2019年11月01日 02:05

なんで日本軍ってインパール作戦みたいな大局には一切関係ないようなムダな作戦でアホみたいに戦死者増やしまくってたわけ?

なんで日本軍ってインパール作戦みたいな大局には一切関係ないようなムダな作戦でアホみたいに戦死者増やしまくってたわけ?

20180711095849

引用元:なんで日本軍ってインパール作戦みたいな大局には一切関係ないようなムダな作戦でアホみたいに戦死者増やしまくってたわけ?
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1554366782/

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:33:02.828 ID:c833bbwc00404
バカなの?

3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:34:15.368 ID:qvlzB9jd00404
アメリカが強過ぎた

4: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:34:43.475 ID:eCJZa0/B00404
重慶政府陥落のための援蔣ルート遮断が目的だっけか

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:36:07.997 ID:+hVexGB500404
人の命めっちゃ軽く見てたんだろうな

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:36:24.296 ID:uzy0iDlN00404
ググったら援蒋ルート遮断のための作戦だったってあるけど無駄なのか?

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:42:18.818 ID:RiFWdgZv00404
>>7
元々兵站等に問題が有ると牟田口自身が当初は反対してた
所が牟田口が最高指揮官になるとどうしても戦果を欲しがったせいで大損害を出した

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:46:40.861 ID:uzy0iDlN00404
>>11
それは牟田口の身勝手さの話であってインパール作戦が本当に無駄だったのかとは別だと思うんだけど

27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 18:05:35.010 ID:RiFWdgZv00404
>>16
そりゃ成功してりゃ意味はあるだろうけど
敵に対して元々少ない兵力と、仮に占領しても反撃に対して防御しにくい地形と環境と言う事で
誰もが最初から無理と分かっていた
ただ牟田口はこの作戦以外を余り研究しておらず他の新任将兵に対してマウントを取れる作戦がコレしか無かっただけ

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:40:27.406 ID:RiFWdgZv00404
南方戦線で牟田口以外の人材が配置転換されて
ビルマ方面の最高指揮官に牟田口だけが任命されたのが運の尽き
牟田口の暴走を止める人材が居なかった

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:47:40.055 ID:eCJZa0/B00404
ジンギスカン作戦が上手く行くわけないよ
敵襲の中日本アルプス級の山脈地帯をノコノコ縦断とかありえん

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:50:31.469 ID:AkQTOmy7r0404
兵士は生きて帰ってくるなっていう風潮なんなの?
敵兵見つける前に餓死病死してたら勝てるわけ無いじゃん馬鹿なの?

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:51:48.377 ID:aktMDJg+d0404
上が精神論を信じちゃいかんよなぁ

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 17:52:03.091 ID:5zy9AKyVr0404
ミッドウェーで空母沈みまくった時点でほぼ詰んでた
詰みを解除するために相手のミス待ちで奇策やりまくっただけ

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 18:00:28.824 ID:s3HeXQc400404
一言で言うと空気が最高権力者だったから

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/04(木) 18:08:27.235 ID:8roeaCqF00404
連合国だってまったく一枚岩ではないのだから
引いて守ってれば仲間割れワンチャンあったかもしれんが
そういう忍耐力があればそもそも開戦してないわな

1001: 名無しさん@大艦巨砲主義! 2011/7/24(日) 12:20:40.20 ID:milio


★★★★★★★★★★★★★★ 最新オススメ記事 ★★★★★★★★★★★★★★

コメント

1.名無しさん:2019年11月01日 02:15 ID:Syo2vqfz0▼このコメントに返信
大陸打通作戦の支作戦だから対局には関係してるよ
2.名無しさん:2019年11月01日 02:16 ID:t3MDkCFY0▼このコメントに返信
インド国民軍との関係もあってやらざる負えなかった
やるならシンガポール陥落すぐに発動して英国との交渉に入れば良かった
3.名無しさん:2019年11月01日 02:20 ID:4y2cg2Qk0▼このコメントに返信
何だよ援蒋ルートの遮断目的かよ
インド解放なんてもう英本国軍が続々と
到着してるのに出来るわきゃないわな
チャンドラボースを騙したのか
4.名無しさん:2019年11月01日 02:32 ID:DY6kS8.l0▼このコメントに返信
基本的に2020オリンピックと同じ
くっそどうでもいい事業に限って、それでいい顔したい奴が無駄に大事業にしちゃって
しかもそういう奴に限ってのし上がるコミュ力だけで能力が伴ってないから、どうでもいい事業で大損害こしらえる
5.名無しさん:2019年11月01日 02:34 ID:DY6kS8.l0▼このコメントに返信
遮断とか無理無理w
東インドが無理なら西インドから送り込めばいいだけ

