2019年06月07日 22:05

特攻隊がいたから今の平和がある←これ

特攻隊がいたから今の平和がある←これ

pixta_10598939_S

引用元:特攻隊がいたから今の平和がある←これ
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559653024/

1: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)21:57:04 ID:HOK
実際どうなんや?
ワイは違うと思うんやがやたらTwitterでトッモがRTしてきてワイ以外の考えはどうなんか気になった

12: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)21:59:39 ID:8NI
今の平和とはそんなに関係ないけど特攻する人達の守りたいという心は
噛み締めて生きたいと思うで

14: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)21:59:54 ID:EsL
いや特攻隊が何艦沈めたかのデータを見れば議論の余地ないやろ

28: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:01:53 ID:FUY
特攻隊がいたから今の平和がある←まぁわかる
実際に特攻させる無能上官←こいつはいらんかった

32: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:02:18 ID:gBh
特攻隊はいてもいなくても日本の敗戦はほぼ決まってたようなもんやし
変わらんのじゃね?

53: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:09:06 ID:CI2
>>32
陸軍さんが「もうアカン・・・」って納得することが必要なんや
せやなかったら聖断で終戦って決まっても各自で戦闘継続や
収集つかんようになってもっと悲惨なことになったやろなぁ

34: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:02:28 ID:C7W
命を張ることを正当化するな
命への冒涜だ

42: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:05:42 ID:SiO
戦闘機とパイロットをもれなく失う戦術に疑問はなかったのだろうか
そんなこと冷静に考えられない追い込まれてたのだろうか

44: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:06:51 ID:dg7
助かる見込みがない作戦を組織ぐるみでやらせる真似が賞賛されるべきじゃないと思うわ

46: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:07:25 ID:HOK
ワイはアホやから歴史や戦争についての知識は浅い方だが特攻隊がいてもいなくても負けてる上に特攻隊の存在が戦後の平和に直接的な影響を与えているとは思えないわ
特攻隊員の死を無駄にしないように今後の平和を維持するために務めようって意識を高める効果ならあったと思うしもちろんあの人らへの敬意は必要だと思うが

54: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:09:22 ID:UgM
アメリカに「あの国やべぇ」って思わせるには十分やったんちゃう
知らんけど

58: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:10:33 ID:4VH
前特攻繰り返す日本兵みてアメリカは占領するのをやめたとか聞いたけどな
戦後に天皇が殺されなかったのも国民の反発を招かないためじゃなかったか
そう考えれば今この国が日本としてあることはあの人たちのおかげや

63: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:12:05 ID:bSD
>>58
全く同意見ですねえ

69: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:13:27 ID:HOK
>>58
初耳や
たしかにどっかで日本人の信仰心見て天皇陛下を殺すのはまずいと判断したってのは聞いたことあるが
自ら突っ込んで行ってアメリカ兵を倒したから偉い!って視点で見たら全く同意できんがそういう視点で見たら今の平和はあの人らのおかげやな

61: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:11:36 ID:5GH
特攻はアメリカ側にかなり恐怖を与えたらしいな
精神病んだ兵士が腐るほどいたらしい

やから戦後も天皇に手を出したらどんな反乱がおきるか分からんってアメリカは考えて、
今みたいな日本の文化を維持したまま国を存続させる形になった

64: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:12:09 ID:SiO
一撃必殺の必死の作戦を決行する←わかる
ワイは絶対行かんから若いのに行ってもらう←うーんこの

67: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:13:09 ID:HiP
結局負けてるから同じなのでは?

70: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:13:31 ID:5GH
>>67
戦いには負け方ってのもあるんだよなあ

75: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:13:57 ID:HiP
>>70
最悪の負け方やろ

86: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:15:52 ID:CI2
>>75
もっと悪くなる余地はあったで
本土決戦の挙げ句米ソでドイツみたいに分割される可能性はあったやろ

106: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:18:54 ID:HiP
>>86
ああたしかに でも遅いよなとは思ってまう

99: 世界とくのば機構◆rA7lITTAAA 19/06/04(火)22:18:01 ID:vWP
日本の戦いがあったからアジアは白人から解放されたはどうやろ
そんなことないやろか

117: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:20:37 ID:5GH
>>99
日本にその目的があったかどうかは別として、アジアを解放したのは事実やぞ

110: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:19:27 ID:HOK
建前はともかく闘ったことについての賞賛よりあの人らは犠牲者として見るべきやと思うわ

118: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:20:42 ID:QDy
日本人を追い詰めるとヤバいと思わせる事に成功

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.古古米:2019年06月07日 22:11 ID:DvdkSIvC0▼このコメントに返信
アメリカ軍は特攻攻撃を恐れて、BT信管(近接爆発信管)とか開発しとる。
日米安保下でも、1960年代後半までBT信管の技術供与は成されてないぞ。
如何にアメリカ軍にとって特攻攻撃が恐怖だったかが分かる。
2.名無しさん:2019年06月07日 22:12 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
開戦した結果日本は全ての戦力を失い無条件降伏さ
開戦を避けた方が戦力を温存して不利な条約を結ぶくらいで済んでいた
敗戦国の結末は少子化と移民受け入れによる国の開け渡しさ
3.名無しさん:2019年06月07日 22:14 ID:9nKu5GrX0▼このコメントに返信
まーーーたこういうヒロイック歴史観か

解放?
他国に代わって侵略しただけだろ

別にそれは悪いことじゃない
当時はそういう時代だった
ただそういう時代の最後ら辺でやっちまったからあかんかった

善か悪かのどちらかでしか歴史を語れないならファンタジー小説でも読んでろ
4.名無しさん:2019年06月07日 22:15 ID:y4IOtsUp0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ特攻隊は悲劇的エピソードとして語り継がれると思うけど
今日の平和とは無関係で無いと思うけど特攻隊がいたからっと言うわでわ無いでしょう
5.名無しさん:2019年06月07日 22:16 ID:eq1M5mZb0▼このコメントに返信
さすがに日本人として「特攻隊として命を捧げた方々」を軽く扱ってスレ立てするゴミクズ

あのね、あの人達は別に好きで死んだわけじゃないのよ。愛する人・家族・国の未来を守るために
洗脳された社会の中で「殺したくないし、殺されたくもない」と思いながら戦う沢山の兵士達の中でも
絶対に生きては帰れない100%の死を選び、その生命を捧げてくださったの。
ゴミクズが気安く扱っていい話題じゃないつーの、おまえみたいなヌルヌル生きてる豚ごみなんて
生きてても無意味だしすぐ○ね。気持ち悪くてヘドがでるわ
6.名無しさん:2019年06月07日 22:17 ID:bg.qjNuV0▼このコメントに返信
日本の国土や天皇を潰そうと外国が武力で責め立てると
爆弾括りつけて体当たりしてくる気狂いが日本には大量に存在すると
イメージを植え付けただけでも御の字やぞ、こんなヤバい奴等の国土は戦争では取りたくない
忠誠心があって服従しない民は外国にとっては利益にならずリスク要因でしかない
7.名無しさん:2019年06月07日 22:18 ID:u1sNX9P70▼このコメントに返信
特攻隊もそう、沖縄で奮戦した兵士もそう、ガ島やアッツで死んだ兵士もそう
全ての人の必死の防衛のおかげで、オリンピック作戦などの上陸作戦を躊躇わらせた
帝国軍人の必死の奮戦がなければ、ゲリラ戦になると厄介っていう戦訓を教えるのは
ベトナムではなく日本帝国になっていた
8.名無しさん:2019年06月07日 22:19 ID:qJdll..p0▼このコメントに返信
もしかして特攻隊は無駄死にだったんじゃね?っていうと一部から叩かれるわけだけど,
一般的に軍人の大半は無駄死にしてると言えるわけで、無駄死に自体はそんなに不名誉なことでもない。
9.名無しさん:2019年06月07日 22:19 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※5
命をかけた結果が無意味な戦死か
無能だな
これでは敗戦して当然だ
10.名無しさん:2019年06月07日 22:20 ID:NnC0ZgfK0▼このコメントに返信
アメリカは一人でも国民を敵地に残さず帰らす主義で
日本は祖国のために一人でも多く倒し死んで当たり前の主義だからな
11.名無しさん:2019年06月07日 22:21 ID:Ha2bD0Q80▼このコメントに返信
特攻隊がいなかったら今とは違う平和になっていただろう。
どちらの平和が良いかは判らんが結局のところ日本は日本の成るようにしかならん。
当時の日本の状況ではああしか出来なかったわけでな。違う道筋を想像したところで何になろうか。
ああ出来たのは日本人の特性ではある。他の国には真似出来まい。やりたいとも思わんだろうけども。
そういうのも込みで今の日本がある。
12.名無しさん:2019年06月07日 22:22 ID:QU.lORsT0▼このコメントに返信
居ても居なくてもその後はあんま変わらない
ただあの瞬間はそうでもせんとマトモに戦えんかっただけだ
13.名無しさん:2019年06月07日 22:23 ID:MjGidniD0▼このコメントに返信
まぁ言っちゃいけないんだろうけど、大局的にはあんまかわらんかったと思うわ。
14.名無しさん:2019年06月07日 22:23 ID:KC9m6qnI0▼このコメントに返信
特攻隊の人たちの志は受け継いでいきたいものだな。
日本と日本人は命を捨てても守る価値があるとワイも思う。
15.名無しさん:2019年06月07日 22:25 ID:sBB7.vtF0▼このコメントに返信
どこぞのお国のリーダーと違って昭和天皇陛下も命乞いせずにマッカーサーの尊敬を勝ち取った。
大和心は受け継がにゃ申し訳ない。
16.名無しさん:2019年06月07日 22:25 ID:u1sNX9P70▼このコメントに返信
※3
この前右翼の本「日本が侵略してくれてありがとうございます」って本読んで頭くらくらしたわ
大東亜戦争は祖国防衛の戦争!侵略した国は感謝してます!ってな
現地の人は勇敢な日本兵を今も讃えてるだの
今も日本の童謡が現地で親しまれてますだの

具体的な数字や行った軍政の資料などを一切上げずに
こんな証言がありますよーー>だから日本の侵略はいい侵略ですって
やってるじ手法が、南京や徴用工でプロパガンダしてる左翼と全く同じ手法で笑っちゃったよ
17.名無しさん:2019年06月07日 22:26 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
特攻隊で沈められた船は無い
損害を受けても小破だった
そして、ほとんどの特攻機は敵艦に届かず対空で撃ち落とされ海に落ちていった
18.名無しさん:2019年06月07日 22:26 ID:phTk2XL.0▼このコメントに返信
特攻隊だけじゃなくて過去の戦争で礎になってくださった英霊すべてでしょう
19.名無しさん:2019年06月07日 22:27 ID:1zUtYOER0▼このコメントに返信
実際特攻かけるなんて
アメリカにしてみれば
考えられないだろう
だからサムライが人気あるん
だろうけど
20.名無しさん:2019年06月07日 22:27 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※14
特攻こそが日本人の命を投げ捨ててるだろw
21.名無しさん:2019年06月07日 22:27 ID:puj..nMy0▼このコメントに返信
特攻隊から学ぶべき事は「アホな上層部の言いなりになって命を捨てても大局は左右されず犬死に終わる」だが
今の日本から過労死は消える気配が無い
つまり結論としては表面上でいくら取り繕おうが特攻隊から何も学んでいないという事になる
22.名無しさん:2019年06月07日 22:27 ID:396GparV0▼このコメントに返信
特攻隊がいたから今の平和なんて言ってるやついるか?
あの当時、日本の為に戦った全ての人のおかげで今の日本があるんだろ?
結果はどうでもあれ、敬意と感謝は忘れないようにしたいよね。
23.名無しさん:2019年06月07日 22:27 ID:NnC0ZgfK0▼このコメントに返信
特攻隊は嫌だって上官に言える時代じゃないし、それしか選択が無かったから日本と家族を守るには仕方ない状況
日本軍のあの頑固さが無くもっと客観的に柔軟性があれば結果は多少変わっていたかもしれない
24.名無しさん:2019年06月07日 22:29 ID:396GparV0▼このコメントに返信
>>3
お前に当時の事がなんでわかんの?
お前その場にいたんか?
偉そうに言い切ってんじゃねーよ、
キーボード戦士がww
25.名無しさん:2019年06月07日 22:30 ID:qJdll..p0▼このコメントに返信
犬死した兵士はゼロだけど兵士を犬死させた政治家や指揮官は責任とれ が俺のスタンス。
26.名無しさん:2019年06月07日 22:30 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
アメリカ人も命をかけて戦っていた
最後まで生き残り勝利する事を諦めないのも覚悟だろう
27.名無しさん:2019年06月07日 22:31 ID:N80Ok.iF0▼このコメントに返信
※17
70隻くらい沈んでるだろww
28.名無しさん:2019年06月07日 22:31 ID:KC9m6qnI0▼このコメントに返信
戦争だけではなく今の日本はご先祖さまの活動すべての結果。
そして今を生きる人たちの活動の結果も子孫に受け継がれる。
先祖に感謝して子孫に恥じないように生きたいものだな。
29.名無しさん:2019年06月07日 22:32 ID:qV.btc6M0▼このコメントに返信
プリウスアタックですらニュースになる怖さだし机上の数字や伝聞で知る分には大した事なくても実際に戦闘機で突っ込まれる立場になったら多少はね
30.名無しさん:2019年06月07日 22:32 ID:sO.Ge6YP0▼このコメントに返信
※10
アホ。アメリカも大概やぞ?現在もな。ちゃんと勉強しろ。
31.名無しさん:2019年06月07日 22:33 ID:sO.Ge6YP0▼このコメントに返信
※17
嘘松Wwww
32.名無しさん:2019年06月07日 22:33 ID:pkRv.Scn0▼このコメントに返信
「今の平和」という言葉に、今の日本の価値観だとかが含まれているのなら、
特攻隊の存在も無関係ではない。
こういう悲惨な過去があって、今の価値観があるって意味でな。

単純に戦術・戦略的な意味での勝敗には、特攻隊はほぼ関係ないので、
特攻隊がいなくても、日本は戦争に負けたし、恐らくはその後平和にはなったと思うけど、
今と同じ価値観かどうかはわからない。
もしかしたら、戦争アレルギーではないかもしれない。
原爆とか色々悲惨な話が他にもあるから、わからんけどな。
33.名無しさん:2019年06月07日 22:34 ID:N80Ok.iF0▼このコメントに返信
沈没以外も損傷させただけなら200隻くらいか
34.名無しさん:2019年06月07日 22:35 ID:cmVzuIal0▼このコメントに返信
※29
プリウス特別攻撃隊とかカッコイイな
園児を何人撃沈出来るかな?
35.名無しさん:2019年06月07日 22:35 ID:rn93yrWY0▼このコメントに返信
「特攻隊がいたから今の平和がある」

↑大きな釣り針だな
36.名無しさん:2019年06月07日 22:35 ID:Ha2bD0Q80▼このコメントに返信
※12
変らなくはないぞ。少なくとも3割死傷で全滅が軍事の常識ではあるのに日本にはこれが当てはまらんのだから。
敗戦国として後進国として日本が甘んじたままならともかく、国際社会に復帰して経済大国になり、平和国家でありながらもそれなりの軍事力を有するようになった。国際情勢を考えるのに経済軍事も含め大国である日本を無視して考えることは合理的とは言えない。
今となっても日本人の民族性に大して変わりがある訳も無く、特攻までやってのけるポテンシャルを示したことは大きい。まあ今の日本の国力なら流石に特攻は要らんのだけどな。日本の発展の理由にこのポテンシャルを考える奴が居たとしたら真似しようのない要素と考えることだろう。実際どこまで関係があるかはさておいてだ。
37.名無しさん:2019年06月07日 22:36 ID:HjDSIMfA0▼このコメントに返信
軍上層部は特攻による戦果がどのくらいか(それほど高いものではない)ということはわかっており、具体的数値も出していたしそして結果もその通りだった。しかしそれがその時できる最も安くて最も効果の高い方法でしかなかったのだよ。
特攻が無ければそれより早く降伏しているということになる。それは無条件降伏ではなく条件付き降伏なので軍が継続されていた可能性が高い。そうすると海外派兵が可能であったろうから、朝鮮戦争・ベトナム戦争に参加してただろうな。今頃は中東やアフリカにもっとアクティブな形で派兵してただろう。
今のような自国だけで防衛できない軟弱な日本ではなかったろうが、アメリカのように戦死者も出し続けていただろう。
今まで戦争を知らずに生きてこられたのは特攻された皆様のおかげと言えるかもしれない。それが本当に良かったのかどうかはもっと未来になってみなければわからない。
38.名無しさん:2019年06月07日 22:37 ID:KC9m6qnI0▼このコメントに返信
※20
一分でも一秒でも0.001秒でも侵攻を遅らせることができればいいんだよ。
あとは残った日本人を信じるだけだな。
39.名無しさん:2019年06月07日 22:38 ID:JWpOnLYn0▼このコメントに返信
とうに敗北が解りきった戦いで事をはじめた大本営は責任逃れに終始し若者を時間稼ぎに無駄死にしたという胸糞案件以上でも以下でもないだろ
これは本土空襲や原爆投下にしてもそうでね。降伏を認めたら責任者の首が文字通り飛ぶから、それを逃れるためにひたすら下に擦り付けただけだから。
そら米国もドン引きして降伏勧告促すビラ撒くわな
40.名無しさん:2019年06月07日 22:39 ID:1bDJVlQf0▼このコメントに返信
特攻を美化したく無いが無駄と言い切るのは心情的に抵抗がある
あんな作戦しか立てられない参謀とそんな作戦を決行させる戦争を進めた政府を責めるしかない
41.名無しさん:2019年06月07日 22:40 ID:h6wgOLuV0▼このコメントに返信
ベテランのパイロットがほとんど戦死した状況で航空戦力を補うために生まれた作戦だからな
普通に出撃しても生きて帰ってこれるか分からない状況だし、戦死した同期も多かったろう
どうせ死ぬならせめて相手に一矢報いてやりたいって思いでレイテでみんな志願したんだろう
って言っても当時の航空隊の人達の気持ちなんて、今の平和ボケの日本で生きる奴に理解できるわけがないし、勝手に代弁するのも傲慢ってもんだな
だから日本を守るためにこれだけの気概をもって戦った人がいたってことを知っておけってことだ

少なくとも戦争で戦って死んだ人間に欠片も敬意なんか持ってないくせに、特攻隊を悲劇の犠牲者みたいに侮辱し
あまつさえビーチ前川みたいに無駄死にとか犬死に言ってるパヨはさっさとくたばった方がいいわ
42.名無しさん:2019年06月07日 22:40 ID:BUiIWtVj0▼このコメントに返信
いまだに「KAMIKAZE」という言葉が残ってるのは欧米人に狂気が伝わったからだろ
嘗められるくらいならいざとなったらヤバい奴と思われてる方がずっといい そっちの方が争いに巻き込まれにくいからな
43.名無しさん:2019年06月07日 22:40 ID:qJdll..p0▼このコメントに返信
末期の日本軍は天皇陛下のためだけに戦ってた感がある
で,莫大な犠牲の上にどうにか天皇制は残ったわけで,その価値があったかと言われると微妙
まあそこまでして残そうとしたことを汲んで,あえて天皇制やめようとまでは思わんけど。
44.名無しさん:2019年06月07日 22:41 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
特攻を美徳みたいに言ってるやつがいるけど当時の日本が文化手に野蛮な国だった事を証明してしまっただけだよな
特攻は日本の恥
45.名無しさん:2019年06月07日 22:44 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
特攻隊を美化する度に過労死も美化されて過労死する奴が増えるだけ
最悪だ
46.名無しさん:2019年06月07日 22:47 ID:.TGmkpIj0▼このコメントに返信
武士道精神ってーのは自己犠牲だからな
飛行機乗ってはいるけどもろ日本式なんだよな
問題なのはこんなに悲しい事がこんなにも魅力的なことだ
47.名無しさん:2019年06月07日 22:47 ID:Ha2bD0Q80▼このコメントに返信
※39
途中からはマシな負け方を模索した。最終的には皇室を何とか残すための戦いだったように思う。
で、天皇御自ら大戦を下りた。紆余曲折はあったがまあなんとか日本は継承出来た。まあそう言う流れ。

大戦で負けはしたが日本は終わらなかった。終わっていないなら次勝ちゃよろしい。
平和とは次の戦争の準備とは言うが、準備期間、前哨戦としては日本は勝っている。
経済は強く、今のところやたら戦争向きの経済。アメリカは相も変わらず世界最強だが今や利害の一致した同盟国。
本戦である大戦はもちろん勝ちに行く。次はスマートに勝つ。
48.名無しさん:2019年06月07日 22:48 ID:gMWQE.0O0▼このコメントに返信
>>9
結局さ、特攻隊なんて狂信武装組織の苦し紛れのテロなんだよな…
自分で考える知能があれば、特攻を命令した皇居や軍司令部に突入するだろう。
俺ならそうする!
49.名無しさん:2019年06月07日 22:49 ID:VhA7o.NC0▼このコメントに返信
特攻が海軍だとは教えられない模様。
50.名無しさん:2019年06月07日 22:50 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※47
戦争はやりたい奴らだけで集まって勝手にやってくれ
迷惑だ
51.名無しさん:2019年06月07日 22:50 ID:gMWQE.0O0▼このコメントに返信
>>38
信じた結果が今の日本…
52.名無しさん:2019年06月07日 22:51 ID:5x.RdgsH0▼このコメントに返信
無駄死には無駄死にとはっきり断じるべき
変に美化して若者の美しい死みたいな扱いにする方がよっぽど胸糞悪いわ
53.名無しさん:2019年06月07日 22:51 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
天皇一人の命と特攻隊員の命じゃ釣り合わんだろ
昭和天皇やお偉いさんの首だけじゃなくもっと大きいものを救ったんだと思いたいな
そうじゃなきゃ報われない
54.名無しさん:2019年06月07日 22:52 ID:JWpOnLYn0▼このコメントに返信
※46
俺には同調圧力で心理的に追い込まれた未来ある若者がうまいことだまくらかされて使い捨てられたようにしか見えない
それをドラマチックに仕立て上げて共同幻想を見せるんだろうがね。詐欺だよこれは
55.名無しさん:2019年06月07日 22:53 ID:aZ..Cxfp0▼このコメントに返信
>命を張ることを正当化するな
>命への冒涜だ

伊藤整一なんか福留のカスに
「特攻は外道の愚策」と言い切ったからな

未だに美化するアホウがいるから日本人は救いが無い
56.名無しさん:2019年06月07日 22:53 ID:ZzxsYD8l0▼このコメントに返信
マジレスすると、米国海軍の対空能力の向上に役立ってる
第二次大戦後の世界の警察の能力を上げたから、その意味では間接的には役立ってると言える
風が吹いたら桶屋が儲かる的な事だけどな
57.名無しさん:2019年06月07日 22:54 ID:dNiXg5qX0▼このコメントに返信
殴り返さないやつはいじめられるわな。
日本が特攻しないで靴舐めるような民族性なら韓国みたいになってた。
尊敬してるし否定しない。
58.名無しさん:2019年06月07日 22:54 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※53
そうやって戦死者は無駄じゃなかったとか無駄じゃないと信じ続けた結果が真珠湾攻撃だよ
失敗は失敗と認めた方が良い
認めてしまえば成功のための経験になる
それが認められなければ失敗は連鎖する
59.名無しさん:2019年06月07日 22:55 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
※47
ただの醜い自己保身だろ
国体保持とか糞オブ糞
美談風にすんな
60.名無しさん:2019年06月07日 22:55 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※57
殴り返されたのは日本の方だろ
おとなしくさえしてれば誰も日本なんかにかまわねえよ
61.名無しさん:2019年06月07日 22:56 ID:JWpOnLYn0▼このコメントに返信
※53
残念ながら犬死を増やしただけで何の意味もなかった。とうに敗北が決まった戦争で、降伏をズルズル先延ばししてただけだから
辛うじて亡くなった方々に報いるなら一連の動向を反面教師にするくらいだ
62.名無しさん:2019年06月07日 22:56 ID:PsdmoSN00▼このコメントに返信
>>1
軍が組織的に自殺攻撃を大規模に仕掛けてくるなんて近代国家としてありえないから異質すぎてビビるだろ。
「やっぱりこいつら人間じゃねえ猿だ」と思われただけだよ。
63.名無しさん:2019年06月07日 22:56 ID:5qa2KRnK0▼このコメントに返信
戦国時代にまで遡って西欧人が日本人を奴隷にしてたとか迄教育ちゃんとしてれば特攻してまで国
を守りたいと思うわ
64.名無しさん:2019年06月07日 22:57 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
※58
一理ある

無駄じゃなかったと現実逃避した結果、
悲劇を繰り返すのが最悪

まあ特攻隊の評価とか関係なく
今の日本だと自分から戦争起こすことはまずないと思うけどな
65.名無しさん:2019年06月07日 22:58 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
※46
特攻が魅力的とか基地がいだろお前
66.名無しさん:2019年06月07日 22:58 ID:u1sNX9P70▼このコメントに返信
※48
特攻はテロじゃない
もしテロと特攻の区別がつかないなら精神病棟いけ
自分で考えて?皇居につっこむ?その発想こそテロそのものだ
自分の正義のためなら民間人を犠牲にしてもいい、、恐ろしい思想だ
おめーはマジで精神病棟いけ

67.名無しさん:2019年06月07日 22:58 ID:k6RSl4cc0▼このコメントに返信
上の連中がバカだったのは否定しないが特攻隊員は命じられたとはいえ、
行動に意味を模索して真剣に考え行動に移したのに、そこまでした結果が
パヨやら沖縄県やら結果論でしか考えない連中みたいなのがはびこる世界・・・
68.名無しさん:2019年06月07日 23:00 ID:WrMPtk8J0▼このコメントに返信
特攻批判の論点は国軍が自爆攻撃を組織的に行った非人道性に絞るべきだと思うわ

犬死云々とかの戦術的有用性の話を絡めるとなまじ有効な側面もあっただけに話がややこしいことになる
69.名無しさん:2019年06月07日 23:01 ID:ZzxsYD8l0▼このコメントに返信
※62
ドイツ第三帝国「せやな(シュトゥルム・フリーガーを横目に見ながら)」
ソ連/ロシア「わいが世界初の飛行機による体当たり攻撃した国なんやで」
イタリア「私の所の人間魚雷は生還が多かったからセーフ」
70.名無しさん:2019年06月07日 23:02 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
※63
お前みたいな特攻を軽く考える糞野郎は絶対逃げ出すよ
71.名無しさん:2019年06月07日 23:02 ID:9bO37ElC0▼このコメントに返信
※2
ヒント:ハルノート
72.名無しさん:2019年06月07日 23:04 ID:JWpOnLYn0▼このコメントに返信
※67
かなり悪い言い方をするとカルト宗教と同じで、特定の集団で同調圧力を仕向けられると反対意見からの追放がその集団での死に繋がるから怖くて主体的になれなくなるんだよ
そして心を雁字搦めにされて自発的に言う事を聞くように強制されると…だからこの件は肯定したくない
73.名無しさん:2019年06月07日 23:04 ID:ifLM.bpJ0▼このコメントに返信
ほぼ効果がなく犬死にだが、それを言っちゃうと浮かばれないからな。きれいごとだよきれいごと。
74.名無しさん:2019年06月07日 23:05 ID:dUmP..Gr0▼このコメントに返信
これを考えると、戦争はダメだと思わされる。
75.名無しさん:2019年06月07日 23:08 ID:PsXmmnHE0▼このコメントに返信
※60
鎖国ってご存じでない?何もしてなくってもあいつら無茶苦茶干渉してくるぞ。
76.名無しさん:2019年06月07日 23:08 ID:KC9m6qnI0▼このコメントに返信
命を捨てても守る価値があるかどうかはその国の民度によると思うね。
たとえば中韓あたりだと一人一人は地獄の餓鬼みたいなヤツの集団なので
ヤバクなったら周囲は平然と見捨てて自分だけ逃亡が大正解だろう。
とてもじゃないけど命を捨てて守る価値などない。
日本人は違うな。そこらのおじさんやおばさんや子供、みんな守る価値があるね。

77.名無しさん:2019年06月07日 23:08 ID:aZ..Cxfp0▼このコメントに返信
※69
>イタリア「私の所の人間魚雷は生還が多かったからセーフ」

マイアーレみたいに操縦席が開放型で
至近距離まで誘導したらさっさと操縦者二名が逃げる設計のモノと
回天みたいな片道切符の特攻兵器の区別もつかんアホか お前は
78.名無しさん:2019年06月07日 23:09 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※71
俺はハルノートは受け入れるべきだったと思う
満州国建国に中国侵略、東南アジア進軍
どれもやるべきじゃなかったと考えている
79.名無しさん:2019年06月07日 23:11 ID:JWpOnLYn0▼このコメントに返信
※74
戦争なんて上層階級が他国の同属とパワーゲームするために下の層を手駒のように振り回してるだけだからね
まあ人間社会が本質的にそうした側面を内包してるんだけど、せめてその力を建設的な産業の発展だとかに向けた方がいいなと思うね
80.名無しさん:2019年06月07日 23:11 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※75
干渉されたら暴れまわるのか
頭がおかしいな
81.名無しさん:2019年06月07日 23:13 ID:bgMeq1AY0▼このコメントに返信
特攻の恐怖があったからこそ大陸のB29と艦載機隊が特攻基地を潰すのに必死になって都市空爆に参加できなかったんだぞ。
艦隊の方も特攻対策に必死で
・艦爆艦攻の合計をほぼ半減させてまで対特攻用に戦闘機を増やす。
・凌波性低下を覚悟で40mm砲を増やす。
・ひたすら対空砲を増やす。
・40mm砲でも対特攻用には不足としてVT信管を使用する3インチ速射砲および艦対空ミサイルの開発を開始。
・レーダーピケットを敷く(これは有名)。
・そのピケット艦の被害が酷いのでピケット艦の周囲に救助ボートを複数待機させる。
とかやってて、対空砲の断片で自分とこの兵士が死傷することもザラだった。
それくらいには効果があったということ。
82.名無しさん:2019年06月07日 23:13 ID:7a9Z7mZh0▼このコメントに返信
特攻隊は自爆テロと同じ事をしているだけなのは間違いない
どの国も自国の都合のいいように歴史が歪められ、教育でそれがたった1つの真実として信じてしまい、自分たちは間違って事をやっていないと喚き続ける人たちは必ずいる
83.名無しさん:2019年06月07日 23:13 ID:4nOuQlvR0▼このコメントに返信
>日本人を追い詰めるとヤバいと思わせる事に成功

同じ敗北するにしても、敵に一矢報いて負けるのと
戦いもせず脱げ回って降伏するのとではえらい違いだぞ?

