2021年01月14日 05:05

薙刀とかいう斬撃系最強の武器wwwwwwwww

薙刀とかいう斬撃系最強の武器wwwwwwwww

20190625095958

引用元:薙刀とかいう斬撃系最強の武器wwwwwwwwwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1561352755/

1: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:05:55 ID:r2N
ど素人が持っても無敵

2: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:06:47 ID:3lM
懐に入られたら終わりやん

5: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:08:05 ID:erA
>>2
入れない定期

3: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:07:31 ID:uXO
力無いと持てないし突けなさそう

4: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:07:42 ID:w8F
ゾンビが出たらと考えた時真っ先に模した武器を作ろうとする

6: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:11:07 ID:Lnw
鉄の塊ついた棒ブンブン振り回せると思ってんのか

8: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:12:08 ID:erA
>>6
長柄の方が力無くても振りやすいで
2点で持てるから

10: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:14:28 ID:Lnw
>>8
5kgが多少振りやすくなったところでなぁ

14: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:16:20 ID:erA
>>10
5キロの棒ってめっちゃ軽いで
5キロの剣なら超重いけど

36: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)15:56:00 ID:x1i
>>14
3メートルに伸びるアルミ製物干し竿が1.5キロだから
5キロだとその3倍以上の重さってことか

随分軽いですね

7: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:11:49 ID:Hzh
双剣が最強定期

11: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:14:55 ID:BX7
>>7
ここは現実やぞ

12: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:15:28 ID:c29
剣道の達人と普通の薙刀女子が戦っても薙刀が勝つんやろ?

13: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:16:08 ID:YbG
鉄砲とかいうチートが入ってきたせいでノッブから見捨てられた悲しい武器

15: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:16:39 ID:F9P
薙刀いい武器やと思うけどやっぱり女の子の武器であって欲しい

24: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:19:42 ID:KUm
脛打ちあるから

32: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)14:22:13 ID:c29
ババアキャラが気合い入れて薙刀持ち出してくるシーン好き

47: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:02:34 ID:vod
薙刀は強いで

48: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:03:26 ID:2KX
遠心力に任せても使えそうやし

50: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:07:07 ID:JiV
薙刀と長巻は何が違うん?

51: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:09:48 ID:x1i
>>50
上代の手鉾由来の薙刀と中世の大太刀に長めの柄をつけて取り回しをよくした長巻で由来が違うが
実際のところ「太平記」に出るような刃渡り四尺五尺の大薙刀で柄の短いのがあったら
長巻と区別つかないだろうなって思う

65: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:18:23 ID:Day
懐に入られるというか
閉所で取り回しがしんどいのはポールウェポンの弱点やな

廊下とかならまだええけど、四方から攻められる林の中とかはつらいと思う

69: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:41:51 ID:slm
剣道と違って道具全部そろえるだけでかなりの金額になりそう

70: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:45:08 ID:x1i
>>69
競技用薙刀は竹刀に比べれば確かに若干お高い傾向だし
脛当という防具も必要にはなるが元々剣道の防具セット自体がお安いものではないので
剣道やれる経済力があるならそこまで変わらんと思うよ

71: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:48:41 ID:Pe0
そら合戦は槍で陣形組むのが基本やが次第に陣形が崩れると混戦になるし
そうなると長物は使えなくなる特に狭いほどな

77: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:56:25 ID:x1i
>>71
17世紀西洋のパイク兵も接近戦に備えた構えが
片手でパイクを保持しつつもう片手で剣の柄に手をかけておく
という形だから洋の東西を問わず接近戦や乱戦では無理に鑓にこだわるなんて
やらんわな

80: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)16:59:49 ID:Pe0
>>77
特に日本みたいな開けた場所の少ない土地じゃ混戦は避けられんし

81: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)17:02:37 ID:VGE
上段から振り下ろされた薙刀とか防御不可レベルの威力やろ…