ロンメルが北アフリカを制覇して、インドを制服した日本軍とアラブ握手するでもない限りどうしようもない
6.名無しさん:2019年11月01日 02:35 ID:E0QH8PVM0▼このコメントに返信
韓国人を一番殺してるのは韓国人だしねww
7.名無しさん:2019年11月01日 02:43 ID:6ozllcvI0▼このコメントに返信
遮断して中国軍を降伏させたら、中国の日本軍をインドでもどこでも派兵できるやろ
インパールが戦術的に無理なのと、戦略的な価値の有無は別問題やん
8.名無しさん:2019年11月01日 02:44 ID:3bmiwJct0▼このコメントに返信
とにかく損切りが下手
9.名無しさん:2019年11月01日 02:51 ID:.ycJgnri0▼このコメントに返信
インパールネタもいい加減しつこいな。インドが喜んでたんだからまるっきり無駄じゃなかっただろ。
牟田口は無能だったのかもしれんがああまでやれた日本兵は優秀だ。
マレイ作戦の山下奉文くらい優秀な指揮官が指揮を執ってたら勝ってたかも知れないな。
アレも敵から物資を横取りして攻め上がるものだったが。
10.名無しさん:2019年11月01日 02:52 ID:ub82ViHj0▼このコメントに返信
>>4
オリンピックは流石に関係ねぇわ
言いたい事はわかるけどさ
11.名無しさん:2019年11月01日 02:52 ID:bFZrWO.O0▼このコメントに返信
最初はビルマ方面軍、南方軍、参謀本部も補給が無理なんで反対したが
太平洋のガダルカナル、キスカ、タラワで負け続けで
インド国民軍やビルマ独立とかの政治的理由で
東条が目立った戦果が欲しかったから強行された。
12.名無しさん:2019年11月01日 02:53 ID:.cesQxcH0▼このコメントに返信
とかく日本軍は兵站を軽視しすぎ
控えめに言って馬鹿なんじゃないかな?(勉強は出来たかもしれないが地頭という意味で)
俺が幕僚を務めたほうがもっと補給のことを考えたマシな作戦立案できるよ
13.名無しさん:2019年11月01日 02:55 ID:mKxgM7XP0▼このコメントに返信
意味のない作戦なんてそうそうないよ
「これだけの損害を出してまで実行する価値があったか」なんて結果論に過ぎない
14.名無しさん:2019年11月01日 03:04 ID:ITZ5Kt7M0▼このコメントに返信
インパールのドキュメントで現場の中尉だかと一般兵が語ってたけど
まぁ酷かったみたいね
そりゃ現場は反対したってさ表向きは言えないけど解ってて行軍してたって
どうしようもないしか言えないって
無能とかの問題じゃなく作戦本部が逝けって言ったら逝くのが軍人
上層部は被害甚大でも作戦成功すると思ってたって(損害はいくら出ても良いって
15.名無しさん:2019年11月01日 03:06 ID:hEKiH5qj0▼このコメントに返信
毎回ニホンガー!ニホンガー!本当しつこいよなヘル半島出身はよ
16.名無しさん:2019年11月01日 03:06 ID:47EFUSRp0▼このコメントに返信
※12
こんな素人が立てた作戦に従えるかよ
脳内軍師さん
17.名無しさん:2019年11月01日 03:34 ID:TjseWD3N0▼このコメントに返信
成功してインド独立が成ったら大きく戦局に影響しただろう。
戦局打開を狙った一種のギャンブル。
18.名無しさん:2019年11月01日 04:24 ID:mvHre.zs0▼このコメントに返信
消費税増税無能の先輩天下りクズ官僚隠し作戦w
19.名無しさん:2019年11月01日 04:28 ID:oziZcqyU0▼このコメントに返信
氷河期世代がこれだぞ、ガダルカナル島に行かされた日本兵みたいなもんだ
まさにガ島日本にいるのにガ島これが日本の病巣だ
世代間格差がすごいある
20.名無しさん:2019年11月01日 04:38 ID:88SjrejI0▼このコメントに返信
所詮は「お役所」で変な独自性をもちたがったんでは?実績(成果ではない)=評価。
だから某中将も、師団長時代は優秀で、立場変わると…となった…
技術面でもそう。戦闘機用機関銃も「軽く!軽く!」は間違いではないが、威力を落としてみたりとか、反対に歩兵用の機関銃は重くしてたり…
軽い戦闘機用を共用してればどれだけ楽だったか…
21.名無しさん:2019年11月01日 04:56 ID:RSiM6Hcp0▼このコメントに返信
本当に援蒋ルート遮断が目的なら、ルートの空路部分で輸送機を攻撃して落としてればいいだけの話。
22.名無しさん:2019年11月01日 05:01 ID:AWS1.0R20▼このコメントに返信
今もたいしてかわんねえじゃん
誰の目にも明らかに民族の首締めるのわかってて老人優遇に増税、移民受け入れやってる
23.名無しさん:2019年11月01日 05:04 ID:oziZcqyU0▼このコメントに返信
※20
日本は当初、ソ連に攻め込むつもりで「北方専用の軍事品」を作っていた
要するにソ連で使えるマイナス40度でも使える武器だったらしい
昭和16年初頭から大量生産その武器が
関東軍特種演習のため満州に膨大な量の武器が送り込まれた
その後、南進論に変更されたため
ソ連を攻略するために使われたはずの武器をそのまま南洋諸島
や南方作戦に流用した。その結果メチャメチャ錆びて
使えないと言うことが起こったらしい。
耐寒性のある金属は、柔らかく重いため錆びやすく雨に弱いと言う特徴があるみたいです
暑さにも弱いw
極寒に耐えるために作った兵器を南国に持っていって使用できないと言うことが
多かったと聞いています。
24.名無しさん:2019年11月01日 05:14 ID:88SjrejI0▼このコメントに返信
>>23
航空機のエンジンも大半が熱でやられたらしいとか?三式のハ四〇なんか元々寒いドイツがオリジナルで北方で運用するのを南方持っていって、加えて技術力であの結果なんだとか…
25.名無しさん:2019年11月01日 05:18 ID:4pcVWs0G0▼このコメントに返信
でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ
でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ

でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ
でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ

でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ
でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ

でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ
でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ

でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ
でも白人は、勝ったのに全ての奴隷と植民地を失ったよ
26.名無しさん:2019年11月01日 05:19 ID:4pcVWs0G0▼このコメントに返信
※4

>基本的に2020オリンピックと同じくっそどうでもいい事業に限って、それでいい顔したい奴が無駄に大事業にしちゃってしかもそういう奴に限ってのし上がるコミュ力だけで能力が伴ってないから、どうでもいい事業で大損害こしらえる