戦いに負けるのは恥じゃないが、戦いから逃げた記憶は永遠に残り続け
その子孫からも誇りを奪う。

今の韓国見てれば何となくわかるだろ?
84.名無しさん:2019年06月07日 23:15 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※83
たしかに戦力をすべて失ったおかげで無条件降伏できましたね・・・
85.名無しさん:2019年06月07日 23:16 ID:ZzxsYD8l0▼このコメントに返信
※77
え?だからセーフって書いたんだけど?違うものとして明確に示してるのになんで
特攻兵器として同一視してると思われるのか本気でわからんのだけど
86.名無しさん:2019年06月07日 23:16 ID:Mt3J6Mdw0▼このコメントに返信
水面下で休戦協定を模索してた吉田茂を非国民と投獄する東條みたいのが居たせいで優秀な若い人材を無駄死にさせすぎたわな。
吉田茂は国や国民か疲弊する前に休戦をすすめ戦争に負けても外交交渉で勝つ!と豪語していた。
アメリカから見れば吉田茂は相当な現実主義者だったそうな。
東條は東京裁判当初、連合国の言うまま天皇の戦争責任を認めたりして責任転換すらしようとしてたが巣鴨で笹川氏に説得され、やっと改めたくらいの卑劣漢。
87.名無しさん:2019年06月07日 23:16 ID:Qxa6MGRo0▼このコメントに返信
8月になると毎年考えさせられる。tubeにもたくさんあるし、本読んで調べてもいい。
少しの時間でも表面だけじゃなく、じっくり考えてみて欲しい。
偏見持たず、靖国行ってみてもいい。
彼らは10代から20代前半の日本男児だった。
88.名無しさん:2019年06月07日 23:20 ID:6Ro2aKPM0▼このコメントに返信
報道禁止にしなかったらアメリカも戦意喪失でヤバかったらしいな
89.名無しさん:2019年06月07日 23:20 ID:1JTC0Zvr0▼このコメントに返信
>>59
国体保持がクソってどこの国の人??
国境無くして全ての人は兄弟とか思ってるお花畑の人なんでしょうね〜

私は日本人である事に感謝して生きてますが貴方はビジネスに便利だからと言う理由で日本国籍に変える中国人の様な人なんでしょうね。

マジでヘドが出るわ…
90.名無しさん:2019年06月07日 23:20 ID:WzvpXnpB0▼このコメントに返信
※50
戦争はやりたくなくてもやらされるもんなんだよ
何も学んでないな
91.名無しさん:2019年06月07日 23:20 ID:lvi3VKMS0▼このコメントに返信
結果論が出来ない有事に負けて良しに走らず
なりふり構わず守ろうとした者がいた歴史とか次の国防のモチベになるんじゃないかたぶん
92.名無しさん:2019年06月07日 23:21 ID:PsXmmnHE0▼このコメントに返信
※80
おとなしくさえしてれば誰も日本なんかにかまわねえよ →かまってくるぞってコメントに対して暴れまわるのかってどういう返しなの?誰も日本なんかにかまわねえ(※60)なんてことは無い=干渉されたら暴れまわるのかにつながる道のりを誰か教えて。
あと一応言っとくと開国で不平等条約を結ばされたり銀流出、コレラの蔓延などかなりの実害を日本は受けてる。干渉っていうけど攻撃って言葉に近い言葉だからね。
93.名無しさん:2019年06月07日 23:21 ID:NbNVbmuy0▼このコメントに返信
アメリカの正規空母だけ調べてみたらこんな感じだった
大破の判断は修理のため戦線離脱を余儀なくされた艦を大破としています、つまり自分の主観もあるので注意

イントレピッド 大破 
フランクリン 大破 
ハンコック 大破 
タイコンデロガ 大破 
サラトガ 大破 
ワスプ 大破 
バンカーヒル 大破 
エンタープライズ 大破

練度も落ち、航空機の性能も開いていって言ってる中でこの戦果は素直にすごいと自分は思っている
94.名無しさん:2019年06月07日 23:21 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
たしかに特攻は恐ろしい
特攻に対して恐れずに戦い勝利したアメリカ兵に敬礼だ
95.名無しさん:2019年06月07日 23:21 ID:T1BXmrON0▼このコメントに返信
特攻隊が時間稼ぎをしてくれたから、疎開できて助かった命も多かったと聞いたが。
現在の価値観で考えるのはどうかと思う。

某大学の開戦直前頃の学校新聞を読んだが、学長の文章を読むと、
白人社会に対する憤りが凄かった。
特攻作戦を考えては欲しくなかったと思うが、当時のことをよく理解していない人間が
無駄だったとか戦争はダメとか簡単に語るべきではないと思う。
96.名無しさん:2019年06月07日 23:25 ID:aZ..Cxfp0▼このコメントに返信
※93
だから終戦数ヶ月前に空母に打撃与えても
戦争の結果に「何ら影響が無かった」でしょ。
97.名無しさん:2019年06月07日 23:25 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※92
当時は劣等国が不平等条約を結ばれるのは当たり前の事
何も悪いことは無い
当時の情勢じゃそれが当たり前
別に日本だけに格別干渉した訳じゃない
勝手に被害者になってるだけ
98.名無しさん:2019年06月07日 23:25 ID:If4g3BXy0▼このコメントに返信
あんまり知られてないが一応拒否できた。
拒否と言えない空気は凄かっただろうけど
99.名無しさん:2019年06月07日 23:26 ID:mH9DXYm70▼このコメントに返信
>>1
BTではなくVT信管
んで実戦使用は組織的特攻の始まる前のマリアナ沖海戦で実戦配備済みやど...
100.名無しさん:2019年06月07日 23:26 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※95
当時の日本は今でいう中東や北朝鮮みたいなものだったんだな
101.名無しさん:2019年06月07日 23:27 ID:4nOuQlvR0▼このコメントに返信
※82
普通に戦争してる訳だからテロじゃないんだよなぁ。
攻撃する相手も敵の軍艦だし、民間人を殺すテロとは訳が違う。

軍の作戦がパイロットの命を軽んじたものだった事は認めなきゃいけないけど
せめて死んでいった人達に対してはもう少し敬意を払おうな。
国のためと思って命を犠牲にしたのにテロリスト呼ばわりはあんまりだと思うぞ?
102.名無しさん:2019年06月07日 23:27 ID:WzvpXnpB0▼このコメントに返信
※60
> おとなしくさえしてれば誰も日本なんかにかまわねえよ

その場合は身内に殺される
内戦と戦争の二択みたいなもんだな
103.名無しさん:2019年06月07日 23:28 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※101
テロリストだって国のためだと思い込んでやってるんだから同じだろ
104.名無しさん:2019年06月07日 23:30 ID:ZzxsYD8l0▼このコメントに返信
※92
阿片戦争(1940~42年)やハートレー事件(1877年 イギリス商人が日本に阿片を密輸しようとした事件)とか
麻薬を売りつけようとして規制すると商売を邪魔したとして因縁付けてくる英国マジ怖い
105.名無しさん:2019年06月07日 23:30 ID:GzEDmR0o0▼このコメントに返信
今現在の平和は様々な要因があって成り立っている。
これがあったから今平和なんてこたぁない。
そして特攻隊だけが英霊じゃないよ。
補給もない小さな島のジャングルでひもじい思いをしながら機銃掃射で泥人形のようにバタバタと死んでいった兵士のことも忘れないでね。
106.名無しさん:2019年06月07日 23:31 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※102
俺なら内戦を選ぶ
いかなる理由があろうともましてや他国との戦争を煽るために反乱を起こすようなテロリストこそ戦うべき相手
関東軍と軍国主義者は処刑するしかない
107.名無しさん:2019年06月07日 23:31 ID:4nOuQlvR0▼このコメントに返信
※84
あ、韓国ってワードの反応したな(笑)
108.名無しさん:2019年06月07日 23:31 ID:.FHXX7ON0▼このコメントに返信
元特攻隊員『意地で笑って心で泣いた』
特攻については知れば知るほど語るのが難しいんだよな
109.名無しさん:2019年06月07日 23:31 ID:qJdll..p0▼このコメントに返信
※101
日本軍の勝利の方程式は,最初から最後まで一貫して
一人でも多くのアメリカ兵をころしてアメリカの厭戦気分を煽ることだったから,
ある意味軍人相手にテロしてたと言えん事もない
110.名無しさん:2019年06月07日 23:32 ID:0uAV990.0▼このコメントに返信
自らの命を省みず攻撃してくるという強烈な印象をアメリカに与えた事で戦後の日本の占領政策に影響を与えたんやで。コイツ等を必要以上に刺激すると占領軍に対してゲリラ戦を仕掛けて来るから統治に影響が出る、とマッカーサーも本国へのレポートに書いてる。
111.名無しさん:2019年06月07日 23:32 ID:tBo7EiYK0▼このコメントに返信
>特攻隊がいたから今の平和がある
そんな意見聞いたことない・・・・。
特攻隊は自主的に行ったとか、日本のためを想って行ったとかなら、まだしも、特攻隊と平和がどう繋がるのかが意味不明。
112.名無しさん:2019年06月07日 23:34 ID:WzvpXnpB0▼このコメントに返信
※106
太平洋戦争を回避するためには、226の延長戦で内戦GOしかなかったと思う
どんな副作用があるかわからないけどな
113.名無しさん:2019年06月07日 23:34 ID:FBA1LL4K0▼このコメントに返信
あれやらなかったら日本はアメリカの奴隷にならずに済んだと思う
114.名無しさん:2019年06月07日 23:35 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※110
人間なんかどこの国の誰でも刺激したら反発するがな
115.名無しさん:2019年06月07日 23:36 ID:4nOuQlvR0▼このコメントに返信
※103
テロは民間人を標的にしてる時点で同じじゃないんだよなぁ。
正規軍同士の戦いをテロと表現するのはおかしいぞ?

あえてテロって言葉を使うなら、アメリカの無差別な都市空爆や原爆こそテロなんじゃね?
116.名無しさん:2019年06月07日 23:36 ID:NbNVbmuy0▼このコメントに返信
※97
アメリカ海軍大学で講演したニミッツは「日本との戦争において起きたほとんどのことは、この教室(War Gaming Department)において多くの学生らにより想定されており驚くことはなかったが、唯一大戦末期のカミカゼだけが予測できなかった」と述べているため特攻は脅威であったことは確か

主力艦を何隻も戦線離脱させて「何ら影響が無かった」と言い切るのはどういう理論ですかね?
117.名無しさん:2019年06月07日 23:37 ID:KC9m6qnI0▼このコメントに返信
軍人が戦場で軍用機で敵の軍艦攻撃しても普通に戦争だよな。しかも翼の下には日の丸くっきりだろ。
テロは民間で民間人を襲うのがテロだろ。
118.名無しさん:2019年06月07日 23:37 ID:AgAuSepi0▼このコメントに返信
鹿屋と知覧の特攻基地の記念館には一度はいくべき日本人ならマジで 日本がどんな歴史を辿って間一髪平和を手に入れたのか、どれほど亡国の寸前だったのか悲惨な近代史の過去と、若い彼らの純粋でひたむきな気持ちや命の叫びが伝わってくる 敗色濃くなる中、陸海軍のトップは若い人の特攻にどんどん甘えて依存するようになった 戦闘機が無くなっていき、プロペラ練習機まで出すようになる とっくに部品も燃料もロクにない中、開聞岳がみえるころには自然分解して墜落した練習機もいくつもあった それも、わかってて行かせるんだってさ 今日は米軍の艦隊がどこにも見当たらない、しかも天気が悪すぎて上から見えない、という日でも上司は「とにかくいけ 予定通り あとは何とか自分で探せ」の一点パリ 効く耳持たない いずれも、「上の顔を立てるため、とにかく今日しんでくれ」といわれたらしい 命がけでやる気があっても、削がれるほど上司は無計画無責任だったらしい 生き残りの人の証言本がいくつも出てる 計画がまずいとなっても自分のメンツ重視で見直さない今の政治屋にそっくりだね 何も変わってないよ
119.名無しさん:2019年06月07日 23:38 ID:kJ4wAKIq0▼このコメントに返信
※114
干渉されたら暴れまわるのが頭おかしいとか言っておいて刺激したら誰でも反発するとか何言ってんだ?
120.名無しさん:2019年06月07日 23:39 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
※89
正気か?

天皇の首と何十万って人の命で天皇のほうが大事だと
きちがい乙
121.名無しさん:2019年06月07日 23:39 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※116
あまりにもバカすぎて想定できなかったんだろ
122.名無しさん:2019年06月07日 23:40 ID:2OQQwTJF0▼このコメントに返信
幕末にアメリカがSAMURAIに慄いて植民地化できなかったように
KAMIKAZEに慄いて完全に属国にできなかったんだろうよ
123.名無しさん:2019年06月07日 23:40 ID:V6.c6xB50▼このコメントに返信
特攻隊員は無駄死に。しかし最大の敬意は払うべき。左巻きどもが天皇に戦争責任がある、と主張するならば、むしろ陛下こそが靖国参拝して英霊に詫びるのがスジ。
124.名無しさん:2019年06月07日 23:41 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※119
外交でいろいろ言われるのは当たり前の事だろ
それで刺激されたとかなんだとか言い出すんじゃあ国際社会でやっていけないわな
125.名無しさん:2019年06月07日 23:41 ID:bp2BcTCz0▼このコメントに返信
ウイグル人が踏まれっぱなしだろ。
中国が異常なんじゃない。国際社会の標準はあっち側。
126.名無しさん:2019年06月07日 23:42 ID:PsXmmnHE0▼このコメントに返信
※97
対話してくれないタイプね。とりあえず「おとなしくさえしてれば誰も日本なんかにかまわねえよ 」ってあなたの意見は幕末の鎖国してた日本を開国させた例があるから的外れだと思うってのが自分の意見です。っていうか※97見る限り強国はいろんな国に干渉するものって理解してるじゃん。なんでその知識から「おとなしくさえしてれば誰も日本なんかにかまわねえよ 」って発言が出てくるのよ?

あと余談ですが、太平洋戦争回避には内戦しかなかったってのは自分と意見がかぶってますね。
127.名無しさん:2019年06月07日 23:42 ID:Izs0EMlx0▼このコメントに返信
先人たちが命を張った行為は尊重するべきだろ。

※97 では半島は経済制裁を甘んじて受けよ、未だ戦時中だしな
128.名無しさん:2019年06月07日 23:42 ID:4nOuQlvR0▼このコメントに返信
※109
>ある意味軍人相手にテロしてたと言えん事もない

敵の軍人に恐怖を与えるのがテロなら、特攻だけに限らず
対艦魚雷で敵の軍艦を沈めるのもテロになるぞ?
戦争とテロの定義がだんだん曖昧になってきてないか?
129.名無しさん:2019年06月07日 23:43 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※122
なんで完全に属国じゃないと思うの?
自民党が米国の犬であることは誰もが知っている事実だが
130.:2019年06月07日 23:44 ID:wuNtEQLr0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
131.名無しさん:2019年06月07日 23:45 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※125
ウィグル人って日本の漫画やアニメにも出てきてウィグル人は戦士だとかほざいてるくせにいざ負けると無抵抗だったとか言い出すよな
132.名無しさん:2019年06月07日 23:45 ID:TD0qq4.e0▼このコメントに返信
※111
君、鹿児島の知覧にある記念館行ってみ、いっぱい特攻隊員が家族に出した手紙とか記録とかあるから。
まず言葉出なくなって、そののち胸がキュってなる。
133.名無しさん:2019年06月07日 23:45 ID:kJ4wAKIq0▼このコメントに返信
※124
刺激って言葉自分で使っといて…本気で頭大丈夫か?
まぁ※17で大法螺吹いてるし整合性なんかないか
134.:2019年06月07日 23:46 ID:l9s0lqx50▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
135.47:2019年06月07日 23:46 ID:Ha2bD0Q80▼このコメントに返信
※59
あのタイミングでの降伏で軍トップの命が助かる筋書きがあったとも思えんのだが。そんなで保身なもんかい。
昭和天皇が助かったのは例外中の例外。日本軍の奮戦と日本国民の支持があったからだ。
朝鮮戦争も控えているのに日本列島でもっかい血を見る度胸はアメリカにも無い。
国体護持が成ったからこそ日本は続いてる。故に本質的には負けでは無い。一時的な劣勢だわな。
そう言い張れるのは大きい。実際今の日本は富んでいるし強い。負け惜しみでもなく逆転しに行く途中経過なんだよ。
先の長い話だが次に勝てば先の大戦の負けは全部チャラだ。日清日露一次大戦の勝利はチャラにされたんだから当然の事。
そもそも国体を失ったらもはや別の国だわい。取り返しなんか付かないし勝ったところで別の国では意味が無い。
逆転は不可能ってことだね。
日本が強いと困る連中はその辺り良く判っているらしく、一様に天皇制反対だったりする。馬鹿な話だ。
136.過ぎたるは!:2019年06月07日 23:47 ID:w8V841yt0▼このコメントに返信
特攻はテロでは無い!無差別な無辜の民衆をターゲットにはしていない。左翼新聞のy様な主張で間違っている、チャント勉強しなさい。
戦後の占領軍最高司令官マッカーサーの回顧録では太平洋戦争は日本の自衛戦争的な面を指摘している。
東南アジアは殆どが植民地で現地の人と戦争したのではなく欧州の植民地統治国、英、仏、蘭を相手に戦った(結果として独立に貢献した)。
負ける戦争を何故したかに全て行き着くが持久的な戦争には日本は向いていなかった。当時の価値観を現在の価値観で判断すべきではなく当時の価値観で行動した日本人の民間犠牲者、戦死者には敬意を表すべき存在で侮辱する対象では無い。
137.名無しさん:2019年06月07日 23:48 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※127
難しいな
現代社会は後進国も近代化し始め経済力を持ち始めた
先進国が経済制裁しても後進国と貿易すれば済んでしまう
138.名無しさん:2019年06月07日 23:49 ID:vgP0wWy10▼このコメントに返信
行かせたキチがいた事を忘れてはいけない。
139.名無しさん:2019年06月07日 23:49 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
※135
明日死ぬのと数年後死ぬのとどっちがいいかって話だろ

>国体護持が成ったからこそ日本は続いてる

おれはそうは思わない

>そもそも国体を失ったらもはや別の国だわい。取り返しなんか付かないし

全く同意できない

140.:2019年06月07日 23:49 ID:72yHlEbH0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
141.名無しさん:2019年06月07日 23:50 ID:cu1dH3BM0▼このコメントに返信
バンザイ突撃や特攻をくらったからこそアメリカ人は日本人をナメたらいかんと思い知らされたはず。天皇陛下のために死をいとわず戦う日本人に究極の崇高な姿を見出すアメリカ人もいる。日本が敗戦しても一目おかれたのは命を捨てた兵隊さんたちのおかげと言えるのではないか。
142.名無しさん:2019年06月07日 23:51 ID:qJdll..p0▼このコメントに返信
※132
特攻隊員の手紙読もうとしたけど,くずし字が達筆すぎて読めんかったわ
143.名無しさん:2019年06月07日 23:51 ID:AE2OcloH0▼このコメントに返信
※53
特攻隊や硫黄島等の激戦区のおかげで原爆2発の50万人程度の被害で済んだんだけどね…

 ダウンフォール作戦の内容とアメリカ軍の準備状況からすれば、作戦が遂行されたら犠牲者数は40~50倍はあって、日本人という民族は消失しているよ
 圧倒的な戦力差で民間人を含んだ殲滅戦(不意な反撃が無くなる)で、米軍がパープルハート50万個準備したってのは伊達や酔狂じゃ無いんだよ

本土上陸による殲滅作戦を遅らせ、作戦開始前に終戦に持ち込めたのは、絶望的な状況下での必死の抵抗があったからなのさ・・・平和につながる訳じゃ無いが、日本と言う国が残ってる理由ではある
144.名無しさん:2019年06月07日 23:51 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※134
どう見ても改革左翼だわ
本当に保守だったら増税じゃなくて社会保障を削る方に重点を置くし
新しく制度改革なんかやらない
145.名無しさん:2019年06月07日 23:52 ID:vgP0wWy10▼このコメントに返信
※141
妄想マン。
手前で大半落ちてる。
146.名無しさん:2019年06月07日 23:52 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
>>143
もっと早い降伏という選択肢があるだろ…
147.名無しさん:2019年06月07日 23:53 ID:NbNVbmuy0▼このコメントに返信
ニミッツのほかにダグラス・マッカーサーは
「カミカゼが本格的に姿を現した。この恐るべき出現は、連合軍の海軍指揮官たちをかなりの不安に陥れ、連合国海軍の艦艇が至るところで撃破された。空母群はカミカゼの脅威に対抗して、搭載機を自らを守る為に使わねばならなくなったので、レイテの地上部隊を掩護する事には手が回らなくなってしまった」と指摘 その後
「大部分が特攻機から成る日本軍の攻撃で、アメリカ側は艦船の沈没36隻、破壊368隻、飛行機の喪失800機の損害を出した。これらの数字は、南太平洋艦隊がメルボルンから東京までの間に出したアメリカ側の損害の総計を超えている」と沖縄戦での特攻による大損害を回顧している

特攻隊の人たちの精神は尊敬できるが戦果だけにスポットをあてても特攻隊はすごいと個人的にはそう考えてる
148.名無しさん:2019年06月07日 23:54 ID:WzvpXnpB0▼このコメントに返信
※146
君ならできたか?俺は自信ないわ
149.名無しさん:2019年06月07日 23:55 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
※148
できるわけがないな
庶民をいくら死んでも自分ができるだけ長くいきたいに決まってる

でもそれはそれこれはこれだ
自己保身は批判されるべき
150.名無しさん:2019年06月07日 23:55 ID:4nOuQlvR0▼このコメントに返信
※120
いや、天皇の命は普通に国家の存続に関わるからな。
人間の命は等しく尊いが、国家元首は変わりが利かない人間だから。

アメリカだって有事の際はたとえ兵士の犠牲を出してでも大統領を守るし
イギリスだってエリザベス女王を全力で守るぞ?

