2019年08月21日 22:05

日本軍ってなんで弱かったん?

日本軍ってなんで弱かったん?

pixta_10598939_S

引用元:日本軍ってなんで弱かったん?
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1566294480/

3: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:50:13 ID:jAB
生産力が足りず武器とか弾薬とか不足してたから弱い

5: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:51:11 ID:Xgt
上が無能

6: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:51:29 ID:bQY
資源

7: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:51:38 ID:nT0
負け戦を判った上で
講和を七三に持ち込めるように
死闘に挑んだんや

8: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:51:55 ID:wW1
ゼロ戦が攻略されるまでは強かったんやで

9: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:52:10 ID:dcF
国力が限られてる癖に無駄に戦線拡大(上が無能)
資源が足りない
そもそも相手を増やしすぎ

10: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:52:14 ID:jz9
銀行家たちが日本を悪役に引き立てるよう戦争に持ち込ませたからね
当時はアメリカとの衝突は必ずしも避けられなかったらしい 

13: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:53:59 ID:dcF
>>10
リットン蹴らなきゃやりようあったと思うが

日本は馬鹿ばっかやたちゅう事や
とはいえアメリカはルーズベルトだから意図してなかったかと言えば嘘やろうけど

11: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:52:32 ID:Zfe
資源なし技術なし戦略なし
ないないづくめや

16: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)18:54:30 ID:Zfe
陸軍も海軍もお上の威光を利用することしか考えて無かったやろ

21: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:03:03 ID:fle
他国と戦争してる割に派閥争いはいっちょ前だったってマ?

22: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:04:08 ID:JCX
何が弱いって頭が弱い

24: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:06:11 ID:rs0
反省会しても精神力の欠如で済ませるんだから
少しは諜報活動して相手の技術や情報盗めばどうなの

27: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:18:29 ID:rs0
日露以降の腐敗速度がやべぇ

30: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:29:11 ID:JJ3
陸軍はともかく海軍は米国に次ぐ二番手だったやろ

49: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:42:50 ID:7Eh
戦略が無かったのと外交力も無かったんが悪いやろ

50: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:43:43 ID:JJ3
日本を守るために朝鮮を押さえて
朝鮮を守るために満州を押さえて
満州を守るために中国を押さえて……
キリがないねん

51: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:44:06 ID:7hY
補給線ちゃんと維持してどうぞ

59: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:45:51 ID:7Eh
万歳突撃しろだの
後方で芸者と遊んでる司令官がいるだのって
普通なら、反乱起きてもおかしくないやろ

61: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:46:25 ID:lkl
>>59
実際小規模な反発はあったやろ
インパール作戦でも

66: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:48:20 ID:JJ3
アメリカに石油禁輸された!っていうけど、そうならんように立ち回るのが外交やろと
対露のために英国と結んだ時代を思い出して

71: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:51:47 ID:7Eh
まあ、国民もアホで
偉大な大和民族が屈するわけにはいかねえとか思っとったやろ?

ビルが乱立し、車がバンバン走ってるアメリカに勝てるわけねえのに

75: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:52:29 ID:MtQ
>>71
東京でも木造建築なのにその頃アメリカでは

72: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:51:47 ID:Wfa
とりあえず一次大戦に欧州派兵してたらなあ・・・
日英同盟は続いてたのに

73: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:52:04 ID:OTr
近衛文麿が全て悪い
東條閣下は止められる段階ではなかった

87: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:55:37 ID:FjX
そもそも疑問なんやが日本軍って弱かったん?

88: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:56:01 ID:Wfa
>>87
だからアメリカ以外には強かったんだって

91: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:56:38 ID:8WG
>>87
強くなろうとレベリングとしてた所でアメリカとか言うラスボスに挑んだ感じやな

94: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:58:18 ID:FjX
>>91
はえ~
ロシアとか倒してたからもうラスボスしか残ってなかったんやな

89: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:56:28 ID:OTr
つか疑問なのが大日本国憲法でも
行政権は国務大臣の輔弼がないとできないとなってたのに
なんで統帥権干犯問題起きたんだ?

あと一時期陸軍大臣と海軍大臣は文民がなってたのに何故また武官に戻したの?

100: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:59:59 ID:7hY
>>89
統帥権は軍令と軍政で分けてた山縣と伊藤の妥協の産物やった
大きく問題になったんは伊藤と山縣が居なくなってからやろなあ

105: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:01:23 ID:OTr
>>100
江戸時代ですら政治するものが軍の最高指揮権あったのに
なんで明治から分離したんや?

軍と政治分離するメリットって何かあったの?

111: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:03:34 ID:MtQ
>>105
そりゃ長州だし

95: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:58:35 ID:gFG
金ないンだわ
どこに戦争する金あったんや

99: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)19:59:58 ID:7Eh
ドイツはソ連とおっぱじめるし
日本はアメリカに奇襲するわ
お互いがお互いにコイツアホやろって思ってそう

102: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:00:36 ID:Wfa
>>99
松岡「欧州は複雑怪奇」(白目)

104: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:01:05 ID:JJ3
>>102
言うほど複雑か?っていう

101: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:00:31 ID:FjX
そら欧米人は自分たちは植民地取りまくってるくせに日本が満州に手出した途端発狂やからな
日本からしたら不公平やろ

110: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:03:29 ID:JJ3
>>101
利権は認めてた定期

114: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:04:11 ID:FjX
>>110
満州「国」ってのがあかんやったとか?
それって屁理屈やないか

122: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:06:38 ID:7hY
>>114
本当は傀儡国家作るどころか日本領として領有するんが陸軍一夕会の野望やったからね
溥儀擁立ですら妥協案だったんやで

108: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:02:58 ID:JJ3
軍が勝手に動いて内閣はそれを追認するという異常な状態
軍は戦う組織なんやから好きにさせたら戦火拡大するに決まってるやん

113: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:04:08 ID:Wfa
>>108
なんか今の中国が近い感じするわ
人民解放軍あちこち勝手に色々やらかしてるし

115: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:04:15 ID:aw6
手のひら返すも何も世界的に脱植民地化の流れだったのを空気読めなかっただけなんだよなあ

117: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:05:26 ID:OTr
軍が政府の指揮下じゃないって国として破綻してるよな

126: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:07:51 ID:H7e
情報戦を気合で乗り切ろうとしたからやろ

127: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:07:58 ID:OTr
幕末の幕府は議会を設立しようとしてたって事知らない人多いよな

江戸のまま近代化したら議会ができ将軍が大統領になり
天皇はその大統領を認証する立場になったのかな?

薩長よりはマシになりそう
統帥権干犯問題は起きないだろうし

134: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:10:18 ID:MtQ
陸海軍「なんであいつと部品を共通で買わなきゃ行けないんだよ」こんなのばっか

137: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:11:12 ID:8WG
>>134
ナチ「馬鹿かな?(ソ連侵攻しながら」

139: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:12:17 ID:MtQ
>>137
日本「なんで攻めてるねん」(真珠湾攻撃)

144: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:14:11 ID:e3B
日本「満州国ゲットだぜ!」
中国「ちょっ待てよ。国連に訴えたろ」
国連「満州国は正当な国家とは言えんけど元に戻すのは無理あるから日本の権益は認めたるわ」

これを蹴っちゃうんだもんなぁ

145: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:14:31 ID:FjX
>>144
代償があったとかやないの?

147: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:15:02 ID:aw6
>>144
国民に対する国のメンツが一番大事で妥協なんて考えない国家やからしゃーない

148: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:15:15 ID:TPa
>>144
まあ当時の日本は実より名で権益よりも国家承認がほしかったもの

151: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:16:16 ID:7hY
補給に関しては海軍が糞すぎるわ
ガ島で突撃した一木ほんまかわいそう

156: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:17:50 ID:LDE
結局は物量で負けただけで組織の体質は海外も変わらんのちゃうか?

159: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:18:36 ID:7hY
リットン案は満州を国際管理の中立地帯としてその顧問トップに日本人の起用認めるくらいは譲歩しとったぞ
ちなみにリットン案に反対したのはソ連と日本だけや

234: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:32:54 ID:aw6
日本が国力の割にうまく戦えたのは列強にとってメインではなかった東アジアに本拠地を置く大国だったからってのがある

241: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:33:45 ID:2Sg
>>234
これはあるよな
基本的には日本が全振りしてた海戦やったし陸戦も島嶼戦やから損害も強いやすいし

248: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:34:57 ID:LL6
>>234
これはかなりデカイ
欧州から死ぬほど離れてたのは独立にかなり役立った

254: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:35:26 ID:Wey
日本軍が弱いんじゃなくてトップが弱い

341: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:47:23 ID:gI3
むしろ当時の中国インドが国力の割に侵略に弱すぎるというか…

347: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:48:09 ID:FjX
>>341
これ思うわ
アジア代表として戦うべきなのはインドと中国やったんやないか?
こいつらがだらしないから日本が奮起したようにしか見えない

399: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:56:13 ID:MQX
日本は資源不足人手不足ちゃうんか
アメリカは無尽蔵で飛行機も数時間でバンバン作れたんやろ?

405: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:57:02 ID:gI3
>>399
こういうこと言うのもアレだけど一番の問題は首脳クラスの頭が悪いこと

414: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)20:58:14 ID:MQX
>>405
それもあるわな
戦争二つ同時進行とかありえんし

467: 名無しさん@おーぷん 19/08/20(火)21:06:41 ID:vB1
強かったで
ただアメリカがもっと強かった

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年08月21日 22:07 ID:SEvMu0.m0▼このコメントに返信
おカネがなかったから
2.名無しさん:2019年08月21日 22:10 ID:viqnHAwp0▼このコメントに返信
物資がねぇし。
3.名無しさん:2019年08月21日 22:10 ID:V6RK8.IL0▼このコメントに返信
アホ
4.名無しさん:2019年08月21日 22:10 ID:rkeNBJvm0▼このコメントに返信
スレ主は間抜け
自分で勉強研究してから出直して来い
5.名無しさん:2019年08月21日 22:11 ID:viqnHAwp0▼このコメントに返信
おカネはどうでもいいんだよ。刷ればいいんだから。
6.名無しさん:2019年08月21日 22:12 ID:rqfEKoWz0▼このコメントに返信
中国、南北朝鮮より遥かに強いけどな!
7.名無しさん:2019年08月21日 22:13 ID:UIRqj8zA0▼このコメントに返信
上が補給なくても気合で乗り切れると思ってたから。
8.名無しさん:2019年08月21日 22:14 ID:0Oc.XRWc0▼このコメントに返信
弱いっていうか頭が悪かった

言っちゃあなんだが地理的要素も含めるとなかなかの戦力だぞ。相手を攻め切ることはできんが相手も攻め切ることができん。
できたのはマジでアメリカだけやで
9.悪の総統:2019年08月21日 22:14 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
日本人の能力が低いから
10.名無しさん:2019年08月21日 22:15 ID:l7ObVU.00▼このコメントに返信
弱くはないで?
相手がイカれすぎてただけや
11.名無しさん:2019年08月21日 22:16 ID:CX7i4x0D0▼このコメントに返信
フォードに代表されるように、アメリカは大量生産システム発祥の地
資源だけでなくそれを活かせるだけの技術もあった
資源量で言えばインド中国だって相当なもんだがそれを活かす術を知らなかったから西洋列強に負けたわけだ
12.名無しさん:2019年08月21日 22:17 ID:.yWNCuhS0▼このコメントに返信
弱くないだろ
アメリカが異次元だっただけ
13.悪の総統:2019年08月21日 22:17 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
全てにおいて弱い
14.名無しさん:2019年08月21日 22:18 ID:di3JEKTQ0▼このコメントに返信
※6
戦ってすらいない属国こき下ろし出すのは最高にダサいし、そもそも中国には内地での長期戦された時点で戦略的には負けてるじゃん
色々頑張ってたのは知ってるけど、やっぱり近代戦や外征のノウハウが足りなかったせいじゃないか
15.名無しさん:2019年08月21日 22:19 ID:qZvYyRQV0▼このコメントに返信
弱くはないけど何故か唯一絶対勝てない相手に挑んでしまったんだよなあ…
その上仲間割れしながら戦ってたようなもんだし勝てる方がおかしい
16.名無しさん:2019年08月21日 22:20 ID:5rgs0vXk0▼このコメントに返信
ロシアに勝ってアジアには敵なしとなり気が緩んだから、
そして本来武人であるはずの上級軍人が役人になっていった。
加えて教育の欠陥で「輸送船はいわば丸腰の町人だ」とか言い出す始末ですから。
17.名無しさん:2019年08月21日 22:21 ID:X394n5r30▼このコメントに返信
アメリカは絶対に敵に回してはいけない
日英同盟は堅守する
とりあえず時間稼ぎしてかわす

