2019年05月15日 09:05

光秀が何故裏切ったのかよくわかっていない

光秀が何故裏切ったのかよくわかっていない

mitsuhide

引用元:明け光秀が何故裏切ったのかよくわかっていない
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1557566053/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:14:13.368 ID:+T3xLZ/O0
信長の暴力とかいわれるが

当時の殿様ならだれでも臣下にふつうに暴力をふるっていたので
それを不満に思う訳がないそうだ

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:14:56.768 ID:xMbHTdP70
暴力が不満じゃない訳ない

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:15:09.075 ID:sj1W5HPj0
猿にハメられた説が最近は有力だが

5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:15:14.744 ID:QjHJ8SCs0
秀吉がうんぬんかんぬんが気になる

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:16:04.201 ID:nuieCDZ50
何十回と謀反にあってりゃそりゃ1回くらい成功するだろ

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:18:20.333 ID:nw7Rep9vd
秀吉黒幕説とか以前だったら鼻で笑われるレベルだったのに

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:19:07.415 ID:sj1W5HPj0
猿の引き返した行軍がかなり無理があるらしい

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:19:15.491 ID:O30hUeoB0
光秀「勅命なら仕方ないね」

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:21:33.045 ID:4oy/ZgKa0
普通に天下取れると思った説も一周回ってアリだと思うがな
細川と筒井がちゃんと動いてればいけたろ

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:21:49.975 ID:aGE5k/UIM
ミツヒデは義昭にぞっこんラブだから義昭をないがしろにしたノブナガが許せなかったんだろう
ヒデヨシも帰ってくるの早すぎだから一枚噛んでたんだよ
イエヤスは何もしてないとおもう

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:24:47.395 ID:imDrtN4h0
信長だけ討っても信者や強い家臣とかおるし
みちゅ秀ごときなら倒せると思う連中も多そうだから
ガチで天下狙っての無本なら不毛だろ

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:29:05.777 ID:YnIDi0/iK
実は死んでなくて後に天海と名を変えて家康の元で参謀役を務めた説があるんだな。天海という人が謎の多い人物だったから。

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:29:48.437 ID:QjHJ8SCs0
>>25
そこから100歳以上生きたんだっけ?

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:31:34.179 ID:eZOwSFOD0
秀吉 「光秀殿…天下に興味はござらぬか…?」
光秀 「ぬ…秀吉殿…それは一体…」
秀吉 「簡単なことでござるよ…光秀殿が討つ…ワシが手助けをする
      大殿の仕打ちにいささか御立腹な態度は痛いほど分かりますゆえ…」
光秀 「…ッ!?」
秀吉 「お怒りにならぬ所を見ると…承知したと存じ上げ申すがよろしいか…」
光秀 「………ウム。」
秀吉 「では詳細は後程書状にて…では…」

光秀 ドキドキ…「て、敵はひょんおうじにあーーり!」 「やー!」

秀吉 「敵は光秀じゃ!」
光秀 「ちょ…」

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:33:59.954 ID:CbGY1cFM0
>>27
猿ならやりそう

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:34:11.196 ID:x9IGpoS4a
毛利黒幕説

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:34:29.878 ID:gpuzERplr
猿の陰謀説好き

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:37:40.622 ID:CbGY1cFM0
日光東照宮に光秀の家紋とかあるんだっけ
ロマンが膨らんで楽しいな

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:40:06.818 ID:diTf8+X6a
超有能な稲葉一鉄って部下がいたんだけど
そいつを他の奴にぶんどられたのね
明智光秀はそのことを信長に言って返してもらおうとしたんだけど、結局返してくれなかった
それも一因だよ、なかなかみんなお得意のネットでは出て来づらいからみんな知らないけど

46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 18:50:38.507 ID:ciRUSah4M
本当はサプライズでキャンプファイヤーしてたら本能寺に火が付いちゃったらしい

53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 19:07:38.538 ID:AM4sh+pi0
いびりすぎたから

是非もなし(仕方がない)

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/11(土) 19:16:25.652 ID:nmjGtVqd0
明智(ここで信長裏切ったらどうなるんだろう・・・)

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年05月15日 09:08 ID:I30MJdVR0▼このコメントに返信
ミッツ「敵は本能寺にあり」
家臣「え」
ミッツ「うっそー・・・」
家臣「うおおおおお」
ミッツ「・・・」
2.名無しさん:2019年05月15日 09:10 ID:iHpr9KvB0▼このコメントに返信
パワハラと皇室や公家衆にまで手を伸ばそうとしていたから。
3.名無しさん:2019年05月15日 09:12 ID:25lfdC280▼このコメントに返信
裏切った後何を残すでもなく死んだんだから、想像する以外できんだろ。
4.名無しさん:2019年05月15日 09:15 ID:22JjYEYk0▼このコメントに返信
パワハラ上司から「キンカン」なんてあだ名で呼ばれりゃそりゃ裏切るよ、って漫画家が言ってた
5.名無しさん:2019年05月15日 09:15 ID:lyv55D9A0▼このコメントに返信
秀吉陣営というか官兵衛あたりが第三者経由で光秀に謀反を暗示したくらいのことはあるかもしれない。
6.名無しさん:2019年05月15日 09:21 ID:LLvKZfER0▼このコメントに返信
焼き討ちの件が光秀は許せなかったみたいな話は聞いたことあるな
7.名無しさん:2019年05月15日 09:23 ID:YnX27smZ0▼このコメントに返信
やれそうだったからやってみた
8.名無しさん:2019年05月15日 09:23 ID:5oVG7ka10▼このコメントに返信
そもそもの兵数が少ない2万弱じゃ実質戦場に投入出来るのは、6千強対して中国戦線から急ぎ反転してきて落伍者多数の秀吉軍でさえ4万近い状態。
9.名無しさん:2019年05月15日 09:25 ID:mpeUDh3l0▼このコメントに返信
>>5
雑兵「殿!なんかこの怪しい奴が持ってた手紙に信長様が殺られたとか書いてます!」
官兵衛「やったね秀吉ちゃん、天下人やで」
秀吉「えぇ…(ドン引き)」
10.名無しさん:2019年05月15日 09:26 ID:IjDXjtts0▼このコメントに返信
※6
最近の資料だと比叡山焼き討ちは光秀が一番ノリノリだったとか言われてるけどな
ちなみに信長で3度めの焼き討ちやで
11.名無しさん:2019年05月15日 09:27 ID:sN2zubBz0▼このコメントに返信
丹波の領土めしあげも要は領地増やした転封させたる、四国で切り取った分増やすぞの発破やろ
何が不満なんだ?
12.名無しさん:2019年05月15日 09:27 ID:5NKrmV.q0▼このコメントに返信
信長のキンカン頭のパワハラとか暴力って後世の創作やぞ
信長って松永とか光秀みたいな、年上のちょいワル親父に懐いてた風もあるし。
逆にいうと当時の人もなんで裏切ったのかわからんかったって話
林や佐久間の処遇を見て危機感覚えたのはあったかもしれないけど
本能寺後に光秀軍も右往左往してるから、チャンスだったのでついやっちゃった説が正しいと思う。
13.名無しさん:2019年05月15日 09:27 ID:Zhvn.nMp0▼このコメントに返信
日向
14.名無しさん:2019年05月15日 09:29 ID:5oVG7ka10▼このコメントに返信
※11
超苦労して町と城を作って転勤じゃ溜まらんてのは、在るかも。
15.名無しさん:2019年05月15日 09:29 ID:2p4oqYKT0▼このコメントに返信
精神病で妄想に陥ったとか
16.名無しさん:2019年05月15日 09:29 ID:VIwBAkXZ0▼このコメントに返信
織田信雄「明智とか勝てる訳ないやん!逃げる時には安土城に寄って火付けたろ!」
17.名無しさん:2019年05月15日 09:30 ID:sN2zubBz0▼このコメントに返信
謀反?景気よくて大変結構じゃないか
増税されても一揆すら起こせない去勢日本築より全然マシ
18.名無しさん:2019年05月15日 09:30 ID:IrThwgnU0▼このコメントに返信
>>6
比叡山焼き討ちで最も活躍したのは光秀の部隊。交渉のために何度か比叡山に行って腐りきった内情を見て討伐賛成派になった。
19.名無しさん:2019年05月15日 09:31 ID:VIwBAkXZ0▼このコメントに返信
明智も本能寺の変の時には60代だからなそりゃキレる老害になりますわ
20.名無しさん:2019年05月15日 09:31 ID:LiDrqdU60▼このコメントに返信
戦国時代の経済ものの本で、光秀が謀反起こしたのはノブナガから言われた転勤がイヤだったから、
にすげー説得力があった っていうかもうこれが事実なんちゃうか、ノッブに楯突いた松永弾正も
光秀もどっちも中途採用組、転勤っていう社風にどうしても馴染めないから対決姿勢になる
光秀に関しては領地移転はかなり配慮して遅らせてたけど、最後の最後でやっぱ九州に転勤ね、
っていわれてこれもうダメだ、で本能寺 転勤イヤで謀反とかダサすぎるからみんな拒絶したがってるけど、
当時の人達は住み慣れた土地や少しづつ豊かになろうと努力してた土地を移動しろよ、って言われるのは相当酷だったみたいね
21.名無しさん:2019年05月15日 09:32 ID:UcdeljYa0▼このコメントに返信
単純にちょうど信長の周辺が手薄になって、かつ自分はまとまった軍勢があったからじゃないかな
「あれ? ひょっとして俺が天下取れる?」という感じ
22.名無しさん:2019年05月15日 09:32 ID:Zhvn.nMp0▼このコメントに返信
日向守与えられたところから信長の当初の政権構想では秀吉と一緒に九州に封ぜられる路線だったとか言われてる
僻地を守らせるのだから将来的に信長がわざわざ粛清する必要もないのでやっぱり保身よりは野心だと思う
23.名無しさん:2019年05月15日 09:33 ID:tJjY0Z6L0▼このコメントに返信
側近だけが500人足らずの兵で 信様が近くに 防御の手薄な本能寺に
しかも親子で 

悪い虫が騒いだとしか
24.名無しさん:2019年05月15日 09:33 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
ワイは「朝廷黒幕説」を推すわ。

