2019年07月08日 12:05

戦艦大和が最強 ← wwww

戦艦大和が最強 ← wwww

03

引用元:戦艦ヤマトが最強←www
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1562478118/

1: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:41:58 ID:tkN
出撃してすぐ沈没させられた戦艦が最強?笑わせるなよ
どんな理由があろうがすぐやられたんじゃ弱いわwww

3: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:42:59 ID:tkN
なんで最強最強言われるんよ

10: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:44:11 ID:rpX
めっちゃコンパクトやからやで

13: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:44:50 ID:kZW
もはや艦隊が艦隊と呼べるようなもんじゃなかったから戦艦も機能しなかったんじゃね?

14: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:44:54 ID:tkN
最強てのはアイオワ級戦艦やろ

15: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:45:07 ID:QFW
長門が最強やで

20: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:46:25 ID:qTl
航空機なし縛りならワンチャン

23: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:47:58 ID:tkN
>>20
航空機も戦艦の装備の1つ。
無い条件の比べ合いは無い

141: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:09:45 ID:ZjL
>>23
空母ありならそら空母の優勝に決まってるやんけ

22: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:47:44 ID:rpX
まず何を持って最強とするかをだな

24: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:48:21 ID:QFW
>>22
当時は大きさ勝負やったんやで

33: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:50:55 ID:rpX
今の艦でも主砲撃つとき甲板から待避するぞ

40: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:51:46 ID:IRM
戦艦の主砲は統制なしに撃てるもんちゃうからな

45: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:52:22 ID:IUA
主砲撃つときはサイレン鳴らして船員退避させるぞ

66: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:55:00 ID:IRM
思ったんやが46cm砲並べるスペースに20cm砲いっぱい積んだ方が強くない?

72: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:55:42 ID:uto
>>66
射程距離長くして遠くから一方的に撃てた方がええやろ?

77: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:56:23 ID:IRM
>>72
アウトレンジ戦法は当たりましたか…?

74: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:55:48 ID:oBY
あの時代スゲーよな
いちいち計算するの大変そうや

79: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:56:38 ID:eaP
>>74
なお命中精度

90: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)14:59:36 ID:3VQ
建造し始めた当初は大艦巨砲主義の真っ只中だったししゃーない

102: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:02:17 ID:tkN
しかも作戦とか日本中での電報をやり取りをアメリカが読んでたらしいやん。
マヌケすぎワロタ

136: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:09:05 ID:tkN
大和を30隻くらいバレずに建造して
なおかつ奇襲攻撃したら強いかもしれない

138: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:09:21 ID:ESW
>>136
場所が足りないんだよなぁ

148: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:11:12 ID:vLu
>>136
まあ強いだろうな
給油艦さえついてこれれば米西海岸まで強行突破できる

それ以上は何もできんが

149: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:11:20 ID:kx7
>>136
そもそもそんな資源有ったら対米開戦せんわ

143: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:10:08 ID:DdT
単艦での殴り合いなら大和最強やろ

145: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:10:28 ID:MhF
奇抜な発想より堅実な設計が一番!はっきりわかんだね

159: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:13:02 ID:kx7
>>145
大和の設計は堅実そのものなんだよなぁ
規模がデカいだけで
大和型も大和型の後に予定されてた紀伊型よりは常識的やし

147: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:11:09 ID:ESW
ていうか大和って戦艦として強いからには戦艦としての役回りを与えられないと強くないわけやろ
なら史実にあるような状況で負けるのは当然というか自明の理というか

164: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:13:33 ID:QFW
指揮官塔って高いとこにあるけどさ
そこ狙えば指揮が行き届かないからやっぱ艦って雑魚くね?

174: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:14:54 ID:tkN
>>164
武蔵はそれでやられたんやろ

178: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:15:13 ID:QFW
>>174
そうやっけ?
魚雷ちゃうの?

183: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:16:17 ID:tkN
>>178
魚雷もやけど、
指揮官塔を集中砲火されたとどこかで聞いたの

188: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:17:23 ID:eaP
>>178
そりゃ最後は魚雷やろ
普通に撃ってもあんなん沈まんで

167: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:13:47 ID:tkN
VS戦艦しか想定してないのか?

170: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:14:38 ID:2wp
>>167
改修後は対空艦みたいなもんやろ

173: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:14:40 ID:ESW
>>167
あくまで戦艦以下の艦種の露払いありきだろ

176: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:15:03 ID:rF8
>>167
そらWW2始まるまで航空戦力の評価が定まってなかったしな
航空機の威力が見直された時にはもう大和完成しとるし

180: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:15:58 ID:MhF
>>167
アメリカ海軍も大和と艦対艦決戦やろうとしたけど航空隊が先に見つけちゃったからしかたないね

181: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:16:08 ID:kx7
>>167
第二次世界大戦開戦までは最終的に戦艦全部潰せば勝ち確定まで持って行けたし
戦艦の主砲を鶴瓶打ちしたら爆撃の比やない被害出せるしな

182: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:16:12 ID:cam
戦艦作ったで!!
でも勿体ないから使わんで!!

これ本当に草

187: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:17:15 ID:0bi
最強の戦艦なのは事実
戦艦が時代遅れなだけで

191: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:18:05 ID:tkN
せめて沈まなかったらまだ言い訳効いたのに

195: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:18:41 ID:DdT
>>191
360機の航空機相手に持ちこたえる戦艦とかねーわ

198: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:19:34 ID:tkN
>>195
さすがのライオンもハイエナ360匹には勝てないか

200: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:20:02 ID:DdT
>>198
そらそうよ

197: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:19:34 ID:0bi
>>191
イッチは戦艦そのものを過大評価しすぎ

192: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:18:12 ID:0bi
飛行機で革新を起こした日本が飛行機で倒されるという皮肉よ

196: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:18:43 ID:eaP
>>192
量がちゃうしなぁ

199: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:19:53 ID:vLu
航空優勢させ確保しとけば戦艦も有用なんやが
山本さんもそこには気付かなかったのがもったいない

ミッドウェーやって大和ら連合艦隊前衛に付けときゃ
余裕で勝てたやろ

206: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:20:42 ID:eaP
>>199
ミッドウェーのときってもう大和できとったっけ?

212: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:22:46 ID:vLu
>>206
出撃してるけど
あまりにも後方に配置したせいで戦闘に参加できなくて
到着前に決着ついたから途中で引き返した

214: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:22:49 ID:tkN
もったいないなあ。本当にもったいない。
戦艦同士の戦いをせずにしかも
アメリカまで行けずに沈むなんて

227: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:24:56 ID:0bi
>>214
どっちにしろイッチの望むもんは見れんで
戦艦同士の一騎打ちみたいな

260: 名無しさん@おーぷん 19/07/07(日)15:28:40 ID:cam
戦力よりも
シンボルとしての役割が強かった

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年07月08日 12:13 ID:cL3jueMo0▼このコメントに返信
まあアメリカ以外の国で大和を沈めるほどの艦載機の集中投入可能な国は無かったんですけどね
2.名無しさん:2019年07月08日 12:14 ID:eJujU4ZZ0▼このコメントに返信
機動部隊にいち早く目を付けて編成していたのに
弩級戦艦を建造する意味はあったん?
3.名無しさん:2019年07月08日 12:14 ID:9Br55x8T0▼このコメントに返信
このサイトは四那がNGワード
4.名無しさん:2019年07月08日 12:15 ID:hlALO0DY0▼このコメントに返信
うっわw
アホがおるw
大和が最強なのは間違いないんだよ!
間違ってたのは上層部の頭
どんなに良い物でも運用する奴次第で糞になるんだよ!
5.名無しさん:2019年07月08日 12:15 ID:U9Gkr.xl0▼このコメントに返信
魚雷20本と大小の爆弾を至近弾直撃弾あわせて40発くらった程度で、わずか8時間後に沈んでしまうような脆さやぞ
6.名無しさん:2019年07月08日 12:16 ID:9Br55x8T0▼このコメントに返信
次は負けないように準備しよう。

先ずは憲法改正からスタート。
7.名無しさん:2019年07月08日 12:16 ID:JZqgHYEh0▼このコメントに返信
アメリカが最強で敗戦国日本は雑魚で戦勝国の中国以下
これが現実だぞ
8.名無しさん:2019年07月08日 12:16 ID:y2ET0HIP0▼このコメントに返信
魚雷24本くらって2時間浮いてるとか、どんだけ基地外設計なんだって話 
9.名無しさん:2019年07月08日 12:16 ID:a6xkDHdR0▼このコメントに返信
またバカが無知を晒してるよ
10.名無しさん:2019年07月08日 12:17 ID:.2CjepQJ0▼このコメントに返信
単純な火力・装甲厚なら大和最強は確実よ
それだけで決まるもんじゃないって本スレ>>1は知らないキッズかな?

※4
機動部隊編成の前から建造始まってる定期
11.名無しさん:2019年07月08日 12:19 ID:cuZcpbbp0▼このコメントに返信
大和を最強とするなら、武蔵と比べないと
っで、どう考えても武蔵だろ
12.名無しさん:2019年07月08日 12:21 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
第三次ソロモンで比叡と霧島じゃなくて、大和と陸奥を出しておけばガ島は火の海&サウスダコタとワシントンも海の底。だったんじゃないかと今でも思うな。
陸奥が居ればそっちに砲撃が集中して大和は被害無い可能性もあるし(当時のアメは長門と陸奥が最大の敵という認識)
13.名無しさん:2019年07月08日 12:21 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
>武蔵はそれでやられたんやろ

大和型に限らず戦艦の艦橋は普通に予備の指揮場があるし、そもそも、英国の某最新鋭戦艦を除けば堅固に作られているからあたってもどうと言うことはない。実際に武蔵は場合は直撃を食らってもすぐに予備の指揮場から命令が発せられいる。

ちなみに某最新鋭戦艦は艦橋に直撃を食らって艦長以外の上層部が戦死し、後退ている・・・。
14.名無しさん:2019年07月08日 12:22 ID:FKEbP2V20▼このコメントに返信
>VS戦艦しか想定してないのか?
当時はドクトリン的にそれで正解やったんやで
その意味で言うと最大の主砲とそれに見合う装甲持ってる大和は当時最強(スペック的に)
15.名無しさん:2019年07月08日 12:22 ID:Arb9jDfS0▼このコメントに返信
個艦最強なんて何の意味もないぞ。
各種艦艇合わせて優秀な艦隊を組めるか、それを維持できる経済力と技術力を作れるか、が一番重要やで。
16.名無しさん:2019年07月08日 12:22 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※5
ノースカロライナとか魚雷一発で半年近く病院送りだったもんなw
個人的に、速力を考えなければアイオワ級よりノースカロライナ級の方が手ごわかった気がする。
17.名無しさん:2019年07月08日 12:23 ID:TKhi.jeW0▼このコメントに返信
純粋に軍艦同士の戦いなら設計上強かったんだろ?
対航空戦力に弱かっただけで。
相性が悪かったんだよ。
じゃんけんのチョキとパーみたいなもん。
18.名無しさん:2019年07月08日 12:23 ID:mR1zSmBF0▼このコメントに返信
なんで戦艦の性能話をしてるのに攻撃機のことや日米の暗号の話が出てくるのかわからん
19.名無しさん:2019年07月08日 12:24 ID:2YJhDkVb0▼このコメントに返信
※2
弩級戦艦が大和型戦艦のことなら
機動部隊に注目したときには建造スタート
空母主体の航空艦隊が編成されたときには進水
いわゆる機動部隊といわれる第一機動艦隊が編成されたあたりで就役して、建造終わってないやつはこの辺で建造中止か空母に改装されてる
のでいち早く目をつけた後は戦艦を作ってない
20.名無しさん:2019年07月08日 12:24 ID:bgSNRuFM0▼このコメントに返信
※2
88艦隊構想の残り香やから・・・
所詮はお役所仕事よ。
21.名無しさん:2019年07月08日 12:25 ID:RvPoYO6X0▼このコメントに返信
日本の誇り
富士山、零戦、戦艦大和
意義は認め無い
22.名無しさん:2019年07月08日 12:25 ID:tEb5kaq40▼このコメントに返信
ミッドウェーで空母の前に置いて、被害担当艦にでもなってればまだ救われたんやけどなー。

石油がたりなーいって騒いでるくせに、なにしに来たんだよって話ですわ。
23.名無しさん:2019年07月08日 12:25 ID:AzrUiNvP0▼このコメントに返信
>アメリカまで行けずに沈むなんて

アメリカに向かってたと思ってるのか このアホイッチ

まぁ何につけても日本下げしないと気がすまない
なんとか半島系在なのかもしれないが
24.名無しさん:2019年07月08日 12:26 ID:bgSNRuFM0▼このコメントに返信
※18
混乱するのはいつもの事。
もうすこししたら朝鮮を持ち出す奴が出てくる。
25.名無しさん:2019年07月08日 12:27 ID:UaqIYDsf0▼このコメントに返信
航空戦力ありきで造られたものがそれなしでやられたのだ
仕方があるまい
26.名無しさん:2019年07月08日 12:28 ID:TLyhBSmH0▼このコメントに返信
で、ご戦果?

爆撃機7機8人被害で撃沈れて 乗員 3332人生還した276人のゴミ雑魚戦艦のご戦果は?

敵艦1隻でも沈めましたか?
27.名無しさん:2019年07月08日 12:29 ID:ZJneGEEu0▼このコメントに返信
ヨーロッパ戦線でイギリスやドイツ相手なら活躍できただろう
太平洋戦線は日本とアメリカの雷撃機の性能が高性能かつ充実していて、戦艦に限らずあらゆる水上艦にとって危険な戦場すぎた
28.いつもの:2019年07月08日 12:30 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義に最後まで固執し続けたのが日本海軍
世界各国が条約明け後の航空戦に対応し、すべての新型戦艦が30ノット以上の速力をもつのに対し大和は26ノットという鈍足で、
しかも世界の新戦艦が30ノット以上の高速艦だということを知らなかったという
対してアメリカは真珠湾で復旧した戦艦ですら30ノット出せるように改装した

副砲と高角砲を一本化している流れに逆らい別々に装備し、精神力ばかり重視し科学的な研究を怠った結果、電測装置の開発に大きく後れ機械的な機構でも古く劣った物しか出来なかった
たとえば、砲の装填装置はアメリカ戦艦は全自動で操作員は殆ど居ないのにたいし、日本の戦艦は砲弾を人力で運ばなくてはならなくそのため砲弾は一度小さく分解して人力で運び、装填前に再び組み立てなくてはならない
照準装置もアメリカ戦艦がジャイロで波浪の揺れを消して安定させているのに対し、なんと日本の船では人間の手で装置を上下させているのだ
よくイメージされるのが、照準機を覗き込んだ射撃手がレバーを動かせばそれに合わせて主砲が動くという物だか大和の主砲の操作方法は、照準機を覗き込んだ射撃手が伝声管で砲塔にいる操作員に方位、仰角を伝える方式だった
こんな方法では、刻一刻と変化する目標に命中させられる訳が無いのだが、当時の日本人は不思議にも思わなかったのだ

続く
29.名無しさん:2019年07月08日 12:31 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※2
あるけど。

当時の・・・と言うか現在進行形で航空機では重量や燃料、航続距離などの関係で爆撃をやるにしても制限がある。のに対して戦艦ならば制空・制海権さえ取れていれば航行可能な地域ならば好き勝手討ち放題できる。

実際に朝鮮戦争で艦砲射撃しまくって対艦能力がない北朝鮮軍相手に大打撃を与えておりますし、米英仏も戦中戦後になっても戦艦を建造しております。

ちなみに戦艦がいらなくなった理由は

・ミサイルなどの開発や航空機の改良などよりもお手軽に爆撃などが出来るようになった
・そもそも戦後になって以降、戦艦を保有している、していた米英仏などに対抗できる海軍=戦艦を保有できる国がいない=水上における海戦でも安価で数がそろえられる駆逐艦で十二分に対抗できる

からですけどね。

30.いつもの 新作部分あるよ:2019年07月08日 12:32 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
続き

船体強度も全く足りず、主砲の9門同時射撃が出来ないため、わざわざ発砲遅延装置を取り付け衝撃を分散させようとしたがうまくいかず、
結局9門同時射撃は禁止されてしまった

日本海軍がようやく現状を理解した時には既に遅く、空母が全滅してからだった あわてて完成寸前だった信濃を空母に改装、4番艦も解体したが遅すぎ信濃は何の役にもたたず撃沈されてしまった

大和型は援蒋ルートを断ち切るための切り札として造られ、これにより大陸問題を致命的に拗らせる原因をつくり
さらに、大和を造りたいと言うだけで条約をガン無視、対日感情を悪化させA級戦犯筆頭の存在となり、海軍の後れた思想のせいで大和型2番艦の武蔵は航空戦の時代に世界で最後に建造された戦艦という不名誉な船になってしまうことになった
31.名無しさん:2019年07月08日 12:33 ID:uTjIoeRd0▼このコメントに返信
大和の建造は技術的に二度とできないという事実
大和のやばいところはそこ。
32.名無しさん:2019年07月08日 12:33 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※7
で、その戦勝国の中国様は共産党に大陸からあっさりと追い出されて台湾に逼塞しているのに対して、それ以下のはずだった日本は戦後復興どころかそれ以上の発展をとげ米国に肩を並べるほどの経済大国にまで発展したのも現実ですな。
33.名無しさん:2019年07月08日 12:34 ID:sH3MNzYc0▼このコメントに返信
スレ立てるならもっと調べてからにしろよ
このイッチはアホ
34.名無しさん:2019年07月08日 12:34 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※22
むしろ、ミッドウェーの無駄大名行列のせいで石油が余計に足りなくなったという面も。
戦艦、巡洋艦、駆逐艦、空母、その他艦艇を端から動員して、前衛部隊しか戦わずに帰ってきたというどうしようもなさだしな。

※28
30ノットを求めた結果、アイオワ級なんかは相当バランス悪くなったらしいけどな。
ついでに、アイオワ級は武蔵より新しいわけで、大艦巨砲主義からの脱却は日本の方が早いよ。単純に、国力がなさ過ぎただけ。
35.名無しさん:2019年07月08日 12:34 ID:9DkAJLMQ0▼このコメントに返信
最後は東京湾に座礁させて海上砲台でも良かった気がするな、もったいない
36.名無しさん:2019年07月08日 12:34 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>26
戦果もなく、終わった船っていくらでもあるが?

