2020年12月31日 22:05

なんで大日本帝国って零戦みたいなドッグファイトなら最強の戦闘機作ったくせに戦争でボロ負けしたわけ?

なんで大日本帝国って零戦みたいなドッグファイトなら最強の戦闘機作ったくせに戦争でボロ負けしたわけ?

l201106210000

引用元:http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1555079478/

2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:31:53.902 ID:yvbKyxFz0
肝心の燃料が無かったから

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:32:24.572 ID:HgUX9ksrM
国力

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:32:37.314 ID:RfHLFMVJ0
零戦が強かったのは最初だけ

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:32:43.108 ID:/1nnSO3r0
1on1から複数戦闘になったから

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:33:25.694 ID:os9EccZld
ドッグファイトしてくれないし

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:33:30.822 ID:mRYOjMhC0
ミッドウェーでベテランパイロットが死にすぎた

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:35:04.039 ID:zg+YvYRd0
>>12
ラバウルもガダルカナルもね
西澤が輸送機で死ぬとか許せん

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:34:10.095 ID:O933fk9X0
戦艦大好きだったから

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:34:29.925 ID:bcI7sm7H0
ベテラン死にすぎ
零戦対策
資源不足
ほかなんかある?

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:35:31.263 ID:zg+YvYRd0
>>15
後継機が出なかったってのは?

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:34:41.757 ID:kOm+UEy20
戦闘機はきっちり防弾しましょうって
誰も言わなかったのかね

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:37:07.018 ID:a1KT5+PrM
>>17
陸軍の航空機はちゃんと装甲入れようぜって装甲プレート入れてるよな

20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:35:35.516 ID:/yo/Fqo7a
レーダーとかVT信管とか

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:36:20.692 ID:1tBtkuvL0
空を軽視して海に力入れすぎた

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:36:46.805 ID:Mwhs8vxEa
まあ資源の問題が結構なウェイト占めてるわな
潤沢にあれば人員の問題といいかなりのところが違ってきてたはず

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:37:56.667 ID:IRDnh0vi0
補給路を断たれた

29: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:38:02.861 ID:bcI7sm7H0
特攻も原因の一つだよな。
パイロットを資源として考えなかったのがなぁ…

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:39:44.880 ID:Ih+2SvUE0
とういうか遥かに進んでたドイツでも普通に負けたんだしもうアメリカが色々とチート過ぎた

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:39:56.197 ID:5G1QxuOy0
国力とかかな
日本は兵器のマイナーチェンジくらいしか出来なかったけど
アメリカは戦争そのものを変える兵器を開発したてたからな

36: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:40:31.720 ID:Ih+2SvUE0
>>33
一応原爆作ろうとはしてたから…
無理だったけど

34: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:40:14.672 ID:8KUfBQla0
物資ねぇんだから最初から勝てる訳ねぇだろ

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:40:32.617 ID:TB3n9ajId
零戦が最強だったのって戦中のほんの一瞬の間だけだろ

38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:40:40.787 ID:WPH8iEqEp
資源以前にそもそも技術力不足

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:41:56.108 ID:a1ZjC00z0
戦闘機があっても飛ばす燃料もなければパイロットすぐ死なせるから乗りこなせる奴も少ない

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:42:55.033 ID:Q2wg0LR+0
資源もなければ
パイロット育成する時間もなかった

47: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:43:05.173 ID:zg+YvYRd0
陸軍と共同で作っときゃ金かかんなかっただろうなー

50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:43:39.362 ID:yDediBdlp
圧倒的な物量戦力の差
暗号筒抜け
後機開発の遅れ
時代錯誤かつ無能な将校
連合国側の日本に対する徹底した研究

52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:43:51.419 ID:5yRMArSLd
MOでつまづいたのがケチのつき始め
MIでやられてGFの長官が二人やられて…
搭乗員の消耗で言ったら餓島で大分やられた
樫村氏クラスがかなりやられたのは痛かった
ラバウルは岩本でもつと言われたが、あの人はほんと善戦した

53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:44:01.382 ID:biJJ4jAm0
数の違い

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:44:54.134 ID:Ih+2SvUE0
後継機開発海軍は結局全然だめだったけど一応陸軍は毎年何かしらは出してたからな

67: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:47:49.395 ID:oYfvk5ss0
>>55
二式戦 不調連発の発動機
三式戦 普通にダメな発動機

このあたりはダメじゃん

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:44:59.806 ID:oYfvk5ss0
日本海軍「零戦はドッグファイトに弱いから優れた速度と上昇力で戦え」
実際はこうなんだけどね
初期の頃すらドッグファイト最強とか思ってない

60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:45:16.984 ID:dfl63eYz0
もとからあるのを加工するのはうまいけど
上辺だけで基礎から突き詰める能力がないからだよ

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:46:10.483 ID:uJrxYnZk0
>>60
ソフトはそこそこだけどハードがてんでだめというのは現在まで延々引きずってる

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:46:54.090 ID:568uVedB0
零戦は材料無さすぎてあんま強度のいらないフレームは竹、強度のいらない鉄板は代わりに厚紙とかで作ってたらしい(計器類を埋め込む薄い鉄板とか)
幸か不幸かそれが超軽量の機体になった

68: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:48:07.783 ID:zg+YvYRd0
>>65
不幸だろ

72: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:49:08.163 ID:568uVedB0
でもシートの後ろに付けるべき防弾の厚鉄板まで取っ払うのは頭おかしい
後ろつかれて撃たれたら死ぬしかない

80: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:53:08.150 ID:adIeNLZB0
>>72
米軍機の強力な機銃相手では紙みたいに貫通されるだけだからあるだけ邪魔、
機体軽くした方がマシてパイロット多かったそうな

75: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:50:36.357 ID:RpaGrv4o0
物資一番輸入してる所と戦争なんてな

78: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:52:05.668 ID:DCg1iC7wa
零戦はその当時は確かに最強だったけど、碌な後継機開発できずにずっと零戦使い続けてたらそりゃ時代遅れになるわ

79: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:53:07.572 ID:rO6m4whc0
大戦時に現在の最新鋭戦闘機があったとしても勝てないのが戦争なのよね
戦争は戦略段階で負けてしまうと、戦術(兵器とか)段階で優秀だろうと必ずひっくり返されてしまう
まあこれは極論だが日本の軍部の敗因は戦略と戦術の区別がまったくついてないことなよね
それは現在の日本のあらゆる産業やスポーツの試合でも言える

81: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:54:08.451 ID:nznjgJW/a
圧っっっ倒的な継戦能力不足

84: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:54:50.169 ID:gCJyDAVv0
ドッグファイトしかできなかったからだろ
高高度から重火力一撃離脱されたらどうしょうもない

96: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:59:37.580 ID:WMDxZb520
>>84
意外とそれについては、米軍側の現場レベルでは理解されてなかったこともあったらしいね
コルセアやヘルキャットでドッグファイトやろうとして「こいつどう使えばいいのか分からねぇ」みたいな奴が結構いたとか

102: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/13(土) 00:02:57.922 ID:FkoM23Ja0
>>96
パイロットのとにかくクルクル回れる飛行機が好き!っていうドッグファイト病って万国共通なのかもな

109: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/13(土) 00:08:03.958 ID:Hb2Em4T20
>>102
戦闘機に求められるのはそういうもんだからな
逆進翼なんかその最たるもん

86: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:56:27.851 ID:zkY+cP5l0
島国だから戦線維持するためのコストがめちゃくちゃかかったから

95: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 23:58:53.109 ID:5G1QxuOy0
>>86
それはアメリカも同条件だと

99: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/13(土) 00:01:28.165 ID:orpUTSK00
搭乗員の疲労とかパネエだろ

115: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/13(土) 00:17:48.528 ID:lsBTt/m+0
本土にすら行く気0だったのに日本の勝ち条件ってそもそも何よ

117: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/13(土) 00:20:13.751 ID:tBpLbjYu0
>>115
一応最初の方に一気に大打撃与えて日本有利な講話するって感じじゃなかったか
そんなの無理だったが


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2020年12月31日 22:05 ID:75cUq42E0▼このコメントに返信
それだけかよ
2.名無しさん:2020年12月31日 22:06 ID:61gK77L70▼このコメントに返信


燃料
3.名無しさん:2020年12月31日 22:08 ID:61gK77L70▼このコメントに返信
対米戦の前に航空用のハイオク燃料の輸入が止められている。
4.名無しさん:2020年12月31日 22:10 ID:TN1a3.Yq0▼このコメントに返信
兵器は優秀、作戦がグダグダ
大本営がアホすぎ
5.名無しさん:2020年12月31日 22:13 ID:AR2dqKKY0▼このコメントに返信
空母沈められすぎ。輸送力しょぼすぎ。滑走路作るの遅すぎ。離島の兵力少なすぎ。んで島を取られまくった。本土まで迫られて、海上封鎖、空襲ラッシュで国力壊滅。
6.名無しさん:2020年12月31日 22:14 ID:Pvl26KyI0▼このコメントに返信
数がたりない。
7.名無しさん:2020年12月31日 22:14 ID:1yYLNr4q0▼このコメントに返信
戦艦に固執し過ぎたから
8.名無しさん:2020年12月31日 22:14 ID:Pm.AG.wZ0▼このコメントに返信
当たらなければどうということはない
9.名無しさん:2020年12月31日 22:15 ID:Gnmn.GA50▼このコメントに返信
試合じゃないのだからこちらの得意分野で戦ってくれないわな
10.名無しさん:2020年12月31日 22:15 ID:61gK77L70▼このコメントに返信
対米戦始まる前に航空燃料が尽きかけていたので蘭印侵攻は必至。
11.名無しさん:2020年12月31日 22:15 ID:bSf.dNnM0▼このコメントに返信
P-38とP-51が出てきたからな
12.名無しさん:2020年12月31日 22:15 ID:d.bfLE1.0▼このコメントに返信
零戦というか日本海軍機最大の特徴は長大な航続距離だからな
そのための極端な軽量化で、空戦に強かったのは副産物みたいなもんだ

