2019年04月19日 20:25

【悲報】第一次世界大戦の原因、日本人の大半が知らない

【悲報】第一次世界大戦の原因、日本人の大半が知らない

01

引用元:【悲報】 第一次世界大戦の原因、日本人の大半が知らない
http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555512427/

1: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:47:07.11 ID:1xE8CpJi0
しゃーない

4: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:47:46.51 ID:1xE8CpJi0
難しいからな

9: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:48:51.28 ID:0agOcA1Op
ゴチャゴチャしすぎてて世界史の授業でもよく投げやりで終わる模様

10: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:48:52.61 ID:mP/SOMNu0
報復からのお互い仲間集めて大乱闘

12: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:49:25.13 ID:QIqF7Gvh0
サラエボ事件が~って説明されてもそこからなんで世界大戦に発展したのかまるでわからん

23: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:51:20.43 ID:SAafcDcSd
>>12
サラエボ事件→オーストリア、セルビアに怒る→ドイツくんオーストリア後押し→ロシア君バックについたセルビアもイキる→ロシアの友達フランスとイギリスもついてくる

25: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:51:43.06 ID:Zn/BMdYpa
>>12
同盟してた国がズルズル巻き込まれたんや

14: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:49:30.44 ID:DcY++5oa0
戦争の原因はドイツって言っとけば間違いない

18: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:50:24.16 ID:LPbeoFgl0
1894日清戦争
1904日露戦争
1914ww1
しか覚えてねえ

22: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:51:16.22 ID:AKLUrlxE0
火薬庫とかいう抽象的で便利な言葉

24: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:51:41.46 ID:iKkOwBulM
本気で理解しようと思ったらどこからやればええんや
ビザンツ帝国滅亡からか?

32: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:53:07.17 ID:DWFTaNze0
なんかオーストリアがキレた

38: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:54:13.36 ID:GduyEndt0
当事者もよく分かってなさそう

41: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:55:03.99 ID:p/QSRXRL0
要は帝国主義やろ

43: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:55:56.42 ID:TwUlSa3D0
そんで塹壕掘ってたんやろ
しっとるしっとる

53: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:56:53.50 ID:p/QSRXRL0
まぁほとんど真っ二つにわれたのはすごいと思う
戦争の原因自体はそんなもんとっくのむかしからや

55: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:57:12.14 ID:IJzj0yeS0
でも一番でかい引き金引いたのはドイツだよね?

74: 風吹けば名無し 2019/04/17(水) 23:59:21.84 ID:yhWBDCVL0
帝国が次々消滅した第一次世界大戦前後の時代
清帝国→1912年消滅
ロシア帝国→1917年消滅
ドイツ帝国→1918年消滅
オスマン帝国→1922年消滅
滅びすぎ

87: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:00:45.01 ID:TacHorMG0
>>74
ロシア帝国→ソ連
ドイツ帝国→ナチス
オスマン帝国→中東混乱

第一次世界大戦ほんと無駄だった

93: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:01:17.31 ID:6iHkQr4EM
>>87
むしろ第二次世界大戦の種播いた無能

96: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:01:47.64 ID:Ai7DwaH+0
皇太子暗殺は最後の一歩なだけで背景は根深い

111: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:03:14.13 ID:JIX2h3w8a
>>96
色々あった上でドン!
基本はそうやろ

97: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:01:50.03 ID:5s/JXLOx0
帝国が4つも滅んだヤベー奴

143: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:05:36.71 ID:JIX2h3w8a
欧州ってずっと揉めてるな

171: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:07:23.61 ID:WS0zTjQn0
>>143
フランスとドイツが常に資源をめぐって対立してるからそこに周りが巻き込まれて大規模化するパターン多い

149: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:06:14.58 ID:JsPQ98tP0
ドイツとかいう永遠に同盟国に恵まれない国

190: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:09:04.06 ID:o27IMPpj0
>>149
まず自分とこの政治家ガチャ当てるべきなんだよなあ
なんでSSRビスマルクを石にしちゃったんですかね…

193: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:09:11.83 ID:gQMumYhqr
>>149
アンチ乙オーストリア&オスマン帝国という最強のふたりを味方につけたから

201: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:09:29.61 ID:TacHorMG0
>>149
今はフランス抱えてるから

151: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:06:23.21 ID:eegUOZYQ0
大不況→帝国主義→大国間勢力均衡の流れ
よって大不況

164: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:07:06.16 ID:O6Z+8Gkf0
セルビア青年がオーストリア皇太子を暗殺
オーストリアがセルビアが関与したとして(実際してた)最後通牒を突きつける
オーストリアが同盟国ドイツの協力を取り付ける
セルビア後ろ楯のロシアに協力を求める
セルビアが拒否したためオーストリア宣戦布告
セルビアの保護のためロシア総動員
ロシア同盟国フランス総動員
ドイツ総動員フランス及びロシアに宣戦布告
ドイツシュリーフェンプランに乗っ取りベルギーに宣戦布告
イギリスベルギーの中立を侵犯したドイツに宣戦布告
ドイツ同盟国イタリア中立(後にイギリス側で参戦)
イギリス同盟国日本参戦

大体1、2カ月の出来事

186: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:08:46.21 ID:6iHkQr4EM
>>164
破滅へのピタゴラスイッチ

182: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:08:36.61 ID:r/a1CXbw0
ポーランド「よっしゃ!独立や!ついでにドイツとロシア帝国とハンガリーの領地奪ったろ!」

194: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:09:14.31 ID:Qrc8xZO8a
>>182
こいつ被害者ぶってるけどかなりイキりちらしてるよな

206: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:10:10.04 ID:TEczzF7Q0
>>194
終戦後もWW2引き起こす間接要因だし

197: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:09:22.48 ID:Rs0FrMTZ0
どさくさの陣取りゲームやぞ

315: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:18:26.16 ID:HK+61f750
連鎖的に反応したからああなったんやろ

317: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:18:31.47 ID:ZgbHipyY0
パッシェンデールの戦いやっけ?
イギリスがドイツ軍の本拠地の地下に455トンの爆薬仕込んで吹っ飛ばしたの

325: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:19:08.40 ID:Jm5yMREF0
>>317
ロンドンまで爆音聞こえたらしいな

359: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:21:28.91 ID:ZgbHipyY0
>>325
核兵器以外で人間が意図的に起こした最大級の爆破なんだよな
第一次大戦って加減が分からんかったからやりたい放題やってるよな

466: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:29:10.45 ID:z/uUv9Ya0
パッシェンデールの戦い

もともとひどい沼地、更に砲弾のせいで底なし沼が多数出現し溺死
イペリットガス(マスタードガス)の初使用
455トン爆弾で守備兵が1万人壊滅>>325


おそらく歴史上、数ある戦場の中でも地獄オブ地獄

578: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:36:46.09 ID:C+fc2mh40
>>466
なんやこれ
ほんまタガ外れたらやるとこまでやりすぎやろこいつら

324: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:19:02.40 ID:SBzY2N710
近代は何処をとってもフランスがイキった挙げ句ドイツに瞬殺さてれるイメージしか無いわ

339: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:20:19.72 ID:lDPBa5iVr
大戦の前までは「火器の威力が上がり過ぎて列強同士で戦争が起こることは無くなった」とか言われてたらしいな まぁしゃーない

346: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:20:48.14 ID:XxEG5lH70
>>339
あっ・・・

354: 風吹けば名無し 2019/04/18(木) 00:21:15.95 ID:78Gwk2AV0
>>339
核兵器がこれの完成形やな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年04月19日 20:32 ID:riqsxTki0▼このコメントに返信
正直どうでもいいし
2.名無しさん:2019年04月19日 20:32 ID:pDMXTdJk0▼このコメントに返信
色々ピタゴラスイッチ的な組み合わせの結果だしな・・・
3.名無しさん:2019年04月19日 20:36 ID:3Ooxw7AH0▼このコメントに返信
クリスマスまでには終わるやろ、ヘーキヘーキ()
4.ハインフェッツ:2019年04月19日 20:37 ID:XLG4pP.E0▼このコメントに返信
軍ヲタなら普通に
「シュリーフェンプランの暴発」
と言える話。

戦争準備行動が”外交上のブラフとして使われる場合もある”というケースを想定できなかったという話。
5.名無しさん:2019年04月19日 20:39 ID:JKsBXJ4t0▼このコメントに返信
オーストリア皇太子がセルビアの若者に暗殺されたのがきっかけ。
6.名無しさん:2019年04月19日 20:39 ID:L.43C0aB0▼このコメントに返信
石器時代ばかり丁寧にやるから現代史は時間がなくパスされた。
これも日教組の策略か?
7.名無しさん:2019年04月19日 20:40 ID:IJUAXDKV0▼このコメントに返信
ww1の初期はナポレオン戦争の頃の様相で

派手な服着た指揮官が馬上から指揮してたのが
格好の狙撃対象になって隊列組まなくなって
重火器持った散兵が主流になって

そのうち、塹壕を挟んでのにらみ合い
ラチがあかないから飛行機からの爆弾投下、毒ガス、戦車と超短期間に何もかもが変わったらしいね
8.名無しさん:2019年04月19日 20:43 ID:sEMGo1DL0▼このコメントに返信
イギリスとかいうオスマン帝国が国民の募金を集めて注文した大戦艦を接収して敵を増やす無能。尚勝つ模様
9.名無しさん:2019年04月19日 20:47 ID:lgu6SbML0▼このコメントに返信
中学くらいで絶対習ってるはずなんだけどなあ
俺は歴史大好きだから気合い入れて授業受けてたけど、そうでもない奴は聞き流してんだろうな
10.名無しさん:2019年04月19日 20:49 ID:I95f0jzv0▼このコメントに返信
日本はあんまり関係なかったからな。対岸の火事。
11.名無しさん:2019年04月19日 20:49 ID:0XbTQuI00▼このコメントに返信
どさくさに参戦して中国攻撃してドイツ権益をかすめとる盗人日本畜生
12.名無しさん:2019年04月19日 20:57 ID:9Ak0U16u0▼このコメントに返信
だいたいドイツのせい

シュリーフェンプランなんて考える前にロシアとの再保障条約更新してればよかっただけの話
13.名無しさん:2019年04月19日 20:57 ID:wmPZf.kJ0▼このコメントに返信
常識の範囲内だよな
14.名無しさん:2019年04月19日 20:58 ID:GO.uDk1b0▼このコメントに返信
導火線(複雑に構築された同盟・協商関係)に火が付いた後追い風(動員に次ぐ動員)で煽られて一気に燃え盛るのは
芸術的とも言えるんだよなぁ
確固として決断したというよりホント勢いで爆発した感満載
15.名無しさん:2019年04月19日 20:58 ID:xl8imVxo0▼このコメントに返信
※11
日本は日英同盟に基づいて参戦しただけ。
中国人が自分で参戦して取り返したらよかっただろ。
一体、そのとき、中国人たちは何をやってたのかね?
16.ハインフェッツ:2019年04月19日 20:59 ID:XLG4pP.E0▼このコメントに返信
※11
で、当時のドイツは日本にとっては敵国だったのではなかったのかな?
って言うか、悔しかったら中国人自身が連合国側で参戦して国内からドイツを叩きだしとけって話だよねぇ?

