
168.名無しさん:2019年09月21日 14:19 ID:YNOwIGkF0▼このコメントに返信
条約時代に戦艦戦力で勝ち目がないので魚雷重視になる⇒1930年代半ばで航空機がモノになってきたので乗り換える
ただ生産能力の不足から完全に切り替えることが出来ず戦艦も水雷戦隊も空母も基地航空隊も中途半端な形で戦い続けることになった。
169.名無しさん:2019年09月21日 14:27 ID:EUx4CivF0▼このコメントに返信
>>155
それも一応やってる。日本の機雷は発射管から敷設できんので、専用の敷設潜水艦でしか敷設できず数に限りがあった。しかもしかも触発信管タイプなので掃海しやすい
170.名無しさん:2019年09月21日 14:30 ID:YNOwIGkF0▼このコメントに返信
※169
日露戦争で大分トラウマ抱えてたしなぁ機雷
171.名無しさん:2019年09月21日 14:30 ID:n.PVx4.b0▼このコメントに返信
実際は作って隠してたけど使い所が無かった
まああの時代は何と言っても航空機の物量だよ
172.名無しさん:2019年09月21日 14:32 ID:YNOwIGkF0▼このコメントに返信
※131
秋月型は空母直衛艦なので可能性が少ないとはいえ水上戦を考慮して魚雷を積む必要があった。(実際役に立った、時間稼ぎぐらいだけど)
173.名無しさん:2019年09月21日 14:39 ID:.SF4yDhB0▼このコメントに返信
>>163
敵の艦砲がこっちの駆逐艦をバカスカ沈められるような近くからなら当たるんだよ、昼間に駆逐艦を肉薄させるならアメリカみたいに山ほど戦艦と空母作って支援させないと・・・
174.名無しさん:2019年09月21日 14:43 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※166
それは人力再装填の艦では?
25000mも離れれば、実質安全圏なんだから再装填できるやろ
まあ、自分のスタンスは※161で、肯定的に書いてることは理想論ばかりだけどな
175.名無しさん:2019年09月21日 14:44 ID:PmE1MSXS0▼このコメントに返信
今更なにを
後からならどうとでも言える
176.名無しさん:2019年09月21日 14:44 ID:YNOwIGkF0▼このコメントに返信
※173
アトランタ級も本来水雷戦隊旗艦ですしね。
177.名無しさん:2019年09月21日 14:46 ID:h4aJaWK60▼このコメントに返信
事後諸葛亮、しかも事実を正しく認識していない
178.名無しさん:2019年09月21日 14:48 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※172
日本海軍が戦艦や巡洋艦を空母直衛に付ける気が無かったという証左やな(やや言いがかりだけど)
まあ、対空出来て対潜出来て敵駆逐に対して砲力である程度対抗出来て、戦艦巡洋艦に魚雷で一矢報いられるという理想的な艦ではある
179.名無しさん:2019年09月21日 14:54 ID:moAcjnso0▼このコメントに返信
扇状発射は重雷装艦の戦術
艦隊決戦ありきの代物
通常駆逐艦にはそんな無駄は許してない
必中距離に肉薄しての発射が当然視されてる
混同してはいかん
180.名無しさん:2019年09月21日 14:57 ID:08Ob0qto0▼このコメントに返信
色んな技術の性能上下が入れ換わる時期だったから、難しかったんだろうな。
181.名無しさん:2019年09月21日 14:58 ID:YNOwIGkF0▼このコメントに返信
※178
秋月型は30隻以上作るつもりでしたからね。全部完成してればもっと評価は変わっていたと思うのですけれど。
182.名無しさん:2019年09月21日 15:08 ID:Q.mIM50a0▼このコメントに返信
スレ主バカだろ
日本は駆逐艦も結構作ってたし、戦艦(重巡洋艦)が目立つのは主力に沈みにくい艦があるから、それに航空機のほうが主力だったため駆逐艦も輸送警護くらいしか役に立たないが
183.名無しさん:2019年09月21日 15:09 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※154>>154
戦場離脱してまた復帰出来るとw
ミットウェイで飛竜は主力から離れていて難を逃れたけど結局仕留められちゃったからな
184.名無しさん:2019年09月21日 15:12 ID:XT37l3Gk0▼このコメントに返信
魚雷で勝てるのなら、北上大井を高速輸送船に改装しないわ
185.名無しさん:2019年09月21日 15:24 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>173
アメリカの駆逐艦って、かなりの重雷装志向なんだけど?

駆逐艦の雷装が無駄ならアメリカだって馬鹿だって事になるじゃん
186.名無しさん:2019年09月21日 15:25 ID:iHekV7vl0▼このコメントに返信
>>71
確かに、日本の国力をちゃんと考えて継戦は一年が限度、って事を最初から念頭に置いたプランを立てて進めた。しかも陸海軍だけ
じゃない、国際状勢まで有利に出来るように外交も頑張った。いい所でアメリカに調停に出てもらった。明治の人達は偉かった。
まだ航空機も潜水艦も無い、砲雷撃戦の時代の頭で昭和の海戦を考えるな、っていう意味なんだろうか。
187.名無しさん:2019年09月21日 15:27 ID:hGYvNKEn0▼このコメントに返信
回天から魚雷発射して戻って来れるようにしたら、普通に勝ててた
188.名無しさん:2019年09月21日 15:29 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>183
そういう想定だったんだよ?