そういや戦後日本機のエンジンにアメリカのガソリン入れたら性能が1段階跳ね上がって、
日本のガソリンの精錬の低さも露呈したとか
13.名無しさん:2020年12月31日 22:17 ID:EfMHOgxB0▼このコメントに返信
負け戦だと 分かって始めて 負けた そういうわけだ
14.名無しさん:2020年12月31日 22:17 ID:d.bfLE1.0▼このコメントに返信
※7
むしろアメリカより先に空母に方針転換してるんだよ
そっから完成品ができるまでの期間がケタ違いだっただけで
15.名無しさん:2020年12月31日 22:20 ID:93UACIF90▼このコメントに返信
100オクタン超えたガソリンが用意できない、エンジンオイルがアメリカから輸入した備蓄分のみ。熱価の高いプラグが自国生産できない。配線剥き出し、アース取ってない。
いくら設計良くても品質がゴミじゃ宝の持ち腐れだよ。
16.名無しさん:2020年12月31日 22:21 ID:iYCjLVlK0▼このコメントに返信
零戦はドッグファイトの性能でも負けてる定期
爆撃機や雷撃機相手には戦果挙げてるけど
対戦闘機のキルレシオは開戦年度から一度も勝てた年はない定期
17.名無しさん:2020年12月31日 22:21 ID:Sglo7uHC0▼このコメントに返信
海戦当初から一撃離脱が一番、格闘戦するのは下の下って通達でてたって
坂井三郎さんが証言してたんやで
18.名無しさん:2020年12月31日 22:22 ID:yaPEjXqE0▼このコメントに返信
※12
それ高品位プラグやハイオクでの性能向上がないとは言わんが
日米での測定基準が違う(米軍の方が燃弾搭載量が少ない)って落ちダゾ
19.名無しさん:2020年12月31日 22:23 ID:vBPQdIuy0▼このコメントに返信
中国と同じで、アジアでは孤立無援。同盟国のドイツは距離が遠過ぎる。たった一人で、多くの連合国を相手にして戦わないといけなかった。
20.名無しさん:2020年12月31日 22:23 ID:ovmzMzqF0▼このコメントに返信
戦艦に固執したとか大艦巨砲主義とかいう大嘘はガッチリハワイ並にネットではもう消えたかと思いきや根強いな
これいう奴はまず条約以後の大戦参加主要国の戦艦を知らんよな
もひとつ言えば航空母艦と航空機の対艦戦闘の有効性云々に関しても全く知識がないと思われる

つかそもそも零銭時点で空母機動艦隊運用を踏まえた艦上戦闘機を本気で開発してた国が日本しかない事実で戦艦云々が嘘だとわかる話なんだが
21.名無しさん:2020年12月31日 22:25 ID:.fDMbJO70▼このコメントに返信
原爆に関しては日本の研究陣の能力が低いのではなく、ウランでだめなら人工でプルトニウム作っちまえなんて気の狂った発想をして実現してのけた、米国の研究陣の頭がおかしいだけ。
22.名無しさん:2020年12月31日 22:27 ID:61gK77L70▼このコメントに返信
キルレシオって日本側の損失と米側の損失を比較したのかな。
23.名無しさん:2020年12月31日 22:28 ID:06mBLdJH0▼このコメントに返信
兵器一つで戦争に勝てる訳が、それに最強でもない
24.名無しさん:2020年12月31日 22:28 ID:52H4.oq00▼このコメントに返信
戦線拡大しすぎて手に負えなくなった
25.名無しさん:2020年12月31日 22:30 ID:WgYISjJF0▼このコメントに返信
7.7mmじゃ落ちてくれない時代になったからな。
素直に陸軍のホ103使うか、頑張ってMG131の同調装置開発していれば、
もう少し、無敵伝説時代続いたのに。
26.名無しさん:2020年12月31日 22:32 ID:qieHoM9Q0▼このコメントに返信
確かにドックファイトは零戦の真骨頂だけど
米軍機が一対一のドックファイトを忌避するようになったからだよ
基本、零戦一機に対して、あちらは二機で応じてくる
それならこちらも、味方と連携して二機で応じれば良いと思うけど、
米軍機に比べて、通信機が未熟だったり積んでなかったりしたため、
なかなか味方どうしの意思疎通や連携が上手くいかなかったというのを聞いた
27.名無しさん:2020年12月31日 22:32 ID:1spNQVIK0▼このコメントに返信
※16
キルレシオは嘘くさい数値しか出ないから無視したほうが良い
28.名無しさん:2020年12月31日 22:35 ID:q2gHXxoh0▼このコメントに返信
※12
米国のテストは機体を最高状態にして、さらに武装も限界まで落とした上で最高の燃料を入れてテストする
いわば「敵の戦闘機が最高の状態」でどのように稼働するかを検証する
その上で対策してくるんだから勝てるわけがない

だから「戦後の米軍の検証ではー」系で出さた数字なんか実際の運用の数字とは全く違う
29.名無しさん:2020年12月31日 22:35 ID:iygd5h9A0▼このコメントに返信
ドッグファイトから一撃離脱のヒット&アウェイの戦法に切り変わって零戦じゃ太刀打ち出来なくなったから速力と火力、防御力で劣る零戦じゃ2000馬力級の米軍機には歯が立たなかったんだよ
30.名無しさん:2020年12月31日 22:35 ID:YdtFmNrY0▼このコメントに返信
相手が舐めプしてる局面ではいい勝負するけどちょっと本気出されるとコテンパンにされるのは日本人の様式美やからね
31.名無しさん:2020年12月31日 22:36 ID:ovmzMzqF0▼このコメントに返信
※26
ていうかまーソ連の軽戦車が初戦で一掃されて新しく出てきたのが全部重戦車みたいなネタで米軍の格闘好きなベテランが初戦で退場していって重戦の一撃離脱と組織戦を徹底して教育された戦中組に綺麗に代替わりできたのが皮肉にも一つの要因としてある
32.名無しさん:2020年12月31日 22:36 ID:Z9AIqZmC0▼このコメントに返信
アメリカがそれを上回る戦闘機を造ったからとか
日本は物資不足で技術競争についていけなかったからって話じゃなかったっけか
33.名無しさん:2020年12月31日 22:38 ID:ovmzMzqF0▼このコメントに返信
※25
いうても40年から42年末まで優位続いたのはそれなりにかなり凄い
34.名無しさん:2020年12月31日 22:40 ID:ovmzMzqF0▼このコメントに返信
※32
それは無論あってその上でどういう問題があったのか云々って話があるっぽ
そもそもアメリカが戦時に生産動員した航空機は日独伊のそれの総数を更に遥かに上回るレベルなんでそれだけで話が終了してしまふ
35.名無しさん:2020年12月31日 22:42 ID:CGNPh2Du0▼このコメントに返信
VT信管が出来たら練度もクソも無い
36.名無しさん:2020年12月31日 22:42 ID:iygd5h9A0▼このコメントに返信
別に零戦は最強でもなかったしなぁ一時的に優勢だった時期があるってだけで最強とか思ってるのは知識のあまりない厨二を煩ってる一部の連中だけだよ
太平洋戦争の初戦期はその航続力と旋回性能で優位だったというだけの話
同時期に欧州でもスピットやbf109という傑作機はあったしな
零戦がほとんど進化しなかったのに対してこれらの欧州機は終戦まで改良に改良を加えて第一線で活躍できる性能を保持していたからな
37.名無しさん:2020年12月31日 22:44 ID:mPgF1tDn0▼このコメントに返信
>>16
そもそも艦隊防衛が主目的だからなあ
名前にも書いてあるのに分からん奴大杉
38.:2020年12月31日 22:45 ID:Xp25XaH50▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
39.名無しさん:2020年12月31日 22:50 ID:61gK77L70▼このコメントに返信
零戦とF4Fは共に1940年の運用開始。

40.名無しさん:2020年12月31日 22:50 ID:gQiN.Fhn0▼このコメントに返信
※17
零戦乗りはみんな緒戦から一撃離脱で戦い抜いてるしね
ドッグファイトなんて追撃でやる程度で
最初っから狙ってやるのは陸軍ぐらいなもん