確かにノッブは尊皇家だが、自身が作った元号を押し付けたり、官位を思うがままにしたりと、結果的に専横が目立っていたからな。
25.名無しさん:2019年05月15日 09:34 ID:sN2zubBz0▼このコメントに返信
※14
いうてもあんな発展先のない山中僻地惜しいのか?
せめて大阪か姫路ぐらいは転封でもらえるよな
26.名無しさん:2019年05月15日 09:34 ID:h5ZX44ZK0▼このコメントに返信
禿げを弄られたからな是非も無し
  彡⌒ ミ
⊂(´・ω・`)  禿げてなんてないよ!
  /    ,9m
  し―-J
27.名無しさん:2019年05月15日 09:35 ID:nCf8YrxJ0▼このコメントに返信
秀吉黒幕というより官兵衛黒幕の方がしっくり来る
裏切ってない上に幽閉されてたのに裏切ったと思われて息子を殺されそうになったのを、秀吉が立場の危険を顧みないで助けたのが大きい。
あれで官兵衛は信長を信じられなくなり、秀吉に天下をやろうと画策、ちょうどいい光秀がいたので扇動した。
そのあとは毛利に行くはずだった使者から聞いたとうそぶいて、秀吉に決心をさせて光秀も討たせた。
大体、「偶然」毛利軍と黒田軍を間違えるはずが無いでしょ、最初から黒田軍に向っていて到着しただけだったんだよ。
妄想だと柴田もからんでいそう、あの状況で一番動けたのは柴田なんだよな、上杉はお家騒動直後で偽善で言うと仇討ちの後ろを衝くとは何事だとかあるだろうし
だけど動かなかったという不思議、秀吉がいなかったら自分が懇意にしてた次男が織田家を継いでただろうし、なんか不自然なんだよな。
柴田も幼少の信長をいじめていたから、自分も危ないと思っても不思議じゃない。
28.名無しさん:2019年05月15日 09:35 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
※23
歴史上、本能寺は何度も襲撃されているため、ガチガチの要塞やで。
29.名無しさん:2019年05月15日 09:35 ID:W3VhIDpx0▼このコメントに返信
「ミッチー毎度!何してん!」
「ハアイ、ノビー。猿がむかつくから落とし穴掘ったろ思て」
「落とし穴?おもろいやん。ワイも手伝うで」
「いやいやwノビーに掘らせるわけにいかんて」
「ワイが掘りたいんや。猿ほんまむかつくよってに」
「マジかー」
「穴の底に竹槍植えとくのどない?」
「どないてwあかんでしょwやりすぎノービーw」
「ええやんええやん。猿やねんで?」
「そら猿やけどなあ。痛いんちゃうかなあ」
「痛いからやるんやって」
「ほなゴムの竹槍にしとこ。落ちる瞬間にびびりよるやろ、それ見て笑おうちゅうのどない?」
「ミッチー甘いなあ。まあそこがミッチーのええとこやねんけどな」
「ほな僕ゴム槍買うてくるよって。
すまん全然おもろないな
30.名無しさん:2019年05月15日 09:37 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
※25
明智ミッツの力の源泉は朝廷との関係だから。
31.名無しさん:2019年05月15日 09:37 ID:bhQcPP6o0▼このコメントに返信
※6
尚「あ~ハイハイ」で手心を加えまくった禿鼠氏と対照的に叡山を手荒く攻め立てた模様

流石に十年以上間が空いてる上に、その間にも本願寺攻めにも参加してるからその筋の遺恨はないんじゃないか
32.名無しさん:2019年05月15日 09:37 ID:IrThwgnU0▼このコメントに返信
>>11
京都本社勤務からド田舎山陰への左遷だからね。ついでに領土増やせなかったら一族が路頭に迷う。
33.名無しさん:2019年05月15日 09:42 ID:h5hsiEhb0▼このコメントに返信
※6
光秀って寺社への横領をやりまくって朝廷から勅使が二回来たり信長から横領やめーやと苦情が来た人物やぞw
寺社への敬意なんてねえよ
むしろ横領がらみで信長から睨まれたから先はないと考えてやる前にやれ!になっただけじゃないかと
34.名無しさん:2019年05月15日 09:43 ID:O.m.JBcq0▼このコメントに返信
1周回って野心説や。ルイスフロイスは光秀を野心家と言ってたからな。
細かな不満があったにしろ60歳過ぎて最後の大博打をした野心家光秀説を推すぞ
35.名無しさん:2019年05月15日 09:43 ID:5oVG7ka10▼このコメントに返信
※25
大阪や姫路だともう地元有力大名ががっちりだしいくらノップでもどかして側近を配置するのは、無理だったかも。
36.名無しさん:2019年05月15日 09:45 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
※33
ミッツの横領は注意しなかったでって言うか、ノッブの部下による査察もなかったみたいやで。
なお、ノッブの元愛人の前田利家の横領に関しては、堀秀久に詰められた模様。
37.名無しさん:2019年05月15日 09:45 ID:2b6Ehb.U0▼このコメントに返信
個人的には、「実の母親を見殺しにされた説」が有力だと思っている。


感情的な理由だが、人間は感情の生き物である。取り分け、光秀は、教養人であり、歌人でもあったので感性が繊細であった。

・浪人生活があり、家臣や家族に人一倍愛情深い。
・自分の読み間違えで、母を死なせた自責の念
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(義昭を裏切って迄、仕えたのに、使い捨ての意識の芽生え)
・信長への憎悪→殺意が生まれる
・母に対して、信長暗殺(復讐)→天下取り(代償)

そして、自領没収で、プッツンしてしまった。

もし、冷静に天下を意識していたら、当然、斎藤利三だけには相談している筈。
38.鬼退治おそろしい:2019年05月15日 09:46 ID:gzotwG700▼このコメントに返信
信長が追い詰め過ぎてしまった明智家を 光秀謀反じゃない。全く自覚できずに信長は追い詰めた。
39.名無しさん:2019年05月15日 09:47 ID:QpHbOziG0▼このコメントに返信
>40
>超有能な稲葉一鉄って部下がいたんだけど
>そいつを他の奴にぶんどられたのね
>明智光秀はそのことを信長に言って返してもらおうとしたんだけど、結局返してくれなかった
>それも一因だよ、なかなかみんなお得意のネットでは出て来づらいからみんな知らないけど

この人、稲葉一鉄と光秀が斉藤利三(春日局の父)を巡って争ったのと勘違いしてるんじゃないだろうか
その件で光秀が信長に打擲された逸話は有名だし
40.名無しさん:2019年05月15日 09:47 ID:XjvHZOOm0▼このコメントに返信
>>3
保身

別に信長に冷遇されてたとかではない
むしろ出世頭の1人だし

個人的にはルイス・フロイスの記録にあった
信長の明征服計画にビビったんじゃねーかと思ってる
それ以外にも縁戚の長宗我部の件やら領地替え
雇い主(当時の価値観)と見切りを付けたんだと
41.名無しさん:2019年05月15日 09:48 ID:1YkYyEeP0▼このコメントに返信
※16
バカヤロ

ダメな奴だわ
42.名無しさん:2019年05月15日 09:48 ID:XjvHZOOm0▼このコメントに返信
>>2
それむしろ光秀なんだよなぁ

光秀の朝廷や仏社に対してパワハラ
酷いから何とかしてくれって
信長に抗議文来てるし
43.名無しさん:2019年05月15日 09:49 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
※37
実の母はミッツの元服前にタヒ去している。
44.名無しさん:2019年05月15日 09:49 ID:XjvHZOOm0▼このコメントに返信
>>6
アレ主導してんの光秀だし

光秀は割と昔の権威とか
どうでもいいタイプよ
45.名無しさん:2019年05月15日 09:50 ID:IjDXjtts0▼このコメントに返信
※25
当時の首都は京都で
丹波は室町幕府では守護を代々重臣の細川氏を配置してた要所やで
46.名無しさん:2019年05月15日 09:51 ID:oJLWIb6D0▼このコメントに返信
そもそも信長があれだけ謀反起こされているのだから人間性に難ありなのは分かり切ってるだろ。
明智も中国攻めの前に領土没収・四国攻めを任命されない(長曾我部は親類)・そもそも方面司令官になれず家康のおもてなし役にされる。
信長が露骨に明智を冷遇してたしそもそも中国の皇帝と同じで親類に甘く他人に厳しすぎる。
47.名無しさん:2019年05月15日 09:52 ID:XjvHZOOm0▼このコメントに返信
>>21
天下取るとかいうより
信長の勢力を分裂させたら
後は知らんみたいな
48.名無しさん:2019年05月15日 09:52 ID:XjvHZOOm0▼このコメントに返信
>>22
だから京から離されるのが嫌だから保身だよ
49.名無しさん:2019年05月15日 09:53 ID:XjvHZOOm0▼このコメントに返信
>>24
その朝廷から嫌われてるぞ光秀
50.名無しさん:2019年05月15日 09:54 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
※41
父や兄貴どもよりは優秀やろ。

危険察知能力が半端じゃない。
51.名無しさん:2019年05月15日 09:54 ID:XjvHZOOm0▼このコメントに返信
>>46
明智冷遇どころか
出世頭なんですが
52.名無しさん:2019年05月15日 09:55 ID:IrThwgnU0▼このコメントに返信
>>41
ノッブ「三七様のなさることですからw」
53.名無しさん:2019年05月15日 09:58 ID:t.gP43IN0▼このコメントに返信
佐久間がクビになったのは
実は光秀の陰謀だったってマジっすか!?
54.名無しさん:2019年05月15日 09:58 ID:LyzXSTlE0▼このコメントに返信
なんとなく
55.名無しさん:2019年05月15日 09:58 ID:5oVG7ka10▼このコメントに返信
※50
ノップの子供で2番目と3番目は、ノップの一番ダメな所を強く受け継いでしまったらしいぞ。
56.名無しさん:2019年05月15日 09:59 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
※53
あの手紙を貰って、突然、出奔した佐久間が悪い。ノッブの性格からして、ただの叱咤の手紙だからな。
57.名無しさん:2019年05月15日 10:00 ID:XjvHZOOm0▼このコメントに返信
>>40
コレに追加しとくと
当時の武士の価値観とは
御恩と奉公 つまり傭兵のソレ

だからこの御恩と奉公が釣り合わないと
感じれば裏切るのは当時としては普通の事

絶対忠誠の武士なんて当時だとひと握りで
江戸時代の朱子学によって作られたのが武士道
58.名無しさん:2019年05月15日 10:00 ID:kiA8tkiH0▼このコメントに返信
信長征夷大将軍も望んでないしな
秀吉の動きからしても天皇家を表に立てて院政でしょ
59.名無しさん:2019年05月15日 10:01 ID:5oVG7ka10▼このコメントに返信
※56
思い当たる節が一杯在って蒼白逃亡かも。
60.名無しさん:2019年05月15日 10:02 ID:IrThwgnU0▼このコメントに返信
天下(近畿)がほぼ落ち着いて重臣たちが保身に走りだしたからなぁ。佐久間追放、光秀も領地ボッシュートして自力で分捕ってこい、と危機感を煽ったのがやり過ぎたって感じ?
61.名無しさん:2019年05月15日 10:04 ID:RZmGQkXr0▼このコメントに返信
※27
自分は黒幕説自体否定的に見てるが
黒幕説を取るなら秀吉より官兵衛ってのはわかる
自分が存命中でも天下が取れると秀吉が言ったのは
大返しの成功や戦略眼だけでなく裏も知った上だろうからな
62.名無しさん:2019年05月15日 10:05 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
※55
三番目はゴミだけど、小牧、長久手の信雄は、かなり有能。