突撃して雷撃終了したらいったん離脱
そして魚雷の再装填
この時、また別の水雷戦隊が突入してる想定だったからね
で、機を見て再び突撃

砲戦しながら魚雷の再装填なんて考えてないよ

コロンバカラ夜戦だっけ、いったん離脱して再装填して再び雷撃に成功した海戦は?
189.名無しさん:2019年09月21日 15:35 ID:kyzFfAQy0▼このコメントに返信
映画のステマか?
190.名無しさん:2019年09月21日 15:42 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>174
再装填装置があるんだから早く出来るはず、でやってみたらそれほど上手く行かなかった、ってはずだけど

>25000mも離れれば、
戦場って言い方の捉え方次第だけど、ドンパチやってるとこから少し離れた程度
のつもりで行ってるよ
距離にすればこんなものかもう少し遠いか

ってとこかと
191.名無しさん:2019年09月21日 15:44 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>187
それは甲標的なのでは?
192.名無しさん:2019年09月21日 15:46 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※190
実験した艦名(せめて艦型)と出来れば実験時の状況plz
193.名無しさん:2019年09月21日 15:49 ID:TuJzA8150▼このコメントに返信
>>1
後知恵にしてはレベルが低い。
194.名無しさん:2019年09月21日 16:09 ID:TuJzA8150▼このコメントに返信
wiki によると
日本は戦闘機 78000機つくり
米国は同上  30万機つくった。
GDPは十分の一から15分の一だったにしては頑張った。
戦闘員も頑張った。ペリリュー島・硫黄島・沖縄本島は地下深く潜り
統一した作戦で戦い日本軍の強さを印象づけた。
この流れはベトナム戦争指導に及び、ベトコンは日本軍が戦ったように戦った。
中野学校卒業生がベトナム軍を作戦指導したことは間違いない。(手元に証拠はない)
沖縄陸戦で何をとち狂ったか突撃作戦を指導した莫迦な参謀がいた。これがなければ
まだまだ戦えた。
一方、航空兵もここに日本人ありと気迫の突撃を敢行した。(神風特攻)
沖縄海戦では40隻の撃沈・368隻の中破・大破を出し、敵航空母艦の作戦を封じ込め
沖縄海域から出られなくした。沖縄の地下に潜った兵隊は夜間そっと海を見て閃光が上がるたび
「やった、友軍が敵艦に突撃したぞ」と涙を流して決意も新たに戦ったそうだ。切ないな。
195.名無しさん:2019年09月21日 16:10 ID:HCVnU5NK0▼このコメントに返信
日本のエンジンボロだよ、一升瓶にオイル入れて空中給油。冷えている時は精度が出ていてもエンジンがあったまるとガタガタになったり
一昔前のスバルのエンジンと同じ。オイル漏れが無くなるのに100年
196.名無しさん:2019年09月21日 16:30 ID:ppTmC.1a0▼このコメントに返信
※187
小型潜水艇って航続距離が短くて速力が遅く使い物にならなかったと聞いたぞ
197.名無しさん:2019年09月21日 16:33 ID:kitkCx8F0▼このコメントに返信
※187
甲標的というんですよ、それ
198.名無しさん:2019年09月21日 16:35 ID:O.rR2Gdl0▼このコメントに返信
>>151
よっ馬鹿の代表w
199.名無しさん:2019年09月21日 16:39 ID:oco0eGPf0▼このコメントに返信
駆逐艦だけで海戦に勝てるなら
日本よりお利口さんな世界各国がこぞってそうしてるよなぁ
200.名無しさん:2019年09月21日 16:50 ID:YNOwIGkF0▼このコメントに返信
※199
 万能兵器なんてないですからね。色んな兵器が苦手を補い合う体制が大事。
201.名無しさん:2019年09月21日 16:50 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>192
ごめん、そこまで直ぐには調べきれない
202.名無しさん:2019年09月21日 17:02 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※201
んー、戦前言うても特型の人力装填で予備魚雷引っ張り出して装填しました、と
甲型で理想的な条件で再装填して1時間かかりましたでは意味が違ってくるんで…
それに発射~再装填だけの時間か、発射~一時離脱~再装填~再度射点を占位して射撃号令出るまでで全然違うし
203.名無しさん:2019年09月21日 17:02 ID:5SHbH3yq0▼このコメントに返信
※186 明治の脳みそだと、臥薪嘗胆を選んで、対米英開戦は見送られるかと
(明治三国干渉、いまだ不平等条約、大学は全部英語、お雇い外国人だらけ)

白人列強国と対等国だとうぬぼれた、
昭和の脳みそだからこそ、開戦しちゃったわけで
(一等国! 常任理事国! 東亜新秩序!)
勝ち目があると錯覚するだけの根拠はあったんだよな、戦前日本
204.名無しさん:2019年09月21日 17:09 ID:phGdq2J50▼このコメントに返信
>なんで見栄張って巨大戦艦ばかり作ったんだろうな