そこ行くと軍の中身がアカだらけになった日中戦争の時は、下劣な本音を隠す為の意味不明な理想論を唱えて友好国の権益まで見境なく襲いに行ったんだから、そりゃ叩かれて当然だけどな。
左巻きって本当に国際法ってモノを知らんから困る。
17.名無しさん:2019年04月19日 21:01 ID:Zpvrvg5M0▼このコメントに返信
種火がこう見事に広がると認知したから第二次前が消極的になるんだな
18.名無しさん:2019年04月19日 21:02 ID:Z1TzbKib0▼このコメントに返信
第二次世界大戦の原因でもある。
19.名無しさん:2019年04月19日 21:02 ID:0ftTdy.L0▼このコメントに返信
オーストリアとセルビアの豚戦争とバルカン半島の4か国及びブルガリアの関係、露土戦争を押さえれば、拗れた理由は解る。オーストリア皇太子をセルビア人の若者がー、それであとはドイツとロシアが保護国のために動き、燃え上がった感じ。
20.名無しさん:2019年04月19日 21:02 ID:BlK5woHz0▼このコメントに返信
ピタゴラスイッチとか済し崩しという言葉がピッタリ。
どこかで止められたにも係わらず、全ての選択が最悪のタイミングで最悪の方をチョイスしちゃった。
21.名無しさん:2019年04月19日 21:02 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
ドイツはな~、場所が悪い。
フランスとロシアとトルコとイタリアに囲まれてるのに、農業に不向きで地下資源も今一つ。
海外から資源輸入しないと死ぬのに、あっという間に交易封鎖されてしまう。

そのくせ、技術至上主義で脳筋、戦力だけは高いとか、他国の警戒を煽るだけよ。
ホンにビスマルク閣下は偉大だわ。
22.名無しさん:2019年04月19日 21:04 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※15
そのとき、中国人たちは何をやってたのかね?
列強の草刈り場でしたwww
23.名無しさん:2019年04月19日 21:06 ID:qvDL8NGV0▼このコメントに返信
教科書だと「バルカン半島はヨーロッパの火薬庫」って文だけで、なぜそうなったのか、
どういう状況なのか説明全くなかったしな。
今だとネット漁ったらそのへんの事情は簡単に調べられる。
ネット万歳やね。
24.名無しさん:2019年04月19日 21:07 ID:aygEC1uW0▼このコメントに返信
というか1つ1つの戦いの規模が尋常じゃない、それもww2のように戦車とか爆撃で派手にやるんじゃなくて人間の手作業で地道に延々と殺し合う感じ。
教科書でさらっと流されるけど人類史上最キチで頭おかしい出来事やぞ、何がひどいって当事者も何で戦ってんのかよくわかってなさそうなところ
25.名無しさん:2019年04月19日 21:07 ID:IJM6gl5d0▼このコメントに返信
>大戦の前までは「火器の威力が上がり過ぎて列強同士で戦争が起こることは無くなった」とか言われてたらしいな まぁしゃーない
WW1はその幻想が生きていた系の言い訳が出来ても、WW2は分かっててもやった事になるわけで・・・
26.名無しさん:2019年04月19日 21:08 ID:MTfZOtUh0▼このコメントに返信
政治家たちの軍事同盟ごっこに過ぎなかったのに、いざとなったら律儀に実行してしまう契約社会。日本を除く東洋のようにノラリクラリしてれば破滅まで行くことなかったのにね。
27.名無しさん:2019年04月19日 21:08 ID:M5kob5Rx0▼このコメントに返信
シュリーフェンプランとかいう隣国まるごと征服計画
28.名無しさん:2019年04月19日 21:09 ID:M6.5UQq60▼このコメントに返信
大戦、GreatWarなんて言われたのは一次大戦も大分経ってからみたいだな。
二次大戦もドイツのポーランド侵攻が最初とか言われているが正直ピンと来ない。
なんとなく始まって飛び火する。一見関係ないところもおっ始める。次の大戦もそうなると思うぜ。
米朝で戦争を開始しても中国バブルが弾けても奥州がまたぞろ経済恐慌起しても次の大戦は来ると思う。
29.名無しさん:2019年04月19日 21:10 ID:g4sLV7sN0▼このコメントに返信
ここでドイツが勝つ為にレーニンなんてまじもんの狂気の怪物を
ロシアに送り込んだのが人類史上最大の失敗だと思ってる
30.名無しさん:2019年04月19日 21:10 ID:xl8imVxo0▼このコメントに返信
※21
ドイツの地下資源は豊富だろ。欧州最大の鉄と石炭の供給源だ。
もともと日本で言えば明治維新の直前まで小国が分裂して存在していた地域だったけど
その当時から英仏は「この地域が統一されるとマズイ」という認識があったらしく
ビスマルクの統一を何度も妨害しようとしてる。
31.名無しさん:2019年04月19日 21:11 ID:MVrbFKTo0▼このコメントに返信
当時ヨーロッパ諸国は、複雑な同盟関係を結んでいた。
そしてWW1直前、すべての国がこれらの同盟関係を守った。
だからWW1が勃発した。(ただしイタリアを除く。)
32.名無しさん:2019年04月19日 21:11 ID:BcYfd5Kb0▼このコメントに返信
>>164
セルビア青年がオーストリア皇太子を暗殺

学校の教育だとこの1行目からスタートするけど、これ絶対おかしいよな
どう考えてももっと前段階の説明が必要だろ
かく言う俺も何でオーストリア皇太子が暗殺されたのか知らんのだけど
33.名無しさん:2019年04月19日 21:11 ID:.CTiiwI60▼このコメントに返信
※4
いやブラフでなけりゃ亡国の危機ですし
動員体制が鉄道に依存してる時点で暴発もクソもない
初手で総動員を選ばなけば戦いが本当に始まれば確実に負ける
34.名無しさん:2019年04月19日 21:12 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
欧州なんて、いつも足の引っ張り合いだからな。
一人足抜けしようとしたら、全員がそいつの足を引っ張る。

まあ、桃鉄みたいなもんだ。
35.名無しさん:2019年04月19日 21:13 ID:grZ8imtj0▼このコメントに返信
あれだろ、安重根が伊藤博文を暗殺したんだっけ(すっとぼけ)
36.名無しさん:2019年04月19日 21:14 ID:iZbWcPKH0▼このコメントに返信
オーストリア的にはドイツが怖い人たちを牽制してくれてる内に
セルビアをタイマンでぶっ殺せると見積もってた
相互確証破壊クラスの縛りがあってもそのうちの一人の見積りに誤りがあったら
開戦してしまうことを証明した事件でもある
37.名無しさん:2019年04月19日 21:15 ID:wR4uCltq0▼このコメントに返信
少し遡るとオーストリア・ハンガリー帝国が行き詰っていたってことがあるけど。
38.名無しさん:2019年04月19日 21:15 ID:I95f0jzv0▼このコメントに返信
ナポレオン以降のドイツ帝国の勃興を多少なりとも理解していないと
とてもわかりにくい。
39.名無しさん:2019年04月19日 21:16 ID:1SBvMLdr0▼このコメントに返信
露土戦争から抑えて置けば、サラエボ事件前後の流れも理解しやすいと思う
40.名無しさん:2019年04月19日 21:16 ID:TPjpqMm.0▼このコメントに返信
え、皇太子暗殺じゃないの?
歴史の授業でやるじゃん
41.名無しさん:2019年04月19日 21:17 ID:wR4uCltq0▼このコメントに返信
※32
各地の自治政府がオーストリア・ハンガリー帝国に自治権を求めていたらしい。
少しずつ認められ始めてはいたようだが。
42.へそ吉:2019年04月19日 21:19 ID:40sM0mMo0▼このコメントに返信
 原因といっても、どこまでさかのぼるかですね。直接の原因はサライェヴォ事件
ではありますが、背景にあったのは帝国主義列強が鎬を削る国際情勢。「遅れて来た」
帝国主義国のドイツとロシアが、多民族問題で揺れていたバルカン半島に手を伸ばし、
ドイツは汎ゲルマン主義、ロシアは汎スラヴ主義を掲げてバルカン半島の民族を統一
して勢力を拡大しようと画策していました。バルカン半島の幾つもの小国も、ドイツや
オーストリア・ハンガリアやロシアと組んで民族運動を行なっていました。
 つまりバルカン半島は、民族問題に大国の思惑が絡んで複雑怪奇な情勢になっており、
いつ爆発するか分からない「火薬庫」だったのです。1912年と13年には小国(トルコも
含む)同士の「バルカン戦争」が起こっています。火種は充分あり、それに着火して
大火事にしたのがサライェヴォ事件です。
43.名無しさん:2019年04月19日 21:19 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※32
せやな。でも、セルビアが一方的にオーストリアの属国になる事をオーストリアに通告する嘘の様な笑い話もせなアカンし、雑魚のモンテネグロが西ヨーロッパを全てを敵に回す話もせなアカンしで、学校では絶対に教えられない話が多すぎるので、しゃーない。
44.名無しさん:2019年04月19日 21:19 ID:.CTiiwI60▼このコメントに返信
※32
太平洋戦争にしてもハルノート蹴ったからで終わりというね
真面目に原因考えようと思ったら明治維新まで遡って関連付けないとわからないよねって
45.名無しさん:2019年04月19日 21:20 ID:wR4uCltq0▼このコメントに返信
滅亡したから影が薄いけど、欧州戦の主役はオーストリア・ハンガリー帝国で、加勢したドイツが主犯になっている不思議。
オスマン帝国は立憲君主制への移行に失敗した内部崩壊。
46.名無しさん:2019年04月19日 21:22 ID:BzueO1Mj0▼このコメントに返信
WW2のフランスへたれすぎやろと思ったらWW1が地獄すぎたっていう
47.名無しさん:2019年04月19日 21:22 ID:YkhK8CLE0▼このコメントに返信
※32
背景とかを説明するなら元々のセルビアとオーストリアの関係も必要だし、豚戦争とかにも言及するべきとなる。
48.名無しさん:2019年04月19日 21:24 ID:I95f0jzv0▼このコメントに返信
普仏戦争前後のドイツからの流れで理解するのが比較的学びやすいのではないかと思う。
やっぱ、ビスマルクとモルトケの時代からが面白く学べる。
WW2の敗北まで続くドイツ軍の栄光と挫折の物語で前半のハイライトがWW1
49.名無しさん:2019年04月19日 21:24 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
一次大戦の原因は、ドイツの統一で、ナポレオン侵攻で、フランス革命で、100年戦争で…
とさかのぼっていけば、アフリカ中南部で2足歩行を獲得したのが原因。
50.名無しさん:2019年04月19日 21:24 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※47
そこまで行くと、余計にややこしいから、ビスマルクのバルカン外交からで良いと思うで。
51.名無しさん:2019年04月19日 21:24 ID:FCVz0ja60▼このコメントに返信
バルカン半島と言う名前がカッコいい
と思いました(>_<)
52.名無しさん:2019年04月19日 21:25 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※49
プロイセン「ドイツ統一って言ったら、ドイツ統一なの」
バイエルン「」
オーストリア「」
53.名無しさん:2019年04月19日 21:28 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※45
元々、バルカンに深入りを避けていたビスマルク外交を完全に放棄して、介入しまくったヴィルヘルム二世が完全に癌だからしゃーない。
54.名無しさん:2019年04月19日 21:28 ID:wR4uCltq0▼このコメントに返信
※46
ナポレオン戦争でおあいこ。
55.名無しさん:2019年04月19日 21:30 ID:wR4uCltq0▼このコメントに返信
なおドイツ帝国はプロセインの継承国では無い模様、微妙に位置がズレている。
今考える欧州の国境線が固まってきたのはナポレオン戦争だから、それ以前を今の解釈をするとおかしくなる。
56.名無しさん:2019年04月19日 21:31 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※41
不満は勿論あったがセルビアとしてはオーストリアの皇太子を暗殺とか完全に寝耳に水やったんやで。
57.名無しさん:2019年04月19日 21:36 ID:wHjRE0fB0▼このコメントに返信
ロシアと戦争するために
フランスをまず黙らせる。
そのためにベルギーに突撃。
シュリーフェンさぁ…。(呆れ)
58.名無しさん:2019年04月19日 21:36 ID:.CTiiwI60▼このコメントに返信
言うてビスマルクの方針って正しかったのか?
小ドイツ主義で行っても将来的に国力足りずに覇権国に飲まれて半属国化じゃねえの?
59.名無しさん:2019年04月19日 21:37 ID:hZdSG3cz0▼このコメントに返信
第一次世界で動員された軍人・兵士は7千万人。戦闘員の死者900万人。非戦闘員の死者700万人。

