2019年08月15日 12:05

なんで日本で無駄な戦争したんやろうな

なんで日本で無駄な戦争したんやろうな

03

引用元:なんで日本で無駄な戦争したんやろうな
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1565782629/

1: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:37:09 ID:GPI
何か頭おかしいとしか思えんわ
あんな戦争なきゃワイの生活ももう少し良かったかもなぁて思うわ

7: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:39:23 ID:Rf2
アメリカの潜水艦に日本の輸送船をことごとく撃沈されるなんて予想してなかったんやで

9: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:40:06 ID:get
>>7
輸送船どころか軍艦すらアメリカの潜水艦によってことごとく撃沈されたぞ

13: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:42:09 ID:0Y7
日清日露と勝ち続けてしまった時点で破滅は確定してたぞ
国民が増長しすぎた

15: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:42:40 ID:3DN
そんな日本とドイツが今は経済力三位と四位なんやから分からんもんやで

18: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:43:20 ID:GPI
>>15
だから無駄なことしやがって事や
こんなに急成長したら無能ははぶかれるやろ

23: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:44:32 ID:mgw
>>18
遅かれ早かれ軍国()主義なら戦争は回避できんかったやろ

19: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:43:35 ID:h00
人口増加による日本の食い詰めどもをどうにもできなかったのが
原動力っぽい
この前も書いたけど西で商売して嫌われて東に移民してもう来るなと言われ
しゃーないから満州切り取りや→絶対渡すな→なにもかも失ったとなった

22: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:44:27 ID:GPI
>>19
増加ってwww
1億もいたか?日本は

33: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:49:07 ID:h00
>>22
日露戦争の頃4500万で1940年ごろ7300万人やから1.5倍に増えてもうた
日本は慢性的は人余り土地不足で、戦後は増えた人的資源が集団就職で工業に行ったけど
戦前はそこまで人的資源を工業が吸収できなかったみたいや

38: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:50:35 ID:GPI
>>33
農地に大量に行かせたり中国行かせたりしたら良かったやん

50: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:52:42 ID:h00
>>38
農地は満州切り取るとかせなあらへんがな
中国は行ったけど大陸やって結構人口おるからなー

24: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:44:59 ID:4hS
結果論だけで言えば無駄だったって言えるんだろうけどなぁ

26: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:45:34 ID:QTd
失敗の本質でも読めばわかるかな

35: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:49:57 ID:Ouk
世界恐慌と515のせいやろ

48: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:52:19 ID:evE
日露で勝ってしまった
軍部が暴走してた。
あと無責任体質も悪かった。
交渉下手くそだった。
まぁ国民は馬鹿で
政府はゴミだった

52: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:52:48 ID:GPI
>>48
あー負けてほしかったわ

53: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:53:25 ID:hAw
>>48
交渉は下手やったな
世界で交渉するやり方を知らなさすぎたわ
おかげで今は日本相手には気をつかうのが世界の常識になってくれたがな

54: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:53:28 ID:8HZ
>>48
日清日露から50年も経ってないのになんでここまで劣化したのか

62: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:55:39 ID:Hsw
なんか現場が勝手に暴走してるんですけど大丈夫なんですかねそれは……

65: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:56:17 ID:ly8
昭和恐慌→アカ暗躍→戦争のパターン

74: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)20:59:17 ID:Ouk
米騒動の影響も少なからずありそう

91: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:06:24 ID:xEI
陸海でいがみ合う軍部と利権しか興味ない官僚と外交も国内統率もできない政治家がおったからやで

99: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:07:32 ID:Hsw
石原や板垣みたいな奴らを好き放題させるのが悪いよー

105: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:08:40 ID:evE
植民地なら良かった傀儡立てて
なんで併合したのか
満州もなぜ独断専行してしまったのか
まあ、軍部が悪い

172: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:21:23 ID:qgk
>>105
事変は複雑なんだよ
蒋介石が掌握してたと思いきや全然してなくて
蒋介石自体自由主義陣営の置物
それが気に食わなかった連中も大勢おってわざとイギリスアメリカ果てはフランスにも喧嘩売った
ソ連とも秦ソ戦争したり
そこで日本が外野と見てたら日本人、朝鮮人が殺されまくるようになって報道されて事変
だから事変は当初やり返した感があったんだよ
リットン会見全文見たらわかるでしょ
ここで問題だったのはシナのイギリスへの借款問題で日本と揉めた
ここ実はシナは全然関係ないんだよ

108: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:09:49 ID:mgw
関東軍は…まぁ満州まではギリギリ許されるかもしれないけどなぁ

115: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:11:12 ID:evE
>>108
いや、あれが許されん
内地の指示がなくても現場の独断専行で手柄を立てれば
責任を取らせれるんじゃなくて
出世するとなったら
誰も内地の指示をきかない
石原莞爾からして間違ってる

122: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:12:43 ID:Hsw
2.26事件の時は反乱軍を鎮圧する真面目さを見せる石原莞爾

128: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:13:38 ID:evE
実際ハル・ノート飲むとなったら
内地と満州で内戦がおきかねん

130: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:14:18 ID:xEI
>>128
その時点では詰んでるやろ
それよりずっと前に何か所か選択肢があったはずや

134: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:15:04 ID:Ouk
>>130
そもそも明治維新が間違ってたのでは?

138: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:15:34 ID:xEI
>>134
日露戦争までは合ってたはずや
最悪南仏印進駐まではまだやり直せた

146: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:17:33 ID:evE
>>138
アメリカとかもっと交渉してればええんや
アメリカだってハル・ノートも
最終的には満州までは日本の権益を認めて
中国からの即時撤退まで譲歩しようとしてたし

257: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:38:08 ID:qgk
絶対的に問題だったのはロンドン軍縮の政権が3国とも全て倒れたこと
これに尽きる

258: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:38:25 ID:Dyf
>>257
どうして倒れたん

288: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:43:26 ID:qgk
>>258
自由主義は終わりだと思われたから
アメリカですら1932年当時の完全失業率、貯蓄0が25%(この情報公開は90年代後半にようやく出た)
それで共和党から民主党へ
日本はその前に共産運動が激化して治安維持法導入
最高刑を死刑に引き上げた
その前年まで18000人も逮捕者が出てる
そこで226

307: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:45:21 ID:Dyf
>>288
自由主義では経済が回復できないってこと?
悠長に議論してるのを待てなかったんやな

325: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:47:32 ID:qgk
>>307
世界中の経済学者が今の常識の逆をしてたんやわな
当時国連議題は経済対策ばかりだったよ

261: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:38:57 ID:phH
アカン経済制裁された

資源足らなくて経済崩壊するやんけ

なら足りない資源をどこかから補わなアカン

オランダとイギリスの植民地を抑えれば万事解決や

アメリカは日本の増強を黙ってみてるわけないやろなぁ

なら一番厄介なアメリカを先に叩いて一気に優勢になるで

真珠湾攻撃

これ定期

263: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:39:36 ID:xEI
>>261
その前も見ると日本の外交ガバガバすぎて草枯れる

268: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:40:39 ID:c74
>>261
毎度のスレのパターンやけど
どこでしくじったんやろ
もう爆破事件の時すら手遅れな気がする

275: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:41:23 ID:xEI
>>268
満州事変の時だったら列強が割と日本に同情的で無傷やった
関東軍が熱河作戦やり始めて全てが狂った

276: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:41:40 ID:Dyf
やっぱ軍部の独断がいかんでしょ
日本を救うために対米宣戦する前にどっかで敗戦しとくべきやったんや
革命的敗北主義的な

290: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:43:28 ID:mGh
日本が開戦した理由

特に制度的・国内的な欠陥メインで

1 中 弱い内閣制度
2 二 統帥権干犯問題の政治争点化
3 遊 明治には前例のあることを昭和になるとできなくなった
4 左 政党政治の崩壊
5 一 多重外交
6 三 陸海軍の不協和
7 捕 陸軍の軍閥化
8 右 テロ・暗殺・クーデター
9 投 昭和天皇の政治介入が機能しなかった

302: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:44:55 ID:8HZ
>>290
うーんこのガバガバ国家

326: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:47:36 ID:Dyf
ほんまに北進して敗戦すれば良かったんや
そしたらアメリカやって反共のために日本へ援助するがな蒋介石みたいに

327: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:47:53 ID:mgw
>>326
なおドイツとの関係

341: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:49:34 ID:Qap
北進論だった皇道派幹部の連中は英米協調路線やったからな
あの時代は世界でソ連を潰すのが正解やった

355: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:51:14 ID:mGh
そもそも国土の三倍の面積がある満州を手に入れた時点でなぜ満足できなかったのか

358: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:51:52 ID:phH
>>355
満州の資源じゃ日本の経済を支えられんってのが一番大きな問題なんよ

360: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:51:53 ID:c74
>>355
人の欲望は際限がないンゴ

361: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:51:55 ID:Dai
>>355
FXと同じやろ
まさかここが天井だとは思うまい

364: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:52:27 ID:Qap
>>355
案外資源無いんだよな満州
だから欲張って華北まで手を出しちゃった陸軍さん

375: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)21:53:55 ID:phH
>>364
石油が45年まで出なかったのが問題やねん
石炭と鋼鉄はいっぱい出たんや

開拓団でご飯もいっぱい手に入れようって寸法やったけど
うーん

539: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)22:19:28 ID:Qap
総力戦研究所って原爆投下以外全部予測当ててたってマジなのですか?

540: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)22:19:59 ID:mGh
>>539
マジ
まあ細かいこと言えば真珠湾攻撃は外したけど初戦の大勝は当てた

544: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)22:21:35 ID:Qap
>>540
日本も有能な情報分析してたんやな
その研究報告書を一番熱心に読んでたのが東条英機というのがなんともな

552: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)22:22:56 ID:mGh
>>544
東條さんは秋丸機関の報告書で日米の国力差が二十倍って知るし内閣戦力計算室でこのままだと日本惨敗って知るけど
最後まで徹底抗戦とか言ってたアホやで
聞いてもなんの行動もしない無能や

562: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)22:24:42 ID:Dyf
>>552
でも始めた以上は講話の動きなんか見せたら自分のクビが飛ぶやろ
史実でも徹底抗戦派が武装蜂起したし

563: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)22:24:43 ID:Qap
>>552
結局首相になっても陸軍抑えられんよな
虎穴に入らずんば虎子を得ずとは(白目)

660: 名無しさん@おーぷん 19/08/14(水)22:49:10 ID:Qap
日米戦争無かったら今の日本はどうなってたんやろなあ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年08月15日 12:08 ID:V0ZBiWjV0▼このコメントに返信
清太乙
2.名無しさん:2019年08月15日 12:10 ID:SlWc4W270▼このコメントに返信
世界恐慌を終わらせるために
生産過剰状態の物資・人を消費させられた
良いも悪いもない
3.名無しさん:2019年08月15日 12:10 ID:Idw73kU60▼このコメントに返信
>>1は戦後教育の賜物だな

戦没者や英霊に対する侮辱は許さない
4.名無しさん:2019年08月15日 12:11 ID:tPoG9cRx0▼このコメントに返信
つか総理の靖国参拝今年もなしってありえないだろ
韓国は迷走してて中国には弱ってるところを国賓待遇で手を差し伸べててアメリカは関係が良い上にナショナリストで不介入主義のトランプで安倍さんの任期も終わりなのに参拝なしとか流石にナメてるわ
デフレ脱却を掲げたのにいまだ脱却できないどころか二度の増税
憲法改正を掲げたのに国民的に戦後レジームの問題が共有されることもなく議論もシステマチックに条項をいじるだけのものに終始
対米自立どころかアメリカべったりで、中国には強気なふりして尖閣を守る努力はせず、ロシアとの領土交渉は後退するばかりで、唯一韓国にはうまくやっているように見えて事実上は韓国が自滅しただけで日本からの最後のアクションは慰安婦合意
支持者ほど安倍さんは何のために再登板したんだ、と思ってるだろ
他に代わりがいないと思うなら、なおさら批判して方向転換をさせろよ
パヨクや反日叩いてればいい時期なんてとっくに終わってんだよ
5.名無しさん:2019年08月15日 12:12 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
大陸で、日本兵が、10万人死んだのに
ハルは、撤兵を日本に要求した
大陸から、撤兵したら、聖霊たちが、犬死になる





よって




奇襲しかけて、石油確保し、アメリカが、すぐ折れるのを望んだ(大失敗)
6.名無しさん:2019年08月15日 12:12 ID:M4BE0tA60▼このコメントに返信
なんで日本って毛沢東に感謝されたん?教えて中国人管理人(笑)(笑)(笑)
7.名無しさん:2019年08月15日 12:12 ID:aDt0ScyW0▼このコメントに返信
奴隷化されてたで今の韓国より惨めになってた
世界中が日本は潰さんとキレたら全滅するまで襲って来かねんと今でも潜在意識に植え付けた
8.名無しさん:2019年08月15日 12:13 ID:BuIh2PNA0▼このコメントに返信
そりゃ後の世から見たら無駄に見えるかもしれんがその時代を生きた人たちは必死なのよ
ただ無能なのにがんばって出世した人たちが軍部に多かったね
日清日露戦争での勝利も国民が増長するという意味では不味かったね
9.名無しさん:2019年08月15日 12:13 ID:trQdmO.U0▼このコメントに返信
スレ中にもあるけど人口増加と経済の悪化じゃないの
植民地の資源を利用できない日本とドイツが追い込まれた
逆に当時の先進国で安穏として戦火を逃れられた国もない
アメリカは地理的経済的優位があったから自分で戦争に参加するタイミングを選べた(遅らせることができた)けど

当時の政治家軍部の選択は無論最善手ではないにしても当時の世界情勢で平和主義武力放棄なんて言ってたらあっさりソ連あたりに飲み込まれて日本語も主権も失ってたという可能性はあったんじゃないだろうか
今より有色人種の権利や文化なんてものはずっと軽んじられてた時代だもの
10.名無しさん:2019年08月15日 12:14 ID:HKGARes20▼このコメントに返信
戦没者を英霊として祀るのは分かるけど
戦犯として処刑された連中を祀るのはわけわからん
11.名無しさん:2019年08月15日 12:15 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※6
共産党軍は
山奥で隠れてた

その間
国民党軍を、日本が壊滅し
漁夫の利で
戦勝国になった
12.名無しさん:2019年08月15日 12:16 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※10
東京裁判が


法の不遡及の原則に反する



デタラメ裁判だから、戦犯などいない
13.名無しさん:2019年08月15日 12:16 ID:uYwm1gMi0▼このコメントに返信
選挙が全部悪い。

東北とか福島とかの、「絶対に表に出してはいけない人間」に権力を与えてしまったため、

運が良くて勉強ができても、社会常識皆無の人間がのさばって、ムラ社会を始めてしまった。

これは今も同じ。中曽根、竹下、田中、断言するが菅官房長官も同じ穴のむじな。
14.名無しさん:2019年08月15日 12:16 ID:CWs9F4kG0▼このコメントに返信
ここまで、近衛文麿の野望はなし。

15.名無しさん:2019年08月15日 12:18 ID:XtNCkOJA0▼このコメントに返信
日本は何があっても絶対勝てると国民全員が吹き上がってたから
あと当時は世界的な保護経済化が進んでて、資源不足も失業率もひどいことになってたから
16.名無しさん:2019年08月15日 12:18 ID:Z3HnB9EB0▼このコメントに返信
毎年この時期になるとこういうアホがわきまくってきてうざすぎ
17.名無しさん:2019年08月15日 12:20 ID:koEv.VKK0▼このコメントに返信
このスレ主に対する答えは

お前が無能なのと70年以上前の戦争になんの関係もないわ!

しかない
18.名無しさん:2019年08月15日 12:23 ID:xzZ0EHV70▼このコメントに返信
満州あたりでまじめに経営してたら、ダメもととしても、結構格好いい大国になれた。
19.名無しさん:2019年08月15日 12:24 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※18
満州作った時点で
相当孤立してたぞ
20.名無しさん:2019年08月15日 12:24 ID:.Y66Q8Ao0▼このコメントに返信
植民地政策が主流だった時に乗り遅れたから、アジアまとめらんなかったら欧米列強に対して発言力のないままいいようにされ続けるって考えてたんじゃないの?
21.名無しさん:2019年08月15日 12:24 ID:nX6NnmxK0▼このコメントに返信
父や祖父や曾祖父が気付き上げたものを恫喝されたからって全て手放し相手にへりくだり媚びうるようだったらその時点でその国は終わりだよ
22.名無しさん:2019年08月15日 12:25 ID:A5jGDeMJ0▼このコメントに返信
あとからなら何とでも言えるっちゃん
23.名無しさん:2019年08月15日 12:26 ID:kalsNphv0▼このコメントに返信
戦争を始めた本当の理由をメディアやマスコミは報道してるのかな?
東條は戦争をするのに反対してたとか、海軍大臣が戦争をしたがってたようなとか、アメリカが日本への石油の輸出をストップさせたからとかはテレビでやってたが。

当時アメリカ軍は、日本人を殲滅させようとしてたのに、今は仲良しこよしだからね。
「長いものには巻かれろ。」ってとこかな。
24.名無しさん:2019年08月15日 12:26 ID:al3u0EMh0▼このコメントに返信
ハルノート飲み込んで、関東軍を朝敵に定め
内戦した方がましだったな。
25.名無しさん:2019年08月15日 12:26 ID:fHj.HKQq0▼このコメントに返信
貴公等は歴史の理解が浅すぎて、頓珍漢のごとある。
26.名無しさん:2019年08月15日 12:28 ID:SlWc4W270▼このコメントに返信
ワンワ-ルド・オ-ダ-の設定のために三つの戦争が予定されていた
よって第三次世界大戦は必然
27.名無しさん:2019年08月15日 12:29 ID:Gslc.uiZ0▼このコメントに返信
日本の国民云々というより時勢的に戦争は避けられないかったし
皮肉な巡り合わせだが負ける相手としてはアメリカが最善だったろ
アメリカが強すぎた故に被害は悲惨だったがロシアや中国に負けてたら
それこそ今の日本は無かったぞ
28.名無しさん:2019年08月15日 12:30 ID:MaVJSyIt0▼このコメントに返信
まだこんなバカなこといってるばかいるんだな
29.悪の総統:2019年08月15日 12:30 ID:rsl.Oljh0▼このコメントに返信
陸軍は予算を勝ち取るために出世のために満州事変、シナ事変を起こし中国を侵略し戦火を拡大し続けた
海軍も予算を勝ち取るために真珠湾を攻撃し太平洋戦争を起こした
30.名無しさん:2019年08月15日 12:30 ID:vjpdGgcR0▼このコメントに返信
あれは、仕掛けられた戦争だよ!日本が、自分から始めたわけではない!
まず、事実認識が誤っている!だから、真珠湾攻撃を聞いて、チャーチルは大喜びをしたわけだ!
これで、俺たちは勝った!ということだな!罠にはまったのは、日本の方だ!
31.名無しさん:2019年08月15日 12:31 ID:9PpcV5000▼このコメントに返信
戦争に反対する政治家が、マスコミの扇動で暗殺されたから。
32.名無しさん:2019年08月15日 12:31 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※23
ダウンフォール作戦(上陸して、日本人絶滅)には

アインシュタインも絶賛してたから、、、、、、
33.名無しさん:2019年08月15日 12:32 ID:QdcGA.iY0▼このコメントに返信
※11
なんでや!百団大戦やったやろ!
戦果?指導した彭さん吊るし上げられた?聞くんやない!
34.名無しさん:2019年08月15日 12:32 ID:8NE3SiPI0▼このコメントに返信
特アや中東のような害悪国家も対等に扱い、問答無用の武力行使で滅亡させられない世界観をつくる礎となったいう意味では無駄どころか負の遺産を残した戦争やな
35.名無しさん:2019年08月15日 12:32 ID:8Djlhq1w0▼このコメントに返信
あの戦争が無駄だったのかは誰にもわからない
結果的にあの敗戦があったからこそ日本は世界2位まで上り詰めたわけだ

