2019年07月31日 11:05

「山で遭難したら登れ!」←無理だろ

「山で遭難したら登れ!」←無理だろ

03

引用元:「山で遭難したら登れ!」←無理だろ
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1563762494/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:28:14.471 ID:CAX5Cmkz0
疲れちゃう

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:29:02.009 ID:JiBKVhaNM
来た道戻ればよくね

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:29:36.212 ID:6Q+D1wmE0
>>2
それがわかってたら遭難じゃないだろ

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:30:10.217 ID:7l7uluI5p
正解はその場で安全確保して動かない

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:33:13.263 ID:QO3GIU6ga
登ってもダメじゃね?

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:37:46.611 ID:eTMOkhY9a
>>9
登ってたら山頂に着く
山頂からは登山道がたいがい伸びてるから帰れるか人がいる可能性が高い

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:33:15.798 ID:pQhsliAad
森の神様に祈る

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:38:07.773 ID:jSdf4/UwM
一旦リセットしてやり直す

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:39:10.467 ID:yEPuPo6g0
パンくず落として行けば遭難なんてすることない

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:40:40.599 ID:7l7uluI5p
>>17
鳥さん「パン屑うめぇぇぇ」

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:41:06.927 ID:IsgP7SvCd
>>17
野鳥「パンくずうめぇ」

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:39:53.907 ID:qhLkWmyFa
日本の山なら普通に考えて最低限の身の安全を確保しつつ、頂上を目指すのが正解
理由は、目指すべき場所がわかりやすい
救助に見つけて貰いやすい

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:43:31.577 ID:Jz5KZOls0
日本は島国なんだからどっちかの方向にのみ突き進めば必ず海にでるじゃん?

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 11:46:38.633 ID:oymfqgzZa
>>27
真っ直ぐ歩いてるつもりでも、いつのまにか曲がってりするもんだよ
人間だもの

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 12:02:16.887 ID:xbYSKVkBa
お前ら家から出ないのに山で遭難なんかするはずないじゃん

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 12:18:27.195 ID:CAX5Cmkz0
ハァハァ迷っちまった・・・もうすぐ暗くなる・・・食料水分も乏しい・・・

下:現在地から行先が見える、遠くに街が見える、水がある、沢を辿れば迷わない、釣り人がいるかもしれない
上:眼の前の木々しか見えない、尾根までどれくらいか分からない、藪をかき分ける必要がある、鬱蒼とした斜面に誰かいるはずもない

どっち選択する?

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 12:19:34.348 ID:4lBbVL0Q0
>>44
迷わず下

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 12:26:47.845 ID:rKYMJxPn0
>>44
街が見えるなら
市街地近い山でわりと登山ルートも多そうだな

実際にやばいのはどこまで降りても谷で
さらに落ちたら戻ってこれない状態

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 12:24:35.583 ID:CQ1N0Nuu0
低山遭難者の大半は沢で死んでる

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 12:26:25.330 ID:8r3SQvdxd
そもそも遭難ってどこから遭難なんだ?

51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/07/22(月) 12:28:58.242 ID:4lBbVL0Q0
>>48
気づいたら後戻り出来ない状態
滑落、道に迷うとかかな
後戻りできるうちにしとけ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年07月31日 11:08 ID:ExMETHoU0▼このコメントに返信
確実に戻れるなら来た道を戻った方がいいけど、帰り道が分からないなら体力を温存して見つかりやすくした方がいい
2.名無しさん:2019年07月31日 11:13 ID:.I4ckUgz0▼このコメントに返信
山で遭難してわかること→今まで生きてきた中で感じていた恐怖や失望は偽物だった
幸い、澤を下ったらうまいこと道に出られた
低山でも舐めたらあかんよ、特に冬至に近い日はね
3.名無しさん:2019年07月31日 11:13 ID:q8sGU9np0▼このコメントに返信
登山はしないが正解。山の遭難は有料だが、海の遭難は無料。
4.名無しさん:2019年07月31日 11:14 ID:HWuqPpdx0▼このコメントに返信
これ、初めての街なんか車運転しててもいつの間にかぐるぐる同じとこ回ってることがあるからなw
5.名無しさん:2019年07月31日 11:15 ID:ehqdr4sg0▼このコメントに返信
沢なんて経験者ですら装備なしには近づかん。下りれたところを登り返せるとは限らない上に、沢下り中に滝にぶち当たったら終わり
しんどくても登った方がまだ可能性がある
6.名無しさん:2019年07月31日 11:16 ID:Kk448dmX0▼このコメントに返信
日本の事件で山で遭難したお年寄りグループが
数人低体温症で亡くなった事件の再現ドラマが怖かったな
雪は降っておらずそんなに高い山でもなく
低体温症の影響で精神に異常をきたしたり
ちょっとしたホラーみたいだった
7.名無しさん:2019年07月31日 11:16 ID:FhuLtiMb0▼このコメントに返信
下るのは危険
特に沢は危険
下りられても上がれない脱出不可能な袋小路にはまってしまう
8.名無しさん:2019年07月31日 11:17 ID:CCRVuDW10▼このコメントに返信
山って降ればふもとまで辿りつけるイメージがあるが、登山道から逸れていたら
ただ谷底に到着するだけ。その周囲は山。沢で亡くなっているのは、山を下ってみたら
谷にしか着けなかった方々。
9.名無しさん:2019年07月31日 11:17 ID:QRmGUn3p0▼このコメントに返信
登れっていうけど日本の山の形って綺麗な山形になってない方が多いから、登ってるつもりで山頂から離れていく場合の方が多いだろ。簡単じゃないよな。
10.名無しさん:2019年07月31日 11:18 ID:.pQO8Axf0▼このコメントに返信
沢は想像するような川じゃない
大岩と絶壁で構成された水の流れる谷底
自然は人間のスケールに合わせて出来てないよ
11.名無しさん:2019年07月31日 11:18 ID:S1iSbkYw0▼このコメントに返信
沢を降りれば迷わない←これがまず間違ってる ※5も言ってるけどもし滝あったらそこで終わる
12.名無しさん:2019年07月31日 11:18 ID:.HZTKQTT0▼このコメントに返信
暗いときに沢目指すとか死ぬ気満々まよ
13.名無しさん:2019年07月31日 11:19 ID:fkNoaWNG0▼このコメントに返信
登れっていうのは高いとこから確認する意味もあるって聞いたで
現在地からルート確認できるんなら下ってもええんちゃう
それ遭難してるっていうのか知らんけど
14.名無しさん:2019年07月31日 11:19 ID:0EHtnV..0▼このコメントに返信
登ることで体力を失って転落や衰弱が早まるだけ
15.名無しさん:2019年07月31日 11:21 ID:FhuLtiMb0▼このコメントに返信
登っていける場所は下りられる(戻れる)けど
下りたら登れない(戻れない、どこにもいけない)トラップみたいな場所が山には複数あるぞ
はまったらゲームオーパー
16.名無しさん:2019年07月31日 11:21 ID:.pQO8Axf0▼このコメントに返信
イッチはわざと間違った認識のスレを立ててもしもの時の死人を増やしたいんだろうな
17.下流老人:2019年07月31日 11:21 ID:yiigWTTI0▼このコメントに返信
迷ったら下手に動くのは危険、安全な場所で救助を待つのがいいと思うヨ。
18.名無しさん:2019年07月31日 11:22 ID:IwIIUDSw0▼このコメントに返信
>下:現在地から行先が見える、遠くに街が見える、水がある、沢を辿れば迷わない、釣り人がいるかもしれない

これ危ないパターンじゃないかな…
19.名無しさん:2019年07月31日 11:23 ID:0PvCqel10▼このコメントに返信
沢だけは絶対にNG
とにかく迷ったら登れ
20.名無しさん:2019年07月31日 11:23 ID:.I4ckUgz0▼このコメントに返信
※6
実は冬の山は低所よりも中腹のほうが温かくなる
放射冷却で冷たい空気が下に降りるからなんだけど、
これ知らずに低山だから大丈夫だろうと考えたらえらいことになる
俺は冬至に近い日にちょっと遭難しちゃったんだけど、
あと30分脱出するのが遅れてたら日が落ちてほんとにやばいことになってたかも
21.名無しさん:2019年07月31日 11:24 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
最低限は、命を守るための装備として
エマージェンシーシートとか
アルコールストーブやソロ用の焚火台くらいは
そんな荷物にならんから持っていくべきだよ。
22.名無しさん:2019年07月31日 11:24 ID:a1H3WMQD0▼このコメントに返信