敗戦後は、ちゃんとこのドクトリン守ってるから
民間人含めた犠牲も無駄じゃない、と思いたい
18.名無しさん:2019年08月21日 22:21 ID:TMq.o3Tu0▼このコメントに返信
煽り合戦ならごめんね。
マジな話なら、大正時代ごろの軍縮時代に「下手な軍縮」をしたから。
対極がドイツ。条約にひっかからない限度で士官やベテラン下士官を残して若い兵士は解雇した。
おかげで再軍備の時に熟練兵不足に陥らずにすんだ。
日本軍は砲兵を中心に常にベテラン不足。
19.名無しさん:2019年08月21日 22:22 ID:xAusBvvr0▼このコメントに返信
早く徴兵制が出来てニートが戦場に行けるようにしてほしい、負けたら皆で笑おうぜ
20.名無しさん:2019年08月21日 22:22 ID:pofdlsQx0▼このコメントに返信
そんな日本軍に負けた国は立場がないな
21.悪の総統:2019年08月21日 22:24 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
※20
敗戦国に負けた国ってどこ?
22.名無しさん:2019年08月21日 22:25 ID:rYEp.Hq50▼このコメントに返信
くそ浅いまとめやな
23.名無しさん:2019年08月21日 22:25 ID:ZjKvOxJS0▼このコメントに返信
簡単にいうと、上の人間の英語が下手すぎた。故に英語しか出来へん松岡みたいなやつが、超重要局面に絡むという大不幸になったんや。
24.名無しさん:2019年08月21日 22:26 ID:AnwHh.EN0▼このコメントに返信
第3位?の海軍力を持っているからそこまで弱いわけではないと思うけど…日本軍の組織は調べれば調べるほど疑問符のつくことが多い
25.名無しさん:2019年08月21日 22:26 ID:VeqRscob0▼このコメントに返信
弱くなかっただろ
アメリカがチートなだけだわ
26.名無しさん:2019年08月21日 22:27 ID:SsXxjqLI0▼このコメントに返信
だいたい零戦のせい。
航続距離=戦闘可能半径だと勘違いしたアホ采配により腕っこきが疲労困憊でガンガン無駄死に。
27.名無しさん:2019年08月21日 22:28 ID:TNme4lJ60▼このコメントに返信
※16
はあ?
日本は強過ぎたから、(敵と味方を間違えキリスト原理主義の)アメリカに敵視され続けたんだよ。
直ぐに逃げ出すどこかの隣国人と違って、負傷しても自ら手榴弾を爆発させてまだ戦う。
だから、余計にあいつらは日本人の団結力に”脅威”を感じて
シナは育て上げてきたんだよ。


建国以来、立憲君主制ではないダメリカ様は、蒋介石夫妻の工作にコロッと騙された。
28.名無しさん:2019年08月21日 22:29 ID:1dLSyfvK0▼このコメントに返信
>>16
丸腰=攻撃されるはずはない!

これ、海軍が真面目に思ってた。「輸送艦の艦首が駆逐艦に似てるから敵に間違われて攻撃される…」なんて対策会議開いてるくらいww
29.名無しさん:2019年08月21日 22:29 ID:Kt8CXnrX0▼このコメントに返信
日清日露勝利、WW2負け
2勝1敗だね
隣国には勝利と程遠い国もあるから、強い方では?
30.名無しさん:2019年08月21日 22:30 ID:5rgs0vXk0▼このコメントに返信
※26
戦争の初期には行動半径を500kmくらいにして段々と行動していたが
気が緩んだのかガダルカナル辺りからおかしくなった。
31.日本国がブラック企業であった:2019年08月21日 22:31 ID:Oiul9ZBd0▼このコメントに返信
「明治の頭で昭和の戦争をしていては勝てん」
最後の海軍大将、井上成美の言葉がすべてを物語っている。

彼はアメリカとの衝突を開戦間際まで反対し、戦後のこと
を考えて英語教育に力を注いだ。
32.名無しさん:2019年08月21日 22:31 ID:vbKV8wmD0▼このコメントに返信
頭が弱かったってのはあるんだろうな
なにせ韓国併合するくらいの知能だし
33.名無しさん:2019年08月21日 22:32 ID:IKlaSqiL0▼このコメントに返信
日韓併合で、勉強すれば、朝鮮民族も上層部に行けたんじゃないかな。
34.名無しさん:2019年08月21日 22:32 ID:5rgs0vXk0▼このコメントに返信
※28
いやそうじゃなくて「真っ向勝負がしたいから護衛の軍艦を攻撃させろ」
という話です。芝居や映画で武士道を勘違いしていたのだろう。
35.名無しさん:2019年08月21日 22:32 ID:S92zsIMf0▼このコメントに返信
ぶっちゃけスタミナなかったからやでだからやり方違うけど山本五十六まで一発勝負に賭けた
アメリカは2年待てば前以上に復活する準備してたけど日本は開戦時分までしかないからね
これは大正期からそう、だから頑張って有利な軍縮やったのに無意味にしたのは最大のミス
36.名無しさん:2019年08月21日 22:34 ID:JjXCKkGz0▼このコメントに返信
>日本軍ってなんで弱かったん?
イギリス軍、ドイツ軍、オランダ軍、どれも戦って勝ってるだろ。
だから今の東南アジアとパラオがあるわけ。
パラオなんてドイツ領だったんだぜ? なのにドイツ語話すパラオ人は皆無。
37.名無しさん:2019年08月21日 22:34 ID:1dLSyfvK0▼このコメントに返信
清日戦争以来、韓国から優秀な人材をさらってきたものの、それも枯渇して日本人だけで戦うようになったのが1944年。
日本人だけになったら1年すらもたなかった。韓国人だったから日中戦争から7年持ちこたえた。
38.名無しさん:2019年08月21日 22:36 ID:OnsvfGEr0▼このコメントに返信
日本弱い以上に米軍が異常に強かった。それに尽きる。
戦力比だと米英以外の列強とは同等程度には軍事力はあったぞ…
39.悪の総統:2019年08月21日 22:36 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
まず日本軍は貧乏過ぎた
戦わなくても食料不足で餓死したり、病死していった
燃料弾薬も少ないから兵は銃剣突撃を繰り返しては機関銃に撃たれては無駄に戦死していった
技術力が低く零戦も他国の戦闘機と比べると非力でターボすらなかった
ターボが無ければ高硬度では空気が薄くなりさらに馬力が出なかった
そのため一方的に撃墜されて数を減らして行った
また、士気も低く兵は命令無視してすぐに逃げ出した
そのくせに陸海軍は予算の取り合いに必死でお互いに陰謀や相打ちで大きな損害を繰り返した
海軍は頭が悪く空母に艦載機を載せずに出撃して無駄に沈めたり、轟沈型と呼ばれる補給艦は役に立たず無駄に轟沈するばかり
栗田は大艦隊を率いたが栗田ターンを繰り出し駆逐艦と護衛空母と小競り合いをして無駄に損害を出しただけで帰投してしまった
米軍はレーダー付きの対空爆弾を開発し、いよいよ日本の艦爆艦攻も撃ち落とされ攻撃する事も出来ず犬死するばかりだった
米軍が大火力で島ごと攻撃すると日本軍は次々に投稿して一時は占領した太平洋の島々を失った
日本軍も火力ドクトリンを採用したが生産力が無く装備弾薬を生産できず火力は低かった
40.悪の総統:2019年08月21日 22:39 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
※36
じゃあなんで日本は敗戦国でイギリスとオランダは戦勝国なの?
なんでなんでー???
41.:2019年08月21日 22:39 ID:TNme4lJ60▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
42.名無しさん:2019年08月21日 22:40 ID:Oiul9ZBd0▼このコメントに返信
太平洋戦記を読むと、アホな上官や司令官の多さに驚く。

感動し尊敬できる軍人は意外と少ないと感じる。
43.名無しさん:2019年08月21日 22:40 ID:l7gtISyO0▼このコメントに返信
米国が強すぎた、米国を知らな過ぎた、己を知らな過ぎた、米国が共産主義の危険性に気付くのが遅すぎた
44.名無しさん:2019年08月21日 22:41 ID:Mr.j2mH10▼このコメントに返信
どの辺からが弱かった?大東和戦争時期はユーラシアのインドの手前ロシアの手前インドネシア迄覇権延ばしてたぞ?一応理由は植民地解放って夢物語みたいな理由でやってあげたのにアメリカ参戦から戦況が悪化してきた。戦争の発端もアメリカによる物資の輸出停止なんだけどな~太平洋戦争になるのは資源が無いから植民地解放の代わりに資源調達させてくれだったから特別アジア以外は日本が進軍してくれて植民地支配してた国が居なくなってくれたことを感謝してる。敗戦直後北方領土はロシアに攻め込まれ、辛うじて北海道を取られる事にならなかったが何故か日本の教育はそういうことを教えない。何故なら日教祖と言う団体が癌で教育しないくせに口出ししてきたから、音楽の教本に君が代が載ってるのに隠したり意味すら教えない。きっと日本の国歌を空で歌える50歳位迄の人は少ないだろうね?若い世代も音すら知らないのだろう、来年のオリンピックで国歌が流れたらどう思うかな?スポーツでは国際試合では国歌斉唱するけど、知ってる人は入り口がその辺ってところが異常なこと。日本を忌み嫌う日教祖が戦後愛国心を持たさないようにしてきた事だが、その国に生きて国民として生きてるなら誇りに思うべき事を教えないという異常性は隣の国由来だろうと思うよ。自分こそが至高と国を造れるのは今じゃ隣の国位でしょ?世界と協力することを拒否出来ちゃうんだから。
45.名無しさん:2019年08月21日 22:43 ID:obtWhL7b0▼このコメントに返信
カネはあったぞ。むしろカネと技術はめっちゃあった。
軍と右翼テロがクーデターばっかりするからなんとなくみんな投げやりになっていった。
46.悪の総統:2019年08月21日 22:43 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
日本軍の生産力の無さは生産量だけでなく品質にも表れている
例えば、ネジは大きさが不ぞろいで穴の大きさに合うネジを探し出しては締めなければならなかった
手榴弾などの不発が多かったのも沖縄などの手記や経験談からわかると言われている
サンパチも照準を合わせて撃っても全く敵に当たらず敵兵が前進してきたという報告が多数ある
47.名無しさん:2019年08月21日 22:43 ID:5SvnMF8e0▼このコメントに返信
日本軍が弱かったって火垂るの墓みたいな左グルグル巻き映画しか観てなさそうな意見やな
48.名無しさん:2019年08月21日 22:44 ID:0Oc.XRWc0▼このコメントに返信
※40
最後に連合国が勝てば負けた連合国も戦勝国なんやで。ソースはフランス
49.名無しさん:2019年08月21日 22:45 ID:Oiul9ZBd0▼このコメントに返信
「生き恥をさらすな」「命をおしむな」「この臆病者!」
と言っていた将官、佐官クラスの連中のほとんどが終戦後に
自決もせずに恩給で余生を過ごしていたのはムカつく。


50.名無しさん:2019年08月21日 22:45 ID:CuKrQXeM0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義はいつも同じ話題ばかりだな。
次は大和の話題かな?
51.悪の総統:2019年08月21日 22:46 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
※48
じゃあつまり日本は戦争に負けて英国オランダは戦争に勝ったわけだ
52.名無しさん:2019年08月21日 22:47 ID:TuhQtq1V0▼このコメントに返信
まぁ戦闘と戦争の違いが実に曖昧に認識されてたってことで。
53.名無しさん:2019年08月21日 22:47 ID:.z.drBE10▼このコメントに返信
いつの時点で、日本とどことどこの国を比較して弱いと言ってるの。
54.名無しさん:2019年08月21日 22:49 ID:TNme4lJ60▼このコメントに返信
※43
アメリカという国がどういう経緯で建国された国であるか
少しでも調べれば、
共産主義の(隠れた)総本山は誰有ろうアメリカと気づく。
シベリア出兵1つでもアメリカはむしろ革命軍を支援。

王政のないアメリカは”権威”と”権力”を分ける文化がない(キッシンジャーが「中国はアメリカに近い国だ」と言うのは当然)。

55.悪の総統:2019年08月21日 22:49 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
日本は零戦も含めて兵器や装備の多くを米国製の工作機械で生産していた
設計はドイツや英国に外注していた
米国との戦争がはじまり米国製の工作機械が輸入できなくなり劣化が始まると生産量も品質もさらに低下していった
さらに零戦などが時代遅れになっても新兵器を開発できなかった
56.悪の総統:2019年08月21日 22:50 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
※53
列強国の中で圧倒的に弱い
なぜ列強の一国になれたのか不思議なくらいだ
57.名無しさん:2019年08月21日 22:50 ID:JYfDNqQg0▼このコメントに返信
※39
なにか全体の話のようで実は一つの海戦の話しになってるじゃないか

>海軍は頭が悪く空母に艦載機を載せずに出撃して無駄に沈めたり

悪いが、アメリカの主力艦隊を北方に吊り上げるという作戦目的は
達成してるぞ、この海戦で作戦目標を達成した唯一の部隊なんだが?

