2019年11月08日 09:05

戦国時代の馬はポニー並みだったか問題という永遠に決着しない難題

戦国時代の馬はポニー並みだったか問題という永遠に決着しない難題

20180802120857

引用元:戦国時代の馬はポニー並みだったか問題という永遠に決着しない難題
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1568350151/

1: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:49:11.45 ID:YC284Pv3a
戦国時代は騎馬隊が最強だった!
 ↓
日本の馬は小さいので騎馬隊なんか作れない、ただの移動手段だった!
 ↓
小さくても山道を徒歩より早く移動出来る強靭さがあった!短時間なら騎馬戦闘も可能!←イマココ

2: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:51:16.52 ID:ji5Ih/IOa
ポニーだからねぇ

3: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:51:19.62 ID:WOyQqVWA0
小さいから騎馬隊作れないってのは暴論ちゃうか

4: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:51:26.44 ID:vDXQe5Ecp
そもそもが人類が昨今想像するような馬を扱うようになったの最近やし

5: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:51:47.02 ID:4BKDLaJK0
武田の騎馬軍団と長篠合戦とはなんだったのか

15: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:54:13.85 ID:ZYLklfkFa
水牛みたいな馬ならつよそう
なお速度

16: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:54:19.69 ID:/INkYA6/M
でも絵巻とかの馬は現代の馬に似てない?

20: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:55:08.05 ID:cCIWl5F5M
モンゴル騎兵隊も今でいうポニーやし中世ポーランド騎兵もポニーや

28: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:57:04.45 ID:1cvrlpyh0
世界的にも昔は小さい馬でやってたんやろ?

35: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:58:59.26 ID:pxniboFS0
在来馬は木曽馬しか見たこと無いけどあれでも武器持ったおっさんが乗って突撃してきたら絶対強いわ

38: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:59:17.93 ID:rGjJo4Ex0
数千人数万人がちゃんと馬に言うこと聞かせられたんか?
音にビビッて言うこと聞かない馬とかいそうやが

39: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 13:59:43.35 ID:e1s3W4RE0
>>38
だいたいお馬さんだって戦争に駆り出されるのいい迷惑だしな

48: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:01:49.86 ID:lzjIko0PM
>>38
爆音攻撃は基本
ポーランド有翼騎兵隊がトルコ軍に突撃したさいにトルコ軍は爆音攻撃した

56: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:04:09.69 ID:Jx2Xwys80
>>48
へー
ポーランドにも強い時代があったのか

41: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:00:41.15 ID:e8kbFFVB0
みんなが想像する馬って海外から輸入して
日本の馬と種付けして出来たやつなんやろ

43: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:00:57.03 ID:7q/CGUaKM
ポニーバカにしてんけど兵士1人乗っけたらそんなに走れんもんなんか?

51: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:03:17.03 ID:c3guP6moa
>>43
昔ポニー調教して走らせてた番組あったけど速かったで

47: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:01:46.86 ID:rGjJo4Ex0
身長低くても鎧が重過ぎて強靭な馬じゃないと厳しそうではある

49: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:02:11.39 ID:vhjKQqyW0
日本の歴史の一次史料には
騎馬戦に関するものがまったくないんじゃなかったか?
騎馬と騎馬がぶつかった史料がないってだけなのかね

52: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:03:24.58 ID:/idtcQ1b0
まずポニー自体が誤解されとるし

53: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:03:32.40 ID:4s3UeYVz0
これもう決着しとるやん
現代の遊園地とかにおるようなポニーはポニーの中でも特に小さいってだけやろ

54: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:03:43.11 ID:ih97cbnkd
結局よくわかんなで終わりか

59: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:04:29.90 ID:zbFI11Fh0
ポニーだし徒歩で戦うって結論出ただろw

61: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:05:10.16 ID:YsAxm/zFM
元寇の時の騎馬隊の絵見てても普通にサラブレッドより少し小さいぐらいじゃね?
ポニーってことはないやろ

62: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:05:35.55 ID:Kzc9N6EP0
体デカいやつは普通の馬乗ってたやろうしそうなったらポニーになんか乗ってたら不利やからワイもでかいの乗るわってなったやろ

63: 風吹けば名無し 2019/09/13(金) 14:05:39.37 ID:6NWO40UA0
そもそもサラブレッドは競争用に改良されたってだけであって物を運ぶには適さない
サラブレッドに鎧武者乗せたら即足折って死ぬ
それを見てくれだけで日本の馬はサラブレッドと比べて小さくショボいなんてのはおかしな話

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年11月08日 09:07 ID:ki2AVxFu0▼このコメントに返信
言うてポニーってそこまで運搬能力と体力あるん?
2.名無しさん:2019年11月08日 09:09 ID:QCJYAM6L0▼このコメントに返信
あるよ
3.名無しさん:2019年11月08日 09:10 ID:AeTX4TcW0▼このコメントに返信
馬に悪いけど墓掘り出したらわかるだろ
いい加減決着つけろよ
4.名無しさん:2019年11月08日 09:11 ID:8eNpX2hy0▼このコメントに返信
木曽馬でしょ
重装兵のっけるんだから普通の馬じゃムリでしょ
大河でサラブレッドに乗ってる武士いるけど足折れるって
5.名無しさん:2019年11月08日 09:11 ID:QCJYAM6L0▼このコメントに返信
そもそも人も小さい
6.名無しさん:2019年11月08日 09:13 ID:CkN8ZfrG0▼このコメントに返信
競馬に特化したサラブレットみたいな馬が山道走れるわけ無いやろ
元々の馬はずんぐりむっくりしとる
7.名無しさん:2019年11月08日 09:15 ID:qMpmCfpN0▼このコメントに返信
10年以上前から言っている事が何も進歩していないな
8.名無しさん:2019年11月08日 09:15 ID:jf.clTzF0▼このコメントに返信
長篠合戦場後から鉄砲玉が見つからない上に騎馬戦まで否定されると長篠の合戦って一体・・・
9.名無しさん:2019年11月08日 09:18 ID:zxOymitb0▼このコメントに返信
※8 弾は自然分解する環境に優しいものを使用していました (∀`*ゞ)テヘッ
10.名無しさん:2019年11月08日 09:18 ID:GRfXbYnP0▼このコメントに返信
>>1
そもそもポニーと言っても相当でかい
南部馬とか絶滅というか近代に洋種と交配させて
純血がいなくなった大型種は160~150はあった
サラブレッドなんかのベースになった
アラブ馬の170とそこまで遜色有る訳では無い
というかアラブ馬は18世紀まで西洋でも養殖出来てた
のはオスマン帝国から鹵獲したポーランドだけだった
11.名無しさん:2019年11月08日 09:20 ID:GRfXbYnP0▼このコメントに返信
>>10
ちなみに戦国期の記述に比べて
江戸時代の馬が小型なのは人間と一緒に小型化
軍馬を育てる習慣が消えてたかららしい
12.名無しさん:2019年11月08日 09:20 ID:8X42W3On0▼このコメントに返信
けど元寇で武装した武者が載ってるやん
絵巻にも描かれとる
13.名無しさん:2019年11月08日 09:21 ID:8X42W3On0▼このコメントに返信
ポニー…ポニー=体高147cm以下の馬定期

なお鎌倉時代の馬は体高は109~140cm、平均129.5cm
14.名無しさん:2019年11月08日 09:22 ID:7Lx6EGLq0▼このコメントに返信
そもそも当時の人類及び日本人の平均身長及び体重は、今より相当低く且つ軽いだろう?
15.名無しさん:2019年11月08日 09:24 ID:IlQst8pt0▼このコメントに返信
下馬戦闘もしてたが、馬上戦闘もしてたって結論出てただろ
16.名無しさん:2019年11月08日 09:24 ID:bum.o8B10▼このコメントに返信
日本の馬は平地タイプと山岳タイプがいる事を忘れてない?
甲斐や木曽なんて山岳タイプの頑強な馬でしょ。
房総半島の馬は平地タイプでまた違い特性を持ってるし
17.名無しさん:2019年11月08日 09:25 ID:XzKOldKy0▼このコメントに返信
武士自体が騎兵から発達してるのに騎馬戦闘が出来なかった訳がないじゃん
何故か証拠としてずっと時代が下って集団戦闘が主になった戦国時代を出すし
18.名無しさん:2019年11月08日 09:26 ID:FEaE0nnv0▼このコメントに返信
そうやってみると残ってる城とかは感じてるより巨大な建物なんだな
19.名無しさん:2019年11月08日 09:26 ID:JDTRUceP0▼このコメントに返信
残念ながら日本の在来馬というのは仏教と同時期に入ってきたとされる大陸原産の馬が野生化したものでDNAは同じ
昔の日本には騎馬隊が存在しないだけで武士階級は騎馬が基本で騎馬が集団で行う乗り崩しなどの騎馬戦術が存在する

はい糞スレ終了
20.名無しさん:2019年11月08日 09:31 ID:vu72ipWZ0▼このコメントに返信
維新後に陸軍が騎兵隊作るってなってから乗馬可能な馬作ったんでしょ?
21.名無しさん:2019年11月08日 09:33 ID:uT.5UnFa0▼このコメントに返信
前に日本の騎馬隊は嘘と言う結論からを通すと、
同じ馬のモンゴルの騎馬隊も嘘という結論になり
ぐだぐだになった記憶
22.名無しさん:2019年11月08日 09:33 ID:9qEtUTfx0▼このコメントに返信
蒙古軍もおんなじだろ。
23.名無しさん:2019年11月08日 09:37 ID:urdNZq2z0▼このコメントに返信
長野で木曽馬みたことがあるけど、思ったよりも大きくてがっしりしてたな

