2019年05月22日 03:05

ロシアの最新鋭戦闘機スホイ57が1機37億円というのは安すぎるの?

ロシアの最新鋭戦闘機スホイ57が1機37億円というのは安すぎるの?

sukhoi-1906632_1280

引用元:【軍事】「ロシアの最新鋭戦闘機スホイ57が1機37億円というのは安すぎる」と米メディアが疑問 ちなみにF35は1機116億円
http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558444908/

1: ニライカナイφ ★ 2019/05/21(火) 22:21:48.87 ID:jk69rrKf9
米メディア「Drive」は、ロシアの第5世代戦闘機スホイ57の価格の現実性に疑問を呈している。
ロシアは26億3千万ドル(約2900億円)で同機を76機調達する方針だという。
つまり、1機あたりおよそ3400万ドル(約37億円)という計算になる。
「(中略)」
https://jp.sputniknews.com/russia/201905206274927/

2: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:24:15.91 ID:AAiOSijH0
オプションが含まれてないんだね
フル装備で120億とか

287: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:16:08.96 ID:r4/I/12X0
>>2
分からん。

普通ロシアの戦闘機はパッケージ契約。

6: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:25:54.94 ID:7dEXJlLQ0
アメリカが高過ぎるとは考えないんだろうか。

17: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:29:08.37 ID:L8IAZ5NO0
>>6
東京オリンピック費用みたいに利権関係者を肥え太らせるために無駄に高額になってる可能性はあるよね
アメリカなんて軍産複合体の国なんだし

324: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:21:26.33 ID:VAffsyRu0
>>6
ほんとまったくこれや!

9: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:26:57.17 ID:pjLbNpwC0
計器アナログだったりして

394: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:32:22.27 ID:ykmqPN+V0
>>9
今はアナログの方が高額なんだわ。

11: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:27:55.00 ID:Kuy2+7r30
物価が違うからな

12: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:28:05.34 ID:6gB5kL4d0
目的絞って作られてるからじゃね

18: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:29:11.20 ID:sMDwZQBY0
ガワだけ次世代機

22: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:30:10.86 ID:prfr5n/W0
(ロシア語で考えるんだ…)

267: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:12:14.97 ID:KX14WquO0
>>22
ピロシキ、マトリョーシカ

30: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:31:54.98 ID:ql9qtRj90
ステルス性が糞

34: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:32:28.35 ID:hFaX6z4d0
むかし、函館空港に着陸してきたミグ戦闘機を分解して調べてみるとえらい貧相な材料しか使われていなかったことに驚いたとか聞いたけど
この装備でこれだけの性能の戦闘機を作れるんだと
だから、ほんとに今回も安く作れるのかもよw

35: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:32:33.74 ID:XW6Mg5zH0
西側戦闘機なんてソフト開発費のせいで高騰してるし
ロシアはハードの国
たぶんカタログスペック以上の差がある

38: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:32:55.54 ID:0VGGlMeR0
プリンターのインク商法と同じで、機体は安いがパーツの寿命が短いから、
次々に短期でパーツ交換が必要になるんで、長い目で見るとコストは高くなる。

これがロシア製機体のデフォルト。

373: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:29:02.20 ID:OMVAUT4K0
>>38
むしろロシア製エンジンとか、今じゃ寿命がかつての20倍くらいに伸びてるんだが
Su-35とか、機体が寿命を迎えるまでにエンジン交換は1回で済むようになっとる

39: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:33:04.74 ID:0YJRTpXA0
まあ、戦闘機の価格なんてどんぶり勘定だからなw

40: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:33:06.54 ID:1n3sn9JL0
最近のアメリカはステルス性追求だけど、
運動性はSu27以降のスホーイの方が上でしょ

41: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:33:06.56 ID:VX1Q01/i0
これステルス機と言うよりも低ステルス機とかだよエンジンとかむき出しじゃん

68: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:39:51.90 ID:b64z8y7m0
>>41
そもそも設計思想がそうみたいよ
コストかかるステルス性を多少犠牲にしても、その分機動性能向上を取ったとか

46: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:34:35.53 ID:DalTxQ6d0
一方ロシアは鉛筆を使った。
つまりそういうことだ。

64: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:38:32.01 ID:DSZsZMuY0
F35はなにもかも詰め込んだごった煮設計な上に、未だにグダグダなんだから値段が上がって当然だろ
しかも、F15Xの採用増になったら更に価格高騰は避けられない
SU57はシンプルな陸上戦闘機だけの設計だからF35より安価なのは間違いない
まあ、安すぎると言うのは同意する
なにかカラクリがあるのだろう

65: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:39:20.67 ID:PrNj8DHK0
米の軍需産業がぼり過ぎてるだけ

71: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:40:16.74 ID:PrNj8DHK0
ロシアのルーブルを暴落させとけばそうなるわな

77: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:42:15.29 ID:4j9gIF8/0
ホンダジェットで5億ちょい
37億で最新鋭戦闘機ねぇ…

85: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:43:26.34 ID:Hkmr04lR0
アメリカの最新鋭のヤツはヘルメットが画面状になってて
いろんな情報が即座に見れて操作できるらしい

102: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:45:49.05 ID:6FYQH+Tv0
アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、無重力状態ではボールペンが書けないことを発見した。

これではボールペンを持って行っても役に立たない。

NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。

その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!


一方ロシアは鉛筆を使った。

106: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:46:33.63 ID:oNK4DByC0
超劣化版に決まってるだろw

114: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:48:34.00 ID:baWUMeIQ0
流行ったんだよ
元を共通にして、いろんなバージョン作れば安く高性能で行けね?
ていう思想が
ファミリー化ってやつだ

だけど何かに特化した方が、
実は性能的に安定してる上に
運用も分かりやすいと言う点を無視していた
銃も車も戦闘機も
ファミリー化はことごとく中途半端になった

126: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:50:30.67 ID:ftyFX9PG0
簡単な話で開発費を計算に入れずに生産費だけで出してるんだろ
開発費は消耗品や搭載兵器とかで回収する
プリンターを安く出してインクで回収する方式

141: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:52:11.26 ID:tjmI0Tai0
課金方式とか?