お前は、中学校で登校拒否したヒキコモリだから、税金の仕組みを習っていない。

27.名無しさん:2019年11月01日 05:20 ID:4pcVWs0G0▼このコメントに返信
※12

>とかく日本軍は兵站を軽視しすぎ
>とかく日本軍は兵站を軽視しすぎ
>とかく日本軍は兵站を軽視しすぎ
>とかく日本軍は兵站を軽視しすぎ


お前が自分で考えた訳でもないくせに、
ネットの受け売り知識でよくそんなにカッコいい言葉を書き込めるな。 え?
28.名無しさん:2019年11月01日 05:25 ID:WlekW0sB0▼このコメントに返信
済州島事件・保導連盟事件を起こした韓国が日本を非難するとは、片腹痛い。
29.:2019年11月01日 05:27 ID:V1zT9RgZ0▼このコメントに返信
このコメントは削除されました。
30.グレエムベム島の洞窟の住人:2019年11月01日 05:31 ID:STzSjNRO0▼このコメントに返信
インパール作戦は初めから三人の師団長が反対していました。ただ、牟田口廉也中将はシナ事変から戦闘しているプロです。大本営は彼ならインド方面を突破可能と考えて司令官に任命したと思います。補給は現地調達いわば略奪をしながら高度が日本軍の基本です。山本七平さんの著書を読むと牟田口中将は普通の人だそうです。それに作戦は参謀が計画しているので誰が司令官になっても変わりません。企業に勤めていたならわかると思います。彼は飾りに過ぎません。すべての失敗の責任を彼一人に押し付けたのです。上司から見たら、インパール作戦は失敗だがイギリス軍を攻撃することには成功した。だから牟田口中将は更迭ですんでいます。兵隊にしてみたらたまったものではありません。二十五キロ行軍で、しかも無補給。人のことを何とも考えていないのが日本軍でした。だから消滅しました。二度と復活させてはいけません。
31.名無しさん:2019年11月01日 05:43 ID:eyH35FGn0▼このコメントに返信
>>1
結果論は無駄だとしても当時はそれくらいしか出来ることなかったじゃないか?結果を後から馬鹿にすることは誰でもできる
32.名無しさん:2019年11月01日 05:47 ID:BRVCbPLr0▼このコメントに返信
結果だけを想定したこたつ兵法としか言えない
33.名無しさん:2019年11月01日 05:49 ID:BRVCbPLr0▼このコメントに返信
※22
民族より国家が重要だからやろ
官僚や政治家が守るべきは日本人ではなく日本そのものやからな
34.名無しさん:2019年11月01日 05:51 ID:dsv51lGM0▼このコメントに返信
※25
その理由は日本ではなくソビエトやけどな
35.名無しさん:2019年11月01日 06:00 ID:Iua5zgDl0▼このコメントに返信
こういうのもう飽きたわ。あの時代どこを切っても「バカ」しか出てこない
戦争がしたいだけの軍人どもが暴力で国内を抑え込んで外へ向かって暴発
しただけ。事前調査で勝算なしと報告されていたのに米国に喧嘩を売って
徹底的に叩きのめされた
36.名無しさん:2019年11月01日 06:12 ID:GEz673Gz0▼このコメントに返信
まぁインド駐留の英軍がビビッて、現地のインド人に譲歩したのも事実だけどな。
あと、海軍力が貧弱な独伊が、日本へインド洋進出を要請していたのも事実。
37.名無しさん:2019年11月01日 06:17 ID:gqpUsCwB0▼このコメントに返信
あながち完全には無駄と言えないし、勝機が無かったわけでもない。インパールが成功してインド独立ともなれば
日本の講話条件も違ったかもしれない。航空隊が連合軍の航空輸送の遮断を狙っていれば、戦況は逆転、元々
戦意の低い植民地軍中心の連合軍は崩壊したかも知れない。
38.名無しさん:2019年11月01日 06:20 ID:bFZrWO.O0▼このコメントに返信
※30
アホか
インパール作戦立案時の15軍の小畑参謀長は兵站の専門家で
補給が困難だと強く反対したら着任1月半で牟田口に更迭された。
その後、南方軍や大本営の参謀にも反対されたら
牟田口が上司の南方軍の寺内元帥や大本営の杉山参謀総長に
強引に頼み込んで強行したんだぞ。
少しは調べてからもの言えや
39.名無しさん:2019年11月01日 06:42 ID:I89kwgeX0▼このコメントに返信
失敗すると分かっててやる作戦なんて、そうは無いだろう
大抵は、成功すると確信してやる
理論的な根拠が無くても
40.名無しさん:2019年11月01日 06:48 ID:C8v8.ual0▼このコメントに返信
現代日本でもインパール作戦は全国各地で継続中
あなたにとってのインパール作戦は何ですか?
私は更新されないオンボロ設備です
41.名無しさん:2019年11月01日 06:48 ID:ERY5RZzV0▼このコメントに返信
日刊併合して帰化韓国人を
軍に入れたからや
42.名無しさん:2019年11月01日 06:52 ID:27nGjVGE0▼このコメントに返信
作戦立案の牟田口もそうだが、それを認可したその上司もks
43.名無しさん:2019年11月01日 06:59 ID:SZeDrUYt0▼このコメントに返信
インパール作戦は失敗に終わったけど。
・要は日本軍英印軍で兵站線の取り合いつぶし合い(日本は過酷な経路と、インパールが援蒋ルートの大集結地だった)
・輸送船が来ない。牟田口案の作戦でも覚束ない控え目な計画より2割も下回る輸送実績と海軍の海上護衛軽視の賜物。
・どんだけの陸軍将兵や重火器弾薬食料がボカチンにやられたか海軍は猛省すべき。自分は沈まなきゃ母港に帰って補給できるわな。
・時局が悪化して、攻勢終末点に近いのに無理をした。実際あの作戦は開戦当初にも有った作戦で没になったもの。
・インド国民軍への義理だて。しかもインド国民軍は5000位しか参加させて無いし、懲罰大隊のような扱いはしていない。
・温存したインド国民軍将兵数万は、戦後インド独立に貢献した勢力の一つになる。
44.名無しさん:2019年11月01日 07:00 ID:AWS1.0R20▼このコメントに返信
※33
1億のラインを移民で補うって事は日本民族が少数民族になるってこったろ
そうなった時に移民が国家の象徴として天皇を頂こうなんて思うわけないわな
皇室を廃し伝統を廃し移民にあけわたした国家
それはもはや日本なのかねえ
45.名無しさん:2019年11月01日 07:00 ID:SZeDrUYt0▼このコメントに返信
※43
ごめん、牟田口案の半分も物資兵員届かなかった。
46.名無しさん:2019年11月01日 07:05 ID:DxvZwRWm0▼このコメントに返信
インパール作戦は規模が小さいだけで当時の大日本帝国の動きそのままやねん・・・
 牟田口を無能って言っても変わらんし誰か他の人が司令官になってても変わらんよ

 そして現代の自衛隊でもね・・・東日本震災の時の自衛隊の運営なんか、もろに同じやねん
47.名無しさん:2019年11月01日 07:08 ID:3Y3e05t80▼このコメントに返信
玉砕するのが目的化してきたからだ。
48.名無しさん:2019年11月01日 07:11 ID:0QkYoWzG0▼このコメントに返信
日本軍の失敗のほとんどは兵力や物資が足りないかケチって無理した結果ばかり
まっとうにやって大負けしたのってミッドウェーくらいじゃ?
49.悪の総統:2019年11月01日 07:20 ID:mO.bALvg0▼このコメントに返信
結論
日本軍があほだから
終了
50.名無しさん:2019年11月01日 07:29 ID:4hViOvXh0▼このコメントに返信
※48
長期戦になったらどのみち国力の差で摺り潰されるから
攻勢限界超えてどんどん前に出るしか勝ち筋が無かったからなあ
つまり初めから詰んでいた
51.名無しさん:2019年11月01日 07:32 ID:rAKSpKj40▼このコメントに返信
軍・政府・企業だろうが無能な人間が出世するとこうなる典型例。
52.名無しさん:2019年11月01日 07:33 ID:LibruuPQ0▼このコメントに返信
現代も変わらない日本の気風