蒙古馬だって分類上はポニーだけど、あの通りの実績だし
朝青龍をのせて草原を走り回ってるじゃん
24.名無しさん:2019年11月08日 09:39 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
殆ど残ってないみたいだけど馬鎧もあるからね。騎乗したまま戦闘しないわけがない。
25.名無しさん:2019年11月08日 09:39 ID:6GCl1cOl0▼このコメントに返信
動物園でモンゴル馬観た時に小さいと感じたけど、ユーラシア大陸征服できるんだから十分なんだろうね
26.名無しさん:2019年11月08日 09:40 ID:DoHRd1lK0▼このコメントに返信
ポニーポニーヴぁ化にしている人に限ってイメージはロバ
27.名無しさん:2019年11月08日 09:41 ID:mzY1Hatg0▼このコメントに返信
既出だけど戦国時代の日本人は今より大きくなかったし、武田の騎馬隊が騎乗してた木曽馬はポニーと比べりゃ結構デカい。結果的に人馬のサイズ比は大河ドラマ風林火山で描かれてたそれと大差なくなる。
28.名無しさん:2019年11月08日 09:43 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
馬が小さいことは騎馬隊の存在と全然関係ない話だけどね。
木曽馬はかなり気性も粗いし、胴回りと足が太くて山間部向き。
というか、外人は見てくれと気性が違いすぎて馬って認識してない記述があったりするしな。
29.:2019年11月08日 09:45 ID:Cck1wxDp0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
30.名無しさん:2019年11月08日 09:45 ID:uKcv.wBS0▼このコメントに返信
騎馬隊が最強だったのって平安鎌倉とかその辺の時代までじゃないのかな
よく知らないけどw
31.名無しさん:2019年11月08日 09:45 ID:oy8Fd1Ma0▼このコメントに返信
蒙古軍は革鎧じゃ
32.名無しさん:2019年11月08日 09:46 ID:e1s5FxOx0▼このコメントに返信
馬上太刀や馬上弓は?
33.名無しさん:2019年11月08日 09:46 ID:e1s5FxOx0▼このコメントに返信
流鏑馬はどうするの?
34.名無しさん:2019年11月08日 09:47 ID:n8.WglIK0▼このコメントに返信
動物園とかにいるポニーはポニーの中でもさらに小さい部類なのに、ポニーを馬鹿にする奴ってそれだけを想像して言うよな
35.名無しさん:2019年11月08日 09:47 ID:NPI.c..J0▼このコメントに返信
>>23
むしろサラブレッドが朝青龍乗せたら骨折するわ
36.名無しさん:2019年11月08日 09:47 ID:uHm7dSXt0▼このコメントに返信
当時は人も小柄で、身長150㌢ぐらいが多かったらしいから
37.名無しさん:2019年11月08日 09:49 ID:49SFvi.x0▼このコメントに返信
人も小さい
38.名無しさん:2019年11月08日 09:49 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※26
ロシナンテのイメージだな。
39.名無しさん:2019年11月08日 09:49 ID:e1s5FxOx0▼このコメントに返信
戦国時代の馬乗槍だって馬の上から使うから柄の部分がやたら長いんだろ?
40.名無しさん:2019年11月08日 09:51 ID:h.LUYOVz0▼このコメントに返信
モンゴルのような、上から下まで全部騎乗していた兵科を作れなかったのは、
単純に馬が高価だったことと騎乗が身分の高い人間の特権だったことによるもので、
馬格とかは関係ない。
41.名無しさん:2019年11月08日 09:51 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※27
というか、世界的に人間がでかくなったのは最近の話だしな。
当時、本当にデカイ人は馬が潰れて乗れなかったなんて逸話あるし。
42.名無しさん:2019年11月08日 09:51 ID:uKcv.wBS0▼このコメントに返信
いずれにしろ人間よりは力があるだろうから、輸送関係で重要なわけだよね
多く揃えられたほうが有利だと思う
43.名無しさん:2019年11月08日 09:53 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※39
まあ、そうなんだが、騎馬の基本武器は馬乗弓だね。
和弓は世界最大の馬乗弓でかなり変態仕様だったりする。
44.名無しさん:2019年11月08日 09:55 ID:bg4F0L1K0▼このコメントに返信
ポニーと言うかわいい名前とミニチュアみたいな愛玩用の馬を想像しちゃうよな
実際は農耕に使ってたような足腰強くてそこそこ大きい馬。
マァアラブ種のサラブレッドと比べりゃ小さく見えるわな
45.名無しさん:2019年11月08日 09:57 ID:g.H2AAQr0▼このコメントに返信
嘘嘘、地方じゃ上げ馬神事とか馬乗りやぶさめとかやってる
どっかの国の桜起源とかの捏造ネタを信じるな
46.名無しさん:2019年11月08日 09:58 ID:Ri5gTM980▼このコメントに返信
大将は海外のいい馬に乗っていたらしいな。
47.名無しさん:2019年11月08日 09:58 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※42
ちなみに現代の馬はだいたい三馬力~四馬力くらいあるらしい。
まあ、兵站に使った方が戦略的に有利になる。
人間の兵站だと200㎞くらいが限界。荷馬車ならもっと伸びる。
街道の整備がちゃんとされてなかったせいで、秀吉は現地で兵糧を買ってる。
48.名無しさん:2019年11月08日 09:59 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※46
アラブ種とかかね。当時の日本人がデスとリアとかに乗ってたら笑うかもしれん。
49.名無しさん:2019年11月08日 10:00 ID:cUPt8cxU0▼このコメントに返信
サラブレッドなんかを起伏だらけの日本の国土で
走り回らせてたらあっという間に怪我でお陀仏になる。
むしろ胴長短足骨太の木曽馬みたいな馬でしかあり得ない。今でもな。
50.名無しさん:2019年11月08日 10:03 ID:XclzELtq0▼このコメントに返信
当時の馬に着せた鎧(今風に言うとレザーアーマー)見たことある
馬は小さかった
多分屈強だったと思う
51.名無しさん:2019年11月08日 10:03 ID:2LjeHa3e0▼このコメントに返信
もはやポニーが何なのか分からんくなってきた
52.名無しさん:2019年11月08日 10:05 ID:9WmRE23T0▼このコメントに返信
サラブレッドは乗ってる騎手が150センチ、体重50kg台だから相対的に馬がでかく見えるんだよ。
木曽馬はずんぐりむっくりなだけで、体重はサラブレッドとそんなに変わらん。
53.名無しさん:2019年11月08日 10:05 ID:uT.5UnFa0▼このコメントに返信
最初に言い出したのよく調べもしない学者だったんじゃなかったか?
鎧じゃ戦うの無理とか言い出して、モンゴル馬も同種で朝青龍乗せ走っているのをみて
嘘がしれわたっただろ、
54.名無しさん:2019年11月08日 10:05 ID:xlOTX.ke0▼このコメントに返信
>>4
馬乗って弓撃つ訓練してたんだから普通に馬乗って戦ってたんじゃないの?
55.:2019年11月08日 10:07 ID:.Tp2HvCI0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
56.名無しさん:2019年11月08日 10:08 ID:01nUpT570▼このコメントに返信
※47
現地で兵糧買うのは古今東西どこでもやってるぞ
57.名無しさん:2019年11月08日 10:09 ID:.XgQv32M0▼このコメントに返信
>>14
身長は低いだろうけど武士やら農家連中は筋肉のせいで体重は今より重いと思う
58.名無しさん:2019年11月08日 10:10 ID:RsYL1bQ70▼このコメントに返信
ぶっちゃけ
騎馬はフラグ代わり
乗ったまま戦場にも行くが直接戦闘はほとんど行わない
長篠は地形から言って戦闘しながら騎馬を走らせるのは不可能
59.名無しさん:2019年11月08日 10:10 ID:Cck1wxDp0▼このコメントに返信
※53
たしか、馬自体を見た事がない人。
イメージ先行で実物もデータも確認しないで適当な事を言った、エセ学者。
60.名無しさん:2019年11月08日 10:11 ID:urdNZq2z0▼このコメントに返信
バイクや自転車だって乗り手に合わない大きさだと持て余すしな

体高130cm台ってのも騎馬戦、騎射で馬をコントロールするには案外ちょうどいい大きさなのかもしれん
加えて鎧武者を軽々と運び、崖の上り下りができるくらいのパワフルさがあるんだから軍馬として優秀なんじゃね
61.名無しさん:2019年11月08日 10:12 ID:h8SQd8.t0▼このコメントに返信
古典類を読めば普通に馬上戦闘仕掛ける記述がある。家譜の類いとか公に提出する文書でそうだから、馬上戦闘をしていないとか勉強不足過ぎる。公に提出する文章で出来もしない事書いたら、笑い者だわ。
62.名無しさん:2019年11月08日 10:14 ID:RsYL1bQ70▼このコメントに返信
>>43
それも一種の特技で普通は難しかったらしい
左右両方で弓が引けなければ戦闘では難しかったらしいし
63.名無しさん:2019年11月08日 10:14 ID:kWOeEyjb0▼このコメントに返信
「ポニー」って音の響きで茶化したいんだろう。

それはさておき、日本は火山の国なので、土が酸性であり、
骨が分解されるので、恐竜や古代日本人の化石が残らない。
だから西洋と全然違って、古代日本人の身長が分からない。