造れもしない、持つ事すら出来なかった、よりはるかにましだよな
37.名無しさん:2019年07月08日 12:35 ID:mR1zSmBF0▼このコメントに返信
※31
当時の古い機械がないから同じのは作れないけど大和の性能以上の戦艦なら問題なく作れますよ
予算があればね
38.名無しさん:2019年07月08日 12:36 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※30
アイオワ級の方が後だったと思うが>世界で最後に建造された戦艦
39.名無しさん:2019年07月08日 12:36 ID:FKEbP2V20▼このコメントに返信
※30
この手のは定番コピペなのかもしれないがどこに転がってるんだ
新作までって・・・増えてるのか
40.名無しさん:2019年07月08日 12:36 ID:phstw2hY0▼このコメントに返信
まぁなんだ、大きくて太くてよく飛ぶのが日本の精神論の象徴だったんでしょ?
頭悪いよなw
41.名無しさん:2019年07月08日 12:37 ID:NLR5KLa50▼このコメントに返信
ヤマトは、時代遅れの木偶の坊! 海軍は完全に空母時代を身抜けなかった様だ。
42.:2019年07月08日 12:37 ID:sH3MNzYc0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
43.名無しさん:2019年07月08日 12:38 ID:RxsCbiig0▼このコメントに返信
こ こんな餌につられクマ…

大和沈められた状況じゃ同時代のどんな戦艦でも沈められてる、強弱はもう関係ないね
良い道具でも使い道が悪かったら良い結果は出せない
例えば刀で畑耕そうとしてもただ刀を悪くするだけだろ、そういうとこだよ。
44.名無しさん:2019年07月08日 12:38 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※16
そりゃ、アイオワ級の役目は空母の護衛や水雷戦隊の補助・・・なので他の戦艦のように殴り合い前提ではございませんからね。

それでも十二分に高性能であり、大和型とは違った形での「戦艦の最終形態」ですが。
45.戦艦『アイオワ』『ミズーリ』:2019年07月08日 12:39 ID:.0cUAnLi0▼このコメントに返信
>>10
戦艦『アイオワ』『ミズーリ』
21万2000馬力、33ノット、主砲41㌢級、レーダー照準射撃可能、有効射程距離においては大和級戦艦と大差無し。


戦艦『大和』『武蔵』
15万馬力、27ノット、主砲46㌢級、レーダー照準射撃は不可能ではないが米海軍艦艇のレーダー照準射撃とは雲泥の差がある。大和級戦艦が『アイオワ』『ミズーリ』に勝るのは『最大射程距離』のみ。加えて『大和級戦艦の最大の『弱点』』艦の船体部分を『装甲』が覆う『被装甲率』が『55%』であり『60%』を切っている。日本海軍軍令部は『大和級戦艦』に『要求性能』として『46㌢級主砲』以外に『最高速度30ノット』以上、被装甲率60%以上を『要求』したが結局『46㌢級主砲』以外は当時の日本の『技術』では実現しなかった。
46.名無しさん:2019年07月08日 12:39 ID:eGhdfQqI0▼このコメントに返信
戦艦最強とは言っていいな。
航空機が戦艦の装備だから大和は最強じゃないっていうのは格闘技の話してる時に銃持った俺に勝てないとか言うのとおなじ。
47.名無しさん:2019年07月08日 12:39 ID:ZJneGEEu0▼このコメントに返信
>>25
これな
よく日本が航空戦力を軽視して大艦巨砲主義にこだわったからみたいな間違ったこと言うやついるけど、あれだけたくさんの空母建造してるのにそんなわけないだろと
大和型戦艦は味方の制空権下で行動することを前提にして作られてる。味方の航空機の援護が1機もない状況で、数百機の航空機相手に戦うなんて想定してるわけがない
航空機と一緒に協力して使う兵器に対して、航空機より弱いから時代遅れっておかしいやろ じゃあ航空機に勝てない兵器は全て時代遅れなのか
48.名無しさん:2019年07月08日 12:39 ID:uum1PgBp0▼このコメントに返信
>>38
てかもっと後発のヴァンガードとかもあるやん
体の一部が弱い人に構ったらアカンで
49.名無しさん:2019年07月08日 12:41 ID:SBL9h.Eo0▼このコメントに返信
同時期に完成したサウスダコタと大和型の速力はほぼ同じじゃないの?
50.名無しさん:2019年07月08日 12:41 ID:a35hLt3m0▼このコメントに返信
というか戦艦大和みたいな大物くらいしか褒められる船無いんか
いつでもどこでも航空機運用能力提供してくれるボーグ/カサブランカ
対空の鬼のクリーブランドみたいな端役でも素晴らしいのが米軍艦艇やろ?
51.名無しさん:2019年07月08日 12:41 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※41
大和が建造開始した時はまだまだ大艦巨砲主義全盛。
進水とほぼ同時に真珠湾とマレー沖で米英戦艦が叩きのめされて、時代が変わっていった感じ。
ついでに、大西洋ではまだまだ戦艦の時代で、イタリア海軍の巡洋艦が英戦艦に叩きのめされたりしているよ。

あと、「アメリカ相手に航空主義なんかやったら国力で圧倒されて負けるに決まっているだろ」って言って、大艦巨砲主義を貫くべきだったって人もいる。
52.名無しさん:2019年07月08日 12:42 ID:JwbAtCdc0▼このコメントに返信
どうして「この戦艦の強さ」の話で
暗号とか30隻だったらとかずれた話になるんだ?
米1は救いがたいバカ
53.名無しさん:2019年07月08日 12:42 ID:ZJneGEEu0▼このコメントに返信
>>31
これ得意げに言う奴かならず湧くけど、当時の技術そのままで建造する意味ないだろ
今作るなら最新の技術で同じもの建造できるわ
そんな金かける意味ないけど
54.名無しさん:2019年07月08日 12:43 ID:gmUCYpf00▼このコメントに返信
>>8
魚雷くらわないで済むくらいの対空装備はないんですかね…
ボフォース40mmみたいな
55.名無しさん:2019年07月08日 12:43 ID:o2WPEJrE0▼このコメントに返信
相手が動き回る対艦戦闘じゃなくて動かない対地攻撃だったら役に立ったんじゃね?
主砲の最大射程が40km以上、副砲で30kmくらいやろ
56.名無しさん:2019年07月08日 12:43 ID:wAbww25S0▼このコメントに返信
米艦艇は全てパナマ運河を通行できる規格に統一してたから
46cm級砲を積めなかったわけ
ただ単純に、でかい砲とアイオワ級以上の装甲を有してたから最強と言ってるだけ
今で例えると、これだけ交通機関が整っているのに恐ろしく金をかけて蒸気機関車を
作って最高の乗り物と言っている様なもの
57.名無しさん:2019年07月08日 12:44 ID:mR1zSmBF0▼このコメントに返信
※45
アイオワ級は、魚雷何発まで持ちこたえられるのかな?
58.名無しさん:2019年07月08日 12:44 ID:JwbAtCdc0▼このコメントに返信
>>52
アイオワが最強とか言うが
大和と同じ状況でどれだけ戦えるかという対照シミュレーションしないとなんの議論にもならない
59.名無しさん:2019年07月08日 12:44 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※48
完成で言うならばフランスのジャン・バール1955年(・・・ただし起工は1936年)だったりするけど。
なお二年後に退役している。
60.名無しさん:2019年07月08日 12:45 ID:uum1PgBp0▼このコメントに返信
そもそも大和の計画推進した人物は伊勢型率いて300機超えの航空機の襲撃凌いだ挙げ句に一割近く返り討ちにしてるンゴねぇ
ちな同型戦艦率いて艦隊丸ごと無駄死にしたバカが近い戦場に居るやで
モノは使いようやね
61.名無しさん:2019年07月08日 12:47 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※47
そもそも、日本が最終的に足りなくなったのは空母でも航空機でもなくて、「パイロット」だしな。
ぶっちゃけ、特攻で使い捨てにするぐらい航空機はあったし、空母も空船で出撃させるだけのモノが残ってたという。
今も昔も、人材を無駄遣いして使い倒す悪癖は変わっていないのよね。


※55
湾岸戦争でもアイオワの砲撃支援は有効だったらしいし、今でも上陸作戦をやるとしたら戦艦が欲しいって海兵隊が言うぐらいに有効みたいよ?
62.名無しさん:2019年07月08日 12:47 ID:sgb3Xjxu0▼このコメントに返信
「航空機も戦艦の装備の内」とかあるけど、大和とアイオワの搭載能力じゃ寧ろ大和優勢じゃないの?
63.名無しさん:2019年07月08日 12:48 ID:AASuuTk90▼このコメントに返信
なんで日本の艦隊を連合艦隊っていうの?
連合国側ならわかるけど
64.名無しさん:2019年07月08日 12:49 ID:F6wsf5PH0▼このコメントに返信
兵器は強いものを造るのではなくて
勝つ為のものを造るべきものだからな
65.現実問題:2019年07月08日 12:49 ID:.0cUAnLi0▼このコメントに返信
>>45
現実問題


戦後、これといった『戦果』を出せなかったにも関わらず、国民から『愛された『軍艦』』は日本以外の国含めて日本海軍の『大和』だけである。


『アイオワ』『ミズーリ』にしても、日本の『大和』以上にアメリカ🗽国民から『愛』されている。とは思えない。
66.名無しさん:2019年07月08日 12:50 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※60
西村提督を馬鹿というのは違うような気もするが。。。
志摩艦隊を待っても焼け石に水。
栗田艦隊を待っても航空機の餌食。
扶桑型はほぼ同型でも、航空兵装が伊勢型とは段違いに弱い。
スリガオ海峡は回避する余裕がエンガノ岬沖より無い。
とこれだけの無茶要素が揃っている戦場なわけだし。
67.名無しさん:2019年07月08日 12:52 ID:sgb3Xjxu0▼このコメントに返信
※63
複数の艦隊を統合した艦隊だから「連合」艦隊だよ
68.戦艦『アイオワ』『ミズーリ』:2019年07月08日 12:52 ID:.0cUAnLi0▼このコメントに返信
>>65
戦艦『アイオワ』『ミズーリ』


太平洋戦争末期、日立・室蘭の製鉄所を『艦砲射撃』を実施、民間人を1000人以上『殺.傷』した『汚点』がある。(どう考えても『民間人無差別虐.殺』の『戦争犯罪』である。)


『大和』『武蔵』にはその手の『汚点』はない。大和・武蔵の『手』は汚れていない。それだけでも十分である。
69.名無しさん:2019年07月08日 12:52 ID:pmT7zzGo0▼このコメントに返信
大和最強と言ってる輩は正直無知か何かだと思うわ。
どの戦艦でも戦艦対それ以外で見たら最強なだけで、大和に拘る意味が分からない。それに組織的行動が出来なければ最強と最弱の物差しで測れん。
70.名無しさん:2019年07月08日 12:52 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※56
>米艦艇は全てパナマ運河を通行できる規格に統一してたから
46cm級砲を積めなかったわけ
ただ単純に、でかい砲とアイオワ級以上の装甲を有してたから最強と言ってるだけ

その結果が最強ですので何か問題もであるのでしょうか?
と言うかそんなに最強の称号を気にするのであればパナマ運河を気にしない設計であるモンタナ級でも作ればいいでしょうに。

>今で例えると、これだけ交通機関が整っているのに恐ろしく金をかけて蒸気機関車を
作って最高の乗り物と言っている様なもの

その理屈で言うならばそれの準じたものを4隻以上も作って、しかもつい最近まで運用して喜んでいるアメリカや戦後になっても作り続けた英仏っていったいなんなの?と言う話なんだが。

特に英仏にはパナマ運河の制限はないのに何で大和より弱い戦艦しか作らなかったのでしょうね、となりますが。
71.名無しさん:2019年07月08日 12:52 ID:wYIIBniz0▼このコメントに返信
>>63
昔は有事の際に主力艦隊と旧式中心の警備艦隊をまとめて連合艦隊って呼んでたのが由来
72.名無しさん:2019年07月08日 12:53 ID:.2CjepQJ0▼このコメントに返信
※45
はて、俺は1行目で「単純な火力と装甲厚」としか書いてないわけだが
どこから速力だのレーダー射撃だの出てきたのかな? その辺は2行目の「それだけで決まるもんじゃない」に掛かってるって読み取れなかった?
そんでもって装甲率が55%ってそんな大した弱点でもないやん、装甲化が必要な部分はちゃんと覆えてるんだから
73.名無しさん:2019年07月08日 12:54 ID:7Ef.T.2c0▼このコメントに返信
>>26
戦場での戦果はあまり無いかもしれんが、
大和建造の技術は今でも繋がっている。
知名度や人気もあるし教訓も得た。
そういう意味で一応の戦果はあったぜ。
で、おまエラの最強と思う艦船は何だ?
言ってみろ、イチャモンつけてやっから。

74.名無しさん:2019年07月08日 12:55 ID:TLyhBSmH0▼このコメントに返信
※36

世の中にはコスパという概念がございましてね。

トンスノレ飲み日韓併合の日本畜生めにはご理解頂け、ない。
75.名無しさん:2019年07月08日 12:55 ID:AQSqfHxu0▼このコメントに返信
いや、対艦隊戦なら最強だろ。
76.名無しさん:2019年07月08日 12:56 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※63
今の日本で言うならば海自と海保が一緒になった組織・・・と言うことで(海自と海保の)連合艦隊と呼ばれている。

ちなみにもともとは有事の際の臨時編成であり、平時には分かれて仕事をしていた。
それが常設したのが1923年以降となる。
77.名無しさん:2019年07月08日 12:57 ID:k3os4C.L0▼このコメントに返信
ぷっ、相変わらず僻み根性丸出しときてやがる 中国や韓国が地べたを這いつくばっていた頃に日本が作った技術の粋
 
おまエラじゃ逆立ちしたって作れなかった代物だろ?ww
 
78.名無しさん:2019年07月08日 12:59 ID:ov3FnbJe0▼このコメントに返信
装備は最強でも指揮官が敵の協力者だもんな。
79.名無しさん:2019年07月08日 13:02 ID:mR1zSmBF0▼このコメントに返信
※69
戦艦大和の性能の話してんのになんで組織行動の話してんの。他の艦や戦果のことなんて無視してるから大和最強って言ってるんだよ
80.名無しさん:2019年07月08日 13:02 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>39
いつもの、でございます

このコピペは新聞やTV、ネットその他にある珍説、馬鹿発言のまとめです

ですから、新しい馬鹿発言があれば取り入れていくスタイルです

新作部分は、前回の大和関連記事で、ぜひ残してくれと依頼されましたので取り入れました

今後とも、よろしくお願いいたします
81.名無しさん:2019年07月08日 13:03 ID:3tkxkUwG0▼このコメントに返信
まあ何であれ日本人は負け犬。
負けるべくして負けた。
次は負けないようにと反省し続けるべきなのに、中韓に土下座して半世紀過ごした。
82.名無しさん:2019年07月08日 13:03 ID:NuXxuT4W0▼このコメントに返信
晴天の中部太平洋で1対1でもやれば最強かもね。
83.名無しさん:2019年07月08日 13:04 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※76
そのためか、「連合艦隊旗艦」はあくまでも、『「連合艦隊」の旗艦』であって、「日本海軍旗艦」ってわけじゃなかったらしいよな。
まあ、事実上、連合艦隊旗艦=日本海軍旗艦だったんだけど。