もしなかったら今より良い結果が生まれてたかもしれないが悪い結果も生まれてきてた可能性は大いにある

あのあたりの世界情勢なんも調べてない無能のスレ立てじゃないか
36.名無しさん:2019年08月15日 12:32 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※30
ハル「奇襲誘発のため、むちゃな要求した」
37.名無しさん:2019年08月15日 12:33 ID:8NE3SiPI0▼このコメントに返信
知れば知るほど嫌になる国ニッポ…
韓国!
38.名無しさん:2019年08月15日 12:34 ID:ObJ7.rUZ0▼このコメントに返信
>>3
お前みたいに「英霊ガ〜」と声高に叫んで黙らせようとした輩が敗戦まで行き着かせた
39.悪の総統:2019年08月15日 12:35 ID:rsl.Oljh0▼このコメントに返信
本スレにもあったが関東軍が命令無視して勝手に戦争戦闘を起こしまくってるのになぜか報酬が出て出世できたから
気づいたときには世界大戦になっていた
40.名無しさん:2019年08月15日 12:35 ID:trQdmO.U0▼このコメントに返信
※27
韓国併合は歴史の汚点だけど
中国やソ連に併合された朝鮮軍が日本に進駐するなんて事になったらチベットやベトナム以上の惨劇が繰り広げられてぐっちゃぐちゃになったんだろうなと
41.名無しさん:2019年08月15日 12:35 ID:SlWc4W270▼このコメントに返信
第三次世界大戦は
EU vs アラブ諸国?
核兵器は使用される?
42.名無しさん:2019年08月15日 12:36 ID:XYOmH2xX0▼このコメントに返信
昔から日本人は消極的・内向的・閉鎖的な人が多く、それは戦前も同じであったと思われる
常に殻にこもるのは今も同じであり、そういった人々が海外との様々な問題の乖離を加速させている
当時の日本政府も外交をおざなりにし問題を蓄積した結果であろう
43.名無しさん:2019年08月15日 12:36 ID:ObJ7.rUZ0▼このコメントに返信
>>21
今現在そうじゃねーかw
44.名無しさん:2019年08月15日 12:37 ID:g0rjzSqz0▼このコメントに返信
>>14
近衛の失態は戦前ではなくて戦中
まあ戦前から色々やらかしてるが

1943年でルーズベルトとの会談を蹴ったことから始まり(しかも責任は東条が取れば良いと日本そのものを見放した)、戦後のうのうと居座ろうとしてたからな

第二次の因縁は日清戦争から始まってる、あの三国干渉からな
45.tako:2019年08月15日 12:37 ID:pcvylBp70▼このコメントに返信
あのな管理人よ、ひとつ教えといたる
立ちあがらなアカン場合は人にも国家にもあるんや

損得だけで考えるお前は大馬鹿者、愚か者や
46.悪の総統:2019年08月15日 12:37 ID:rsl.Oljh0▼このコメントに返信
重要な事は国家が一つにまとまる事だ
関東軍は何としても解体しなければならなかった
47.名無しさん:2019年08月15日 12:38 ID:rQ5CWA060▼このコメントに返信
負けた相手の主体がアメリカで良かった。
48.名無しさん:2019年08月15日 12:39 ID:4KcoqUTS0▼このコメントに返信
日本近代史を学べば分かる
結論はちゃんと出てるよ
明治憲法の不備で政治機能が麻痺して、何も決められないうちに事態が進行して選択肢がどんどん無くなっていったんだよ
大元を辿れば明治憲法を改正できなかったために身動き取れなくなった
今の状況と似てるよね
49.名無しさん:2019年08月15日 12:39 ID:QdcGA.iY0▼このコメントに返信
※42
そんなことないよ、満州やー北京やー村ごとブラジルやーといろいろ行ってる
そんなに内向的なら通州事件なんて起こらないって

50.名無しさん:2019年08月15日 12:40 ID:azjDVZq20▼このコメントに返信
日露で勝って列強になったと勘違いしてイキり倒した代価としか・・・
51.名無しさん:2019年08月15日 12:41 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
欧米の植民地政策に、恐怖を抱いた日本が





自衛戦争を、しただけである






全ての原因は、欧米の植民地政策にある
52.悪の総統:2019年08月15日 12:41 ID:rsl.Oljh0▼このコメントに返信
※5
兵は国家の為に戦死するのも仕事のうちなんだから構う事無いんだよね
国家の為になるなら捨て駒にするべき存在
53.名無しさん:2019年08月15日 12:41 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※49
ポリネシアにも
54.名無しさん:2019年08月15日 12:42 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※49
多くは


貧農だから
55.名無しさん:2019年08月15日 12:42 ID:CWs9F4kG0▼このコメントに返信
>>31
そのマスコミの元締が、近衛文麿な。
ゾルゲや風見の工作がなくても、近衛文麿が昭和帝を追い出し、
先祖のように傀儡を建てる野望を抱いていた以上は戦争不可避。
三国同盟、大政翼賛会、NHK総裁など全部近衛内閣の時なのに
東条以下ほぼ軍人だけが悪者に。
56.名無しさん:2019年08月15日 12:43 ID:AjfgNIZ90▼このコメントに返信
バカっぽい。
何で戦争が起きたか、もっと世界情勢を調べりゃいいのに。
世界中の国の動きを、戦争が起こるもっともっと前から自分で調べなきゃわからないよ。
 
スポーツなんかもそうだけど、
何が起こったか、そういうの自分で調べもせず、あーあとか言う外野って、ほんと馬鹿。
57.名無しさん:2019年08月15日 12:44 ID:EKvo2Kgg0▼このコメントに返信
では、日本がハルノートをのめば、米国は日本に対する石油の禁輸をストップしたと言えるのか?ハルノートをのんでも、次に第二、第三のハルノートを突きつけてくる。そもそも、米国や英国、ソ連に中国側が戦争を欲していた。
58.名無しさん:2019年08月15日 12:45 ID:34TF64fH0▼このコメントに返信
単純に外交の失敗。
日露で勝って白人様と同等と勘違い。
正義感でアジアを解放せよ平等に扱えと要求。
当然白人様達にはマイナスしかない話。
何あの猿?と嫌われ孤立。じわじわと首を絞められどうにもならない状況に。
亜細亜解放も後付けでしょ?
本当に兵隊さんの命を何だと思ってるんだ。
正しい要求をした結果。最悪の事態を引き起こした。外交の失敗。
59.名無しさん:2019年08月15日 12:45 ID:fE8TxzRz0▼このコメントに返信
そもそも、敗走帰化チョウセン猿のチョウセン、シナへの弔い合戦が発端。
なんで、九州の猿は信用しない。wwwアソウwww
60.名無しさん:2019年08月15日 12:45 ID:p.SA8g.E0▼このコメントに返信
それ分かんないとか
これはまた同じこと繰り返すわな
61.名無しさん:2019年08月15日 12:46 ID:AjfgNIZ90▼このコメントに返信
当時の世界情勢や他の国の動きから、ちゃんと調べる人全然いないのねw
62.名無しさん:2019年08月15日 12:46 ID:y6sHVgRD0▼このコメントに返信
負け戦をあとから見れば、全部無駄な戦争
63.名無しさん:2019年08月15日 12:47 ID:BcY0.aUM0▼このコメントに返信
現在の知識、技術で過去を非難するのは無しやで。
過去の人がやらんかったと思うか?
みんな、それをやってもやはり後悔するんだから。
64.名無しさん:2019年08月15日 12:48 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※58
インドシナ半島の
石油は
どうしても欲しかった
65.名無しさん:2019年08月15日 12:48 ID:UStZv1rw0▼このコメントに返信
>>19
作った時点ではギリセーフ。
熱河作戦→国連脱退でボッチ
66.悪の総統:2019年08月15日 12:48 ID:rsl.Oljh0▼このコメントに返信
私の大戦略で歴史を読み解くにしょせんは政治家や官僚は現実を見る能力はあるが、未来を見る目が無かった
今となっては植民地など不要な事は誰にでもわかる
今も同じ
例えば、少子化対策など必要ない
これからの時代には人口などいらない
一人当たりの生産力が飛躍的に上がるからだ
はたして安倍にこういう事に気付けるだけの才知があるかどうか
外国人労働者にどれだけ永住権を配るかで判明する
67.名無しさん:2019年08月15日 12:50 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※66
植民地など不要な事は誰にでもわかる

ヨーロッパに同じこと言えるの?
68.名無しさん:2019年08月15日 12:50 ID:SFccCLFX0▼このコメントに返信
金持ち喧嘩せずは喧嘩以外の方法がとれるからで
貧しいから戦争以外の方法がとれなかったんだろ
69.名無しさん:2019年08月15日 12:51 ID:7zKv91sR0▼このコメントに返信
内因とも外因とも戦争へ向かうべくして向かってたからな、どっちか片方でも戦争回避の方を向いてりゃ違ったかもね
70.名無しさん:2019年08月15日 12:51 ID:i95..xxr0▼このコメントに返信
GHQが日本のくそ利権をだいぶ潰してくれてるしな~
GHQも「日本の身内贔屓は酷い」と言い残してる

それにあのまま勝ってたら、天皇は神のままだし
神の名の下に一部の上級国民が貴族主義みたいなことしてた可能性もある

俺個人の見解としては、一般庶民は今以上の幸せはないな
つまり、上級国民は間違いなく今以上に幸せになってる
ただ、まあ世界にはもっと強く出れてるかもしれない
71.名無しさん:2019年08月15日 12:52 ID:bYdcQrHH0▼このコメントに返信
※58
真実なだけに身もふたもないね。
ただ、その当時は多くの国民もプロパガンダにのっかって熱狂的に支持したことも忘れちゃあいけない。
当時は未熟な民主主義をマスコミが操作する情報で国民が踊らされたと弁護できなくはないけど、
今を生きる俺らにはその言い訳はもう使えない。
72.名無しさん:2019年08月15日 12:53 ID:iV.AJuCL0▼このコメントに返信
>>58
なら、ダメリカ様はあれほどまでに蒋介石夫妻を支援したんだよw
蒋介石は、白人か?

73.名無しさん:2019年08月15日 12:53 ID:SgU8Ysmv0▼このコメントに返信
陸軍の行動は常に正しかった
海軍は負け続けでも陸軍は連戦連勝だった

陸軍が余計な事したなんて海軍善玉論に騙されてはいけない
74.名無しさん:2019年08月15日 12:53 ID:tyyDJ3AX0▼このコメントに返信
それは何でイッチみたいなのが生きてるんだろうって言うのと変わらん事やで
75.名無しさん:2019年08月15日 12:54 ID:WRAc.3RC0▼このコメントに返信
反米を叫んでいるうちに引っ込みがつかなくなって国民巻き込んで暴走した
76.名無しさん:2019年08月15日 12:54 ID:HlpE1cbR0▼このコメントに返信
※36
そこはホワイトだろ。と言いたいが、知らん奴も多いし、微妙なとこかね。

日本の行動で巻き返せるとこまで遡るんなら、直近では春日局かなぁ。
アレが一大元凶となった大奥(は置いといて)と鎖国で、世界の切り取り合戦時代に出遅れた。
更に遡るなら大伴のクイによる任那の割譲で大陸半島への足掛かり(ひいては外洋への志向)喪失になるか。
明治維新まで来た後なら、最善の選択を重ねたと言える"ぐらい"まで奇跡的な成功してるし。

詰まるところ、主観的には売られた戦争で、客観的には出遅れての行き詰まり。
77.名無しさん:2019年08月15日 12:55 ID:UStZv1rw0▼このコメントに返信
>>21
アジアを植民地にした列強「父や祖父や曾祖父が気付き上げたものを植民地解放等と言う美辞麗句に恫喝されたからって全て手放し相手にへりくだり媚びうるようだったらその時点でその国は終わりだよ」
78.名無しさん:2019年08月15日 12:56 ID:C2GiTjuW0▼このコメントに返信
小村の横槍が無く満州鉄道の日米共同運営が実現していたら、太平洋戦争を回避出来たかもしれないけど、今も欧米による殖民地政策が続いたかもしれないし、人種差別思想が薄まる事も無かったかもしれない
79.名無しさん:2019年08月15日 12:56 ID:CLeIJYUC0▼このコメントに返信
英米が民族自決言い出したんは戦争が長期化して国民を納得させる戦争理由にファシズムを倒すっていう苦し紛れの言い訳つくしかなくなったかやろ
それがなければ今でも植民地主義の真っ最中やろ、当然日本もその中に入れられて白人の奴隷として暮らしてるわけで1としては奴隷が望みなんやなと
80.名無しさん:2019年08月15日 12:57 ID:RfgoAqlj0▼このコメントに返信

お前が言う無駄な戦争それぞれに英霊はいる。

日本人なら敬意を持って話せ。
81.名無しさん:2019年08月15日 12:57 ID:cftjJIdf0▼このコメントに返信
極論:豊かになりたいと思う気持ちがあったら戦争不可避
そういう時代でしたね
82.名無しさん:2019年08月15日 13:01 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※79
アメリカの植民地やろ

アメリカは、フィリピンから、スペイン追い出して
植民地化した

その次は、日本だったはず
83.名無しさん:2019年08月15日 13:01 ID:.YpKN1rd0▼このコメントに返信
人口調節をして温暖化を止めるため?
84.名無しさん:2019年08月15日 13:02 ID:SHlXXlLs0▼このコメントに返信
日露戦争は続けてたら日本負けてるぞ?
85.名無しさん:2019年08月15日 13:03 ID:yK4Wykra0▼このコメントに返信
インターネットが無かったからだな
あったらやってなかった
86.名無しさん:2019年08月15日 13:03 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※84
ロシアも
革命前夜で
やばかったぞ
87.名無しさん:2019年08月15日 13:04 ID:yauipj9x0▼このコメントに返信
無駄かなぁ。

日露で負けてたら先進国になれなかったし、第一次で負けてたら戦後賠償で死んでたし、第二次起きなかったら朝鮮抱えたまま冷戦突入だぞ。

結構ギリギリいいとこでアメリカに責任押し付けられたと思うけどなぁ。

まぁ戦争で人が死なない方がいいのは当たり前だけどさ。
88.名無しさん:2019年08月15日 13:04 ID:RPr1DsvY0▼このコメントに返信
軍の利権と出世欲
89.名無しさん:2019年08月15日 13:05 ID:QdcGA.iY0▼このコメントに返信
※80
英霊に敬意を払うのはいいけど
埋没費用が惜しくて全部失ったら意味ないよ
90. 洗脳教育の末路:2019年08月15日 13:06 ID:buta5wLg0▼このコメントに返信

戦前の文部省が、軍隊中心の教育をしていたから。

戦前の日本国民は、子どもの頃から学校で、立派な兵隊さんになれるように教育されていたので、

あたまの中は、軍隊や戦争のことばっかり考えていました。 その当然の結果として、

戦争をすることに、あまり疑問を感じていなかったのです。


91.名無しさん:2019年08月15日 13:07 ID:yqGZIkH90▼このコメントに返信
日本にとって無駄というべきw
無駄にしないために半島国交断絶w
92.通りすがりのキチ:2019年08月15日 13:07 ID:itrzarOe0▼このコメントに返信
戦争自体は防衛戦ではない限り、その国の「政策手段」です。望んでやった事であって
何で? ではなく、そうしなければ「行き詰まる」原因が日本国内に山積みに存在して
その解決の一手段として「戦争」に踏み切ったという事だと思います。

要は「舵取りを間違えた」要因を探せば「何で」の答えがでると思うけど、恐らく昭和
時代の要因「軍部の暴走」等は明治期の問題が「顕在化」しただけのもので、それを醸
成してしまった要因が「明治期の政策」にあるのでは無いかと個人的には捉えています。

端的に言うと「朝鮮半島」を日本の安全保障の範囲内「日本領土」としてしまた事で、
隣接する地続きの地を警戒・場合によっては「確保」という「対外拡張路線」の道へと
突き進むしかない「選択」が原因の一つ(台湾は地勢的に完結するので問題はない)と

日露戦争来の「恩賞」への不満、経済政策の不満(国内を冷遇して併合地に湯水の如く
資金を注入する政策)が、各政治圧力の跳梁を許し最大派閥の軍部が台頭。国民も異を
唱えず同調する事で「昭和という未来」が確定してしまった。と個人的に想定します。
93.名無しさん:2019年08月15日 13:08 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
ネットでも戦前の経済構造が語られないから原因が判るわけもなく、無理なこじ付けを繰り返すだけ。
94.名無しさん:2019年08月15日 13:09 ID:vxnxGBiL0▼このコメントに返信
大国意識でパンパンだった国民もガスが抜けたし、武士ごっこに明け暮れてた軍閥も整理できたし
無くなった命は戻らんけど、あの敗戦で結果的に割と真っ当な国にうまく纏まった感はある
95.名無しさん:2019年08月15日 13:10 ID:CWs9F4kG0▼このコメントに返信
>>78
ロシアが共産化したから、結局は頓挫していたな。
シベリア派兵でも、日米で目的が違うからな。

96.名無しさん:2019年08月15日 13:11 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
満州国問題で国際連盟を脱退したものの、国際連盟で決まった南洋諸島の委任統治は続く。
孤立したというか、国際連盟が機能不全に陥った。
97.名無しさん:2019年08月15日 13:11 ID:xvMm03dE0▼このコメントに返信
・10代20代の若者に「お国のため、陛下のために喜んで死んで来い」と言って特攻させる。なお、送り出した上官たちの大半は天寿を全うする
・「特攻は志願だった」といいつつも、辞退した人もひっそりと志願したということに変更して特攻させる
・戦車に勝つため、生身の兵士が爆弾を全身に巻きつけて戦車に突入し自爆させる
・訓練1週間の10代をゴムボートに爆弾積ませ敵艦に特攻させる。または、潜水艦服を着せ潜水させ棒の先に付けた機雷で敵艦を突き自爆させる
・自爆せず戻ってきた兵士はボコボコに殴り山奥に作った隔離施設で洗脳、自己批判させる
・アッツ島の戦い、レイテ島の戦い、インパール作戦など、兵士を虫けらのように扱う。そこで死んだ兵士のことを美化し神様として靖国に祀る
・南方に派遣された兵士はほとんどが戦闘ではなく餓死や病死
・本当の戦局は全て隠し、ひたすら勝利報道をして戦意高揚
・兵士たちの戦意が落ちてくると、現地に大量のヒロポン(覚せい剤)を軍が配布し服用させる。特に飛行士が飲まされた
・沖縄戦に派遣された日本軍、沖縄の女子供老人に手榴弾を渡し「わかってるな…」と呟く。なお、政府は日本軍による自決強要はなかったと主張
・憲兵が国民生活を厳しく監視。密告社会だった
・戦争に疑問を持つ者は非国民、売国奴、アカとレッテル貼り特高が拷問。好戦的な者は愛国者と讃えられる
・無理に戦争を継続した結果、戦没者の9割がなんと戦争最後の1年に死亡
98.名無しさん:2019年08月15日 13:11 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※92
富国強兵して
武器を手にした時点で
戦争は不可避だろ

富国強兵しないで
欧米の植民地が良かった?
99.名無しさん:2019年08月15日 13:12 ID:LaN60m690▼このコメントに返信
後からはなんとでも言えるわな。
ケンカから戦争までどんな戦いでも
やってみなきゃ結果はワカラン。
100.名無しさん:2019年08月15日 13:12 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※97
んなの
戦争では
普遍的な事
101.名無しさん:2019年08月15日 13:13 ID:oRVSMYCo0▼このコメントに返信
終戦の日によく無駄とか言える
102.名無しさん:2019年08月15日 13:14 ID:rRpstIe60▼このコメントに返信
実際亜細亜はほとんど西欧列強の植民地だったしなあ

戦争は嫌だが、資源のない国が国の行く末を考えることもわからんでもない
あの状況で危機感がない方がおかしい
103.名無しさん:2019年08月15日 13:14 ID:raKyVs0r0▼このコメントに返信
毎度おなじみ追い詰められてゲシュタルト崩壊気味のアホ在日によるアホスレw
104.名無しさん:2019年08月15日 13:16 ID:buta5wLg0▼このコメントに返信

 もしも、じぶんが戦争で死んだら、どんな気持ちか、

 じぶんの家族が、どんなに悲しむか、想像してみよう。

105.名無しさん:2019年08月15日 13:16 ID:yqGZIkH90▼このコメントに返信
※51
富国強兵を進めればいい   バカかカス
106.名無しさん:2019年08月15日 13:18 ID:Os7qa7A80▼このコメントに返信
日本に戦争を仕掛けてきたのはアメリカだということを知れ
日中戦争はいつ終わった? WW2と同じ日やろ? 
日中戦争のさなかにアメリカが首を突っ込んできたことが問題なんよ。
107.名無しさん:2019年08月15日 13:18 ID:yqGZIkH90▼このコメントに返信
今 ポンカスクズ政府がやってるやないかカス   
日本は常に5番以下の糞国で戦争基地外アメリカ国の対戦相手二番にはならないw
それでもッと最下位になって腐る消費税増税だw 
108.名無しさん:2019年08月15日 13:19 ID:P522YBQ40▼このコメントに返信
ちゃんと山本五十六の作戦通り、宣戦布告ちゃんとして、ハワイを徹底的に破壊してアメリカ国民の士気下げて陸軍にシンガポールまで占領して交渉に出れば勝ってたんだよ、現地のアホどもが保身のために逃げ帰ったのが悪い。
109.名無しさん:2019年08月15日 13:19 ID:yqGZIkH90▼このコメントに返信
※107
当然アメリカの手助けもしないという事だろ  勝手に死那とやれw
110.名無しさん:2019年08月15日 13:21 ID:buta5wLg0▼このコメントに返信

 日本が日露戦争に勝ったあと、アメリカは日本を仮想敵国にしたそうです。
 
 そして、日本軍部もアメリカを仮想敵国にしたのです。
111.名無しさん:2019年08月15日 13:21 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※108
五十六が
ハワイの石油施設を、狙わなかったのが原因