   遭 難 す る 前 に 入 山 す る な !
23.名無しさん:2019年07月31日 11:25 ID:SfH0kE9a0▼このコメントに返信
沢ってたまにある川だよな。力尽きて水の側で逝ってまうんだろうな。
ワイが迷ったときは昼ごろ沢で弁当食った思い出がある。それから4時間ぐらい
歩いてたら車道に出た。
24.名無しさん:2019年07月31日 11:26 ID:mrtvbbgv0▼このコメントに返信
水が補給できなければ、
人間は3日で死亡するとされている
水もなくて山頂に行って、待ってるのか
25.名無しさん:2019年07月31日 11:27 ID:k.QEsLT60▼このコメントに返信
上っても下っても
ケースバイケース

元登山部
26.名無しさん:2019年07月31日 11:28 ID:N11daZES0▼このコメントに返信
疲れてるんなら動かないのが一番いいんじゃないのか
登山道途中なら誰か通るかもしれないし暗くなったらもっと危ない
27.名無しさん:2019年07月31日 11:29 ID:YYXeGOm50▼このコメントに返信
「山で遭難したら登れ!」

へーそうなんだ、知らなかった
28.名無しさん:2019年07月31日 11:30 ID:LqtH7ug40▼このコメントに返信
のこぎりと着火用具
本当に死にそうと思ったらキャンプファイヤーで体温める
木を切りまくって燃やしまくる、自然破壊は基本
低体温防ぎ、湯を沸かして飲料水、発見されやすくなる
29.名無しさん:2019年07月31日 11:30 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
日本山岳救助機構さんによると
山で道に迷ったときの最悪な行動パターンといったら、沢を下っていってしまうことである。
樹林帯に比べ、ヤブなどがない沢は歩きやすく、しか も下へ向かっているため、
「このまま山麓まで下っていけるのではないか」と錯覚して、ついふらふらと入り込んでしまいたくなる。
しかし、下っていくうち に、やがて崖や滝や堰堤に突き当たって進退窮まるのが沢というもの。
それを無理やり下ろうとして転落しまう事故が後を絶たない。
どんなに歩きやすそうに見 えても、絶対に沢は下っていかないことだ。

沢に下ると判断してる人は、きっとゾンビ映画で最初に死んじゃう人のパターンだよ。
30.名無しさん:2019年07月31日 11:31 ID:W.RNXuZH0▼このコメントに返信
※6
トムラウシかと思ったけどあそこは別に低山ではないしなぁ
北海道とは言え夏山でコースは兎も角登山未経験者無でガイドも付いてたとはいえ、ガイド込みでバタバタ倒れていくのは
恐怖以外の何物でもないけど
31.名無しさん:2019年07月31日 11:31 ID:0YMut12W0▼このコメントに返信
小さな男の子と父親の2人が遭難して、沢沿いに山を降りて結局滝に行き当たってそこで力尽きたってのをニュースで見たな。
32.名無しさん:2019年07月31日 11:32 ID:c2JslU3B0▼このコメントに返信
大変、勉強になりました。
素人の安易な登山挑戦は危険なんだね。

富士山の遭難者報道を聞かないのは、見晴らしが良いのかな?
遭難と標高は、比例していないんだね。
33.名無しさん:2019年07月31日 11:33 ID:JQk2eCCY0▼このコメントに返信
生命維持って点からすると脱水症状になってくるからやっぱ下る人が多いんじゃない
登って救助を待つ→水がなければ24時間で死亡
下って沢の水飲んで生命維持48時間~は生存可能
ちなみに沢の水は飲んではいけないのは知ってるけど緊急時には。って事で
34.名無しさん:2019年07月31日 11:34 ID:FhuLtiMb0▼このコメントに返信
山って遠くから見るとでっかい△だけど
実際は細かい△△△△が連なってる
下るってことは、その連なりの谷間に進むってこと
苦労して下っても、それ以上の苦労してまた登ることになる
それどころか登れる場所のない穴に落ちたような状況になりかねない
35.名無しさん:2019年07月31日 11:34 ID:sZPOxuhS0▼このコメントに返信
>>24
素人が登るような山なら山頂に出れば登山道があるから降りれる
36.名無しさん:2019年07月31日 11:36 ID:bk3g7vF.0▼このコメントに返信
>>下:現在地から行先が見える、遠くに街が見える
>>上:眼の前の木々しか見えない

結局木に囲まれてるのか開けて見晴らしのいい場所にいるのかどっちなんだよ
37.名無しさん:2019年07月31日 11:36 ID:N8UYLFSY0▼このコメントに返信
自立解決できる体力があるうちは登ればええんちゃうかな
遭難とは自立解決できない状態なのだから、まだ遭難じゃ無いんだよ
遭難したら、できるだけ目立つ位置に陣取って動かない事だね
38.名無しさん:2019年07月31日 11:36 ID:4v5ek1lB0▼このコメントに返信
>>27
そりゃ山は上に行くほど狭くなるからな。
上の方が見当つけやすいし。
見当違いの方向に下ってしまう方が危険。
川沿いに下って滝から落ちたり、
谷底で動けなくなるケースの方が多い。
39.名無しさん:2019年07月31日 11:38 ID:6mwkLiiS0▼このコメントに返信
(´(ェ)`)パンくずうまいクマー
40.名無しさん:2019年07月31日 11:38 ID:mMtb6MaM0▼このコメントに返信
そうなんです
41.名無しさん:2019年07月31日 11:38 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
もし山で道に迷ってしまったとき。
・とにかく正しいルートに戻ることを優先させること。
・焦ってむやみにあたりを歩きまわったりしない。
・その場で休 憩をとり、行動食を食べたり水分を補給したりしてまずは気持ちを落ち着かせる。
・冷静さをとり戻したら、周囲の地形をよく観察してする。
・そばに登山道らし きものがないか、少し離れた木の枝や沢の対岸に
 赤いテープやペンキのマーキングがつけられていないかなど、注意深く観察する。
推奨行為
・ピークや尾根に上がること。
・ピークや尾根に上がれば視界が開け、地図とコンパスでの現在地の確認が容易になるうえ、
 登山道は ピークや尾根を通っていることが多い。
・ただし、ガスや悪天候などで視界が悪いときは、無理 して行動せず、
 風雨を避けられる場所で体力を温存しながらじっと待機する。
42.名無しさん:2019年07月31日 11:38 ID:LFrpw6g90▼このコメントに返信
日時計、星読みすらできないような素人が山や海に行くんじゃないよ。
そのまま観念して獣のエサになっちまえ
43.名無しさん:2019年07月31日 11:38 ID:KEIMlzOr0▼このコメントに返信
昔「聖職の碑」って映画があった。昔のことで記憶が曖昧だが。
生徒達を山登りに引率した鶴田浩二扮する校長先生が、チンピラどもの山小屋放火で大遭難。
遂にチンピラが属す組を突き止め、暴徒化する村人達を自らは抑えつつも、
ラクダのシャツと麦わら帽を着物に着替え、校長室に隠し持った長ドスを手ずさえて単独で組に切り込むシーンは圧巻だった。
44.名無しさん:2019年07月31日 11:39 ID:IvNniY2w0▼このコメントに返信
山頂に登るんじゃなくて尾根に出る方がいいんじゃないの?どっちにしろ上に昇るけど登山道ってだいたい尾根伝いでしょ。素人考えだしクマに遭う可能性も高くなるけどw
45.名無しさん:2019年07月31日 11:40 ID:8UsBCZoE0▼このコメントに返信
こないだ山で人がほとんど通らん道に間違って入ってったら
途中からこの世の物じゃない気配しだしたのホント怖かった
46.名無しさん:2019年07月31日 11:41 ID:.I4ckUgz0▼このコメントに返信
※34
小さな山が連なってると目の前の山の山頂目指しても登山道に出ない可能性もあるよな
そうなると登ってもアウトってことになる
逆に沢下って助かるケースもある
結局、運とか装備とか経験に頼るしかない
とにかく登山道から絶対に外れてはいけない
怪しいと思ったらすぐ引き返す、それが鉄則
47.名無しさん:2019年07月31日 11:42 ID:mrtvbbgv0▼このコメントに返信
※35
それなら分かるけど
「山頂を経由して登山道を降りていけ」
まで広めれると、もっといいですね
48.名無しさん:2019年07月31日 11:42 ID:RVeQyQFw0▼このコメントに返信
K2「せやろか」
49.名無しさん:2019年07月31日 11:42 ID:ehqdr4sg0▼このコメントに返信
ちなみに沢靴じゃない普通の登山靴は水場だと滑るものが多いから、そういう意味でも沢を下るのは危険極まりない
50.名無しさん:2019年07月31日 11:45 ID:iHHZwLj80▼このコメントに返信
山小屋へ
51.名無しさん:2019年07月31日 11:45 ID:1ZjZit1K0▼このコメントに返信
普通、登山って山頂を目指すものだ。
行きに遭難したってことは山頂にたどり着けなかったってことだろ
帰りなら来た道戻るだけだし。山頂に戻れないから遭難するんじゃないのか?
なんか矛盾してない?
52.名無しさん:2019年07月31日 11:45 ID:M7VsQJ620▼このコメントに返信
この常識が頭に浮かぶ状態は 遭難したとは言えない
遭難した状態は思考がゼロになる
配管が断裂して蒸気が噴き出すような感じ
頭が真っ白でパニックになって本能的に低いところを目指してふらふら動く
53.名無しさん:2019年07月31日 11:45 ID:8I9CAggW0▼このコメントに返信
>>14
※14
体力あるうちに位置エネルギー確保が、吉。
沢は、山道より体力消耗するぞ。
濡れたらシぬリスク高まるし。
54.名無しさん:2019年07月31日 11:46 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
階段踏み外して、骨折して足があらぬ方向に曲がった経験あるけど
そうなると、その場から激痛で動けなくなる。
痛みにこらえながら衰弱死なんて最悪だよ。
そういう危険をはらんだ沢下りは、本当に危険だと思う。
55.名無しさん:2019年07月31日 11:46 ID:ll7nICYe0▼このコメントに返信
知識がないのなら登山はするな
これが正解
56.名無しさん:2019年07月31日 11:47 ID:bd8HBeRu0▼このコメントに返信
>>23
水のそばから動く気力がなくなって死ぬんやで?
57.名無しさん:2019年07月31日 11:48 ID:ebPjPdV90▼このコメントに返信
ぶっちゃけどっちが登りか分かるうちは遭難じゃねーよな
尾根に出る方向すら分からなくなってついに遭難だわ