あと戦争中は敵の兵士は殺しても、敵の国家元首は殺さないのが原則。
国家元首が死亡すると敵国の組織性が崩壊し、戦争終結が余計に困難になるからな。
降伏宣言を出せる人間がいなくなるし、敵国内の戦争継続派と終結派との間で内ゲバが始まって
泥沼化するからね。結果的に戦争が長引いて犠牲者も増す。

つまり末端の兵士の命と国家元首の命とでは、その重要度が明らかに違う。
敵・味方、両方の視点から見てもそうなんだよ。
151.名無しさん:2019年06月07日 23:56 ID:OGuLPB6k0▼このコメントに返信
>>62
日清日露戦争、第一次第二次大戦。日本以外も自爆攻撃してるんだかねぇ。何が近代国家として有り得ないだw
第二次だけでもアメリカ、ソ連、イギリス、フランスですら自爆攻撃の記録はあるのに無知って怖いわw
152.名無しさん:2019年06月07日 23:56 ID:WzvpXnpB0▼このコメントに返信
※147
やっぱりアメリカの弱点は「目標が贅沢なこと」だな
153.名無しさん:2019年06月07日 23:56 ID:s5fzwatc0▼このコメントに返信
マリアナ沖海戦と台湾沖港空戦とで600機以上失ったが
当たった爆弾は十数発で、撃沈はおろか大破もなし。
この二つの戦いをみた後でも通常攻撃にこだわり続けたとしたら
それはそれで無能と貶されたんだろうな。
154.名無しさん:2019年06月07日 23:57 ID:qHpSez.M0▼このコメントに返信
※148
ハルノートを受諾しろ
話はそこからだ
155.名無しさん:2019年06月07日 23:57 ID:cu1dH3BM0▼このコメントに返信
※145
具体的な戦果ではない。精神性だ。Kamikazeという英語の言葉を知らないアメリカ人はいない。
156.名無しさん:2019年06月07日 23:57 ID:qDuLBrQD0▼このコメントに返信
今の平和があるかどうかはわからんが戦果はあったやろ。
特攻隊の与えた戦果をましてや敗戦濃い戦争末期に特攻せず通常攻撃で出せるか?というと無理だろ。
アメリカの完成された対空システムを前に敵機動部隊に近づくことすら至難だからなぁ
ならそんなバカげたことする前にアッサリ降伏すれば?・・・うーん肯定・否定もできんね。
戦争勝利以上に明らかに民間人を狙った都市部への大空襲やら原爆。降伏一つとっても手を挙げれば比較的人道的な現代と違うからね。
157.名無しさん:2019年06月07日 23:58 ID:kJ4wAKIq0▼このコメントに返信
早期降伏すれば後の犠牲が無いと主張する奴は早期降伏によって生じる別の犠牲を無視してる
降伏すればその瞬間から一切の戦闘行為が停止されて何も起こらず誰一人も死なないという仮定が甘すぎる
あれだけ空襲され地方都市まで壊滅状態の8月15日の降伏でさえクーデターがあった以上余力のある状態で
降伏を試みたらどうなるかくらい想定は付く。
昭和天皇はそもそも開戦前にリアルなクーデターや内戦の危機を感じていたようだが
ぶっちゃけそこはその通りだと思う
それによって降伏の機会自体失って本土決戦してたら犠牲者はその比じゃない
158.名無しさん:2019年06月07日 23:58 ID:QXM0Iy5r0▼このコメントに返信
※150
>国家元首は変わりが利かない人間だから。

いくらでも変わりは利きます。あほか
ケネディが死んでアメリカは途絶えたか?
国家に意味不明な幻想いだくなよ。小説の話じゃねえんだ
人がいれば国は滅びない。
159.名無しさん:2019年06月07日 23:58 ID:WzvpXnpB0▼このコメントに返信
※154
それ以前に「満州事変を起こさないこと」を考えるべきだな
160.名無しさん:2019年06月08日 00:00 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※158
それは綺麗事だよ
幻想が国家を動かしているんだよ
幻想を舐めてはいけない
161.名無しさん:2019年06月08日 00:00 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※150
別に昭和天皇が自害すべきだったとは言ってないよ
無条件降伏を普通に受け入れるべきだった
国体保持とか建前で自己保身だろ。国体保持なんて糞どうでもいいってだけ
162.名無しさん:2019年06月08日 00:01 ID:04VHNaR20▼このコメントに返信
池上彰氏『天安門広場では“一人も”殺されていなかった
これ信じるタイプの人間はそう思うんだろうな
163.名無しさん:2019年06月08日 00:01 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※160
アメリカ人はいないんだね

きれいごといってるのは君だよ
大統領が暗殺されても天皇が暗殺されても、多少のごたごたがあっても国そのものが滅ぶことはない
164.名無しさん:2019年06月08日 00:02 ID:lvP49jGl0▼このコメントに返信
馬鹿な戦争を始めて多くを死なせ何も得る事なく全てを失った
さっさと降伏すればいい物を抵抗を続けて死傷者を増やした無能は徹底的に叩かれるべきだろう
だからと言って無能な作戦に殉じた人達まで侮辱するのは違うよな
165.名無しさん:2019年06月08日 00:02 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
日本やもはや天皇一人だけのモノではなくなった
国民みんなのものだ
166.名無しさん:2019年06月08日 00:03 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※157
クーデターが怖いから降伏できないとか馬鹿かな?
その時点で戦争で兵士が無駄死にしまくってるのに、それ以上酷いことなんてない
167.名無しさん:2019年06月08日 00:04 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※163
アメリカにはアメリカの幻想があるってことだよ
戦後に内戦が数十年続いても「滅んでなどいない」と言い張ることはできる
でもそんなのは願い下げだね
168.名無しさん:2019年06月08日 00:04 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>165
でもお前は国民じゃなくて市民じゃん。
169.名無しさん:2019年06月08日 00:05 ID:Jpc5YD7J0▼このコメントに返信
大西瀧治郎が、神風特別攻撃隊を作ったのは、アメリカ軍のフリッピン攻撃を、一時的でも遅延するのが目的です。敵空母の甲板を一時的にも使用不能にするのは戦術的には、日本軍には大きなプラスでした。その時の作戦稼働機は20機程度でした。
170.135:2019年06月08日 00:06 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※139
明日死ぬのと数年後死ぬだのの話はしてないぜ。兵卒にとっては特攻するか空戦で死ぬか飛ぶことも適わず爆撃で死ぬかの違いだ。どうせ死ぬと判ってるなら意義のある死に方を選ぶだろうよ。
キミがどう思おうが国体が護持されて日本と無くなった日本では別国家だわい。いくら民主主義の世の中だろうが日本国憲法は、憲法改正、法律、政令、条約については、内閣の助言と承認により、天皇が国事行為として公布すると定めているし総理大臣の任命も天皇から下される恰好となっている。少なくとも飛鳥時代から政権がどれ程変ろうとも日本がずっと続いているとみなされるのは皇室が続いているからだ。伝説込みなら2700年弱続いているわけで皇室が続く限りはこれも言い張れる。伝統が長い国家ってのはそれだけでも尊重されるもんなんだよ。
キミが同意しようがしまいが日本人の価値観ってのはそう言うものだ。憲法改正が成るなら或いは皇室の廃止だって可能なわけだが実際そうはなっていない。
171.名無しさん:2019年06月08日 00:06 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※167
君が勝手に滅んでないと思い込みたいだけのために
特攻隊を含む無駄死にを肯定すると?
172.名無しさん:2019年06月08日 00:06 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※166
他人に自分の言うことを聞かせるのが簡単なことだと思っているのかな?
政治は「できて当然のこと」ではないぞ
173.名無しさん:2019年06月08日 00:07 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※167
ありもしない仮定で正当化するのもう辞めろよ
174.名無しさん:2019年06月08日 00:07 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※163
滅びはせんよ。だが違う国になる。日本についてはそんものは望まない。
175.名無しさん:2019年06月08日 00:07 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※171
君は、戦争を終わらせるのは簡単なことだと思っているのかな?
176.名無しさん:2019年06月08日 00:07 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>166
バカは君なw
安易な講和はそれこそ国の解体に繋がるだけ。実際特攻隊や守備隊、本土防衛隊、満州軍が残ってなけりゃ今頃日本は分断国家だよw
177.名無しさん:2019年06月08日 00:08 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
特攻隊もそうだが、特に沖縄本島や硫黄島なんかで先人達が
戦ってくれたから、アメリカが妥協したのは間違いなくある
よ。
天皇制についても、昭和天皇を処罰して日本国民全体を怒ら
せるって恐怖もあった。
その中で、昭和天皇ご自身がご自分の御身がどうなってでも
国民を護ってくれとマッカーサー元帥に直談判したのも大き
いけど。
要は、個人より公の為に命捨てれる相手と最後まで戦うこと
を相手にビビらせた訳だから、今の価値観でそれが賞賛され
るかは別にして、先人の戦いは無駄死にでは断じてない。
178.名無しさん:2019年06月08日 00:08 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※170
んなわけがない
一日でも長くいきたい
基本的に誰でもそう思う

君のくだらん思い込みなんぞどうでもいいは
天皇が死のうが天皇制が廃止されようが日本人が日本に生きてるならそこが日本だっての
179.名無しさん:2019年06月08日 00:09 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※172
たしかに無策に国民を徴兵して戦場に送り出し戦死させるのは楽だったろうな
楽な事ばかりして大変な事難しい事から逃げた結果がこれだ
180.名無しさん:2019年06月08日 00:10 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>171
滅んでないと思い込みたいだけのためwww
日本語お上手ですねー(爆)
滅ぶの意味について辞書で調べて来いよほい卒w
181.名無しさん:2019年06月08日 00:10 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※178
じゃあ戦争が続こうが内戦が起きようがどうでもいいじゃん
誰かしら日本列島に居るのは間違いないんだから
182.名無しさん:2019年06月08日 00:11 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※174
ならねーよ

フランスは王家断絶したから別の国なったか?
君の下らん感傷なんかより、大多数の人命が大事に決まってるだろう
183.名無しさん:2019年06月08日 00:12 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※177
軍事力完全に失って無条件降伏したバカ国家に妥協なんかするわけないだろ
少しは考えろ
184.名無しさん:2019年06月08日 00:12 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※181
本来なら生き残れるはずの人たちが、国家中枢の無能どものせいで無駄死にしたんだぞ
185.名無しさん:2019年06月08日 00:12 ID:.wKoiBap0▼このコメントに返信
まぁ、実際ビビって一生懸命骨抜きにしたり映画で模倣して敵に突っ込んだりしてるくらいだし
特攻隊の効果はあったんじゃないの
186.名無しさん:2019年06月08日 00:15 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※184
> 本来なら生き残れるはずの人たち

いや違うね
俺含めて何人か書いてるが、戦争を回避するためには内戦を起こすしかなかった
多くの人間が死ぬのは間違いなかった
誰もその決断を下せなかったから戦争になったんだよ
187.名無しさん:2019年06月08日 00:16 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>183
妥協したから分断国家になってねーんだろうが。少しは考えろw
188.名無しさん:2019年06月08日 00:17 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
>>186
早期降伏すればよかったって話だよ
189.名無しさん:2019年06月08日 00:18 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※188
出来るという前提で言われても信用できないな
190.名無しさん:2019年06月08日 00:18 ID:utyH76O00▼このコメントに返信
第5艦隊司令スプルーアンス大将は「特攻は非常に効果的な兵器で我々はこれを軽視することは出来ない」と手紙に書いている

ニミッツやマッカーサーも特攻は脅威だと述べており特攻が効果的だったのは事実
191.170:2019年06月08日 00:18 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※178
少なくとも俺はそうは思わんね。僅かでも有意義と思える命の使い方をするよ。
実際そう思う奴が特攻をしたわけでな。だから誰でもそう思うの理屈は成り立たない。
くだらん思い込みについてはそのままお返しする。日本人の共通観念からは乖離しているようだしな。
特攻の良し悪しはともかく少なくとも特攻隊員の心情をおもんばかったら出てこないセリフだ。
そもそもオマエは日本人じゃないだろ。日本人を代表した意見とも思わんしすごく外国目線の考えだ。
俺も外国に住んでたら現地王族や首長がなど大して気にも留めないかもだ。だが日本についてはそう考えない。
192.名無しさん:2019年06月08日 00:19 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>186
内戦なんかしても戦争回避出来る訳ねーだろ。より酷い負け方するだけなんだがねぇ。
193.名無しさん:2019年06月08日 00:19 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※187
分断してソ連に渡したら米国は損しかしていなくてそれこそ妥協だが
なんで分断しなかったのが妥協した事になるんだ?
理解不能だ
194.名無しさん:2019年06月08日 00:20 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※191
特攻隊員が国の中枢の人たちの延命のために特攻したと?それこそ侮辱だ
天皇のために特攻した人もいるかもしれんけどそれも少数だ
国を守るためだ。天皇じゃない

特攻を美化する奴も日本人にはそうそういないわ
君も日本人じゃないってことになるな
195.名無しさん:2019年06月08日 00:21 ID:n4.hFsXl0▼このコメントに返信
特攻隊がいたから今の平和がある、なんて発想どこから持ってきた
いなかったら今の平和はどうなってるというのかね
196.名無しさん:2019年06月08日 00:21 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>188
早期講和なんて相手が許す訳ねーじゃん。分断国家の上植民地がオチなんだが、植民地の意味分かるかな?w
197.名無しさん:2019年06月08日 00:21 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※192
戦争しようとするやつ全員処刑しろ
198.名無しさん:2019年06月08日 00:21 ID:GlIWO2H90▼このコメントに返信
※158
アメリカみたいに副大統領がすぐに後を引き継げるシステムならいいんだけどなぁ。

たとえば朝鮮半島みたいに、戦後の権力の空白に乗じて同時に2人の人間が
「自分が国のリーダーだ!」と名乗りを上げる場合もある。
内ゲバによる国家の分裂やね。

国民全員が正統性を認める国家元首を「作り出す」のはものすごく大変なのよ。
それができなかった国はやはり崩壊する。
大勢の国民が烏合の衆で集まってるだけじゃ国家の体裁は保てない。
だから、やっぱり国家元首は簡単に替えが利かないものなのよ。
199.名無しさん:2019年06月08日 00:21 ID:fqRq.5.Z0▼このコメントに返信
勝ち負けとかそういうことじゃねーと思うけど

そういう歴史の積み重ね、命を懸けてきた方々のおかげで
今の日本という国ができてるって意味だと思うけど
200.名無しさん:2019年06月08日 00:21 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※192
「大陸の利権がどうでもよくなる状況」が発生したら戦争どころじゃないだろ
その場合どういう事情で戦争が起こるんだ?
201.名無しさん:2019年06月08日 00:23 ID:htI7zI2o0▼このコメントに返信
日本も連合国も本土決戦やる気満々だったんだから特攻隊の存在は間違いなく歴史の分岐点だと思う
この遅延がなかったら間違いなく原爆より先に本州に上陸されてただろうし
202.名無しさん:2019年06月08日 00:23 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
>>196
早期降伏してなぜ分断される?脳内ファンタジー全開か?
アメリカに負けてアメリカに占領される
今と変わらん
203.名無しさん:2019年06月08日 00:23 ID:FRkb5KtG0▼このコメントに返信
>>118: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:20:42 ID:QDy
>日本人を追い詰めるとヤバいと思わせる事に成功

これな。欧米からすれば武士道はマジキチだから関わりたくないと思わせた。
204.名無しさん:2019年06月08日 00:24 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>193
何言ってんだ?w
ソ連に渡せばドイツ戦に有利になるからだろう?w
どんな想定で話してんだお前w
205.名無しさん:2019年06月08日 00:24 ID:DIhsEKcz0▼このコメントに返信
金属を無駄にして海を汚染しただけやで
206.名無しさん:2019年06月08日 00:24 ID:3jnFZGqQ0▼このコメントに返信
※150
ルーズベルトは戦争結前に他界してるし、その死因がこちら側の呪術っていう説
ワイは好きやでw
207.名無しさん:2019年06月08日 00:24 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※166
クーデターが起きて担ぎ上げられた人間が降伏なんか出来たと思うのか?
安直に大事の目の前の小事と捉えてそういう批判する奴がいるが完全に筋違い
昭和天皇もクーデター自体や結果として自分が死ぬことを恐れたわけじゃなく
死んだあと結局誰も政府や国家を取り纏める人間がいなくなってコントロール不能になる事態を恐れていた
イラクが降伏した後すんなり戦争終結したか、清が消滅した後すんなり中華民国が出来上がったか、
中共が建国宣言した後大陸が何もなかったか
国家機能や中枢が根底から覆るという意味が理解できないやつ多過ぎ
208.名無しさん:2019年06月08日 00:25 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※202
> 早期降伏して

なぜできるという前提で考える?
早期降伏を決断した昭和天皇が暗殺されたらどうする?
誰が軍や政府に言うこと聞かせるんだ?
209.名無しさん:2019年06月08日 00:25 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>197
まずはお前からなw
210.名無しさん:2019年06月08日 00:25 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
実際、特攻隊含む戦争末期での日本軍の死力を尽くした戦いにより、米軍は想定外の大損害を被ることになり、戦争遂行方針を大幅に変更を余儀なくされて今に繋がっているわけだ。

で、あのマッカーサーも日本に進駐してきたときに特攻隊にビビりまくっていたという話が残っているように、特攻隊が米国人のみならず世界の人々に与えた心理的影響の大きさは凄まじいものがあるだろうことは想像に容易い
211.通りすがりのキチ:2019年06月08日 00:25 ID:OZe8OT9y0▼このコメントに返信
決行する側の目線で論ずるべきでは無い。やられる側の目線で論ずるべきだと思う。

アメリカにとって「特攻を組織立って軍事行動に取り入れる」狂信的なまでの激烈な意思を
「隷属させずに放置」すれば、反アメリカの急先鋒に成りつつあった「ソ連」が確実に干渉
をし衛星国の樹立を画策する未来も有ったであろう。

その時「ソ連」の後ろ楯を得た新生日本帝国が、仇敵アメリカ相手に「第二次太平洋戦争」
を継続する悪夢は、アメリカにとって耐えられる規模では無くなっていると推測します。
「文字通り桁違い」の消耗戦を強いられ、それでいてアメリカ西海岸が直接脅かされると。

終戦が昭和20年8月15日である事が、現在の日本社会を試金石であると見ます。特攻無しに
一年以上前に連合国に降伏では連合国の参加国で切り取り勝手と悪意を持った懲罰植民地経
営をされ、遅すぎればソ連台頭により「朝鮮戦争」が早まり「日本本土」で展開される可能
性は否定できないと個人的には捉えています。
212.通りすがりのキチ:2019年06月08日 00:26 ID:OZe8OT9y0▼このコメントに返信
※211続き
どちらにせよ「日本人の意思に関係なく」米ソ代理戦争の筆頭地になっていた可能性は大き
いと。現実の歴史は「ほぼアメリカ単独の隷下」に収まった日本ですが、逆にそうしなけれ
ばならなかったアメリカの思惑に、少なからず影響を及ぼす要素に当時の政治・地勢の点で
日本を隷属させなければ「アメリカの安全保障に禍根を残す」と判断したのでは無いかと。

その判断へ誘導する行動として「目的の為に手段を選ばない特攻隊」というのは、当然懸念
され、絶対に「ソ連の尖兵として日本兵が吸収され特攻をアメリカに仕掛ける」ような事態
だけは避けなければならない事案だということも。

実際の特攻隊の戦果に「隠蔽を図る」ような管制を行っているのも事実で、相当「衝撃的」
な行為であった事は想像に難くなく、日本兵の扱いは慎重になるだけの要素ではあったので
は? と推測しています。そういう意味では「特攻隊がいたから今の平和がある」というの
は「当たらずとも遠からず」という気がしないでもないですね。
213.名無しさん:2019年06月08日 00:26 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※207
>昭和天皇もクーデター自体や結果として自分が死ぬことを恐れたわけじゃなく
死んだあと結局誰も政府や国家を取り纏める人間がいなくなってコントロール不能になる事態を恐れていた

俺はそうは思ってない
醜い自己保身で降伏をできる限り伸ばしただけ

そもそも既にコントロール不能になって勝てるはずのない米国と全面戦争しておびただしい数の死傷者を出してるんだ
お前はのーたりんか?
214.174:2019年06月08日 00:26 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※182
俺は今のフランスは別の国と見ている。欧州なんざ名前だけ一緒で別の国なんてどれだけあることか。
ついでに言えば中国の歴史はせいぜい孫文以降。清も明も魏呉蜀も果ては最古の王朝「夏」も中国ではない。
易姓革命著しいからな。これらを中国と言い張るなら中国が言うところの偽満州国も中国ってことになるがもちろん別の国だ。
215.名無しさん:2019年06月08日 00:27 ID:UnbZwRfd0▼このコメントに返信
>>206
副大統領含めて呪うべきやったなあ
216.名無しさん:2019年06月08日 00:27 ID:lZYxRV3N0▼このコメントに返信
在日が湧いてる
217.名無しさん:2019年06月08日 00:29 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※215
その発想いいな
218.名無しさん:2019年06月08日 00:29 ID:vBTJSuTr0▼このコメントに返信
>>17
ちゃんと調べてから書き込んだ方がいいよ。300隻以上の船が撃沈破されてるから
219.名無しさん:2019年06月08日 00:29 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
沖縄戦など米国の公式リポートではまるで米国の負け戦のように書かれているそうだ。米国首脳部に与えた衝撃の大きさが窺い知れる。
その為に米国は日本国を無条件降伏させるという方針転換を余儀なくされ、本土決戦も諦めるなど大きな大きな変化を強いられた。
220.名無しさん:2019年06月08日 00:29 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>202
脳内ファンタジーはお前w
当初ソ連の恐ろしさを知らないアメリカは分断案にも乗り気だったんだよ。でもアカの恐ろしさを知って分断案を否定。日本はアメリカ管理になったんだろーが。
これは終戦時の戦勝国会談の話な。
221.名無しさん:2019年06月08日 00:29 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
既にコントロール不能で先頭に突入したのに、コントロールがどうこう言ってるのは馬鹿だろ
昭和天皇が恐れたのはコントロールできずに自分の地位もしくは命が危うくなることだろ
そこさえ認めず天皇万歳いってる糞野郎が特攻隊を語るなよ
222.名無しさん:2019年06月08日 00:31 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※214
お前のアホみたいな感傷なんてどうでもいいわ

フランスはフランスだし、中国は中国
223.名無しさん:2019年06月08日 00:32 ID:VqD7sSWg0▼このコメントに返信
※142
達筆で書かれた寄せ書きみたいなものもありますし、解説文も丁寧に置かれていますんで、111で言ったあなたの意見にはなりませんが?
224.名無しさん:2019年06月08日 00:32 ID:QucktdpM0▼このコメントに返信
まあ、結果オーライだな
俺が当事者なら犬畜生に成り下がって尻尾を振り続けるよりは、生首だけになっても喰らい付いてやる
一応俺にも薩人マシーンの血は流れてるはず
どうせ口だけとか嗤っていられる間が永遠に続けば良いね
こういう性分のやつが上に立ったから日本男児の数は減少したんだろうな
225.名無しさん:2019年06月08日 00:33 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※224
結果オーライではあると思うけど
結果オーライだからと言って当時の糞政府中枢を擁護する奴は屑だわ
226.名無しさん:2019年06月08日 00:33 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※213
何で日本がポツダム宣言受託できたと思ってんだ?
昭和天皇が聖断下したからで結局東條だろうと阿部だろうと鈴木だろうと内閣じゃ最後まで決められなかったのに
最後の最後はコントロール効いてたから受託出来たことも解らんのか
アメリカと戦争になったのはむしろコントロール出来てるから開戦したんだが?
内閣の一致した意見として決議して天皇が承認するという帝国憲法上の手続きを経たからこその結果。

そう思ってないならそう思ってりゃいいだろ
お前が昭和天皇をそう思ってても誰も何も言わねぇよ。声高にそれを主張しなきゃな
227.191:2019年06月08日 00:34 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※194
オマエの言う侮辱の意味が判らん。
僅かでも有意義と思える命の使い方をするの件が上層部の保身だって?とりあえず俺が侮辱されてることだけは判った。
日本を守るため、家族を守るため、少しでもマシな講和が成るように死んでったに決まってる。
頭の悪いヤツは飛行機乗りには成れなかったわけで、明晰な頭でよくよく考えてのことだと思う。
辞世の句がいちいち立派で泣ける。騙されるような知性だったとは到底考えられん。
228.名無しさん:2019年06月08日 00:35 ID:asWLTkHm0▼このコメントに返信
精神論も大いに結構だが、大戦時の無計画兵站と特攻はどうにも許せない。
そんな事をするくらいなら、真珠湾攻撃してアメリカに刺激を与えた直後に降伏してろと割とマジに思う。(日本が不利だとしてもだ)
真珠湾をやった後では、アメリカも日本の本気に気付いて少しは貿易も違う展開になっていただろう。
229.名無しさん:2019年06月08日 00:35 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※218
調べたけど300隻も撃沈してなかったわ
嘘とデマばかりだな
ネットウヨクらしいわ
230.名無しさん:2019年06月08日 00:35 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>194
特攻隊を卑下するお前が日本人を語るかね。流石に呆れるわ。
無駄死にだと?お前の無駄な生より何百倍も価値があるんだが?
231.名無しさん:2019年06月08日 00:35 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※226
原爆落とされて決断したのを、コントロールできてたというのか(失笑)

お前も黙ってればいい
自己保身の屑たちを擁護するな。彼らが特攻隊を無駄死にさせたんだぞ
232.名無しさん:2019年06月08日 00:36 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※221
バカはどう見ても君。天皇という存在があったから、日本は整然と矛を収め、秩序を保ち続けることができ、今の日本があるというのが客観的事実。戦後、昭和天皇はその身を晒して日本中を回り、日本国民を激励し続けた。
233.名無しさん:2019年06月08日 00:37 ID:GlIWO2H90▼このコメントに返信
※183
いや、アメリカが日本での本土決戦を恐れていたことは間違いないぞ?