石油ストップしたら
もっと、アメリカがやばかった
112.名無しさん:2019年08月15日 13:22 ID:yqGZIkH90▼このコメントに返信
※111
アホだった海軍w 
113.名無しさん:2019年08月15日 13:22 ID:1zvqVx1h0▼このコメントに返信
人口増えるとろくなことにならないというのが歴史学んでいると思う
114.名無しさん:2019年08月15日 13:23 ID:NR7iOCO90▼このコメントに返信
すべてメンツのため
今の我々がちゃんと知るとバカばっかりだったとしか言いようがない

まず、国民向けに軍人が威張りすぎて、引っ込みがつかなくなった
基本がこれで、ここに、陸海軍のマウント争いが加わる

俺は、亡くなった日本兵士から将兵まで、彼ら個人の努力を理解し、また、組織に対しても同情したい
テクノロジーについても、当時の日本で実力を発揮できたかは置いておいて、対戦末期に戦力化したキ84や次世代の主力となる可能性があったキ87の排気タービン省略形は、航空機単体としては同世代の欧米機に匹敵あるいは超える水準に達していたことも知っている

しかし、開戦の判断はあまりにも浅はかで、何一つとして共感できる要素がない
特に、陸海軍ともに「開戦前に軍を動かしている」点が未熟だ

ただでさえ資源のない日本で軍隊を動かせば、外国に対して直接攻撃をしようがしまいが、浪費した資源分の責任を問われるため引っ込みがつけられず、結果的に開戦せざるを得ない
だから、開戦前の時点で開戦は決まってしまっていたし、その軍隊の動きが陸海軍の縄張り争いや、国民へのメンツに依るものと知れると、本当にバカばっかりだったとはっきりわかる

大日本帝国は滅びるべくして滅びた
115.名無しさん:2019年08月15日 13:23 ID:a3zchzQW0▼このコメントに返信
※106


まあ、アチラさんの戦略は
奥地に日本軍を引き込んで泥沼化させ
その一方、外交と宣伝で、アメリカを何とか味方に引き入れて
叩いてもらうのが方針だったからね。
そこら辺の認識が相当甘かったかなとは思う。
116.名無しさん:2019年08月15日 13:24 ID:gLolcK6O0▼このコメントに返信
無駄なわけねーだろ!バカヤロー!
ポリネシア諸島の砂浜に累々と打ち捨てられた皇軍兵士の御遺骸の写真を見て、
そんな不敬極まりないことが言えるのか!
117.名無しさん:2019年08月15日 13:24 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
戦前日本の輸出統計の記憶は無いのか?
輸出のトップが生糸は変わらないが、2番手の綿織物が生糸の7割くらいに迫っている。
ところが国内で綿花の栽培は僅かしか無いので、綿花の状態で輸入して加工して綿織物で輸出。
その名残がニチメン・トーメンといった綿が付く商社。
綿関係以外にも膨らんでいた貿易圏を、貿易封鎖・資産凍結されたんだから戦争しか無いでしょ。

戦争で貿易圏は全て失ったもの、SF条約の賠償・アジア開発銀行・ODA供与とつないで貿易圏を回復したから現在がある。
東南アジアは日商岩井の庭、南米はトーメンの庭などと言われる。
118.名無しさん:2019年08月15日 13:24 ID:zy8e.QGN0▼このコメントに返信
避けられん戦いだったとしか
>>1はウルトラアホでしかないが
119.名無しさん:2019年08月15日 13:25 ID:ps5zAW8b0▼このコメントに返信
※72
ボーイ! 
それは、奥さんが美人で英語が流暢だからさ! HAHAHA
だいたいこんな感じ
120.名無しさん:2019年08月15日 13:25 ID:rtjY1aaM0▼このコメントに返信
※104
恩給でウハウハ
121.名無しさん:2019年08月15日 13:26 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※115
抗日パルチザンに
100万丁の銃を
空中投下して
日本兵を、殺させた、アメリカ
122.名無しさん:2019年08月15日 13:26 ID:ahaCXzb40▼このコメントに返信
戦争と言うモノは上級国民が起こすモノや
123.名無しさん:2019年08月15日 13:27 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
※117
訂正 南米はニチメンの庭だった、日本綿花ね。
ニチメンと日商岩井が合併して双日、東南アジアと南米の直接貿易ルートが確立してTPPにつながる。
124.名無しさん:2019年08月15日 13:28 ID:3pibpeCm0▼このコメントに返信
潜水艦のトラウマ植え付けられたせいで潜水艦絶対ころすマンになれました
125.名無しさん:2019年08月15日 13:29 ID:P522YBQ40▼このコメントに返信
※111
五十六はちゃんと計画してた、なお南雲とか言う無能現地司令官が出撃前に空母6隻を絶対無傷で返せと言う命令を海軍上層部に言われてそれを真に受けた結果保身のために即刻逃げたんだぞ。
126.名無しさん:2019年08月15日 13:29 ID:buta5wLg0▼このコメントに返信

 じぶんが戦死したら、じぶんの遺族がウハウハ? wwwww
127.名無しさん:2019年08月15日 13:31 ID:W1cCNZdd0▼このコメントに返信
ハワイ奇襲して後は放置ですか?
後の事など、なーーーんに考えていませんね
素人かな

128.名無しさん:2019年08月15日 13:31 ID:CWm0pViI0▼このコメントに返信
人口増加 
自然淘汰
食べ物少なければどんな動物でも殺し合いするよ
129.名無しさん:2019年08月15日 13:32 ID:rRpstIe60▼このコメントに返信
お隣がまさにファシズムだよねw国が教育も含め先導してる言論弾圧も

まさに戦争をおこすやからの手本がいるじゃないですか ああならないようにw
130.名無しさん:2019年08月15日 13:32 ID:0wNMuz.l0▼このコメントに返信
・中途半端な時期に満州をとって中国人を怒らせた
・なのに積み上げてた他中国での権益も守ろうと欲張ってしまった
・戦争をやりたくないと言ってたらしい天皇が226事件等以外じゃ権力を振るわなかった
・ドイツが強くてイギリス抜いた欧州を支配しそうだったから
131.名無しさん:2019年08月15日 13:34 ID:rMzEdIfQ0▼このコメントに返信
国際連盟のままで偉そうにしてれば良かった。
132.名無しさん:2019年08月15日 13:35 ID:WIQkpRyl0▼このコメントに返信
戦争の悲惨さ云々と併せて何故に戦争を始めたのかも学校でじっくり教えた方がええわ
始めたぁて始めた戦争ちゃうやろ
133.名無しさん:2019年08月15日 13:38 ID:BJCE4GO40▼このコメントに返信
次勝てばいいだけ。
無条件で核も2回使えるし。
134.名無しさん:2019年08月15日 13:39 ID:TynugIPc0▼このコメントに返信
ルーズベルトとチャーチルに言わないスレ主管理人!
135.名無しさん:2019年08月15日 13:40 ID:cwEZ7KP50▼このコメントに返信
ルーズベルトが東條英機にハゲと言ったので
切れた
136.名無しさん:2019年08月15日 13:40 ID:eBzeWPBo0▼このコメントに返信
今だから言えることなんだよな。
その頃は世界も今よりもずっと未熟だった。
137.名無しさん:2019年08月15日 13:40 ID:5tTwH1kG0▼このコメントに返信
1.当時上海租界は欧米国民も多数居住する地区だった
2.地理的に近い日本軍が主に警備を担当し、欧米諸国もそれに甘えていた
3.目立つ日本軍が中国人の攻撃の標的になった
4.日本軍はテロ行為に対して反撃した
5.保護対象であった米英が背信行為を働きテロ支援を行うようになった
6.日本が自存自衛のやむなきに至った
138.名無しさん:2019年08月15日 13:40 ID:SFjpVP6K0▼このコメントに返信
※133
米国は
コレ〈核2発〉を恐れてるから
日本に、軍隊持たせない
139.名無しさん:2019年08月15日 13:41 ID:0wNMuz.l0▼このコメントに返信
トップがふらふらしてると、部下らが争いを始めるという真理があるんだよ
そういう対策として別の敵や目標を求めることもあるんだが
いまでも皇室の人がなにもいわないもんだから皇室女性の結婚問題でくだらない論争があったりするだろ
ああいうのはびしっと当事者らが発言すればおさまる これは確実
過去だとあいまいな発言をしてた民主党の党首
あれこれ邪推させて内部分裂した原因だろうな
俺は支持者じゃないからいいけどそうなると思ってた
140.名無しさん:2019年08月15日 13:42 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
総括すると、当時は認識していなかった「主義」を超えた【文明の衝突】が起こったのだろう。
ハンティントンの書籍が和訳される前に、その結論に至った。中華文明と日本文明と西欧文明。
その認識が無かった時代は「主義」の違いと解釈しようとして、戦前の「民主主義」や「資本主義」に関する解釈を意図的に歪めてきた。

これに気付いたのはバブル経済の頃に言われた「日本は倫理無き資本主義」という言葉。
日本流の資本主義は、西欧流とは違うだけで、倫理が無い訳では無い、江戸時代の商業経済の発達で商業倫理は確立していたから。
141.名無しさん:2019年08月15日 13:43 ID:ERydl1KG0▼このコメントに返信
官僚主義の弊害。
今の日本とまったく同じ。大失敗が目に見えてるプロジェクトでも、誰も中止を言い出せない。誰も責任を取りたがらない。前例を踏襲して、なあなあで済ませてる間に、いつのまにか破滅の淵に立っていて、急に慌ててみるが後の祭り。緊急時に対応できる人物は、どこにもいないから、事態を収拾できずに、押し流されるしかない。
行き着く先は地獄のみ。
142.名無しさん:2019年08月15日 13:43 ID:0wNMuz.l0▼このコメントに返信
皇室がらみについては、我こそは宮様のお気持ちを理解できるみたいなやつらがぼろぼろでてきて勝手なことを言うんだろ
昔ならなおさらじゃないかと思う
ルール的に発言できない?別にいざとなったらできるだろ
罰則はないんだし
143.名無しさん:2019年08月15日 13:44 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>65
そこんところ学校教育だと満州事変→即孤立みたいなざっくりした教え方しかせんのよな。
その中でもさらに分岐点があったんやね。
144.名無しさん:2019年08月15日 13:45 ID:MKbH5nk40▼このコメントに返信
そのまま餓死するか戦って死ぬかどっちか選べだぞ
後者を選んだに過ぎない
145.名無しさん:2019年08月15日 13:45 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
【文明の衝突】だから、どこの国が仕掛けたとか、誰が悪いとか言っても、主原因ではない。
146.名無しさん:2019年08月15日 13:46 ID:85777uFU0▼このコメントに返信
【朝鮮を損切り出来た時点でプラス】

147.名無しさん:2019年08月15日 13:47 ID:ERydl1KG0▼このコメントに返信
>アメリカの潜水艦に日本の輸送船をことごとく撃沈されるなんて予想してなかったんやで

予想してなかったのではなく、予想が甘々すぎただけ。
まともに厳しく予想したら、戦争なんて継続不可能というデータしか出てこないから、都合よく見て見ぬ振りしたり、データを書き換えたりして、先に進んだ。
負けて当然の愚かさ。
148.:2019年08月15日 13:48 ID:GfotCU250▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
149.名無しさん:2019年08月15日 13:48 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>23
まあ、今のアメリカ軍が日本人を殲滅させようとしてるわけじゃないからな。
150.名無しさん:2019年08月15日 13:48 ID:GfotCU250▼このコメントに返信
在日特権 ← YouTubeで検索
朝鮮進駐軍 ← YouTubeで検索
在日議員 ← YouTubeで検索
在日芸能人 ← YouTubeで検索
電磁波攻撃 ← YouTubeで検索
151.名無しさん:2019年08月15日 13:50 ID:.bzpdVUx0▼このコメントに返信
結果今の平和ボケがある
無駄だったのかな?
152.名無しさん:2019年08月15日 13:50 ID:WPIVOyfI0▼このコメントに返信
石原が満州勝手にとって後戻りができなくなった
戦争の原因ってこれしかないと思う
153.名無しさん:2019年08月15日 13:51 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>45
いや、開戦も損得考えた結果だけどな。
大事にするものの優先順位の問題であって。
154.名無しさん:2019年08月15日 13:51 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
辛亥革命で成立したのは袁世凱の北京政府。
ここが統治能力を失ったところで中華民国という国は消滅したと見れる、国家が無主地になることを想定していなかったベルサイユ体制の綻びだな。
蒋介石は北伐してきた軍閥の一つ。
北京に入場できず『中原の支配』を確立出来ていなかったところで、中華文明的にも正統政府とは言えないだろう。
155.名無しさん:2019年08月15日 13:51 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>47
ソ連じゃなくて本当に良かった。
ていうか、アメリカですらマシな方なのがあの時代。
156.名無しさん:2019年08月15日 13:53 ID:QdZFGlnm0▼このコメントに返信
陸軍とマスコミのせい
特にマスコミが、負けているのに勝っていると言って国民を煽って
行け行けGOGOさせた。
正直、今の右派左派双方に言えるけど、妄想や思想でファクターが無く騒ぎ立てる事を
するのは、やめなさい。
157.名無しさん:2019年08月15日 13:53 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>51
こういうゼロから1でしか考えられない1ビット人間は本当に左右問わず害悪
158.名無しさん:2019年08月15日 13:53 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>52
厨二拗らせておりますなあ
159.名無しさん:2019年08月15日 13:54 ID:gLolcK6O0▼このコメントに返信
大久保利通クラスの知見を有し周囲を威圧して黙らせる巨人が居たならば、大日本帝国は他の形で存続していたに違いない。
日本帝国にとって有用な知見を有する指導者たちは、ことごとく暗殺された。
160.名無しさん:2019年08月15日 13:55 ID:rNkGm3nc0▼このコメントに返信
戦争が起こった経緯ぐらいまともに学ぶ教育をしないもんかね。
まあ、まじめにやってしまったら中国アメリカ恨み骨髄になってしまうだろうが。
161.名無しさん:2019年08月15日 13:55 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>67
こいつ頭おかしいからほっといたほうがええよ。
162.通りすがりのキチ:2019年08月15日 13:55 ID:itrzarOe0▼このコメントに返信
※92続き
まぁ、朝鮮半島は「係争地」として日本に戦火が及ばない程度に干渉しつつ、朝鮮半島への
投入予定だった「膨大な資金」を「国内の経済振興」に投入して日本の国富を増大させては
日本本土「要塞化」を経済規模の拡大に伴う「税の増収」で賄う。

という路線であれば昭和期迄には「相当の蓄積」を生み、当然の事ながら大陸に足がかりを
持たない以上「陸軍」の縮小・予算削減も蓄積される効果も期待(陸軍が許すかは別)もあ
り「対外拡張路線」は変わらないにしても内容が「軍事ではなく貿易立国としての」膨張路
線に転換していたかもしれないと、個人的な妄想を膨らましています。

さて、その貿易先は何処かというと「中国」で、しかも対ソ連の急先鋒と仕立てて「対立」
を煽り兵器から何までをひたすら輸出する状況であれば、最大の懸念「欧米ブロック経済」
も膨大な需要を中ソで「創出」してくれる状況を欧米がぶち壊すとは思えないので発動せず
に「濡れ手で粟」を得た日本と欧米は、やがて来るソ連の中国平定で始まる対ソ戦「冷戦」
により、日本と欧米を協調路線に転換させると想定したりします。

そこからは史実と似たり寄ったりの展開になるかなぁと。 妄想爆裂気味ですね(苦笑)。
163.名無しさん:2019年08月15日 13:56 ID:ERydl1KG0▼このコメントに返信
軍は、天皇陛下の権威を気安く利用して、皇軍として他の批判をすべて排除して、好き放題やり始めた。そのくせ一番天皇を敬愛していないのが軍部で、自分たちの意に反することを、天皇陛下が言ったりすれば、皇居まで侵して、陛下すら排除することを厭わない、狂気の集団。
実際、敗戦の玉音放送すら、妨害される寸前だった。
まあ明治維新自体が、皇室の権威を利用して起こしたものだから、そうなってしまうのも当然ではある。
164.名無しさん:2019年08月15日 13:56 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>71
過去の我々と今の隣国を他山の石とすべきだな。
負けた時は同じ国だったのに、あっちは未だ旧帝国のようだ。
165.名無しさん:2019年08月15日 13:57 ID:PAKeXI.j0▼このコメントに返信
今日本がG7入りして欧米に唯一アジアで発言権がある日本をみても無駄ではなかったことがわからないのか?
166.名無しさん:2019年08月15日 13:58 ID:scsbZhWb0▼このコメントに返信
日本人が日清日露から劣化したわけやない、もともとあんなで明治から変わってない
同じことやっててもただの新興クソ雑魚有色人種国家と列強の一つじゃ周りの反応が違うんや
167.名無しさん:2019年08月15日 13:58 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>76
あの時代開国してたらどうなっていたかねえ。
僕にはあまり良い予想ができないよ。
168.名無しさん:2019年08月15日 13:58 ID:Y4tWnoZq0▼このコメントに返信
>>80
そういう話をしてるんじゃねえ
169.名無しさん:2019年08月15日 13:59 ID:Hwydm5vi0▼このコメントに返信
外国人(白人)に戦後の今となっても帝国軍人の心意気を広めるほど影響力のある戦争。アジアの植民地解放は達成され、戦争目的を1つ達成した事で戦勝と言っても良い。
170.名無しさん:2019年08月15日 13:59 ID:MwYXgWT.0▼このコメントに返信
>>3
日露戦争の英霊ガーとか言ってるアホが満州事変に熱狂したんだよな

歴史から何も学んでない
171.名無しさん:2019年08月15日 14:00 ID:uYwm1gMi0▼このコメントに返信
※13

それに加えて、ゴミマス。

ゴミマスは自分の悪口は絶対に書かないが、ゴミマス内に大量のスパイが紛れ込み、戦争を扇動。

田中角栄、中曽根康弘、山本五十六は間違いなくスパイ。
172.名無しさん:2019年08月15日 14:01 ID:hQhqtx9r0▼このコメントに返信
別に日本が戦争したかった訳ではない。アメリカ「アメリカに満州売れよ!」→断ったら満州事変が起きた→アメリカ「リットン調査団を派遣するぞ!」→結局日本が満州事変を起こしたという証拠は無かった→アメリカ「国連決議で日本に経済制裁する!」→日本は経済制裁を受けたくないので国連脱退→アメリカ「ハルノートだ!、日本の植民地全部よこせ!」→当然日本は断る→アメリカ「ドイツが戦争を始めたな...じゃあ日本に禁油政策!」→この後日本はドイツ、イタリアと三国同盟を結ぶ。元々ちょっかい出していたのはアメリカであって、日本が戦争を起こそうとした訳ではなかった。
173.名無しさん:2019年08月15日 14:01 ID:bssgyi0o0▼このコメントに返信
まぁそんな事言うとらんと、
今日くらい、靖国神社に参拝するとか
遠くていけんやったら、護国神社に参拝しに行きなさいや。
ワイも今から行ってくるで。
174.名無しさん:2019年08月15日 14:02 ID:YWLckXJr0▼このコメントに返信
当時に生きていなければ本当のところはわからん
偉そうに評論してる馬鹿は一生黙れ
175.名無しさん:2019年08月15日 14:02 ID:DJfVntM70▼このコメントに返信
スレ主もそれに同調するマヌケも、歴史を正しく評価できる脳味噌ないなら黙ってた方が良い