リスクを論じると背信者

苦し紛れに奇跡を信じる

失敗の責任は有耶無耶
53.名無しさん:2019年11月01日 07:35 ID:57l7aMZt0▼このコメントに返信
※44
仮に天皇を戴いたまま日本が滅びたとして日本列島がなくなる訳ではないからな?
結局新たな国家が始まる訳で
それを穏やかに繋ぐか断絶するかの違いでしかないから
54.名無しさん:2019年11月01日 07:39 ID:KLEQ771X0▼このコメントに返信
日本人の悪い所が出た作戦 精神論で勝てるわけがない!
戦争こそ 科学的にやるもんだ!
55.名無しさん:2019年11月01日 07:42 ID:CrtSIYku0▼このコメントに返信
牟田口(当時、大佐で連隊長)が1937年7月7日に盧溝橋にいなきゃな………、って奴だから。
日本海軍が東インド洋の制海権を掌握していたのも、凄いけど問題は多い。
56.名無しさん:2019年11月01日 07:56 ID:s7jbllmq0▼このコメントに返信
いきなり米国を占領すればよかったのだ
57.名無しさん:2019年11月01日 07:58 ID:VpSshddm0▼このコメントに返信
無能な指揮官が手柄欲しくて何も考えず進めたからな。
58.名無しさん:2019年11月01日 08:12 ID:h7jtMtzM0▼このコメントに返信
インパール作戦自体は、間違ってはいないよ。
59.名無しさん:2019年11月01日 08:20 ID:fLYCOpcj0▼このコメントに返信
インパール作戦はすぐに作戦中止して次の作戦を立案するしかない作戦だった
アホの消費税増税ダラダラインパール作戦と言うアホが悪いんだよw
60.名無しさん:2019年11月01日 08:23 ID:drBEtCqY0▼このコメントに返信
防衛大学の将官が勉強するのには良い教材だとは思うけれど。
通信装備や武器や状況が全く違う現代人が論じてもいかかがなものか⁇
61.名無しさん:2019年11月01日 08:32 ID:EQ.LcthA0▼このコメントに返信
計画立案したヤツが現場を知らなかった上に現実を無視した見たいだね。
62.名無しさん:2019年11月01日 08:36 ID:7O0MHt.G0▼このコメントに返信
これ前線のイギリス軍は自分たちのほうが負けていると思ってたらしい
63.名無しさん:2019年11月01日 08:46 ID:zs2pcJiq0▼このコメントに返信
インパール作戦は褒められたものではないが、日本軍だけを批判するのは何も知らないアホ。
どこの軍隊もやっているし、大局との関係で有利・不利を判断するのは実際には非常に困難。
第二次世界大戦での連合軍のイタリア侵攻は、大局にはあまり関係ないのに、同士討ちも多く、連合軍にもイタリア人に膨大な死傷者をだし、歴史的遺産を破壊している。
インパール作戦より、この方がよほど無駄とも言える作戦だが、政治的な影響を考えるとそうでもない面がある。
64.名無しさん:2019年11月01日 08:47 ID:DCWvBWT00▼このコメントに返信
>>25
WW1前から既に赤字になってきたらしいから、欧州の植民地経営って。二度の世界大戦が決定打になった。
よく日本が植民地解放ー!言う書き込みがあるけど、日本は駄目押しだけで、いずれ力尽きて手放してたでしょ。
人道的見地でも何でも無しに。あめ帝は単に植民地なんか要らなかっただけ。
65.名無しさん:2019年11月01日 08:48 ID:aejMfz470▼このコメントに返信
※38
しかも当初は牟田口自身が「こんな作戦、成功する筈がない。」と反対していた。ところが東條首相が乗り気と聞いて媚を売る為に賛成へ転じた。
66.名無しさん:2019年11月01日 08:54 ID:vrsuKwfj0▼このコメントに返信
作戦の企図は間違ってはいないぞ、方法が糞だったけどな。
67.名無しさん:2019年11月01日 09:19 ID:onwWRAt30▼このコメントに返信
成功すれば二百三高地と同じような価値だったろな。インド洋も手中に入るし。
二百三以上に物資が足りなかったな。
68.名無しさん:2019年11月01日 09:25 ID:r8yOJfcz0▼このコメントに返信
発案者や指揮官の面子を守るために周りが忖度してエスカレートしたんだろうな~
古今東西、面子や名誉、格とかを重要視する組織にはよくあることよ。
69.名無しさん:2019年11月01日 09:26 ID:8NFHnBKC0▼このコメントに返信
『こちらがこんだけ被害出したんやから、相手も相当な被害出しとるやろ。。。』の精神なんやで。
70.名無しさん:2019年11月01日 09:29 ID:8NFHnBKC0▼このコメントに返信
※67
あんな山超えられないだろ常識的に考えて。
化繊やカップラーメンすら無い時代なんだぞ。
71.名無しさん:2019年11月01日 09:32 ID:OU4aqD.k0▼このコメントに返信
悪いのは、勝ち目のなくなった戦争でなかなか興産を宣言できなかった天皇の責任。
末端の兵隊は戦わなければならない状況に追い込まれているんだよ・・・。
そんな状況の兵隊を責める気はない。彼らにだって家族があり、命が惜しいんだよ!
きちんと現実をみなよ!!!
72.名無しさん:2019年11月01日 09:37 ID:OU4aqD.k0▼このコメントに返信
>71 訂正 興産→降参
ちなみに軍が悪いことに一生懸命宣伝しているのは、GHQの指示に乗ったマスコミ。
戦前はさんざん戦争を煽ったくせに、負けてGHQに占領されたとたん手のひら返し。
マスゴミはつくづくクズの集まり!
73.名無しさん:2019年11月01日 09:38 ID:n8CSin420▼このコメントに返信
軍首脳と牟田口がアホなのは確かだが
もし米太平洋艦隊の空母が全滅していたら、太平洋の島々でインパール並みの悲惨な状況に陥っているのは米軍

空母ゼロで護衛は無い、制空権は無い
そんな状況でも海兵隊と陸兵は余っている
リメンバー・パールハーバーで戦意だけは高い米国民
政治的理由で「護衛なしの裸艦隊での上陸作戦&島嶼防衛」を行わなければならない米軍という図式がね
74.名無しさん:2019年11月01日 09:40 ID:Syo2vqfz0▼このコメントに返信
※65
他の作戦と連動した作戦なんだから牟田口中将の一存でどうこうできるわけないでしょ。所詮軍司令でしかないよ、彼は。
牟田口中将が反対を貫けば更迭されて別の人が着任してインパール作戦実施するだけだよ。
なら自分がやるのが一番マシと中将が考えてもおかしくない。
75.名無しさん:2019年11月01日 09:46 ID:rjRa173I0▼このコメントに返信
>>31
大陸打通は対米戦以上の予算をつぎ込んで実行してんだけど、主導した服部本人が後年あれは失敗だったわ~って言っとる。