そのため、日本海軍の軍艦で一国の総旗艦を務めたのは、「駆逐艦・雪風」だけっていうやや無茶なネタがあったりするらしい。
84.名無しさん:2019年07月08日 13:09 ID:CsRplS.T0▼このコメントに返信
ヤマト堆、竹島、尖閣、フィリピン、ベトナム、イランあたりに1隻ずつ浮かべておきたいね。
85.名無しさん:2019年07月08日 13:12 ID:tCCztEvr0▼このコメントに返信
大和ミュージアム行ったら時代進むにつれ機銃マシマシのマシマシになってて航空戦に置いてかれてる感が伝わってきた
86.名無しさん:2019年07月08日 13:13 ID:41VF9Uyu0▼このコメントに返信
>>54
ボフォース40mm評価してるが結局航空機の護衛ないと無理。
87.名無しさん:2019年07月08日 13:14 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※83

>だけっていうやや無茶なネタがあったりするらしい。

まぁ、そういうのを肴にして楽しむのも歴史の醍醐味・・・と言うことにしておこう。

なお、この駆逐艦雪風、3日ほどとはいえ第八艦隊旗艦も勤めたころ(ある人曰く「今で言うならば会社の都合で一時的とはいえバイトが役員に抜擢された、とかいうとんでも話」)がある・・・。

戦歴とかかんがみて、なろう系の主人公かなんかかな?
88.名無しさん:2019年07月08日 13:16 ID:wv12wHcQ0▼このコメントに返信
宇宙戦艦ヤマトが最強
89.名無しさん:2019年07月08日 13:16 ID:ApNHEhVu0▼このコメントに返信
ナゼ大艦巨砲主義そのものを是非を議論しない。
日本もでっかい大砲をつんだ黒船を沢山つくって欧米列強に対抗するドクトリンは
維新政府の建国理念やで。
90.名無しさん:2019年07月08日 13:16 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>50
船、として見ると戦艦から駆逐艦まで全部怪しいけどな
91.名無しさん:2019年07月08日 13:16 ID:kj6A.QOI0▼このコメントに返信
最強はスペックの話だぞ。戦績のことでは無い。あくまで当時の日本の底力を示したものではある。
用兵が悪ければ対艦ミサイルを積んだアイオワだろうがニミッツ級空母だろうが宇宙戦艦ヤマトだろうが沈むわい。
ソ連の水爆だって開発ばかり派手で結局使う事無く軍事的プレゼンスは何の意味ももたらさずにソ連は崩壊したわけだが水爆が劣ってるとは誰も言わん。
92.名無しさん:2019年07月08日 13:17 ID:q3dXSEkh0▼このコメントに返信
クロージョアーイズ瞳ぃを閉じれえばあぁぁぁ
93.名無しさん:2019年07月08日 13:18 ID:ZAKK1n2H0▼このコメントに返信
沖縄とかにアメリカ戦艦は艦砲射撃しまくってて、全然有効なわけですが。やられてるのに覚えてないのかな。
94.名無しさん:2019年07月08日 13:19 ID:N.sJpswO0▼このコメントに返信
戦艦、というよりも艦船は護衛戦闘機なしで敵の雷爆機から身を護る術がないからな。だから如何に大和でも航空攻撃でフルボッコにされたら沈没するしかない。
大和最強説はお互い航空支援なしで砲撃戦をやった場合アメリカの全ての戦艦に対して攻守ともに優勢だと言うことによる。
ただし、アメリカの戦艦の方が弾道計算や砲撃管制に優れていたと言う話もあるので、実際に砲撃戦を行った場合、必ず大和が勝つとは限らない。
95.名無しさん:2019年07月08日 13:21 ID:BdLHKiHC0▼このコメントに返信
夢幻の軍艦大和という漫画は面白いよ
現代の高校生がタイムスリップして山本五十六に色々アドバイスするという内容。
96.名無しさん:2019年07月08日 13:22 ID:N.sJpswO0▼このコメントに返信
>>5
その攻撃に耐えられる戦艦は存在しない以上評価対象にはならんやろ?
97.名無しさん:2019年07月08日 13:22 ID:R6nbw9Vz0▼このコメントに返信
ステだけなら、建造された戦艦の中では普通に最強じゃん
かつて想定されたように、戦艦が戦艦として戦う(ポストジェットランド型)なら、実際あれ以上の船はないよ

戦歴とか言い出すと、糞古い設計のビス君すら評価しないといけなくなるから、にんともかんとも
98.名無しさん:2019年07月08日 13:23 ID:kj6A.QOI0▼このコメントに返信
※89
航空兵器が実用化されるまでは戦艦が決戦兵器だったんだよ。
今は空母とミサイルだな。ミサイル増やせ原潜増やせ言ってる連中も本質的には大艦巨砲主義と大差が無い。
尚、核は決戦兵器にはならん。使えるもんなら使ってみろだ。ソ連ですら使う度胸が無かったわけでな。
それでもソ連並みの規模の脅威を持ち得たならハッタリは効いたんだろうがな。今は無理。中国でも無理。
99.名無しさん:2019年07月08日 13:24 ID:c5Ai0xIw0▼このコメントに返信
アメリカ海軍の戦艦の福邦は以前から5インチ砲
アイオアは巡洋戦艦で、主力のサウスダコタ、モンタナは27ノット 大和と同じ
ヴァンガードがスイスイ航行している荒海をニィージャーシーが難航していたと
100.名無しさん:2019年07月08日 13:24 ID:N.sJpswO0▼このコメントに返信
>>7
戦艦という兵器の性能がどうだったかと言う話だから日本が強い弱いの話はしてないぞ?
101.名無しさん:2019年07月08日 13:25 ID:kj6A.QOI0▼このコメントに返信
※85
機銃がずらっと並ぶ辺り、今時ならCIWSが並ぶんだろうな。多すぎ、胸熱。
102.名無しさん:2019年07月08日 13:25 ID:xRNPBvQM0▼このコメントに返信
大和のすごいところはその小ささなんだよね。
3連装46cm主砲塔3基装備で、あのサイズで収まったところがね。
大きければそんだけ的になりやすいし、エンジン出力も大きくせんとアカン。
さらに燃費も悪くなる。

けど大和級の46cmとアイオワ級の40cmとどっちが上やったんやろ。
大和級は45口径、アイオワ級は50口径やからね。
タイマン張った撃ち合いをして欲しかった。
103.名無しさん:2019年07月08日 13:26 ID:N.sJpswO0▼このコメントに返信
>>54
基本的に艦船側の装備で航空攻撃を無力化するのは不可能。
アメリカの艦船だって特効機に結構やられてるから。
104.名無しさん:2019年07月08日 13:27 ID:wAbww25S0▼このコメントに返信
※70
条件付き最強艦なのは分かるが、実践ではこちらに合わせてくれない
105.名無しさん:2019年07月08日 13:35 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※94
でも、アメリカの対空砲火は相当強力だったらしいけどな。
南雲機動部隊を支えた最精鋭達のほとんどは、航空機じゃなくて対空砲火にやられてたと思う。

初期に関しては、直掩機が叩き落とす=日本、対空砲火が叩き落とす=アメリカで、精鋭がそろってきたアメリカはどんどん鉄壁になって行って、精鋭が消えていった日本はどんどんザル守備になっていったみたい。
106.名無しさん:2019年07月08日 13:37 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
>>68
やっぱ波動砲がカッコイイからでしょ
だからヤマト最強
107.名無しさん:2019年07月08日 13:38 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
レパレスは魚雷5発で沈んんだ。
プリンスオブウエールズは魚雷6本と爆弾1発で沈んだ。
アリゾナは爆弾1発で沈んだ。
大和は魚雷30本爆弾5発でやっと沈んだ。
大和は打たれ強い。
戦艦対戦艦なら大和の圧勝。
108.名無しさん:2019年07月08日 13:38 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
>>2
波動砲がカッコイイもんな
悲壮な決意を胸にイスカンダルへ
109.名無しさん:2019年07月08日 13:39 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※50
・水上艦艇を駆逐艦以外文字通り駆逐した和製ドレットノートこと特(吹雪)型駆逐艦
・世界で始めて(はじめから貫通式甲板のとして設計・”完成”した)航空空母・鳳翔
・WW2において最速にして最強の火力を誇るポール・アレン氏曰く「もっとも危険な駆逐艦」島風
・水雷戦では重巡洋艦をも蹴散らす攻撃量区を誇る艦隊決戦型の決定版である陽炎型駆逐艦
・高い対空能力と防御性を誇り、終戦中末期の日本海軍を支えた秋月型
・後の原子力潜水艦の元となった伊400型潜水艦

などなど探せばいくらでもいるけどね。
ぶっちゃけ、某「お船のゲーム」のおかげで一部のマニアのみだった敷居が思いっきり下がっておりますし。

たとえば、速吸とか立体化するなんで誰も思いもしなかったとかね・・・。
110.通りすがり:2019年07月08日 13:40 ID:eNayZ5lU0▼このコメントに返信
大和出撃の報を受けた米戦艦部隊は自分達の出番が到来したかと勇み足で出撃準備を行ったが結局、戦艦同士の砲撃戦では米戦艦部隊にも相当の被害が予想され、空母部隊に出撃の発令がなされたんやな。 米戦艦部隊は己れの被害等は眼中に無く、日本海軍の大型戦艦を海の藻屑と出来れば本望と強く出撃の発令を訴えが叶わんかったんや。 戦艦乗りはアクマでも大艦巨砲主義の権化みたいなもんやから至極残念無念やったそやな。 この時に戦艦同士の闘いが行われたら雌雄を決する大艦巨砲主義の終焉を飾るものとして後世に語り継がれたやろな。
111.名無しさん:2019年07月08日 13:40 ID:XCyrnyP30▼このコメントに返信
正直、宇宙戦艦ヤマトの印象しかなかった
実物にしたってデカイし巨砲だし重装甲だしで弱い理由もないだろうけど
112.名無しさん:2019年07月08日 13:41 ID:St6DP6ih0▼このコメントに返信
>>54
そもそも艦載機約400機(空母約10隻分)が、戦艦1隻・軽巡1隻・駆逐艦一桁隻の小艦隊相手に攻撃するとか、当時のどんな対空装備を使っても防げないからな...
113.名無しさん:2019年07月08日 13:41 ID:qfBI.Mdx0▼このコメントに返信
サマール沖海戦でほとんど役に立たなかったのにw
114.名無しさん:2019年07月08日 13:42 ID:kj6A.QOI0▼このコメントに返信
※102
一発当りの運動エネルギーは大和の方が大分大きいよ。弾は重く遠くまで飛ぶ。
尤もアウトレンジしようにも遠すぎて飛行機で観測しながらじゃないと狙えないんだけどね。
戦艦の装甲は主砲の威力を基準に作られるものなので近距離でガチの撃ち合いをすれば大和が有利ってことになる。
戦艦同士の対艦戦って実際ほとんど起きなかったわけだが。タイマンは現実には有り得ん。
115.名無しさん:2019年07月08日 13:42 ID:yOe2bYhs0▼このコメントに返信
※105
いやほとんどが敵航空機によるものだよ
もちろん被害がないわけじゃないし時が経つにつれて激烈に
なっていく対空砲火は脅威ではあった

ただ敵航空機の迎撃を抜けたらそれなりに敵艦船にたいする
攻撃は出来ているのよ
水上艦の対空砲火で阻止するのはやっぱり難しい
116.名無しさん:2019年07月08日 13:42 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
>>95
波動砲カッコイイもんね
ヤマトは世界からも愛されるアニメ
117.名無しさん:2019年07月08日 13:43 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
>>97
それを素体に宇宙戦艦作れちゃうぐらいだもんね
大艦巨砲は宇宙時代が始まっても人気あると思う
118.名無しさん:2019年07月08日 13:43 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
>>98
宇宙戦争時代になっても活躍するかもしれないね
119.名無しさん:2019年07月08日 13:44 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
>>111
宇宙戦艦ヤマトの素体が戦艦ヤマトなんだよ
そういう設定

120.名無しさん:2019年07月08日 13:45 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
引き揚げたヤマトを使って宇宙戦艦に作り変えることは出来るんだろうかね
ちょっとぐらい夢を見たい
戦争の話は置いておいてかつてのテクノロジーの産物の再利用というドリームを見たい
121.名無しさん:2019年07月08日 13:47 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※104
そうですね。パナマウンガガーとかいわれても日本側はわざわざあわせてやる必要性もなければ知ったことではありませんからね。
122.名無しさん:2019年07月08日 13:48 ID:qfBI.Mdx0▼このコメントに返信
>>107
魚雷30本でどこソースよ
123.名無しさん:2019年07月08日 13:49 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※122
調べてみ?
124.名無しさん:2019年07月08日 13:50 ID:qfBI.Mdx0▼このコメントに返信
>>120
大和も武蔵も弾火薬庫爆発して海底でバラバラになってます
125.名無しさん:2019年07月08日 13:54 ID:qfBI.Mdx0▼このコメントに返信
>>123
だからどの資料を引用したのか教えてよ
126.名無しさん:2019年07月08日 13:54 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
>>124
残念だよなあ
127.名無しさん:2019年07月08日 13:54 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
同型艦の武蔵は、魚雷20本、爆弾17発、至近弾20発以上らしいな。
強い...。
128.名無しさん:2019年07月08日 13:55 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
ヤマトはかつての日本の技の結晶の一つだったわけで
宇宙戦艦ヤマトに改造とか夢だよなあ
129.名無しさん:2019年07月08日 13:58 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※125
アメリカ軍が「30〜35発魚雷を当てた」と言ってるんだよ。
これを否定することは零戦とF4Fとのキルレイトを否定するということと同じだ。
130.名無しさん:2019年07月08日 14:00 ID:R6nbw9Vz0▼このコメントに返信
※105
VT信管の伝説とかあるけど、結局「艦隊防空」の主役はCAPだぞ
これは日本も米軍もかわらん

当たり前だけど撃墜の大半は戦闘機によるものだし、少なくとも敵編隊をバラバラにして
五月雨式の攻撃にして対空砲火を集中できた側面も大きい

命中率が20倍になったところで、元がクソ低いからアレだし、射程も短いから
所謂「防空艦」も戦隊レベルが精々で、艦隊の守りとはとても言えない


敵艦隊のはるか前方で、敵戦闘機の迎撃を何度もうけ、護衛戦闘機は切り離され、編隊内の僚機はどんどん落ちバラバラの小集団になっていく
必死こいてフラフラになった所で、ようやく敵艦隊の外縁部に辿り着くって感じよ
131.名無しさん:2019年07月08日 14:01 ID:htGP2EaW0▼このコメントに返信
※21
なおニイタカヤマノボレのニイタカヤマとは当時日本で一番高かった山のことである
132.名無しさん:2019年07月08日 14:04 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※130
それはマリアナ沖の真相って感じじゃなかったっけ?
村田少佐とか友永大尉の被弾→特攻の印象が強くて勘違いしちゃったか。ご指摘どうもです。
133.名無しさん:2019年07月08日 14:06 ID:bikyUDn70▼このコメントに返信
※129
まあ、30本どころか、武蔵の20本、大和の10本でも防御力としては異常だからなあ。
大和の場合、潜水艦に雷撃されてもピンピンしてて、日本-トラック間を余裕で往復した事も以上だと思うけど。

潜水艦の魚雷って航空魚雷よりはるかに強力だし。
134.名無しさん:2019年07月08日 14:07 ID:kj6A.QOI0▼このコメントに返信
※125
そういうのはニワカと呼ばれるんだよ。ニワカなのになんでこんなスレに居るの?
古い戦艦に興味がある人なら大抵知ってることだよ。この手の話題は知っていることを前提に為されるものだ。
戦艦に興味が無いのに戦艦の話題に首を突っ込んで偉そうにしてたら当然馬鹿にされるに決まってる。
135.名無しさん:2019年07月08日 14:08 ID:WGgb8Dzd0▼このコメントに返信
>>129
日本海軍の戦闘詳報は魚雷命中11本〜17本報告
136.名無しさん:2019年07月08日 14:10 ID:WGgb8Dzd0▼このコメントに返信
>>134
大和が武蔵以上に魚雷命中数が多かったなんて
初耳なんだが
137.名無しさん:2019年07月08日 14:11 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※135
11から17も差があるのか。
いい加減な報告だなあ。
もう最後になったら計測して報告する奴もおらんかったろ。
米軍報告の30〜35発で間違いないんじゃね?
138.名無しさん:2019年07月08日 14:13 ID:Hqh6qxP.0▼このコメントに返信
だいたい昔から、負ける国ってのは虎の子を温存し続けて戦略的劣勢が挽回不可能な状況になってやっと投入する。勝つ国は虎の子は即時投入して有利に進める。
139.134:2019年07月08日 14:14 ID:kj6A.QOI0▼このコメントに返信
※136
魚雷をそれだけ撃ったって事だろ?当ったとは書いてない。なあ、何処に命中したって書いてある?
140.名無しさん:2019年07月08日 14:16 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※134
え?
ここって戦艦対戦艦で大和が強いかどうかじゃないの?
大和に当たった正確な爆弾の数を議論する場か?
アリゾナなんか爆弾1発で撃沈なんだから、10発でも30発でも大和が最強艦ということで問題ないだろ。
お前はいったい何を議論したいんだ?
141.名無しさん:2019年07月08日 14:17 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
そういえば、今回は武蔵の戦訓で大和攻撃には片舷集中攻撃戦法を取った、という書き込みはないな
142.名無しさん:2019年07月08日 14:20 ID:htGP2EaW0▼このコメントに返信
※141
そらいまだにそんなデマ信じてるような奴はそれこそ※134やろ
143.名無しさん:2019年07月08日 14:20 ID:2j3SRPyx0▼このコメントに返信
>>139
言ってる意味からしてわからないw
144.名無しさん:2019年07月08日 14:21 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※128
2199・ヤマト「どうがんばっても設定的に改造には無理があるので新造しちゃいました♪」
スタートレック・エンタープライズ「それでも水上艦艇にわざわざ似せて建造するのはどうなんだ?」
145.名無しさん:2019年07月08日 14:23 ID:2j3SRPyx0▼このコメントに返信
従来の命中数10-11本について
「そんなはずがない」「根拠」が「米軍が(33-35本と)そう記録しているからだ」というのだから、特に何も考えずに書いたのかw
命中「させた」弾数や、撃墜「した」機数が実際の数の2~3倍になることはざらなのだから。逆に、投下した魚雷約60本で30発以上命中では、命中弾数が多すぎるのでは?