戦争で一番多くの犠牲を出すのは、一通り空爆が終わった後、
陸戦で敵の領土を制圧する時なんだよ。

大量の兵士を上陸させて敵の領土を地道に占領していくしかない。
ゲリラ化した敵の兵士は土地勘もあり、制圧する側にとってはものすごく厄介。

実際、アメリカはベトナム戦争でこれを経験し苦戦したし、日本がもし降伏していなければ
アメリカは戦争の勝敗を決するために大量の兵士を投入して陸戦で日本を制圧するしかない。
アメリカはこれをどうしても回避したかったわけ。

だからこそ無条件降伏を受け入れた戦後の日本にたいして、皇室の存続を認めたんだよ。
天皇を死刑にするとせっかく降伏した日本人がまた武装蜂起するからね。泥沼の戦いになるのは明らかだった。
234.名無しさん:2019年06月08日 00:37 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
そもそも平和を乱して戦争を始めたのが日本だからな
世界中の国が日本が悪いと判断し日本との戦争に参戦している
実はカナダオーストラリアオランダタイなども対日戦に参戦しているし
フィリピンインドなどでも対日の義勇軍が組織されている
日本は世界の敵
235.名無しさん:2019年06月08日 00:38 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※227
君の言う通り、特攻隊は国体保持なんかのためじゃないと思う
ほとんどは強制だと思うけど
強制されたことの他にも国を守るために戦ったんだよ。たぶん。そうじゃないかと思う
236.名無しさん:2019年06月08日 00:38 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※231
「コントロールなんかできない」という前提で考えるなら、君の書いた※202なんかも意味ないよね
俺も黙るからお前も黙ってくれ、って意味かな
237.名無しさん:2019年06月08日 00:38 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※229
横レスだが、「撃沈破」だから間違ったことは書いてないだろ。
238.名無しさん:2019年06月08日 00:39 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※232
それだけの影響力があるならもっと早く降伏すればよかっただろ

お前いってること矛盾してるぞ
馬鹿かな?
239.名無しさん:2019年06月08日 00:39 ID:vet6dtll0▼このコメントに返信
特攻隊もあれだけど小さい潜水艦みたいなのに乗せられた方もこわい
訓練中も事故多発だったんでしょ
240.名無しさん:2019年06月08日 00:40 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※233
日本陸軍兵士は東南アジア各地に散らばっておきざりだったよ
すでに徴兵しつくしていてまともに兵になれる人的資源は枯渇していたし、訓練にも金も期間もかかる
民間人がそのままゲリラ兵になるわけじゃない
241.214:2019年06月08日 00:40 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※222
俺個人の考えのみの話とも思わんのだがね。
フランス人は王室を潰したことを甚く後悔しているし実際あいつらは王室だの貴族だの大好き。権威を失ったのは事実だろ。
中国人も日本の皇室は尊重しているが警戒もして居るぞ。儒教的には古く続いた帝国えらい。中華思想に基づいてうっかり日本も中華の一部などと言おうものなら帝が御座すのは日本の皇居のことであって、中華の中心が東京になってしまう。
242.名無しさん:2019年06月08日 00:41 ID:3jnFZGqQ0▼このコメントに返信
※232
8月15日早朝玉音放送が流れそうになったら、それを流さないために頑張った軍部があったみたいですけどねw
243.名無しさん:2019年06月08日 00:42 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>229
輸送艦とかの記録も見てなさそうw
流石うっかりモノだねw妄想パヨちゃんw
撃沈破の意味分かる~?
244.名無しさん:2019年06月08日 00:42 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※241
特攻隊をなくした遺族も後悔してるに決まってるだろ
お前はどんだけ低能なんだ????
245.名無しさん:2019年06月08日 00:42 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※231
お前のコントロールの定義って何?
コントロール不能ってのは無政府状態の事で誰も意思決定能力も持たなければ議決機関も有さない事を指すんだが
内閣や議会という意思決定機関にいる人間そのものが意思決定出来ないのはコントロール不能とは言わない
そりゃ単なる決断力やリーダーシップの欠如だ。議決された事項に大多数が従属する以上それは制御不能状態ではない

どうも安直な戦争反対論や平和論語る奴は感情論や観念論ばっかで組織論や政治力学を知らなさすぎる
246.名無しさん:2019年06月08日 00:43 ID:7oV9bcWv0▼このコメントに返信
>>44
君の思考回路も日本の恥
247.名無しさん:2019年06月08日 00:44 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※238
君の思い込みの中では矛盾しているというだけだろ。
それから早く降伏というが、まずそれが可能だったのかどうかという問題があり、さらに、可能だったとして今より良くなっていたという保証は全くないわけだ。
248.名無しさん:2019年06月08日 00:44 ID:r6Qodw3J0▼このコメントに返信
>>234
必死だなお前w
植民地の義勇軍が強制じゃないとかホンキで思ってんの?w
日本もコリアンを爆弾代わりに使えばこんなアフォ生まれて来なかったのになぁ。
249.名無しさん:2019年06月08日 00:44 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※245
君は「知識はあるけど馬鹿」の典型だね

戦争を止める決断ができないけどコントロール不能ではない、とか誰にも通用せんよ
250.名無しさん:2019年06月08日 00:47 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※231
特攻隊を無駄死にしているのは君。その特攻を受けた敵軍である米軍がレポートで「特攻は極めて有効で、身の毛もよだつほど恐ろしいものだった」と評価しているわけだ。
251.名無しさん:2019年06月08日 00:48 ID:ehQNs6wd0▼このコメントに返信
>>19
そうそう。結局現代の日本は、侍(魂)や武士(道)、特攻隊に戦艦等含め、先人の遺した文化思想遺産で食い繋いでる気がする。アニメにゲーム、観光資源等、日本を代表する物にこれらが使われ、私達子孫の財産になって居る。
252.名無しさん:2019年06月08日 00:51 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※250
太平洋戦線で、日本刀で斬り込んできた日本兵が怖かったからGHQが日本刀を規制したって、こないだNHKで言ってたなそういや
253.名無しさん:2019年06月08日 00:51 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※249
それ以前に天皇自体が立憲君主で専制君主ではないということを勉強してから出直せ
そもそも天皇が決断「出来ない」のは主体性の話じゃなく国家体制の話
「出来ない」こと自体が制御されている証左でむしろ「出来た」方が制御から逸脱した状態
あぁ、そういう意味ではコントロール不能も意味合いとしては外れちゃいないな。そういう意味ならな
254.名無しさん:2019年06月08日 00:52 ID:GlIWO2H90▼このコメントに返信
※240
本土守備隊は普通におったぞ?

北海道の駐屯部隊は日本がアメリカに降伏した後で
北から攻めてきたソ連軍とやり合ってるしな。

そもそもゲリラ戦にもつれ込めば少数の敵兵でも十分な脅威になるから
アメリカがそれを警戒するのは当然だよ。
敵の本拠地で山にでも潜伏されたら、たまったもんじゃないわ。
255.名無しさん:2019年06月08日 00:52 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
特攻隊を無駄死にとするのは無理がある。

256.名無しさん:2019年06月08日 00:53 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※253
お前は痴呆か?

お前自身が、天皇が聖断したから降伏できたといってるんだが
脳みそおかしくなってるの?
257.名無しさん:2019年06月08日 00:54 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※248
日本は併合したはずの朝鮮からも義勇軍が立ち上がり中でも金日成は日本相手に百万回戦闘を行い全勝した
傀儡国満州国でも日本を追い出すためにテロが頻発した
植民地からも背かれたのが日本
258.名無しさん:2019年06月08日 00:54 ID:9kCyZKy40▼このコメントに返信
いろいろねじ曲げて歴史を教えられても
そこだけは変えられないこととして伝わってる
259.241:2019年06月08日 00:56 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※244
特攻するのは本人の意思だろ。家族は後悔するかもだがPTAの意向でどうこうなるものでもない。
オマエの話は良く判らん。
260.名無しさん:2019年06月08日 00:57 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
つか、全軍を司る天皇に決断権がないわけねえよ
低能中の低能ここに極まったな
261.名無しさん:2019年06月08日 00:57 ID:GlIWO2H90▼このコメントに返信
※257
金日成スゲーなw
孫の金正恩もゴルフで100回連続ホールインワン決めた天才だって言うもんなwww
262.名無しさん:2019年06月08日 00:58 ID:LhF6Yo1r0▼このコメントに返信
>>106
遅くも早くも無かった
その後の発展が証明してる
263.227:2019年06月08日 00:59 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※235
特攻機は貴重な装備であり逃亡者もなかったところを見ると任意だと思うんだがね。
強制だろうと任意っていっとくもんだ。戦死者の名誉のためにもな。違うかい?
264.名無しさん:2019年06月08日 00:59 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※256
だから聖断自体が制御状態からある意味逸脱してると言っている
ただ聖断の結果、内閣がそれを受けて受託を決めて国家として受託している。
内閣の権能が生きている証拠だし、最終的には降伏文書に調印して実質的にも政治的にも戦争は終結してるな
全体的に制御不能という状態になってない。国家権力の統制が効いてるんだからな

いい加減お前のコントロール不能の定義を聞かせろよ。
265.名無しさん:2019年06月08日 01:02 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
人間は環境に適応する能力が高い生き物なんだよね。
その時々の時代状況が変われば考え方も全然変わる。

特攻隊は強制で、嫌々生かされた人ばかりなんて思い込んでいる人は想像力が足りない。
266.名無しさん:2019年06月08日 01:02 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
>>264
ごめん延々ときりがないわ
そもそも脱退したけど俺は昭和天皇を批判してるわけじゃないんだ
中枢はごみだと思うけど
一般日本社会でも特攻してしぬがよろしって雰囲気はあったわけで
日本全体が腐ってた
腐らせたのは軍部だけどね
267.名無しさん:2019年06月08日 01:05 ID:lTaJESZ70▼このコメントに返信
その後の日本の発展をみればわかるだろ。
70年も経つと効き目は切れて来てるが
268.名無しさん:2019年06月08日 01:05 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
強制的嫌々行かされたような人間が、世界最強の米軍に「この上なく極めて有効で、身の毛もよだつほど恐ろしい」などと公式レポートで言わせるような凄まじい戦果をあげられるだろうか。
269.名無しさん:2019年06月08日 01:06 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※263
そこは難しいところだ

戦死者のためにいい意味で過去を美化するのも悪いことではないが
その結果、戦争や特攻というものが美しいものと考えられて五十年後百年後にまた繰り返してしまう可能性もある
こういうときのために本音と建て前を使い分けていいと思う
本音では死にたくないと思いながらも死なざるをえなかったと人も大勢いただろうけど
建て前として彼らのおかげで今の日本があるといってもいい
270.名無しさん:2019年06月08日 01:07 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
連戦連勝で日本全土占領も楽に出来ると思っていた米軍首脳部に
アメリカの財政破綻を覚悟させるぐらいの効果はあった
271.名無しさん:2019年06月08日 01:08 ID:vBTJSuTr0▼このコメントに返信
>>145鏡見てどうぞ
272.名無しさん:2019年06月08日 01:09 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
>>264
負けるとわかっていても軍部の暴走を恐れて戦争突入せざるを得ないならどう考えてもコントロール不能だな
273.名無しさん:2019年06月08日 01:10 ID:Hp0kWB.T0▼このコメントに返信
歴史にたられば言っても仕方ないが、特攻みたいな異常な戦術をしてくる国民と見なされたことが
東京大空襲や原爆投下を招いたのではないかとも言える
そうなれば特攻は結果的に勝てなかったばかりか国民国土の被害を大幅に拡大したって事になる
見方によってどうとも言える話なんだから、こんなたらればは論ずるだけ無駄
事実としての「当時としても異常な戦術だった」「結果として勝ったわけでもなければ戦果も知れてた」以上の話は無意味だよ
274.名無しさん:2019年06月08日 01:11 ID:hO0ud2PK0▼このコメントに返信
※273
かしこい
その通りだと思う
275.名無しさん:2019年06月08日 01:15 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※273
原爆の投下計画がスタートするのは1943年から(具体的になるのはもう少し後だが)特攻の開始は1944年の10月なのだから関係ないね。
276.名無しさん:2019年06月08日 01:16 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※272
別に軍部の暴走を恐れて開戦したわけじゃないんだがな…
対米戦は純然たる資源面とという利権で戦争理由としては極めてシンプル。遠因はいくつもあるにしてもな
軍部の暴走を恐れてたのは明文化されてる部分でも二・二六事件と終戦前のみ

まぁ暴走自体を恐れてというならやっぱ感情面で機能的なコントロールじゃないな
277.名無しさん:2019年06月08日 01:16 ID:SQ7uyXmC0▼このコメントに返信
>>いや特攻隊が何艦沈めたかのデータを見れば議論の余地ないやろ

大型艦は沈没はないが結構な数が大破して戦場を離脱している。
例えば沖縄戦で神風攻撃を受けて米軍旗艦が二度変わっている。ちなみにその二度とも立ち会う羽目になった司令官は神風攻撃の心労がたたって戦後すぐに病死した・・とも言われている。

で、大型艦の沈没はなくても小型艦や補給艦などは結構沈没しているので「このままでは補給が支えきれない」とか「かき集められるだけの駆逐艦を集めて神風から身を守れ!!」とかあまつ「こんな神風だらけの場所から早くおさばらしたいから陸軍はさっさと日本軍を撃退しろ」と味方にまで八つ当たりを始めるほど
278.名無しさん:2019年06月08日 01:17 ID:Hp0kWB.T0▼このコメントに返信
※275
原爆の開発製造計画のスタートと、「それを日本に投下する事の決定」は全くの別問題だよ
279.名無しさん:2019年06月08日 01:18 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
欧米列強の圧力から開国し、死力を尽くして戦い続けた日本がついに国際連盟の常任理事国にまで登りつめ、そこでなにをやったか?

名誉白人として欧米列強に取り入り搾取する側に回る事ではなく、なんと!人種差別撤廃!を世界に向かって堂々と提案したのである。
それが1919年の事だ。以後、特に米国は日本を敵対視し始め圧力を加え始めた。1920年には米国軍人が日本との戦争を予想しその推移をぴたり的中させるなど、着実に日本を追い詰め、ついに大東亜戦争へと結実させたのである。その流れを当時の日本人はよくわかっていた。「正義は我にあり」ついにこの時が来たのだ!と義憤に国民感情が燃え上がったであろうことが想像できる。
280.名無しさん:2019年06月08日 01:18 ID:..8ATKre0▼このコメントに返信
大健闘なんて言ったら鼻で笑える自身あるわ。対処法編み出されてからは犠牲出して頑張ってたアピール以上になってない。
281.名無しさん:2019年06月08日 01:21 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※277
いや普通にカサブランカ級沈んでるだろ
どこまでを大型艦を定義するかもだが駆逐艦も多数沈められてるし
まさか護衛空母が大型艦じゃないということはないだろ
282.名無しさん:2019年06月08日 01:22 ID:xZ5OEuJO0▼このコメントに返信
どっちにせよ、そういうことにしとかんと遺族を抑えられん
特攻や!→あんま意味なかったわすまんな、ってこれじゃ遺族ブチ切れやろ
戦後すぐは社会だって不安定やし、政府に特攻するやつが出てもおかしくなかったんだから
283.名無しさん:2019年06月08日 01:22 ID:SQ7uyXmC0▼このコメントに返信
※104
で、当時のイギリスもアヘンは平気で吸っているわけだが。

というか病的なまでに規制していたのは日本とタイぐらいで当時は世界中でアヘンが蔓延していたと。

ちなみにアヘン戦争でイギリスが問題にしたのはアヘンどうこうではなく自由貿易と国家として対等な待遇なんですけどね。
284.名無しさん:2019年06月08日 01:22 ID:t.CBbnjO0▼このコメントに返信
単純な戦果では測り切れないのが戦争だから、数字と結果論だけで判断してほしくはないな。
御国の為にと死んでいった人の話を母から聞いた事があるからって、個人的な感情ではあるけれど。
285.名無しさん:2019年06月08日 01:23 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※278
場所はともかく日本に落とすと決めたのが1943
286.名無しさん:2019年06月08日 01:25 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※273
事実は違うよ。特攻隊などによる日本軍の頑強な抵抗で米国軍隊に大量出血を強いたことにより、日本国を無条件降伏させるという方針が転換され本土決戦も回避された。
287.名無しさん:2019年06月08日 01:25 ID:ehQNs6wd0▼このコメントに返信
敗戦決まってからの北方でも、ソ連軍から女子供が逃げる1秒2秒の為に、武器も無い中、唯一残ってたダイナマイトを抱いて、ソ連軍戦車の下に潜って、戦車の足止めをしたと。
毎月届く「靖国」には、兵士の方の遺書が載ってる。みんな家族の為、日本の為にと書いて有る。そして遺す妻や子に、家族を宜しく頼むと書いて有る。その兵士の方々の守ったご家族の一番小さかった子供(例えば0才)が、今は70代で、一応戦争の無かった時代を生きて来れた。当たり前だがこれからの子の時代は、今の私達が作らないとと思う。
288.名無しさん:2019年06月08日 01:27 ID:Hp0kWB.T0▼このコメントに返信
※285
まだ原爆開発に着手したばかりの頃の計画だろそれ
実際に原爆投下されたのは言うまでもなく終戦間際
特攻みたいな無茶なことせずさっさと降伏してれば原爆投下まで行かなかった事は確実だろ
繰り返すがこんなたらればに意味はないけどね
289.名無しさん:2019年06月08日 01:28 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※280
沖縄戦が特攻作戦の最終盤で米国も取りうる限りの対策を施したが、それでも特攻は「このうえなく有効で、身の毛もよだつほど恐ろしい」と米国で公式にレポートされてるんだよ。
290.名無しさん:2019年06月08日 01:29 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※281
護衛空母はだいたい1万1千トンぐらいだから普通に大型艦っすね
291.名無しさん:2019年06月08日 01:29 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※281
護衛空母はだいたい1万1千トンぐらいだから普通に大型艦っすね
292.名無しさん:2019年06月08日 01:29 ID:3jnFZGqQ0▼このコメントに返信
※284
感情論だけで話すすめるほうが英霊に対し失礼だ
293.名無しさん:2019年06月08日 01:29 ID:b3d0xNmT0▼このコメントに返信
※288
> 実際に原爆投下された

アメリカに「手を汚させた」意味はあるかもしれないね
もちろんこんなたらればに意味はないけどね
294.名無しさん:2019年06月08日 01:30 ID:Hp0kWB.T0▼このコメントに返信
※286
だから、その「大量出血を強いた」のが原爆投下を招いたとも言えるだろ
2発で降伏しなかったら一体何発落された事かと
つか結局無条件降伏させたのに一体何を転換したのかと
295.名無しさん:2019年06月08日 01:31 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
原爆投下のアメリカ側の心理的要因を考慮すると硫黄島と沖縄戦の地上戦の損害の多さにある
その一部として特攻隊は要因として言えなくはないがこれはやや強引と言わざるを得ない

一応日本人は誰もが終戦時ボロボロだったと認識してるが降伏時ですら600万の兵力保有してるからな
実態はともかく額面だけ見たら全部が本土にあるわけじゃないにしろこれだけの兵員数保有してる
国家と陸上戦やるには相当覚悟がいる。まして本当に死ぬまで戦うからゲリラ戦になった場合
米軍にも数百万の損害が出るという試算もあったし原爆投下の要因は特攻隊というより日本軍全体
296.名無しさん:2019年06月08日 01:33 ID:GlIWO2H90▼このコメントに返信
そもそも原爆の投下はドイツが予想以上に早く降伏したから日本に使用されてたわけで
特攻隊が無ければ原爆投下もなかったと考えるのは極論過ぎるだろうね。

アメリカとしてはソビエト陣営に対する示威行為として
第二次大戦中にどこかで原爆を使う必要があった。

日本が仮に神風特攻をやらなかったとしても
アメリカが原爆投下を思い止まったかどうかは疑問だね。

そもそも原爆を使わなくても空爆だけで日本を降伏させることもできただろうし。
297.名無しさん:2019年06月08日 01:36 ID:cUlkW8sF0▼このコメントに返信
米ソ「アジアを解放したのはワイらだぞ」

なおそれで幸せになれたかは別の模様
298.名無しさん:2019年06月08日 01:36 ID:t.CBbnjO0▼このコメントに返信
※292
なにも感情論だけで話してるわけでもないのに、失礼とか感情的になりすぎじゃないですかね貴方
しかも「英霊」て…
299.名無しさん:2019年06月08日 01:38 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※97
日本人としたら 、悪い事なのは事実でしょ。何言ってんのこいつ?  まぁ日本人じゃないんでしょ。
人間家畜まで、いった文明圏だもんなw まぁそういう定義に比べたら、悪い事じゃない風に見えるんでしょ?w
300.名無しさん:2019年06月08日 01:39 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
なんとなく解った気がしたけど、否定的な人らはたぶん、今現在において日本国民であることの
ありがたみってのを全く理解できてないんだろうな。
個人主義が悪いとは言わないけども、日本国民であることで享受できている恩恵は相当大きいよ。

その国体を損なわずに済んだのは、特攻隊も含めた英霊の方々のおかげなんだよ。
イヤ、右翼的な意味で言ってるんじゃなくてマジで。

開戦に至った経緯や、特攻隊とかの戦術を考えた軍部等の良し悪しを言ってるんでなくて、祖国
を護るために死んでくれた英霊を悪く言うのだけはマジ勘弁していただきたい。
そしてやるべきことは、なんで戦争に引き込まれていったか、開戦後なんで負けたか、何がマズ
かったかを考察して、同じ過ちを繰り返さないことだ。

ただただ戦争反対言っててもしかたない。
301.名無しさん:2019年06月08日 01:39 ID:Hp0kWB.T0▼このコメントに返信
※296
だからその辺も見方次第のたらればだっての
たられば言うなら、もう負けは確定しててどのみち無条件降伏したんだから、さっさと降伏してれば確実に原爆投下はなかった
アメリカが計画撤回したかどうかなんて関係ない話になる
どちらの意味でも、そんなたらればは言うだけ無駄
302.名無しさん:2019年06月08日 01:40 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※294
ルーズベルトらは人種差別思想が酷く日本人に対して酷い偏見を抱いていたそうだが、そのルーズベルトが日本国を無条件降伏させることに拘っていたんだが、その要求を押し通すとなると連合国側にもどれだけの損害がでることかと周りは憂慮しその方針を転換させたがっていた。で、紆余曲折、結局、「日本国軍隊の無条件降伏」として停戦条件を出すことになり、日本国は条件付き停戦に応じ、日本国軍隊は無条件降伏したわけだ。で、軍隊が解体され日本を占領した途端にアメリカの態度はコロリと変わり、「日本国は無条件降伏した」という宣伝を大々的に行い、君のよう未だに間違ったことを信じ込まされている人がいるわけだ。で、原爆投下した理由は終戦後の対ソビエト向け示威行動?とか色々研究されているよね
303.名無しさん:2019年06月08日 01:45 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※301
いや。原爆など使わなくても日本は降伏するのはわかっていた。が、開発した原爆二種類の実験をしたかった、対ソビエトに対する牽制などで引き延ばしたと当の米国の人間も言っているよね。
304.名無しさん:2019年06月08日 01:47 ID:t.CBbnjO0▼このコメントに返信
そもそも投下や空襲、占領の流れだって何も日本とアメリカの間の事柄だけで決めたわけでもないからね。
ドイツ、ソ連、中国もっと視点を広げないと、たられば言うにも範囲が狭すぎる。
そもそも何をもって特攻隊が平和を齎したか、が人によって違う。歴史を論ずるうえではよくある事だけど。
305.名無しさん:2019年06月08日 01:48 ID:JYnNs4bu0▼このコメントに返信
>>9

 意味ある戦死とは?
306.名無しさん:2019年06月08日 01:48 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※300
ありがたみというか本当に国家の権能や機能、権力関係とかそういう概念が理解できないんだと思うよ
酷いのになると本当に統治機構を省いて個々人の善意で社会が成り立つと思い込んでる奴いるからね
戦争反対の人間ってのは欲しいのは別に平和じゃなく、自分への理解、いわば自己承認なのよ
>戦争しようとするやつ全員処刑しろ
こんな事言ってるしね。自分の意見への同調と承認を求めてその為には暴力も殺人も肯定する
自分が巻き込まれるのはごめんだが巻き込むのは賛成というスタンス
永久に理解しあえないと思う
307.名無しさん:2019年06月08日 01:49 ID:dAYXMAy00▼このコメントに返信
現在のこのような形での終戦だと思ってるんなら平和ボケの後付けの知恵もいいところだぜ
当時の人間の頭にあった「負けた後の世界」で家族同胞がどんな扱いを受けるかを考えてみないと、影響を小さい方に考えて現在生きる自分の責任を軽いものにしようとするんじゃないのかね
308.名無しさん:2019年06月08日 01:55 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
米軍については殲滅戦をして来ているんだが?
別に日本軍が万歳アタックで自殺したんじゃなくて、普通に米軍が非戦闘員を含む日本人に降伏を許さず殺戮しまくってます。そう言う当時の背景もありで、別に鬼畜米英はプロパガンダじゃないからな。降伏しても自分も家族も惨めに殺されるならどうするよ。
で、米軍は日本陸軍の遅滞戦術に相当てこずっており、ざっと5倍の兵力持ち出して死傷者の数は同じと言う有り様だな。
そう言う中での日本本土上陸が近付く中で、厭戦気分が高まっている中での特攻なので、額面以上の心理効果はあるわな。そう言う事もあって戦争を終わらせたとして、原爆は向こうじゃヒーローだ。
そんな作戦を指揮した軍上層部については一言あるけど、特攻隊の死を活かすも殺すも後事を託された我々次第だな。

あと、戦争を始めたのは当時の国民の意思だし、煽った新聞だな(やっぱりA紙はロクな事をしない)。それと陸軍はどっちかと言うと特攻については否定的。
309.名無しさん:2019年06月08日 02:00 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
ネットウヨクはどれほど騒ごうと現代日本では戦争を美化する事は許されない
だからお前らひきこもりニートなんだよ
日本社会になじみたかったらまず戦争を反省しろ
310.名無しさん:2019年06月08日 02:01 ID:DD0s9UF10▼このコメントに返信
>>9
というかまともに訓練できない以上通常攻撃するよりかは特攻した方が戦果は出せるから無意味ではないよ
311.名無しさん:2019年06月08日 02:04 ID:bNMm2BFl0▼このコメントに返信
発案者や命令した無能がのうのうと生き残ったのが不味い
特攻隊を賛美することはこのバカ野郎どもの行いを功績として認めることになるから特攻隊は全くの犬死部隊
312.名無しさん:2019年06月08日 02:04 ID:DD0s9UF10▼このコメントに返信
>>48
特攻隊とテロって攻撃目標が違うんですがそれは…
313.名無しさん:2019年06月08日 02:05 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
戦争反対を唱える人の中で、無抵抗服従をよしとし他人を奴隷にしようとする連中がいるが、あれこそが、人を奴隷として他国に売り払おうとする人権の敵だ。
そう言う人は、せめて非暴力非服従で徹底抗戦するぐらいの事は言えんのかね。
314.名無しさん:2019年06月08日 02:05 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※308
帰国事業に十年もかかるほど日本兵なんかアジアのあちこちで生き残ってたぞ
315.名無しさん:2019年06月08日 02:06 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
>>309
別に戦争をよしとはしないが、反省を込めて次は慎重に勝ち組に乗らないといけないよな。
316.名無しさん:2019年06月08日 02:07 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
スレちだけど、、経済戦争云々だとか、共産主義云々なんかより、一番日本人が戦争した理由は開国の復讐が、ダントツで一番だと思うわ。
でその後は、、、新興国の宿命だよね、仏、ナポレオン、独第一次、露のクリミアもそう。、覇権国家に挑戦しないと、新興国は多かれ少なかれ隷属を強いられるのを、認知する訳だから、人間心理として、それは納得できないんだろうね。  でも独の第二次は、少し違う感じだよな。。
ある程度の勢力を気づいたら、よしとしていた風な感じだよね ダンケルクの撤退なんかそうでしょ。。言いたいことは、、、日本がハワイを攻撃しなくても、まぁどの道戦争になるわな。。。  で後20年以後ぐらいたったらシ、ナも、アメリカと戦争するでしょ。。日本はこれからこういう事が誰の目に、明らかな訳だから、対米独立して、核武装して、どれくらいまで世界の覇権に関わっていくのかを、考えるのが今の日本人の至上命題だわな
317.名無しさん:2019年06月08日 02:09 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※313
そんな気概があるわけがない。自分さえ良ければいいのが左巻きの本質だし
ああいう奴は何故か即時降伏すれば身の安全は保障され、尚且つ降伏後安寧な地位に付けると無根拠に思ってる節がある

実際裏切り者なんか真っ先に粛清されるのにな
318.名無しさん:2019年06月08日 02:09 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
※306
この手の方々ってのは、両親、兄弟、祖先、友達、恩師、自分を育んでくれた地域、ひいては祖国に感謝って
概念がないのでしょうか?
自分だけで今があるって思ってるのでしょうか?

今回のスレタイでいうと、英霊や沖縄の人等の犠牲が無く、今と同じ自分が存在できたと思っているのでしょうか?