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2021年01月14日 05:10 ID:MC6o8ntt0▼このコメントに返信
ゲルググ「わかる」
2.名無しさん:2021年01月14日 05:18 ID:YuEMZS1v0▼このコメントに返信
二本差しなら脇差し投げるんだよなぁ
3.名無しさん:2021年01月14日 05:19 ID:Chvv9GO50▼このコメントに返信
>81
薙刀の恐ろしさは上段より下段(足払い)だよ
通常の竹刀ではリーチや姿勢の都合で薙刀の下段は受けにくい
そして剣道では有効打にならない足を狙う、守る練習をしない
結果として薙刀有利の距離から詰めれない
→相手の有利な距離から一方的にボコられる
4.名無しさん:2021年01月14日 05:20 ID:GOMWubxh0▼このコメントに返信
長巻最強。
5.名無しさん:2021年01月14日 05:27 ID:N.91Z1NH0▼このコメントに返信
>>3
駿府城御前試合(シグルイの方が分かりやすい気もするが)のがま剣法を思い出した(あっちは槍で相手したけど)。
6.名無しさん:2021年01月14日 05:27 ID:UP6iazxR0▼このコメントに返信
とうらぶの、静ちゃんが来ません!
誰か、来る方法を教えてください!
7.名無しさん:2021年01月14日 05:32 ID:mODjQvgh0▼このコメントに返信
薙刀は最強過ぎるわ
剣道有段者の男でも女に負けるくらいだし
唯一の弱点は狭いトコで使えない事くらいか
8.名無しさん:2021年01月14日 05:41 ID:7hq.nRQe0▼このコメントに返信
薙刀と剣道は3段の差があって対等というね。 
坂本龍馬は薙刀(長刀)使い。ドラマでもやればいいのに。
9.名無しさん:2021年01月14日 05:45 ID:JIY2l2o10▼このコメントに返信
何故「女性の武器」と近代日本では見られてるの?
10.名無しさん:2021年01月14日 05:52 ID:mODjQvgh0▼このコメントに返信
※9
江戸時代に薙刀が廃れたのと世界大戦の時に女性の武器として採用されたからだろうね
11.名無しさん:2021年01月14日 05:54 ID:ErKpEuPF0▼このコメントに返信
結構古い武器なんだぜ蒙古来襲より昔からあった
個人戦では最強でも集団戦では使えない。