ちなみに米軍の戦後の調査(REPORTS OF DAMAGE OF JAPANESE WARSHIPS)では命中数9~12本と結論しています。
146.名無しさん:2019年07月08日 14:25 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>144
エンタープライズさん、あんた確か惑星に降下出来なかったよね

あなたたちと違って、ヤマトを始めとする艦艇は海上でも活動するから水上艦艇に近い形状に意味があるんだよ
147.名無しさん:2019年07月08日 14:26 ID:EOk8xMEY0▼このコメントに返信
ガミラスと白色彗星帝国人を破ってるからね。

宇宙一だと思う。
148.名無しさん:2019年07月08日 14:28 ID:SNUlfVLN0▼このコメントに返信
戦艦の中では最強なんじゃないの?
基準はスペックで。
149.名無しさん:2019年07月08日 14:29 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>145
アメリカの戦果報告も日本を笑えないとこ有るよね

ラバウルの航空隊は100機程度しかいないのに1000機はいると方向してたりするし
150.名無しさん:2019年07月08日 14:29 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※145
スレの内容から外れた正確な数字にこだわるなあ。
これだからアスペは。
議論は戦艦としての強さだろ。
他の国の代表する戦艦が大和半分、3分の1の魚雷で沈んでいるというのに。
仮に10発であっても大和が強いという結論だろが。
151.名無しさん:2019年07月08日 14:30 ID:oxujmA3Y0▼このコメントに返信
>>139
>それだけ撃ったって事だろ→命中弾じゃなく総魚雷投下数の事か?少な過ぎwww

>当たったとは書いてない 何処に命中したって書いてある?
魚雷30本以上耐えたって証拠だと資料引っ張り出してきた当人が何言ってんだ・・・
152.名無しさん:2019年07月08日 14:30 ID:tV2zRaoQ0▼このコメントに返信
ゲームとかだと優勢時の場合、射程の長い戦力ほど怖い物はない
でも劣勢になって数で負け始めると射程の長さはさほど意味がなくなる
153.名無しさん:2019年07月08日 14:32 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
※45
嬉しいなこういうの書いてくれる奴^^
集中防御は当時のトレンドであり、むしろ防御区画が冗長で薄ら長いほど劣った設計だ。
ようするに君はアイオワ級を大変侮っていることになるが、実際はアイオワ級「も」
バイタルパートの占める割合はほぼ大和型と同じだ。喜べよ(´・ω・`)
アイオワ級の装甲防御は所詮対16インチ砲防御に過ぎず、大和型に対する安全距離はピンポイントすぎて実質皆無なので
大和型とまともに殴り合うのは危険ですらある。
154.名無しさん:2019年07月08日 14:34 ID:oxujmA3Y0▼このコメントに返信
>>149
明らかに過大な米軍の命中報告を
大和が頑丈であった証拠として出してくるあたりがもうね
大和乗組員による戦闘詳報はデタラメと
毀損する気なのかと
155.名無しさん:2019年07月08日 14:34 ID:i1K.ED5u0▼このコメントに返信
最強は宇宙戦艦ヤマトです
156.名無しさん:2019年07月08日 14:35 ID:tAM5GRpJ0▼このコメントに返信
当時の米パイロットが、「要塞か島を攻撃しているみたいだ」とか「バケモノ」とか評しているのにか…。

なお戦後の、海外からの造船依頼の量は?

現代に於ける、造船根幹技術・部品の、世界シェアは?

まだまだ、我が国の力は卑下することは御座いませんぜ?

157.名無しさん:2019年07月08日 14:39 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※154
お前は大和が頑丈じゃないと言いたいんだな。
158.名無しさん:2019年07月08日 14:40 ID:ApNHEhVu0▼このコメントに返信
※144

波動コアを起動させるためには
三千英霊の魂の宿った鋼が必要だったんだよ。
159.名無しさん:2019年07月08日 14:41 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>154
大体は日本の報告は不正確だから信用出来ない、と言い張るんだけど、今回のアメリカの報告が正確だ、と主張すると大和の防御力が驚異的だと認める事になるから言えないんだろうな

大和の被害は日米の資料の付き合わせでだいたい確定してるけど
160.名無しさん:2019年07月08日 14:42 ID:qmLvEsI20▼このコメントに返信
活躍したしないなんて言ったら、雪風とか神風(駆)最強とか言い出しかねない事になる。
それに大和の件でも、護衛空母含む空母11隻で大和を上回れるとかになるので、十分強くねってならないかな。
161.名無しさん:2019年07月08日 14:45 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※159
まあ俺もだいたい10発くらいというのを知ってて、大和の強度を貶める野郎をハメて釣ってやったんだけどね。
162.名無しさん:2019年07月08日 14:45 ID:IhAm6xVV0▼このコメントに返信
>>150
>レパレスは魚雷5発で沈んんだ。
プリンスオブウエールズは魚雷6本と爆弾1発で沈んだ。
アリゾナは爆弾1発で沈んだ。
大和は魚雷30本爆弾5発でやっと沈んだ。
大和は打たれ強い。
戦艦対戦艦なら大和の圧勝。


じゃあ こんなデタラメ書いて恥さらない様になw


>仮に10発であっても

大和が他の戦艦と比較して圧倒的だという
印象操作のために最も過大かつ不正確な米軍報告を
引っ張り出してくるあたり随分と矮小な心根だねw
10発でいいなら素直に日本海軍の戦闘詳報を引用しとけば良かったんだよ ニワカ君w

163.139:2019年07月08日 14:45 ID:kj6A.QOI0▼このコメントに返信
※151
何言ってるんだかさっぱり判らん。当人って誰だよ。ID辿っとくれ。最初に言った奴と俺は別人だ。
164.名無しさん:2019年07月08日 14:47 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>45
でたよ、被装甲率とか言う全く意味無い数字出して批判する奴

この数字出してくる奴は防御方式を全く解って無いんだよな
165.名無しさん:2019年07月08日 14:48 ID:IhAm6xVV0▼このコメントに返信
※161
後釣り宣言とかどこまで情けないんだかw
166.名無しさん:2019年07月08日 14:48 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※162
くやしそうだな...。
167.名無しさん:2019年07月08日 14:50 ID:Jnqm2EF.0▼このコメントに返信
だったらお前が大和より強い戦艦作ればよかろう
168.名無しさん:2019年07月08日 14:52 ID:IhAm6xVV0▼このコメントに返信
>>166
おまえがな^^
169.名無しさん:2019年07月08日 14:52 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
>>167
宇宙戦艦ヤマトだ
170.名無しさん:2019年07月08日 14:54 ID:mjkOPu7e0▼このコメントに返信
日本の国歌は次は宇宙戦艦ヤマトにしよう

国難を乗り越えイスカンダルを目指すのだ
敵ガミラスともいつかは和解できるようなデカい羅針盤が
心の羅針盤が我らには必要だ
171.(´・ω・`):2019年07月08日 14:55 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
水中防御は最大何㎏の弾頭に耐える衝撃吸収能力があるかと、一発当りどれくらいの浮力を失うか、そもそもどれだけの予備浮力があるかの三点で評価出来る。大和型の場合は、衝撃吸収能力と予備浮力においては文句なく世界一だ(´・ω・`)
一発あたりに失う浮力は、拾い空間で爆圧を逃がす空層式なので多くなりがちだが、油層を設けると工作難度や重量とのバーターになるので、大和型の場合は空層オンリーにした。
だって、どう考えても、史実の大和で開戦当時の魚雷に対して過剰性能なのに、これ以上要求するやつは未来でも見えているのかって話だ。

大和型の水中防御力は、最も防御幅に余裕のある個所でTNT換算510㎏の弾頭に、防御幅に余裕がない箇所でも350㎏に耐える能力がある。
この場合の耐えるというのは、最終防衛ラインの魚雷防御縦壁が耐えるってだけで、その手前までのバルジとか区画は全損浸水する。
大和型の場合は、200㎜から薄くなっていく水中弾防護用装甲が縦壁を兼ねた構造で、こいつが強固なのが大和型の水中防御の特色だ。
大和型は機関4列並行配置の弊害で水中防御幅が艦体サイズの割に少ないが、縦壁が強固な恩恵で衝撃吸収能力で大和型に並ぶ戦艦は存在しない。
アイオワ級の未成5、6番艦は先行4隻の対320㎏から水中防御力が20%強化され、最大384㎏に耐える構造となる予定だったので、完成していれば大和型に匹敵していただろう。最大幅の割にとても頑張っていると言えるが、これもまあ大和型は最大幅の制限が緩く、それに合わせた設計をしているだけっていうか…。まあどのみち、予備浮力が倍ほど違うのでやはり大和型の半分も耐えられまいが(´ω`)
172.名無しさん:2019年07月08日 15:05 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※171
おお。
こりゃすごい。
論理的だ。
※162の人をニワカ認定するだけの雑魚とは違いますね。
173.名無しさん:2019年07月08日 15:09 ID:DUBAqIha0▼このコメントに返信
>>157
そんな事どこで言ってるのやら
174.名無しさん:2019年07月08日 15:10 ID:ujHLmb1e0▼このコメントに返信
大和型戦艦は結構大きい戦果を残している。
それが理解できず批判している方がバカ、WW2終了までの戦力と言うものを理解していないバカですって言う自己紹介。
175.名無しさん:2019年07月08日 15:16 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>171
ノースカロライナ型、サウスダコタ型、アイオワ型のうち、計画防御数値を達成出来てるのって、ノースカロライナ型だけなんだよね、実は
176.名無しさん:2019年07月08日 15:20 ID:AD9pdPIH0▼このコメントに返信
>>161
矛盾してるぞ
大和の強度を貶める野郎なんてどこにいるんだw
177.(´・ω・`):2019年07月08日 15:22 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
内装式・外装式という違いはあるが、S.ダコタ級とアイオワ級、大和型は水中防御構造が同じで水中弾防御装甲が魚雷防御縦壁を兼ねている。
前者の米戦艦は最大幅の不足であきらめたが、大和型は水中弾防御装甲の角度を変更している点では異なる。
/←水線部
/←水中弾防御用
ずれてないかな こんなん

水線部装甲(大和型なら410㎜)と水中弾防御装甲(大和型なら最大200㎜)の継ぎ目のブラケット強度が不足しているのが共通の欠陥であり、
3000トン浸水した件で大和型はブラケット強度を補強したほか、三角形の小さな区画を追加する事でブラケットが破断して押し込まれても水密がそれ以上破られず、この区画で浸水が止まるようになった。故にもう一度同じ個所に同じ威力の魚雷を受けても、水中弾防御装甲で止まるハズ
まあ、本来根本的に改修すべき部分だが戦時改装なのでしょうがない。

んで、接手のブラケット強度が不足してしまうなら、いっそ分離してしまえと防御様式をN.カロライナ級に差し戻したのが未成のモンタナ級だ。
確かにN.カロライナは有効な水中弾防御装甲を持たないが、単純な水中防御力後継のS.ダコタやアイオワを上回る。
  /←水線部
/←Nカロライナのは薄いのでただの魚雷防御縦壁。モンタナは水中弾防御として機能し得る厚み

たぶんカタログ性能なら、モンタナは大和型すら上回るが、この分離してしまった構造が運の尽き。
魚雷の爆圧が強固な水平・水線部装甲に蓋されて艦内を暴れまわる公算が高い。

結局、水中弾防御と両立するならベストは大和型の形式だった。強固な装甲にガイドされて爆圧が外に逃げるからな。
178.名無しさん:2019年07月08日 15:35 ID:iEyMyjRd0▼このコメントに返信
>>21
意義がなかったとw
179.名無しさん:2019年07月08日 15:36 ID:BguD9AzZ0▼このコメントに返信
戦艦カテゴリーの中では最強なのは間違いないよね
空母だとか航空機だとか暗号だとか出してくる時点でもう議論ではなく言いがかりか何かになるよね

捷一号作戦や坊ノ岬沖海戦に大和型の代わりにアイオワ型なりを放り込んだ場合どうなるか、そういう方向ならまだ議論できるだろうけどさ
180.コロンブス:2019年07月08日 15:39 ID:v4VO.aim0▼このコメントに返信
大和は何度か魚雷攻撃を受けていて、殆ど損害を受けずなんともなく航行を続けている。
乗員は不沈艦と思ったということだそうだ。
181.(´・ω・`):2019年07月08日 15:46 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
あと、大和型の装甲は推測だがとんでもないレベルで過剰防御になっていたと思うぞ。
大和型はVH、MNCや46㎝砲の現物が出来る前に旧いVC、NVNC、試製48㎝砲(旧式砲弾なら≒46㎝砲の貫徹力)で
各部の装甲厚を決定しているので、基本計画当時の防御力と実艦の防御力に乖離がみられる事は周知の事実だが、
信濃型で10㎜削った程度では全く解決しないレベルで過剰防御になっていた可能性がある。

大和型のVH装甲の性能を1910年代程度と見積もった場合でも世界最強の自艦主砲に19㎞時点に耐え…英国相当とみた場合は何と16㎞時点に舷側が耐える。
ぶっちゃけ大和型の装甲品質は戦後試験された切れ端でしか測れておらず、
米国で試験した試験片は米国装甲の一割引き程度としているが、
それより優秀な装甲を持つ英国は自国製を凌いで最高レベルの防御力と結論している。
しかもそもそも収容された装甲が正規の装甲品質のものではない為、どのみちどの試験結果も当てにならないのだ。
真実は果たして…?
182.名無しさん:2019年07月08日 15:55 ID:aBzxvWlg0▼このコメントに返信
当時でも最強の戦艦で間違いじゃないぞ
戦力の消耗で適切に運用する能力が無くなっただけだ
183.名無しさん:2019年07月08日 15:55 ID:.YTL17TC0▼このコメントに返信
たった一艦でガミラス帝国を討ち滅ぼしたヤマトが最強でなくてなんだと言うのだ
184.名無しさん:2019年07月08日 16:15 ID:Kk1aF8Dy0▼このコメントに返信
46センチ砲はスペア無し!知ってるか?とりあえず作ってみただけなんだとさ
185.名無しさん:2019年07月08日 16:17 ID:xRNPBvQM0▼このコメントに返信
※114
運動エネルギーは
重量に比例し、速度の2乗に比例する。
だから弾頭重量より弾速の方が大きく作用する。

今のレールガンで考えると、マッハ5で弾着する弾はマッハ1で弾着する弾の25倍の運動エネルギ-を持っている(弾体重量が同じなら)。
つまり、大和の弾頭が1トンでマッハ1なら、45kgの弾頭をマッハ5で打ち込んだのと同じと言う事になる。
大戦中にレールガンが有る訳では無いからこんなに弾速の差は無いと思うけど、アイオワ級の主砲弾が800kgで初速がマッハ1.1なら、計算上の運動エネルギーはほぼ一緒になる。
しかも射撃間隔がアイオワ級の方が短い。
もっとも、アイオワ級にはその細長い艦型故の散布界のバラツキというのは有るけどね。

だから起こるわけも無いタイマンの撃ち合いが有ったらと思ってしまうわけ。
186.名無しさん:2019年07月08日 16:23 ID:xRNPBvQM0▼このコメントに返信
※137
零戦とグラ公が空戦し、20機しか居ない零戦を30機落としたとか普通だからね。
戦後に資料をつき合わせればその辺はっきりするけど、基地航空隊と違って片方は海の底だから調べようも無い。
言えることは魚雷を非常識なほど沢山食らった。結果沈んだって事だけだよ。
187.名無しさん:2019年07月08日 16:27 ID:D8VEMxee0▼このコメントに返信
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の続編はどうなる
188.名無しさん:2019年07月08日 16:27 ID:uVrCodQ00▼このコメントに返信
アイオワは無いな
ちょっとした衝撃でエンジン止まるって米海軍も手を焼いてたらしいしな
189.名無しさん:2019年07月08日 16:31 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
※184
だから内筒だけ簡単に交換できる