山なんて登ったり降ったりを繰り返しながら山頂に至るわけで
58.名無しさん:2019年07月31日 11:48 ID:8I9CAggW0▼このコメントに返信
>>18
※18
釣り人が、一番リスク上げるかも。
59.名無しさん:2019年07月31日 11:49 ID:W.RNXuZH0▼このコメントに返信
※32
冬だと片山右京の登山隊が訓練中に死者出した位の危険な山だし、
夏でも低体温や滑落なんかで死者が時々出る山だよ富士山
60.名無しさん:2019年07月31日 11:49 ID:.I4ckUgz0▼このコメントに返信
※52
全くその通り
一番やばいのは冷静でいられなくなること
これは遭難した人にしかわからない
人間には精神が平常になるためのメーターがたくさん備わっているが、
遭難すると全部がとんでもない数値を示すようになる
61.名無しさん:2019年07月31日 11:50 ID:oelin7rC0▼このコメントに返信
山によるだろ
エベレストで遭難して登れるわけ無いが1000m級の山なら何とかなるし
頂上に行った方が目だって救助されやすい
62.名無しさん:2019年07月31日 11:50 ID:x42Ju3iR0▼このコメントに返信
川を下れば海に出るだろうと思って川伝いに歩いてると滝に当たって立ち往生する
63.名無しさん:2019年07月31日 11:51 ID:8I9CAggW0▼このコメントに返信
>>23
※23
北海道なら、山の神の昼食になってたな。
64.名無しさん:2019年07月31日 11:52 ID:bd8HBeRu0▼このコメントに返信
※30
当時どこかの週刊紙で「トウラムシ死の行軍」って題名で出してたの読んだよ
身震いするような内容だったな
65.名無しさん:2019年07月31日 11:53 ID:wNOe3P.H0▼このコメントに返信
基本的に動ける筋力残ってるなら体動かした方が筋肉の鎮痛作用で消耗が和らぐよ
飢餓状態になったらさすがに動かない方がいいけれど、動けるのに飢餓に備えるのはいろいろと本末転倒
結論ゆっくりでいいからとにかく登れ
66.名無しさん:2019年07月31日 11:53 ID:8I9CAggW0▼このコメントに返信
>>28
生木に火を着けるのか?
67.名無しさん:2019年07月31日 11:57 ID:8I9CAggW0▼このコメントに返信
遭難自体、登山道から下に降りた結果。
ならば、上に登るが正解。
登山道から上に登って遭難した人いる?
68.名無しさん:2019年07月31日 11:57 ID:bd8HBeRu0▼このコメントに返信
>>66
狼煙目的ならその方が良いかも
69.名無しさん:2019年07月31日 11:57 ID:WPJMS2Rp0▼このコメントに返信
町が見えるから下りようは死亡フラグやで
遭難して死んだ人間の足跡を追って行くと、大概沢伝いに町や道へ降りようとして迷って力つきてる
確かに川を下れば最終的には海に出るんだが、その道中は道無き道なんてレベルじゃない険しさ
端から沢下り目的で重装備で行っても途中で断念するレベル、山登りの軽装で行けるような場所じゃない
そして山裾の方は道と道との間隔が広くて適当に歩いてると中々ルートに戻れない
逆に登れば高確率で、最悪山頂まで行けば100%ルートへ戻れる、山によっちゃ人も要る可能性大
だから登りましょうってのが鉄則になってる
70.名無しさん:2019年07月31日 11:59 ID:QD.c.D9t0▼このコメントに返信
基本は登ってきた登山道の下山を薦める。
できるだけ、天気が変化しない午前中が良い。
マズは登山前日に気象予報を観る事だね。
71.名無しさん:2019年07月31日 11:59 ID:bd8HBeRu0▼このコメントに返信
※67
旧道に入り込んで気づいたら遭難パターンもあるんと違うか?
72.名無しさん:2019年07月31日 11:59 ID:wbU1jg8q0▼このコメントに返信
どうでもいい話、>>22>>23みたいなシンクロに対して、

ケコーンって言わなくなったよな。
73.名無しさん:2019年07月31日 11:59 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
当たり前だけど、山は人間の社会じゃないからね。
獣たちの住む、自然の摂理が強く働く世界。
そこで人権を掲げようが、道理を語ろうが、そんなものは人間様のルール。
弱肉強食の前では、喰う喰われるかだからね。
昔神戸に住んでたけどね、六甲山はイノシシが多いんだよ。
町におりてゴミ漁ってる。野良犬よりよく見たよ。毎年新聞に獣害の記事が載る。
六甲にはよく上ったけど、山道で5度くらいはイノシシが突然目の前に現れたことある。
山ってのは、様々な自然の脅威と対峙するということだよ。
74.名無しさん:2019年07月31日 12:00 ID:8I9CAggW0▼このコメントに返信
>>61
軍隊の小隊~中隊レベルの人数で、やっと登れる山といっしょにするなよ。
75.名無しさん:2019年07月31日 12:02 ID:EzkEHvDf0▼このコメントに返信
沢沿い下るって一番過酷なルートやろ
水による地形侵食なめすぎなんや
素直に尾根まで戻れ
76.名無しさん:2019年07月31日 12:03 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
※66
焚火をするなら、松を探す。
よく火がつくよ。
松明という字を見ればわかるけど
松ヤニを含んだ燃えやすい木として
何百年も日本人の明かりに使われてきた木だからね。
まつぼっくりは着火剤として優秀。松の枯れ枝もよく燃える。
77.名無しさん:2019年07月31日 12:03 ID:aBjqZM8N0▼このコメントに返信
※61
日本でもだな、中国山地なんかは1000メートル級で山頂まで林がある山ばかりだけど、事故は起こるぞ。
みんな何とかなると思って遭難するんだし、今年の夏でも何とかんると思っていて事故死する方々が多数に上ると思うと心傷むね。
78.名無しさん:2019年07月31日 12:04 ID:EzkEHvDf0▼このコメントに返信
※13
高いところのほうが発見されやすいというのもある
沢なんて絶対見つからん
79.名無しさん:2019年07月31日 12:05 ID:Kk448dmX0▼このコメントに返信
※30
ごめん、それだ
ドラマは生存者のおばあちゃん目線だったのと雪が降ってなかったのと
8人犠牲になった事だけ強く覚えてたけどあと曖昧だった
有名な事件なんだね
80.名無しさん:2019年07月31日 12:05 ID:8I9CAggW0▼このコメントに返信
>>33
自分の小便を飲め。
81.名無しさん:2019年07月31日 12:06 ID:PckLH0Tr0▼このコメントに返信
街が見えてるから降りる、ってのは危険やね。