目的を達成できずに沈む方がよっぽど無駄だ
58.名無しさん:2019年08月21日 22:50 ID:bmKle25b0▼このコメントに返信
100円玉握りしめてあとは精神力でなんとかしろ!と100万円持ってるアメリカとポーカー勝負

あっという間に凹まされて履き物も着物も全部借財にして兵士も使い捨てにして
お偉いさんが命まで取られそうになってやっと土下座したんだよ
59.名無しさん:2019年08月21日 22:51 ID:JYfDNqQg0▼このコメントに返信
※56
他がさらに弱かったから
60.名無しさん:2019年08月21日 22:51 ID:zoblHSjo0▼このコメントに返信
アメリカ以外には互角以上に戦ったけどな。
61.名無しさん:2019年08月21日 22:53 ID:H.lIclR10▼このコメントに返信
アメリカ以外にはだいたい無双状態だったんだけどな。
(インバール作戦除く )だけどw
62.名無しさん:2019年08月21日 22:53 ID:mgOZbynG0▼このコメントに返信
玉音放送なかったら連合軍に勝ち目はなかったぞ。
63.名無しさん:2019年08月21日 22:53 ID:7s1O1TxP0▼このコメントに返信
言うほど弱かったか?
アメちゃん以外に正面切って喧嘩して負けたことないやんけ
そしてアメリカと殴り合って勝てる国なんて歴史上存在せんやろ
64.名無しさん:2019年08月21日 22:54 ID:JZSbm.WF0▼このコメントに返信
またZの印象操作スレだよ。
65.名無しさん:2019年08月21日 22:54 ID:yEiqtHEA0▼このコメントに返信
最初からアメリカ相手なら弱いんだから当然だろ
実務軍幹部連中がアメリカ相手に戦争したらどうなるといわれて、半年から1年は何とかする(全力でぶち込んでそれが限界、それ以上はどうにもならいで無理だから言わなくてもわかるよな? お前らも少しでも脳みそあったなら)と言ったのに、アホ政治屋とアホペーパー軍幹部は脳みその代わりに運子入ってたからだらだら何年も続けてボロボロにされた
66.名無しさん:2019年08月21日 22:54 ID:wTUJP5ie0▼このコメントに返信
万歳突撃とか実は有情だぞ
最初は普通に万歳突撃が効果あったから乱発してて対策されてからもしばらく続けてたけど
ゲリラ戦の方が有効って気付いてからは飯も薬も弾も無くなった部隊に現状維持して敵部隊に嫌がらせしろって指示してたから悲惨だった
頼むから玉砕か自決させてくれって嘆願が前線から来る程
そりゃ仲間が餓死したり傷口が腐って動けないような状態でも戦闘続けろ
但しなるべく死なずに敵を戦場に拘束しろとか頭おかしくなるわな
67.名無しさん:2019年08月21日 22:54 ID:Mp6Zdlf30▼このコメントに返信
仕掛けた理由が資源が絶たれたからだからな
初めから勝てる戦争ではなかった
68.名無しさん:2019年08月21日 22:56 ID:.z.drBE10▼このコメントに返信
※56
他人を納得させる為には、
第三者が納得できるだけのデータを持ち出す必要があると思うよ。
列強と比較して弱かった。これでは根拠が弱い。不明すぎる。
まず論理的な思考が普段できていれば、このような発言は、でてこない。
それに前提条件もないままに会話を進めても、噛み合わないまま話をすることになる。
だからこそ、私は前の米でそのように聞いた。
69.名無しさん:2019年08月21日 22:57 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
>つか疑問なのが大日本国憲法でも
行政権は国務大臣の輔弼がないとできないとなってたのに
なんで統帥権干犯問題起きたんだ?

単なる省庁間における縄張り争い。
現在では実質的なトップである総理大臣が統轄するのですが帝国憲法でその権限や権威が現行憲法よりも弱く、各省庁が(やろうと思えば)かなり好き勝手できる。で、その名分として明文上のトップ=天皇の権威が利用された。

ちなみに軍などはいくら好き勝手できるとはいえさすがに独断専行はまずいだろうと総理大臣や内閣の決定を尊重していたし、総理大臣の方も気を利かせていた

……のだが、WW1で大隈内閣がその慣習を無視して政府が独断専行を始める。一方の野党が何も考えずに与党攻撃の材料にして軍をあおったりしたもんだかその気になった、というお話。
70.名無しさん:2019年08月21日 22:57 ID:h5o3TkRc0▼このコメントに返信
例え日独伊三国でアメリカ一国と戦ったとしても敗北必至だからしゃーない
レンドリースとか見ても国力の桁が違い過ぎて頭おかしなるわ
71.名無しさん:2019年08月21日 22:57 ID:5Y5Mqlaq0▼このコメントに返信
装備がポンコツ
そもそも不意討ちで兵糧攻め喰らって限界来てからの開戦
食料も燃料もレッドゾーンからスタート。
72.:2019年08月21日 22:58 ID:A4t32ag40▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
73.名無しさん:2019年08月21日 22:58 ID:nigd.A6y0▼このコメントに返信
米国も総動員して女も工場で兵器作ってた事実知らない人が多いんだよね
74.名無しさん:2019年08月21日 22:58 ID:bmKle25b0▼このコメントに返信
日本は東京のお偉いさんも兵に『お国の為にタヒね』と命令したからには

最後まで抵抗して玉砕するべきだったな
75.名無しさん:2019年08月21日 22:59 ID:K1.lhHhE0▼このコメントに返信
日本軍が弱かったわけではなくて、アメリカが強すぎるだけ。
76.名無しさん:2019年08月21日 23:00 ID:5Y5Mqlaq0▼このコメントに返信
孫子の兵法に照らし追わせれば
欧米が侵略と搾取しまくってた頃に鎖国してた時点で大局的に負け確定。
77.名無しさん:2019年08月21日 23:00 ID:yl98V93.0▼このコメントに返信
こいつはドイツが負けたからってドイツ軍が弱かったと言うのか。
78.名無しさん:2019年08月21日 23:01 ID:ACbyAmc90▼このコメントに返信
※27
チョット違うよ、アメリカ大統領でソ連の親派のルーズベルトや副大統領のトルーマンは共にKKKの白人至上主義者で
犬の様に媚びる蒋介石がお気に入りの奴隷なんだよ


79.名無しさん:2019年08月21日 23:01 ID:6mriytg.0▼このコメントに返信
核兵器を開発できなかったからだな。
現在も一緒、核保有国が将来の戦勝国。
80.名無しさん:2019年08月21日 23:02 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
※40
アメリカという大樹によることに全振りしたから


というかその安っぽい理論が通用するのであれば敗戦国の日本やドイツ以上に領土を放棄し、しかも戦後にあっさり追い抜かれた戦勝国(笑)様って、なんなのよ?となるのですが…。
81.名無しさん:2019年08月21日 23:02 ID:5A.HM.JN0▼このコメントに返信
>>36
第一次大戦は火事場泥棒みたいなもんだから
ノーカンな
82.名無しさん:2019年08月21日 23:02 ID:kGHsNzb40▼このコメントに返信
誰が首相やっても勝てなかったよ。
元々アメリカは戦争する気マンマンだったし。
リットン受け入れても、ハルノート受け入れても止まらない。
さらに挑発してくるのは分かってた。

日米戦争の原因は、日本の国力が大きくなりすぎてアメリカが無視できなくなったから。
今の中国を見れば理解できるだろう。

今アメリカはファーウェイ問題で中国を叩いているが、仮に解決しても別の口実を見つけて叩き続けるだろう。
中国が崩壊するまで。
83.名無しさん:2019年08月21日 23:03 ID:Mp6Zdlf30▼このコメントに返信
でも一番戦争で被害受けたのはイギリスだよな
領土の大半が無くなって、国力も落としたんだから
84.名無しさん:2019年08月21日 23:03 ID:QTwu5ZwN0▼このコメントに返信
今でも弱点のままの、蛸壺化する縦割り行政。
陸軍・海軍の不仲、海軍内でも、大鑑巨砲派、水雷戦隊派、航空派、派閥はいろいろあるけれど、
本来の戦力向上を目的としない、互いの派閥のなあなあな妥協点で物事を決めてしまう。
和の国とはよく言ったものだ。
他国でも役所というものは同じ傾向はあることはあるが、それを合理的な判断の上で取りまとめるのが政治家の役割。
今も昔も、この国の政治が他国と比べ、どういうものかは、体感済み。
省庁言いなりで、よりによってこの最悪の時期に予定調和で消費税上げる日本は、戦時に年功序列人事を通してしまう戦中と重なる。
肩や景気減速・戦局の悪化の兆候を感じたら、政治家の意思で機動的に対処しまくりの米国。
どちらが決断力やリーダーシップがあると思うか。
結果、戦力が足りなければ、破滅的な事態になる前に、シンガポールやフィリピンから将軍・士官を撤収する英米→その後大反抗。
一方、戦力が足りないのに、占領地撤収ができず、むしろ守りを固めなければならない関東軍から精鋭を引き抜き、
各部隊が太平洋の島々に点在して各個撃破される日本。
予算内で、各部隊・各部署が陣地を死守したり、過労死するほど頑張るのは得意なのだとは思うが、組織全体としてどこにリソースを集中させるかのストラテジー・戦略眼は無かったのだとは思う。今も昔も。
85.名無しさん:2019年08月21日 23:03 ID:4pZmymLU0▼このコメントに返信
なんだかんだ精神力で結果だしちゃったんだよな
もっと早く心が折れて降伏しててもおかしくない相手にそこそこ善戦しちゃったから
86.名無しさん:2019年08月21日 23:04 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
戦前の日本はまず部品の企画統一すら為されずに極めて非効率だった
そして工作機械の精度は他列強にも圧倒的に劣っていた
精密部品が職人頼りだったところはイタリアと似たり寄ったりだがその町の若手職人すら動員し学生や女性で埋める始末

まず工業基礎技術で圧倒的差を付けられていた時点でいくら造船技術があろうが総力戦での勝利は不可能
戦う前から敗北は決定していた
87.名無しさん:2019年08月21日 23:06 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
※70
というかWW2の関係主要国全部相手にしてもアメリカ一国で勝てるしね…。枢軸国は相手が悪かったとしか言いようがない。
88.名無しさん:2019年08月21日 23:07 ID:bmKle25b0▼このコメントに返信
死んで行った日本兵や一般国民は最期まで日本が抵抗するものだと思い死んで行ったはずなんだがなぁ

お偉いさんたちは『タヒね!』と命令しておいて自分が死ぬとなるとケツまくって逃げ出した
それは今も昔も変わらないと思うよ
89.名無しさん:2019年08月21日 23:09 ID:cQIP.uya0▼このコメントに返信
トップが無能というか日本というハードウェアそのものの問題だと思っている
日露戦争の結果を受け止められない、満州事変という暴挙を何も考えずに受け入れる、国連脱退という最悪手に喝采を挙げてしまうような国民と風土を育ててしまった明治維新からの歪みの問題
90.名無しさん:2019年08月21日 23:09 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
※81
戦えば前家まくったロシアが曲りなりにも抗戦できるほどの物資を支援し、地中海に艦隊を派遣してシーレーン確保に尽力し、それが欧州での更生に一役買ったとかいうのを「火事場泥棒」とかいうのならその通りだな。

どこぞ誰か様曰くの「補給船はお客さん」レベルの発言ですが。
91.名無しさん:2019年08月21日 23:09 ID:InVGyk5x0▼このコメントに返信
バックレの連中
木村兵太郎大将
富永恭次中将
寺内寿一
牟田口廉也
どう思う?