戦中の服部さんを馬鹿にすることは戦後の服部さんといえども許されんわなw
76.名無しさん:2019年11月01日 09:51 ID:l8HlQUH60▼このコメントに返信
質問なんですが
今後このような無能な将兵が生まれないための再発防止策をどうしたらいいと思いますか?
77.名無しさん:2019年11月01日 09:54 ID:mz.WmoYs0▼このコメントに返信
>>3
アメリカとイギリスというデカい相手と戦闘中に、カスほどの価値しかない蒋介石のためにわざわざ動いても意味がない。デマ(というかただの陸軍による辻褄合わせ)だよ
78.名無しさん:2019年11月01日 09:58 ID:mz.WmoYs0▼このコメントに返信
>>76
官僚の互選人事をやめさせるべき。近い例でも、あのピーチ前川が文科省トップだったくらいだからな。役立たずの無能ほど出世する。
79.名無しさん:2019年11月01日 10:01 ID:mz.WmoYs0▼このコメントに返信
>>67
順番がそもそも逆なんだよ。この場合まずインド洋の制海権をとった上で陸軍を動かすのが世界中すべての国の軍事セオリー。牟田口が無能である以上に、陸軍省海軍省双方が無能なんだよ。
80.名無しさん:2019年11月01日 10:06 ID:NsB8zjt.0▼このコメントに返信
無茶だったが無意味だったわけではない
無駄になったのはただの結果
81.名無しさん:2019年11月01日 10:11 ID:k6xYILJ.0▼このコメントに返信
え? インパール作戦こそ大局を考慮した戦略的一大作戦なんじゃねえの?
目標は重慶政府への補給阻止して連合軍から脱落させる事だぞ  ビルマを渡すと重慶への補給ルートが開通してしまう
現状だと兵力が分散しすぎてて機動戦に有利なビルマ平原では各個撃破されるだけ (事実そうなった)
ゆえに戦線を山岳地帯まで押し上げて防御線に有利な地形を確保しつつ、相手の機動力を削ぐ
82.名無しさん:2019年11月01日 10:17 ID:OU4aqD.k0▼このコメントに返信
>>73
そうやって細部の隅を突っつくのがマスコミのやり口。
末端の小物がどうしようが全体の状況は変わらない。
軍が悪いとするマスゴミの洗脳によってるだけ。
83.名無しさん:2019年11月01日 10:17 ID:cVjucI.C0▼このコメントに返信
>>25
日本の戦略目標は未達だよな。大東亜政略指導大綱」で占領地域に対する方策として、「『マライ』『スマトラ』『ジャワ』『ボルネオ』『セレベス』は帝国領土と決定し重要資源の供給地として極力之が開発並に民心把握に努む」ってことになってる。現在のインドネシア、マレーシア、シンガポールは日本の領土に併合する予定だったはず。「帝国領土と決定し」「当分軍政を継続す」こっちが目標だ。残念ながら確保出来なかったが。
84.名無しさん:2019年11月01日 10:23 ID:OU4aqD.k0▼このコメントに返信
..>>81 大局を判断するのは国のトップである天皇の仕事。
勝ち目がないのに作戦を考えろと言われれば、何か案を出さなければならないのが作戦部門の末端の役目。
85.名無しさん:2019年11月01日 10:30 ID:QyVtWyF00▼このコメントに返信
>>27
それでは 貴方の持論は?
それとて 他人が書いた著作物やネットの受け売り知識で自分が信じたいモノを信じてるだけに過ぎないだろ。
86.名無しさん:2019年11月01日 10:39 ID:W1bvNjJl0▼このコメントに返信
相手の補給ルート叩くのは戦争の基本だぞ
中国が弱まれば中国大陸に貼りつけてる兵力を抜くことも出来るし
・・というか抜かないとマズイ状況だし
87.名無しさん:2019年11月01日 10:44 ID:U2FvoEt00▼このコメントに返信
ちったあ中川八洋先生の著作でも読んだら?
すべて納得のいく論理で説明されてる 
もとから日本兵を殺しにかかってるから{なぜ?」とか言われても無理よ
88.名無しさん:2019年11月01日 10:54 ID:i4knib4E0▼このコメントに返信
戦略上は理にかなってるんだよな、インパール作戦。
しかも途中までは順調に進んでインパール陥落寸前までになった。
ところが飢えと戦う英軍が死守に成功し、先に日本軍が力尽きてしまった上、
何故か撤退せずに無駄に包囲し続けたので退路で大損害を出してしまった。
英軍死守の成功の裏は、それまで陸軍航空隊による航空優勢があったのに、
情勢変化で他へ振り分けられてしまいインパールの空が英軍のものになってしまった。
これでは空輸し放題で英軍が復活するのを阻止する事はできないわな。
89.名無しさん:2019年11月01日 10:55 ID:8kv31VMd0▼このコメントに返信
>>26
この文章で税金云々は関係なくね?
無駄遣いもあるが、一番大きいのはメンツだろう。
90.名無しさん:2019年11月01日 10:55 ID:nq.9gOWA0▼このコメントに返信
>>46
あれは「10万人派遣しろ!」と政府の命令があったからね…
91.名無しさん:2019年11月01日 10:57 ID:nq.9gOWA0▼このコメントに返信
>>60
装備を現代版に改めてシミュレーションはしてるはず…
92.名無しさん:2019年11月01日 10:57 ID:8kv31VMd0▼このコメントに返信
>>48
日本軍の問題は大体「金(と資源)がない」が元だと思う
93.名無しさん:2019年11月01日 10:58 ID:8kv31VMd0▼このコメントに返信
>>62
割と死んでるんだっけか?イギリス陣営も。
まぁ多分あっちも戦った環境はクソだったよな
94.名無しさん:2019年11月01日 11:06 ID:hvndt74z0▼このコメントに返信
※88
大局的な戦略に一貫性も無ければ目的意識も無いのが日本の軍隊&企業の特徴。

兎に角大勢で会議合議して決めようとするので中途半端だし目的もバーラバラ。

織田信長が勝って武田家が滅びたのもこれが原因。
95.名無しさん:2019年11月01日 11:11 ID:Syo2vqfz0▼このコメントに返信
※93
ジャングル帯の病気は予防が難しいですからね。治療はできても確実に治るわけでもないですし。
96.名無しさん:2019年11月01日 11:13 ID:kingzmHG0▼このコメントに返信
※79
だからこそ本来ならセイロン沖海戦の後にやろうとしたわけなんだよな~
97.名無しさん:2019年11月01日 11:16 ID:kingzmHG0▼このコメントに返信
※48
ミッドウェーもややケチってるんだけどね。
北太平洋(アラスカ)と南太平洋方面準備(ガダル)にも戦力分散させちゃうし。
98.名無しさん:2019年11月01日 11:19 ID:OU4aqD.k0▼このコメントに返信
>>94
大局的な戦略ってなに??
不可能なものは不可能でしょ?誰がやったって。
いつまで言葉遊びやってるの?
99.名無しさん:2019年11月01日 11:26 ID:P4D9.6kq0▼このコメントに返信
陸軍悪という反日プロパガンダで終了
100.名無しさん:2019年11月01日 11:52 ID:gZBIAQyf0▼このコメントに返信
事実を提示→ 反日になるのか
もう末期だな
101.名無しさん:2019年11月01日 12:06 ID:kNAeWo8N0▼このコメントに返信
階級の高いアフォに忖度した結果wwwwww
悲しいなぁ
102.名無しさん:2019年11月01日 12:08 ID:4pE6LMSl0▼このコメントに返信
メンツのため
上級国民は、下々のものの犠牲なんて考慮しない
103.名無しさん:2019年11月01日 12:08 ID:392EtDYw0▼このコメントに返信
>>10
費用対効果を目論んでたら
大損害出しちゃった
ごめんね、テヘペロって感じじゃない?
なお責任は取らないものとする
104.名無しさん:2019年11月01日 12:17 ID:392EtDYw0▼このコメントに返信
>>92
だからといってあったらあったで
有効活用できるかと言われれば、、、、
105.名無しさん:2019年11月01日 12:41 ID:fLYCOpcj0▼このコメントに返信
※104
アホが大将だと1日で空母機動艦隊が無くなるもんな
106.名無しさん:2019年11月01日 12:43 ID:1LxsA7Jq0▼このコメントに返信
事実上英国を「敗北」させたんだから大いに意味があるよ。二度の大飢饉がありながらインド人は単独じゃ独立できなかったんだから。
107.名無しさん:2019年11月01日 12:54 ID:UoohBZcA0▼このコメントに返信
※106
WW2前よりインド独立はほぼ不可避だったんですがそれは・・・