羽柴秀吉と対決するのを嫌がっていた徳川家康を同盟者に率いれ、戦況を有利に展開させ、優勢の間に羽柴秀吉に全面降伏を行い、所領安堵を認めさせた有能っぷり。

なお、それでも羽柴秀吉と戦おうとしていた徳川家康に降伏を勧める模様。
63.名無しさん:2019年05月15日 10:06 ID:Zhvn.nMp0▼このコメントに返信
※48
美濃生まれで朝倉に仕官してたこともある男が京都の近くに執着してたから主殺しするなんて飛躍が過ぎる
織田の重臣みんな僻地で戦ってるのに一人だけ転勤が嫌なんてなんでいきなりゆとり仕様になるんだよっていう
64.名無しさん:2019年05月15日 10:09 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
黒幕は当時の朝廷だと思うね。
光秀は信長を確実に暗殺できる時間と場所を選んだ。
光秀はいいように使われただけ。気の毒にさ。
そもそも光秀に信長を討つ理由なんてない。
65.名無しさん:2019年05月15日 10:10 ID:KsKxggOH0▼このコメントに返信
未だに本能寺で秀吉うんぬんかんぬん言ってる奴がいるとは
自称光秀の子孫の悪影響は凄いな
66.名無しさん:2019年05月15日 10:10 ID:ZwtZtJo30▼このコメントに返信
秀吉黒幕説なんて今でも噴飯物だろ。
67.名無しさん:2019年05月15日 10:12 ID:IkkMkxUv0▼このコメントに返信
本能寺の変直後に足利義昭に送った密書が近年発見されて
「義昭黒幕説」が浮上したんじゃなかったっけ
68.名無しさん:2019年05月15日 10:12 ID:qxwBhyKu0▼このコメントに返信
※63
終盤のミッツの仕事は朝廷やノッブの支配下にない大名の折衝などで、戦場での働きは監軍が大半。
69.名無しさん:2019年05月15日 10:12 ID:5oVG7ka10▼このコメントに返信
※66
毛利の主力と神経戦をしている状況で最大の後方支援拠点の京都での謀反て悪夢でしか無いからな。
70.名無しさん:2019年05月15日 10:12 ID:IW...SrP0▼このコメントに返信
秀吉以外にもそこそこ明智をその気にさせた武将や公家衆、元将軍の側近、お寺関係の人とかいたと思う。
71.名無しさん:2019年05月15日 10:13 ID:5oVG7ka10▼このコメントに返信
※67
あの将軍在位中もお手紙爆弾をあっちこっちに飛ばしていたよ。
72.名無しさん:2019年05月15日 10:15 ID:xOW.yfTv0▼このコメントに返信
戦国大名なら天下取りは夢のまた夢、毛利・島津・伊達・北条、上杉や信長家臣の秀吉・光秀、柴田も例外ではなかったはずです。チャンスがあればそれに賭けるのは戦国の武将として当然な行動、足利将軍などいろいろな権力からの謀略や信長の部下としての将来への不安などもあったでしょうが、最終の決断は光秀自身の天下取りの夢、信長の動静を見て勝負に出ただけでしょう。
信長の最後の言葉と言われている、「是非に及ばず」はこの事を言っているのだと思っています。
73.名無しさん:2019年05月15日 10:17 ID:PaxI9fvd0▼このコメントに返信
泥縄的に仲間を集めようと書状撒いたり、信長討った後の準備の出来てなさから、「ムシャクシャしたので謀反してみた」にしか見えないからなぁ。

黒幕が居たら、もっと仲間は集まっているだろう。
74.名無しさん:2019年05月15日 10:18 ID:HvxZtdbp0▼このコメントに返信
明智光秀は信長の家臣でもあり足利幕府の幕臣でもあった。
織田信長は天下統一において幕府を開く気がなかった、つまり天皇制まで破壊する可能性があったので誅殺。
徳川は伊賀越えを行い、三河に集結させていた部隊を率い天下統一の予定が、途中筋書きは狂って豊臣の中国大返しにより、豊臣の天下となってしまったが、徳川は明智との密約通り天下統一後天皇制維持で江戸幕府を開く。
75.名無しさん:2019年05月15日 10:20 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
天下取りなんかじゃないよ。
光秀はかなり官僚的な人物だからさ。w

信長を暗殺したところで、光秀が天下をとれるなんて誰も思ってなかっただろうよ。

76.名無しさん:2019年05月15日 10:22 ID:JoVQSWfs0▼このコメントに返信
>>74
光秀は朝廷から嫌われるくらい
朝廷を敬ってないんですが

大体 室町将軍なんて連絡役から
早期に裏切ってるし
77.名無しさん:2019年05月15日 10:23 ID:IwpZpvUx0▼このコメントに返信
「井伊直虎」みたいに皆計画知ってたけど自分ち守りに入って信長が見捨てられたの形になっただけかも
78.名無しさん:2019年05月15日 10:23 ID:mpeUDh3l0▼このコメントに返信
>>25
大阪?信長の新居城候補やぞ
姫路?信長最大のお気に入り秀吉の現居城やぞ
79.名無しさん:2019年05月15日 10:25 ID:Qo9jGco.0▼このコメントに返信
>>61
黒幕かどうかは別にして、官兵衛が光秀謀叛を事前に知っていたという説には賛同する。光秀から毛利へ送った使者が間違えて羽柴陣営へ手紙を渡したというのは余りに無理がある。
80.名無しさん:2019年05月15日 10:25 ID:HvxZtdbp0▼このコメントに返信
※76
宮内庁からは時の政府は嫌われるものですw
81.名無しさん:2019年05月15日 10:27 ID:oJLWIb6D0▼このコメントに返信
※51
出世頭なのは認めるが筆頭からは外れた可能性がある。
まず出世頭なのに方面司令官になっていない。
特に四国攻めは後方支援が得意な武将に任せている。
中国地方も援軍として秀吉の下に就く人事だった。
82.名無しさん:2019年05月15日 10:27 ID:CbqXAhyr0▼このコメントに返信
確かに本能寺の変は謀反を起こす上ではあまりにも都合が良すぎた
そこまで重用されていなかった光秀に完全に把握されていた信長の動向、それに伴う少ない手勢
宿泊場所に選ばれた本能寺と言う周囲から孤立した立地等々…
どうにも手引きされた臭いな。秀吉かどうかはともかく、信長の側近筋による陰謀論は丸っきり
見当外れって訳ではなさそう
83.名無しさん:2019年05月15日 10:27 ID:9q8VBdtT0▼このコメントに返信
なんだかんだで有力なのは突発的な野心説だと思うが
それでも陰謀説が根強いのは、信長がそんなしょうもない理由で死ぬわけがないって思いが根底にあるからじゃない?
84.名無しさん:2019年05月15日 10:28 ID:mVT1CcZ20▼このコメントに返信
基本的には衝動的なものであると考えられる
明智方が各地の武将に書状を送ったのが本能寺以降であること
形式上隠居している信長を先に襲い信忠を後に回していることからも信長の権力を奪おうとしたものではないと考えてよい
85.名無しさん:2019年05月15日 10:31 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
「時は今雨が下しる 五月かな」

この雨っていうのは、「天」だよ。
86.名無しさん:2019年05月15日 10:32 ID:08fMfDQX0▼このコメントに返信
「光秀の変心」じゃなくて「信長の変心」でしょ、原因は
信長が日本を我が子に継承させるのに邪魔になった配下を次々と排斥してた。あの秀吉でさえ「勝手に仕事した」というこれまでは褒められた行為で処罰された。かつての重臣ですら追放
当時の戦力ってのは土地に付随した足軽。いまだ兵農分離は半ばの時代、領地替えイコール光秀の戦力低下でしょ?そりゃ「次はワイか?!」ってなるよ、ただでさえ扱い悪かったのに(母親を見捨てられた・妻を強カンされそうになった・信長の正妻帰蝶と昵懇)
 
※74
光秀自身の言い分が「金のためでも名誉のためでもない」そうなので、復讐説は満更でもないけど国体のため説もありだよね
でもやっぱり突発的だったのは確かでしょ。非計画的な犯行
87.名無しさん:2019年05月15日 10:33 ID:Qo9jGco.0▼このコメントに返信
信長の長男・信忠は本当なら変の時家康の付き添いで堺にいなければならなかったのだが、突然前夜に本能寺の信長を訪ねている。これを一部の研究者は「信忠が不穏な空気を感じて信長へ忠告に来た。」と言っているようだが、普通に考えて親子共々葬ろうとした光秀に誘き寄せられたのではないか?
88.名無しさん:2019年05月15日 10:33 ID:KsKxggOH0▼このコメントに返信
この頃の秀吉は信長の子を養子に迎えて織田の一門にかなり近くなっていた
逆に光秀は跡取りも年若く佐久間や塙の顛末で将来を悲観したか、ただ単にキチゲ解放したか
計画性も無いし同調した人もいないところを見ると当時としても理解不能だったんだろう
89.名無しさん:2019年05月15日 10:33 ID:yQp3Z9jK0▼このコメントに返信
やっぱ、信長も「ハゲ!」とか言っちゃダメだよね。
90.名無しさん:2019年05月15日 10:34 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※69
実際に滝川や川尻はその余波のおかげで脱落したし、柴田や丹羽は脱落はしないまでも変以降の主導権を握れなった・・・ことを考えれば秀吉はハイリスク・ハイリターンのギャンブルに全部をはって勝った、と考えるのが妥当なんだよな。

というか秀吉に限らず光秀に黒幕または共犯がいるのなら、なぜ公表しなかったんだ?という話。
有力な共謀者の存在がわかればあそこまで追い詰められるはずがないのですがね。
91.名無しさん:2019年05月15日 10:36 ID:1YkYyEeP0▼このコメントに返信
家臣にとって信長は気まぐれで本当に嫌な上司だったのだろう
光秀は常々、信長のパワハラに会ってイジメられていると感じ、信長の人間性が大嫌いだったのだ
いつか仕返ししてやろうと思っていて、とうとう本能寺で実行したのだ
92.名無しさん:2019年05月15日 10:36 ID:mBSFadO80▼このコメントに返信
※27
柴田はどうかと思うけど
関ケ原の官兵衛の動きというか野心考えるこれありうるとおれも思う。
本能寺と関ケ原なんか筋が似てる。関が原では清正あたりに秀吉役やらせるみたいな
93.名無しさん:2019年05月15日 10:36 ID:mVT1CcZ20▼このコメントに返信
>>81
明智は元々京都常駐の政務官
今の都知事みたいなもの
大軍を率いて長いこと京都を離れる事が出来ない
94.名無しさん:2019年05月15日 10:37 ID:bra5jUfz0▼このコメントに返信
イエズス会に唆されたから。
95.名無しさん:2019年05月15日 10:37 ID:8m2.UnVS0▼このコメントに返信
芸人のプラス・マイナスの岩橋みたいなタイプなのかな?