92.名無しさん:2019年08月21日 23:11 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
日本の周り見てみればいいさ
圧倒的陸軍のソ連
無尽蔵な国土を利用した引き込み作戦かつ無尽蔵人的資源を用いる中国
世界一の工業力を持つアメリカ

こいつら連携してるんだから勝てるわけないし喧嘩売ったのは間違い
93.:2019年08月21日 23:11 ID:rUsF.3mn0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
94.名無しさん:2019年08月21日 23:11 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
※34
間違っておりませんよ。
護衛する軍艦がなくなれば補給船なんぞどうとでもしようがありますので。

実際に戦争末期、南方方面で唯一稼働状態だった駆逐艦神風なんぞ輸送船を無視した米軍の潜水艦の袋叩き状態ですが返り討ちにしたか逃げきったけど。
95.名無しさん:2019年08月21日 23:13 ID:.ck.Nze90▼このコメントに返信
日本軍が弱かったから負けたというより米軍が物量的にも科学的にも圧倒的に優れていて
禁じ手の民間人への空襲による大量殺戮と生産拠点の破壊をおこなったりしたし、輸送船を潜水艦で徹底的に沈めたり、つまりは兵站破壊により負けたというほうがおおむね正しい
装備面で劣るはずの日本軍が強すぎたから島諸での戦いで米軍は大きな損害を被り直接の戦闘を避けるようになっていった
対し日本側は兵站の確保と維持が不十分で優秀な兵員をどんどんすりつぶした
日本側の戦略に無理無謀な点がいくつもあり着地点が不明瞭であった
96.名無しさん:2019年08月21日 23:15 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
>>36
青島防衛戦なんてドイツ軍の半分が緊急召集した民兵だし
パラオ駐屯軍なんて殆どいないし補給受けてない
オランダは日本に攻撃される一年以上前から本土失陥して瀕死だし
ナチスにとっかかりきりのイギリス軍にはビルマで数十万単位でボッコボコにされてるし
それで強さを測れるものじゃないでしょ...
97.名無しさん:2019年08月21日 23:16 ID:aiMoegrh0▼このコメントに返信
この質問の意味が不明確。日本軍の強さは、実際に戦場で死闘を繰り広げたアメリカ・イギリス・オランダ・シナ(現中国)の軍隊のリーダー達(すべての軍人レベル)は、異口同音に告白している。軍隊の戦闘意識レベル・統一レベルでは、世界トップレベルだった。敗戦したから弱かったという単純な理解は、ガキレベル。なぜ負けたか。圧倒的な経済力(生還力)の差(兵隊の命を優先した兵器設計製造意識の米国と技術優先で兵隊の命を軽視せざるを得なかった日本)、先端技術開発力(レーダーシステム、原爆等)の差、実践的戦略立案・実行力の差(実践的戦略家の有無)、運のなさ等々が大きな理由。一線の兵隊の精強さでは、世界でも群を抜いていた。これは歴史的事実。
98.名無しさん:2019年08月21日 23:16 ID:9KtNpvPc0▼このコメントに返信
戦ったアメリカの方が日本軍を褒めるという・・・。
あと、第二次の時戦った相手はアメリカだけじゃなくてイギリス、オランダ、オーストラリア、中華民国・・・と中々の無理ゲの上
一応の味方は欧州でアジアにいないw
99.名無しさん:2019年08月21日 23:16 ID:3zZjVSmx0▼このコメントに返信
ムンがいなかったから
100.名無しさん:2019年08月21日 23:17 ID:HIphgPDU0▼このコメントに返信
>>84
君の否定する縦割り行政なんだが太平洋戦争では負けたが他の戦争では勝ってると思ったんだがな。
良くも悪くも戦後瓦礫の中から世界第二位まで発展させたのも君の嫌いな縦割り行政のおかげ。

他国が優れてると思うなら国籍取って移住すれば?
101.名無しさん:2019年08月21日 23:17 ID:gJx0tYlS0▼このコメントに返信
ちなみに、熟練の職人が徴兵されて~云々という問題は、当時の世界各国共通で発生している問題だから、日本だけがことさら当てはまる様なものじゃない
ついでに言えば、平時の何十倍とか、百倍も大量生産する態勢を作らにゃいかんのだから、熟練の職人なんぞというものははなから当てになんぞできんかったんよ。熟練工がどんだけ頑張ってもせいぜい二、三倍行けばいい方。それだけじゃまるで足りない。どこの国でも兵器の戦時の大増産は、大量の素人を雇ってぶち上げたもので、熟練工を徴兵した、しなかった程度でどうにかなる問題じゃないのよね
日本もアメリカもドイツもイギリスもソ連も、戦前は主婦をやってたようなおば様達を動員して兵器生産を成立させてたんだよ

な~んか、この辺分からないままで熟練工が~ってやってる人が多いよねぇ。昔からの伝統みたいなもん?進歩が無いね

工業化が進んでいたアメリカに比べりゃみみっちく見えるけど、日本の戦時増産はあれで大したもんなんだよ
102.名無しさん:2019年08月21日 23:19 ID:ouRNuaSM0▼このコメントに返信
※80
それも「負けて勝つ」という戦略の一つじゃないの?
103.名無しさん:2019年08月21日 23:19 ID:AImKId5X0▼このコメントに返信
馬鹿やっても取り返せる金や資源の無い国がそれ求めて持ってる国と戦っただけ。
104.名無しさん:2019年08月21日 23:20 ID:.hVHOyW60▼このコメントに返信
頭使わないで下っ端を無理やりこき使うしか能がないからな
それは今も変わってない
105.名無しさん:2019年08月21日 23:21 ID:76hfCyrW0▼このコメントに返信
日本軍が弱かったんじゃない、アメリカが異常に強かったんだ。
・ 月刊正規空母週刊護衛空母に代表される工業力、もちろん巡洋艦も航空機も大量生産
・ それらに載せる乗組員や搭乗員を短期間で養成する教育力
・ B-29や原子爆弾を完成させちゃう技術開発力、レーダーなんかも日本の比じゃない高性能
・ メッサーシュミットに勝てるスピットファイアにすら勝つゼロ戦相手にビア樽F4Fで勝っちゃう戦術徹底力

こんな奴らが暴れまわられたら勝てる国なんてありませんて。
106.名無しさん:2019年08月21日 23:21 ID:5rgs0vXk0▼このコメントに返信
※94
ガダルカナルでは軍艦沈めて喜んで帰ってしまい輸送船はそのままです。
後で輸送船を沈めるつもりなんぞはありませんがな。恩義を感じて帰るとでも思っていたのでしょうか。
後敗軍の将兵の気持ちを慮って追撃はしないとか言い出すし。
107.名無しさん:2019年08月21日 23:21 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
日本の問題は熟練工が徴兵された後にそれをある程度カバーしうる優秀な工作機械が殆ど存在しなかったこと
ソ連イギリスアメリカ
そして特にドイツの列強にあって日本にないもの
これが総力戦における日本の弱さ
108.名無しさん:2019年08月21日 23:21 ID:7AomTMO60▼このコメントに返信
>>29
北清事変(義和団事件)と第一次世界大戦も勝利だから4勝だよ。
109.名無しさん:2019年08月21日 23:27 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
>>107
訂正
優秀な工作機械はあったが
それはドイツ製等が殆ど
自国に工作機械製作ラインが無いのはからりのディスアドバンテージ

海外列強は自前で大量に最良の工作機械を生産出来たから急に女性を動員しようと問題なかった
ていうか列強は第一次世界大戦以来女性の社会進出が顕著だったから日本とは比べられる話じゃないんだけどね
110.名無しさん:2019年08月21日 23:28 ID:7AomTMO60▼このコメントに返信
>>96
第一次世界大戦前のドイツは太平洋に極東艦隊を持ってたんだけど。

そのドイツ艦隊は日本(の同盟国イギリス)の参戦で大慌てで逃げ出したからああ言う状況になったわけ。

日本は火事場泥棒したわけじゃないし、簡単な戦争であったわけではないよ。
111.名無しさん:2019年08月21日 23:30 ID:IhINzuUt0▼このコメントに返信
昭和天皇の下克上と言う言葉が国の軍隊としては終わってるし
軍隊の中で
辻 政信の様な無能がのさばるから近代化した欧州の軍隊に精神論で勝つことをのたまう。
自衛隊も組織改革をした方がいいんじゃね?

112.名無しさん:2019年08月21日 23:31 ID:3UVgTSmT0▼このコメントに返信
今の社会でもそうだけど、効率的な事や合理的な判断を面倒だから放棄してその分労働すればいいという考えだからだな
そして、そうやって出世した人間は後からきた人間がどれだけ効率的な業務内容を提示しても「俺たちの時代にそんな物は必要なかった、甘えんな」と却下する
いまだに炎天下で高校球児を蒸す国だ、さもありなん
113.名無しさん:2019年08月21日 23:32 ID:8eIxBgvs0▼このコメントに返信
兵士は有能だけど将兵は精神論のゴリ押しで補給を軽視してると
米英からww2の戦闘した指揮官の日誌で度々批判されるくらいには上が無能だった
114.名無しさん:2019年08月21日 23:33 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
※106
それ単に日本軍のせん滅能力よりもアメリカの回復力が上回っただけのお話。

ついでに言えば補給船どうこうはソロモン・ガナルカナルの戦いのことでしょうけど、

第一次ソロモン海戦ではその海域の制空権はアメリカが握っている≒米軍には輸送船を護衛する力は残っておりますが。

後、それ以降の戦いでも日本軍の攻撃の前にアメリカの空母部隊や重巡洋艦部隊は壊滅し、どうにか確保していたヘンダーソン基地に全振りしてかろうじて持ちこたえていた…のをそのヘンダーソン基地も金剛らの艦砲射撃で大型機の発着陸が難しくなったので撤退寸前まで追い込まれている

後一歩で「護衛する軍艦がなくなれば補給船なんぞどうとでもしようがありますので」状態に持って行けたのですがね。
115.名無しさん:2019年08月21日 23:33 ID:OA4xeIgi0▼このコメントに返信
日本が弱かったんじゃなくて、アメリカが強すぎたんだよ。
116.名無しさん:2019年08月21日 23:33 ID:w4Z2eANC0▼このコメントに返信
昔から兵隊にはキチンとメシ食わさんとアカンっていうのは軍事のイロハなのにそれすら無視する惨坊が多すぎたんやろ、知らんけど。
117.名無しさん:2019年08月21日 23:34 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
>>110
いやドイツ東洋艦隊とかオーストラリア海軍が主力艦一隻出せば壊滅するレベルなんだが
118.名無しさん:2019年08月21日 23:35 ID:.3Xm0egH0▼このコメントに返信
アメリカと比べりゃどの国でも弱小ですよw
119.名無しさん:2019年08月21日 23:35 ID:qE6DZtuA0▼このコメントに返信
前提がおかしい
強いだろ(笑)どう考えても強いだろ
120.名無しさん:2019年08月21日 23:36 ID:qPyM4cZn0▼このコメントに返信
>>94
逃げた!とゆーか逃げ切った!魚雷ボコボコ撃たれてんのに全て回避。
121.名無しさん:2019年08月21日 23:37 ID:taHCbOI40▼このコメントに返信
226事件で陸海軍に亀裂が入ったままだったのもアカンだろ……
122.名無しさん:2019年08月21日 23:37 ID:7AomTMO60▼このコメントに返信
>>41
こんなアホみたいな経済理論は読む価値もないけど、アメリカは日英同盟で太平洋と大西洋の両岸からから挟み撃ちに合うという被害妄想で日英同盟には反対だった。

そして1939年まで日英再同盟計画に横槍を入れてたんだけど、第二次世界大戦が始まって、フランスが瞬殺されてさらにイギリスが負けそうになった時、今度は三国同盟で日独(イギリス海軍を接収するだろうと想定)、イタリア海軍により挟み撃ちにされると考えるようになった。

ただそれでも、日英再同盟は難しくはないよ。日英両政府がもっと本気になっていればね。そうすれば、第二次世界大戦勃発とともにアメリカも味方になってた。
123.名無しさん:2019年08月21日 23:37 ID:.SRRjOiU0▼このコメントに返信
アメリカは勿論他の列強と比べても機械化や重工業化が遅れてた感はある。特に自動車
ゼロ戦も優秀な戦闘機であることに疑いはないがどうしても動力面で劣るからあれだけ削ったわけだし
124.名無しさん:2019年08月21日 23:38 ID:HIphgPDU0▼このコメントに返信
太平洋戦争を引合に出して「日本軍は弱かった」と言えば負けたんだし弱かったんだろう。

ベトナム戦争を引合に出したらアメリカ・韓国も敗戦国、米軍・韓国軍は弱かったって事だよな。
125.名無しさん:2019年08月21日 23:38 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
※113
で、その米英の上の連中が有能だったかと言えば…「史上最大の最も実践的な上陸演習」とか「遠すぎた橋」とかやっているのを有能と言えるのですかね。

ようは隣の芝は青く見えるというお話。
126.名無しさん:2019年08月21日 23:38 ID:taHCbOI40▼このコメントに返信
>>9
国に帰れ
127.名無しさん:2019年08月21日 23:40 ID:orzZEIS60▼このコメントに返信
※70
日独伊ソ英vs米で多分互角だゾ
128.名無しさん:2019年08月21日 23:40 ID:iICPO5xx0▼このコメントに返信
日本軍の圧倒的な強さを矮小化したい中国のディスインフォメーションか?
 