イギリス本国でも植民地維持を目指す勢力はWW2前より劣勢だよ
そもそも既に植民地の独立は始まってるのに
何故日本の功績のように語られるのか
108.名無しさん:2019年11月01日 13:11 ID:5t.Vyow.0▼このコメントに返信
太平洋の島に固執せんではじめっからインド目指してたほうがよかったと思うわ
インド洋から上陸すりゃ補給も続いたろうに
ガダルカナルとかいるか?資源も出ないのに…あそこがいらないって思ってた東條はそこだけはほんと英断だわ
維持できるわけねえし
109.名無しさん:2019年11月01日 13:16 ID:5t.Vyow.0▼このコメントに返信
※107
インド国民軍に加わって日本軍と一緒にインド独立のために戦った将兵がイギリスで裁判にかけられることになって、それがきっかけで独立運動が巻き起こったんだからインドに関しては「日本がいなくても」は嘘だな。
110.名無しさん:2019年11月01日 13:16 ID:UoohBZcA0▼このコメントに返信
※108
それでもインド攻略自体夢物語だからなぁ
111.名無しさん:2019年11月01日 13:27 ID:yjff6Lm70▼このコメントに返信
そもそも米国と戦争を始めたことから間違い。その裏で、ソ連攻撃を最初からしなかったことが間違い。正しかった戦争はソ連攻撃だけだがそれをしなかった。ノモンハンはちょっと手を出しただけで、日本全体では無かった。その失敗でソ連を過大評価、米国を過小評価してしまった。
つまり軍部が外交を握ったために間違いが生じた。米国さえ攻撃していなければなんとかなった。関東軍に勝手にやらせたから方向を間違った。
整理すればおおよそが見える。日米開戦まで米国の真の敵はソ連だった。だから終戦直後から冷戦は始まっていたのだ。
112.名無しさん:2019年11月01日 13:40 ID:UoohBZcA0▼このコメントに返信
※109
その前から独立運動はいっぱいあるよ
穏健な動きも過激派の運動も、ベンガルのテログループとか

インド国民会議の動きを知ってれば日本がきっかけとは口が裂けてもいえないでしょ
大幅な譲歩と自治を獲得したのは国民会議だし、それに満足せず完全独立に動き続けたのも国民会議
全部WW2前よりある
113.名無しさん:2019年11月01日 13:53 ID:gZBIAQyf0▼このコメントに返信
※109
ガンジーも助走つけて殴るレベルの勘違いだね
114.名無しさん:2019年11月01日 14:44 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
※106
ねえよ   カス   
英国に何か知らんが恨まれたラグビー
まったく理由もないのにクズ半島に恨まれる  
何が良かったんだボンクラ
115.名無しさん:2019年11月01日 14:58 ID:1LxsA7Jq0▼このコメントに返信
>>107
WW2前よりインド独立はほぼ不可避だったんですがそれは

根拠は?チャーチルが独立させると言う確約でもした?ベンガル大飢饉起こっても英国は録な支援をしなかったのに(笑)まさか黒人差別するガンジーのお陰とか言うわけ(笑)
116.名無しさん:2019年11月01日 15:31 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
※115
朝鮮独立も  当たり前   アホのポンカス  八紘一宇なんか捨てないトン三度でも戦争に負ける
117.名無しさん:2019年11月01日 15:32 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
八紘一宇を言う奴は朝日と同じ   工作員w
118.名無しさん:2019年11月01日 15:33 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
あの  
葉と山のオヤジも     アレは駄目だと言ってるだろw    息子を見ろ
完全に駄目だw 
119.名無しさん:2019年11月01日 15:36 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
八紘一宇  これはバテレンの奴隷船主義だ
同じバテレンでも 差別やのエゲレツ斬るスト今日の毛がmだまし 
日本人は動物で結構 w  
愚弄馬鹿奴隷金儲けが最悪だろ
120.名無しさん:2019年11月01日 15:38 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
なんだ気持ち悪い宗教戦争   八紘一宇って   なんだその宗教戦争はw 
クズを持ち出すな蚊スッポン人  頭がいいんだろ日本人
ちゃんと考えろや
ち余んと考えては駄目だぞカスw
121.名無しさん:2019年11月01日 15:40 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
八紘一宇なんか言うなよ
宗教戦争やぞ  そのくそクズカスは
122.名無しさん:2019年11月01日 15:43 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
バグダゲギガギョゴゲザジズゼゴミ虫  
彼の代わりは何度でも出来上がる文化らしい  どうでもいい
日本は関係ないだろw 
123.名無しさん:2019年11月01日 15:45 ID:Ez2rlB4R0▼このコメントに返信
グローバルやって日本が敗戦したというお話やでw   太平洋カス戦争は
日本が生存を書けたらスイスより強うだろカスどもw
124.名無しさん:2019年11月01日 16:01 ID:kuX.pGTA0▼このコメントに返信
>>115
もともと赤字に成りつつある経済、即ち経済コストに加え
インド国民会議の活動とそれに付随する政治コスト
イギリス国内の動きとしては、そもそも保守党内でも帝国主義に対するスタンスが割れてたうえ
労働党は手放す気マンマン、反帝国主義の支持も上昇中

あと、チャーチルの名前を挙げて反論した気になってるが
そのチャーチルのインド帝国維持の動きは尽く議会で潰されているんですが
さらに言えば選挙民にも支持されてない
どう見ても八方塞がり、独立不可避です
細かい動きになると多すぎて書ききれん
断言できるのは、少なくとも日本のおかげではないな
125.名無しさん:2019年11月01日 16:44 ID:k4StqMfY0▼このコメントに返信
なんで日本って失敗した=悪人なんだろうな
なぜ失敗してどうしたら成功するのか
っていう議論がほとんどねえ
126.名無しさん:2019年11月01日 18:06 ID:dtPPpu.p0▼このコメントに返信
無能な働き者が上に立ってしまったんやな
待機状態の人員がいるとなんとか働かせようと思っちゃう
127.名無しさん:2019年11月01日 18:46 ID:1LxsA7Jq0▼このコメントに返信
>>124
反論になってませんが?反帝国主義?
植民地手放す?
たとえば英国は「1956年7月26日、エジプト大統領のナセルはスエズ運河を国有化した。これに対し、イーデンはフランス・イスラエルとの協力のもと、エジプトを攻撃する準備を進め、10月29日に秘密の取り決め通りイスラエルがシナイ半島を攻撃した。
 イーデンらはこの頃、ソ連はハンガリー動乱を鎮圧するためハンガリーに軍を派遣しており、アメリカでは大統領選挙のため中東に注意を払うことはないと推測していた。
 しかし、結局米ソの批判と国連の制裁を示唆されることになり、国連緊急総会では即時停戦の要求が決議された。こうして英仏はスエズ運河会社の喪失のみならず、エジプトに存在した他の資産も国有化され、西欧諸国による植民地主義の実質的敗退の事実だけが残された。 ・・・
 イーデンのスエズ危機対処の失敗は、その利権の喪失に加え莫大な戦費の支出からポンド下落を招いて経済力の低下を招くなど、大英帝国の凋落を招く直接的な原因になった・・・。」

さて戦後も利益求めて独立した国に帝国主義振りかざしてますよ(笑)独立不可避(笑)イギリスの二枚舌にやられてますよ。
128.名無しさん:2019年11月01日 19:08 ID:UoohBZcA0▼このコメントに返信
※127
それこそ反論になってねーぞ
ツコッミどころ多数だが、そもそもインドの問題を問うてたんでしょ?
何で問題をすり替えたんだい?