街がず~~~~~~~~~~~っと終始変わらずに見えてるのならまだしも
途中のどっかで視界が途切れて
見えなくなった瞬間に迷う。
82.名無しさん:2019年07月31日 12:06 ID:425EIBTN0▼このコメントに返信
山で道に迷って道なき道というかひたすら木に捕まりながら急斜面を登り続けたことあったけど、下ってもどこに出るかわからんから結局頂上近くまで登り続けて登山道迄に出て助かった覚えがある
83.名無しさん:2019年07月31日 12:07 ID:f7ZXX0PX0▼このコメントに返信
これ、エベレストでやってのけたら英雄になれるかな(´・ω・`)

「山中で遭難してしまい、とりあえず山頂目指してたらエベレスト登頂に成功してしまいました」
84.名無しさん:2019年07月31日 12:07 ID:csKq9Jt.0▼このコメントに返信
山で遭難 道に迷っただけならまだ体力も非常食もある、でもコレらは減っていく一方で回復することはない
基本は安全確認の上 その場で待機、救助が先か寿命が尽きるのが先か、
届を出していれば 2日もかからずだれか来るよ、
85.名無しさん:2019年07月31日 12:08 ID:3z2.cnHP0▼このコメントに返信
>>67
理由は色々だろうけど遭難てのは登り下り関係なく登山道から外れた結果なんじゃない?
86.名無しさん:2019年07月31日 12:10 ID:29hHf67.0▼このコメントに返信
そもそも「遭難するようなトーシロが遊び半分で山に登るな」に尽きる。
泳げない奴が海水浴に行くのは「水着のねーちゃんを観賞」というメリットがあるが、山には水着のネーチャンは居ないぞw
87.名無しさん:2019年07月31日 12:10 ID:zR4ghfxJ0▼このコメントに返信
正解は「川沿いに下る」若しくは「けもの道を辿る」やぞ。
88.名無しさん:2019年07月31日 12:10 ID:FhuLtiMb0▼このコメントに返信
ちょっと道はずれると腐葉土が30センチくらい積もってて
歩くだけでも異常に疲れる
89.名無しさん:2019年07月31日 12:10 ID:EzkEHvDf0▼このコメントに返信
※85
帰ることが目的であれば帰れないのが遭難
計画が崩れていても帰れる目処が立っているなら遭難ではない
90.名無しさん:2019年07月31日 12:10 ID:xa1fXae70▼このコメントに返信
下ったとこにある沢は危険てよくいわれるね
大抵谷間にあるから、行くにも滑って危ないし、沢伝いに降りようにも途中で滝になってたり岩場があったりする
んでこれはダメだと戻ろうとしても、今度は足場の悪い上り道で消耗して力尽きてしまう。
91.名無しさん:2019年07月31日 12:11 ID:.I4ckUgz0▼このコメントに返信
※86
は?
山には伝説の女湯があるだろ
92.名無しさん:2019年07月31日 12:11 ID:9xCU5Y9j0▼このコメントに返信
山で遭難って
街__Λ__町

こういう所じゃなくて

ΛΛΛΛΛΛ   ΛΛΛΛΛ死ΛΛΛΛ   ΛΛΛΛΛΛ
    Λ Λ        ΛΛΛ     ΛΛΛ   
     Λ     

こんな感じだからな

日本の山だったら下っていって100%正解だろう(下る体力もないです→じゃあ上るな)

ただ、アフリカとかイランとかの山をグーグルアースで見ると、日本の常識は通用しないとわかる
93.名無しさん:2019年07月31日 12:13 ID:pJSQnR8c0▼このコメントに返信
道に迷ったら登れであって遭難したら登れじゃないぞ。
94.名無しさん:2019年07月31日 12:13 ID:f7ZXX0PX0▼このコメントに返信
ジェットパックで飛び上がって方向確認しながら下って行ったらちゃんと麓に戻れたよ
95.名無しさん:2019年07月31日 12:15 ID:EzkEHvDf0▼このコメントに返信
道として整備されてないと生えてるくさやら木やらが邪魔すぎて平坦路を歩くのも困難
96.名無しさん:2019年07月31日 12:15 ID:cA90p70w0▼このコメントに返信
まず林業従事者とかならともかく仕事でもねえのに山に行くなや
それが趣味だレジャーだというのなら自分の楽しみだけやんけ
自分の楽しみのためだけに自分と周りを危険にさらすならやってること珍走団とかと変わらん
97.名無しさん:2019年07月31日 12:16 ID:3z2.cnHP0▼このコメントに返信
登るのが正解っていうのじゃなくてあくまで助かる可能性が上がるってことなんだろうに
98.名無しさん:2019年07月31日 12:16 ID:cnkJ.LU20▼このコメントに返信
一見何もないような山でも、営林署の職員が使う道が稜線沿いにあったりする
捜索も基本その道を使うので発見率は上がる
99.名無しさん:2019年07月31日 12:16 ID:xzxuz.710▼このコメントに返信
だいたい怪我して遭難するパターンが多いのに登れって言われてもね
あと靴底が剥がれたとかもムリだよね
地図に磁北線書けるような人でもない限り電波無くても使えるGPS持って行くべきだと思う
迷っても登山道に戻れるから
あと不用意に登山道から外れるのもダメ
50メートルも離れたら見失うよ
100.名無しさん:2019年07月31日 12:17 ID:z9pUuISD0▼このコメントに返信
一回山で迷ったことがあるけど、下らない方がいいのはたぶん本当
登山道じゃないところはちょっとした崖が連続してあったりする
2mくらいだと下手に降りれるから困るのだがそれがいくつも続くと行くことも戻ることもできなくなる
幸いしょうがなく横方向に進んでいったら登山道がたまたま見えたから助かったが割と危なかった
101.名無しさん:2019年07月31日 12:22 ID:Wr8hhstz0▼このコメントに返信
ソロで普通の登山道を下山している時、夕方3時過ぎだと、
斜面によっては陽が当らない場所を通るので、薄暗くてすごく怖いぞ。
遭難なんかしたら身動き取れないわ。
102.名無しさん:2019年07月31日 12:25 ID:xzxuz.710▼このコメントに返信
あと登山道見失うと迷って気付かずに登山道横切る事多いから
焦ってればなおさら
登山道って横から見ると道かどうかわからん事も多いよ
103.名無しさん:2019年07月31日 12:25 ID:EzkEHvDf0▼このコメントに返信
※99
滑落でもしてないのならルート上にいるんだし待機でいいんじゃないか
104.名無しさん:2019年07月31日 12:26 ID:8I9CAggW0▼このコメントに返信
>>76
※76
燃えやすい松があって、マツボックリがあるってか?
火つけたら、確実にシぬぞ。
まわりに延焼して、君は生き延びる自信あるのか?
105.名無しさん:2019年07月31日 12:30 ID:1AtJrlLt0▼このコメントに返信
※58
遭難レベルの山に源流行なんて釣りが趣味のやつ1万人に一人いるかいないかレベルだろ
釣り人なんてこねーよ
渓流釣りしてる人の多くは、車を降りて1分~10分くらいの近場で釣りしてるよ