ついでに言えば、戦争は絶対悪、絶対平和こそ理想って信じてる奴もね
176.名無しさん:2019年08月15日 14:03 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
※162
ネットで言われるほど「膨大な資金」を公費で投入してはいないんですね。
東洋拓殖も民間から資本を募った民間会社ですし、まぁ最大株主であった旧韓国政府の持分は併合に伴い日本政府のものになりますが。
インフラ関係で幹線鉄道は確かに公費ですね、電力や地方鉄道は民間会社、初等教育は地方予算。
戦前資本主義を歪めて理解しているから、間違った理解になる。
それでこの民間投資がサンンフランシスコ条約の請求権の根拠になる、政府資金は含みません。
177.名無しさん:2019年08月15日 14:03 ID:pPwjwDYf0▼このコメントに返信
日本だけに責任を押し付けるから狂ってみえるんだ。
アメリカはルーズベルト、ソ連はスターリンという狂人が率いてたんだからな。
178.名無しさん:2019年08月15日 14:05 ID:xVPcsmhx0▼このコメントに返信
アーノルド・J・トインビー 歴史学者
「日本人が歴史上に残した業績の意義は、西洋人以外の人類の面前において、アジアとアフリカを支配してきた西洋人が、
過去200年の間に考えられていたような、不敗の半神でないことを明らかに示した点にある。」
(1956年10月28日/英紙「オブザーバーL)
179.名無しさん:2019年08月15日 14:05 ID:2gE.FX5o0▼このコメントに返信
戦争に勝ってたら韓国の併合がまだ続いてたってことだろ
やっぱり負けて良かったわ
180.名無しさん:2019年08月15日 14:05 ID:wx97lub10▼このコメントに返信
後出しで何で?って言うのは簡単だよな
当時、そして当事者の判断はそんな軽いものじゃない
ゲームや小説でも読んでるレベルの連中には理解も出来ないだろう
181.名無しさん:2019年08月15日 14:06 ID:mI0AV2qu0▼このコメントに返信
全ての白人とは言わないが当時の多くの白人は有色人種を
同じ人間だと思っていなかったのを知らないようだな
アメリカの黒人差別は有名だが
あれ差別対象は”black”ではなく"colors"だ
182.名無しさん:2019年08月15日 14:09 ID:xVPcsmhx0▼このコメントに返信
P・F・ドラッガー 経営学者
「しかし、結局のところ、最後に勝ったのは日本だった。
・・・
軍事的には、日本は第二次世界大戦(大東亜戦争)において、歴史上、最も決定的な敗北を喫した。
自ら植民地大国たらんとする政治的な野望は達せられなかった。
しかし、その後の推移では、政治的に敗北したのは西洋だった。
日本は、西洋をアジアから追い出し、西洋の植民地勢力の権威を失墜させることに成功した。
その結果、西洋はアジア、ついでアフリカの西洋化された非西洋世界に対する支配権を放棄せざるをえなくなった」
183.名無しさん:2019年08月15日 14:09 ID:GkY2MvOt0▼このコメントに返信
連帯責任だからしょうがない。
当時の一等国として、軍拡していて、軍部は戦争したかったんだな。
マスゴミもコレを焚き付けて、大衆操作して、戦争まっしぐら。
184.名無しさん:2019年08月15日 14:11 ID:0wNMuz.l0▼このコメントに返信
国の根幹は基本的に領土なんで日本は相当領土失ってて大変な敗戦なのは確実だよ
さっさと何が悪かったのか考えて忘れて前へ進めばいいのにそれができなかったから憲法改正もろくにできなかったと思うよ俺は
185.名無しさん:2019年08月15日 14:11 ID:54C4rme10▼このコメントに返信
戦時中日本政府「鬼畜米英倒せ!進め1億火の玉だ!」
現在の日本政府「アメリカ様万歳!何十億でも献金いたします」
プライドないんか この島猿どもはwww
186.名無しさん:2019年08月15日 14:11 ID:ywIkmOFz0▼このコメントに返信
ソ連の工作員が日米を戦争させようと工作してた。
日米の国民がそれにノッてしまった。
リットン調査団に勝手にキレて国際連盟脱退して世界を敵に回した。
海軍と陸軍が予算のために仮想敵を設定してたからお役所仕事的に戦うはめになった。

関東軍は国会と国民の事後承諾があったから関係ない。
なくはないけど些末な問題。
暴走してたのは国民で、丁度ポピュリスト政権だったせいで支持率のために戦わざるを得なくなった。
187.名無しさん:2019年08月15日 14:13 ID:Mh9ab1Y.0▼このコメントに返信
夏休み早く終わってほしい、中途半端な知識と無駄にデカイ顕示欲を持った奴が多すぎる
188.名無しさん:2019年08月15日 14:15 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
全く別の視点で見ると、明治維新の頃は基軸通貨が無く現物通貨(銀貨)が国際決済に用いられる。
19世紀末にポンド本位制が確立して、イギリスポンドが基軸通貨になる。
第一次世界大戦の後、経済力を伸ばした米ドルへの主導権の移行が始る、あくまで基軸はポンドだが。
そうした通貨の主導権を巡る争いの先にブロック経済が起こったとも言える。
日本円通貨圏としては、華北まで流通していた朝鮮銀行券、華南から東南アジアにまで流通していた台湾銀行券を含む。
第二次大戦後にブレトンウッズ体制で、米ドルを基軸通貨として価値を維持することで合意。
ドル固定相場の廃止でアメリカが価値を維持する責任を放棄する。
しばらくゴタゴタするものの、ハードカレンシーの米ドル・ユーロ・日本円の三極体制が確立する、それを支えるのがG7。
結局勝者は誰だ。
189.トド:2019年08月15日 14:17 ID:.kS9zZyY0▼このコメントに返信
余りにも幼いスレッドだ!

この世に無駄でない戦争など存在しない!
190.名無しさん:2019年08月15日 14:17 ID:HlpE1cbR0▼このコメントに返信
※167
あくまで可能性のある節目だし、その手の話は場違いって意味でしか挙げていない。
外向き志向ってのは人口飽和が原動力だから吉宗の頃が最適期だとは思うけど、その話は又別の機会に。

なお、今はむしろ先の大戦までの教訓とは全く逆に、人口減少期に異族侵入を受けないための諸々が求められている。
これもスレチだから此処までw
191.通りすがりのキチ:2019年08月15日 14:18 ID:itrzarOe0▼このコメントに返信
※98
遅くなりました。

富国強兵自体を否定したのではなくその方向性の問題を示唆しています。
その違う過程を※162にコメしています(だいぶユルユルですが)要は、

必要以上に防衛範囲を拡大して「富国強兵」を希薄にしない。という点と欧米に真正面から
闘争を繰り広げないで「紛争地」を設けて日本を対象にさせない。などの搦め手も交えての
展開が一番良かったのかな?という感想です。

武器を持ったから「即戦争」という訳でもなく、一番の懸念はその国に対して「脅威度」か
「有用度」が戦争を誘発するのだと言う事です。だったら潜在的な驚異度が「下がる」状況
を創出し「代替えの脅威」を目くらましに充てがう「外交・調略」が重要だと思います。
日露戦争時に絶好調だったのに、それが戦争突入まで機能しなかった背景も要因の一つです。
192.名無しさん:2019年08月15日 14:20 ID:SUiYOLLk0▼このコメントに返信
お前ら頭良いのな
193.名無しさん:2019年08月15日 14:22 ID:2dwBfsev0▼このコメントに返信
百戦百勝は善の善なる者に非ざるなり。
戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり。

米国がお膳立てして開戦せざるを得ない状況に追い込まれてた時点で日本の敗北は至極当然の結末だったんよ(´・ω・`)
194.名無しさん:2019年08月15日 14:22 ID:B0eFy5aV0▼このコメントに返信
当時の人たちはアジアを植民地にしていってた白人をどれだけ信じられたのだろうか
今みたいに簡単に情報が手に入るわけでもないだろうし
195.名無しさん:2019年08月15日 14:24 ID:ZNxImDZ00▼このコメントに返信
やって得してるじゃん。
戦前のGDPは5位くらいで、戦後に2位になった事もあるし、今3位でしょ。
東南アジアで商売も自由に出来るし。中韓みたいにやらない後悔に悩まされ続ける事もない。
196.名無しさん:2019年08月15日 14:27 ID:WfVxoHFW0▼このコメントに返信
今の安倍内閣の関係者は全員ここを熟読した方が良いと思う
197.名無しさん:2019年08月15日 14:29 ID:gLolcK6O0▼このコメントに返信
>>172
アメリカは確実に日本のテリトリーと利権を狙っていた。今思えば……
日英同盟を破棄させて、孤立するように仕向けられたな。
198.名無しさん:2019年08月15日 14:30 ID:0wNMuz.l0▼このコメントに返信
金さえあれば経済力さえあれば勝者って価値観は韓国みたいだ
それしか追求できなくなってるだけというのに気づかないといけない
199.名無しさん:2019年08月15日 14:31 ID:gLolcK6O0▼このコメントに返信
>>172
昭和初期の指導者が、アメリカの野望を見抜けなかったな。今思えば……
200.名無しさん:2019年08月15日 14:32 ID:JotGkLfN0▼このコメントに返信
>>196
いやむしろ習近平、ムン、将軍様に読んでもらいたいですはい。
201.名無しさん:2019年08月15日 14:36 ID:CWs9F4kG0▼このコメントに返信
※186
ソ連の工作も近衛文麿の野望と合致していなければ、一致しない。
というより、ロシアを共産化したのはアメリカを牛耳るグローバル湯田屋。

日露戦争後、日露は準同盟国になりアメリカの脅威となった。
同時に英露協商も成立していわばアメリカ包囲網になっていた。
まずは、人口国家ソ連を造り、日英同盟を解消させて~と続くのは自然な流れ。
202.名無しさん:2019年08月15日 14:38 ID:D91ryDwn0▼このコメントに返信
最大の失敗はやはり三国同盟、これに尽きるだろ。
その次は国際連盟脱退。
その次はアメリカに満州の利権を分けなかったこと。
このあたりの失敗が積み重なってツケを払わされたのが太平洋戦争だ。
ハルノートの時点ではもう手遅れだった。
203.通りすがりのキチ:2019年08月15日 14:38 ID:itrzarOe0▼このコメントに返信
※176
私も勉強不足で申し訳ない。

単純に「公費」は切っ掛けですし民間も含めて「日本国内」に展開されていれば「国民の意識」も
内需に向くかもしれない。それはそのまま「経済発展の原動力」となって相乗効果で「富国強兵」
が分厚くなって結実するかなぁ…とボンヤリ考えてましたが。

今も昔も「日本のアキレス腱」な朝鮮半島だなぁ(苦笑)。後は貧困による「視野狭窄」あたりが
日本の戦争突入原因かもしれないですね。
204.名無しさん:2019年08月15日 14:45 ID:a3zchzQW0▼このコメントに返信
※196

貴重な戦訓を生かそうと思ったら、現政権の外交方針に
たどり着くんじゃね。
205.名無しさん:2019年08月15日 14:46 ID:o55vJtzp0▼このコメントに返信
今も、実質的に、日本はアメリカの植民地だよ。

憲法9条があって、軍隊と核が無い日本。
アメリカの軍隊と核に守られてる日本は、実質的に、独立国ではない。

メディアでは、アメリカ側からの太平洋戦争としか報道されない。

206.名無しさん:2019年08月15日 14:46 ID:9vgk1y6Q0▼このコメントに返信
無駄ではないけどな。
過去に日本が直接関わった戦争はたくさんあるけど
どれも今にちゃんと繋がってるのが分からんとはね。
どこの国も無駄な戦争ってのは無い気がする。
みんな自分の国を豊かにしたり守るために頑張ってるわけだから、戦争1つずつ意味があるぞ。

中国はアレだが。
207.名無しさん:2019年08月15日 14:47 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
※203
満州の方が膨大な民間資本を投入してます。
朝鮮は鉄鉱石は採れたものの製鉄高炉に使える強粘結炭が無い、満州は両方ともある、それで満州重工業はじめ膨大な工業投資が。
始まりは満州事変ではなく、日露戦争で南満州鉄道の権益を得て、その鉄道附属地から、初代満鉄総裁は大風呂敷の後藤新平ですね。
その製鉄所を初めとした工業資本が、改革解放までの中華人民共和国を支えることに。
208.名無しさん:2019年08月15日 14:48 ID:DOD6QY0O0▼このコメントに返信
戦争なかったら今より豊かな生活を送れていたのだろうか
209.名無しさん:2019年08月15日 14:52 ID:lZQ5DETZ0▼このコメントに返信
日露で負けてりゃ今頃、ロシア語話してウォッカ飲んでるだろうな
民族的に主の如く、どこの言語を話しても苦にならない者も居るがね
210.名無しさん:2019年08月15日 14:55 ID:Pradgukp0▼このコメントに返信
オランダ
◎サンティン・アムステルダム市長 現内務大臣
「本当に悪いのは侵略して権力を振るっていた西欧人の方です。日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現した。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わった。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成した。日本の功績は偉大であり、血を流して闘ったあなた方こそ最高の功労者です。自分をさげすむことを止め、…その誇りを取り戻すべきであります。」
(1985年日本傷痍軍人会代表団がオランダを訪問した時行われた市長主催の親善パーティの歓迎挨拶)
211.名無しさん:2019年08月15日 14:56 ID:Pradgukp0▼このコメントに返信
タ イ
◎ククリット・プラモード 元首相
「日本のおかげで、アジアの諸国はすべて独立した。日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。今日、東南アジア諸国民が、アメリカやイギリスと対等に話ができるのは、一体だれのおかげであるのか。それは『身を殺して仁をなした』日本というお母さんがあったためである。12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身を賭して重大決意された日である。さらに8月15日は、われわれの大切なお母さんが、病の床に伏した日である。われわれはこの2つの日を忘れてはならない。」
212.名無しさん:2019年08月15日 14:57 ID:0wNMuz.l0▼このコメントに返信
関係ないが緑茶ウォッカは結構好き
アルコールは色と香りはもろに、うまみは適度に抽出するみたい
紅茶だと甘い香りがすごいでるが苦味がでやすいようだ
213.名無しさん:2019年08月15日 14:57 ID:Pradgukp0▼このコメントに返信

■インド
◎ラグ・クリシュナン 大統領
「インドでは当時、イギリスの不沈戦艦を沈めるなどということは想像もできなかった。それを我々と同じ東洋人である日本が見事に撃沈した。驚きもしたが、この快挙によって東洋人でもやれるという気持ちが起きた。」      (昭和44年、日本経済新聞)

◎ハビプル・ラーマン 元インド国民軍大佐
「ビルマ、インドネシア、フィリピンなどの東アジア諸国の植民地支配は一掃され、次々と独立し得たのは、日本がはぐくんだ自由への炎によるものであることを特に記さなければならない。」

◎グラバイ・デサイ インド弁護士会々長
「インドは程なく独立する。その独立の契機を与えたのは日本である。インドの独立は日本のお蔭で30年早まった。これはインドだけではない。インドネシア、ベトナムをはじめ東南アジア諸民族すべて共通である。インド4億の国民は深くこれを銘記している。」
(1946年の軍事裁判に出廷した藤原岩市氏らに)
214.名無しさん:2019年08月15日 15:01 ID:jqHW8eze0▼このコメントに返信
インドが植民地になり
インドシナが植民地になり
インドネシアが植民地になり
フィリピンが植民地になり
中国が半分植民地になった状況で
戦わない、もしくは本土決戦以外はしないという選択肢があったとは思えない。
215.名無しさん:2019年08月15日 15:01 ID:dDHnqtRV0▼このコメントに返信
>>1が馬鹿だってことはわかった
216.名無しさん:2019年08月15日 15:02 ID:wVCiamKx0▼このコメントに返信
苛められなさたときに暴れるか暴れないか
暴れなければまたやられる
自己の尊厳を守ることが大事
217.名無しさん:2019年08月15日 15:04 ID:wVCiamKx0▼このコメントに返信
>>205
まぁ実際そうだろうけど戦争に負けたし
218.名無しさん:2019年08月15日 15:07 ID:48KCoU4W0▼このコメントに返信
あの戦争がなければ冷戦最前線だったし、どのみち広島に原爆は落ちただろ
落とすのはソ連だが
219.名無しさん:2019年08月15日 15:11 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
※208
先人に感謝、SF条約で決まった賠償を日本の物品・日本人の役務で支払う、これが戦前の貿易網を回復するのに一役買う。
そこで止めずにアメリカを巻き込んで大蔵省主導でアジア開発銀行を設立、そしてODA供与とつなげて、世界中の物が手に入る社会に。
ODA供与は円借款とも言われ返済は円建てなので、日本向けの輸出で円貨を得れば為替リスクを避けられる。
220.名無しさん:2019年08月15日 15:14 ID:BivKXMwh0▼このコメントに返信
>>153
戦争は必要だか落とし処が絶対必要だよ

落とし処がない戦争は全て総力戦に陥る

総力戦こそクソなのだ
お互いに馬鹿みたいに殴り合うから第三勢力がアップを始める
221.名無しさん:2019年08月15日 15:14 ID:gLolcK6O0▼このコメントに返信
>>211
我々の英霊はかーちゃんなのか。
222.名無しさん:2019年08月15日 15:16 ID:prrSjwq90▼このコメントに返信
したんでは無くてアメリカに計られただけ。
223. ソレはソレ、コレはコレ?!:2019年08月15日 15:17 ID:buta5wLg0▼このコメントに返信

 アジアの解放? 現代日本のネット社会で、朝鮮半島の人たちを

 見下している日本人がいっぱいいるのに? ( 笑 )
224.名無しさん:2019年08月15日 15:19 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
これ、勘違いしている人が多いけど、今の世界ってのは戦争した結果の未来だからね。
戦争しなかったらどうなっていたかなんて誰も知らない、今より遥かに悪くなっていたかもしれないし良くなっていたかもしれなi。
つーか、日露で負けてればって、本スレ1はこの世に存在する事すらできなかったんじゃねーか?w
225.名無しさん:2019年08月15日 15:19 ID:GyI1YC3e0▼このコメントに返信
※4
靖国神社にとって大切なのは春季と秋季例大祭なので終戦記念日にわざわざ外交にとってマイナスになる事をしようとは考えてないだけ。
外交に問題ない時期が来れば問題なく参拝するよ。
陛下も勅使を送られているのも同じ事。
でもこれ害無償の海外への発信が全然できてない怠慢からくるものって事を国民は知るべき!
226.名無しさん:2019年08月15日 15:23 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※223
努力し経験し、そこから学習した結果だな。先人の尊い犠牲と教えに感謝。
過ちは二度と繰り返さず、尊い教えを生かし,除鮮に努めます ってことだな。
227.名無しさん:2019年08月15日 15:24 ID:Bq7XUccZ0▼このコメントに返信
※223
向こうも見下してるからセーフ
228.名無しさん:2019年08月15日 15:24 ID:rHfG.R3D0▼このコメントに返信
※208
ないないwww
そもそも戦争に負けたのも、薩長閥が政治や軍部を私物化していたから
それが、戦争がなきゃ、ずーっと続いてるんだぜw
薩長閥や明治時代に基礎を築いた財閥なんかの家に生まれてりゃリッチだが、平民はひたすら貧乏な二等国の出来上がり
当然、トヨタもホンダもソニーも任天堂もソフトバンクもユニクロも・・・、そうした企業のない世界
財閥系企業がのさばってるだけ
ひっでー日本にしかならん
229.名無しさん:2019年08月15日 15:24 ID:gLolcK6O0▼このコメントに返信
>>172
図々しいんだよアメリカ。
原住民族を散々攻撃して狭い一画に閉じ込めたり、メキシコに言いがかりつけてカリフォルニアを取り上げたりして、広大な大陸を占有した上に、
アラスカにハワイにグァム等の広大な太平洋圏とフィリピン諸島。
図々しいにも程がある。

230.名無しさん:2019年08月15日 15:25 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
戦前社会を調べれば調べるほど、誰が悪いとか誰が仕組んだという些細な問題ではなく【文明の衝突】だと思えてくる。
【文明の衝突】自体は避けられないが、それを如何に戦火に結び付けないかの知恵が要ると思う。
朝鮮?アレは文明じゃないからw
231.:2019年08月15日 15:26 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
232.名無しさん:2019年08月15日 15:28 ID:qe5uN7jm0▼このコメントに返信
※228
トヨタと任天堂は戦前からありますがw
233.名無しさん:2019年08月15日 15:30 ID:T.K5EOHs0▼このコメントに返信
日本語が不自由なスレ立てw
234.名無しさん:2019年08月15日 15:32 ID:Sm4uySid0▼このコメントに返信
歴史を神の目線で見たがるバカはわかっているようで全然理解していない
この分ではまた同じ過ちを繰り返すだろうな
235.名無しさん:2019年08月15日 15:32 ID:3nZxEDbg0▼このコメントに返信
一番の問題は、今も体質が変わってない事
もちろん経済は大事だけど
この語に及んで官僚は省益優先だし

財界は目先の利益一辺倒で、長期的には衰退確定
短絡的で思慮の浅い脳筋が
要職に就いとるんやろな

PCも使った事ない経団連会長とか
2段階認証しらない、QR決済会社の社長とか
236.名無しさん:2019年08月15日 15:33 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
戦争の歴史から学べる事の一つに、人は嘘、デマに簡単に騙されるってことだな。
第二次世界大戦でもデマが大量に流され、米国人はすっかり騙されて敵を間違え日本を潰してしまったがために、米国人の血を大量に流すことになり,さらに今に至るまでもそのツケを払い続けている。

今も韓国や北朝鮮、中国が反日嘘プロパガンダを流し続けているが、戦争の歴史から学び過ちを二度と繰り返さないというのであれば、そのような反日嘘プロパガンダを絶対に許してはいけないとならなければおかしい。
237.名無しさん:2019年08月15日 15:34 ID:Pradgukp0▼このコメントに返信
インドネシア
◎モハメッド・ナチール 元首相
「アジアの希望は植民地体制の粉砕でした。大東亜戦争は、私たちアジア人の戦争を日本が代表して敢行したものです。」