「絶対にやってはダメ!!」って事をやってしまう。

草野球でサードを守ってた岩橋が一塁に送球しようとして、ピッチャーで送球の邪魔にならないようにしゃがんでいた島田紳助の背中にボールをぶつけに行ったと言う。

ゴルフのパーショットでフルスイングでボールかっ飛ばしたり。

そもそも信長の家臣では無いよな。将軍との取次役みたいなもんだったよな、いつから家臣扱いでコキ使われる様になったんだろ。比叡山の焼き討ちにも駆り出されてたな。
96.名無しさん:2019年05月15日 10:37 ID:mVT1CcZ20▼このコメントに返信
※87
ならば同時に包囲しなければならない
本能寺の兵が二条城に合流している以上それはないかと思われる
97.名無しさん:2019年05月15日 10:38 ID:bhQcPP6o0▼このコメントに返信
※89
秀吉「ワシはいいんか!?」(信長のおね殿への手紙で禿鼠呼ばわりw)
98.名無しさん:2019年05月15日 10:39 ID:HvxZtdbp0▼このコメントに返信
※85
確かに天だね信長は第六天魔王、天が降って落ちる。
雨降ってすべて流し、雨降って地固まる。
99.名無しさん:2019年05月15日 10:41 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
※98
両方をかけてんだよ。

天が下した、そして天が落ちるって。w
100.名無しさん:2019年05月15日 10:42 ID:Qo9jGco.0▼このコメントに返信
>>96
信長は信忠が家康の付き添いの役目を放棄して京都へ来たと考えて、信忠には会わなかった。ここに光秀の計算外があったとも考えられる。
101.名無しさん:2019年05月15日 10:42 ID:enA2c4Ay0▼このコメントに返信
領地が遠方にされても、どうせ、おひざ元に館かまえたりするんだろ
たしか鎌倉室町豊臣江戸でもそうだったはず
102.名無しさん:2019年05月15日 10:42 ID:mVT1CcZ20▼このコメントに返信
>>90
無理がある
信雄信孝が健在である以上主導権を握れない可能性が高かった
103.名無しさん:2019年05月15日 10:43 ID:Jkrvkhxq0▼このコメントに返信
謀反の後に光秀が味方集める為に送りまくった書状に秀吉が味方とか裏切ったとか書いてないのが事実
104.名無しさん:2019年05月15日 10:44 ID:enA2c4Ay0▼このコメントに返信
織田信孝の軍勢は4000名ほどまで四散したのに光秀の軍勢は残ってたようなのが何気にすごいよね
当時の覇者に謀反しちゃったというのに 意外とうちの殿でも天下獲れるとか思ってのかもしれない
105.名無しさん:2019年05月15日 10:45 ID:mVT1CcZ20▼このコメントに返信
>>100
それだと陰謀を張り巡らせながら動向を気にしていないと言うことになるぞ
ますますあり得ない
106.名無しさん:2019年05月15日 10:46 ID:ZwtZtJo30▼このコメントに返信
だいたい黒田官兵衛が秀吉に光秀を討つよう進言したというのは江戸時代になって初めて出てくる話だからな。
107.名無しさん:2019年05月15日 10:47 ID:O.m.JBcq0▼このコメントに返信
※67
本能寺前に義昭と接触している様子がゼロ。本能寺後は味方を増やすために手紙爆弾。
義昭をおだてて毛利動かして秀吉つぶせば光秀の天下間違いなしだからいくらでも煽てるだろ。
光秀は義昭追い出した戦犯の一人だし室町幕府に忠誠心なんて無いしな
108.名無しさん:2019年05月15日 10:47 ID:1YkYyEeP0▼このコメントに返信
秀吉は、信長のような我がままバカの扱いというか扱われ方が上手かった
秀吉は信長の非道に笑って耐える知恵と度量があった
家康は、自分の正室と長男を殺せと信長に命令され、妻と長男を殺し、それでも我慢して信長にペコペコと従った

光秀は、秀吉や家康の様なことが出来ない普通の常識人だったから、信長が許せなかったのだろう
109.名無しさん:2019年05月15日 10:48 ID:OIrvWDuj0▼このコメントに返信
光秀は近畿管領のような権限を与えられており
信長を守るように畿内を任されていた
(と同時に光秀は細川や筒井に子女を送り込んで縁戚を強化し
信澄を養子にし信長とも縁戚になっていた)
反面遊軍のように便利に使われもしていた
光秀は嫡男光慶(みつよし)に近畿管領を継がせようとしたが
信長は光秀の一代限りの役職と思っていたので
光秀は散り散りになり路頭に迷うことになる家臣団のことを思い
事を起こしたという説もある
あとは惟任(九州の名家)日向守という受領名からも分かるように九州に目を向けて
そこから得られる莫大な上がりを得ようとしていたが
秀吉が中国戦線で成果を上げ、筑前守という名乗りを許されたことで
秀吉も光秀と同じことを狙っていると気付き出世レースに差がつき始め
林や佐久間のように用済みと切り捨てられるのではと光秀は焦って謀叛したとも

※85
実際は「雨がくだなる 五月かな」で意味はただ本当に雨が降っているって意味だそうだ
雨が下しるは光秀野望説を裏打ちする為の軍記物か二次史料にしか出てこないらしい
110.名無しさん:2019年05月15日 10:49 ID:mBSFadO80▼このコメントに返信
結局光秀単独の野望説あたりが現実的だよな。とはいえそれだと筋立てが地味
だから誰かしらの黒幕陰謀説に惹かれるんだよな。そのほうが話として面白いものw
111.名無しさん:2019年05月15日 10:49 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
戦国時代の武士に今の時代の常識を当てはめること事態非常識。
こういう歴史的な事象を考証するとき、朝廷をアンタッチャブルにしてると何も見えてこないぜ。
112.名無しさん:2019年05月15日 10:50 ID:4d.Lu.780▼このコメントに返信
本能寺で天ぷら揚げてたら失敗して火事になったのを確認しに行ったら部下が暴走して歴史通りになった。ちゅう予想はどう?
113.名無しさん:2019年05月15日 10:50 ID:oJLWIb6D0▼このコメントに返信
※93
それならなおさら領土取られたら部下を食わせられないだろ。
信長は中国地方の領土を与えるからって言い訳で領土没収したのに。
114.名無しさん:2019年05月15日 10:50 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※97
なお、現存する、ノッブの数少ないしかも直筆。そして「天下布武」の印鑑付き。
内容も寧々を立てながらも大名の正妻としての心構えをやんわりと説いている・・・という、いろいろな意味で貴重な資料だったりする。

秀吉としてはこんなの残るのは泣くに泣けない代物だけど
115.名無しさん:2019年05月15日 10:53 ID:emLhRays0▼このコメントに返信
当時の人間すらわからなかったんだから本当にわかんねーんだろ
歴史を歪められるほどの力を持ってた連中ってんなら徳川家くらいだから黒幕説なら家康じゃねーの
116.名無しさん:2019年05月15日 10:53 ID:ZwtZtJo30▼このコメントに返信
ムカつく上司が一人で寝てて手許に殴るのにちょうどよいバットがあった。
117.名無しさん:2019年05月15日 10:53 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
※109
どっちでも一緒。

だってさ、そもそも信長をうってもそこに書いてあること何一つ成就しないよな。w
そんなリスクをそもそもとる必要なんてないだろ?
118.名無しさん:2019年05月15日 10:54 ID:ZwtZtJo30▼このコメントに返信
光秀の領土没収される云々はそもそも事実ではないので。
119.名無しさん:2019年05月15日 10:57 ID:enA2c4Ay0▼このコメントに返信
・中国攻略軍ってことで秀吉の傘下にさせられそう
・人質の母を殺された
・安土での武田討伐記念の宴会で恥をかかされた
みたいな説は大昔きいたわ
母は関係ないみたいだが
120.名無しさん:2019年05月15日 10:58 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
解らなくなるのは大体小説のせい。光秀は有能で、冷酷で、合理主義的で、信長と馬が合うから優遇された、2年前は出世頭だし。でも、信長が隙を見せたので討取った。それだけの事。秀吉が勝ったのは運がいい。毛利が追撃しなかった。上杉や北条に追撃された軍勢はボロボロになっているし大坂に集まったのは逃げちゃったらしい。なぜは大体小説のせい。
121.名無しさん:2019年05月15日 10:58 ID:mVT1CcZ20▼このコメントに返信
>>113
他の武将もそうなんだけど
直轄の部下は少ない
多くは与力大名
122.名無しさん:2019年05月15日 10:59 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※108
逆。ルイス・フロイスの証言によれば信長に色々な意味で媚び諂っていたのが光秀。

しかも、その寵愛(無論、武将として有能なので実績あっての、ではあるが)を盾に他の武将を蔑ろにするケースが多々あるため信長以外からは死ぬほど嫌われていた。

極端な話、ドラマなどでよくある「有能で主君の覚えがめでたいが、主君以外には配慮欠きまくって同僚から嫌われている」秀吉をさらに悪い方向に持っていったのがルイス曰くの「光秀」像。
123.名無しさん:2019年05月15日 10:59 ID:mVT1CcZ20▼このコメントに返信
>>119
母は眉唾やね
生まれもわからないのに
124.名無しさん:2019年05月15日 11:00 ID:1YkYyEeP0▼このコメントに返信
会社に本当に嫌な上司がいて、ぶん殴ってやりたいと思う
ときどき部下が上司に暴言を吐いたり、本当に殴ったりという事がある
殺人事件になる事もある

そういう事が戦国時代にあったのだ
光秀が信長をやっちゃったんだ
125.名無しさん:2019年05月15日 11:02 ID:Z.ckj.0L0▼このコメントに返信
※112
天ぷらワロタ
まあ歴史って案外単純に動いてる場合が多いからねえ
単純に信長憎しの部下を抑えきれなんだってだけってのかもしれない
126.名無しさん:2019年05月15日 11:04 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
※122
ほとんどの人がフロイスの証言を重視しないのは残念ですね。有能だけど悪い男に1票。
127.名無しさん:2019年05月15日 11:13 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
ここは空想ですぞ。本能寺の変の空想。
信「家康が大きくなったらから始末してちょ。堺へいくから。」
光「がってんです、1万ほど動かします」
信「黙殺する」
家康、今日を出て堺へ・・・信、京へ
光「敵は家康・・・行け」
信「あれ?間違えてねえか?」
光「天下はワイの物」
家「やっぱり、一日早めて良かったわ。」
真相は闇の中
128.名無しさん:2019年05月15日 11:14 ID:y8WlW1on0▼このコメントに返信
松永久秀と明智光秀は同じ毛色の人物だと思う。
129.:2019年05月15日 11:14 ID:1YkYyEeP0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
130.名無しさん:2019年05月15日 11:15 ID:h19.bA6P0▼このコメントに返信
結構な大事件なのに今ひとつはっきりしてない所から朝廷関わってそうな感じもするな
有能がチャンスだから飛びついたってのはなんかなぁ
もしもの時の準備ぐらいはしてるだろって思うんだよな
131.名無しさん:2019年05月15日 11:18 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※119
>・中国攻略軍ってことで秀吉の傘下にさせられそう

秀吉は山陽方面なのに対して光秀の派遣先は山陰なので傘下に入るわけではない。

そもそも、光秀の丹波攻めなどで秀吉も何度も援軍を派遣しているし、その逆も何度もある=ここで言う傘下に何度も入っているので自分だけ、しかもいまさら嫌だというのはおかしい。

>・人質の母を殺された

そのような事実は無い。

というか仮に事実だった場合、同じく長年交戦していたが、宇喜多家のような戦況がひっくり返るような相手ならまだしも、滅亡寸前の相手に人質を送るほうがおかしいし、送ったやつが悪い。

