2019年04月29日 12:05

戦艦大和とかいう兵器wwwwwwww

戦艦大和とかいう兵器wwwwwwww

03

引用元:戦艦大和とかいう兵器wwwwwwww
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1556088591/

1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:49:51 ID:mwk
大好き

5: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:52:25 ID:cqU
大日本帝国が持つには強すぎた兵器ってイメージ

6: ■忍法帖【Lv=33,アカイライ,qE0】 平成31年 04/24(水)15:52:48 ID:tmV
改装前がよかった

7: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:52:51 ID:mwk
あまりに強すぎて使いこなせなかった模様

8: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:53:33 ID:hOY
強いというか何のための兵器やったんやろか

14: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:55:28 ID:VD0
出し惜しみせんで戦ってたらどうなってたんやろ

17: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:55:48 ID:bOy
>>14
石油枯渇で終了

16: ■忍法帖【Lv=33,アカイライ,qE0】 平成31年 04/24(水)15:55:46 ID:tmV
油が足りなすぎ

18: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:55:56 ID:9JT
時代の変化についていけない日本人の象徴やな

21: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:56:26 ID:hOY
ゆうて金剛型なんか大和型並みに燃費悪かったから大和にしても燃料云々は大差なかったんやないかな

23: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:57:11 ID:cAN
>>21
金剛型って日露から使われるんやろ?
熟練度とか考えたら妥当やろ

25: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:57:55 ID:cqU
>>23
第一次世界大戦の頃やで

26: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:59:20 ID:hOY
>>23
熟練とかでなく単純にオンボロだから失ってもどーでもよかったので酷使されてたんやで

22: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:57:00 ID:mwk
燃料さえあれば大和は大活躍できたぞ

24: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)15:57:25 ID:cqU
意図してたかどうかはともかく日本は割と時代の流れに乗ってた方やろ
列強と同じペースで走る体力はなかったけどな

27: ■忍法帖【Lv=33,アカイライ,qE0】 平成31年 04/24(水)15:59:35 ID:tmV
日本にしてもドイツにしても
潜水艦に注力してウルフパックしたら良かった

30: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:01:51 ID:cqU
>>27
日本は潜水艦まで開発する国力ないやろなあ
全部満遍なく開発なんてのは米英にしかやれん

31: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:02:11 ID:mwk
アメリカ「戦艦と空母と航空機造るで!」
日本(…航空機ってもしかしてめっちゃ使えるんとちゃうか)
日本「戦艦建造止め!航空機造るで!」
日本「ハァ…ハァ…国力を束にして航空機造ったで…」航空機の数10
アメリカ「ビール飲んでトムとジェリー観てビル作って日光浴して戦艦造って潜水艦造って空母造って航空機造るで~」航空機の数3000
日本「ホゲッ…」死亡

32: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:02:38 ID:Zhw
国力に差があり過ぎたな

33: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:03:27 ID:1xb
もし大和を終戦まで残してたら湾岸戦争とかで使ってくれたやろか
無理か

36: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:04:59 ID:cqU
>>33
他国の兵器を整備して使うとか相当めんどいだろうからなあ
そうでなくてもアメリカ海軍は軍艦が余ってるし

34: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:04:15 ID:hOY
というか日本軍は最後まで艦隊決戦待望やったし…

39: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:07:20 ID:kNu
でも戦闘機にボコボコにされたんだよね…

41: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:09:12 ID:mwk
>>39
戦艦が一番苦手な航空機
艦長が下手
曇天
普通じゃ考えられない量の航空機

そりゃ負けるわ

75: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:37:22 ID:mwk
大和は普通の海戦で
普通に制空権があり
普通の燃料があれば
大活躍できたんやで

88: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:45:39 ID:QVy
>>75
大和は普通の海戦で
普通に制空権があり
普通の燃料があれば

これ太平洋戦争で言うとどのタイミングなんや?

89: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:45:43 ID:kNu
>>75
つまり日本じゃ活躍できなかったってことやな

79: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:39:58 ID:cqU
むしろ
日本「最強の戦艦作って日本海海戦みたいな華々しい艦隊決戦をするぞ」
日本「最強の戦艦とはいえアメリカ相手だと数の不利は否定できんから先にアメリカ艦隊を航空機で疲弊させとくか……」
日本「やべっ、アメリカの艦隊が壊滅してしまった。最強の戦艦はどうすればええんや……」
みたいな感じだったような

81: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:40:48 ID:FqV
大和よりはるかにハイテクなアイオワ君でも散々改造した末対地攻撃に使うしか無かったんだよなあ

82: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:41:39 ID:Ddi
その頃…

ムスタング「ぶーんwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

90: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:45:47 ID:vxL
その頃米軍
「ほぇ、日本は航空機をうまく使ってるなワシらも航空戦の力を注いだろ」

93: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:47:28 ID:cMc
>>90
ぐう有能
というかそれが普通の考え方なんだけどな

95: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:48:42 ID:vxL
>>93
なお日本
「あかん戦艦よりも先に航空機で破壊してもうた戦艦よりも目立つ様なことをするな」

101: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:53:34 ID:cMc
>>95
なお台湾沖

107: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:55:56 ID:vxL
>>101
やめなされ
日本「艦隊決戦のために戦艦大和は前線に配備しないぞ」

アメリカ「戦艦なんぞ時代遅れや空母を守るために戦艦を前線に出しまくるぞ」

116: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:58:16 ID:bCI
>>107
せやから空母に大量に人乗せて運用しましょうねー

122: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)17:00:37 ID:vxL
>>116
朝鮮戦争の米軍
「あかん空母余りまくってるはせや航空機の代わりに人と戦車と装甲車とのせて上陸戦に使いましょうねぇ」

127: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)17:01:41 ID:llX
>>122
朝鮮戦争簿米軍の場合はジェット機運用能力がないから廃品の有効活用に陸上戦運用したんやで

133: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)17:03:07 ID:vxL
>>127
ほえ~、そうなんだ
アイオワ「ワシはもう太平洋戦争で終わりだな後輩にあとを頼もう」

136: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)17:04:38 ID:llX
>>133
アイオワ君も湾岸戦争で復帰したのは新造する経費浮かせるために老齢艦使ったってヲチがつくわね
ちうごくとか新興国の海軍増強観てるとどうやってアレ維持する気なのかホンマ気になるわ

92: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:47:22 ID:mwk
そもそも燃料もない小さな島国と
陸続きのクソデカ国が戦うこと自体間違ってるわ

113: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:57:47 ID:93s
現代の技術で戦艦コンセプトの艦作ったらどうなるかな
ただのでかいミサイル巡洋艦か

114: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:58:14 ID:6P2
>>113
ミサイル積んでるだけのでかい的

118: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:59:13 ID:llX
>>113
ミサイルの威力が装甲に優ってまう現状では大型艦建造する意味ないんちゃう?