◎アラムシャ 元第三副首相
「我々インドネシア人はオランダの鉄鎖を断ち切って独立すべく、350年間に亘り、幾度か屍山血河の闘争を試みたが、オランダの投智なスパイ網と、強靭な武力と、苛酷な法律によって、圧倒され壊滅されてしまった。それを日本軍が到来するや、たちまちにしてオランダの鉄鎖を断ち切ってくれた。インドネシア人が歓喜雀躍し、感謝感激したのは当然である。」

◎サンバス 元復員軍人省長官
「特にインドネシアが感謝することは、戦争が終わってから日本軍人約1000人が帰国せず、インドネシア国軍とともにオランダと戦い、独立に貢献してくれたことである。日本の戦死者は国軍墓地に祀り、功績を讃えて殊勲章を贈っているが、それだけですむものではない。」


◎プン・トモ 元情報相
「日本軍が米・英・蘭・仏をわれわれの面前で徹底的に打ちのめしてくれた。われわれは白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。…そもそも大東亜戦争はわれわれの戦争であり、われわれがやらねばならなかった。そして実はわれわれの力でやりたかった。」         (昭和32年の来日の際の発言)
238.名無しさん:2019年08月15日 15:34 ID:9MUD.59c0▼このコメントに返信
なんでお前は無駄に生きてるんだ?
239.名無しさん:2019年08月15日 15:35 ID:Pradgukp0▼このコメントに返信
■スリランカ
◎l・R・ジャヤワルダナ 大統領
「往時、アジア諸民族の中で、日本のみが強力かつ自由であって、アジア諸民族は日本を守護者かつ友邦として、仰ぎ見た。…当時、アジア共栄のスローガンは、従属諸民族に強く訴えるものがあり、ビルマ、インド、インドネシアの指導者たちの中には、最愛の祖国が解放されることを希望して、日本に協力した者がいたのである。」 (1951年、サンフランシスコ対日講和会議演説)
240.名無しさん:2019年08月15日 15:38 ID:24bA.Jf40▼このコメントに返信
あの時『欧米にペコペコして戦争回避しろ』なんだろう

でもさ、今パヨクさんは『欧米に追従するなー!』って喚いてるけど、戦争容認ってことなん?
241.名無しさん:2019年08月15日 15:40 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
※228
太平洋戦争を主導したのは東北閥
山本五十六も東條英機も佐幕派の子孫
日清日露を勝った薩長閥みたいにうまくやってやるって意気込んで日本を焦土化
韓国や中国をのさばらせる世の中にた

ま、韓国の歴史観に寄り添って近代日本の歩みを否定しているもんな こういう連中は
242.名無しさん:2019年08月15日 15:42 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
>>232
任天堂なんか元は花札屋だしなw
243.まさにコミックブーム:2019年08月15日 15:46 ID:l9KjL4gg0▼このコメントに返信
※240
あいつらは左巻きのアカだから、共産主義者以外に牙をむきたがるんだ。
だから戦争の経緯も知らずに頓珍漢な事を言ってるだけ。
244.名無しさん:2019年08月15日 15:50 ID:nIpWpxVD0▼このコメントに返信
大戦なきゃ無いで北海道はソ連に飲み込まれてたな
北陸まで取られてたかもね
それから自由主義国が介入してきて…
今頃は南北朝鮮の島国版になってる気がするわ
245.名無しさん:2019年08月15日 15:53 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
※239

日本擁護の海外の声紹介に熱心だけど 所詮そういう考え方の人や勢力のも一定程度存在するってだけの話

ネット右翼が 偏向された海外の反応をみて、日本は世界から尊敬され 賞賛されてるって盲信するのと同じだよ
無関心が大部分なのが現実だしな
批判意見は在日や韓中の工作で決めつけてりゃそうなるかw
246.名無しさん:2019年08月15日 16:00 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
>>240
>でもさ、今パヨクさんは『欧米に追従するなー!』って喚いてるけど、戦争容認ってことなん?

別に俺はパヨクじゃ無いけど、例えば
「アメリカに追従するな
アメリカに追従してペルシャ湾に自衛隊派遣するな」
これが戦争容認ってどういう理屈なんだ?
247.名無しさん:2019年08月15日 16:03 ID:kqkoq83D0▼このコメントに返信
>>35
なかったら植民地支配されるかずっと立場弱いままでいただろうな
248.名無しさん:2019年08月15日 16:04 ID:OzQx3E.n0▼このコメントに返信
その手の称賛動画見て最初のうちはおー、そうなんだー
と思ってもいくらなんでも綺麗ごとで固めすぎてね?
いろいろ見てみよ
なんぞこれー、みたいな
249.名無しさん:2019年08月15日 16:08 ID:0bgzrWBe0▼このコメントに返信
※239
サンフランシスコ会議では、ラオス、カンボジア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、オランダといった国がいっせいに日本の侵略を糾弾しはじめて、ビビった日本代表の吉田総理がダレス特使に助け船を出してもらってますやん
250.名無しさん:2019年08月15日 16:08 ID:hVaCY6HS0▼このコメントに返信
※96
見事な洗脳教育の成果だな。
立派な作品として自らを誇って良いw
251.:2019年08月15日 16:10 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
252.名無しさん:2019年08月15日 16:12 ID:hVaCY6HS0▼このコメントに返信
※245

そら遠い国には無関心が人間の基本。
対岸の火事より背中のお灸が厚い、のが人間。
253.名無しさん:2019年08月15日 16:13 ID:wM19xxx80▼このコメントに返信
無駄な戦争とか言ってる時点で
254.名無しさん:2019年08月15日 16:15 ID:0bgzrWBe0▼このコメントに返信
下っ端は優秀だから、戦争では不利な局面でも勝てたりすることがあるんだけど、トップがバカだから、トータルでは結局バッドエンドを選択してしまうんだな
日露戦争が奇跡的な采配ができただけ、第一次大戦はもうボロを出し始めていた

255.名無しさん:2019年08月15日 16:17 ID:hVaCY6HS0▼このコメントに返信
※223
見下されるに相応しい言動をしてればそれは、ねぇ。
自業自得
256.:2019年08月15日 16:17 ID:FPZ50yj60▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
257.名無しさん:2019年08月15日 16:17 ID:esv.Uqpg0▼このコメントに返信
>>5
シナ事変の講話の仲介をアメリカに要請したのは日本側なんだが。
258.名無しさん:2019年08月15日 16:17 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※245
[ネット右翼が 偏向された海外の反応をみて]

つーか、日本に好意的な声は「偏向している!」っていうそんな自分こそ偏向しているかもしれないって思わないのかね
259.名無しさん:2019年08月15日 16:20 ID:esv.Uqpg0▼このコメントに返信
>>14
近衛と松岡が三国同盟で浮かれて日米交渉を無茶苦茶にしちゃったからね。野望というかただの愚行だけど。
260.名無しさん:2019年08月15日 16:21 ID:0bgzrWBe0▼このコメントに返信
※6
>>なんで日本って毛沢東に感謝されたん?
皮肉に決まってんだろ
まさかあの周恩来の発言を本気にしてたのか
261.名無しさん:2019年08月15日 16:22 ID:gZvTuAhs0▼このコメントに返信
>>8
軍部暴走ったって燃料投下してんの国民だもんな。我々は騙されてた じゃねーよ。
この無責任さはまーだ直らない、というか直るもんなんだろうか。
結局右が左にひっくり返っただけだったもんな。今9条死守とか言ってるのはまさしく先祖返りでしかないよ。
262.名無しさん:2019年08月15日 16:22 ID:hVaCY6HS0▼このコメントに返信
※256
多分にその勢力の影響はあるな。

特にシナ朝鮮は反日を金にしてきたし。
反日されると金を出してきた日本も悪いけどな。
263.名無しさん:2019年08月15日 16:24 ID:hVaCY6HS0▼このコメントに返信
※260
日本が国民党を叩かないと
共産党には政権奪取のチャンスは無かった。
ただの事実
264.:2019年08月15日 16:26 ID:esv.Uqpg0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
265.名無しさん:2019年08月15日 16:31 ID:AY6cSYhc0▼このコメントに返信
日本なんて大東亜共栄圏掲げながらフランスインドシナ植民地政府と協力して現地人圧政してたやん
結局赤化したし で日中戦争長期化のせいで中国も赤化するというね
しかもアメリカに独立約束されてたフィリピンにも乗り込んでマニラが焼け野原
アジアの害悪だろ
266.名無しさん:2019年08月15日 16:32 ID:G5VjB4oR0▼このコメントに返信
脱亜して大東亜共栄圏の築くノダ
267.名無しさん:2019年08月15日 16:36 ID:hVaCY6HS0▼このコメントに返信
※265
アメリカがフィリピン人やインディアンとの約束を守るなら
さぞ良い世界だったかもな。
今もフィリピン人は反米が多いな。
268.名無しさん:2019年08月15日 16:37 ID:CWs9F4kG0▼このコメントに返信
>>260
毛沢東は、真実を全て知っていたし
耄碌していたから感謝するのは当たり前。

真実とは、日本軍と国民党軍を戦わせて双方を疲弊させ、共産軍に政権を取らせる国際金融資本の計画。
勿論、近衛は彼らの仲間だった。だから、蒋介石と和解しなかった。和解したら、近衛の野望が打ち砕かれる。

中国の反日は、冷戦終結前後に再び日本がアホリカの仮想敵になってから。
尖閣もアホリカが自国でエネルギー調達をするのを阻止するため。
269.名無しさん:2019年08月15日 16:41 ID:JV7.6nwq0▼このコメントに返信
まず「どこまで戦い、どういう状態になったらどういう形で終わらせる」という具体的プランが全然無かった。だから万が一ずっと勝ち続けていたら、最終的に世界を征服するまで戦い続けるしかなかった。
270.名無しさん:2019年08月15日 16:42 ID:OzQx3E.n0▼このコメントに返信
いままでの戦争やスパイの一般的認識をすべて忘れろと
271.名無しさん:2019年08月15日 16:46 ID:0bgzrWBe0▼このコメントに返信
※265
米比軍がマニラからバターン半島に移動して日本軍が入場した時のマニラ市街は全く平時のままで、商店街がそのまま営業していたらしい
そして3年後に逆の立場になったマニラの日本軍がどうしたのかというと
272.名無しさん:2019年08月15日 16:48 ID:Y5lWnQhF0▼このコメントに返信
因みに、日本の食糧自給について、どんなに効率的に生産しても3000万~4000万人分程度という計算があった(昭和30~40年ごろ)。日本の人口が4000万人越えると自給能力をオーバーする。このため積極的に国外へ移民するという政策は戦後も続けられた。結局、食糧を海外から輸入することが安定的に可能になったので(日本の経済力が上がった)1億人以上の人口で飢餓が発生せずに済んでいるが。
273.名無しさん:2019年08月15日 16:55 ID:hVaCY6HS0▼このコメントに返信
※269
明治憲法上から総理大臣は陸海軍を指揮する権限がない。
では陸海軍の各大臣はと言えば、
陸軍大臣は海軍のことは関与しない、逆もしかり。
条約も軍が絡むと統帥権干犯と言われる。
天皇は利権君主を目指し積極的に物を言わない。
情報収集活動やらが弱いのもあるが
明治憲法の欠陥が最大の問題。

せめて総理大臣は関白であるとの詔勅をいただければ、あるいは
274.名無しさん:2019年08月15日 16:56 ID:OqMqA7y20▼このコメントに返信
暗殺が相次ぎ、軍隊や右翼がイケイケで暴走するのを、命が惜しくて政治家もマスコミも止めることができなかった。
せやから嫌なものも直視し、反対意見であっても、自由に公の場で意見が言える状況を維持するのがすごく大事なんや。
今の韓国みたいに、マスコミが統制され、反対意見も公の場で言えないというのは非常にやばい状況なんや。
あとイデオロギーに縛られ、反対勢力のやることは何でも反対といった硬直した価値判断も判断を誤らせるんや。
どんな場合も是々非々で物事を判断するようでなければいけないんや。
今の日本のアベガーとかいう与党のやることはなんでも反対というのはやばい人たちなんや。
275.名無しさん:2019年08月15日 16:58 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
<歴史家 A.トインビー>
 第二次世界大戦において、日本人は日本のためよりも、むしろ戦争によって利益を得た国々のために、偉大な歴史を残した。
 それらの国々とは日本の掲げた短命な理想、大東亜共栄圏に含まれた国々である、
 日本人が歴史上残した最大の業績は、世界を支配していた西洋人が「不敗の神」ではない事を示した点である。
<SF作家 H・G・ウェルズ>
 この大戦は植民地主義に終止符を打ち、白人と有色人種との平等をもたらし、世界連邦の礎石をおいた。
<中華民国顧問 O.ラティモア>
 日本が立派にやり遂げた事は欧米の植民地帝国を完全に破壊した事である。
<初代インド首相 ネール>
 彼ら(日本)は謝罪を必要とすることなど我々にはしていない。それ故、インドはサンフランシスコ講和会議には参加し無い。講和条約にも調印しない。
<インド法曹界の長老 パラバイ・デサイ博士>
 インドはまもなく独立する。この独立の機会を与えてくれたのは日本である。インドの独立は日本のおかげで、30年も早まった、インドだけではない。
 ビルマも、インドネシアも、ベトナムも、東亜民族はみな同じである。インド国民はこれを深く心に刻み、日本の復興には惜しみない協力をしよう。
276.名無しさん:2019年08月15日 16:59 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
<ビルマ(現ミャンマー)首相 バ・モウ>
 ビルマ人はアジアを結合せしめアジアを救う指導者を待望しつつありしが遂にこれを大日本帝国に発見せり。
 ビルマ人はこのビルマに対する最大の貢献に対する日本への感謝を永久に記録せんことを希望するものなり。
 真のビルマ解放者はアトリー率いる労働党政府ではなく、東条大将と大日本帝国政府であった。
<ビルマ独立の父 オン・サン>
 日本の軍事訓練は厳しすぎた、何度か自殺を考えるほどだった。しかしラングーンが落ちた時、我々は間違っていない事を確信した。
<マレーシア外相 G.シャフエー>
 なぜ日本が謝るのでしょうか?あの大戦でマレーシア人と同じ小さな体の日本人が大きな体のイギリス人を追い払ってくれたではないですか?
 日本なくしては東南アジアの独立はありませんでした。この日本の払った尊い犠牲を否定する事はバックミラーばかり見ているようなものです。
<マレーシア マハティール首相>
 東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。
 そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功を遂げた。
 東アジア人は、もはや、劣等感にさいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分達の力を信じているし、実際にそれを証明してみせた。
 “もし日本なかりせば”世界は全く違う様相を呈していただろう。富める北側は益々富み、貧しい南側は益々貧しくなっていたと言っても過言ではない。
 北側のヨーロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。
277.名無しさん:2019年08月15日 17:00 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
<シンガポール首相 ゴー・チョクトン>
 日本の統治は過酷なものだった。しかし日本軍により欧米のアジア支配は粉砕された。これはアジアに自信を与えた。
 大戦後15年以内にアジアの植民地はすべて解放された。
<スカルノに並ぶインドネシアの独立の父 M.ハッタ>
 日本の戦いは8月15日に終わった。我々の戦いは8月17日に始まった。
<インドネシア元首相 モハマッド・ナチール>
 大東亜戦争というものは、本来ならば私たちインドネシア人が独立のために戦うべき戦争だったと思います。
 もしあの時、私たちに軍事力があったなら、私たちが植民地主義者と戦ったでしょう。大東亜戦争とはそういう戦いだったんです。
<インドネシア大統領特使 アラムシャ>
 日本にはあと5年頑張ってほしかった、そうすれば中東とアフリカはもっと早く独立出来たはずだ。中東もアフリカもこんなに苦しまずに済んだはずだ。
<インドネシア元情報相 ブン・トモ>
 我々アジア・アフリカの有色民族は、ヨーロッパ人に対して何度となく独立戦争を試みたが、全部失敗した。
 インドネシアの場合は、三百五十年間も失敗が続いた。それなのに、日本軍が米・英・蘭・仏を我々の面前で徹底的に打ちのめしてくれた。
 我々は白人の弱体と醜態ぶりをみて、アジア人全部が自信をもち、独立は近いと知った。一度持った自信は決して崩壊しない。
 日本が敗北したとき、「これからの独立は自力で遂行しなければならない。独力でやれば五十年はかかる。」と思っていたが、独立は意外にも早く勝ち取ることができた。
 あの戦争は我々の戦争であり、我々がやらなければならなかった。それなのにすべて日本に背負わせ、日本を滅亡寸前まで追い込んでしまった。
 申し訳ない。
278.名無しさん:2019年08月15日 17:01 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
<フランス第五共和政初代大統領 シャルル・ド・ゴール>
 シンガポール陥落は白人植民地主義の歴史に終焉をもたらした。
<第二代エジプト大統領 ナーセル>
アジアには日本がいた、アラブには日本がいない。
<ネットで見かけた日本人の疑問>
日本軍が資源を狙って他国を侵略ってのが、まず無理が無いか?東南アジアなんて、すでに欧米の植民地。
そんなに資源があるなら、欧米がとっくに搾取しているはずだろ?現地のアジア人を奴隷として使っていたわけだし。
それと中国・韓国にしても、日本以上に資源があったのなら、現在も資源大国で左団扇のはず。
特に、日本がインフラ整備をした戦後直後なら、資源は自国で使いたい放題だからね。
その資源で、日本以上の経済大国になれたはずだろ?なぜ、出来なかったのか。今更、中国が経済大国って遅すぎやしませんかね!
279.名無しさん:2019年08月15日 17:09 ID:k.yTMjmZ0▼このコメントに返信
アメリカに宣戦布告してマレー半島に進軍する。
まるっきり軍事的意味が分からない。
初めから負けるための戦争をしていたとしか思えない。
大東亜共栄圏の夢を負けるまでに実現させようとしていたと。
280.名無しさん:2019年08月15日 17:14 ID:hVaCY6HS0▼このコメントに返信

しかし、負けなければ朝鮮は日本のままだしなぁ。

日本には天皇家と宮家が有れば十分、
華族とか財閥とか要らねぇしまして朝鮮なんか。
満州もアレ長く抑えてると日本人がシナ人化しただろうし、
300万の犠牲はいたましいが結果オーライだった。
281.名無しさん:2019年08月15日 17:21 ID:xvMm03dE0▼このコメントに返信
>>278
コピペ頼みってことは
日本語を書けないのか?
282.名無しさん:2019年08月15日 17:29 ID:xL0.6IqG0▼このコメントに返信
>>223
お前エラは見下されて当然だろゴミ
283.名無しさん:2019年08月15日 17:31 ID:ptvrP5yg0▼このコメントに返信
>>輸送船どころか軍艦すらアメリカの潜水艦によってことごとく撃沈されたぞ

日本海軍上層部
「潜水艦なんて駆逐艦が近寄ればさっさと逃げて行く、ましてや臆病なアメリカ潜水艦なんてww」
現実は?…
284.:2019年08月15日 17:32 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
285.:2019年08月15日 17:34 ID:fGSZb5Xw0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
286.名無しさん:2019年08月15日 17:35 ID:NaMAioXr0▼このコメントに返信
>>3
高畑勲が危惧した、「責任は他者」※やね。
右も左も関係無い。
ニューギニア帰りの父祖父は戦友を「英霊」では無く、「犬死に」させられた。下手すると自分も「英霊」にされた「犬死に」と感じていました。
わたしは47歳です。日本人徴用工(気分しだい愛国者のために書きます。徴用工は本土の日本人にもいます)の母祖父も同じ感覚を持っていました。
旨いものや美しい女。日々の流行りの遊びの方が大事なのに「清廉潔白、神軍、陛下の赤子(せきし、と読みます)」に無理矢理してほしくは無いです。
だからハンドレッド田のエンタメフィクション「ず~とゼロ」(志茂田景樹作品と同じ)は嫌いです。
私も、歴史に名を残す英雄より、惚れた女とチチクリ合って、つまらないケンカを繰り返して、子供を作り、その子供に「お父ちゃん、言うてる事とやってる事がちゃうやん!」って思春期に入ったら反抗されて「俺の人生、何もなかったなぁ」って終わりたい。
父祖父が、最後に憧れたように。
映画「肉弾」を父祖父が、真剣に観ていた理由が、オッサンになり、やっと解りました。
軽々しく「英霊」って書くな!
両祖父に変わって、お願いする。

おじいさん。大好き。
287.名無しさん:2019年08月15日 17:36 ID:KpaF9QxU0▼このコメントに返信
>>278
人の文章を盗用してばかり
なんの自慢にもならんよ