>・安土での武田討伐記念の宴会で恥をかかされた

逆で大好評だった。

ちなみに創作などで鮒寿司を出した結果ノッブの不評を買った・・・とかあるが食べたことがある知り合い曰く「うまいけど匂いはなれないと相当きつい・・・初見様に、しかも公的な席で出した?俺がノッブならその部下を蹴飛ばすね」だそうです。
132.名無しさん:2019年05月15日 11:19 ID:IrThwgnU0▼このコメントに返信
>>126
そらしゃーない。現在ですら欧州の人間は自分たちに都合のいい者を良いように見せるからね。客観性なんて無いに等しい。
133.名無しさん:2019年05月15日 11:19 ID:N2NovSAx0▼このコメントに返信
長宗我部の仕打ちが我慢できなかったと言う説は?
134.名無しさん:2019年05月15日 11:21 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
※133
>有力
135.名無しさん:2019年05月15日 11:23 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※132
でも「世間一般の信長像」ってフロイスの証言ほぼそのままなんですけどね。
136.名無しさん:2019年05月15日 11:28 ID:HAVN95z.0▼このコメントに返信
黒幕なんて全部トンデモだろ
あのグダグダ極まる無様な最期は野望とかストレスで血迷ってついやっちゃった的な突発単独犯以外に考えられん
137.名無しさん:2019年05月15日 11:30 ID:mVT1CcZ20▼このコメントに返信
※135
信長記とも混ざってる
フロイスの言動に関して言えば大友宗麟評で大体わかろうと言うもの
138.名無しさん:2019年05月15日 11:32 ID:Jwxz.SMR0▼このコメントに返信
パワハラより将来設計に支障が出るからやろ。
中央集権をめざすあまり旧来の主従関係を軽視して、あまつさえ皇室や公家に対抗しようとしてたらしいやん?
昔ながらの天皇・将軍を頂点とした領主集団志向の光秀と目指すところが違ったんやで。
139.名無しさん:2019年05月15日 11:36 ID:3TqgV2Uf0▼このコメントに返信
とりあえず、最近発見された謀反後の光秀の書状には、
足利幕府を再興して義昭を京に迎えるとあったから、
一応はそれが目的ってことになる。
140.名無しさん:2019年05月15日 11:39 ID:cjUOIIe10▼このコメントに返信
まあ突発的な暴走だろう
共謀者がいるなら滅亡前に、何で味方せんのだって愚痴の1つも残しただろうし
141.名無しさん:2019年05月15日 11:39 ID:kiA8tkiH0▼このコメントに返信
※138
142.名無しさん:2019年05月15日 11:40 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
※139
目的ともいうし、あの時点なら「協力して」の看板だね。
143.名無しさん:2019年05月15日 11:44 ID:.u.0t2B70▼このコメントに返信
信長の描いた国づくりと光秀の描いていた国づくりに違いが出てきて
これ以上信長の国づくりに協力できないって考えたんだろね
光秀は恐らく朝廷を中心に信長を将軍職につけた国づくりを考えてたろうが
信長の方には全くその気が無く、朝廷の権威を蔑ろにするようにも見えたから
それならこのチャンスを逃さず自分が新しい国を作ってやるって考えたんだろな
144.名無しさん:2019年05月15日 11:44 ID:3TqgV2Uf0▼このコメントに返信
つか、比叡山延暦寺を率先して焼いたのも義昭と幕臣だしなw
信長はやりたがらなくて、朝廷に「義昭から比叡山やけと言われてるんだけど、何とかして」
とお伺いたてたら朝廷が比叡山に使者出して和睦斡旋しに行ったら比叡山が使者をどつき回して追い返したので、
朝廷も切れてしまい信長に「焼いてしまえ」と命令して信長涙目。
当時は幕臣の明智はノリノリの比叡山焼き討ちの計画書立案して率先して参加。
比叡山の社領の坂本を恩賞に貰って比叡山の坊主が坂本にもってた財産を思いっきり横領した男だぞ。
145.名無しさん:2019年05月15日 11:45 ID:cjUOIIe10▼このコメントに返信
>>16
こいつホンマ阿呆
146.名無しさん:2019年05月15日 11:47 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
※137
高山右近という名将もいましたね。フロイスはだめかあw 少し考えますわ。(案外変わらないと思いますねどね。)
147.名無しさん:2019年05月15日 11:48 ID:3TqgV2Uf0▼このコメントに返信
因みに比叡山が焼き討ちにされたのは信長の前に2度あってどちらも足利幕府の命令。
実行犯は菅領の細川家と近江守護の六角家。因みにどちらも信長を非難してるけど、
当時の公家の日記には、信長は朝廷と幕府の命令に従っただけで、非難した六角と細川はお前が言うな的に事が掛かれてるw
148.名無しさん:2019年05月15日 11:48 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
※144
それ有名。いやあボロボロっすね。
149.名無しさん:2019年05月15日 11:49 ID:7P1tuGkF0▼このコメントに返信
黒幕不在が正しい。
150.名無しさん:2019年05月15日 11:49 ID:mpeUDh3l0▼このコメントに返信
>>98
雨が下しる

天が下 治る

と掛けてるんやで
151.名無しさん:2019年05月15日 11:50 ID:2GiEHyya0▼このコメントに返信
今まで何度も謀反を許してきた実績のある主君が無防備で目の前にいた
失敗しても助かるんじゃねで謀反してみたら成功しちゃったって感じなのでは
152.名無しさん:2019年05月15日 11:53 ID:DiCU1uhj0▼このコメントに返信
第六天魔王というか,強烈に恐怖の的で,しかも庶民に優しく,経済政策が上手で
道を広げ橋を架け,切通を整備する神様のような人で,そのカリスマは冲天に上り
絶大すぎて家臣はみな息苦しくて,一息つきたかったんじゃあるめえかや?

153.名無しさん:2019年05月15日 11:54 ID:cjUOIIe10▼このコメントに返信
>>46
あれだけの地域にまたがって急拡大した勢力がいないから
人間性がダメだから謀反起こされたのか否か分からん

仮に信玄が北条や東方之衆を呑み込んだとして謀反が全く起こらないとかあるのかねえ
しかも大和摂津辺りの連中クセが強いし
154.名無しさん:2019年05月15日 11:57 ID:OFaOhpbU0▼このコメントに返信
>>42
本能寺の変の黒幕とされた容疑者が全員、光秀から横領の被害を受けてて草

正親町天皇
→比叡山焼き討ち後に朝廷の廬山寺や曼殊院など三門跡の領地を横領されて 信長に抗議したら 勅使を買収

足利義昭
上記の件で光秀を制止したが、無視された挙げ句東寺の下久世庄の一職にしたのに金を払わず、挙げ句に地子銭止めたら、信長に叱責させた

吉田兼見
吉田山の吉田神社本山を光秀の進言で宿舎にされかけた

果たしてこんな奴に暗殺なんて大事を任すかね
155.名無しさん:2019年05月15日 11:57 ID:LS4jpXBk0▼このコメントに返信
※134 確かこんなかんじだっけ
ノッブ「四国は元親君の好きにしていいよ」
元親「よっしゃ、やったるで!目指せ四国制覇!!」
それが四国制覇目前で
ノッブ「やっぱ無し、土佐一国だけ」
元親「ふざけんなゴルァ!」
ノッブ「ふーん、逆らうんだ。じゃあ破壊しちゃうよ(CV山寺)」
156.名無しさん:2019年05月15日 11:57 ID:TOob.wqa0▼このコメントに返信
裏切りつーか
光秀は元から「信長の家来」っていう意識が
希薄か、なかったんじゃないかと…
信長についた経緯も経緯だし。
157.名無しさん:2019年05月15日 11:57 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
弟が裏切った。林、柴田も弟についていた。林は1580年になってそれが理由か追放。
親族は大体敵対した。
妹婿の浅井が裏切った。
奈良の大物松永が裏切った。
摂津の大物荒木も裏切った。
最期に明智が裏切って、はじめて成功した。
むしろ信長が悪運が強すぎて助かり過ぎたくらい。
158.名無しさん:2019年05月15日 12:01 ID:KsKxggOH0▼このコメントに返信
※155
一条家の補佐としての長曾我部は認めてたけど
一条家を追い出した逆臣を認めたわけではない
まあ信長の事だから気が変わって言いがかりの可能性もあるけど
159.名無しさん:2019年05月15日 12:02 ID:3TqgV2Uf0▼このコメントに返信
んー、でも光秀って当時34万石程度だろ?
切り取り勝手の免状貰って山陰道を制覇すれば総石高100万程度、
半分を与力に分けても50万石ぐらいにはなるよな。
当時の山陰山陽は先進地域だからそれなりの旨味もあるだろうに。
今一謀反の理由は判らないね。
160.名無しさん:2019年05月15日 12:03 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
※155
信「四国は光秀に任せる。長曾我部とうまくやれ。」
光「よーし、姻戚になるぞ。」
信「長曾我部は土佐だけ。四国遠征を組むぞ。総大将は信孝、目付は丹羽な。光秀は四国方面から解任。秀吉の応援に行け。」
光「え?」
信「6月初日に決行な」
光「家来どうする」
家来「怒しかありません」
・・・・という説がありますね
161.名無しさん:2019年05月15日 12:03 ID:cwEPv41o0▼このコメントに返信
秀吉黒幕説があるけど、実は家康の長期計画の第一歩だったりしてね。
162.名無しさん:2019年05月15日 12:09 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
※159
のちの毛利が中国全部でも100万、俗説の岩見・出雲だと太閤検地で30万石に過ぎません。石見銀山はあります。丹波+坂本と同程度と見るべきでしょう。
163.名無しさん:2019年05月15日 12:14 ID:HX9YT3fF0▼このコメントに返信
信長を恐れたんだよ
だから失敗した
164.名無しさん:2019年05月15日 12:18 ID:HAVN95z.0▼このコメントに返信
>>157
言うて鎌倉~戦国にかけて中央政府やれるクラスの勢力になれば謀叛とか離反者もポコポコ出てくるのは普通だろ
初期の抗争も一族がドングリの背比べ状態になってればよくあるレベル
織田一族の多さ考えると尾張制覇した後は浅井とかおつや以外に目立った一族の謀反人がいないだけマシなほうだと思う
165.名無しさん:2019年05月15日 12:19 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※159
その線で考慮すれば光秀は6.70代なのに隠居もさせてもらえず、しかも秀吉ですら「生まれ変わったら、信長様のところには就職しない」というほどブラック勤務が続くのに絶望してキレた・・・とも。

まぁ、高齢でも北条さんちの初代と息子とか朝倉さんちの戦闘マシーンとか高齢でも前線勤務はザラなのでなんともいえませんけど。
166.名無しさん:2019年05月15日 12:34 ID:s0Diq5gE0▼このコメントに返信
※151
俺もそう思う。畿内にまとまった戦力は自分しかいない状態で
信長と信忠を同時に討ち取ることが可能なことに気付いてしまった
みんな信長のことは煙たく思ってるし、これはワンチャンあるで!と考えたのだろう

朝廷とかに義理立てして乾坤一擲するような奴が、あんな出世できないと思う
陰謀論は虚しいとも思う
167.名無しさん:2019年05月15日 12:35 ID:kLEmSU9Q0▼このコメントに返信
※133
俺も四国攻め停止のためだと思うわ
長宗我部との結びつきが想像以上に強かった
168.名無しさん:2019年05月15日 12:44 ID:mXKVKbDe0▼このコメントに返信
※6
比叡山はのぶは何度も説得しているんだよなぁ
協力せんでもいいからせめて敵に手を貸さんでくれとか結構ぬるい
結局、延暦寺に焼き討ちされた地元の寺の協力を得て攻撃したけど
169.名無しさん:2019年05月15日 12:45 ID:L3E.fg3D0▼このコメントに返信
>>166
それはちょいと間違いやで?
当時の信長政権で最大動員できるのは当主の信忠や
信忠が生き伸びて檄を飛ばしたら一発逆転やぞ?
計算とかほとんど考えていなかったと思う
170.名無しさん:2019年05月15日 12:45 ID:4i3vav.X0▼このコメントに返信
信長が次代天皇を自分の屋敷に囲っていた事からそれに反発した義挙説が数年前に出て、
でも式年遷宮を復活させたの信長だし他の事でもないがしろにしてたわけじゃないから義挙は違うんじゃねって話になった
それから「時は今 雨が下しる 五月哉」は俗説と違いの雨の下しるのシラスは古事記であって、雨の下しるはそのまま天皇の統治を示し、
その歌が歌われた連歌の会ではその光秀の歌に対しよってたかって止めようとする歌が歌われているという説が出てきた