106.名無しさん:2019年07月31日 12:30 ID:ZYVTo.QQ0▼このコメントに返信
久々に書き込み見て怖くなったわ。
107.名無しさん:2019年07月31日 12:31 ID:TNZm6zOw0▼このコメントに返信
救助を待つにしても、遭難した事に気付いてもらわないといけないから、一旦下山して通報してから山頂を目指す
108.名無しさん:2019年07月31日 12:32 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
※104
まわりに延焼しないように
あらかじめ枝や枯れ葉をのけて
そのへんにある石で囲って、かまど作るとかするでしょ。
火をつけたら確実に死ぬなんてことないよ。
私は、キャンプで焚火の経験も知識も道具もあるから。
109.名無しさん:2019年07月31日 12:32 ID:Hfkf7Z2O0▼このコメントに返信
※51
>行きに遭難
って書いてるか?遭難事故は下りの時に発生しやすいから、その意味でも登り返せが正しい
まあ今は、スマホに予め地図読み込ませておけばGPSで現在地表示されるアプリもあるから、こまめに確認取れば済む
(SIM契約なくてもスマホ本体のみでOK。SIMあった方がより正確に分かるが、そこまで大差はない)
だから、道迷いで遭難なんてロクな準備しなかった上に山を甘く見すぎたと言っても過言ではない
スマホなんてなくて地図読みのスキルが必要だった頃に比べたら、天地の開きがある
110.名無しさん:2019年07月31日 12:33 ID:gv0bbXRD0▼このコメントに返信
上に行けば選択枠は少なく成る
下に行けば選択枠は広がる
可能性の問題
頂上は全てのルートの終着点
待ってれば他の人にも会える。
111.名無しさん:2019年07月31日 12:33 ID:z9pUuISD0▼このコメントに返信
遭難のイメージが個人で違う気がするが、中くらいの難易度の山は登山道かそうじゃないのか判断ができない区間が割とあって、そういうとこで道がわからなくなってウロウロしてるうちに遭難してる場合が多い
怪我してたら逆に動けないので登山道から大きく外れることはまずない。それであれば待機か下るかでいいと思う。
112.名無しさん:2019年07月31日 12:34 ID:s148xccG0▼このコメントに返信
マジコメすると
下ると尾根と谷が指数関数的に増えていき捜索時のヒット率が下がる。
展望が開けない山で誤差10メートルぐらいのGPSを使うと
尾根が多いとGPSを見ながらでも下りのルートを外すことがある。
それからテープがソコラじゅうに取り付けられている山は迷い易い山の証拠。
そんな山の場合、テープを使うなら、よくある色はダメ。
113.名無しさん:2019年07月31日 12:34 ID:NNCiKoVr0▼このコメントに返信
まず谷に行く
河には入らない
川沿いにはくだらない
これで救助を待つ
114.名無しさん:2019年07月31日 12:35 ID:aePR1fLY0▼このコメントに返信
木々のある山なら、寝られる場所を確保してとにかく必ず火を起こせ
煮炊きに使うのもあるし、水気のある生枝を燃やせば煙がもうもうと湧く。
ヘリで捜索した場合、明らかに不自然な煙が立ってるのが一発で解るから助かりやすい。
冬の雪山でも枯れ枝くらいある。まずは火を起こすこと。
115.名無しさん:2019年07月31日 12:41 ID:JiysjGoN0▼このコメントに返信
>>17
山頂の方が見つかりやすいよ。
116.名無しさん:2019年07月31日 12:42 ID:q.8IzO2m0▼このコメントに返信
※92
基地外野郎w
新潟での親子遭難をもう忘れたのか?
117.名無しさん:2019年07月31日 12:43 ID:MSGOrImE0▼このコメントに返信
登れないほど体力消耗してたら動くなよ。
下りなら上りほど体力使わないとでも思ってんのか。
体力回復してからまた登れ。
118.名無しさん:2019年07月31日 12:44 ID:A1UanLBi0▼このコメントに返信
>>25
賛成
119.名無しさん:2019年07月31日 12:44 ID:JiysjGoN0▼このコメントに返信
>>32

ルートが決まってるし迷う事はないでしょ、滑落が事故では多いんじゃないかな。
120.名無しさん:2019年07月31日 12:45 ID:nk6Gyt4E0▼このコメントに返信
山の種類とか条件によって正解は様々だけど一般論として
道に迷っただけで、ケガなし体力ありなら登るのが正解
骨折してたり、動くのが厳しい状態なら近場の安全な場所で待機
街の明かりとかは相当遠くからでも見えるから
一瞬見えたからと言ってそっちに進むのは完全に間違い
121.名無しさん:2019年07月31日 12:47 ID:IZGFxnQu0▼このコメントに返信
沢に沿って下るのが正解
まず体力の消費を抑えるために、最低限の食料と水以外の荷物はその場に放置。これは捜索隊への目印にもなる
斜面は滑りやすいので、常に木や石を掴んでジグザグにゆっくり降りていく
沢についたら水分補給をしながら下れば、街か海にでて生還
122.名無しさん:2019年07月31日 12:47 ID:JiysjGoN0▼このコメントに返信
>>26
いくらなんでも夜は休めよ。
123.名無しさん:2019年07月31日 12:48 ID:s148xccG0▼このコメントに返信
俺は昔、山師をしていたんだが
道迷いした登山者を林道まで案内したことがある。
その山に通い慣れた俺が国土地理院の2万5千分の地図を見たら、
現地と地図が違っていた。
助けた人の名前をネットで調べたら有名山岳会のベテランだったのには笑った。
124.名無しさん:2019年07月31日 12:49 ID:0zw36eFY0▼このコメントに返信
一回やって思い知ったが下を目指すのはマジでヤメレ
登山道ってのは適当に作ってるわけじゃなく、障害物を避け、
最も歩きやすいルートでつくられてる。
外れると急崖やV字谷、深い川が待ってるぞw
125.名無しさん:2019年07月31日 12:50 ID:JiysjGoN0▼このコメントに返信
煙と馬鹿は高い所が好きって言うからね。遭難するような馬鹿は高い所に行け。
126.名無しさん:2019年07月31日 12:52 ID:Hfkf7Z2O0▼このコメントに返信
※121
途中で滝にぶつかったら、落差が何十mあろうが、お前もそれに合わせてダイブするんだよな?
スルーせずに答えてくれよ
127.名無しさん:2019年07月31日 12:53 ID:H136RZlQ0▼このコメントに返信
リスポーン地点に戻ればよくない?
128.名無しさん:2019年07月31日 12:55 ID:nk6Gyt4E0▼このコメントに返信
>>121
完全登山エアプで草w
沢は歩けるような環境にないんだがw
滝とかあったらどうすんねんw
129.名無しさん:2019年07月31日 12:55 ID:H136RZlQ0▼このコメントに返信
※100
実際に崖や沢、滝などで結局立ち往生してしまう危険性が高い
登った方がそれらを回避しやすいし、山の稜線にそって山道がある場所も多い

※121
一番やっちゃいけない奴だw
130.名無しさん:2019年07月31日 12:57 ID:WsEa6k9K0▼このコメントに返信
山頂に近けりゃ近い程捜索範囲が狭くなるんじゃなかったっけ
131.名無しさん:2019年07月31日 12:58 ID:s148xccG0▼このコメントに返信
※126
126さんに同意。121さんは山の素人です。
大して高くない山でも、下ること不可能な尾根筋や谷筋は高率であります。
132.名無しさん:2019年07月31日 12:59 ID:WsEa6k9K0▼このコメントに返信
>>123
やま‐し【山師】