だとすると、少し悲しい話ですね。

批判するにせよ結論ありきでなく、東南アジア各国の慰霊施設、真珠湾の記念館、知覧や鹿屋、靖国の遊就館、沖縄
の看護学徒隊の党や太田中将の自決壕等にでも行って何か感じて欲しいですが、無理であっても硫黄島の戦いや、
守占島の戦い等有名なものならネットでも見れるので、そういったものを行った意味を理解してほしいですね。
319.名無しさん:2019年06月08日 02:11 ID:DD0s9UF10▼このコメントに返信
>>82
頭大丈夫かい?
特攻隊の攻撃目標とテロの攻撃目標の違いぐらいわからないのかい?
その程度の知識しかないならば中学生からやり直した方がいいんじゃないかな?
320.名無しさん:2019年06月08日 02:14 ID:DD0s9UF10▼このコメントに返信
>>96
軍事についてもう少し考えたら?
打撃与えたことによってできたものがあるでしょうよ
自分で調べてみなよ
321.名無しさん:2019年06月08日 02:14 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
>>314
チッポケな島を取るのに、あの始末だぞ。
殲滅戦を仕掛けたものの、頑強な抵抗を呼び込んだからこそ米軍は頭抱え込んでいるんだが。
322.名無しさん:2019年06月08日 02:18 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※318
感謝してほしいなら感謝したくなるくらいの生活をよこせ
税金ばっかりとりやがって
323.名無しさん:2019年06月08日 02:19 ID:DD0s9UF10▼このコメントに返信
>>146
早めに降伏したところでドイツの事例のように政府消滅からの国土分割では?
もしくは極論事実上の国家併合まであるのでは?
324.名無しさん:2019年06月08日 02:20 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※315
ふざけてるのか
何があろうとも戦争だけは起こしては駄目だ
戦争を起こしてしまったら即座に滅亡して償え
325.名無しさん:2019年06月08日 02:20 ID:DD0s9UF10▼このコメントに返信
>>158
共和制と君主制を同列に考えるなよ…
326.名無しさん:2019年06月08日 02:23 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※323
日本なんか併合したら米国でも四分の一の票数が元日本人に独占される
そんな馬鹿な事はしない
327.名無しさん:2019年06月08日 02:24 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
※322
一回途上国で住んでみたら?
328.名無しさん:2019年06月08日 02:25 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
※324
戦争って起こさなくても起こされるんやで?
329.名無しさん:2019年06月08日 02:27 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※328
言い訳は許さん
次に日本が戦争を起こすようなことがあれば滅亡確定
これが世界各国の総意だ
それを忘れるな
敗戦国が
330.名無しさん:2019年06月08日 02:27 ID:3jnFZGqQ0▼このコメントに返信
※311
一応、発案者は自責の念で終戦時に介抱無しの切腹により一晩中苦しんで死んで、後追いしようとした若い人にはお前らは生きろと言ったはずだが
331.名無しさん:2019年06月08日 02:32 ID:tmRbiMjL0▼このコメントに返信
※329
もちろん戦争を起こしてはいけないのは他の国も同じ。中共や南北朝鮮も例外じゃないよ。

あと南北朝鮮も敗戦国の一部だったからね。
332.名無しさん:2019年06月08日 02:33 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※331
日本が侵略戦争するからって他国もやるわけが無い
333.名無しさん:2019年06月08日 02:35 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
※329
いや、だから起こすんじゃなくて起こされることもあるって話やん・・・

アンタ何人やねん・・・

言葉通じてるようで通じてないよな・・・
334.名無しさん:2019年06月08日 02:35 ID:b3.I2Mi.0▼このコメントに返信
※332
中共は現在進行形で侵略してるけど?
335.名無しさん:2019年06月08日 02:35 ID:EFiCAF2Y0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ特攻隊に限らず、太平洋戦線での戦死者は大半が犬死にやと思うで(特に末期)
「今の日本があるのは彼らのおかげ」っていうのはあの戦争に少しでも付加価値を見出だすための日本人同士の傷の舐め合いに過ぎん
特攻隊のおかげで日本人がやベーやつらだと印象づけたのは確かにあるが、それと戦後の米軍の日本の扱い方とは全く別の話
アメリカは日本にレッドチームに行かれないよう、ある程度は日本の顔を立てる必要があった
そしてそういうアメリカの日本への「気遣い」は今だって続いてる
真珠湾やらデスマーチやら捕虜虐待やらと散々な醜聞があったにも関わらず、トップクラスの同盟国として取り扱い天皇の権威も認めるって信じられんくらい破格の待遇よ
そういう待遇は全て、中国ロシア北朝鮮という共通の敵があったればこそ
336.名無しさん:2019年06月08日 02:36 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※318
ないだろうなぁ…何でも政府のせいにする連中だし
大体特攻隊批判してる奴の中のどれだけが鹿屋とか知覧とかの資料館行ったことがあるのかね
特攻隊員の日記とか読めば天皇陛下万歳や単なる無駄死要員でないことくらい理解できるはずなんだがな
337.263:2019年06月08日 02:36 ID:eWDhqZxM0▼このコメントに返信
※269
そもそも俺は特攻を美しいものだとは思わない。隊員の心情はともかくな。
特攻なんぞは戦略が崩壊して尚残された無理矢理な戦法であってそれを決断すること自体美しくはない。
上層については劣っているとしか言いようも無い。一番の反省点だろう。
戦争は勝ってなんぼなので在って俺は勝ち方と勝った後のことしか考えないようにしている。
負けの反省があっても勝つ算段がないなら全く進歩が無いと言える。
平和を維持することに注力すべきと言うなら平和を維持出来なかったことを先ず反省せにゃならん。
日本一国が頑張ったところで世界大戦は起きるんだけどな。

隣国との戦争程度で利益があるとは全く思わんしそんな戦争は俺だって反対だ。だが世界大戦は別。世界大戦は喜ばしくはないしどうしても避けようもなく起きるものであり、定期的に起きる世界のリセットだと思っている。これに関しては話すと長いが多分日本に多大な利益が有る。喜ばしくは無いけどな。
でも日本が引き起こすものではないのも事実だ。侵略用の軍備の持ち合わせもないし恐らく次の世界大戦は中国バブルに伴う世界の信用崩壊だと思うが日本は敢えてやってるデフレ経済であり大戦の原因とは真逆の存在だ。少なくとも日本は大戦の原因たり得ない以上、平和に貢献していると言える。
俺だって大戦はごめんだよ?だが来てしまう物は仕方がないわけで了簡として備えがあるのは当然だろう。まあ俺が考えるまでも無く日本は勝つ。経済は実のところえらく戦争向きで、同盟国はアメリカ。日本の海軍力も弱くは無いので同盟の足を引っ張ることもあるまい。資源の備蓄はレアメタルに至るまで潤沢で輸送網も豊富。戦中の反省は多分に活かされている。であるなら勝った後のことだけ考えときゃよろしい。平和の維持に反省があるなら良い戦後秩序も作れよう。
338.名無しさん:2019年06月08日 02:36 ID:DD0s9UF10▼このコメントに返信
>>322
その分他の国と比べて社会保障もらってるじゃん
でも最近の税制は面白くないよね
339.名無しさん:2019年06月08日 02:37 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※334
侵略なんかしていない
言いがかりは辞めろ
中国を侵略したのは日本だろ
何が満州国だ
他国の領土を奪う侵略者め
340.名無しさん:2019年06月08日 02:37 ID:gvbr50sM0▼このコメントに返信
意味はさほどない。極地の空戦で勝っても戦局に影響なかったように
341.名無しさん:2019年06月08日 02:38 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※333
戦争を起こされるようなことをする日本が悪いんだろ
342.名無しさん:2019年06月08日 02:38 ID:gvbr50sM0▼このコメントに返信
>>1
時期違うじゃん。分かってないなw
343.名無しさん:2019年06月08日 02:40 ID:8oIMmX200▼このコメントに返信
※339
おや?中共の侵略はスルーかい?チベット・ウイグルはどうした?

日本がかつて侵略しなかったとは言わないが、現在中共が侵略してるのは否定できないぞ。
344.名無しさん:2019年06月08日 02:41 ID:ckc8Q8aE0▼このコメントに返信
>>39
年金問題と同じで、無条件降伏を受諾するまでは破綻してないからな。
345.名無しさん:2019年06月08日 02:41 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※1
ネットウヨク特有の時系列滅茶苦茶論
346.名無しさん:2019年06月08日 02:41 ID:Cgu9o.aN0▼このコメントに返信
※341
おいおい、侵略が悪なら中共は極悪国家だぞ。
347.名無しさん:2019年06月08日 02:41 ID:gvbr50sM0▼このコメントに返信
>>38
若者の命使うとかクソすぎwさっさと降参しりゃ良かった
348.名無しさん:2019年06月08日 02:41 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※335
太平洋艦隊まともに整備できる所は日本以外にあるの?それに地位協定は他の比べて明らかに不利でしょ。。思いやり予算でアメリカに払ってる額とか知ってるの?それも他の国と比べてよ。。。こういう輩も日本から出ていかないかな。。自分はまともだと思ってんだろ。。。
なんで大して知らないのに、書いちゃうのかなっていつも思う
349.名無しさん:2019年06月08日 02:42 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※343
チベットウィグルは清の領土だ
真の後継国となった中国の正当なる領土だ
350.名無しさん:2019年06月08日 02:45 ID:gvbr50sM0▼このコメントに返信
>>83
仲間に死傷者が増えるのにうんざりしたことをやばいと思われてると考えてるのが哀れ
351.名無しさん:2019年06月08日 02:46 ID:gvbr50sM0▼このコメントに返信
>>93
スワプやサガトラは正規空母か?
352.名無しさん:2019年06月08日 02:46 ID:EFiCAF2Y0▼このコメントに返信
>>348
何が言いたいのかよくわからんけど
その太平洋艦隊が必要なのはそもそもレッドチームがいるからだろ
だからこそアメリカにとって日本は絶対に抑えておきたい要所な訳で
353.名無しさん:2019年06月08日 02:46 ID:gvbr50sM0▼このコメントに返信
>>351
サラトガだったわ
354.名無しさん:2019年06月08日 02:47 ID:gvbr50sM0▼このコメントに返信
>>95

離島から空爆してたんだから都市空爆へと遅延効果は考えられん
355.名無しさん:2019年06月08日 02:48 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※349
独立していたのを侵略したね。
356.名無しさん:2019年06月08日 02:49 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※352
明らかに独イに比べて不利な地位協定があるんだから、破格の待遇でもないし、なんで設備を使わせてやってるのにアメリカに感謝するの?
357.名無しさん:2019年06月08日 02:49 ID:U76bSaxI0▼このコメントに返信
特攻隊での戦死者より
その攻撃を受けた米軍の戦死傷の方が多いと言う事実は米軍内でもトップシークレットだったらしい。(艦船を沈められなくても)
なお、万歳突撃に至っては…。
358.名無しさん:2019年06月08日 02:50 ID:d.7WiJdv0▼このコメントに返信
釣りなのか何なのかわからんけど、左巻きのやベー奴がいるな
実際中国や朝鮮やロシアの人間ってこういう思考回路だから永遠にわかり合えない
359.名無しさん:2019年06月08日 02:50 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※352
まじで聞きたいんだけど、、北朝鮮に日本人が拉致された時、、アメリカはね、公表するなと圧力かけて来たんだからな。。
で、君はアメリカの事をどう思う?
360.名無しさん:2019年06月08日 02:50 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
※335
ロシアはともかく、中共と北朝鮮ってのは戦後の話。
むしろ日本を敵としたアメリカが作り出した脅威で自業自得。
功罪は色々あるけど、東条英機の遺書見たことありますか?

真珠湾が醜聞?アメリカってか近代戦争で他国が宣戦布告して始めた戦争ってあるのか調べたことある?
真珠湾の戦争記念館で日本が批判されてるの見たことある??
なんで真珠湾に空母がいなかったか調べたことある???

あと英霊を犬死言うのやめれ。
特攻隊だけではないが、貴方が仰るとおり「やべーやつらだと印象づけた」ことがどれだけ大きいかを少
し調べてもらいたい。

私は、戦争や当時の作戦、戦争に至った経緯を肯定している訳ではない。
顔も見たことも無い私たち子孫を護るために散っていった英霊を冒涜するなと言いたいだけだ。

361.名無しさん:2019年06月08日 02:51 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
>>349
いや、その理論は中華皇帝のものであって、中国共産党の物じやないだろ。
だいたい中華人民共和国のどこが中華の国名だよ。
中華の国名なら漢字一文字だろうが。
362.名無しさん:2019年06月08日 02:51 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※351
れっきとした正規空母だろその二隻。疑問を挟む余地なんか無いぞ。
363.名無しさん:2019年06月08日 02:51 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※355
正当な独立ではなかった
清と国連に認められて初めて正当な独立国と言える
中国は国連に加入し、清を降伏させた
チベッチウィグルは何をした?
地元を武力制圧して勝手に独立を宣言しただけ
まるで海賊だ
364.名無しさん:2019年06月08日 02:53 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
※341
もう無茶苦茶ですやん・・・
365.名無しさん:2019年06月08日 02:55 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※361
中国人民が清を降伏させた
これが何よりも後継国である証拠
国名など言いがかりに過ぎない
366.:2019年06月08日 02:56 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
367.名無しさん:2019年06月08日 02:57 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※363
疑問がいくつか。

>清と国連に認められて初めて正当な独立国と言える
これの根拠は?

>中国は国連に加入し、清を降伏させた
いつの話?

チベッチって何?

>地元を武力制圧して勝手に独立を宣言しただけ、まるで海賊だ
つまり現在他国を武力で荒らし回っている中共は海賊国家か?まあそうだけど。
368.名無しさん:2019年06月08日 02:58 ID:d.7WiJdv0▼このコメントに返信
>>356
なんで設備を使わせるかっていうと、それは日本にとっても大きな得になるからだよ
世界最強のアメリカ軍が常駐してるって事実が中露相手にどれだけの牽制になってることか
だからこそ連中は大量のスパイ送り込んで米軍基地関連のゴタゴタを起こそうとしてる
369.名無しさん:2019年06月08日 02:59 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※365
中国では勝った奴が正統だもんね。天皇という不動の王者がいる日本と違って、覇者がコロコロ変わるのが中国。
370.名無しさん:2019年06月08日 03:00 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※366
国連が無かったら日本はどうやって国連を脱退したんだ?
371.名無しさん:2019年06月08日 03:01 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※369
不動の王者(実権無し)
372.名無しさん:2019年06月08日 03:03 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
>>365
えっでも打倒したのは中華民国じゃないですか?
373.名無しさん:2019年06月08日 03:04 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※367
まず清の後継国になるには清の許可が必要
これは当然の理屈
そして、国連の許可は国際社会の秩序のために必要
現在の国際秩序は国連が担っている
したがって国連の許可を受けることが望ましい

中国は武力で他国を荒らしたりしていない
具体的に何をやったか説明してみろ
374.名無しさん:2019年06月08日 03:05 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※370
※366の人が言いたいのは、1920年に発足した国連と1912年に滅亡した清が降伏した事の因果関係だろ。

なんで1920年発足の国連が清の降伏(1912年)に関与してるの?
375.名無しさん:2019年06月08日 03:05 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
寝るけど、、ほんとに、アメリカ君酷すぎるよねwイラクに自衛隊派遣してるんやで。。
その結果日本がイスラムに対して十字軍に参加したと、認知され、日本人 人質の扱いが明確に悪くなって、最近だと、TPPだろww
それを、やったりしたりしたのに、破格の待遇どうこうだもん。。。どんだけだよと思うわ。。こういう輩がいるから その思想的なある種の健全さで、左翼は日本でなくならない訳だ。。。ほんとトンデモ   立派な愛国者様だわ
376.名無しさん:2019年06月08日 03:06 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
※370
国際連盟は1920年に発足なんだが
辛亥革命で清が滅亡したのいつだと思ってんだ?
377.名無しさん:2019年06月08日 03:07 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※372
中国共産党も中華民国を名乗っていた
中華民国は多数の政党や軍閥や義勇軍が参加していた
当然それに中国共産党も参加している
378.名無しさん:2019年06月08日 03:08 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※376
国際連合と言うものが既に存在していた
これを国連と呼ぶ
そして、日本がここから脱退したことを国連脱退と呼ぶ
379.名無しさん:2019年06月08日 03:08 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※368
お前が、言った事は、間違いだったと認知してね。。。じゃないと君マジで頭が悪いし 話にならない 
自覚しなさい  
380.名無しさん:2019年06月08日 03:09 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※373
質問に答えてない。

>中国は国連に加入し、清を降伏させた
いつの話?

>清の後継国になるには清の許可が必要
中共って中華民国の許可もらったのか?

>具体的に何をやったか説明してみろ
他国で基地作ってるやん。日本領海のサンゴとかも乱獲してるし。まさに海賊。
381.名無しさん:2019年06月08日 03:10 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※374
だからそれとこれとは別の話よ
清の降伏は清の降伏
国連への加盟は国連への加盟
別々に両方取得しなければならない
順番や時期は関係ない
382.名無しさん:2019年06月08日 03:10 ID:HUnka7T30▼このコメントに返信
※43
一度でもいいから遊就館いってみろ。
383.名無しさん:2019年06月08日 03:12 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※380
サンゴについては悲しい事件だった
あれは底辺どもが勝手にやった事だから仕方がない
国は何も悪くない
基地を作って何が悪い
他国に基地を作ってはいけない決まりでもあるのか?
ならば米軍基地を追い出さないとな
384.名無しさん:2019年06月08日 03:12 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※378
>国際連合と言うものが既に存在していた
アホだ。
385.名無しさん:2019年06月08日 03:13 ID:BABW4.ZO0▼このコメントに返信
マジで脳内ヒストリー前提のやべー奴がいるな…
しかも面白くもないし
386.名無しさん:2019年06月08日 03:14 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
>>377
ほら清の後継じゃないじゃない。
中華民国の後継じゃないか。それもまだ中華民国あるけどさ.
387.名無しさん:2019年06月08日 03:14 ID:U76bSaxI0▼このコメントに返信
飛ぶのがやっとの技量で、攻撃される前に発見され、紙のような装甲と鈍足な飛行機、目前には雲霞の如くの敵機、それを切り抜けても艦隊防御のピケットライン、vt信管銃弾の雨あられ。
情けないのが、後の研究で飛行機の突入速度では、抱いた爆弾が艦船の装甲を貫けないと聞いたときは涙がでてきましたね。
388.名無しさん:2019年06月08日 03:16 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※383
>他国に基地を作ってはいけない決まりでもあるのか?
>ならば米軍基地を追い出さないとな
米軍基地は存在できる法的根拠があるが、中共のにはない。

>国は何も悪くない
笑えるな。
389.名無しさん:2019年06月08日 03:17 ID:EFiCAF2Y0▼このコメントに返信
>>360
アメリカやイギリスやオーストラリアみたいなアングロ主要国だとパールハーバーは原爆投下に匹敵する悪行と考えられてるよ
明らかな国際法違反である原爆投下を咎められた時の為の反論として無理やり引っ張り出してる感は否めないが、ともあれ「卑怯な騙し討ち」という認識が広まってるのはどうしようもない事実

私たちの子孫を護るために戦ったというが、大半は戦いたくもないのに赤紙で強制的に連れてこられた人ばっかりでしょ(そういう人達が実際に戦地でどういう心情だったかは知るよしもないが)
もし日本が1943年の本格的な戦局悪化から大して抵抗もせずにあっさり敗戦になったらどういう結末になったと思う?
想像することしかできないが、天皇制を維持したまま軍解体という結末は変わらなかったと思う
そして、これも結果論だが、本土があそこまで空襲でメチャクチャにされることも原爆投下もたぶんなかったと思う
あの戦争で日本があそこまで粘った事によって得たものと言えば、超ド級反日のルーズベルトが死ぬことで彼に戦後の日本の処理をさせなかった事くらいじゃないか
390.名無しさん:2019年06月08日 03:18 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※371
それでいいんだよ。日本は権威と権力が分離していたおかげで天皇が今まで続いてる。
391.名無しさん:2019年06月08日 03:24 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※388
おtt-
急に日本国内の事情について話し始めましたね
他国の基地って南沙諸島の事を言ってるんだと思うけど南沙諸島って日本の領土なの?
他国の領土に文句言わないでほしいな
392.名無しさん:2019年06月08日 03:24 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※389
これも、反論になってないわww横やり入れるけどw返信に、自説を言い出す奴って、知的障碍者か何かなの?
393.名無しさん:2019年06月08日 03:29 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※391
>他国の領土に文句言わないでほしいな
それなら、中共や韓国は沖縄の問題に介入しないで欲しいな。沖縄は日本領土だからね。

>他国の基地って南沙諸島の事を言ってるんだと思うけど南沙諸島って日本の領土なの?
話逸らしたけど、中共が他国に基地を造った事は認めたね。
394.名無しさん:2019年06月08日 03:30 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
文盲が、政治を語りだす、ほんとに怖いよな
395.名無しさん:2019年06月08日 03:32 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
はぁーー英語教育より、国語教育やろ。。。なんやん 驚くわ
396.名無しさん:2019年06月08日 03:34 ID:d.7WiJdv0▼このコメントに返信
筋金入りのパヨクなのか、共産主義に洗脳された哀れな特亜人なのか知らんが
ものすごく芳ばしい奴がいるな
397.名無しさん:2019年06月08日 03:36 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※393
口出してねーから
全部おまえらの被害妄想なんだよ
沖縄県民が米軍撤退と安倍の退陣を望んでいるんだ
398.名無しさん:2019年06月08日 03:39 ID:EFiCAF2Y0▼このコメントに返信
>>392
ここに書かれてるコメントで自説でないものがあるのか?
あと、やたらwを多用したり口汚い言葉を使うのは頭悪そうに見えるからやめた方がいい
399.名無しさん:2019年06月08日 03:40 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
馬鹿だから、物事を単純化させないと脳みそ足りないからだろ。。。でレッドチーームwww日本陸軍と毛沢東はどうなんだ?レンドリース法はどうなんだ?中ソ対立は、どうなんだ? はぁーーーで自分が 馬鹿って認められないから、、やたらの長文だもんなw
400.名無しさん:2019年06月08日 03:42 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※397
>全部おまえらの被害妄想なんだよ
手を出してない根拠は?反基地活動に中韓が絡んでるのは調べれば分かるぞ。

>沖縄県民が米軍撤退と安倍の退陣を望んでいるんだ
なんでそんな事が分かるんだ?
401.名無しさん:2019年06月08日 03:42 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※398
貴方ね、認知を間違いを肯定して文章書いてるでしょ?そんな事を肯定していたら意思疎通だとか返信とかできなくなるからね。
破格の待遇国賊君

402.名無しさん:2019年06月08日 03:45 ID:d.7WiJdv0▼このコメントに返信
かつて日本が中国を侵略しようとした事はもちろん事実
が、それが今の中国の行動を正当化していい理由にはならないし、天安門の件なんかでもあからさまな自由主義に対する言論統制強いてる中国はどっからどう見てもまともな国には見えない
403.名無しさん:2019年06月08日 03:45 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
アメリカ下郎が、いるせいで、左翼がやってる事は、立派な愛国活動になってる事は、気づかないんだろうね。、。
本質的に、左翼に反射してるからだろうね。その後は、何も考えてない
404.名無しさん:2019年06月08日 03:47 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※397
それはそうと、※378の
>国際連合と言うものが既に存在していた
>これを国連と呼ぶ
>そして、日本がここから脱退したことを国連脱退と呼ぶ

これを訂正する気はないのか。こんなくだらない事で笑ったのは久しぶりだよ。
405.名無しさん:2019年06月08日 03:47 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※398
俺の事を、馬鹿で構わないけど、、頼むから他の日本人を 結果的に中傷するような事を書かないで貰っていい。。。
なんで、君みたいなのが、日本にいるの。。。。。アメリカにでもどこにでもいけばいいじゃん。。。
406.名無しさん:2019年06月08日 03:50 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※403
>左翼がやってる事は、立派な愛国活動になってる事は、気づかないんだろうね。、。
貴方は特定野党が愛国政党だとでも言うのかい?
407.名無しさん:2019年06月08日 03:50 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
>>403
思想の違いはあれど、左翼も右翼も愛国者だよ。
でも共産主義者は、国家の垣根が無くなることを理想とするから、絶対にどう転んでも愛国者ではないんだな。
408.名無しさん:2019年06月08日 03:51 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※404
訂正する要素があるか?
全くの正論でわずかな落ち度も無いと思うんだが
409.名無しさん:2019年06月08日 03:54 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
真面目な話にするけど、左翼とか、素朴な郷土愛を拠り所にしてるから、それが結果的に立派な愛国運動になるのよ。。でもね。ぶっ壊れは違うからね。左翼の反射だけ(人生がうまくいってないから何かを見下さいとやって行けない。それが時には日本にすらなり得る、基本的に知的弱者) こんな連中は、何も生み出さない所か、、結果的に沖縄のように地域を混乱させ、シ、ナの占領に向けての言説を振りまくw。沖縄はアメリカ領にするだとかねwwほんとにこういう左翼より、、、、後者の方が日本の 癌
410.名無しさん:2019年06月08日 03:55 ID:d.7WiJdv0▼このコメントに返信
そもそも左翼ってそれぞれ形は違えど基本的には共産主義のシンパでしょ
全ての人(動物も)に平等に権利を与えて理想のユートピアを作ろう!そのために邪悪な体制派と闘おう!
みたいな
だからLGBTやヴィーガンなんかも突き詰めれば共産主義思想に行き着く
411.名無しさん:2019年06月08日 03:55 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※405
クソをクソと言うのは中傷ではない
正論だ
日本人は愚かだ
それを自覚しなければ現実を見ていないという事であり間違いを犯す
412.名無しさん:2019年06月08日 03:56 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
>>408
しゃーないな。
日本は国際「連盟」の発足時の常任理事国だ。
413.名無しさん:2019年06月08日 03:57 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※408
※376
国際連盟は1920年に発足なんだが、辛亥革命で清が滅亡したのいつだと思ってんだ?