陸軍のホ103も小口径弾を炸裂弾にした事で有名だけど
所詮は小口径弾でしかないので米軍機には全く通用せず
すぐに大口径化を目指すようになる
41.名無しさん:2020年12月31日 22:51 ID:CeI4licA0▼このコメントに返信
アメリカ人て合理的ですごいよな。
ドッグファイト対決で零式に勝てない→チーム組んで一撃離脱すればいい。
戦車対決でタイガーに勝てない→攻撃機で空から潰せば良い。
42.名無しさん:2020年12月31日 22:51 ID:CPxHG8lz0▼このコメントに返信
芸達者の技術職を後方の教育に下げず前線で酷使して数が減ったらそりゃ学徒兵の乗るゲルググ状態だわな
43.名無しさん:2020年12月31日 22:51 ID:eybdz.320▼このコメントに返信
最初から、どうやって終わらせるか、についての堅実で明快な戦略がない
「こんなんでええんちゃう?」みたいな期待と妄想ででっち上げた戦略に振り回されただけや
44.名無しさん:2020年12月31日 22:53 ID:vXx.pCFW0▼このコメントに返信
一番は臨機応変に対応していく運営力不足かも
これは今も伝わる日本の伝統
検討に検討を重ねて対応しようとした時にはもう別の問題が、、、

まぁ臨機応変に対応してももう少しマシな負け方してたかなくらいかね
45.名無しさん:2020年12月31日 22:54 ID:fJ2IylqV0▼このコメントに返信
大事な速さが足りんかったんや
46.名無しさん:2020年12月31日 22:54 ID:dohd.1DL0▼このコメントに返信
※16
一時期コメ16の言うような説が出たが、その後また零戦が有利なキルレシオであったことが
判明してるが、コメ16はこれを一切無視する書き込みを続けている
47.名無しさん:2020年12月31日 22:57 ID:vXx.pCFW0▼このコメントに返信
ゼロ戦に関してはドッグファイトを是としてた戦略が一撃離脱に変わって対応できなくなったからやろな

直ぐに対応できる後継機出せりゃ違ったかもだけど、生産力や規格化の進んだ米に多少の驚異を与えたであろう程度かと思うけど
48.名無しさん:2020年12月31日 22:57 ID:dohd.1DL0▼このコメントに返信
※41
なぜかその合理性が魚雷の欠陥の解消では発揮されてないんだよな

ずっと魚雷の欠陥を認めず、潜水艦側の使い方が悪いを言い続けて
多数の潜水艦長がブチ切れた
49.名無しさん:2020年12月31日 22:58 ID:fGB.h0Df0▼このコメントに返信
刀は近距離やったら最強やからな!とか言ってるのに等しい
なお槍(
50.名無しさん:2020年12月31日 22:58 ID:dohd.1DL0▼このコメントに返信
※47
少しは上のコメ読んだほうがいいよ
51.名無しさん:2020年12月31日 23:00 ID:8lag0.Ri0▼このコメントに返信
数には勝てんし資源無くても勝てん
そして最初強かったと言っても後から抜かされないとは誰も言って無い
52.名無しさん:2020年12月31日 23:01 ID:lYa9s26z0▼このコメントに返信
欧米に勝つ一部を持ち上げて、全体が勝てると誘導されるのには今でも注意しないとね。
空気が出来上がると、客観的な分析も無視される。
53.名無しさん:2020年12月31日 23:01 ID:vXx.pCFW0▼このコメントに返信
>>49
銃に例えると、同じ銃でも散弾銃とライフルみたいやな

その時適した使い分けが必要よね
マルチロールな兵器は微妙な性能に終わることも多いし
54.名無しさん:2020年12月31日 23:01 ID:xk8rqdAn0▼このコメントに返信
※46

なお最近、上空から一撃くらわしてさっと離脱するような都合のいい戦闘は
実戦では早々無いコトも判明してきた模様。
55.名無しさん:2020年12月31日 23:03 ID:p5.mpTCR0▼このコメントに返信
どんなに設計者がいい兵器作ったって
運用するのが年功序列で無能の集まりが牛耳る日本軍じゃ勝てんわ
56.名無しさん:2020年12月31日 23:03 ID:61gK77L70▼このコメントに返信
一式戦は特筆に価する点として、大戦初期に限らずビルマ(ミャンマー)やその南東、中国の戦線では大戦後期・末期である1944年後半以降においても連合軍戦闘機との空戦において「互角ないしそれ以上の勝利」を重ね(#ビルマ航空戦・#中国航空戦)、

また、スピットファイア・P-38・P-47・P-51(P-51はアリソンエンジン搭載A型のみならずマーリンエンジン搭載B/C・D型をも含む)といった新鋭戦闘機との対戦でも「互角の結果」を残していることが挙げられる(中でもビルマ航空戦ではこれらの全新鋭機を一式戦は初交戦にて一方的に確実撃墜している(#ビルマ航空戦 後期))。

これらの記録は日本軍と連合軍側の戦果・損失記録の比較により裏付も取れている「史実」である[12]。一例として、以下の記録は1943年(昭和18年)7月2日から1944年7月30日にかけてビルマ方面の一式戦が記録した裏付の取れている確実な実戦果・実損害である[13]。
57.名無しさん:2020年12月31日 23:04 ID:t.avQEPN0▼このコメントに返信
2600年制定だろ、支/那事変の重慶爆撃用だし。
58.名無しさん:2020年12月31日 23:04 ID:61gK77L70▼このコメントに返信
零戦が敵わなくなったのはF6F以降。
59.名無しさん:2020年12月31日 23:06 ID:uI1C.1JJ0▼このコメントに返信
国民の意識の低さやろw

当時は言われたまま従うだけの3流国民w
いまはただ文句言うしか能のない3流国民w
60.名無しさん:2020年12月31日 23:07 ID:d.rbBGq.0▼このコメントに返信
零戦が強かったのは最初だけてか 何を言うてまんねん
ホンダがF1で全盛の頃3台エントリーしてドライバーに
セナやプロスト其れに日本の中嶋が出場していた
セナやプロストは走ればどこのサーキットでも
どちらかが優勝か2 位や日本の中嶋はいつも13位
同じ本田の車に乗っててなんでやねん
ホンダの車に中嶋の様なC級パイロットが3人乗ってたら
ホンダの車はクソみたいに言われるが
ホンダの車にセナやプロストの様なA級パイロットが
乗ってるから零戦【れいせん)はいいと言われる
戦争初期は全員がA級パイロットだった
99式爆撃機命中率85パーセント足の出た飛行機でよーやるわ
少しはパイロットに敬意をはらえ
 

61.名無しさん:2020年12月31日 23:08 ID:kO236m5Z0▼このコメントに返信
※12
アメリカが頭2つ分ぐらいガソリン精製能力高くてだいぶあけられてドイツ、そっからはドングリの背比べ。
ソ連は一段低いかな?(まあソ連は油田の質が悪すぎるもあるが)
62.名無しさん:2020年12月31日 23:08 ID:93UACIF90▼このコメントに返信
>>38
小学生でも分かるような嘘をいうなw腹抱えて笑ってしまったわw
63.名無しさん:2020年12月31日 23:08 ID:dohd.1DL0▼このコメントに返信
※54
それ内容的にオレに言うより別の人のコメに対していった方が良くない?

オレ空戦の内容には触れてないんだけど
64.名無しさん:2020年12月31日 23:09 ID:kO236m5Z0▼このコメントに返信
※56
隼は対戦闘機に絞った設計が功を奏した感じだよね。
65.名無しさん:2020年12月31日 23:10 ID:t.avQEPN0▼このコメントに返信
零式戦が九六陸攻の護衛機として開発されたって、誰も書かないのかよ。
66.名無しさん:2020年12月31日 23:13 ID:KAxUBA4t0▼このコメントに返信
始めに 主 お前 日本人じゃないよな! まぁイイかぁ・・
お前が もし学があり自称であっても勤勉でソコソコ優秀なのに
周りから灯油や食料を売ってもらえなくなったら どうする?
売ってもらえない相手が 隣に来たらどうする?
隣人は 売ってもらえない遠方の人より お前を頼って来たら どうする?
黙っていれば いずれ隣には売ってくれない遠方の人が隣人になってしまう
政治は 消去法なんだよ 自分達が不利にならない為に一つづつ消去していった結果が
今 知っている日本の近代になる
67.名無しさん:2020年12月31日 23:15 ID:kO236m5Z0▼このコメントに返信
※65
現状それは否定されてる説だから。
68.名無しさん:2020年12月31日 23:16 ID:v9umCOSo0▼このコメントに返信
ヨーロッパではWW1で巴戦は消耗が激しくて廃れた戦法だった。
まともに参戦してない日本と周回遅れのアメリカが空戦やって序盤こそ活躍したがアメリカも馬鹿正直に巴戦合戦に応じるのを止めて相手の強みを封じ自軍に有利な戦法にシフトした。
特にアメリカが「アンチゼロシフト」してから被弾の脆弱性と火力不足が顕著になる。