ちなみに、第二世界大戦で動員された軍人・兵士は1億1千万人。戦闘員死者2500万人。非戦闘員の死者3000万人。

ただ、ソ連の2000万人、中国の3000万人民間人死者についてはカウントしていない。
60.名無しさん:2019年04月19日 21:39 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※58
どっちにしても食われるなら、一発花火ぶち上げようか!
という発想は非常にドイツ的で悪くないと思うwww
61.名無しさん:2019年04月19日 21:41 ID:RC2iUO5x0▼このコメントに返信
第一次世界大戦どころか三十年戦争もスペイン継承戦争も壬申の乱も完全に説明できるが、会社では底辺社員で、「第一次世界大戦何それおいしいの」レベルの奴の部下やわ。そんなもん覚える才能より世渡りの才能が欲しかった。
62.名無しさん:2019年04月19日 21:44 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※61
趣味と本業は分けて考えたほうがいいぞ、おつかれ!
63.名無しさん:2019年04月19日 21:44 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※58
ビスマルクの戦略は至って正しい。ロシアと争ったらフランスに挟み撃ちにされるから。
64.名無しさん:2019年04月19日 21:45 ID:RC2iUO5x0▼このコメントに返信
第一次世界大戦どころか三十年戦争もスペイン継承戦争も壬申の乱も説明できるが、会社では底辺社員で「第一次世界大戦何それおいしいの」レベルの奴の部下や。そんなもん覚える才能より世渡りの才能が欲しかったわ。
65.名無しさん:2019年04月19日 21:47 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※60
ビスマルク「冒険主義的な行動を慎め」

十数年後

ヴィルヘルム二世「拡大や。拡大。バルカンにも拡大や」
66.名無しさん:2019年04月19日 21:47 ID:24pezXxx0▼このコメントに返信
※32
セルビアはそれまで親オーストリアで経済的にも依存する関係だったが、凄惨な軍事クーデターにより親ロシアに鞍替え。
中世セルビア帝国の領土回復を目指すセルビアはオーストリアとたびたび軍事衝突するようになる。
そんな中、中世セルビア帝国時代の領土でありながらオーストリア領となっているボスニアをオーストリア皇太子夫妻が軍事演習の視察の為に訪れる事になった。
セルビアのテロ組織ブラックハンドはこの夫妻暗殺を計画、七人の暗殺者を差し向ける。
その日、皇太子夫妻は市長による歓迎式典に参加する為に6台の車列で市庁舎へ向かう。
暗殺者の一人は用意した時限爆弾を皇太子夫妻の乗る車に投げ込んで爆殺を図るが、爆弾は見事に夫妻の車に命中するものの時限式の為にただちに爆発せず失敗、自決を図る。
それを見た残りの6人は他人の振りをしてその場を去った。
未遂に終わったとはいえ暗殺されかけた皇太子は式典に参加したものの、すぐに先の爆発により自身の代わりに巻き込まれた負傷者を見舞う為に病院へと向かう。
その途上の料理屋に呑気に飯でも食ってたのか先の暗殺者の一人がいて、目の前を通り過ぎる皇太子夫妻に目掛けて発砲し計画通りに暗殺に成功した。
67.名無しさん:2019年04月19日 21:50 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※57
小モルトケ「オランダも道路だったから、ベルギーも絶対に道路だと思うじゃん」
68.名無しさん:2019年04月19日 21:51 ID:sDa3wrsA0▼このコメントに返信
後発工業資本主義国で新興国のドイツが先進世界帝国のイギリスに挑戦し、結局イギリスとフランスとアメリカに負けたって話だろ
69.名無しさん:2019年04月19日 21:52 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※66
関係者が全員、マヌケってところが面白い。
70.名無しさん:2019年04月19日 21:53 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※68
一次大戦でアメリカさんは出番ないぞ。
71.名無しさん:2019年04月19日 21:54 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※68
3cと3bが直接的な争点ではなく、あくまでもバルカン半島が争点やで。
しかも、ドイツとブリカスの関係は完全に決裂状態ではなかったで。
72.名無しさん:2019年04月19日 21:56 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※69
皇太子さまは、部下を気遣ういいひと。
ただし、危機感は足りない。
73.名無しさん:2019年04月19日 21:59 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※70
日本の歴史「アメリカが戦局を変えたぞ」
アメリカの歴史「アメリカが戦局を変えたぞ」
イギリスの歴史「金だけだぞ」
フランスの歴史「数多くある内の一つの同盟軍」
ドイツの歴史「ないで」
ソ連の歴史「帝国主義の戦争で人民が苦しめられた。戦争は良くない」
74.名無しさん:2019年04月19日 22:01 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※73
モンロー主義とか孤立主義って自分で言ってたじゃないかwww
75.名無しさん:2019年04月19日 22:01 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※72
気を遣う良い人が、わざわざ豚戦争記念日にボスニアに行かないと思うで。
76.名無しさん:2019年04月19日 22:03 ID:4QiOeQBl0▼このコメントに返信
家康「秀忠ヤッたんワレかぁ!」
正信「殿いかがなされた?」
家康「コヤツが秀忠のタマぁ取りやがった!」
正信「何ですと?この大たわけがぁ!貴様ぁ絶対に許さん!一族郎党37564じゃぁ!」
家康「ちょ、おい・・・」
正信「ですよね?譜代の旗本三万旗差し向けたる・・・徹底的にやったらぁ!」
家康「えっ?」
忠勝「殿、戦でござるか?腕が鳴りますわぃ」
康政「拙者が先陣を切りませう!」
直政「久々に赤備えですな!」
家康「あ、うん・・・」
77.名無しさん:2019年04月19日 22:04 ID:5.OPANHI0▼このコメントに返信
基本的にはドイツとロシアでの人口爆発
その結果領土と消費地を求めた
英仏は持てる側で防衛
フランスは革命以降人口減少に陥ってたが
本戦争の結果国家が傾くレベルに
WW2でまともに戦わなかったのもその影響が大

後は戦争動員計画を立てたはいいが、
動員開始したときの停止計画が抜けてたのも大きい
78.名無しさん:2019年04月19日 22:06 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※75
ボスニアにお住いの旧オーストリア国民を気遣った結果やで、たぶん。
79.名無しさん:2019年04月19日 22:06 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※74
モンロー主義は、イギリスなどのヨーロッパに対してアメリカ大陸全土に手を出すなと言っただけ(イギリスもフランスもドイツも守る気が0)、何の意味も発揮していないで。
80.名無しさん:2019年04月19日 22:07 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※78
やっぱりただの、マヌケだったんじゃ……。
81.名無しさん:2019年04月19日 22:10 ID:2ur8pXEy0▼このコメントに返信
動員=戦争では無い にもかかわらず阿保のドイツ参謀本部は
ロシアが動員かけたら即座に反対方向のフランス侵攻を自動的に開始する
ガチガチの作戦計画を長年準備していた
82.名無しさん:2019年04月19日 22:10 ID:aJ4CNBCV0▼このコメントに返信
イルミナティ=悪魔崇拝者同士の争いだったのは確実。

赤=ロスチャイルド・秦氏、ベネチアの黒い貴族=イエズス会、大和族
青=出雲族、清和源氏、白山人脈
黄=月派、アメリカ、縄文人
83.名無しさん:2019年04月19日 22:11 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※80
それを言えば、百年戦争ばら戦争フランス革命等々、参加者全員間抜けしかいないことになるからやめて差し上げろ。
84.名無しさん:2019年04月19日 22:11 ID:MZk.KUi20▼このコメントに返信
ハプスブルク家「」
85.名無しさん:2019年04月19日 22:14 ID:Z06GraM.0▼このコメントに返信
※66
補足するとセルビアはオスマンが中心の敵だったが、バルカンの小国の中では比較的大きくなり,調子に乗って大セルビアを狙い始めた。
さらにオーストリアがボスニアを併合してセルビア人の不満が溜まっていたということもある
86.:2019年04月19日 22:15 ID:dzQK0yZI0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
87.名無しさん:2019年04月19日 22:19 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※85
大セルビア=バルカン半島全部を意味しているんやで(小声)
調子に乗っているを通り越しているんやで。
88.名無しさん:2019年04月19日 22:20 ID:Uap.6lw20▼このコメントに返信
な〜に、クリスマスまでには帰れる
89.名無しさん:2019年04月19日 22:20 ID:1SBvMLdr0▼このコメントに返信
※80
大公自身はセルビアに対して融和的だったんだけどね。それが逆に仇になった説もあるね
あと、危険なのに式典に参加したのは奥さんとの出席を認められて、その機を逃したくなかったからともいわれてる
それまで身分の違いを理由に公式の場で夫婦同席を認められてなかったから
90.名無しさん:2019年04月19日 22:21 ID:BEa4vvYU0▼このコメントに返信
今のEUから通貨の統一、域内通行の自由を抜いたみたいなもんや
みんなで一つの国みたいに同盟組んでたから一人攻撃されてみんなで仕返ししたら世界大戦になった
91.名無しさん:2019年04月19日 22:24 ID:IaXDeYR80▼このコメントに返信
戦争はよくない!って言うからダメなんだよ
戦争は意味ない!って言えばおk
92.名無しさん:2019年04月19日 22:24 ID:q189S26d0▼このコメントに返信
※89
融和的であろうがなんであろうが、セルビア民族の記念日に式典をしたことが致命的過ぎる。
93.名無しさん:2019年04月19日 22:26 ID:OeKiXfQa0▼このコメントに返信
理解したいなら「動員」と普仏戦争の戦訓と当時の兵隊の輸送手段/速度を調べればいいんだぞ。
94.名無しさん:2019年04月19日 22:28 ID:L.jwE1lu0▼このコメントに返信
欧州情勢複雑怪奇ナリ…
95.名無しさん:2019年04月19日 22:29 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※91
戦争は、みんなが望むから起こるんであって、
「よくないから」「意味がないから」で起こらないものでもない。
96.名無しさん:2019年04月19日 22:30 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※94
外交官がそんな寝言報告書に書いてきたら、首にされてもしょうがないな。
97.名無しさん:2019年04月19日 22:30 ID:rc9Hs6fn0▼このコメントに返信
き〜よし〜♪こ〜の夜♪
→サッカーやろうぜ

の流れ好き
98.ハインフェッツ:2019年04月19日 22:31 ID:XLG4pP.E0▼このコメントに返信
※33
だから、国防をそういう冒険的なプランに頼ってる時点で既に積んでるんだよ。
99.名無しさん:2019年04月19日 22:31 ID:aYWcS5w70▼このコメントに返信
第一次世界大戦はカップリング論争に火が着いて大戦にまでエスカレートした良い例
100.名無しさん:2019年04月19日 22:36 ID:uBUy43ig0▼このコメントに返信
第三次世界大戦もなんだかんだで、ドイツがらみで起こると思う
101.名無しさん:2019年04月19日 22:40 ID:zlLo8OAu0▼このコメントに返信
まず当時の『戦争』は『国際競技』みたいなもので、いっぱしの国家にとっては『たしなみ』でしかなく、戦争できない国なんて子供扱いだった。
102.名無しさん:2019年04月19日 22:40 ID:1gN8x.un0▼このコメントに返信
フランス革命以降、戦争で大儲けの国際金融。それと戦うトランプ大統領。