※378
国際連合と言うものが既に存在していた
これを国連と呼ぶ
そして、日本がここから脱退したことを国連脱退と呼ぶ

①国際連合発足は何年?アンタの頭の中では「既に存在していた」んだから分かるよな?
②日本はいつ国際連合を脱退したんだ?
414.名無しさん:2019年06月08日 03:58 ID:u3.HFVXf0▼このコメントに返信
※411
君は、煽りでしょw、俺は、もう寝るね  複数に絡まれると疲れるから寝て逃げますw
415.名無しさん:2019年06月08日 04:00 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※411
じゃあ韓国をクソと言うのもセーフだな。「クソをクソと言うのは中傷ではない」「正論だ」からね。
416.名無しさん:2019年06月08日 04:00 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
戦前の日本は右翼国家だった
自国の事ばかりを考え世界を敵に回し滅亡した
これを反省して日本は利益の全てを世界に分配しなければならない
世界が豊かになる事によって日本も豊かになるし
日本が全ての利益を世界に分配するなら他国が日本を侵略する理由など何もない
右翼こそが日本を滅亡させた原因であり再び滅ぼす
417.名無しさん:2019年06月08日 04:01 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※416
※413の質問に答えろよ。
418.名無しさん:2019年06月08日 04:02 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※415
韓国がクソならば日本はクソにたかるハエみたいなものですな
419.名無しさん:2019年06月08日 04:05 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※418
韓国がクソなのは認めるんだな。まあその親分の中共もアレなのは変わらんが。
420.名無しさん:2019年06月08日 04:11 ID:Q35g2qVs0▼このコメントに返信
>>416
いや滅亡してないから。
それがどれだけ屈辱的かは別にして、国体は維持しているから。
そして経験国としては、中国に侵略行為はお止めなさいと、ご注進申し上げたい。
421.名無しさん:2019年06月08日 04:12 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※419
日本文化も知らずに愛国心を持っているつもりか
右翼は無知ばかりだ
無知だから全てが妄想でしかない
知識が無さすぎる
422.名無しさん:2019年06月08日 04:15 ID:Nyd0qr8.0▼このコメントに返信
※421
無知じゃないなら※413の質問に答えろよ。
国際連合が戦前からあったとかいう奴に「無知だから全てが妄想でしかない」「知識が無さすぎる 」とか言われたくないんだが。
423.名無しさん:2019年06月08日 04:22 ID:JOebSnAu0▼このコメントに返信
特攻隊はみな韓国人で編成されていた!日本軍政府は一発逆転を狙って「きたれ!勇者たち!」と特攻隊員を募集したが、まったく集まらない。そこで憲兵や特攻警察を使って韓国人をさらって集めた!特攻隊にされた韓国人は日本なんかのためにではなく、韓国の独立を信じて戦ったのだ!
424.名無しさん:2019年06月08日 04:42 ID:.c8ud6Sx0▼このコメントに返信
残念だけど、特攻隊の存在有無は、戦争の結果とも今の平和とも無関係。
425.名無しさん:2019年06月08日 04:50 ID:aP2QErLp0▼このコメントに返信
あんな戦い方をする必要は無かったな
唯、侵略では無かった事の照明には成る
自分が死ぬ戦い方は侵略では有り得ないからね
426.名無しさん:2019年06月08日 04:59 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※422
国際連合はあったぞ
戦前に日本が国連脱退したのは有名だ
ネットで検索しただけでも事実なのがわかるぞ
427.名無しさん:2019年06月08日 05:22 ID:Y5tqM.cP0▼このコメントに返信
これ、プロパガンダだよ!定期的に、特攻隊をディスるスレ立てる!
かならず、特攻隊は無駄死にだったという論調で、読者に同意を求める!
このサイト、パヨクか、在日が、やってんだろ!
こういう恥知らずなことを、平気でやるのが、パヨクと在日!
428.名無しさん:2019年06月08日 05:25 ID:upEeBjeh0▼このコメントに返信
ただただ国によって、前途有望な尊い若者達の命が奪われたという事実があるだけで、それ以上の意味も価値も無いのが実情やね。
感傷的になるのも憚られるほどの狂気であり、悲劇でしかない。
429.名無しさん:2019年06月08日 05:26 ID:ESN7AreC0▼このコメントに返信
もう負けが込んできたときには、軍上層部では「一人戦死で船一隻沈められるならコスパ最強」みたいなゲームやってる感覚だったんじゃないかな?
なんかのドキュメンタリーでも、とにかく人数突っ込ませて数千~数万の「損害」で目標とした都市を落とせる!みたいに作戦立てて、実際にはその都市に到着するまでの道が厳し過ぎて飢餓や病気で想定していた数の兵を投入できなかった、なんてやってたし。
430.名無しさん:2019年06月08日 05:50 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※429
現代の日本人は欧米から思想を犯され過ぎていて戦時中の日本人の気持ちが理解できないんだ
戦時中は日本国民全員が天皇の為に生きて全てを尽くすのが当たり前だったんだ
作戦を指揮したものも心から日本国民を全員犠牲にしても日本が勝って天皇が喜べばそれでいいと本気で信じてた
431.名無しさん:2019年06月08日 05:52 ID:v8OBQZCt0▼このコメントに返信
元特攻隊員の内村健一
432.名無しさん:2019年06月08日 06:06 ID:cVvtLtWh0▼このコメントに返信
何らかの例えば米軍の沖縄上陸阻止やソ連の参戦阻止といった目標を達成するのに役立ったのなら
特攻に意味があったと認定できる
目標達成に役立たなかったのなら意味は無かったと認定せざるを得ない

※427
特攻という戦法作戦への批判は特攻隊員への非難ではない
それを混同するのは特攻とそれを立案実施した軍上層部に
特攻隊員を隠れ蓑して批判をかわすことを許すことになる
やっていいこと許されることのけじめが付かなくなる
433.名無しさん:2019年06月08日 06:06 ID:5ZwXEbkh0▼このコメントに返信
さすがに無知すぎる。
1944年8月、時の政府はデフォルト(債務不履行)により信用が低下したことにより、戦債発行等による資金調達が著しく困難になり、魚雷などの消耗品の生産が滞ってしまった。そこで考え出されたのが特攻なんであって、精神の発露として特攻しろなんつってた上官・上層部は万死に値する。
経済破綻してんだから、戦争やめなきゃいけなかったのに、史上最高の愚策で無駄死にさせたんだよ。
434.名無しさん:2019年06月08日 06:07 ID:JuvDOOI60▼このコメントに返信
※1
VT信管だよ

VT信管が出来たのは特攻隊云々ではないよ
435.名無しさん:2019年06月08日 06:08 ID:5ZwXEbkh0▼このコメントに返信
>>429
それ、インパール作戦のやつだね。
436.名無しさん:2019年06月08日 06:16 ID:JuvDOOI60▼このコメントに返信
※3

市丸中将の手紙を読んでみろ。
黄色人種が如何に人間として
みられてなかったかというのが
よくわかる。

そもそも日本が開戦して戦争には
負けたけど結果的にアジアから
白人の植民地がなくなったのは
事実なんだし。
実際これまで奴隷として植民地から
摂取しまくって栄華を極めてた
欧州の国々は今悲惨な状態じゃないか
437.名無しさん:2019年06月08日 06:19 ID:z.Pe3b0y0▼このコメントに返信
>>151
「組織的に」「大規模」と書いてあるのが読めないのか?
お前の書いた国の軍が全軍あげて自殺攻撃なんてしていたか?
あと自殺的攻撃と自殺攻撃は全然違うからな。
438.名無しさん:2019年06月08日 06:39 ID:JuvDOOI60▼このコメントに返信
※17

無知な人間が安易に書き込むなよ。
嘘を垂れ流してるあちらの人間なの?
439.名無しさん:2019年06月08日 06:44 ID:JuvDOOI60▼このコメントに返信
※44
お前が一番野蛮
ウザイから書き込むなよ。
440.名無しさん:2019年06月08日 06:52 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※439
言論弾圧して戦争を美化する
その先に何がある
何が目的だ
自分と大日本帝国を重ねて快楽を得ているのか
全てが意味不明だ
わかるように説明できないのならば
どうしようもない
おまえの人生は
441.名無しさん:2019年06月08日 06:53 ID:JuvDOOI60▼このコメントに返信
※100
全く違うと思うのですが。
そういう考え自体
白人第一主義と一緒
明治以降の正しい史実を勉強しなよ
442.名無しさん:2019年06月08日 06:56 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※441
あいかわらず意味不明
説明しないのならば誰も理解も賛同もしないぞ
443.名無しさん:2019年06月08日 06:58 ID:hwppFIK00▼このコメントに返信
>>347
特攻を崇める訳ではないけど、同じ負けるにしても嘗められてるかそうでないかは大きな違いなんだよ

勝てる気がしないからと無抵抗で言いなりになってると、苛めもどんどんエスカレートする
「こいつやべぇ」と思われたり一目置かれてたりすると扱いが全然違う

あと、戦力にならん奴がただ無駄死にするのに比べれば、たとえ当たってなくても敵に特攻する方が効果は段違いではあるよ
444.名無しさん:2019年06月08日 07:01 ID:K2FPmTZh0▼このコメントに返信
※426
 当時日本が脱退したのは1920年設立の「国際連盟」。
 その後太平洋戦争があり、その時の連合国を下地に国際連盟を継承する形で1945年につくられたのが現在の「国際連合」。
 そして、「国際連盟」より前に同種の組織は無い。
 こんなの日本人なら義務教育レベルの常識だし、ネットで検索しても同じ結論しかないぞ。
445.名無しさん:2019年06月08日 07:02 ID:oHuUq.3F0▼このコメントに返信
※443
戦力が残ってる国
戦力を失った国
なめられるのはどちら?
446.名無しさん:2019年06月08日 07:07 ID:8RBu5bpH0▼このコメントに返信
>>3
無知過ぎて話にならないぞwww
447.名無しさん:2019年06月08日 07:09 ID:hwppFIK00▼このコメントに返信
>>50
戦争をヤンキーの抗争ぐらいに思ってないか?
今も中国はミャンマーで酷い事したり、縄張りを広く主張したり、勝手に基地作ったりしてるし、北朝鮮は隙あらばミサイル作って撃ってくる
イスラムの過激派は世界中でテロってる

話し合いだけで納得して貰えるほど世の中平和じゃないんだよ
448.名無しさん:2019年06月08日 07:09 ID:TO2mkz.c0▼このコメントに返信
特攻隊がなかった場合
・天皇陛下はすでにいない
・日本はアメリカの州
・日本語は消滅
・もっとあからさまな植民地

特攻隊の方々の命と引き換えに日本は今ある程度の国体を保つことができている

だが現在の日本はアメリカの植民地ではないかというと、それを完全に否定することは出来ない
449.名無しさん:2019年06月08日 07:15 ID:V4VlhgwJ0▼このコメントに返信
特攻は、例えばミツバチがスズメバチを撃退するのと同じ意味があると思う。
450.名無しさん:2019年06月08日 07:20 ID:JuvDOOI60▼このコメントに返信
※440
>>44 の内容の説明だ
当時の日本の事を語るなら
当時の世界情勢を見る方が先だろう
野蛮な国だったのは
欧米の白人国家の方で
日本が野蛮な国なら
白人に植民地にされた国の人たちは
白人に対してどういう気持ちだったんだろうね
誰も特攻したくてしたわけでなく
その当時の欧米が黄色人種にやってた事を
みてれば自分の家族にも危害が及ぶのも
わかってた状況で自ら特攻を志願していったんではないの
451.:2019年06月08日 07:20 ID:JuvDOOI60▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
452.名無しさん:2019年06月08日 07:24 ID:AuX8vfUb0▼このコメントに返信
史上最大作戦も結局のところ単純な作戦だ。
ドイツ軍のトーチカの機関銃の弾がなくなれば勝利する。
1万人犠牲で、ドイツの防御力はゼロになる。
アメリカ中西部の長閑な街に一通の電報が、それを読んだ母は泣き崩れた。
息子は、上陸用舟艇から降りて、ほんの数秒は生きていたのだろう。
フランスの地で、白い十字架の下に眠る。
453.名無しさん:2019年06月08日 07:27 ID:K2FPmTZh0▼このコメントに返信
※445
1945年当時の米軍の予想だと、本土決戦やった場合、日本本土に温存されている兵力による特攻で甚大な被害が出るってなってるから、
まあ、なめられてはいない。
454.名無しさん:2019年06月08日 07:43 ID:jrKeBgxF0▼このコメントに返信
特攻と言う戦術 戦い方と戦死した兵達とは別に語らないと
誤解が誤解を生み変な方向に話が進むよ
其れが此のスレの狙いかも知れないけど
455.名無しさん:2019年06月08日 07:44 ID:KNufwSTG0▼このコメントに返信
過去に世界の戦争で早期に降伏した例がありますかね?

456.名無しさん:2019年06月08日 07:46 ID:9oe4oj5o0▼このコメントに返信
>>118: 名無しさん@おーぷん 19/06/04(火)22:20:42 ID:QDy
>日本人を追い詰めるとヤバいと思わせる事に成功

これは本当に大きかったね。
「ヤバい」と思わせた結果、
利益を生まない軍隊を手放すことができたし、
喉から手が出るほど欲しかったアメリカ市場を手に入れることもできたからね。
457.名無しさん:2019年06月08日 07:59 ID:nt2.Yf8u0▼このコメントに返信
>>410
違うよ左翼は保守の反対だからね
ゴリッゴリの資本主義者もリベラル左翼になりうる
458.名無しさん:2019年06月08日 08:06 ID:7ut5XFRX0▼このコメントに返信
※409
郷土愛の範囲が狭すぎる
459.名無しさん:2019年06月08日 08:07 ID:7ut5XFRX0▼このコメントに返信
※455
みんな早いよ
日本が基地外
460.名無しさん:2019年06月08日 08:15 ID:.eL9qyPo0▼このコメントに返信
そうかもしれないし、そうじゃないかもしれない。
でも色んな人の色んな行動を全部ひっくるめて今がある訳だから、散った命や気持ちが無駄だとは思いたくないね。
461.名無しさん:2019年06月08日 08:44 ID:mkVO0mBq0▼このコメントに返信
戦術的より戦略的に意味があった攻撃が特攻だと思うわ
特攻や玉砕のおかげで米軍に本土上陸をためらわせた面はあると思う
462.名無しさん:2019年06月08日 08:45 ID:TzvadBKd0▼このコメントに返信
>>103
非戦闘員に対しての無差別殺戮(テロ)と、対基地、対戦闘員に対する戦闘行為は同じ!?
463.名無しさん:2019年06月08日 08:56 ID:oMe72oVR0▼このコメントに返信
世界各地の自爆テロで精神は生きてるね
俺らくらいは反面教師にしてやらないとな
464.名無しさん:2019年06月08日 09:05 ID:UFEormCr0▼このコメントに返信
いや、3は在日だから相手するな
465.名無しさん:2019年06月08日 09:12 ID:uHmjn9E10▼このコメントに返信
※459
WW1ではクリスマスまでには終わるはずなのに4年近くも戦争をやってその20年後に懲りずにまた同じくらいの長さの戦争やっている連中のどのあたりが早いので?忘却とかですかね?

それをふまえればたかだか一回負けたぐらいで70年もグイグチ言っている日本は確かに基地外ですな。
466.名無しさん:2019年06月08日 09:16 ID:uHmjn9E10▼このコメントに返信
※462
しかも日本軍の場合は曲がりなりにも正規兵による軍事目的とした攻撃なのに対して、テロの場合はただの犯罪者の無差別殺戮。

これが同じに見えるのであれば戦争もテロも区別が付かないか、特攻や日本だかに対しては意図的につけない、でしょうね。
467.:2019年06月08日 09:19 ID:YuVTpXQR0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
468.名無しさん:2019年06月08日 09:27 ID:YuVTpXQR0▼このコメントに返信
※73
他でも書かれているが、特攻が効果的な作戦であったことは
紛れも無い事実、心情的には複雑だが。
VT信管信者がいるようだが、配備の状況からも戦果からも
それほど評価するほどのものでも無い。日本の機体の被害が
大きかったのは搭乗員の練度と米軍の戦闘管制と対空砲火の
密度によるもの。
ついでに書いておくが、原爆は降伏の原因では無い。
469.名無しさん:2019年06月08日 09:33 ID:uHmjn9E10▼このコメントに返信
※257
白善燁「日本統治時代の私のお仕事はそれらを取り締まることも含まれていたんだけど・・・その手の輩は見たことも聞いたこともない。せいぜいがそれらを騙った盗賊の類程度で」
470.名無しさん:2019年06月08日 09:42 ID:9ieePPNN0▼このコメントに返信
特攻が平和に結びついてるかどうかはわからんけど、自衛隊が福島原発にヘリコプターで放水している動画を見たロシア軍人が、「やっぱり、こいつら危機が起きたら普通に特攻してくるだろうな、気を付けないと。」ってコメントしてたみたいだよ。抑止力にはなってるね。
471.名無しさん:2019年06月08日 09:51 ID:xrb1V9Tn0▼このコメントに返信
効果的だとしても道義としては否定したいな
472.名無しさん:2019年06月08日 09:56 ID:TtFJj0iB0▼このコメントに返信
>>300
特攻した人を悪く言う人はいないと思うけど。

犬死にという言葉だって特攻した個人を蔑むニュアンスは無いでしょ。

外道な作戦の犠牲者として哀れむ気持ちだよ
473.名無しさん:2019年06月08日 10:02 ID:PcFuZ2.Y0▼このコメントに返信
天皇のため戦ったって・・・

ミッドウェーで沈んだ空母をまだ戦力として虚偽報告したり
玉音放送収録したら襲撃されてんですがそれは・・・
474.名無しさん:2019年06月08日 10:03 ID:HevI85wR0▼このコメントに返信
まぁ特攻隊が居たせいで徹底的に腑抜けにされたんだがな
475.名無しさん:2019年06月08日 10:04 ID:TtFJj0iB0▼このコメントに返信
>>448
天皇制を維持した理由を特攻に求めるのは無理でしょw

統治上そっちの方がメリットが大きいからで。

そもそも当時のフィリピン自体、独立させようとしていたアメリカが、日本を植民地にするメリットなんかナイナイ
どんだけ高く見積もってんだか



476.名無しさん:2019年06月08日 10:04 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
小野田少尉の「思い出の言葉」

あの穏やかなお人柄の亡き小野田元陸軍少尉が、たった一度だけ怒りを見せたことがあった。
無神経、不用意な取材記者の「戦死なさった彼らは可哀そうだったですね」と言ったのを聞いた時だ。

「戦地で戦い散って行った兵士達は、皆御国、家族、友人を守り、アジアの植民地を解放する為という大義を果たす為に、自らの命を終えた意義あるものと考えて散って行ったんだよ。 それを可哀そうと言われた段階で、彼 ら の 命 を 懸 け た 戦 い が 無 意 味 になる。二 度と可哀そうだ等と言ってくれるな。 ど う し て あ り が と う と 言 っ て く れ な い ん だ ?」 と言った。 

胸に迫る言葉だった。
477.名無しさん:2019年06月08日 10:08 ID:YuVTpXQR0▼このコメントに返信
※472
心情的にはコメントを控えるが、戦果が上がったのだから
特攻は犬死では無いよ、むしろ正攻法だったらマリアナの
ように戦果無く散っていった可能性が高い。これは犬死。
478.名無しさん:2019年06月08日 10:09 ID:B.ITx.GR0▼このコメントに返信
亡くなった人たちを想うことはあれど
このシステムを誇る気にはなれん
479.名無しさん:2019年06月08日 10:16 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
遺書
特攻隊の英霊に申す 善く戦いたり深謝す
最後の勝利を信じつつ肉弾として散花せり然れ共其の信念は遂に達成し得ざるに至れり、吾死を以って旧部下の英霊と其の遺族に謝せんとす

次に一般青壮年に告ぐ
我が死にして軽挙は利敵行為なるを思い 聖旨に副い奉り自重忍苦するの誡ともならば幸なり 隠忍するとも日本人たるの矜持を失う勿れ
諸士は国の宝なり 平時に処し猶お克く 特攻精神を堅持し 日本民族の福祉と 世界人類の和平の為 最善を尽せよ

海軍中将 大西瀧治朗 命
480.名無しさん:2019年06月08日 10:26 ID:oyuUXiW20▼このコメントに返信
>>467
はあ?日本人がふぬけだから韓国人に自爆攻撃を押しつけたんだろ?

481.名無しさん:2019年06月08日 10:37 ID:YuVTpXQR0▼このコメントに返信
※480
だ、か、ら、自爆攻撃などと出来る勇気も決意も
朝鮮民族には無いんだよ。民族的な卑怯者なんだよ
解れよ、自分の事を考えれば自明だろ。
482.名無しさん:2019年06月08日 10:43 ID:7ut5XFRX0▼このコメントに返信
※397
おきなわいがほとんどじゃない
483.名無しさん:2019年06月08日 10:47 ID:KKCaEYoA0▼このコメントに返信
>>347
降参が簡単に認められれば最初の一年程度で戦争は終わっていたよ。
484.名無しさん:2019年06月08日 10:50 ID:DFMnVhyz0▼このコメントに返信
特攻隊の頃はもう敗戦色濃厚なのに軍部の上の奴等の悪あがきの作戦だよ
特攻が絶大な戦果を上げてるのでは無く殆どがその前に撃ち落されるだけ
地上戦でも玉砕覚悟の万歳突撃で多少なり敵側に損害はあるものの日本軍は全滅
敵軍からすれば特攻と言うクレージーな作戦は考えられずまれに成功して戦艦の一部の損害を
目の当たりにして日本軍は狂ってると呆れさせた  特攻で戦局が変わる訳でも無い位にボロボロ
状態の日本軍には降伏しか無く日本大陸無差別爆撃と広島・長崎の原爆で更にボロボロで安全地帯に
能天気に居た軍部上層部もさすがに降伏した。
485.名無しさん:2019年06月08日 10:54 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※484
いつまで特攻が戦果を挙げられなかったなんてデマを撒き散らすのかね?
486.名無しさん:2019年06月08日 10:55 ID:YuVTpXQR0▼このコメントに返信
※484
あまりにマヌケでコメントしにくいんだが、取り敢えず
損害を与えたと言う戦艦の艦名を言ってみろよ。それと
空襲も原爆も降伏の原因じゃないからな、ちゃんと調べろ。
487.名無しさん:2019年06月08日 10:55 ID:UGpqNPFt0▼このコメントに返信
※481
安重根がおるやんけ
まあ自爆というより勘違いで伊藤博文を誤爆しちゃった
アホなテロリストだけど
488.名無しさん:2019年06月08日 10:57 ID:nSjxqjUA0▼このコメントに返信
>>7
そうなんだよな
日本全土が硫黄島や沖縄になる可能性をアメリカに知らしめたのは特攻隊のおかげでもある
489.名無しさん:2019年06月08日 10:58 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※486
戦艦なんて書いてる時点で君が軍事的無知なのは良くわかった。
490.名無しさん:2019年06月08日 10:58 ID:.ooD.An60▼このコメントに返信
>>16

 プロパガンダ=宣伝活動だからそりゃあ同じだなw

違う所は全て実話であり、本当に感謝されている事。

現地の人々にとって、日本の侵略は良い侵略だったのも事実だろ?

毛沢東が『感謝』してるんだぜw
491.名無しさん:2019年06月08日 10:59 ID:I4LUw8KZ0▼このコメントに返信
>>17
それGHQのウソだから
492.名無しさん:2019年06月08日 11:02 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
※484
それは事実と違う。事実は、世界最強の米軍でなければヤバかったというぐらいの物理的にも精神的にも大きなダメージを米軍に与えた。
大東亜戦争最終盤の沖縄戦はまるで米軍が負けたかのような論調で米国の公式レポートに記されており、特攻についても「このうえなく有効で、身の毛もよだつほど恐ろしい」と記されている。で、実際に米軍は日本軍人による猛烈な攻撃により、物理的ダメージのみならず、精神疾患罹患率が50%以上にも上るなど精神的にもギリギリまで追い詰められ、こういう心理的影響は単に兵士や艦長程度の現場指揮官に留まらず、米海軍の首脳陣にも及んでおり、 米軍の沖縄攻略部隊司令官スプルアンス提督も特攻によるあまりの米海軍の大損害に、精神的におかしくなり司令を更迭され、 第58任務部隊(米空母機動部隊)司令官ミッチャー大将は2回も旗艦に特攻され部下の幕僚の殆どを失い、その心労で体調を崩し、175cmの身長に対し45キロの体重という激ヤセしてしまい、戦後まもなく心臓発作で死んでいる。
493.名無しさん:2019年06月08日 11:05 ID:eWOp8DjV0▼このコメントに返信
米海軍ベイツ中佐
「日本の空軍が頑強であることは予め知っていたけれども、こんなに頑強だとは思わなかった。
日本の奴らに、神風特攻隊がこのように多くの人々を殺し、多くの艦艇を撃破していることを寸時も考えさせてはならない。
だから、われわれは艦が神風機の攻撃を受けても、航行できるかぎり現場に留まって、日本人にその効果を知らせてはならない!」
494.名無しさん:2019年06月08日 11:06 ID:KIi35bDx0▼このコメントに返信
特攻隊の日本人男性に恐れをなしたアメリカは、直接日本人女性を強奪する占領政策を諦めて、朝鮮進駐軍や少子化戦略を使った回りくどい日本人絶滅作戦をせざるを得なかった。
特攻隊が無かったら、中国共産党のチベット政策や満州政策のように、日本人の男の子孫を直接絶滅させる占領政策をとっていた。
国家どうしの戦争が、男の遺伝子の生存合戦だと全く理解してない日本人男性が多すぎるのも、戦後教育の成果なんだろうな。
495.名無しさん:2019年06月08日 11:11 ID:YuVTpXQR0▼このコメントに返信
※489
イヤイヤイヤ、誤爆は勘弁してくれ。特攻で戦艦が損害を受けたと
書いてるのは*484で、俺は間違いを指摘してるんだが。
496.名無しさん:2019年06月08日 11:12 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※495
おっとすまんな
497.名無しさん:2019年06月08日 11:16 ID:ukikXDvM0▼このコメントに返信
一言でいえば無駄死で、後の自爆テロのはしりだろ。
特攻を考案した幹部は戦後も生き延びたらしいが、腹を切って詫びろと思ったわ。
498.:2019年06月08日 11:22 ID:YuVTpXQR0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
499.名無しさん:2019年06月08日 11:25 ID:YuVTpXQR0▼このコメントに返信
※497
戦果を挙げた作戦とテロとでは全く違う、わからないのかね。
特攻で戦死したのは無駄死にではないし、自爆テロは犯罪以下。
500.名無しさん:2019年06月08日 11:38 ID:gUaaEFP50▼このコメントに返信
>>48
お前は一回知覧の特攻会館に行って隊員達の遺書を読んで来い。
隊員達がどんな気持ちで散って行ったかに少しでも気づくだろう。
501.名無しさん:2019年06月08日 11:55 ID:7ut5XFRX0▼このコメントに返信
そら盗人にも三分の理ゆうもんな
502.名無しさん:2019年06月08日 12:29 ID:uHmjn9E10▼このコメントに返信
※473
まともに攻撃すらしていない戦艦を六回ほど沈めたり、それだけでは足りないので架空の戦艦まででっち上げて戦果の偽装した国が何だって?