衣服から推察するけど、平均を出せるほどじゃない。
住居跡とかからも推察するけどハッキリしない。

それと同じで、日本にいた馬の大きさも分からないんだわ。
絵に残ってる馬も、一緒に書かれた人間の平均身長が分からないから意味がないし、
残ってる馬具だって、大きめに作られたのか、小さめに作られたのかもわからん。
64.名無しさん:2019年11月08日 10:15 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※57
戦国時代というかその前の時代からフル装備時の重量って現代とそんなに変わってないんだよな。
65.名無しさん:2019年11月08日 10:16 ID:kWOeEyjb0▼このコメントに返信
※3
>馬に悪いけど墓掘り出したらわかるだろ

日本の土は骨を溶かす。だから古代日本人や恐竜の化石が見つからない。
66.名無しさん:2019年11月08日 10:17 ID:n8.WglIK0▼このコメントに返信
なんか背が高い低いが議論の中心にあるけど、脚が細くて脆い競走馬用のサラブレッドより脚が太くがっしりしたポニーなら、むしろ後者使うだろ
背が高くともアンガールズ田中みたいなより、背が低くとも角田信夫みたいな方が良いよなって話
67.名無しさん:2019年11月08日 10:17 ID:qx5mlGnx0▼このコメントに返信
ジムニーとベンツを比べて大きいからベンツの方が軍用に向いてるって言ってるだけだな
軍用馬にはどんな馬が向いてるか、って視点抜きに知ったかぬかしてるバカが居るってだけ
68.名無しさん:2019年11月08日 10:18 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※62
まあ、武士だけの特技なのはそうだと思う。
なので公家は鷹狩りのが好きみたいだし。
69.名無しさん:2019年11月08日 10:20 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※67
一車種VS一企業とか酷いなw
70.名無しさん:2019年11月08日 10:21 ID:OzKQXo.M0▼このコメントに返信
そもそも、サイズが小さい=弱いじゃないからな。

小柄でもマッシブで頑丈なウマ種はいるわけで。
71.名無しさん:2019年11月08日 10:21 ID:4QDh6NQI0▼このコメントに返信
ウマヤドノ皇子の時代から普通に馬はいるし、古墳時代の遺跡から馬の骨も出ているし馬具も立派なものが出土しているし埴輪も馬の形のものがある。当たり前に豪族クラスは騎乗で移動するし戦にも行く。騎馬軍団そのものをいきなり否定する発想が子供だまし。ポニーという言い方をしてしまうから誤解が生じるが、わざと誤解を生じさせて日本人をあざける思想集団がいるということ以外の何も意味しない。日本語で無意味なスレをたてる在%%日は、もう無駄な行為をやめろ。人類の未来のために重要なことをしろ。やつらが反日のために使う時間とカネと資源がもったいない。
72.名無しさん:2019年11月08日 10:21 ID:R4.92IrR0▼このコメントに返信
モンゴルの騎馬軍団もまさかサラブレッドじゃないだろう
世界の席史上の軍用騎馬について比較してる研究なんて無いのかな
73.名無しさん:2019年11月08日 10:22 ID:XXHEhX720▼このコメントに返信
そもそも農耕馬が弱いわけないだろ。
脚の細いサラブレッドとは大違いの寸胴大根足でそりゃ頑丈で荷物運ぶよ。
74.名無しさん:2019年11月08日 10:22 ID:Myix.j8q0▼このコメントに返信
ポニー並みの大きさだったというだけで力までポニー同等な訳じゃない
75.名無しさん:2019年11月08日 10:22 ID:h8SQd8.t0▼このコメントに返信
>>70
むしろ大き過ぎても使い勝手悪いしね。乗るの大変だったり、落馬時の問題や的になる問題もある。
76.名無しさん:2019年11月08日 10:23 ID:XXHEhX720▼このコメントに返信
>>65
一杯見つかっとるわ。
77.名無しさん:2019年11月08日 10:24 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※71
なんか、昔に大陸から日本に騎馬民族が渡来したって説をとくに根拠無くぶち上げたのが原因かと。
とにかく大陸をあがめてる思想で研究してる層ってのが一定数いる。
78.名無しさん:2019年11月08日 10:25 ID:IW.quy0V0▼このコメントに返信
>>30
銃の集中運用がされるまでは最強の兵科やったし
近代で航空機や戦車が出回るまでは騎兵の機動力と突破力は重要やってんで
79.名無しさん:2019年11月08日 10:25 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※72
当然軍用馬の研究は世界でされてた。
てか、サラブレッドはここ200年くらいで出来た品種だったはず。
80.名無しさん:2019年11月08日 10:26 ID:RsYL1bQ70▼このコメントに返信
※75
的はいいんやで
フラグシップは目立ってナンボ
騎馬隊の戦闘で一番問題になる点は隊列を組んで戦闘しなければならない事
これは現代でも相当困難な技術
81.名無しさん:2019年11月08日 10:27 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※75
欧州だと馬の問題よりも鎧が重過ぎて起き上がれないってのが問題だと思う。
いくらなんでもあれはないw
82.名無しさん:2019年11月08日 10:28 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※78
日中戦争くらいまでは騎兵は活躍してる。
駄目になったのは機関銃登場後だな。
83.名無しさん:2019年11月08日 10:29 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※80
隊列組んで音楽に合わせて踊れるくらい調教したのに負けるイタリアは…
84.名無しさん:2019年11月08日 10:31 ID:SfKVwX.10▼このコメントに返信
車だってどんどん大きくなっていってんだ
馬だって大きくなっていったんだろ
しかもどこの国だって中世戦国時代は人間も食えずにいた人らは多いんだしな
でかい馬に大量の食糧を与え続けれないわな
ポニーはイギリスの炭鉱内とかでも小さくてもパワーあるからって利用されてたから普通に労働馬として優秀だぞ
牧場で観光客載せるだけの存在やないぞ
対馬馬とかも小型でも山林地帯に生きてるから山に強かったりするしな
85.名無しさん:2019年11月08日 10:31 ID:urdNZq2z0▼このコメントに返信
デカけりゃいいっていうんなら観光地で客車を引いてるデカイ馬なんて1トンくらいあるそうじゃないか、馬より賢い象さんだっている。
けど、これらは一時運用はされても定着はしてないんだよな
86.名無しさん:2019年11月08日 10:32 ID:uMWunYNX0▼このコメントに返信
>>55
「ふんがちゅょーん」
87.名無しさん:2019年11月08日 10:33 ID:1OSjTzCO0▼このコメントに返信
ポニーと木曽馬を比較すれば分かる。馬鹿が木曽馬とサラブレッドを比較して日本在来品種を蔑んだだけ。
サラブレッドが競馬に特化した馬だということも知らないのだろう。
88.名無しさん:2019年11月08日 10:33 ID:PEMgsNnK0▼このコメントに返信
北海道のどさんこだって区分でいえばポニーだしな
なお馬体重約1t
89.名無しさん:2019年11月08日 10:34 ID:h8SQd8.t0▼このコメントに返信
>>80
総大将クラスはそれでも良いが、通常の侍身分の馬としては目立ちすぎるのも問題がある。これくらいのサイズが良いとか述べられているものもあったはず。
90.名無しさん:2019年11月08日 10:36 ID:FUAZCmfS0▼このコメントに返信
※48
ポルトガル経由でアラビア種を輸入してる
91.名無しさん:2019年11月08日 10:36 ID:qx5mlGnx0▼このコメントに返信
モンゴル馬も分類するとポニーなんだけどね
ちな古代で初めて馬を戦争に使い始めた時に戦車から始まったのは
当時の馬では小さすぎて人間が乗ったらほとんど走れなかったから
その後乗馬戦闘へ移行したのはそれだけ馬が大きくなったから
92.名無しさん:2019年11月08日 10:38 ID:WfB0He3R0▼このコメントに返信
ポニーの定義が体高147cm以下だから当時の平均身長からみれば人より頭ひとつデカイ位だと思う。
それこそ武将クラスはいい馬貰ってるだろうから現代クラスもいたかも。
あと競走馬みたいに脚が細くなる前だから走破性もある程度あるんじゃない?
93.名無しさん:2019年11月08日 10:38 ID:4892LhzH0▼このコメントに返信
木曽馬乗ったことあるけど
結構な大きさだよ
94.名無しさん:2019年11月08日 10:38 ID:oYg1PqO60▼このコメントに返信
扱い的には武田騎馬隊は今でいう機械化歩兵みたいなもんだった
ってやってたが・・・
そのあたりはどうなんでしょうか?
95.名無しさん:2019年11月08日 10:40 ID:qx5mlGnx0▼このコメントに返信
サラブレットは人間が競馬用に作りだした種で軍用どころか野生に放っても原野では
足を骨折する可能性が高くて長く生きられないから野生化も難しいだろうと言われてる
公道を走れないF1カーみたいな馬なの
96.名無しさん:2019年11月08日 10:42 ID:ZEnef.Zn0▼このコメントに返信
木曽馬をみてください
97.名無しさん:2019年11月08日 10:42 ID:PEMgsNnK0▼このコメントに返信
※94
雑兵物語によると
手隙の騎馬武者をかき集めて迂回攻撃をした際、西国の武士たちは対処法を知らないのか一気に崩れたって話が載ってるから
普通に騎乗しての乗り入れも行うケースがあったと思う
98.名無しさん:2019年11月08日 10:43 ID:RsYL1bQ70▼このコメントに返信
※94
武田の主戦場が山間部であったため
それ自体は的外れではないやろ
99.名無しさん:2019年11月08日 10:43 ID:V4Qmr6j90▼このコメントに返信
まだこれ言ってる周回遅れおるんやな
サラブレッドよりは小さくても頑丈で気性も荒い馬を軍馬に使っとったんや
100.名無しさん:2019年11月08日 10:43 ID:xxKYR5XX0▼このコメントに返信
※94
機械化歩兵は簡単に言えば車に乗って移動する歩兵のこと。
なので、武田騎馬隊と扱いは似てる。
というか、この場合は機械化歩兵の実情とイメージがかけ離れてる。
101.名無しさん:2019年11月08日 10:46 ID:RsYL1bQ70▼このコメントに返信
※99
軍馬に使えるかと戦闘にどのように有用かはまた別の話や
102.名無しさん:2019年11月08日 10:46 ID:zWY15pUL0▼このコメントに返信
種類はいろいろあっただろう。平安時代の馬が書いてある武者絵を見れば小さくは無い。 徳川吉宗がアラブ種をオランダから輸入して改良したのは事実だろう。それまでがロバ並みとは思えない。対馬の馬とかは小さかったらしいが。
103.名無しさん:2019年11月08日 10:47 ID:0FsGUKCl0▼このコメントに返信
クロアチアの騎兵団の騎馬も分類上はポニーだぞ
104.名無しさん:2019年11月08日 10:48 ID:qx5mlGnx0▼このコメントに返信
日本の馬の問題点を指摘するなら大きさではなく日本人には虚勢の習慣が無かったことの方が大きい
明治に来日した西欧人が虚勢せずに馬を使ってる日本の習慣に驚いてる
これは騎馬民族渡来説が完全なフィクションに過ぎない証拠でもある
牧畜民が来たのなら当然に虚勢の習慣があるはずで虚勢なしで牧畜など不可能だからだ
105.名無しさん:2019年11月08日 10:49 ID:jp6F1zXc0▼このコメントに返信
サラブレッドは競走用に特化しすぎて戦場では役に立たん日本陸軍のお墨付き
足が太くて頑健、粗食に耐えて戦場の騒音に動じない図太さが必要
106.名無しさん:2019年11月08日 10:50 ID:RsYL1bQ70▼このコメントに返信
※102
大和絵を元に大きさを比較するのはあまり良くないぞ?
写実って概念が全く入って来なかったのでデフォルトが当たり前なんやし
107.名無しさん:2019年11月08日 10:50 ID:uMWunYNX0▼このコメントに返信
>>45
わかった。誇張された行事は信じない
108.名無しさん:2019年11月08日 10:53 ID:L0ognml90▼このコメントに返信
実際ポニーだよ
当時はアラブとか一部地域以外の世界中の家畜の馬はポニーサイズだった
永遠に決着しないとか何言ってんだ?
109.名無しさん:2019年11月08日 11:10 ID:W13JPAut0▼このコメントに返信
ポニーより、現代のモンゴルの遊牧民が使ってる馬が近い。