171.天下を取りたかったから。:2019年05月15日 12:52 ID:Echd9k5N0▼このコメントに返信
>>1
天下を取りたかったから。


そして明智光秀の目の前に織田信長・信忠親子を同時に殺.害可能な千載一遇の好機が来たから、それに乗っただけである。🤗😀🐈😻
172.名無しさん:2019年05月15日 12:56 ID:QP2IjLXt0▼このコメントに返信
みんな。充分楽しんだよね。史料足りないから結論は出ないぞ。
173.名無しさん:2019年05月15日 13:03 ID:FejRKuTL0▼このコメントに返信
>>39
そうだね、利三が光秀に引き抜かれて信長に直訴したって話だと思う
安藤守就が反抗的だったってのも光秀が調略していた可能性が高く、稲葉が光秀に従わなかったのはそういった諍いがあったからかもしれない
どっちにしろ美濃衆は明智を筆頭に信長に対して翻意はあったのかもしれない
174.名無しさん:2019年05月15日 13:04 ID:0rmujIvL0▼このコメントに返信
近畿の領地取り上げられたうえ自分の領地は山陰地方切り取り放題みたいなこと言われたら絶望するだろ…
175.名無しさん:2019年05月15日 13:10 ID:4Zyt58x.0▼このコメントに返信
不思議なのが身近な側近や血縁者ならともかく他の親戚一同がノブ討ちに賛同するか?って話。別に親戚連中や他の取り巻きが今の地位かなぐり捨ててこんな博打に乗るかが謎。勝ったとしても旨味も少なく討った後のプランも不透明だしじゃあ今の地位でよくね?になるやろ。しかも昔じゃ勝手にやって知りませんは許されず一族郎党処刑やし普通に密告ルートか親戚内で迷惑がられてリンチ&私刑やろ。
176.166:2019年05月15日 13:13 ID:s0Diq5gE0▼このコメントに返信
※169
いやだから「同時に討ち取れる」と気付いたんじゃないかってことよ
突発的に決めたから、明智ともあろう将が、全くのノープランでああなったわけで
177.名無しさん:2019年05月15日 13:16 ID:FejRKuTL0▼このコメントに返信
>>72
信長が部下達に地方軍団を率いさせて隙あらば天下を望めくらい言って煽ってたのかもしれない
旧臣でも佐久間みたいな野心のないのはどうにもならんわけで
それに信長も50近くなり焦りが出て家臣に負担を強いていた事も要因かも、勢力拡大を急ぎ過ぎて
あとは信忠に問題があった可能性もありそう
178.名無しさん:2019年05月15日 13:20 ID:L3E.fg3D0▼このコメントに返信
※176
それなら同時に攻めないと
兵の多い二条城を後回しにしているわけだし
目的は信長“だけ”だったのだと思うよ?
179.名無しさん:2019年05月15日 13:31 ID:FejRKuTL0▼このコメントに返信
>>108
現代の感覚ならね
家督を継ぐ為に養子になったり長子を廃嫡したり、中世日本の家族への愛情は今とは全く違うものだと思う
180.名無しさん:2019年05月15日 13:34 ID:bcpy.TF00▼このコメントに返信
ちなみに領地の召し上げ説は嘘だから。
いかにも江戸時代以降の感覚だね。
当時は所領の石高で兵の数を決めてたから領地無しとかあり得ない。
そもそもどこから資金が出るんだよ?
181.名無しさん:2019年05月15日 13:34 ID:jXi35WPF0▼このコメントに返信
ザ・マンが悪い
182.名無しさん:2019年05月15日 13:42 ID:L3E.fg3D0▼このコメントに返信
※180
領主は動いても土豪は動かないんよね
一族を多少つれて行く事はあるけれど兵まではつれて行かない
183.名無しさん:2019年05月15日 13:43 ID:eSf3fjqg0▼このコメントに返信
>>10
秀吉は結構見逃してるのにな
184.名無しさん:2019年05月15日 13:44 ID:C98gSAga0▼このコメントに返信
身も蓋も無いが、「色々あったんだよ」が正解だと思う。
そして「これが理由だ」と言われてる物の1つが、最後の一押しに繋がった。
185.名無しさん:2019年05月15日 13:47 ID:ZiYYjRXM0▼このコメントに返信
信長についていた未来人が原因。
186.名無しさん:2019年05月15日 13:54 ID:ZKWcEUCx0▼このコメントに返信
ここまできて痴情のもつれ説が一個もないよ?

BL的な展開を期待しすぎか?
187.名無しさん:2019年05月15日 13:58 ID:1isXHmXL0▼このコメントに返信
光秀単独犯は無いわ。信長を亡き者にしたい朝廷に利用されたんだろ。
ただ諸侯は格下の明智の天下取りに協力しなかった。
そこを秀吉にかっさらわれたんだと思うけどね。要は秀吉が一枚上手というか光秀の詰めが甘かっただけ。
188.名無しさん:2019年05月15日 14:04 ID:Zhvn.nMp0▼このコメントに返信
※186
黒幕説も野心説も決め手に欠けるからな
突破的なところの謎は痴情のもつれが一番説得力がある(白目)
189.名無しさん:2019年05月15日 14:07 ID:C98gSAga0▼このコメントに返信
※186
みっちゃん、愛妻家だもん。
ノブ様も側室は多いけど、「平等に愛する」ことについてはマメだったらしい。
ノブ様は有力家臣とは言え、サル殿の嫁さん(おね)の愚痴を「うん、まぁ、そうだね」とちゃんと聞いてくれる良い人だぞ。
190.名無しさん:2019年05月15日 14:08 ID:eSf3fjqg0▼このコメントに返信
>>11
朝廷とのパイプを持つ光秀は機内平定後に織田政権での重要性を失ったが長曾我部元親(反秀吉)との繋がりで四国処分を牽引していたので当然四国討伐の総大将になれると思ってたが外されてしまった(総大将は三七信孝)
毛利討伐の総大将である秀吉に追い落とされる焦燥感と大功あっても将来的に使えないと判断され粛清された佐久間信盛等の先例を恐れて謀叛したんでは?
191.名無しさん:2019年05月15日 14:13 ID:h6jRr8140▼このコメントに返信
利益と確度から、推測するのが一番

1・毛利: 信長死んだからこそ存続できた。 存続確度も高い。
2・秀吉: 信長死んだおかげで天下人。 ところが天下人になる確度はギャンブルレベルだった
3・明智: 信長死んだら天下人。 根回しが弱くギャンブル過ぎる。
4・家康: 秀吉が運よく滅んだから良いものの、やはりギャンブル

というわけで、毛利が黒幕が戦略的に理にかなっている。
192.名無しさん:2019年05月15日 14:13 ID:CZbYj0pw0▼このコメントに返信
そこに信長が居て他の武将は遠くに居る
こんなチャンスを逃すほど無能ではなかっただけだ
193.名無しさん:2019年05月15日 14:16 ID:L3E.fg3D0▼このコメントに返信
※192
丹羽長秀と神戸信孝は四国方面軍を率いて幾内にいたぞ?
194.名無しさん:2019年05月15日 14:29 ID:OIrvWDuj0▼このコメントに返信
※193
畿内にはいない。四国侵攻に備えて淡路島の近くの本土にはいた
結果的に畿内に近いことがアダになって信長横死が早く伝わって
軍団は瓦解した。信長が信孝に箔を付けさせてやろうと光秀の管轄外の
畿内や大和などから武将・兵をかき集めて作った混成軍団だったのが
ダメだった。蜂屋とか子飼いの中堅クラスもいたのに止められないのはどうしようもない
195.名無しさん:2019年05月15日 14:33 ID:s0Diq5gE0▼このコメントに返信
※178
同時攻撃が理想だけど、どう考えても準備不足だし優先順位を付けたんだと思うよ。
2人とも討ち取る前提じゃないと、謀反が成立しない。明智の脳内でGoは出ない。
まあ思うだけで根拠はないんだけどね。
196.名無しさん:2019年05月15日 14:39 ID:vwY3YyZ90▼このコメントに返信
根回しも事後処理も「織田軍団の重鎮・出世頭」の手腕とは思えない。
・ついやっちゃった説
・家康を討つつもりでミスった説
こういう普通ならなさそうな説に信憑性が出てしまう。
197.名無しさん:2019年05月15日 14:42 ID:Os.CsslB0▼このコメントに返信
すべてのことに原因があるのは事実だとしても、すべての原因が明らかになるとは限らない。
調べても判らないこともあるんだよ。
歴史家は、そこのところを理解してないから、適当な珍説を量産して恥じるところがない。
戦国時代と幕末とは、3流学者の珍説披露劇場になっている。
198.名無しさん:2019年05月15日 14:52 ID:g.4IZwFN0▼このコメントに返信
秀吉の陰謀と言ってるやつは既に織田家家督相続を終えてる信忠が死ななかったら計画が瓦解することを無視してる
秀吉は赤子である信忠の息子を擁立して邪魔者を排除したが成人の当主がいたら秀吉には簒奪なんて無理
信忠はたまたま父に殉じたが逃亡する気なら逃亡できたわけで秀吉はそれを防ぐ対策が出来てない
陰謀論者は結果だけ見すぎ
199.名無しさん:2019年05月15日 14:57 ID:AQPzoY.C0▼このコメントに返信
せかいのはんぶんをみつひでにやろう
200.名無しさん:2019年05月15日 15:03 ID:afcVHEMy0▼このコメントに返信
本読んでるのか?
光秀は上品な人間だったけど信長が野蛮ですぐ怒鳴り散らしてパワハラし続けて精神衰弱におちいった
それによって仕事でミスが続いてさらに信長が怒鳴り散らして悪循環に陥った
信長は自分の事が嫌いなんだろうなと思ってる中で急ぎで長曾我部相手に出陣する事になって戦場にはやく駆け付ける順番に武将の名前を書いたが
光秀は信長に仕事押し付けられまくってて忙しくてすぐには出陣できないだろうという事で名前が後ろに書かれた
光秀は仕事が忙しくて中央にも久しく言ってなかったから事情も知らずいよいよ信長が自分を左遷したと思った
いずれ信長が自分を追い詰めて処刑するだろうか殺される前にやるしかなかった
201.名無しさん:2019年05月15日 15:09 ID:afcVHEMy0▼このコメントに返信
現代では企業に勤めれば上司に怒られるのが当たり前だけど俺は不満だよ
202.名無しさん:2019年05月15日 15:14 ID:8MAywoGV0▼このコメントに返信
※195
だから権力を至上目的とした謀反ではないって話よ
203.名無しさん:2019年05月15日 15:19 ID:afcVHEMy0▼このコメントに返信
※158
一条兼定って戦国大名で全国一の無能だよな
なんで信長はそんなやつを保護したんだろ
自分だって斯波家滅ぼしたくせに
204.名無しさん:2019年05月15日 15:19 ID:b4A0cbMV0▼このコメントに返信
何かが降りて来たから
205.名無しさん:2019年05月15日 15:21 ID:afcVHEMy0▼このコメントに返信
※203
斎藤竜興は追放したくせになんで一条兼定は保護したのか
206.名無しさん:2019年05月15日 15:30 ID:bBL8eD9a0▼このコメントに返信
光秀は遠からず自分が滅びることも想定したうえでの自爆テロに近いかったんじゃなかろうか?
自らを犠牲にしてもこの時点で信長を日本史から退場させねばならん、って使命感やったろ
光秀にそんな決意をさせたのは後世のワシらが見ることのできない信長の何かなんやろな
光秀を見るより信長を見た方が正解にたどり着けそうな気がする
もしかしたら信長は足利将軍を退場させたように朝廷すらも退場させようとしとったんじゃなかろうか?
207.名無しさん:2019年05月15日 15:47 ID:CZbYj0pw0▼このコメントに返信
※200
光秀は信長と比べてもよほど残虐で狡猾だよ
それに同じ路線の秀吉より序列が上なわけだし
208.名無しさん:2019年05月15日 15:52 ID:05LiKvaq0▼このコメントに返信
ノブにハゲを馬鹿にされたからやぞ
ハゲを怒らすと怖いぞ
209.名無しさん:2019年05月15日 15:57 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※205
信長の美濃侵攻の名分は「道三から婿である信長に譲り渡した」というものである以上は道三(正確には義龍)系の正当な後継者である斎藤竜興が残っていればその名分の邪魔であるから。