始めの一行で読む気失せた

軍オタなら、この意見が間違いであることは理解しているだろう
日本海軍が、他の国の海軍と比較して「巨大戦艦ばかり作った」という事実は無い
205.名無しさん:2019年09月21日 17:17 ID:RSTFgwCM0▼このコメントに返信
どちらにせよ絶対勝てないから
206.名無しさん:2019年09月21日 18:01 ID:tZE7Z13M0▼このコメントに返信
そのときあめりかは、
・おおきなせんかんをいっぱいつくった。
・おおきなくうぼもいっぱいつくった。
・ちいさなくちくかんやぎょらいていもいっぱいつくった。
・おおきなばくげききもせんとうきもいっぱいつくった。
・へいたいやぱいろっともたくさんようせいした。
ぼくはもうねようね。
207.名無しさん:2019年09月21日 18:03 ID:eSMpkLV20▼このコメントに返信
それより潜水空母やろな
あと風船爆弾も続けるべきじゃった
208.名無しさん:2019年09月21日 18:04 ID:B3nJ5fnD0▼このコメントに返信
そもそも駆逐艦の酸素魚雷だって戦艦の主砲並に役に立たなかったじゃねーか!!
209.名無しさん:2019年09月21日 18:04 ID:FoNs2hsf0▼このコメントに返信
>>202
再装填装置使っての話だったと思う
そして単艦ではなく水雷戦隊全艦の準備が揃うまでの時間だったかと

多分丸で読んだと思うんだけど、今は古い奴捨てて、一年分位しか残さないようにしてるから確認取れない

ただ、嘘ついてるつもりはない
210.名無しさん:2019年09月21日 18:09 ID:B3nJ5fnD0▼このコメントに返信
太平洋戦争で一番役に立った艦種が空母で、次が重巡
駆逐艦は数が多かったから武勲艦もあるにはあるが、全体で見るとほとんど役に立ってねえよ
211.名無しさん:2019年09月21日 18:28 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
※210
>>210
代替輸送艦として頑張ったのに・・・・
212.名無しさん:2019年09月21日 18:29 ID:tZE7Z13M0▼このコメントに返信
※210
金剛級もよく働いたと思うよ。
機動部隊の護衛には常に付いていたし、アメ戦艦との殴り合いもやったしね。

※209
確か再装填装置を使って40分だったとかだと思う。
ただし、雷撃後に再装填する訳で、離脱時に的の砲撃を交わすのに急旋回なんかを続けると、
そんな時間では無理やったみたい。
213.名無しさん:2019年09月21日 18:33 ID:dcEUcUTJ0▼このコメントに返信
そもそも、潜水艦による漸減作戦と海上艦艇による艦隊決戦って考えだったからな。
実は、空母機動部隊によるアウトレンジ攻撃による戦いが主役になった時点で
潜水艦も、斬撃作戦という古い考えを捨てて、通商破壊専門にすべきだった。
まぁ、それは日本人の気質的に無理だったのだ。
その結果、当時の日本の潜水艦は航続距離とか、魚雷の性能で、性能面では世界一の水準だったが、運用面が最悪だった。
長い航続距離と活動時間、阿保みたいに強力な酸素魚雷、他国の艦より魚雷を多く詰める艦体、とUボートよりも通商破壊向きだったのにね。
214.名無しさん:2019年09月21日 18:35 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
※181
>>181
帝国海軍だろうが、アメリカ海軍だろうが、4~5int対空砲は、ほとんど意味無い。
鳴り物入りのVT信管も効果不明だし。
215.名無しさん:2019年09月21日 18:38 ID:lSl78TIW0▼このコメントに返信
>>213 ※213
通商破壊の効果が出ないアメリカが相手だったからしょうがない
日本も多少はやろうとしたけど、アメリカ西海岸やインド洋に展開するのは遠すぎ
一方で前線向けの輸送船団の護衛は強力でこちらも手が出なかった
216.名無しさん:2019年09月21日 18:40 ID:aVVjliTQ0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃の8日後に大和、10ヶ月後に武蔵が就役、参戦した戦艦が合計12隻、大和型以外の10隻はすべて大正時代に建造され艦齢20年以上
それしか戦艦ないのになに言ってるんだか
ついでに言うとUボートをコピーしようとドイツから買ったが日本の技術じゃできなかったっつーの
217.名無しさん:2019年09月21日 18:41 ID:BHKeMCD00▼このコメントに返信
世界最強最精鋭の水雷戦隊を擁してたのに戦のカタチが変わってしまってて、ろくに運用出来なかったのよ。
218.名無しさん:2019年09月21日 18:45 ID:B64ussBY0▼このコメントに返信
アメリカ潜水艦隊も通商破壊には不満タラタラで増配してやっとこさ士気を維持する有様だった
219.名無しさん:2019年09月21日 18:48 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
※97
>>97
空母さんが、30Kt以上だすのは、艦載機の発着艦のときのみ。
このときの護衛は駆逐艦(トンボ釣り用)なので、戦艦は無理に随伴する必要ない。
そして、最高速度て、直進時の話。
回避行動中に、トップヘビーの空母が全速なら、横転沈没します。
220.名無しさん:2019年09月21日 18:49 ID:B64ussBY0▼このコメントに返信
※216
そもそもUボートは種類にもよるが船体規模が小さすぎる。本当にボートかよというものまである。
広大な太平洋で使うには不便すぎる
221.名無しさん:2019年09月21日 18:51 ID:B64ussBY0▼このコメントに返信
※219
当のアメリカがそんな高速でない戦艦を空母の護衛につけてましたしね
222.名無しさん:2019年09月21日 18:53 ID:bgsZ7ExG0▼このコメントに返信
大和型がデカイデカイ言うても一見見た目はアイオワ級より小さいし、艦橋の高さだって山城や長門級より低いし、、、
ただ、防御用の装甲が、、46サンチ主砲等が、、、、ッツウだけやぞ。
上空から見たらそりゃあの当時の戦艦、空母含めて確かに幅広では有るが。
デカイ戦艦は二隻しか作ってないしな。
イッチはただの物知らずなだけと言うのがなぁ。
ッツウか別に勝たんでも良いやろ。
勝ってたらどうなってたのかなぁ?
今だに軍国主義だったかも知れんぞ。徴兵制とかな。
今は韓国がウザっタイだけで、北朝鮮は割と話は出来ると思うで。(密かに接触はしてるみたいだしな)
だいたい得意の魚雷っつうのもそんなに命中率高かったのか?
本当に勝つ気が有ったなら真珠湾攻撃一波だけで終わって無いよ。そのままハワイ制圧してアメリカ本土攻撃や。
西海岸、パナマ運河を艦砲射撃。太平洋制圧。
ただな、戦争で日本は焦土化した。だからこそ今が有る。ある意味で、日本は戦争のおかげで今に至ってる。
敗戦国やぞ?なのに何で今この地位に居るかやで。