※8 槍術と剣術じゃね?
12.名無しさん:2021年01月14日 06:03 ID:aGPaifZb0▼このコメントに返信
さすが中国人。君は関羽か?
13.名無しさん:2021年01月14日 06:18 ID:z4hsvuCb0▼このコメントに返信
槍術と薙刀はどっちがつよいの?
14.名無しさん:2021年01月14日 06:20 ID:9KoQ8XMt0▼このコメントに返信
何時の間にか薙刀は女の武器に成ったか考えれば
分かるだろう女でも扱い易く攻撃力が有るからだよ
それだけ武器として優れてる、良い所取りの兵器だからね
15.名無しさん:2021年01月14日 06:31 ID:mODjQvgh0▼このコメントに返信
※13
道場でタイマンなら薙刀だろうね
16.名無しさん:2021年01月14日 06:39 ID:rTNgC4Ee0▼このコメントに返信
>>7
日本刀で、狭い日本家屋なら太刀より小太刀の方がいいね。
坂本龍馬も太刀が周りに当たり、小太刀の刺客にやられたし。
17.名無しさん:2021年01月14日 06:59 ID:I.5ZViOh0▼このコメントに返信
「軍鶏」に登場したバァさんカッコ良かった
18.名無しさん:2021年01月14日 07:09 ID:8ZzHhMLf0▼このコメントに返信
何で戦国前に廃れたか考えような?
19.名無しさん:2021年01月14日 07:55 ID:O.4m1kuV0▼このコメントに返信
十字槍の方が強そう。
20.名無しさん:2021年01月14日 08:03 ID:z2csFJzk0▼このコメントに返信
5kgの棒ってかなり重いぞ
長さとどこに重心あるかで扱いやすさも変わるがそんなに手軽に振り回せるものじゃない
21.名無しさん:2021年01月14日 08:05 ID:cOtcYvKV0▼このコメントに返信
重い、って言ってるやつ、持ったことないんだろうなぁ
22.名無しさん:2021年01月14日 08:21 ID:DZiCscoY0▼このコメントに返信
持ち歩くには不便なのに屋内での取り回しは最悪、合戦では槍に劣る。帯に短したすきに長しの微妙な武器。
屋外である、初めから戦闘が想定される、相手の武器が刀以下、みたいな限られたシチュエーションでしか活用できない。
山賊には向いてるかもね。
23.名無しさん:2021年01月14日 08:22 ID:oEcr5umd0▼このコメントに返信
※11
関羽とか持ってるの薙刀だよな。創作かもしれんけど。
24.名無しさん:2021年01月14日 08:24 ID:3JEK.nDw0▼このコメントに返信
※21
先竹の試合用薙刀なら軽いからぶん回せるが、先端に3~5kgの鉄塊がつくと考えりゃモーメント無視できんわw
ためしに竹竿の先端に3kgの鉄アレイつけてぶん回してみーやwww
おれは剣道やってたが、一度だけ、大学の薙刀道部と交流試合やったことある。
25.名無しさん:2021年01月14日 08:27 ID:z6zpLzm70▼このコメントに返信
>>1うどん県の高校で薙刀部と剣道部との試合があり薙刀と剣道が戦って地方ニュースになったよ
26.名無しさん:2021年01月14日 08:29 ID:y4tlRdv10▼このコメントに返信
関羽の青竜偃月刀(後漢末期には存在しませんが)は、薙刀の範疇?
27.名無しさん:2021年01月14日 08:31 ID:mODjQvgh0▼このコメントに返信
※24
日本刀ですら刀身の重さ1㎏程度なのに何を先っぽにつけようとしてるんだ?
28.名無しさん:2021年01月14日 08:32 ID:y4tlRdv10▼このコメントに返信
※13>>13
李書文の六合大槍最強!
29.名無しさん:2021年01月14日 08:33 ID:cOtcYvKV0▼このコメントに返信
※24
なんで刀とポールウェポンを同一に考えるんだろうって話よ
30.名無しさん:2021年01月14日 08:35 ID:7URsTi3Q0▼このコメントに返信
※26
逆じゃないかな
青龍偃月刀みたいな矛って存在があってそこから分化したのが薙刀
31.名無しさん:2021年01月14日 08:35 ID:fOhq6vjT0▼このコメントに返信
というか、江戸時代に女性の護身武器として大奥とかに配備されてたのだから
刀よりもバランスが取りやすく持ちやすいだろう。
竹竿の先に3kgの鉄アレイを付けても一応振り回せるけど、
30cmの棒の先に3kgの鉄アレイ付けたら持ち上がらんぞ。
総重量は竹竿の方が重いけどな。
32.名無しさん:2021年01月14日 08:36 ID:y4tlRdv10▼このコメントに返信
※8>>8
免状があるからといって、使い手とはかぎらん。
本家千葉道場ならわかるが、分家が金で売ってたかもしれんし。
分家は、鳥取藩士なので出費も嵩むだろうし。
33.名無しさん:2021年01月14日 08:44 ID:y4tlRdv10▼このコメントに返信
※30>>30
青竜偃月刀は、宋代のモノ(水滸伝の関勝の武器として登場)
同時期の日本で、鉾から長巻・薙刀に転換されている。
日本の薙刀が宋に渡って広まったのかも。
34.名無しさん:2021年01月14日 08:51 ID:7URsTi3Q0▼このコメントに返信
※33
青竜偃月刀はともかく矛自体はもっと昔から中国にあるよ
薙刀も中国から伝わった矛から派生したと考える方が自然
35.名無しさん:2021年01月14日 09:02 ID:iDCgQ44m0▼このコメントに返信
剣道三倍段というわかりやすい表現がある。
36.名無しさん:2021年01月14日 09:26 ID:lYT7GJeE0▼このコメントに返信
薙刀の話が出ると必ず、懐に入られたら弱いとか重くて振り回せないとか屋内とかの閉所で不利だとか言うやつが出てくるけど
女が城の中で刀持った侵入者相手に使っていたのを知らないのかなといつも思う。
37.名無しさん:2021年01月14日 09:28 ID:.wj6fYhk0▼このコメントに返信
※34>>34
鉾がシナ伝来を否定してないで。
鉾が、日本国内で薙刀に独自進化シテ、シナに里帰りしたのかもと、書いたつもりなんだが。
38.名無しさん:2021年01月14日 09:34 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※34
そいつは矛と戈や戟の存在、その形状を知らんのだろ
矛と戈は中国の戦国時代前期の主流であった戦車戦での主兵器
日本の弥生期にも存在が確認されている

突きじゃなくて引っ掛けて斬るのが「戈」(長柄の草刈り鎌を想像するとよい)
刺すと斬るの両目的だが突くのが主用途の「矛」(直刀様の穂先を持ち、後に刺突重視の鑓になる)
矛と戈の合成ともいうべきの「戟」
39.名無しさん:2021年01月14日 09:46 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※36
そういうことを言うやつは持ったことが無いからそう言う
長柄の一端を持って力任せにブンブン振り回すイメージね
まぁバットかゴルフグラブくらいしか知らんのだろうけど、そういうのは開けた場所で状況如何で行うことはある
棒術では「長持ち」といって殺し技としても知られる技でもある