ぶっちゃけ、殺さなかっただけ温情ではないかと。まぁ、その温情の結果がノッブの人生でも屈指の難敵を生み出したのでしょうが。

斯波家の場合も尾張統治という利害関係に抵触したからの追放であって、それが消滅した後は養護している。

一条家というのは土佐どうこうもあるけど関白を輩出しているガチの名門の分家・・・である以上は保護しない理由が逆に無い。
210.名無しさん:2019年05月15日 16:11 ID:KOaqC4sQ0▼このコメントに返信
光秀は本能寺を襲ったが、すでに家督を譲っていた信忠のいた妙覚寺には兵を送っていなかった。(結果的に信忠の短慮で2人とも屠ることができたが・・・)
信長死んでも信忠生きてれば、謀反は全く意味ない

その他諸々、策士で名将の誉高い光秀がこの変では信長襲うこと以外ボロボロ
なので、光秀が信長のパワハラで強度のノイローゼだったというのが一番納得できる
211.名無しさん:2019年05月15日 16:21 ID:bl3MxxVY0▼このコメントに返信
当時は男色は当たり前の時代・・・で、恋愛のもつれだと思うよ!
212.名無しさん:2019年05月15日 16:33 ID:OIrvWDuj0▼このコメントに返信
※206
山崎でも勝つ気だった
本来開戦日は翌日の予定で光秀は長篠の再現をしようと陣地を構築して鉄砲隊を軸にして
存分に迎え撃つはずだったが、鉄砲の威力を同じく熟知していた秀吉が
明智鉄砲隊を相手にするやっかいさを知っていたので
明日開戦しては晴れてしまい数はいても寄せ集めの秀吉が不利を悟られれば潰走する恐れがあった
そこで諸将の反対を押し切ってムリヤリ開戦日の前日に戦端を切った(結局苦戦した)
双方が本来の開戦日に戦っていたらどうなっていたか分からない
もしかしたらみっともなく落ち武者狩りにあっていたのは秀吉の方だったかもしれない
213.名無しさん:2019年05月15日 16:36 ID:LxWqNHe00▼このコメントに返信
裏切りと言う概念が今と違うから
信長がどんだけ主筋を潰したと思ってるんだ
214.名無しさん:2019年05月15日 16:38 ID:OIrvWDuj0▼このコメントに返信
※210
信忠は逃げようと思えば逃げられたけど
「光秀はそんな杜撰な行動はするまい」と勝手に光秀を過大評価して逃げなかった
長益(有楽斎)が「早く父上に倣って腹を切られよ!さあ!」と
とにかく何かにとりつかれたかのように急かして
信忠を葬ることに成功。コイツは何故か切腹もせずにちゃっかり逃げてるし
自分はコイツと光秀は繋がってたんじゃないかと思う
大坂でも豊臣の内情を家康に暴露してるし長益って極悪人じゃね?
215.名無しさん:2019年05月15日 17:42 ID:Qo9jGco.0▼このコメントに返信
>>214
そこで一つの疑問。信忠は変が起きた時に何故京都にいたのか?彼のお役目は家康の付き添いだから、本当なら家康と共に堺にいなければならなかった筈。
216.名無しさん:2019年05月15日 18:00 ID:eSf3fjqg0▼このコメントに返信
>>145
世界最高の城が1年程で消失とか世界の損失だよな
217.名無しさん:2019年05月15日 18:01 ID:qBEYAO0Z0▼このコメントに返信
※37
その説は否定されとるで。
個人的には斎藤利三主犯説やないかと思うわ。光秀は巻き込まれただけ。
218.名無しさん:2019年05月15日 18:02 ID:O.m.JBcq0▼このコメントに返信
柴田や滝川や森のグダグダさを見るに光秀に勝機のあった謀反だよ
信忠が生きてたとしても秀吉が戻って来なければ兵力不足で壊滅してた
それを考えると毛利が動かなかったのが天下を分けたな
関ヶ原と同じくキーマンは毛利
219.名無しさん:2019年05月15日 18:02 ID:qBEYAO0Z0▼このコメントに返信
※38
全然追い詰めてないから。
220.名無しさん:2019年05月15日 18:03 ID:u6.Ha7mX0▼このコメントに返信
光秀、実は無罪説。
信長暗殺計画を入手したので救援の為に本能寺へ、しかし時すでに遅く到着時点で本能寺は火の海。畿内の混乱を治めようと奔走しているうちに、状況証拠で光秀が主犯と世間で認知される。もちろん真の主犯といった光秀が主犯であることの方が都合のいい人対達も、光秀が主犯である事実を後押しする。光秀、気がついた時にはみんな(朝廷とか)が主犯扱いしだして、もはや自分はやってないなどと言い出せる状況じゃなくなる。秀吉、信長を暗殺した光秀を討ち取った織田家の功労者という大義名分の為に、光秀主犯を既成事実化する。脚本:三谷幸喜
221.名無しさん:2019年05月15日 18:05 ID:qBEYAO0Z0▼このコメントに返信
※74
まず天皇制なんてない。言葉としてもまだ存在していない。

幕府を開かない=天皇破壊って飛躍し過ぎ。
222.名無しさん:2019年05月15日 18:08 ID:qBEYAO0Z0▼このコメントに返信
※102
信雄信孝は織田家の人間じゃなかったので、後継者は三法師しかいない状態だった。
223.名無しさん:2019年05月15日 18:10 ID:qBEYAO0Z0▼このコメントに返信
※108
当時の常識を今基準で考えるのはよくないぞ。
224.名無しさん:2019年05月15日 18:13 ID:dmAF0kxl0▼このコメントに返信
本能寺!
日蓮宗・天台宗・浄土真宗の僧兵聯合が、信長を襲ったのでわ?

光秀は、馬揃えで京都入りするはずが、火柱見て駆けつけたが、全てが灰に帰していたと。
225.名無しさん:2019年05月15日 18:21 ID:J37M1PiA0▼このコメントに返信
※200
>光秀は上品な人間だったけど信長が野蛮で
これ逆な。当時の文献を見るに野蛮で嫌がられていたのは光秀。
226.名無しさん:2019年05月15日 18:28 ID:dmAF0kxl0▼このコメントに返信
>>131
※131
鳥取城攻めや但馬攻略を羽柴勢がやってるので、明智が山陰担当は、無いのでわ。
227.名無しさん:2019年05月15日 18:30 ID:Zhvn.nMp0▼このコメントに返信
革命児信長、立身出世の秀吉のイメージに引っ張られて光秀にもそれにふさわしいイメージが仮託され過ぎている
228.名無しさん:2019年05月15日 18:34 ID:R2jTTDEJ0▼このコメントに返信
※218
信忠が生きていれば幾内の豪族を糾合出来たぞ?
中川高山池田細川辺りは味方につけられたんだからな
229.名無しさん:2019年05月15日 18:36 ID:dmAF0kxl0▼このコメントに返信
>>174
※174
領土切り取り次第の約束した家臣ているか?
佐々成政ぐらいじゃない。
対毛利が、羽柴担当だから、勝手に領土切り取りなんてできないのでわ?
230.名無しさん:2019年05月15日 18:39 ID:R2jTTDEJ0▼このコメントに返信
>>222
しかし仇討ち戦では信孝は織田の旗を揚げて戦ったし後見人にしっかり収まった
秀吉が一か八かの博打を打つにはまだ越える壁が多すぎる
231.名無しさん:2019年05月15日 18:40 ID:dmAF0kxl0▼このコメントに返信
>>191
信長協奏曲が、その方向みたい。
黒幕・小早川隆景。
232.名無しさん:2019年05月15日 18:43 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※226
秀吉が当時、包囲中の高松城は山陽にある。さらに言えば援軍として毛利家の主力もそこに出張っている。

のであれば別部隊を手薄なルート(山陰)から進行する・・・というのは別段おかしな話ではないと思いますけど。

実際に丹波攻めなどで援軍として派兵された秀吉(の代理で出陣した秀長)軍は光秀と別ルートから進行しておりますけど。
233.名無しさん:2019年05月15日 18:44 ID:R2jTTDEJ0▼このコメントに返信
>>229
対毛利が秀吉担当って事はない
明智方と共同でやっている
裏切った荒木村重も本来明智方の与力だしね
234.名無しさん:2019年05月15日 18:48 ID:dmAF0kxl0▼このコメントに返信
>>228
※228
本拠地の岐阜に逃げない?
瀬田川さえ越えれば、明智に味方する勢力ないし。
安土城留守番の蒲生秀郷は、義弟だし。
河内方面は、勝龍寺城は、明智与力の細川の城だし。
235.名無しさん:2019年05月15日 18:48 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※226
ついでに言えば光秀の役割は中国攻めをやっている秀吉の”援軍”、という光秀も何度かやっているし、丹波丹後攻めで光秀も秀吉などから受けている行為であってある以上、担当どうこうは関係は無いかと。

むしろこれで「秀吉の傘下に・・・」とかの方が飛躍しすぎる考えだと思いますが
236.名無しさん:2019年05月15日 18:53 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※234
どちらにしろ信長を討っても信忠が生き残れば織田政権は安泰=謀反人の光秀には明日は無いことには変わりは無い。

討っても明後日はありませんでしたが・・・。
237.名無しさん:2019年05月15日 18:53 ID:Qo9jGco.0▼このコメントに返信
>>234
だから信忠の動向が気になるんだよ。前日の昼間までは家康と共に堺にいたのに夜になって突然信長の元を訪ねて、翌朝謀叛に巻き込まれて殺されているのだからな。見方を変えると、わざわざ殺される為に信長の元を訪ねたようなものだ。
238.名無しさん:2019年05月15日 18:54 ID:R2jTTDEJ0▼このコメントに返信
>>234
摂津の池田恒興が動員力が一番高い
信長の義兄弟でもあるし
239.名無しさん:2019年05月15日 18:54 ID:dmAF0kxl0▼このコメントに返信
>>232
※232
山陰侵攻なら、与力の細川・筒井も動員しないと。
後背地の無い丹波攻めと違うんだし。
吉川が、月山城に籠城したら、明智単独で抜けないぞ。
240.名無しさん:2019年05月15日 18:56 ID:J37M1PiA0▼このコメントに返信
※230
まあ確かに清洲会議も定説と違って実際は信孝側優勢だったしね。秀吉が博打を打ったのはこの後。