「ひとりがたり馬渕睦夫」 2019/03/29
#18 朝鮮半島問題とは何か?② 米国ディープステートは北朝鮮を温存してきた(概要)
www.youtube.com/watch?v=Miq6ZkDy-kY

オバマ大統領までの米国の実態が端的に現れたのが朝鮮戦争。中共軍に対抗する国連軍(アメリカ軍)には、武器も弾薬も満足に与えられなかった。アメリカは朝鮮戦争にわざと負けた。そのことを理解しないと世界の歴史が分からない。

第二次世界大戦で圧倒的な物量で勝利を得たアメリカが、まともにやれば北朝鮮やベトナムに負けるはずがない。中共軍の林彪はマッカーサー(国連軍)の作戦を知っていたと言っている。アメリカは重要な作戦決定でイギリスと協議していたが、それがダダ漏れしていたという事実。朝鮮戦争で起こったことがベトナム戦争でも起こっていることに気がつくべき。アメリカがわざと勝たないというパターンがずっと続いている。

朝鮮戦争において国連軍を指揮していたのは国際的勢力(ワシントンDC、ロンドン、ウォール街、シティ)。ディープステートが米国の支配権を握りはじめたのは、ウィルソン大統領の時代(第一次大戦から)。米国は北朝鮮を温存してきた(オバマ政権まで)。ほとんどの北朝鮮のことについては、我々はメディアのフェイクニュース(意図的な世論誘導)に洗脳されている。

トランプ大統領は政治生命維持の為に北朝鮮に妥協する必要性が全くない。考えていることは北朝鮮の体制を崩壊させること。北朝鮮の安全は保証しているが、金王朝体制の安全は全く保証していない。トランプ氏はこれまでの米大統領とは根本的に違うことを、金正恩は理解しなければならない。北朝鮮を支えているディープステート勢力に、関係者は踊らされていたというのが、朝鮮戦争以降の現代である。
103.名無しさん:2019年04月19日 22:41 ID:..nK9kng0▼このコメントに返信
第2次世界大戦の原因も嘘だらけの気がする。
104.名無しさん:2019年04月19日 22:44 ID:Zlz9k.H60▼このコメントに返信
※100
今現在の時点で、鉛弾と爆薬の代わりに、現金と物資が飛び交ってますよ。
105.名無しさん:2019年04月19日 22:44 ID:Eo9zgmiU0▼このコメントに返信
鉄道の話を調べるとこんなことであんだけの人が!ってなる
106.名無しさん:2019年04月19日 22:45 ID:S5BnaOdJ0▼このコメントに返信
WWⅠの遺恨がそのまま残った感じなのがユーゴ紛争
107.名無しさん:2019年04月19日 22:46 ID:2n5mUh2P0▼このコメントに返信
3つの帝国が滅び、1つの帝国が傾き、1つの帝国が力をつけた
そして、出る杭は叩かれた
108.名無しさん:2019年04月19日 22:50 ID:uneFTHpr0▼このコメントに返信
バルカンの火薬庫だろ?遠因は
109.名無しさん:2019年04月19日 22:50 ID:sNWserql0▼このコメントに返信
ちなみに第一次世界大戦で日本も戦争してたということに日本人のほとんどが無関心 知らない人も多い
110.名無しさん:2019年04月19日 22:58 ID:YISolEbJ0▼このコメントに返信
9.11以降の目から見ると、
第一次世界大戦はドイツ帝国の国民にとって「テロとの戦争」だったし、
第二次世界大戦は大日本帝国の臣民にとって「テロとの戦争」だったと言える。

女子供を殺害するテロと、共存不能な排他的原理主義、それに無制限権力を行使出来る主権国家。
この三つの要素が結びついたモノを、有権者と議会が許容することは民主主義国家である以上非常に困難。

ドイツの不幸は、戦後の国防が全く保証されなかった事だし、
日本の幸運は、戦後の国防がアメリカ持ちという人類史上最高レベルのポトラッチに恵まれた事。

まぁ、「アメリカは大悪魔」などと言ってテロを継続している人達にとっても、
二度の世界大戦でテロ支援国家として勝利を重ね、世界の覇権国家となったアメリカの成功は、
良き知らせ(福音)の様に感じられているのかも・・・
111.名無しさん:2019年04月19日 23:05 ID:4X04imiq0▼このコメントに返信
太平洋戦争だって日本人はほとんど知らないと思うぞ。
日本軍は日中戦争のさなかに暇なんで「酔狂」で真珠湾を攻撃したくらいに思っている。
まあ、アメリカのWGIPをまるままNHKが伝えてそれ以外が一切なしで
日本人は洗脳されてきたんでしょうがないとは思うが、
もういい加減知れよと。 西欧列強のアジアの当時の植民地の実態を。
112.名無しさん:2019年04月19日 23:06 ID:xe2PgZlu0▼このコメントに返信
そもそもどの時点で開戦したのか、学説で分かれる
開戦の定義の問題にまでなってきて、はっきりこうだと言えない
113.名無しさん:2019年04月19日 23:09 ID:4X04imiq0▼このコメントに返信
第一次、第二次に大戦を分けるきらいがあるが、ありゃ一つながりだからな。
インターバルが数年あっただけで一つの大きな戦乱だ。
まあ、それを言えばセルビアのあれだって、いきなり酔っぱらいが始めたわけじゃないけどな。
114.名無しさん:2019年04月19日 23:12 ID:5G.JjEkw0▼このコメントに返信
トランプの狙いは北朝鮮の核凍結と、大陸間ミサイルの廃棄。
金王朝の存否は、それのいう事を聞くかどうか。
115.名無しさん:2019年04月19日 23:13 ID:hVbFQw8m0▼このコメントに返信
双方の撃った弾がぶつかってくっついたのが落ちてたんだろ

※111 いくらなんでもそれはない
116.名無しさん:2019年04月19日 23:16 ID:hZdSG3cz0▼このコメントに返信
冷戦が第三次世界大戦で、冷戦崩壊後のアメリカを中心とした対テロ戦争を第四次世界大戦という説がある。もう一つは冷戦は冷戦で、現代の対テロ戦争を第三次世界大戦とする説もある。
どちらの説も第一次世界大戦や第二世界大戦のような帝国主義的総力戦形式の第三次世界大戦は起きないと仮定している。
117.名無しさん:2019年04月19日 23:22 ID:Kllj.vWc0▼このコメントに返信
どうでもいいがフランツ・フェルディナント大公はあくまで皇位継承者であって皇太子ではない
118.コロンブス:2019年04月19日 23:23 ID:prYcu0mM0▼このコメントに返信
>>23サラエボ事件→オーストリア、セルビアに怒る→ドイツくんオーストリア後押し→ロシア君バックについたセルビアもイキる→ロシアの友達フランスとイギリスもついてくる

↑教科書的にはこうなんだろうが、もっと単純ではない経緯があると思うよ。書き切れないが。
119.名無しさん:2019年04月19日 23:25 ID:tbeOLuv90▼このコメントに返信
オーストリア皇太子暗殺されて戦争ならセルビアが悪くないか?
でも勝ったからドイツが悪いなのか?
変なの
120.名無しさん:2019年04月19日 23:29 ID:CRmzGCh30▼このコメントに返信
原因も何も「先に総動員完了したほうが勝つ!」と軍事筋では定説になってて
しかも動員を一度始めると、当時の情報伝達力、輸送手段では中止命令出すと大混乱するので
破滅的だとしてもそのまま戦争するしかないという実態があっただけ。
教養ある人はパンドラの箱を開けるのをためらってたけど
ロシアの皇帝がよく意味も知らず、戦争する気もないのに威嚇のために総動員始めてしまったので
あとはドミノ式に各国が総動員するしかなくなって世界大戦へ
オーストリアもまさかロシアが総動員するとは思ってなかっただろ
今でいうと中国が貿易紛争の報復でいきなりアメリカに核攻撃するようなもんだぞ
まともな感覚と教養持ってれば収支が合わないからやらないと思ってたのに・・・ロシアはすげえよ
121.名無しさん:2019年04月19日 23:40 ID:XjrRg.Nj0▼このコメントに返信

 敗因は明らかでしょ。
 国力の低い国が物資が尽きてギブアップ、実にシンプルだね。
122.名無しさん:2019年04月19日 23:52 ID:cHgnIcUo0▼このコメントに返信
日本の韓国の植民地化も原因である!
WW1もWW2も世界が韓国を日本から助けるために起こったのだ!
123.名無しさん:2019年04月20日 00:03 ID:Qbdglqk60▼このコメントに返信
※119
たしかにセルビアさんが一番悪いのです。
だけど「目的は手段を正当化しない」ので、ベルギーの中立を侵犯したドイツさんも悪いという理屈ですね。

当時の日本にとっても、ほんの十年前にロシア軍が中華東北部を通過して大韓国内に軍事基地を作っているのに
中華も大韓も中立国義務を「放り投げた」せいで日露戦争をやる羽目になったので、許容しがたい事だったのでしょう。

両国は自国が侵略されているのに「中立」などと言って中立国義務(侵略者の撃退)も果たさず何もせず、
それどころか中華は秘密協定でロシア側での参戦を約束し、大韓は密使を派遣して全面協力を申し出ています。
まぁ、結局はロシア側への協力すらやらなかった訳ですが。
(英国が日露両国以外の参戦があれば自動的に参戦する事になっていたのも影響していたのでしょう。)

それに比べて、「ベルギーは道ではない」と国王が啖呵を切って戦い続けるベルギー王国のなんと眩しい事でしょうか。
そんな訳で、当時の日本人にとってもドイツと戦うのはあまり違和感のない決断だったのだと思います。

ちなみに、すっかり「テロとの戦争」モードのドイツ帝国は、日本が敵になると判ると早速ドイツ国内の日本人を
牢屋にぶち込んでしまいました。まるで最近の某合衆・・・てな感じですね。
124.名無しさん:2019年04月20日 00:42 ID:8.RQ0KTn0▼このコメントに返信
※123
某合衆国が収容所にぶちこんだのは「日系アメリカ人」だから、さらにたち悪いんだがな。
「自国民」の財産没収して収容所in、戦争終わっても返還無しとかさすがにやりすぎや。
125.名無しさん:2019年04月20日 00:49 ID:Eqbd7M1.0▼このコメントに返信
お前が知らないだけで皆知らないと一般化するなよ。
126.名無しさん:2019年04月20日 01:10 ID:syZALWsG0▼このコメントに返信
一次大戦は皇太子が必要だったのに、二次大戦は画家志望のイキリ屋一人で引き起こした
オーストリアの進歩を感じさせるコスパ革命だよな
127.名無しさん:2019年04月20日 01:18 ID:RPPi3zp60▼このコメントに返信
僕知ってるよ、陰で幼女が動いてたんだ
128.名無しさん:2019年04月20日 01:26 ID:vTya57wK0▼このコメントに返信
やる夫で学ぶ第一次世界大戦 がわかりやすい
129.名無しさん:2019年04月20日 01:42 ID:efWxxU.E0▼このコメントに返信
うっかりピタゴラスイッチ発動させちゃったってのが、直接的な答えになるんじゃないでしょうか
この場合起爆剤は別になんでもよかった 例の皇太子は大して重要じゃない
ピタゴラスイッチの中身については当時の輸送・通信技術と
戦争に対する考え方の違いと言うのが問題になりますね
130.名無しさん:2019年04月20日 01:42 ID:7inZOMbG0▼このコメントに返信
>>10
戦闘面ではよく言われるように青島のドイツ領分捕ったくらいか。それでも兵士に犠牲はあったらしく横須賀市の一角に第一次世界大戦犠牲者の軍人墓地があるけど。