223.名無しさん:2019年09月21日 18:57 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
※127
>>127
>無誘導でも多数を扇状に数撃てば、戦列を組んでる敵艦隊には必中が期待できる
これって、敵艦隊が、増速や回避行動(反転含む)とったら、絶対命中しないのに、
海軍の水雷科の連中は、そうゆう想定せずに雷撃研究・練習してたのか?
224.名無しさん:2019年09月21日 19:03 ID:HPN.kPVf0▼このコメントに返信
実は日本が昭和に入ってから作った戦艦はたったの2隻という貧乏ぷりなのに
残りは大正以前のものばかりというのは意外とみんな気が付かない
(アメリカは太平洋戦争始まってからも作ってる)
225.名無しさん:2019年09月21日 19:05 ID:LIMQwf8H0▼このコメントに返信
※223
予想行動範囲を全部塗りつぶすように発射するんやで
なので一度に百本以上発射推奨なわけ
そうじゃなきゃ肉薄雷撃、3~4分で到達するから艦隊で反転は無理
226.名無しさん:2019年09月21日 19:20 ID:RDhrCZt.0▼このコメントに返信
駆逐艦の建造数増やしたところで空母がいないのならクソでは?南雲は訝しんだ
227.名無しさん:2019年09月21日 19:22 ID:j3F.uvXh0▼このコメントに返信
遠距離からの統制雷撃は対米開戦前には
「これ駄目だな・・」となって放棄してるけどね
228.名無しさん:2019年09月21日 19:26 ID:xamJvzJ80▼このコメントに返信
魚雷駆逐艦?そんなものより航空戦艦と瑞雲の量産でいいじゃないか
229.名無しさん:2019年09月21日 19:26 ID:B64ussBY0▼このコメントに返信

>片側集中攻撃だぞ アメリカは頭よかったよ

当のアメリカ側が「特にそういう指示はなかった」と言っている
あれは単なる「死ぬまで殴れば死ぬ」メソッドに過ぎない
230.名無しさん:2019年09月21日 19:32 ID:tZE7Z13M0▼このコメントに返信
※215
ドイツのUボートですらアメが参戦して、あほみたいに護衛空母を船団に着けだしたらお手上げやったからな。
大戦初期に西海岸沖でなんぼかスコア上げたけど、根拠地から遠すぎ。
231.名無しさん:2019年09月21日 19:35 ID:5jXY.ZEV0▼このコメントに返信
帝国海軍が駆逐艦オンリーで建艦を頑張っても、アメリカ海軍は5倍の巡洋艦と20倍の護衛空母で叩き潰しに来るよ。
232.名無しさん:2019年09月21日 19:39 ID:tZE7Z13M0▼このコメントに返信
※221
空母加賀の最高速度知ってる?
大和と同じ。
つまり、加賀を含めた機動部隊の、艦隊としての最高速度は27ノット程度。
まさか海戦の際に、加賀だけ置いて逃げる訳にはいかんで。
233.名無しさん:2019年09月21日 20:08 ID:lSl78TIW0▼このコメントに返信
>>226 ※226
空母があったところで搭乗員がいなければクソなのでは? 大西は訝しんだ
234.名無しさん:2019年09月21日 20:11 ID:lSl78TIW0▼このコメントに返信
>>232 ※232
瑞鶴「私は逃げさせてもらいます」
短時間の回避・逃走時は基本個別判断
スコールや雲下に逃げれる艦は逃げる
何も一緒に攻撃を受ける必要は無い
235.名無しさん:2019年09月21日 20:14 ID:qCPVrwf70▼このコメントに返信
またいつもの「大和がぁ~」だったw
236.名無しさん:2019年09月21日 20:16 ID:v.tt6QGV0▼このコメントに返信
※213
酸素魚雷って通商破壊戦には不向きなんですよ。
コスト高いし、無駄に長射程だし(潜水艦では大遠距離の雷撃なんてできない)
酸素の取り扱い怖いし
それより安価で無航跡の電池魚雷がベスト。それに信頼性の確保できる磁気信管があればベター
つまりドイツのUボートが最適。
237.名無しさん:2019年09月21日 20:18 ID:wFheNdLi0▼このコメントに返信
漁船やボートに乗った事のある人なら少しで時化れば魚雷艇なんか役に立たないのが分かる。
二式大艇が着水できるレベルの波じゃないと照準も難しいし乗員の疲労も激しい上に燃料の消費も早い
当時のアメリカみたいに高性能エンジンと合板技術を持っていれば高性能の物が作れるが
日本のレベルだとスピードが出ないエンジン、船体もショボイので波浪で破損、
例えボロくて数が用意できてもフィリピンの諸島群以外運用に適する場所がないと思う。
238.名無しさん:2019年09月21日 20:19 ID:v.tt6QGV0▼このコメントに返信
※222
残念ながらハワイ制圧は大本営で陸海軍協同研究の結果、無理判定がでました。
次等の策がミッドウエー作戦だったんだけど、結果は皆さま知っての通り。
239.名無しさん:2019年09月21日 20:23 ID:v.tt6QGV0▼このコメントに返信
※237
戦後の自衛隊も魚雷艇には見切り付けましたしね。
ただ英海軍の砲艇とかモーターランチ的な小型艇があればソロモンやフィリピンでは使えたと思う。
240.名無しさん:2019年09月21日 20:26 ID:j0Jb676A0▼このコメントに返信
酸素魚雷も作るのめんどくさくてあんまり量産できないから
駆逐艦そろえても一回撃ったら終わりになりそう
241.名無しさん:2019年09月21日 20:33 ID:I5Pytr7F0▼このコメントに返信
日本の5500トン型軽巡群より新しいアメリカのオマハ級軽巡は、戦争が起きなければ1941年に退役する予定だった
他国なら退役してるレベルの産廃船に、魚雷を積もうが、機銃を積もうが、無駄