アラブ種が固定されて東に来た時代を想定してるかは知らないが、たぶん江戸の鎖国時代があるから、日本には入ってないだろ。
サラブレッドなんて近代の馬だ。
110.名無しさん:2019年11月08日 11:15 ID:Jh4ALTTJ0▼このコメントに返信
知っていてワザと日本をけなす為に言っているだけ。ようはここのサイトは反日サイト。
111.名無しさん:2019年11月08日 11:16 ID:.CAwEtmp0▼このコメントに返信
交配の厳選サボったら速攻で劣化するとか聞くねえ
112.名無しさん:2019年11月08日 11:19 ID:voSczeD00▼このコメントに返信
軍事的に考えれば戦車みたいなもので、人が歩くより早ければば十分だろうし、むしろ今の競馬並みのスピードで走られた日には、歩兵(足軽)と分断されて各個撃破されるわな。
113.名無しさん:2019年11月08日 11:22 ID:kBjwHru50▼このコメントに返信
というか、歴史的に家畜馬が今の大きさになってから200年もたってないわけで、、、
江戸以前の和種馬は、北海道どさんこが使われ方もおなじママ残ってる
あのパワーはみれば昔の馬は侮れないと思うんだけど、、、

ま、ポニーがどうのこうのなんて意味ない話だよなぁ、、、
114.名無しさん:2019年11月08日 11:23 ID:IaHz72tq0▼このコメントに返信
アラブ馬の欧州の重装備騎馬隊は 小柄なモンゴル馬の軽装騎馬隊に敗れた
モンゴル兵は走る馬上から短弓を射った モンゴル馬は上下動しない独特の走り方で弓の命中率を高めた 欧州騎馬隊は馬上から走りながら弓を射てなかった 射っても上下動の大きいアラブ馬では命中しない
たけしの27時間TVで流鏑馬をやっていたが 馬はアラブやサラブレットでは無く 在来種の血の多い馬に見えた 走り方も上下動の少ない独特の走り方 走りながら数十頭の馬が歩兵の前を横切りながら矢を射ったらかなりの脅威だと思う
黒沢監督の白黒の古い映画の馬上で刀を振るったり矢を射つ場面が有るが 古武道の馬術で上下動のほとんどしない乗り方だ
115.名無しさん:2019年11月08日 11:26 ID:IrpxD5in0▼このコメントに返信
ポニーって肩までの高さでの分類だからな・・
基準以下は全部ポニーになる
日本で「ポニー」といったら多くの人がを思い浮かべる
シェトランドポニーだけがポニーじゃない

蒙古や日本の木曽馬なんかもポニーだし
馬車用のポニーだってある。これらは結構でかいよ

流石に北海道のばんえい競馬で使ってる様な重種系と比較したらそりゃ小さいが
116.名無しさん:2019年11月08日 11:26 ID:Wb3DRyya0▼このコメントに返信
>>1
ポニーって響きが小さくてか弱いってイメージが先行してしまう弊害
117.名無しさん:2019年11月08日 11:32 ID:oW8DxtRq0▼このコメントに返信
>>4
阿部寛が上杉謙信役で大河に出てたけど
そこで乗っていたのが木曽馬。
身長180代の阿部が乗っていても全く違和感なく
普通に疾走していた。
後日それが木曽馬だって聞いてびっくりしたくらいだぞ。全然馬が小さくて違和感あるって事が全く無かったから。
118.名無しさん:2019年11月08日 11:34 ID:oW8DxtRq0▼このコメントに返信
>>12
しかも騎馬武者で集団突撃してる場面もあるしな
119.名無しさん:2019年11月08日 11:34 ID:c1DFLika0▼このコメントに返信
>>13
「鎮西為朝(身長2m強の巨漢)の馬は六ツ脚也」って言われていたからな
120.名無しさん:2019年11月08日 11:38 ID:wNBpwl390▼このコメントに返信
>>49
ヨーロッパで中世の戦に使われた馬だってモウコウマよりは大きいだけで基本胴長短足のずんぐりむっくりよな。でないと重装騎兵乗せられん。
121.名無しさん:2019年11月08日 11:41 ID:zpUx.MsE0▼このコメントに返信
※88
あれ、ポニーやったんか
当然軽種のサラブレッドではないのはわかるけど区分は重種やと思ってた
122.名無しさん:2019年11月08日 11:42 ID:bum.o8B10▼このコメントに返信
※82
アフガンじゃ普通に現役だぞ騎兵。
最初に展開したグリーンベレーも馬に乗ってたし、同行してたドスタム軍は普通に騎兵突撃隊がいたし。

現代でも車やバイクが入れないところは今でも馬&ロバ。
123.名無しさん:2019年11月08日 11:42 ID:X0ENHxrA0▼このコメントに返信
サラブレッドとか一番戦闘に向かないタイプだろ
華奢すぎて人間跳ねただけで骨折しそうだし

実際は北海道競馬の馬を小型化した感じだと思う
農耕馬?
124.名無しさん:2019年11月08日 11:44 ID:oXFfQT.M0▼このコメントに返信
※94
諸説あるけど
ある学者に言わせると
戦場の趨勢が決定づけた時に武田の赤備えの騎馬軍団を投入することに寄って
騎兵が出てくると負けるってイメージ戦略を取ってたから武田の騎兵が恐れられたって話もあれば

甲陽軍鑑の記述に戦場前で馬から降りたとかいう話も乗ってるから機械化歩兵みたいな運用だって言ってる説もあるし
騎兵の衝突力を捨ててわざわざ騎兵から降りるなんてオカシイって軍事的視点から否定してる説もある
125.名無しさん:2019年11月08日 11:44 ID:wNBpwl390▼このコメントに返信
鈴木真哉氏なる人物が新解釈として提唱し
野火の様に広まったんだろ。
しかし、騎馬戦否定論者の大部分が、まず基本的に馬を知らない、
馬について、根幹のところでの無知か、あるいは馬を誤解しているから、このような説が
力を得てきているように感じられる。

通説の代表を整理すると、つぎのようなことになるだろうか。
「騎馬兵はたしかにいたが、それほど大勢いたわけではないし、今日のポニー程度のちっぽけな、蹄鉄も打っていないような馬に乗った連中を寄せ集めてみたところで、近代ヨーロッパの騎兵のような密集突撃など、できるものではない。そもそもそういう訓練をしていた形跡さえ見当たらないのである」