秀吉は清洲会議の決定を破棄し、信雄を織田家に復帰させ一時的だが当主に据えた。
241.名無しさん:2019年05月15日 18:59 ID:HNak9.K80▼このコメントに返信
足利室町幕府再興のためだった・・・のがまあ正当か。
242.名無しさん:2019年05月15日 19:00 ID:afcVHEMy0▼このコメントに返信
秀吉もそうだし光秀も出身地不明なんだよな
創作では各地を流浪していたとか、斎藤家家臣だったとか言う事になってるけど
何か出身地を抹消させるような秘密があるのかもしれないな
243.名無しさん:2019年05月15日 19:00 ID:R2jTTDEJ0▼このコメントに返信
>>237
信長が出迎えに呼んだって説がある
244.名無しさん:2019年05月15日 19:01 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※237
>前日の昼間までは家康と共に堺にいた

そういう記録は無い。どころか信長よりも先に京に入り、変まで居座っていたという記録ならある

>夜になって突然信長の元を訪ねて

私的には親子であるならば近場に行くなら会いに行きますわな。公的には急遽決まった中国増援や直近である四国攻めの打ち合わせ、公家や有力者との宴会中などを考えればむしろ会いに行かないのがおかしいですが。

>見方を変えると

それで光秀がまがさした・・・と考えるのが妥当となりますけどね
245.名無しさん:2019年05月15日 19:11 ID:aKn8H2YJ0▼このコメントに返信
※239
>山陰侵攻なら、与力の細川・筒井も動員しないと。

実際に細川勢は援軍部隊として動員されているけど

>吉川が、月山城に籠城したら、明智単独で抜けないぞ。

で、吉川が抜け、その分手薄になった山陽方面は秀吉と増援としてやってきた信長本隊の攻勢により、毛利輝元と小早川隆景の軍は壊滅。以降は毛利領は織田軍に蹂躙されて、月山城だけ残りましたました・・・で、終わりたいのであればそうなりますな。
246.名無しさん:2019年05月15日 19:22 ID:81KF6uS.0▼このコメントに返信
秀吉もあれだけ急いで帰って来たんやから途中で脱糞してるやろ?
247.名無しさん:2019年05月15日 19:32 ID:QC6Bqilx0▼このコメントに返信
色々加味したら利三暴走>一蓮托生しか無いわな
248.名無しさん:2019年05月15日 19:40 ID:Zhvn.nMp0▼このコメントに返信
※242
美濃明智氏と関わりがないということはないと思う
幕臣だったように思われているのは上洛前に織田家から義昭につけられたからではという説がある
一族の本家本流ではなく一兵卒のような立場から働いてるうちに信長の目に留まって引き上げられたのかもしれないとか
249.名無しさん:2019年05月15日 19:49 ID:ZuqHZIFS0▼このコメントに返信
※155
四国の有力大名は土佐の長宗我部の他に三好長慶や三好三人衆で有名な阿波の三好氏がいる。
織田信長の前に凋落著しい三好氏だったが、三好康長が信長に降り本願寺攻めに加わった事で復調の兆しが見え始め、
更に信長の命により淡路・四国方面の調略を担当するようになる。
ところが信長に切り取り次第の約束手形を貰った長宗我部と、既に信長家臣として重用される三好が阿波を巡り衝突。
当然ながら信長としては自分の家臣の方が大事なので、空気を読めない長宗我部に土佐と阿波南部で我慢するよう通告。
これを飲まない長宗我部元親の討伐が決定した。
四国攻めは織田信孝を大将に三好康長らも加えた陣容だったが、
本来なら長宗我部との取次役だった明智光秀が任せられるべき立場であった事でもあり、
多少なりとも遺恨はあっただろうとは思われる。
250.名無しさん:2019年05月15日 21:17 ID:fApeQJRw0▼このコメントに返信
ハゲハゲとパワハラを受け続ければ
誰でもやってやるぜになるわ
本能寺の変が突発なのは変後の光秀のお粗末さから明らか
まぁ、突発だから成功したともいえる、事前に根回しとかしたら
漏れて失敗していた。
251.名無しさん:2019年05月15日 21:23 ID:077YsM3M0▼このコメントに返信
>>61
黒田を過大評価し過ぎ。当時の黒田は地方土豪に毛が生えた程度の勢力しかない。ただ、そんな奴が絶対絶命の状況下でたいした情報も無いのに勝ち筋見つけて来て恐怖したってのは分かる。単なる黒幕なら潰してしまえば良いだけで、怖くもなんともないぞ。
252.名無しさん:2019年05月15日 21:37 ID:TJGIU6ar0▼このコメントに返信
>>73
フッと魔が差したとしか
253.名無しさん:2019年05月15日 22:14 ID:0RoZpysF0▼このコメントに返信
上様、最近、お蘭ばっかりかまって、あたしには目もくれないの。

上洛した頃はあんなに激しかったのに…。

あたしあのお蘭って子絶対許せない!
ちょっと痛い目見てもらおうかしら。

ゴーーーーッ(本能寺大炎上)

あ、あ、あわわわ…
254.名無しさん:2019年05月15日 23:20 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
信長が次は何をやろうとしていたか、考えれば答えは出るよ。
信長にとっては、朝廷なんてクソ喰らえだったんだからさw
255.名無しさん:2019年05月15日 23:21 ID:EJVtwGNQ0▼このコメントに返信
※254
それ光秀な。信長は朝廷からの評価がすごく高い。
256.名無しさんの:2019年05月15日 23:28 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
>>255
朝廷が勝手に思ってただけでしょ。
そもそも朝廷からの評価が高いって何を根拠に?
257.名無しさん:2019年05月15日 23:31 ID:Wvmo83bS0▼このコメントに返信
本能寺の変に至るまでの五年間は、正親町天皇も何度も仲裁したほど、信長、家康の親世代(津島方)VS信忠、信雄、信康の子世代(生駒方)の当主親子戦争激化の時期であり、大半の重臣は信長側についたが、生駒家出身である秀吉だけは信忠についた。
信長は、竹中半兵衛の死後、信康切腹、信雄軍権剥奪、信忠与力没収の手を次々と打ち、信忠、信雄に残された最後の手は、秀吉と連携して信長に謀反を起こすのみだった。
信長は信忠粛清を光秀に命じ、丹羽、池田には秀吉軍団の上洛阻止を密命し、大坂に津島で育った信孝を配置した。
その結果、信忠が暴発して本能寺の信長を襲ったが光秀に討たれる。
信長や光秀の最大の誤算は、摂津衆が秀吉についたことであり、茨木の中川清秀が光秀、丹羽、池田の連絡網を断ち切ったこと。
秀吉、信雄は信忠の仇を討つため、家康を利用して池田恒興、森長可まで滅ぼし、丹羽長秀の小牧山城を破壊し、津島衆の既得権益を解体して、生駒家の尾張完全支配が実現する。
258.名無しさん:2019年05月15日 23:33 ID:AkiMvHIa0▼このコメントに返信
宮内庁あたりには昔の記録があるんじゃないの?歴史学って不思議なことに朝廷側の批判とか評価につながるような研究ってされないんだな。まあ、今ま昔も同じ。w
259.名無しさん:2019年05月16日 00:16 ID:XTHe.7.c0▼このコメントに返信
※257
流石に無理がありまくる
260.名無しさん:2019年05月16日 03:03 ID:aXE8PpfD0▼このコメントに返信
たまたま成功したのが光秀だった。以前から部下に裏切られまくってた信長の方に問題あり。これが信長の限界だった。
多分、秀吉はいつかこうなる事を予見していてシュミレーションしてただけ。
261.名無しさん:2019年05月16日 07:06 ID:p.z.4TLx0▼このコメントに返信
※258
光秀に繋がる文書なんて全部破棄したに決まってるだろ
吉田兼見は一部を書き換えたり、公卿の日記はこの次期のことがらが
ゴッソリないとかあるけど
262.名無しさん:2019年05月16日 07:26 ID:8.1wkvcL0▼このコメントに返信
よく三日天下と言われるけど、信長の天下取りを阻止するのが目的なら完全に成功してる
信長の野望も潰したし、親の仇も討てたから悔いはないと思う
263.名無しさん:2019年05月16日 08:38 ID:GmufkaZy0▼このコメントに返信
※262
天下取りを阻止だのまだ言ってる時点でおかしい
天下自体はもう取ってる。野望を潰したっていうけど信長の野望の遺産を
どいつもこいつもそろって引き継いでるだろ
母親云々自体も俗説
そもそも目的は織田諸将を倒しての天下取りなんだから
(というか理由はどうあれ主君織田父子を殺した時点で生き残るにはその方法しかない)
悔いはあるに決まってる
信雄が安土城を焼いた(宣教師に愚かな子供とこき下ろされる)のと橋を落とされたのもデカいが
一番は信長の首を探し出せなかったのが致命的な悔いだろう
264.名無しさん:2019年05月16日 10:27 ID:G436oM9B0▼このコメントに返信
※200
読んだ本は司馬遼太郎?
265.名無しさん:2019年05月16日 13:08 ID:j2rBsbyr0▼このコメントに返信
もともと美濃出身、齋藤道三の家臣、濃姫の親戚
足利義昭と織田信長を繋いだのは明智光秀
明智の系譜は土岐氏、土岐氏の系譜は清和天皇直系、いわば足利氏をも凌ぐ源家の嫡統
・・・要素を並べ立てるとドラマチックだよね。本当、本人にインタビューしてみたい。
でもそれはできないから真相はわからない。わからないから、この題材を小説にすると作家の個性が出て面白い。
266.名無しさん:2019年05月16日 21:35 ID:HFwU.GMR0▼このコメントに返信
本当は、かなりの数の信長配下達が光秀に同心し、後から同心していた証拠を握られたがために、秀吉政権が容易に成立してしまったんじゃないか?
確か光秀の本拠は燃えていなかったはず。
267.名無しさん:2019年05月16日 21:42 ID:HFwU.GMR0▼このコメントに返信
一度は同心した信長の配下達が光秀を離れた理由は、信長の存在がなくなって自分達の領地が自分達の領地として管理できることが確定したことと、光秀が寺社勢力にも大量の安堵を出してしまい、それぞれの信長の配下たちの領地に寺社朝廷取り分が混在してしまったために、逆に光秀の存在が既存の領地を侵犯する形になってしまったからじゃないか。
268.名無しさん:2019年05月17日 05:22 ID:NoB3gPw60▼このコメントに返信
黒幕説はホント笑える
企みなく突発に行ったから成功したんだろうに
269.名無しさん:2019年05月17日 05:39 ID:7Hc5xvR.0▼このコメントに返信
※268
侍大将が「家康を討ちに行くものだと思っていた」とか
上級士官クラスでさえ直前まで誰を殺りにいくのか伝えられてない有様だしな
270.名無しさん:2019年05月17日 13:17 ID:jUzNdgWa0▼このコメントに返信
信長と光秀は百合ップルだったけど素直になれない信長とクソ真面目な光秀は次第にすれ違うようになって、悲劇は起きてしまったんだよ。
271.名無しさん:2019年05月19日 18:53 ID:y.mBHO.q0▼このコメントに返信
>>114
直筆じゃない代筆

お名前