エジプトにしたってスエズ動乱で独立が承認されたわけではないんだけど
その前、20年以上前に独立してるんですがそれは・・・

そもそもだな、植民地に投下したインフラの権利・帰属と植民地支配は別問題だぞ
独立の際に支配・被支配両国間との交渉の内容に差異はあるが(インフラ代を請求したり、逆に無条件で譲渡したりいろいろ)
そもそも英仏が非難されたのは軍を動かしたことであり、スエズ運河の権利云々ではないのだけど
アメリカだって軍を動かすまではイギリス支持だったんですがそれは・・・
つかそもそもエジプトの一方的な国有化が原因だって理解できてる?つかナーセル自体クーデターだし

ねぇ、実は事の問題を理解してないでしょ。その文大半がコピペだよね
129.名無しさん:2019年11月01日 19:19 ID:IvY2Qlxy0▼このコメントに返信
敗因は補給じゃなくて結局制空権なんだよなぁ
制空権さえありゃインパールに英軍の空中補給はされ無かったし
130.名無しさん:2019年11月01日 19:27 ID:xKgKpp1.0▼このコメントに返信
>>元々兵站等に問題が有ると牟田口自身が当初は反対してた
>>所が牟田口が最高指揮官になるとどうしても戦果を欲しがったせいで大損害を出した

そうなのか
海軍の山本五十六とやってることがおなじじゃん
最初は戦争に反対しておいて、自分が当事者になるとわかるとアブノーマルな作戦案を統帥部相手ににごり押し
131.名無しさん:2019年11月01日 19:30 ID:VyLXvJH.0▼このコメントに返信
え? インパール作戦って中国大陸派兵の大局には一切関係ないの?
132.名無しさん:2019年11月01日 19:38 ID:kuX.pGTA0▼このコメントに返信
>>127
コピペに出来るのを探してたの?
君、エジプトのスエズ運河国有化問題を理解してないでしょ
実は全く知らないのでは?
植民地のワードだけで抜き出したのかな?

ソレ全然別の事柄だよ
133.名無しさん:2019年11月01日 19:50 ID:kp4uLYQ30▼このコメントに返信
>>132
じゃあ博士?英国がそれぞれの植民地をどういう風に手放したのか教えて下さいよ?(笑)資料も交えてね、コピペ何て言わないで。君何て自分の主張の根拠になるものすら出さないのに。124で書いた事?実は自分が一番知らないのでは?
134.名無しさん:2019年11月01日 19:57 ID:zVEThIxC0▼このコメントに返信
※116
Ez2rlB4R0
外国人の方? 日本語をもうちょい勉強してから書いてくれ。 何いいたいのかさっぱりわからん。
135.名無しさん:2019年11月01日 20:00 ID:xKgKpp1.0▼このコメントに返信
MUTAGUCHIくんも大概だけど、英印軍のウィンゲート少将もキャラが立ってて面白いぞ
俺はチャーチル首相にコネがあるが口癖で、軍内でめっちゃ嫌われていたらしい
136.名無しさん:2019年11月01日 20:04 ID:kuX.pGTA0▼このコメントに返信
>>133
君は日本語が不自由なのか?
そもそも何を問題にしてるのよ?
インドの独立の事?スエズの事?
話の主旨がバラバラでただ煽りたいだけにしか見えんわ

最初の話の主旨では、インドの独立は日本のおかげではないとの論旨だぞ
そして、それは第一にインド国民自身の努力と闘争によるもので
124はその際のイギリスの国内事情や時代背景と合わせて説明したもの
そして上で挙げた論旨に繋がるわけだ、いずれ独立は達成されただろうと
スエズは128に概説がある

137.名無しさん:2019年11月01日 20:30 ID:kp4uLYQ30▼このコメントに返信
>>136
最初の話の主旨では、インドの独立は日本のおかげではないとの論旨だぞ
そして、それは第一にインド国民自身の努力と闘争によるもので

最初からインドの独立の決定打はインパール作戦に起因してると106で書いたけど?

インド国民の努力と闘争の明確な資料は?128のは概説になってませんよ。というか資料も無しに言い合っても意味がないよ。自分の解釈の元になった資料コピペでもいいから出したら?
138.名無しさん:2019年11月01日 20:45 ID:gZBIAQyf0▼このコメントに返信
※137
横から失礼だけどあなたの日本語理解力、ヤバスギでしょw
139.名無しさん:2019年11月01日 21:12 ID:kuX.pGTA0▼このコメントに返信
>>137
ジュディスブラウンの本読め
どうせwikiじゃソースにならんだろ
流れを知りたければウィリアムハンコックの本も
140.名無しさん:2019年11月01日 21:19 ID:kuX.pGTA0▼このコメントに返信
>>137
タイトル忘れてた
モダンインディアな

つかインド国民の努力と闘争の明確な資料は?とか
よくよく見たらお前の頭は沸いてんのか?
日本語不自由どころか、心根まで腐ってんのか
つーか、大真面目にソース出したけど
インド人の独立闘争は20世紀初頭からなら教科書に書いてるじゃねーか
141.名無しさん:2019年11月01日 21:20 ID:oK1EyECk0▼このコメントに返信
>>81
インパールは食料、医薬品、弾薬の補給もままならない長距離侵攻をやって、敵の防衛線に弱体化した部隊を差し出すようなもん

相手からしたら飛んで火に入る夏の虫

日本軍がインパール作戦でわざわざ自滅してくれたお陰で、戦力バランスが一挙に連合軍有利に傾いた
142.名無しさん:2019年11月01日 21:40 ID:wsB9.9s00▼このコメントに返信
牟田口ばかり叩かれてるけど大本営ですら
東条英機が「補給は大丈夫なのか?」と指摘してたのに「問題ない」と返答している
その大本営では作戦部長の真田少将が制空権や補給問題から反対してたが
参謀長の杉山が「寺内さんの頼みだから」と反対派を抑えて作戦を認可している

大本営発表と揶揄されてるし散々叩かれてるけど酷いもんだよ本当
143.名無しさん:2019年11月01日 22:05 ID:yjff6Lm70▼このコメントに返信
※142
すべて辻正信の存在が裏にあった。こいつが監視していた。
144.名無しさん:2019年11月01日 22:15 ID:1LxsA7Jq0▼このコメントに返信
>>139
オーストラリア人の歴史家であってるかい?でも植民地の正当性説いてるよ?