それより経済面がね…当時の日本だとまだまだ貧弱だった産業界が好景気一転戦後不況、そこへ関東大震災と来て1929の大暴落で詰んだりその後も色々。
131.名無しさん:2019年04月20日 01:49 ID:7inZOMbG0▼このコメントに返信
>>46
1920年頃のフランス人口推計表をつい最近見たが、ポル・ポト後のカンボジアのそれよりひどいもの見るとは思わなんだ。
132.名無しさん:2019年04月20日 01:49 ID:8.RQ0KTn0▼このコメントに返信
※127
そいつはロリの皮をかぶったジャパニーズサラリマンや。
133.名無しさん:2019年04月20日 02:52 ID:o731TKDW0▼このコメントに返信
ヨーロッパ人が戦争大好きだから
これが根本的な原因
134.名無しさん:2019年04月20日 03:04 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※32
元々は、露土戦争で負けたオスマン帝国のバルカン半島領土割譲、放棄、独立に絡んで、欧州列強が棚ぼたでバルカン半島支配しようとしたことで起きたんよ
バルカン諸国にとっては、やっと独立できると思いきや、支配者がオスマンからハプスブルクに代わるようなことになった
だから新たな支配者、君主としてハプスブルク家の皇子が現地入りパレード中に暗殺された

本来なら、欧州の昔の歴史も、現代感覚の国と国みたいな歴史にしないで、日本の大名とか源氏、平氏各家柄中心(欧州の場合はそれが貴族各家)の歴史のほうが本質がわかりやすい(それプラス、宗教勢力と市民勢力との欧州内三つ巴)
135.名無しさん:2019年04月20日 03:11 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
オーストリアがどうたら言っても、結局は第一次世界大戦敗戦で、オーストリア国民からもハプスブルク家は追放されたわけで
オーストリア国土はハプスブルク家の所有地ではない、オーストリアの国土はオーストリア国民のもの
ハプスブルクは長年支配してきたオーストリアから出て行け、元の領地だったスイスのハプスブルク領に戻るなり何処か勝手にいけってことよ
136.名無しさん:2019年04月20日 03:50 ID:dtBrucdA0▼このコメントに返信
聖書のハルマゲドン予言的なものもあって、それぞれの国が徐々に大きくなる→頂上決戦みたいな流れが正しいと思っちゃったんだろうな
137.名無しさん:2019年04月20日 03:52 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
今のような国民国家と国民国家の歴史みたいにすり替えないで、本質的な歴史教えちゃうと
「え? なんか俺ら民衆悪くねんじゃね? なんで自分たち含んだ国の歴史みたいに責任なすりつけられて非難されないといけないの?」「一番悪いのは自分たちを支配してきた貴族と教会・宗教連中じゃね?」になって困ったことになるというw
138.名無しさん:2019年04月20日 04:43 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>131
※131
ヴェルダンの戦いが象徴的だね。
139.名無しさん:2019年04月20日 04:59 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
※137
どうみても国民国家の戦いですよ。
厭戦気分の国民の不満が共産主義革命と平和主義なんだけど?
140.名無しさん:2019年04月20日 05:01 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>129
※129
開戦はほとんど偶然の産物。
もしも現在のようなホットライン外交だったら開戦しなかったかも。
141.名無しさん:2019年04月20日 05:17 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※52
ドイツ帝国とかプロイセンをドイツで一括りにせず、別の視点でみるとどうなるかというと
李氏朝鮮攻略に本願寺武僧を使って侵略させたら、朝鮮が宗教独立国になって日本本願寺国(ドイツ騎士団国)
で、あちこちに宗教勢力として喧嘩売りまくって手に負えなくなってた
ある代のときに本願寺国でクーデターが起き、本願寺国宗主だった島津家の分家が乗っ取り、清帝国の臣下国となって朝鮮国(プロイセン公国)になった
朝鮮国の君主は三代で断絶して、島津家本家が乗っ取った(朝鮮・薩摩連合)
そのうちに清帝国も分割併合し(朝鮮、中華、満州、日本人多民族国家連合)、九州もどんどん併合して、薩摩と朝鮮が合併して朝鮮王国になった(プロイセン王国)
日本の朝廷や幕府、各領邦とも何かと戦争してはどんどん漁師割譲、併合
いつのまにか朝鮮王国領土は九州、西日本全土になった
そこで朝鮮王国と朝廷。幕府勢力に国内が割れて戦争(普墺戦争)
朝廷・幕府側が負け、東日本各地は朝鮮王国に従うことを拒否して独立維持
京都中心の関西(オーストリア)を排除し、抵抗していた東日本も屈服、隷属させることで朝鮮王国中心に日本を支配して大日本帝国(ドイツ帝国)作り
朝鮮王が新たな日本の天皇(ドイツ皇帝)になったみたいな感じ
142.名無しさん:2019年04月20日 05:28 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
※141
北方十字軍と東方植民と同じような異教徒地域、文化的空白地域のようなものがあれば、
つまり、オーストリア帝国の領域が文化的同化できていれば、大ドイツ主義成功の可能性もあった、と。
この方向への成功が、東方への衝動とレーベンスラウムにつながっているということか。
143.名無しさん:2019年04月20日 05:38 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>42

へそ吉様

「帝国主義」と言うマルクス主義崩れ時代遅れの議論をすっ飛ばして、純粋に欧州列強の間の外交関係の整理と、セルビア王国内外の内政(テロ誘発)問題、さらに軍事的レベルの分析をした方が第一次大戦は分かり易くなります。そうしないと、「東方(バルカン)問題はポンメルン擲弾兵の骨にも値せず」と言って、バルカン半島をオーストリアに任せていたドイツ帝国の政策も理解できなくなりますよね。(これが、逆に第一次大戦開戦直前にドイツがオーストリアの懲罰戦争に白紙承認を与えた主因)

バルカン半島が不安定化したのはトルコ帝国が不安定化(弱体化)したからで、安全保障の上で放置出来ないオーストリア、ロシア、イタリアの三カ国が、その中で各々の「責任地域」の役割分担を決めただけに過ぎない。各々の小国には後ろにパトロン国家がついているけれど、大国同士はいがみ合っているわけじゃなかったわけ。

その中で2つ、不安定要素が出来る。一つはセルビア王国内のクーデターで、オブレノビチ家が「王ごろし」でカラジョルジェビチ配下によって排除され、テロ支援国家セルビア王国と言うポジションが出来てくる。(1903年)
144.名無しさん:2019年04月20日 05:44 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>42
長くなって申し訳ないですが続き

そしてもう一つがボスニア危機(1908年)。

オーストリアがボスニア・ヘルツェゴビナを併合した問題で、問題は「セルビア人住民がこれで反オーストリアになった」とか言う話じゃなく(実際にはオーストリアは当地域をすでに数十年前から管轄下においていた)、この時に裏でロシア外相イズヴォルスキと墺外相エーレンタールの間で結ばれていた交換条件のうち、オーストリアはボスニア問題でロシアの承認を得たのに、ロシア側はダーダネルス海峡(コンスタンチノープル問題)について、自由通行権をオーストリア承認とともに圧迫を加えてトルコから得る、という約束が実行されなかったことで、オーストリアとロシアの二国間関係が物凄く悪くなった。

この状況で、テロ支援国家セルビアがオーストリア皇太子にテロを仕掛け、オーストリアが強硬姿勢をとり、それをドイツが全面的に支援したから、ロシアは一歩も引けずに動員下令という強攻策に出て、しかも露仏同盟の存在から、ロシアの動員で二面戦争自動開始になると勝手に前提を組んだ作戦(シュリーフェン作戦)を作っていたドイツが、フランス側にいきなり攻め込み、さらにフランスへの通り道としてベルギーを蹂躙したために、大国としてベルギー中立保障を与えていたイギリスも参戦、さらにイギリスの同盟国であった日本も参戦して、アメリカ以外のすべての大国が参加する戦争になった(アメリカは中立だったが、後に潜水艦無差別攻撃により対独参戦)

バルカン半島自体が火薬庫だったのは間違いないが、大戦争になったのは、すべて大国の条約や同盟関係、国際法と軍事作戦が原因なんだよね。
145.名無しさん:2019年04月20日 05:45 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※143
歴史にはいろいろな側面と見方があると思う
バルカンの処理をどう見るかは、同じオスマンからの分離となった西欧列強の中東政策にも同じことが言える
オスマン帝国にされ、再分離された東西地域、東欧・バルカン問題と中東問題
146.名無しさん:2019年04月20日 05:56 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>9
第一次大戦については、変に左翼教師に「帝国主義のぶつかり合いで~」みたいな世迷い言を聞かずにすんでたら、むしろその方が幸運だと思うよ。これにやられてサヨク脳になったら逆に歴史の読解力が壊滅的になるから。

第一次大戦の開戦原因は独墺同盟(イタリア入れれば三国同盟)、露仏同盟、日英同盟と英仏協商という3つのグループの関係と、シュリーフェン作戦という純粋軍事作戦の理解、という、結構大人向けの素材だから、なかなか難しいんだよね。まぁもちろん、第二次大戦も同じ様に複雑な外交的事象と軍事作戦の複合原因が絡まって起きた大人向けの話であるのは変わらないけど。
147.名無しさん:2019年04月20日 05:57 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
※144
他の国の革命でレジサイドは清教徒革命、フランス大革命、ボリシェビキの革命があるけど。
セルビアだけ異様なんだよなあ、暗殺部隊が王と王妃を惨殺して、王家をすげ替える。
李氏朝鮮の王宮闘争に似ているけど、彼らは実行部隊に日本の浪士も引き込んだけど。
セルビアは自分たちでやらかして、のちの影響を考えると大失敗。
ユーゴ紛争もそうだったけど、セルビアの国民性が問題になるなあ。
現在の欧州秩序から微妙にセルビアをスポイルしているのは正解なんだろう。
148.名無しさん:2019年04月20日 06:03 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>10
日本はあまり関係ない、っていう世迷い言を言う人間は、当時サイパンからパラオ始め、ほとんどの西太平洋諸島をドイツが押さえていたことすら知らないんだよね。日英同盟の日本がもし参戦しなかったら、全ての対外貿易の首根っこをドイツに押さえられてただろうね。

そして日本が居なければ、連合国はインドからオーストラリアの通商は分断され、ロシアはウラジオストク側の補給路を絶たれ、アメリカの参戦すら難しくなっていただろうね。
149.名無しさん:2019年04月20日 06:13 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>11
第一次大戦の対独最後通牒には、ご丁寧な事に「中国に返還するから山東半島を明け渡せ」って書いてあるんだよね。守る必要もないけど(ドイツは拒否したんだから)。

しかも、山縣有朋の横槍で戦争中に中国支援を始めて、当時の金額で一億4500万円という大金を大戦参戦の準備その他のために融通したのにもかかわらず(西原借款)、踏み倒したよね。そしてまともに参戦もしなかったのに、ベルサイユで日本の悪口を言いふらし、講和にサインしないとゴネたものの、クレマンソーその他列強から「それならいらん」と追い出されたのが、中国という国。

そして戦後、全部を日本のせいにして「排日」「侮日」名目でテロをやりまくったクソ国家。
150.名無しさん:2019年04月20日 06:22 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>17
それに乗っかって、上手く再軍備からラインラント進駐、ロカルノ条約、ズデーテン割譲にチェコスロバキア併合、オーストリア併合と、まさに「外交の天才」を発揮したのがヒトラー。そして調子に乗りすぎてモロトフ・リッベントロップ協定でポーランドまで手を着けた時点でやっと横槍を受けたんだけど、英仏はそれでも消極的姿勢だった。それでは、と対仏電撃作戦を決めて今度は「軍事の天才」になったヒトラーだけど、こっちも独ソ開戦~スターリングラードであっさり破綻。