288.名無しさん:2019年08月15日 17:36 ID:NaMAioXr0▼このコメントに返信
>>264
では、ヤマトダマシヒで経済を回復させて下さい。
せめて自分の手を汚しているか?
289.名無しさん:2019年08月15日 17:39 ID:NaMAioXr0▼このコメントに返信
>>261
団塊にわか活動家は、精神的にネ◯ウヨと同じ。
日露戦争の賠償を!と叫んだ当時の国民と同じく無責任。
韓国と断交を!はそっくりでは無いか?
290.名無しさん:2019年08月15日 17:43 ID:NaMAioXr0▼このコメントに返信
>>77
アングロサクソンさんも、か!
でも、同じ過ちをする必要はなかったはず。
291.名無しさん:2019年08月15日 17:43 ID:KpaF9QxU0▼このコメントに返信
>>285
読書家はコピペしない
読書がにがてな人ほどコピペをする
292.名無しさん:2019年08月15日 17:45 ID:KpaF9QxU0▼このコメントに返信
終戦74年、思い新たに=陛下「深い反省」踏襲-令和初の全国戦没者追悼式・東京
天皇陛下が「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願う」とお言葉を読み上げた。
ttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6333404

293.名無しさん:2019年08月15日 17:45 ID:mvGcb7840▼このコメントに返信
日本人とかいう最悪劣等民族を絶滅させなかったアメリカの罪は重い
294.名無しさん:2019年08月15日 17:46 ID:NaMAioXr0▼このコメントに返信
>>22
勝てば官軍。
より、「己を知り敵を知れば百戦危うからず」が歴史に残った言葉で、人類の智恵。
「兵はキドウなり」(ゴメン、変換ナシやった)も。
その意味なら支持する。
295.名無しさん:2019年08月15日 17:48 ID:NaMAioXr0▼このコメントに返信
>>32
頭が痛い……
沸いてるヤツが、沢山……
さすが体感巨峰手技(笑)
296.:2019年08月15日 17:49 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
297.名無しさん:2019年08月15日 17:51 ID:NaMAioXr0▼このコメントに返信
>>247
違うと思う。
※35さん。
パナマ紛争、朝鮮戦争、ベトナム戦争がなかったら、高度経済成長は無いはず。
違うかな?
298.名無しさん:2019年08月15日 17:53 ID:NaMAioXr0▼このコメントに返信
>>36
例えそれでも、軟着陸させてこそ一流国(書きたく無い言葉)の外交。
折衝が下手すぎ日本は、ひょっとしたら今も変わらず。
299.名無しさん:2019年08月15日 17:53 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
???「韓国や中国の人が怒ってる!日本人はそれを聞いて謝罪汁!」

僕「その二国以外の人はこう言ってるよ」

???「人の言葉を盗用するな!自分で語れ!」
300.名無しさん:2019年08月15日 17:55 ID:KpaF9QxU0▼このコメントに返信
>>296
こんなゴーマニズム宣言の頃から言われていたようなの今更貼られてドヤられても困るわな
真偽のほどが定かではないというのもあるが、外人は所詮部外者よ
こいつらに褒めてもらったってなーんにも嬉しくない
史家が歴史的事件にいかなる意義を見出そうが、そこで死んだ人間、殺された人間の魂は永遠に戦場の地獄で苦しめられ続けるんや
あの戦争は俺ら日本人の戦争や
この外人連中の戦争ではないで
301.名無しさん:2019年08月15日 17:56 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
>>298
一休さん「では目の前の折衝による慰安婦合意をひっくり返した韓国の慰安婦サギを軟着陸させてみてください」
302.名無しさん:2019年08月15日 17:56 ID:izqgbABI0▼このコメントに返信
終戦記念日だからね。あの戦争の時の非合理は繰り返さないようにしたいね。
303.名無しさん:2019年08月15日 17:58 ID:izqgbABI0▼このコメントに返信
大義名分はどうであれ、やっぱりあれは無駄な戦争だった位の認識がいいと思う。
304.名無しさん:2019年08月15日 18:01 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
>>300
東南アジアが植民地のままで黄色人種が非人類扱いのままなら今の日本が永遠に帝国主義の地獄で苦しめられるけどな

お前の中の「日本が当時戦争を選ばずに完全にアジア人を当然のこととして差別してた欧米人相手に今も今と同じぐらいの独立と自由と安全を手にしたままでいられたシナリオ」ってどういう筋書きになってるの?
305.名無しさん:2019年08月15日 18:04 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
>あの戦争は俺ら日本人の戦争や

アメリカの戦争でもあるぞ
<ジョージタウン大学のケヴィン・ドーク教授>
 国際法上、日米戦争の始まりは日本の真珠湾攻撃ではありません。それは、1941年7月のルーズベルト大統領による日本の在米資産凍結です。
 これは当時の国際法では「戦争行為」にあたります。アメリカでは批判される見解かもしれませんが事実です。
 ですから、法律的には、真珠湾攻撃は日本の防衛行為だと解釈されます。
 日本はもともとアメリカを攻撃したくはなかったのに、ルーズベルトが仕掛けたのです。
<社会学者 ヘレン・ミアーズ女史>
 東京裁判は正義ではなく、明らかなリンチだ。私たちアメリカがどうして日本を罰する事が出来るのか?私は理解出来ない。
<「アメリカの鏡・日本」ヘレン・ミアーズ著>
 パールハーバーはアメリカ合衆国の征服を企んで仕掛けられた「一方的攻撃」であるというが、この論理では日本を公正に罰することはできない。
 なぜなら、私たちの公式記録が、「パールハーバーはアメリカが日本に仕掛けた経済戦争への反撃だった」という事実を明らかにしているからだ。
 パールハーバーは青天の霹靂ではなく、しかるべき原因があって起きたのだ。
 原因は、1941年7月25日に、アメリカ、イギリス、オランダが打ち出した「凍結」令である。
 三国は、自国領内にある日本の全資産を凍結し、貿易、金融関係をすべて断絶した。
306.名無しさん:2019年08月15日 18:05 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
<「アメリカの鏡・日本」ヘレン・ミアーズ著>
 「リットン報告書は恐るべき文章である。~調査団が集めた事実を証拠として使えば、日本は中国を世界平和を乱した罪で告発できる。
 ~しかし、調査団の結論は、収集した事実とはまったく関係がないようであった。~日本がリットン報告書にびっくりしたのは当然である。
 日本人はこうした非難は日本の行動に対してではなく、人種に向けられたものだという結論に行きつく。
 中国人もリットン報告書を仔細に読めば、同じ結論に達したであろう」
<GHQ総司令官 ダグラス・マッカーサー元帥>
 (日本には)石油がない、錫がない、綿がない、ゴムもない。その供給を全て絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。
 日本人は、もし原材料供給が断たれたら(経済封鎖されたら)一千万から一千二百万が失業するのではないかと恐れていた。
  それ故に、日本が第二次世界大戦に赴いた目的は、そのほとんどが、安全保障のためであった。
<GHQ参謀部長 C.ウィロビー>
 東京裁判は史上最悪の偽善だ。もし米国が同じ立場だったら日本と同じように戦っただろう。
<米国戦略爆撃調査団>
 日本の指導部が、国家の存亡に関わる利益の為にと固く信じて、(今次の)戦争を始めた事は明らかである。
 これに対して、アメリカ合衆国は、単に自分達の経済的優位と主義主張を押し付けようとしたのであって、
 国家の存亡に関わる安全保障の為に戦ったのでは無いと、アメリカ合衆国人は信じていた。
307.名無しさん:2019年08月15日 18:10 ID:KpaF9QxU0▼このコメントに返信
>>304
これらの文献教えてくれ
308.名無しさん:2019年08月15日 18:13 ID:fRQLrIo10▼このコメントに返信
当時の政府だって馬鹿じゃない。戦争は反対してた。許さなかったのは世論と軍部。特に陸軍。
軍部が内閣と同列ゆえに無能総理の近衛じゃ抑制出来ないし、それらを統帥する天皇も御前会議では承認するだけの形骸化。
天皇が昭和16年12月の御前会議でブチ切れながら反対してれば今とは違った結果になったかもな。
309.名無しさん:2019年08月15日 18:18 ID:KpaF9QxU0▼このコメントに返信
>>306
引用元非開示のコピペって著作権法違反やで
310.名無しさん:2019年08月15日 18:20 ID:Z3NV5TVJ0▼このコメントに返信
※13
言いたかないが、それには同意せざるを得ない。
越中出の山本を始めとしてあの地域の方々(特に海軍上層部)は村理論で国を動かした人が多かった。
後、旧幕軍にあたる地域の出身者もその傾向が強いように思われる。
311.名無しさん:2019年08月15日 18:21 ID:WQM9jG8C0▼このコメントに返信
最近のNHKの戦争ドキュメンタリーはよくできてるよ本当に。無駄なことは繰り返さないようにしような。
312.名無しさん:2019年08月15日 18:22 ID:KpaF9QxU0▼このコメントに返信
>>299
そのニ国以外でも
歴史教科書で大東亜戦争/日本の植民地支配について肯定的に解説している国なんか無くね
愛国者様が大好きな台湾でさえ批判的だぞ

313.名無しさん:2019年08月15日 18:32 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
※307
昔集めたやつだから調べ直すのに時間かかった
ヘレンミアーズのは本人の著書「アメリカの鏡・日本」
ケヴィンドークはたしか「正論 2013年9月号」に寄稿した奴で
爆撃調査隊はまんま調査の報告書
マッカーサーは1951年4月19日。米上下院合同会議で退任演説した時の
ウィロビーは元が見つからんかったからウィキ見たら
判決後、ウィロビーは帰国の挨拶にやってきたオランダ代表のベルト・レーリンク判事に「この裁判は史上最悪の偽善だった。こんな裁判が行われたので、息子には軍人になることを禁止するつもりだ。なぜ不信をもったかと言うと、日本がおかれていた状況と同じ状況に置かれたのなら、アメリカも日本と同様に戦争に出たに違いないと思うからだ」と、語っていたことをレーリンクは著書で明かしている
って書いてあったからレーリンクの本
314.名無しさん:2019年08月15日 18:36 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
※312
そりゃ戦後中国から来た国民党の支持者はそうだろう

肯定的な意見は無いんじゃなく報じられない
上の長文コピペみたいなのはいくらでもあるけど日本では批判側の意見しか報じられない
315.名無しさん:2019年08月15日 18:38 ID:TlJn5X8Z0▼このコメントに返信
>>313
他の人のは?
316.名無しさん:2019年08月15日 18:38 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※313
まーた捏造コピペかよ。

><GHQ総司令官 ダグラス・マッカーサー元帥>
 (日本には)石油がない、錫がない、綿がない、ゴムもない。その供給を全て絶たれたら、どんな小国でも戦争を決断する。


こんな事、マッカーサーは言ってないぞ。
どんな小国でも戦争を決断するって部分。

元の発言に改変を重ねてコピペになってる捏造文。
マッカーサーの発言には日本を擁護する意図はないぞ。
というか発言した場所で日本を擁護してたら大ブーイングだわ。
317.名無しさん:2019年08月15日 18:41 ID:ix7Lzafr0▼このコメントに返信
>>6
「ニゲマワル、テキトソウグウシタラチョロットタタカッタフリシテニゲル、テキノジョウホウニホンニウル、ニホンカッタ、ノコッタワレワレトウチスル、アリガトニッポン」
318.名無しさん:2019年08月15日 18:42 ID:esv.Uqpg0▼このコメントに返信
>>288
意味不明、あんたは津田か?
319.名無しさん:2019年08月15日 18:43 ID:mwgVAIKQ0▼このコメントに返信
朝日は戦前は 部数増加のためやゾルゲ機関メンバーの目的遂行のため、
常に中国との戦争を煽り、米英との戦争に国民を扇動した張本人。
主筆は情報局総裁として言論統制に自主的に加担、結果日本は壊滅した。
本来ならば、日本を戦争に導いた戦争犯罪企業として解散させるべきだった
戦後も従軍慰安婦の強制性とかフェイクニュースを垂れ流して日本を常に貶めてきた。
心底朝日の廃刊を願う。
320.名無しさん:2019年08月15日 18:46 ID:ix7Lzafr0▼このコメントに返信
>>10
結果として戦犯になっただけで他の戦没者と何ら変わらん
戦没者も戦犯として裁かれた上司の命令で動いとったんだからな
居住区を空襲したあげく原爆落として一般人を頃したアメリカが戦犯でさばかれてないのはなんでや?
勝てば官軍が正義だからだ
321.名無しさん:2019年08月15日 18:59 ID:ix7Lzafr0▼このコメントに返信
>>22
まぁ結果論だからね
スポーツの解説と同じ
「見事三振をとりました!」っていうか「なんとここで三振!」っち目線かってことだね

>>294
兵は詭道なり、とはちょっと違うぞw
「敵を知り~」は戦前の準備
「詭道なり」は常の事
322.名無しさん:2019年08月15日 19:03 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
※316
あぁ?と思って調べ直したら退任演説じゃなかったわ悪い

米上院軍事・外交合同委員会の開いた聴聞会「極東の軍事情勢とマッカーサーの解任」での共和党上院議員、バーク・ヒッケンルーパーがマッカーサーの戦略の正当性を補強するアシストのための「赤化中国を海と空から封鎖するという元帥の提案は米国が太平洋で日本を相手に勝利を収めた際の戦略と同じではないか」って質問に返したのが「日本は4つの小さい島々に8千万人近い人口を抱えていたことを理解しなければならない」からの上のコピペだ
まさかアシストのつもりがアメリカの正義の戦争の批判になっちゃう日本擁護しちゃったんで実際ブッ叩かれてマッカーサーが失脚した原因になった
323.名無しさん:2019年08月15日 19:05 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
※316
たしか1952年の5月3日
324.名無しさん:2019年08月15日 19:05 ID:ix7Lzafr0▼このコメントに返信
>>157
でも今現在のロシア見て幸せそうか?

1ビットってなんやねんw
0か1の一次元的なら分かるけど1ビットならそこそこ情報量あるぞw
325.名無しさん:2019年08月15日 19:07 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
※315
クソ多いんでググってくれ
自分の趣味で集めたやつだから元ソースまで残してない
大体ググれば元ソースが出てくる奴のはず
326.名無しさん:2019年08月15日 19:08 ID:ix7Lzafr0▼このコメントに返信
>>56
だって結果だけ見た方が楽チン二ダ
327.名無しさん:2019年08月15日 19:17 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※322
>日本擁護しちゃったんで

どこをどう読んだら擁護する意図があるのか不明。

中国攻めるのにはどうしたらいい?と聞かれて
日本にやったように海上封鎖したらイチコロよ、って言ってるだけでしょう。
328.名無しさん:2019年08月15日 19:23 ID:esv.Uqpg0▼このコメントに返信
>>143
イギリスは日本が必要だし、ヨーロッパの国はこういうグレーな事に慣れてるから落とし所を知ってる。アメリカは外交下手の原理主義だけど、ケロッグブリアン条約、九ヶ国条約と満州の現状をちゃんと合理的に説明できれば、説得は難しくない。

三十年代のヨーロッパはドイツ問題で忙殺されるから、日本を味方に付けることは英仏の至上課題だったのに、何をとち狂ったのかドイツと防共協定やらかし、しかも第二次大戦開始でアメリカまで反独になったのに、わざわざ三国同盟でアメリカまで敵に回した(しかも日本を引き込むために満州国承認までの譲歩してきたアメリカとの日米諒解案交渉まで自分から潰した)
329.名無しさん:2019年08月15日 19:27 ID:KpaF9QxU0▼このコメントに返信
>>325
文献がよくわかってないということ?
330.名無しさん:2019年08月15日 19:31 ID:Gf.0vIsB0▼このコメントに返信
まぁまぁ、みんなポツダム宣言の内容でも見て落ち着けよwww
331.名無しさん:2019年08月15日 19:47 ID:DfNy7kKD0▼このコメントに返信
だからさぁ、戦争の原因を「日本国内」に探してる時点で自虐史観の洗脳にどっぷり浸かってるんだよ。

なぜ戦争の原因を「諸外国の動向」に探さないんだよ。オレンジ計画やABCD包囲網や日系人排斥法が議論に出ないのはなんでだよ。

いくら日本国内で完璧にやったって、外国から戦争ふっかけられたら「戦争して戦う」か「戦わずに降伏する」かしかないんだぜ。

ちなみに当時の常識で黄色人種が白人に降伏したら「虐殺」か「奴隷」しかないからな。インディアンやアボリジニは「虐殺」でほぼ絶滅したし、その他の民族は(トルコとタイを除いて)数世紀に渡って「奴隷」だぞ。

戦争の原因は「民族の自存自衛」を守る為だよ。

あとは戦争せずに自存自衛を達成できれば良かったんだが、それが出来なかったから戦争になったんだろ。つまり外交の失敗だよ。松岡洋右の国際連盟脱退が最悪手だったな。

F・ルーズベルトとチャーチルとスターリンがいなかったら、外交でなんとかなったかもしれないがな。元凶はその3人さ。
332.名無しさん:2019年08月15日 19:53 ID:0bgzrWBe0▼このコメントに返信
※322
日本は貿易が途絶した場合、国内に大量の失業者が出ると考えて、奇襲攻撃でフィリピン、蘭印、英領マレーを占領し、防衛ラインにして、侵略を既成事実化しようとたくらんだ

ってマッカーサーは発言してるだけなんですが
あとこの発言はマッカーサーが解任された後のもの
333.名無しさん:2019年08月15日 19:55 ID:zldUbJqZ0▼このコメントに返信
今より生活が良くなってるとか絶対にないぞ。不平等条約や貿易だから。アジア諸国は全て欧米の植民地なので日本はエネルギー食料全ての貿易は欧米基準で行われる。欲しい国は足元を見られフェアな貿易など不可能な時代
334.名無しさん:2019年08月15日 20:02 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※327
マッカーサーの証言は「日本人は人間の尊厳を守る為に戦った」って言っているんだぜ。
これが肯定じゃなくて何なんだ?ってぐらい擁護なんてもんじゃない。もっと上のものw
335.名無しさん:2019年08月15日 20:04 ID:AmxHXrXG0▼このコメントに返信
戦争を賛美する輩も嫌いだが
イッチみたいに無駄な戦争と切り捨てる奴も嫌いだな。

日本は限界まで戦った。
そして負けた。
敗北から色んなことを学んだ。

そういうことだろ?
人間、失敗から学ぶ生き物だしな。
336.名無しさん:2019年08月15日 20:05 ID:CWs9F4kG0▼このコメントに返信
>>319
朝日の背後にいたダメリカのディープステートの存在を忘れるな。
従軍慰安婦とかも何も朝日が勝手にでっち上げたのではない。
その頃は、日本は再び彼らの仮想敵となったからな。
ニューヨーク嘘つきタイムズとかと同じよ。
337.名無しさん:2019年08月15日 20:06 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまでに接したいづれにも劣らぬ優秀なものです。歴史上のどの地点においてか、日本の労働者は、人間は怠けている時よりも、働き、生産してゐる時の方がより幸福なのだといふこと、つまり労働の尊厳と呼んでもよいやうなものを発見してゐたのです。

これほど巨大な労働能力を持つてゐるといふことは、彼らには何か働くための材料が必要だといふことを意味します。彼らは工場を建設し、労働力を有してゐました。しかし彼らは手を加へるべき原料を得ることができませんでした。

日本は絹産業以外には、固有の産物はほとんど何も無いのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い、錫(すず)が無い、ゴムが無い。その他実に多くの原料が欠如してゐる。そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在してゐたのです。

もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が発生するであらうことを彼らは恐れてゐました。したがつて彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだつたのです。
-----------
ちなみに、同じ5月3日に、マッカーサーは
「太平洋において米国が過去百年間に犯した最大の政治的過ちは共産主義者を中国において強大にさせたことだと私は考える
338.名無しさん:2019年08月15日 20:08 ID:g23AIaW.0▼このコメントに返信
もっかい明治やる気かよ。脳みそはいってんのかね
339.名無しさん:2019年08月15日 20:15 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
昭和26年5月3日にアメリカ合衆国議会上院の軍事外交合同委員会で上記のように証言しているマッカーサー。

この意味がいかに凄い事かというのは、そのほんの数年前に日本を侵略戦争を行ったと裁いた東京裁判の事実上の主催者ともいえるダグラス・マッカーサーのモノであるという事実。
340.名無しさん:2019年08月15日 20:17 ID:CWs9F4kG0▼このコメントに返信
>>337
マッカーサーは、自国を牛耳っている奴等が最大の共産主義者であり、戦争を引き起こし部下たちを半ば殺したことを戦後になって初めて知ったからな。
だから、彼らの仲間だった近衛の逮捕を命じた。
341.名無しさん:2019年08月15日 20:20 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※334
無理があるでしょ、それ