151: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:54:03.52 ID:KXNAgdID0
>>141
制御装置のソフトの利用料が一年更新とかw

170: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 22:57:03.59 ID:bTfBvrKK0
F35と戦わしてみれば分かる
導入する国が多ければそのうちどこかでやるでしょ

230: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:07:02.27 ID:wVS8wJ4I0
>>1
1機、航空ショー用に買えないものやろか

244: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:09:27.01 ID:ftyFX9PG0
戦闘機は機体だけでは飛ばない
パイロットの訓練、消耗品のパーツ、整備用の器具等の運用のパッケージでぼったくるんだろ

302: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:18:26.34 ID:4PX1BssC0
>>1
そんなものだろ
自分とこのが高くないと言いたいために
ロシアのは安すぎって言ってるだけだわ
ただのイチャモン

311: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:19:52.78 ID:dH0fVyWa0
F35も開発費の多くはソフトウエアに食われたからな
でその膨大な開発費が単価に乗ってるから高い

334: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:23:03.84 ID:DSZsZMuY0
>>311
しかも、ABCの各型のエラーは相互に増幅されて改修だけでエライことになってる
そもそも、陸上型と艦上機はまだしも
垂直離着陸型と設計を共通化した時点でグダグダになるのは分かり切ってた話だろうと思う
改修しても、実際に試験が出来ない状態らしいから
試験機もマトモに揃ってないから

338: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:24:14.95 ID:oFuc7oZd0
いいから早よ国産戦闘機本腰入れろよ

365: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:28:01.61 ID:VAffsyRu0
>>338
ほんとマジでこれや!

367: 名無しさん@1周年 2019/05/21(火) 23:28:05.53 ID:Cq0z56cd0
ロシアの人件費を考えたらこんなもんだろ
アメリカが高すぎるだけ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年05月22日 03:14 ID:bPkxSJPr0▼このコメントに返信
これマジ?
ステルス機どころか普通の戦闘機と比べても相当安い部類になるんだけど…
2.名無しさん:2019年05月22日 03:15 ID:.QdrlbNo0▼このコメントに返信
アルマータT14の調達価格が日本円で4.4億円。
125mm滑腔砲装備で装甲以外はそんなに見劣りしないスペック。

10式の調達価格が9.5億円だからそんなにびっくりしないけどな?
3.名無しさん:2019年05月22日 03:17 ID:WjQanjs.0▼このコメントに返信
国家ごと物価も違うでしょ?
4.名無しさん:2019年05月22日 03:20 ID:zQAzFGDR0▼このコメントに返信

自衛隊   「 37億円!? 買う買う! 」

アメリカ軍 「 ダ メ ッ !  」
5.名無しさん:2019年05月22日 03:23 ID:PBi7.Fvj0▼このコメントに返信
NASAも鉛筆を使った
NASAの支援なしに一企業がスペースペンを開発
スペースペンは米国もソ連も使った
一般人でも購入可能
普通の安物ボールペンでも宇宙で使える

実際はこんな感じだから鉛筆ネタが根拠だとしたらまあデタラメの可能性が高くなっちゃう
6.i774:2019年05月22日 03:24 ID:jMbttbB30▼このコメントに返信
共同開発のインドに聞いてみたらどうだろう?
7.名無しさん:2019年05月22日 03:24 ID:jagGwFBV0▼このコメントに返信
これで安全保障面でロシアになびいてくれるのなら安い、とか?
8.名無しさん:2019年05月22日 03:26 ID:.9NBIh0A0▼このコメントに返信
ロシアは一度に24機以上購入するならスホイを売ってくれるそうだね。
9.名無しさん:2019年05月22日 03:27 ID:b10VnC.A0▼このコメントに返信
>>34
>むかし、函館空港に着陸してきたミグ戦闘機を分解して調べてみるとえらい貧相な材料しか使われていなかったことに驚いたとか聞いたけど

マッハ3に近づくと断熱圧縮で従来のアルミでは機体が持たないからMiG-25はスチールだったんだよ。それをソ連の飛行機は磁石を近づけたらくっつけた鉄でできてるwwww とかバカにした報道をしたんだ。 MiG-25の実用マッハ2.83 最大マッハ3というのは一応今でも実戦配備された戦闘機の中じゃ最速なんだから。MiG-25をうけてつくられたF-15がチタンで以降それが標準になった。