242.名無しさん:2019年09月21日 20:37 ID:qCPVrwf70▼このコメントに返信
※241
>>日本の5500トン型軽巡群より新しいアメリカのオマハ級軽巡は、戦争が起きなければ1941年に退役する予定だった
>>他国なら退役してるレベルの産廃船に、魚雷を積もうが、機銃を積もうが、無駄
まだ本人いるのかな?
よく読み返して欲しいが・・・文章変じゃね?
243.名無しさん:2019年09月21日 20:45 ID:v.tt6QGV0▼このコメントに返信
※241
せや輸送艦にしたろ。
まあアッツ沖海戦でも5千500トン級軽巡は30ノットでなくくて遅れをとってますからな。
244.名無しさん:2019年09月21日 21:14 ID:2lJKTND20▼このコメントに返信
※241
オマハ級は就役こそ川内型より後だが実際には球磨型より基本設計は古い旧式艦
※242
下の行は重雷装巡洋艦に改造された北上、大井のことを言っていると思われる
※243
アッツ島沖海戦は油断から缶圧落としてたのが原因で5500t軽巡が老朽化してたわけじゃないが
245.名無しさん:2019年09月21日 21:14 ID:oZ5EwUBn0▼このコメントに返信
WW2以前→戦艦の時代
WW2→空母と潜水艦の時代
日本が戦艦を作っていたのはWW2以前。
ただ、日本の酸素魚雷は性能は良かったけど高価だった。あと命中率も悪かった。駆逐艦を大量生産しても戦局は変わらなかっただろう。(アメリカが海軍増強したのはWW2になってからだからね...)
246.名無しさん:2019年09月21日 21:20 ID:v.tt6QGV0▼このコメントに返信
※244
243ですまあアッツ沖海戦に関してはそうなんですが、旧式化してたのは日本海軍も認めてたわけで。
いやアッツ沖海戦の問題がもっと別のところにあるのも確かなんですが。
※245
酸素魚雷だけが命中率悪かったわけではないけどね。無誘導魚雷を遠距離で撃ったらなんにせよ当たらないという話で。
247.名無しさん:2019年09月21日 21:21 ID:Kpw7VcIn0▼このコメントに返信
敵の巡洋艦と渡り合えたとあるが実際に駆逐だけで巡洋艦倒せたのってルンガ沖ぐらいか
日本はどちらかと言うと駆逐より重巡の方がすごいよな
ほぼ全ての海戦に顔を出しときながらレイテまで圧倒的生存率
駆逐は数は多いが個別に見ると戦果は大したことない
勿論ネズミ輸送など本来の目的と違う運用をされたせいでもあるが
248.名無しさん:2019年09月21日 21:31 ID:v.tt6QGV0▼このコメントに返信
※247
その割に役に立たないで撃沈されたのが日本の重巡
249.名無しさん:2019年09月21日 21:37 ID:Wc9MC8kH0▼このコメントに返信
真珠湾の時点で『戦艦よりも空母と艦載機群の方が強い』と米国は気づいたからなぁ。

しかも合成ゴムの開発に成功した(これにより心臓部の肝なオイルパッキンが作り放題)ので
バンバン兵器を造れたから、日本が資源を回して駆逐艦を作っても米軍機に潰されてアウトだ。

名駆逐艦だった島風の最期も「米軍機の機関砲でハチの巣」だったし。

250.名無しさん:2019年09月21日 21:46 ID:kW5oYw6.0▼このコメントに返信
このイッチは頭おかしいの?
俺の知ってる歴史とは違う世界線なんだけど
251.名無しさん:2019年09月21日 21:50 ID:qCPVrwf70▼このコメントに返信
※249
>>しかも合成ゴムの開発に成功した(これにより心臓部の肝なオイルパッキンが作り放題)ので
>>バンバン兵器を造れたから、日本が資源を回して駆逐艦を作っても米軍機に潰されてアウトだ。