ヒトラーは天才だったのか、周りが調子に乗せたのか、と言われると、実は難しい。
151.名無しさん:2019年04月20日 06:23 ID:ylZGNf3J0▼このコメントに返信
※148
日本は艦隊出して協力したけど主役ではまったくないな。
WW1の主役はあくまで欧州での陸戦だろうな。
日本の活動はオマケみたいなもの。
152.名無しさん:2019年04月20日 06:26 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>28
国際法と外交関係(攻守条約関係)さえちゃんと抑えておけば、ある程度ちゃんと理解できるよ。サヨクの「利権」とか「植民地化」とか「経済」「宿命」とか言うとわからなくなるけど。
153.名無しさん:2019年04月20日 06:28 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※151
日本は、あまりインド洋から西、欧州には深入りしないほうがいいと思う
インド洋・太平洋全域の安全確保に力を注いだほうがいい
間接的に欧州もその方が大西洋、欧州・中東問題に集中できて助かる
154.名無しさん:2019年04月20日 06:33 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>153
※153
現状でもジブチまでだから、大丈夫ですよ。
155.名無しさん:2019年04月20日 06:35 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>65
ドイツ帝国滅亡の原因のほとんどはこのアホのせいだよな。ロシアを東に向かせるために日露戦争やらせるため挑発して、結果は日英同盟と英仏協商の成立。アガディール事件にタンジール事件と、英仏に挑発的行動を起こすけど、結果イタリアも英仏と仲良くなる。日露関係も日露戦争の後急速に良くなり、気がついたら袋のネズミのように立場が悪化してたわけ。

まぁ、連合国側にとっては、日英仏伊露が仲良しになる原因を作ってくれた有り難い存在だけど。
156.名無しさん:2019年04月20日 06:38 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>78
そもそもセルビア人とクロアチア人スロベニア人は根本から仲が悪い。ボスニアはそんな場所
157.名無しさん:2019年04月20日 06:44 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>86
日本の陸軍派遣には、兵員のための大量の米をどうやって補給するかという、物凄く重要な問題があるんだよ。でももし日本とアメリカが同時に派兵してたら、インパクトはもっと大きかっただろうね。

イギリス嫌いでドイツシンパの山縣有朋が出しゃばらなければ、ひょっとしたらそういう歴史になっていたかもしれないが。

とは言っても、日本は戦後、戦勝五大国の一角として、連盟の安全保障理事会の常任理事国になってるから、立場相当の評価は得てるけどね。
158.名無しさん:2019年04月20日 06:46 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>94
平沼は無能だった。でも裏切り国家ドイツとまた三国同盟を結んだ近衛はもっと無能(と言うか無責任)だった
159.名無しさん:2019年04月20日 06:47 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>110
ドイツ帝国じゃなくてオーストリア帝国だろ
160.名無しさん:2019年04月20日 06:54 ID:lOUhz15J0▼このコメントに返信
※96
でもぶっちゃけ、日本から見ると複雑怪奇と言うしかなかった気はする
当時の欧州指導層って日本人から見ると頭おかしいとしか思えないもん
利権どっぷり私利私欲でも、一応は建前や体裁を用意したりして悪さするもんだと思うけど
この「建前」や「体裁」に関わる、通すべき筋や道理、大義名分ってのが日本が考える物と違いすぎるのが原因だと思うけど
今でも割と頭おかしいんじゃないかなって思えるのが、欧米の人権屋とかそういうの
あいつら、感覚が日本と違いすぎるんじゃないかなあ
161.名無しさん:2019年04月20日 06:55 ID:MqUWeuAc0▼このコメントに返信
※6
少し前からおもってけど、日教組の策略があると思う、
要は、現代史を詳しくやると中韓の歴史捏造がばれるからだろうな
162.名無しさん:2019年04月20日 06:56 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>120
よ~く考えたら、露仏同盟があっても、露が先に動員下令(国際法的に言うと「挑発」)したんだから、フランスは自動参戦しない。フランスが参戦しないなら、シュリーフェン作戦は本来不要なんだよね。

問題は、ドイツがシュリーフェン作戦以外の作戦計画を想定してなかったから、対仏露で外交破綻の状況になれば、どんなパターンでも欧州全面戦争になっちゃうことだね。むしろサラエボ事件以前に、同じ様な破綻が起きなかった事が幸運だっただけかもしれないし、言い換えれば、サラエボ事件が外交解決していても、将来、もっとしょ~うもない事から欧州大戦になっていたかもしれない。
163.名無しさん:2019年04月20日 06:58 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>140
ところが、ロシア皇帝とドイツ皇帝は結構密接にやりとりしてるんだよなぁ。しかもニッキー、ウィリーってニックネームで(嘘じゃないよ)
164.名無しさん:2019年04月20日 07:03 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>163
※163
ウィーン体制の頃までの王室外交の時代と国民国家の外交の時代のズレでしょうね。
165.名無しさん:2019年04月20日 07:03 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>154
ところが、近場でもロシアに関わると、その反対側は欧州だから、必ず危ないことになるんだよね。

同じ様に、日米同盟も「お隣のお隣(友達の友達)」ってことで、必ず欧州中東に繋がる。大事なのは、これを忘れないでまともな外交をやることだね。(簡単に言えば、選挙の投票先に注意しろ、と)
166.名無しさん:2019年04月20日 07:08 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※165
逆にいえば、欧州問題からロシアの介入と目をそらすために、極東、東アジアに放火されて日本にとっても欧州連中は厄介な存在にある
味方のふりして裏で何やらかすかわからん連中だから
裏で敵対行為平気でやるんで
167.名無しさん:2019年04月20日 07:10 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
相互リンクするんよね、欧州と日本を取り巻く極東は
168.名無しさん:2019年04月20日 07:13 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>164
※164
温泉にいた王様に電報持っていって「これで終わりだね(問題なく解決したね)」を
「これで終わりだね(交渉は終わった、戦争だ)」として煽ったビスマルク。

ヨットに乗ってた皇帝にお伺い立ててたオーストリア大使に「いいんじゃない」と
させてしまったベートマン・ホルヴェーク。

すごい単純化したけど、宰相の力量の差、国家体制の矛盾が露呈したかな。
169.名無しさん:2019年04月20日 07:16 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>164
外交的には、多国間の条約関係でガチガチに絡み合ってるし、内政でも憲法や統帥権で自由がほとんど利かないから、君主にはほとんど自由な裁量権が無いんだよね。逆に言えば、7年戦争みたいに、いきなり王侯が裏切り行動を起こすことも出来なくなったわけ。

ニコライもウィルヘルムも、直前の電報ですら「動員下令止めて」「止められない」「このままだと、こっちも止められなくなる」みたいな会話しかできなくなってるからねえ。無力さ丸出しで。
170.名無しさん:2019年04月20日 07:20 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>169
※169
ペチコートの同盟、ブランデンブルク家の奇跡なんて典型ですね。
171.名無しさん:2019年04月20日 07:21 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※169
民衆が力を持ちつつあったというのが理解できなかっただけだよ
かつての戦争は君主貴族、封建貴族が動員した私兵と傭兵でやってた戦争
国民国家への移行で国民皆兵による国民軍をそれまでのような貴族私兵軍による戦争と同じように考えていたことも
172.名無しさん:2019年04月20日 07:25 ID:D6.i27sI0▼このコメントに返信
>>148
日本大活躍してるんか?
地中海の輸送頑張ったのと青島取ったという事実くらいの認識やったが、そこまで意義あったんか?それならすごい。
173.名無しさん:2019年04月20日 07:26 ID:07FfYM.L0▼このコメントに返信
大津事件で、ロシア皇太子が死ななくてよかったと思う、今日このごろ。
174.名無しさん:2019年04月20日 07:26 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
だから民衆や軍の反乱をきっかけに革命が起きてロシアでは皇帝一家処刑
ドイツではプロイセン政府、民衆、軍が反皇帝となり、ドイツ革命、ヴィルヘルム2世はオランダに逃亡することとなる
175.名無しさん:2019年04月20日 07:27 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>170

王侯外交さながらに、20世紀で「裏切り」連発してのし上がるって言う奇跡を起こしたのはヒトラーかな。まず英仏間、次に英仏とイタリアの間を渡り歩き領土拡大、最後は独ソ不可侵条約からいきなり独ソ開戦だもんね。ダシにされた日本も悪いけど。
176.名無しさん:2019年04月20日 07:28 ID:D6.i27sI0▼このコメントに返信
>>149
そんなことがあったんか。ちょっとこれ日の目に晒して欲しいんやが。
恩知らずも甚だしいな。
そういうことが重なって戦争になっていったんやな。
韓国はもっと酷いけど。
177.名無しさん:2019年04月20日 07:28 ID:fy17RaS60▼このコメントに返信
第1次世界大戦の原因は今でも議論になってるんだから知ってるわけがない
なお、第2次大戦はヒトラーでFA
178.名無しさん:2019年04月20日 07:30 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>174
※174
フランスもニヴェル攻勢のあと反乱騒ぎですし、英国もアイルランドのイースター蜂起ですから。
1917年前半までにドイツの攻勢がうまく行けば。まあ、鉄道網とシーレーン考えると無理ですけどね。
179.名無しさん:2019年04月20日 07:30 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>166
中国問題とロシア問題は必ずリンクするんだよね。シナ事変では独中合作とソ支不可侵条約はセットだし、ノモンハンと独ソ不可侵条約(モロトフ・リッベントロップ協定)もセット
180.名無しさん:2019年04月20日 07:31 ID:D6.i27sI0▼このコメントに返信
>>29
レーニンの怪物っぷりを詳しく。
181.名無しさん:2019年04月20日 07:31 ID:07FfYM.L0▼このコメントに返信
※21
>>21
地下資源なかったら、世界第二位の軍事大国になっとらんぞ。
182.名無しさん:2019年04月20日 07:33 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>171
さすがにフランス革命から百年たってるから、そこまでマヌケじゃないよ。でも第一次大戦の時の軍制(特にドイツ)なんかにはいっぱい残滓が見られるけど。
183.名無しさん:2019年04月20日 07:37 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※182
フランスでもナポレオン体制崩壊以降ブルボン家による王政復古でそうだったけど
貴族君主支配体制強化して民衆抑えようとするぶり返しがあるんよ
184.名無しさん:2019年04月20日 07:38 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>175
※175
王室外交とウィーン体制以降の「ヨーロッパ・コンサート」を知らない。
王室のひっくり返しっぷりにも作法はあった訳で、そこから逸脱してたので。
欧州の列強は小国の領土を削ることもあるが、最低限の存立を守る、
という実業家出身のチェンバレンですら分かっていたことを無視したのか、知らなかったのか。
185.名無しさん:2019年04月20日 07:39 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>172
西太平洋がドイツの海だった、って、ある意味衝撃的な事実だよね。
186.名無しさん:2019年04月20日 07:39 ID:4hkHHzH.0▼このコメントに返信
※22
中国(というか袁世凱)は1917年日本に諭されて第一次世界大戦に参加してるから、、、
というか、中国人は兵士ではなく労働者として参加したのよ、、、
戦場で何人も死者が出るとどうしても装備が放置される、ソレを回収するのが仕事だった、、、