※185
両者の残速は遠距離において同程度な上に、そもそも砲口初速で大和型780m/s、アイオワ級762m/sだゾ
1460㎏の大和型に対して1224㎏のアイオワ級は2割程度劣るので、運動エネルギーにおいて常にアイオワ級は2割劣っている
(´・ω・`)
190.名無しさん:2019年07月08日 16:38 ID:OKdCg6Eb0▼このコメントに返信
いやいや、武蔵だよな!
191.名無しさん:2019年07月08日 16:41 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>184
馬鹿だろ

作ってみただけ、じゃなく戦争で余裕を予備を造る余裕を無くしただけだよ

優先すべき砲が他にいくらでもあったから
192.名無しさん:2019年07月08日 16:44 ID:mu36riP.0▼このコメントに返信
戦艦としては最強だったのは間違いない
大和vsアイオワは、大和は逃げるアイオワを終えないし、アイオワは逃げ回るしか出来ないから、引き分け
193.名無しさん:2019年07月08日 16:49 ID:5BbnKfu.0▼このコメントに返信
まーたいつもの大和下げスレ始まってんのな。
い、つ、も、の。
あいつ、自分とこの国に何も自慢も出来るもん無いから確かに可哀想にはなるわなぁ。
造れるもんなら造ってみろ。
船体は造れても砲塔一式は無理やろ。
丸いもん造れんだろ?
194.名無しさん:2019年07月08日 16:55 ID:htGP2EaW0▼このコメントに返信
アメリカさんが呉から持ってった信濃の装甲版を406mm徹甲弾で撃って
傾斜して装着されたなら、貫通できない唯一の装甲板であるって結論だったろ
ttp://www.navweaps.com/index_tech/tech-040.php
195.名無しさん:2019年07月08日 16:56 ID:T6EqHceX0▼このコメントに返信
>>58
だいたいアイオワは対金剛の戦艦だしなぁ
196.名無しさん:2019年07月08日 17:06 ID:3GHDjH8a0▼このコメントに返信
※1
確かに。
197.名無しさん:2019年07月08日 17:07 ID:3GHDjH8a0▼このコメントに返信
※2
走り出したら止まらない。
お前の会社でも、同じような事が頻繁に起きてるでしょ?
198.名無しさん:2019年07月08日 17:10 ID:3GHDjH8a0▼このコメントに返信
いま、中国が、「空母! 空母!」って、やってるやん。それと同じじゃない?
北朝鮮は、「核ミサイル」ってやってるけど、それも似たようなもの。
199.名無しさん:2019年07月08日 17:13 ID:3GHDjH8a0▼このコメントに返信
※184
武蔵が沈まなければ、共食い出来たんだろうけどね。
200.名無しさん:2019年07月08日 17:17 ID:TN9T3vLU0▼このコメントに返信
ハワイの攻撃時に大和連れて行って対地攻撃の上占領しとけば良かった。
その後はミッドウェーで闘った相手が取り返しに来るから、敵艦隊の位置を特定しやすくなっていた。
ミッドウェー海戦よりも優位。その後はハワイを拠点に本土西海岸へ。
山本五十六がクソ。
201.悪の総統:2019年07月08日 17:17 ID:YXU8ctoo0▼このコメントに返信
考察するほどに大和が最弱であることが明らかになるばかり
202.名無しさん:2019年07月08日 17:22 ID:JfyRqSWx0▼このコメントに返信
今でも世界一カッコイイからさ
203.名無しさん:2019年07月08日 17:23 ID:htGP2EaW0▼このコメントに返信
※200
連合艦隊があと2つあっても無理定期
机上の空論にすらならない
204.(´・ω・`):2019年07月08日 17:23 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
※201
最弱はポンコツなKGVだゾ
カタログ性能で最弱な上に、信頼性が皆無。
機関部は見積りミスで航続性能が計画値の半分だし、主砲は稼働率50%、末期でも70%
水中防御もダントツのビリ(´・ω・`)
205.名無しさん:2019年07月08日 17:31 ID:aWIWh.8a0▼このコメントに返信
今の時代も魚雷作ってる国あるんですか?
206.(´・ω・`):2019年07月08日 17:34 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
アイオワ級は二番艦以降に品質未達の不良品装甲を建造促進のため組み込んでいるし、
S.ダコタは容積不足だし、主砲の初速不足で遠距離砲撃戦での精度が望めないし、
ビスマルク級は砲塔防御が余りに弱体だし、
リットリオ級は砲身命数が短すぎるし
リシュリューは主砲が詐欺スペックな上に砲塔天蓋に表面硬化装甲なんぞ使ったせいで遠距離では安全距離ないし

そもそも条約型は排水量制限で攻防走全て満足できたフネなんて唯の一つもないんだゾ

207.名無しさん:2019年07月08日 17:38 ID:j2hOy5uF0▼このコメントに返信
指揮官塔とかw
司令塔程度の言葉も知らずにガキが。
208.名無しさん:2019年07月08日 17:39 ID:j2hOy5uF0▼このコメントに返信
>>205
今でも魚雷は必殺の兵器だぞ
209.名無しさん:2019年07月08日 17:45 ID:j2hOy5uF0▼このコメントに返信
>>181
大和 武蔵で防御力過剰ということになって、信濃では若干スペックダウンしたんじゃなかったっけ
210.名無しさん:2019年07月08日 17:47 ID:j2hOy5uF0▼このコメントに返信
>>180
損害は受けたけど、それをものともせずに航行を続けていたってのが本当だけどね
211.名無しさん:2019年07月08日 17:56 ID:XSx.n0GQ0▼このコメントに返信
※200
真珠湾に大和???
何寝惚けたことを言ってるんだが・・・
就役した時期が何時か考えろよ
212.名無しさん:2019年07月08日 17:59 ID:j2hOy5uF0▼このコメントに返信
>>141
出る度に注意されてるから、さすがに知れ渡ったんじゃないかね
それよりもリベット留め装甲の欠陥で沈んだと言いたてる奴が後を絶たないんだが
213.(´・ω・`):2019年07月08日 18:00 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
※209
水平垂直共10㎜ずつ削っても、安全距離が0.5㎞も動かないので、どっちかというと三重底化の代償重量という側面が大きい(´・ω・`)
214.名無しさん:2019年07月08日 18:04 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※192
どうですかね。

アイオワ級(と言うよりもアメリカの艦艇全般)の場合、航洋性はかなり悪い(とある嵐のさいに英国の戦艦が普通に航行している中沈没しかけた)ので外洋でカタログスペックの速度が出せるかどうか疑問。

反対に大和型(と言うよりも日本の艦艇全般)の場合は「出ないで出でない」詐欺で本気を出せば大和型は28,9ノットは出るのは立証されており、さらに言えば航洋性もきわめて高い(件の27ノットは駆逐艦が避難するような嵐の中で出したもの)

ので、いざ外洋でしかも少しでも海が荒れていればアイオワは大和に追いつかれる可能性があると。
215.名無しさん:2019年07月08日 18:06 ID:j2hOy5uF0▼このコメントに返信
>>69
単純なスペックの話をしてるんですが
216.名無しさん:2019年07月08日 18:07 ID:qbZmtldE0▼このコメントに返信
※204
KGVは数が押し捲るタイプ(5隻)だから・・・。

なお、チャーチル氏曰くマレー沖開戦までは「世界最強の戦艦」。そのあとは「戦艦のようなもの」とか言う手のひら返ししている。
217.名無しさん:2019年07月08日 18:14 ID:hcnu1Q8h0▼このコメントに返信
※205
現代の魚雷はWW2の物とは性能は桁違い。
有名なのは米国製のMK48ADCAP。これは水中を90ノットで航走する優先誘導で魚雷そのものが高度なセンサーの塊で推進機関に排気タービンを使用している。
また、海上自衛隊の開発中の新型魚雷でGRX-6潜水艦用長魚雷は目標と囮を識別できる能力と爆破のタイミングを自己判断できる能力を持つ、世界最高の魚雷を目指している。
218.名無しさん:2019年07月08日 18:14 ID:5kFtsM4J0▼このコメントに返信
※204
まあ彼女も軍縮条約の犠牲者だから・・・
それでもターゲットのV‣V、ビスマルク、リシュリュー相手位ならいい勝負できる内容なのでセーフという事で
元から最大級の米艦隊に数的劣勢跳ね返す目的の大和とかとスペック比較するのは酷だけどそれぞれのお国事情的には正解の船
更に言うとV‣V、ビスマルク、リシュリューからドイッチェラントとかの艦も単純なスペック比較じゃなく国情と
使用目的で考察するとよく考えてるよねーに落ち着くはず実際に意義があったかは別として
当然大和もそういう形で見ると非常によく考えられてて結果最高スペックの代物になってるのは意地でもこき下ろしたい以外では
間違いないよ

※80
さらに新作増えるの期待してますw
219.名無しさん:2019年07月08日 18:27 ID:XSx.n0GQ0▼このコメントに返信
いつも通りの展開だな~

ごく一部の「日本がぁ~」しか言えないカイジさんと
ごく一部の勉強になるくらいの書き込みする人の
乖離が激しいことで・・・

(´・ω・`) の人は相変わらず凄いわ~

220.名無しさん:2019年07月08日 18:35 ID:JCk0ZkD20▼このコメントに返信
当時の戦艦同士の一騎打ちならば、大和(武蔵)かアイオワだって言われてる
艦自体の強さは大和だけど、電探の性能はアイオワが高いから
221.名無しさん:2019年07月08日 18:39 ID:EFuZbHVQ0▼このコメントに返信
結局日本の技術者がいくら優秀でも
上がぽんこつだから意味ないのだ
222.名無しさん:2019年07月08日 18:44 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>205
潜水艦は何を武器にすると思ってんだ?
223.名無しさん:2019年07月08日 18:45 ID:.WVscksq0▼このコメントに返信
持論ですが、アイオワ相手なら九分九厘大和が勝ちます。
224.名無しさん:2019年07月08日 19:02 ID:T1q8S2GD0▼このコメントに返信
>>214
日本海軍は散々痛い目をみたから、まず「船」としての性能を第一に考えるからね

翔鶴型の飛行甲板のサイズ決定での安定性のために出来るだけ小さくしたい艦政本部と、出来るだけ大きくしたい運用側の綱引きなんかが良い例
225.名無しさん:2019年07月08日 19:07 ID:xVbtscMp0▼このコメントに返信
※220
WW2のレーダーなんてあの辺になにかいるぐらいしかわからんぞ。
命中性なんておそろしく低い。
2%あればいいほう。
第3次ソロモン海戦なんて夜でレーダー射撃が大活躍できるはずなのに実際は日米双方、探照灯照射と照明弾を使い
戦艦サウスダコタは綾波、高雄、愛宕、霧島に接近許し砲撃食らいまくって艦上部に被弾。
電源が落ち、レーダー、射撃管制装置、砲塔発動機、無線が使用不能となった。
第三砲塔には霧島の36cm砲弾が命中して作動不能になってる。
この時、霧島の砲弾が対地攻撃のままの三式弾じゃ無かったらどうなってたか。

そのあとにも1万mの距離で愛宕、高雄とワシントンとの間で並走戦が行われたが命中弾無し。
WW2のレーダー射撃なんてあたんないよ。
夜になったら米軍だって探照灯照射と照明弾使ってる。
226.名無しさん:2019年07月08日 19:07 ID:Yz.47A0x0▼このコメントに返信
アイオワと殴り合いに持ち込めるのは艦隊決戦か奇襲、乱戦だろ。
殴り合いだと勝てる、ヒットアンドアウェイされると速力他で不利って話で。
227.名無しさん:2019年07月08日 19:12 ID:aWIWh.8a0▼このコメントに返信
ロシアの潜水艇燃えてたね。前もロシアの潜水艦燃えてなかった?
228.名無しさん:2019年07月08日 19:15 ID:wK1VZOks0▼このコメントに返信
※217
凄いな、ブラックボックス開けたら、脳みそホンマにありそう。(ごめん昭和脳です。)
229.名無しさん:2019年07月08日 19:23 ID:W.XCa5oc0▼このコメントに返信
※225
米軍のレーダーが現代と同じレベルを備えてると思ってる奴多いよな。しかもレーダー連動全自動射撃出来るとか平気で言っちゃう。
大まかな位置をレーダーで割り出して、後は手動で諸元を入力するのは日米一緒。これはアイオワ級であっても退役するまで同じだった。
VT信管といい、米軍の装備を過大に評価してる。まあ確かに質は良いんだが、米軍が本当に優れているのはそれらの装備を効率良く組み合わせてシステム化する能力。そしてそれを可能にする生産力。
230.名無しさん:2019年07月08日 19:23 ID:Bwe.BQgh0▼このコメントに返信
まあ戦艦大和が攻防性能では最強だから
最強の戦艦と言っても差し支えはないわな
231.名無しさん:2019年07月08日 19:27 ID:YMWgUUw50▼このコメントに返信
大和型は『性能的には世界最強』なのであって、戦艦同士や対地上攻撃でしか真価を発揮できない。アメリカのニミッツ元帥も「戦艦同士で正々堂々多田買うべき」と言っていたのに戦わせてもらえなかった。あと、誤解している人達が多いけど、アメリカは大和の右舷に攻撃を集中させていた。こうする事で大和は「大和自身の協力な水平維持機構で船体が引きちぎられる」結果となった。(これは武蔵がなかなか沈まなかった教訓から生まれた方法)別に攻撃で沈んだ訳でなく、大和の性能が良すぎたのだ。
232.名無しさん:2019年07月08日 19:36 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
大和型というより帝国海軍の対空装備て、ほとんど機能してない。
大和なんか、F6FのSEADで対空砲が沈黙してるから、沈没したようなもの。
M2の済射で沈黙するんだし。
ただ、防弾楯装備する予備浮力が無い。
これは、アメリカ戦艦も同様で、対空砲装備で速力低下きたしてるし。
233.名無しさん:2019年07月08日 19:42 ID:JwbAtCdc0▼このコメントに返信
>>26
戦果と性能は直結しない定期
234.名無しさん:2019年07月08日 19:42 ID:YMWgUUw50▼このコメントに返信
戦艦に20cm砲塔を積んでも、戦艦にはダメージを与えられない。というか「戦艦霧島」が「戦艦サウスダコダ」と「戦艦ワシントン」を沈める事ができなかったのが「35.6cm砲だったから」なんだ。だから戦艦相手に20cm砲では歯が立たない。逆にドイツの「戦艦ビスマルク」は38cm砲でイギリスの「戦艦フット」を沈めている。これは「ビスマルクは速射性能に優れていたから」だと言われている。←大和のほぼ倍の速度で連射できた。
235.名無しさん:2019年07月08日 19:42 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>2
第一航空艦隊なんて、ブリカス様のタラント空襲成功後の編成だぞ。
戦艦こそ海軍の誇りの時代に、何言ってるんだ?
236.名無しさん:2019年07月08日 19:45 ID:JwbAtCdc0▼このコメントに返信
>>69
大和が戦艦の中で最良のスペック持ちだって話をしてんのに何言ってんだこいつ
237.名無しさん:2019年07月08日 19:46 ID:JwbAtCdc0▼このコメントに返信
>>65
長門 「私は?」
238.名無しさん:2019年07月08日 19:46 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>54
ボフォース40mm、エリコン20mmで、ハリネズミの米軍艦でも特攻ゆるしてるからね。
VT信管は、ほとんど役立たず。
239.名無しさん:2019年07月08日 19:47 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
真珠湾攻撃の時は日本の艦上航空機350機がたった1時間半で
戦艦4隻沈没
戦艦1隻座礁
戦艦3隻損傷
軽巡洋艦3隻損傷
駆逐艦3隻座礁
標的艦1隻沈没
その他1隻沈没
その他1隻座礁
その他2隻損傷
航空機損失188機
航空機損傷159機の戦果だったが
大和の時は米軍386機が8時間に及ぶ波状攻撃でやっと撃沈できたという。
大和強い。
240.名無しさん:2019年07月08日 19:47 ID:JwbAtCdc0▼このコメントに返信
>>7
戦艦の性能の話をしているんだよキムチ君
241.名無しさん:2019年07月08日 19:48 ID:v7D0YiF10▼このコメントに返信
※232
予備浮力の問題じゃなく、機銃の動力の問題
防弾板つけると重くなって、機力でも人力でも充分に動かせなくなる