ガンダムのザクIIが超硬スチール合金、RX-78-2ガンダムがルナチタリュム合金 という設定なのはここからきている。

10.名無しさん:2019年05月22日 03:30 ID:hQlYnO7B0▼このコメントに返信
本国の軍に売る場合と他国に売る場合は値段が相当違うでしょ。
11.名無しさん:2019年05月22日 03:34 ID:HVgSTeEa0▼このコメントに返信
海外のつまらない昔語りで悦に入る!
12.名無しさん:2019年05月22日 03:34 ID:gEvkszue0▼このコメントに返信
アメリカはコーヒーポットが120万みたいな訳わからん会計で問題になったことがあるからな
ボッタクリが無いとは言えない
13.名無しさん:2019年05月22日 03:37 ID:.QdrlbNo0▼このコメントに返信
※10
アメリカは他国に売るのでも自国の調達価格でも十分高いぞ
14.名無しさん:2019年05月22日 03:37 ID:P8PQ9V9h0▼このコメントに返信
実際トランプが「F-35高すぎるから買うのやめるぞ」っつったら単価10億円安くなったからな
ボってるのは間違いないわ
15.名無しさん:2019年05月22日 03:46 ID:c1ihpW.s0▼このコメントに返信
インドが派生型の共同開発を中止にした機体だからな。
ロシア国内で安く調達できたとしても外国に売るとなる別問題だし、なによりレーダーを含むアビオニクスがアメリカと差が開きすぎて話にならん。
16.名無しさん:2019年05月22日 03:50 ID:05KceLcG0▼このコメントに返信
ロシアの鉛筆話はアメリカはCGでゴジラは着ぐるみと似てるなw
アメリカはそういう国なんだろうな
17.名無しさん:2019年05月22日 03:51 ID:Zoqg0SC70▼このコメントに返信
安いけどその分北米で稼がせてもらってるしなぁ
売ってくれるなら買っても良いんだろうけどな
18.名無しさん:2019年05月22日 03:53 ID:oCXNBfTn0▼このコメントに返信
機体(ハード)なんてアビオ(ソフト)に比べれば二束三文みたいなもん。
だから安いんだろうけどね。
19.名無しさん:2019年05月22日 03:54 ID:VkaQTrqF0▼このコメントに返信
アメリカは色んな部品やソフト開発会社が絡んでくるから中間マージンがドンドン加算されて高くなるんだろ。ロシアにはそんなに会社無くてスホーイが自社で大体開発するんじゃね?
20.名無しさん:2019年05月22日 03:54 ID:QHhMvWOL0▼このコメントに返信
仮にキルレシオが3倍程度ならお値段相応だろ
画期的な能力を求めた新鋭機のF35と現行機の改良、発展版のスホイ57とをカタログのお値段で比べてどうするの
日本のメディアかよ
21.名無しさん:2019年05月22日 04:02 ID:5u6eQJjd0▼このコメントに返信
安さで影響下にある手下の国の軍事的依存性を高め牛耳るため?
22.名無しさん:2019年05月22日 04:02 ID:WV0.gfXJ0▼このコメントに返信
>>1
反日左翼って
アメリカにだけ軍産複合体ガーっていってるよな
先進国なんて全部そうなのに
自国兵器を一つも作れないヘボ国家なんて悲惨だぞ
23.名無しさん:2019年05月22日 04:11 ID:RHFfhi5D0▼このコメントに返信
J隊機を全部これにしろ。そしたら北方領土返してやるって言われたら日本は実行するかな?
24.名無しさん:2019年05月22日 04:16 ID:NHh1Nk190▼このコメントに返信
F-35て欧米で共同開発らしいから
各国の開発費含めると高くなるのは当然だと思う
25.名無しさん:2019年05月22日 04:23 ID:bPkxSJPr0▼このコメントに返信
>>24
F-35と比べれば安いのは当然としても、最新鋭ステルス戦闘機であるはずのSu-57が新しくもなく量産効果で低価格化が進んだF-15E程度のお値段ってのはどう考えてもおかしいと思う
26.名無しさん:2019年05月22日 04:30 ID:NHh1Nk190▼このコメントに返信
※25
まあガワがステルス風というだけな可能性は高いかもねw
27.名無しさん:2019年05月22日 04:41 ID:1MNcHZSB0▼このコメントに返信
ほぼ全てロシアの内製でしょ
アメリカに比べてロシアの物価は3分の1以下だし妥当な値段
28.名無しさん:2019年05月22日 04:42 ID:B1zvjVSE0▼このコメントに返信
この飛行機、また中国がパクッられて、あたかも自分らが作ったような顔をして「殲」なんとかっていう名前つけるんだろうな w
29.名無しさん:2019年05月22日 04:43 ID:B1zvjVSE0▼このコメントに返信
※28
中国がx「中国に〇
30.名無しさん:2019年05月22日 04:51 ID:C2rQpYQS0▼このコメントに返信
F35Aも89億円まで下がってきてるから、安いと思うよ。
ただし、F35は単発機だから海上が多い日本だと向かない。 双発機でエンジン一基が停止しても帰還できるようにしないと危ない。
落ちれば落ちたで先日のF35A捜索騒動になるだろうし。
日本もF3国産戦闘機を開発しないと、いつまでたっても自由にアップデートや整備ができないし、
ミサイルの備蓄数も制限される。
年間1000億程度の開発費で15年間でF3が開発できるんだからやればいいとおもうんだけどねぇ。
300機~500機ぐらい調達すれば一機当たりの価格も下がるだろうし。
日本の周辺は中露北韓と4か国が同時に相手になる可能性が高いから、定数が800~1000あってもいいと思うけどね。
31.名無しさん:2019年05月22日 04:52 ID:5.KggOat0▼このコメントに返信
ヒント:オウムの作ったパソコン
32.名無しさん:2019年05月22日 04:53 ID:pC..EVib0▼このコメントに返信
※25
イチから開発したわけじゃなく
アビオニクスやレーダがSu-35とほぼほぼ共通だから
F-35でも一番金かかった部分が無いんだよねぇ、、、

インドとの噂のSu-35NG(ねくすとじぇねれーしょん!)開発もアビオニクスや搭載レーダ関連が主だし
機体ハードウェア開発だけならこの値段もおかしくはないと自分は思う、、、
つまり値段相応の性能だって考えたほうがいいような、、、
33.名無しさん:2019年05月22日 04:54 ID:VwrSqihB0▼このコメントに返信
※18
同意。
機動性を重視したとのコメントも見られるが、現代の戦闘は先手必勝でドックファイトなんぞまず起きない。
いくら空戦性能が高かろうと優秀なコンピュータを装備した長距離対空ミサイルの前では無用の長物、なんだかんだいってアメリカ兵器の開発思想は何歩も先を行ってる。
34.怒髪天:2019年05月22日 04:59 ID:V1DoqIK80▼このコメントに返信
爆弾抱えて敵に突っ込んで行く機体に金(キムてはない)掛けられないだろww
35.名無しさん:2019年05月22日 05:03 ID:Sc3qpVQY0▼このコメントに返信
37億円と言っても、日本の物価の1/3~1/5のロスケ価格。
ボルトやナットやネジの規格も違うロスケ機を買っても、当面は整備が混乱するか労力も何倍。
設備も変えないといけないし結局高くつく。
36.名無しさん:2019年05月22日 05:06 ID:LugbQzg50▼このコメントに返信
アメリカの戦闘機はわいへの配当金支払いも考慮されてるんやで^^
37.名無しさん:2019年05月22日 05:07 ID:XVKSwvQp0▼このコメントに返信
インドに売るのかどうかが気になる。
あと、ユーロファイターと比較してどうなのかも。
38.名無しさん:2019年05月22日 05:18 ID:TrjfiTb70▼このコメントに返信
※23
レーダーやアビオも入れたら実質4.5世代機よ
つまりユーロファイターや三菱F-2、F-15サイレントイーグル程度のもの

そんなものなら買う必要ないし、苦労して5.5世代機を開発したりしてないわw
39.名無しさん:2019年05月22日 05:24 ID:sg.beGvN0▼このコメントに返信
安いのは安い成りに理由が有る
良く調べてからでないと『安物買いの銭失い』
40.名無しさん:2019年05月22日 05:32 ID:jh6m6N7I0▼このコメントに返信
アメリカはこれ買う気ないのか?
41.名無しさん:2019年05月22日 05:33 ID:AYz8oHAC0▼このコメントに返信
> 16機購入を予定していた金額で、20%のコスト減だけで76機を購入できるようになった方法はわからない
元が高かったのに急に安くなったから不審に思ってるんだろ
ただロシアが購入するだけだから他国がこの値段で買ったわけでもない
いろいろと内情があるんだろってことだね
42.名無しさん:2019年05月22日 05:37 ID:yF1l0NJv0▼このコメントに返信
>軍産複合体の代表は、Gazeta.ru(英語版)の取材に対しSu-35が経済制裁の影響で一部部品の輸入が途絶え、それらの輸入部品の在庫が切れた場合機体の生産が停止することを強調した。Su-35Sの生産は凍結され、空軍に配信された機体は、問題の修復が開始されるという。同時にスホーイに近い筋は、チップなどいくつかの部品の一部を交換することができないと説明した。


西側の先端部品が手に入らなくてSu-35もまともに作れないのに、Su-57を量産できるわけがない。
43.名無しさん:2019年05月22日 05:46 ID:of3.mtcx0▼このコメントに返信
もう中身の肝心な部分を作れないから、ガワだけでも売って金にしたいんだろうな