最終的に米国には負けたが、それまで英仏欄豪相手に無敵だったことも知らんのか?ww
 

 
129.名無しさん:2019年08月21日 23:40 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
※120
魚雷がぼこぼこ命中してもすべて不発弾で輸送船の撃沈すらできなかった連中に言われてもなぁ…。
130.名無しさん:2019年08月21日 23:41 ID:orzZEIS60▼このコメントに返信
米121
良く調べれば海陸協調してる例もたくさんあるよ。
それが十分だったかはまた別の話ではあるが。
131.名無しさん:2019年08月21日 23:42 ID:ilKFrBP50▼このコメントに返信
>>28
日本側は「武士の情け」「丸腰の船を沈めては武士の恥!」で見逃してた。あくまで軍艦のみ…
バカww
132.名無しさん:2019年08月21日 23:42 ID:DtWHibs90▼このコメントに返信
強い弱いで言えばめっちゃめちゃ強かったやろ
133.名無しさん:2019年08月21日 23:43 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
>>128
イギリスにビルマで数十万単位でボコボコにされてたじゃん
134.名無しさん:2019年08月21日 23:43 ID:nV2j6aJz0▼このコメントに返信
はじめから負けるのわかった上で自衛のため大東亜のための戦いなんだよボケ

全然弱くないし

欧米じゃ日本とだけは絶対戦争したくないってのが共通認識だ

英霊の名誉を毀損する反日ゴキブリ

裁きの日は近い

絶対逃さん
135.名無しさん:2019年08月21日 23:43 ID:dHfNeH2u0▼このコメントに返信
本気で最初から対米短期決戦に戦力全振りして海軍出し惜しまなければ勝ち目はあったかもしれない
何なら本土上陸されても、そこから満州とかに亡命政府立てれば本土・朝鮮・満州の三本立てでもっと長く戦えるくらいの底力もあった。その頃には歩兵の対戦車兵器も対戦車戦闘ができる戦車の開発技術も進化してたし。
日本軍の何が弱いって言えば戦艦出し惜しんで短期決戦をする勇気を持てなかった点、補給と工業力、ソ連を食い止める術の無さの三つに集約されるんじゃないかな
日本政府の弱さならもっと別にたくさんあるけども
136.名無しさん:2019年08月21日 23:44 ID:orzZEIS60▼このコメントに返信
※123
自動車はとにかく民間需要が殆ど無かったからなぁ。官需だけで自動車産業を何とかするのは無理だ。
137.名無しさん:2019年08月21日 23:44 ID:taHCbOI40▼このコメントに返信
>>21
ロシアとか清とか?
(戦争は第二次だけじゃないんだよ)

138.名無しさん:2019年08月21日 23:46 ID:SDpGVFEs0▼このコメントに返信
当時の日本が弱かったなら、米国以外は皆一律に雑魚だわな
139.名無しさん:2019年08月21日 23:47 ID:ilKFrBP50▼このコメントに返信
>>47
違うの?敵には弱くて部下や民間人には無敵の暴力集団だろ?
140.名無しさん:2019年08月21日 23:48 ID:wRPANcpw0▼このコメントに返信
弱かないだろ。アメリカが強すぎただけだ。他は大体互角以上。唯一第二次大戦で負けたが実質アメリカに負けただけ。
そのアメリカも今や利害の一致する同盟国だ。
141.名無しさん:2019年08月21日 23:48 ID:nV2j6aJz0▼このコメントに返信
大韓9cm砲手技の管理人

頭隠してエラ隠さず

キムチ臭いエラ呼吸が公害だな
142.名無しさん:2019年08月21日 23:48 ID:29nWOFoL0▼このコメントに返信
日本帝国軍は弱くはないぞ?
中国国民党は延命戦術でアメリカ頼りの結果戦勝国となった
アメリカという世界の半分以上を占める国家を相手にした結果でしかない
当時の実力
アメリカ>>>>>>>>>>>>>ソヴィエト>ドイツ>>日本>イギリス>イタリア>フランス>超えられない壁>その他有象無象の国家群
当時「列強」と称された実力は伊達ではないのだよ
まぁ
全世界的に「超大国」に分類はされていたが・・・
S級でもSSS級には勝ち目は無かったという事さ・・・
143.悪の総統:2019年08月21日 23:48 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
※59
たしかに農業用トラクターに鉄板と機銃載せて戦車を開発したとかほざいてたアジアの国々と比べればマシかな
北朝鮮は今でも農業用トラクターを戦時には自走砲にしてるけど
戦争中に農業どうするつもりなのか
144.名無しさん:2019年08月21日 23:48 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
>>138
いや過小評価だろ
ソ連とタイマンして勝てるの?
145.名無しさん:2019年08月21日 23:49 ID:orzZEIS60▼このコメントに返信
HOIでも普通に列強に入ってるけどwww
146.名無しさん:2019年08月21日 23:49 ID:eI6J8vRp0▼このコメントに返信
※135
>戦艦出し惜しんで短期決戦をする勇気を持てなかった点

当時の戦艦の価値は現在の核兵器相当なので日本に限らず出し惜しみする。金剛やウォースパトのように「古いので出し惜しみする必要がない」とかを除けば

>補給と工業力

一国単位でいえばアメリカを除けば似たりよったり。欧州の場合は占領地=工業地帯なので戦争に必要な補給と工業力をよそからもって来れた。日本の場合は占領してもそんなものは日本しかないので叩けば戦うほど先細っただけのお話。

>ソ連を食い止める術の無さの

戦争末期で枢軸国にはそんなものはない…というかそんなよ録があるなら別に回している。
147.名無しさん:2019年08月21日 23:51 ID:ChsftZ320▼このコメントに返信
ぶっちゃけ列強最下位としちゃあ、異常な軍隊持ってたと思うよ?イタリアには勝てただろうし、ドイツ降伏前のフランス相手だって勝てた(まぁ、フランスが軍隊以前に生産体制とか、国家の状況とかが惨憺たる様というか、…まぁ控えめに言って、日本以上に総力戦なんかできたもんじゃない状況だったから言えることだが)。ただアメリカが異常なまでに強かった
148.名無しさん:2019年08月21日 23:52 ID:bmKle25b0▼このコメントに返信
兵隊には死ぬ覚悟があったから強かった

だがお偉いさん達には死ぬ覚悟なんて微塵も無かったから弱かった
149.名無しさん:2019年08月21日 23:53 ID:k0dW.5mp0▼このコメントに返信
日本が弱いというよりアメリカが強すぎた
150.:2019年08月21日 23:53 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
151.名無しさん:2019年08月21日 23:54 ID:ilKFrBP50▼このコメントに返信
>>116
その伝統引き継いでるのが企業だな…
152.名無しさん:2019年08月21日 23:54 ID:B1BjNEWH0▼このコメントに返信
戦車
153.名無しさん:2019年08月21日 23:55 ID:orzZEIS60▼このコメントに返信
※150
ビルマルートずっと残ってるやん
154.名無しさん:2019年08月21日 23:56 ID:HIphgPDU0▼このコメントに返信
※139は日教組に影響を受けたエリート候補だな。
憲法9条ガ~ 自衛隊は人殺し集団!とかやってるのかな?
155.悪の総統:2019年08月21日 23:56 ID:jVcWsC6a0▼このコメントに返信
※137
じゃあなんでロシアと中国は戦勝国で日本は敗戦国なの???
156.名無しさん:2019年08月21日 23:59 ID:QTwu5ZwN0▼このコメントに返信
※100
別に縦割り行政が嫌いなんて書いてないわけだが?
程度問題だが、素人よりも専門家集団の個々の役所に任せる縦割り組織がうまく機能することもあるよ?
ただ、日本の弱かった箇所を探すスレだから、当時の弱い箇所を書いたのだが、書いたら他国へ移住?意味f
157.名無しさん:2019年08月21日 23:59 ID:aCj0HYQZ0▼このコメントに返信
>>153
ビルマは日本軍に落とされて空路からなけなしの物資しか渡してない
それが日中戦争にて中国降伏を免れるくらいの量ではなんでもない
現地雲南の数部隊の補充ができるだけ

戦争末期になってようやく陸路は開通したけど結局それまで日本は中華民国を潰せなかった
相手にせずとか言った近衛が悪いんだけどね
158.名無しさん:2019年08月22日 00:00 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※144
タイマンなら勝てないまでも負けませんよ。

実際に日本と戦ったソ連におけるWW2の英雄ジューコフは「自分の戦歴で一番の強敵は日本軍」と明言しておりますし。
ついでに言えば騙し討ちで進行した満州では奇襲の効果きれた途端に戦線が膠着…どころか一部で反撃まで受けている。占守島に至っては武装解除していた日本軍相手に海の藻屑寸前まで追い込まれていると。

そもそも、ロシア=ソ連が総力戦を戦いぬけたのはWW1ではイギリスや日本のWW2ではアメリカの支援があったからであってソ連=ロシア一国では総力戦を戦いぬけるほどの国力がないのは日露戦争の時点で露呈している。
159.名無しさん:2019年08月22日 00:01 ID:4P1dOkYk0▼このコメントに返信
>>51
君なあ、日本は大東亜戦争初戦で植民地守備兵とはいえ、欧州各国の軍事力を叩き潰したが、蘭国は別にして英国と英連邦は主敵ナチに占領されずに米国参戦まで独伊と単独で戦い、最後にはドイツに勝利した戦勝国だろうが。第二次大戦はメインが欧州なん
だから世界史をもっと勉強しなさい。
160.名無しさん:2019年08月22日 00:03 ID:FVfOj.IJ0▼このコメントに返信
いつもの後出しジャンケンスレか。
飽きないな。
後世の者が見たら、そりゃ阿保な戦略に見えるだろうけどね。
あの当時の電子技術力はラジオや無線で、全てが紙媒体、計算は算盤計算尺機械式計算機の時代。
情報伝達能力はどの国も遅かったし、マスコミの煽動が一番効いた時期やね。
COMMYが浸透しやすい時期でもあったな。
そんな中、五里霧中暗中模索して足掻いてたのが日本政府であり、軍部であったわけ。
アメリカも欧州もだけどさ。
161.名無しさん:2019年08月22日 00:04 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※155
勝敗は兵家の常である以上、その時々の勝敗はたまたまとしか言いようが…。
162.名無しさん:2019年08月22日 00:04 ID:FVfOj.IJ0▼このコメントに返信
※159
シンガポール要塞の失陥と、英国東洋艦隊全滅は流石に堪えたと思うぞ。
163.名無しさん:2019年08月22日 00:04 ID:K3VxRMHM0▼このコメントに返信
別に軍隊は弱くないぞ。
対中戦のおまけで、極東の英仏蘭に勝てるぐらいには強い。相手の軍隊は極東に配備された軍隊で本国仕様じゃないじゃないってのもあるけど、別に戦わないんだから想定がおかしいって話だな。
露も武装解除前はちょっかいかけてこなかったし、解除していない地域には入ってこなかったからな。
あと、対米戦も陸軍相手には勝ってるな。
生産力もそれほど弱くない。当時の英仏独伊露の軍事力みてみ、英中露なんかは米のバックアップあっての戦力だから。

まあ、ルール無用の米の海軍、海兵隊にはやられたけどな。
輸送船に護衛なかったというけど、普通に民間船に攻撃するのはアウトだからな。輸送船どころか病院船も沈める始末だ。
向こうさんは通商破壊に慣れてると言えば、慣れているんだけどな。
戦闘自体も陸軍が出張ってくると、米軍が5倍の兵力に制空権、制海権をとって十二分な援護の下で島一つ攻略するのに、死傷者数が日米拮抗するってありさまだからな。

陸軍は牟田口とか、頭の弱い将軍がいたりするけど。そういう点は弱いな。
海軍も負けず劣らず、無駄に戦線広げて防備を薄くしたりするし。
政治は落としどころ用意してないし。
そもそも対米開戦は予算取りの為に海軍が米国を仮想敵にして、後戻りできなくなってだけだし。
そもそも対米開戦は予算取りの為に海軍が米国を仮想敵にして、後戻りできなくなってだけだし。
戦後は、陸軍(本体が丸っと大陸に残っている)が悪いって(兵をすりつぶした)海軍が米国と組んで押し付けただけだし。
戦後は、陸軍(本体が丸っと大陸に残っている)が悪いって(兵をすりつぶした)海軍が米国と組んで押し付けただけだし。

164.名無しさん:2019年08月22日 00:06 ID:FVfOj.IJ0▼このコメントに返信
※159
あとD-dayよりも、沖縄戦の方が大規模だったりする。
当時の先進地域だったから、まぁ主戦場なんだろうけどさ。
165.名無しさん:2019年08月22日 00:06 ID:HFC8fdFr0▼このコメントに返信
>>1
それでもアメリカが一番苦戦した
相手が日本。ロシアより強かった
166.名無しさん:2019年08月22日 00:06 ID:WVp3O5Qr0▼このコメントに返信
※146
あの米国相手に短期決戦したいならその出し惜しみする戦艦を出し惜しみするなって話
補給や工業の弱さだってそのまんまのこと言われても困る。わざわざ海超えて輸送しなきゃならんし、工業だって制圧したアジア地域は滅茶苦茶弱いだろ?
ソ連の備えだって末期時点じゃ少しも用意できないのは当たり前、対米短期決戦できず余裕もって備えができない時点で詰んでる
分かり切ってることを伝えられても困るんだが、何が言いたいんだあんたは?
167.名無しさん:2019年08月22日 00:09 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※166
そのわかりきったことをわざわざ聞いてくるからわかりきったことで返信しているのだが。

それとも架空戦記だかなろう系のように奇想天外な逆転劇でも提示すればよかったですかね?
168.名無しさん:2019年08月22日 00:11 ID:xeH0w9IF0▼このコメントに返信
>>158
占守島における極東ソ連軍は現地農民を急に兵隊にした有り様で西部にいた主力では無いという事をまず理解してほしい
そして局地戦で日本が勝ってもそれが戦略での勝利に繋がらないということも
局地戦での勝利で大喜びする日露以降のこの思想。太平洋戦争においても対米一撃などといった時局の誤りが日本の敗北を招いた事を思い出すべき

そしてまず第一次世界大戦においてイギリスは総力戦に大きく貢献するような支援をしていない
それどころかロシア軍は西部戦線に軍隊を派遣する始末

まあそれは置いておくにしても
日露戦争でソ連を語るのが全く可笑しい
ヒトラーの二の舞
日露戦争は国内の革命騒ぎで講話のテーブルにロシアはついた
ソ連はどうだ?実際首都前面まで進出されても講話もせず革命騒ぎも起きないほど徹底された強権体制がある
無限に湧き出る物資人的資源に国民の声を押し潰すソ連をロシアと同格に語るのは間違い
169.名無しさん:2019年08月22日 00:13 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※156
縦割り行政とか横の連帯が悪いとか別段日本限定のお話ではないですしね。