134: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)17:03:41 ID:cMc
>>113
謎技術でミサイル魚雷を100%迎撃できる装置が開発されるまで超大型艦は浮かぶ鉄くずに近い扱いしかできない
そのうち大口径電磁投射砲とかがはやりそう

115: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:58:14 ID:vxL
日本陸軍「戦車開発は不用今のチハで十分あとは歩兵魂よ」

日本海軍「航空機開発は不用戦艦があれば十分よ」なお

119: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:59:13 ID:dCw
日本陸軍「空母と潜水艦作ったぞ」

なお思想として先進的な模様

120: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)16:59:57 ID:cqU
結局日本には総力戦を遂行するだけの国力がないからな

139: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)17:05:15 ID:qMB
でも「強敵を倒した俺らはもっと強い!」理論でアメリカも一般的なイメージは日本軍強敵イメージあるんやない?
本職やガチな研究者とかは冷静に見てるやろけど

148: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/24(水)17:07:31 ID:Bfp
>>139
敵を称えるのは勝者の特権だからねぇ

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年04月29日 12:10 ID:z8JEs12K0▼このコメントに返信
ビグザムみたいなモンだからね。 そらロマンは在るでしょうよ。

ロマンで戦争には勝てなかったってだけさ。
2.名無しさん:2019年04月29日 12:13 ID:ok0zi31t0▼このコメントに返信
反日管理人
3.名無しさん:2019年04月29日 12:14 ID:GHsDF8od0▼このコメントに返信
戦艦大和は、停泊しているだけで1日150㌧の燃料が必要だったので、
燃料が足らないと言うのは理由にならない
思い切って戦わせるべきだった
4.名無しさん:2019年04月29日 12:16 ID:RROCYbL80▼このコメントに返信
大和型は燃料もさることながら、主砲寿命の問題で温存されたとも聞くがね
5.名無しさん:2019年04月29日 12:19 ID:m1xOxUu00▼このコメントに返信
仮想敵がアメリカな時点で頭おかc。ロシアの南下政策の抑止じゃないの?
6.名無しさん:2019年04月29日 12:27 ID:bBU.vXtA0▼このコメントに返信
原爆開発に全力で先にアメリカに大量投下する以外太平洋戦争の段階では勝てなかったし
大和は宣伝にしか使えない兵器だな
7.名無しさん:2019年04月29日 12:28 ID:9zCaR4aA0▼このコメントに返信
出し惜しみをしたんじゃなくて使いどころがなかっただけだろ
いち早く航空機主体の戦術に切り替えようとした山本五十六からしたら自分の意見をゴリ押しするためにやむなく大和の建造を認めざるを得なかったんじゃね
8.古古米:2019年04月29日 12:29 ID:Y.Bdzk.B0▼このコメントに返信
大和ホテルに武蔵旅館だぞ。
お陰で戦後に海軍が機密会議を出来る所が無くなった。
9.名無しさん:2019年04月29日 12:30 ID:7qJ.w2.o0▼このコメントに返信
※6
なお秘密兵器だったので宣伝にも使えなかった模様
10.名無しさん:2019年04月29日 12:33 ID:GBdOVM5U0▼このコメントに返信
どれもこれも頓珍漢なコメントで笑った
11.名無しさん:2019年04月29日 12:33 ID:JGGDOiJ40▼このコメントに返信
アメリカ軍が大和型使えばもっといい運用が出来たんじゃないだろうか
12.名無しさん:2019年04月29日 12:36 ID:ovXljTcP0▼このコメントに返信
大きな標的
13.名無しさん:2019年04月29日 12:37 ID:m7HC2y5s0▼このコメントに返信
現代になって見ても、よくこんなもんあの時代に造ったなぁと
主砲に至っては今の技術では再現不可能なんだろ?
14.名無しさん:2019年04月29日 12:39 ID:mma5yKAf0▼このコメントに返信
※9
武蔵「おっそうだな」
15.名無しさん:2019年04月29日 12:39 ID:eNd.xgzz0▼このコメントに返信
戦争抑止力の概念無くて秘密兵器扱いしたのがアホの極み
16.名無しさん:2019年04月29日 12:41 ID:7gdmmYU30▼このコメントに返信
※9
秘密だったのは主砲の口径と排水量だけ
国民に広く周知されてないのは就役してすぐに実戦投入されたからで、呉や長崎では知らない者はいないほどだった
戦争が起きなければ、長門・陸奥に代わる日本海軍の象徴として日本中を回って大人気になってたろうよ
17.名無しさん:2019年04月29日 12:42 ID:jE.wSDiE0▼このコメントに返信
ミッドウェイ海戦で戦艦群を基地施設への砲撃位置に並べて、空母群は後方で艦隊防空と釣られて出てきた米機動艦隊を殲滅する運用してれば、海軍史に刻まれる大海戦になってたやろな。
18.i774:2019年04月29日 12:43 ID:jZ3B5mcZ0▼このコメントに返信
大和を活かせたかどうかより「これを企画した段階で何を考えてたのか」を知りたいんだよな。
19.名無しさん:2019年04月29日 12:44 ID:GHsDF8od0▼このコメントに返信
※10
本スレで一番アンポンタンでポンスケなコメントでした
20.名無しさん:2019年04月29日 12:45 ID:rq2sz.bA0▼このコメントに返信
前にこのブログでも書いてる人いたけど、外洋に出るんじゃなく専守防衛で迎え撃つ形なら活きたんじゃないの
日本軍の戦下手が全てで、要するに使う奴(軍上層部)が馬鹿だったと
21.名無しさん:2019年04月29日 12:47 ID:7gdmmYU30▼このコメントに返信
※18
当時は戦艦と言えば海軍の主力で、その性能と数がそのまま国力と見なされるほどだった
英米より生産能力の劣る日本は、1隻あたりの戦闘力を高めることで対応しようとした
そして出来上がったのが大和型
なお設計当時の航空機はまだ海のものとも山のものとも判らないものだった
日本海軍が遅れた思想を持っていたなど噴飯ものの世迷い言
日本以外の先進国も大戦中や戦後に至るまで戦艦を建造し続けていた
22.名無しさん:2019年04月29日 12:50 ID:J32Klrvx0▼このコメントに返信
大和と零戦の話ばっかりだな
馬鹿だろ管理人
23.名無しさん:2019年04月29日 12:52 ID:24j8CC.10▼このコメントに返信
八艦隊に旗艦を貸してください。
24.名無しさん:2019年04月29日 12:56 ID:x67IOIuV0▼このコメントに返信
油をはじめとした資源がないのが決めてやろうな
25.名無しさん:2019年04月29日 12:56 ID:AoPNlO9L0▼このコメントに返信
本来のワシントン・ロンドン軍縮条約が正当に延長されていれば、金剛の代艦が大和だった
ただ、条約の付帯条件がたびたび変更され、代艦を作ってもいい期間がどんどん伸びた
もともとの戦艦数の少ない日本がしびれを切らして条約延長に反対する一因になった

>>20
※20
専守防衛はきついんだよ
アメリカは特に決戦をする必要はなく、日本と南方との通商破壊をしていれば日本が干上がる
日本は十分な護衛戦隊を持たないから、前線を押し上げて航路の安全を確保しようとした
まあ、それはそれで前線の維持ができないという問題を持ってた