実際の長柄物の操作は体捌きと兵器の重心を考慮したコンパクトな操作を行う
40.名無しさん:2021年01月14日 09:57 ID:mODjQvgh0▼このコメントに返信
※36
部屋とかなら良いけど廊下とかだと振り返るのも大変そうじゃない?
41.名無しさん:2021年01月14日 10:00 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※37
可能性は無くはない
ただ一般には偃月刀は前漢期に存在した両刃の「斬馬刀」の末裔の「大刀」ということになってる

少しロマンがかった話だが中華世界と日本の交流は宋代(特に南宋はモンゴルに対抗すべく対外貿易に積極的だった)には盛んだったので、その線もありかなとは思うが、まじめな席で言うと怒られるかバカにされると思うよ
42.名無しさん:2021年01月14日 10:06 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※40
杖術の心得がある人なら言わなくても判るんだが、狭所ではそれに応じた持ち方と使い方をするんだよw
バンドの構えと普通の構えの違いと言えば分かるかな
43.名無しさん:2021年01月14日 10:06 ID:Clix6pTO0▼このコメントに返信
>>35
薙刀は何倍?
44.名無しさん:2021年01月14日 10:15 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※43
もともとは剣で薙刀や槍といった長柄物に対して互角に戦うには相手の三倍の技量がいるとされていて「剣術三倍段」といった

今は漫画の「空手バカ一代」の影響で素手で武器持ちの相手をするときには素手側が三倍の技量が必要という意味になってしまっている
45.名無しさん:2021年01月14日 10:30 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>7
その点、銃剣術の場合、突けば槍、斬れば薙刀、殴れば杖 銃剣格闘となると短剣道、銃剣道、日本拳法、杖道を一通り覚えないとキツイ
46.名無しさん:2021年01月14日 10:33 ID:q5usVusC0▼このコメントに返信
槍と棒のいいとこどりが長刀ナギナタ、薙刀は当て字。
戦国での斬馬刀と言った方が解りやすい。
ちな、弁慶の得物。僧兵はなぎなたに短刀装備が標準。
実戦なら薙ぎ払い最恐でしょ。包丁で指削ったのとわけちがうよ。
47.名無しさん:2021年01月14日 10:36 ID:pTY1vd.S0▼このコメントに返信
なんで女性ばっかなの。
48.名無しさん:2021年01月14日 10:55 ID:AV0.z4dx0▼このコメントに返信
槍じゃ無いのか?
49.名無しさん:2021年01月14日 10:58 ID:qniVEJ4v0▼このコメントに返信
長い柄を持つ武器の「持ち位置を変える自由」を全く思いつかない奴ってどんな頭しているんだろうな
50.名無しさん:2021年01月14日 11:04 ID:9FrdDVdu0▼このコメントに返信
素人が使う分には、槍の方が強いよ
薙刀は間合いの制御が結構難しい

51.名無しさん:2021年01月14日 11:17 ID:hLUsx4ay0▼このコメントに返信
なぎなたより長巻の方が使いやすそうでええわ。
52.名無しさん:2021年01月14日 11:21 ID:PMjFwRKz0▼このコメントに返信
へたっぴが扱ったら簡単に入られそうなんだよな
刃がついてるからどうしても振り回したい誘惑にかられるだろ?
53.名無しさん:2021年01月14日 11:23 ID:A8ndaiZJ0▼このコメントに返信
両側に刃がついてると思いこんでたのはゲルググのせい
54.名無しさん:2021年01月14日 11:30 ID:q0bjeVIY0▼このコメントに返信
戦国時代には集団戦での使いづらさでメジャーにはなれず
平定された後は日常持ち歩くにはデカすぎてやはりメジャーにはなれず
強さは別にして色々主流になれない理由は考えられる
55.名無しさん:2021年01月14日 11:32 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※52
言うように素人や下手くそはブンブン振り回しちゃうので懐に入られる
それでパニクってやられる
実際には大きく弧を描くのではなく直線的に斬り込む