・日本人は労働に対して尊厳を持っていた
・資源の供給がストップし工場が操業停止、失業者が発生する事を恐れて戦った


どこまで行っても日本のおかれた状況を説明したに過ぎない。

マッカーサー自身が日本擁護するようなニュアンスを含んでいたとしたら
問題発言として指摘を受けただろう。

しかし、その後も何事もなく進行している。

342.名無しさん:2019年08月15日 20:20 ID:q48TUGoq0▼このコメントに返信
※16
この一瞬にも俺たちは年をくってくし、そしてどこかで新しい命は生まれる
それと同時に新しく興味を持つ者もあらわれるそれだけの話さ
無論それを見越して質問をする者もいるかもしれない
ただイデオロギーに流されずいろんな知識の習得と復習はあっていいと思う
そこから新しいものも見えてくることもあるから、疑問や照らし合わせによって
343.名無しさん:2019年08月15日 20:25 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※341
普通に中学生ぐらいの読解力があれば理解できる話だ。
あと、「問題発言として指摘される」ってのも君の思い込み以外の何ものでもないわけだが、これは君がどういう意識に囚われているかという事をよく表している。「たとえそれが真実でも、本心でも、親日的、日本に有利な事をいってはいけない。不味いことになる」というようなね。
344.名無しさん:2019年08月15日 20:26 ID:6nwwwmS50▼このコメントに返信
なんだかんだでそういう時代だったんでしょ 戦国時代に刀を腰に差してるのを馬鹿にするようなもんだ
345.名無しさん:2019年08月15日 20:29 ID:q48TUGoq0▼このコメントに返信
※331
俯瞰で見ないといかん話よね、戦争ってのは相手の国もいるわけだから
346.名無しさん:2019年08月15日 20:29 ID:CMQX5hn.0▼このコメントに返信
>>331
国内にもあるには、あるよ。
それが、近衛文麿。
こいつは、外国なら逆さ吊りレベル。
近衛は決して無能ではない。
347.名無しさん:2019年08月15日 20:30 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
>>79
民族自決は第一次大戦後に言い出したんだろ
348.名無しさん:2019年08月15日 20:37 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※343
あなた、この後に続く文章を読んでないでしょう。
中国を制圧する為の理屈としてマッカーサーは日本の事例を取り上げているにすぎません。

>君の思い込み以外の何ものでもないわけだが

その言葉、そっくりそのままお返しします。

翌年の大統領選を見据えていたマッカーサーが
自分の業績を根本から否定する発言(日本擁護)をする方がよっぽど不自然だからです。
349.名無しさん:2019年08月15日 20:38 ID:US13X.9b0▼このコメントに返信
>>291
反論できない人ほど話を逸らす
350.名無しさん:2019年08月15日 20:39 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
>>251
傀儡や日本と懇意にしていたらそりゃそういう意見
もある
例えば李登輝元総統の日本賞賛発言はネット右翼が親日だと信じる台湾でも呆れられて無視されている
351.名無しさん:2019年08月15日 20:40 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
>>256
証拠はあるのか?
思い込みでいい加減なこと書くなよ
352.名無しさん:2019年08月15日 20:41 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
>>258
逆に偏向してないと思う方が凄いわw
353.名無しさん:2019年08月15日 20:43 ID:S9685F1X0▼このコメントに返信
結果知ってても答えなんかわからんのに、当事者にわかるわけねえだら。
354.名無しさん:2019年08月15日 20:45 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
>>296
例えばバ・モウなんかは日本軍協力者として
ミャンマーの人から嫌われてますよ^^
355.名無しさん:2019年08月15日 20:46 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※341
「日本のおかれた状況を説明したにすぎない」

これがただ客観的事実を説明しただけというのであれば、明かに違うね。

マッカーサーは自分が主観的にどう思ったか?を証言しているんだ。
「日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまでに接したいづれにも劣らぬ優秀なものです」
「日本の労働者は、労働の尊厳と呼んでもよいやうなものを発見してゐたのです。」

つまり、働くということは日本人にとって人間の「尊厳」のようなものである。そしてそれをマッカーサーは「私がこれまでに接したいづれにも劣らぬ優秀なものです」と称賛しているわけだね。肯定的に見ているわけだ。

で、働くためには材料が必要だが、日本にはない。で、結語。

「もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が発生するであらうことを彼らは恐れてゐました。したがつて彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだつたのです。」

日本人は大量の失業者がでることを恐れた。つまり「労働=人間の尊厳」だから、人間の尊厳を失う人間が沢山出ることをおそれた。
その尊厳=働くこと を守る為 
356.名無しさん:2019年08月15日 20:47 ID:uYwm1gMi0▼このコメントに返信
※289
下は既に2度破綻している。それを日本とIMFが助けてやったら、

ついた名前が「IMF危機」だぞ

それで「IMF危機は日本が原因」だ

この貧乏神を叩きつぶさない限り日本にまともな未来はない
357.名無しさん:2019年08月15日 20:49 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
>>299
「二国以外の(一部の)人は日本擁護してるよ」

「あっそう そういう視点もあるんだね」

終了〜♪
358.名無しさん:2019年08月15日 20:50 ID:SmPWj7.p0▼このコメントに返信
今日も工作お疲れ様です
君たちがどんなに頑張っても3品目の輸出は28日に止まるからね(^^
359.名無しさん:2019年08月15日 20:52 ID:uYwm1gMi0▼このコメントに返信
※354
大陸の人間はほぼ全員、昔は誰か別の民族が住んでたところに住んでると

お互いに知っていて、その前提を共有している。

実は日本人も当然、昔は誰か別の民族が住んでたところに住んでいる。

はい。

ミャンマーは40%が反政府勢力の支配地域で、中共とべったりだから「今は」そう言っているだけ。

普段の挙動がまともな日本人が嫌われることはあり得ない。

普段の挙動がまともでない一部の人間がいる事はいる。それが※13に上げたような、「絶対に表に出してはいけない人間」。
360.名無しさん:2019年08月15日 20:53 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
おいおい 右曲がりさんよ
マッカーサー発言の曲解はやめとけよ
361.名無しさん:2019年08月15日 20:56 ID:DrWfX04G0▼このコメントに返信
※331
1941年4月にカリー大統領補佐官は、蒋介石政権と連携して日本本土を約500の戦闘機や爆撃機で空爆する計画を立案。
JB355と呼ばれる、この日本空爆計画に対してルーズヴェルト大統領は7月23日に承認。
日本が真珠湾攻撃をする4ヶ月以上も前に、ルーズヴェルト大統領は日本爆撃を指示。
イラク戦争やベトナム戦争の時もそうだけど、アメリカって相手から攻撃されない限り絶対に打って出ないと決めてない。
先に攻撃された方が世論や軍の士気が高まりやすいというだけ。

8月下旬には実際にシンガポールに米人パイロット等300人が集結し9月下旬に奇襲爆撃決行を予定していたものの、欧州戦線の情勢悪化で爆撃機が向こうへ回され一時中止。12月に日本からの真珠湾攻撃。
ちなみに、ルーズヴェルトが計画を承認した7月23日は日本の南部仏印進駐(7月28日)の前。
362.名無しさん:2019年08月15日 20:56 ID:u6xszN.X0▼このコメントに返信
そら、当時は無駄だと思って無かったからやろ。
そうでなきゃやらんわ。
363.名無しさん:2019年08月15日 20:56 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※348
話にならない。

まず、マッカーサーはこのほんの数年前に日本は悪辣な動機をもって国際法違反の侵略戦争を行ったという東京裁判を国際法を無視して行わせた人間だ。そして日本国民には「日本が悪かった史観」で大々的に宣伝を行い洗脳を試みている。

そのマッカーサーが、日本が戦争に突入した理由を上記のように述べているわけだ。
つまり、「尊厳を守る為 安全保障の必要に迫られて」と。質問の内容から、そのような事を言う必要なないにも関わらず。


364.名無しさん:2019年08月15日 20:58 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※355
>その尊厳=働くこと を守る為 

曲解が過ぎるでしょ(笑)


・失業者が出ることを恐れた               分かる
・失業者を出さないよう資源を得る為に戦いに打って出た  まぁ分かる
・その尊厳=働くこと を守る為             なたのコジツケですよね?それ
365.名無しさん:2019年08月15日 21:00 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※363
そりゃ話になりません。こっちのセリフです。
その後の発言を無視しているんですから。

第一日本を擁護する動機が彼にはありませんね。
大統領選を控えた身、自身の業績を誇ることならともかく
根本を否定する発言をする動機が。
366.名無しさん:2019年08月15日 21:01 ID:BucCD9oj0▼このコメントに返信
>>324
1ビットって2進数1桁(つまり0か1か)なんだけど
367.名無しさん:2019年08月15日 21:01 ID:esv.Uqpg0▼このコメントに返信
>>10
敵の軍法で裁かれて、日本の法律で裁かれたんじゃない人達だから、戦犯も戦闘での被害者と同じ立場だよ。
368.名無しさん:2019年08月15日 21:03 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※364
つーか、すでに指摘したけど、君は日本を肯定的に語られることは無い、あってはならない、ってな意識に囚われて、目の前の事実をありのままに見ることが出来なくなっているよね。

「労働=尊厳」ってのは俺が言っているんじゃない、マッカーサー自身がそう言っているんだよ?
再掲してあげよう。

「日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまでに接したいづれにも劣らぬ優秀なものです。歴史上のどの地点においてか、日本の労働者は、人間は怠けている時よりも、働き、生産してゐる時の方がより幸福なのだといふこと、つまり労働の尊厳と呼んでもよいやうなものを発見してゐたのです。」
369.名無しさん:2019年08月15日 21:03 ID:sfGE.Btp0▼このコメントに返信
マッカーサーは「中共を屈服させるには、太平洋戦争で日本を降伏させたと同様の手法を用いるのが有効」だと言い、それを説明するために、当時の日本国内の状況に言及しているに過ぎないことが当たり前。

戦略説明のために登場したに過ぎない発言を、恣意的解釈を交えて日本擁護と有難がるということ自体
恥ずかしいわ
370.名無しさん:2019年08月15日 21:03 ID:DrWfX04G0▼このコメントに返信
当時の政府や軍人が、現在より愚かだったとは考えられない。

「なぜ対米開戦したんだ!!」という問いには「そういえば、イラク戦争ってイラク側は戦争回避に努力してたけど、結局はどうなったっけ?」という言葉を返しておく。

過去も現在も「敵側の都合がどうであれ、徹底的に戦争をやる!!」という覚悟がどちら側かにあれば、回避しきることなんて不可能なんだよ。
ソ連がバルト三国を再併合したあたりを例に考えてもいい。

対米戦の話をするなら、米国の対日姿勢が強硬になっていった経緯を知らなくてはならない。それが中国国民党の宋美齢らによるロビー活動であり「日本軍はこんなに残虐です」という合成写真や「証言」による工作だったこともわかってくる。
そして、実際の日本軍はどうだったのか? と遡っていくことになる。そうした検証をしてからでないと「誰が悪い。誰が愚かだったか?」なんて犯人捜しは無意味だよ。

正直に言ってしまうが、米国の慰安婦碑に対して向こう側の誤解を解いたり反論して鎮静化もできない現在の日本人が、当時の反日工作や偏見に満ちた米国政府の要求に対抗して戦争回避すべきだった、みたいな要求をする資格はない。

誤解や偏見を解くのはそれほど難しいのだから。

犯人捜しや戦犯を日本国内から必死に探そうとするのは、さすがにもう見飽きたよ。
当時の中国共産党と国民党の内戦・虐殺。そして日本人を含めた中国に居た外国人の虐殺などの歴史を先に知るべきだよ。
371.名無しさん:2019年08月15日 21:04 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※365
では、君の言う、その後の発言とやらを見せてくれ。話はそれからだな。
372.名無しさん:2019年08月15日 21:08 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※369
だ・か・ら、マッカーサーが「正しく」日本国内の状況を説明している。「日本の自衛戦争」であったと。ってことだろうが。
「日本は侵略戦争を行った」として東京裁判というリンチを国際法を無視して行い何人も死刑にしたそのマッカーサーが、「尊厳を守る為 安全保障の必要に迫られて」と証言したわけだ。その意味が理解できないのか?
373.名無しさん:2019年08月15日 21:09 ID:0G4GF5Cd0▼このコメントに返信
そもそも関東軍や満州国独立や満州軍は対ソ連戦の備えに設営した代物。
それが何故に軍部の暴走だとかで国民党と戦争しなきゃならんのですか(lol

そんな事をしたら喜ぶのは共産党だけです、だからソ連の犬であった近衛文麿が国民党と関東軍が和解するのを邪魔した訳だがそういう確信部分を語らない時点で不勉強で共産思想すぎると思う。

それと関東軍が暴走だとかで張作霖爆殺事件が起きたなんて言ってる奴が今でも居るが、関東軍とやらが爆破したのは脱線する程度の小さい規模で天井を爆破するほどに木っ端ミジンコにしたのは共産党の爆発による物だからね。
そもそも終戦時に国民党が戦犯として要求したのは張作霖爆殺事件に関わった人達であり、GHQが提示した戦犯9名では無かった。

デフレを克服した高橋是清を悪く表現したり、軍部の暴走を手助けした財閥の重鎮みたいな表現するめちゃくちゃ妄想垂れる日銀の白川みたいなスピーチをする奴がいるみたいだけどそういうめちゃくちゃで何もかも180度違う表現をするのは恣意的でおかしいと思う。
そもそも高橋是清は226事件でソ連系に陶酔したレーニンの資金で動いてた桜会の元メンバーに射殺されてる訳なんだがな。
374.名無しさん:2019年08月15日 21:17 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※368
※372
状況説明をした=擁護した 
にはならない ってのが理解できないご様子。

そして相変わらずマッカーサーのその後の発言を無視してます
中国を〆るには日本にやった方法が有効という。

>日本を肯定的に語られることは無い、あってはならない、ってな意識に囚われて、

翌年の大統領選を控えたマッカーサーが自身の業績の根本を否定するような発言をするか?
という指摘もスルー

思い込みに囚われているのはどちらだろうね。
375.名無しさん:2019年08月15日 21:19 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※361
まーたJB355ですか
結局実行されていないでしょ、それ。

それに計画することが戦争になるなら真珠湾攻撃の立案なんて
JB355より更に前なんだけど・・・
日本から戦争を仕掛けた事になっちゃうよ。
376.:2019年08月15日 21:21 ID:uHzbiNdS0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
377.名無しさん:2019年08月15日 21:21 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※374
だ・か・ら、君の言う、その後の発言ってのを早く紹介しろよ。君の為に結果の見えている話だがわざわざ待ってるんだよ

つーか、なぜ、マッカーサーはそのような証言をしたのか?ってのは既にみんなが疑問に思って色々語ってるんだよ。
早くね。時間がもったいないから。
378.名無しさん:2019年08月15日 21:23 ID:k1kPenZP0▼このコメントに返信
お前のような、クズ野郎の為に、みんな死んでいった。

そして犬死にされた。

彼らの、冤罪汚名を晴らすためにも、お前のようなクズは地獄に落ちろ!!!

英霊に黙祷!!!

379.:2019年08月15日 21:28 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
380.名無しさん:2019年08月15日 21:29 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※379
日本語で頼むわ。訳して。
381.名無しさん:2019年08月15日 21:31 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※377
In meeting that, we evolved an entirely new strategy. They held certain bastion points, and what we did was to evade those points, and go around them.
382.名無しさん:2019年08月15日 21:31 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※380
チョイお待ちを
383.名無しさん:2019年08月15日 21:34 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※382
風呂入ってくるからじっくり正確に頼むで
384.名無しさん:2019年08月15日 21:40 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※377
マレーやインドネシア、フィリピンなど自国の製造業に必要な原料の採れる国を
日本は奇襲・占領した。
日本の戦略は太平洋の島を確保しアメリカが奪還するのを思い止まらせることにより
日本が資源を確保できるようにするというものである。

そこで我々は新しい戦略を立てた。
日本が占領した地を避け背後に回り日本の補給線を脅かした。


英語力がしょぼいのでこの程度でスミマセン
385.名無しさん:2019年08月15日 21:49 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
続き
【Similarity of Japanese situation in World War II to Chinese situation Today】
Now, the problem with China is quite similar, only China has not got anything like the resource the Japanese Empire had.
第二次大戦時の日本と今日の中国の類似性について
中国と日本はよく似ているけど、かつての日本ほどの国力はない


You must understand that in China itself, they have the greatest difficulty in merely supplying their present civil population. I don't suppose there is a year in China that from 5 to 10 million people don't die either of starvation or of the results of malnutrition. It is an economy of poverty, and the minute you disrupt it, you will turn great segments of its population into disorder and discontent, and the internal strains would help to blow up her potential for war.

中国は栄養失調や飢餓による死者が500万~1000万になる。
経済が弱いから、そこを突いて経済圧力をかけ、封鎖すれば中国は戦争に突入するだろう


386.名無しさん:2019年08月15日 21:54 ID:3U5vwnqG0▼このコメントに返信
フーバー大統領回顧録 Freedom Betrayed「裏切られた自由」
“私はダグラス・マッカーサーと1946年5月に2度にわたって各1時間、サシで話した”。
“I said that the whole Japanese war was a madman’s desire to get into war. He (MacArthur) agreed.”
“私が日本との戦争の全てが、戦争に入りたいと言う狂人(ルーズベルト)の欲望であったと述べたところ、マッカーサーは同意した”
387.名無しさん:2019年08月15日 21:57 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
日本の戦略に対して上手くやってやったぞ!
中国も日本と同じように〆れば戦争を仕掛けてくるだろう

って発言のどこに日本を擁護する意図があるのでしょうか?
388.名無しさん:2019年08月15日 22:00 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
加えて大統領選を控えたマッカーサーが
日本を擁護し自身の業績を根本から否定する動機は?

389.名無しさん:2019年08月15日 22:00 ID:3U5vwnqG0▼このコメントに返信
※386
フーバーはルーズベルトが日本を戦争に誘導した狂人と非難してるが、
ヴェノナ文書だとルーズベルトはソ連スパイの側近に囲まれてたらしいし、
操られてたとも言える
390.名無しさん:2019年08月15日 22:02 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※374
「翌年の大統領選を控えたマッカーサーが自身の業績の根本を否定するような発言をするか?という指摘もスルー」

だから、まず君は「するわけない」だから、「日本を肯定的に語っているわけない」と思い込み決めつけで答えをだしてしまっているんだな。

が、そういう固定観念に囚われていない普通の多くの人々は、「なぜ?日本を肯定的語るような事をわざわざ語ったのだろうか?それはきっと~」ってな感じで思考が進んでいくわけよ。で、「マッカーサーは日本を占領し朝鮮戦争を戦うなどした結果、日本が置かれたいた立場を理解し、日本人を理解した」その根拠に「「過去100年に米国が太平洋地域で犯した最大の政治的過ちは共産勢力を中国で増大させたことだ。次の100年で代償を払わなければならないだろう」とか色々な発言が取り上げられているわけだ。さらに君の
391.名無しさん:2019年08月15日 22:03 ID:juxk6DPr0▼このコメントに返信
※386 それ有名な本ではあるけど、フーバーの言ってることも結構極端だから話半分ぐらいに聞いといた方がいいと思うぞ。
392.名無しさん:2019年08月15日 22:05 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※374
「翌年の大統領選を控えたマッカーサーが自身の業績の根本を否定するような発言をするか?という指摘もスルー」
さらに君のその思い込みを否定する決定的な証言も存在する。

「民主党上院議員、ラッセル・ロングが「連合国軍総司令部(GHQ)は史上類を見ないほど成功したと指摘されている」と称えたところ、マッカーサーは真っ向から否定した。

「そうした評価を私は受け入れない。勝利した国家が敗戦国を占領するという考え方がよい結果を生み出すことはない。いくつか例外があるだけだ」「交戦終了後は、懲罰的意味合いや、占領国の特定の人物に対する恨みを持ち込むべきではない」」

おもいっきり自身の業績を根本否定しちゃってるよね。
393.名無しさん:2019年08月15日 22:06 ID:juxk6DPr0▼このコメントに返信
※391 というかフーバーがそう言ってたから、というのは根拠としてはそんなに強くない。そう見ていた人もいたんだなぐらい。
394.名無しさん:2019年08月15日 22:09 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※387
まず君の言うような意図で発言するのならば、日本人を称賛するような言葉を入れる必要がない。
それまでの東京裁判路線で「悪辣な日本人共のどす黒い欲望を挫くために、兵糧攻めにしてやったわ。ウェーーハッハッハ」ってな事をお上品に書けばいいだけ。

で、事実、マッカーサーの証言に議場は騒然となったそうだ。
395.名無しさん:2019年08月15日 22:12 ID:aICJZ7cy0▼このコメントに返信
もし勝ってたら、今頃今以上に朝鮮出身者が国内にはびこってたろうよ。多分、日本は完全に朝鮮化してただろう。
その帰結は国家と民族の消滅ね。全人口の3分の1が朝鮮系になるともう復旧不能ね。今は11%くらいだけど、それでもギリギリでこれだけ酷い。当時から影響はすでに陸軍内部の方が酷かった。朝鮮に資本を投下して東北をほっぽったのは正気とも思えない。海軍の米内光政大将あたりは本気で腹立ててただろうね。あの人の周辺を中心にして親米派が日本を敗戦させて朝鮮との関係をたたっ斬り、陸軍を根本から叩き潰そうと考えてもおかしくはない。つまり、朝鮮と切れるためにはあれくらいの大手術が必要だったってことだよ。西郷隆盛のバカが征韓論なんて言い出したことがそもそもの間違い。
396.名無しさん:2019年08月15日 22:18 ID:4gRWeCwZ0▼このコメントに返信
金も物もなければ東北大飢饉で飯もない
急激な発展で対処も追い付かず色々と積み重なりすぎた時代
397.名無しさん:2019年08月15日 22:21 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※388
これはマッカーサーの内心だから、想像するしかないが、日本を占領し、日本と同じ立場で朝鮮戦争や共産ロシア、共産中国と戦うことになり、日本人を理解し日本の置かれた立場を理解したんだろうと。それもとてもとても好意的、肯定的に「日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまでに接したいづれにも劣らぬ優秀なものです」「日本の労働者は、労働の尊厳と呼んでもよいやうなものを発見してゐたのです。」という言葉にあらわれているように