>>7
※7
大和の建造を認めたころはまだ航空戦隊は補助的なものとみられていた
それでも大和と一緒に翔鶴型2隻を建造した時点で、むしろ日本は進んでいた
26.名無しさん:2019年04月29日 12:57 ID:.W3pjQH50▼このコメントに返信
ホテル大和
27.名無しさん:2019年04月29日 12:57 ID:bGUobn3Y0▼このコメントに返信
大和型2隻と排水量と主砲の口径を落とし、速度・航続距離・対空火器を強化した16インチ砲搭載高速戦艦4隻ならどちらが良いのだろうな。
柔軟な運用するなら後者だが、やはり品質を極めるのも捨てがたい…
28.名無しさん:2019年04月29日 12:58 ID:AoPNlO9L0▼このコメントに返信
>>13
※13
技術がなくなったわけじゃなくて、作る設備が無くなってるだけ
一から作り直す金を出すには動機がない
29.名無しさん:2019年04月29日 13:01 ID:im6vbP8K0▼このコメントに返信
※20
フィリピン救援にやってくるアメリカ艦隊と大決戦する第二の日本海海戦を想定して
建造された戦艦だからな。出し惜しみと指摘されるけど、もし安易に戦闘に投入して
損傷したりして大決戦に投入できなかったら何のために建造したかわかんないじゃん。
尚、実際にフィリピンにやってきたアメリカ艦隊は想定してたのとは全く別物だった。
30.いつもの:2019年04月29日 13:02 ID:c61p3wRZ0▼このコメントに返信
大艦巨砲主義に最後まで固執し続けたのが日本海軍
世界各国が条約明け後の航空戦に対応し、すべての新型戦艦が30ノット以上の速力をもつのに対し大和は26ノットという鈍足で、
しかも世界の新戦艦が30ノット以上の高速艦だということを知らなかったという
対してアメリカは真珠湾で復旧した戦艦ですら30ノット出せるように改装した

副砲と高角砲を一本化している流れに逆らい別々に装備し、精神力ばかり重視し科学的な研究を怠った結果、電測装置の開発に大きく後れ機械的な機構でも古く劣った物しか出来なかった
たとえば、砲の装填装置はアメリカ戦艦は全自動で操作員は殆ど居ないのにたいし、日本の戦艦は砲弾を人力で運ばなくてはならなくそのため砲弾は一度小さく分解して人力で運び、装填前に再び組み立てなくてはならない
照準装置もアメリカ戦艦がジャイロで波浪の揺れを消して安定させているのに対し、なんと日本の船では人間の手で装置を上下させているのだ
よくイメージされるのが、照準機を覗き込んだ射撃手がレバーを動かせばそれに合わせて主砲が動くという物だか大和の主砲の操作方法は、照準機を覗き込んだ射撃手が伝声管で砲塔にいる操作員に方位、仰角を伝える方式だった
こんな方法では、刻一刻と変化する目標に命中させられる訳が無いのだが、当時の日本人は不思議にも思わなかったのだ

続く
31.いつもの:2019年04月29日 13:03 ID:c61p3wRZ0▼このコメントに返信
続き

船体強度も全く足りず、主砲の9門同時射撃が出来ないため、わざわざ発砲遅延装置を取り付け衝撃を分散させようとしたがうまくいかず、
結局9門同時射撃は禁止されてしまった

日本海軍がようやく現状を理解した時には既に遅く、空母が全滅してからだった あわてて完成寸前だった信濃を空母に改装、4番艦も解体したが遅すぎ信濃は何の役にもたたず撃沈されてしまった

海軍の後れた思想のせいで大和型2番艦の武蔵は航空戦の時代に世界で最後に建造された戦艦という不名誉な船になってしまった
32.名無しさん:2019年04月29日 13:05 ID:AoPNlO9L0▼このコメントに返信
※27
大和型は4隻作るつもりだったんだけどね
基本的に金剛型・扶桑型・伊勢型の計8隻はもう引退の時期だった
33.名無しさん:2019年04月29日 13:06 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
※7
軍人なら殆どの人が航空機の時代が来るのは理解していたけど、航空機だけで戦争が出来ると考えるほど馬鹿でもなかったというだけ。
既存の戦艦戦力は旧式化著しかったから代替戦力は必要であった。
34.名無しさん:2019年04月29日 13:06 ID:..8kIgbu0▼このコメントに返信
※7

油槽船がないからタンクがバカでかい大和を満タンにして駆逐艦や巡洋艦へ補給するタンカー代わりにも使われてましてな?
35.名無しさん:2019年04月29日 13:06 ID:hDWwWiFJ0▼このコメントに返信
※4
大和型は樫野沈められた時点で命運尽きとるからな
36.名無しさん:2019年04月29日 13:07 ID:c61p3wRZ0▼このコメントに返信
>>22
大和は遅れていた、零戦は遅れていた、というコメントで賑わうからな
37.名無しさん:2019年04月29日 13:07 ID:..8kIgbu0▼このコメントに返信
※31

すでに否定された旧軍は大艦巨砲主義にこだわってた説を毎回張り付ける無能がいる
38.名無しさん:2019年04月29日 13:09 ID:qQpdx8Ph0▼このコメントに返信
またおなじ
39.名無しさん:2019年04月29日 13:09 ID:c61p3wRZ0▼このコメントに返信
>>35
また勘違いしてる
樫野でなければ砲塔の部品を輸送出来ない訳ではない
更に言えば、砲塔を積みに行く選択肢もある
40.名無しさん:2019年04月29日 13:10 ID:bBU.vXtA0▼このコメントに返信
日本軍が有能で戦況が有利に進んだとしても
1945年8月のアメリカによる原爆投下でひっくり返るからなぁ
41.名無しさん:2019年04月29日 13:11 ID:..8kIgbu0▼このコメントに返信
※31

じゃあなんで開戦当初は米軍より日本の方が空母の数多くて日本よりアメリカの方が戦艦の数が多かったの?
42.名無しさん:2019年04月29日 13:11 ID:Vgy4V6kC0▼このコメントに返信
>>37
いつものって書いてるし。
43.名無しさん:2019年04月29日 13:20 ID:fXUhethI0▼このコメントに返信
ニートだけどこの頃の日本が何年もかけてがんばって作った戦艦が速攻で撃沈されまくるのはマジで草
44.名無しさん:2019年04月29日 13:22 ID:IPe9q6PC0▼このコメントに返信
※43
とニート=浅学の見本おパよ。
45.名無しさん:2019年04月29日 13:22 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
某国の状況が悪化するとゼロ戦・大和叩きの記事急造するのわかりやすすぎて草
46.名無しさん:2019年04月29日 13:24 ID:tvY7oM8f0▼このコメントに返信
「大艦巨砲主義」と「あじあニュースちゃんねる」は反日サイトですので、誘導されないようにお気をつけ下さい。
47.名無しさん:2019年04月29日 13:31 ID:jWGpQEEm0▼このコメントに返信
※43
当時の米国に勝てる国なんてまずないと思うわ
日本も弱くはなかった。日本はアジア最強だったけど、技術力や戦力差がかけ離れていたね
でもあの戦力で米国に与えた損害を考えればよく戦ったと思う
48.名無しさん:2019年04月29日 13:32 ID:Vgy4V6kC0▼このコメントに返信
>>43
ニートであることを恥じろ
49.名無しさん:2019年04月29日 13:46 ID:filwwQhu0▼このコメントに返信
>>8
戦後に海軍なんてないんやでー
50.名無しさん:2019年04月29日 13:46 ID:mAUdDrTv0▼このコメントに返信
世界最大の戦艦と潜水艦を保有してた日本
51.名無しさん:2019年04月29日 13:47 ID:au65uvq50▼このコメントに返信
ゴミだな。駆逐艦作った方が遥かにマシ
52.最後の少佐:2019年04月29日 13:52 ID:qj2AUIB30▼このコメントに返信
ラムネ工場まであるのには驚いた
53.名無しさん:2019年04月29日 13:52 ID:.RnQMuKO0▼このコメントに返信
大和作ろうが作らなかろうがどの道負けてたやろ
世界一の戦艦でインパクトあるし、下手に別の兵器作って戦争長期化、
ソ連の本土侵攻の流れにならなかっただけましと思うしかない