しかも、それらが国内で早々にばれて、その後に戦果をあげても「自国よりも敵国のほうが信用できる」とまで言われているんですがね。
503.名無しさん:2019年06月08日 12:32 ID:wlYtUXVa0▼このコメントに返信
戦争に負けることは、特攻隊以前に決まっていたのは確かだ。
そして特攻隊があってもなくても、それ自体だけなら大勢に影響なかっただろう。
(日本の戦後処理がかなり温情的になったとかそういうのも含めて)

わかりやすくいえば、重い癌にかかった人が、じきに死ぬと分かっていて、
放射線治療や抗がん剤など痛くて苦しい治療を全力でやり続けたという美談に近いだろう。
何のためにそんな治療したかと考えると、家族のために
自分が死ぬわけにはいかないからうんぬんと内情がくみ取れる。
そういうガッツを最後まで見せてくれた親が居れば、
子供は明日を生きる活力をもらえるだろう。

アメリカが日本人を恐れたかどうかは、
サンフランシスコ平和条約などでかなり無理してまで
温情をかけているところからお察しだが、
(カイロ・ポツダム宣言では、沖縄竹島津島佐渡島千島などを取り上げると明記されていたが、
 アメリカがソ連と中国を切って日本に温情をかけ、後に安保もただ乗りさせた)
恐れた理由に「特攻隊」が含まれていたかどうかは不明。

だが、特攻隊をも生み出す日本人の意識全般を恐れたことは間違いない。
アメリカ人も、宇宙人とかに追い込まれれば特攻できるぽい思想の強度を持つことは、
インデペンデンスデイなど映画を見れば推察される。
504.名無しさん:2019年06月08日 12:35 ID:.ooD.An60▼このコメントに返信
>>497

 その思考、考案した幹部の代わりが務まる逸材!有益なる死とやらを是非ともご教授願いたい。
505.名無しさん:2019年06月08日 12:52 ID:K2FPmTZh0▼このコメントに返信
※486
※484には賛同しないが、それはそれとして、特攻は有効だった派の自分としては、特攻で戦死者が出た戦艦は8隻あるぞと一応指摘しておく。
コロラド・メリーランド・ニューメキシコ・カリフォルニア・ミシシッピ・ネバダ・ウエストバージニア・テネシー
506.名無しさん:2019年06月08日 12:59 ID:GymhzGkk0▼このコメントに返信
天皇陛下殺したら日本は一気に共産化してアメリカが潰れるまで戦争は続いただろうね
結果国はなくなるかもしれんがアメリカと刺し違えるという快挙は成し遂げられたかもしれん
507.名無しさん:2019年06月08日 12:59 ID:xZS6WZrX0▼このコメントに返信
早めに降伏して大したことないとアメリカとソ連に思われたイタリアが
実は日本やドイツよりひどい結果(国体解体&内戦激化長期化)になったこと知ると
同じ負けでも全然違うのだなとよくわかる
特攻せずに米軍の被害もっと少なかったら日本もしょぼい国やしょぼい民族と思われて
アメリカがソ連や中国にくれてやってたかもね
ちなみに今じゃ想像できないが国体解体前のイタリアは日本やドイツより格上扱いだった
それが今じゃねぇ
508.名無しさん:2019年06月08日 13:10 ID:7ut5XFRX0▼このコメントに返信
イタリアでスローライフもええよな
509.名無しさん:2019年06月08日 13:24 ID:UGpqNPFt0▼このコメントに返信
特攻してでも日本守るために戦おうとする民族だからこれだけ歴史が続いたんだろうな
今の中国や韓国なんて自分の国ヤバくなったら平気で捨てるだろ
それかロシアみたいに前の支配者倒して被害者面するか
結局そういう国って弾圧暴力独裁でしか国をまとめることができないから
国というか体制を守るために何万倍も本当に無駄死にする人間が出てくるんだよ
510.名無しさん:2019年06月08日 13:33 ID:PA77dDs50▼このコメントに返信
※329
クズ
511.名無しさん:2019年06月08日 14:59 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
特攻が有効な攻撃手段かと言えば微妙な所だが、特攻や玉砕、または硫黄島や沖縄の地下道を使ったゲリラ戦などの命を省みない兵士たちの戦いぶりによってアメリカ軍の本土上陸作戦を躊躇させるに至り、結果的に国体が破壊されず分割統治もされず国家として存続することが出来たのだから彼らの犠牲の上に今日があると言うのは過言ではない。

兵士に死を強要するような作戦を立案・実行した軍上層部の責任とは別の話。
512.名無しさん:2019年06月08日 15:07 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>3
ヒロイック史観ではなく客観的にアメリカ軍に本土上陸を躊躇させる主要因になったのは事実。
占領後マッカーサーも本国へのレポートに日本を苛烈に統治しようとすれば不服中の日本人がゲリラ化して占領政策に重大な支障が出ると書いている。
それだけ日本兵の命を省みない戦法が恐れられていたと言うこと。

また、他国に変わって侵略した、というのも認識がズレている。日本がやりたかったのは東アジアの独自の経済圏を構築して欧米列強に資源などを握られていて実質的に間接支配を受けている状態を脱する事。
513.名無しさん:2019年06月08日 15:15 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>4
アメリカ軍の構想としては本土に上陸して日本の国家そのものを破壊することまで考えていた。
しかし、日本兵の命を省みない戦い方に本土上陸作戦を敢行すればアメリカ軍の犠牲者数が膨大になると予想されたため本土上陸の前に終戦になった経緯がある。
また、占領後も日本人がゲリラ化して占領軍に犠牲者が出るのを恐れたため食料支援など懐柔策を取るに至った。
と言うわけで彼らの命がけの戦いが戦後日本の国体を守る事になり、我々は繁栄を享受出来たのだから特攻隊(だけじゃないけど)に感謝するのは的外れな事ではないよ。
514.名無しさん:2019年06月08日 15:23 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>8
奴らは殴れば大人しくなる、なのか、奴らは殺されると分かっているのに怯まず向かってくるという印象なのかでその後の戦争の方針が変化する。
結果的に日本本土上陸が割に合わないと思わせただけで充分意義がある。米軍の試算では上陸作戦を敢行した場合30万から120万の損失があると予想していたからな。
もしも日本本土が戦場になっていたら日本人の犠牲者数は爆発的に増えていただろうし史跡や街並みも完全に破壊されていただろう。君も俺も存在していなかったかも知れない。
感謝する根拠は充分にあるだろ?
515.名無しさん:2019年06月08日 15:26 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>13
その後に大いに影響がある。敗戦国のアジア人が国際社会でそれなりに名誉ある扱いを受けているのも日本人は勇敢に戦うという印象があるからだろ?
516.名無しさん:2019年06月08日 15:29 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>16
日本軍解放軍史観は確かに危険だが、日本兵の勇敢さを否定する左翼史観もおかしい。
517.名無しさん:2019年06月08日 15:36 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>48
あまりにも不勉強だぞ。彼らは洗脳された狂信者でも嫌々特攻を強いられた犠牲者でもない。特攻隊員の遺書読んで出直せ。少なくともお前の倍の知能があることは分かる。

無論特攻という作戦自体は人として許せないが、その作戦で亡くなった兵士を侮辱する事は同じくらいに許されないぞ。
518.名無しさん:2019年06月08日 15:45 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>21
お前自身が戦争からなにも教訓を引き出せていない。対局は変わったよ。本土上陸戦を敢行した場合の米軍死傷者の試算が10倍以上に跳ね上がった。
結果的に本土上陸作戦は見送られたんだから。

現代日本の経営者が労働者を消耗品のように扱う問題と特攻作戦のような現場の兵士の犠牲を前提とした作戦計画と共通点は確かにあるが、似ている部分がある事は必ずしも全体が同じであることを意味しない。

戦後の問題は日本人の価値観の中心が金銭に変化した事が大きい。
519.名無しさん:2019年06月08日 15:56 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>39
戦争は終わらせるのが難しいんだよ。特に負けてる方はな。戦後見苦しく逃げ切った指導者層の人間も確かにいるが、多くは腹を斬ってる。命が惜しい、首になるのが怖い、という奴は少数派だよ。
今の平和ボケOSだからさっさと降参しろなんて発想が出てくるが、ソ連邦のようにシベリアに抑留して八割死ぬような強制労働を日本人が強要されない確信なんてないんだぞ?
アメリカも女子供関係なく都市を絨毯爆撃したり、必要も無いのに核爆弾落としてくる連中だぞ?
無条件降伏なんて出来るわけがない。
だから降伏条件についての交渉は難航を極めたんだよ。なにしろアメリカとしては絶対勝てる戦争だから条件を緩めてやる理由がないからな。

最終的に昭和天皇が終戦を決定、結果的に日本人が大虐殺や強制労働させられたりはしなかったが、これも相当際どいギャンブルだよ。
520.名無しさん:2019年06月08日 16:05 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>44
美徳と思っているのは極右くらいだろ?
ペリリュー島にアメリカ太平洋艦隊司令官が戦後建立した石碑がある。碑文は英語と日本語で書かれている。
「諸国から訪れる旅人たちよ
この島を守るために日本軍人が
いかに勇敢な愛国心をもって戦い
そして玉砕したかを伝えられよ

米太平洋艦隊司令長官 C.W.ニミッツ」

これでも野蛮を証明しただけか?
祖国のために命を懸けて戦う軍人は敵味方に関わらず敬意を表されるのが通例だよ。
戦後、敗戦国の黄色人種の日本人が国際社会で名誉ある扱いを受ける事が出来たのも先人の勇敢さと犠牲があったからだ。

靖国神社で腹斬って詫びろ。
521.名無しさん:2019年06月08日 16:08 ID:.g2hAhzd0▼このコメントに返信
誰もそんなことは言っていない。突然、何十年間も聞いたことのない話をスレに上げるケースが多すぎる。
522.名無しさん:2019年06月08日 16:09 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>45
過労死は美化されてないだろ?そもそも国家のために命を捧げた人と、失職したくないから会社にいいように使われ人を同じと考えるのがおかしい。

523.名無しさん:2019年06月08日 16:13 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>47
戦前日本の仮想敵国はアメリカだったが、現在は世界最強のアメリカ軍と敵対する想定をする必要がないだけでも相当なイニシアチブだよな。
当面中国・ロシア・北朝鮮以外は無視してもいいわけだし、北朝鮮は完全な雑魚、ロシアは海上揚陸作戦出来るような戦力ないから実質的に対中に専念出来るし、なんと言っても今はアメリカが味方だ。
524.名無しさん:2019年06月08日 16:16 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>49
海軍はほとんどの艦艇を失い、艦隊作戦が事実上不可能になってしまったので飛行機による口撃しか無かったからな。
陸軍に対しても戦果を見せねばならないし、というメンツもある。海軍善玉論があるが、海軍上層部も中々の腐れよな。
525.名無しさん:2019年06月08日 16:41 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>50
戦争を始めるかどうかは必ずしも日本がイニシアチブを持っているわけではない。今も中国が攻撃を仕掛けて来れば戦争に突入するしかないし、戦前も地震、飢饉、恐慌と立て続けのイベントで国内経済はガタガタな上、アメリカからは経済制裁を受けている状況だから戦争で一撃離脱を謀るか破綻するかしか選択肢がなかった。
戦争は大抵の人にとって迷惑だが、無関係でいられるものでもない。戦争が起こりそうなら中立のどこかの国に君が移動するしかないよ。
526.名無しさん:2019年06月08日 16:43 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>52
それは正しい意見だとおもうが、彼らの犠牲の上に現在の我々の社会があるという事実は認識しなくてはいけないよ。
527.名無しさん:2019年06月08日 16:49 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>53
戦前から天皇は象徴。現実的に内閣の決定を承認するしかなかったから。特攻によって守りたかった国体とは昭和天皇という一個人ではなくて天皇を中心とした日本人社会の秩序全体の事だよ。
だから天皇自身も私の命はどうなっても構わない、と言ったわけで。
日本人が白人社会で奴隷のように扱われたり、敗戦国の有色人種として差別的な扱いを受けない、自立した日本民族の国家として存続する事、それが国体護持。
結果的には彼らが命がけで守りたかったものは辛うじて今も残ったと思うよ。
528.名無しさん:2019年06月08日 17:12 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>53
今の常識で考えると人種差別や人権侵害は「正しくない」と言うのが主流だけど、70年前の世界では人種差別撤廃が国連で反対多数で否定されたり、アジア人の人権は保証されていなかったし、日本が連合国(アメリカ)に無条件降伏をしても日本人がどう扱われるかは全く確信がなかった。
なにしろ敵は女子供お構いなしに都市を絨毯爆撃したり、落とす必要のない核爆弾を実験のために落とすような連中だからね。
日本人の保護の確約がない限り口約束で簡単に降伏する訳には行かなかった。

特攻の父と言われる大西瀧治郎は特攻の主旨として特効精神を発揮することで戦後戦勝国の侮りを受けないために、と考えていた形跡があり(それが正しいとは思わないが)単純な戦果を追求したものではなかった。

結果として日本兵の死を恐れぬ戦術は米軍を戦慄させ日本本土上陸すれば100万人前後の米兵が死傷すると予想され終戦時期や戦後の占領政策に大きく影響を与えた。
通常戦闘部隊の三割も壊滅すればその軍は潰走してしまい、日本兵のように最後の一兵まで戦闘を継続するなど考え難かったからね。

と言うわけで結論としては戦争指導者の特効という作戦の立案と実行は統帥の外道であり許されるものではないが、実際にそれを行った日本軍人や青年たちの勇敢な戦いぶりは戦後の日本人が屈辱的な扱いを受けることを回避したという意味では日本人にとって計り知れない恩恵を与えた。

よって彼らが護ったものは昭和天皇というひとりの人物ではなく、日本人そのものであったと言える。
529.名無しさん:2019年06月08日 17:16 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>58
時系列が滅茶苦茶だぞお前。
530.:2019年06月08日 17:17 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
531.名無しさん:2019年06月08日 17:18 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>60
大人しくしてたら餓死する状況だったんですが。
532.名無しさん:2019年06月08日 17:21 ID:wlYtUXVa0▼このコメントに返信
日本人は戦後は2つの方法で自存自衛を試みている。
「修身」と「誠意」だ。
自衛隊が恐ろしいまでに隊内で練兵し運用精度を黙々と鍛え上げ続けるのを見て、
実質を知る中国・韓国高官は恐怖しかないだろう。練兵することで自衛し得ている。
誠意については、戦略・謀略で考えると「する必要の無い対処」まで
かいがいしく行う態度によって、信用を得るというやり方。
日韓平和条約など、結ぶ必要すら無い条約だったのに、いちいち結んだしな。
戦後の日本は韓国と逆の国家戦略で運営している気がする。
韓国は内向きの修身では無く外向けの威嚇で、
誠意ではなく短期的な戦略・謀略から見たその場しのぎの以下略
533.名無しさん:2019年06月08日 17:22 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>61
降伏すれば平和がやってきて日本人に人権と自治と最終的には国家として独立が与えられる、というのは未確定だからな?
実際ソ連側に占領された満州側の日本人は強制労働で八割ころされたんだから。
君が犬死に、無駄な先延ばし、と考えるのはものを知らないからだよ。今のような平等社会、人権尊重が常識な世界じゃないんだぞ?
534.名無しさん:2019年06月08日 17:26 ID:JuvDOOI60▼このコメントに返信
※530
朝鮮なんか併合しなければ
東北は少なくともあれだけ多くの身売りは起こらなかった
東北に回す金を全て朝鮮につぎ込んだ挙句の結果
日本人が食べる物もなく身売りをないと生きていけない
ほど悲惨な状態になった
535.名無しさん:2019年06月08日 17:29 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>54
同調圧力や志願(志願とは言ってない)によって半ば強制的に意志に反して特攻に行かされた人がいたことは事実だと思うよ。
だが、単純に騙くらかされた哀れな被害者というのは左翼汚染だと思う。彼らの遺書を読むと現状を認識した上で出撃していると分かる。
特攻はもちろん肯定しないし美化もしないけど、当時命がけで日本を護ろうとした人達がいた事まで否定するのはあまりにも酷だと思うよ。
536.名無しさん:2019年06月08日 17:33 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>55
特攻が作戦の外道で若者の犠牲を前提とする作戦を肯定しないというのはほとんどの人の共通認識じゃない?
実際に出撃して戦死した方々の国を護りたいという思いまで「犬死に」とか「洗脳」とか全否定する人がいるから拗れるだけで。
537.名無しさん:2019年06月08日 17:35 ID:q9J607PL0▼このコメントに返信
「特攻隊がいたから今の平和がある」
こんなの初めて聞いたわw
原爆を落とされてないと軍部は敗戦を認めるき無かったよ
もちろん日本が早期に降伏していないと北海道は今頃、ロシア領だったろう
538.名無しさん:2019年06月08日 17:36 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>64
無駄じゃなかったのは現実逃避じゃないだろ。
しかも特攻隊は悲劇として記憶されてるんだから、また特効やろう!なんて事はないだろ?

何言ってるんだ?
539.名無しさん:2019年06月08日 17:38 ID:qDVFNBzR0▼このコメントに返信
※147
特攻が効果あったって、アメリカ軍が太平洋戦争中の日本軍のアメリカ船舶に対する攻撃で一番効果的だったデータだろ。 戦争末期には艦爆やゼロ戦なんて全然役に立たなかったらしいね、台湾沖航空戦でに日本側は有利な状態だったのに、待ち受けたアメリカ軍戦闘機にタコ殴りされて返り討ちに会ってしまった。これからすると、アメリカ軍の戦闘機による待ち伏せ攻撃がいかに大変で何とかしなければならない対象だったのに、結局人間ミサイルを数多く撃ったんだよね。冷静に考えて、本当にこれが合理的な方法だったんだろうか。
ただ、特攻作戦は突発的にできたんじゃなくて、戦争の初期から検討されてたとか。日本軍上層部はおそるべしだよ。 
540.名無しさん:2019年06月08日 17:43 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>68
それな。立案側が想定していなかった心理的効果や戦後の占領政策や日本人は勇敢という印象、アホな作戦にも黙々と従う生真面目さというイメージなど結果的に特攻隊員の命と引き換えに戦後日本人が享受した利益があるからな。
541.名無しさん:2019年06月08日 17:57 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>72
肯定する必要はないけど、同調圧力という決めつけも現代日本に生きる我々が当時そこにいたら、という仮定から発生する考察だから必ずしも正しくはないぞ(同調圧力や嫌々行かされた人がいた事は否定しない)。
降伏を受け入れて武装解除すれば民主化されて、人権が与えられ、自治独立が認められ、経済復興して裕福になれる、なんてのは全く確証のない話なんだよ?
そもそも国連で人種差別撤廃を訴えた日本に最後まで反対して否決させたのはアメリカなんだし。
都市部への無差別絨毯爆撃や落とす必要のない核爆弾で民間人30万人も殺すような国よ?

結果的にアメリカが戦後反共に舵をきり、日本を太平洋側の対ユーラシア拠点として位置づけたから占領政策をスムーズにするために自治独立を認めたり戦後復興に投資したり、東アジアへのアピールとしてアメリカに降れば豊かになれるよ、というショーケース国家になれたから今日の発展があるわけで。

だから当時の特攻隊員としては家族や故郷を一日でも長く生かすために自分の命を使う、という悲壮な覚悟もあり、それは洗脳とか騙されたとかそういう次元の話じゃない。

542.名無しさん:2019年06月08日 18:02 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>73
それはアメリカ軍の宣伝。効果があったから海軍は調子に乗って本格的に特攻隊を編成した。
最終的に大小艦艇700隻あまりに被害を与えている。
543.名無しさん:2019年06月08日 18:03 ID:qDVFNBzR0▼このコメントに返信
特攻作戦の失敗は、日本海軍の軍艦が連携してアメリカ軍の艦隊に肉薄攻撃しなかったことや、上層部の命令が空母優先でやったため、アメリカ全体としては撤退する理由にならなかったとか。アメリカ軍の空母は頑丈で特攻でなかなか沈まないが輸送船は弱かったらしい。輸送船を特攻機でつぶさに撃沈していたらアメリカ軍も撤退するしかなかったとか。 
544.名無しさん:2019年06月08日 18:06 ID:q9J607PL0▼このコメントに返信
日本のゼロ戦が対艦戦で撃墜されまくったのは
近接信管という時代に先駆けて作られた兵器のせいだよ
日本が近接信管という弾を知ったのは降伏してからの事
近接信管を知らない日本軍がもっと戦闘機を持っていたのなら
もっと犠牲者が増えていたはず
545.名無しさん:2019年06月08日 18:10 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>78
結果論としてはそうなんだけど、世界恐慌や日中戦争の膠着で日本の国内景気はいまとは比べものにならないほど最悪で、大人しい日本人が各地で暴動を起こしたり、対米従属派の閣僚が陸軍の青年将校に襲撃されたり、うかつにハルノート受け入れたらクーデターが起こりそうな状況。
しかもアメリカ自体が恐慌でブロック経済やってる位だから、ハルノートを受け入れても資源や物資が約束通り日本に輸入されるとは限らず、東アジアやオセアニアの資源地帯を占領して自給自足体制を作り上げないとどのみち死ぬかも、という予感もあったから、国内世論を押し切ってハルノートを受諾し、血を流して手に入れた大陸の土地を手放せるかっていうとまず不可能なんだな。
そもそも陸軍が絶対納得しないし、そうなると陸軍大臣が辞任して内閣が倒れる。
546.名無しさん:2019年06月08日 18:13 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>82
ヒント 日本とアメリカは公式に戦争中。
547.名無しさん:2019年06月08日 18:21 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>96
勝敗は確定事項だよ。あとは負け方の問題。
本土上陸の迎撃作戦の編成のため、非戦闘員の疎開のため、終戦工作の条件闘争のため、一日でも時間を稼いでくれる事のメリットは計り知れない。
我々は結果的に戦後かなり早い段階で米ソが対立して対ロ防衛のため日本がアメリカの保護国として復活する未来を知ってるからさっさと降伏しろって思うけど、日本人が奴隷のように扱われる可能性もあったんだよ。
548.名無しさん:2019年06月08日 18:23 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>97
だからそれを拒否するためには戦争するしかないだろ?それが当たり前なんだから。
549.名無しさん:2019年06月08日 18:25 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>100
イラクかも知れないけど北朝鮮ではないな。基本的に条約や協定破りはしないし。
550.名無しさん:2019年06月08日 18:26 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>103
まあ、お前の英雄安重根はそうだな。
551.名無しさん:2019年06月08日 18:27 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>105
それな。ペリリュー島の碑文なんて読んだら泣くぜ。
552.名無しさん:2019年06月08日 18:30 ID:qDVFNBzR0▼このコメントに返信
※544
木製の練習機がレーダーに反応しにくいので、特攻されるとバカにできなかったらしい。 特攻しないで爆弾落とすだけでも良かったと思うが。
553.名無しさん:2019年06月08日 18:35 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>106
頭悪いな。当時は「内閣は対米戦回避」「 陸軍は対米戦やむなし」「海軍は(建て前)対米戦やむなし」「国民はアメリカをやっつけろ」だぞ?
軍は国民の後押しをうけて発言力を増してたの。

だから内戦したらクーデター側が勝利し対米戦が始まるんだよ。
内閣はそうならないように対米戦回避を模索していたんだけど陸軍を押さえられず、5回も総辞職したんだよ。
最終的に東条秀樹が内閣を組閣し対米戦回避のため陸軍の説得に尽力するが失敗し、対米戦が確定するの。

歴史を知らないくせに歴史を語るのは愚かだぞ。靖国神社で英霊に詫びてこい。
554.名無しさん:2019年06月08日 18:43 ID:Yag1TDnh0▼このコメントに返信
先人達の残してくれたもので今の時代があるんやで
555.名無しさん:2019年06月08日 18:55 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>111
確かに平和とは直接関係ないな。正しくは終戦交渉時に日本に有利な約束を幾つか取り付けるのにとても役に立った、結果的に戦後日本人の利益になった、だな。
1)通常戦闘部隊の三割が戦死すれば部隊は降伏するか潰走するのだが、日本兵は最後の一人まで抵抗するので被害がバカにならなかった。
2)また特攻は海軍兵員に深刻なPTSDを与えており、士気に影響した。
3)硫黄島や沖縄で艦砲や爆撃で日本兵を殲滅することは出来ないという戦訓があったから本土上陸戦をやれば100万人前後の米兵が死傷すると算出された。
4)特攻や玉砕で証明されたように日本兵は死を省みず戦うのでゲリラ戦をやられると殲滅出来る確証がなかった(ベトナムでもゲリラ戦には苦戦した)
以上、特攻だけに限った事ではないが、日本人は命を捨てて戦うので終戦の条件をあまり厳しくして決裂すると損害が大きくなりアメリカ川も日本の主張は一部認めざるを得なかった。

これが特攻は犬死にではなかった、という主張の根拠だね。
556.名無しさん:2019年06月08日 18:58 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>112
226でクーデターが成功すると軍部の暴走が加速し逆に対米戦不可避だよ。
終戦を主導した鈴木勘太郎も殺すリストの上位だし(結果的に一命をとりとめた)
557.名無しさん:2019年06月08日 19:00 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>113
逆だよ。国体が破壊されて完全にアメリカの傀儡国家になる。軍事独裁政権下の韓国みたいになるよ。
558.名無しさん:2019年06月08日 19:02 ID:aV2oeKUY0▼このコメントに返信
※552
爆弾落とすだけの難易度が高く非熟練兵では無理なので特攻するしかなくなったんだよ。
559.名無しさん:2019年06月08日 19:21 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>120
国体護持って言うのは昭和天皇個人の命を守る事じゃないぞ?
天皇という存在を起点に日本人社会の秩序全体をさすもので、このシステムの維持の為に昭和天皇は対位法しても戦犯として処罰されても構わないとさえ言った。
というと天皇制や皇族を守りたかったのか!って誤解されそうだけど、日本人社会は天皇が頂点で後はみんな平等という社会なんだよ。はっこういちうだから貧乏人でも他人の所有物になったりはしないし身分としての奴隷もなかった。
このシステムが解体されて日本人が権利を剥奪されて強制労働をさせられたり、国際社会で差別や侮辱を受けたり、2000年続いた日本という国が歴史から消滅したり、日本語や大和言葉漢字仮名混成文など文化そのものが国体。

で、戦時文字通り命がけで戦ってくれた人達のおかげでおおよその部分は護られた。
560.名無しさん:2019年06月08日 19:32 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>123
なんだか事実誤認も甚だしいな。
戦後朝日新聞が靖国参拝を国際問題にしてしまったから政治不介入の原則から天皇は靖国には行けない。天皇が参拝すれば政治問題に発展するからな。

それから天皇は英霊に感謝すれども謝ることはない。それは国家のために殉死した国士の行いが誤りだったと天皇が承認するに等しいから。

特攻作戦が統帥の外道だというのは疑いないが、特攻隊員が犬死にというのは間違い。
日本人は命を惜しまず戦う、という印象は日系人部隊第442連隊戦闘団の奮闘もあり、敗戦国でありながら一定の敬意を払われ戦後復興に大きく役立っている。
561.名無しさん:2019年06月08日 19:35 ID:JmFLhjbK0▼このコメントに返信
※27
間風特攻で沈んだ米艦船

昭和19年10月(神風特攻開始)護衛空母セントロー、輸送艦2隻、小型船1隻
同11月 駆逐艦1隻、小型船1隻
同12月 駆逐艦2隻、輸送艦11隻、魚雷艇2隻
昭和20年1月  護衛空母オマニーベイ、駆逐艦1隻、貨物船2隻、小型船1隻
同2月 護衛空母ビスマークシー
同3月 沈没なし
同4月(沖縄戦)駆逐艦5隻、輸送船8隻
同5月(沖縄戦)駆逐艦4隻、輸送船4隻
同6月(沖縄戦)駆逐艦3隻、輸送船1隻
同7月 駆逐艦1隻
同8月 沈没なし

魚雷艇まで入れてあげても50隻
70隻ってどこ情報よ
562.名無しさん:2019年06月08日 21:05 ID:qDVFNBzR0▼このコメントに返信
※561
こんなに効果があったなら、もしかして、もっと早く特攻やってれば勝てたのでは? ミッドウェー海戦あたりからやってたらアメリカの空母が全滅して、日本艦隊がアメリカの西海岸に集結して、アメリカ本土爆撃。 
563.名無しさん:2019年06月08日 21:07 ID:qDVFNBzR0▼このコメントに返信
※560
アメリカが特攻隊に敬意を表して日本を持ち上げたかなあ? どっちかというと原爆落としてごめんなさい、復興に力貸すよじゃないか?
564.名無しさん:2019年06月08日 21:21 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>139
お前がどう思おうが現実はそうなんだよwww
戦前が一貫して同じ国と言う認識が国際常識。異を唱えそうなのは地球上に韓国と北朝鮮くらい。

天皇と食事するときは世界中の国家元首が上座を譲るんだよ、お前がどう思おうとな。
565.名無しさん:2019年06月08日 21:23 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>146
終わらせてくれなかったんだよ。無条件降伏は飲めないよ。日本人の人権が保証される確約がないんだから。
566.名無しさん:2019年06月08日 21:26 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>165
そもそも古代から天皇のものじゃねえよ。日本人のものだ。その頂点にいただくのが天皇。
567.名無しさん:2019年06月08日 21:28 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>161
国体っていうのは天皇制や皇室や天皇個人ではなくて日本人社会の秩序や伝統文化そのものの事だよ。
568.名無しさん:2019年06月08日 21:32 ID:HFOmxfXe0▼このコメントに返信
占領した米軍が最も驚いたのが神国日本の本当の意味だ
日米戦争のあと今日までの戦争で米国は負け続け、莫大な犠牲を払っている。これは日本占領のツケを未だに払い続けていることになる
GHQの被洗脳者共に告ぐ、戦争は大なり小なり、すべて特攻である。陸軍の基本、突撃は世界共通である。特攻と何処が違うか答えてみろ。
もう一度言う、敵前逃亡は銃殺刑の意味知らないのか、特攻は戦争の基本中の基本である。
569.名無しさん:2019年06月08日 21:33 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>171
逆だろ?お前が日本は70年前に滅んで現在の日本との継続性は無くなったと思い込みたいから特攻隊を無意味な自爆にしてしまいたいんだろ?