そんな日本を日本人を焼夷弾と原子爆弾で都市という都市を焼き払い、いかさまのリンチ裁判にかけ、「日本は悪の元凶」宣伝を行い徹底的な検閲を行い、自分がこれまで接した「いづれにも劣らぬ」日本国民を洗脳し日本を徹底的に破壊してしまった。そして米国はその過ちの結果100年かかるだろうという大きな大きなツケを背負ってしまった。「マッカーサーの懺悔」と言われ所以が分かる。
398.:2019年08月15日 22:22 ID:94MRfdh.0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
399.名無しさん:2019年08月15日 22:23 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※382
せっかく頑張って翻訳してくれたようだが、目新しい発見は残念ながらなんもないね。
400.名無しさん:2019年08月15日 22:24 ID:94MRfdh.0▼このコメントに返信
※395
というか、半島系や台湾系の首相が誕生してたと思う
401.名無しさん:2019年08月15日 22:27 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※392
>勝利した国家が敗戦国を占領するという考え方がよい結果を生み出すことはない。
>交戦終了後は、懲罰的意味合いや、占領国の特定の人物に対する恨みを持ち込むべきではない」」
>おもいっきり自身の業績を根本否定しちゃってるよね。

いや全然否定してないでしょ。

マッカーサーは苛烈な占領政策は良くないという考えに基づいていたわけです。
その証拠に天皇制を残しているでしょ。そのほうが統治する上でよいという冷静な選択。
その発言は思いっきりマッカーサーの政策の肯定ですよ。
402.名無しさん:2019年08月15日 22:28 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※394
>で、事実、マッカーサーの証言に議場は騒然となったそうだ。

これ初出は産経の記事だけど出典が不明なんだよね。
403.名無しさん:2019年08月15日 22:30 ID:C4TD7pg30▼このコメントに返信
アジアは自由になっただろ?
あのままが仮に今なら、日本企業がベトナムに石油精製所作るなんて絶対にできなかったぜ。
「八紘一宇」(世界が一つの家族のようになろう)は日本国民をその気にさせ、戦争支持を鼓舞するだけの
軍部がまいたスローガンだというやつがいるが、日本国民自身はその思惑とは関係なく、それが「善」であると
信じて、八紘一宇の言葉とともにあの時代を過ごし、そしてそれはアジアでは実現したんだ。それは十分に誇っていい。
404.名無しさん:2019年08月15日 22:40 ID:w23bEGcH0▼このコメントに返信
経済が理由だとするとMMTでかなり改善できるよな。インフレにもデフレにも対応できるし、供給過剰には当然として、供給不足にも混乱を抑えるという意味では対応できるし、宗教や共産思想より確実に人類を救える。
405.名無しさん:2019年08月15日 22:40 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※401
君の事が心配になってきたぞ。 目の前にはっきりと提示されているものすら平気で無視してしまう病的なものを感じるわ。

「連合国軍総司令部(GHQ)は史上類を見ないほど成功したと指摘されている」
いいか?当然、「史上例を見ないほど成功した」の中に「天皇制」を残した という事もふくまれているわけだ。

それに対して「そうした評価を私は受け入れない。勝利した国家が敗戦国を占領するという考え方がよい結果を生み出すことはない。いくつか例外があるだけだ」「交戦終了後は、懲罰的意味合いや、占領国の特定の人物に対する恨みを持ち込むべきではない」」

「苛烈な占領政策は良くない」「良くないから自分は天皇制を残した」なんてどこに書いてある?それは完全に君の想像だよね。君の思い込みからでているもの。また、「この後に文章が続いているんだ!」とか言って意味のないモノを紹介してくるんじゃないだろうね?

マッカーサーが「良くない」と述べたのは「勝利した国家が敗戦国を占領するという考え方がよい結果を生み出すことはない。」だ。
406.名無しさん:2019年08月15日 22:40 ID:gCkMLdaN0▼このコメントに返信
負けて良かった。
多くの英霊に感謝
言いたいことが言える民主主義にしていただきありがとうございます。
407.名無しさん:2019年08月15日 22:45 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※406
戦後のレベルで言いたいことが言えたというのなら、戦前も言いたいこと言えたっしょ。
戦後だって、ネットが出来てマスゴミによる情報支配が崩れるまでは、東京裁判史観に沿わない発言するだけで、政治家の首が飛ぶとか社会的に抹殺されるとか全然言いたい事言えない社会だったでしょ。
408.名無しさん:2019年08月15日 23:21 ID:XKa.8DH40▼このコメントに返信
※399
日本にやったように中国にも同じ方法が有効である、
という例として出されただけってのがよく分かると思うけど
これで日本を擁護していると読める日本語能力が謎ですわ。

※405
ttps://www.sankei.com/politics/news/151224/plt1512240001-n4.html
この記事から引っ張ってきた文みたいだけど相変わらず自衛戦争の為なんてデタラメな訳しているし
「会場がどよめいた」ってのもどこかから聞いてきた?って内容だし
出典があるのかね?

腐っても産経だし捏造って事はないだろうけど、その発言自体あやふやなんだなぁ。

そもそも議事録を見ればその後何事も無く進んでるんだけど。
409.名無しさん:2019年08月15日 23:22 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
※405
人が飯食ってる間にえらいヒートしてたんだな
「赤化中国を海と空から封鎖するという元帥の提案は米国が太平洋で日本を相手に勝利を収めた際の戦略と同じではないか」
「連合国軍総司令部(GHQ)は史上類を見ないほど成功したと指摘されている」
どっちもマッカーサーじゃなくバーク・ヒッケンルーパーの言葉で
それに対するマッカーサーは
「日本を戦争に駆り立てた動機は、大部分が安全保障上の必要に迫られてのことだった」
(GHQが成功という指摘に)「そうした評価を私は受け入れない。勝利した国家が敗戦国を占領するという考え方がよい結果を生み出すことはない。いくつか例外があるだけだ」
どっちもマッカーサー自身の功績の否定になるし事実この発言で支持をなくして選挙もパーだったけどその発言の理由は
中ソとなあなあでいこうとしたトルーマンとの確執の中で「過去100年に米国が太平洋地域で犯した最大の政治的過ちは共産勢力を中国で増大させたことだ。次の100年で代償を払わなければならないだろう」(本人談)と悟り中国を守って日本を的に賭けた事が間違いだったと気付いたからと言われてるな
ちなみにトルーマンが指示した原爆についても「熟知している。数は両地域で異なるが、虐殺はどちらの地域でも残酷極まるものだった」とはっきり虐殺だったと認めている
選挙に負けるような事言うわけ無いと言っても事実言ったから失脚してるしどう読んでも「悪い日本を叩いてよかったw俺は間違ってない」なんて読めないぞ
当時のアメリカの選挙民もそう読まなかった様に
410.名無しさん:2019年08月15日 23:28 ID:D9.XQYU90▼このコメントに返信
結果アメリカは悪のはずの日本と同盟結んで自分が守ったはずの中国を抑えてる時点で
自分が戦う相手を間違えた事を証明してるんだよな
クソマヌケだよ
411.名無しさん:2019年08月15日 23:30 ID:SFpHXXzB0▼このコメントに返信
関東大震災後の軍人解雇からの226事件だよなぁ
高橋是清殺害されて経済復興不可能になって、軍事毒愛になったからなぁ。
軍人は軍事しかできない。増えすぎたら常に戦争をして対外資源を奪う事でしか存在意義、平たく言うと仕事と給料をもらえない
国益よりも省益、軍閥益のためにより多く流れる支持層ができれば、抑えるのが一気に難しくなる。

そして今の日本はまだしも、中国当たりはそろそろ暴発しそう
412.名無しさん:2019年08月15日 23:32 ID:yRl2YQXC0▼このコメントに返信
根本的に多少没落したとはいえ当時はまだ世界に中心地である欧州で大規模な戦争やっているのに列強と呼ばれている日本とアメリカが部外中立を維持できるわけがない以上、遅かれ早かれ戦争に巻き込まれる意思同行関係なしいに時間の問題であると。

それで勝敗どうこうは兵家の常である以上、しょうがないとしか言いようがないと
413.名無しさん:2019年08月15日 23:33 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※408
見苦しいね。なら※394で書いたように
「※387
まず君の言うような意図で発言するのならば、日本人を称賛するような言葉を入れる必要がない。
それまでの東京裁判路線で「悪辣な日本人共のどす黒い欲望を挫くために、兵糧攻めにしてやったわ。ウェーーハッハッハ」ってな事をお上品に書けばいいだけ。」 だよな。

で、マッカーサーが言う必要もないのに発言した内容そのものが、「尊厳を守る為に 安全保障の必要に迫られて戦争に突入した」つまり「日本の戦争は自衛戦争だった」という事だ。

いいか?マッカーサーは日本が戦争に突入していった原因そのものに言及しているんだ。
「彼らが戦争に飛び込んでいつた動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだつたのです。」とね。
414.名無しさん:2019年08月15日 23:35 ID:eCz8XHOH0▼このコメントに返信
287.名無しさん:2019年08月15日 17:36 ID:KpaF9QxU0
>>278
人の文章を盗用してばかり
なんの自慢にもならんよ

なんとか止めようと必死だねw どこの国のかた?
415.名無しさん:2019年08月15日 23:38 ID:0.XpD1By0▼このコメントに返信
※409
頭のおかしいのが一匹いるんだよ。
反日連中って嘘捏造しまくるじゃん。あれって完全な故意犯なのかと思ってたけど、もしかしたら本当に信じ込んでるって可能性もあるなとちと思った。
416.名無しさん:2019年08月15日 23:42 ID:BLXm8iK40▼このコメントに返信
※410
アメリカは中国と半島の北を赤化させてしまい、
もうすぐ半島の南も赤化しそうな状況
もし日本が中露の支配下になれば、
太平洋戦争はアメリカの大敗北だったということ
417.名無しさん:2019年08月16日 00:05 ID:UgAGFg970▼このコメントに返信
※413
あ、あとマッカーサーが自分の功績をひっくり返しても変心して日本擁護派になった理由の一つに東京裁判の後になって2冊目のハルノートの存在と内容を知ってルーズベルト&ソ連に激怒したってのもあったけどそっちはソースがどこ行ったか分からん
自分だけで見るつもりで昔集めたから色々資料がバラバラで・・・
418.名無しさん:2019年08月16日 00:19 ID:nzaFpD4v0▼このコメントに返信
※299.名無しさん:2019年08月15日 17:53 ID:D9.XQYU90

???「人の言葉を盗用するな!自分で語れ!」

ホントこれにはあきれはてるね!
どうしてもやめてほしいってことだろうねw
419.名無しさん:2019年08月16日 08:39 ID:EhV1qDA90▼このコメントに返信
※416
アメリカ(トランプが何時も言っているディープステート)は、むしろ赤化が目的。
教科書には精々、「マーシャルプラン」くらいしか出てこないジョージ・マーシャル(ウエストポイント出身ではないのに異例の大出世)が中国に行って蒋介石に「共産党との連立政権を組め」と命じたことからも明らか。


朝鮮戦争で中国本土爆撃をしなかったのは、ソ連が出てき来たらWW3になるという
まことしやかな説があるけど、あれはフェイク。
安保理にワザと欠席させて朝鮮戦争にアメリカが介入するのを事実上容認したように
スターリンは半島より東欧の属国化の方に興味があった。
ワシントンは一体、どちらの味方なのか?という回想を残すのは当たり前。
420.名無しさん:2019年08月16日 08:56 ID:S8vzdBV20▼このコメントに返信
陰謀論のうちの何割かのほうが真実だったのではないか、と疑わざるを得ないような時代
421.:2019年08月16日 13:16 ID:c3u8Ke0f0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
422.:2019年08月16日 14:14 ID:EhV1qDA90▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
423.名無しさん:2019年08月16日 14:52 ID:fYtv0c0d0▼このコメントに返信
人間は本質として戦争が好きさ
424.名無しさん:2019年08月16日 15:24 ID:.Y4w8Pd.0▼このコメントに返信
共産主義の台頭を許したのが全ての誤りよ。
共産主義者が革命起こそうとして暗躍してなかったらここまでこじれてない。
そして彼らは未だに諦めてない。
425.名無しさん:2019年08月16日 16:18 ID:DsR.0K0v0▼このコメントに返信
軍が政治思想を持って軍閥になって政治外交へ介入してさらに増長
426.名無しさん:2019年08月16日 16:36 ID:EhV1qDA90▼このコメントに返信
※424
アメリカが最大の共産主義国家だったからな。
シベリア出兵1つでも明らか。
日本は共産主義の拡大を防ぐため。
アメリカは、帝政を倒した革命軍を守るため。
根本から、違うのに日米共同軍www
さっきも書き込んだように、初めから王政ではないアメリカは
王政のある国が基本的に嫌い。
古くはアメリカ独立戦争時からそう。フランス王政が倒れたのもアメリカ独立戦争の支援。
イギリスは一応残っているけど、すっかりその頃には衰退していた。


余談だが、イランイスラム革命もパーレービーを倒したのは誰有ろうアメリカ。

427.名無しさん:2019年08月16日 20:16 ID:mtbzWZWv0▼このコメントに返信

・ 日本と対以外の有色人種がほぼ全て白人の奴隷だった時代、
  日本だけが、自分可愛さで白人とグルになってたら、アジアで孤立する

・ 日本が参戦しなかったら、米ソのスパイが日本国内に入り込み、
  開戦派の日本人市民団体に、武器と予算を与え、国内でデモやテロを扇動し、
  結局、遅かれ早かれ日本は戦争に巻き込まれる。

・ 日本とソビエトが組むと、アメリカは終わる。世界の中心がアジアになる。
  その前に、アメリカが日本に戦争をさせ、有利な条約を結んで、
  ロシアや共産主義を監視する事は必須事項だった。

・ 仮に、日本だけが、有色人種にも白人にもそっぽ向いて、不干渉を決め込んでも、
  結局、1番近いソビエトがスパイを送り込み、内側から操るわけで、
  それはアメリカにとって1番都合の悪い事だ。

つい74年前の事実だ。
428.:2019年08月16日 20:21 ID:mtbzWZWv0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
429.名無しさん:2019年08月17日 01:03 ID:vOxXGvq20▼このコメントに返信
※13
近衛が一番悪い
口出すべきじゃない知的障害は差別主義者のてめえだよ
430.名無しさん:2019年08月17日 09:18 ID:k.xNb1mz0▼このコメントに返信
近衛はイタリアなら、逆さ吊りにされていたよ。
それくらいの悪人。
戦争を煽って、開戦不可避にした所で逃げて
負けた上で昭和帝を追い出して権力を握る計画だったからな。

ソ連の工作も近衛が野望を抱いていなければ、
成功しないんだよ。
昭和帝がサンフランシスコ講和条約後も
退位を口にしていたのは、再びこのような計画に利用されるくらいなら
今のうちに皇太子(今の上皇陛下)に譲ってしまえばいいというお考えから。
431.名無しさん:2019年08月17日 16:59 ID:N.nDh6QR0▼このコメントに返信
もう無駄な戦争は起こさないようにしような。結局それが一番や。
432.名無しさん:2019年08月18日 15:47 ID:Z69SvEpp0▼このコメントに返信
※431
しないようにするにはどうすれば良かったかって話じゃないの?
今は「9条あったら戦争にならない」(日本が攻める可能性だけで頭がいっぱいで攻められないようにする方法を全く考えて無い)って馬鹿が多くて
これだけ中韓北露とまともに会話で意思疎通も出来ないキ○○イ国に囲まれてるのにそいつら相手に平和的に話し合えば妥協点が見つかるはずとか言う妄想をもとに戦争を起こさない様にしような!って・・・
400レス以上のコメの中で誰一人戦争したいねなんて話はしてないで?
しないとダメな状況に追い込まれるって事は現実にあるからどうやったらそんな状況に追い込まれないようにできる?って事を語ってや
433.名無しさん:2019年08月20日 07:35 ID:eETlHeen0▼このコメントに返信
※432
九条があっても個別的自衛権及び集団的自衛権は認められてるんですが。
434.名無しさん:2019年08月20日 08:02 ID:eETlHeen0▼このコメントに返信
※413
アメリカ人が戦って勝った相手を偉大な存在だと言うのはインディアンに対する物と同じようなモノでしょう。
偉大なインディアンを倒した俺たちはスゴイという勝者の余裕。
リップサービスを真に受けてどーすんの

その後の内容を抜粋

The ultimate result was that when Japan surrendered, they had at least 3,000,000 of as fine ground troops as I have ever known, that laid down their arms because they didn't have the materials to fight with, and they didin't have potential to gather them at the points of importance where we would attack. We hit them where they weren't; and, as a result, that magnificent army of theirs, very wisely surrendered.

日本が降伏した際、日本には300万の陸軍がいたが、戦う為の物資がなく我々が攻撃する重要な拠点に
兵力を集中できなかった。彼らはは「賢明」(very wisely)にも降伏した。

降伏=賢明 

なら

降伏しない事=愚か

だって言ってるのが読み取れるよね。
435.:2019年08月20日 12:51 ID:eETlHeen0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
436.名無しさん:2019年08月20日 22:25 ID:Rae9Qsg70▼このコメントに返信
※433
へーそれがあると中国は尖閣諸島に手を出さないし韓国軍が自衛隊機にレーダー照射したりしないんだー(棒
先制攻撃を食らってからじゃないと反撃できない自衛権がそんなに有効な抑止力なら特亜もサヨクもあそこまで9条を守れなんて大騒ぎしてねーよ
※434
国語力が無くて文章内の状況を理解してないみたいだね(呆れ
アメリカが自分達の正義のために悪い日本をやっつけたってシナリオに対して東京裁判後にハルノートの内容や自国の大統領と中ソの関係を知って実はアメリカが日本を戦争に追いやったって事に気づいたマッカーサーがこの戦争は日本が仕掛けた侵略戦争なんかじゃなくアメリカが仕掛けたものだったって証言したって話だけど?日本語読めてる?
聴聞会「極東の軍事情勢とマッカーサーの解任」において誰も日本ツヨイ!スゴイ!なんて論点は語ってないぞ?
※435

人種差別撤廃案の中に国籍も”補足”されてるだけだろ?それで何で”人種=国籍も含む”なんて事になってんだ?
お前の頭ん中ではトンカツ定食に漬物がついてるから漬物も味噌汁も全部トンカツの一種だって事になってるのか?
437.名無しさん:2019年08月31日 03:44 ID:2uw9P7Lv0▼このコメントに返信
イッチの無能感、いや「感」じゃなく確定か。
「戦争した、負けた」だけの知識しかないんだろどーせ。
開戦に至るまでの近代史をちゃんと把握できてれば結構なるほどなぁ状態。
1次&2次の世界大戦は、起きるまでの経緯や起きてからの動向も調べると結構興味深いんだぞ。
毎年夏になると始まる「戦争はダメだ、起こしちゃなんねぇ」位の感覚では語れない動きだ。
438.名無しさん:2019年08月31日 09:29 ID:jCcbyPHX0▼このコメントに返信
たいした知識も無く批判ばっかりの
どうしようも無い奴多いね。
疑問に思ったらまずは調べろよ。
439.名無しさん:2019年08月31日 12:32 ID:Hr6Rhkl10▼このコメントに返信
※125
山本五十六みたいな能天気な奴が最悪や、アイツがちゃんと無理だって事を言ってればもうちょっと違う事になってたはず。完全におかしいある種の発達障害なんやろうな、やっぱり男にも子供つくるには年齢制限があるんや、確率の問題で中にはまともな人も居るんだろうけど。今では48歳までが好ましいって事になってるみたいね。
日露までは日本の独立戦争や。まあ勝てたんはアメリカのユダヤ系銀行家が戦費の大半を貸してくれたからだけど、まあだから回収する為にも勝ってるところで止めてくれたんだけどな。
440.名無しさん:2019年08月31日 16:35 ID:pjmOLa070▼このコメントに返信
現状鑑みて尚本当に無駄だったとか思うならもう何言っても無駄だろうな、その手合いには
441.:2019年09月14日 14:32 ID:Io2L6WfO0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。

お名前