3 投機的な事業で大もうけをねらう人。投機師。
4 詐欺師。いかさま師。
133.名無しさん:2019年07月31日 13:02 ID:VOqlcl2s0▼このコメントに返信
実際遭難しかけたのだが、沢に降りたら詰む。本気で詰んだ。
登山道が消えて、沢を下ったら砂防ダム。2つ砂防ダムを突破したら3つ目の砂防ダムで詰んだ。前にも後ろにも行けん。
側面の崖をよじ登って、辛うじて脱出できたが、登れなかったら遭難してた。
134.名無しさん:2019年07月31日 13:03 ID:s148xccG0▼このコメントに返信
登山道に見えても獣道だったりする。
だから普通の登山しかしていない人は簡単に間違う。
鹿が行き来する獣道は、登山道と区別が付かないことがある。
135.名無しさん:2019年07月31日 13:04 ID:cJeJStLr0▼このコメントに返信
沢を下れとかいうけど、場合によっては滝に阻まれて身動き取れなくなるから注意な
ベア・グリルスみたいに滝を飛び降りれたり崖下りができるならいいけど
136.名無しさん:2019年07月31日 13:05 ID:AmUF2zS50▼このコメントに返信
ヒマラヤ登山では同じ事は言えないな。
137.名無しさん:2019年07月31日 13:09 ID:cS62HLot0▼このコメントに返信
※30
トムラウシでググッて読んできた
北海道とはいえ7月に低体温症で凍死しちゃうのかと驚いた・・・
138.名無しさん:2019年07月31日 13:11 ID:mkInn90b0▼このコメントに返信
>>108
※108
そんな奴は、そもそも遭難なんてしない。
知識・経験の乏しい奴に、遭難したら松に火着けろなんて教えたら、死ぬだけだよ。
139.名無しさん:2019年07月31日 13:18 ID:XT5wdAN.0▼このコメントに返信
遭難したと思ったら下手に動かない方が良い、どうせ体力も尽きてるんだろが。
140.名無しさん:2019年07月31日 13:20 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
※138
遭難は経験者でも、滑落事故等でそういった状況に追い込まれることもある。
松が火が付きやすい事を知っていれば、生存の可能性があがるだけのことで
何も松を探して、山を歩き回れとは言っていない。
それこそ体力を無駄に奪われて疲弊するだけ。死につながる。
松があればそれにこしたことはないが、あくまで状況に応じて行動すればよいだけだよ。
それに山は、燃えやすい枯れ木だけじゃない。山の天気は変わりやすいというが
雨や湿気、朝露などで、実際湿って火もつかないような場合も多いよ。
そういう中で、燃えやすい木の種類を知っておくことは、知っておいて損はないと言ってるだけ。
141.名無しさん:2019年07月31日 13:26 ID:HrR98llR0▼このコメントに返信
>>8
なるへそ!
しっくりきた。
山を下れば山道とかに出るものと思い込んでたけど、そんなに都合の良い場所に出るとは限らないもんね。
登山しないのが一番だけどね。
142.名無しさん:2019年07月31日 13:30 ID:f.ATfcmz0▼このコメントに返信
登る程、気温が下がる。生存の可能性は水と体温、無理して登るより水の確保で沢を目指せ。
10日は大丈夫です。
143.名無しさん:2019年07月31日 13:40 ID:IZGFxnQu0▼このコメントに返信
>>128
滝壺は落下する水で深く掘られている。よって飛び込んでも安全
遭難という困難の中での一服の清涼剤。汗も流して清潔も維持の一石二鳥。積極的に活用しよう
144.名無しさん:2019年07月31日 13:43 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
※143
先日、山で遭難し、死亡が確認されたIZGFxnQu0氏ですが、
生前ネットに「滝壺は安全、飛込は一服の清涼剤」などと
書き込みを行っている事が判明しました。
145.名無しさん:2019年07月31日 13:49 ID:3cpOtt0l0▼このコメントに返信
全くGPSの話題が無いな、自分はGPS無しで山に入るなんて怖くて出来ないけど。
真っ直ぐ行けばとか言ってる人もいるけど山の中で地図上の直線なんてなんの意味も無い。
146.名無しさん:2019年07月31日 13:54 ID:KBCT.x6e0▼このコメントに返信
今のガチ登山家や極地冒険家は
GPSや衛星電話も装備してるからな
便利な時代になったよ

植村直巳も現代の装備をしていたら命を落とすことはなかったかもね
もっともアナログ装備にこだわる人もいるけど
147.名無しさん:2019年07月31日 13:58 ID:f.ATfcmz0▼このコメントに返信
雪山遭難なら動いたらダメ。
天候が回復するまでビバーク、後は状況で下山か登頂。
148.名無しさん:2019年07月31日 13:58 ID:LMWaLikU0▼このコメントに返信
沢下りってなんで川に足浸けながら歩くとか想像しちゃうんだろうwww
当然少し離れて歩くに決まってんじゃん
滝に出会ったら終わり?じゃあ君は上目指してて崖に出会ったら切腹でも決めちゃう?
149.名無しさん:2019年07月31日 14:08 ID:R6DqmhD.0▼このコメントに返信
※121
それをやって死亡した親子が去年おったやろ
まああの親子は入山した時間が遅い上に装備も貧弱で家に残っていた爺さんが通報した内容も間違っていたと
助かる要素がこれっぽっちもなかったが
150.名無しさん:2019年07月31日 14:08 ID:k0CeHIUq0▼このコメントに返信
※144
続報です。IZGFxnQu0氏の警察の検死によりますと
死因は、水死であることが判明しました。
荷物等の痕跡から、氏は山で遭難後、沢へ下り
そこで食料や水などを、なぜか放置しており
さらに下流の滝壺に飛び込んだものと思われます。

氏のネットの書き込みによると。
※121 ※143
などと、コメントを残しており、
この不可解な行動が、本人の意思によるものであった事に、
家族も「あの子なら、やりかねません」と言葉を残していました。
151.名無しさん:2019年07月31日 14:15 ID:a1H3WMQD0▼このコメントに返信
※132
1と2が見えないんだが
152.名無しさん:2019年07月31日 14:16 ID:s148xccG0▼このコメントに返信
盛夏の晴れた日の沢筋は冷風が通り気持ちがよかったりする。
だがしかし、涼しいと感じるのは人間だけでない。
熊の痕跡(熊棚、獣臭、熊糞)が新しかったら、
(熊との遭遇率が低いという意味で)来たルートを引き返すしかない。
知らない谷筋や沢筋に入らないことが基本。
153.名無しさん:2019年07月31日 14:22 ID:9binK7Mw0▼このコメントに返信

 「山頂を目指す」は鉄則なんだろうけど、毎年ベテランのアルピニストが 
 亡くなる原因は体温の低下による持病の発症がらしいね。
 もしくは、体力消耗によってバランスを崩して滑落死、事故死だね。

 自分は30年以上、登山や沢登、源流釣りをやってるけれど、そのうえで
 言えることは、「動かずに火を熾し、シェルターを作る」ということ。

 ファイアースティックと着火剤、タープ、高性能浄水器(ソーヤかカタダイン)、
 高カロリー携帯食、軽量防寒着、防寒シート、たったこれだけでかなり延命できるよ。
 初心者は「山菜野草」のハンドブックがあるとなおいいね。

 「体温を下げない、体力を消耗しない」わかっていてもスキルがないベテランは
 意外と多いよ。
 

 
154.名無しさん:2019年07月31日 14:22 ID:s148xccG0▼このコメントに返信
※151
俺のことを詐欺師と言いたかったのかも。
155.名無しさん:2019年07月31日 14:28 ID:spXP.4cx0▼このコメントに返信
遭難ではなく、その前の状態。道に迷った場合のこと。新潟だか、親子が遭難したのも道に迷った結果だ。沢を降りてはいけないと云う鉄則を知らなかった。何故沢へ降りてはいけないか?わずか高さが3mの土の崖で緩やかでも、沢に降りて水を飲んでくだろうと思うだろう。すると時には滝へ遭遇する。それでアウト。夏ならぬれてもいいが秋、春は山では低体温症になる。ではもとの3mの崖に戻った場合どうなるか?
草が有っても、無くて粘土でもすべって登れない。軽装備だからピッケルは持っていないだろう。私は高校生の時大菩薩に登ったが、先行のグループが道を間違え急こう配の土の坂と云うより崖を上ることになってしまった。粘土は滑る。これが個人だったら登れなかっただろう。それが沢だったら進退窮まるのだ。 道に迷ったら沢には絶対にはいるな。上に行けば道は一つになる。また木もだんだん低くなるから、救援隊にも発見されやすい。
156.名無しさん:2019年07月31日 14:31 ID:xa1fXae70▼このコメントに返信
※148
水の中歩こうとしても、あまりの冷たさに諦めると思うわ
沢が特に危険な理由としては、沢って多くの場合周囲に岩が多いのよ
苔が生えてたりして滑りやすいのもあるけど、何より足場が悪い
冷たい流水があるため、地味に気温が低いのも痛い
怪我するリスクと低体温のリスクのダブルパンチ

下っても川に繋がってないこともあるし、滝になってる場合はその周囲に崖があることもある
上に向かって道がなくなって迂回路探すより、沢下りで既により多く消耗した体で、再び沢を遡上して迂回路探すほうが助かる可能性が低い
157.名無しさん:2019年07月31日 14:36 ID:WsEa6k9K0▼このコメントに返信
>>151
普通の意味だから消しちゃった(笑)