これでゼロ戦の優位性は失われ、爆撃機の長距離護衛か敵拠点への嫌がらせ機銃掃射くらいしか使えなくなった。

ようやく52型でこの弱点を改修した頃にはアメリカはP-51DやF6F、F4Uを投入済みとなり
熟練パイロットを喪失していた日本が本土上空でさえ制空権を取り戻す事は無かった。
69.名無しさん:2020年12月31日 23:18 ID:dohd.1DL0▼このコメントに返信
※65
別に護衛機として開発されたんじゃなくて、それ要求項目の一つ
長距離援護に長時間警戒、艦隊や基地の防空と多用途艦上機として開発されたのが正解
70.名無しさん:2020年12月31日 23:20 ID:cy.prHqr0▼このコメントに返信
初期はアホみたいにうまいパイロットが多くいたからな
71.名無しさん:2020年12月31日 23:24 ID:t.avQEPN0▼このコメントに返信
※67
無理難題を解くために軽量化や燃費で無理な設計をしているわけですけど。
艦載機で設計されたのが、逆に仇になったかな。
もし米軍が同性能のものが作れたら怖い事になっていたんじゃないかと。
死闘を繰り広げてでも硫黄島を落としたには訳がある。
72.名無しさん:2020年12月31日 23:26 ID:Hw56ZPKB0▼このコメントに返信
優位だったのも最初だけだし
ドッグファイトなんて言う戦闘の一要素で仮に最強()だったところで戦争に勝てるわけないだろ
73.名無しさん:2020年12月31日 23:28 ID:kO236m5Z0▼このコメントに返信
※71
燃費は栄エンジンの巡航運転時の燃費がやたら良かったからで何かしら設計上の無理のせいじゃないよ。
74.名無しさん:2020年12月31日 23:37 ID:YL1OxBsM0▼このコメントに返信
既に言われてるがベテランパイロットが大勢死んだから
七面鳥がどうとかの所だっけ??
あと零戦拾われて、軽くし過ぎてるせいで急降下出来ない弱点を
見抜かれたとか… うろ覚えだ。


75.名無しさんΘ:2020年12月31日 23:45 ID:MvNFzwvU0▼このコメントに返信
短期的に負担を多くして結果を出そうとしても短期しか持たない
下に負担を丸投げみたいな体質は今も同じ
バブル崩壊時点で1日5~6時間労働にするべきだった
大多数が早期に貧乏に成り景気が早く悪く成ったかもしれないが健康は維持できる
8時間働いてその後1時間勉強するなんて体力的に負担が多ければ不可能
疲れると頭が回らなく成るダイビングの免許持っている人でも20メートル以上潜ってはいけない
血流が悪く成るので元の能力関係無く小学生の計算も出来なく成る
76.名無しさん:2020年12月31日 23:46 ID:xvH72ghv0▼このコメントに返信
まぐれで調子に乗ったから。
77.名無しさん:2020年12月31日 23:48 ID:dohd.1DL0▼このコメントに返信
※74
急降下出来ないはデタラメだよ
78.名無しさん:2020年12月31日 23:48 ID:9mHVU4j90▼このコメントに返信
最後には国力だよ。海軍のまともな頭の人間は武官で米国などを自分の目で見て
最初から勝てると考えてない。
79.名無しさん:2020年12月31日 23:56 ID:F2sX.HHl0▼このコメントに返信
>>7
全然固執してないし。
開戦後新規で建造した戦艦なんて無い。
開戦前だってワシントン条約のせいではあるが、戦艦を大量に生産出来ないから空母を多数作ってた。
開戦時で正規空母、赤城、蒼龍、飛龍、加賀、翔鶴、瑞鶴、とこれだけ持ってた国って他に無いのでは?
80.名無しさん:2021年01月01日 00:30 ID:x6CVuq1u0▼このコメントに返信
そもそもゼロ戦は格闘戦を主体に設計したわけじゃないし
従来機に比べて高速・高上昇力・高火力・長大な航続距離を求めたものだ
81.名無しさん:2021年01月01日 00:43 ID:2Jh0nids0▼このコメントに返信
戦争はドッグファイトの優劣だけで勝てると思っている低脳には理解出来なかっただけの話
82.名無しさん:2021年01月01日 00:44 ID:3l6Y2WW70▼このコメントに返信
>>スレタイ

ドッグファイトだけじゃ戦争に勝てないからだよ!
83.名無しさん:2021年01月01日 00:46 ID:.T1gsxM70▼このコメントに返信
素直に作戦、戦術が素人で反省、対策=国力がない
84.名無しさん:2021年01月01日 00:50 ID:2Jh0nids0▼このコメントに返信
※83 それ自分だけの感想だろ?
85.名無しさん:2021年01月01日 00:58 ID:M1gSANir0▼このコメントに返信
多分だけど上昇力と離陸距離の改善を求めて主翼を大きめにしたら旋回性能が上がっただけのような気がする。
86.名無しさん:2021年01月01日 01:04 ID:cda0Luti0▼このコメントに返信
※66 >>66
売ってもらえない行動をしたのは、日本自身です

みんなそれぞれ正解だけど、そもそも外交戦略で負けてた
87.名無しさん:2021年01月01日 01:06 ID:pNEGBN.m0▼このコメントに返信
>>58
コルセアやライトニングにやられてるけどな
88.名無しさん:2021年01月01日 01:06 ID:.T1gsxM70▼このコメントに返信
※84
なにか反論あるなら受け入れるが、一次資料の南東方面の戦い方は4vs6で負けだ。負けた原因は戦爆連合の差があきらか、連合軍はほぼ爆撃機の任務を成功させている。まあ、b24も落とせない戦闘機では厳しいと思う。 '
89.名無しさん:2021年01月01日 01:07 ID:.T1gsxM70▼このコメントに返信
※84
なにか反論あるなら受け入れるが、一次資料の南東方面の戦い方は4vs6で負けだ。負けた原因は戦爆連合の差があきらか、 . . 連合軍はほぼ爆撃機の任務を成功させている。まあ、b24も落とせない戦闘機では厳しいと思う。 ' /
90.名無しさん:2021年01月01日 01:28 ID:n8yqpy5v0▼このコメントに返信
資源(鉄など)、燃料(石油)が不足していたのと、現地での食料調達ができなかったのと、アメリカがゼロ戦の機銃をはねつけるだけの装甲の分厚い戦闘機を作ったのと、日本がアメリカ本土に一切攻撃できなかったからかな。
91.名無しさん:2021年01月01日 01:31 ID:.T1gsxM70▼このコメントに返信
※58
零戦が一番食われた南東方面の機体はF-4U,零戦が一番落とした機体もF-4Uキルレシオはほぼ互角
南東方面の航空戦は、負けた原因は戦爆連合の差があきらか、 . . 連合軍はほぼ爆撃機の任務を成功させている。日本軍は常に攻撃隊は大損害を受けている。爆撃機の効果も無かった。
92.名無しさん:2021年01月01日 01:40 ID:M1gSANir0▼このコメントに返信
※90
戦闘機に装備するのは各種防弾装備。装甲なんてつけないよ。
93.名無しさん:2021年01月01日 02:36 ID:wiHmfWNs0▼このコメントに返信
拡張性皆無で整備製最悪で高空性能と防弾性能はなし
これでも傑作って言われるんだから当時の技術レベルを思わされるよなあ
94.名無しさん:2021年01月01日 03:20 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※12 逆に零戦の足が長すぎて日本軍が無茶な展開をやって補給線伸びまくったのが敗因の一つという指摘もある。零戦の損耗は戦闘や故障だけじゃなく、長距離移動で航法が不十分で遭難行方不明というのが結構あったらしい。米軍も最初、とんでもない所から零戦が現れるんで、付近に空母でも隠れてるんじゃないかと思ったりしたらしいが、後続ならともかく戦闘すりゃ帰りの燃料なんかなくなるし
95.名無しさん:2021年01月01日 03:36 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※36  その二つは1000馬力クラスからはじまって2000馬力まで許容したフレームなのはすごいというか、初期が逆に過剰品質だったというか・・・それに、2000馬力クラスが出た時には後継機も出てきてる中で一応従来型にも積んでおくかみたいな所もあったと思う。スピットもグリフォンのはかなり別物感あるしな。またメッサーシュミットは悪い意味で堀越と一緒で、ナチにすり寄って無能なのに居座ってろくなの設計出来なくなって停滞を招いて、しょうがなく積んだ感。じゃあTa152が言われるほど完成してるのかも微妙やけど。ゼロはそもそも2000馬力積みようがないし、仮に積んでも空中分解しそう。
  