「小さな馬が重たい鎧武者を乗せて、三々五々トコトコと攻めかかっていったところで、いったいどういう効果が期待できたのだろう」
(両文とも鈴木真哉)

126.名無しさん:2019年11月08日 11:45 ID:xrh8k1Op0▼このコメントに返信
ポニーが俺をのっけて走る速度と距離>俺が走る速度と距離

これは間違いないわ
127.名無しさん:2019年11月08日 11:47 ID:xrh8k1Op0▼このコメントに返信
※124
甲陽軍鑑に載ってる話だが、例外的な事態だから記述したんじゃないかな?
128.名無しさん:2019年11月08日 11:49 ID:bfOucNUI0▼このコメントに返信
甲冑着た侍の足が地面につきそうなの想像したら吹いたw
129.名無しさん:2019年11月08日 11:49 ID:IrpxD5in0▼このコメントに返信
※121
いや・・混ざって勘違いしてる
どさんこは400Kg前後が主流 大きくても500位

1トンもあるのは、ばんえい競馬で使ってる重種系
130.名無しさん:2019年11月08日 11:49 ID:wNBpwl390▼このコメントに返信
※125
「源平時代の代表的な名馬である『生食(いけずき)』にしても、体高約145センチにすぎなかったし、源義経の乗った『青海波』は、142センチであった。
こんな小さな馬が重武装の兵士を乗せて駆け回れたものかどうかはなはだ疑問」(鈴木氏)

蒙古馬の平均体高は135センチ。
ジンギスカンの軍隊は、この馬でユーラシアを疾駆し、征服したのである。
142センチ、あるいは145センチの馬であれば、戦闘用馬としては十分すぎるほどのサイズである。
鈴木氏も、おおかたの日本人も、サラブレッドを馬の標準サイズと誤解している。
160から165センチのサラブレッドから見れば、
145センチはたしかに小格馬であり、
ポニーに分類される。

しかし、たとえばアメリカの西部で使われていた馬だって、大部分はポニー・サイズ。ポニーサイズの馬が、カウボーイを乗せて走るのである。
ポニー・エクスプレスという、「早馬」の使用を売りものにした有名な私設郵便制度もあった。
ここでは「ポニー」とは、ふつうの日本人がイメージするような、非力で鈍重な馬のことではない。それは俊敏で活発な馬の代名詞だ。

戦国期、日本の馬が宣教師たちに「ポニー」と呼ばれた、ということで、たぶん鈴木氏はじめおおかたの戦国研究者は、観光牧場にいるシェトランド・ポニー
(105センチ)とか、ウェリッシュ・ポニー(120センチ前後)を連想している。じっさいの135センチから145センチの馬をイメージできていないのだ。
131.名無しさん:2019年11月08日 11:49 ID:rezUrT2n0▼このコメントに返信
テレビでやっていたが、在来種はポニーよりは大きい。
しかし、競馬馬のサラブレッドよりは小さい。
だけど、50km近い速さで持続的に走ることが出来たんだとよ。
132.名無しさん:2019年11月08日 11:55 ID:89hP2NQi0▼このコメントに返信
※121

馬を品種問わず肩の高さが147cm以下をポニーと言うから、ばん馬はサイズ的にポニーではないし、ばん馬は重種の品種ばかりなのでポニーの品種はいない。ただ、ポニーに分類される在来馬の血を引くばん馬もいるというだけ。


133.名無しさん:2019年11月08日 12:01 ID:n8.WglIK0▼このコメントに返信
>>128
お前の中の想像する甲冑着た侍の股下の長さが1m~1.3mあるってスゲーな
そりゃ吹くわ
134.名無しさん:2019年11月08日 12:09 ID:3WjWVtvq0▼このコメントに返信
蒙古襲来絵詞を見るぶんには大きく見えるけどな
135.名無しさん:2019年11月08日 12:10 ID:n7XcbZaC0▼このコメントに返信
今って日本には野生の馬っていないのかな
136.名無しさん:2019年11月08日 12:10 ID:232rZtK00▼このコメントに返信
※130
鈴木氏の頭には、シェトランド・ポニーが、
重装備の武士を乗せて、不格好に歩いている様子しかイメージされていないのだろう。
しかし、多くの戦国武将たちは、直属の伝令要員として、母衣衆をそばに置いていた。
彼らは、背中に吹き流しのような母衣と呼ばれる飾りをつけていた。
母衣衆の衣装は、少なくとも彼らの馬が駆歩することを
想定して、形を整えられていたのである。

戦国時代の戦闘単位はおおむね「家」であって、兵種ごとの部隊ではない。馬に乗るのはだいたい、家の主人であり、指揮官だった。
近代西洋の騎兵隊的な意味での騎兵部隊は存在しなかったろう。
では騎馬武者主体の用兵はありえなかったか?

戦国武将はたいがい、伝令部隊としての母衣衆をそばに置いていた。これは、「家」とは完全に別個に、総司令官のもとに組織された騎馬武者中心の部隊である
つまり、戦国時代には独立した騎馬武者部隊は存在しなかった、という主張はそもそも成立しないのだ。
騎馬部隊を大規模に、あるいは徹底して使う、という発想がなかっただけである。
しかし、小規模には使われたろう。
騎馬武者部隊が組織されていない小規模な軍勢でも、乱戦、混戦の中で、騎馬武者たち、あるいは騎馬の指揮官クラスが3頭から10数頭ぐらいまで固まって、密集突撃を敢行するぐらいのことは十分にあったと考えられる。史料にも、それを裏づける記述はよく出てくるが、鈴木氏はこれを、決まり文句による実態のない描写として片づける。シェトランド・ポニーを前提に突撃の情景を想像すると、史料のほうを否定したくなるだろう。
しかし、日本の馬は、シェトランド・ポニーとはちがうのだ。鈴木氏が、142センチや145センチの馬と聞いて、ほう案外大きいと感じ取れるだけ馬を知っていたら、このような説は出さなかったはずである。
137.名無しさん:2019年11月08日 12:16 ID:Jqnezrod0▼このコメントに返信
※100
西洋でも竜騎兵がそれだからね。
機動力(馬)のある歩兵。乗馬歩兵。
138.名無しさん:2019年11月08日 12:16 ID:oXFfQT.M0▼このコメントに返信
※127
自分は間者対策に嘘の記述を入れた説を推したいけどw
こういうのが元で言ってる人がいますよって意味で紹介した
139.名無しさん:2019年11月08日 12:20 ID:zaTx.pWb0▼このコメントに返信
そもそもサラブレッドって足は速いけどすぐ怪我するから使えなかったらしい
使えるとしても防衛戦
兵糧積んで長距離歩くのは無理
ナポレオンの有名な絵も画家にサラブレッドに修正させただけで実際はロバだからな
140.名無しさん:2019年11月08日 12:20 ID:Jqnezrod0▼このコメントに返信
※135
残念なが、ほぼ居ないね。
明治維新後は騎兵の馬の品種改良が盛んに行われたし。
競馬も始まったら、在来種は見向きもされなかった。
自動車鉄道以前や、山間部ではロバも導入されたしさ。
戦後は鉄道自動車航空船舶とかの発達で、自然に居なくなってしまった。
現在は保護されるレベルなんだけど、もう時は遅いかも知れない。
141.名無しさん:2019年11月08日 12:24 ID:X92.w7460▼このコメントに返信
サラブレッドが異常なのにさも標準みたいに思うからねぇ
つっても俺らが馬に接するとしたらそれはサラブレッドなわけだが
142.名無しさん:2019年11月08日 12:28 ID:WDKmQqEX0▼このコメントに返信
>>20
乗馬の可否なら江戸時代の馬ですら普通に乗れるぞ
大塩の乱のとき大砲の音にビビった馬から奉行が落馬した記録残ってるし
143.名無しさん:2019年11月08日 12:29 ID:0ikpRnbP0▼このコメントに返信
※136
『信長公記』巻14にこういう記述がある。信長の天正9年の都での馬揃え(軍事パレード)のあとの、騎馬用兵を公卿たちに披露したときの記事だ。

「最初は十五騎ひと組として、ひと組ずつ馬場に入れたけれども、広い場所なので、次は三組四組づつひとつにして、入れ違い入れ違いで隙間なく馬を動かして、べつの馬にぶち当たらぬように馬場の中を縦横無尽に乗り回した…」

これは、騎馬の指揮官クラスだけを集めたという話ではないだろう。独立した騎馬武者部隊として、信長の指揮のもとに動いている部隊の、馬術の披露の場面と読める。
これほどまでに精緻に馬を動かすことのできた独立騎馬武者部隊があったのに、でもそれは戦場では使われなかった?そんなことはあるまい。
信長が安土城下に整備された馬場を築造したこと。
矢代勝介という馬術家を召し抱えたこと、
信長が先頭になり、爆竹を鳴らして乗馬の練習を行ったことなど、信長公記には馬に関する記述が多い。
鈴木氏の「訓練の形跡さえ見当たらない」という認識は、どこからくるものなのだろう。

軍記物や講談の騎馬戦の描写と、史料に於ける騎馬用兵の記述は、厳密に区別して考えるべきだとしても
戦国時代には馬は戦闘には使われていなかった、
という主張には賛同できないし、虚構と考える。