日本の艦艇は安定性の見地から重量を気にする、そのため代償として
装備を外す、戦艦を例に取れば、長門型以前の艦は最終的にほぼ全ての
副砲を撤去してしまった
アメリカはその辺無頓着で、艦首に重い40㎜四連装機関砲なんか平気で載せたりして
凌波性を落としまくっていたりとかしてる
242.名無しさん:2019年07月08日 19:49 ID:JwbAtCdc0▼このコメントに返信
>>18
ほんとそれ
243.名無しさん:2019年07月08日 19:50 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>16
アイオワ級の主砲命中率の低さ。
戦艦の主砲命中率は、英独のほうが高いから、果たして16インチ以上の主砲て必要だったのか?
244.名無しさん:2019年07月08日 19:52 ID:v7D0YiF10▼このコメントに返信
※231
>これは武蔵がなかなか沈まなかった教訓から生まれた方法

※141※142を読んで感想を聞かせてw
245.名無しさん:2019年07月08日 19:54 ID:eapMOzPX0▼このコメントに返信
アメリカもパナマ運河通行を諦めてモンタナ級を設計している、建造はされなかったど。
※229
2次元の雷撃戦だと一気に有効になるんだよね。アメリカの戦術が固まってくると夜間に雷撃でやられまくっている。
それと潜水艦の被害も深刻で夜間浮上航行中に魚雷を食らって沈められるというのが何度も発生している。
246.名無しさん:2019年07月08日 19:54 ID:W.XCa5oc0▼このコメントに返信
※232
おいおい、※28の「いつもの」に追加されるようなコメントが来たぞ。
単艦での対空砲火なんぞ、例え米軍の40ミリボフォースでも数百機の波状攻撃には対応出来ない。
防盾装備する予備浮力がないだって? そんな馬鹿な。
247.名無しさん:2019年07月08日 19:56 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>19
造りたいけど、造る時間が無かったのが実情。
建造出来る設備が、船台二ヵ所、乾ドック二ヵ所しか無く、ドックは修理用に空けとかなければならないし。
248.名無しさん:2019年07月08日 19:57 ID:W.XCa5oc0▼このコメントに返信
※234
霧島の場合は対空用の三式弾を装填してたからなんだが。
ビスマルクの場合は相手のフッドが第一次大戦レベルの水平装甲しか持たず、そこへ遠距離からの大落下角度で砲弾を喰らってしまったから。
249.名無しさん:2019年07月08日 19:58 ID:v7D0YiF10▼このコメントに返信
※243
主砲の威力は砲弾の重量で決まる(それだけではないけど大雑把に言って)

砲弾の重量を増やすには砲弾の直径を広げるのが一番手っ取り早い
砲の大口径化は射程距離の延長が目的ではなく、より高い威力を求めての事

射程の遠距離化はおまけ要素でしかないよ
250.名無しさん:2019年07月08日 19:59 ID:n2aoI3bN0▼このコメントに返信
大和級はその時代当時においてベターで有ってもベストではない。
最強ではなく、かなり強いである。
251.名無しさん:2019年07月08日 20:01 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>73
大和型のバルバス・バウの特許盗られたしな。
小型の従来型と違い、燃費・安定性が桁違いだったからな。
252.名無しさん:2019年07月08日 20:03 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>27
エアカバーなければ、ソードフィシュやJu-87でも脅威だぞ。
253.名無しさん:2019年07月08日 20:06 ID:XSx.n0GQ0▼このコメントに返信
話がそれるけどまだ詳しいメンツがいそうだから・・・

イタリア戦艦リットリオ級の舷側装甲って
装甲と装甲の間に木材を挟んでたのって本当か?

最近見つけたブログで一枚の表面硬化装甲が作れなかったから
硬化装甲とKC鋼の間に50ミリぐらいの木材を挟んだとか・・・
まぁ木材の厚みは入ってないけど3層の装甲って、これが本当だと
カタログデータ350mmは結構怪しいよな?

そもそもこんな装甲って一次大戦前くらいには絶滅してたような気がしたが
まだ他にも採用例ってあるのか?
254.名無しさん:2019年07月08日 20:06 ID:5kFtsM4J0▼このコメントに返信
※239
武蔵にしろウェールズにしろマジ沈められるんか⁉状態だったのは確かだけど引き合いに出した真珠湾は係留中がほとんどだから
比較するのにはちょっと場違いじゃないか
ただ航空機が圧倒的制空状態以外でまともに戦艦に痛打与えるレベルはフリッツX登場以降位
ローマはともかく行動中だったウォースパイトが旧式とはいえ沈みはしなかったけど一発で行動不能に追い込んだのは大したもの
255.名無しさん:2019年07月08日 20:07 ID:yOe2bYhs0▼このコメントに返信
※251
何馬鹿な事いっているんだか・・・・
バルバスバウ自体はアメリカの造船技師が考案したもの
大和型以前に既に採用した船はある
256.名無しさん:2019年07月08日 20:08 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>29
ソ連が、戦艦廃止したのが大きい。
対艦ミサイルの有用性は、エイラート事件までは、西側は半信半疑だし。
257.名無しさん:2019年07月08日 20:10 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>30
新作部分は、B谷さん作?
258.名無しさん:2019年07月08日 20:10 ID:yOe2bYhs0▼このコメントに返信
※253
はさんだのはコンクリの親戚みたいなもの
木材じゃないよ。 wikiでは今でも木材って書いてあるけどさ

まあそれでも一枚350mmには及ばないのは事実
259.名無しさん:2019年07月08日 20:14 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>49
大和型のほうが速い。
260.名無しさん:2019年07月08日 20:15 ID:EFuZbHVQ0▼このコメントに返信
※223
もしそれが本当ならアメリカは大和とアイオワを直接対決させない
それが戦争だ
でも日本人はそれを卑怯とか逃げとか言っちゃうから戦争に向かない
日本人は戦争をするには純情すぎるんだよ
261.名無しさん:2019年07月08日 20:16 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>50
クリーブランド級て、ほぼ無意味だったぞ。
262.(´・ω・`):2019年07月08日 20:16 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
大和型の場合、石橋をたたいて渡るスタァイルなので、
質・量ともに素晴らしい要素もあれば、
本来技術的にはもっと高度に出来るが、信頼性を取って旧式な要素で妥協した箇所がある。

主砲は、半鋼線層成式という従来型との折衷式で、口径の割に軽砲身とはいえるが純層成式より重量がかさんでいる。
内筒を簡単に交換出来る点では先進的。

装甲は、垂直装甲に使うVHは表面浸炭処理の代わりに焼入れ深さを増すことで同等以上の性能を確保した逸品で、製造時間の短縮により価格が低廉化しているほか、最表面の超硬化層をなくすことでノッチ効果による割れを防いでいる。
焼入れ前の鋼材の品質は全く大したことはないが、完成品の性能は戦艦用装甲でも随一の出来栄え。
水平用MNCはモリブデン・ニッケル・クロームの略称で、モリブデンを添加することで戦略物資のニッケル・クロームの添加量を減らすことで低廉化に成功した逸品。さすがに米国・英国のクラスBより多少性能で劣る。逆に言えば、一種の代替装甲版なのに同程度を維持できているということである。

263.(´・ω・`):2019年07月08日 20:17 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
機関部に関しては、残念ながら日本は後進国だ。
大和型には25kgf/c㎡程度と同時期の戦艦よりも蒸気条件で劣った駆逐艦用のボイラーとタービン二個を組み合わせたツインタービン構成で4軸15万馬力とすることで日本の技術力でも実現できるようにした。
しかし、ここまで低いの万一交換などという事態を防ぐために本来の技術水準より敢えて低い技術を採用した為と、一つ当りの力量を抑えることで被弾した時の速力への影響を少なくする狙いである。
やろうと思えば同時期の巡洋艦程度の蒸気条件で戦艦に適用出来なくもなかったし、
50kgf/c㎡程度の高圧缶も製造できなくも無かったが、んなもんが被弾破裂しようもんならそれだけで船体が真っ二つになりかねない為列強の海軍は軍艦には採用しなかったのである。
ドイツ以外はな。
なんでンなもんぶち込んだんだか(´・ω・`)
このままだと防御が冗長化してしまうが、4列並列配置という力業でバイタルパート圧縮を達成し、かつ実効馬力で約50%という非常に抵抗の少ない優れた船体設計により小型化を達成したのである。

264.名無しさん:2019年07月08日 20:20 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>60
小沢パイセンが、遅刻するから、ハルゼーの猪に捕まったんやで。
おかげで帰りは、空襲無しやけど。
265.名無しさん:2019年07月08日 20:27 ID:XSx.n0GQ0▼このコメントに返信
※258
今wikiみたら確かに木材とあるな~

イタリアの戦艦の詳細の書籍とかなかなか
無いし、当然のように1枚の装甲と思ってた・・・

しかしこの装甲やプリエーゼ式水雷防御といい
試行錯誤してるんだろうけど結果がイマイチのような
266.名無しさん:2019年07月08日 20:27 ID:W.XCa5oc0▼このコメントに返信
※257
以前の大和スレに現れた基地外のコメントに書いてあったデタラメだよ
267.(´・ω・`):2019年07月08日 20:28 ID:eRFsPqjG0▼このコメントに返信
※253
本来重ね合わせは合計値一割引き程度の性能になるが、
列強各国で採用された表面硬化装甲の防御原理を二枚の装甲板で受け持たせる方式で、
外側の70㎜で被帽を破砕出来る口径の砲弾に対しては、
イタリアの実物大模型を用いた試験によると、
一枚板の350㎜よりも性能で勝るとされる。

伊の場合は間にセメントなども充填しており、ぶっちゃけ大和型の410㎜並に装甲ブロック一枚当たりの重量が嵩んでいるので、
重量的なメリットは正直皆無で、分厚い一枚板を作れないという理由も無論あるが、

リットリオの要求性能は絶大な貫徹力を誇る自艦主砲に15㎞で耐えることという
めちゃくちゃな無理難題を実現するためにこのような複合装甲めいた構造を採用しているのである。

断じて単純な工業力不足から二枚重ねにしたというわけではない。
268.名無しさん:2019年07月08日 20:29 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>82
低気圧下の荒れた海面のほうが、大和型に有利。
駆逐艦より速いぞ。
ローリングも小さいし。
アイオワ級だと横転自沈の危険性あるし。
269.名無しさん:2019年07月08日 20:44 ID:yk3XTX.x0▼このコメントに返信
>>105
普通にF4FとSBDに打ち落とされている。
防弾が不十分なので、被弾すると炎上か、
燃料不足で墜落だし。
270.名無しさん:2019年07月08日 20:47 ID:XSx.n0GQ0▼このコメントに返信
※267
あくまでイタリア側の試験の結果だよね?
現代の戦車砲なら複合装甲の意味も分かるんだけど
大口径の艦砲でホントに?

本当に優秀な方法なら各国で・・・
イタリア以外で似たような舷側の装甲って採用されてないって
時点でどうなのかねぇ?


271.(´・ω・`):2019年07月08日 20:55 ID:DVpi0Eh.0▼このコメントに返信
>>270
優れていたかって?答えは否!造れるなら普通に表面硬化装甲造った方が軽いし、被帽が破砕出来なければ単に70+280に成り下がる。
272.名無しさん:2019年07月08日 21:00 ID:pjjJqTdB0▼このコメントに返信
なんでサゲる必要があるのかわからない。
それでも命を賭けて守ろうとしてくれたわけで。
273.:2019年07月08日 21:08 ID:XSx.n0GQ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
274.名無しさん:2019年07月08日 21:08 ID:RKBP6vDJ0▼このコメントに返信
>>204
DOYの北岬沖海戦みると、主砲命中率は、日米より遥かに高いぞ。
当たらなきゃ意味無いんだし。
275.名無しさん:2019年07月08日 21:10 ID:RKBP6vDJ0▼このコメントに返信
>>222
アメリカ海軍>トマホークで対地攻撃が、主任務だし。
276.(´・ω・`):2019年07月08日 21:11 ID:DVpi0Eh.0▼このコメントに返信
>>248
より正確に言うなら、
本来フッドはポスト・ユトランド型の高速戦艦で、傾斜装甲の採用等で新造時の長門型すら凌駕する防御力を誇るが、戦間期に砲弾が仮帽被帽付の徹甲弾に改良されて同一距離における貫徹力が飛躍的に向上した結果、その時点までに保有していた戦艦全てが装甲の陳腐化をしてしまったものである。
本来ならば新戦艦並の装甲に強化する予定だったが、なまじ有力なだけに改装が後回しにされた結果旧式化した状態で開戦を迎えたのである。
277.名無しさん:2019年07月08日 21:15 ID:RKBP6vDJ0▼このコメントに返信
>>220
対水上レーダーと、目視に差が無いんだけど。
278.御冗談:2019年07月08日 21:15 ID:.0cUAnLi0▼このコメントに返信
>>164
御冗談


戦艦は理屈の上では自らの主砲で自らの船体を射撃しても耐え得る装甲で自らの船体を覆っている。しかしながら船体を100%装甲で覆う事は不可能である為、必然的に装甲で覆われていない箇所が船体に出来る。当然、その箇所は装甲で覆われていない訳だから弱点となる。その弱点を如何に少なくする事が出来るか?が『戦艦』の強さを決定する。


基本、戦艦の役割は砲と砲による『撃ちあい。』大砲同士による殴りあいなのだから大砲同士の性能に大差がないなら、あとは装甲の優劣で勝敗が決まる。装甲の優劣は装甲として使用している素材に革命的な変化でも起きない限り、戦艦の船体を装甲がどれだけ覆っているか?『被装甲率』で決定される。何故、この理屈が分からないのか。理解に苦しむ。何故ですか?
279.名無しさん:2019年07月08日 21:24 ID:RKBP6vDJ0▼このコメントに返信
>>234
フッド沈没は、幸運な砲弾が、良い角度で弾薬庫に突入した結果。
POWは、撃沈できてないし。
ワシントンにしても、砲撃では、霧島撃沈できてない。
戦艦で砲撃だけで沈んだのは、フッド位だろ。
ほとんど魚雷が、沈没原因。(例外は、フリッツXで沈んだローマ位)
280.(´・ω・`):2019年07月08日 21:25 ID:DVpi0Eh.0▼このコメントに返信
>>274
距離一万って戦艦級には至近距離だから、むしろ当たらない方がおかしいレベルでは?

当時の電探は完全な盲目射撃を実施するには取り込めるパラメーターが不足しており、測距儀と併用すべきもんではあるが、KGV級はただでさえ短い主砲射程未満で実用性に疑問符がつくサイズの測距儀しか搭載しておらず、正直まともな遠距離砲戦能力がない。

だが、夜戦ではあるのと無いのとでは大違いなのは否定はしない。昼戦に比べて極端に落ちる命中精度をある程度カバーしてくれるのは事実だ。
281.名無しさん:2019年07月08日 21:27 ID:62kc4u.o0▼このコメントに返信
このスレタイだけで、言うべき事は一つしか無い

祖国へ帰れ、ヒト擬き
282.名無しさん:2019年07月08日 21:33 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※254
係留中であろうが、動いていようが、アメリカ軍の戦艦は少量の爆弾で沈むほどもろい船だったようだ。
たった一時間の攻撃にも耐えられないとはね。
それに対し大和はたった1艦で、凄まじい航空機の波状攻撃に8時間も頑張ったんだから世界で最も頑丈だったと言えよう。
283.(´・д・`):2019年07月08日 21:35 ID:DVpi0Eh.0▼このコメントに返信
>>219
過去のスレ見てみたら同じような内容を何回も書いてた。自分で書いたもんなのに。どこかで見たなァと思ったら…
284.名無しさん:2019年07月08日 21:35 ID:RKBP6vDJ0▼このコメントに返信
>>255
小型球形状のやつだろ。(日本は、翔鶴型で初採用)
突出型の軍艦は、大和型だけのはずだが。
設計の新しいアイオワ級にも採用されてるのは、小型球形状だよ。
285.名無しさん:2019年07月08日 21:36 ID:hzLDsGqL0▼このコメントに返信
奴は兵器の中では下っ端 戦闘兵器の面汚しよ って感じなのでは
286.名無しさん:2019年07月08日 21:41 ID:5kFtsM4J0▼このコメントに返信
※282
いや大和型はじめ戦艦の頑丈さを否定はしてないぞ当然アメリカのもな
タラントにしてもそうだが係留中で迎撃機も上がってない状態だと訓練の的レベルだ
287.名無しさん:2019年07月08日 21:43 ID:v7D0YiF10▼このコメントに返信
※278
覆われていない所は弱点にならないからだよ

>船体を100%装甲で覆う事は不可能
これが解っていて、被装甲率が高いと言う事の不利が理解できていない事の方が不可解だ

被装甲率が高いと言う事は船体のより広い範囲を防御する必要があると言う事
つまり、装甲で覆うべき重要部位(バイタルパート)が広い事を指す
ココをなるべく小さくする事が出来れば、装甲重量を減らす事ができる
浮いた重量をさらなる装甲強化にまわすことも可能になると言う事だ