96.名無しさん:2021年01月01日 03:41 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※91 坂井三郎もF4Fでややゼロが上でF6Fだと格闘戦能力でも負けてるんじゃね?とか書いてた気がする。米軍は数も速度も優位だから格闘戦に入らないでもいい戦法(サッチウィーブとか一撃離脱とか)が出来たけど、格闘戦能力がゼロに負けてるイメージは間違ってるかもな。さらに防弾性能はゼロとは比較にならんし、対戦闘機用としてはゼロより優れた武装あるし。まあ、日本の爆撃機の防御貧弱だから20㎜もいらんだろうけど。
97.名無しさん:2021年01月01日 03:53 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※56 一式を結構長く使ってたのは割と有名というか、一式の性格の後継って4式までお預けだった気もする。地元に南方戦線の飛行隊の慰霊碑があるから調べたんだが、確かに戦争末期まで戦ってた。ただ、かなり悲惨でどんどん稼働機が減って撤退出来ないから残ってる部隊同士合併させるんだけど、飛行隊の地上部隊って整備兵だから正面戦闘能力なし。しかも補給も無くなるから最後は現地解散みたいな形で壊滅してた。慰霊碑と由来があるから、多分生存者がそこらへんの情報持ち帰ってきたんだろうけどね。その慰霊碑も参拝する遺族会みたいなのは解散したのかそれ以上は分からなかったし。
98.名無しさん:2021年01月01日 03:59 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※93 むしろ、たった数年でそれらを解決した制式機が陸軍とかで出てくるのが恐ろしいわ。あと零戦が仮想敵にした中国戦線に高々度爆撃機も高速戦闘機もなかったし、エンジンに栄ありきで全部成り立たせるには仕方ない選択だったと思う。一応ゼロ戦も拡張はされてるが、微妙だな。そんな拡張に労力つぎ込むなら新鋭機に注力すべきだったとは思うけど、全部堀越と三菱が悪い(白目
99.名無しさん:2021年01月01日 05:00 ID:WCqMM6jJ0▼このコメントに返信
グラマンの方が強かったから
100.名無しさん:2021年01月01日 06:02 ID:5mkb9GNJ0▼このコメントに返信
※92
装甲の意味を勘違いしてる奴多過ぎ問題
101.名無しさん:2021年01月01日 06:02 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
むしろドッグファイト戦闘機に固執したから負けた。戦争末期に至ってなお、巨大な翼を持ち防弾のないものを造らせる始末!
102.名無しさん:2021年01月01日 06:10 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
いくら戦訓を伝えても上層部の無理解が被害を大きくしたんだよ。海軍は機関銃の射程を延ばしてパイロットの防御の検討を禁止したくらいだ。
そして出来たのが外見から時代遅れの烈風だ!なんと防弾も組み込まれていない!対人用の7.7mm銃が装備されていた!「7.7mmなど弾かれる」という戦訓を見事に無視しているではないか!
103.名無しさん:2021年01月01日 06:12 ID:ofKPRI3P0▼このコメントに返信
大本営が烏合の衆だったから
104.名無しさん:2021年01月01日 06:23 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>12
露呈というか、戦前からわかってた。ハイオク作るのに添加剤を人がカップで投入していたから。戦時中は落とした米軍機から燃料を抜いていたし。
105.名無しさん:2021年01月01日 06:27 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>15
配線剥き出し

これ戦後の研究者のデマだよ?頭から日本=低レベルと決めつけて経年劣化で崩れた配線みて書いたもの。
106.名無しさん:2021年01月01日 06:32 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>25
12.7mmのものを13.2mmに改造して手間を増やす海軍。戦後の珍銃62式機関銃も元海軍の技師作。
107.名無しさん:2021年01月01日 06:35 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>106
陸軍も陸軍で、素直に12.7mm99で作らずに、わざわざ違う薬莢長でつくるから、これまた完成までに時間を食ってる。仕事をつくるためにやっているとしかおもえない。
108.名無しさん:2021年01月01日 06:38 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>26
米軍は無線機を積んでないことに驚いてたそうだ。
109.名無しさん:2021年01月01日 06:40 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>28
その数値で軍や開発関係者が喜んでるのだから情けなくなる。
110.名無しさん:2021年01月01日 06:44 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>30
冷戦終結後、アメリカが本気だして日本製品がコテンパンに一掃されたのは覚えている…
バブル崩壊と重なって日本の失われた…年がいまも続く…
111.名無しさん:2021年01月01日 06:50 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>35
VT信管…
あれは射撃システムと合わせないと意味がない。
例え日本で生産できても複葉機対応の日本海軍の射撃装置では無意味とされてる。あとベテラン射手は時限信管を最短で使用してVT信管に近い効果を出していた。
112.名無しさん:2021年01月01日 06:53 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>36
零戦は登場時点で完成品で改良できなかったからな。後継機も時代遅れで完成せず。
これではね…
113.名無しさん:2021年01月01日 06:57 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>40
陸軍機の機銃弾は外板表面で文字通り弾かれて燃えてしまうだけなんだっけか?
114.名無しさん:2021年01月01日 06:59 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>43
戦略すらない。「米国国民はすぐに根をあげて降参してくる!」と考えていた。
軍、国民は終戦当日まで負けているなどと微塵も感じていなかった。
115.名無しさん:2021年01月01日 07:04 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>44
検討内容もトンチンカンな内容。なにせ輸送船の損害の問題を船体の形状として「シルエットが軍艦と似てるから敵が誤認した」と結論をだす始末だ。定時連絡方法、暗号は全く問題にしていなかった。
116.敵は韓.国・韓.国.人(シ.ン.パ・帰.化含む。):2021年01月01日 07:05 ID:tz.pKix50▼このコメントに返信
>>1
あけましておめでとうございます。


(⌒0⌒)/~~「竹島・北方領土は必ず奪還する。("⌒∇⌒")」


(⌒0⌒)/~~「横田めぐみ他、日本人拉致被害者も必ず救出する。("⌒∇⌒")」
117.名無しさん:2021年01月01日 08:11 ID:BmFS1n.y0▼このコメントに返信
>>116
艦これ大好きおじさん登場

お前が奪還したいのは、竹島・北方領土じゃなくて、イベント海域だろ

お前が救出したいのは、横田めぐみ他、日本人拉致被害者じゃなくて、艦娘だろ
118.名無しさん:2021年01月01日 08:12 ID:x6CVuq1u0▼このコメントに返信
※96
それは格闘性能が優れている機体は全ての速度・高度領域で優れているという素人の幻想から来るゼロ戦下げ
ゼロ戦は大戦後期に戦闘の主戦場になった中高度~高高度、500km/Hを対象として設計していない
低高度~中高度、300~400km/Hでの戦闘をメインとして設計されている
護衛対象・敵機の性能からすれば妥当だったし、戦争後期でもその領域に持ち込めればかなり強い
119.名無しさん:2021年01月01日 08:13 ID:BmFS1n.y0▼このコメントに返信
>>108
でたらめ言うな

一部の搭乗員が下ろしてただけで、最初から最後まで標準装備だ
120.名無しさん:2021年01月01日 08:15 ID:ZkgOD.ol0▼このコメントに返信
相手がドッグファイトしてくれなかったから。
2式戦はもっと評価されてもいい。
121.名無しさん:2021年01月01日 08:26 ID:bBYn.vDX0▼このコメントに返信
自分の都合のいいように相手が行動してくれる言う思い込みから。ってかそれでしか物事を考えられない野郎たちが武器考えたり作戦立てたりしてたから、前線のヘイタイサンがなんぼ頑張っても勝てるわけないわ。CIVで言えば、一番最初の奴の最低何度でも負けるようなのが酸忘肩章つけて威張ってたんやろ。
122.名無しさん:2021年01月01日 08:44 ID:BmFS1n.y0▼このコメントに返信
>>116
あ艦これに帰れ
123.名無しさん:2021年01月01日 09:22 ID:u1HN.yLV0▼このコメントに返信
>>7
アイオワ級「せやな」
ヴァンガード「まったくだな」
モンタナ級「なんや出番か?」
124.名無しさん:2021年01月01日 09:29 ID:7RawAxxi0▼このコメントに返信
昔から日本は上は無能部下は優秀と言われていたから、作戦が悪かったんだろう。
それは今でも変わらないか...
125.名無しさん:2021年01月01日 09:29 ID:u1HN.yLV0▼このコメントに返信
>>36
陸上機な上に航続距離も微妙なその2機を、太平洋戦線の話に持ち出されてもねぇ
それとイギリスはああ見えて貧乏性、ドイツも国力や資源は微妙なほうですし(まぁどちらもWW1のダメージがデカすぎた話でもあるが)
126.名無しさん:2021年01月01日 09:31 ID:7RawAxxi0▼このコメントに返信
昔から日本は上は無能部下は優秀と言われていたから、作戦が悪かったんだろう。
それは今でも変わらないか...
127.名無しさん:2021年01月01日 09:43 ID:lc0XaKNZ0▼このコメントに返信
歴史を正しく教えないからアホばかり育つ
まずエンジン
2千馬力エンジンを作れなかった
次にオクタン価
ハイオクタンガソリンを自作できなかった
次にエンジンオイル
これも自作できず備蓄分を使い果たす
最後にタンカー不足
開戦時ですら全く足りていなかった
128.名無しさん:2021年01月01日 09:46 ID:.MO0ez900▼このコメントに返信
当時、米軍機を撃墜できる戦闘機を開発出来たのは日独ソ英ぐらいか?
必死に日本ネガキャンしてる奴、何者なん…
129.名無しさん:2021年01月01日 09:47 ID:GEeNsW7X0▼このコメントに返信
性能要求が(日本の技術水準を無視して)高すぎて、どこかを極端に削らないと達成できない
堀越が削ったのが「量産性」と「強度」と「発展性」
量産性はもともと艦上機なんて(海軍としては主力だが)本来生産数的にはニッチで良かったはずの機体なんで、軽量化優先で二の次
強度は艦戦として必要な足回りは確保していたが、急機動とくに急降下はかなり低いところに制限速度設けざるを得ない華奢さ
発展性?そんなの考えてたら性能出せんくらいのギリな設計…せめて最初に金星積んでりゃぁ、なぁ