それと手元の反転操作で石突き側での攻撃も出来るので習熟した相手の懐に入るのは難しいよ

56.名無しさん:2021年01月14日 11:34 ID:oeTTMdAB0▼このコメントに返信
薙刀は室内でも、有効
その名の通り薙ぐと言う行為は殺傷半径より外に出る以外避ける方法が無い。
長巻と薙刀は、構造が根本的に異なる。
柄に収まる中子の刀身に対する長さの比率が全く違う。
当然長いほうがモーメント上丈夫であるが、
所詮、太刀の柄部分を無理やり長くした長巻では無理が出る。
これは、非常に致命的欠陥であり、長巻が廃れた理由の一つ。
旧軍の軍刀を使った刀法では、鍔元と、柄尻を握ったが、
江戸時代の剣術では、鍔元と間空けず直ぐ下を握った。
たったそれだけの長さの違いなのに
支給の軍刀では問題無かったが、
将校が家伝来の刀身を軍刀に仕立てた物は柄の破損が多発した。
それ位、柄と刀身の関係はシビア。

57.名無しさん:2021年01月14日 11:35 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※53
まぁゲルググのせいだがw
西洋の馬上剣にはメーネと言ってあんな形状のものがあるね
振るんじゃなくて自重と馬上からの高低差を利用して「落とす」ように用いるんだけど
58.名無しさん:2021年01月14日 11:58 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>9
非力でも、致命的な一撃を与えられるから。
その代わり、複数人での集団戦では、同士討ち多発で嫌われて、追い出された武器である。
59.名無しさん:2021年01月14日 12:01 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>11
薙刀やる場合、小太刀術と槍術と杖術と合気道やっておく必要があるんじゃ無いの?
60.名無しさん:2021年01月14日 12:01 ID:jDPQxvbd0▼このコメントに返信
長巻はアカンの?
61.名無しさん:2021年01月14日 12:01 ID:MC6o8ntt0▼このコメントに返信
※47
男はあえて不利な得物を使うと言う美学
62.名無しさん:2021年01月14日 12:03 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>18
集団の中であんなモン振り回せば、渋谷のホコ天の真ん中でスコーピオン機関短銃乱射する様な被害が出て、この野郎!とばかり周りからど突かれてあの世に旅立つ羽目に。
63.名無しさん:2021年01月14日 12:04 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>22
後は、防塁の上から、下にいる蛮族の首を狩る場合かな?元寇の2度目の時見たいな。
64.名無しさん:2021年01月14日 12:06 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>23
まぁ、元になったのは戈ですから青銅器時代の武器にあるでしょう?L型の刃に長柄付けたやつが。
65.名無しさん:2021年01月14日 12:11 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>26
多分、絵面にならないから、実際は毒矢を使った弩でドッカン!なんだけどね。それも用を足してる奴ばかり狙ってw
66.名無しさん:2021年01月14日 12:14 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>29
刀と斬馬刀が同じ物と言いたいのかな?
67.名無しさん:2021年01月14日 12:18 ID:F3BIsEQm0▼このコメントに返信
薙刀に限らず長柄武器は穂先だけが脅威と思われがちだけど、柄自体もその質量が武器になる。
仮に穂先をかいくぐっても柄でなぎ払うという対応がされるし石突での攻撃もあるから、意外なほどに隙が無い。
68.名無しさん:2021年01月14日 12:20 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>36
そら、24畳ある大広間での防衛戦用だからな。
喉の高さで左右に振り回されるだけで、近寄れんぞ??
太刀で叩き斬ろうにも、欄間とか天井で上段に構えられないし、中段から振り上げたら天井や欄間に食い込んで、外れなくなるのでは?
下段で刀身体に隠して振り回すと隣の同士討ちになるし。
69.名無しさん:2021年01月14日 12:23 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>38
槍に直交するダガーナイフを組み合わせて
突くのを払われたら、首筋に両刃の短剣を突き刺すのが戈。槍が突くだけでなく叩くのはこの流れ。
70.名無しさん:2021年01月14日 12:26 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>40
その為に、石突という、硬い物に叩き付けても壊れなくした部分が有る。コイツで顔面、喉、鳩尾、金的をドツクw
71.名無しさん:2021年01月14日 12:28 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>70
銃剣格闘の床尾板直打撃な。銃剣道でこの技を面に喰らわすと、反則一本負けをする事になる。
72.名無しさん:2021年01月14日 12:31 ID:RJDIXk3m0▼このコメントに返信
長物系統の武器だと「方天画戟」が最強じゃないの?
73.名無しさん:2021年01月14日 12:31 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>49
密集隊形で槍を濃密に真正面に突き出すのに、自由に移動されたら、戦線を構成出来無いだろう?
74.名無しさん:2021年01月14日 12:33 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>50
左右の仲間と肩が触れる様な密集隊形で前に突いて叩くだけなら、薙刀は弱くなる。持ち味の斬撃切り払いが出来なくなるから。
75.名無しさん:2021年01月14日 12:35 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>52
短槍でも懐に入り込み、長柄を押し圧を掛けながら、槍先で胸を突く、押圧刺突したら倒せそうだかな。
76.名無しさん:2021年01月14日 12:42 ID:riCBXFje0▼このコメントに返信
>>72
アレ、先端重くて取り回しが難しいのでは?
よほど膂力が無いと。特に背筋力が。300kg位の背筋力と、それに符合する腕力と脚力がある大前提の上に、の武器だよ?
徴兵の足軽雑兵ずれとなると、武田の槍の先端だけ5cmぐらいの鋼の槍先がちょこんと付いただけのシロモノみたく、突けなかったら叩き付けるだけwなんてシロモノに。
77.名無しさん:2021年01月14日 12:45 ID:RJDIXk3m0▼このコメントに返信
>>76
三國志演義を読むと方天画戟使っている人の勝率がいいから、使いやすいんじゃないんですか?
78.名無しさん:2021年01月14日 12:52 ID:EEhNeY970▼このコメントに返信
家に常備の薙刀と持ち歩く刀ではポータビリティが違う
79.名無しさん:2021年01月14日 13:39 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※69
それは後に出てきた形で普通は戟と言う