54.名無しさん:2019年04月29日 13:54 ID:AoPNlO9L0▼このコメントに返信
>>52
米帝「アイスクリーム工場がありますが何か?」
55.名無しさん:2019年04月29日 13:59 ID:yKBiH2U40▼このコメントに返信
欧州戦線と対日戦の二正面作戦を圧倒的にこなしてしまう米国が怪物すぎただけで、
真珠湾攻撃時の日本海軍の規模・練度・先進性は世界的に全く問題の無いレベルだったと思うけどな
まあ、あの状況で対米開戦をせずにどうすべきだったのか、なにが最善かは俺には答えられないが・・・
56.名無しさん:2019年04月29日 13:59 ID:qWOG4O.h0▼このコメントに返信
燃料はシンガポールなら問題ないだろう
本土に送れないのが問題なわけで
57.名無しさん:2019年04月29日 14:03 ID:qWOG4O.h0▼このコメントに返信
※54
ハルゼー「ちゃんと順番守って並べ」
58.名無しさん:2019年04月29日 14:06 ID:JZruM8C50▼このコメントに返信
大和ホテルは大和ハウスへと受け継がれたのだ
59.名無しさん:2019年04月29日 14:08 ID:7gdmmYU30▼このコメントに返信
大和を建造した恩恵は戦後に現れた
船体のノウハウは造船に、光学兵器の技術はカメラに、主砲塔の旋回機構は大型ターンテーブルに、そして大和の存在は各種フィクション・ノンフィクション問わずベストセラー・人気作品を生み出した
その建造費を遥かに上回る経済的恩恵を日本に与えた
60.名無しさん:2019年04月29日 14:11 ID:IF1oxYXL0▼このコメントに返信
あの時代の貧乏国日本がよくあんな贅沢な兵器持てたなという印象。
ミッドウェーあたりで艦砲射撃でもやらせておけばまた違った評価になってたかもねえ。
61.名無しさん:2019年04月29日 14:12 ID:6Ng8nUeR0▼このコメントに返信
今思うと機密にしないで作っている時から見せびらかせば良かったかもな。
そうすればアメさんもパナマを通れない巨大戦艦を造って国力を多少は浪費したかも知れん。
最もアメリカの事だからドックを西海岸に建設するだろうが
大和型作れるドックとなると完成するまでに1年位はかかるだろうし。
62.名無しさん:2019年04月29日 14:15 ID:QHOPeYni0▼このコメントに返信
>>18
そりゃパナマックス級以上を造れないアメリカの16インチに18インチでアウトレンジよ。

造ってみたらそんな長射程では有効弾は得られず結局は互いが有効射程内に入ってタコ殴りするしかない。
肝心の貫徹力もアメリカは特殊徹甲弾で同等であったため、実際には単位時間の投射量の問題だった。

そしてアメリカはそんな日本に付き合うお人好しではなかった、という話。
63.(´・ω・`):2019年04月29日 14:19 ID:0XYclAxY0▼このコメントに返信
>>27
日本は大型艦の建造可能な設備が四ヶ所しかなく、内二ヶ所翔鶴型で埋まっているから単に性能が落ちるだけ。
そもそも、大和型は三万五千トン級の倍の排水量だが値段は四割増しに過ぎない。
戦艦は排水量辺りの値段が安いからな
64.名無しさん:2019年04月29日 14:21 ID:oighlD7Z0▼このコメントに返信
なぜ、戦艦大和ばかりで、同じ武蔵は無視をするのか?それは、軍拡をする現在の日本を批判する為に、日本=大和民族として叩いている。だから、役に立たないだとか言ってバカ扱いする。
65.名無しさん:2019年04月29日 14:26 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
アメリカは、1930年代の演習で、空母による真珠湾・西海岸空襲で大戦果を挙げた。
それで、両洋艦隊建造で大量の空母を最初から組み込んでいる。
66.名無しさん:2019年04月29日 14:29 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>11
アメリカも、新型戦艦もてあましてたぞ。
67.名無しさん:2019年04月29日 14:32 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>16
改造が、呉のドックでしかできないから、関東の人間には、馴染みないわな。
68.名無しさん:2019年04月29日 14:33 ID:D1cyEcc90▼このコメントに返信
※27
4隻も一度に起工できるドックがそもそもねーでやんす
数勝負じゃ勝てねーから、質に走ったわけで

チマチマ後続艦作ってるウチに、中止になるか空母に改装されそうだなw
69.名無しさん:2019年04月29日 14:34 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>17
角田の部隊を直衛でもさせないと、ミッドウェー陸上機の攻撃だけで、戦艦群消耗するぞ。
70.名無しさん:2019年04月29日 14:38 ID:D1cyEcc90▼このコメントに返信
※61
無理して18インチ積む必要性もなくね?
条約明けの新型だけで十分対処できるし、中止しなきゃモンタナ級だって控えてたし
71.名無しさん:2019年04月29日 14:42 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
※47
日英独ソ同盟でアメリカと相対してようやく五分に届くかどうかというところですからね。
72.名無しさん:2019年04月29日 14:44 ID:Ct72EJDB0▼このコメントに返信
日本も強襲揚陸艦が必要、そこにヤマト復活がいい。
73.名無しさん:2019年04月29日 14:44 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>29
真珠湾攻撃の討ち漏らした空母によって、
貴重な大型高速輸送船を喪失し、ポートモレスビー攻略時期が遅れ、結果失敗した。
フィリピンも餌になるべきマッカーサーを取り逃がす大失態。
日本軍て、包囲殲滅が下手。
これが、第二次大戦敗戦の原因。
74.名無しさん:2019年04月29日 14:49 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>40
日本が、優勢なら、原爆投下なんて、お遊びしてる余裕は、さすがのアメリカにもないぞ。
75.名無しさん:2019年04月29日 14:51 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>51
アメリカの駆逐艦にタコ殴りされるゴミ造って、何するんだ?
76.名無しさん:2019年04月29日 14:53 ID:Cl0IhEI90▼このコメントに返信
大きい船は、スピードを出すほどに、みるみる燃費が悪くなる。
水は粘性が高いから、空気抵抗の比じゃないくらい燃費に影響がある。