まあ、戦略戦術は言ってもしゃあない(なんたって旧軍だ)中で、技術的なとこでの最大問題は
マトモな2000馬力級のエンジンを最後まで物にできなかったから、だけどね
130.名無しさん:2021年01月01日 09:55 ID:GEeNsW7X0▼このコメントに返信
※107
確かになぁ、20ミリだが、弾種が航空機用で互換性ないのが主なものだけで5種類だっけ?
減装薬のとかリムありリムなしとか…
お金持ちアメちゃんが「全部ブローニング全部ミートチョッパー異論は許さん」なんて徹底してるのに
国力1割のジャッカスがこれじゃあ、なぁ
131.名無しさん:2021年01月01日 09:57 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>17
一般論なら間違いない。
まずは一撃離脱は基本戦法。
132.名無しさん:2021年01月01日 10:02 ID:GEeNsW7X0▼このコメントに返信
130追記
同じ海軍の同じ20ミリ(FF系統)だけど、雷電って外翼銃と内翼銃で弾違うんだってな(笑)
まあ、99式2号銃のぶん取り合戦で零戦に負けて、半分は1号銃にせざるを得なかったというせせこましい話だけど
絶賛戦争中に「性能」だけ盲目的に気にして、多少の性能差よりもまず数だろ、とならない、
補給とか生産とかを総合的に勘案しない思考回路ってのが致命的…
133.名無しさん:2021年01月01日 10:04 ID:A2FHLUF90▼このコメントに返信
※129
過去記事のコメに、零戦の急降下性能についての解説がある

102.名無しさん:2020年11月26日 18:43 ID:UY..vyzl0▼このコメントに返信

零戦の低い急降下制限は少し事情がある
元々は制限速度400ノットつまり740キロが要求仕様でこれは試作一号機からちゃんとクリアしてた
それが何で340ノットとか360なんて低くなったかというと下川大尉の分解事故があったため
テストで300ノット超でフラッター発生の可能性があると分かりその原因も判明したので暫定的に制限速度を360に
引き下げその間に外板増厚と補助翼マスバランス増加の対策を行い真珠湾攻撃直前までに全機改修を終えて
本来の400ノットでも問題なくなったけど安全の為に制限速度を引き下げたままにした
まあ実戦では制限を無視してダイブしまくってたそうで紫電改の分解事故があったとき川西の馬場敏治技師が
現場に取り合えず急降下制限450を守って飛んでとお願いしたら零戦は360だったけど390出しても問題なかったし
紫電も大丈夫でしょって中々納得させられず困ったと云ってたので制限を据え置いた軍の判断は賢明だったのかも
余談だけど日本側がダイブをよく使ってたように実はアメリカもダイブで逃げるのは優れた手段とは思ってなったみたい
アクタンゼロに乗ってサッチ少佐の相手を努め一緒に対零戦の研究を行ったメルビンホフマン大尉曰く
垂直面での空戦に強みのある零戦相手に急降下を長く続けるのは不利追尾の余裕を与えずダイブを切り上げ再攻撃の機会を狙え
とのことなので改修によって52型で遂にダイブでアメリカ機に追従できるようになったというわけでもないみたい
イメージでよく言われるこれ以上追えば分解しちまうみたいな感じのことは元から
134.名無しさん:2021年01月01日 10:06 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>18
当時、プラグといえばアメリカのチャンピオンだった。国産品のまともなメーカーはなく使いまわしもすぐ枯渇。
日本の発動機の不調は、プラグとエンジンオイル、整備マニュアルの不備が原因と思って良い。
135.名無しさん:2021年01月01日 10:13 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>104
米国は有鉛100オクタン、
日本は精製92オクタン。性能一段落ちは数値からも明白。
136.:2021年01月01日 10:14 ID:.DxjIdvS0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
137.名無しさん:2021年01月01日 10:17 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>119
性能は段違い平行棒。
ノイズ対策の知識が致命的だった。
138.名無しさん:2021年01月01日 10:19 ID:1a5Gg0vN0▼このコメントに返信
ドッグファイトで勝敗が決まるなら勝ててたよ?
当然だろ?
139.名無しさん:2021年01月01日 10:28 ID:A2FHLUF90▼このコメントに返信
※137
無線機自体の性能は米軍の物とそん色ないと、戦後の調査で米軍自体が
そう判定してるんだが

ノイズ対策が出来てなくて聞き取りつらいのは事実だが、お前は搭載してなかったと
言ってるのをこっそり性能の話に摩り替えるな
140.名無しさん:2021年01月01日 10:29 ID:A2FHLUF90▼このコメントに返信
※136
雑な煽りだな
141.名無しさん:2021年01月01日 10:35 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>114
めちゃくちゃな嘘。
日本は米国の本質や気質をよく理解していた。だから勝てると思っていたものはほとんどいない。
軍はサイパン陥落とマリアナ沖海戦の敗北で国民は東京空襲で敗戦を確信した。
142.名無しさん:2021年01月01日 10:37 ID:7kWeicer0▼このコメントに返信
それが判らないからスレ主は低知能なんだよ
またそれと同類及び反対方向の同類も多数だなw
143.名無しさん:2021年01月01日 10:39 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>59
それも伝説だね。
144.名無しさん:2021年01月01日 10:48 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>93
空母艦載で、制空用戦闘機として雷撃機を追い回し、敵機動部隊の上で友軍の雷爆撃機の護衛が余裕を持ってできる航続。
こうなると昭和17年までは優秀機。
特に複葉機時代までは模造品しか作れなかったのだから仕方ないよね。
145.名無しさん:2021年01月01日 10:54 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>98
雷電を作らず鍾馗を陸さんから貰えばよかった。疾風を艦載機化してもいい。
とにかく軍の要求が無理すぎる。
146.名無しさん:2021年01月01日 10:59 ID:PrsN.td50▼このコメントに返信
トロイの木馬
国内にスパイが居たから、挑戦という。
147.名無しさん:2021年01月01日 10:59 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>102
??
烈風は、20mmか13.2mmだよ?
ブローニングの量産化が間に合うかどうかは別にして。
烈風はデカすぎるというのなら賛成。おそらくF8Fのカモになっていたと思われる。
148.名無しさん:2021年01月01日 11:00 ID:A2FHLUF90▼このコメントに返信
※145
鍾馗では火力不足
合同で開発できれば一番良かったんだけど
149.名無しさん:2021年01月01日 11:05 ID:A2FHLUF90▼このコメントに返信
※147
もう半分戦闘機としては諦められてた半面、そのデカさで
高高度迎撃機として期待されてたな

広い翼面が高高度飛行向けなのと、機体に余裕があって
ターボチャージャー等の補器が組み込み易いので
150.名無しさん:2021年01月01日 11:06 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>120
鍾馗はいい機体だか、軽戦に慣れたベテランパイロットに人気なかった。
もう一つの欠点はマイナー発動機で整備方法も違ったようでそれが原因で最前線では性能でなかった。
2つの点で惜しい機体。
151.名無しさん:2021年01月01日 11:10 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>127
当時2000馬力を自家薬籠にしていたのはイギリス位。アメリカはマーリンエンジンを教えてもらい、ドイツでも稼働率で苦戦していた。
エンジンオイルはエクソンがトップブランドでまともな国産メーカーはない。(出光も輸入業がほとんど。)
152.名無しさん:2021年01月01日 11:11 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>128
ソは無理かな?それこそ独ソのキルレシオではっきりしている。
153.名無しさん:2021年01月01日 11:18 ID:4j.feJIm0▼このコメントに返信
また零戦大和信者のド素人スレか。
零戦が優秀だったのはミッドウェイ海戦まで。
以降、列強米英独の戦闘機は大出力、高々度性能、一撃離脱が基本の機体が主流になる。
日本は大出力、高高度性能の戦闘機の試作機は数々制作したが終戦迄間に合わなかった。
その代わり、四式戦闘機、五式戦や紫電改、雷電は優秀だが燃料不足や稼働率で悩まされていたんだな。零戦に関しては52型が一番安定していた機体かな。
154.名無しさん:2021年01月01日 11:19 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>130
そもそも弾の量が全然違う。あまり指摘ないが弾不足で出撃見合わせというのも多かった。
そのしわ寄せは艦砲対空射撃でより顕著ですぐに弾切れになる日本艦船。
みんな貧乏が悪いのです。

ちなみに自衛隊も伝統を受け継いでおり、訓練はされているが弾の在庫はお寒い限り。ミサイル開発の前に充足率を高めたほうがいいかも。
155.名無しさん:2021年01月01日 11:20 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>132
その反省が、規格統一とQCに生きて技術大国日本につながった。
156.名無しさん:2021年01月01日 11:23 ID:xIOx85kO0▼このコメントに返信
後継機ができんかったからや。実戦配備の時期で比べると。