だからパリ講和会議に代表出してるのよ、、、
ただ六カ国代表会議に参加できなかったので、怒って帰ってるんだけどね、、、誰も引き止めなかったし、そのまま、、、
187.名無しさん:2019年04月20日 07:40 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>179
※179
中国封じ込めのために日露2プラス2を地味にやってたのに、クリミア併合で台無しにしたロシアって。
188.名無しさん:2019年04月20日 07:42 ID:4hkHHzH.0▼このコメントに返信
つかね、セルビアはオーストリアの最後通牒、ほぼ全面受け入れしてるんだよ、、、
抵抗なんて全くしてないんだよ、、、それでもオーストリアが戦争を選んだわけで、、、

戦争ってのは両者の同意いらないんだよ、、、どっちか一方が始めようとしたなら、、、、
これは今でも真実なんだけど、なんか友好にしてれば平和になるとか、勘違いしてる人たち多くて、、、
189.名無しさん:2019年04月20日 07:42 ID:Vsc8qhWU0▼このコメントに返信
セルビア青年がオーストリア皇太子を暗殺
         ↓
ドイツがベルギーに攻め込む

説明がないと意味不明だよな。
190.名無しさん:2019年04月20日 07:47 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>176
大正三年八月十五日帝國政府ハ現下ノ狀勢ニ於テ極東ノ平和ヲ紊乱スヘキ源泉ヲ除去シ日英同盟協約ノ豫期セル全般ノ利益ヲ防護スルノ措置ヲ講スルハ該協約ノ目的トスル東亞ノ平和ヲ永遠ニ確保スルカ爲メニ極メテ緊要ノコトタルヲ思ヒ茲ニ誠意ヲ以テ獨逸帝國政府ニ勧告スルニ同政府ニ於テ左記二項ヲ實行セラレンコトヲ以テス

第一 日本及シナ海洋方面ヨリ獨逸國艦艇ノ卽時ニ退去スルコト能ハサルモノハ直ニ其武裝ヲ解除スルコト

第二 獨逸帝國政府ハ膠州灣租借地全部ヲシナ國ニ還附スルノ目的ヲ以テ一千九百十四年九月十五日ヲ限リ無償無條件ニテ日本帝國官憲ニ交附スルコト

日本帝國政府ニ於テ敍上ノ勧告ニ對シ一千九百十四年八月二十三日正午迄ニ無條件ニ應諾ノ旨獨逸帝國政府ヨリノ回答ヲ受領セサルニ於テハ帝國政府ハ其必要ト認ムル行動ヲ執ルヘキコトヲ聲明ス

(以上原文。シナのみ漢字から書き換え)
191.名無しさん:2019年04月20日 07:52 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>184
ミュンヘン会議なんか、典型的な欧州の伝統的な行動原則に則ってるからね。小国には酷だけど。

日本人はこういう話の知識に弱いよね。
192.名無しさん:2019年04月20日 07:52 ID:HrM8TkmP0▼このコメントに返信
地中海の制海権確保に重要な立地条件のくせに第一次、第二次共にしれっと勝ち馬に乗ってるイタリアの世渡りの上手さと言ったら。
193.名無しさん:2019年04月20日 07:55 ID:LtKB4N9x0▼このコメントに返信
今の時代もピタゴラスイッチが起こらないとは限らないからな
194.名無しさん:2019年04月20日 07:55 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>187
プーチン版満州事変だよなぁ。G8の一角だったのに。
195.名無しさん:2019年04月20日 07:55 ID:EORjri2C0▼このコメントに返信
ユーゴスラビア時代は暗殺現場に
撃った犯人の足跡を記念に道路に残すくらい顕彰してたけど

今は何も残ってないんだよな
196.名無しさん:2019年04月20日 07:59 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>183
確かにいつも共和制で行き過ぎて堕落すると、ぶり返し反動が起きるね。日本も大正までの自由主義の反動で、昭和前期おかしくなったし
197.名無しさん:2019年04月20日 08:01 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>192
マキャベリの国だもん。むしろ東條小磯もバドリオ見習えよ、と思う。
198.名無しさん:2019年04月20日 08:01 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>195
韓国レベルだよね
199.名無しさん:2019年04月20日 08:04 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>191
※191
スターリンですら分かっていたんですが。
田舎者であとからやって来た日米にはちょっと分かりづらいですね。
200.名無しさん:2019年04月20日 08:05 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※196
旧態然の時代に逆行しようとしていたのがヴィルヘルム2世よ
ドイツ皇帝の皇帝の権威、権力にこだわったのもそのため
貴族一統による欧州再統治体制、民衆支配への回帰
201.名無しさん:2019年04月20日 08:07 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>190
追記

この最後通牒、特徴点は

最後通牒なのに言葉遣いがものすごく丁寧
中身は三国干渉の時のドイツ側の言葉をコピ―してたりして物凄く嫌み満載

この時の外務省は有能だったね
202.名無しさん:2019年04月20日 08:07 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>190
※190
グレート・ゲームの時代、三国干渉でドイツが割り込むものだから。
巡り巡って山東半島を戦争事由にされているじゃあないですか。
203.名無しさん:2019年04月20日 08:11 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>195
※195
そうか、今ボスニアヘルツェゴビナですし、セルビア関係ないですね。
204.名無しさん:2019年04月20日 08:14 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>194
※194
ここからロシアが巻き返す方法を大募集。
とりあえず北欧とバルト三国、ウクライナ~ジョージア当たりをどうにかしたい。
欧州のポピュリスト政党にカネ突っ込んでも先が見えないなあ。
205.名無しさん:2019年04月20日 08:17 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>199
アメリカも実は異質で結構ひどいからね。第二次大戦の時で言えば、ハルがもう少し慎重で「清濁併せ呑む」性格だったら、おそらく日米開戦も避けられてただろうね。松岡は逆に、ヒトラーとムッソリーニに乗せられすぎて、ヨーロッパ古典的な外交に必須なバランス感覚を失ってた。

現在なら、安倍外交はヨーロッパ的で、だからこそ上手く行ってる。文はセルビアレベル。国としてもセルビアレベルだけどね(規模的に)
206.名無しさん:2019年04月20日 08:18 ID:9ybX8ez70▼このコメントに返信
>>200
※200
官僚独裁の典型、まあユンカー主体ですが参謀本部独裁になりましたね。
207.名無しさん:2019年04月20日 08:21 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※204
朝鮮、中国を裏で煽ってけしかけている欧州の黒幕国をあぶり出した上で、ロシア、日本、アメリカ、反黒幕国の欧州諸国と両面で一緒に叩き潰して、ロシアがやらかしたことを帳消しにするようにすれば?
黒幕国がどことはいわないけどさw
208.名無しさん:2019年04月20日 08:21 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>206
戦前の日本も官僚独裁体制を求めて、やっぱり少壮軍官僚が君主の威光にすがる体制になった。
209.名無しさん:2019年04月20日 08:25 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>207
外交の面白い所は、最後にいつでも一発逆転が利くことだからね。ロシア唯一の資産は、有事の時に軍事力で貢献できることだし、最後の最後に上手く正しい色のチームに入ったら、多少の犠牲で帳消しになるかも知れないな~。

第二次独中合作とか起きないかな~。
210.名無しさん:2019年04月20日 08:28 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
※206
ブランデンブルクは神聖ローマ帝国の領邦国として、ホーエンツォレルンの領地、貴族封建の国だったけど、乗っ取ったプロイセンと分割併合していったところはプロイセンユンカーの力が強いところだったからねえ
小うるさいビスマルクといいw プロイセン王国軍も主力は併合地のユンカー貴族将校だらけ
211.名無しさん:2019年04月20日 08:55 ID:ysCx18Pc0▼このコメントに返信
欧州屈指の貴族名門出のホーエンツォレルン・ヴルムヘルム2世にとっては、ユンカー連中など併合地の所詮成り上がり物の小地主連中にすぎないくらいにしか思っていない
貴族としてのプライドが彼らの言うことを聞くなんて耐えられなかったんだよ
彼らとうまく付き合いながら、ハプスブルクやブルボンやザクセン家と渡り合えるほどプロイセンをプロイセンたる大国にする努力をしてきた先代たちとは違い
212.名無しさん:2019年04月20日 09:01 ID:4ScJMRj90▼このコメントに返信
第二次世界大戦の原因も大半が知らず、いきなり真珠湾攻撃で始まる認識の日本人が
第一次世界大戦の原因を知ってるわけないよな。
213.名無しさん:2019年04月20日 09:11 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>212
左翼の教育が「15年戦争」みたいな大嘘を言いふらし、右翼もそれに乗せられて(教育の刷り込みは怖い)同じ土俵で「利権」や「経済原因論」で戦争の原因を言いふらしてる状況で、多国間同盟や軍事作戦の暴発が原因で始まった第一次大戦の原因を説明できる人間がたくさん出てくるわけがない。

ただし、第一次大戦を理解できる人間は現代政治と外交を理解できるから、ミンス系政治家みたいなアホな事を言わなくて済む、という点で第一次大戦を知ってることは有用。オススメするよ。
214.名無しさん:2019年04月20日 09:37 ID:dO22vszf0▼このコメントに返信
※205
アメリカの外交がどうしようもない箸にも棒にもかからないシロモノなのは本当に不思議。

独裁国家には平和と友好を語り、民主主義国家には国益重視で交渉相手に自国の議会を裏切る事を要求する。
単純なバカなのか、八方美人のハトヤマなのか、拒否権を持った民選独裁官の代理人がソーシャルクライマーなだけなのか。
挙げ句の果てに国内諸勢力の要求を民主的に取り扱った結果なので仕方がないなどと
「アローの定理」による全自動民主主義が必然的に独裁者を生み出す話を堂々と説明してドヤ顔する体たらく・・・

第一次世界大戦後に中欧東欧の君主が軒並み廃絶されたのも、敗戦国家がアメリカの意向を忖度した結果だけど、
結局は民族主義に乗っかったファシスト独裁者がひしめくようになって、一体アメリカさん何がしたかったの?状態に。
拒否権を持たない君主よりも民選独裁官を選好する、アメリカさんの宿痾は一体何に由来するものなのか・・・
215.名無しさん:2019年04月20日 10:09 ID:D6.i27sI0▼このコメントに返信
>>61
本書いてくれ。あんたみたいな人が大事なんや。
216.名無しさん:2019年04月20日 10:11 ID:D6.i27sI0▼このコメントに返信
>>66
はあー、詳しいな。何歳やねん定期
217.名無しさん:2019年04月20日 10:13 ID:EvegONXP0▼このコメントに返信
ドイツがオーストリアに許可を出した理由が解らん。ドイツも戦争する気だったのか?
218.名無しさん:2019年04月20日 10:32 ID:wJWyWRzr0▼このコメントに返信
ポーランドがほんとに頭悪い
こいつが上手くやれば大分マシだった
219.名無しさん:2019年04月20日 10:43 ID:RPPi3zp60▼このコメントに返信
>>151
※151
日本が欧州に護衛艦隊を送ったのはそこそこ有名だと思うが(戦死者もでてクレタに碑が残ってる)
インド洋を荒らしまわったドイツ軽巡エムンデンを抑える為に、シンガポールに艦隊を派遣してもいる
その情報をきいたエムンデンが逃げ場所を失って、最後は討伐された
日本海軍はそこそこ働いてるよ  金剛型の貸し出しは反対したけどね
220.名無しさん:2019年04月20日 11:21 ID:D6.i27sI0▼このコメントに返信
>>219
エムンデンは知らんかった。どうやって討伐したん。
221.名無しさん:2019年04月20日 11:23 ID:D6.i27sI0▼このコメントに返信
>>173
明治天皇がお見舞いを遣わしたりとか、やれることはやったのが良かったね。
222.名無しさん:2019年04月20日 11:33 ID:Cd2fuK210▼このコメントに返信
大惨事世界大戦もオーストリアが絡んで起きるんだろうなあ
223.名無しさん:2019年04月20日 11:40 ID:UXrt9i0n0▼このコメントに返信
※220
横だが通信破壊作戦の最中に目標の電信所のメイディで豪巡シドニーが急行、工作部隊の回収の遅れと
長旅での不具合で振り切れず交戦しあえなく敗北。
因みに拾われなかった工作部隊の一部が長駆して本国帰還成功した模様
224.名無しさん:2019年04月20日 11:57 ID:wDP01Y9r0▼このコメントに返信
もともと第1次は、フランスとブリテンは、スペイン、オランダあたりから奪った海外植民地で裕福だったが、出遅れたドイツはまともに植民地がなかった。
植民地の再分割を狙っていたのがドイツ。
225.名無しさん:2019年04月20日 12:15 ID:1pakV4Ki0▼このコメントに返信
あんなもん簡単だろ。それまでの経緯とかいいから
ドイツとオーストリア、ロシアとフランスの同盟ってのと、シェリーフェンプラン、で皇太子が暗殺されてオーストリアが取った行動、当時の列車の全面動員
これだけわかればすぐ
226.名無しさん:2019年04月20日 16:28 ID:4hkHHzH.0▼このコメントに返信
※78
当時のオーストリアには、ボスニアを併合するかどうかで2つの派閥に別れてたのよ、、、
皇太子は併合推進派の首領、だから暗殺のターゲットになったという、、、