国家レベルでそうだったので戦力的にはドイツに勝っていたのに手も足も出なかったフランスとか縦割り行政対応の見本なようなことして撃沈されたインディアナポリスの生存者の救援が遅れ、それを誤魔化すために艦長に全責任を押し付けて誤魔化したアメリカとか
170.名無しさん:2019年08月22日 00:16 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※168
それ以上に日本軍は8/15時点で負けを認めて武装解除していたんですがね

そこをだまし討ちにして、返り討ちにあったのを自分らの準備不足でした!では話にならんのですが。
171.名無しさん:2019年08月22日 00:18 ID:xeH0w9IF0▼このコメントに返信
>>170
いやそんな話じゃなくてソ連が日本とタイマンで勝てるのかって話をしてる
172.名無しさん:2019年08月22日 00:18 ID:4P1dOkYk0▼このコメントに返信
>>105
スピットはゼロよりはるかに高性能(但しmk8以降)なすばらしい戦闘機だぞ。欧州の質量ともに高レベルな航空戦においてもルフトバッフェの強敵だったからな。欧州と違い、空母同士の戦の場合、中低空の戦いが多かった。初戦の大日本帝国の空の勝利は世界一の操縦士のおかげだぞ。惜しいことに操縦士の補充が追い付かないためベテランの損耗とF4Fのサッチウェーブによって凋落していったんだ。
173.名無しさん:2019年08月22日 00:21 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※171
してますよね「タイマンなら勝てないまでも負けませんよ。」
と、わざわざ事例まで挙げて。それをそんな話ではないと二転三転しているのは私ではないだけでね。
174.名無しさん:2019年08月22日 00:22 ID:lSC0kdwK0▼このコメントに返信
※169
フランスは陸軍はともかく空軍がドイツに較べてかなり弱体だから普通に力負けだよ。
175.名無しさん:2019年08月22日 00:22 ID:V75yZjxT0▼このコメントに返信
>>165
苦戦とかw
欧州片手間に握りつぶされた雑魚やん
アメリカに与えた損害も宣戦布告前の奇襲と追い詰められてからのゲリラ戦ばかり

ナチスを見習え
176.名無しさん:2019年08月22日 00:23 ID:KVoYbjkw0▼このコメントに返信
普通に強かった アメリカがチートだっただけ
177.名無しさん:2019年08月22日 00:23 ID:lSC0kdwK0▼このコメントに返信
※172
スピットは強力だけど使い勝手はよくないんだよなぁ。
178.名無しさん:2019年08月22日 00:24 ID:V75yZjxT0▼このコメントに返信
>>4
日本海軍くそすぎぃ
179.名無しさん:2019年08月22日 00:25 ID:V75yZjxT0▼このコメントに返信
>>126
今の日本人見たらチンパンジーの楽園かと思うけどなw
180.名無しさん:2019年08月22日 00:26 ID:xeH0w9IF0▼このコメントに返信
>>173
だから占守島の話を日ソ決戦に持ち出してこられてもって話...
日ソ決戦の時にそんな準備不足の軍隊を送らないよ
実際に極東軍は対独戦でリソースを失ってたんだからさ

太平洋戦争で兵士兵器充足がボロボロになった関東軍が満州でソ連軍の最新鋭戦車の前に壊走したことを例に出しても日ソ総力戦シュミレーションには無意味なのと同じ
181.名無しさん:2019年08月22日 00:28 ID:OV6UUV1.0▼このコメントに返信
相手が悪すぎただけで弱くは無いぞ
182.名無しさん:2019年08月22日 00:30 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※174
その代わり空軍以外はフランスの方が普通に有利ですけど。


というか普通に勝てるのならアルデンヌの森突破とかいう奇策なんぞ採用しませんがね。
183.名無しさん:2019年08月22日 00:31 ID:AUlnvdnS0▼このコメントに返信
馬鹿だったけれども弱いはねーわな
海軍とか当時世界でも上位の一員だったし
まぁ上が馬鹿だった+アメリカさんが異次元過ぎてすり潰されたけれどもな
184.名無しさん:2019年08月22日 00:33 ID:CPfwpXvB0▼このコメントに返信
>東京でも木造建築なのにその頃アメリカでは

そりゃ関東大震災でヨーロッパ式の建物が軒並み崩れ去ったからでしょ・・・
185.名無しさん:2019年08月22日 00:34 ID:WVp3O5Qr0▼このコメントに返信
※167
なあ、俺がいつあんたに聞いたってんだ?
よーくコメントを見てくれ。※135で俺は誰にも語り掛けちゃいない
何かと見間違えてないか?よく見直してくれ
186.名無しさん:2019年08月22日 00:35 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
決して弱くないよ。ロシアよりも中国よりも強くて、当時の大日本帝国はアジア最強だった。
でも、アメリカはそれ以上に異次元レベルの強さと科学力を当時から持ってるチート国家だっただけで、当時の日本はアメリカの凄さに気づかずに戦ってしまっただけ。原始人と未来人ぐらい差があるのにね。情報は大事だ。
187.名無しさん:2019年08月22日 00:35 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※180
複数例挙げたのに一つだけに噛みつかれてもねぇ、となるですが。しかも「ソ連軍も準備不足なら日本軍もそれ以上に準備不足」なのにソ連の方だけ擁護されても説得力あるんですかねぇ、とも。

>実際に極東軍は対独戦でリソースを失ってたんだからさ

それ以上に主力が太平洋戦線に引っこ抜かれて対ソ戦のリソースを失っているのが関東軍ですけど…。
188.名無しさん:2019年08月22日 00:36 ID:CPfwpXvB0▼このコメントに返信
>>175
陸軍はヨーロッパがメインだけど少なくとも海軍は泣き言言うレベルで損害受けてるぞ。ところでナチスの海軍はどうでしたかね?
189.名無しさん:2019年08月22日 00:36 ID:lSC0kdwK0▼このコメントに返信
※182
第二次世界大戦は普通に航空戦力の時代でしょ
190.名無しさん:2019年08月22日 00:37 ID:STTZUNzq0▼このコメントに返信
>>131
インド洋で民間船相手にも通商破壊やってますけど
手が足りなくて本格的にやれなかっただけ
191.名無しさん:2019年08月22日 00:40 ID:XR5mzwYb0▼このコメントに返信
抗日ドラマの日本は確かに弱いな
共産党?に素手で真っ二つされちゃうくらいだから
192.名無しさん:2019年08月22日 00:42 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※189
それは中期以降であってフランス侵攻時点ではまだWW1の戦術レベルですけど。

実際にドイツ軍の初期の戦術はWW1で使用された包囲滅戦であって電撃戦ぽく見えるのはポーランドとは単純に戦力差。フランスは国家レベルで支離滅裂だったおかげですけど。
193.名無しさん:2019年08月22日 00:44 ID:.HH.Vv.o0▼このコメントに返信
※188
は、ハンニバル作戦で多数の民間人救っているし…というかこの一点で日本海軍と比較してどうこう言っている人がおりますが…ドイツ海軍はこれくらいしかやることなかった、できなかったのが正解ですけどね。
194.名無しさん:2019年08月22日 00:50 ID:lSC0kdwK0▼このコメントに返信
※192
WW1レベルだろうと航空戦力の優位が無ければ陸戦でも勝てませんよ
195.名無しさん:2019年08月22日 00:50 ID:CPfwpXvB0▼このコメントに返信
>>56
参戦の準備に45年までかかるはずだったイタリアとサレンダーモンキーフランスがいるからセーフ
196.名無しさん:2019年08月22日 00:52 ID:xeH0w9IF0▼このコメントに返信
>>187
あのね
満州に進攻したソ連軍は西部から引き抜きされた最新鋭なのね
元々いた占守島に進攻した極東軍と別物なの
197.名無しさん:2019年08月22日 00:52 ID:s17FFiEn0▼このコメントに返信
自分達を強い軍隊だと思っている国は大体負ける。日本軍も弱いと自覚してた時は逆に強かった。
198.名無しさん:2019年08月22日 00:54 ID:FC8vShwU0▼このコメントに返信
WW2前の日本の経済圏に油田と金属鉱山がなかったのが致命的。当時ははるばる南米から鉱物資源を輸入していて、それを米国に遮断された。
とりあえずソ連に攻め込んでシベリアの油田ガス田と鉱山を何としてでも奪取すべきだったね。なぜか中国なんかへ攻め込んだのが運の尽き。コーリャンなんか栽培してどうするのかと小一時間。
太平洋とインド洋を舞台にする経済圏にならざるを得ないのだから、チマチマしたゼロ戦のような使えない戦闘機よりも、さっさとB-29クラスの爆撃機の量産に全力を注ぐべきだったね。WW2開戦までにB-36クラスまで量産できている事が望ましい
199.名無しさん:2019年08月22日 00:55 ID:lSC0kdwK0▼このコメントに返信
※198
中国は攻め込んだんじゃなくて暴動対策が何時までも終わらなくて泥沼化しただけ
200.名無しさん:2019年08月22日 00:58 ID:KVoYbjkw0▼このコメントに返信
>>198 ※198
ほいほいと富嶽クラスを量産できる資源と技術力があるのなら、そもそも戦争する必要がなかったという
201.名無しさん:2019年08月22日 00:58 ID:EM0yctNy0▼このコメントに返信
※158
そのジューコフは、「ドイツ兵の方が1939年(ノモンハン)の日本兵より技量が優れていた」とコメントしている。
ソ連の満州侵攻では、極一部の部隊(虎頭要塞など)以外は一日でソ連に蹴散らされている。
というか、タイマンだったノモンハン事件で日本が敗北しているのに、「タイマン」なら負けないとは一体...。
202.名無しさん:2019年08月22日 00:59 ID:r5yFcOql0▼このコメントに返信
日本が弱かったというより米国が強すぎた
203.名無しさん:2019年08月22日 01:00 ID:rORe17oW0▼このコメントに返信
※156
日本が弱いって単に国力の問題で縦割り行政なんて全く問題ない。
では、日清・日露戦争なんて何で勝てたの?バリバリの縦割り行政中に。

>>戦局の悪化の兆候を感じたら、政治家の意思で機動的に対処しまくりの米国
寧ろベトナムで素人政治家の意思で機動的に対処しまくり、自軍に足枷付けて戦局泥沼・敗戦してましたが?

当時の弱い箇所って言ってるけど、消費税なんて全く関係無い話だよね。
それって現代への愚痴なんだからさ気に入らないなら他国へ行ったら?って話。意味分かった?
204.名無しさん:2019年08月22日 01:02 ID:lSC0kdwK0▼このコメントに返信
※202
流石にただ製油しただけで100オクタン近いガソリンが採れるってずるいと思うの・・・
205.名無しさん:2019年08月22日 01:05 ID:C.DhG6v.0▼このコメントに返信
軍隊に内閣の生殺与奪を握らせた時点で終わってた。
206.名無しさん:2019年08月22日 01:06 ID:.ScPpOOm0▼このコメントに返信
戦力のピークが開戦時だった(正確には1942年5月だけど)日本と、終戦時だったアメリカの底力の差よ。

ベースとなる地力も桁違いなのに、国家総動員態勢を敷いたのはアメリカの方が早い。
日本人が内地も戦地も食うに困りながら勤労奉仕している一方で、アメリカ人は三交代制で生産に従事し、戦地に豚や牛肉を送ってしまい品薄になった代替にスーパーマーケットが主催で鶏の品種改良コンテストやってブロイラーを開発とかやってるんだもんな。

日本軍の何が悪いって相手が悪い。
あと人事制度も壊滅的に悪い。
207.名無しさん:2019年08月22日 01:06 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>191
ハハハハハハ 北斗の拳みたい ハハハハハハ
208.名無しさん:2019年08月22日 01:08 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>191
中拳でも空手でもムーリw
209.名無しさん:2019年08月22日 01:12 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>202
アメリカの凄さは 資源力 科学力 国土 アメリカ自体が太平洋大西洋に囲まれたハートランド 軍事力 国民数 同盟国数
210.:2019年08月22日 01:13 ID:o.2CqHYJ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
211.名無しさん:2019年08月22日 01:14 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>205
それもある。たしかに。頭筋肉にやらせてはいけない。まわり見えないバカだから。
212.名無しさん:2019年08月22日 01:15 ID:fW6TITGT0▼このコメントに返信
当時の日本軍より強いのってアメリカ、ソ連、ドイツ、イギリスくらいじゃね?
213.名無しさん:2019年08月22日 01:19 ID:OV6UUV1.0▼このコメントに返信
※212
WW1で欧州がボロボロになってる間シコシコと軍備そろえてたからな
開戦当初は装備最新式で練度が高い兵士が揃ってた
半分以下の兵力で要塞化したマレー半島から英国軍を叩き出すような事までしてる
その後が続かない訳だけど
214.:2019年08月22日 01:19 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
215.名無しさん:2019年08月22日 01:25 ID:gpbrPtfk0▼このコメントに返信
本気で思っているなら脳の検査した方がいいぞスレ主
216.名無しさん:2019年08月22日 01:26 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>187
極東軍❔関東軍じゃね。
217.名無しさん:2019年08月22日 01:27 ID:fRsbO0QE0▼このコメントに返信
猿にも劣る無能が人間様に敵うわけ無いだろ
218.名無しさん:2019年08月22日 01:29 ID:STTZUNzq0▼このコメントに返信
>>188
米軍の損害
①戦車等陸上兵器の損失
対独戦>対日戦
②航空機損失
対独戦>対日戦
③艦艇損失
対独戦<対日戦
④人命損失
対独戦>対日戦