1939年 アメリカ:P-40 ← この辺には圧勝
1940年07月 日本:ゼロ戦
1940年12月 アメリカ:F4Fワイルドキャット ← 当初はここにも圧勝
1941年03月 イギリス:スピットファイアMKV ← ここにも圧勝
1942年12月 アメリカ:F4Uコルセア ← この辺から分が悪くなる
1943年07月 アメリカ:F6Fヘルキャット ← この辺にはボロ負け

ゼロ戦が登場して、3年後のF6Fにはボロ負けやが、
F6Fの3年後には、もうジェット戦闘機のF-80シューティングスターが主力になってる。
157.名無しさん:2021年01月01日 11:30 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>139
137です。
ゴメン、横と書かなかった。
つまり根元とは別人なんだ。
朝鮮戦争の時に日本電気と日本無線に特需がきて、ノックダウンで米軍無線機をドンドン作った。もちろん量産技術も問題なかったが、設計図見て技術者がびっくりしたそうだ。このアースがあれば日本も会話のできる無線機を量産できたのに、と。
当時の日本製だと条件よくないと無線機は会話できなかったらしい。それでも戦争末期には一応使える水準になりつつあり、松山海軍紫電改の菅野中佐の名前は無線経由で米軍に知られていたらしい。
158.名無しさん:2021年01月01日 11:35 ID:xmVzaRFC0▼このコメントに返信
いち兵器の性能だけで戦局はひっくり返らん。
159.名無しさん:2021年01月01日 11:37 ID:A2FHLUF90▼このコメントに返信
※157
そうそう
無線機を機体から下ろして整備する時にはよく聞こえるのよ
だから「地上ではよく聞こえるのに飛ぶと途端に使えなくなる」と
前線では整備員と搭乗員が「なんでだ?」と首ひねってたのよ

だからこの辺ごっちゃに語られてしまうんだけど、無線機自体が悪いんじゃなくて
無線機の取り付け方が問題だったの
160.名無しさん:2021年01月01日 11:51 ID:3AxOOa.w0▼このコメントに返信
戦闘機の性能の違いが、戦力の決定的差ではない、ということですな。
161.名無しさん:2021年01月01日 11:51 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>148
鍾馗出た時ならあの火力でも問題なかった。戦闘機と急降下爆撃機のインターセプターとして期待したい。
艦載機化してミッドウェイの時に零戦が雷撃機対応、鍾馗が爆撃機対応ならあるいは3空母被弾は避けられたかも?
(低速性能に問題あるので艦載改造は無理だろうけど)
多分ご指摘のB29対策なら火力の前に液冷エンジンじゃないと無理だと思われる。
162.名無しさん:2021年01月01日 12:10 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>135
上等なもので92だからな。ほとんどが85くらいだ。
163.名無しさん:2021年01月01日 12:14 ID:TnH52Xd50▼このコメントに返信
>>134
昭和末期に陸自の航空部隊にいたが、マニュアル読んで整備してたら「そんなものに頼るな!俺をみて覚えろ!」って殴られたな。旧軍なんて似たようなもんだろう?
164.名無しさん:2021年01月01日 12:17 ID:qucZceIq0▼このコメントに返信
パクリ技術満載でアップデートがまともにできなかったから
165.名無しさん:2021年01月01日 12:35 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>163
整備の神様と呼ばれて、細かいデータ取りと耐用期間での定期交換を勧めた士官もいるのですが、精神論でゴリ押してくる神技技術者もいましたね。
今時の工場(こうば)だとデータ化していない所はないと思いますが、昭和の自衛隊にも精神論があったのですね。
ジェットエンジンとか電装系部品は見ても分からないような気もしますがw
166.名無しさん:2021年01月01日 12:40 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>21
??
仁科研でも、プルトニウム抽出の研究はしましたよ?効率がマンハッタン計画よりやや劣る事とは必要な電力量が東京神奈川使用量とほぼ等価で半年はかかる、と計算出て本格検討を放棄しただけ。
167.名無しさん:2021年01月01日 12:48 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>67
七試:艦戦として設計。三菱中島不合格。
九試:陸戦として設計。後の96戦。
十二試:96艦戦の後継として設計。零戦。
多分65の方は重慶渡洋爆撃の時の最終試作段階の十二試を最前線に引っ張り出した話と混同しているとおもわれる。
168.名無しさん:2021年01月01日 12:55 ID:A2FHLUF90▼このコメントに返信
※161
え?零戦が20mm使ってもB-17落とすのに苦労してるのに?

雷電はB-29が開発されてその対策で開発された訳じゃないよ?
169.名無しさん:2021年01月01日 12:56 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>74
七面鳥撃ち(ターキーシュート)はマリアナ沖海戦。
ベテランパイロットの墓場はソロモンとかニューギニアで昭和18年には難しい状況になっていた。
あと零戦鹵獲はアクタンゼロと呼ばれる。
これはアラスカ沖の島で昭和17年夏。
170.名無しさん:2021年01月01日 13:09 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>159
おお、詳しい話ありがとう!
あと真空管を代表にした電子部品の質も致命的で無線機とか電探は現場のニコイチ整備が必要不可欠だったらしい。
171.名無しさん:2021年01月01日 13:13 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>168
だから急降下爆撃機用や制空戦闘機のインターセプターに。
雷電は零戦の補完としての設計ですよね。
三菱堀越チームが零戦の次に作った機体。
172.名無しさん:2021年01月01日 13:43 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※155 陸軍の38式小銃とかも、バネを一本一本職人が加工調整してたから互換性なかったとか聞くな。その分、命中精度は良かったとも聞くけど、弾丸が違うもんで比較は難しいわな。アメリカはもっと前に規格化を進めたからあの工業力を生かせた訳で決してQCをおろそかにした訳ではないが、戦後逆に規格化に足を引っ張られた。自動車とか「田舎のどこでも同じ規格の中古パーツが流用出来る事」みたいな条件が付けられて、日本車みたいにモデルチェンジ毎にオールニューで合理化(特に軽量化)が出来なかったと聞く。成功体験がその国の成長をストップさせるような所あるよね。
173.名無しさん:2021年01月01日 13:47 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※165  決して精神論を肯定する訳じゃないけど、F4とかマニュアルだと全部外して交換する事になっているけど、日本人だと手が入るから外側から整備出来る場所があったとかは聞く。自動車でもメーカー推奨方法は昔の工具だけでやるために面倒な指示だったりするから、今の整備士は違う方法やってたりするけど、一方でメーカー側に深い思惑がある事もあるからなんともだな。部品にしても汎用パーツと同じ品番のベアリングで純正は高いんで汎用付けたら耐久性がちがって、やっぱり純正はクリアランスが独自だったとかもあるし。
174.名無しさん:2021年01月01日 13:54 ID:M1gSANir0▼このコメントに返信
※172
38なんて設計が古い銃なんだから互換の概念がないのは当たり前でしょ。
第二次大戦時の主力小銃は99式だよ。もちろんこれは互換性がある。
175.名無しさん:2021年01月01日 13:55 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※159 車のアーシングに凝っていた頃、飛行機でのアーシングはノイズ対策で、書いてあるような事を経験的に学んでいたって読んだ。うろ覚えだけど、オール金属で長距離飛行するようになった神風号周辺の頃は長波だったけど、アンテナ長とかの関係で短波になってからが悪かったのかね。そもそも、目の前でレジスター入ってるか分からん不良品プラグが12個だのついてノイズ発生させてたんじゃないかとも思うが。あとは除電装置か、零戦ってそういうの積んでたんだろうか?
176.名無しさん:2021年01月01日 13:57 ID:M1gSANir0▼このコメントに返信
※164
いい加減パクリとライセンスの違いくらい理解できるようになろうね
177.名無しさん:2021年01月01日 14:06 ID:M1gSANir0▼このコメントに返信
※161
鐘馗じゃ多分空母から発艦できない。滑走距離長いからね。
178.名無しさん:2021年01月01日 14:17 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※174  モシンナガンやリーエンフィールドはその10年は前の採用なんだけど、部品互換性はなかったの?アメリカもスプリングフィールドM1903は当然1905年より前の採用だし。検索しても「部品互換性はあった」「いや公差という考えはなかった」「いやデモンストレーションで違う部品を組んで作動させてみせた」「いやそのデモの部品は全部互換調整やってあった」とかで、事実がどのぐらいか分からない。規格化と公差についてはフランス人技術者がマスケット銃の時代にすでに規格化と公差の研究は先行していて(オノレ・ブラン)、ジェファーソンの頃にそれを取り入れてアメリカの工業界は最初から職人技に頼らない大量生産を目指すようになった。この時にもデモでシアパーツをシャッフルパーツで組んだらしいけど、18世紀終わりにやった技術が20世紀初頭にまだ出来てないとは考えづらいな。その程度も出来ないで自動車大量生産が出来るとは思えないし。
179.名無しさん:2021年01月01日 14:18 ID:IBJqj1nf0▼このコメントに返信
日本は資源が少ないのだから資源国と簡単には戦争出来ないを