それじゃ合成ゴムですべてを賄えるみたいな言い方だけど
全部天然ゴムの代替に出来たわけじゃ・・・
252.名無しさん:2019年09月21日 22:11 ID:RDhrCZt.0▼このコメントに返信
※233
何故本スレとコメント欄に返信しているのか?名無しは訝しんだ
253.名無しさん:2019年09月21日 22:16 ID:2Dn2ISHm0▼このコメントに返信
※246
重巡の建造優先したから後回しにはなったけど、いざこれから更新しよう
ってとこで開戦だったからね
254.名無しさん:2019年09月21日 22:33 ID:lSl78TIW0▼このコメントに返信
※252
携帯で見る時は>>がついてると関連つけられて見やすい
※がついてるとPCでみやすい
混在させてるこのサイトが悪い
255.名無しさん:2019年09月21日 23:34 ID:f5CYbsti0▼このコメントに返信
※237
>>237
揚子江で使えるんだから、日本研究すべきだったんだよ。
揚子江流域の租界の防衛は、海軍担当なんだし。
256.名無しさん:2019年09月21日 23:57 ID:2Dn2ISHm0▼このコメントに返信
※255
そこは河用砲艦の担当だったから
さらに陸上部隊への支援砲撃も重要で76㎜や120㎜クラスの砲が必要
魚雷艇ではそれが満たせない
257.名無しさん:2019年09月22日 00:11 ID:wNlvgoa50▼このコメントに返信
※255
 上海で中国軍魚雷艇に襲撃されて、日本海軍も魚雷艇開発に手を染めたんですが。
開戦時には6隻程の魚雷艇持ってましたよ。
 ただね技術的に高性能を引き出せなかったのと、量産特にエンジンの量産がうまくいかなかったのがね。
日本には軍用高速艇建造のノウハウが乏しかったんですよ。海自でさえ満足できるものが作れなくて
最後は英国の高速艇を輸入し、改良してようやく魚雷艇をものにできたくらいで。
 それに必要なソロモンの戦いの時に、数を揃えることができなかったのが痛い。
数だけなら、終戦時には二百隻程の魚雷艇が日本にもありました。

258.鎌倉幕府:2019年09月22日 01:00 ID:6ucsJX2u0▼このコメントに返信
当時に生きていたら、俺もただの一兵卒だったろうな。。
259.名無しさん:2019年09月22日 01:27 ID:G.EoMP410▼このコメントに返信
そんな合理的なことをしたら造船業が儲からないじゃないか
260.名無しさん:2019年09月22日 03:55 ID:sy4IBKbP0▼このコメントに返信
大和作るのやめてその分駆逐艦作ったぐらいでアメリカに勝てるわけあるか馬鹿じゃねーの
戦略爆撃と通称破壊で日本の国力削りながら戦艦も空母も飛行機も戦車も勿論駆逐艦も大量生産して
数で圧倒した上で一個一個しらみつぶしに島落とされて、本土丸裸にされてそうやって負かされたんじゃねえか
駆逐艦数隻でどうやって防げんだよ
261.名無しさん:2019年09月22日 07:12 ID:dlBSrr8M0▼このコメントに返信
で、駆逐艦の雷撃で敵の戦艦撃沈したことがあるんですかね?
262.名無しさん:2019年09月22日 08:15 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
視覚的に見える戦艦が存在することで、潜水艦のいる海域に艦艇を誘い込める。

戦艦が居る事で、その周囲では、行動を制限できる。

同様に潜水艦の存在を意識する事で、戦艦に対して、完全な対応ができなくなる。

基本中の基本ですが?
263.名無しさん:2019年09月22日 08:18 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
最初から最後まで、戦艦は、陸上の基地を攻撃するために使われている。

陸上の固定砲台の射程の外側から攻撃するために、大鑑巨砲が絶対不可欠だった。

陸上の基地を攻撃されないように優先的に戦艦を破壊する必要がある。

よくわからんけど、この辺を知らないのかな?
264.名無しさん:2019年09月22日 08:23 ID:ktNgvWrP0▼このコメントに返信
>>88
つ「大鳳、雲龍型」
結局は艦載機とパイロットが尽きるからどうにもならん。
265.名無しさん:2019年09月22日 08:26 ID:ktNgvWrP0▼このコメントに返信
>>89
「RPGがあれば戦車にも勝てる」みたいな、結局はワンチャン狙いでしかないわな。
戦術的にはともかく、戦略的に盤面をどうにか出来る兵器ではないな。
266.名無しさん:2019年09月22日 08:31 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
誤解してるやつが多いのか、よくわからんけど、地上攻撃用の戦艦を護るために他の種類の艦艇が護衛艦をしている。 全部、戦艦の護衛用だぞ?
267.名無しさん:2019年09月22日 08:34 ID:ktNgvWrP0▼このコメントに返信
>>155
敵主要港って、ハワイや米西海岸までどうやって封鎖するだけの部隊送るの?
日露戦争の旅順とは訳が違うぞ。
268.名無しさん:2019年09月22日 08:43 ID:ktNgvWrP0▼このコメントに返信
>>207
西海岸の極一部で山火事起こす程度じゃ何ら影響無いだろ。ネタバレして対策取られて完、がオチやな。
(実際、風船爆弾は生産地割り出されて徹底的に空襲食らった。)
269.名無しさん:2019年09月22日 08:45 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
日本で、戦争を主導していたのは、アジア各地から日本に亡命してきていた連中なんだ。