お前の母国以外の地球上すべての国の認識は日本の国家元首は天皇であり、日本は少なくとも2000年は継続した国家だと認めてる。お前が何を思おうがな。
570.名無しさん:2019年06月08日 21:39 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>178
だからお前がどう思おうが結構だけどみんながみんなお前のような安っぽい価値観で生きてるとは限らないんだから、公のために大切な命を投げ出した先人たちを侮辱するな。
特攻隊に限らず、いまでも警察官や消防士、自衛官はその命を投げ出してでも国民を護ってるだろうが。
571.名無しさん:2019年06月08日 21:43 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>183
マッカーサーが本国に送ったレポートで日本人に苛烈な占領政策をすればゲリラ化して収拾がつかなくなる。特に天皇を戦犯として訴追すれば何が起こるか予想もつかない、確実に占領政策に悪影響を及ぼす、と書いてるんだよ。
お前の安っぽい想像はどうでもいいんだよ。
572.名無しさん:2019年06月08日 21:45 ID:HFOmxfXe0▼このコメントに返信
無敗の陸軍総特攻大部隊が陛下の勅で一変しテロがゼロになる。これこそ日本軍が世界最強で最高の規律を持つ恐るべき軍隊である証明だった。これがアメリカが心底恐れた正体である。
573.名無しさん:2019年06月08日 21:49 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>182
フランス王家なんて家自体がコロコロ変わって継続した王朝なんて200年もないだろ、そもそも。
フランス国史は1940年からカウントだよ。400年代に成立したフランク王国とは継続国家でも何でもない。そもそも革命やってるだろ?
日本は現存する最古の国家として国際社会に認知されてるんだよ、お前がどう思おうがな。
574.名無しさん:2019年06月08日 21:53 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>195
平和があるのが特攻隊のおかげなんじゃなくて、特攻隊を始め命をなげうって戦った先人たちの行為がアメリカ軍に日本本土で陸上戦やるのを躊躇させ、戦後も国家を解体されなかったんだよ。
そんな事をすれば日本人が何するか分からないと思わせた事に意味がある。
575.名無しさん:2019年06月08日 21:54 ID:HFOmxfXe0▼このコメントに返信
※560
戦争の基本突撃と特攻の違いがあるのか銃を持って戦争に出る事自体ある意味特攻、誤りと断言出来るほど戦争は甘くない。
576.名無しさん:2019年06月08日 22:03 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>213
ノータリンはお前。日本は立憲君主制。国民が選んだ内閣が出した結論に天皇が意を挟めるシステムじゃないんだよ。開戦を決定したのは国会と大本営連絡会議の結論。
終戦はポツダム宣言受諾か否か最後まで結論が出なかったから、天皇の聖断を持って内閣の総意とする、という結論になったから初めて天皇は自分の地位の保証は条件としなくて良い、一日も早く終戦ならさしめよ、と言ったからそれが結論になったんだよ。
卑日史観も結構だが、時系列や状況くらいは把握してからものを言ってくれ。お前の脳内ソースじゃ話にならん。
577.名無しさん:2019年06月08日 22:11 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>221
だから天皇はそもそも軍も国民もコントロールしてねえよ。命令系統の枠内にラインがないんだから。
天皇は国民の代表である国会で決議した事を承認するのが役割で直接指示したり軍部に口出したり出来ないの。精々が内閣の首班指名にご意向を匂わすくらい。
内閣は対米戦不可、軍は対米戦やむなし、国民は米国を懲らしめろ、なんだから内閣が五回も総辞職した結果、東条内閣の結論が対米開戦だったんだよ。

昭和天皇が命を惜しんだソースあるのかよ?お前の薄っぺらい空想で歴史を語るなよ。
578.名無しさん:2019年06月08日 22:15 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>222
じゃあ今の中国はモンゴルとも言えちゃうな。
純粋な漢民族は混血が進んでモンゴル系か女真系になっちゃうから。
お前が何を信じようが、政体が変わればそれは別国家だよ。少なくとも今の中国は清帝国とは断絶していると言うのが公式見解。お前に決定権はない。
579.名無しさん:2019年06月08日 22:18 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>225
当時の政府中枢を擁護する奴は少ないだろ。少なくともこのブログコメントでは「特攻隊員たちを犬死にとか汚い言葉で侮辱するな」が主流だろ?
580.名無しさん:2019年06月08日 22:25 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>228
対米開戦は結論としては見通しの甘さに尽きるな。
日中戦争も当初半年以内に収拾する予定が四年経っても終結の見込みなしだし。
杜撰で大ざっぱな上層部の戦略を現場の努力で何とかする体制は全く改まってないよな。
581.名無しさん:2019年06月08日 22:27 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>229
輸送船や補給船への攻撃も相手の作戦計画を大きく狂わせるから戦術としては有効だぞ?
ドイツなんてそれに特化してたくらいだからな。
582.名無しさん:2019年06月08日 22:30 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>231
原爆落とされても軍部は戦争を継続する気だったぞ。お前の信じたい空想の歴史ではヘタレ天皇が自分の命惜しさに若者を騙して特攻させてた感じなんだろうが、それはお前のちっぽけな脳味噌が作り出した安っぽい物語に過ぎない。
お前が考えるほど世の中はシンプルじゃない。
583.名無しさん:2019年06月08日 22:32 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>233
戦後ソ連邦と対立するためにも軍は温存したいしな。
584.名無しさん:2019年06月08日 22:39 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>234
戦前の世界が平和だった?何言ってんの君?
別に日本の戦争が聖戦、日本軍は解放軍とは思ってないが、リーマン級どころかドルの信用が暴落する位の世界経済破滅寸前の世界観だぞ?
ドイツはアメリカからの借款を中断されて賠償金が払えず爆発するし、ヨーロッパは東アジアの植民地からの収奪を強化して世界各地が暴発寸前な状態。でなかったら世界大戦なんて起こらねえよ。
日本も生きる為に鉄や石油を生産できる地域を力ずくでも奪わなければ破綻する情勢だし、単に何となく侵略したかった訳じゃない。肯定は難しいけどお前が思うほど単純じゃない。
585.名無しさん:2019年06月08日 22:42 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>244
何言ってるのか分からない?バカなのかな?
肉親をなくした遺族は悲しいに決まってるだろ?
586.名無しさん:2019年06月08日 23:00 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>256
バカはお前。お前が政治システムを理解していないから分からないの。
日本は専制君主制じゃなくて立憲君主制の議会制民主主義国家だから、国民の代表である国会が決議した事に対して天皇は承認するのみで意見は言えないの。だから開戦を決めたのは国会と大本営連絡会議の結論。天皇は御前会議で「世界はみんな海でつながってる仲間なんだから争うことないのに(意訳)」と言う句を読み上げるのが精一杯で開戦に反対とも賛成とも明確に口にはしなかった。する権限ないからな。
で、終戦時はポツダム宣言を受け入れるか否かで意見が割れ、陸軍は本土決戦を主張し海軍は条件闘争すべき、内閣はポツダム宣言受諾と結論が出なかったため「天皇の御聖断を以て本会議の結論とする」と決まった。
だから初めて天皇は内閣の承認の元に意見を言う事が出来たわけ。で天王の決断は自分の地位や戦後の扱いについては条件に含めず直ちに終戦なさしめよ、だったからポツダム宣言受諾に至ったんだよ。
理解できた?
587.名無しさん:2019年06月08日 23:03 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>257
それ作り話だからw
金日成はソ連のバックアップで伝説ひっさげて戦後北朝鮮にやってきた男で戦時中はソ連のキャンプで訓練してた。
抗日闘争なんてやってなかった。
588.名無しさん:2019年06月08日 23:28 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>260
お前は明治憲法を読みもしないのに安っぽい空想だけで勝手な世界を作るなよ。
天皇が全軍を司るなんてどこにも書いてない。
「総攬ス」というのは一見すると支配しているように見えるが、命令系統のどのラインとも接続されていないので文字通り全てを眺めるだけで指揮をする法的根拠はない。
天皇は不可侵の存在であり、国家の運営には全てのことに目を通すが、実際に運営をするのは国会であって天皇は国会の決定を追認して許可を与えるだけなのだ。実は現在の象徴天皇と実務面ではあまり変わりはない。
明治日本が目指したのは議会制民主主義の立憲君主制であって専制君主制ではない。君臨すれども統治せず、と言うのが天皇なのだ。

これはイギリスやプロイセンの王室が採用していたシステムで、国民の統合の象徴として、外交の顔として君主には権威と威厳を、実務と統治は議会とその権能を分離する事で国家運営を個人が自由意志で決定できないように制限したわけ。

だから天皇は議会の承認なしに独断でも何かを決定したり覆したりは出来ないわけ。
589.名無しさん:2019年06月08日 23:36 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>272
大日本帝国憲法の欠陥でもある。首相と軍部の上下関係、というか指揮系統が明確ではないので、軍部が統帥権を持ち出すと内閣は干渉出来ない慣習が確立してしまった。
明治時代だと軍のトップと首相は維新で同じ釜の飯を食った仲なのでそこは曖昧でも問題がなかったのだが、明治の元老が死んでしまうと対立が生じてしまい、軍部を押さえられなくなってしまった。
590.名無しさん:2019年06月08日 23:39 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>269
特攻はすばらしい作戦、若者の命と引き替えに船の一隻でも道連れに出来たらラッキー!戦争になったら是非またやろう!なんて奴は多分日本に一人もいないので心配には及ばないだろ。
591.名無しさん:2019年06月08日 23:52 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>273
逆だよ逆。無差別爆撃を平気でやって来るのは(民間人への無差別攻撃は戦時国際法違反な)日本人如き軽く捻った後どうにでもなると思っていたからで、アメリカが特攻で戦略方針を転換した訳じゃない。
アジア人なんて所詮顔面ぶん殴れば泣いて言うこと聞く位の認識だったのが、死ぬまで反撃して来るヤバい奴と思われたのが特攻作戦。
アメリカは日本に上陸して陸上戦やる予定だったからそうなってたら日本人の数は半分くらいになってたぞ。
だが、日本軍はいのちを省みない戦法を使ってくる、最後ね一人まで降伏しない事が分かったから(普通は戦闘部隊の三割も継戦不能になれば降伏するか潰走する)日本本土で陸上戦やるとなると米軍の損害が膨大になることが予想されたので終戦に向けて動き出したのよ。

君のソースなしの想像と時系列無視の再構築で無意味と言われてもハイそうですかとはならないぞ。

592.名無しさん:2019年06月08日 23:59 ID:21KoN5Dh0▼このコメントに返信
>>276
コントロールって言葉使わない方がよくない?みんな定義がバラバラだから話が混乱してる。

軍部の暴走を恐れたというか、軍部の作り出した無敗日本の神話とマスコミの煽りと経済崩壊寸前の不満から国民世論が現状打開のためにも開戦すべきで盛り上がっていたから、軍部を牽制して戦争回避をしようとすれば内閣が倒れるし、暗殺の危険もあるしで政府閣僚がヒビっちゃって軍部の独断を追認してしまう状況になったんだね。
593.名無しさん:2019年06月09日 00:02 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>278
取りあえず試しに作ってみましたな訳ないだろ?
フランスと隣接してるドイツで使えるわけないんだから実質島国で閉鎖系の日本以外選択肢ないだろが。
594.名無しさん:2019年06月09日 00:39 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>288
だから、いくらアメリカが金持ちだからと言って世界恐慌の中心地だぞ?ただでさえ湯水のように金が消えていくのに原爆開発だけで当時の予算で20億ドルも突っ込んでるんだよ?(ちなみに戦艦大和が約50万ドル)
ちょっと作ってみましたぁ~!作っただけでつかいませんよ~!なんて許されると思うのかよ?
大統領失脚するわ。
しかも事前の放射能汚染の被害規模は実際よりもかなり多めだったから、同盟国も混在してるヨーロッパで使うことは不可能。幸いな事に周り全部海で周辺国に被害が拡散しない日本と戦争中、と。

で、アメリカが負けることはあり得ないのになんで日本の都合で戦争やめてやんなきゃ行けないの?

左傾の人がよく勘違いしてる事だけど戦争起こすのも辞めるのも日本が決定権持ってる訳じゃないからね?
アメリカはアメリカにとって都合のいいタイミングで戦争止めればいいんだから、都合のいいタイミングが来るまで戦後秩序について連合国で会議でもやってりゃいいのよ。

日本にはまともに反撃する軍備も無い状態なんだから。

しかもソ連邦との牽制は始まりつつある。新兵器の威力を見せるのは戦後の国際社会のイニシアチブを奪うためにも絶好のデモンストレーションよね。
595.名無しさん:2019年06月09日 00:44 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>472
だから犠牲者認定てわ勝手な同情するのが不遜だろって話。なに上から目線でお気の毒様なんだよ。
596.名無しさん:2019年06月09日 00:44 ID:SjeJQWdk0▼このコメントに返信
>>409人生うまくいってない俺だけど
日本を見下してはいないよ

日本とおまいらをサンドバッグにしてストレス解消してるだけや
597.名無しさん:2019年06月09日 00:50 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>301
だからなんで日本が好きなときに好きなタイミングで降伏出来る前提なんだよ。
お前の事をいきなりぶん殴って来た奴が「やーめた!ハイ、仲直り!」って言ったらお前は受け入れるのか?
戦争を止めるのは難しいんだよ。相手は日本の人種差別撤廃提案を握りつぶしたアメリカだよ?

お前は後出しジャンケンで日本人が戦後虐殺されたり日本語が廃止されたり奴隷になったりしなかった事を知ってるが、当時は降伏してみなければどうなるか分からない状態だよ?

簡単にとっとと降伏すればなんて無責任に言うなよ。
598.名無しさん:2019年06月09日 01:27 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>294
無条件降伏してないんだけど…それ左翼のプロパガンダ。
アメリカの占領方針は皇室の解体と日本語の廃止と軍の解体と憲法の改正。この内実際に実行されたのは軍の解体と憲法改正。これだけでも方針転換させてるだろ?
そもそも本来は本土上陸やって国会占拠やる予定だったんだよ、ドイツと同じに。
だが、米軍の損害が当初の試算より大幅に拡大しそうだと分かったので上陸作戦は実行しない事になった。
降伏した要因の一つではあるけど原爆が直接降伏の原因じゃない。

君はちょっと不勉強の穴埋めを想像で補完し過ぎ。
599.名無しさん:2019年06月09日 01:29 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>298
国のために命を投げ出した国士を英霊と呼ぶのは日本人として当然なんだけど?
600.名無しさん:2019年06月09日 01:40 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>322
絵に描いたようなクソ野郎だなw まず努力しろよ。幸せは降って来ないぞ。
601.名無しさん:2019年06月09日 02:05 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>324
戦争は一方が放棄したら起こらないとは限らないし、日本も一方的に気まぐれや物欲でアジアに侵攻したわけでもない。

戦後GHQの司令官マッカーサーはこう議会で証言している。

「日本は絹産業以外には、固有の産物はほとんど何も無いのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い、錫(すず)が無い、ゴムが無い、その他実に多くの原料が欠如している。そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。
 もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が発生するであろうことを彼らは恐れていました。したがって彼らが戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです。」

さて、日本は世界恐慌とアメリカ主導のブロック経済による締め出しで国内経済は破滅寸前だったわけ。座して死を待つのが正しかったのか、資源を求めて大陸に進出したのは悪だったのか。

君は明日安倍首相が「みなさん、日本は破産しました。みんなで餓死しましょう!」と言ったらちぇっ、仕方ねえなと納得できる?

君の思うように世の中は善悪で割り切れて悪は滅びろ、と簡単に断罪することは出来ないんだよ。
602.名無しさん:2019年06月09日 02:06 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>326
人権や選挙権を渡すとは言ってない。ほんの60年前まで黒人を奴隷にしてた奴らだぞ?
603.名無しさん:2019年06月09日 02:08 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>329
まあ、お前の祖国は近々消えてなくなるがな。
604.名無しさん:2019年06月09日 02:10 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>332
おやおや。世界史の本を頭から読め。どあほう。
605.名無しさん:2019年06月09日 02:14 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>341
なんで日本が悪いという結論ありきなんだよ。日本が悪いと客観的に証明出来るのか?
606.名無しさん:2019年06月09日 02:15 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>345
パヨクの方が時系列無視だろW
607.名無しさん:2019年06月09日 02:21 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>371
実権なし、というか言ってみれば神道の教皇だからな。日本人の精神的支柱という位置付けだから元々。
608.名無しさん:2019年06月09日 02:25 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>395
中国人と韓国人が紛れ込んでいる。
609.名無しさん:2019年06月09日 02:29 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>411
じゃあお前の知能はカラスよりやや低いレベルだからいくら罵倒しても中傷ではなく正論だな。
610.名無しさん:2019年06月09日 02:32 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>418
クソが大好きなのは韓国だろ。日本人はクソには近づかない。でもクソの方がこっちへ寄ってくる。
611.名無しさん:2019年06月09日 02:35 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>426
ヒント 「League of Nations」「United Nations」
612.名無しさん:2019年06月09日 02:36 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>430
バカかお前。そんな頭のおかしい国存在しねえよ。バカ。
613.名無しさん:2019年06月09日 02:40 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>444
捏造ファンタジー歴史教育とネット検閲のお国柄ですから、察して下され。
614.名無しさん:2019年06月09日 02:43 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>448
日本をアメリカの州にしてしまうとアメリカ人の1/4が日本人になってしまい、実質的にアメリカを乗っ取れるぞ?
615.名無しさん:2019年06月09日 02:45 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>454
パヨクの連中は混乱させるのが目的。
論理的にやると日本が必ずしも悪とは言えない、という結論になるから。
616.名無しさん:2019年06月09日 02:50 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>480
せっかくネット出来る環境にあるんだから一度先入観を捨てて歴史を調べてごらんよ。
君が国に嘘の歴史を刷り込まれている、と分かるから。
君の祖国は君を騙して自主的に日本を貶めてくれる工作員にさせているんだ、金も払わずにね。
勉強は大切だよ。
617.:2019年06月09日 02:55 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
618.名無しさん:2019年06月09日 02:58 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>484
何の根拠もない君の創作だね。聞きかじったりどこかで目にしたストーリーを下敷きに足りないところは想像力で補っているだけ。
ちゃんとした資料を読んだ方がいいよ。
619.名無しさん:2019年06月09日 03:01 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>494
少子化は先進国共通の病。
620.名無しさん:2019年06月09日 03:04 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>497
その幹部って誰なんですかね?君の空想の人物だよね。
因みに大西瀧治郎中将なら腹斬って死んだよ。
621.名無しさん:2019年06月09日 03:07 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>506
アメリカと差し違えてもなんら得られる物はない。
622.名無しさん:2019年06月09日 03:13 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>539
戦闘機パイロットはひとりで軍艦は大型艦なら3000人だからな。数十機につき一機でも成功すればキルレシオハンパないから悪魔に魂さえ売れば多様しちゃうよね。
623.名無しさん:2019年06月09日 03:16 ID:8sP48OKM0▼このコメントに返信
>>552
無理。艦爆で爆弾当てられるほどのベテランがほとんどいなくなってしまったから特攻作戦なんだし。
624.名無しさん:2019年06月09日 05:07 ID:gaClqNu30▼このコメントに返信
沖縄戦が行われている際のアメリカ海軍の回顧録とか読むとすごいぞ、
陸軍も悲惨な状態だけど、海軍も特攻を受けてズタズタ、だけど効果があると
知られれば、もっと犠牲が増えるから撤退すらできない。

本来安全な洋上から支援砲撃を行い、水も食料も取りに行かせず
干上がらせればよかっただけの海軍が、占領できない陸軍を
無能扱いして、損失を受けた艦船の被害に対しての責任の擦り付けあいが酷い。

もちろん陸軍も泥沼の激戦続きで、海軍が特攻受けてボロボロ、
支援しないことで、怠けていると上層部に進言していたり、
補給も滞り、海に浮いているだけの事も出来ないのかと回顧録に残っている。

特攻を行わせた無能な帝国軍上層部には全く同意できないし
未来のある人たちに犠牲を強いることは二度と行わせてはいけないけど、
本土上陸を本気で回避することを検討するくらいに、特攻していった
人たちの行ったことは意義があった。


625.名無しさん:2019年06月09日 06:47 ID:.k1GbmOg0▼このコメントに返信
※622
防御のしっかりしてる巡洋艦や戦艦に特攻ゼロ戦がぶつかっても効果はうすいよ
可燃物を積んでる空母に当たれば確かに大損害を出したようだが、沖縄戦の段階では空母に到達できた特攻機はもういない
対策されちゃったんだな
一方で特攻機を繰り出す側は機体の質も搭乗員の質も落ちる一方だった

626.名無しさん:2019年06月09日 08:17 ID:SwI5YeAw0▼このコメントに返信
※620
497の本人ではないけど
大西中将は介錯なしで苦しみながらしんでいったのは有名だけど
特攻隊員に後に続くからと言って特攻隊員を送り出し
終戦後とっとと逃げて余生を全うした上官の富永は有名だぞ
映像にもアチラコチラに映ってるからよくみてみ
銃剣を上げて特攻機を見送ってるのが一番わかりやすい
少数ではあるけどそういうとんでもない上官もいたんだよ。
君はもう少し史実を勉強したほうがいいよ
ただそういう人として最低の上官もいたけど
藤井中尉のような立派な上官もいる
一回知覧に言って資料をみればわかるけど
ネットで検索すればいくらでも藤井中尉の事は
あがってると思うので検索してみればいいよ
教え子のあとを追うため何度も特攻を志願した
のに断られてあげくのはてに
奥さん子供をなくしてまで特攻を志願された人だよ

627.名無しさん:2019年06月09日 10:31 ID:X49nP.2Q0▼このコメントに返信
何のために日本が戦っていたのかを考えれば普通はわかるはずなんだが。
628.名無しさん:2019年06月09日 10:46 ID:UzCjFr700▼このコメントに返信
※625
いつまで対策されて無効だったってデマ信じるの?
629.名無しさん:2019年06月09日 10:46 ID:UzCjFr700▼このコメントに返信
※625
いつまで対策されて無効だったってデマ信じるの?
630.名無しさん:2019年06月09日 11:15 ID:mROm8n970▼このコメントに返信
※629
だから戦争の最初から特攻してれば日本は勝てた、と言いたい? 
631.名無しさん:2019年06月09日 12:19 ID:H0wZ28WO0▼このコメントに返信
※625
 正規空母延べ12隻が沖縄戦で特攻機の命中を喰らってるぞ。
632.名無しさん:2019年06月09日 19:55 ID:jEXNdz350▼このコメントに返信
>>3
ヒロイック史観に対して批判意識を持つのはいいが、
そのあとすぐに真逆の歴史観に傾倒するのはどうか。
どちらも同レベルの代物だぞ。
小学生でもわかりやすいレベルにかみ砕いて説明しよう。
「自動車」という文化がある。
これのために道路を作らないといけないのでコストはかなりのもの。

自動車ヒロイック史観「自動車は世界に恩恵をもたらした。物流に移動に建築にと、
 文明の足として、インフラの代表格だ。道路工事や車向けの施設など、経済にも貢献している」

自動車悪玉史観「自動車は世界の資源を食いつぶした。そのくせ交通事故と称し、
 多くの人間の命を奪った。人が死んでるとわかっているのに法制化して自動車を全廃しなかった。
 不作為の罪、こうした国家レベルの犯罪によって特定産業の商人に利権とされ、労働者が搾取され続けた」

633.名無しさん:2019年06月09日 19:55 ID:jEXNdz350▼このコメントに返信
どちらの考えも一理あるように見えるが、「スコア」という概念で統計的に見れば少しふるいわけできる。
経済効果はどれくらいか、交通事故の死者数はどの程度か、
インフラとかどこからどこまでを指し車の貢献度はどれくらいか。当時の人々は自動車にどう見ていたか。
国会図書館に一年も籠もれば、各時代の「スコア」がわかる。
それで判断すると良い。

特攻隊にせよ、大東亜共栄圏にせよ、植民地政策にせよ。スコアを調べなければ、
善悪のふるいわけができない。すると結局、好みで史観を選ぶしかない。めくそはなくそ。
634.名無しさん:2019年06月09日 20:53 ID:SKrBcCIy0▼このコメントに返信
>>437
全軍あげてなんてどこもやってないがw
635.名無しさん:2019年06月10日 17:40 ID:GzyGYWCh0▼このコメントに返信
>>634
あれ〜。「一億総特攻!」じゃあなかったのw
全軍どころか大日本帝国は国家国民まとめて特攻するんだろw
636.名無しさん:2019年06月10日 17:42 ID:Kokt8.tv0▼このコメントに返信
>特攻はアメリカ側にかなり恐怖を与えたらしいな
>精神病んだ兵士が腐るほどいたらしい

兵士どころか沖縄攻めていた海軍司令官ですら特攻の恐怖から拒食症になり
歩行すら出来ないほど衰弱したからな
勝ち戦側のトップですらこの状態よ
637.名無しさん:2019年07月02日 07:21 ID:zHdGRiCQ0▼このコメントに返信
形態は異なるが世界には特攻と同じ事例が沢山あり、どこの国でも彼等は英雄だ。
ギリシャのテルモピュライの戦い
イスラエルのマサダの戦い
米国のアラも砦の戦い
などなど。
いずれも多勢に無勢で全滅覚悟の戦いだった。
アラモなどメキシコ側から見れば米国による侵略でしかないが、それでも米国では彼等は英雄だ。
戦いは善悪で語れない歴史だ。
戦争は縄張り争いであり人間の生物としての生存圏をかけた争いだ。

お名前