大和の最高速度は27ノットでも、それで巡航できる訳じゃない。

満タンで出発しても、20ノット超で巡航していたら、間もなくガス欠になる。
現実的な巡航速度は10ノットちょいだったとかいわれてる。

敵の飛行機に襲われにくい夜の間に、危険海域を突破してしまう事もできないし
敵潜水艦の追撃もなかなか振りきれない。

大型戦艦が使い辛かった大きな理由はそれ。
77.名無しさん:2019年04月29日 14:54 ID:5hU6NweD0▼このコメントに返信
軍のトップが造船利権乞食だったのが敗因。
78.名無しさん:2019年04月29日 14:56 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>55
フランス未満の経済力で、仏+伊以上の海軍戦力は、過剰だろ。
79.名無しさん:2019年04月29日 14:59 ID:.cxaAPdX0▼このコメントに返信
一般人&若年層が増えたからか年々レベルが下がっている様に思うんだが(棒
80.名無しさん:2019年04月29日 15:00 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>56
※56
シンガポールには、大和が入渠できるドックまであるからな。
定期的にベンガル湾岸襲撃させればよかったのに。
そうすれば、インパール作戦も成功したかもしれない。
81.名無しさん:2019年04月29日 15:01 ID:NXsIDaZg0▼このコメントに返信
遊星爆弾が飛来してからでは 遅いのだよ

82.名無しさん:2019年04月29日 15:06 ID:hBBNOUSK0▼このコメントに返信
>>68
実際に3番艦は信濃に4番艦は中止になってまんがなw
83.名無しさん:2019年04月29日 15:06 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>68
※68
大神海軍工廠を海軍休日中に完成させとけば、同時四隻も不可能じゃなかった(横須賀第六ドックも完成済みとして)。
84.名無しさん:2019年04月29日 15:10 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>77
※77
平賀譲の妄執だろ。
85.名無しさん:2019年04月29日 15:11 ID:dQgNqEfv0▼このコメントに返信
※68
ロシア唯一の空母アドミラルクズネツォフは、ムルマンスクで浮きドックに入渠中にその浮きドックの沈没事故に巻き込まれて半壊状態
その沈んだ浮きドックが、クズネツォフを唯一収容できる浮きドックだったので、クズネツォフは修理不可の放置状態
ニュースによると廃棄処分らしい

ある意味現代の戦艦大和だ
86.名無しさん:2019年04月29日 15:11 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>81
※81
コスモタイガーとコスモタイガーZeroの二種類いるか?
87.(´・ω・`):2019年04月29日 15:14 ID:0XYclAxY0▼このコメントに返信
>>76
巡航速度が10ノット程度なのはKGVだな。
あれは機関部の性能見積もりに大きな瑕疵がある。
最高速力の燃費が悪いのはその通りだが、
2乗3乗の法則で、大型艦程逆に大きさあたりの馬力が要らなくなるぞい。
質量は3乗で増えるが、海水に面する部分は面積、2乗でしか増えぬ
88.名無しさん:2019年04月29日 15:16 ID:Er13hif40▼このコメントに返信
※86
零戦の21型と52型みたいな感じじゃないの?
89.名無しさん:2019年04月29日 15:20 ID:kIWBHvdE0▼このコメントに返信
※55
当時の主要国はほとんど2正面またはそれ以上だつーに。事実上1正面なんてのソ連と中国ぐらいよ。で、陸上戦闘でも航洋作戦でも手広い範囲でやってたのは圧倒的に日本やで? 欧州戦域なんてアフリカ戦域まで含めても中国戦域より狭いんやで? +東南アジアやインドも(マダガスカルまでw)付け加わるわけで。相手が二線級やら副戦域で弱かった分、戦域はめちゃめちゃ広くて苦労してるのが日本。

書くなら、コップの中の鉄嵐の欧州戦線と、広域を走り回って決戦繰り返す太平洋戦線を同時にこなしたヤンキーはスゲー、と書くべき。2正面とかいうのは全然重要な事項じゃ無い。スポーツならリング格闘技(欧州)と屋外陸上競技(太平洋)で全部メダルを総なめしたのに相当する。その後に長距離走二種(対ソ冷戦と対日経済戦争)にも同時に相手して勝ってくる化け物よ。
90.名無しさん:2019年04月29日 15:22 ID:c61p3wRZ0▼このコメントに返信
>>76
大和は巡航16ノットで設計してある
他の同時期の艦艇も16ノットでの計画だよ

10ノットちょいでの巡航っていつの時代だ?
91.名無しさん:2019年04月29日 15:26 ID:PMCnVfWD0▼このコメントに返信
戦争では活躍しなかったけど
戦後の経済効果には大活躍
戦艦大和の商品はいくら儲けてるんだ?
92.名無しさん:2019年04月29日 15:32 ID:sSAqEzN40▼このコメントに返信
戦艦大和に毛が生えて、大砲一つに弾二つ。
93.名無しさん:2019年04月29日 15:39 ID:NXsIDaZg0▼このコメントに返信
※88
金星⇒ 栄⇒ 誉 と続く伝統に則った由緒正しい所作のなせる業ではないかと・・・
94.名無しさん:2019年04月29日 15:42 ID:ftXJ6bJN0▼このコメントに返信
信濃・・・
95.名無しさん:2019年04月29日 15:50 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
※86
今はコスモファルコンとコスモタイガーみたいだよ。
ちなみに役割は隼と零戦
96.名無しさん:2019年04月29日 15:51 ID:sKuJDrmy0▼このコメントに返信
近代兵器としては既に時代遅れだったが、戦後の造船技術には大和の技術が結構貢献してるんだよな。
バルパウスバウや水密界壁とか・・・大型貨物船やタンカーに応用されている。
97.名無しさん:2019年04月29日 15:51 ID:zGD2aBww0▼このコメントに返信
「旧皇族」の全源流は「伏見宮」。

・平成天皇の高祖父も伏見宮
・政治家に子孫多数

・伏見宮博明にそっくりな朝堂院大覚
・朝堂院大覚にそっくりな小泉太志命は「神道界の重鎮」

小泉太志命にそっくりな小泉純一郎は、令P犯罪者なのに首相にまでなれた。皇族の血筋だから。
98.名無しさん:2019年04月29日 16:07 ID:.pBNEv2l0▼このコメントに返信
>>31
砲弾は信管以外は弾庫からそのまま運搬機で移送だぞ
信管はヤバイから別個になるが。薬嚢方式は全部アメリカ含めて、主砲に装填して初めて砲弾、発射薬、火管が完成して射撃可能となるのだから。
そもそも、固定薬莢式にしたら巨大過ぎて大変なことになるぞ。
99.名無しさん:2019年04月29日 16:11 ID:.pBNEv2l0▼このコメントに返信
>>47
開戦時国力1/20、終戦時1/100にまで低下していたからね、もうどうにもならんよ。
開幕戦でハワイとカリフォルニア州辺りの部分占領でもしないと交渉にもならん。
100.名無しさん:2019年04月29日 16:13 ID:.pBNEv2l0▼このコメントに返信
>>52
エアコン(人間用とは限らない)までありましたからね。
弾薬庫に冷気を流し込み、流れ出した冷気を周辺船室に誘導する方式を採用。。
101.名無しさん:2019年04月29日 16:15 ID:VPZGMkv.0▼このコメントに返信
貧乏の癖に軍艦たった一隻に国家予算の3%も注ぎ込んでしまって、貧乏性で前線に出せなくなったというね
兵器に過度な金と威信を掛けてはいけない
102.名無しさん:2019年04月29日 16:18 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
※98
戦車用砲弾でも口径が大きくなると分離装薬方式多くなりますからねー
103.名無しさん:2019年04月29日 16:19 ID:CjE3.det0▼このコメントに返信
>>80
そう。
だから、陸海軍が協力していれば
蛸殴りに負けることはなかった。
104.名無しさん:2019年04月29日 16:26 ID:.pBNEv2l0▼このコメントに返信
>>85
ありゃ〜最後のドライドックを昨年閉鎖して、スクリュー外した所で浮きドックが全壊ですかい。
こんなもん、残しててもキツイから、中国に売られる前に標的艦としてパクれねぇかなぁ?、
105.名無しさん:2019年04月29日 16:30 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>97
純一郎の親父は、朝鮮銀行の方だろ。
106.名無しさん:2019年04月29日 16:31 ID:.pBNEv2l0▼このコメントに返信
>>96
おかげで、海自初の実弾を使う災害派遣でプロパン、ガソリン、灯油混載タンカー火災で大変な苦労する事になった。
5インチ砲HE弾では、67ミリ厚の高張力鋼板を貫通出来なかったのだ。
徹甲弾なんか、先の大戦で廃止だっけ。困った困った
旧型短魚雷は当たらねえし。
107.名無しさん:2019年04月29日 16:33 ID:ASLVHiqF0▼このコメントに返信
※1