なおドイツはアメリカのみならず英国 ロシアの本国軍にも大損害を与えている
219.:2019年08月22日 01:29 ID:gpbrPtfk0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
220.名無しさん:2019年08月22日 01:29 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>196
日本が撃破したロシアの艦隊は、ロシアでも最強の「バルチック艦隊」
221.名無しさん:2019年08月22日 01:31 ID:RLqNLK0L0▼このコメントに返信
226事件で、軍部が暴走して戦争しかないっていう考えになったから。
軍人は軍人にしかなれない。平時は最小限しか必要とされないから常に解雇の危機にあり、
予算が与えられると自らの存在意義のために暴走する。
222.名無しさん:2019年08月22日 01:32 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>204
反則ぅーーーーーー
223.名無しさん:2019年08月22日 01:33 ID:cVTvL37e0▼このコメントに返信
手を広げすぎて、キャパを越えたから
224.名無しさん:2019年08月22日 01:36 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>221
肝にめいじないとねー。退役自衛隊員に、あらたな雇用システムとして、貿易船舶防衛やらせてみては❔
225.名無しさん:2019年08月22日 01:43 ID:gACwh2.U0▼このコメントに返信
・日露戦争 → 勝ったで〜! → WW2 → 敗戦
・バブル → イケイケドンドン → 崩壊
 → 失われた30年(継続中)

日本人は脳筋民族だから
成功体験から脱却できない
226.名無しさん:2019年08月22日 01:44 ID:jaw3O2pp0▼このコメントに返信
日本軍弱くはなかったと思うがな
精神論ばかりで指揮者が無能なのは現代も変わらんw
227.名無しさん:2019年08月22日 01:48 ID:pXFqe4d50▼このコメントに返信
別に弱くはなかったろ、アメリカがチートすぎるだけで
228.名無しさん:2019年08月22日 01:50 ID:STTZUNzq0▼このコメントに返信
※158
バルバロッサ作戦初期のドイツの戦果
①ミンスク包囲戦(1941年6月)
ソ連4個軍300000人殲滅
②ウマーニ包囲戦
ソ連軍3個軍壊滅 捕虜100000人 野砲850門 戦車317両
対戦車砲 高射砲242門
③キエフ会戦
ソ連5個軍壊滅 捕虜665000人 戦車884両 各種火砲3718門破壊あるいは鹵獲
④ヴィヤジマ包囲戦
捕虜663000人 戦車1242両 各種火砲5412門撃破あるいは鹵獲

ドイツスゲェな・・・・ノモンハン?占守島?
ショボすぎて笑えるなwww
229.名無しさん:2019年08月22日 01:53 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>210
石油と戦略物資としか書かれていないね。
230.名無しさん:2019年08月22日 01:56 ID:STTZUNzq0▼このコメントに返信
>>170
戦車隊で歩兵を蹂躙してて
武装解除もないわ
231.名無しさん:2019年08月22日 01:59 ID:STTZUNzq0▼このコメントに返信
>>220
当時のロシアの最強は黒海艦隊じゃねーの
バルチックは遠洋航海とイギリスの妨害でズタボロだったけどね
232.名無しさん:2019年08月22日 02:06 ID:3YCJUmmp0▼このコメントに返信
>>224
※224
商船側で受け入れんわ
戦中と戦後処理の扱いの酷さに恨み骨髄だからな。
233.名無しさん:2019年08月22日 02:33 ID:PBxd82hg0▼このコメントに返信
※56
ID:jVcWsC6a0ってすげえ頭悪いなw
これなんて煽ってるようで馬鹿を晒してるwww
234.名無しさん:2019年08月22日 02:52 ID:.xdKf3XF0▼このコメントに返信
萌え戦の、大日本帝国の戦車ドクトリンは何回読んでも分からん
歩兵にまず突撃(浸透)させて、陣地をある程度確保してから戦車を進出させるとか
読んでて「??」ってなった
まぁ浸透戦術なんだろうが、、他の国の戦車ドクトリンと根本的に違ってる
ソ連のダングテンサイトの歩兵ですら、戦車に乗せて突撃なのに、、、
帝国陸軍はマジで鬼だわ
235.名無しさん:2019年08月22日 02:55 ID:.xdKf3XF0▼このコメントに返信
最初からゲリラ戦特化で訓練させてたら、案外アメリカが泣き入れてたかもって思えるほど
ゲリラ戦と継戦能力は高いと思う
236.名無しさん:2019年08月22日 03:12 ID:lcMRz4QS0▼このコメントに返信
>>165
硫黄島の戦い



武器があれば勝っておった
237.名無しさん:2019年08月22日 03:12 ID:lcMRz4QS0▼このコメントに返信
>>165
硫黄島の戦い



武器があれば勝っておった
238.名無しさん:2019年08月22日 03:18 ID:EVYstT4I0▼このコメントに返信
日本兵自体が戦争に弱かったと言うのはあり得ない愚かな話だ。
「異常に強かった」が正解だ。
それは日本軍兵だけに留まらず、米軍日本人部隊442連隊の活躍を見ても解る。
口先だけで勝とうとする中国人や韓国人とは訳が違うなw
239.名無しさん:2019年08月22日 03:24 ID:8FKWoTns0▼このコメントに返信
弱くはない。一クラス40人位のとこで、5,6番目に強い奴が最強の奴とケンカしてボコされたようなものかと。
240.名無しさん:2019年08月22日 03:29 ID:M7D.WGQ90▼このコメントに返信
※234
戦車戦のドクトリンではなく、歩兵戦闘に於ける戦車活用のドクトリン。
241.名無しさん:2019年08月22日 04:17 ID:PBxd82hg0▼このコメントに返信
※201
戦力が半減してる軍隊相手にドヤっても困るがなw
ノモンハン事件での日ソ戦力差は1対6 損害数1対1.2 わりかし善戦してるぞ
後ジューコフのドイツ兵云々は良く判らん 回顧録にも伝記にも載ってなかったらしいぞ?
242.名無しさん:2019年08月22日 04:18 ID:BZx7deI20▼このコメントに返信
弱くないから。
243.名無しさん:2019年08月22日 04:22 ID:rAhuPE6F0▼このコメントに返信
けっこう強かったろ
アメリカ以外ボコボコにしてたじゃん
244.名無しさん:2019年08月22日 04:39 ID:PBxd82hg0▼このコメントに返信
※228
せめて比較できるようにノモンハン事件のソ連軍の被害を書いてよw
ソ連軍戦死:9,703人 戦車・装甲車両 800台損耗 航空機 1200機
結構破壊してるよね日本軍

占守島戦 ソ連軍総兵力9000人中 死者500名 負傷行方不明 1000名
無駄な戦いと言われつつここまでやった日本兵に対して(`・ω・´)ゞ
245.名無しさん:2019年08月22日 04:51 ID:xymkyW.F0▼このコメントに返信
アメリカが強すぎただけやぞ。
246.名無しさん:2019年08月22日 05:19 ID:IjA.pA3Q0▼このコメントに返信
当時のアジアの国家としては比類なかった
だが白人支配を武力で覆すにはあらゆるものが足りなかったな

どんだけ歴史を知ってる天才が異世界転生して昭和天皇陛下や東条英機に生まれ変われたとしても、結果を覆すのは無理だろう…
247.名無しさん:2019年08月22日 06:20 ID:nPZziqNs0▼このコメントに返信
相手がアメリカだったから
248.名無しさん:2019年08月22日 06:46 ID:sd76myC30▼このコメントに返信
日本の組織は猛烈な訓練とミスを嫌う体質であらかじめ計画したことにはつよかった
がそんな状況は開戦初期だけで崩れると硬直化した体質で立て直せなかった模様
249.名無しさん:2019年08月22日 07:03 ID:SXVsyEMZ0▼このコメントに返信
学校で正しい歴史を教えないから間違った認識を刷り込まれてるんだよね
日本軍は弱くないよ
陸軍に限って言えば米軍との火力差は1:3
これは完全装備での話
ほとんどが移動途中でやられた海没師団だから実際の火力差はそれ以上となる
それなのに後半の持久戦に移行して以降の奮戦ぶりには目を見張る
戦車はゴミだけど

250.名無しさん:2019年08月22日 07:25 ID:yRHMqzm30▼このコメントに返信
一対一なら別に弱くは無い。単に「こちらが10人しか居ないのに、200人を相手に戦いを始めた」から負けた。それだけ。
最初の一年で「こちらが10人生きたまま、敵を20人倒して、10対180にした」という意味では日本の方が強い。
でも、徐々に疲れが溜まり、一人減り、二人減り・・・とジリ貧になって負けた。
251.名無しさん:2019年08月22日 07:26 ID:c3Oo7dc10▼このコメントに返信
アメリカにはどこも勝てなかっただろ
252.名無しさん:2019年08月22日 07:28 ID:LhKXIoT.0▼このコメントに返信
リットン調査を蹴ったのがまずい
さらに裏で英国が国連決議でやるのは日本のメンツ丸つぶれだから関係国だけの会議でやろ?とか、
それも無理なら日米英の三カ国会議でいいから暴発はやめよ?とかいう温情案も一蹴する始末
しかも蹴った理由がクソの松岡ですら現実的と乗り気だった案を外務省が世論を納得させられないからダメってほんまクソ

暴走する軍部、煽るマスコミ、熱狂する国民、抑えられない政治家、諦めた官僚、何もかもダメだった
253.名無しさん:2019年08月22日 07:29 ID:.ScPpOOm0▼このコメントに返信
>>248
戦況変化してもシナリオ優先だったもんな。
254.名無しさん:2019年08月22日 07:35 ID:xceTF1eg0▼このコメントに返信
>>37
どう考えたらその成立しないファンタジー思いつくんだ?
君の知ってる併合前の朝鮮とはどんな世界なのかな?
255.:2019年08月22日 07:36 ID:xceTF1eg0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
256.名無しさん:2019年08月22日 07:40 ID:AVRlhbt60▼このコメントに返信
元老がいなくなると破綻するようなシステムのまま昭和まで来てしまったのがなぁ
257.名無しさん:2019年08月22日 07:41 ID:xceTF1eg0▼このコメントに返信
>>44
よほどひどい環境で育ったのか?
普通君が代は子供の時に運動会で覚えるもんだろ
258.名無しさん:2019年08月22日 07:43 ID:xceTF1eg0▼このコメントに返信
>>46
書き方自体がひどく曖昧だが、なんか朝日とかの文面に似てるな(笑)
259.:2019年08月22日 07:43 ID:xceTF1eg0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
260.名無しさん:2019年08月22日 07:48 ID:xceTF1eg0▼このコメントに返信
>>56
上から数えて何番め
下から数えたら何番め

朝鮮はどっちから数えたほうが早いかな?(笑)
261.名無しさん:2019年08月22日 07:53 ID:xceTF1eg0▼このコメントに返信
>>65
山本五十六は虚言癖があったと言われてる
戦争を止めたいなら、一、二年しか戦えません。勝つなどとても無理です。と言えばいいものを、なにがしたいのか、存分に暴れて見せましょう。などと言ったばかりにアホが開戦にぶれていった。
五十六を過度にあげるのはやめろ
262.名無しさん:2019年08月22日 08:02 ID:AVxegpU80▼このコメントに返信
原爆持ってなかったから
263.名無しさん:2019年08月22日 08:03 ID:I1Hn6k2l0▼このコメントに返信
※252
敗戦革命を目指した近衛に言わないと。
264.名無しさん:2019年08月22日 08:05 ID:LaHWfB800▼このコメントに返信
※33
マジレスすると李承晩によって謀殺または暗殺された。
マジのドクズだぞあれは。挑戦を良くしようとした人間を殺しまくっているし、
国の存亡をかけているのに、供与された資金を懐に入れて餓死者、凍死者出しまくり。
265.名無しさん:2019年08月22日 08:07 ID:LaHWfB800▼このコメントに返信
※40
最終的に戦勝国側に板からだろ。
まさかそんな簡単なこともわからんの?