やま‐し【山師】
1 鉱脈の発見・鑑定や鉱石の採掘事業を行う人。
2 山林の買付けや伐採を請け負う人。
158.名無しさん:2019年07月31日 14:36 ID:gfq.wHqA0▼このコメントに返信
パンくずとかエアプにもほどがあるわ
俺ら玄人は碁石を使うね
棋士「お、ええ碁石落ちとるやん!拾うたろ」
159.名無しさん:2019年07月31日 14:50 ID:OzdPg6M70▼このコメントに返信
山が三角と仮に考えて頂点と下の方の広い部分でどっちが見つかりやすいかと考えると上に決まってんだろ
160.名無しさん:2019年07月31日 14:53 ID:QEYlCCzq0▼このコメントに返信
山を下れば、末広がりで本来の道に戻れる可能性が低くなる。
上ることができれば道に戻れる可能性が増える。
161.名無しさん:2019年07月31日 14:56 ID:Qp0s6.Bi0▼このコメントに返信
前に遭難して亡くなった親子も沢で見つかったよな
沢には絶対降りたらアカン
162.名無しさん:2019年07月31日 14:58 ID:RXaRoWk00▼このコメントに返信
勘違いしてる人多いけど、登山計画書通りに行かなかった時点で遭難だよ。
大事な事なのでもう一度言います、
計画通りに行かなかった時点で遭難です。

遭難と要救助は別問題
殆どの人は遭難しても自力で下りてくるし、逆に順調に進んでいても急な体調不良で救助を求める場合もある。
遭難で最悪になってしまう場合も、突き詰めていくと計画に無理がある。
予備日入れずに下山翌日から仕事とか、余裕のないスケジュールで山に入り、焦りでショートカット→失敗して遭難みたいな。

で、お題についてだけど、藪漕ぎしなきゃいけないような迷い方をした場合は、まずは来た道そのまま登山道(と思える所)まで戻る。
さらにもう少し戻る。その段階で正解の道が見えてくるので、あとは体力と日没までの時間を考え、上るかエスケープするか決める。
というのが正解かと。
163.名無しさん:2019年07月31日 15:06 ID:f.ATfcmz0▼このコメントに返信
上も下も装備と山次第。
谷川岳で上に行くは相当困難、迷わず下る。
低い山なら上もあり。状況で判断かな。
判断ミスが遭難と呼ばれる。
164.暴君:2019年07月31日 15:11 ID:7Dr.b7JZ0▼このコメントに返信

 低い方へ降りてくってことは、

落とし穴の底に降りてくってことだよ、

底まで降りて、登れない引き返せないことに気付いて絶望するんだ。

二階から飛び降りれても二階に飛び上がれない。www
165.名無しさん:2019年07月31日 15:15 ID:cnkJ.LU20▼このコメントに返信
大雨の時だけ流れる隠れ沢にも注意
岩と岩の間に落ち葉が積もり、天然の落とし穴になってる
体ごと落ちて身動き取れなくなるか、浅くても足の骨を折ったりする
166.名無しさん:2019年07月31日 15:23 ID:bYZS4oFO0▼このコメントに返信
まずは「あってるとわかるところまで戻れ」なんだけど、>>1みたいなのが下山中に迷った時に戻らずに取り合えず降りようとして遭難するから「登れ」と言ってるようなもんだわな
167.名無しさん:2019年07月31日 15:25 ID:buFDbZgu0▼このコメントに返信
沢沿いに登山道はないから稜線に向かって登ったほうがいいのは当たり前。
まあ登るのはしんどいから下るんだろうけど。
168.名無しさん:2019年07月31日 15:53 ID:.pQO8Axf0▼このコメントに返信
どうしても沢下りを主張して人を死なせたいクズがいるみたいだな
沢下りで画像検索すりゃどんなものかわかるぞ
169.名無しさん:2019年07月31日 15:57 ID:J0GRWOeS0▼このコメントに返信
「新潟の山で遭難した親子が道をまちがえた場所、やばすぎる」
と言うまとめが登山チャンネルにある。勉強になるで。
タイトルでググれば一発や。
170.名無しさん:2019年07月31日 16:02 ID:iSpsuRGM0▼このコメントに返信
頂上付近の方が 面積狭いので 見つけやすいてことだろ
171.名無しさん:2019年07月31日 16:12 ID:tgdDp6w00▼このコメントに返信
単純につらい思いしながら登るより下るほうが楽だと思っちゃうのかもな
そして急な下り坂を降りてくうちに高すぎて降りれないような場所にぶち当たる・・・
172.名無しさん:2019年07月31日 16:27 ID:QEYlCCzq0▼このコメントに返信
怪我をしてなければ、気象条件がよければ、のぼったほうがいい、ただし、登山道か、斜面ならジグザグに。
173.名無しさん:2019年07月31日 16:33 ID:upGupCmT0▼このコメントに返信
そもそもなぜ沢になっているかを考えようね。
174.名無しさん:2019年07月31日 16:57 ID:cNs.iC2S0▼このコメントに返信
先ずはうろちょろせずに体力回復でしょ 水も体力もあるなら降りるより登る 沢とか高低差を理解してないアホだけが行く
175.名無しさん:2019年07月31日 16:58 ID:9xCU5Y9j0▼このコメントに返信
※116
新潟というか日本でちょっと道から外れただけで簡単に遭難できるのは、そもそも山登りに対する気概が足りない。

じゃあ子供連れて「うえにのぼればたすかってた」のか???

基地外野郎(笑)
176.名無しさん:2019年07月31日 17:04 ID:9xCU5Y9j0▼このコメントに返信
※169
見たが、これ、山関係ないんじゃないか。

冬の青森の平地の方が難易度高いぞ。

さらに言えば、もう少し気合い入れて下れば助かっていた。

結局体力不足、準備不足。山を舐め過ぎていた、そして何より「山道が道じゃない問題」。
177.名無しさん:2019年07月31日 17:13 ID:9xCU5Y9j0▼このコメントに返信
ていうかこの話題はケースバイケース過ぎる

「運の悪いのとバカは山に登るな」でいい。
178.名無しさん:2019年07月31日 17:14 ID:oedpBWgv0▼このコメントに返信
>>51
下りでも同じだよ
「来た道を帰る」ことができるなら誰も遭難などしない。
179.名無しさん:2019年07月31日 17:19 ID:oedpBWgv0▼このコメントに返信
>>128
エアプじゃなくてどう見てもネタじゃん
180.名無しさん:2019年07月31日 17:27 ID:9xCU5Y9j0▼このコメントに返信
Google Earth 上の任意の地点で「遭難」させて、AIに登った方がいいか下った方がいいか、
どちらの生存可能性がより高いか判定させるべき。

人間の判断は全くアテにならない。
181.名無しさん:2019年07月31日 17:36 ID:9xCU5Y9j0▼このコメントに返信
後、女って猫と同じで、やばくなったら取り敢えず真っ直ぐ進むし、