漢代の古い宮中礼法には三公の位にあって軍権を持つものは「虎墳の戟」に首を預けて参内するというものがあって、そこで使われたのが君が言ってるものと同じ形
80.名無しさん:2021年01月14日 14:29 ID:hLUsx4ay0▼このコメントに返信
※77
三国時代に方天画戟なんて無かったよ。
演義作るとき後付けで出来た設定やで。
81.名無しさん:2021年01月14日 14:31 ID:hLUsx4ay0▼このコメントに返信
長柄の先にピック状の物が付いてるのはどちらかというと戦槌の類だと思う
82.名無しさん:2021年01月14日 14:36 ID:.IbipN8O0▼このコメントに返信
5kgも無いぞ。
精々2kgちょっとだよ。
5kgの長柄は普通に思うよりよほど重い。
83.名無しさん:2021年01月14日 14:40 ID:.IbipN8O0▼このコメントに返信
※78
言うほど変わらないよ。
僧侶は錫杖を持って歩いていたし、僧兵の標準装備は薙刀だったしね。
84.名無しさん:2021年01月14日 14:44 ID:MC6o8ntt0▼このコメントに返信
※83
興福寺とか延暦寺の僧兵は普通に京都の町で神輿とか神木担いで強訴してたな
なんなら五条大橋通りかかる奴を待ち伏せたっていいし
85.名無しさん:2021年01月14日 14:47 ID:.IbipN8O0▼このコメントに返信
※84
目障りだから戦国時代に信長とか他の武将達に叩きつぶされたよね。
86.名無しさん:2021年01月14日 15:22 ID:uQJn52rR0▼このコメントに返信
※85
いや、そのまえに万人恐怖様こと天魔主、足利義教に一度叩き潰されてる
永享3年(1433年)7月19日の延暦寺の強訴を拒否して畿内一円の守護らに動員を命じ、僧兵を蹴散らすとともに首謀者の円命院兼宗を幽閉
翌年に山門側が幕府を相手取るかのように戦支度を始めたために比叡山を攻撃、首謀者の承蓮院兼珍は死亡し山門は降伏するも金輪院弁証ら主だった者が捕らえられ処刑された
以後、歴代の将軍を苦慮させた僧兵は義教の代だけは沈黙し続けることになる