フランスとかポーランドだって、全部持っていかれても戦勝国じゃん。

国として機能していなくても。
266.名無しさん:2019年08月22日 08:07 ID:RVD4P.Xm0▼このコメントに返信
生産力が足りず武器とか弾薬とか不足してたにもかかわらず4年間も闘い続ける事が出来た、これを弱いとは言わない
267.名無しさん:2019年08月22日 08:11 ID:3WytsVX90▼このコメントに返信
>>日本軍てなんで弱かったん

本当にそうだろうか?
第二次世界大戦は負けたが、アメリカが原爆を日本に落としたのは何故か?
それより、第一次世界大戦では勝利をおさめているのだが、本当に弱い国が勝利するだろうか?
物事を上部だけで判断しないで中身をよく見ようね。
268.名無しさん:2019年08月22日 08:12 ID:5.B4C0a50▼このコメントに返信
>>244
なにその捏造戦果w
269.名無しさん:2019年08月22日 08:15 ID:5.B4C0a50▼このコメントに返信
>>241
損害数1対12
日本が12でロシアが1ですよね???
270.名無しさん:2019年08月22日 08:16 ID:5.B4C0a50▼このコメントに返信
>>250
嘘つけ
1人10殺されたのは日本やぞ
271.名無しさん:2019年08月22日 08:26 ID:5.B4C0a50▼このコメントに返信
※244
>せめて比較できるようにノモンハン事件のソ連軍の被害を書いてよw
ソ連軍戦死:9,703人 戦車・装甲車両 800台損耗 航空機 1200機
結構破壊してるよね日本軍

戦車の損耗は400台 航空機は250機ですけど?
新資料を無視して従来の日本が報告した明らかに過大な戦果を採用するのは何故?
272.名無しさん:2019年08月22日 08:45 ID:sSj7QisJ0▼このコメントに返信
上流軍人の温情人事のせいやろ。上流同士はぜったい信賞必罰やらんからな
273.名無しさん:2019年08月22日 09:14 ID:1Nm9pFIf0▼このコメントに返信
※201
ノモンハンは日本側の認識は日常茶飯事的に起こっている国境紛争でしかも対中国戦線を抱えているからソ連とは事を荒立てたくなかったので消極的。ソ連軍はそこを付いて積極的に攻勢に出た・・・これをどのあたりをタイマンと言うのやら。

ちなみにそれでも攻め切れなかったソ連軍は日本軍が本格的に動員を始めたら大慌てで和平を結んで撤退しているけど。
274.名無しさん:2019年08月22日 09:49 ID:0q4oqWSm0▼このコメントに返信
※158
WW1のロシアはドイツとオーストリアに無人の境を行くが如き大突破を許し、
敗戦して脱落してるけど
275.名無しさん:2019年08月22日 10:16 ID:zRpRefRD0▼このコメントに返信
※272
それも一長一短で、変われる人材がいればこそ上手く回るシステムだ。
平時なら後任者が慣れて成長する時間が用意できるけど
有事の際に前任者の権限と責任を引き継いだ途端に使いこなせる人材がポンポン現れたりするか?
組織が大きくなればなるほど高級人事が硬直化するのは現代でもそう変わらない。
罰さないじゃなくて罰せないってのもあるんだよ。
276.名無しさん:2019年08月22日 10:44 ID:qJ.yEkeK0▼このコメントに返信
>>273
航空部隊も戦車部隊も重砲部隊もことごとく
大損害を受けて継戦不能だろ関東軍は
歩兵に動員かけてもソ連軍に攻勢かける力はない
それ言うなら西部のドイツとの関係が風雲急で
対日全面戦争にしたくなかったロシアとて事情は同じ
消極的だった日本と違いむしろ損失を恐れず積極攻勢で強烈な一撃を喰らわせて 思惑通り日本の北進論を封じ込めた事はロシアの戦略的勝利だろ
277.名無しさん:2019年08月22日 10:49 ID:PBxd82hg0▼このコメントに返信
※269
ソ連が1.2(1.2は変換ミス)じゃよ
※271
ソ連側の数字が死者の数に対して少なすぎるんだよ
>新資料を無視して従来の日本が報告した明らかに過大な戦果を採用するのは何故?
その新資料の方を採用してるんですけど? 後、数が多いのは数字が大きい方を採用したんだよ
278.名無しさん:2019年08月22日 10:56 ID:Cq3EfqRy0▼このコメントに返信
日本軍は世界的に見ても相当強かった
ただアメリカがその40倍強かった
279.名無しさん:2019年08月22日 13:03 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
>>232
大昔の話じゃん。今はまた状況変わってるかもしれないじゃん。
280.名無しさん:2019年08月22日 13:23 ID:rpAFD0sM0▼このコメントに返信
当時の「大日本帝国」の領土地図見ればわかるよ。
281.名無しさん:2019年08月22日 13:24 ID:3WytsVX90▼このコメントに返信
一言89の爺さんから言いたい、ロシアは第二次世界大戦中は中立を打ち出して
戦争にはかかわっていないのだぞ、しかし戦争が終わる10日ほど前に
日本に宣戦布告してロシアが攻めてきたんだぞ
ワシからしたら、火事場泥棒みたいに思っているぐらいだ
あんなのは、戦勝国でも何でも無い日本はロシアに負けたとも思っていない
282.名無しさん:2019年08月22日 16:32 ID:nxIjkd9X0▼このコメントに返信
誰がどう見ても世界最強じゃん

あまり知られてないけど驚異的な戦力差に対して圧倒的な力を見せた話に枚挙はないぞ。
世界の歴史上でもトップレベルの戦果が目白押しなんだけどねぇ
283.名無しさん:2019年08月22日 16:47 ID:qJ.yEkeK0▼このコメントに返信
>>282
井の中の蛙やなw
284.名無しさん:2019年08月22日 16:55 ID:2D3GI5mS0▼このコメントに返信
持たざる国が無制限一本勝負に持ち込まれたら大概持つ国が有利だろうが
285.名無しさん:2019年08月22日 17:00 ID:I1Hn6k2l0▼このコメントに返信
>>281
あれも全部アメリカのせいなんだよw

火事場泥棒に例えるなら、実行犯はソ連でも運転手はアメリカ。
スターリンは、日本軍は強く戦いたくなかった。
286.名無しさん:2019年08月22日 17:04 ID:qZkJtgXb0▼このコメントに返信
アメリカが強すぎたの
287.名無しさん:2019年08月22日 17:11 ID:2oX3.fCg0▼このコメントに返信
むしろ英米露の鬼畜ぶり
そんな資源がない日本は精神力だけで闘った。
288.名無しさん:2019年08月22日 17:42 ID:cZNTTn180▼このコメントに返信
そりゃあ比較対象がアメならどこの軍隊だって弱いわ。
289.名無しさん:2019年08月22日 18:34 ID:ThbVN8eo0▼このコメントに返信
>>198
とりあえず感覚でロシアに侵攻ですか…
さらにアメリカでさえも終戦に間に合わなかったB-36を開戦前に量産しろってか。

僕の考えた最強の日本軍を書く前に夏休みの宿題を終わらした方が良いよ。
290.名無しさん:2019年08月22日 18:41 ID:1pH88LnD0▼このコメントに返信
戦前の日本は5大国の一つ。英・仏・米・ソ、で日本。
291.名無しさん:2019年08月22日 19:51 ID:PBxd82hg0▼このコメントに返信
※281
>ロシアは第二次世界大戦中は中立を打ち出して戦争にはかかわっていないのだぞ

独ソ戦を忘れたと申すか!? ドイツ東部戦線は第二次世界大戦の主戦場だぞw
これは別にソ連を擁護してる訳じゃない。沿海州からのランドリースを妨害しなかった日本への不義理は忘れちゃいけない歴史だ
292.名無しさん:2019年08月22日 21:04 ID:mOwlZgkE0▼このコメントに返信
陸軍がカス過ぎたから
293.名無しさん:2019年08月22日 22:56 ID:EM0yctNy0▼このコメントに返信
※241
善戦しててもソ連が戦略目標(満蒙国境線はノモンハン)を達成し、日本軍の侵攻を撃退した(第23師団は壊滅。)
戦闘での大損害及び独ソ不可侵条約に焦った日本は、作戦を中止してソ連に停戦の申し出をした。
損害の大小で勝敗が決まるなら独ソ戦はドイツの勝利だし、硫黄島の戦いは日本の勝利だ。
294.名無しさん:2019年08月23日 00:05 ID:6UN..GT.0▼このコメントに返信
※73
グラマンが、日本軍から<熊蜂>と仇名されたのは、エンジン音が熊蜂の羽音に似ていた説と並んで、特有の太い胴体から説も有名
アレは、徴用された女性が(男性より小柄だからネ)立ったまま、内装等の施工が楽に出来るように量産化を考えた機体だった・・・
という説もあるよん
295.名無しさん:2019年08月23日 00:07 ID:ErEegA.c0▼このコメントに返信
※273
ハルハ川を越えてきたモンゴル軍と満州国軍が衝突した時に、関東軍は国境を越えてモンゴル国内を爆撃している。
第23師団長 小松原中将(と辻少佐)は積極的に部隊を派遣して、ソ蒙軍と交戦しているよ(第1次ノモンハン事件。)
第2次ノモンハン事件ではハルハ川を渡河してソ連に攻撃を仕掛けたが、ソ連軍の迎撃で攻撃は失敗し戦線は硬直。
8月下旬のソ連の総攻撃で関東軍はハルハ川ラインから完全に駆逐されて、第23師団は壊滅し総崩れとなった。
日本政府はソ連政府に停戦を申し入れ、満蒙国境線はソ連の主張通りノモンハンに画定した。
あなたの知っているノモンハン事件は、現実に起きたノモンハン事件と全然違うようだね...あなたのは妄想かな?
兵站線の長さは日本が圧倒的に有利(日本:200km ソ連:700km)なのに、補給に支障をきたしていたのは日本。
張鼓峰事件でも日本はソ連に敗北しているから、日本がソ連に勝てるという主張はただの妄言。
296.名無しさん:2019年08月23日 00:19 ID:e5ibOU5G0▼このコメントに返信
※293
侵攻してきたのはあくまで「ソ連側」やで?(日本も結構国境侵犯を繰り返してきた経緯もあるが)
後戦後交渉も日本側の要望もある程度かなえられてるぞ(独ソ戦が始まった頃にはソ連側も放置気味だった)
日米戦の間北満国境が静かだったのはノモンハンでの健闘もあったよ
297.名無しさん:2019年08月23日 00:22 ID:6UN..GT.0▼このコメントに返信
※293さんに、イチャモンを付ける気はありませんが、

>損害の大小で勝敗が決まるなら独ソ戦はドイツの勝利
と、おっしゃいますが、実際はドイツ軍に味方して戦死したコサック騎兵隊も多かったのです
<詳細は、『ホロドモール』の、キー・ワードで検索を、お勧めする>
ウクライナとロシアが、どうして<犬猿の仲>なのかも理解出来るよん
コサック兵は、オスマン・トルコにも恐れられた精鋭部隊ですが、元々はウクライナの民兵or義勇軍デス

298.名無しさん:2019年08月23日 00:43 ID:6UN..GT.0▼このコメントに返信
※297 補足
日本でも似たような話がありまして、イギリス軍を<日本兵はジャングル戦の、プロ・フェッショナルだ!?>
と言わしめたのは、台湾の原住民・高砂族の人々をメインとする志願兵の部隊であります
どこぞの国に慰〇婦とやらの『時をかける娼女』(証言の時系列が支離滅裂なので、こう揶揄させて頂きます)
に、補償する金があるなら、彼等に補償してあげたい(個人的な感想なのは百も承知)
299.名無しさん:2019年08月23日 07:48 ID:AB1CtPvB0▼このコメントに返信
弱かったら、日米戦で殲滅まで戦わないだろ。

中華や観光のように、逃げまどい相手にならないなら記憶にすら残らない。

日本と戦った米軍の手記でも日本は強かったって思が多いし、韓国はゴミだったって最高司令官が嘆いている手記もあるだろ・
300.名無しさん:2019年08月24日 09:43 ID:ZWdZQHde0▼このコメントに返信
>>188
欧州戦線の航空戦は太平洋に比べて質も量も桁違いだぞ。昭和18年ごろラバウル方面での航空戦で国力を傾けて陸海あわせて500機程度の兵力を点として集中したのが主戦線だったのにドイツはフランス ドイツ本土 地中海戦線 東部戦線と兵力を線として分散し連日激しい航空戦を繰り広げたぞ。空中戦も太平洋では艦船など戦術目標がほとんどだったから低空がメインだったが欧州では戦略目標の高空から戦術目標の低空まで多岐にわたったものだった。だから英米ソは航空戦力の大部分は対独戦に投入された。空を征するものが陸海でイニチアブルを握るからやはり総合的に欧州戦線の方が厳しい戦場だぞ。
301.名無しさん:2019年08月24日 09:53 ID:ZWdZQHde0▼このコメントに返信
>>37
糞食い 乳だしミンジョクのどこが優秀?近代文明は日本に教えてもらったくせに(笑)測量用の鉄杭をミンジョクの精気を絶つと言ってる最下級な未開ミンジョクのくせに。
302.名無しさん:2019年08月25日 23:15 ID:kN01ZgEp0▼このコメントに返信
>>139
ベトナムでの味方民間人への残虐行為は? ライタイハンは?

お名前