被装甲率がむやみに高いというのは重要部位をまとめ切れてない無駄の多い設計だと言う事なんだよ
船体の装甲で覆われている範囲をしめているだけの数字でしかないのに、
『被装甲率』で決定される、なんて珍説となえているのはお前くらいだよ
お前の説に照らし合わせれば、410㎜の装甲で51%覆っているより、10㎜の装甲で100%覆っている方が強い
と、言ってる様な物だが、10㎜の装甲で16インチ砲弾を防ぐのか?あ、ちなみに装甲の材質は同じな

『被装甲率』では装甲の厚みは考慮されないからな
「いつもの」に追加してやろうかw
288.(´・ω・`):2019年07月08日 21:43 ID:DVpi0Eh.0▼このコメントに返信
>>282
単純に真珠湾で撃沈された標準戦艦は20年近い型落ちの旧式戦艦だからというのと、停泊状態だからってのは割り引いてあげないといけない。
米国も平時は予算の少ない貧乏海軍で、装甲が陳腐化した旧式戦艦への改装が必ずしも十分ではないっていうか、長門型のライバルのコロラド級とか完全に旧式化したまま戦争に突入している。
また、本来移動目標の戦艦を空襲で沈めるのは難しいのだ。静止目標に対するよりも極端に命中率が落ちる。
289.長門と大和:2019年07月08日 21:47 ID:.0cUAnLi0▼このコメントに返信
>>278
YouTubeにアップ


正面から見た長門と大和


一目瞭然長門がスリムで細身であるのに対して大和は横幅が広い。つまり寸胴、理由は簡単、46㌢級主砲発射の衝撃で船体が横転しないようにする為、必然的に横幅を広くし、寸胴にせざるを得なくなった。横幅を広くした結果、上甲板の装甲で覆われていない箇所が増える事になった。まさに自縄自縛である。しかし悪い事ばかりではなかった。横幅が広くなり寸胴となった結果、大和級戦艦の艦内は広くなり、乗組員は快適な住環境で生活する事が可能となり、肉体的・精神的ストレスが軽減された。戦争が長期化してくると如何に戦闘員の肉体的・精神的ストレスを軽減するか?が非常に重要となってくる。他ならぬアメリカ🗽軍でさえ第二次世界大戦末期となると戦闘員の肉体的・精神的ストレス解消に悩まされる事となった。艦内の住環境の良さ『も』バカに出来ない大和級戦艦の長所である。
290.名無しさん:2019年07月08日 21:55 ID:2lYSNY8m0▼このコメントに返信
フッドはしょせんおんぼろの巡洋戦艦
291.名無しさん:2019年07月08日 21:58 ID:RgvnHl9W0▼このコメントに返信
レパルスの魚雷5本はオーバーキル気味で最初の1,2本で致命傷になってるんだよね
292.名無しさん:2019年07月08日 22:02 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※288
プリンス・オブ・ウェールズも1時50分に魚雷を受けて、2時50分には沈んでるぜ?
たった1時間。
こっちは1ヶ月前に就役したバリバリの新型戦艦なんだが?
まあ真珠湾の方も
真珠湾攻撃→350機が数十艦の相手に1時間半で攻撃する。(敵迎撃機の相手もあり)
大和攻撃→350機が大和1艦のみ相手に8時間かけて攻撃する。(味方航空機護衛なし)で
相手が旧式艦かどうかなんてもう比較もすらアホらしいんだけどね。
大和強すぎる。
293.名無しさん:2019年07月08日 22:04 ID:RgvnHl9W0▼このコメントに返信
※254
大戦後半の米軍は使用してる魚雷も爆弾も格段に威力アップしている。
当然一機辺りの攻撃力は開戦時の日本海軍機動部隊よりも強力だ。
294.(´・ω・`):2019年07月08日 22:07 ID:DVpi0Eh.0▼このコメントに返信
>>289
まじで集中防御方式を復習してどうぞ
日本語訳の集中防御方式ってのは、このスタイルの真の意味を表していない。
英語では、
all-or-nothing!
半端な防げない装甲を設けても無意味なので、思いきって重要区画を短縮し、そこに必要な機能を集約しようという設計思想だ。

そもそも、半端な装甲なんてつけると、命中した徹甲弾の信管が作動して却って損害が増える。無防御にして突き抜けさせる方がましだ
295.名無しさん:2019年07月08日 22:08 ID:RgvnHl9W0▼このコメントに返信
※292
キングジョージ5世級ってそんなに魚雷対策下感じがしないんですよね。
296.名無しさん:2019年07月08日 22:14 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※294
あなた韓国の方?
やっぱり自分の国の歴史にコンプレックス持ってるの?
297.(´・ω・`):2019年07月08日 22:16 ID:DVpi0Eh.0▼このコメントに返信
>>292
KGVは、機関の小型化、軽量化、燃費改善に完全にに失敗していて、少しでも速力稼ぐ為に船体幅絞ったせいで、バルジすらないねん。そんな体たらくのくせしてTNT換算で450㎏あるって吹聴してたんだぜ。実体?200㎏あるかどうか。
ちなみに、これは我らが金剛とか扶桑型の改装後の水雷防御と同等程度。
新戦艦のくせにこれはヤヴァイ
(´д`)
298.名無しさん:2019年07月08日 22:18 ID:v7D0YiF10▼このコメントに返信
被装甲率君はまだ無駄な抵抗をしてるのか

「410㎜の装甲で51%覆っているより、10㎜の装甲で100%覆っている方が強いのか?」

と言うような質問は以前の記事のコメント欄でもしたが、その時も答えずに逃げたっけ
299.名無しさん:2019年07月08日 22:19 ID:UCcI50T90▼このコメントに返信
アメリカは大量に建造するから強いってたまに言ってるやついるけどたしかにそのとおりだ。
だがフレッチャー級然り、ガトー級潜水艦然り質においても日本艦を総合的に上回っているのは事実だ。
300.名無しさん:2019年07月08日 22:20 ID:RgvnHl9W0▼このコメントに返信
※297
91式航空魚雷1発で大変なことになったのも納得ですねー
301.名無しさん:2019年07月08日 22:21 ID:RgvnHl9W0▼このコメントに返信
※299
そもそも当時のアメリカ兵器を総合力で上回る国なんてどこにも無いし・・・。
302.(´・ω・`):2019年07月08日 22:22 ID:DVpi0Eh.0▼このコメントに返信
>>296
(´・д・`)のこといってるなら喧嘩は買うぞ。安価ミスなら別にいいが。
大和型の装甲高さは必要十分な範囲を装甲しているのでちっとも範囲は狭くない。狭いのはビスマルク級のようなやつのことを指す。
意外にもKGVはこの点では優秀。垂直配置なので容積を確保しやすいってのはあるが
303.名無しさん:2019年07月08日 22:52 ID:mdx0uWZY0▼このコメントに返信
※292
>>292
動かない的と動く的に当てる難易度を理解できないとは。
304.名無しさん:2019年07月08日 23:01 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※303
レパレスもプリンスオブウエールズも動き回ったのに1時間で沈んだじゃん。
305.名無しさん:2019年07月08日 23:08 ID:XSx.n0GQ0▼このコメントに返信
※299
アメリカは日本艦を総合的に上回っている~

日本は教訓を生かして戦時中の天候による喪失艦はないけど
アメリカはどうだったんだろうね?
アメリカは凄かったんだろうな(確信)
306.名無しさん:2019年07月08日 23:18 ID:osSb5KKo0▼このコメントに返信
※303
しかし君もよくわかってないね。
ここは戦艦の強さのスレだろ?
問題は真珠湾の戦艦が何発の爆弾で沈んだかということだ。
アリゾナとか、大和みたいに魚雷10発爆弾20発の集中攻撃受けて沈んだわけじゃないやん。
たった一発で沈んだということ。
動いていようが、止まっていようが大和の強度が強かったということでOK?
しかし、大和は敵攻撃機の魚雷や爆弾をヒラリヒラリ避けられるほど俊敏だったということか?
8時間も持つとは。
307.名無しさん:2019年07月08日 23:52 ID:lxO000FJ0▼このコメントに返信
客観的に見て、カタログスペック的には、
46cm砲を持つ大和クラスが、歴史上最強の戦艦と言っても良いと思う。
アイオワ級は速力は速いけど、防御力は若干劣る。
但し、夜間や接近戦になった場合はその限りではないってとこかな。
308.名無しさん:2019年07月09日 00:17 ID:gUaFur820▼このコメントに返信
波動砲エンジン200%!!

撃てぇーーーーーーーーーーーーーーーーーー
309.そもそも論:2019年07月09日 00:19 ID:A0hor9hS0▼このコメントに返信
>>294
そもそも論


大和級戦艦


重要区間が短縮していない。重要区間が短縮しているなら、あれだけの巨体になっていない。
310.名無しさん:2019年07月09日 00:22 ID:qmI.5YCr0▼このコメントに返信
KGVは条約型戦艦 鳥なき里のこうもり
フッドもレパルスも装甲の弱い巡洋戦艦のままで改修されていない
WW1の後、英国は本当に予算不足 数揃えるのと旧型艦の維持に精いっぱい
相手が独仏伊レベルだから強く見えただけ
(いうてその頃マレー沖にいた日本戦艦はお古の金剛型ではあったが)
311.名無しさん:2019年07月09日 00:28 ID:qmI.5YCr0▼このコメントに返信
※309
まともな砲身長の46cm9門を積んで、あれより小型に作れるというのかな?
安定性を考えればそこそこの船体幅が必要となる
そこで30ノット弱を出すことを考えると極端に短い船体長にするわけにもいかん
まあ、よく考えたらアメリカは46cm砲を作れないという前提なんだから、もう少し
装甲は薄めでも良かった
また、燃費も思ったよりよかったから、搭載燃料も予定より少なめでよかった
そういう意味では若干の小型化の余地はあったがな
312.児島襄『戦艦大和』:2019年07月09日 00:30 ID:A0hor9hS0▼このコメントに返信
>>309
児島襄『戦艦大和』


ただ『大和』にも弱点はあった。特にその防御は重量を節約する為と中枢部を保護するために主要防護区画に重点が置かれている。このため、いわば厚い中央部を薄い艦形にはめこんだ形となり、その前後部分は砲爆弾に対して弱さを暴露せざるを得ない構造となっていた。この点が後に同型艦の『武蔵』とともに『大和』の生命取りになるが同時にそれは砲戦を主任務と考えていた当時の軍艦の全てに共通した構造上の特質でもあった。


文藝春秋、児島襄戦史著作集『戦艦大和』22頁
313.質問?:2019年07月09日 00:51 ID:A0hor9hS0▼このコメントに返信
>>294
質問?


貴方が言う『集中防御方式』は第二次世界大戦当時の戦艦を筆頭とする艦艇全てに共通する問題であり、結局の所、解決されなかった課題である。
314.疑問?:2019年07月09日 01:05 ID:A0hor9hS0▼このコメントに返信
>>313
疑問?


戦艦『大和』は間違いなく太平洋戦争、日本海軍の艦艇で人気ナンバー1の艦艇だが、何故か『艦これ』では艦娘『大和』は人気は高いがナンバー1人気ではない。ここは疑問である。


古人曰『大きい事は良い事だ。』世界の3バカ、無用の長物『ピラミッド、万里の長城、戦艦大和』と他ならぬ大和乗組員が陰口を叩いていたが、巨大な建造物には昔から人間を魅力する『何か』があるのだろう。再度、強調『大きい事は良い事だ。』
315.名無しさん:2019年07月09日 01:18 ID:92wyX0dF0▼このコメントに返信
※260
ちょくちょく誰かが言っておりますが戦艦のスペックの話をしているのであって運用どうこうの話をしておりません。

ついでに言えば各艦種をうまく組み合わせて戦闘するのは日本海海戦以来の日本の十八番=あなた曰くの卑怯どうこうは日本の得意技なんですが。

その一例がアメリカの戦艦が最新型以外は20ノット前後なのに日本の戦艦でも一番遅い扶桑型ですらも25,6ノット出せる=他の艦種と連携を前提とした設計であると。


316.現実問題:2019年07月09日 01:26 ID:A0hor9hS0▼このコメントに返信
>>314
現実問題


松本零士が代表例


戦艦『大和』に憧れる人間、特に『男性』は『男』としての自分に『自信』が無いのだろうな。露骨に言えば『おチ.ン.チ.ン』に『自信』がない。だからこそ、艦娘『大和』で言えば『女性』としてほぼ完璧であるが故に、彼女に『劣等感』を感じてしまうから一番人気ではない。といった所だろう。
317.名無しさん:2019年07月09日 01:41 ID:qmI.5YCr0▼このコメントに返信
※314
艦これでは燃費と修繕の資材が馬鹿食いなので、実戦に出すことがよほどの覚悟がないと出来ないだけ
連合艦隊司令部のトラウマを少しは感じてもらえる仕様になっている
(現実の大和の燃費はむしろ良かったんだがね)
318.名無しさん:2019年07月09日 02:07 ID:ntSfVaFw0▼このコメントに返信
*305

上回ってるよ

フレッチャー級なんかは21世紀初めまで現役の艦があった
日本は一番長生きした雪風でもフレッチャー級の半分ほどしかもたなかった
319.名無しさん:2019年07月09日 04:52 ID:vOaZf.YA0▼このコメントに返信
※318
それ大量に造られたものが貧乏国の海軍に流れて代替艦への更新もされずに長期間使われ続けただけの話でしょ。
普通ならとっくにスクラップですよ。日本艦と同様に。
320.名無しさん:2019年07月09日 06:24 ID:t6kAETGR0▼このコメントに返信
※260
そうするとここで議論する意味が無くなってしまいます・・・
321.名無しさん:2019年07月09日 06:43 ID:e4Ojcs8b0▼このコメントに返信
*319
フレッチャー級はアメリカ海軍でも70年代初頭まで退役せずに残っていた艦がある
設計に余裕があり、改修に耐えられたのと、ちゃんと作られてるから、長持ちする

ちなみに雪風が御用済みになったのと入れ替わりに台湾でもフレッチャー級が導入されてる
322.名無しさん:2019年07月09日 06:43 ID:t6kAETGR0▼このコメントに返信
※303
横からすみません。真珠湾攻撃当時のアリゾナなら航行中でも撃沈できたと思います。
Wikiの情報ですが、アリゾナの水平装甲は250kg爆弾でも貫通でき、真珠湾より5か月後の
セイロン島沖海戦で日本の急降下爆撃(250kg爆弾)で、命中率約80%(45発中37発命中)
となっています。
 局所的な考察ですが。
323.(´・д・`):2019年07月09日 06:48 ID:tOW1tp0b0▼このコメントに返信
>>313
防げない装甲を設ける意味を述べよ。
言っておくが、当時の航空爆弾をまともに防御したければ一枚板換算で150㎜程度の水平装甲が必要だ。
大和なら200㎜、半減して全体に配分したら全く無意味だぞ
324.(´・ω・`):2019年07月09日 07:07 ID:VpaXHsp60▼このコメントに返信
>>309
大和型の重要区画は53%まで短縮しており、アイオワ級も同程度だ。

ちなみに最も肥えている船型なのは大和型ではない。
S.ダコタの方が縦横比でデヴだし、あれはやり過ぎな位短縮し過ぎていて完全に容積不足に陥っている。

大和型は小型化しながら必要な容積を確保している。
325.名無しさん:2019年07月09日 07:46 ID:N68TiDyA0▼このコメントに返信
※318
>>318
メキシコ海軍に渡ったジョン・ロジャースは、2001年に退役してるけど、
実際に動かしてたのか?
326.名無しさん:2019年07月09日 08:06 ID:N68TiDyA0▼このコメントに返信
※322
>>322
真珠湾攻撃時の艦爆隊は、初陣だから、セイロン島沖海戦並みの精度はだせないと思うが。
対空砲の洗礼を受けてないチェリーと経験者では、かなり差がでると思うぞ。
327.名無しさん:2019年07月09日 08:06 ID:VxQs0Dak0▼このコメントに返信
烈風に30mm機関砲斜め上に2本付けてB29撃墜用の改造計画もあったんだって 大和も潜水艦に改造して米本土空爆すれば良かったのに
328.名無しさん:2019年07月09日 08:42 ID:UDpXMx6W0▼このコメントに返信
長門は2回の原爆実験に耐えたそうだ。
アメリカ軍の船が次々に沈んでいく中で、残っていたという。
しかも2回目の実験の時は機雷までぶら下げるというハンディをつけられていたとはね。
日本の戦艦は強いね。
329.名無しさん:2019年07月09日 09:50 ID:QGKts.ql0▼このコメントに返信
>>326
命中率を半分(40%)としても問題ないレベルかと。あと、真珠湾の対空砲稼働はアリゾナ撃沈の後ですので、セイロンのときの連動はあまり変わらないと思います。