(佐々木譲 天下人ノートより参照)
144.名無しさん:2019年11月08日 12:29 ID:6Zd30RAK0▼このコメントに返信
あの欧州のちっこい馬を日本の馬と思わせるデマに引っかかってるマヌケおんの?ww
145.名無しさん:2019年11月08日 12:30 ID:L0ognml90▼このコメントに返信
※125
馬も知らないし、それ以上に歴史も全く知らないんだよな
世界中にあるし、当然日本にもある突撃用の馬鎧って存在すら知らないんだから、日本史だけじゃなくて恐らくどこの世界史も知らない
146.名無しさん:2019年11月08日 12:31 ID:JgZbrm8B0▼このコメントに返信
戦争は総合力だよ。騎馬が絶対じゃない。意味ない話。
147.名無しさん:2019年11月08日 12:35 ID:6Zd30RAK0▼このコメントに返信
日本の騎馬はサラブレッド寄りは小さいがアラブ種よりデカイ。体高の記録のこっとるからな。
148.名無しさん:2019年11月08日 12:37 ID:5arx6uL.0▼このコメントに返信
お前が想像してるのはミニチュアホース定期
149.名無しさん:2019年11月08日 12:38 ID:YURZSqqQ0▼このコメントに返信
ミドリマキバオーとかいう脚の骨が折れにくいチート馬
150.名無しさん:2019年11月08日 12:40 ID:YURZSqqQ0▼このコメントに返信
大陸からデカい軍用馬を輸入してるに決まってるだろ。
んで、そいつらを色々と掛け合わせて、頑丈で強い馬を作る。
それをやっていないわけがないんだ。
151.名無しさん:2019年11月08日 12:47 ID:QiAw3T7b0▼このコメントに返信
>>81
それは嘘だぞ
152.名無しさん:2019年11月08日 12:49 ID:3wM4Ismu0▼このコメントに返信
※8
見つかってはいるのですが、少ないんです。確か38発だったかな。
鉛の成分分析したら、中国やタイなど海外のものとか。
153.名無しさん:2019年11月08日 12:52 ID:UubxRczc0▼このコメントに返信
大きかろうと小さかろうと、納豆の発明に馬が一役買った事実に変わりないんやで
154.名無しさん:2019年11月08日 13:03 ID:m9YZgBIq0▼このコメントに返信
ポニーがゲシュタルト崩壊した
管理人に謝罪と賠償を要求する w
155.名無しさん:2019年11月08日 13:14 ID:IaHz72tq0▼このコメントに返信
槍を主体とした重装備の西洋の騎馬隊は 戦車で言うと 大口径の大砲を固定した重量突撃戦車
弓を主体としたモンゴル日本馬は回転砲台を持つ機動戦車 それも移動しながら大砲が撃てる そして命中する事が出来る
小型でも 歩兵や固定砲塔の重量戦車には脅威だろう 
156.名無しさん:2019年11月08日 13:17 ID:r1Ny.Jvv0▼このコメントに返信
ナポレオンの乗ってた馬と戦国武将が乗ってた馬はほぼ同じ大きさ
双方記録が残ってる
日本がポニーと言うよりは昔は全世界でだいたいそのサイズ感

そもそもポニーと聞いてミニチュアホースみたいなのが想像しちゃあかんぞ
見た目の大きさは競走馬を一回り小さくした程度のやつだからな
157.名無しさん:2019年11月08日 13:19 ID:h9x4EKdw0▼このコメントに返信
ばんえい馬みたいなんが来たら、小便どころか大便もらすわ
158.名無しさん:2019年11月08日 13:20 ID:lZLlMTlO0▼このコメントに返信
※88
道産子が1トンとかありえないから
もしかして「ばん馬」と勘違いをしている?
ばん馬は道産子では無いぞ?
普通に外国馬だよ?
道産子は大きいので350㎏前後だし
159.名無しさん:2019年11月08日 13:23 ID:H9S.dTWT0▼このコメントに返信
同時の武士の身長は150センチやろ?博物館の甲冑とか小さいよ。ポニーで十分。
160.名無しさん:2019年11月08日 13:27 ID:lRaC9xjH0▼このコメントに返信
加藤清正の帝釈栗毛は体高1.9mあったそうだ。花の慶次の松風くらいか?
161.名無しさん:2019年11月08日 13:32 ID:PDBMOeTh0▼このコメントに返信
まぁ時代劇でももっぱらサラブレッドだし興味ない人間が誤解しても不思議ではない
体格の良い現代人、しかも俳優が当時サイズの馬に乗ったら見た目のバランスは悪いだろうな
162.名無しさん:2019年11月08日 13:36 ID:cOXVPBtz0▼このコメントに返信
宮崎県の都井岬に行ってみたら答えは出るぞ!
ポニー程ではないが日本の在来馬は馬体がアラブ馬を祖先に持つサラブレッドに比べれば格段に小さい!
163.名無しさん:2019年11月08日 13:39 ID:3fdU8vYj0▼このコメントに返信
古墳時代すでに整備されていた駅馬は何?
日本にポニーしか存在しなかったとするほうが戦後史だろ
北方騎馬民族だって日本に流入していたはず
164.名無しさん:2019年11月08日 13:47 ID:lZLlMTlO0▼このコメントに返信
※163
蒙古馬系だからポニーだね
当たり前だけど騎馬民族の馬もポニーだし
165.名無しさん:2019年11月08日 13:49 ID:Xi1o9Kbj0▼このコメントに返信
京都の下賀茂神社の葵祭りで行われている記者は大昔、7世紀くらいからあったので、
恐らく奈良時代以前にも戦では馬上戦闘があったのでしょう。
166.名無しさん:2019年11月08日 13:51 ID:P6g2wKDx0▼このコメントに返信
小さい言うけど、その頃の日本人も
今から比べれば小人サイズやから、
見た目は普通に見えたんじゃね。
167.名無しさん:2019年11月08日 14:00 ID:.bSzJgU00▼このコメントに返信
本スレの調教したポニーはさんまの番組でやってたナリタブラリアンだな
JRAの騎手だったか調教師がガチの仕上げっぷりして走り方が競走馬のそれになっちゃった
168.名無しさん:2019年11月08日 14:06 ID:HfBn16.I0▼このコメントに返信
※8
戦争の主役が
少数精鋭の騎馬武者の時代から、
物量戦の歩兵足軽の時代に移行した象徴じゃね?

あと野戦陣地構築能力の向上
169.名無しさん:2019年11月08日 14:10 ID:TJnoyi2j0▼このコメントに返信
小さいとはいえ、体躯はがっしり、脚はぶっとかったんだろ?
170.名無しさん:2019年11月08日 14:12 ID:kWOeEyjb0▼このコメントに返信
※76
>一杯見つかっとるわ。

なに捏造してるんだコイツ
171.名無しさん:2019年11月08日 14:16 ID:lZLlMTlO0▼このコメントに返信
>>65
鎌倉時代〜江戸時代の軍馬の馬骨が多数発掘されていますよ?
172.名無しさん:2019年11月08日 14:18 ID:HfBn16.I0▼このコメントに返信
蒙古馬と同じポニーだって弁明が流行ってるけど
厳密には別種だけど同じポーニーでも育成環境の差を無視してないか?

山岳地形:
馬は走らせる訓練しないとちゃんと走れない。

育成場所が限定:
主な平地は食糧生産の田畑か市街地になってるため、
馬を育てたられる場所が山か海岸のみ
速力のある馬を育てられる環境じゃない。

高温多湿:
馬は暑さに弱い。
さらに汗をかくと体力消耗して小型化する。

めっちゃ飯を食う:
1日1頭が15kg以上食う。牛より食べる。
騎馬武者が多ければ多いほど兵站圧迫が強い。

173.名無しさん:2019年11月08日 14:19 ID:lZLlMTlO0▼このコメントに返信
>>72
蒙古馬はポニーだよ?
174.名無しさん:2019年11月08日 14:39 ID:BxW4bqzy0▼このコメントに返信
>>3
解決してるし資料はあるし木曾馬もまだ生きてる個体はいるよ。
昔はでかいのも小さいのも多様な種類がいた
175.名無しさん:2019年11月08日 14:42 ID:BxW4bqzy0▼このコメントに返信
>>6
あと軍馬に向いていたのがアラビア系の馬だったはず。
木曾馬は早く走るには不向きだが坂道や山道に強いんだよな
176.名無しさん:2019年11月08日 14:45 ID:YRhaf1uw0▼このコメントに返信
>>29
俺も木曾馬見たことあるけど、ガチムチよなあいつ
足も太短いけどその分踏ん張りききそうで強そうで、鎧武者乗せても平気っぽく見えたぞ
たしかに背はサラブレッドより低いけど、サラブレッドのが華奢だと思う
そもそも用途がぜんぜん違うしな
177.名無しさん:2019年11月08日 14:45 ID:ySGPiZ.60▼このコメントに返信
でも、昔の絵を見ると乗ってる馬デカイよね?
今でも蝦夷の馬なんて競馬の馬より遥かにデカくて強いし
ポニーどころかヒグマ蹴り殺せるレベルの馬もいる。
178.名無しさん:2019年11月08日 14:46 ID:BxW4bqzy0▼このコメントに返信
>>28
多分ロバと認識していたんじゃない?
シマウマだって名前こそウマがついてるがほとんど気性の荒い野生ロバだし
179.名無しさん:2019年11月08日 14:50 ID:9RwAILtS0▼このコメントに返信
ポニーよりはデカイ。
180.名無しさん:2019年11月08日 14:52 ID:BxW4bqzy0▼このコメントに返信
>>95
サラブレッドは競馬が世界中で無くなれば間違いなく絶滅する。
競馬のための馬なんだから当たり前だが
181.名無しさん:2019年11月08日 14:53 ID:ySGPiZ.60▼このコメントに返信
一番のポイントは蒙古軍の騎馬兵の乗る馬が背が低いのに鎌倉武士が驚いてたところじゃないかと思う。
足が地面に届くくらい背が低く素早く移動して弓をいる蒙古スタイルは日本のスタイルと違ったから。
手綱を引かないで両手を使えるポニー馬は少なくとも昔の日本にはいなかったんじないかな?
182.名無しさん:2019年11月08日 14:59 ID:kVHtxxr80▼このコメントに返信
そういう奴ってサラブレットかミニチュアポニーの2種類のどちらかしかいないと思い込んでて
どう説明しても理解しないから決着しようが無い
183.名無しさん:2019年11月08日 14:59 ID:oZcdO8.Z0▼このコメントに返信
当時の馬の骨調べりゃ一発やろ。そっからDNA取って現存種の中で近い奴を探せばいいし。
そんなことせんでも、昔の絵巻物には普通に騎馬武者おるし馬のサイズは人間に比してもそんな小さくない。サラブレッドほど大きいとは言わないが、なぜポニーにしたがるのか。
184.:2019年11月08日 15:02 ID:sazfqvws0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
185.名無しさん:2019年11月08日 15:04 ID:imuagUEV0▼このコメントに返信
奉納騎射を生で見てると現代馬より在来馬の方が挙動が安定してるんだよね
186.名無しさん:2019年11月08日 15:33 ID:HJbHisVi0▼このコメントに返信
※178
欧州人は平地馬しか知らずにロバと区別したが、山岳馬とでわけた日本も一定の理があるって話かな。