アジアを開放するのに、必要なことに、日本の安全は含まれていない。

異国人部隊が、大陸に進出して、インドに到達して、終わった。

日本人(一級日本人以外)になった連中が、日本人(一級日本人)を犠牲にして、アジア人の母国を開放した。

日本の島民から見たら、そういう話だよな?
270.名無しさん:2019年09月22日 08:47 ID:ktNgvWrP0▼このコメントに返信
>>236
魚雷勿体ないから浮上して機銃ぶちかませ、なんてのも普通にあったしなぁ。
271.名無しさん:2019年09月22日 08:47 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
敵の港を封鎖すると日本の敗戦にならないので、日本に過度の負担を強いる事になる。

だから、敵の母港は、封鎖しないよ。
272.名無しさん:2019年09月22日 08:56 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
日本は、イギリス傘下の国なので、アメリカがイギリスの下に居る限り、アメリカとは、同盟関係になる。

日本と言っても、複数のアジアの国の奴が亡命してきてるから、イギリス船を襲っても、不思議はない。

日本は、もともと、スペインと友好関係を結んでいたが、スペインが、イギリスに敗れたので、日本は、イギリスの傘下になった。

世界の覇者と主従関係を結ぶのは、日本の特殊性みたいなものだ。

中国が、覇者だったときは、中国と結び、元が中国を征服すると、元と国交を結び、日本に亡命してきていた、中国人と韓国人が、元と戦った。

アラビアが世界の覇者だったときは、遠いアラビアまで、使節を送って通商してる。 そういう国だ。

エジプトが覇者だったときは、イザナミイザナギの話に載ってるように陸路であそこまで行ってる。

そういう認識であってるよな?
273.名無しさん:2019年09月22日 08:58 ID:ktNgvWrP0▼このコメントに返信
>>266
戦艦の一番の役割は「制海権の確保」であって、地上砲撃は最終目的でしかない。
圧倒的Fwたる戦艦で制海権を押し上げることで、後方の制圧用陸上部隊の輸送をスムーズに行うのが基本戦略。
274.名無しさん:2019年09月22日 08:58 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
日本に金貨があるのは、アラビアの影響。 日本に、銀貨があるのは、ローマの影響。 日本に銅貨があるのは、中国の影響。
275.名無しさん:2019年09月22日 09:01 ID:ktNgvWrP0▼このコメントに返信
>>263
あいにくだが陸上の砲台の方が、艦砲射撃より威力、射程、命中全てが基本的に上。
戦艦の主砲は、あくまで戦艦同士の殴り合いが目的。
276.名無しさん:2019年09月22日 09:05 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
>>273
読んでたら、なんか勘違いしてそうな記述が幾つかあったので、書いてる。 273さんはたぶんその認識であってる。
277.名無しさん:2019年09月22日 09:07 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
>>275
同じことを陸上でやりたいなら、カールグスタフがやってる。 275は、あれがやりたいのか?

船で砲台を運んだほうが、楽だから船で運んでいる。
278.名無しさん:2019年09月22日 09:12 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
カール自走臼砲と列車砲グスタフね
279.名無しさん:2019年09月22日 09:15 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
あと ヨーロッパと違って、アジアの日本が、攻撃する陸上基地にそんなでかいのは必要ないから、戦艦の巨砲で十分なんだ。
280.名無しさん:2019年09月22日 09:46 ID:ktNgvWrP0▼このコメントに返信
>>279
基地自体はデカくなくとも要塞砲は別だろう。
オアフ島については(攻略の是非はともかく)散々語られてるし、米も艦砲射撃じゃ陸上砲撃を沈黙せしめるには至ってない(ペリリュー島しかり)。
戦艦こそ関わってないがウェーク島なんかは一度は海側(夕張および随伴駆逐)が砲台の前にほぼ完敗してる。
281.名無しさん:2019年09月22日 10:26 ID:aWfWovtS0▼このコメントに返信
※279
旧軍が旧型戦艦の主砲で固めた沿岸要塞攻略にそれより大型の41cm砲搭載の長門型で卓上演習した結果が長門型が何隻あっても足りないだぞ
282.名無しさん:2019年09月22日 11:38 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
アジア向けの戦艦の評価をアメリカの基地の話で評価してる理由がよくわからん。

基地vs艦砲の卓上演習したやつが未熟だったという話を聞いているが、それはどうなんだ?

確か、軍でやったら、艦砲のほうが強いという話だったと聞いている。

そもそも、その話って、戦艦、駆逐艦、巡洋艦が、基地の砲台を引き付けて、地上部隊が基地に突入する助けにするって話の与太話だろ?