つか先に併合されてたクロアチアなんて完全に平和だったから
セルビアもそ~だとオーストリア側が勘違いしてた部分はあると思われ、、、
大セルビア主義とか、数年前に全国王夫妻を殺して今の王様になった経緯とか
(だから大逆の国として当初セルビアは西欧から非難されてた、英国王家なんて数年前にやっと認証したくらい)
特別にヤバイ国だったんだけどね、、、
227.名無しさん:2019年04月20日 17:43 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>214
ヴェルサイユ会議、ウィルソンが出しゃばって来なければ、ダンチヒ回廊の問題もフィウメ問題も違う話になってたかもしれないし、醜悪なユーゴスラビアという国が生まれなくて、ボスニア戦争の虐殺も無かっただろうし、何よりもオーストリア帝国の解体という、歴史上最大の愚策の一つも起こらなかったかもしれない。(大日本帝国の解体も同じレベルだけどね。ただ戦後流血からも無駄な出費からも解放されて幸せになったけど)

ヨーロッパ問題に何も口出しせずに、英仏間の調整と承認だけを静かに果たした西園寺全権代表の態度の方が正しかった。

アメリカの問題は、独裁官というシステムが共和制ローマから来てるせいだろうね。それがフランス革命を経由してアメリカの政治システムの深部にスパイウェアの様に組み込まれてる。

自分はいつも、ファシズムとは何かを説明するときに、まずアメリカの議事堂の演壇の画像を見せるんだよ。安倍首相も演説したけど、その横にデカデカと、ムッソリーニのファシズムのシンボルマークのファッショ(ファスケース)が飾られてる。

ともあれ、アメリカの外交下手の原因も、日本の外交下手の原因も、島国だからだろうね。日英同盟以前のイギリスですら「栄光の孤立」なんて言い出すヒキコモリ外交やってたぐらいだし。(植民地では派手にドンパチやってたけど)

それにしても、第一次大戦後の東欧は酷い有り様だったし、中国問題でも、アメリカは奉ソ紛争(1929年)でも張学良の肩を持つし、蒋介石も優遇してチヤホヤして調子に乗らせるし、迷惑この上ない。

まぁ、アメリカとは首脳会談で決める、と思ってた近衛文麿は、この点では良い線行ってたんだよね。ただ、日米諒解案の経緯から、文在寅レベルだと見られてしまってたために拒否られたんだけど。
228.名無しさん:2019年04月20日 18:01 ID:.ZhWBPng0▼このコメントに返信
>>226
特に前王夫妻の殺され方がヤバいレベルだったからね。

そんな無茶苦茶な国を支援するロシアを同盟国フランスは良い目で見てなかったんだけど、ボスニア危機のオーストリアの裏切りに対する遺恨があるロシアは、オーストリアの軍事行動を何もせずに認めるわけにも行かなかった。そのための動員が大戦争の原因になっちゃったんだけど、ではフランスやイギリスに何が出来たかと言えば、これまた難しい。

今のヨーロッパならば「共同出兵」という選択肢をとるだろうけど、集団安全保障の概念は無かったからね。
229.名無しさん:2019年04月20日 18:49 ID:jp0vBS3l0▼このコメントに返信
サラエボ事件とか言われても
フーンだけどな

知ってても何で世界大戦になったのかいまいち納得できん
230.名無しさん:2019年04月20日 19:09 ID:HPDZrjxT0▼このコメントに返信
>>81
当時のテクノロジーと情勢からすると
「一発だけなら誤射かもしれない」レベルのたわごとやで、それは。
231.名無しさん:2019年04月20日 19:27 ID:wrSGn41j0▼このコメントに返信
>>227
だから、ゲルマン・欧米のあこがれであり、ロールモデルの基本はすべてローマだと・・・
232.名無しさん:2019年04月20日 21:44 ID:R1t.v9hi0▼このコメントに返信
他人を無知呼ばわりする出まかせは、いかんわ。
世界史が苦手で高校を留年しそうになった俺でも知ってるぞ。
233.名無しさん:2019年04月21日 10:58 ID:kXQSQ1q40▼このコメントに返信
大津事件で、ロシア皇太子が死ななくてよかったと思う、今日このごろ。
234.名無しさん:2019年04月21日 22:55 ID:O38v3FHk0▼このコメントに返信
チャーチルが大英帝国を自滅させた。
イギリスが参戦する必要も動機も民意もなかった。

ロシア帝国も参戦する必要はなかった。
民意においては、再びトルコを負かす勝利の夢に酔っていた。

セルビアが明白なテロを犯した時点で、
オーストリアとセルビアの問題で終わりのはずだった。
235.名無しさん:2019年04月21日 22:57 ID:O38v3FHk0▼このコメントに返信
イギリスやロシアは、テロを黙殺し、これを口実に介入し、
そして自滅してしまった。
236.名無しさん:2019年04月22日 01:42 ID:unw8DrsS0▼このコメントに返信
大規模な戦争がしばらくなかったせいで反戦意識がなく
どうせすぐ終わるやろみたいな変な楽観論があったときく

あと科学技術が発達しすぎてて思ったより人が死にまくったってのはあるとおもう 
237.名無しさん:2019年04月22日 08:24 ID:QAaFbabV0▼このコメントに返信
外人もだよ 証拠書類は全部ロスチャイルドが収集して隠匿
238.名無しさん:2019年04月22日 09:40 ID:wON8nEk30▼このコメントに返信
ドイツとフランスの仲が良ければ
欧州は平和が保たれる
239.名無しさん:2019年04月22日 16:42 ID:t8NetMnV0▼このコメントに返信
さすがに経緯くらいは習ってるし分かるやろ
細かい開戦の動機やらなんやらはどこの国の人に聞いても綺麗に説明できる人はまれや
240.名無しさん:2019年04月22日 23:48 ID:URQmpvoN0▼このコメントに返信
太平洋戦争も日本の増えすぎた人口の押し付け先を求めてってのがあったな
奴隷解放で人手不足になった南米に棄民とまで言われる条件で押し付けたりもしてたけど・・・
彼らは逃亡して土地を切り開いて大きな結果を出しているのが凄い
大戦中は必死に日本のラジオを聞いて日本の勝利を願っていたとかも切ない
241.名無しさん:2019年04月23日 02:44 ID:tg6g3cfz0▼このコメントに返信
8月の砲声とか読んでるとどの国も「大変な事になるけど止める事ができない」と嘆きながら総動員かけてたりして、そこまでの必要が無かった大戦争がシステム的に引き起こされちゃった感が確かにあるんだけど、一方で「いい機会だからいっちょ決着つけたるわ」と事に乗じてやる気満々な軍人も少なからずいたわけで。総動員システムの問題だけとも言えないよなあ。
242.名無しさん:2019年04月25日 21:22 ID:8Lp4v7rZ0▼このコメントに返信
アジアでは大規模な大戦が起こると言う論があるが、(なぜならば、アジアでは、欧州のような大戦がなかったから、未経験だから起こる、起こす、起こすように仕向けられる、と言う論だが。)
アジアは中華で安定し続けていた歴史があるから、西欧的国民国家感に毒された(これは自称民主主義から自称共産主義までふくむ)国がアジアの秩序を掻き回さない限りは、大戦に至る道は事前に防ぐことができるだろう。
万一生じ得る場合の最たるものは、民族無謬説の、あの国じゃなかろうかと言うのは、日中の共通した危惧かもしれない。
243.名無しさん:2019年05月02日 13:40 ID:dyhJaH9d0▼このコメントに返信
検索結果 | Microsoft Privacy Statement &
244.名無しさん:2019年05月02日 15:18 ID:R63GGddi0▼このコメントに返信
※242
その中華こそが散々破滅を繰り返してきたわけですが。というか今まさに中華が危険要因な訳で。そもそも「日中の共通した危惧~」って発言をここでするあたりあんた中国人だよな?「日本人から見た中国人像」をまるで理解していないと見える。
245.名無しさん:2019年05月03日 08:04 ID:.J5EJf0F0▼このコメントに返信
※242
華夷秩序で安定してきたっていうのは賛成。
で、あの国ってどこ?
朝鮮半島を想起してるなら間違い。
華夷秩序を一方的に乱してアジアに紛争をばら撒いてきたのは日本だから。
朝鮮出兵なんて最たるもの。
あの時代、最大規模の戦争だった訳だけど、内戦で兵力を蓄えた日本が一方的に襲いかかった。
近代以降も一足早く近代化して、欲のままに近隣国を蹂躙した。
海外の知識人の中じゃ、日中韓の中で日本のナショナリズムが一番危険だ、って言う認識が一般的。
日本だけが歴史問題で特に責められるのはそれが理由。
246.:2019年05月03日 08:24 ID:.J5EJf0F0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
247.名無しさん:2019年05月03日 08:28 ID:.J5EJf0F0▼このコメントに返信
※213
WW2に日本が参戦したのは財閥と組んだ市場拡大のための利権戦争だが?
それ以外に理由あるか?
248.名無しさん:2019年05月03日 08:31 ID:.J5EJf0F0▼このコメントに返信
WW1を見てると、集団的自衛権がいかに危険かってのがよく分かるよな。
無教養の安倍が知ってか知らずか、集団的自衛権を通過させやがったが。
アメリカに主権を奪われている日本では、集団的自衛『権』じゃなく義務な訳だけどね。
249.名無しさん:2019年05月05日 19:38 ID:AvFMA6E80▼このコメントに返信
第一次世界大戦前後は、日本帝国が活躍してしまうので、日教組はやりたがりません。
さらっと触りだけで終わらせます。
250.名無しさん:2019年05月05日 19:39 ID:AvFMA6E80▼このコメントに返信
>>248
脳の検査を推奨します。たぶん異常と出ます。治療は○ななきゃ治らない不治の病です。
251.:2019年05月05日 19:54 ID:AvFMA6E80▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
252.名無しさん:2019年05月05日 19:57 ID:AvFMA6E80▼このコメントに返信
>>246
脳の検査が必要です。
253.名無しさん:2019年05月07日 15:07 ID:qFP.ZD4U0▼このコメントに返信
日本史の応仁の乱と同じで、授業でガッツリ頭に叩き込む事ないから興味ない人間はさらっとしか覚えてない

お名前