馬とシマウマって、近縁種だけど染色体の数が一対違うんだっけか。
で、古代の蒙古馬は、シマウマと染色体の数が同じで気の荒さやらの生態もソックリと。
多少は他の馬種と交配できるので、現代蒙古馬に血が残ってないか探究中だそうな。
これを紹介した番組では日本在来馬古蒙古系説を追求しきれずに時間切れしてたのが残念。
187.名無しさん:2019年11月08日 15:54 ID:AQ4lOlHF0▼このコメントに返信
いくらポニーが小さいっていっても、人間も平均150センチとかだからセーフ
188.名無しさん:2019年11月08日 15:59 ID:L0ognml90▼このコメントに返信
※186
染色体の数の一致度はどれほど近縁かどうかとは何の関係もない
そもそもシマウマと一言で言っても染色体の数はかなりバラつきがあるぞ
染色体の数はすぐ変わるから、蒙古馬だけシマウマのごく一部の種と偶然同じ数だったからって何の情報にもならない
189.名無しさん:2019年11月08日 16:34 ID:ysh.9J8t0▼このコメントに返信
現存する木曽馬は駄馬の子孫
明治時代の南部馬の名馬盛号は、外国馬(アラブ種)と競馬で戦っても
優勝したほどの駿馬
戦国時代、軍馬として改良され調教されていた馬と現存和種と比較する方
が間違い。
明治時代に外国産馬に見た目が見劣りするとの理由だけで陸軍が軍馬として
採用しなかった。日本和種(軍馬の子孫)で中国大陸を駆け回っていたら
日本の騎兵部隊ももっと戦果を挙げていたかも
因みにポニーエクスプレス(日本でいう早馬)という言葉があって
アメリカでも西部開拓時代の騎乗メインはポニークラス(クォーター種:中型)
サラブレットは競走馬としてレースだけに特化した馬でアメリカの荒野で騎乗するとか
日本のような山岳地を走破するなど出来るはずもない
さらにいうと武田の騎馬隊が恐れられていたのは、騎乗は通常指揮官クラスであるが
武田の旗本の騎士は馬の扱いが巧みで相手に馬をあてて、落馬させ兜首を上げる戦法
が卓越していたので恐れられていた。相手の武士団にしてみたら足軽農民兵には目もくれずに
自分めがけて突進してくる様は恐怖でしょ
家康さえ大便漏らしながら逃げ帰ったほど
190.名無しさん:2019年11月08日 16:36 ID:HJbHisVi0▼このコメントに返信
※188
NHKの一時間6回シリーズ番組だったんだが、よくある似非科学物だったのかぁ。残念。有難う。
蒙古馬特に古代種は現存馬と系統が違うとは聞く話だったが、ことによると出所同じやも。

馬とシマウマとロバが生物種としてどれくらいの距離かだけ調べ直すわ。
191.名無しさん:2019年11月08日 16:46 ID:75Lxs53g0▼このコメントに返信
今あるポニーのイメージって小さいの同士掛け合わせて作った凄く小さい奴なんじゃないか?
昔はそんな金持ちの道楽用の小型をわざわざ作らないから思ってるのよりは大きめだと思う
 
192.名無しさん:2019年11月08日 16:46 ID:qGeaDTjm0▼このコメントに返信
※19
一応、旧石器~縄文時代の遺跡から馬の骨や化石が出土しているから、日本列島にも野生馬は居たよ
193.名無しさん:2019年11月08日 16:59 ID:u84cT1tI0▼このコメントに返信
つか、海外も全く同じだと気づいてない連中はアホとしか言いようが無い。
194.名無しさん:2019年11月08日 17:00 ID:ihPBQdA20▼このコメントに返信
サラブレッドと国産原種の馬を比べる番組あったけど、
平地ではサラブレッドが速いけど、山岳地は国産馬でないと登れないって、やってたよ。
195.名無しさん:2019年11月08日 17:00 ID:mBnwYSaW0▼このコメントに返信
はにわ兵とはにわ馬が出土してるんだから仏教伝来より前に軍馬がきているだろ
196.名無しさん:2019年11月08日 17:01 ID:L0ognml90▼このコメントに返信
※190
その番組見て無いから何とも言えないけど、NHKの科学番組系ってたまにトンデモ説平気でやるからねぇ
197.名無しさん:2019年11月08日 17:51 ID:DE2F4DPg0▼このコメントに返信
ポニーに乗った暴れん坊将軍
それはそれでいいかもしれない。
198.名無しさん:2019年11月08日 18:03 ID:GY7.uBj.0▼このコメントに返信
昔の日本馬はでかいのから小さいのまで色々いたんよ。
でかいのは明治期にアラブ種と交配されて軍馬になって、小さいのは農耕馬に。今日本の原種で生き残ってるのは農耕馬で、軍馬系は交配されて原型とどめてない。それを勘違いした研究者が珍説あげてるだけ。戦国期に騎馬隊組んだなら、でかい馬を選りすぐって調教してただろな。
199.コロンブス:2019年11月08日 18:28 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
戦国期に使われていたであろう馬は案外速いし力も強い。
サラブレッドと大きな違いはなかったよ。
テレビの実験で実証済み。
200.コロンブス:2019年11月08日 18:36 ID:qryRiHj40▼このコメントに返信
※197
象やクジャクを輸入しているのに馬は外来種が入っていないとでも思うのかね?
201.名無しさん:2019年11月08日 18:51 ID:wG49AL.50▼このコメントに返信
ばんえい競馬という化け物の力比べ
202.名無しさん:2019年11月08日 19:00 ID:rPQ1XqFH0▼このコメントに返信
※184
なかなかって…お前
相対的にはビワの方が強いじゃん
5歳(現4歳)以降のブライアンは高松宮記念でたり迷走して
この前死んだトップガンとマッチレースした以外は
ケガもあったとはいえ明らかに弱体化してるし
203.名無しさん:2019年11月08日 19:04 ID:bS4oJx3Y0▼このコメントに返信
いや別に、強靱ならポニーでもよくね? でかいとエサだって大変だぞ。
日本じゃ崖を下れて山登れるタイプの種じゃないと軍馬には使えない。
204.名無しさん:2019年11月08日 19:46 ID:HfBn16.I0▼このコメントに返信
※200
多湿な馬にとって最悪な環境な上に、
在来馬より管理がややこしく、
遺伝学がまだなかったから、繁殖させても3代経たらすぐに在来馬に戻るんやけど?
205.名無しさん:2019年11月08日 19:48 ID:KZCPrRRL0▼このコメントに返信
つーかポニーってサイズによる分類でしかないんじゃないっけ?鯨とイルカみたいな
サイズが小さかろうがフル武装した武士上に乗せて戦うことができるだけの筋力と持久力あるなら普通におっかねぇぞ?w
206.名無しさん:2019年11月08日 19:49 ID:zHm0rEbP0▼このコメントに返信
こんな珍説を大流行させてしまったインターネット黎明期
207.名無しさん:2019年11月08日 19:50 ID:KZCPrRRL0▼このコメントに返信
※197
暴れん坊将軍は馬云々だののリアリティなんざ超越しているお方だからな・・・w
どんなに途中がガバガバでも、ラストで悪役相手に例のテーマ流しながら爽快に無双してくれれば良いのだよ・・・w
208.名無しさん:2019年11月08日 22:26 ID:vu72ipWZ0▼このコメントに返信
スペインは80年代半ばまでロバだらけだったけど、荷役であって人が乗るものじゃないよね。
209.名無しさん:2019年11月08日 23:04 ID:wyX7JGZj0▼このコメントに返信
吉宗はオランダ人に西洋馬術ならって馬と牛輸入してるじゃん
ドラマOPはポニーに乗ってるのが正しいとか言ってる連中は無責任だよ
210.名無しさん:2019年11月08日 23:05 ID:Apin.kIg0▼このコメントに返信
>小さいから騎馬隊作れないってのは暴論ちゃうか
だな、馬に乗って刀振り回してるとか思ってるんじゃないか? そんなわけないだろうに。
馬と弓の組み合わせは最強だよ。 モンゴルを引き合いに出すまでもなく。
サッと駆けつけて移動しながら速射でババッと矢を射かけてサッと引く。矢が尽きれば取りに戻る。
雑兵と常に間を開けてこれをやられたら一騎で数十人動けなくできる。〇すまではいかないだろうが。
211.名無しさん:2019年11月08日 23:14 ID:9nE79BFp0▼このコメントに返信
当時の人の平均身長て163㎝くらいだから特別小さいわけじゃないぞ?
150㎝てどこ情報?
212.名無しさん:2019年11月08日 23:57 ID:F.2VP1Se0▼このコメントに返信
>>53
※53
鈴木眞哉か?
学者ですらないぞ
213.名無しさん:2019年11月09日 00:28 ID:z9wWcrsJ0▼このコメントに返信
ポニー種をシェットランドポニーの事だと勘違いしてるアホだらけ。
214.名無しさん:2019年11月09日 00:50 ID:hsxJ.aBX0▼このコメントに返信
木曾馬も400kg越えるのがいるというから結構でかいで。
足が太くて短いだけ。
215.名無しさん:2019年11月09日 01:14 ID:3xUXAZYA0▼このコメントに返信
ガタイ良い馬もいたけど当時の日本人の体格と合わなかったから
普段使われてたのは小さめのが多かったみたい、餌とかの問題もあるからな
ただ在来馬は8種類も居るから中にはデカい奴も居るぞ
流石にサラブレッド並みは居ないけど(つかサラブレッドと比べるのは駄目だろ)
216.名無しさん:2019年11月09日 01:22 ID:1w.s6eQP0▼このコメントに返信
>>177
絵巻物の馬も小さいよ?
あとそればんえい競馬の馬のこと?
ばん馬は普通に外国産の馬だよ?
在来馬の道産子は3分の1以下の大きさだぞ?
少しは調べてから書き込もうよ
217.名無しさん:2019年11月09日 01:58 ID:1w.s6eQP0▼このコメントに返信
日本書紀に載っている伝説級の軍馬の体高が147cmでポニー
吾妻鏡(鎌倉時代の歴史書)に載っている名馬は148cmでポニーだけど大きい馬扱いされている
そもそもポニー(小型・中型馬)を誤解している人が多い
ポニーは世界の戦場で一番活躍した軍馬だよ
ポニーは足腰が強く粗食にも耐え病気にも強い最強の軍馬