昔 おそロシア

今 白朝鮮
44.名無しさん:2019年05月22日 05:47 ID:c1ihpW.s0▼このコメントに返信
※40
評価用に買う可能性はあるがまだ無理だろ(実際Mig-29などは過去に買ってる)。
45.名無しさん:2019年05月22日 05:47 ID:CB.FMJPl0▼このコメントに返信
>アメリカなんて軍産複合体の国なんだし

アメリカが軍産複合体だが、ロシアは軍産複合体じゃないとどうして思えるんだろうか・・・
国の経済規模からみて、軍事産業への依存度ならロシアの方が圧倒的に高いんだが
46.名無しさん:2019年05月22日 05:53 ID:N4UM7m310▼このコメントに返信
まあ形から入ったステルスと数世代目の部品の組み方まで拘ってるステルスでは手の掛け方が違うだろうし
ソフトウェア開発で相当急かしてるみたいだからかけてる人数も違うだろうからな。その給料水準もアメリカ相場だし。
あとロシア機が安いのは昔からだろ。
47.名無しさん:2019年05月22日 05:55 ID:pC..EVib0▼このコメントに返信
※42
Su-35生産に障害でたのはウクライナ(今は西側だけど)で製造してたICが手に入らなくなったからなんで、、、
もともとロシア軍需生産は西側技術には依存してないよ、、、
48.名無しさん:2019年05月22日 05:58 ID:xkM3M6Q80▼このコメントに返信
軍用兵器は研究開発費を上乗せしてるから原価だけじゃ測れない
特にソフトウェア周りは言い値だからどんぶり勘定
米軍が実戦を経てアップデートされたソフトは金じゃ買えない(同盟国の中でも機密部分を勝手に開けたりしない国にしか売らない)
49.名無しさん:2019年05月22日 06:00 ID:C37l3M.z0▼このコメントに返信
買ってみたらわかるんじゃない
50.名無しさん:2019年05月22日 06:05 ID:SAknWQFL0▼このコメントに返信
※9
真空管もバカにしてたよ
核爆発による電磁波の影響を受けない真空管のほうが優れているのにな
51.名無しさん:2019年05月22日 06:06 ID:NYZRXYhU0▼このコメントに返信
ハリボテ~ハリボテ~
52.名無しさん:2019年05月22日 06:07 ID:SAknWQFL0▼このコメントに返信
※30
機体数以上に大切なのは搭乗員の確保だよ!
53.名無しさん:2019年05月22日 06:14 ID:PHjNtNdj0▼このコメントに返信
アメリカだけじゃなくて旧西側の戦闘機は高いだろ
ラファールとかもクソ高いし
54.名無しさん:2019年05月22日 06:19 ID:jEL9qGcj0▼このコメントに返信
※47
そんなに強がらなくても、誰もウクライナごときが西側レベルの部品作れるとは思ってないからw
逆にいえば西側製の設備調達してウクライナごときが生産ものならマレーシアやインドネシアでも作れるし、そんなものさえ自国で調達できないロシアはどんだけ落ちぶれたんだって話になる。


>軍産複合体の代表は、Gazeta.ru(英語版)の取材に対しSu-35が経済制裁の影響で一部部品の輸入が途絶え、それらの輸入部品の在庫が切れた場合機体の生産が停止することを強調した。Su-35Sの生産は凍結され、空軍に配信された機体は、問題の修復が開始されるという。同時にスホーイに近い筋は、チップなどいくつかの部品の一部を交換することができないと説明した。


西側の先端部品が手に入らなくてSu-35もまともに作れないのに、Su-57を量産できるわけがない。
55.名無しさん:2019年05月22日 06:23 ID:lbusGOIb0▼このコメントに返信
ロシア製兵器って昔から実力がよく分らんのよな。でも外見やスペック上でのハッタリが凄く効いててとんでもなく強そうに見えるという。
ある意味兵器の在り方として正解ではある。
56.名無しさん:2019年05月22日 06:26 ID:J9yezK5l0▼このコメントに返信
エジプトにSu-35を20億ドルで、売却(24機といわれる)する値段と比べると、
すごい安いな。
57.名無しさん:2019年05月22日 06:32 ID:bOvYtmCo0▼このコメントに返信
ガーリーエアフォースでメイド服着てたやつか。
58.名無しさん:2019年05月22日 06:34 ID:hlVy4VkQ0▼このコメントに返信
完全に為替マジック。

ロシアのGDPが韓国以下で、軍事費は日本の1.3倍水準だって?
はいそうですね、ドル換算ですね。
59.名無しさん:2019年05月22日 06:35 ID:IPWAu2ik0▼このコメントに返信
日本が国産機開発しても生産はチャイナに投げたりして
60.名無しさん:2019年05月22日 06:39 ID:mQ.CMw2I0▼このコメントに返信
ロシア機でも安価に振り切ったmig-35で4000ドルとかじゃ無かった?
最新鋭ステルスでこの値段はあり得るのか?

あとf-35の100億が高い高い言ってる奴いるけど西側の戦闘機としては驚くほど安価だから。
61.名無しさん:2019年05月22日 06:43 ID:mQ.CMw2I0▼このコメントに返信
4000万ドルでした。
62.名無しさん:2019年05月22日 06:43 ID:J9yezK5l0▼このコメントに返信
※50
>>50
空対空核ミサイルが、存在した時代だし。
63.名無しさん:2019年05月22日 06:57 ID:isUbNHJP0▼このコメントに返信
物価も人件費違うでしょ、他の物で比べても結構安いんじゃないの
64.名無しさん:2019年05月22日 06:58 ID:pfDzIfCx0▼このコメントに返信
※1
F-35と同レベルの性能で安いならともかくこれワンランクツーランク性能下で安いという話なんだからむしろ安くなきゃおかしいだろ
65.名無しさん:2019年05月22日 06:58 ID:tAlOYVxW0▼このコメントに返信
ロシアは、売る物が資源と兵器だけだから、安いわ。
日本はアメリカ様の属国なので、言い値で買わされるだけ。
毎年、美女は貢がなくてもいいけど。
66.名無しさん:2019年05月22日 07:00 ID:Ci3eShES0▼このコメントに返信
一般の国で言えば武器調達相にあたるロシアの責任者の人が去年の暮れあたりに、2024年までに 13~25機と言っていたから (この人、Su-57の価格と性能がすごく気に入らない人らしい)、 25機で2900億円ならば、結構、現実味のある価格。(いつになるか分からないが) 最終的には76機ということだろう。
67.名無しさん:2019年05月22日 07:02 ID:vsgrIfjq0▼このコメントに返信
ロシア機は運用に結構お金かかるやろ
ソ連時代からの伝統やで
68.名無しさん:2019年05月22日 07:03 ID:jK4TjUKq0▼このコメントに返信
※59
いや~中国では40年前の三菱F-1レベルのものも作れないだろう