なんで、単品で戦争しようとしてんだ? その戦艦。
283.名無しさん:2019年09月22日 12:53 ID:s4JXlbRG0▼このコメントに返信
※282
>>282
>基地vs艦砲の卓上演習したやつが未熟だったという話を聞いているが
>軍でやったら、艦砲のほうが強いという話だったと聞いている。

そっちの話がよく分らんよ。ソース出せるか?
要塞砲vs艦砲は、真珠湾攻撃想定時にオアフ島ウィルソン砲台想定の対馬・豊砲台(赤城から降ろした41㎝砲(一基二門))で検証した結果、
「長門型四隻分」と算定された。
航空機攻撃なんて当時の常識じゃ博打じみた作戦になったのはこの検証があったからだよ。
284.名無しさん:2019年09月22日 14:06 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
長文書いてたら、どうでもよくなってきたな。

ソースと言われても。 それ喋ったの、後方の通信関係担当してた爺だよ。 もう死んだけど。

その卓上演習の話は、戦後に書かれた空想小説が、元ネタのはずだぞ。 そもそも、かなりの部分が、空想なんだが。

帝国主義の時代だと、そういう話を実話として書くと、名誉にかかわるので、殺人が起きる。

執筆者が死ぬ気で書いたなら話は別だが、通常は、当時の人間ならだれでも嘘とわかるレベルの空想小説でしかお目にかかれない。

帝国時代の物書きって、命懸けだからな。 今みたいなペーペーでもできるのと同じに考えてやるなよ。

艦砲でハワイを攻撃する案は、実際のハワイ攻略の話よりも相当前のはずだな?
285.名無しさん:2019年09月22日 14:07 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
あの島は、ずっと要塞化を進めていて、前と後でかなり違う。

計算後の短期間で、さらに要塞化してて、計画時の計算と合わなかったので、予定を変更して、航空爆撃で、計画通りになるようにつじつま合わせした。

だったはずだが、何が起きてるんだ?

日本は、世界で、最初に空母を作った事になってるんだが、その作戦を博打と思ってるとすると、空母を作った意味がわからなくなる。

他に作るモノあるのに。 どうしてそうなった?
286.名無しさん:2019年09月22日 14:37 ID:RDokUhMy0▼このコメントに返信
※268
風船爆弾には細菌兵器を積むプランもあったようだ。
細菌爆弾だと破裂した時の熱で細菌が死ぬから、土器に細菌を詰めた物を開発したとか。
狙いは水源池。
嘘か本当かは知らんが。
287.名無しさん:2019年09月22日 14:41 ID:RDokUhMy0▼このコメントに返信
※222
大和は小さいんやで。
主砲サイズの割にな。
艦が大きくなると
・材料が沢山要る
・乗組員も沢山要る
・燃費が悪くなる
・大きなエンジンが必要
・砲戦時、的が大きくなる
等々ろくな事は無い。
大和を小さく作れた事が日本の技術。
288.名無しさん:2019年09月22日 17:50 ID:wNlvgoa50▼このコメントに返信
そもそも卓上演習てなんだよ。兵棋演習か図上演習だろ。もしくは机上演習だろ。
この間違いだけで説得力失うぞ。
289.名無しさん:2019年09月22日 17:51 ID:nCJhDV600▼このコメントに返信
大和の建造やめて浮いた予算で不知火型作ったとして、建造できるのは10隻くらいでは
武蔵の分併せて20隻 アメリカに勝てるのか
290.名無しさん:2019年09月22日 19:45 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
たぶんあれじゃねぇかな? 電算機のシュミレータ上でやるやつ。 そう思ったから、281が使ってる単語をそのままにしたけど。 うちは、レトロに机上演習って呼んでるな。
291.名無しさん:2019年09月22日 19:48 ID:yAPZJX9C0▼このコメントに返信
大抵の大型砲の砲身って、イタリアから輸入するから、アフリカ沖で沈むんだよな。
292.名無しさん:2019年09月22日 21:03 ID:QEvKYtl00▼このコメントに返信
※291
>>大抵の大型砲の砲身って、イタリアから輸入するから、アフリカ沖で沈むんだよな。
ちょっと何言いたいのか分からない・・・
293.(´・ω・`):2019年09月23日 02:37 ID:qyzaFexO0▼このコメントに返信
>>34
音速以上で飛翔する砲弾と、高々数十ノットの魚雷で遠距離雷撃戦する難易度の違いは理解しとけよ。明らかに後者の方があたんねえよ(´・ω・`)
294.名無しさん:2019年09月23日 19:45 ID:w310oaYV0▼このコメントに返信
※287
菅田将暉「でも大和に十代な欠陥があるから」
295.名無しさん:2019年09月24日 11:50 ID:BwG0iGYA0▼このコメントに返信
輸入できなかったら、海で使える武器が、航空機と魚雷と短距離砲しかなくなるよ。

大体、戦艦が、船と戦うのって、TVショー用に企画されたものだから、そこまで真面目に砲戦を議論しても意味ないぞ。
296.名無しさん:2019年09月24日 14:39 ID:hhtI3RpZ0▼このコメントに返信
現在ハイテク小物の産業が弱いのは消費税によるところも大きい。
工作機械、材料、部品、エネルギーといろんな場所に消費税かかるから、コストが半端ない。
297.名無しさん:2019年09月26日 04:02 ID:iPXwQQ4y0▼このコメントに返信
それなら、間違っても、量産空母飛行機での消耗戦に持ち込ませず、
日米で砲雷撃戦艦隊決戦で決着つけざるを得ないように戦略戦術の段階から
作戦練らんとどうしようもない。
すご~い~駆逐艦量産しました。でも、飛行機同士での消耗戦になって
駆逐艦の出番ありませんでした。じゃボロ負け。

お名前