でっかい大砲を積んだ黒船を建造して欧米列強に
対抗するロマンは維新志士がみな夢見た夢やで。

総合的な国力で劣る日本が列強扱いしてもらえたのは
連合艦隊の存在のおかげやで。

やはり大艦巨砲主義路線は正しい。
108.名無しさん:2019年04月29日 17:10 ID:m6S5T4Vc0▼このコメントに返信
勝ち戦にこそ相応しく、劣勢の軍隊には相応しくない。大和はそう言う兵器なんだと思うよ。
日本軍が押して押して上陸作戦を行うにあたって沖合に大和がいたら上陸部隊はどれ程テンションが上がったことか。
上陸支援の艦砲射撃は威力がハンパ無く敵からすれば絶望感しかないだろう。
劣勢ならそんなシーンは期待出来ないんだけどな。
大和みたいな立派な戦艦の上で休戦協定のサインを交わしたいもんだ。絶対に絵になる。
空母甲板上はだだっ広くミニマリズムに過ぎる。ミニマリズムはある意味日本的とも言えなくもないが。
109.名無しさん:2019年04月29日 17:35 ID:7gdmmYU30▼このコメントに返信
※1
大和はロマンなんかで造られていない。戦艦という艦種が国家の命運を担っていた時代の現実を見つめて造られた
ロマンで兵器調達なんかしてるのは韓国くらいのもんだ
110.名無しさん:2019年04月29日 17:44 ID:bzUp8QGY0▼このコメントに返信
※83
大神工廠の見積は諸説あるけど
見積が当時の金額で24億円するんだけど・・・

わーい量産効果も見込んだら大和型戦艦20隻近く
造れちゃうぞw
111.名無しさん:2019年04月29日 17:44 ID:.eH4d4Q10▼このコメントに返信
対地攻撃の戦略兵器として全力で真珠湾砲撃してたら基地や兵站機能完全に消滅させられたんやないのか?
陸軍にもダメージ与えられたやろ
112.名無しさん:2019年04月29日 17:46 ID:3bk4jdSQ0▼このコメントに返信
※95
ヤマト2199ではコスモゼロとコスモファルコン
ヤマト2202ではコスモゼロとコスモタイガー2、それにコスモタイガー1

特にコスモタイガー1は重要で、これがヤマト復活編で活躍したコスモパルサーの原型となる機体で
コスモタイガー2の出番を減らしても活躍させなければ復活編に繋がらない
113.名無しさん:2019年04月29日 17:53 ID:bzUp8QGY0▼このコメントに返信
※111
その頃はまだ大和は完成してないんや・・・
あと新造艦は不具合のチェックやら乗組員の訓練で
すぐ戦力化出来る訳でもないんやで・・・
114.名無しさん:2019年04月29日 17:57 ID:hBBNOUSK0▼このコメントに返信
>>76
潜水艦を振りきれないほど遅い戦艦が存在してたんなら教えてくれよ。
115.名無しさん:2019年04月29日 17:59 ID:dQgNqEfv0▼このコメントに返信
※107
逆にいえば国力に劣る日本でも上っ面だけは米英に匹敵する大海軍を作って並べることができてしまった
しょせん海軍なんてその程度のもの
そして、いったん持ってしまったオモチャ(=大海軍)の使い道を考え始めてしまったのが昭和の帝国海軍

手段と目的の逆転


116.名無しさん:2019年04月29日 18:05 ID:aLrYKrZp0▼このコメントに返信
1943のラスボスっていうのが一番燃えるな。
あの巨大戦艦はよかった。横幅が広いんだよな。
117.名無しさん:2019年04月29日 18:14 ID:AoPNlO9L0▼このコメントに返信
>>69
※69
あの時点の米航空部隊にそんな力は無い
爆撃は大和にほぼ無効(主砲塔に急降下爆撃の500kg爆弾が当たっても跳ね返してる)
そして当時の航空魚雷は威力も低かったし、米軍の雷撃の練度も低い
大和の最後のように多数の魚雷を命中させるなど無理
小破はありうるけどね  そして新鋭艦をそんな感じで小破させる計画は立てられんだろ
118.名無しさん:2019年04月29日 18:14 ID:k1.j2r9o0▼このコメントに返信
何のためにレイテから逃げかえってきたのか不明な奴
フィリピンを失ったら守るべきシーレーンが無くなるんだから現地で自沈させるべきだった
119.名無しさん:2019年04月29日 18:18 ID:m6S5T4Vc0▼このコメントに返信
※115
オマエの国もまあがんばれ。上辺だけでも日本に勝てるかもよ。本当に強いかどうかは知らん。
120.名無しさん:2019年04月29日 18:20 ID:bzUp8QGY0▼このコメントに返信
※115
日本がぁ~日本がぁ~w

一次大戦に負けて経済・軍をボロクソにされたドイツに緒戦ボロボロに
された大英帝国(笑)

一次大戦で潜水艦の脅威を直接感じたにもかかわらず、ほとんど船団護衛に
力を入れてなかった大英帝国(笑)しかも陸軍国相手に一時は追い詰められ・・・
イギリスがぁ~イギリスがぁ~って聞かないな???

凄いぞ~日本は見習うべきだったわ(棒)
121.名無しさん:2019年04月29日 18:21 ID:AoPNlO9L0▼このコメントに返信
>>76
※76
軍艦の巡航速度が10ノットっていつの時代に生きてるんだ
よほどののろい民間船が10ノットだよ
海軍徴用の輸送船・タンカーなら経済巡航速度も16ノット程度が出せる
逆にいえばそれくらいは出ないと作戦行動に支障が出る
122.:2019年04月29日 18:25 ID:NJZTKgyM0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
123.名無しさん:2019年04月29日 18:27 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
※117
大和は大丈夫でしょうけど長門型以前の艦はかなり危険になると思いますが。
124.名無しさん:2019年04月29日 18:49 ID:689EBXWu0▼このコメントに返信
時代時代に流行り廃りがあるように
軍艦も同じくです
その廃りに気付かないと
浦安のアフロヤンキーみたいになっちまう
125.名無しさん:2019年04月29日 19:37 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>117
※117
大和だけ無事でも、他の第一艦隊のお歴々が、お無くなりになるぞ。
比叡みたいに、舵壊れてクルクルになるかもしれんし。
126.名無しさん:2019年04月29日 19:55 ID:IVE0DWMr0▼このコメントに返信
>>110
民間の建造能力が、絶望的にアメリカと比較して低いんだから、軍直轄の工廠整備するしかないだろ?
127.名無しさん:2019年04月29日 20:05 ID:7gdmmYU30▼このコメントに返信
※115
本気で言ってるとしたら、ちょっとヤバいぞお前
128.名無しさん:2019年04月29日 20:30 ID:AoPNlO9L0▼このコメントに返信
>>123 >>125
※123 ※125
そりゃ多少の上空援護はしたほうがいいが、逆にちょっと直衛機がいるだけで
当時の米軍機に戦艦をぼろぼろにする実力は無い
129.名無しさん:2019年04月29日 20:32 ID:xV16u0.X0▼このコメントに返信
※123
大和だって大丈夫じゃない
主砲天蓋の時は良かったけど
結局武蔵も大和も爆弾喰らって大損害受けている