中途半端なハリボテは出してるが、質的な信頼性はない
69.名無しさん:2019年05月22日 07:03 ID:9CE5Qs0a0▼このコメントに返信
湾岸戦争のT-72をみててもそんな話を振りまくなんて、相当金に困ってるんだな
日本で情報戦やるより同じ金をトルコやアフガンに巻いて兵器買わせた方が金になるんじゃないのw
70.:2019年05月22日 07:10 ID:mB471KTy0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
71.名無しさん:2019年05月22日 07:21 ID:NxUz0cq70▼このコメントに返信
教職員1000人の地方国立大の年間予算がざっと100億¥だから3機購入できる.安いと思ふ.
どうです立憲あたりが党の戦闘機として購入したら?
72.名無しさん:2019年05月22日 07:22 ID:cWOnnpfU0▼このコメントに返信
>>9
チタンは飯が焦げ付くんだよなあ
73.名無しさん:2019年05月22日 07:23 ID:BLEA.ORh0▼このコメントに返信
最新鋭といいつつ、中身は旧型機の改良版なんじゃね?
74.名無しさん:2019年05月22日 07:26 ID:xwmBiHvx0▼このコメントに返信
F-22が高すぎるんじゃない。
75.名無しさん:2019年05月22日 07:34 ID:.YeTZ07L0▼このコメントに返信
為替と給料の差じゃないの
76.名無しさん:2019年05月22日 07:41 ID:Ci3eShES0▼このコメントに返信
マイケル・ジョーダンの生涯報酬が 2,500億円。
77.名無しさん:2019年05月22日 07:49 ID:zLYOpYC30▼このコメントに返信
特攻ミサイルならば妥当では、人的資源を食い潰すような活用にはお勧めできない
78.名無しさん:2019年05月22日 07:55 ID:ADRedkSp0▼このコメントに返信
全部買い占めろ!代金は酸欠ステルス機とバーターで 10倍買える 10000機?
79.名無しさん:2019年05月22日 08:21 ID:s35TxruC0▼このコメントに返信
※33
其の先手必勝ってさ、チャフ、フレア、ECMで逃げられたらそんつぎどーすんの?
あるいはステルス同士だとどーなんの?
80.名無しさん:2019年05月22日 08:22 ID:tCRTKytp0▼このコメントに返信
ロシア製エンジンの寿命が長くなったと言っている奴がいるが、モンキーモデルは今でも半分以下。
中華に至っては6分の1以下で2回飛んだら交換という情報も。
中華の場合はコピー品も含めてかもしれないけど、結局ロシアがちゃんとしたエンジン引き渡さないとまともに飛べないのは今でも一緒。
まあ売り込み先の航空ショーでよく墜落して、脱出装置だけは一級品との評価はあるな。
81.名無しさん:2019年05月22日 08:28 ID:NKQA2rvf0▼このコメントに返信
>>14
あれは元々F-35が値下げを予定していて、それにあわせてトランプが発言、
「俺のおかげで下がった」という構図にしたんだぞ
82.名無しさん:2019年05月22日 08:53 ID:96nikTEi0▼このコメントに返信
>>35 ※35
その意味では、リアルエリア88状態のインド空軍は、よく運用できているな。
あるいは、管区単位で規格を揃えているのか?
83.名無しさん:2019年05月22日 09:04 ID:oCXNBfTn0▼このコメントに返信
いまだに軍産ガーとか叫ぶ頭の中に黴生えてるような輩が存在する事に驚きを隠せない。
軍絡みは儲からんよ、民業の方が儲かってるんだからな。
軍産で儲ってるのなんてシナぐらいでしよ。
84.名無しさん:2019年05月22日 09:24 ID:YSvuiYlF0▼このコメントに返信
最新の素材は特殊過ぎる工業製品だから安く作るのは無理。
85.名無しさん:2019年05月22日 09:33 ID:67rcyoON0▼このコメントに返信
耐久性を落とせば作れるのでは?
高価な材料は必要最小限度でメッキで済ましたりすれば
かなりのコストダウンが出来ると思うよ
86.名無しさん:2019年05月22日 09:34 ID:wIpnvtFK0▼このコメントに返信
ロシア事態経済難だから高価格設定したらロシアが買えなくなるだろ
87.名無しさん:2019年05月22日 09:40 ID:wIpnvtFK0▼このコメントに返信
>>16
CGゴッズィーラーのコレジャナイ感
88.名無しさん:2019年05月22日 09:43 ID:6JOjoWud0▼このコメントに返信
スホーイは公共株式会社だから大株主の政府は株主価格で買えるんだろ
もしくは本体は無料で37億は消耗品の価格だったりしてな
89.名無しさん:2019年05月22日 09:52 ID:Etp.d4Vu0▼このコメントに返信
エンジン各部のパーツの繋ぎ目をステルス性意識した形状にする事である程度レーダーに探知されにくくできたから、コストや性能に制限掛かるF-22みたいな方式はやめて従来型に近いエンジンノズルにしたって聞いたな
エンジンノズルが円筒状のままなのはF-35も同じだし
90.名無しさん:2019年05月22日 09:55 ID:T.F70Dsr0▼このコメントに返信
輸出用モデル?
オプション無しのドンガラ?
91.名無しさん:2019年05月22日 10:02 ID:c9TO63hW0▼このコメントに返信
とりあえず、「f-35がボッタクリ+為替マジック+モンキーモデル」で3400万ドル(約37億円)ということでよろしいか?
92.名無しさん:2019年05月22日 10:13 ID:.t6v55WE0▼このコメントに返信
※91
むしろ、この2019年にわざわざナンチャッテステルスを買うほどの馬鹿はロシアとチャイナぐらいだろ