日本がしてきた戦争は安全保障の為だを
180.名無しさん:2021年01月01日 14:34 ID:iuFUuVDd0▼このコメントに返信
※177>>177
RATO使えば発艦は可能。
着艦は、足回り弱い中島機だから無理。
181.名無しさん:2021年01月01日 14:40 ID:M1gSANir0▼このコメントに返信
※180
ミッドウェイの時RATOあったっけ?
182.名無しさん:2021年01月01日 14:43 ID:A2FHLUF90▼このコメントに返信
※175
アースの話ばっかりだったから、特にエンジンプラグの話には触れてないけど
エンジンプラグ関係の漏電で発生するノイズも無線機の不調の原因と言う話も
あったよ
183.名無しさん:2021年01月01日 14:52 ID:tsDuWU.60▼このコメントに返信
そもそも零戦はドッグファイト向きに作られていない定期
184.名無しさん:2021年01月01日 14:59 ID:2s1Ak3Fh0▼このコメントに返信
当初は、アメリカは、零戦1機にヘルキャット2機で対応して5分という状態だったが、戦争が長引き、日本は優秀なパイロットを補充できず、アメリカもP51など、新鋭機を投入。最後には零戦は、空飛ぶマッチ箱、空飛ぶ棺桶と揶揄された。
185.名無しさん:2021年01月01日 15:09 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>177
鍾馗は、陸さんでも後家製造機と呼ばれるほど着陸時の安定が悪い(と言ってもメッサーよりはマシらしい)ので、艦上機化には、着艦フラップとでも言うような装置がいるのではないかと。あと油圧式カタパルト。
うむ、ナイナイねだりになってきた。
186.名無しさん:2021年01月01日 15:11 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>181
ないねぇ。
というよりマリアナ沖海戦でも実用的ではないような水準。
187.名無しさん:2021年01月01日 15:13 ID:vAOYbJh70▼このコメントに返信
>>175
零戦の設計図は、ピトー管ですら明瞭に描かれたものが公表されている。
どう考えても除電装置はなさそうですね。
188.名無しさん:2021年01月01日 15:22 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※185 着艦に耐える強度のアレスティングフックってついてたっけ?あとは防錆性能、浮き袋、エレベーターには乗るサイズや重量だっけ・・・てか、なんで傑作陸軍機に艦載できる機体がないんだよ(錯乱)。あ、紫電改あったわ(なお実験した母艦信濃は速攻沈んだ模様)
189.名無しさん:2021年01月01日 15:27 ID:M1gSANir0▼このコメントに返信
※188
紫電は陸軍機だった・・・?
190.名無しさん:2021年01月01日 15:28 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※187 すまん、無学で恐縮なのだが、ピトー管って図面に滅多に書かれない物なの?あと、おっしゃりたい事は「ピトー管サイズの物ですら図面に書いてあるのに放電索は書かれてないから除電装置は無かった」という意味であってる?
191.名無しさん:2021年01月01日 15:30 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※189 ごめん、陸軍機ではないわな。陸上機や。
192.名無しさん:2021年01月01日 16:18 ID:B2niBEbR0▼このコメントに返信
艦載機のゼロ戦が格闘戦最強とか…エンジン出力が当時ですら1世代前のカスなんだが。
せめて比較するなら、陸軍の戦闘機とね。それでもドイツやイタリア戦闘機にすらエンジン出力が及ばないカスだけど。
こんな世代前の機体しか製造できなかったのに、真珠湾やらかした近衛君。三国同盟の当初目的だったソ連包囲網であれば、まだ何とかなっただろうけどね
193.名無しさん:2021年01月01日 16:35 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※192 色々制約がある艦載機と陸上機を比較するのは本来はナンセンス、日本は海軍陸軍仲悪くて海軍は海軍で陸上基地持つとかへんな事なってるから比較しちゃうけど。イタリアのマッキのエンジンはDB601のライセンスだし、それを言うと飛燕とかと比較しろって話になる。空母がないドイツ機はもちろんだが、スピットも海軍型は後付けだしムスタングも空軍運用の中、五大戦闘機に艦載機で選ばれてるのはそういう事なんちゃう?
  ソ連包囲網はほんとなんでやんなかったのか分からんよな。あれ以上多方面作戦やれっかボケェ!って言われそうだし、実際対ソ戦争やらなかったからアメリカに集中出来てあれだけ戦えたのかも知れないけど、独ソ開戦になればソ連にちょっかいだして両方から挟めば焦土作戦も出来なくてスターリンも倒せてソ連の死者も少なかったんじゃないかとすら思うんだが。そうすりゃアメリカの参戦の口実も多少は減るし。もちろん、チョビ髭野郎がバトルオブブリテンに失敗してなんでソ連にケンカ売るんだよみたいな感じはあるけど。詳しい人教えて。
194.名無しさん:2021年01月01日 16:45 ID:u67G39aQ0▼このコメントに返信
日本は「戦争」をやっていたけど、白人国家は「ジェノサイド」をやってた。
「子供が200人以上乗ってる? よし撃て」と。
 
195.名無しさん:2021年01月01日 18:33 ID:xIOx85kO0▼このコメントに返信
*192
1943年、オーストラリアのダーウィン上空で、イギリスのスピットファイアMkVを相手に数度戦い、
スピットファイア喪失=26機に対して、ゼロ戦喪失=6機 やけど?

大戦初期は最強で間違いないのとちゃうか?

アメリカで、対ゼロ戦のサッチ・ウィーブ戦法を編み出した、サッチ少佐本人が、
当時のF4F等では上昇力や旋回力でゼロ戦に劣ると明言しており、
ゼロ戦と1対1で戦うことを禁止して、常に2対1で一撃離脱することを徹底したんやで。
196.名無しさん:2021年01月01日 19:10 ID:F2iJnJp10▼このコメントに返信
※195 最初オーストリアと勘違いして「なんでそんな所で零戦飛んでるん?」ってなったわ。南半球でそんな戦闘してたんやね。ただ、ウィキ情報だとダーウィン空襲(1942年)ではP40相手でまあ圧勝だったとあるけど、43年頃にそんな激しい空戦していた詳細については載ってなかったわ。イギリスの補給線も伸びて占領する気ならヌルゲーだった気もするけど、当時は占領する価値はなかったんだろうか。地上戦やればやっぱり別だったのかな。
197.名無しさん:2021年01月01日 19:30 ID:M1gSANir0▼このコメントに返信
※196
ポートモレスビーが健在なのにどうやって豪州いくねん
198.名無しさん:2021年01月01日 20:37 ID:.T1gsxM70▼このコメントに返信
※197
どういう知識あってコメントしてる?釣りかな?
199.名無しさん:2021年01月01日 21:16 ID:x6CVuq1u0▼このコメントに返信
※198
横からだが、一般論でいえば当時の日本にオーストラリア本土に上陸なんて無理ゲーも極みなのは当然なんだが
M1gSANir0氏は当たり前の事しかコメントしてない
可能だと言う方が知識がどうかしてるぞ
200.名無しさん:2021年01月01日 21:37 ID:xIOx85kO0▼このコメントに返信
*199
俺も横からだが、197は意味不明やろ。
言い方がぶっきらぼうで、頭わるいのにイキッてる、変な人かと思たわ。

1942年は空母から空襲してるし、1943年はインドネシアのセレベス島、モチール島から行ってるんで、
ポートモレスビーが何やて? 「どうやっても」何も、史実やっちゅうねん。
201.200:2021年01月01日 21:39 ID:xIOx85kO0▼このコメントに返信
*199 *197
今ちゃんと読んで分かったわ。

「豪州に地上戦するには」という書き込みに対して、どうやって豪州行くんや言うたわけやな。
すまん。
詫びとくわ。
202.名無しさん:2021年01月01日 21:48 ID:vQgmq8w20▼このコメントに返信
>>128
伊仏もあるわ
203.名無しさん:2021年01月01日 23:35 ID:T7maVG1t0▼このコメントに返信
兵器の性能だけで戦争に勝てるんなら戦術も戦略も要らないし、下手すりゃ軍人という職業すら要らなくなるわな
ただ日本の場合、零戦や大和の様な高スペックの兵器を技術力を度外視して作り続けたのは、軍事的才覚ゼロの幹部でも
指揮官としての体裁を保てる様、力押しで勝てる位高性能の兵器を揃える必要があった、という事情があった節がある。

何故かと言うに日本軍の場合、他国と違って軍幹部の昇進は戦功よりも学校の卒業成績で決まるのでw
204.名無しさん:2021年01月02日 00:04 ID:1ADY4RXZ0▼このコメントに返信
※203
何阿呆なこと言っているのか(笑)
205.名無しさん:2021年01月03日 22:19 ID:stRGxWxw0▼このコメントに返信
無傷のゼロ戦が、米国の手に入り、欠点が分かり、一撃離脱の戦法が、有効と分かり、優位性が無くなった。
次期戦闘機を出せなかった。
資源のない国が、資源のある国と、戦ったこと自体間違いであった。
206.名無しさん:2021年01月04日 10:27 ID:bpIrpRAh0▼このコメントに返信
最強だったのは、ベテランパイロットもいて、アメリカの戦闘機も弱かった初期だけだけだから。
207.名無しさん:2021年01月04日 12:25 ID:Pki6lNYF0▼このコメントに返信
>>123
アメリカは戦艦"も"作ってたからだけやからセーフやろ笑

お名前