ちなみに信長が比叡山焼き討ちの後で吉田神道宗家の吉田兼和を召し出して「比叡山を焼いたら祟りがあるか?」と問うた際の返事の「先例に無い」の先例がこの義教の比叡山攻撃
87.名無しさん:2021年01月14日 15:27 ID:BQOysSar0▼このコメントに返信
言ってることが全員とんちんかんでワロタ
薙刀の本来の使い方は馬の脚を刈るものだよ
88.名無しさん:2021年01月14日 15:29 ID:8.cEHvm00▼このコメントに返信
そもそも薙刀って3kgくらいだし
打刀で1kg未満だし、5kgは重くね?
89.名無しさん:2021年01月14日 16:02 ID:UMcWCbsx0▼このコメントに返信
妹がやってて、パチンとふくらはぎを薙ぎやがって
えらいひどい目にあった思い出がある
室内で取り回しがしづらいとかいうとるやつはエアプやで

でも個人的にはニーガン愛用のルシールが最強やと思うw
90.名無しさん:2021年01月14日 16:14 ID:jDPQxvbd0▼このコメントに返信
>>23
薙刀というか、偃月刀は宋代あたりに出来た武器
91.名無しさん:2021年01月14日 16:16 ID:.IbipN8O0▼このコメントに返信
ただ昔の江戸間は刀が振りにくい様に天井も低くて廊下なんかも狭かったから薙刀はまず振れない。
神田神社の裏手に江戸間の住宅が保存してあるから見てみると良く分る。
92.名無しさん:2021年01月14日 16:46 ID:u0uFuo.z0▼このコメントに返信
薙刀の強さが知りたい方は「園部秀雄」で検索。
女性薙刀使いだが、男の剣術家、槍術家などと他流試合をして生涯2回しか負けなかった。
93.名無しさん:2021年01月14日 17:26 ID:r.x51Pgy0▼このコメントに返信
薙刀はひらけた場所で、団体戦じゃなきゃ最強
ただ、近くに味方がわらわらいる状態だと振り回せないからねぇ
集団戦をやるようになってから、槍に変わっていったわけで
94.名無しさん:2021年01月14日 18:21 ID:Zm7KMADR0▼このコメントに返信
薙刀って手元の軸が「円/楕円」断面だよな。
となると「刃先がちゃんと敵に向いてるか」振り回しながら判るもんだろうか?
突くならいいけど、それじゃ槍と変わらんし。
95.名無しさん:2021年01月14日 18:55 ID:MC6o8ntt0▼このコメントに返信
※85
街中持ち歩けるかって言う話だったんじゃないかなあって思うんだけど
96.名無しさん:2021年01月14日 21:09 ID:.pyQWjMW0▼このコメントに返信
モーメントの威力で日本刀は刃を合わせたら薙刀にカチ折られる公算が高い。
青龍刀VS日本刀も刃を合わせたら鋳造等に負ける。
日本刀の極意は刃を合わせずに刹那の隙をついて相手に致命の一撃を与えること。
小手打ち以外の「剣道」の術理は日本刀の使い方として間違っていると思われる。
もろ刃の2Kg近いロングソード「面」「胴」と叫びながら打ち込むのもアリかも
しれないね。
97.名無しさん:2021年01月14日 21:17 ID:xin1mnD70▼このコメントに返信
スペツナズナイフが最強じゃ無いのか
98.名無しさん:2021年01月14日 22:53 ID:7hq.nRQe0▼このコメントに返信
※32
現存する物的証拠を疑い出したらきりがないのさ。
女の名前が連ねて書かれてたってことでいろいろと話題はあるがね。
>ところで、この「長刀兵法目録」には千葉重太郎一胤に続いて千葉佐那女・千葉里幾女・千葉幾久女と
>いった三人の女性の名が記されている。その内の一人・千葉佐那は龍馬と恋仲であり定吉が承認のもと、
>婚を約したと伝えられる。
とある。
99.名無しさん:2021年01月14日 23:30 ID:EDOsZNZ10▼このコメントに返信
薙刀について論じるのはそこじゃなくて女子の武器ってところだろ、○○御前のような強力な女子の象徴。今で言うと、まるで漫画みたいに強力な女子達、卓球の四天王寺高校みたいな。5, 6人くらいが圧倒的に強く、他を全く寄せ付けない。四国の名門校の一人が仲間が次々敗れる中で一矢を報いたがそこまで。いや、本当に漫画でも作れないようなストーリーが進行中。すぐにお姉さん達とのトーナメントに突入。何であんなハートを作れるんだろ。
100.名無しさん:2021年01月15日 06:24 ID:8xLEfuA10▼このコメントに返信
>>47
女ばっかりなのは、江戸時代に、男が持ち歩くのは禁止されたからや。

お名前