93.名無しさん:2019年05月22日 10:22 ID:wIpnvtFK0▼このコメントに返信
米国とガチでやりあうなら性能不足だけど
シリアみたいに国内の反乱分子や中東のイザコザに使うなら十分なんだよな
94.名無しさん:2019年05月22日 10:39 ID:.VXwyNPp0▼このコメントに返信
仮にパッケ無しの値段だとしよう。
それでも最新機がこの値段とか、目玉飛び出るほどの格安お値段だよ。
パッケつけても60億いかないんじゃないか、これ。
95.名無しさん:2019年05月22日 10:40 ID:iR2BMvTH0▼このコメントに返信
>>79
レーダーで再度補足し先手は再度射撃する(敵に第2波などがいなければ)か回避機動をとる。
チャフ、フレアを使用し回避機動をとる場合圧倒的に先に機動をとった側がエネルギー的にも不利になり立て直しに時間がかかる。再度補足、射撃までは先手で撃った方に利がある。いくらか立て直して反撃しても先手は回避までに相当な余裕がある(航空機の速度は命であって仮に旋回性能がよくとも機動による抵抗でエネルギーがなくなれば現代空戦では不利)。速度と高度が少なくなれば後手の反撃したミサイルの射程は短くなる。そもそもEWではレーダーのハード面ソフト面が優れている方がECMで対抗されてもミサイルの誘導に致命的な障害とならない。なので先手できる側=ハードソフトを統合して可能になるデータリンクの質が高い=後手のECMにも耐えうる に圧倒的な勝機がある。つまり撃墜される確率が圧倒的に後手の方が高い。

ステルスの場合これは、RCSが小さい方が先に相手のステルス機を見つけることができる。IRST等の赤外線スペクトルであっても大抵のステルス機であればレーダー視程の方が長い(ステルス機に対するレーダーとIRSTの視程の差分です)のでやはりRCS値が少なければ先手がとれる。先手が取れれば上述した通りです。
96.名無しさん:2019年05月22日 10:45 ID:WbwWTWjc0▼このコメントに返信
ロシア「日本に安く売って、修理費で稼げ。」「はっ!」「それからどうなった?ドンドン修理の依頼が来ているだろう?」「それが全く修理の依頼が来ません。」「ど、どうしてだ?」「どうも、日本は自分たちで、修理しているいる様です。」「なに?」「それも、ドンドン改良されて、我々の戦闘機よりも性能が良くなっています。」「よし、我々も日本に修理を頼もう。」
97.名無しさん:2019年05月22日 10:49 ID:.OEfDh3E0▼このコメントに返信
※96
日本あるある。
98.名無しさん:2019年05月22日 10:50 ID:szck3vO20▼このコメントに返信
アメリカとの品質差からすれば妥当な線だろう
 
稼働率が低すぎるんだし・・

 
99.名無しさん:2019年05月22日 10:58 ID:a7eISoPZ0▼このコメントに返信
まあロシアの鋳造技術なんて高が知れてるし…
構成される部材は西側の30年以上前の水準であろうことは…
100.名無しさん:2019年05月22日 11:00 ID:.OEfDh3E0▼このコメントに返信
※99
唯当たりの部材は、矢鱈頑丈なんだよ。
101.名無しさん:2019年05月22日 11:02 ID:.OEfDh3E0▼このコメントに返信
※94
1機39憶の棺桶の違いでは、
102.名無しさん:2019年05月22日 11:11 ID:6JOjoWud0▼このコメントに返信
※99
ロシアの宇宙・航空分野の冶金技術は西側と比べても遜色ないむしろ高度ぞ
103.名無しさん:2019年05月22日 11:20 ID:J9yezK5l0▼このコメントに返信
※102
>>102
ロシアのエンジン出力が低いのだから、タービンブレードの冶金が劣るのは明らかかと。
104.名無しさん:2019年05月22日 11:24 ID:UstGvGei0▼このコメントに返信
>>4
いらんやん。 無駄遣い。
105.名無しさん:2019年05月22日 11:24 ID:J9yezK5l0▼このコメントに返信
※85
>>85
チタンボディーに炭素複合素材の外皮被せた構造のSu-57で、
機体自体のモンキーは、無理じゃあない。
アビオとエンジンは、モンキーにできるけど。
106.名無しさん:2019年05月22日 11:36 ID:6JOjoWud0▼このコメントに返信
※103
設計運用思想の違いよ
107.名無しさん:2019年05月22日 11:42 ID:a.ytw1Wv0▼このコメントに返信
アメリカに比べて物を言うならクッッソ安い
108.名無しさん:2019年05月22日 11:44 ID:F4vNnHNN0▼このコメントに返信
経済制裁前のルーブルで計算したら70億~80億くらいだしロシア製なら大体そんなもんでしょ?
109.名無しさん:2019年05月22日 11:46 ID:1FhKaX.s0▼このコメントに返信
UH-2の3機分の値段とは・・・
110.名無しさん:2019年05月22日 11:49 ID:l.qbnhdr0▼このコメントに返信
米国機とロシア機の両方を保有しているインドの模擬戦ではロシア機圧倒的優勢との話だけどF-35はインドに売られないからどうだか。
111.名無しさん:2019年05月22日 11:53 ID:VIDfZ.Q20▼このコメントに返信
※68
お爺ちゃん。平成を経て令和に入って、昭和は30年前に終わりましたよ

※80
F-35の塗料じゃあるまいし、そんな訳ね~だろ
112.名無しさん:2019年05月22日 11:54 ID:oCXNBfTn0▼このコメントに返信
※91
F-35は多国間連携の統一規格なのでモンキーモデルとか存在しない。
アメリカもトルコもカナダも日本でも同じ性能です。
113.名無しさん:2019年05月22日 12:09 ID:a7eISoPZ0▼このコメントに返信
※106
圧縮空気の精製能力の低さを露呈してるって意味だけど、そこにどんな設計思想の違いがあるんだろう?
圧縮空気の精製能力が高ければ高いほど、燃費も上がって出力も向上できる上に、炉内の燃調のコントロールも容易になるため、炉の耐久性まで向上とメリットしかなく、デメリットなんて全く何一つ存在しないんだけど。
あまりデタラメ言わないようにした方がいいよ?
114.名無しさん:2019年05月22日 12:15 ID:oBtWRLdt0▼このコメントに返信
>>110
インドに米製戦闘機あったっけ?
ヘリや輸送機哨戒機はあるけど。
115.名無しさん:2019年05月22日 12:23 ID:t1srLpL10▼このコメントに返信
中国はどうなん?
116.名無しさん:2019年05月22日 12:30 ID:a7eISoPZ0▼このコメントに返信
※110
インドに米国製戦闘機はまだないぞ
それタイフーンとSu30MKIのDACTのこと?
あれはタイフーン側が対空防御支援システムを使わないハンデ戦だったとのことだけども。
理由はレーダー周波数の秘匿ということもあったとのことで。

3kmの視程内戦闘のみでの演習だったので、
イギリスご自慢のミーティアも使えない状況なんですが
117.名無しさん:2019年05月22日 12:34 ID:Y0XLuBPt0▼このコメントに返信
電装品は真空管で出来てるんでしょ?
ロシアにはICチップどころかトランジスタもないだろ
118.名無しさん:2019年05月22日 12:59 ID:6JOjoWud0▼このコメントに返信
※113
アホか めんどいから自分でよくしらべろ
119.名無しさん:2019年05月22日 12:59 ID:TSpuAoSB0▼このコメントに返信
当初のファイティングファルコン並みの値段。日本もこっち買って魔改造した方がよいのでは?