走り出した車のドアノブを握りしめたまま走っていく

お前等は山を理解していても女を理解していない
182.名無しさん:2019年07月31日 17:40 ID:FhuLtiMb0▼このコメントに返信
山はシンプルかつ穏やかな円すい形じゃない。実際は崖と急斜面と谷で構成されている
そして山には360度沢山の沢がある
沢ってのはトラップ。捕まったら抜け出せなくなる罠。あり地獄
下るって事は自分でその無数にある罠に捕まりに行く行為
知識があるなら避けれるけど、ない場合、自然と歩きやすいところを下ると自然に沢に導かれる(流れが集まるところだからそうなる)
183.名無しさん:2019年07月31日 17:45 ID:sgAAgTU30▼このコメントに返信
道がわからなくなった時点で登る。
うろうろしていたら体力なくなって、登るも降るもできなくなって詰む。
まぁ降った先は「死」が待っていると考えるべきだろうけど・・・
冬枯れの山の写真を見れば、降ってはいけない理由がわかるはず。
しかも夏とかだと木の葉だの笹だの草だので崖や滝が見えないし、邪魔で進むのにも体力が消耗する。
184.名無しさん:2019年07月31日 18:00 ID:XrRPCJYe0▼このコメントに返信
馬謖スレ定期
185.名無しさん:2019年07月31日 18:13 ID:tePO.v8E0▼このコメントに返信
>>180
AI作る側が馬鹿だったらなんの参考にもならんよな、それ
人によっては下った方が遥かに生存率高い場合もあるもん
186.名無しさん:2019年07月31日 18:54 ID:dVoKjnJU0▼このコメントに返信
登れるだけの体力が残っているうちに判断して行動に移せ、と言ってるんだよ
馬鹿かこのスレ主w
187.名無しさん:2019年07月31日 19:04 ID:dVoKjnJU0▼このコメントに返信
※171
実際には下りの方が足腰への負担はずっと大きいのよね・・・
188.名無しさん:2019年07月31日 19:07 ID:ehqdr4sg0▼このコメントに返信
※148
一つ二つで良いから沢登りとかキャニオニングの記録読んでこい。沢の周囲なんてほとんどは切り立った崖か、落ち葉が堆積してまともに歩けない急傾斜ばっかりだぞ。
まさか下流みたいな広くて歩きやすい河原が延々上流まで続いてると思ってないよな???
189.名無しさん:2019年07月31日 19:23 ID:9IcJQrMD0▼このコメントに返信
遭難したときに人は下りを選びがちだけど登りを選択したほうがええで、って話であって
もう身動きが取れないレベルの人の話ではないだろ、動こうと思えば動ける人(ただしどこに行けばいいかわからない)向け
190.名無しさん:2019年07月31日 19:28 ID:YciuzSbO0▼このコメントに返信
>>35
入山届けと家族に行き先告げとくのが大事。
それだけでもやっとけばすぐに捜索が始まるし、捜索が始まれば山頂が見落とされることはない。
入山届出さずに誰にも行き先伝えてないのは自殺目的の入山と同じ。
191.名無しさん:2019年07月31日 19:32 ID:S4.Yp0x30▼このコメントに返信
沢に下りて水分補給しながら救助を待つのが正解
日本の低山なんか登山道無しで上れるわけがない
上ってるつもりでも迷って体力使い果たすのがオチ
192.名無しさん:2019年07月31日 19:50 ID:E.nNFfFC0▼このコメントに返信





冬山登山でも遭難したら登るのか!




193.名無しさん:2019年07月31日 19:54 ID:.pQO8Axf0▼このコメントに返信
どんなシチュエーションだろうが沢下りはほとんどの場合死に繋がるんだよなあ…
194.名無しさん:2019年07月31日 19:57 ID:.SI8AtRF0▼このコメントに返信
そういえば海には灯台があるのに山には無いんだね
195.名無しさん:2019年07月31日 20:23 ID:dVoKjnJU0▼このコメントに返信
※192
そだよ?
ヘリで吊り上げるにしても高台で周囲に障害物が無い方が吊り上げの難易度ぐっと下がるからね?w
196.名無しさん:2019年07月31日 20:24 ID:dVoKjnJU0▼このコメントに返信
※191
その場合は水だけ沢で補給してすぐ戻る、が正しい判断だよw
197.名無しさん:2019年07月31日 20:27 ID:dVoKjnJU0▼このコメントに返信
※182
山に登ったことも無いエアプ連中の脳内じゃ沢=下流の川原みたいな開けた場所、位の認識で固まってるからなぁ・・・w
実際の沢なんてのはクソ狭い谷にゴツゴツした巨石がゴロゴロなんて当たり前なのにねw
198.名無しさん:2019年07月31日 20:37 ID:4.jgb.5U0▼このコメントに返信
>>1
山は上に行くほど道の選択肢が狭まって,頂上へ行く道は数個しかないってことだ。
199.名無しさん:2019年07月31日 20:45 ID:.75wSr.i0▼このコメントに返信
沢って低山でも見た目からしてやばくない?
素人なのに登山道から外れて分け行っちゃうようなバカは、そういうプリミティブな危機感も働かないのかな?
200.名無しさん:2019年07月31日 20:47 ID:Pi78OPqy0▼このコメントに返信
鉄砲水とかもあるから澤は怖い
201.名無しさん:2019年07月31日 21:31 ID:MYKECcY60▼このコメントに返信

ピッコロがブウを、神殿の中で連れ回した感じだな。上ったり降りたり。
202.名無しさん:2019年07月31日 21:40 ID:6yEoVx790▼このコメントに返信
登ってる愛中に迷ったら降りろよ
降りてる最中に迷ったら登れよ

迷ったまま突き進めばなんとかなる!って馬鹿なのかw
203.名無しさん:2019年07月31日 22:11 ID:g5QzDHD.0▼このコメントに返信
沢から下るのが楽なら沢沿いに登山道ができるはずだろ
204.名無しさん:2019年07月31日 22:36 ID:id3jXQaZ0▼このコメントに返信
※197
場合によっては沢の水が飲めない事すらあるからね。
枯れ葉や枝がめちゃめちゃ溜まってたりとかで。
205.名無しさん:2019年07月31日 22:37 ID:9IB34ocW0▼このコメントに返信
迷うと下るのが魅力的に思える
水の音があると嬉しくなって近づいていく
山では人間の本能って思ったより役に立たないわ
206.名無しさん:2019年07月31日 23:17 ID:zZ7O6StA0▼このコメントに返信
>>192
経験済みなんだろうけど、そもそもトレースつくから道迷いは早々ないし
残らない状況なら普通は引き返すよな
悪天候で迷った時も普通は回復するまで動かないじゃん
207.名無しさん:2019年08月01日 00:03 ID:IYfNiqaY0▼このコメントに返信
「迷ったら登れ」というのには理屈としては納得するものの、降りる方向が間違ってさえいなければ体力を消耗せずに済むのでワンチャンあるんじゃないか?と考えてしまう遭難者の気持ちへの理解度の方が高い。
山には近寄らないでおこうと思う。
208.名無しさん:2019年08月01日 01:00 ID:AI.yn9320▼このコメントに返信
>>42
お前がなってろ
209.名無しさん:2019年08月01日 01:08 ID:X6vh45f60▼このコメントに返信
>>28
ただじゃしなねえ、自然も道連れだ
迷ったら山火事を起こす

今流行りの無敵の人かな
210.名無しさん:2019年08月01日 02:05 ID:.WY7Y0.Y0▼このコメントに返信
>>3
海での遭難ってほとんど死んでるじゃねーか
211.名無しさん:2019年08月01日 09:36 ID:Zn8CtRk90▼このコメントに返信
そもそも日本の沢は海につながってないことが多々ある。
212.名無しさん:2019年08月01日 12:16 ID:KawzXZdR0▼このコメントに返信
>>107
下山できとるやんけ!
213.名無しさん:2019年08月01日 14:52 ID:2YBYSI9m0▼このコメントに返信
※207
>降りる方向が間違ってさえいなければ
それが出来ないから遭難するんだぞ、頭大丈夫か?
214.:2019年08月01日 14:57 ID:2YBYSI9m0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
215.:2019年08月01日 15:17 ID:uab9S0CV0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
216.名無しさん:2019年08月02日 00:06 ID:p0xN9Pik0▼このコメントに返信
真っ直ぐ進むって難しいらしいね、利き足の関係で。
リングワンダリングとかね。

で、やたら下りが好きな人がいるみたいだけど
裾野は無限大だが、頂点は有限かつ数が少ないんよ。
だから登れって結論になるし、谷より尾根って話になるし。
あと藪がトラップになっちゃうし、場所によっては水も湧いてるだろうなあ。

やっぱ基本は、降りるな登れって結論に。
下りたがる人がリーダーだったら、心細くても別行動するしか。

高い山は危険ってすぐにわかるけど、低いから安全ってわけじゃないって事を
知らない人が多いっぽい?
やたらと軽装備かつ非常食も耐寒用の衣類も持たずに。

ちなみに7月の阿蘇(大観峰近く)で車内泊した事あるけど
雲の中に入ったのか、厚手の長袖の上着を着てても
寒さに震えた経験ありっす。

ま、登らないのが一番安全だよね。
217.名無しさん:2019年08月02日 13:24 ID:kset1X5n0▼このコメントに返信
ケースバイケースが一番正しい。

登ろうとしたら崖だったらどうするんだ。

そもそもこの話の出発点として「遭難」の定義が曖昧過ぎる。

道に迷う女だったら、定義上もう登山口から遭難している。
218.名無しさん:2019年08月03日 22:30 ID:Q2lXWJZc0▼このコメントに返信
死にたい奴は下れ、これは死神の命令だ逆らう奴はただではおかぬ

お名前