そりゃ装甲帯は抜かれないけどそれ以外はダメージを負うものね
艦橋にでも喰らえば悲惨な事になるしその他の所だって決して軽視できるものではない
司令塔と主砲塔以外の上部構造物に喰らったら無事なわけがない
130.名無しさん:2019年04月29日 20:32 ID:bzUp8QGY0▼このコメントに返信
※126
するしかないだろ→出来たぁ~・・・そんな馬鹿なw
当時の24億円ってどんだけか分かってるのかよ・・・
シナ事変前後の時代だとほぼ国家予算並みになるんだが?
131.名無しさん:2019年04月29日 20:36 ID:CjE3.det0▼このコメントに返信
※120
だからこそ、陸軍を欧州に派遣するべきだった。
ロシアを破った日本軍が来てくれるのなら、アジアなんて日本にくれてやれと言うくらい
アメリカ参戦前の欧州は困っていた。

補給の問題で拒否したのなら、ベルサイユ講和会議でわきまえるべきだった。

132.名無しさん:2019年04月29日 20:51 ID:au65uvq50▼このコメントに返信
>>75
消耗は仕方ないだろ。しかし駆逐艦はいくらでも仕事あるぞ。防空、対潜、輸送護衛、輸送
大和は特攻しただけだろ
133.名無しさん:2019年04月29日 21:03 ID:bzUp8QGY0▼このコメントに返信
※131
※131
よく聞くし出来るんならやっただろうけど・・・
日露戦争からまだ10年も過ぎてないんだぜ?

開戦前の一般会計歳入が約2.6億で戦費が約18億円。
まだ戦時国債を必死に返却してて実際終了したのは
第一次大戦後なのに

こんな状態で陸軍をそれなりの規模を欧州派遣とか
無理やろ
そもそも海軍は派遣してるんだが・・・
134.名無しさん:2019年04月29日 21:16 ID:vDnYVyDs0▼このコメントに返信
大和型は欠陥兵器だよ
装甲がリベット止めだから魚雷食らうと接合部から水が入ってきて浮力を失うんだ
そして戦艦はデカいからどうしても目立って航空部隊の攻撃を吸ってしまう
魚雷に弱いのに魚雷攻撃を引き付けるんだ
135.名無しさん:2019年04月29日 21:47 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
※133
御前会議で日露戦争の傷がいえて無いから無理ってなってるのにねぇ。
136.名無しさん:2019年04月29日 21:47 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
※134
にわか乙
137.名無しさん:2019年04月29日 21:57 ID:FOsHqX9Q0▼このコメントに返信
自分的には武蔵と共に世界一カッコいい戦艦だと思う。
138.:2019年04月29日 21:58 ID:GwCiAxOJ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
139.名無しさん:2019年04月29日 22:25 ID:iMi5hDdz0▼このコメントに返信
※132
無理とは言わぬが駆逐艦だけで作戦行動するのは厳しいよ。司令部能力が乏しいから。
140.名無しさん:2019年04月29日 23:08 ID:EY7gCzZK0▼このコメントに返信
自分が聞いた話だと

『大和の建造を秘匿せずに敢えて公開すれば米国をビビらせて開戦を遅れさせる
 (日本側もその分準備を進められる)事が出来た可能性があった』

『大和を警戒する為、米軍は輸送艦隊にも大和と戦うだけの兵力を配備せざるを得なくなった』

など、使い所を間違えなければもう一寸頑張れた節も合ったみたいですねぇ。

まぁ「日本の国力を超えて戦線を拡大した所為で補給線が切れまくって自滅」
「米国が合成ゴムの開発(兵器の心臓部なオイルパッキンに必要)に成功して兵器の大量生産が可能になった」

など、最終的には「飽く迄善戦程度だった」でしょうが。
141.名無しさん:2019年04月29日 23:26 ID:STFahMnC0▼このコメントに返信
凄まじい電力を必要とする兵器があるならば、
巨大な戦艦にでかい発電施設をつくり、運用するのも意味が見いだせるのかも
142.名無しさん:2019年04月29日 23:48 ID:bzUp8QGY0▼このコメントに返信
※134
リベット止めだから駄目なんだ~(笑)
戦艦の装甲のような分厚い特殊鋼を溶接する技術が
あったんだ~
是非に後学の為にも教えて欲しいが?
143.名無しさん:2019年04月30日 00:47 ID:EiebN7ZM0▼このコメントに返信
スタイルは長門のほうがいいと思うのだが。 
144.名無しさん:2019年04月30日 01:14 ID:ooYfwAUm0▼このコメントに返信
※132

日本軍は護衛や対潜哨戒に必要な駆逐艦などの艦艇数を試算してます

その数なんと「米軍と同等かそれ以上」という計算で正面で戦う艦艇すら足りない日本軍に余力はなかったです
145.名無しさん:2019年04月30日 04:11 ID:Io9wMfOd0▼このコメントに返信
※134
>>134
お前w
武蔵が何発の魚雷耐えたと思ってんだ。
そんな戦艦世界のどこにもねえよw
146.名無しさん:2019年04月30日 05:14 ID:8eVmYyB70▼このコメントに返信
※134
ま〜だNHKが流したデタラメを信じてる奴がいるのか。
分厚い装甲板を溶接してた戦艦なんて世界のどこにもねえし、武蔵や大和の沈没原因は装甲接合部分の欠陥ではなく、想定を超えた被弾によるもの。
あれだけの攻撃を受けて持ち堪えられる船は存在しない。武蔵は今でも沈没までに受けた直撃弾数のタイトルホルダーだ。
あの番組は見事にニワカを釣り上げたよなあ。
147.名無しさん:2019年04月30日 07:27 ID:bhbp0PsP0▼このコメントに返信
※146
自分は見てなかったけど前にNHKでやってた番組を真に受けて
「ドヤッ」って感じで書き込んだのかw

まぁ海外も酷いけどな~
BBCが真珠湾攻撃の特集やってたけどこれがまた・・・
南雲は二次攻撃やるべき!どうして燃料タンク・工廠設備を
攻撃しないんだぁ~とか

あれっココでよく見るなぁw
148.名無しさん:2019年04月30日 07:32 ID:MU7dhRdj0▼このコメントに返信
使い道があったとしたら、ミッドウェイ空襲後の艦砲射撃なのかな
ただ、その当時は戦艦に陸上砲撃させるという発想はなかった時期だけど
149.名無しさん:2019年04月30日 07:37 ID:ldbbd6QP0▼このコメントに返信
大和型は舷側にも副砲が積まれている初期型がかっこいいと思うの