218.名無しさん:2019年11月09日 02:04 ID:2.z4kbnb0▼このコメントに返信
骨が出てくりゃ解決
219.名無しさん:2019年11月09日 02:32 ID:1w.s6eQP0▼このコメントに返信
>>218
武田家屋敷跡から発掘された馬は
馬骨から推定される体高が約126cmでポニーだね
乗馬に使った馬で軍馬かは不明だけど
丁重に埋葬されていた馬だよ
220.名無しさん:2019年11月09日 04:18 ID:cDYMLoHw0▼このコメントに返信
合戦絵の馬はデカそうだけどね
221.名無しさん:2019年11月09日 08:31 ID:BGBc.EBj0▼このコメントに返信
どこかのチャンネルで木曽馬に鎧武者乗せて走らせてなかったか?
ちゃんと動けてたしスピードも出てたぞ
222.名無しさん:2019年11月09日 08:32 ID:wLUCBoB.0▼このコメントに返信
日本に去勢技術が入ってきたのが江戸時代中期
戦国時代の馬は小さくても荒々しい悍馬だから戦闘にも十分耐えた
去勢の導入が遅れたせいで、日本には馬車の時代がなかった
欧米の道路は、馬車が安全に離合できる道幅に設定されている
日本の道が今でも狭いのはこのせいで、戦後モータリゼーションの普及の障害になった
223.名無しさん:2019年11月09日 08:42 ID:PfmCjNcz0▼このコメントに返信
ポニーじゃねえから。
サラブレッドよりはポニーに近い品種ってだけ。
224.名無しさん:2019年11月09日 08:54 ID:HFCIthJc0▼このコメントに返信
今いる日本の在来馬って、多少ずんぐりしてるけど、ポニーには見えないんだけど。
ポニーみたいだったって、証拠はあるのか?
225.名無しさん:2019年11月09日 09:04 ID:tgKX5qnp0▼このコメントに返信
子供の頃(身長158くらいの頃)道産子とサラブレッド乗ったことがあるけど
サラブレッドだと足が回りきらなくて乗りにくかった
日本人の体型だと道産子の方が足がちゃんと回るんで操作しやすい
226.名無しさん:2019年11月09日 09:31 ID:J.db4FY.0▼このコメントに返信
ポニーって小さな見た目と可愛い名前で損してるよ。
昔バラエティで、最強ポニーナリタブラリアンていたんだけど、ジョッキー載せて普通にサラブレッドと一緒に走ってたで。
あれなら具足つけて載っても普通に戦えると思う。
227.コロンブス:2019年11月09日 09:32 ID:J4LOzA8t0▼このコメントに返信
※216
日本に在来種の馬がいたのかいw
228.コロンブス:2019年11月09日 09:34 ID:J4LOzA8t0▼このコメントに返信
※204
日本語の文法すらおぼつかない人間の知識はどこから仕入れた?(洗脳ですらない馬鹿の戯言)
在来種に戻る?
ばかじゃないの。
229.名無しさん:2019年11月09日 09:44 ID:pb2TxcoO0▼このコメントに返信
※223
※224
あんたらのいうポニーはシェトランドポニーの事だろ
否定的な意見を出したかったら、ポニーとはどういうものを指すのか調べてからにしろよ
ポニーに近い品種って、小型犬に近い品種って言ってるのと同じだぞ
小型犬なんて犬種があると思っているのか?
230.名無しさん:2019年11月09日 10:19 ID:VIQ5o54W0▼このコメントに返信
※229
ポニーは中型馬まで内包してるからな
大型のサラブレットがメインになったからそっちが普通だと思ってるが
逆を言えばポニーじゃないのは一部の大型馬だけ
231.名無しさん:2019年11月09日 12:10 ID:uhWt3G.60▼このコメントに返信
その時代にブルトンとか居れば強かったろうな。
232.名無しさん:2019年11月09日 14:31 ID:qO7MSDBJ0▼このコメントに返信
※207
233.:2019年11月09日 14:40 ID:1w.s6eQP0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
234.名無しさん:2019年11月09日 21:45 ID:I6rEzO2r0▼このコメントに返信
大阪城から発掘された馬の骨は推定される体高約170cmで明らかにポニーじゃない
235.名無しさん:2019年11月10日 02:06 ID:JOj90fnv0▼このコメントに返信
※221
>>221
NHKの「その時歴史が動いた」な。
義経の鵯越の回だったか。
大鎧(30㎏超)着た人間乗せて普通に走ってたから当世具足なんぞ余裕だよ。
236.名無しさん:2019年11月10日 05:51 ID:bLIa4HUp0▼このコメントに返信
このスレッドが無知で困る。
そりゃあ戦国時代にはポニーもいればそうでない日本馬もいただろうよ。
だいたいポニーってのは種類じゃなくて区分だ。
日本馬だろうがアラブ種だろうがサラブレッドだろうが馬の身長(き甲)の高さが147cm以下なら全てポニーだ!
こんなこと、ちょっとでも乗馬かじったやつなら皆知っている。
147cmの馬(ポニー)は結構でかいし、たくましいぞ。
また、戦国時代の侍がどれくらいの体格だったのかは上野の国立博物館に行けば分かるよ。
当時の鎧兜が展示されている。
こんなに体小さかったの?って驚かされるよ。
だから、ポニー(体高147cmの馬)&戦国武士 と サラブレッド&現代人は、比率としては変わらない。
237.名無しさん:2019年11月11日 13:45 ID:GDHp4DpI0▼このコメントに返信
>>234
それも輸入馬
日本の在来馬では無い
238.名無しさん:2019年11月12日 03:11 ID:rIO0BYRm0▼このコメントに返信
大金つかって外国から大型馬を買ったんだろ
繁殖や在来種との掛け合わせをやらないわけがない
239.名無しさん:2019年11月13日 13:53 ID:tAh7v5Qy0▼このコメントに返信
どんなに証拠を示しても、くさす為だけに小銭で荒らす連中がわくんだよなぁw
240.名無しさん:2019年11月15日 09:13 ID:.nvPg.RX0▼このコメントに返信
>>238
実際献上や輸入の記録はある
モンゴル人が一緒にきていて馬が慣れ親しんでる歌を教えたのが元になった民謡もあるとか
241.名無しさん:2019年11月15日 09:15 ID:.nvPg.RX0▼このコメントに返信
※224
マジレスすると区分としてのポニーなら木曽馬とかの日本の馬もポニー
多分224がイメージしてる小さい馬、シェトランドポニーはポニーの区分の中では小さい方
242.名無しさん:2019年11月15日 09:16 ID:.nvPg.RX0▼このコメントに返信
※227
古い遺跡からの馬の骨や歯の発見から、日本に馬がいなかったという説は疑問視もされてる
中国の記録に書かれてるのは、日本の一部地域の話だから把握してない場所にはいたんじゃないかと

お名前