一から最新鋭戦闘機作ろうとせずに、スホーイカスタムから始めればいい。
120.名無しさん:2019年05月22日 13:38 ID:AuH84pzF0▼このコメントに返信
もういっそロシアには、かっこよさだけを重視した機体を開発して貰いたい
121.名無しさん:2019年05月22日 13:50 ID:eyDfBlvs0▼このコメントに返信
F-15相当の機体としても新規製造で40億しないのであれば無人戦闘機の開発ベースとして魅力的だねえ。
寿命の心もとない中古のF-15より安いんだから。
122.名無しさん:2019年05月22日 13:52 ID:C9C1U1pB0▼このコメントに返信
ロシア機の場合稼働率が米国機の半分くらいしか無いから倍の数揃えないといけない。
だから値段は丁度そのくらいでバランス取れるようになっているんだよ
123.名無しさん:2019年05月22日 13:54 ID:a7eISoPZ0▼このコメントに返信
※118
捨て台詞すぎて草
負け犬の遠吠えとも言うが
124.名無しさん:2019年05月22日 14:00 ID:C9C1U1pB0▼このコメントに返信
ロシア製の場合信頼性皆無だからなあ
日本に持ち込んで、電子装備とか開発して換装したら
結局F-35より値段高くなるんじゃないか?
125.名無しさん:2019年05月22日 14:05 ID:tcyR7Sz60▼このコメントに返信
採用はありえんが、何機か買って空自もアグレッサー部隊を作っても良いと思うんだけどね。
トランプ政権の間はアメリカ側のロシア機購入は痛くない腹をさぐられるというか米メディアにフルボッコに叩かれるので、ここは日本がロシア機買ってベテランパイロット乗せたアグレッサー部隊編成して、空自と米空と友好諸国との訓練に供する。もちろん友好国では無い某国は除外する。
126.名無しさん:2019年05月22日 14:19 ID:05.4035s0▼このコメントに返信
※135
Mig29とかドンガラだけなら売ってくれそうみたいなこと言われてた時期もありましたw
こいつはlマルチロールを歌ってるけど軸足は祖国防衛のための防空戦闘機
ファーストアタックのための高度なステルスじゃなく
前方から照射される空対空レーダーやミサイルのレンジを減衰するのに主眼をおいた形状
ロシアの広い国土ならこの大型機で対応というところか(なによりカコイイ!)

まぁF35は戦闘機というより攻撃機としての能力があまりに高すぎて専守防衛的にどうよ?
と思ったら周辺国が弾道ミサイルガンガン配備中で結果オーライだったなぁ
127.草加一郎:2019年05月22日 14:54 ID:mdhofQOm0▼このコメントに返信
ソ連の末期にMIG29を1機4億円で売りに出していたよな、日本がアメリカから購入するF15が1機 105憶円だった時に。
その時、MIG23なんか1機4000万円とかで売りに出されていた ( 流石に新品ではなかっただろうが、あまりの安さに「家でも1機買って庭に飾ろうか」と冗談で言う始末 )。
F15用のネジ1本が20万円だとか操縦席の風防ガラスだけで3000万円とかと言う事が同時に話題となって時期の話だが。
何処かの発展途上国で( 確かインドだったか...) MIG29を数十機購入を検討中だとかも話題となっていた。
実際、1機のF15の価格で20数機のMIG29を購入可能だった訳だから、そんな国もあったのだろうな。
当時、ルーブルの貨幣価値が崩壊中で、トランジットで立ち寄ったシェレメーチェヴォ空港の免税品店でキャビアの缶詰が1個5ルーブルで売られていた ( 俺は価格が信じられず買いそびれたが )。
そんな混乱した時代故のMIG29が1機4億円と言う事もあったのだろうが、それにしても日本が買わされているアメリカ製兵器はロシア(ソ連)製兵器に比較して異様(不当)に高い事は今も当時も変わりはないのだろうな。
それ故、寧ろ スホイ57 が1機37億円と言う事に俺は驚いているのだが、高すぎて。
128.暴君:2019年05月22日 15:32 ID:FOxzK4se0▼このコメントに返信
 
 開発費用は別予算とかかね?

エンジンや電子機器なしの機体価格なのか?
129.名無しさん:2019年05月22日 15:48 ID:Aeo1JUgi0▼このコメントに返信
F-35が高過ぎってのは勿論あるが、それでもSu-57はかなり安い
ただ逆に言えば価格相当の性能しかないってことでもある、少なくともステルス性能は比べるのも失礼なほど差があるな
130.暴君:2019年05月22日 15:51 ID:FOxzK4se0▼このコメントに返信
 
 F35も、中国がハッキングやスパイで製造技術を盗み

特許の使用料とか無視して製造したら、50億円になるのかな。www
131.名無しさん:2019年05月22日 15:54 ID:ozpHiQbE0▼このコメントに返信
戦闘機なんぞいらん、高速増殖炉のノウハウ売ってくれ。
132.名無しさん:2019年05月22日 16:37 ID:Fl6ToFDS0▼このコメントに返信
フルスペックなら激安
150機は欲しいね
133.名無しさん:2019年05月22日 16:58 ID:pC..EVib0▼このコメントに返信
※54
元記事、ウクライナ西側(NATO)参加でサプライチェーン網が切れて問題なってる、ってこと書いてあるだけだから、、、
だから解決策として「自国でつくる」ってロシア高官が言ってる、ってその記事に書いてあるでしょ、、、

つか、全部じゃなく都合の良いとこだけ切り出しての情報操作よくないぞ、、、
134.名無しさん:2019年05月22日 17:48 ID:TFgDgW0v0▼このコメントに返信
そもそも、開発国での配備とパッケージ販売では差があるのは当然だが、
それでも37億だとしたら確かに安すぎるな。
(予測では76-100億前後とみられていたから)
ただ、インドへの提案が80億前後とみられてて、60億程度で導入したいインドとは乖離しているって報道は知っているけど。
ルーブル安の影響じゃないの?
135.名無しさん:2019年05月22日 17:53 ID:uQ0CaS.W0▼このコメントに返信
※50
「核爆発による電磁波の影響を受けない真空管のほうが優れているのにな 」???
えっとそれは西側が間違って凄く好意的に解釈したヤツでしょ?