しかし、スレを見直しましたが当初の論点は「大和撃沈の際よりも、真珠湾当時の在泊戦艦は旧式、また航行中の艦船に対し攻撃は難しい」とのことですね。
それについては仰る通りと思います。話を横道に逸らしてすみませんでした。
330.名無しさん:2019年07月09日 10:18 ID:fncg.4Dz0▼このコメントに返信
※328
長門に限らず爆心地近くじゃなけりゃ耐えてます
331.名無しさん:2019年07月09日 10:44 ID:UDpXMx6W0▼このコメントに返信
※329
いや違うよ。
ここは戦艦の強さのスレですわ。
大和が魚雷10発、爆弾20発で沈んだのに対し、アリゾナが爆弾1発で沈んだというところが争点だよ。
動いていようが、動いていまいが関係ない。
つまり大和の防御率は
大和>>>>>>>>>>アリゾナという証明ですな。
まあ、あなたらは命中率とかいうスレチの議論してるとこ入って悪かったね。
332.(´・ω・`):2019年07月09日 10:53 ID:v.eAwtQJ0▼このコメントに返信
※270
説明抜けてたわ
同様の装甲スタイルは英独や日が研究「は」している。日本では脱帽鈑とか梯装板とか言われる方式。
外側は厚みの6.5倍の口径分まで被帽脱落機能が働くので、70㎜はギリギリ。
ある程度板と板を離さないといけないのでスペースを食うし、外板と内板の厚みの割合が難しい。
外側を厚くしてその分内側が減ると単なる2枚重ねと変わらなくなるし、
反対に外側を減らし過ぎると被帽脱落機能が働かなくなる。
伊の場合は、板と板の間にセメントを充填することで250㎜の間隔で済ませている。
280㎜TC│250㎜セメント│70㎜均質
OH…記憶違いだった、25㎜の間隔って思ってた
こんなん大和型の装甲板よりも分厚いし、セメント分重たいやんけ(´ω`)
333.名無しさん:2019年07月09日 11:15 ID:f9kUsKD80▼このコメントに返信
レーダー射撃で100発100中だと思ってる奴は勉強しなおせよ
砲撃シークエンスとレーダーの仕組みな
334.名無しさん:2019年07月09日 11:36 ID:sSXvRlDM0▼このコメントに返信
被装甲率君は「また」逃げたのか

是非とも

「同じ材質の装甲厚410mm、被装甲率51%の戦艦よりも装甲厚10mm、被装甲率100%の戦艦の方が防御力が高い」

理由を解説してもらいたかったのだが
335.名無しさん:2019年07月09日 11:46 ID:QGKts.ql0▼このコメントに返信
>>331
スレ違い失礼しました、防御力比較に関して全く同意です。
336.(´・ω・`):2019年07月09日 12:05 ID:v.eAwtQJ0▼このコメントに返信
※334
そもそも船体の構造材が十数㎜~30㎜程度あるってのがオチだゾ
337.名無しさん:2019年07月09日 12:21 ID:EJ94eR580▼このコメントに返信
※321
性能どうこう以前に。修繕などの部品とか武装の問題もあるかと。

雪風に限らず日本軍は敗戦後は戦前使っていた武器や関連部品の製造はしておりませんので補充が利かない(なので雪風の丹陽時代の武装はアメリカ製)

対してフィッシャー級は腐るほどあるし、同じ主の兵器=アメリカの別の駆逐艦でもある程度は互換性が利くので維持と言う面では生産がストップしている日本の駆逐艦よりも部品の補充がフィッシャー級が残るのは自明の理だと思いますがね。


ちなみに雪風よりもだいぶ前に建造されている特三型駆逐艦響はソ連の賠償艦となり1970年代まで使用されていた。
理由は、ぶっちゃければソ連海軍にはそれしかない、ついでに言えば更新する予算もないから・・・さらに言えば雪風=丹陽やフィッシャー級などが長期にわたり酷使されたのも、WW1とWW2の二つの大戦で酷使された金剛型やクィーンエリザベス級なども最大の理由は新型する予算がないから・・・に尽きると
338.(´・ω・`):2019年07月09日 12:34 ID:v.eAwtQJ0▼このコメントに返信
ユトランド沖海戦の戦訓で水平装甲の重要性が認識されたが、
そこから更に徹甲弾の改良というイベントが加わって、
長門型の世代までのフネは水平どころか垂直もぜーんぶ陳腐化したんだよ(´・ω・`)
米戦艦は水平装甲の増厚やマストの改正くらいでそこまで金かけてないので、
改装が間に合った連中も水平装甲は増厚で有効な防御力を取り戻したが、
垂直装甲は陳腐化したままだ。元々343㎜垂直で14インチ砲に対して15㎞程度の距離まで耐えられていたが、
無強化なので20㎞程度で14インチ砲にぶち抜かれかねない。
16インチ砲になんて全く耐えられない程度まで垂直装甲は陳腐化している。

まあ、日本もまともな安全距離を取り戻せたのは長門・伊勢型くらいなもんで、
扶桑型は25㎞程度で舷側をぶち抜かれかねないし金剛型は論外だ。
339.名無しさん:2019年07月09日 12:36 ID:of1J2LVD0▼このコメントに返信
>>337
それに日本は拡張性重視せず求められるスペックギリギリサイズで造る傾向があるよね
あと、他国なら現役バリバリな艦齢の船もさっさと退役させて新型に更新する
国ごとの考えの違いもあると思うので、艦齢だけで優劣を語るのはどうかと思う
もちろん拡張性を考えた設計は素晴らしいが
340.名無しさん:2019年07月09日 12:56 ID:of1J2LVD0▼このコメントに返信
>>2
弩級戦艦てのは金剛おばあちゃんより歳上のドレッドノートさん世代のことだからね
金剛以降の日本戦艦は全部超弩級です
341.名無しさん:2019年07月09日 13:16 ID:EJ94eR580▼このコメントに返信
※339
まぁ、その拡張性は航洋性を生贄にささげて…となるので兵器や武器としてはともかく”船”として問題が生じてくると・・・。

もっとも、戦前の日本やイギリスを除けば陸地から離れてかなりはなれて大洋にてドンパチする予定はなかったので航洋性などは多少は目をつぶったん=ようは国ごとの考えの違いといえばそれまでですがね。
342.名無しさん:2019年07月09日 13:22 ID:cf1X93Yj0▼このコメントに返信
※340
>>340
金剛お姉さまとお呼び(アルペジオ・金剛メンタルモデルイメージです)
343.名無しさん:2019年07月09日 13:30 ID:cf1X93Yj0▼このコメントに返信
※331
>>331
大和に爆弾て、撃沈の原因になってないんじゃないのか?
アメリカ海軍の1000lb(450K)爆弾だと弾薬庫まで届かないと思うのだが。
戦艦の沈没原因て、弾薬庫の爆発か水雷によるものしかないと思うが。
344.(´・ω・`):2019年07月09日 13:39 ID:v.eAwtQJ0▼このコメントに返信
※341
それはロンドン軍縮条約までで、WWⅡ前は逆やよー
友鶴事件と第四艦隊事件の二つの教訓から、武装偏重は改められて航洋性や船体強度の強化が図られている。
何せ、日本海を吹き荒れるのは神風。古くは元寇を撃退した自然の脅威。
日本海軍は、敵国に備えるよりもまず、天然自然の日本海の天候が敵だと認識したのだ。
重心位置を下げたり、強度を確保するための代償重量で無理な強武装は撤去したのよー(´・ω・`)
その影響で、大和型も無理な高速化や強武装化はやめ、無難な装備・無難なバランスになっている。
前述した通り、技術的にはもっと高度化できたが、それで転覆した日には別の意味で伝説になってしまう。
345.名無しさん:2019年07月09日 14:22 ID:UDpXMx6W0▼このコメントに返信
※343
大和の沈没原因なんてスレチで、どーでもええことや。
アスペの「え?え?」の細かい袋小路への暴走にはついていかんわ。
346.名無しさん:2019年07月09日 19:32 ID:qSr38Zm20▼このコメントに返信
※318
いや明らかに問題あったでしょw
じぁ何で台風で沈んだんだよw
347.名無しさん:2019年07月09日 19:54 ID:RXWpTWAZ0▼このコメントに返信
航空機も戦艦の装備って一体何を考えればそうなるんだ、スレ主の頭の中を見てみたいくらい笑っちゃう話。

348.名無しさん:2019年07月09日 20:17 ID:B.BUNlIb0▼このコメントに返信
大和に瑞雲20機程度積んで航空戦艦や!とか?

349.名無しさん:2019年07月09日 21:21 ID:vOaZf.YA0▼このコメントに返信
※346
アホみたいに同型艦が造られてパーツもダダ余りの艦と、敗戦で武装解除されてしまった国の生き残りの艦を比べるのも乱暴な話だよね。
台湾がフレッチャー級に代替したのも、単にアメリカ製の兵器に切り替えたことで、規格の違う日本艦を使い続けるのに不都合が出て来たこともあるんじゃないのかね。
350.名無しさん:2019年07月10日 01:01 ID:Gr8GU.zh0▼このコメントに返信
*337

> 戦前使っていた武器や関連部品の製造はしていない


設計寿命が尽きて、発展余地のないものは再生産しても意味がないからね
351.名無しさん:2019年07月10日 01:20 ID:Gr8GU.zh0▼このコメントに返信
*346
台風が強力だった
巻き込まれた艦隊では風速60m/秒、波高24mを記録してる

加えて沈没したフレッチャー級は
・舵が故障していて自由な操艦ができなかった
・燃料をほとんど使いはたして重心が上がっていたのに、バラストの海水注入して重心を下げる措置を取っていなかった

同じ艦隊にいた他のフレッチャー級は沈没していない
352.名無しさん:2019年07月10日 01:53 ID:Gr8GU.zh0▼このコメントに返信
*349
F6Fは第2次大戦のアメリカ海軍機としては最も多い生産数の機体だが、対日戦で使えればそれでいいという位置づけで実際その通りの機体だったので戦争が終わったらあっという間に姿を消した

飛行機と艦艇の違いはあるんだけど、大はエセック級から小はフレッチャー級まで長生きする艦艇にはそれに相応しいだけの優秀さが要る
353.名無しさん:2019年07月10日 07:05 ID:FVic86gB0▼このコメントに返信
>>351
あれぇw優秀なはずのフレッチャー級なのに舵が故障したのw

優秀ならまず故障なんて起こさないはずなのにw

354.名無しさん:2019年07月10日 07:41 ID:Tlzg2AWv0▼このコメントに返信
※350
日本海軍は敗戦で解体されたということをお忘れなく
部品生産するわけないよね
355.名無しさん:2019年07月10日 12:55 ID:Q.C8Ck300▼このコメントに返信
※351
なお、自称「オルモック夜戦」(でフレッチャー級の拡大発展型の駆逐艦を撃沈した際に)中破していた(戦時急造の)松型駆逐艦・竹も同時期に同じ台風に遭遇したが無事日本に帰りついた模様。

後、同じ型の駆逐艦三隻が同じ台風の中米軍基地攻撃のために出港(さすがに攻撃は無理だったので)帰還。後に礼号作戦に参加している。

まぁ、前々から記載ありますが米軍の軍艦は”兵器”としてならともかく”船”としての信頼性はさほど高くはないのが原因ですけどね。
356.名無しさん:2019年07月10日 18:30 ID:Q.C8Ck300▼このコメントに返信
※352
この場合は性能どうこう以前に単に作りすぎたんで在庫がダブっただけ、なんだが。

現に平甲板型で同じことしてるし・・・。
357.(´・ω・`):2019年07月10日 20:09 ID:buuYqchO0▼このコメントに返信
まあ、もう当時艦艇も急速に発展する時期過ぎてたってのもあるし、作りすぎたからFRAMで延命しないとってのはあるけどさ
フレッチャーファミリーは拡大発展型含めたら300隻ほど同じ基礎設計で建造し続けたこと考えたら、中々の傑作とは言えるぞ。
大戦時はトップヘビーで航洋性がヤベエが。
(´д`)
358.(´・ω・`):2019年07月10日 20:18 ID:buuYqchO0▼このコメントに返信
ただ、本当はエセ. ックス級とかもだが、造りすぎたからこそ一挙に入れ換えなんてとても出来ず、寿命が来るまで改装しながら使うはめになったのも本当だ。

大改装や装備の転換に対応出来る拡張性を評価すべきか、単にアメリカの悪いところが出たと見るべきか…

まあどっちでもいいや。
フレッチャーにもエセ. ックスにも思い入れなんてないし(´д`)
359.名無しさん:2019年07月11日 00:00 ID:FrM7ZdVe0▼このコメントに返信
*354
ドイツも戦後軍がいったん解散したけど、MG42は使用弾薬を差し替えることで再軍備後の西ドイツ軍のみならず世界各国で広く使われている
航空機用のリヴォルバーキャノンもラインメタルが開発したんじゃなかったかな

海軍関係でいえば水中高速型Uボートも戦後の潜水艦の発展に大きく影響を与えた

V-2なんか言うまでもない

敗戦国でも本当に優れたものは生き残る
はい
360.名無しさん:2019年07月11日 00:15 ID:FrM7ZdVe0▼このコメントに返信
*355
台風は勢力が強いときか衰えたときか、また船と台風との位置関係、それから遮るもののない洋上か 島影や港に退避できたかで、船の受ける影響は大きく違ってくる

同じ台風に遭遇したからと言って同じ条件だったとは限らない
361.名無しさん:2019年07月11日 06:13 ID:j5E0KbLd0▼このコメントに返信
※359
戦艦大和の設計は戦後の世界中の造船界に影響を与えたよね
敗戦国でも本当に優れたものは生き残るね
はい
362.名無しさん:2019年07月11日 06:44 ID:lTrktJxU0▼このコメントに返信
*361

ほう、具体的にはどんな影響を与えたんだい?
363.名無しさん:2019年07月11日 08:46 ID:CDkJhwvp0▼このコメントに返信
>>359
UボートやV2はそれがそのまま使われたわけじゃないやろ
反論のために必死すぎる
364.名無しさん:2019年07月11日 18:55 ID:em57QZ200▼このコメントに返信
※360
根本的に船は沈まないものって理解されているので?

それが多少の条件どうこうでといっている時点でフレッチャー級には船として問題があると証明しているようなものですが。
365.名無しさん:2019年07月11日 20:56 ID:lTrktJxU0▼このコメントに返信
*364
「根本的に船は沈まないもの」なんてことは書いてないんだけど?
誰か他の人と間違えてないか?

風速60m/秒、波高24mの中で
・舵は効かない
・燃料はほぼないのにバラスト注入はしない
これが「多少の条件」なら
きっと竹は風速120m/秒、波高50mの中で
フレッチャー級よりもっと船の機能が失われた状態で台風を乗り切ったんだろう
凄いね
366.(´・ω・`):2019年07月12日 00:23 ID:mAWw3b.E0▼このコメントに返信
単純にさ、日本海軍は米軍よりも先に第四艦隊事件で日本海の神風(特攻に非ず)の洗礼を受け、攻撃偏重を一部取りやめ、その余力で船体強度や復原性能をきちんと確保するようになったので、大戦当時は日本近海の荒天に耐える能力では日本に一日の長があるってだけの話だゾ

このように軍事が絡むと、失敗事例を共有化するどころか秘匿しておくことってのは往々にして起こること

大戦当時の米艦はこのような荒天をまっったく想定していなかったので、対空兵装の充実は重心の上昇を招き、少なからずフネとしての航洋性能に問題を抱えていたので被害が拡大した次第。

神風は吹いて!吹いて!吹きまくって一個艦隊消滅するほどの大損害を米軍に与えた!
しかし、それでも全く平気な物量の米軍がヤバすぎるだけ(´・д・`)
367.名無しさん:2019年07月12日 13:04 ID:EPWA3Vfj0▼このコメントに返信
※365
同じ台風での話をしているのに倍以上の強さでないと多少とは認めない方がすごい話ですけどね。

ちなみに駆逐艦竹のほうは中破している=条件的にはフィレッチャー級よりも船の機能が失われた状態なんですがね。
368.名無しさん:2019年07月12日 23:43 ID:QaVKWHma0▼このコメントに返信
*367
「同じ台風」とか「多少」とかではアバウト過ぎて話にならないので、補助線として仮の数値を出したまで

まあ風速60m/秒、波高24mの倍は仮とは言え、中々無いだろうが、逆に
・台風の勢力が強くなる前 または 衰えた後の遭遇だった
・航路が台風の端をかすめただけだった
・うまく島影や港に避難できた
等の理由で、竹が実際に経験したのは風速10m/秒 波高4m程度だったっていうことは充分ありうる
369.名無しさん:2019年07月13日 00:01 ID:xz8hFRcf0▼このコメントに返信
*367

同じ中破であっても損傷部位によって航行への影響は様々だし、ダメージコントロールや応急処理がどの位適切に行われたかによっても変わる

一方
フレッチャー級の風速60m/秒、波高24mの中での
・舵が効かない
・燃料が殆どなしで、バラスト注入してない
というのは間違いなく極めて危険な状態
重心が上がっている上に船を立てることができないわけだから

お名前