対空砲?
そんなものより大砲だ!
150.(´・ω・`):2019年04月30日 07:47 ID:RRRDO81k0▼このコメントに返信
>>134
万国共通で、装甲は船体構造に対して裏面からネジ切ってボルト締めだっつの。
船体構造部分が溶接とリベットなら、リベットだと衝撃で別の箇所まで抜けてしまうってことはあるんだが、そもそもどの国の戦艦も、強度が必要な箇所は基本的にリベット止めだ。
151.(´・ω・`):2019年04月30日 08:06 ID:RRRDO81k0▼このコメントに返信
水中防御は、最終的な水雷防御用縦壁までの区画は捨てるのが前提。
TNT換算で対**㎏まで耐えられるってのは、最終防衛ラインのこの壁がどれだけ耐えられるかを指しているだけで
これ未満でもそこまでは普通に全損だ。浮力は無くなる(・ω・)

んで、できる限り最終防護壁から炸裂点を離しておきたいので、水中防御幅は重要。
そして、水中防御幅を確保したければ最大幅が必要。
故に米国戦艦はこの点で著しいハンデがあるのは避けがたい。

爆圧を和らげるには
空層:広大な空間で爆圧やスプリッターを拡散させる。
一発当たり捨てる浮力が大きいが、工作難度が低く、軽量化もできるし、普段は浮力としてカウントできる
油層:燃料タンクを防御に活用し、燃料で爆圧やスプリッターを和らげる。元から油で満たしてある区画だから、当たっても代わりに海水が混ざるだけで浮力としては変わらない。
当たる度に燃料をなくすし、燃料を使ってたらただの空層になる。また、防御効果を狙いたかったら、燃料を満タンにはしておけない。
この点でリシュリューは(ry
プリエーゼシリンダーやエボナイトムースを使う方法もあるが、ぶっちゃけこの二つはアイデア倒れだ。

これを多層にして水雷防御とする。

152.名無しさん:2019年04月30日 08:11 ID:RRRDO81k0▼このコメントに返信
大和型の場合は、機関部を四列並列配置という力業で短縮した皺寄せで、水中防御幅が艦型の割に少ない。
だが、水中弾防御用の200㎜の装甲の恩恵で、最も幅のある箇所では510㎏、余裕のないところでも350㎏に耐える。

しかし、水線部と水中弾防御用装甲の継ぎ目部分の、あの角度が変わる部分。ここのブラケットを工作難度を減らすために分割式のブラケットとしてしまったのが運の尽き。

たまたまこの弱点部位に直撃し、強固な装甲は耐えるが、ブラケットが耐えられず
押し込まれて浸水。装甲そのものは弾性で元に戻るが、接続のための開口部から浸水して3000トンも食らうことになった。

しかし、間に合わせとはいえ構造は補強されたし、浸水を局限するように隔壁を追加されたので
一応同じ箇所に同じ魚雷を浴びても、あれだけの浸水はもらわない筈(・ω・)

まあ、恐ろしいことに、末期の魚雷はこれすらぶち抜き兼ねない……その場合は、外側の機関部は浸水でなくすが、
内側は二発無事だ。二発動けばまだ巡航速度で帰れる!

153.名無しさん:2019年04月30日 09:15 ID:JCkKlrm50▼このコメントに返信
別に勘違いも時代錯誤も無かった
常識が変わっていって戦艦建造が最適解でなくなっただけ
大和が最強の戦艦なのはなにも間違ってないよ
154.名無しさん:2019年04月30日 10:59 ID:Trj7ZRRo0▼このコメントに返信
※70
モンタナ級でも基本は対16インチ砲の超重量徹甲弾対応防御設計で対18インチを想定してはいないからどうなんだろうな
まあどうあがいてもタイマンは基本的には無謀(たまにレーダー射撃で一方的にボコれる意見があるけど当時のレーダー射撃はいうほど精度が高くない)というだけだから基本的には数で押すしかないんだろうけど
というか速力はサウスダコタと同等だが重武装(モンタナ級)かサウスダコタと武装は同じだが高速戦艦(アイオワ級)で悩んだけど、最終的には両方とも作ろうとしてたのは流石米帝様やでえ・・・
155.名無しさん:2019年04月30日 22:35 ID:bhbp0PsP0▼このコメントに返信
※154
もうコメント付かなくなってレスも無いだろうけど・・・

そもそも16インチ以上の戦艦同士の打ち合いってあったっけ?
技術的な発展で装甲板を薄く出来たけど、逆に軽くなり過ぎて
貫通はされなかったけど衝撃で装甲板ごと脱落とか一次大戦ですでに
あったからな~

16インチ以上のクラスだと砲弾の重量は1トン越えだし、さすがにワンランク
上の18インチだと理論的には防げても実際はどうなるか分からないよな

156.(´・ω・`):2019年04月30日 23:23 ID:VRvC.dwl0▼このコメントに返信
>>154
米国の想定決戦距離は、日本のそれに対して近距離15㎞程度に設定してあるため、結果として垂直防御で大和型に匹敵している感じ。
装甲の製造年次を考慮したらモンタナの方が垂直側の防御力が上ですらある可能性があるが、大和型の方が1°だけ傾斜が深い上に、実は米国のクラスAこそ焼入れ深さが深すぎて割れやすい欠陥がある。
更に言うと、アイオワ級の建造時にはそのとんでもない建造量に対して装甲の製造能力が追い付かず、ミドベール社製造分の装甲が品質不良のままやむを得ず採用された事を考えると、カタログ性能を満足しないフネがあっても全く驚かない。

水平側を考えても、そもそも備砲そのものが、砲弾重量、初速的に17インチ砲に相当するという素性の上、米砲弾は日砲弾と比べて炸薬比率で劣る代わりに弾体強度が高く被帽の改良と相まって斜撃性能が高く、遠距離における貫徹力で日94式+1式徹甲弾に肉薄しているので30㎞程度の自艦主砲に耐えるよう装甲した場合、やはり日94式に対して有効な安全距離を有するというだけの話かと。

即レスはムリだけど、次の戦艦スレが立つまではたまに見てるよ(。・ω・。)
157.名無しさん:2019年04月30日 23:32 ID:VRvC.dwl0▼このコメントに返信
>>156
あと非常にどうでも良い補足で、開戦時には91式徹甲弾は全てが1式徹甲弾に更新済みというか、改造済みの模様。
そもそも1式そのものが91式製造後に発覚した構造上の欠陥を是正する小改造を是正する為の型式で、 全く新しい型式番号が割り振られているのは責任の所在を曖昧にするというお役所のワザマエが為な模様。

これに関しては聞きかじりなので、理由は話半分だが(´・ω・`)
158.(´・ω・`):2019年05月01日 00:26 ID:IIIWpYct0▼このコメントに返信
>>155
装甲最表面の超硬化層の割れに巻き込まれる形で衝撃的に割れが生じる、ノッチ効果によるプラグ破壊が生じうるので、装甲の「見かけ上の厚み」より十分口径の大きな砲弾が激突した場合、装甲のカタログ上耐えられても割れてしまうって事は理論的に起こり得る

お名前