実際はソ連は西側ほど電子技術が進んでなくて
重くて嵩張る真空管をしかたなく採用してたのが事実なんだけど・・・
136.名無しさん:2019年05月22日 18:08 ID:TFgDgW0v0▼このコメントに返信
※135
当時の電子技術は真空管の方が優れていたよ、
よく勘違いしている人が居るのだが、当時のトランジスタ技術では真空管の方が優れた特性があり。
トランジスタ技術が航空機で主流になるのは72年の宣言があってからだから。

つーか、航空宇宙工学の本数冊読めば真空管って普通に使われるって事分かるはずなんだが。
真空管は、今でもそれ程馬鹿にしたもんじゃない技術だよ。
137.名無しさん:2019年05月22日 18:44 ID:OA4qmDUq0▼このコメントに返信
ぶっちゃけ、飽和攻撃に使えるよな。

敵空母部隊に向かってこいつを無人機で仕立てて
低空で侵入させてあっちのイージスシステムが作動する手前くらいの距離で
腹いっぱい抱えた安価なダミーの対艦ミサイルを大量にぶっ放す。
無人機は発射後すぐに反転上昇帰投。

その後、本命のF35が超低空で侵入するとかさ。
ベタだけど有効だと思う。
138.名無しさん:2019年05月22日 18:52 ID:uQ0CaS.W0▼このコメントに返信
※136
それはレーダー関係の一部の電子機器だろ?

実際調査したアメリカ関係者は他の電子機器で
なんでココにこの部品使ってるんだ?で結局は核爆発対策じゃね?に落ち着いたんだろ?

そもそもアメリカは航空宇宙で特にロケット分野で先を越されて
どーしても推力不足で・・・それで搭載機器軽量化の為に莫大な投資をして
世界でもトップでシリコントランジスタやICの実用化に成功したんだから
139.名無しさん:2019年05月22日 19:08 ID:TFgDgW0v0▼このコメントに返信
※138
基本情報なんだが、Mig-25の初飛行は1964年、生産開始は1968年運用開始は1970年。
ICって何年でしたっけ?
前にも居たけど君もICとかLSIが~と言う人と同類ですか?
140.名無しさん:2019年05月22日 19:29 ID:uQ0CaS.W0▼このコメントに返信
※139
IC最初の実験に成功したのがアメリカで1958年だけど?
で何イキって絡んでくるんだ???

アメリカが初にICの実用化に成功したとしか書き込んでないのに
「ICとかLSIが~」とか気持ち悪っ


141.名無しさん:2019年05月22日 19:31 ID:SxRRD5wK0▼このコメントに返信
※136
レーダー周りの高出力装置では、西側でも今世紀に入っても真空管の一種が使われてるんだけどね
(TWTとか)
142.名無しさん:2019年05月22日 19:44 ID:TFgDgW0v0▼このコメントに返信
※140
すまんね、前に「ICやLSIが~」と言う馬鹿が現れて懲りてんだよ。
概ね、真空管は今でもレーター関係ではよく使われているのは君も書いているが。
72年にアメリカが航空機にもトランジスタ搭載を主流にした宣言がされた以降トランジスタ及びデジタル回路の航空機搭載が認められるようになった。
その為、mig-25が搭載されている真空管が問題になったという話は、私は日本以外では聞いた事が無い。
概ね「日本国内だけ」の問題なんだろうと思うが。
それに当時のトランジスタは非常に高価で有ったため、一部航空機等にも搭載されていたが、主に爆撃機や攻撃機が主で、戦闘機(mig25のような大型)には聞いたことがあまりない。
というか、トランジスタ技術は当時まだ未熟で、mig25の設計時期にトランジスタ技術が無いから-というのは当てはまらない。
143.名無しさん:2019年05月22日 19:45 ID:J9yezK5l0▼このコメントに返信
※139
>>139
IC使用のコンピューターならIBMのSysteme/360が、1965年から出荷。
TTLなら(軍用レーダー用は、こっちか?)テキサス・インスルメンツが、1962年に出荷。
ソ連がスパイで情報得ていても、シリコンに印刷技術がなかったので再現できなかったのかな?
144.名無しさん:2019年05月22日 20:21 ID:7iL7QW790▼このコメントに返信
まあ、2014年初めの1ドル=33ルーブルなら
八千万ドルていどになるわけで これも為替マジックでしょ。
145.名無しさん:2019年05月22日 22:02 ID:4BYUEtWg0▼このコメントに返信
F-35は年々価格が下がってんだけどな
F-22も超えてるアビオニクス持ち戦闘機なのに
ぼったくってるてのは、どこの世界線情報なんだろ?
146.名無しさん:2019年05月22日 22:05 ID:4BYUEtWg0▼このコメントに返信
F-35はアメリカ以外だと高く売られているって嘘情報どっから出たんだ?
開発費軽減のための国際共同開発だから、それ無しねで織り込み済み。
147.名無しさん:2019年05月23日 01:12 ID:c.fIBHRo0▼このコメントに返信
F-35はアメリカの単独開発では無いから例外となっていますが、普通は開発国のユニットコスト(調達価格)の1.5~2.5倍が輸出価格です。
F-15はライセンス生産で日本では86~101憶円でしたが、アメリカの調達価格は3000万$以下でした。
また、オートラリアに提示したそうりゅう型の輸出額は約1200億円でした。
海自は約700億円で調達していますから、1.55倍の価格で入札していた事になります。
それでも、フランスが2000億円超えの入札で落札したのは不可解ですが・・・・・・・
148.名無しさん:2019年05月23日 03:31 ID:lQsOQipm0▼このコメントに返信
真空管使っとるんやろ(震え)
149.名無しさん:2019年05月23日 05:53 ID:Hk6iCyR20▼このコメントに返信
真空管が優れているとかいうアホは小学生からやり直しだな
無線機やら何やらならともかく凄まじい振動が起こるであろう航空機に真空管とかありえねーだろ
それとも高熱になる真空管を緩衝材で巻いてんのかよ?
少しは考えろ
150.名無しさん:2019年05月23日 09:36 ID:uGGRStwW0▼このコメントに返信
自国向けと海外輸出向けではスペックが異なるのは何処の国でも同じ。
ロシア空軍向けで35億円弱はあくまでもオプションなしでの価格だろう。
実際に運用となるとこの1・5倍にはなるはず。
一方、輸出向けに関しては兵器なので他国に渡したくない軍事機密の機能があるからそれを省くか簡略化する事で、高く売りつけるのが当たり前。ロシアにしてもアメリカにしても戦闘機や戦車と言った最重要装備はそうやって同盟国に売りつけているんだな。

お名前