「戦時中の1943年にペンギン社から出たArgument of Empireでは、自由を信奉するイギリスが帝国に対して果たすべき道義的責務を強調し、植民地統治の正当性をアメリカ合衆国に説く。 」
145.名無しさん:2019年11月01日 22:16 ID:1LxsA7Jq0▼このコメントに返信
>>144
訂正
オーストラリアの歴史家であってるかい?
146.名無しさん:2019年11月01日 22:46 ID:kuX.pGTA0▼このコメントに返信
>>144
お前は本当に日本語ができないのな
ここまで解読力無いのは呆れるよ

まず、ハンコックのほうは流れを知るためのソースな、つか別にハンコックじゃなくてもいい
Survey of British commonwealthなら資料として申し分ないとの理由

つかお前の挙げた資料じゃないし、ハンコックは植民地の正統性は主張してない、切りぬきだけでイキんなや
そもそも話の主旨はそこじゃないだろ
2回目だが本当にお前は日本語理解できないのな
いつからイギリスの帝国主義の正当性の話になったんだ

話の主旨はインドのほうで、ソースとしても充分だろ
つかお前はさっきから意図的に話を逸らしてるが
肝心のお前はソース出せんのかな?wikiはダメだぞ
147.名無しさん:2019年11月01日 22:54 ID:UoohBZcA0▼このコメントに返信
ID:1LxsA7Jq0
こいつは真性のアホなのか
ちょっと頭がヤバ過ぎるだろ
148.名無しさん:2019年11月01日 23:08 ID:UKkOHier0▼このコメントに返信
牟田口に全ての責任を押し付けるのも、戦後史観的横暴だろ  (横やり、適当)
149.名無しさん:2019年11月01日 23:15 ID:8JHYvjMm0▼このコメントに返信
>>146
つかお前の挙げた資料じゃないし、
→それはすまんかった。
ハンコックは植民地の正統性は主張してない、切りぬきだけでイキんなや
→別にイキッテないがね。ハンコックの論旨が見つからんから悪かったね。

そもそも話の主旨はそこじゃないだろ
2回目だが本当にお前は日本語理解できないのな
いつからイギリスの帝国主義の正当性の話になったんだ

→別に主旨変えた訳じゃないよ。
肝心のお前はソース出せんのかな?wikiはダメだぞ
→wikiでも典拠がきちんとついてりゃいいのでは?まあ駄目だと言うなら違う本出すけど。
150.名無しさん:2019年11月01日 23:20 ID:DxvZwRWm0▼このコメントに返信
※94
現地の大隊指揮官が横の繋がりあっただけで、成功してたのがインパール作戦なんだよねぇ
 牟田口の人気の無さと膠着時の指針が無いって後を考えない所であの壊滅につながっただけでな…

 エゲレス側の補給と戦力の無さも同じくらいだったから、前線で兵力を纏めて防衛戦術を取りつつ再編してたら突破できたんよね
151.名無しさん:2019年11月01日 23:21 ID:8JHYvjMm0▼このコメントに返信
>>149
資料は↓
ヤスミン・カーン(Yasmin Khan)の『英領インドの戦争–インドの第二次世界大戦庶民史(The Raj at War: a People’s History of India’s Second World War )』
152.名無しさん:2019年11月01日 23:42 ID:ZHV0fC.b0▼このコメントに返信
※129
違うよ、制空権を優先して航空補給への攻撃を手抜いたのが前半の失策、そして後半は
地上支援に注力してやはり航空補給への攻撃ができなかった、制空権などなくとも
脆弱な航空補給の輸送機は叩けたはず、戦略の大ミス。
153.名無しさん:2019年11月01日 23:48 ID:kuX.pGTA0▼このコメントに返信
>>151
資料の紹介については素直に礼を言うよ
一応ポチッといたが

で、結局なにが言いたいの?話の主旨わかってる?
ネットでわかる範囲で流し読みしたが
インド人の努力と苦闘はわかるよ

つか、そんなもん最初から主張してたから
もう一度言うが主旨はそこじゃないだろ
で、だ
日本のおかげで独立したってのは?
インドが独力じゃ独立できなかったソースは?
むしろ俺の主張の補強してくれてんだが
それもこの本に書いてあるのなら黙って読むが

つか、確認させてくれ
お前レスの先を間違えてないよな
話が噛み合ってないんだが
154.名無しさん:2019年11月02日 00:08 ID:PdY70Uir0▼このコメントに返信
>>153
話が噛み合ってないんだが

そうだね。提供した資料の論旨は
→インド人の努力と苦闘はわかるよ
じゃないしね。

→むしろ俺の主張の補強してくれてんだが

補強にはなんないけどね。資料提供ありがとうございます。日本語理解力ない私に付き合ってくれてどうもね。
155.名無しさん:2019年11月02日 00:17 ID:LbVh0hj10▼このコメントに返信
>>154

結局何が言いたかったのだ
主張を明確に提示すれば誤解がないのでは?

まぁ、資料については礼を言うよ
まずは読んでみるよ
156.名無しさん:2019年11月02日 03:40 ID:jXtfviBZ0▼このコメントに返信
情報が簡単に手に入る環境下の現代人の視点で語っても、意味無いと思うぜ。
157.名無しさん:2019年11月02日 10:12 ID:354WC.DL0▼このコメントに返信
*152
地上支援なしではにっちもさっちも行かないから前線の各師団の司令部からは航空部隊に矢の催促があった

31師団の佐藤師団長は大本営、南方総軍、ビルマ方面軍、第15軍を馬鹿の4乗と激しく批判したが、ビルマを離れる前に第5飛行師団を訪ねて礼を述べている




158.名無しさん:2019年11月03日 11:07 ID:WIGrVwmJ0▼このコメントに返信
地図しか見てなかったって点で、
ニューギニア作戦と同じ。

せめて航空写真ぐらい準備しろよ。
159.名無しさん:2019年11月04日 16:13 ID:0gZd3HB00▼このコメントに返信
>>21
馬で荷物運んでたんだろ、やまあるし

たまにトラック輸送隊が来ていたという

そもそもインドは大英帝国の食料4割を生産して、おり、兵士は4割ここから徴収してたんだよ?植民地はいとして、
インドは攻略には意味がある、
ついでにアラビア海がとられたら、カイロまで行けるから、アフリカ前線は、2方面作戦よがれるなど成果ある、
もっとも艦隊をそっち回す余裕がないけどね、
回したら、太平洋や本土が危うし、
出しても潜水艦だね

お名前